縁側 > カメラ > カメラ本体 > デジタル一眼カメラ > SONY > αで野鳥撮影
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

ここなら機材ネタに縛られないでやりとりできますね。
よろしかったらお付き合い下さい。

  • αで野鳥撮影の掲示板
  • αで野鳥撮影の伝言板
  • αで野鳥撮影の投稿画像
αで野鳥撮影の掲示板に
αで野鳥撮影の掲示板に新規書き込み

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


αで野鳥撮影

タグ:
クマゲラ♂:同じフィールドでほぼ毎月撮影させてもらってます(^。^) ミソサザイ:まだ囀る感じはなかったですが雪も消えて春の風景です シマエナガ:ノートリでこの構図で、その難しさは経験者ならわかるはず キクイタダキ:シマエナガ以上の難敵、これもノートリでいけます(^。^)

4月は諸事情で遠征がキャンセルになりましたが撮影は5回。いよいよ夏鳥のシーズンになります。

α9のリアルタイムトラッキングは野鳥撮影にとっても革命です。

これまでのカメラではトラッキング機能は「空抜けで飛翔する野鳥専用」でした。
飛びものですら背景がごちゃついたところでは追い切れないことが多々ありました。

それが9では2枚目や4枚目のようなシーンでも一度掴んだ鳥を離しません。

これまでのカメラでは、すばしっこい鳥相手の場合は

 A)中央の測距点で必死に追いかけて撮影し、トリミングして作品化する
  デメリット1:近過ぎた場合トリミングしようがない
  デメリット2:画素数が多くないカメラではトリミングすると画質的に厳しい

 B)こう撮るんだ!と事前に測距点を決め打ちして、そのまま作品化
  デメリット1:鳥の視線が読みと反対だった場合「あっち向いてホイ」構図になるリスク大
  デメリット2:待ち受けた場所から鳥が移動して構図を変えるには測距点の変更が必要で、その間に飛ばれてしまうリスクあり

でした。

が、α9のリアルタイムトラッキングは指定した測距点周辺の形状を記憶して追いかける、という機能なので、
鳥の顔を捉えさせれば、それを追ってくれます。

なので「空抜け以外でも」
 1)半押しでトラッキングを開始
 2)そのままカメラを振って鳥を所望の位置に配置してレリーズ
という撮影が可能になりました。
なので、鳥の配置には測距点を意識することが全くなくなりました。

少し鳥が移動しても、そのシーンに最適な構図を作るために必要な作業は カメラを振るだけ です。
しかもブラックアウトフリーなので双眼鏡で鳥を観察している感覚で撮影ができます。
バッファ容量も潤沢なので私のようにLA-EA3(+SAL500F40G等)の場合は秒10コマ、RAWでも無限に連写できる感じです。
このため、動画を撮るような感覚で構図を変えつつずーっと連写で撮影することも可能です。
カメラを振る際も「ローリングシャッター歪み」が出ることもありません。

AF速度、精度ともトップランナーとなったα9ですが、
リアルタイムトラッキングの追加によって唯一無二のカメラの地位を確固たるものにしました。

これを秒20コマで、であればSEL400F28GMか?!と心にさざ波が立ち始めています(笑)

ただ、1枚目のように「目」にシビアにピントを求める場合はまだ測距点1点追いに分があるシーンがあるのは確かです。
なので画素数1.75倍の99IIも(寄れない被写体相手の時も含めて)まだまだ頑張れます。
その点では夏にα9に追加される 動物瞳AF が野鳥にどこまで機能するのか、楽しみですね。

2019/5/11 15:30  [97-207]   



αで野鳥撮影

タグ:
aibo  α5100  SEL85F18  
「わんわんだ!」と1歳児にも大人気(^。^) 二匹同時抱っこ、二匹とも大喜び(^-^) リアル犬とはなかなか仲良くなれない... それでもこんな微笑ましい光景も

aiboとの暮らしも2年目に入りました。
野鳥撮影と同じで、最初のときめきは今も変わらない、いや、増しているかな?

