縁側 > カメラ > カメラ本体 > デジタル一眼カメラ > ■もう少し■ つぶやきと交流の場
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

今年も色々あったなあ・・・・
少しは早起きになったような。7;00には布団から起き上がられる。
7;30に妻からの朝食が出され、食べてすぐに出かける事もあるし
ぼーっと、昼近くまで自宅に居る場合もあったり。

まあ、今日も楽しく仕事をしよう!! そして仲間とわいわいしながら
夜は飲む。パターン化された生活だけれど これがなくなると寂しい。

カメラやレンズは思った通りに映ってくれればそれでいいと考え、最新機種は
余り興味が湧かない。
 

  • ■もう少し■ つぶやきと交流の場の掲示板
  • ■もう少し■ つぶやきと交流の場の投稿画像
■もう少し■ つぶやきと交流の場の掲示板に
■もう少し■ つぶやきと交流の場の掲示板に新規書き込み

デジタル文化は 必ず破綻が訪れるー、

T局は、大作を制作し放映しています、描写内容は実にお粗末でリアリズムに欠けた
作品でありながらも上層部は数値が取れた浮かれ喜び「質より数値社会の顕在化」が益々加速しちゃって
ます。酷い番組がどんどん排出されて T氏は「ならばテレビなど観なきゃ良いじゃないか」  T氏はアホです。
僕たちは ウルトラマン、青春もの、刑事物、・・・  これらを観て育ち多くを学んだ。
テレビは手っ取り早い社会科の授業だった。
テレビに出てくるものに憧れ、いつかは・・・ という目標があった。 ヒーローが常に格好よかった。
そして真似しちゃっては親に怒られる  (笑)

でも最近のテレビ番組を視聴してみると、
1)リアリズムの無さ
2)時代考証の無さ
3)配役の性格分裂
4)やっつけ仕事
・・・・(あ〜) 嘆き悲しみます。「南極大陸は学生の実習作品をTBSがかけているのかな?」
「いや、日本を代表するタレント/スタッフで構成された大仕掛けな制作物件。」
 
このT局のリアリズムのなさは、探検隊を乗せた冷たい海上で座礁したとき、船員らの吐息は白くなく、暖かな
スタジオ収録を見せつけられました。吐息だけではなく、バッチリメイク、ヘアスタイル。
また時代考証もヘボです。昭和31年頃にあんな髪型があったっけ?  確か七三にバリカンだったなあ・・・  
ポマードも主流だったようなきがします。同じ30年代生まれですから。 仲のよいTBS社員とつい先日「おい、
いまやっている大作なんとかならないの?」 その答えに「これにはT局社員からも情けない・・・とかげでぼやいて
いるんです。」と、高額な予算をかけて・・・と。

デジタルは、いつでも消して使い舞わせられる収録形態だから、甘く見ちゃうんですね。制作するってことに。
そしてサラリーマン化された制作マンに上記の1〜4までを守れと言っても無理。一度足を洗いフィルムで
出直ししてほしい。日活ロマンポルノなんてものは下劣だ、最悪だ! 言われながらも改めて今観ると 
リアリズムに徹している。時代考証も配役の性格も、卓越している。
機器なんてお粗末な アリ35CBでオールアフレコ。しかし時間がなくとも秀作が多かった。

1/2

2011/12/3 10:25  [362-4032]   

T局だけではなく、A局の医療番組も酷い。かの有名な米アンブリンTVに対抗しちゃったのか、ちゃち過ぎて
ばかばかしい。報道ステーションの前座かな? と思えば楽に観られちゃうんだけれどね。
でもいずれも作品力が乏しい理由に、演出家の権威や威厳ってなくなってしまったように感じますね。
「おい、それでもプロか!」そういう昭和を代表した監督さんらのかけ声・・・ 逝ってしまったこともあり、匠の技を
持てる人間がいないのだろう。(悲

