縁側 > カメラ > さんぽ道
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

K-rが、初めての1眼レフ、初めてのカメラなので、自分が散歩した足取りを、
見てもらいたいな、という気持ちです。
初めて撮った写真から、順番に整理して、upしてゆきますが、
その間に、最近、撮影の写真も、のせてゆきます。

初めは、閲覧のみの設定でしたが、全員投稿可にします。

  • さんぽ道の掲示板
  • さんぽ道の伝言板
  • さんぽ道の投稿画像

この掲示板は運営者が不在のため閲覧専用です。


さんぽ道

タグ:
スレ主&運営者 sanyasanさん  

またまた、派手な紅葉ですが、やはり水戸もゆっくりと季節が変わって行きます。
取り敢えず、これだけ貼って休憩します。

2013/12/4 23:03  [749-1597]   

 〜白龍〜さん  

物の本質が見たい。

「White Out」


出張(と言っても日帰りなんですけど)が続くのであんまり多く書けません。
疲れた・・・

2013/12/5 01:27  [749-1598]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

おつかれさま。

2枚目が殆ど見えないぐらいなので、虚脱状態がよく解ります。

あまりにゴーストが出るので、堪らず、今、フードを注文しました。
逆光に圧倒的に強いのがニコンとペンタらしくて、今まで知らずに恩恵を被っていました。
フードがあった所で、光源を入れる事が出来ないのは同じですが、フレアはかなり軽減出来ると思って。

何事もやってみないと解らないですが、1600円だったので。

2013/12/5 20:51  [749-1599]   

久しぶりにお邪魔します。

地元の海岸をカメラと一緒にドライブしていたら猫が居ました。

漁村には猫が付き物ですが、海水浴場の駐車場でした。

2013/12/5 21:56  [749-1600]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

お久しぶりです。

いや、もの凄いパワーですね。今朝見たはずなのに、3倍ぐらいに増えてますね。
K-01が本来のキレを取り戻した、と言うより、私のシグマが霞む程の切れ味ですね。
それにしても、素晴しいロケーションですね。
隣町にこんな素敵な所があるなら、風景撮りに専念するのも好いんじゃないですか。
もっとも、jakazzさんはポートレートの才能もあるから、風景だけでは勿体無いですね。
キットの55-300mmですが、私はこのレンズのスレッドを全て読みましたが、
もし、解像が甘かったら、F11ぐらいまで絞ると良いと云う意見が多いです。

ネコ撮り上手いですね〜。飼い猫でもこうはいきません。

2013/12/5 23:04  [749-1601]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

レンズフードがさっき届いたのですが、大口径レンズに全く合いません。
シグマのHPから、製品番号を調べて注文したのですが、念の為、今HPで製品番号を調べましたが、
間違い無い。シグマのフードを全てチェックしましたが、これですね。

さらに、念の為、取り説を見たけど、製品番号は書いてなかった。

何が問題なのか、検討も付かないので、明日、シグマに電話してみます。

2013/12/6 21:06  [749-1602]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

広角を使うと、隅が流れるのは良くあるらしいですが、17mmは初めてなので、たまに流れます。

如何いう時に流れ易いか見直したら、カメラを捻って広角の湾曲を利用したり、正面から撮っても、湾曲の大きい部分に中景や遠景があると流れますね。

2013/12/6 21:52  [749-1603]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

ペンタックスの赤、凄いですね。シグマのレンズは全く素っ気無い感じ。
バランスはとても好い。
でも、いつも客観的な感じで、悪く言えば面白味が無いです。

青空さんの「日が傾きかけて」の様な、水彩画の様な絵は、どんな高級レンズでも作れなくて、
キットレンズがごく稀に創り出す、貴重品です。

この前の 自然の図鑑「森林公園」 では、まるで印象派以前の油絵の様な写真もありますが、
今見ると、あれはあれで貴重品です。撮ろうと思っても二度と撮れないのだから。
もしかしたら、やがてまた私はキットレンズに帰るのかも知れません。

吉田 兼好は、未だ比べる物も無い、批評文学の空前の傑作、徒然草のなかで、

「よき細工は、少し鈍き刀をつかふといふ。妙觀が刀はいたく立たず。
                          第二百二十九段  」



2013/12/6 23:12  [749-1604]   

sanyasan さん  

2013/12/7 22:04  [749-1605]  削除

スレ主&運営者 sanyasanさん  

笠間日動美術館です。

フツーあまり彫刻作品を撮影する人はいないのですが、
それは、彫刻と云う創作をモチーフにして、写真と云う創作をするのが、
何と無く嘘っぽいからでしょう。

その点、現代美術は写真になりやすい。素材としての要素が半分以上残っているからです。

2013/12/7 22:07  [749-1606]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

明日まで、竹久 夢二をやっていますが、見ておいて良かったです。

才能と感性だけで、最後まで鮮烈なワンパターンを貫き通したその画風は、
本物の魅力が溢れ出ています。

こんな画家はもう決して出ないでしょう。大正と言う、日本の芸術のルネサンスが咲かせた、
小さいけれど、非常に貴重な、リリカルなこの世の華です。

2013/12/7 22:31  [749-1607]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

笠間には、かつて鎌倉にあった北大路魯山人の古民家造りの工房を、
日動が買い取って、陶芸の町、笠間に移転した「春風萬里荘」があります。

以前、一度行ったけれど、まだ写真をやっていなかったので、感心して帰って来ただけですが、
とても雰囲気のある所です。また、行って見るつもりです。

2013/12/7 22:47  [749-1608]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

また、逆川緑地公園の初冬の情景です。

2013/12/7 22:57  [749-1609]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

続き。

2013/12/7 23:01  [749-1610]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

続きです。

2013/12/7 23:08  [749-1611]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

以前にも同じ所を撮っています。

2013/12/8 21:43  [749-1612]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

取り敢えず貼っていきます。

2013/12/8 21:53  [749-1613]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

いつもJPGをそのまま付属ソフトで補正し、色調を記憶色だのフィルム調とかに直して、
それを、リサイズして貼っていますが、撮って出しの方が良い場合が多いです。
補正もやらなくても良いけど、習慣でコントラストや露出補正をしてます。
実際は多少、明るくても暗くても、如何でも良い様な気がします。

取り敢えず、作った物は、勿体無いので補正したのを貼ります。

2013/12/8 22:24  [749-1614]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

シグマにも大分慣れました。
調べたらF5.6で、中心部が最大に解像するようで、F8までは然程変わらないけど、
F11からは、解析ボケが出始めます。勿論、開放からシャープと言っても、F2.8では大分あまいです。

周辺部ではF5.6とF8が同等です。F11になるとやはりあまいです。

このレンズはパンフォーカスを考えても、F16以下で使うべきだそうです。

そう言えば、この前、F22までしか絞れなかったので、変だなと思っていたら、
F40まで絞れるのは、キットレンズか超望遠だけの様です。

昔、シグマ50mmマクロで雫を撮った時、F30近くまで絞った事がありましたが、
今チェックしたら、最大がF32です。

ちなみにキットレンズなどは、F11が画面全体での解像度が最大になるそうです。

ただ、解像すれば良いかと言うと、そうでもなく、中景などでは開放がレンズの個性が出て、
面白い様に思います。実際、最近はやたら開放を使っています。

2013/12/8 23:38  [749-1615]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

少し風景に飽きた、と言うより、モノクロの風景を撮ってみたい。
この前、一寸試したのですが、失敗です。
色が無いのだから、紅葉だろうと、枯葉だろうと問題では無いのですが、
大事なのは光と影のコントラスト、そしてデリケートな構図ですね。

上手く行かなくても、何度も試せば、何かコツは掴めると思います。

2013/12/8 23:58  [749-1616]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

カメラの知識は無いし、フィルムカメラとなると、フィルムの入れ方も知らない。
コダックフィルムがどういう特徴があるのか知りませんが、付属ソフトのフィルム調Kは、
たぶん、コダックなんだろうな、と思います。

ちょっと、暗くて、渋すぎて使わなかったけれど、味のある色なので、最近多用しています。

2013/12/9 13:23  [749-1617]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

この前のレンズフードの件で、シグマに電話したら、レンズにフードが付属していなかった、
と云うその時点で驚いていました。直に現品を着払いで送ってくれ、と言うので、これから送ります。

要するに、ヨドバシカメラがフードを抜いて、単品として売りさばいている、と云う事なのでしょうか。

2013/12/9 13:36  [749-1618]   

sanyasan さん  

2013/12/9 15:14  [749-1619]  削除

スレ主&運営者 sanyasanさん  

長い事、K-rを使っていないなと思い、画質が良くてK-01を使うと言うのもありますが、
私には、ファインダーより液晶の自由さが嬉しい。

スケッチする様に構図を決められる。ファインダーでも同じ事ですが、K-01は被写体に大きな角度をつけて撮影する事が出来る。
何かを強調したい時に、こう云うデフォルメを使える。

風景撮りでは、あまり必要無いと思ったけれど、これがモノクロ風景だったら、話が違ってくる。
このデフォルメが構図を決める上で、重要な要因になってくる。

階調の豊かな美しいモノクロを造りたい気持ちはありますが、
まずは、自在な表現力を得る事が大事です。

そういう意味で一級品の表現力をもった少女爆弾さんの板は毎日、チェックしていますが、
今見たら、丁度、風景スナップの様な写真を撮っていました。
やはり、独特のデフォルメが表現の重要なファクターになっています。

今貼ったら、4枚目のグミの赤が酷く濁っていたので、撮って出しと差し替えてみます。
多分、変わらないかも知れませんが、縁側の圧縮率には、しばしば閉口します。

2013/12/9 15:17  [749-1620]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

やはり、少し濁りますね。今度はどうだろう。

2013/12/9 15:34  [749-1621]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

どうしてあんな滲みみたいに、濁るのか。
紅葉の赤なども、あまり気がつかないけど、大分濁っているんでしょうね。

2013/12/9 15:47  [749-1622]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

上手く行かなかったモノクロを貼ってみましょう。

油絵でもそうですが、95%ツマラナイと思っても、画面の中にたった5%の命があれば、
嘆く事は無いんですね。

それでメシを食ってるプロじゃ無いんだから、5%の何かがあればそれで良い。
写真も同じ気がします。無様な構図で不手際があっても何かあればそれで良い。

2013/12/9 17:03  [749-1623]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

シグマ17-50mmは、描写が分ったのでひとまず終わりです。

DA18-55mmに変えて、街撮りと風景をモノクロで撮ってみます。

2013/12/9 17:11  [749-1624]   

 〜白龍〜さん  

あ〜忙し。

俳句として撮ってます? 絵画の延長として撮ってます?

