縁側 > 家電 > AV・情報家電 > イヤホン・ヘッドホン > 楽しい音楽を語ろう
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

好きな音楽ならジャンルは問いません。楽しい音楽について語り合いましょう(^^)

また、イヤホン、ヘッドホンについてのお話もお気軽にどうぞ♪

  • 楽しい音楽を語ろうの掲示板
  • 楽しい音楽を語ろうの伝言板
  • 楽しい音楽を語ろうの投稿画像
楽しい音楽を語ろうの掲示板に
楽しい音楽を語ろうの掲示板に新規書き込み

choco111さん

「choco111さんのお部屋 vol.1」が埋まりそうなので、新しい掲示板用意しておきました。

「choco111さんのお部屋 vol.1」の掲示板に返信が出来なくなったらこちらの方に書き込みして下さい。

これからもよろしくお願い致します。


ASTOR PIAZZOLLA:Adios Nonino
https://www.youtube.com/watch?v=Ljq4K31p
uA4

2020/2/12 01:27  [2265-2450]   

choco111さん

またまたこんばんは(^^)

エアロスミスの『LIVE! BOOTLEG』についてちょっと漁っていました、w

<これ、アルバムタイトルからもわかるように、当時横行していた海賊盤(Bootleg)に真っ向から対抗したもので、このクレジット漏れも“海賊盤によくあること”としてバンド側がちょっとした遊び心で手がけたんだとか。

http://www.tmq-web.com/2017/04/livebootl
eg.html


遊び心であえてBootleg風にした元祖的なアルバムなんですねえ、勉強になりました(^^)

X JAPANの音源は「LIVE IN HOKKAIDO 1995.12.4 BOOTLEG」というアルバムです。

やはりオーディエンス録音風に意図的に編集されているみたいですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/LIVE_IN_HO
KKAIDO_1995.12.4_BOOTLEG


最初にこの音源を聴いた時はファンがカセットテープに録音したものを使用したと思いこんでいましたね、w

やられました、w

素敵な週末を.............

ラヴェルがお好きだという事で、個人的に好きな曲を..........
Ravel: La Valse
https://www.youtube.com/watch?v=J_To1IDx
ANE

2020/2/15 01:03  [2265-2464]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん
こんにちは^_^

お部屋作っていただきありがとうございます。

またまたよろしくお願いいたします。


>買ってきた、セブンの生チョコをこれから食べようと思います。

昨日もまたまた買ってきました(*^-^*)
お口に合うといいのですが。



>ASTOR PIAZZOLLA:Adios Nonino

バンドネオンの音色はどこか物哀しくもあり

観てないのですがドキュメントがあります

映画『ピアソラ 永遠のリベルタンゴ』予告編

https://www.youtube.com/watch?v=fspXJnFO
Hws




>エアロスミスの『LIVE! BOOTLEG』についてちょっと漁っていました、w

まだスタジアムバンドでもなく外部作曲者を使う前の勢いのあったころです。


Train Kept A Rollin' Aerosmith 1978 Live
Bootleg

https://www.youtube.com/watch?v=7sQA8Eaw
TlY




>X JAPANの音源は「LIVE IN HOKKAIDO 1995.12.4 BOOTLEG」というアルバムです。

これ凝ってますね!

こういう発想はロックですね。



>ラヴェルがお好きだという事で、個人的に好きな曲を..........
Ravel: La Valse

聴きましたありがとうございます。


ロック小僧のラベルといえば

BECK'S BOLERO (1967) by the Jeff Beck Gr
oup - with backwards guitar ending

https://www.youtube.com/watch?v=nmO0OZC6
Ifk


2020/2/17 16:18  [2265-2489]   

 choco111さん  


Bigshooterさん
こんにちは^_^


前スレから

>⇒高校の時、渋谷でウッド・ストックと永遠の歌をリバイバル上映するというので観に行きましたが大画面と大音量に感動したな〜 
大学の時、バイトしてLDプレイヤー買って最初に買ったLDがこの2枚で未だに宝物ですよ!

永遠の詩はVHSで発売になって買ったんですが14800円?くらいで懐が痛かったです(´;ω;`)ウッ…
エンディングでスワンソングという小品が流れるんですが権利問題でかその部分が無かったです。


>次に買ったLDはなぜかALLAN HOLDSWORTHのTOKYO DREAMのライブで初めて見たときはギター辞めたくなりました 笑

これは相手が特別ですから^^;


>平成の世になって代々木にDEEP PURPLEのライブ行ったらリッチーのハズがJOE SATRIANIがギター弾いていて驚きました。

脱退前のヨーロッパのツアーでオープニング演奏始まってるのにリーッチー出てこず
遅れて出てきて観客にコップの水を撒く
観客というかギランの奥様にですが・・・
サトアリーニを観れたのはレアです。


>個人的にはPCで作った音楽はどうもピンときません

打ち込みでドラマー受難な時代になりました。



>Corridors of Poweでもなぜ同じようなソロやるんだ???って フィル・コリンもこのフレーズをソロで使うんですよね 笑

定石ということで(^^♪


お返事ありがとうございました。


2020/2/17 16:19  [2265-2490]   

 choco111さん  


今週のサイケなバンド紹介

ずっと推してるんですがなかなか・・・

お時間があるとき気が向いたときにでも


BLUES PILLS - Devil Man (OFFICIAL TRACK)


https://www.youtube.com/watch?v=KMYDYYQm
qgA



BLUES PILLS - High Class Woman (OFFICIAL
MUSIC VIDEO)

https://www.youtube.com/watch?v=6tfZfoNy
pDk



BLUES PILLS - Little Boy Preacher (OFFIC
IAL LYRIC VIDEO)

https://www.youtube.com/watch?v=yPVW2Qpg
WuY



BLUES PILLS - No Hope Left For Me (OFFIC
IAL MUSIC VIDEO)

https://www.youtube.com/watch?v=iV9XFldA
i7w



BLUES PILLS - Lady In Gold (OFFICIAL VID
EO)

https://www.youtube.com/watch?v=W-1hn87q
9_8

2020/2/17 16:21  [2265-2491]   

choco111さん

おはようございます。

レス遅くなりまして申し訳ないです。

17日からモデムの調子が悪く昨日の夜にようやく使えるようになりました。

<昨日もまたまた買ってきました(*^-^*)

これ、美味しいです(^^)
チョコは冷やして食べるのが好きなのでこれは良いですね。

<映画『ピアソラ 永遠のリベルタンゴ』予告編

こちらも観ました。
これは観てみたいですね〜。
ピアソラのライブDVDは一本だけ買いましたが、実に良かったです。(20年近く前の事なのでVHSですね)

<Train Kept A Rollin' Aerosmith 1978 Live
Bootleg

海賊盤全盛の時代のアルバムですね。
こういうアイデアの先取りをエアロスミスがやっていたとは知りませんでした。

<これ凝ってますね!

そうなんですよ、
私もすっかりファンが持ち込んだカセットテープに録音した音源だと思っていましたから、w
テープが途中でワカメになってしまって様な箇所もあり、凝りに凝ってます、w

<ロック小僧のラベルといえば

’66~’68年代あたりは非常に面白い楽曲がたくさんありすぎて、宝の山ですね〜。


<今週のサイケなバンド紹介

こちらはまだ聴けてないのですが、楽しみですね〜

毎週ご紹介してくれると助かります(^^)

ありがとうございます。

2020/2/22 10:17  [2265-2496]   

 choco111さん  

tam-tam17701827さん

こんにちは^_^

モデム大変でしたね。
復活してなによりです。


>これ、美味しいです(^^)

良かったです(*^-^*)

いま珈琲淹れたのでセブンのバスチーとカレでブランチ?&カキコです(^^♪

甘い香りに魅かれ一推し掲示板 vol.1にカキコしてしまいました。

そんな僕はカブトムシ^^;



>ピアソラのライブDVDは一本だけ買いましたが、実に良かったです。(20年近く前の事なのでVHSですね)

その当時なら15Kコースでしょうか。

ピアソラ、演奏者の枠には収まらないのですが職人的なプレーが好きです。


先日の話の流れから

ロックな感じの方ですが柔らかな演奏です。

まぁ素人の感想です^^;

Invierno Porteño by Astor Piazz
olla, performed by Stephanie Jones

https://www.youtube.com/watch?v=k96nsGSU
-gg



A. Piazzolla - Libertango by Tatyana's G
uitar Quartet

https://www.youtube.com/watch?v=pPu1om4W
ZsQ




こちらは映像も気に入ってよく観ています。

Asturias (Isaac Albéniz) - Alex
andra Whittingham

https://www.youtube.com/watch?v=V2F6RswM
Ypw



Capricho Arabe (F. Tárrega) - A
lexandra Whittingham

https://www.youtube.com/watch?v=P7ZLcUYz
vnc




素人集

この状況下でここまで出来るのはゴイスー!

TOTOのサウンドチェックで飛び入りセッションしたすごいやつ! 2016/03/14

https://www.youtube.com/watch?v=HXZ2AHA3
gsA



お馴染みのボンジョビおじさん
狙ってるとは思いますが楽しめます♪

https://www.youtube.com/watch?v=L9pUP3es
63w



おまけホワイトスネイクおじさん

https://www.youtube.com/watch?v=0HDV0S2D
9GE



>毎週ご紹介してくれると助かります(^^)
お気遣いありがとうございます。


良い週末を♪


2020/2/22 11:33  [2265-2501]   

choco111さん

こんにちは〜。

4日ほどPCが使えない状況でしたので、たくさんのレスが溜まってまして、w

ちょっと手抜きみたいな感じで申し訳ないですm(_ _)m

<甘い香りに魅かれ一推し掲示板 vol.1にカキコしてしまいました。

ありがとうございます(^^)

結構、いろんな方が書き込みされて、嬉しいです。

やっぱりルビーカカオ無いですか、
私は運が良かったのでしょうね、w

<その当時なら15Kコースでしょうか。

その当時はレンタル店にいた頃なので、仕入れ価格で購入してますね、w
普通に購入したら、9KあたりのVHSだったと思います。
60分と短めのライブビデオなんですよ。

<ピアソラ、演奏者の枠には収まらないのですが職人的なプレーが好きです。

汗だくになりながら、演奏している姿に惚れ込みました、w
職人気質な顔立ちじゃないですか、そういう人好きなので、

<先日の話の流れから
ロックな感じの方ですが柔らかな演奏です。

また、色々とご紹介頂きありがとうございます(^^)

ちょっと時間が取れないもので、感想は連休明けあたりになってしまうと思いますがご了承下さい。

楽しい週末になりますように、

2020/2/22 12:23  [2265-2502]   

choco111さん

こんばんは、って時間じゃ無いですね、w

色々と詰まってまして、こんな時間に失礼します(^^)

<テルミンといえば
ZEP のこの曲

「胸いっぱいの愛」をでテルミンを使用しているのは知っていましたが、実際のライブパフォーマンスを観たのは初めてです。
いや〜痺れましたね!
ペイジがやるとなんでこんなにも様になってしまうのでしょうか!
これを観てカッコいいと思わない人は居ないでしょう。

ペイジのパフォーマンスとしては、「幻惑されて」でのヴァイオリンの弦でギターを奏法するものがあり、こちらもカッコいいものですが、テルミンのパフォーマンスはその上をいってますね〜。
痺れました(^^)

<今週のサイケなバンド紹介
<BLUES PILLS

一応こちらを一通り聴きましたが、なんとヴォーカルが女性の方だったんですね。
2曲目のライブ映像を観て気がつきました、w
スウェーデンのバンドという事で知名度が無いのかもしれませんね。
ジャンルでは一応メタル系バンドにカテゴリーされていますが、ブルースが基盤になってるように感じました。
感想を書くにはまだまだ聴き込みが足りていません、w、申し訳ないです。

ピアソラのギター演奏もザックリではありますが聴いてみました。
が、ちょっとまだまだ聴き込みが足りないが故にいい加減な感想が書けません、m(_ _)m。

Alexandra Whittingham!!
こちらはいつか私の方からご紹介しようとしてたアーティストの方でしたので、びっくりしました、w
私などはもちろんにわかですので、それほど詳しくはありません。
私が以前choco111さんにお勧めしたユリア・フィッシャーの「四季」DVD盤みたいに自然の音が入っていたので、チェックだけしておいたのです。
音質、映像共に素晴らしく一聴して気に入ってしまったアーティストです。
偶然にしては凄い確率なんじゃないでしょうか(^^)、ちょっと、びっくりです。


私の方からは一曲だけですが、音質が満足できるものが無かったので、
安室奈美恵さんの曲から、ベストパフォーマンスの一曲を、ご紹介しますね〜(^○^)
MC、休憩無しのノンストップで最初から最後まで駆け抜けるライブパフォーマンスは圧巻なのですが、こればっかりは通しで観ないと伝わらないものですが、

Hide & Seek 安室奈美恵
https://www.youtube.com/watch?v=iclVNvLC
j7U


Hide & Seekのライブパフォーマンスとしてはこの時の公演のものがベストテイクだと思います。
カッコ良すぎますね、w

一曲だけ、と言いつつも満足できる映像があったので、追加します(^^)

こちらはリラックスした雰囲気のアンコールのものです。

COPY THAT (Remix)
https://www.youtube.com/watch?v=FvVy4wBV
48U


全盛期の安室ちゃんでした=(^.^)=

御清聴ありがとうございました、w
素敵な週末を........

2020/2/23 05:34  [2265-2516]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

こんにちは^_^


朝から聴かせていただきました。

>Hide & Seek 安室奈美恵
>COPY THAT (Remix)

凄いステージですね。
音楽とダンスの一体感というんでしょうか。
極上のエンタテーメント♪

ベースの方を見てたら
T.M.スティーヴンスのベースの色を思い出しました。


T.M.スティーヴンス×ワーウィック フリープレイ!

https://www.youtube.com/watch?v=a-h1DI_N
s3M



TM Stevens (James Brown) Masterclass Vid
eo

https://www.youtube.com/watch?v=r2wlSwv-
6bw


この人のグルーブはたまらない!


>ジャンルでは一応メタル系バンドにカテゴリーされていますが、ブルースが基盤になってるように感じました。

メタルはSFと同じで含まれる範囲が広いですしカテゴライズはあてにはなりませんね。
tam-tam17701827さん が感じられた通りブルース基盤の正統的なハードロックです。
ジャニスの流れを汲んでいるかと。
ひと括りにしてはいけませんが北欧は音楽シーンは凄いなぁと思ってます。
懐の深さは一番です、あくまで個人の感想です。


>Alexandra Whittingham!!
>偶然にしては凄い確率なんじゃないでしょうか(^^)、ちょっと、びっくりです。

ですね(+_+)ビックリ
驚異的ではないですがご自身のストロングポイントをよく理解されてると思います。
PVの作りかたも好みです(^^♪


ここで珈琲タイム
お供は金のしっとりバアムクーヘン
ちょっと重ための正統派です。


>ペイジがやるとなんでこんなにも様になってしまうのでしょうか!

サイケな時代のロックから見せるロックの転換期です。


昨日のながらmusic ♪(一部抜粋)

Stomu Yamashta - Go (Full Album)
https://www.youtube.com/watch?v=g53zcpaX
T8o&t=1145s



この流れでリンダ・ルイスを
映画"バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち"思い浮かべてしまいました。
だれもがアレサ・フランクリンになれないんですよね。

Linda Lewis - So Sixties (Second Nature)

https://www.youtube.com/watch?v=Tb_DBmCH
vLw



ジェス・ローデンにリンダ・ルイスどちらもツトム・ヤマシタのゴー・トゥーでボーカルを

Jess Roden - Brand New Start (1979)
https://www.youtube.com/watch?v=fIKiNX1C
hHo


Jess Roden - On Broadway
https://www.youtube.com/watch?v=53UU7ZTK
F8A




T.M.スティーヴンスにジャコを聴いてからの

Stanley Clark, Marcus Miller & Victo
r Wooten - Beat It
https://www.youtube.com/watch?v=Jj5f7gRL
VFQ



ラウドなロックの新曲を

Black Swan - "Big Disaster" (O
fficial Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=hNGOVHOH
bGw


お気に入りのシンガーです彼も北欧ノルウェイだっけ。
イントロがzepのような民族チックに最近ポップになったなぁ
基本フロンティア系を聴いています。

JORN - "Winning" [Lyric Video]

https://www.youtube.com/watch?v=7ptP83up
e8M



このあたりで暗くなり

The Crusaders Live at Montreux 2003 - St
reet Life
https://www.youtube.com/watch?v=vf4YxwEw
5iw



jade7さん も以前仰ってたかもですが
ワンノートで語るギターを

David T. Walker - You'll Never Find &
; Love's Theme (Live) [Official Video]
https://www.youtube.com/watch?v=1P5y1Ho9
RyA



続いてコーネル・デュプリー を

Teasin'
https://www.youtube.com/watch?v=2XeOKKY2
mg8



ちょっとググるとこの方は凄そうな方のようです^^;

Kyuhee Park - A. Barrios: Un Sue&#24
1;o en la Floresta
https://www.youtube.com/watch?v=fU-RJD9q
RlU



m56059さん ご紹介の都庁ピアノに、Maria McTurk 、ハンブルパイ、音楽三昧な一日でした。
ずっと机の前に居る一日でした(;^_^A

ただの日記です<(_ _)>
tam-tam17701827さん 返信は気にされずにお願いします。

2020/2/23 13:37  [2265-2519]   

choco111さん

こんばんは〜。

1日が終わるのが早いですね〜。

<極上のエンタテーメント♪

基本的に彼女はショーガールだと思っています。
「ショーガール」というとポール・バーホーベン監督の悪名高い映画を連想するかもしれませんが。
作曲もしない、作詞もしない訳ですから、(初期の頃、作詞は7曲ほど手がけてはいますが)
アーティストではなくエンターテイナーです、極論すればショーガールですね。
究極なまでにストイックで圧倒的なライブパフォーマンスは世界で見ても再現できる方は居ないと思って居ます。
彼女が尊敬していたジャネット・ジャクソンでさえ激しいダンスパフォーマンスを伴う歌唱の時はリッピシンクでしたから。

<ベースの方を見てたら
<T.M.スティーヴンスのベースの色を思い出しました。

<T.M.スティーヴンス×ワーウィック フリープレイ!

気になってこちらの方の映像を観ましたが、凄いベースプレイヤーですね。

2010年のライブを最後に彼女はバックバンドを使わなくなってしまいました。
そして、2012年の東京ドーム公演から、イヤモニを使うようになり、首を動かす激しいダンスパフォーマンスもしなくなっていきます。

ご紹介したライブ映像は、2009年と2010年のものであり、この頃はバックバンドを使って、ダンスパフォーマンスしている全盛期の頃のライブなんですよね、当然まだイヤモニも使用してないです。

最後の引退ツアーのパフォーマンスはお世辞にも素晴らしい出来ではありませんし、編集もおそらく彼女の全てのライブDVDの中でも最悪に近い酷い出来です。

振替公演が非常に難しい状況下であったことを考えると余程プレッシャーがあったのだと想像が尽きます。
安室ちゃんの話はここまでにして、

BLUES PILLS
<tam-tam17701827さん が感じられた通りブルース基盤の正統的なハードロックです。
<ジャニスの流れを汲んでいるかと。

Janisっぽいところはあるなと感じたので、ブルースが基盤になっていると思ったんですよね。
メタルの元祖はZEPだとか言われる事が多いですが、彼らも基盤はどっぷりブルースですから。

<ひと括りにしてはいけませんが北欧は音楽シーンは凄いなぁと思ってます。
<懐の深さは一番です、あくまで個人の感想です。

イタリアン・ロック、ジャーマン・ロックだけで止まってしまってましたね、私は。
ちょっと調べてみたら北欧が今凄いことになっているんですね〜、w
日本に入ってこない楽曲も当然あるでしょうから、また、ふつふつと湧いてきましたよ、w
アフリカ大陸の方はどうなっているのか?と、w

Youssou N'Dourって覚えていますか?

Youssou N'Dour - 7 Seconds ft. Neneh Che
rry
https://www.youtube.com/watch?v=wqCpjFMv
z-k


アフリカのミュージシャンですが、アフリカ以外の国も非常に気になってきちゃいました=(^.^)=
どんな曲が流れているのだろう?と、w

<ここで珈琲タイム
<お供は金のしっとりバアムクーヘン

セブンのバアムクーヘンですか?
ファミリーマートもなかなかやりますよ、w、結構人気があるんですよ、ファミマのバアムクーヘン、

<昨日のながらmusic ♪(一部抜粋)

これ以降はさらっと聴いただけですので、明日からじっくりと楽しませて頂きます^ ^
たくさんの楽曲のご紹介ありがとうございます。

少しだけお返しを、w


Komm, S&#252;sser Tod (Third Impact)

https://www.youtube.com/watch?v=GHMkRHk9
lgI


アニメ、エヴァンゲリオンの挿入歌です、w
アニメに使われているからといってアニソンというジャンルの認識で私は聴いていません。
この曲は凄く好きで良く聴きました。

Wolfgang Amadeus Mozart - Ave Verum Corp
us
https://www.youtube.com/watch?v=gDKCK_6W
LTg


モーツアルトのあまり知られていない傑作です、3分ほどの曲なので聴きやすいかと思います。

バーバー 弦楽のためのアダージョ  イ・ムジチ合奏団
https://www.youtube.com/watch?v=wgOwm0bo
9o8


映画「プラトーン」で使用された曲です。
大編成のオーケストラのものが多いですが、choco111さんのお好きなイ・ムジチ合奏団を選びました。

湿っぽい曲が続いたので、最後は元気よく(^○^)
日本のパンクは聴かれないかもしれませんが、歌詞が非常に素晴らしいので、聴いてみて下さい。

情熱の薔薇
https://www.youtube.com/watch?v=I5NzcoKz
hbI


こういう曲は多少音が悪くともライブに限りますので、一応ライブバージョンも、

情熱の薔薇 / THE BLUE HEARTS / USALIVE
https://www.youtube.com/watch?v=hKluijUu
r3U




<tam-tam17701827さん 返信は気にされずにお願いします。

お気遣いありがとうございます(^^)

私も無理しないでマイペースでやっていきますので、これからもよろしくお願いします。

2020/2/23 20:24  [2265-2527]   

choco111さん

こんな時間に失礼します、何せ生活が不規則なもので、お許しをm(_ _)m。

前スレで紹介した「バーバー 弦楽のためのアダージョ」ですが、やはりどうしても外せない演奏があったので、

Adagio for Strings Op. 11
https://www.youtube.com/watch?v=GbtCChVk
0lA


こちらはイ・ムジチ合奏団とは違いフルオーケストラバージョンですが、
指揮は録音嫌いとして生前には一枚のCDの発売も許さなかった伝説的指揮者セルジュ・チェリビダッケ。
凄まじいばかりの集中力で静寂の極地のような名演です。

クラシックはあまりお得意では無い事は重々承知しておりますが、もう一曲だけ、
バッハのG線上のアリア、こちらはおそらく耳にした事があると思います。
その究極とも言える演奏がこちら、この世のものとは思えない透明で寂寥感あふれる名演です。

Bach: Suite No. 3 - Air - Dresdner Philh
armonie/Kegel (1989)
https://www.youtube.com/watch?v=lQ8b8wqV
odg


以前から紹介しようと思っていて忘れていたものがあったので、私の都合上で申し訳ないのですがUPしていきますね。

尾崎豊 − 群衆の中の猫 ('88東京ドーム)
https://www.youtube.com/watch?v=kmvtwjnH
D24


尾崎豊はビリー・ジョエルのオネスティを意識してこのバラード曲を書いたそうです。
私も正直に言いますと、尾崎豊はリアルタイムでは聴いてないんです。
世代的にほぼ同じなんですけども、やはりその当時としては絶大な人気を博してましたから、

アコースティックギターではおそらく世界一だと思う山下和仁さんですが、まともな音源がほとんど無くなってしまいました。非常に有名な「展覧会の絵」のギター編曲は現在でも山下和仁さんしか演奏不可能だそうです。
音質のまともな音源があったので、ご紹介しておきます。

チゴイネルワイゼン(サラサーテ).mp4
https://www.youtube.com/watch?v=1CKdiNRu
4ow


こちらはjade7さんが崇拝しているポール先生の非常にレアな音源です。
エルヴィスとビートルズが不仲であるというのは有名な実話なのですが、エルヴィスが嫌っていたのはジョン・レノンだけで、ポールの楽曲はステージでも良く歌っていました。
こちらはポールがエルヴィスの大ヒット曲をカバーしている未発表音源です。

Paul McCartney - Its Now Or Never (Unrel
eased Song)
https://www.youtube.com/watch?v=95AEmfr3
aCQ


ジャーマン・ロックの伝説的バンド、Ash Ra Tempelの非常に良好な音源があったので、ご紹介しておきます。
録音当時若干18歳だったギタリスト、マニュエル・ゴッチングの情熱的演奏が楽しめます。
FULL ALBUMですので、時間の余った時にでも聴いて下さい。
(あまりにも有名なアルバムですので、ご存知かも知れませんが、)

こちらもあまりにも有名なカバーなので、紹介をためらっていたものですが、

Sid Vicious - My Way (with lyrics)
https://www.youtube.com/watch?v=ixuOLJfw
a4Q


エルヴィスはレパートリーが非常に広く、ロック、カントリー、ゴスペルの3部門で殿堂入りを果たした最初のアーティストとして有名ですが(3部問での殿堂入りはエルヴィスの他にはジョニー・キャッシュしか成し遂げていません)。
その中でも非常に珍しいボサ・ノヴァを歌唱したこちらの楽曲をご紹介します。

Elvis Presley - Almost in love (St&#
233;r&#233;o) 1968
https://www.youtube.com/watch?v=iCyEsLjW
uXs


HIPHOPは聴かれないかもしれませんが、個人的に一番聴き込んだ曲をご紹介致します。
たまにはこういった、曲も良いかな?と(^^)

ジェネレーションネクスト / キングギドラ
https://www.youtube.com/watch?v=cv-dhbdB
_pI


去年亡くなってしまって辰兄の名曲(迷曲?)として聴き込んだものです。

梅宮辰夫のシンボル ロック(歌詞付き)
https://www.youtube.com/watch?v=4pCFkqMM
0U4


細川たかしのコンサートには全盛期の頃に数回行っておりますが、そこで披露する民謡はまさに圧巻ものでした。
テレビでは観る事が出来ない凄まじい歌唱であり、一生の宝物として記憶に残っていますね。
これは生で観ないと伝わるものではないので、一番好きな曲をここではご紹介したいと思います。

望郷じょんから 細川たかし
https://www.youtube.com/watch?v=VBWc8A55
VnE


あまりにも有名なプログレなのでおそらくご存知だとは思いますが、万が一を考えて(^^)。

Concerto Grosso Per i New Trolls - New T
rolls(Full Album)(HD)
https://www.youtube.com/watch?v=bPefV2g1
TMk


松本人志監督の映画「さや侍」からのシーンです。
非常に馬鹿馬鹿しい映画として酷評されましたが、このシーンのために撮ったのではないか?と個人的に思っている感動的なものです。
私も心の底から涙が出て止まりませんでした。
本編のシーンと音質の良い別テイク2つを紹介して終わりにしたいと思います。

父から娘へ〜さや侍の手紙〜.wmv
https://www.youtube.com/watch?v=QvNWCm1m
xzs


さや侍「父から娘へ〜さや侍の手紙〜」ver2
https://www.youtube.com/watch?v=zN1xL99n
vig&list=WL&index=31&t=119s


音質が悪いですが、やはり感動的なのは本編で使われたシーンですね。
これは何度観ても感動してしまいますねえ。

非常に長いレスになって申し訳ないです〜。
こちらに関しては特に感想のレスなどは不要ですので、時間のある時にでも楽しんで頂けたら幸いです(^^)

連休はエンジョイできましたでしょうか?
これからもマイペースで良いのでお付き合いのほどお願いいたしますm(_ _)m。

2020/2/25 04:16  [2265-2537]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

こんばんは^_^


以前、紹介していただいたAna Vidovicさん聴いています。

Ana Vidovic plays Asturias by Isaac Alb&
amp;#233;niz on a Jim Redgate classical
guitar

https://www.youtube.com/watch?v=inBKFMB-
yPg


スペインな曲にギターというのが好きなんですよね。


>Youssou N'Dourって覚えていますか?

7秒

意味が深すぎます。

ネナ・チェリーの声質も好きです。

声の好き嫌いがわりと激しいんですが^^;


>結構人気があるんですよ、ファミマのバアムクーヘン、

クラブハリエのバームクーヘン風のですよね?

週末の珈琲のお供率 No.1です!


