縁側 > 家電 > AV・情報家電 > イヤホン・ヘッドホン > 楽しい音楽を語ろう
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

好きな音楽ならジャンルは問いません。楽しい音楽について語り合いましょう(^^)

また、イヤホン、ヘッドホンについてのお話もお気軽にどうぞ♪

  • 楽しい音楽を語ろうの掲示板
  • 楽しい音楽を語ろうの伝言板
  • 楽しい音楽を語ろうの投稿画像
楽しい音楽を語ろうの掲示板に
楽しい音楽を語ろうの掲示板に新規書き込み

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


2020年も張り切って行きましょう!!

IER-Z1Rは質屋に入れないよう気を付けましょう、w
(結構な大金を貸してくれますね、w)

2020/5/31 21:45  [2265-3399]   

メンバー皆様方へ

昨日は各掲示板が100スレ到達で書き込み出来ない状態になり、ご迷惑をお掛けしまして申し訳ございません。

モデムがおかしいのか、PCがおかしいのか、一時的に通信が出来なくなりまして。

OSを再インストール致しまして、縁側を開いたら、2つの掲示板がすでに埋まっている状態でした。

大変失礼致しましたm(_ _)m。

2020/6/2 01:05  [2265-3448]   

私的コラム: Shureの新シリーズAONICは素晴らしい出来栄え

昨日、久方ぶりに試聴に行く事が出来まして、
発売直後から気になっていた新シリーズAONICを聴く事がようやく出来ました。

AONIC5に関してはSE535とドライバー構成が全く同じなのですが、音がかなり違います。
BAドライバーが一新されたのでしょうか?
それともリチューニングしただけなのか、わかりませんが、SE535とは違う音です。


私が1番関心があったのは、Shure初となるハイブリッド型のAONIC4でした。
1DD+1BA構成のハイブリッド機は現在では珍しくもなんともありません。

ですがSEシリーズのフラグシップモデルのSE846が発売されてから数年後のインタビューで開発陣とエンジニアはこうインタビューされました。

「Shureとしては今後ハイブリッド型イヤホンを開発する、予定はあるのですか?」
それに対してエンジニアはこう答えてました。

「もちろん、我々もマルチBAに拘ってる訳では無いから様々な形態のイヤホンを現在も開発はしているよ。ハイブリッド型のイヤホンに対しての優位性があるのだったらもちろん作るだろうね。だけど自分たちが納得出来ない状態で製品化する予定は無いね。ダイナックドライバーを採用したハイブリッド型イヤホンはかなりの時間がかかるかもしれないし、出ない可能性だってあるよ」

なんとなく積極的にハイブリッド型イヤホンを開発しているような感じの返事では無かった印象でした。

ミドルクラスのポジションに位置するモデルですから、実験的要素があるイヤホンだと思っていたのです。

ところが実際のイヤホンの音を聴いて驚きました。
決してインパクトのある音を鳴らすイヤホンではありません。

ダイナミック型ドライバーとBA型ドライバーの実に自然な音作り。
クロスオーバー処理は完璧に近い、素晴らしい出来栄え。

低音を担当するダイナミックドライバー構成のごく普通のハイブリッド型イヤホンなんですが、ここのバランスが実に絶妙なのです。

1DD+1BA構成のハイブリッド型イヤホンとしては出色の出来ではないでしょうか。

表現力豊かなBA型ドライバーの中高域と、主張し過ぎないダイナミックドライバーの低音。

音はリスニングよりでありながらも、インイヤーモニターとしてもきっちり仕事が出来る。
こんなイヤホンは今までに聴いた事がありません。
まさにShure渾身の一撃と呼ぶのにふさわしい仕上がりになっております!!

2020/6/4 05:12  [2265-3505]   

今日の出来事、以前の日記みたいな感じです。

6月7日

アーモンドアイ負けた〜。

ルドルフの呪縛、本当にありましたね〜、w

99%勝てると思っていたから、

直線で抜け出せないところがあったけど、最後の追い込みを見る限り、もう限界かもしれない。

秋のG1戦線もなんか危うくなってきましたね、アーモンドアイ。

おお、ここは競馬を語る掲示板ではないの〜、w

2020/6/7 18:51  [2265-3561]   

私的コラム: AONIC5とSE535とSE846、購入するならどれが良い?

Shure初のハイブリッド型イヤホンであるAONIC4の出来が素晴らしい事は前回のコラムで書きましたけど。

今回は上位モデルのAONIC5について書きたいと思います。

ここ最近、個人的にレビュー投稿、クチコミの投稿も控えている状況です。
AONIC4の出来が素晴らしかったので、クチコミにでも書こうと思ったのですが、やめときました。
以前の様な情熱は今の私にはありません、
積極的に特定のイヤホンをお勧めする様な投稿は思うところあって当分の間はしないと思います。

質問があった場合のみアドバイスはするかもしれませんが、

AONIC4と同時に聴いたAONIC5ですが、こちらはSE535のリチューニングモデルとなります。
ですが、当面の間、SE535、SE535LTDも継続して販売される様でして、どうやら方向性が違うみたいですね。

AONIC5はSE535の上位モデルSE846の交換ノズルを採用して、サウンドバランスの変更が出来る様になっています。

私が聴いたAONIC5がどのノズルを使用していたのかはわかりませんけど、おそらくバランスノズルでしょう。
バランスノズルだとSE535、ブライトノズルだとSE535LTDみたいな鳴り方をする様な記事を見かけますが、個人的にはかなり違う鳴り方をするイヤホンだと感じましたね。

BAドライバーの構成は全く一緒ですから、BAドライバーを新しくしたか、クロスオーバー処理のネットワーク回路をチューニングし直したか、どちらかでしょう。
それほど、鳴らす音は違います。

AONIC5ではSE846と同じくらいのサイズのハウジングを採用してます、AONIC4よりは大きいのです。
ノズルインサートを採用するためにハウジングを大きくしたのか、別の理由なのかわかりませんけども。

ちょっと残念だったのはリモコン付きのケーブルになってしまってる事。
この時点でAONIC5がインイヤーモニターではなくリスニング用途に開発されたイヤホンである事がわかります。

そしてSE846と同じ交換ノズルを採用してますが、SE846が金属製ノズルだったのに対しAONIC5はSE535同様、折れやすいプラスチックノズルを採用してます。

AONIC5が発売されても現在のところSE535シリーズの値崩れはありません。
使用目的が違うので、おそらくこの先もSE535シリーズが劇的に安くなる事はないと思います。

という事で、SE535LTDとAONIC5とではどちらを購入して良いか迷う事は比較的少ないとは思います。

問題はAONIC5とSE846だと思います。

AONIC5が約6万円、SE846が9万円強です。
SE846にはBluetoothケーブルが付属されているパッケージと、オリジナルクリアケーブルが2本付属されたパッケージがあります。

Bluetoothケーブルが付属されたパッケージは価格差を考えると非常にお買い得感がありますね。
AONIC5に純正Bluetoothケーブルを購入すれば、約8万円となりますので、イヤホン本体の性能を考慮するならば、AONIC5を購入する意味がほぼありません。

ではオリジナルクリアケーブルが付属されたSE846のパッケージと比較するとどうでしょう。
こちらはプロユースの方々から再発してくれとの声をメーカーサイドが受け取り、再発されたパッケージであり、他社製リケーブル選びに大変難儀する、優秀なケーブルが付属されています。

価格差は3万円強ありますが、より良い音で聴きたいのであれば文句なくSE846をお勧めする他ありません。

AONIC5の存在定義は?

私個人としては、このモデルは必要無かったのではないか?と感じてしまうのです。

2020/6/9 00:31  [2265-3579]   

ナガオカP908について。

現在クチコミにおいて、ナガオカの関係者、もしくは対価をもらって書き込みしているユーザーがいますが、

これに1番最初に引っかかってしまったのが私です。

クチコミにたくさん投稿し、イヤホンも実際に購入してレビューまで書き上げました。

初期ロットのイヤホンは実際高音質なイヤホンでした。

現在では製造時期により、イヤホンのクオリティーが全然違うみたいですので、購入しない方が無難でしょう。

ナガオカP908以外にもメーカーサイドの関係者によって、大量のレビューが投稿され、満足度一位になってしまったヘッドホンがあります。

こちらも初期ロットに関しては音は良かったのですが、現在はどうなっているかわかりません。

Amazonみたいにやらせレビューが投稿されている製品はこれ以外にもたくさんあるのです。

ちょっと怪しいと思ったら、レビュー投稿者のプロフィールを見ると良いと思います。

大概は該当製品一件しかレビュー投稿がなく、アイコンは若い女性のものを使用しています。
そして、個人情報は一切書き込まれておりません。

このような投稿者のレビューが多数ある製品はちょっと注意した方が良いかもしれません。

2020/6/12 01:47  [2265-3597]   

修理に出していたintime SORA Ti3が新品交換されて戻ってきました。

どうして修理に出していたかというと、ケーブル硬化現象が起きていたからです。

試聴機として置いてあるTi3と比べてみても明らかにイヤホン側のケーブルが硬くなっていました。

イヤホンは10数本、取っ替え引っ替えして聴いていたので、特別Ti3ばかり使用していた訳でもありません。

ケーブルの被膜素材がノーマルSORAとは違うのでしょう。

とにかくこのケーブル硬化現象が現状より悪くなってしまっては、最悪の場合ケーブル断線の心配もあるほどでしたので、購入店舗に連絡し修理に出したのであります。

修理が完了したとの電話が入ったのは一週間近く前になりますが、なかなか受け取りに行く時間がなく、

今日は全国的に天気が良く無いらしいので、昨日の夕方近くに受け取りに行ってきました。

修理説明を聞くとなんと新品交換とのことでした。
ケーブル着脱式のイヤホンではないとはいえ、まさか全く新しくなって戻ってくるとは思ってませんでした。

帰宅して開けてみると、イヤホンだけが新しく、箱などは元のままでした。

まずはちゃんと音が鳴るか確認しないといけません。

聴き慣れた楽曲を再生すると、修理に出してあったTi3よりも明らかに音が良い!!

これは、新品になったからそう聴こえた、とかいうレベルではなく、高域の抜けが段違いに良いのです。

エージングが済んでいない箱出し状態だから?
イヤホン自体の個体差の問題?
これはどちらが影響しているのか判別はつきませんが、驚愕の高音質イヤホンTi3がさらに高音質化して戻ってきたのは間違いのないところです。

私が所有している最高額のイヤホン、IER-Z1Rと比較してみましたが、戻ってきたTi3の方が音が良いです。
こう書くと語弊があると思いますので、より好みの音ですね。

IER-Z1RとSE846とTi3の音の比較はそれまでも何度もやっていたのですが、残念ながらTi3は一歩及ばず、という評価でしたから、
それでも各イヤホンの価格を考慮すると驚くべきポテンシャルです、Ti3の実力は。
それが、戻ってきたTi3を聴く限りでは遂にIER-Z1Rをも超えてしまっているのです。
IER-Z1Rのイヤーピースをあれこれと替えてみましたが、結果が覆る事はありませんでした。
当たりのTi3を引いたのでしょうか?

イヤホン、ヘッドホンの個体差の違いについては、SR9で信じられないような体験をしているので、ダイナミック型ドライバーだろうが、BA型ドライバーだろうが確実にありますよ。

全く同じ音を鳴らす製品を制作する事は事実上不可能です。
特にイヤホン、ヘッドホンの場合はドライバー自体の製造の段階で同じ周波数特性のものが製造出来ない事はあるメーカーを通して確認済みの事でもあるので。

ともかくintime SORA Ti3がよりパワーアップして返ってきた事はちょっと嬉しい出来事でありました。

同じく修理に出して、片側のドライバーだけ交換されてしまったSE846は左右のマッチングが微妙におかしくなり、聴くたびに違和感を感じるのは、これも個体差の影響でしょうが納得がいかない対応でありますが。
保証期間が切れてしまっていますが、もう一度点検に出してみようかと思案中でありますね。

2020/6/19 04:57  [2265-3642]   

う〜む、w カッコいい、w

AZLAのイヤーピース、新製品、6月26日発売。

今までこんなカッコいいイヤーピースがあっただろうか?
即刻購入であります、w

見た目から入るのも大事なのです、w

https://www.aiuto-jp.co.jp/information/e
ntry_995.php


ちょっとこれは画期的なイヤーピースとなりそうですね(^^♪

シリコンでは得られない良好な装着感が期待出来そうです。

有線イヤホンよりもTWSイヤホンとの相性がとても良さそうです。

フォームタイプよりも耐久性が高そうですし。

サイズも6種類と細かく刻んであるのも良いですよね。

シリコンでも無い、フォームタイプでも無い、新しい素材を使用したこの新製品、明後日には届く予定です。

とりあえず手持ちのイヤホン全てに装着して聴いてみよう(^^)

2020/6/24 23:36  [2265-3671]   

パッケージはこんな感じ 逆さまについてます。 IER-Z1Rで使用 SORA Ti3で使用

AZLA Sedona Earfit XELASTECについて


添付画像がホコリだらけですが、一度使用した後ですのでご了承下さい。
イヤーピースの材質がとてもゴミ、ホコリがつきやすいのです。

手持ちのイヤホンに全部試してみようと思いましたが、使用出来るイヤホンがTi3とIER-Z1Rしかなく、

しかもこのイヤーピース完全ワイヤレスイヤホン専用となっていますがな、w
(完全ワイヤレスイヤホン専用なんてどこにも書いてなかったような、w)

普通の有線イヤホンに使用出来ないこともないのですが、こういう仕様だったら購入しなかったぞ、w

装着感と音質面でのコメントをしておきますか。

音質向上の目的での購入はお勧め出来ないイヤーピースです。
音がとても悪くなる、といったことにはなりませんが良くなることもありません。
付属純正イヤーピースで満足出来ない方は他のイヤーピースを購入対象にした方が良いでしょうね。

シリコン系では音質向上に期待できるイヤーピースは他にもいくらでもありますので。


装着感について、

すこぶる良いですね、このイヤーピースは。
TWSイヤホンにとっては救世主的なイヤーピースの登場でしょう、決して誇張した言い方ではなく本当に。

コンプライでは耐久性と音質の弊害がありましたが、この新しいイヤーピースはそういった影響がありません。

使用されている素材が非常に吸着性の高いものなので、ゴミがつきやすいのが唯一の難点ですが。

シリコン系イヤーピースではどれも合わない、という方には是非使用して頂きたい。
TWSイヤホンがしっかりと固定されるのが実感できるはずです。

価格が高いのがネックではありますが、サイズに非常に敏感に反応するので、3セット入りのものがお勧めです、最初の購入時には。

コンプライみたいに高域が衰退するとかは全くないので、音質に妥協することなく安定した装着感が得られますよ。

ゴミ、ほこりが非常に付きやすいので、装着する前に耳をウェットティッシュなどで綺麗にしてから使用した方が良いですね。

ともかくこれは、画期的なイヤーピースです。

これほどまでに装着感が良く、音質面での影響が少ないイヤーピースは他にはありません。

完全ワイヤレスイヤホン専用となってますが、有線イヤホンにも使用出来ますので、これまでいまいち装着感が安定してなかったユーザーにもお勧め出来ますね。

TWSイヤホン専用設計ですので、ステムの長い有線イヤホンの使用には適してませんのでご注意を。

完全ワイヤレスイヤホンを多数所有されている方には必須のイヤーピースだと言い切れるほどの逸品ですよ。

2020/6/28 17:36  [2265-3684]   

なんでも語ろうコラム: 便利な図書館、融通の利かない図書館

私は良く図書館を利用してます。

ポピュラー音楽派の方には少々もの足りないかも知れませんが、私は主にクラシック音楽を聴きますので、かなりのタイトルを揃える事が可能なんです。

私の住んでるところには十館ほどの図書館がありまして、予約すると、全ての図書館から在庫を調べて一番近くの図書館まで用意してくれるので結構便利なんですよね。

枚数制限はありますが、料金は無料ですし、借りられる期間も二週間と長いので。

一度だけ図書館でのCDの貸し出しでトラブった事があります。

返却したCDが割れているというのです。

仮にもレンタル店に10年以上いましたから、CDの取り扱いには慣れている私です。
CDをケースから外す時に力の加減で割ってしまう事などあり得ません。

それでも確認したら、割れているというのですから、仕方無いですよね。
その確認した時に割ってしまったのでは無いかと思ったのですが、そういう嘘をつく人が図書館に居るはずもないと思い、w

まあ、かなりの枚数を借りているので、弁償する事に合意しました。

ところがです、これがなかなかに厄介な事になっているのですね、w
他の地域ではどういう扱いになるのかはわかりませんが、同じCDを用意してもってこい、っていう訳です。

いや、そのCDの金額を支払いますよ、と言ってもダメなんですね。
お金を受け取る事は出来ません、っていう訳ですよ。

これと同じCDを買ってきて、持ってきてくれっていう訳です。

クラシックのCDなんて、廃盤、再発、廃盤の繰り返しになる事が非常に多いので、全く同じCDを用意する事が出来ない場合があるんですよね。

こういった事を説明しても理解出来る職員が誰も居ない訳なんです。
こりゃ、困りましたね、w

私の方で同じCDを用意する事は出来ないので、上層部の方に話を通してもらえます?と言ってもダメなんです。

取り敢えず、頑張って探して用意して下さい、それ以外の方法では受け取れません、って言うじゃありませんか。
どんだけ頭固いねん、w

こっちは割ってもないCDを弁償してやるって言ってる訳ですから、だんだんブチ切れてきました、w

やっぱり私は割ってないです、ちゃんと聴けましたから、
180度方向転換ですよ、w

いや、さっき貴方が割ったと認めたじゃないですか?

いやいや、こんなに揉めた事、レンタル店に10年以上居ても経験がないぞな、w

しかし頭の固い連中しかおらんがな、どうすればいいちゅうねんな、w

その日は一旦帰りました、3時間も話し合っても解決の糸口さえ見えないので、

電話で他の図書館にも聞きましたが答えは同じ、現金は受け取る事が出来ないので同じCDを.......

だからそのCDはもうすでに廃盤になってるちゅうねん!、w

いや〜、こんな面倒くさい事になるとは想像を絶してましたね、w

クラシックのCDのカタログを見せて、説明しましたが、理解出来る人が誰も居ない。

業務用CD研磨機の話をしたら、余計ややこしくなりました、w
中古で同じCDを探してきて、CD研磨機にかけて新品同様にすればいいです、言うじゃありませんか、w

今は業務用CD研磨機が使える環境におらんのじゃ、うかつに余計な話はするもんじゃないですね、w

結局一週間ほど揉めましたね、
仕方がないので、同じ音源のCDを勝手に買ってきて、スタッフに渡して、壊したCDとレーベル面は違うけど全く同じ音源が入っているから、このCDに対して文句を言う人が居たら電話で連絡してくれれば対応しますので、って事で話は着きましたが。

便利な図書館ではありますが、非常に揉める事にもなりますので、CDの取り扱いには十分注意をした方が良いです。


2020/6/30 01:49  [2265-3712]   

なんでも語ろうコラム: IER-Z1Rにカスタムイヤーピースはやめた方がいい。

IER-Z1R用にカスタムイヤーピースが製作出来るサービスがありますが、これはやめた方がいいですね。

カスタムイヤーピースはあくまでカスタムIEM用と考えた方が無難です。

現在ユニバーサルモデルにも使用出来るカスタムイヤーピースのサービスがありますが、メインドライバーがダイナミック型ドライバーであればやめた方が無難だと思います。

カスタムIEMというのはもともとミュージシャンがステージ上で使用するためのイヤホンです。

その為、音場は意図的に狭くしてある事多く、カスタムイヤーピースにより狭い音場はますます狭くなります。

遮音性が高いトリプルフランジイヤーピースは、モニター系イヤホン以外では使用される事が無い事を考えるとこういった事は容易に想像がつくでしょう。

IER-Z1Rの最大の魅力は低音域にあります。
開口部の狭いイヤーピースを使用しては、IER-Z1Rの最大の魅力的な部分を殺す事になってしまうのです。

結構なハイエンドクラスのイヤホンを試聴してきましたが、低音域の素晴らしさは群を抜いています。

普通のハイブリッド型のイヤホンと違って、IER-Z1Rの場合、BA型ドライバーの苦手な低音を担当させるという意味合いでダイナミック型ドライバーを使用してません。

むしろダイナミック型一発機のイヤホンにBA型ドライバーを追加させたようなちょっと珍しい構成の元に製作されているのです。

搭載されているダイナミックドライバーは可聴周波数帯域のほとんどをカバーしています。
こういったハイブリッド型イヤホンは世界中探しても存在しないのです。

IER-Z1Rの武器はこの大口径のダイナミックドライバーにあると言っても過言ではありません。

ダイナミックドライバーを使用しているイヤホンで細いステムを採用しているイヤホンはほんの数機種しか存在しないのです。
(ShureのSE215とエティモのイヤホンだけだと思います、私の知っている限りでは)

どのイヤーピースも装着感が安定しないのなら仕方ありませんが、それならばいっその事別のハイエンドイヤホンを購入した方が良いように思いますね。

IER-Z1Rは素晴らしいハウジングの設計の恩恵で、どんなイヤーピースを使用しても安定した装着感が得られ安い非常に珍しいイヤホンです。

この恩恵を利用して様々なイヤーピースを試してサウンドバランスの変化を楽しむ事にこのイヤホンの醍醐味があると思っていますね。

2020/7/1 06:17  [2265-3725]   

またコロナ、コロナですね。

東京は3日連続の3桁超えの感染者。

この数字を見ても都も国も全く動かない、都知事選をやってる場合じゃないと思うのですがね。

好きな音楽聴いていた方が良いと思いますね。誰に投票しても同じでしょう。

緊急事態宣言は発令しなくても、特定の業種には保証金をきちんと払って営業自粛を協力して貰わないと駄目でしょう。
どこが危険かある程度わかっているわけですからね。

こんな状態でイベント開催なんてしていたら、8月には大変な状態になっている事くらい素人の私にもわかります。

打つ手はたくさんあるのに、何もしない。
必ず後でしっぺ返しがきますよ、東京は終わってますね、
近隣の県が可愛そうな気さえしますね、(千葉県、埼玉県、神奈川県)

こんな状況でオリンピック開催を本気で今年中に目指していたのかと思うとちょっと怖いですよね。

来年の開催さえ不可能でしょうね、これでは。

オリンピック開催地に名乗りを上げて、グレーな手段で獲得してしまった。
そのツケが回ってきてるんでしょうね、来年はもっと酷い状況になるでしょうね、日本は。

今のうちに好きな事をしておいた方が良いような気がしますね。(法に触れない範囲で、ですよ)
貯金なんかしても無駄な感じがします、なんとなくですが。

イヤホン、ヘッドホンも憧れのモデルを入手して、楽しんだ方が良いのでは?と思います。(責任は取れませんので、自己判断でお願いします、w)

私が飼っていた猫もなんて言うか、突然死みたいな感じでしたので、
体が弱っている兆候は知ってはいましたが、あまりにも早過ぎましたので。
なので、後々後悔が残らないような生き方した方が良いと思うんですよね。

まあこの掲示板は楽しい音楽を語るのがメインですから、これ以上政治的な事は書きませんけども。

楽しい音楽を聴くのに、憧れのイヤホン、ヘッドホンがあるならば、是非入手して聴いた方が世界が変わりますよ。

ピュアオーディオの世界はおそらく1億あっても足りないと思いますが、ポータブルオーディオでは10万円あったら世界が変わってしまいからね。←これマジですよ、w

ハイエンドイヤホンとハイエンドDAPでも50万円あったら購入出来てしまいますからね。
こういったところがポータブルオーディオの魅力的な部分でしょう。
イヤホンでも最高額が60万円を超えるイヤホンはありませんし、どの機材にしてもある程度上限が見えますからね。その上限額は決して夢ではなく現実的な価格が多いですからね。

私自身は高額な機材よりも、ソフトの方、音楽の方が大事な部分だとは思ってはいますけでも。
それでも、憧れのイヤホン、ヘッドホンで聴く音楽は凄く魅力的ですから。
そういった経験を一度はして欲しいとは思いますね。
価格じゃないですよ、憧れのイヤホンって言うのは、
1〜2万円クラスでも素晴らしいと思える音を鳴らすイヤホンは存在しましのでね、そこは勘違いしないようにして下さいね。
10万円超えのイヤホンも今ではすっかり珍しく無くなってしまいましたが、要は自身が満足出来れば良いだけですから、是非とも自身の好みにあったイヤホンを探して欲しいと思いますね、←これが一番難しいです、w

憧れの機材で好きな音楽を聴いて欲しいとは思いますね。
私の縁側のメンバーの方々も音楽をより楽しく聴くためのイヤホン、ヘッドホン選びをしてますからね。
音楽ありき、なんですよね。
イヤホン、ヘッドホンに合った楽曲を探している方々も時折見かけますけども。
やはり、自分の好みに合った、イヤホンで聴くと世界が変わるようですね。
結構なやり取りをしてますが、そう感じる部分が多いですからね。
なので、これだけは自信を持って言えるんですよね、価格で決して妥協しない方が良い、と。
値段で妥協して中途半端なモデルを購入すると、後々、上位のモデルが絶対に欲しくなります、または気になったりしますので、そのあたりだけは気をつけて欲しいとは思いますね。

2020/7/5 05:58  [2265-3737]   

お待たせ致しました、ようやくまともに書き込めるようになりました。

ただ、睡眠のリズムが乱れておりますので、返信のペースは徐々に、という感じです。

天気が悪い日が続いており、なかなかキーボードを買いに行けなかったのです。

ご心配をして下さったメンバーの方々、ありがとうございます(^^)

今日はもうこんな時間ですので、一旦ゆっくり寝て、明日から又頑張ろうと思いますので、よろしくお願いします。

2020/7/23 03:33  [2265-3784]   

メンバーの皆様型へ、

PCの状態は改善されたものの、現在金銭面で逼迫しており、自分に出来る事があればそちらを優先してなんとかしないと回線が止まりそうです。

ですので、今週は書き込める時間が作れるかわからないのです。

連絡が入れば、私は出掛けなければなりません。

きちんとした返信をしたいと考えておりますので、もう少々お待ち頂けると嬉しいです。

検査を受けましたが、私自身は感染してないようです。

心身ともに元気ではありますので、皆様もどうぞ気をつけて行動して下さいね。

これからもよろしくお願い致します。<(_ _)>

2020/7/24 06:24  [2265-3791]   

復活!

いや〜三度IER-Z1Rを質屋に入れてしまいました、w
(だってかなりのお金を貸してくれるんですもの、w)
(さすがはSONYのフラグシップイヤホンだあ、w)

今日、無事に戻ってまいりました(^^)

う〜む、良いですなあIER-Z1R。
これとSE846とSORA Ti3があれば他のイヤホンいらねえや、
ライブ音源は最高なり!!

およそ一週間の放置でしたか、管理人失格ですなあ(^_^;)

しかしですね、キーボードに反応しないキーがあったのですよ、それも母音ですからね、
これじゃ、書き込みたくても書けませんって、w

近くにMacが置いてある家電量販店があったので、持ち込んで試してみるとちゃんと反応するじゃないのさ、w

どういう事〜、w

まあ、なんとか治ったんでこうやって書き込み出来るようになりましたけども、以前としてマウスの調子は悪いままだしね、w

IER-Z1Rを質屋に入れて、勝負しましたよ。
回線が止まりそうなくらい金銭面が逼迫していたのでこれは仕方がありませぬ、w
2日でサラリーマン1ヶ月分の給料稼がせて頂きました、w
(そういう方面の技術屋ですから、本来は、w)
金が出来るとすぐに遊びたがる癖が出るんですが必死に抑えましたよ、今回ばかりは、う〜む素晴らしい、w

暫くは大人しくしてましょうかね。
イヤホン、ヘッドホンの試聴記はこっちに書きます、暫くは。
クチコミには書き込みません。

という事で今後ともどうぞよろしくお願いします(^^)

2020/7/31 21:19  [2265-3819]   

なんでも語ろうコラム: どうしたWestone UM-PRO50?

耳へのフィッティングが良いので寝ホンには良いイヤホンです。

Westoneの傑作イヤホンである本機ですが、久しぶりに聴いてみたらどうも良く無い、w

思いっきりBAドライバー臭がする音じゃないの、これ、w

以前愛用していた時には全然気にならなかったのに。

これが6万円のイヤホンの音か?

これ、多分慣れの問題ですね。

BAドライバーのイヤホンばかり聴いていれば自然と慣れてしまうんですよ。

最近はFD02、Ti3、IER-Z1R、それとヘッドホンでばかり聴いていたので、ダイナミックドライバーの音に耳が慣れてしまっているんだと思うんです。

という事で同じマルチBAのイヤホンSE846を聴いてみたんですがこちらは相変わらず素晴らしいでないの、w

これは私がSE846信者だからではありませんね。
しっかり客観的に聴いていますもの。(自信あり、w)

やはりマルチBA型の金字塔ですよ、SE846。

ShureからもAONICシリーズが新しく発売されて売れ行きも良いですが、購入するならSE846一点だと思った方が良いです。
(末長く使用していこうとお考えの方には、ですよ)

発売から随分と時間は経っていますが、未だ値崩れをしないのはそういうことでしょう。
未だにこの価格帯のマルチBA型では敵なしってことの証明ですよ。

SE535のリニューアルとしてAONIC5が出ましたが、SE846のリニューアルモデルだけ出ないのは、このイヤホンを凌駕するクオリティの製品を作れないからだと思います。

良い音を鳴らすイヤホンはたくさんありますが、5年以上第一線でいられるイヤホンは非常に数が少ないです。

新製品が出たからと言って高評価のレビューを鵜呑みにしての無試聴購入ほど怖いものはありません。
どうぞ、お気をつけて下さい。

2020/8/4 07:26  [2265-3842]   

なんでも語ろうコラム: セブンイレブンのそうめんが旨い!

今年の夏は非常に暑いですね。

こんなに暑いと食欲もなくなるものですが。

食欲の無い時にはそうめんですね(^^)

一番良いのは、自分で茹でて作る事だとは思いますけど。

今年、発売された、セブンイレブンのそうめんは素晴らしく旨いです!

自分で茹でて作るより旨いかも、w

「5種の重ねだし!手延べそうめん」

https://www.sej.co.jp/products/a/item/09
2754/kanto/


これはお勧めです(^○^)

2020/8/9 00:17  [2265-3900]   

アルバム名が曲名になっています、w 4つの曲しか入っておりません、w

なんでも語ろうコラム: エルヴィスのCDを集めるのは大変、w CD界のトライアスロン!

メンバーの方とやり取りしている掲示板の中で、エルヴィスのCDを500枚ほど所有している、と書いていますが、w

一人のアーティストで500枚、異常とも思える数字ですが、エルヴィスのレコード、CD収集している人ではまだまだ少ない方で2000枚以上所有されている方はザラに居るのです。

添付画像を見て頂ければ分かると思いますが、このアルバムはアウトテイク集でたった4曲しか収録されておりません。

こういった趣向のアルバムがたくさんあるわけで、買っても買ってもキリが無い、という有り様なんですね。

70年代に入ると、今度は途方もないライブ演奏のCDが待ち受けています。
おそらく全てのライブコンサートが録音されておりますので、殺人的スケジュールであったこの70年代のライブ音源だけで500枚は軽く越えるはずです。

これらは主に海賊盤ですが、正規発売のCDもちょっと酷いものがあり、頭を悩ませるのです。

例えば企画もののベスト盤、曲目を見るとほとんど全ての楽曲は持っています。
ところがその中にたった一曲だけ、未発表音源があったりするわけです。
そのCDを購入する以外に入手方法が無いので、仕方なく購入してしまうわけです。
こういったCDが正規発売のものでも大変多いのです。

70年代のオリジナルCDは比較的良心的なのですが、エルヴィスの死後発売されたCDは非常に頭を抱えるCDが多いのです。
例えば、アンダブドバージョンのCDとか。
これはオーバーダビングされたコーラスとか、オーケストラの音を排除したもので、よりエルヴィスの生々しい声が聴こえる、といった企画のものです。

それとは逆に、バッキングトラックを現代風なものに差し替えた曲だけで作られたCDや、更なるコーラスやオーケストラの音をオーバーダビングして制作されるCDもある状態なので、結局何が目的なのかわからん、という事になるのですね、w

私がエルヴィスのCDを収集していた’90年代は、月平均3〜4枚のアルバムがリリースされていたので、並の新人アーティストが束になっても敵わない状態だったのです。
(正規盤、海賊盤合わせた枚数です。)

全く発売され無い月も勿論ありましたけれど、平均すると、上記の枚数になってしまわけです。

本国アメリカだけでなく、ヨーロッパ各地、日本独自企画のCDなど、それはもう盛り沢山の贅沢さで、こりゃたまらん、というファン泣かせのものでした、w

私は元々クラシック音楽を主に聴いていたのですが、買っても買ってもキリが無い、途方に暮れるエルヴィスのCD発売が原因でCD収集をやめてしまいました。

以前、ハマったら危険なアーティスト、として、ビートルズ、レッドツェッペリン、エルヴィス、の三大アーティストの名前をあげましたが、元々のオリジナルアルバムの数も段違いに多いエルヴィスは最も過酷なアーティストとしてずば抜けた存在なのです、w

海賊盤は音も悪いのが当然で、しかもそれに反比例して価格は高い、

それに比べると現在のクラシックのCDの価格は途方も無く安いものが非常に多いですね、w
特に枚数の多い、BOXセットは激安で、一枚当たりに換算すると300〜500円程度になってしまうものさえありますので大変お買い得と言って良いでしょう(^^)

全曲コンプリートするのが最も過酷なアーティストがエルヴィスであるという事実は間違い無いところで、果たしてこれはどうにかならないものか?と考えております、w

2020/8/12 05:08  [2265-3924]   

ご報告:

メンバーの皆様方へ。

最近、私の書き込みが激減しておりますが、原因はPCの不調であり、健康状態は何ら問題がありません。

マウス、キーボードが接続不良の状態にあり、アプリケーションを起動する事さえもままならぬ状態となっております。

メールアプリも正常に動かず、突然シャットダウンしてしまうことも頻繁に起こるようになってしまいました。

iPhoneにも通知メールが届くようになっているので、こちらで、皆様方の書き込みがあったことは知る事が出来るのですが、iPhoneもまた、購入した当初からタッチパネルの異常がありこちらからも書き込む事が不可能となっております。

先日、他社製のマウスを購入してみたものの、純正マウスよりも酷い状態で、勝手に別のアプリのウィンドウが開いたり、文章のコピー&ペーストが出来なかったり、使い物にならないので、返金してもらいました。

有線マウスでも、正常に動作しませんので、ほとほと困り果てている状況なんですね。

以前は知人宅のPCをお借りして書き込んだ事もありましたが、やはり長時間、お邪魔する事も大変なご迷惑となりますので、

私は10数年、Macコンピューターしか使っておらず、Windowsパソコンについては全くの無知識ではございますが、そんな悠長な事も言ってはおられず、知人から、使用してない古いWindows PCをお借りしてきました。

先程、設定、設置が終了しましたので、こうやって書き込んではいますが、何せスキルが全くございませんから、以前にも増して返信するのにお時間がかかってしまう不手際をどうかご了承くださいませ<(_ _)>

「楽しい音楽を語ろう」縁側管理者、tam-tam17701827より

2020/9/1 22:31  [2265-3970]   

 m56059さん  

tam-tamさん
お久しぶりです。
私は元気にやっております〜

winに変えられたのですね。
私、PCデビューはMACでした。
その頃の当時私がいた職場は仕事は全部手書きで、MACはあくまで個人用のおもちゃみたいなもんで
仕事には時々文章をマックライト2というソフトで作ったり、ああ思いだした エクセルとかも
最初はマックでしたね〜 
当時はネットはたしかネットスケープナビゲーター?だったかな?緑色のソフトでしたが
画像とかDLして喜んでいた若き日々がよみがえってきます(笑)。

MACを使用して5年目だったかな 職場が「これから全部PCでwinです」になってしまい
強制的にwinも使わなければならなくなりました。
当時はエ゛〜〜!! と思ってましたが、慣れるもので、右クリックメニューとか
当時のMACには無い便利さと使えるソフトの種類が多くていつのまにか こりゃおもろい!と
なって、遊び用PCが古くなった際にこちらもwinに乗り換えました。

tam-tamさんはPCの内部の事が良くわかってらっしゃるので、
きっとすぐに慣れると思いますよ〜



2020/9/2 20:28  [2265-3978]   

m56059さん

こんにちは〜、返信遅れまして申し訳ありません(^^)

こちらの掲示板に書いてくれて嬉しいなあ、w

ここの常設掲示板はみんな私専用だと思ってしまっているのかなあ?
私は時々、思った事など自由なテーマでここに書いておりますが、この掲示板に直接書き込んでも構わないのでよろしくお願いしま〜す(^^♪


<winに変えられたのですね。

メインPCはMacを使用していく予定ではおりますが、なんせマウス、キーボードがまともに使えませんので縁側での対応ができません、ので一時的なものですね、winは。

<私、PCデビューはMACでした。
<画像とかDLして喜んでいた若き日々がよみがえってきます(笑)。

あら、そうだったのですか、と言いつつも昔ちょこっと聞いた事があるような、無いような、w
私は10歳の頃からアセンブラでプログラミングしていたちょっと変わったガキでしたねえ、w
ファミコンとかも一切やりませんでしたし、外部機器の制御プログラムとか書いて楽しんでいるような子供でしたね(^○^)
なので、コンピューターの基礎的な部分はわかっているんですが、進化するUIにはついていけず、露頭に迷っておりまする、w

<私は元気にやっております〜

本当に元気でしたか、良かったです〜(^^)

なるべくご自身の時間を自由に使ってもらいたいと思い、あえてm56059さんの掲示板には書き込んでいませんでしたが、実はちょっと元気が無いのでは?と心配致しておりましたので、

一昨日、返信をしようとしたところ、インターネットに接続出来ず、こりゃ参ったなあ、と頭を抱えていたら、単にモデムのプラグの爪が折れて抜けてしまっているだけでございました、w
私の頭も一本抜けているようでありまして、古いWindows PCだから、どこをいじってなおせばいいのじゃ〜、と今朝までパニクっておりました(*^▽^*)
まあ、暑いですからね、今年の夏は例年以上に、
いつも以上にマヌケになるのも致し方ないかと思います、w

私も非常に元気でやっておりますよ〜、
(PCは夏バテしておりますが、w)

これからもどうぞよろしくお願いします(^^♪

書き込みありがとうございま〜す♪

2020/9/4 12:05  [2265-3983]   

コラム: Final e2000,e3000について。

最近は4〜5000円で購入出来る、Finalの傑作イヤホン、e2000,e3000を再び聴くようになりました。

こちらのイヤホンに関しては以前、同価格帯でより優れたイヤホンがあるのに、何でいまだに需要があるのだろう?と表の板に書いた記憶があるのですが、何処に書いたのか思い出せません。

よくよく聴いてみると、私が同価格帯で、より優れたイヤホン、というのは、私好みのより刺激的な音を鳴らすイヤホンであり、Final e2000,e3000も全然捨てたもんじゃないんですね。

トータル的なバランス感覚はむしろe2000,e3000の方が優れており、能率が悪いという欠点はあるものの、大音量派である私のような例外を除けば、ある程度満足出来る音量で鳴らしてくれます。

更に上位モデルである、e4000,e5000もあるのですが、個人的にはこちらのイヤホンはお勧め出来かねます。
リケーブル出来るデタッチャブル機構があるので、より優れたイヤホンだと思いがちですが、デタッチャブル機構なんてものは無い方が良いのです。

高級機のイヤホンは殆どリケーブルが出来るようになっているので、イヤホン初心者は誤解しがちですが、断線してもケーブル交換だけで使用できるようにしてあるだけで、本来は余計なものなんです。

AKG K3003しかり、ゼンハイザー IE800しかり、ハイエンドイヤホンでもあえてリケーブル不可にしてあるイヤホンは意外と数があるものです。
音質最優先で設計するとこうなるんですね。

話を戻して、Finalのeシリーズ、個人的には一番安いe2000が最も優れています。
(現在はもっと価格の安い、e1000,e500などもありますけれど)

eシリーズは全て同じドライバーを使用しています。
このeシリーズの為に開発されたドライバーの音を素直に楽しむならばe2000が一番良い出来だと思います。

ただどうした訳か、e2000はクラシックのオーケストラの音源にはちょっと合わないのです。
オーケストラ音楽を聴く場合、e3000の方がしっくりくるんですよね。
そういう意味で、私はe2000とe3000、両方所有している訳なんですが、
と言うのは大嘘で、e2000とe3000、どちらか一本に絞りきれないので両方買ってしまったんですね、w

e3000はe2000よりも能率が悪く、音量が取れません。
これは上位モデルになるほど能率が悪くなる傾向にありますので、e5000が最も鳴らしづらいです。

価格が高くなるほど、反比例して音が悪くなる、という非常に珍しいシリーズのイヤホンであり、購入するにもちょっと注意が必要なイヤホンの代表的なものですね、これは。

こういった事も私一個人の感想でしかなく、非常に誤解を招きやすいことでもあるので、表の方には書きません。

実際に試聴してe5000が最も良い音を鳴らすイヤホンだと思えば、自身の耳を信じて購入すれば良いだけのことですからね。

私個人としてはお金かけていじくり回してチューニングしてある上位モデルより、ドライバーをストレートに鳴らしているe2000の方が気持ちが良い音に聴こえる、それだけの事でしかありませんから。

e2000とe3000、どちらも安いイヤホンですが、出てくる音はだいぶ違います。
安いイヤホンといえど、試聴できる環境であるならば試聴して購入する事をお勧め致します。

2020/9/5 01:20  [2265-3993]   

コラム: 安室奈美恵さんが使用していたカスタムIEM

本題に入る前に「カスタムIEM」とはなんぞや?という人も居るでしょう。

IEMとはインイヤーモニターの略で、ミュージシャンがステージで使用しているイヤホンの事ですね。

良く「イヤモニ」と言っていますから、その呼び方の方がわかりやすかもしれません。

現在、ユニバーサルモデルとして販売している誰でも購入できるイヤホンでも10万円越えの製品も多数あり、20万円越えのイヤホンさえありますし、しかも売れる製品はこの価格でも飛ぶように売れます。

イヤホンのに興味が無い方にとってはたかだかイヤホンに20万円などとんでもない事だと思われるでしょう。

ところが主にプロが使用する前提で製作されているカスタムIEMの価格はその比ではありません。
10〜20万円はミドルクラスと言って良い価格帯であり、30〜40万円越えのイヤホンも多数ありますので。

ユニバーサルモデルは、いくらハイエンドといえど、ある程度多くの人に受け入れられる音を出さなくては、全く商売になりませんから、その中で個性を出していく難しさがありますが、カスタムIEMではそういった配慮を全く考える必要性がありませんから、各メーカーの特色を思い切り出していく事が可能となっております。

なので、自分専用に発注出来るカスタムIEMに興味を持つ人も少なくないんですね。
しかし、やはりコストパフォーマンスが圧倒的に悪いので、私個人としてはよくよく考えてから、という思いがありますね、安易にお勧め出来るジャンルのイヤホンではありません。

さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、本題に入りましょう。

安室奈美恵さんが使用しているカスタムIEM、いわゆるイヤモニはライブ映像などで確認する事が出来ますが、一つのものしか持っておりません。
同じものが何本かあるかもしれませんが、装飾含め、全く同じものを使用しています。

画像でたまにアップで映る事があるので、イヤモニのケーブルの形状である程度メーカーを絞り込む事は可能ですが、決定打となるものが無く、検索をかけても出てこないので、どのメーカーのイヤモニを使用しているのかわからなかったのです。

単にカスタムIEMと言っても、製作するメーカーは、30社近くありますし、画像だけで判別する事は非常に難しいのです。
(カスタムIEMは装飾が自由に出来ますから、非常にゴージャスになっているんですね、安室奈美恵さんのものは。)

個人的には、世界的に有名なメーカーの製品ではなかろうか?と思っておりました。

64AUDIO、EMPIRE EARS、NOBLE AUDIO, JH AUDIO、Ultimate Ears、Vision Ears, Westoneなど

これらのメーカーのイヤホンを片っ端から見てみましたが、該当する製品がありませんでした。

一体何処のメーカーのイヤホンを使用しているのだろう?
非常に気になっていたんですよね、一安室奈美恵ファンとしては、w
「安室奈美恵 イヤモニ」で検索かけても出てこないし。

答えはSensaphonicsというメーカーのイヤホンでした。
このSensaphonicsというメーカーのイヤホンは一番高いものでも、10万円ちょとです。
定番の製品は装飾無しであれば、10万円で購入出来る製品で、安室奈美恵さんもProphonic 2XSというイヤホンを使用していたと思われます。
もちろん、ゴージャスな装飾をすれば、それなりに価格は高くなってしまいますが、音そのものは変わる事がありませんので、安室奈美恵さんが実際にステージで聴いていた音を聴く事ができるんですね。

安室奈美恵さんのファンの方でなければ、全く興味が無いであろう事について長々と書いてしまいました、w

最も私が書くコラムはもともと深い内容がありませんから同じ事ですかね(^○^)

2020/9/8 17:40  [2265-4021]   

コラム: どんどん音が良くなるIER-Z1R (謎ではありますが。)

最近はクラシック音楽ばかり聴いてRockみたいな刺激的な音楽はこのイヤホンでは聴いていなかったのですが、

昨日、本当に久しぶりに安室奈美恵さんの楽曲をIER-Z1Rで聴いてみたらあまりの激変ぶりにちょっとびっくり致しまして、

購入当初はそこそこの不満はあったのですね、20万円のイヤホンでも、

特に高域が少し篭った感じというか、上が詰まった感じと言いましょうか、

カタログスペックでは愛機SE846など軽く凌駕しているイヤホンですが、やはりBA型ドライバーの音が好きなのかなあ、なんて感じておりまして。

所有しているイヤホンの中では最も価格の高いイヤホンですが、個人的にこのイヤホンより、高域側を気持ちよく私好みに鳴らすイヤホンは他にも数本ありましたので。

リケーブルは問題があり、しておりませんが、イヤーピースは色々と試しておりまして、自分なりに納得するものを使用しておりました。

それでも、やはり、価格に見合わない不満は多少ありつつ使用していたんですが、

購入後、聴き始めからエージングによる変化は凄いものがありましたが、昨日聴いた音はまさに「激変」と言った言葉が相応しく、篭ったような高域はまるで突き抜けるかの如く変貌しており、同じイヤホンとは思えないほど、全く素晴らしい音を鳴らすようになっておりました。

クラシック音楽ばかり聴いていたので、EDMのような音楽を久しぶりに聴いたからそう感じたのか、イヤホン自体のエージングによる変化なのか判別し難いですが、こればかりは謎ではあります。

これが万が一イヤホン自体の変化だとすると、購入後、思っていた音を鳴らさないからとすぐに売却しないほうがいいですね。

再生環境は購入後から全く変わっていないので、イヤホン自体変化したか、自分の感じ方が変わったかのどちらかしかないのですが、他のイヤホンを聴く限り、IER-Z1Rが変化したとしか思えないですね。

クラシック音楽ばかり聴いていて、その影響で、私自身が音の感じ方が変わったのなら、他のイヤホンも同様に「激変」していると感じるでしょうからね。

現在は、どんなジャンルの音楽でも素晴らしいポテンシャルを発揮してくれています。
(SE846はクラシック音楽はダメですね、マルチBA型で音場の広がりは期待出来ないですから。)

購入後3ヶ月はかなりの時間鳴らしていましたし、一年半近く経ってからのこれほどまでの音の変貌というのは経験した事がありません。

低域から高域まで、全ての可聴周波数を担当する大口径ダイナミック型ドライバー、ミドルからハイ、主にヴォーカル帯域を担当する、SONYが開発したBA型ドライバー、BA型ドライバーでは鳴らせない超高域を担当するダイナミック型ドライバー。
Rockや、POPsではキモとなるヴォーカル帯域においては全てのドライバーの音が鳴っているという、変則的なクロスオーバー処理をしておりますが、まるでダイナミック型ドライバー一発機のように自然に聴こえる様は凄まじいばかりの神がかり的なイヤホンと言っても決して過言でも大袈裟でもないのです。

ダイナミック型ドライバー、BA型ドライバー共に自社生産、開発出来るメーカーはおそらく世界でSONYだけでしょう。
(韓国のEARNiNEもBA型ドライバーを手掛けているという情報はありますが、自社生産しているのかは不明です、チューニングの要望をだして外注していても独自開発のBA型ドライバーを使用していると書いているメーカーは海外においては多数ありますので。)

現在、私の耳元で鳴っている音がIER-Z1Rの本性だとするならば、ハウジングの出来や、作り込まれた手抜きの無い付属純正アクセサリーを考慮すると20万円という価格でも非常に安いとおもえます。
これほどまでに素晴らしい音を鳴らすイヤホン、ヘッドホンは私は持っていないからです。

2020/9/16 04:49  [2265-4037]   

コラム: 愛用イヤホンの三本柱

前回はIER-Z1Rについて、絶賛するようなコラムを書きましたが、20万円もの大枚を出して購入したのですから、オーナーであるが故の特権だと思って頂ければ幸いです。
(本来は欠点があれば書くべきでしょうが、製品レビューでは無く、ここは私の庭ですから、w)

IER-Z1R以外にも愛用している使用頻度の高いイヤホンは他にも3本ほどあるので、今回はそれらのイヤホンについて書いていきましょう。

1-SE846
2-JVC FD02
3-intime SORA Ti3

この3本が主要イヤホンの三本柱であり、正直IER-Z1Rとの音質差はごく僅かであり、人によってどのイヤホンを取るか非常に割れると思うんですよね。

この中で1-SE846だけがマルチBA型ドライバーのイヤホンであり、音の毛色がダイナミック型ドライバーを使用している他のイヤホンとはかなり違いますね。

付属純正アクセサリーだけで使用しているイヤホンは一本も無く、ケーブル、イヤーピースなど、自分好みの音が鳴るようにカスタマイズしています。

ジャンルによって得意不得意は当然あります、その為の3本なのですから。

IER-Z1RとTi3との価格差は10倍ほどありますが、好みの問題でTi3のが良い音を鳴らすイヤホンだと感じる人が居てもおかしくはありません。

Ti3は低域から高域、全帯域を高解像度で鳴らし切るポテンシャルを持っており、たかだか2万円のイヤホンと侮れない素晴らしい完成度を誇っており、コストパフォーマンスにおいては他社の製品を寄せ付けません。
ただし、イヤーピース選びが非常に難しく、イヤーピースによって、サウンドバランスも装着感も激変します、この辺りがシビアなイヤホンですね。
その点、IER-Z1R、SE846などは耳掛け装着専用設計なので、装着がビシッと決まります、ベストポジションを探す手間もありませんし、非常に安定した装着感が得られますね。
(Ti3も耳掛け装着が出来ますが、専用設計になっていないので、安定感がありません。)

SE846は、ケーブル、イヤーピースとも他社製品を使用しており、このイヤホンが最も私好みにカスタマイズしてあるもので、何人かのイヤホン通の方々にも聴いてもらいましたが、賛同を得られた事は過去に一度もありません。
むしろ、とてもじゃないけど、聴いていられない、とまで酷評されています。
というのも高域が刺さりまくりで、刺激が強過ぎて受け付けないらしいですね。
愛用しているイヤホンの中では唯一ダイナミック型ドライバーを使用していないイヤホンなので、このイヤホンでしか得難い音があるのも魅力の一つですね。
また遮音性に優れたイヤホンとしても名高く、外出時に使用するイヤホンはSE846がメイン機種になっています。

JVC FD02はイヤーピースは自社製のスパイラルドットを使用しておりますが、ケーブルはnobunaga Labsの篝火というイヤホン本体よりも高い製品に替えてあります。
このイヤホンを愛用している8割方は篝火というケーブルによって得られる恩恵が大きいです。
FD02はもともとは非常にソリッド系の音を鳴らす切れ味鋭い音が持ち味のイヤホンなんですが、篝火を使用する事によって、表情豊かな音を鳴らす美音系イヤホンへと豹変します。
特にライブ音源による、豊かな臨場感の再現性は群を抜いて素晴らしく、同価格帯のイヤホンでは敵無し状態です。
ケーブルの抵抗値が高いので、解像度の高さ、レスポンスの良さなどは他のイヤホンには敵いませんが、そういったものが必要な音源は他のイヤホンを使用しますし、その点については私自身も納得して使用しているので、不満はありません。

実際にIER-Z1Rを含めた価格に大きな差があるこの4本のイヤホンをブラインドテストしてみても、マルチBA型のSE846は音色の違いでわかるかもしれませんが、どれが一番高いイヤホンなのか当たらないと思うんですよね。
それほど、どのイヤホンにも他のイヤホンには無い魅力的な部分があり、音質が非常に優れているからです。

今回、安室奈美恵さんのライブアルバム、「LIVE STYLE 2014」で聴いてみましたが、どのイヤホンも素晴らしい音を鳴らしてくれました。
(ちなみにこのライブアルバムは一般的には入手出来ません、販売しておりませんので、w)

私個人の好みでは、篝火にリケーブルしてあるFD02がもっとも素晴らしい音を鳴らしてくれました。
IER-Z1Rも良かったですが、ヴォーカル表現力においては一歩及ばす、と言った感じでしたね。
(あくまで、私個人の独断の感想です、低域の解像度、アタックの切れ、豊かな量感など、IER-Z1Rの方が上ですから。)

ちなみに据え置き型ヘッドホンアンプで聴いておりますので、スマホ直結ではまた評価がガラリと変わりますので。

iPhone直結においてはSE846がもっとも素晴らしい音を鳴らします、ミドルクラスのDAPを凌駕する程です。
(これに関しては、私のSE846のレビュー「反則的使い方教えます」というタイトルで言及しておりますので、興味のある方は探してみてください。)

2020/9/18 05:37  [2265-4045]   

コラム: 恐るべき解像度のイヤホン、newspring、NSE 1000-A

ヤバいイヤホンが出てきましたねえ。

僅か数秒の試聴でここまで衝撃が走ったのは久しぶりですね。

SE846が最も好きなイヤホンだったんですけどね、ちょっと敵わないですね、w

マルチBA型の金字塔のようなイヤホンが圧倒されてしまうのですから、ちょっと尋常ではありません。

newspring、
知らんがな、こんなメーカー、w
何やら、ハイエンドモデルのOEMを供給していたメーカーらしいです。
何処のメーカーのイヤホンを作っていたんでしょう?非常に気になりますね、
大手メーカーのハイエンドモデルのOEMを制作していたメーカーなんて過去にあったかな、
そんな実力派のメーカーが自社製品として開発、発表したのですから、音は本物です。

https://www.phileweb.com/news/d-av/20200
7/09/50705.html


https://www.fujiya-avic.jp/blog/?p=55439


検索かければかなり出てきますね。

まあこういった製品は実際に聴いてみると思いっきり肩透かしを喰らう事が多いのですが、今回は違いましたね。

ダイナミック一発機ではVictorのFW10000が最高峰だと思っていましたが遂にその牙城が崩れさりました。

このイヤホンが放つ超絶的ソリッドの音は聴くだけで快感をもたらします。

EDM(ちょっと古いか、w)とかアニソン、電波系の楽曲をこいつで聴けば、アドレナリンが放出しまよ。

脳汁出まくりです、w

BA型のイヤホンと同等以上の解像度で鳴らしますので、ダイナミック型ドライバーのイヤホンとしてはちょっと普通ではないです。

低域の解像度、ディティール描写が巧みなイヤホンとしてintime SORA Ti3という製品を愛用していましたが、もはやレベルが違いますね、土俵が違います。

低域がここまでキレる音を鳴らすイヤホンを聴いた事がありません、私は。

全帯域、超絶的解像度で鳴らします、ダイナミック一発機のイヤホンとは信じられません。

メーカーもこの辺りを気にしてか、全く同じ価格で、チューニングだけ変えた製品をもう一つ出しています。
NSE1000-B,
ですが、こだわりのある方が手にするようなイヤホンなので、究極のソリッドチューニングのNSE1000-Aの方を素直に聴けべきですね。

ヴォーカル表現は素っ気無いですね。
艶のある色っぽい女性ヴォーカルを聴くようなイヤホンではありません。
そういうのはFW10000の方が得意ですよ、

FW10000はハウジングにもお金をかけていますから、私個人としては、そういったところには目もくれず、音だけで勝負してきた、このメーカーの潔さを取りたいですね。

一発目に出してきたイヤホンとしては、おそらく最高なんじゃないでしょうか。

とにかく、私の中のイヤホンの勢力図を変えてしまったイアホンであり、今一番欲しいイヤホンですね。
(主観的好みが思いっきり反映されておりますが、実際に聴けば衝撃が走ります。)

2020/9/21 06:29  [2265-4070]   

コラム: 恐るべき解像度のイヤホン、newspring、NSE 1000-A その2

早くもアンチレビューが出てきましたね、

https://www.ear-phone-review.com/entry/n
ewspring_NSE1000-A


まあ、表現力豊かなイヤホンでは無いので、これはある意味真っ当な評価でしょうね。

SE846大好きな私が好きな音なのですから。

BA型ドライバーの音をダイナミック型で鳴らしているようなイヤホンですから。

私としてはこういった批判的レビューがあった方が安心出来ますね。

新興メーカーから出たハイエンドイヤホンという事で、無試聴購入してしまうようなユーザーさんも減るでしょうし。

私個人では変わらずこのイヤホンに対しては絶賛の拍手を送りますが。

ともかく、普通のダイナミック型ドライバーのイヤホンの鳴り方では無いですから、音を聴いて拒絶反応を示す方が居て当然だと思っています。

解像度の高さが全てでは無いですからね、イヤホンは。

音楽もそうですが、高度な作曲技法が全てではありません、聴いていて楽しい、これも重要な要素です。

このイヤホン、私からすると、高解像度主義の筆頭みたいな鳴り方なんですよね。

レビューでは聴いていて退屈なイヤホンにこの金額は払えない、と書いてありますが、非常に正論だと思います。

ところが、私はそういったイヤホンが好きな変わり者ですので、主観的に凄いイヤホンだと表現していますけど。

掲示板の方でも、ある指揮者に対しての評価が割れていますけども、絶対評価は実は同じなんですよね、

私は、音楽で重要なテンポとか、スコアに対してのアプローチの仕方とか、そういった部分で凄い演奏だとは思っていないわけで、何を持って素晴らしいCDであるか?の視点が違うのだと思います。

支持者がいれば、それに意を反する意見があって当たり前な話でもあるのです。

newspringのイヤホンも解像度という部分に非常に偏ったチューニングになってしまっているので、聴いていて退屈である、とか面白く無いってのは正当な評価だと思いますし、非常にわかりやすい感想だと思いますね。

ただ、世の中は正統派だけで成り立ってはいませんから、私のような変わり者はこういったイヤホンを聴いて驚愕し、絶賛の拍手を送ってしまうわけで。

VictorのFW10000が完全敗北した、みたいな事を書いてますが、私個人ではそういう思いですね。

周波数特性のグラフまで持ち出して、レビューを書かれても、それに対して反論する気も起きません。

素直に私と同様、聴いて驚愕し、これは凄い!と感じた方が趣味の一環として購入すれば良いだけの話であって、正統派基準でものを書いてませんので。

逆に誰もが素晴らしいと思うような製品なり、ファッションなり、アクセサリーなんか持っていても面白く無いと思うんですよね。

音楽に対してもそういった聴き方をしてきましたので、意見が割れて当然なのです。

要は各々が楽しめるものを人の目を気にせず堂々と楽しむ事が重要だと考えておりますので。

私個人では絶賛しておりますが、NSE1000-Aは無試聴購入するようなイヤホンではありませんから、そこだけは強調しておきます。




2020/9/22 06:48  [2265-4087]   

ピエール中野モデル 嬉しいサプライズ(^^)

コラム: およそ一年ぶりのレビュー投稿です。

こちら価格コムに引っ越してきた当初は購入した製品以外も試聴だけした製品についてもレビューを書いていましたが。

何やらマナーに反するとかの論議がしてあるクチコミを拝見してから、購入した製品以外レビューは書いておりません。

私自身の考え方もあるのですが、こちらのマナーは一応、筋を通しておきたいので。

試聴のみでしたら、クチコミに書くぶんには良いらしいですが、いずれにせよ、読んで、参考にする人もいるでしょうし、そから辺が曖昧なんですが。

また、そういった論争をする気も自身の考えを主張する気も無いので、レビュー投稿は控えておりましたが。

安くて良い製品は多くの人に知ってもらいたい、という気持ちがあるので、今回は価格も非常に安いものでしたので、久しぶりにレビューを投稿しました。

価格は1500円とイヤホンとして安い方でしょう。

アルペックスのエントリークラスのイヤホンですね。

私が購入したのはいわゆるコラボモデルといった製品で、名の通った人が関わっているものです、

私はこういったコラボ製品が好きではありません、基本的に。

イヤホンに関わらず、製品全般的にです。

ですので、今回購入したコラボモデルは随分と前から知ってはいましたが、なにぶん興味が無かったのです。

実際、元になっているイヤホンとスペックは同一ながら、価格が1.5倍ほどになっていますから。

元になっているイヤホンが1000円ですので、1.5倍といっても500円の違いしかないのですけど、

しかし、この価格差でもどちらが良いかと悩んでいる人がいるのは事実でもありますし。

こういったサイトを見ている人が全て成人とは限りませんから、学生さんも居るでしょうし。

購入したのは、単純に音が良かったからで、元になったオリジナルモデルのイヤホンとの比較も当然しています。

正確に言えばオリジナルモデルより、こちらのコラボモデルの方が好みの音だった、という事もありますが。

せっかくなので、レビューを書こうと思い、オリジナルモデルとの比較はちょっと時間をかけて比較試聴しましたが、客観視してもコラボモデルの方がバランスの良い鳴り方をしていたので、+500円を出す価値があると判断したからです。

イヤーピースの変更により、低音も結構鳴りますし、高域が綺麗に出るチューニングに仕上げてあったので。

オリジナルモデルは、価格が安いという事もあってか、低域、高域とも主張した鳴り方だったんですよね。

コラボモデルの方が上品な音に感じられましたし、音としてもしっかりと鳴っていたので。

普段、Bluetooth型イヤホンを使用している人へのプレゼントとしても音質差がわかって喜ばれるのではないでしょうか。

こういった、1000円台で購入出来るイヤホンも非常に数が多く、そんな価格のイヤホンでもハイレゾ対応になっている製品もあるので、本当に音が良いイヤホンを見つけるのは実は最も難しかったりします。

1000円台で購入出来るイヤホンなんて、試聴が出来ない製品が多いですからね。

こういった低価格のイヤホンでは付属のイヤーピースから、単体で発売されているような質の良いイヤーピースに変更する事で、音が更に良くなる事はこれまでの経験上、お約束となっています。

イヤーピースを数多く所有している人にとっては、こういった楽しみ方もあるので。
3万円とか、5万円とかの高額なイヤホンばかり物色する必要が無いんですよね。

ちょっとしたお店でのランチほどの価格で高音質が楽しめるのですから快感でもありますし、非常にお財布にも優しいので。

購入したのはアルペックスのイヤホンで、ピエール中野さんが監修された、ピエール中野モデル、ピアホンで名の通っているイヤホンです。

私が購入したのはガンメタリックといった色合いでカッコいいものですが、女性が使用してもお洒落なピンクカラーもありますので。

帰宅してからすぐに開封はしなかったのですが、嬉しいサプライズがありました。

実にしっかりとした収納ポーチが付属されていたのです。

これ、開封しないとわからないようになっているので、なかなか憎い演出だと思いました。

音を聴く限りでは非常に真面目に作られており、お勧め出来るイヤホンとなっております。

2020/9/23 01:42  [2265-4102]   

コラム: ピエール中野モデルはなかなかに良いではないか!

