縁側 > カメラ > 激動のカメラ業界
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

カメラ業界はいよいよヤバイ感じがしてきた。
幾つものメーカーが撤退することになりそう。
現状と予測をメモしてみる。

  • 激動のカメラ業界の掲示板
  • 激動のカメラ業界の投稿画像
この掲示板は閲覧専用です(運営者のみが投稿できます)。

新興宗教の教祖かよ。
信者は自分一名。

2021/2/13 14:31  [2336-1920]   

「世界をこの眼で見ぬきたい。」(平野暁臣編)という本があって。副題が「岡本太郎と語り合う12人」で、岡本太郎記念館の館長である編者と12人の対談集。その中にCOMA-CHIさんという女性ラッパーがいて印象に残った。

女性のラッパーがほとんどいない時代にメジャーデビューを果たしたんだけど、「このままじゃ音楽が嫌いになる!情熱が死ぬ!」みたいな気分になってやめてしまう。成功したはずなのに、初の女性メジャーラッパーみたいな役割を演じなきゃならない感じになって、元々の好きで始めた原点を見失いそうになったと。

だから、そういう場からは降りて、自分なりのラッパーを続けると。写真もそれでええじゃん、て気がするのだ。人に評価された方がいい、フォトコンで入賞した方がいい、いいねを沢山もらった方がいい、のはその通りだけど、それが「目的」じゃねえだろと。

2021/2/13 14:47  [2336-1921]   

岡本太郎さんの言葉もスカッとするところがあるんだよな。世間常識にとらわれない。「法隆寺は焼けてけっこう」と書いたんだそう。法隆寺金堂は昭和24年の火災で貴重な壁画の大半が焼失してしまったそうだけど、それでけっこう、と書いちゃう意味がわかる人は限られるだろう。

自分はわかると思ってる。有名な建築だからと有り難がる人は、必ずしもその価値を分かっているわけじゃない。みんなが持ち上げるから、自分も乗っかっているだけだ。ゴッホのヒマワリのどこが良いのかわからなくても、高価な絵画だから自分も有り難がるのと同じ。カメラも同じだろ。R5が出た、凄いらしい、自分も「良いですねえ」と持ち上げる、ワッショイワッショイ…ってアホか…

2021/2/13 14:58  [2336-1922]   

電源コードはMacBook Pro用のType-C端子のものに集約することに。

Type-CからTX2のようなMicro-Bや、G9のようなMicro-B3.0への変換プラグを用意したので、なんでもこなせる。データ送信はプラグやコードの仕様によって相性があるようだが、電源関係はまず大丈夫みたいだ。

2021/2/13 15:30  [2336-1923]   

「自分の気持ち良さを探れ」ってけっこう深遠なことじゃないかと思っとるんだがな。例えば散歩する。腰に注意を入れて背筋を伸ばし、自分の体が心地良い状態を探しながら歩く。写真だってそうじゃん。何か心地良い見え方があったら撮ってみる。

過去の自分にそんなことを言っても「は? それに何の意味が?」で終わりだろう。だけどこれ、自分に気持ち良いか良くないかを聞くんだから、他人に頼らなくて済むようになるんだよな。写真を撮って、人にいいねをもらえるように、褒めてもらえるようにと考えると、いつも他人の視点から考えて撮らなくちゃいけなくなる。他人の気持ちなんてわからないんだから、合ってるのかどうか、いつも不安だ。だから「富士山を撮りゃいい」とか「カワセミを撮りゃいい」になってしまう。それが本当に面白いわけがない。

でも自分に聞くなら簡単確実。自分だって世間常識に染まっているのだから、本当の自分の気持ちはすぐには分からないかも知れないが、同じ写真を何回か見てりゃ嫌でも分かってくる。はっきりしない他人の気持ちを忖度するんじゃないから不安がない。他人に振り回されない自分に自信がついてくる。

2021/2/13 17:27  [2336-1924]   

それに、これは生活全てに適用できることだ。写真だけじゃない。歩くこと、食べること、寝ること、着ること、音楽を聴くこと、キーボードを弾くこと、カメラや写真について調べること、どんなことをとっても、自分が気持ち良いやり方と、そうでないやり方がある。

意に沿わないものは捨て、意に沿わないことは止め、気持ち良いことを出来るだけ選ぶようにする。それが出来れば自分の生活の質が上がっていくよな。COMA-CHIさんが言ったことも同じようなことだと思うし、整理術のコンマリさんが「ときめくものだけを残す」というのも同じだと思う。

それを続けられれば、人生の黄昏に少しでも自然な自分、本来の自分、楽しめる自分、味わえる自分に近付けるのではないだろうか。

2021/2/13 17:36  [2336-1925]   

マイクロフォーサーズやAPS-Cを使っている写真家さんが、パナのS5を入手したとブログに書かれていた。フルサイズについては、望遠で持ち歩くのが重くてかなわん、と暫く止めてたらしい。だが比較的軽量、手頃な価格のS5が登場して、コリメート撮影の高感度に対応させるのにいいかなと。

コリメートってなんだ? これ、非常に長焦点の物体を撮るために、カメラを天体望遠鏡に接続して撮るのだそう。どうしても暗くなっちゃうので高感度が必要になり、その点ではフルサイズに利点があると。コリメートは「平行にする」という意味があるようで、無限遠から来る平行光を捉える天体望遠鏡のイメージに繋がっているのかな。ふ〜ん、でもフルサイズボディならS5じゃなくても候補あっただろうにね。まあS5がパナにしてはちょっと話題になったから、ってことかな。

2021/2/13 18:05  [2336-1926]   

この人は、ソニーは嫌いだが、パナはまあまあ好き、以前は好きではなかったが…と書かれていた。あら、似たような人おんねや。ソニーは嫌いってほどではないが、画質のトラウマが抜けんのよね。今は良くなっとるんかも知れんけど、わざわざ試す気はないわな。

パナは自分も昔は「可もなく不可もなく」って感じやった。なんか平板で印象に残らんというか。それがTX2とかG9で「おやおや〜」と。

2021/2/13 18:54  [2336-1927]   

梅見に行ってきた。満開にはまだ少し早かったが、春がそこまで来ているのを感じられるのは良いやね。それにスマホだけでなく、カメラで写真を撮っている人がそこそこいて、なんかホッとする。

見慣れたような写真じゃ面白くないけどなあ…と見え方を探す。この梅は萼を綺麗に感じて撮ってみた。蕾の時はこの萼の色だけなのに、それがパカッと開いて、次々とピンクの花が開いてくる…身近な自然もワンダーランドよのう。

2021/2/13 19:29  [2336-1928]   

「見え方を探す」となったら、題材は何でもええよな。日陰の中でスポットライトの当たった、この名前も知らん、風に飛んでいく種でもええやん。

なんか不思議な感じがする。宇宙船で船外活動をしとる宇宙飛行士は、青い地球を下に、漆黒の宇宙空間を背に、太陽の光を浴びて浮かんどる。「見え方」から考えたら同じようなことやないやろか。

2021/2/14 05:45  [2336-1929]   

