縁側 > カメラ > 激動のカメラ業界
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

カメラ業界はいよいよヤバイ感じがしてきた。
幾つものメーカーが撤退することになりそう。
現状と予測をメモしてみる。

  • 激動のカメラ業界の掲示板
  • 激動のカメラ業界の投稿画像
この掲示板は閲覧専用です(運営者のみが投稿できます)。

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


「すぐやる課」はドラッグストア「マツモトキヨシ」の創業者である松本清氏が千葉県松戸市長であった1969年に新設した部署。「すぐやらなければならないもので、すぐやり得るものは、すぐにやります」がモットー。なんでもたらい回しのお役所仕事に、新たなビジネスモデルを持ち込んで話題になった。

個人の生き方としても「すぐやる課」があっていいよな。どうせ大したことしやしないんだ。もったいぶらずにドンドンやろう。

2021/5/16 07:36  [2336-3738]   

映画はすべて配信になるのかと思っていたが、そう簡単でもない。「12人の怒れる男」をもう一度見たいなと思っているが、例えばアマゾンビデオでは扱っていない。名作で需要はあるはずだが、おそらく権利を持ってる側が出したがらないんだろうな。そういう意味では、まだ過渡期なのかも知れぬ。

そうか、名作映画を見直してみるのもいいかなと思い付く。テレビの映画放映を眺めてみると、民放はそっち方面には興味がないらしい。テレビの広告収入も落ちているだろうし、「視聴率はともかく…」と言ってる場合ではないだろう。NHKはそこの余裕があって、昔の映画を割と拾っている感じ。少し追いかけてみるか。。

2021/5/16 07:45  [2336-3739]   

録画していた「関口宏のもう一度!近現代史」を視聴。いわゆる「偉い人」が合理的思考に欠ける例を学べる。

対米開戦前夜、陸軍内部で彼我の戦力分析が行われ、およそ「1対10」という結果が出た。これに対し東條英機は「米国は戦力の半分をヨーロッパに取られるため、差は1対5に縮まる。しかも米国は広大な太平洋を作戦行動せねばならず、戦力は大いに減殺される。その他も考え合わせれば1対2程度と考えるのが妥当だ」という話になってしまったそう。

2021/5/16 08:15  [2336-3740]   

合理的に考えれば、仮に戦力差が1対2であったとしても、圧倒的な差と言わざるを得ない。それを「精神力」で覆せるというのは夢物語だ。それに相手の戦力が分散されているというなら、日本もすでに中国で泥沼の抵抗戦に引きずり込まれており、対米戦に回せる余力は限られている。

また、その他の前提条件をまともに考えてはいない。当時石油の8割は米国から供給を受けており、それが断たれれば長期の戦争継続は不可能。軍部は石油の備蓄があるうちに短期決着すればいいと言い始めるが、地理的に離れた国相手に短期決着するはずがなく、足元をみられるのは目に見えている。

2021/5/16 08:31  [2336-3741]   

それに、いざ戦争を始めてみると、兵器の差が圧倒的だった、という事例は色々あったようだ。ナチスドイツがポーランドに侵攻した際、ポーランド軍は騎馬部隊が主力で、ドイツの機械化軍団の前にひとたまりもなかったという。

日本軍は当時の中国よりは近代化が進んでいたため、広大な地域に進軍した。一方、ノモンハン事件で戦ったソ連軍は日本よりさらに近代化が進んでおり、手痛い打撃を受けることになる。司馬遼太郎の文章で読んだのだったと思うが、ノモンハンでは日本軍兵士の話として「太鼓の音が鳴ると味方がバタバタ倒れるのが不思議だった」と書いている。機関銃を見たことのない兵士がいるほど日本軍の装備は遅れていたと。

机上の空論に頼る輩は、そういう装備差の恐ろしさも無視してしまう。

2021/5/16 08:46  [2336-3742]   

父はかつての軍国少年であった。思春期に軍艦や戦闘機の雑誌を見て国威高揚を煽られたのだから、血気にはやっただろうと思う。結果的には戦争に行くことなく終戦を迎えた。

若い頃に父と口論になったことがある。自分は当時の指導者層のデタラメ振りを知るようになり、「戦死した人は無駄死にだったじゃないか」と口に出してしまった。弟が激戦地で戦死した父は「無駄死にとは何事か!」と激昂した。実体験として身に沁みてしまうと、理屈ではなくなってしまう。父はとうに亡くなってしまったが、あれだけは言わなければよかった、と今でも思う。

2021/5/16 09:07  [2336-3743]   

それでも自分は合理志向の人間だ。今のコロナワクチン確保だとか、五輪強行だとか、財政の健全化だとかについての政府の説明はまったく信用していない。机上の空論で物事を進める指導者がいくらでもいる、ということが過去の歴史から明らかだ。

個人としてその影響を回避することは現実的に難しいだろうが、多少でも選択肢があれば選ぶことはできる。

2021/5/16 09:16  [2336-3744]   

YouTubeのLumixvideoチャンネルを見ていて分かったが、G9をLUMIX Webcam Sofywareを介して配信に使う場合、注意事項がある。二つに分かれている動画AFモードだ。

モード1は動画撮影時のみAFが動作、モード2は動画撮影前からAFが動作。配信に流れるのはライブビューだから、モード2にしておかないとAFが動作しない。モード1でもシャッターを半押しすればAFが動作するが、一々それをするのも面倒だ。この辺も「ライブビューを使っている」ことを理解しないとピンと来ない話。

2021/5/16 09:53  [2336-3745]   

モード1でも動画撮影すればAFが動くのではないか?

試してみたがAFは動く。そりゃそうだ。モード1では動画撮影がAF動作のトリガーになっているのだから。だがG9側で録画したいわけではないし、G9の場合、動画撮影すると時間制限がかかってしまう。

2021/5/16 12:00  [2336-3746]   

G9の説明書を見ていると、「このカメラの動画はVBR記録方式です」というような記載があった。VBRとは何だろう?

VBRは、Variable Bit Rateの略で可変ビットレートと呼ばれるもの。CBRというのもあり、こちらはホンダのバイクのシリーズ名称…じゃなかった、Constant Bit Rateの略で固定ビットレートと呼ばれるもの。CBRは常に一定のビットレートで伝送するが、VBRは動きの激しいシーンはビットレートを高く、穏やかなシーンは低く、というようにシーンに応じてレートを変えるのだという。

ふーん。むかしのCBR250RRなんかカッコ良かったけどねえ。

2021/5/16 12:18  [2336-3747]   



菩薩の境地に達したんとちゃうんかい!

2021/5/11 12:28  [2336-3637]   

GH5M2が登場したとして、Z7/Z6の第二世代機みたいに「ガッカリだ」と言われまくるんだろうな。

オレの知ったことかよ。

2021/5/11 12:33  [2336-3638]   

フォトスタイルにV-Log Lがあるから、ログ撮影は追加キーを買わなくてもプリインストールされていると。まあG100にさえプリインストールされたんだから、これからは当たり前になるってことか。

2021/5/11 12:38  [2336-3639]   

フォトスタイルでは、フルサイズで開発された「フラット」がマイクロフォーサーズに降りてくるようだ。これを待ってたのよね。コントラストを極端に落としたスタイル。プロから開発してくれと言われたもの。S1で試してみたことがあるが、独特の味わい。

2021/5/11 12:44  [2336-3640]   

S5で開発されたフォトスタイル「L.クラシックネオ」と「L.モノクロームS」も入るのか。これもどんなのか面白そうではある。「L」はライカの画質を真似たのだろ? なかなか単純な絵作りにはできないはず。

2021/5/11 12:51  [2336-3641]   

GH5M2のスペックシートに意外な言葉が出てきた。

Streaming Protocol:RTMP / RTMPS


これ、YouTubeのライブ配信を調べている時に出てきたんだよな。RTMPは Real Time Messaging Protocol の略でストリーミングのプロトコル。ライブ配信のように、出来上がった動画をアップロードするのじゃなくて、リアルタイムでデータを流していくことをストリーミングというらしい。RTMPSは、RTMPを暗号化したもの。

これどういうことなんだろうなあ。GH5M2自体に動画配信する機能を持たせているとか?

2021/5/11 13:06  [2336-3642]   

だってさ、"Streaming quality" なんて項目もある。例えば次のような記述。

NTSC (59.94Hz): [FHD] 1920x1080: 59.94p,
16Mbps / 8Mbps (H.264)


これを考えてみよう。「LUMIX Webcam Software」を使ってG9からライブビューを流す場合、ファインダーに必要な解像度は130万画素とかなんだから、ライブ配信へ流せるのもその程度だろうと推測した。

2021/5/11 13:18  [2336-3643]   

ところが、ここで「FHD」となっているということは、ライブ配信画質を考えて、流せる解像度を最大FHDの2百万画素へ引き上げた、ということではないだろうか。

しかもYouTubeの説明にもあったように、解像度とビットレートがセットになっている。使用している回線の状況に応じて、16Mbpsと8Mbpsを選択できるようになっているのではないかと思われる。

2021/5/11 13:23  [2336-3644]   

この通りだとしたら、デジタルカメラがライブ配信機能を持つのは、初めてのことなんじゃないかな。

2021/5/11 13:25  [2336-3645]   

こういう記述もある。

Red REC Frame Indicator,
Streaming Blue Frame Indicator

録画中であることを分かりやすく示す、画面の外枠を赤く表示する方式はS5から始めたが、新しい機種には当然搭載すると。ソニーも真似し始めた。二番目は…ライブ配信中は外枠を青く表示するってことなのかな。

2021/5/11 13:34  [2336-3646]   

PCもエンコーダもなしで、カメラだけでライブ配信するパターンは既にあるわけね。河川等の定点観測用だとか、イベントやセミナーの配信向けに「カメラだけでYouTube配信OK!」というのが販売されている。

そういうのを取り入れたってことかしらね。

2021/5/11 13:53  [2336-3647]   

ソニーのビデオカメラZ90やNX80でも、カメラだけでライブ配信が可能らしい。ビデオSALONの記事で見つけた。もう、そういう世界が広がり始めているのだ。

2021/5/11 15:47  [2336-3648]   

キャノンのG7X MarkVが、カメラからダイレクトにYouTubeへライブ配信する機能を持ってたのね。このカメラは2019年発売だから、これが一番の先駆者だったのかしら。

2021/5/11 15:58  [2336-3649]   

クチコミを見てると、ライブ配信にも録画時間制限が適用されると勘違いしている常連がいた。偉そに講釈垂れてもワシと似たり寄ったりじゃん。

2021/5/11 16:03  [2336-3650]   

こういうの、自分で手を動かしてやってみないからピンと来ないのだ。

やってみれば、録音ボタンを押すことなく映像が流れるのだから、すぐにわかる。

2021/5/11 16:22  [2336-3651]   

ああ…文章が荒れてんな…録音ボタンじゃなくて録画ボタン…

2021/5/11 16:24  [2336-3652]   

ライブ配信の画質って割と粗目ってことなのかな。YouTubeのライブ配信ビットレートと、TX2の動画ビットレートを比べてみる。


[4K30P]
YouTube:13-34Mbps
TX2:100Mbps

[FHD60P]
YouTube:4.5-9Mbps
TX2:28Mbps


ふーむ、こういう目で見たことがなかった。。

2021/5/11 17:05  [2336-3653]   

「ジェットストリーム」を聞いていると、カジノの話が出ていた。カジノと言えばラスベガス。ところが今やマカオのカジノ売上の方が桁違いに大きいのだという。昔はラスベガスの方が大きかったのだが、2006年頃に逆転されたらしい。それだけ中国が豊かになり、カジノにお金を落とすようになった、逆に言えばアメリカは落ち目なのだということを象徴しているように思われる。

2021/5/11 17:48  [2336-3654]   

とは言え、中国は長く続いた一人っ子政策のお陰で人口増加が鈍化した。2013年頃に生産年齢人口が減少に転じたとされる。世界経済に占める位置は引き続き増大すると思われるが、国内では色々問題が出てきそう。

日本の場合、1997年頃から生産年齢人口が減り始め、それが経済にショックを与えた。それまでずっと生産年齢人口が伸びてきたため、経済が成長し人々はその感覚に慣れていた。今までの上昇基調がポキッと折れると、そのマインドにショックを与える。高速道路を走っていて一般道に降りると、最初は異常に遅く感じるが、似たような感じだと言われる。

経済が成長していると、みんなで分け合う余裕があるが、停滞すると途端にパイの奪い合いに転じる。中国でもだんだんそういうのが顕在化してくるんじゃないか。

2021/5/11 18:28  [2336-3655]   

あれ、ちょっと待てよ。TX2の4K動画ビットレートは100Mbpsとなっている。それなのにSDカードは、UHSスピードクラス3を使え、と書いてある。規格を見ると、UHSスピードクラス3は最低保証速度30MB/secとなっている。転送が間に合わないのでは?

2021/5/11 21:10  [2336-3656]   

ITの用語集で確認する。

Mbps:メガビット毎秒
MB/sec:メガバイト毎秒

8ビット=1バイトの関係なのか。ということは、30MB/secは240Mbpsに相当するから大丈夫だと。うーん、なんでそうジイさんを惑わそうとするかなあ。。

2021/5/11 21:16  [2336-3657]   

GH5には400Mbpsの動画記録モードがあるが、これには、ビデオグレードクラス60以上のSDカードを使えと書いてある。この最低保証速度が60MB/secだから、480Mbpsで対応できますってことか。

ということは、あまり速いSDカードを使っても仕方ないってことなのかな。野鳥撮影で高速連写を多用する場合は、転送が速ければ速いほどバッファを早く空けられて良いはずだが、動画の場合はビットレートが決まっているので、それ以上に速くしても意味がないと。

2021/5/11 21:25  [2336-3658]   

SDカードの規格って色々あって、分かりにくいよなあ。SDアソシエーションのサイトから分類図をお借りしてみる。

これ、要は最低保証速度を定めた規格でしょ? なんでこんなに分けるの? いや、実際には過去に定めた規格をそのままでは建て増しできない技術的な理由が何かあるんだろうとは思う。でも、そんなの消費者の知ったこっちゃないでしょ?

視点が消費者を向いていないのよ。メーカーの技術者の視点で決めるから、こうなるんだと思う。

2021/5/12 05:01  [2336-3659]   

むかし、日産の社長さんの雑誌インタビューを読んで「こりゃダメだ」と思ったことがあった。日本人の技術者社長さんで、ゴーン氏の前の人だったと思う。

ボックスタイプの車の後部を改造して、移動執務室のようにして使っており、「こういう使い方もできる」と自慢気に語るのだ。あのなー車を買う人のほとんどはアンタみたいな技術者でもなければオタクでもない。改造する金をかけられる人がどれだけいるってんだ。

消費者視点がまったくない。経営者に消費者視点がなくて、魅力的な車が作れるわけねーだろ。

2021/5/12 05:10  [2336-3660]   

SDカードには「300MB/s」などと数字の表記もある。これは最大転送能力を表すらしい。これも紛らわしい話。「最大」ってことは「条件が良ければここまで出ますよ」ってことだろ。スピードクラスの方は最低保証速度なんだから「条件が悪くてもここまでは出ますよ」ってことで、意味合いが真逆だ。

真逆の表記をごった煮のように並べるのは不親切。動画の場合は、データが常時流れてくるのだから、最低保証の方が重要ってことなのかな。いくら最大速度が高くても、条件によっては落ち込むことがあります、では動画が途中で途切れてしまいそうだ。

2021/5/12 05:38  [2336-3661]   

キャノン機は、EOS Kiss M2でもカメラ単体でのライブ配信ができるようになっている。この分野では先行しているんだな。

2021/5/12 09:38  [2336-3662]   

PRONEWSのプチ・シネコラム、読み進めてはいるが、さすがに10年分だから量がある。

「カメラは所有せよ!」なんて話もあった。高額な機材だと撮影時にレンタルということになるのだろうが、手足のように使いこなすには、所有してパラメータをあれこれ使ってみないとわからない。手足のようになって初めて、自分なりの微妙な色合いにこだわる、とかに辿り着けるわけで、ちょっと触ったくらいで通り一遍以上のことができるわけないでしょ、と。

キーボードの練習も続けているが、こちらも似た印象。まずは指の運用を覚えて自然に動くようにならないと、情感もへったくれもない。それにしてもオソロシク進歩しないのはどーゆーワケだ…

2021/5/12 10:19  [2336-3663]   

音声に関する「バランス」という考え方も初めて知った。オーディオの世界では常識的なことらしい。

マイクからコードを引っ張って音声を伝送する際、アンバランケーブルだとノイズが乗りやすいが、バランスケーブルであれば、ある程度距離が伸びてもノイズが乗りにくいのだという。

2021/5/12 14:54  [2336-3664]   

映像でも家庭内の短い距離ならHDMIで良いが、業務用に長い距離を引き回すとなるとSDIだという話があった。その音声版のような話なのか?

2021/5/12 15:09  [2336-3665]   

バランスとアンバランスの何が違うのか? いくつかネット記事を漁ってみた。

バランスは同じ信号を2本の信号線で送るようになっている。アンバランスは1本。「同じ信号を2本で送ってどないするんじゃ、ムダなことをしおって」となるが、単純に同じというわけではなくて、位相を180度ズラしている。

電気信号は振幅の波を送っているから、その山谷の位置をズラして送ると。

2021/5/12 15:18  [2336-3666]   

なぜそんなことをせにゃならんか。

ケーブルが長くなるとノイズが乗る。ここもよく分かっていないが、伝送信号は電気信号だから、電波とかの影響を受けるってことなのかな。電波がウヨウヨ飛び交っている中を進むが、あっちで当たられ、こっちで当たられして、ヨレヨレになって辿り着くと。

ところがバランスケーブルの場合は、180度位相のズレた信号が二つ届く。二つの信号の位相を合わせてガッチャンコすると、元の信号部分は同じだから影響ない。途中で受けたノイズは180度ズレたものが合成されるから打ち消しあうと。それでノイズを抑えられるってことか。

2021/5/12 15:25  [2336-3667]   

バランスは端子や接続回路がそれに対応している必要がある。

DR-05の仕様説明を見るとハッキリ書いてあった。マイク入力、音声出力のいずれも3.5mmミニジャックだが、どちらもアンバランスだと。バランスは業務用で、一般的にはアンバランスだということだろう。

2021/5/12 15:41  [2336-3668]   

カメラのマイク入力に使われる3極のステレオミニジャックはアンバランス。G9もそうだけど、ほとんどのデジタルカメラはアンバランス入力ということになる。「そんな、長いマイクケーブルを引き回して使わんだろ?」ということか。

2021/5/12 15:54  [2336-3669]   

XLRというのはバランス用に作られているらしい。業務用だから長い引き回しを最初から想定しているということだろう。GH5のオプションにXLR1というのがあるが、これを付ければ長いケーブルを引けることになる。

2021/5/12 17:25  [2336-3670]   

これも何で端子が2個あるのかピンと来ていなかったが、ステレオ対応するためなんだろうな。XLR端子は3ピンになっていて、信号用が2本、グランドが1本で、基本的にモノラル対応なんだと思われる。だからステレオで録りたい場合は、端子を2個使うと。

XLR1の説明書にもそういった使い方が記載してある。

2021/5/12 17:30  [2336-3671]   

米ニューヨーク州知事クオモ氏のツイッターから図表をお借りする。

州人口のほぼ半数が、少なくとも1回のワクチン接種を受けている。
入院患者数も顕著に減少。

いいなー

2021/5/12 17:40  [2336-3672]   

音声伝送ということであれば、ワイヤレスならケーブル由来のノイズ問題がないから、そちらへシフトしていくということなのかも知れん。ワイヤレスでも音質劣化はあるはずだが、技術進歩もあるようだ。

AV WatchさんにRODEのワイヤレスマイクをテストした記事が載っていた。コンシューマ向けワイヤレスマイクの伝送距離は100m程度が相場であったが、今は200mにまで伸び、クオリティも良くなっているという。

前にS5の紹介をしていた映像屋さんが「どこまでワイヤレスを使うか」と聞かれて、「ライブ配信は切れたらアウトなので、使えるところはケーブルを使う」としていた。なるほどと思ったが、録音ベースで、かつ機材の信頼性が上がってくれば、ワイヤレスがさらに伸びるとも考えられそうだ。

2021/5/12 18:06  [2336-3673]   

RODEの「Wireless Go II」がテストされていたが、これはマイク二台が同梱されている。二台セットの意味は対話者のそれぞれに付けてもらって声を録る、なんて使い方が紹介されていて、そんなもんなのかあ、と思っていたが、これってステレオでも録れるってことなんだな。

一台をR用、もう一台をL用にして録音すれば、ワイヤレスで臨場感のあるステレオ録音ができると。へえー面白そう。誰かワシにプレゼントしてくれんかな…

2021/5/12 18:16  [2336-3674]   

あ、キャノンはもう第一四半期の決算発表をしてたのか。2020年はコロナで各メーカーとも落ち込み、キャノンも悲観的な見込みをしていたが、R5/R6の投入で2020年の第四四半期はかなり盛り返し、2021年の見通しも上方修正している。

やはり底力あるよなあ。。もっとも、コンパクトカメラは決算説明資料の中でもその他の項目に回され、諦めモード。

2021/5/12 20:29  [2336-3675]   

GH5M2が発表されたとしても、より先進的なGH6が別途発売され、併売されるのではないか、という観測を書く人がいる。それはないだろ。GH5M2でも今だにフラグシップの機能を積んでいる。ソニーだってそうでしょ。8Kを積んでるのはα1だけ。4K120Pだってα7SVまでで、α6600には4K60Pすらないんでっせ。

適当な願望を書いてるだけやと思うわあ。

2021/5/13 06:52  [2336-3676]   

PRONEWSのプチ・シネコラムに、思わぬ共感材料が現れた。10年も前の記事ではあるのだが、FS100という動画機にα用のGレンズを使うと、「まるで切り抜いて合成でもしたかのように一体感のない浮いた感じになってしまっている」と表現している。赤い帽子をかぶった女性の映像が挙げられているが、そこが浮いて見える。

なんで共感したかと言えば、むかし使っていたRX100で例えば赤いバラを撮っていると、そこだけ浮いて見える気がしたから。当時は何故なのかが分からなかったが、今は仮説を持っている。

2021/5/13 08:06  [2336-3677]   

自分の仮説は「色収差への配慮が足りないから」というもの。デジタルになって解像度が上がり、物を微細に捉えるようになった。そこで色にじみがあると、解像が良いだけに色にじみの影響もハッキリしてしまう。解像だけ良ければいい、というものじゃないと思うのだ。

前にも考えてみたことだが、解像が良く、色にじみもない場合は、輪郭の微妙なグラデーションを表現できる。解像は良いが色にじみがある場合は、微妙なグラデーションが表現できない。でも解像は良いから境界でいきなり色が変わることになり、浮いて見える。

だからこそ標準ズームにさえEDレンズを多用して色収差を抑えるようになったのだと思う。

2021/5/13 08:16  [2336-3678]   

これはソニーの絵作りにちゃんとしたポリシーがないからじゃないか。絵作りは徐々に変えて来てはいるようだが、今年出た50mm F1.2は25万円もするレンズなのに、EDを1枚も使っていない。

F1.2という大口径で、開放での極限のキレと背景のボケを楽しもうってワケでしょ? それで物が浮いて見えたら台無しじゃん。相変わらず考えていないんじゃないかと思ってしまう。

2021/5/13 08:24  [2336-3679]   

「なに抜かす! ソニーにもEDレンズを多用したキレキレレンズが沢山あるじゃないか! これはたまたまそういう味付けのレンズだということだ! ソニーに謝れ!」

「キレキレレンズがあるのはわかるけど、こういうレンズも出てくるということは、一貫したポリシーは無いってことでしょが」

2021/5/13 08:47  [2336-3680]   

あ、BGH1でもライブ配信が可能になってるな。LUMIXでも取り入れてたのか。しかも4K60Pに対応している。これはPCとLANケーブルで繋ぐことが前提になっている。

BGH1のプロトコルは「RTP / RTSP」か。GH5M2のスペックシートでは「RTMP / RTMPS」となっていたから、ここは仕様が違うようだ。

2021/5/13 09:24  [2336-3681]   

この辺り、わかったフリしても、実は理解が曖昧なんだよな。整理にトライしてみる。

「プロトコル」という言葉を最初に聞いたのは「外交儀礼」という意味だった。歴史も制度も違う国同士がつきあうのに、やり方を決めときましょうと。例えば外国の偉い人を「殿下」と呼んだり「閣下」と呼んだりするが、あれも七面倒くさいルールがある。どういう人であれば「Her Majesty」と呼べるか、というのが事細かく決まっていたりする。

そういう決まり事をしておけば、偉さの序列もハッキリして宴会の席次も決められる。「ワシのことをバカにしおって!」と騒ぐアホな人もいなくなると。

2021/5/13 09:50  [2336-3682]   

通信のプロトコルというのも、考え方は同じなんだろうな。データの送り方を決めときますと。

送り方が規格化されれば、送信機、受信機のメーカーはそれに合わせて機械を作れるのだから、どの製品でも違和感なく使えるようになる。

2021/5/13 09:57  [2336-3683]   

次に「ストリーミング」という言葉。これは「ダウンロード」と対比されるのね。

ネットで動画を視聴する際に、サーバから動画ファイルをすべてダウンロードしてから見るのがダウンロード型。これはダウンロードが終わるまで待たなければならない。ストリーミング型はデータを受信しながら、どんどん再生していく技術だと。

そう言えば、昔はネットの動画を見ようとすると、よく途中で止まって円がグルグルするのが表示されてたけど、最近は見ないなあ。それだけネット環境が良くなったってことかな。

2021/5/13 10:12  [2336-3684]   

RTP(Real Time Transport Protocol)は映像・音声データを伝送する形式、RTSP(Real Time Streaming Protocol)は配信の停止、早送り、巻き戻し、指定した位置からの再生等の制御機能を提供するもの。

なるほど…

2021/5/13 10:23  [2336-3685]   

一方の「RTMP / RTMPS」はAdobeのFlash Playerで使われていたプロトコルで、2020年末にFlash Playerのサポートが打ち切られるのに伴い、使われなくなるだろうというネット記事を見かける。

Flash Playerって昔は必須のソフトな感じで、よく「更新しろ」と警告画面が出てきたものだが、いつの間にか見かけなくなった。なくなっちゃうのかあ…なんで?

