縁側 > カメラ > カメラ本体 > デジタル一眼カメラ > オリンパス > 「メカロクの 偏屈カメラ術」
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

お勧め頂ける方があって、旧 Fotopus(フォトパス)の「花コミュ掲示板」に私が立てた 「花撮りのためのグッズとチップス」 というトピックの書き込みを元に内容を膨らませて、「メカロクの 偏屈カメラ術 【前篇】」 と題する書籍を、2019年12月1日に発行し、2020年6月1日に <改訂 第1版> を発行しました。

 書籍とはいっても、Microsoft Word で作ったデジタル書籍で、ご希望者に、E-メールに添付して無償配布するものです。

 私は、カメラ弄りの経験だけは長いのですが、「美的(芸術的)センス」 なるものが大きく欠けていて 「芸術面」 について語ることはできないので、書名も 「芸術面」 を含む 「写真術」 ではなく、「自己流の 「技術面」 だけ」という意味を込めて、「偏屈カメラ術」 としました。 詳しくは[常設]スレッド参照。

 本書の記載内容を少しずつご紹介しますので、ご意見やご質問などをお寄せ下さい。

  • 「メカロクの 偏屈カメラ術」の掲示板
  • 「メカロクの 偏屈カメラ術」の投稿画像
「メカロクの 偏屈カメラ術」の掲示板に
「メカロクの 偏屈カメラ術」の掲示板に新規書き込み

本書「メカロクの 偏屈カメラ術」では、「目次」の代わりに「Word」の「アウトライン」を採用していますので、今回は「アウトライン」について転載します。

なお、本書がお手元にない方は、本書の記載内容に従って実際に試すことはできませんが、取り敢えず「こんなことができるんだ!」と感じて頂ければ幸いです。


A.はじめに
 A.2 本書の構成など
  A.2.3 目次 の代わりに アウトライン を使用

 私の知識不足で「目次」の作り方が悪いだけかも知れませんが、「Word」では「目次」内にある「見出し」をクリックしても、目的のページには飛ばないようなので、本書では、デジタル書籍の利点を活かすべく、次のような特長がある、「Word」の「アウトライン」機能を利用することとしました。
 ※「レベルの表示」機能で、表示する「見出しのレベル」を大きくも小さくもできるので、全体を見渡すには「レベル1」や
  「レベル2」を、細かい「見出し」まで見るには「レベル3」や「レベル4」を選ぶことで、見たい部分が探し易くなる。
  *本書では、「見出し」を「レベル 1」〜「レベル 4」に分類している。
 ※「アウトライン」表示中は、そのままで、「通常表示」で「本文」を閲覧中は、後述の方法で「アウトライン」表示にすると、
  簡単な操作で目的の「見出し」があるページに飛び、画面も「通常表示」に切り替わる。
 ※(閲覧時には関係ないが)任意の「見出し」を、その下位の「見出し」および「本文」とともに、任意の位置に移動したり、
  「レベル」を上げたり下げたりすることが自由にできるので、「見出し」だけを見ながら全体の構成を検討したり纏めたり
  するのに便利。

 では、「アウトライン」の使い方を説明しますので、「アウトライン」の利用が初めての方は、本書の画面を2つ開き(13行ほど下の「※便利な使い方」参照)、一方の画面でこの説明を読み、他方の画面で実際に操作して見てください。なお、「Word」画面に表示されるボタンなどは、「Word」画面の表示の仕方(全面とか右半分とか)によって、細かい位置や表示が異なることがあるので、大体の位置だけを示しています。
 ※「アウトライン」の表示:「Word」画面の上から2段目の、通常は右端にある「表示」タブをクリックし、
    同タブ内の左の方にある「アウトライン」ボタンをクリックする。
 ※「レベルの表示」:前項のままでは「本文」も表示されて、「目次」の代わりにはならないどころか却って見難くなるので、
    「アウトライン」タブ内の上方中央辺りにある「レベルの表示(S)」窓右側の下向き三角形をクリックして、
    「レベル 1」〜「レベル 4」の中から、表示したいレベルを選択する。
 ※「通常表示」に戻る:読みたい「見出し」をクリックしてから、「アウトライン」タブ内の右端に「赤い四角+白抜き×印」
    とともに表示されている「アウトライン表示を閉じる」ボタンをクリックすると、その「見出し」があるページに飛んで、
    「通常表示」される。
  *上記ボタンが表示されていない(「アウトライン」以外のタブが選ばれている)場合は、先ず「アウトライン」タブをクリックする。


