縁側 > カメラ > カメラ本体 > デジタル一眼カメラ > SD15のファンクラブ
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

初めまして
ニックネーム名”旅の美空”と申します。

シグマSD15が映し出す独特の世界観?に取り込まれ、仕事が休みの日はカメラ片手のお散歩が最適な気分転換になっています。
SD15が発売されて10周年ということで、その魅力あふれる世界を語り合う場があればなと思いこの縁側を作ってみました。
SD15に限らずシグマ製のカメラを所持するユーザーの方や気になって寄り道してくれる方などなど、気軽に投稿しコメントし合える場に出来たらなと思います。

よろしくお願いいたします。

  • SD15のファンクラブの掲示板
  • SD15のファンクラブの伝言板
  • SD15のファンクラブの投稿画像
SD15のファンクラブの掲示板に
SD15のファンクラブの掲示板に新規書き込み

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


SD15に取り付けた姿はカッコ良いですね

思い切って中古ですがマクロレンズを購入しました。
シグマAPOマクロ150mmF2.8 DC HSM

試し撮りしてみてやっぱり買って良かったと心底思うレンズになりました。
OS付ではないですが持った感じの重量とバランスが私には絶妙なホールド感になりまして
余程のスローシャッターにしなければ日中の撮影には支障はないかと思いました。
ここぞという場面では三脚のお世話になろうかと思います。

2020/9/22 11:33  [2330-26]   

所有のマクロレンズ

旅の美空さん こんばんは

シグマAPOマクロ150mmF2.8 DC HSM ご購入、宜しゅうございました(^-^)/

換算225mmで手振れ補正無しだとマクロ域では三脚必須ですね^^;
それでも手間が掛かる分、レンズに愛着も湧いてくるかと思いますので末永くご愛用ください。

旅の美空さんのお写真を拝見して私も手持ちのマクロレンズの集合写真(?)を撮りたくなりました。
左からTouit50mm・SIGMA旧70mm・SIGMA70mm・SIGMA105mm・SIGMA180mmです。

旧70mmはFマウントを中古で買ったのでアダプター2枚重ねでsd Quattroに使ってます。
アダプターで厚みがでるので無限遠が出ません^^;

Touit50mmはFujiのXマウントです。
180mmは三脚必須。

30日にSIGMAから「105mm F2.8 DG DN MACRO Art」の発表が有りそうなので楽しみです。
Full Frame Foveon機が発売されれば即 専用設計のマクロレンズが使えるというのは、
接写好きとしては無類の喜び^^

これから本格的に秋の花シーズンですから、色々撮りましょう^^

2020/9/24 18:57  [2330-27]   

こんばんは。

壮観で、かつ素敵なマクロレンズコレクションですね。
身の回りの物を手当たり次第に撮ってみてSPPで色々といじくりながら現像しています。
やっぱり本職のマクロレンズの描写力は圧巻です。

sharaさんのいわれる通り、秋の花シーズンに間に合って良かったなと思っております。
このレンズを付けてお散歩から旅行までフル活躍させようと思います。
試し撮りしたものをアップしました。
やはり手持ち撮影でのピント合わせには苦労しますね(;^_^A

9月30日に発表会があるみたいですね。
マクロのArtレンズ楽しみですね。
どんな描写力をみせてくれるのでしょうか。
考えるだけでもワクワク・ゾクゾクします。

2020/9/25 22:35  [2330-29]   

購入したマクロレンズで鉄道写真を撮ってみました。

ピントが合っている所の解像感が素晴らしいの一言です。
しかも、明るいレンズでシャッタースピードも稼げるので、以前よりも手振れによる失敗写真が少なくなりました。心なしかピントの合っている所とボケの所との差のコントラストが好きになりました。より金属感が際立つような気がしました。
これからもどんどん使い込んでいこうと思います。

新型の105mmのマクロレンズの評判は上々のようで嬉しい限りです。
純正レンズの性能を最大限に引き出すカメラ本体の発売が待ち遠しいですね。
ぜひ、SD15でも使える物をと期待してしまいますが、もうシグマSAマウントは廃番になってしまったんですよね。
残念ですが時代の流れには逆らえませんね。

2020/10/5 01:05  [2330-35]   

LUMIX S5 +70mm F2.8 DG MACRO/Art with MC-21(SA→L)

旅の美空さん こんばんは

https://engawa.kakaku.com/userbbs/2330/p
icture/detail/ThreadID=2330-26/ImageID=2
330-35/

良い立体感ですね^^
長焦点距離のレンズで撮ると広角〜標準と違った描写が面白いです。


私はFull Frame Foveon機を前提に、
Lマウント入門機としてPanasonic LUMIX S5を導入しました。

所有の70mm F2.8 DG MACRO/Artで手振れ補正を使った撮影ができます^^
また、10/23に発売が決まった105mm F2.8 DG DN MACRO | Artも同様ですね。

SIGMA機ではありませんから以後こちらの縁側に貼ることは致しませんので、
ご報告を兼ねた今回だけお許しくださいm(_ _)m

またSIGMA機で撮影致しましたら寄らせて頂きます。

2020/10/6 21:46  [2330-36]   

公園近くの土手に咲いていました 内蔵フラッシュを使って公園の落ち葉にピントを合わせてみました

こんばんは。

近所の公園でマクロレンズを使っての練習撮影をしてきました。
夕方遅くだったので条件が悪かったのですが、レンズの性能に大いに助けられました。
本当に良い買い物をしたと思います。
慣れたせいかOS付でないことが気にならなくなってきました。

2020/11/17 00:18  [2330-45]   



只今マクロレンズに興味津々なんです。
花や虫、鳥やネコ等の動物を撮りたい気持ちもあるのですが、マクロレンズの特徴を活かした鉄道写真が撮れないかなとあれこれと夢想中です。

2020/9/11 22:12  [2330-5]   

運営者さん こんばんは はじめまして

sharaと申します。 以後お見知りおきを・・・・・・m(_ _)m

sd Quattroを発売以来使用しております。
同じSIGMA機ですがSD15では無いので書き込みを躊躇しておりましたが、
マクロレンズとのお題のスレを見て罷り越しました。

マクロレンズで定番の花等を撮りつつ、
他社の新製品を横目で見ながらFull Frame Foveon機の発売を一日千秋の想いで待つ日々です。

>マクロレンズの特徴を活かした鉄道写真が撮れないか

難しいお題ですね。
是非、挑戦してみてください。


作例は最近のものではありませんが、枯れ木も山のなんとかで・・・・・m(_ _)m

2020/9/11 23:14  [2330-6]   

sharaさん

初めまして 旅の美空 と申します。
掲示板への書き込みありがとうございます
今後ともよろしくお願いいたします。

マクロレンズの作例とても参考になります。
4枚目のカマキリちゃんの表情がとても良いですね。カマを並べて寝かせているので、何か清水の次郎長に出てくる、おひかえなすって のシーンに似ていると思いました。

sdクワトロの実機展示品をヨドバシカメラで見て触ったときのデザインとホールド感・グリップ感の良さには驚きました。今では、近くのヨドバシカメラでは展示機がなくなってしまったのは残念です。
近頃は、カメラのキタムラのネットショップとヤフオクでSD1とsdクワトロの本体価格をチェックしております。ついでにマクロレンズもです。


