縁側 > その他 > 「新・暇来亭」
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

「満十年目」を迎えた「新・暇来亭」です。

 引き続き「以下の二部構成」で運営していきます。


 【黄昏日記】(常設スレッド)

       毎日の生活で感じた事を自由に書き込んでください。

 【音・楽・室】
       
       「オーディオ&AV」に関してのスレッドです。
        機器・セッティング・レポート等を!

二つのテーマでお付き合い頂きたいと思います。
           
                                 浜オヤジ

  • 「新・暇来亭」の掲示板
  • 「新・暇来亭」の伝言板
  • 「新・暇来亭」の投稿画像
「新・暇来亭」の掲示板に
「新・暇来亭」の掲示板に新規書き込み

スレ主 天地創造さん  

みなさんこんばんは

浜オヤジさんよりスレ建てのお許しをいただけましたので早速建てさせていただきました。

デジタルオーディオと大きな括りにしましたので、CDPからPCオーディオネットワークオーディオ、さらにはホームシアターにいたるまで……幅広い分野で雑談できればと思います。つまりはなんでもあり?←他のスレと変わらない?アラ?( ̄∀ ̄;)


私が生まれるさらに前にはレコード(アナログ)の全盛期。時代が移り変わるにつれCDなどのデジタルオーディオが主流になってまいりました。

ここ10年もたたない期間でPCオーディオなど新しいジャンルの再生方法が次々と登場し、選択肢の幅が広がった分選択肢が多すぎてどれとどれを組み合わせれば良いのかわからなくなる人も多いのではないでしょうか?私も絶賛迷走中ですww


アナログも難しい(奥が深い)ですが、使いこなしが重要になるデジタルはそれ以上に混沌としています。


みなさんな使いこなしテクニックなどから学べることも多いはず……みなさんの『技』を御披露ください!!なかにはあっと驚くような素晴らしい技も出てくるかもしれません。



私は……オカルト分野担当(電源・ケーブルなど)で逝きますのでよろしくお願いしますっ!!(ぇ

私は基本的に小難しい話(技術的な話)は苦手なので超適当ですww

こちとらただの工業高卒技術職リーマンじゃい!!知識なんてあってないもんです(ぁ


それでは皆様よろしくお願いいたします(*゜ー゜)ノ

2013/10/28 18:05  [868-13132]   EZwebからの書き込み   

スレ主 天地創造さん  
いったい何本あるんだろう……(汗) デジタルだけでも結構すごいことになってますww

早速ですが、私のやり方を……と言いたいところですが、浜オヤジさんもおっしゃっていましたが私の環境気づいたらかなり複雑なシステム構成になってしまっておりどう説明したら良いものか……

私の部屋のラックの裏を見ると……ジャングルですww
構成図以外にもPC関連の各種ケーブル(USBやLANやDVIケーブル)や電源ケーブルなどがのたくっており……ケーブル何本あるんだろうという感じです。掃除するときこれを全部外してまた戻すのですごく大変です(汗)

これを言葉だけではまず理解できないでしょうねww今まで何人もの人が遊びに来てくださっていますが、一度でシステムの動作状態のすべてを理解してくれた人は一人もいませんね。2回3回きて理解してくれた人はいますが、2回目来たらまた機材が増えて(変わって)???となっている場合が多いです。

先日浜オヤジさんが遊びに来てくださったときに私の環境の接続状態を簡単に図にしたものをお見せしたのですが(構成図を参照)、初めて見ると???となるようです。今回あげたのがもうちょっと詳しくしたもの。簡単に言えばAVアンプに全部のデジタル信号集めてアンプに送ってしまえという環境です。レコーダーやOPPOの同軸などはPCオーディオのDDCの役割をしているオーディオインターフェースを経由させています。

使い道はレコーダーのステレオ信号を24bit96KHzにアプコンするため。OPPOの同軸も同じ理由です。OPPOはステレオ信号しか入っていないCD/DVD/BDやHDDの中の動画ファイルの再生時です。ステレオ出力ならクロック管理されたオーディオインターフェースを経由させてアプコンしたほうが音が滑らかになり聴きやすいからですが……人によってはこの音が滑らか過ぎるとかで。もっと粗い感じのほうが好きという人もいますね。PCオーディオもストレートに出すと粗い部分が思いっきり出てしまうのでそれを和らげるために24bit96KHzにアプコンしています。

このアプコンで音を滑らかにしAVアンプのふくよかなサウンドが特徴なD/A回路のおかげでお上品サウンドが出来上がっています。浜オヤジさんがお上品と感じたのがたぶんこのあたりが影響しているはずです。

音声信号をいじっているのはオーディオインターフェースだけ。それ以外は一切イコライジングなどをかけず各機材の癖や部屋のチューニングで音を作っていっています。そのため自分の使っている機材に関してはそれぞれ機材の音にどんな癖(特徴)があるかは把握しています。価格以外で知り合った方で自分の使用している機材の癖を把握できていない方もいらっしゃいますね。PCオーディオみたいに機材の数が多くなりやすいものだとなおさら機材の癖(長所短所)を理解していないと泥沼にはまるのですが…短所が非常に多いPCオーディオは短所をうまくごまかしつつ長所をどんどん伸ばすやり方でやっていかないといつまでも音が良くならないですね。デジタル機器はアナログ以上に癖が強いのが多いのでいかにちゃんと把握できるかが重要になりそうです。


AVアンプをプリアンプ/DACとして使うことでまだコンパクトに収まっているほうですが……すごい人はもっとすごいですから……(^^;)
将来ここにDAC(2chプリ)と8chプリを導入したいと考えているのでもうちょっと複雑な構成になるかもしれません。私の貯金する気力が残っていればですが……


以上が私のPCオーディオ(ステレオ)もホームシアター(サラウンド)もゲームもテレビも最高のサウンドで楽しみたいと試行錯誤してきた複合システムです。みなさんはどんな工夫をされていますか?

2013/10/28 19:45  [868-13141]   

オマケのDAC付きデジアン DACデジアン内蔵おもちゃ 横浜でのPC-オーディオ事始め

天地さん、早速の「お題」をありがとう御座います。

 私にとって「オーディオとデジタル」の融合というか密接な関係を持てる事を
 知らされ使い始めたのは本当にこの1年?でしょうか。

 AVアンプ・A-3010を購入後8.0CHまでは狭い借家で組んでみましたが、
 寄せ集めSPとダビング物ソフト、何よりも7畳程度の部屋では
 「シアター」にはほど遠く「無駄なあがき」と気が付きました。
 
 古いレコードを引っぱり出したり、オープンリールまで聞いたりと言うのは
 「逃げるしかない!」!と言う結論に達してしまいましたから。

 そんなときに雑誌付録の「DAC付きデジアン」を遊び半分でPCに繋げ、
 Winのオーディオディバイスを飛ばした音を聞いて正直驚いたんです。
 それを私流の「おふざけ」でVWバンの玩具に組み込み現在もPC使用時は
 良い音でBGMを流してくれています。

 「ネットオーディオ」や「ハイレゾ」「DSD」等を知ったのがそれから
 ですから本当に1年も経っていないんです。
 関連本を読んだりネットで記事を読んだりして手持ちCDを「リッピング」
 してUSB-HDDに取り込めば「ジュークボックス」的使い方が簡単に出来る?
 そう考えたら、TOSHIBAの安いノート+UD-501+HDDを一気買いしました。

天地さんのシステムを拝見し、聞かせていただいて私の「デジタルライフ」とは
 「程度の差」以上に「己の能力差」を感じました。
 「そしての師匠」「車屋さん」のシステムも私から見たら「雲の上」程も
 遠いところにあると思います。
 天地さんのように「PCを自作」など今からではとても出来ませんし、其処まで
 行く必要性を感じてもいません。
 ある意味「AVシアター」と同じレベルが私には相応しい!と。

 逆に言うと私のような考え・レベルでも「デジタル・シアター」は十二分に
 楽しむ「方法論」はあると言うことですよね?
 アナログをソフト・ハードを揃えて今始めるには価格・機種選考・使いこなし
 等で「デジタルオーディオ」の数倍もハードルが高く、尚かつ投資額に見合った
 音質を得るには並大抵では無いのも現実です。

 人それぞれのレベルで「かなり良質」の音を楽しめるのは「デジタル」しか
 無い様な感触を持っています。

 デジタル=無機質な物と言うのは現代ではそぐわないかもしれません。
 ついつい「情緒的・精神的」な物は「アナログ」に限る!見たいな風潮も
 ありますがそのあたりが「一番オカルト」なんだと感じます。

 「オカルト万歳!・デジタルまんせえー!」

相も変わらず「節操」の無い年寄りには手を焼かされると・・・・・!

2013/10/28 20:03  [868-13142]   

12個口のコンセントが全部埋まっています。 PCオーディオは付録から

みなさん 今晩はです。

天地創造さん

ラックの裏 凄いことになってますね〜。

比べれば、可愛らしいものですが、12個口のコンセントが全部埋まっている時もありましたが、少しばかり整理して、最近はスッキリ?