パナソニックの特許出願2019-129304を読んでみる。カメラとスマホの接続についてやな。

リモート撮影時に、カメラのライブビューがスマホに送られて、スマホで見ることができる。スマホでシャッターを切った際、スマホへのライブビュー送信が途切れるため、スマホでのブラックアウト時間が発生する。それを解消しようとするもの。

一つのやり方としては、ライブビュー画像はそのままスマホに表示し続けて、撮影画像に近いタイミングのライブビュー画像を参照としてサムネイル表示するもの。カメラ側ではImF-nのライブビューと、撮影画像Im1が記録されるが、スマホにはライブビューのみ送信される。ただし、Im1に近いタイミングのライブビュー画像を抜き出してサムネイル画像を作り、それをスマホの305bに「これに近いんが撮れてます」と表示する。

それを確認しようと305bを選択すると、カメラからIm1を受け取って305aに表示させる。これで撮影時にライブビューが途切れないと。

2021/2/14 08:44  [2336-1930]   

TX2とImage Appを繋いで、表示を確認してみた。

まず、ブラックアウトはカメラ単体でもあるし、スマホでリモートしても同じ。スマホ画面では特許に記載されているようなサムネイル表示部がない。撮影画像は別画面で確認するようになっている。

カメラ側でオートレビューを有効にすると、スマホでも同じ表示になる。カメラのモニター表示をそのままスマホに送信しとる感じやな。

2021/2/14 08:55  [2336-1931]   

次に、G9とLUMIX Syncを繋いで、表示を確認してみる。

カメラ側、スマホ側とも、撮影時にブラックアウトが発生するのは変わらんなあ。ただ撮影すると、特許出願と同じように、左下にサムネイルが現れた! やっぱりジイちゃんが残した宝の地図は本物やったんや…(なんのハナシや)

してみると、この出願はLUMIX Syncを開発した際の仕様の一部なんやろうな。G9は、このソフトに対しては限定対応だから、完全には仕様通りになっていないってことなのかも。

2021/2/14 09:02  [2336-1932]   

LUMIXサイトのQ&Aでも、この件について記載がある。

Q:撮影時に表示されるプレビュー画像が実際に保存されている画像と異なる

A:スマートフォンアプリのプレビュー画像はライブビューの画像を一時的に表示しているため、必ずしも実際の画像とはならない場合があります。実際に保存された画像の確認はプレビュー画像をタップしてからご確認いただけます。


やっぱりこの出願通りの仕様なわけね。でも、これだけ読んでも何故そうしてるのかは分からんわな。

2021/2/14 09:27  [2336-1933]   

LUMIX Syncの説明を読んでいると「オーバーレイ撮影」があった。ええっ!あれ出来んの?

オーバーレイ撮影は別に撮った画像を透過画像として表示してくれるもので、同じような位置関係の写真を撮れる。商品撮影なんかでは見た目の感じを揃えることが出来るので便利らしい。S1なんかにはこの機能があったんだよな。S1の製品サイトから紹介画像をお借りしてみる。

ジ、G9でも出来るのか?とLUMIX Syncを繋げてみるのだが、そういうメニューはないのだった。って当たり前か。カメラにない機能をリモートで出来るわけない。カメラごとに、可能な機能だけメニュー表示するようになってるんだろうな。

2021/2/14 09:56  [2336-1934]   

ブラックアウトが何故あるか、について自分なりの理解を整理しておこう。前に調べて正直よーわからんとこあるんだけど、頭の中がいつまでもモヤモヤしたままってのもな。暫定理解でいいや。

ミラーレスの場合、センサーは常時オープンになっている。だからセンサーは常に像を捉えていて、それがライブビュー、現在の映像としてモニターに表示される。ところがメカシャッターで撮る場合は、まずセンサー前を閉じなければならない。1回閉じてから、シャッタースピードに見合った時間だけシャッターをオープンする。

撮像のためのシャッターオープン時間は、幕を開け、また幕を閉じる、その間隔で調整される。そっからまた幕を開けてライブビューに戻ると。つまり閉じたり開けたりを2回ずつやらにゃならんと。

2021/2/14 13:14  [2336-1935]   

ええっ? ホンマかいな? でも考えたらそうなるよな。

@開いてる幕を一旦閉じる。
Aシャッタースピード分だけ幕を開けて閉じる。
B幕を開けてライブビューに戻る。

G9のフラッシュ同調速度は1/250秒以下。ということは、幕が端から端まで動くのにそれ位かかるということだ。Aで速いシャッタースピードなら先幕のすぐ後ろを後幕が追う形にはなるが、全体では幕速の3〜4回分がかかることになる。1/60〜1/80秒位はその動作にかかってしまって、その間はライブビューが途絶えると。

2021/2/14 13:23  [2336-1936]   

待てよ、シャッタースピードが速くなるとAの時間が短縮される分、ブラックアウトが短くなるということか。TX2とG9の中速連写でテストしてみる。絞りで同程度の露出になるように調整して、シャッタースピードを速めたり遅くしたりしてみる。

おお! シャッタースピードを速めた方が明らかに連写が速い。ということはブラックアウトも短いってことやな。ワシは間違ってはおらなんだ。やはり地球が回っとったんや…(だから何のハナシやて)

2021/2/14 14:06  [2336-1937]   

ここは電子シャッターでも事情は変わらんようや。電子シャッターも幕動作はあるわけやからな。

すると疑問になってくるんは、電子シャッターを使っている動画では、なんでブラックアウトを感じないか、ゆうことやな。ここもよーわかってないけど、動画のモニターって、あれ、ライブビューじゃないんじゃないかな。撮像した映像を流してるだけなんじゃないかと。

というのは、G9の電子シャッター連写はブラックアウトフリーということになっているが、あれも前調べた時にそういう話だったと記憶する。ライブビューとの切替なんかしてない、撮像した映像を流してるだけで、その分、ライブビューよりはワンテンポ遅れているはずだが、秒20コマとかになると、その程度の差は感知できんと。

2021/2/14 14:14  [2336-1938]   

するとまた、疑問がグルグルするが、あの特許出願では撮像動作でライブビューを途切らさんようにする、ゆうてたけど、そんなこと不可能やん、という話になってくる。

う〜ん、ブラックアウトはどの道発生するんやけど、リモートの場合、撮影画像のサムネイルを作成して表示となると、そこの時間がかかるから、ライブビューのサムネイルで代用して、少しでも時間短縮を図った、ゆうことかなあ。。

2021/2/14 14:22  [2336-1939]   

もう一回、特許出願を読んでみる。ああ、やっぱりライブビューを途切らさんとは書いてないな。撮像した画像をスマホに送信した後に、ライブビュー送信を再開する仕様やと、撮像画像送信に若干時間がかかってまう。その間、ライブビューが中断して、続けて撮像動作をしたい場合に支障が出る。だからライブビュー画像で代替しとくと。

これでやっと繋がった…(って最初からちゃんと読めやアホンダラ)

2021/2/14 14:32  [2336-1940]   

日本カメラ博物館で「デジタルカメラ1981-2021 進化と発展の40年」という展示をやってるらしいが、その図録を取り寄せてみた。ワシ、写真を撮り始めて10年にもならんから、昔の機種なんか一切知らんのね。そういうヤツが見たら、まあ新鮮ではあるよな。