>アニメに使われているからといってアニソンというジャンルの認識で私は聴いていません。

アニメは詳しくないのですが良曲が多いイメージを持ってます。

勿論アニメタルも好きです(^^♪


>日本のパンクは聴かれないかもしれませんが、歌詞が非常に素晴らしいので、聴いてみて下さい。

日英ともにパンクの影響は受けていません^^;

この曲は勿論、聴いたことがあります。

詩が頭に残っているのはtam-tam17701827さんが仰るように

"歌詞が非常に素晴らしい"ということなんでしょうね。


>クラシックはあまりお得意では無い事は重々承知しておりますが

嫌いなわけではないのですよ(^^♪

ただ素養がないだけです。

いまこれ”Adagio for Strings Op. 11”を聴いてる最中です。


>Bach: Suite No. 3 - Air - Dresdner Philh
armonie/Kegel (1989)

いいですね(^^♪

色々な演奏を聴いてないから凄さの度合いがわからない自分がもどかしいですが。


>世代的にほぼ同じなんですけども、やはりその当時としては絶大な人気を博してましたから、

凄い人気でしたよ!

今もでしょうね。

NHKで広島?でのフェスでの映像が断片的ではありますが記憶にあります。


>チゴイネルワイゼン(サラサーテ).mp4

言わずもがなこれは凄い!


>Sid Vicious - My Way (with lyrics)

名前の由来がシド・バレットという説がありますが真相は。


>エルヴィスはレパートリーが非常に広く、ロック、カントリー、ゴスペルの3部門で殿堂入りを果たした最初のアーティストとして有名ですが(3部問での殿堂入りはエルヴィスの他にはジョニー・キャッシュしか成し遂げていません)。

ジョニー・キャッシュが日本では評価が低いのが残念です。

エルビスと関係ないですが^^;

エルビス結局なんでも歌えますね。


>梅宮辰夫のシンボル ロック(歌詞付き)

辰兄の名曲が出るとは(^^♪

これがエンタテーメントの懐の深さ?です。

ひよっ子ではこんな風に作れません。


>細川たかしのコンサートには全盛期の頃に数回行っておりますが、そこで披露する民謡はまさに圧巻ものでした。
テレビでは観る事が出来ない凄まじい歌唱であり、一生の宝物として記憶に残っていますね。

民謡はまさに圧巻 これに尽きるかと。

リズム感が民謡そのものなので歌謡な曲はされなくてもと余計なことを思ってしまします<(_ _)>


>Concerto Grosso Per i New Trolls - New T

rolls(Full Album)(HD)

クラシック好きなロッカーはオーケストラとプレイするのが夢なんだろうなと思ってしまいます。

New Trolls - Concerto Grosso I

https://www.youtube.com/watch?v=49NVp_FV
5Xo




>さや侍「父から娘へ〜さや侍の手紙〜」

竹原ピストルは熱くていいです!



アンジェリーナ・ジョーダン

この子凄いでしょ(^^♪

ゴットタレント見ると世界は広いなと思ったり。

習ったんじゃなくて天性を感じます。


Angelina Jordan 1st Audition on Norway's
Got Talent | Got Talent Global

https://www.youtube.com/watch?v=svkhvAOD
_80




tam-tam17701827さん はやはり幅が広いですね。

まさか出るとは(*^-^*)


Billie Eilish - Ocean Eyes (Official Mus
ic Video)

https://www.youtube.com/watch?v=viimfQi_
pUw



祝NO.1 007シリーズの最新作のテーマソング

Billie Eilish - No Time To Die (Live Fro
m The BRIT Awards, London)

https://www.youtube.com/watch?v=2I1ZU5g1
QNo



新時代のポップスターですね♪


2020/2/25 22:42  [2265-2540]   

choco111さん

こんばんは〜^ ^

たくさんの曲を一気にUPしてしまって申し訳ないです。

たくさんの感想、ありがとうございます(^^)。

ファミマのバアムクーヘンは画像のものですね。確か150円くらいです。

クラシックは様々な演奏を聴き比べるのが醍醐味ですので、私の一推しの演奏だけ紹介しても、比較対象になるべくスタンダードな演奏も紹介しないと意味が無いんですよね、
コラムの下書きをしていて気がつきました、w
時間がある時にコラムはあらかじめ書いてストックしておくんですよね、
そうしないと、ネタ切れになってしまうので、w

<ジャーマン・ロックの伝説的バンド、Ash Ra Tempelの非常に良好な音源があったので、ご紹介しておきます。

と書いておきながらリンク貼るのを忘れてますねえ、w
一応送信する前に確認して、送信完了後もちゃんとリンク先に跳べるか確認しているんですけども、

<いまこれ”Adagio for Strings Op. 11”を聴いてる最中です。

こちらは少数の合奏団とフルオーケストラのものと2つご紹介しましたが、どうでしたか?
演奏時間も違うので、アプローチによって、曲のイメージが違うと思うんですけども。

<いいですね(^^♪
色々な演奏を聴いてないから凄さの度合いがわからない自分がもどかしいですが。

色々な演奏を聴いて、その中で自分の好きな演奏を探すというのがクラシックの楽しみなんですよね。
昔はCDを買って聴かなければ分からないので非常にお金がかかりました。
今はかなりの音源がYouTubeで聴くことが出来ますから、非常に効率よく探すことが出来て羨ましいです、w

<凄い人気でしたよ!

そうなんですよね、w
人気絶頂だったから、あえて聴かなかったんですよ、w
天邪鬼な性格なもので、世間のヒートアップした熱が少し冷めた頃に聴き出しました、w
一旦熱中すると止まらないタチなので尾崎豊の曲も全曲コンプリートしています、w

<名前の由来がシド・バレットという説がありますが真相は。

セックス・ピストルズのヴォーカリストですね。
まあパンクブームの火付け役的バンドなんですけど、パンクロックを遡っていくとイギー・ポップにぶち当たるんですよねえ、w
トム・ウェイツとイギー・ポップの映画をご紹介頂いたばかりですので、なんか不思議な糸で繋がってるなあと、w

<ジョニー・キャッシュが日本では評価が低いのが残念です。
<エルビスと関係ないですが^^;

エルヴィスも国内では評価が大変低いですよ、w
監獄ロックとブルースェード・シューズくらいしか知りませんから、ほとんどの人は、w

<エルビス結局なんでも歌えますね。

彼は自分の好きな曲しか歌ってないんですよ、基本的に。
そのほとんど全ての曲が一発録りなんです、
プロデューサーもキングには逆らえませんから、エルヴィスが納得するまでテイクを重ねるんですね。
なので、非常に効率が悪い。
例えば一番最後のフレーズを失敗したとします、今だったら、最後の部分だけを録音し直すか、別のテイクと差し替えるでしょう、
けれどもエルヴィスはまた初めから歌を録音していくんですね、
そうして、最初のフレーズが納得いかないと、また全部最初から最後まで録音し直すんです。
これではバックバンドがたまったもんじゃないですから、エルヴィスのヴォーカルだけテイクを重ねて、あとで、バックバンド、バックコーラスのオーバーダビングをして曲を完成させるんです。
なので、99%の曲のエルヴィスのヴォーカルトラックは一発録りなんですよね。
こんな事をしているアーティストはちょっと他に居ないと思いますねえ。

<辰兄の名曲が出るとは(^^♪
<民謡はまさに圧巻 これに尽きるかと。

梅宮辰夫と細川たかしも楽しまれたようでよかったです(^○^)

少年隊のミュージカルにも何回か行ってますけど、これがまた良いんですよ、w
劇団四季の「ライオン・キング」も観に行ってますけど、どちらも素晴らしかったです。

<竹原ピストルは熱くていいです!

映画自体は散々でしたけど、竹原ピストルのついてコメントした時に松ちゃんが涙ぐんでいたのを思いだしますね。

映画は3回ほど繰り返して観てしまいましたね、ご紹介したシーンがあまりに感動的すぎて、

<アンジェリーナ・ジョーダン
この子凄いでしょ(^^♪

エルヴィスの曲を検索していたら、偶然観てしまったんですよね、w
それで、色々と曲を聴いていたら、この子凄えなって、w
現代の美空ひばりですよね、w

<tam-tam17701827さん はやはり幅が広いですね。
まさか出るとは(*^-^*)

Billie Eilishですか?
これも凄く奥が深いんですよ、w
クラシックのコラムの下書きを書いていてグラミー賞最多受賞者の話のところで、今年のグラミー賞はテレビでやっていたなあ、と思い聴いてみたら、聴いた事がある!
あれえ?と思ったんですよね、w
私は流行音楽を聴かないので、w
時間軸をずらして聴くので、今流行りの音楽は滅多に聴くことがないんですよね、
それなのに、なんで知っているんだろう?と考えたら、この縁側を立ち上げた直後にm56059さんからこの曲のカバーバージョンを教えてもらっていたんですよね!
もお、こんな偶然ある〜、って感じでしたね、w

何本もの糸が複雑に絡み合って、結局繋がってしまう、というね(^^)
音楽とはなんて素晴らしいものなんでしょうかね、

非常にたくさんの曲を聴いて頂いて大変嬉しいです。

私の方が追っつかなくて、本当に申し訳ないですm(_ _)m。

最後に山下和仁さんの「展覧会の絵」の音源が見つかったのでリンクを貼っておきます。
残念ながら音質は非常に悪いですが、凄まじいテクニックは楽しめると思いますので(^^)

Kazuhito Yamashita in Toronto (1984) Ful
l Concert: Part 3 "Pictures at an E
xhibition"
https://www.youtube.com/watch?v=OwmljH41
B1Q&t=119s


ジャーマン・ロックの方は少し落ち着いてからあらためてご紹介したいと思います。
長文、駄文、お許し下さいm(_ _)m。

2020/2/26 00:50  [2265-2541]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

こんにちは^_^


>ファミマのバアムクーヘンは画像のものですね。確か150円くらいです。

画像が(;^_^A
お気には要冷蔵の薄いホワイトチョココーティングのものです。


><いまこれ”Adagio for Strings Op. 11”を聴いてる最中です。

>こちらは少数の合奏団とフルオーケストラのものと2つご紹介しましたが、どうでしたか?
>演奏時間も違うので、アプローチによって、曲のイメージが違うと思うんですけども。

書いてるときは下記フルオーケストラバージョンを聴いていました。
>前スレで紹介した「バーバー 弦楽のためのアダージョ」ですが、やはりどうしても外せない演奏があったので、
>Adagio for Strings Op. 11
https://www.youtube.com/watch?v=GbtCChVk
0lA


全く違いますね。
フルオケの方のバイオリンの音色が優しく繊細に感じました。
※あくまで個人の感想です(;^ω^)


>トム・ウェイツとイギー・ポップの映画をご紹介頂いたばかりですので、なんか不思議な糸で繋がってるなあと、w

シドは結局誰とも相容れなくての結末ですし・・・
繊細過ぎるというか・・・
個人的には音楽は音楽で楽しみたい派です。
コーヒー&シガレッツはお時間があるときにでも。
夫々がユニークです。


>現代の美空ひばりですよね、w

同じこと感じました^_^


>最後に山下和仁さんの「展覧会の絵」の音源が見つかったのでリンクを貼っておきます。

ありがとうございます。
”後で見る”にチェックしましたので後ほど観て聴いてみます。

ではまた(^^♪

2020/2/26 12:13  [2265-2542]   

ファミマのバアムクーヘン 面白かったです(^^)

choco111さん

こんにちは〜。

<画像が(;^_^A

そうなんです、失礼いたしました、w
画像選択してアップロードも完了していたんですけどね、どうもSafariの調子が良くないみたいで、失礼しました。
もう一度画像をあげておきますね。

<お気入りは要冷蔵の薄いホワイトチョココーティングのものです。

多分、同じものだと思います。
ジャーマン・ロックのリンクを貼り付け忘れたりと色々とご迷惑おかけしております(^^)

<全く違いますね。
<フルオケの方のバイオリンの音色が優しく繊細に感じました。

どちらが好みか、という事はあえて聞きません、
これに関してはいずれコラムのほうで書いていきたいと思ってますので。
感想は実に的確でまとを得ていると思います^ ^

イ・ムジチ合奏団の少数の演奏を好む方もいれば、荒い演奏だと拒絶する方もいます。
チェリビダッケの天空から降り注ぐような繊細で透明感のある演奏に心酔する方もいれば、あまりも遅すぎると受け入れいない方もいらっしゃいます。
これは個人の感性による好みの問題なので構わないんですが、どちらをとるかでしばしば論争に発展する事が多々あるんですよね、
こういったところがクラシック音楽通の一番いけないところだと思っています。
これが、クラシック音楽名盤探究みたいな書籍上でも評論家同士が相手側の言い分を全く認めなく罵倒するような発言を書いてある本もたくさんありますから、実に情けない実情がクラシック音楽にはある訳なんです。

<シドは結局誰とも相容れなくての結末ですし・・・
<繊細過ぎるというか・・・
(シド=イギー・ポップのことですよね)
Tomもああ見えて、実は繊細すぎるんですよねえ、w
イギー・ポップもステージ上では過激なパフォーマンスをやっていましたから、ここのところが実に面白いと思いましたね(^^)
繊細の部分が違うにせよ、繊細過ぎる男同士の共演という事を踏まえて観ると実に面白い訳なんですよ^ ^

<同じこと感じました^_^

どうもchoco111さんとはあまりにも同じ感性を持っていて最近では他人に思えなくなってきています、w
大体がヴィタメールのチョコが好き、という時点でかなり神懸かっていますからねえ、w

<ありがとうございます。
<”後で見る”にチェックしましたので後ほど観て聴いてみます。

ちょっと聞きたい事があったんですよね。

前スレで、
<以前、紹介していただいたAna Vidovicさん聴いています。

これは自分でも記憶がなく、あれ?どのタイミングで紹介したんだろう?
と、不思議に思っていたのですが、スカルラッティのギターバージョンのところで紹介していたんですよね。

choco111さんは気に入った音源はダウンロードして保存されているのですか?
それとも、YouTubeのフォルダにリストを作っているだけなのですか?

モンブランが好きさんに紹介して頂いた福山雅治さんのライブ音源が2曲ほど、削除されてしまって、それが一番気に入った曲のものでしたから、こりゃダウンロード保存しなければ安心出来ないな、と思ったんです。

山下和仁さんの動画もだいぶ削除されてしまっていますし、
(幸いにも、これは古いMacのほうでダウンロード保存してあるので私自身は聴く事が出来ますが)

OSもだいぶ進化してしまって、以前のOSであれば、Safari単体でもダウンロードする事が出来ましたが、現在では手順が非常に難しくなってしまっていて、やり方が分からないでいます。

ごめんなさい、ちょっと的外れな事を書いてしまいました(^^)

それから、以前紹介して頂いた本、読みましたよ(^^)
「悪魔の辞典」に少し似た印象を持ちました。
こういうブラックユーモア(ブラックユーモアとは違うのかな?)的な本は凄く好きです。
現実にあり得ない事を真剣な趣きで書く、というスタンスは昔から好きなんですよね。

いつも、丁寧なご返信を頂き感謝しております。

ありがとうございます。

2020/2/26 14:43  [2265-2543]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

こんばんは^_^


画像ありがとうございます!

同じでした!


”恐竜の飼い方教えます”

読んでくださったんですね。

ありがとうございます。

のんびりとこういう本を広げている時間が好きなんです。

>現実にあり得ない事を真剣な趣きで書く、というスタンスは昔から好きなんですよね。

ホントこれです(*^-^*)

>「悪魔の辞典」に少し似た印象を持ちました。

なんか共通項というか・・・好みです(*^-^*)



><繊細過ぎるというか・・・
(シド=イギー・ポップのことですよね)

繊細過ぎると感じるのはシドですね。
分かりにくくてすみません。



>と、不思議に思っていたのですが、スカルラッティのギターバージョンのところで紹介していたんですよね。

スカルラッティの流れでAna Vidovicのギターを聴いてて気にいりました。
またまた分かりにくくてすみません。



>イ・ムジチ合奏団の少数の演奏を好む方もいれば、荒い演奏だと拒絶する方もいます。
チェリビダッケの天空から降り注ぐような繊細で透明感のある演奏に心酔する方もいれば、あまりも遅すぎると受け入れいない方もいらっしゃいます。
これは個人の感性による好みの問題なので構わないんですが、どちらをとるかでしばしば論争に発展する事が多々あるんですよね、
こういったところがクラシック音楽通の一番いけないところだと思っています。に心酔する方もいれば、あまりも遅すぎると受け入れいない方もいらっしゃいます。
>これは個人の感性による好みの問題なので構わないんですが、どちらをとるかでしばしば論争に発展する事が多々あるんですよね、
>こういったところがクラシック音楽通の一番いけないところだと思っています。

趣味の話の難しいところですよね。
音楽然りオーディオ然り。
自分はどっちが良いかその時の気分です^_^

今まではオケより少数の演奏がどちらかといえば好みだと思っていますが紹介していただいた
>チェリビダッケの天空から降り注ぐような繊細で透明感のある演奏
こんなにうまく言えませんが^^; 繊細な音色に引き込まれました。
まぁただのロック好きの言うことですので感性の程はいかがなものか・・・



>サー・ゲオルグ・ショルティの31回が最多記録です。

ショルティは知ってました(^^)/

名前知ってるだけですけど^^;



>OSもだいぶ進化してしまって、以前のOSであれば、Safari単体でもダウンロードする事が出来ましたが、
現在では手順が非常に難しくなってしまっていて、やり方が分からないでいます。

Catalina だと難しいみたいですね。
5KプレイヤーもMacに対応してるようですがいかがなものなのか。

2020/2/26 21:29  [2265-2545]   

choco111さん

こんばんは(^^)

<同じでした!

やはり!、w

弁当やコンビニスィーツはセブンの一人勝ちみたいな印象が世間一般では認識されてしまってますが、

このバアムクーヘンはやりおります、w
あとパスタとラーメン類はファミマも負けておりません、w
弁当は駄目ですね、w

<読んでくださったんですね。

実は私、小説が一切読めないんですよ。
その代わり説明書みたいなものは読むのが好きなんですよ。
なので、「恐竜の飼い方教えます」みたいな体系の本は非常に助かるんですね。

<ホントこれです(*^-^*)

若い頃は、ニーチェ、とか、ロマン・ロラン、などの小難しい本とか、読んでいたんですけどね^ ^

考えれば考えるほど、自分が分からなくなって嫌になってしまったんですよね。

という訳でいくつく先は馬鹿馬鹿しい事を真剣にやっている、考えているものになる訳で、w

<なんか共通項というか・・・好みです(*^-^*)

自分が楽しめれば、それが最高ではないか、と思うのです(^^)

<繊細過ぎると感じるのはシドですね。

シド・ヴィシャスのことでしたか、
打ち間違えだと思って、書いてしまいました、
こちらこそ御免なさいm(_ _)m。

<スカルラッティの流れでAna Vidovicのギターを聴いてて気にいりました。
<またまた分かりにくくてすみません。

私も色々な方に色々紹介しているので、分からなくなってしまう事がございます、w

<趣味の話の難しいところですよね。

趣味とは本来楽しむべき事だと思っていますので、論争はしたくないんですよね。

<自分はどっちが良いかその時の気分です^_^

私もどちらの良い部分を探して聴く方ですね、音楽然り、オーディオしかり、(^^)

<こんなにうまく言えませんが^^; 繊細な音色に引き込まれました。
<まぁただのロック好きの言うことですので感性の程はいかがなものか・・・

ただのロック好きではありません、私からすればロックに対してのスキルでは到底太刀打ち出来ませんので、
一つの事を極めれば、応用が効くと思うんですよ。
なのでchoco111さんの感性は本物です、
好き嫌い、と、ものの良し悪しがごっちゃになってしまっている人がいますが、choco111さんはちゃんと判別できる素晴らしい方だと思っています。

<ショルティは知ってました(^^)/
<名前知ってるだけですけど^^;

ショルティを知っているのは凄いですね、日本ではそれほどメジャーな方ではありませんから、

ちなみにアリソン・クラウスと同順位で、クインシーが並んでいますけど、年齢的にも需要的にも厳しいと思うんです。

<Catalina だと難しいみたいですね。

そうなんですよね、
32ビットアプリも使用できなくなってしまいましたし、
私自身、Mac OSはTigerで止まっているので、w
相当な進化がありますよ、w
まあ根っこの部分は変えようがないので、キャッシュファイルとかplistファイルの削除とかで、ある程度の修復作業はできるんですけど、
GUIの進化は実際に色々と操作しない事には覚えられないので悪戦苦闘しています、w

ジャーマン・ロックはリンク貼り付け忘れた、大御所のAsh Ra Tempelものだけご紹介させて下さい。
すでにお聴きになられたものでしたらそのままスルーしちゃって下さい。

Ash Ra Tempel - Ash Ra Tempel (1971) FUL
L ALBUM
https://www.youtube.com/watch?v=ZxUycrXb
6eQ&t=1239s


Manuel Gottsching - Inventions for Elect
ric Guitar (Full Album) 1975
https://www.youtube.com/watch?v=khejrbgd
c4w&t=471s


2番目はManuel Gottsching名義になってますが、Ash Ra Tempel のアルバムです。
ミニマル音楽の基盤を元に作り上げています。

ミニマル音楽について
https://www.google.com/url?sa=t&rct=
j&q=&esrc=s&source=web&c
d=3&ved=2ahUKEwigxIvPq-_nAhVrx4sBHYm
nCwEQFjACegQIEBAG&url=https%3A%2F%2F
ja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%259
F%25E3%2583%258B%25E3%2583%259E%25E3%258
3%25AB%25E3%2583%25BB%25E3%2583%259F%25E
3%2583%25A5%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B
8%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF&usg=
AOvVaw3zDNh3Q-yqjgrwlTsOGBJL

2020/2/26 22:45  [2265-2546]   

choco111さん

おはようございます、w

こんな時間に失礼します。

色々とやっていたらこんな時間になってしまいました(^^)

「バーバー 弦楽のためのアダージョ」と「バッハ G線上のアリア」のスタンダード的な演奏を紹介させて下さい。

まずは「バーバー 弦楽のためのアダージョ」から、

弦楽のためのアダージョ Op.11/Samuel Barber:Adagio for Strings.
Op.11/
https://www.youtube.com/watch?v=P_28jMA2
iQY


スタンダード的なクセの無い演奏ですが、こちらの方が好ましいという意見も多いです。
チェリビダッケと同じオーケストラ編成の演奏ですが、アプローチの仕方が全く違います。

「バッハ G線上のアリア」

バッハ G線上のアリア:ネヴィル・マリナー指揮、アカデミー室内管弦楽団
https://www.youtube.com/watch?v=N2xkPR61
56Q


模範的演奏です。テンポ設定も至って普通で聴きやすいですね。

Bach: Air / Koopman &#183; Berliner
Philharmoniker
https://www.youtube.com/watch?v=Yy2uHAS-
el0


少しテンポの速い演奏ですが、重過ぎず、キレのある演奏です。

バッハ − 管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068より 第2曲 G線上のアリア カラヤン ベルリンフィル
https://www.youtube.com/watch?v=sLc690Dw
Wa8


クラシック界の帝王、カラヤンが演奏するとこうなります。
オーケストラを非常に綺麗に鳴らすカラヤンの手腕が光っています。
こういった演奏をするので、クラシックに抵抗のある多くの人々に受け入れられたのです。
その反面、精神性が無い無機質な演奏だ、と評論家やクラオタから激しく非難されました。

J.S. Bach: Suite No.3 in D, BWV 1068 - 2
. Air
https://www.youtube.com/watch?v=12jLgYRu
vdA


話題にでたショルティの演奏です。
シカゴ響は非常に優秀なオーケストラですが、ショルティはカラヤン以上に非難された指揮者です。
演奏自体は特にクセのないスタンダード的なものです。テンポ設定も適切です。

さあ、これらの演奏を聴いた後で、私が絶賛したケーゲルの演奏を聴いてみて下さい。
余りにも切なく、ふと消えてしまうような、悲しく絶望感に満ち溢れた演奏に聴こえませんでしょうか?
翌年、ケーゲルはピストル自殺を図り自らの生涯を閉じてしまうのです。

2020/2/27 05:01  [2265-2548]   

choco111さん

こんばんは(^^)

ちょっと行き違いがあると迷惑をかけてしまう事になるので、

前レスの私の発言に関しての説明、補足をさせて下さいね。

<さあ、これらの演奏を聴いた後で、私が絶賛したケーゲルの演奏を聴いてみて下さい。
<あまりにも切なく、ふと消えてしまうような、悲しく絶望感に満ち溢れた演奏に聴こえませんでしょうか?

如何にも聴いた上での感想を求めているかのような書き方になってしまってますが、
特に感想などは不要ですので、こちらに関して、特に何も書かなくてもいいのです。
この時間帯に私自身のコラムや、次のコラムの下書きなど色々書き込みをしていたので、ちょっと熱い文になってしまいました、w

それと、私自身は今のところ暇なのですが、皆さんお忙しいと思いますので、マイペースでお願いします^ ^

私の方から一方的にどんどん書き込みしていますけど、これは読んで頂くだけで十分なものですので、あまり気にされないでください。

それとコロナウィルス問題が非常に大きくなってきていますので、くれぐれも健康には気をつけて下さいね。

では♪

2020/2/27 22:04  [2265-2550]   

choco111さん

おはようございます。

3月からめっきり春になるみたいですね。

一応少しづつではありますがお勧め頂いた楽曲の感想など書いていきたいと思います。

まず、BLUES PILLS をある程度聴き込みましたので、自分なりに感じた事を、

スウェーデンのサイケデリック・ブルース・ハードロックなるジャンルに属する様で、^ ^

まあ、こちらの流れから、北欧のロックバンドに関心がいきまして、一推し掲示板で、Stratovariusを推している訳ですけども(^^)

ヴォーカルが強烈なDevil Manが一番インパクトが強く脳内に深く残りますねえ。

おそらく出世作なったであろうLady In Goldは聴きやすく万人受けしやすい楽曲だと思いますが、個人的にはHigh Class WomanやNo Hope Left For Meの方が私は好みです。

これはStratovariusにも言える事なんですが、やはり英語ではなく母国語で歌って欲しかったという強い気持ちがどうしてもある訳なんですよね、

この部分が非常に残念だと思うところではあります。
なぜ母国語で歌わず英語で歌唱するのか?
これは本人達の本来の意思では無いかも知れませんが、

しかし、個性的なヴォーカリストやサウンド面では好感が持てるバンドだと思います。

一番私が興味を惹かれたのは、彼らが今でもアナログ録音で曲をリリースしているという事です。
デジタルでの録音の方が編集もたやすく、面倒な作業もなく効率が良い、しかしあえてアナログ録音にこだわる姿勢というのは非常に共感が持てました。
実際には編集作業の段階で最終的にはデジタル信号になってしまうのですが、マスターテープはアナログのままで残ります。
これは非常に意義にある事だと思うんですよね。
デジタルで録音してしまえば、後でどうあがこうが、アナログのマスターテープは残せませんから。
ここに一手間加えてる事に非常に魅了を感じました(^^)

続いて、ツトム・ヤマシタを聴いて、少し調べていましたが、紹介されるまで、全く名前さえ知らなかった事が恥ずかしくなるほどに大した人物であったという事実です。
イタリアン・ロック、ジャーマン・ロック、と私自身推しているのですから、これはもう勉強不足以外何も言い訳が出来ませんねえ(^^)
ご紹介頂いたアルバムは「ゴー」ですが、楽曲が素晴らしいのはもちろんのこと、このアルバムには私が時期を見て紹介しようと思っていたクラウス・シュルツェも参加していたという驚愕の事実がありました。
クラウス・シュルツェはすでにchoco111さんにご紹介した、Ash Ra Tempelの元ドラマーなのですから、全くもってお恥ずかしい限りでございます(T . T)。

続いてLinda Lewisを聴いてみましたが、こちらも素晴らしく、choco111さんの、
<だれもがアレサ・フランクリンになれないんですよね。
という言葉に心を打たれました。
才能があっても日の目を見ないアーティストはたくさんいるというやるせない事実があるという事です。
敬愛するTom Waitsも運がなかったならば、出会いがなかったならば同じ様な運命になっていたかもしれません。

続いてJess Rodenの2曲も聴いたのですが、今の段階ではうまく言葉に出来ないでいます。
決して好みではなかったという事ではありませんが、もう少し時間が必要という感じです、
On Broadwayではフルートが使用されていながらもプログレっぽくないサウンドが面白いなという感想だけでは駄目だと思うんですよねえm(_ _)m。


Stanley Clark, Marcus Miller & Victo
r Wooten - Beat It
こちらに関してもマイケルのBeat Itは有名ですから曲は知っていても演奏について語るにはまだ不十分といった感じで、やはりもう少し時間と勉強が必要な様です。
そんなにお固く考えなさんな、という言葉が聞こえてきそうですが、やはり音楽に対しては今まで散々鼻っ柱を高くして生きてきたので納得できる感想が書けるまで妥協出来ないところです、w

<ラウドなロックの新曲を

という事でBlack Swan - "Big Disaster" を聴いてみました。
こちらは素直に楽しむ事ができました(^^)
メンバーの名前こそ知らないものの、実了派のミュージシャンが結成したバンドという事で、こんな歳になっても実に生き生きとした若々しいサウンドを楽しみつつプレイしてる姿は素晴らしく魅力的でした。

<お気に入りのシンガーです彼も北欧ノルウェイだっけ。
JORN - "Winning"
こういった、歳になっても若いもんにゃまだまだ負けないぜ、というのが大好きなんですよ(^^)
やはり、今のトレンドは北欧ですね、w
冒頭のイントロには思わず痺れましたねえ。いや〜カッコいいですね。

<このあたりで暗くなり
The Crusaders Live at Montreux 2003 - St
reet Life
このあたりで明るくなってきました、w
聴くのは3回目くらいですが、こちらも素直に楽しめました(^^)
コラムでも書いてますが、ライブ音源が非常に楽しめる環境で聴いています。

<ワンノートで語るギターを
David T. Walker - You'll Never Find &
; Love's Theme (Live)
ワンノートという言葉が分かりませんでした、調べてもパソコン関係のことしか出て来なかったので、w
味わい深いギターに酔いしれました、
かなりのお歳の方ですが、ギター一本持たせるだけで実にカッコいい!羨ましいと思いましたねえ(^^)

<続いてコーネル・デュプリー を
Teasin'を聴きました。この方も全く知らない方です。
聴いて、調べる、という作業になってしまいますが、音楽が大好きな私としては非常に楽しく勉強させてもらってます(^^)

<ちょっとググるとこの方は凄そうな方のようです^^;

Kyuhee Park - A. Barrios: Un Sue&#24
1;o en la Floresta
という事でラストの曲を、
私も最近インスト、アコースティック・ギターを聴く機会が増えましたが、実に女性のギタリストが多いですし、アコースティック・ギターに関しては女性の方の演奏の方が魅力的ですねえ(^^)
アコースティックギタリストは昔から女性の方が多かったのでしょうか?

