縁側 > その他 > とんとんのSecondLife活動紹介
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

SecondLifeについての縁側です。
今でもアクティブユーザーは大勢いますし賑わいはありますけれど、既に土地は広大で人も滅多に見つからず何のための場所か数時間での把握はまず無理。
ここは現実世界と平行して進行している仮想世界ですから、現実世界の「人生」を数時間で理解できないのと一緒なんです。

たまにSecondLife紹介記事というのがありますが、現実世界に置換えて考えるとわかりやすいです。「世界」を取材対象にしてもこれは範囲が広すぎます。
リアルと同じく、活動してる人間や団体にスポットをあてないとココが何なのか不明のままで終わっちゃいますね。

SecondLifeの理解は活動時間に比例です。1日6時間×最低2週間べったりやってみると雰囲気はつかめますが、それも大変なので参考のためここに私の活動紹介を置いてみました。
紹介ということで掲示板でなくブログっぽいスタイルになってますが、ご質問・ご意見書込み大歓迎です!

  • とんとんのSecondLife活動紹介の掲示板
  • とんとんのSecondLife活動紹介の伝言板
  • とんとんのSecondLife活動紹介の投稿画像
とんとんのSecondLife活動紹介の掲示板に
とんとんのSecondLife活動紹介の掲示板に新規書き込み

SecondLifeの中で動画を撮影して、それを素材に映像作品をつくる活動… けっこう行われています。
いわゆるマシニマ(Machinima)のひとつですけれど、SecondLifeの3DCG…最初から備わっているエンジンを使用して制作時間(コスト)を大幅におさえた映像作品制作のことです^^

http://tonton.cc/FlashVideo/MoonCatPV.ht
ml


これは以前もここで紹介したものですが、2008年に友達何人かで制作しました。
私が主演と撮影をやってますけれど、これはさすがにリアルではありえないですね。
いわゆる自分撮り(も)行うわけですから・・・

尚、自分撮りが簡単なSecondLifeですけれど、特にSS(静止画)での自分撮りはスキルアップにならないと写真の授業でも教わります。そこにコミュニケーションは存在しないし自分の絵を撮ることがあまりにも安易にできてしまいますから翌々意識していないと心象が写せませんね。。

この作品の撮影はまさにそれを実感する作業でした。
自分も他の役者さんも撮るんですけれど、こういう絵が撮りたい→自分ならわりと簡単にできる
他の役者さんには→説明がいちいち大変。すごく大変。何度も何度もリテイク出し。
そのギャップから、自分撮りの簡単さとそこに含まれる落とし穴に気付きました。

ところで、SecondLifeで何人かで作品をつくる場合に大変なのは意思疎通です。
撮影者はどういう絵が撮れてるか・撮れたかすぐに確認できますけれど、全体のイメージを統括する監督(あるいは脚本の方)にはそれがわかりません。
撮った素材を軽いファイルに変換して圧縮してネット越しで受け渡ししない限りわかりません^^;
リアルで肩並べて作業しているわけではないので、画面を見せることできないんですよね。
それこそVNCとか手段使えばいいのかもしれませんが、なかなかそこまでいきません。

ですから結局のところ、監督さんは全体的なイメージを最初に徹底して伝えておいて撮る側もそれを守りつつ自分判断で撮り、編集する方も自分判断で編集…という感じで、監督さんの意図・イメージが完成した作品にどのくらい残していけるか問題になることもあるかもしれません。
私は個人的には演出・脚本サイドはある程度許容というか幅をもって設定してくれていたほうがいいかなと思いますけれど、それは撮る側の我が侭でしかないかも…

2011/3/20 05:49  [617-243]   


この掲示板の新着スレッド

認定メンバーのみ投稿可
とんとんのSecondLife活動紹介
とんとんのSecondLife活動紹介に認定メンバー申請 とんとんのSecondLife活動紹介をお気に入り登録
運営者:
けいすりーさん
設立日:
2011年1月10日
  • 注目度:

    95(お気に入り登録数:12件)

ページの先頭へ