縁側 > カメラ > 激動のカメラ業界
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

カメラ業界はいよいよヤバイ感じがしてきた。
幾つものメーカーが撤退することになりそう。
現状と予測をメモしてみる。

  • 激動のカメラ業界の掲示板
  • 激動のカメラ業界の投稿画像
この掲示板は閲覧専用です(運営者のみが投稿できます)。

ひろゆき氏の動画を見ていて思ったのは「この人は自分ファーストが徹底しているのかな」ということだった。他人の言動に傷付けられる、凹む、といった相談に対し、「自分はそういう凹むってのがない」という。

そういう性格、というのが最大の理由だと思うが、それ以外にも、視点が常に自分中心に動いていて、他の人に惑わされにくい、というのがあるように思う。誰しも自分が何かワクワクするようなことがあって心が高揚している時は、人に辛辣なことを言われてもあまり気にならない、という経験はあるだろう。心のフォーカスが「自分のワクワク」に向かっているからだ。

この人、高校生の頃、スーパーでバイトしていた時に、パック商品をフィルムでラッピングするのに、いかにシワをよせずに綺麗に貼るか、というゲームに夢中になっていたという。そういうとこがもう、自分の興味ファーストなんだな。

2021/4/29 07:18  [2336-3435]   

可変NDフィルターというのは、円偏光フィルターを2枚重ねたものらしい。円偏光フィルターとは何ぞや?という疑問に対して、株式会社美舘イメージングさんのサイトに解説図があったので、お借りしてみる。

直線偏光版という縦に微細なスリットの入ったものに光線を通すと、縦方向の波だけが通り抜け、横方向の成分はカットされる。さらに1/4位相差板というフィルムを通すと、光の波が回転する。このフィルム、貼り付ける角度によって、光の波が右回転したり左回転したりする。その逆回転する2枚を通すと光が遮断される。2枚の相対角度を変えることで、遮断の程度を調節できる、ということらしい。

ふ〜む、わかったような、わからんような…

2021/4/29 07:40  [2336-3436]   

この1/4位相差板というのが何かについて、ファイバーラボ株式会社のサイトから解説図をお借りしてみる。

この板に使われている結晶の向きによって、光の透過が速い軸と遅い軸というのを作れる。それで光の波が単純に直進するのでなく回転すると。

2021/4/29 08:04  [2336-3437]   

カメラで使われる偏光フィルタには、1/4位相差板のない直線偏光フィルタ(PLフィルタ)と、円偏光フィルタ(C-PLフィルタ)がある。

なぜC-PLフィルタが使われるようになったかと言えば、一眼レフのミラーは、カメラ下部にあるAF機構にも光を通すために、ハーフミラーとなっている。価格コムマガジンに掲載されていた解説図をお借りしてみる。それでハーフミラーは光を一部後ろへ通す、分岐する機能があるが、直線偏光ではこの機能との干渉が起こり、AFや測光が動作不良を起こすというんだな。

C-PLであれば波動が回転しているため、その干渉が起こらないと。ということはミラーレスであればミラーがないのだから、PLフィルタでも使えるということか。

2021/4/29 08:34  [2336-3438]   

ひろゆき氏はホリエモンに絶縁宣言されたらしい。ホリエモンが作ったシャトーブリオンTシャツに「豚が牛の部位を着てんじゃねーよ」的なSNSコメントをしたとか。それはやり過ぎだな。親しい人に会った時に冗談ぽく言うならまだしも、SNSの衆人環視の中でそれ言ったら、それはケンカになるだろう。ひろゆき氏もSNS中毒で社会との関係性を見失ってるんじゃないかな。

ホリエモンは「元々、人を小馬鹿にするだけの人間だと思っていた」と切り捨てる。ひろゆき氏がニコニコ動画を追われたのも、同じように感じる人がいたんじゃないかと想像される。そういう意味では社会的に幼稚な人だとは言えるかも知れない。

だが、自分はひろゆき氏の方が親近感がある。他人を簡単に「頭悪い」とか言いたがるので、多くの人にカチンと来られて当然だが、自分は自分、他人は他人で、自分が他人より優れているとマウントする感じは受けない。ホリエモンは常に人を見下していることが感じられて、あまり真面目に聞く気にならない。

2021/4/29 09:43  [2336-3439]   

「自分が他人より優れている」というところに自分の存在意義を見出す人は、他人との位置関係にすごく敏感なんだと思う。他人にマウントされたら自分の存在意義が失われてしまうのだから。一方で、そういう感覚のない人は、冗談として通じる積りで突っ込んでしまう。それで虎の尾を踏んでしまうという構図じゃないかと。

2021/4/29 09:51  [2336-3440]   

ひろゆき氏の2ちゃんねるが何故成功したか? 広告手法が良かったのか? という疑問に対して答えていた。

広告は一切していなくてクチコミのみ。ネットのサービスは、クチコミで広がらないものは伸びないと。インフルエンサーにお金を使えば短期的には伸びるかも知れないが、サービスそのものの質が良くないと一時的なものに終わってしまう。広告にお金使うより、サービスの質向上にお金を使う方が合理的だと。

なるほどねえ。ネットとカメラのような工業製品とではまた違うのかな? カメラではブランド価値というのも大きいように感じるが。。

2021/4/29 10:03  [2336-3441]   

「ホリエさん最近、キレやすくありませんか?」なんて視聴者の質問に「年取ったからじゃないですかね」なんて、また逆撫でするようなことを…

でも、これワカルのだ。自分も年を取るとともにキレやすくなった。自分で感じるんだな。あ、あれ、オレどうしちゃったの?みたいな。脳の器質的変化だと思う。神経の繋がりが少なくなっちゃうのか何かわからんが、アレコレ考えて柔軟に反応するというより、短絡的に言葉が飛び出してしまう感じ。

2021/4/29 14:03  [2336-3442]   

NDフィルターの英語の説明書をわからんながら眺めてみる。「ND」って「Neutral Density」の略なのか。「Density」は濃さだけど「Neutral」は色付きがないという意味で付いているんだろうな。

レンジとして「2 (ND 0.6) to 8 (ND 2.4) stops」となっている。日本のND表記って、2段だとND4とか、8段だとND256とかって表記だけど、表記法が違うのかしらね。。

2021/4/29 14:36  [2336-3443]   

NDの数字を解説している人がいた。「stop」はF値の段数ですよと。ND 0.6 とか ND 2.4 とかは「光学濃度」と呼ばれるものらしい。ND 0.3 が1段とされているので、これに段数を掛ければ濃度が出る。

ND4 とか ND256 は「フィルターファクター」と呼ばれるもの。昔は照明にカラーフィルターを付ける際、その分減光するので、どの程度減光するかをこの数字で表した。モノクロの時代は光学濃度が使われていたが、カラーになってカラーフィルターを使うようになり、フィルターファクターを使うメーカーが出てきたのではないかという。

内蔵NDなんかの表示に使われる 1/4 とか 1/256 は透過率。透過率が一番分かりやすい気がするな。

2021/4/29 15:02  [2336-3444]   