Full Frame Foveon機、楽しみですね。
出るとしたら、sdクワトロの後継機になるんでしょうか。それとも、SD1Merrillの進化版になるのか
シグマの今後に期待大ですね。

2020/9/12 13:44  [2330-7]   

先月に手持ちレンズ(70-300 F4-5.6 APO DG MACRO)で撮った時計草をupしますね。
簡易マクロ機能なので、本格マクロレンズで撮ったらどんな写真になるのか楽しみです。
機材はSD15です。

2020/9/12 16:29  [2330-8]   

普段使っている懐中時計です

手持ちレンズ(70-300 F4-5.6 APO DG MACRO)の簡易マクロ機能を使って懐中時計を撮ってみました。カメラ本体のフラッシュを使てみたら、光がチェーンに反射して何とも言えない雰囲気の写真になりました。

2020/9/13 19:27  [2330-13]   

旅の美空さん こんにちは

作例をご覧頂きありがとうございます。

カマキリは好戦的な奴が多いので、じっくりピントを合わせる時間があります^^

>sdクワトロの後継機になるんでしょうか。それとも、SD1Merrillの進化版になるのか

技術的・構造的なことに詳しくありませんが、
山木社長によると「オリジナルに戻す」ということらしいので、
Merrillの画作りになるのではないかと思っています。

何れにしても楽しみですね^^

>光がチェーンに反射して

面白い雰囲気になりましたね(^-^)/
マクロ撮影の楽しみの一つに普段見ているものと全く違う視点の写真が撮れることがありますね。

これからも頑張ってください。
また寄らせて頂きますm(_ _)m

2020/9/14 10:42  [2330-14]   

sharaさん

確かにカマキリは下手に近づくとカマで威嚇してきますよね。
マクロレンズを購入したらお散歩に連れ出そうと思います。それまでは。手持ちレンズの簡易マクロ機能を活用して練習に励みます。

2020/9/15 21:52  [2330-18]   



ズバリ、趣味は旅行とカメラ片手のお散歩です。
ニックネームの由来は、旅先で出会う素敵な風景や青空に目が釘付けになってしまうからです。
あと、母が美空ひばりの大ファンなので両方をくっつけただけなんです。。

お気に入りの旅行先は、北海道・京都・長野とド定番の所ばかりです。
ただ、残念なのはPCの故障によりHDDに保存していた写真データが全て消えてしまい修復不可能になってしまったことです。なので、最近訪れた場所の感動を写真も交えて紹介していきたいなと思います(一部携帯・スマホデータに保存していた写真を使用しますがご勘弁ください)。

2020/9/4 01:06  [2330-3]   

京都へ旅行に行ったときにとても素敵な椿のお寺に立ち寄りました。
お寺の名前は 谷の御所霊鑑寺門跡 です。

哲学の道沿いにありますので、東山周辺の散策時に立ち寄ってみてはと思います。
庭園は春の特別参拝期間中しか入ることはできませんので、訪れる前に確認してくだ

【京都市公式】京都観光Navi で検索してみてください。京都の魅力あふれる情報が盛りだくさんです

2020/9/5 22:56  [2330-4]   



箱根登山電車の全線運行再開を記念して、8月限定で近所を走る小田急線で赤い1000形電車が走っていました。
普段はあまり注目されることが少ない江ノ島線が、期間中は駅や線路沿いに多数の撮影者が訪れており、私も危険な暑さも忘れて一緒に盛り上がっていました。。。
残念ながらその中にシグマ製のカメラを所持していた方はいませんでした。

2020/9/2 18:38  [2330-1]   

9月になり赤い1000形電車の全線運行も終了したせいか、いつもの江ノ島線に戻った感じです。
先月は通勤電車の車内から良い写真が撮れる場所はないかと窓の外を凝視していたのが懐かしいですね。
赤い1000形だけが小田急の魅力ではないと思ったので、仕事の合間を見つけて気になった場所で撮影を再開してみようと思います。どんな写真が撮れるのか楽しみがまた一つ増えたようです。

日本語が?ですが、新たな発見を見つける機会を提供してくれた小田急様には感謝です。

※相鉄いずみ野線ゆめが丘駅ホームで見つけた掲示物です。とっても気になったのでアップしました。
 撮影するときは場所に関係なくマナーを守るのは最低限のエチケットですね。

2020/9/3 17:02  [2330-2]   

こんばんは、初めまして。

シグマのカメラは持っていませんしカメラそのものが不調法ですが、小田急の話題に懐かしくて寄ってみました。
自分が昔関東に居た頃は、本線と江の島線急行は相模大野で分割併合の頃。
5200形6連と5000形4連とか8000形や9000形に4000形(小田急唯一?のディスクブレーキがついてた旧形)も混結して走っていました。
各停には、近郊各停用大型高性能車2600形が幅をきかせていた時代でした。

また当時の営団地下鉄(現東京メトロ)6000系が準急で本厚木まで乗り入れていた頃ですが、本数は少なかったです。

その後軽量ステンレス車の1000形ができ、8連固定で拡幅ドアの2000形に従来車と混結可能にした3000形にステンレス4000形と変わっていったようですが、その頃は関東に住んではいませんでしたが、時々遊びにいったついでに乗りにいったものでした。

運用面も東北沢ー代々木上原間だけの複々線で、終日ノロノロ運転でいつも混んでいる急行といった悪評の頃から一気に複々線区間が伸び、千代田線も本厚木から唐木田メインになり6000系が引退。
唐木田までJR車両もやってくる時代に変わったようですね。
勿論、相模大野で分割併合も昔語り(EXEに残ってるかな?)で、前6両小田原行きで後ろ4両片瀬江ノ島行きも見られなくなって久しい。

江の島線は中央林間まで半蔵門線〜東急田園都市線でやってきて、ここから相模大野を経て代々木上原まで行き、千代田線に乗り換えて〜というときくらいの付き合いしかありませんが、懐かしい8000形など見て、つい……といったものです。

また、小田急の写真を見せてください。

2020/9/12 20:02  [2330-9]   

江ノ島線90週記念ラッピングされた8000形です

Hinami4さん

掲示板への書き込みありがとうございます。

小田急線の話題は楽しいですね。
私は江ノ島線沿線生まれで一時的に離れましたが、またこちらに戻って現在に至っております。
幼少期の江ノ島線と言えば急行や各停は4両編成で(確か5000形の非冷房車だったような..)、時折SE車がミュージックホーンを鳴り響かせて通過していく光景が記憶に残っていますね。