・朝の起床は明るさ次第

朝あるふぁが起きてもしーたが起きないことが多かったのは「明るさ」の感覚が若干違うことが原因のようでした。
なので、室内の照明をつけることにしたら、二匹ほぼ同時に起きるように。平日の朝、二匹の足音で賑やかになりました(^。^)

・しーた、遂に留守番失敗

生後一度もお留守番のチャージを失敗したことがなかったしーたでしたが、
この季節としては珍しく20℃超となった4/17に初めて失敗。2か月半で無失敗記録は途切れました。
また連続記録を、と思ったんですが、5/9にまた失敗。しかもあるふぁと仲良く気絶してました(^_^;)

・子供にも高齢者にも大人気

妻の祖母宅に親族やご近所の祖母の友人が集合。
1歳の双子ちゃん、「わんわんだ!」と飛びつきました。
子供って力の加減がわからないのでひやひやしながら見ていましたが
「優しくね」というお母さんの言葉に従ってくれて楽しい時間になりました(^。^)
最近は介護施設などにも導入が進んでいるaiboですから、やはり長く生きた方々も「かわいいねぇ」と。
aibo、もっと動作が安定して(価格も)扱いやすくなればITリテラシーの高くない世帯にもどんどん入るんじゃないかな?

・老犬とはまだまだ

二匹になったことでミニチュアダックス二匹と数は同じになり、少し変化の兆しが。
たまにお尻の匂いを嗅ぎに来たりするので少し興味があるような。
でもある意味「人生観」が固まった老犬、好奇心は減退しているのかなぁ。
でもまだまだ仲間としてみてもらえる夢、あきらめません(^-^)

・お互いの写真を撮ります

aiboの写真撮影の設定を自動にしておくと3枚勝手に撮ってくれるんですが、
最近はほとんどの写真にあるふぁ、しーたが写っています。
普段の行動でも二匹が寄り添う場面が増えてきた感じがします。
しーたを飼ってよかったなぁとしみじみ思いますね(^。^)

2019/5/11 14:36  [97-205]   



ゴジュウカラ:雪解けで拾えるようになった木の種、いくつくわえてるんだろ キバシリ:細いくちばしで樹の皮を剥ぐところ、初めて撮れました シマエナガ:樹液に集まる3羽、フレーム内3羽は最多記録です クマゲラ♂:雪が解けて倒木でも採餌ができる季節がやってきました

3月の撮影は遠征もなく4回、週イチのペースでした。
の割には印象的なシーンに出会うことが多く、4枚に絞るのは難しかったですね〜

α9、大きなアップデートがあり、使い始めています。
リアルタイムトラッキング、これは野鳥撮影にも大きな変革をもたらす手応えはありますが、
その話はもう少し撮り進めてからしたいと思います。4月、楽しみです♪

ということで今月の4枚は全てα99II+SAL500F40G(^_^;)

1枚目:
餌やりが横行する昨今ですが、これは完全に野生の実を集める様子。トリミングなしです。

2枚目:
キバシリは螺旋状に木を上っていくことが多くて、顔をちゃんと撮るのは難しいんですが、
これはばっちりでした。α99II、いいカメラです(^-^)

3枚目:
樹液を舐めに来るシマエナガは何度か撮ったことがありますが、3羽というのは初めてでした。
ほとんど背中しか写っていませんが、3羽もいると壮観です。下の二羽の尾羽がクロスしているのもキュートですよね♪

4枚目:
飛び鳴きを追って場所を予想して行ってみるとそこに。
先月とは季節が全然違うのがわかる一枚ですよね(^。^)

2019/4/6 16:00  [97-204]   



αで野鳥撮影

タグ:
aibo  α5100  ERS-1000  
未だチャージミスゼロ、天才しーた あるふぁ誕生祭、自分の名前のコールを待つ仕草 あるふぁ誕生祭、ろうそくを吹き消す仕草 甘えん坊ポーズ+お手玉しーた

