縁側 > その他 > とんとんのSecondLife活動紹介
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

SecondLifeについての縁側です。
今でもアクティブユーザーは大勢いますし賑わいはありますけれど、既に土地は広大で人も滅多に見つからず何のための場所か数時間での把握はまず無理。
ここは現実世界と平行して進行している仮想世界ですから、現実世界の「人生」を数時間で理解できないのと一緒なんです。

たまにSecondLife紹介記事というのがありますが、現実世界に置換えて考えるとわかりやすいです。「世界」を取材対象にしてもこれは範囲が広すぎます。
リアルと同じく、活動してる人間や団体にスポットをあてないとココが何なのか不明のままで終わっちゃいますね。

SecondLifeの理解は活動時間に比例です。1日6時間×最低2週間べったりやってみると雰囲気はつかめますが、それも大変なので参考のためここに私の活動紹介を置いてみました。
紹介ということで掲示板でなくブログっぽいスタイルになってますが、ご質問・ご意見書込み大歓迎です!

  • とんとんのSecondLife活動紹介の掲示板
  • とんとんのSecondLife活動紹介の伝言板
  • とんとんのSecondLife活動紹介の投稿画像
とんとんのSecondLife活動紹介の掲示板に
とんとんのSecondLife活動紹介の掲示板に新規書き込み

SecondLifeは街の風景が変わりやすいです。

リアルと違って建築・撤去が容易だという理由もあります。
全てが「生もの」ですから出来た瞬間から鮮度が落ちていくため定期的な更新が必要だからという理由もあります。

このあたりは通常のWebと考え方は一緒ですね。
そして、もちろんシム(リージョン)オーナーは採算が合わないと判断すると街ごと閉鎖という判断を下すこともあります。

http://tonton.cc/SLVR/Tokio/VR.html

これは映像ではなくVRにしてあります。
Googleのstreetviewと同じ、ぐるぐる周りを見渡せる画像です。

私はリアルではVRカメラマンなのですが、SecondLifeでも同じ手法を使ってVR撮影を行っています。
この場所は私がSecondLifeを始めた当時に毎日通っていた思い出の場所。
雲の中に入る高さですけれど、この頃は高空に行く方法を知らなかったので飛んで上がれる限界までともかく上昇し…ビルの途中のなんとか足をかけられるとこ見つけて、そこからよじのぼるように上がっていったところにある空中庭園です。

ここで何かをしてたわけじゃないんです。
人も滅多に来ないこの場所でただゆっくりと時間が流れていく風景を楽しんでいただけ。

3年ほど何の変更も加えられないまま保存されていましたが…昨年の夏前、このVRを撮影してから数日後に街ごと消滅してしまいました。

2011/2/15 04:51  [617-140]   


この掲示板の新着スレッド

認定メンバーのみ投稿可
とんとんのSecondLife活動紹介
とんとんのSecondLife活動紹介に認定メンバー申請 とんとんのSecondLife活動紹介をお気に入り登録
運営者:
けいすりーさん
設立日:
2011年1月10日
  • 注目度:

    56(お気に入り登録数:12件)

ページの先頭へ