イヤーピースでの事をレビューの方でも追記してアップし直しまたが。

付属純正イヤーピースでも、一番大きいLサイズは使用すると、低音不足の問題は改善しますね。

普段使用しているサイズよりもワンサイズ大きいイヤーピースを使用する事で、ある程度改善出来ます。

何しろ、単品のイヤーピースでも結構お高いですから、
1500円で買えるイヤホンに1000円以上するイヤーピースを買っては、このイヤホンを選択した意味がなくなってしまいますからね、

スマートフォンで使用するならば、十分な高音質化が感じられると思います。
(普段使用しているイヤホンが、スマホ付属のものであったり、利便性重視のBluetooth型であったりした場合)

上のレスでは私が購入したガンメタルカラーのモデルを画像添付してますけど、可愛らしいピンクカラーモデルもあるので、プレゼントにも最適な製品です。

価格的にも、プレゼントされた側にも負担がかからないでしょうし。

公表スペックは、

インピーダンス:16Ω
出力音圧レベル(感度):96dB
再生周波数帯域:50〜20,000Hz
最大入力:5mW

ロングセラーイヤホンの代表格である、Final e2000は、

インピーダンス:16Ω
出力音圧レベル(感度):102dB
再生周波数帯域:不明
最大入力:不明

これを見るとe2000nの方が、音量取りやすそうに思ますけど、実際は96dBのアルペックスのイヤホンの方が、全然鳴りやすいです。
最大入力が5mWしかありませんが、iPhoneのボリュームMAXにしても音割れはしません。
e2000は価格が3980円と倍以上のお値段ですが、単品で発売されているような品質の良いイヤーピースが惜しげもなく、ALLサイズ付属されておりますので、こちらも決して高いイヤホンではありません。

ピエール中野モデル、ピアホンは、
再生周波数帯域:50〜20,000Hz、と公表スペックを全然盛っていないのが逆に好感度アップです。
低域の方は50Hz〜、
とこれを見ると、低音が全然出ない所詮は価格なりのイヤホンだな、と思うかもしれませんが、十分な低音が出ます。

イヤホンにあまり興味の無い方はこんな数値は見ないとは思いますけど、こういったスペック重視で購入の判断をする人もいますので。

こういった価格帯のイヤホンを購入するのは若い学生さんが多いと思いますけど、
コラボモデルと更に価格の安いオリジナルモデルとで本気で悩む人も多いかと思います、試聴出来ない環境にお住まいの方は。
+500円と少々割高になってしまいますが、ピエール中野モデルをお勧めします、音が綺麗ですからね。
デザインも洗練されていますし、+500円を払う価値が十分にあります。

価格との天秤で迷われているのであれば、私が背中を押してあげますよ(^^♪
パッケージ、付属品、音質の良さ、全てにおいてピエール中野モデルの方が魅力的でございます。

2020/9/24 21:38  [2265-4115]   

コラム: 家電量販店最大手のヨドバシでも敵わないAppleの圧力。

今やAppleの力は日本の企業ではどこも敵わない。

凄まじいばかりの圧力、パワーです。

Apple製品はAppleストアまたはAppleオンラインショップで購入した方が良いですね。

弁護士、代理人を探して訴訟を起こそうと準備中です。

この際、金の損得など、眼中に無いです、おそらく私一人では負ける事でしょう。

しかし、黙っているより、行動を起こし、多くの人にAppleのサポートの実態を知ってもらう事が必要だと思いました。

ヨドバシカメラの担当者も、上席の人と話がしたくても繋いでもくれないそうです。

私は昨年の3月にiMacをヨドバシで購入しましたが、箱出しの時点ですでに挙動がおかしく、すぐに連絡を入れました。

ヨドバシさんは購入後、二週間以内であれば初期不良という事で、新品交換対応させて頂きますと言ってくれましたが、
(ヨドバシカメラに限らず、この購入後二週間以内であれば新品交換対応というのはどこでもしてくれますが)

が、しかし、「Appleさんの製品だけはAppleさんが、初期不良と認めてくれないと出来ないんです。申し訳ありません」との事。

すぐにAppleのサポートセンターに電話を入れると、ありとあらゆる検証を求めてくるのです。
とても2〜3日で終える事など不可能です。
検証には三週間ほど、かかりました。
そして、検証結果を報告し、画面共有で見てもらうと、「お客様の使ってるiMacは明らかに挙動がおかしい。購入店と相談して下さい」と。
ヨドバシカメラにその報告をすると、新品交換対応の期間二週間を過ぎてますので、交換ではなく修理対応になってしまうとのこと。
私は購入後すぐに連絡を入れてます、という旨を伝えると、Appleの担当者に連絡を入れるので、担当者の内線番号を教えて下さい、と。

数時間後ヨドバシカメラのから電話がかかってきて驚愕の返答がありました。
「お客様の購入された製品は当店のみならず、全国の店舗にシリアルナンバーが伝達されていて、返品不能製品となっているので、交換も修理もヨドバシカメラでは出来ないので、Appleさんと話しあって下さい。」

ヨドバシカメラの方から、製品が送れない様に先手を打っていたのです。

「私どもAppleの製品は、工場から出荷した時点では100%不良品はありませんので。」という言葉には絶句しました。

その後、何度かやり取りしましたが、どのスペシャリストが対応してもお手上げ状態。

外付けHDD2台はスペシャリストの操作によって、破損されてしまいました。

大切な音楽データも全て消してしまい、バックアップからの復旧にも失敗し、一部の楽曲は再生不能に。

「全力でサポートします」、と誰もが口を揃えて言いますが、音楽データがメチャクチャになると、「お客様のMacは明らかにおかしい、もうこれ以上私では怖くて操作出来ない」と途中で電話を切ってしまう人さえ一人や二人ではありません。

今やマウス、キーボードさえまともに動かない状態で私の手元にあるのです。

昨日、再起動をかけたら、見たこともない画面になり、3分ほどフリーズ、10年以上Macを使っていて初めて見る現象でした。

早速サポートに電話すると、修理なら出来ます、との事。
それまでの経緯を知っているので、無料で修理してくれるものとばかり思っておりました。
そしたら、修理は有料になるというじゃないですか。
私は購入後すぐに連絡し、これまで、500回以上のやり取りをしているのですが、と伝えると、
「いつ頃購入された製品でしょうか?電話されたのはいつでしょうか?」と聞くのです。
私が電話した時にガイダンスで購入年月日を言ってるんですよ、3月29日に購入されたiMacの製品で宜しいでしょうか?宜しければ1を、違う製品の場合は2を押して下さい、と。
その事を伝えると、お客様が購入後電話をされたという記録が残っておりません、って言うんですね。
「私も会話を録音してますので、もう一度、調べて下さい、」と言うと。
「今すぐ、録音を止めて下さい。録音を止めないと、こちらでは如何なるサポートも出来ないので」

「テープ回してないやろな?」のパクリかと思いましたね、さすがに。
何故、こちらで会話を録音していてはサポートが出来ないのか不思議でなりません。
「録音は止めましたので、お願いします」と言うと。

修理金額は最低でも6万5千円+消費税、お客様による過失が認められた場合は全額負担となります、と。
一年間のメーカー保証期間中、あれほどまでにハードウェアの欠陥は無いと主張してきたAppleが、保証期間が切れた後は、ハードウェアが壊れているので、電話でのサポートでの改善は無理だと言うのです。

しかも、ハードウェアテストのアプリケーションでの確認もしないで、故障ですから、サポートは無理だ、と言う回答はこれまでの主張と矛盾してますし、私の購入当初のサポートに電話した記録が一切無いと言うのは非常におかしな話です。

製品が届いてから、その時点ですでにおかしかったのに、どうして、7万円近くの修理費用を私が負担しないとならないのでしょう?

サポートする側が壊してしまった音楽データは誰がどう責任取るのでしょう?

これらを全て泣き寝入りしないといけないのでしょうか?

こういう事を起こさないためにも、Apple製品はAppleストア、またはオンラインショップで購入した方が安全です。

今やAppleは力を持ち過ぎました。モンスターと化してしまったと言っても過言ではありません。

2020/9/25 05:05  [2265-4124]   

 Bigshooterさん  

tam-tam17701827さん こんにちわ^^

世の中、理不尽なことが多すぎますね^^
今日はコロナの後遺症の検査と治療で朝から病院に行ってきましたが、これもまた不合理なことがあります。
コロナの場合、後遺症が残ってもウィルスが測定限界値以下になると国から何の保障もなくなって一般疾病扱いになります。
かなり後遺症の取り扱いに納得がいかないので折衝しているところです。

tam-tam17701827さんのアップルの件で私が思うのは、個人対企業で争っても明らかに個人が不利です。
弁護士に依頼して訴訟も視野にというお話も書かれてますが、アップル他大企業は国内でもトップクラスの弁護士を雇っているので一般の弁護士はなんやかんやと理由を付けて受けたがりません。
仮に裁判に持ち込めたとしても個人対大企業の場合、明らかな犯罪行為でもない限りほとんどのケースで個人側が敗けます。
仮に裁判に勝てたとしても弁護士費用でかなりの部分が持っいかれてしまうので経済効果はかなり少ないです。
メーカー側としては上記のような理由でむしろ裁判、訴訟はウェルカムです。
この手のケースだとある程度メーカーとやりとりして埒があかないようであれば、消費者センターと監督官庁の担当官に連絡してメーカーと折衝させたほうがベターかと思います。
公的機関を利用するとメーカーもすべて個人に対してするような曖昧適当な回答はできず場合によっては書面で事情書の提出を徴求されますし、顧客とのやりとりの進捗報告義務があるのでメーカーによっては監督官から連絡が入った段階でギブアップしてくれます。
メーカー側は大企業の場合、クレーム案件の場合、平均3ケ月程度の通話記録が残してあるはずなので顧客とメーカーの言い分に食い違いがあればメーカー側は通話記録の提出を求められます。
メーカーが一番嫌がるのは監督官庁なので上手く使うのもひとつの手だと思います。

私はもともと訴訟、裁判が日常茶飯事の業界の大企業サイドの人間だったので余計なお節介と感じつつご参考までに書込みさせていただきました。

監督官庁の動きが鈍い場合には、また別のやり方がありますので必要であれば言っていたたければ、可能な限りご協力いたします。

でわ^^

2020/9/25 12:27  [2265-4126]   

 Bigshooterさん  

tam-tam17701827さん 再びこんにちわ^^

アップルっていうと巨大企業のように感じますが、所詮アップルジャバンというアップルの出張所みたいな日本法人なのでビビらないでガンガンいったほうがいいですよ 笑

監督官庁の担当官から連絡が入ると通常はほとんどの大企業では担当者がある程度決裁権のある役付きに代わるシステムになっているので話が進むのも早いと思います

2020/9/25 13:08  [2265-4128]   

Bigshooterさん

こんにちは〜(^^)

こちらの掲示板の方に書き込んでくれてありがとうございます。

<世の中、理不尽なことが多すぎますね^^

私は麻雀打ちですから、理不尽な事には慣れているのですが、
Bigshooterさんが抱えている問題からすると非常に小さい事だと思います。
でも、これ価格の問題じゃないんですよ。
例え500円の製品でも、同じ様な対応されたら、私は同じ行動を取るでしょう。
損得の問題じゃないのです。

麻雀打ちだった頃、僅か4巡目に切ったオタ風が親の国士無双に打ち当たり、一般サラリーマンの平均年収の10倍ほどの金額が、吹き飛んだ事もありますよ(^○^)

<tam-tam17701827さんのアップルの件で私が思うのは、個人対企業で争っても明らかに個人が不利です。

これは鼻から負ける事はわかっております。
勝つ、負けるの問題では無いのです。
誠意のかけらも無い対応をしている、サポート体勢に対して、行動を起こす事によって多くの人に同じ様な思いをして欲しく無いというのが大前提としてあるのです。

とあるケーブルメーカーは凄く小さな企業でしたが、胸を打たれる様な素晴らしい対応をしてくれました。
最初に購入したケーブルがいわゆる緑化現象を起こしたので、購入店を通さず直接聞いてみました。
私としてはこういったケースは非常に珍しいんですが、
交換希望であれば、販売店を通します。
(この販売店も非常に素晴らしい対応をしてくれるのですが、名前は書けません。)
私としては、他にもこういった現象があるのかどうか聞きたかっただけなんですよ。
私が第一号らしく、そういった報告はこれまでのところ、一切無いとの事でしたが、翌日には新しいケーブルが送られてきました。
緑化現象を起こしたケーブルは手元に残ったままです。
「そちらのケーブルは私どもの方で、入念に調べたいと思いますので、お手数ですがお時間のある時にxxxxまで送って頂けないでしょうか?」と。
何と敏速な対応でしょう。
問題が発生したケーブルを検証するより先に新しいケーブルを送ってくれたのですね。
その後も、先程送ったケーブルも対策が出来ておりませんので、少々お時間がかかるかもしれませんが、お待ち頂けませんでしょうか?と。
2ヶ月後くらいに対策が施されたケーブルが何の連絡もなく送られてきたのです。
私の手元には同じケーブルが2本あるわけですね。
箱の中に同封されていた手紙には、以前送ったケーブルはこちらに返送する必要はございませんので、そのまま使用して頂ければ幸いです。と。

私は同じメーカーから発売された新製品の2本目のケーブルを購入した時にも、左側から音切れ現象が発生しました。
左右繋ぎ変えると、右側から音切れ現象が発生します。
なので、イヤホン側の問題では無いことがわかるのですが、別のイヤホンに接続しても音切れ現象は発生しないんですね。
一応、確認のためにイヤホン側のメーカーと、ケーブルメーカー、両方に連絡を入れました。
イヤホンメーカーは比較にならないほど、大きな会社ですが、他社製品のリケーブルは認めていないので、回答のしようが無いというものでした。
リケーブルは自己責任で行うもの、というのがあるので、こういった回答をされてもこれはこれで仕方がないのです。
僅か数名ほどで頑張っているケーブルメーカーの対応は全く違ったものでした。
「お手数ですが、すぐにこちらにそのケーブルを送ってくれませんでしょうか?」、と。
「いや、他のイヤホンでは特に問題を起こしていないので、ケーブル側の不良とも言えないものですし、特定のイヤホンのみに発生する現象ですから、私としてももう少し検証したいのですが、」
「検証は私どもの方で行いますので、音切れ現象が発生するイヤホンの型番を書いたものと、問題のあるケーブルを送って下さい。」

私がケーブルを発送するより先に新しいケーブルが既に届いてしまいました。
さすがに胸が熱くなります。

問題のあったケーブルを送り返してから、私の方から連絡を入れてみました。
「ケーブル側に問題があったのでしょうか?」
「同じ型番のイヤホンに接続してずっと検証しているのですが、音切れは発生しないです。他のイヤホンでもこれから、検証に入るところですが」
「だとすると、ケーブル側には何の問題も無かった可能性が高いですね。送られてきたケーブルは開封せずそのままにしてありますので、これは返送するので、購入したケーブルを送って下さい。」
「いや、新しいケーブルはお使いになって下さい、もう少し検証作業を続けたいと思いますので」、と。

この担当者の方とはその後も連絡を取り合いながら、色んな話をしてくれました。
まず驚いたのが、販売価格を少しでも安く設定する為に一切の広告がうてないとの事でした。
宣伝費用はお金がかかるので出せないと、その分のコストを製品の品質に当てたいそうです。
という事は、僅か一本のケーブルを新品交換対応しただけでもかなりのダメージがあるわけなんですよ。
そういう事情があるのにもかかわらず、私の話を信用して頂き、製品に問題があったかどうかより先に新しいケーブルを送ってくれていたんですね。
私はこの様な胸が熱くなる様な対応をして下さった小さなメーカーは、過去も現在も経験はありません。

それに対するイヤホンメーカーの対応を比較すると。
正論を言ってるのですから、決して悪いとは思いませんけど、全く誠意が伝わってこないんですね。
電話越しにでも話し方で、わかりますからね。

今回のiMacに関するAppleサイドの対応はとてもサポートとは言えないものです。
サポートするどころか、人のデータをメチャクチャにしておいて、一切の責任は無いというのですから。
私のところに届いた時点で既に挙動がおかしかったのにですよ。
ではこの問題は一体何処が責任を取るのか、私はアドバイザーの指示に従ってボタンをクリックしかしてませんので。

2020/9/25 16:58  [2265-4132]   

Bigshooterさん

文字数制限を超えてしまいました、w

<メーカー側としては上記のような理由でむしろ裁判、訴訟はウェルカムです。

これは私個人でも何人かの弁護士に関わった経験がありますので、こう言った事も折り込み済みです。
が、アドバイスありがとうございます(^^)

<この手のケースだとある程度メーカーとやりとりして埒があかないようであれば、消費者センターと監督官庁の担当官に連絡してメーカーと折衝させたほうがベターかと思います。

私としても、引き受けてくれる弁護士自体居ないのではないか?と考えておりました。
なので、弁護士もしくは代理人と書いています。
消費センターも視野には入れていましたが、監督官庁までの知識はありませんでした。
貴重なアドバイスありがとうございます(^^)

私は製品の交換とかはもはや求めていないのです。
そういった損得勘定は全く無いんですよ。
今回の様な事例が果たしてサポートと呼べるものかどうか、そこをはっきりさせたいだけなのです。
なので、負けるとわかっていても訴訟を起こした方がベターかと考えていたのですね。

<メーカー側は大企業の場合、クレーム案件の場合、平均3ケ月程度の通話記録が残してあるはずなので

そもそも、これらの記録が無いってのが不自然なんですね。
そして、私が通話記録を録音していてはサポートが続けられない、修理費用の見積もりも出せないって事はどういう事なのでしょう?
Appleサイドは、サポートに入る前にガイダンスで通話記録を録音させて頂きますと言ってきます。
一方的に会話を録音するのであれば、ユーザーサイドで通話を録音して都合が悪い事があるのでしょうか?

こういった事は逆では無いですかね、普通は?

<アップルっていうと巨大企業のように感じますが、所詮アップルジャバンというアップルの出張所みたいな日本法人なのでビビらないでガンガンいったほうがいいですよ 笑

警察相手に「上司から電話かけて来い!」と喧嘩を吹っかける様な人間がこんな事くらいで、ビビるはずがありません(^○^)
私は長い事アンダーグラウンドの世界で生きてきましたから、命を狙われる事もありましたので、w

とは言え、貴重なアドバイス、心より感謝申し上げます、ありがとうございます(^^)

2020/9/25 17:20  [2265-4133]   

 Bigshooterさん  

tam-tam17701827さん こんばんわ^^

こういった対応にもお詳しいようなので余計なコメントになってしまったようですみません。

最後に一点補足させていただくともし消費者センターと監督官庁をからめるのであれば、消費者センターには企業に対する強制力はないので企業とのやりとりの証人程度に考えておいた方が良いです。企業も消費者センターは舐めてかかってますからね〜

どの業界でも監督官庁の担当官が出てくると進捗報告とかで業務がパンクするのでユーザーをバカにした企業をお仕置きするには非常に効果的です。

お気に障るような文面もあったかと思いますがご容赦願います。
今後はこういった立ち入った内容の事柄については一切コメントしないようにいたします。
ご参考になるところがあれば使ってみて下さい でわ^^



2020/9/25 18:13  [2265-4134]   

Bigshooterさん

こんばんは(^^)

<こういった対応にもお詳しいようなので余計なコメントになってしまったようですみません。

いえ決して余計なコメントなんかじゃありません。とても助かってますよ(^^)

だって、単純に負けるから辞めた方がいいですって書いてないですし、普通に考えれば無謀な行動にしか映りませんから。

こうしてBigshooterさんが意見を書き込んでくれた事で、Appleのサポート体制に対する事を知る人も居るでしょうし。

<最後に一点補足させていただくともし消費者センターと監督官庁をからめるのであれば、............

以下のアドバイスは私が知らなかった事でしたので、非常に勉強になった次第です(^^♪
ありがとうございます<(_ _)>

<お気に障るような文面もあったかと思いますがご容赦願います。

いえ、何一つありませんでしたし、むしろ、私を応援してくれているような感じでしたので、励みにもなりましたし。

取り敢えず、ここで、私が伝えたかったものは、Apple製品は量販店を通さずにApple直営店またはオンラインストアで購入した方が良いですって事ですから。
その方がこうしたトラブルは防げますので、僅かなポイント目当てで量販店を通して購入した場合、非常に少ないとは思いますが、私の様な事例になる事もあります、って事なので。

私もApple社が嫌いなのであれば、10年以上も製品を使い続けて無いですからね。
非常に魅力がある製品を高いクオリティーで出していますよ。

しかし、今回のサポートについては疑問符を投げかける他ありません。

これはSONYとかも同じじゃないですかね。
SONY製品は壊れやすい、とか、「SONYタイマー」なる言葉もありますが、私が購入したSONYのCDプレイヤーは25年近く経った現在でもちゃんと動きますからね。
購入したSONY製品は数が多いですが、不思議と初期不良品に当たった事はありませんからね。

運悪く、初期不良品のiMacが私のところに届いてしまった、それだけの事なんですよ。
問題はその後のApple側の対応にあり、感電量販店最大手のヨドバシカメラでさえ、手も足も出ないって事ですね。

ヨドバシさんも頭を抱えていましたからね。

2020/9/25 21:01  [2265-4136]   

コラム : ベートーヴェンの交響曲第5番 「運命」

イヤホン、ヘッドホン関係の事ばかり書いていましたので、音楽の事でも書きましょう。

私が小学生だった頃、クラスメートが夢中になって聴いていたのは「東村山音頭」でして、これは私もシングルレコードで持っていました。

音楽に夢中になる歳頃って、大体中学生に入った頃からだと思うんですよね。

私の時代は丁度、大物アイドル全盛期の年代でしたから、たのきんトリオ、松田聖子、中森明菜、小泉今日子他そうそうたる大物アイドルがたくさんいました。

ほとんどの子は、そういったアイドル歌手の歌を聴いていたと思います。

後は洋楽好きの子が少々、マイケル・ジャクソン、マドンナとかですね。

私の年代はピアノなど習っている女の子が多い時代でしたので、達者にピアノを弾ける子が今よりかはちょっと多かった様な気がします。

私は、というと、楽器も習っていないし、父親も母親も、祖母も、クラシック音楽とは全く無縁の環境でしたが、9歳の頃からクラシック音楽に夢中になり、聴いていましたね。

何故ベートーヴェンを好きになったのか?までは覚えてないですね。

最初に好きになった曲がベートーヴェンのレオノーレ序曲第3番でしたね、カラヤン指揮の演奏でした。

私の中ではベートーヴェンと言うと例の「ジャジャジャジャーン」しかありませんでしたから、こんな神秘的に始まる曲も作曲していたのか?という違和感しかありませんでしたが、とにかく魅了されましたね。

となると、例の「ジャジャジャジャーン」がこの後どうなっていくのか大変気になる訳ですよ。

図書館に行ってベートーヴェンの本を借りてきて、その帰りにレコード屋に行って運命のレコードを見つけて、裏面を見てみると、「運命」という曲は4つの曲から成り立っている事を知りました。

ますます、興味津々ですよ、w

4つも曲がある?
演奏時間が30分?
苦悩から勝利の歓喜へ?

聴いてみたい、聴いてみたい、聴いてみたい、ですよ、w

「ジャジャジャジャーン」はみんな知っていると思うんですが、その後、どういった感じになっていくのか興味を持たないものなんでしょうかね?

私は学校からレコードを借りて、聴いてみましたけど、第二楽章だけはピンときませんでしたが、大迫力の音楽にとにかく圧倒的な衝撃を受けました。

「ジャジャジャジャーン」の後はどういった風に終わるんだろう?と誰しも興味を持つものと思っていましたが、実際のところ、どうなんでしょうね?

2020/9/26 00:09  [2265-4137]   

 m56059さん  

tam-tamさん
お久しぶりです。私は元気にしていました。
こちらレンタルできるみたいですよー!

ONZO newspring NSE1000-A

https://www.onzo.co.jp/products/283/

名古屋のeイヤにはまだ無かったです。

2020/9/26 19:07  [2265-4145]   

あら〜m56059さん!!

メールチェックしていたんですが、あれ〜?

お元気でしたか、やはり(^^♪
良かったです〜、嬉しいでやんす、w

<こちらレンタルできるみたいですよー!

さすが、情報が早いですね!!
ありがとうございます(^^)

書きたい事はm56059さんの掲示板の方に書き込みます(^^)

2020/9/27 02:20  [2265-4148]   

ポール・パレー盤 人気のあるケルテス盤。 トスカニーニ 盤。 泥臭いシルヴェストリ盤。

コラム: 私の愛聴盤シリーズ ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」編

クラシック、ポップス、ロック問わず、私の愛聴盤を紹介していく新シリーズです。
(気紛れなので、いつまで続くかわかりません、w)

今回は比較的良く知られているドヴォルザークの名曲、「新世界より」を取り上げます。

私はちょっと変わった傾向の演奏を好むタイプですので、私の愛聴盤としている盤は不用意に購入しない様に気をつけて頂けると幸いです。

ドヴォルザークという作曲家はチェコ出身の人ですから、同郷の指揮者が演奏されたものが名盤が多いです。
この曲に関しては「アメリカ」という国をモチーフとして作曲してあるので、アメリカで活躍している指揮者の演奏も名盤が多いですね。

オーソッドクスなスタイルの演奏の名盤という事であれば、間違いなく、チェコ出身の指揮者の盤を買うのがハズレも少ないのでベターかと思います。

ラファエル・クーベリック指揮、チェコ・フィルとの演奏、
(ベルリン・フィルを振った盤もあり、こちらも良いのですが、個人的にはチェコ・フィルの方を取りたいですね)
カレル・アンチェル指揮チェコ・フィルによる演奏、

ヴァーツラフ・ノイマン指揮チェコ・フィルによる演奏、

それぞれ、好みがあるとは思いますが、手始めとしては最初の一枚として上記のいずれかの演奏によるものを購入されれば間違いはないでしょう。

と、名曲、名盤を紹介するものでは無かったですね、今回のシリーズは、w

私の独断と偏見による、愛聴盤を紹介する趣旨のものでした。

左側からいってみましょう!!

ポール・パレー指揮、デトロイト交響楽団による演奏で、「新世界より」ではほとんどこの盤しか聴きません。

おそらく、「新世界より」の名盤としてポール・パレー指揮のこの盤を筆頭として紹介している記事、本などは無いと思います。

弾ける様なリズムで軽快に演奏されるのが、この盤の最大の魅力なのですが、一歩間違えると、ポップスオーケストラによる演奏の様にも聴こえてしまうので、個人的にはお勧めは致しません。

1960年の録音とは思えないほどの鮮明なステレオ録音。
洗練されたモダンな演奏の極致と言って良いかと思います。
カラヤン盤はオーケストラが重すぎる、と感じる方にはうってつけの演奏です。

2つ目はイシュトヴァン・ケルテス指揮、ウィーンフィルによる演奏。
これは愛聴盤ではありません。
「新世界より」の名盤として必ずと言って良いほど、出てくるのがこの若き天才ケルテスの演奏なので、取り上げました。
現在は音楽評論家の意見、感想は聞く耳持たず、といった姿勢でおりますが、10代の頃はまともに評論家の意見を参考にしておりましたので。

さて購入したものの、このケルテス盤は私の心には響きませんでした。
どこが良いのかさっぱりわからない、というのが素直な感想ではありますが、
スコアを見ながら聴けば、この部分の処理が凄い、とかなるのでしょうけど、私はそこまで分析的に聴く事が出来ません。
と言っても決して酷い演奏というわけでも無いのです。極々オーソドックスな演奏に聴こえてしまう、といういわゆる聴き手側の問題であると思っていますね。
例えで言うならば、私は見た目で選んでしまっていると、w←何を?書けませ〜ん(^○^)

それと話はそれますが、私も10代の頃はハンドスコアなぞ買ったりしていました、生意気にも、w
が、これは注意した方が良いですよ。
スコアを買うなら、フルサイズのスコア?、まあ指揮者が使う様な大きなサイズのものを購入した方が良いです。
特にベートーヴェンまでの古典的作品に関しては、金管楽器にはまだバルブが開発されておらず、メロディーを吹かせる事が出来ない為、全休止になっている部分が非常に多いのです。
ハンドスコアではそういった部分は弦楽パートの部分だけしか楽譜の記載が無いので、1ページに2段書いてあるので、非常に読みづらいんですね。
なので、少々高くても、最初は大きなサイズのスコアを購入される事をお勧め致します。

3つ目は私が最も好きである、アルトゥーロ・トスカニーニ指揮による演奏の盤です。
オーケストラはNBC交響楽団。
好きな指揮者だからといって、全て評価するつもりはありません。
なので、この様なトスカニーニみたいな演奏が好きな方は、より音が鮮明である、ステレオ録音による演奏のCDを購入された方が良いでしょうね。
”弾丸ライナー”の異名を持つ、フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団による演奏をお勧めしておきます。

最後は、コンスタンティン・シルヴェストリ指揮フランス国立放送局管弦楽団による演奏のCDです。

コンスタンティン・シルヴェストリ?って何者と思う人が多いかと思いますが、私もどうしてこの様なCDを持っているのかがわかりませんで、w

良い意味で、泥臭い演奏ですね。本当にフランスのオーケストラ?といった感じです、w
洗練されたカラヤンとは対極に位置する様な演奏となっております。
最も、この指揮者に対してはオーソドックスに演奏している方で、強烈な個性を持つ演奏をする指揮者としてその道では有名なお方です、w
「新世界より」では珍盤の部類に入るCDかと思いますが、驚くべき事に今でも入手可能となっております、w
価格も安いので、興味のある方は聴いてみてください(^^♪
意外とまともに演奏してますので、ゲテモノ好きの方は要注意ですね、w

2020/9/29 12:46  [2265-4187]   

世界初のCDとしても有名です。 名曲揃いの傑作アルバム。

コラム : 私の愛聴盤シリーズ ビリー・ジョエル編

Rockにおいてはおそらく、ビリー・ジョエルが聴きやすいものとしては最初にして最後になると思われます。
(正確なカテゴリーはRockでは無いですね、ポピュラーミュージックになると思われます)

後に控えているのは、ケイト・ブッシュ嬢やトム・ウェイツですし、イタリアン・ロック、ジャーマン・ロックというあまり聴いている人が少ないものばかりですので。

Rockにおいて、最初にコンプリートしたアーティストですね、ビリー・ジョエル殿は。

クラシック音楽以外の音楽を聴き始めたのが高校に入学してからなんですよね。
それまではクラシック音楽しか聴いておりませんし、それ以外の音楽の知識もゼロに等しかったので。

運が良い事にちょうどその頃、レンタルレコードなるものが爆発的ブームになりまして、Rock、POPといったレコードが比較的お金がかからず聴けた時代でもありました。

なんで、高校に入学した途端、クラシック音楽から、ポピュラーミュジックに転向したか?ですって?
そりゃ、単純な話でんがな、w
変な目で見られたくなかったんですね〜、w
(断っておきますが、異性の眼差しを気にしての事ではありませんよ、w 友達と話を合わせる為です!!)

まあ、でも女の子から、「どんな音楽聴いてるの?」と質問されて、「クラシック」と答えようものなら、「キモい!!」と言われてしまう時代でしたからね〜、w←思いっきり気にしてますね、爆、w

そんな細かい事はどうでも良いんですよ、w

ビリー・ジョエルの愛聴盤の話ですよ、w

2枚しか画像添付しませんでしたが、いくら添付してもキリがありませんので、私の勝手な都合で割愛させて頂きます。

左が「ニューヨーク52番街」、右が「ストレンジャー」ですね。

コンプリートしてるって事は全楽曲を聴いているって事になるので、マニアですよね。
ですので、本当の意味でこの2枚を超える愛聴盤はあるんですが、マニアックになってしまいますので。

独断と偏見による愛聴盤シリーズじゃなかったのかよ!
まあそんなにカリカリしなさんなって、マニアックな楽曲はこれから腐るほど出てきますのでね、w
(最近、妄想する事が多くなりまして、イヤホンを装着しなくても勝手に音楽が聴こえてくるように、w)

とまあ、ふざけた前説はここまでにして、書いていきましょう!!

「ビリー・ザ・ベスト」という大ヒットしたベスト盤もあり、ビリー・ジョエルの魅力を知るにはそちらのCDの方が手っ取り早いかもしれませんが、なんと言ってもこの2枚のCDが一番魅力的な部分が詰まっておりますので。

私がビリー・ジョエルを聴き始めた頃には「イノセント・マン」までの10枚のアルバムしかリリースされてなかったんですよ。
最初に心が奪われた曲が「オネスティ」なんですが、有線で聴いたので、曲名がわからない。
歌っているのが、ビリー・ジョエルというアメリカのシンガーソングライターである、という事しか知らなかったんです。

近所のレンタルレコード店にはリリースされた全てのオリジナルアルバムが揃っておりました。
私は当初、「オネスティ」を探す為に、ビリー・ジョエルのレコードを聴いていったわけで、最初からコンプリートなどする気はさらさら無かったのです。

ところがですよアナタ、レンタルしてもレンタルしても、「オネスティ」が入っていないじゃありませんか。

10枚目に借りた「ニューヨーク52番街」に入っていたので、自然と完全コンプリートしちゃったんですよね、
どんな引きしとんねん!!、と、w
心の中は高田延彦状態ですよ、「出てこいや!!!」、と。

この2枚は非常に甲乙付けがたいですね〜。

「ニューヨーク52番街」には、誰もが耳にした事がある、「ビッグ・ショット」「オネスティ」「マイ・ライフ」が収録されておりますし、
「ストレンジャー」はビリーの人気を決定付けたアルバムとしても大変な名曲揃いですし。

「ストレンジャー」の中ではおそらく最も知名度が低いであろう「ウィーン」が好きでしたねえ。
何度聴いても飽きがこないんですよね。

それに私がビリー・ジョエルの中で一番好きな曲「プレリュード〜怒れる若者」は「ストレンジャー」の一つ前のアルバム「ニューヨーク物語」に収録されていますから。

ビリー・ジョエルを色々調べていくと、必ずよく比較として取り上げらるアーティストがエルトン・ジョンとポール・マッカートニーなんですよね。
同じピアノ・マンとしてエルトン・ジョンは理解出来るんですけど、ポール・マッカートニーがわからない。

ポールってビートルズのメンバーじゃないの? そんなに影響された痕跡があるの?
って感じで、どんどん深い沼に入っていくのでありました、w

この2枚のアルバムはビリー・ジョエルの代表作でもありますので、アルバム収録曲を聴くにはそれほど苦労しないと思います。

アルバム収録曲はウィキペディアで調べられますし、ほとんどの曲はYouTubeで聴く事が出来ますので。

ビリー・ジョエルなんて全然知らない、って人は取り敢えず「オネスティ」と「素顔のままで」だけでも聴いてみてください。

素敵な曲ですので(^^♪

2020/9/30 02:27  [2265-4201]   

世界最初の全集ですね(^^) 初めて購入した全集。 まさしく爆演!! グレン・グールドによる選集。

コラム: 私の愛聴盤シリーズ ベートーヴェン ピアノ・ソナタ全集、選集編

頑張ってますね〜意外と、私、w

今回は私が最も敬愛する作曲家、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集、選集からチョイスしてみました。

左から、いきましょう!!

アルトゥール・シュナーベルによる、世界最初のベートーヴェンのピアノ・ソナタの全集です。

1932年から35年にかけての録音なので、当然ながら音も悪いです。

おそらく最も下手クソな全集と言っても過言ではありません、w
そんじょそこいらにいる、ピアニストを志望して学んでいる学生さんの方がよほど上手いでしょう。
時代的な録音の制約もあったのだと思いますが、一発録りのため、ミスタッチも非常に多く、そう言った意味でもお勧め出来るような代物では無いです。
技術的に不足しているのは誰が聴いても明白なのですが、非常に素晴らしい演奏がこの全集にはあるのです。
第30番の第3楽章、私の中ではこれ以上素晴らしい演奏はありません。
誰も今更この全集を聴く人が居ないのか、この30番の演奏について、感想など述べているものさえ見た事がありません。
シュナーベルを超える演奏を探して、ありとあらゆる、ピアニストの演奏を聴いてみましたが、この第3楽章だけはダメです、まさしく不滅の名演となってますね。

2番目はヴィルヘルム・バックハウスによる2回目のステレオ録音による全集。

私が一番最初に購入した全集でもあります。
人によっては、もう少し早い時期に録音されたモノラル録音の1回目の全集の方がテクニカルの面でそちらの方が良いという方もおられますが、どっちしろ全盛期をとうに過ぎた時期に録音されたものなので、音質的に聴きやすいステレオ録音の2回目の全集を選択された方が良いと思ってます。

ベートーヴェンのピアノ・ソナタを語る上で、バックハウスは外せません。
と言うのは昔の話で、私はこの全集を積極的にお勧めする気にはなれません。
私個人では、非常に素晴らしいとは思いますし、唯一無二の全集だと思っておりますが。
時代的にやはり古いですよね、洗練された演奏でも無いので、好きな人が買えば良いというスタンスを取っています。
しかし、まるで、ベートーヴェン本人が弾いてるかと錯覚するほどなので、大変な名盤だとは思いますね。

3番目はスヴァトスラフ・リヒテルによる、ソナタ選集。
「悲愴」「熱情」第12番が収録された、モノラル録音によるものですね。
なんと言っても、「熱情」の最終楽章が凄い! 
コーダの部分はもう何がどうなってるのかさえわからない、w
まさしく、熱情的な爆演となっており、そんじょそこらのロックもお手上げのカオス状態となっております、w
これも一歩間違えば、いわゆるゲテモノ的な演奏と感じる人もいるでしょうから、ちょっと積極的にはお勧めしにくいですね、間違い無く凄い演奏なんですけど。
個人的には愛聴盤であることに変わりはないものですが。

4番目はグレン・グールドによる、ピアノ・ソナタ選集。

こちらは2つの2枚組で構成された選集であって全集ではありません。
グールド自身が好きな曲だけ録音したのか、全集を完成させようとして出来なかったのかわかりません。
とりあえず、「熱情」でも聴いてみると、遅い、あまりにも遅い、w
私が好きな30番の第3楽章を聴いてみると、早い、あまりも早い、w
ちょっと、ふざけているんでしょうかね、w
こんな訳で、これはグールドファン以外にはお勧め出来ないピアノ・ソナタ選集ですね、w

とまあ、こんな感じなんですが、結局お勧め出来る様なものが一つも無い、w

私の愛聴盤は無視して、好みに合う全集を頑張って見つけてみて下さい、w

さいなら〜(^○^)

2020/10/1 04:14  [2265-4221]   

名盤ですね(^^) 幻想交響曲史上最も強烈な演奏。 評価の高い名盤?? 大好きなポール・パレー盤

コラム: 私の愛聴盤シリーズ ベルリオーズ 「幻想交響曲」編

もうネタが尽きたか、と思っていた方も多いでしょう。

書くのはいいんですが、画像を添付する作業の方で、てんてこ舞いでして、w

まず、CDを探さないといけないわけで、これが最初の難関なのです←整理整頓せんかい( ̄▽ ̄)

次に写真を撮らないといけないでしょ、これがめんどくさい作業でありまして(^_^;)

まあ御託はこの辺にしてですね、早速いってみましょうか!!


左からシャルル・ミュンシュ指揮パリ管弦楽団の演奏。

評論家からもこの盤を絶賛する声は多く、「幻想交響曲」の名盤で必ずと言って良いほど、あがるのがこのCDです。

私は多くの音楽評論家が称賛するCDというのは基本的に嫌いなのですが、さすがにこのCDまで否定してしまったら、単なる天邪鬼となってしまいます。

ミュンシュ指揮の「幻想交響曲」ではパリ管弦楽団ではなく、1962年録音のボストン交響楽団による演奏の方が良い、という人もおられますが、どちらか一枚、という事であれば、わかりやすく楽しめるパリ管弦楽団の演奏をお勧めすると思います。

情熱溢れる名演ですので、これを購入して失敗した、とはならないと思うんですよね。
この演奏に対してあれこれとケチがつけられる人は余程の通だと思いますし、最初の一枚としてもお勧め出来るものだと思います。


2番目はエフゲニー・ムラヴィンスキー指揮、レニングラード・フィルによる演奏。

数ある「幻想交響曲」の演奏の中でも最も強烈なものでしょう。

画像添付してあるCDは海賊盤なので、現在は入手不可能だと思われます。(中古だったらあるかも)

音が悪いので、これは「幻想交響曲」のCDを10枚近く持っているような方でもない限りお勧めは出来ません。

ムラヴィンスキーによる「幻想交響曲」はちゃんとしたレーベルからも発売されていますので、興味のある方はそちらのCDを購入した方が良いでしょう。
(私が所有している海賊盤とほぼ同じ頃の演奏なので、基本的アプローチは変わってないと思います。)


3番目はチョン・ミュンフン指揮パリ・バスティーユ管弦楽団による演奏。

「幻想交響曲」史上、最も話題となった演奏だと思いますね、これ。

指揮者のチョン・ミョンフンは、著名なヴァイオリニスト、チョン・キョンファの弟さんですね。
(チョン・ミュンフンと記載されていましたので昔は、なので、どちらでも間違いではないです。)

1995年度レコードアカデミー賞受賞したCDでもあります。
が、何度聴いても、この演奏の魅力がわからない。

確かに新人指揮者の演奏としては良い出来になるのかも知れませんが、これよりも魅力的な「幻想交響曲」はいくらでもありますので、
音楽評論家達がこぞってこのCDを絶賛した理由が私にはわからないですね。
これを機に、音楽評論家の推薦盤は当てにならないもの、となった記念碑的名盤です、w


4番目はポール・パレー指揮デトロイト交響楽団による演奏。

「幻想交響曲」では私の最大の愛聴盤がこのCDとなります。
ドヴォルザークの「新世界より」でも、愛聴盤として、このポール・パレーのCDを紹介してますが、

ポール、パレーはフランス生まれの指揮者ですから、いわゆるお国ものの演奏ってやつですね。

この演奏も何故かあまり評価されていません、多分、名曲、名盤の類の書籍で探してもこのCDを名盤として紹介してあるものは非常に少ないと思います。
それでも、「新世界より」かはこちらの方がお国ものの演奏なので、それなりに評価されて良いとは思うんですが。

ドヴォルザークの「新世界より」同様、早めのテンポで演奏される実に爽快なもので、「幻想交響曲」特有のドロドロとした感は全く無く、そういった意味でも非常に気持ちよく聴ける名盤です。

第一楽章はどの指揮者よりも早いテンポで演奏されており、疾風のごとくと言ったもので、おそらく最速のテンポによる演奏ではないでしょうか。

カラヤンだとオーケストラが重過ぎて楽しめないって人には是非聴いてもらいたい、うってつけの演奏だと思います。

早いテンポで演奏される、爽快さと切れ味を楽しめる、ポール・パレー盤はもっともっと評価されて然るべき名盤だと思うのですけどねえ。

ベルリオーズの「幻想交響曲」を初めて聴くって人には一番最初に紹介したシャルル・ミュンシュのCDの方が良いでしょうね。

画像添付が4つまでしか出来ないので、4枚しかコメントしておりませんが、これ以外にも素晴らしい演奏はたくさんありますので、好みの演奏を探してみて下さい。
(古楽器派の演奏を紹介出来なかったのは残念ですが、良い演奏はありますよ♪)


2020/10/4 02:28  [2265-4289]   

比較に使用したCD

コラム : 伝説の名機 ゼンハイザー HD650

ふとした経緯でゼンハイザーの傑作ヘッドホンHD650がただ同然で我が家にやって来ました。

私が買い揃えたイヤホン、ヘッドホンはどれも安室奈美恵さんの楽曲を気持ち良く聴く為に選択したものばかりですので、私の音楽の原点でもあるクラシック音楽は完全に無視した形となっております。

ほぼ1年半にわたり、安室奈美恵さんばかり聴いていましたが、ここ最近は再びクラシック音楽を聴く機会も増えたので、クラシック音楽に定評のあるヘッドホンが一つ欲しいなあ、なんて思っていた矢先の出来事でした。

イヤホンに比べるとヘッドホンは本体が大きいので、手持ちのヘッドホンを全て使える様にする事はスペースの関係上、難しく、お気に入りのヘッドホン、5本を主体として使用しておりました。

1、FOSTEX TH900
2、TAGO T3-01
3、JVC HA-MX100Z
4、GRADO SR325e
5、オーディオテクニカ ATH-SR9

TH900だけがハイエンドで、後はミドルクラスのヘッドホンばかりです。
2と3はモニターヘッドホン、4と5がリスニングヘッドホンという事になりますね。

今回は新しくHD650が仲間入りした訳ですが、スペースの関係上1本はしばらくの間冬眠して頂かないとならない。

私は音楽を聴きながら眠ってしまうという特性があるので、最も気軽に使えないTH900くんにしました。
(しばしの間さようなら、TH900殿。)

さてさて、クラシック音楽を聴くのには最高峰との声もあるHD650の実力は如何に、
という事で、今回はオーテクのSR9とGRADO SR325eとで聴き比べてみました。

CDは1995年度レコードアカデミー賞を受賞した、チョン・ミュンフン指揮の「幻想交響曲」。
レコードアカデミー賞を受賞するくらいですから、それなりに音質は良いだろうと判断しました。

3つのヘッドホンはインピーダンスが32Ω〜300Ωとかなりの開きがありますが、ほぼ同じボリューム位置で聴いています。

製品レビューでは無いのですが、見た目の作りはHD650が突出してますね。
ドライバーはSR9が最も高性能な作りのものを使用していると思われます。
また、SR9だけが密閉型で、SR325eとHD650は開放型という違いがありますね、これも非常に大きなポイントです。

ヘッドホンアンプはDENONの310USB、フルデジタルヘッドホンアンプです。

3つのヘッドホンに価格の大きな差異はありません。

まず、クラシック音楽では最高峰との声もある、HD650で聴いてみました。
開放型特有の音抜けの良さ、厚みのある音、空間表現力、刺激的な音を全く鳴らさないマイルドで上品な音。
しかしながら、高域が籠もった感じもあり、これが、エージング不足によるものなのか、アンプとの相性の悪さなのかが、現時点ではわからない。
私としては、純正ケーブルによる影響が最も大きいと思っておりますが。

オーテクのSR9、このヘッドホンだけリケーブルしており、付属のケーブルでは使用しておりません。

高域における超高解像度はSR9の特色の一つであり、現代的なEDMに代表されるような楽曲では素晴らしく気持ち良く鳴らしてくれます。

「幻想交響曲」は作曲された当時においては異例とも言えるほど、金管がふんだんに使用されているので、金管楽器を綺麗に鳴らしてくれるという点に関してはSR9の方が明らかに上です。
しかし、これが同じCDか?というほどに鳴り方が違いますねえ。
今ではすっかり存在感の無いSR9ですが、これは数あるオーテクのヘッドホンの中でもかなり実力派の傑作機では無いでしょうか。
特にクラシック音楽に関して、このSR9が比較として出てくる事は無いと思いますが、ここまで鳴らしてくる以上、決して無視出来ないヘッドホンではあります。
個人的には今回の「幻想交響曲」のCDに関する限りではHD650よりも魅力的に聴かせてくれます。
ただ、HD650に敵わないのがあるとすれば、音の立体感でしょうね。SR9は比較すると平面的に聴こえます。

ロックホンとの異名を持つSR325eはRock好きには定評のある、こちらもロングセラーの定番のヘッドホンです。

作りは非常にチープ、オンイヤータイプで、しかも装着感がすこぶる悪い。
ベストポジションからも僅かな動きでズレてしまう、という問題だらけのヘッドホンでもあり、こういった価格帯で今更このヘッドホンを購入される方は居ないと思われます。
しかもRockでは無く、クラシック音楽での比較ですから、明らかに分が悪い。
と思いきや、全てが圧倒的に突き抜けてますなあ、このヘッドホン。
音抜けの良さはHD650とは比較にならないほど素晴らしい。
試聴用に使用したCDの音質の良さが実感出来たのはSR325eのみ、
アンプとの相性もあるのでしょうが、「音」のみで評価するのであれば、一つ上どころの話では無いです。
低音から、高音までの素晴らしいバランスと言い、ちょっと勝負にならない感じですね。
最もこのGRADO SR325eはケーブルに異常とも言える物量投資をしているので、この辺りに素晴らしいサウンドを奏でる要因がありそうですが。

問題のHD650は一度、LUXMANのハイエンドクラスのヘッドホンアンプで素晴らしい音を体感しておりますので、単純に私の使用しているヘッドホンアンプが力不足なのでしょう。

それでもやはりすんなりと納得出来るはずも無く、実力を存分に発揮出来る環境を考察してみたいと思うところです。
付属ケーブルからリケーブルしてどれだけの変化があるか、非常に興味のあるところです。
(ゼンハイザーの付属純正ケーブルの品質は私は信頼しておりませんので)

それでもHD650に戻して聴いてみると、何時間でも聴いていられる、いわゆる聴き疲れとは無縁なヘッドホンだということが実感出来ますね。

超ロングセラーモデルなので、現在の価格は非常にお値打ちなものであり、古いモデルではありますが、まさに今が買い時と言っても過言ではありません。
が、真のポテンシャルを発揮させる為にはそれ相応のヘッドホンアンプが必要ですね。

2020/10/5 15:16  [2265-4314]   

コラム: ゼンハイザー HD650の謎。

ゼンハイザーの名機 HD650は、1997年に発売されたHD600というヘッドホンを元に制作されたモデルで、2003年発売当時のフラグシップヘッドホンです。

当時としては一般ユーザーからため息が出るほどの高額ヘッドホンで、音楽ファンの憧れの製品だったと思います。

ゼンハイザーは、わからないところで、たびたびリニューアルしているので、発売当初のモデルと現在発売されているモデルとでは細部が異なっている部分があちこちにあるんですね。

タイトルの「謎」というのは、再生周波数帯域の問題ですね。

発売当初のスペックではこの再生周波数帯域が、10〜39,500Hzとなっています。

ハイレゾ対応ロゴを取得するには40,000Hzまで必要なので、僅かに及びません。

そして、現在発売されているモデルは、これが10〜41,000Hzとなっています。
当然ながら、パッケージにもハイレゾ対応ロゴが付いています。

明らかにハイレゾ対応を意識した、スペック変更である事はわかるのですが、ゼンハイザー側はその点についての言及が一切無いんですね。

何処かをいじらなければ、再生周波数帯域の拡張は出来ません。

ですが、ドライバーをはじめ、音質に関連するものには改良を施したというアナウンスがありません。

専門店のスタッフに聞いてもこれはわからない、との事。

何処もいじらないで、再生周波数帯域が、ハイレゾ対応まで拡張してしまっているという事になります。

「謎」では無いですか?

コアなヘッドホンファンによると、再生周波数帯域が違う、2つのHD650では音が違うと言うんですね。

〜39,500Hzと〜41,000Hzまでの音は人の耳では確認のしようがありませんが、実際の音質が違うとなれば話は変わってきちゃいますよね。

ハイレゾ対応していない旧パッケージモデルの方が音質が良いと言う人が多いそうです。

とある専門店のスタッフさんに聞いてみましたが、聴き比べても新旧のモデルで、音の違いは判別出来ないそうです。

イヤホン、ヘッドホン関連に詳しい人物にコンタクトを取って事情を聞いてみました。

箱が全てだと、言うんですね。
箱が本物であれば、その中に入っているヘッドホンが偽物であってもわからないそうです。

つまり、ヘッドホン本体だけでは本物か偽物か判別する手段は無いそうです。

そして、スペック表記が変わってしまった、再生周波数帯域に関しては、メーカーサイドの主張でどうにでもなると。

つまり、音に関わる部分は何処もいじってなくても、測定する装置を新しい最新の機器で測定し直したら、〜41,000Hzまで出ていたと申告すればそれで通ってしまうという事らしいです。

初期型モデルと、現在発売されているハイレゾ対応モデルは製造国も違います。

初期型はmade in ireland
現在のモデルはmade in romaniaとなっています。

これもヘッドホン本体には刻印されておりませんので、「箱」が全てとなってしまいます。

もちろん、製造国によるヘッドホン本体の違いは本体だけでも確認する事は出来ます。

ヘッドバンドのロゴ位置。
R、Lの表示が外側から内側に移動。

しかし、これらを確認したところで、本体が本物か偽物かはわからないそうです。

安心して使用する為にも、購入に関しては、信頼出来るショップで購入した方が良いでしょうね。
(中古品は特に危険だそうです、本体だけみても専門店のスタッフでさえ判別不能らしいので。)



2020/10/8 18:03  [2265-4335]   

 m56059さん  

tam-tamさん
いや〜 センヘイサー祭りになっておりますね〜!

いや〜センヘイサーという名称良いですねー!
私、超超超気に入っております!!
ストレートに笑えるし、たしかにセンヘイサーって読めるし、かといってお洒落な雰囲気もあるし、私の今月の流行語大賞を受賞致しました!

私も私見をあれこれと書いてみます〜
まず忘れないうちに。HD650は御紹介したJoey Alexanderさんにとっても合っていると思います。
IER-Z1Rにも合うのでしょうね〜
こういった、低域支配気味(彼のピアノは低い鍵盤が多いのかな)の音源で、しばしばスカーーンと高域が噴出する音源が合うのかなと思っております。先回紹介したアルバムも良いと思うのですが、私は下記の音源の方が最近好きです。↓
Countdown
ジョーイ・アレキサンダー
https://www.youtube.com/watch?v=AqS1DvRP
wHA&list=OLAK5uy_kk_WXbsuw5aRmU39cAH
xzAT_vXH4OAfGg


イヤーパッドのお話しありがとうございます。
dekoni audio なんとなく名前だけは知っていました。
私も実はイヤーパッド交換には興味は若干だけあります。まだ変えませんが。
本機のイヤパはベロアで感触も良いのですが、低域爆音で聴くとブルブル震えてきます(スキャルキャンディのHPのように)。それが好ましい時もあるのですが、基本的にはうっとうしいし
音質にも若干の影響が出てるのでは??と思ってしまいます。K812は人工皮であるからかまったくそういう事はありません。もし将来的にHD650の音を変えたくなったら、変えてみようかな。
ただ、K701のイヤパ交換で失敗しているので慎重になってしまいます。イヤホンのイヤピと同様、
イヤパ交換は確実に音質を変えますから。dekoni audioのサイトを見ましたが、
HD650の低域を一番損なわないイヤパはどれなんでしょうね?
https://miyaji.co.jp/DekoniAudio/model.p
hp?model=Sennheiser%EF%BC%88HD600%EF%BC%
89


ちなみに私のK701イヤパ失敗交換って縁側で検索できますでしょうか?
あっ!!試聴のタグ付けありがとうございました!なんと機種別ではありませんか!!
大変な作業だったでしょう! ありがとうございました!
あ、そうか K701タグで調べてみます。

HD650のリニューアルとニセモノについて

私はsandalさんのサイトで購入前に調べました。
https://sandalaudio.blogspot.com/2017/02
/hd6xx-hd650.html#more

発売当時のものと比べて「箱」もずいぶん簡素化したみたいですね。
2007年のリニューアルでドライバ周辺のバッフル材が、従来の黒から、銀色の布地に変更されているそうで、「昔のHD650の方が音が良かった」という方はそちらの方が好みだったのかもですね。
再生周波数帯域の表示の変化 にももしかしたら関係あるかも。
また、昔のHD650ってもう少し緑がかったような イヤパは茶色っぽかったような気がします。
アマゾンで「出品者からの販売」 で昔っぽいのはあったのですが、ニセモノの可能性を否定できなかったため迷った上、こちらからは買いませんでした。
また他のサイトで(価格ドットコムだったかな?)箱に貼ってある小さなホログラムシールがニセモノとの鑑別の手法の一つ とありました。
なんせヘッドホンの王様ですからニセモノも多く出回っていると思います。
私は、センヘイサー社のHPから販売代理店を一応調べて、アマゾンとeイヤホンなどが候補にあがりましたが(アマゾンポイントで買うのが前提)、アマゾンは他よりも高く、eイヤホンは在庫が無く
、結局アマゾンポイントが使えて価格も休めのセン社指定店のオーディオ逸品館で購入致しました。9月に4連休があったでしょう。ギリギリ連休の前日に当初は着弾するメールも来て連休中は聴き倒す予定だったのですが、突然「出荷会社(下請会社?)が休みのため着弾は1週間後です」というメールが来てがっかり… 9/25に届いた顛末になりました。

R、Lの表示
金属の内側に刻印されていて慣れるまでどっちが右かわかりにくいですね。
そういえばR70x先生はわかりにくかったです。あんまりわかりにくいので私は右側の部分の音に関係なさそうなところに赤い糸を巻き付けてました(笑)。
HD650では、側面から見てHD650のロゴがやや前側に,ハウジングは斜め前方に傾斜して付いているところを参考にしてかぶっています(私、暗闇で聴くのが好きなので見えなくてもできるようになりました。)。

現在エージングは100時間ってくらいでしょうか…
価格ドットコムのレビューでエージング何時間しましたってよく出ていますが
私、初期の頃は「タイマーかなんかで測っているのだろうか…」と本気で思ってました。
みんなどうやって計算しているのだろう…

という感じで、HD650について思いつくまま書いてみました。






















2020/10/8 21:25  [2265-4336]   

m56059さん

こんばんは(^^)

センヘイサーファン倶楽部でも作りましょうかね、w

発売から随分と経っておりますが、今こそ買い時って気がするんですよね。

この価格で、この音質、質感も素晴らしいですし、なんといっても発売当時はゼンハイザーのフラグシップモデルでしたから。

ジョーイ・アレキサンダー
こちらは夜中にでも聴いてみます(^^♪

YouTube音源とか聴くぶんには何の問題も無いんですよ。

DDD、デジタル録音のクラシックCDがどうにもダメで、ちょっと謎なんですけど。

クラシック御用達ヘッドホンなんて言われたりしますが、安室ちゃんのライブ音源とか最高じゃないですか(^^)

音の立体感に関しては手持ちのヘッドホンの中では一番ですね。


<私も実はイヤーパッド交換には興味は若干だけあります。まだ変えませんが。
<HD650の低域を一番損なわないイヤパはどれなんでしょうね?

私は、TH900でハイブリッドイヤーパッドを使用していますが、良いですよ。
ベロア素材ですと、低域がどうしても外に逃げてしまいますから、替えるのであればシープスキンが良いのではないでしょうか。
そのかわり音場は狭くなりますけど、K812との使い分けを考えているのでしたら問題無いと思います。
耳にあたる部分をスエードにしてあるのがハイブリッドですね、価格が少し高くなりますが、夏場も快適に使用出来ます。


<ちなみに私のK701イヤパ失敗交換って縁側で検索できますでしょうか?

これは多分、タグ付け出来てないですね。
試聴に行ってきました、という掲示板だけしかまだやっていないので、

<2007年のリニューアルでドライバ周辺のバッフル材が、従来の黒から、銀色の布地に変更されているそうで、

え?2007年にもリニューアルしているんですか、これは知りませんでした。
2014年にもリニューアルしているんですよ、
HD660Sが発売された2017年にもリニューアルが行われていると思います。
2019年にはパーケージリニューアルですね、現在みたいな簡素な箱になっていますね。

<また他のサイトで(価格ドットコムだったかな?)箱に貼ってある小さなホログラムシールがニセモノとの鑑別の手法の一つ とありました。

このホログラムシールが貼ってあるものは間違いなく本物だったみたいですが、現在はこれをやめてしまってますね。
この箱に偽物のHD650を入れても、判別出来ないそうなんですよ。
これはイヤホンに関しても同じだと聞きました。

とにかく本体だけでは本物かどうかわからないみたいです。
包装されている箱に入っているものは箱が本物であれば中身も本物らしいです。
なので、信頼出来るショップで購入した方がいいみたいですね。

オーテクのSR9とほぼ同価格ですが、どう見ても同じ値段のヘッドホンには見えません。
側圧は少し強いですが、ほんとに軽いですね〜、長時間のリスニングは凄く良いです。

ソリッド系のイヤホン、ヘッドホンばかりでしたので(IER-Z1Rは例外ですが)、この暖かみあるサウンドが非常に心地良いです。
ですので、気がついたら眠っていた、というのがもう3回もあるんですよ、w
気をつけないといけないですね(^_^;)

センヘイサーファン倶楽部、入会しませんか?
イヤーパッドの音質の情報交換とかしましょうよ。
私はシープスキンかハイブリットを購入する予定ですので、私の購入後、感想をお伝えしますので。

リケーブルもアンバランスですけど、予定済みです。
m56059さんのアンプですと、バランス接続した方が絶対良い音になると思いますよ(^^♪

2020/10/8 23:04  [2265-4337]   

 m56059さん  
収納状況。長いケーブルは吊るすやつに引掛けて超快適運用。

tam-tamさん

忘れてました。これプレゼントです↓
◆◆◆1000曲_超高音質_04_チャンネル紹介用_クラシック専用_HQ Sound_classic
https://www.youtube.com/playlist?list=PL
GyF-ELpFtxzF6tVymF54wVkkWGGf9-0e

私は聴いてないけどね。

側圧 強いですね。ハウジング直上の金属部分を時々曲げ曲げしていますが、すぐに戻ってしまいますね。センヘイサーHD650 頑固者です。そこが良い所でもありますが。
いやや私は寝落ち無理です〜 1時間くらいでとっちゃいますが、またかぶりたくなる所が良いところ。

センヘイサーファン倶楽部 良いですね〜
私もシープスキンを考えていました。K812のイヤパは人工合皮のためかブルブルしないからです。
レザーと音質的にはどう違うのかな? dekoni audioイヤパ使用者の作った役立つブログとかありませんか?

HD650のバランスケーブルに関する現在の私の思いですが、以前にBigshooterさん宛に書いたものを
下記に貼り付けます。
>HD650につきましては、バランスケーブルの存在は知ってはいたのですが
まずは長いエージング期間を終わらせ、世界を魅了したシングルエンドでの出音を堪能してから
もし飽きてきたらバランスにしようかな〜 なんて考えておりました。

できるだけ現行のHD650の音質は保っていたいので、将来的に買うなら純正のバランスケーブルかなあ〜 高いけどね。もっと安いバランスケーブルも売ってるけどね。eイヤに複数置いてあって試聴ができるといいけど、高音が伸びるようになったとか解像度が上がったとかになるのかもだけど、
それはHD650の音なのかな〜 だったら他のヘッドホンを とかそれならK812があるじゃないとか… なんて私的に今は考えてしまうのでした。




2020/10/8 23:54  [2265-4339]   

m56059さん

いつの間にか、寝落ち〜〜、←IKKOか、w

いや〜、またやっちまいましたよ( ̄▽ ̄)

今回もHD650くん無事でしたけど、w

アブね〜な〜、センヘイサー、w

こんなに秒殺で寝落ちするなんて事、今までなかったんですけどね〜。

<忘れてました。これプレゼントです↓

ありがとうございます(^^)

<dekoni audioイヤパ使用者の作った役立つブログとかありませんか?