2020/2/28 06:27  [2265-2553]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

おはようございます^_^


改めてお返事させてください。

ざっくりとお返事になります(;^ω^)

BLUES PILLS 聴いていただいてありがとうございます。

>これはStratovariusにも言える事なんですが、やはり英語ではなく母国語で歌って欲しかったという強い気持ちがどうしてもある訳なんですよね、
これはノーコメントで^^;
このての音楽の母国語が英語ということでお許しを

コラム等、楽しく拝見しています♪
”僕のためにStratovariusを”と勝手に思っています(^^♪ ありがとうございます。
今朝のヨーデルは( ´∀`)bグッ!
日本語では音楽と書きます。楽しめるのが一番

ウクライナの少女ですし本物のヨーデルではないんでしょうが可愛いが正義!
聴いていてハッピーになります。

最初の頃です。
She taught me to yodel - Sofia Shkidchen
ko
https://www.youtube.com/watch?&v=qMf
c95TBCzk


たぶん原曲
Margo Smith - He Taught Me To Yodel
https://www.youtube.com/watch?v=PlBF94H1
WI4



90分近くあります(笑
お暇なときにGRADO SR325eのお供に

Jorn Lande Live In America Full Concert.

https://www.youtube.com/watch?v=FeG8W72-
iio&t=601s


個人的にヨルンのような或いはカバーデイルのようなシンガーが好きなんです。

シェンカーのカバーなんですが歌唱力が違うとこんなに変わるものなんだと
Jorn Lande - On And On
https://www.youtube.com/watch?v=XFSBBtNG
ft8


こちらも有名曲のカバー
Jorn - Run to you (Bryan Adams cover)
https://www.youtube.com/watch?v=w8P6cw2R
Nd0


ポール・ロジャースの曲をカバーデイルが歌うとを疑似体験できます。
Jorn Lande - Feel Like Making Love
https://www.youtube.com/watch?v=KkqnOibZ
STk


長々となってしまいました(;^_^A

2020/2/28 07:58  [2265-2554]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん
追伸

>ワンノートという言葉が分かりませんでした、調べてもパソコン関係のことしか出て来なかったので、w
最近のOneNoteは使いやすくなったらしいです。

ノートは音符のことです。
一音で決める。
ギターでいうところの魂のチョーキング(ベンド)
まぁチョーキングでなくていいのですが。
早いパッセージだけが当たり前ですがギターの良し悪しではないので。
一音だけでも人の心を揺さぶることの出来るプレイヤーでということで。

パット・メセニー新譜発売になってますがBigshooterさん楽しんでらっしゃいますかね。

2020/2/28 08:17  [2265-2555]   

choco111さん

おはようございます^ ^

もう少しで寝るところでした。

<BLUES PILLS 聴いていただいてありがとうございます。

こちらこそ素敵なバンドの紹介、ありがとうございました。

<このての音楽の母国語が英語ということでお許しを

なんて言うか難しいですけども、
BABYMETALも母国語で頑張っているという現実があるので、ちょっと複雑な気持ちもあるんです、

<コラム等、楽しく拝見しています♪

読んでくれていたのですか、これは嬉しいお言葉です、ありがとうございます。

<”僕のためにStratovariusを”と勝手に思っています(^^♪ ありがとうございます。

(^^)事実でもあるんです、あまりにchoco111さんの掲示板に貼り付けるのも負担になると思ったもので、w

<今朝のヨーデルは( ´∀`)bグッ!

ありがとうございます。

<日本語では音楽と書きます。楽しめるのが一番

音楽は音を楽しむと書きますから、楽しいのが一番ですよね=(^.^)=

<ウクライナの少女ですし本物のヨーデルではないんでしょうが可愛いが正義!
<聴いていてハッピーになります。

以下の文章を見てびっくりしました、
なんとこの子もご存知でしたか、いやいや、敵いませんねえ、w

ご紹介頂いた曲は後でじっくりと楽しませて頂きます
ありがとうございます。

<ノートは音符のことです。

ああ、なるほどお、
jazzのブルー・ノートもそこからきているのですね。

<一音だけでも人の心を揺さぶることの出来るプレイヤーでということで。

大変勉強になりました。
朝早くからご返信頂きまして、ありがとうございます(^^)

では、気をつけて♪

2020/2/28 08:47  [2265-2556]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

こんにちは^_^


映画ウェインズ・ワールド、ウェインズ・ワールド2を観てたら夕方になってしましました。

本日の珈琲のお供は例のバームクーヘンにちょっと見は似てるんですが

少し生地が重ためでコーティングも厚めです。



>アコースティックギタリストは昔から女性の方が多かったのでしょうか?

最近な気がします。
まぁ僕の時間軸で^^;


><さあ、これらの演奏を聴いた後で、

すみませんがもう一度URL貼っていただけないでしょうか。


今から出かけてしまいますのでまた明日にでも。

流行り?の北欧はフィンランド
シンフォニック・メタルの有名どころを置き土産に
Voのターヤは元はオペラの方です。

NightWish - Planet Hell [Live] HD

https://www.youtube.com/watch?v=MckQglku
K_k


2020/2/29 16:20  [2265-2560]   

choco111さん

こんばんはです。

ちょっと眠りこけていました。

いかんですね〜、もっと情熱的に取り組んでいかないと。

<最近な気がします。
<まぁ僕の時間軸で^^;

最近ですよね、やっぱり、
村治佳織さんがデビューした時はかなりの騒ぎになっていましたし、YouTuberなんて言葉も無かった気がするので(^^)

<すみませんがもう一度URL貼っていただけないでしょうか。

何か、トラブルですか?

一応紹介文と一緒に貼っておきますね。

<「バーバー 弦楽のためのアダージョ」と「バッハ G線上のアリア」のスタンダード的な演奏を紹介させて下さい。

まずは「バーバー 弦楽のためのアダージョ」から、

弦楽のためのアダージョ Op.11/Samuel Barber:Adagio for Strings.
Op.11/
https://www.youtube.com/watch?v=P_28jMA2
iQY


スタンダード的なクセの無い演奏ですが、こちらの方が好ましいという意見も多いです。
チェリビダッケと同じオーケストラ編成の演奏ですが、アプローチの仕方が全く違います。


「バッハ G線上のアリア」

バッハ G線上のアリア:ネヴィル・マリナー指揮、アカデミー室内管弦楽団
https://www.youtube.com/watch?v=N2xkPR61
56Q


模範的演奏です。テンポ設定も至って普通で聴きやすいですね。


Bach: Air / Koopman &#183; Berliner
Philharmoniker
https://www.youtube.com/watch?v=Yy2uHAS-
el0


少しテンポの速い演奏ですが、重過ぎず、キレのある演奏です。


バッハ − 管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068より 第2曲 G線上のアリア カラヤン ベルリンフィル
https://www.youtube.com/watch?v=sLc690Dw
Wa8


クラシック界の帝王、カラヤンが演奏するとこうなります。
オーケストラを非常に綺麗に鳴らすカラヤンの手腕が光っています。
こういった演奏をするので、クラシックに抵抗のある多くの人々に受け入れられたのです。
その反面、精神性が無い無機質な演奏だ、と評論家やクラオタから激しく非難されました。


J.S. Bach: Suite No.3 in D, BWV 1068 - 2
. Air
https://www.youtube.com/watch?v=12jLgYRu
vdA


話題にでたショルティの演奏です。
シカゴ響は非常に優秀なオーケストラですが、ショルティはカラヤン以上に非難された指揮者です。
演奏自体は特にクセのないスタンダード的なものです。テンポ設定も適切です。
個人的には聴きやすい演奏だと思うのですが.........

さあ、これらの演奏を聴いた後で、私が絶賛したケーゲルの演奏を聴いてみて下さい。
余りにも切なく、ふと消えてしまうような、悲しく絶望感に満ち溢れた演奏に聴こえませんでしょうか?
翌年、ケーゲルはピストル自殺を図り自らの生涯を閉じてしまうのです。

といった文章を書いていました。

お忙しいところ返信してくださりありがとうございます(^^)

2020/2/29 21:59  [2265-2563]   

トラブルでアクセス出来ないとなると、私が絶賛しているケーゲルの演奏も聴けない事になりますね。

ケーゲルの演奏のリンクも一応貼っておきますね。

<クラシックはあまりお得意では無い事は重々承知しておりますが、もう一曲だけ、
バッハのG線上のアリア、こちらはおそらく耳にした事があると思います。
その究極とも言える演奏がこちら、この世のものとは思えない透明で寂寥感あふれる名演です。

Bach: Suite No. 3 - Air - Dresdner Philh
armonie/Kegel (1989)
https://www.youtube.com/watch?v=lQ8b8wqV
odg


2020/2/29 22:07  [2265-2564]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん
こんばんは(^-^)

引用貼り間違えてしまいました。
申し訳ありません。

>私が絶賛したケーゲルの演奏を聴いてみて下さい
すみませんこちらのtam-tam17701827さんご推薦のケーゲルのURLを
教えていただけましたら幸いです。
お手間ばかり掛けてしまいますのでよろしければで。

2020/2/29 22:11  [2265-2565]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

入れ違ってしまいました。
ありがとうございました。

2020/2/29 22:13  [2265-2566]   

いえいえ、お気になさらずに(^^)

私は大丈夫ですので、

わざわざ返信して頂きありがとうございます。

2020/2/29 22:23  [2265-2568]   

choco111さん

こんばんは?

おはようございます^ ^(何せタイピングが遅いもので、書き上がる頃には朝になっているかと、w)

Sofia Shkidchenko:
<最初の頃です。
を聴きました。
この頃からすでにこのパフォーマンスですか!
素晴らしい!

<たぶん原曲
を聴きました。
Margo Smith、ヨーデルのスペシャリストだそうで、
超絶技巧で検索すると、この方が出てくるというサイトもありました。

個人的にはSofia Shkidchenkoちゃんの方が聴いていてハッピーになれます。
choco111さんの「可愛いが正義!」は私も同感です(^^)

超絶技巧と謳うならばせめてこの程度の歌唱をしないと、w(畑は違いますが、w)

Cecilia Bartoli - Armatae face et anguib
us
https://www.youtube.com/watch?v=nktpT9ZX
HeA


「四季」を作曲したヴィヴァルディの全く知られていない曲です。
Cecilia Bartoliが歌わなかったら、日の目を観る事なく埋もれたままになっていたでしょう。

<90分近くあります(笑
<お暇なときにGRADO SR325eのお供に

Jorn Lande Live In America Full Concert.


今、暇なので楽しませてもらっています、ヘッドホンはもちろんSR325eで、w

<個人的にヨルンのような或いはカバーデイルのようなシンガーが好きなんです。

カヴァデールは確かディープ・パープルのヴォーカリストですよね?

Jorn Lande、この方は北欧のヴォーカリストですか、
やはり、ハードロックのトレンドは北欧なんですね(^^)

ハイトーン・パワー・ヴォーカリストってなるんですかね、w

こういった歌唱スタイルはロバート・プラントが元祖のような気がしますが、

’68~’72年までのプラントには誰にも太刀打ち出来なかったと思います。
個人的にこの時期のプラントを超えるヴォーカリストは居ないように思うんですけども。

若いが故にセーブする事が出来なかったんでしょうね。

私が崇拝しているエルヴィスは何でも歌えそうですが、流石にプラントの歌は歌えません。

後は個人的に推しているデメトリオ・ストラトスがロック史上最高のヴォーカリストという評価は変わらないところです、34歳という余りにも早すぎた死が悔やまれますね。

AREAのデビューアルバムから、
Area (Luglio Agosto Settembre Nero)
https://www.youtube.com/watch?v=kj1P7S47
eZQ


デメトリオ・ストラトスの遺作となったAREAのアルバム「1978」から、
Hommage &#224; Violette Nozi&#23
2;res (2018 Remaster)
https://www.youtube.com/watch?v=_6iRocAQ
upc


誰もこんな歌唱は出来ないと思います。

デメトリオ・ストラトスはソロでも様々な活動をしていました。

Demetrio Stratos - Mirologhi
https://www.youtube.com/watch?v=6aSZNNlu
WS0


<シェンカーのカバーなんですが歌唱力が違うとこんなに変わるものなんだと

マイケル・シェンカーの曲ですか、
圧倒的歌唱力ですねえ、現在においては最高のヴァーカリストの一人だと思います。

<こちらも有名曲のカバー
Jorn - Run to you (Bryan Adams cover)

久しぶりに知っている曲に出会えましたよ、w
ブライアン・アダムスのこの曲はよく聴いていました。
choco111さんがご紹介してくれる曲で耳にしたことがある曲を聴くの何年振りだろう?
(この縁側、立ち上げてから一年経っていないぞな、笑)

<ポール・ロジャースの曲をカバーデイルが歌うとを疑似体験できます。

Jorn Lande - Feel Like Making Love
ロバータ・フラックの曲じゃないですか、全然気がつきませんでした。
どんな曲でも自分のものにしてしまう歌唱は素晴らしいですね。

カバーで素晴らしいと思った曲が若かりし頃にありました。
今でも現役ですけど、存在感が全くありませんねえ、
ポール・ヤングです。一発屋みたいになってしまいました。

原曲はトム・ウェイツの「兵士の持ち物」
これは移籍後の「ソードフィッシュ・トロンボーン」に入っている曲なので知っていると思います。
(確か「レイン・ドッグ」までは聴いたと、書かれていたのを覚えています)

原曲はこちら、一応念のためにリンクを貼っておきます、比較しやすいように、

Tom Waits - Soldier's Things
https://www.youtube.com/watch?v=rNwC8ETa
0pg


ポール・ヤングによるカバーがこちら、
普通の方はこの曲を聴いてもトム・ウェイツの曲だと気付かないと思います。

Soldier's Thing by Paul Young
https://www.youtube.com/watch?v=qcsi5Cd4
XrE


この素晴らしい才能は何処に消えてしまったのでしょう、w

トム・ウェイツの曲は様々なアーティストがカバーしてます。
一番有名なのはおそらくロッド・スチュワートのものでしょう。

2曲ともに大ヒットしましましたが、私はノーコメントで、(^^)

Rod Stewart - Downtown Train
https://www.youtube.com/watch?v=7vPrtOFK
PWY


Rod Stewart - Tom Traubert's Blues (Walt
zing Matilda)
https://www.youtube.com/watch?v=lOfcasjY
nBw


変わったところでホリー・コールと何とスカーレット・ヨハンソンがトムの曲だけでアルバムを出しています。
ホリー・コールは分かりますが、スカーレット・ヨハンソンの行動は全く理解出来ません、w
アルバムの出来も......ノーコメントです、笑
こちらは時間の無駄になってしまう可能性を多いに秘めているので、1、2曲で止めてしまった方が賢明かも知れません。

HOLLY COLE/Temptation
https://www.youtube.com/playlist?list=OL
AK5uy_kHz4hFHcFk2AnQKnbdgZD5roFoF9dVL1Q


ホリー・コールのアルバムは選曲もよく、彼女の持ち味も出していてなかなかの仕上がりになっています。

問題のスカーレット・ヨハンソンですが、

Scarlett Johansson/Lay My Head
https://www.youtube.com/playlist?list=OL
AK5uy_llL5TA0o0s6fFgBaGq25fxya2C5rUEEAc


こちらは批判を危惧してか非常にマニアックな選曲になってます、w
よほどのトム・ウェイツのファンでなければ知らない曲ばかりです、w



2020/3/1 06:10  [2265-2572]   

 choco111さん  

tam-tam17701827さん

こんにちは^_^

聴きながら書きながらで夕方です。


>Bach: Suite No. 3 - Air - Dresdner Philh

armonie/Kegel (1989)
https://www.youtube.com/watch?v=lQ8b8wqV
odg


これです!これです!

こないだと基本的に感想は変わらないのですが

イントロからそうなんですがベース音担当?強く前にでてこない?
特に3:40前後での音質含め優しい感じなところも良いです。
この辺りの盛り上がりからエンディングへの流れも。
サウンド志向なので聴いているところが違うのかもしれません。
文学的表現はできませんので^^;

>バッハ G線上のアリア:ネヴィル・マリナー指揮、アカデミー室内管弦楽団
これがデフォなんですね。

気になったのは
Bach: Air / Koopman &#183; Berliner
Philharmoniker
間接音主体で聴いているんでしょうか?
武道館チックに後方やサイドでも客席あるのですね。
早くて音が明るく感じました。

簡単に
ショルティはなんだかちょっと違います。
THE素人はカラヤンはアリです。


>Margo Smith、ヨーデルのスペシャリストだそうで、
カントリーシンガーだと思ってました。

>Cecilia Bartoli - Armatae face et anguib
us
イントロでヴィヴァルディな感じがします。
やはりリュート?が入っているのですね。

>ハイトーン・パワー・ヴォーカリストってなるんですかね、w
ハイトーン系のVoではないですね。

>’68~’72年までのプラントには誰にも太刀打ち出来なかったと思います。
喉がやられる前までは”野生の咆哮”
あまりブルース寄りでなかったのもBANDとしてはマッチしていたかと。

>デメトリオ・ストラトスの遺作となったAREAのアルバム「1978」から、
Hommage &#224; Violette Nozi&#23

2;res (2018 Remaster)
tam-tam17701827さんお好きなAREAですね。
ホーミに影響受けているのでしょうか。。
ロックに捉われない実験的な方ですよね。
バックの演奏がわりとPOPですね。

この方を思い浮かべてしまいました。
ジャスティン・ホーキンスというのですが個性的な歌い方をします。

The Darkness - With a Woman
https://www.youtube.com/watch?v=IfJ_15HD
kTI


The Darkness - One Way Ticket (Official
Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=enJiLuH9
YUA



>ロバータ・フラックの曲じゃないですか、全然気がつきませんでした。
インスパイアされてると思うのですが(サビメロとか)バドカンです。
"my favorite"BANDです。

BAD COMPANY Feel Like Makin Love 1975
https://www.youtube.com/watch?v=TeZqjZ_k
vLY



>トム・ウェイツの曲は様々なアーティストがカバーしてます。
一番有名なのはおそらくロッド・スチュワートのものでしょう。
ロッドはもうロックシンガーではなくスタンダートを歌う方なので。

>ホリー・コールは分かりますが、スカーレット・ヨハンソンの行動は全く理解出来ません、w
本当に好きなんじゃないんでしょうか。
普通に考えれば出す必要がないので。


最後に北欧メタルで締めを
ストラトヴァリウスとは同郷フィンランド出身 
メロスピといえばソナタ
いまはプログレ寄りになってますが。

Sonata Arctica - San Sebastian (For the
Sake of Revenge) HD 1080p

https://www.youtube.com/watch?v=_ss_vaPh
0zM


2020/3/1 17:20  [2265-2573]   

 choco111さん  

tam-tam17701827さん

こんばんは^_^


あれやこれやお返事しようと思って

頭の中でお話ししたつもりになってます^^;

なのでスルーしてたりあると思いますがお許しを。

聴いてた曲を貼ったりするので今後重複もあると思いますがお許しを。


>クラウス・シュルツェも参加していたという驚愕の事実がありました。

タンジェリンも聴かれたるするんですか?
ツトム・ヤマシタ、冨田勲は自分の中では先駆者なんですよね。
光と音は雷と稲光で始まり冨田勲で終わる。
なんのこっちゃ^^;
自然界の雷は音楽の始まりかなぁと。
Liveステージみたいですよね。



jade7さんのところでデンマークのお話してたので
北欧はデンマークのトリオを


H.E.R.O. - Superpowers (Live From Tokyo)


https://www.youtube.com/watch?v=M3Cgll4y
ang




忘れてはいけない

Dizzy Mizz Lizzy - Glory

https://www.youtube.com/watch?v=kH6Gvtpi
irw



もうひとつあるんですが出し惜しみしときます(*^-^*)

2020/3/1 19:47  [2265-2575]   

choco111さん

こんばんは^ ^

難しい時間帯ですね、

<聴きながら書きながらで夕方です。

短い曲ですが、嫌いではないとはいえ、得意分野でないジャンルの曲をいくつも聴くのは大変だと思うところです、
聴いて頂き嬉しいです(^^)
ありがとうございます。

<これです!これです!

<イントロからそうなんですがベース音担当?強く前にでてこない?
<特に3:40前後での音質含め優しい感じなところも良いです。

人によって好き嫌いはあると思いますが、他の演奏とは根本的に違うと感じたと思います。
一期一会の演奏ではないでしょうか。

<バッハ G線上のアリア:ネヴィル・マリナー指揮、アカデミー室内管弦楽団
これがデフォなんですね。

デフォルトという演奏は基本的にはありません。
何せ作曲者が亡くなって居ない訳ですし、あまりにも古い曲ですから、その当時の演奏を知ってる人間が一人も居ない訳ですから、作曲者の意図した演奏がどの様なものか確認のしようがないのです。

ベートーヴェンがメトロノームを使用した最初の作曲家、というのはあまりにも有名な話ですからご存知かも知れませんが、それ以前の作曲家の曲にはメトロノームによるテンポ指定もありませんから、

実際に演奏してみて、このテンポが適切ではないのか、という憶測にしかすぎない。
もしかしたら、もっと早いテンポを想定して書かれた曲かも知れないですが、確認のしようがないので、聴いていて違和感の少ない演奏をスタンダードとするほかないのですね。

指揮者ネヴィル・マリナーはモーツアルトの伝記的映画「アマデウス」の音楽を担当していた経歴もあるので、クセが非常に少ないスタンダード的な演奏としてあげたものなんですよね。
私自身も全ての「G線上のアリア」の演奏を聴いていませんが、30種ほど聴いてこのあたりが模範的演奏としても大丈夫かなといった具合なんですよ。

という事実があるので、ネヴィル・マリナーの演奏がスタンダードだとは思わないで下さい、w
バロック時代の演奏は今や古楽器による演奏の方がスタンダードになりつつある時代ですから。

<気になったのは
<間接音主体で聴いているんでしょうか?

さすがはchoco111さんだと思いました。
コープマン指揮の演奏には何か違和感を感じたのでしょう。
演奏の表現が違う、というよりも音そのものが、他の演奏と違う、と感じたのではないでしょうか?
それもそのはずで、トン・コープマンは古楽器を使用した演奏をする指揮者だからです。
オーケストラはモダン楽器を使用したベルリン・フィルですが、ピリオド奏法をやらせてますね。
弦を押さえる指を揺らしてヴィブラートをかける演奏をしていません。
映像では無意識にヴィヴラートをかけている奏者が一部おりますが、多くの奏者はノンヴィヴラートで演奏しているのが分かると思います。
そのため、他のオーケストラの音とは違い何かザクザクとした音に聴こえるのだと思います。
演奏のテンポが早いのもその為で、ケーゲルとは別の意味で不思議な違和感を感じたのでしょうね、素晴らしいです(^^)

ショルティ、カラヤンについては私の方でも割愛させて頂きます、w


Margo Smith
<カントリーシンガーだと思ってました。
カントリー・シンガーの方です、w

これは私の間違いですね、w
チャチャっと検索したら、ヨーデル歌手のMargo Smithさん、というのがヒットしてしまったのです、w
英語版Wikipediaにもカントリー・シンガーと記載されていました、w

<イントロでヴィヴァルディな感じがします。

ヴィヴァルディの特徴が良く出ている曲ですよね、
「四季」を聴かれている方でしたら、何処かヴィヴァルディっぽいなあと感じると思います。

<喉がやられる前までは”野生の咆哮”

まだまだ歌唱テクニックを完全に身につける以前でしょう、非常に残念でならないですよね。
ハイトーンヴォイスで、声量もパワフル、そのまま順風満帆に育っていたらどんな歌唱を残していたか?

<tam-tam17701827さんお好きなAREAですね。
<ホーミに影響受けているのでしょうか。。

おっしゃる通り、倍音唱法をマスターしていた人です。
AREAでは、使用してないですが、ソロプロジェクトでは積極的に使用していました。
いやはや、参りましたねえ、w

もしかしてヒカシューの巻上公一や山川冬樹などもご存知ですかね^ ^

巻上公一(戸川純) - おおブレネリ (1982)
https://www.youtube.com/watch?v=e702YOIR
TYc


<ジャスティン・ホーキンスというのですが個性的な歌い方をします。

The Darknessの2曲を聴いてみましたが、なるほど、独特な感じですね(^^)

<インスパイアされてると思うのですが(サビメロとか)バドカンです。

言われてみれば、
それにしてもありとあらゆるアーティストを知っていますねえ、博識なんてもんじゃありませんm(_ _)m。

<ロッドはもうロックシンガーではなくスタンダートを歌う方なので。

「もうロックシンガーではなく.......」というところで思わず、(^^)
Tomはロッド・スチュワートに感謝の言葉を言っていましたよ、ヒットさせてくれてありがとう、と。

<本当に好きなんじゃないんでしょうか。
<普通に考えれば出す必要がないので。

個人的に意見になってしまいますが、本当に好きで、というのはアルバムを出した年代からしても非常に考えづらいところではあります。
スカーレット・ヨハンソンは女優です。
女優が歌を歌ってはいけない、という考えは毛頭ありませんけども、一番乗っていた時期なんですよね、2008年というのは、
選曲されている曲も非常に渋いものばかりで、本人の意思とは関係なく製作されたアルバムという気がしてならないんですよねえ、翌年にもう一枚出してからはそれっきりですから。
「普通に考えれば出す必要がないので。」全くその通りなんです。
このアルバムが出た時には結構話題になっていましたから、
ホリー・コールの時は話題にもならなかったので、

文字数制限です、w

2020/3/1 20:11  [2265-2576]   

分割になってしまってごめんなさいm(_ _)m。

続きましては、と、w

時間軸がずれますが、

NightWish - Planet Hell

これは非常に好みでした(^^)

素晴らしいですね。

その昔、DEVIL DOLLをご紹介した事がありましたが、プログレの中でもシンフォニック・ロック寄りのものが好きみたいですね、私は、w

え〜、書き込みが遅いので、先にchoco111さんの新しいレスが来ていますね、w

こちらのレスにもまた新しいアーティストの紹介がありますが、ちょっと間に合いそうもありませんので、少し時間を下さい。
(常設掲示板に書いた宣言がもう崩れてますね、w)

<最後に北欧メタルで締めを
<ストラトヴァリウスとは同郷フィンランド出身

Sonata Arctica - San Sebastian

を聴きました、

<メロスピといえばソナタ
<いまはプログレ寄りになってますが。

この曲は比較的新しいものですか?
クラシカルの要素が入った曲の方が好きかも知れません、
が、アルバムがたくさんありすぎてちょっとストラトヴァリウス寄りの曲が分かりませんでした。
教えていただければ幸いです。
お時間のある時で大丈夫です、私の方も間に合いませんので、w
色々と申し訳ないですm(_ _)m。
いつも魅力的なアーティストをご紹介して下さってありがとうございます。

2020/3/1 20:55  [2265-2577]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

こんばんは^_^


お返事ありがとうございます。


>この曲は比較的新しいものですか?
バンドとしては初期でセカンドアルバム?ですので20年近く前です。

>アルバムがたくさんありすぎてちょっとストラトヴァリウス寄りの曲が分かりませんでした。
ストラトヴァリウスに全般にテイストが似ていメロディがよりキャッチーで
先ほどノレスの>もうひとつあるんですが出し惜しみしときます(*^-^*)
これを足した感じがソナタです。個人の感想です^_^


>もしかしてヒカシューの巻上公一や山川冬樹などもご存知ですかね^ ^
存じております。
ヒカシューはよくTVにでてましたね。
ホーミーを初めて聴いたとき観たときは衝撃的でした。
ブルガリア民謡の次くらいに。


>プログレの中でもシンフォニック・ロック寄りのものが好きみたいですね、

ではオランダ産のシンフォニック・メタルを

Epica - Feint (Official Video)

https://www.youtube.com/watch?v=J3BCshj_
fqk



進撃の巨人のカバーになります。

Epica - 紅蓮の弓矢 Crimson Bow and Arrow live

https://www.youtube.com/watch?v=IHRDjjF_
A54



おやすみなさい

2020/3/1 21:41  [2265-2578]   

choco111さん

丑満時に失礼致します(^^)

ちょっと、作業しているうちにこんな時間になってしまいました。
やっぱり、どうも打ち込むのが遅い様で、m(_ _)m。

<タンジェリンも聴かれたるするんですか?