2021/5/13 10:39  [2336-3686]   

かつての動画再生ではFlashが圧倒的に使われていたが、iPhoneでFlashがサポートされないことになった辺りから風向きが変わり、HTTPという方式で動画再生がまかなわれるようになったという。デファクト・スタンダード競争に負けちゃったわけね。

2021/5/13 10:47  [2336-3687]   

では「RTMP / RTMPS」はなくなってしまうのかとなると、そう簡単でもないという。

そもそも動画配信には二つの通信がある。

@配信者が配信サーバに動画をアップする通信
A配信サーバから視聴者に配信される通信


Flashが使われていたのはAの通信で、そちらでは RTMP / RTMPS は使われなくなる。だが@の方は引き続き使われるだろうと。現にYouTubeのライブ配信に使われてるもんな。

2021/5/13 10:54  [2336-3688]   

YouTubeに「LumixVideo」というチャンネルがあって、時々見てみるのだが、カメラやレンズの紹介動画、使い方のチュートリアル動画などをアップしてあっても視聴回数が数百回程度のものが多く、「人気ないんだなあ」という感じ。

ただ昔の動画に遡っていくと、GH5の紹介動画では再生回数が3百万回を超えているものがあった。GH5が当時いかに注目を集めたかがわかる。

2021/5/13 11:27  [2336-3689]   

このチャンネルに「LUMIX Tether for streaming」の紹介があった。そう言えば「LUMIX Webcam Software」と具体的にどう違うのだろう?と疑問になり、ダウンロードしてみようと思ったが…これはWindows版しかないのね。

テザーソフトを改良してパラメータ表示なしに映像だけ流せるようにしたものらしいが、後から出た「LUMIX Webcam Software」の方が決定版ということなのかしら。といってもベータ版だが。

2021/5/13 12:20  [2336-3690]   

今さらながらに疑問が湧いてくる…知らんことばかりのままボーッと生きてきた…

G9にはHDMI端子があるが、これはPCに繋げられるのだろうか? 前にテレビには繋いだことがあって、画像再生できることは確認した覚えがある。ケーブル類はほとんど捨てちゃったが、PCからテレビに繋ぐHDMIケーブルがあるので、G9とMacBook Proを繋いでみる。

うーん、何も起こらんな…というか認識している気配がない。このケーブルは片側がUSB-Cになっているのだが、仕様を調べるとHDMI端子方向への一方通行らしい。反対に流れないんじゃ認識するわけないか。じゃあ両方向へ通信するケーブルなら認識するのだろうか。安いケーブル買って試してみるか…

2021/5/13 14:15  [2336-3691]   


ニコンも決算発表。キャノンほどの回復は見られない。ニコン製品は堅実な作りだと思うが、地味でインパクトがないんだなあ。

2021/5/13 15:37  [2336-3692]   

YouTubeでジム・ロジャーズ氏のインタビューか何かの音声を拾った動画を見かけた。

株価が上がり続けることはない。企業は永遠ではない。グーグルだってアップルだって、いずれは消えてなくなる。ダウは優良中の優良会社30社の株価を平均したものだが、125年の歴史を経て、当初の構成銘柄は1社も残っていない。1社もだ…

そういうことだな。ソニーだろうがキャノンだろうが、いずれは消えてなくなるのだ。。

2021/5/13 16:49  [2336-3693]   

ナスダックもなあ、コロナで落ち込んだところから、と考えても、僅か1年ほどで倍になるのはバブルじゃなかろか。どこかで必ず反動が来る。

2021/5/13 17:16  [2336-3694]   

ブルームバーグの記事にあったが、最近の米雇用統計や消費者物価指数について、エコノミスト連中の予想が大外れであったという。なぜ外れてしまうのか、エコノミスト側の言い訳が示唆的だ。

彼らの予測モデルは過去のトレンドをなぞったものであって、トレンドから外れるような急激な変動は予測できないと。はあ? トレンドを伸ばすだけだったら誰でもできる。そこから外れたらもう分からない、なんて予測でもなんでもない。エコノミストなんて如何にいい加減かがわかる。自分で考えるしかないんだ。

2021/5/13 17:38  [2336-3695]   

お母さんは凛々しいのだ。

2021/5/13 19:01  [2336-3696]   

自分の仮説は「写真のどこに注意を惹かれるかは、ピントだけでなく、色にも左右される」ということだから、ここでも緑の彩度を落としてみた。

2021/5/13 19:05  [2336-3697]   

GH5M2について取り上げたYouTubeの海外動画を見て、海外での受け止められ方の一部が見えた。Tony & Chelsea Northrupというチャンネル。登録者数146万人となってるから、かなり人気だね。

まずパナソニック機についての見方。この人はGHシリーズをずっと使ってたようだけど、数年前からキャノン機とソニー機に乗り換えた。フルサイズということもあるのだが、決め手はAFみたいだ。静止画は良いとして、動画AFは像面位相差機とサイドバイサイドで比べると差が目に付く。

従来は動画はMFで撮るものだった。それが次第に少人数で撮るようになり、フォーカスマンがいなくなり、となって来ると「使えるAF」があることが必要条件になってくる。だからパナ機を使っていた人もキャノンやソニーに乗り換え始めているのが現実だと。

なるほど。シビアに使う人たちはそうなるんだな。パナ機はやっぱり厳しいね。まあワシには関係ないけど。

2021/5/13 21:15  [2336-3698]   

また、この人は「マイクロフォーサーズには将来性がない」と考えて見切りをつけたということでもあるようだ。マイクロフォーサーズを担ったのはオリンパスとパナソニックという、カメラメーカーとしてはメジャーになれなかったグループだ。カメラ市場がシュリンクすると小規模であるほど研究開発費をかけにくくなって、フルサイズを押し出してくる大メーカーに対抗して魅力ある製品を出すことが難しくなってくる。

フルサイズであっても、キャノンであればF値の暗い望遠を出して、オリンパスのワイルドライフ市場を奪いに来ているし、ソニーもα7Cを出してマイクロフォーサーズのコンパクトなメリットを打ち消そうとしている。そしてそれは奏功するだろうと。

2021/5/13 21:25  [2336-3699]   

なるほどなあ。マイクロフォーサーズにもパナ機にも未来がないんだったら、自分も見切りをつけてキャノンかソニーに乗り換えるかなあ…

2021/5/13 21:29  [2336-3700]   

なんて思うかボケ! たかがカメラのレビュアー風情が言ったからって、なんでその通りにせにゃならんのだ。

「みんなキャノンを買ってるんだからオレもキャノンにしよ」なんて思うヤツは、一生ヒトの言うことに振り回されて人生を終わるだけだ。オレは真っ平だね。自分がピンと来た機材を使って自分を少しでも豊かにするんだ。

2021/5/13 21:32  [2336-3701]   

キャノンのF値の大きい望遠だとか、α7Cだとかってのは、「みんなで志の低い人生を送ろう!」と呼びかけているような製品だ。「もう大きくも重くもありません、フルサイズの割りに性能が低いのはガマンして使いましょう、それが貴方にはお似合いです」と言われて、「そうか、オレってその程度なんだ」と喜んで買えばいいじゃないか。アホらしい。

2021/5/13 21:39  [2336-3702]   

レビュアーとユーザーは根本的に立ち位置が違うのだ。レビュアーは機種を比較して優劣を伝えているだけだ。だがユーザーが特定の機種を使って「いいな」と思うかどうかは別の話だ。自分の感じは自分にしか分からない。人に聞いて決めるもんじゃない。

レビューなんて万人に共通するものではないのに、あたかもスペックが万能であるかのように語るレビュアーはむしろ「自分には繊細な感受性がないのでスペックに頼るしかない」と言ってるようなものだ。

2021/5/13 22:10  [2336-3703]   

と熱くなっても仕方ないか。自分がカメラを買うのは、人に合わせたり、自慢したりするためじゃない。自分を豊かにするためだ、と自分に言い聞かせればいいだけだ。

2021/5/13 22:14  [2336-3704]   

ただ「レビュアーのバイアス」というのも考えておかにゃならんな。レビューも商売だ。それでなくてもカメラ人口が減少してくる中で、視聴者を確保せねばならん。弱小メーカーに肩入れしても先細りだ。何があっても生き残りそうなメーカーに狙いを定めて、すり寄っておく必要がある。大メーカー推しの方が視聴者は集まりやすいだろうからな。

カメラ雑誌も消えてゆくが、レビュアーの方たちも尻に火がついているのではなかろうか。

2021/5/13 22:24  [2336-3705]   

というか、カメラ市場が縮んで新製品の数が少ないんだから、レビューの材料にも事欠くよな。

ここはデジカメの情報サイトも共通して抱える問題だろう。前はデジカメinfoさんとか、デジカメwatchさんとか、よく見ていたけど、最近はあまり見なくなった。新しい材料がそうそう出てくるわけでもないし。

久しぶりに見ると雰囲気が変わってたりして。infoさんは前は黒バックだったのに、いつの間にか白バックに。watchさんはまったく関係ない広告が掲載されてたり。「なんとかしなきゃ」な感じが伝わってくる。。

2021/5/13 22:57  [2336-3706]   

考えてみたら、デジカメのレビュアーなんて、そんなにたくさんいてもしょうがない、って話になってくるよな。かつてとは違うのだ。

デジカメ市場が爆発的に伸びたのが十数年前。その頃は売上がうなぎ上りだったから、メーカーも新製品をどんどん出すし、市場にはカメラ初心者が押し寄せるし、でスペックをかいつまんだようなレビューでも重宝されたということだろう。

嗚呼! 時代は移りにけりないたづらに

2021/5/14 06:54  [2336-3707]   

そうだよ、時代は移るのだ。

むかしバイク雑誌には「新車のスクープ合戦」なんてあったのが、まーなつかしい。。バイクに乗る若い人多かったからなあ。。そのバイク雑誌も次々に休刊となり、今や書店にバイク雑誌コーナー自体を見かけなくなった。かつては広大な面積を占めていたのに!

2021/5/14 07:00  [2336-3708]   

でも自分にとってはいい機会だ。「オレってガジェット趣味だからなあ、こうなると面白くねえ」と思えば、とっととやめて、他の何か面白そうなガジェットを探せばいい。「自分にとってバイクとかカメラは何だったのか?」と考える契機なのだ。

自分は……自分の興味を満たして自分を豊かにしてくれるか、というところに還ってきた。バイクもカメラも、そのための道具だったに過ぎない。それがわかっただけでも進歩じゃないか? 自分の人生は自分で決めるのだ。他のヤツに決めさせることはねえ。

2021/5/14 07:38  [2336-3709]   

こういうの、自覚するかどうかで進路が変わってくる。何も考えない人は、いつまでもクチコミにしがみついて、むかしの歌を歌う。デジカメの先端は動画機能なのに、むかし獲得した知識だけをひけらかそうとする。動画機能なんて無くなりゃいいのに、なんてつまらなさそうに言う。

せっかくの先端なんだ、ガジェット趣味なら突っ込んでみりゃいいじゃねえか。「自分の興味を満たす道具」という自覚がないのだ。自分が中心にいないのだ。マウントを取ったって自分は豊かにはならない。

2021/5/14 07:46  [2336-3710]   

おもちゃだと思えばいいよな。機能を色々試してみて「へえーこんなことできんだ」なんてのを楽しめばいい。自分もOBSをもう少し使ってみよう。ライブ配信するわけじゃないが、これは録画もできる。

動画の簡易編集ソフトとして使えるんじゃないか。Final Cut Proみたいな高度な編集はできないだろうが、自分の喋りだとか、PC上の資料だとかを手早くまとめるには、こっちの方が良さそう。

2021/5/14 08:17  [2336-3711]   

OBSの「スタジオモード」を使ってみる。画面が左右に分かれるが、左が編集画面、右が配信画面。編集途中を見られたくない場合、左で編集して、終わったら真ん中の「トランジション」を押して右の配信画面に反映させる。

簡易的なものではあるが、スタジオ気分が味わえる。

2021/5/14 08:31  [2336-3712]   

OBSはエフェクトという形で色調調整ができるようになっている。「ガンマ」なんてあるんだ。。

SILKYPIXの使い方で出てきたヤツか。露出を明るい方へ調整すると、全体を動かすから、明部が次第に白飛びしてくる。ガンマは中間部分だけ調整するため、明部は変わらずに中間部分が明るくなると。

やってみると…ホンマや…

2021/5/14 09:30  [2336-3713]   

OBSには「仮想カメラ開始」というボタンもある。なんだろな、と調べてみたが…

OBSの画面を他のツールでカメラ代わりに使える、ということらしい。ZOOMでビデオ会議する場合、映像として何を取り込むかは選択できる。PCの内蔵カメラでもいいし、LUMIX Webcam Softwareを介してG9のライブビューを取り込んでもいい。その選択肢の一つにOBSが使えると。

ということは、OBSで色々加工した映像をビデオ会議に使えるのか。いやーすごい世界になってきてんだなあ。まあワシはビデオ会議なんかしないから関係ないけど。

2021/5/14 09:43  [2336-3714]   

よくテレビニュースで見かける医師会会長が、コロナまん延下でパーティに参加していたと報道されていた。典型的な「自分は偉い人」の意識で、「コロナが広まらないように大人しくするのはオマエら下々な、オレは偉いんで別だから」ってことだ。ワクチン接種に割り込んでくる有力者の意識も似たようなもんだな。

2021/5/14 12:53  [2336-3715]   

倉庫整理の続き。災害時用に買った太陽電池。これも相当前だぞ、使えんのかな。

TX2に繋げてみると一応充電しているみたいだ。しかし災害時の充電は、まずはスマホか。アクオスはType-CなのでType-Aから充電できるケーブルがない。端子も時代とともに変わっていくから、やっぱりチェックしとかなアカンのだな。

2021/5/14 13:01  [2336-3716]   

百均でケーブルを買ってきて、アクオスに繋いでみる。

「低速充電中」の表示が出た。充電はするが、あんまり能力は高くないみたいだ。まあでもイザという時用に、無いよりはマシだろう。

2021/5/14 13:09  [2336-3717]   

地方では若い町長が医療従事者枠で無理やりワクチン接種を受けたというニュースも。これも「オレは偉いんだ、オマエらとは違うんだかんな」ってわけか。

米NY州クオモ知事はワクチン接種が始まった頃の会見で「自分が先に受けることはない、後回しだ」とわざわざ言っていた。こういうときに本性が出ちゃうもんだ。

2021/5/14 16:50  [2336-3718]   

ひろゆき氏の動画で、ファッション通販を創業した実業家とのゆくたてが面白かった。その実業家が「一緒にお金配りしませんか」というキャンペーンをSNSで行っていたので、ひろゆき氏が「互いに5百万円ずつ出して、児童養護施設にPCを配るってのをやりませんか」と応じ、先方のスタッフと打ち合わせしたのだという。

ところが先方から却下されてしまった。地味過ぎてフォロワーが伸びないからだという。ひろゆき氏は「社会的に意味があるんじゃないかと思ったが、あちらはフォロワー数を伸ばすためにやってるみたいだ」と。いやーそんな人いるんだ。。お金でフォロワーを買うみたいな話。。それでフォロワーが増えたから何なんだろう。。

集まってくるのはお金に興味のある人だけだ。それでも「多数の人を従えている」みたいな錯覚に浸れるのかな。世の中、自分の僅かばかりの人生経験では推し量れん人が沢山いるよなあ。。

2021/5/14 17:32  [2336-3719]   

ふと疑問に思ったが、例えばYouTubeでデジカメのレビュアーをしている人は、どれくらいの再生回数があれば食べていけるのだろうか? ネット記事を漁っていると、広告収入の単価は1再生当たり0.1円程度だとするものがあった。分野によっても違いがあるようだが、これだと10万回再生されても1万円程度の広告収入となってしまう。

うわあ、これはキビシイだろうな。デジカメに興味のある層がどんどん減ってきている上に、新製品の数も減るとなればネタがない。広告収入じゃ食えない、となればメーカーとタイアップして宣伝費を回してもらうことになる。それでは自由な意見を言えなくなる。見ている方も面白くなくなり、視聴者数は更に落ちていく。

これはデジタルカメラに限ったことじゃないんだろうけど。。

2021/5/14 18:26  [2336-3720]   

ひろゆき氏の動画に出てくる投げ銭システムなるものも、意味がよくわかっていなかったが、これは演劇なんかで「いよっ!〇〇屋!」みたいな掛け声とともに、お金を紙に包んで投げ入れる「おひねり」のような感覚らしい。視聴者からの寄付で、その内の何割かが配信者の懐に入ると。

これも投げ入れてくれる人が多ければ重要な収入となる。こういうシステムを考える人ってセンスあるなあ。視聴者側にも参加感覚というか、パトロン感覚が味わえるもんな。

2021/5/14 18:37  [2336-3721]   

あれがなぜ「スパチャ」と言われるのかも知らなかったが、「スーパーチャット」の略なのか。動画配信ってテレビみたいに一方的に送りつけるイメージがあるが、視聴者から反応できるところが面白いわけね。

2021/5/14 19:08  [2336-3722]   

カメラ雑誌の休刊が相次いだことには、思うところがある。

カメラ市場が縮小を始めた頃、「カメラ雑誌は頑張ってるなあ」という感想を持った。バイクにずっと乗っていて、バイク市場が縮小し、バイク雑誌が次々と休刊になるのを見てきたからだ。「カメラにはなんだかんだ言って、コアなファンが多いということなんだろうか」と。

しかし、そうではなかった。ただ単に数年のタイムラグがあっただけだ。カメラ雑誌だって長い歴史を持っているのだから、状況が悪くなったからと言って、すぐにやめたいわけがない。ギリギリまで頑張って力尽きたということだと思う。

2021/5/15 06:11  [2336-3723]   

思うところと言うのは…「カメラのように違う世界がある」と思いたがった反面、どこかで「いずれはバイクのようになるんじゃないか」と予期していた面があったのかなと。物事が直ちに自分の思ったようにならないとしても、それが根拠のあることであったなら、いずれはそうなるってことじゃないか。

そうすると、自分が予想することも、いずれは実現するってことかな。例えば、カメラ雑誌で言えば、バイク雑誌のように、一般向けは全滅状態になるだろう。一部はネット媒体として残って行くんだろうと。

2021/5/15 06:24  [2336-3724]   

デジタルカメラの情報サイトやレビュアーのサイトは、需要がなくなって店仕舞いするところも出てくるだろう。価格コムでは、カメラ自体がなくなるわけじゃないから、需要が残ると思うが、訪問者の縮小に合わせて、カテゴリーが大々的に整理されるんじゃないだろうか。

そしてカメラメーカーは数年内に数社が撤退する。撤退するのはシェアの小さいメーカーだ。パナソニックは自分的にはもっとも画質の好ましいメーカーであって、なんとか踏ん張って欲しいが、第三者的に見ればキビシイ方の部類だ。だからこそGH5M2が出るなら買って、可能なうちに良心的メーカーの輝きを楽しんでおきたい。

2021/5/15 06:43  [2336-3725]   

この縁側サービスもいずれ整理されるだろう。訪問者の定着を図ろうという付け足し的なサービスなのだから、流入がどんどん増えていた時代は意味があっても、絶対数が減ってしまえば意味がなくなってくる。まあでも、そうなるずっと前に店仕舞いしてるだろうなあ。。

2021/5/15 07:18  [2336-3726]   

PRONEWSのプチ・シネコラム。基本的に映画制作者の視点なのだが、面白いと思うのは、例えば2分、3分のショートムービーが「趣味」になったっていいじゃないか、というところ。

プロとして業務でやるわけではなく、趣味で写真を撮ったり、音楽をやったりする人はたくさんいる。単に動画を撮るってんじゃないが、自分である程度組み立てを考えて、ショートムービーを作る趣味があってもおかしくない。友人とサークルを作ってやったっていいわけだし、家族やペットに出演してもらって作ってもいい。別に一般の人に受けなくても、YouTubeなんかで家族や友人と共有できる。

2021/5/15 08:50  [2336-3727]   

その昔…入社した会社の組合に青年婦人部というのがあった。そこで「ムービーを撮ろう」と音頭を取るやつがいて、自分も駆り出された。単純なストーリーで、最後は海辺で皆がジャンプするという陳腐な終わりだったが、撮影は休日に10回程度やったかなあ、毎回撮影後に飲み会をやって結構盛り上がった。

出来がどうとかより、みんなで何かを作っているという感覚が面白かったんだな。

2021/5/15 08:57  [2336-3728]   

機材の革新によって、時代が変わったんだと。

スマホで十分撮れるわけだし、少し本格的にしようと思えばデジタルカメラを使えばいい。今は安価なデジカメでも4Kが撮れるので、それでオールドレンズの味わいを気軽に楽しんでもいい。明るいレンズにしてボケを活用することもできる。昔は高価な業務機を使わないと出来なかったことが出来るようになったのだと。

そう考えると面白いな。自分のメインはスナップだが、スナップムービーというのもあっていい。というか、TX2で花の上で忙しく活動するハチさんをムービーに撮ってみたりしていて、なかなか楽しめる写りだ。

2021/5/15 09:09  [2336-3729]   

YouTubeで山田五郎さんの「オトナの教養講座」ゴッホの死の真相編を見る。近くにいると面倒な人ではあったんだろうが、切ない…と言われると切ない人ではあったんだねえ…

それにしてもこのチャンネル、1月に始まったにしては、すでに登録者数が17万人を超えている。山田五郎さん自身に知名度があるというのもあるが、やはりなかなか普通に聞ける内容ではない。面白え…

2021/5/15 10:25  [2336-3730]   

ふるいちやすし氏のプチ・シネコラムに、浜野安宏さんという人と映画を撮った話が出てきた。浜野さんは建築家で、渋谷のQFRONTなどを手がけた人だという。撮影の合間に「今後はどんな作品を撮ろうと思ってるんだ?」と聞かれたふるいち氏がどう言おうか考えていると、いきなり「はい、おしまい」と打ち切られてしまう。

その時に教えられたのが、プレゼンテーションの基本というのがあって、最初の20秒で相手を惹きつけられなければダメだと。力のある偉い人は忙しいし、パーティで立ち話できたとして、20秒で掴みがないと後に繋がらない。

へええ…こういうの、動画でも同じなのかしらね。最初に何か惹きつけられる部分がないと、終わりまで見る気にならない…

2021/5/15 17:23  [2336-3731]   

テレビで作家の大沢在昌氏のトークを見たが、彼が「タイトルが重要」と語るのも、同じようなことかも知れない。「新宿鮫」と言われれば「なんだそりゃ?」と興味を持つ。これを「新宿の男」と題されても、イメージは一気に漠然として興味が湧かない。新宿にはサラリーマンもいるし、ただ歩いている人もいるんだから。

でも「新宿」とダイレクトに結びつかない「鮫」が出てきて、「これ、なんかヤバそうなヤツが出てくる話なのかな?」と唆られる。大沢氏は連載をするのにタイトルを先に決めて、プロットは後から考えたりするのだそう。タイトルは掴みであると同時に、憑代のようなものになってる感じだ。

2021/5/15 17:44  [2336-3732]   

プチ・シネコラムで初めて知った映画関係の用語。映画館でよく色んな作品の紹介チラシみたいなのを置いてあるが、あれ「フライヤー」って呼ぶんだな。風に舞って飛ぶようなものというイメージなのかな。ポスターとフライヤーが重要な宣伝媒体らしい。

映画の予告編を「トレイラー」と呼ぶのも知らんかった。トレイラーって車で引っ張って運ぶものだが、昔々の映画館は映画上映の終わりに、次回上映の予告編をくっつけて「また来てね」をやってたために、車のトレーラーから連想されたらしい。ふーん。

2021/5/15 18:27  [2336-3733]   

しかし、映画館には行かなくなったなあ。確かに大画面の迫力はあるんだけど、自分はそもそも音が大き過ぎるのがダメなのだ。映画館の音って音響効果を謳う割にただ大きいだけで、雰囲気を味わえず興醒めだったりする。MacBook Proでアマゾンの映画レンタルを見るだけで十分な感じがしてしまうが…

2021/5/15 19:36  [2336-3734]   

若い頃に見た映画館で観た映画で、特に印象に残っているのが「白い家の少女」だ。名画座で「ジョディ・フォスター特集」と銘打って、徹夜で5本観る、というのに出かけたことがある。夜は強くないので、半分寝ていたが、1本めちゃ怖いのがあった。1本だけなら観るのやめるとこだが、5本のまだ途中なので、そういうわけにもいかない。ガッツリ観てしまって、すっかり青菜に塩状態。

その後に上映されたのが「白い家の少女」。怖いやつとは打って変わり、ジョディ・フォスターが神秘的な少女の繊細な心理を好演していて、干天の慈雨に感じた。それ以外のはどんなのだったか全く覚えていない。何十年も前の話だからのう。。

2021/5/15 19:49  [2336-3735]   

ホラー映画が好きな人の気持ちが理解できない。でもホラー映画が好きな人は、ホラー映画を見ない人の気持ちが理解できないんだろうな。そこは人それぞれ感受性が違うってことだ。

遊園地でジェットコースターに「きゃーっ」と歓声を上げて乗っている人も理解できない。若い頃に乗ってみたことはあるが、チョー気持ち悪かったので二度と乗っていない。体質もみんな違うのだ。自分はブランコに乗ってても気持ち悪くなる。

2021/5/15 20:07  [2336-3736]   

だからさ、自分が好きなものだけ撮ればいいと思うんだよな。自分が好きでもないのに「こっちの方がウケそうだから」と撮ったって自分は面白くもなんともない。自分は自分、人とは違うのよ。

2021/5/15 20:10  [2336-3737]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ



ジム・ロジャーズの言葉で自分の座右の銘。

いや人生で何もしなかったら困るんだけど、あくまで「投資」に対する態度の話。デイトレードとか短期で勝負する人は別だが、ある程度長期の動きを捉えようとするなら、大きく動くまでひたすら待つしかない。

散々痛い目に遭って、漸くこの言葉が腑に落ちた。

2021/5/7 09:04  [2336-3536]   

ZOOMを試してみようとアプリをダウンロードしてみた。PCの内蔵カメラとマイクでテストしてみたが、問題なく写る。ZOOMは日本でも海外でも使用率が高く、その一つの理由に通信が安定していることがあるようだ。データ圧縮技術が優れていて、比較的低いデータ量で通信できるという。

使っているPCがM1チップを使っていることを認識するみたいで、「M1チップ用のアプリに更新しろ」という通知が出る。さすがに広く使われているアプリ。

2021/5/7 09:35  [2336-3537]   

ZOOMのアカウント登録はホストが行うだけでいい。自分のスマホにもZOOMのアプリをダウンロードして繋いでみる。会議に参加するだけならアカウントを作る必要はなく、ホストからの招待を受けて参加するだけ。

PCのホスト側から自分のスマホへメールで招待を出す。スマホ側でリンクを開くと、ZOOMアプリを起動して繋いでくれる。出来た! なんだ簡単だな。

2021/5/7 13:12  [2336-3538]   

ZOOMには録画ボタンがあり、会議の模様を録画できるようになっている。会議を終了すると自動的にMP4ファイルをPC上に作成・保存してくれる。へえー便利だねえ。

MacBook Proにも画面録画機能があった。画面そのものを写真として保存する機能はよく使っているのだが、動画としても保存できるとは知らなかった。これも便利だねえ。

2021/5/7 13:18  [2336-3539]   

背景をボカしたり、変えたり出来るようになっている。ペンギンさんはイマイチ認識できていないが、人の顔が写っている場合はちゃんと認識していて、顔以外の部分を背景として変えられる。

なかなか優れたソフトっぽい。

2021/5/7 13:30  [2336-3540]   

録画の画質は、ZOOMでは 1280×720 のHDとなっている。MacBook Pro で画面録画した場合は 2880×1800 と、どういう設定なのか分からないが画質が細かい。

2021/5/7 13:42  [2336-3541]   

ではカメラとしてG9を使うべく、LUMIX Webcam Softwareをダウンロードしたのだが、MacBook Proにインストールできない。再起動してインストールしろ、というメッセージが出るのだが、再起動してもインストールされない。

何回か繰り返してみたがダメだなあ…

2021/5/7 14:05  [2336-3542]   

もう一度、ソフトの動作条件を確認する。

あれ? macOS 11に対応していないし、M1チップにも対応しとらんじゃないか。このソフトは去年の9月にリリースされてからアップデートされていない。macOS 11のリリースは去年11月だから、そもそも対応しとらんのだな。

2021/5/7 14:12  [2336-3543]   

いや待て待て…動作確認情報の表ではmacOS 11+M1チップでも動くようになっとったじゃないか。この表は去年11月現在だから、MacBook Proが出てから確認したはず。

ソフトがインストールできれば動くのだろうが、最新のmacOS 11では再起動インストールの際に何かが引っかかってインストール出来ないということか。お手上げだな。パナに文句を言おうかと思ったが、そもそもベータ版だしな。どんなもんか使ってみたいってだけだから、まあここまでにしておくか。。

2021/5/7 14:20  [2336-3544]   

そうか…色々やってみるったって、「どんなもんか知りたい」ってだけなんだよな。どんなもんか分かれば気が済むわけで、別にそれを使いたい、あるいは使わにゃならんわけじゃないと。

2021/5/7 16:10  [2336-3545]   

写真の編集もSILKYPIXじゃなくて、Macの写真アプリで良いかもなあ。

元々SILKYPIXを使い始めたのは、RAW現像したい、出来るだけLUMIXの絵作りに沿ったデフォルトが欲しい、ということだった。RAW現像なら、前に使っていたLightroomでも出来たし、Mac写真アプリでも出来る。ただデフォルトの現像結果がボディ内現像とかなり違う。LUMIXの絵作りが良い!という所が出発点だったのだから、純正扱いのSILKYPIXが良かろうという判断。

2021/5/7 16:16  [2336-3546]   

RAW現像にこだわって来たのは、昔Jpegを調整して画質がガサガサしてくるのを経験したから。8ビットファイルを編集すると仕方ないことなのか、じゃあRAW現像しようと。

ただ…自分にはRAWは要らんかな、と思い始めた。まず、そんなに拡大して見ることはない。つまり多少アラがあっても分からない。それから、そんなに大した調整はしない。現像調整の技を駆使するのがエライみたいな考えに影響されていたのかなあ。

それからJpeg編集のやり方も思ってたほど単純ではないようだ。8ビットのままで調整するわけではなく、ビット数を嵩増しした上で調整するようだから、メチャメチャなことにはなりにくい。

2021/5/7 17:07  [2336-3547]   

じゃあJpegでいいか、と。SILKYPIXでRAW現像した場合、ボディ内現像とほぼ一緒だが、完全に同じではないと説明書にも注意書きしてある。LUMIXの絵作りを取るなら、Jpeg出力の方が望ましいことになる。

Jpegを微調整する程度ならSILKYPIXを使うまでもなく、Mac写真アプリでいいんじゃないか。

2021/5/7 17:10  [2336-3548]   

被写体の問題もあるな。野鳥の場合は露出の微調整なんかやってるヒマがないことが多い。取りあえず撮って、あとで何とかしようという時に、Jpegでは暗部の階調なんか残っていないからリカバーしようがない。その点ではRAW撮影の意味があった。

でも野鳥はほぼギブアップ状態だからな。スナップでそういう極端なケースは少ない。

2021/5/7 17:13  [2336-3549]   

考え方の変化もあるか。野村誠一さんに触発されて、マニュアル露出で撮るようになり、「あとで何とかしよう、じゃなく、撮影時に詰めないとダメだ」の意味を考えるようになった。何かしら惹かれるものがあって撮るわけだから、その何かを現場で写しとめるようにしないと、後では復元できないということだろうと。

すると現像時に派手な調整を加えるより、撮影時に出来るだけ詰めて、あとは微調整に留めるという考え方になってくる。

2021/5/7 17:17  [2336-3550]   

暫くは、Jpeg撮影→Mac写真アプリで調整、のフローで行ってみよう。

2021/5/7 17:22  [2336-3551]   

ツバメが毎年のように営巣していた近所の鉄道駅に行ってみたが、今年はいなかった。ここ10年ほどの間にツバメを見かける回数が激減した。何か特殊事情、あるいは地域的事情があるのかもしれないが、自分が想定しているのは冬季を過ごす東南アジア方面での環境悪化による個体数の減少だ。人間が増え過ぎなのだと思う。

2021/5/7 20:07  [2336-3552]   

物の整理はオレのカタルシス…倉庫の中を少し整理しよう。まずは乾電池のストック。

乾電池って前ほど使わなくなったような…細々した電気製品が減ったとかってあるのかな。パソコンやスマホでなんでも出来るようになったからってあるような気がするが…

特にこのデカい乾電池を使うような器具ってあったかな? 大体いつの時代の電池なんだコレ…

2021/5/7 21:23  [2336-3553]   

電池は処分するとして…おやラジオを発見。これも相当な時代物。天災時用に取っといたんだな。

電池を入れてつけてみると、おお!聞こえる! 接触が悪いのか音量調節がうまく出来ないが。それにしても懐かしい。パソコンでラジコなんかを聞くのとまた違う雰囲気。なんか昔の記憶が蘇る、みたいなのがあるのかな。暫く使ってみよう。。

2021/5/7 21:29  [2336-3554]   

同じNHK-FMをラジコと聴き比べてみる。あれ?ラジコの方が30秒ほど遅れている感じ。なんでだろう…

音は無論ラジコの方がクリア。MacBook Proのスピーカーは音が良いからな。それに比べたらラジオの音は。。電波を拾うんだから、そうそうクリアってわけにはいかんだろうし、音域も狭いんだろうな。前に「昔の公衆電話のエフェクト」ってのを試した時に、波形を見て帯域が極端に狭いのが分かった。だから独特の音なのだ。それにちょっと似ている。

今の若い人はラジオなんか聞いたことないだろうな。自分は古い人間だからこそ昔の記憶が蘇るような懐かしさを感じるのだ。

2021/5/7 21:41  [2336-3555]   

そうだよ、乾電池は使われなくなって来ているんだ。パナソニックが欧州の乾電池事業から撤退したという記事を見たが、環境問題なんかで、乾電池はもうやめまひょ、という意識が広がっていると。

2021/5/8 06:02  [2336-3556]   

ラジオの音量ツマミをグリグリ動かしていると、調節機能が少し回復した。接点が腐食していた、とかなのかな。バイク整備でも昔は電気接点の腐食を復活させる接点復活剤なんてのを使ってみたことがあった。。

2021/5/8 07:57  [2336-3557]   

ラジオNIKKEIさんのサイトにQ&Aがあった。


Q:radiko.jpで放送を聴くと実際の時間よりも遅れているようですが?