<文字数制限のため、以降はレスで>

2020/8/1 15:39  [2322-46]   

A.はじめに
 A.2 本書の構成など
  A.2.3 目次 の代わりに アウトライン を使用 <つづき>

 ※便利な使い方
  *開いている画面を「右寄せ」または「左寄せ」し(*1)、次に「表示」タブをクリックして、同タブ内の右寄りにある
   「新しいウインドウを開く」ボタンをクリックすると、新しい画面が開くので、前の画面の反対側に寄せて表示した後、
   一方の画面を「通常表示」、他方の画面を「アウトライン」表示にして使用すると、全体の構成を見ながら閲覧したり、
   閲覧する項目を頻繁に変更したりする場合などには便利。
  *1:目的の「Word」画面上の適当な位置にマウスポインター(カーソル)を置いてから、キーボードの「Windows」キー
    (「窓」アイコンのキー)を押したまま「右」キー(右向き三角形マークのキー)を押すと画面右半分に表示され、
    同じく「左」キーを押すと左半分に表示される(キーを1回押しても目的通りにならない場合は、2〜3回押す)。
    これは、「Word」画面だけでなく他のソフトの画面でも同様なので、2つの画面を左右に並べて見る時には便利。
    勿論、並べた後で一方の画面を大きくして他方を小さくしたり、双方が一部重なる大きさにして置き、見たい方の画面を
    クリックして前面に出したりも自由。
    なお、Windows 7 から Windows 10 に移行したところ、他の画面が開いている状態で上記操作を行うと、
    (私の PC の不具合かも知れないが)必ずしも PC 画面の右半分や左半分にならず、他の特定の画面の幅はそのままで、
    その残りの幅になることがある。このような場合、丁度半分にするには、他の画面を一旦最小化するか、
    表示位置を少しずらして(*2)から上記操作を行い、前者の場合は最小化した画面を元に戻し、後者の場合はそのまま
    上記操作を行うと、半分の幅になる。
    また、半分でなく PC 画面の上か下に接した、上下も半分の画面になることもあるが、この場合は、「Windows」キーを
    押したまま、上に接している場合は「下」キーを、下に接している場合は「上」キーを押すと、上下に接した画面になる。
    なお、丁度半分の場合を含め、2つの画面の境目をドラッグ(マウスのボタンを押したままマウスを移動)すると
    双方の画面の端が接したまま幅の割合が変わるので、丁度半分ずつの場合に、片方の幅を大きくし他方の幅を小さく
    するには都合が良いが、左右の幅が異なる場合に丁度半分ずつにするには、上記の通り少し手間が掛かる。
  *2:他の画面の左端が PC 画面の左端に、または右端が PC 画面の右端に接している場合、少し隙間を空ける。
  *後述の通り、文中に、他の部分を参照できるように、参照先の「見出し」を目立つように表示してリンク(ハイパーリンク。
   他のサイト・文書・画像などにアクセスするための情報の埋め込み。)してあり、直ぐにその参照先に飛ぶことができるが、
   元のページに戻るのが少々手間なので、リンクを使わず、前項のように本書画面を2つ開いて、一方の画面を
   「アウトライン」表示にして置き、参照先は「アウトライン」の「見出し」から開く手もある。
  *閲覧を中断する際に、次に閲覧する「見出し」を目立つ色に変えて置き、次回は、「アウトライン」表示して色が
   変っている「見出し」をクリックしてから「アウトライン表示を閉じる」ボタンをクリックすると、閲覧するページが開く。
   つまり「しおり」の代用になる。
   ページが開いたら、次回のために「見出し」の色を元に戻すことをお忘れなく!
  *本書は、前項の通り「アウトライン」を「しおり」の代用にも使えるように、どなたでも編集できる状態で配布しているため、
   間違えて本書の一部分を削除したり、文字などを追加したりする虞があり、そうなると、挿入画像の位置がずれたり
   重なったりするだけでなく、別のページに飛んで行ってしまう虞もあるので、配布したデータファイルをコピーし、
   通常の閲覧はコピーの方を使うと安全。

2020/8/1 15:54  [2322-47]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
「メカロクの 偏屈カメラ術」
「メカロクの 偏屈カメラ術」をお気に入り登録
運営者:
メカロクさん
設立日:
2020年7月12日
  • 注目度:

    75(お気に入り登録数:2件)
  1. 1アナログおじさん2009

該当掲示板はありません

ページの先頭へ