NDフィルタをレンズにねじ込んでみた。ケラれを防ぐためなのか、外径は少し太くなっている。ズームや絞りを動かしてみたが、ケラれはないようだ。でもこれ、フードは付けられなくなるんだな。

2021/4/29 15:33  [2336-3445]   

YouTubeのLUMIXチャンネルに、BGH1でパナソニックのラグビーチームを撮影する、というのがあって見た。正直、絵的にはあんまり面白くなかったが、今まであやふやに理解していたことを一つ発見。

BGH1のLANケーブルって絵も当然送れるんだな。なんかその「制御用」ってのが理解できてなかった。今までだったら、電源コード、映像伝送用のSDI、PC制御用コードの3本が必要だったのが、LANケーブル1本でまかなえると。制御ったってPCに映像来ないと制御もヘチマもないんだから当たり前か。。

しかし、リモート雲台なんてあるのか。リモート雲台を操作しながら、BGH1複数台をPCでまとめて操作なんてするわけだ。

2021/4/29 18:07  [2336-3446]   

Final Cut Pro の使い方は公式マニュアル見ながらボチボチ進めていたが、ラチあかん。YouTubeで使い方動画を上げている人がたくさんいるようなので、一つ視聴してみた。

あーなるほど。自分で試行錯誤した後だから分かりやすいというのもあるが、やはり文字を追っていくより、動画で見る方が速いな。込み入った話になるとまた違うだろうが、特に初期段階で概要を掴むには動画の方が圧倒的にパフォーマンスが良い。

プロジェクト設定では8Kの設定があるのを確認。

2021/4/30 05:56  [2336-3447]   

アーチファクト ウォーターパネル サイドライト ドロップレット

FCPのエフェクトには色んな画調パターンがある。静止画のフォトスタイルみたいなもんだな。

2021/4/30 08:11  [2336-3448]   

ボケ 画像の悪いテレビ 水中 年季の入った紙


しかし、こんなの本当に使う人がいるのかねえ。。

2021/4/30 08:21  [2336-3449]   

公園でNDフィルターを試してみた。

おお!前側を回すとスーッと暗くなる。絞らないで後ろがボケた映像を撮れるし、コレはいい。やっぱり屋外の動画撮影にNDフィルターは必須だな。

2021/4/30 12:46  [2336-3450]   

フィルターの表面に何か付いていたので払おうとすると取れない! ぬわにぃもう傷付けただとぉ、テメエぶっ殺す! あ、レンズのクリーニング液で拭いたら取れた…脅かしやがって、ったく

可変NDで疑問だったのは、前玉は回るとして後玉はどう固定するんだ?という疑問だった。後玉のギザギザってテーパー状に付いていて、前玉と共回りしないように工夫されてるのね。

2021/4/30 14:27  [2336-3451]   

Final Cut Proで「マルチカムクリップ」というのをやってみる。ミュージックビデオなんかでよくあるけど、複数台で同時に撮って、映像をAカメからBカメへとか、どんどん切り替えていくもの。地道に「切っては繋げて」を繰り返しても出来るのだが、それを簡単に出来るようにしたのが「マルチカムクリップ」の機能だと。

マニュアル文章も読んではみたけど、何言ってるかよく理解できない…やっぱり動画かな、とYouTubeに上がっているチュートリアルを幾つか見てみる。これも結構差はあるな。説明の下手な人は肝心なところをアチコチ端折っちゃうので、よく分からない。注意深い人は引っかかりそうなところをちゃんと説明してくれる。

2021/5/1 10:22  [2336-3452]   

マルチカムクリップは複数の映像や音声をグループ化してくれる。その時に音声で同期してくれる機能がある。この3つの映像は公園で撮ったものだが、同時ではないので同期できないはず…でも何をどう判断したのか同期したらしい…

動画を流すと、左上の映像リストのそれぞれが同時に動くので、どれかを選択するたびに映像が切り替わり、それが下のタイムラインに蓄積されていって一本の動画になると。へえーえらい簡単に出来るんだな。これはリアルタイムではないけど、まあスイッチングってことね。

2021/5/1 10:31  [2336-3453]   

電子キーボードで曲が弾けるようになったら、TX2とG9の2台で同時に撮って、自分なりのミュージックビデオを作りたいのだ。

問題は…弾けるようになるのが遥か彼方にしか思えんのだよな…

2021/5/1 11:15  [2336-3454]   

Final Cut Proを使っているとイラッとすることが一つあった。それは動画ファイルを書き出すと、右上に一々通知が出ること。しかも、その通知は一々×印で消さないと消えてくれない。いつまでも残っている。

「通知が出ないようにする方法がないのかな?」とメニューを色々見てみるが、それらしいものを見つけられない。ネットでも検索してみるが、これというのに行き当たらず、「絶対に消せないやつなのかしら?」と訝っていると、やっと見つけた。

Macのシステム環境設定の中に「通知」という項目があり、ここで管理されているのだ。そりゃFCPのメニュー見てもわからんよなあ。。

2021/5/1 14:20  [2336-3455]   

普通に歩いてきた人の映像が途中で急にスローモーションになる、ってパターンはよく使われるが、自分でもFCPで試してみた。まず歩いてきて通り過ぎる自分を4K60Pで撮る。

このタイムラインでは映像部分を省いているが、映像の上に速度バーみたいなのを表示できるようになっている。また、クリップ自体を分割しなくても、速度バーだけを分割できるようになっている。各部分の右端の黒い棒を掴んで右左に動かすと、その部分の速度を変えられる仕組み。

あらー随分カンタンにできるんだな。ただ、これはやはり60Pで撮らないとダメなのだ。速度をどんどん遅くしていって、例えば20%にすると、12P相当になる。するとカクカクするんだな。やはり40%の24Pくらいまで持ってこないとスムースにならない。だから24Pで撮っちゃうと、そこからスローにはしようがない。

2021/5/1 14:32  [2336-3456]   

でも、こういうワザを使えるのは面白いよな。

歩いてくるワシがジョニー・デップに見える…(見えるかボケ)

2021/5/1 14:38  [2336-3457]   

YouTubeでひろゆき氏の切り抜き動画を結構見てしまったけども…モノの考え方とか参考になるとは思うんだけど…あんまり幸せそうではないよね。

考え方の多様性とか、どうでもいいんだろうな。どう突っ込まれても、自分はこう考える、で通しちゃう。他人は皆バカに見えるというのが実感なんだろうけど、それって、相手の身に立たないという意味では思考の放棄でもあって、そこからの発展がない。だから面白くないんじゃないかな。

2021/5/1 21:27  [2336-3458]   

写真を撮ってると、「ああ、なんかエエ感じや」ってのがたまにはあるわけや。人が「いいね」をつけてくれるとか関係なしに、自分が「なんかエエわあ」と思うんやな。それは自分との対話であって、人に認めてもらわんでもジワッと楽しかったりするわけやんか。

そういうのが必要なんやないんかなあ。それがあったら別に人を論破せんでもええ気がする。。

2021/5/1 21:34  [2336-3459]   

ソール・ライターは傘の入った絵柄が好きで撮り続け、助手から「また傘ですか、いい加減にしてください」と言われたそう。でも「自分は傘が好きなんだ!」と言い返したとか。