私も探していたんですけどね、無いんですよね〜(^_^;)

エリート・ベロアとスエードは却下なんですけど、
シープスキンとレザー、これがどう違うのか、気になりますよね。
確か、シープスキンの方が高価だったので、こちらの方がつけ心地が良いんだと思います。
メッシュレザーも気になります。確かTH900のレビューでは、低音がスカスカになるとか書いてありました。
(穴が空いているので、そこから低音が抜けてしまうみたいです。そのかわり音場が広いみたいです。)

SR9はレザーなんですよ、夏場は汗で、びっしょりになってしまいます。
一番低音がドシっと鳴るのはレザーかシープスキンで間違いありません。

私が見たのは英語のレビューなので、完全には読めていないんですけど、BAD!BAD!って書いてありました、w

<できるだけ現行のHD650の音質は保っていたいので、将来的に買うなら純正のバランスケーブルかなあ〜 

アンバランスで音量取れているのなら良いんですけどね。

バランスだと、R+、R-、L+、L-、と4つのアンプを使うのですけど、アンバランスだと、その中の一つしか使用しないみたいで、出力が4分の1になってしまっているでしょう。
他のメーカーもバランス駆動で最も良い音がなるように設計されているのは同じなんですけど、ここまで、綺麗に4分の1になってしまっているアンプというのもあんまりないんですよね。
設計が素直と言えば素直なんですよ、あんまり弄らずに作っているので、ウォークマンとかも同じですね。
今の音が好きであれば、そのままアンバランスで使用していた方が良いかもしれませんね。
バランスケーブルにすると、多分、かなり変わると思います、全体的にかなりシャキッとしてしまうでしょうね。
Bigshooterさんがおっしゃるには低域が主に変わるって言うので、無試聴購入はかなり危険だと思います。
優しい低域がHD650の魅力の一つですから、分離感が高まり、解像度が高くなり、キレのある低域になってしまうと思われるので。
私はSE846でしか、バランス、アンバランスの比較をした事が無いので、違いがわからなかった記憶がありますが、大音量で聴いてしまっているのと、低域にフォーカスを当てて聴いていないので、わからなかったんでしょう。
それにSE846は超低インピーダンスのイヤホンですから、音量は十分取れてしまうんですよ、アンバランス接続でも。
比較に使用したイヤホンが悪かったですね、完全に。
もともとシャッキリと鳴るイヤホンですからね。

HD650の純正ケーブルから、バランスケーブルに変えたら、かなり変わってしまうでしょう。
豊潤なワインのような音を楽しみたければ、純正ケーブルのまま使用した方が良いと私は思います。
SONYのアンプの実力を解放するのであれば、断然バランスで鳴らした方が良いでしょうけど。
試聴が出来るのであればそれが一番いいんですけどね(^^♪

2020/10/9 05:28  [2265-4340]   

ドリーミング 愛のかたち

コラム: 私の愛聴盤シリーズ ケイト・ブッシュ編 パート1

ポピュラーミュージックに戻りましたが、いよいよ怪しくなってきましたねえ、w

英国の歌姫、ケイト・ブッシュの名前を知っている人がどれほど居るか。

世界中の誰もが知っているであろうMadonnaと同い年なんですね。

本来なら、ライバルとして比較されても良さそうなもんですが、完全スルー状態ですね、w

ケイト・ブッシュの経歴については、パート2で簡易的に書く予定でおります。

それではいってみましょう!!

左が4thアルバム「ドリーミング」、右が3年後に発売された5thアルバム「愛のかたち」です。

1982年に発売された「ドリーミング」は全編狂気に満ちた、傑作アルバムです。

全10曲のうち、まともな曲は一つもありません。

36トラックMTRしか無かった時代に、ケイトは2台の36トラックMTRをシンクロさせた72トラックに及ぶ多重録音でも話題になったアルバムです。

と言っても、72トラック、フルに使用しているのはおそらく、Bサイド一曲目の「ドリーミング」だけだと思います。

私が一番最初に購入したケイト・ブッシュのアルバムが、この「ドリーミング」です。

Aサイド一曲目の「サット・イン・ユア・ラップ」から尋常ではない狂気が見え隠れしています。

聴いていて非常に怖い曲が多いです。

3曲目の「ピンを引き抜け」も怖い曲ですが、それでもなんとか聴けるレベルです。
Aサイド5曲目の「リーヴ・イット・オープン」とBサイド5曲目の「狂気の家」になるとちょっと怖すぎて、聴く事が出来ません。

私が好きなのは、Aサイド4曲目の「ガッファにて」とBサイド4曲目の「フーディニ」ですね。

フーディニとはなんぞや、と思っていたのですが、仲間由紀恵さんと阿部寛さんが主演されていたドラマ「トリック」を観ていたら、伝説のマジシャン、ハリー・フーディーニについての説明がありました。
英語のスペルも一緒ですから、おそらく、このフーディーニの事なのでしょう。

美しい弦楽器の旋律が流れる「フーディニ」は良く聴きましたね。

ケイト・ブッシュはこのアルバム制作後に精神がおかしくなり、精神病院に入院した、と言った噂も流れたほど、全編、狂気に満ち溢れています。

彼女しか作り得ない、唯一無二の傑作アルバムですね。


「ドリーミング」から3年後、1985年に発売されたのが「愛のかたち」です。

72トラックを使用した「ドリーミング」の異常さとはガラリと変わって、Aサイドにはキャッチャーな曲がずらりと並びます。
明らかにヒットを狙って作曲されたもので、私はこのAサイドを聴いた時にガックリとした記憶があります。

ケイト・ブッシュは非常に裕福な家庭環境だったとはいえ、シングル、アルバムが売れなければどうしようもありませんから、これはこれで致し方無し、と諦めた思い出があります。

と言うのも、Bサイドの出来が非常に素晴らしかったからなのです。

6曲目の「羊の夢」から、「氷の下」、「魔女」と切れ目なく演奏される楽曲は、ビートルズの「アビイ・ロード」を彷彿させてくれます。

Aサイドのキャッチーな曲とは変わって、こちらはケイト・ブッシュ節が存分に炸裂しています。

私が特に好きだったのが、「魔女」と「ジグ・オブ・ライフ」で、これは何回聴いたか数えられないほどです。

またAサイドも随分と聴きやすくはなっていますが、5曲目の「クラウドバスティング」はPVも良く出来ており、非常に完成度が高い楽曲です。

2曲目の「愛のかたち」、はケイト・ブッシュの最高傑作に入る曲でもあり、今でも好きで良く聴きます。

最初はヒットを狙った曲ばかり作ってるなあ、と思って嫌悪していたのですが、よくよく聴いてみるとバランスが絶妙で、完成度も高く、素晴らしい曲が多いのです。

これほどの素晴らしいアルバムは10年に一枚あるか、と言ったレベルで、非常にお勧めですね。

最も、このアルバムの真の素晴らしさを知るためには、前作「ドリーミング」も必聴のアルバムとなるのです。

Madonnaと同い年である、ケイト・ブッシュの異彩が遺憾なく発揮された、この2枚のアルバムは聴く者を虜にして止みません。

聴かぬは一生の損、と言っても過言では無いアルバムがここにあります。

音楽ファン必聴の傑作アルバム、ケイト・ブッシュの「ドリーミング」と「愛のかたち」でした。

2020/10/10 02:51  [2265-4349]   

ファースト・アルバム セカンド・アルバム サード・アルバム ベスト・アルバム

コラム: 私の愛聴盤シリーズ ケイト・ブッシュ編 パート2

ケイト・ブッシュ編 パート2です。

前回、紹介したアルバムよりも前に発売されたアルバムの紹介となりますね。

「愛のかたち」の次にベストアルバムを発売してますので、ケイト・ブッシュを堪能するのなら、デビューアルバムから「愛のかたち」までの5作で十分かと思いまして。

2000年以降に発売されたアルバムも決して悪くないものの、ケイト・ブッシュの強烈な個性が遺憾無く出ているデビューからの5作は非常に魅力的なのです。

一番左がデビューアルバム、「天使と小悪魔」です。

このアルバムに収録されている、ケイト唯一の全英ナンバーワンを記録した「嵐が丘」は明石家さんまの「恋のから騒ぎ」のオープニングテーマ曲として採用されたので、知っている人も多いのではないでしょうか。

デビューシングルでありながらも、すでに「ドリーミング」に表れる狂気の側面が若干ですが確認出来ますね。

16歳の時にピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモアにその才能を高く評価され、19歳でギルモアのプロデュースのもとアルバムデビューを果たしております。

全13曲から構成されているアルバムですが、Aサイド、2曲目の「サキソホーン・ソング」と5曲目の「少年の瞳を持った男」だけはデモテープからアレンジを施して収録されています。
16歳当時の若きケイトの歌声を聴く事が出来る貴重なものです。

時間をかけて制作されたものなので、アルバムとしての完成度は高く、独特の歌声とともにセンセーショナルなデビューを飾りました。


左から2番目はセカンドアルバム、「ライオン・ハート」です。

「天使と小悪魔」から、僅か8ヶ月後に発売されたアルバムだけあって、ケイトのアルバムの中で、最も完成度が低く、急ぎ過ぎた感がどうしても見えてしまいます。

ケイト自身もこのアルバムには満足しなかったようで、次作から、作詞、作曲だけでなく、曲のアレンジなども手掛けるようになり、遂には4thアルバム「ドリーミング」で、異彩の才能を爆発させるのです。

この様に、急いで制作されたアルバムですが、Aサイド3曲目に収録されている「ワオ(Wow)」はケイトの作品の中でも最も妖艶な雰囲気を持った傑作であり、私も大好きな曲であります。
この曲を聴くためだけに、このアルバムは購入出来ない、という方もいるでしょう。
でも、ご安心を、この曲はケイト・ブッシュのベスト・アルバムにも収録されていますので。

左から3番目はサードアルバム「魔物語」です。

より強烈なケイトの個性が色濃く出ている楽曲もすでにこのアルバムで感じ取る事が出来ます。

次作「ドリーミング」は狂気過ぎて聴くに耐えない、という方にはぴったりのアルバムではないでしょうか。

傑作と言って良いアルバムでしょう。
素晴らしい楽曲が多数、収録されています。

ポピュラーミュージックの枠を超えている、「夢みる兵士」と「呼吸」はこのアルバム屈指の傑作の曲で、ケイト・ブッシュ以外には作り得ない楽曲として必聴ものです。

Aサイド1曲目「バブーシュカ」から次曲「ディーリアス(夏の歌)」への切れ目のないブリッジも見事で、独特な曲調と共に異彩を放っています。

ファースト・アルバムを彷彿させる、「ウェディング・リスト」のような曲も収録されており、非常に完成度が高く、楽しめるアルバムに仕上げてあります。

ケイト渾身の傑作アルバムでしょう。


一番右のアルバムはベスト・アルバム「ケイト・ブッシュ・ストーリー」です。

が、なんかおかしくないか、このアルバムだけ、w
何やら連番のシールなど貼ってありますがな、w
まあ、これはとあるレンタル店で中古で購入したものです、w(鋭い方はもうお気付きかと、w)

ベスト・アルバムと言っても、単なるシングルの寄せ集めのアルバムではありません。

大ヒットした、デビューシングル「嵐が丘」は再録音されており、より表現力豊なケイトのヴォーカルが楽しめます。

新曲「エクスペリメントW」も収録されており、これ一枚でも、ケイト・ブッシュの魅力の片鱗は楽しめるようになっております。

比較的聴きやすい曲が多く収録されているので、このアルバムを聴いて抵抗感を感じる方も少ないかと思います。

ケイト・ブッシュ入門にはちょうどいいかもしれません♪

Madonnaと同い年、同世代のアーティストにこのような異彩を放っていた天才が居た事を知ってもらう為にも是非聴いて欲しいアーティストですね。


2020/10/12 07:40  [2265-4370]   

コラム: やっぱりSE846が好き!!

欲しい、欲しいと思っていたHD650がふとしたきっかけでただ同然で入手出来たので、最近はHD650に夢中になって音楽を聴いていましたけども。

発売されて20年近くになる現在も現役で販売されているだけあって、本当に素晴らしいヘッドホンなのですが。

ですが、ですが、やっぱり私はSE846の音が好き!!

安室ちゃんの曲を久しぶりにSE846で聴いてみてつくづくそう思いました。

素っ気無い表情で淡々と仕事をこなすOLみたいな音を鳴らすイヤホンなんですが、←なんという例えでしょう、w

私にとってSE846は原点にして頂点のイヤホンであり、唯一無二の宝物だと感じました。

マルチBA型イヤホンなので、低域の鳴り方がダイナミック型ドライバーとは全然違うんですけども。

何処が良いんだと聞かれましても、自分でもはっきりわかっておりません、w

しいて言うならば、自分に非常に懐いているイヤホンだから?←危ねえな、オイ、擬人化してるぞ、w

SE846以外にも魅力的なイヤホン、ヘッドホンはたくさんあるんですけどね。

良いイヤホンを探してます、って方にもSE846を勧めた事もありませんし。

懐くまでが非常に難しいんですね、SE846。

あれは嫌い、これは嫌だと駄々こねて、←大丈夫か、病院行った方が良いぞ、w

こんな時間にこんなことを書いているのも、SE846で安室ちゃんを聴いているからなんですよ。

モニターライクな音が好きな私ですから、自然とそういう系統のイヤホン、ヘッドホンばかり所有してますが。

そういった中で、HD650は思いっきりそういった系統から外れているんですよね。

わかりやすく言うとですね、アメリカ人の転校生がやって来たって感じなんです。

そりゃ、誰だって興奮するでしょ、ねえ。

でも言葉が通じないから、身振り手振りで表現するしかコミュニケーションが取れない訳で←誰か止めろや、w

そういった環境の中で、愛しのSE846の音を聴いてみて、ああ、やっぱり私にはこの子なんだなあとつくづく思ったんですよね。

世界中の人が全てアンチだって良いんです、私が良ければそれで。

そういえばもう一つ系統の違うイヤホンがありました、IER-Z1Rですね。

この縁側の最古参のメンバーである、m56059さんに言われて、ハッとしたんですよね。

なるほど、似ているなあ、と。

IER-Z1RはHD650のようなサウンドを目指して作られたイヤホンじゃないかと思いました。

m56059さんはHD650を「大人のヘッドホン」と言っておられましたがまさしくその通りで、包みこんでくれる包容力のある音を鳴らすヘッドホンで、心が安らぐんですよね。

装着感も良いですし、見ても惚れ惚れする外観ですし、これはこれで素晴らしいと思います。

遊園地でいうところのメリーゴーランドみたいな存在のヘッドホンなんですよね。

かたや、SE846はというと、ジェットコースターみたいなイヤホンなんですよ。

そう、刺激が欲しいんです、刺激が、私は刺激を欲しているのです。

だから、聴くと思いっきり疲れるんです、
しかし、それ相応の満足感を与えてくれるのです、
これはもはや、アレと同じですねえ、w (私は体験した事がないですよ、これマジね、w)

夜中にいったい何を書いているのでしょう、私は、w

久しぶりにSE846の音を聴いて興奮してるってのもありますが、

音を聴くまでちょっと不安だったんですよね、
ここ1ヶ月ばかり完全に放置状態だったので。

私の為にちゃんと鳴ってくれるのかなって、←いよいよ危ないぞ、w

意を喫して、再生ボタンを押したら、昔と同じ音が出ているじゃありませんか!
嬉しかったですねえ、忘れてなかったんですね〜、私のことを、

ますます強い絆で結ばれた感じがしました( ̄▽ ̄)

あら〜もうこんな時間?起きる時間じゃないですか。

いや〜、大事なスレッドを一つ使ってしまいましたね〜。

これ観覧している人も居るんだよなあ、大丈夫かな、おかしな人だと勘違いされないでしょうかね?、w

ちょっとまともな事も書いておきましょうかね、一応。

自分の手に負えない数のイヤホン、ヘッドホンを所有しない事ですね。

より良いと思えるイヤホン、ヘッドホンが見つかったならば、あまり使用しないイヤホン、ヘッドホンは処分してしまった方が良いです。

でないと画像のように収集がつかない状態になってしまいますので←整理整頓せんかい、w
(私のベッドサイドはご覧の様な有り様ですが、傷をつけてしまったイヤホン、ヘッドホンは一本もありません、大切に大切にしているのですが、こんな風になってしまうのですね、何故か、w)

2020/10/13 05:45  [2265-4374]   

バディ・ホリーのベスト盤

コラム: 私の愛聴盤シリーズ バディ・ホリー編

私にもまともな愛聴盤がありました(^^)

バディ・ホリーのベスト盤ですね、これ。

エルヴィスに強い影響を受けたアーティストとして購入したCDですが、これがなかなか良いのであります。

非常に真面目そうな好青年に見えますが、歴としたロックンローラーなのです。

彼の作曲した曲はビートルズもカバーしております。
「ワーズ・オブ・ラブ」という曲ですね。
ビートルズが作曲した曲だと思っていませんでしたか?

一度は耳にした事がある曲だと思います。

ビートルズのWords Of Love
https://www.youtube.com/watch?v=no-nuFTH
etE


こちらは本家、バディ・ホリーのオリジナルです。

Buddy Holly- Words of Love
https://www.youtube.com/watch?v=ZcuojSU_
hOY


どうでしょう、素晴らしくないですか?

代表曲を数曲リンクを貼っておきますね。

Buddy Holly - That'll Be The Day
https://www.youtube.com/watch?v=eq9FCBat
l3A


Buddy Holly - Peggy Sue
https://www.youtube.com/watch?v=QzDzt9lG
whM


このアルバム、1959年までの曲が12曲収録されていますが、ステレオ録音で、音も凄く良いんです。

同じ年代に活躍したエルヴィスとはちょっと違う魅力があるアーティストでしょう?

オールディーズファン、必聴のアーティスト、バディ・ホリーの紹介でした♪

2020/10/14 00:12  [2265-4379]   

大好きなトスカニーニ盤 男勝りのアルゲリッチ盤 アンチも唸るカラヤン盤

コラム: 私の愛聴盤シリーズ チャイコフスキー ピアノ協奏曲第一番編

またまたクラシック音楽に戻ってきました(^^)

冒頭の序奏部で演奏されるメロディはクラシック音楽を聴かない方も一度は耳にしたことがあると思います。

私も最初はこの序奏部のメロディにやられてしまい、全曲聴く事になったのですが、その後例のメロディはなんと2度と出てくる事は無かったのです。


例によってこの曲もアレやコレやとたくさんCDを所有してますが、添付画像は愛聴盤の3枚のみとさせて頂きます。

左から
アルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団、ピアノ:ウラディーミル・ホロヴィッツ(1943年)
キリル・コンドラシン指揮バイエルン放送交響楽団 ピアノ:マルタ・アルゲッチ
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ウィーン交響楽団 ピアノ:スヴャトスラフ・リヒテル

異論もあるとは思いますが、この曲に関しては上記の3人のソリストの演奏を聴けば十分だと思っております。

それ程、この3人のソリストの演奏が突出していますので。

手持ちの音源だとこの他に、
キリル・コンドラシン指揮モスクワ・フィル ピアノ:ヴァン・クライバーン(RCA盤、セッション録音)
クラウディオ・アバド指揮ベルリンフィルハーモニー ピアノ:マルタ・アルゲリッチ
エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィル ピアノ:スヴァトスラフ・リヒテル(1959年)
アルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団 ピアノ:ウラディーミル・ホロヴィッツ(1941年)

それとは別に私の近所に住むクラシック大好きなお爺さんから貸して貰った音源として、

ジョージ・セル指揮ニューヨーク・フィル :ピアノ:ウラディーミル・ホロヴィッツ
エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィル ピアノ:スヴャトスラフ・リヒテル(1958年)
エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィル ピアノ:スヴャトスラフ・リヒテル(1954年)

もともと、セル指揮ホロヴィッツの演奏を持っているというので、貸してくれる事になったのですが、
ムラヴィンスキー指揮、リヒテルの音源は私が所有しているものとは明らかに違うものですが、どちらも私が今まで知らなかった音源です。
ピアノは明らかにリヒテルだとわかります。
特に1954年となっている演奏のものは、第3楽章、コーダに入る直前のパッセージを物凄いスピードで弾いており、とても人間業とは思えない神レベルの演奏です、このレベルで弾きこなせるのはリヒテル以外に居ないでしょう、それ程に凄い!!
私が所有している盤は一般的に知られているものですが、この2つの盤はどちらも異常に素晴らしい!!
ジジイ、とんでもない録音を聴かせおって、w この盤はいくら調べても出てこんぞ、w

これらの音源は後で書く事にして、愛聴盤の方から書いていきましょう。

一番左のトスカニーニ盤は1941年録音と1943年録音があって、カップリングも同じ曲という事もあって非常に紛らわしいのですが、録音、演奏ともライブ録音である1943年盤の方が良いです。

日本に来日した時は大騒ぎになったホロヴィッツですが、(秋葉原の電気街のビデオデッキが売り切れて買えない状態)全盛期のホロヴィッツの演奏は凄まじく、超絶的なテクニック、ピアノの打鍵の強さ、他のピアニストの追随を許しません。

1943年のモノラル録音なので音質は悪いですが、この演奏を聴いてしまうとちょっと他の演奏は物足りなくて聴けなくなってしまいます、それ程に素晴らしい、凄まじい名演です。
私の1番の愛聴盤、だったのですが..........

2番目のアルゲリッチの演奏に移ります。

世評ではアバド盤の方が良いようですが、私はコンドラシン盤のアルゲリッチの方が好きですね。

ライブ録音という事もあり、非常にスリリングなアルゲリッチのピアノが楽しめる名盤だと思います。

バックを支えるコンドラシンの指揮も素晴らしいです。


最後のカラヤン、リヒテル盤はこの曲の名盤で必ずと言って良いほどに出てきますね。

先に紹介した2つの演奏と違って、この盤だけセッション録音となっていてちょっと趣が違います。

リヒテルの強烈な個性はここでは聴く事が出来ません、主役はあくまでカラヤンで、テンポも非常にゆったりとしており、重厚なオーケストラの響きが堪能出来る一枚です。
ベルリンフィルでなくてもこのような豊潤な響きをウィーン交響楽団から引き出せるカラヤンの手腕には脱帽するしかありません。
カラヤンの美学はここでも遺憾なく発揮されています。
愛聴盤の中では最も聴きやすく、この曲の最初の一枚としてお勧め出来る盤だと思います。

さて、クラオタのお爺さんから頂戴した音源について書いていきましょう。

セル/ホロヴィッツの演奏は、私は一度CDで聴いております、購入しようかと思っていた演奏だったので。
ですが第一楽章は2〜3分の試聴で飛ばしてしまい、第3楽章しか聴いてませんでした。
アプローチがトスカニーニ盤と基本的に同じだったので、ピアノの音が若干遠いこの盤の購入は結局見送ってしまいました。

今回、LP盤という事で、直接聴ける環境で無かったものの、USBメモリーに落としてくれるという事で、第一楽章から聴く事が出来ましたが、
何故、購入を見送ったのかわからないほど、非常に素晴らしい演奏でした。
ホロヴィッツのピアノの打鍵が若干弱いと感じていたのは録音のせいであり、トスカニーニ盤をあらためて聴いてみると、不自然な感じがして(ピアノにマイクを配置していたと思われる)セル盤の方が自然なバランスになっていると思います。
しかし、こんなにも明瞭な音だったのでしょうか、録音の素晴らしさは比べるまでもなく。
ホロヴィッツもこちらの盤の方が生き生きしている様な感じもします。

セルの指揮も非常に素晴らしく、モノラル録音とはいえ細部まで明瞭に聴こえます。
トスカニーニよりも切れ味鋭い音は手兵のクリーヴランド管弦楽団と同等のアンサンブルで展開してくれます♪

2020/10/18 05:13  [2265-4438]   

コラム: 時代の流れというのは恐ろしいものよ、w

衝撃的〜!←ぺこぱのシュウペイか、w

なんと、あのGRADOがBluetooth型イヤホンを発売するとな、w
時代はBluetoothとはいえ、GRADOにBluetooth型イヤホンを制作出来るテクノロジーは御座いませんので、勘違いされないように、w

何処かのOEM製品ですね、100%。←これは言い切れます、w

音質に関してのチューニング、監修はしているとは思います。
GRADOの名前で発売する訳ですから、完全に他社まかせだとは思いたくないですね(^^)

Bluetooth型ヘッドホンが発売された時も結構度肝を抜かれましたが、あれはあれで音質面は良い出来だったので。

GRADO名義なので、価格は少々お高くなってますが、楽しめる音を鳴らすイヤホンであれば良いでしょう(^^♪

頑なまでにリケーブルを否定してきた頑固一徹のGRADOは何処に?

時代の流れとは実に恐ろしいものですね〜、w

GRADO 完全ワイヤレスイヤホン GT220
https://www.phileweb.com/news/d-av/20201
0/16/51322.html

2020/10/26 07:53  [2265-4524]   

コラム: 近所に住むクラシック音楽大好きお爺さん。

9歳の時にクラシック音楽にハマり15歳までの6年間はクラシック音楽しか聴いておりません。

その間に様々な書籍を読み漁り、指揮者、オーケストラなどの知識はある程度身に付けておりました。

が、如何せん貧乏なので、レコードなど簡単に買えるはずもなく、主にFMをエアチェックしてカセットテープで繰り返し鑑賞していました。

中学生になった頃でしょうか、通学途中ででっかいスピーカーを拾ってきまして、ラジカセに繋いでフルボリュームで聴いていました。

その頃はまだ夕方くらいまででしたね、爆音で鳴らしていたのは。
成人するちょっと前、19歳の時に近所の方々3軒くらいから一斉にうるさいとの通達が来まして、それ以来スピーカーで鳴らす事は2度とありませんでした、w
(普通の音量で鳴らす分には問題なかったんでしょうが、此方にも意地がありましたので、w)

まあ爆音で聴いてるので、3軒くらい離れたクラシック音楽大好きお爺さんの住んでいる家まで聴こえる訳で、w

中学1〜2年生の頃だったでしょうか、
回覧板を持ってきた、例のお爺さん(その頃はまだおじさんという歳ですね。)が「君、クラシック音楽好きなのかい?」と聞いてきまして。
近所からも少々変わり者で通っていた方ですから、まず、私に話かけてきた事自体で驚いてしまいまして。

私は自分の聴いている音楽がクラシック音楽とは知らなかったんですよね。
クラシック音楽に関する本はたくさん読んでいたんですが、みんな聴いていると思っていたので、それが普通だと思っていたのです。
ですから「君、クラシック音楽好きなのかい?」という質問もいったい何を聞いているのか理解出来なかったんですよね、w

「僕が聴いている音楽はおじさんも毎日聴いているじゃないですか?」

「指揮者は誰が好きなの?」

その頃私はカラヤンにドップリとハマっていましたが、ニュースでも連日の様に報道されていましたし、(椎間板の手術の事とかですね)非常にメジャーな指揮者である事も知っていたので、これは舐められたらいかんと思いまして(カラヤンが好きですとは言えなかったんですよね、w)、

「ワルター、トスカニーニ 、フルトヴェングラー とかかな。」

「ふうん、随分と古風な指揮者が好きなんだねえ、教科書みたいな答えだねえ。」

何だか、私の心が見透かされている様で、こりゃまずったな、と後悔した記憶がまざまざと残ってますね、w

「で、作曲家は誰が好きなの?どんな曲が好きなんだい?」

私はその頃ベートーヴェンにドップリとハマっておりましたが、あまりにも有名な作曲家ですから、ここでも舐められたらいかんと思い、

「ワーグナーとか、シェーンベルグとかかな。」

「ふうん、好きな指揮者がワルターとかトスカニーニで、ワーグナーとシェーンベルグかい、何とも奇妙だねえ。」

完全にやっちゃいましたね、これは、w
かろうじて、ワーグナーとフルトヴェングラーが合っているくらいですから、w

「モーツァルトとか、ベートーヴェンは好きじゃないの?君くらいの歳だったら聴いておくべきたと思うよ。僕はバロックから古典派、初期ロマン派までしか聴かないけど、レコードはたくさん持っているから、聴きに来るといいよ。」

「じゃ今度、聴きに行きます。」

クラシック音楽大好きお爺さんとの僅かばかりの交流はここから始まりました。

ある日、夕方頃、一本のカセットテープを持ってきて、
「この中にモーツァルトの40番ト短調交響曲が3つ入っているから、どれが一番好きな演奏だったか感想を聞かせてくれないかな?君の好きなワルターの演奏も入っているからね。」

ワルターの演奏なんて聴いた事おまへんがな、w
これは下手な事言ったら笑われると思って真剣に何回も何回も聴きましたが、どれが、私の好きなワルターの演奏だかさっぱりわからない、w

現在の様にインターネットなどもありませんから、調べようもありません。
かろうじて、ワルターはモーツァルトの演奏を得意としていた事くらいしか知識がありません。
ならば、一番素敵に聴こえる演奏がワルターの演奏だと信じるしかない、w

120分テープを繰り返し聴いて最も自分が魅力的に聴こえたのは3番目に入っていた演奏でした。
これがワルターの演奏に違いない!そう思い込んでしまいました。
さて、カセットテープをお爺さんの家に返しに行かねばなりません。

「何番目の演奏が良かったかな?君の好きなワルターがやっぱり一番良かったかい?」

「3番目の演奏が一番好みの演奏でした。」

返したカセットテープをじっくりと見ています。

「悪い、悪い、これにはワルターの演奏は入ってないや、こっちのテープだったなあ、w」

引っかけやがったな、コイツ、w
とんだ恥さらしです、w

「これには、ベームとセルとヨーゼフ・クリップスの演奏が入っているカセットテープだったよ、君が好きだと言ったのはクリップスの演奏だねえ、w」

まあ笑われはしましたが、あまり背伸びはするもんじゃないって事は勉強になりました、w

一回だけ、リスニングルームにあがらせてもらいましたけど、見たこともないスピーカーで素晴らしい音を聴かせてくれました。

トスカニーニ 、フルトヴェングラーの演奏は交流があった時期に色々と貸して頂きました。

その交流も半年ほどで終焉を迎える事になりました。

ワーグナーは好きではない人でしたが、レコードはたくさん持っていました。
ワーグナーのレコードを借りたのですが、いざ聴こうとしたら、中身が入ってないのです。
家中探しても何処にも中身がありません、
最初から入ってなかったのでは?と思い、お爺さんのところに言いに行きました。
お爺さんもそんなはずは無い!と一向に譲りません。
帰宅してからもう一度探しましたが、とうとう見つからず。
弁償する、と言いましたが、「そんな事はしなくていい。」
お爺さんとの短い交流はワーグナーのレコードがきっかけで終わりました。

2020/10/31 07:36  [2265-4585]   

管理者からのお知らせ。

諸事情により、縁側の管理者である私がアクセス不能になる為、新規認定メンバーの受理、掲示板の管理などが出来なくなります。

認定メンバーの方々同士でのやり取りは今まで通り可能ですので、自由に利用する事が出来ます。

縁側を一旦閉じてしまう事も考えたのですが、結局答えが出ませんでした。

私が柱となって、色々と指南しているならともかく、現状は私がメンバーの方々に色々とご教授頂いているという状態ですから、それほど支障は無いだろうと思い、ギリギリまで、考えておりました。

私自身の復旧の見込みは全くわかりません。

こういう事態になるとは全く想像していなかったものですから、私自身も少し困惑しております。

すぐに元どおりになるかもしれませんし、年内いっぱい無理かもしれません、
非常に曖昧な事しか言えないは大変失礼かと思いますが、どうかご理解のほど宜しくお願い致します<(_ _)>

2020/11/10 06:20  [2265-4613]   

コラム: 名機HD650の意外な一面。

音楽鑑賞用ヘッドホンとして超一級品に入るHD650ですが、映画観賞用としても非常に素晴らしいヘッドホンですね、HD650。

本来はサラウンド再生が出来るヘッドホンシステムで聴くとより効果的なのかもしれませんが、特殊効果音がふんだんに使用されている映画以外はメリットが無いように思えます。
2ch音声しか記録されていない映画もたくさんありますので。

ちょっと昔の作品になりますが、映画、ドラマDVDなどたくさん所有しているので、久しぶりに観まくっていたんですね。

その時にHD650を使っていたのですが、これがなんとも快適で素晴らしかったのです。

まず、ヘッドホン自体の重量が比較的軽いので、長時間の鑑賞が苦痛になりません。

付属コードも3メートルの長さがありますから、少々動き回ってもプラグが抜ける事がありません。

そして何より柔らかい音を鳴らしてくれるので、ボリュームを上げて鑑賞していても爆発音などの効果音も刺激的にならず頭が痛くなる事もありません。

HD650のようなヘッドホンを映画鑑賞用、ドラマ鑑賞用として購入される人はおそらく居ないでしょうが、音楽鑑賞用だけに使用しているのは非常に勿体ないと思いました。

開放型ヘッドホンですから、臨場感の良さも映画鑑賞用としてメリットになるのは大きいですね。

今は比較的大きなディスプレイを使用している方も多いと思いますので、そういった方は映画や動画観賞用として使ってみてください、実に快適ですよ(^^)


2020/11/29 18:24  [2265-4673]   

 m56059さん  

tam-tamさん

ハハハ!! 
音楽を聴かなくなった私と同じことしてますね(笑)!
私もYouTubeはHD650で「視聴」しているのです。
低域支配なので車のエキゾーストノートも腹に来ますよ。
HD650はボーカル表現も良いのでセリフにも強いですね。

寝なかった?

2020/11/29 19:15  [2265-4677]   

m56059さん

WAO!!

心配したじゃないですか~。久しぶりですね~(^^)

<ハハハ!! 

「ハハハ」じゃないですよ、笑。

返信が無いのにあんまり書き込んでもなあ、とm56059さんだけあえて書き込みを控えていたんですよ~、w


<音楽を聴かなくなった私と同じことしてますね(笑)!
私もYouTubeはHD650で「視聴」しているのです。

なんだか愛し合っているみたいじゃないですか、w
こんなにタイミングよくシンクロしますかね?、いや~摩訶不思議ですね~(^。^)
密かに赤い糸で結ばれていたりして、w
いや~ん、やめて~、←誤解されるっちゅうの、w



<HD650はボーカル表現も良いのでセリフにも強いですね。

そうなんですよ、一番肝心なところを書き忘れちゃったんですよね~、w
いや~、このフォロー、「あ、うん」の呼吸ですね!!
そこだけ書き足すのもなんだかカッコ悪いので、そのままにしといたんですが、


そうそう、例の接点回復剤、ほんの数滴残ったボトルが出てきたんです。
(ちゃんと整理せいよ、w)
HD650は6.3mmのステレオプラグじゃないですか、なので接地面が広い。
塗布してみたら、驚きの結果ですよ!!
いやいや魔法の液体かいな、コレは。


<寝なかった?


私の常設掲示板がノーチェックだっただけです、笑。

レス遅れてしまってごめんなさい。

自宅からインターネットが出来ないので、こまめに縁側を見る事が出来ないのです。

個人的事情なので、ホント申し訳ないです。

また何かありましたら、書き込みよろしくお願いしますね(^ ^)


2020/12/1 19:05  [2265-4686]   

 m56059さん  

tam-tamさん

>返信が無いのにあんまり書き込んでもなあ
即座に返信しましたよ〜「m56059さんのお部屋 vol.3」の最後は私の書き込みです〜
厳しい環境かと思っておりますのでだいじょうぶですよ〜

>HD650は6.3mmのステレオプラグじゃないですか、なので接地面が広い。
塗布してみたら、驚きの結果ですよ!!

おお!確かに理論的ですね。やってみます!

>寝なかった?
はHD650かぶると寝てしまうtam-tamさん。映画始まった瞬間に即眠だったのでは と思ったのです。

>個人的事情なので、ホント申し訳ないです。
ちゃんとわかっておりますよ〜 気にしないで!
これくらいのゆるいやりとりも良いものですよ。







2020/12/1 20:34  [2265-4689]   



万が一の為にちょっと早めに建てておきますね(^^)

今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2020/12/3 20:59  [2265-4697]   



この掲示板もあっという間にvol.8まできましたね(^^♪

これも一重にメンバーの皆様方のお陰です。

これからもどうぞ宜しくお願い致します(^^)。

2020/11/6 05:21  [2265-4600]   

 Bigshooterさん  

choco111さん 

業務連絡(笑)ありがとうございます!&大変ご無沙汰しております。
私はエディーが亡くなったショックが大きすぎてほぼ再起不能です 涙
クラプトン、ベック、ペイジが元気なので救いではありますが、私はどちらかというとヴァン・ヘイレン世代なので喪失感ハンパないです・・・
若い時、楽しい時も悲しい時も身近にあった音楽と親友は本当にかけがえのない大切な青春の記憶だな〜 などとこの歳になって痛感しました。

ちちさす さん

お疲れ様でした。無事のお帰りなによりです^^
また仙台にUターンというのは大変ですがコロナにはくれぐれもお気をつけ下さい。

先に手に入れた「Ballads」と「至上の愛」、こちらは何度か聴いていますが、・・・
⇒「Ballads」よりも「至上の愛」ですか・・・ ヤバイ世界まっしぐら間違いなしですね 笑
Acknowledgementは声有りバージョンとなしバージョンがあって私はどうもあの声が苦手でなしバージョンしか聴きません。 
「Ballads」はコルトレーンのアルバムの中では馴染みやすいアルバムなので巷では定番となっていますがコルトレーンのブロウは強烈ですが泣きの演奏ではやや表現力に欠けるところがあって個人的には正直なところあまり位置づけが高くないです。
ただたまに無性にコルトレーンの朴訥なバラッドが聴きたくなるのが不思議なところです 笑
Michael Breckerか゜「Nearness Of You: The Ballad Book」というアルバムでコルトレーンの「Ballads」をカバーしているのですが、聴き比べると「コルトレーンは実はこういう風に表現したかったんだろうな・・・」なんて感じたりしました 笑

https://tower.jp/item/4347720/%E3%83%8B%
E3%82%A2%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%8
2%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%83%BC
%EF%BC%9A%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%90%E3%
83%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9
6%E3%83%83%E3%82%AF-%EF%BC%8B1


つづく





2020/11/15 19:35  [2265-4626]   

 Bigshooterさん  

続きました

クラッシックの方はここ最近は専らパガニーニと宗教音楽を聴き漁ってます。
650はやや高音が煩めのリマスターでも気持ちよく聴けるのでついついロングリスニングになってしまいます 笑
ジャズの場合は、所有枚数が増えてくるとハズレを引く可能性が高くなってきますが、クラッシックの場合は好きな指揮者とか演奏が増えてくるのでまさに底なし沼ですね 汗
そんな訳でダブリ音源のジャズを整理して一棚クラッシックのCDのスペースを作ったのですが
またもや棚から溢れそうな状況だったりします・・・

わかりやすく聴き比べができるように録音(アナログ<リマスター>・デジタル)、演奏・指揮者の特徴、モダン楽器・古楽器に着目してセレクトして(してるつもり?)ます 笑

お時間のある時にでも↓の?、!についてアドバイスいただけると幸いです。

★:所有していたCD ☆:ここ1月で入手したCD 輸:輸送中CD !:ほぼ買う予定のCD ?:検討中

【Mozart: Requiem K.626】
★ Karl B&#246;hm (ASIN : B002GKRTAQ)

☆ Herbert Von Karajan (ASIN : B07FJKTSWP)

☆ Herbert Von Karajan (ASIN : B000XAMCVC)
※戴冠式ミサあり
☆ Riccardo Muti (ASIN : B00JBJWIZG)
★ Sergiu Celibidache (ASIN : B005HYNCSG)
☆ John Eliot Gardiner (ASIN : B07SXQR6J5)


【Mozart: Mass In C Minor】
☆ Herbert Von Karajan  (ASIN : B01NBIS9UA)
輸 Ferenc Fricsay (ASIN : B00004R7X3) 
? Philippe Herreweghe (ASIN : B00V3PEYMQ)


【Mozart: Coronation Mass】
☆ Rafael Kubelik (ASIN : B00UI9C89O)
☆ Herbert Von Karajan (ASIN : B000XAMCVC)


【VERDI: MESSA DA REQUIEM】
☆ Claudio Abbado (ASIN : B00CCTU8VS)
☆ Herbert Von Karajan (ASIN : B07F9GP3HY
)
★ Sergiu Celibidache (ASIN : B005HYNCSG)
 
? Riccardo Muti (ASIN : B00U6DW6L2) 
? Nikolaus Harnoncourt (ASIN : B000A1ECIK
) 

【Verdi: Quattro Pezzi Sacri】
☆ Riccardo Muti (ASIN : B00JBJWFXG)

【Faur&#233;: Requiem, Op. 48】
輸 Andr&#233; Cluytens (ASIN : B00JBJ
WEM8)
☆ Michel Corboz (ASIN :B0000ARKE6)
★ Sergiu Celibidache (ASIN : B005HYNCSG)

☆ John Eliot Gardiner (ASIN : B01BMIRHHM
)

【Berlioz: Requiem Op. 5】
! Charles Munch (ASIN : B001JJX7KQ)

【Berlioz: Symphonie Fantastique】
★ Otto Klemperer (ASIN : B008YKRRIQ)
★ Herbert Von Karajan (ASIN : B00H9N3GBG)

☆ Bernard Haitink (ASIN : B00B8XYVAI)
☆ Charles Dutoit (ASIN : B01NARWKUD)

【Niccol&#242; Paganini】
☆ Salvatore Accardo (ASIN : B077VC9XKC)
☆ Salvatore Accardo (ASIN : B00JGIYHJM)
☆ Gil Shaham, G&#246;ran S&#246;ll
scher (ASIN : B003UJXSAM)

輸 Rafael Kubelik (ASIN : B00IZ11XA2)
輸 Rafael Kubelik (ASIN : B0056K4VZO)




2020/11/15 20:22  [2265-4627]   

Bigshooterさん。

宗教音楽にも教会音楽と世俗音楽と2種類あるわけですが、リストアップされている楽曲を見ると教会音楽に着目されていらっしゃるようですね。
管弦楽を伴う教会音楽はそう多くはありませんで、多くはミサ曲かレクィエムです。この分野、ホントはバッハ以前の時代の作曲家の作品の方が傑作が多いのですが、そこまでいってしまうと…(笑)。
バッハ以後に限るからこそ、作品も絞りやすいわけでして、全般見渡すとこのジャンルもけっこう沼ですから(^^;)

バッハ以前ですと、モンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」とヴィヴァルディの「スターバト・マーテル」「グローリア」は、宗教音楽好きなら欠かせない楽曲です。
バッハ以後でBigshooterさんが上げておられない楽曲で重要なものも書いておきます。
ミサ曲ではハイドンの第3番、第7番。第3番はクーベリック/バイエルン放送交響楽団、第7番はバーンスタイン/バイエルン放送交響楽団が定番です。
シューベルトの第6番。シューベルトのはクラウディオ・アバド/ウィーン・フィルの超名演があります。
レクィエムではケルビーニのが有名で、これはムーティ/ロンドン・フィル。
スターバト・マーテルではロッシーニがイチ推しで、ジュリーニ/フィルハーモニア管弦楽団かチョン・ミュンフン/ウィーン・フィル。
ペルゴレージのスターバト・マーテルも有名で、アバド/ロンドン交響楽団。
ドヴォルザークにはレクィエムとスターバト・マーテルがありますが、名曲と言われる割には録音が少なく、私も聴いたことがありません。

宗教音楽にハマってしまうと、管弦楽伴奏でない楽曲にも手が伸びてしまいます(^▽^;)


Bigshooterさんの?と!のマーキング盤で、分かる範囲で書いておきます。
ヘレヴェッヘのモーツァルト/大ミサ曲ハ短調は未聴で分かりません。現在配送中のフリッチャイはこの曲最高の名演と言われ、私の愛聴盤でもあります。ソプラノのシュターダー最高です。
ヴェルディのレクィエムは、ムーティは地味系演奏ですのでお気に召すかどうか。アーノンクールは未聴ですが、評判良いですね。アーノンクールとヴェルディはイメージがまったく結びつきませんが、意外性の組み合わせの妙なのかも?

ベルリオーズのレクィエムは選択肢が少ないのでミュンシュに落ち着くパターンですね。この曲はtam-tamさんともお話ししてますが、ベストと言える演奏がありません。聴きどころである怒りの日のパートの出来で決めちゃう感じでしょうか。

フォーレのレクィエムはクリュイタンスの1枚があればあとはいらない気もしますが、フレモー、ジュリーニ、デュトワ、ロバート・ショウも良いです。クリュイタンスに次ぐセカンドチョイスはデュトワだと思います。合唱はロバート・ショウがダントツに高い精度で揃っていて良いです。

クーベリックのボックスですが、クーベリックならバイエルン放送交響楽団との演奏が圧倒的に良いのでソニーのボックスがおすすめですが、クーベリック/バイエルン放送交響楽団ならライヴ中心ですがオルフェオへの一連の録音は必携です。
個人的には好きな指揮者ではないですが、客観的には良い演奏が揃ってます。

2020/11/16 07:39  [2265-4628]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん

おはようございます^^
貴重なアトバイスありがとうございます。
まだまだ「重要」「必携」「必聴」が沢山ありますね・・・ 汗
耳が3つか4つくらい欲しいところです。

バッハ以後でBigshooterさんが上げておられない・・・
⇒「戦時のミサ」で検索してみましたがバーンスタインはLPしかヒットしませんね
ここら辺は廃盤とかも多そうなジャンルですね 笑
ちょっと探した限りでは↓あたりが良さそうな感じですが如何でしょうか?

https://www.hmv.co.jp/artist_%E3%83%89%E
3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%B6%E3%83
%BC%E3%82%AF%EF%BC%881841-1904%EF%BC%89_
000000000019851/item_%E3%83%89%E3%83%B4%
E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%8
2%AF%EF%BC%9A%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC
%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%
83%BC%E3%83%86%E3%83%AB%E3%80%81%E3%83%8
F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%B3%EF%BC%9A%E6
%88%A6%E6%99%82%E3%81%AE%E3%83%9F%E3%82%
B5-%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A8%
E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%8
3%99%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%86
%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%
83%B3%E6%94%BE%E9%80%81%E4%BA%A4%E9%9F%B
F%E6%A5%BD%E5%9B%A3%EF%BC%882CD%EF%BC%89
_5653063


シューベルトの第6番・・・
⇒Symphony #6ではなくてMass #6なんてのもあるんですね・・・ 汗

宗教音楽にハマってしまうと、管弦楽伴奏でない楽曲にも手が伸びてしまいます(^▽^;)
⇒限定解除してしまうとかなりヤバそうなので中免(管弦楽伴奏)までにしておきましょう 笑

Bigshooterさんの?と!のマーキング盤で、・・・
⇒貴重なご意見ありがとうございます!参考にさせていただきます。

話は変わりますがコルトレーンであれば↓は一聴の価値ありです!(ただし2枚組のもの ほとんど1枚なので要注意!)↓入手困難なので中古でも安くていい出物があれば是非聴いてみて下さい。
https://www.amazon.co.jp/Africa-Brass-Se
ssions-John-Coltrane/dp/B0000259EA/ref=t
mm_acd_title_0?_encoding=UTF8&qid=&a
mp;sr=


でわ^^

2020/11/16 10:22  [2265-4629]   

Bigshooterさん。

モンテヴェルディのはやっぱりガーディナーお薦めということになるでしょう。私にはちょっと引っかかる表現があるんですが、一番良い演奏であるのも確かです。

ヴィヴァルディはスターバト・マーテルよりもグローリアの方が名曲なので、グローリアには名演が揃っています。グローリアはできればオリジナル楽器ではなく現代楽器での演奏をお薦めしたいのですが、私はジュリーニの演奏で持っています。現代楽器ではムーティ、マリナー、ショウなど評判が良いものが目白押しです。
オリジナル楽器ですと、ホグウッドとピノックとガーディナーの三強で、ホグウッドはソロ声楽の良さ、ピノックは管弦楽の良さ、ガーディナーは合唱の良さ、と分かりやすい特徴です。

スターバト・マーテルはホグウッドとピノックしか今は手に入らないと思います。
ソプラノのカークビーのファン(この人の人気は凄かったです)でしたら迷わずホグウッドを選ぶでしょうが、そうで無ければピノックが無難かと思います。

ハイドン、シューベルトのミサ曲は、ご紹介したものはすべてCDになっているもので、私が持っているものです。廃盤中なのかしら?
Amazonは検索が難しく、キーワードでの検索では出てこないこともあります。私がAmazonで見つけたCDがtam-tamさんは見つけられなかった、ということが何回かありました。検索の仕方次第ではAmazonでも出てくるかもしれません。

ドヴォルザークの曲は私は聴いたことがないのですが、評判が良いのはサヴァリッシュ/チェコ・フィルのもので、決定盤扱いされていました。クーベリックのはバイエルン放送交響楽団との演奏ですから、多分良いのではないかと思いますが…。

2020/11/16 15:16  [2265-4632]   

コルトレーンのCDですが、まず「Ballads」がコルトレーンのサックスが左チャンネル、ドラムスが右チャンネル、ピアノが真ん中へん、とハッキリ分かれちゃってるんですが、ジャズの器楽もののステレオ録音てこういうものなんでしょうか?
スピーカーで聴くとこれがステージをイメージする役には立ちますが、ヘッドフォンですとちょっと違和感があります。クラシックの室内楽はここまでハッキリ左右に分かれませんので。
考えてみれば私が持っていたジャズはみなモノーラルでした。

「至上の愛」は私好みです。もう何度も聴いてるんですが、えっ、ヤバイ世界なのですか?(^^;)
「Ballads」は私の感覚ではちょっとユルい感じがします。このユルさは苦手な方です…。
「Blue Train」は2回しか聴いていませんが、いい感じの曲だと思います。これはもっと何回も聴いてから改めて。買ったのはBigshooterさんおすすめの規格番号のものです。

あと、私の機材だとコルトレーンとは相性が良くないのかなぁ?
実はマイルスの「カインド・オブ・ブルー」を聴いたとき、キャノンボール・アダレイのアルトサックスが実に官能的な音色だったのに対し、コルトレーンのサックスはかなりスッキリ地味系な音の再生だったんですよね。
今回3枚のコルトレーンを聴きまして、サクソフォーンがやっぱりスッキリ地味っぽく、機材との相性面を感じてしまったのも確かです。仙台に帰省中にアキュフェーズのアンプの試聴を少しできたのですが、おそらくP-1uがアキュフェーズに変わると、不満が解消されるだろうと予測しました。
多分、前に買いましたチャカ・カーンとビリー・ホリディも、アンプをアキュフェーズのような音調のものに変えれば相性の良い再生ができそうです。

2020/11/16 15:52  [2265-4633]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん

こんばんわ^^

お忙しいところご回答いただきありがとうございます!

スターバト・マーテルはホグウッドと・・・
⇒「なんかつい最近聞いたことがあるような曲名だな・・・」と思ったらこの間入手した↓に入ってました 爆

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%B4%E3%82
%A7%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3-%E8%81%96
%E6%AD%8C%E5%9B%9B%E7%AF%87%E2%89%AA%E3%
82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%A
F%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3
%83%BC%E3%82%BA%E2%89%AB-%E3%83%AA%E3%83
%83%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%
E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3/dp/B
00JBJWFXG/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%A
B%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=
1&keywords=WPCS-23104&qid=160551
4707&sr=8-1


グローリアはできればオリジナル楽器ではなく現代楽器での演奏をお薦めしたいのですが・・・
⇒ということでしたので↓がHMVが最安だったので新品最後の1枚を仕留めておきました 笑
https://www.hmv.co.jp/artist_%E3%83%B4%E
3%82%A3%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83
%87%E3%82%A3%EF%BC%881678-1741%EF%BC%89_
000000000017791/item_%E3%82%B0%E3%83%AD%
E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%80%81%E3%8
3%9E%E3%83%8B%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AB
%E3%83%88-%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%86%E3
%82%A3%EF%BC%86%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%
BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E
3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82
%A2%E7%AE%A1%E3%80%81%E3%83%99%E3%83%AB%
E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%80%81%E3%8
3%B4%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%86
%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8B%EF%BC%9D%E3%
83%86%E3%83%83%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8
B_4185880


今日はクリュイタンスのフォーレ:レクィエムが届いたので聴いてみましたが、クリュイタンス、コルボ、ガーディナー、チェリビダッケそれぞれ個性的な表現で別の曲みたいで面白いですね^^
650を使うようになって高音が耳に付く音源も再度聴き直してみるとベームのモツレクなんか最高なんですよね^^ おそらく今までの手持ちのヘッドフォンだとクリュイタンスは高音域が煩くて聴きたくなるパターンですね・・・ まずいものを手に入れてしまった感じです 汗

コルトレーンのCDですが、・・・ジャズの器楽もののステレオ録音てこういうものなんでしょうか?
⇒60年代後半くらいの名盤だと必ずと言ってよいほどステレオとモノが出ていたくらいでジャズの場合は音場を箱庭的にして楽器を個々に主張させて密度の高いインタープレイを再現できるかというとこがポイントなのでクラッシックを聴きなれていると違和感満点かも 笑
サウンドステージが広ければ広いほど違和感が出ます。
マイク自体、クラッシックのように広指向性のマイクではなくてブロウに強いマイクを使っているのでおのずと音場は狭くなります。
特にジャズのホーンは高域の量は適度で1Khzから5Khzくらいまでの量が多めで厚いシステムが相性が良いと思います。
アキュフェーズだとJazzのホーンを聴くにはちょっとうるさいかな・・・
やはりジャズのホーンはマッキントッシュとJBLのホーンでないとあの(ちょっと下品な 笑)場末感が出ないですね 笑
それとジャズのバスドラはあまり低いチューニングをしていないので、低音域はベースのE開放までしっかり出てゴリゴリ感(アタック感)が出ないとジャズのグルーヴ感が出ないです。
ヘッドフォンだとAKGの701とか702は相性がイマイチですが712はジャズには合っていると思います。812も試聴してみましたが712より音場が広く出るのでジャズ、ロックであれば712がベストチョイスかなと思います。
試聴する機会があったら騙されたと思って試してみて下さい。

2020/11/16 18:11  [2265-4634]   

Bigshooterさん。

ジャズでお薦めいただいたアルバム、「レディ・イン・サテン」と「クラシカーン」も含めてですが、私のシステムでもっともジャズっぽく聴かせる組み合わせは、
プレーヤーがソニーMAP-S1、アンプがラックスマンのP-1u(これしか持ってませんが)、ヘッドフォンがクリエイティブのアルバナライブ!
です。
ですが、ポータブルのAK120 II にイヤホンのSE535LTDをALOにリケーブルした機材で聴きますと、これが据置きシステムよりかなり合ってる感じがします。

「Ballads」ですが、PCでモノーラルにリミックスした音源を作ってみました。これをアルバナライブ!で聴きますと、凝集力が生まれて楽曲に集中できたりします…こんなことする人いないでしょうけど(^▽^;)
ステレオ音源とモノーラル音源を交互に聴いてたりします(^^ゞ

コルトレーンの「アフリカ/ブラス」のアルバムは以前からお薦めいただいてますが、これはそのうちということにしまして、別のアーティストに手を伸ばしてみます。


管弦楽伴奏の声楽曲ですが、個人的にはオペラ指揮がうまい指揮者で選ぶと失敗がない、と思ってます。
オペラでの構成力は声楽曲演奏でも生きますし、レコード会社からオペラ指揮を任せられる指揮者は、オケも合唱団も歌手も一流を使えますから。
ヘッドフォンは声楽ものだと私もHD650が第一選択ですね。モノーラルでも声楽はHD650の方が結果が良い音源が多いです。
お話にありましたベーム/ウィーン・フィルのモーツァルトのレクィエム、K702だと高音域で刺さる部分がありますが、HD650はまったく気になりません。
演奏としては凭れる感じがする面もありますので、フリッチャイとカラヤンもよく聴きます。
カラヤンは60年代と70年代と持っていますが、モーツァルトのレクィエムに関しては60年代の方が出来が良いという個人的感想です。
フリッチャイはモノーラルですが、かなりお団子な音質で、お薦めしません。ただし演奏は素晴らしいです。


タワーレコードでバーンスタインのハイドン/ミサ曲を発見されましたね。
タワーレコードのオリジナル企画は貴重盤が多くて要注目です。Amazonでは扱いがありませんしね。
だいぶ以前ですが、新星堂もオリジナル企画がありました。新星堂は東芝と関係があるのでEMIの音源に強かったですね。あんまりお世話にはなりませんでしたが。

2020/11/17 07:47  [2265-4637]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん

おはようございます^^

宗教音楽を沢山ご紹介いただいたので残りのシューベルトの第6番とドヴォルザークあたりを絞り込んでみたいと思います。
クリスマス頃まではドッブリ宗教音楽を楽しめそうです 笑
しかし、クラッシックのジャケットは酷いですね 有名な絵画でもあればまだわかりますが気づいてみたらわけのわからない十字架のジャケットばかりです 爆
メーカーやる気ない感ハンパなしですね

ロックなんかはジャケ写はマシですがタイトルが酷くて「悪魔の・・・」とか得体のしれないものばかりです。英語では「悪魔」なんて一言もなかったりするので噴飯ものです 笑

「Ballads」ですが、PCでモノーラルにリミックスした音源を作ってみました。・・・
⇒マニアックすぎ!因みにヴァン・ゲルダーはモノラル録音に定評があるので機会があったら是非聴いてみて下さい。私は基本的にモノはあまり聴きませんがヴァン・ゲルダーのモノ録は音がグイグイ来る面白い録音が多いです。

別のアーティストに手を伸ばしてみます。
⇒どの方向か気になりますね〜 1枚は是非キース・ジャレットあたりのJAZZの高音質録音を聴いていただきたいところです。クラッシックベースの方には最も聴きやすいかも・・・
「枯葉」あたりは音質も素晴らしいのでオススメです。
クラッシックに近い録音なので今のシステムとの相性も良いのではないかと思います。

個人的にはオペラ指揮がうまい指揮者で選ぶと失敗がない、と思ってます。
⇒私の場合まだ勉強不足で誰がオペラ指揮が上手いとかいうのがまだよくわかっていなくてオペラというとベームとカラヤン、ショルティーくらいしか思い浮かびません 涙

タワーレコードのオリジナル企画は貴重盤が多くて要注目です。
⇒これはベームのVPOのSACDで気づいて何点かカートに入れてまがシェリング&ヘブラーなんかもタワーの企画しかないんですね^^
ジャズだとサラ・ヴーンのタワー企画のCDを持ってますが音質的には今ひとつでした。
そういえば何年か前に新星堂が経営破綻したというような記事を見た記憶がありますが北海道に来てから新星堂をみかけないのですがまだ頑張っているんですね^^

でわ よい1日を!



2020/11/17 11:07  [2265-4638]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん

おはようございます^^

↑でご推薦いただいたCDですが検索してみたのですがお忙しいと存じますのでお時間のある時で結構ですのでご確認いただけると幸いです。

●「シューベルトミサ#6」 新品在庫ないのでdodaxで取寄せかな・・・
https://www.amazon.co.jp/Schubert-Mass-F
lat-Major-950/dp/B00000E3XK/ref=tmm_acd_
swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr=



●「ハイドン ミサ#3」
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8F%E3%82
%A4%E3%83%89%E3%83%B3-%E3%80%8C%E8%81%96
%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%81%E3%83%BC%E3%
83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%82%B
5%E3%80%8D-Joseph-Sanctae-Caeciliae/dp/B
000028AWO/ref=pd_ybh_a_6?_encoding=UTF8&
amp;psc=1&refRID=Z1Q6695X7A8CKR01EA8
2


レクィエムではケルビーニのが有名で、これはムーティ/ロンドン・フィル
⇒このレクイエムはシューベルトorハイドン?

現在配送中のフリッチャイはこの曲最高の名演と言われ、私の愛聴盤でもあります。ソプラノのシュターダー最高です。
⇒今日届いたので聴いてみましたがシュターダーのソプラノは絶句ですね^^ ブラボー×100!

