縁側 > 本・CD・DVD > ネタバレ覚悟の映画、言いたい放題!
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

新旧問わず、映画に関してネタバレありの内容で、言いたい放題が出来る掲示板です。

芸術作品は作者の手を一旦離れると、一人歩きをすると言います。色々な解釈、好き嫌いを尊重しつつ、楽しく映画の話がしたいと思ってます。

どうぞ、自由に参加&ロムしてください。ただし、ここに来たからにはネタバレを見てしまったと文句を言わないで下さいね。

【お願い】
見ていない映画のネタバレは、嫌なものですね。スレを始める時には次の2つの事をお願いします。
@ スレのタイトルは、映画名(邦題と出来れば原題)を記してください。 
A スレの一番最初は、捨て記事を5行くらい映画説明をお願いします。
  タイトルを見た時に、目に入る文字はネタバレ以外にしたいと思います。

  • ネタバレ覚悟の映画、言いたい放題!の掲示板
  • ネタバレ覚悟の映画、言いたい放題!の伝言板
  • ネタバレ覚悟の映画、言いたい放題!の投稿画像
ネタバレ覚悟の映画、言いたい放題!の掲示板に
ネタバレ覚悟の映画、言いたい放題!の掲示板に新規書き込み

ギャラクティカの全シーズンとThe Plan、Razorを含めた全ての新バトルシップ・ギャラクティカの話をしたいと思います。

ギャラクティカの大筋は、人間とロボットの戦い(どこかで聞いたなぁ)をスペースオペラ仕立にし、俗称Skin Jobと言われる有機ロボットと宗教(神)を加えながら人類存亡を賭けた戦いを描いたものです。

The Plan はサイドストーリーなので、全シリーズ観終わった後に見ることを強くお勧めします。

2010/9/21 10:30  [458-22]   

色々あって、想い入れも在るので何を書こうか悩んでしまいます。という訳で思いついた時にどんどん足していくことにしますので、どんどん割り込んできて下さい。

最後に地球(新)を見つけて、住み着くところはちょっとだけ私の好きなジェームス・P・ ホーガンの「星を継ぐもの」に似ていたので、とても嬉しかったです。DNAが適合する点の扱いが大きく違いますが...。

カーラ・トレースの扱いも微妙ですが、輪廻転生的な全体のトーンには合っているし、最後に消える決着の仕方も結構気に入ってます。

2010/9/21 10:48  [458-23]   

James_T_Kirk船長!おめでとうございます!(BSG全シリーズを観終えた方への挨拶w)

やっと「ギャラクティカ」との長旅を終えたのですね。
しかしこの作品は21世紀を代表するシリーズになりましたね。
日本では存在感薄いですけど、私にとっては最高のSF作品です。
それでは私の長い感想文を書きました。
読んでくれる方々がゾクゾクしてくれると良いですね。



「ギャラクティカ」と言えば、1970年代に流行ったTVシリーズで、私も小学生の頃、日曜日の11時位からやっていたのを見てたの覚えています。USJ何かにアトラクションあったかもです。何せユニバーサルの作品ですから。その頃流行っていた「スターウォーズ」や「スタートレック」とも一線を引いていたSF作品なんですよ。

で今回のBDは発売初期のカンカンに入ったUK版で、シーズン1〜4まで有り、2007年〜2009年まで米国などで放送されていた新シリーズです。確かTSUTAYAでもシーズン3位までDVD借りられます。シーズンが1〜4ですから全部でBD20枚。合計4020分の超大作です!気合い入れて観ましたよ。これがしかし大変面白い!!!「スターウォーズ」や「スタートレック」が子供向けで生温いお話に見えてしまうほど、このBSGシリーズは、ポスト911に作られただけあって、内容は大変大人向けで、ダークです。

設定は宇宙遙か彼方のある惑星での出来事。宇宙人ですが、見た目と文化は私達にそっくりです。なので食欲を無くす様な緑のタコや赤いイカみたいな宇宙星人は出てきません。第1話で、自ら創ったロボット達に第二次大戦を仕掛けられ、惑星を核兵器で滅ぼされます。有る意味、映画「2012」の様なデザスタームービーのエンデンィングみたいなスタートなのです。