それでいいじゃん。人それぞれ感性が違うんだから、自分がいいと思った写真に「いいね」がつかないなんて、むしろ当たり前じゃないか。そういうことに惑わされないから自分との対話ができて、自分に自信とか拠り所が生まれるんじゃないか。

2021/5/1 21:58  [2336-3460]   

でもアレか、論破すべき、と思うときもあるよな。

テレビで、何とかの著書があり、何とかの専門家の人が、「コロナの感染者とか、毎日のように報道するのはおかしい、インフルエンザなんか毎年1千万人とか罹患して1万人が亡くなる、それに比べれば全然大したことじゃないじゃないか」と言っていた。ひろゆき氏はすかさず突っ込んでいたが、「それ、死亡率0.1%ですよね? 死亡率2%のコロナの方が大変じゃないという意味がわからないんだけど」と。

それに「なるほど」と思うより、「識者」という立場を利用する人が、いかに考えていないか、にショックを受ける。そういう構造を知らしめる効果はあるかなと。

2021/5/2 07:14  [2336-3461]   

YouTubeのバイオリンチャンネルの人が、お風呂でキンドル読むのが楽しみ、と言っていた。ええっ? 風呂でもいけんの? と調べると、キンドルでも上位機種には防水機能があるんだな。「風呂でも読める」を想定してると。

オレのは一番安いやつだから防水機能はないのか…まあ長風呂せんから関係ないけど…

2021/5/2 08:35  [2336-3462]   

写真文化が衰退しつつあるのではないかという自分の仮説を考えてみる。なぜ、そう思うかと言えば、街中で写真を撮っている人を見かけないから。カメラを持っている人は少なくなった。じゃあスマホを掲げて写真を撮っている人がそんなにいるかと言われたら、前ほどではない気がする。

家族や友人と撮るというのは前と変わらないと思うのだが、それ以外の写真を趣味とか芸術とかで撮って、コミュニティサイトにアップするという風潮自体が下火になっていないのかなと。

2021/5/2 08:59  [2336-3463]   

写真を撮るって、一種のガジェット趣味と結び付いていたんじゃないかというのが自分の仮説。デジタルカメラで写真を気軽に撮れるようになって、大勢の人が飛び付いて撮ってみた。写真が発明された当時、その技術をフランス政府が買い上げて公開した。それまで自分の肖像というと、絵に描いてもらうしかなかったところへ、自分で写せるとなって、薬品を扱う薬局に人が殺到し、あっという間に売り切れたという。

そこは写真自体がどうこうより、物珍しさに結び付いた一種のガジェット趣味だったんだろうと。

2021/5/2 09:05  [2336-3464]   

ところが、デバイスとしての地位がスマホへ移ってしまい、デジカメが売れなくなるとガジェット趣味としての魅力が薄れてくる。商品点数が減り、新しい機種が次々に登場する状態ではなくなる。すると、新機種、新機能を追いかけてきたガジェット趣味の人はつまらなくなり、デジカメから離れていく。デジカメで写真を撮らなくなる。

2021/5/2 09:09  [2336-3465]   

では、スマホはどうか。スマホの世界出荷統計なんかを見ていると、ここ数年は伸びが止まってしまっている。製品には急速な拡大期と、世の中に十分出回って買い替え需要しかなくなる成熟期があって、もう成熟期に入りかけているのだと思われる。

拡大期が終わると、今度は価格競争が起き、シェアの低い中小メーカーは淘汰される。新規開発が抑制され、画期的な新機種は出てこなくなる。するとガジェット興味も抑制されると。ガジェット興味が抑制されると、それに触発されて写真を撮っていた層も写真に興味を失う、という構造なんじゃないか。

2021/5/2 09:16  [2336-3466]   

価格のクチコミに常駐する人は、このガジェット趣味層だと考えられる。だからデジカメのガジェットとしての魅力が薄れてくるとツマラナクなり、どんどん消えていくと。

写真スレの人は残っているけど、これも時間の問題じゃないかな。自分も写真スレに参加してたけど、特にどうということない写真を見せ合う人って、ガジェット趣味の範疇だ。なぜ価格のクチコミかと言えば、同じガジェットを使う仲間意識に頼れるから。機種名が一切わからない状態だと、純粋に写真としての評価になってしまって敷居が高いのだと思う。

2021/5/2 09:27  [2336-3467]   

そう考えると自分は何なんだろうなあ。自分もガジェット趣味であることは間違いない。だからこそ色んな機種を取っ替え引っ替えしてきたわけだし。

でも単純にそれだけでもないな。写真で自分との対話、って作法も覚えたし、ガジェット趣味としてもホットな部分はある。デジタルカメラの機能が大きく動画へ傾いてきて、今まで知らなかった動画の世界へ首を突っ込む面白さが出てきた。

それに産業の盛衰っていつの世にもあるわけで、その動きを観察することで社会の流れを感じられるところがある。カメラメーカーは複数社が撤退するというのが自分の観測だが、そこまで見届けてやろうと思っている。

2021/5/2 09:39  [2336-3468]   

ただアレだなあ、基本ガジェット趣味だと、新製品が次々に登場しないことにはツマラナイのはワシも同じ。。

なんか面白いトピックないかなあ…と思うが、そうそうあるわけもなく。そうだ、何か初めてのことやってみるか、とビデオ会議を思い付いた。今やリモートワークでZOOMがよく使われているらしい。とは言っても、別に仕事じゃないからなあ…と探していると、Google Meetという同種のソフトがあるという。

自分のGoogleアカウントのアプリ一覧を見ると、Meetというのがあった、あった。無料で使えるのは60分までで、録画はできないらしいが、まあ別にどんなもんか使ってみたいってだけだからな。

2021/5/2 17:23  [2336-3469]   

早速立ち上げてみる。会議を開くボタンを押すと、会議コードが発行される。それを入力し、PCのカメラとマイクを使用許可すると、おお!自分の顔が写った!

会議コードを奥さんに送り、奥さんのMacBook Airでも立ち上げてもらう。奥さんが参加申請を出すと、こちらに通知が来て、承諾するとこちらに奥さん側のアカウントが表示されるが…あれ?映像が出ない。奥さん側にもこちらの映像が出ない。なんでだろーなんでだろー

奥さんの話では、NHKでGoogle Meetの使い方が解説されていたとか。ぬわにぃ他のジジババに負けてたまるか! …でもわからんな…

2021/5/2 17:32  [2336-3470]   

映像の問題だけではなく、立ち上げて1分ほどすると、接続が切れてエラー表示される。

なんかヤなパターンだ。迷宮入りの予感。。

2021/5/2 17:34  [2336-3471]   

ヘルプを読んでみると「Google Chrome を使え」と書いてある。あれ、Safari じゃダメなのかなと、自分の Pro と奥さんの Air にそれぞれ Chrome をダウンロードして、立ち上げ直してみる。