PCオーディオのスタートは、オヤジさまと同じで付録のアンプ+USBDACから
でも、安くて便利なんですよね〜、しかも音質もそこそこ良いので愛用中です。

あまりにも便利なので、ノートPCを入手して、オンキヨーのP-3000R君とのコンビも増殖しました。

お皿の現物を回すのは、すごく・すごく減りました。

2013/10/28 21:12  [868-13147]   

 黒い水さん  

電源系もありということで、久々にコメントします。
数日前からPRO CABLEに感化されて電源の非メッキ化を進めています。(銀色の端子はメッキあり、5円玉のような鈍い金色の端子は非メッキ)

うちでは以前にΛ5.35を導入したあとロジウムメッキの電源ケーブルを使ったら音がひどかったので、それ以来ロジウムメッキは信用していなかったのですが、PRO CABLEでは普通のメッキも極力排除するように提唱しています。(http://www.procable.jp/setting/79.html ほかにもいろんなところで)

今回PRO CABLEで「重鉄タップを越えた重鉄タップ」を購入したところ、音も映像も思ってもいなかった方向に改善しました。(サイトの表記は大げさすぎるかと思ってましたが、実際に使ってみると同感するところも多々ありました)

で、調子に乗って電源ケーブルも非メッキ化しようとおもい、普通のメガネ2Pケーブルが余っていたので、メッキをサンドペーパーで削って取ってみました。
(メッキがなくなることにより多少は劣化しやすくなるはずですが、真鍮なので通常使用では酸化しても激しく劣化することはなく、音にも影響ないらしいです。)
で、非メッキの電源ケーブルをTVに使ってみたところ、音も色も豊かになりました。単純にメッキを削るだけで、これほど変わるのかと驚きました。

音・映像とも高周波成分が減ってまろやかになり、中域や低域が豊かになるような変化なのですが、そのくせ聴こえる音や目に入る情報は増えている感じなので不思議です。

普通のメッキの電源ケーブルは数百円では売っているので、それのコンセント部分のメッキをはがして、普通の壁コンに直結してみれば変化がわかると思います。(メッキをはがす程度では危険はないと思いますが、あくまで自己責任で)
面倒ならPRO CABLEでタップや電源ケーブルを買ってしまうのが確実です。ここにいる人たちから見たら高いものではないと思います。
TVで試すと映像・音とも変化がわかるので都合が良いです。

久しぶりに目うろこな変化でした。もしご存じない方がいれば試してみることをお勧めします。

2013/10/28 21:29  [868-13149]   

スレ主 天地創造さん  

浜オヤジさん

デジアン内臓おもちゃいいですね!!思わずどこで売っているんですか?って聞きたくなりましたww

>逆に言うと私のような考え・レベルでも「デジタル・シアター」は十二分に楽しむ「方法論」はあると言うことですよね?

そうですね。難しいと感じてしまうとそれ以上先には進めなくなってしまいますし、面白そう!!と考えて『自分なりの楽しみ方』というのものを模索するのが良いと思います。
デジタルはレコード(アナログ)と違ってありとあらゆる使い方ができます。再生はもちろん録音・ミキシング・仮想サラウンド・イコライジングなどなど。どこまで応用できるかで楽しめる幅も広がっていくと思います。

デジタルもアナログも基本的に考え方はまったく同じです。力を入れるべき部分というのはどちらも一緒なんですよね。最終段のスピーカーやアンプはもちろん、アナログでいうターンテーブル本体がデジタルで言うCDPやPCといったトランスポートです。DDCがカートリッジでDACはフォノイコライザーでしょうか?CDPはDDCとDACが内蔵されているのでターンテーブル(フォノイコライザー内蔵モデル)のようなものですねww

アナログで一番音に影響が出てくるのはフォノイコライザーの部分ではないでしょうか?間違ってたらすいません(汗)

ターンテーブルはしっかり動けばちゃんと読み出せますし、カートリッジが読み取った信号を増幅するフォノイコライザーで差が出るのでは?と思っております。もちろん使いこなしというのも大きく関係してきますが、これはデジタルでもいえることなので……(^^;)

デジタルも同じでCDPやPCというのはちゃんと正確な信号が出力できれば問題ないです。問題はDACの部分です。ここでデジタルからアナログに変換され増幅して出力されますが、ここの出来が悪いと前段がどんなに良くても、最終段がどんなに良くてもたいした音にはなりません。DACですべてが決まってしまうといっても過言ではないと私は思っております。


まずはDACから、デジタルで良い音を目指すならいいDACを探すことからはじめるのが一番です。サラウンドの環境も良いAVアンプを探すことからはじめます。世の中AVアンプでもびっくりするような良い音が出せるものがいくつも存在しています。そういうものと出会えるかどうか。時の運ですね(^^;)

一番音に影響を与える部分がどこか。それがわかっていれば機材選びのときにもメーカーのセールストークに惑わされることなく自分の欲しい機材というのが見つけれるようになると思います。最初にどこから揃えていくか。どの順番で揃えていくか。順番を間違えるとどこかで壁にぶつかって泥沼へはまり込んでいってしまいますね。

2013/10/28 21:29  [868-13150]   

スレ主 天地創造さん  

古いもの大好きさん

早速書き込んでいただきありがとうございます。

私も常時18個(PCの周辺機器が5個)コンセントに刺さっていますがこれでもまだ減ったほうです(ぇ
一番多いときでタップも使用して25個使用していたときがありました。余計なものも多く相当まとめたり撤去したりしました。それでもまだ……そんな状況でもちゃんとどれがどこにつながっているかは覚えているので自分のことなのにたいしたものだなとww

PCオーディオの良いところというのは『便利で音も結構良い』ところですよね。
特に低域の出方はなかなか目を見張るものがあります。高域は音源によってすごい差が出ますが良い音源ですとホント良い音で鳴らしてくれます。良いところ悪いところをそのまま出してくるのでわかりやすいですね。


黒い水さん

書き込みありがとうございます。どんどん書き込んでください!!オカルトチックなお話でも大歓迎です!!ww

電源はすごい効果でますよね。私も電源の効果による音の変化の大きさというのに驚きはまってしまい、今では専用の分電盤を部屋のすぐ外に設置して各機材に安定した電力を供給しています。

電源に目覚めたのがいまから3年前。CSEのクリーン電源が特価で出ていたので興味本位で購入、予想以上に効果があったので、他に何かないかとネットを徘徊していたところたまたま『EMC設計』というお店を発見し、そこで専用の電気工事をやっていることを知り……いきなり『電気工事お願いします!!』とお店の人に電話しましたね。クリーン電源からいきなり専用分電盤というぶっ飛びかたをしました。

電源ひとつで映像はよくなるわ音はノイズが減り、低域があばれるといっていいぐらい出るようになりますし、なによりアンプが熱くならなくなる!!電圧変動がほとんどなくなるのですごい安定して機材にとってもやさしいみたいです。

めっきも導電率が変わるなどで音や映像に変化が出てもおかしくないですよね。真鍮(黄銅)だと抵抗が大きいので金メッキなどで導電性をよくしたりニッケルやロジウムなどでブレードの強度を上げたりとめっきにもいろいろ目的があるみたい。銅に金メッキして腐食を防ぐというのも一例ですよね。

実際怪しいんじゃない?ということでも、いろいろ試してみると意外な結果になったりして楽しいですね。

2013/10/28 22:05  [868-13151]   

 御伽囃詩さん  
ソケット370用ファンレスヒートシンク(左側) 今は更に進化してる?

みなさん、こんばんわ〜♪

『デジタルオーディオ総合雑談』ってことなんで、ちょっくら昔話を(笑)

え〜っとですね、、、

私が初めて買ったPCってのが「NEC PC-8801mkII」ってヤツで、、、
30年くらい前になりますが、5インチ・フロッピードライブ2期搭載モデルで25万くらいでした。
増設基盤とかCRTモニターとかプリンターとかソフトとか揃えると50万オーバーだったと記憶してます。

当然ですがワープロソフトやゲームソフトなんかもかなり高かったんで、「簡単なソフト」は雑誌等に掲載されたプログラムを自分で入力して作ったんです。
で、そのデータの読み書きに『カッセットテープ』(音楽用のコンパクトカセットね、、、笑)を使ったんですね。

なんと、デジタルデータをアナログカセットに記憶させて読み書きするという、今考えればトンでもない事が普通だったんですね〜(笑)

ま〜そこから先はお決まりのコースで、、、

PC8800シリーズ⇒PC9800シリーズ⇒Win95⇒Win98

と替わっていきます。

自作するようになったのがWin98からで、最初の自作機がslot1仕様のセレロン300MHzでした。
そのころにオーバークロックが流行りまして、わたしも300⇒450MHzで使ってました。
また、この頃からファンレスにも興味が出てきて、発熱の少ないCyrixというCPUをファンレスで使ったりしました。
電源に小さなファンが1個だけのPCだったんで、かなり静かでしたよ。


ってことで、現在はローエンドPCオーディオ爆走中です。
みなさんの参考になることは、、、ほとんど無いと思いますが、よろしくお願いしますねぃ(^^)

2013/10/28 22:27  [868-13154]   

 さのやまさん  

おはようございます。
このスレでは初めまして。

私の場合は、スレ主さんほど徹底したモノではないのですが、
リフォームを機にオーディオ専用ブレーカーを設置して
そこからコンセントは壁際に5カ所、天井に2カ所引き込んでいます。

ただねえ、普通の電気工事屋さんはオーディオには理解がなくて(安全性だけね)
あれこれ要望を伝えるのに苦労させられたんですよ。

黒い水さん、

プロケーブルは、あんな感じなので相当にインチキくさいけれど
WATTGATEシールド電源ケーブルは気に入ってます(相性もあるけれど)。
なんたって安いし高域が素直で変なクセがなく低域は蛇口全開の感じですから。

結局、10倍の価格の某社電源ケーブルを蹴散らしてる気がしますよ。
特に高域のうるささに悩む人にはお勧めかなあ。

2013/10/29 07:53  [868-13155]   

天地創造さん

こんにちは、皆さんおっしゃっていますが、配線すごいことになっていますね。でもこれが普通なんですよね。

ケーブルのプラグ関係は無メッキが良いなぁと思って、ずっとメッキなしの物を使っていました。

ただ最近、orb hp-5ggを買って入れかえたら、音が艶で音が柔らかい事ぉ

ビジュアル関係に使っていますが面白いです。

また音の広がりが欲しくて、色々と試した結果、クリプトンのpc-hr500,1000が音の広がりが良かった事でしょうか

はまるとやっかいですね。

ただ、クラシックを聞くのならばpcoccよりofcをかかせません。

2013/10/29 17:32  [868-13165]   

 tohoho3さん  

皆さん、こんにちは

デジタルオーディオということで、天地創造さんに触発されて、今のシステムのブロック図を貼ってみます。ついでに、前にここに貼ったこともあるケーブルの動画も貼り付けておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=8324pAdYu
EM


そんなに高価なものは持ってないが、結構ぐじゃぐじゃしてます。デジタルオーディオを始めたのはいつの頃だろうか。御伽囃詩さんと同じくらいかな。NEC PC-6001に楽譜打ち込んでFM音源を聞いていたような。それ以降、MIDIデータを集めて聞いてたりした時期もあったな。月日は流れて、今はDSD再生の全盛期ですな。どこかの口コミにも書いたけど、ご多分にもれず、私も、CDをwavファイルに変換して、http://hp.vector.co.jp/authors/VA018963/
upconv_0xx.htm
を使用して、高域補間して、24ビット、88.2kHzにアップコンバートし、AudioGateでDSDDIFFに変換して、再生している。

オカルトには興味ありませんが、これからデジタルオーディオはどこに向かって進むのだろうか?

