縁側 > カメラ > 『備忘録的な』
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

価格.comでの自分の書き込みとかメモっておきたいことなど、備忘録的なもの。

  • 『備忘録的な』の掲示板
  • 『備忘録的な』の投稿画像
この掲示板は閲覧専用です(運営者のみが投稿できます)。

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


掲示板に書くほどのネタではないので縁側です。

ペンタックスが直販とかクラウドファンディング中心に移行して、
それ自体は正しいし応援する所ではあるけれど・・・。

初のクラウドファンディング
https://news.ricoh-imaging.co.jp/rim_inf
o/2022/20220323_031717.html

https://ubgoe.com/projects/146
の、PENTAX K-3 Mark III Jet Black Edition

ファンミーティングで販売を決めて、限定232台とかなり絞って、
3/25-4/27でファンディング中なんですが、
4/7朝時点でパートナー48人で50台、残り182個。
いつでも買える感が出てしまっている。

ブランドイメージを高めるとか今後限定企画が続くのならば、
急がないと買い逃す程度に数量を絞る必要があるわけで、
成約状況から見て今回は50-70台程度が適正と思われる。

自分は、ホットシューカバー PENTAX O-HC177 Blackを
K-3IIIとKP用に2つ購入したけれど、
限定2000個でパートナー118人154個、残り1846個と、これも厳しく。

見込みとか戦略がまだ甘いのだと思う。
この甘さが結構心配です。

2022/4/7 10:01  [2311-76]   

クチコミ掲示板に書くほどのことでないので、縁側です。

K-3iiiやK-1ii向けに、特定レンズ向けのカスタムイメージが出ているけれど、
自分には正直、苦肉の策に見える。

今までは、THETAやGRとある程度のどんぶり勘定ができたと思われるPENTAX。
この春から、THETAはリコー本体に移され、
GRとPENTAXもリコーイメージング内での分離が行われた印象で、
実際、PENTAXクラブハウスではGRは修理点検受付程度しか扱わなれないし、
店頭展示品を引き上げた中古を販売したりと、生き残るためにあがいている。

新カスタムイメージの対象レンズは、2022年06月23日付のリリースによると

■夏:夏天(KATEN)
 HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited
 HD PENTAX-D FA 21mmF2.4ED Limited DC WR

■秋:九秋(KYUSHU)
 HD PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limited
 HD PENTAX-DA 40mmF2.8 Limited
 HD PENTAX-FA 43mmF1.9 Limited
 HD PENTAX-DA 70mmF2.4 Limited

■冬:
 HD PENTAX-FA 31mmF1.8 Limited
 HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited

■春:
 HD PENTAX-FA 77mmF1.8 Limited
 HD PENTAX-DA 20-40mmF2.8-4ED Limited DC
WR

となる。

これらのレンズの名前を眺めていると、なんとなく
倉庫に在庫が積まれているものを中心にレンズが選ばれていて、
その中でも状況が切実な物から先にカスタムイメージを与えている印象を持った。

新レンズや新たにHD化したものは、生産したロットの大半が倉庫にあるだろう。
HD DA40mmLtd.は、smc DA40mm XSというスーパー撒き餌レンズの影に隠れ、
HD DA70mmは、FA77mmとのカニバリズムで負けているレンズだ。
広角マクロは望遠マクロに対して売りが弱いし、
何より標準ズームの影に隠れるラインナップだ。
人気のFA77mmとDA20-40mmは最後にして、尻すぼみにならないよう配慮。

春までに(というか、九秋の対応レンズの多さを考えると2022年内に)、
新カスタムイメージで在庫レンズが売りあがらないと・・・ということなのかも。
他方、在庫レンズがある程度売れれば、対応レンズを増やしてくれる可能性があるだろう。

なぜ、在庫レンズ販促で新カスタムイメージなのかというと、
・ターゲットとするレンズを特定できる
・ボディの買い替え、買い足しを期待できる
・ソフトウェアなので、倉庫在庫は増えないし、PENTAXのお財布にやさしい。
・技術者の技術継承