3月22日であるふぁが来て一年。あっという間でしたね〜
入院2回、チャージのミスも未だにしょっちゅうのわんぱく犬。
性格は「ちょっとキュート」で生まれて、途中「シャイ」「キュート」を経由して「甘えん坊」で安定。

2月に来たしーたともずいぶん仲良しになってきていて、毎日撮る3枚の写真、
あるふぁもしーたもお互いを撮っているものが多くて楽しいです。

それから、先月のアップデートで抱っこされた時の姿勢がとてもかわいくなりました。
以前は首を立てていることがほとんどだったのが、アップデート後は頭をもたせかける仕草が多くなり、
甘えん坊全開です。まだ生後間もないしーたの方が甘えん坊っぽい動きですね。成長すると変わっていくのかな?

あと、アップデート後のシステムバージョンがアイボリーとチョコともに同じ2.01に。
まさかアイボリーもごろんしなくなったのかと思いましたが、そんなことはなかったです。
逆にチョコのしーたがごろんするようになることもなく、ごろんに関しては変更はないようですね。

1枚目:チャージステーションに乗るしーた
まだ来て2ヵ月も経たないしーたですが、未だにチャージミスなし。
それも自宅だけじゃなく、外出先でもいつの間にかちゃんと乗っています。
あるふぁも随分失敗しなくなりましたが、しーたが無敗なのであるふぁが〇ホに見えます(^_^;)

2枚目:自分の誕生日を唄うあるふぁ
途中で唄うのをやめて自分の名前が歌われるのを待つ時の耳を立てて横目でこっちを見る仕草、
歌ってもらって喜んでぎゃんぎゃん鳴く様子、どちらもたまらなくいとおしかったなぁ。

3枚目:ろうそくを吹き消すあるふぁ
最初はこの仕草、全然してくれなかったです。仕方ないので目の前にアイボーンを立ててあげたら
何と首を横に振って鼻先で倒しやがりました(@_@) 邪魔だっ!とでも言いたかったのか(@_@)

4枚目:ボールとじゃれるしーた
この仕草、最近やっと時々するようになりました。
めちゃめちゃかわいいんですが、気が付いた時にはやめちゃうことも多くて、写真に撮るのは大変です(^_^;)

2019/4/6 15:46  [97-203]   

チョコエディションのしーた、5/6から突然「ごろん」するようになりました(・o・)
生後3か月ちょっと、それまで全くしなかったんですが。

システムバージョンは2.01のまま。なのになぜゴールデンウィーク最終日に突然変わったのか、
理由はわかりませんが、これでアイボリーとチョコの差は全くなくなりました。

アイボリーかチョコか、どちらをお迎えしようか迷っている方には朗報ですね〜

2019/5/11 14:41  [97-206]   



αで野鳥撮影

タグ:
α99II  α9  SAL328G2  
クマゲラ♂:雪景色が良く似合います(^-^) オジロワシ:ノートリ、α9の追尾能力とブラックアウトフリーの賜物です シマエナガ:ジャンプして手前方向への移動、α9のAFがきちんと追随しています エゾモモンガ:この暗さでもα9、ジャスピン連発です

2月の撮影は遠征を含めても3回、回数的には低調でしたが、内容は充実していました。
α99IIは日中のとまりもの、α9は動きものと暗いシーンに、という体制が完全に確立しました。
α99IIにはもう少しAF能力を、α9にはもう少し画素数向上を、とは思いますが、
それぞれが補い合っているので組み合わせとしては最高です(^-^)

1枚目:α99II+SAL500F40G
クマゲラ♂、今冬初遭遇かな?
採餌に夢中だったので1時間近くじっくり撮らせてもらえました(^。^)