2013/10/30 15:13  [868-13183]   

お早う御座います。

 驚いてしまうのが、皆さんいとも簡単に「ブロック・ダイヤグラム」をPCで作り
 レスに添付してしまうのが「ジジイ・口あんぐり」で御座います。

 AVシステムは未だ、配線もして居らずテレビに直結のBDレコ2台とUSB-HDDを
 運用しているだけで、ちーとも先へ進みません。

 以前「さのやまさん」から譲っていただいた「高価ACケーブル3本」を
 CDPとマッキンのセパレート用に丁度の長さに切りつめて使おうか?
 などというのが電源系での唯一のプランです。

 純正ケーブルはそのまま残して下取り時に備えておかないと・・・・。

 CDP-プリ-パワー間をXLRケーブルに替えては見ましたがやはり!と言うか
 予想していたとおり「変化」は全くもって「関知できない」です!

2013/10/31 08:29  [868-13202]   

またもやオマケ本 中身 SPK3900QSILVER

みなさん 今晩はです。

さて、初めてのSPケーブル購入です。

じゃあ今まで何でスピーカーとアンプ繋いでいたの?
単なるキャブタイヤ電線です。

で、以前オマケ本のSPケーブルで少し良くなった(高音域の濁りが改善された?)様に感じたので、いつかはSPケーブルと言う奴を買ってみようと思っていたら、Rubyの購入時についたポイントがそこそこあったのと、オルトフォンからお手頃価格のSPケーブルが出てたので、清水の舞台から飛び降りるつもりで(大げさ!)買ってみました。

この週末に加工して試してみます…が十中八九判んないだろうなあと思ってます(笑)

2013/10/31 19:11  [868-13211]   

 PIJさん  
第3位 エナコムシリーズ 第2位 ショートピン防振プラグ 第1位 超低周波発生装置 RR-77

天地創造さん、皆さん、今晩は!

私もオカルトグッズには結構散財してます。
私のオカルトグッズベスト(ワースト?)3をご紹介します。

第3位 エナコムシリーズ
http://www.combak.co.jp/enacom/ENACOM.ht
ml

拙宅では、アンプとメイン&サラウンドスピーカーケーブルが7m以上あるのではじめにスピーカーエナコムを試したところ、クソ耳の私ですが何と無く音がクリアーになったように思えました。それにハマって他のエナコムも大人買いで購入しました。

第2位 ショートピン防振プラグ
http://www.acoustic-revive.com/japanese/
cable/sip8q.html

これは、エレキットのTU-873LEを買って組み立てた時に一緒に購入しました。
効果の程は正直良くワカリマセンが、理屈的には効果があるのでは?と思ってます。

第1位 超低周波発生装置 RR-77
http://www.acoustic-revive.com/japanese/
roomtuning/rr-77.html

これがオカルト度ブッチギリのグッズです。
効果があるかないかは神のみぞ知る宗教の領域です〜。
取り敢えず、失敗したとは認めたくないので電源入れっぱなしで一応使っていま〜す。

以上、PIJでした。。。

2013/10/31 21:01  [868-13214]   

スレ主 天地創造さん  

みなさんこんばんは

御伽囃詩さん

セレロン300MHz懐かしいですねww
倉庫に親が所有していたセレロン450MHz×2が乗っているマザーボードが眠っているのを思い出しました。何でそんな変り種なマザーがあるのかは私にも???

さのやまさん

普通の電気工事屋さんだとコンセント交換だけでも、え?みたいな顔されますよね(^^;)

ケーキクーラーさん

はまればはまるほど……私は重度の病気にかかっております(爆)
最近は単線にはまっちゃってます。どんどん単線化が進んできておりまもなく主要ケーブルがすべて単線に!?

tohoho3さん

なかなか複雑ですね!!機材が増えるとその分ケーブルも増えますよね……いろいろなお宅に遊びに行ってシンプルな環境(CDP→アンプ→スピーカー)で聴いている人の家に行くとすっきりしていて良いなぁと思うときも……

デジタルオーディオもハイレゾ化がどんどん進んできていますが、DAC(DACのI/V変換回路)がその情報量を活かしきれていないのでどうなのかなと。私個人の考え方としては24bit192KHzまでで十分だと考えています。PCMでも十分音良いですしねww


浜オヤジさん

AVシステム構築はYAMAHAを導入するかどうかが決まってからになりそうですねww
あせらずじっくりやっていくのがいいんではないでしょうか?特にサラウンドはセッテイングが地味に難しいですし(汗)


古いもの大好きさん

スピーカーケーブルにチャレンジですか!!どうなるか……レポ楽しみにしていますww


今週末(明後日、明々後日)とオフ会なので準備中……天地邸では日曜日にオフ会なのでその準備を……部屋が荒れ放題なので何とかしないと……(汗)

2013/10/31 21:05  [868-13215]   

スレ主 天地創造さん  

PIJさん

こんばんは!!
RR-77あれは怪しいですよね〜オカルトアイテムの代表格ではないかとww

私も友人から借りてみたことがありましたが……効果は????でした。変化がないように感じるのは私だけ?その友人と一緒に中身を見てみたことがありますが、低周波が発生できるような回路にはなっていました。あとはその低周波がどんな効果を及ぼしているかですが……私にはユーザーレビューのような効果は感じられませんでしたねww

アコリバは良いものも売っていますが、怪しいものもちらほら……宗教といわれてもおかしくないアイテムもありますね。売れてるのでしょうか???(^^;)

2013/10/31 21:13  [868-13216]   

 tohoho3さん  

オカルトに興味がないと書いたけど、前にどっかのケーブル・スレでシューマン共鳴がちょっと話題になって、調べたけど、

http://www.mind-craft.net/?p=35

で、1万5千円で作ってくれるみたいだな。

http://isayama1959.blogspot.jp/2012/03/d
iffernece-tones.html


で、差音を聞く限り、安息感が得られそうにも思うけど、天地創造さんは効果なかったですか。

2013/10/31 22:34  [868-13219]   

スレ主 天地創造さん  

tohoho3さん

シューマン周波数、体の調子が悪いときとかに有効みたいですね。私は……借りていた2週間ほど電源入れっぱなしにしていましたがいつもとたいして変わらず……

音が良くなるというのも特に感じませんでしたし……鈍いだけなのかな?とも(^^;)

もしかしたらですがシューマン周波数はヒーリング効果があるということですし、ストレスなど精神的な疲れがたいしてたまっていない人には効果が薄いのかもしれません。

以前会社の健康診断で普段からかなりリラックスした状態(ストレスが少ない状態)だといわれたことがあります。ストレスを溜め込まないようなストレス発散方法(オーディオで音楽を聴くことなど)が私の中で確立されていて毎日家に帰ってきて適度にストレス発散しているせいか毎日ストレスによる疲れを感じにくくリラックスしているような状態になっているそうです。普段からストレスを感じずに生活していると効果が薄いのかもしれません?

仕事が激務になってきたここ数年ではありますが、精神状態は相変わらずオールグリーンですww
思い返せばオーディオの音が良くなればなるほど私の毎日の健康状態もどんどん良くなっていっていますね。ここ3年病気らしい病気になっていませんし、今のオーディオシステムの音に何らかのヒーリング効果があるかもしれませんねww
音が劇的に良くなったここ1年ほど音楽聴きながら夢の世界へ……ということも良くありますし……ある程度音量だしてても心地よい音なのでだんだんウトウトとしてきて気づいたらPCのマウスを握り締めたまま寝落ちしていることが多くなりました。

私の家に遊びに来た人の中にも音楽聴いていたらそのまま寝てしまった人も何人かいらっしゃいますね(笑)

その人いわく『ここの音は心地いいからなんかすごいリラックスできる』とのこと。私は寺井直子のCD『Best of Best』などのやさしい曲調の物を流しているとすごい眠くなります。みなさまも是非一度お手持ちの音源をBGM感覚で小音量再生して椅子にグターッとしてみてください。そのときに来る睡魔がすごく気持ち良いですよ。リラックスして眠れるってすごく気持ちいいですよ^^)b

2013/10/31 23:39  [868-13222]   

お早う御座います。

 盛り上がって参りました!(タケシ風)

 「睡眠」には「揺らぎ」との関係を昔から良く言われますね。
 
 電車や車の揺れ、マッサージチェアー・オーディオの振動も同じでしょうか?
 大きすぎる音や酷い揺れは「不快」につながりますが、睡眠を誘う「揺らぎ」
 と言うのも人それぞれで違うものなんでしょうねー?

 私の場合は自宅のシステムで通常より低めの音量・部屋が適温・適度な疲労
 と言った要素が揃うと時間に関係なくソファに横になってしまいます。

 タクシー等の運転での「仮眠」とは状況が異なるのですが、夜睡眠をとるのとは
 やはり違うので「うたた寝」と言うかやはり「仮眠」なんでしょうか?