冬のボーナスで1本買うか。

2022/10/19 14:35  [2311-91]   

九秋 鮮やか 九秋 鮮やか

秋の最後の日、九州の雲仙でカスタムイメージ「九秋(KYUSHU)」を使ってみた。

色彩豊かな秋の風景や情景、
秋のはかなさを表現する色彩表現を目指したカスタムイメージという触れ込みで、
確かに鮮やかでの色飽和は解消するけれど、
これならナチュラルでも良いかという色。
と考えると、紅葉とは別の何らかの意図があるはず。

紅葉の現物からすると、
九秋は、液晶だと色が沈みすぎ、有機ELのやや派手な画面の方がより自然になる。
こう考えると色づくりをプリントや液晶基準から、
スマホや有機ELなどの広色域モニタに移す準備なのかも。

また、色の転び方からすると、
シグマのティールアンドオレンジをやや抑えたというか、
フジのクラシックネガとかに近い、
「ネガフィルムのプリント色」に属する色味。
自分はフィルム機が実働中なので、この手の色はフィルムを使えば良い。

最近ペンタックスは、クラブハウスでフィルムカメラ体験会を繰り返しやっているから、
この辺りと関係しているのかもしれない。
例えば将来、K-1II後継機にあわせて、
シャッターより前の部分の設計を共用するフィルム機を
クラウドファンディングで限定生産するとかは、妄想しても良いだろう。

2022/11/10 09:02  [2311-92]   

フィルムカメラのプロジェクト、本当にあったのね。

工場のラインとか、金型とか、仕掛品や在庫の棚卸資産の問題があるから、
当初はOEMのボディに自社コーティングのレンズかなと思っているけれど、
まずは出たら1台買いましょう。

2022/12/21 09:13  [2311-94]   



あくまで素人一個人の感想として、
ここにつらつら書いていこうかなと。

2021/9/18 16:54  [2311-55]   

kooth さん  

2021/9/18 19:15  [2311-56]  削除

【写真集】
We are here(ISBN 987-4-86541-048-8 C0072
)
発行:(株)赤々舎
撮影:馬場麿貴

表紙は3種類あるとのことで、自分が購入したのは赤。

一言で書くと「シン・ニンプ」とでもいうのかな。
風景とかスナップとかとマタニティフォトを組み合わせてた逸品。
数寄屋橋交差点に出現した妊婦が巨大化し、都内徘徊の後・・・。という、
ストーリー仕立て。

作者の意図は巻末に書いてあるのだけれど、
最後の1枚があるので、本当にそれだけ?と、かなり色々な捉え方ができる。

2021/9/18 19:15  [2311-57]   

【写真集】
Lemon Grass vol.1 (ISBN4-902537-01-X)
発行:(有)レモングラス 販売:(有)氏言葉
撮影:武田賢一
モデル:池内彩、中村由季、堀内梨弥子、浅岡美穂里、高久那蔦

ジュニアアイドル写真集。
一部のマニア向けにプレミアがついているらしい。

写真撮影に余り慣れない子がちょっと緊張した感じでポーズを取っている感じが初々しい。
瞳に星が入るようにレフも一部当てている。
ただ、そんな写真ばかりで、自然な表情とか、引いて雰囲気とかの写真は少ない。
これは商品性格上仕方がないともいえるけれど、
これらアイドルに縁がない自分から見ると、正直つまらない。
清純さとか若々しさとか、歳なりのエロスでもいいけれど、
もう一工夫欲しい部分がある。
あと、色校正を余り丁寧にやっていない感あり、色やコントラストがきつめ。
これは印刷ディレクター側の問題かな。

ここに載せる表紙は、コントラスト抑えて明るめで撮りました。


で、撮影された方は価格.com掲示板によくおいでになるのだけれど、
その方がアップされるお写真と比較すると、当写真集の方がまともに見えます。

理由はいくつか

写真撮影に余り慣れない子がちょっと緊張した感じでポーズを取るなら
初々しさと可愛げがあるけれど、
同じことを写真を撮られなれている成人女性にお願いすると、
無理に笑っている感が爆発してしまう。