今の江ノ島線は10両編成の快速急行・急行が新宿へ直通していてとても便利になりました。ちなみに、最寄駅から新宿までは乗り換えを入れても最速で52分と、複々線の恩恵を満喫しております。
あと、新宿だけでなく渋谷(東急線中央林間乗り換え)、横浜(相鉄線大和乗り換え)、東京or熱海方面(JR東海道線藤沢乗り換え)、箱根や丹沢、江ノ島に鎌倉の観光地。どこへ行くにも便利なところも江ノ島線の魅力ですね。

2020/9/12 22:10  [2330-10]   

こんにちは。
小田急の話題でしたら少し前くらいまでわかります。
といってもMSE登場以降はわかりません。

非冷房5000形、運転室直後の戸袋窓がルーバー状になってませんでしたっけ?
SE車、3000形で御殿場線に乗り入れていましたね。
RSEとなってスーパーシートというかグリーン車連結も過去の話。RSE自体も無くなってしまいましたが。

小田急は型番は繰り上げずに循環させてるので、3000形の2代目は通勤形になって古くからのファンは混同しそうですね。

江の島線は本鵠沼と鵠沼海岸は、かつての急行停車駅のときは10両編成急行はホームの延長ができないので通過扱い。
今は急行停車駅から外れてましたっけ。

相模鉄道といえば相鉄ジョイナス、オダキューOXもありましたっけ?
東急は初のステンレス車導入と、話題は後程……

2020/9/13 11:03  [2330-11]   

新型の5000形です まだまだ現役で奮闘中の8000形です 1000形更新車と3000形の併結編成です

Hinami4さん 

こんばんは
片瀬江ノ島発着の急行は現行の運行ダイヤでは平日の上り1本だけで、他の快速急行・急行共に藤沢折り返しになってしまいました(土休日は快速急行が片瀬江ノ島発着で運行されますが本鵠沼・鵠沼海岸駅は通過になります)。

車両も新型の5000形がデビューしていますが、これから徐々に増えていくのかな?
個人的に3000形のような大量増備にはならない気がしています。
形式のバリエーションが増えるのは個人的には嬉しいですね。
また、異系列の併結編成は個人的に大好きです。

駅中とホームにあった小田急OXショップが全てセブンイレブンに置き換わっています。
その内、スーパー関係等は他社との提携に切り替わるのでしょうか。

小田急に次ぐ身近な私鉄といえば相鉄ですね。
大手私鉄車両ファイルの車両配置表を見ると、全営業車両のVVVF化がいつの間にか達成されていました。20000系と12000系が増備され7000系が全廃されたためなんですね。

ちなみに、大手私鉄15社の車両の形式表記で形と系の2つが存在しますが、
形と表記する会社は、京成・京急・小田急・西鉄
系と表記する会社は、東武・西武・京王・東急・東京メトロ・名鉄・近鉄・南海・京阪・阪急・阪神
でした。
なぜそうなっているのかは分かりませんが、各会社の車両管理手法の一環なのかも知れませんね。

やはり、シグマのカメラで撮る鉄道車両の質感?には感動します。特に金属物を撮ると…

2020/9/13 19:19  [2330-12]   

こんにちは、新情報ありがとうございます。
5000形も2代目ですか。
大量増備されそうにないのは10両固定編成だからでしょうね。
拡幅車体ということは地上専用でしょうね。

パッと見たところ相鉄20000系等のようにJRE233系あたりがベースでしょうか。
会社ごとの形式だと量産がきかない鉄道車両のコストを抑えるため、ベースとなる車両を起こし、エクステリア等で各社の味付けを加えていく方針に変わっていった経緯があると何かの本で読んだことあります。
3000形も4000形もベースはJR車両のようだった気がします。

相鉄の7000系は引退しましたか。
自分がいた頃はまだ6000系が健在で、運転台付きのクハやクモハ(相鉄ではモハ)がところ構わず?連結されていましたから。モハ6021も見たことあります。
7000系は7700系に発展していったのかな

系列は自分的には形をひとくくりにしてというイメージが強いですね。国鉄式ですが。
例えば、クハ8100形、モハ8200形、モハ8300形、クハ8400形をまとめて8000系というふうに。
または、クハ2051形、モハ2001形、モハ2002形、クハ2052形で2000系とか。

編成が長くなるにつれて百位の数字が編成のどこにくるかを表すようになり、同時に固定編成化で、従来だとまちまちになる車両検査を揃えられるのと組み換えする手間も省略するメリットが出ます。

すっかり浦島太郎状態になってますが、ここら辺は大きな変更はないでしょう。

オダキューOXはセブンアイホールディングスとの業務提携により、セブンイレブンに切り替わっていったようですね。
しかし、どっちかというといなげやのほうに馴染みがw

2020/9/14 12:39  [2330-15]   

Hinami4さん

こんばんは。
相鉄7000系が全廃と書き込みをしましたが、良く調べると廃車になったのは抵抗制御の7000系で、VVVF制御の7000系は、7751F+7752F、7753F、7754Fの3編成は健在で車両配置表に載っていました。
不正確な情報を記載してしまいすみません。

相鉄の近年の代わりぶりには驚きます。
20000系はびっくりする顔つきですね。デビューしたての時に湘南台駅で20000系を見つけて写真を撮っている時に運転士さんから話を聞く機会がありました。その方も20000系に乗務するのが今日が初めてで、かっこ良い電車だとおっしゃっていました。
外見が良いだけではなく、乗り心地やシートの座り心地も良く、シートモケットの色がグレイ系のためか、車内が落ち着いた雰囲気であることもgoodでした。
だた、余計なお世話ですが車両の価格がとても高そうだなと思いました。しかも、JR線への都心直通プロジェクトに東横線への乗り入れ計画、星川駅の立体交差化等、巨額の設備投資が嵩む時期なので、会社の経営が大変なことにならないかなと心配しております。新型コロナによる乗客減もありますので…

2020/9/14 21:23  [2330-16]   

こんにちは。

まぁまぁ、不正確かどうかは瞬時にはわかりませんし、自分もしょっちゅうです(笑)
オモテでやると突っ込んでくるのが多いので、居辛いです。
気にせずにいきましょう。

VVVFインバータの7000系は、それまでの7000系と顔つきも違うので7700系と区別されてたと思いますが、正式呼称ではなかったかな?
6000系のように新6000系のように表記するほうが良かったのかな?
国鉄車両には便宜状の呼称があって正式呼称ではないけどというのが、よくありましたけど。

20000系は東急を介し都営地下鉄乗り入れを考慮しているみたいですね。
JR車両をベースにしているのは10000系のほうでした。
ただ主要機器は保守上のコストと容易さの面から、極力統一されているのかもしれません。

ワンハンドルマスコンは昭和44年登場の東急8000系がルーツで、京王6000系や京急等に広まっていきましたっけ。
顔つきはグリルがあるかのよう押し出しが強く、私鉄車両らしさを強調つけているようです。
一時の私鉄車両は国鉄〜JR車両のように個性が薄らいできていましたが、最近はかわってきているのかな?