ネクストバッターボックスにスタンバイしておりました、w
ちょっと、これらは一旦待機した方が良さそうです、w

<ツトム・ヤマシタ、冨田勲は自分の中では先駆者なんですよね。

冨田勲!
いや〜懐かしいですね。
その昔、冨田勲のシンセサイザーによる「タンホイザー序曲」がCMで流れてまして非常に感動したのを覚えています。


<jade7さんのところでデンマークのお話してたので北欧はデンマークのトリオを
H.E.R.O. - Superpowers (Live From Tokyo)


<忘れてはいけない
Dizzy Mizz Lizzy - Glory

やはり今は北欧がトレンドですねえ、w
いやはや、勉強になります。(楽しむという意味合いで)
後々、効いてくる感じがしますね、
こういったストレートにパワフルな曲も好きな様で、結局は雑食なんですよねえ、私は、w

<もうひとつあるんですが出し惜しみしときます(*^-^*)

これはちょっと一癖ありそうな曲の様な感じがして、期待してしまいますねえ^ ^

<存じております。
<ヒカシューはよくTVにでてましたね。

あらら、w
お手上げですねえ、

<ホーミーを初めて聴いたとき観たときは衝撃的でした。

私はデメトリオ・ストラトスで、倍音唱法を聴いてショックを受けたくちです、w

<ブルガリア民謡の次くらいに。

ではこんなのは如何でしょう?

Tenore Supramonte Orgosolo
https://www.youtube.com/watch?v=z-m3V1cw
nPY


ヘッドホンで聴くと最高なんですが(^^)

<ではオランダ産のシンフォニック・メタルを

デンマークの次はオランダですか?
いや〜世界中の曲を知っていますね〜

聴いてみましたが、楽しみが増えてしまって、どうしたら良いかわかりません、w
とりあえず早急にダウンロード保存ができる様に勉強いたします、w
こんな宝物が忽然と消えてしまってはあまりにも耐え難いショックを受けると思うので、w



私からご紹介するものがいくつかあるのですが、こちらは、リンクを開いて頂いて、「後で」にチェックをして頂くだけで十分でございます。

時間のある時に聴いてみて下さい。特に感想とか求めるものではありませんので(^^)
検索するのに非常に手間がかかるものでして、記録として残しておくような類のものです。

ヴィヴァルディの「四季」はユリア・フィッシャー盤をご紹介する前からある程度聴いていたと思うので、その盤違いのものをいくつか、紹介したいと思いまして。

「四季」の定番の名盤である、アーヨのイ・ムジチ合奏団の盤をすでに所有されている様でしたので、当初はこれらをご紹介する予定だったものです。

私自身はユリア・フィッシャーのストレートな演奏が好きでしたけれども、もっとカルチャーショックを与える演奏スタイルの方が良いのではないかと思っていたんですよね(^^)

ではいきましょう、w
最初はこの演奏を紹介する予定でいました。

今考えると、ハードロック、プログレ、メタル系など楽しんでおられるので、この様な演奏スタイルの方がかえって面白く聴けるのでは無いかと思ってます。

The Four Seasons, Violin Concerto in E M
ajor, Op. 8 No. 1, RV 269 "Spring&q
uot;: I. Allegro
https://www.youtube.com/watch?v=s4DrvkKd
RxY&list=PLBJYcaB0IMrR3qium1sg7ZoYVV
3P20gSw


FABIO BIONDIによるちょっと過激な演奏です。
1991年版と、再録音した2000年盤の2つがありますが、これは2000年盤の方です。
楽章ごとにリストが分かれていますので、つまみ食いが可能です。
取り敢えず「夏」の最終楽章の6と「冬」の第1楽章の10だけ聴いても面白く聴けると思いますよ。
(Rockを聴いてるのとあまり変わらないような感じです(^^)これがクラシックか!、と)

次はカラヤンの演奏によるものです。
カラヤンによるバロック楽曲の演奏は本来ならば邪道なのですが、「四季」に関しては楽しめると思います。
実はこちらも推薦盤としてご紹介しようと思っていたものです。
手兵のベルリン・フィルを振った盤と晩年にウィーン・フィルを振った盤がありますが、同じ指揮者でも随分と違うものでして、これはこれで聴く楽しさが味わえると思います。

Antonio Vivaldi - As 4 Esta&#231;&am
p;#245;es.
https://www.youtube.com/watch?v=eP7FQ_JF
t_g&t=2308s


こちらはベルリン・フィルを振った盤ですね、
洗練された美しい音の極地のような演奏です、まるで映画のサウンドトラックを聴いているかのようです。


Vivaldi “The Four Seasons” Karajan & Mutter, 1984
https://www.youtube.com/watch?v=eR5r6zrg
vJk


ベルリン・フィルの盤ではヴァイオリン独奏はコンサート・マスターが勤めていましたが、こちらは女性のヴァイオリニスト、アンネ=ゾフィー・ムターが担当しています。
ウィーン・フィルを振った演奏ですので、ベルリン・フィル盤のよう輝かしさはありません。
これも好みの問題なのでどちらが優れているとかは言えません。
スタンダード的な演奏を聴かれているので、カラヤンの指揮する演奏も楽しく聴けると思うところです。

クラシック音楽は聴き比べてなんぼの世界ですから、同じ曲を徹底的に聴き比べて楽しむのも一つの聴き方ですので、
せっかく覚えている曲だからこそ、色々な演奏を楽しんで頂きたいと思うところであります。

だらだら、駄文を書いてしまって申し訳ありません(^^)




2020/3/2 03:30  [2265-2583]   

 choco111さん  

tam-tam17701827さん

おはようございます。



>ではこんなのは如何でしょう?

良いですね(^^♪

倍音唱法というんでしょうか。

DNAの何かが感じるようです。

ありがとうございます。



>クラシック音楽は聴き比べてなんぼの世界ですから、同じ曲を徹底的に聴き比べて楽しむのも一つの聴き方ですので、

ある意味カバーですね^_^
どの解釈が自分に合うか音楽の醍醐味ですね。


ちゃんと聴き込めてないのですが

>The Four Seasons, Violin Concerto in E M

ajor, Op. 8 No. 1, RV 269 "Spring&a
mp;q
uot;: I. Allegro

>(Rockを聴いてるのとあまり変わらないような感じです(^^)これがクラシックか!、と)

ですね(^^♪

華やかですね。



以前ご紹介していただいた

>Bach: Suite No. 3 - Air - Dresdner Philh


armonie/Kegel (1989)

この演奏が気になるのは何故かなぁと・・・

どうも自分の趣向でギタリストでもそうですが陰鬱というか湿り気があるものが好みのようです。

マイケル・シェンカーのような。(単純な^^;)

ヨーロッパ、北欧やロンドンの暗い空を感じるような

勝手な個人の妄想です^^;

それと同じような感覚を受けたのかと。

抽象的で申し訳ありません。

勿論ウエストコーストのロックも大好きなのですが。


ちゃんと返信できなくてごめんなさい。



今朝の1曲を

EVANESCENCE - Overture/ Never Go Back (S
ynthesis Live DVD)

https://www.youtube.com/watch?v=0LOO_OEg
CVQ



時期が時期だけに体調にはご注意ください。

また明日きます。

2020/3/7 09:21  [2265-2639]   

choco111さん

こんにちは〜^ ^

昨日は一推しのスイーツのご紹介ありがとうございました。

<良いですね(^^♪

良い音質のものがあまりありませんでした、^ ^


<どの解釈が自分に合うか音楽の醍醐味ですね。

そうですね、探すのがクラシックの醍醐味ですから、
今はYouTubeで簡単に探せますけど、
便利にはなりましたけど、なんか物足りないんですよね、
昔は買って開封して実際に聴くまでどんな演奏か分かりませんでしたから、
そのドキドキがいいんですよね(^^)
もちろん失敗も多かったですけど、

<ちゃんと聴き込めてないのですが

いいんですよ、大丈夫ですよ、
ちょっと検索するのに大変だったので、チェックマーク付けてくれるだけでも十分なんです、
聴いていただきありがとうございます^ ^


<以前ご紹介していただいた
<この演奏が気になるのは何故かなぁと・・・

翌年自ら命を絶ってしまうくらいですから、色々とつらかったのだと思います。
そういった、心境が演奏に反映されているんでしょうね、
悲痛な叫びのような静寂感と、消えて無くりなりそうな壮絶で悲しいオーケストラの音が胸に響きます。

<どうも自分の趣向でギタリストでもそうですが陰鬱というか湿り気があるものが好みのようです。

choco111さんは素晴らしい感性をお持ちです、この後に書かれている感想を読んでそう思いました。



<ちゃんと返信できなくてごめんなさい。

私の方こそ、たくさんリンクを貼ってしまって申し訳ないですm(_ _)m


<今朝の1曲を

ありがとうございます(^^)
今夜じっくり聴いてみますね。


<時期が時期だけに体調にはご注意ください。

ありがとうございます^ ^

<また明日きます。

お忙しいところ返信して頂きありがとうございます。
お待ちしております(^^)



2020/3/7 16:40  [2265-2640]   

choco111さん

こんばんは^ ^

完全に夜型の生活になってしまいました、w

EVANESCENCE - Overture/ Never Go Back

こちら聴きました。

これ最高です!(^^)

こういうの好きですね。

以前シンフォニック・ロックが好きみたいです、とか言いましたが、ちょっと違うみたい。

ゴシック・メタルが好きなんですよ、(この曲がゴシック・メタルに入るのか分かりませんが、w)

ゴシック系ですね、好きなのは(^^)

私が紹介したDEVIL DOLLはチェンバー・ロックなるカテゴリーらしいですが、


Annie Haslamとかも好きで良く聴きました。

Annie Haslam - Forever Bound
https://www.youtube.com/watch?v=O49k43qA
3Qg



Annie Haslam - Still Life
https://www.youtube.com/watch?v=OPTAbdvr
urk

(バッハのG線上のアリアが話題になったので)

2020/3/8 02:04  [2265-2659]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

こんにちは^_^

OSANNA Palepoli [Full Album HQ]をBGMに


アニー・ハズラムですか。

プログレの歌姫。

当時は歌姫という表現は無かったかもですが。

声で癒されますね!

ルネッサンスもお好きですか?

キース・レルフのルネッサンスから

後期のルネッサンスとイリュージョンの二つに分岐



オリジナル ルネッサンス

Keith Relf's Renaissance - Island - Op&a
mp;#233;ration "666" Festival
- Olympia, France 1970

https://www.youtube.com/watch?v=m5xbttKk
9p8



泣きのギターもあり構成がユニークです。

Illusion - Isadora

https://www.youtube.com/watch?v=W5oSFKWO
LaQ





>ゴシック系ですね、好きなのは(^^)

僕はまぁカテゴリなんて棚入れするときに役立つ程度にしか思ってないので^^;

メタルはジャンルが多いのでわかりません。

またもやオランダのシンフォニック・ゴシックメタルのウイズイン・テンプテーションを(;^ω^)


ナイトウイッシュのターヤとのコラボ

Within Temptation Ft. Tarja - Paradise L
ive at Hellfest Festival (2016)

https://www.youtube.com/watch?v=8vsKQTfx
f80



Within Temptation and Metropole Orchestr
a - Somewhere (Black Symphony HD 1080p)

https://www.youtube.com/watch?v=ScjEJRIZ
Gvg



2020/3/8 15:52  [2265-2670]   

choco111さん

ギリギリ、こんにちは^ ^

いや〜、5時間近く寝てしまいましたね〜。

<OSANNA Palepoli [Full Album HQ]をBGMに

私が一番最初にchoco111さんに紹介した曲、まだ聴いてくれていたのですか?コレは嬉しいです〜(^^)


<当時は歌姫という表現は無かったかもですが。

当時は「歌姫」って言葉無かったでしたっけ?
いつ頃出来たのでしょう、w


<ルネッサンスもお好きですか?

ルネッサンス、サード・イヤー・バンドあたりのCDも持ってますよ^ ^


以下の2曲は今夜聴かせてください、w
また寝ぼけた事書いてしまいそうなので(^^)


<僕はまぁカテゴリなんて棚入れするときに役立つ程度にしか思ってないので^^;
<メタルはジャンルが多いのでわかりません。

メタルはどうして、ああもジャンルが細分化されたのでしょうね?
クラシックよりも複雑になってますね〜w


<またもやオランダのシンフォニック・ゴシックメタルのウイズイン・テンプテーションを(;^ω^)

こちらも今夜のおかずにします。(あら、なんか変な感じ、w)


「テリーヌ ショコラ」大人気ですね〜。
あれはクセになる美味しさですね(^^)

2020/3/8 17:23  [2265-2674]   

 choco111さん  


Are You Ready!!!

It's a song for ya!!!


全国一千万のWhitesnake FANのみなさま

来週からのLiveは再度延期になってしまいました(´;ω;`)

こういう時なので仕方ないです。

また待つ楽しみが増えたと思うことにしましょう。

Make some fuckin' noise!!!




WHITESNAKE - Full HD Concert Live @ Semi
nole Hard Rock, Hollywood, FL, USA 04/25
/2019

https://www.youtube.com/watch?v=O0tPrTF5
vqc



オーストラリア、東南アジアツアー

Whitesnake - Still of the Night (live in
Melbourne)

https://www.youtube.com/watch?v=CfBs_AJS
yP8



2020年3月5日のシンガポール いつものラストナンバー

Whitesnake live in Singapore 2020 In the
Still of the Night

https://www.youtube.com/watch?v=9LCm5E6V
b4w




最後もお馴染みのセリフを

Be safe, be happy, and don't let anyone
make you afraid

今となってはこの言葉が尚更沁みます。。。

2020/3/8 18:55  [2265-2675]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

あっちこっちでこんばんは^_^

いろんなとこ徘徊してごめんなさい。



>私が一番最初にchoco111さんに紹介した曲、まだ聴いてくれていたのですか?コレは嬉しいです〜(^^)

今日は2回聴きました。


>当時は「歌姫」って言葉無かったでしたっけ?
いつ頃出来たのでしょう、w

ボーカルに興味ない時期があったせいでしょうか^^;



>ルネッサンス、サード・イヤー・バンドあたりのCDも持ってますよ^ ^

凄いですね!

フォークぽいプログレぽいクラッシクのエッセンス入りがいいです。


>「テリーヌ ショコラ」大人気ですね〜。
あれはクセになる美味しさですね(^^)

あの重たい感じが良いのです(*^^*)

akaban_chibaさん モンブランが好きさんに食べさしてあげたいです。

2020/3/8 20:10  [2265-2683]   

choco111さん

こんばんは〜^ ^

ここ数日の間、お忙しかったようで、ちょっと心配しておりました。

久しぶりの書き込みがあった昨日は非常に嬉しかったのと安心したのが同時にきました(^^)

<全国一千万のWhitesnake FANのみなさま
<来週からのLiveは再度延期になってしまいました(´;ω;`)

これは残念ですけど仕方ありませんね〜。

天災に近いものですからね、


WHITESNAKE

今夜は色々聴く曲があって楽しみです。
感想は後日、書きますね。


<あっちこっちでこんばんは^_^

いやいや、大変に助かっております、w
なんせ、管理者がこの有り様ですから、w


<今日は2回聴きました。

いや〜、これは本当に嬉しいお言葉です!

ちょっと、今新しいバンドをいくつか発掘できまして、紹介できる日を心待ちにしている状態です、w
(これも知っていたら、という一抹の不安はありますが、w)


<ボーカルに興味ない時期があったせいでしょうか^^;

美空ひばりの復活東京ドームコンサートでも確か「歌姫」という言葉はありませんでしたから。

松田聖子、中森明菜も「歌姫」とは呼ばれていなかったような、


<凄いですね!

イタリアン・プログレのCDを買い漁っていた頃ですね。

当然試聴などもできませんから、OSANNAのPalepoli みたいな奇怪な音楽にも出会ってしまう訳で、w

これはこれで時代を考えれば大変な傑作ですし、私自身こういった曲が好きでしたから、w


<あれはクセになる美味しさですね(^^)

クセになってますね、すでに、w

<あの重たい感じが良いのです(*^^*)

しかもクドくない、絶妙なバランスだと思いますね、

しっかり濃厚で、満足感があり、もう一個食べたくなる、絶品です(^^)

<akaban_chibaさん モンブランが好きさんに食べさしてあげたいです。

コンビニスイーツは夜には売り切れていることが多いですから、

1日に3回納品されるのですが、スイーツだけは朝方の便で来るんですよ、
なのでお昼ちょっと前が狙い目なんですよね(^^)

2020/3/8 20:55  [2265-2687]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

こんばんは^_^



>久しぶりの書き込みがあった昨日は非常に嬉しかったのと安心したのが同時にきました(^^)

ですね^_^
息抜きで楽しんでもらえれば。



>WHITESNAKE

最新のliveとツアー初めの音源です。

あまり喉の方はよろしくないので。


>いやいや、大変に助かっております、w

暴走すると皆さま書き込みしにくくなるといけませんので。



jade7さん のとこにも貼ったのですが。

ロックカーニバル#7  Led Zeppelin 1971.9.23 TOKYO

https://www.youtube.com/watch?v=NSUvCr0U
7eY&t=95s


2020/3/9 22:51  [2265-2698]   

choco111さん

こんばんは〜(^^)

ちょっと遅くてすいません。

一つのレス書くのに1時間かかってしまいました、w

<暴走すると皆さま書き込みしにくくなるといけませんので。

いや、遠慮されては困りますよ、(^^)

書き込みは非常にありがたいですし、助かっておりますので、もうドンドン書き込みしてください(^○^)

m56059さんも今はちょっと大変な時期らしいのでchoco111さんの書き込みは助かります。

私もタイピングが遅いのと、この縁側だけではないので、ちょっと対応仕切れないもので、w
(TwitterとYouTubeコメントの返信に追われております、w)

一推し掲示板、自由な雑談板にはどしどし書き込みされて大丈夫ですよ〜(^^)

レス返すのがほんとに遅いですよね、w
誤字入力の嵐なので、非常の苦戦しております、w

今日もありがとうございましたm(_ _)m。

明日も出来たらお願い致します、w

お待ちしてます(^^)。

ではでは、♪

2020/3/9 23:58  [2265-2699]   

choco111さん

jase7さんとのやり取りを見て爆笑してしまいました(^^)

なんかカッコいいですよね、憧れます^ ^

素晴らしいコンビプレイに思わず圧巻です。

見ているだけでほのぼのしちゃいます、♪

ヒーリングコミュニティー、(^^)。

2020/3/10 00:04  [2265-2700]   

choco111さん

おはようございます(^^)

ようやく聴く事ができました、^ ^

オリジナル ルネッサンス、

Illusion - Isadora、

Illusion - Isadoraは叙情的で良いですね、好きですね、ちょっと陰影がある感じのサウンドは、(^^)

オリジナル・ルネッサンスはまだアニー・ハザラムが加入する前の映像ですよね、


ナイトウイッシュのターヤとのコラボ

ダブル女性ヴォーカル、珍しいですね、

何かのロックフェスティバルですか?

ライブ映像は良いですよね、やっぱり、大人になったBABYMETALみたい、

Somewhere

これは最高ですね〜、

こちらの方がよりゴシック的?

ちょっと、陰影がある叙情的なサウンドは最初から聴いても良いです、楽しめます(^^)

聴き込みが足りないと楽しめない、というか、ツボが分からない、楽曲もあるじゃないですか?
そっちの方が後々になってよりハマったりするんですけど、w

まだ、全部聴けてないですけど、中間報告、という事で、(^^)

4曲全部楽しめました、ありがとうございます。

2020/3/10 10:33  [2265-2701]   

choco111さん

またまた、こんにちは〜^ ^

Whitesnakeを聴こうとしたんですけど、w

かなりの長尺なので、ちょっとお時間が必要みたいです、(^^)

で、ロックカーニバル#7  Led Zeppelin 1971.9.23 TOKYO

を観たのですが、これは!!

プラント全盛期の頃の日本公演の映像!

これは大変貴重なものじゃないですか?

オリジナルアルバムは全て持っておりますが、海賊盤などには手を出しておりませんから、Bootleg的なものは分からないですけど、この頃の来日映像ってなかなか無いと思うんですが?

いや〜一発目から、強烈ですね!
『移民の歌」は大好きです!
この時代の最強バンドですね、これが50年前の音楽か!
今聴いても全然古くないサウンドには脱帽です。

ペイジの弦を使ったギター奏法もある!
これはjade7さん、堪らないでしょうね(^^)

8mmの映像ですかね?これは、

あ、choco111さんが所有している映像だと思って買いてました、w

YouTube動画ですね、w

海賊DVDからの映像ですかね?

撮影はおそらく8mmでしょうね、録音はオーディエンスかサウンドボード録音なのか判別できませんが、
Elvisの方でたくさん海賊盤所有してますから、音である程度オーディエンス録音かサウンドボード録音か分かるんですけど、これはちょっと判別が難しいです。
おそらく、オーディエンス録音、
だと思いますが、撮影の距離との音のバランスが合いません、
8mmの撮影者が録音した音源にしては音が良すぎるんですよね〜
ペイジ側で録音したソースの可能性もありますね、
投稿されたばかりの映像のようですから、未発表映像ですかね、これは、

とにかくこれは凄い映像、音源ですよ、

いや〜ありがとうございましたm(_ _)m
堪能させて頂きました(^^)

2020/3/10 11:13  [2265-2702]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん
こんにちは^_^

パタパタしてるので

こちらお時間のあるときにチェックされたら面白いです。

https://www.ledzeppelin.com/video/tokyo-
9-23-71-8mm-0


色々な年代にタイムスリップ出来ますよ。

2020/3/10 19:16  [2265-2704]   

choco111さん

こんばんは(^^)

<こちらお時間のあるときにチェックされたら面白いです。

ありがとうございます。

色々チェックしてみますね。

聖飢魔IIをご存知なかったので、同じ年代のバンドなので、万が一と思いまして、w

ガールズバンドの偉大なる先駆者、実力派のガールズバンドです。

SHOW-YA / 限界LOVERS (LIVE)
https://www.youtube.com/watch?v=1NGCvLzX
UWs


お忙しい中書き込みありがとうございます(^^)

2020/3/11 03:13  [2265-2708]   

choco111さん

おはようございます(^^)

<こちらお時間のあるときにチェックされたら面白いです。

こちら、拝見致しました。

やはり8mmでの映像でしたか、

これは、どういったサイトなのですか?

こちらからYouTubeに映像をUPしたのですね。

という事はYouTubeにUPされる以前からこの映像、音源は知っていたのでしょうね(^^)

ZEPサイド公認のサイトなのでしょうか?

非常にレアな映像が楽しめそうですね^ ^

ご紹介ありがとうございました(^○^)

2020/3/11 06:21  [2265-2711]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

こんにちは^_^


>こちらからYouTubeに映像をUPしたのですね。

この方はたまにUPされます。

どうも映像を所有しておられるようです。

公式とは関係はないと思います。



>ZEPサイド公認のサイトなのでしょうか?

そうなるようです。



>SHOW-YA / 限界LOVERS (LIVE)

この世代はわかりますよ^_^


この辺りはチェックしています。

LOVEBITES - Don't Bite The Dust [MUSIC V
IDEO (with English lyric subtitles)]

https://www.youtube.com/watch?v=Zx9KPfvM
VjY




LOVEBITESのバンド名の由来にもなったHalestormを

Halestorm - Love Bites (So Do I) [Offici
al Video]

https://www.youtube.com/watch?v=FmkHqUwa
4zg


2020/3/11 18:03  [2265-2712]   

choco111さん

おはようございます(^^)

昨日は午後になってから激しい頭痛に襲われ早々に寝てしましました、w

<この方はたまにUPされます。

随分前から知ってはいたのですね^ ^

<どうも映像を所有しておられるようです。

8mmでの撮影なので、会場にカメラを持ち込んで撮影した映像なのでしょうね。
それにしてはあまりに音質が良過ぎるんですよね、
様々な海賊盤を聴いておりますが、撮影した距離での録音とはとても思えないんですよね〜。
音源は現在の環境である程度高音質化してから、アップロードされているのかなあ?


<そうなるようです。

ありがとうございます(^^)


<この世代はわかりますよ^_^

あれ、聖飢魔IIは、w

書き込みありがとうございましたm(_ _)m

曲の感想は後ほどレス致しますね(^^)

良い一日を、♪

2020/3/12 05:24  [2265-2717]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

おはようございます^_

>昨日は午後になってから激しい頭痛に襲われ早々に寝てしましました、w
お大事になさってください。
身体が欲するまま寝れるときは寝てください。


>8mmでの撮影なので、会場にカメラを持ち込んで撮影した映像なのでしょうね。
どのような経緯で映像を所有しておられるか知りませんが小出しにされています。
全編お持ちのような気がします。
素人とは考えにくいです。


>あれ、聖飢魔IIは、w
数曲は知っていますが聴きこんではないので。
イカ天辺りは少しだけです。
たまとか人間椅子とかあといくつか。
邦楽はさほど聴かないので<(_ _)>


無理なされないように。



2020/3/12 07:20  [2265-2718]   

choco111さん

こんばんは〜(^^)

<お大事になさってください。
<身体が欲するまま寝れるときは寝てください。

ありがとうございます。
私は頭痛持ちですから、大した事はないんですけど、
異常な眠気に襲われてしまいまして、
不眠症の私がこれほど長時間眠れるなんて事は今までなかったんです、
睡眠薬も断薬してから、2年経ちましたから、良い方向と捉えているんですよね(^_^)v


<素人とは考えにくいです。

そうですね、カメラブレがほとんどありません。
それと、録音状態、音が良過ぎるんですよね。
ZEPサイドが公認状態という事を考慮すると、単なる一般人の無許可撮影とは私も思えないですね。
こちらの映像は市場に流通しているものなのでしょうか?
YouTubeコメントを見る限りでは、海賊盤DVDとしても販売されていないと思いました。

<無理なされないように。

ありがとうございます。

choco111さんもどうかマイペースで無理をなさらずに、(^^)

2020/3/13 02:53  [2265-2720]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

こんにちは^_^


>choco111さんもどうかマイペースで無理をなさらずに、(^^)
ありがとうございます(^^♪


>良い方向と捉えているんですよね(^_^)v
喜ばしいことです(*^-^*)


>ZEPサイドが公認状態という事を考慮すると、単なる一般人の無許可撮影とは私も思えないですね。
ペイジは海賊版大好きですからね。
海外のロッカー達は日本に来ると買いに来ますから。
勿論自分たちもの、好きなアーチストものなど。
ペイジは段ボールごとです。
支払いはしないとか(*^-^*)



午前中の日記

朝はm56059さん紹介のMiyu Hosoiさんでスタート繰り返し聴く。




テンペスト ファースト

https://www.youtube.com/watch?v=fea0kM0i
QZs&t=9s


コロシアムのリズム隊ジョン・ハイズマンにジューシー・ルーシーのポール・ウィリアムズ
ギターはアラン・ホールズワースいつもよりハードにプレイ。
ハードよりのプログレとでも。
ジューシー・ルーシーやコロシアムはまたの機会に。



アメリカにしては珍しいかなと
90年代後半2000年初頭までよく聴いていました。

Lana Lane - Under the olive tree

https://www.youtube.com/watch?v=zzw50cbB
iPI&feature=youtu.be



2020/3/14 12:26  [2265-2727]   

choco111さん

おはようございます(^^)

<午前中の日記
朝はm56059さん紹介のMiyu Hosoiさんでスタート繰り返し聴く。

m56059さんへの掲示板への書き込み、ありがとうございました。
ちょっと、私の環境では分からないのです、orz。


m56059さんからご紹介頂いた東プレのキーボード、素晴らしいらしいですね。

Macといえばロジクールの製品しか知らなかったので、ちょっと非常に興味があります。
とにかくMac純正の付属キーボードはあまりにも打ちにくく、誤字入力の連続で書き込みに1時間近くかかる事もザラにあるので、w

ご紹介頂いている曲がまだ聴けておりません、orz。

あいにくの天気ですが、もう春だなあという感じですね(^^)

気に入った曲は繰り返し聴いてしまうので、人間椅子と陰陽座、ルネッサンス、EVANESCENCEなどハマっておりまして(*ノω・*)テヘ

聴きながら寝落ちしてしまうので、なかなか、感想が書けるまで聴き込めなくて、w

素晴らしい一日をお過ごし下さい♪

お時間がありましたら、夜にでも遊びに来て下さい(^^)

2020/3/14 12:50  [2265-2728]   

 choco111さん  
そこら中にサインがあるらしい


今日の日記午後

午後一

Lana Lane - Destination Roswell

https://www.youtube.com/watch?v=yxmSEu8-
GVI


知らずに聞くとHEART?
当時女性ボーカルでこういったハードな曲を歌う人はいなかったかな。
高音での倍音が素敵です。


Lana Lane - Kashmir

https://www.youtube.com/watch?v=VvxFx6VM
KYU


カバーも色々あるんですがお気に入りです。


Lana Lane - Love is an Illusion (Full al
bum HQ)

https://www.youtube.com/watch?v=pK-Na8eN
XtE


良いのでアルバム一枚!