写真集の頃は、
背景整理はAPS-Cとかm4/3辺りの感じにわざと残してある(でも機材は中判っぽい)。
これは個性だから悪くはないのだけれど、
最新機材でも同じように撮るのでよりあちこち解像するから、
今の写真はより撮っ散らかって見える。

撮影者が撮影に慣れたせいか、
最近は(といっても以前の写真が多いけれど)
写真集よりもやや近い位置から撮られている。
写真集はパーソナルゾーンぎりぎりの距離感のところ、
最近はパーソナルゾーンやや内側なので、
そこに作り笑いがあると、作品は不気味の谷を渡る。

もしかすると、
今後ジュニアアイドルを撮る際に使う技量の練習として、
成年モデル撮影を続けていて、
それを価格.com掲示板にアップしているのかな。

この撮り方のままだと、市の広報誌で使いにくいかもしれないので、
被写体によって撮り方を変えた方が良いかなとは思います。

自分も被写体によって撮り方を大きく変えられるようにしておこう。
そのうえで、変えられるけど今回はこれで、と言い切れるくらい、
自分の狂気を出す勇気を持てるようにしよう。

--

表紙写真をつけ忘れたので、文書削除の上再アップ

2021/9/18 19:17  [2311-58]   

【作品展】
秦瑞穂×福島裕二展 -素-
場所:アトリエY -青山-

奥に行くほど、段々カラーが減り、化粧が減り、
写真が大きくなり、ついに素を通り越す。
と感じたのは、ご本人が在廊だったから。

関係者の方と雑談している感じと比較すると、
最後の壁面の写真群は、
本人の素の一部を抽出したような印象を受けた。

福島裕二氏の目力を切り取る能力は凄いと思う。

2021/9/18 20:42  [2311-59]   

【作品展】
藤里一郎 夏目響 写真展「Intangible」
場所:nine gallery

【写真集】
Intangible
発売元:藤里一郎写真事務所
撮影:藤里一郎
モデル:夏目響

藤里氏の独立25年記念ということで、
ローライフレックス(Planar75mmF3.5)にネオパン100 ACROSIIの正方形モノクロで
同じ大きさのプリントが並ぶ。
写真集も会場で購入し、プリントと見比べてみた。
影というか、翳り表現が凄い。写真集も凄いけれどプリントはさらに。

匂いとか気配とかの無形も含めて撮ったとのことだけれど、
なんといっても目、そして肌。
普通の写真集とか青年向け漫画とかだと、
普通の目が、とまどい、発情し、盛るあたりまでの表現なわけだけれど、
その先まで!

写真的には、ボケをうまく使って、
時々ピタっとピントが合った部分にドキっとさせられたり、
それを撮影している光景を想像して・・・とか。
中判のモノクロフィルムの淫靡さ凄い。

写真集も、会場で一読した方が良いです。

会場の写真を一通り見た後で写真集をしっかり見て、
後書きを読んだ後、会場の写真をもう一度見るのがお勧め。

2021/10/28 09:12  [2311-60]   

【作品展】
GINZA ごみ展
場所:富士フォトギャラリー銀座

お仕事でスポーツフォトなどを撮られているAtsushi Kishimoto氏撮影の、
風景の中の吸い殻、空き缶、カップ麺のカップ、廃漁具などのごみ写真。
GINZAとあるのは銀座で開催しているからで、銀座のごみ写真ではない。

写真は、ひたすら美麗に撮って、光沢紙にピカピカときれいな陳列。
インスタ映え層には、環境への気づきになるかもとは思ったけれど、
正直、自分には刺さらなかった。

美麗すぎると、長く記憶に残らない。
ごみの不快さを剥き出しにしても良かったように思えた。


撮ったあと、拾えるゴミはできる範囲で掃除されているとのこと。

2022/2/8 06:49  [2311-63]   

【写真集】
Rose in December 12月の薔薇(ISBN 978-4-907004-00-2 C0072)
発行:(株)芸術新舎
撮影:中田聡一郎
詩 :堤理華

