縁側 > 家電 > AV・情報家電 > スピーカー > JBL > Photo & Audio Music Prologue
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

Audio、Music、そして、Photo、撮影機材、Pcのプロローグ

  • Photo & Audio  Music Prologueの掲示板
  • Photo & Audio  Music Prologueの投稿画像
この掲示板は閲覧専用です(運営者のみが投稿できます)。

DC−300 DP−90

アキュフェーズ DP−90トランスポートは、メインして使っています。
もはやビンテージに属するのでは無いかと、、、。(汗)
一時は、エソテリック P−0 を使っていましたが、8割の美学に目覚める結果となり手放し、このDP−90に戻りました。

P−0サウンドは、完全無欠超弩級の素晴らしいCD再生音を堪能しました。
CDは、決して劣っていない、素晴らしい音源であることも、教えられました。
唯々、深夜の静寂時にきゅきゅっとホールの芯を探す機械音が耳について五月蠅くなったことと。
他の音源とかけ離れた超絶の完成された音ステージと音密度は、他の音源を拒絶するようでもありました。

私は、LPレコードを中心とする他の音源を選択しました。
この時期は、LPレコードとプレーヤーを手放し、CD一色へと移行する方達が多かったですね。
もしそうしたならP−0サウンドに帰結した。
そうはしなかった、、、。
逆に8割の美学の存在を、認識できたことがあらゆる意味で貴重でした。
痘痕も靨なんですよ、おそらく全ての存在が、、、。

DP−90は、私の中ではリファレンス的な存在なのだろうと思います。
デジタルプリアンプ DC−300の存在が大きく関与しているのかもしれません、、、。




2015/5/6 09:29  [536-6322]   

ワディアのSTリンクケーブル

JBLオリンパス C−50 S8R の改造を繰り返し、再始動時の状態は、2205のダブルウーハーの1本をローパスフィルターを噛ませて160hz付近以下のスーパーローとしていました。

再始動時、原点回避しようと通常のダブルウーハーに戻し、バスレフポートの共振周波を見直しをして、現在安定期に入ってきました。(笑)


故障していたスチューダー CDプレーヤー A727も帰ってきて、メインジャンルのジャズが壺に入って気持ちよく鳴ってくれるようになりました。
リファレンスDP−90の立ち位置を、問いかける結果ともなってきました。(汗)

LP、CDレコードのうちにクラシックは、4割近く占めているんじゃないかなぁ。
クオード ELS−63 を鳴らしていた時期は、ほとんどがクラシックを聞いていましたから、、。



そうだ!
DP−90をクラシック寄りにしてみよう!

思いついたのが、ワディアのSTリンクケーブルです。
ケーブルを持っただけで、少し位置を変えてだけで、音の表情が変わる体験をしていたからです。
たしか、保管していたなぁ、、、。

出てきました!


2015/5/6 09:57  [536-6323]   

12-nov-95とケーブルに印刷されていますので、95年製造の意味でしょうかね、、、。

先の体験をしたのは、おそらくWT−2000の製品のSTリンクケーブルだったと思います。

3mほどありますかね、設置によりやはり再生音に表情の変化が確認できました。



2015/5/6 10:11  [536-6324]   

純正ケーブルと交換 プリアンプ以降のアナログは、主にカルダスケーブル使用

画像の貼り忘れ。(汗)

2015/5/6 10:16  [536-6325]   

今はどうなのかは知りませんが、ステレオサウンド誌のリファレンスCDでホールトーンのチェック。

純正STリンクケーブルからワディアケーブルへの交換だけですが、相当の変化を遂げています!
重心がかなり下がっていkています!


2015/5/6 10:22  [536-6326]   

プラス方向にケーブルに負荷音が付くように調整した結果のベストは、ケーブルをクロスさせないようにして、ラックの棚板にベタ置きした状態でした。

2015/5/6 10:28  [536-6327]   

次に男性ボーカルです。

重心が下がり、音の分離に優れているようです。
ベースとバスドラの重なりがしっかり見てとれる。
分離しながら軽く良く伸び、弾んでています、
60cmほど高くしているスピーカーボックスですが、床面まで低音が達して波のように迫ってきます。
ボーカルの合唱の分離も素晴らしい。


2015/5/6 10:39  [536-6328]   

3時間ほど耳を休ませることとしました。

さて、鬼門の女性ボーカルです。

長年聴き馴染んできたアキュフェーズサウンドでなくなっている!
驚きました!
アキュフェーズサウンドは、1本の純正STリンクケーブルで構築されていたのだと!!!
空気なような豊かな音数と羽毛のように変化するボーカルの表情が、なくなっている、、、。

