縁側 > カメラ > 光在影在
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

●趣味の写真ではありますが、もっと上手くなりたいのはみな同じ。
色々な方向から観察していきたいと思います。

●基本は同じなのに機械が変わってどんどん便利に…。
こんな進化を期待したりする空想科学会議。どんなものが出てくるか?



座右の銘は「一期一会」、「機械より機会」

会員制になっています。
失礼ながら過去のレスなどを参考に選別する場合もあります。ご了承ください。

  • 光在影在の掲示板
  • 光在影在の伝言板
  • 光在影在の投稿画像
光在影在の掲示板に
光在影在の掲示板に新規書き込み

先日の発売日とともに手元に40-150/2.8がやってきました。

E-M1のスレッドでも書いたのですが、ほとんど外せるパーツは付けない方ですので、
三脚台座のネジはちょっと考えないと毛糸のセーターとかひっかかりそうで、
女性ユーザーには大きな問題かも(笑)

2014/11/30 15:52  [766-2323]   

よりよく写っているやつですケド。

まずは近くで動き物にチェレンジ。

もっとも身近であろう電車を狙ってみました。

AFの速度とか見るのであればシャッタースピードを上げて撮れば、すっきりとするのですが、
そんな撮り方は今の所ほとんどやりませんので最も頻度の高い流し撮りで。



連写はLモード。3コマ/秒としています。

被写体が大きいので他のレンズでも同じような結果になったかもしれませんが、
ほとんど外すことなく追いかけ続けています。

でも、流し撮りのウデが今ひとつなのでそちらを鍛え直します(^^;)



問題は、AF/MFのクラッチですが、AFで合わせた後にMFに切り替えると
全く継続してくれないようです。
ちなみに、何かの記事で クラッチのMFと設定でのMFでは動きの早さが違うという事なので、
今度体験してみたいです。

しかし、レンズの接点不良がすぐに発生して困りました。


それと、珍しく大きなゴミが付いていたのですがブロアーがなく裏技で吹き飛ばしました(笑)
でも、今日確認すると幾つかの取れない汚れが・・・

時間が無いとダメですね〜。



2014/11/30 16:18  [766-2324]   

解像度は凄まじいです。
少なくともズームのレベルではないのではないでしょうかね。


ここまで写ることは事前の情報でわかっていたことですが、
目の前のものを写してみるとさらに実感が湧きます。


三枚目は二枚目の等倍x2です。
ここらになるとさすがに空間周波数による色ムラやラインのレインボー化がみられます。
しかし、ほとんど気になるところはないでしょうね。

四隅も減光もなく、きっちり出ている感じです。

2014/11/30 16:23  [766-2325]   

昨日は、到着とともにJAZZコンサートの持ち出しました。

会場はバーのフロアでしたが、照明が全く乏しく、譜面台を照らすために
電気スタンドが2本追加されただけです。
条件はF2.8開放でも1/50s、ISO6400あたりですので、相当難しい条件でした。

さすがに、この条件では被写体を中心に持ってきても後ろに光源があるとAFは迷い続けました。
これは、レンズではなくボディの性能ですね。

そこで、レンズ側のクラッチ操作で瞬時にMFに変えるわけですが、
上でも言いましたが、切り替えるごとにピントが動いてしまいます。それも盛大に(・・)


でも、EVFは明るくブーストされるので、ほどほどには見え操作しやすかったです。
ただ、ピーキングが入っていたので白くなってしまいました。

ピーキングは白黒どちらか、そもそも使うべきかどうかも考えたいです。

2014/11/30 16:43  [766-2326]   

この時期はイルミネーションがいたるところで点滅していますので、
見つけるのに事欠きません。

コンサートのホテルにもありましたので、ちょっと撮影。


タブレット状(お菓子とか薬)に見えます。もしくはレモン石鹸(笑)
非球面レンズゆえに出ると言われる年輪も見えます。
絞り羽根のバランスはちょっとイビツになっているのかなぁ?

しかし、いい感じの形に見えます(詳しい理由はなし:爆)
少なくとも嫌な感じはしていません。

2014/11/30 16:55  [766-2327]   

ちなみに、

これは、
<Lrで処理をする場合、『青色LED』が紫がかる現象>
ですね。

左は取り込み時の『adobe standard』処理、右は『カメラキャリブレーション』調整後です。

OLYMPUSのRAW展開や結果としてのJPEGでは右のような色になります。
以前、PL2の時にも経験していましたから、AdobeとOLYMPUSの考えの違いでしょう。


2014/12/1 14:14  [766-2328]   

訂正

「三脚台座」 → 「三脚座」

2014/12/2 12:40  [766-2329]   

クラッチ式のAF/MF切り替え機能ですが、名称は「MFクラッチ機構」だそうです。

操作はレンズ先端近くにあるピントリングを手前にスライドさせればMF、
外側にスライドさせればフリー。フリーの場合はカメラ側の設定に従います。

で、クラッチ操作のMFとカメラ設定のMFの違いですが、
クラッチ式だとリングがワイド〜テレに動き、ストッパーで止まります。
カメラ側MFではリングの動きに対応して電子接点と思われる動きをします。