90年代推していたBAND

あまり売れずorz




tam-tam17701827さん

>ご紹介頂いている曲がまだ聴けておりません、orz

気にしないでください^_^
特にホワイトスネイクはツアーに行けなかった方の慰めになればと。
見てるホワイトスネイクファンはいないでしょうが(;^_^A



さっきのレスに貼るのを忘れたので

2020/3/14 13:29  [2265-2729]   

choco111さん

おはようございます(^^)

夜にでもまた遊びに来て下さいと言っておきながら寝てしまっておりました。
誠に申し訳無いです〜m(_ _)m

お詫びにm56059さんがご紹介してくれた、Miyu HosoiさんのOrb全曲が聴けるリンクを貼っておきますね(^^)

https://www.youtube.com/watch?v=WJUX5Z3I
ZEM&list=OLAK5uy_lQqbxy7aZUPZc3jFb4S
mHYsRnJg4e2wXE


全体的にヒーリングミュージックの様な感じですので流しっぱなしでも癒されますよ。


テンペスト ファースト

こちらはまだ全曲聴けておりません、m(_ _)m


Lana Lane

こちらはご紹介頂いた全ての楽曲を聴きました。

確かにブリティッシュ寄りですね、かなり。

単曲では最初にご紹介頂いた、Under the olive treeが一番アメリカっぽくないサウンドですねえ。

<カバーも色々あるんですがお気に入りです。

KashmirはZEPの曲の中でもかなりお気に入りの曲です。

私の好きなTom Waitsの曲もカバーしているんですね、後で探して聴いてみたいと思います。

Love is an Illusion

これはファースト・アルバムのようですね。
出だしから完全にプログレしてますね(^^)
ヴォーカルが入ると一般的に聴きやすいサウンドになりますが、やはりブリティッシュ色が強いです。
曲と曲とのブリッジも凝った作りをしてますね。
ファースト・アルバムは傑作が多いですね、この手のアーティストの場合、
こちらも大変気になるアーティストになりました。
バラード・ベストみたいなアルバムがあるみたいですので、この後聴いてみようかと思います。

たくさんの素晴らしいアーティストのご紹介ありがとうございます(^^)

良い1日をお過ごし下さい^ ^

2020/3/15 06:10  [2265-2735]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

こんばんは^_^


>Miyu HosoiさんのOrb全曲が聴けるリンクを貼っておきますね(^^)

ありがとうございます(^^♪

昨日からサンプル、YouTubeと何回となく聴いております。

22.2ch コンテンツは聴いたことがなっかたので。

思わずヘッドフォンで確認したりしてました。



>Under the olive treeが一番アメリカっぽくないサウンドですねえ。

所謂、様式美ですね。

シンフォニック、プログレ、シンセ主体ですがハードなギターリフあり

サビはキャッチー。





今日の北欧系を

蘊蓄はやめておきます(^^♪


ウィズイン・テンプテーションに負けず劣らず


LEAVES' EYES - Elegy

https://www.youtube.com/watch?v=qkovNGJX
HKA




インデックスがありますのでフルアルバム版を

ドイツ語なバラードも素敵です。

Elis - Dark Clouds in a Perfect Sky (Ful
l Album)

https://www.youtube.com/watch?v=Y-UyPz0d
wSY




ちょっと気分を変えて

ケルト系のコニー・ドーバーを


The Wishing Well

https://www.youtube.com/watch?v=IYrA7YdJ
08I



Siuil a Ruin

https://www.youtube.com/watch?v=KZeDF9qB
z4M


2020/3/15 15:51  [2265-2743]   

choco111さん

こんばんは〜、いらっしゃいませ(^^)

<22.2ch コンテンツは聴いたことがなっかたので。

いや〜、全部人の声だけでの録音とは思わなくて、的外れな感想を書いてしまいました、w

エフェクターも使わず、そのまま録音、録音後もイコライザーやリバーブなどもかけずに、ですからね、ちょっとビックリしましたね〜。


<シンフォニック、プログレ、シンセ主体ですがハードなギターリフあり

Lana Laneさん
かなり好みですね、サウンド的に、アルバム自体の作りもかなり凝ってますし、
少し聴き込んでみようと思います(^^)

<そこら中にサインがあるらしい

前スレの画像はロックンロールミュージアムのものですか?

私が行った時は無かったと思うので、これは原宿店のものでは無いかもしれないですね。

渋谷の方にも移転しているんですよね。

それとも私が行かなくなってから撮影されたものなのかな?

2008年と画像で確認出来ますね、
という事は私が足を運ばなくなってから撮影されたものですね、これは。

choco111さんは一度も行った事がなかったのですか?

<今日の北欧系を

蘊蓄はやめておきます(^^♪


色々と書いてくれた方が助かります(^^)

私はちょっと書き過ぎですかね?、w
ついつい書いてしまうんですよね、あまり書かない方が良いですか?(曲紹介の時に)

今日ご紹介してくれた曲は今夜聴きますね(^^)

私の音楽スキルもだいぶ向上したと思います、たくさんの知らなかった素晴らしいアーティストをご紹介頂いておりますのでm(_ _)m。

今日も書き込みありがとうございます。

2020/3/15 18:39  [2265-2746]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

こんばんは^_^


>少し聴き込んでみようと思います(^^)

好みに合ったようで良かったです。
正統派的なシフォニックな仕上がりです。
キーボードのエリク・ノーランダーの手腕の依るところが大きいです。


>それとも私が行かなくなってから撮影されたものなのかな?

西新宿?
海賊版屋さん巡りをした時のものです。
色んな店でサインして収集しているようです(^^♪


>choco111さんは一度も行った事がなかったのですか?

東京のお店はないです。
会員だったので案内が来てましたが最近は来なくなりました^^;


>色々と書いてくれた方が助かります(^^)
>私はちょっと書き過ぎですかね?、w

そんなことないですよ!


今夜もNightwish

3人Voが変わって先日のターヤがオペラチックな方です。
2番目のVoのアネットさんの曲を。
彼女は普通のロックボーカリストです。
お好みではないかもしれませんが。

NIGHTWISH - Amaranth (OFFICIAL MUSIC VID
EO)

https://www.youtube.com/watch?v=GdZn7k5r
ZLQ



そのうち重複して載せるようになりそうですが^^;
そのときはお許しを

2020/3/17 20:52  [2265-2751]   

choco111さん

こんばんは(^^)

レス遅くなってしまい申し訳ないですm(_ _)m

手抜きしてる訳じゃないんですが、ちょっと書く事がないんです,orz

イヤホン、ヘッドホンの試聴にも行かれないですし、

毎日にようにニュースばかり見ております、朝から、昼過ぎまでずっとニュース見てて、夕方に寝てしまうのです。


<好みに合ったようで良かったです。

Lana Laneさんに限らず、choco111さんのご紹介してくれる楽曲は私にとってどれも刺激的で楽しめるものが非常に多いのです(^^)
一人のアーティストに対して結構研究してしまうタチなので、正直もっと時間が欲しいですね、w
(一日24時間じゃちょっと足りません、w)


<西新宿?

あ〜、新宿のメタル街の事ですかね?

私が行ったのは2000年以前ですが、凄かったですよ、w

メタル系のファッションに身を包んだ若者で溢れかえっていましたね、

ちょっと異様な雰囲気でしたね、あそこは、


<東京のお店はないです。

うわ〜、それはちょっと残念ですね、
海賊盤が溢れかえっていましたから、
特にZEPは未発表ライブのCDがたくさんありましたから、
ファンにとっては多少音質が悪くてもあの手のbootlegは堪らないと思うんですよね、
違法なのでバーコードさえ無かったですし、試聴なども出来ないですし、大量に買ってしまうでしょうね(^^)


<そんなことないですよ!

大丈夫ですか、ありがとうございます(^^)


<今夜もNightwish

説明ありがとうございます^ ^

非常に助かります、


私の方でもご紹介する楽曲のストックはあるにはあるんですが、今はちょっとご負担になるかと控えております。

週末に少しづつご紹介していきたいと思っておりますので、お楽しみを、^ ^

書き込みありがとうございます。

また、お待ちしております(^^)

2020/3/18 03:35  [2265-2753]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

こんばんは^_^


>ちょっと書く事がないんです,orz

ボチボチで^_^


>あ〜、新宿のメタル街の事ですかね?

そうなんですね^^;
良く知らないのですが
ブート街と聞いていました。
90年代まではLiveにいってもメタル系のファッションの方多かったですね。


お時間がない時にあれですが(;^_^A

今夜もNightwish(*^^*)
3代目の現ボーカリストのフロールヤンセン
ステージ映えする大きな歌姫

Nightwish - Sleeping Sun (Live In Tamper
e, Finland) 2015

https://www.youtube.com/watch?v=rsotlzr9
wNw



Ave Maria - Marko & Floor

https://www.youtube.com/watch?v=cMtKG8hR
NL4



おやすみなさい

2020/3/18 21:36  [2265-2757]   

choco111さん

こんばんは〜(^^)

<ブート街と聞いていました。

そうですね、ブート街と言っても良いかもしれませんね、^ ^

CDよりもレコードの方が多かったですね、

ほとんがメタル系のお店だったので、メタル街と書いてしまいましたが、w

イヤホン、ヘッドホン、オーディオ関連の縁側はどれも停滞しちゃってますね、
(目ぼしい新製品がないのと、こういう時期ですから試聴をセーブしてるのか、経済的に苦しいのか、)


<お時間がない時にあれですが(;^_^A

いや、気になさらないで、大丈夫ですよ(^^)

ご紹介頂いたスレッドは消える事はありませんので、フェイバリットアーティストの紹介は大歓迎です(^^)

今日も書き込みありがとうございます。

おやすみなさい(( _ _ ))..zzzZZ

2020/3/18 21:55  [2265-2758]   

choco111さん

こんにちは〜(^^)

今日は朝9時に起きまして、非常に快調ですね、夜中まで起きてる事はないかなあ、と。
(油断してるといつの間にか寝てる事がありまして、そうなるとまた徹夜になってしまうのです、w)

音楽を聴く時間はあるんですよね、時間が足りないなんて事はないんですけども。
ただ、気に入った曲があると繰り返し聴いてしまう傾向があるものですから、w

特に私の場合非常に雑食なものですから、特定のジャンルの音楽に偏らないので、あれもこれもと聴いてしまう訳で、


ご紹介して頂いた楽曲全て聴いてみました、
ちょっと、あまりにも停滞してしまって申し訳なく思っておりますm(_ _)m

これまでchoco111さんからご紹介頂いた曲、アーティストで、これはダメだってのが無いんですね。

全部が素晴らしい、と言えばちょっと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、
今回のは特に良かったですね(^^)

LEAVES' EYES - Elegy

こちらから止まっていたので聴いていきましたが、

やはり、北欧系というのは、どこか抽象的で陰影があり、根本的にアメリカのロックとは違いますね。

MVが良かったのもありますが、やはりこういった曲が好きなのでしょうね(^^)

Elis - Dark Clouds in a Perfect Sky (Ful
l Album)

こちらは語りの導入部で既にノックアウトでした(^^)
これは繰り返し聴いてみたいと思いました、素晴らしいですね。

<ケルト系のコニー・ドーバーを

曲が始まる前にジャケットでノックアウトでした、w
ケルト系、こちらも素晴らしいです。
こういった民族曲調のものは大好きです(^^)

こちらのスレッドで紹介して頂いた全ての曲が気に入ってしまいました、


続いて次のスレッドでご紹介して頂いた曲を聴きました。

NIGHTWISH - Amaranth

確かにターヤさんと比較するとインパクトでは少々負けるかな、と感じましたが、元々のバンドの曲作りが個性的なので、これはこれでバランスが良いかな、と。
MVが素晴らしいですね(^^)
NIGHTWISHはヴォーカリストが誰であろうと結局はどれも魅力的です(^^)


で、昨日ご紹介して頂いた曲まで聴けました^ ^

Nightwish - Sleeping Sun

良いですね〜、
Nightwishはハズレがない様ですね(^^)

Ave Maria - Marko & Floor

これは最高でした!
今まで聴いたAve Mariaの中で最も素晴らしいと思いました。

とても200年も前に作曲された曲だとは思えないですね、

素晴らしいAve Mariaのご紹介ありがとうございました(^^)


夜には雨が降るようです、お気をつけ下さい。

いつも時間を作って書き込みして頂きありがとうございますm(_ _)m。

良い1日を♪

2020/3/19 15:22  [2265-2760]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

こんばんは^_^

ミュージックの日だそうです。


>MVが良かったのもありますが、やはりこういった曲が好きなのでしょうね(^^)

ファンタジーな映像ですね。
サウウンド的にはNIGHTWISHと近しいですよね。


>こちらは語りの導入部で既にノックアウトでした(^^)

北欧みたいですがヒテンシュタイン公国のバンドです。
Voの方はもう天に召されています。
20代で早すぎます。
3枚のアルバムを残しています。
新しいものは聴くことは出来ませんが残された音源は永遠です。

ファーストアルバムになります。

Elis- God's Silence, Devil's Temptation

https://www.youtube.com/watch?v=JGrg7cdh
ZxI



4枚目新しいVoです。

Elis - Catharsis (Full Album)

https://www.youtube.com/watch?v=l3eXqZ-v
FvY




>こういった民族曲調のものは大好きです(^^)

自分も中世のものやフォークは好物です。


アルイエン・アンソニー・ルカッセンのロック・オペラ・プロジェクAyreon
プログレありシンフォニックありフォークあり 
オランダ出身のアーティスト多数出演
NIGHTWISHのフロールヤンセン姉妹も参加しています。
最近毎晩聴いています。
超大作が3種類?あるのでそのほんの一部、フォークっぽいものを

Ayreon - Valley Of The Queens (Ayreon Un
iverse)

https://www.youtube.com/watch?v=TbebO5BZ
i-I




Ayreonにも参加しているアネケ・ファン・ギースベルゲン
彼女とアイスランドのチェンバーポップバンド&#193;rst&#237;&#240;ir(文字化けしそう)のコラボ
アルバムのサンプルになります。

Anneke van Giersbergen & &#193;r
st&#237;&#240;ir - Verloren Verl
eden (album preview)

https://www.youtube.com/watch?v=jrTAtxgR
ksc



おやすみなさい(^^♪また明日

2020/3/19 21:40  [2265-2762]   

choco111さん

こんばんは〜(^^)

やっぱり寝てしまいました、w

<思ってたよりカラメルが厚かったです(*^^*)

カリカリの食感が堪らないですよね、(^^)

<2個入ったやつですか?

そうですね、あれは何度食べても美味しいですね。傑作だと思ってます。


<ミュージックの日だそうです。

3、1、9でミュージックですか? 違います、w


<サウンド的にはNIGHTWISHと近しいですよね。

そうですね、表現が難しいですけど、どこか楽観的というか希望的なアメリカのロックとは違いますね。


<北欧みたいですがヒテンシュタイン公国のバンドです。

ほとんど知らない方ばかりですので、毎回調べながら聴いていたのですが、今は聴いてから調べるようにしています、やはり音楽はながら聴きしては頭に入ってきませんから、w
書き込みをする時は完全にマスターした曲を聴くようにしています。


<自分も中世のものやフォークは好物です。

中世ものお好きですか?

イタリアンプログレのCDを買い漁ってた時に買ったエジプト風のバンドのCDがあったのですが、どこへ行ったのやら、w
現物のCDを探して見つけないとバンド名も忘れてしまっているので、YouTubeで検索出来ないんですよね。
見つかったら、ご紹介しますね、結構気に入ってたので、何がなんでも見つけます、w


<最近毎晩聴いています。
<超大作が3種類?あるのでそのほんの一部、フォークっぽいものを

多数のアーティストが参加しているものは、こういった説明は大変助かります(^^)

ところで、Ave Maria - Marko & Floor
こちらはどういった方なのでしょう?
大変気に入ってしまい、とても興味があります^ ^


ファミリーマートのファミチキはお好きですか?

もしお好きでしたら、そのまま注文するのではなく一度揚げたてを食べてみてください。
揚げたてを下さい、と言えば大丈夫ですので、
(5分くらいかかりますが、最高です。ファミチキは揚げてから10分も経つと美味しさが半減してしまうので)
店員さんも嫌な顔はしないです(^^)

明日は晴れると良いですね。

書き込みありがとうございますm(_ _)m

2020/3/20 02:40  [2265-2763]   

choco111さん

おはようございます(^^)

見つけました、例のCD、

なんと、Third Ear Bandでした、w

こちらのやり取りで名前が出ていましたね。

<<ルネッサンスもお好きですか?

<ルネッサンス、サード・イヤー・バンドあたりのCDも持ってますよ^ ^

なので、これはchoco111さん、すでに知っている可能性が高いですね(^^)

高音質の音源を見つけましたので、万が一未聴でしたら、聴いてみて下さい。

このアルバムは好きで良く聴いていました。

Third Ear Band Alchemy

https://www.youtube.com/watch?v=ow8TxDPu
G7Q&list=OLAK5uy_khtXdPH2fWAtfrFZgUF
BPjwIalzIEdLUA


アルバム全体のリンクですが、1曲ごとに分かれていますので、

いや〜まさかThird Ear Bandとは、w

2020/3/20 06:10  [2265-2764]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

おはようございます^_^

現在早朝ですが送信するころは昼かも^^;


>カリカリの食感が堪らないですよね、(^^)

カラメルがたっぷりと楽しめます。
持って帰るときに傾いたらしくカラメルソースが袋の中で他の商品と混ざり合ってましたorz
クリームブリュレとパンナコッタには目がないです(`・ω・´)


>3、1、9でミュージックですか? 違います、w

正解です!
3月12日はスイーツの日です。
無理からの語呂合わせ。
スリー、イー(中華)、ツー
サイバーエージェントの仕掛けです(+_+)
319は我らがギターヒーロー、ランディ・ローズの命日です R.I.P.


バンドは今でも存続してるようですが・・・

バッキングであったりギターソロは既にオジーのときのランディです。

Quiet Riot - Breaking Up Is A Heartache

https://www.youtube.com/watch?v=59L4TrU-
mGI



Randy rhoads-dee

https://www.youtube.com/watch?v=Hps9O7OA
6fk



>やはり音楽はながら聴きしては頭に入ってきませんから、w

申し訳ありません<(_ _)>
ほぼほぼながらです^^;
映画も音楽も気になったところがあると巻き戻して繰り返し聴いたりします。
モニタするとある程度、音量がないとわかりにくいのでヘッドフォンで確認します。

>ところで、Ave Maria - Marko & Floor
>こちらはどういった方なのでしょう?

マルコ・ヒエタラはNightwishのベースのかたです。
やたら歌いたがります(^^♪
フィンランドの方だったと記憶しています。

Heartのカバーです。

Marco & Troy (with Floor Jansen) - A
lone

https://www.youtube.com/watch?v=ObT2E9QT
IZs



フロールはオランダ出身の三代目Nightwishのボーカリストです。
妹さんも大きいです^_^
妹さんは自分の好きなゲーリー・ヒューズともコラボしてたりします。
ゲーリーヒューズはそのうちに。

ヤンセン姉妹
北欧とかオランダとかナントカセンとナンヤネンみたいなのがが多くて(;^_^A

loor & Irene Jansen - Into The Black
Hole "Star One Live on Earth"
(2003) Remastered

https://www.youtube.com/watch?v=oriR8CpI
-Io






AYREONについて下記参考にどうぞ
新しいのは記載ないですが。

http://www.metalgate.jp/R_ayreon.htm


いっぱいて誰が誰だか( *´艸`)

AYREON - Day eleven: Love (OFFICIAL VIDE
O)

https://www.youtube.com/watch?v=VRyX-lEG
bfQ



ストレートなロックをミュージカル?ロックオペラに仕上がってます。
そういったことでVoの女性はNIGHTMAREでも歌っていたマギー・レイトン(読み方わかりませんが)

Ayreon - Intergalactic Space Crusaders (
Universe)

https://www.youtube.com/watch?v=mDjomu33
Xzc



仏蘭西のパワーメタルです。
日本にも同名のバンドがいるみたいですが。

NIGHTMARE - Ikarus (2016) // Official Mu
sic Video // AFM Records

https://www.youtube.com/watch?v=-0Y8knz7
Ri0



>ファミリーマートのファミチキはお好きですか?

バンズに挟んでも美味しそうですね!


>いや〜まさかThird Ear Bandとは、w

目覚めにながらで聴きました。
ちゃんと聴いたことはなかったですよ。

見方によればチェンバーロックの走りとも言えなくはなくもなく。
どっちやねん(;^_^A
中近東、インド辺りの雰囲気というかサイケな時代のオカルトバンド。
妖しさを楽しむ音楽。
実験的という意味でもプログレではあります。
イヤフォンで聴くとどういう感じでしょうか。


自分はオリエンタルなものはこれが始まりでここからラヴィ・シャンカールへ

White Summer (Original Stereo)

https://www.youtube.com/watch?v=iF8f234s
Lio




お好きなノラ・ジョーンズとは違いますが
どちらも才能が溢れています。

このタイプのバイオリンが入るとヨーロッパ風な仕上がりになります。
コパチンスカヤはtam-tam17701827さんの棚にありそうです。

Shankar and Kopatchinskaja - Raga Piloo
- Ravi Shankar

https://www.youtube.com/watch?v=4_vwvB6c
EcU




同じバイオリン?でも全然違ってきます。

Sitarist Ravi Shankar's Aman Manch (Nati
onal Peace Forum) performed by Daughter
Anoushka Shankar

https://www.youtube.com/watch?v=2QMH_9Ez
NDo



良き一日を(^^♪

2020/3/20 10:32  [2265-2765]   

choco111さん

こんばんは〜(^^)

夕方に一度起きたのですが、相撲を観て、食事をしてまた眠ってしまいました、w

レスが遅くなって申し訳ないですm(_ _)m

<現在早朝ですが送信するころは昼かも^^;

あらかじめ文章を作成しておいて保存されているんですね、
今回もたくさんの楽曲とアーティストをご紹介頂きありがとうございます(^^)

YouTube音源を探すのも大変な事だと思います。
時間をうまく使って書き込みして下さっているのに、本当に申し訳なく感じております。
という事を踏まえて心して聴いた次第です(^^)

今回は全ての曲を聴く事が出来ましたが、各曲ごとの感想を書く事は控えたいと思います。
私が一曲ごとに感想を書いては、私の方からの曲紹介が気軽に出来なくなってしまいますので。


<クリームブリュレとパンナコッタには目がないです(`・ω・´)

あれまあ、パンナコッタもお好きですか、私も大好きですよ(^^)
餡蜜、蜜豆などの和スイーツも大好きなので、男一人で甘味処によく行ってましたね、w


<正解です!

あら、正解しちゃいましたか(^^)

<3月12日はスイーツの日です。

なんでもあるのですねえ、笑。

<319は我らがギターヒーロー、ランディ・ローズの命日です R.I.P.

これは知りませんでした、(ノ∀`)アチャー



<バンドは今でも存続してるようですが・・・

Quiet Riotは初めてまともに聴いたヘヴィメタルバンドなんですよねえ。
学園祭などもQuiet Riotをコピーしてるバンドも居た時代ですね。
それほど「メタル・ヘルス〜ランディ・ローズに捧ぐ〜」は売れたアルバムですね。
私も毎日繰り返し聴いていました、懐かしい思い出です。
大ヒットしてるアルバムだという事は全く知りませんでした、あのインパクトのあるジャケットにKOです、w


<申し訳ありません<(_ _)>
<ほぼほぼながらです^^;

私もほぼながら聴きですよ(^^)
自分の好きな曲は、

私は非常に物覚えが悪いのか、音楽的感性に乏しいのか、曲がなかなか覚えられないんですよね、orz.
多分、多くの人よりも曲を覚えるのにより時間がかかっていると思います。
音楽的感性が一般の方々よりも劣っている、多分そうではないかと常々思っております。

なので、クラシック音楽など多くの人が敬遠される音楽に抵抗がないのだと思います。
流行音楽だろうが、クラシック音楽だろうが、私にとっては同じくらい頭の中に入るまで時間がかかるので。

流行音楽しか聴かない方々はクラシック音楽は難しくさっぱりわからない、という言葉をよく聞きます。
私はヒットしている流行音楽とて、頭の中に完全に入れるには大変な労力を要しておりますので。

アルバム一枚の曲を覚えるのにも3〜4回程度聴き通しても全然入ってこないのです。
私のとってはAKB48もベートーヴェンやワーグナーなども一緒なんですよね。

<マルコ・ヒエタラはNightwishのベースのかたです。
<やたら歌いたがります(^^♪

なんとヴォーカリストではなかったのですか、(ベース兼ヴォーカルですか?)

以下ご紹介頂いた楽曲、アーティストは詳しい説明もあって楽しむ事が出来ました^ ^
ありがとうございましたm(_ _)m


<ちゃんと聴いたことはなかったですよ。

あら、これは想定外でした、と言えば失礼になってしまいますが、ご紹介して良かったあ〜、w

<見方によればチェンバーロックの走りとも言えなくはなくもなく。

Third Ear Band
ちょっと意外かもしれないですがイギリスのバンドなんですよね、
さすがはchoco111さん、現在はこのファースト・アルバム、チェンバーロックにカテゴリーされております(^^)
アルバムの邦訳も「錬金術」となっておりますね、w

<イヤフォンで聴くとどういう感じでしょうか。

イヤホン、ヘッドホンで聴くと外音が全く入ってこないので、相当やられてしまいますねえ、w
これはながら聴きするくらいが丁度良いサウンドだと思います、w
久しぶりに聴きましたが、2回ほどリピートしてしまいました、(^^)
中毒性の高い音楽ですね、笑。


非常に感銘を受けたRavi Shankarの娘、Anoushka Shankarの動画について書いていきたいと思います。

Ravi Shankarがジョージ・ハリスンのシタールの師である事も、ノラ・ジョーンズさんの父親である事も知ってはいました。

<お好きなノラ・ジョーンズとは違いますが

ノラ・ジョーンズさんのファンは私ではなくm56059さんですね(^^)
なのでこの縁側のイメージ画像はお互いのリスペクトしてるアーティストを一人ずつ使用しています。
(画像加工はm56059さんに作ってもらいました)
私はRavi Shankarの娘さんであるという事に興味を持って、2枚ほどのアルバムを聴いているに過ぎません。
この縁側を通して、m56059さんから色々なノラ・ジョーンズさんのライブ動画とかを教えて頂いたんです(^^)

White Summer (Original Stereo)

こちらはジミー・ペイジがシタールを演奏しているものだと思いますが、彼は独学でシタールの奏法をマスターしたのでしょうか?