おお! 相手が写った! こんな簡単にできるのか。カンドー。絵は若干遅延があるが、まあそんなにヒドくはない。

奥さんは「…で? これどうすんの?」と。いや、離れて暮らす娘とビデオ通話できんじゃね? と言うと、「ああ、LINEの無料ビデオ通話使っとるから要らんわ」…そうですか…

2021/5/2 19:53  [2336-3472]   

それにしてもPCの内蔵カメラを使うと画質が悪いな。伝送上、解像度が限られてるんだろうけど、夜間の室内となると、高感度耐性の無さがモロに出て、見るに耐えない。

これは外付けのカメラ使いたくなるよなー

2021/5/2 20:00  [2336-3473]   

クラシックのオーケストラなんて聴きに行ったこともなく、どんな感じなんか知らんけど、YouTubeでバイオリンの人の話によると、二人一組になっていて、どっちかが譜面をめくる役になるらしい。譜面は楽団の共有物なので、年季の入ったものはボロボロなんだとか。

たまたまテレビでピアノとバイオリンのコンサートを流していたが、後ろに譜面をめくるだけの役の人が座っていた。だが見ていると一向に動かない。カメラの角度が変わって判ったのは、譜面はデッカいタブレットみたいなヤツなのだった。おそらくは譜面用に開発されたのだろう、割と大型のディスプレイ。譜面めくりの人は膝に置いたコントローラのようなものを操作している。はあー遠隔でタブレットの譜面をめくるわけか。

こういうところからも紙がなくなっていくとはねえ。。

2021/5/3 06:25  [2336-3474]   

ガジェット趣味ってなんなんだろう、とか考えてみたり。カメラなんて本当は何だっていいんだ、写真を撮ることで自分が進歩した感じが楽しいんだ、なんてことも、少しは分かった気がするが、ガジェット趣味にも似たベクトルがあるんじゃないかなと思わないでもない。

自分が今まで出来なかったことが出来るようになるのが面白いのと同じように、人類が今まで出来なかったことを新しいガジェットが提供してくれる、そういう面白さじゃないか。人類が初めて火を使い始めた頃は、暖をとったり煮炊きができる、めっちゃ便利じゃん、と原始人はワクワクしただろうし、AIがカメラに入ってウチの猫を認識して追ってくれる、めっちゃ便利じゃん、と。

自分が進化していく人間活動の流れの中にある、というのを体感できる楽しさみたいなものがあるんじゃないかな。

2021/5/3 08:31  [2336-3475]   

ひろゆき氏が英語圏サイトの管理人になったり、フランスに居住したりするのは、何か面白いことをしようとすれば叩かれる日本社会から距離を置きたい、というのがあるようだ。日本では新たな事業とかやりたくない、と動画で言っている。

EUでは5年間居住すると、長期居住者という資格が得られ、EU内の他の国へ移住したり、ビジネスを始めたりすることが出来るという。日本ではネット事業者が目を付けられて叩かれたりするけど、グーグルだアップルだになると、アメリカの会社だから見て見ぬフリをされる、自分もそういう立ち位置を得ようとする戦略的な行動なのだろう。

カズ・ヒロさんがアメリカに帰化したのも日本の風土に嫌気がさしたからみたいだしな。そうやってタコツボのような同調性に浸かっていると、世界からは取り残され、経済的にどんどん侵略されていく。シャープは外資になったが、日本の上場企業でも株の半分は外国人に保有されているという会社がほとんどだ。

2021/5/3 09:44  [2336-3476]   

ソニーの場合、2020年3月末の投資家向け公開情報で、株主の56.7%が外国人となっている。国際的に知名度のある企業は似たり寄ったりの比率だろう。キャノンも例外ではあるまい。

だから日本のタコツボ風土で権益を守っている積りでいても、大企業の経営はそれでは済まず、結局は世界標準の動きを強制されることになる。「自分はタコツボの守護神」を気取っても吹き飛ばされてしまう。個人としてもタコツボの守護神に逆らう素振りは見せないようにしつつ、できる範囲で自分の好き勝手して幸せになる、というのを考えるべきなんかなあ。。

2021/5/3 10:09  [2336-3477]   

調整前 調整後

SILKYPIXで青空の発色を良くする復習。ファインカラーコントローラで青の彩度を上げて、明度を少し下げる。

彩度を上げながらヒストグラムを見ていると、青赤緑の山が分離して重なりが少なくなる感じ。彩度が低いというのは他の色と混ざって濁っているイメージみたいだ。

2021/5/3 10:14  [2336-3478]   

野村誠一さんの動画では、サンプル動画に対する自分のクレジットなんかで、何かの効果を使っていた。単純に文字が現れて消えるのではなく、横方向に縮みながら現れて、横方向へ伸びながらフェードアウトするみたいな。なんかオシャレだな、そういう文字効果があるんだな、とは思っていた。

待てよ、野村さん、Final Cut Pro を使ってると言ってたよな。じゃあ探せば自分のにも同じやつがあるのか?と予め用意されている文字効果を片っ端から見てみる。あ、これかな…「トラッキング」という文字効果が同じような動きをする。これイイな…パクろっと…

2021/5/3 13:31  [2336-3479]   

テイスト適用前 テイスト適用後

SILKYPIXは編集内容をパターンとして保存できる。「テイスト」という項目での保存。試しに青色の彩度を上げ、明度を落とすパターンをテイスト保存してみた。

画像ごとに感じが違うんだから、テイストを単純に適用して終わり、ってことにはならないだろうが、パッと感触を確かめるという意味では有用に思われる。

2021/5/3 14:23  [2336-3480]   

調整前 調整後


TX2の背景は輪状のボケになり勝ち。SILKYPIXで「明瞭度」を下げ、ボケのざわつきが緩和されるか試してみる。

劇的な効果ではないが、緩和効果がなくはないようだ。ただ、下げ過ぎるとピントが合った所もソフトな感じになってしまう。

2021/5/3 16:19  [2336-3481]   

LUMIXのマンスリーフォトチャレンジ、5月のテーマは「鳥」ですか…鳥はもう止めて望遠レンズも売っちゃったんですけど…

でも折角だから、TX2とG9+標準ズームでツバメを追ってみようかしら。ツバメは飛ぶ時には人の直ぐそばまで来ることがあるから、チャンスがなくはないのよね。

2021/5/3 16:32  [2336-3482]   

パナソニックのIT企業巨額買収を何か唐突に感じていたが、日立も1兆円でIT企業を買収するんだとか。日本の電機産業は従来のモノ作りに行き詰まりを感じてるってことなんだろうな。コストでは中国企業に太刀打ちできないだろうし。余力がある今のうちにソフト分野で発展したグローバル企業を取り込みたいってことか。

でもなあ「他社もやってるからウチも」程度の考えだと失敗するぞ。

2021/5/3 18:02  [2336-3483]   

アカツメクサ。いま川の土手にいっぱい咲いている。目に留めることもなく通り過ぎていたが、逆光気味に見ると、結構綺麗なんだよなあ。光沢のあるピンク色。ヨーロッパ原産らしい。

TX2を使うようになるまで、こういう写りは経験したことがなかった。艶やかさが感じられる、みたいな。

2021/5/3 20:04  [2336-3484]   