しかし、半分以上は機種の発売リストを小さい文字でコチョコチョ書いてある。こんなんジイさん読まれへん。ルーペが要るがな。

2021/2/14 17:19  [2336-1941]   

へええ、と思ったのは、例えば東芝の「アレグレット PDR-2」ってヤツ。1997年発売、33万画素。東芝のプレスリリースから画像をお借りしてみる。

東芝がデジカメなんか作ってたんだ、というのもあるが、自社開発のCMOSを投入している。液晶モニターも省く省電力設計、電池1本で500枚以上撮影できたとか。イメージセンサーは元々CCDが使われていたが、CMOSに移ってきたんは省電力の意味合いが大きかったんだな。「CCDじゃ枚数撮られへん」と。

2021/2/14 17:36  [2336-1942]   

この冊子には、欧州のビデオカメラ関税について触れられている。欧州に関税で保護しないといけないようなビデオカメラ産業があったのだろうか? そんな感じがしないが、ともかく一定の関税がかけられていた。スチルカメラは対象外だったが、スチルカメラが次第に動画機能を備えるようになり、「これじゃビデオカメラとおんなじじゃん」てことで、30分以上の連続録画可能な機種はビデオカメラとして関税がかかることになった。

しかし、2019年2月1日に「日EU経済連携協定」が発効して、ビデオカメラに対する関税は撤廃された。状況はどんどん変わっておると。

2021/2/14 18:52  [2336-1943]   

あと、G9にも使われている「Live MOS」センサーの意味。こういうの年数が経ってしまうと、ネット検索してもなかなかヒットしなくて、何が違うのか分からなくなってしまうんだよな。冊子によれば、従来のCMOSでは制御用配線が3本必要だったが、これを2本にして受光面積を拡大したもの。これにより高感度性能の向上と、ダイナミックレンジの拡大を図った。

これは、CMOSの構造として受光面の周囲に配線があるので、その面積を減らしたってことなんだろうな。その意味では、今は裏側に配線を回した積層型の方に優位性があることになる。

2021/2/14 19:01  [2336-1944]   

MB-N11 説明書からお借りした図

G9にはもうバッテリーグリップを付けたままにしているが、本体側のバッテリーは、このグリップを取り外さないと取り出せない。面倒くさい。他のメーカーもこんな仕様なの?とニコンのMB-N11というバッテリーグリップの仕様を見てみた。

あれま、L字型になってんだな。本体側のバッテリー蓋を外して、そこへ突っ込む仕掛け。本体側にはバッテリーがない状態で、バッテリーグリップの方へバッテリーが2個入ると。う〜ん、この方が合理的じゃね? バッテリーグリップを外したりせずにバッテリーを出し入れできる。バッテリーグリップに充電端子も付いていて、そこから充電もできる。よく出来てる。

2021/2/14 19:46  [2336-1945]   

ニコンのバッテリーグリップで良いなと思ったのは、本体への接続締め付けダイヤルの形状。説明図を拡大すると「4」で表示されている部分。これがG9のバッテリーグリップだと単純な円形状で刻みが付いているだけなのだが、ニコンの場合、菱形のような変形ダイヤルになっている。

これってさ、GODOXのFC16で「あれ?」と思ったダイヤル形状と同じ思想なんだよな。FC16のも単純な円ではなくて、4箇所大きな刻みが入っている。これが何故良いかは回してみるとわかる。大きく動かす時は、単純な円形状より、大きな刻みに指を引っ掛けて回す方が速いのだ。最後の締め付けだけ円部分を使ってキュッと締めればいい。これイイ作りだよ。

2021/2/14 20:01  [2336-1946]   

まあG9の場合、本体側のバッテリーは取り出さなくても本体充電できるというのはある。それでいいか。本体側は本体充電、グリップ側は取り出して充電器充電で。そうすればグリップを外す必要はなくなる。

あとは片方のバッテリーばかり使わないように、使用順序を代わりばんこに変えればいいんだな。だが、これがまた一々メニューで選択せねばならず、ファンクションボタンには登録できないようだ。ったくもう。マイメニューに登録しとけば選択が多少ラクかな。

2021/2/14 20:11  [2336-1947]   

バッテリーが本体に1個、グリップに1個なのと、グリップだけに2個あるのとでは、重量バランスが変わってくる。分散した方が持った感じの収まりはいいのかもな。

2021/2/15 05:07  [2336-1948]   

「flow」にエントロピーの話が出てくるとは思わなかった。このエントロピーって言葉も昔調べたことがあるが、正直何のこっちゃらよーわからん。なんか「世界は乱雑さに向かう」みたいな説明をするんだよな。熱湯の中に氷をポトンと落とす。氷はすぐにシューッと溶けて、少しぬるくなったお湯に同化してしまう。「いーや、オレは絶対にお湯なんかと同化はせえへんのじゃ」と頑張ったりはしない。熱を受け取って固体ではなくなってしまう。それがエントロピー増大の法則だと。

2021/2/15 06:10  [2336-1949]   

だから世界は放っておくと、どんどんエネルギーが拡散、平均化して活力のない方向へ向かうと。何故なんだろう。何か理由があるのかも知れんが、そういう傾向があることは争えないらしい。

そう考えると、生命体はそれに反した存在なんだな。凝集した物質として生まれ、動き、環境に改変を加える。でも生命が尽きるとエントロピー増大に従い、分解されて環境に吸収される。なんでエントロピーに反する生命が生まれたのかもわからんなあ。あの世に行ったら神様に聞いてみよう。。

2021/2/15 06:18  [2336-1950]   

「flow」では人間の精神にもエントロピーがある、ってんだな。何もコントロールされていない状態だと、次々に思考対象が変わって、同じことを何分も考えていられない。精神活動にも何か秩序を与えないと、エントロピーに反して凝縮していかない。

生命そのものが反エントロピーなんだから、無秩序に満足できない衝動も持っているんじゃないかな。だから精神に秩序を与える刺激を求める。テレビを見ることもその一つ。テレビの前に座るだけで、精神に刺激を与えられる。エントロピーの中で湧いてくる不安や抑圧を忘れていられる。

だが受動的な刺激はその場限り。人間には自分のスキルを高めていくことで得られる快感があって、それがフローだと。受動的な刺激と違って、自分の意思で精神をコントロールしている実感が得られる。環境のエントロピーに押し流される不安をいつも抱えている人間にとって、そこには生命の本質を感じられる部分があるのじゃないか。

2021/2/15 06:33  [2336-1951]   

カメラのことを色々調べてみる、ってことだって一つのスキルだよな。最初はカメラもヘチマも、何がどうなってるのかサッパリだった。仕組みがある程度わかると面白くなってくる部分はある。それが何の役に立つかは別にして、自分の精神世界で未開の地を開拓するようなものだ。

わかってくること自体に面白さがあるんだな。自分の視野が広がるというか。別にテレビを見たり、酒を飲んだりしなくても楽しい時間を過ごせるという。だから何か決めてやってみりゃいいだけなんだ。

2021/2/15 06:46  [2336-1952]   

野村誠一さんは「組写真」をやってみろと言う。2枚の写真を左右や上下に並べてみる。別に物語なんかなくたっていい。まったく関係ない2枚の写真でいい。何かを感じる組み合わせを並べてみる。