プーシキン美術館展行ってきました。
ブーシェやプッサンやアングル、ピカソ、シャガール、ドラクロワ、ごーぎゃん、
ルソー先生、その他と有名ドコロを少しづつ揃えた展でした。

日本人は俳句の延長として自然を撮りますが
ヨーロッパ人は絵画の延長として写真を撮ります。

日本人がボケがやたら好きなのも俳句的な感覚だからでしょうね。
逆にヨーロッパ人はボケを特に好みません。プッサンやドラクロワのように
画面の隅まで何かが鮮明に写ってるのが好みです。
僕はヨーロッパ的なんだと思います。

赤の滲みですが、モニターによって変わる場合もあります。
一度プリントしてみてはどうでしょう?
それで判断してみてもいいんじゃないすかね。
うちのモニターだとそこまで滲んでませんねえ。。。?

2013/12/10 01:00  [749-1625]   

 〜白龍〜さん  

僕はアンリ・ルソー先生の作品好きなんですよね。
展示はミューズと詩人でしたが、ミューズ(女神)がマツコ・デラックスのように太い。
植物が全部前向いてキモい。
まあほんとに下手な人でしたが、堂々と書いてる所が素晴らしい。
それがまた味とも超現実的とも見れていいんですよね。。。

本人はいたって真面目にクラシックで写実的に描いてた(つもり)なんですが。

2013/12/10 01:36  [749-1626]   

 〜白龍〜さん  

何度もすいません。正確には詩人に霊感を与えるミューズだそうで。
なんとも食欲旺盛なミューズですね。

2013/12/10 01:39  [749-1627]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  
この前の写真ですが 絵を描く様に 構図を決めて、撮ってます

お帰りなさい、なのか出先からなのか、またお出かけなのか、
年末は忙しそうですね。取り敢えずお疲れ様です。

早朝、走っていたら、色々思いついたのですが、

流れ行く 大根の葉の 早さかな        高浜虚子

高校の国語の教科書に載っていた句が突然浮かびましたが、
これは、小さな川に架かった木造の橋から撮ったと、或いは橋付近の土手から、
と見るのがフツーだと思いますが、70〜100mmですかね。
川の水の色、葉っぱの緑、少しくっ付いている大根の白、土手などの色が少し、
カラーですよね。しかも、押さえた正確な色調、ニコンですね。

瓶にさす藤の花房みじかければ畳の上にとどかざりけり    正岡子規

35mmの様な気がします。余命幾許も無い寝たきりの子規が、肉眼=心眼で見た写真。
カラーでもブリーチバイパスの様に、彩度を落とした藤の花の色だけが、
印象に残る様に加工してますね。「ざりけり」がコントラスト強めなのでモノクロかもと。

赤い椿白い椿と落ちにけり     河東碧梧桐

色々見方はありますが、50mmだと思いますね。

こんな考えが浮かんで、俳句、短歌の叙景は(子規以降の写実派)は、
35mmもあるけど、50mm〜150mm(APSC)ぐらいで撮っている感じです。
特に近代俳句は、広角を使わない気がします。

で、私はと云えば、明らかに絵画的ですね。大体、ボケは上手に使え無いし、
紫陽花を撮った時は多用しましたが、あれはボケの中ではしゃぐ子供達や、
オバサンがモチーフで花はその口実でした。

しかし、何度も云いましたが、写真を撮る動機と歌を詠む動機は、
同じ所から出ている気がして仕方が無いのです。
モチーフを探して、なるべくココロを無にして、散策するカメラマンと、
やはり、歌のインスピレーションを求めて、散歩する歌人とは驚く程良く似ています。
そして、優れた写真から受ける感動は、造形的と云うより、詩的なものが多いです。

だからと言って、実際に撮る時は、液晶をキャンバスと同じに見て構図を決めます。
言われて見て気がついたのは、自分だけが気に入っている、自然の図鑑「森林公園」で、
これは純粋に絵を描く様な感覚だけで撮った物です。
安物のレンズなので、色被り、解像しないのでイラストっぽい、遠近感に乏しいなど、
写真としての価値は低く、価格板に出したら、見向きもされずスルーされてしまいます。
しかし、私はそこが面白いと思っています。
コローに見せたら、やはり面白がるんじゃないか、と思うのです。

などと書きながら、今、K-3板を覗いたら、美しい物ですね。
K-5Usに劣るなどと言われていましたが、確かに高感度はK-5が強いらしいけど、
堅実に進化していて、新しい機材を揃えたくなる気持ちが解ります。

キットレンズを使って、面白いなどと言ってるのがバカらしくなりますが、
5%のオリジナルな命があれば、それで好いと思います。

2013/12/10 17:50  [749-1628]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

私も、ルソーは子供の頃から好きで、画集を2〜3冊持っていましたが、
その中の1冊は画家の岡鹿之助が解説をしていて、上に貼った絵について、
如何にもルソーらしい素朴な良い絵で、しかしシロートなので、
遠近法を間違えている、と言っていた。

人物の右手の事ですが、小学生でもこんな間違いをする筈が無いです。
私はルソーは、素朴どころか内田 百間に匹敵するほど気難しい人だったと思ってます。

風景の中に点景で、豆粒の様ですが、今にも動き出しそうな人物をみると解ります。

牛の絵もミューズも、この頃は完成期で入念にアンバーの下塗りが施され、
鮮やかな木の葉の緑も、クラシカルな落ち着きの中にまとまっています。
葉っぱは1枚づつ丁寧に描かれていますが、写実ではありません。
全ては感覚に従って描かれています。
木の幹は、フツーは誰も使わない生の黒に近いけど、美しく調和しながらモダンです。
おそらく黒はルソーが最も信頼した色で、事実、最も美しい。

しかし、僅かに見える靴にこの黒を対応させたのは良いが、如何して片足だけなのか。
右足も黒の靴を履けば、もっと安定するのに。右手の不思議だってそうです。

ルソーの素朴は山下清の素朴とは訳が違う。徹頭徹尾、意識して創り上げた世界です。

私は、ピカソやフジタに絶賛された気難しいルソーが、このシンプルな牛の絵で、
少しだけ自分の心のアトリエを、公開している様な気がします。

またしても、写真とは全く関係ない話になって、呆れる人もいるでしょうが、
これが私の縁側の特徴なので、仕方ありません。

2013/12/10 21:24  [749-1629]   

 〜白龍〜さん  

さにゃさの上の写真ですが朝の早い霧が出たような時の柔らかい光で撮ればまさにコローですね。
しかしコローって女性に人気ありますよね。コローの展覧会は女の人でびっしりですから。
そう言えばレトロさんもフランス近代のような画風ですよね。

ルソーは意識してるんですかねえ?
僕は彼が超まじめに写実的と思って描いてるところに感動したんですけどね。
彼自信は写実的で記録的に描いてると思っていたけど、周りはそういう評価ではなく、
幻想的な画家で、死ぬまで勘違いしてたと言うエピソードが好きです。

でも下手と呼ぶことは出来ない。笑っちゃう所もあって可愛くて
小さい頃からライオンの絵やジャングルの絵は本当に好きで、
違う世界に意識を飛ばしてくれますよね。

花が全部正面を向いてるのは横からの姿を描くのが難しかった(デッサン力がない)から
なんですが、それがまた新しい表現力になってる。
もしルソーがいなかったらピカソもいなかったかもしれませんね。

>徹頭徹尾、意識して創り上げた世界です。
おそらく牛のお尻あたりを叩いてるか、手を添えてる風に書こうと思ったんでしょうけど、
遠近感の無さ(遠近感を作れなかった)が良いように少年が浮遊してるような感覚ですね。
彼の意識、彼の想像する風景そのものだと思います。

尊大で、でも気のいい、ロマンティストで頑固なおじいさんだったのかな?
ルソー先生はホント偉大だし、大好きです。

自分自身は忙しい日もあり、かと言ってそうでない日もありです。
でも忙しいのは忙しいですけどね。
年度末まで仕事でやることが山のようにあって精神的なモノのほうが大変です。

2013/12/11 02:29  [749-1630]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

