縁側 > ホビー > 湧き上がる物欲を抑えきれない掲示板
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

湧き上がる物欲との戦いにほぼ勝利できない働く男の掲示板

  • 湧き上がる物欲を抑えきれない掲示板の掲示板
  • 湧き上がる物欲を抑えきれない掲示板の伝言板
  • 湧き上がる物欲を抑えきれない掲示板の投稿画像
湧き上がる物欲を抑えきれない掲示板の掲示板に
湧き上がる物欲を抑えきれない掲示板の掲示板に新規書き込み

2018年初頭頃〜今年の6月くらいまで
それこそ死に物狂いで働いて、晴れて無借金生活に。
その代償と言うべきか、やはりストレスの多い3年を過ごした証として身に付いた脂肪分が10キログラム。
ほんの少し時間的余裕が出来たのもあり、ダイエットに着手したのが6月22日〜だった。

これまで約半年のダイエットについて成果の方を先に言うと、
体重は3キロ減で現在69キロ、体脂肪は28%→24%に。
大した事無い…と思う方もおられると思いますが、食事制限は全くと言って良いほどしておらず、食べたいだけはきちんと食べるという方式…特に夕食を減らすのが、最近のダイエットのセオリーみたいですけど、知ったことではありません。夕食こそモリモリ食べてます。

このダイエットの方法については、一気に書くのはしんどいのでちょっとずつ書いていきます。

2021/12/19 23:09  [2392-8]   

えーと、ダイエット
方法については、サッカーのある技術習得すること
私が取り組んでいるのは、ボールを遠くに蹴り飛ばすロングキックです。

ここ数年の健康診断ではとにかく血糖値が高くなっており、糖尿病予備軍からほぼ糖尿病へランクアップしそうな勢いだったので…
体重を減らすというよりは、健康な体の維持に主眼を置き…基礎代謝の向上をさせ体質改善を狙うには…と、考えた結果

・ほぼ未経験だが挑戦し甲斐がある。
・全身の70パーセントの筋肉が下肢に集まるため、効率よく基礎代謝を上げれる
・将来的に子供が興味を持った場合、教えられる

これらの理由からサッカーが良いであろう、と。
サッカー経験は学校の授業くらいで…それでも運動神経が極端に悪い方でもないのでそこそこやれてたんですが、キーパーをやらされた際にゴールキックを遠くに飛ばすことが全く出来なかった事が、とても心残りだったのです。これは鍛錬をしないと出来る様にならない、と強く思った記憶があります。
で、飛距離という明確な指標があるロングキックはモチベーションの維持にもなるし続けられるだろう、と。
結果、半年、ほぼ毎日1時間ほどの時間を割いて楽しく続けられているので、正解であったと思っています。
体質改善には、強く実感できる変化があったので、これについても後で書きます。

2021/12/21 14:46  [2392-9]   

ロングキックの飛距離目標は50m
プロで言うと最低限…助走無しで蹴れて当たり前
アマチュアならまぁまぁ蹴れるね、といったところ

始めてから2週間…飛ばない。びっくりするほど飛ばない。
10m飛ぶか飛ばないか。
YouTubeを検索すると、ロングキックのレクチャーは山ほどヒットする
動画でフォームをイメージして、実際に蹴って体にフィードバックさせる日々が続くが、とにかく足が痛い。しばらくは足の甲やふくらはぎの痛みに耐えながらトレーニングした。トレーニングと言っても、蹴るだけですけども。
1ヶ月経過したところで、大腿四頭筋が隆起し、妻に「怪我したの??」と間違えられる。サッカー選手のような割れた大腿四頭筋ほどではないが、明らかな変化が見て取れたらしい。この頃から、足の痛みはあるもののあまり苦にならなくなった。
2ヶ月経過したところで、飛距離を正確に計測。助走をつけたキック10本中、2〜3本で35mほどを記録…あとはあっちに飛んだりこっちに飛んだりと安定感が無い。
3ヶ月目〜5ヶ月経過あたりまでは、飛距離の停滞期…35m以上の距離が出ない。フォームの改善に取り組み、距離は伸ばせないが成功率は高まった。