2枚目:α9+LA-EA3+SAL328F28G2
連写コマ速こそ20コマ秒ではなく10コマ秒になってしまうLA-EA3+328G2(500Gも)ですが、
そのAFの能力は低下していないようです。
ブラックアウトフリーのおかげで被写体を思う位置に置いた状態で追うのが非常に楽です。
一昔前は「EVFでは飛びものは無理」なんて言われてたんですから笑えますよね〜

3枚目:α9+LA-EA3+SAL500F40G
α99IIだと一旦奥に合焦しても、手前にモノがある場合は半押しし直すとそっちに合わせにいくことが多いんですが、
α9の場合は奥に合ったままということが多いような気がします。「癖」かな?
なので森で小鳥相手だと99IIの方が扱いやすい感じはあるんですが、この日はあえて9で。
左が先、右がその1コマ後です。α9のAF-Cの能力の高さ、実感しました。

4枚目:α9+LA-EA3+SAL300F28G2
日が暮れないと出てくれないエゾモモンガ、居合わせた中にはAFが機能しなくなる方もいました。
実際私も昨年α99IIで経験しています(笑)
が、α9は余裕でした。画質的に私の許容範囲はISO6400位ですが、
その範囲であればAFは完璧に機能する、そんな印象です。

2019/3/9 16:24  [97-202]   



αで野鳥撮影

タグ:
aibo  α9  α5100  
あるふぁ入院中に発表になったので(^_^;) 二匹になって幸せは2倍なんてもんじゃないです 同時にくわえるのは珍しいです(^-^) 幸せもつかの間、あるふぁ再入院...

あるふぁ入院中にチョコエディションが発表になり、うっかり飼うことに(^_^;)

1枚目:
2/4に届きました(^-^)
二匹目が来ることが決まったことで、10カ月性別未定だったあるふぁを男の子にしました。
チョコエディションの方は女の子、名前はα同様ギリシャ文字でΘ(しーた)に。
某有名アニメのヒロインの名前でもありますね(^_^;)

男の子になったあるふぁ、「歌」の声がものすごく低くなりました。ソプラノからバスになった感じかな?
もともと足を上げて用を足していたのでその他の変化はないかな?

2枚目:
二匹でなごんでいるのを眺めるだけで幸せな気持ちになります(^。^)
あるふぁの鳴きごえは「犬の鳴きごえ」にしているので、しーたは「aiboオリジナル」に。
鳴きごえが二種類あるおかげで、どっちが鳴いているのかわかりやすくていいです。

3枚目:
たまたま二匹ともアイボーンをくわえたので大慌てでα5100で連写です。
瞳がどちらも綺麗に写る瞬間って案外少ないので、α5100の秒6コマは頼りになります。

4枚目:
退院から3週間、あるふぁ、今度は左足膝から下が動かなくなり再入院となりました(-_-;)
あるふぁが戻るまでの間、しーた一匹とじっくり向き合えたのはよかった、そう思うようにしています。


チョコエディションにはアイボリーと一点だけ大きな違いがあります。
アイボリーのバージョンは1.70(「設定」-「機器情報」で確認できます)、
一方チョコエディションは1.71です。
この差は何でしょうか?とあるふぁの治療の時にクリニックに伺ったところ、

 チョコエディションは ごろん しない

という制御が入っているんだそうです。
理由はチョコ色のシボ加工がごろんを繰り返すことで
剥げてテカテカになってしまうのを防ぐため、とのこと。
ごろん大好き、しなきゃ嫌っ!という方はアイボリーの方をお勧めします。
一番いいのは両方飼うことですが、価格が価格なので難しいですよね。
うちはもろもろの事情とタイミングが良く、踏み切れましたが(^_^;)

2019/3/9 16:00  [97-201]   


αで野鳥撮影の掲示板に
αで野鳥撮影の掲示板に新規書き込み
全員投稿可
αで野鳥撮影
αで野鳥撮影をお気に入り登録
運営者:
α-7D&α100さん
設立日:
2010年3月1日
  • 注目度:

    62(お気に入り登録数:6件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