縁側 > カメラ > カメラ本体 > デジタルカメラ > X100Vと行く散歩道
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

旅を忘れた「酒と旅」では洒落にならない。
かといって、コロナウィルスが衰えていないこの時期に、世間の風に背を向けてまで旅に出る勇気もない。旅は行く方も迎える方も互いの気持ちが通わなければ楽しめない。

その日までは旅行作家、吉田友和氏の半日旅を楽しみたいが、取り敢えず、何時もの散歩道やお気に入りの場所から始めてみる。

そして、その時々の想いを綴るため、この縁側を開設させて頂いた。

  • X100Vと行く散歩道の掲示板
  • X100Vと行く散歩道の投稿画像
この掲示板は閲覧専用です(運営者のみが投稿できます)。

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


不燃ゴミに思う

1億円貯まる人、そうでない人という記事が目に留まった。今更お金を貯めようと思っている訳ではない。どんな性格の人なら貯まるのか、少し興味をそそられた。

記事によると、貯まる人の家は玄関に入ると判るという。ここが綺麗に片付いている家庭は室内も整理整頓され、余分なものは何一つ置いていない。この人たちは衝動買いもしないし、安物は買わない。良いものを長く愛用するという。

不燃物の日には、惜しげもなく不要になったものが積み上げられている。これらを出した人は「億万長者」にはなれない方々だと思うと、つい笑ってしまった。

その典型が自分自身だということを、すっかり棚に上げている。


2021/4/24 10:16  [2355-38]   

5D T1 Pro2 H1

つづき
季語について

マスクは冬の季語ならずと述べたのは、歌人の永田和宏さんである。冬の季語であった、マスクを失効させたのはコロナウイルスである。これは一時的な事象であり、この伝染病を克服さえすれば季語として復活する話である。

複雑な問題は、近年の異常気象である。二酸化炭素排出による地球温暖化の影響が、日本の美しい自然中から生まれた俳句の季語を失いかねない。

ここは南国。すっかり忘れていた桜前線も細長い日本列島を上り、道南で満開との報道を聞き、例年に比べ異常な速さに驚きを隠せない。つい最近、桜の花びらに雪の積もった映像を見た。

冗談ではなく、「雪桜」などという季語が当たり前になる日が来なければいいがと願う。
いま世界では脱酸素社会の実現に向け動きを強めているが、社会基盤を脱酸素型に転換するまでには時間を要する。

先ずは、塊より始めよ。己のカメラ遍歴に終止符を打て。

2021/4/29 13:46  [2355-39]   



咲くもよし(第一部)


桜は、「さくら」とひらがなで表現すると、青空に向かってキラキラと輝く「花びら」を想う。
「咲く」もよし、「満開」よし、「散る」もよし、と見どころ満載。

春を告げ、人々の心を浮き立たせ、心躍らせる。
北から南まで誰もがこぞって祝う、この花は日本人の心を捉えて離さない。

例年は、南から北へと桜前線は上って行くが、今年は少し違った様相を見せる。
ここは南国、まだ二分咲きと思っていると、千鳥ヶ淵では満開になったと放映された。東京が満開ならこちらは、と・・・慌てて調査に出発。

早咲きは咲いているが、主力はまだ二分咲きだ。
ほっとも胸をなで下ろした。素人予想は、今週末が見ごろとみた。


2021/3/27 21:17  [2355-23]   

酒と旅 さん  

2021/3/30 14:21  [2355-25]  削除

満開(第二部)

開花時期を見計らって行けば、県内なら満開の桜を見るのは容易い。
しかし、本州路や北国の旅はそうは行かない。

効率的に旅するにはツアーに限る。羽田まで飛行機で行き、そこからバスに乗る。
桜を見るツアーは、当たるも八卦当たらぬも八卦、満開もあれば蕾もある。旅行会社の都合もあり、これは、やむを得ない。

もう一度見たい桜は、三春の滝桜と吉野の山桜を挙げる。
滝桜は、あの老大木が精魂つき果たしたように咲いている様は、威厳を通り越し霊感さえ覚える。吉野の山桜は、あたかも一服の絵のような風情が旅情を誘う。

あれもこれも、どれも見たい、撮りたいが、今は旅を控える。
来年こそ、コロナウイルスを克服し、ふらりと旅に出よう。

旅は、「酒と旅」のモットーだ。

2021/3/30 14:30  [2355-26]   