そうだ…と思い出して、前に撮ったカワセミの写真をマンスリーフォトチャレンジに投稿しておいた。他の人の写真も少し見てみたが…さすが鳥バージョンだけにベテランさん本領発揮ハンパねー

2021/5/3 20:35  [2336-3485]   

「リトルターン・プロジェクト」のサイトを覗く。東京湾でのコアジサシ営巣地保全の活動をされている方たち。コアジサシは冬季をオーストラリア・ニュージーランド方面で過ごし、夏季は日本などへ渡って営巣する。今年も4月中旬には東京で姿が確認されている。

何年か通ってたコアジサシのポイントがある。去年はコロナもあって行かなかったけど、今年はちょっとだけ覗いてみようかな。望遠レンズはないが、これも割と近くまで飛んでくることがあるので、撮れるチャンスはある。

2021/5/3 20:45  [2336-3486]   

SILKYPIX SE に新しいバージョンが出ていたことに気付いてインストール。

しかしさ…バージョンアップはいいんだけど、何が新しくなったのか説明がないってどうなのよ…

2021/5/4 06:28  [2336-3487]   

「光沢感」って、やっぱり「反射」部分が必要なんじゃないかな。マンガでもテカテカ感を出すために反射部分を描くもんな。

2021/5/4 06:48  [2336-3488]   

PRONEWSのコラムを読んでいると、「ワークショップ詐欺」みたいなものがあるらしい。ワークショップは単に講義を聞く座学ではなく、講師の指導のもとに作業体験をしてみる、みたいなイメージを持っている。それで映像実習みたいなワークショップが開かれて、「こういうのに参加すれば映画に出られるんじゃないか」と勘違いした人が、地方からわざわざ上京して参加したりするらしい。

詐欺まがいの業者は「数十万円出せば本格的な学びが出来て映画にも出られる!」みたいなことを言ってお金を出させる。素人が本格的な映画に出られるはずもなく、素人動画を撮ってDVD渡されて終わり、とか。この手の人って同じようなパターンを考えるんだな。ひろゆき氏も騙され経験は若い頃に色々した方がいい、パターンを知れば「ああ、このパターンか」と見分けがつくようになる、と言ってたが同感。

2021/5/4 08:01  [2336-3489]   

今日利用した駅には結構ツバメが飛び交っていた。比較的近距離で撮れるとは言え…単に鳥だけでは絵柄が面白くないんだよな。何か考えなくては…

2021/5/4 17:02  [2336-3490]   

PRONEWSで「ふるいちやすし」という人のコラムを読む。「プチ・シネ」というショートムービー制作のススメ、みたいなコラムだ。へええと思ったのは、このコラムは2009年から始まっているということだった。

その契機になったのが、デジタル一眼で動画を撮れるようになったこと。映像の世界では映画なんかに使う本格業務機はともかく、比較的使いやすいビデオカメラでは被写界深度の浅い映像を撮ることができなかった。それが、5D MarkUやGH1などで、かなりお手軽に被写界深度の浅い映像表現ができるようになり、革命的な時代の流れを感じて、こういうコラムが誕生した、ということらしい。

少人数での映像制作が広まったのは比較的最近だと思い込んでいたが、10年以上前から潮流は始まっていたのね。

2021/5/4 17:57  [2336-3491]   

映像カメラマンのよく口にする言葉で「フレームの四隅をよく見る」なんてのを書かれていて、へえーだった。写真ではコレ、感じることがあるんだなあ。スナップではトリミングはあまりしない。撮る時に構図をそれなりに考えるからだが、「なんかピンと来ないな」とトリミングして変えることはある。

それ以外にもトリミングすることがあって、それは「隅に余計なものが写っている」場合。看板の切れ端がちょっと入っていたり、電線がちょっとかかっていたり。結局、被写体に注意が行ってしまって背景を注意深く見ていない。映像の場合はなおさら、そう簡単にトリミングするわけにも行かないだろうから、意識して注意せにゃならんと。

2021/5/4 19:30  [2336-3492]   

動画撮影でシャッタースピードを速めると何故パタパタして見えるのか、について少し違った角度からの解説もあった。例えばフレームレートが30Pである場合、10/300秒ごとに次の動きが現れるので、それまでの9/300秒の間の動きは表示されない。

その動きが表示されない間の不自然さを埋めるのがブレだと。人間の脳の処理として、ブレで動きを埋めて理解する働きがあるってことだな。

2021/5/5 07:23  [2336-3493]   

そう考えると、フレームレートが速い場合、ブレ量は少なくてもいいということになる。例えば30Pを1/30秒で撮る場合と、60Pを1/60秒で撮る場合ではブレ量は半分になっているはずだが、動きが更新されない期間も半分になっているので自然な見え方は保たれると。

2021/5/5 07:43  [2336-3494]   

孫が来たのでサッカーゲームで対決する。「スーパー・ウルトラ・ハイパー・ロングシュート!」でコテンパンに叩きのめし、大人のおそろしさを教えるはずであったが、開始50秒で自陣の一部選手が動かなくなり、一方的にやられまくる。

あのなーイキナリ壊れてんじゃねーよ…まあ700円だしソンナもんかあ…

2021/5/5 10:27  [2336-3495]   

あ、スマホで撮るとコレがあるんだよな。

2021/5/5 10:29  [2336-3496]   

子どもは何か遊びをしてもスグに飽きるんで困ったもんだ。まあ人間の本質はそんなもんかもな…

ふと思い付いて、MacBook Pro の GarageBand で、PCのキーボードを使った演奏とかって出来んのかなと探してみると、あったあった。「ミュージックタイピング」という画面を出すと、キーボードで音が出せる。色んな楽器の音を出せるのが面白い。MIDIを使ってるんだろうな。

2021/5/5 10:57  [2336-3497]   

これ、なかなか凄いなと思うのは、演奏を録音できるのだが、弾いた音を瞬時に楽譜化して見せてくれる。無論、再生もできる。孫が無茶苦茶に弾いた音も、楽譜にすると作曲らしく見えてくるから不思議だ…

2021/5/5 12:49  [2336-3498]   

作曲する人には便利だよな。作曲する人がどうやってんのか知らんけど、過去に見た映像では、ピアノを弾いて音を確かめながら、鉛筆で五線譜に書いていくイメージ。

これを使えばポロンポロン弾いては自動記譜させて、削ったり加えたりして譜面を完成させられるのだから、直感的に作曲できそうではある。

2021/5/5 13:01  [2336-3499]   

昨日は公園の木陰で暫く寝そべっていたが、隣のテントにいる家族の会話が聞くともなしに聞こえてくる。耳に留まったのは「父」という呼び名だった。

まあ家族内では「パパ」とか「お父さん」が一般的じゃないのかなあ。自分は父親のことを「お父さん」と呼んでいたし、自分は「パパ」と呼ばれていた。その、第三者に自分の父親のことを話すのに「父が」とは言うが、奥さんや子どもに呼ばれるのみならず、父親自身が「父」と自称するのは奇異な感じがせんでもない。