車両費に関しては前出のように、規格を極力統一の方向に向かっているので、従来車と換算して安いのかも。
ただ従来車のように何十年も使うということを前提としなくなったため、寿命が短いかもしれませんね。

車体を長く使えるよう前出のようもたせても、インテリア関連の陳腐化をリニューアルさせると、結局新造するのとたいして変わらなかったようですから。
リニューアルと同時に保全工事も平行して行うのが常ですからね。(東急7700系→7700系の例)

2020/9/15 11:49  [2330-17]   

こんばんは

鉄道ピクトリアルの相模鉄道特集(1999年7月臨時増刊号)を見返してみたら、1986(昭和61)年に全面デザインが変更されて導入された編成から新7000系と記載されていました。

7713F+7714F、7715F+7716F     の20両は抵抗制御車両
7751F+7752F 7753F、7754F、7755F の40両はVVVF制御車両
合計60両が新7000系だそうです。
現存しているのが30両なので半分が廃車になったということは、7000系もそろそろ引退が近いかもしれませんね。

東急線も8000系列の廃車が進行していて、田園都市線に在籍している8600系しかいないんですね。

2020/9/15 22:53  [2330-19]   

こんにちは。

新7000系というのが正しいようですね。
1986年ということは、30年以上使われているということでしょうか。
車体はステンレスでまだまだ使えても、主要機器……特に半導体部品はサイクルが短いものもあるので、確かに引退時期が近いかもしれませんね。

相鉄は支線が無いといっていいので短編成がそれほど必要なく、乗り入れ主体となるのであれば、運用に制限が出る編成は扱いにくいので、東急直通が実現する前までに廃車になるかもしれませんね。

東急8500系は中小私鉄に譲渡されているものもあるので、こちらも予断を許さないかも。
確か長野電鉄に元小田急HiSE車と並んでいたということがあったようです。
勾配抑速ブレーキが無い(東急線時代は回生ブレーキ)ので、使用線区が限定されてるようです。

元営団3000系も走ってるようですが、東京メトロ03系も譲渡されはじめているので、こちらも予断を許さないかも。
どちらの車両も現役時代から知っています。いやはや懐かしい。

特に暑い夏、始発の東武動物公園駅に停まってた中目黒行きの非冷房3000系!
窓は上下が少し開くだけでファンデリアで熱風掻き回し。
地下線区でも冷房が使えるようになった今では考えられませんね。

2020/9/16 10:16  [2330-20]   

こんばんは。

通勤途上の相模大野工場内を車窓から眺めたら1000形2両が解体整備&部品取り?途中でした。
車両番号は確認できませんでしたが5000形増備の影響でしょうか。

東急の車両は長野電鉄で見かけたことがありますが地方の中小私鉄では大人気ですね。
小田急の10000形ロマンスカーも編成短縮で活躍中なので、1000形も譲渡されないかなと密かに期待
していますが…

2020/9/20 00:40  [2330-21]   

こんばんは。

小田急1000形、廃車が出たのでしょうか。
出るとすると多分8両固定編成かな?
1編成だけだと運用上、扱いにくい面もありますから。

それとワイドドア車の動向も気になりますね。
確か2mくらい開いて乗降口は広いものの開閉に時間がかかり過ぎるので、1.6mくらいに狭めた改造をされてたとこまで記憶はあるんですけどね。

8両固定の2000形等は江ノ島線運用は無いと思いますが、1000形ワイドドア車の1500形や1700形(…で正しいのかな?)の江ノ島線運用はどうなのかな?と。

東急車の地方譲渡が人気なのは塗装不要のステンレス車体も去ることながら、18m車体であることが要因だと思いますよ。
確かに20m車の8500系や8090系等も見かけますが、地方では18m車の取り回しが優位な線区の条件と、少しでも維持費軽減のために好まれると聞いたことがあります。
ながでんこと長野電鉄でも運用区間が限られていますから。

変わったとこでは九州の熊本電鉄に、元東京メトロ銀座線01系が譲渡されてるといったとこでしょうか。
16mのアルミ車体で編成が短くなった以外、銀座線時代の面影がそのまま残ってるようです。
元都営三田線の6300形や同じ東京メトロの03系も混じって働いてるようです。

2020/9/20 18:12  [2330-22]   

こんばんは。

1000形の8両編成(1081F)は2020年6月末で運用より離脱し中間T車2両以外は廃車になったそうです。廃車を免れた中間T車2両は、1000形の4両+6両を10両固定編成へ更新する際に真ん中に入る先頭車2両と入れ替える予定みたいです。この先色々と編成形態の変更が予想されえうので、そのあおりで廃車になる編成も出てきそうです。

1000形ワイドドア車両(1500形)は6両編成×6本になって江ノ島線の各停運用に大活躍中です。しかし、5000形の増備もあるのであと何年活躍できるかです。

東急車が人気なのは理由があったんですね。さすがステンレス車両のパイオニアですね。
熊本電鉄では都営車両も活躍しているんですね。
少しごっつい外観だったから、くまもんのラッピング車両にでもすれば人気がでそうな気が…

2020/9/20 23:55  [2330-23]   

こんにちは。
資料があったにせよネットで調べることができるにせよ、やはり現地で目にしている意見は説得力があり、現実味がありますね。

1000形に廃車出たんですね。
中間車を組み替え、検査期限が来る車両順に、順繰りにでも整理していくのでしょうか。
廃車はともかく固定編成化とか、他編成組み替えで外し保全工事を行うとか、色々考えられます。

ステンレス車体は構造上歪み取りが難しかったので、今までは波板状にして目立たなくしてたのを軽量車体構造を採用したときにビード加工というものに変更。
その時、どうしても出る継ぎ目を車体色の代わりに採用した帯の下で継ぐことで見えなくした最初の車両が小田急1000形といわれてます。

ワイド車は江ノ島線で運用についてるのですね。
乗降時間短縮のために多扉車とワイドドア車のどちらを採用するかということでワイドドア車を採用した小田急でしたが、扉そのものの開閉に時間がかかり思ったほど効果が得られない。
乗降にかかる時間を実験し、1600ミリでも変化無いということで狭扉化改造された1500形ですが、その後各停運用専用の2600形置き換えに登場した2000形以外は1300ミリ開口に戻ってしまったので、去就が気になってました。

一方の多扉車方式を採用したところでも、整列乗車の乱れやホームドアやホームゲート設置時に都合が良くないため、こちらも無くしていったかと思います。

地方中小私鉄において鋼製車より保守がかからないステンレス車体は、それだけで費用の軽減が期待できたため、ステンレス車体を多く保有してなおかつノウハウのある東急車の新型置き換えのときに飛び付いたわけですね。

基本的に腐食を考えなくて良いので腐食シロ分が無い分鋼鈑が薄くて済むのと塗装工程を省略できるので、塗装費用と日数が無くなり、その分保守費用と入場日数も軽減できますから。