価格.com掲示板に時々書き込まれる、中田聡一郎氏
https://kakaku.com/auth/profile/profile.
aspx?NickName=%92%86%93c%91%8F%88%EA%98Y


砂防ダムなどのお写真を撮られているようなのだけれど、
それ以外のジャンルはどんなものを撮られているのだろう、と興味を持ち、
風景写真でなさそうなものとして内容不明のままアマゾンでポチった。

闇の中で走馬灯が走るようなイメージを持った。
敢えてピントを外し、手ブレや被写体ブレの写真を多用し、
ふと我に返る瞬間にだけピントが合った写真が混じる。
たまにはこんな写真集も楽しい。

2022/3/3 23:53  [2311-64]   

以前見た、藤里一郎 夏目響 写真展「Intangible」でも、
今回見た、中田聡一郎 Rose in December 12月の薔薇 でも、
ボケやぶれの中に、何枚かピントを合わせて止めた写真が入っていた。
でも、その方向が異なるのを書きそびれた。

藤里氏の止めは、一連の動きの中のクライマックスに出てくることが多かった。
中田氏の止めは、興奮状態からふと我に返るタイミングで出てくる。

2022/3/19 23:35  [2311-65]   

【写真集】
木村伊兵衛 昭和を写す 4 秋田の民俗 田沼武能 編(ISBN4 480-03054-9)
発行:(株)筑摩書房(ちくま文庫)
撮影:木村伊兵衛

昭和20年代〜40年の秋田の民俗スナップ集。
名著だと思う。

カメラもレンズも撮影技術も昭和なわけで、
画質とかピント位置、ブレボケなどは
当然今の方が桁違いに良いのだけれど、
町や田舎の、この時この場所この表情を
この構図で切り撮れるというのは、
とんでもなく凄いことだ。

2022/6/16 12:44  [2311-85]   

【作品展】
チャーリィ古庄写真展:Clear for Take Off 光明の中、曉闇をついて赴くままに
場所:キヤノンギャラリーS

入口は整備工場でのエンジンなどが、色をほぼ落とした状態でずらりと並ぶ滑走路。
通路を右に折れ離陸すると、着陸機を上から眺めることができる。
そして雲の上には虹。というか、そんな感じに旅客機写真が並ぶ。

個人的には、雲間を行く羽田着陸機を上から撮って、
背景が新宿西口ロータリーってのにしびれた。


一番奥で旧機体のスライド上映。
デジタル投影なのになぜかちりや埃が結構写っていたので、
材料中のチャーリィ氏に質問してみた。

全体が退色はじまってしまって、きれいに取り切れない部分があるので、
敢えてそのままとのこと。

初回来場はステッカーを、
それを持参の上で再訪すると、ポストカードをいただけるらしい。

2022/7/7 19:10  [2311-88]   

【作品展】
高橋清写真展:Swan Scape
場所:富士フイルムフォトサロン東京 スペース1

風景写真とか、ペンタックスリコー写真年鑑でよく見かける方の、白鳥に絞った写真展。
寄って見ても凄いし、思いっきり下がって見ても凄い。
あと、近くて撮っているのに白鳥が警戒していないのも凄い。


・・・と、凄かった以上に衝撃を受けたのが、氏が10月に亡くなられていたこと。

会場においでになった奥様にご挨拶させていただき、
帰宅してからペンタックスリコー写真年鑑の氏の写真を見て・・・。


12/8まで。

2022/12/7 11:19  [2311-93]   



K-3IIIのAF-C試写をクチコミ掲示板に上げてみた。

K-3III試写(鉄道をダラダラ連写)
https://bbs.kakaku.com/bbs/J0000035513/S
ortID=24106377/


そうしたら、連写をダラダラ掲示板に貼らないで(ごもっとも。反省しています)の他に、
鉄道撮影が好きな方から、
鉄道写真としてもう少しきちんと撮ってほしい旨ご指摘があった。