でもまあ、孫には自分のことを「ジジ」などと、オマエは魔女の宅急便の黒猫か!という自称を使ったりしとるからな。。

2021/5/5 13:29  [2336-3500]   

写真や動画の保存はSSDじゃなくてUSBメモリにすることにして、バックアップ用USBメモリを一つ買い足した。USBメモリは書き込みに時間がかかるのだが、そう頻繁に操作するものでもないので、そこはあんまり関係ないかなと。

USBメモリはサンディスクのものだが、最大転送速度は150Mbpsとなっている。SSDの方はロジテックのものだが、こちらは最大5Gbpsだ。てことは、このSSDはこのUSBメモリの33倍の速度で転送できることになる。

実際の体感としても差は圧倒的だ。USBメモリの方は数ギガのデータを転送する場合、暫く放っておいて別の用事をしている感じだが、SSDは見ているうちに済んでしまう。

2021/5/5 15:25  [2336-3501]   

SSDをデータ保存用の任務から解放したのは、Final Cut Proで使ってみようと思ったからだ。使っているMacBook Proは一番安い基本構成のため、ストレージは250GBとなっており、少し長い4K動画を撮ると余力をどんどん消費する。PC内にあまりデータをためないように整理すればいい話だが、そこに気を使うより、大容量SSDで作業できれば簡単だ。このロジテックSSDで240GBあるのだし。

FCPで使うにはフォーマット形式が指定されているようだが、このSSDは元々Mac用として設定されているので、そこは設定する必要がなかった。

2021/5/5 15:40  [2336-3502]   

FCPで新しいライブラリを作る際に、場所をSSD内に指定する。そのライブラリ内に編集する動画を読み込み作業する。通信が速いせいだろう、編集がもたついたりも無いし、違和感なく操作できる。使えるなコレは。

FCPでは作業するたびにライブラリを新たに作って古いライブラリを削除してしまえば、生成された関連ファイルは一括で削除されるので管理しやすい。

2021/5/5 15:51  [2336-3503]   

PRONEWSのプチ・シネコラムを引き続き読む。望遠は広角に比べて画角を切り取ってるんだから、手持ちは広角の方が揺れにくい、なんてのも言われたら「そうだよな」となるんだが、あまり頭の中で整理はしていなかった。

こういうのをハッキリさせると、応用動作に繋がってくる。引きから寄り、あるいは寄りから引き、と動く際に、ズームを使ってズームイン、ズームアウトすることが多いと。だが手持ちの場合は広角のままウォークイン、ウォークアウトした方がやはり揺れにくい。なるほどねえ。

2021/5/5 17:35  [2336-3504]   

プチ・シネにも出てて「やっぱりそうなんや」と思うたんが、「ピントってなんやねん」という話。被写界深度が、ボケが、って話があるけど、人間の目の見え方とはちゃうんやな。

人間の目って近くのものを見ている時に、水晶体はレンズやから遠くのものはボケてるけど、近くのはっきりしたものと、遠くのボケてるものを一緒に見ているわけやない。見とるのはあくまで近くのハッキリしたもんで、遠くのボケとるもんは視界に入っていても、意識的には見ていない。

だから写真のように一枚の平面に近くのハッキリも遠くのボケも同時に見る、ゆうんは有り得へん話や。

2021/5/5 21:34  [2336-3505]   

とは言っても、平面の写真が隅々までクッキリしとったら、それは風景写真のように隅々を眺め回す写真になる。それは見せたいものが風景そのもの、風景から受ける感覚なのであれば、意図に沿った写真になる。

だが、背景はあんまり関係ない、真ん中におるサルジイさんに注目してほしいわけや、となると話が違う。背景はボカして、「そこは関係ないとこでっせ、見んでもええところや」と感じてほしい。「あんたサルジイさんに注目しとったら背景に意識いきまへんやろ、そういう状態でんがな」と平面ながら「擬似的に」注目しとる感を出したい、そのために背景をボカすんやと。

だからボケること自体に価値があるんやない。見る人が「後ろに意識を引っ張られんようになる」っちゅう、その程度が肝心なんやと。

2021/5/5 21:45  [2336-3506]   

じゃあ背景はボンヤリしとったら何でもええんか、あるいはいっそ、真っ黒がええんか、真っ白がええんか、とか言われると、そんな簡単でもないやん。

おんなじハッキリせん背景でも、真っ黒や、真っ白や、色とりどりの玉ボケがキラキラしとったり、で雰囲気が違う。だから背景の色やボンヤリ具合と被写体との「響き合い」みたいなもんで雰囲気が決まる気がするんやな。

2021/5/5 21:53  [2336-3507]   

調整前 調整後

「色」も「ピント」と同じように、人間の意識の集中度合いを擬似的に感じさせるところがある。川沿いの道にたくさん咲いているこの花。紫色がなんか冴えてるなあと思って撮ったが、緑が濃くて存在感で負けている気がする。

それで全体を明るくして陰を減らすのと、緑の彩度を少し下げてみた。緑の色が薄れてしまうと枯れた草みたいで不自然だ。感覚的なものだが、そこは紫との響き合いで、出しゃばらず紫を引き立てる頃合いがあるのじゃないかと探ってみた。

2021/5/5 22:01  [2336-3508]   

DPReviewにソニーのAマウントボディがラインナップから落ちたという記事が載っていた。ソニーの英語の商品サイトだが、引用画面を見るとAマウントボディが見当たらない。4月末には消えていたらしい。日本語サイトを見ると、まだラインナップされているが、こっちも今から消えるってことなのかな。

ソニーは「Aマウントも開発していく」と過去何度も語っており、検討はしていたに違いないが、Aマウントでは小型化の特色も出せないし、技術的な優位性やアピールポイントがあるわけでもなく停滞していたところへ、ここのところの市場の更なる爆縮が撤退の決定打になったのだろう。

2021/5/6 05:52  [2336-3509]   

それにしてもメーカーのこういうやり方はツマラン。はっきりアナウンスすることをせずに、何となくラインナップから落として無かったことにしていく、みたいな。そんなコソコソせんと「今までのご愛顧ありがとう!」くらい言って堂々とせえよ。ニコン1も似たような感じで、はっきりとアナウンスされた記憶がない。

個別の商品はいつまでも販売し続けるわけじゃないんだから、いつの間にかラインナップ落ちしていても分からなくはないが、そのマウントの新製品が無くなるというのは大きいのだ。あんまりはっきりアナウンスすると、在庫の残るレンズが捌けなくなっちゃうからじゃないか、とか勘繰ったりする。

2021/5/6 06:02  [2336-3510]   

DPReviewには、サムスンのGalaxy S20という去年発売されたスマホについて、アメリカで訴訟が起こされているという記事もあった。カメラ部分の保護ガラスが勝手に割れるというもの。

実際にどの程度の割合で起こっているのか、原因が何なのかは分からないが、原告はサムスンのサポート関係者が製造方法によるものと認めた旨を主張しているという。

保護ガラスが勝手に割れるというのがよく分からないが、ガラス内の圧力を上げてあるってことなのかな? 航空機内みたいに与圧して外部からの圧力に対抗するようにしてあるが、条件が変わると膨張や収縮で保護ガラス自体が耐え切れなくなり割れるとか?