クーベリックのボックスも届いたのでお目当てのドボルザークを一通り聴いてみましたが演奏、音質とも大満足です。定番の#8、9以外の交響曲もいい曲で驚きました。
クーベリックは「水上の音楽」とモーツアルトの「戴冠式ミサ」のCDを聴いてBoxセットを入手しましたが精緻で美しい演奏ですね^^ ちょっと映画音楽みたいですが・・・ 笑

そういえば私勘違いをしてまして ちちさすさんのお持ちのヘッドフォンは701かと思ってましたが702なんですね・・・
イヤパッドを↓にリプレースすると712とほぼ変わらない音になるらしいのでJAZZ用に持っておいても面白いかもしれませんね^^
https://www.soundhouse.co.jp/products/de
tail/item/189893/


@702のイヤパッドを712にリプレースしてA712のイヤパッドを702にリプレースしているネット記事を見たことがありますがAの場合、低音の量感が少し増えて音が厚くなるみたいです。




2020/11/18 01:10  [2265-4640]   

Bigshooterさん。
入手しにくいCDばかりあげてしまったようですみませんでした。

クーベリック/バイエルン放送交響楽団のハイドン/ミサ曲第3番はHMVで扱いがありますが、取り寄せとなっていました。
この曲は、オルフェオのクーベリック/バイエルン放送交響楽団ボックスから漏れており、単品を探す他ありません。

アバド/ウィーン・フィルのシューベルト/ミサ曲第6番は、現在は交響曲全集と組みになったボックスでの発売だけみたいですね。
タワーレコードとHMVで扱いがありますが、これも取り寄せ。タワーレコードは2-7日で発送とありますが…。
交響曲全集と一緒というのは引っかかりますが、アバド独特のしなやかな曲運びが期待できますし、同傾向のメンデルスゾーンの交響曲全集が気に入られたならアリかもしれません。
タワーレコードの方のURLを貼っておきますね。
https://tower.jp/item/3921214/

ケルビーニは作曲家の名前です。レクィエムを2曲作曲しており、マルケヴィチ/ラムルー管弦楽団の演奏もありますが、おすすめはムーティです。
ムーティはケルビーニをかなり録音しているのですが、今はそれらを集めたボックスしかないみたいで心苦しいです。
AmazonのURLを貼っておきます。
https://amzn.to/3lEOl8A


シュターダーはオペラ録音も多くあり、モーツァルト作品を得意にしていました。アルトのシュトライヒ(超人気歌手でした)とのコンビは、シュヴァルツコップ(ソプラノ)とルートヴィヒ(アルト)に比肩するほどです。


K702は、今のオリジナルの状態でマッチする音源も多いので、音調を変える勇気はなかなか出ませんねぇ(笑)。イヤーパッドですから取り替えるだけですし元にも戻せるでしょうが、私にはけっこう大変ぽいですし。
ジャズはアルバナライブ!が手持ちでは一番合ってますが、もっとアタックの強い音が出せるものの方が合うのは確かです。

2020/11/18 08:22  [2265-4641]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん

こんにちわ^^
色々とお手数をおかけして申し訳ございません。

クーベリック/バイエルン放送交響楽団のハイドン/ミサ曲第3番は・・・
⇒Amazonの海外サイトで検索してみたらドイツには新品在庫があるようなので廃盤にはなってないようです^^ 中古在庫がディスク・ユニオンにあるようなので電話してコンディションが悪くなければポチろうかと思います。

アバド/ウィーン・フィルのシューベルト/ミサ曲第6番は・・・
⇒ちょうど8枚分くらいのDGのボックスが入るボックス用のスペースが空いているのでどうせ買うなら単品よりもボックスの方がベターかな・・・なんて考えてます。
Amazonは在庫切れみたいなので円高になったタイミングでRarewaves-USAから取り寄せようかと思います。

ケルビーニは作曲家の名前です。
⇒「文章ちゃんと読めよ!」って感じですね 笑 スミマセン^^

宗教曲はややマニアックなジャンルなのか廃盤も多いですね 涙

シュターダーはオペラ録音も多くあり、・・・
⇒ヴォーカルも凄い人が沢山いますね 汗 古い人だとマティスくらいしか思い浮かびません 笑
比較的新しいところはネトレプコ、ガランチャ、バルチェリ、ダムラオあたりは何気にジャケ買いして何枚か持ってます 男の性というやつですな〜 汗

イヤーパッドですから取り替えるだけですし元にも戻せるでしょうが、私にはけっこう大変ぽいですし。
⇒AKGの700番台はスタジオユースというだけあってイヤパッドの着脱はリケーブルなみに簡単でベロアのところを持って回すだけなのでリケーブル感覚でオススメしてみましたがイヤパッドの値段が他の700番台のものと比べると倍近くするのがややネックです。
両側で5,000円以内だと気軽にという感じなんですが・・・

色々アドバイスありがとうございます! よい1日をお過ごしください。



2020/11/18 12:53  [2265-4642]   

Bogshooterさん。

管弦楽伴奏の声楽曲は、歌手で選ぶ場合と、オケ・指揮者で選ぶ場合とがありますね。
先日オペラのうまい指揮者で選べば失敗がない、と書きましたが、オケ・指揮者で選ぶときはその観点で買ってます。
オペラのうまい指揮者で声楽曲もレパートリーに入れている人は、古いところはトスカニーニ、カイルベルト、次の世代ですとベーム、クレンペラー、フリッチャイ、そのまた次の世代はカラヤン、ショルティ、ジュリーニ、バルビローリ、コリン・デイヴィス、最終世代(笑)にアバド、ムーティ、シャイー、チョン・ミュンフン、シノーポリ…レコード録音に恵まれた人に限ればこんな感じでしょうか。
ワルター、バーンスタイン、バレンボイム、クーベリックはオペラ畑で研鑽を積んだ人ではありませんし、フルトヴェングラー、カルロス・クライバーは声楽曲のレパートリーをもちませんし、名オペラ指揮者には声楽曲を一切指揮しない人も多かったです。

声楽曲ではこの中では、フリッチャイとカラヤンとジュリーニは私的に鉄板指揮者です。


ジャケ写ですが、クラシックの場合、本国以外は再発売のたびに他ジャンルでは考えられない高額な使用料が本国に対し発生するので、再発売時にオリジナルジャケットでなくなるパターンが多いです。
美人アーティストのアルバムをジャケ買いするのはうちの夫も同じですので(笑)。
そんなことでいちいち目くじら立てませんけど(笑)。

2020/11/19 08:54  [2265-4643]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん

こんにちわ^^

先日オペラのうまい指揮者で選べば失敗がない、と書きましたが・・・
⇒↑はやはり場数を踏まないとわからないところなのでこういった具体的なレクチャーけると非常に助かります。感謝!
クレンペラーは意外でした。モーツアルトのオペラ集↓を買ったら魔笛とかは「語り」が省略されているんですね 笑 てっきりクレンペラーはオペラが嫌いなのか苦手なのかと思ってました。
その割には「語り」がない分流れが途切れないので聴きやすかったりもしたので???でした。

https://www.hmv.co.jp/artist_%E3%83%A2%E
3%83%BC%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83
%88%EF%BC%881756-1791%EF%BC%89_000000000
018888/item_%E3%80%8E%E3%83%95%E3%82%A3%
E3%82%AC%E3%83%AD%E3%81%AE%E7%B5%90%E5%A
9%9A%E3%80%8F%E3%80%8E%E3%83%89%E3%83%B3
%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B4%E3%
82%A1%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%80%8F%E3%80%8
E%E3%82%B3%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%83%95%E3
%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%
A5%E3%83%83%E3%83%86%E3%80%8F%E3%80%8E%E
9%AD%94%E7%AC%9B%E3%80%8F-%E3%82%AF%E3%8
3%AC%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%83%BC
%EF%BC%88%EF%BC%91%EF%BC%91%EF%BC%A3%EF%
BC%A4%EF%BC%89_5340201


管弦楽伴奏の・・・鉄板指揮者です。う〜ん実にわかりやすい!!!
ちちさすさん 本書いたらベストセラーになりそうですね^^ 「オヤジとビギナーのためのクラッシック入門」 
実はクラッシックの概要をざっと把握するために最近3冊ほど本を読んでみましたが、専門書は↑のような痒いところに・・・という点で抜けてるんですね

ジャケ写ですが・・・
⇒にしても十字架の絵とか写真ばかりというのはあまりにひどいですね 笑

美人アーティストのアルバムをジャケ買いするのはうちの夫も同じですので(笑)。
⇒女性アーティストは特にジャケ映えのする時が気のせいか演奏が良いような傾向があると思うんですが・・・
ただクラッシックの場合、だいぶ前の写真とか使ってるので結構騙されます 涙

でわ^^ Have a nice day!


2020/11/19 13:27  [2265-4644]   

Bigshooterさん。
クレンペラーので語りがないのは収録時間の都合です。語りを収録しながらレコードではカットしているケースと、初めから収録時間上語り無しで企画されたレコーディングのケースがありますが、クレンペラーは後者と言われています。
25cmLPの時代はクレンペラー以外にも語りなしのオペラはけっこう存在しますよ。30cmLPの時代になってからは語りが入るのが普通になりました。
その語りですが、歌手ではなく俳優に受け持たせていることも多いです。歌手が語りも兼ねるのは、俳優的素養があるとレコード会社が認めた人だけだった時代が長かったようです。実際語りが苦手な有名歌手もいましたので。
昨日触れましたリタ・シュトライヒは語りも上手で、レコードでは俳優に任せず自分で語りを務めています。

2020/11/19 15:14  [2265-4645]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん

おはようございます^^

クレンペラーので語りがないのは収録時間の都合です。・・・
⇒なんでも知ってますね^^ 素晴らしい!
25cmLP??? って見たことないですよ 爆

勉強になりました。ありがとうございます!

2020/11/20 00:31  [2265-4646]   

Bigdhooterさん。
以前も書いたことがありますが、私はおばあちゃんの持っていたLPを子どもの頃から聴いて育っており、おばあちゃんのは25cmLPもけっこうな数がありました。
手持ちLPと同じ演奏のCDに買い替えたとき、LPを二束三文で売ってしまったのは今思うと本当に残念です。当時はもういらないと思ったんですけど。
25cmもまだ少し手許に残ってはいますが…。

オペラの収録時間都合での台詞カットは音楽雑誌のコラムで読んで覚えていました。
私はCDでは台詞を飛ばして聴くこともありますので、無いなら無いでもいいかな(笑)。
シュトライヒが自分で台詞も受け持ったことは書きましたが、シュターダーは台詞は俳優に任せていた人だったと思います。
私が持っている資料は、日本で発売されたことがあるCDなら台詞収録の有無、歌手本人か俳優かの記載があるので、情報が一元管理できています。

次のジャズのアルバム、ちょっと前衛ぽいのにしようかと思うのですが、どのアーティストがそうなのか分からず、です(^▽^;)

2020/11/20 07:41  [2265-4647]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん

こんにちわ^^

以前も書いたことがありますが、・・・
⇒なるほど^^ そういうことですか お若いのに25cmLPとか出てきたので驚きました 笑
ウチも両親もかなりの数のレコードを持っているので25cmとかもあったのかな〜
まったく記憶にごじゃいません^^
 
ちちさすさんは文章も上手なのでやはり「オヤジとビギナーのためのクラッシック入門」出版した方がいいですよ!

次のジャズのアルバム、ちょっと前衛ぽいのにしようかと思うのですが・・・
⇒ジャズの前衛系は定番もいくつかありますが、よもや音楽の体をなしてなかったり、演奏・録音が酷いものも多いので前回のリストからは外した記憶がありますが、前衛系であれば外せない定番として取り敢えず3点リンクを貼りますので試聴してみて下さい。
それとジャズの場合、特に拘りがなければ国内盤より輸入盤のほうが音質の面でオススメです。国内盤は同一音源でも音がこじんまりして大人しすぎる傾向があります。

@チャールズ・ミンガスの名盤。前衛系ジャズの鏑矢的な1枚。
https://www.hmv.co.jp/artist_Charles-Min
gus_000000000002053/item_Pithecanthropus
-Erectus-%E7%9B%B4%E7%AB%8B%E7%8C%BF%E4%
BA%BA-Ltd_6998464


Aエリック・ドルフィーの前衛系ジャズの名盤。コルトレーンはAFRICA/BRASSでドルフィーと組んでインスパイアされてフリーに走ったとされていてます。
https://www.hmv.co.jp/artist_Eric-Dolphy
_000000000002082/item_Out-To-Lunch-2_717
2015


B云わずと知れたマイルス・デイヴィスの超名盤。ちちさす さんがお持ちのスタンダード系とは180度違うマイルス・デイヴィスが味わえると思います。
https://www.hmv.co.jp/artist_Miles-Davis
_000000000001032/item_Bitches-Brew-1_544
4157


試聴用にリンクは国内盤になってます。まずは取り敢えず試聴してみて下さい。

でわ^^

2020/11/20 13:19  [2265-4648]   

Bigshooterさん。
本を書きたいな、という思いはあるのですよ。でもそれはクラシック音楽ではなく、写真で(笑)。
私が小学生の時、父からカメラを譲ってもらって写真を始めたわけですが、それからまもなく父が古本屋さんで買ってきてくれたのが画像の本です。
買ってきてくれた当時すでに絶版だったようで、なので古本だったんでしょうが、この本にはお世話になりました。
子ども向きなので基本がこれでもかと解りやすく書いてありますし、AFが開発される前の本なのでマニュアルフォーカス、マニュアル露出が基本の解説です。これは本当にためになります。
うちの子が写真を始めた時に読ませたかったのですが、その時はどこにしまったか分からなくて、実家で発見された時は子供はもう基礎は身につけてしまってました(笑)。
こういう子ども(小学生、中学生)向きの技術的な写真の本て、今はもうまったくないんですよね。なので私が書きたいなぁと思うわけです。
どこかの出版社かカメラメーカーから依頼ないかな?(笑)


前衛ジャズのご紹介ありがとうございました。
3枚のうちでは、チャールズ・ミンガスが一番良いかな?
もっと前衛のも試聴してみたいと思いますので、心当たりがありましたらご紹介くださいね。Bigshooterさんのお好みではないんだと思いますが(^^;)

2020/11/21 09:14  [2265-4649]   

Bigshooterさん。
北海道の新型コロナ感染症の再拡大が大変な状況ですが、Bigshooterさんの体調は大丈夫でしょうか?
お顔を出されていないので心配しておりますが、杞憂でありますように。


tam-tamさん。
閲覧の手段はございますでしょうか?
身動きのとれない状況のようですが、焦らず復帰の機会をお待ち下さい。きっと潮目は変わりますよ。

2020/11/24 07:30  [2265-4650]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん

こんばんわ^^
ご心配をおかけして申し訳ございません。
Go toの駆け込みで急遽3連休はびっちりワークショップの仕事が入り返信が途切れてしまいましたが無事生きてます 笑
こんな時期に北海道に来るなよな〜と言いたいところです。
昨晩、遅く戻ったら教会が開けそうなくらい宗教音楽が届いてたので、朝方までPCに取込んで
聴いているところです。

今のところ、ご紹介いただいたも関連で↓が注文済です。
済 @ジュリーニ / ロッシーニ:スターバト・マーテル (EAN : 4988005808127)
済 Aジュリーニ / シューベルト:ミサ曲第6番 (EAN : 4547366020731)
配 Bモンテヴェルデイ:聖母マリアの夕べの祈り (EAN : 4988031273241)
Cクーベリック / ドヴォルザーク:スターバト・マーテル/ハイドン:「戦時のミサ」(EAN : 4988005812483)
配 DDiego Fasolis / Pergolesi: Stabat Mater,
Laudate Pueri, Confitebor (EAN : 082564
6400119)
済 Eムーティ / Vivaldi: Gloria & Magnificat (EAN
: 5099908522320)
輸 Fアバド / シューベルトボックス (EAN : 0028947946458)
輸 Gアバド / Pergolesi: Stabat Mater (EAN : 002894
1510327)

FGは新品の国内在庫がないので海外から輸入したので2−3週間かかるらしいので予習用で
ADを入手しました。

↓は新品在庫がないので探してますが新品で入手するのは絶望的かも・・・
Hhttps://www.amazon.co.jp/%E3%83%8F%E3%82
%A4%E3%83%89%E3%83%B3-%E3%80%8C%E8%81%96
%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%81%E3%83%BC%E3%
83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%82%B
5%E3%80%8D-Joseph-Sanctae-Caeciliae/dp/B
000028AWO/ref=pd_ybh_a_13?_encoding=UTF8
&psc=1&refRID=14VAMZX6FZ1XJXEYJJ
T7


↓は中古在庫しかないようですがハイブリッドSACDはCDの音質が今一つなので検討中です。
Ihttps://www.hmv.co.jp/artist_%E3%82%B7%E
3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83
%88%EF%BC%881797-1828%EF%BC%89_000000000
034589/item_%E3%83%9F%E3%82%B5%E6%9B%B2%
E7%AC%AC%EF%BC%96%E7%95%AA-%E3%82%AF%E3%
83%BC%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%A
F%EF%BC%86%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%A8%E3
%83%AB%E3%83%B3%E6%94%BE%E9%80%81%E4%BA%
A4%E9%9F%BF%E6%A5%BD%E5%9B%A3%EF%BC%86%E
5%90%88%E5%94%B1%E5%9B%A3%EF%BC%88%EF%BC
%91%EF%BC%99%EF%BC%96%EF%BC%98%E5%B9%B4%
EF%BC%89_1070856


本を書きたいな、という思いはあるのですよ。
⇒本来であれば写真を撮る上では露出・SS・ピント・構図から入るべきなんでしょうが、スマホの普及でカメラをやる人がどんどん少なくなっているのでなかなか厳しそうですね 汗
カメラ人口の8-9割は50歳以上と云われているので子供たちにももっとカメラ文化が普及してほしいところですね^^

前衛ジャズのご紹介ありがとうございました。・・・
⇒嫌いなわけではないんですが、前衛は幅が広すぎてセレクトするのが難しいですね 汗
こんな感じのというイメージでもコメントいただけると絞りやすいのでお時間のある時にでも
コメントお願いします。

↓はCMにも使われていてかなりメジャーですが、やってることはかなり前衛的なので一聴の価値はあると思います。
https://www.amazon.co.jp/s?k=TAKE+FIVE&a
mp;__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%A
B%E3%83%8A&ref=nb_sb_noss_2


有名どころでは大御所セロニアス・モンクのこんなの↓も良いかも・・・
KEEP-NEWSMもRUDY VAN GELDERと並んでJAZZの名プロデューサーです。
RVGと比較して当たりハズレが大きいですがブリリアント・コーナーズはいいと思います。
https://www.amazon.co.jp/Brilliant-Corne
rs-Thelonious-Monk/dp/B0012S59ZU/ref=tmm
_acd_title_0?_encoding=UTF8&amp;qid=
&amp;sr=


最近のものだと来日して話題になったカマシ・ワシントンなんかは面白いと思います。
https://www.amazon.co.jp/EPIC-KAMASI-WAS
HINGTON/dp/B00UVIR4G4/ref=tmm_acd_title_
0?_encoding=UTF8&qid=1606209424&
sr=8-1


でわ^^

2020/11/24 18:22  [2265-4651]   

 Bigshooterさん  

↑「済」は入手済・「配」は配送中・「輸」は輸入手配済 
です。

2020/11/24 20:30  [2265-4652]   

Bigshooterさん。
ご無事で何よりです。ワークショップお疲れさまでした。
宗教曲は管弦楽伴奏だけでありませんし、管弦楽伴奏の声楽曲も宗教関係だけではありません。
私はマーラーの管弦楽伴奏の歌曲がすごく好きなんですが、マーラーのは「この詩を使うんかい〜っ(^^;)」て曲ばかり(笑)。


>⇒本来であれば写真を撮る上では露出・SS・ピント・構図から入るべきなんでしょうが

今の子はスマホを持ってますから……電話にメール、LINE、ネット、SNSとかで必需品。で、スマホを持っているとカメラも自動的に付いてくるわけです。タダで手にできるのが当然のカメラに、わざわざお金を払って、しかも決して安くない金額を出すわけですから、まず提示しなければならないのは、スマホでは撮れないけど一眼なら撮れる写真というのはどんなのか、ですよね。そしてそれが「こういう写真を撮りたい!」と思わせられるものであるのが大事です。
それを撮るにはどういうことを知ってないといけないのか、どういう技術が必要なのか、というところで絞り、シャッタースピード、感度、ピントのお話になるんですが、人にはよく、これはマンガでやった方が良いよ、と言われます(笑)。

「ビギナーとオヤジのための〜」って、ビギナーとオヤジはかなり音楽嗜好が違う気がしますが(笑)、簡易版をtam-tamさんの縁側をお借りしてやってみますか?

2020/11/27 13:55  [2265-4653]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん

こんばんわ^^

宗教曲は管弦楽伴奏だけでありませんし・・・
⇒届いたCDをざっと聴いてみましたが曲的にはドヴォルザークとシューベルトが聴きやすかったです。
モンテヴェルティーとかロッシーニは他とはやや違う毛色の曲で飽きずに楽しめました。
今日はペルゴレージのスターバト・マテールの古楽器版が届いたので1回聴いてみましたがこれもなかなか良いな〜と思いましたが、宗教曲の場合、オペラチックな歌いまわしのソロとかだと一気にSOMETHING HOLYなものが俗っぽくなってしまうようで歌手選択が難しそうですね 汗

私はマーラーの管弦楽伴奏の歌曲・・・
⇒↓に収録されている曲でしょうか?
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000
00DI2T/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o01_s0
0?ie=UTF8&psc=1


今の子はスマホを持ってますから・・・
⇒写真撮影は基本的なスキルがないと機械が撮ってるだけで自分が撮りたいイメージの再現は勿論できないし最低限の写真でさえまともに撮れないハズなんですけど甘く考えてる人が多いのでワークショップでは毎回発狂寸前です 笑 猛吹雪の中でもAFを使おうとしますから 爆

「ビギナーとオヤジのための〜」って・・・
⇒カメラは衰退傾向ですがコロナの影響でクラッシックを聴いてみようとかジャズを聴いてみようという人は増えているみたいですね^^
ジャズにしろクラッシックにしろ聴いて苦痛と感じる音楽はいづれ聴かなくなってしまうので
私のようなクラッシックビギナーでもすんなり入れる音源選びは非常に難しいのかなと思います。
個人的にはマーラーの交響曲は音源を選ぶのがとても難しかったです。
北海道にある個人の街の本屋さんがお客さんから手紙を貰って1万円分の本をセレクトして販売する方法が大ヒットして常に1000名以上の待ちらしいですが「その人が今まで読んだ本や好きな本、興味のあるジャンル」からセレクトするのですが、CDを選ぶにしても最近は情報が氾濫しすぎていたり、日本の場合、クラッシックは一部の評論家の意見が浸透しすぎていてバスアスを生み出しすぎているので本と同じで、聴く人のレベルや嗜好に応じたセレクトは需要があるのではないかと思います。

簡易版をtam-tamさんの縁側をお借りしてやってみますか?
⇒質問は個別にさせていただきますので、出版社に売り込む原案はコツコツ作っておいて勿体ないのですべてオープンにしないほうが良いですよ^^


でわ^^ 良い週末をお過ごしください!



2020/11/27 18:37  [2265-4654]   

ちちさすさん

こんばんは(^^)

:: tam-tamさん。
閲覧の手段はございますでしょうか?

何とか確保しました、w

場所の都合上長時間のアクセスが出来ません。
ご心配いただきありがとうございます。
フリーWi-Fiだと上手くアクセス出来なかった経緯がありましたので、iPadを持ち出してパチンコ屋から書き込みをしています、笑。

平日はガラガラの店なので、書き込みが出来るのは土日の週末のみですね、w
(観覧は何とか可能です。)

精神的には腐ってもないですし、悲観的にもなっていないのですが。
もともと楽観的に生きているので、精神的ダメージは私自身無いのですが、メンバーの方々にご迷惑をかけているので、心苦しいですね。

まず、添付画像を見てください。
通知メールを止められてしまいましたが、今のところ観覧も書き込みも出来る状態ですが大丈夫でしょうか?
レンタルサーバーの事は、誰でも起こっている状況なのでしょうか?
それとも私宛のメールが送れないのでこういう状態になっているのでしょうか?

それと、vol.7の方で気になる書き込みがありましたが、ちょっと理解が出来ないので教えてほしいと思いました。
MNO,MVNOとは?
現在料金未納のため回線が止められている状況ですが、私の方から何処へも連絡が出来ませんので、キャリア側から契約解除の連絡が来ない限りは大丈夫だという認識でいますが違うのでしょうか?

質問ばかりで申し訳ありませんが、簡易的で構いませんので、アドバイスをいただきたく思います。

明日は早く起きてメモ帳に書いておいて、書き込みをしたいと思いますが、なんせ帰宅すると観覧が出来ない状態ですので、引用してレスすることが出来ません。

インターネットカフェ?、漫画喫茶など、歩いていける場所に無いので、どうしても今居るパチンコ屋での観覧、書き込みしか出来ません。

私が観覧不能になってからの書き込みは全て読みました。
初心者の為のクラシック入門、簡易的なものを私の縁側でやってみようかな?、という事が書かれていましたが、私としては是非お願いしたいと思っています。
(Bigshooterさんは反対しておられましたが。)
私が思うにご自身の縁側で書かれているような重量級なものでは無いと想像しているのですよね。
5〜10行ほどの短い簡易的な連載コラムみたいなものだと感じたのですが。

ちちさすさんご自身ではカメラの入門書を書かれたいそうですが、個人的には非常に面白いと思いますね。
私もクラシック音楽を聴くちょっと前に一眼レフにハマりましたが、そのきっかけが本でしたので。

望月あきら先生のズーム・アップという漫画をご存知でしょうか?
私はその漫画がきっかけでカメラに興味を持ちましたので。

私自身も実は本の出版を考えた事がありました。
(カメラの本ではありませんが。)
小学生辺りをターゲットにしている入門書であれば、漫画が良いと思いますね。
(もちろん、ちちさすさんが絵を描くという事ではありませんよ)
本の出版に関しては、一応出版関係に詳しい方に色々とアドバイスを頂きました。
漫画の画作、漫画で無くともイラストを多用した本であればかなり単行本を出版している漫画家の知り合いがおりますので、お力になれると思います。

新しい掲示板はちちさすさんのご判断で建ててしまって構いませんので、自由にやってみて下さい。


2020/11/28 17:38  [2265-4657]   

,ちちさすさん

追記レスです。

:: コルトレーンのCDですが、・・・ジャズの器楽もののステレオ録音てこういうものなんでしょうか?

ジャズに限らず、ロック、ポップなども’60年代の録音はこういった傾向のものが多いですね。
何しろ2トラックしかありませんし、イヤホン、ヘッドホンでの鑑賞を想定していませんから、右側だけから聴こえる、左側だけから聴こえる録音がどうしてもあります。
有名どころではビートルズのアルバムがそうなってますね。
一応ステレオで録音されているのですが、当時としてはステレオ再生機器は非常に高価でしたのでワザとモノラルにミックスダウンしてレコード化して販売していました。

録音機材、技術の進歩はクラシック音楽が一番早いのです。
ロックやポピュラーミュージックは10年近く遅れています。

ビートルズのアルバムがより良い音質で再発売された時、違和感を感じるステレオバージョンとオリジナルモノラルミックスが同時に発売されたのは記憶に新しいところですね。
ステレオ録音が手軽に聴ける現在でも、オリジナルモノラルミックスのBOXが良く売れました。
そういう事を何気なくご自身でやってしまうあたりさすがだとつくづく思います(^^)

ベートーヴェンが敬愛していたケルビーニのレクイエムはちちさすさんが帰省されている時にBigshooterさんに紹介しているのですが、まさか同じ盤を推薦されているとは、w

モンテヴェルディのCDも同じ盤でした。

私とちちさすさんではかなり好みが違うと思うのですが、被った時が嬉しいですね~( ^ω^ )
良いものは良いのだとつくづく思います。

では、良い一日をお過ごしください♪

2020/11/28 18:09  [2265-4658]   

ブリテンのレクイエム デュリュフレのレクイエム ドゼニッテイのレクイエム スッペのレクイエム

Bigshooterさん

こんばんは(^^)

ご心配いただきありがとうございます。

近況報告などは明日書き込みます。
(何しろ不自由な場所での書き込みですから、笑。)

宗教音楽にハマっているみたいですので、話題作りのためにちちさすさんから提示がなかった曲をご紹介しておきます、w

メジャーどころはだいたい聴いておられるので私の方からは少しマイナーなものを
もっとも、沼に引きずりこむ魂胆は毛頭無いので、ご安心下さい、w

iPhoneが使用出来ないのでピンボケばかりの雑な写真ですが、お許しを。

ブリテンのレクイエムは作曲者自身の指揮でこの曲の決定盤と言って良いものです。
(現在はわかりませんが、私が購入した当時はそうでした、w)

スッペのレクイエムはかなりマイナーなものだと思いますので、入手出来るかどうか調べてません、w

ちちさすさんも聴いている曲もあるでしょうから、あくまで話題作りとお考え下さい(^^)

もう少し書きたかったのですが、時間がありません。


追伸:

ロッシーニのスターバトマーテルとモンテヴェルディの曲は私も以前からおすすめしようと思っていた曲です( ^ω^ )
よい盤を購入されましたね。
他のおすすめ盤は私も聴いた事がありませんね~w やはり凄いですねちちさすさんは。

そうそう、ハイドンの天地創造と四季、カラヤン盤で聴きましたよ。
いやいや、素晴らしい曲ですね、非常に驚きました!!!
ベートーヴェンに影響を与えているであろう箇所も散見しましたので、本当にびっくり致しました。
素晴らしい曲を聴く機会を与えてくださった事感謝いたします。

では良い一日を(^^)

2020/11/28 18:39  [2265-4659]   

tam-tamさん。

強制解約についてはドコモ、au、ソフトバンク、楽天、格安SIMとでそれぞれ対応が異なりますが、強制解約になる前に書面でその旨のお知らせ(いつまでに支払わないと解約という期日の通知)が来るのは共通です。
強制解約になるのは延滞分の最初の支払い期日から起算して、ドコモだと2ヶ月、auだと5ヶ月、ソフトバンクだと3ヶ月らしいですが、料金の改定や2年契約中の途中解約違約金の扱いが変わっているので、強制解約についてはもっと厳しくなっている(もっと早くなる)かもしれません。特にauが。

強制解約は金融事故扱いになり、他社での携帯契約も難しくなります。滞納期間にもよりますが、未払い分を完済してから1年間から最長5年間(最悪でも完済から5年後に滞納情報が抹消される)、どことも契約できなくなる、というのが建前ですが、携帯電話で初めての強制解約で滞納期間も3ヶ月以内くらいでしたら、完済後2ヶ月くらいで他社との契約ができるようになっていることが多いです。

最近までは、契約時の特典で端末を安く買えてましたので、端末を安く手に入れて高額で転売、契約も違約金を払って短期で解約、というケースが頻発してました。
携帯各社、格安SIMのところも含めて、短期解約には自社とは二度と契約できない、他社も情報参照後に契約見送りとかのかなり厳しい対応をしており、それに比べれば強制解約は再度契約が可能なのでマシとも言えます。

MNOとはMobile Network Operatorの略で通信網を自前で整備している通信会社のことです。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天がそれで、キャリアという呼ばれ方もします。
ワイモバイルもソフトバンクと共同使用事業者なので、MNOに入ります。

MVNOとはMobile Virtual Network Operatorの略で、通信網をMNOのどこかから借り受けて通信をユーザーに提供している通信会社で、格安SIMという呼ばれ方もします。
MVNOはかなりの数あるのですが、MNOの子会社のところと、独立会社のところとあります。いずれも借り受けている通信網がどこのMNOなのかで、ドコモ回線系、KDDI回線系、ソフトバンク回線系に分かれます。
代表的なところはOCNモバイル、LINEモバイル、BIGLOBE、イオンモバイル、mineo、IIJとかです。
UQモバイルが立ち位置が難しいんですが、今のところMVNOに分類されています。

MNO、MVNO各社はTCA(電気通信事業者協会)に加盟しており、不払い者情報は加盟者同士で共有しており、どこかで不払いが継続中の場合はどことも契約できないようになっています。
TCA情報はあくまで不払い情報であり、強制解約に至る前までの情報です。なので滞納分を支払ったらすぐ情報は削除され、不払い履歴も残りません。
強制解約までいってしまうと、別の信用機関がその情報を管理していて、携帯各社はいつでも参照できて、その人が契約を申し込んだ時の対応(申し込み不受理にするか)の参考情報に利用しています。

もっと詳しい情報もありますが、とりあえずこんなとこで。

tam-tamさんは今月10日に回線停止になっているところをみるとauでしょうか?
強制解約になる前に、携帯会社に電話で相談しておくと、長めの猶予がもらえたり、強制解約後でも再度契約できたりすることがあります。
同じ強制解約になるのでも、携帯会社に何度も相談している場合と、まったくしてない場合とでは後が違うので、支払いの目処が立ってなくても相談はしておいた方が良いです、少なくともかえってマイナスという事態はありませんので。
電話の手段がない時は、まずショップで支払い困難の相談をして、ショップの電話を使わせてもらって携帯会社と直接話すという方法もあります。

2020/11/29 11:10  [2265-4665]   

レンタルサーバー比較の終了ですが、これは価格ドットコムがレンタルサーバーの比較ページとクチコミを廃止するというお知らせで、全員にお知らせが行ってます。
私など、見たこともないページです(笑)。
tam-tamさんの価格ドットコム利用には何の影響もありません。

2020/11/29 11:17  [2265-4666]   

Bigshooterさん

こんにちは(^^)

11日になってもインターネット回線は接続出来る状態だったのですが、いつ回線が切られてもおかしくない状態でしたので、あえて返信はしませんでした。

12日になっても回線は生きていましたが、結局21:10頃にアクセス不能になりました。

テレビが観られない状況よりもキツいですね、これ、w

PC内にインポートされている曲は問題無く再生出来る事は知っていたので、それほど不便を感じないと思っていたんですが、想像を絶する地獄ですね、笑。
(インターネットに接続されていないとAudirvanaも動かないとは知りませんでした、w)
(何事も経験だとつくづく思いましたね、w)

全ての回線が止まっているので、iPadも使えませんし、スマホも使用出来ません。
固定回線も止まっているので、救急車も消防車も呼ぶ事が出来ない。
(実際にかければこの2つの回線だけは繋がるのかもしれませんが、試すとエライ目にあうので、w)
電気が止まっても同じ状況にはなるのですが、これは想像以上にキツいですねえ、w

回線が止まっている間はメモを利用して色々と書き溜めておけば良いと考えていましたが、icloudと連携して動いているので、保存が出来ない。
(PC内のメモリーには一応保存されるのですが、PC自体問題を抱えていますので。)

そもそも、縁側を見る事が出来ない以上、引用してレスを書く事も出来ないですし、個人的なコラムなど書くにも情報の確認がインターネットを通して調べる事が出来ないので、そういったものも書く事が出来ない、
全ての回線が止まり、復旧の見通しが全く見えない状況というのは今回が初めてなんですが、これほどまでに不自由を感じるものだとは思ってなかったですね〜、w

私への最後のレスに社会福祉協議会の情報を教えていただきありがとうございました。

実はいきなり苦しくなったわけではなく、今年の2月頃から社会福祉協議会の他にも緊急小口資金、区役所の生活センター、厚生労働省などありとあらゆるところに相談していたのですが、結果はいずれもNOでした。

実際国民の生活はコロナ以前と比較するならば誰もが苦しいのでしょうが、私のまわりではそれほど困っている方はほとんど居ないのが実情です。
(ある程度の預貯金があったのでしょう。)

10万円の給付金を行った時に国民の預金が増えたと麻生さんが言っていますが、実際そうなのだと思いました。
(いつまで続くかわからない現状の為に一つの保険として預金に回したのでしょう。)

政府は安倍首相が突然として辞めてしまうまでは、生活に必要な電気、ガス、水道、電話料金などの請求は猶予してくれるように働きかけているとアナウンスされていましたが、実際にそういった事はしてくれていたんですね。

私も実際にその恩恵は受けていましたので、今回も1ヶ月程度の猶予はあるだろうと思っていたんですね。

ところが8月31日をもってそういった事は終了しました、と私が契約している大手キャリアが言っていたので、その時にはじめて現状を知ったのでした。

一つのキャリアが独断でそういった事を打ち切る、という事は考えづらいですから、国から首相が交代する事は事前通達してあったのでしょう。

今は第1波、第2波の時よりも危ない状況になっているので、直接社会福祉協議会に行く事も出来なくなっています。

4月に社会福祉協議会に直接行って現状を目の当たりにしていますが、そこで目にしたのは困っている方々に必死に耳を傾けている姿では無く、必死になって対応出来ないからと説得して拒否している職員の姿でした。

とまあ、こんなところですね、東京都の現状は、笑。

2020/11/29 12:40  [2265-4667]   

Bigshooterさん

再びこんにちは(^^)

これはメモ帳に一時的に書き込んでいるので、文字数制限がわかりませんので、あえて分割にして書いています、ご了承くださいませ。

クラシック入門書の類いの書籍を3冊ほど購入されたそうですが、いまだに需要はあるものの、内容の低下は否めませんねえ、w

私が名曲名盤の類いの書籍を読み漁っていた時代の熱のある文章は新しいものでは見かける事がなくなってしまいました。

バロック、古典派、ロマン派、などのクラシック音楽解説書などは問題ありませんが、この曲はこの指揮者で聴け!みたいな類いの書籍で優れたものを見つけるのは非常に困難な時代になってしまいましたね。

現在のようにインターネットが普及する前は実際に購入して開封して聴いてみなければわかりませんから、どうしても資料が必要になってくるのですね。

そこで名曲名盤の類いの書籍を読み漁ることになるわけなのですが。

職業音楽評論家のお勧めCDを論評を信じて購入する事は無くなりましたが、参考にはします。
(好きな指揮者、嫌いな指揮者、はっきりと書いている評論家が多かった時代でもありましたから。)

現在は自分で調べる事が出来ませんので、リンクを貼り付けて案内する事が出来ませんが、名曲、名盤といった類いのものより、世界の指揮者名鑑のようなものは一冊持っておいて損はありません。


久しぶりに部屋を片付けていたら、どっさりとそういった類いの書籍が出てきましたが、w
(なんせご存知の通りCaos状態の部屋ですから、思わぬものが出てきたりするのですねえ、w)

多分、全て絶版になっていると思うので、ヤフオクとかメルカリで探した方が良いかもしれません。

この縁側を通してちちさすさんの意見、感想を聴いた方がより的確なアドバイスが得られるとは思いますが、もとよりインターネットしづらい環境であるという事は事前に聞いていますから、私としても少し心苦しい心境ではあります。

私がもう少ししっかりしていれば、という思いはやはりありますねえ、w

クラシック音楽を聴きはじめた年齢、カメラに興味を持った年齢、いずれもちちさすさんと同じ年頃なんですが、どうしてこうなってしまったんでしょうねえ、w

ジャケ買いの書き込みで、ラムダウの名前が上がっていましたが、実は私も同じくです、w
(若き頃のヒラリー・ハーンもそうだったりします、w)
全く男ってヤツはどうしようもないですねえ(^_^;)

この縁側のイメージ画像に抜擢されている安室ちゃんですが、実は全然タイプで無かったりします、笑。

アムラー現象が起こるずっと以前から、彼女の楽曲は全て聴いていましたが、小室哲哉がプロデュースするようになってからは全く聴かなくなってしまいました。

しかし、ファーストアルバムの出来は素晴らしく、個人的にはビートルズの「サージェント・ペパーズ」に匹敵すると思ってますね。
(これは最後の方の掲示板に書いてありますね、続きを書く予定でいましたが、ファーストアルバムだけで終わってしまっています。)

ファーストアルバムの出来は凄まじく、セカンドアルバム以降はまるで気が抜けたようになってしまっているので、書く気も起こらない、というのが本音だったりしますが。
(収録されている個々の楽曲で比較するならば、これ以上に素晴らしい楽曲を見つける事は容易ですが、トータルアルバムとしての完成度は国宝級だと思っています。音質まで違いますからね、如何に心血を注いだ渾身の傑作かがわかるというものです。)

まあ彼女の魅力は主にライブにおけるステージパフォーマンスにありますから、CDだけ聴いても何の意味も無いと思っています、ファーストアルバム以外は。


最近は音楽よりも映画、ドラマを観て過ごしています。

そこで気が付いたのですが、映画観賞用としてもHD650は非常に快適なんですね。

原作は漫画なんですが「のだめカンタービレ」というドラマは観た事がありますでしょうか?

コメディチックに作られてはいますが、使用されているクラシックの選曲がイイんです。

15年ほど前のドラマですが、私は当時20回ほど繰り返し観て楽しんでいました。

ドラマで使用されているコンクールの名称は全てデタラメですが、これがまた実に面白い。

ちょっとだけと思い、第一話だけ観るつもりでしたが、結局は10枚のDVDを2回リピートして観てしまいました、w

キャスティングの豪華さは今見ると凄いですね〜、このドラマ。

なんと言っても、竹中直人の強烈な個性溢れる演技が光る逸品でもあります。
(役柄的に非常にふざけたキャラクターですが、劇場版の方では素晴らしい演技をしています。)

指揮者という職業が如何に大変なものであるかが非常にわかりやすく作られているので、個人的にはお勧めしておきます、w
(非常にふざけたドラマなので、そこのところはあらかじめ言っておきます、w)

私へのレスは大丈夫ですので、今はお持ちの宗教音楽に没頭して下さい。
また来週の土日まで書き込みは出来ないと思いますので、またその時にでも。

良い一日を♪、アディオス、w。

2020/11/29 12:48  [2265-4668]   

ちちさすさん

こんにちは(^^)

色々と教えていただき助かりました、ありがとうございます。

携帯キャリアも今は何処も非常に厳しい姿勢で対応しているのですね。

料金の支払いについては、回線が止まるまで、何回かやり取りはしていますが、ショップも近い所にあるので、もう一度話し合ってみたいと思います。

このiPadも質入れする予定でいたのですが、「探す」機能をOFFにする事が出来ず諦めて帰宅した事が「吉」と出ましたね(^^)

<強制解約になるのは延滞分の最初の支払い期日から起算して、ドコモだと2ヶ月、auだと5ヶ月、ソフトバンクだと3ヶ月らしいですが、料金の改定や2年契約中の途中解約違約金の扱いが変わっているので、強制解約についてはもっと厳しくなっている(もっと早くなる)かもしれません。特にauが。

キャリアによっても随分と違うのですね。

何故auだけが厳しい対応をしているのでしょう?

契約してから25年になりますが、現在まで、支払い不能による、強制解約の通知というものは届いた事が無かったので、非常に勉強になりました、ありがとうございます。



ちょっと楽しい話題を用意しておいたのですが、店員さんに注意されてしまいました、w
16時過ぎにあらためて書き込みます、笑。

しかしながら、ちちさすさんの説明は非常にわかりやすいですね~。
多分同じ事を私が書いたら長文&駄文のダブルパンチになるでしょうね、w

ありがとうございました(^ ^)

2020/11/29 14:37  [2265-4672]   

ちちさすさん

こんばんは(^^)、ちょっと遅れてしまいました。

:指揮者は顔で決まる!!

これですね、w

ふざけている様に思う事でしょう、ところがこれがドッコイなのです(^○^)

これは私が見つけたものではなく違う分野の受け売りなのですが、結構奥が深いのですね〜。

肝心の指揮者は取り敢えず置いておいて、事の経緯からお話しましょう。

私は長い間、麻雀ばかり打っていましたが、何処の雀荘に行っても、麻雀とは実力なのか?運なのか?というお題が上がるんですね、w

「100%運だよ、いくら強い打ち手でも配牌、ツモが悪ければどうにもならないじゃないか」

「いや、実力さ。いくら良い配牌、ツモに恵まれてもそれを生かし切る実力が無いと駄目なんだよ、麻雀は」

「運8割、実力2割、ってのが打倒なんじゃない?」

「いやいや、逆だろ、運2割、実力8割だよ、」

まあ私はかなりの人見知りなのでこういった会話に入る事はありませんでしたが、w
こういったお題が結構上がる事が非常に多いんですよね、ですが全員を納得させる回答を言える人が居ないのです。

一番長く居座った雀荘でも不意にこういったお題が上がりました、
私も同じ卓で打っていたのですが、お客であるA氏とB氏が上記の様な論議をし始めたのです。
その卓には、その雀荘では一番腕のある、元親分さんのS氏も打っていました。
いくつもの修羅場をくぐり抜けてきたのでしょう、S氏には一般人には無いオーラが漂っています。
口数少なず、自ら怒鳴ったり、他人の打ち筋に文句を言う人ではありません。
S氏とは別の雀荘で出会っており私とは古い付き合いなのですが、卓上でお話する事はありませんでした。

A氏とB氏が私に例のお題を聞いてきました。

「ねえ、tamtamちゃんはどう思うかね?、やっぱり運だよねえ?」

「バシッと言ってやってよ、tamtamちゃん、麻雀は実力だよなあ?」

A氏とB氏もそこの雀荘に来た時からの付き合いですから、何気ない会話など気軽に話せる様にはなっていましたが、お題がお題だけにどちらかのメンツを潰す事になりかねません。

私は、

「う〜ん、難しい問題だねえ。」と、はぐらかしていましたが、

S氏:
「ワッハッハ、麻雀は顔だよ。」

誰もが納得です、w

A氏もB氏も大笑いしてましたが、誰のメンツも潰す事なく解決してしまいました、w
(A氏もB氏も自分の容姿には自信があったのでしょう、w)

S氏はどういった意味合いで言ったのか真相はわかりませんが、S氏も笑っていましたので、軽い冗談のつもりだったのだと思います。

実際のところ、S氏は並の俳優なんかよりよほどカッコ良かったりします、w

私は帰宅してからちょっと深く考えこんでしまいました。

麻雀の実力が”顔”の良さで決まる訳が無いのですが、それまで出会った実力者達の顔を思い出してみると、やはりそれなりの”顔”をしているんですね。

如何にもボケボケっとしている気の抜けた様な”顔”をしてる人に強者は居ないのです。

端正な顔立ちをしているとか、女性からモテそうな顔とはちょっと意味合いが違うのですが、それなりに打てる人はそれなりの顔をしてるのです。

麻雀は打った事があるかどうかわかりませんので、別の分野で色々と思い浮かべて考えてみて下さい。

スポーツ選手でも、作家でも、企業家でもなんでも良いのです。

それなりの人はそれなりの顔をしているでしょう?

一旦、送信しますね。



2020/11/29 18:30  [2265-4674]   

続きです。

音楽室の壁に飾ってある、偉大な作曲家の肖像画もそうでしょう?

ヘラヘラとした人は居ませんよね、w

指揮者で言えば、断然カラヤンがカッコいいですね。
どんな風に写してもそれなりに絵になってしまいますよね。

私が一番好きな指揮者、トスカニーニも顔が好みだったりします、w
(これは変な意味ではありません、誤解無き様お願い致します、w)

天才肌というより、職人気質の人が好きなんですね。

指揮者以外になってしまいますが、ピアソラやバックハウスみたいな顔立ちの人が私は好きですね。←くれぐれも誤解無き様に、w

ムラヴィンスキーなんかもカッコいいですね。

私はカルロス・クライバーがどうにも好きになれないのは好みの顔じゃないのが理由だったりします、w
(指揮する動きは華麗ですけども。)


どうでしょう?

あながちデタラメではないでしょう?
例外などはありますか?、w

ヘラヘラ、ボケボケっとした顔立ちで素晴らしい演奏をしている指揮者が思いついたら、粛々と書き込んでおいて下さい、w


実は最初はこれを書きたかった訳じゃ無いんですね、w

「リッカルド・ムーティーは顔で損している指揮者だと思いませんか?」
というのが当初のお題でした、笑。

「60近いのに、いつまでも爽やかな青年気取りをしている指揮者」と顔で叩いている記事を昔読んだ事があったのですね。

ちょっといくらなんでも酷い批評ですよねえ、w
音楽評論家がこんな事書いてはいけませんねえ、w

まあ実際、年齢よりも若く見えますからねムーティーは、w
しかし、ケルビーニのレクイエムなど良い演奏もあると思うところなんですが、どうでしょうかね?、w

後は個人的にはゲルギエフが損をしている指揮者になりますかね。

マッチ棒の様な指揮棒はさておき、w
ジャケ写ではなんとかなりますが、映像でみると非常に汚らしいという声が多いです、w

写真では決まっていても、映像で観るとちょっと怖い指揮者が居ました。
ショルティですねえ、w

シカゴ響+ショルティは非常に筋肉質な演奏で個人的には好きなんですが、モーツァルトのレクイエムのビデオを観た時になんとも言えない怖さを感じましたねえ、w
トスカニーニの様な厳しい怖さではなく、まるで、怪獣が襲って来る様な動きをするんですよねえ。

顔のイメージとは全く違う演奏をする指揮者というのは結構いるんですけど、損をしているというところまではいかないですね。

演奏は好みだけど、顔がなあ、という指揮者が居ましたら、こちらも粛々と書き込んでおいて下さい、w
今後の勉強の為に参考にさせて頂きたく思います、w

とまあこんな感じの意見交換もたまには良いかなあと思い書いてみました、w

ご清聴ありがとうございました( ̄^ ̄)ゞ

良い1日を♪、w

2020/11/29 19:10  [2265-4676]   

 choco111さん  



>麻雀の実力が”顔”の良さで決まる訳が無いのですが、それまで出会った実力者達の顔を思い出してみると、やはりそれなりの”顔”をしているんですね。

 ギタリストならギターを持った姿で巧いかどうか聴かなくても分かります(`・ω・´)シャキーン

 横から失礼しました<(_ _)>

2020/11/29 19:22  [2265-4678]   

choco111さん

< ギタリストならギターを持った姿で巧いかどうか聴かなくても分かります(`・ω・´)シャキーン

同志が居ましたね~w

やはりそれなりの"顔"をしているでしょう、w

"顔"も大事ですが、"型"も大事という事ですね(`・ω・´)シャキーン、笑。

精度が格段に上がりました、w

ありがとうございます♪

2020/11/29 20:47  [2265-4680]   

tam-tamさん。

麻雀はほとんどゲームしかやったことがありませんが、実戦は夫のお友だちがが集まった時に面子合わせで入れさせられたくらいです。また、夫は若い頃に町田の雀荘に通った時期があったそうです。
確か「牌の音」とかいう名前のお店で、プロ雀士の方が経営してたとか聞いてましたが、違ってるかもしれませんので後で夫に聞いておきます。
まあ、麻雀は運の要素が強いと思いますよ。運も、配牌の運と自摸の運と二つあり、どっちかに完全に恵まれてないと上がれませんよね。恵まれてれば手作りで裏目に出てもなんとかなりますよね。
難しいのが配牌も自摸もどっちかと言えば良い方、という局で、まあたいていは自分は上がれず、他の人が上がるパターンですね。
実力の要素が強いのは、やっぱり振り込まない読みの部分かなぁと、ど素人の私は思います。
顔は、実力を示すものだと思いますので、顔で打てる人は実力もあると思ったりします。


指揮者の顔はですね、見なくて良いです(笑)。ミュンシュとかすごい男前ですけど、レコードで育った私は容姿と演奏を結びつけるって思考回路じゃなかったです。
だからBigshooterさんやうちの夫のように、美女演奏家のCDをジャケ買いとか、男性の性として理解はしますけど、私には演奏と容姿、顔を結びつける発想ありません。

ムーティはフィラデルフィア管弦楽団の主席になった時の会見で、フィラデルフィアの奥様方が夢中になったという逸話がありますよね。
会見は前任のオーマンディが隣に座って、まるで会社社長が息子に社長を譲る時みたいな嬉しそうな顔をしてる写真がありますが、30代のムーティは映画俳優みたいにカッコ良く写ってました。
そのムーティが万年青年みたいなのを揶揄されるのは、素直にいって、巨匠が次々堕ちていなくなったので巨匠を欲する世間の声を評論家が代弁?
巨匠に一番近いポジションにいるんだから早く演奏も風貌も巨匠ぽくなれ、という…。違うかな?(^^;)

ゲルギエフはロッテルダム・フィルを指揮していた頃は髭がなかったですよね?ツルツルほっぺだったと思います。その当時のボロディンのCDを持ってましたが、演奏はたいしたことなく(笑)。

2020/11/30 12:51  [2265-4681]   

Bigshooter さん  

2020/12/1 12:37  [2265-4682]  削除

 Bigshooterさん  

tam-tam17701827さん

こんにちわ^^

スレをざっと読ませていたた゜きましたが完全復活ではないんですね・・・ 涙
大変な状況だとは思いますが、役所との折衝は個人だと適当にあしらわれたりするので
絶対に諦めずに代議士、NPO、監督官庁ありとあらゆる方面からねちっこく攻めて下さい!

話は変わりますが、以前オススメいただいたムーティーのモツレクが届いて聴きましたが
tam-tam17701827さんイチオシだけあり素晴らしい演奏でした。
モツレクはワルター(1956/MONO)、ベーム、カラヤン(75')、チェリビダッケ、ガーディナー、
ムーティーを何度か聴き比べてみましたがそれぞれ個性的で楽しめました。
というか一定レベル以上の指揮者とオケになると演奏の良しあしとかを気にしないで表現とか解釈の違いに集中できるますね^^

https://tower.jp/item/2742732
↑は非常に気になるところでもあり今年度は↑をポチってフィニッシュにしようと思います。
というか海外から取り寄せたボックスが来週あたり時間差攻撃で入ってきます 笑

上でジャケ写の話が出てますが、70-80年代のロックはジャケ写の素晴らしい歴史的名盤が多く、ジャケ写の違いが音の変化をそのまま表していたりするので個人的にはやはりジャケ写は70-80年代のロックのものが好きですね^^

↓はご存じだと思いますが私が中学生の頃聴いて衝撃を受けた最も好きなアルバムは@なんですが歴史的名盤と云われている前作Aと比べてジャケットどおりスリリングで過激な演奏です。しかしAの邦題「ギター殺人者の凱旋」って酷すぎますね 笑
そもそもギター殺人者ってなんやねん?という感じです 爆
@https://tower.jp/item/4752416/%E3%83%AF%
E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%89%EF%B
C%9C%E6%9C%9F%E9%96%93%E7%94%9F%E7%94%A3
%E9%99%90%E5%AE%9A%E7%9B%A4%EF%BC%9E


Ahttps://tower.jp/item/4752414/%E3%83%96%
E3%83%AD%E3%82%A6%E3%83%BB%E3%83%90%E3%8
2%A4%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%A6
%EF%BC%9C%E6%9C%9F%E9%96%93%E7%94%9F%E7%
94%A3%E9%99%90%E5%AE%9A%E7%9B%A4%EF%BC%9
E


それとなんといってもジャケット、演奏とも痺れまくったのがBですがCのジャケットはアート的にも好きでLPのジャケットをいつも部屋に飾ってました。これもジヤケットのイメージが完全に音に反映されていますね^^
Bhttps://tower.jp/item/4289685/%E7%82%8E%
E3%81%AE%E5%B0%8E%E7%81%AB%E7%B7%9A


Chttps://tower.jp/item/3831231/1984

あとはプログレの超名盤DEFですがDは特にインナージャケットに描かれた世界がそのまま音で再現されていて驚きます。DEFはいづれ、ちちさすさんに是非オススメしようと思ってますす 笑
Dhttps://tower.jp/item/4152272/%E5%8D%B1%
E6%A9%9F


Ehttps://tower.jp/item/2520285/%E3%82%AF%
E3%83%AA%E3%83%A0%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%8
3%BB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE
%E5%AE%AE%E6%AE%BF


Fhttps://tower.jp/item/4173645/Dark-Side-
Of-The-Moon


でわ^^













2020/12/1 13:44  [2265-4683]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん

こんにちわ^^

札幌メインのGo toが一時休止したので暇になるかなと思ったら、反動なのかわかりませんがで札幌以外の函館、釧路、旭川の旅行客は全道中止になる前の駆け込みなのか猛ラッシュです 汗

さて、今日@Aが配達になる予定なのでオススメいただいたCDは海外から輸送中のものでほぼコンプリートしますので、クリスマスまでは毎晩聴きながら一人ミサです 笑
Aはあちこち探しましたがどうしても新品在庫が見つけられずユニオンで中古で入手したので
盤面が気になるところです。
@https://www.amazon.co.jp/Requiem-Op-5-Be
rlioz/dp/B001JJX7KQ/ref=pd_ybh_a_26?_enc
oding=UTF8&psc=1&refRID=G843YR04
D6A4RM78RMJR


Ahttps://www.amazon.co.jp/%E3%83%8F%E3%82
%A4%E3%83%89%E3%83%B3-%E3%80%8C%E8%81%96
%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%81%E3%83%BC%E3%
83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%82%B
5%E3%80%8D-Joseph-Sanctae-Caeciliae/dp/B
000028AWO/ref=pd_ybh_a_33?_encoding=UTF8
&psc=1&refRID=GVYP0WVZ6TKY0AQQHV
R4


tam-tam17701827さんのレスでも書きましたが今年のオーラスは↓にしようと思います。
https://tower.jp/item/2742732?recommend=
2


しかし、クラッシックの特にややマニアックなジャンルはビッネーム以外、ほんまに重版なしの廃盤が多いですね 汗

初心者の為のクラシック入門の件でtam-tam17701827さんが「Bigshooterさんは反対しておられましたが。」と書かれていますが誤解があるといけないので補足いたしますと・・・
反対という意味ではなくもし発展的に出版をとお考えであればネットでは断片的、小出しにしておかないとパクられるリスクは十分ありますという意味あいで個人的にはフルオープンにしていただけると非常に有難いですが、画像なんかはDigital Watermark入れても盗まれる時代ですから用心するに越したことはないと思います。

でわ^^ よい一日を!

2020/12/1 14:27  [2265-4684]   

ちちさすさん

こんにちは(^^)

毎度馬鹿馬鹿しいお話に付き合って下さいまして、ありがとうございます、w


<確か「牌の音」とかいう名前のお店で、プロ雀士の方が経営してたとか聞いてましたが、違ってるかもしれませんので後で夫に聞いておきます。

この一文を読んで、いや~驚きましたね!

「牌の音」
20年間無敗の雀士、雀鬼こと桜井章一のお店じゃないですか!

何処の雀荘に行っても「我一番」というお山の大将が居るものですが、「牌の音」に行く勇気のある人はほとんど居ませんよ。

ちちさすさんの旦那さんは私と同い年みたいですが、麻雀も相当打てる方なのでしょうね。

私が驚いたのその事では無く、こんな狭い縁側の中で、こんな事があってよいのか?という偶然です。

私は20代半ばで、雀荘経営に手を出しましたが、私一人ではどう経営して良いか、ノウハウも人脈もありませんでした。
その時の共同経営者が桜井章一と友人関係にあった人なのです。

面白い話題提供として何気なく振ったものですが、非常にびっくりしてしまいました。
1億3千万人もの人が居る日本において、こんな偶然を共有出来る事は奇跡に近いです。

衰退しつつあった麻雀というゲームに一大センセーションを巻き起こした人物ですね、桜井章一は。

現在ではMリーガーというトッププロを集めたリーグ戦をスポンサーをつけてMリーグという名称で、野球やサッカーみたいに毎年日本一を決めるものを行なって再び麻雀というゲームが脚光を浴びるようになっていますが、その発足人も桜井章一の主催する、雀鬼会の門下生です。

説明が下手で申し訳ありませんが、「牌の音」に足を運んでいた旦那様に聞けば、もっとわかりやすく教えてくれるでしょう。

<実力の要素が強いのは、やっぱり振り込まない読みの部分かなぁと、ど素人の私は思います。

素晴らしい考察ですね、お見事です(^^)
さすがにパチンコで勝ち組であり続けた実力の持ち主だと感心致しました。


<指揮者の顔はですね、見なくて良いです(笑)。

まあ、これは面白い話題提供として振ったものですから、w
実際、私も指揮者の顔で購入するCDを決めたりはしないですから、w
トスカニーニのような顔立ちの指揮者が好きな事は事実ですが、フルトヴェングラーのCDの方が多かったりしますので、w


<ムーティはフィラデルフィア管弦楽団の主席になった時の会見で、フィラデルフィアの奥様方が夢中になったという逸話がありますよね。

いや、全然知りませんでしたね、初めて聞きました(^_^;)
フィラデルフィア管弦楽団=オーマンディ、という図式しか頭に入っておりませんで、w
大変面白いお話じゃないですか、
そういう逸話の数々、これからも小出しでお願い致します、笑。


<そのムーティが万年青年みたいなのを揶揄されるのは、素直にいって、巨匠が次々堕ちていなくなったので巨匠を欲する世間の声を評論家が代弁?

その辺の経緯、批評をした、評論家の真意はわかりませんが、実際にそういった事がちゃんとしたクラシック音楽の書籍で書かれていた事は事実ですね、残念ながら。

実際ムーティーは映画俳優並みにハンサムですからね、←嫉妬心からもしれませんね~、w
「巨星」と呼ばれる「巨匠」と比較する事自体、酷というものでしょうが、良い演奏もあるので、音楽とは一切関係の無い容姿の部分で、彼の演奏を全否定するのは如何なものか?という思いもあったのですね。

カラヤン、ショルティを叩きまくったU.K氏でさえ、彼らの良い演奏はきちんと評価していましたから、一音楽愛好家としては非常に嘆かわしい事でありますよね。

  
<巨匠に一番近いポジションにいるんだから早く演奏も風貌も巨匠ぽくなれ、という…。違うかな?(^^;)

合っているんじゃないですかね?
というより、そうであって欲しいという思いです。
なので、「ムーティーは顔で損している」というのは笑い話でもありますが、悲しい事実でもあるのですね。
容姿、風貌は指揮者としての実力とは関係のない事ですから、
それにしても、ちちさすさんの指摘は鋭いですね、感服致します。

そういったもどかしさは、ムーティーに限らずだと思いますね。
今や、オリジナル楽器派の勢いの方が強いですからね、昔ながらのモダン楽器派の指揮者にももう少し頑張ってほしいという気持ちがあるのは私も同じです。
いや、実際は私が気が付いていないだけかも知れませんが、w



<ゲルギエフはロッテルダム・フィルを指揮していた頃は髭がなかったですよね?ツルツルほっぺだったと思います。その当時のボロディンのCDを持ってましたが、演奏はたいしたことなく(笑)。

現在、モダンオーケストラの指揮者として一番勢いのある指揮者の一人がゲルギエフです。
ペルリンフィルのペトレンコではありません。

指揮者としての才能の良し悪しは私レベルではわかりませんが、ドゥダメル、ゲルギエフのCDが良く売れているのは事実です。

2000年以降では最も活躍した指揮者ではないですかね?ゲルギエフは。

私は今はもっぱら図書館を利用する事が多いので、ゲルギエフだらけですよ、w
特にゲルギエフを評価して借りている訳では無いんですが、ゲルギエフ指揮のものしか、新しく入ってこないんですね、w
(どういった選考で、決めているのか分かりませんが)

ウィーンフィル、Mariinskyを振ったものしか聴いておりませんので、昔のゲルギエフの演奏というのはわからないんですね。

モノラル時代の巨匠達と比較するならば、指揮者のパワーバランスが弱くなった事実は否めないと感じるんですが、どうでしょうかね?