この間、食事量はあまり気にせず食べに食べる。体質が変わったのを実感したのは2ヶ月目あたり。
日中の倦怠感が無くなり、筋力増強の効果か、ふとした時の屈みやしゃがみ込みからの立位復帰が楽になった。
体重は全く変化せず…体脂肪だけが4%ほど下がった。筋肉は脂肪の8倍の重量があるらしいので、かなりの脂肪が筋肉に置き換わったとも考えられる。
数ヶ月ぶりに会う人から、「少し痩せたね」と言われたケースが数件あったので引き締まりはしたのだろう。

6ヶ月目に、飛距離へのアプローチにブレイクスルーが起きる。

2021/12/21 17:48  [2392-10]   

5か月目に入ったあたりで、飛距離が伸びない事に疑問を持ち始める
キックの安定感は増したが、動画の上手い選手たちのような伸びが無い。
きっと何かが違うはず…と、参考にしていた動画などを見返してみる

https://www.youtube.com/watch?v=C15pAqsn
qzg


もともと野球…とくに野村監督とそのチルドレンが好きなのもありますが
古田の方程式は、素晴らしい動画チャンネルですので、ぜひどうぞ。

で、この動画で五十嵐亮太さんが室伏広治さんとの対話で話題となったという
「一部を動かす為に全身を使う」という考え方。これです。
野球に関しては、少年〜中学まで経験していたこともありスローイングフォームについては理解しているつもりでしたが、それを手で投げるから足で蹴るに置き替えた場合、身体全体をバネとして使う動きはどうすればいいのか、そこを考えるキッカケとなった動画と言えます。

ボールの飛距離は、射出の初期スピードとバックスピンに大きく関係があるのは分かります。
ではボールの射出スピードと鋭いスピンは、蹴り足のヘッドスピードで決まると言って良い。
蹴り足のヘッドスピードを最大に上げる為には…

今までは、足を速く振る事ばかりを考えていたし、足ばかりが痛くなっていたけれども…上半身のエネルギーをボールに伝えるには…

https://www.youtube.com/watch?v=R5GwZy9A
4CQ


一番参考になったのが、この動画。実は蹴り始めた初期のほうでも見ていた動画でしたが、5か月間の経験値とそれらで得た気づきを持った状態では、違った視点で見えました。
この選手、おそらく最大で80メートル超の飛距離が出ています。
まぁ、40代半ばのオッサンとは体格も筋力も桁違いと思いますが、非常に力の抜けたリラックスしたフォームで蹴っている。それはエデルソンに限らず、上手い選手の特徴ではあるのですが、動画の解説にある「伸張反射」を利用したフォームがとても分かりやすい選手であると思います。
蹴り足と蹴り足側の肩を大きくしならせ、ボールを蹴る瞬間は肩はほとんど固定されたまま、蹴り足だけがビュッ!と振られている。

物差しをしならせビー玉を弾こうとした場合…ビー玉にヒットさせる側を引っ張ってしならせ、パッとリリースするのが一番スピードが出る。その時に物差しをしならせた指を前に押し出そうとする力を入れる必要はなく、物差しを抑えている手は、しならせている指がリリースを行った時にはブレないように固定しているはずです。


なるほど、蹴り足だけでなく上半身の筋肉を使いなおかつ脱力をする事が完全理解できた瞬間でした。
同時に、関節の柔軟性がなぜアスリートに必要なのかも。

筋肉は引きバネであり、柔軟性は引きバネのストロークとなるわけです。
エキスパンダーのバネを増やし、それを長く引き伸ばせば、戻るエネルギーも大きくなる。

これらのイメージを自分のフォームにフィードバックさせたところ、12月に入りめでたく目標の50mクリア。まだまだ、いつでもその距離が出るというわけではないのですが…
というのも、上半身の筋肉…とくに背筋に負荷がくる…というか、今はほぼ背筋で蹴っているような感覚です。いままでのフォームではほとんど使われる事が無かったため、筋肉痛と回復の繰り返しで強化されていく過渡期と言えます。半年前チャレンジ開始時に足が痛くなった時と同じような過程だと考えています。

キックだけど上半身を鍛える意味はちゃんとある事が理解できました。
これは、体重減少にも効果があるのか…

2021/12/21 21:00  [2392-11]   

でも、これ、よく考えるとゴルフの良いフォームと同じですね。やったことないですけど。
肩の軸をブレさせず、腰の開きが早くならないようにミートするまで首はボールを見ている。
たぶん、すぐに出来る気がするな!笑