A:radiko.jpの配信は、その特性上、実際の放送よりも若干遅れが生じます。このため、時報などは正確ではありませんのでご注意ください。なお、パソコンで聴くよりもスマートフォンのアプリで聴くほうが遅延が長くなります。


あ、やっぱりそうなんだ。電波はすぐに届くけどネット回線は時間がかかると。それにしてもウチの場合は「若干」って感じじゃないけどな。。

2021/5/8 08:05  [2336-3558]   

ラジオのスピーカーをさらに復活させる試み。音量を最大付近で暫く鳴らしてみる。うるさいので布団の中で。

昔、オーディオをやってた時に、スピーカーは大音量で動かしてやらないと、小さい音で聞いた時の応答性が悪くなる、という話だったような? ふーむ…気持ち違うかな?

2021/5/8 08:22  [2336-3559]   

OBS Studio というのも気になったのでダウンロードしてみる。

………? 配信と録画のためのソフトだそうだが何がどうなるのか全くわからんのだが?

2021/5/8 09:07  [2336-3560]   

「ソースがありません」となってるか……えーと冷蔵庫にあったかな?ってそのソースとちゃうわ!(さ、さむい…)


映像を取り込めってことなのかしら?

2021/5/8 09:32  [2336-3561]   

ふと思い付いたが、高いカメラを買ってみたのは、劣等感の補償作用だったのかな。

若い頃にはタバコを吸ってみたり、大酒を呑んでみたりした。今思えば、自分に自信がない、その劣等感を補って自分を大きく見せたいという欲求の現れだった。健康にも悪いし、他に興味が湧いて面白いものが見つかればソッチに行くので、タバコや酒は要らなくなるのだ。

同じようなことで、高いカメラを買ってみる、高額なレンズを買ってみる、というのは写真に対する感性に自信が持てない、その自信のなさの現れだった気がする。自分で「お、なんかいいじゃん」と思える写真を撮ると、その自信のなさから解放されて、高いだけのカメラはどーでも良くなると。。

2021/5/8 09:45  [2336-3562]   

OBSではソースを読み込むのに「+」ボタンを押せと書いてある。うわっ、何だこの大量の選択肢は。もうワケわからん…

でも「画像」ってのもあるな。画像も読み込めるのか。

2021/5/8 10:35  [2336-3563]   

写真を読み込んでみる。おお、表示はされた。で、これがなにか?

2021/5/8 10:37  [2336-3564]   

待てよ、ライブ配信ってどうもピンと来ていないが、要は生放送ってことだよな。テレビの生放送と同じことを個人がネットでやれるってのは、考えたらすごいことだよなあ。

ネット記事を見ていると、ゲーム配信をする人が多いみたいだ。若い人はゲームをやってる人が多く、見る側にも需要があるってことか。知名度のない人にとっては一つの有力コンテンツってことなのかしら。

2021/5/8 13:55  [2336-3565]   

ライブ配信って自分のYouTubeアカウントから出来るのであろうか?
YouTubeの説明を読んでみると、PCからは二つの方法があるらしい。

@ウェブカメラを搭載したPCでライブ配信する。
Aエンコーダを使用してライブ配信する。

あ、エンコーダって前に何かで調べたな。配信内容を配信に適したデータ形式に変換すると。YouTubeはエンコーダのライブ認証制度というのを作っている。技術的なすり合わせを行って、問題なく使えるソフトやハードを認定しておくということであろう。ライブ認証を受けたエンコーダソフトの中にOBS(Open Broadcaster Software)が含まれていた。

2021/5/8 14:20  [2336-3566]   

しかしエンコーダがなくても出来るってことなのか? YouTubeのアカウントでライブ配信を選択してみた。

うーん、24時間待てですか。これは罠だな。じっと部屋で待たせておいて、その間にコマンド部隊に急襲させる積りだろ。そうはさせるか…というしょーもない空想は置いといて、なんかよーわからんなー

2021/5/8 15:43  [2336-3567]   

YouTubeは取りあえず置いといて、OBSに戻る。

配信だけじゃなく、録画も出来ると書いてある。録画ボタンを押すと…あ、録画してるっぽい。ところが録画を終了して「録画を表示」させると「mkv」なる形式のファイルが出現。なんだこれ。再生できないんですけど。

設定で録画形式を変えられるようになっていたので「mp4」に変更して再度録画。ああ、今度は再生できるな。1280×720のHD画質。

2021/5/8 16:17  [2336-3568]   

OBSの録画形式をmp4に変更すると、警告メッセージが表示される。mkvは回復可能性がある、音声の多重トラックに対応、などの利点はあるらしい。「録画の再多重化」というのをやってみたが、これを使うとmkvをmp4に変換できる。つまり「mkvの方が安心でっせ、録画が成功してからmp4に変換すりゃええやないですか」ってことらしい。

2021/5/8 17:33  [2336-3569]   

待てよ、OBSにもソースとして内蔵カメラの映像を取り込めるはずだよな。ソースの選択肢の中から、それらしいのを探してみる…「映像キャプチャデバイス」ってヤツかな。デバイスとしてPC内蔵カメラを選択する…

なんじゃこのサルは? あ、ワシか…

2021/5/8 17:47  [2336-3570]   

しかし、このデバイス選択で奇怪なことが判明する。選択肢に「LUMIX Webcam Software」が現れたのだ。

ええっ? 何遍もインストールを試みたけど、Finderで探しても、アプリケーションで探しても見つからず、インストールされた形跡がなかったんだけど? どうなっとるんや…

2021/5/8 17:52  [2336-3571]   

G9 を Tetherモードで MacBook Pro に繋いでから、OBSで LUMIX Webcam Software を選択してみた。


おお! LUMIXソフトのロゴが表示されたあと、G9で写したサルが…じゃなかったワシが表示されるじゃないか!



ということはインストールはちゃんとされてたのか。ただ、ステルスソフトみたいな感じで、アプリケーションとして表示される位置付けではなかったというだけで。いやー素人の思い込みってコワイな…

2021/5/8 18:40  [2336-3572]   

PC内蔵カメラとG9とで、それぞれOBSに録画させてみたが、いやー画質が違うわ。

PC内蔵カメラは昔のコンデジみたいな写り。高感度でよく「絵の具で塗りつぶしたような」と形容されていたが、そんな感じ。G9は無論ずっとスッキリした写り。なるほどねえ。YouTubeで配信なんかする人は、そりゃちゃんとしたカメラで撮りたくなるよなあ。

2021/5/8 18:46  [2336-3573]   

ライブ配信には疑問も湧いてくる。G9の動画撮影では時間制限がある。4K60Pは10分、それ以外の4KやFHDは30分だ。これってライブ配信の時にも適用されるの? 適用されるんだったらライブ配信が途中でブチ切られてしまうことになる。

YouTubeのライブ配信でG9のFHDで撮ったものを見かけたが30分は超えていた。動画撮影とはまた違う制御なのかな。OBSで試したのも、あとで気付いたが動画モードにしていなかった。それで写っていたわけだ。単にライブビューを取り込んでいるということなんだろうか?

2021/5/8 19:40  [2336-3574]   

考えたらヤッパリそうだよな。カメラの録画ボタンを押すとか無しに映像が取り込まれる。ファインダーやモニター用にライブビュー画像が常時生成されているわけで、それをそのまま横流しするってことじゃないか。

2021/5/8 20:23  [2336-3575]   

Tether と同じことだ。あれもPC側にライブビューを流して、PC側から操作指示を出せるようになっている。G9をLUMIX Webcam Softwareに繋ぐときに、PCとの接続モードをTetherにするのも、同じパターンを使っているということを表しているんだろう。

2021/5/8 20:29  [2336-3576]   

ライブビューの画像処理には、なぜ熱問題による時間制限がないのであろうか? 考えられるのは処理画素数が少ないこと。

G9の場合、ファインダーの解像度は368万ドット=123万画素、モニターが104万ドット=35万画素。基本的には細かいファインダーの方に合わせて123万画素でライブビューを生成していると思われる。フル画素には遠く及ばない処理画素数だから熱問題がないのだろうと。

ライブビューでも部分拡大する場合は解像度を上げているはずだが、拡大するということは処理範囲を狭めているわけで、問題にはならないってことなのかな。

2021/5/9 05:56  [2336-3577]   

ライブ配信に「エンコーダ」がなぜ必要なのか、少しイメージが湧いてきた。例えば、ゲーム配信をする場合、カメラだけじゃだめなのだ。ゲームの画面を出さなくちゃならない。画面に文字を入れようとする場合もカメラだけでは対応できない。画面をPCで編集、操作してから送出する、カメラだけではない各種情報を送出データにまとめる作業が必要で、それを行うのがエンコーダだと。

2021/5/9 07:13  [2336-3578]   

OBSの処理は、映像と音は別なんだな。G9から映像を流してもG9のマイク音声まで流れるわけではない。エンコーダが送出データを組み立てる際の映像素材としての扱いで、音声はあくまで別ルート、この場合で言えば MacBook Pro の内蔵マイクが音声源ということになる。

2021/5/9 07:27  [2336-3579]   

OBSで「画面の切替」というのをやってみた。下左の「シーン」というのを追加してみる。「ソース」は各シーンの下に紐付いているらしい。二つのシーンにそれぞれ別の画像をソースとして追加する。シーンを切り替えると上部の画像が切り替わる。はーこういう風にするのか。

シーンの切り替えをしながら録画してみる。録画されるのは操作画面の上の部分だ。おお、ちゃんと切り替わって録画されとる。

2021/5/9 08:43  [2336-3580]   

では、シーンをさらに追加して、今度は内蔵カメラで撮る自分の顔をソースとして加える。各シーンを切り替えながら録画してみると…これもいけるな。エンコーダソフトって便利なツールだなあ。

2021/5/9 08:48  [2336-3581]   

MacBook Proでスクリーンショットを撮ると「png」形式で画像が作成される。この縁側ではjpegしかアップできないため、png画像を開いてjpeg画像に書き出していた。

考えてみると、これも面倒な作業だよなあ、最初からjpegで書き出すように出来ないのかな、とネット記事を漁っていると、「ターミナル」という大昔のパソコン画面みたいなのを開いて、簡単なコマンドを入れると設定を変えられるという。

やってみると、おお! jpeg画像が生成された!


やっぱりこういうのは何も考えんと十年一日みたいに同じことを繰り返しとったらアカンのや。

2021/5/9 09:17  [2336-3582]   

今度は画面に文字を入れてみた。シーンの一つに、ソースとしてテキストを加えてみる。このシーンの下にはテキストと画像があることになるが、このシーンを選択すると両方を重ねた画像になるということらしい。

最初は日本語がちゃんと表記されないので焦ったが、フォント選択の中で「Writing System」を「Japanese」に変えると、日本語を表記できるフォントが選択できるようになる。フォントの色も上下で変えられるようになっている。ここでは上半分を濃い青、下半分を薄い青にしてみた。

いやーいろんなこと出来るのね。

2021/5/9 09:41  [2336-3583]   

文字が横に流れる、というのもやってみる。

テキストにはエフェクトを加えられるようになっていて、その中に「スクロール」がある。デフォルトは速度ゼロになっているので、水平速度を少しプラスにしてやると、右から左へ字が流れる。マイナスにすると左から右へ流れる。

これでテキストの赤枠の中で文字の流れをループさせることができる。ループを外すと一回流れて終わり。赤枠を端まで引っ張って、画面全体を横切るようにもできると。

2021/5/9 10:06  [2336-3584]   

PC内蔵カメラで自分の顔を写して、その上にテキストを流す…も出来るな。同じ自分の顔でもテキスト有りシーンと無しシーンを作って切り替えると、テキストを一回だけ流すってのも出来る。テキスト有りシーンを選択すると、テキストが流れるところから始まる。

自分の顔がテキスト有り無しで切り替わっても、違和感ないねえ。よく出来てる。

2021/5/9 11:13  [2336-3585]   

右下に「シーントランジション」があって、シーンを切り替える際のエフェクトを選択できる。でもまあ無難なのは「フェード」かな。前のシーンが消えつつ、次のシーンが現れるやつ。

重なり時間を調整できるようになっている。自分は割と小気味よくパッと切り替わる方が好きだ。150msくらい。

2021/5/9 12:35  [2336-3586]   

こういうのって、映像編集ソフトであればみな出来ることだろうけど、それをライブで出来るってのが凄い。

OBSというソフトは無料ソフトの割に作りが良い。なんというか、使いやすい。多くの人に使われているせいだろう、こなれている感じ。

2021/5/9 12:41  [2336-3587]   

さてと、YouTubeの方は24時間経ったんじゃないか?とライブ配信をトライしてみる。

おお! 今度は警告マークが出ずに、選択画面が表示。

2021/5/9 15:31  [2336-3588]   

「今すぐ」を選択して次の画面へ。

2021/5/9 15:33  [2336-3589]   

取りあえず内蔵ウェブカメラを選択する。

と、警告マークが。えーSafariじゃダメなの? グーグル・クロームはとっくに削除しちゃったよ。仕方ない、もう一回ダウンロードするか…

2021/5/9 15:35  [2336-3590]   

YouTubeもグーグルがやってんだから、自社ブラウザを使わせたいんだろうな。

クロームからYouTubeを開いて再度ライブ配信を選択する。設定を「非公開」にして、PCのカメラ、マイクの使用許可を出すと、あっけなくスタート。ライブ配信って、こんな簡単だったのか。。

2021/5/9 15:41  [2336-3591]   

数十秒、自分のアホ面を眺めてから配信終了ボタンを押す。

12時間とかの長時間でない限り、自動的に録画保存してくれるらしい。チャンネルコンテンツで、いつもは「アップロード動画」を見ているが、「ライブ配信」のタブを開くと、おお!動画が出来とるがな!

ひろゆき氏が「編集しないから作業時間ゼロ」と言ってたが、こういうことだったのか。。

2021/5/9 15:47  [2336-3592]   

ライブ配信で生成された動画の画質は720Pであった。この画質ってどっから来たんだろう?と考えていたが、MacBook Proの内蔵カメラが720P HDだから、ってことかな。取りあえずやってみるにはいいけど、やはり内蔵カメラでは限界ある感じ。。

2021/5/9 16:14  [2336-3593]   

ライブ配信ってこんな感じなんだ…というイメージができると、急速に興味を失っていくワシ…だって別にライブ配信がやりたいわけじゃないもんな。エンコーダによる配信もテストしてみようと思いつつ…顔がサルで力が出ない…ジャムおじさんに人間の顔を焼いてもらってきて…ガクッ

2021/5/9 18:34  [2336-3594]   

と言いつつ、ワシ、性格的にあんまり中途半端なことがやりづらいんだよな。モノをやたら整理して捨てたがる、なんてとこにも繋がってそう。例えば、おやつに、と思ってお菓子を一袋買ってきたとしよう。奥さんはいっぺんに食べてしまわずに、途中でやめて保存しておいたりするが、ワシはこれが出来ない。残すと気になって全部食べてしまう。困ったもんだ…

まあ悪いことばかりじゃなくて、仕事なんかでも気になって片付けちゃう、とプラスに働く部分もありはしたのだがなあ…

2021/5/9 21:12  [2336-3595]   

ということで、OBSを使ったエンコーダ配信をやってみた。と言ってもこれまた超簡単なのだった…

YouTubeで配信する場合は、YouTube側で発行する「ストリームキー」をOBSにコピーすればいいだけ。あとはOBS側で、配信の開始や終了を行える。OBSアプリで制御するのだから、ブラウザとしてのクロームも不要。

ストリームキーは自分のYouTubeアカウントでエンコーダ配信を選択しても取得できるのだが、OBSの設定画面にある「ストリームキーを取得」ボタンを押しても、その画面を出してくれる。こういうとこ、YouTube側とよく詰めてるんだなあ。

2021/5/9 21:20  [2336-3596]   

YouTubeの画面を開いてみると、ちゃんと動画が保存されている。これも720Pか。OBSの送信画質がデフォルトで720Pになってるんだろうな。

2021/5/9 21:23  [2336-3597]   

ストリームキーとは何か? YouTubeのヘルプには次のように書いてある。

「ストリームキーは YouTube で配信するためのパスワードとアドレスのようなものです。フィードの送信先をエンコーダに指定し、YouTube に認識させます。YouTube でストリームキーを作成し、エンコーダに入力します。」

ふーむナルホド…ってよーわからんけど「ここにデータ送ってくれたら配信しとくから」という指定みたいなもんかな。

2021/5/9 21:41  [2336-3598]   

PC内蔵カメラのライブ配信動画と、G9を使った配信動画、いずれも720Pで保存されてるけど、見比べるとやはりG9を使った方が綺麗に写る。解像度が同じでも内蔵カメラはセンサーが小さいだろう、その分受光面積も小さく、ノイズで潰れ勝ちなんだろうな。

2021/5/9 21:53  [2336-3599]   

クチコミに書いてる人がいたが、家電批評の「動画機能で選ぶミラーレス」というような特集で、G9が1位だったという。へえ…G9は静止画機という位置付けだったのにね。パナがファームアップで思い切り動画機能を取り入れて、コスパが頭抜けちゃったってことなんだろうな。

録画時間制限はあるが、クロップなし4K60P対応、10bit対応、ログ対応、ウェブカメラ対応もあるし、値段の割りに万能感ハンパねー

2021/5/10 04:11  [2336-3600]   

でも時間制限を考えたらGH5の方が良い。ユーザーの数的には、そこまで本格的に撮る人は少ないからG9の動画機としての存在意義が出てくるってことなんだろうか。

スタイル的にG9の方がスッキリして感じられる。GH5はなんかデブッとしているというか。この辺り、時間制限を外すには放熱性能を高める必要がある、表面積を確保する必要があるというのも影響したのかな。

2021/5/10 04:31  [2336-3601]   

DPReviewが「Best cameras for videographers」という記事を掲載していたが、結果が次のようになっていた。

For high-end productions:S1H
Run and gun:a7SV

なるほど、機動的な撮影ではコンパクトなα7SVだね、ってことか。"run and gun"って、走っていってはカメラを構える、というイメージなのかな。走りながら拳銃をぶっ放す「あぶない刑事」の絵ばかり頭に浮かんで来るけど。

2021/5/10 04:44  [2336-3602]   

ライブ配信って、凝ったことを考えなければ思ってた以上に簡単。でもなんかワカル気がする。昔はもっと面倒だったんじゃないだろうか。いろんな人がライブ配信をやるようになれば、基礎知識のない人もたくさんいるわけで、「難しいことを考えなくてもできるように簡単な操作にしてほしい」という要望が高まり、ソフト的な対応がこなれてきたんじゃないかと想像する。

2021/5/10 07:03  [2336-3603]   

ライブ配信についてはイメージわかったからもういいか、と思いながら、新しいことは色々気になることが出てくるものだ。例えば「ライブ配信ってどれくらい高画質にできるのだろうか?」とか。

アップロード動画は基本的に4Kでアップしているが、ライブ配信も同様なのだろうか?

2021/5/10 07:32  [2336-3604]   

YouTubeの説明を読むと、エンコーダ側で、@解像度、Aフレームレート、Bビットレートの三つを指定すると、YouTube側で設定を自動検出して処理するという。

YouTubeでのストリームキー発行には「可変」と書かれており、これはエンコーダ側が「解像度とかフレームレートの設定はこっちでやっとくから、それをちゃんと検出して処理しといてね」というパターンを表しているらしい。YouTube側が指定せずに「変えてもいいですよ」と言っとると。

2021/5/10 07:39  [2336-3605]   

ライブ配信では、この「ビットレート」が重要らしい。秒当たりどれだけの情報量を送るか、という設定。いくら解像度を上げても、ビットレートが足りないと映像を構成する十分な情報が得られず、ガサつき、カクつきにつながってしまう。


YouTubeの説明に、その目安があった。

720P:1,500〜4,000 Kbps

1080P:3,000〜6,000 Kbps

4K30P:13,000〜34,000 Kbps

4K60P:20,000〜51,000 Kbps


なるほど、高画質で配信しようとすると、PCや回線がそれに対応しているか、という問題が出てくると。

2021/5/10 07:45  [2336-3606]   

これは動画サイト側の処理能力の問題もあるのじゃないか。YouTubeの場合、スマホからのライブ配信はチャンネル登録者数1000人以上に限定しているようだ。あんまり敷居を下げ過ぎると気軽に使う人が殺到して、処理能力確保にコストがかかるってことじゃないだろうか。

もっともスマホ用のエンコーダソフトもあるらしい。それを使えばスマホからのエンコーダ配信、つまり登録者数の制限を受けない配信が可能なんじゃないかと思われる。

2021/5/10 08:08  [2336-3607]   

では、OBS側の解像度はどうなるのだろうか? 映像設定を開くと「基本(キャンバス)解像度」と「出力(スケーリング)解像度」の二つが出てくる。

基本解像度はPCのモニター解像度を表し、出力解像度は基本解像度以下でしか選択できないようだ。自分のMacBook Proの場合、モニターには4K解像度がないので、最大値は1920×1080となっており、出力解像度も同様。出力解像度のデフォルトが1280×720になっているので、それをFHDまでは上げられるってことか。

MacBook Proはモニターこそ4K解像度がないが、4K動画の処理は出来るので、何か設定すればOBSでも処理できそうな気はするが…まあそこまではいいや。

2021/5/10 08:37  [2336-3608]   

出力解像度を1080Pに上げてライブ配信テストをやってみた。ストリームキーというのは一々更新しなくても、前のをそのまま使えるらしい。

YouTube側で録画してくれた動画を開くと、おお、ちゃんと1080Pになってるな。

2021/5/10 08:49  [2336-3609]   

あ、でも設定そのままでもう一回配信すると録画されていない…配信できなかったってことか。ストリームキーを取り直して配信すると出来た…

自動生成キーというのは一回限りの使い捨てで、固定にするにはカスタムキーというのを作ればいいらしい。しかし自動生成キーでも二回目までいけた感じだったが…そこはよくわからん…

2021/5/10 09:19  [2336-3610]   

OBSではLUTを当てられるようになっている。G9側をV-Log Lにすると例のしらっちゃけた絵になるが、バリカムのサイトからダウンロードしておいたLUTファイルを指定すると画像を調整してくれる。

前にS5の紹介をしてた映像屋さんが、配信の送出時にLUTを当てるという話をしてて「どうやるんだろう?」と疑問に思っていたが、エンコーダにそういう機能があるわけね。

2021/5/10 09:51  [2336-3611]   

テキストを出したり引っ込めたりするのはシーンを分けなくても、簡単にできるのね。テキストの右側にある目のマークを押すことで表示、非表示が切り替えられる。多機能だから色々使おうとすると、それなりに設定があるわな。

2021/5/10 10:50  [2336-3612]   

やーめた。ライブ配信の操作もそりゃ色々あるだろうが、別にゲーム配信をやりたいわけじゃないからな。どんな感じかわかれば十分だ。結論的には流すだけなら誰でもできる。でなきゃ、こんなに多くの人がやってない。

デジタルカメラをウェブカメラに使うのも、メーカーが用意したソフトを介せばいいだけだから簡単だ。メーカー各社が競ってソフトを整備した意味がわかった。

2021/5/10 17:19  [2336-3613]   

と言いつつ、LEDライトをつけたバージョンもやってみる。PC内蔵カメラで撮ると、特に夜間室内なんかでは「オイオイ」な顔になるが、LEDライトを当てると印象が明るくなる。前から当てると眩しいので、横から、あんまり視界に入らない感じで当てても、それなりに明るくなる。

特に印象が変わるなと思うのは「キャッチライトが入るかどうか」の部分。自分の前方側に照明がないとキャッチライトが入らないわけで、印象が暗くなる。横から当ててもPCモニターへの反射なんかがあるのか、少しキャッチライトが入って、グッと印象が良くなる。

2021/5/10 19:16  [2336-3614]   

ライブ配信する際に必要だと思うのはマイクだ。PCの内蔵マイクでは、遠くで話しているようなこもった声にしかならない。外部マイクをテストしてみようかと思ったが、使えるのはDR-05しかない。

DR-05は録音状態にしなくても、録音準備状態でヘッドフォン端子に音声出力されることがわかった。ただ、これをMacBook Proにどう繋げるんだ?

2021/5/10 19:58  [2336-3615]   

MacBook Proのヘッドフォン端子は4極対応。スマホ用の通話ができる4極ミニプラグを使えば音声入力ができるらしい。だけどDR-05の音声出力は3極対応なんだよな。ダメ元で直接繋いでみたが、案の定マイクとしては認識されない。

それで思い出したのがヤマハのミキサー。これはスマホとの連携を念頭に置いて作られているから、4極対応の端子がある。ミキサーを介してMacBook Proに繋げばマイク入力できるのでは?

2021/5/10 20:06  [2336-3616]   

DR-05の音声出力をミキサーに入れて、ミキサーの4極端子からMacBook Proのヘッドフォン端子に繋いでみた。おお! 外部マイクとして認識しおった!

OBSの音声設定を外部マイクに変えて録画してみる。マイクとしてちゃんと機能するじゃん。口元の音を拾うから、周囲の残響がなく、こもった感じがないのが良い。まあでもライブ配信を本格的にやる人は、ちゃんとした外部マイクを買うべきね。

2021/5/10 20:12  [2336-3617]   

軒下デジカメ情報局さんが、GH5-M2の噂を掲載したという。具体的なスペックを挙げている。この人は誰かが適当に想像した噂を上げるというより、業界関係者との人脈があって、発表の少し前に入手した内容を流すケースが多いように思われる。

さすがに正式発表を控えたメーカーがリークするとは考えにくいので、流通関係者とか、テスト機を手にするプロカメラマンとかにコネクションがあって情報を入手するのかな?と想像してみる。

2021/5/11 06:10  [2336-3618]   

なので確度は高そう。それにしてもGH6じゃなくてGH5-M2なのか。これが事実なら、8Kだなんだと噂を上げてた連中がいかにいい加減かがわかるってもんだ。

でもマイナーチェンジなら、それはそれでわかる気がする。動画機のフラグシップは今やS1Hなのだから、ハイエンドはそちらに任せて、マイクロフォーサーズはお手頃価格の汎用機で住み分けするという思考なのではないか。

2021/5/11 06:27  [2336-3619]   

この辺りの経過は、ソニーのAPS-Cにも感じられた。フルサイズミラーレスに参入する前は、APS-C機がどんどん革新され、フラグシップ的機種が続くような気がしていた。実際はフルサイズ参入とともに、APS-Cは汎用機的な位置付けに変わり、あまり尖った機種は出てこなくなった印象。

やはりメーカーとしては、それぞれの立ち位置を考えるんだなあと。

2021/5/11 06:31  [2336-3620]   

前にLUMIX部門長のインタビューを読んでいて気になったことがあった。フルサイズを出した後もGH5を買う人が多いことについて「意外」な口ぶりだったのだ。意外、というのは想定と違うということだ。では何を想定していたのか?