こんにちは。

新しい写真が無いので、一寸休憩です。
絵でも短歌でも色んな見方があった方が良いと思います。
画家のみならず、色んな作家にまつわるエピソードは、事実か如何かより、
真実を突いている事が多いので貴重です。

>柔らかい光で撮ればまさにコローですね
ありがとうございます。キットレンズを使えば、写真界のルソーになれるかも。

私などは、ルソーは上手い絵描きだと思っていました。
少なくとも、ユトリロよりは豊かな技巧をもっていると、今でも思います。

斎藤真一などはどうでしょう。若い頃持っていた文庫本サイズの画集が、
中古で550円からあります。懐かしいので注文しようと思っています。

この前、家内と笠間の日動美術館に夢二を見ましたが、久しぶりに本物の美にふれました。
溢れる様な才能、感性だけを信じて鮮やかなワンパターンを貫いた。
才能と感性の豊かさが、北原白秋に似たとこありますね。

油絵で風景を描いたのがありましたが、家内がこれも上手いのか?と聞いたので、
下手だけれど、仕方が無いのだ、と言いました。
夢二は夢二式しかなくて、犠牲を払わなければ、夢二の世界に到達出来なかったんですね。

今年はやたら忙しそうですね。来年、何か送った方が良さそうですね。
私も、ネットで買った宅配物を待って1日つぶれるのが苦痛です。

2013/12/12 01:18  [749-1631]   

こんばんは
忙しい。。のとその割に儲からないのも頭痛のたねですね。
まあそれは置いといて、メールを変更ついでにIDごと変えました。
名前も変わりましたけどww

縁側も新しくなりましたが、まだ前みたいに体系的に(今は仮にそうしてますが)
するか、時系列にそってスレッドを建てるか悩んでんだよね。

自分は時系列でやるほうが今は面白そうだと思うんだけど
セロリさんは体系的な方が便利だと思うし。
両方にしようかな?

というわけで、お付き合いの方、又よろしくお願いします。

2013/12/12 02:03  [749-1632]   

1つ、来年からの課題に。

自分に問うということをしなければならないと思います。
答えはいつも目の前にあり、答えを写すことは簡単にできるでしょう。
秋も紅葉という答えが目の前にあり、それを写してしまえば
それで終わってしまうものです。

最近露出を上げて極端に白飛びさせて写した写真がありましたけど
あれも問うという形の1つでして、そこにある曖昧な、白昼夢のような非現実、
しかし、かすかに映る陰影は一体何か?それは現実へと繋ぎ止める僅かな影なんです。

自分は昼間に自分が失くなってしまう錯覚によく陥ります。
なにかの精神的な病気ではないかと思うんですけどね。
その感覚を映像にすればまさにあの状態ですね。
特にここに貼ったWhiteOutの1枚目の男性は僕のアイデンティティそのものの気がします。

東松照明の晩年の抽象的な画風や荒木の超現実的な画風も何かを我々に問うてます。
丸められらた紙くずばかりを撮った写真集(名前忘れt)などは問いしか写ってないです。

まあ・・・来年の課題ですね。
出張は落ち着いたんだけどマジ年末まで大変です。
さにゃさんも忙しい時期でしょうから体に気を付けてください。

2013/12/12 03:17  [749-1633]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

こんにちは、幻月郎さん。読みはゲンゲツロウさん、で良いんでしょうか。

今日は、挨拶だけしか出来なくてすみません。

>なにかの精神的な病気ではないかと思うんですけどね
大丈夫です。少し忘れましたが、ゴッホも言っています。

「僕たちは皆、狂人ではないか!頭の疑わしさなど、
  絵筆でもって否定するのだ!」

私は、精神安定剤を15年以上、毎日、飲み続けています。
短い一生ですから、薬物依存など気にせず、病院で薬を貰いましょう。

2013/12/12 23:14  [749-1634]   

ハイ、ゲンゲツロウでございます。
縁側はゲンゲツロウキタンです。

まあ、なんとなく付けた名前ですけど、不思議な響きの名前ですよね。

2013/12/13 01:04  [749-1635]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  
水戸で最も美しい廃屋でしたが 完全に取り壊されました

いつまでも在って欲しかった廃屋が、とうとう取り壊されました。
ザンネンですが、一等地に廃屋が何年も残っていた、と云うのが逆に不思議かも知れません。
と言うより、水戸らしいのかも知れません。

2013/12/14 10:38  [749-1636]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

1枚目の旗は、フツーのソフトで見ると、輪郭にやたら太い線が入ってるけど、シャープネスはFS1です。
今まで見た事が無かったので、不思議ですが、ノーマルSはアンシャープマスクと同じ原理、
でもファインSは、色彩によるアンシャープマスクの様な原理を使うらしい。
良く解らないけど、細くてしかも強い。エクストラはそれ以上。

今、ざっとチェックしたら、やはり赤系統の花などには、多かれ少なかれ、入ってますね。
青や紫の紫陽花などは、ありません。

ペンタックスは安いレンズを使うと、赤の飽和が惨いですが、まともなレンズでも、
極端に圧縮すると、僅かに暗い濁りが出る事がある。
赤飽和の対処策が、想像ですが裏目に出てる様な気もします。


2013/12/14 12:47  [749-1637]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

やはり、想像していた通り、滲みの様な濁りの様な感じになりました。

私はJPGを直接補正するので、画質の劣化は必ずありますが、その場合、
色によって劣化が違うと云う事は無いはずです。

以前、RAWから起こした日の出の画像を、価格板と縁側に同時にUPしたら、
価格はキレイだけど縁側は惨く滲みました。

トーゼン価格板では、そんな事はありえない、と非難されましたが、
皆さん縁側を見て、納得していました。

じゃあ赤だけが滲むのか、と言うとそうでもないんです。
初めの頃、夜明け前のブルー一色の風景を好んで撮ってましたが、この青がまた滲むんですね。
しかも、RAWファイルからPDCU4で色んなカスタムイメージを作って、縁側にUPすると、
それぞれ圧縮劣化の度合いが違う。極端なのは「雅」で、まるでレンズが壊れているのでは、
と思うほど、滲みが激しくて、解像度−9とでも言いたいぐらい。
その反対に、殆ど滲まないのが、リバーサルでした。だから、昔はリバーサルを多用してました。

何か非常に複雑だな、と云う気がするので、考えても仕方が無いから、気にしないでいたのですが、
こんな風に、たまに出るんですね。

2013/12/14 13:45  [749-1638]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

難しい事は、あまり深く考えず、お気楽に行くと云うのが良いですネ。
ナァナァで行くと言うのでは無く、シンプルにと云う事ですね。

久しぶりの街撮りなので、ただシャッター切って、撮ってるだけです。
それでも、写真を撮っている人に対する、廻りのリアクションがありますから、
何か意味ありげな感じになる。

そこが絵画と似てるけど、全く違ったトコですね。

2013/12/14 22:21  [749-1639]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

数がハンパになってしまったので、突然の1枚貼りです。
あんまり何も考え無いでやってると、こうなります。

2013/12/14 22:35  [749-1640]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

これで、昨日撮ったのは、お終いです。

2013/12/14 22:39  [749-1641]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

ここから、今朝撮りですが、このレンズの広角17mmは、湾曲と周辺減光が激しいです。
K-01の付属ソフトで直せますが、モノクロは雰囲気ぐらいに考えて、気にしません。
しかし、本格的な人はかなり気になる程度ですね。
それに比べると、キットレンズは、軽い、逆光に強い、収差は自動補正。
使いでのあるレンズです。

2013/12/14 23:34  [749-1642]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

しかし、F2.8通し、ズーム全域に於いて抜群の解像度、今は何処にも在庫が無いけど3万800円!
けれども、さらに驚くのはタムロン17-50mmF2.8ですね。シグマよりひと回り小さく、100g以上軽い。
価格にいたっては、2万2千300円と驚きを超えている!
でも、私は良く作例を見ますが、それで一寸手が出なかった。
素晴しい作例も沢山あるけど、良く無いのも沢山あって、判断出来ない感じ。

何しろこの値段ですから、この前は良く考えてみたいな事を言ったけど、
青空さんが、試しに買ってみたら、とても興味ありますね。

2013/12/15 01:38  [749-1643]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

ホントは、どんどん飛ばして行きたかったのですが、今度はシャープネスで引っ掛ってしまった。
4枚目に凄く太い描線が入っていますが、チェックしたら、比較的モノクロに、この手の線が多い。
だが、街撮りの様なゴチャゴチャした中景では、殆ど見られないか、FSらしい細い線です。
遠景でビルの面と空の明暗が同じぐらいの時に、ズドンと入ったりする。

これ入れたり、入れなかったり、太かったり、細かったり、CPUも無いカメラに、
こんな事が出来るはずは無いと思うけど、実際やっているとしか思えない。
神様なんて居る筈が無いと思っても、居るとしか思えない場合がある。

と書いたら、高度なCPUが組み込まれているらしいし、霊界の存在も少しずつ認識されているらしい。

K-3の付属ソフトPDCU5でやっとFSが導入されたらしいけど、ESはまだですね。
出し惜しみでは無く、純粋に技術的な問題らしいと云う話です。

これは、たぶんカメラの方がPCソフトより高度なアルゴリズムを持っている、と云う訳では無く、
光学現象を情報処理に置き換えるその時点で、技術として応用可能なアルゴリズムを開発出来る、
デジカメと云う、現実とバーチャルの中間地点に存在する魔法の箱の方が、物理現象と言う、
より巨大で精密な情報源を持っているとも表現できる。