今のところ私はモダンオーケストラにピリオド奏法させる指揮者にスポットをあてて聴いていますね。
ネーメ・ヤルヴィの息子である、パーヴォ・ヤルヴィなんか面白い演奏が(ヘンテコな、という意味ではなく)ありますよ。
ベートーヴェンの交響曲第4番は良い意味でぶっ飛んだ演奏なので良く聴いていますね(^^)

2020/12/1 16:20  [2265-4685]   

Bigshooterさん

こんばんは(^ ^)

<スレをざっと読ませていたた゜きましたが完全復活ではないんですね・・・ 涙

そうですね、今のところ打つ手が無い状態ですね~w

でも、今はこの不自由さを楽しむしかありませんから、じっくり楽しみたいと思います。
(管理人としての責任は~、w)

私が書き込み不能の間、ちちさすさんと掲示板を盛り上げていただきありがとうございます。

<話は変わりますが、以前オススメいただいたムーティーのモツレクが届いて聴きましたが
tam-tam17701827さんイチオシだけあり素晴らしい演奏でした。

お口に合いましたか!
とても嬉しい報告ですね、元気が出るというものです。
15曲目に収録されている、Ave-Verum-Corpusもあらためてじっくり聴いてみて下さい。
素晴らしい曲ですので、(^^)

<↑は非常に気になるところでもあり今年度は↑をポチってフィニッシュにしようと思います。

ケルビーニはベートーヴェンが敬愛した同時代の作曲家であり、ハ短調のレクイエムはベートーヴェン自身、自分の葬儀で流してほしいと言った逸話まである名曲です。

<個人的にはやはりジャケ写は70-80年代のロックのものが好きですね^^

70年代のジャケットはイタリアン・ロックが素晴らしいものが多いですね。
個人的にはOPUS AVANTRAのINTROSPEZIONEのジャケ写が好きですね。
(リンクが貼れないので、ググってみて下さい、すぐヒットすると思います。)
アルバム内容も、抒情性豊かな楽曲あり、アヴァンギャルドな楽曲あり、と充実した一枚です。


帰宅すると、リンク先を開けないので、土日まで一部コメントは控えさせていただきますね。

<DEFはいづれ、ちちさすさんに是非オススメしようと思ってます 笑

あらら、私と同じ事考えていらっしゃる、w
m56059さんといい、どうしてこうもシンクロしてしまうんでしょ(^^)

私はジャズロックのAREAを紹介しようと思っていましたね~。

YESもキング・クリムゾンもピンク・フロイドも素晴らしいのですが、ちちさすさんにはもう少し前衛的な楽曲の方が合うんじゃないかと思いまして。

コルトレーンの「バラッド」、
私はきっと気にいると思いますよ、と書き込んでいますが見事にハズレてしまったので、w

ジャズ初心者という事も含めてリストアップされたと思うのですが、コルトレーンの「バラッド」についてはBigshooterさんクラスの人達から、厳しい意見があるアルバムという側面もあるので、私はそういったところを見落としていましたね。
(ちちさすさんは「ゆるい」と言った表現をしていますが、「甘口」という感じのが合っているのかなあ、と。)


これはBigshooterさんにも言える事なんですが、Bigshooterさんクラスの音楽スキルがある方にとって、クラシック音楽初心者と同じような楽曲をオススメするのは観点がズレているのでは無いか?と思っていたんですね。
だってクラシック音楽初心者で、私から半ば強引に沼に引きずり込まれたとはいえ僅か半年ほどで、ハイドンのミサ曲を聴こうとしているレベルになる人なんて居ませんから、笑。



なので、ちちさすさんも同様、ジャズ初心者向け、という耳ざわりが良い聴きやすい曲は合わないのだろうと考えたのです。
(気がつくのが遅すぎましたが、笑。)
ジャズ初心者には変わりないのでしょうが、音楽初心者ではありません。
並の音楽評論家など太刀打ち出来ないレベルにおられる方ですから。

新しい扉を開く、という観点からも少し「辛口」くらいのものの方が良いのではないか?と思うところなんですね。

このさじ加減が非常に難しいところなんですが、前衛的であればなんでも良いという訳じゃなく芸術的要素も持ち合わせた楽曲じゃないと表面的な部分だけではすぐに見切ってしまう方ですから、私のようなボンクラと違って、笑。

一旦送信します。


2020/12/1 19:10  [2265-4687]   

Bigshooterさん

続きま~す、笑。

メモ帳に書き込んでいるので、文字数制限がわからないんですよ、w

先程、ちちさすさんに送ったレスもコピペしてみたら、思いっきり文字数オーバーしていましたので、w

ハイドンの「天地創造」と「四季」はカラヤン盤でいきなり聴くことが出来ました。
例の近所のお爺さんですね。

最近は隠居してしまっているので、朝の散歩とかで、偶然合わないと難しいのですが、偶然会ってしまったんですよね、笑。

なので、下調べが何も出来ていなかったんですよ、w
だから、ハイドンの「天地創造」と「四季」のカラヤンによる演奏を聴きたいのですが、としか言えなかったんですね。

カラヤンは「天地創造」を4回録音しているそうで、この歳になってもへそ曲がりなのか、一番レアな音源をよこしやがりまして、w
まさか4つもの音源があるなんてこちとら知りませんから、笑。
年代的には3番目になる盤だと思うのですが、レアな音源なので、資料が無いんですよ。
なので、Bigshooterさんが聴かれた演奏とはおそらく違う盤のものだと思います。

「四季」は一回しか録音が無いので、おそらくBigshooterさんと同じ演奏を聴いている事になると思うのですが。

前回と同じく、
と言ってもBigshooterさんはご存知無いか?、笑。
ちちさすさんとのやり取りだったですね、前回は、w
USBメモリーに落としてもらったのですが、何故か消えてしまっています、笑。

1日に2回、それぞれ通しで聴いたのですが、個人的に凄く好きになりました。
と言っても、図書館には古楽器派のCDしかありませんから、非常にもどかしい、笑。
実に罪深い曲をお勧めしてくれましたね。←私への復讐、第一弾ですか、笑。
欲しいけど手に入らないこのジレンマといつまで格闘すれば良いのでしょう、w

もっと書きたいところですが、今日はこの辺で、アディオス、w

良い一日を♪

2020/12/1 19:12  [2265-4688]   

 Bigshooterさん  

tam-tam17701827さん

こんばんわ^^

大変な状況みたいですが、先ずは元気そうで良かったです^^

カラヤンは「天地創造」を4回録音しているそうで・・・
⇒カラヤンもかなりの数のCDになりましたが、個人的には「天地創造」と「四季」は他の演奏と比較してえらく緊張して演奏しているように感じるのは気のせいでしょうか?
いづれにせよ上記2作は私が所有しているカラヤンの演奏の中ではトップレベルの完成度のように感じます。因みに私の所有している音源は1969のものです。
非常にタイミングが悪い話ですが「四季」の方はAmazonの最後の1枚が1000円です!
https://www.amazon.co.jp/Haydn-Beethoven
-Brahms-Herbert-Karajan/dp/B00JX4IDFS/re
f=pd_rhf_gw_p_img_3?_encoding=UTF8&p
sc=1&refRID=TXAP2D0RJJBD160MKRMT


今日ミンシュのベルリオーズ レクイエムとちちさすさんにオススメいただいたクーベリックのHaydn:Missa Sanctae Caeciliaeが届きましたがミンシュって人はハイフェッツと共演しているものくらいしか聴いたことがありませんが緩急の使い分けが上手いですね。

Go toの仕事が入らなければ土日は在宅の予定なんですが、金曜日になっていきなり仕事入れてくるので家にいるようであればまた土日にでも

でわ^^

2020/12/1 23:37  [2265-4690]   

tam-tamさん。
夫が通っていた雀荘は「牌の音」町田店、「桜井章一のお店」という紹介文句だったお店で間違いないそうです。お店独自の大会も定期的にあったそうです。
特に強者が集まっていたわけでなく、フレンドリーな雰囲気のお店だったとのことです。桜井章一さんご本人もたまに顔を出されていたそうで、初心者さん相手にも気さくにお話してくれたそうですよ。
レートは点5だったそうですよ。
通っていたのは1990年ごろを中心だったそうです。私と出会った頃はパチンコばかりだったですので、雀荘のことは結婚後に聞きました。
夫が相当打てるかというと、私はそうでもないと思うのですが(笑)。
夫は若い時はミュージシャンの卵で(出会った時はもう別の仕事をしてましたが)、レコード会社所属の人でしたので、暇な時は麻雀で過ごしてたんでしょう。

図書館所蔵のクラシックアナログ盤やCDは、公立の場合は寄付品が基本のはずです。本と同じ扱いなので購入することも問題ないはずですが、本は新刊を入れる必要がありますがクラシックCDは新譜である必要はないので、レパートリーが揃ってしまえば後は寄付に頼って購入しませんよね。
同じ曲が多いとか、演奏家が偏っているというのは、寄付されたCDがそうだったという場合だと思いますよ。


コルトレーンのBlladsは私的には「甘口」でなく「ゆるい」ですね。どう違うのかと言われるとちと難しいですが、このアルバムの曲はゆるくなく演奏することもできるのではないか、という思いを持った、ということでこういう表現をしました。
まだ一口かじっただけの分際で何を言うかと思われるでしょうが、私のジャズの好みはクラシックと同じく、緊張感や集中力を持たせてくれる音楽が好みなのかな?と自己分析して、そういうジャズをまず聴いていこうかなと。前衛ものだとそういうのに当たる確率が高くなりそうな?
リラックスムード系のジャズでも、スイングのカウントベイシーみたいに集中力を感じさせてくれると好みに合っちゃうんだと思います。

2020/12/3 08:02  [2265-4691]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

まずは早急にアドバイス頂いたこと、あらためて感謝申し上げます。
ありがとうございました。

ショップに行き電話を借りてお客様センターに連絡したところ、直接連絡をいただいた方のみ一定の猶予期間を設けてくださるとの回答でした。

2週間ほどの延長措置ですが、この2週間があるのと無いのとではだいぶ違いますから。

回線を止められてしまうまで何度かセンターとやり取りはしていたので、ちちさすさんの的確なアドバイスが無ければそのままにしておいたと思います。

批判的コメントと受け取られると思いキャリア名はあえて書かないでおりましたが、何処のキャリアも同じような厳しい対応になってしまっているので、

ご指摘の通りauですね。

特にauの場合、auひかりとの連係サービスが他キャリアと比較して強いので、携帯電話を契約した場合、固定回線もauに乗り換える方々も多いと思います。

固定回線も止まっているので、緊急連絡先にかける事は出来るのか?という事も聞きましたが、110も119もかける事は出来ないそうです。

ただ、これは命に関わる事ですから、
私自身、料金を滞納しているのが悪いとはいえ、非常に危険な対応だと感じましたね。
他のキャリアはどういう措置をとっているのかわかりませんけれど、救急車も消防車も警察も呼べないわけですから、場合によっては命とりになってしまいます。

今回のようにキャリアに聞いてみなければわからない事実もありましたので、情報共有という意味であえて書く事にしました。

与えられた、2週間の猶予期間、大切に使わせていただきます。
ほんとうにありがとうございました。

2020/12/3 10:00  [2265-4692]   

Bigshooterさん

こんにちは(^^)

<大変な状況みたいですが、先ずは元気そうで良かったです^^

ありがとうございます。

しかし、打つ手がないですね~w

悲観的にはなってないですが、ほとほと困り果ててます。


<カラヤンもかなりの数のCDになりましたが、個人的には「天地創造」と「四季」は他の演奏と比較してえらく緊張して演奏しているように感じるのは気のせいでしょうか?

さすがですね!
私はハイドンは交響曲しか聴いたことがないので、「天地創造」「四季」みたいな曲も作るんだあ、とギャップ萌えしており、そこまで感じ取ることが出来ておりません、笑。

<因みに私の所有している音源は1969のものです。

1969年もセッション録音のものと、ライブ録音のものと2つあるみたいですね。

私が聴いたのは、1970年代のライブ録音の演奏です。
(一番最後に録音されたものでは無く。)

4種の音源がありますが、カラヤンが自発的に録音したものではないでしょうね、これは。
(「天地創造」はほとんどがライブ音源によるものですから。)

たった一日で、音源が消えてしまったので、聴くことが出来ません。
USBメモリーに再度落として下さい、お願いすれば、やってはくれるでしょうが、いい顔はしないのは目に見えてますから、
今後、また違う曲を聴くのにお願いする事もあると考えると、今回のような不手際で二度手間をかけさせる事はちょっと気がひけるんですよね。

<非常にタイミングが悪い話ですが「四季」の方はAmazonの最後の1枚が1000円です!

1000円ですか!!、なんと破格な価格ですね。
しかし、区役所から食料を頂いている状況なので、僅か1000円のお金さえもつかえないのです。
せっかく情報提供して頂いたのに申し訳ありません。


ちちさすさん宛のスレで、
<初心者の為のクラシック入門の件でtam-tam17701827さんが「Bigshooterさんは反対しておられましたが。」と書かれていますが誤解があるといけないので補足いたしますと・・・

またも私の言葉足らずで不愉快な気分を与えてしまい申し訳ないです。

注意を促していましたよ、とかもう少し柔らかい言葉で書くべきでした。

私は私で、ちちさすさんが簡易的にやってみますか、と書かれていたので、本にする内容のものをそっくりそのまま書くつもりは無いと思っていたものですから、出来る事でしたらお願いしたいですねと書きましたが。
(もとより、ちちさすさんとしてはカメラ関係の本を優先的にというお気持ちの方が強いのでしょうけども)

私の考えとしては、私の縁側で簡易的にやっていただくとしても、ちちさすさん1人では負担が相当大きいものとなりますから、私とBigshooterさんと対話形式のような形を想定していたんですね。

ご存知の通り、ちちさすさんは文章構成が非常に巧みであり、かつ非常にわかりやすいです。

クラシック音楽入門書の類いの本は沢山ありますが、そういった本を読んでいても途中で訳がわからなくなってしまうようなものばかりです。

専門用語が多い、形式、様式を理解する必要がある、指揮者、オーケストラを覚えなければならない、どの時代の曲から聴いていいかわからない、問題は山積みです。

ジャズもそうですが、取っ付き難い側面を持っている音楽である事は事実です。

趣味は音楽鑑賞と言う大半の方は音楽が楽しめれば良い訳で、極論してしまえば良い演奏、悪い演奏が理解出来るところまで求めてはいません。

性別に関係無く、説明書を読むのが苦手である、という人は結構多いものです。
なので、ちょっと自分で調べればわかるような事でも、クチコミで相談したりするのです。

私は私で、たった一人のアーティストの指南書も未だに手付かずのままで、とてもそんな事は言えたものでは無いのですが、

私はちょっとした事から、Bigshooterさんをクラシック音楽の沼に引きずり込んでしまいましたが、巡り巡って今ではBigshooterさんのほうからから学ぶ事も多いです。

今回、私が求めているものはちちさすさんにとって何のメリットも無いかもしれません。
メリットはないかもしれませんが、楽しめれば良いと思っているので、どういった形がベストであるか、Bigshooterさんにも負担の無い範囲で一緒に考えていただけたらと思っているのですね。

その前に「ちちさすさんのお気持ち」を聞いておかなければ成立しませんが、
(最近の出来事をちょっとパクってます、w)

良い一日を♪

2020/12/3 10:41  [2265-4693]   

tam-tamさん。

2週間の延長措置、強制解約までを2週間延長するということでしょうか?
だとしたら5ヶ月は待ってくれるauにしてはずいぶん早い強制解約だと思うのですが、やっぱり対応が変わってしまったのかしら?
それとも、2週間携帯を使えるようにしてくれたというなら、これは神対応に近いものですが…。

携帯料金の月々の支払いって、言い方が悪いですが、金融機関への借金返済と同じリスクがあるんですよね。
いずれにしても、早急に携帯料金の精算を最優先にしておかないと、他にも影響が出てしまいます。
プランの方も、電話はキャリア、データ通信は格安SIM(MVNO)とで分担させるとか、見直す必要があるかもしれません。
それに音声通話付きデータ20GBで2,980円プランが出てきてますし、来年前半には今よりかなり安い料金になりそうですね。
その安い料金も、強制解約になったら契約できなくなります…。
tam-tamさんへの起死回生アイデア、何かないかなぁ…。

2020/12/3 11:28  [2265-4694]   

あのあの…(^▽^;)
子供向けカメラの本の方は、書きたいな、という気持ちがあるだけでとどまっておりますので(^^;)
やっぱりこういうのは、依頼でも受けないとスイッチ入りませんです(笑)。

それに、私はクラシック音楽関係の本は書くつもりはありませんよ(^^;)
何かの生活雑誌の小さな連載くらいでしたらできるでしょうけど、本にできるほどの内容には仕上げられません。書くならtam-tamさんのようにコラムですよ。

もしコラム的に書くなら「ビギナー&オヤジにおすすめクラシック音楽名曲名盤50選」にします。
巷には300選だの500選だのありますが、ビギナーさんやオヤジさん向けには多すぎるでしょ?
私だったら、ビギナーさんが「曲名は知らないけどテレビやラジオやCMで聴いたことがある曲」と「聴いたことはないけど曲名は知っている曲」を中心にして選びます。

2020/12/3 11:50  [2265-4695]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)


<夫が通っていた雀荘は「牌の音」町田店、「桜井章一のお店」という紹介文句だったお店で間違いないそうです。

正確に言うと雀荘ではないんですね、道場に近い性質のお店なので。
普通の雀荘だとどんなに下手でもいきなりフリー卓に入れますが、「牌の音」は道場なので、それなりに打てる人でも体験卓で打ってからでないとフリー卓で打つ事が出来ません。

<特に強者が集まっていたわけでなく、フレンドリーな雰囲気のお店だったとのことです。

旦那様が強者だったので、大したことない、そう感じてしまった可能性はありますよ(^^)
下北沢店に比べると、町田店はフレンドリーな雰囲気を感じやすいですが、それでもレベルの低い打ち手が通えるほど楽なお店ではないですよ。


<夫が相当打てるかというと、私はそうでもないと思うのですが(笑)。

手厳しいですね、笑。

「心温かきは万能なり」という言葉は旦那様から聞いた事がありますか?
「牌の音」に行くよう方なら知らない人はいないほど有名な言葉です。
旦那様の口から聞いた事が無ければ、不意に何気につぶやいてみて下さい、
「なんで、それ知ってるの?!」と驚かられると思いますよ(^^)。
旦那様はまさに「心温かきは万能なり」のような素晴らしい方ですね。



<図書館所蔵のクラシックアナログ盤やCDは、公立の場合は寄付品が基本のはずです。

区によっても違うんじゃないですかね。
年に一度予算枠の範囲で購入していると職員の方から説明を受けたので。
職員といっても多分パートの方だと思うので、間違った説明を私にした可能性もありますが、笑。
近くにある、いつも利用している図書館は業務用研磨機さえありません。
5000円くらいで買える、市販品のクリーナーを使ってましたね。←これは全く使い物になりません。
一番大きな図書館は5倍近い敷地面積があるので、クラシックのCDも豊富なんですよ。
その図書館には業務用研磨機が置いてありました。
CDも重複したものが多いので、おっしゃる通り寄付品かもしれませんね(^^)

今日はコルトレーンのCDを4枚ほど借りてきました。
なんと、マイルス・デイビスが一枚もありませんでした、笑。なんという偏りでしょう、w
バド・パウエルが好きで昔よく聴いていたので、それを借りに行ったんですけどね。
20年前は在庫あったんだけどなぁ、笑。
ジャズとクラシックのCDは減る一方ですねえ、
年に一度、新しいCDがはいるのですが、クラシックは5~10枚程度ですね。
それよりも、無くなってしまう数の方が多いので、年々減る一方なんです。

<コルトレーンのBlladsは私的には「甘口」でなく「ゆるい」ですね。

なるほど、
曲調的には「甘口」と感じませんか?
「甘口」で「ゆるい」演奏では無く、単に「ゆるい」というのが気になるのでしょうか?

<まだ一口かじっただけの分際で何を言うかと思われるでしょうが、~

そういう風には思いませんよ(^^)
自称現代音楽フリークのちちさすさんですから、違うジャンルの音楽の分野でも的確な判断が出来ると私は思ってます。


<私のジャズの好みはクラシックと同じく、緊張感や集中力を持たせてくれる音楽が好みなのかな?と自己分析して、そういうジャズをまず聴いていこうかなと。前衛ものだとそういうのに当たる確率が高くなりそうな?

なるほど、全て合点がいきました。
クラシック音楽の良し悪しの選考基準がイマイチわからなかったのですが、この文書でようやく理解出来ました(^^)

トスカニーニがあまり好きでは無い事も、フリッチャイがお好きな事も、カラヤンの演奏では70年代の録音を高く評価している事も、ようやく理解出来ました。
といっても、それ以外にも多義にわたる色々な要素もあるでしょうから、半分くらいでしょうかね、笑。

でしたら、前衛ものにスポットをずらすより、多少音質が落ちても、ライブ録音で、名盤をお探しになった方が良いかもしれませんよ(^^)
ちちさすさんは音質が多少落ちるヒストリカルな録音でも許容出来る方なので。
ジャズは私も多少かじった程度なので、後はBigshooterさんにお任せしようっと、笑。

こちらのレスは一旦閉じますね。
続きます。

2020/12/3 21:07  [2265-4698]   

ちちさすさん


<2週間の延長措置、強制解約までを2週間延長するということでしょうか?

そうですね。
12月2日にサポートセンターに電話したところ、強制解約のハガキはすでに発送してしまっているという事でした。
ちちさすさんのアドバイスが無かったら、届いてから知る事になるのであらためて感謝致します。


<だとしたら5ヶ月は待ってくれるauにしてはずいぶん早い強制解約だと思うのですが、やっぱり対応が変わってしまったのかしら?

安倍総理の時は、生活に必要な料金は、最低でも1ヶ月程度の猶予を与えるよう、各事業者に呼びかけているとアナウンスしていましたよね。
実際、そうやって対応していましたよ、auも。
私も2回ほど、1ヶ月待ってもらっていたので。
なので、今回もそういう認識でいたんですよね。
ところが、そういった猶予措置は8月31日をもって終了してますので、と言われたので、時間を作る事が出来なかったのです。

支払うべき料金を支払えない私自身が悪いのですから、メンバーの方々にはほんとうに申し訳ない気持ちしかありません。


<携帯料金の月々の支払いって、言い方が悪いですが、金融機関への借金返済と同じリスクがあるんですよね。

2度の自己破産と債務整理を経験していますので、どういったリスクがあるかは熟知しておりますが、通信事業者も同じリスクがある言は知りませんでした。
わかりやすくご説明いただきありがとうございます。


<プランの方も、電話はキャリア、データ通信は格安SIM(MVNO)とで分担させるとか、見直す必要があるかもしれません。

スマホ2台と固定回線と3つ一緒になっているので、前々から、固定回線だけ、ハズしておこうと思っていたのですが、auの場合、ショップに行ってもダメなんですよね。
他に2台の携帯電話は、別々の口座にしてあるんですけど←いくつ携帯もっとんねん、笑。

銀行も一人一つしか口座が作れないようになってしまっているので、足りないんですよ、w

<tam-tamさんへの起死回生アイデア、何かないかなぁ…。

色々と考えていただき感謝しております(^^)
まともなものでは、多分無いと思います、笑。
私もあらゆるところに電話してますし、相談してますので。
たかだか5万円程度なんですけどね、早急に用意する金額は。
薬の副作用として、指に痙攣が起きる事は処方される段階でわかっていたんですが、タイミングが悪いですね。
起死回生のアイデアはあるにはあるんですが、いずれもグレーゾーンなので、使いたく無いんですよ、笑。

こうやって親身になって配慮していただけるだけでもありがたい事だと思っております(^^)


<あのあの…(^▽^;)
子供向けカメラの本の方は、書きたいな、という気持ちがあるだけでとどまっておりますので(^^;)

もちろん理解しておりますよ^ ^
一応、お力になれるという事だけお伝えしたかっただけですので、私の方から、今後この話を振ることはありませんので大丈夫ですよ。


<それに、私はクラシック音楽関係の本は書くつもりはありませんよ(^^;)

それも理解しております。
書くなら、カメラの方を優先するお気持ちがある事はレスされた文章にありましたので。


<もしコラム的に書くなら「ビギナー&オヤジにおすすめクラシック音楽名曲名盤50選」にします。

私自身が現在こんな状態ですので、早急に、とは考えておりませんが、
私としては、もう少し砕けた内容のものを考えていたんですが、(交響曲1曲マルっと聴かせるのも大変だと思うんですよ。)
これについてはちちさすさんの考えを第一に尊重したいと思いますので、掲示板などは自由に建てて頂いても構いませんので(^^)

とにかくこの困った現状をなんとかしないといけませんね、
ご心配いただきありがとうございます(^^)

良い一日をお過ごしください♪

2020/12/3 21:11  [2265-4699]   

tam-tamさん。

固定電話回線にスマホ2台、携帯電話も2台。お一人でこの台数とは驚きました。iPadもありますよね?
所持台数イコール契約回線数とは限りませんが、生活が困ったとき、最初に削るのは通信量とも言いますので、今回を凌げたとしても、通信のリストラは必要になるでしょうね。
台数が必要ならテザリングの活用とかシェアSIMで対応するのが良いかな?と個人的には思います。


牌の音のことを調べてみましたが、道場ということになってますね。
夫が通っていた頃は、道場ではなく普通のフリー雀荘、体験卓のようなものもなかったそうです。
tam-tamさんの知っている牌の音になったのは、夫が行かなくなった後なのだと思います。


お話変わりますが、引っ越しとかなんのかんので行方不明になっちゃったCDってありますよね(^^;)
一昨日、群馬に引っ越してから行方不明だった2枚が書類の箱から見つかりまして、久しぶりに聴いております。
画像ないんですが(後でアップします)、「マイケル・ナイマン/ソング・ブック」「ドイツ子供の歌」というアルバムです。
「ソング・ブック」のウテ・レンパーのヴォーカルは良いですね。あと1,2枚アルバムを買ってもいいかも。
「ドイツ子供の歌」はソプラノのルチア・ポップの歌です。今聴くとちょっとオペラスティック過ぎるな(^▽^;)

2020/12/4 08:13  [2265-4701]   

Bigshooterさん。
お疲れさまです。北海道も大変ですね。

tam-tamさん方にも書きましたが、私はクラシック音楽関係の本は書くつもりがありませんので、書くんだったら小さいコラムくらいです。
ビギナーさん、オヤジさん向けには、聴きどころ1〜2行、おすすめ演奏紹介1行、でいいかなと。専門的なことや豆知識的御託は要りませんものね(笑)。

宗教曲は、私がそうだったんですけど、最初はいろんな曲が聴きたくて多くのレパートリーを所有したりするんですが、聴くものがだんだんと集約されちゃう傾向が強い分野でもあります。
私の場合は、バッハのロ短調ミサとヨハネ受難曲、モーツァルトのレクイエムとハ短調ミサ、ブラームスのドイツ・レクイエムくらいしか聴かなくなってます(^^;)
たまには他の曲も聴きますけど。
でも他の曲を聴いて得た知見や音楽感性はたくさんありますので、決して無駄ではなかったです。

2020/12/4 09:55  [2265-4702]   



Fidelio X3購入は辞めます…。
USA Amazonで249ドルで販売中。しかし、有名海外ユーザのレビュー見るに、色々残念な仕上がりのようで。得にバランスケーブル端子が特殊構成で既製品のバランスケーブルだと片方しか音が鳴らない終わってる(海外ユーザご自身の動画なのに、Phillips F@ck F@ck 連呼…笑)仕様みたいです。

ソース動画:
<https://youtu.be/Q-_oqjJlSHo>


Fidelio X3買うならHIFIMAN Sundaraの方が良さそうですね。このヘッドホンなかなか綺麗な音が出るらしいです。最近1番気になっているヘッドホンでもありますね。

資金は有限なり…。

2020/10/18 12:29  [2265-4448]   

 Bigshooterさん  

ドーヴェンウルフさん

ご無沙汰しております^^ お元気でしたか?
以前X3の情報をドーヴェンさんにアップしていただいてから
たまに↓をウォッチしていましたが国内販売はなしで終わってしまったのでしょうか?
https://www.philips.co.jp/c-p/X3_00/fide
lio-fidelio-x3-wired-over-ear-open-back-
headphones


X2の音が好みでメインの一つとして使っていますが交換したイヤパッドもだいぶ汚れてしまったので再度交換を考えていたのですが高いんですよね〜 涙
既にイヤパッドの保守部品もないかもしれないですがフィリップスはすべてメーカー修理扱いなのがメンドいですね^^

X3はドーヴェンさんのコメントを拝見してかえって買えなくて正解だったのかも・・・
なんて思いました。

話は変わりますがケーブルを自作する時に↓って使ったことありますか?
https://www.yodobashi.com/product/100000
001001278153/

昔からピュアオーディオ用の電ケーやインコネを自作したりするときに必ず使ってますが、ストレイキャパシティーを逃がすのかバカにならない効果があると思います。
ちょっと値段は???ですが なかなか面白いと思いますので機会があったら試してみて下さい。

最近、650を入手したのでMOGAMI2893を使って↓とノイトリック6.3×2でバランスケーブルでも作ってみようかな・・・などと考えてますが、最近、ちょっと視力障害があるので↓のハンダ付けは厳しいものがあるかな〜なんて 頭を抱えてます 笑
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07Q
PLX1XN/ref=ox_sc_saved_title_1?smid=A23H
FVLT9E92AO&psc=1

ドーヴェンさんのお知恵を拝借するするかもしれませんのでその節は宜しくお願いします。

でわ よい休日を!



2020/10/18 14:41  [2265-4450]   

Bigshoiterさん

お久しぶりです。元気ですよ!肝臓評価Dくらってお酒控えてます…。

Fidelio X3は米国Amazonでは早速100ドル値下げされてますので、必然とおわかりかと思います。バランスケーブルは特殊構成にしたのも頂けないですね。確実と言って良い程自社のアップグレード版で金儲け考えてたのでしょうね。今どき流行らない商売方法です。

音はX2より良くなっているらしいです。X2より更にくっきり(ディテール)聞こえるとの事。しかし、付属のバランスケーブルは2.5mmなのに何故3m仕様なのか、動画レビュー者は酷評されてました。確かに2.5mmの3mって何に使うんだろうって話ですよね。


お?偶然ですね。先程Acoustic Revive社のケーブルのレビューを投稿したばかりです。

シースは恐らく同じものでしょう。私はこのシースおすすめしません。針金のような硬さなのでエグい装着感です。摩擦音もかなりありますので…。しかし音質効果は良いとの事ですね。実際聞いていて本当に良い音でした。個人的にはジャックのパーツの品質が良いが理由ではないかと考えてます。

Mogami2893は柔らかいケーブルですので、元からついているシースを剥がすのであれば、もっと柔らかいシース選んだ方が良い気がしますね。実際ケーブル屋で見て触った方が良い気がします。ネットではあまり売っていないというのもありますが。

2020/10/18 15:10  [2265-4451]   

続く

SENNHEISERのヘッドホン側コネクタについて

これってどこも同じようなものばかり作っているように感じます。
2pinですが、どこも金メッキ仕様ですよね。金メッキの品質ってそこまで差は無いと感じます。

確か銀メッキのものもあった気がしますが、値段が1万円近くしたような気がします。とてもじゃないが、それだけのために買うようなパーツでもないので私は選択肢から外しました。

私はこの部分の部品については見た目と頑丈差など追求してパーツを選んでます。海外製品なんか結構安くて良いものも売っていますよ。得のこだわりなければ見た目やレビュー評価を参考に選んでみても良いと思いますよ。

2020/10/18 15:23  [2265-4452]   

 Bigshooterさん  

ドーヴェンウルフさん

Reコメありがとうございます。

肝臓評価Dくらってお酒控えてます…。
⇒私も30台の頃にC型肝炎やってインターフェロン治療しましたが、肝臓逝かれると他の臓器にも影響でてくるのでくれぐれも気を付けて下さい。
昔は処方箋でしか入手できなかったものが最近は市販薬でも買えるようになりましたが肝機能の数値には色々試してみましたが↓が最も効きますね・・・
https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/sun
drugec/item/4987316033570/


音はX2より良くなっているらしいです。・・・
⇒私はMogami2893を基準にしているのでバランスがいじくれないのは痛いとこですね^^

お?偶然ですね。先程Acoustic Revive社のケーブル・・・
⇒そっか・・・ ヘッドフォンのケーブルの場合、据置機と違って動かすわけですから確かにドーヴェンさんのおっしゃるように摩擦音も考えないといけないわけですね・・・

Mogami2893は柔らかいケーブルですので・・・
⇒イメージではカッド4本を2×2でバランスかな〜なんて考えてましたので2×2は熱チューブかシースを被せて、分岐2か所に↓あたりのスプレッダーでも入れてみようかな〜 などと考えてました。
が・・・しかし「実際ケーブル屋で・・・」というのが北海道ではできないところが致命的です 爆
https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/d
etail.php?code=EEHD-5JTY#


参考になりました。ありがとうございます! でわ^^



2020/10/18 15:42  [2265-4453]   

Bigshooterさん

ストレス発散方法が酒とオーディオなので身体に触りました。ウィスキー焼酎辞めました。しばらくはビールたまに飲むぐらいにします。

なんと!北海道はちょい遠いですね。

Acoustic Reviveについて
結構な摩擦音がしますので、動かなければ良いですがちょっとでも動くと骨伝導で騒音が頭に響きます。

自宅使用でしたら見た目気にせず、熱伸縮チューブで固めるだけで良い気がしますね!

私も今在庫切らしており、良いシースを探しております。なんか良いのがあれば情報共有したく思います。

2020/10/18 15:52  [2265-4454]   

 Bigshooterさん  

ドーヴェンウルフさん

再びこんにちわ^^

ストレス発散方法が・・・
⇒1つ抜けてない? 笑
肝臓やると痛風になりやすいので肝臓やられてる時にビールに走ると痛風になるので
気を付けたほうがいいですよ^^
私は↑のパターンで激痛でのた打ち回りました 汗
だるい+痛いの波状攻撃を受けるとマジで気が狂いそうですよ!

なんと!北海道はちょい遠いですね。
⇒東京に住んでた頃は勤務先が新宿と大手町がだったので5時ダッシュでアキバに行って買い物してまた仕事に戻るなんてこともできたんですが、北海道はパーツとかは「来て見て触って」
ができないし、ヨド以外は急ぎでほしくても配送が中1日かかるわ、吹雪で遅配なんていうのは当たり前の世界なのでストレス溜りますよ 笑

私も今在庫切らしており、・・・
⇒今のところ、純正改造6.3×2と660についていたPentacomをシバいているところなので、音が落ち着くまでに暫くかかると思いますのでまた何かいい情報があれば教えて下さい。

お休みのところ貴重なお時間をさいていただきありがとうございます! でわ^^



2020/10/18 16:16  [2265-4455]   

ドーヴェンウルフさん

こんばんは(^^)

FidelioってPhillipsが作っていたのですか、どうりでコスパが良いはずです。

Final e2000、e3000が発売されるまで、この価格帯はPhillipsの独壇場でしたからね。

<Fidelio X3買うならHIFIMAN Sundaraの方が良さそうですね。このヘッドホンなかなか綺麗な音が出るらしいです。

一応試聴はしてますね。

平面駆動型ですよ、これ。

綺麗な音は鳴りますが、アタックがどうしてもダイナミック型と比べると弱いです。

特定のジャンルを聴くのは良いかもしれません。

打楽器が入ってくると、ちょっと駄目ですね。

それと、非常に重いです、このヘッドホン。

例の真空管アンプと組み合わせて、弦楽アンサンブルとか聴くと素晴らしい音が鳴ると思います(^^)
女性ヴォーカルにも合いますね♪

2020/10/19 01:17  [2265-4458]   

 Bigshooterさん  

ドーヴェンウルフさん

こんにちわ^^

お?偶然ですね。先程Acoustic Revive社のケーブルのレビューを投稿したばかりです。
⇒↑とのことだたので勘違いしてヨドバシのレビューを探してみましたが、見つからなかったので「もしや?」と思ったら価格のほうでした 笑
私がレスる少し前にレビューされてたのですね・・・
ドーヴェンさんのレビューを拝見する限りではヘッドフォンには使えそうもないですね 涙
Mogami2893の自作にも使ってみようかなと考えていたのでちょっと残念・・・

話は変わりますが、X2のイヤパッドを交換しようと思ってフィリップスに電話したところ、「イヤパッドの在庫がないのでどうにもなりません」というフザケた回答だったので「定価5万円の使い捨てヘッドフォンはないでしょ?」とつい言ってしまいました 笑
ゼンとかAKGの定番ものは規格が同じものが多いので長く使えますが、発売から5年余りで保守部品がなくなってしまうのも考えものですね
メーカーの対応も考えると今後フィリップスには手を出しずらいな〜なんて思いました。

お忙しいと思いますのでとりとめのないオヤジのモノローグと思って読み飛ばしておいて下さい。

でわ^^

2020/10/19 14:44  [2265-4461]   

tmatmaさん

こんばんわ。

返信遅れてすみません。

今ちょうどHD650聞いてますが、やはりオーケストラ風の壮大な曲に関してはこいつは合いますね。アーティスト「Two Step from Hell」の「Impossible」聞くと臨場感が違いますね。
主観となりますがケーブルはUPOFCなどありますが、やはりMogami2534がしっくりきますね。

Phillipsは過去に素晴らしいもの出されてますよ!馬鹿にできないです。Fidelioシリーズは特に特にそうですが、音質はAKGに負けないぐらい良い音音出します。(最新のX3はちょい残念ですが...)

>平面駆動型ですよ、これ。

平面駆動型って全体的にバランスよい音なんですよね。私は聴いても2−3時間で耳が疲れますので重くても大丈夫です。(自宅のみ場合)

しばらくはケーブル作成優先します。そのあとヘッドホン改造なんてやろうかなと。「ケンウッド TRIO KH-21 」(写真のもの)かっこいいなーなんて思ってますが古すぎて音は劣悪です。内臓のスピーカーを交換改造してみようと思います。このヘッドホンのデザインすごく好みです。カブトムシみたくロマンを感じます。また昭和時代のヘッドホンに今時のハイエンドヘッドホンのドライバー入れてみたらどうなるかちょっとニヤニヤものですね。


真空管のアンプいろいろ調べてみましたが、ポタアンに絞るとコストパフォーマンス悪いですね...。据置のものにシフト変更検討中です。どちらにせよ真空管も載って持ち歩くものには適さないですね。ノイズやばいです。しかも物理接触でキィーンとすぐ鳴りますしね。


真空管アンプとしては「Xduoo ta-20」なるものが良いと感じてます。バランス接続可能でちょっと気になりますね。



2020/10/25 22:38  [2265-4517]   

Bigshooterさん

返信遅れて申し訳ないです。

>ドーヴェンさんのレビューを拝見する限りではヘッドフォンには使えそうもないですね 涙
>Mogami2893の自作にも使ってみようかなと考えていたのでちょっと残念・・・

本ケーブルは振り回して人に当てたら鞭のごとく凶器になるほどのものです。主にシースのせいです。はりがねですよ...。Acoustic Revive社のケーブルの音は良く、シースの音質効果もあると思いますが、音だけ追求するなら買って損しないと思います。しかし、Mogami使用されるなら元々付いている保護シースで良い気がします。分岐点より上は熱伸縮チューブを使い、分岐点より下は元からついているシースで問題ないかと。

Fidelio X2のイヤーパッドは非常に残念ですね。海外だと今なら本体新品のX2は二万円切って販売されてますからね。新しく買えばよい、ってならないんですよね。今使っているヘッドホンのドライバから鳴る音が良いのです。イヤーパッドの互換性あるちゃんとしたものがあればよいですがね...。やる気の無さにがっかりですね。

近々愛用のOPPO PM3をオーバーホールに出します。ヘッドホンバンドとイヤーパッド交換してもらいます。こういう保守系などOPPOはちゃんとしてますね。しかし高いです...。状態の良い中古品もう一台買える...。(笑)

2020/10/25 22:57  [2265-4518]   

 Bigshooterさん  

ドーヴェンウルフさん

こんばんわ^^

本ケーブルは振り回して人に当てたら鞭のごとく凶器になるほどのものです。・・・
⇒「鞭のごとく」はちょっとヤバいですね 爆
アコリバのカーボンメッシュはかなり前から売っていて10年位前にピュアオーディオの電源ケーブルに使っていて一聴してわかるくらいSMが上がるのですが、確かに柔らかさと取り回しの良さが売りのMOGAMIには合いませんね 残念!

Fidelio X2のイヤーパッドは非常に残念ですね。・・・
⇒やる気のないメーカーの対応に頭にきたのでオクに出そうかと思って相場を見たら1.5万がいいとこなので諦めてぬるま湯とハミングで洗濯したらあまりの汚さに絶句してしまいました
 笑 さすがに2年以上使っているとバッちいですね 汗
取りあえず使い潰すしかないですね 涙 車で云えば「○○〇スパイラル」みたいなものですね・・・

RP-HD10もよく見たらヘッドバンドがほんのわずかに加水分解で剥がれだしていたので慌てて↓を買ってみましたが長さ・太さともジャストフィットでした。
合皮は頭の脂がつくと溶けてくるのでノンアルコールのウエットティッシュで拭いたりしていましたが湿度の低い北海道でも3年で劣化してきたのでちょっと早すぎかな・・・なんて思いますがドーヴェンさんとこのRP-HD10はどんな感じですか?
イヤパッドもヘタるのが早くて1年半ごとに変えてますが、両耳で送料込み¥2,500以下と良心的な価格は「さすがパナ!」と言いたいところですね^^
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07D
824XHY/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s0
0?ie=UTF8&psc=1


近々愛用のOPPO PM3をオーバーホールに出します。・・・
⇒ヘッドホンバンドも交換できるのはいいですね^^ AKG 712PROとかSONYのZ7は本革なのでメインテは楽ですが、最近はなかなか本革のヘッドバンドのものってないですね
712PROのイヤパッドも注文しましたが、両耳で¥10,000超なので本体の1/3です。
ブリンター商法みたいでいただけませんね^^

でわ^^


2020/10/26 01:05  [2265-4519]   

ドーヴェンウルフさん

おはようございます(^^)

ちょっとここのところ忙しくて、通知メールは入ってくるもののブラウザを開く事もままならず。

返信遅れまして申し訳ないです<(_ _)>

<今ちょうどHD650聞いてますが、やはりオーケストラ風の壮大な曲に関してはこいつは合いますね。

クラシック音楽好きの方は大抵所有されている名機中の名機ですから(^^♪

発売して随分と経ちますがゼンハイザーのフラグシップモデルでしたからね、素晴らしい出来ですよ。
AKGほどではないですが価格崩壊してます、現在の価格で買えるようなヘッドホンではないですね。

<Phillipsは過去に素晴らしいもの出されてますよ!馬鹿にできないです。

エントリークラスのイヤホンしか知りませんでした(^_^;)

なので、Fidelioシリーズも未聴だったりします、これはヤバイでしょ、w

<平面駆動型って全体的にバランスよい音なんですよね。私は聴いても2−3時間で耳が疲れますので重くても大丈夫です。

ならHIFIMAN Sundaraはコストパフォーマンスが素晴らしいヘッドホンとなるかもしれません。
聴いてみてください、この価格帯ではワンクラス上の音を鳴らしますので。

<しばらくはケーブル作成優先します。そのあとヘッドホン改造なんてやろうかなと。

遂にヘッドホン改造ですか、凄いですねえ、
自分の好みの音を鳴らすヘッドホンが完成したら、素晴らしいですね(^^♪

<真空管のアンプいろいろ調べてみましたが、ポタアンに絞るとコストパフォーマンス悪いですね...。

真空管自体がそもそもサイズが大きいですからね、ポータブル向け製品を作るには色々と課題があるのでしょう。

音質重視でしたら、据え置き型のものの方がコスパは良いと思いますよ。

<真空管アンプとしては「Xduoo ta-20」なるものが良いと感じてます。

カッコいいデザインのアンプですね(^^♪

私はバランス駆動、接続出来るケーブルがありませんのでシングルエンド専用で物色中です(^^)
(イヤホンのIER-Z1Rにはバランス対応ケーブルが付属されてますけど。)

ERNESTOLONE PHONO EXか、
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news
/758604.html


HA-1A MK2
https://www.phileweb.com/news/d-av/20180
3/16/43527.html


資金に余裕が出来たら、試聴して決めたいと思います。
音が気に入ってしまったら困るので、買える状態になるまで我慢するしかありません(^_^;)

2020/10/26 05:42  [2265-4521]   

 Bigshooterさん  

(誤)ハミング
(正)アクロン

でした 笑

2020/10/26 09:31  [2265-4527]   

Bigshooterさん

こんにちは。


アコースティックリバイブ カーボンシールドメッシュって本来は電源ケーブルや本格的な音響機器のケーブル等に使われているシースですよね。それを無理やりヘッドホンケーブルにして商品化したんだと思います。装着感なんて最初から考慮されていないですよね。(笑)

Fidelio X2のイヤーパッド見つけました。
純正品ではなく、互換品となります。価格がかなり安いので騙されたと思って購入してみる価値はあるかと。
<https://ja.aliexpress.com/item/40012
27591906.html?spm=a2g0s.8937460.0.0.3d12
2e0eYCyO1I>


RP-HD10の状態について
このヘッドホンは良く散歩行くときにつけてます。イヤーパッドは半年ほどで少し加水分解を起こしてます。バンドの方は帽子かぶっているため、状態は良いです。カバー購入されるのでしたらチャック付きよりボタンで止める物の方が個人的に見栄えもよくて良いです。チャックだと閉めたとき出っ張るんですよね。微々たる違いですが私は気になりました。
お勧めヘッドバンドカバー
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%98%E3%83
%83%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%
E7%94%A8%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%8
3%90%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%AF%E3%83%83
%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%83%98%E3
%83%83%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%
89%E3%83%91%E3%83%83%E3%83%89-Bose-Sennh
eiser-Audio-Technica-%E7%AD%89%E5%AF%BE%
E5%BF%9C%E7%94%A8-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%
83%83%E3%82%AF%EF%BC%8B%E3%82%B0%E3%83%A
C%E3%83%BC/dp/B01D6UIBWY/ref=sr_1_4?dchi
ld=1&keywords=GEEKRIA&qid=160368
2288&sr=8-4




個人的にメンテナンス時はウエットティッシュなど使わず、繊維の細かいタオルに水で薄めた中性洗剤使って拭くと良い感じです。人間の脂など落ちますよ。


以上



2020/10/26 12:26  [2265-4528]   

tamtamさん

こんにちは。



HD650は良い音ですが、ちょっとうるさいですよね。さすがによる聴きながらベランダ(タバコ吸いに)には行けません。そこだけ私の中では不便に感じます。毎日ではないですが、たまに聞くと楽しいヘッドホンですよ。

FidelioX2は個人的にAKGのK712より好きです。聴いたことがないとは...、衝撃です!(笑)
中古は状態の良いもの少ないですが、Eイヤホンでおいてあればぜひ試聴してみてください。

>遂にヘッドホン改造ですか、凄いですねえ、
>自分の好みの音を鳴らすヘッドホンが完成したら、素晴らしいですね(^^♪

あくまで好奇心の範囲内でのたくらみです。うまくできたら良いですが、おそらくうまくいかないでしょうね。イヤーパッドだけでコロッと音質変わる世界ですから...。

HA-1A MK2ですが、これ見たことありますね。残念ながらバランス接続できないため、選択肢から外しました。所有ケーブルの多くが6,3o対応ではないので選ぶ機種も限られてしまいます。変換コネクタは使いたくないですからね。Xduooって会社ですが、近年本格的なアップいくつもつくっているところです。多少信用はありますね。価格もハイエンドより安いですし、年末に購入しようか検討中です。

以上






2020/10/26 12:45  [2265-4529]   

ドーヴェンウルフさん

こんにちは(^^)

<HD650は良い音ですが、ちょっとうるさいですよね。

音漏れ、がですか?
他の開放型に比べると静かな方だと思います(^^)
GRADO SR325eなど、ハウジングを180度回転させて、音を放出させる方から聴いてもさほど変わらない音量で聴けますので( ̄▽ ̄)


<FidelioX2は個人的にAKGのK712より好きです。聴いたことがないとは...、衝撃です!(笑)

これは衝撃でしょう、w
私自身もそう思っております、これは機を逃したな、と、w
ともかく、気付いた時点で、生産完了品となっておりましたので、(^○^)

<あくまで好奇心の範囲内でのたくらみです。うまくできたら良いですが、おそらくうまくいかないでしょうね。

それほど、悲観する事も無いと思ってます。
何事も挑戦あるのみ!って感じではないですけど、ANDROMEDAみたいにクロスオーバーレスでもなんとかなっちゃってるハイエンド機もありますのでね、w

<HA-1A MK2ですが、これ見たことありますね。残念ながらバランス接続できないため、選択肢から外しました。

真空管アンプだとバランス接続にそれほど拘らなくても良いかなあと私個人では思っております(^○^)

余計な接点が増えるので、変換プラグは使用したくないでしょうね。

私もそうなんですが、こればっかりは仕方が無いので、フルテックの一番良い変換プラグを使用してますね(^^♪

以前一回紹介した事がありますが、これは試してみる価値はありますよ。

SOUND CLEAR NANO
https://www.soundhouse.co.jp/contents/st
aff-blog/index?post=122


マジで音が変わります、m56059さんも確認済みです(^^♪

お試しサイズもありますね。

Sound CLEAR Nano
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/15526/1220/


ミニボトルは7〜8回しか使用出来ないので、容量を考えると非常に高いですね。

ちなみにm56059さんはこちらの製品でも同等の効果があったと聞いています。

PHONON LIQUID 3n
https://www.soundhouse.co.jp/products/de
tail/item/211295/


信じるか信じないかはアナタ次第、w

2020/10/26 14:45  [2265-4531]   

tamtamさん

こんばんは。

音漏れの方です。開放型って音漏れすごいですよね〜。
密閉型ばかり使っているのでたまに聴くと音漏れのすごさにびっくりです。夜遅い時間に爆音で聴きながらタバコ吸っていたら近所迷惑ですからね。実はFidelio X2の方の音漏れはもっとすごいです。昼間家でじっくり聴く分、満足してます。GRADOヘッドホンはどうも装着感があまり好きではなく購入に至ってません。試聴したことありますが、もはや記憶のかなたです。

>真空管アンプだとバランス接続にそれほど拘らなくても良いかなあと私個人では思っております(^○^)

既存ケーブルがバランス系ばかりですからね。全部6.2mmに変更するわけにもいきませんので、可能であればバランス接続可能のアンプで変換コネクトはできるだけ少なくしたい。(必ず一つは必要ですが)


SOUND CLEAR NANってものがあるんですね。これは新品のプラグに塗っても効果あるんでしょうか?
多少劣化したものに使うことで元々ある音質に戻す効果ではないってことですかね。持続時間も気になりますね!
私は2-3か月に一回汚れたプラグをアクセサリー磨き液に軽く10分ほど漬け込んで拭く等の面手をしてますが、これだけでプラグはピカピカ、少しの音質変化が感じられます。SOUND CLEAR NANとは違うんでしょうね。


以上



2020/10/26 17:26  [2265-4533]   

SR325e

ドーヴェンウルフさん

こんばんは(^^)

<音漏れの方です。開放型って音漏れすごいですよね〜。

HD650は開放型としては静かな部類に入ると思いますよ(^^)

なんとドーヴェンウルフさんも爆音派でしたか、
m56059さんと私と爆音トリオに入りませんか、w

<GRADOヘッドホンはどうも装着感があまり好きではなく購入に至ってません。

装着感は劣悪、
が音は最高ですね。
アニソン良く聴くならSR325eは必聴のヘッドホンです。
買うなら時期を逃すと入手出来なくなる恐れがありますので、お早めに試聴した方が良いですね。
それと現在発売されている新品はどうやらドライバーが違うみたいですので、万が一購入する場合は状態の良い中古をお勧めしたいですね。
ドライバー部分がピンク色になっているのが、添付画像で確認出来ると思います。
現在発売されているSR325eはブルーになっているそうです。(ごく一部の製品の可能性もあります。)

<SOUND CLEAR NANってものがあるんですね。これは新品のプラグに塗っても効果あるんでしょうか?

プラグは新品でも表面は細かい凸凹があるんですよ、
(メッキ処理が甘いプラグほど、その差が顕著です)
なので、新品のプラグに塗布しても効果がありますよ。
抜き差しを頻繁にするのであれば1〜2ヶ月に一回くらい、それ程でなければ3ヶ月〜半年くらい効果は持続します。
私もm56059さんもその効果には驚いたくらいで、ちょっとしたリケーブルくらいの効果が感じられますね。
リケーブルと違うのは、もともとの音質、音色を変えないって事ですね。
音のキレが全然違います。
導体やプラグの品質にこだわっているドーヴェンウルフさんなら、実際に塗布してみれば効果が実感出来ると思いますよ(^^♪
(銀メッキは金メッキに比べると品質が安定してないので、より一層の効果が感じられると思います。)

2020/10/26 18:12  [2265-4535]   

 Bigshooterさん  

ドーヴェンウルフさん

こんばんわ^^

Fidelio X2のイヤーパッド見つけました。
⇒ありがとうございます!早速ポチろうと思って見てみましたが、これどうに使うんだろう?

イヤーパッドは半年ほどで少し加水分解・・・
⇒やはりイヤーパッドは劣化早いですね 汗
お勧めヘッドバンドカバーは最後まで迷っていたんですが、ニットがだめなんですよ 涙
RP-HD10は使い潰すと思うので↓でヘッドバンドだけ革張りにしようかなと考えてますが、
本体よりも高くつきそうですね 笑
https://www.phileweb.com/news/d-av/20180
2/16/43323.html


個人的にメンテナンス時は・・・
⇒こんど試してみます。

ありがとうございます^^

2020/10/26 22:35  [2265-4539]   

Bigshooterさん

どう使うかいというと、基本クレジットカード決済なのでアカウント登録するのと決済方法(クレジットカード情報)、あと英語でご自身の日本国の住所登録するだけです。
到着はものにより(コロナ)もあり2週間から1ヶ月かかりますけど、送料込みの値段なので安いですよ。

にっとがだめとは私と逆ですね。革も良いですが手間がどうしてもね…。私は最初からカスタムするなら革製に統一してやろうなんてやる気出ますが、補修となるとやる気が…(笑)

紹介したサイトですが、私はよく中華イヤホンここで買っては試聴してメルカリでさばいてます。仕入れ額が日本アマゾンより安いので売ったときはマイナスが微々たるものです。なので重宝してます。

ぜひ試してみてください。

2020/10/26 23:47  [2265-4540]   

 Bigshooterさん  

ドーヴェンウルフさん

再びこんばんわ^^

どう使うかいというと・・・
⇒説明不足ですみません。アリはアカウント持ってるのですが、ヘッドフォンのパッドのクッション部分をはずせないのでロックできないな・・・ という意味です。

紹介したサイトですが・・・
⇒アリエクは何度か使ってますがちょうど先月、無配くらいまして Disputeかけて返金にはなりましたが為替損喰らって、まだ係争中です 涙

2020/10/27 00:03  [2265-4542]   

Bigshooterさん

はめ方は試行錯誤でどうとでもなります。はめ方で音質が極端に変わるとは思えません。乱暴ですが、
うまく本体とくっつければそれで良しです。

コロナでめちゃくちゃになってますからね。悪しからずだが、基本普通に対応してくれますよ。今まで詐欺にあったことはありません。

2020/10/27 00:19  [2265-4543]   

 Bigshooterさん  

ドーヴェンウルフさん


まずは実際に買って試してみないとなんとも言えませんね・・・
同じ大きさのパッドがあるだけ良しとすべしというところですな

ありがとうございます^^

2020/10/27 00:29  [2265-4544]   

tamtamさん

こんばんは。

爆音は本当の爆音ではなく、HD650の場合、私レベルでの爆音はLowでボリュームMaxです。他のヘッドホンではそんな真似したら耳が痛くなります。基本Lowで60~70%ぐらいですね。m56059さんとtamtamさんには敵いませんよ(*°∀°)=

SR325eですかー、デザインは好きなんですよね。無骨さが良い。
アニソンに合うとはヴォーカルが良いんですか?私の聞くアニソンは今どきのではなく、1970~2000のロボット系ばかりです。マジンガーZとかも聞きます!(笑)
ドライバー部分がピンク色ですね!記憶にとどめておきます。ほしい最近イヤホン攻めてましたのでなかなか資金が。

hifimanよりクオリティ高い米国産のヘッドホンが出たみたいです。海外レビューだと絶賛されてます。
その名はAvantone Plannar
http://www.avantonepro.com/planar.php

SOUND CLEAR NANについて
過剰に伝導率が高くなり、刺々しくなることを懸念してます。どうなんだろ?低域強いHd650系のケーブルで試して見ようかな?


久しぶりにRP-HD10聞いてみたが、相変わらず素晴らしいですね。
予備で購入した無改造版ですが、こいつバランス接続できました。なんかさんざん振り回された気分ですよ。(笑)
再生環境:
Hiby R60 Pro 4.4mmバランス→4.4mm5極⇔3.5mm4極変換コネクタ→両端3.5mm4極ケーブル→RP-HD10

結果、音は破れず、ちゃんと鳴りました。これ構成でアナログしか対応しないFidelio X2で聴くと音が破れました。やっぱバランス接続できるじゃないか!なんのために改造して勝手に音質変換感じたなんか書いたのやら。思い込みって凄いですね!(苦笑)

2020/10/29 19:11  [2265-4574]   

Bigshooterさん

まだRP-HD10使っているとのことですのでぜひおすすめのケーブルありましたので紹介させてください。


このケーブル素晴らしいです。安くて本当に良い音が鳴ります。
さるサイトで悪評されてますが、RP-HD10とすこぶる相性がよく、良い音が出ます。

http://c-onkodo.com/smartphone/detail.ht
ml?id=000000000030&category_code=ct2
&sort=order&page=7


さるサイトでは悪評されてますが、私が実際聴いて見た感想としては素晴らしいの一言です。本ヘッドホンと相性はすこぶる良いです。

2020/10/29 19:18  [2265-4575]   

 Bigshooterさん  

ドーヴェンウルフさん
こんばんわ^^

おっ!来たなゴッサム!って感じですね^^
10年くらい前にピュアでもゴッサムとか武藤とか流行った時期がありましたが
まだ頑張ってるんですね〜
ゴッサムはピンケーブルを使ったことがありましたが値段の割には音が良かった
記憶がありますがヘッドフォンケーブルはノーチェックでした。
貴重な情報ありがとうございます!
因みにRP-HD10と合わせるとドーヴェンウルフさん的にはどんな音質傾向に
感じますか?
私はRP-HD10はMOGAMIと合わせているのでお時間がある時で結構ですので
MOGAMIと比較してコメントいただけるとありがたいです。
このラインは絶縁体がテフロンのやつですか?

さるサイトでは悪評されてますが・・・
⇒某プロ〇とかも目の敵にしてますが、私の場合、「音が良ければ結果オーライ」
なのであまり世評とかは気にしてませんが今の環境だとMOGAMIよりも気持ち
中音域が厚くてもう少し音が柔らかくてもいいかななんて感じてます。

でわ^^

2020/10/30 00:52  [2265-4577]   

Bigshooterさん

こんばんは。

GOTHAM GAC-2PURとMogami2534との聴き比べとなりますが、
GOTHAM GAC-2PURの方が低域多少強く、高域はMogami2534より落ち着いている印象です。

>中音域が厚くてもう少し音が柔らかくてもいいかななんて感じてます

どちらかというと中低域よりのケーブルですね。
しかし、高域も極端に出ていないわけではなく、
あくまでMogami2534よりかは落ち着いている。

RP-HD10って高域と主張が結構強く、慣れない人からは疲れやすい音質に聴こえますが、GOTHAM GAC-2PURの特徴だとそれが少し緩和されるといいますか。音城効果もMogami2534より多少上な気がします。
中低域は特に良い音鳴りますよ。


本ケーブルの構造は以下となります。
※外→内の順です。


ジャケット PUR 青
セパレーション PVC 白
シールド(#1) 0.10mm銅線
シールド(#2) 0.10mm銅線
セパレーション PVC 白
絶縁体 PVC (白・茶)
導体 0.20平方mm (OFC銅線 0.07mm x48本)


御覧の通り、PVCがたくさん記載されてますね。
塩化ビニルとなります。



2020/10/30 18:29  [2265-4579]   

 Bigshooterさん  

ドーヴェンウルフさん

こんばんわ^^

詳細な情報までお調べいただきありがとうございます!

どちらかというと中低域よりのケーブルですね。・・・
⇒RP-HD10と相性が良さそうですね^^ ちょっと期待大です。
私の場合、ヘッドフォンは据置でしか使わないので6.3が必要なので
換装するかケーブル買って作るしかないので毎回手間がかかるんですよ 笑
音光堂は何回か電話してケーブルを特注しているので確認してみます。
目の調子が戻れば本当は↓買ってプラグ付けたほうが早いんですけどね・・・
6.3はいけると思いますがミニのほうのハンダ付けが厳しいかな 涙
https://item.rakuten.co.jp/auc-onkodo/go
tham-gac-2pur/


最近は650でクラッシックばかり聴いているのでめっきりRP-HD10の出番が
少なくなってしまったので650が飽きたらGAC-2PURにリケしてみます。
クラシックの音源もtamtamさんとちちさすさんに教えていただいて
急増しているので耳が3つくらいほしい気分です 笑

毎回 貴重な情報ありがとうございます。 
でわ^^

2020/10/30 23:02  [2265-4580]   

ドーヴェンウルフさん

おはようございます(^^)

レスが遅くなってしまい大変申し訳ありません<(_ _)>

通知メールで書き込みがあった事は知っていたんですけど、眠くて眠くて、レス出来る状態でなかったのです。

<基本Lowで60~70%ぐらいですね。m56059さんとtamtamさんには敵いませんよ(*°∀°)=

やっぱりですか、w
ちょっと我々の爆音は常識を逸するレベルみたいですからね、w
ヘッドホンが音割れを起こして使えないというちょっとしたネタにもなってございます、w

<SR325eですかー、デザインは好きなんですよね。無骨さが良い。

SR325eについてはこちらをどうぞ、w
https://blog.skeg.jp/archives/2020/05/gr
ado-sr325e-review.html


SR325eはプレステージシリーズの最高峰なので、完成されてしまっているヘッドホンなので、色々といじくりまわすには適してないかもしれませんね、
そんな訳でこちらもどうぞ、w
http://earphone-selector.com/headphone/g
rado/prestige-series-01/


一番安いSR60eと一番高いSR325eは全く同じドライバーを使用しています。
図を見てわかる通りなんですが、SR60e→SR80e→SR125eとケーブルが太くなっていきます。
SR125eとSR325eはドライバーに届く信号は同じレベルである事がわかります。
SR225eになってイヤーパッドがドーナツ状にくり抜いたものになって耳に届く音がクリアーになります。
SR325eではハウジングがプラ製からアルミニウム製となって音抜けの良さが更に向上します。
こういった違いで、差別化をしているメーカーも非常に珍しく、GRADOは30万円オーバーのヘッドホンもあるメーカーですが、ケーブル着脱式になっているヘッドホンは一台もありません。
バランスで聴きたければ、専用設計されたヘッドホンを購入するしかありません。
もちろん、バランス専用のヘッドホンを購入してしまえば、シングルエンドによる接続は出来ません、w
何とも、頑固一徹なメーカーなんですよ、おもろいでしょ、w

色々といじって遊ぶのであれば、一番安いSR60eの中古で十分かもしれませんね、ドーヴェンウルフさんの場合だと。
SR325eだと買って、そのまま聴くしかないですからね、w

<hifimanよりクオリティ高い米国産のヘッドホンが出たみたいです。海外レビューだと絶賛されてます。
その名はAvantone Plannar

何とも凄いデザインですね、これは。

HIFIMANからもよりエントリーモデルが出るみたいですね。
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1297467/2069/


<過剰に伝導率が高くなり、刺々しくなることを懸念してます。どうなんだろ?