想像だが、マイクロフォーサーズの需要は落ち込み続ける、マイクロフォーサーズからのフェードアウトもやむなし、という心算があったのではないか。マイクロフォーサーズから撤退してしまうとエントリー層の受け皿がなくなってしまうが、その場合はニコンがやってるように、フルサイズのマウントでエントリー機を一機種出して、最低限の対応をすることだって考えられる。

2021/5/11 06:45  [2336-3621]   

今でもGH5を買う人がいるというのは、フルサイズを提供しても「いや、そこまでお金はかけられないのよ、基本スペックはしっかりしてて欲しいんだけど、出来るだけリーズナブルな価格で使いたい」という層が結構いるということだ。

すると、プロやガジェット趣味層にはフルサイズのハイエンド機を買ってもらうとして、マイクロフォーサーズはあまりコストをかけずにリーズナブルなキープコンセプト機を提供するという考え方はわからなくはない。

2021/5/11 06:50  [2336-3622]   

軒下さんの挙げたスペックを見てみる。

有効画素数2033万画素、4K60P動画はGH5と変わらず、使い回しだろうか。EVFが120fpsとなっているが、GH5ではこれを謳っていなかったから60fpsだったんだろう。G9と同じ120fpsファインダーを使い回しするってことかな。

2021/5/11 06:58  [2336-3623]   

寸法や重量はどうか。

GH5:138.5×98.1×87.4mm、645g(本体)
GH5-M2:138.5×98.1×87.4mm、647g(本体)

うーん同じだな。事実だとしたら筐体自体も使い回しなんじゃないか。バッテリーはBLK22だから、S5用に開発された容量の大きい新型に変わると。

2021/5/11 07:05  [2336-3624]   

本体の米国価格が1697ドルとなっている。GH5発売時のデジカメinfoさんを見ると、こちらは1999ドルとなっていたから、15%ほど価格が下がることになる。使い回せるところは出来るだけ使い回してコストを下げ、基本スペックをアップデートした万能動画機コンセプトってことか。

GH5の初値は23万円くらいだった。15%下げると20万円をちょい切るくらい。実際にそうなるかどうかはわからんし、そもそも軒下さんの情報もあくまで噂だからな。今までの例からすると軒下さんのスペックで間もなく発表されそうだが、果たしてどうなるか。。

2021/5/11 07:17  [2336-3625]   

「4K60Pはすっかりありふれたスペックになってしまって目新しさがない」というコメントを見かけたが、ズレてると思う。各社ともフルサイズでは4K60Pを搭載しているが、重量や価格帯でマイクロフォーサーズと競合するフィールドじゃない。比べるならAPS-Cだろう。

APS-Cでは新しい機種でさえ、キャノンもニコンもソニーも4K60Pを搭載していない。フルサイズのない富士フィルムがX-T4に搭載しているくらいだ。だから4K60P搭載は、小センサー機としては依然として先端と言える。

2021/5/11 08:29  [2336-3626]   

まあでも、この手の人はどうでもいいや。

どうせ買う積りもないのに、スペックだけ見てどーこー言い立てて、くっだらねえ。

2021/5/11 08:48  [2336-3627]   

脳内遊戯してるだけだろ。「これじゃ買う気になりませんねえ」って、元々買う気ないのミエミエじゃん。買う金あんのかどうかも怪しいもんだ。

スペックしか見てないから面白くないんだよ。メーカーの戦略とかまで考えてみるから、その機種の位置付けが想像できて面白いのだ。

2021/5/11 08:58  [2336-3628]   

自分は…この価格帯で出るならG9から乗り換えてもいいかなあ。なんとか買えなくはない。

G9は気に入ってるけど、後継機は出ないだろうし、GH5-M2がパナのマイクロフォーサーズ最後の機種にならんとも限らんからな。絵作りは同じで違和感ないだろうし。

ただスタイルはG9の方がスッキリしてていい。

2021/5/11 09:27  [2336-3629]   

一番の興味はAFがどんな感じかだ。G9もファームアップでさらに改善する可能性はあるものの、GH5M2なら、最初からS5の最新アルゴリズムを適用してくるだろう。像面位相差にはまだ差があるとは言え、どの程度違うのか。

2021/5/11 09:33  [2336-3630]   

購入候補が俄かに出現し、息せき切って量販店に駆けつける。GH5ってどんな機種だったっけ。特に興味がなく、触ったことがなかったのだ。しかし、こういうところがワシも単なるガジェット趣味なんだなあ…

だって自分のメインはスナップであって、正直言えば、TX2一台あれば十分なのだ。でもまあ機能的に限界はあるから、動画を多少でも撮ってみようと思ったら、マイクロフォーサーズも使ってみたくなる。

2021/5/11 11:22  [2336-3631]   

なぜGH5に興味がなく、G9を使ってみたかと言えば、野鳥撮影がメインだったからだ。動画には興味がなかった。動画を多少でも撮ってみるようになったのは、つい最近のことだ。

そうすると「動画は動画で面白そう」となってくる。一方で野鳥撮影には行き詰まりを感じて、望遠レンズも売ってしまった。G9である必然性はなくなったわけだ。G9の良いところは絵作りとボディスタイル。絵作りは共通しているとしても、ボディスタイルは触ってみないとわからない。

GH5M2の筐体は変わらないだろうから、GH5を触ってみれば感じは掴めるかなと。

2021/5/11 11:28  [2336-3632]   

それでGH5に触ってみたが…


うーん………G9の方が良くない?



G9はボディがギュッと凝縮されているソリッドな感じがいいのだ。GH5はそれに比べると間伸びした感じ。グリップもちょっと浅いしね。許容範囲ではあるかなぁ…グリップの指先はG9よりゆったりしていて、扱いやすい感じがなくはない。

2021/5/11 11:34  [2336-3633]   

GH5のファインダーの応答はG9より少し遅い感じがあった。GH5のファインダーの表示タイムラグは0.01秒、G9は0.005秒なのだ。まあでもここはG9と同じものにするのだろうから、改善されよう。

2021/5/11 11:40  [2336-3634]   

あ、軒下デジカメ情報局さん、GH5M2のスペックシートまで入手したのか。どこで手に入れるんだろうなあ。

AFモードの中に、人体、動物の自動認識が入っているので、GH5SやG9同様、AI対応は確定ということになるが…正しければね…

2021/5/11 11:50  [2336-3635]   

GH5の手振れ補正は5段だったが、G9と同じ6.5段まで引き上げたようだ。価格を上げずに、基本性能をアップデートしたモデル、というコンセプトを裏付けるもの。

2021/5/11 11:58  [2336-3636]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ



ひろゆき氏の動画を見ていて思ったのは「この人は自分ファーストが徹底しているのかな」ということだった。他人の言動に傷付けられる、凹む、といった相談に対し、「自分はそういう凹むってのがない」という。

そういう性格、というのが最大の理由だと思うが、それ以外にも、視点が常に自分中心に動いていて、他の人に惑わされにくい、というのがあるように思う。誰しも自分が何かワクワクするようなことがあって心が高揚している時は、人に辛辣なことを言われてもあまり気にならない、という経験はあるだろう。心のフォーカスが「自分のワクワク」に向かっているからだ。

この人、高校生の頃、スーパーでバイトしていた時に、パック商品をフィルムでラッピングするのに、いかにシワをよせずに綺麗に貼るか、というゲームに夢中になっていたという。そういうとこがもう、自分の興味ファーストなんだな。

2021/4/29 07:18  [2336-3435]   

可変NDフィルターというのは、円偏光フィルターを2枚重ねたものらしい。円偏光フィルターとは何ぞや?という疑問に対して、株式会社美舘イメージングさんのサイトに解説図があったので、お借りしてみる。

直線偏光版という縦に微細なスリットの入ったものに光線を通すと、縦方向の波だけが通り抜け、横方向の成分はカットされる。さらに1/4位相差板というフィルムを通すと、光の波が回転する。このフィルム、貼り付ける角度によって、光の波が右回転したり左回転したりする。その逆回転する2枚を通すと光が遮断される。2枚の相対角度を変えることで、遮断の程度を調節できる、ということらしい。

ふ〜む、わかったような、わからんような…

2021/4/29 07:40  [2336-3436]   

この1/4位相差板というのが何かについて、ファイバーラボ株式会社のサイトから解説図をお借りしてみる。

この板に使われている結晶の向きによって、光の透過が速い軸と遅い軸というのを作れる。それで光の波が単純に直進するのでなく回転すると。

2021/4/29 08:04  [2336-3437]   

カメラで使われる偏光フィルタには、1/4位相差板のない直線偏光フィルタ(PLフィルタ)と、円偏光フィルタ(C-PLフィルタ)がある。

なぜC-PLフィルタが使われるようになったかと言えば、一眼レフのミラーは、カメラ下部にあるAF機構にも光を通すために、ハーフミラーとなっている。価格コムマガジンに掲載されていた解説図をお借りしてみる。それでハーフミラーは光を一部後ろへ通す、分岐する機能があるが、直線偏光ではこの機能との干渉が起こり、AFや測光が動作不良を起こすというんだな。

C-PLであれば波動が回転しているため、その干渉が起こらないと。ということはミラーレスであればミラーがないのだから、PLフィルタでも使えるということか。

2021/4/29 08:34  [2336-3438]   

ひろゆき氏はホリエモンに絶縁宣言されたらしい。ホリエモンが作ったシャトーブリオンTシャツに「豚が牛の部位を着てんじゃねーよ」的なSNSコメントをしたとか。それはやり過ぎだな。親しい人に会った時に冗談ぽく言うならまだしも、SNSの衆人環視の中でそれ言ったら、それはケンカになるだろう。ひろゆき氏もSNS中毒で社会との関係性を見失ってるんじゃないかな。

ホリエモンは「元々、人を小馬鹿にするだけの人間だと思っていた」と切り捨てる。ひろゆき氏がニコニコ動画を追われたのも、同じように感じる人がいたんじゃないかと想像される。そういう意味では社会的に幼稚な人だとは言えるかも知れない。

だが、自分はひろゆき氏の方が親近感がある。他人を簡単に「頭悪い」とか言いたがるので、多くの人にカチンと来られて当然だが、自分は自分、他人は他人で、自分が他人より優れているとマウントする感じは受けない。ホリエモンは常に人を見下していることが感じられて、あまり真面目に聞く気にならない。

2021/4/29 09:43  [2336-3439]   

「自分が他人より優れている」というところに自分の存在意義を見出す人は、他人との位置関係にすごく敏感なんだと思う。他人にマウントされたら自分の存在意義が失われてしまうのだから。一方で、そういう感覚のない人は、冗談として通じる積りで突っ込んでしまう。それで虎の尾を踏んでしまうという構図じゃないかと。

2021/4/29 09:51  [2336-3440]   

ひろゆき氏の2ちゃんねるが何故成功したか? 広告手法が良かったのか? という疑問に対して答えていた。

広告は一切していなくてクチコミのみ。ネットのサービスは、クチコミで広がらないものは伸びないと。インフルエンサーにお金を使えば短期的には伸びるかも知れないが、サービスそのものの質が良くないと一時的なものに終わってしまう。広告にお金使うより、サービスの質向上にお金を使う方が合理的だと。

なるほどねえ。ネットとカメラのような工業製品とではまた違うのかな? カメラではブランド価値というのも大きいように感じるが。。

2021/4/29 10:03  [2336-3441]   

「ホリエさん最近、キレやすくありませんか?」なんて視聴者の質問に「年取ったからじゃないですかね」なんて、また逆撫でするようなことを…

でも、これワカルのだ。自分も年を取るとともにキレやすくなった。自分で感じるんだな。あ、あれ、オレどうしちゃったの?みたいな。脳の器質的変化だと思う。神経の繋がりが少なくなっちゃうのか何かわからんが、アレコレ考えて柔軟に反応するというより、短絡的に言葉が飛び出してしまう感じ。

2021/4/29 14:03  [2336-3442]   

NDフィルターの英語の説明書をわからんながら眺めてみる。「ND」って「Neutral Density」の略なのか。「Density」は濃さだけど「Neutral」は色付きがないという意味で付いているんだろうな。

レンジとして「2 (ND 0.6) to 8 (ND 2.4) stops」となっている。日本のND表記って、2段だとND4とか、8段だとND256とかって表記だけど、表記法が違うのかしらね。。

2021/4/29 14:36  [2336-3443]   

NDの数字を解説している人がいた。「stop」はF値の段数ですよと。ND 0.6 とか ND 2.4 とかは「光学濃度」と呼ばれるものらしい。ND 0.3 が1段とされているので、これに段数を掛ければ濃度が出る。

ND4 とか ND256 は「フィルターファクター」と呼ばれるもの。昔は照明にカラーフィルターを付ける際、その分減光するので、どの程度減光するかをこの数字で表した。モノクロの時代は光学濃度が使われていたが、カラーになってカラーフィルターを使うようになり、フィルターファクターを使うメーカーが出てきたのではないかという。

内蔵NDなんかの表示に使われる 1/4 とか 1/256 は透過率。透過率が一番分かりやすい気がするな。

2021/4/29 15:02  [2336-3444]   

NDフィルタをレンズにねじ込んでみた。ケラれを防ぐためなのか、外径は少し太くなっている。ズームや絞りを動かしてみたが、ケラれはないようだ。でもこれ、フードは付けられなくなるんだな。

2021/4/29 15:33  [2336-3445]   

YouTubeのLUMIXチャンネルに、BGH1でパナソニックのラグビーチームを撮影する、というのがあって見た。正直、絵的にはあんまり面白くなかったが、今まであやふやに理解していたことを一つ発見。

BGH1のLANケーブルって絵も当然送れるんだな。なんかその「制御用」ってのが理解できてなかった。今までだったら、電源コード、映像伝送用のSDI、PC制御用コードの3本が必要だったのが、LANケーブル1本でまかなえると。制御ったってPCに映像来ないと制御もヘチマもないんだから当たり前か。。

しかし、リモート雲台なんてあるのか。リモート雲台を操作しながら、BGH1複数台をPCでまとめて操作なんてするわけだ。

2021/4/29 18:07  [2336-3446]   

Final Cut Pro の使い方は公式マニュアル見ながらボチボチ進めていたが、ラチあかん。YouTubeで使い方動画を上げている人がたくさんいるようなので、一つ視聴してみた。

あーなるほど。自分で試行錯誤した後だから分かりやすいというのもあるが、やはり文字を追っていくより、動画で見る方が速いな。込み入った話になるとまた違うだろうが、特に初期段階で概要を掴むには動画の方が圧倒的にパフォーマンスが良い。

プロジェクト設定では8Kの設定があるのを確認。

2021/4/30 05:56  [2336-3447]   

アーチファクト ウォーターパネル サイドライト ドロップレット

FCPのエフェクトには色んな画調パターンがある。静止画のフォトスタイルみたいなもんだな。

2021/4/30 08:11  [2336-3448]   

ボケ 画像の悪いテレビ 水中 年季の入った紙


しかし、こんなの本当に使う人がいるのかねえ。。

2021/4/30 08:21  [2336-3449]   

公園でNDフィルターを試してみた。

おお!前側を回すとスーッと暗くなる。絞らないで後ろがボケた映像を撮れるし、コレはいい。やっぱり屋外の動画撮影にNDフィルターは必須だな。

2021/4/30 12:46  [2336-3450]   

フィルターの表面に何か付いていたので払おうとすると取れない! ぬわにぃもう傷付けただとぉ、テメエぶっ殺す! あ、レンズのクリーニング液で拭いたら取れた…脅かしやがって、ったく

可変NDで疑問だったのは、前玉は回るとして後玉はどう固定するんだ?という疑問だった。後玉のギザギザってテーパー状に付いていて、前玉と共回りしないように工夫されてるのね。

2021/4/30 14:27  [2336-3451]   

Final Cut Proで「マルチカムクリップ」というのをやってみる。ミュージックビデオなんかでよくあるけど、複数台で同時に撮って、映像をAカメからBカメへとか、どんどん切り替えていくもの。地道に「切っては繋げて」を繰り返しても出来るのだが、それを簡単に出来るようにしたのが「マルチカムクリップ」の機能だと。

マニュアル文章も読んではみたけど、何言ってるかよく理解できない…やっぱり動画かな、とYouTubeに上がっているチュートリアルを幾つか見てみる。これも結構差はあるな。説明の下手な人は肝心なところをアチコチ端折っちゃうので、よく分からない。注意深い人は引っかかりそうなところをちゃんと説明してくれる。

2021/5/1 10:22  [2336-3452]   

マルチカムクリップは複数の映像や音声をグループ化してくれる。その時に音声で同期してくれる機能がある。この3つの映像は公園で撮ったものだが、同時ではないので同期できないはず…でも何をどう判断したのか同期したらしい…

動画を流すと、左上の映像リストのそれぞれが同時に動くので、どれかを選択するたびに映像が切り替わり、それが下のタイムラインに蓄積されていって一本の動画になると。へえーえらい簡単に出来るんだな。これはリアルタイムではないけど、まあスイッチングってことね。

2021/5/1 10:31  [2336-3453]   

電子キーボードで曲が弾けるようになったら、TX2とG9の2台で同時に撮って、自分なりのミュージックビデオを作りたいのだ。

問題は…弾けるようになるのが遥か彼方にしか思えんのだよな…

2021/5/1 11:15  [2336-3454]   

Final Cut Proを使っているとイラッとすることが一つあった。それは動画ファイルを書き出すと、右上に一々通知が出ること。しかも、その通知は一々×印で消さないと消えてくれない。いつまでも残っている。

「通知が出ないようにする方法がないのかな?」とメニューを色々見てみるが、それらしいものを見つけられない。ネットでも検索してみるが、これというのに行き当たらず、「絶対に消せないやつなのかしら?」と訝っていると、やっと見つけた。

Macのシステム環境設定の中に「通知」という項目があり、ここで管理されているのだ。そりゃFCPのメニュー見てもわからんよなあ。。

2021/5/1 14:20  [2336-3455]   

普通に歩いてきた人の映像が途中で急にスローモーションになる、ってパターンはよく使われるが、自分でもFCPで試してみた。まず歩いてきて通り過ぎる自分を4K60Pで撮る。

このタイムラインでは映像部分を省いているが、映像の上に速度バーみたいなのを表示できるようになっている。また、クリップ自体を分割しなくても、速度バーだけを分割できるようになっている。各部分の右端の黒い棒を掴んで右左に動かすと、その部分の速度を変えられる仕組み。

あらー随分カンタンにできるんだな。ただ、これはやはり60Pで撮らないとダメなのだ。速度をどんどん遅くしていって、例えば20%にすると、12P相当になる。するとカクカクするんだな。やはり40%の24Pくらいまで持ってこないとスムースにならない。だから24Pで撮っちゃうと、そこからスローにはしようがない。

2021/5/1 14:32  [2336-3456]   

でも、こういうワザを使えるのは面白いよな。

歩いてくるワシがジョニー・デップに見える…(見えるかボケ)

2021/5/1 14:38  [2336-3457]   

YouTubeでひろゆき氏の切り抜き動画を結構見てしまったけども…モノの考え方とか参考になるとは思うんだけど…あんまり幸せそうではないよね。

考え方の多様性とか、どうでもいいんだろうな。どう突っ込まれても、自分はこう考える、で通しちゃう。他人は皆バカに見えるというのが実感なんだろうけど、それって、相手の身に立たないという意味では思考の放棄でもあって、そこからの発展がない。だから面白くないんじゃないかな。

2021/5/1 21:27  [2336-3458]   

写真を撮ってると、「ああ、なんかエエ感じや」ってのがたまにはあるわけや。人が「いいね」をつけてくれるとか関係なしに、自分が「なんかエエわあ」と思うんやな。それは自分との対話であって、人に認めてもらわんでもジワッと楽しかったりするわけやんか。

そういうのが必要なんやないんかなあ。それがあったら別に人を論破せんでもええ気がする。。

2021/5/1 21:34  [2336-3459]   

ソール・ライターは傘の入った絵柄が好きで撮り続け、助手から「また傘ですか、いい加減にしてください」と言われたそう。でも「自分は傘が好きなんだ!」と言い返したとか。

それでいいじゃん。人それぞれ感性が違うんだから、自分がいいと思った写真に「いいね」がつかないなんて、むしろ当たり前じゃないか。そういうことに惑わされないから自分との対話ができて、自分に自信とか拠り所が生まれるんじゃないか。

2021/5/1 21:58  [2336-3460]   

でもアレか、論破すべき、と思うときもあるよな。

テレビで、何とかの著書があり、何とかの専門家の人が、「コロナの感染者とか、毎日のように報道するのはおかしい、インフルエンザなんか毎年1千万人とか罹患して1万人が亡くなる、それに比べれば全然大したことじゃないじゃないか」と言っていた。ひろゆき氏はすかさず突っ込んでいたが、「それ、死亡率0.1%ですよね? 死亡率2%のコロナの方が大変じゃないという意味がわからないんだけど」と。

それに「なるほど」と思うより、「識者」という立場を利用する人が、いかに考えていないか、にショックを受ける。そういう構造を知らしめる効果はあるかなと。

2021/5/2 07:14  [2336-3461]   

YouTubeのバイオリンチャンネルの人が、お風呂でキンドル読むのが楽しみ、と言っていた。ええっ? 風呂でもいけんの? と調べると、キンドルでも上位機種には防水機能があるんだな。「風呂でも読める」を想定してると。

オレのは一番安いやつだから防水機能はないのか…まあ長風呂せんから関係ないけど…

2021/5/2 08:35  [2336-3462]   

写真文化が衰退しつつあるのではないかという自分の仮説を考えてみる。なぜ、そう思うかと言えば、街中で写真を撮っている人を見かけないから。カメラを持っている人は少なくなった。じゃあスマホを掲げて写真を撮っている人がそんなにいるかと言われたら、前ほどではない気がする。

家族や友人と撮るというのは前と変わらないと思うのだが、それ以外の写真を趣味とか芸術とかで撮って、コミュニティサイトにアップするという風潮自体が下火になっていないのかなと。

2021/5/2 08:59  [2336-3463]   

写真を撮るって、一種のガジェット趣味と結び付いていたんじゃないかというのが自分の仮説。デジタルカメラで写真を気軽に撮れるようになって、大勢の人が飛び付いて撮ってみた。写真が発明された当時、その技術をフランス政府が買い上げて公開した。それまで自分の肖像というと、絵に描いてもらうしかなかったところへ、自分で写せるとなって、薬品を扱う薬局に人が殺到し、あっという間に売り切れたという。

そこは写真自体がどうこうより、物珍しさに結び付いた一種のガジェット趣味だったんだろうと。

2021/5/2 09:05  [2336-3464]   

ところが、デバイスとしての地位がスマホへ移ってしまい、デジカメが売れなくなるとガジェット趣味としての魅力が薄れてくる。商品点数が減り、新しい機種が次々に登場する状態ではなくなる。すると、新機種、新機能を追いかけてきたガジェット趣味の人はつまらなくなり、デジカメから離れていく。デジカメで写真を撮らなくなる。

2021/5/2 09:09  [2336-3465]   

では、スマホはどうか。スマホの世界出荷統計なんかを見ていると、ここ数年は伸びが止まってしまっている。製品には急速な拡大期と、世の中に十分出回って買い替え需要しかなくなる成熟期があって、もう成熟期に入りかけているのだと思われる。

拡大期が終わると、今度は価格競争が起き、シェアの低い中小メーカーは淘汰される。新規開発が抑制され、画期的な新機種は出てこなくなる。するとガジェット興味も抑制されると。ガジェット興味が抑制されると、それに触発されて写真を撮っていた層も写真に興味を失う、という構造なんじゃないか。

2021/5/2 09:16  [2336-3466]   

価格のクチコミに常駐する人は、このガジェット趣味層だと考えられる。だからデジカメのガジェットとしての魅力が薄れてくるとツマラナクなり、どんどん消えていくと。

写真スレの人は残っているけど、これも時間の問題じゃないかな。自分も写真スレに参加してたけど、特にどうということない写真を見せ合う人って、ガジェット趣味の範疇だ。なぜ価格のクチコミかと言えば、同じガジェットを使う仲間意識に頼れるから。機種名が一切わからない状態だと、純粋に写真としての評価になってしまって敷居が高いのだと思う。

2021/5/2 09:27  [2336-3467]   

そう考えると自分は何なんだろうなあ。自分もガジェット趣味であることは間違いない。だからこそ色んな機種を取っ替え引っ替えしてきたわけだし。

でも単純にそれだけでもないな。写真で自分との対話、って作法も覚えたし、ガジェット趣味としてもホットな部分はある。デジタルカメラの機能が大きく動画へ傾いてきて、今まで知らなかった動画の世界へ首を突っ込む面白さが出てきた。

それに産業の盛衰っていつの世にもあるわけで、その動きを観察することで社会の流れを感じられるところがある。カメラメーカーは複数社が撤退するというのが自分の観測だが、そこまで見届けてやろうと思っている。

2021/5/2 09:39  [2336-3468]   

ただアレだなあ、基本ガジェット趣味だと、新製品が次々に登場しないことにはツマラナイのはワシも同じ。。

なんか面白いトピックないかなあ…と思うが、そうそうあるわけもなく。そうだ、何か初めてのことやってみるか、とビデオ会議を思い付いた。今やリモートワークでZOOMがよく使われているらしい。とは言っても、別に仕事じゃないからなあ…と探していると、Google Meetという同種のソフトがあるという。

自分のGoogleアカウントのアプリ一覧を見ると、Meetというのがあった、あった。無料で使えるのは60分までで、録画はできないらしいが、まあ別にどんなもんか使ってみたいってだけだからな。

2021/5/2 17:23  [2336-3469]   

早速立ち上げてみる。会議を開くボタンを押すと、会議コードが発行される。それを入力し、PCのカメラとマイクを使用許可すると、おお!自分の顔が写った!