こんな事を言ってるから、全然、写真が貼れないんですね。
カメラ、PCの知識ゼロの私の妄想です。書き始めると妄想が暴走してしまう。
しかし、これも表現の一面なのです。私はアマチュアカメラマンでは無く、ただの表現者。



2013/12/15 10:41  [749-1644]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

閑話休題。冬の朝を撮ってみたけど、一発で雰囲気を出すなんて、初心者には無理なんですね。
何度も同じ様な写真を撮って、やっと撮れるんでしょうね。

2013/12/15 11:12  [749-1645]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  


 秋の夜は、はるかの彼方に、

 小石ばかりの、河原があって、

 それに陽は、さらさらと

 さらさらと射してゐるのでありました。

2013/12/15 16:24  [749-1646]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

自転車の前カゴに座布団を入れて、そこにカメラを置き、キットレンズなら走り撮りが可能、
シグマでも、止まった瞬間に取り出して、起動、撮影。

ただ、座布団では振動がマウント部分に良く無いんじゃないかと、最近一寸考えています。

前カゴを改造してしまえば良いんですが、娘の自転車を借りているので、そうもいかない訳です。

そこで今は、取り外し可能なクッションを貼った、ダンボール製のカメラケースを考案しています。

2013/12/15 16:47  [749-1647]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  


 世の中を 捨てて捨てえぬ 心地して

           都離れぬ わが身なりけり

                             西行

2013/12/15 19:05  [749-1648]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  


 いつかわれ この世の空を 隔たらむ

              あわれあわれと 月を思ひて

                                西行

2013/12/15 19:21  [749-1649]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

「将軍よ、君の崩れた堡塁に、古ぼけた大砲が残ってゐるならば、
乾いた土の塊りをこめ、俺達を砲撃してはくれまいか。

すばらしい商店の飾窓を狙うんだ、サロンにぶち込むんだ。
街にどろっ埃を食わせてやれ。

蛇口などは皆んな錆びつかせてやれ。
閨房にはどいつも焼けつく様な紅玉の煙硝をつめ込んぢまへ……」

 あゝ、羽虫は、瑠璃草に焦れ、旅籠屋の小便壺に酔い痴れて、
 一筋の光に姿を消すか。

            アルチュール・ランボー 「地獄の季節」

2013/12/15 23:12  [749-1650]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

冬の陽の、ひかりと影。

2013/12/16 00:09  [749-1651]   

静物画

そう言えばキャノンで何をどう撮っても、
自動的にトリミングして構図を作ってモノクロやその他のエフェクトをかけて
Jpg出力してくれるカメラがあります。
何撮ってもどんな風にとってもプロが撮った風になるそうです。

と言っても、やはりまだまだ?な所も多いそうですが、
これが改良されていけば、写真はカメラが撮る。人間はシャッターを押す機械である。
ということになってしまいますね。

2013/12/16 02:26  [749-1652]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

幻月朗さん、こんにちは。

これから、走りです。後で書きます。CGだそうですよ。

2013/12/16 05:58  [749-1653]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  
ナイフの眼

>何撮ってもどんな風にとってもプロが撮った風になるそうです
>と言っても、やはりまだまだ?な所も多いそうですが

理論上はパーフェクトな物を考える事が出来ますよね。
私は、プロカメラマンと云う仕事は、いずれ無くなると思っています。
何度も書きましたが、以前、firebossさんの板に出張していた頃に、
フォトグラファーの仕事は、ただの素材を提供するだけになってしまった、
仕上げはグラフィックデザイナー達がやるんだ、と嘆いていました。

同じ板にやはり日芸の写真学科の先輩がいましたが、海外出張が殆ど無くなった、
現地のカメラマンが送ってくる写真を、グラフィックデザイナーが、
加工して制作するから必要無いらしい、と嘆いていました。

最終的には、膨大な素材もデータにして分類、統合して利便性を良くすれば、
さらに、加工修正の量や調子、質をソフトが管理してくれれば、
実用写真の大半を占める、広告写真などは、専門のグラフィックで無くても、
新入社員が半年も勉強すれば、理論上は制作可能なはずです。

報道写真やスポーツ写真などは、面子を賭けたプロの生き残りの場となりそうですが、
カメラが更なる進歩をして、RAWデータ記録装置として高度に発達してくれれば、
新米が押しの強さで、シャッターチャンスを絶対逃さず、素材を撮ってきて、
後は、グラフィックが感動的な写真に仕上げますから、カメラ職人はいりません。

フィルムでは如何やるのか解りませんが、暗部を持ち上げるなど、
ラボマンでも簡単では無いと思いますが、今はソフトのスライダーを動かすだけです。

ファッションだって多彩で正確なデータがあれば、それこそ制作はグラフィックの出番です。
実際、そうなっているんじゃないでしょうか。解らないけど。

では、これ程カメラが普及しているのに、写真の未来は如何なるのか、と言えば、
一度死んで、これで、やっと芸術の仲間入りをするのだと思います。
逆に、商業美術にしがみ付いていたら、滅びるだけです。

油絵を始めると、誰でも先生や先輩から「売り絵」の様な描き方をしてはイケナイとか、
これじゃ「写真」だよ、とか注意されますが、実際写真の様に描ければ、
これはもう、賞賛に値する、大変な技術なのですが、あまり喜ばれません。

アメリカで70〜80年代にスーパーリアリズムと言うのが流行りましたが、
スグに消えて行きました。
画像を検索すると、驚くべき作品が出て来ますが、手で描いたと云う価値があるだけで、
どうせなら、写真の方が豊かな表現力がある、とさえ言いたいですね。

先ほどの「売り絵」や「写真」と言った非難は、表現に乏しいよ、と言ってる訳で、
技術は後から付いて来る、それより表現に心を砕きなさい、と言ってるんですね。

プロが自慢する、ライティングの技術も所詮は、スタジオ撮影の技術であり、
商品やモデル等、広告写真の為の技術でしかありません。
入試前の石膏3年、入ってからの人体2年のデッサンは、東京芸大レベルなら、
職人技を超えています。それでも油絵になったら、感性だけが頼り。
この前言った、斎藤真一も東京芸大卒ですが、全ての技法を打っ棄って、
最後に出てきたのが、あの越後瞽女の世界。

プロカメラマンが技法を打っ棄ったら、後に何が残るのか。何も無し。
幻月朗さんが話す、極々一部のプロ達が己を捨てて、何かを掴んでいる。
それは決まり切った技法等では無く、全ての芸術家に共通な、偶然を必然に変える、
感性の世界で仕事をしているから。
写真は1/100秒で完成する芸。生半可な技術など通用しないと言う事は、
一流の作家なら、皆、直感しているはずです。

絵描きだって、好きに描いて食っていけるのは、日本に数名も居ないんじゃないの。
後は全て「売り絵画家」ではありませんか。

ならば、ノートPCを抱えて、ポケットにGRを突っ込み、ハケンで食いながら、
自分の感性を絶対視している若者の中から、天才が生まれると考えるのが、
極めて常識的な考えだと、私は思っています。

ただ、そんなハングリーなアホが今の日本にいるか如何か。

幻月朗さんの不思議な静物画は、今まで一度も見た事無い様な。
新しいビジョンをモノにしたのでしょうか。

2013/12/16 22:41  [749-1654]   

うわ〜・・・膨大な文章だなあww

プロカメラマンの知り合いがいます。
そのうち俺らの仕事はなくなると言ってますね。
でも広告フォトの分野ではプロの仕事と素人ではレベル違うと思いますよ。
しかし、プロにも色いろあるわけですから、その辺はケースバイケースかもしれません。
増える人もいれば減る人もいるでしょう。

誰でも撮れる、電話にまでついてるカメラですから、さにゃさんの言うとおり、
一度死んで、これで、やっと芸術の仲間入りをするのだと思います。
絵だって、昔から誰でも書ける。でも後世に残る絵と残らない絵がありますやん。

アートフォトグラファーは最終的にお金をもらってるかどうかがプロとアマの違いだと思います。
偉大なる無名の天才素人写真家 ヴィヴィアンマイヤ(Vivian Maier)
を見れば何がプロで何がアマかわかりません?。
アンリブレッソンや当時のマグナムより人に入り込んだ写真です。

ベン・シャーン展を見に行きました。
カリカチュアな絵ですが紆余曲折の末カリカチュアになッタ人です。
その画風になったことでより人間の内面性を描くことが出来るようになりました。

結局写真も絵もどれだけ自己の内面を突っついてくるか?
それがどうしたって言われたら困るけど、
これからはカメラの性能が写真を作るってことはなくなってくるんじゃないかな?

昨日のキャノンのカメラですが僕には良い写真とはなにか?と言うカメラ自体がアートでは
ないのか?と思います。それで撮られた写真自体にアート性は無いにも関わらず、
そこにカメラが無機質なアート風に仕立て上げる。
意外とカメラのコンセプト自体は評価してるんです。
一体我々が撮ってるのは何なのか?
いわば参加型アートかな?ww

今の所好きにやって飯が食える人というのは。。。荒木と梅佳代ぐらいですかね?