もの凄く悩ましい変化となっています、、、。


クラシックからの変化を再確認しながら、再度ケーブルの設置を見直しましたが、先ほどの状態がベストのようです。

だんだん良さが解ってきました。
この方が、より自然なボーカル、、、。
今までですと、途中で飽きてくるこの曲を聴き続けています、、、。

低音の伸びは、更に凄いことになり、腹にきています。
凄みまで低音に加わってきました。



アキュフェーズサウンドにワディアサウンドの血を加えることにより、クラシックにDP−90を振る意味を見いだせそうです。




2015/5/6 11:00  [536-6329]   

2350 指向特性

昨日は、丸一日かけて中音(Jb375ドライバー+2350ホーン)ユニットの位置変更をしていました。


2350ホーンユニットの角度による指向特性です↑

向きによりストリングスの高音がきつく鳴りやすいのでここを一番注意しながら、音離れ、低位、奥行き感などを確認しながら、ウーハーキャビネット上で前後・左右・角度を変更しながら、ヒヤリングを繰り返した行くことになります。

聴き馴染んだストリングスが聞こえてくるまで、耳を休めながら続けます。


気の遠くなる作業です。
しかし、一つの特性しか持ち得ない完成品では、成し得ない領域の再生音を手にすることが出来ます。
スピーカーユニットの組み合わせでしか、踏み入れることの出来ない Audioの領域です!




2015/5/10 13:31  [536-6330]   

クレーメル  アンコール!

低音、中音、高音の重視するウエイトですが、
ジャズでは、5:3:2でしょうか、、、。
クラシックではストリングスこすれ音が重要ですから、5:3.5:1.5でしょうかね、、、。

今朝、1時間ほど暖めてからクラシックを聴きました。
開始時点では、5割ほどの完成度でしょうかね、、、。
道半ば、、、。

大好きなバイオリンのソリストで、独特の音色が耳に焼き付いているクレーメルの演奏で、詰めていきました。

神奈川県立音楽堂(木のホール)でのクレーメルの演奏は、忘れることが出来ません。



2015/5/10 13:48  [536-6331]   

無音響室のオーケストラ

クレーメルの弦の音が鳴り始めたので、次にオーディオチェックCD「無音響室のオーケストラ」で微調整しました。

サントリーホールの開演前の楽団員が小さな音で練習する音色を、第一バイオリン近くの1列目か2列目で聞いた音に近い音が入っているので、使っています。
ホールトーンの影響が少なくて、再生音の確認には適しています。



2015/5/10 13:58  [536-6332]   

まとまってきました!

そこで、先に確認していたクレーメル 「アンコール!」に立ち返り、確認です。


クレーメルのバイオリンの音色が、相当再現できています!

4曲目、これも大好きなピアニスト、アルゲリッチとの共演曲「愛の悲しみ」です。
感動して涙があふれてきました、、、。

なんて素敵な演奏なんだろうか!!!



弾みが付く6〜7割の完成度?
ちなみに、高音075の位置は、全く触っていません。
調整してきたのは、低音と中音の絡みだけです。


2015/5/10 14:09  [536-6333]   

実測図

スピーカーセットの軸上の周波数特性は、見事な製品が多々あります。

しかし、リスニングポイントの周波数特性はと言うと、、、であります。
すざましくピークデップが交錯する特性になることが、多いのではないでしょうか、、、。

これを補正しようとイコライザーを使用しても、実際の大静音には挿入前の特性はちゃんと残っています。
イコライザーを使わずにリスニングポイントで好ましい特性に持って行くことが、大切なことと個人的には思います。

ここまで、スパーツイーターは、電源を入れずにいて、通常の3ウェイだけの調整です。

2015/5/10 17:08  [536-6334]   

猪俣猛 「ザ・ダイアローグ」

ジャズより、猪俣猛 「ザ・ダイアローグ」を聞いてみました。

まだ紹介していなかったのかな???

クラシックのストリングスのこすれ音を再現するために、中低音の繋がりでチューニングしてきたのですが、ジャズの再生においても数ランクレベルアップしていますね!

STリンクケーブルの交換だけしかやっていませんが、音の分離の良さ、定位の向上、低音の伸びの向上等の変化に後押しされての作業だったので、スイートスポットに入った再生音の変化には、目を見張るものがありますね!

しばらくは、触る必要を感じない再生音です。


このCDは、高音質なのでチェック用にはもってこいと思います!