高域の刺さりを懸念してるのですか、
私は高域刺さりまくり大歓迎なので気にしたことがありませんからね〜、w
とにかくレスポンス向上が実感出来るレベルである事は確かなので、金メッキプラグに使用する分には大丈夫だと思うのですけどね。
m56059さんの使用例だと、それまで、接続不良を起こしていたUSBケーブルが、この液剤を塗布する事で復活してしまったという事ですから、如何に強力な効果があるかわかるというものです。
実際、私よりm56059さんの方が使用実績が豊富だと思うので、m56059さんの掲示板に直接書き込んで効果の程を聞いてみた方が早いと思いますよ(^^)

<予備で購入した無改造版ですが、こいつバランス接続できました。なんかさんざん振り回された気分ですよ。(笑)

変換コネクタを使用しているので、鳴るのは鳴るでしょうが、バランス接続として鳴っているんでしょうか?
私の考えだと、そのまま無改造の場合、アンバランスで鳴っている様に思うのですが。
改造したRP-HD10と無改造のRP-HD10で全く同じ音が鳴るのであれば、オーテクのMSR7同様、???となるんですが、
私はここら辺に関しては、試行錯誤した経験が無いので、ドーヴェンウルフさんの経験値が全てとなると思っています。
決して無駄な経験では無いと思いますよ、ここまでの事を知っている人ってそうそう多くは居ないと思いますので(^^)

2020/10/31 06:01  [2265-4584]   



新年明けましておめでとうございます、違うか、w

あっと言う間に記念すべきvol.7ですね〜、いや〜めでたい、w

メンバーの皆様、これからもよろしくお願い致します(^^♪

2020/10/17 14:26  [2265-4413]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんばんわ^^

デフォルトの状態ですと、イコライザー処理をするCore Audioをスルーさせる事は出来ないんですよね、Macの場合。
⇒Macは画像処理専用に使っていたものが自宅に1台ありますが、今は、娘たちが使ってるので検証はしてませんが、Mac自体、画像処理で高負荷をかけるのでPCオーディオ用としては使ったことがないので全くといっていいほどわかってません。
Audirvanaを使ってもCore Audioをスルーさせる事は出来なくなっているんですね・・・

WIN用のASIOドライバーもメーカーによってソフトとの相性が出るようでMaranzは全然ダメですね その点Denonのドライバーはソフトの相性がなくて安定してます。

昔使用していたPower MacG5で、・・・
⇒昨日、PCの後付けオーディオボードから310に光接続してみましたが、ウチの場合、USB接続よりも光の方が断然音良かったので驚きました。
310の場合、ACアダプターなのでどんなに対策してもグランドが安定しないのでアースループしないオプティカルのほうが相性がいいのかもしれませんね^^

国内製だけでなく、海外製のヘッドホンなんかも高域を強調してあるのですか?
⇒これって「HD650は刺激音を全く鳴らさないので、秒速で寝落ちしてしまう・・・」と関係しているのではないかと思いますよ 笑
脳がノイズで刺激を受けるとα波が出ないので寝落ちできませんからね〜
E.ギターでもイコライザーをかけると必ず歪みますし、リスニングフォンの場合は特に聴き取りやすいように明らかにどこかの帯域を盛ってますね・・・
モニターでもMDR-CD900STなんかは全くフラットじゃないですよね 笑
あれはもともとポーカルのリップノイズとミスタッチを検証する目的で開発されているので
あんな低域のヘッドフォンでモニターしたら低音ブリブリのCDになってしまいますからね〜 笑
DECCAなんかはBRAのライナーノーツを見るとAKGの240でモニターしてタンノイのSPで仕上げてたらしいですね
MDR-CD900STはスタジオのコンソールやギーアンにぶち込んで使うにはムチャな使い方しても
ドライバーが飛ばない点は素晴らしいですがリスニング用としては使えないですよ

逆に650なんかでモニターすれば低音スカスカのCDになってしまうのでおそらくマスターを通しで聴くような用途で使ってるのかもしれませんね

650も2日もかけっぱなしにするとかなり音が変わりますね^^
最初から高音に不満はなかったですが低音の固さがとれて、高音のエッジがかなり滑らかになったようで今のところ712程ではないにしてもバイオリンの再現性も素晴らしく、違和感がなくなりました。

と・・・ 講釈を垂れてみました 笑 


2020/10/17 20:05  [2265-4426]   

Bigshooterさん

こんばんは(^^)

<Audirvanaを使ってもCore Audioをスルーさせる事は出来なくなっているんですね・・・

そうですね、確かSnow Leopardあたりまでは、出来たと思うんですが、私が導入する時にはすでに出来なくなっていましたね。

それでも、一旦曲のデータをいっきに吸い上げて、そこから再生データを出力しているので、何がどう影響しているのかがはっきりわかりませんけど、音質の向上は感じられますね。

<⇒昨日、PCの後付けオーディオボードから310に光接続してみましたが、ウチの場合、USB接続よりも光の方が断然音良かったので驚きました。

環境によって異なるみたいですね。
現在のMacは光端子も同軸端子もありませんので、出来ませんが(^_^;)

<⇒これって「HD650は刺激音を全く鳴らさないので、秒速で寝落ちしてしまう・・・」と関係しているのではないかと思いますよ 笑

寝ようと思っていれば、どんな楽曲でもどんなイヤホンでも自然と眠れるのですが、そういった状況でないにも関わらず、気がついたら寝ていた、と言うことが初日からありましたので、w

幸い寝相が良いので、何処にも傷が付いておりませんが、寝ないようにと、電気をつけていても、気がついたら寝ているんですよね、
最近では更に進化しておりまして、ヘッドホンが傷付かないように、外して置いてあるんですよ、w
完全に眠っている間にそういう事をしているんです。
これはHDハルシオンですよ、私にしてみれば、w

<モニターでもMDR-CD900STなんかは全くフラットじゃないですよね 笑

私が愛用している、VictorのHA-MX100Zなんて低音が凄い事になってますからねえ、w
これってほんとにモニターヘッドホンとして成り立つのか?と思いましたけど。
リチューニングモデルのHA-MX100Vはだいぶマシになりましたけど、面白みが無いヘッドホンになっちゃいましたね。

<逆に650なんかでモニターすれば低音スカスカのCDになってしまうのでおそらくマスターを通しで聴くような用途で使ってるのかもしれませんね

アメリカとヨーロッパ圏ではモニターとして使用しているヘッドホンがかなり違いますね。
ヨーロッパ圏のスタジオでは、AKGやら、ゼンハイザーやら、ベイヤーやらで日本みたいにCD900STが王道って感じになっていないです。
HD800とかもモニターヘッドホンとして使用しているスタジオがあるってのには驚きましたけど。
自由の国、アメリカよりも自由なんですよね、w

<最初から高音に不満はなかったですが低音の固さがとれて、高音のエッジがかなり滑らかになったようで今のところ712程ではないにしてもバイオリンの再現性も素晴らしく、違和感がなくなりました。

おそらく、高域に対して不満を持つかたは少ないと思いますね、
低域のモコモコさの方が多いと思います。
310USBだとアンプがソリッド系なので、低域のモコモコは感じませんが。
私は高域特化型人間ですので、ちょっと敏感に反応しちゃてる気がします、w

IER-Z1Rも同じ感じでしたが、1年以上使用してから、激変しましたが、理由がよくわかっておりません、w
イヤホン自体、変化したのか、私の脳が変化したのか( ̄▽ ̄)
私の方が変化したのであれば、その他のイヤホンでも何かしら違和感を感じるはずなんですけどね、それもありませんし、
IER-Z1Rだけが良く聴こえるって事は何かしらの要因があるはずだと考えてしまうんですよね〜。
やはり質屋に入れたのが良かったのでしょうかね、w
tam-tam式質入れエージングで特許申請してみようかな(^○^)

2020/10/17 20:58  [2265-4429]   

 m56059さん  

HD650が話題になっているようですので私も私見を

もうたぶん100時間以上は鳴らしています(鳴らしっぱが多かったですが)。
私も高域は最初っから各レビューにあるような箱出し粗悪さは感じませんでしたが
やはり最近は「モヤがかかったような感じ」とやらが無くなりスッキリ感が向上しました。
高域の伸び感はあんまり変わらないけど元々悪くはなかったので…

低域はモコモコ感は若干薄れた感じがありますね。まあK812との比較ですからモコモコ感は最初から
こんなもんだろうと思ってましたし、これがHD650の個性なのだとも思うので、これでいいのだという感じを持っています。
これが、比較するヘッドホンが違ってたりHD650しか持ってないという方だったら、もっと色々追及したい。チューンしようかなって思うのではないかな〜 R70xだけを持っていた時にコレを思いましてケーブルを変えたりしていました。 

以前よりHD650とIER-Z1Rは似ているなあ〜(試聴機レベルですが)と想っておりましたが、
両者の価格ドットコムのレビューでのエージング状況を比較すると、
両方とも、エージングには時間がかかる モヤが晴れる 高域がクッキリする 等の共通したワードが目立った感じがして面白かったです。
このように低域支配のフォンは似たようなエージング経過・効果があるのかもなあと思いました。
なんとなく低域支配のフォンって、元々低域由来のsomethingが高域まで覆っていて、エージングで
そのsomethingが取れていくのかなあ〜とか。

寝落ちについてですが、K812との比較で恐縮ですが、全く違うのは音の「ツヤ」というかキラキラ感というか「照り(照り焼きチキンバーガーの照りです)」が全然違うと思います。
K812は全域に美しい照りがあり美味そうで食欲をそそりますが、いっぱい食べると「凄く美味しかったです。美味しかったのでまた来ます(聴きます)。」ですが、HD650は「照り・ツヤ」は全く無く、ツヤ消しブラック低域の渋さと上手な高域の出し方が素晴らしいです。
「やはりご飯と漬物は派手さは無いけど最高だ。うん美味い。おやすみなさい。」「お客さん 店で寝ないで下さい by HD650」なんて感じが私見です。

K812の場合は楽器やボーカルの音がとても美しいと思いますし、音場も広いため、一種一種の音種を追いかけやすい事もあり、どちらかというと交換神経アゲ系なのかもしれません。
HD650はもう少し音場が狭く、あまり音種を追いかけるというよりは、「楽曲全体を楽しむ」まさにリスニングヘッドホン。どちらかというと副交感神経アゲで寝落ちなのかもですね。

個人的な運用方法としましては、先にK812を聴くとあとから聴くHD650がちょっと魅力減になってしまうような感じになるので、先にHD650の良さを堪能した後に、エースのK812を聴くと 幸せ感↑になりますので最近そうしております。




2020/10/17 21:57  [2265-4433]   

 Bigshooterさん  

全く違うのは音の「ツヤ」というかキラキラ感というか「照り(照り焼きチキンバーガーの照りです)」が全然違うと思います。
⇒本板で書かれている高域のモヤ感とか艶が足りないというのはアンプの馬力が足りてないのかもしれないな・・・なんて感じました。

ウチはいきなりDAC1と505のバランスでシバキ倒してヒーヒーいわせたのでモヤ感は全く感じなかったので「あれ?」って感じでした。

アンプの電源やヘッドフォンのプラグ、ピンプラグを中途半端に挿すと中音域は聴こえますが電圧が安定しないので高音域と低音がスカスカになるあの現象と似たイメージかと思います。

先程、m56059さんの板にアップしたバランスとシングルエンドで505に繋いで聴き比べてみましたがシングルはm56059さんのおっしゃるように高音域の情報が足りていないのかツヤ消しブラックの立体感とか上下の伸びの足りない出音でした。

例の改造バランスでTA-ZH1ESに繋ぐとおそらくそれほど出音のバランスを変えずに激変すると思います。

昨日、505にバランス接続したときはまだ固さのある筋肉質な音でどうかな???という感じでしたが今日はドライバーが調教できてきたのかシングルとそれほど出音のバランスは変わらずに
いいとこどりという感じです。

と恒例のモノローグなので読み飛ばしておいて下さい。

2020/10/17 22:24  [2265-4435]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

再び こんばんわ^^ 
本日のラストになります 笑

最近では更に進化しておりまして、ヘッドホンが傷付かないように、外して置いてあるんですよ、w
⇒これ 録画してYoutubeにアップしたら受けそうですね 笑
私はX2とかZ7つけてウトウトするとすぐに目が覚めてしまいますが650と712は聴きながら寝落ちしてしまうので快感でα波が出てるんでしょうね 30分くらいの仮眠でもスッキリしてるので・・・

HD800とかもモニターヘッドホンとして使用しているスタジオがあるってのには驚きましたけど。
⇒あれは何故か外人が付けるとカッコいいんですよね ヨドでHD800試聴した時に鏡に映った自分の姿を見て音質以前に戦意喪失してしまいました。

X2は福山愛用らしいですが、X2で音楽聴いていたら娘が腹抱えて笑ってるので?と思ったら「パパかなりヤバイよ それ!友達遊びに来た時は勘弁してね・・・」とか云われたので福山ご用達なんだよと説明したら唖然とされてしまいました 涙

イヤホン自体、変化したのか、私の脳が変化したのか( ̄▽ ̄)
⇒最近パナのRP-HD10をあまり使わなくなってしまったのですが、あれはあれで捨てがたい魅力があって310とも相性が良いのでたまに使ったりすると?というくらい音が悪いんですが、暫く使ってると元のクリスタルトーンに戻るので車のエンジンと同じでたまにはエンジン回さないとだめなのかもしれませんね^^
寝かしておいて安定した後の音って確かに一皮むけた感じになるは未だに???です

ウチのカミさんが抜き打ち検査に入ってヘッドフォンを見た時「あなた耳はいくつあるんですか?」とか云うので「二つに決まってるでしょ」と答えたら「死ね!・・・」

tam-tam式質入れエージングで特許申請してみようかな(^○^)
⇒質屋の蔵を見せて貰ったことがありますが、音・湿度管理が凄いみたいですね
知り合いのプロカメラマンもメーカー貸し出しのレンズを質屋に入れていたのがバレて「質屋の蔵に入れとけばカビが生えないから」とか苦しい言い訳したのが伝説になってますが今やそのお方もNHKの常連さんになってますからね〜 笑

と 今日もしょ〜もないモノローグを連発してしまいました。
でわ おやすみなさい^^

2020/10/17 23:27  [2265-4437]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

ちょっと、コラムの方がグダグダになってしまったので、あらためて、こちらの方で、感想を書いていきますね(^^♪

以前にも書いた事があるのですが、10代の頃に名曲、名盤の類いの書籍は、図書館、CDショップ、神田の大型書店などで読み漁っていたので、セル、ホロヴィッツの演奏の事は知ってはいたのですが。

チャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番を初めて全曲通して聴いたのはFM放送だったと記憶してます。
誰の演奏だったのか今となっては不明ではありますが。

愛聴盤の3枚はどういった順序で購入したのかもちょっと曖昧な記憶しかないのですが、おそらくトスカニーニ盤を最初に購入したのだと思います。

私が通っていた当時の秋葉原にはクラシックCDが大量に置いてある石丸電気が3店舗ありまして、その中の1店舗は、CDのみ販売していた店舗で、最上階にリスニングルームが設備されており、300〜500枚ほどのCDが自由に試聴出来るというものでした。
8名程度の人数が入ることの出来る大きさで、試聴はヘッドホンで聴ける様になってました。
新譜のCDから、輸入盤、海賊盤、一部のCD-Rも試聴できました。
店舗にある全てのCDが試聴出来ないとはいえ、かなり豊富な試聴用ディスクが用意されていたと思います。

セル、ホロヴィッツのCDは発売直後に渋谷のタワーレコードに行った時にも散々迷った挙句、他にも欲しいCDがたくさんあったので、購入を見送ってます。

石丸電気のリスニングルームで試聴した時も、冒頭の出だしから、オケ、ソリスト共にトスカニーニ盤と同じアプローチだったので、第一楽章を早々と飛ばしてしまっています。
第3楽章だけでした、全部聴いたのは。
設備されていたヘッドホンが悪いのか覚えておりませんが、音質もそこそこで、トスカニーニ盤を散々聴き込んでいた私にとって、それ程衝撃的な演奏に感じられず、キッパリと購入を見送ったのでありました。

トスカニーニ盤は1943年の録音ですから、それから10年経ったホロヴィッツの演奏に若干の衰えを感じたのを覚えています。

今あらためて聴いてみると、トスカニーニ盤によるホロヴィッツのピアノの録音はオケの音を圧倒してしまうくらい全面に出ていて、おそらくピアノにマイクが配置された録音の様に感じられます。

こういった録音の違いで、ホロヴィッツのピアノがなんとなく弱々しく感じてしまったのだと思われますね。

ホロヴィッツの全盛期最後の録音としても大変貴重な演奏記録ではないでしょうか。

トスカニーニがお好きではない事からも、トスカニーニ、ホロヴィッツによる演奏のCDはおそらく未聴だと思いますが。

今回LPから落として貰った音源を再度じっくりと何回も聴いてみましたが、録音が全く素晴らしいですね。

ピアノとオーケストラの音量バランスもこちらの方が自然に聴こえると思います。

ホロヴィッツのアプローチはトスカニーニ盤と基本的に変わっていませんが、トスカニーニ盤より、魅力的に聴こえますね。

録音の良さがそう感じさせるのか、わかりませんけど、オーケストラ伴奏はトスカニーニ盤よりも素晴らしいですね。

セル、クリーヴランドの演奏がお嫌いでなければ、この盤はチャイコフスキー、ピアノ協奏曲第一番の演奏としては必聴盤に値する出来だと思います。

この盤があれば、トスカニーニ盤はもはや不要と思える演奏内容です。

音質がトスカニーニ盤以上にデッド(残響音が無いという意味です)なので、オケの音が若干鋭く聴こえるくらいですかね、強いて弱点をあげるとすれば。

個人的にはモッサリとしたトスカニーニ盤よりもシャープに聴こえるセル盤の方が好みではありますが。

セルの指揮するオーケストラの演奏はモダンの極致といった感じですが(ザッハリヒって言うんですかね)、こういった傾向の演奏がお嫌いでなければ、”買い”のCDだと思います。
(現代音楽を得意とする指揮者の、ザッハリヒな演奏とは当然違うものではあります)

現在は何処も廃盤、入手不可となっている様ですが、入手ルートがあるのでしたら、お勧めしておきます(^^)

2020/10/18 06:25  [2265-4439]   

m56059さん

おはようございます(^^)

m56059さんもHD650ファン倶楽部「セイレーンの館」(仮称)に入会して下さいよ〜(^^)

私は現在広報部長という立場ですが、一足先に入手されているm56059さんは更に上の人事部長になれますので、w

<私も高域は最初っから各レビューにあるような箱出し粗悪さは感じませんでしたが

レビューは読んでいませんが、高域が良くないと書かれている方が多いのですか?

私としてはちょっと意外でしたね、私だけがそう感じてるものとばかり思ってました。

<やはり最近は「モヤがかかったような感じ」とやらが無くなりスッキリ感が向上しました。

高域の伸びに不満がない状態で、「モヤがかかったような感じ」があったのですか。

私が抱えている問題もそれなのかなあ?
だとしたら、鳴らし込んでいくうちにそういった問題は解消される可能性はありますね(^^♪
まだまだ、鳴らし込んでいませんから。
いっつも寝てしまうんですよ、w 秒速で、w
音源がストップするとヘッドホン アンプも自動的にスリープしますので、全然足りていないんですよね、時間的にも、w

<低域はモコモコ感は若干薄れた感じがありますね。まあK812との比較ですからモコモコ感は最初から
こんなもんだろうと思ってましたし、これがHD650の個性なのだとも思うので、これでいいのだという感じを持っています。

K812はバランス接続で聴いているのですよね。
HD650はアンバランス接続、それの違いなんじゃないでしょうか。


<以前よりHD650とIER-Z1Rは似ているなあ〜(試聴機レベルですが)と想っておりましたが、

多分、誰も気付いてないですよ(^_^)v
m56059さんが第一発見者だと思いますよ、これ。

<寝落ちについてですが、K812との比較で恐縮ですが、全く違うのは音の「ツヤ」というかキラキラ感というか「照り(照り焼きチキンバーガーの照りです)」が全然違うと思います。

照り焼きチキンバーガーの照りですか?
ますますわかりませんがな、w

色んな要素が含まれているんだと思いますよ、何せ音を出してない状態で寝落ちしてしまった事もあるので、w

まず、私が所有しているヘッドホンはどれも装着感が良くないですからね。
それと、非常に軽い!!
なので、装着した瞬間に寝落ちしてしまうのでしょう( ̄▽ ̄)

モニターヘッドホンや、GRADOのヘッドみたいに少々雑に扱ってもいいや、ていう感じでもないので、非常に気を張っているんですけどね、w
結構、丁寧に扱っているので、最近では、装着したまま寝落ちしても、朝起きたら、ちゃんと傷が付かない様なところに置いてあったりします、w
夢遊病でしょうか、w


<「やはりご飯と漬物は派手さは無いけど最高だ。うん美味い。おやすみなさい。」「お客さん 店で寝ないで下さい by HD650」なんて感じが私見です。

HD650は「ご飯と漬物」ですか、K812よりかはわかりやすい様な、w
これは真剣に書かれているのか、ユーモアを交えつつ書いているのか、判断がつかない様なクオリティーになってきましたね(^○^)

K812は交感神経系ヘッドホン、HD650は副交感神経系ヘッドホンかあ。
自律神経の乱れはこの2つのヘッドホンで治療が可能になりますね。

m56059さんは人事部長ではなく、医療福祉部長になってもらおう(^^♪

きっとみんなが幸せになれます(^○^)

大学の講義ってこんな感じですか?

大変良い勉強になりました<(_ _)>、ありがとうございます♪

2020/10/18 07:10  [2265-4440]   

Bigshooterさん

おはようございます(^^)

昨日は9時過ぎに寝てしまったのですよね(^_^;)

HD650による寝落ちじゃないですよ、w

あまりに眠いので、ちょっと仮眠をとったんです、そして、午前2時からセコセコと書いておりますが、もう7時ですか、早いですね〜時間が経つのは、w

<⇒これ 録画してYoutubeにアップしたら受けそうですね 笑

私も不思議で仕方がないんですよ、w
ちゃんと丁寧に傷が付かない場所に置いてあるので、w

<私はX2とかZ7つけてウトウトするとすぐに目が覚めてしまいますが650と712は聴きながら寝落ちしてしまうので快感でα波が出てるんでしょうね 30分くらいの仮眠でもスッキリしてるので・・・

m56059さんによると、HD650は副交感神経型ヘッドホンみたいですので、
みんな寝てしまっているじゃないですか、HD650で、w

<⇒あれは何故か外人が付けるとカッコいいんですよね ヨドでHD800試聴した時に鏡に映った自分の姿を見て音質以前に戦意喪失してしまいました。

反則ですよね、w
ユニクロでさえも外人が着ているとカッコいいですからねえ、w

<X2は福山愛用らしいですが、X2で音楽聴いていたら娘が腹抱えて笑ってるので?と思ったら「パパかなりヤバイよ それ!友達遊びに来た時は勘弁してね・・・」とか云われたので福山ご用達なんだよと説明したら唖然とされてしまいました 涙

m56059さんの娘さんと同じ様な感じじゃないですか、w
お二方とも良い娘さんをお持ちでうらやましいですね(^^♪

<⇒最近パナのRP-HD10をあまり使わなくなってしまったのですが、

このヘッドホンはドーヴェンウルフさんとの約束で購入する事になっております。
私がお勧めしたのを随分と買って頂いているので、約束してから随分と時間が経ってしまいましたが、
何せ購入資金が無いので、買おうにも買えない状態が続いておりまして。
本当は無試聴での購入という約束だったんですけど、いつの間にか試聴してしまいました。(^_^;)
なので、良い音を鳴らすヘッドホンという事は知っています。

<寝かしておいて安定した後の音って確かに一皮むけた感じになるは未だに???です

まさにIER-Z1Rがこの状態ですよ。
Bigshooterさんでも???ですか、謎ですね〜。
質入れエージングも大元を辿ればこれに↑なりますからね(^^♪

<⇒質屋の蔵を見せて貰ったことがありますが、音・湿度管理が凄いみたいですね

そうなんですか?
これは知りませんでした、なら家に置いておくより良いではないですか、w
湿度管理が出来ているなら、質入れエージングも単なるオカルト話ではなくなりますね〜。
一眼レフを使用していた時に使っていた防湿庫があるのですが、やはり部屋を片付けてこれに入れて管理しようかなあ。

m56059さんのレスといい、色々勉強になりました。
ありがとうございます(^^♪

2020/10/18 07:43  [2265-4441]   

ちちさすさん

追記:レスです。

私の環境だと、310USBとSR9が”キャラ被り”になる組み合わせなので、素晴らしい音を鳴らしてくれるのですが。

USBメモリーに落として貰った音源はこの組み合わせで聴いて感想を書いたものですが、HD650で聴くと、モノラルとはいえ非常に良い感じになりますね(^^♪

モノラル録音とはいえ、録音が素晴らしいので、ちょうどいい塩梅になります。

音の鋭さがなくなり柔らくなるので、音質面で心配されている様でしたらと思い追記:レスをしました(^^)

2020/10/18 08:05  [2265-4442]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

おはようございます^^

朗報!
Audirvanaを使ってもCore Audioをスルーさせる事は出来なくなっているんですね・・・
⇒↓らしいのでCore Audioのミキサーはスルー(Bit perfect)出力になってるらしいですが、もしそうだとしたら黒リンゴの技術力は驚異的ですね^^
https://av.watch.impress.co.jp/docs/seri
es/dal/1227430.html


ちゃんと丁寧に傷が付かない場所に置いてあるので、w
⇒ヴェロアなので寝ォンにすると問題はヨダレですね 汗
ウチのX2は気付いたらパッドの表面白い粉みたいなのが吹いていて・・・
ホラー映画ばりに面積が広がっていく ある日、仮眠から目覚めると
パッドにベっとり ねっとりしたものが・・・ やがてパッドからタバコ
の臭いと死臭の混じったような悪臭が 汗汗・・・・・・・・
Philips修理対応なり 延長保証入っててよかった!
X2もおそらくパッドの保守部品はなくなっているでしょう 涙

その点、合皮はムレさえ我慢できればアセもヨダレも一拭きなので
合理的ですが、やはり暑い時にはやはり暑い!
そこで650ですよ! 定番は替えヘッドパッドもヘッドも交換できる
とこは実に合理的ですね^^ AKG712もヘッドパッドが本革なので使い込む
ほどにオジサンの濃厚な頭脂が浸み込みユーズドの革ジャンのように
体と一体化 イヤパッドもリーズナブル!
私の場合、気に入らない時にガス室に送り込むのも早いですが気に入ると
長いのでパッドの交換がリーズナブルな価格でできるのは魅力ですね^^
パナのRP-HD10のイヤパッドなんか両側で3,000以内なので実に良心的です。
SONY、Philipsあたりの保守部品の価格設定は酷いですね!

お二方とも良い娘さんをお持ちでうらやましいですね(^^♪
⇒育て方が良かったのか?女の子は現金なもので「小遣い」と「プレゼント」で対応が変わりのますから・・・ 何か欲しい時に「パパぁ〜」とかやたら可愛らしい声で来ますから たまったもんじゃないです そういうものってカミさんに却下されたものだったりするので買ってあげた後にカミさんに文句云われる・・・そしてカミさんをなだめるためにまた金がかかる・・・
まさに無間地獄ですね 死ぬまでこの繰り返しだと思うとゾッとしますね 汗

このヘッドホンはドーヴェンウルフさんとの約束で購入する事になっております。
⇒私が買った頃はヨドでも1万円切ってましたが最近はかなり価格高騰してますね〜
RP-HD10は文句なしにtam-tamさん好みなのでは?
RP-HD10は低インピですが5CMドライバー積んでるので310くらい駆動力のあるアンプ
じゃないとまともな音はしないと思います。
よく低音が出ないとか高音が刺さると口コミとかに書いてる人がいますが、スマホ
直とか・・・ 笑
mogamiのケーブルと組合わせるとテクニクスのピュアオーディオを感じさせる
なかなかHifiな音でRP-HD10しか出せない味が魅力ですね。

まさにIER-Z1Rがこの状態ですよ。・・・
⇒よく「ケーブルや電源なんか変えても音なんかかわらない」なんて云ってる輩がいますが、
まさにあれこそ非科学的ですね 笑
基本的にオーディオにオカルトというのはないと思っていますが、「音」が変わる要因は必ずありますからね・・・ スピーカーなんか東京と北海道だと同じものでもうちのカミさんが聴いてもわかるくらい全く音が違いますから・・・
電ケーにしても外気温がマイナス30°の時に壁際に這わせればOFCでも6Nに近い直流抵抗になるわけですから音が変わらないというほうが不思議なんですよ 笑

やはり部屋を片付けてこれに入れて管理しようかなあ。
⇒前スレで拝見しましたがCaosを感じましたな・・・ 笑 汚部屋オーナーの下の子にいわせるとCaosの中にもOrderがあるらしく、Caosがなくなると不安になるとか言ってましたがどんなもんでしょうか? 笑

でわ^^
 








2020/10/18 11:24  [2265-4443]   

 m56059さん  

tam-tamさん

寝てますか〜? HD650聴いてますか〜? それとも両方ですか〜?(笑)。

「セイレーンの館」(仮称)ってどういう意味ですか〜?
VOl.6で出てきているのかな〜? 
自分が発言してない「板」には通知メールが来ない仕組みみたいでほとんど読んでないので…

>レビューは読んでいませんが、高域が良くないと書かれている方が多いのですか?
⇒お時間あるときにHD650のレビュー読んでみてね。IER-Z1Rのレビューはたぶん把握されていると思いますので。エージング経過が良く似た経過やワードが多いなあと思います。

>高域の伸びに不満がない状態で、「モヤがかかったような感じ」があったのですか。
⇒箱出しではあまり感じませんでしたが、「今考えてみれば」といったニュアンスです。

>いっつも寝てしまうんですよ、w 秒速で、w
⇒HD650は副交感神経系。じっくり聴きこみ系というよりかはBGM系かもです。でも独特の低域感や高域を上手く綺麗に聴かせる感覚は、突然聴きこみしたくなってもできるところも魅力のひとつかな〜
すぐ眠れるのであれば、tam-tamさんにとって最高のお薬かもしれませんね。
内服薬の減量にチャレンジできるのでは?! 

「薬品名:HD650 製薬企業名:センヘイサー」
*注意! 精神系内服薬を内服中の方が本剤を服用すると、本剤の副交感神経亢進効果により現状の内服薬が過剰量となってくる可能性がございますので、本剤の服用により眠気を感じる方は、
本剤を持参した上で医師に御相談下さい。
とセンヘイサーHD650の取扱説明書に書いてありましたよ(笑)。

日中でもチョイチョイ聴いてみたら内服薬の減量ができるかも。
但し自己責任で「おねがいしゃす」。

>照り焼きチキンバーガーの照り
キラキラしているという感じです。加えて、美味そう 食いたいという感覚も加味した表現です。

>装着した瞬間に寝落ちしてしまうのでしょう( ̄▽ ̄)
あと頭頂部の当たるところのスポンジが秀逸。K812は布製なので接触感が気になりリスニングに集中しづらいです。→なんと改造しました!!

>ちゃんと傷が付かない様なところに置いてあったりします
⇒私見ですが軍用ヘッドホンなので(笑) 傷は勲章です。「寝ホンは戦場でしょう(by HD650)」。

>夢遊病でしょうか、w
⇒内服薬過量状態??…かも?

>真剣に書かれているのか、ユーモアを交えつつ書いているのか
⇒もちろん両方でございます(笑)。

*ちなみにK812はケーブルの構造上、バランス接続にはできません。
ネット検索するとK812バランス事例1-2例がかろうじてヒットし改造業者が1件でますが
拡散されていないところをみると怪しいかな。

そうそう!Bigshooterさんに御紹介頂いた、S/Nを向上させるUSB介在ケーブル 
凄く凄く凄く、良かったです!!
すっごくS/N向上しました!!
ヤフオクで買うとアマゾンとかより新品が凄く安く買えました。
私は2本買って送料入れると
1,150円x2本=2,300円で購入できました。
今まで購入した中でぶっちぎりで一番CPが良かったです!
オーディオライン以外の、PCのUSB(外付けHDラインやマウス等のライン)に介在させるだけ。
オーディオラインにつけちゃうと効きすぎるようです。1-2週間のエージングが必要ですが。
万一、音質改善しなくてもPCにとって良さげですし。
私的に超超オススメです!!
ヤフオクで下記を検索してみてください。
タッピングガードアダプタ・USB用 セキュリティーに TGA-USB-AA








2020/10/18 12:05  [2265-4446]   

Bigshooterさん

こんばんは。

レスが遅くなりまして申し訳ありません<(_ _)>

<朗報!
<⇒↓らしいのでCore Audioのミキサーはスルー(Bit perfect)出力になってるらしいですが、もしそうだとしたら黒リンゴの技術力は驚異的ですね^^

私が質問したのもこういった事なんですよね。
ところが誰一人として回答出来るアドバイザーが居ない訳でして。
この記事で出てくるアプリケーション「Audio MIDI設定」の使い方さえ誰も知らないのです。
デフォルトで入っている純正アプリケーションですよ、これは。
純正アプリケーションの使い方、動作環境、これらを一切サポート出来ないのは果たしてサポートと呼べるものなのでしょうか、甚だ疑問でしかありません。
こういったアップサンプリングのソフトが10年以上前からデフォルトでOS自体に組み込まれているのです。
先進性といった側面では驚異的ですらあります。
AudirvanaにはCore Audioをスキップする「ダイレクト・モード」というのがありましたが、いつの頃かわかりませんが、それが無くなってしまったのですね。
この記事を読む限りでは、もはや「ダイレクト・モード」が不要になったという感じがしますが。
Appleのサイトのいくと、価格コムのクチコミみたいなところがあって、上級者が非常に高度なお話をしているんですね。
AppleのOSはUNIXベースで作られていますから、内部のプログラムを吸い上げて、解析する事は比較的容易な事だと思います。
(アセンブラ言語が分かるレベルの人にとっては)
Windowsみたいに様々なPCで動作するようになっていないので、問題点が何処にあるのか非常にわかりやすいと思うんです。
その為、バージョンアップした新しいOSはすぐにセキュリティホールの脆弱性が発見されて攻撃される訳なんですが、WindowsOSに比べて普及率が非常に低いですから、ごく一部のハッカーしかターゲットにしないのですが。

こんな記事があったんですね、非常にすっきりしました、ありがとうございます(^^♪

<⇒ヴェロアなので寝ォンにすると問題はヨダレですね 汗

ヘッドホンは耳に装着するので、ヨダレとは無縁な気がしますが(^_^;)
これは一体どういう状況なのでしょう、滝汗、w

私は付与して貰ったポイントで、dekoni audio社製のイヤーパッドにしてみようかと検討中です(^^)
シープスキンというレザー製のものですね。
開放型に密閉型で多く採用されているレザー製イヤーパッドを使用するとどんな感じになるのか、という楽しみがありますね(^^♪

<⇒育て方が良かったのか?

良くないと可愛い子に育ちません(^^♪

<まさに無間地獄ですね 死ぬまでこの繰り返しだと思うとゾッとしますね 汗

一緒に楽しくお酒が飲める時が来ますよ(^^)


<⇒私が買った頃はヨドでも1万円切ってましたが最近はかなり価格高騰してますね〜

現在はヨドバシで2万円ちょっとですが、数ヶ月前までは26,000円くらいしてましたよ(^_^;)


<RP-HD10は文句なしにtam-tamさん好みなのでは?

ふえ〜、どうしてみんなわかるんだろ(^○^)
ドーヴェンウルフさんも試聴しなくて大丈夫だから、買ってみて下さいって言ってましたので、w
って事は私好みの音だって確信してる訳ですよね。
万が一、購入して好みの音じゃなかったら、と考えるとそんな事は言えませんでしょ、w
う〜む、霊能者の集まりか、ここは、w なんでバレてしまってるのでしょ( ̄▽ ̄)


<⇒よく「ケーブルや電源なんか変えても音なんかかわらない」なんて云ってる輩がいますが、

忘れさんですか、w
あのくらい信念を持っていると逆に凄いなあと思いますねえ(^^)

<スピーカーなんか東京と北海道だと同じものでもうちのカミさんが聴いてもわかるくらい全く音が違いますから・・・

これは聞いた事がありますねえ。
多分、湿度の関係でしょうね、それ以外の要因もたくさんありそうですが。


<⇒前スレで拝見しましたがCaosを感じましたな・・・ 笑

Caosでしょ、w
一応、ある程度見せられる範囲しか写してませんので、アレでも、( ̄▽ ̄)

<Caosがなくなると不安になるとか言ってましたがどんなもんでしょうか? 笑

これは住んでる本人しかわからないと思いますよ、w
CDなんかもめちゃくちゃなんですよ、クラシックもロックもJ-POPも全部混ぜこぜになっています、w
下手にいじると訳が分からなくなってしまうんですよ、逆に、w
部屋に入って、そんな状態だと安心するんですよねえ。
まあそんな状態なので、当然女の子なんか呼べませんし、逆に落ち着くんですよ、精神的に、w
きちんと整理整頓して綺麗な部屋にしてしまうと、いざ金が入った時に大変な事になりますからねえ、w
部屋をCaos状態に保つ事によって、私の煩悩が抑えられているのであります、w

では、では、では、良い一日を( ̄▽ ̄)
また明日よろしくお願い致します(^^♪

2020/10/19 00:25  [2265-4456]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんばんわ^^ 午前0時を過ぎましたので明日になりました 爆

私が質問したのもこういった事なんですよね。・・・
⇒ASIOドライバーとか使わなくてもミキサーを飛ばせるのはWIN使いからすると驚異的ですよ!WINの場合、ASIOと再生アプリの相性がかなりあるので安定した組合せや設定を見つけですまでが一苦労です。まあ これも楽しみではあるわけですが・・・

AudirvanaにはCore Audioを・・・
⇒これも「ダイレクト・モード」なしでもビットパーフェクト出力可能みたいなネット記事がありましたね・・・ 
黒リンゴの場合、サポートが高度な技術に追いついてないんでしょうね 

ヘッドホンは耳に装着するので、ヨダレとは無縁な気がしますが(^_^;)
⇒ソファーに足をもたせて枕なしで寝落ちして横向きになってたりするとヨダレがベッタリと・・・ 汗

私は付与して貰ったポイントで、dekoni audio社製のイヤーパッドにしてみようかと検討中です(^^)
⇒本革は汗がついたらサッと拭けるのでペロアと比べると清潔なのかな・・・
本革であれば合皮ほどは蒸れないでしょうから音があまり変わらなければ良さそうな感じですね^^ リプレースしたらレビューお願いします。

ふえ〜、どうしてみんなわかるんだろ(^○^)
⇒私はオススメいただいたCDとかのコメントで「この音好きだろうな〜」と判断しましたが、ドーベンさんはイヤホンの情報のやり取りの中でtam-tamさんの聴覚特性とか好き嫌いを
判断したのではないかと・・・ 笑

忘れさんですか、w
⇒??? ↑の人は記憶にないですが、価格に限らずケーブルや電源なんか・・・という人は昔から多いですね・・・ ただ聴き分けられないほうが金はかからないので幸せな面もあるな〜なんて感じることもあります。冷静に考えれば私のようにアンプ3台にメインのヘッドフォンを
5台で音源によってソフトまで変えてなんていうのは常識的には完全に「ど頭逝かれてるんとちゃうんか?」の世界ですからね 笑
tam-tamさんと比べるとまだまだですが・・・ 爆

きちんと整理整頓して綺麗な部屋にしてしまうと、いざ金が入った時に大変な事になりますからねえ、w
⇒やはりみなさん論理もCAOSですね 爆
でも、うちの下の子なんかも書類とかあの山の中からスパッと見つけますから驚きですね^^

今日も1日650をシバキたおしてましたが、DAC1(MID GAIN)でカラヤンのミサやワーナーの音源聴くと感動的ですわ 高音域を盛ったワーナーのリマスター音源も高音域が奇麗にロールオフして歪っぽさやうるささが全くない!それでいて天井方向の音場の広さもスポイルされないのでクラッシックはDAC1+650がメインになりそうです。
ただ客観的に見るとZ7、X2、712、650、RP-HD10どれも方向性が似ていて微妙にバランスが
違うだけのような気もしますね 笑

Reコメ大変なので適当に読み飛ばしておいて下さい。
でわ^^







2020/10/19 01:54  [2265-4459]   

 Bigshooterさん  

現在はヨドバシで2万円ちょっとですが、数ヶ月前までは26,000円くらいしてましたよ(^_^;)
⇒こりゃびっくりですね・・・
現在価格で¥21,000 私が買った値段見て見たらちょうど2年くらい前で¥9,800・・・
もしかして製造終了なんですかね
https://www.yodobashi.com/product/100000
001002502478/
 

TEAC UD505の最安値¥142,000 購入価格¥120,000
DAC1 最安値¥73,000 購入価格59,000

ポイント考えるとオクに出してもリセール損は出ないですね 笑
しっかしなんでこんなに価格高騰してるんだろ・・・




2020/10/19 02:27  [2265-4460]   

Bigshooterさん

通信障害がのため、PC、iPad、共に使用出来ません。

申し訳ございませんが、少々お時間下さい。

2020/10/20 07:45  [2265-4464]   

 Bigshooterさん  

tam-tamさん おはようございます。

無問題です 笑

2020/10/20 08:45  [2265-4470]   

Bigshooterさん

モデムのリセット、OSの再インストールをしたら復帰しました(^^)

キーボード入力の誤変換の頻発現象はそのままですので、このMacはもうダメかもしれません(^_^;)

<⇒ASIOドライバーとか使わなくてもミキサーを飛ばせるのはWIN使いからすると驚異的ですよ!

インテルCPUになる10年以上前からすでにOSレベルで、アップサンプリングで出力出来る機能があったのには正直驚きましたね。
まだ、ハイレゾ音源の無い時代ですから、何年先をいっとんねん!、と、w

<⇒これも「ダイレクト・モード」なしでもビットパーフェクト出力可能みたいなネット記事がありましたね・・・ 

これも様々が問題が出てきてしまうので、ちょっと(^_^;)

仮にデフォルトの状態で、ビットパーフェクト出力が可能であれば、Audirvanaの必要性が無くなってしまいますし、Audirvanaの方で、きちんとしたアナウンスが無いと問題になってしまいます。

Audirvanaを使用する事によって、高音質化が認められる状態であれば、オリジナルデータをいじって、イコライザ処理をしている事になってしまいますからね。

この問題については非常に難しいところでもあるので、一旦保留にさせて頂きたく思います(^^)


<⇒ソファーに足をもたせて枕なしで寝落ちして横向きになってたりするとヨダレがベッタリと・・・ 汗

そんな事になった経験がごじゃりませんですよ(^_^;)

可愛い女の子の父親であるという自覚を持って下さいよ〜、w
だらしない格好をしている父親を女の子は拒絶してしまうみたいですよ(^_^;)
福山さんみたいにどんなヘッドホンを装着してもカッコいい男を目指して頑張ってみて下さいね(^^)


<⇒本革は汗がついたらサッと拭けるのでペロアと比べると清潔なのかな・・・

問題はそこじゃないような気が(^_^;)
ちちさすさんは5年以上使用しても、イヤーパッドのヘタリも全く無いそうですからねえ、

<本革であれば合皮ほどは蒸れないでしょうから音があまり変わらなければ良さそうな感じですね^^ リプレースしたらレビューお願いします。

音は確実に変わると思いますよ(^_^;)
HD650だけ、イヤーパッドの種類が多いので、どれにしようか迷っております。
dekoni AudioのイヤーパッドはTH900で使用ずみですので、品質が良いのは確認ずみです。
気になるイヤーパッドがあれば、リクエストお願いします。

https://miyaji.co.jp/DekoniAudio/


<⇒私はオススメいただいたCDとかのコメントで「この音好きだろうな〜」と判断しましたが、ドーベンさんはイヤホンの情報のやり取りの中でtam-tamさんの聴覚特性とか好き嫌い判断したのではないかと・・・ 笑

だとしたらこれも問題がありますがな、w
私はドーヴェンウルフさんの好みの音を全くわかっておりませんので(^_^;)
いや〜、参った、参った、(^○^)

<⇒??? ↑の人は記憶にないですが、価格に限らずケーブルや電源なんか・・・という人は昔から多いですね・・・ 

私のプロフィールを見てもらえると分かると思いますよ、女性の方ですね。

私は一応、リケーブル肯定派でも、反対派でもありません。

イヤホンによってはいくら高額なケーブルに換えてもはっきりとした違いがわからないものもありますし。
かと言ってANDROMEDAみたいに激変してしまうハイエンドイヤホンも存在する訳で。

リケーブル否定派の人に、個人的意見、感想を押し付けてまで、お勧めはしないようにしてますし。
リケーブル肯定派の人とは、このケーブルはどうですかね?という情報交換の類いのお話は楽しくしておりますし。

価値観や、考え方の違いはどうしようもないものだと思っておりますねえ(^_^;)


<tam-tamさんと比べるとまだまだですが・・・ 爆

私は自他共に認めるお墨付きの変態でございますから、w

これはご自身ではわからないものだと思うんですが、この縁側のメンバーの方達はカテゴリーは違いますが変態揃いだと思っております、それも極め付けの(^○^)
Bigshooterさんも気付いておられないかもしれませんが、殿堂入りのお方です、w

<⇒やはりみなさん論理もCAOSですね 爆

そりゃそうです、w
CaosにはCaosの良さがある(`・ω・´)シャキーン

<でも、うちの下の子なんかも書類とかあの山の中からスパッと見つけますから驚きですね^^

整理整頓してみて下さい、出来なくなりますから、w
なので私もあえてグチャグチャのままにしてあるのです←説得力一切無し、爆、w

<今日も1日650をシバキたおしてましたが、

なんかBigshooterさんが書くと卑猥に聞こえてしまうのですが気のせいなのかなあ(^○^)

<DAC1(MID GAIN)でカラヤンのミサやワーナーの音源聴くと感動的ですわ 

HD650は録音の良いカラヤンの演奏とは滅法相性が良いですよね(^^♪

チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番のリヒテル盤は購入されたBOXセットの中にはありませんか?
もし見つけたら聴いてみて下さい。素晴らしい音質が楽しめると思いますよ(^^)

<ただ客観的に見るとZ7、X2、712、650、RP-HD10どれも方向性が似ていて微妙にバランスが
違うだけのような気もしますね 笑

HD650とFidelio X2との類似性はあちこちで言われておりますね。

SONYのZ7は聴いた事がないのでわかりませんが、K712も開放型ヘッドホンですから、方向性は似ているでしょうね。

何も見えないところから、いきなり音が現れるような表現をするHD650はやはり類まれな唯一無二の素晴らしいヘッドホンだと思うところではあります(^^♪

レス遅れて申し訳ございませんでした<(_ _)>

良い1日を(^^♪

と言いつつ、今日もお待ちしております(^○^)

2020/10/20 10:24  [2265-4471]   

 Bigshooterさん  

tam-tamさん

こんにちわ^^
何はともあれPC復帰してよかったですね^^

この問題については非常に難しいところでもあるので、一旦保留にさせて頂きたく思います(^^)
⇒リンゴは自分で音楽再生には使ってないので門外漢なので情報提供程度のコメントとして読み飛ばしておいて下さい。
リンゴのビットパーフェクトも面白そうなのでネットの記事を読み漁ってみましたが、音や画像処理に手抜きしてないとこが素晴らしいですね^^
これじゃ技術レベルが高すぎてサポートはついていけませんね 汗

そんな事になった経験がごじゃりませんですよ(^_^;)
⇒椎間板ヘルニアの腰痛持ちなんで、横になる時は腰にクッションを入れたり、ベッドも寝返りした時に膝が落ちないように膝の位置にクッション置いてあったりするのでどうしても頭が下がりやすいんですよ・・・って自分では当然でも最初に状況説明しないと???ですよね 笑

だらしない格好をしている父親・・・
⇒だらしないわけではなくて物理的にカッコ悪いんですよ! 爆

福山さんみたいに・・・
⇒大ファンがいるようなので詳細は・・・ ですが福山は最高にスエットの似合う男ですよ! 
外向きの顔だけだと人間疲れますからね〜

ちちさすさんは5年以上使用しても、イヤーパッドのヘタリも全く無いそうですからねえ、
⇒↑は驚異的ですね!ミミマモか? 私もミミマモ持ってますがスピーカーのサランネットみたいでどうも苦手で付けてないんですよ イヤーパッドは消耗品としてある程度の出費は覚悟してるんですが、昨日ドーヴェンさんの板に書込みしましたが、X2のイヤパッドの件でフィリップスとやりあいましたが、私は気に入ると長く使いたいほうなので最近の使い捨て感覚にはどうもついていけませんね・・・ 
メーカーも買い替えがないと商売にならないのはわかりますが、輸入品であっても日本で商売してるわけですからせめて国内の保守部品の最低保有期間(8年)は守ってほしてところです。

音は確実に変わると思いますよ(^_^;)
⇒去年Z7のイヤパッドがヘタってきたのでZ7Uのイヤパッドに換装したら音が激変して驚きましたが理想的な変化だったのでラッキーでしたが、後継機種でもあれだけ変わる訳ですからベロアと革だと別物くらいに音が変わるんでしょうね・・・
私の場合、基本的に設計者が意図しているであろう「音」で聴きたいほうなので650の良さがスポイルされなければメインテの楽な本革に変えたいのが本音ですが、オーディオの場合、実際に使ってみるまでわからないのでやはり授業料はかかりますね 汗

だとしたらこれも問題がありますがな、w
⇒これでドーヴェンさんが310でも買ってくれれば面白いことができるんですけどね^^ 笑
私の場合、HP3台がドーヴェンさんと共通しているので比較的、聴覚特性と嗜好が近いのかもしれません。
↑でも書きましたが人間、自分が気持ちよく感じる音源や機材を選ぶのでヘッドフォンを何本か持っていても音響特性も全く別物ではなくどこか共通したベクトルがあるのかもしれないな・・・ なんて思いました。

私は一応、リケーブル肯定派でも、反対派でもありません。
⇒私もピュアAでは○百万単位でケーブルに金を突っ込み、今やクローゼットが巨大なケーブル墓場となってますが、結局、リケーブルって自分が理想とする音に近づけるための手段ですから↑と同じベクトル上にあるのかもしれませんね^^
「自分にとって理想の音」が最終目的地ですから行きつくところ「音が良ければそれで良し」なのではないかと個人的には考えてます。
1本20万以上する電ケーでもベルデンのM1,000円程度のものに勝てないところがあったり、逆にベルデンでないと出せない味があったりするわけで、オーディオ用途として使うわけですから周波数測定が目的ではなく「音」を聴くのが目的なので結局は好みの問題なのかな〜 と私場合、いつもなげやりな結論になってしまうわけです 笑

価値観や、考え方の違いはどうしようもないものだと思っておりますねえ(^_^;)
⇒オーディオについての話をする場合、環境や個々の聴覚特性や音楽の嗜好の違いがあるわけで絶対的な基準は存在しないので他の人の意見を参考になりますが議論しても答えのない不毛な議論になるだけで時間のムダだと思いますね

この縁側のメンバーの方達はカテゴリーは違いますが変態揃いだと思っております、それも極め付けの(^○^)
⇒確かに私以外の他のメンバーの方々は皆さん一家言あるスペシャリスト揃いなので最近、私がこちらの縁側にいるのは場違いのような気持ちです 汗

なんかBigshooterさんが書くと卑猥に聞こえてしまうのですが気のせいなのかなあ(^○^)
⇒関西だと「喫茶店に行こうよ!」は「茶シバキにいかへんか?」というのでtam-tamさんのきのせいですよ^^ 笑

チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番のリヒテル盤は購入されたBOXセットの中にはありませんか?
⇒これはBOXセットには収録されてないですね・・・

HD650とFidelio X2との類似性はあちこちで言われておりますね。・・・
⇒X2はどちらかというと800Sと近い周波数特性で800Sより音場が一回り小さくなった音で低音の分解能と量感のバランスが絶妙ですね
712は650のピークを少し高音域に持ち上げてたイメージで低音の音階が650よりもはっきり出て締まったスピード感のある適度な量感のある低音となんと云ってもボーカルや弦が美しいです。
tam-tamさんの場合、650より712のほうがしっくりくると思いますね^^ 笑

つづく











2020/10/20 13:08  [2265-4473]   

 Bigshooterさん  

つづきました・・・

昨日、今日と650でアバドのメンデルスゾーンの全集と80年代のロック、ヘビメタ聴いてますが、アバドのメンデルスゾーンは天界の音楽みたいで没入感ハンパないですね#1、2、5なんかも素晴らしいですね
フュージョンは低域分解能という点で712に譲りますが、80年代のロック、ヘビメタは相性抜群ですな・・・ 不思議と310でも違和感ないですね
VAN HALEN、Journey、ASIA、OZZY OSBOURN、AC/DCあたりを聴くと痺れますよ!
バスドラの再現性はZ7に次いでえ〜感じです。

10/20オヤジのモノローグでした。Reコメ大変なのでスルー可です 笑

でわ よい1日を^^

2020/10/20 13:08  [2265-4474]   

Bigshooterさん

こんにちは(^^)

<何はともあれPC復帰してよかったですね^^

一応管理者ですので、良かったです、ありがとうございます(^^)
メンバー申請とかがあったら、管理者でないと出来ない事も多々あるので。

<これじゃ技術レベルが高すぎてサポートはついていけませんね 汗

サポートする側は大変だと思いますよ、何も資料が提供されてないですからね。


<⇒椎間板ヘルニアの腰痛持ちなんで、

そうだったんですか、大変失礼致しました<(_ _)>

手術はされたのですか?

大変痛いみたいですね、お気をつけください<(_ _)>


<⇒だらしないわけではなくて物理的にカッコ悪いんですよ! 爆

アイコンの画像で想像しちゃってるので(^_^;)


<⇒↑は驚異的ですね!ミミマモか?

かなり華奢なアルバナライブ!も現役で使用されていますからね、物の扱いが非常に丁寧なのでしょうね。


Fidelio X2はX1で評判が悪かった、イヤーパッド取り外し不可を改善して、イヤーパッド交換出来るようになっていると思うのですが、探してみても、純正イヤーパッドがないですね、どういう事なんでしょう?

<私の場合、基本的に設計者が意図しているであろう「音」で聴きたいほうなので650の良さがスポイルされなければメインテの楽な本革に変えたいのが本音ですが、オーディオの場合、実際に使ってみるまでわからないのでやはり授業料はかかりますね 汗

これだと純正イヤーパッドを購入された方が宜しいかと思います(^^)
おそらく、長い付き合いになると思いますから、今のうちに予備を入手された方が良いかもしれません。

<⇒これでドーヴェンさんが310でも買ってくれれば面白いことができるんですけどね^^ 笑

ドーヴェンウルフさんはGND分離駆動にこだわっているのと、一度据え置き型を購入してすぐに売却されてますので、シングルエンドの310USBには手を出さないと思います(^_^;)
310USBが買える資金があったら、真空管アンプを物色されると思います。

<↑でも書きましたが人間、自分が気持ちよく感じる音源や機材を選ぶのでヘッドフォンを何本か持っていても音響特性も全く別物ではなくどこか共通したベクトルがあるのかもしれないな・・・ なんて思いました。

私の所有しているイヤホンは見事なまでに偏ってますよね、w
(IER-Z1Rは未来の可能性を視野に入れて購入したイヤホンなので、これだけは例外ですが)

ヘッドホンのATH-SR9とGRADO SR325eは一見ベクトルの違うヘッドホンに見られがちですが、以下の記事を読むと大変面白いと思います(^^)

【ロック向けヘッドホンはどいつだ!?】
https://surroundhp.blog.fc2.com/blog-ent
ry-194.html


お時間のある時に読んでみてください(^^♪

<リケーブルって自分が理想とする音に近づけるための手段ですから↑と同じベクトル上にあるのかもしれませんね^^
<「自分にとって理想の音」が最終目的地ですから行きつくところ「音が良ければそれで良し」なのではないかと個人的には考えてます。

が正解だと私も思うところではあります(^^)
しかし、面白いもので、高額なケーブルというのは、心理的な作用も大きく影響するようでして、実際にはバランスの悪くなったサウンドでもこれが良い音に違いない、と思い込む人も相当数居るんですよね。

実際、高額なケーブルを買った後で、エントリークラスのケーブルを物色する人はほとんど居ませんから。

私は運が良かったのか、最初に購入したケーブルの5分の1で買えるケーブルばかり所有しております。
まあ、ここまで書くとどのメーカーのケーブルを使用しているのかバレバレですけど、w

価格が高ければ高いほど、品質が良い、音質も良いと思っちゃってる人がやっぱり多いですし、私みたいに何でも試聴出来る環境にお住まいの人ばかりでは無いですからこれは仕方がないのかあと思ってますね。

<⇒オーディオについての話をする場合、環境や個々の聴覚特性や音楽の嗜好の違いがあるわけで絶対的な基準は存在しないので他の人の意見を参考になりますが議論しても答えのない不毛な議論になるだけで時間のムダだと思いますね

という事で、「楽しい音楽を語ろう」となる訳なのです、(`・ω・´)シャキーン
完全に後付けみたいになってますけど、w
クチコミの延長線上で勢いだけで建ててしまった縁側が、まさか現在のような感じになるとは想像もしてませんでしたからねえ、w

<⇒確かに私以外の他のメンバーの方々は皆さん一家言あるスペシャリスト揃いなので最近、私がこちらの縁側にいるのは場違いのような気持ちです 汗

m56059さんのクリーン電源奮闘記はBigshooterさんなくしては実現出来ませんから、場違いなんてとんでもないですよ。

音楽にしてもJAZZ,フュージョン系のスペシャリストですし。

いや〜それにしても凄いメンバーが集結してしまいました、語れない音楽なんて無いんではないでしょうか(^^♪

特にHD650に関しては、奇跡的ではありますが、凄い事になっております、w

<tam-tamさんの場合、650より712のほうがしっくりくると思いますね^^ 笑

おそらく、そうなるでしょうね(^^)
しかし、それだと、いつまでたっても進展がありませんから私の場合(^_^;)
所有しているイヤホン、ヘッドホンからすると、思いっきり好きな系統とは違ってますけど、それを楽しめるようになるのも、一つの勉強と捉えておりますので(^^♪


<80年代のロック、ヘビメタは相性抜群ですな・・・ 不思議と310でも違和感ないですね

クラシック音楽御用達みたいなヘッドホンと思われがちですが、310USBとの組み合わせでは、こういった音楽との相性が抜群なんですよ(^^)
ヴォーカルなんか特にゾクッとくるでしょ。
ライブ音源なんか聴くと、もう最高ですよね(^^♪

HD650で、ハードRock系の音楽聴いている人は少ないでしょうね、そういった系統のヘッドホンではありませんから。
オーディオ経験豊富なBigshooterさんならでは、と思いますよ、私は単なる偶然ですけど、w

2020/10/20 14:31  [2265-4475]   

Bigshooter さん  

2020/10/20 18:48  [2265-4476]  削除

 Bigshooterさん  

再びこんにちわ^^

前にもありましたが文章が2重になってしまったので削除しました。

手術はされたのですか?
⇒手術は2回やってダメで3年前に立ち上がれなくなって這いずり回る有様になってしまったので3回目の時にダメもとで内視鏡のゴッドハンドに手術してもらってからはだいぶ楽にはなりましたが、寝るときに腰と膝の沈み込みだけは気をつけないと足が痺れますね 
コロナの血栓の後遺症の疼痛もあるので冬が恐怖です 汗

アイコンの画像で想像しちゃってるので(^_^;)
⇒確かにこのアイコンはだらしなさそうですね 笑
↑に変えたほうが良さそうだな・・・

Fidelio X2はX1で評判が悪かった、・・・
⇒フィリップスは保守部品ではなくてすべて修理扱いなんですよ^^
2年以内で穴があいてしまった時はヨドに相談したら1回目は消耗品なのに
長期保証使えましたので神対応に驚いたんですが、今回はさすがにブチ切れそうでした
発売5年余りでイヤパッド交換もできないのはどうかな〜というとこですね

私の所有しているイヤホンは見事なまでに偏ってますよね、w
⇒確かに↑じゃないと多刀使いしても本当はあまり意味がないんですよね 笑

【ロック向けヘッドホンはどいつだ!?】
⇒ザッと読んでみましたがなかなか面白い企画ですね^^
ロック、ヘビメタだったらZ7もエントリーしてほしいとこでしたね
やはり大口径の低音域の表現力は強烈です。
JBL30CMとバスレフくらいの違いがありますね・・・
さきほどAC/DCのFor those about の大砲の音をZ7と650で聴き比べて
みましたがZ7=大砲、650=対戦車砲くらい違いがある感じです。
逆に言えば口径が倍違うのに650は大健闘だな〜と思います。
ATH-SR9とGRADO SR325eはノーチェックで試聴したこともないので
正直なとこ全くイメージがわきません・・・

価格が高ければ高いほど、・・・
⇒しばらく前に6N、7Nとかの高純度銅が流行りましたが、インコネもSPケーブルも同じ6Nでもアニールによって音が違いますからね・・・
6Nだ7Nだと騒いでたのは日本くらいで海外のハイエンドケーブルなんかはOFCを使ってたりしましたから今のハイレゾブームと同じようなもので眉唾な面もあるかもしれませんね・・・
確かにケーブルで音は変わるでしょうが、組合せによってはバランスめちゃくちゃになるケースもありますから私は基本はOFCで高純度銅を使うとしてもインコネ1点にしてました。
特にアンプの電ケーに高純度銅使うと低音が出なくて腰高になる傾向があって、HPAでもDAC1なんかは電ケに6N使っただけでキンキンして煩くてダメでしたね・・・

オーディオ経験豊富な・・・
⇒意味のない実験だけは経験豊富かも・・・ 爆

でわ^^

2020/10/20 19:01  [2265-4477]   

Bigshooterさん

こんばんは(^^)

<前にもありましたが文章が2重になってしまったので削除しました。

手直しされると思いすぐにレスするのをやめていました(^^♪

<⇒手術は2回やってダメで3年前に立ち上がれなくなって這いずり回る有様になってしまったので

だいぶ、重症の方ではないですか。
椎間板ヘルニアの手術自体も大変な事とは知っていましたが、私の周りに3回も手術を受けた方はいないので。
気温が下がると大変なようですね。
お大事にして下さい。


<⇒確かにこのアイコンはだらしなさそうですね 笑
↑に変えたほうが良さそうだな・・・

う〜ん、前の方がしっくりしますね〜(^_^;)
かなりの違和感があります〜、アイコンのせいでBigshooterさんがだらしないとは思ってないですよ〜、w
元に戻して〜(^○^)

<⇒フィリップスは保守部品ではなくてすべて修理扱いなんですよ^^

そうなのですか、それは知りませんでした。
今度はテレビが壊れてしまいました。
5年保証で購入したんですが、
2015年に購入、2017年に画面が映らなくなり、修理。
翌年2018年にまたも、画面が映らななくなり、別のテレビと交換する事に。
今日の朝、またも映らなくなり、メーカーに電話。
修理費用が税込み68,800円。
購入した時の価格が59,980円、何でやねん、w
運が悪いとしか言いようがないものの、このご時世では仕方がないのかなあ。
購入資金は無いので、テレビが全く観られない環境になってしまいました。
音声は出るので、ニュースは聞けるのが幸いではあります。


<⇒ザッと読んでみましたがなかなか面白い企画ですね^^
ロック、ヘビメタだったらZ7もエントリーしてほしいとこでしたね

エントリークラスでの比較なので、Z7は対象外になってしまうのです(^^)

<ATH-SR9とGRADO SR325eはノーチェックで試聴したこともないので
正直なとこ全くイメージがわきません・・・

GRADO SR325eはロックホンと呼ばれるほど、Rock御用達みたいなヘッドホンですからね。
オーテクのSR9は超高解像度の高域がウリのモデルで、発売当時からEDM御用達みたいなヘッドホンでした。
310USBとの相性の良さは格別で、フルデジタルアンプによるソリッドな音が堪能出来る一品です、w
両機種のオーナーである私としては非常に納得出来る結果になっているのであります(^^♪


<⇒関西だと「喫茶店に行こうよ!」は「茶シバキにいかへんか?」というのでtam-tamさんのきのせいですよ^^ 笑

何故かここをレスするのを忘れていました(^_^;)
Bigshooterさんは関西出身だったのですか、それは知りませんでした。
「喫茶店に行こうよ!」が「茶シバキにいかへんか?」になるんですか、全然ニュアンスが違いますね〜。
私も大阪には一度だけ行った事がありますが、街のあまりの綺麗さに非常に驚いた記憶があります。
新宿、渋谷などと比べるとあまりにも綺麗だったので、大阪に対するイメージがガラリと変わってしまいました。
あれは何処の街だったのかちょっと覚えて無いですが、オフィス街のようなところだったと思います。

<昨日、今日と650でアバドのメンデルスゾーンの全集と80年代のロック、ヘビメタ聴いてますが、アバドのメンデルスゾーンは天界の音楽みたいで没入感ハンパないですね#1、2、5なんかも素晴らしいですね

モーツァルトが天才作曲家の代名詞みたいになっておりますが、モーツアルトが交響曲第25番を書いたのが17歳の時、
メンデルスゾーンが「真夏の夜の夢」を作曲したのも17歳の時、
曲の完成度の高さからしてもモーツアルトと互角に張り合える超天才作曲家なんですよね。
時代的に強い個性を持った作曲家が集結している年代なので、影が薄いですけども(^_^;)

<バスドラの再現性はZ7に次いでえ〜感じです。

SONYのヘッドホンは有名どころは大体試聴しているんですが、何故かZ7だけ聴いてないんですよね。
MDR-Z1Rさえ聴いているというのに(^_^;)
価格的にも非常に魅力的なのに何故なんだろう、と思う今日この頃です(^^)

<6Nだ7Nだと騒いでたのは日本くらいで海外のハイエンドケーブルなんかはOFCを使ってたりしましたから今のハイレゾブームと同じようなもので眉唾な面もあるかもしれませんね・・・

カタログスペックを異常なまでに固執しているのは日本のメーカーだけですからねえ(^_^;)
SONYはスペックありきで製作してしまっているので、
イヤホンのIER-M7、M9が良い例ですね。
この2つのイヤホンはイヤーモニターとして製作されております、SONYのホームページにもちゃんと記載されていますからねえ。

https://www.sony.jp/headphone/products/I
ER-M7/


ミュージシャンがステージ上で使う道具なのに、どうして40,000Hzまでの再生周波数が必要なのでしょう。
まあ、ハイレゾ音源を牽引してきたのはSONYなので、仕方がないんでしょうけど。
スペックありきで製品開発しなければもっともっと良いイヤホン、ヘッドホンが作れるメーカーなので、そこだけが残念でなりませんね。

たくさんの書き込みありがとうございました<(_ _)>

良い一日を(^^♪

2020/10/20 21:14  [2265-4478]   

 m56059さん  
ヘッドバンドに貼り付けました。 フィルムケーブル保護 コトヴェールのLANケーブルに繋ぐやつ

tam-tamさん
ちちさすさん(お久しぶりです)
Bigshooterさん

どうもこんばんわです。
まずですが、K812はヘッドバンドが布製でこの部分に頭頂部が当たり荷重がかかってしまうと、布とはいってもテンションがかかってしまうと「硬い」状態になり若干痛みとして感じられ、気になってしまう時はリスニングの大きな支障になっておりました。HD650を購入して思った事は「なんて頭頂部が楽なんだ!」でした。アマゾンで物色してみたところ安価な下記製品があり購入しました。
【Seninhi】 For Sennheiser HD515 HD555 HD595 HD598
HD558 PC360 ヘッドフォン ヘッドセット 対応交換用 ヘッドバンド ヘッドバンドクッションパッド
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07G
NKG9VH/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o05_s0
0?ie=UTF8&psc=1


両面テープ接着だし失敗覚悟ではありましたが、まあ安かったので。
ところがこれが凄く良いです!!
あれだけわずらわしかった頭頂部の違和感が現在は皆無といっていいくらいです!
両面テープの接着も強固な感じで安心できます。
ちちさすさんにおかれましては、御試聴の際にこの頭頂部の感触を確認しておく事もチェックポイントのひとつだと思います(私は短髪派でスポーツ刈りをちょっと伸ばしたくらいの髪なので頭皮への圧迫感は違うかもしれませんが)。
この製品をくっつけると当然スライダーの調整が必要になりますが、私の場合は運良くなんとか目いっぱいスライダーを伸ばせば完璧フィットができました。

次の写真はちちさすさんに報告忘れしていた写真です。
「スマホ立て」を持っていたのですが、スマホと接触する部分の「小さな丸い透明クッション」があり、これだ!と思い、アロンアルファでくっつけてみました。もう少し厚みがあったらベストでしたが、コレでもいくらかフィルムケーブル保護感はできました。

最後の写真は、先日コトヴェールのUSB介在ケーブルをBigshooterさんに御紹介頂き、すこぶる気に入りましたので、他にコトヴェール製品で使えそうなものは無いか と物色していましたらコレを見つけました。
コトヴェール TGM(タッピングガードモジュール) for LAN TGM100BT
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000
FH8IXY/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s0
0?ie=UTF8&psc=1

アレレ!私がつい先日購入した時は商品価格150円(送料680円!)だったのに今見たら商品価格1,980円に10倍以上値上がってる!
なんでもLANケーブルから出るノイズを抑えるとのこと。
今聴いておりますが若干だけノイズ低下したような(精神的にか!?)気がしています。
こちらもエージングに期待です!