会議コードを奥さんに送り、奥さんのMacBook Airでも立ち上げてもらう。奥さんが参加申請を出すと、こちらに通知が来て、承諾するとこちらに奥さん側のアカウントが表示されるが…あれ?映像が出ない。奥さん側にもこちらの映像が出ない。なんでだろーなんでだろー

奥さんの話では、NHKでGoogle Meetの使い方が解説されていたとか。ぬわにぃ他のジジババに負けてたまるか! …でもわからんな…

2021/5/2 17:32  [2336-3470]   

映像の問題だけではなく、立ち上げて1分ほどすると、接続が切れてエラー表示される。

なんかヤなパターンだ。迷宮入りの予感。。

2021/5/2 17:34  [2336-3471]   

ヘルプを読んでみると「Google Chrome を使え」と書いてある。あれ、Safari じゃダメなのかなと、自分の Pro と奥さんの Air にそれぞれ Chrome をダウンロードして、立ち上げ直してみる。

おお! 相手が写った! こんな簡単にできるのか。カンドー。絵は若干遅延があるが、まあそんなにヒドくはない。

奥さんは「…で? これどうすんの?」と。いや、離れて暮らす娘とビデオ通話できんじゃね? と言うと、「ああ、LINEの無料ビデオ通話使っとるから要らんわ」…そうですか…

2021/5/2 19:53  [2336-3472]   

それにしてもPCの内蔵カメラを使うと画質が悪いな。伝送上、解像度が限られてるんだろうけど、夜間の室内となると、高感度耐性の無さがモロに出て、見るに耐えない。

これは外付けのカメラ使いたくなるよなー

2021/5/2 20:00  [2336-3473]   

クラシックのオーケストラなんて聴きに行ったこともなく、どんな感じなんか知らんけど、YouTubeでバイオリンの人の話によると、二人一組になっていて、どっちかが譜面をめくる役になるらしい。譜面は楽団の共有物なので、年季の入ったものはボロボロなんだとか。

たまたまテレビでピアノとバイオリンのコンサートを流していたが、後ろに譜面をめくるだけの役の人が座っていた。だが見ていると一向に動かない。カメラの角度が変わって判ったのは、譜面はデッカいタブレットみたいなヤツなのだった。おそらくは譜面用に開発されたのだろう、割と大型のディスプレイ。譜面めくりの人は膝に置いたコントローラのようなものを操作している。はあー遠隔でタブレットの譜面をめくるわけか。

こういうところからも紙がなくなっていくとはねえ。。

2021/5/3 06:25  [2336-3474]   

ガジェット趣味ってなんなんだろう、とか考えてみたり。カメラなんて本当は何だっていいんだ、写真を撮ることで自分が進歩した感じが楽しいんだ、なんてことも、少しは分かった気がするが、ガジェット趣味にも似たベクトルがあるんじゃないかなと思わないでもない。

自分が今まで出来なかったことが出来るようになるのが面白いのと同じように、人類が今まで出来なかったことを新しいガジェットが提供してくれる、そういう面白さじゃないか。人類が初めて火を使い始めた頃は、暖をとったり煮炊きができる、めっちゃ便利じゃん、と原始人はワクワクしただろうし、AIがカメラに入ってウチの猫を認識して追ってくれる、めっちゃ便利じゃん、と。

自分が進化していく人間活動の流れの中にある、というのを体感できる楽しさみたいなものがあるんじゃないかな。

2021/5/3 08:31  [2336-3475]   

ひろゆき氏が英語圏サイトの管理人になったり、フランスに居住したりするのは、何か面白いことをしようとすれば叩かれる日本社会から距離を置きたい、というのがあるようだ。日本では新たな事業とかやりたくない、と動画で言っている。

EUでは5年間居住すると、長期居住者という資格が得られ、EU内の他の国へ移住したり、ビジネスを始めたりすることが出来るという。日本ではネット事業者が目を付けられて叩かれたりするけど、グーグルだアップルだになると、アメリカの会社だから見て見ぬフリをされる、自分もそういう立ち位置を得ようとする戦略的な行動なのだろう。

カズ・ヒロさんがアメリカに帰化したのも日本の風土に嫌気がさしたからみたいだしな。そうやってタコツボのような同調性に浸かっていると、世界からは取り残され、経済的にどんどん侵略されていく。シャープは外資になったが、日本の上場企業でも株の半分は外国人に保有されているという会社がほとんどだ。

2021/5/3 09:44  [2336-3476]   

ソニーの場合、2020年3月末の投資家向け公開情報で、株主の56.7%が外国人となっている。国際的に知名度のある企業は似たり寄ったりの比率だろう。キャノンも例外ではあるまい。

だから日本のタコツボ風土で権益を守っている積りでいても、大企業の経営はそれでは済まず、結局は世界標準の動きを強制されることになる。「自分はタコツボの守護神」を気取っても吹き飛ばされてしまう。個人としてもタコツボの守護神に逆らう素振りは見せないようにしつつ、できる範囲で自分の好き勝手して幸せになる、というのを考えるべきなんかなあ。。

2021/5/3 10:09  [2336-3477]   

調整前 調整後

SILKYPIXで青空の発色を良くする復習。ファインカラーコントローラで青の彩度を上げて、明度を少し下げる。

彩度を上げながらヒストグラムを見ていると、青赤緑の山が分離して重なりが少なくなる感じ。彩度が低いというのは他の色と混ざって濁っているイメージみたいだ。

2021/5/3 10:14  [2336-3478]   

野村誠一さんの動画では、サンプル動画に対する自分のクレジットなんかで、何かの効果を使っていた。単純に文字が現れて消えるのではなく、横方向に縮みながら現れて、横方向へ伸びながらフェードアウトするみたいな。なんかオシャレだな、そういう文字効果があるんだな、とは思っていた。

待てよ、野村さん、Final Cut Pro を使ってると言ってたよな。じゃあ探せば自分のにも同じやつがあるのか?と予め用意されている文字効果を片っ端から見てみる。あ、これかな…「トラッキング」という文字効果が同じような動きをする。これイイな…パクろっと…

2021/5/3 13:31  [2336-3479]   

テイスト適用前 テイスト適用後

SILKYPIXは編集内容をパターンとして保存できる。「テイスト」という項目での保存。試しに青色の彩度を上げ、明度を落とすパターンをテイスト保存してみた。

画像ごとに感じが違うんだから、テイストを単純に適用して終わり、ってことにはならないだろうが、パッと感触を確かめるという意味では有用に思われる。

2021/5/3 14:23  [2336-3480]   

調整前 調整後


TX2の背景は輪状のボケになり勝ち。SILKYPIXで「明瞭度」を下げ、ボケのざわつきが緩和されるか試してみる。

劇的な効果ではないが、緩和効果がなくはないようだ。ただ、下げ過ぎるとピントが合った所もソフトな感じになってしまう。

2021/5/3 16:19  [2336-3481]   

LUMIXのマンスリーフォトチャレンジ、5月のテーマは「鳥」ですか…鳥はもう止めて望遠レンズも売っちゃったんですけど…

でも折角だから、TX2とG9+標準ズームでツバメを追ってみようかしら。ツバメは飛ぶ時には人の直ぐそばまで来ることがあるから、チャンスがなくはないのよね。

2021/5/3 16:32  [2336-3482]   

パナソニックのIT企業巨額買収を何か唐突に感じていたが、日立も1兆円でIT企業を買収するんだとか。日本の電機産業は従来のモノ作りに行き詰まりを感じてるってことなんだろうな。コストでは中国企業に太刀打ちできないだろうし。余力がある今のうちにソフト分野で発展したグローバル企業を取り込みたいってことか。

でもなあ「他社もやってるからウチも」程度の考えだと失敗するぞ。

2021/5/3 18:02  [2336-3483]   

アカツメクサ。いま川の土手にいっぱい咲いている。目に留めることもなく通り過ぎていたが、逆光気味に見ると、結構綺麗なんだよなあ。光沢のあるピンク色。ヨーロッパ原産らしい。

TX2を使うようになるまで、こういう写りは経験したことがなかった。艶やかさが感じられる、みたいな。

2021/5/3 20:04  [2336-3484]   

そうだ…と思い出して、前に撮ったカワセミの写真をマンスリーフォトチャレンジに投稿しておいた。他の人の写真も少し見てみたが…さすが鳥バージョンだけにベテランさん本領発揮ハンパねー

2021/5/3 20:35  [2336-3485]   

「リトルターン・プロジェクト」のサイトを覗く。東京湾でのコアジサシ営巣地保全の活動をされている方たち。コアジサシは冬季をオーストラリア・ニュージーランド方面で過ごし、夏季は日本などへ渡って営巣する。今年も4月中旬には東京で姿が確認されている。

何年か通ってたコアジサシのポイントがある。去年はコロナもあって行かなかったけど、今年はちょっとだけ覗いてみようかな。望遠レンズはないが、これも割と近くまで飛んでくることがあるので、撮れるチャンスはある。

2021/5/3 20:45  [2336-3486]   

SILKYPIX SE に新しいバージョンが出ていたことに気付いてインストール。

しかしさ…バージョンアップはいいんだけど、何が新しくなったのか説明がないってどうなのよ…

2021/5/4 06:28  [2336-3487]   

「光沢感」って、やっぱり「反射」部分が必要なんじゃないかな。マンガでもテカテカ感を出すために反射部分を描くもんな。

2021/5/4 06:48  [2336-3488]   

PRONEWSのコラムを読んでいると、「ワークショップ詐欺」みたいなものがあるらしい。ワークショップは単に講義を聞く座学ではなく、講師の指導のもとに作業体験をしてみる、みたいなイメージを持っている。それで映像実習みたいなワークショップが開かれて、「こういうのに参加すれば映画に出られるんじゃないか」と勘違いした人が、地方からわざわざ上京して参加したりするらしい。

詐欺まがいの業者は「数十万円出せば本格的な学びが出来て映画にも出られる!」みたいなことを言ってお金を出させる。素人が本格的な映画に出られるはずもなく、素人動画を撮ってDVD渡されて終わり、とか。この手の人って同じようなパターンを考えるんだな。ひろゆき氏も騙され経験は若い頃に色々した方がいい、パターンを知れば「ああ、このパターンか」と見分けがつくようになる、と言ってたが同感。

2021/5/4 08:01  [2336-3489]   

今日利用した駅には結構ツバメが飛び交っていた。比較的近距離で撮れるとは言え…単に鳥だけでは絵柄が面白くないんだよな。何か考えなくては…

2021/5/4 17:02  [2336-3490]   

PRONEWSで「ふるいちやすし」という人のコラムを読む。「プチ・シネ」というショートムービー制作のススメ、みたいなコラムだ。へええと思ったのは、このコラムは2009年から始まっているということだった。

その契機になったのが、デジタル一眼で動画を撮れるようになったこと。映像の世界では映画なんかに使う本格業務機はともかく、比較的使いやすいビデオカメラでは被写界深度の浅い映像を撮ることができなかった。それが、5D MarkUやGH1などで、かなりお手軽に被写界深度の浅い映像表現ができるようになり、革命的な時代の流れを感じて、こういうコラムが誕生した、ということらしい。

少人数での映像制作が広まったのは比較的最近だと思い込んでいたが、10年以上前から潮流は始まっていたのね。

2021/5/4 17:57  [2336-3491]   

映像カメラマンのよく口にする言葉で「フレームの四隅をよく見る」なんてのを書かれていて、へえーだった。写真ではコレ、感じることがあるんだなあ。スナップではトリミングはあまりしない。撮る時に構図をそれなりに考えるからだが、「なんかピンと来ないな」とトリミングして変えることはある。

それ以外にもトリミングすることがあって、それは「隅に余計なものが写っている」場合。看板の切れ端がちょっと入っていたり、電線がちょっとかかっていたり。結局、被写体に注意が行ってしまって背景を注意深く見ていない。映像の場合はなおさら、そう簡単にトリミングするわけにも行かないだろうから、意識して注意せにゃならんと。

2021/5/4 19:30  [2336-3492]   

動画撮影でシャッタースピードを速めると何故パタパタして見えるのか、について少し違った角度からの解説もあった。例えばフレームレートが30Pである場合、10/300秒ごとに次の動きが現れるので、それまでの9/300秒の間の動きは表示されない。

その動きが表示されない間の不自然さを埋めるのがブレだと。人間の脳の処理として、ブレで動きを埋めて理解する働きがあるってことだな。

2021/5/5 07:23  [2336-3493]   

そう考えると、フレームレートが速い場合、ブレ量は少なくてもいいということになる。例えば30Pを1/30秒で撮る場合と、60Pを1/60秒で撮る場合ではブレ量は半分になっているはずだが、動きが更新されない期間も半分になっているので自然な見え方は保たれると。

2021/5/5 07:43  [2336-3494]   

孫が来たのでサッカーゲームで対決する。「スーパー・ウルトラ・ハイパー・ロングシュート!」でコテンパンに叩きのめし、大人のおそろしさを教えるはずであったが、開始50秒で自陣の一部選手が動かなくなり、一方的にやられまくる。

あのなーイキナリ壊れてんじゃねーよ…まあ700円だしソンナもんかあ…

2021/5/5 10:27  [2336-3495]   

あ、スマホで撮るとコレがあるんだよな。

2021/5/5 10:29  [2336-3496]   

子どもは何か遊びをしてもスグに飽きるんで困ったもんだ。まあ人間の本質はそんなもんかもな…

ふと思い付いて、MacBook Pro の GarageBand で、PCのキーボードを使った演奏とかって出来んのかなと探してみると、あったあった。「ミュージックタイピング」という画面を出すと、キーボードで音が出せる。色んな楽器の音を出せるのが面白い。MIDIを使ってるんだろうな。

2021/5/5 10:57  [2336-3497]   

これ、なかなか凄いなと思うのは、演奏を録音できるのだが、弾いた音を瞬時に楽譜化して見せてくれる。無論、再生もできる。孫が無茶苦茶に弾いた音も、楽譜にすると作曲らしく見えてくるから不思議だ…

2021/5/5 12:49  [2336-3498]   

作曲する人には便利だよな。作曲する人がどうやってんのか知らんけど、過去に見た映像では、ピアノを弾いて音を確かめながら、鉛筆で五線譜に書いていくイメージ。

これを使えばポロンポロン弾いては自動記譜させて、削ったり加えたりして譜面を完成させられるのだから、直感的に作曲できそうではある。

2021/5/5 13:01  [2336-3499]   

昨日は公園の木陰で暫く寝そべっていたが、隣のテントにいる家族の会話が聞くともなしに聞こえてくる。耳に留まったのは「父」という呼び名だった。

まあ家族内では「パパ」とか「お父さん」が一般的じゃないのかなあ。自分は父親のことを「お父さん」と呼んでいたし、自分は「パパ」と呼ばれていた。その、第三者に自分の父親のことを話すのに「父が」とは言うが、奥さんや子どもに呼ばれるのみならず、父親自身が「父」と自称するのは奇異な感じがせんでもない。

でもまあ、孫には自分のことを「ジジ」などと、オマエは魔女の宅急便の黒猫か!という自称を使ったりしとるからな。。

2021/5/5 13:29  [2336-3500]   

写真や動画の保存はSSDじゃなくてUSBメモリにすることにして、バックアップ用USBメモリを一つ買い足した。USBメモリは書き込みに時間がかかるのだが、そう頻繁に操作するものでもないので、そこはあんまり関係ないかなと。

USBメモリはサンディスクのものだが、最大転送速度は150Mbpsとなっている。SSDの方はロジテックのものだが、こちらは最大5Gbpsだ。てことは、このSSDはこのUSBメモリの33倍の速度で転送できることになる。

実際の体感としても差は圧倒的だ。USBメモリの方は数ギガのデータを転送する場合、暫く放っておいて別の用事をしている感じだが、SSDは見ているうちに済んでしまう。

2021/5/5 15:25  [2336-3501]   

SSDをデータ保存用の任務から解放したのは、Final Cut Proで使ってみようと思ったからだ。使っているMacBook Proは一番安い基本構成のため、ストレージは250GBとなっており、少し長い4K動画を撮ると余力をどんどん消費する。PC内にあまりデータをためないように整理すればいい話だが、そこに気を使うより、大容量SSDで作業できれば簡単だ。このロジテックSSDで240GBあるのだし。

FCPで使うにはフォーマット形式が指定されているようだが、このSSDは元々Mac用として設定されているので、そこは設定する必要がなかった。

2021/5/5 15:40  [2336-3502]   

FCPで新しいライブラリを作る際に、場所をSSD内に指定する。そのライブラリ内に編集する動画を読み込み作業する。通信が速いせいだろう、編集がもたついたりも無いし、違和感なく操作できる。使えるなコレは。

FCPでは作業するたびにライブラリを新たに作って古いライブラリを削除してしまえば、生成された関連ファイルは一括で削除されるので管理しやすい。

2021/5/5 15:51  [2336-3503]   

PRONEWSのプチ・シネコラムを引き続き読む。望遠は広角に比べて画角を切り取ってるんだから、手持ちは広角の方が揺れにくい、なんてのも言われたら「そうだよな」となるんだが、あまり頭の中で整理はしていなかった。

こういうのをハッキリさせると、応用動作に繋がってくる。引きから寄り、あるいは寄りから引き、と動く際に、ズームを使ってズームイン、ズームアウトすることが多いと。だが手持ちの場合は広角のままウォークイン、ウォークアウトした方がやはり揺れにくい。なるほどねえ。

2021/5/5 17:35  [2336-3504]   

プチ・シネにも出てて「やっぱりそうなんや」と思うたんが、「ピントってなんやねん」という話。被写界深度が、ボケが、って話があるけど、人間の目の見え方とはちゃうんやな。

人間の目って近くのものを見ている時に、水晶体はレンズやから遠くのものはボケてるけど、近くのはっきりしたものと、遠くのボケてるものを一緒に見ているわけやない。見とるのはあくまで近くのハッキリしたもんで、遠くのボケとるもんは視界に入っていても、意識的には見ていない。

だから写真のように一枚の平面に近くのハッキリも遠くのボケも同時に見る、ゆうんは有り得へん話や。

2021/5/5 21:34  [2336-3505]   

とは言っても、平面の写真が隅々までクッキリしとったら、それは風景写真のように隅々を眺め回す写真になる。それは見せたいものが風景そのもの、風景から受ける感覚なのであれば、意図に沿った写真になる。

だが、背景はあんまり関係ない、真ん中におるサルジイさんに注目してほしいわけや、となると話が違う。背景はボカして、「そこは関係ないとこでっせ、見んでもええところや」と感じてほしい。「あんたサルジイさんに注目しとったら背景に意識いきまへんやろ、そういう状態でんがな」と平面ながら「擬似的に」注目しとる感を出したい、そのために背景をボカすんやと。

だからボケること自体に価値があるんやない。見る人が「後ろに意識を引っ張られんようになる」っちゅう、その程度が肝心なんやと。

2021/5/5 21:45  [2336-3506]   

じゃあ背景はボンヤリしとったら何でもええんか、あるいはいっそ、真っ黒がええんか、真っ白がええんか、とか言われると、そんな簡単でもないやん。

おんなじハッキリせん背景でも、真っ黒や、真っ白や、色とりどりの玉ボケがキラキラしとったり、で雰囲気が違う。だから背景の色やボンヤリ具合と被写体との「響き合い」みたいなもんで雰囲気が決まる気がするんやな。

2021/5/5 21:53  [2336-3507]   

調整前 調整後

「色」も「ピント」と同じように、人間の意識の集中度合いを擬似的に感じさせるところがある。川沿いの道にたくさん咲いているこの花。紫色がなんか冴えてるなあと思って撮ったが、緑が濃くて存在感で負けている気がする。

それで全体を明るくして陰を減らすのと、緑の彩度を少し下げてみた。緑の色が薄れてしまうと枯れた草みたいで不自然だ。感覚的なものだが、そこは紫との響き合いで、出しゃばらず紫を引き立てる頃合いがあるのじゃないかと探ってみた。

2021/5/5 22:01  [2336-3508]   

DPReviewにソニーのAマウントボディがラインナップから落ちたという記事が載っていた。ソニーの英語の商品サイトだが、引用画面を見るとAマウントボディが見当たらない。4月末には消えていたらしい。日本語サイトを見ると、まだラインナップされているが、こっちも今から消えるってことなのかな。

ソニーは「Aマウントも開発していく」と過去何度も語っており、検討はしていたに違いないが、Aマウントでは小型化の特色も出せないし、技術的な優位性やアピールポイントがあるわけでもなく停滞していたところへ、ここのところの市場の更なる爆縮が撤退の決定打になったのだろう。

2021/5/6 05:52  [2336-3509]   

それにしてもメーカーのこういうやり方はツマラン。はっきりアナウンスすることをせずに、何となくラインナップから落として無かったことにしていく、みたいな。そんなコソコソせんと「今までのご愛顧ありがとう!」くらい言って堂々とせえよ。ニコン1も似たような感じで、はっきりとアナウンスされた記憶がない。

個別の商品はいつまでも販売し続けるわけじゃないんだから、いつの間にかラインナップ落ちしていても分からなくはないが、そのマウントの新製品が無くなるというのは大きいのだ。あんまりはっきりアナウンスすると、在庫の残るレンズが捌けなくなっちゃうからじゃないか、とか勘繰ったりする。

2021/5/6 06:02  [2336-3510]   

DPReviewには、サムスンのGalaxy S20という去年発売されたスマホについて、アメリカで訴訟が起こされているという記事もあった。カメラ部分の保護ガラスが勝手に割れるというもの。

実際にどの程度の割合で起こっているのか、原因が何なのかは分からないが、原告はサムスンのサポート関係者が製造方法によるものと認めた旨を主張しているという。

保護ガラスが勝手に割れるというのがよく分からないが、ガラス内の圧力を上げてあるってことなのかな? 航空機内みたいに与圧して外部からの圧力に対抗するようにしてあるが、条件が変わると膨張や収縮で保護ガラス自体が耐え切れなくなり割れるとか?

2021/5/6 06:48  [2336-3511]   

NHKの「奇跡のレッスン」で和食編を見た。ミシュラン三つ星の料亭ご主人が高校生に教えるもの。料理の技って習得期間もかかるだろうし一週間で何ができるの?と疑問に思うが、教える側はそんなちょっとした小技を教えるなんて積りはない。

この人は「考えることが料理や」ゆわはるんやな。他人の技を覚えて、その通りにやったって面白いわけない。どうやったら他人に感動してもらえるか、それを自分で考えるんやと。

この人は出汁の取り方を研究して、60度のお湯に昆布を漬けとくのが一番旨味成分を引き出せるというのを発見した。それまで200年受け継がれてきた熱湯で出汁を取るやり方は間違っていたと。そういう「常識」の間違いが分かるのが面白いんでっしゃろ?と。

2021/5/6 07:28  [2336-3512]   

「料理もそーゆー考えなんや」と思ったのは、見た目が綺麗でハッとするような料理でも、それだけで感動は与えられん。実際に食べて感動してもらうには、組み立てを考えて細かい技を積み立てんと出来やせん、相手に届きはせんのだと。

前にテレビ番組で、プロが素人を装って周囲にいる人をビックリさせる、というのがあった。その中に素人がストリートピアノを恐る恐る弾き始め、実際はプロだから途中から超速演奏で注目を浴びるというのがあった。それを見てても感じたが、あるのは「驚き」だけで別に感動はない。機械みたいに素早く弾けたからって感動はしない。

写真もそうだよ。綺麗な風景、鮮やかな色彩…ハッとはしても感動はない。

2021/5/6 07:38  [2336-3513]   

ひろゆき氏がやたら人をバカ呼ばわりするのは反発を受けるだろうし、聞いてて気持ち良いものではないが、分からんでもない。別に自分が優れています、みんな自分を敬ってください、という感じでもないと思う。要はみんな誤解してないか?と呼びかけてるんじゃないかと。

人は学校や企業で成績や能力別に選別され、ある程度同種のグループ内で活動するのが一般的な社会の仕組みだ。そこでは、他人は自分と似たような行動を取るという暗黙の了解がある。ところがネットもそうだが、社会の流動性が高まると、異種の人との接触が増える。同種グループでは相手を攻撃することに躊躇があるから、支離滅裂な人間にマウントを取られても、受け入れてしまうような錯覚がある。

時代が変わったんだと。もう極端な同質社会は存在しない。異種混合競技なんだから、支離滅裂野郎に遠慮する必要はない。目を覚ませ!ってことなんじゃないかな。私がアホ小僧呼ばわりするのも同じこと。

2021/5/6 08:43  [2336-3514]   

ひろゆき氏も言ってたけど、支離滅裂な人は能力の高いグループには入れないのよ。自分も中規模企業に入って、その後大企業に吸収されると感じたが、能力のレベルが違う。大企業は偏差値の高い大学から優秀な人材を集めている。ネームバリューで集められる。すると私みたいなのは、なかなかマトモに相手されない。

自分だけではなく、似たような事例はたくさん見たが、支離滅裂が能力高いグループに入ると特に悲惨。論理で太刀打ちできず、つまはじきされて居たたまれなくなる。仕事成果でモロに差が出る上に、誰も助けてくれないからね。それがリアルの現実だと思う。

2021/5/6 09:03  [2336-3515]   

支離滅裂でも大企業でそれなりにやっている人はいた。どうするかというと、二級市民であることを受け入れて、人に逆らわず何でも言うことを聞く、パシリをやる、みたいな立ち位置かな。支離滅裂を出すとコテンパンにやられちゃうから、それしかできない。

それはそれでいいと思うんだけど、そういう人が支離滅裂をネットで発散したからって、マトモに聞く必要はない。

2021/5/6 09:16  [2336-3516]   

普通に賢い人はアホ小僧を相手にしない。自分がなぜそこにとらわれて来たか、敏感であったかを考えると、自分自身がアホ小僧的な役回りを押し付けられて来たからなんだろうな。「こいつ支離滅裂だよなあ」と思いながら、教師であったり上司であったりする目上を刺激しないように振る舞ってきた。そういうシガラミがなくなって初めて、構造が見えてきたってことかも知れない。

2021/5/6 10:12  [2336-3517]   

こういうのも書き出してみて初めて頭が整理される。それが正しいかどうかなんて関係ない。人が正しいと言ってくれるかどうかと関係なく、自分の中のラスボスは判断を下してしまう。人に通用するかどうかは別にして、自分にとってはそれが実感となる。

2021/5/6 10:16  [2336-3518]   

PCをM1チップ搭載のMacBook Proに変えてから、G9もTX2もPC接続ができなくなった。パナに確認した結果、USB-AからUSB-Cに変換するプラグの問題で、A1621という型番のものであれば接続可能な旨、返答を受けた。

その後は放っておいたのだが、「あれ本当なのかな?」と変換プラグを買ってみた。記載の型番はA2119。アップルのサイトでは、これがA1621の後継だと書かれている。

2021/5/6 11:22  [2336-3519]   

結構高かったので、これで接続できなければショックなのだが…


おお! G9もTX2も認識する! おひさしぶり。

2021/5/6 11:27  [2336-3520]   

デジカメをPCと繋いで、ビデオ会議の外部カメラとして使うってどんな感じなのか?を試してみたい、というのもあった。そのためにはコードでPCと繋げなければ話になるまいと。

2021/5/6 12:55  [2336-3521]   

TX2の場合はコードでPCと繋いでもストレージデバイスとして認識する機能しかない。G9の方はテザーソフトで動かせるけど、あれは映像を流す用途じゃないから、別にソフトを開発したような話だった。

ビデオ会議で使う用が「LUMIX Webcam Software」というやつらしい。これをPCにインストールすれば、Google MeetでG9の映像を使えるってことかな。

2021/5/6 13:27  [2336-3522]   

あれ?違うのか。去年の6月に「LUMIX Tether for streaming(Beta)」というのが出ていて、G9をライブ配信に使えるようにはなっていた。これは元々あった「LUMIX Tether」に手を加えて配信用に使えるようにしたものと。

その後、9月に「LUMIX Webcam Software」が出た。既存プログラムの手直しじゃなく、Webカメラ化における使い勝手を良くした、ということらしい。

いずれも「ベータ版」の扱い。ベータ版は一応使えるんだけど、動作確認を全部やったわけじゃないので、動かない場合もありますよ、という意味らしい。

2021/5/6 13:46  [2336-3523]   

とは言いつつ、認識動作は確認した、という表があって、これによるとM1チップのmacOSでは Google Meet は動かないとなっている。動くのは ZOOM と OBS というやつだけか。。

これ「ライブストリーミング/会議用ソフトウエア」となっているから、ライブ配信もビデオ会議もこのソフトでいけるらしい。

2021/5/6 13:54  [2336-3524]   

ZOOMってのはオンライン会議ツールとしてよく聞く存在になった。時間制限はあるが無料で使える。ライブ配信機能もあるが、こちらは有料プランに加入しないと出来ないようだ。

OBS Studioというのは初めて聞いたが、無料のライブ配信用ソフト。

2021/5/6 14:19  [2336-3525]   

違うな。「ライブストリーミング/会議用ソフトウエア」と書いてあるのは、その種のソフトで一通り認識されるかテストしてみました、ってだけだ。

2021/5/6 17:20  [2336-3526]   

へえー価格コムは掲載カテゴリを整理するのか。なかなかに幅広い品目。カメラ関係は、フィルム、ストラップ、クリーニング用品、写真用紙など。ほとんど投稿もない状態なのだろう。利用のないカテゴリはメンテコストを削減すると。

むかぁし、価格が初めて登場した頃は消費者が情報交換できる画期的な場だったが、その頃に比べると社会全体が貧しくなり、高齢化も進み、消費が盛り上がらなくなったと感じる。価格コムの存在意義も昔ほどではなくなったってことか。

結構前から価格コムには断続的に関わって来たけど、次に店仕舞いする時が最後だな。

2021/5/6 18:01  [2336-3527]   

最終的にはここも撤退して、残り時間はブログに文章を書くのと、写真や動画をツイッターやYouTubeに上げていくのかな。見る人がいなくても自分の表現欲は満たせる。

それにしても、この縁側をブログ代わりに書くのは自分の転機になった。書くことによって自分が新しいことに挑戦したり、身の回りを整理して居心地良くするとは思っていなかった。書かないと考えない。昨日と同じ生活をして充実感もフロー体験もなく死んでいく。書くから考えが深まって先へ進める。それを実感できたのは大きい。

書くだけダイエット、というのを聞いたことがあるが、あれもそういうことなんだろうな。書くから自分の状態を客観化して見ることができる。書かなければ昨日と同じように食べて寝るだけだが、書くことによって自分をしょーもない赤の他人みたいにシビアに見る。

2021/5/7 05:18  [2336-3528]   

ひろゆき氏のYouTube動画は「これ実験なのかな」と思わされる。動画の編集はしないという。映像は必ずしも鮮明でない。ピントも合ったり合っていなかったり。彼が大体真ん中に写っていない。なぜか端の方に写り、しばしばマイクに隠れてよく見えなかったりする。

わかりやすく切り貼りしたり、文字を入れたりしない。しかも離脱しないで見てもらうには10分が限度と言われる中で1時間を超えるダラダラとした動画。性格的に面倒なことをやりたくないというのが大きいのだろうが、凝った編集を指向するユーチューバーへのアンチテーゼとして、実験として、こういうスタイルでどこまで見られるかを試しているところがあるんだろう。

2021/5/7 05:29  [2336-3529]   

切り貼り動画をアップする人がたくさんいるが、彼自身の動画も長ったらしい割に多く見られている。お金を払って質問投稿する人がたくさんいて、彼が延々と答えていく。彼が何かについて一方的に喋るのではなく、キャッチボールになっている。

彼が有名人だから? そうだろう。彼独自の鋭い見方をするから? そうだろう。どういう人なのか知る機会があり、しかも内容があるからだ。でも面白いと思わないか? 興味を惹く内容があれば体裁は関係ないのだ。どんなに凝った演出をしたって、興味を惹く内容がなければ大して見られることはない。

なんか写真もそういう気がしてくるなあ。現像にしたって写真そのもののコンセプトを変え得るものではない。写真のコンセプトをより伝わりやすくするだけで、現像手法そのものに意味があるわけではない。写真のコンセプトの方にこそ意味がある。

2021/5/7 05:47  [2336-3530]   

読まれないブログには意味がないのか?について、もう少し考えてみよう。よく言われるのは、読まれた方が収益化まで行かないとしてもモチベーションになる、というもの。これはその通りだと思う。だが読まれないから意味がないとも思わない。

一つは書くことによって自分の表現欲を満たせるという点。人間は日々様々な情報をインプットしている。それを整理してアウトプットしたい欲求があるように思われる。家族や友人と語らうのもその手段だが、ブログに書きつけるのも有用な手段だ。

もう一つの軸が自分の進化を体験できる点。新しいことをやってみて自分が新しい技術や知識を得ていく。そのワクワク感を体験できる。その過程を書くことが自分の成果を確認する、自分に対するモチベーションになる。

2021/5/7 05:58  [2336-3531]   

以前、広告を入れたブログを書いていたことがあった(と言っても殆ど読まれなかった)が、「他人のために書く」って面白くないんだよな。自分が面白い、あるいは自分「も」面白いことを書くのでないと。

2021/5/7 06:15  [2336-3532]   

たくさん書いていると、自分の文章のクセを発見したり。

例えば、自分は「も」を多用する傾向がある。普通は「Aは」と書いて、続いて「Bも」と書くのだが、自分はいきなり「Aも」と書いてしまうのだ。「その『も』は何と対比しての『も』なんだ?」という話になる。