酒と旅 さん  

2021/4/4 13:57  [2355-29]  削除

散るもよし

桜は華やかであるが故に、その宴も短い。
「散る」という言葉も、もみじの「裏を見せ表を見せ散るもみじ」と読まれたのとは対象的に惜別や哀愁と言った寂しさはない。

それどころか「桜吹雪」に代表されるように、何処までも明るく春を謳歌する、暗さなど微塵もなく逆に風流を感じる。
桜吹雪は撮れないまま、今年の桜は散った。

散る桜、残る桜も散る桜(良寛禅師)

2021/4/4 14:01  [2355-30]   

三春の滝桜 高遠城址 荘川桜 根尾の淡墨桜

上記の「裏を見せ、表を見せ散るもみじ」は、脱字。
「裏を見せ、表を見せて、散るもみじ」が正しい。

追憶

桜を求めて全国を旅した。
その土地ならではの美味しい、お酒もいただいた。

思い出の絵は、ハードディスクに大量に残っている。何処かに入っているのに、余りにも整理不足のため目的の写真は見つからない。

銀塩時代の写真はプリントのみでネガも残っていない。弘前城や角館なども。デジタルカメラになっても桜の旅は、ツアー旅行だから当たりはずれも風任せ。蕾や散った桜も数多かった。残念だが、これらも残っていない。

思い出の中に見る。

つづく

2021/4/10 09:45  [2355-33]   

醍醐の桜 円山公園 清水寺 千鳥ヶ淵

つづく

2021/4/10 09:56  [2355-34]   

上野 嵐山 中越家のしだれ桜 仁淀川町のひょうたん桜

最後の二枚は、高知県内の桜。

2021/4/10 10:04  [2355-35]   



満開の時

高知城は、慶長8年に天守閣は完成した。その優美な姿は南海道随一の名城と謳われ、当時の姿を今に伝える貴重な現存12天守閣の一つである。

天守閣の西下に梅の段があり、紅梅や白梅が咲いている。お目当ては、詰門脇にひっそりと佇むしだれ梅だ。老木には、精魂つき果たしたかのような満開の花を想定していたが、行ってみると花は三分咲き程に散り、残り香もない。

思うに、果樹は豊作と裏作を繰り返し、たわわに実った翌年は裏作になる。梅も果樹だ。裏作があっても不思議ではない。今年は、満開の時期を失したのではなく、裏作だったと思うことで自分を納得させた。

この梅園も、間もなく剪定の時期を迎える。「桜伐る馬鹿、梅伐らぬ馬鹿」と言う諺がある。桜は切ると切り口から衰弱していくが、梅は枝を伐ることにより花を咲かせよい実を付ける。そのため剪定は欠かせない。
残念だが、満開のしだれ梅は来春までお預けだ。

ついでに、この老木の樹齢を調べてみたが解らない。
梅の木の寿命は40〜100年との説が多い。現存しているもので樹齢が解っているのは伊達正宗公が、朝鮮から持ち帰った400年が最古だと聞く。

(注)1
現存12天守閣とは
建築当時から修復を繰り返しながら現在までの残っている下記の天守閣のこと。
弘前城、松本城、丸岡城、犬山城、松江城、彦根城、備中松山城、姫路城、丸亀城、松山城、宇和島城、高知城

(注)2
詰門とは
本丸と天守閣を隔てる堀切を繋ぐ門で上は詰の間、下は城門、いざ戦闘という時にはこの門が破られても天守閣には行けない構造で、梅の段にでる仕掛になってる。

2021/3/15 08:02  [2355-16]   

上記の伊達正宗は誤りです。

正しくは、伊達政宗です。

2021/3/16 12:47  [2355-18]   

もうすぐ萌黄色

落葉広葉樹は、冬の間に南国の日差しをたっぷりと浴び、やがてくる萌黄色の春を待つ。
お城の森は、その準備も整った。落葉広葉樹の多いこの森には、梅の木のようにカクカクと幾何学模

様を描くもの、楓や欅のように小さな枝を一杯に伸ばし、扇のような優雅な姿を見せてくれる木など様々である。この時期の子細な枝ぶりも大好きだ。

いずるも負けず劣らず、青空をキャンパスとして薄く墨絵を描いている。これが本来の爽やかな青空なら文句はないのだが、惜しむらくは春霞になっていることだ。

大陸からの黄砂の影響なのか、スギ花粉のためなのか定かではない。

2021/3/18 16:37  [2355-19]   