 短時間の睡眠でも目覚めがスッキリとしたり、軽い疲労感は大幅に減少します。

 日常のストレスは原因が把握できるものと不明なものがあるようですが
 どちらにしても「溜め込む」のが一番良くない。

 たまにはセッティングや音の追究を忘れて「ダラダラ」とBGMに身を任せるのも!

2013/11/1 08:34  [868-13224]   

 z2010さん  

こんにちは。

私はONKYOのデジタルオーディオプロセッサーSE-U33が発売されたころからPCオーディオをやっているので 流行る前から導入していたとも言えますが 用途はLPをバックアップのため デジタル録音することが目的でした。

1万円そこそこの製品ですがSN比も良く 実際これで十分な音かなとも思えます。
今はONKYOのDAC−1000をPCにつないでいますが さすがに音の膨らみというか分厚さは増しました、まあ、私はこれで十分です。

正直なところPC再生は便利ですが 音楽に没頭するには やっぱりアルバム単位でLPやCDで じっくり聴き通すというのが私のスタイルです。

棚にあるレコードを物色して ジャケットを手にとって あれにするかこれにするか迷いつつ ひとつを選ぶという儀式みたいなことがあり それを一旦再生初めたら 少々つまらない演奏も飛ばさす聴く、そうすると いつのまにか そのつまらない演奏もアルバムの構成としての存在感があることに気づいたりすることもあります、そうすると そのアルバムは愛聴盤に格上げされます。

私の場合技術的なことを書きだすと長くなり 且つ、オーディオ業界自体が金もうけのために わざとオカルトを作っているのではないかという批判になってしまうので このような内容で止めておきます(笑


2013/11/1 11:32  [868-13225]   

 PIJさん  

z2010さん、こんにちは!

>>私の場合技術的なことを書きだすと長くなり 且つ、オーディオ業界自体が金もうけのために わざとオカルトを作っているのではないかという批判になってしまうので このような内容で止めておきます(笑

いやいやいや、そう仰らずに長くなっても批判になっても構いませんので、ご意見を是非お聞かせ願います。
非常に興味がございます。

2013/11/1 12:27  [868-13227]   

 z2010さん  

こんにちは。

PIJ さん> そう言ってもらうと嬉しいのですが もう少し頭の中を整理してから また投稿させてもらいますので よろしくお願いします。

2013/11/1 13:27  [868-13228]   

 tohoho3さん  

>リラックスして眠れるってすごく気持ちいいですよ^^)b

俺も、よく音楽を聞きながら、昼寝するな。特にお薦めは、

VangelisのOpera Sauvageというアルバム
http://www.amazon.co.jp/Opera-Sauvage-Va
ngelis/dp/B000001FJZ


この中のReveという曲
http://www.youtube.com/watch?v=Pvr8nYqAi
eI


はお昼寝に極めつけだ。

中学の頃かな、初めて聞いたのは。確かNHKの「サウンド・オブ・ポップス」という番組だったかな。よくエア・チェック(死語かも)してたな。貧乏なんでレコードとか買ってもらえなかったよな。就職してたまたまCDを見つけたときは嬉しかったな。

2013/11/1 14:02  [868-13229]   

今晩は。


 z2010さん



<棚にあるレコードを物色して ジャケットを手にとって・・・・・・>

 私も同じですねー。
 以前よりは枚数も減りましたが、自分なりに「厳選」したレコードのジャケットを見、
 以前はまともに読んでいなかった「ライナー」等を辞書片手にも乙な物です!

 枚数的には2枚が限度ですが、やはりCDよりは「気合い」が入っているのかな?
 レコードをかけながら「眠る」事は若い頃からまず無いような?

 JBLよりは夜遅くにSQ-38Uとタンノイで聴くことがめっきり増えました。

この連休でタンノイにインシュとスタンドにスパイクを付けようかと?
仮オープン以来、手付かずでしたから先ずはどんなものか?

それが終わったら電源ケーブルの長さ調整をしようかな。

2013/11/1 22:00  [868-13239]   

 ALFA1048さん  

みなさま おはようございます。

デジタルというよりも、オーディオ理論のひとつとしてまたアクセサリーのひとつとして、おたずねします。

私が以前から興味をもっているアクセサリー&オーディオ理論(オカルト?)に『カイザーサウンド』が扱うものがあります。

特に、1カイザーとういう単位設定・理論が面白いと思いました。実際、私の経験からも、スピーカーを背後の壁面からほんの数センチ動かしただけで、音質が大きく変わったと感じる経験があるからです。

もし、このカイザー理論を実践された方がいらしゃったら、体験談・感想・効果?を教えてください。

2013/11/2 07:05  [868-13250]   

 tohoho3さん  

カイザー理論って、初めて聞いたな。

>スピーカーを背後の壁面からほんの数センチ動かしただけで、音質が大きく変わったと感じる経験があるからです。

これは、カイザー理論というものを持ち出すまでもなく、音は波であるということからくる帰結だな。波には、反射、回折などの性質があるから、スピーカと自分の耳の間にある空間内のいろいろな物体で、反射、回折される。その有り様も波長(周波数)によって異なるし、物体の物性(硬いとか柔らかいとか、大きいとか小さいとか、物体の曲率とか境界条件とか)によっても異なる。多重反射もおきまくっているだろう。目には見えないが、本当はスピーカと自分の耳の間にある空間に波がグジャグジャになって存在するのだ。これを制御するのはあきらめた方がよいと思う。波がグジャグジャになって存在するが、通常は音がグジャグジャになって聞こえない。これは、グジャグジャの部分が直接波よりかなり小さく耳が鈍感だからとも言える。

もっとも簡便なのは、AVアンプの音場補正機能に任すことかな。特に位相補正機能があればなおよい。

2013/11/2 08:50  [868-13254]   

 ノバシンさん  

天地創造さん、初めましてノバシンと申します。ちょっと参加させてください。


古いもの大好きさん、

オルトフォンのSPK3900、ステン?のメッシュに惹かれて私も買いました。(1mだけですが)
昔、バイクのブレーキ・ホ−スをステンのメッシュにしてたことがあったので。
ゾノトーンやこのSPK3900など、みなカッコ良いですね。

もうお作りになりました?
まだならお気きを付けください。私は、何回かメッシュを指に刺して痛い思いをしました。

2013/11/2 14:00  [868-13271]   

ノバシンさん 今日はです。

『もうお作りになりました?』

いえいえまだです。
ぼちぼち加工しようかなと思っていた所でしたので、メッシュに指をやられないように気を付けて作業しますね。

ありがとうございます。

2013/11/2 14:33  [868-13273]   

 黒い水さん  

ALFA1048さん
「カイザー理論」知ってはいますが試したことはないです。というか音を聴いた感覚で調整しているので、厳密に距離を測ったことはないです。

それはおいといて、PROCABLEさんで結界スピーカースタンドを使って音の焦点合わせをする場合のクロスオーバー周波数が、ユーザーの声によると、部屋の広さによらず1573Hzがよい、ということらしいです。
で、音速(1気圧0度乾燥空気で331.5m)を1573Hzで割ると1Hzあたりの長さが大体105mmになります。1Hzには山と谷があるので、メリハリが目立つ長さはその半分の52.5mmでということでカイザー理論でいうところの「小さな波動」というものにほぼ一致します。
なので、1573Hzという周波数も52.5mmというカイザー単位も別々の経験から導き出された値なのにたまたま一致しているので、人間の耳(というか脳)が認識しやすい音の変化をおこす長さではあるのかと思います。

P.S.
適当に計算したらたまたま近い値になったのでこじつけてみましたが、信憑性なしです。(空気中の音速は温度や湿度でかなり変化するので、基準値としては使いづらいので)。

2013/11/2 15:48  [868-13275]   

結構力入ってますねえ〜。 ビフォー&アフター

皆様 今晩はです。

ノバシンさんからの忠告に従ってメッシュシールドに気を付けながら、それでも少し「チクチク」攻撃を受けましたが、何ともありません。

ケーブル構造ですが、外側の樹脂外皮の中に、みっちりと編んだメッシュシールド、そして4本のケーブルの中央に綿材(と思います)の充填材もあり、お値段の割に凝った作りでございます。

で、左側が以前のキャブタイヤ線、右側がオルトフォンケーブルです。

バナナプラグは、バイアンプ接続なので、間違え防止でワザと種類の異なるプラグを使ってます。

あと緑と白線ついて、どっちがプラスで、どっちがマイナスか良く間違えたので、この際収縮チューブで赤黒表示を。

肝心のサウンドですが低音域がスッキリ(私的には好感触)ボンつきが改善、なので低音域担当をヤマハアンプからデノンアンプに切り替えて聴いています。

もうしばらく聴いてから、低音域担当のアンプは決めて行きたいと思います。

ちなみにこれ以上のケーブル評価(上記も気のせいかも)は出来ませんので、聞かないでやって下さいね(笑)

2013/11/2 19:37  [868-13281]   

スレ主 天地創造さん  

みなさんこんばんは

ただいま豊橋EMC設計から場所を岐阜の天地邸へと移動し絶賛お泊りオフ会中です。
私も話に参加したいですが、明日書けるかな?

はじめましての方もいらっしゃいますので後日になってしまうかもしれませんが、落ち着いたらまた書きます。スレ主なのに亀レスですみません(汗)

ここは基本自由な雑談スレなので皆様わたしにはかまわずどんどんよろしくお願いいたします(;^^)/

2013/11/3 00:34  [868-13288]   

 デジデジマンさん  

おはようございます

tohoho3さん

お初でしょうか よろしくお願いします

>カイザー理論というものを持ち出すまでもなく、音は波であるということからくる帰結・・

仰せの通りですね

>グジャグジャの部分が直接波よりかなり小さく耳が鈍感だからとも言える・・・

同意ですね・・・このへんを良く認識して調整したいですね

2013/11/3 06:50  [868-13289]   

お早う御座います。

 古いものさん

ケーブルの加工、面白そうですね?
雑多なことが片づいたので、今日辺りからさのやまさんに頂いた電原ケーブルを
我が家の設置位置にあった長さに加工しようかと?
極太のケーブルは手強そうなので、若干ひるんでいます。


 天地さん

EMCさんでの集まりの後、「雪崩のように」天地邸でのオフ会ですか。
昨夜は岐阜市内方面は「轟音・爆音」だったのでしょうか?