雑誌の経験から来たんだろうか。雑誌の見開きで左右に違う写真が並んでいれば組写真だからな。人間って1枚の写真を見た時に、それを一つの刺激として自分の中に何かイメージを組み立てる感じがある。それが2枚の組みになればイメージがより膨らむ。

これがいいのは、どれとどれを組み合わせるかを考えることそのものが、自分の感性との対話だからなのだろう。そこには正解なんてものはない。人に響くかどうかはわからない。でも色んな組み合わせを試してみれば、これよりはこっちがいい、と自分の感性が物を言うはずだ。

2021/2/15 07:35  [2336-1953]   

自分もカワセミの写真を組み合わせてみた。組写真というより、切り貼りというかコラージュみたいなもんだな。面倒な作業なのかな、と思っていたが、Macのプレビューを使うと、写真の上に他の写真を簡単に貼り付けられるのだった。大きさや位置も自由に調整できる。

1枚1枚ではインパクトのない写真も、組み合わせてみるとカワセミの生活誌であるかのように感じられなくもない。

2021/2/15 07:42  [2336-1954]   

バッテリーパックはリチウムイオン電池。ふと気になったのは、この電圧って各社共通なのか?ということだった。調べてみると、各社だいたい7.2Vだな。G9用のバッテリーもそう。

ただ、リチウムイオンバッテリーの標準的な出力電圧は3.7Vくらいだという。これを直列に繋げると電圧がその倍数で上がっていくと。すると、カメラのバッテリーって外見は1個だけど、内部は2つに分かれていて直列接続されているのか。

カメラの各部を動かすには7.2Vくらいあった方が動かしやすいってことなんだろう。

2021/2/15 10:37  [2336-1955]   

吉村和敏さんがブログに書いてたけど、CP+に何社か掛け持ちでトークするような写真家さんは、それだけで数百万円を稼ぎ出すと言われてるんだそう。なるほど、企業の広告マンになれば結構食っていけるってことだな。

2021/2/15 10:56  [2336-1956]   

めっちゃ雨が降っとる…カワセミなんか撮りに行かれへん…しかし幸いにも得られた退職後の時間…ボーッと過ごすのは勿体ない。ジイさんの残り時間は限られとるからのう。

ジンバルのグリップには前側にボタンが付いている。何のためのものなのか確認しとこう。説明書を読むと「トリガーボタン」と書いてある。これを押すと内部から致命的な吹き矢が発射される仕組みらしい…なわけないが、押すと「スポーツモード」になるよと書いてある。だが、さすが中国製、スポーツモードが何を意味するのかは一切書いてない。

さて困った…と試しに押してみたが、何も起きない。う〜ん…とやってるうちに気付いたが、これ、フォローの速度が速くなるのかな。普通はグリップをパンさせると、ゆっくり後追いしてカメラ部がパンするのだが、トリガーボタンを押しながらパンすると即時追従する感じだ。なるほど、それでスポーツモードか…

2021/2/15 11:27  [2336-1957]   

トリガーボタンをダブルタップすると「中央揃え」と書いてある。グリップ後ろのジョイスティックで上下左右に動かしてから、これをダブルタップすると、おお!中央位置に戻った! なるほど、これは便利だ。

さてと、大体の操作はわかった。公園に持ち出して試し撮りしてみるか…って雨じゃん…

2021/2/15 11:35  [2336-1958]   

ん? G9のバッテリーが7.2Vなのは分かったとして、チャージャーをひっくり返してみると、OUTPUTは8.4Vと書いてあるような。7.2Vの電池に8.4Vの電気を入れていいのか?

リチウムイオン電池の電圧って一定ではないみたいだ。充電直後は高いけど、使っているうちに徐々に下がっていく。電池に記載してある電圧は「公称電圧」と呼ばれるもので、残量がなくなる直前の電圧に近い。要は「これ以上は出ます」っていう最低電圧みたいなもんなんだな。ということは、充電直後は8.4Vの能力があるってことなのかも。

それはともかく、チャージャーのOUTPUT電流を上げたら充電が速くなるらしい。G9は0.85Aになっているが、S1のチャージャーは同じ8.4Vながら3.1Aあり、充電がめっちゃ速かった。

2021/2/15 13:47  [2336-1959]   

ジンバルの説明書には、スマホアプリも使えると書いてあり、ダウンロードしてみたが上手く接続しない。アプリでは動作速度を設定できたりするようだが、まあそんなシビアな使い方するわけじゃないし、要らんかな。

2021/2/15 15:18  [2336-1960]   

野村誠一さんがYouTubeを更新されてたけど、悪性リンパ腫で入院されてたのか。ステージ4で死を覚悟し、遺影も撮ったそうだけど、入院治療で思いがけず回復することができ、今は退院して、これから暫く抗がん剤治療をするのだそう。

数ヶ月で急成長したものらしい。年明けから調子が悪く、入院時には腹囲が1m近くなったとか。いやーこわいな。でも取りあえずは命拾いされたみたいで、良かった良かった…

…って自分も他人事じゃないじゃん。年取ればあちこちおかしくなってくるわけで、いつ三途の川を渡ってもおかしくない。

2021/2/15 19:58  [2336-1961]   

病院から生きて帰ることはあるまいと覚悟されただけに、夢見心地で退院されたそう。前から気になっていると言われていたライカQ2を購入してきたと言われていた。そうだよ。生きて体が動くうちに出来ることはやっとくべきだよな。自分だって「どんなんだろう?」と気になってたジンバルを買ってみたわけだし。

70万円もするQ2と2万円もしないジンバルを一緒にすな? そりゃ経済力に差があるんだからしょうがない。できる範囲で楽しめることは色々あるってもんよ。

2021/2/15 20:08  [2336-1962]   

R6を「初心者フルサイズスタンダードの新基準」と書いてた人がいたけど、30万円もする機種が初心者向けなのかね。EOS RPの間違いでは。

2021/2/15 20:46  [2336-1963]   

あ、間違えた。「初心者エントリーフルサイズスタンダードの新基準」か。なるほど…って日本語がなっとらんぞオイ。歯痛が痛い上に腹痛も痛い、みたいな。書く前にちょっとは考えろ。

2021/2/15 20:59  [2336-1964]   

そういや、バイクのツーリンググループで揃いの革ジャンを来て走る、なんてのが流行った時期があった。グループ名を英語ででっかく縫い付けてあるヤツ。バイク雑誌に「気持ちわかるけど、辞書で確認くらいしようや。綴り違ってんのイタイで」なんて投稿されてたなあ。

2021/2/15 21:05  [2336-1965]   

そういや、こないだの夜中の地震が話題になっていた。東北大震災の余震とか。え〜10年も経ってから余震って起こるもんなの…まあ人間の時間感覚とは違うってことだな。


生きてるうちに経験しそうな危機って想像したらキリがないが、比較的確度が高そうなのが3つ。

@関東大震災みたいな地震
A南海トラフ地震
B日本の財政破綻


まあ楽観的な人は「そんなん気にしとったら生きていかれへんで」ゆうけど、ワシは悲観的な人間なんで、そんなたわごとを聞く気はない。

2021/2/16 06:03  [2336-1966]   

とは言え、@とAは地震頻発国に住んどるから諦めモードやな。地震が命日になってもしゃーないかと。腹立つんはBや。断りもなしに借金積み上げやがって。

MMT理論なる「打出の小槌」理論があって、「いや大丈夫や、なんぼでも紙幣増刷すりゃええねん」と宣う経済学者がおって乗っかるヤツもおるけど、あれ、クチコミのアホ小僧の類いやからな。考えてみいや。もう国民1人当たり1千万円の借金やで。あんたソレ返せると思えまんのか?

