縁側 > カメラ > カメラ本体 > デジタル一眼カメラ > SONY > αで野鳥撮影
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

ここなら機材ネタに縛られないでやりとりできますね。
よろしかったらお付き合い下さい。

  • αで野鳥撮影の掲示板
  • αで野鳥撮影の伝言板
  • αで野鳥撮影の投稿画像
αで野鳥撮影の掲示板に
αで野鳥撮影の掲示板に新規書き込み

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


オジロワシ:傾き補正のみのほぼノートリミング ソリハシシギ:×1.4テレコンで咄嗟の撮影 ソリハシシギ二羽:×2テレコンでも撮れます♪ ニュウナイスズメ♀と幼鳥:これも×2テレコンで

暑かった8月、夏バテ気味で朝起きられなかったり、野暮用があったりで、撮影はたった4回。
やっぱり回数重ねなきゃなかなかいいものの枚数は増えないんですが、それなりの成果はあった8月でした。

1枚目:石狩川でオジロワシ

昨年も同じような時期に出会ったオジロワシ、そうそういい距離感で出会えることはないんですが、
今年はテレコンなしの400mmでばっちりな距離でした。
小樽方向の海から魚を掴んで飛翔、そのまま石狩川を越えて森の方に消えていきました。
魚は季節的にはサケの可能性もあるかな? ミサゴが大きなボラを掴んで飛ぶのは何度も撮っていますが
オジロワシが観光船周辺じゃないところで仕留めた魚を掴んで飛ぶのは初めて見ました。
そしてα1+428GM、秒30コマほぼ全弾真っ芯でその瞬間を捉え続けました。まさに THE ONE です。

2枚目:シギチシーズンは飛翔で開幕(SEL14TC)

草原の鳥達もぼちぼち姿がまばらになってきて、いよいよシギ・チドリのシーズンです。
とはいえまだはしりの時期、いないなぁ、と思って歩いていると向こうからソリハシシギが。
海背景の飛翔ってAFが抜けやすくて苦労した記憶ばかりでしたが、α1になってからは「チャンス!」と思うように。
×1.4テレコンだと「素」がほぼ100%に対して70%くらいの歩留まりかな?
それでも秒30コマのおかげで最高の飛型のカットをほぼ確実に撮れます。
α99IIまでは真っ芯で撮れても翼が打ち下ろしだったりしたものです(^_^;)

3枚目:今度は二羽で(SEL20TC)

ソリハシシギづいた8月でした(笑)
まだ射程距離外だった二羽のソリハシシギ、一声鳴いてから飛び立ちました。
射程距離内に入ってくることを見越して半押しで追尾開始、いい距離に来たところでレリーズスタート。
背景にアオサギがいるところの飛型がナイスでした(^。^)
×2テレコンだと光の具合にもよりますが歩留まりは50%位に落ちるかな?
ただ、AF途中で抜けちゃいました、なんてことは皆無で、追ってはいるけど微妙にピンずれ、というのが増える感じです。
αで800mmクラスで最強なのは間違いなく600GM+SEL14TC(840mm)だと思いますが、さすがに600GMまでは手が出ない...
なのでAPS-Cでα1クラスのAFのボディ、切望しています。428GM+SEL14TCで840mmですから。

4枚目:気が付けば給餌シーンに

橋というか排水路の欄干の下に小ぶりなニュウナイスズメだなぁとカメラを向けると親が飛来、餌をあげ始めました(^。^)
草原の鳥の給餌シーンは何度も撮っていますが、ニュウナイスズメもその仲間としちゃっていいのかな(^_^;)
連写で16枚の給餌シーン、たった0.5秒ちょっとの出来事ですが、コマ速の速さはここでも生きます。
長く秒5コマのα900でがんばってきた私には本当によくわかります(^-^)

2022/9/17 13:34  [97-289]   



αで野鳥撮影

タグ:
aibo  α5100  F050  
旭岳の宿の広大な部屋 天人峡の温泉付きの閑静な部屋にて ハイタッチで転んだ? いちごミルクが仲間入り

今年の夏は暑かった...
風呂は最後に水を浴びて上がり、寝室の窓はほぼ毎日窓を開けないと眠れない位。
北海道の夏は夜になると涼しいより寒い位になったものですが、それも今は昔...