テレビやコマーシャルフィルムだけでなく、写真についても、「いまは誰でも綺麗に撮れる」時代。これを間違って
締まっているデジタルフォトグラファーが居るんです。カメラとストロボが撮った作品なのに「凄い」と
自己評価しちゃうんです。露出計の見方も知らない彼が、、、
また出来映え関わらず優秀なレタッチャーの手品にかかればステキな写真に生まれ変わりますね。だから普通に
しか撮れないプロは職をなくす
いい作品を生むためには、ぶつかり合い、喧嘩もアリだとおもう。そこで取引先がなくなっても自分流を通す力が
あれば それでいいと思う。しかしみな生活が不安だからこそ噛み付かない。
「良い子」として認められたいからだ。

ブツ撮りって言うものが写真にも映画にもあります。しかしレイアウトはスタイリストに任せた方が絶対にいい。 
日本食でもその並びの美しさは 専門の方しか理解出来ない筈だし、料理の表情もある筈。
それをデジカメもった人間が、「私にも出来ます」的な撮り方では誰しもが満足しない。まぐれで 綺麗に撮れても、
「何か違う」という結果になってしまう。もしもスタイリストが付かない突発的な仕事なら一発撮りを止めて、
後処理で専門家に尋ねながら合成した方がいい。

風景写真は銀塩なら、黙っていてもリアリズム溢れる作品が生まれるが、デジタルでの風景写真はおかしい。
どうせフォトショップで合成したり色味を変えたりするのだから、風景写真ではなくCG作品。 
先日富士山が雨で見えなかった時、スタッフが「かきわり富士山の前で撮れば良かったですね」と、

まだかきわりなら許せられるが、CG豪勢だとねえ〜〜、そうしたら「作品の下に、(一部構成あり)」表記をなぜ
しないのだろう。 (笑

さて私の得意分野というか、好きな分野のモデル撮り、、、、これは海外(2005年以前のブック)の写真から学ぶ事が
多い、ライトの位置が違う、キーライト、トップ、流し込み、ヘアー、オサエ、エフェクト・・・ これらが昨今の日本雑誌には
まったく見当たらず、ベタばかり。 立体的じゃないんです日本の若手フォトグラファーが撮る写真には。
なぜノーズライトがないのか、能面だってノーズライトをいしきするぜ。

ここで銀塩を再認識しよう。銀塩には シミや疲れ顔は御法度。「おい、アソビ過ぎじゃないか?」そんなモデルも節度ある
生活になる。消せないシミと疲れてたるんだ頬はそのままになるからだ。
こう書いていると気が付く「便利さは映像や写真には無用。もっと不便になってほしい。イソ感度320を上限」これで
あれば、デジタルフォトグラファーも喜ぶだろうし、写真もクリアーに綺麗になる筈。

アラーキー氏、篠山紀信氏、レスリー・キー氏らは銀塩時代にファンデーションの研究まで行いストロボの光にも各々の
肌質が綺麗に映るようフィルターを用意していた。ファンデだけではなく、肌質もみな学術的に勉強されていた。中でも
若手のレスリー・キー氏はこれらに加えライトつかいが上手。「参った!」
アラーキー氏も篠山氏もずば抜けており、麻布の秋山庄太郎氏も相変わらず微妙な表情を掴まえる
天才フォトグラファーであり、デジタルフォトグラファーとは棲む世界が違う。
ハイ、私の師匠も凄い力を持っています。だから港区の超高級住宅地に大きな家を持っていられる。



・・・朝方、PCから受信メールが鳴ったので開いてみたら、若手デジタルフォトグラファーからの画像。
こりゃ、ダメだ。 自分は彼にアドバイスをしました「AVの表紙を撮ってごらん。リアリズムと色気を感じないと発注者は
ダメだしを迫るよ。AVはバカにされる分野だが、並大抵では出来ず難しいよ。ニッコリ微笑ませる程度では ダメ。」 と。