2020/10/20 21:37  [2265-4480]   

時事ネタ:

頑張って欲しいなあ←切実

https://news.yahoo.co.jp/articles/19a022
bc07256a99096a9f69b5a980fb29bfe8ca


2020/10/20 22:53  [2265-4485]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんばんわ^^ 

Bigshooterさんは関西出身だったのですか、それは知りませんでした。
⇒大学が関西なんです 笑
正確には「茶シバキにいかへんか?」ではなくて「茶ぁシバキにいかへんか?」と「ぁ」が入るんですが・・・ 笑

モーツァルトが天才作曲家の代名詞みたい・・・
⇒交響曲はクレンペラーで(#3・4、フィンガル・真夏の・・・)、セルで(#4、フィンガル・真夏の)、アバド(全集)を聴いてみましたが、それぞれ個性的で素晴らしいですね^^
カラヤンも良さそうなので全集ポチろうか検討中です。
DGのボックスセットの段があと15枚分くらいの幅が余ってるのでこの最後のスペースを何で埋めるか・・・ 
予定ではアバド(マーラー全集)とアッカド(パガニーニ全集)なんですが、アッカドはBRAかBOXで迷うところでBRAだと¥7,000はボリュームの割に高すぎかな・・・

SONYのヘッドホンは有名どころは大体試聴しているんですが・・・
⇒Z7もデフォルトでは全然ダメですがZ7Uのイヤパッドに換装すると音が豹変しますね^^
例えるなら便秘が治ってスキッとした感じです。
今年の1月頃、20万握りしめてビックにMDR-Z1R買いに行きましたが、あのデザインもだめでしたね 音も改造Z7のほうが好みでした。
SONYも音の方向性が650→660と同じでZ7→Z7U・MDR-Z1Rで「音楽」ではなくて「音」を聴くつまらないチューニングになっていてちょとガッカリしました。
コウモリじゃないんだからカタログスペック上の周波数帯域はどおでもいいからしっかり可聴帯域聴かせてよ!ってとこですね^^

頑張って欲しいなあ←切実
⇒15万っておそらくヤラセですね・・・ 若手議員にシナリオ書かせて、麻生さんが反対してるフリして5−10万で落としてくる手ですね 笑
また公明が動くと0回答ってわけには行かないですから5万なしで3次補正で10万か2次5万、3次5万ってあたりが妥当な線だと思います。

でわ^^

 
って言いたいところですね

2020/10/21 00:11  [2265-4487]   

 Bigshooterさん  

m56059さん こんばんわ^^

最後の写真は、・・・
⇒基本的にノイズ対策って「入ってくるノイズを防ぐのよりも、発生源でノイズを食い止めて、信号ラインは極力、接点が増えないようにシンプルに繋ぐ」っていうのがベストなので方向的には合理的なのではないかと思います。
アダプターとかを挟むと接点で必ず電気的な歪が出るのでどれだけシンプルに音源と再生機材をノイズレスで繋げるかというのがポイントなのでm56059さんのコンセプトはえ〜感じやと思います。

オーディオは金掛けなくてもその時の懐具合にあわせて結構遊べるとこが楽しいですね^^
特にPCオーディオはノイズやらなんやら弄るところが多いので飽きないです。

でわ Good Luck!

2020/10/21 00:30  [2265-4488]   

Bigshooterさん

こんばんは〜(^^)

<⇒大学が関西なんです 笑

京大ですか。
京都も関西に入りますよね(^^)

<カラヤンも良さそうなので全集ポチろうか検討中です。

メンデルスゾーンの交響曲全集はカラヤンは一度しか録音してないので迷う事なくポチれますね(^^♪


<今年の1月頃、20万握りしめてビックにMDR-Z1R買いに行きましたが、あのデザインもだめでしたね 音も改造Z7のほうが好みでした。

MDR-Z1Rはシグネチャーシリーズですからね、音の方向性が全然違うでしょう(^^)
全体的におとなしく仕上げてあるので、ミドルクラスのモデルの方がSONYらしい音になっていると思います。

<MDR-Z1Rで「音楽」ではなくて「音」を聴くつまらないチューニングになっていてちょとガッカリしました。

私も同じでしたよ、初めて試聴した時の感想は(^^)
驚愕のスペックを意識して聴くと尚更そう感じると思います。
ドンシャリのSONYで貫き通せば良いのにって、ガッカリした記憶がありますね。
イヤホンのIER-Z1Rも同様で、まるで、この道一筋何十年のベテランのお爺さんがチューニングしたような音だったので、違う意味で非常にびっくりしましたからね、w

<コウモリじゃないんだからカタログスペック上の周波数帯域はどおでもいいからしっかり可聴帯域聴かせてよ!ってとこですね^^

カタログスペックを先に決めてから、製作しているような感じなんですよね〜。
ただ、ある日突然覚醒しますので、シグネチャーシリーズ、w
MDR-Z1Rもそんなヘッドホンなんじゃないかと思うところもありますよ(^^)

<⇒15万っておそらくヤラセですね・・・ 若手議員にシナリオ書かせて、麻生さんが反対してるフリして5−10万で落としてくる手ですね 笑

15万円は無理としても、何も無しだけは本当に勘弁してほしいです(^_^;)
現金給付は一切考えてないって記事もありましたので。
どれが本当なのかわからないので、期待はしてないんですが、何も無しだと本当にキツいので、切実なんです。

おやすみなさい<(_ _)>

2020/10/21 01:24  [2265-4490]   

Bigshooterさん

おやすみなさい、と言いつつ、追記:レスです。

<DGのボックスセットの段があと15枚分くらいの幅が余ってるのでこの最後のスペースを何で埋めるか・・・ 
<予定ではアバド(マーラー全集)とアッカド(パガニーニ全集)なんですが、

マーラー全集でしたら、アバドよりこちらをお勧めしたいです、個人的にですが。

私は全集は持っていないですが、1番、2番、4番、5番、は図書館から借りてインポートしてありますが、非常に面白い解釈の演奏です。

アバドの全集と価格がそれほど変わらなかったので、


ブーレーズ・コンダクツ・マーラー(14CD)

https://www.hmv.co.jp/news/article/13090
60033/


バーンスタイン2度目の全集とは対極に位置する演奏なので、初めて聴くと拍子抜けするかもしれませんが、所有されている4つの全集を聴いてもイマイチという事でしたので。

DGなので、音も良いですね。

レビューが2つ投稿されてますので、参考にしてみて下さい(^^♪

2020/10/21 02:20  [2265-4491]   

 Bigshooterさん  

tam-tamさん

おはようございます。

アイコンがm56059さんと被ってわけわからなくなりますね^^
やむを得ずだらしないおじさんアイコンに戻します 笑

MDR-Z1Rもそんなヘッドホンなんじゃないかと思うところもありますよ(^^)
⇒量販店で聴いた音があまりにもショボかったので後でSONYショップでTA-ZH1ESのバランスで聴いたらシッカリSONYの音になってましたので「やっぱりね!」という感じでした 笑
SONYとCANONは囲い込みがエグすぎますね・・・ メーカー純正で揃えないと100%性能発揮できない仕様にしてしまうというのもいかがなものかと思いますね・・・ Appleも然りですが・・・
そんな訳でTA-ZH1ESで試聴できない店舗だとMDR-Z1Rが売れない結果になってしまうのも皮肉なところではありますね 笑

15万円は無理としても、何も無しだけは本当に勘弁してほしいです(^_^;)
⇒菅さんとしてはここで少しでも国民にバラまきやって人気取りしたいのが本音みたいですが、均等に10万円だと予算的に赤字国債を出すことになるので低所得層、子育て世代に限定するとかして支出をミニマムに抑えて予算の範囲でどうにかしたいところみたいですが、低所得層とかに限定するとGO TOとかに金が流れないので政府としては頭が痛いところなんでしょうね・・・
ど頭逝かれたわけのわからない国会議員を飼っておくのであれば議員定数を2/3〜50%に削減させればいいわけですが野党も議席が減るのが怖くて肝心なところには一切触れませんからどうもならんわけです・・・

マーラー全集でしたら、・・・
⇒ブーレーズとショルティーのボックスセットも候補としてカートに放置してあったんですが
ブーレーズとショルティーは廃盤なので価格が倍に跳ね上がってますね 汗
ボックスは廃盤になると2倍、3倍には価格高騰するのでブーレーズのボックスだとHMVが在庫処分で未開封中古で出すのを待とうかなと・・・
マーラーもピンと来なかったというか全集で聴くと曲によって出来不出来や気合の入れ方にバラつきが大きい感じがするわけですが、全集通してパーフェクトなんてのはあり得ない話ですからやむを得ないところですが・・・
マーラーはtam-tamさんの予想どおりブーレーズがビンゴだと思いますが、ブーレーズはSONYとDGのストラビンスキーのボックスセットを2種持っているんですが、同じ曲でも全く違いますね どちらかというとSONY盤の方が好みなのでマーラーのDGボックスもカート放置にしたままでしたが、カートに入れた時は3000円台でしたからえげつない高騰ぶりですね 汗
ブーレーズのストラビンスキーはマイナーかもしれませんがSONYのボックスに入っている『プルチネッラ』組曲がお気に入りなんですが、これも650で聴くと最高ですな・・・ 笑

私の場合、廃盤がわかっているCDを海外から仕入れる場合、必ず2枚買って1枚は開封しないで高騰した頃合いを見計らってアマかヤフオクに出すというセコいことをしてますが、海外から取り寄せると国内の半額くらいなのでアマで最安値で出しても1枚分くらいの儲けにはなりますので延々とタダでCDが増え続けてしまう訳です 汗
特にカラヤンのボックスが廃盤になると価格高騰がハンパなくて平気で5-10倍に跳ね上がりますね・・・ 

情報提供ありがとうございます!でわ よい1日を!
10/21 だらしないオヤジのモノローグでした 笑








2020/10/21 10:55  [2265-4492]   

Bigshooterさん

こんばんは(^^)

レス遅くなりました(^_^;)

<アイコンがm56059さんと被ってわけわからなくなりますね^^
やむを得ずだらしないおじさんアイコンに戻します 笑

やはりそのアイコンの方がBigshooterさんにしっくりきます(^^)
ちょっとワイルドっぽくてカッコいいと思います。


<SONYとCANONは囲い込みがエグすぎますね・・・ メーカー純正で揃えないと100%性能発揮できない仕様にしてしまうというのもいかがなものかと思いますね・・・ Appleも然りですが・・・

SONYはIER-Z1R発売後、次々とポタアンを販売終了させてしまってますからねえ、自社のDAPでお聴き下さいって感じになってますよね(^^)

ケーブルのコネクタもMMCX規格を採用していながらも特殊形状としてしまっている事で、他社製ケーブルを事実上使用不可にしちゃってますし、
やり口としてはいかがなものかと思いますね。

MDR-Z1RもTA-ZH1ESでバランスで聴くと全然違いますでしょ(^_^;)
あそこまであからさまなのはどうかと思うところですよね。

IER-Z1Rで思いついたのは、質屋から出した直後、クーラーガンガンにきいている部屋に長い事置いておいたんですよ。
それで聴いてみたら激変していたんですよね。
湿度の問題なのかなあ、と。
イヤホンとしては大口径のドライバーを使用してますし、思い当たる要因としてはこれくらいですかね。

給付金に関しましては、政治的知識が無いので割愛させて頂きます(^_^;)


<⇒ブーレーズとショルティーのボックスセットも候補としてカートに放置してあったんですが
ブーレーズとショルティーは廃盤なので価格が倍に跳ね上がってますね 汗

あら〜、候補として確保してあったんですか、痛いですね〜それは。
これがあるからクラシック音楽のCDの買い時が難しいんですよね〜。

<ボックスは廃盤になると2倍、3倍には価格高騰するのでブーレーズのボックスだとHMVが在庫処分で未開封中古で出すのを待とうかなと・・・

ブーレーズのマーラー全集は演奏に対する拒絶反応を示す方も相当数居ると思いますので、開封済みでも状態の良いディスクがたくさんあると思いますよ。
一回聴いて、「なんだ、こりゃ!」って手放してしまう人も多いと思いますので。
マーラーの曲のマーラーらしい部分を削ぎ落としてしまっているような演奏なので。
ドロドロしたようなものは皆無です。淡々と演奏しているように聴こえますが、これが実にいいのです(^^)
ハマる人はハマると思いますよ(^^♪

<ブーレーズのストラビンスキーはマイナーかもしれませんがSONYのボックスに入っている『プルチネッラ』組曲がお気に入りなんですが、これも650で聴くと最高ですな・・・ 笑

プルチネルラは組曲ではなく是非全曲盤を聴いて下さい(^^♪
全曲盤は私はホグウッド盤とエサ=ペッカ・サロネン盤を所有しております。
私が中学生の時、怪我で入院した時、同室の人が聴かせてくれたんですよね。
同時にウォークマンの素晴らしさもその時に知りました。
原始主義の「春の祭典」を作曲したストラビンスキーの曲だと聞いて驚いた記憶があります。
新古典主義の楽しさはその時に知りました。
プルチネルラ全曲盤は良いですよ(^^♪


<特にカラヤンのボックスが廃盤になると価格高騰がハンパなくて平気で5-10倍に跳ね上がりますね・・・ 

カラヤン以上に跳ね上がるのが、フルトヴェングラーとムラヴィンスキーです、w
ちょっとした商売が出来ますね(^^♪

書き込みありがとうございました、良い明日を、w

また、よろしくお願いします(^^♪

2020/10/21 23:49  [2265-4494]   

 Bigshooterさん  

tam-tamさん

こんにちわ^^

レス遅くなりました(^_^;)
⇒私のはただのオヤジのモノローグだと思って読み飛ばし若しくは気が向いた時で一向に構いませんので全く気にしないで下さい^^ たいしたことも書き込んでないので毎回Reコメしていると時間のムダになります 笑

湿度の問題なのかなあ、と。
⇒↑ビンゴだと思います。北海道と実家のある国内有数の高温多湿地域だといつも旅行・出張用に持ち歩いているブルートゥースイヤホン程度でも全く音が違いますから・・・
北海道で聴くと音が軽快ですが、高温多湿の実家とかで聴くと心なしか重苦しい音に感じかな〜
イヤホンやヘッドフオンもドライバーの口径が大きいほど影響も大きいのではないでしょうか?
最高なのはやはり−10°以下の夜の雪原で聴く音ですね 雪の吸音効果でまさに無音室・・・ よし今年は雪原で星空見ながらクラシックを聴こう!冬はヒグマも出ないし 笑

これがあるからクラシック音楽のCDの買い時が難しいんですよね〜。
⇒クラッシックとJAZZは特に買い時を逃す手が出せなくなりますね 汗
前にAmazonでカラヤンのWarnerのボックスの最後の新品在庫をポチッた時も翌日には1万円超えでしたから !!!でしたね

と・・・いいつつWarnerのカラヤンのボックスでステレオのものはコンプリートしたと思ったら1つ見落としていたので↓をポチってみました。Warnerの棚は↓でコンプリートです 笑
https://www.amazon.co.jp/Haydn-Beethoven
-Brahms-Herbert-Karajan/dp/B00JX4IDFS/re
f=pd_rhf_gw_p_img_3?_encoding=UTF8&p
sc=1&refRID=7DF9TB3WPA1K3J2CZDYH

たしか↑に収録されているミサはtam-tamさんのお気に入りでしたよね?

おまけにこんなのも↓ポチッてしまいましたが、どうにかせんといよいよ平積みの山がヤバそうです 汗
https://www.amazon.co.jp/Haydn-Creation-
Herbert-von-Karajan/dp/B000001GXN/ref=pd
_rhf_gw_p_img_3?_encoding=UTF8&psc=1
&refRID=ATB0X5QK8MMG24BTVTF4


ブーレーズのマーラー全集は演奏に対する拒絶反応を示す方も相当数居ると思いますので、開封済みでも状態の良いディスクがたくさんあると思いますよ。
⇒私の場合、基本的に中古は買わないのと輸入盤のボックスセットの場合、新品でもプレスが悪くて音飛びしたりするのがあるので、特に新品購入に拘っているわけです。
特にWarnerのボックスはSONYと比べて使っているディスク自体はいいですがプレスのクオリティーが悪いものが多くてクレンペラーの「宗教音楽集」の5枚目はTRに3回も交換してもらってようやくまともなものが手に入りました・・・

プルチネルラは組曲ではなく是非全曲盤を聴いて下さい(^^♪
⇒これは是非聴いてみたいところです。マイナーな曲なのかなと思ってましたがそうでもないわけですね 笑

ちょっとした商売が出来ますね(^^♪
⇒ここ何年かは月平均で5、6万にはなってますのでちょっとした小遣い程度にはなりますが、Amazonはしっかり支払調書出してるので決算が面倒ですね
廃盤かと思ったら再プレスになったりすると価格暴落して昇天です 笑

先日、フィリップスのイヤパッド交換の対応に頭にきたので、この際だからX2とパナを売り払おうとしたらX2の相場1.5万也 涙 712のパッド代1.1万・・・ パナはやはり捨てがたい
こうしてCaos Roomが築かれていくのだな と実感しました 汗汗

でわ^^ よい1日を!

2020/10/22 12:52  [2265-4496]   

プチご無沙汰いたしました(^^;)
立位リハビリでちと失敗しました。時々やっちゃうんですが、痛いんですよ〜(T . T)

m56059さん。
ほおー、スマホ立ての緩衝クッション(ジェル?)とは考えましたねぇ。これ100円ショップやホームセンターにありますよね?片面が剥離で粘着するやつ。
隙間ふさぎテープの薄いのでもいいかも。これなら自由に大きさを切り抜けますし。
大いに参考にさせていただきます。
改めてHD650おめでとうございます。
>じっくり聴きこみ系というよりかはBGM系かもです。
とのことですが、私にはじっくり聴き込み系そのものです(^^;)
K812早く聴く機会が持てたら良いなぁ。


Bigshooterさん。
ミミマモって何だろう?と調べてみましたら、イヤーパッドカバーだったんですね。ミミマモは商品名でしたか。
私はそういったイヤーパッドカバーの類はまったく使っておりません。イヤーパッドのままで装着してます。
私は右腕が使えませんので、左手でかなり丁寧に脱着してます。丁寧に扱わないと人一倍破損の可能性が高いので、逆に物持ち良いのかも(笑)。
ヘッドフォンはどれも6年以上使っていますが、イヤーパッドは全然大丈夫です。形も崩れてません。
HD650は側圧が強いと言われますが、私は小顔の上に面長なので、側圧が強いと感じたことはありません。K702は側圧が緩くて頭からズリ落ちることがあります(^^;)

マーラーの交響曲全集、ブーレーズは録音第1弾の第6番「悲劇的」を買いましたが、譜読みが浅いのがはっきり分かる凡演で以降買いませんでした。売却してます。
現代音楽やストラヴィンスキーやラヴェル、ドビュッシーであれだけの演奏ができるのに何でだろう?と不思議でしたが、考えてみればブーレーズは見える音符と拍に対しては鋭敏な感性がありますが、音符の意味を問うような楽曲の解釈には鈍いのではないかと思います。
ブーレーズの門下だったラトルもそういうとこありますね。
ブーレーズにはシベリウスとか振って欲しかったです。ラトルのシベリウスは良いですよ〜。


tam-tamさん。
チャイコフスキーピアノ協奏曲のご感想ありがとうございました。
パブリックドメインになっている演奏なのですが、マイナー中のマイナーレーベルからの発売なので入手は難しいですよね。
ホロヴィッツは出来不出来が激しいのですがこれは当たりですね。いずれは手に入れたいですが、そう思いながらズルズルしてるんです(笑)。
tam-tamさんの愛聴盤3枚のうちのアルゲリッチ/コンドラシンのライヴ、私も持っていますが、私の装置ではアルゲリッチのピアノが引っ込み過ぎです。tam-tamさんのではどうでしょう?
あとこの演奏、私はコンドラシンの指揮がだめです。

2020/10/23 07:51  [2265-4502]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん

こんにちわ^^

立位リハビリでちと失敗しました。時々やっちゃうんですが、痛いんですよ〜(T . T)
⇒大丈夫ですか?って大丈夫ではないか・・・ くれぐれもお大事にして下さい。

ミミマモって何だろう?・・・
⇒ベロアは埃が付きやすいですし、汗や脂でバッちくなりそうだったので物は試しで1個買ってみましたがスピーカーのサランネットと同じで中高音〜高音域のバランスに違和感があったのでやめてしまいました。
私も比較的大事に扱っているほうだとは思いますが、如何せん男脂が付着してしまいます 涙
ヘッドフォンを使う前にはサクセスのシャンプーで念入りに頭皮の脂を落とし、耳をアルコールティッシュで拭いてからヘッドフォンを着用するなどしておりましたが、油断して前記のプロセスを踏まずに没入してしまったりするとヘッドバンド部に脂によるテカリが・・・ 汗
そんな訳で、比較的装着感に影響がないと思われるバンダナを買い込んで上記プロセスの省略を図りましたが、娘に目撃され、腹を抱えて笑われてしまい、鏡を見てみたところあまりにも怪しくかつマヌケな姿だったのでこれもやめました。
イヤパッドは音質や装着感を考慮に入れると消耗品として少々の出費は覚悟してますが、純正パッドはなかなかバカにならない値段ですね 汗
ヘタするとプリンター商法に近いノリで本体の1/3のものもありますので考えものです。
ヘッドパッドは脂+紫外線で劣化してしまうので已む無くこんなの↓で対応してます。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07D
824XHY/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s0
0?ie=UTF8&psc=1


やはり小顔、面長、美人にはヘッドフォンも優しいのでしょうか 笑
私の場合、HD650の場合、バンド最長でオーダーメイドのようにジャストで圧迫感もないですが最長で使うこと自体機械的強度は最も弱いので寝ホンは気を付けないとボキッといってしまう危険性があるのでビクビクものです。
私の場合、何故かHD650よりもK712の方が側圧が強いので、頭が大きすぎるのかゼンのヘッドフォンはどれもすぐにユルユル&コンフォタブルになってまいます 爆

以上読み飛ばしておいて下さい 笑

マーラーの交響曲全集、ブーレーズは・・・ラトルのシベリウスは良いですよ〜。
⇒ブレーズはSONYとDGのストラヴィンスキーのボックスを持っているのですがどうもDGのほうはピンとこないのですがちさすさんの評価はいかがでしょうか?
マーラーもストラヴィンスキーのDGと同じベクトルだと個人的にはNGなので・・・
お時間のある時にご負担にならない範囲で教えていただけると有難いです。
「シベリウスは良いですよ〜」なんて煽ってるし 笑 怖い怖い・・・

それとDGの棚の締めくくりとして
@https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%82
%AC%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%8B-%E3%83%B4
%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%
83%B3%E5%8D%94%E5%A5%8F%E6%9B%B2%E5%85%A
8%E9%9B%86-%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%AB%E
3%83%AB%E3%83%89-%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%8
3%B4%E3%82%A1%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AC
/dp/B00JGIYHJM/ref=pd_ybh_a_10?_encoding
=UTF8&psc=1&refRID=05NVT1Y9HY0PT
GQ18B02


Ahttps://www.amazon.co.jp/Accardo-Plays-P
aganini-Complete-Recordings/dp/B00004SA8
8/ref=pd_ybh_a_10?_encoding=UTF8&psc
=1&refRID=H3XHAJ8RGTTB4KG5NXJ4


Bhttps://www.amazon.co.jp/Accardo-Plays-P
aganini-Complete-Recordings/dp/B077VC9XK
C/ref=pd_ybh_a_10?_encoding=UTF8&psc
=1&refRID=XHX50FK42J5ASH6ZQT1Y


を考えてますが、今のところハズした時にリセール損のないBあたりが無難なところかな・・・
と考えてます。
AとBは同一音源なのでおそらく音質的にはA<Bと思いますがどうも試聴できない@が気になるところでカート内凍結状態です。
こちらもお時間のある時にご負担にならない範囲で教えていただけると幸いです。

でわ^^ お体ご自愛ください

2020/10/23 16:10  [2265-4503]   

ちちさすさん

こんばんは(^^)

何故か通知メールが入りませんでした。

<パブリックドメインになっている演奏なのですが、マイナー中のマイナーレーベルからの発売なので入手は難しいですよね。

私は国内発売して一年以内に試聴してるんですが(最終楽章だけですけど、ちゃんと聴いたのは、w)、ホロヴィッツの幻の演奏が遂にCD化!みたいなキャッチフレーズだったような気がすます。
多分、この音源は再発される事なく廃盤になってしまうんだろうなあ、と思っていましたね〜(^^♪

<tam-tamさんの愛聴盤3枚のうちのアルゲリッチ/コンドラシンのライヴ、私も持っていますが、私の装置ではアルゲリッチのピアノが引っ込み過ぎです。tam-tamさんのではどうでしょう?

アルゲリッチ、アバド/ベルリンフィル盤は未聴ですか?
世評的にはこちらの盤の方が高いです。

コンドラシン盤はあまりにも聴きすぎたので、好きな演奏としてあげていますけど(^^♪

私の持っている盤と全く同じものですか、所有されている盤は。
ちちさすさんご使用のLUXMANのアンプはHD650とキャラ被り、
私が使用しているDENONのアンプはSR9とキャラ被りしてます。
SR9で聴いた感じだと、音質的な不満はなかったのですが、HD650で聴くと、録音が少々デッド気味に聴こえます。
特にピアノが前に出ていないという感じはしないのですが、アバド盤の録音と比べると、2ランクくらい落ちますね、音質面で。
HD650で聴くならアバド盤でしょうね。
アバドがドライブするベルリンフィルの演奏の方が楽器のバランスも良く、こちらを聴いた後だとコンドラシン盤はちょっと厳しいですね。
アルゲリッチのピアノも特にテクニックの衰えなど感じないものなのですが、コンドラシン盤の演奏の方が疾走感が感じられるので、愛聴盤として推してありますけど、録音の良さ、バックのオーケストラの良さを加味すると、アバド盤を下げてまで推す理由が無いですね。
完全に私の主観的好みで、推しているに過ぎません。
アルゲリッチのアプローチもそれ程変わっていないので、アバド盤だと楽しく鑑賞出来ると思いますよ(^^♪

<ホロヴィッツは出来不出来が激しいのですがこれは当たりですね。

良くも悪くもホロヴィッツは実演の人だという認識でおりますので、セッション録音のものはトスカニーニ の1941年盤しか聴いた事が無いんですよ(^_^;)

<いずれは手に入れたいですが、そう思いながらズルズルしてるんです(笑)。

無くなりそうで、無くならないので、大丈夫だとは思いますが、トスカニーニ盤の存在が大きいので、安く購入出来そうであれば、中古盤の購入を条件付きでお勧めします。
お住まいの近くに、TSUTAYAか図書館はありますか?
TSUTAYAですと、業務用CD研磨機があると思うんですよね。
こちらで研磨すると、傷一つ無いピカピカの状態になりますので。
最も、店舗内部で使用する形になっていると思うので、そこら辺は話し合いになると思いますが、上手くいけば研磨してくれると思うんですよね。
私の店舗がいち早く導入したんですよ、これ、w
真似して直営店も数年後には導入するようになりましたが、価格が非常に高価なので、小さな店舗ですと置いてないかもしれません。
図書館もCDを貸し出しているところでしたら、研磨機は置いてあると思います。
こちらは機械自体があれば無料で研磨してくれる可能性が高いです。

一応参考までに(^^♪

2020/10/23 20:46  [2265-4504]   

Bigshooterさん。
男性は脂というヘッドフォンの天敵を纏っていますが、女もファンデーションはじめ化粧品は大敵なんですよ。なので家ではほぼノーメイクです…てヘッドフォンのためではなくて、右腕が不自由なので、お化粧はなんとか自力でできても、落とす方が夫の介助が必要という理由が大きいです(笑)。
イヤーパッドのヘタリですが、側圧が強いとヘタリが早いと思いますので、私のがまったくヘタらないのは小顔ゆえに側圧が小さいため、イヤーパッドにかかる圧負荷が小さいからかと思ってます。

ブーレーズのマーラーは1曲しか聴いておりませんので、全集としてのコメントができないのですが、DGのストラヴィンスキーがNGならお止めになられた方が良いかと思います。
個人的にブーレーズのストラヴィンスキーのおすすめは、
@春の祭典 → 1963年フランス国立放送管弦楽団
https://tower.jp/item/3270698

A火の鳥 → 1975年ニューヨーク・フィル
お持ちのソニーのボックスです。

Bペトルーシュカ → 1991年クリーヴランド管弦楽団
お持ちのDGボックスです。DGのは特に火の鳥にがっかりですが、ペトルーシュカはかなり良いと思うのですが。

アッカルドのパガニーニですが、ワーナーのは聴いたことがありません。DG録音はおすすめと思いますが、曲自体が好きでないので持ってません(笑)。
アッカルドは1990年代に入って急激に演奏が衰えたので、DGが無難かと。
またワーナーのはアマゾンのレビューで音質に言及している評があり、クセのないDGのは録音としても良い選択ではないでしょうか。
パガニーニのヴァイオリン協奏曲と言えば世評ではシェリングなのですが、演奏でもアッカルドの方が良いと思います。この頃のデュトワは伴奏指揮がすこぶる上手でしたしね。

2020/10/23 21:35  [2265-4506]   

Bigshooterさん

こんばんは(^^)

返信が大変遅くなり、申し訳ありません<(_ _)>

<⇒↑ビンゴだと思います。

空気が全然違いますからね、特に冬だと相当な違いが出るでしょうね。

<北海道で聴くと音が軽快ですが、高温多湿の実家とかで聴くと心なしか重苦しい音に感じかな〜
イヤホンやヘッドフオンもドライバーの口径が大きいほど影響も大きいのではないでしょうか?

ドライバーの口径よりも振動板の素材の方が影響があると思ってます。
特に水分を含みやすいWOODドライバーなんか、かなり違うのでは無いでしょうか?
北海道の方が部屋の中は東京よりも暖かいですよね(^^♪
なので、外で聴いた方がよりわかりやすいでしょうね。

<よし今年は雪原で星空見ながらクラシックを聴こう!冬はヒグマも出ないし 笑

Z7だと素晴らしい音が聴けるのではないでしょうか、大口径ドライバーですから。
HD650も古い設計なので、ドライバーの振動板の表面加工はしてないと思いますので、こちらもお試しあれ、w

<⇒クラッシックとJAZZは特に買い時を逃す手が出せなくなりますね 汗

私が揃えたヘルマン・シェルヘンのベートーヴェン交響曲全集が2000円ちょいで売ってますがな、w
私は15,000円もかけてコツコツと揃えたというのに、w

<と・・・いいつつWarnerのカラヤンのボックスでステレオのものはコンプリートしたと思ったら1つ見落としていたので↓をポチってみました。Warnerの棚は↓でコンプリートです 笑

購入したら、精神衛生上良くないので、その後の価格は見ない事ですね(^^♪
コンプリートおめでとうございます♪
私が聴きたいと思っている音源もたくさんあると思うので、羨ましいですよ(^^)

<たしか↑に収録されているミサはtam-tamさんのお気に入りでしたよね?

収録曲が何処に書いてあるのかわかりませんでした(^_^;)
1980年代のデジタル録音でしたら同じ音源です。
こちらは310USB+K712PROの組み合わせで、まず聴いてみて下さい。
DAC1+HD650の方が合うかもしれませんが、まずは上記の組み合わせで、聴かれる事をお勧め致します(^^♪

<おまけにこんなのも↓ポチッてしまいましたが、どうにかせんといよいよ平積みの山がヤバそうです 汗

かなりマニアックなものですね〜、この曲は私も聴いた事がありません。
いよいよ、私がアドバイス出来る事は無くなってしまいました(^○^)
凄い吸収力ですね〜、音楽的スキルはちょっともう敵わないなあ、w


<⇒私の場合、基本的に中古は買わないのと輸入盤のボックスセットの場合、新品でもプレスが悪くて音飛びしたりするのがあるので、特に新品購入に拘っているわけです。

そうでしたね、前にも一度聞いておりますね(^_^;)
最近、物忘れが( ̄▽ ̄)

<⇒これは是非聴いてみたいところです。マイナーな曲なのかなと思ってましたがそうでもないわけですね 笑

ストラヴィンスキーの三大バレエ曲、「春の祭典」、「火の鳥」、「ペトルーシュカ」と比べるとマイナーな曲ですよ、全曲盤を録音している指揮者が少ないですからね。
私の一推しはクリストファー・ホグウッドによる演奏ですね、原曲もいくつか収録されているので、楽しめます(^^♪

<こうしてCaos Roomが築かれていくのだな と実感しました 汗汗

私は物を処分しないので、必然的にCaos状態になっていきますねえ、w

レス遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

良い週末をお過ごしください(^^)

2020/10/23 21:45  [2265-4507]   

コルトレーン「バラード」「至上の愛」 「戦国乙女〜花〜」「戦国乙女5」

Bigshooterさん。
tam-tamさん。

最近購入した4枚です。
夫と相談して2人で決めました。
コルトレーンは「バラード」と「至上の愛」の2つ抱き合わせで1000円プラス送料195円の中古です。私は中古でも盤質が良ければOKなんです。バラードはBigshooterさんおすすめの規格番号品で、至上の愛もそのシリーズでの規格品のようなので決めました。

「戦国乙女」の2枚は夫の希望ですが、私も麻痺が重くなる前は「戦国乙女2」が好きだったので異議なしです。直販のみで市販しませんので、新品が手に入らなくなる前に買っておこうということになりました。
すでに2枚とも入手しにくくなってます。

まだどれも聴いておりませんので、ゆっくり聴ける時にかけてみます。

2020/10/23 22:04  [2265-4508]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん

おはようございます^^ 笑

イヤーパッドのヘタリですが、・・・
⇒小顔 いいな〜 笑 私は顔or頭が大きいのかヘッドフォンの音質以前に装着できないヘッドフォンが多いのでヘッドフォンを選ぶにも「音」以前に自ずと機種が限定されてしまいますので羨ましい限りです 涙
なにせHD650がギリギリなので・・・ しかも買ってから思いだしましたがゼンはイヤパッドが柔らかめなので私の場合、イヤパッドが馴染むと少し耳にあたって気持ち悪くなるのですが、HD650も既に右耳にあたりだしてます 汗

DGのは特に火の鳥にがっかりですが・・・
⇒やはりそうですか・・・ ちょっと安心しました。

アッカルドのパガニーニですが、・・・
⇒月末にアマのクーポンが入るのでBlu-ray audio一択で行こうと思います。
ありがとうございます。

コルトレーンは「バラード」と「至上の愛」・・・
⇒この2枚はリマスターの違うものを3枚ずつ持ってますが、ちちさすさんご夫妻がセレクトされたものが個人的には音質的には一番良いと思います。
が・・・しかし いきなり「至上の愛」行ってしまったわけですね 笑
「至上の愛」以降はコルトレーンがドラッグに嵌ってSpitual&Freeな無調のフリージャズに走り出したのでトリップしていて訳の分からない曲もあります 笑
ちちさすさんはクラッシックの無調はお好きらしいのでもしかしたら「至上の愛」くらいは違和感なく受け入れられるかもしれません。

「戦国乙女」・・・
⇒こちらはサッパリわかりませんが、もしかして妙喜尼=お冬とか出てくるのかな・・・

しかし、HD650は高音域を盛っていないのでクラッシックのリマスター盤で高音域を強調している音源でも刺さらずにシルキーに表現してくれるので「音」ではなくて「音楽」に集中できて最高です!
最近は音も安定して低音も締まってきたのでJAZZのウッドベースのピッチ・カートやEオープンも重量感を持ってしっかり沈み込んで快感です。

Reコメはお体の痛みのない時で結構ですのでくれぐれも無理をなさらないようにご自愛ください。 でわ^^






2020/10/24 01:50  [2265-4509]   

ちちさすさん

こんばんは(^^)

通知メールはしっかりありました、w

コルトレーンの「バラード」は多分気にいると思いますね(^^♪
「史上の愛」は聴いた事がないので、わかりませんが、(^_^;)

「戦国乙女」、私はもちろん知っていますけど(^○^)
こういった音源をHD650で聴くのもなかなかですよ(^^♪

ゆっくりと堪能されて下さい( ̄^ ̄)ゞ

レスありがとうございました。

追伸:
カメラのノイズの原因がわかって良かったですね(^^♪
息子さんと撮影を楽しんで、良い作品を撮影して下さい、良い週末を♪

2020/10/24 02:38  [2265-4510]   

 Bigshooterさん  

tam-tamさん

こんばんわ^^

返信が大変遅くなり、申し訳ありません<(_ _)>
⇒無問題です^^ 私の場合、とりとめのないオヤジのモノローグなのであまり気にしないで下さい。

北海道の方が部屋の中は東京よりも暖かいですよね(^^♪
⇒私はもともと本州ネイティブなので室温20度超えると頭がボーっとしてしまうのでそれほど室温を上げないですが、北海道ネイティブは室温24度から28度くらいにして、部屋では半そで着てビール飲んだり、アイス食べたりしてますね 爆 
かといってPCやらカメラ機材があるので部屋の湿度を上げられないので外気がマイナス10°以下にならないと加湿器炊かないので体感温度は厳しいものがあります。

Z7だと素晴らしい音が聴けるのではないでしょうか・・・
⇒ヘッドフォンは基本的に室内でしか使わないので通常はBOSEかSONYのBluetoothイヤホンですが、クラッシックだったらアウトドア用に買ってあるDENONのAH-D1200かな〜と 笑

私が聴きたいと思っている音源もたくさんあると思うので、羨ましいですよ(^^)
⇒ハイドン:オラトリオ『四季』は聴いたことがないので『四季』をメインに考えてるのですが、Amazonも最後の2枚で完全限定盤なので買い逃すとまた価格が高騰しそうなのでついポチってしまいました。
私のようなビギナーはまず知らない曲を聴きたいもので、聴いたことがない曲は何はともあれまず聴いてみようと・・・ 笑 それから比較音源を3枚は最低聴いてみてなんてやってるうちに
気づいてみるとCaosが・・・

ビヴルディーの『四季』とかブランデンブルグあたりは基準3音源を遥かに超過してしまっているのでそろそろ打ち止めにしたいところなんですがビヴルディーの『四季』なんかはどれも個性的で捨てがたいものがありますね 笑

かなりマニアックなものですね〜・・・音楽的スキルはちょっともう敵わないなあ、w
⇒私の場合、基本的には自然体ではHR・HM・プログレ・フュージョンが好きなジャンルなのですが、仕事の関係でJAZZも聴きだしてドッブリ嵌ってしまいましたが、どちらかというとHR・HMはJAZZよりもクラッシックに近いですし、ドイツの音楽はリズム面では日本人に馴染みやすいのではないかと最近感じるようになりました。
日・独・伊はともに敗戦国ですし特にドイツ人は日本人と考え方や美的感覚が似たところがあるように感じます。
ゴルフ、マージャン、音楽、本、カメラ・・・ 遊び=仕事だったので「知りません、出来ません、やりません」という訳にはいかないので最初は苦痛な面もありましたが、どうせやるなら楽しまなくっちゃ勿体ないな・・・ と 今考えれば結果オーライですね^^
なので音楽的スキルとかは度外視でまずは楽くて気持ち良ければそれで良し!的な感覚なのでtam-tamさんやちちさすさんのようなレベルには絶対になれません。

つづく 





2020/10/24 03:02  [2265-4511]   

 Bigshooterさん  

モノローグ2/2 始まります 笑

それで件のチャイコフスキーピアノコンチェルト#1の件ですが、以前にも書きましたがアルゲリッチは高3の時から思い入れがありましてチャイコフスキーピアノコンチェルト#1はなぜか5つ音源を持っています 笑
画像@EAN : 4988005392596 リマスターなし(tam-tam17701827さん所有のものと同一音源)
画像AEAN : 4988031141465 @のリマスター盤
画像BEAN : 4988005501219 リマスターなし(BOXセット)
画像BEAN : 4988031167076 SHM-CD
画像CEAN : 4988005884947 廃盤

なんでこんなことになってしまったかと云う理由はま〜色々とあるわけですが、理由を書いたら「お前 ど頭逝かれてるんちゃうか?」と言われそうなのでスルーさせていただきます。
まず@とAだと音質が全く違います。@はちょっと音質がそのものが荒っぽかったり一部ピアノが歪んでいたりミスタッチもそのままですがAは音のバランスが改善されていて、@のミスタッチが消されてたりするので???な点もありますがピアノの歪も上手く処理されていて音場も@より一回り大きくなっていますが、@と比較してピアノはやや遠くなってますので@Aは一長一短かなと思います。
BについてはSMH-CDは一聴すると音圧レベルが高く聴きやすいですがコンプかけすぎているのか何故かBOXセットに収録されているリマスターなし音源のほうがダイナミックレンジ、音場の広さとも良好てす 笑
スタジオ録音なのでライブ同じ土俵で比較するのはムリがありますが個人的には一番録音の古い1970のCが音質・演奏ともに好きです。
ピアノと伴奏のバランスも最高ですし古い録音ですがアルゲリッチのプレイはややおとなし目ながら一音一音丁寧に弾いていてピアノの質感が@ABの中では最も良く出ていて実にゴージャス&ビューティフルです。
デュトワええな〜 ←なんのこっちゃ 笑

それと個人的にはチャイコフスキーピアノコンチェルト#1はルービンシュタインの1963年の演奏が最強なのですがあまり評価は高くないのでしょうか?
のっけから音が割れてるのが最高に残念なのですが↑を聴いた時は実に痺れました。

と いらん御託をツラツラとモノローグしてまいましたがおかしなことを書いているかもしれませんので再起不能にならない程度にビシバシご指摘下さい。

でわ おはようございます 笑





2020/10/24 04:22  [2265-4512]   

 Bigshooterさん  

おはようございます!
画像がアップされてませんでした。

2020/10/24 10:43  [2265-4513]   

Bigshooterさん

おはようございます(^^)

私事とはいえレスが大変遅れて申し訳ないです<(_ _)>

<アウトドア用に買ってあるDENONのAH-D1200かな〜と 笑

何を言ってるのですか、w
機材一式持ち出して、Z7やHD650で壮大な北海道の地で聴いてみてください、これが壮大なるロマンというものだと思うところです、w

<私のようなビギナーはまず知らない曲を聴きたいもので、聴いたことがない曲は何はともあれまず聴いてみようと・・・ 

聴いてない曲があるだけで、Bigshooterさんはビギナーにはならないと思いますよ(^^♪
近所のクラオタのお爺さんは、ワーグナーとか、近代、現代音楽ものは聴かないので、
バロックから初期ロマン派までしか聴かれない人ですからね、レパートリーは相当狭いです。
その代わりその年代の楽曲に関しては物凄い数の音源を所有されていますが(^_^;)

<ビヴルディーの『四季』なんかはどれも個性的で捨てがたいものがありますね 笑

どの盤も魅力的で楽しめますよね(^^)

<どちらかというとHR・HMはJAZZよりもクラッシックに近いですし、

メタル好きの人はクラシック音楽が好きな人結構多いですよ。
逆もまた然りで、クラシック音楽好きな人はメタル系を聴かれる人も多いですね。

<知りません、出来ません、やりません」という訳にはいかないので最初は苦痛な面もありましたが、

これは私のコラムで一度大きな問題として取り上げているんですよね。
音楽を楽しむのに修行は必要なのか?というお題ですね。

私は基本的に苦痛を感じるのあれば、無理して聴く事はせず自分が楽しめる音楽を聴くように、という姿勢でいるのですが、楽しくなければ音楽じゃない、とは一概に言えないのですよね、経験上。

ポピュラーミュージックから、音楽好きが高じてクラシック音楽に向かう人が大半だと思うんですが。

私の場合はクラシック音楽一辺倒から、不純な動機でRockに転向していますので(^○^)

まあ、聴くのが苦痛でしかないアーティストが大半でしたね。
それでも、無理して頑張って聴くんですよね、一種の修行みたいなものですね。

最初はピンと来なかったアーティストが大好きなマイフェイバリィットになってるのが大変多いですからね、

私やちちさすさんみたいに幼少時からクラシック音楽ばっかり聴いている人って非常に少ないと思うのです。

Bigshooterさんにしても3歳からピアノを習っていて、それなりにクラシック音楽には触れてきたと思うのですが、やはり、ピアノとかヴァイオリンとか習っている環境ではないとなかなかクラシック音楽を聴くのは難しいと思うんですよね。

特に私の場合は何一つ楽器も習っていないし、家族でクラシック音楽を聴いている環境でもありませんでしたから。

オーディオ設備に恵まれた家庭環境でも無かったので、カセットデッキが付いているような安物のレコードプレーヤーで聴いてましたし、何より、クラシックのレコードが一枚もありませんでしたので。

そういう少年がクラシック音楽にドップリと浸っていくのはレアなケースだと思うのですね。

幼少時から小難しい書籍など読むのが好きでもありましたので、クラシック音楽に対してのスキルを身に付ける事は苦痛でもなんでも無かったですけど。

成人過ぎてから、いきなりクラシック音楽を聴こうと思ってもなかなか大変だと思うんですよね。
まず覚えないとならない事が多過ぎます。
曲の構成とか、交響曲、協奏曲、オペラ、器楽曲など、一通りのジャンルの名曲だけ聴くのも大変な時間と労力を要しますし。

はじめは苦痛でしかないと思うんですよ、ですがその先には素晴らしい音楽の世界が待っているわけで。

これはRockにしても同じなんですが、大元のルーツまで辿り着ける方も非常に少ないと思います。
(少なくとも私の身近な人物ではそういう人は誰一人居ませんでした、レンタル店に勤務しているアルバイトは映画、音楽好きの子ばかりでしたが、そういった子達でも、音楽を聴くのに勉強などしたりしてませんでしたからね。)

なので、音楽を楽しむのに修行は必要なのか?というテーマのコラムは続編はまた次回でと書いておきながら、はや一年が経とうとしております、w

テーマ別にレスをしていこうと思っておりますので、一旦送信致しますね(^^♪

2020/10/26 06:45  [2265-4522]   

Bigshooterさん

続きまして、おはようございます(^^)

<モノローグ2/2 始まります 笑

こちらはこちらで、大変面白い話題でしたね(^^♪

<なんでこんなことになってしまったかと云う理由はま〜色々とあるわけですが、理由を書いたら「お前 ど頭逝かれてるんちゃうか?」と言われそうなのでスルーさせていただきます。

いやスルーはさせません、w
時間がある時にゆっくりと聞きたいと思っておりますよ(^^)

<まず@とAだと音質が全く違います。@はちょっと音質がそのものが荒っぽかったり一部ピアノが歪んでいたりミスタッチもそのままですがAは音のバランスが改善されていて、@のミスタッチが消されてたりするので???な点もありますがピアノの歪も上手く処理されていて音場も@より一回り大きくなっていますが、@と比較してピアノはやや遠くなってますので@Aは一長一短かなと思います。

私が所有している盤とちちさすさんが所有されている盤が同じなのかわかりませんが、ちちさすさんはピアノがオフ気味に聴こえるそうなので、ピアノにマイクを配置して録音された音源ではないと思うので、大変興味深いお話ですね、これ(^^♪

現在はスタジオを借り切ってのセッション録音というのが大変少ないです。

これはクラシック音楽に対して需要が昔と比べると少ないのと、CDが売れない時代になってしまっているので、自然な成り行きでもあるんですが。

大抵は一連のチクルスのコンサートや、オーケストラを引き連れてのツアーライブを全て録音しておき、その中で、出来がよい演奏のものをCD化して販売するという流れになってきています。

最近のデジタル録音による技術の進歩は凄まじく、観客の雑音などは聴こえないように綺麗に除去されておりますね。


<それと個人的にはチャイコフスキーピアノコンチェルト#1はルービンシュタインの1963年の演奏が最強なのですがあまり評価は高くないのでしょうか?

ホロヴィッツ、リヒテル、アルゲリッチによる演奏が、指揮者、オーケストラ共々凄まじい大物がバックをつとめているので、ルービンシュタイン盤が話題に上がる事は少ないとは思います。

とはいえBigshooterさんほどの人物が世評など気にされる事はないのでは?と思います(^^♪

ルービンシュタイン盤は私も未聴ですし、

ブーレーズのDGに残したマーラーの録音に対しても私とちちさすさんでは評価が違いますので(^^)
(最も、ちちさすさんが聴いたマーラーの交響曲第6番の演奏は私も聴いておりませんので、評価は違いますが、意見が割れるかどうかまではわかりません。)

私としては、ある程度、クラシック音楽を聴き込んでいる人であれば、自分が楽しめる演奏であれば、世評がどうであれ関係ないと思うところですね。

とは言いながら、ブーレーズがDGに残したマーラーの演奏は相当異質なものですので、ちちさすさんの意見、感想は大変重要なものだと考えております。
せっかく高い価格で購入しても感性に合わず楽しめなければ、痛い出費となってしまうでしょうから。

私はちょっと変わった指向の演奏が好きなので楽しめましたが、深いところまで考察して聴くタイプではありませんから、購入に関してのアドバイスは私の感想はスルーされた方が無難かと思われます(^○^)

<と いらん御託をツラツラとモノローグしてまいましたがおかしなことを書いているかもしれませんので再起不能にならない程度にビシバシご指摘下さい。


私としての感想は上記の通りで、特に異論などは無かったです。

チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番にしても3枚の愛聴盤をコラムで取り上げてますけど、これもイヤホンのER4Sで聴いていた時代のTOP3に過ぎず、現在では、

ホロヴィッツ/トスカニーニ盤はホロヴィッツ/ジョージ・セル盤にかわっておりますし、
アルゲリッチ/コンドラシン盤もHD650で聴くのであれば、アルゲリッチ/アバド盤の方が楽しめますので、

私のモノローグの方がよほど、あてにならないものばかりですよ、w←自爆、笑。

2020/10/26 07:37  [2265-4523]   

 Bigshooterさん  

tam-tamさん

おはようございます^^

昨日はカラヤンのメンデルスゾーン全集が届いたのでHD650で聴き狂ってました 笑
1回目はいつものとおり310+712で聴いてみましたが、たんたんと演奏している感じで没入できず、2回目にDAC1+650で聴いてみると中低音〜低音がグラマラスでBPOの迫力と統制感がリアル!
カラヤンやっぱり凄いな〜 と・・・気づくと完全没入しすぎてデスクチェアでヨダレ垂らしてました 笑
その後、#3・4をクレンペラー、アバドと聴き比べてみましたがそれぞれ個性的で素晴らしいですね^^
この頃のカラヤン+ベルリンはエレガント&ゴージャスな曲は他では真似できないものがありますね^^ 楽曲の緩急や強弱が人声レベルでコントロールされているのには驚きです。
650は↑でも書きましたが高音を盛ったリマスター音源や古い音がやや痩せた音源でも音がグラマラスな肉感のある音になるので「音」ではなくて「音楽」に没入できるとこがクラッシックのスタンダードと言われる所以なのかな〜と感じました。
ホールの地を這ってくるような低音〜重低音の表現は感動ものです^^

私が所有している盤とちちさすさんが所有されている盤が同じなのかわかりませんが、・・・
⇒ステレオ、デジタルの初期のものはエンジニアが慣れていないのか音質的には今一つのものが多い感じですね・・・ デジタルなのに音量を攻めてクリップしてたり 笑
デジタル初期はライン録りしているロック、フュージョンの方があたりハズレが少ないかも・・・

とはいえBigshooterさん・・・
⇒評論家とかの世評は全くあてにはしてませんし気にしてませんが、tam-tamさん、ちちさすさん的に見るとどうなのかな〜と気になった次第です 笑

ルービンシュタイン盤は私も未聴ですし、・・・
⇒ルービンシュタインのピアノは心が奪われます。70年代のカラヤン+ベルリンのように表現とテクとかの細かいところを超越した魅力があると個人的には思います。
機会があれば是非一聴してみて下さい。のっけからオケの音割れてますが・・・ 笑

ブーレーズのDGに残した・・・
⇒人によって聴くポイントが違うのでコマーシャル的要素が必要な評論家とは違い、素の感性や個々の視点で聴かれているお二方のご意見は非常に貴重です。

でわ^^

2020/10/26 09:12  [2265-4526]   

Bigshooterさん

こんにちは〜(^^)

ちょっと月一の病院に行ってまして、(薬をもらってくるだけなんですが。)

いつも行ってる図書館には置いてなかったものの、隣町の図書館にありましたよ、
エーリッヒ・ラインスドルフ指揮ボストン交響楽団、ピアノ:ルービンシュタイン盤。
画像添付すると、図書館名が記載されており、住んでいる場所がわかってしまうので写真は撮れません。
(画像加工ソフトでその部分を消せばいいんでしょうけど、Macが言うことを聞いてくれませんで、w)
RCA盤ですよね。

ホロヴィッツ、アルゲリッチ、リヒテル、この3人による演奏は良くも悪くもソリストの強烈な個性が曲自体の個性を上回ったものであります。
常人ならざるテクニズム、強靭なピアノの打鍵、そういったソリストの演奏を楽しむ盤であり、一音一音実に丁寧に弾いているルービンシュタインのピアノは素晴らしいですね(^^♪

リマスターされた盤なのか、冒頭部分の音割れは確認出来ませんでした。
1963年録音ながら、音質も優秀で、何より、やり過ぎ、と感じる部分が一つもない演奏で曲本来の美しさが楽しめました。
一般的にはあまり評価される事のない、ルービンシュタイン盤をこの曲最強の演奏である、というBigshooterさんの感性は本物だと思います。
私自身はどの演奏が最も優れているか、というよりも、それぞれの盤の魅力的な部分を楽しめれば良いなと思っております(^^)
また一つの魅力的な演奏に巡り逢えた事を、教えて頂いた事を感謝致したいという気持ちでありますね。
勉強になりました、ありがとうございます。

<1回目はいつものとおり310+712で聴いてみましたが、たんたんと演奏している感じで没入できず、

310USBはツンデレのOLみたいに実に淡々と鳴らしますよねえ、w
これがハマる曲は最高なんですけどね(^^♪
少なくともカラヤンの演奏とは全くソリが合わないと思います、私自身もカラヤン+HD650で聴くときはポタアンを使用しておりますので、w

<カラヤンやっぱり凄いな〜 と・・・

そうですね、カロヤンは凄いですよ、かなり良い........カロヤンは育毛剤でんがな、w

美しいのは表面上だけで、中身は空虚だとか、何度も録音しなおして発売しているのは金儲けのためだとか、アンチカラヤン発言をしている、知識人が相当数居ますからね。

アンチカラヤン本も昔に比べて少なくなりましたが、カラヤンの演奏に対して批判的な文章だけで一冊の本が出来上がってしまうというのもある意味凄い事だと思いますね。

知識人の書いた本に洗脳されて、というか影響を受けて、カラヤンは凄く美しい演奏に聴こえるけど、深みがないのか、とか、ベートーヴェンを聴くならカラヤンよりもフルトヴェングラーなのか、と本気で思い込んでしまう人が増えてしまうのはいかがなものかと思うところですね。
特に日本人は体面を気にしますから、こういったものに影響されやすいですので、自分で気に入っている演奏でも、知識人に批判されようものなら、盲目的に信用してしまう傾向がありますからね。
なので、クラシック音楽入門書の類の本がたくさん出版されているんでしょうね、好きな音楽も楽しく聴けないようではいけませんよねえ。
あの人はクラシック音楽に詳しいから、とてもカラヤンの演奏が素晴らしいとは言えないな、と自分の率直な意見を言えない人がたくさん居るんです、だからクラシック音楽は難しいとひいてしまう人が多いんだと思いますよ。

<その後、#3・4をクレンペラー、アバドと聴き比べてみましたがそれぞれ個性的で素晴らしいですね^^

聴き比べてそれぞれの演奏を楽しむ、これがクラシック音楽の一番の醍醐味なんじゃないでしょうか(^^♪


<この頃のカラヤン+ベルリンはエレガント&ゴージャスな曲は他では真似できないものがありますね^^

あの音は他の指揮者、オーケストラでは出せないでしょうね。


<ホールの地を這ってくるような低音〜重低音の表現は感動ものです^^

重低音嫌いな私ですが、HD650の奏でる低音は柔くて優しい音なので、素晴らしいヘッドホンだと思うところですね、現在発売されている最新モデルとは根本的なコンセプトが全く違うので楽しめます(^^)

<⇒ステレオ、デジタルの初期のものはエンジニアが慣れていないのか

デジタル録音初期の頃には「DAD」というリマスター盤があったのは覚えていますか?
「DDD」「AAD」「ADD」が一般的ですが、「DAD」なるのもがあったのです、私も一枚だけ所有していた記憶があります。
ご存知のように部屋がCaosなので、どのCDやらわかりませんが、w

<⇒評論家とかの世評は全くあてにはしてませんし気にしてませんが、tam-tamさん、ちちさすさん的に見るとどうなのかな〜と気になった次第です

私の批評などいい加減ですから、こういった事はちちさすさんに聞くのが良いと思いますよ(^^♪
感想を聞きたいというのであればいくらでも書きますけど、購入の際の参考にはしないで下さいね♪

<⇒人によって聴くポイントが違うのでコマーシャル的要素が必要な評論家とは違い、素の感性や個々の視点で聴かれているお二方のご意見は非常に貴重です。

ありがとうございます、そう言って頂けると嬉しいですね(^^)

HD650で素晴らしいオーケストラの響きに堪能して下さい。

レスありがとうございました(^^♪

2020/10/26 13:23  [2265-4530]   

明日から日曜日まで仙台の実家に帰省します。
あんまり書き込みできないと思います(^^;)

2020/10/26 21:23  [2265-4536]   

 Bigshooterさん  

tam-tamさん

こんばんわ^^

私事とはいえレスが大変遅れて申し訳ないです<(_ _)>
⇒私の分のReコメは全く気にしないで下さい^^ お時間のある時ではなくて暇なときでOKです!