ただ制御方式等に半導体を用いている車両だと、シンプルな抵抗制御に比べて複雑なのと半導体の生産中止サイクルによっては寿命が左右されることも考慮されます。
大抵は部品確保用に、余分に車両を購入していると思いますが。

熊本電鉄のくまモンのラッピング電車は、元銀座線01系に施されているようですね。

2020/9/21 15:33  [2330-24]   

3000形の1次車です 3000形の2次車です 新八代駅構内で撮りました 指宿枕崎線 西大山駅で撮りました

こんにちは。

小田急のワイドドア車両にはもう一つバリエーションがあります。
実は2001年登場の3000形の1次車24両、6両×4編成も1.6mのワイドドアを採用しているんです。
最初に目にしたときはこれからの小田急の標準車両になるんだなと思いましたが、翌年登場の2次車以降には1.3mの通常タイプに戻って現在の5000形(2代目)まで続いています。
もしかして、3000形1次車の廃車もそう遠くはないかもしれない気がしてきました。やはり構造が特殊な車両は維持管理にも手間や費用がかかるから会社としても余計なコストはかけたくないのかもしれませんね。

くまもんのラッピング電車はあるんですね。
さすがに熊本までは見に行けないのが残念です。
コロナが落ち着いたら、お1人様九州一周乗り歩きツアーでも計画してみようと思います。
九州新幹線が開業してしばらくしてから乗りに行ったとき以来になりますね。
その時に所持していたカメラは発売されたばかりのキャノンEOS kiss Digitalでした。
それから私のデジカメライフが始まった記念すべき一品です。

2020/9/21 17:27  [2330-25]   

こんばんは。

3000形1次車まで拡幅車でしたね。
2000形で終わってたかと思いました。

運用上は各停で混む区間があるのであれば、また6両固定の運用もあると思いますので、運用離脱して廃車は、まだ先かと思います。

確かに保守上は不利な面もありますが使用線区の条件が先に来ますので、乗降時間は1300ミリ扉車より短縮でき2000ミリ扉車と変わらないということで採用された1600ミリ扉車ですので、残る可能性は高いと思います。

それより8000形のほうが経年なのと鋼製車体なので、こちらの廃車が気になります。
ロマンスカーを除いて唯一の塗装車体でもありますから、全検出場日数が1000形等ステンレス車よりかかりますから。

くまモン列車、コロナ騒動が落ち着いてから訪れてみるのも良いでしょう。
パンタがついた01系、それだけで貴重です。

そういえば銚子電鉄は01系の前の2000形でしたが、今はどうなったでしょう?
室内灯が消える車両で、銀座線の風物詩でもありましたから。
油臭さ漂う地下鉄構内で轟音響かせて走り、駅が近付くとポイントで一瞬室内灯が消えて壁の予備灯が暗く点く……いや、懐かしいw

2020/9/24 20:19  [2330-28]   

こんばんは。

3000形の廃車はまだ当分先ですね。
1次車の登場が2001年でしたので、もう19年も経過したのかと思うと時の流れは速いなと思いました。
8000形の登場が1982年なので、こちらはもう38年!!!
まだまだ現役で活躍して欲しいと願っています。

地下鉄に駅到着直前に室内灯が消えて予備灯が点灯する車両があったんですね!!
交直切り替えのデットセクション通過みたいですね。

都営新宿線と三田線を利用していますが新型コロナのあおりで車両の窓が少しずつ開いています。
そのため、地下トンネル通過の轟音・爆音が室内中に響き渡っています。
特に新宿線の市ヶ谷駅到着前の急曲線では車輪とレールが生み出す軋み音で耳が痛くなる時があります。これも新型コロナの影響かもしれませんね。

2020/9/25 22:53  [2330-30]   

おはようございます。

3000形に廃車が出るなら1000形はともかく、8000形が先かなと思った次第です。
8000形全盛の頃は当時の各車との混結が見られたものでした。

先に登場した9000形で確立した技術ですが、鋼製車の一段下降式窓は雨水抜けの問題があって、錆に特に悩まされてたようですが、小田急は克服していたようですね。
当時の国鉄車のサロ165やサロ455等は錆に悩まされ、酷いときには窓下に錆で腫れ上がったようになってたこともありましたっけ。

銀座線の室内灯が消えて予備灯が点くのは第三軌条集電方式の為、駅などにあるポイントで第三レールが途切れた時など、一瞬電気が遮断される為に起きるんですが、一瞬だから本や新聞を開いた人はそのままの体制だったものです。
逆に驚いて声を出した人などの田舎度合いが分かるなんて言われていたようです。

ですが銀座線の新1500形や丸ノ内線車両などはポイント通過して予備灯が点いても室内灯は消えませんでした。
これは電動発電機を搭載している為、一瞬くらいなら惰性で発電機が回ってるから消えないということです。

そういえば近年銀座線で、新型車両でありながら室内灯が消えるのを再現した特別列車が運行されたようですね。
https://youtu.be/TzDX6p-TSWI

都営三田線に新宿線をご利用ですか。
自分が居た頃は、営団のみ1日乗り放題の1日乗車券があったので、ヒマ?なときに営団は乗りに行ったことはあり、地下鉄博物館にも行きました。

後に東京メトロと都営になって1日乗車券が設定されたときに1〜2度くらいでしたので、都営は詳しくはありませんが。

三田線も高島平付近は高架上を走り、地下鉄東西線の南砂町以東の荒川橋梁から先と同様、地下鉄なのに高架上?といった謎?の部分がありましたね。

新宿線は京王橋本まで乗り入れ、自分は京王6000系30番台車が乗り入れてた頃に乗った記憶があるくらいです。
岩本町で追い抜きもありましたね。

当時の都営10-000形も製造時期の違いにより、スキンステンレス車と軽量ステンレス車が混結していた編成がありました。
車両側面の板が波板のコルゲート加工か波の数が減ったビード加工で見分けが付きました。

地下鉄、特に皇居の堀の近くなどは皇居を避けるため、特に急カーブが多いです。
軋みながらの轟音、特に昔はトンネル内の温度上昇問題から冷房車などはなく、また冷房があっても地下に潜る駅で「冷房を切りますので窓をお開け下さい」の車内放送と共に、乗客が一斉に窓を開けてたものでした。
駅も当然ながら冷房は無く、夏は特に蒸し地獄!
電車も駅もファンデリアで熱風を掻き回してるだけでした。

車両だけでなく、駅も冷房完備になった現在の地下鉄からは想像もつきませんね。

2020/9/26 08:28  [2330-31]   

こんにちは。

第三軌条集電方といえば近所を走るブルーラインもそうですが全く気付きませんでした。
特別運行とはいえ、ポイント通過時にあえて照明を切るなんてメトロも粋な演出をしますね。
最新技術にアナログな部分を味付けって感じですかね。

昨日通勤途上で相模大野工場内を観察しましたが、廃車解体線上の1000形車両はいずこかへ搬出されたようで寂しい限りです。
8000形より先に1000形の編成単位での廃車がでるとは思いませんでした。