三脚で風景として構図を作って置きピンでだと、試写にならないんだけれど、
そもそも、自分はまともに鉄道写真撮っていない。
出かけた先で電車がいればもちろん撮るけれども、
光の加減とか、編成美とかは抜けているし、そういう写真は他の方のを眺める主義。

そのうちタイミングが良ければ、そんな写真も撮れるかもだけれど、
今まで撮ったものはこんな感じというものを。

2021/4/29 10:23  [2311-36]   

フィルム機時代。

2021/4/29 10:29  [2311-37]   

既に編成写真的な物を撮るのはあきらめている(待つより歩きたい)。

2021/4/29 10:48  [2311-38]   

どう見てもカレンダーとか風景写真には向かない撮り方

2021/4/29 10:59  [2311-39]   

踊り子号絡み。すべて用事のついで。

2021/4/29 11:01  [2311-40]   

まずい棒を買いに銚子電鉄の犬吠駅まで行ってきたのでぺったん。

鉄道写真を撮る人はそれなりにいたけれど、
撮った後に後ろに下がる余地が残っているので、
みなさん安全な場所からスムースにお写真を撮られていた様子。

昨今の撮り鉄トラブルはマナーの良し悪し以前に、
鉄道施設に対して、来る人が短期集中するって部分が問題なのだろうなぁ、やはり。
皆のマナーが良くても、ホームに人が溢れたら、それはトラブル。

2022/10/9 10:46  [2311-90]   



今後、フォトコン系のネタはここに書き込むことにします

2021/4/4 21:24  [2311-29]   

プロラボ仕上げというものを試してみたくなった。
注文時に文字で指定すると、そのイメージに合わせて色調整してくれるみたい。

なので、先日ちょっと歩いた際に高速道路を絡めた風景を撮影。
手持ち、普通のレンズ、フィルタワークとかもなし。
日中の散歩写真をちょっとだけ構図に注意した程度の撮って出し。
それをWebでプロラボに出した(指示は、高速道路と背景を少し分離、みたいなことを書いた)。
出来上がってきたプリントをちらっと見て、
「色調整なしの仕上げも同時に出さないと違いがよくわからない」ことが判明。

違いのチェックは別途やるとして、
写真の裏に応募票を貼って、そのまま発送。

NEXCO中日本「第14回高速道路と風景フォトコンテスト」
https://www.c-nexco.co.jp/special/photo-
contest/

写真のタイトルは「うららかな朝」。発表は2021年10月。

2021/4/4 21:56  [2311-30]   

第14回高速道路と風景フォトコンテストは、箸にも棒にも掛からず落ちました。
散歩途中の季節の適当撮りが通る訳もなく。
手間暇かけて撮られたものがやはり強い。

2021/11/16 10:57  [2311-61]   

PENTAXクラブハウスがオープンしたので、写真を応募してみました。
ピントは合っていないし白飛びあるし、元より入賞するとは思っておりません。
あくまで賑やかしでありネタ。
担当者1名、審査員1名なので、笑ってボツにしてもらえればそれで良し。

PENTAXフォトコンテスト2022
https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/ev
ent/photocontest/2022/

写真のタイトルは「クラブハウスだぁ!!」。発表は2023年3月上旬。

2022/8/31 10:27  [2311-89]   



品川に行く機会があり、インターシティ内のキヤノンに寄ってきた。

本社ショールームは、
コロナ以前はEOS各種、PIXUS各種など、コンシュマー品を展示していたが、
今は、企業向けICT製品群の展示になっていた。

カメラはというと、ギャラリーを抜けた奥、
カメラ修理受付の脇のテーブルに少しだけ。
PIXUSは一切展示もない。
この春に閉まった、リコーイメージングスクエア東京の
ギャラリー閉鎖後の修理コーナーの方がまだまし。

向かいのニコンミュージアムが、
残留思念というか霊廟というか、
Zの展示がほぼない後ろ向きなのと比較すると、
前向きといえば前向きなんだけれど、
個人向け商品は既に本業ではないと割り切ったドライさを感じた。

EOS R7は、R6に比べるとシャッターショックを結構感じた。
シャッター自体の振動抑止より、
シャッターの振動をIBISで相殺する割り切った造り。

2022/7/7 06:58  [2311-87]   