実は今回、ご紹介頂いた動画で初めてシタールの実演を観たんですよね。
シタールという楽器自体は画像などでなんとなく知ってはいましたが、
あまりの弦の多さにちょっとびっくりしてしまいました、これはギターよりも相当難しい楽器だと思うのですが?

文字数制限の都合でスレをまたぎますm(_ _)m。



2020/3/21 03:26  [2265-2766]   

ちょっと非常に長いレスになって申し訳ないのですがm(_ _)m。

私の方からもご紹介したい曲がありますので、ちょっとスレをまたいでしまいました(^^)

<自分はオリエンタルなものはこれが始まりでここからラヴィ・シャンカールへ

これも私の読解力のなさで勘違いをして一生懸命サイト巡りをしてしまいました、w

White Summer、こちらを聴いてラヴィ・シャンカールの方にいった、という事ですよね、
私はこの曲にラヴィ・シャンカールが関わっているものと勘違いをしてしまいました、w

私は「ノルウェーの森」からですね、ラヴィ・シャンカールに興味を持ったのは、
で、そこから、ノラ・ジョーンズさんにいってますね、w

という経緯ですね、縁側のイメージ画像は私とm56059さんの当時の思いが詰まったものなんですね(^^)


<このタイプのバイオリンが入るとヨーロッパ風な仕上がりになります。
<コパチンスカヤはtam-tam17701827さんの棚にありそうです。

コパチンスカヤ、著名なヴァイオリニストですが、残念ながら、彼女の演奏するCDは一枚も持っておりません、w

クラシック音楽のCD収集は20年も前に辞めてしまってますので、現在は主に図書館を利用しているんですよね。
図書館は非常に真面目な所ですから、クラシック音楽のCDなんかだと大手レンタル店よりも多いくらい在庫が豊富なので、良く利用しているんですよね、w

今もちょっと気になる、指揮者、ピアニスト、ヴァイオリニストなど、一応少し情報取集はしてますけど、CDを購入するのはほとんど無くなってしまいました。
往年の名盤がとてつもない安価な価格で発売される時くらいですかね、現在はその程度になっていますね。

クラシック音楽に関する本を30冊ほど借りたときにコパチンスカヤの名前が出てきたので知ってはいましたけど、YouTubeで動画を観るだけにとどまってしまいました。

自分の好きな曲を演奏しているCDが図書館に無かったんだと思います。

Shankar and Kopatchinskaja - Raga Piloo
- Ravi Shankar

で、こちらを聴いたのですが、イチコロでした(^^)

こちらも非常に良かったですが、次の、

<同じバイオリン?でも全然違ってきます。

Sitarist Ravi Shankar's Aman Manch (Nati
onal Peace Forum) performed by Daughter

Anoushka Shankar

はさらに良かったですね(^^)

こちらインドヴァイオリンですので、調弦も奏法も全然違うのです。

チェロを逆さにしたような奏法ですが、そもそも西洋のヴァイオリンとは調弦も違うので感じる雰囲気も違うのでしょうね。

カントリー、ブルーグラスではヴァイオリンと呼ばず、フィドルと呼びます。
なので、アリソン・クラウスはフィドル奏者と表記されているんですね。

Anoushka Shankarさんは初めて観ましたが、やはりノラ・ジョーンズさんとどことなく似てますねえ(^^)

こちらはインド音楽そのものですが、どことなく雅楽を彷彿させるところもあると思いませんか^ ^
(私だけですかね、w)
私の近所に本格インド料理の店がありまして、ランチには結構通っておりました。

スタッフ全員がインドの方なので、日本語を片言さえ話せるスタッフさえいないという変わったお店でした。

お店に流れている音楽はインド音楽でしたね、有線なのかスタッフたちが作ったものなのかわかりませんでしたけども、

なので、非常に懐かしい思いに浸って聴いておりました(^^)

何しろ自転車で5分ほどの距離に本格インド料理のお店があるので、毎週のように行っていたんです。
もちろん、下町ですから、お客さんはほとんど居ませんでした、インドの方ばかりだったですね。
インド人のためのインド料理店みたいな感じでしたので、味付けも日本人に合わせたものでは無かったです。

Anoushka Shankarさん、実に綺麗な方ですね(^^)

長々と書いてしまいましたが、非常に楽しめました^ ^
貴重な時間を使ってご紹介して頂きありがとうございましたm(_ _)m。


という訳で、w
私からのご紹介の曲を2つほど、
これは前々から用意していたものではなく、例のCDを探していたら、一緒に出てきたものなんですね。
なので、私もこれは久しぶりに聴きました。
当時としては、非常に有名なアルバム、という事で購入したものなので、choco111さんはすでに知っている可能性も高いと思うのですが、現在では国内のWikipediaにも掲載がないようですので、万が一を考えて(^^)

ジャーマン・ロックとイタリアン・ロックから一枚ずつ、ご紹介します。

まずはイタリアン・ロックの超名盤です。

Museo Rosenbach - Zarathustra
https://www.youtube.com/watch?v=dlF9EHJP
cOg


このアルバムについてのサイトがありました。
http://rockcollector.blog31.fc2.com/blog
-entry-219.html

参考までに、(^^)


次にジャーマン・ロックの傑作アルバムを一枚。

Wallenstein : Mother Universe (Full Albu
m)
https://www.youtube.com/watch?v=URX6IC8g
dmI&t=694s


再生回数169回!!

こちらのバンドも国内Wikipediaの掲載がありませんね、w
当時はどちらも趙傑作アルバムというものでしたが、現在がこの有り様なので、万が一未聴でしたら、お時間のある時に聴いてみて下さい。

今回も非常に丁寧な楽曲のご紹介ありがとうございました(^^)

私のレスも非常に長々となってしまいましたがお許し下さいm(_ _)m

良い連休になりますように♪




2020/3/21 04:42  [2265-2767]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

こんにちは^_^


>レスが遅くなって申し訳ないですm(_ _)m

これはなしでいきましょう^_^
好きな時に好きなことを自然体で


>あらかじめ文章を作成しておいて保存されているんですね、

メモ帳に書きながら。いつも”ながら”です。
基本ながらです、本を読みながら映像を観ながら
実際に音楽流しながらネットラジオであったりNASの中だったりCDであったりYouTubeだったり
ながらしながら気になった曲をYouTubeでチョイスしURA貼付けちょっとコメント
記憶は失念事項が多いので今度から調べるようにはします^^;


>大ヒットしてるアルバムだという事は全く知りませんでした、あのインパクトのあるジャケットにKOです、w

日本発売だけになったのがついてなっかたですね。
おかげでオジーとやれたのがお互いwinwinになれたので結果良し。


>私は非常に物覚えが悪いのか、音楽的感性に乏しいのか、曲がなかなか覚えられないんですよね、orz.

音に拘りをお持ちなので乏しくなくはないと思います。
自分は全く曲のタイトルを覚えません!
あるパートが気になるとその部分だけを聴いたりと変な聴き方をします。
納得いくと通しで再度聴きます。


>現在はこのファースト・アルバム、チェンバーロックにカテゴリーされております(^^)

こういうことがあるのでちゃんと調べないといけませんね(;^_^A


>これも私の読解力のなさで勘違いをして一生懸命サイト巡りをしてしまいました、w

いつも申し訳ありません<(_ _)>

>White Summer、こちらを聴いてラヴィ・シャンカールの方にいった、という事ですよね、

左様でございます<(_ _)>

自分の音楽の聴き方、探し方というかルーツを巡ることです。
ペイジ、ベックのカントリ―チックな三連符(・・?
レス・ポールかぁ からのチェット・アトキンスかぁとか
このフレージングはフレディ・キングかぁやけにロックっぽいとか。
彼らが聴いていたであろうものを遡って疑似体験です。
ノラ・ジョーンズさんとかグリムスパンキー、ラブサイケとか若い世代の人は
遡る量が増えているのに凄いなぁと思ってしまいます。
ご存知かと思いますがノラさんのおうちには膨大なjazzのレコードがあったそうです。
お母さまが音楽好きで子供の頃からの環境が彼女の才能を産み育てたんだろなと思います。


>こちらはジミー・ペイジがシタールを演奏しているものだと思いますが、彼は独学でシタールの奏法をマスターしたのでしょうか?

ジミーはシタールは使いません。

>>私は「ノルウェーの森」からですね

この辺はジョージ・ハリスンとは違うところですね。

ギターで完結します。


DADGADチューニングというアイリッシュ・トラッドから影響を受けた独自のチューニングにしてあります。
6弦とも開放弦で鳴らしただけでオリエンタルな響きになります。
ややヒステリックにビブラートかけるとシタールチックな雰囲気に。

Jimmy Page - White Summer / Black Mounta
inside

https://www.youtube.com/watch?v=Pvz-ToeZ
VXc



ステージではダンエレクトロの型番失念<(_ _)>
調べなくてごめんなさい(;^_^A
これをよく使います。
自分が思うに
ブリッジのサドルのオクターブチューニングが個別に出来ないタイプなので
オクターブチューニングの微妙なズレの効果を狙ってるのかと。勝手な思いこみです。
と思っていたのですが
ピッチを合わせられるブリッジに交換してたらしいという情報を最近知りました(;^_^A

ただこのギター、シド・バレットが使っていてそこかららしいです。
当時フォークのクラブハウスに出入りしててバート・ヤンシュやシドがとても気になったようです。

今年?っだったかジミーのシグネチャーギターが発売になりました。
大昔に使っていたテレキャスターのシグネチャーになります。
丸い八つのミラーが貼ってあるんですがこれもシドのパクリです。


ボンゾのドラムの入りが良いです^_^

Led Zeppelin - White Summer/Black Mounta
in Side

https://www.youtube.com/watch?v=14-7bIJc
pbQ




White Summerはヤード―バーズ最後のリトルゲームスで実験的にプレイしています。
やりたい音楽の伏線がそこにあります。
既にヤードバーズではなくなっています。

その後、ZEPのファーストでBlack Mountain Sideに発展します。

Black Mountain Sideは北インド音楽とトラッドフォークの融合です。


元はバート・ヤンシュの曲
歌ってるアンにこのトラッドな曲を教わったそうです。

Blackwaterside Anne Briggs & Bert Ja
nsch

https://www.youtube.com/watch?v=FsLv1C3T
bWE


さらにBlackwatersideのルーツはというと

The False Young Man

これはスコットランドを離れアメリカに渡っていきます。
悲哀の詩でもあります。


The False Young Man&#8212;Owen Ralph
(audio)

https://www.youtube.com/watch?v=ufeycPMI
liI



The False Young Man, American-English Fo
lk-Songs

https://www.youtube.com/watch?v=NaKqr8l2
Qow



Elysium - The False Young Man

https://www.youtube.com/watch?v=P-SCGMXE
AKM



全く何もないところからオリジナルを生み出すというのは至難の業で

多くの場合はルーツがあるものです


つづく♪♪


2020/3/21 13:25  [2265-2771]   

 choco111さん  
基板以外にチーズケーキも挟める

tam-tam17701827さん


>餡蜜、蜜豆などの和スイーツも大好きなので、男一人で甘味処によく行ってましたね、w

気が合いますね(^^♪
餡の缶詰をあてに珈琲♪も好きです
基板ホールドに掴ませて記念写真
今日はカレのホワイトもお供です。


>カントリー、ブルーグラスではヴァイオリンと呼ばず、フィドルと呼びます。

そうなんですよね。
フィドル=バイオリンなのですが。
広範囲でいうと弦で弾く弦楽器をフィドルというので二胡もフィドルになるんですよね^_^
フィドルは国によっても弾き方が全く違いますね。
バイオリンといえば
先日、jade7さん とジャンゴ時代のjazzの流れでステファン・グラッペリの話になりました。



>こちらはインド音楽そのものですが、どことなく雅楽を彷彿させるところもあると思いませんか^ ^

うまく言えませんが心の中の感じ部分が同じ気がしています。


>スタッフ全員がインドの方なので、

これ貴重です!
大概、パキスタンとかの方が多いです。
インドは映画も最近の音楽も面白いです。
マツケンサンバのようなのもありますがそれではなく
jazzバイオリンのジェリー・グッドマンが入ってる曲を

マクラフリンのエレクトリックギタリストのオープニングナンバーになります。

John McLaughlin - New York On My Mind

https://www.youtube.com/watch?v=fQ5nlK4W
YXw




エレクトリックギタリストの2曲目になります。
サンタナもマクラフリンもヒンドゥー教のチンモイ師の弟子になります。
宗教上の兄弟です。
マハヴィシュヌ・ジョン・マクラフリンと名前にマハビシュヌと付けたりします。
勿論バンドにも。

John McLaughlin & Carlos Santana - F
riendship

https://www.youtube.com/watch?v=aYp5iFfJ
zBA



高校の時、jazz喫茶にJBLのパラゴンがあって
月曜の夜はレコードコンサート?
リクエストに応えて好きな曲を流してくれるんです。
このエレクトリックギタリストを小脇に抱え行ったのを今でも覚えています。
まぁ持っていかなくてもお店に有ったんですが(;^_^A
そこのお店は初めてのピュアオーディオ体験でもありました。
JBLは特別です。
アンプはマッキンのなんだったか覚えていませんがorz


戻って追伸

>なんとヴォーカリストではなかったのですか、(ベース兼ヴォーカルですか?)

ボーカリストでもあります。

>今回は全ての曲を聴く事が出来ましたが、各曲ごとの感想を書く事は控えたいと思います。

感じるものがあるときは書いていただけると嬉しいです。
tam-tam17701827さん の趣向が理解できますので。
書きたいときに何もなければスルーで気軽なスタイルで。


>私が一曲ごとに感想を書いては、私の方からの曲紹介が気軽に出来なくなってしまいますので

お気遣いありがとうございます。
感想は書きたいときに書きますので。
ただこの文章力なので、まとまらない時は書きません。
ご紹介の曲は聴いております。
自分の場合は紹介ではなく書こうとしてるときに聴いているものを載せています。
tam-tam17701827さんへ返信の時はtam-tam17701827さんのカキコにインスパイアされたものを聴いています。
そんなスタイルです。



>こちらのバンドも国内Wikipediaの掲載がありませんね、w

自分の聴く音楽も無いもが多いですね。
以前はWIKに書いてたりしたんですがやめました。
うらが取れなかったりするので。



>Museo Rosenbach - Zarathustra

プログレの正統派ですね。
tam-tam17701827さん実験的なものがお好きなので(^^♪
マイケル・ジャイルズとかあの時代のドラマーはjazzに近しい人がほとんどだったので
同じ匂いを感じました。
なんにしてもメロトロンは( ・∀・)イイ!!
で参考サイト読んだら
ドラムのフィルインがと言うくだりが(;^_^A
同感ですがこんな風に書けないorz
おまけにメロトロンが・・・・orz
お友達になれるかも( *´艸`)



>再生回数169回!!

一回増えてるはずです( *´艸`)
なぜなら・・・・・・
高評価も増えてるはずです
なぜならば・・・・・・


ジャーマンつながりで
以前 SAKURAKASHMIRを貼りましたが
大好きなFair warning
90年代に推してたバンド
ラナ・レーン、ten、ロイヤル・ハント、サンダー
そしてFair warning
推しは売れないジンクス(´・ω:;.:...

メロディアスでヘルゲさんのギターも天高く駆け回る
ベースのウレさんとても紳士的でキャッチーな曲作りが出来る方です。
1度だけお逢いしたことがあるんですがめっちゃいい人たちです!
それに引き換えあのバンドの・・・・・・・・

個人的な思いとは別に大好きな曲になります。

Fair warning - Angels Of Heaven Album Ve
rsion (HQ)

https://www.youtube.com/watch?v=Rno6lQr8
Y3I



2020/3/21 15:09  [2265-2772]   

choco111さん

こんばんは(^^)

<これはなしでいきましょう^_^

わかりました、ありがとうございます(^^)

<音に拘りをお持ちなので乏しくなくはないと思います。

ありがとうございます(^^)
私の小学生からの友人がいまして今は漫画家をやっていくつか単行本も出しているのですが、
画力はあるのです、そこいらの漫画家よりも絵は半端なく上手いです、ですが漫画は面白くありません、w
それと同じだと思うんですよね、凄い演奏家でも音楽が分かっていない方もいますから。
写真家と一緒ですよ、カメラの機材にはこだわる、しかし、良い作品を撮れるとは限らないじゃないですか、

<自分は全く曲のタイトルを覚えません!

この辺りが違うと思うのです。音楽は右脳、言葉は左脳です。
音楽的感性が多くの方々よりも乏しいのではないか、というのは最近になって気がついた事なんですね。
あれこれ興味を持つので、いろんな音楽を聴いたりしてますので、まわりからは良い意味で誤解されますが。

choco111さんのようにあるジャンルにこだわりを持っている、その上でいろんなジャンルの音楽も聴ける、これが音楽的感性が鋭い方なんだと思うところですねえ。

一流の音楽家はあれもこれもと手を出しません。
やはりこだわりを持っています、その上で違うジャンルの音楽の要素を取り入れたりしているだけなので。

私は基本的に自由人ですから、音楽を聴く時間が一般的に生活している方々より多く使えたに過ぎません。
こういったところを私は勘違いしていたと思うのです。

<こういうことがあるのでちゃんと調べないといけませんね(;^_^A

Wikipedia上の事ですので^ ^
カテゴリーした方の自由な判断だと思います。
実際、私がそのCDを購入した時点ではそのようなカテゴリーにはなっておりませんでしたし、w


<いつも申し訳ありません<(_ _)>

自虐的に書いたので、choco111さんが悪い訳では全くありません(^^)
読み返してみても理解できなかった私に非があります、つまり右脳も左脳も駄目なんです、w

<自分の音楽の聴き方、探し方というかルーツを巡ることです。

これは私も同じですね、ルーツを巡る、というと、ちょっと違うかもしれませんが。
Elvisは自分で曲を作りません。提供される曲を歌うこともありますが、多くはカバーです。
つまり、原曲は誰だ?オリジナルを聴いてみたい、となる訳でそこからあらゆるアーティストを知る事になるのですが。
Elvisはキング・オブ・ロックンロールと呼ばれておりますが、彼の好きな音楽はゴスペルです。
小さい時から教会に通っていたそうです、そこでありとあらゆるゴスペルを覚えた、と。
Elvisの音楽のルーツはゴスペルなんです、ブルースなども好きみたいでしたけど、基盤はゴスペルです。
ですので、コンサートでは必ずゴスペルを数曲歌います。
ゴスペルを一曲も歌わないライブコンサートはありません。

<ご存知かと思いますがノラさんのおうちには膨大なjazzのレコードがあったそうです。
<お母さまが音楽好きで子供の頃からの環境が彼女の才能を産み育てたんだろなと思います。

これについてはちょっと私は違う考えを持っています。
音楽家の家庭に生まれても本人が音楽に興味を持たなければその子は音楽家になりません。
ピアノの才能を持って生まれても、ピアノが弾けない環境で育ってはピアニストにはなれません。
一重に「運」だと思うのです。
ベートーヴェンは父親から虐待に近い音楽教育を受けましたが、そこで音楽が嫌いになっては「楽聖」とまで呼ばれる大作曲家にはなっていません。
環境や人との運命的な出会いがなければ、何事も大成しません。そこに「運」の要素が多分に含まれていると考えています。
いくら努力しても報われないものは報われません。
努力すれば必ず報われる、という言葉を使うのは「運」に恵まれた成功者だけです。
もちろん努力なしでは大成することも難しいでしょうから、単に恵まれた、とは思いませんけども。

<ジミーはシタールは使いません。
<ギターで完結します。

これについては私は勉強不足なので、詳しい事はわかりませんが、シタールを最初にRockの分野で録音したのは、ジョージ・ハリスン、という事になっていますし、おそらく事実でしょう。
ですが、ジミー・ペイジがジョージよりも自分の方が先にシタールを演奏した、という記載があちこちに見受けられるのです。
http://blog.sitarama.jp/?p=5524

これもペイジ本人が実際に言ってるのかもわかりませんし、演奏はしてないけど言ってしまった言葉なのかもわかりません。

CDも非常にレアな形で出ておりますが、こちらも映像がないので確証できません。
http://themasterplan.blog7.fc2.com/blog-
entry-2529.html?sp


幸いYouTubeにUPされたまま残っています。
The Maureeny Wishfull Album (1968) - Jim
my Page, Big Jim Sullivan, John Williams
| Full Album
https://www.youtube.com/watch?v=eD7q7A74
1ms&t=225s


確かにシタールが演奏されているのですが、これがジミー・ペイジが演奏しているものなのかは私では判別不能です。
私はギターについての知識が全くないので分かりませんが、聴く人が聴けば演奏の仕方である程度分かるのではないかと思うのですが、どうでしょうか?

これはジミー・ペイジ本人が語らない事には真相は分からないところですかね^ ^

私はこれらの文章や音源の説明をもとにジミー・ペイジがシタールも演奏すると思ってしまったのです。

<Jimmy Page - White Summer / Black Mounta
inside

凄い映像ですね、これは。
あらためて聴いてみて、このWhite Summer、ZEPのOver The Hills And Far Awayのイントロになんとなく似ていますねえ。
この曲が何故か大好きな曲でして繰り返し聴いたものですがその理由がchoco111さんの説明でよくわかりました。
独自のチューニングにしてあるのですね、これは初めて知りました(^^)

続きますm(_ _)m。


2020/3/22 03:54  [2265-2779]   

<ボンゾのドラムの入りが良いです^_^
Led Zeppelin - White Summer/Black Mounta
in Side

最後に「カシミール」のメロディが流れて切れてしまってます、うわ〜聴きたかった、w
途中で終わっているので尚更「カシミール」の旋律とともに微笑むペイジがカッコよ過ぎます(^^)

<ただこのギター、シド・バレットが使っていてそこかららしいです。

ここの下りを非常に丁寧に説明してもらっているのですが、なにぶんギターに関してはまるっきり素人なので、初めて知る事ばかりでしたので、コメントが出来ません(^^)


<Black Mountain Sideは北インド音楽とトラッドフォークの融合です。

ここから、色々なルーツを巡る旅になり非常に勉強になりましたし、楽しく聴く事が出来ました、ありがとうございます(^^)

<全く何もないところからオリジナルを生み出すというのは至難の業で
<多くの場合はルーツがあるものです

という事を踏まえて考えると、サン・レコード時代のスコッティは凄いと思うところです。
何しろ前例が全くありません。
Elvisがふざけてあるゆるトラッドソングをヘッドアレンジで歌う訳で、それに合わせてビルとスコッティが合わせる訳ですが、間奏のフレーズはスコッティのオリジナルです。
現在、このような形で進化してしまっているRockを聴いている方にはなんとも頼りないものに聴こえるのでしょうが、何しろ手本となるものが何もない訳で、
スッコティの言葉によると試行錯誤しながら非常に苦心したと同時に非常に楽しい瞬間だったと言っています。


<気が合いますね(^^♪
<餡の缶詰をあてに珈琲♪も好きです

そうなのです(^^)
大体がヴィターメールを知っている方自体非常に少ないですよ、w
それで、一推し掲示板での一件ですからねえ、これは偶然にしてはあまりにも出来すぎていると感じます(^^)


<これ貴重です!
<大概、パキスタンとかの方が多いです。

私は随分と若い頃からインド式カレー料理店に足を運んでいました。
今みたいにあちこちに本格インド料理店がなかった時代です。
リーズナブルな価格のお店から、少し高級なお店まで行きましたが、厨房はインドの料理人(パキスタンかもしれません、w)でしたが、接客するスタッフは日本人のお店が大半でした。
そうしないと商売自体が成り立ちませんからある意味当然ですよね。
本格インド料理とうたっていてもその実は日本人の好む味覚に合わせていたのも事実です。

それは近所にできた私が毎週のように通う事になるインド料理店で知る事になるのですが、
何しろ日本語が話せるスタッフが誰も居ません。つまり日本語が全く通じない。
オーダーを頼む時も辛くしないで欲しい、と伝えることも不可能でしたので、
これが都心の高級店ならなんとなく理解できるのですが、私の住んでいるところは思いっきり下町ですから、完全に場違いな訳ですよ、w
日本人のスタッフが全く居ない訳ですから日本人好みの味に寄せることも出来ない訳で、w
もちろん、地域が地域なので当然日本人のお客さんはほとんど入ってきません。
いつもガラガラ状態です。(お客の大半はインドの方でした)
choco111さんが「これ貴重です!」と言うのもわかります。
半年持たないだろう、と思っていました、正直。
ところが、このお店だけではなく次々とインド料理店が出店してくる事になる訳です。
これにはある事情が関係してることが後でわかってきました。
現在はとても有名な話になっていますが、
https://president.jp/articles/-/29322

私はこの区には住んでおりませんが、ここに居るインド人の方がお店を経営する準備金を全て負担してくれているようで、例え赤字経営でもお店は簡単に閉めないそうです。
大変は大富豪の方らしく、特に利益も催促してないと聞きました。

という経緯があって非常に場違いなところに本格インド料理店が出来た訳ですけども、私はその店で初めて本場インドのカレーの味を知ることになるのです。
私がそれまでに行っていた、都心の本格インド式カレーとは全く別物でした。
辛いカレーが無いのです、あるにはありましたが非常に少ない。
それまで行っていた都心のインド式カレーはどれも辛すぎるくらい辛いものでしたので。
一口にインド式といっても国土が広いですから地域差はあるのかもしれませんが、とにかく味は別物でしたね。

<インドは映画も最近の音楽も面白いです。

インドは世界一の映画大国だそうで、
これもレンタル店にいたのでこの辺りの事情は知っています(^^)
私が知ってから10年後ですね、テレビでインドの映画を注目するような報道がされたのは。
もちろんインドの映画はほとんどありませんでしたね、私のお店も。
需要があるのはハリウッドの超大作ばかりでしたから、w
これは音楽に対しても同様で、CDが売れまくった時代の状況を目の当たりで見ていますので。
400万枚、500万枚、という今では考えられない枚数が売れるアルバムが続々と出てきましたから、
そういった状況を見ているので商業主義的な音楽に対しての嫌悪感が益々強くなっていったのです、w
その時代においてはまだまだマニアックなものであった、イタリアン、ジャーマン・ロックに行くのは当然の流れで、それでも物足りず、アヴァンギャルド、実験的音楽、ついにはノイズというジャンルにまで手を染めていく事になるのです、w
ノイズ、というのは日本が発症の地なんですよね。
世界初のノイズバンド「非常階段」は今ではすっかり有名ですけども、残念ながら、音源は残っているのですがとある事情でリンクを貼る事ができません。

ならば、手持ちのノイズ、アヴァンギャルド系のCDをご紹介しようと探したのですが、なんと音源がありません、w
非常にマニアックなCDばかりせっせと購入して事になりますね。
これは聴いていても非常な不快感を伴うものが大半ですので、音源が無かった事は返って良かった事だったと反省しております、w
興味半分で紹介してはこれは全く身勝手な行動になりますから、w

続く

2020/3/22 05:20  [2265-2780]   

今回も非常に長いレスになって申し訳ないですm(_ _)m。

しかし書ける余裕のある時に書いてしまおうと思ったもので、この先どうなる事やらわかりませんので。

これでもまだ曲の感想については一言も触れておりません、w

John McLaughlin - New York On My Mind

John McLaughlin & Carlos Santana - F
riendshipを聴きました。

楽曲の感想よりも、
<サンタナもマクラフリンもヒンドゥー教のチンモイ師の弟子になります。

こちらが非常に気になりまして、色々と勉強にさせて頂きました。
こういう背景はなかなか自分だけでは知る事が困難ですから今回は大変貴重なお話が聞けました(^^)


<高校の時、jazz喫茶にJBLのパラゴンがあって

jazz喫茶、今ではすっかり見かけなくなりましたね。
jazz BARなるものがあるみたいですけど、jazz喫茶とは根本的に違いますので、w
確かクラシック喫茶に近い形態のお店もあったと記憶してますが、私自身jazz喫茶にも行ったことがありません。
jazzと言えばJBLが御用達のスピーカーメーカーの時代でしたね^ ^
私は小学生の頃からピュアオーディオに憧れていたので、長岡先生の本とか良く読んでいました。
もちろん家庭自体が裕福ではありませんでしたので、買うことなど出来ませんから、よく秋葉原の高級オーディオ店に行ってはスピーカーやらアンプやら一日中眺めていることもしょっちゅうでした、w

<感じるものがあるときは書いていただけると嬉しいです。

ありがとうございます、ではお言葉に甘えて次回からはそのように致します(^^)