「なんでだろう?」と考えていたが、高校生時代のある出来事に思い当たった。

2021/5/7 06:26  [2336-3533]   

何の授業だったか、もう忘れてしまったが、教室で先生に質問されたのだった。おそらくはボーっとして白昼夢に浸っていたのを見つけられたのだろう。予期していなかったので焦りまくる。頭の中で、何とか答えをまとめなくては、と必死になるが、時間だけが過ぎていく。

そのうちに口をついて出て来たのが「結局はですね…」という言葉だった。目を白黒させて黙っていた生徒が急に「結局」なんて言い出したのでクラスは大爆笑。自分としては色々考えた末に結論が見えてきたから「結局」だったが、そんな過程は言わなきゃ分かるわけない。

「も」も同じなんだな。頭の中で「Xは」を考えて、次に「Aも」となる、その「Aも」のところから書き始めてしまうから自分でも「何だそりゃ」となってしまう。謎が解けたの巻。

2021/5/7 06:43  [2336-3534]   

ひろゆき氏の「〇〇大学を出てます、というエンジニアは優秀じゃない」という視点が面白い。ちょっと聞くと「いや基礎学力があるんだから、そうも言えないんじゃないの?」と思う。でも「好きでやってるんじゃなきゃ優秀にはならない」ってんだな。

エンジニアの世界は知識がとんどん入れ替わって行くから、ある時点でちゃんと学んだにしても、その知識はどんどん古くなっていく。肩書きに頼る人はそこで学習は終了した気になってるから取り残されていく。好きでやってる人は最新事情に興味があるから付いていく。だから差が出てくると。

なるほどねえ。クチコミのアホ小僧も基本的なスペックを間違えたりする。カメラに本質的な興味はなくて、読みかじりの論点だけを使おうとするからだろう。身銭を切って色々試してみるとかしないから、身に付かないのだ。

2021/5/7 08:37  [2336-3535]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ



どのメーカーがどうとか、どの機種がどうとかに、いつまでもシガミついてないで、もっとカメラを楽しむことを考えにゃいかんな。そのためには写真と動画をとにかく撮ると。

だが、そうは言っても、何かテーマがないとモチベーションがない。あ、そうか、LUMIXのフォトコンで月例テーマがあったんだった。4月は「赤」だな。何か街中の「赤」の見え方を探して歩くってのもイイか。

動画にもなんかテーマが欲しいな。うーん…そうだ、ウチの猫の動きを一回テーマにしてみるか。

2021/4/23 18:34  [2336-3334]   

あと、自分に知的刺激を与えてくれるものが欲しい。

一時期、DPReview TVを追いかけていたが、今度は PRONEWSのサイトを追いかけてみるか。プロ向けを標榜するメディアなんだから、素人にはない視点がありそうだ。

2021/4/23 20:36  [2336-3335]   

久しぶりに DPReview TVを覗いてみれば、R3について話していた。といっても詳細が分からない上での話だが。動画を撮る人にとっては、バッテリーグリップ一体型の余裕あるボディなのだから、R5やR6のような熱問題は気にしなくて済むようになってて欲しいと。なるほどね。

それにしても、R5/R6の時は事前にあれ程動画性能をアピールしてたのに、R3について全く聞こえてこないのはどうなってんだ?と首を傾げる様子。クリスはR5/R6の時のキャノンのやり方が、あまりに "bad press fiasco"だったからな、という。へえ、fiascoは大失敗の意だ。事前に散々盛り上げておいて、いざ発表されると熱問題での時間制限って「なんだよソレ」という捉えられ方をしたらしい。

さもありなん。マーケティングを盛り上げれば、みんな感心してくれると思い込んでいるのだ。

2021/4/23 21:51  [2336-3336]   

PRONEWSって、何かを検索していて、たまたま辿り着いたサイト。映像業界向けのWebマガジンで、2008年に開始。デジタル機器の裾野が広がり始める時期に、紙媒体じゃなくてWebで情報サイトを興したというのが時代に合ってたんだな。

デジカメがスマホに取って代わられるのも、最初はみんなよくわかっていなかった。次第にそれが誰の目にも明らかになってくる。紙媒体の雑誌がネット情報に取って代わられるのも、次第に潮流がハッキリしてきて「ああ、もう止めようがないんだな」と同じような見え方に感じる。

2021/4/24 06:36  [2336-3337]   

今はネット記事が溢れていて、機材紹介にしたって、単にメーカーのプレスリリースを転載するだけでは、特色も感じられず、読んでもらいにくいのではないかと思う。

ここのサイトで多少毛色が違うかなと思うのは、映像屋さんに、業界事情とか機材テストを寄稿してもらっているところ。その分だけ視点が多様化しては感じられるかな。むか〜しのバイク雑誌の「ごった煮感」に近い感じがある。

2021/4/24 07:02  [2336-3338]   

やっぱりLUTを作ってみたいな。「V-Log L_709 」が加工に適したものだとしても、考えてみたら、どの道加工するのだよな。彩度はどうしても上げたくなる。どうせ加工するのなら、最初から加工を加味したLUTであってもいいわけだ。

それに加工前提だと、撮影時にはどうしても、くすんだ色で撮ることになり感じが掴めない。撮る時に「ああ、こんな感じで行きたい」というのがピンと来ない、ってのはオカシイだろ。

2021/4/24 07:40  [2336-3339]   

今使っている映像編集ソフトは Final Cut Pro だ。これにはLUTを作成する機能というのは無いらしい。ネット記事を見てると、DaVinci Resolveにはその機能があるみたいだ。やはりブラックマジックは戦略的に進んでいる。。

かと言って、DaVinci Resolveを追加導入するってのもチョット。。

2021/4/24 07:45  [2336-3340]   

と思うと、YouTubeでLUTの作成方法を解説している動画があった。「LUT Generator」という無料ソフトを使うという。へえ〜そんなのがあるのかとダウンロードサイトに飛んでみたが…

英語だし胡散くさいなあ止めとこかなあ…と思ったが使えなければ直ぐ削除すればいいかと思い直してダウンロード。だが、MacBook Proで開こうとすると開けない。説明書きがあって、システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」で許可すると開けるという。ああ出来たことは出来たが…

2021/4/24 08:39  [2336-3341]   

HALD

使い方がまた分かりにくいが、以下のように解読。


@「HALD」というファイルを生成させる。これはLUT、すなわちLook Up Table=変換表をPNGファイルにしたものらしい。

Aこれを画像処理ファイルに取り込み、変更を加える。

B変更後のHALDを指定して、Cube形式に変換する。Cube形式はFCPに取り込み可。


余計な調整を加えていない状態のLUTである変更前HALDに対して画像処理ソフトで変更を加えると。Cube形式のままでは調整するのにソフト対応が必要だから、一旦PNGという画像ファイルに変換して、汎用画像ソフトで加工できるようにした、ってことかな。

2021/4/24 08:54  [2336-3342]   

サイトには赤字で注意書きが。


LUTというのは色、コントラスト、輝度、ガンマなどを変換するもの。粒状性、ノイズリダクション、ビネッティング、シャープネスなどの処理は加えられない。これやると、LUTがおかしなりまっせ、と。


うーん、LUTがそもそも、そういうもんなのか、それともこのソフトが対応していないってことなのか、イマイチわからんが…

2021/4/24 09:21  [2336-3343]   

このHALDってのを、SILKYPIX SEに取り込もうとしたのだが…あれ認識せんな…

そうかあ、SILKYPIXのこのバージョンって、パナソニック機で生成されたRAWとかJPEGでないと認識しないように制限がかかってるんだろうな。まあ、そりゃそうか。

…いきなり壁にぶち当たってしまう…

2021/4/24 09:26  [2336-3344]   

MacBook Proにプリインストールされている「写真」アプリに取り込んでみる。おお、いけるな。「写真」アプリは編集機能が限られているとは言え、位置付けとしては各社のRAWが取り扱える汎用画像処理ソフトだ。そこがSILKYPIX SEとは違う。

HALDの彩度を上げて加工したものを、再度PNGファイルとして書き出す。それをLUT GeneratorでCube形式に変換させる…とCubeファイルが生成された! これをFCPに取り込んでみる。おお!反映されるな! ふ〜む、現状環境でも処理としてはつながることが分かった。

2021/4/24 09:44  [2336-3345]   

NHKの「72時間」という番組を時々見るが、大阪の高速バスターミナルの回を見た。遠くに旅立つ人がいろいろ…

その中に、東京のファッション雑誌にカメラマンとして就職するという女の子がいた。お父さんが早くに亡くなってしまったのだけど、そのお父さんが一眼レフで家族写真をたくさん撮っていた。その後を継ぐような心持ちでカメラマンを目指したという。そのことによってお父さんが身近に感じられる気がするんやろな。

ううっ、ええ話や…ワシも写真撮るの楽しみますわ。

2021/4/24 12:00  [2336-3346]   

ワシが十年来愛用する吉田カバンのタンカー。いつもはTX2をこれに放り込んで歩き回るが、G9もレンズを12-60mmに変えたら、入らんこともないな。バランスは良うないけど。

2021/4/24 12:08  [2336-3347]   

しかし、ピークデザインのハンドストラップは、どーも使い勝手が良くないね。ストラップ部分を取り外せるのは便利かなと思ったが、家の中で外していると、外へ持ち出す時につけるのを忘れてしまう。ボディ側につけるアンカー部分だけにした状態だと、グリップを握るときに、まとわりついてきて邪魔。

ストラップの輪っか部分がすぐにキュッとしまってしまい、またそれを広げるのがやりにくい。まあ安全上はいいんだろうが、なんだかなあ。。

2021/4/24 12:18  [2336-3348]   

今まで使って一番感じの良かったストラップは、LX100に付けてた純正のハンドストラップ。金具がなく輪っかの絞りもないが、輪っかのサイズがちょうど良く、落っことしそうな感じはない。もはや現物はないが、あれをもう一度買ってみようかなあ。軽量カメラ用だろうが、別にストラップに吊り下げて歩き回る積りはない。いざという時の落下防止用だから問題ないと思うんだが。。

2021/4/24 12:38  [2336-3349]   

@ A B

LUT Generatorで、最初に生成されるHALDには「Neutral-512」という名前が付いている。この変更前のLUTはどういう状態なのだろうか。同じ動画の切り出しで比較してみる。

@LUTを当てていないもの
ANeutral-512に変更を加えないでCube形式LUTに変換し当てたもの
BV-Log_709を当てたもの

こうして見ると、変更前のHALDというのはLUTを当てていない状態に等しいようだ。何もしていない状態のLUTパラメータを汎用画像処理ソフトに取り込んで、変更を加えるわけだから、変更内容がそのまま変更後のLUTになると。

2021/4/24 13:20  [2336-3350]   

3つの写真を「写真」アプリに取り込んで、ヒストグラムを比較してみても関係が確認できる。@とAはほぼ同じ分布になっている。

ただ「ピッタリ同じ」というわけでもないようだ。片やメーカーの仕様で、こっちはこのソフトを作った人の方法によるんだから、何かパラメータが違うところがあるんだろうな。

2021/4/24 13:34  [2336-3351]   

しかし、このLUT Generatorを作ってる人って個人でやってんのかな? サイト内の表現に "I" とか "me" とか出てくるので組織っぽい感じではない。こういう場合って時間が経つとメンテされなくなって使えなくなるもんだが、このソフトはMacのM1チップにも既に対応しているとのことで、個人だとしたらメチャメチャ凄い人っぽい。。

2021/4/24 13:52  [2336-3352]   

問題はだな、このHALDという色のマトリクスみたいな画像をどう調整してええんか分からんことだ。

どう使うもんなの?とチュートリアル動画を見ると…画像編集ソフトのプリセット機能を使うらしい。LUT加工したい映像から画像を切り出し、画像編集ソフトに投入する。画像編集ソフトで、その映像の一場面を見ながら、輝度や色合いを調整する。その調整内容を、画像編集ソフトのプリセット機能に登録。

その上でHALDにこのプリセットを適用すると。なるほど、HALDは調整内容をLUTに保存する入れ物に過ぎんと。

2021/4/24 14:37  [2336-3353]   

するとまた問題になってくるのが、Macの写真アプリは比較的簡素なソフトで、プリセット登録機能みたいなもんは無い感じなんだな。

うーん困りましたなあ。今さらLightroomなんかの有料ソフトを再導入する気もないし。海外ソフトでは無料の高機能画像編集ソフトが色々あるようだが、英語のヤツをまた一から覚えんの面倒くさいしなあ。。

2021/4/24 14:42  [2336-3354]   

それで思い出したが、前にSILKYPIXのYouTube動画を見ていて知ったことがあった。一つの画像に調整したパラメータを他の画像にコピーできるのだ。

同じような機能がMac写真アプリには無いんかな?と調べると、おお!同じことが出来そうやな! ということは、映像切り出しを見ながら調整した内容をHALDにコピー出来んじゃね?

2021/4/24 14:52  [2336-3355]   

@ A

それを試してみる。@はMac写真アプリで映像からの切り出しを加工したもの。

次に@の調整内容をコピーし、HALDに貼り付ける。これでHALDも同じ調整を受けたことになる。調整後のHALDを書き出し、LUT GeneratorでCube形式に変換する。それをFCPに読み込み、映像に適用し、再度画像として切り出したのがAとなる。

うーん、変更されているのは確かだけど、まったく同じではないな。。

2021/4/24 15:30  [2336-3356]   

ヒストグラムを比較してみると、Aは@に比べてシャドウ側に寄っちゃってる。

何か上手く反映されないパラメータがあるんだろうな。自分の環境での運用は、あくまで簡易的な調整に留まりそうだ。写真アプリのパラメータ調整を出来るだけ単純にすることで多少は改善されるかも知れない。

2021/4/24 15:35  [2336-3357]   

@ A


もう一度トライ。今度は写真アプリでの調整をコントラストと彩度だけに限定してみた。

やっぱりシャドウに寄る感じだねえ。。

2021/4/24 15:54  [2336-3358]   

何故なんだろうなあ。。写真アプリ上での調整とLUT上での調整には、何かしら前提条件の違いがあるんだろうな。取りあえずは「写真アプリ上での調整は明るめにする」くらいしか手はないか。。

2021/4/24 17:39  [2336-3359]   

V-Log 自作LUT

引き続き、コントラストと彩度を上げた自作LUTを試してみる。

でも自作LUTで動画にすると目がチカチカする感じ。写真だと問題なくても、動画の場合は絵が動くのだから、目に負担がかかるってことなのかなあ。

2021/4/24 18:54  [2336-3360]   

もう一度、自作LUTの意味を考えてみよう。本当は自作LUTが必ずしも必要なわけではない。LUTを適用した後、グレーディングすればいいからだ。問題は、撮影時にコントラストや彩度が低いと違和感がある、というに尽きる。だから、もう少し見た目の風景に近付けたい。

そこは色んなパターンでLUTを作ってみて、しっくりくるものを探すしかない。シーンによって合う合わないがあるはずだから、G9ではLUTを4種搭載できるのが有り難い。

2021/4/24 20:36  [2336-3361]   

そうか、LUTを作るって、配信する人にとっては重要なことなんだ。

動画を撮って、あとでゆっくりグレーディングする場合は、必ずしもLUTに頼らなくて良い。映像編集ソフトで、あーでもないこーでもないとジックリ調整すれば良い。ところが動画配信をする場合は、配信しながらアレコレ調整するわけにはいかない。配信する側にそういう余裕はないだろうし、見ている側も違和感を抱くだろう。

だから、予め場の環境に合わせて調整したLUTを作っておいて、あとはそのLUTを当てた状態で配信すればノーメンテでいけると。

2021/4/25 07:08  [2336-3362]   

まあ配信の仕組みがよく分からんが、G9でも、LUT適用した映像をHDMI出力できます、となっている。自分で作り込んだLUTをG9に登録しておいて、それを当てた映像をHDMI出力し配信に使える、ってことじゃないのかなあ。

2021/4/25 07:12  [2336-3363]   

それで、次に「あれ待てよ」となったのは、G9に登録できるLUTのファイル形式が違うという問題だった。

一般的に使われているLUT形式はCubeだが、G9に登録できるのはVltという形式。グレーディング用とモニター用では何か制御が違うらしい。LUT Generatorで生成できるのはCube形式なので、G9には登録できないじゃん、意味ないじゃん、ワシの青春を返せー、となったのだが…

2021/4/25 08:02  [2336-3364]   

LUT Generatorのサイトを見ていると、この人ってLUT形式を変換するソフトも作ってるんだな。説明書きがないのでワケわからん…のではあるのだが、YouTubeに「GH5の場合はこんな設定で」という動画をアップしていたので、見よう見まねで操作してみる。


大きな流れとしては…

@左下のボタンでCube形式のLUTを読み込み
A右側の LUT Type を「vlt」形式にして、Generate LUTボタンを押すとVltに変換されたLUTが生成される


その他、Analyseボタンでチェックをかける、メーカー名をパナに変える等をやってみた。よー分からん所は動画の設定に合わせる。

2021/4/25 08:12  [2336-3365]   

すると、G9に取り込むことが出来た。。


この操作画面で気付いたこと。色域はやはり709なんだな。S5なんかでは広域のV-Gamut 対応と謳っているってことは、それを謳っていないG9は一般的な709だよってことか。

もう一つは、特性曲線グラフを見ると、V-Logに比べて、このLUTの出力は傾きが立つ特性なんだと。コントラストを強めてるんだから当たり前か。。

2021/4/25 08:17  [2336-3366]   

GH5用の動画を作ったってことは、やはりGH5が動画ユーザーの間でそこそこヒットして、使う人が多かった、要望が多かったってことだな。にしても、この人はかなり突き詰めるタイプのマニアだね。最初にソフトをダウンロードしようとすると、メールアカウントや国名を入力する欄が現れる。メールでダウンロードサイトが届くのだ。

それを入力する際、エリアを入力する欄もあった。「これは米国内とかの話かな、日本のエリアは関係ないだろうし」と思うと、県名が選択肢でズラッと出てきた。英語サイトってことは日本は関係ないでしょ、普通そこまでする?とちょっとビビるよな。

2021/4/25 08:31  [2336-3367]   

自作LUTを登録したG9を公園に持ち出したが、全然アカンな。もう、どうしようもなく色が薄い。写真アプリで彩度を上げても、あんまり関係ない感じ。あるいは「Vlt」LUT作成の設定におかしいところがあるのか。いやーわからん。。

2021/4/25 12:01  [2336-3368]   

今ごろ知ったけど、京セラさんがタフネススマホを出してはったんか。。京セラさんのプレスリリースから写真をお借りしてみた。衝撃や水に強い。こういうの出ちゃうとタフネスデジカメはアカンなもう。

2021/4/25 12:06  [2336-3369]   

オナガは飛び方が優雅でつい見てしまう。尾が長いせいかパタパタ…って感じの飛び方。まあ鳴き声はギーギーうるさくて優美さのかけらもないが。

2021/4/25 12:45  [2336-3370]   

散歩がてら撮った赤の写真をLUMIXフォトチャレンジに投稿。私のはありきたりな花とか葉っぱの写真だが、色んな赤があって面白い。浜に突き出た桟橋に赤いラインの入っている写真はかっこ良かった。なんだろう、そういう意外性が面白いんだな。

2021/4/25 14:52  [2336-3371]   

自作LUTはなんであんなに色がなかったのかなあ。バリカムLUTから投入したハイコントラストLUTの方が、まだ色がしっかりしていた。ただ、やはり色が褪せた感じがしてしまう。

動画であまり濃い色を使うと不自然な気はするが、それにしても肉眼と比べてくすんで見えるのはどうなんだろう。望む方向性としては、もう少し「鮮やか」な感じが欲しい。

2021/4/25 15:28  [2336-3372]   

@ A

でも「鮮やか」ってどういう状態なんだろう。Mac写真アプリでちゃんと考えてみよう。

「鮮やか」と言うと、彩度を上げる、くらいにしか考えていなかったが、どうもそう簡単ではない。@LUTを当てる前と、A写真アプリで彩度を上げたものを比べてみる。

色が濃くはなるが、しらっちゃけてて鮮やかという感じではない。鮮やかに感じるのは、色の濃度だけではないってことだ。その色の分布がシャドウ方向へもっと広がらなアカンてことやな。SILKYPIXでも青空を濃くするのは、青の彩度を上げるだけではダメで、同時に青の明度を下げるとなっていた。つまり青の分布をシャドウに寄せると。そういうことか。

2021/4/25 15:40  [2336-3373]   

A B

Aの状態からコントラストを上げたのがB。コントラストは明暗差がはっきりするが、それに応じて色もはっきりしてくる感じ。でもまだ、しらっちゃけた感じは抜けない。

2021/4/25 15:57  [2336-3374]   

全体をもっとシャドウ寄りにすればいいんだろうか。写真アプリの輝度調節である「ライト」の項目で全体を動かすスライダーは「露出」と「明るさ」の二つだ。この二つがどう違うのか、ヒストグラムを見ながら動かしてみた。

「露出」というのはヒストグラムの山が、そのままの形で右左に動く。全体が単純に明るくなったり、暗くなったりする感じ。「明るさ」の方は多少横に伸びる感じ。シャドウ寄りに動かすとハイライト側にも踏みとどまりながらシャドウ側の山が伸びる、みたいな。

ここでは単純に暗くしたいわけじゃなく、メリハリが欲しいのだから「明るさ」を動かしてみよう。

2021/4/25 16:08  [2336-3375]   

B C

Cで「明るさ」をシャドウ方向へ振ってみる。おお、ヒストグラムの色分布がバラけてきて、メリハリがついてきた。ただ、ちょっと暗い印象になってしまったかな。

2021/4/25 17:02  [2336-3376]   

C D

それで、Dとして「露出」を少し明るい方へ振ってみる。おお!いいんじゃないかな。

結局、「明るさ」は色の分布をバラけさせるのに使える。「露出」は分布の位置を動かすのに使える。「明るさ」を暗い方にバラけさせた上で、「露出」で山の位置を戻せば、位置を変えずに分布をバラけさせて鮮やかさを出すことができると。

2021/4/25 17:13  [2336-3377]   

ついでに、今まで見て見ぬフリしてきたことにも突っ込んでおこう。「彩度」と「自然な彩度」という二つのスライダーはどう違うのだろう。アップルの説明では次のようになっている。


彩度:写真の全体的な色強度が調整されます。

自然な彩度:色コントラストや、写真内の類似した色の区別が調整されます。


ちょっと何言ってるかわからない…まあ「彩度」は一律に動かす、「自然な彩度」は色同士の区別をハッキリさせるってことかなあ。「自然な」というくらいだから、人間の視覚特性からして、すべての色が一律に上がったらオカシイだろ、ってことか。

2021/4/25 17:44  [2336-3378]   

D E

それで、D彩度を上げた場合と、E自然な彩度を上げた場合とを比較してみた。ふ〜む、Eの方が確かに自然な感じがする。Dは背景の緑がドギツイ感じというか。Eも同じ程度に上げているが、要は極端な彩度が出ないように抑えている感じかな。

調整するんだったら、自然な彩度の方がいいね。

2021/4/25 17:54  [2336-3379]   

もう一度、写真アプリを使ってLUTを作り直してみたが…ダメだあ。

部屋の中で撮った映像に当ててみると異様に緑がかる。V-Log LUTだとローコントラストだけど、色味は問題ない。写真アプリで単純に彩度を上げるような話じゃないんだな。LUTを当ててない状態で既にやや緑がかるような色味なので、それをそのまま強調してもダメなのだ。V-Log LUTでは色構成自体を何か変換するようなことをしているのだと思われる。

ちょっと手詰まりだなあ。。

2021/4/25 19:54  [2336-3380]   

G9でログ撮影した動画から静止画を切り出すと、それはSILKYPIX SEで取り込めることがわかった。SILKYPIXで彩度を上げてみると黄色がかった絵になる。やはりMac写真アプリだけの問題ではなく、全般的に彩度を上げるだけでは色のバランスが取れないようだ。

2021/4/25 22:28  [2336-3381]   

Mac写真アプリで色相調整に踏み込んでみる。赤系統の色を個別に調整して、違和感の少ない状態に持っていく。それをLUTにして適用すると、室内はいいんだけど、今度は草花の緑が抜けて白っぽい色になる。そりゃそうなるよな。

2021/4/25 22:35  [2336-3382]   

でも、色味のバランスってのはありそうだな。室内では、V-Log LUTでも光源の影響なのか若干の緑がかりはある。公園の緑が鮮やかになる Canon Log 2は同じ室内に適用してみると、黄色がかった不自然な色合いになる。V-Log LUTがくすんで感じられるのは、ローコントラストという以外に、色味を汎用にしてるから、という面もあるのかしら。

2021/4/26 06:09  [2336-3383]   

屋内と屋外緑の切り出しを写真アプリに取り込んで、双方でさほど違和感のない落とし所を探り、色味を微調整する。むーこんなもんかな…

こ、これは…V-Log LUTとあんまり変わらん感じになったんすけど…

2021/4/26 08:43  [2336-3384]   

そっかぁ…汎用のLUTって極端な色が出ないようにバランスを取ってあるんだな…

でもまあ微妙な色味の違いを自分で調整できるのはイイよね。

2021/4/26 08:45  [2336-3385]   

色々動かしていて感じたが、色が薄いとか、しらっちゃけてるとかは、一つには撮影時の露出も関係するんだな。色をクッキリさせるにはシャドウ寄りにするのと同じことで、露出が高めだと白っぽくはなるよなそりゃ。

だからLUTによって露出は変えるべきということになる。コントラストの高いLUTだと明るめに撮った方がいいだろうし、ローコントラストのLUTであれば暗めに撮った方がしっかりした色になりやすいのではないか。

2021/4/26 08:49  [2336-3386]   

ピークデザインはやめて、LUMIX純正のハンドストラップを購入。うざったい感じがなくていい。シンプル・イズ・ベスト。こういうのって大抵は黒とか灰色とか茶色とか落ち着いた色を選ぶのだが、今回はなぜか赤。

赤は人気がなく在庫が残っていたんでしょう、ズバリ黒の半額だった。ワシも無駄物買いばかりして、すっかり貧乏になってしまってのう。。女性向けなんだろうが、まあドギツイ赤でもないからヨシとしよう。。

2021/4/26 08:54  [2336-3387]   

このハンドストラップの美点はいくつかある。

金具類がないので軽いし、ボディに当たって傷が付いたりの心配をしなくていい。サイズがちょうどいい。輪っかが大き過ぎず、小さ過ぎず、手がスポッと抜ける感じがしない。幅も太過ぎず、細過ぎず、まあ小型カメラ向けだがG9でもさして違和感がない。内側の生地の感触が良く高級感がある。「LUMIX」のロゴもエンボスで目立たず、さりげない。

ふ〜む、この繊細なオシャレ感…ワシのようなダンディな男性にピッタリ…(いやサルジイさんやて)

2021/4/26 09:23  [2336-3388]   

作り直したLUTを試しに河原へ行ってみる。あーダメだあ。。

室内で違和感ないように、やや赤みを加えたのだが、緑の草原に向けると、緑というより茶色に映ってしまう。ああ…既製のLUTって実は良く出来てるってことね。。

2021/4/26 13:21  [2336-3389]   

頭の整理も兼ねて、LUTの自作をクチコミに上げておいた。

書いてて再認識したけど、LUTの自作は別に難しくない。難しいのは色の調整だ。このシーンには良いかな?と思って調整しても、別のシーンに当てはめるとヒドイ色合いになる。何か不自然というか無理があるんだなあ。

2021/4/26 19:12  [2336-3390]   

写真アプリのカラー項目で今まで使っていなかったが、「キャスト」というのも使える。これは色被りの補正なんかに使う機能らしい。彩度は今の色構成のままで色を強くするイメージだが、キャストは色構成自体を変えるようだ。両者を組み合わせると、彩度だけを動かすより調整の自由度が増す。

2021/4/26 19:19  [2336-3391]   


LUTの自作は一段落。「出来なくはない」ことが分かっただけで終わった感が…

河原でツバメを追いかけ回すジイさん。ツバメさんはカッコイイのだ。

2021/4/26 19:29  [2336-3392]   

それにしても明るい屋外で動画を撮ろうとすると、やはりNDフィルターは要るな。写真だったらシャッタースピードを上げればいい話だが、動画の場合、シャッタースピードはフレームレートの2倍程度が良いとされる。それ以上にすると、パラパラして見え始めると。すると精々1/100秒辺りだ。

ISO感度はV-Log Lでは最低400で、それ以上は下げようがないから、あとは絞るしかない。ちょっとボケた感じ…とか出しようがなくなる。NDフィルターで暗くするしかないのだ。

2021/4/26 20:19  [2336-3393]   

NDフィルターは、濃度が違うものを複数枚用意して、光量に応じて取り替えて使うパターンと、濃度可変のものを1枚使うパターンとがあるようだ。可変NDの方が手間が掛からなくていいが、安いものは縞パターンが出たり、色味が変わったりするらしい。

2021/4/26 20:23  [2336-3394]   

NDフィルターは通過光量を落とすものだが、何段分くらいの性能があれば良いのだろうか。

生産終了になってしまったが、FZH1には内蔵NDがあって、1/4、1/16、1/64の3段階となっていた。段数で考えれば2段分、4段分、6段分の3段階ということになる。それくらいあれば、大抵はカバーできるよってことかな。

2021/4/26 20:29  [2336-3395]   

