縁側 > カメラ > カメラ関連製品 > フィールドスコープ > ボーグand超望遠の集い
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

トミーテックのボーグでの撮影、デジスコ等の超望遠での撮影をされている方はいませんか。
自分はボーグでの野鳥撮影をしています。いっしょに話や写真等を紹介していただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • ボーグand超望遠の集いの掲示板
  • ボーグand超望遠の集いの伝言板
  • ボーグand超望遠の集いの投稿画像
ボーグand超望遠の集いの掲示板に
ボーグand超望遠の集いの掲示板に新規書き込み

完成したジオマボーグ 対物レンズ側の取り付け

対物レンズをボーグの60EDに交換して、ジオマボーグを作ってみました。45EDUのレンズの方が安くてよいのですが、せっかくなので、口径の大きい明るい60EDにしました。レンズやパーツ類の順序は@ミニボーグ60ED対物レンズ(延長筒をはずす)+Aパーツ【7458】+BM57ヘリコイドLU【7860】+Cパーツ【7510】+Dパーツ【7460】+ジオマUED52−Sのボディ+GLH20Dです。
 作り方:ジオマUED52−Sの対物レンズの外し方は、フードを外し、レンズの枠を外す、レンズを外します。後は、ボーグのパーツ類を使って60EDの対物レンズを取り付けます。
 簡単に作れたのですが、ジオマの筒を今までのようにいっぱいに伸ばすと、焦点が合いません。また、筒をしまいこんでしまうとピント合わせのノブが動かなくなります(ボーグのヘリコイドでピント合わせをすればいいのですが)。そこで、ジオマの筒を真ん中で止めて、ピントノブとヘリコイドのダブルフォーカスができるようにしました。ちなみに45EDUだと、【7458】のパーツはいらないし、ジオマの筒も今まで通りのばしたままで、OKだそうです。 
 今までとあまり重さは変わらないので、どこにでも気楽に持ち運べそうです。これから、このジオマボーグで野鳥撮影をしたいと思います。

2010/12/23 18:25  [394-1]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
ボーグand超望遠の集い
ボーグand超望遠の集いをお気に入り登録
運営者:
カメラのとりこさん
設立日:
2010年6月26日
  • 注目度:

    223(お気に入り登録数:7件)

  1. 1好し!
  2. 2菊銀
  3. 3HouseSparrow
  4. 4デジカメ買い過ぎ

該当掲示板はありません

ページの先頭へ