静物画は実験的なんですけど、部屋にある日常のオブジェを。
意味ないものを写真に取ることにより何か意味があるようになってしまうのかな?
と思い撮ってみました。

う〜ん・・長く書いたので途中で矛盾点とかあるかもしれませんが
少し熱に浮かされてますのでご容赦ください。

2013/12/17 01:35  [749-1655]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  
市井の 人びと

幻月朗さん、こんにちは。

私の書く物は、空想科学批評文学と言う感じでどれだけでも長く書けます。
現実離れした内容を独断で言い切るのがスタイルです。
全て一つの中心から発しているので、理論物理学も、現役格闘家も、
高名な写真家もここから批評する事が可能です。

たまに、意見の食い違いがあっても、空想科学批評文学ですから、気にしないで下さい。

ウィキペディアの様に、世界中のカメラマン(主にアマチュア)から無償提供された画像を、
誰でも商業目的でも自由に利用する事の出来るシステム。
高画素高画質画像からスマホ画像まで、主に風景ですが、国別、季節、その他、
多彩なロケーションを分類し統合して、誰もが簡単に、求める画像を検索して、
合成が多いでしょうが、どんな目的にでも利用可能なシステム。

昨日はここから近未来の業界の様を想像力で描いてみたのですが、現状は如何なのか、
と思って調べると、小さいながらもう殆どこうなってるんですね。
製品写真だけお客様に撮って貰う、ライティングが無くても、極力修正するので、
心配要りませんと言う(明らかに心配ですが)。カタログ程度なら間に合うんでしょうね。

ヴィヴィアンマイヤさんは、サムネイル程の画像しか無いので、解りませんでした。
プロと言うのは、その選良は少し違いますが、食う為に芸を売っている人。
と書いて、思い出しましたが、初期のロン「写真考」で充分突き詰めて考えてるので、
くり返しは避けます。明日は走りの日なのでもう寝ます。

2013/12/17 23:29  [749-1656]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  
サービスカットの様な感じで

the GLARE. 水戸のバンドです。向こうも覚えていて、直に反応してくれました。
尤も、私はステップ踏みながら、写真撮って、盛り上がると大声でfucking good!! を連発するのだから、
バンドの連中とは、直に解り合えるんですね。

土曜日に、プリントして写真をあげるつもりなので、いかにもと云う加工の写真もありますが、
そこは愛嬌です。

2013/12/18 21:40  [749-1657]   

>たまに、意見の食い違いがあっても、空想科学批評文学ですから、気にしないで下さい。
肯定ばかりで反論しない関係なんて意味ある関係でもないですよ。
素晴らしい作例ばかりですねて言うより、オメーのこの所が駄目なんだよ!!の方が健全ですよww。
といいながら、いい写真ですねwwいやほんとに。ストリートらしいいい顔ですね。

プロは食う為に芸を売っている人・・・あ、そうか。そういやそうですね。

うーん。。今咳が出て困ってます・・一番の問題は寝てても咳で何度も目が覚めてしまうのよね

2013/12/19 01:53  [749-1658]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

幻月朗さん、こんにちは。

ありがとうございます。やはり幻月朗さんのストリートは、ホントに好いですね。
奇譚の方にも、並んで新板が落ち着いた気がします。
幻月朗さんの撮るストリートは、真似手の無いオリジナルですから、
幻月朗さんが撮らなかったら、この世に存在しないデティールです。

少女爆弾1号さん、こんにちは。

ありがとうございます。スナップの第一人者だと思っている、少女爆弾さんに注目して貰って、
とてもありがたいですね。私はこうして身近に優れた方がいると言うだけで、有難いです。

正直言うと、写真のキャリアも浅いし、特にモノクロ街撮りは、今年の夏以降始めたので、
幻月朗さんや少女爆弾さんとは、レベルが違う事は自覚しています。

ただ、感覚に似たような物を持っているのかも知れません。

【伊勢音頭恋寝刃】 シリーズ ……其参が特にそうですが、冴え渡った覚醒感が、
危険な程、キレまくっていて、よくこんな緊張感を維持出来る物だと思っていました。

でも、私もそんな神懸り的なトランス状態になる事が、稀にですがありますね。

だから、幻月朗さんや少女爆弾さんの感性の写真が好きなんです。
技術は自然に上達すれば良いと思っていて、あまり興味が無いんです。

2013/12/20 00:38  [749-1659]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

少し退屈になりますが、バンドの写真を連発します。

GLAREと云うバンドが気に入りました。ギター・ボーカルのルックスが如何にもロックバンド向き。
パーカッションの少しヌボーっとした人も、相方とのコントラストが実に好い。
テクニックも上々だし、なにより何か持っている、と言う感じがあります。

芸事は、この何か持ってると云うのが大切で、技術は後から付いて来ます。

2013/12/20 09:23  [749-1660]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

the GLARE. Fucking great!

2013/12/20 09:39  [749-1661]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

水戸のバンドが、水戸でやってるんだから、ファンクラブがあるはずだけど、
取り巻きが居ないので、無いみたいですね。

しかし、私もいいかげんロージンなのに、未だにこう言う若者達と関わろうとする。
ロージン社会でナァナァの生き方が出来ない人間ですね。

2013/12/20 10:00  [749-1662]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

GRがもう少し、安いと好いんですけどね。この値段だと、オジサンのカメラですね。
私達の時代70年代に、ギター一本で自分を表現出来る、絵筆で表現する、
これを今の若者達が、現代をカメラで切り取って、生の表現をしてほしい。
そこからネットによるコミュニケーションで、表現の新しいムーブメントが生まれないのか。

写真だけが、全ての芸術がクラッシックと成り果てた、20世紀に発達した写真だけが、
真に新しい表現を可能にするのだから。

ピカソは言う
「美についての、アカデミックの訓練など、みなごまかしである。私達はだまされていた。
しかも、真実の一片さえ取り戻せないほど巧妙にだまされていた。
パルテノン、ヴィナス、ニンフ、ナルシス、そんな美は悉く嘘である。」

2013/12/20 11:31  [749-1663]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

しかし、特にGRに拘る必要は無くて、金が無かったらペンタックスのVS20が、
ドンキホーテで9千8百円です。
GRは素晴しいカメラですが、それでなければ傑作は撮れない、と言うのは天才ではありません。
家の娘は、小学生の頃から、何年も前のIXYで野良猫専門ですが、名作を撮っていました。

世界と一瞬でつながるインターネットと言う異次元の扉を開けたけど、
不思議と天才の出現は無い様ですね。

高校の時に、ダリとルイス・ブニュエルの合作「アンダルシアの犬」を観ましたが、
シュールレアリスムのあの感覚には、心底驚きました。

今なら、編集も加工も簡単に出来るのだから、本物の天才の感覚さえあれば良い。
写真も同じですね。本物の才能が出てくれば、機材などは如何でも良いんですね。

2013/12/20 20:59  [749-1664]   

天才はいても埋もれてしまってるだけかもしれませんね。
なんせフリッカーだけでも1万枚以上UPされますからね。
ニコンやキャノン、オリンパスなど各メーカーにも投稿サイトあるし、
GMOや写真LATEやフォトフリア、SNSも入れると1万枚ではきかないでしょう。
逆にWEBの世界から外れたところに天才はいるのかも。

少女爆弾さん、さにゃさん、褒めて頂いてあるがと~ございます。
お礼は僕の下着姿でも。って本気で喜ばれたら僕は困りますけど。

というわけで風邪がなおらなないのでこれから一寝入りします。ゴホゴホ。



2013/12/20 22:33  [749-1665]   

「アンダルシアの犬」
最近DVDでも発売されたようですよ。
目をカミソリ・・・

1週間ほど色々忙しくて見てもレスできないかもしれません。
ご了承ください。

さにゃさんの距離感てスゲー近いですね。
まるで家族のスナップのようですね。
あとウチに貼っていただいた猫と少女、猫でかいっっすね〜ってホワイトタイガーですやん。
いいなあ・・・

少女爆弾さんも、レンズ広角なのに凄い近いよね。
不思議な浮遊感があります。
さにゃさんと違う近さなのね。。
海の上で海を見てるのと、砂浜で海を見てるのとに近い感じ。

2013/12/22 01:20  [749-1666]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

「アンダルシアの犬」は学生の時は、映画学科の実習に無断で参加して、
その後も色んな所で観たので、DVDを買う程でもありません。
あのカミソリ持ってるのブニュエルですね。

親友が映画学科であの頃は、学生は8mmですよ。グループ実習では16mmをつかいますが、
何れにせよ、編集と言ったって切ってくっ付けて、加工も効果もそんな物無いです。
デジタルの映像作家を目指している学生が見たら、エジソンの頃と変わらないですよね。
写真も同じで、金が掛かるので、無駄だまは打てません。
今は、私如きがカメラ買って、写真撮っている始末です。

私が日本を立つ頃も、助監督の給料では食っていけないので、親に仕送りをして貰っていた。
そんな友人もやがて、星の金貨の監督をするまでになった。

ロージンにはもう何も出来ないけど、若いカメラマンにはどんな種類の苦労でも、
兎に角、苦労してほしい。それが唯一の作家の財産です。

殆ど中高年ばかりの縁側で、こんな寝言を言っても意味無いですが、
才能は埋もれているのかも知れませんが、バカをする人が少なくなった気がします。

風邪薬は絶対飲まないと言う人がいますが、車の運転をしなければ、飲んだ方が便利だと思いますよ。

2013/12/22 23:49  [749-1667]   