2021/12/21 21:08  [2392-12]   

ロングキックダイエット6ヵ月目の頭に、健康診断があり

空腹時血糖値が、過去最高をマーク…保健師に「ほぼ糖尿病ですよ」と言われる…

それなりに運動をしていたし、体重は増えてはいないし体脂肪率は減少していたが、基礎代謝の向上に伴い、空腹の時間と食事量が増えていた為だったと思い返す。

全くと言っていいほど食事制限はしていなかったが、体の調子はダイエット開始前より良いと思えるほどだったので、病気と言われるのはなんだか悔しい。

意地でも「食事制限」する事なく、血糖値や肥満度等の数値を改善できないか考えた。



朝昼晩の食事の仕方について、今一度考えてみる…



●朝食を食べるという習慣をほぼやめる

唐突だけど、7歳の娘は朝食がほとんど食べられない。朝は食欲が出ないと言う。

これについて無理矢理「食べろ」と言えない。自分もそうだったからだ。今は出されただけモリモリ食べてしまうようになってしまったが、物心ついた頃から20代半ば過ぎるまで、朝食は食べないか、ごはん茶碗に軽く1杯とみそ汁を食べるので精一杯だった。起き抜けの朝食はまったく美味しいと感じられなかったのだ。娘も体質が似たのかもしれない。

結婚後は、妻が早起きして作ってくれる有り難い朝食を残すのは恐れ多いと思って食べていたけれど、時間が無く朝食を摂らない日の方が胃腸が軽く身体の調子が良く感じることが確かにあったのだ。

ここはひとつ思い切って、子供の頃の素直な感覚、自分の原始の体の声に素直になってみることにした。
私は、そもそも朝食は食べなくていい身体なのだ。と。

これは保健師なんかが体質などを一切考慮せず画一的に、そして偉そうに宣うお仕着せの「食事制限」では決してない。能動的に科学的に、自分の体の声に耳を澄ませて自分自身が選択をした結果である。
絶対そうである。

2021/12/23 19:59  [2392-13]   

●休憩時間のおやつと昼食はきちんと食べる

朝食をやめるとやはり10時あたりからお腹がへってくる。せんべいや軽い甘い物を摂りつつしのぎ、空腹からの極上のランチにありつく。
仕事合間のランチは量のコントロールも容易なのだが、問題となっていたのは休日、子供との昼食。子供のAM中からの食べ具合〜昼食の食べられそうな量を勘案して、なるべく残らないように与える。なおかつ自分はちょっと少なめにする。子供が残したら、食べ残しをさらう。子供が残さず、自分が物足りないようだったら追加で食べる。このへんのマネジメントをきめ細やかにする。
苦になるわけではないし量の制限ではない。無駄に食べなければいけない状況を減らす努力である。言ってみればエコ。いやぁエコだなぁ。


●夕食は好きなだけ食べる

もう我慢しない。いや…それまでも我慢してないけどな。
好きなだけ食べる。どうせ、翌日の昼までは食べないのだ。気にせずモリモリ食べる。
もともと子供の頃〜20代半ばまでそういう食べ方だったが、健康に何ら問題は無かった。



もちろん毎日朝晩のロングキック練習にくわえ、これらの食習慣を12月頭から3週間ほど続けた結果、3週間で3キログラム減量。わりと簡単だった。基礎代謝がやはり効いている気がする。
年明け春にある健康診断まで続けてみて、それまではどうなっているかは分からないけど、たぶん正解に近いサイクルではないかと思っている。
今の筋肉量からすると65キロ前後が理想的な体重ではないかと思っている。あと4キロ、継続していきたいと思います。



2021/12/24 14:01  [2392-14]   


この掲示板の新着スレッド

認定メンバーのみ投稿可
湧き上がる物欲を抑えきれない掲示板
湧き上がる物欲を抑えきれない掲示板に認定メンバー申請 湧き上がる物欲を抑えきれない掲示板をお気に入り登録
運営者:
The chef cooks herさん
設立日:
2021年12月16日
  • 注目度:

    120(お気に入り登録数:2件)

認定メンバーはいません

該当者はいません

該当掲示板はありません

ページの先頭へ