PS: 其の昔、目の瞳がイマイチな時、ブツ撮りもグラスのエッジを強調するとき、フィルム乳剤面に直接修正を施した
という。
こういう作品は未だ衰えず、パワーがある。デジタルは工業用であって紙に焼くものではない。
デジタルは、D80クラスで十分。 デジタルアートは成立するが、デジタル芸術とは言わない。


デジタルは 必ず破綻する。

2/2

2011/12/3 10:26  [362-4033]   

 GasGas PROさん  

>--1)リアリズムの無さ
2)時代考証の無さ
3)配役の性格分裂
4)やっつけ仕事

firebossさん
怒り、嘆きはごもっともと感じます。
まったくキャラクターの人間が描けておりませんね。
キャラは皆どれもそれぞれに「感じ方、考え方、捉え方」にクセがあるはずであるし、クセは習慣化して人生観、生きざまになるはずですが近頃の脚本も脚本演出としてのアタリマエの掘り下げがマッタクできておりません。
時代考証などは学術的にも大切な伝承文化でアルと思うのですが、悲しいですね。
その時代の上下関係の厳しさと躾(しつけ)、対等に話せないはずの第一子と第二子の関係、男女間の対等な話し合いなど、でたらめにも程度が在ろうと思うのですが、、、、、、。
(まだ韓流作品の方が正確ですな)
リアリズムの無さはヒドイ〜。
ふつうは、そうなんだよね〜、と言う「ふつう」を知らない人たちが多すぎ。
知る努力もしないところを見ると、どうも考え方の根底には、大衆に迎合して視聴率獲得する以外のことは悪事と捉えているらしい。
過剰品質になりすぎるかな?と悩んだ時代さえ存在したのですがね。
モノを創ることに、プロジェクトのほとんどの人が燃えなくなった。
上から下、すみずみの一人に至るまで、、、燃えていた時代がありました。
仲間は少人数でも良い、、、、、燃えて生きること以外に生き甲斐が見つからない渡世です。

2011/12/5 21:41  [362-4043]   

GasGasProさん

何かに燃える人間が少なくなってきた、これは将来が不安です。
品質向上を考えるより、世渡り術を考える風潮。
失敗すれば謝れば良いと言うプロ根性の無さ。

全てが 評価だけに踊らされているように感じられます。
だから結果を急ぐあまり、品質が追いつかない。 これが現状かも
知れないです。

あ〜 『必殺照明』と『感動溢れるドラマやドキュメント』をもう一度
と願うだけです。

2011/12/6 19:09  [362-4044]   

デジタル破綻ですか...

デジタルには メリットと同時にデメリットが有る訳ですが
要は 使い方だと思います。
動画の場合、映画・ドラマのために本物と同じ予算が組める訳ではないので、所謂「騙し」のひとつだと思います。
また 広告映像で使われる「シズル感」の演出も 「騙し」のテクニックを使うことがあります。
人間の脳は、平凡な現実よりも 強調された虚構に 敏感に反応するのでしょうね。

一昨年から 年末に放映されている「坂の上の雲」のデジタル技術は、ドラマ本体の出来の良さ、
役者の演技力、製作スタッフの意気込みがあって、
デジタルが邪魔になるような作り方には感じません。
ビデオのような映像ではなく 映画のような映像に仕上げたのが 好結果になったのでしょう。
ですから、大作ほど フィルムのような映像に仕上げるべきだと思います。
デジタルだからではなく ビデオゆえ「嘘が見抜き易い」ことが失敗の元になります。
もちろん、脚本と演技・演出は 更に重要な要素です。

スチルのデジタル化は 少し違います。
やっていることは 基本的にフィルムと同じですが、データ量が多くなり、手間が増え、ギャラが減り、
自称ハイアマチュアが増大し、フォトショッパー(Photoshopに精通している人)が重用される時代です。
プロのフォトグラファーが生き難いし、サラリーマン化(日給制もある?)も懸念されます。