2013/11/3 08:52  [868-13291]   

 さのやまさん  

もうCDは、古くさいー。

ネットで−、得られる−、高品位。

 てなこと言われて、その気になって

PC用語はまるでだめ−、

 英語と格闘数時間、やっと聴けると喜んで

 HDがクラッシュ!

ハイ・レゾまーでーよ−、

ふざけやがって、ふざけやがって、このヤロー、無駄遣ーい。

2013/11/3 09:23  [868-13296]   

 デジデジマンさん  

おはようございます

さのやまさん

ありがとうございます 植木は久しぶりに楽しいですわ

2013/11/3 09:29  [868-13297]   

 Lavie60さん  

パチパチパチパチ(^_^)v

さのやまさん

この前のはイマイチだったけど

今日のは良い 久しぶりに笑えましたわ (^^)/

2013/11/3 09:36  [868-13298]   

 さのやまさん  

おはようございます。
雨の日曜日となりました。

実は、本日は困った試聴会があるのです。
悪の手先http://www.sound-tec.com/

まあ、4Kプロジェクターなんぞは興味もないのですが、
例のソニー製ハイレゾプレーヤーだかなんだか知らないけれど
ちょっとおもしろそうな内容だなあ、なんてイカンイカン。

2013/11/3 10:12  [868-13300]   

おやおや?さのやまさん!

 
 朝から「植木屋」ですか?

 長州は雨ですかー。
 同じ様な物が気になりますねー。
 メタリストさんが実機のレポート書かれています。

 http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000579959/So
rtID=16787515/#tab



カーペンターズではないですが「雨の日と月曜日は・・・」が「雨の日曜日」に
「困った試聴会」ですか?
丁度タイミング良くBGMに聞いている「P・メセニー・WHAT'S IT ALL ABOUT」の
「RAINY DAYS AND MONDAY ALWYS GET ME DOWN」がかかりました。

今日は何時に増して頭が動いてませんので「アンサー・ソング」は無しです!

2013/11/3 10:55  [868-13303]   

 tohoho3さん  

デジデジマンさん、こちらこそよろしくお願いします。

さて、ここでは原音再生にこだわる人が多いと思うけど、
原音って何だということになるんだよな。

1)マイクで録音されて時点で、マイクの伝達関数(特性)が付加されるし、
CDなりにマスタリングされる時点で、ミキシングやらエフェクトを加えることもあるので、
その伝達関数が付加される。

2)CDを再生するときには、アンプの伝達関数が付加され(その影響は他に比べて小さいだろうが)、
次にスピーカの伝達関数が付加され、スピーカと耳の間の空間の伝達関数が付加される。

3)最後に、自分自身の耳の伝達特性が付加される。

こう考えると、原音再生を行うには、上のそれぞれの伝達関数がわかっている必要がある。
伝達関数がわかっていれば、逆伝達関数を求めることにより、原音再生が可能になる。
上の2)に対する逆伝達関数の適用はAVアンプの音場補正機能である。
1)に対しては、それこそPCオーディオの本領発揮で何か補正するツールがないのだろうか?

2013/11/3 11:57  [868-13309]   

 デジデジマンさん  

tohoho3さん こんにちわ〜

厳しく そして 理路整然と考察されてるようで 気持ちが良いですね

>CDなりにマスタリングされる時点で、ミキシングやらエフェクトを加えることもあるので・・・

そうなんですよね もう既に原音とは かけ離れちゃいますね 先日 スタジオ録音のまんまCDを入手したんですが
(非売品を買った・・・爆)ダイナミックレンジ・生生しさ・etc でSACDなど いらんじゃないか・・でした
もっとも 仰せの通りマイクのキャラが付加されてますよね PCで補正などの技術スキルはありませんので
生録が手っ取り早いアマチュアの私です・・って 昔の話ですが(汗)

>次にスピーカの伝達関数が付加され、スピーカと耳の間の空間の伝達関数が付加される・・

この辺が一番影響が大きいですかね アンプはともかくウーハーなど 周波数により位相が転回しますよね
フルレンジを長年使用の経験から 口径20cmまでが限界かなぁ〜(ホントは10cmくらいでしょうかね)

>最後に、自分自身の耳の・・・

これも仰せの通りで 加齢もあるし なにより各自の趣向性というフィルターがかかりますよね

ピアノが好きなんですが ホールで既に余韻が付加されている上に 自室のたまらん悪い余韻を更にプラスは まずいので
スピーカーの前 1mくらい(ニアフールド)に正座して聴くことも多いですわ

おかげで 夕べは「ハックショ〜イ」でした 留意すべきパラメーターがこんなに多い趣味も 少ない気がします
難しいもんですよねぇ この縁側のテーマ?の<テキトー>に感化されて 私も良い加減(いい加減)にやってます

2013/11/3 14:07  [868-13317]   

スレ主 天地創造さん  

みなさんこんにちは

ちょっと昼食後の小休憩中……

昨日もEMC設計でアドレナリンMAXなオフ会をしてきたにもかかわらず、今日も朝から全力全開でぶっ飛ばしておりますww
本日はパッチさんだけ一緒に岐阜まで来ていただきオフ会をしていますが、大興奮のご様子ですごく良かったなと。今回のオフ会も大成功に終わりそうで良かったです(^^)b

tohoho3さん
原音再生について

原音再生といいますが、別に原音再生にこだわらなくてもいいと思いますね。一番大切なのは『楽しく聴けること』だと思いますし。

そもそも原音再生というのが非常に定義があいまいだと思います。そんな中であえて原音再生とは?というのであればそれは生の演奏をそのままオーディオで完全再現することだと思います。

そんな原音再生を実現するには

@20〜20KHzまで(最低限30Hzまで)バランスよく過不足なく出せること
A生の楽器の音と比較できる(生の楽器の音がわかっている)こと
B@Aの条件を満たせるだけの環境・機材があること
C録音が極めて良いものを再生していること

以上4つがないと無理だと思います。まず数十万(ミドルクラスレベル)のDACでは今までの経験上音源の情報量を100%引き出せないのでそんなので原音再生なんて論外ですし、アンプやスピーカーも生の楽器のあの音のスピードを再現できるだけのハイスピードな物が必要になります。部屋もそれを再現できるようなしっかりしたものでないといけませんし、よほどの環境でないと無理でしょう。私も3桁クラスの機器で固めてきましたが全然原音再生というのは出来ていません、

一番イメージしやすいのはドラムのみ(打楽器のみ)の音源でしょうか?ドラムの音というのは高域から低域までかなり広範囲にわたって音域がありますので一番その環境の音を聴くのに適していると思います。ちゃんとドラム(打楽器)が目の前で演奏していると錯覚出来るぐらいリアルな音が出せるようになればそのとき初めて(とりあえず)原音再生が出来る環境になったといえると思います。

私は原音再生についてはそんな考え方でいます(^^;)

2013/11/3 14:27  [868-13318]   

 ましーさん  

皆さん、お疲れ様です。

原音再生論の話題が出ていますので、私の考え方を少々。

原音再生という表現も、単に便宜上そう呼ばれた物が、尾ひれがあれこれ付いてみんなややこしく考えているだけなんじゃないかなと。

私もどちらかと言えば、原音再生を目指す立場になるかと思います。

ただ、なんかこう立場を表明すると、高確率で「こいつ本物の楽器の音がスピーカーから出せるとか言ってやがる」なんて、曲解して噛み付いてくる輩がいて困ってしまいます。

私は一言も「生楽器と寸分違わぬ音が手に入る」とか言った覚えは無いんですけどね。

そんなこんなで、私は自分の目指す方針に対しては、"情景再現型"と名乗るようにしています。

天地創造さんが纏めの部分で使ってありますが、「目の前で演奏していると錯覚出来る」様な事が得られれば良いわけですね。

というか、この話題はコム板の方で具体的にやり取りされていたような? 
「リアルな音」という表現の解釈[16588168]

2013/11/3 14:44  [868-13319]   

 御伽囃詩さん  

みなさん、こんにちわ〜♪

「デジタル」と「原音再生」接点がイマイチ分かりませんが、、、

わたしはカナリ古い音源から最近のものまで、ジャンルも幅広く聴くので、、、

おおよそ「原音再生」とは程遠い感じです。


基本的に『オーディオ』=『再生芸術』と思います。

アコースティックの収録にしても、そもそも録音自体が『近接のマルチマイク』が主流。

なので、、、

スピーカーから耳に届く間に音を混ぜて、、、

『単音⇒和音⇒ハーモニー(調和)⇒フュージョンオール(美醜融合)』

こんな感じで再生できればよろしいんじゃないでしょうかね。。。

私的には『綺麗な音と汚い音を同時に再生』できればOKです。

というか『フュージョンオール(美醜融合)』が最終目標かな〜!?

、、、と、、、またまた意味不明発言でした〜(爆死)



(爆死)はこんな感じで使えば宜しいんじゃないでしょうか?(をぃ)

2013/11/3 17:02  [868-13324]   

 黒い水さん  

「原音再生」ってもともとは記録された音をそのまま再生できるって意味で使っているのだと思います。(楽器の音を再生するわけではない)
なので、生楽器がマイクを通った結果をミキシングしてマスタリングされた音を、家庭でも同様に再現したいということではないですかね。
そういう意味でPRO CABLEさんのアプローチはよいと思います。
最終的には好みの音であればよいのですが、基準として原音を聴いておきたいですね。
デジタルの話からすっかり離れてしまいました。

2013/11/3 17:43  [868-13325]   

 tohoho3さん  

みなさん、いろいろ意見があるようで、議論は収束しないですね。

原音再生とデジタルの接点は、前述のように、

マイクで録音されて時点で、マイクの伝達関数(特性)が付加されるし、
CDなりにマスタリングされる時点で、ミキシングやらエフェクトを加えることもあるので、
その伝達関数が付加される。

に対する、逆伝達関数の適用をPC上で何らかのツールを使ってデジタル的にできないものか、というところにあるのではないかと考えたんだがな。

しかし、このマスタリングでは、エンジニアが録音位置での音響特性や録音マイクの特性、リファレンス・スピーカやリファレンス・スタジオの音響特性を考慮して、ミキシングやらエフェクトを加えるのだろうから、ここは不可侵の領域とするしかないのだろうか?

