縁側 > 本・CD・DVD > ライブ・エンターテインメント
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

「そして何も聞こえなくなった」です。タイトルを「ライブ・エンターテインメント」としました。美術、歌舞伎、クラシック・コンサートなどライブものと、映画館で観た映画の感想などを、日記風に記していこうと思います。


  • ライブ・エンターテインメントの掲示板
  • ライブ・エンターテインメントの伝言板
  • ライブ・エンターテインメントの投稿画像
ライブ・エンターテインメントの掲示板に
ライブ・エンターテインメントの掲示板に新規書き込み

Ubuntu_OSであるプログラム(名前は何でもいいですが、stoneとします)をデーモンとして走らせたいと思い、シェルスクリプトを作って、stoneと名付けて、/etc/init.d/以下に配置し、実行権を与え、update-rc.dというソフトを使って、そのリンクファイルを各/etc/rc?.d/配下に作成したのに、Ubuntu_OSを立ち上げても"stone"は走りません。

ところが、手動で
# /etc/init.d/stone start
とするとstoneは動き出します。

いろいろ調べると、多分、Ubuntu_OSの立ち上げ時、stoneは自動的にキックされたはずなのに、他の必要なプログラムがまだ働いておらず、stoneがまともに起動できなかったのではないかと?

プログラムのことは何も分からないのですが、当たれば儲けもの的に、stoneをキックしてもstoneが直ぐに反応しないように、1秒待つようにするコマンド"sleep 1s"を、シェルスクリプトstoneの中に書き込みました。1秒の根拠はありませんが、atoneの起動条件が整うのに1秒あればよいだろうと思っただけです。

do_start()
{
# Return
# 0 if daemon has been started
# 1 if daemon was already running
# 2 if daemon could not be started
sleep 1s
start-stop-daemon --start -bm --quiet --
pidfile $PIDFILE --exec $DAEMON --test &
gt; /dev/null \
|| return 1
start-stop-daemon --start -bm --quiet --
pidfile $PIDFILE --exec $DAEMON -- \
$DAEMON_ARGS \
|| return 2

これでやっと、Ubuntu_OSの立ち上げ時、stoneが自動的に動くようになりました。

試しに、# /etc/init.d/stone restart
とやると、確かに反応は1秒ほど遅くなりますので"sleep 1s"が効いているようです。

2013/2/26 14:24  [390-653]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
ライブ・エンターテインメント
ライブ・エンターテインメントをお気に入り登録
運営者:
そして何も聞こえなくなったさん
設立日:
2010年6月24日
  • 注目度:

    88(お気に入り登録数:22件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