酒と旅 さん  

2021/3/31 07:29  [2355-24]  削除

さくら

高知城は桜が少ない。
酒好きの県民だが、お城で花見をしている姿を見かけたこともないし、行った記憶もない。

お城の桜といえば、弘前城を想う。華麗な桜に包囲された小さな天守閣はとても美しかった。高遠城や会津若松城など桜の名所は北国に多い。

思うに、北の人たちは厳しい冬を乗り越えた暁に、待ちに待った春が来る。故に春を告げる桜をこよなく愛し、大切に守り育てたのだろう。関東以北には、お城以外にも古木銘木や桜の名所が沢山あり、花見姿を数多く見てきた。

「酒なしで何の己が桜かな」は、酒と旅の心境でもある。

2021/3/31 07:44  [2355-27]   

新緑

爽やかな風に若葉が揺れる。
春はあけぼの。早起きすればそれなりに報われ、幻想的な写真は撮れるが、老体には無理な相談だ。

お城と歴代城主を祭る山内神社の新緑で、お茶を濁そうと不精者は考えた。
江戸期から脈々と受け継いできた四百年の森は威厳も貫禄もある。若葉が茂る萌黄色は目に優しいし、心地よい。心も和む。

目に青葉、山ほととぎす初鰹

2021/4/9 14:03  [2355-32]   



白木蓮に思うこと

白木蓮を訪ねて、市内を散策した。
目的地は、旧家の多い地域だ。旧家は屋敷も広く庭も充実しており、高木になる白木蓮が植えられている確率が高い。

何故に白木蓮か。
その昔、県内では著名な植物学の専門家に、白木蓮について興味深い話を聞いた。
彼曰く、日本には四季もあり、同じ季節でも気温は変化し花の咲く日も区々である。梅も桜も年ごとに開花時期は異なる。

しかし、不思議なことに白木蓮は、3月1日には必ず咲くと云う。
古い話で、失念していたが最近気になり、ここ2年ほど調べてみた。今日もその延長だ。

白木蓮は、例年に違わず可憐な花を咲かせ、南国の青空に映えていた。
酒席の冗談かと思っていたが、本当の話だったのだと信じることにした。

真偽の程は定かではない。いずれにせよ、春を告げる可憐な花だ。

2021/3/9 11:31  [2355-13]   

雪柳(ユキヤナギ)

この花は、何方が名付け親だろう。思うに、詩情豊かな人に違いない。
真っ白で小さな花は雪のように、しなやかな枝は柳のように、少しの風にも揺れるほど優美で美しい。命名のいわれは、風情そのままに名付けられたのだろう。

雪柳は、肥沃な土地は勿論のこと、場所を選ばず痩せ地でも育つ。おまけに低木ときている。狭い玄関先も爽やかに飾るし、公園や庭の隅でひっそりと咲いている。高い塀の上から枝垂れるさまは何処までも優美に。この花は、その場の雰囲気を壊さず溶け込んでいく資質も併せ持っている。

私も、大好きな花だ。誰からも愛される所以であろう。

2021/3/12 11:45  [2355-14]   

馬酔木とは

「あせび」が我が家にやって来たのは約40年前。日曜市で小さな株を買ってきた。春になると、庭の片隅で可愛い鈴蘭のように釣鐘状の小さな花を咲かせる。

この木は、漢名で「馬酔木」と書き、馬が葉を食べると毒性に当たり、ふらふらした足取りになることから命名されたと云う。

こんな毒性のある「あせび」を、奈良時代の人達は、葉や茎を食べない限り接触しても無害だと云うことを熟知していたのだ。万葉集にも詠われ日本庭園や家庭の庭、盆栽などに重用されて来たことからも明らかだ。

古代人の知恵には驚かされる。

2021/3/15 13:35  [2355-17]   

酒と旅 さん  

2021/3/27 21:18  [2355-21]  削除



コブシが咲いていた

植物園に行くと「旅する欄展」という文字が目に留まった。これに「酒と旅」が即座に反応した。入園すると華麗な欄たちが迎えてくれた。その昔、東京ドームで見て以来久し振りに欄展を楽しめた。ゆっくり鑑賞したかったが、時節がら密にならないように早々に温室を出た。