ただ、国家レベルでは デジタル偏重は 大問題です。
紙の資料を一切合切無くすのは たいへん危険です。
デジタルは検索に用い、アナログを保管するのが賢明だと思います。

2011/12/9 08:45  [362-4062]   

さすらいさん

アナログ、デジタルの用途わけを考えると、デジタルの方が優れものである事は言うに
及びません。既に使い方が間違っています。
私が育ってきた環境を振り返るとフィルムからビデオになった副作用を思い出して
しまうのです。消せばまた使える文化とその場で確認が、曖昧な絵作りになってきたと思われます。
現在、「楽をしながら撮れる」言うフォトグラファー(スチル、ムービー)が当たり前になり、研究やテストを
行わず、行き当たりばったりで本撮影を行いたがる・・・そんな悪い部分だけが露出されています。

明細的には・・・
1)子弟制度がなくなった
2)消して使える功罪として役者さんや商品を持ってくる方々のいい加減さが目立つ
/役者は台詞を覚えてこない→カットで割れば何とでもなるという役者中心の絵作り
/商品ボトルやネーミングなどに瑕疵がある→ペイント処理でなんとかしちゃう
3)スタッフの情熱が冷蔵庫のように冷えてしまっており、かつての作品にかける熱がない
/テーマ性や作家が訴求するポイントを論議しながら行っていたが、
→リアリズムや時代考証など常時考えていなくてはならないと教育しても、彼らは
映像や写真制作において、仕事の瞬間だけ仕事人になればいい。 
→ファイヤー、スモーク、インフェルノ、フレームなど高度な編集機器で何とでもなる時代
  その機器が、表現を肩代わりしてくれると勘違い。

>ギャラが減り、自称ハイアマチュアが増大し、フォトショッパー(Photoshopに精通している人)が
重用される時代です。<<

フォトショップは画像編集する高度なツールです。しかしこれをジッと眼を凝らして見ていると、
1990年代に登場した動画用(CF編集用機器)「ペイントボックス」や「ヘンリー」を思い出します。
コマーシャルで仕上げ段階のオンライン時、拡大して分かった商品ボトルの瑕疵や、女優さんのシミなどを
考えず、カメラポジションを変えずシュートした事に詫びを入れ「緊急処置用」として使われていました。
しかし、この修復術の優れ技が、背中中シミのある大女優さんを起用するようになり撮影後に 
必ずペイントボックスで「シミ消し」して本編集をするようになってきたのは記憶に新しいものです。
`シミがあってもあとで消せる’映像本来の使い方ではないのですが、次第に緊急用がメイン機器になって
しまいました。

撮影自体も、高価なポスプロが集客のためグロス価格を打ち出すようになって、作品の質的低下が顕著に
なってきました。
まず、オープンでは邪魔者が映らないカメラポジションから、後で部分的に消しても違和感のない
ロケ地設定になり、ライトはフラッド気味でも後処理で さも多数の照明を使っているようにさせたり、
機器に頼る制作側と 常に対立しながら仕事をしていますが、これでは映像や写真の将来はありません。
リアリズムや時代考証も 後回し。

それにダメ出しを行わなくなったのは、昭和の名演出者、プロデューサ−、撮影技師が 広告代理店に
媚びている限り 改善されるどころか墜落です。

写真も、私が撮る限りの画像は「触れないように」言ったわけですが、勝手に色味を変えたりトリミングしたり
場合に寄っては背景に自然物を合成させたリです。
写真が、瞬時に魔法をかけたように背景が変わったり、艶を作られたり、或はモデルさんの顔が整形されたりと
作品としての一発撮りの値打ちが、加速度的に衰退している現状です。

あとは、ギャラのこともあるかもですが、じっと見回していると迎合している技術者は、グンと下がってきている
ようですが、制作費全体が下がってきても人件費だけは下げないよう、いまは工夫の時です。
粗製乱造がないよう、チームで品質保持をしなくてはという時代です。

私は 気のあったクライアントからは臨機応変にデジタル、フィルムを区分けして行っていますが、
発注者に決めさせるフォトグラファーが 余りにも多い。 画家で言えば画材でしょう。それをなぜフォトグラファーが
決めれないのか? 