2021/2/16 06:13  [2336-1967]   

そう言うと、「いや、それ国の借金やろ? オレが借金したわけちゃうし」とか言うヤツがいる。何を頭の中がパラダイスなことゆうとんのや。アンタが選んだ政治家が国の代表として国会で予算決めたんや。アンタの代理人が決めた借金やで。それを返すのはアンタしかおらへん。逃げられるわけないがな。

2021/2/16 06:22  [2336-1968]   

しかも、これから日本の人口は本格的に減り始める。と言うことは、一人当たりの借金の割り振りがだんだん高うなってくるわけや。


「お代官様、お待ちくだせえ。ワシこんな借金証文見たことおまへんのや。何かの間違いや」

「ええい、控えおろう。ここにお前の代理人として、政治屋助左衛門が署名しておる。逃れられはせぬぞ」

「そ、それにしても証文の額より高うなってまへんか」

「五名が連署しておるが、うち二名は身寄りなきまま亡くなった。残る三名が連帯して払うのじゃ」

「ヒエエ」


てなもんやな。

2021/2/16 06:33  [2336-1969]   

とは言ってもや、破産しましたから日本国を解散します、ってわけにはいかん。日本という国土があり、日本人がおる限りはな。じゃあ財政破綻したらどうなるの?となると、終戦後と同じようなことが起こるんやろ。

本来は国民に財産税をかけて根こそぎ金を吸い上げ、借金返済に充当するんやろうけど、それは難しかろう。強行したら政治家は選挙で勝たれへん。選挙落ちた政治家はただの人や。結局はインフレなんだろうなあ。物価が高騰しても、ぐずぐずと放っておく。インフレはモノの値段が上がってカネの価値が下がる。3万円で買えたカメラが3千万円になったらハイパーインフレ。でも借金は3千万円とか額面で決まっとるからスグ返せてしまう。札束が紙屑になると借金も紙屑になるんやな。

それで損するのは郵便局にお金を預けとったお年寄りや。これも紙屑。結局、庶民の預金を取り上げて借金返したんと同じことやけど、普通の人はそのカラクリがわからんのやな。

2021/2/16 06:49  [2336-1970]   

いつそうなるのか、は分からんけど、円安になったら兆候かもな。「日本アブナイんちゃうか」と円が売られるパターン。その時はドルを買うとか、金を買うとか、多少は個人の抵抗もしようと思っているが。

2021/2/16 06:55  [2336-1971]   

こういうのって、カラクリを考えんと、何でも言いなりになるしかない。カメラでもそうやん。R5は素晴らしいでっせ、とメーカーや御用写真家が言えば、おうむ返しの合唱や。なんも考えてへん。

そこに疑義を呈すると「明確な根拠がどこにあんのや」と突っかかってくる。知らんがな。そう思うんやったら、なんでもメーカーの言うことを鵜呑みにして、おうむマシーンになったらええわ。

2021/2/16 07:39  [2336-1972]   

チクセントミハイの「flow」でも同じようなことが語られている。例えば昔、文字のない時代は人間の記憶が情報として重要だった。吟遊詩人は物語を暗唱して後世に伝えた。その後、文字が発明され、書物が出来、PCやスマホが普及し、情報を簡単に得られるようになった。では人間の記憶は不要になったのか?

そんなことはない。記憶を積み重ねることで、人間の意識は豊かになる。そういう豊かさがない人は外部情報の言うなりになるしかないと。

2021/2/16 08:22  [2336-1973]   

それはなんでもいいから記憶ってことじゃないんだ、ってとこに共感するんだよな。なんでもいいから記憶しようとするのは人に自慢するためだ。いくら溜め込んだところで、自分の内面が活性化されるわけじゃない。クチコミにも機種ごとの些細な違いを記憶して自慢するのが沢山いるじゃないか。

そうじゃない、自分の気になること「だけ」を調べたり記憶したりするのだ。そこしかないんだから人には自慢できない。だが自分の興味が湧く分野なんだから退屈じゃない、面白いわけだ。それでいいのだと。

2021/2/16 08:26  [2336-1974]   

キャノンはEF-Mマウントを止めて、RFマウントでAPS-Cを出すという観測があるそうな。2マウントを維持するのは大変だから一本化するはずだと。

そんなことあるんかな。RFマウントで一からAPS-Cのボディやレンズを開発する方が金かかるんとちゃうの? しかもフルサイズより小さいセンサー機種は皆縮小傾向や。そこへ何となく先行投資するか? なんも考えてへん意見、って気がするけど。

意味があるとしたら、ブランドイメージの統一ってとこかな。ソニーのEマウントやニコンのZマウントは一本化されてて、購買層から見て分かりやすい。

2021/2/16 09:53  [2336-1975]   

パナソニックにもLマウントでAPS-Cを出すんじゃないか、2マウント維持は大変だから、てな観測があったが、キャノン以上にこれはないと思う。それでなくても小センサー機市場が縮小してんのに、レンズの充実したマイクロフォーサーズを捨てて、LマウントAPS-Cのボディやレンズを一から開発するか? Lマウントフルサイズのレンズすら揃ってないのに出来るわけない。

有り得るとしたら、もっと別な観点からの戦略だろうが、そんな余裕がこのさき生まれそうには思えんなあ。

2021/2/16 10:03  [2336-1976]   

老人の主張…野鳥を撮る人はこれから減るのではないか。


退職して野鳥でも撮ってみようかと高いレンズを買ったのは、10年前くらいの団塊の世代じゃあるまいか。彼らの特徴は、人数が多い、みんなで同じことをしようとする、経済的にそこそこ余裕がある人が多い、ってとこ。だから高いレンズを競って買う人たちがいて、野鳥が出没するサイトに集まると。

自分も何度か人が集まる撮影スポットに行ったことがあるが、圧倒的に多いのはジイさんだ。老後の楽しみに丁度いい、ってことだったんだろう。

2021/2/16 13:00  [2336-1977]   

ところが10年も経つと事情が変わってくる。高いレンズを買ったジイさん連中は、すっかりヨボヨボしてきて、カメラを持ち歩けなくなる。人数が減ってくると、そもそも寄り集まって何かするのが好きなのだから、面白くなくなり、離れる人が出てくる。新しく退職者層に加わる人たちは団塊の世代より人数が少なく、金銭的にも余裕がないので、同じような機材は持てない、だから輪に入ってこない。

こうして伝説のカメ爺たちは徐々にその姿を消して行ったのだった…

2021/2/16 13:08  [2336-1978]   