心優しい人の杖

さにゃさん

ご無沙汰しております。

私は四国八十八か所のお寺でお遍路さんに挨拶をすることで、自分の固まった心の扉を開け他人との関わりを大切にしたいと思っています。正直、さにゃさんや幻月郎さんのような写真を撮ることはかなりハードルが高いのですが、自分なりの小さな一歩を踏み出せていけたらと思います。

ここに貼っている「杖」の写真を撮るときに、持ち主の方に声をかけたのですが、「写真を撮ってもらえるこの杖は幸せ者ですね。」と言ってくれました。

そういう風にモノゴトを考えていただけるお遍路さんに巡り合えて心が温かくなりました。

2013/12/23 10:35  [749-1668]   

ちょっと久しぶりです。

無茶とか馬鹿をやるって、、やってる本人はそんな事考える前にやっちゃってたりする事が
ありますが、、そういうエネルギーをどんどん擦り減らしながら生きているような気がします。

中途半端な学問だとか知識だとか広い視野だとか、そういうものと引き換えに消耗してるの
でしょうか。 それを社会性と呼ぶこともあって、、、でもそれはそれでいいことなのかな。

2013/12/24 01:24  [749-1669]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

レトロとデジタルさん、こんにちは。

どちらかと言うと、私のモノクロより、貼ってくれた写真の方が、心情、精神性、技術、
これらがみな高いのではないですか。
もし、私の写真が良く見えたと云うなら、私は彼らの様な、恥も平気で路上で芸をする、
バンドや他の芸人達とは、仲間なんですよ。
幻月朗さんが、まるで家族の様な、と言ってくれたけど、ホントにすぐに親しくなってしまう。
若い時から、流れ者の生活をして来たからだと思います。

写真は全て高い内容で感服しましたが、頂点が「杖」で、貼る組み立ても上手いですね。
「杖」は見てると、紐と鈴が少し揺れている様な錯覚をする程、精神性が高いですね。
似たようなタイプの写真と言うと、私はこれぐらいで、後は外的なものが多いです。
http://engawa.kakaku.com/userbbs/749/Thr
eadID=749-947/


青空さん、こんにちは。

そうですね。そうでなければ社会は成り立ちませんよね。
ただ、少数派ですが、バカは死ななきゃ治らない、と言われるタイプの人間もいて、
私などは、典型的です。

昨日、一昨日とすっかり疲れてしまい、今朝やっとすっきりしました。
アメリカ製のフリーソフトをDLしようとして、結局、英語が解らなくて止めたのですが、
途中で、マカフィーのレジストリクリーナーを踏ん付けたらしく、
お試し版がインストールされてしまった。さらに、アメリカの検索サイトがHPにすり替えられ、
Firefox は戻ったけど、IEはドウヤッテもダメでした。殆どウィルスに近い。

今調べたら、マカフィーでは無く、レジストリブースターと言う代物らしい。
これがまた、如何しても削除出来ない。

以前、中国のソフトを入れた時も、余計なソフトが4個もくっ付いて来て、これが削除できない。
結局、リカヴァリーするしかなかった。「システムの復元」が出来なくて、以前からいざと言う時、
復元出来なくて、無能だと思っていた。今調べたら、復元の条件があるようですね。

今回もまたリカヴァーか、と思ったのですが、フト思い立って「システムの復元」を使ったら、
実にすんなりと復旧できた。
要するに、知識が無いのと、言葉が解らないので、簡単に罠にはまってしまう。

マカフィーも、娘がお絵描きソフトなどDLすると、子供は疑わないのでくっ付いてきたりして、
しかし、そう言う下品なやり方は製品の信頼を自ずと貶めるだけですね。

先ほどの、レジストリブースターもウィルスに近いとか、詐欺まがいとかでは無く、
少し調べてみたら詐欺ですね。踏んだら終わりの地雷型詐欺。
veoh web player のDLアイコンを踏んだらやられてと云う人もいますね。

こんなネタは、レトロさんが得意でしょうが、色々読んだら、常駐を終了して、
アンインストールすれば、簡単に削除出来ると言うが、「システムの復元」を使うのが、
最善とあった。私の場合は、返って無知が幸いして、ベストの処理だった訳です。
全く意味が解らないので、レジストリなど触れないのが、また良かった様です。

2013/12/25 21:57  [749-1671]   

さにゃさん

手ぶらですみません。写真のこと褒めていただきありがとうございました。

ところで時を同じくして私の娘のPCも「レジストリ・・・」なるものを踏んづけていたらしく、やたらとパソコンが重くなっているのに昨日気が付きました。

正直言いますと、さにゃさんがなさった対応がベストのように思います。
(私は無理やり実行中のアプリを強制キャンセルして、アンインストールしました。)

ソフトのインストール時に初期値で勝手に別のソフトをインストールするという手段は正直納得できませんね。本当に自信作であれば有償で買いたくなるようにすればいいと思うし、広告だけであればヤフーなどに出せばいいだけのように思いますが。

2013/12/25 22:35  [749-1672]   

おじゃまします。

バカをやってる瞬間と、社会性を保っている時間との二面を上手く使いこなす、、
そういうのじゃ、ほんとのバカは出てこないですよね。

でも、バカをやる人って必ずどこかにいてくれないと、、とも思いますね。
芸術の世界でも、それ以外でも。
じゃあ、自分でやれよって、、言われると、、うーん、、、まあ、結構バカだったんですけど
中途半端で終わってますね、、、。
そういう中途半端ななのは逆にどこにでも居るようで、、これはこれで困ったものです。


さにゃさんの書いた文章を読んでいて、、あーー! そうだ! それだ!
精神性だ! って気がついた事があります。
最近、ネットでアマ・プロの写真をざーっと沢山眺めているのですが、どうも
面白く無いんです。 上手い写真?は結構あるんですけど、、なんか物足りない。
もっと言えば、モノクロの写真がとても多いのですが、なんだか誰が撮っているのか
解らないと言うか、みんなで同じような写真を作っているというか、、。

いや、きっと私の写真を観る目がまだまだなんでしょう、、とは思いつつも、写真に
精神性が感じられていないんです。
狭い縁側の世界にすべてがあるわけでは無いのですが、それにしても、、私が縁側で
見ている写真の方が 打たれる写真の比率がとても高いように思います。
自分で撮ってる写真は勿論棚に上げてるわけですが。


映画 「永遠のゼロ」を観てきました。
小説を映画化するという意味では、なかなか良く出来ていたと思います。

2013/12/26 12:20  [749-1673]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

レトロとデジタルさん、こんにちは。

娘さんが……これ程近くで、と云うのは偶然などでは無く相当な数の人達が、
引っ掛かっているんだと思います。
ネットの向こう側の世界は特に最近、この世の中とそっくりになってきたじゃないですか。
自然災害が無いだけで、やはり人間が創ってますから。

何か「オレオレ詐欺」と似たような臭いがして、引っ掛かっても一人あたりは小さな金額でも、
膨大な数の人達が金銭を払い込んでしまっていると思いますよ。

新型ウィルスを作ったところで、腕自慢にしかならないけど、彼らがネット詐欺をやろうとしたら、
私の様なIT弱者には対処の仕様が無い。
警察でも、先のソフトに、金を払い込んでしまって解約出来ない、また、授業料を払った積りで、
我慢していたら、次の年に自動更新されていた、などで訴えても、
トーゼンですが集団で訴訟をしてくれ、と迷惑な顔をされたようです。

今の所、検索してもネット詐欺と言うと、出会い系か通販が殆どですが、
オレオレの様に自分から払い込んでしまったら、ネットの世界では誰も助けてくれない。
これがそのうちヤバイ事になる様な気がしてますが。

青空さん、こんにちは。

とても精神性のある写真を3枚もありがとうございます。
どちらかと言うと、1枚目が正眼の構えの様で位の高さが解りやすいです。
2枚目は下段の様で、上体ががら空きなのに、危なくて近寄れないと云う感じ。
3枚目はあまり解像して無い様ですが、キットでしょうか。18−135でしょうか。
キットレンズにしか出せない色彩の傑作の様な気がしますが。
右手に小太刀を下げた、片手上段、二刀流のような変則の構えみたいな。

精神性の話でしたが、武道もアマが強いですよ。バカが出来る人間でも金に縛られると名誉や、
命が惜しくなるから、技が出ませんよ。武道の技とは、人殺しの技なんだから。

写真だって絵だってたまたま金になっちゃった、と言うのは厳密にはプロじゃ無い。
金になる商品を作るのがプロで、精神性は二の次です。
実際、良い仕事をするプロほど、スナップは下手ですよ。以前、firebossさんが遊びに来た頃、
青空さんも遊びに来てくれて、しかし、firebossさんのスナップは、自分でも言ってましたが、
あまり上手くなかったじゃないですか。

firebossさんは一流のスタジオプロだと思いますが、だから余計にスタジオの技術には、
絶対の自信を持ってるし、それで多額の報酬を貰ってきたのだから、
スナップの芸術性などには、アマの方が上手くても別にカマワナイと云う考え。

料理でもそうですよ。プロが作る家庭の晩ご飯より、主婦の手料理の方が美味しい。
全てそうでは無いですが、でも、我々プロの常識の考え方です。
だってプロはそう言う仕事で給料を貰ってるんじゃ無いですから。

我々の写真はお遊びですが、遊びは本気でやらないと面白く無いでしょう。
だから、本気でやってる人が良い写真を撮るのは、常識にかなった事だと思いますよ。

2013/12/27 00:18  [749-1674]   