外は、燦燦と降り注ぐ日差しを浴び、花達は日向ぼっこを楽しんでいるようだ。花の名前を覚えるのは苦手だが、どんな花が咲いていても、ここなら心配要らない。名札が掛かっているので一枚撮っておけば済む。

散策で歩き疲れたら、柔らかな草原に腰を下ろし疲れを癒す。昼食に取り出す「おにぎりと玉子焼き」の味は格別である。

(注1)旅する欄展とは
次は、アフリカ、東南アジアから中南米へと旅をすると記されていた。


(注2)五台山
高知市の東に位置し標高146mの小さな山である。
中国の世界遺産五台山に似ているかとから命名されたという

(注3)牧野植物園
高知県が生んだ「日本植物分類学の父」と言われる牧野富太郎博士の業績を顕彰にするため開園された。
五台山の山頂にあり、自然を活かした広葉樹の森、山あり谷ありと、起伏にとんだ広大な敷に3000種類を超える植物が揃っている。熱帯植物用の大規模な温室など多彩なエリアを持ち、都会の洒落た植物園とは一線を画している

2021/2/26 14:43  [2355-7]   

酒と旅 さん  

2021/3/8 16:28  [2355-9]  削除

モネの庭

太平洋の海岸線は、砂浜から磯へと変化に富む。この美しい景色を横目に車で走ること一時間半、高知県東部にある北川村「モネの庭」マルモッタンに着いた。

光の画家クロードモネが、フランスのジヴェルニーに自ら作り、こよなく愛し画材にもなったモネの庭。これをモデルに作られたのが北川村のモネの庭だ。これは、本家本元のクロードモネ財団の指導の下に再現された本格的な庭である。

訪れたのは実に3年振りだ。お目当てのチューリップが綺麗に咲いていた。ハスの池は山間の澄んだ光による映り込みが美しい。睡蓮の咲く季節に再訪したい。

何時もの「おにぎりと卵焼き」を頬張った。

2021/4/2 13:29  [2355-28]   

オンツツジ

真っ赤なオンツツジの映像が流れた。
内原野のツツジは県内では名高い。一度訪れてみたかったので半日旅を計画した。

安芸市は、人口二万人弱の小さな市であるが、県東部の中心都市でもある。太平洋の荒波にもまれた魚は格別である。中でも「どろめ」は、絶品だ。隣町では一升入りの盃を豪快に、一気飲みで競う「どろめ祭り」が有名だ。

どろめは、鰯の稚魚で白魚である。捕れてから二時間が勝負と言われるほど鮮度を売り物とする、その道の通が好んで食する。高級料亭でも、こればかりは・・・

花より団子。支離滅裂になったので、ここらでお開きとする。

2021/4/7 16:59  [2355-31]   

シャクナゲの森

桜に限らず、今年の特徴は花の開花時期が異常に早い。石楠花も時期尚早だと思いつつ本山町の帰全公園へ向かった。手術後、高速道路を走るのは実に三年振りである。無難に高速を降りると吉野川沿いに遡って行く。蛇行した川に、クルリと囲まれた格好の小高い森が帰全山公園である。

この川は四国三郎吉野川の上流部に位置し、青石と呼ばれる緑色片岩が多く、また、源流域に近いため川の水は、どこまでも青く澄んだ清流である。その清流を見下ろす森は素晴らしい光景が広がっていた。

満開の石楠花と美しさを競うように、オンツツジが真っ赤な花を咲かせ迎えてくれた。田舎故に人出が少ないのか、あるいはコロナウイルスの影響なのか定かではない。いずれにせよ、密を心配することもなく、ゆったりと花を愛で撮影を楽しむことが出来た。

オンツツジの赤は、一段と冴え輝いていた。

2021/4/22 12:31  [2355-36]   

帰全公園は、誤りで、
正しくは、帰全山公園。

2021/4/23 11:32  [2355-37]   



愛機と行く最初の散歩道は、片側二車線のバイパス通りだ。
南国の青空が一面に広がり、ここも暖かい陽射しが注いでいる。

急速に市街地化した地帯に、ぽっんと一切れの「田んぼ」が残っている。
先日まで、「ひこばえ」が生えていたのに、いつの間にか綺麗に耕され、やがてくる早苗の植え付けを待っている。