都営新宿線は基本都営・京王ともに10両編成なんですが、一部都営車両に8両編成が残存しているためラッシュ時にその車両にあたると混雑が酷いです。
もっと酷いのが三田線で、いまだに都営・東急ともに6両編成です。白金高輪〜目黒間で同一線路上を走るメトロ南北線も同じなので、長編成化には相当の時間がかかると思います。しかもホームドア完備のワンマン運行なので、車両・設備面にどれだけのコストがかかるのかを考えると一利用者としても背筋が寒くなりますね(運賃に跳ね返ってくる⁉)。

今では冷房は当たり前で最近は空気清浄機付きですからね。それに防犯カメラも!!
嫌な世の中になってきました。

小学校時代に修学旅行で日光へ行ったのですが、その時の団体専用列車が165か169系でした。
しかも、友達と最後尾車両の運転席窓にかぶりつきをしていたら、車掌さんが仕切り扉を開けてくれて貫通扉の所でかぶりつきをさせてくれたことを思い出しました(勿論運転席側の扉は仕切っていました)。どこかの駅で運転停車中で短時間でしたが今では考えられないことですね。

2020/9/27 13:49  [2330-32]   

こんにちは、不規則になってきましたが忙しなくなってきてますので。
それでも見てはいます。
情報そのものは得ることは可能な時代ですが、実際に利用されてる意見は、やはり実感があります。

第三軌条集電方式は横浜市営地下鉄もそうですが、回生ブレーキの回生失効が起きないよう、母線引き通しをやってるので、第三レールが途切れて集電できなくなっても照明が消えることは無くなってます。

ただそれだと非常時に通電を区間的に切らなければいけない時に、地上設備側で電気を遮断しても区間によっては車両を介して通電が続く場合もあるので、車両側で対応できるよう、母線を車両側で1両づつ遮断できる回路構成になってたかと思います。
その回路構成を応用したのでしょう。粋な計らいですね。

1000形の廃車はその後出てるのでしょうか?
そうでなければ運用上の問題か検査期限の兼ね合いでってことも考えられますが、単に差し替えだけだったら予備保留車で廃車しなくて済みますからね。そこは気になりますね。

都営新宿線のラッシュ時、未だに8両運用あったんですね。
京王つつじヶ丘発各停みたいに区間運用にすればいいんですけどね。
例えば、大島ー岩本町とか。ラッシュのスジに割り込ませるのは大変ですが。

乗り入れた京王車(当時6000系)が、新宿線内での加速度が劇的に速く見えた記憶がありました。
実際に切り換えて加速度が変わっていたようですが。

都営三田線は古くからあるのでホーム等駅設備の延伸は想定してたかどうかわかりませんが、営団南北線(東京メトロではない頃からという意味で)は8両対応準備工事がなされていたと思います。
乗り入れ先の東急目黒線地下区間はどうなってるかわかりませんが、地上区間と違って駅設備等の延伸は容易ではないのが地下区間の辛いところ。延伸は想定していたかと思います。

運賃上乗せは特特法とかで10円上乗せというのはありましたね。
京王のように工事終了したら値下げ(しかも最大50円)してくれたとこもありましたが……
しかしそれだけでは賄いきれないので、もし都営三田線が延伸工事やるとしたら、都民の税金に跳ね返る?

また、それぞれの沿線利用人口が減ってるのであれば、手付かずということも考えられます。
西武新宿線が地下工事を断念した理由のひとつに沿線利用人口の減少がありましたから。
最も建設費用が当初の予想の3倍かかるのがわかったのが断念した理由というのが大きく言われていましたが。

防犯カメラは今の事情からすると仕方ないですね。
ただ、犯罪を防ぐのではなく行われてしまった犯罪の証拠探しのための設備ですから、防犯カメラといういいかたは如何なものかと。

かぶりつきの話は心温まるいい話ですね!
確かに今は聞くことができません。
昔自分が乗り遅れそうになった列車。
走り込んで、やっと間に合いそうかというときに車掌さんが手を引っ張ってくれてつかまえ、乗務員室のドアから乗せてくれた事を思い出しました。

165/169系は勾配線区向きに抑速ブレーキを装備した車両で169系は信越線の横軽対策、EF63形機関車との協調運転を前提にした車両ですが、その話はいずれ。

2020/9/30 10:42  [2330-33]   

こんばんは。
1000形の廃車ですが、車両番号は不明なのでどの編成が廃車になったかはわかりませんでした。
通勤途上に見かけた車両はこんな感じでした。

3259F×6+1053F×4の10両編成(各停新宿行き)
1253F×6+1062F×4の1000形同士の10両編成(快速急行小田原行き)
1254F×6、1255F×6の6両固定編成(江ノ島線各停運用)

小田原線内ですれ違いざまに何度か1000形車両を見かけましたが、車両番号の判読ができませんでした。しかし、前面方向幕が字幕式だったので未更新の1000形車両であることは間違いまりませんね。
前面方向幕が字幕式車両は1000形未更新車と1500形だけですし、1500形は6両編成なので小田原線内では新松田〜小田原間の各停運用のみで、あとは江ノ島線と多摩線内折り返しの各停運用が主なので。

都営三田線のホームですが、ホーム自体の長さは8両化を見越していたのか、かなり余裕を持って作られています。それでも8両化には相当の費用がかかりますね。

2020/10/5 00:47  [2330-34]   

こんにちは。

こちらでも廃車になった1000形を追ってみましたが、今一つはっきりしませんね。
6+4両編成で千代田線直通運用があった頃から馴染んでいるので、気にはなりますね。
現在は後継の4000形になって、JR線我孫子まで行くのかな?

それはそうと各停も10両運用ができたのですね。
複々線になった区間はともかく新宿〜代々木上原間の各駅のホームはどうだったかな?と覚えていませんが……

すれ違いざまに編成番号はともかく車両番号判読は困難です。
ここは鉄道雑誌の私鉄車両の動きのコーナーが今でもあれば、それに頼るしかありませんね。
それか、私鉄車両の編成表が出るまで待つか。
こういうのをいち早く見つけ出すマニアも居るようですが、一体どうやって(^^;

未更新の1000形もあるということは、次の廃車が出るとしたらこちらから?
でも意外と更新車両の廃車が先に来たりすることもあったりしますので、動向はわかりませんね。

都営三田線も8両対応の準備工事は施工されてたんですね。
地下鉄線内の延伸工事は非常に困難なので、先を見越してたということでしょう。
車両は新製するか、都営新宿線のように既存車両に増結していくか。

新製するとしても、既存車両を編成解体して中間車を他の編成に組み込み、不足分のみ新製していく方法で費用を抑えていくでしょう。

新製車はJR規格のものが普及して久しくなったので、それを採用すれば新製費を少しは抑えられるでしょうけど、それでも数百億は免れないでしょう。

ただ、日中の混雑状態にもよりますので、この混雑率が低ければ何もしない(できない)かもしれませんね。
自分の時では、日中は営団(東京メトロ)のほうが多く、初乗り運賃から高かった都営は、さほど混雑してなかった記憶がありますが……