これをシャッタースピードで考えたらどうなるだろう。1/100秒がベースだとすれば、2段分なら1/400秒、4段分なら1/1600秒、6段分なら1/6400秒にするのと同じことになる。なるほど、この辺りまで来れば使える範囲がかなり広いと。

2021/4/26 20:34  [2336-3396]   

LUMIXの新しい拠点が青山にできるという。コンセプトはやはり従来より動画に寄った感じだな。動画体験できるスタジオを組むほか、照明、ジンバル、外部モニターといった動画用の周辺機器も展示するという。もうハッキリと舵を切り替えてきた感じ。

2021/4/26 21:14  [2336-3397]   

PRONEWSの「ARRI」特集を読む。ARRIなんて前は何も知らんかったけど、デジタルカメラの動画機能が業務機に侵入したことで業務機の世界もかじるようになった。

ARRIは映画製作用のカメラではトップメーカーらしい。100年の歴史を持つドイツ企業だが、フィルムからデジタルに代わった以降も積極的に新機種を開発している。こういう工業製品で長く続くメーカーって、ネームバリューだけに頼らず、積極的に革新していく姿勢を持つものなのかも知れん。

2021/4/26 21:42  [2336-3398]   

ARRI の AMIRA という機種はワンマンオペレートが可能なように作られたものだという。映画の世界は巨大カメラの巣窟のようなイメージがあるが、ここでも時代は変わってきていると。

この機種は4Kで200fpsが撮れる。ミュージックビデオ撮影では、この辺りを使いたいという話。G9の場合、4K60Pで撮って24Pで回せば40%のスロー表現ができる。α7SVなどの4K120Pなら20%スロー、AMIRAの200Pなら12%スローと。スロー表現も見慣れてきたから、非日常感を出そうと思ったら、より落としたくなるもんなんだろうな。

2021/4/27 05:47  [2336-3399]   

ARRIは結露用にセンサーを温める機構を搭載しているという。暑い場所からクーラーの効いた部屋に入っても直ぐに使えると。これがないと助手がドライヤーで対応しないといけないらしい。

頑丈でホコリなんかにも強い、そういう造りの一環なんだろうけど、そこまで考えるもんなんだ…

2021/4/27 05:58  [2336-3400]   

G9はどうなんだろう。説明書を見てもセンサーの結露については言及されていないようだ。レンズ、ファインダー、モニターの結露については、電源オフにして2時間ほどそのままにしろ、と書いてある。それくらいの時間があれば環境にカメラの温度がなじんで、曇りが取れると。

センサーもカメラの一部なんだから、他が曇ればセンサーの結露だってあるよな。ただ、ファインダーやモニターよりは露出しているから、結露が取れやすいってのもありそう。

2021/4/27 06:10  [2336-3401]   

ARRIのセンサーは、高感度にした時のノイズが、単なるノイズ感というより、フィルム粒子っぽい雰囲気があるという。インタビューされてた人は、あえてISO3200という高感度で撮影し、DaVince Resolveのグレイン消去機能の消し具合を加減し、フィルム感を追求していると言っていた。

へえ、面白いな。G9とFCPでも似たようなこと出来んかしら。

2021/4/27 06:25  [2336-3402]   

こういう「フィルムルックの追求」という考え方自体が面白い。これ、フィルムが懐かしい、とかってんじゃないと思うんだよな。デジタルのシャープな映像が溢れると、人間の性でまた違うものが欲しくなってくるという…

ブラックミストが人気なのも同系統の話だろう。光線をあえて拡散させてソフトな風合いを出す。フィルムって感材の性質上、あまりシャープな結像はできなかったんだから。

2021/4/27 06:35  [2336-3403]   

なぜ「フィルムルック」が雰囲気があるように見えるか、というのも考えてみると面白い。

一つには、デジタルカメラがどんどんシャープで解像度のある方向へ突き進んでも、そこには限度があるってことじゃないだろうか。人間の目はそこまでシャープに見ていない。一定以上にシャープになると、逆に不自然に感じられてくるのではないかと。

2021/4/27 06:43  [2336-3404]   

もう一つは、人間の心理。テレビで天気予報を見ている時は「お姉さん今日も綺麗だな」と観察しているところがあるが、感動的なドラマに集中している時は、映像そのものというより、映像の背後のスジだったり、心理の想像に意識が向かっている感じがある。映像がシャープでも、そこはもう見てません、みたいな。

逆に映像が適度にソフトだと、ここは想像するところだな、とか、ここは感動するところだな、みたいな心理スイッチが入るんじゃないかと。

2021/4/27 06:50  [2336-3405]   

PRONEWS の ARRI特集では、撮影監督の方が「輪郭文化」という話をされていた。撮影方法が欧米と日本では違う。欧米では陰影が重視されるのに対し、日本は輪郭重視。文化的な違うがあるのではないかと。

へええ、そう言えば以前、戦場カメラマンの人の本を読んでいると、やはり欧米と日本との違いの話が出ていた。同じ現場を撮った写真でも、欧米の報道機関ではアンダーの写真が好まれるが、日本の報道機関にアンダーの写真を送ると、まず採用されないと。

自分でも野村誠一さんの動画を見るまで、黒バックの花なんか撮ったことなかったが、面白いと思うようになった。陰影よりも輪郭がハッキリしていなければならない、という日本文化の土壌に知らず知らずのうちに規制されていたのかもなあ。。

2021/4/27 08:15  [2336-3406]   

6月に策定する経済財政運営の基本指針で、「基礎的財政収支の2025年度黒字化目標を堅持」との報道を見かけた。おお、子供世代に禍根を残さぬよう、財政健全化に真剣に取り組む積りなのだな、ヨシヨシ…

なワケあるかい。そもそも基礎的財政収支黒字化は、2006年度の方針で、2011年度までに達成するということだったのだ。「5年後には…」と言い続けながら、ずぅっと先延ばししてきただけだ。やる気がないというか、そもそも無理なんだな。でも「無理です」とは言えないから5年後には達成することにして、看板だけ貼り替えてきたと。

子供世代に対しては申し訳ないと思うが、今さらどうしようもない。。

2021/4/27 08:57  [2336-3407]   

そう言えば、業務機の端子には「SDI」というものがあって何なのか調べようと思っていたのだった。

SDIって映像を送れる同軸ケーブル用の規格らしい。端子も丸くてねじ込み式になっている。G9もそうだが、デジタルカメラにはHDMI端子がよく付いている。同じ映像伝送用なのに何が違うのか?

HDMIは伝送できる距離が5m程度。SDIは数十〜数百mの伝送が可能で、それに適した規格、構造になっていると。なるほど、家庭内なら5mで用が足りるが、業務用途では長さが必要だよな。BGH1にはSDI端子の他にLAN端子もあったが、これは何用途?と思えばリモート制御用か。

2021/4/27 09:28  [2336-3408]   

DPReview でソニー FX3 のレビューを視聴。α7SV に冷却ファンを搭載したような仕様で、動画向けラインですな。価格も40万円台と本格的。

フルサイズセンサーだし、性能的にはG9とは比較にならんが、なんと! G9の方が優れている仕様があった! FX3には波形モニター表示機能がないが、G9にはある。FX3にはカスタムLUTを搭載する機能がないが、G9は4つまで登録できるもんね。

そう考えると、G9もファームアップで思い切り動画仕様を取り入れたとは言えるのか。。

2021/4/27 09:51  [2336-3409]   

山田五郎さんのYouTube動画「セザンヌ」編を見る。現代絵画の父と言われるセザンヌが、実は絵が下手だったというお話。当時の画家で後世に名が残った人たちは、当たり前だが絵が上手く、展覧会に入選したことがあるのが普通だった。セザンヌはそれが一回もない。遠近法も質感もまるでダメ。

親が金持ちで遺産を残してくれたから絵を続けられたが、彼は認められなくてもずーっと描き続けたってとこが凄い。そのうちに「出来ないもんを無理して描く必要ないんじゃね? 遠近法とか質感とか無くてもいいんじゃね?」と開き直り、晩年になって若い世代に認められるようになる。「見た通りに描かなくていい」を始めたから現代絵画の父と。

面白いのはピカソがこの下手なセザンヌの絵に傾倒したって話だな。ピカソは英才教育を受けて神童と言われたが「上手いだけじゃダメなんだ」と行き詰まってしまう。だからこそ「見た通りに描かなくていい」というセザンヌの行き方によって解放されたってことか。極限までシャープになったデジタルカメラの描写にフィルムルックが持て囃されるってのも、似たとこがあるよな。

2021/4/27 11:26  [2336-3410]   

LUT Generatorには、色、コントラスト、輝度などの調整が出来るのみで、ノイズリダクション、シャープネスなどを調整するとLUTがおかしくなる、と注意書きがある。これはソフトの問題なのか、それともLUTがそもそもそういうものなのかが疑問だったが、チュートリアル動画の一部で言及していた。

LUTがそもそもそういうコンセプトのものなのだと。よくはワカランところではあるが、LUTは変換テーブルであって、RGB値の組み合わせが、例えば(100,255,50)が入力されれば、これを(125,200,70)に変換するというような組替データがあるだけらしい。10ビットの3色組み合わせにすると10億通りの世界になってしまうので、そこは間引き計算するらしいが。

単純な置き換えの世界なので、個別にノイズや輪郭を識別してどうの、という話ではないと。

2021/4/27 17:08  [2336-3411]   

よーわからんなりにログについてもっと突っ込んでおこう。キャノンの「LOG SPECIAL SITE」にログの歴史が書いてあったので、図表をお借りして勉強してみる。

ログが生まれたのは1995年頃。フィルムからデジタルへの切り替わり時期で、フィルム素材をデジタルに変換する記録方式として開発された。デジタルで単純に記録すると、1は1、2は2、みたいなリニア方式になってしまうが、暗部はきめ細かく、明部はザックリ記録、というのがフィルムの特性で、それに合わせる必要があったと。実際、そのフィルムの特性が人間の視覚特性にも合っていたと。

2021/4/27 17:30  [2336-3412]   

ログの特性曲線で一つ疑問だったのが、光量が落ちてきても縦軸がゼロまで行かずに、途中で横ばいになってしまうこと。これは、歴史を知ると想像がつかなくもない。

フィルムの場合、感材の濃度で階調を測るのだから、光が無くてもゼロにはならない。感材自体の濃度があるだろうからだ。フィルムの特性を元に規格化されたため、というのが理由ではないか。

2021/4/27 17:47  [2336-3413]   

PRONEWSの2012年当時の特集で、ログの基礎知識を扱ったものがあった。ログ撮影が普及し始めた時期だが、8bitか10bitかの選択の話が出てくる。8bitログは10bitリニア以上の情報量を持っており、編集環境に応じて選べば良いと。

ただし、8bitログを編集する場合は16bit以上の演算処理が必要。多くのソフトがそれに対応していると。8bitのままでグレーディングすると破綻が起きやすいから、16bitに嵩増しした上でいじる、ということだろう。

G9の4K60Pは内部収録の場合8bitだけど、ログ撮影すればそれなりにいじれることになる。これは安心情報。

2021/4/27 19:00  [2336-3414]   

同特集では、ログに対する捉え方が少しわかってきた。V-Log Lは12ストップのラチチュードを持つが、従来のビデオガンマは8ストップに過ぎない。4段分幅が広いのだから、標準的なLUTを当ててもくすんで見えてしまうのは当然だと。

その広さがあるからこそ、グレーディングで「どの部分を活かすか」という選択が可能になる。逆に言えば、そのような編集を行うことが前提であって、それをしないなら最初からリニアで撮れば良いと。

バリカムのLUTにもハイコントラストのものがあるが、これは「こんな切り取り方もありますよ」というグレーディングを前もってやってくれてるようなもんなんだな。

2021/4/27 19:36  [2336-3415]   

「でも標準的なLUTでもくすんで見えるんじゃあ、適正露出がわかりにくいじゃないか」という問題の解決策の一つが波形モニターってことなんだな。グラフで白飛び黒潰れをチェックできるんだから、その範囲内に抑えておけば、あとはグレーディングで調整できると。

2021/4/27 19:42  [2336-3416]   

こういうやや古い記事がわかりやすいってのはあるよなあ。一般化が進んで当たり前に思う人が増えてくると、基礎的なことは語られなくなるという…

2021/4/27 20:03  [2336-3417]   

妙にカッコイイ猫ちゃんなのだった。

2021/4/27 21:18  [2336-3418]   

PRONEWSを読んでると、映像関係の人ってあご髭を生やしてることが多いな。流行ってて生やさないと逆に変な感じなのかも。日本では一般的には生やさない人が多いが、外国に在住する場合、国によっては皆んな髭を生やしていて、ないと変だから自分も生やしたって人もいたし。

2021/4/28 06:13  [2336-3419]   

山田康介さんという撮影監督さんの発言に「おっ」と思うところあり。

「最近の新製品のシャープなレンズを使って、高解像度バキバキで撮るのはちょっと感情が載らないですし、今回の作品ではちょっと違うなと思いました。」

ああ、そういう感じってやっぱりあるんだ。。昔から「このレンズは高解像だ、凄い」なんて言葉が氾濫してて、「え〜凄いと思わにゃならんのかな」と違和感があったが、無味乾燥じゃあツマラナイよな。

2021/4/28 06:35  [2336-3420]   

ALEXA65というラージセンサーの業務機を使われた感想も言われていたが、「パースペクティブの正しさ」なんて褒め方をする。

そういう表現があるのか…ライカレンズもそういう感じなんだよな。道端を歩いてくる何でもない猫ちゃんの写真でも、奥行き感に不自然さがない。なんか納得するというか。こういう比較対象があると、どこか引っかかるレンズの方が圧倒的に多い。

2021/4/28 06:42  [2336-3421]   

YouTubeでひろゆき氏の喋る動画があったので、少し見てしまう。「アンタの言い方は身も蓋もなくて、なんかムカつくんだよな」と警戒心を持ちつつ聞くのだが、結局は「な、なるほど」となることが多い。やっぱり頭の良い人なのだ。

例えば「仮想通貨であなたも億り人」みたいな宣伝に簡単に騙されるな、なんて話をする。初期からやってりゃともかく、今から2倍になったって、億行くには5千万投資せにゃならん。しかも税金でごっそり持っていかれまっせ、と。大体、そんな必勝法あったら、その人は大儲けしてグーグルでもアップルでも買収してるはずでっしゃろ、と。

おお、ワシの占い師は相手にしない、と同じ思考法。そうだよな、本当に未来の見えるヤツがチンケに占いなんかやってるかよ。

2021/4/28 08:01  [2336-3422]   

それにやな、世間一般の人は意外にちゃんと計算をしないんじゃないかと思う。というのは、ワシがそうだったから。

中年になって「会社なんか辞めたらあ」となって「もう働くんイヤやな。お金を貯めて、節約生活したら暮らしていけるんじゃね?」と考えたことがある。それで「いくら貯めたらいいんだろ」と計算してみたのだが…

生活費が年に3百万円だとして、10年で3千万円、30年で9千万円。普通のサラリーマンで、そんなん無理やがな。まあそれでもある程度は貯めて、先行きの必要年数も短くなってきた頃合いで退職したのだが。

2021/4/28 08:09  [2336-3423]   

なんで計算しないかと言えば、社会の風潮に惑わされるんやな。若い頃はよく「男が金の計算なんかするんじゃない。仕事に打ち込んでいれば金は後からついてくる」なんてことを言われ、そういうもんかと思っていた。

でもよくよく考えてみたらオカシナ話でな、これ要するに「会社にしがみつけ」ゆうてはるんやな。滅私奉公して働いてくれりゃ会社には都合がええと。クレジットカードなんかもそう。「金のことは心配せんでええ。後払いでええんやから、ここは一発豪華にいって彼女にええとこ見せたらんかいな」と。でもそれに乗せられて、先々の収入を考えんと何百万の指輪買うたら単なるアホやがな。

だから若い時から計算して動かなアカンかったんや。

2021/4/28 08:16  [2336-3424]   

この人がなぜ色んな発言をしたがるか、ってのもちょっと不思議ではあるよな。テレビに出れば出演料が入るだろうし、本を出せば印税が入るってのはある。知名度があるから、自分の言うことを人が聞いてくれるという面白さもあるだろう。だが一方でバッシングを受ける機会も多い。日本社会とはちょっと距離がありますよ、と認識させる意味でフランスに在住しているのではないかと思うが。

ただ、この人の場合、色んなことに頭を突っ込んで発信してみる、そこで自分でも色々考えてみることで見えてくるものがある、そのサイクルを楽しんでいる感じがある。より物が見えてくる面白さ、というか。自分がここのメモを書いてみて頭がハッキリしてくるように感じるのと同じじゃないかな。

2021/4/28 08:37  [2336-3425]   

暇に任せてYouTubeジイさんとなり色々見てしまう。

相談事に答えてるんだけど、コツがあって、相談者を勝手に「アナタこうですよね」と決めつけて喋るのだと言っていた。本当は根拠レスで間違っている可能性はあるんだけど、間違っているかどうかは相談者本人にしか分からない。相談者以外の視聴者は信じてしまう。人は自信満々に喋る人を信じるのだと。

ぬわに〜とんでもねーヤローだ! お天道様が許してもこの桜吹雪が許しちゃおかねー…ってでもオレも経験あるな。仕事で先輩に勢いで熱弁すると企画が通っちゃったことがあった。あとで「なんで通したの?」と聞かれた先輩が「いやコイツが自信持って言うからさ」なんて言ってて、あーそういうもんなのかあ、と。

2021/4/28 10:11  [2336-3426]   

哲学って必要なんだ、なんてのは面白いと思うなあ。お金で人間は幸せになれないってことを分かるのは哲学なんじゃないかと。それがないから資産家殺人容疑で逮捕される若妻が出てくるわけで…

哲学というと、有名な哲学者が何と言った、とかってのを覚えにゃならん気がしてくるが、そうじゃない。考える技術、みたいなことかな。メーカーの宣伝に乗せられて、中判やフルサイズに大枚はたいたアホなジイさんが身をもってその理を知り、物欲から解脱して菩薩の道を歩んでおるのと同じようなことか(そんな歩みしとったかなワシ…)

2021/4/28 16:23  [2336-3427]   

言ってることで、鼻につくところは多々あるんだけど、あんまり一般の人が言わないことをズバッと言うのがいい。「企業がおかしなるんは従業員のせいやない。経営者のせいでっせ。原発事業に無謀な投資した東芝の経営陣なんかまさにそうやんか」なんてのはワシと同じ見方。

2021/4/28 17:19  [2336-3428]   

ひろゆき氏本人がアップしている動画は、ビールなんかを飲みながら1時間以上続ける長大なものなんだな。とてもそれだけのものを見続ける気はしないが、しかしこの人凄いわ。チャット欄にお金を払って色付きの質問を出来るシステムがあるようなのだが、それが沢山あって、それに延々と答えていく。論理能力があるのと、普段から物事をよく考える習性があるのだろう、とにかく視点が鋭い!

オリジナルの動画から各問答を数分程度の切り抜きにして、勝手にアップしている人がたくさんいて、それは黙認しているそう。黙認するのは、どういう形であれ自分の言いたいことが広まればいい、という思考なのかな。ただ、動画の作り方次第で何か問題が起こった時に責任問題が来ちゃう可能性があるので、公認はしないのだと言っていた。

彼の言うことがすべて正しいとは思わないが、経験の少ない若い人なんかには、こういう見方があるのかという参考になるんじゃないかなあ。

2021/4/28 22:02  [2336-3429]   

可変NDフィルターを買った。また中華激安フィルターを買いそうになったが、思い直してソコソコの値段のもを買う。ティッフェン?と読むのかしら。アメリカのメーカーらしい。説明書が英語だよ…

2021/4/28 22:19  [2336-3430]   

LEDライトの上に置いてみると、おお!確かに暗くなるな!


…って当たり前か

2021/4/28 22:22  [2336-3431]   

可変NDって2枚重ねになっていて、レンズのフィルター枠にねじ込むと、後ろ側は固定され、可動の前側を回すと濃度が変わるというものらしい。買ったフィルターはガラス製みたいで、思ったより重量があるという印象。

2021/4/29 06:13  [2336-3432]   

ケンコー・トキナーさんのNDXの説明では、次のような記述がある。

「ND8やND400フィルターなどの場合、濃度が濃いため、構図決定やピント合わせのたびにフィルターの付け外しを行う必要がありました。しかし、バリアブルNDXはND2.5相当の薄い状態で構図決定・ピント合わせをし、そのまま前枠を回転させて任意の濃度にセットできるので、フィルターの付け外しの手間がなくなりました。」

へえぇ…ってコレ、一眼レフの話なのかな。光学ファインダーだと暗くなっちゃうだろうが、ミラーレスの電子ファインダーは別に問題ないのでは。

2021/4/29 06:19  [2336-3433]   

ふと思い付いたのだが…

これから静止画機能は要らなくなる、静止画は動画から切り出して使われるようになる、という人がいる。そんな面倒なことせず、静止画は静止画として1枚撮ればいいのでは、と思っていたが、それ以外にもオカシイところがある。

動画のシャッタースピードはフレームレートの2倍程度が適切だとすれば、動き物を静止画として切り出したらブレブレだ。それすら分かっていない人が言ってたってことなんだろうか。

2021/4/29 06:26  [2336-3434]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ



残り時間が尽きていくのは仕方ないことだが、「眠れる森のサルジイさん」やっててもしょうがないからな。思いついたことはやっとこう。

2021/4/19 07:37  [2336-3233]   

だいぶ状況が変わってきたが、以前は動画撮影時間に30分未満の制限をかけている機種が多かった。これは欧州で30分以上の動画撮影が可能なカメラには関税が上がるからだ、という解説する人がいた。今はその関税措置も撤廃されて関係なくなってしまったが、そうなる前から「その説明はオカシイだろ」と思っていた。

関税って欧州の話だろ。日本仕様は関係ないじゃん。欧州仕様にはソフトで制限かけりゃいいだけだから説明になっていない…と思っていたのだが、デジカメWatchさんの2013年のパナソニックへのインタビューをたまたま目にして、その裏付けを発見。GH3では欧州仕様だけ時間制限をかけて、その他地域向けには無制限仕様だったという。

ほら見ろ。まあ実際には地域ごとに仕様を変えるのも面倒な話なので、制限のある欧州に合わせて統一仕様にしたケースも多かったんじゃないかとは思われるが。

2021/4/19 07:52  [2336-3234]   

玉ねぎを酢水に漬けるのを試してみようと思い、探し回ったが、お酢が見つからない。ウチには酢というものがないのかな…と訝っているとポン酢を発見。まあ似たようなもんか…と水で薄めて切った玉ねぎを10分ほど漬けてみる。

うーん、水に漬けるのとあまり変わらないような。ポン酢があかんかったんかな。辛味の残る玉ねぎを今度はやや長めにコンソメで煮てみることに。長く煮るとアクが出てくるのか。食べてみると、辛味はほぼ無いものの、シナッとした感じが心地良くはない。どうしたもんかいのう…

2021/4/19 10:48  [2336-3235]   

結局、玉ねぎの場合、スープの中であまりふにゃっとしてほしくない、でも辛味は抜けてて欲しい、ってことなんだな。レンジや鍋であまり加熱すると本格的にふにゃっとしてしまう。でもやらないと辛味が抜けない…あるいは水に長時間さらしたら抜けるのか?

2021/4/19 12:54  [2336-3236]   

テレビのストリートピアノで5才の女の子がむっちゃ難しそうな曲をバンバン弾いてはった。え〜あんなちっちゃい子でもあんなに弾けるもんなのか…ワシも頑張ろ…

2021/4/19 13:17  [2336-3237]   

ジャンクカメラを購入。これで写真を撮るというより、一度カメラを分解してみたかったのだ。分解したカメラはゴミになってしまうが。


「ぬわに〜それでなくとも温暖化でクソ忙しい時にゴミを出そうとはコノ人非人が!
お天道様は許してもこの桜吹雪が許さん! 市中引き回しのうえ磔獄門申しつける! 引ったていっ!」


さてと、これで悪人は片付いたと。。

2021/4/19 15:40  [2336-3238]   

しかし、外箱から付属品から全部取ってるんだなあ。自分も昔は一々保存してた。今はコンマリさんのせいで片っ端から捨てちゃってるが。。

2021/4/19 15:51  [2336-3239]   

バイクでも一度ジャンクエンジンというのを買って、分解してみたことがある。自分が乗ってるバイクのエンジンを分解するのは流石にこわかったのだ。分解してみると「あ〜こんな感じなんだ〜」で終わっちゃうが、それでも資料を見るのと実物を見るのは違う。

2021/4/19 15:55  [2336-3240]   

このFP3というのは、2010年発売の1,410万画素CCDモデル。へえ〜10年前のモデルかあ。

ディズニーモデルという限定版だったらしい。女性ユーザーだったんだろうな。男はさすがに買わんだろ。持った感じはスマホより厚みがあるが、持ち歩き感覚は似たようなもん。でも今や多くの人がスマホを持って、そのスマホに高画質カメラが搭載されているんだから、今さらこういうコンパクトカメラを買う人はいないだろう。。

2021/4/19 16:06  [2336-3241]   

今でも動くのか? 確かめてみる。

電池に充電はできるようだ。TX2の電池の比べてみると、まあ薄い。。

2021/4/19 17:53  [2336-3242]   

あ、動いた。。

液晶がさすがに粗いな。23万ドットか。TX2は124万ドットだもんな。

2021/4/19 17:57  [2336-3243]   

これはなかなかに凝った機種であるらしい。全面カバーが上下にスライドするようになっていて、下にスライドしてレンズ部を露出させると電源が入る仕組み。もっとも電源は電源ボタンでも操作できる。

それに、これは光学4倍ズームだが、レンズ部の飛び出しが一切ない。屈曲光学系ということで、内部でレンズ部が伸び縮みするのだろうと思われる。屈曲光学系は、最近のスマホでも確か採用している機種があったような。。

2021/4/19 19:07  [2336-3244]   

フォトフレームみたいな飾り付けが出来たりするのか。

しかし…ミッキーの画像が粗い。。あの頃はそれで良かったのか。。

2021/4/19 19:27  [2336-3245]   

顔認識は既に入っている。動画はHDまでか。。

メニュー構成がなんか牧歌的に感じる。。

2021/4/19 19:36  [2336-3246]   

「これで写真を撮りたかったわけじゃないんだがな」と言いながら撮ってみる。シャドウが緑かぶりしてるのかしら。でもコンデジの豆センサーと言いながら、割とマトモに写るよな。

RAWでは撮れないのか。。自分もコンデジから始めたが、最初は「RAW? なにそれ?」って感じだったもんな。。

2021/4/19 20:22  [2336-3247]   

TX2の散歩写真。

白飛びしている部分がないと、感じが出ない気がする。

2021/4/19 20:58  [2336-3248]   

野村誠一さんのマネだが、自分もこういうのが好きだ。

直射光が当たる部分と陰の部分の輝度差が大きいと、ダイナミックレンジの狭いデジカメは捉え切れない。背景は暗く落ちてしまう。そこがいいんだな。

2021/4/19 21:03  [2336-3249]   

FP3はデジカメWatchさんの当時の記事を読むと、予想価格2万5千円程度となっていた。しかし、価格のレビューを見ると、翌年には1万円前後で売られていたらしい。さして人気なかったのかしらね。まあ各社からたくさん機種が出てたわけだからな。

このタイプがスマホカメラの原型みたいなものか。ファインダーがなくて、薄いから外枠を指で持って写す。ボタン類がなく、タッチパネルで操作。レンズの飛び出しもないわけだし。

2021/4/20 06:27  [2336-3250]   

FPシリーズは「薄型」がコンセプト。だからレンズの飛び出しをなくした。FP1、FP3、FP5、FP7と短期間に相次いで発売されたが、そこで打ち止めになったらしい。そこはあまり市場には訴求しなかったということなのかな。

当時はカメラ付き携帯がかなり普及していた時期で、あまり新鮮味がなかったのだろうか。「これじゃダメなんだ」と1インチカメラ付きスマホCM1の開発に向かう契機になったのかも。そのCM1もひっそりと消えてしまったわけだが…

2021/4/20 06:46  [2336-3251]   

なんでイワツバメ

FP3を外へ持ち出してみる。実際に使ってみるとどうか。

まず、このスライドするレンズカバーは要らんな。動かすタッチは軽くて工夫してある感じだが、せっかく薄型で携帯性バツグンなのに、余計な手間がかかる感じがする。保護ガラスだけで良かったんじゃないかな。

それと、操作性に馴染めない。ファインダーがないと晴天屋外では確認しづらいし、両手の指で持つって、なんか不安定というか、気を遣う感じがある。まあこれはスマホも同じだが。

2021/4/20 13:07  [2336-3252]   

FP3で屋外写真を撮ってみる。ふ〜む普通に写るな。小センサーだからか、ダイナミックレンジは狭い感じ。

10年前のコンデジとしては良い写りなんじゃないだろうか。今の例えばTX2と比べると、やはりキレがないと感じる。昔使ってたGF5とかもこういう印象だった。普通にキレイなんだけど、取り立てて気を引くところもなく、なんか凡庸な感じ。

だから、その後富士フィルムを使った時はハッとしたんだよなあ。すげーじゃん、と。それがまた、いつしか不自然に感じるようになるんだからワカランもんさ。。

2021/4/20 13:29  [2336-3253]   