まあオレもカメ爺か…でもオレの場合は寄り集まってグループで野鳥を追うのは好きじゃない。だから他のカメ爺が減ってくれるのは願ったり叶ったりだ。単独なら純粋に自分の興味で追えるからな。

2021/2/16 13:18  [2336-1979]   

考えたら昔はカメラを下げた人って、そんなにはおらんかった気がする。そういう風に戻っていくんじゃないか。要は写真を撮る風潮自体が収まっていく。スマホがあっても、一々そこら辺の風景を撮ったりせえへん。身内の写真をちょっと撮る程度の話になってくる。


「人生には写真を撮るより大切なことが沢山あるんじゃよ」とカメ爺は去り際に呟いた…



みたいな。

2021/2/16 13:35  [2336-1980]   

カワセミばかり探していると、見つけるのが異様に速くなる。通行人とは「何かいるんですか?」「カワセミです」「えっどこ?」って話になる。興味がない人には、小さい鳥だしパッと見では分からないのだ。

カワセミは高いところから小魚を探すが、後ろに壁や茂みがある場所を好む気がする。下を向いて魚を探している時に、上から猛禽に襲われたらたまらんからなのかなあ。よく止まる所は、後ろの壁や葉っぱがフンで白くなっている。

2021/2/16 14:00  [2336-1981]   

いたいた。キョロキョロしているので魚を探しているんだろう。雨の後は水が濁って、なかなか見つからんようだ。暫く粘ってみたが、飛び込む気配もないので引き揚げた。

気になるのは右側に開いている丸い穴だ。これ巣穴じゃないのかなあ。カワセミの巣穴は、こういう垂直の土壁を掘って作られる。穴は奥にいくほど上へ傾斜して掘られ、内部に少し広くなった産室がある。産室にはカワセミが吐き戻した魚の骨が敷き詰められ、乾燥した状態らしい。

しかし、こんなに人が行き交う川で、そんなスグ見える所に作るのかね。もっとも暖かくなるとともに草の丈が伸びて隠れてしまうとは思うが。。

2021/2/16 14:09  [2336-1982]   

ニコンは半導体露光機を作っているが、これについてネット記事を少し読んでみた。

半導体露光機が何かを知らんのだが……まず大きなガラス板に複雑で微細な電子回路のパターンを描いたフォトマスクというものを作る。それを高性能レンズで縮小して、シリコンウエハーの上に塗布したフォトレジストにレーザー光で感光させる装置と…

2トントラックくらいの大きさがあるという。ええっ! そんなデカいもんなの? 極小微細な回路をどうやって作るねん、と想像もできんかったが、大きく描いといて、それを縮小しとったんか。ここは高性能レンズを作れるレンズメーカーならではの利点があったんやね。

2021/2/16 17:26  [2336-1983]   

昔はこの半導体露光機市場ではニコンが圧倒的に強く、キャノンがそれに続く存在だった。それが今やオランダのASMLが圧倒的に強く、ニコンもキャノンも遥かに引き離された小メーカーになってしまった。

なぜなのか? ネット記事では企業体質など様々な要因が語られるが…素人なりにピンと来ることがある。これ、日本の半導体産業の衰退によるものなんだろうな。日本の半導体産業が世界を席巻した時期はニコンやキャノンの日本企業が使いやすかったはず。オランダ企業はそこへ食い込めないんだから、仕方なく韓国や台湾のメーカーに売り込まざるを得なかった。

その後、日本の半導体産業は衰退し、韓国や台湾の半導体メーカーが大きく伸びた。それに伴って露光機メーカーのポジションも逆転した、ってのが大きな筋書きじゃないのかな。

2021/2/16 17:36  [2336-1984]   

韓国や台湾の半導体事業がなぜ大きく伸びたのか、についても色んな理由があるのだろう。だが素人が見ても想像がつく部分はある。それは規模に対する考え方だ。

こういう事業では規模がものを言う。規模を大きくすれば単価を下げられる。研究開発費も捻出できてライバルの先を行ける。逆に言えば、規模を落としてしまうと製品は割高になり競争力を失う。研究開発もままならなくなり、技術的についていけなくなる。だから競争で重要なのは規模だった。韓国も台湾もそこを分かっていたから規模を追求したと。

ところが、日本企業は他社を飲み込んで規模を追求することができなかった。小規模になってやっていけなくなったところから脱落していく。追い込まれてから官主導で連合体を作る程度。「規模こそ正義」というポリシーを固めないから「狭くても楽しい我が家」をやってるうちにジリ貧になっていく。

2021/2/16 17:45  [2336-1985]   

規模の話はカメラメーカーにも言える話で、規模の小さいところから脱落していくと思っている。クチコミでもそれを書いたことがある…常識的な話だと思うけど、常連ではまともに議論にもならんかった…アホらしい…

2021/2/16 17:51  [2336-1986]   

でも、そういうのを見れば見るほど、どのカメラメーカーが…なんてのは、ユーザーにとってはどうでもいい話だな。自分に満足できる部分があれば、それを使い続けられる間は使う、でいいじゃん。

昔のカメラメーカーで消えていった所は一杯あるわけで、でも、それぞれのメーカーで満足して使っていた人がいたわけで。そういう満足感を一定の人にもたらしたという点で、皆それなりの役割を果たしたと言える。

人間もそうだな。いつかはみな生命が尽きて消えていく。でも生きている間はその生命なりの燃焼を楽しむと。

2021/2/16 18:23  [2336-1987]   

パナソニックの特許第6653460号を読んでみる。圧縮センシング技術に関するもの。圧縮センシングとは何じゃったかのう。前に調べた気がするが、もう忘れた。ジイさんの晩年は忘却との闘いなのじゃ…

イメージ的には「そんな全部をキッチリ調べんでも、要所要所を抜き出して調べりゃ大体の所はわかるやろ」ってものらしい。スパースモデルによると言われていて、”sparse” は「まばらな」って意味だから、所々の抜き出しで全体像がわかる数学的な解法があるんだろう。

2021/2/17 05:04  [2336-1988]   

この特許の趣旨は、デモザイキングによる解像度の低下やアーチファクトの発生を抑制する技術、となっている。

デモザイキングは何とか覚えていた。一般のセンサーは赤青緑三色のカラーフィルターを各画素に分散配置している。それぞれの色の画像は、他の色のフィルターがあった部分は穴が開いている。そのまま三色を重ね合わせるとモザイク状になってしまう。そのため、各色とも穴あき部分を周囲の画素から演算補間して埋め、スムースなカラー画像を作成する。これがデモザイキング。

それで、アーチファクトってなんだ?