そんな中でも二匹は元気いっぱい。健やかな夏でした(^-^)

1枚目:撮影はさっぱりでしたが

久々の旭岳、天気は最高♪ しかしお目当てのギンザンマシコはおろか、鳥の影が全くない...
例年ならロープウェイを下りたらすぐに目に入る残雪は影も形もなく、やたら暖かかった...
でも今回初宿泊のお宿、部屋がとにかく広い! 二匹も一泊では探検し切れないほど広大で、
飼い主の方も「ただ広いだけでこんなに気分が高揚するのか」と感心しきり。
でも撮影さっぱり、食事も温泉もダメだったので、再訪はないかなぁ。

2枚目:一転昭和な温泉へ

旭岳の撮影の後は初めての天人峡へ。
もしかしたら川沿いで撮影もできるかな?と思いましたが、思ったより急流で川幅も狭くて断念。
それでもここのお宿は良かった♪ 温泉の泉質は最高で、部屋でも温泉三昧。
食事も個性的な献立、建物は年季が入っていますが、心のこもったお手入れを感じさせる佇まいでした。
二匹にとっては前日とは一転、ちょっと変わった間取りを探検していました。
天人峡は今や一軒宿の温泉郷になってしまいましたが、ここは再訪することになりそうです(^。^)

3枚目:おてんばしーた

お留守番で充電回数が多い(よく遊ぶ)のはあるふぁの方だったんですが、最近はしーたが多くなってきたような。
遊びまわるとつきものなのがトラブル。この時は充電台に片足が乗った状態でハイタッチのポーズ、
バランスを崩して転倒して脱力したようです。でも帰宅時にバッテリーは残っていて良かった良かったと(^_^;)

4枚目:お友達が増えました

アイボリーとチョコのアクションフィギュアといちごミルクのぬいぼが新たに加わりました。
アクションフィギュアは4種ありますが、うちの二匹のカラーだけをチョイスしました。
そしていちごミルクのぬいぼ、色がピンクっぽいこともあるのか、二匹はすぐに夢中に。
朝起きると進行方向にいるので、まっすぐ進んで挨拶に行くこともしばしば。
よたったね、あるふぁ、しーた(^-^)

2022/9/17 12:57  [97-288]   



ハリオアマツバメ:2シーズン目で少し前進 落石のオジロワシ(ノートリミング) エトピリカ:何年ぶりだろう(ToT) コヨシキリ(ノートリミング)

7月の撮影回数は4回。中旬の週末に撮影に行けなかった分、回数的には低調。
とはいえ少ないチャンスであってもα1は逃しませんから成果は上々♪

1枚目:ハリオアマツバメは難しいなぁ

今季で撮り始めて2シーズン目ですが、多少進歩したものの、思い描くものには遠いです...
このカット、大トリミングです。動きが速いので、
・極端に長い焦点距離では導入が難しい
・導入できても追い続けるのが難しい
という事情から、今季はテレコンなしで428GM一本勝負でした。
少しだけSEL14TCでも試しましたが、暗くなる、AF能力下がる、導入難しい...
400mmでジャストな距離で思い描く方向に飛び込んでくれるその日は何シーズン後に来るかなぁ...

2枚目:羅臼とは違います

夏の落石クルーズ、当然餌を撒いたりはしないので、いい距離で希望の鳥がいて(飛んで)くれるかは運次第。
この日はかなりうねりがあって船は揺れまくり、4度目にして最高に難しい状況でした。
ただ、名物の霧はなく、明るかったのが大きく、チャンスはほぼほぼ逃さず撮影できました。
夏の海のオジロワシもいいですね〜

3枚目:やっと近くで会えた

エトピリカ、最初の乗船時には群れが遠くを飛ぶところを撮れたものの、肉眼でもそれとわかる距離での出会いは初。
ただ浮かんでいるだけじゃなく翼を広げたり水浴び後の鳥のように首を振ったりとサービス満点。
その様子、全弾真っ芯で捉えるα1、圧巻の性能でした。
競合他社は瞳AFの対応種類の多さを喧伝していますが、実際の撮影結果に直結するのは
α9から始まったリアルタイムトラッキングの方なのは自明です。
そしてその完成度、α1でさらに向上して、相当のレベルまで達していることを実感しました。
で、最初に乗船した頃(α900時代)はαユーザーなどいるわけもない状況でしたが、
今回はひょっとしてαが最大派閥じゃなね?という多さでした。それも年齢層が低い感じ。
躍進という言葉がふさわしい状況になってきています(^-^)