さてと分解してみるか。まずは般若心経で供養してと。成仏してくれい。。

道具を百均で買ってきてある。作業台として220円のカッティングシートと、110円の精密ドライバー。やはり最初はネジを外すんだろう。左右側面に2箇所ずつ、底面に3箇所ネジがとまっている。

け、結構固いが右側面の2箇所が外れた。。

2021/4/20 15:17  [2336-3254]   

ドライバーで回すネジというのは好きじゃない。

バイク整備でもこの手のネジはあって、整備後は再び組み付ける積りなので、ネジの頭をなめないように慎重に回すのだが、主要部分のネジは大抵クソ固いときている。だからどうしてもやっちゃうんだな、ぐりっと。。

それでなくとも固いとこなんだから、一回なめたら、まず回らない。インパクトドライバーという工具を買ってきて、ハンマーで頭をぶっ叩くと、衝撃と回転運動を同時に与えて回る、はずなんだがビクともせず、ガンガンぶっ叩き続ける、というのやってたな昔。。

2021/4/20 15:31  [2336-3255]   

ネジでとまっていたプラスチックの外装が2つ外れる。この丸いのはスピーカーであるらしい。

2021/4/20 15:42  [2336-3256]   

左側面のネジも外れた。ネジが結構固いのは錆びているからだろう。長い間には隙間から水分が入り込んでネジ山が錆びてしまうってことだな。

2021/4/20 15:51  [2336-3257]   

左側面。前後の黒い外装が側面で組み合わせのようになっているのは、ネジで両方をまとめて止めるため、ってことなんだろうな。

2021/4/20 15:55  [2336-3258]   

底面のネジ3つと、両側面の外装を取った後に現れたネジ2つを外すと、背面側の黒い外装が外れた。

すごく軽い。アルミの薄板だろうか。

2021/4/20 17:19  [2336-3259]   

背面外装にはボタンが付いている。この裏はどうなっているのかと見ると…

そこに並んでいたのはブタさんだった。これはプラスチック部材だな。接着剤で貼り付けてある。ブタさんの鼻の部分が少し突起になっていて、基盤のスイッチを確実に押すように考慮してあるようだ。

2021/4/20 17:24  [2336-3260]   

基盤側のスイッチはこの5個並んだ金色の丸いヤツだが、指で押すとペコペコする。押されると下の接点と繋がってスイッチが入るってことなんだろう。

それにしても基盤には物凄く小さい部品が組み付けられている。こういうのってロボットで組み立てるんだろうか。老人にやらしたら拡大スコープ見ながら手術する天才外科医スタイルでもラチあかんだろうな。。

2021/4/20 17:31  [2336-3261]   

あ、前側の外装も外れるのか。同じく軽く、アルミの薄板っぽい。

本体の左側は電池ケース。バネは電池押さえだな。

2021/4/20 18:24  [2336-3262]   

ポロンと何か落ちた。これはストラップをつける金具だな。突起を本体にはめ込んで、外装で固定する仕組みだ。

2021/4/20 18:27  [2336-3263]   

上のホームポジション 下のホームポジション

前側のスライド蓋をどうやって動かしているのか? メガネみたいなバネを使っていた。

これ、上下のホームポジションに合う形状の金属枠の中で動くようになっている。バネの力で、途中では止まらないようになっている。上か下かしか行かない。上下のホームポジションまで来ると、金属枠に当たって、そこで止まると。

バネの部分以外にもう一つの可動部が中央にある。これはスライド蓋の動きが上下に真っ直ぐになるように規制しているのだと思われるが、これにもう一つの役割があるのを発見した。

2021/4/20 18:36  [2336-3264]   

本体側に小さなスイッチが付いている。スライド蓋が上下する際、前側外装の中央部の黒い小さな出っ張りも上下する。それが本体側のスイッチを入れる。これがスライドで電源が入る仕組みだったのだ。

2021/4/20 18:46  [2336-3265]   

スイッチの突起は通常は出た状態になっているが、スライド側の突起が下りてくると、スイッチの突起を押し込む。非常に軽い力でスイッチが入るようになっている。

2021/4/20 18:52  [2336-3266]   

ついでに前側外装のバネ部も外してみた。こういうシンプルな構成でスライド機構ができるんだから凄いよなあ。スライド蓋は前側外装と同じくアルミっぽいが、バネの台座はステンレスっぽい。耐久性を考慮してのことだろう。

2021/4/20 19:03  [2336-3267]   

アルミは軽量化に役立つ。バイクを分解したことがあって実感したが、骨格のフレームは通常は鉄で作られる。安価で頑丈だからだ。でもクソ重い。アルミフレームのバイクは軽くて、取り回しの感じから違う。

2021/4/20 19:09  [2336-3268]   

ちょっと待てよ、外装のネジが水分で錆びてる…と思ったが、考えてみると外装を外した下にあるネジにも同じようなのがあった。じゃあ錆びじゃないのか。脱落防止用のネジロック剤を塗布してあったってことかな。

2021/4/20 19:20  [2336-3269]   

前にオリンパスのレンズで、鏡筒周りのネジがいつの間にか脱落しているという報告がクチコミにあった。バイクでも、例えばブレーキ周りなんかにはネジロック剤をネジに塗布するのが標準になっているので、そういうのをしないのかな?と疑問を書き込んだことがあった。

やっぱり外装周りはネジロック剤を塗布する仕様を考えるよな普通。FP3でも内部のネジにはそういう処理が見られない。内部はそもそもギチギチに狭いので、仮に緩んでも外れて脱落するスペースがないのだと思われる。だからネジロックまでは要らんだろうと。外装周りは脱落したら、それっきりだからな。

2021/4/20 19:29  [2336-3270]   

外したスライド蓋をもう一度組み付けてみた。はめ込みとネジ、それにバネをはめるだけだから簡単にできるな。いやーやっぱりこういうシンプルな構造でできるって凄いと思うわあ。

2021/4/20 20:05  [2336-3271]   

この部分のネジにもネジロック剤が塗布してある感じだった。外装周りの一環ということだろう。

2021/4/20 20:12  [2336-3272]   

電池蓋のピンを抜いてみる。ピンにバネがついていて、電池蓋を開けた状態に保つようになっている。電池蓋をロックするとツメが飛び出して外装に引っ掛かり、蓋が閉まった状態になる。なるほど。

2021/4/20 20:19  [2336-3273]   

本体の上部が生え変わりの歯みたいにグラグラするので、揺すっていたらスポッと取れてしまった。

な、なんじゃこりゃぁ〜

2021/4/20 20:36  [2336-3274]   

本体レンズ部の後ろに予期していたものが出現。45度の反射板。これで光軸を下方向へ変える。つまり、この下部にレンズが伸び縮みする機構がある。

2021/4/20 20:45  [2336-3275]   

上部構造にくっ付いている円筒は何なんだろうなあ。左に4つ並んだ金属片は電池接点。

2021/4/20 20:48  [2336-3276]   

それにしても、写真をもっと絞らないと分かりにくい。。

2021/4/20 20:49  [2336-3277]   

この円筒は内蔵フラッシュの根元にある。フラッシュ関連の部品じゃないかな…とTDKのTECH -MAGというサイトからカメラフラッシュの解説図をお借りしてみた。

フラッシュのキセノン管は数千ボルトの高電圧が必要。だがカメラの電池は数ボルトしかない。そこで二段階に分け、最初に数百ボルトまで昇圧して大容量電解コンデンサに蓄電、次にトリガコンデンサで数千ボルトに昇圧する。このカメラボディと不釣り合いにデカい円筒は、この大容量電解コンデンサというやつではないか。

2021/4/20 21:10  [2336-3278]   

それで円筒の印字を確認すると「PHOTO-FLUSH」と書いてあった。やはりフラッシュの部品だ。また「300V 73μF」とも書いてある。「μF」はマイクロファラドというコンデンサの容量単位。フラッシュ用のコンデンサってこんなにデカいのか。。

2021/4/20 21:17  [2336-3279]   

ネジロック剤について「外装のネジには塗布、内部のネジには塗布しない」と考えていたが、ふと気になり、もう一度、今まで外したネジをルーペでチェックしてみた。

う〜ん、外装底面から外した黒ネジ3個以外は、すべて塗布してあるように見える。基本的にネジはすべて接着するってことなのかな。では、なぜ底面のネジは塗っていないんだ…

ネジのメス側は大抵は金属にしてあるが、底面の場合は本体部分のプラスチック。金属ネジをプラにねじ込む場合は、プラ側の変形があるだろうから、金属対金属より緩みにくいということなのかも。

2021/4/20 23:04  [2336-3280]   

一つ疑問が……上下がパカッと分割されるのは良いとして、上下の信号や電力の伝達を行う接点があるはずだよな…と見ていると…

これかな。この細い金属接点がビヤッと並んだ四角いの。下側にも対応して受け側の接点が見える。

2021/4/21 06:48  [2336-3281]   

本体の端子蓋はプラスチックで、開いた位置で止まる構造だ。これはどういう機構なのか?

蓋には突起があって板バネと接触している。蓋を開くと突起が下へ潜り込み、その状態で板バネが蓋を押さえると。そういうことかあ。

2021/4/21 06:56  [2336-3282]   

上部のプラスチックと上部基盤はネジ2本でとまっていた。このネジにもネジロック剤塗布は見られない。やはり受け側がプラスチックだからだろうか。

2021/4/21 07:33  [2336-3283]   

シャッターボタンとズームレバーは、それぞれプラ部品がはめ込まれているようだ。ズームレバーがホームポジションに戻る仕組みは、この丸いバネがどちら側に行っても元に戻るように押さえているわけね。

2021/4/21 08:06  [2336-3284]   

ズームはこの黒い突起をどちらかに動かすことで伝えるようだ。ズームレバー側の突起がこの黒い突起をはさみ込むようにかみ合っており、ズームレバーの動きを伝えると。

2021/4/21 08:10  [2336-3285]   

うわっ! ビリッと来た! ビリッと来た!

基盤を指で触っていたらビリッときたぞオイ。フラッシュ用のコンデンサの中には電気が溜まってるわけだろ。指で回路をショートさせた形になって電気が流れたんじゃないかな。こわ〜良い子にはマネさせちゃダメね。

2021/4/21 08:14  [2336-3286]   

フラッシュ・コンデンサ部のはめ込みを外してはみたが…あんまり細かく分解してもよーわからん。電子回路の素養もないしな。「ビリッ」もこわいし、上部はこれくらいにしておくか。。

2021/4/21 08:29  [2336-3287]   

AF補助光ランプ。基盤に直接くっつけてあるのね。

2021/4/21 08:36  [2336-3288]   

あと外せるところ…電池を押さえるバネ…

しかし他に外せそうなところがないけどなあ…

2021/4/21 09:15  [2336-3289]   

ここで悪い癖が出てしまう。

電池ケースが少しグラグラするけどな…と揺すってみるが、なかなか外れない。どんどんヒートアップして、とうとうペンチで挟んでむしり取るという暴挙に…やっちゃったぁ…


そこへ場内アナウンスが…「ご安心ください。悪人はすでに処刑されております」…って話じゃないだろ。元に近い形に組み上げてからゴミにしようと思っていたが、もう無理だあ。

2021/4/21 09:20  [2336-3290]   

オレ、前にジャンクエンジンを分解した時も後悔したんだった。「構造を知りたい」というだけのために、せっかく機能を発揮させるように作られた製品をバラしてゴミにする罪悪感。もうこういうの止めよ。

でもこのカメラはもうやっちゃったから、できるとこまで分解してから終わろう。

2021/4/21 09:42  [2336-3291]   

SDカードの読み取り部ってこうなってるのか。カード側の金属部分に、このピンの列が押さえ付けられると。

2021/4/21 09:50  [2336-3292]   

端子部は基盤に直接付けられてるのね。

2021/4/21 09:51  [2336-3293]   

液晶部はネジを1個外すと、プリント配線で繋がっているだけになった。プリント配線は切ってしまう。液晶部の厚みは2ミリほど。

液晶の背面を覆う枠はステンレスの薄板らしいが、そう簡単にたわむ感じではない。しかもやや厚めのアルミ板にピタッと収まるようになっている。以前、キャノンのデジカメで、「液晶の不具合はアンタがたわませたからや」とメーカーに言われた人がクチコミに投稿していたが、キャノンだって似たような構造だろう。そんな簡単にたわむかボケ。

2021/4/21 10:13  [2336-3294]   

ネジ2つ外すと、このやや厚めのアルミ板が分離する。このアルミ板が中心の構造部材なのだと思われる。これと前後のアルミ外装の組み合わせで強度を保つということだろう。

2021/4/21 10:26  [2336-3295]   

このやや大きめの黒いパーツがCPUだろうか。いずれにしろ、これがメイン基盤だな。メイン基盤とその他のパーツとの接続はプリント配線で行われている。

2021/4/21 10:30  [2336-3296]   

メイン基盤の配線を切ってひっくり返してみると…SDカードの読み取り部か。メイン基盤を止めていたネジは電池ケースにねじ込まれていたのだ。基盤側から外せば、電池ケースを無理にむしり取らなくても外せたはず。まあこのセッカチな性格は直らんよな。。

メイン基盤はプリント配線が3方向に出ている他、赤青の2本配線が2箇所出ている。「これ、間違った方を切ると爆発するヤツやな」と小ボケをかますこともなく切ってしまう。この2本配線は、一つは右に置いてあるスピーカー、もう一つはスライド蓋の動きを感知するスイッチにつながっている。

2021/4/21 10:43  [2336-3297]   

これがレンズ部ってことだな。灰色のプラスチックの枠というのは、各部品の位置決めをするものなんだと思われる。

2021/4/21 10:50  [2336-3298]   

レンズ部の両側面のネジを外してみる。これはモーターだな。刻みの入った棒を回して、それに噛み合ったレンズ枠の位置を動かす。2つあるのは、ズームとフォーカスだろう。

2021/4/21 12:28  [2336-3299]   

レンズの下部もネジを外してみる。位置的にはここにセンサーがあるはずだが…

2021/4/21 12:31  [2336-3300]   

やはりそうだ。フタをしていたレンズを取ると、下からセンサーが現れた。しかし小さい。いわゆるコンデジセンサーだからなあ。こんな小さなものに、あんな写真が記録できるというのも不思議なことだ。

2021/4/21 12:43  [2336-3301]   

フタをしていたレンズがカタカタ動くようになっているので、「なんでや?」と思っていたが、これ手振れ補正だな。センサーの両側にコイルがある。フタレンズの両側には磁石がはめ込まれている。通電すると電磁力で磁石を動かせるので、このフタレンズが手振れ補正レンズとして動作するのだろう。

しかし、こんなチャチいので補正できんのかよオイ…

2021/4/21 12:58  [2336-3302]   

レンズ部の反射鏡部分を外してみる。ここで光軸を直角に曲げることで、レンズの伸び縮みをボディ内部で完結できる。

2021/4/21 13:29  [2336-3303]   

次のレンズは多分ズーム用なのかな。光軸がズレないよう、反射鏡部分のガイドポールに沿って動くようになっている。またモーターの駆動ポールにはまり込む溝付きの取っ手が付いている。

2021/4/21 13:32  [2336-3304]   

あとは絞り機構を見たかったのだが、ガチガチに接着されているらしく、破壊して取り出したらバラバラになってしまった。おそらくは下のカーボン素材のようなペラペラのシートを動かして開け閉めしているのだと思われる。

2021/4/21 13:35  [2336-3305]   

外装もあちこち無くなっているけど、バラバラなのも困るので、一応組み上げ。いやー公園に分解したスクーターを放置するアホ小僧じゃないんだから、こういうのやっちゃいかんな。

済まぬFP3。冥土で会おう。。

2021/4/21 14:10  [2336-3306]   

デジカメを分解してみた感想2件。

内部の設計って大変そうだけど、「どうやってこの限られたスペースに機構を収めるか」などと考えるのは、パズルを解くみたいな面白さがありそう。コンセプト宜しきを得て多くの人に愛用されるかどうかは別にして、技術者なりの達成感は感じられる。

また、プラスチック部品が意外に多い! レンズ枠がモーター軸に接する部分のように、摺動部にさえ使われている。強度のあるエンジニアリングプラスチック? まあ軽量化は進むねえ。

2021/4/21 17:47  [2336-3307]   

楽譜の疑問…

「ナチュラル」という記号がある。半音上げるシャープが臨時記号として特定の音に付けられた場合、その小節内で同じ音には一々付けなくても適用される。効力は原則としてその小節内だけ。ナチュラルはこういった記号の効力を打ち消すもの。同じ小節内の同じ音に対して、最初はシャープが付けられ、次はナチュラルが付けられれば、半音違いの音なのね、とわかる。

ところが! 次の小節になって、いきなりナチュラルが登場するケースがあるのだ。「いやいや、この小節内にはシャープとかおまへんけど」と思うのだが。どういうことなんだ…とネットを調べてもわからんなあ…と思っていると解説があった。そのナチュラルは本来不要なんだけど、前の小節でシャープが付いていた音も、この小節では元の音で演奏してや、と親切心で付けてくれてはるんやと。

はーそういうことでっか。やっぱネット記事って、どっかから原則論をコピーしてきてまとめただけのが多いってことダナ。

2021/4/22 07:03  [2336-3308]   

疑問に思ったことはちゃんと調べとこ。楽譜のアタマに「(音符マーク)=106」と書いてある。なにコレ?

速度なのか。「1分間に4分音符を106回数える速さ」と。うーん、ピンと来んけど、サンプル動画のお姉さんのスピードを考えると、かなり速いテンポ。。

2021/4/22 07:27  [2336-3309]   

「mP」と「mF」ってなんだ?

メゾピアノとメゾフォルテですか。聞いたことあるわ。メゾピアノが「やや弱く」、メゾフォルテが「やや強く」とね。

そう言えば、YouTubeでバイオリンの先生が言ってたな。オーケストラの指揮者でも、練習でダメ出しするのに「ここはフォルテだから」とか「ここはピアノで」とか、強弱しか言わない人がいるらしい。「他に語彙はないんかい!」と。

2021/4/22 07:43  [2336-3310]   

曲の最後の音符にフェルマータという記号が付いていた。音符は長さが決まっていて、はたの数を変えたりして区別されているが、このフェルマータはそんな決まり事をぶっ飛ばす破壊兵器なのだ。

このマークがつくと、天下御免でやりたい放題に伸ばしていいらしい。演奏する側にオプションを与えてるんやな。自分の解釈とか感性で弾きなはれと。作曲する側にも揺らぎがあるんだろう。自分の思うイメージはあるけど、それに凝り固まってもオモロないんちゃうかと。

2021/4/22 07:54  [2336-3311]   

練習していると思うのは「両手」が難しいのだ。あるパートの右手の動きは覚えた。左手の動きも覚えた。それで、さて両手で弾こうとすると「ど、どうしたぁオレの手ぇ!」となってしまう。「CPUをも一個増やしてもらわんと出来しまへんなあ」とサボられてる感じ。。

だから一つのパートを両手でまず弾けるように、とやってるとサッパリ前に進まん。ここはまず、片手で最後までやってみるか。。

2021/4/22 10:14  [2336-3312]   

FP3を処分。バッテリーはスーパーに持っていく。ここで回収しているのだ。前に中国メーカーのモバイルバッテリーを持ち込んだ時は、「これホンマもんのリサイクルマーク?」と揉めたのだが、さすが国産メーカー品! 「どっからどう見てもリチウムイオンバッテリーのリサイクルマークでっしゃろ」と押し付け、意気揚々と引き揚げる。こういうとこは安心なのよね。

2021/4/22 10:21  [2336-3313]   

さてと、再び玉ねぎコンソメに立ち向かうか…あら?置いてある玉ねぎの色が淡いような。「それ新玉ねぎ」と奥さんが言う。新玉ねぎは収穫後すぐに出荷されるものとか。

あれ?玉ねぎってみんなそうじゃないの?と思うと「玉ねぎの収穫時期は春じゃアホンダラ。すぐ出荷って春しかでけへんやろが。それ以外の時期は収穫した後、表面を乾燥させて保存しとるから茶色になっとるんやドアホ」と罵倒されながら知識を蓄える健気なサルジイさん。。

2021/4/22 11:35  [2336-3314]   

新玉ねぎを切って、少し口に含んでみると、普通のより辛味は少ない気がする。今日は水に浸す時間を長くしてみる。20分でまた破片を食べてみると、辛味はだいぶ減るけど無くはない…35分では…おお! 辛味をほとんど感じなくなった。なるほど! 辛味は浸水時間で調節できるんや!

辛味の不安がなくなれば、コンソメでしつこく煮る必要もなく、透き通り始める辺りで火を止めれば、余熱で透き通る。適度な歯触りがあってエエんちゃうかコレ! 苦節十年、ワシはついに玉ねぎ攻略法を手にした。サルジイさんの赴くところ敵なし!

2021/4/22 11:48  [2336-3315]   

SILKYPIXでモノクロに少し色をつけてみる。
こういうのも嫌いじゃない。

2021/4/22 14:14  [2336-3316]   

テレビのニュース番組での街角インタビュー。風切音がボーボー入っていた。ここまでとなると、ウインドジャマーをつけていないんじゃないかな。テレビでここまでヒドイのは初めて見た。

テレビも最近は昔のドラマの再放送ばっかりやってるし、製作費というか広告費が絞られてるんじゃないかなあ。撮影部隊もどんどん少人数化し、よく分かっていない素人も動員され、こんなことになるんじゃないかと。その日の番組にすぐに出すような素材だし、一瞬なので「まーいいか」で通っちゃうと。

2021/4/22 18:38  [2336-3317]   

G9でのV-Log L撮影では、一つ引っかかっていることがあった。ISO感度の下限が400なのだ。あれえ、ベース感度ってISO200だよな。通常の動画撮影ではISO200で撮れるのに、V-Log LではなぜISO200が使えないのだろうか。

これはログ撮影の仕組みから来ているものらしく、他のメーカーでも同じらしい。

2021/4/22 18:59  [2336-3318]   

ソニーのサイトでは、Q&Aとしてコレが取り上げられている。


Q:S-Log3やS-Log3で最低ISO感度が高くなるのはなぜか?

A:広いダイナミックレンジを生かすために露光制御を変えてます。高感度ノイズが気になる場合は明るめに撮ってください。でもダイナミックレンジはその分狭くなります。


な、なるほど…ってどうゆうこと?

2021/4/22 19:04  [2336-3319]   

この言葉から考えると「通常撮影より暗く撮ってます」ということになる。

センサーの構造や性能が変わるわけじゃない。だが、ログ撮影は通常撮影より高輝度側が広く撮れる。高輝度を飽和させない、白飛びさせないためには、全体を暗い方へ寄せないといけない、その状態で所定の出力を得るためには少し増幅しないといけない…ということかなあ。

2021/4/22 19:31  [2336-3320]   

YouTubeには自分が練習している曲の上級バージョン、つまりもっと複雑な譜面をバチバチに弾きこなしている動画がいっぱいあって、「凄いなあ」と思うのだが、一方で違和感もある。

なんか、ただ弾いてるだけで、情感もへったくれもないというか。フジコ・ヘミングさんが言ってたことがわかる。プロのピアニストはみんな間違えないで正確に速く弾くのが偉いと思っている、そんなの何も面白くない、それがいいんだったら機械に弾かせりゃいい、と。

2021/4/22 20:13  [2336-3321]   

柳田國男の「山の人生」という本をキンドルで読んでいると、「かごめかごめ」の話が出てきた。


かごめかごめ
籠の中の鳥は
いついつ出やる
夜明けの晩に
鶴と亀と滑った
後ろの正面だあれ?


昔の子どもの遊び歌だが、それがなにか?

2021/4/23 05:58  [2336-3322]   

柳田によると、昔は「因童(よりわらわ)」というものが行われていた。一種の降霊者であって、恐山のイタコみたいなことを子どもにやらせるのだ。そういった気質を持つ子どもを探してきて仕立てるらしい。子どもがなかなかトランス状態にならない場合は、大勢で取り囲んで唱え言をしたりした。

その儀式はいつしか廃れてしまったが、それを模倣した子どもの遊戯が長く残ったのが「かごめかごめ」であると。そう言われると、これを子どもが自然発生的に考え出したとするより、身近の見聞を真似たと考える方が自然な気はする。「かごめかごめ」とは「囲め、囲め」であったことになる。民俗学は面白いねえ。

2021/4/23 06:08  [2336-3323]   

昔のことを収集して推測した説を立てたとて、それが正しい保証はないわけだが、「あーじゃないか、こーじゃないか」と繋げて考えてみること自体が面白く感じるんだな。

民俗学の本では「因幡の白兎」伝説に言及したものを読んだことがある。ワニを欺いたウサギが報いに皮を剥がれて苦しんでいるところを、大国主に助けられるという神話。これ、確かに「なんかオカシイ」とは思っていた。日本近海でワニなんか見たことあります? この説話が「古事記」に書かれた時代にはいたってこともないだろうし。

絵本ではサメとして書かれることもある。流石にワニはオカシイと思ってサメにするのかも知れんが、サメもおかしかろう。サメの仲間はいるかも知れんが、あんまり注目を浴びる存在とは思えない。「ジョーズ」風に、毎年何人かが犠牲になります、って話も聞かんしな。

2021/4/23 06:30  [2336-3324]   

昔読んだその本では、山陰地方には、日本海を回遊する大型魚を「わに」と呼ぶ古い方言があったのだという。その方言は廃れてしまい、その後に現れた「ワニ」と結び付いてしまったのだろうと。

いやまあ諸説あるんだろうが、ありそうな話。

2021/4/23 06:38  [2336-3325]   

自分はそういうのが好きなのかな。「スズメ」という呼び名はどこから来たか?なんてのも面白いと思った。

スズメは平安時代には「シウシウ」と呼ばれていた。シウシウはねーだろ、と思うが、古代の「シ」は現代の発音では「チ」に近いと言われている。だから現代風に発音すれば「チウチウ」ってことで、おお!「チュンチュン」な感じになってきた!

後ろに付く「メ」というのは小鳥を表すもの。ツバメにも付いている。だから「スズメ」というのは「チュンチュン鳴く小鳥」ということになる。そう言われると、なるほど、と思っちゃう。

2021/4/23 06:51  [2336-3326]   

そう考えると、「シメ」という冬鳥も同じじゃないかと思うんだよな。スズメはチュンチュン鳴くが、シメは単発で「チッ」、「チッ」と鳴く。だから「チと鳴く小鳥」という意味で「シメ」になったんじゃないかと。

2021/4/23 07:02  [2336-3327]   

ツバメを追いかけたりして…



艸の葉や燕来初てうつくしき(小林一茶)

ツバメが渡ってくるのは新緑の頃だもんな。

2021/4/23 14:00  [2336-3328]   

TX2はやはりちょっとした探鳥を楽しめるのがいい。

2021/4/23 14:08  [2336-3329]   

パナソニックがアメリカのソフトウエア会社を買収するとの観測が出ている。買収額は7千億の巨額となる見通し。これは失敗したら会社の屋台骨揺るがすね。東芝の原発事業買収みたいなことにならなきゃいいけど。

こういう巨額投資を行うとなれば資金繰りが厳しくなり、不採算事業の整理、売却に拍車がかかるだろう。カメラ事業の処分も考えるよなきっと。。

2021/4/23 15:57  [2336-3330]   

まあでもどうなろうと、自分なりにパナ製品を楽しんださ。「カメラに大した画質の違いなんかありゃしない」という人もいる。そういう人が多いんじゃないかと思うが、それでいいんじゃないか。オレの知ったことかよ。オレは繊細な人間でアンタとは違うんだ。

自分が他メーカーの画質にウンザリしたのは、自分にとっては真実であって変えようがない。カメラは道具に過ぎないが、自分を豊かにしてくれる道具に出会えたことは幸せじゃないか。

2021/4/23 16:45  [2336-3331]   

ここ書いてて頭の整理がつくことによって、考え方も変わってきた。パナの応援団みたいな立ち位置でアホ小僧とやり合う、なんてつくづくアホらしいと思うようになった。なんでオレがアホの相手せなあかんねん。

自分がエエと思う道具を使って自分が楽しめばエエだけや。シャッター商店街で相手にされんかて別に関係ない。やったことないことをやってみなあかんし、スキルとチャレンジのスパイラルアップ起こしてフロー体験せなあかん。マインドを切り替えるんや。

2021/4/23 17:19  [2336-3332]   

自分のパナ評も整理しておこう。モノ作りが地道で真面目。その点はニコンに通じるところがある。ウケ狙いができないので華がないとも言える。

例えば、ソニーがフルサイズミラーレスに進出した際、とにかくこだわったのがボディの小型化だった。ソニーとすれば「ミラーレスは違う」というところを印象付けなければならない一心だったと思う。それが受け入れられた。だが「使い勝手」は犠牲になっている。グリップは低いし指先は窮屈で小指が余るとか。そういうとこが表面的な「ウケ」狙いなんだな。

だがオレは真面目な方がいい。ウケ狙いの製品は使っているとバカにされてる気がする。気が付かない人はそれでいいけど、オレは敏感だからよ。

2021/4/23 17:38  [2336-3333]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ


この掲示板は閲覧専用です(運営者のみが投稿できます)。
運営者のみ投稿可
激動のカメラ業界
激動のカメラ業界をお気に入り登録
運営者:
風に吹かれるままにさん
設立日:
2020年10月11日
  • 注目度:

    29(お気に入り登録数:1件)

タグの登録はありません

該当掲示板はありません

ページの先頭へ