2021/2/17 05:06  [2336-1989]   

“artifact” は人工物って意味らしい。”art” は技術、”fact” は作るで、人の手によるものであり自然物ではない意。

ここでは、アーチファクトは本来の色ではない、演算により現れてしまった偽色を表すと。

2021/2/17 05:09  [2336-1990]   

圧縮センシングを使えば、単板式でありながら、三板式、つまり赤青緑それぞれの色専用のセンサーを備える方式並みの解像度が得られるという。

え〜そんなことあるんかいな。

2021/2/17 05:10  [2336-1991]   

普通のカラーフィルターは画素毎に色を決め打ちしている。「ここは赤、ここは緑…」というように。ところがこの特許では全画素に三色分のフィルターを重ね貼りする。

「え〜そんなことしたら何色の強さを測ってんのか分からんようになるやん」てことだが、各フィルターの厚さは場所毎に変えてある。ということは、どの色をどの程度通すのかは場所によってバラバラ。「この画素は赤100%、青50%、緑は0%透過する」とかってパターンが画素毎に違う。

2021/2/17 05:13  [2336-1992]   

「もうムチャクチャですやん」という乱雑さによるランダムサンプリングを実現することによって圧縮センシングが可能になる、という繋がりらしい。

え? それで圧縮センシングはどういう数式かって? そ、そこはその、人智では計り知れん深遠なものがあってだな(…理解できんかったわけね)

2021/2/17 05:14  [2336-1993]   

実際の撮影例も示されている。(a)の正解画像というのは三板式で撮像したもの。(b)と(c)はデモザイキングの例。(d)がこの特許の方式によるもの。

窓の格子がわかりやすいが、三板式と同じような解像性能を持つことがわかる。デモザイキングというのは、どうしても細かい所をなめてしまうんだな。

ただ、この方式は製造が面倒そう。ということはコスト高だろう。一般のデジカメでの実現例はないんじゃないかなあ。

2021/2/17 05:16  [2336-1994]   

日本でいよいよコロナワクチンの接種が始まるという。なんという素早さなんだ! すごいぞニッポン! ワッショイワッショイ…

イギリスでは1回目の接種を受けた人が既に15百万人を超えたそうだがな…

2021/2/17 05:20  [2336-1995]   

「flow」に古代ギリシャの哲学者デモクリトスの言葉が引用されている。

“ Happiness does not reside in strength
or money; it lies in rightness and many-
sidedness ”


幸せは強さや金にあるのではなく正しさや多才さにあるのだ、ってわけだが、多才さとか多芸さが幸せに関係するか?というのが引っかかった。

「flow」では、フローは複雑さの階段を登る、と同じに捉えたようだ。スキルとチャレンジのスパイラルを続けると、より次元の高いフェーズに移っていく。より多方面で複雑な考え方ができるようになる。その分、外部情報に操られることがなくなり、より自分に即して生きているという満足感が出てくるってことじゃないか。

2021/2/17 06:41  [2336-1996]   

G100と一緒に発売されたトライポッドグリップ、あれG9にも付けられるのか。でもG100のような小型軽量タイプだったら分かるけど、G9とはサイズ的に不釣り合いな気がするけどな。

接続コードをカメラのREMOTE端子に差し込めば、グリップ側で録画開始なんかが出来るらしい。G9にREMOTE端子なんかあったかいな、と探してみると、あったあった。使ったことないが。

2021/2/17 07:52  [2336-1997]   

DMW-SHGR1の写真を製品サイトからお借りしてみると、カメラに取り付ける回転部分が単純な円形状ではなくて、凹凸形状になっている。この方が速く回せるんでイイね。パナさんもやっと改心したようじゃな…

2021/2/17 07:59  [2336-1998]   

6Kフォト・プレでジョウビタキの飛び出しを撮ってみる。AFが合っているのはこの瞬間のみで、以降は手前側に飛び出しているため、どんどんピント面からズレてくる。

説明書で6Kフォトの項を読むと、AF連続動作ONに固定されるようだ。これは動画AFの表記だから、通常の動画のようにゆっくりした動作制御なんだと思われる。こういう素早い動きに追従できるわけではないのね。ただMFで合わせることも可能だ。これは、撮り始めまではMFで合わせるけど、6Kフォトを撮り始めるとAF連続動作がONになるということなのかな。

2021/2/17 15:04  [2336-1999]   

MFで6Kフォトを撮って試してみたが、撮り始めてからAFが効くような素振りはない。動画AFの説明を読み返すと、フォーカスモードがMFの場合は、AF連続動作がONでもOFFでもマニュアルフォーカスになるのか。

じゃあMFでジョウビタキさんの飛びそうな方向に合わせておくと、飛び立った後にピントが合うフレームが生まれる…ことにはなるけど、ジョウビタキさん、気まぐれだからなあ…

2021/2/17 15:17  [2336-2000]   

室内でジンバルを使って動画を撮ってみる。MacBook Proに取り込んで、QuickTime Playerで再生してみるのだが、このソフトでは再生速度をある程度変えられるようになっている。例えば1/2倍速にしてみると、どう見えるか。

4K24Pを1/2倍速で再生すると、フレームのカクカクした動きが見える。12fpsではそれが見えてしまうってことなんだな。では30Pではどうか。これもほとんど同じ。15fpsでもカクカク。結局、15fps以下のフレームレートではカクカクして見えると。

24fpsまで来ると違和感がない。そう言えば、映画がなぜ24fpsになったのかを読んだことあるな。機材の制約で出来るだけフレームレートを抑えたかったのだが、色々試してみて、何とか違和感のないレベルが24fpsだったようだ。なるほど。

2021/2/17 15:47  [2336-2001]   

ただ、24fpsだったら全くカクカクしないかと言えば、そんなこともない。例えば、被写体が近い状態でパンの振りを速くすると、やはりカクカクする。だから単純にfpsだけでは割り切れなくて、「画面の中でモノが動く速度による」ってことみたいだ。

2021/2/17 15:51  [2336-2002]   

TX2の4Kで撮った動画からフレームを写真として切り出してみた。TX2で切り出すこともできるが、モニターが小さいので、どのフレームが良いのかわかりにくい。MacBook Pro の Final Cut Pro に取り込んで切り出すこともできるが、そのためにだけ取り込むのもなあ…と思っていると、簡単な方法があった。

QuickTime Playerで再生し、切り出したいフレームで止めてコピーする。次にプレビューを起動して「クリップボードから新規作成」を選択すると、そのフレームを取り込んでくれるので、JPEGとして書き出せばいい。簡単便利。

2021/2/17 16:02  [2336-2003]   

そうだった…なんで動画の再生速度を変えてみようと思ったのか思い出した…老人の短期記憶エリアは年々狭まっており消滅の危機に瀕しておる…

野村誠一さんのYouTubeで、最初に静物をゆっくりした動きで撮ったサンプル動画が流されるパターンがあったのだ。あるいは写真にゆっくりズームインしたり、ズームアウトしたりする動画。

最近は無いね。おそらくコメントで「そんな動画要らん」とか書かれたんじゃないかな。最初は喋りにBGMが入ってたけど、コメントで「BGMが邪魔」と書かれて止めたとか言ってたし。

2021/2/18 06:27  [2336-2004]   

動画が気に入らないなら見るなよ。いかにもアホ小僧の揚げ足取りじゃん。そんなヤツが動画をマトモに見てるわけない。枝葉末節にとらわれる時点で、内容なんかどうでも良くて、「いちゃもんつけて自分の存在意義を確かめたい」依存症なのミエミエじゃん。

相手にするのは時間の無駄だと思うけどな。

2021/2/18 06:29  [2336-2005]   

自分もクチコミなんかホント読まなくなった。真面目に読んでた頃は自分も依存症だったんだな。誰にも相手にされないよりは嫌々いじめっ子に付き合うみたいな。

でも視野を広げればいいのだ。人のブログやSNSやYouTubeを追いかけてみたり。この縁側メモで好きなことを追求してみるのもその一つ。自分の知識が広がったり、手を動かして何かを発見したりすることは面白い。