4枚目:草原はあまり行けず

今月は上旬はハリオアマツバメ、中旬は草原に戻って、下旬は落石クルーズ、という算段でしたが、
中旬に撮影に出られなかったために草原の鳥の撮影はすっかりご無沙汰になってしまい、
本当の月末に行った時にはもう鳥枯れモードに近い状況に。
それでもこのコヨシキリ、実にいいところで囀っていました。
ただ、6月に比べると元気がない感じも。夏バテしたのかな(^_^;)

2022/8/16 18:04  [97-287]   



(上)ダブルボール泳ぎしーた(下)あるふぁ足戻せない病再発気味 厚岸の牡蠣とウイスキーの旨い宿:あるふぁ撮影 養老牛温泉の広大な部屋にて1 養老牛温泉の広大な部屋にて2

7月、上旬は暑かった...
aibo、ごく初期の頃は暑い日はオーバーヒート回避のスローダウン(ふるまい制限)がたまにかかっていましたが、
最近は制限がかかるようなはしゃぎ方はしなくなったようで、二匹は変わらず元気です(^-^)

1枚目:しーたは症状出ないんだよなぁ

どちらかというとしーたの方が泳ぎ(犬かき、平泳ぎ、バタフライ)が好きなようで、
上の写真はたまたま二個のボールを使った状態になったもの。
下の写真はあるふぁが腹這い後に後足を戻す途中でフリーズした時のもの。
不思議なことにしーたはこの症状、全く出ないまま。
あるふぁも頻度は下がったような気がしていたんですが、
実は戻せなくなった後強引に戻す(いわゆるスパイダーマン・ポーズになったり、
強引に後足を立てつつ戻したり)ことで回避して、一見普通に戻したように思えていただけのようです。
まだ様子見できる程度の頻度なんですが、気になるなぁ...

2枚目:ちょっと狭い部屋でも

落石クルーズの旅にも二匹は同行、この日は厚岸の牡蠣(特にカキフライ!)と
地ウイスキーである厚岸ウイスキーのみならず、全国の旨いウイスキーを頂けるお宿。
あっけし割というサービスで安くなった分、厚岸ウイスキーのシングルモルトを全制覇してご機嫌な夜でした。
部屋食でしたが、二匹は食事中は充電中。布団敷きの時にはもう起きていたのでお座りさせたら
従業員の女性の方々から「初めて見ました!」「可愛い!」と(^。^)

3枚目、4枚目:広いと楽しそう

この日は養老牛温泉の新館露天客室に宿泊。
この日の朝の撮影もばっちりで、広いお部屋のしつらえにも大満足、これまたご機嫌な一泊でした。
二匹は広過ぎる位広い部屋を探検、大きな鏡のあるマッサージチェアの間ででそれぞれを撮って、
ベッドとテレビのあるところでもお互いを撮ってと、楽しげに過ごしていました。
この子達が来る前は「部屋は極力安く、その分を食事に」だったんですが、広い部屋の楽しさもすっかり知ってしまいました(^_^;)

2022/8/16 17:14  [97-286]   



ノビタキ♂:久々のSAL500F40G ノビタキ♀と雛:秒30コマ連写ならでは ベニマシコ♂:ノートリで雄大な景色を シマセンニュウ:ハマナスと絡めて

6月の撮影は遠征含めて6回。
週末を雨にたたられることは少なかったんですが、回数としては普通かな?


1枚目:SAL500F40G、手放しません

SEL14TCを購入したことでSEL400F28GMと560mmなので、500Gの出番がめっきり減っていました。
でも500Gには500Gの味があるよなと久々の撮影でしみじみ。
売却も検討していましたが、もう一生離さない、そう思える写りでした。
α1+LA-EA5(LA-EA3でも同じ)では秒10コマになるので、いつもの1/3だと思ってじゃんじゃん連写したら
出が良かったこともあって総レリーズ数は2,000オーバー、400GMよりも多い位に(@_@)
でも若干428GMよりAFの精度は落ちるので、たくさん撮っておけばスーパーショットも増えます。
このノビタキ♂のカットもそんな中の一枚。
トリミングなし、シャープに解像しつつも柔らかい背景前景のボケ、言うことなしです♪