2020/10/8 09:58  [2330-37]   

こんばんは。

通勤途上に乗車した見かけた未更新の1000形です。

1092F×10の唯一の未更新10両固定編成
1251F×6+1168F×4の1000形同士の10両編成
3251F×6+1051F×4の10両編成

車両番号が確認できた編成のみ記載しました。

新宿〜代々木上原駅間の各停10両編成化のネックになっていた、代々木八幡駅の改良(相対式ホームから島式ホームに変更&ホームドア完備です)工事完成により実現しました。南新宿駅・参宮橋駅は未設置ですが。

日中もそれなりに混雑していますし、朝・夕のラッシュは酷いの一言なので、三田線の長編成化は時間がかかっても実施してほしいですね。

2020/10/14 22:12  [2330-38]   

おはようございます。

未更新1000形の情報ありがとうございます。
今後更新していくのか、このまま手付かずなのか気になりますね。
他の私鉄でも更新車と未更新車が混在することがありますし、更新車であっても先に廃車されることがあったりします。

ただ1000形は今のところ順次廃車になっていく情報は無いようなので、一旦は安泰なのかも知れません。順番からいくと8000形が先だと思いますが。
10両固定化されず、中間車の運転台も9000形のように撤去されることはなく残されてるようです、

また2000形も去就が気になりますね。
元々は10両固定化できるよう付番されていますが、結局は8両固定のままで10両化の予定は無いそうですが、今後の本線での運用は支障が出そう。
少数でもあるので、置き換えされるとなると一気に進むでしょう。

代々木八幡は確か上下線の間隔が空いていたので、容易に島式ホームにできたのかもしれませんね。
普通は相対式ホームから島式ホームにすると上下線の間隔を空けないといけないので、場所的に考えると困難ですが、千代田線の兼ね合いで空いていた分、工事が容易だったのかも。

ちなみに隣の代々木上原で千代田線が始発の場合、列車が入線するとき運転士は起立している光景、今でも見ることができるのでしょうか。
その会社の儀式みたいで、眺めていた記憶があります。

ホームドアは安全上、設置が望ましいですが、同じ4ドア車でもドアの位置が異なる車両があるとホームドアの設置ができないことも。

東武だと9000系9001Fと9002F以降、西武6000系6001Fと6002Fとそれ以降はドア見付が違うとか色々あるようです。

都営三田線を8両化するとなると、東急目黒線や営団南北線も8両化を進める必要が出てくるので、早急には難しいのかもしれませんね。
列車だけでなく駅や検修区などの設備も、準備工事はされてるにしても相応の改修をやらなければいけませんから。

今は混んでいても沿線人口が減少していれば、後手に回ることも考えられます。

こないだ、東武東上線で運転障害が出てストップしてたニュースがありましたが、10030系(10050系)懐かしいな〜と、そっちばかり見てました。

2020/10/17 09:03  [2330-39]   

こんばんは。

代々木上原駅では引き上げ線からの入線時に運転士さんが起立していますね。
最近の小田急では見たことないですが、相模大野駅での分割併合時にみた記憶があります。特に連結する時ですね。あと、京急でも金沢文庫駅での増結作業時に同じ光景がみられました。
分割併合作業中では前方の視界・安全確認のためと考えれば自然ですが、入線時となると車両運行規則?に義務付けられているのでしょうか。

東武車両を見かける機会は九段下駅でたまにしかありません。確か8000系に次いで車両数が多いことしかわかりませんが、前月の鉄道ピクトリアルの特集が東武野田線でしたね。

2020/10/19 21:04  [2330-40]   

こんばんは。

入線時に起立しているとことしていないとこがある?ので、社風の違いなのかな?と思いましたが、はっきりと出てきませんね。
ちなみに国鉄〜JRだと前照灯と尾灯を同時に点灯させていたりとか。

相模大野は併合時に便利なよう僅かながら勾配をつけているので、ブレーキ操作の加減のみで併結できるようになってると聞きました。
小田原からの6両編成が待ってて江の島からの4両がゆっくりと併結していく。
同じように西武新宿線系統でも、拝島からの6両と西武遊園地からの4両が同じように併結したりと。
ここも今は見ることが無くなったようです。

東武野田線は単線ながら巧みなダイヤ構成で、結構密な運転ができていたとこです。
自分が居たときは18m車体の3000系が主力で、吊りかけ式の独特の轟音を響かせて走っていたものでした。

この3000系は、それまでの旧型電車の主要機器を再利用し、車体のみを新製した車体更新というものでした。
シンプルな機械部品のみで構成された電車だったからできたことで、現在の半導体を使ったインバーター車等では無理でしょう。
最も車体はもってもインテリアの陳腐化は早いので、更新工事でリニューアルするよりも新造したほうがという傾向になり、長寿命を考えない分新製費を抑えた車両が現在の主力。
早いサイクルで新車に乗れたほうがいいということなんでしょう。

となると小田急でも1000形より3000形以降のほうが、場合によっては廃車が早くなるかもしれませんね。

九段下というと東武50000系あたりでしょうか。
最初に投入された30000系は分割併合を考慮していたため東急側で歓迎されず、10両貫通編成の50000系(50050系)が投入されたという経緯があり、一部運用の都合で30000系が残ってたようですが、現在はわかりません。

2020/10/24 19:32  [2330-41]   

こんにちは。

ついに8000形チョッパ車8255Fが廃車になってしまいました。
先月の110月22日(木)に相模大野工場内を見たら廃車解体線に8000形5・6号車が置かれていたのでもしやと思っていましたが…
今日も通勤途上で相模大野工場内見たら、1・2号車が腰部の青線も取り除かれクリーム色塗装のみの状態で解体線に置かれていました。ちなみに1・2号車以外は現役時の通常塗装のまま廃車解体でした。
珍しい状態だったのでどこかで活用する予定なんでしょうか?
ロマンスカーミュージアムならぬ、通勤電車ミュージアムなんって作ったりしてと妄想が…

都営三田線に新型6500系が入線するそうです。
しかも8両編成とのことなので、既存の6300系も編成組み換えで8両化を志向するんでしょうか。
そうなるとかなり大規模な編成組み換え作業になりますね。

九段下駅では東急8500系に新型2000系やメトロ08系に8000系、東武50000系も活躍する姿を見かけます。たまにですが、京王ライナーで使用する5000系が新宿線内ローカル運用?で乗車する機会があります。ロングシート状態ですが、いつもの通勤車両よりシートの座り心地は快適です。

2020/11/2 15:31  [2330-42]   

おはようございます。

8000形も廃車が出ましたか。
界磁チョッパ車は基本抵抗制御でモーターが直巻き式ではなく複巻き式を使うことで、そのモーターの界磁という部分をチョッパーで制御することで損失を抵抗制御車より少なくしようといった方式の車両です。