2013/11/3 18:36  [868-13326]   

 ましーさん  

tohoho3さん、こんばんは。

PCでのReミキシングですが、多分個人がホームユースで等と言うのは、アマチュアでも良いので実際にそういう専用のクリエイト機材に通じたスキルが無いと厳しいんじゃないかと思います。

個人的なお遊びで、安物ですがPCMレコーダーを持っており、MYシステムに関する諸々実験を、実際の音として表現する事を試みています。

あくまでもフリーで手に入る音楽編集ソフトを使っていると言う前提での話ですが、レコーディングというフィルターにて劣化した録音データを、実際に発音させた同じシステムで同じ様な聴こえ方になる様にするだけでも、耳コピレベルですがEQをいじるのもなかなか上手く行きません。

あくまでもお遊びなので、さすがに確認用の周波数測定環境とかまで構築する気はありません。

WaveSpectra等のフリーソフトがあるのは知っていますが。

また、ステレオ品質の維持という事でL/Rを個別に録音した物を、同上エディターで結合する際にも、そのソフトで取り扱える最小時間1/1000秒の関連がズレルだけでも、原音源とはかけ離れたバランスになってしまいます。

※例)確認用ヘッドフォンリスニングにおいて、原音源はヴォーカルがきちんと中央に位置するのに、整合点最近似で最小1/1000秒をもってしても、右か左か微妙にフライングした方からの出だしになる。

販売用ミキシングも、意図があってそう言う音作りをしている訳なので、同等レベルのエンジニアが、同様に変調を排除する方向を目標にミキシングと言う同じ行為で無ければ解消しない話な気がします。

仮に、固定変数を解析できて、オートリマスタリングできる機材が開発されたとしても、市販品の再解析は著作権絡みで民生化できないだろうし、グレー使用できたとしても関連機材込みでかなり高額な出費が伴いそう。

個人でそう言うクリエイティブな事をして楽しむのも非常に面白そうですが、それこそ使用機材も本職でミキシングできるスタジオグレードか何かで、これまた本職エンジニアとしても通用する高いスキル持ちか何かではないと手に負えないレベルじゃないかと思いますよ?

2013/11/3 19:15  [868-13328]   

 tohoho3さん  

ましーさん、こんばんは

>それこそ使用機材も本職でミキシングできるスタジオグレードか何かで、これまた本職エンジニアとしても通用する
>高いスキル持ちか何かではないと手に負えないレベルじゃないかと思いますよ?

そうですか。これを自動で行うのはやっぱり難しいのかな。

入力 -> システム(パラメータがいっぱい)-> 出力

で、出力は既知だけど、入力が未知なんで、パラメータの推定はそもそも無理なのかな。AVアンプのベルリン・フィルハーモニック・ホール・モードとかに甘んじとくしかないのかな。

2013/11/3 21:16  [868-13333]   

 御伽囃詩さん  

みなさん、おはようございます〜♪

ここんとこ、初めて聞く「オーディオ用語?」が出てきたり、進行が速くて内容が微妙に把握できてませんが、、、

ちと気になったんで(笑)

>天地創造さん

>@20〜20KHzまで(最低限30Hzまで)バランスよく過不足なく出せること
>A生の楽器の音と比較できる(生の楽器の音がわかっている)こと


@について

映画観賞だと超低域に効果音が含まれてたるするんで20〜20KHzが理想でしょうね。

音楽鑑賞だと、40Hz以下は「気配」「雰囲気」とかを感じる部分ですが、、、
40Hz以下は一部の楽器を除いて必ずしも必要な帯域ではないと思います。

録音が悪いと、余計な音(車の走行音、とかモーターの振動、とか・・・とか、、、笑)が収録されてたりするんで40Hz以下が無いほうがよい醤油もあったりします。

ってことで、わたし的には「40Hz〜20kHz」で十分かな〜(レベル低くてごめんなさいね〜;;;)

Aについて

これはですね〜、、、

『奏者と聴き手の埋まらない溝』ってのが有りまして、、、(笑)
同じ音を聴いても、ステージ上の演奏者と客席で聴いてる音は結構違うですよ。

それ以上に、個人差が大きいんで『生の楽器の音』を定義するのは難しいかな〜!?


ってことで、、、「原音再生」には拘り過ぎないほうが良いような気がします(爆死)

2013/11/4 08:35  [868-13350]   

 Lavie60さん  

おはようございます

みなさん 何を隠そう御伽囃子さんはピアニストなんです。(@_@)

だから『Aについて』は机上の空論では無く実体験からのご意見では (?_?) (爆死)

2013/11/4 08:44  [868-13352]   

 tohoho3さん  

>『奏者と聴き手の埋まらない溝』ってのが有りまして、、、(笑)
>同じ音を聴いても、ステージ上の演奏者と客席で聴いてる音は結構違うですよ。

5.1chサラウンドのDVDとかBDでも、奏者(歌手)位置で音作りしてるものありますよね。

原音を追い求めることは、無駄なあがきということが結論か(爆死)

2013/11/4 09:22  [868-13354]   

スレ主 天地創造さん  

みなさんおはようございます

御伽囃子さん

先日書いた@〜Cは曖昧なでしかない原音再生をあえて無理矢理定義するならということで強引に定義付けしたものなのであまり本気にならないでください(爆)

無理矢理すぎてツッコミ所満載ですしww


30〜20Khzといったのは打楽器(特にバスドラなど)の空気の揺らぎがかなり音のリアリティに影響を及ぼすのをサブウーハーやウィルソンを使いはじめて実感したからです。

私もトランペットをやっていましたのでホールの客席とステージ上での聞こえかたが全然違うのをよくわかっているつもりです。

なので生の楽器の音と言うのも人によって全然違う……まぁAは客席から聞いた時の音って事にしといてくだい(ぁ




結論!!原音再生なんて考えるだけ無駄!!乙!!(;■{∀}■)b

2013/11/4 10:12  [868-13356]   EZwebからの書き込み   

お早う御座います!

 何やら「原音」「生音」とか難しいテーマに?

 かれこれ半世紀以上にもなる「再生音楽」との付き合いですが、5球ス−パーに
 セラミックのプレイヤーを繋いだ頃から一度も「原音」を意識したことはないなー。
 前後して「ギター」や「ハーモニカ」等を演奏していましたし、楽器の違い
 奏者の上手い下手に関係なく、生の音と再生される音は「別物」と!

 オーディオで「何を」音楽に求めるのか、「何処まで」質を求めるのかは
 「お昼に何を食べようか?」と同じ類のように捉えています。
 蕎麦を手繰るにも「立ち食い蕎麦」なのか、「老舗蕎麦屋」か?
 その時の懐具合と気持ちの向きようで選ぶのが私流かな。

2013/11/4 10:58  [868-13359]   

 PIJさん  
Pic.1: スピーカー配置図です。 Pic.2: メインスピーカーの写真です。 Pic.3: 定在波制御フィルターの画面です。

こんにちは。

再びデジタルスレに参戦です。
やや強引ですが閑話休題です〜。

今度の私のお題目は『スピーカーのセッティングとAVアンプの活用』です。
添付ピクチャーの1枚目は拙宅のスピーカー配置図です。(2年前の資料ですが、配置に変更はありません。)
2枚目がまたまたピンボケですが、メインスピーカー(モニターオーディオ/シルバースタジオ8)の写真です。
3枚目がメインスピーカーの定在波制御フィルターの画面です。(AVアンプはパイオニアのSC-LX86です。)
============================
[マニュアルからの抜粋]
オーディオの世界で問題となる定在波(Standing. Wave)は、音波が壁などで反射し、もとの音波と干渉す ることで発生します。定在波は特定の低域周波数に極端なピークなどが発生したとき音質に悪影響を与えます。 定在波の影響はスピーカーの位置やリスニングポジションによっても変化します。

各チャンネルごとに用意された、3つのフィルターで定在波の影響を制御します。
MAIN: センタースピーカーとサブウーファー以外のすべてのチャンネル
Center: センターチャンネルのみ
SW: サブウーファーのみ

フィルター No.1からNo.3について、各項目を調整する。
Freq: 各フィルターの中心周波数を、63.Hz ~ 250.Hzの範囲で調整します。
Q: 各フィルターの帯域幅を2.0 ~ 9.8の範囲内、0.2間隔で調整します。数値が大きくなるほど帯域幅はより 狭くなります。
ATT: 各フィルターの減衰量を、0.0.dB ~ 12.0.dBの範囲内、0.5.dB間隔で設定します。
TRIM: サブウーファーのレベルを-12.0. dB ~+12.0. dBの範囲内、0.5. dB間隔で調整します。(フィル ターチャンネルでSWを選んだときのみ調整できます)
============================

添付ピクチャーをご覧の通り、左のメインスピーカーが部屋のコーナーにあり、左方と後方の壁から15cmくらいしかスペースが有りません。
つまり、我が家ではこの左スピーカーが定在波に大きく影響を及ぼすようになってます。そのため、このAVアンプの定在波制御機能が欠かせません。

S4700を導入するとなると幅50センチ奥行37センチですので、2枚目の写真右側のネストテーブル(幅52センチ)をどかして配置することになります。このとき左スピーカーの左方と後方のスペースは10センチ位になるでしょう。恐らく38センチウーファーのS4700からの定在波は非常に大きいと予測されます。
なお、現在メインスピーカーは改造しまくりのエレキット300BシングルアンプTU-873LE/2台をAVアンプSC-LX86のプリアウトからバイアンプ接続しています。
この条件でS4700に対し、このAVアンプの音場補正機能がうまく働いてくれることを祈るばかりです。

2013/11/4 15:46  [868-13368]   

PIJさん

こんにちは

サラウンドスピーカー右がピアノの上にあり、左右の距離がアンバランスであるのですがこれはフィルターで処理することにより、この距離感が絶妙な空間表現を作っているのでしょうか?