<tam-tam17701827さん の趣向が理解できますので。

こちらに関しては大丈夫だと思うんですよね、今では何でも聴くようになりましたので、
商業主義的音楽を一時的に嫌悪していた頃もありましたが、前スレでも書いたように、これは自分に対しての傲りがあったのではないかと気付き今では猛省してるところですので。
「傲り」これはクラシック音楽が好きだけど、邦楽も洋楽も聴けるし、ある程度の知識も持っているし、クラシック音楽が一番高貴なものとは思っていないよ、という非常にタチの悪いものですね。
一見すると、非常に音楽に対して理解があるような書き方ですが完全に上からものを言っておりますので。

<書きたいときに何もなければスルーで気軽なスタイルで。

こちらに対してもありがとうございます(^^)
気を楽にしてレス出来るようになると思います。
今回は特に書きたい事が思い浮かんできませんでした、
これは聴いたけど好みの音楽では無かった、という事ではないのでご了承頂ければ幸いです(^^)

<ただこの文章力なので、まとまらない時は書きません。
<ご紹介の曲は聴いております。

ありがとうございます(^^)
私のスタンスと致しましては、紹介した曲の感想を特に求めているものではありませんので聴いてくださるだけで十分なのです。
なので、好きでもない曲の紹介をする時もあると思いますが、その時はお許し下さい(^^)

<以前はWIKに書いてたりしたんですがやめました。

なんとWikipediaに書き込みされていたのですか!
それでは私如きの知識など及ぶ範疇ではありませんね(^^)


<プログレの正統派ですね。

Museo Rosenbachの感想ありがとうございます(^^)

<一回増えてるはずです( *´艸`)

こちらも聴いて頂きありがとうございます(^^)

<1度だけお逢いしたことがあるんですがめっちゃいい人たちです!

choco111さんはそのようなお仕事をされていたのですか、こちらに関しては探るような事は致しませんのでスルーして下さい(^^)


<個人的な思いとは別に大好きな曲になります。

Fair warning、正統ハードロックですね。また好きなバンドが一つ増えました(^^)
(正統ではないかもしれませんが、今まで紹介して頂いた楽曲と比較すると正統的に聴こえますね、w)

では私からの曲を紹介していきたいと思います。
またイタリアン・ロックの名盤とか非常にレアなものかと迷いましたが、連休の最終日なので気軽に聴ける私自身が好きなスタンダードなアメリカの曲と楽しく聴けるクラシック音楽を一曲選びました

I Don't Think Much About Her No More
https://www.youtube.com/watch?v=psxytXGa
LNo


She Even Woke Me Up to Say Goodbye
https://www.youtube.com/watch?v=Bx1_yzQZ
lKs


どちらもElvisの代表曲「アメリカの祈り」を作曲したミッキー・ニューベリーの曲です。
メジャーな曲ではありませんが曲そのものは聴きやすいもです。

Kris Kristofferson - Help Me (1972)
https://www.youtube.com/watch?v=kBOIG8Qo
A9s


Kris Kristofferson - Why Me Lord
https://www.youtube.com/watch?v=pPgJKCTe
h3M


こちらもElvisが好んで歌っていたクリス・クリスファーソンのゴスペルソングです。
Elvisはよほどクリス・クリスファーソンの曲が好きらしくライブで良く取り上げていました。

Polk Salad Annie
https://www.youtube.com/watch?v=IBfMLmNj
Fn4


こちらもElvisの歌唱により大ヒットしたPolk Salad Annieのオリジナルです。
TONY JOE WHITEは大好きでアルバムも持っています。

Willie Nelson ~ Help Me Make It Through
The Night ~
https://www.youtube.com/watch?v=LwYS66Gb
hwk


こちらもElvisが歌っていたクリス・クリスファーソンの曲をカントリー界の大御所Willie Nelsonがカバーしたものです。

サン=サーンス: 組曲「動物の謝肉祭」 アルゲリッチ, クレーメル, マイスキー 1985
https://www.youtube.com/watch?v=9uL_whPV
PzE&t=450s


最後にクラシック音楽を一曲。
サン=サーンス: 組曲「動物の謝肉祭」は非常に有名ですが、若手演奏家(録音当時は)結集した現代的解釈の名盤から、
往年の巨匠たちの演奏するものとは一味違います、
一曲が2分程度と短いので聴きやすいと思います、インデックスも付いてますので。
13の白鳥はおそらく知っているかと思います。

今回も非常に長くなってしましました。
良き一日を♪

2020/3/22 06:46  [2265-2781]   

誤字訂正:

読み返してみたらたくさんの誤字、脱字がありました。
リンクも違うものを貼ったものがありましたので訂正させて下さい。

一番初めのスレッドから、

ゴスペルを一曲も歌わないライブコンサートはありません。訂正↓

ゴスペルを一曲も歌わないライブコンサートはありません。(何らかの事情で数曲しか歌わなかったコンサートがいくつかあります。その時はコンサートのハイライトとなるゴスペルの歌唱はありません。)


ですが、ジミー・ペイジがジョージよりも自分の方が先にシタールを演奏した、という記載があちこちに見受けられるのです。 訂正↓

ですが、ジミー・ペイジがジョージよりも自分の方が先にシタールを演奏した、という記載があちこちに見受けられるのです。(こちらはウェブ上だけでなく書籍にも多数の似たような記載がありました)


2つ目のスレッドから

現在はとても有名な話になっていますが、 訂正 リンク先が違っていました

https://style.nikkei.com/article/DGXNASF
E2203L_S4A720C1000000/



大変は大富豪の方らしく、特に利益も催促してないと聞きました。 訂正↓

大変な大富豪の方らしく、特に返済も利益も催促してないと聞きました。



3つ目スレッド


どちらもElvisの代表曲「アメリカの祈り」を作曲したミッキー・ニューベリーの曲です。
メジャーな曲ではありませんが曲そのものは聴きやすいもです。 訂正↓

どちらもElvisの代表曲「アメリカの祈り」を作曲したミッキー・ニューベリーの曲です。
メジャーな曲ではありませんが曲そのものは聴きやすいものです。


こちらもElvisが好んで歌っていたクリス・クリスファーソンのゴスペルソングです。
Elvisはよほどクリス・クリスファーソンの曲が好きらしくライブで良く取り上げていました。 訂正↓

こちらもElvisが好んで歌っていたクリス・クリストファーソンのゴスペルソングです。
Elvisはよほどクリス・クリストファーソンの曲が好きらしくライブで良く取り上げていました。


こちらもElvisが歌っていたクリス・クリスファーソンの曲をカントリー界の大御所Willie Nelsonがカバーしたものです。 訂正↓

こちらもElvisが歌っていたクリス・クリストファーソンの曲をカントリー界の大御所Willie Nelsonがカバーしたものです。


サン=サーンス: 組曲「動物の謝肉祭」は非常に有名ですが、若手演奏家(録音当時は)結集した現代的解釈の名盤から、 訂正↓

サン=サーンス: 組曲「動物の謝肉祭」は非常に有名ですが、若手演奏家(録音当時は)が結集した現代的解釈の名盤から、お勧めの演奏を(^^)


非常に多くの誤字、脱字があり申し訳ありませんm(_ _)m


非常に丁寧な書き込みありがとうございましたm(_ _)m
連休最終日ですので、どうか素敵な1日をお過ごし下さい(^^)

2020/3/22 07:49  [2265-2782]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

こんにちは^_^


ご丁寧な返信ありがとうございます<(_ _)>



>これについてはちょっと私は違う考えを持っています。
  ↓
>努力すれば必ず報われる、という言葉を使うのは「運」に恵まれた成功者だけです。

そうですね^_^
縁だと思いますね。偶然の必然だと。
ながらでミュージックでout側in側出会えるか縁かなぁと。
波長が合えば巻き戻し。
その偶然の楽しみのひとつです。
昨日のエレクトーンのスターウォーズにゲリオンも縁です(^^♪
SWはDVDは棚にあります。
因みに好きなアニメ今、思いついたのは
Re:ゼロから始める異世界生活、BLACK LAGOON、まどマギ、夏目友人帳等々


>私はギターについての知識が全くないので分かりませんが、聴く人が聴けば演奏の仕方である程度分かるのではないかと思うのですが、どうでしょうか?
>私はこれらの文章や音源の説明をもとにジミー・ペイジがシタールも演奏すると思ってしまったのです。
><ジミーはシタールは使いません。

ホワイトサマー等では使ってませんでいいでしょうか。
全否定してしまったようですみません。
60年代はロンドンの若者の間ではインドブーム まぁ見てませんが^^;
60年代のジミーさんスタジオミュージシャン時代の音源を所有しております。

その中のこれでシタールを弾いています。

Chris Farlowe

Moanin - Original

https://www.youtube.com/watch?v=rMiQQIGX
RhY


はしりはジョージさんやブライアンさんではないとは思っています。
かと言ってジミーさんでもないのではと。
スタジオに持ち込んだのは早かったとは思います。

>幸いYouTubeにUPされたまま残っています。
The Maureeny Wishfull Album (1968) - Jim

my Page, Big Jim Sullivan, John Williams

| Full Album

これは一時期とてもレアな音源でした。
YouTubeさまはありがたいです。
ビッグ・ジム&リトル・ジム(ジミーペイジ)組み合わせは当時は多かったようです。
多くはソロはビッグ・ジムです。シタールはジミーかもしれませんね。
観てないので^^;

ビッグ・ジム・サリヴァンのシタールをフィーチャーしたソロアルバム。
サイケとエスニックと有名曲のカバー
シタールの演奏は誰でしょうね。
ビッグ・ジムのリーダーアルバムなので。
とはいえマクラフリンもジミーの3人で弾いているかも。
そう思うと楽しいですね(^^♪

Big Jim Sullivan 1968 Sitar Beat [Full A
lbum, Reissue, Bonus Tracks] HQ

https://www.youtube.com/watch?v=fqEzgqfi
iE8



昨日も貼り付けましたがアンさん
美しいアイリッシュトラッド
どこかインド風ではありませんか。

SHE MOVED THROUGH THE FAIR (1963) by Ann
e Briggs

https://www.youtube.com/watch?v=3dyUsXgL
7ow


民族音楽は何処かで繋がっているのかもしれません。
民族大移動を繰り返しながら。



Chris Farloweつながりで

彼でZEPというのも選択肢のひとつだったかもしれません。
ソロアルバムから。

Chris Farlowe & Jimmy Page - Prison
Blues

https://www.youtube.com/watch?v=AALaQxqo
InA



ソロアルバムからのLive
アルバムではクリスさんロバートさん
そしてLiveでも歌っているジョン・マイルズさんの3人が参加。
ブルースならクリスさんが一番ですが彼の方がサウンドに合ってると思います。
右サイドからの映像は棚にあります。


Jimmy Page 1988 Prison Blues (live)

https://www.youtube.com/watch?v=-t-NWdYF
wyI



Jimmy Page - Nassau Coliseum Oct. 28, 19
88 Part 9 of 9

https://www.youtube.com/watch?v=p7GQ3Rks
JvA




Jimmy Page 1988 Train Kept A Rollin (liv
e)

https://www.youtube.com/watch?v=5lWjo9lP
6xI



おまけ

The Yardbirds - Happenings Ten Years Tim
e Ago (1967) (720p HD)

https://www.youtube.com/watch?v=0AF8yMx9
SvE



ミラーの貼ってるギターを弾いています。
このリフ聴くとZEPに通じるものがあります。
このメンツでは空回ってる感があります。個人の感想です^^;

The Yardbirds - Happenings Ten Years Tim
e Ago (1967) (720p HD)

https://www.youtube.com/watch?v=0AF8yMx9
SvE



Happening ten years time ago yardbirds

https://www.youtube.com/watch?v=L0BaW5ZK
NAI



”ハマると危険なアーティスト”
まさしくtam-tam17701827さんからのご神託ですね。

2020/3/22 13:26  [2265-2783]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

またまたこんにちは(^^)/


>最後に「カシミール」のメロディが流れて切れてしまってます、うわ〜聴きたかった、w

同感!ウソッ!て声が出ました(;^ω^)


>どちらもElvisの代表曲「アメリカの祈り」を作曲したミッキー・ニューベリーの曲です。

なるほど雨音がこう繋がるのですね。


>こちらもElvisが好んで歌っていたクリス・クリスファーソンのゴスペルソングです

自分が聴く音楽の大半はゴスペルをルーツに持ちます。
メンフィス辺りは聖地です。


オー・ブラザー!という映画があるんですが
アメリカン・ルーツ・ミュージックの音楽がふんだんに使われています。
もし機会があれば。

O Brother, Where Art Thou? (Soundtrack)
(10th Anniversary Deluxe Edition) [Full
Album]

https://www.youtube.com/watch?v=0vFC9QhF
vjw



クリス・クリストファーソン

ビリー・ザ・キッド 21才の生涯という映画に出てましたよね。

こんな曲も流れてました。

Bob Dylan - Knockin' On Heaven's Door (U
nplugged)

https://www.youtube.com/watch?v=cJpB_AEZ
f6U



もうひとつはtam-tam17701827さんもお好きなジャニスもカバーしている

Janis Joplin (ジャニス・ジョプリン) Me And Bobby McGee

https://www.youtube.com/watch?v=vY1j9LbI
SFA



>13の白鳥はおそらく知っているかと思います。

聴いたことはあるんでしょうが・・・・・
あっ!でも最後のピアノのチャチャン♪は・・・・・


2020/3/22 14:04  [2265-2784]   

choco111さん

こんにちは(^^)

リンクを貼って頂いた曲の感想は後回しにして、ちょっと先に書いておかなければならないと思いまして。

最初のものは最後に、途中からのレスになって紛らわしいとは思いますが何卒ご了承のほどをm(_ _)m。

<ホワイトサマー等では使ってませんでいいでしょうか。
<全否定してしまったようですみません。

まずはこちらから、
また、私の勘違いで、実に不愉快な思いをさせてしまった事を謝らせて下さい、申し訳ありません。

<60年代のジミーさんスタジオミュージシャン時代の音源を所有しております。
<その中のこれでシタールを弾いています。

こちらを聴きましたが再生回数246回というのは、おそらく全世界でたったこれだけですし、何処にもジミー・ペイジのクレジットがありません。
という事はこのシタールの奏者がジミー・ペイジであると知っている若い世代のRock音楽評論家はなかなかに居ないと想像しますが。
ノルウェーの森のジョージを巡って、いや、ブライアンが先だ、とかレイ・デイビスが先だとか、色々な諸説があって、決定的なものがありませんね(^^)
ジョージはインドに行って、ラヴィ・シャンカールを師にシタールの奏法を教わります。
では、ジョージ以外のギタリストは独学でシタールの奏法をマスターしたのでしょうか?
シタールの演奏に関してはジョージが一番上手いのでしょうか?
この辺り大変興味があります^ ^。

<昨日も貼り付けましたがアンさん、美しいアイリッシュトラッド、どこかインド風ではありませんか。

この音源は私も偶然聴きました(^^)
そして、やはりインド風だと感じましたが、

<民族音楽は何処かで繋がっているのかもしれません。

これもそう思います。
Anoushka Shankarさんの映像を観ましたが、使われている楽器やその音色を聴くにつれ、何処か雅楽を彷彿させるのです。

<これは一時期とてもレアな音源でした。
<YouTubeさまはありがたいです。

生産枚数からして非常にレアな音源だと思います。
しかし、今やYouTubeには様々な動画が投稿されており、昔観た動画がいつの間にか無くなっていることも多々あります。
これは動画をUPしている方が削除してしまえば無くなってしまうのは解るのですが、再生回数が少ない動画はいつ無くなっても不思議ではないと思うのですが、これらの判断基準というのがあれば教えて頂きたいと思います(^^)。
これはやはり動画投稿者の判断によるので難しいところですかね?

Wikipediaについても同様の疑問があるのですね。
例えばDEVIL DOLL。
これは私が全CDを所有するまでWikipediaには一切情報がありませんでした。
ところが1年ほど前にはディスコグラフィーや、アルバムについての詳細な記述がありました。
現在ではまた国内のWikipediaの情報が無くなってしまっています。
これもやはり観覧回数の少ないものは自動的に削除されていくのでしょうか?
質問ばかりですいませんm(_ _)m。


最初に戻って、

<そうですね^_^
<縁だと思いますね。偶然の必然だと。

偶然の必然、素晴らしい言葉だと思いました。
私は「運」という言葉しか使っておりませんので、非常に味気も素っ気もない表現になってしまってますね(^^)

<昨日のエレクトーンのスターウォーズにゲリオンも縁です(^^♪
<SWはDVDは棚にあります。

こちらにもびっくりですが、更に驚いたのが、Re:ゼロとまどマギ!

これも偶然の必然なのでしょうか(^^)。

:努力すれば必ず報われる、という言葉を使うのは「運」に恵まれた成功者だけです。
と私は書いてしまってますが、偶然の必然という言葉に置き換えると実に優しい表現になるんですね。

辻井伸行さん、
盲目のピアニストという事で大変なご活躍をされておりますが、生まれながらに失明、という子供はたくさんおられます。
天性の才能と凄まじい努力があってこそだと思いますが、彼がピアノの無い家庭に生まれては現在のような活躍は出来ないと考えてしまうのですね。
同じ裕福な家庭環境で生まれ、両親が懸命にピアノを教えようとしても、とうの子供がピアノに対して夢も希望も持たなければ、やはり優秀なピアニストにはなり得ません。

またはボクシングのマイク・タイソンを例に挙げるならば、札付きのただの不良だったタイソンが世界チャンピオンになるのには、師であるカス・ダマトとの運命的出会いが無ければ、タイソンはアメリカン・ドリームとは無縁で一生を終える事になります。
もちろん出会いだけでなく、そこにカス・ダマトとの信頼関係や、タイソンの血の滲むような努力が無ければやはり世界チャンピオンになるという事は不可能だと思うのです。
出会い、や環境という「運」がどうしても必要になってくるわけで、頑張ってもそれが報われない人の方が多いと感じるんですよね。
choco111さんが推しているバンドやアーティストの活躍や世間の反応などを考えると私と同じような思いがあると想像するのですが、choco111さんは偶然の必然という素晴らしい言葉に置き換えていらっしゃいます。

こう考えると非常に明るく物事を思考する事が出来るんですよね(^^)

私がご紹介したユリア・フィッシャーの演奏する「四季」もごく一部の方しか評価されておらず、ヴィヴァルディの「四季」の名盤に彼女の名前が上がる事はほとんどありません。
これは決して私が正確な耳を持っているとかじゃありません。
恵まれた美貌、これが悪い方向に作用してしまっているのです。
若くて綺麗な女性ヴァイオリニスト、そしてCDではDVDによる発売。
アイドル的なヴァイオリニストだろう、というイロモノ企画のDVDという先入観がどうしても付いてしまうのです。
そして派手な演奏ではなく一音一音を大切にするオーソドックスな演奏がそれに輪をかけます。
まさに負の連鎖としか言いようが無い典型的なものです。
choco111さんがこのDVDをすぐに購入されたという報告で私がどれほどの喜びを得た事でしょう。
偶然の必然、なのでしょうね(^^)



2020/3/22 15:39  [2265-2785]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん


>また、私の勘違いで、実に不愉快な思いをさせてしまった事を謝らせて下さい、申し訳ありません。

確かに自分は”ジミーはシタールは使いません。”と言ってますから元凶は自分です(;^_^A


>色々な諸説があって、決定的なものがありませんね(^^)

当時はマニアックなものではなくトレンドだったんだと思います。
ジョージがシタールを買ったときはショップに売っているんですから
珍しいのではなく流行りはじめ或いは流行っていたと思っています。


>シタールの演奏に関してはジョージが一番上手いのでしょうか?

テクニックだけでなく精神性も大事になるんではないでしょうか。
ジョージはバングラデシュでの内戦で心を痛めていたラヴィに呼応して
バングラデシュ難民救済コンサートを開くんですから繋がりは深いとは思います。
マクラフリン、サンタナにしても揺さぶられる何かがあったんでしょう。
ジミーペイジはギタリストとしてギターでシタールを再現させたかったんでしょう。


Ravi Shankar & George Harrison - A S
itar Lesson (Big Sur, 10 June 1968)

https://www.dailymotion.com/video/x33r8h
h



ハウがエレクトリック・シタールを使っています。

Yes - Siberian Khatru

https://www.youtube.com/watch?v=r0HnIr6j
YWU




こちらで削除理由が分かると思います。
一般的には著作権がありますしYouTube次第です。

動画の削除に関するトラブルシューティング

https://support.google.com/youtube/answe
r/6395024?hl=ja



Wikipedia:削除の方針

https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:
%E5%89%8A%E9%99%A4%E3%81%AE%E6%96%B9%E9%
87%9D



>:努力すれば必ず報われる、という言葉を使うのは「運」に恵まれた成功者だけです。

結果でしかないですから。
コーラスガールのお話を以前しましたが運を天に任すしか。
そういったこともあり成功者の講演ほどつまらないものはないです。
表裏一体どっちに転ぶか神のみぞ知る。
驕れる者久しからず。


>出会い、や環境という「運」がどうしても必要になってくるわけで、頑張ってもそれが報われない人の方が多いと感じるんですよね。

努力だと思ってるからダメなんでしょうかね。
好きでやってて結果がたまたまこうなったてことでしょうか。


>恵まれた美貌、これが悪い方向に作用してしまっているのです。

そうですね。
バイアスは掛けないようにとは思っています。
理屈ではなく波長で(;^_^A
オカルト信者ではないですよ。

>これも偶然の必然なのでしょうか(^^)。

こんなこともあったりするので( *´艸`)
ユングのシンクロニシティを思い浮かべました。
中高生くらいに影響受けたものはいつまでも心に残るのかもしれません。


>choco111さんがこのDVDをすぐに購入されたという報告で私がどれほどの喜びを得た事でしょう。
偶然の必然、なのでしょうね(^^)

お互い喜びを得たので何よりです(^^♪
最初届いたとき割れてたので尚更観たくなりました。


2020/3/22 16:51  [2265-2786]   

セブンカフェラテゼリー

choco111さん

こんばんは(^^)

また丁寧なレスを頂き感謝しております。

紹介して頂いた曲はまだまだ聴けておりませんが。


<確かに自分は”ジミーはシタールは使いません。”と言ってますから元凶は自分です(;^_^A

こちらに関してはホワイトサマーの曲のところでの言葉ですので、私の理解力不足だと思いますm(_ _)m。
これは私が勝手に勘違いをしてしまっただけですのでchoco111さんが元凶なんてとんでもないことです。
とりあえず私自身が理解出来たので、大丈夫です(^^)


ちょっとハイペースで書き込みしてしまったので、今回は短めにしたいと思います。

当時のシタールの状況やプレイヤーの事を解説頂きましてありがとうございました^ ^

またYouTube動画及びwikipediaの削除理由についてのリンクを貼って頂きこちらも感謝致します。


今後の掲示板の方針について私の方からお願いがあるのですが、よろしいでしょうか。

choco111さんのお部屋はvol.2を持って閉鎖する予定でいました。
そして、メンバー全員が自由に書き込み出来る掲示板を作りそこでやり取りして頂こうかと考えていたのです。
その方が負担も少なく気軽に楽しんで頂けると思ったからです。

しかし、このvol.2において、私自身が非常に数多くの知らない事を教えて頂きまして、もう少しの間だけchoco111さんに教えてもらいたいと思った次第です。

この3連休でのやり取りはかなりオーバーペースになってしまい申し訳なく感じております。

簡潔に申しますとこのvol.2が終わった後にvol.3を建てても良いでしょうか?という個人的なお願いです。

choco111さんのご都合もあるでしょうから、もしも負担が大き過ぎるようでしたら、率直なご意見を言って頂ければ幸いです。

音楽について、もう少しだけ、教わりたいと思いました(^^)。


新発売のセブンカフェラテゼリーはもう食べましたでしょうか?
こちら199カロリーと控えめで美味しいです(^^)
今後ともよろしくお願い致します。

3連休の間、毎日書き込みして頂きましてありがとうございます^ ^

2020/3/22 19:38  [2265-2787]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん  

こんばんは(^-^)


スレの件はいつもの通り一任致します。

コアな話は普通のスレではご迷惑でしょうし(^_^;

自分の主観ですからなんらお役にたつ話ではないですから。

セブンカフェラテゼリーまた週末にでも買ってみます(^-^)

2020/3/22 20:42  [2265-2788]   

choco111さん

こんばんは(^^)

出先からの書き込みありがとうございますm(_ _)m。

<コアな話は普通のスレではご迷惑でしょうし(^_^;

そうなんですよね、
迷惑、って事にはならないと思うのですが、あのようなやり取りですと、ちょっと他の方が入りづらいかな、とw

<自分の主観ですからなんらお役にたつ話ではないですから。

昨日jade7さんから返信があり、やはり驚いていましたよ、w

役に立つかどうかは人によるでしょうけど、私個人では非常に興味深い深い話が聞けて大変勉強になります。
経験値、これは時間がどうしても必要になってきます。
私自身の勝手な都合ですが、choco111さんの経験値が短期間で学べるというのは非常に貴重な体験になると思うんですよね。

私自身、ずっと麻雀を打ってきましたが、たった一つの些細な事を理解するのも10年、20年かかりますので。
これは身に染みて分かっているつもりです。
私自身はこの経験値を他人に伝授した事は一度もないですけど、
完全に理解し得るだろう人物と巡り合うことがとうとう出来ませんでした。

ですので、ちょっとズルい考えになってしまうところなんですが、私自身もそれほど時間的に余裕がありませんから、学べるものは時間をかけずに頭の中に入れてしまいたい、という思いがあるのですね。
クラシック音楽に随分と時間を使ってしまったので、今から無駄なものを聴いている余裕がないのです^ ^

Elvisにしても聴いても仕方がない、という曲は山ほどありますから、
FANでしたら、それも楽しいでしょうけど、Rockの歴史的背景を学びたい、というのであれば聴かなくてはならない楽曲はある程度絞られてきますから。

ビートルズとZEPは全曲必聴だと思うところですが、幸いな事にこの点については恵まれております、w
私自身大好きなケイト・ブッシュやトム・ウェイツに関しても聴かなくても良い曲はたくさんあります。
そういった事に時間を無駄にしたくないと思うところでして。
このvol.2の掲示板については私にとって宝物のようなものです。

といっても、ゆったり、のんびり、マイペースでやり取りしていきたいと思うところでもあります。
楽しみながら、色々なお話が聞けたら、という感じでいますので、例え週一のペースでも全然OKなのです。
どうか、この愚かな若輩者にお力添えをお願いいたしますm(_ _)m。

2020/3/23 18:59  [2265-2794]   

 choco111さん  
ほ、ほ埃が・・・ゴイスー

tam-tam17701827さん

おはようございます^_^

昨夜は古いノートパソコンばらして清掃、CPU交換、SSD交換Win10化してました。
凄い埃(+_+)
元はXPマシン13年選手ですが動くもんです^^;
メモリも手に入りそうなので2G2枚挿しを試してみようかと。


>ちょっと他の方が入りづらいかな、とw

そうなんですよね。
部屋があるとある程度、好き勝手に書けるメリットはあるんですが。

>メンバー全員が自由に書き込み出来る掲示板

自由っていうのは難しいですよね。
話が膨らむといいですね。

>どうか、この愚かな若輩者にお力添えをお願いいたしますm(_ _)m。

ただ呟いてるだけですので・・・
ただただ恐縮です。
最近になって他の縁側をのぞかせて頂きましたか凄い方がいっぱいです。
ファン登録勝手にさせてもらったり恐れ多くてファン登録できなかったりで。

生活の中で音楽を楽しんでいる変わり者のおっさんです(^^♪
なので音楽もオーディオもPCも小難しいことはわかりません。
知らないことばかり・・・

一期一会これからもよろしくです<(_ _)>

2020/3/24 08:17  [2265-2800]   

choco111さん

おはようございます(^^)

<昨夜は古いノートパソコンばらして清掃、CPU交換、SSD交換Win10化してました。

御自身でメンテナンス、アップグレードが出来るのは凄いなあ、と思うところです。

Macの場合、ノート型PCではバッテリーなど接着剤で固定されているものもあり....orz
私自身もPOWER MAC G5を使用していた時はメモリの増設、HDDの増設、光学ドライブの換装など出来たのですが、現在使用しているiMacですと分解さえも容易ではありません。
小学生からプログラミングなどをしていて、アセンブラ言語で直接プログラムが書けるまでになったのですが、所詮は8bitCPU、10年のブランクは非常に大きいですね。
今では進化するGUIについていけず、マニュアルなどみないと全く分かりません、w
内部でどうやって動いているのか、コンピューターの原理は分かっていても通用しませんし(;^ω^)
何事も続けることが非常に大事ですよね。

