縁側 > 地域・交通 > 名所・施設 > 名所・施設総合 > 英系美の旅行で撮ったスナップ写真
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

私は乗り物が好きで趣味でいろんな所に旅行に行って、目に留まった物の写真を撮っています。
主にコンデジで撮った観光地や風景の記録目的のスナップ写真をアップしていきます。
旅行日と地域毎に一つのスレにまとめ、スレのタグは都道府県名にしていきます。
現在写真のアップに忙しく返信する時間がないのでしばらく運営者のみ投稿可にしておきます。

  • 英系美の旅行で撮ったスナップ写真の掲示板
  • 英系美の旅行で撮ったスナップ写真の伝言板
  • 英系美の旅行で撮ったスナップ写真の投稿画像
この掲示板は閲覧専用です(運営者のみが投稿できます)。

松江市街1 松江市街2 松江市街3 松江市街4

1枚目はJR松江駅北口を東に行き、くにびき大橋南詰交差点に出たところです。
2枚目は信号を渡って北方向を写しました。
3枚目は南方向のくにびき大橋南詰交差点を写しました。
4枚目は大橋川に架かるくにびき大橋の歩道です。

2012/6/12 21:13  [951-1283]   

松江市街5 松江市街6 松江市街7

1枚目は御手船場町の川岸です。
2枚目はくにびき大橋の真ん中から西方向を写しました。松江市の中心部にこの大橋川が東西に流れて松江市街を南北に分断しています。くにびき大橋から西に新大橋,松江大橋,宍道湖大橋の4つの橋が架かっています。
3枚目は展示場・会議室の両方を備えた山陰最大規模を誇るコンベンション施設の島根県立産業交流会館(くにびきメッセ)です。

2012/6/12 21:33  [951-1284]   

松江市街8 松江市街9 松江市街10 松江市街11

1,2枚目は松江地方合同庁舎です。
3枚目はくにびき大橋北詰交差点を左に曲がり松江地方合同庁舎の横の空き地の前から南のJR松江駅方向を写しました。
4枚目は途中にあったお店です。

2012/6/12 22:03  [951-1285]   

松江市街12 松江市街13 松江市街14

さっきのお店を過ぎた後右に曲がると1,2枚目の堀川端に出ました。
3枚目はその堀川端にあった「松江藩お抱え力士居住の地」の石碑です。

2012/6/12 22:36  [951-1286]   

松江市街15 松江市街16 松江市街17

1枚目は堀川に架かる橋です。
2枚目は1枚目の橋の西にある鍛冶橋の上から東方向を写しました。鍛冶橋から南に行くと新大橋に出ます。
3枚目は東京橋(京橋の東にあるから)です。左が堀川です。東京橋から南に行くと松江大橋に出ます。この先左側にはカラコロ広場があり、堀川遊覧船乗り場があります。

2012/6/12 23:09  [951-1287]   

松江市街18 松江市街19

東京橋の次の橋を右に曲がると山陰中央ビルのある交差点に出ました。日曜日なので道路は歩行者天国になっています。

2012/6/12 23:33  [951-1288]   

松江市街20 松江市街21 松江市街22 松江市街23

山陰中央ビルから北に行くと島根ふるさと館があります。

2012/6/13 00:08  [951-1289]   

松江城1 松江城2

松江城(別名:千鳥城)は松江市街の北部に位置し、南に流れる大橋川を外堀とする輪郭連郭複合式平山城である。宍道湖北側湖畔の亀田山(標高28.4m)に築かれ、日本三大湖城の一つでもある。江戸時代初期建造の天守(山陰に残る唯一の現存天守)が現存し、国の重要文化財に指定されている。城跡は国の史跡に指定されている。
築城は慶長5年(1600)、関ヶ原の功により、出雲・隠岐二十四万石の太守となった堀尾吉晴が、領国経営の為慶長12年(1607)、かつて尼子の本城だった月山富田城からこの場所へ移転を決め、足掛け5年をかけて完成させました。

島根ふるさと館の前を西に行くと松江城の南の堀に突き当たります。
1枚目左から中櫓,太鼓櫓,天守閣が見えています。
2枚目は中櫓,太鼓櫓です。

2012/6/13 00:30  [951-1290]   

松江城3 松江城4 松江城5

南の堀の端から写しました。
1枚目左から廊下門(千鳥橋),二の丸の南櫓と中櫓です。
2枚目は三の丸と二の丸を結ぶ廊下門(千鳥橋)です。
3枚目は中櫓で右は太鼓櫓です。