ピアノ自体反響は良い素材を使われているのでちょっと気になりました。

大変興味がありわくわくします。

2013/11/4 16:28  [868-13370]   

 PIJさん  

ケーキクーラーさん、こんにちは。

サラウンドスピーカーは、同じくモニターオーディオの小型スピーカー、ラディウス90ですので定在波への影響度は微々たるものと思われます。
この配置は狙ったものではなく、ここしか置けない事情があったからです。そのため、決して『この距離感が絶妙な空間表現を作っている』訳ではありません。
詳しくは、以下のスレッドをご覧ください。

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000292581/So
rtID=14006408/#tab


定在波フィルターは写真の通り、
『MAIN: センタースピーカーとサブウーファー以外のすべてのチャンネル』
を使用しておりますが、これは一応成功しているとの認識です。

2013/11/4 17:07  [868-13371]   

 御伽囃詩さん  

みなさん、こんにちわ〜♪

閑話休題になってしまいましたが、ちょっとだけ(笑)


>原音再生

ぶっちゃけ「原音再生」はど〜でもいいんです(をぃ)

家で「世界各地のコンサート気分」を味わえたり「ヨーロッパの教会巡り」を味わえたり、、、

『音による世界の音楽名所巡り』みたいなのが出来たらいいな〜と思うわけで、、、

DSPなども上手に使えば幸せになれそうですね〜♪


>ピアニスト

Lavie60さん、幼稚園児並みの人を捕まえて「ピアニスト」は最上級の『爆死ネタ』ですね。
お見事です〜(^^)

2013/11/4 17:18  [868-13372]   

お早う御座います。


 PIJさん、「懐かしいお題」でつい目頭が・・・・・・・!
 なんて事はないですが、現用の「モニオ」を考えると、S-4700やタンノイは
 ちょっと・・・・・・、などと感じてしまいました。
 サラウンド兼用・補正必須・スペース等々を考えると「ダウングレード」も有りかな?

 仰るように38cmと周囲の壁の影響度合いがアンプの能力、自分の感覚を
 持ってしても「補正範囲内」に収まるか?ですね。

 以前もお話ししたかも知れませんが、JBLならS-3900 0r Studioシリーズ上位機、
 タンノイならばPrecisionシリーズの方が?などと。

 引っ越して「広い空間」を得られたので4365導入となりましたが「無駄な空間」の
 大事さを多いに感じさせられます。
 横浜に在ったSVA-2100を12畳の洋間にセッティングしてあります。
 「音出し」はまだですが、同じ機材を使っても横浜よりは数段「良い音」に
 なる予感がしています。
 PIJさんがお越しになる頃には両方を聞けるようにしておきますので、是非
 購入前の参考にしていただければと!

2013/11/5 08:53  [868-13391]   

 PIJさん  

浜オヤジさん、こんにちは。


「現用の「モニオ」を考えると、S-4700やタンノイはちょっと・・・・・・」

=>冷静に考えれば仰る通りだと私も思います。でも、S4700のあの鳴りっぷりに惚れちゃったものでして、どうしようもないですね。定在波があろうが、AVアンプで補正をかけようが何とかものにしたいと思っちゃうのです。まあ、そう思いながら早、2年も経過していますが。。。カミさんも説得しなきゃならないし、ハードルはかなり高いですね。


「仰るように38cmと周囲の壁の影響度合いがアンプの能力、自分の感覚を持ってしても「補正範囲内」に収まるか?ですね。」

=>これは、実際買ってみて実験してみないと分からないでしょうね。私と同じような環境でS4700を使用した方のレポートとかあればすごく参考になるのですが。。。ある意味人柱にならないといけないかもですね。


「PIJさんがお越しになる頃には両方を聞けるようにしておきますので、是非購入前の参考にしていただければと!」

=>有難うございます。まずは、年明けに横浜へいらっしゃった時、焼き鳥屋で一杯引っ掛けながらいろいろお話できればと思います。宜しくお願い致します。

2013/11/5 12:45  [868-13399]   

PIJさん、今日は。


 そうですね! 
 いちおう、ホテルの方は仮予約しておきました。
 大阪のオーディオショウの様子はタブレットに写真を撮って持参します。
 翌日の土曜日が仕事休めるならば、ノジマにでも出かけてみませんか?
 3900とかタンノイが聞けるか、確認しておきますけど?

2013/11/5 14:04  [868-13401]   

 PIJさん  

浜オヤジさん、こんにちは。

「翌日の土曜日が仕事休めるならば、ノジマにでも出かけてみませんか?」

=>いいですね!是非ご一緒させてください。試聴会とかやってなければ、お得意様の浜オヤジさんと一緒ならいろいろ比較試聴できるかもしれませんね。S4700はまだ展示してるかなぁ?ターンベリーGRもあれば聴いてみたいですね。

2013/11/5 15:14  [868-13402]   

スレ主 天地創造さん  
後ろは徹底的に吸音

みなさんこんばんは!!

PIJさん

新しい話題提供ありがとうございます!!ルームチューニングいいですね〜私こういう話大好きですww

私は基本に忠実にセッティングしてなるべく補正機能を使用せず追い込んでいくのが好きです。
かなり前にmixiの日記用に作った部屋の簡単な見取り図ですが、スピーカーの間隔がスピーカーユニットからリスニングポイントまでの距離とほぼ均等になるように設置しています。大体距離が2.3mほどでしょうか?

リアスピーカーは設置の関係上天井埋め込みスピーカー(B&W CCM362)になっています。これもちゃんとリスニングポイントからユニット(天井)までの距離をフロント等距離になるように設置しています。フロントとリアそれぞれリスニングポイント(耳の位置)までがほぼ2.3mになるようになっています。すべてのスピーカーを等距離に設置することでディレイなどの音場補正機能を使うことなくバランスが取れました。フロントウィルソンSISTEM6(定価380万前後?)+アンプ120万、リアB&W CCM362(定価4万2000円)+アンプ20万という超アンバランス構成ですがこれでも崩壊することなくなってくれています。フロントがしっかりしていればリアがしょぼくてもセッティング次第で違和感のないサウンドに仕上がりますね(^^)b

ただこれだけだと定在波が発生するのでそこから家具と吸音材を使って定在波が発生しない部屋にしていきます。寝室でもありますが可能な限り物を減らしてスペースを作ったためかなり響きやすい部屋になっているので、部屋の角(特にリア)で定在波が発生しやすくリアを重点的に吸音していくことにしました。

定在波の発生具合は部屋の中央や角で手をパンパンと叩いて定在波が発生しないかというなんともアナログな方法で調べていきます。定在波が発生すると『ビィィン』というようないやな音がします。音の発生したあたりにKRYNAの吸音材を取り付けていきます。取り付けて手を叩いてみてというのを定在波の音がなくなるまでひたすら繰り返します。

部屋にもよりますが、大体フロントはなるべく余計な物をおかず、フロントスピーカー後方の壁で反射させ、リアはよほど広い部屋(20畳オーバーぐらい?)でない限り吸音メインにするのがセオリーらしいです。部屋がつながっていて開放した状態で聴くなど空間に余裕があれば吸音をそこまでしなくても良いのですが、狭い部屋、リスニングポイントの後ろに余裕がないセッティングだと吸音が大事になるそうです。うまくいけば雑味のないクリアな非常に広がりと密度のあるサウンドが出来上がります。部屋中に音を充填したかのようなサウンドになります。音の圧迫感もなくなるので音量を上げても気持ちよく聴けます。


あとはウィルソンを8畳間で使っているので過剰飽和気味の低域を2台のサブウーハー(逆相)で50Hzから下をある程度打ち消して弱めています。部屋のチューニングって根気とある程度お金もかかりますが、やりだすとおもしろいですねww

2013/11/5 21:16  [868-13411]   

 PIJさん  

おはようございます。

部屋の音を決める5つのパラメータは、
@:定在波、A:フラッターエコー、B:床・壁・天井の振動、C:初期反射音 、D:残響音
だそうです。

パラメータ改善の効果とは?・・
@:定在波を減らして低音域の不快な圧迫感を解消する
A:フラッターエコーを減らして音の透明度を上げる
B:壁・床・天井の振動を減らしてブーミングを解消する
C:初期反射音を増やして楽器の佇まいを明確にする
D:残響音のエネルギーバランスを整えて音楽の躍動感をアップさせる
詳しくは以下を参照ください。
http://www.salogic.com/Basic-RoomTuning/
Basic-RoomTuning.htm


私の場合、天地さんのようにはとても出来そうもありませんので、AVアンプの音場補正機能を活用せざるを得ません。パイオニアのMCACCは、よく出来ているなぁと改めて感心しました。

2013/11/6 06:17  [868-13413]   

 デジデジマンさん  

おはようございます

天地創造さん

詳しいご紹介ありがとうございます 大変勉強になります

>ディレイなどの音場補正機能を使うことなくバランスが取れました

正道と思いますね 機器が中間に挟まるほど あまり音質にはよろしくないでしょうね
ある意味 つっかい棒で二階建てを増築し 本末転倒では困りますもんね
天地さんはスキルが おありですから釈迦に説法と思いますが・・・

>手をパンパンと叩いて定在波が発生しないかというなんともアナログな方法で調べていきます。

同じ事をやってました 和室に追い出される前は 十二畳ほどの物置(蔵みたいな)でしたので苦労しました
高さだけは 5mほどありましたのでフラッターエコーが結構ありました

>サブウーハー(逆相)で50Hzから下をある程度打ち消して弱めています

これは やってませんでしたねぇ〜(眼からうろこ)まだSWが一般的でなかった頃でも ありますが
幸い高さだけは ありましたので 3m高さの共鳴管を自作して(38cmウーハ)いろいろ実験ばかりでした

効果のあるAVもありましたが クラッシックの場合 録音現場のエアコンの音・地下鉄の通過音
ノートルダム寺院録音など(地下鉄)かえって悪くなっちゃうものもあり 超低音は現場の空気感のような
雰囲気は出るのですが ほとんどはSWは切っていまして 低音再生レベルの難しさを痛感しました

面白かったのは<ジュラッシックパーク>での恐竜の遠くからの足音で猫がビビッてました
<トップ・ガン>では パイロットの会話中で うんと低音で(低レベルで)航空母艦のエンジン音が 
カシャーン・カシャーンと面白かったです(共鳴管を止めると全く聴こえない)

天地さんはウィルソンですから その頃のうちのとは 比較にならないくらいのハイレベル・ピュアと想像します
パソコンで音場調整とか伺ってますが ジジイからみれば そんなスキルもありませんが良い時代にマッチしてますね

頑張ってくださいね



2013/11/6 06:42  [868-13414]   

今日は。

 AV話、盛り上がってますねー!