をごちゃっと混ぜ、気の利いたブラックジョークのつもりだったのだろうか。
よく行く掲示板が当然のように炎上状態になった、

ブラックジョークは風刺として当然にあるけれど、
それは風刺(貶める)対象が少数の上位者で、ある程度の公的な性格を持つ必要がある。
そうでないとただのいじめ。
今回、対象がニコンZマウント機ユーザだったから、
風刺にもジョークにもならずに、ひがみからのいじめ成分多めに見えた。

また読み手側も、心に余裕がないとこの手のことに寛容になれないわけで、
経済停滞やコロナでみな余裕がないから、さらによく燃えた。
この場合の反応は、自身の過剰反応分を全部他人に押し付けることが多いわけで、
本来は、書き込む前に少し時間を置くなりした方が良いけれど、
余裕がないから脊髄反射。

自分もなりがちだから、気を付けねば。
心に余裕を。



で、本論。
ニコンのZ、ロシアのZ。自分は同じ根っこだと思っていたりします。

最初は部隊識別だったのかもしれないけれど、今やZは不退転の勝利への印。
日露戦争で東郷平八郎がZ旗を掲げて、ロシアのバルチック艦隊に勝った。
プーチンがこの話を知らないはずがなく、同じ方向にZを持って行った印象が強い。

一方のZマウントもZ旗が由来のひとつ。

どちらも根っこが東郷平八郎のZ機風味だから混ぜやすいのはわかるんだけれども、
お寺の卍とナチスのカギ十字(由来は同じ)を混ぜるのが危険なのと同様に、
使用には細心の注意を。

2022/5/11 06:37  [2311-79]   

民族浄化的なところまで踏み込みつつある正義感の方がおいでになり、心配。

清濁ごちゃごちゃの中で自身の意見を伝えたいなら、
民族浄化的な手法は悪手なんだけど。

2022/5/12 19:50  [2311-80]   

自分も他の方も1参加者にすぎない。

管理者権限は価格.comなわけで、
掲示板でやらずに、運営に通報とか、
本当に大きな問題と考えるなら、
裁判所を使って正式に運営に書き込み者の情報開示を求めれば良いわけ。

どこまでやる気があるのだろう。

今回のことを個人的にまとめると、
・ブラックジョークを混ぜたつもりが、傾奇が下手だったので切れられた。
・ブラックジョーク側は、(加害者側だから当然のように)認識が薄い(ありがち)。
・切れた側は個人でどう感じたかを超えて過剰反応。でもそれに気づけない(ありがち)。

2022/5/12 20:00  [2311-81]   

追記その1です。


芸術は美術と違い、不快な気持ちを含んだ表現がままあります。
戦争の悲惨さを描いた多くの絵画もそうですし、
例えばバンクシーが自作のオークション時に
落札直後に額縁に仕込んだシュレッダーを起動させて絵を半分裁断した件もそう。
当時は大ショック。
でも今は芸術史に名が残って作品価値が大きく上がった。

芸術では、作品と作家の人間性を分けて考えた方が良い場合があります。
モーツァルトとか石川啄木とかの例が有名ですが、
性格が極端だったり、社会的に破綻していたり。
でも作品に光るものがあるなら、パトロンが支援したりするし、
そこまででない人は自力で発表機会をひねり出す。

表現者は、表現したものに責任を持ち、批判を甘んじて受ける必要がある。
極端な例だと、例えば三島由紀夫。

パトロン側も、数寄者のように癖が強い人が
後世にそのコレクションを残すことができます。

・・・という感じで、
表現するときも、それを鑑賞するときも、
自身に常識があると思っていると、つまらないし、つまづくことがままあります。
自身が正確破綻者、狂気を持っていると認識したうえで芸術に接するのが、
この手の騒動を回避するコツだと思っています。