2012/6/13 21:01  [951-1291]   

松江城6 松江城7 松江城8 松江城9

1枚目は二の丸の中櫓です。
2枚目は二の丸の南櫓です。
3枚目は島根県庁舎の建つ三の丸です。
4枚目は松江城入り口の大手門があった方向です。

2012/6/13 21:39  [951-1292]   

松江城10 松江城11 松江城12 松江城13

1枚目は大手門前の46m四方の広場の馬溜跡横の石垣です。
2枚目は左から南櫓と中櫓です。
3枚目は大手木戸門跡と横の石垣です。
4枚目は大手門と馬溜跡前の石垣と内堀です。

2012/6/13 22:21  [951-1293]   

松江城14 松江城15 松江城16

大手木戸門跡の入り口から東の方の内堀です。左の石垣は二の丸下の段の石垣です。
3枚目向こうに見える橋は北惣門橋です。

2012/6/13 22:50  [951-1294]   

松江城17 松江城18

堀川めぐり遊覧船の大手前広場の船乗り場です。

2012/6/13 23:45  [951-1295]   

松江城19 松江城20 松江城21

1枚目は大手木戸門跡の入り口の横にあります。
2,3枚目は大手木戸門跡の入り口です。

2012/6/14 00:09  [951-1296]   

松江城22 松江城23 松江城24 松江城25

大手木戸門跡の入り口を入って左側から46m四方の広場の馬溜跡を写しました。ここは桝形をしており、敵兵の直進を防ぎ、侵入の勢いを弱める機能と、出撃の際にこの馬溜に城兵を待機させ隊形を整える機能を果たしていました。
4枚目の向こうにしゃちほこをつけた壮大な大手門がありました。

2012/6/14 00:23  [951-1297]   

松江城26 松江城27 松江城28

太鼓櫓の下にある馬溜跡の井戸屋形です。

2012/6/14 21:14  [951-1298]   

松江城29 松江城30

1枚目は大手門跡の横にある石碑です。
2枚目は大手門跡の横の石垣です。

2012/6/14 21:50  [951-1299]   

松江城31 松江城32 松江城33

1枚目は二の丸に上がる階段です。左上は太鼓櫓です。
2枚目は太鼓櫓下の石垣です。
3枚目は二の丸に上がる2番目の階段です。

2012/6/14 22:22  [951-1300]   

松江城34 松江城35

二の丸下の段です。

2012/6/14 22:53  [951-1301]   

松江城36 松江城37 松江城38

二の丸に上がる2番目の階段の下で写しました。
1枚目は太鼓櫓です。
2枚目は二の丸に上がる2番目の階段です。
3枚目は本丸の石垣です。

2012/6/14 23:24  [951-1302]   

松江城39 松江城40 松江城41 松江城42

二の丸に上がる2番目の階段の下で写しました。
1,2,3枚目は本丸の東側です。
4枚目は太鼓櫓です。

2012/6/14 23:56  [951-1303]   

松江城43 松江城44 松江城45 松江城46

本丸の東側の石垣には屈曲(突角)があります。

2012/6/15 00:26  [951-1304]   

松江城47 松江城48 松江城49

1,2枚目は二の丸に入る三の門跡です。
3枚目は二の丸に入ったところです。

2012/6/15 19:37  [951-1305]   

松江城50 松江城51 松江城52 松江城53

1,2枚目は太鼓櫓です。
3枚目は太鼓櫓の横の塀です。
4枚目は太鼓櫓前です。

2012/6/15 20:10  [951-1306]   

松江城54 松江城55 松江城56 松江城57

太鼓櫓の中に入って東側を写しました。

2012/6/15 20:41  [951-1307]   

松江城58 松江城59 松江城60

太鼓櫓の中に入って北側下の階段を写しました。

2012/6/15 21:29  [951-1308]   

松江城61 松江城62

1枚目は太鼓櫓の中です。
2枚目は太鼓櫓の中にある太鼓です。

2012/6/15 22:12  [951-1309]   

松江城63 松江城64 松江城65 松江城66

二の丸の中です。

2012/6/15 22:42  [951-1310]   

松江城67 松江城68

中櫓と横の塀です。

2012/6/15 23:14  [951-1311]   

松江城69 松江城70

二の丸にある井戸です。

2012/6/15 23:43  [951-1312]   