さにゃさん こんばんは

さにゃさんの説明や教えは解りやすくてその上、いちいちもっともで、うんうん、と
頷きながら読んでしまいました。

ただ、、一つは、、私の写真の精神性、、ですが、さにゃんさんの言葉は冗談だとは
思いますが、私の写真には精神性という観点では、こちらやあちらの縁側に並べられる
シロモノでは無いでしょう。。

そして、もう一つ、、なんとなく書きにくかったのですが、ずばり言うとネットで
見ていた写真、、その多くはアマチュア写真家の撮ったものやプロが撮ったものも
混じっていたのですが、、精神性という言葉であってるいるのかわからないけど
どうもそういったものが、白龍さんやさにゃさんの写真とは比べるべくもなく
単なる、上手く撮ろうとした写真に見えてしまったのです。

あれれ? 私が縁側でペタペタ張りながら見せて頂いて来た写真たちは、ネットで
洪水のように数多ある写真のうちの一つでしかないのかと思っていたら
どうやらやはり違うようです。
どう探しても、白龍さんの写真のようなものには出くわさない。

そして、芸術とか美だとか、美術だとかにとんと疎い私にさえ うおぉお!?っと
感じ入る写真が、この狭い縁側にはこんなに沢山あるのに、ネットの大海にでてみれば
、、、あれ? なんか物足りないぞ?! と感じてしまったのです。。


なんかネットで沢山のサンデーカメラマンの写真を眺めるよりも、今はまだ縁側に
閉じこもっていたほうが、良い物だけを見られるような気さえしてしまったのです。


以前も書かれていましたね、家庭料理とプロの作る料理との違い。
プロはどんな世界でも厳しいですね、、、評価基準か明確で、それを満たすかどうか
だけが、第一のゴール。

2013/12/27 21:14  [749-1675]   

あああああああああああ・・・・疲れた・・・・・

でも明日からようやく休みなのねん(^^)

2013/12/29 01:45  [749-1676]   

少し落ち着いたので。

レジストリーブースターですか。
昔からヤバイソフトの定番ですね。

以前はインストしますか?って窓が出たように思いますけど
今は裏でインストするんでしょうかね。。
幸いレジ変更程度なのでシステムの復元で戻るようですね。
そう言えばずっと復元ポイント作ってなかったので今作りました。

で、精神性ってなんだろってずっと調べてたんですがね。
・・・よくわかんないっす。はははは。^^;

>どう探しても、白龍さんの写真のようなものには出くわさない。
そっすか?〜〜・・・
なんか難しいこといっぱい考えてるんですね。
まあね・・・・考えるのも必要だけど、あんまり難しく考えんでもいいんじゃない。
小難しいぐらいがちょうどいいんじゃないの。

長い仕事がやっと終わって、う〜ん。廃になってますな・・・

2013/12/29 03:32  [749-1677]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

青空さん、こんにちは。

幻月朗さん、いや、実にお疲れ様でした。

今月は暇だったのですが、年末になって、忙しくなってしまった。
昨日は笠間の魯山人の屋形を撮りに行ったら、もう閉まっていた。

近くの兄の家に、年末の挨拶に行って、義姉が油絵をやっているので作品を見たら、
スマホで撮った写真をタブレットに送って、先生に見せアドバイスを貰いながら、トリミングして、
それを、大画面のTVに写して、そこから100号の大作を創るのだという。

筑波大の美術専攻の学生の作品もタブレットにあったけど、技術は上手いです。
この人はもっと徹底して、メインのモチーフは自分で写真を撮るけど、画像検索して、
面白そうな物を探して、合成して配置し、そこから大きな作品にもってゆくと云う。

私はとても良い方法だと思い、ドガやアングル、ドラクロアが見たら、絶賛したと思う。

今は多くの人が、こんなやりかたで県展や日展に出品してますが、ただこれは道場剣法と同じで、
試合に勝つための方法。他の作品と競い合う為に大作を創る方法。

私は青空さんが投稿しているサイトは見たことが無いですが、多分、日展と同じで、
本物の独創性が無いから、退屈なんじゃないでしょうか。

精神性って言うのは、自分と対話したり、街中に自分を探したりする事ですかね。
其の為には、必要なら徹底した作りこみも良しとします。つげ義春の「ねじ式」の様に。
加工が目的化してしまっては、オリジナリティーを失いますが、
例えば、モノクロがすでに、歴然たる加工ではありませんか。

レトロさんの写真は、自分で言ってる様に人との関わりが見えて心が和みますが、
本質的には孤独で、それが実に何気ない物を撮っているのに、不思議な魅力を創っています。
またしてもピカソですが、孤独無しには何事も成し遂げられない、と私も思います。
そんな感じが、私の考える精神性でしょうか。

>レジストリーブースターですか。
そうなんです。私も徹底的に調べたら、定番らしいですね。
今は、いきなり本体がインストされる事は無いんですが、千何百個のレジストリの問題が、
検出されました、とか云うスキャナーがインスト、常駐されてしまうんです。
今まで、いざという時役に立たないので、システムの復元を軽く見てたけど、
正しく使うと、とても貴重な物ですね。

貼る写真が無いので、ノーガキだけです。昼から撮りに行って来ます。

2013/12/29 11:31  [749-1678]   

わざわざ貼るほどの写真ではありませんが、、いつにもまして、、、


幻月朗さん こんにちは

仕事 一段落してよかったですねー、体調崩してたから尚更きつかったでしょう。
はい、そーですね、頭でムツカシの事を考えてもちっとも私の写真にはプラスにならない
かもしれない、、、とかなんとかも考えずに、当面このまま過ごしまーす。

マヌエル・アルバレス・ブラボ という人の写真集を買ってみようかなって思ってるので
ですが、今ひとつ踏みきれません。
本屋さんで眺めてからの方がいいだろうなあ、、、


さにゃさん こんにちは!

そうなんです、、本物の独創性がどんなものなのか私には説明する言葉はありませんが
撮った人の気持?顔? が見えないというか、、そういう写真が多くて、、そういう意味では
外国人の撮っている写真のほうがそうした部分は何かを感じることが出来るものが
多いように思います。好き嫌いは別にして。

そういえば、以前、ガンレフ という有名な写真/機材 専門サイトを覗いていたことが
ありますが、そこにはもう驚くほど美しい写真が沢山ありました。
しかし、すぐにつまらなくなって観ることもなくなってしまいました。

2013/12/29 13:23  [749-1679]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

こんにちは。

そうですね。私は断然、美しいモノが好きですが、上っ面な美では仕方ないですよね。
以前、弦月朗さんが、大人のオモチャ屋でトイレンズと云うのを買ったけど、
一体、何の為に(勿論、盗撮ですが)と云う事ですよね。

今、ナカナカ上手く行かなくて、試行錯誤してるんですが、セロテープでフィルターを作ってます。
今日解ったのは、100均のモノより文房具屋の値段の高いしっかりしたモノの方が、
上がりがはるかに美しいと言う事です。
何でもやってみなければ、解らないですね。

以前、何度も撮った詩書家のりゅ〜と氏とボーカル・ギターの若者に、撮った写真を、
プリントしてあげたのですが、これが最悪。
モニターならライブ感溢れるモノクロの高感度ノイズも、銀塩と違って、穢いのが多いです。

また、上の方に貼った水戸のバンドGLAREも、プリントしてあげたのですが、
昼間だから画質は好いけど、L版に作ったので、構図が全くダメでした。
モニターサイズの構図に慣れきっていたので、小品にはそれなりの構図が必要だ、
と云う事が解らなかった。

そう言えば、高校の頃、油絵の先生が「若い連中は100号描くのに慣れてるが、1号を描かせると、
まともに絵になるヤツはいない」と言っていた。
達人達は皆、小品の傑作を残していますね。

やってみないと何も解らないです。加工もドンドンやってみたら如何でしょう。
私は、子供でも使えるピカサで加工してますが、これだってやってみないと、効果が解らない。
また、L版のプリントで、記録写真では無く、ホントの美を作ろうと思ったら、加工は必須だと思っています。






2013/12/29 21:16  [749-1680]   

こんちや!

いや〜突然の激務と体調悪かったのとで思わずプロレタリア運動を起こそうかと思いましたけど、
考えれば自営業なのでやめました。小林多喜二の亡霊が・・・

写真集ですが、気に入ったものはどんどん買わないと。
買おうと思った時には廃版なんてのも写真集はよくありますから。
アフロノーツなんかオクに出れば絶対すぐ手に入れないといけないし。
ブラボーは青てんさんに合うんじゃないかな?