2021/5/6 06:48  [2336-3511]   

NHKの「奇跡のレッスン」で和食編を見た。ミシュラン三つ星の料亭ご主人が高校生に教えるもの。料理の技って習得期間もかかるだろうし一週間で何ができるの?と疑問に思うが、教える側はそんなちょっとした小技を教えるなんて積りはない。

この人は「考えることが料理や」ゆわはるんやな。他人の技を覚えて、その通りにやったって面白いわけない。どうやったら他人に感動してもらえるか、それを自分で考えるんやと。

この人は出汁の取り方を研究して、60度のお湯に昆布を漬けとくのが一番旨味成分を引き出せるというのを発見した。それまで200年受け継がれてきた熱湯で出汁を取るやり方は間違っていたと。そういう「常識」の間違いが分かるのが面白いんでっしゃろ?と。

2021/5/6 07:28  [2336-3512]   

「料理もそーゆー考えなんや」と思ったのは、見た目が綺麗でハッとするような料理でも、それだけで感動は与えられん。実際に食べて感動してもらうには、組み立てを考えて細かい技を積み立てんと出来やせん、相手に届きはせんのだと。

前にテレビ番組で、プロが素人を装って周囲にいる人をビックリさせる、というのがあった。その中に素人がストリートピアノを恐る恐る弾き始め、実際はプロだから途中から超速演奏で注目を浴びるというのがあった。それを見てても感じたが、あるのは「驚き」だけで別に感動はない。機械みたいに素早く弾けたからって感動はしない。

写真もそうだよ。綺麗な風景、鮮やかな色彩…ハッとはしても感動はない。

2021/5/6 07:38  [2336-3513]   

ひろゆき氏がやたら人をバカ呼ばわりするのは反発を受けるだろうし、聞いてて気持ち良いものではないが、分からんでもない。別に自分が優れています、みんな自分を敬ってください、という感じでもないと思う。要はみんな誤解してないか?と呼びかけてるんじゃないかと。

人は学校や企業で成績や能力別に選別され、ある程度同種のグループ内で活動するのが一般的な社会の仕組みだ。そこでは、他人は自分と似たような行動を取るという暗黙の了解がある。ところがネットもそうだが、社会の流動性が高まると、異種の人との接触が増える。同種グループでは相手を攻撃することに躊躇があるから、支離滅裂な人間にマウントを取られても、受け入れてしまうような錯覚がある。

時代が変わったんだと。もう極端な同質社会は存在しない。異種混合競技なんだから、支離滅裂野郎に遠慮する必要はない。目を覚ませ!ってことなんじゃないかな。私がアホ小僧呼ばわりするのも同じこと。

2021/5/6 08:43  [2336-3514]   

ひろゆき氏も言ってたけど、支離滅裂な人は能力の高いグループには入れないのよ。自分も中規模企業に入って、その後大企業に吸収されると感じたが、能力のレベルが違う。大企業は偏差値の高い大学から優秀な人材を集めている。ネームバリューで集められる。すると私みたいなのは、なかなかマトモに相手されない。

自分だけではなく、似たような事例はたくさん見たが、支離滅裂が能力高いグループに入ると特に悲惨。論理で太刀打ちできず、つまはじきされて居たたまれなくなる。仕事成果でモロに差が出る上に、誰も助けてくれないからね。それがリアルの現実だと思う。

2021/5/6 09:03  [2336-3515]   

支離滅裂でも大企業でそれなりにやっている人はいた。どうするかというと、二級市民であることを受け入れて、人に逆らわず何でも言うことを聞く、パシリをやる、みたいな立ち位置かな。支離滅裂を出すとコテンパンにやられちゃうから、それしかできない。

それはそれでいいと思うんだけど、そういう人が支離滅裂をネットで発散したからって、マトモに聞く必要はない。

2021/5/6 09:16  [2336-3516]   

普通に賢い人はアホ小僧を相手にしない。自分がなぜそこにとらわれて来たか、敏感であったかを考えると、自分自身がアホ小僧的な役回りを押し付けられて来たからなんだろうな。「こいつ支離滅裂だよなあ」と思いながら、教師であったり上司であったりする目上を刺激しないように振る舞ってきた。そういうシガラミがなくなって初めて、構造が見えてきたってことかも知れない。

2021/5/6 10:12  [2336-3517]   

こういうのも書き出してみて初めて頭が整理される。それが正しいかどうかなんて関係ない。人が正しいと言ってくれるかどうかと関係なく、自分の中のラスボスは判断を下してしまう。人に通用するかどうかは別にして、自分にとってはそれが実感となる。

2021/5/6 10:16  [2336-3518]   

PCをM1チップ搭載のMacBook Proに変えてから、G9もTX2もPC接続ができなくなった。パナに確認した結果、USB-AからUSB-Cに変換するプラグの問題で、A1621という型番のものであれば接続可能な旨、返答を受けた。

その後は放っておいたのだが、「あれ本当なのかな?」と変換プラグを買ってみた。記載の型番はA2119。アップルのサイトでは、これがA1621の後継だと書かれている。

2021/5/6 11:22  [2336-3519]   

結構高かったので、これで接続できなければショックなのだが…


おお! G9もTX2も認識する! おひさしぶり。

2021/5/6 11:27  [2336-3520]   

デジカメをPCと繋いで、ビデオ会議の外部カメラとして使うってどんな感じなのか?を試してみたい、というのもあった。そのためにはコードでPCと繋げなければ話になるまいと。

2021/5/6 12:55  [2336-3521]   

TX2の場合はコードでPCと繋いでもストレージデバイスとして認識する機能しかない。G9の方はテザーソフトで動かせるけど、あれは映像を流す用途じゃないから、別にソフトを開発したような話だった。

ビデオ会議で使う用が「LUMIX Webcam Software」というやつらしい。これをPCにインストールすれば、Google MeetでG9の映像を使えるってことかな。

2021/5/6 13:27  [2336-3522]   

あれ?違うのか。去年の6月に「LUMIX Tether for streaming(Beta)」というのが出ていて、G9をライブ配信に使えるようにはなっていた。これは元々あった「LUMIX Tether」に手を加えて配信用に使えるようにしたものと。

その後、9月に「LUMIX Webcam Software」が出た。既存プログラムの手直しじゃなく、Webカメラ化における使い勝手を良くした、ということらしい。

いずれも「ベータ版」の扱い。ベータ版は一応使えるんだけど、動作確認を全部やったわけじゃないので、動かない場合もありますよ、という意味らしい。

2021/5/6 13:46  [2336-3523]   

とは言いつつ、認識動作は確認した、という表があって、これによるとM1チップのmacOSでは Google Meet は動かないとなっている。動くのは ZOOM と OBS というやつだけか。。

これ「ライブストリーミング/会議用ソフトウエア」となっているから、ライブ配信もビデオ会議もこのソフトでいけるらしい。

2021/5/6 13:54  [2336-3524]   

ZOOMってのはオンライン会議ツールとしてよく聞く存在になった。時間制限はあるが無料で使える。ライブ配信機能もあるが、こちらは有料プランに加入しないと出来ないようだ。