<そうなんですよね。
<部屋があるとある程度、好き勝手に書けるメリットはあるんですが。

これも私自身の勝手なお願いをしてしまったのですが、何とも非常に難しいのです。
3連休の間でかなりの量の書き込みをして頂いて、私にとっては非常に有意義なものでしたが、あのやり取りの中にはちょっと入りづらいと思うところもあります。
かといって、みんなが自由に書き込みできる掲示板ではあの様な濃密なやり取りが出来ません。
私もあちこちの縁側を見て勉強してますが、これといった解決策がありません。
幸い、認定メンバー制でこの縁側は運営してますので、表のクチコミ板みたいに知らない方からいきなり横やりが入ってくる事はありませんが。
もう少し勉強したいと思うところです。


<自由っていうのは難しいですよね。
<話が膨らむといいですね。

最初に実験的に作った「一推し掲示板」は思いのほか上手く機能してると思うのですが、次に作った掲示板が全然上手く機能しておりません。
この辺りも非常に難しいですね。
多分、掲示板のネーミングが悪かったのかな?と思うところなのですが、これが一度建ててしまったら最後、タイトル変更が出来ないのです。使い勝手が非常に悪い、w
ただで使わせて頂いているので、有難いとは思うのですが、
一番上にある常設掲示板は私の方で変更が出来るのですが、それ以外の掲示板は動かす事が出来ないのです。
これだけでも出来ると非常に助かるんですけども、w


<ただ呟いてるだけですので・・・
<ただただ恐縮です。

そんな事は無いです(^^)
小学5年生れす。さんの大喜利の板で知り合ったのがきっかけですが、懐かしい思い出ですね。

<最近になって他の縁側をのぞかせて頂きましたか凄い方がいっぱいです。

そうですね、上位の掲示板のほとんどがひろまさんのところみたいに最古参の方が運営されてる縁側ですから。
そこからずっと続いているところは凄い方の集まりですよね(^^)

<ファン登録勝手にさせてもらったり恐れ多くてファン登録できなかったりで。

私自身もちょっと他の縁側のドアを叩く事は出来ないですね、非常に勇気が要りますね。
jade7さんも非常に博識な方ですが、やはりここにくるのには少し躊躇っていましたから、お気持ちは非常によく解りますねえ(^^)

<生活の中で音楽を楽しんでいる変わり者のおっさんです(^^♪

これは出来そうでなかなかに難しい事だと思います。
日々の生活の中で音楽を楽しむ、簡単なようで簡単ではありません^ ^
まず、時間がありません。これが一番の問題点ですね。
それとテレビで音楽番組がほとんど無くなってしまってます。これも非常に大きな問題です。
その代わりYouTubeだとかストリーミング配信定額制がたくさん出来て金銭的には楽になってますが、この「楽」が良い方向に行ってません。
昔はCD一枚買うのにも非常に慎重でした。
ファンになるか、ならないかの線引きをする必要がありました。
そして購入したCDは一度聴いて好きになれなかったといって捨てる訳にもいきませんから、ある程度我慢して聴く、これを少し続けていくと、最初に見えなかったものが見えてくるようになる、分からないことがあれば本で調べて、勉強する、いつの間にか好きな音楽になっている、ということが起きていたのですが、現在の環境ではこういった事が起こりません。
私のコラムでも何回か取り上げていますけど、楽しく無いと思ったら無理して聴く必要はない、と一度は書いてますが、これは正解ではありません、一部の人にとっては。
難しい問題ですね(^^)

<なので音楽もオーディオもPCも小難しいことはわかりません。
<知らないことばかり・・・

その言葉がchoco111さんから出てしまっては私はどうしたら良いのでしょう、w
なんでもかんでも中途半端で、とてもではないですが他人にアドバイスなど出来る人間ではありません、w
そのような私がこの縁側の管理者になってしまってます、恥知らずとはこのような事を言うのでしょうね(^^)
心臓に毛が生えている、かのどちらかでしょう、w
少しでも正しい情報を身に付けたい、もう少し音楽のルーツを学んでみたい、と思っていますので、どうぞこれからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m。

<一期一会これからもよろしくです<(_ _)>

ありがとうございます^ ^

ニュースによると、非常に大事な時期になるそうですから、くれぐれもお気をつけ下さい。
今日は風が少し強いですから、

それとこれは知っているかもしれませんが、ファミリーマートは毎週火曜日に新しい商品が入ってくるのです。
コンビニ全体がそうかはわかりませんけども、
ファミマは毎週火曜日は新商品、要チェックなのです、新しいスイーツが入荷されているかもしれません(^^)

良い1日を、♪

2020/3/24 11:37  [2265-2801]   

 choco111さん  


こんばんは^_^

tam-tam17701827さん


なにも出来ないのがもどかしいのですが・・・

まずは体調が良くなりますように。

ひとりではないですよ。



Royal Hunt - Far Away (Live in Japan 199
7)

https://www.youtube.com/watch?v=cX2BiF2z
nXI



Far Away (Acoustic Version)

https://www.youtube.com/watch?v=7UI0zdqC
FCA



2020/3/26 23:02  [2265-2819]   

choco111さん

こんばんは(^^)

日付変更線を超えてしまいました、w

<まずは体調が良くなりますように。

お陰様で体調は凄く良いですよ(^^)
私、ほとんど風邪をひかないんですよ、
ひいても寝込むまでになった事がほとんど無いんです^ ^
今は凄く体調は良いです。

<ひとりではないですよ。

ありがとうございますm(_ _)m。

この縁側を作って良かったと思っています(^^)

ご紹介して頂いた曲を聴きながら、明日に備えて寝ようと思います、おやすみなさい、♪

2020/3/27 01:00  [2265-2820]   

choco111さん

Royal Hunt - Far Away

良い曲でした(^^)

ありがとうございましたm(_ _)m

私から一曲だけ、

コラムでBilly Joelの初期の曲だけを紹介しましたが.............Billyとしてはちょっと異色の曲を、

Billy渾身の反戦歌です。(この歌に関する記事です)
http://www.tapthepop.net/news/81218

Billy Joel - Goodnight Saigon (Audio)
https://www.youtube.com/watch?v=ghllgDOV
8uA


同曲のロシアでのライブ公演から、

Billy Joel - Goodnight Saigon (from A Ma
tter of Trust - The Bridge to Russia)
https://www.youtube.com/watch?v=3bTpCMmm
gos


またよろしくお願い致しますm(_ _)m。

2020/3/27 01:36  [2265-2821]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

こんばんは^_^


>Macの場合、ノート型PCではバッテリーなど接着剤で固定されているものもあり....orz

 昔はHDD替えるのも面倒でしたよね。
 電化製品とかは開けたくなります。
 ネジがあれば緩めてみる。
 ジャンクあれば動かしてみたい。
 動けば冷める^^;


>あのやり取りの中にはちょっと入りづらいと思うところもあります。

 tam-tam17701827さんを対象にしています(^^♪

 
>自由に書き込みできる掲示板ではあの様な濃密なやり取りが出来ません。

 広く浅くか深く狭くか


>「一推し掲示板」は思いのほか上手く機能してると思うのですが、次に作った掲示板が全然上手く機能しておりません。
  
 ふたつあるとどっちに書こうかと迷うのかもしれません。


>小学5年生れす。さんの大喜利の板で知り合ったのがきっかけですが、懐かしい思い出ですね。

 小学5年生れす。さんファン登録しててそこでtam-tam17701827さんを知りました。
 お二方とも丁寧に回答されてたので参考になっていました。
 小学5年生れす。さんプロフィールの件で書き込みが止まって心配になって勇気をもって
 書き込みしました。こう見えてシャイです(*´σー`)エヘヘ
 

>昔はCD一枚買うのにも非常に慎重でした。
 
 ほんとそうです。
 レコードだったんですが一日バイトしても1枚買えませんでした。
 レンタルもないし貸し借りしたり馴染みになったレコード屋さんに掛けてもらったり
 FMで丸々1枚掛けてくれる番組はありがたかったです。
 エアチェックは死語になりましたね。


>ファミリーマートは毎週火曜日に新しい商品が入ってくるのです。
コンビニ全体がそうかはわかりませんけども、

 どこも月曜深夜に新商品入れ替えですね。


ビリー・ジョエルの反戦歌に応えて

ジャクソン・ブラウンはニューヨークで開催されたチャリティ・コンサート後に新型コロナウイルスの検査で陽性
自宅で回復中とのことです。

10月に発売になるアルバムに収録予定の曲です。
「先行きが不透明で見通しが立たない今だからこそ、この曲を公開したんだ」
ということらしいです。
いつもながらの現代社会へのメッセージ&希望を
中川五郎さんの訳詞になると思います。

https://www.rollingstone.com/music/music
-news/jackson-browne-a-little-soon-to-sa
y-972249/


2020/3/28 22:08  [2265-2825]   

choco111さん

おはようございます(^^)

5:00頃に起きました、昼間起きて、夜に眠る、という健康的な生活に戻りつつあります^ ^

<電化製品とかは開けたくなります。

同感です(^^)
CDプレイヤー、プリメインアンプ、カセットデッキ、ビデオデッキ、DVDレコーダー、...etc
なんでもかんでも開けていました、w
レンタル店に居たって事もありますが、ビデオデッキは開けて、直接回転ヘッドをクリーニングしてました、
CDプレイヤーも開けて直接ピックアップレンズをクリーニングしてました、(負担のかからない範囲で)
分解するのは大好きなんですよね(^^)

<広く浅くか深く狭くか

悩ましく、難しい判断になりますね。


<ふたつあるとどっちに書こうかと迷うのかもしれません。

それもあるかもしれませんね、
雑談板は一つに絞った方が良いのかもしれません、
貴重なアドバイスありがとうございます、勉強にさせて頂きますm(_ _)m


<小学5年生れす。さんプロフィールの件で書き込みが止まって心配になって勇気をもって
 書き込みしました。こう見えてシャイです(*´σー`)エヘヘ

縁側を立ち上げた当初、小学5年生れす。さんもお誘いしようと考えていたのです。
ところが、2度目の大喜利のあと、だんだん活動が停滞していって、書き込みも以前より少なくなって、
これは新しい新天地(会社)で頑張っているじゃないか、と良い方向に考えるようにして、
クチコミ掲示板での対応が素晴らしい方でしたから、私も色々勉強になりました。
小学5年生れす。さんが応対しているコミュニティは回答者一丸となってスレ主さんの要望に応えるべく適切な回答を模索している素晴らしいものがいくつもあるんですね。
新しい環境でも是非頑張って欲しい、と心から願っているんです(^^)


<レコードだったんですが一日バイトしても1枚買えませんでした。
<エアチェックは死語になりましたね。

レコード、非常に高価でしたね。
私はCDの登場には拍手喝采して喜んだ人間です。
レコードより音が悪いとか、人工的な音だとか、オーディオファンからは酷評されていましたが、
傷に強い、これが私が喜んだ一番の要因です。
レコードは購入しても針を落とすのは一度だけ、カセットに録音して、それを聴いていたんですね。
傷がついて、音飛びが発生してしまって、それ依頼ちょっと恐怖症になってしまったんです。

エアチェック、これも随分とやりました。
無料で音楽が聴ける唯一の手段でしたし、当時はクラシック音楽をかなり流していましたから。
録音するタイミングは一発勝負でしたから、非常に緊張したものです(^^)


<どこも月曜深夜に新商品入れ替えですね。

やっぱりそうでしたか、
この価格コムに来る直前まで知人のコンビニでお手伝いしていたんですよね、ファーミリーマートでした。
夜勤でしたので月曜の夜は非常にキツいんです。
新しい商品がたくさん納品されてきますから、
ファミマでは、1日に3回納品されるんですね、これはどこのコンビニも同じだと思いますが。
デザートが納品されるのは朝方の便だけなんですね、基本的に。
ものによっては夕方の第2便でも来る事がありますが、ほとんどは第1便で納品されるのです。
これはトラックで運んできますから店舗ごとに若干の時間差はありますけど、早い時間帯に納品される事は間違いないです。
ですので、仕事帰りにコンビニに寄っても、スイーツは大体売れ切れてしまっているんですよね。


<ジャクソン・ブラウンはニューヨークで開催されたチャリティ・コンサート後に新型コロナウイルスの検査で陽性、自宅で回復中とのことです。

これは、ニュースで知りました。
早く元気になって欲しいですね。

<10月に発売になるアルバムに収録予定の曲です。

これは聴いてみたいですね(^^)

<中川五郎さんの訳詞になると思います。

下のリンクにアクセスしたんですが、全て英語で読めませんでした......orz


書き込みありがとうございます(^^)


追伸:
コラムに書いた、Billy Joelばかり聴いています、ここ2日くらい。
初めて全てのアルバムを聴いたアーティストなんですよね、Billy Joelが、

ここ20年ほどはほとんど聴いてなかったのですが、10代の頃に聴き込んだ曲というのは深く心に残るものなんですね、
まるで子守唄でも聴いているかのように癒されるし、落ち着くんです。

私が一番好きな曲、Prelude / Angry Young Manは、ちょっとプログレ的な曲構成になっている事もありますが、それだけじゃないんですね。
彼が非常に自信を持って書いた曲、彼自身も好きな曲だからだと思います(^^)

2020/3/29 06:58  [2265-2827]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

おはようございます^_^


>下のリンクにアクセスしたんですが、全て英語で読めませんでした......orz

 リンクは”A Little Soon to Say”の音源だけです<(_ _)>
 こちらを https://www.barks.jp/news/?id=1000180509



>コラムに書いた、Billy Joelばかり聴いています、ここ2日くらい。

 リンク聴きましたよ(^^♪
 声も好きなんですよね♪
 声が合わないといくら巧くても聴きたくならないので。
 バラッドもいいのですがストレンジャーのギターリフ好きでした。
 ハードロック感があります。
 ギターはスティーブ・カーンかなぁ

>10代の頃に聴き込んだ曲というのは深く心に残るものなんですね、

 そうだと思います。 
 断捨離したら好きなCD、10枚くらいで収まるかもしれません。
 その半分は初期に影響受けたものになるような気がしますがどうでしょうかね。
 もう一度同じ感覚を感じたいと思って探しているのかもしれませんね。
 ロシアのPrelude / Angry Young Man違う角度からの映像も観てみました。



今朝はCoverdale/Pageからスタート

Coverdale/Page - Take Me For A Little Wh
ile
 
https://www.youtube.com/watch?v=PtfM2Coz
oAo




コロナウイルス・ブルース

https://www.barks.jp/news/?id=1000180491



良い一日を♪


2020/3/29 11:21  [2265-2828]   

choco111さん

こんにちは(^^)

レスするのにちょっとあれこれと調べておりましたが、見つからず。
結構検索もしたんですが、出てこない、orz。
これは最後の方に曲紹介とともに書きますので、choco111さんのご意見を伺いながら勉強したく思います。


<10月に発売になるアルバムに収録予定の曲です。

という事で無事にジャクソン・ブラウンの新曲を聴く事が出来ました(^^)
またまた私の勘違いでお手数をかけてしまいましたm(_ _)m。


<今朝はCoverdale/Pageからスタート

Coverdale/Page - Take Me For A Little Wh
ile

こちらを聴きましたが、ペイジの使用している摩訶不思議なギター?に気をとられ、w
あれは実際に使用可能なギターなのですか?それともPV用のものでしょうか?
なんとも不思議な形態のギターですよね(^^)

そして今度はCoverdaleのヘアスタイルに気をとられ、w
ん〜、プラントのヘアースタイルに似ている、w

Coverdale/Page名義で、アルバムも出しているんですね。
ペイジの弾くギターのモティーフは素晴らしい!
スローテンポでありながらバラードと呼べる曲ではないし、北欧とも違うスタイル、アプローチ。
ハイトーンヴォイスだとこうも上手くまとまらないのではないか?と思いました。
ZEPで実験的な事は全てやり尽くした、ペイジの新たな魅力が詰まった曲のように感じました。

<コロナウイルス・ブルース

なんとTwitterでの音源。
ここまでチェックされているのですか、
これはもう大変な情報量ですね(^^)
Twitterについてちょっとお聞きしたい事がございまして、これはまた日をあらためて質問させて下さい。


<声も好きなんですよね♪

Billy Joel
クラシック音楽から、一気に洋楽に切り替えた時期であれやこれやと様々なアーティスト聴きまして、w
ちょうどレンタルレコードなるものが出てきた時期でもあり、お金のない学生には非常に好都合でした。
なぜ、Billy Joelの全てのアルバムを聴くことになったのか?

「オネスティ」
この曲に完全ノックアウトを喰らいまして、w
歌っているのがBilly Joelだという事は分かったのですが、曲のタイトルが分からない、w
地元のレンタルレコード店には幸いそれまで発売されていた、「イノセント・マン」までの全てのアルバムが置いてありました。
ところが曲名が分からないので10枚あったアルバムの中から「勘」でレンタルして確認しなければなりません。
どうしても、もう一度「オネスティ」を聴きたい!
という事でレコードを一枚、一枚借りていったのですが、なかなか「オネスティ」の入ってるアルバムに出会えない、w
なんと、最後の一枚で見つかる、という「黒ひげ危機一髪」的な奇跡的な現象が起こりました、w
「オネスティ」だけでよかったですけど、全てのアルバムをコンプリートしてしまったわけですから、じゃあせっかくだから全曲覚えてBilly Joelマスターになってやろう!という変な意地が出て参りまして、w

幸いBilly Joelの曲は大変聴きやすい曲が多く、覚えるのにそれほどの時間はかかりませんでした。
ここでも天性のあまのじゃくな性格が出てしまい、大ヒットアルバム、大ヒット曲は例え好きになっても自ら認めようとせず、せっせと知名度に低い曲に焦点を当てて研究に勤しみます、w
という経緯ですね(^^)

<ギターはスティーブ・カーンかなぁ

初期の頃のアルバムはスタジオミュージシャンを起用していたので、あれこれとメンバーが変わっています。
ブレイクした「ストレンジャー」にはスティーブ・カーンがギターを担当しています。
一番付き合いが古いのがドラムのリバティ、ベースのダグ・ステッグマイヤー 、パーカションのリッチー・カナータ、
「ストレンジャー」以降にギターにデヴィッド・ブラウンとラッセル・ジェイヴァースが加わり、Billy Joelバンドとして一緒に活動していきます。

最後まで残っていたのはドラムのリバティだと思いますね。

<断捨離したら好きなCD、10枚くらいで収まるかもしれません。
 その半分は初期に影響受けたものになるような気がしますがどうでしょうかね。

オムニバス形式で曲を選ぶとしたら、私もそのくらいになるかもしれません。
私の場合は幼少時にクラシック音楽から入ってしまっているので、20代前半まで刺激を受け続けているので、非常に難しいです。
ただやはり昔聴き込んだ曲というのは、なかなか忘れようにもそれが出来ないものでして(^^)

という事でようやくジャクソン・ブラウンの話になる訳ですけども、w

なぜ、ジャクソン ・ブラウンに興味を持ったかと言いますと、やっぱりBilly Joelなんですね。

ポール・マッカートニーとよく比較される事が多かったですね、初期の頃は、
なんとなく顔立ちも似てますし、w

同じピアノ・マンとしてエルトンの名前が上がる事もありましたが、そもそも曲の作りが全く違いますから、

ライナーノーツも調べてみましたが、ジャクソン・ブラウンの名前はありませんでした。
という事は日本語訳されて出版された、Billy Joelの伝記本に書いてあったのだと思います。

まずはこの曲がジャクソン・ブラウンの影響を相当に受けていると、

Billy Joel - The Great Suburban Showdown
(Audio)
https://www.youtube.com/watch?v=lIavfZz5
8fM


そしてこの曲に至ってはもはやジャクソン・ブラウンそのものだと、
同じ曲がコラムにありますので、あえてライブバージョンを

Billy Joel - Summer, Highland Falls (Aud
io/1980)
https://www.youtube.com/watch?v=pr25rO9z
ITA


どちらも好きな曲でしたから、ジャクソン・ブラウンとは、このような曲を作るアーティストなのか、と。
そこでジャクソン・ブラウンのアルバムを4枚ほど借りて聴いてみましたが、影響があると言えばそうかもしれない、という微妙な感じでした。
Summer, Highland Falls 、がもはやジャクソン・ブラウンそのものという意見には全く理解出来なかった思い出があります。

ごめんなさい文字制限





2020/3/29 19:12  [2265-2829]   

今回も長々と書いてしまいましたが、どうでしょう?

この2つの曲、ジャクソン・ブラウンそっくりなのでしょうか?

私が借りたアルバムにそのような曲が入ってなかっただけでしょうか?

これを書いたのが日本人ではない、という事ですね。

ジャクソン・ブラウンの曲とはちょっと違うのではないか?というのが当時の印象でした。

この2つの曲に非常に似ているジャクソン ・ブラウンの曲をご存知でしたら、教えて頂きたく。

また、choco111さんのご意見がありましたら、勉強にさせて頂きたく思いまして。

こちらはお時間のある時で大丈夫です。

ポールと非常によく似ている、という意見には賛同できる曲もあるので分かるのですが、
ジャクソン ・ブラウンに関してはちょっとよく分からない。
ジャクソン・ブラウンには、ジャクソン・ブラウンの良さがありますし、その功績は十分認めてはいるのですが、

いつも長くなって申し訳ないです。

良い、一日を♪
書き込みありがとうございましたm(_ _)m

2020/3/29 19:23  [2265-2830]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

こんばんは^_^



>あれは実際に使用可能なギターなのですか?

 シタールギターでしょうね。
 上側の弦ががミヤーン♪って共鳴するはずです。
 そう思って聴くとシタール風に感じませんか。
 ひと味違うパワーバラードに。

>Coverdale/Page名義で、アルバムも出しているんですね。

 このアルバムでダルシマーとか普通のロックでは使わない楽器を使っています。
 オリエンタルな音楽が好きな彼らしい。


>なんと、最後の一枚で見つかる、という「黒ひげ危機一髪」的な奇跡的な現象が起こりました、w

 ある意味 tam-tam17701827さんはもってますね。
 おかげでコンプリート出来ましたし結果OK^_^


>ジャクソン・ブラウンの曲とはちょっと違うのではないか?というのが当時の印象でした。

 似ているとは特に思いませんが。
 彼の声も大好きです。
 声だけでなく詩も曲も
 tam-tam17701827さんに何かをとこないだ思ったとき
 Far Awayにしましたが
 この曲と迷いました。

 Hold on Hold Out

 https://www.youtube.com/watch?v=pyBwvXBc
znc



>この2つの曲に非常に似ているジャクソン ・ブラウンの曲をご存知でしたら、教えて頂きたく。

 反戦であったり環境であったり政治的なものもありますが
 愛を取り上げたものも多いです。
 ジャクソン・ブラウンはカントリーチックなメロディです。
 どの曲もメロディーラインはこんな感じに。

 Jackson Browne - The Pretender
 
 https://www.youtube.com/watch?v=fY0Pg2Gu
5uM



 Jackson Browne Late For The Sky

 https://www.youtube.com/watch?v=kqYiHkx7
ils


 
 リンドレーのスライド・ギターがミソです。
 
 JACKSON BROWNE &#9648; Running on Em
pty 【music video】

 https://www.youtube.com/watch?v=Pu-nLBev
YAE




それともマイケルフレマーのレヴューでしょうか。 

"Summer, Highland Falls" is a
pretentiously titled, downright repulsiv
e parody of Jackson Browne.

https://www.analogplanet.com/content/its
-still-schlock-and-roll-me-0

2020/3/29 22:15  [2265-2831]   

choco111さん

こんばんは(^^)

<シタールギターでしょうね。

シタールギター?
ジミー・ペイジが作らせたのですか?
ちょっと他のギタリストが使ってるのは見た事がありません。
見た目だけでノックアウトですね、w 非常に美しい楽器です♪


<このアルバムでダルシマーとか普通のロックでは使わない楽器を使っています。

ダルシマー、
これも聞いたことがない楽器ですね、
こういう話でも色々勉強になります(^^)


<ある意味 tam-tam17701827さんはもってますね。

最初の一枚で見つかるか、最後で見つかるか、が一番最良の結果だと思います、w


<似ているとは特に思いませんが。

これは自己解決出来ました。

<それともマイケルフレマーのレヴューでしょうか。 

ビリー・ザ・ベストが出たあたりで発売された本だったと思います。
この方が書いた本なのか、分かりませんけど、引用しているのかもしれません。

ご紹介頂いた曲は全て知っていました、借りたアルバム名を書いておけばよかったです、申し訳ないです。
これらの曲を聴いてもまんまジャクソン・ブラウンだとは思えなかったんですよね、当時は。
歳も一つしか違わないし、アルバム発売もBillyのが先ですし、

ジャクソン・ブラウンのファーストアルバムは聴いていなかったんです。
ちょっと時間をかけてじっくり聴いていました。
なるほど、と思いました、先にこちらのアルバムを聴いてしまえば、そのように感じるのも理解出来ました。

Billyはアルバム「ピアノ・マン」で注目されつつもその後の2枚のアルバムで大失速してしまってます。
ジャクソン ・ブラウンはファーストアルバムから、ナンバーワン獲得アルバムまで着実に順位を上げているんですね。
そういった違いと、音楽性がブレてないところが評価されてるのだと思います。
Billyはハッスルズ、というバンドで2枚アルバムを出して、その後アッティラというヘヴィメタルバンドで1枚アルバムを出しているんですよね。音楽性がブレブレなんですよ、w
似たような曲は作りたくない、というこだわりのためか、「ストレンジャー」が大ヒットし、「ニューヨーク52番街」で、確たるポジションを得ても、その後にリリースしたアルバムはどれもコンセプトが全く違うんですよね。
「アレンタウン」とか「グッドナイト・サイゴン」がいい例です。
その後に「アップタウン・ガール」ですから、w
早々とポップミュージックシーンから、手をひいてしまったのも分かる気がします。

色々と情報を検索してくださり感謝致します(^^)
ありがとうございますm(_ _)m

2020/3/31 23:20  [2265-2839]   

 choco111さん  

今朝のスタートはこれから

Jimmy Page 1988 Wasting My Time (live)

https://www.youtube.com/watch?v=51V5-Uvb
-d0



こちらMV

Jimmy Page - Wasting My Time

https://www.youtube.com/watch?v=TSDWzA2L
DwU



tam-tam17701827さんお好きなElvis関係
Elvisのトリビュートブックの撮影時のワンシーンなんでしょうかね。

Robert Plant playing Elvis guitar at Chr
istopher Ameruoso photo shoot

https://www.youtube.com/watch?v=fDvCTJSu
8Og




tam-tam17701827さん

>これは自己解決出来ました。

良かったです(^^)/

>なるほど、と思いました、先にこちらのアルバムを聴いてしまえば、そのように感じるのも理解出来ました。

そうなんですね。

シンガーソングライターの節回しなメロディーはそれ風に再現させやすいですよね。

そう思うのかそうさせるのか。



クリス・スぺディングが様々ギタリストをプレイしています。

Chris Spedding - Guitar Jamboree(1978)

https://www.youtube.com/watch?v=M0lcdXJ4
wG8



まだ若い時

Chris Spedding - Guitar Jamboree

https://www.youtube.com/watch?v=QqpJj2H5
Tq0




割と最近

CHRIS SPEDDING - 'GUITAR JAMBOREE'

https://www.youtube.com/watch?v=Gsqfy8Uc
HrQ



ブライアン・フェリィーがソロになって来日した時に

国営放送でliveを放送したんですが

ギタリストがクリス・スぺディングでした。

革ジャンにフライングV(三角形なギターです)

凄いクールだったんですよね。


2020/4/4 11:24  [2265-2849]   

 choco111さん  


ながらでどうぞ 1時間強あります。

Blackmores Night - Live In Minstrel Hall
2020

https://www.youtube.com/watch?v=UcrZ0ISX
Fyg



選曲の意味はないです(;^_^A

聴いた順です。

中世好きトラッドフォーク好きの方に

リッチーがこっちに来るとは思いもしませんでしたが。


BLACKMORE'S NIGHT - Minstrel Hall (Offic
ial Audio Video)

https://www.youtube.com/watch?v=4PmRifaV
mtM



Blackmore's Night - Where Are We Going F
rom Here

https://www.youtube.com/watch?v=cbJ89efv
KqM



BLACKMORE'S NIGHT THE TEMPLE OF THE KING


https://www.youtube.com/watch?v=ngUnuA4R
EIY




100スレ目?

ありがとうございました<(_ _)>

2020/4/4 14:16  [2265-2850]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ


この掲示板の新着スレッド

ページの先頭へ