最近流行ってるのはネットや雑誌を切り取って自分で写真集を作る
Zeek・・?だったかな?がユーロで流行ってるそうで、
2次創作になるんかしら?それでアートプロデユーサーが切り貼りした自分で作った
誰かの写真集がまた売れるという・・ややこし。(´・ω・`)

日本人の綺麗な花や風景、あれは俳句なんですよ。
俳句を写真にしてるんです。そう思えば納得。

ガンレフなあ。面白い時もあればまあつまらんときも。
主にキャノニコご用達サイトだからなあ。

>大人のオモチャ屋でトイレンズと云うのを買ったけど、
>一体、何の為に(勿論、盗撮ですが)と云う事ですよね。
そうそう、細いレンズを利用して窓の隙間から・・ってなんでやね〜ん!ち〜ん(髭男爵参照)
って、名前変わったのにキャラ変わってないじゃないっすか〜〜〜。

セロテープでフィルターですか。
・・・レンズの前に何本も貼るの?・・僕の想像と違うよね(^^;;

2013/12/29 23:14  [749-1681]   

今日の分がやっと現像終了〜^^
今日撮ってきた写真は Umeda Night Blood in End of yearでまた幻月楼奇譚で公開します。

写真ですが、家で高解像度のままL版は綺麗に印刷できない可能性大ですね。
ある程度妥協出来るなら良いんですけど、今のカメラだと高解像度が仇になり
輪郭線が出てしまいませんか? プリントの大きさに解像を合わせるのがベストですが・・
僕は大事な写真はシャシンヤドットコムというところに外注します。

ちょっと右肘がヤバイんで肘を曲げてファインダー覗けないんですよね。
こういう時、ミラーレスって便利。

2013/12/30 02:07  [749-1682]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  
細いのを何本も貼ってますがダメです これも細いヤツ これは幅広を重ね貼り、少し良いです これも幅広

こんにちは。

>輪郭線が出てしまいませんか?
ありがとうございます。上に貼ったバンドのモノクロは、多かれ少なかれ、加工しているので、
然程目立ちませんが、三枚はハッキリと輪郭が強すぎたのがありましたね。
知識を持っていて、尚且つ、実際に経験してみないと、何も解らないですね。

私はプリントに興味が無かったので、プリンタが詰らない様に、たまに印刷するだけで、
自分が撮った写真をプリントしたのは始めてなんです。

ただ、上でも書いた様に、絵画でも写真でも「小品」と云うのに、とても興味を持っています。
そして、両者とも構図は勿論、モチーフも厳選しなければ、絵にならないし写真にならないですね。
例えば、白龍さんの「秋の化石」の様な。L版に貴重な宝石の様なイメージを封じ込める。
大阪の天才、小出 楢重のガラス絵の様に。
私の感覚では、こう云う仕事をするなら、路上でも何処でも売れなければ意味が無いと思ってます。
小品と云うのは、だから難しいですよね。大作ならアートぶってれば良いでしょうが。

>レンズの前に何本も貼るの?
そうなんですよ。何本も貼りませんが、梱包用の幅のあるやつを使うんですが、
シグマは花形フードなので難しいです。DA18-55mmなら保護フィルターにくっ付かない様に、
上手く貼れるんですが、光量が少なくなるので明るいシグマを使いたいのです。
ホントはjakazzさんのコンデジの様な、レンズが飛び出さないタイプの上に重ね貼りするそうです。

貼ったのはダメですが、上手く出来ると、銀塩の様な粒状感が出て、情感描写に使えそうです。
そんなのソフトで簡単に作れるよ、と云う意見もありますが、私は出来るだけ偶然に頼りたくて、
手仕事を大切にしてるので、マァ工作ですが、色々やってみてるのです。

2013/12/30 19:31  [749-1683]   

んーなるほど。ラップして表面にマジックで点々書いたり色塗ったりしても面白いかな?

幻月郎奇譚の伝言板にPCのチェック方を載せときました。
チェック方法はご存知かもしれませんが・・・

それとひょっとしてセキュリティソフト、ノートン使ってませんか?
昔使ってましたがウイルスにやられていて以来、ノートンは最も信頼のできない
セキュリティソフトというのが僕の評価です。
カスペルスキーだと裏でインストしようとしてもチェックが入るので
今はカスペルスキーが大スキーです。

ではどうぞ良いお年を!^^

2013/12/31 00:47  [749-1684]   

あ、そうそう、書き忘れたけど、青転さんは時々人の写真見てレベル?みたいなものを気にして
私はそんなレベルじゃないとか、レベル高いですねとか書く時あるけど、
何よりも大事なのは写真の力ですよ。技術は後から付いてくるもんだし。

少女爆弾@旅行中の神宮、Jakazzさんのクリスマスコンサート、さにゃさんのミュージシャン、
最近知り合ったいつもけいじんさん、青転さんの大きさを感じる風景画・・全て写真に力があります。
僕から声をかけさせていただいた方達は皆、写真からの力 があるからです。

青転さんがネットで見かける綺麗なつまらない写真てのは
見た目は綺麗だけどショボイ味と追いつかない技術の素人メインディッシュを
食べてるようなもんじゃないかな?
僕が好きな料理は素材の力を150%引き出した力のある料理だし。
綺麗なプロのような写真はプロでは無いのもあって力がない。

梅佳代の写真も 力 の凄さは凄いよね。

ではでは。

2013/12/31 11:48  [749-1685]   

上に張った写真と同じの貼っちゃったっすね。
年末らしい?写真を。

2013/12/31 12:11  [749-1686]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

>技術は後から付いてくるもんだし。
どんなジャンルでも、これは真実の決まり文句ですね。
私はたまに、白龍さん時代の古い写真を(セロリさんのデビュー当事とか)見ますが、
私がやってる事とか、やろうとしている事は、白龍さんが全てやってしまっているんですね。
じゃあツマラナイから、別のルートで山に登るかと云うと、そうでは無く気にしないんです。

全く似たように加工した写真があったとしても、その写真を作った事で何を手に入れ、
何を捨てたかは、私と白龍さんでは全く違うのですから。

95%アチャーと云う写真でも、5%の真実或いは美があれば、その5%を絶対に信じてやって、
育ててやればそれがオリジナルな技術ですね。

価格板でたまに、技術がある、無い、とか言う人がいるけど、言葉に出来る様な技術とは、
剣道でも文学でも技術のうちに入らないですよね。

自分の写真で恐縮ですが、上の方に4枚貼った最後のヤツで、自転車の一部と、
真中に3本の白いポールの銀残しは、初め、キレイだなと思いながらそのまま通り過ぎてしまい、
しかし、フト頭に銀残しのこの画像が浮かび、5〜6歩戻って2枚、銀残しで撮った物です。

頭に浮かんだ時に、極僅かに病的だが美しいと直感しましたが、其のとおりでした。

ただのケレン味のある銀残しを使っただけの、他愛無い写真と云う見方もありますが、
しかし戻って、撮らなければ、他愛無い写真すらも存在しなかった。

今、TVでボクシングをやっていますが、写真もボクシングも一瞬で決まる術です。
こんな芸当に(今、三浦がTKOで勝ちましたが)理屈通りの技術など通用するはずも無く、
感覚、感性の技術に踏み込むしか無いのではないか、と思います。

弦月朗さんが言う、150%の力とは、スポーツでも何でも理屈が通用しない所での勝負、
しかも芸術の場合、いつも戦いの相手は自分自身、他人と較べても仕方無い。

今日は、キットレンズにセロテープを貼ってみましたが、良くなって来ました。
これ使えるテクニックです。コントラストの強い所が好いですが、少し練習が必要です。
ラップに色をつけると云うのは、良さそうな気がしますが、寺山の「田園に死す」のなかで、
犬神サーカス団の場面で、淡い赤や青、黄、緑の等のフィルターが掛かってますが、
何か手作りのシンプルな方法の様な気がします。

さて、内山と金子の中盤戦に入りました。モンスター同士の戦いです。

2013/12/31 23:14  [749-1687]   

スレ主&運営者 sanyasanさん  

少女爆弾1号さん、みなさん、

あけまして、おめでとうございます。

見るかも知れないので、ここで挨拶しておきます。

2014/1/1 02:07  [749-1688]   

Dear Bombgirl & Sannya.
May the year of 2014 bring you a lot of
happiness and smiles.

2014/1/1 13:49  [749-1689]   

さにゃさん みなさん あけましておめでとうございます。


本年もどうぞ宜しくお願いします。



毎年正月の数日間って写真をあまり撮れないんですよね。

2014/1/2 22:13  [749-1690]   

幻月楼さん

どーもありがとうございます。
書いていただいた文を読んで、あ、いけね! また忘れてた! って感じです


うんうん、


さにゃさん

ほんとそうなんですよね、、剣の道と呼べるかどうか少し怪しいですが、剣道にしても
技術とかが通用している間や、その環境にいる間は本当の自分は引き出せないように
感じたことがあります。少なくとも自分の気持ち?心持ちだけでもその次の世界へ
伸ばしていないと、剣道はどんなに強くともそれは単なる棒振りになりそうに思います。

さて、自分の今年が楽しみです。

2014/1/2 22:23  [749-1691]   

少女爆弾1号 さん  

2016/3/17 09:57  [749-1692]  削除

少女爆弾さん、あけましてお目でたい。
こちらこそこんな下品な私を応援してくださってありがとう。
下品ついでに少女爆弾さんのブラジャーいい匂いがしそうですね!(・ω<)てへぺろ
さにゃさんは奥様の国へ行ってるのかな?

まあ何はともあれよろしく〜。

2014/1/12 22:45  [749-1693]   

3.11 追悼
毎年追悼の写真を作ってますが今年はこの写真です
http://www.youtube.com/watch?v=pJtbQvk9W
dU

2014/3/12 01:02  [749-1694]   

この掲示板は運営者が不在のため閲覧専用です

スレッドの先頭へ


この掲示板の新着スレッド

運営者のみ投稿可
さんぽ道
さんぽ道をお気に入り登録
運営者:
sanyasanさん
設立日:
2011年6月17日
  • 注目度:

    161(お気に入り登録数:12件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