自分は狂気が足りないので、もう少しドロっとしたものを表に出していきたい所。


難しいのは、こういう狂気を表に出して批判されたときに、
つい、保身とか責任転嫁に走りがちで、ここは踏みとどまりたい。

例えば今回の騒ぎだと、
・表現者側は、批判への言い訳として、他組織のせいと責任転嫁に走った。
・批判者の数人は、表現者と運営とスレッド主に責任を押し付けた。
・批判者の数人は、自身と異なる批判者に対して、レッテルを貼り民族浄化に動いた。
・表現者、批判者、スレッド主、そして削除状況から見て運営にも、逃げ道が見える。

もちろん自分も
・掲示板にこの書き込みをしない時点で逃げている。
ので、自分チキンだなぁと思う。

ぱふとふゅーじょんぷろだくとの分裂とかコミケ分裂とか東京BBSの騒動とか、
当事者から話を聞いたり見聞きしたり体感したり巻き込まれたりした中で、
もう少し寛容でもう少し狂気を自覚した上で強く表現できていたら、
自分はもう少しましな表現者、ましなパトロンになれただろうか。

2022/5/14 09:35  [2311-82]   

追記その2です。

こういう時は運営に!っていうのは正論なんだけれども、
実は運営はそれどころじゃないという話。

価格.comは、非常に大規模な商品データベースに掲示板がおまけについている。
これらの維持費は関連サイトを含めて、
広告だったりショップからの売買成約時の報酬だったりで賄っているわけだけれど、
今、コロナで外出はしないし消費も少ないし、
半導体不足で、売る商品が市場にないから価格を比較する意味も減ったし、
日本の経済沈没で、商品が売れなくなっている。

つまり、価格.comは金銭的にかなり厳しいと思われます。

例えば、関連サイトにPHOTOHITOという写真投稿サイトがあるけれど、
この4月にTwitterとFacebookページの公式アカウントを閉鎖しています。
SNSがその宣伝のキーとなる公式アカウントを維持する人件費が出せない状況。

サーバ費用は極論すると保存データ量で、
商品DBは根幹だから、ジャンル消滅しない限り最後まで増え続けると考えると、
PHOTOHITOやこの縁側、クチコミ掲示板から先に消すのだろうなとは思います。

運営の対応をしっかり!って望むなら、
まずは自身の収入を上げて価格.com経由で製品をどんどん買って、
そのレビューを(新規購入者の購買意欲が)ある程度早めの時期に上げましょう。

2022/5/14 09:56  [2311-83]   

追記その3です。

今回の騒ぎのブラックジョーク崩れ。
構図としては
・一眼レフユーザがミラーレス(最新機)に挑むドン・キホーテなストーリー。
・時事ネタ、戦争絡み(ネガティブなイメージ)
・上記2つを特定製品にリンク
・荒い言葉遣い
だったわけで、

少し時間が経って、落ち着き始めたようなので、
https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=2472
4530/#24759730

を投稿してみました。
自分の中では、フジX100VのPV炎上直後に、
街撮りをチェックするためにモノクロで渋谷スナップしたのに近い行為だったりします。

こういう騒ぎの時に状況を切り分けて反応を確認しておかないと、
「似ている書き込みは全自粛すべき」と考える方々に押し切られかねないと
思っているので、
自分の表現の範囲で問題ないかな?は確認したいというわけ。

今回の構図としては
・一眼レフユーザがスマートフォン(最新機)に挑むドン・キホーテなストーリー。
・時事ネタ、戦争絡み(カメラのシャッターで大統領専用車と撃ち合い)

結果、特段どなたも問題視されていないように見えるので、
やはり特定製品へのリンクと荒い言葉遣いの影響が大きかったのだろう。

あと、自分がチキンなのでそもそも破壊力も浸透力もない点も大きいか。

2022/5/25 06:25  [2311-84]   


この掲示板は閲覧専用です(運営者のみが投稿できます)。
運営者のみ投稿可
『備忘録的な』
『備忘録的な』をお気に入り登録
運営者:
koothさん
設立日:
2020年5月15日
  • 注目度:

    215(お気に入り登録数:1件)

タグの登録はありません

該当掲示板はありません

ページの先頭へ