2015/5/10 17:27  [536-6335]   

サラウンド用はトスリンクケーブルは使ったことがあったのですが、このシステムでは使ったかとがありませんでした。
ヤフオクで口上は素晴らしい内容でしたので、買ってみました。

国内未発売で定価があること自体おかしいので、5千円が関の山と思い支出総額で4千円台で落札です。
届いたので商品を調べましたら、海外からの送料込みで4,800円少しで手に入るようですね。

今時の広帯域で低音が出にくいトールボーイタイプのスピーカーには、中低域が盛り上がった周波数特性は、いいかもしれません。
私のシステムには、合いませんね。それに情報量が少なすぎ!低音の伸びが全然ない。上の方が全然出てこない。(笑)

と言うわけで、早々に取り外し!!!

2015/5/24 21:26  [536-6340]   

STリンクケーブルを、純正ケーブルに戻しました。

20年ほど使ってきましたが、被覆に癖が付いてそこら中曲がりが出ていましたので、マスキングテープでまっすぐに矯正作業を施しました。

手持ちのSTリンクケーブルの聞き比べをした。
アクロテック STF-7000が一番の情報量がありましたが、ボーカルの見えてくる表情と感情の起伏が純正に及ばないこと、ワディアでは少し冷めて聞こえる。
悩みましたが、純正に戻りました。

基準なんですねこのケーブルが、、、。

2015/5/24 21:35  [536-6341]   

ケーブル選定の視聴CDです。

2015/5/24 21:37  [536-6343]   

4週間が経ちますが、スピーカーセッティングも8割方詰めることが出来たようです。

ややもするとかなりきつくなるこのCDから、素敵なこすれ音が聞こえています。
若かりしベートーベンの明るく優雅な旋律に埋め尽くされ、音楽との対話が始まってきました。

2015/5/24 21:41  [536-6344]   

ヤフオクで落札したトスリンクケーブルは、これです。

画像を貼り忘れました。(滝汗)
中古でなく、新品が届きました。

2015/5/24 21:50  [536-6346]   

純正ケーブルを補強しました。

こっちも貼れていない???

なんかおかしい???


こちらも貼っておきます!

2015/5/24 21:52  [536-6347]   

Accuphase STリンクケーブル 同左

Accuphase純正STリンクケーブルの加工の最終形です!

手を加えた効果は、情報量の向上として具現化されています。

2015/6/7 21:31  [536-6354]   

サザンオールスターズ

今日の一枚!

サザンオールスターズ
キラーストリート

いつもながらメロディーが素敵です。

2015/6/7 21:33  [536-6355]   

MISIA Greatest Hits

今日の一枚は、 MISIA 「Greatest Hits」です。
私にとって最後のディーバとなっています。

どれも好きな曲ばかりですが、ハイテンポのヒップポップ曲の間に挿入されているバラードの曲が特に好きです。
「キスして抱きしめて」「I'ts just Love」は、とりわけて気に入ってます。
今日も鳥肌が立ちっぱなし!

2015/6/14 17:53  [536-6364]   

デジタルケーブルを交換しました。

デジタルケーブルを交換しました。

STリンクケーブルは、 SAEC OPC−625ST/V2
デジタルXLRケーブルは、CARDAS AES/EBU 

最近のケーブルは、よく解らなくて手が出せません、、、。

2015/6/21 10:12  [536-6375]   

高橋美智子 「驚異のコントラバスマリンバ」

昨日聴いた1枚です。

高橋美智子 「驚異のコントラバスマリンバ」
32hzのコントラバスマリンバが聴けます。
もちろん20hz付近まで達していますので、ボリュームの上げすぎには十分注意してください。
アンプが破損するかもしれません。(笑)


2015/6/21 10:19  [536-6376]   

高橋美智子 「驚異のコントラバスマリンバ」は、廃盤になっていますね。

ヤフオクを見たら、とんでもないことに!!!


くれぐれも自己責任で試してくださいね、小型スピーカだと心配かも、、、。

2015/6/21 10:28  [536-6377]   

モーツアルトの室内楽です。

バイオリンの弦と銅鳴りが自然で、基本3wayスピーカーで十分に堪能できます。


2016/4/17 17:01  [536-7046]   

マーラー シンフォニー5番を聴きました。

流石にホールトーンが物足りなくなるので、トーンコントロールを使用しました。
200hz以下を+2持ち上げます。
2khz以上を−2降下します。
だいたいこの当たりで、しっかりしたピラミッドバランスとなっています。



2016/4/17 17:07  [536-7047]   


この掲示板の新着スレッド

運営者のみ投稿可
Photo & Audio  Music Prologue
Photo & Audio  Music Prologueをお気に入り登録
運営者:
star-skyさん
設立日:
2010年10月21日
  • 注目度:

    25(お気に入り登録数:32件)

ページの先頭へ