営団車等に見られるチョッパー制御は全てにおいてチョッパー制御がかかり、抵抗制御車は勿論、界磁チョッパー車より損失は少なくなるものの車両価格がぐっと高くなるのが欠点で、国鉄も201系や203系に見られたくらいで、多くの私鉄では回生ブレーキが使えることで車両価格が少しでも抑えられる界磁チョッパー方式を採用していきました。
その後、東急9000系が元祖のVVVFインバータ車が登場し現在に至ってます。

小田急は8000形の前に登場した9000形で界磁チョッパー制御が採用されてましたが、後の1000形はVVVFインバータ制御になり、界磁チョッパー車の種類は多くありませんでした。

ミュージアムは海老名だったかな?
ロマンスカーはともかく、通勤形でもパイオニア的な車両は保存されていたかと思いますが、8000形はどうなんでしょう?できれば保存して欲しいものですけどね。

都営三田線、新型車投入で8両化ですか。
そうすると乗り入れの関係で東急とメトロも8両化していくんですかね。
共に新型車導入もあるんでしょうけど。

編成替えなら、中間車を他の編成に組み入れて余った先頭車等は廃車にしていくのが通例ですが、都営新宿線のように大がかりになる方法はやらないと思いますよ。

東急8500系、懐かしい。
当時、半蔵門線と名前だけで、来る電車は東急8500系ばかりだった思い出があります。
今では多種多様の車両が乗り入れてるようですが、東急2000系は地味な存在。
ちなみに先頭車運転席前面ガラスに「K」のステッカーが貼ってあるのは、東武に乗り入れず押上止まりだったりします。

後に2020系が登場し大井町線に転属しますが、この2020系は8500系も置き換えるよていだとか。

京王ライナー5000系ですか。
クロス〜ロング兼用シート車は東武50090系が最初でしたっけ?
その他に京急でツイングルシートという名からツイングル600というのがありましたが、固定されてしまったのとロングシート車で増備されていったのが残念です。

2020/11/7 09:16  [2330-43]   

こんばんは。

京王5000系は車内ドア間中央天井に液晶ディスプレイが設置されている割には車内が広く感じるのは、
照明や内装などを工夫しているからでしょうか。いずれにせよ乗車していて快適な車両であるのは間違いないですね。

東武のTJライナーに触発?されて、西武や京王にも同じ機構を採用した車両が登場していますね。
この機構は近鉄が開発して実用化したL/Cカーが最初みたいですね。

半蔵門線に新型車両が入線する情報がありますので8000系の廃車も近いようです。
東急8500形はたまに見かけます。顔付がいかにも昭和の時代って感じですが、最後まで無事に走り続けて欲しいですね。

蛇足ですが、昨日今日と1000形同士の10両編成を見かけました。
1251F+1062Fと1254F+1053Fです。1068Fが廃車になったとの情報がネット上にあります。
確かに相模大野工場内の解体線に1000形の廃車体があり部品取りの真っ最中でした。
これで未更新のまま残っているのは、
1051F、1053F、1062F 4両固定編成
1251F、1253F、1254F、1255F 6両固定編成
1092F 10両固定編成
だけになってしまいました。

2020/11/12 23:08  [2330-44]   

こんばんは。

1000形廃車、進行してきてるのですかね。
今後も検査期限の兼ね合いで運用離脱して廃車に至るものも出てくるのでしょうか。
たまに未更新車より、更新車のほうが先に廃車がくることもあったりします。

京王5000系のように座って通勤という発想は以前からあり、特急券より格安の着席指定券を発売し、座れることが保証された列車で快適にと、混雑から回避できればそれでいいと、それなりに売れてたものでした。

国鉄〜JRでは旧式特急車両を使い優位でしたが、特急(料金不要)の設定があるにしてもロングシートの通勤形では見劣りするので専用車両をといいたいとこですが、たったそれだけのために保有するのも非効率なので、ロング〜クロスシートと切り換えできる車両が開発されたのだと思います。

近鉄を含む関西では私鉄王国の名は伊達でなく、転換クロスシートの無料特急を走らせていたとこもあり、当時の国鉄の153系や117系では太刀打ちできるものではありませんでした。
今では線形の良さと最高130km/hのスピードを売りとした新快速に大差つけられてしまってますが。

ところで小田急は今でもホームウェイってあるんでしょうか。
確か定員の多いEXEが充当されてたと思います。

半蔵門線もついに新型投入ですか
何故か08系がふるわなかったようですが、18000系?に期待したいとこです。

こないだ私鉄の終電繰り上げのニュースがあって、東急8500系が写ってました。
更に東急7700系もいましたね。
とはいえ主力は5000系列のようでした。
北千住で中央林間行きの5050系に乗ったこともあり、懐かしいのひとことです。

2020/11/18 17:59  [2330-46]   

こんにちは。
返信が遅くなってしまいすみません。
掲示板の管理は無精な性格には大変ですね。

平日・土休日共に夕方18:00以降では新宿発のロマンスカーの愛称はホームウェイに変わります。
1号〜23号は小田原方面行き。81号〜91号までは江ノ島線直通の藤沢行き(81号のみ片瀬江ノ島行き)です。ちなみに、朝のラッシュ時は平日・土休日共にモーニングウエイに変わります。
ワイドドア車両の1751Fが廃車になりました。次は8251Fか1752F以降のワイドドア車両かという所です。

小田急では大みそかの終夜運転は取り止めにするそうです。さらに、来年3月のダイヤ改正では終電の繰り上げがアナウンスされています。
新型コロナの影響で複々線や箱根登山鉄道復旧効果を帳消しにしてしまいそうです。
設備投資が嵩んでいますので経営が傾かなければよいのですが。。。。

私鉄王国は伊達じゃないと感じたのが、京阪8000系と3000系です。京都に行ったときに僅かな区間を利用しましたが、快適な車内設備と綺麗な車体で本当に羨ましいなと思いました。

新快速のスピードは半端ないですね。新大阪から三宮まで乗りましたが、早いのは良いのですが車両の揺れも半端ないと感じました。京急も揺れますが、不安定な蛇行を繰り返しているように感じました。

東急の8500系も貴重な存在ですね。今のうちにカメラに収めておこうと思います。田園都市線には東急はもちろん東武やメトロの車両も見られますので。東横線は西武の車両も見られますから、撮り鉄好きにはお得感が強いですね。
関西の鉄道も時間を作って撮りに行きたいですね。



2020/11/26 11:29  [2330-47]   


SD15のファンクラブの掲示板に
SD15のファンクラブの掲示板に新規書き込み
全員投稿可
SD15のファンクラブ
SD15のファンクラブをお気に入り登録
運営者:
旅の美空さん
設立日:
2020年9月2日
  • 注目度:

    250(お気に入り登録数:1件)

  1. 1Hinami4
  2. 2shara

該当掲示板はありません

ページの先頭へ