縁側 > パソコン > パソコンソフト > 動画編集ソフト > カノープス > EDIUS Study Room & Library
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

動画編集ソフト EDIUSに関してのノウハウやスキルの交換の場です。リンクフリーです。

・1項目1スレで、タイトルは「機能」や「問題点」を分かりやすく簡潔に
・私語・雑談歓迎。(EDIUSに限らず)お好きな話題でスレ立ててください

質問については、最初に以下の点が明確だと問題解決が早まります。
1)EDIUSバージョン
2)プロジェクト設定[HD/SD/解像度/フレームレート60i 30p 24p]
3)素材ファイルの種類[AVCHD/DV/DVD(MPEG2)/MOV/WMVや/解像度/フレームレート]
4)パソコン仕様[CPU/OS/保管HDD/BD/DVD/グラボ]
5)支援ハードウェア[HDSTORM/HDSPARK/VELXUS/FIRECODER Bluなど]
6)撮影カメラ・レコーダーなど

なお、厚揚公太さん作成のツールを利用すれば簡単に過去記事の検索が可能です。
https://edit-anything.com/edius/other_05
_edius_search.html


私語・雑談も歓迎です。お気軽に掲示板投稿してください。

  • EDIUS Study Room & Libraryの掲示板
  • EDIUS Study Room & Libraryの伝言板
  • EDIUS Study Room & Libraryの投稿画像
EDIUS Study Room & Libraryの掲示板に
EDIUS Study Room & Libraryの掲示板に新規書き込み

初めて投稿します。
EDIUS4.0からのユザーですが、シンプルにタイムライン上でカット編集を行う場合カットポイントを入れると5.0までは時間軸では前のカットが選択(色が明るくなる)されてそのまま削除出来たのですが、6.0になってからは次のカットが選択されるようになりました。
サポートにも6.0導入後すぐに指摘したら他のユザーからも指摘があり今後対応していくとの返答だったのですが、今回の6.03でも相変わらず変更がないみたいです。
私のように単純に1つの動画ファイルをカット編集する場合は時間軸に沿ってカットを入れて前の削除データーを削除出来た方が作業上サクサクと出来るのですが、6.0ではいちいちマウスで前(自動選択される)のデーターを選択しなければならず作業上は5.0の時の方がはかどってました。
一応6.03の変更履歴にもそれらしき物が無く、アップデートも掛けたのですが実際のアプリでも改善されておらず設定項目にも無さそうです。
何方かお分かりになる方がおられたら教えて下さい。

2011/7/4 15:59  [384-866]   

 suzu464さん  

そうですね私も最初は戸惑いましたが、ショートカットキー [Alt]+[←] (フォーカス選択を左へ移動)で凌いでいます。
後のカットを削除する場合はそのままでよいので痛し痒し?ですね。

2011/7/4 18:22  [384-867]   

 カボスで焼酎さん  

今晩は。

suzu464さんが書かれているとおり、
>後のカットを削除する場合はそのままでよいので痛し痒し?ですね。
前後どちらもカットすることがあるので、私は、クリックで選択していました。

[Alt]+[←] は使わせていただきます。

2011/7/4 19:30  [384-868]   

 0194さん  

私はカットの前を削除する場合はNキーを
後ろを削除する時はMキーを押していますが
カットする映像がアクテブまたはライン(VA1)
がアクテブにしておきます。

2011/7/5 04:41  [384-871]   

suzu464様、カボスで焼酎様、 0194様、貴重なご意見有り難う御座いす。
当方いまだにJD-1を使用しておりまして、お三方のご意見をご参考にさせて頂きJD-1の設定を
「Alt+C」,「N」,「Ctrl+←」に設定しましたら最初に考えていた設定に成りました。
最後の「Ctrl+←」はカットして削除後カーソルがタイムライン上の基の位置にあるため(環境はリップルモードONの状態)何時もカットの頭にカーソルを送って、そこからまた再生して次のカット点を探すためにカーソルを送っていたので、今回教えて頂いた点にプラスすることにより一度の操作で出来るようになりました。
しかし何故6.0から急にこのような仕様にしたか分かりません。
私だけかもしれませんが、カット編集する場合時間軸に沿って頭からカット点を探して作業していくと、単純に考えても不要なカットは前に有るはずですので、今回の後側がアクティブに成るメリットが分かりません。
せめて5.0までの使い勝手を変更するなら設定項目でアクティブになる側を設定できるようにしておいてほしかったです。
これは導入時にサポートにも上げて有りますので今後のバージョンアップ時に期待します。
何方か今回の仕様でのメリットがお分かりの方が居られたら教えて下さい。

suzu464様、カボスで焼酎様、 0194様、有り難う御座いました。また何かありましたら宜しくお願い致します。

2011/7/5 11:41  [384-872]   

 いし55さん  

NEO3でですが確認しました。
カット後、後ろクリップが選択されるのはいただけませんね。
仕様変更ではなくミスと思いたいですが、今後はユーザーが選べるようにするべきでしょうね。

私の場合は、まだテープ収録で分割せずテープ1本丸ごと素材にする習慣があり
そこからカット編集していくので、 レイクフィッシャーマンさん と同意見です。

最近のAVCHDカメラでは、カメラを一時停止する度ファイルを作ります。
その素材をタイムラインに並べたとき、既にカットが入った状態と同様になります。
(テープカメラの人でも、分割キャプチャーされてる人はこのかたちになるかと思います)
既にこま切れになっていると、1シーン毎に今より後ろが要らないというパターンも
出てくるのかなと、無理やりこじつけてみましたがどうでしょう。

2011/7/5 16:57  [384-874]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
EDIUS Study Room & Library
EDIUS Study Room & Libraryをお気に入り登録
運営者:
ぷりずな〜6号さん
設立日:
2010年6月19日
  • 注目度:

    2(お気に入り登録数:127件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