生き残ったのは約50,000人の民間人と軍人。戦艦はギャラクティカだけ。他の船は全て民間の船のみ。そして絶望の中にある人類を救うために、嘘でも希望を持ってもらおうと、キャプテンアダマは生き残った人類に、彼らの聖書に書かれている約束の星「地球」を探して旅をする物語です。いや「旅」では無く、人類の「生き残り」を駆けた戦いです。

しかしロボットの敵サイロンはこれでもかこれでもかと戦闘を仕掛けてきます。船が一隻、また一隻と破壊されて行きます。毎回のエピソードの始めに、生き残りの人類の数が出ますが、毎エピソードで人類の数が確実に減っています。これ結構惨いです。

更に困った事にサイロンは「センチュリオン」、ギンギラギンのロボット兵士達(a.k.a. トースター)だけに戦闘を任せるだけでなく、新たな驚異を人類に仕掛けてきます。その名も「スキンジョブ」つまり人間そっくりのロボットで、ロボットと言うより、DNA操作によって生まれたバイオロイドです。だから誰が敵だか分からない。そのロボット達が次々とテロを起こして人類を絶望のどん底に陥れます。

あるエピソードでは刑務所の囚人達が暴動を起こします。またあるエピソードでは燃料を精製する船がストライキを起こして、ギャラクティカが戦闘能力を失いかけます。そして人類はサイロンのロボット達だけが敵ではなく、人類自信が反逆、裏切り、傲り、偽り、により敵になり得る事を悟ります。ですからギャラクティカは敵と味方との戦いに力尽き始めます。

ギャラクティカのキャプテンアダマはこう悟ります「さて人類は本当に生き残るに値する価値があるのだろうか。」と。これはもうただの「スペースオペラ」では有りません。宇宙を借りた人間ドラマです。映画「ブレードランナー」やTVシリーズ「ロスト」そして「エバンゲリオン」の様な人間描写がとても精巧に出来ています。音楽も大変ユニークで素晴らしいです。

さて希望を失ったギャラクティカとその他の人類はサイロンの攻撃に耐えうるのだろうか?人類に紛れ込んだサイロン達の本当の目的とは?そして約束の惑星「地球」にたどり着く事は出来るのだろうか?その答えを是非確かめてみたくはありませんか?

私は全エピソードを観終えてとても感動しました。人間とは、生きるとは、希望とは、愛とは、人類が遭遇するであろう色々な疑問と課題を投げかけてくれます。そして我が惑星「地球」がとても愛おしく思えました。こんなTVシリーズは今後二度と無いでしょう。


「So Say We All!」

2010/9/23 10:22  [458-26]   

メタボリックマンさん

とてもすばらしい感想文をありがとうございます。まさにそうです、私も同じように感じています。ありがとうございます。これを読んだ方がBSGを観てくれると嬉しいですが、ここはネタバレの板なので観てない方は来ないかも?もったいないですね、せっかくの名文が人目に触れないなんて。
どこかにアップされては如何でしょうか?

同感ですね、BSGは21世紀最高のSFシリーズだと思います。日本発売されると良いですね。
ストーリーも良いのに加えて、キャラクターとそれを演じる役者達が魅力的で非常に良かったと思います。
ゲスト出演も非常に良い味を出していました。直ぐに死ぬのはちょっと勿体無かったりしますが。

神のプランとサイロンのプランに翻弄されながら、再生と破壊のサイクルを抜け出す為に新地球に辿り着かされた人類と、サイロンと、人類とサイロンのハーフたち。神のプランは成功したか?は、今の歴史が途中結果です。この後、人類同士で自滅するのか、残ったサイロンが地球を発見してまた戦争になるか?
続編が出来そうですが、やめましょう。
老朽化しボロボロになったギャラクティカが、サイロン本拠地に乗込んで戦う様は鳥肌物でした。太陽で役目を終えたギャラクティカと共に、話は終わりで良いのです。

後はカプリカ シリーズのBDを楽しみに待ちましょう。TV放送は途中見逃してしまったので諦めて見るのを止めてしまいました。

2010/9/23 18:39  [458-29]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
ネタバレ覚悟の映画、言いたい放題!
ネタバレ覚悟の映画、言いたい放題!をお気に入り登録
運営者:
James_T_Kirkさん
設立日:
2010年8月14日
  • 注目度:

    253(お気に入り登録数:3件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