 皆さんの話に触発されて、自宅のシステムもそろそろ配線しなければ・・・・。
 低在波とか残響・吸音と言うよりか「脳波・残像・空耳」との馴れ合いですから、私!

 しかし、テレビのSPだけで聞いているのはやはり「寂しい」ですね。
 横浜の時より「テレビ単体」でもそこそこ良い音になったとは感じています。
 部屋の大きさ、構造の違いなのでしょうか?
 メインSP用にまた「スパイク用角材」の切り出しをしなければ。

 前回切り出した物は「マッキン」の脚に敷いてしまったんで・・・・。

2013/11/6 12:20  [868-13425]   

 黒い水さん  

PIJさん、ご無沙汰しています。

S4700だとスピーカーサイズ的には設置可能でも壁との距離はあまりとれなさそうですね。
ただ、Pic.2を見ますと左側はスピーカーのフロント面は窓のほうにはみ出すのではないかと思いますので、やや内ぶりに設置してカーテンを閉めておけば初期反射音や定在波はそれほど問題にはならないかもしれません。
自動補正で十分補正できる範囲かと思いますが、38cmウーハーだとそんなに甘くないかもしれません。(平行おきでは補正は厳しいと思います)

ただ、うちの環境では内ぶり設置でウーハーの端と壁の間はウーハーのサイズと同程度以上離してやったほうが音が格段に良かったです。(自動補正を行っても)

ところで、浜オヤジさんが横浜にいらっしゃた際にはぜひ私も混ぜてください。
タンノイのPrecision6.2であればうちで試聴できます。

2013/11/6 21:08  [868-13437]   

 PIJさん  

黒い水さん、こんばんは。

こちらこそご無沙汰しています。
お元気そうで何よりです。

『やや内ぶりに設置してカーテンを閉めておけば初期反射音や定在波はそれほど問題にはならないかもしれません。
自動補正で十分補正できる範囲かと思いますが、38cmウーハーだとそんなに甘くないかもしれません。(平行おきでは補正は厳しいと思います)』

=>いつもながら、鋭い切り口のアドバイス、敬服しております。
お手数ですが平行置きのケースについてもう少し解説頂けますでしょうか?


『ところで、浜オヤジさんが横浜にいらっしゃた際にはぜひ私も混ぜてください。』

=>もちろんです〜。ご連絡が遅れ申し訳ございません。詳細に関しましては決まり次第、別途メールさせて頂きます。

2013/11/6 21:50  [868-13441]   

今晩は。

 黒い水さん・PIJさん

何やら「同窓会」の様で懐かしいですねー。
PIJさんからもスケジュール決まり次第に連絡行くと思いますが
来年1月下旬になると思います。
黒い水さんはJBLからタンノイ6.2に替えられたんですよね。
みんなの知恵と機材を結集して何とか「PIJ邸」のシステム・アップに繋げましょう!

2013/11/6 22:09  [868-13444]   

 黒い水さん  

PIJさん、こんばんわ。

>お手数ですが平行置きのケースについてもう少し解説頂けますでしょうか?

うちの環境では壁と平行に置くと音がこもって聞こえるためです。
これは正面は音が反射して打ち消すほうに働き、側面・背面は音が溜まってしまったためかと考えています。(きちんと吸音したり、スピーカーが箱型でない場合は問題ないかも)
ということで、平行面が少ないほうが音の反射を減らせる(逃がせる?)のではないか考えていますが、そのあたりは詳しい方がフォローしてくれると助かります。
上下方向も傾きをつければより良いとは思うのですが、フロア型SPでは厳しいですね。
平行置きを薦めている情報もありますが、その場合は壁との距離が結構必要だった気がしますので、よりスペース的に厳しいかと。

アンプの自動補正ですが、距離と音量とスピーカーの特性の補正に関しては弊害はほとんどないと思いますが、反射音や定在波の補正は音の純度が下がる(元の音も削られるので環境音の比率が増えて音がにごる)ので、補正前からなるべく反射音や定在波を抑えておいたほうが補正後の出音もよくなるかと思います。(うちではそうです)

2013/11/7 21:35  [868-13467]   

 PIJさん  

黒い水さん、こんばんは。

なるほど。
解説有難うございました。
1月下旬に浜オヤジさんと一緒にノジマへ行く前にシャビーな我が家にちょっと寄って見て頂いてアドバイス頂けたらと思います。その間だけカミさんにどっか出かけてもらうようお願いしてみますね。

PCのアドレス宛のメールにも書きましたが、前日の焼き鳥屋はお忙しいでしょうからアテンドはNGですよね?

2013/11/7 22:22  [868-13471]   

スレ主 天地創造さん  
電源と信号ラインにノイズフィルター回路が入っているとか

みなさんこんばんは!!

ちょっとPCオーディオネタを……

今日PCオーディオ関連の部品でPCに組み込むことでUSB出力からの出力が非常に低ノイズになるPCオーディオ向けのUSBポート増設カードSOtMの『tx-usb exp』を注文しました。この部品のPCI版である『tx-usb』は今使っているのですが、今回更なる転送速度向上・安定を目指し導入することにしました。在庫ありになっていたので今週日曜日に届くはず???注文後見たら在庫無しになっていた……最後の一個だったのかな?ホントに在庫あるのか心配に……(汗)

PCオーディオユーザーでもなかなか使っている人がいない?商品でネットの各所でSOtMの製品はオカルト扱いされていますが、これはオカルトではないです!!実際使ってみればわかりますが、SOtM製品はかなり効果あります。電源ラインと信号ラインにそれぞれノイズフィルターが組み込まれており非常にノイズが少ない信号が入出力可能に。USBコントローラーには専用のクロックを搭載してクロック管理までしているという気合の入った代物ですww

商品が来たらレポでもしてみます。今使っているものを導入したときを考えるとたぶんエージングだけで数ヶ月かかりそうなのでまともな評価はすぐに出来そうにないですがww


スピーカーの置き方ですが、部屋の広さや使っているスピーカー、さらにはスピーカーの間隔などでいろいろ変わってくるみたいです。平行置きは基本広い部屋かニアフィールドで壁からしっかり離した環境で効果を発揮します。

JBLで特に平行置きしているのをよく見かけますが、あれはアメリカのオーディオユーザーのように広い部屋で鳴らすと良いように設計されているからですね。日本のように狭い部屋でのオーディオにはJBLは実はかなりつらかったりします。浜オヤジさんの広い部屋で使うというのは海外では当たり前なんですよね。海外の大型スピーカーは20〜40畳(下手したらもっと大きな部屋)で鳴らすことを前提に設計されていることが多いらしいです。

平行置きにすると部屋が広くても奥までしっかり音を飛ばすことが出来るためリスニングポイントを選ばないという利点があります。ただし壁に近いと壁との間で音ーが膨らんだり共振したりしやすくなる上、スピーカーまでの距離が十分確保されていないと音が散ってしまい薄っぺらいサウンドになる欠点があります。

内振りにするとその角度でリスニングポイントがある程度決まってしまうので自由が利きません。その代わり大きなスピーカーでも狭い部屋で十分性能を発揮できますし、音を中央に集めるので密度の濃い音にしやすくなります。定位もはっきりさせやすくなりますね。また壁と平行ではなくなるので平行置きに比べ定在波が発生しにくいという特徴があります。

内振りにしても部屋の吸音や拡散がしっかり出来ていないと定在波やフラッターエコーで音がにごったり、部屋の角やリスニングポイントなどで音が膨らんだり痩せたりする(ピーク&ディップ)が発生しバランスが大きく崩れる原因になります。日本の大多数の家のように狭い6〜12畳クラスの部屋ではスピーカーを壁から離すのが困難になるので壁の共振などによるブーミングや定在波の影響が大きく出やすいため、吸音をメインにやっていかないといけないということになると思います。なるべく共振しやすいものを部屋に置かないというのもひとつの対策ですね。

サーロジックなどの反響板を販売しているメーカーがいくつかありますが、日本国内でそれを十二分に活かせる環境を持っている人が全体の5%いるかどうか……日本のユーザーは吸音材のほうが需要あると思いますけど……使いやすくて安くて良いのってKRYNAぐらいしかないですよね……(^^;)

2013/11/7 23:11  [868-13474]   


この掲示板の新着スレッド

認定メンバーのみ投稿可
「新・暇来亭」
「新・暇来亭」に認定メンバー申請 「新・暇来亭」をお気に入り登録
運営者:
浜オヤジさん
設立日:
2011年10月25日
  • 注目度:

    4(お気に入り登録数:89件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