銀塩は 撮影時と現像そしてスキャニングに力をかければ、最上の写真になることは必至です。
日本のテレビ番組は  「相棒」を除いてほぼ感情移入出来ません。
コマーシャルフィルム、フォトとデジタルになる前と比較して、大御所も亡くなってしまったこともあり、
感動作品や「旨そう!」「いいね!」「行きたい!」 欲求が下がった事は 私も反省する側です。
欧米では、どんどん高レベルの作品が産出されていますが、リアリズムには徹底的に費用をかけていますね。
日本でリアリズムをどう考えているか、考えられないならいっそアニメでも流した方が、
良いと思いますが。

2011/12/9 11:47  [362-4063]   

デジタル情報社会の功罪?

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1
112/09/news027.html


昔は 情報網の未発達もあって 表面化しない曖昧な部分もありましたが、
今回のこの件の様に 最近は安直に使いますね、他人の情報を。

2011/12/9 13:02  [362-4065]   

IT革命され、敏速・機能面では優秀なツールでしょうが同時に副作用も多いという事を
案外知られてない感じです。

1)コミュニケーションが希薄になった。2)ネットで試写までも行える。
3)ものつくりの原点が分からない(本当は相手との呼吸)

身の回りにいる有能な人間にADで著名な大貫卓也氏がいますが、ネットを使わず電話での
コミュニケーション主義。彼には孫さんも一目置いているようですが、制作システムを見直そうと
昭和を意識し始めています。
彼だけではなくネットで相手の呼吸が見えないようでは仕事にならないと徐々に大御所らも
平成版ITから昭和時代のシステムを見直す機運になって来ています。

余談ですが、最近になって「他社が制作した写真のリテイク」をお願いされるケースがあり、
対話コミュニケーション不足によるミステイクだと思っています。

今後、二極化されるでしょう、ネット主義で写真や映像を創出する人。
そしてネットを極最小限(日時や連絡程度)にし、作品制作に入る前には昔のようにクライアントか
らしっかりしたオリエン(学習)組とに分かれるでしょう。ネットでは限度があり、
ネットでの評価より自らで確かめる・・・ そういった流れになってくるのではと。 

これらを踏まえると株式会社ロボットの社内体制は素晴らしく感じられます。


2011/12/9 14:09  [362-4066]   

 キジポッポ.さん  


 firebossさん、皆さん、こんばんは。

 今海外で8×10、4×5、PHASE ONE、5D MarkU、D3X等との比較検証がされております。

・8x10 Velvia with IQ180 ↓
 http://static.timparkin.co.uk/static/tmp
/cameratest-2/large.html


・5D MarkU vs Mamiya 7 vs D3X ↓
 http://static.timparkin.co.uk/static/tmp
/mamiya7portra160-D3X-5D2.jpg


・本スレ
 http://www.luminous-landscape.com/forum/
index.php?PHPSESSID=898e977daf2554ece543
f6e7808c5638&topic=60589.0


 私達シロートがやっても、大体これと同じような結果になると思います。

 フィルムは確かに素晴らしいのですが、その良さを生かす為にはfirebossさん達のような選りすぐりの精鋭集団が居られてこそ、の話だと感じています。

2011/12/26 20:22  [362-4135]   

fireboss さん  

2012/4/24 21:44  [362-4312]  削除

fireboss さん  

2012/4/26 17:30  [362-4322]  削除

fireboss さん  

2012/4/26 17:36  [362-4323]  削除

fireboss さん  

2012/4/26 17:39  [362-4324]  削除


この掲示板の新着スレッド

ページの先頭へ