しかし、ピント機構はリニア式ですからどちらもバイワイヤーとなります。
若干ですが細かく設定できるのはカメラ側MFかな?
レンズの動きを探知するのは一つでしょうから、クラッチ式のMFだと+物理リング、
というところでしょうかね。でも、若干精度が異なるようです。

説明文には「置きピンでの素早い撮影が可能です。」との事。
初動時にAFで大まかに合わせてMFに切り替えれるかと思っていたのですが、
その行動はできないようです。反対なら良かったんですけどね。


ちなみに、カタログデータでは全域で最短撮影距離が70cmとなっていますが、
ワイド側では56cm(実測)となっています。
12-40/2.8ではしっかりとカタログ通り全域で20cmでした。
”カタログと違う”ととるか、”余裕がある”ととるかは人それぞれですが、
ワイド最短で構えたのちに、ズームを触ったりするとピントがずれるので、
知識にあるのと無いのでは対応が変わってきそうです。できれば、”全域”って使わないほうがいいのでは?

2014/12/2 13:00  [766-2330]   

SPは伸びますけど、重量はほぼ同じ。 後ろ玉はマウント径の小さいMZDの方が大きいぞ。

このように比較する事が意味があるのかどうかという意見は別として(笑
バッグなどの選択とする時にどのようになるのか?


手元にあるレンズではTAMRON SP 70-300mmあたりが近いようです。
・SP 70-300  : 81.5x142.7mm 765g
・MZD 40-150 : 79.4x160mm 760g

MZD40-150mmも換算80-300mmですから画角的には近いですね。
根本的にF値が異なるので比較にならないのですが、同じような重さになったのは面白いことです。

SP70-300mmは300mmと考えると比較的軽い部類のズームと思います。
実際、18-250mmや28-300mmなどの高倍率ズームより望遠側で少し取り回しの良さを求めると
今はSP70-300mmを持ち出すことになります。
(実際にはVCに違和感も残っているのであまり使いませんけど
D750との相性を今度確認したいと思っています。)

しかし、写りの素晴らしさを考えても相当軽いレンズだと思います。
まぁ持ったことのない人やm4/3は軽いものと相場を決めている人は問題視するのかなぁ
少なくとも剛性感はあるので、歪みなどで動きやトラブルはほとんど出ないと思います。


しかし、三脚座がつくと880g。
三脚座が出っ張り約120gもあり、フリースタイルをスポイルしているので勿体無い。

2014/12/2 21:39  [766-2331]   

今日のニャンコ

三脚座が付いているのはm4/3では初めてかな?・・・


その三脚座ですが、バランスが非常に悪いと思います。

平坦なところでバランスがとれるのはレンズ本体のみの時。
フードを伸ばすと前にお辞儀。
カメラを装着すると全く後傾。

レンズだけ三脚につけることはないなぁ・・(^^;)


ネジ隠しのカバーも必要だけど、OM-D装着時にバランスのとれる三脚座も
必要じゃないでしょうかね。

むしろ、今付いている三脚座のバランスは本当にバランスを考えた作りなのだろうか?
(詳しい人がいましたらこっそり教えてね)



個人的にはネジ隠し用リングか、ボディ装着時のバランスのとれた三脚座か
どちらかにしてもらいたいです。

2014/12/3 21:37  [766-2332]   

ファインダーで見るよりボケてくれる。

2014/12/7 16:55  [766-2333]   

ダイワのベルトは滑る 暫定的にプレーンベルトで

しょぼん・・・・


え〜っと、
MDZ40-150/2.8を購入して、三脚座を外した後のピン(ネジ)の処理を色々模索していたんですが、
とりあえずすぐに考え付いたのが釣り具のスプールベルトでした。
http://all.daiwa21.com/fishing/item/term
inal_tackle/others_te/neo_spool_a/index.
html


良さそうでした、見た目には。
LLサイズはぐいっと引き伸ばして被せればジャストフィット!
素晴らしい!と思った次の瞬間・・・ずれた。
・・・・ん〜

内側にもしっかりした処理がしてあるので滑り止めとしての機能がほとんどなかったようです。
用途が違うんだから当然ですけど。



それより先に、買っていたのがこれ。タカミヤのロッドベルト
http://www.takamiya.co.jp/ebase/product4
996774194303.html


これは裏面がウレタンなので適度にピンが食い込む感じ。
コレ、巻きつけてマジックテープで止めるんですけど、端が浮いちゃうんですよね。
これの感じが良かったのでダイワのスプールベルトに期待していたんですけど、ちょっと違いましたね。


三脚座を全く使わないのならピン自体を外してもいいんですけど、
多分使うだろうから(笑)残しておかないと。


2本一組なので、一つは縫っちゃおうかなぁ・・・って。

2015/2/12 10:01  [766-2354]   

三脚座をカバーするものは結局純正でましたね。
https://shop.olympus-imaging.jp/product-
detail/index/proid/607690


付属品レベルでしょう・・

あと、ボディ付きでバランスの取れる三脚座を出して欲しいなぁ。

2015/5/24 10:12  [766-2371]   


この掲示板の新着スレッド

認定メンバーのみ投稿可
光在影在
光在影在に認定メンバー申請 光在影在をお気に入り登録
運営者:
フィルムチルドレンさん
設立日:
2011年7月3日
  • 注目度:

    221(お気に入り登録数:22件)

ページの先頭へ