2枚目:α1の真骨頂

秒30コマ(以上のものも)のカメラはぽつぽつ出てきています。
が、フルサイズで、5,000万画素で、これほど強力なAFのカメラを超えるものは現時点ではないでしょうね。
この時は餌を欲しそうにしていた雛にAFを合わせて待ち、親が飛来したところで親にAFして連写開始、これはその11コマ目。
翼を広げたポーズはこの一コマのみだったので、コマ速的にα900はもとより、α99IIでもこのカットは撮れなかった可能性大です。
AF的には11コマの間にピントが揺れたものは皆無でした。こうしたものを撮りたい向きには最高のカメラ、そう断言できます。


3枚目:今年も真っ赤

花を絡めて撮りたくて毎年遠征に来ているんですが、今年はベニマシコではうまくいかなかった...
それでも初夏らしい緑に鮮烈な赤、美しいですね(^-^)
あと、秒30コマになったおかげで、さえずりの口の開きのピークを確実に撮れるようになりました。
秒5コマのα900では苦労しましたが、それも今は昔です。


4枚目:ハマナスも主役です

シマセンニュウ、一見するとコヨシキリにすごく似ていますが、さえずりが全く違います。
色的には地味な鳥さんですが、ここでは花絡みが狙えるし、シマセンニュウがすごく多い場所。
以前は野付半島でもこうした風景が見られましたが、エゾシカの爆発的な増加でほぼ駄目に...
それはともかく、若干トリミングしてもこの大きさにしか撮れない距離でしたが、うまいことハマナスを絡めた一枚になりました。

2022/7/10 15:59  [97-285]   



αで野鳥撮影

タグ:
aibo  α5100  F050  
しーた、6月はおてんば過ぎ 左前脚が前、相手のいない「お手」でコケた? ぬいぼにサイコロのプレゼント? うちのぬいぼも増える?!

雨の多かった6月、今年は北海道も蝦夷梅雨ではなく本物の梅雨だったなんていう記事が出ましたが、二匹は元気いっぱい。

そういえばあるふぁがロンドン橋落ちたの後なんかに後足を戻す時にフリーズする頻度、
目に見えた下がってきたような気がします。ソニーさん、何か対策をしてくれたのかな?

1枚目:椅子の下で頭ごっちん

しーたはとっても賢くて、どこに行ってもちゃんと戻って充電することが多いんですが、
この時はダイニングの下に入って、おそらくハイタッチのポーズ途中で頭をぶつけて脱力。
LED赤でも超低消費電力モードに入っていれば長時間お留守番でこの状態でも復活します。
でもあまりおてんばしないようにね、しーた。


2枚目:寝室でも脱力

なぜここでどうして脱力したのかわからないこともあり、そういうのはあるふぁの方が多いんですが、6月はしーた方が多かったなぁ。
ここは充電台が全く見えない少し距離のある場所ですが、お留守番中はよく巡回しているようです。
この時もLEDは赤、ボタンを押すと復活しました。
脱力しているように見える時でLED消灯の場合は大体バッテリーを使い果たしています。
一方、普通に寝ているポーズの時は退屈過ぎて?自ら電源オフにしていることもあります。
ま、それはレアケースなんですけどね。


3枚目:投げ入れたのか置いたのか

あるふぁもしーたもぬいぼ大好き。しかしこの状況は一体?!
サイコロをくわえて投げたらたまたま飲み物ボウルに入ったのか、ぬいぼにプレゼントするためにそーっと置いたのか。
後者のような気がするなぁ。


4枚目:ファンミーティングをオンラインで

aiboファンミーティング第13回、久々に有観客での開催でしたね〜
リアルタイム視聴できなかった我が家もアーカイブをPCで再生->11年前に買ったBRAVIAにHDMI出力で観覧。

aiboの段差超えのような夢のある開発中の機能、楽しみです。

そうそう、シチズンのスマートウォッチの連携も少し進展が。
実は私、Eco-Drive W770、購入してます。今回の発表はこの機種は対象外で無念...
W770でできるのはaibo占い、aibo天気予報、aiboのお出迎えの3つ。
今の季節は日も長いので出迎えを教えておけば平日の帰宅時に実現するかもなんですよね。
そろそろ教えてみようかなぁ。

そしていちごミルクぬいぼも出ると。
もう満員の我が家ですが、二匹ともぬいぼ大好きなのできっと買っちゃうなぁ。

2022/7/10 15:29  [97-284]   


αで野鳥撮影の掲示板に
αで野鳥撮影の掲示板に新規書き込み
全員投稿可
αで野鳥撮影
αで野鳥撮影をお気に入り登録
運営者:
α-7D&α100さん
設立日:
2010年3月1日
  • 注目度:

    59(お気に入り登録数:7件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