春を待つ休耕田に、愛嬌のある墨絵を描いているのは、街路樹と冬の陽射しだ。
太陽と樹木と耕地、この異色の組み合わせが織りなすコラボは、この季節ならではのなせる技である。

つい立ち止まり微笑んだ。

(注)ひこばえとは
かって、二期作地帯であったこの地域は、八月に稲刈りが行われる。
収穫後の切り株から再生された萌芽を「ひこばえ」という。
2021/2/11 08:49 [2355-1]

2021/2/15 11:53  [2355-4]   

改修前 改修中 改修中

久万川は、市内の北部を流れている。
私の散歩区間は堤の外側が珍しく花壇となっており、四季折々に咲く花は散策を楽しむ人々の憩いの場になっている。

花壇を維持するには、多くの手間と労力を必要とするが、植栽や草取りをなど周辺の方々の愛情がなければ、行政の力だけでは成り立たない。感謝、感謝。

久し振りに尋ねてみると改修工事が行われており、川面を覆っていた芦原は跡形もなくなっていた。
風情のあった中州も白鳥や鴨など水鳥たちの楽園も。

改修後どんな姿を見せてくれるのか、人々の暮らしと自然を守ることの困難さを改めて考えさせられた。

2021/2/15 12:02  [2355-5]   

北環状線を少し北へ歩くと,あまり馴染みのない旧道へ出た。
行き交う人や車の往来もなく閑散としているが、決して露地や裏通りではない。

かつては、乗り合いバスも運行されていたと聞いているが、この通りは何故か郷愁に誘われる。
人生の過半を過ごしたあの時代、あの懐かしい昭和の香りを感じたからであろうか。

通りには珍しく小さな鳥居がいくつかあった。
その一つを尋ねてみると、決して立派とは言えない社は奇麗に清掃され神聖さと威厳を保っている。

微笑ましく思ったのは、庭の東にブランコが設置されていたからだ。
この神社がいかに子供たちに親しまれ、氏神様として地域の人々に大切に守られているかが窺える。

家族の安全を祈ってきた。

2021/2/15 12:05  [2355-6]   

いつもの散歩道

蕗の薹を、あっちこっちで見かける季節がやって来た。
フキと言えば、生家にも植えられていた。フキは、子供の頃から食膳に上っていたが、蕗の薹を食する文化はなく知る由もなかった。

登山の帰路、谷川沿いに群生しているフキに出会った。これが縁になり、一般家庭に育つフキは栽培種の水蕗。山に自生しているのが山蕗だということを知った。
また、蕗の薹は、特異な性質を持つ植物で葉(フキ)より先に地上に出て、花を咲かせることを知ったのもこの頃である。

未だに蕗の薹は、食するものの対象ではなく、観賞するものだと思っている。
春を告げる清楚な花だ。

2021/3/4 17:44  [2355-10]   

里山

山村の集落は絵になる風景だが、残念ながら里山が減少して久しい。
私の住む街にも、田舎の里山が醸し出す詫び錆びや風情は望むべくもないが、多少それらしきものは残っている。

散歩道は、川沿いの道、バイパス通り、山沿いの道とそれぞれ趣は違う。山の様子を見てみようと久し振りに山沿いの道を選んだ。

薄く萌黄色を見せ始めた広葉樹の森に、山桜と早咲きの赤みを帯びた葉桜などが点在し、明るく春らしい絵模様を描き出していた。

早くも春爛漫かな。

2021/3/26 11:08  [2355-22]   

爽やかな五月の風に吹かれ、何時もの散歩道を歩く。全身に受ける風は心地よい。

連休中の出来事として北海道で雪が降ったとの情報を聞き驚いた。北の大地は厳しい自然と向きあっているのに、南国の空は五月晴れ、青空が一杯に広がっており、雪など想像すら叶わない。

つい先月、縁側に季語について書いた。
冗談ではなく、雪桜などという新季語が生まれなければ良いがと。

これが、本当になる日が刻々と迫って来る。

2021/5/6 18:43  [2355-40]   


この掲示板は閲覧専用です(運営者のみが投稿できます)。
運営者のみ投稿可
X100Vと行く散歩道
X100Vと行く散歩道をお気に入り登録
運営者:
酒と旅さん
設立日:
2021年2月10日
  • 注目度:

    241(お気に入り登録数:2件)

タグの登録はありません

該当掲示板はありません

ページの先頭へ