OBS Studioというのは初めて聞いたが、無料のライブ配信用ソフト。

2021/5/6 14:19  [2336-3525]   

違うな。「ライブストリーミング/会議用ソフトウエア」と書いてあるのは、その種のソフトで一通り認識されるかテストしてみました、ってだけだ。

2021/5/6 17:20  [2336-3526]   

へえー価格コムは掲載カテゴリを整理するのか。なかなかに幅広い品目。カメラ関係は、フィルム、ストラップ、クリーニング用品、写真用紙など。ほとんど投稿もない状態なのだろう。利用のないカテゴリはメンテコストを削減すると。

むかぁし、価格が初めて登場した頃は消費者が情報交換できる画期的な場だったが、その頃に比べると社会全体が貧しくなり、高齢化も進み、消費が盛り上がらなくなったと感じる。価格コムの存在意義も昔ほどではなくなったってことか。

結構前から価格コムには断続的に関わって来たけど、次に店仕舞いする時が最後だな。

2021/5/6 18:01  [2336-3527]   

最終的にはここも撤退して、残り時間はブログに文章を書くのと、写真や動画をツイッターやYouTubeに上げていくのかな。見る人がいなくても自分の表現欲は満たせる。

それにしても、この縁側をブログ代わりに書くのは自分の転機になった。書くことによって自分が新しいことに挑戦したり、身の回りを整理して居心地良くするとは思っていなかった。書かないと考えない。昨日と同じ生活をして充実感もフロー体験もなく死んでいく。書くから考えが深まって先へ進める。それを実感できたのは大きい。

書くだけダイエット、というのを聞いたことがあるが、あれもそういうことなんだろうな。書くから自分の状態を客観化して見ることができる。書かなければ昨日と同じように食べて寝るだけだが、書くことによって自分をしょーもない赤の他人みたいにシビアに見る。

2021/5/7 05:18  [2336-3528]   

ひろゆき氏のYouTube動画は「これ実験なのかな」と思わされる。動画の編集はしないという。映像は必ずしも鮮明でない。ピントも合ったり合っていなかったり。彼が大体真ん中に写っていない。なぜか端の方に写り、しばしばマイクに隠れてよく見えなかったりする。

わかりやすく切り貼りしたり、文字を入れたりしない。しかも離脱しないで見てもらうには10分が限度と言われる中で1時間を超えるダラダラとした動画。性格的に面倒なことをやりたくないというのが大きいのだろうが、凝った編集を指向するユーチューバーへのアンチテーゼとして、実験として、こういうスタイルでどこまで見られるかを試しているところがあるんだろう。

2021/5/7 05:29  [2336-3529]   

切り貼り動画をアップする人がたくさんいるが、彼自身の動画も長ったらしい割に多く見られている。お金を払って質問投稿する人がたくさんいて、彼が延々と答えていく。彼が何かについて一方的に喋るのではなく、キャッチボールになっている。

彼が有名人だから? そうだろう。彼独自の鋭い見方をするから? そうだろう。どういう人なのか知る機会があり、しかも内容があるからだ。でも面白いと思わないか? 興味を惹く内容があれば体裁は関係ないのだ。どんなに凝った演出をしたって、興味を惹く内容がなければ大して見られることはない。

なんか写真もそういう気がしてくるなあ。現像にしたって写真そのもののコンセプトを変え得るものではない。写真のコンセプトをより伝わりやすくするだけで、現像手法そのものに意味があるわけではない。写真のコンセプトの方にこそ意味がある。

2021/5/7 05:47  [2336-3530]   

読まれないブログには意味がないのか?について、もう少し考えてみよう。よく言われるのは、読まれた方が収益化まで行かないとしてもモチベーションになる、というもの。これはその通りだと思う。だが読まれないから意味がないとも思わない。

一つは書くことによって自分の表現欲を満たせるという点。人間は日々様々な情報をインプットしている。それを整理してアウトプットしたい欲求があるように思われる。家族や友人と語らうのもその手段だが、ブログに書きつけるのも有用な手段だ。

もう一つの軸が自分の進化を体験できる点。新しいことをやってみて自分が新しい技術や知識を得ていく。そのワクワク感を体験できる。その過程を書くことが自分の成果を確認する、自分に対するモチベーションになる。

2021/5/7 05:58  [2336-3531]   

以前、広告を入れたブログを書いていたことがあった(と言っても殆ど読まれなかった)が、「他人のために書く」って面白くないんだよな。自分が面白い、あるいは自分「も」面白いことを書くのでないと。

2021/5/7 06:15  [2336-3532]   

たくさん書いていると、自分の文章のクセを発見したり。

例えば、自分は「も」を多用する傾向がある。普通は「Aは」と書いて、続いて「Bも」と書くのだが、自分はいきなり「Aも」と書いてしまうのだ。「その『も』は何と対比しての『も』なんだ?」という話になる。

「なんでだろう?」と考えていたが、高校生時代のある出来事に思い当たった。

2021/5/7 06:26  [2336-3533]   

何の授業だったか、もう忘れてしまったが、教室で先生に質問されたのだった。おそらくはボーっとして白昼夢に浸っていたのを見つけられたのだろう。予期していなかったので焦りまくる。頭の中で、何とか答えをまとめなくては、と必死になるが、時間だけが過ぎていく。

そのうちに口をついて出て来たのが「結局はですね…」という言葉だった。目を白黒させて黙っていた生徒が急に「結局」なんて言い出したのでクラスは大爆笑。自分としては色々考えた末に結論が見えてきたから「結局」だったが、そんな過程は言わなきゃ分かるわけない。

「も」も同じなんだな。頭の中で「Xは」を考えて、次に「Aも」となる、その「Aも」のところから書き始めてしまうから自分でも「何だそりゃ」となってしまう。謎が解けたの巻。

2021/5/7 06:43  [2336-3534]   

ひろゆき氏の「〇〇大学を出てます、というエンジニアは優秀じゃない」という視点が面白い。ちょっと聞くと「いや基礎学力があるんだから、そうも言えないんじゃないの?」と思う。でも「好きでやってるんじゃなきゃ優秀にはならない」ってんだな。

エンジニアの世界は知識がとんどん入れ替わって行くから、ある時点でちゃんと学んだにしても、その知識はどんどん古くなっていく。肩書きに頼る人はそこで学習は終了した気になってるから取り残されていく。好きでやってる人は最新事情に興味があるから付いていく。だから差が出てくると。

なるほどねえ。クチコミのアホ小僧も基本的なスペックを間違えたりする。カメラに本質的な興味はなくて、読みかじりの論点だけを使おうとするからだろう。身銭を切って色々試してみるとかしないから、身に付かないのだ。

2021/5/7 08:37  [2336-3535]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ


この掲示板の新着スレッド

運営者のみ投稿可
激動のカメラ業界
激動のカメラ業界をお気に入り登録
運営者:
風に吹かれるままにさん
設立日:
2020年10月11日
  • 注目度:

    33(お気に入り登録数:1件)

タグの登録はありません

該当掲示板はありません

ページの先頭へ