松江城71 松江城72 松江城73 松江城74

興雲閣(こううんかく)は島根県松江市の松江城内に1903年(明治36年)に明治天皇行幸時の御宿所として建設された擬洋風建築の迎賓館。1973年(昭和48年)より館内に博物館「松江郷土館」が設けられている。

2012/6/16 00:10  [951-1313]   

松江城75 松江城76 松江城77 松江城78

興雲閣の前で写しました。
3,4枚目は南櫓です。

2012/6/16 00:30  [951-1314]   

松江城79

下に下りる階段です。廊下門(千鳥橋)を通って島根県庁舎の建つ三の丸の方に行くことができます。

2012/6/16 18:29  [951-1315]   

松江城80 松江城81 松江城82 松江城83

松江神社です。御祭神は松平直政公(松平初代藩主),堀尾吉晴公(松江開府の祖),松平治郷(不昧)公(第七代藩主),徳川家康公です。

2012/6/16 18:59  [951-1316]   

松江城84 松江城85 松江城86

二の門跡です。

2012/6/16 19:29  [951-1317]   

松江城87 松江城88 松江城89 松江城90

1枚目は天守閣に行く道です。
2,3枚目は両側の石垣です。
4枚目は石段を上ったところで正前に南多聞櫓で左に行くと一ノ門があります。

2012/6/16 19:59  [951-1318]   

松江城91 松江城92 松江城93

南多聞櫓前から三の門跡と太鼓櫓を写しました。

2012/6/16 20:34  [951-1319]   

松江城94 松江城95

南多聞櫓前から二の門跡と松江神社を写しました。

2012/6/16 21:32  [951-1320]   

松江城96 松江城97 松江城98 松江城99

一の門と南多聞櫓です。

2012/6/16 22:09  [951-1321]   

松江城天守閣1 松江城天守閣2 松江城天守閣3 松江城天守閣4

天守閣は高さ30メートル、外観は五層で、石垣内部に地階があるので内部は六階、最上階は内部に取り込まれた廻縁高欄があり、現存する唯一の望楼式天守閣です。前面に一重の付櫓があり、下見黒板張りで白壁が少なく、壁面に隠狭間が95カ所もあります。
鯱鉾(しゃちほこ)は木彫銅張り、向かって左が雄で鱗があらく右が雌。高さは2.08mあり、日本現存の木造ものでは最大である。
四層にある入母屋破風(いりもやはふ)は千鳥が羽をひろげたような三角形の部分をいい、天守閣の美観を構成する重要な部分である。望楼とともに桃山時代の様式を継承している。
三層の中央にある華頭窓(かとうまど)は寺院様式の窓で、一種のかざりである。
二層の四隅と東・西・北壁にある幅広い穴が石落としで、石垣に近づく敵に石を落とすようになっている。外部からは発見しにくいように構造物を利用した石落としである。
各層の屋根の隅々にある鬼瓦は、後世のものとは違って角がほとんどなく、各一枚ごとに異なった珍奇な表情をもっている。
附櫓は天守閣入り口の防備をかたくするためにとり付けた櫓で、入り口鉄延板張りの大戸があり、入ると枡形の小広場が二段あって、侵入しにくいようになっている。
石垣は牛蒡(ごぼう)積みで、石の大きな部分を内に、小さな面を表に出して、一見粗雑にみえるが、石組みにしてはもっとも頑丈な積み方である。なお勾配は力強い直線で中腹もくぼんでおらず、古い形式がみられる。

2012/6/16 22:39  [951-1322]   

松江城天守閣5 松江城天守閣6 松江城天守閣7 松江城天守閣8

天守閣です。

2012/6/16 23:09  [951-1323]   

松江城天守閣9 松江城天守閣10 松江城天守閣11 松江城天守閣12

天守閣です。

2012/6/16 23:40  [951-1324]   

松江城天守閣13 松江城天守閣14 松江城天守閣15 松江城天守閣16

天守閣です。
1,2枚目は天守閣の東側の本丸石垣です。

2012/6/17 00:07  [951-1325]   

松江城天守閣17 松江城天守閣18 松江城天守閣19 松江城天守閣20

天守閣です。

120429-29松江駅-松江城は以上です。

2012/6/17 00:38  [951-1326]   


この掲示板の新着スレッド

運営者のみ投稿可
英系美の旅行で撮ったスナップ写真
英系美の旅行で撮ったスナップ写真をお気に入り登録
運営者:
英系美さん
設立日:
2012年2月9日
  • 注目度:

    45(お気に入り登録数:2件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