2021/2/18 06:30  [2336-2006]   

それで、野村さんの動機はワカル気がする。野村さんは「これからは動画の時代だ」と言われていて、自分でも種々パターンを試して、YouTubeで反応を見ようと思ったのだろう。

雑誌連載の撮影で、毎回のように撮影コンセプトが変わるので、デザイナーさんに「ちょっと野村さん、この撮影を自分のテストに使ってない?」と聞かれたことがあるそう。「いや、そんなわけないですよ」とは言ったものの、実際は照明の当て方を試行錯誤していたと。

とにかく自分で色々試して研究する人なんやね。

2021/2/18 06:33  [2336-2007]   

それでだ、野村さんのサンプル動画の動きがとにかくユックリなのだ。写真のズームイン、ズームアウトはソフトでやってるとして、室内静物の動画なんかはスローモーション。BGMとの組み合わせ如何もあるけど、普通に撮るより感じが変わって雰囲気がある。

ジンバルがあればスローモーションのゆったりした感じが出やすいのじゃないかと思ったんだよな。TX2のFHD60Pで撮って1/2倍速にすると、やはりゆったりした感じになる。

2021/2/18 06:35  [2336-2008]   

これねえ、「静物を撮っている」ってとこがポイントなんだな。これが、動き回る猫を撮っているとすると、いかにも「スローで撮ったんですね」感になる。ところが静物の場合は、スローというより「カメラをゆっくり動かしたのかな」と錯覚させる。絵柄の中にいかにもスローで動くものがないから。

2021/2/18 06:36  [2336-2009]   

これ面白いと思うのだが、TX2には4K60Pが無いのがね…有れば1/2倍速とか出来るのだが、4K30Pを1/2倍速にしちゃうとカクカクするからな。

制限時間「5分」でいいから、こういうコンパクトにも4K60Pを入れて欲しいなあ…

2021/2/18 06:37  [2336-2010]   

スマホはワイモバイルだ。そんなに使うわけじゃないし、出来るだけ安く…ってんで前からワイモバイル。物を持ち歩くのが嫌いで、スマホ自体、長く持っていなかった。ただ東北大震災の時に「やっぱりイザって時にメール発信とか出来ないとダメだな」と思ったのが転機。

料金は月額3千円程度だが、最近の携帯料金値下げに伴って、ワイモバイルも新料金が2千円からになったらしい。ありがたい!と調べると、10分まで通話無料のサービスを外したんだな。オプションでこれ入れると、やっぱり3千円か…

2021/2/18 09:21  [2336-2011]   

料金はともかくとして、ファーウェイのスマホを2年使ったけどここらで入れ替えるか。ヘビーに使わないし、機能的に不満はないけど、電池の減りが速い感じはする。シャープのスマホは長持ちらしいからアクオスにするか…

振り返ってファーウェイスマホの印象…カメラで言えばソニーな感じかな。機能が詰まっていてソツなく何でもこなすけど、無味乾燥で愛着感は湧かない。何でも長く使うと作り手の本質みたいなものを感じる。

2021/2/18 09:29  [2336-2012]   

それにしても機種更新の手続きも全部ネットで完結する時代。
お手軽になったよなあ。

2021/2/18 09:32  [2336-2013]   

リチウムイオン電池は使っているうちに劣化するとのことで、最近、スマホ電池の減りが速いように感じていたのは、それがあったのかも知れんな。劣化は大きく2つの要因があるという。

@サイクル劣化:充電回数による劣化
A保存劣化:満充電や電池切れ状態で放置することによる劣化

サイクル劣化は500回くらいが目安になるという。自分の場合、それほど減っていなくても継ぎ足し充電することが多く、回数は結構行ってるな。2年それを繰り返してきたのだから、電池もへたってきた可能性あり。

2021/2/18 12:40  [2336-2014]   

すると、電池を長持ちさせるためには充電回数を減らす。こちょこちょと継ぎ足し充電しないと。

2021/2/18 12:41  [2336-2015]   

シャープのスマホが省電力なのは、IGZOという液晶のおかげだという。IGZOってなに?

IGZOは、In(インジウム)、Ga(ガリウム)、Zn(亜鉛)、O(酸素)により構成された透明な酸化物半導体であると。従来はアモルファスシリコンを使っていたということで、材料が違う。それに伴って特性が違うと。

特に表示が動かない電流オフ時に、アモルファスシリコンでは電流が漏れやすい欠点があるため、小刻みに電圧をかけて表示を更新する必要がある。IGZOにはこの欠点がなく、頻繁な更新が不要であるため、必要な電流を1/1000まで落とせる。そゆこと…

2021/2/18 13:19  [2336-2016]   

一方で、電子の流れやすさを表す電子移動度がアモルファスシリコンの30倍もある。液晶にはTFTという回路があるが、電子が流れやすいという特性を生かして、この回路を小型化できるというんだな。TFTはThin Film Transistor(薄膜トランジスタ)の略。シャープ・ブログから説明図をお借りしてみる。

液晶は背後からLEDで照らすので、光を遮る回路部分を小さくできれば、LEDの出力を下げて省電力化に繋げられると。なかなか優れもんだなコリャ。

2021/2/18 13:28  [2336-2017]   

パナソニックがフルサイズの70-300mm G4.5-5.6を発表。LUMIXのサイトから、フルサイズのレンズロードマップをお借りしてみる。

今のところ、超望遠を出す気はないようだ。フルサイズでキャノンやニコンやソニーみたいなフルラインナップを目指したところで時間がかかるし、食い込める可能性は小さい、超望遠はマイクロフォーサーズに任せて、フルサイズは一般用途や動画用途にシフトした感じ。

2021/2/18 14:04  [2336-2018]   

だから、このレンズにも力が入っているという感じはある。他に望遠の高級レンズを出す予定があって、これは安価で手頃な普及レンズとして出すなら、仕様は抑え目にして低価格を目指すだろう。そういう感じでもなく、一定の水準をクリアしたレンズとしての位置付けみたいだ。

UEDレンズを使っているのもそうだし、絞りが11枚羽根というのもそう。超音波アシストを使ってAFの480fps駆動に対応したのもそう。非球面を使っていないのも玉ボケ描写を考慮してのことじゃないかなあ。価格が極端に高くならないように、重量や大きさも抑えて、でも性能はそこそこの水準をクリアしたい、という葛藤が窺える仕様ではござらぬかのう。

2021/2/18 14:37  [2336-2019]   

でもフルサイズだと、これが790gになってしまう。自分の使っているマイクロフォーサーズの50-200mm F2.8-4.0で655gなんですよ。だからMFTが好きさ。

2021/2/18 14:41  [2336-2020]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ


この掲示板の新着スレッド

運営者のみ投稿可
激動のカメラ業界
激動のカメラ業界をお気に入り登録
運営者:
風に吹かれるままにさん
設立日:
2020年10月11日
  • 注目度:

    33(お気に入り登録数:2件)

タグの登録はありません

該当掲示板はありません

ページの先頭へ