何を言ってるのですか、w・・・
⇒tam-tamさんが北海道に来られたときにご一緒します 笑

聴いてない曲があるだけで、Bigshooterさんはビギナーにはならないと思いますよ(^^♪
⇒何言うてまんねん コテコテのビギナーでんがな・・・
ビギナーだから楽しいわけですよ^^ 日々、感動・発見の素晴らしき世界です。

ヘンデルの「水上の音楽」も好きでだいぶ買い込みましたが、演奏形態、楽器でこれも幅が広くて楽しめますね^^

無理して頑張って聴くんですよね、一種の修行みたいなものですね。
最初はピンと来なかったアーティストが大好きなマイフェイバリィットになってるのが大変多いですからね、・・・
⇒これは同感です ある日突然別の曲に聴こえる瞬間がありますね^^

リマスターされた盤なのか、冒頭部分の音割れは確認出来ませんでした。
⇒私のもリマスターなんですがオケの歪感が酷いですね 涙

美しいのは表面上だけで、・・・
⇒私も特段カラヤンフリークというわけではないですが音楽の世界ってジャンルや好き嫌いを問わず「いいものはいい! 凄いものは凄い!」ですよ肯定とか否定、好き嫌いを超えた演奏ってありますね 日本の評論家は同調圧力強すぎだと思います。真理なんて人それぞれ違うのに自分が絶対真理になってしまうんでしょうね 「音楽」じゃなくて一緒に演奏して楽しんだり、一緒に聴いて感動したりできない自分だけの「音学」 笑

重低音嫌いな私ですが、HD650の奏でる低音は柔くて優しい音なので・・・
⇒Z7、X2、712とも低音の分解能は高くて階調を追いやすいのでJAZZ、Fusion、Rockのスタジオ録音だったらバッチリですが、実際のライブはそんなに分離良くないですから低音域の分解能、解像度が高いとライブやオケは逆に不自然に感じます。
地を這ってくるような低音〜重低音の再現って低域の分解能とのトレードオフなので「いい塩梅」の紙一重チューニングって難しいと思いますね^^

でわ^^

2020/10/26 22:15  [2265-4537]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん

こんばんわ^^

明日から日曜日まで仙台の実家に帰省します。
⇒お気をつけて! ご実家でごゆるりとお過ごしください^^

でわ^^ おやすみなさい

2020/10/26 22:18  [2265-4538]   

ちちさすさん

こんばんは(^^)

あまり気にされないで下さい。

こちらに来て頂いてから今まで、私の縁側にたくさんの書き込み、ありがとうございます。

久しぶりの実家、どうか御ゆるりと(^^♪

来週、またお待ちしております<(_ _)>

2020/10/27 00:03  [2265-4541]   

Bigshooterさん

こんばんは(^^)

チャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番のルービンシュタイン盤。

ちょっと気になったので、別の図書館に在庫があったので、借りてきました。

<⇒私のもリマスターなんですがオケの歪感が酷いですね 涙

こちらも冒頭部分の音割れは確認出来ませんでしたが、酷い音です。

最初に借りた盤はピアノが若干オフ気味ですが素晴らしい音質でした。

一番大きい図書館には2枚のルービンシュタイン盤がありましたが、そのうちの一枚はなんとも人工的に加工されたような音になっており、ちょっとこれは酷い音質です。

ルービンシュタイン盤を愛聴されているのでしたら、これは再購入された方がよろしいかと思います。

音が良かったのは2011年にリマスターされたXRCDの方ですね。
比較にならないほど素晴らしい音質で聴けると思いますよ(^^♪

2020/10/27 02:57  [2265-4545]   

出発は9時頃の予定です。平日ですし、コロナ禍でもありますので、一般道も高速もそんなに混まないと思いますが、仙台までは8時間はかかりますね(^^;)

tam-tamさん。
チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番、アルゲリッチ/アバド/ベルリン・フィルの1994年ライヴは所持しています。Bigshooterさんもお持ちですから、3人が同じ演奏を持っているわけですね。
これ、初出の時はこれ1曲だけの収録でしたよね。CD時代に短時間収録の新録音なんて、アルゲリッチでなければあり得ませんでした。
私はコンドラシン共演盤よりも断然アバドとのライヴを採ります。第2楽章のアバド/ベルリン・フィルの叙情は最高と思います。アルゲリッチは特に第1楽章でちと音形を崩しがちなのですが、ライヴならではの表現と受け止めております。
再生はやっぱりP-1uとHD650が我が家では一番合ってます。


Bigshooterさん。
私はルービンシュタインのチャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番は聴いたことがありませんのでコメントできなくてすみません。
ルービンシュタインのピアノ協奏曲だとバレンボイム/ロンドン・フィル伴奏のベートーヴェンの「皇帝」と第4番のCDを持っていますが、恰幅の良さはありますが、これはちと集中力に欠けた演奏で残念ながら今ひとつ。
私的にルービンシュタインの演奏で一推しなのは、シェリングと共演したベートーヴェン/ヴァイオリン・ソナタ「春」「クロイツェル」。特に「春」で聴ける風格豊かで余裕たっぷりのピアノが素晴らしいです。シェリングがちと弱いので諸手をあげてお勧めというわけにはいきませんが、ルービンシュタインがお好きなら必携盤です♪
ルービンシュタインといえばショパンで、ショパン録音では、ルービンシュタインとフランソワが東西の横綱と言われています。確かショパンはボックスでお持ちだったような?
同じボックスかわかりませんが、実は私もルービンシュタインのショパンボックスを持っているんですよ。

2020/10/27 07:20  [2265-4546]   

Bigshooter さん  

2020/10/27 08:22  [2265-4547]  削除

 Bigshooterさん  

tam-tamさん

おはようございます^^

音が良かったのは2011年にリマスターされたXRCDの方ですね。
⇒貴重な情報ありがとうございます!
廃盤のXRCDは高くて手が出ませんね 汗

カラヤンのハイドン「四季」最高ですね!

でわ^^

2020/10/27 08:20  [2265-4548]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん

おはようございます^^

出発は9時頃の予定です。・・・
⇒仙台までは8時間 私も仙台港までフェリーで東北道使って車で実家に帰ることがありますが、東北道はサービスエリアの食べ物が国内の高速道路の中では一番おいしいと思います。
そんなわけで実家に帰りつく頃には満腹です 笑

私的にルービンシュタインの演奏で一推しなのは、・・・
⇒シェリングと共演したベートーヴェンとブラームスは私も単品で持ってますが、やはり名盤と云われるだけのことはあって素晴らしい演奏かと思いますが、やはりルービンシュタインはショパンが良いですね^^

同じボックスかわかりませんが・・・
⇒ルービンシュタインのボックスはSony(RCA)のものしかないと思うのでおそらく同じものですね^^ ショパンのボックスは他にホロビッツとポリーニを持っていますが私の場合、聴く頻度は圧倒的にルービンシュタインが多いです。
寝る前はルービンシュタインのNoctunes・・・ 目が覚めますが 笑

いづれにせよ道中お気をつけて! でわ^^

2020/10/27 08:22  [2265-4549]   

Bigshooter さん  

2020/10/27 23:29  [2265-4550]  削除

 Bigshooterさん  

tam-tamさん

こんばんわ^^

https://www.amazon.co.jp/Haydn-Creation-

Herbert-von-Karajan/dp/B000001GXN/ref=pd

_ybh_a_6?_encoding=UTF8&psc=1&re

fRID=J9EQQ5R0C4FGDP34GFHJ
↑こりゃ凄すぎです 演奏の完成度にただただ絶句です。図書館とかにあったら是非一聴してみてください。

https://www.amazon.co.jp/Haydn-Beethoven

-Brahms-Herbert-Karajan/dp/B00JX4IDFS/re

f=pd_ybh_a_11?_encoding=UTF8&psc=1&a
mp;a
mp;refRID=MTDJDDV7SJVA4R1YBMX4
↑これも捨て曲なし。カラヤンはオラトリオや宗教曲も得意なんですね^^ 芸域が広いので驚きました。やはり「帝王」といわれるだけのことはありますね。
これはやはりハイドンの「四季」の完成度がピカイチだと思います。
ミサ・ソレムニスは66年の演奏と対局で明るいですね^^ ドイツ・レクィエムも素晴らしいですが個人的にはチェリビダッケかな・・・

今日、Amazonのクーポンが入ったので↓なんか買ってみました。パガニーニは大学の頃ギターでコピーしたので思い入れが大きいので届くのが楽しみです。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B077

VC9XKC/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o01_s0

0?ie=UTF8&psc=1

もうそろそろ買うのやめないとな〜とか言いながらタバコと同じでやめられないもんですな 涙

カラヤンの85'のミサ・ソレムニスは気になります。ただ不思議とこのCDだけ値段が高いんですよね・・・


でわ^^でわ^^

2020/10/27 23:31  [2265-4551]   

Bigshooter さん  

2020/10/27 23:35  [2265-4552]  削除

Bigshooterさん

おはようございます(^^)

<⇒私の分のReコメは全く気にしないで下さい^^ お時間のある時ではなくて暇なときでOKです!

いやいや、メンバーの方々、みな平等に対応しないと管理者失格になりますので、(^^)

ありがとうございます(^^)


<⇒tam-tamさんが北海道に来られたときにご一緒します 笑

なんと、私が北海道に行けば、機材一式雪の中に持ち出して、HD650で聴けるのですか、
これは素晴らしい体験が出来そうです、w
飛行機恐怖症なので、おそらく無理です( ̄▽ ̄)
(幼児期に2度行った時の体験がトラウマになっております、w)

<⇒何言うてまんねん コテコテのビギナーでんがな・・・

ホンマかいな、Bigshooterさんはビギナーではありまへんがな、w
音楽体験は相当深いものがありますよ(^^♪


<⇒これは同感です ある日突然別の曲に聴こえる瞬間がありますね^^

なんと、これを分かってくれる人が居たとは!
もう一度コラムにて取り上げないと、w


<日本の評論家は同調圧力強すぎだと思います。

全く同感ですね。
本当に自分が感じたことを書いている評論家が果たしてどれくらい居るか、という感じですよね〜。

<地を這ってくるような低音〜重低音の再現って低域の分解能とのトレードオフなので「いい塩梅」の紙一重チューニングって難しいと思いますね^^

私の好みからすれば、HD650は外れてしまうのですが、それをも超越した素晴らしさがあります。
これは、試聴レベルでの時間では無理でしょうね。
今回たまたま貰い物で入手したので、好みでない音でも不満なく聴いていられましたが、聴き込む事によってHD650にすっかり洗脳されてしまいましたよ、凄いヘッドホンです(^^)


<⇒貴重な情報ありがとうございます!

私の方こそ貴重な体験をしました。
冒頭部分の音割れがいずれの盤でも確認出来なかったので、Bigshooterさんが所有されている盤とは違うのでしょうね。
私が聴いたものはギターで使うエフェクター?って言うんですかね、
それを通して聴いているような感じの音質で、まるでモーグ・シンセサイザーで演奏しているかのようでした。
マスター音源が同一のものとはとても思えない音質差がありましたね、
CDが初めて出てきた頃に、レコード愛好家の方々がこのような音質のCDを聴いたならば、そりゃ誰だってCDを拒絶するだろうなと思いましたね。
モノラル音源だと擬似ステレオみたい事をして結果的に似たような音になっているCDは聴いた事はありますが、ステレオ録音でここまで酷い音質のCDは聴いた事がありません。

<カラヤンのハイドン「四季」最高ですね!

カラヤンのハイドンって、なんとなく合わないだろうと勝手に想像して聴いた事がないんですよね(^_^;)
いけませんねえ、こういう固定概念は捨てないと。
確か図書館で見かけた記憶があるんですけどね、ハイドンの「四季」は。
あれは、カラヤンの演奏だったのかどうかは覚えてないですけど、検索してあったら聴いてみたいと思います。

ほら、もう立場が逆転してしまっているじゃないですか、w
Bigshooterさんの方から色々と教えてもらうようになってきています(^^♪

時間的都合で中途半端なレスで申し訳ありません。

夜にまた色々と書き込む予定でおりますので、何かあれば書き込んでおいて下さい。
しっかりとしたレスを致しますので(^^♪

ではでは、また今夜にでも♪

2020/10/28 08:52  [2265-4554]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

あまり書き込む事は出来ない、という事は観覧する事は可能なんですよね。

という事であれば、ちゃんとしたレスを書きますので、

夜になってしまうと思われますが、読んで頂くだけで返信は不要です(^^)

書き込みありがとうございます(^^♪

2020/10/28 09:03  [2265-4555]   

何故か世評の高い盤。 素晴らしいボンガルツ盤。 来日公演盤?? ベートーヴェンのマイナーな曲。

ちちさすさん

こんばんは(^^)

もうゆっくりされている頃だと思いますが。

<チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番、アルゲリッチ/アバド/ベルリン・フィルの1994年ライヴは所持しています。Bigshooterさんもお持ちですから、3人が同じ演奏を持っているわけですね。

やはり、ちちさすさんも所有されていましたか(^^♪

<これ、初出の時はこれ1曲だけの収録でしたよね。CD時代に短時間収録の新録音なんて、アルゲリッチでなければあり得ませんでした。

クライバーのベートーヴェンの4番も一曲のみの収録で驚きましたが、LPでの発売を念頭において制作されたものですからね。

アルゲリッチは’90年代に入った頃のCD全盛の時の発売ですから、同じ30分少々の収録時間という事でも全然意味合いが違ってきます。
抱き合わせのようなカップリング曲など必要ないって事でしょうね、これが通用する演奏家は滅多に居ません。

<私はコンドラシン共演盤よりも断然アバドとのライヴを採ります。
<第2楽章のアバド/ベルリン・フィルの叙情は最高と思います。

第3楽章におけるアルゲリッチのアプローチがコンドラシン盤の方が好きなんですよね〜(^^)
ただアバド盤と比較してみて、こんなにも音質的におちるものだとは思いませんでした。

<再生はやっぱりP-1uとHD650が我が家では一番合ってます。

やはり、そうなるでしょうね。
私の構成でもやはりHD650が一番楽しく聴けますね。
(この盤もDDDですよね、多分。こちらは音質に関してはあまり問題がありません。DDDのCDだけが良い音で聴く事が出来ないというのも間違っている認識かもしれませんね、HD650でもう少し色々なCDを聴いてみる必要がありそうです。)

<ルービンシュタインのピアノ協奏曲だとバレンボイム/ロンドン・フィル伴奏のベートーヴェンの「皇帝」と第4番のCDを持っていますが、

同じ盤ですかね(^^♪
世評は高い盤ですが、私もこの演奏はあまり楽しめず、ほとんど聴く機会がないですねえ(^_^;)
ほとんどの音楽評論家が絶賛している盤ですが、私はこのCDを人に勧める事はしないでしょうね。


エグモント全曲盤は添付画像のハインツ・ボンガルツ盤と、ジョージ・セル盤を所有しておりますが、なんとカラヤンも全曲盤があったのですね、これは聴いてみたいなあ(^^♪
ボンガルツ盤はオーケストラの響きが最高なんですよね、
ちちさすさんは中古品にもそれ程抵抗がないようなので、これはP-1u+HD650で聴いて欲しい筆頭盤ですね。
さすがのジョージ・セルもボンガルツ盤と比較してしまうとちょっと分が悪いです。
アバド盤もあるんですよね、全曲録音盤としては多分一番新しいものでしょう、おそらく。
ただ、CDでは発売してないと思われます、詳しく調べてみないとわかりませんが。


左から3番目はクライバーの海賊盤のCDですが、こちらの演奏の方が話題になった1982年盤よりも良いですね。

ベートーヴェンの4番と7番、アンコールで演奏された、シュトラウスの序曲「こうもり」とワルツが収録されたものです。
クライバーの4番と7番はDVDで正規盤として発売されているものもあるのですが、全く違う音源です。
(このDVDも所有してます、レンタル店に居た頃、どさくさに紛れて発注し、発注ミスだと言って、仕入れ価格でお安く購入したものですね、(^○^)、w)
添付画像のCDは1986年のライブ録音なんですが、この「こうもり」序曲はFMで聴いた記憶がありまして、記憶が確かだとすると、これは日本で演奏されたものだと思うんですが、何せ記録、資料などがありませんから、自分ではちょっとわからない、w

4番目のものは、ベートーヴェンの曲としてはマイナーな部類に入ると思うのですが、私の愛聴盤でもあります(^^)
私が購入した時にはこの、ヘルムート・コッホ盤以外はCD化されていなかったと思います、国内盤では。
邦題が「かんらん山上のキリスト」となっているあたり時代を感じさせますでしょ、w
現在は「オリーヴ山上のキリスト」となっていますから(^^)
もし、他の指揮者の演奏で聴いた事があれば、良いと感じた指揮者など、ご教授下さいませ(^^♪

こちらに対する返信は大丈夫ですので、読んでくださるだけでオッケーですよ〜♪

2020/10/28 23:29  [2265-4556]   

 Bigshooterさん  

tam-tamさん

こんばんわ^^

飛行機恐怖症なので、おそらく無理です( ̄▽ ̄)
⇒心配ご無用です。大洗・仙台からフェリー出てますよ! 笑

音楽体験は相当深いものがありますよ(^^♪
⇒自分でギターでコピーしたもの以外はブラボーおじさんレベルです。

もう一度コラムにて取り上げないと、w
⇒単に曲を受け付けてなかっただけなのか、ミュージシャンのコンセプトに追いつけてなかったのか 実に不思議です。

本当に自分が感じたことを書いている評論家が果たしてどれくらい居るか、という感じですよね〜。
⇒日本人はやはり「判官びいき」なので王道やメインストリームにはとかく反発したがる傾向にありますね 特に評論家は反体制的な言動を吐く人が多いので、メインストリームが偉業を成し遂げても重箱つつきをしないと気が済まないのではないでしょうか・・・
メインストリームだろうがアングラだろうが音楽は「良いものは良い」と認められないのは悲しいですね。

凄いヘッドホンです(^^)
⇒650→660 / Z7→Z7Uと同じ傾向のチューニングの変わり方をしてますが、ポータブル
や屋外や量販店のような喧騒で聴くことを想定して聴き取りにくくなる高音を盛っているのかな〜なんて思いましたが、さすがにこのクラスは外じゃ聴かないと思うんですけどね 笑

冒頭部分の音割れが・・・
⇒素晴らしい演奏なのにこういうのは本当に残念ですね 

ほら、もう立場が逆転してしまっているじゃないですか、w
⇒逆転とかは絶対ないですよ 笑 みんな同じような嗜好性だとつまらないですからね・・・
こういうコミュニティーの場合、人による嗜好性のズレ=情報の拡大になるわけでズレが大きければ大きいほど情報量が多くなるので好ましいことかと思います。

DGの棚は迷った挙句結局↓をポチッて今聴いてますが、DGのシンフォニーで手持ちのDDD盤の中では音質に関しては最高ですね^^ ダイナックレンジをフルに使ってるのでウトウトすると
いきなり爆音になって目が覚めます 笑
BPOの演奏もまさにティーガー戦車です。マーラーはBPOの演奏してものは聴いたことなかったですがやはり演奏のレベルは1.5-2流のオケとは別次元ですね。

夜にまた色々と書き込む予定でおりますので、何かあれば書き込んでおいて下さい。
⇒無理にならない程度に暇なときでOKです^^
でわ^^でわ^^



https://www.amazon.co.jp/Mahler-G/dp/B00
JJ9DYMY/ref=pd_ybh_a_4?_encoding=UTF8&am
p;psc=1&refRID=0GDPHNQFWF6KS1BPH9YG

2020/10/28 23:42  [2265-4557]   

 Bigshooterさん  

世評は高い盤ですが、私もこの演奏はあまり楽しめず、ほとんど聴く機会がないですねえ(^_^;)
⇒すみませ〜ん↑

2020/10/28 23:51  [2265-4558]   

プルチネルラ 全曲盤@ プルチネルラ 全曲盤A レクイエムニ短調 レクイエムハ短調

Bigshooterさん

こんばんは(^^)

画像添付に手こずってしまい大変遅くなってしまいました、<(_ _)>

え〜と、どこまでレスしたのやら、w

<↑こりゃ凄すぎです 演奏の完成度にただただ絶句です。図書館とかにあったら是非一聴してみてください。

図書館の検索システムが一新されてしまい、使い勝手が悪くなってしまいました(^_^;)
図書館の中にある検索機は変わってないのですが、自宅からアクセスすると、以前と同じワードを入れてもヒットしないんですよね。

Bigshooterさんがそんなに凄いとおっしゃると非常に聴いてみたくなりました(^^♪
実は私、宗教楽曲はあまり得意な方ではありません(^○^)
なので、ハイドンのオラトリオの良さが私に理解出来るかどうかにかかっております、w

<↑これも捨て曲なし。カラヤンはオラトリオや宗教曲も得意なんですね^^ 芸域が広いので驚きました。やはり「帝王」といわれるだけのことはありますね。

カラヤンのレパートリーの広さは驚異的です。
どれも水準以上に仕上げてきますから、コケているものがほとんど無いというのも凄い事だと思います。
(カラヤンのバロックはいただけない、っていう声もありますが十分楽しく聴ける演奏だと個人的には思います。)

<今日、Amazonのクーポンが入ったので↓なんか買ってみました。パガニーニは大学の頃ギターでコピーしたので思い入れが大きいので届くのが楽しみです。

パガニーニのコンプリートBOXですか。
ヴァイオリン協奏曲は曲自体の完成度は高くないですが(モーツァルトやベートーヴェンと比較するならば、ですね。)ヴァイオリン協奏曲としては一番好きなものですね(^^♪
聴いていて楽しいですよ、これは好きになるんではないでしょうか。

<カラヤンの85'のミサ・ソレムニスは気になります。

今回購入されたセットに収録されているのですよね。
まだ聴かれてないって事でしょうか(^^)

添付画像の説明を、

左からプルチネルラ全曲盤、クリストファー・ホグウッド盤とエサ=ペッカ・サロネン盤。
どちらも楽しめますが、個人的には古楽器派のホグウッド盤の方が良いと思います(^^)

右の2つはベートーヴェンが敬愛していた作曲家、ルイジ・ケルビーニの2つのレクイエムです。
ベートーヴェンは自分の葬儀にはケルビーニのレクイエムを演奏して欲しいとまで絶賛していた曲です。
(一番右のCDですね、ハ短調のレクイエムです。)
宗教楽曲が苦手と言いつつ何故かレクイエムだけは購入してしまうんですよね〜(^^♪

2020/10/29 00:10  [2265-4559]   

Bigshooterさん

またまたこんばんは(^^)

レスを書いていたら、Bigshooterさんから書き込みがありました、w

<⇒心配ご無用です。大洗・仙台からフェリー出てますよ! 笑

船も駄目なんですよ、w
小型船舶一級免許を持っているというのに( ̄▽ ̄)

<⇒自分でギターでコピーしたもの以外はブラボーおじさんレベルです。

これまでのお話を伺っている限り、そんなレベルではないと思いますよ(^^)
私など遠く及びません。

<⇒単に曲を受け付けてなかっただけなのか、ミュージシャンのコンセプトに追いつけてなかったのか 実に不思議です。

私は何一つまともに弾ける楽器がありませんから、私とBigshooterさんでは月とすっぽんくらいのレベルの差があります。
Bigshooterさんにしても不思議なのですね、なんとなく安心感が出て来ます(^^♪

<メインストリームだろうがアングラだろうが音楽は「良いものは良い」と認められないのは悲しいですね。

文章を書いている評論家はどうでも良いのですが、そういった本を読んで影響されてしまった人ですよね、悲しい思いをしているのは。
なので、この縁側を見てくださっている人たちはどうか自分の感性に自信を持って音楽を楽しんで欲しいと思います(^^)


<⇒650→660 / Z7→Z7Uと同じ傾向のチューニングの変わり方をしてますが、
<さすがにこのクラスは外じゃ聴かないと思うんですけどね 笑

ですから、Bigshooterさんの出番なんですよ、w
何事も挑戦あるのみ!寒いとは思いますが、綺麗な星空の下でHD650を聴いてみましょう、w


<⇒素晴らしい演奏なのにこういうのは本当に残念ですね 

このリマスターはどう捉えたら良いのでしょうね。
プロの仕事とはちょっと思えませんが、機材が古かったので仕方がなかったのでしょうか?

<みんな同じような嗜好性だとつまらないですからね・・・

そうですね、人それぞれの愛聴盤があって良いと思うところです(^^)

まあ私の愛聴盤は少し変わったものが多いので、参考程度に留めておくのが良いとは思うところです(^○^)


<⇒すみませ〜ん↑

これは、アバドのマーラー全集ですよね?
私が書いた文章、
<世評は高い盤ですが、私もこの演奏はあまり楽しめず、ほとんど聴く機会がないですねえ(^_^;)
はベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番についてなので、???ですが(^_^;)
あ、この添付画像がルービンシュタイン、バレンボイム盤なのですか?
ルービンシュタインの「皇帝」は何回か録音されておりますが、添付画像の字が読めないので、確認が出来ません(^_^;)

一般的には評価が高い演奏なので、私の感想などは気にされなくても大丈夫ですよ(^^♪

2020/10/29 00:38  [2265-4560]   

シュナーベル盤 ラドゥ・ルプー盤

Bigshooterさん

追記:レスです(^^)

私はベートーヴェン好きなので、ピアノ協奏曲第5番「皇帝」は10枚ほど所有してますが、一般的に高評価、または一部で絶賛された盤でも全く聴かないCDの方が多いくらいです。

世界で初めてピアノ・ソナタ全集を完成させた、偉大なるシュナーベル盤も聴きませんし、
第2楽章が絶品であると評されたラドゥ・ルプー盤も20年以上聴いておりません。

ルービンシュタイン・バレンボイム盤は上記の2つの盤よりは評価の高い演奏ですよ(^^)

音楽評論家のみならずクラシック音楽愛好家の方々もこぞって高評価をつけている盤です。

単に私が聴かない演奏というだけの事ですから、

と言っても所有されている盤について良くないようなことを書かれたら気分は良くないと思います。

ですが、人それぞれの愛聴盤があった方が自然だと思いますし、単純に私が理解出来ていないのかもしれませんし。

ピアノ・ソナタ全集では大好きなバックハウスでも「皇帝」だけはほとんど聴きませんしね(^^)

ちょっと変わっているんだと思います、私の感性が。

国民的スターだった安室奈美恵さんの曲にしても、私の好きな曲とファンが好きな曲で一致するものも非常に少ないですから(^○^)

鯔のつまり私には音楽がよく分かってないだけだと思うところです(^_^;)

2020/10/29 01:29  [2265-4561]   

 Bigshooterさん  

tam-tamさん

こんばんわ^^ AGAIN!

あ、この添付画像がルービンシュタイン、バレンボイム盤なのですか?
⇒ルービンシュタインのピアノ協奏曲だとバレンボイム/ロンドン・フィルの全集です 笑
なにげに私の愛聴盤だったりします^^ ペライアの弾き振りはダメでした・・・ 正直バックハウスも苦手なので最近はこれとゼルキン、ブレンデルを回してます。

一般的には評価が高い演奏なので、私の感想などは気にされなくても大丈夫ですよ(^^♪
⇒基本的に私の場合、自分に合うか合わないかしか基本的に考えていないのであまり世評とか人の意見は気にしないというかそういうレベルではないです 爆

ハイドンのオラトリオの良さが私に理解出来るかどうかにかかっております、w
⇒私の場合、理解できてるか?と言われると甚だ怪しくて ただ「ブラボー!×100」って感じですが、オペラと違って語りがないので流れが止まらないので個人的には聴きやすいです。
「四季」と「天地創造」の完成度にはただただ絶句しました。

パガニーニのコンプリートBOXですか。・・・
⇒「クロスロード」という映画でステイーヴ・ヴァイが24 Capriceやっていてパガニーニだと知ってテープ録ってもらって練習しましたがテープが伸びてしまってLP買ってきたんですが、演奏者がわからない(というか興味ない) 笑
そのLPも引っ越したりしているうちになくってしまってもしかしたらアッカドかな・・・という
期待があったりします。
#4もインヴェイがレニングラード・ライブのソロでやっていてこれもコピーしましたがバイオリンパートがぶっ飛んでる割には楽曲的にはやけにシンプルで適当なのでバイオリンのバックに徹しているオケはやっていてアホくさくなるだろうなと・・・
デュトワってそういうアホくさくなるような演奏でも手抜きしないので期待しているわけです。


でわ^^

 

2020/10/29 01:55  [2265-4562]   

Bigshooterさん

こんばんは(^^)

図書館で検索かけてみました。というより出来ました、w
ハイドンのオラトリオ「四季」はありましたが、残念ながら、カラヤンの演奏ではありませんでした。
しかし、曲そのものが魅力的みたいですので、借りて聴いてみようと思います(^^♪

<⇒ルービンシュタインのピアノ協奏曲だとバレンボイム/ロンドン・フィルの全集です 笑
<なにげに私の愛聴盤だったりします^^

愛聴盤という事は繰り返し聴いていらっしゃるという事ですよね、
Bigshooterさんは聴きどころは何処にあると思いますか、というか一番魅力的に感じる楽章は、
私も一応所有している盤ですので、新しいヘッドホンHD650であらためてポイントにフォーカスを当てて聴いてみたいと思います(^^♪
持っていて聴かないのもちょっと勿体ない気もしますし。
ある日突然目が覚める事も少なからず体験しておりますので(^^)

<⇒基本的に私の場合、自分に合うか合わないかしか基本的に考えていないのであまり世評とか人の意見は気にしないというかそういうレベルではないです 爆

ありがとうございます、救われましたね、私(^^)

<⇒私の場合、理解できてるか?と言われると甚だ怪しくて ただ「ブラボー!×100」って感じですが、オペラと違って語りがないので流れが止まらないので個人的には聴きやすいです。

実験的音楽だと理解出来なくても平気でいられるのですが、極めて真面目に作られた大曲の音楽を聴くのにはちょっと勇気がいるんですよね、特にクラシック音楽の場合ですと、どうしても構えてしまうんですよね。
ハイドンは10数曲の交響曲しか聴いてませんので(^_^;)

<「四季」と「天地創造」の完成度にはただただ絶句しました。

「天地創造」が素晴らしい音楽であるという事は幼少時にたくさん本を読んで知っていたんですが、何故か今までスルーしてしまってましたね。
今回は良い機会だと思うので、両方とも聴いてみたいと思います。
最も今では曲の覚えが非常に悪いので、大曲という事もありますので、頭に入れるだけでもかなり時間がかかるかもしれません。

<#4もインヴェイがレニングラード・ライブのソロでやっていてこれもコピーしましたがバイオリンパートがぶっ飛んでる割には楽曲的にはやけにシンプルで適当なのでバイオリンのバックに徹しているオケはやっていてアホくさくなるだろうなと・・・

ショパンもそうですが、ソロパートに比べてオーケストレーションが弱いんですよね。
ベートーヴェンもオーケストレーションが下手くそだと良く言われますが、それとはちょっと違うんですよね。
オーケストレーションが達者であると言われるベルリオーズはちゃんとしたスコアが書けなかったりします、w
(作曲上のミスをよく指摘される作曲家ですので、ベルリオーズは。)
まともに弾ける楽器が何ひとつない作曲家というのは非常に珍しいんですよね。
モーツァルトもベートーヴェンもピアノは非常に達者でしたから、

<デュトワってそういうアホくさくなるような演奏でも手抜きしないので期待しているわけです。

第一番と第二番が好きですね(^^♪
楽しめると思いますよ♪

夜遅くに書き込みありがとうございました(^^♪

おやすみなさい、( ̄^ ̄)ゞ

2020/10/29 02:47  [2265-4563]   

Bigshooterさん

おはようございます(^^)

ハイドンの「天地創造」も4種類の盤がありましたが、いずれもカラヤンの演奏ではなかったです、残念。

4種類のうち、3種類が一番遠い図書館に集中して置いてありました、w

この間は知人が運転してくれたので、車で行けましたが、自転車ではちょっと遠いところにあるので、予約しておきました。
(私は乗り物酔いが激しいので、長年の付き合いがある知人の運転する車しか乗れません。)

ちょっとお聞きしたいのですが、カラヤンのミサ・ソレムニス、DDDのCDですよね。
リマスター年月日など記載されていたら教えて頂けると助かります(^^)

よろしくお願い致します。<(_ _)>

2020/10/29 07:30  [2265-4564]   

Bigshooterさん

追記:レスです。

随分前のレスになりますが、

<たしか↑に収録されているミサはtam-tamさんのお気に入りでしたよね?

↑に収録されているミサ、これは今回Bigshooterさんが購入されたカラヤンのBOXセットの事ですね。

リンク先のAmazonを確認してみると、裏面の画像を見る事が出来ました。

こちらのミサ・ソレムニスは1974年の録音、カラヤンのミサ・ソレムニスではちちさすさんが最も良い盤と評価しているものですね。

私は66年、74年、85年と4種類あるカラヤンの演奏のうち3種所有しております。

私が一番好きなのは85年盤ですので、今回購入されたBOXセットに収録されているものとは違う演奏ですね。

ようやく理解出来ました(^_^;)、だから、↓の書き込みだったんですね。
<カラヤンの85'のミサ・ソレムニスは気になります。ただ不思議とこのCDだけ値段が高いんですよね・・・

これはやはり売れてないからだと思いますね。
並の指揮者のCDだったらとっくに廃盤になっていると思いますよ。
カラヤンだからこそ、売れなくても残っているのでしょうね(^^)

いや〜やっと頭の中が整理できました、w
(頭の中もCaos状態なのです、w)

2020/10/29 08:23  [2265-4566]   

私の愛聴盤(^^♪

Bigshooterさん

おはようございます(^^)

ちょっと勘違いをしていまして、入れ違いになってしまったようですね。

<気になっているのは↓です。

私の所有している盤と全く同じようですね。

再リマスターされてないって事になりますね。

ご足労かけて申し訳ありません<(_ _)>

2020/10/29 08:43  [2265-4568]   

 Bigshooterさん  

いや〜やっと頭の中が整理できました、w
⇒私のほうが前提条件CHAOSしてました すみません^^
tamtamさんが85'推しでちちさすさんが74'推しでした 笑
74'のWarner盤はSACD用の2014のartリマスター音源を使っているので
抜群に音がいいですね^^
Warnerのボックスセットはカラヤンのものだけはすべて2014年
のリマスターでライナーもつくりが違います 笑

2020/10/29 08:45  [2265-4569]   

 Bigshooterさん  

話は変わりますが48khz/96khzで録音された音源はSACDよりもBRAの方が音質が良いと感じたので色々と調べていたら↓ありました。ご存じのことと思いますがなかなか面白いです。
https://masafumiiwasaki.com/blog/sample-
44k-problem/#toc1


逆に云うとCDの場合、44.4KhzなのでSACD用のDSDマスターの音源を偶数倍でダウンサンプリング
したものがベストでBRA用の48Khz系のマスターを44.1にリサンプルしたマスターはdsdマスターよりも物理的デメリットありということなのかな・・・と
理想的には48Khzの偶数倍で記録されているBRAが変換ロスがないので音質的なデメリットは少ないのかもしれません。
例によって大勢に影響のないどお〜でもいい話ではありますが・・・ 笑

本日のイチオシ!
http://amass.jp/139910/

2020/10/29 09:13  [2265-4570]   

 Bigshooterさん  

再リマスターされてないって事になりますね。
⇒tamtamさんのお持ちのCDはおそらく2枚組かと思いますが私がリンクを貼ったものはHQCD仕様の1枚ものなんですよ。
LPモードなのでおそらく2枚組と比べると音質は落ちていると思いますが、HQCDで少しはリカバーできるものなのかというのが最も興味のあるところです。

2020/10/29 09:21  [2265-4571]   

 Bigshooterさん  

tam-tamさん

お昼になりました^^ お昼のモノローグです 笑

↑でUHQCDのことを書きましたが、前にも貼ったことのあるリンクですがなかなか面白いのでお時間のある時に暇つぶしに読んでみて下さい。
http://www5.plala.or.jp/star-route13/sub
31_3.html


モーツアルトのレクイエムは定番のベームの↑(ASIN : B002GKRTAQ)とチェリビダッケのボックスに収録されている↑(ASIN : B005HYNCSG)を聴いているのですがベームのOIBP盤は私のシステムだと高音が煩いのであまり聴かなくなってしまったので売り払おうかな・・・と思ってましたがDAC1+HD650で聴いてみたらこれは最高ですね^^
ベームの音源は高音が多くて、低音が少なめのものが多いのでHD650で聴くと最高にウェルバランスです。
同じような演奏ばかりでも芸がないので水上の音楽が素晴らしかったのでガーディナー↑(EAN : 4988031342473)なんかもポチってみました 笑
86'のカラヤンも素晴らしい演奏らしいので(EAN : 4988031248935)で締める予定です 笑

個人的な感想としてはカラヤンのミサ・ソレムニスは66年は夕方-夜のミサって感じですが74年は朝−昼のミサという感じで同じベルリンでも空気感が全く違うと思います。

でわ 良い一日を!

2020/10/29 12:46  [2265-4572]   

Bigshooterさん

こんばんは(^^)

<⇒私のほうが前提条件CHAOSしてました すみません^^
tamtamさんが85'推しでちちさすさんが74'推しでした 笑

いや〜、私もちょっと混乱していましたから、w
Bigshooterさんが購入されたカラヤンの宗教楽曲のBOXセット、てっきり最後の85年盤が収録されているものとばかり、いったい何処で勘違いしたのやら、w

<Warnerのボックスセットはカラヤンのものだけはすべて2014年のリマスターでライナーもつくりが違います 笑

良いものを購入されたましたね(^^♪

さあ、問題はここからなのですが、w

<話は変わりますが48khz/96khzで録音された音源はSACDよりもBRAの方が音質が良いと感じたので色々と調べていたら↓ありました。ご存じのことと思いますがなかなか面白いです。

私の知人にレコーディングエンジニア(単純にAくんとしておきましょうか。)をやっていた方がいまして、この手の話は散々聞かされたのですが、こちらは素人ですから、理解するのが大変なわけです、w
こちらのリンクに書いてある事も私のような一般的リスナーにはどうする事も出来ないですし、まず音感の無い私には内容は理解出来ても実際に聴いてわかるかどうか?というところです、w

さて、今では連絡は取り合ってないですが、Aくんからちょっと面白い話を聞かされた事がありました。
Aくんは絶対音感の持ち主なのですが、CDの音自体がピッチが狂いまくりでオーディオフォーマットとして成り立っていないって言うんですね。
発売されている全てのCDがそうだと言うんです。
なので、このピッチのおかしいCDを演奏している指揮者がちゃんと確認しているのだろうか?
なんとも感じないのは全くおかしな話だと言うんですね。

ピッチ調整も国によって違うんですよ。
ロリン・マゼールがウィーンフィルのピッチを修正しようとした話は有名です。
そして、マエストロと呼ばれる巨匠クラスの指揮者で、絶対音感を持っている指揮者は少ないです。
ロリン・マゼールは鋭敏な絶対音感の持ち主として有名な指揮者です。
なので、いざリハーサルとなると、各楽器のピッチ修正に異常にこだわるあまり、細部を入念に練習するらしいですが、曲の全体像までは行き届かないそうです。
こんな話をしているとそれだけで、スレッドが埋まってしまうので、一旦保留にしておきましょう、w
私としても、ズブの素人なので、よくよく調べてチェックしないで、過去の記憶だけで書くと後々が大変な事になってしまうので、w

<例によって大勢に影響のないどお〜でもいい話ではありますが・・・ 笑

まさにこれが正論なんですよね、 我々にはどうする事も出来ないので、発売されているCDを買うしかないので、w

<LPモードなのでおそらく2枚組と比べると音質は落ちていると思いますが、

LPモードってなんですか、w
時代の流れと言うのは早いものですね、w

<お昼になりました^^ お昼のモノローグです 笑

さてさてまた大きなテーマがやって参りました、w

<↑でUHQCDのことを書きましたが、前にも貼ったことのあるリンクですがなかなか面白いのでお時間のある時に暇つぶしに読んでみて下さい。

これについては私としてもちょっと疑問に思うところもあるんですが、エピソードから始まる長大なモノローグとなる可能性大ですので、こちらも一旦保留にさせて下さい(^^♪


モーツァルトのレクイエム、これにテーマを絞ってレスしていきましょう。

<ベームのOIBP盤は私のシステムだと高音が煩いのであまり聴かなくなってしまったので売り払おうかな・・・と思ってましたがDAC1+HD650で聴いてみたらこれは最高ですね^^

ベーム盤はどっしりとした演奏の中では大変素晴らしい盤ですので、売却しなくて良かったですね(^^)
私も同じCDを所有してまして、はじめはベーム盤ばかり聴いておりましたよ(^^♪

<ベームの音源は高音が多くて、低音が少なめのものが多いのでHD650で聴くと最高にウェルバランスです。

この感想を聴いてちょっと私なりに思った事があったんですよね。
なるほど、HD650は意図的に高域が詰まったようなチューニングにしてあるのだと。
実際HD650は低評価レビューが非常に多いです。
そして、それらの低評価レビューに対して書かれている事はアンプが悪いので、ドライブし切れていない、というものが圧倒的に多いです。
ちちさすさんが所有されているP-1uクラスのヘッドホンアンプでないと、HD650のポテンシャルを100%開放させる事は多分無理だと思うのですね。
DAC1でも80〜90%くらいかな?と思っているんですね。
しかし、個人的には80〜90%くらいのポテンシャルが引き出せれば十分だと考えているんです。
それがHD650の”音”だと思いますし、それで楽しめないようであれば、合わないヘッドホンだと思うんですよ。
それに対して要所要所きちんと把握した上で低評価レビューを書く分には何の問題もありませんが、自分の好みの音では無かったからと言って低評価レビューを投稿するのはちょっと違うかな?と思うんですよね。
私の縁側には5人ものHD650ユーザーがおられますが、皆さん、HD650の長所を十分に楽しんで聴いていますからね(^^)

<86'のカラヤンも素晴らしい演奏らしいので(EAN : 4988031248935)で締める予定です 笑

私も86年盤を所有していますが、購入に関してはどうかな?と思うところなんです。
私が愛聴盤としている、ミサ・ソレムニスが85年録音なので。
カラヤンはモーツァルトのレクイエムは86年盤以外にも、DGの61年盤、同じくDGの75年盤があります。
ちちさすさんはカラヤンの最も素晴らしい録音の多くは70年代にあるとおっしゃっています。
私は61年盤、75年盤はともに未聴なんですよね。
ソリスト陣も75年盤の方が充実してますし、音質も75年盤の方が良いと思うので。
一応カートに入れておいて、ちちさすさんが戻られてから意見など聞かれた方が良いかなあ、なんて思ってしまいます(^^♪

2020/10/29 18:42  [2265-4573]   

 Bigshooterさん  

tam-tamさん

こんばんわ^^ 

発売されている全てのCDがそうだと言うんです。
⇒これはおそらく↑のリンク2-2のSRCとピッチ補正の話ではなくて演奏のピッチズレなんでしょうか?

ピッチ調整も国によって違うんですよ。・・・
⇒マゼールのやろうとしたピッチ調整は弦の伸びによるズレを補正したのではなくて基音自体の周波数そのものを変えたということでしょうか?
バンドなんかで特に野外ステージなんかだと気温の変化でピッチが変わってしまうので予めギターとかは外に置いてチューニングを繰り返すわけですがマゼールの場合は前者のようですね・・・
ヴァン・ヘイレンなんかは鍋で茹でて弦を殺してピッチが狂いにくいようにしてましたね 笑
さらにこんなの↓使ってガンガンにアーミングしてました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%
E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%BB%E3%8
3%AD%E3%83%BC%E3%82%BA


tam-tamさんの書込みのニュアンスではピアノの調律でも基音440Hzと442Hzがあるのでマゼールのやろうとしたピッチ調整というのはたぶんこちらをさしてるのかな?

いざリハーサルとなると、各楽器のピッチ修正に異常にこだわるあまり、細部を入念に練習するらしいですが、曲の全体像までは行き届かないそうです。
⇒これは5人くらいのバンドでもアルアルな話でチューニング狂ったまま暴走するのが一人いると気になってしょうがないです。バンドでもこんな感じなのでオケなんかだと気が狂いそうだと思いますよ 笑

LPモードってなんですか、w
⇒これはMDでもあったロングプレイモードでCDでも82分くらいまで収録できるというやつでtam-tamさんもおそらくCD持っていると思いますよ^^

なるほど、HD650は意図的に高域が詰まったようなチューニングにしてあるのだと。
⇒これは前にリンク貼ったHD650の改造のところにも書いてありましたが高音も低音もフルレンジで出るドライバーをスポンジで抑えてますね 
前に660でスポンジをはずして聴いてみましたが高音はキンキンに出ているのでおそらく650も同様なチューニングをしているのかなと思います。

実際HD650は低評価レビューが非常に多いです。・・・
⇒昔は量販店でもアンプやスピーカーを買いに行くと「アンプは何をお使いですか?とかスピーカーはなにをお使いですか?」ということを店員さんが聞いたものですがヘッドフォンを買いに行っても「アンプは何を・・・」なんて聞かれないですからね 笑
価格の本サイトでも「オススメのヘッドフォンは?」なんてトンデモスレ立てて回答者も再生環境も聞かないでヘッドフォンを勧めているケースを見かけますが、回答する側は当然アンプくらい持ってるだろうと考えますし、質問者はいい試聴もしないでヘッドフォンを買えば幸せになれるハズ・・・なんてまさに悲劇の始まりですよ 爆

私も86年盤を所有していますが、購入に関してはどうかな?と思うところなんです。
⇒よく考えてみるとベームはVPOなのでベルリンを聴いてみたいですね^^
そんな訳で↓に候補を変えました 笑
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07F
JKTSWP?pf_rd_r=MKSXSTG6WMXKPDBKGA43&
pf_rd_p=7392bae8-7129-4d1a-96a9-1cfe0aa1
3ab3


明日はパガニーニとガーディナーのモツレクが届くので楽しみです^^
月曜からワークショップで出張なので土日は聴きだめです。

でわ^^


2020/10/30 00:01  [2265-4576]   

 Bigshooterさん  

tam-tamさん

こんばんわ^^ 

今日アッカドのパガニーニのBRAが届いたので明後日から出張ということもあり、一気に通しで聴いてみましたが音質、演奏とも素晴らしいものでした。
パガニーニの協奏曲は#4しか聴いたことがなかったですが、楽曲としてはやはり予想どおり#4と同一ベクトルですべて協奏曲というよりバイオリンのための伴奏ですね 笑
トリッキーなプレイはクラッシックバイオリンというよりもジミヘン、ジェフ・ベック、エディに通じる(逆ですが・・・)ものがあってギター小僧( × オヤジ)向けですね^^

ただ一つ残念な点は24 Capricesはユリア・フィッチャーのCDを持ってるんですが、ギターと同じで技術的には最近のプレイヤーにはかなわないところがあるのかな〜なんて感じました。
ユリア・フィッチャーはアッカドの1.3−1.5倍くらいのスピードでノンミスですから恐るべしです 汗 しかもユリア・フイッチャーの方が速いにも拘わらず余裕のあるプレイですね・・・
Youtubeとか見てもユリア・フィッチャーのフィンガリング(?)とボーイングはムダな動きが全くないですから・・・ アッカドのトーンは朗々としていて実に美しいので感動しました。

聴くものが多くて耳が3,4個あればいいな〜と思う今日この頃です。

でわ^^ まずはご報告まで・・・

2020/10/31 01:42  [2265-4581]   

Bigshooterさん

こんばんは(^^)

レスはいつでも大丈夫です、と言ってくれていますが、それに甘えて遅くなった訳ではございません。

寝ても寝ても一向に眠気が取れない時がございまして。
ずっと寝っぱなしという訳じゃないんですが、24時間近くうつらうつらとしてまして、ようやくこの時間になってまともなレスが返せるようになった次第です、申し訳ございません<(_ _)>

<⇒これはおそらく↑のリンク2-2のSRCとピッチ補正の話ではなくて演奏のピッチズレなんでしょうか?

そのどちらでもないですね。
Aくんがやっていた仕事はレコーディングエンジニアではなく、マスターテープからのミックスダウン(トラックダウン)です。
現在はトラック数に制限など無いとは思いますが、アナログMTR時代は36トラックMTRが標準的な最高トラック数だったと聞かされておりますね。
どんな形にしろ最終的には2トラックの音源にしなければならないのですが、その時点で完成された音源を聴いても違和感は無いそうです。
ところがそれをCDで聴くとピッチが乱れるって言うんですね。
レコードは外周から内周にかけてトレースしていきますが、CDの場合は内側から外周にかけて信号を拾っていきます。
この回転数が常に一定ではない事はCDの構造上、仕方のない事でもあるんですが、それが影響しているのかどうか、というところで話は終わってしまっているので、私も詳しい事は何もわからないんです。
Aくんとはそれほど親しい間柄でもなかったので、数ヶ月に一回会うか会わないか、というものでしたので。
ではCDからリッピングしたデータをメモリーに移して、メモリープレイヤーで聴いた場合はどうなるのか?と次回会った時に聞いてみたいなと思っていたら、結婚して沖縄に移住してしまったので。
このCDによるピッチがどうのこうのというのは確か書籍でも出ていたと思いますね。
図書館にもあったので、借りて読んでみましたけど、Aくんの主張している事と全く同じ事が書いてあってびっくりした記憶があります。

<⇒マゼールのやろうとしたピッチ調整は弦の伸びによるズレを補正したのではなくて基音自体の周波数そのものを変えたということでしょうか?

マゼールはアメリカで活動していたので、A=440Hzが基音で育っているんですね。
ところがウィーンフィルはA=445〜446Hzと若干高いピッチになっているんです。
一口に絶対音感と申しましても、かなりレベルの差があるみたいで、1Hz単位で聴き分ける事の出来る人もいれば、それよりも細かく聴き分けられる人もいるようで、指揮者の中ではマゼールとブーレーズが非常に鋭敏な絶対音感の持ち主として知られていますね。
なので、ウィーンフィル伝統の高いピッチで演奏されると、A=440Hzが基音となっているマゼールからすると、気持ち悪い音でしか無い訳で、
ですが、オーケストラの中でも一際プライドが高いですから、ウィーンフィルの楽団員は。
簡単に若手指揮者の言う事など聞くはずがありませんから。
指揮者にとって絶対音感は必ずしも必要ないんですよね、相対音感がしっかりしていれば良いので。
マエストロの中のマエストロ、フルトヴェングラーが絶対音感が無かった事も有名な話ですが、それで、彼の名声が崩れたりしませんからね、

<⇒これは前にリンク貼ったHD650の改造のところにも書いてありましたが高音も低音もフルレンジで出るドライバーをスポンジで抑えてますね 

HD650はかなり古いヘッドホンですが、古いとは言っても、発売時期は完全にデジタル音源が主流になってますからね。
私はベームのレクイエムを聴いても特に高域がキンキンしていると気になりませんでしたが、耳が良いBigshooterさんには気になって仕方がなかったのでしょうね。
私がHD650で聴き慣れた音源を聴くと、随分とまろやかな音に聴こえるのですが、あれが開発陣の意図している音なんでしょうね。
どんな音源を鳴らしても刺激音を全く鳴らさないチューニングは見事としか言いようがないですが、それが楽しめずに、酷評レビューを投稿するのはどうかな?と思うところです。

低評価レビューを投稿している方のほとんどが無試聴による購入者だと思うんです。
ちゃんと試聴していれば、その時点で購入しないはずですから。

<⇒よく考えてみるとベームはVPOなのでベルリンを聴いてみたいですね^^
そんな訳で↓に候補を変えました 笑

75年盤ですか、
こちらの方があちこちで販売されているので、カラヤンの演奏としては良いのではないでしょうか、
と言っても私も75年盤は未聴なので、なんとも言えない、と言うのが正直なところであります(^^)

ベルリンフィルによる演奏が聴いてみたいという事であれば、
リッカルド・ムーティ指揮による、1989年の録音をお勧めしたいところですね、
様々なモーツァルトのレクイエムを聴いてきましたが、今現在の私の愛聴盤ですので(^^♪
Bigshooterさんは特にカラヤンの演奏にこだわっている訳でもないという事もあり、オススメですよ。

https://www.amazon.co.jp/dp/B000TLYFE2/r
ef=cm_sw_em_r_mt_dp_1VgNFbRWRGWYR


HMVとタワーレコードのリンクの貼り方がイマイチわかりませんで(^_^;)
どちらも完売となっていましたが、入手出来るようでしたら、一考の余地があるCDだと思ってます。

続きますので、しばらくお待ち下さい(^^♪

2020/10/31 04:46  [2265-4582]   

パート2でございます(^^)

<明日はパガニーニとガーディナーのモツレクが届くので楽しみです^^

ガーディナーですか、
Bigshooterさんは古楽器派の演奏は初めてではないですか?
(本格的にCDで聴かれる、という意味で、ですね、)

<パガニーニの協奏曲は#4しか聴いたことがなかったですが、楽曲としてはやはり予想どおり#4と同一ベクトルですべて協奏曲というよりバイオリンのための伴奏ですね 笑

もともと、オーケストラスコアによる作曲は本業ではないですからね、パガニーニは。
ヴァイオリンのソロパートは様々な技巧が散りばめられているので楽しく聴けると思います。
本当は映像で観た方がより楽しめるんですけどね(^^♪

<ただ一つ残念な点は24 Capricesはユリア・フィッチャーのCDを持ってるんですが、ギターと同じで技術的には最近のプレイヤーにはかなわないところがあるのかな〜なんて感じました。

私もユリア・フィッシャーの音源は所有してますよ(^^♪

<ユリア・フィッチャーはアッカドの1.3−1.5倍くらいのスピードでノンミスですから恐るべしです 汗 

彼女はピアノでもコンクール一位を3度受賞していますからね、驚くべき才能ですよね。
ただ、ピアノよりもヴァイオリンの方が得意なんでしょうかね。
ピアノ独奏のCDが一枚も発売されてないですからね。

<アッカドのトーンは朗々としていて実に美しいので感動しました。

ただ早く弾ければ良いというものでもないので、感動出来るというのが重要だと思っています(^^)

また、ガーディナーによるレクイエムが届くのでしょうから、そちらを十分に楽しまれて下さい(^^♪
古楽器による演奏は、ベームのようなドッシリとしたものとはまた一味違った楽しみがあると思いますよ。
まずはそちらを優先的に聴き倒して下さい(^^)
古楽器によるモーツァルトのレクイエムも10枚ほど、所有しておりますが、何故かガーディナー盤だけが未聴なんですよね〜(^_^;)
特に嫌いな指揮者という訳ではないんですけどね、

書き込みありがとうございました、良い1日を♪

2020/10/31 05:13  [2265-4583]   

 Bigshooterさん  

tam-tamさん

おはようございます!

寝ても寝ても一向に眠気が取れない時がございまして。・・・
⇒季節の変わり目なので自律神経が乱れるのでしょうか・・・
私も最近、頭が痛かったり(←ヘッドフォンでロングプレイしすぎか 笑)
腰痛が出たりしてます。
来週早々、北海道は平野部でも雪になるらしいですが、毎年、雪が降ると
何故か体調が安定します。
tam-tamさんのそういう時に面倒な話題を出してしまったようですみません。

そのどちらでもないですね。・・・
⇒オーディオの世界も実際には音源〜再生までの過程ではかなり信号は変って
しまってるでしょうね・・・
アッカドのBRA+CDも同じマスターでもBRAとCDだと再生時間が違います 笑
音階まで変わってしまっているわけではないので問題なしとは言えますが、
周波数レベルの話だとメディア化の段階で周波数が変わって、再生機材で・・・
なんて感じで変わるものの音階とかが変わらない最大公約数的なところで
聴いているのが実情なのかもしれませんね^^
おそらく、パンピーだとクォーターくらいまてであれば音程の違いは判らない
人が多いのではないでしょうか・・・
あくまでメディアであって生演奏ではないので完全な生演奏の再現自体に無理
もあるところなのでユーザーはパブリッシュされたものを聴くしかないので
tam-tamさんが↑で云われたようにやむを得ないところではありますね^^
ややこしい話になりそうなのでtam-tamさんが体調の良い時にでも機会があれば

マゼールはアメリカで活動していたので、A=440Hzが基音で育っているんですね。
⇒これはオーディオの世界でも云えるかもしれませんが耳が良い人は「音」には
集中できるが「音楽」には集中できない。
聴力が弱い人ほど可聴帯域の「音楽」に集中できるということと通じるのかも
しれません。
聴力によって「音」と「音楽」に向けられる集中力の比重(右脳と左脳活動比率)は
かわるらしいのでフルトヴェングラーなんかはどちらかというとあまり聴力は良く
なかったのかもしれませんね^^
録音のせいかもしれませんがカラヤンの70'と最晩年のCDの音って高音・中音・低音
の比率ってかなり違うと思うのですが気のせいでしょうか?
個人的には最晩年はかなり高音の量が多いように感じます。

HD650はかなり古いヘッドホンですが、・・・
⇒私もゼンとかAKGの開発陣は流石にいい耳しているな〜と思います。
Philipsなんかは音響製品に関しては最終的な音決めは「Golden Ears」
という音決め専門部隊がやっていたようですが、Philipsが音響製品を
縮小したので解散してしまったらしいのでPhilipsの音響製品にもあまり
期待できなくなりました 涙
ヘッドフォンやアンプもメディアやリマスターによって音質がだいぶ
違うのでやはりオールインワンですべて満足というのはなかなか
難しいものがあるかもしれません。
そんな訳で私は当面は現行のトリプルシステムかな 笑
実際には最近は650+dac1が9割以上ですが・・・ 爆

ベルリンフィルによる演奏が聴いてみたいという事であれば、・・・
⇒ありがとうございます!早速カートインしました! 笑
クラッシックやJAZZはメインストリームのスタンダードがある程度
決まった曲なので一度曲を覚えてしまうと「音楽」に集中して
聴き比べの楽しみができるがいいですね^^

Rockやpopsだと所詮カバー扱いなので原曲を超えているものは
ごくわずかしかないので、次から次へ新しい「曲」を追い求めて
覚えないといけないので最近は年のせいか長い交響曲を聴くのよりも
むしろ体力がいるので疲れます 涙

Bigshooterさんは古楽器派の演奏は初めてではないですか?
⇒ガーディナーの「水上の音楽」を持っているのでおそらく2枚目です。
比較的ガーディナーの古楽器演奏はモダンから入りやすそうだったので
聴いてみましたが、ガーディナーは全く違和感なしで個人的には演奏・音質とも
★×5クラスと思いました。

彼女はピアノでもコンクール一位を3度受賞していますからね、驚くべき才能ですよね。
⇒これはYoutubeで見ましたがピアノも上手いですね ピアノのプレイはバイオリンとは違った個性を出しますね

ただ早く弾ければ良いというものでもないので、感動出来るというのが重要だと思っています(^^)
⇒音楽の場合、やはりここ↑が最重要ですね^^

でわ よい一日を!

2020/10/31 11:16  [2265-4586]   

Bigshooterさん

こんばんは(^^)

<tam-tamさんのそういう時に面倒な話題を出してしまったようですみません。

ご心配かけてすみません(^_^;)

ここ1〜2年は私の生涯の中で最も体調が良く、時々頭痛があるくらいで、風邪なんかも滅多にひきません。

眠い眠いと言っても実に心地良い眠さなので、ついつい寝落ちしてしまうんですよね。

自律神経の乱れは普通は何かをきっかけに発症するものなんですが、私の場合は器質性、生まれつきなんですよ。

摂食障害と嘔吐恐怖症を患っていましたから、食べるのが大変で大変で、

10代の頃は5度も入退院を繰り返し、歩くのもやっと、という状態でした。

なので、現在はすこぶる体調が良いので、大丈夫ですよ(^^)


<アッカドのBRA+CDも同じマスターでもBRAとCDだと再生時間が違います 笑

再生時間が違うのですか、
それはまた面白そうな話ですね(^^)

<ややこしい話になりそうなのでtam-tamさんが体調の良い時にでも機会があれば

確かにややこしいんです、w
何故なら私が良くわかっていないからなんですが、w
もう少し、詳しく聞いておくんだったなあと思いますね。
あ、こんな話も聞きました、またまたややこしくなるのですが、w
レコードの方がCDよりも音が良いって話があるじゃないですか。
20kHz以上の周波数が記録されているので、高性能なレコードプレーヤーで再生した場合、レコードの方が圧倒的に有利だと。
これもAくんが言うには現場を知らない人間が勝手な妄想をしているに過ぎないらしいです。
まだCDが企画開発されていない時代のマクロフォンはそもそも20kHz以上の音を拾う事が出来ないスペックだったらしいです。
なので、アナログマスターテープに、20kHz以上の音が正確に記録されていないので、これもまた無意味な論争に過ぎないと言っていましたね。
まあ現在でもハイレゾ録音の現場に〜20kHzまでのスペックしかないマクロフォンを使用していたそうですから、ハイレゾとはなんぞやと言った事もあちこちに書いてありますよね。
(これはAくんの発言では無いです、彼とはハイレゾ音源の規格が出来る前に交流が終わってますので。)

<⇒これはオーディオの世界でも云えるかもしれませんが耳が良い人は「音」には集中できるが「音楽」には集中できない。

鋭敏な絶対音感を持っている指揮者ほど、各楽器のピッチの修正に躍起になって優れた音楽の構成まで回らないみたいですね。

<録音のせいかもしれませんがカラヤンの70'と最晩年のCDの音って高音・中音・低音
の比率ってかなり違うと思うのですが気のせいでしょうか?

気のせいではないですよ(^^)
高音・中音・低音の比率が違うのもあるかもしれません、
それよりもベルリンフィルの音の厚みが若干削がれてしまっているんですね。
なので、比率がかなり違って聴こえるんだと思いますよ。
痩せ細った音になっているので、高音がキンキンと気になるのだと思います。
(中低音にボリュームが無いので。)
実際には最晩年ではなく、’80年代初期の録音にそういった傾向が見られますね。
この時代のデジタル録音の進歩は著しく、最後に来日した’88年日本公演の録音ではかなりまともな音になってますね(^^♪
(’88年来日公演のCDを所有してますが、’84〜86年にかけて録音されたベートーヴェン交響曲全集の音とはかなり違いますよ。)


<⇒私もゼンとかAKGの開発陣は流石にいい耳しているな〜と思います。

良い耳を持っているのもそうですが、開発に一切の妥協がありません、そこが素晴らしいですね(^^)

<「Golden Ears」という音決め専門部隊がやっていたようですが、

「Golden Ears」懐かしいですね、音のソムリエみたいな感じの精鋭達でしょ(^^)
「Golden Ears」って何処のメーカーにも居るんですかね?

<⇒ありがとうございます!早速カートインしました! 笑

ありゃ、ムーティ盤をですか(^^)
リッカルド・ムーティーは世評的にはイマイチな指揮者ですよ、w
私は89年のムーティー盤は’86年のカラヤン盤よりも良いと勝手に思ってますが、w
音質もそうですが、演奏としてもムーティーの中でも5本の指に入る名盤だと思いますが、どうなんでしょ、w
私の批評はあてにならないので、ちちさすさんが戻ってきてから意見、感想など聞いた方が良いと思います。

今まで、ちちさすさんがお勧めされた演奏はBigshooterさんの好みに合う様ですからね。
急がば回れ、ですよ(^^♪

<⇒ガーディナーの「水上の音楽」を持っているのでおそらく2枚目です。

バロックと古典派では結構違いますからね、
ベーム盤と比較して聴くと面白いかもしれませんね。
古楽器派にハマるとまた新しい沼が出来るので、注意して下さいね(^^♪

<⇒音楽の場合、やはりここ↑が最重要ですね^^

楽しさ、厳しさ、優しさ、などなど、感動出来る要素があった方が音楽は断然面白いですよね(^^)

ありがとうございました、
モーツァルトのレクイエム、ガーディナー盤を楽しんで下さい、新たな感動があると良いですね(^^♪

2020/10/31 22:59  [2265-4588]   

訂正:レスです。

モーツァルトのレクイエム、リッカルド・ムーティー指揮ベルリンフィル盤は1989年ではなく1987年の録音でした。
失礼致しました(^_^;)

では良い1日を♪

2020/10/31 23:16  [2265-4589]   

 Bigshooterさん  

tam-tamさん

こんばんわ^^

不調のところReコメいただきありがとうございます。

明日の朝から出張なので込み入った話は戻ってからということで^^

ひとつ気持ち悪い話をひとつ・・・
先日、ご存じのようにパガニーニのBRA BOXとパガニーニの本を買ったんですが、今日、WIFIスピーカーでパガニーニを聴きながら、本を読んでいるとパガニーニの生まれた日の話が書いてありました。10/27日だそうです。
私がBRA BOXとパガニーニの本を買ったのも10/27日 冷汗
あんまり非科学的なことは信じないほうですが背筋がゾクッとしました・・・
↓はtam-tamさんは既に読まれていると思いますが実に面白いですね^^
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4106
107759/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o01_s0
0?ie=UTF8&psc=1
 

気のせいではないですよ(^^)
⇒カラヤン・ゴールド 笑 のシリーズを何枚か持ってるんですが、音は悪くないんですが、
70年代のDGの音源と比べて高音がキンキンまでは行かないまでもかなり高音シフトしているので???でした。

「Golden Ears」って何処のメーカーにも居るんですかね?
⇒フィリップスが作った認定制度なので日本だと一人のサウンドマネージャーが最終的な音決めをするところをフィリップスは何人かのGolden Earsの合議で決めていたようですね
ゼンやAKGあたりにも似たような制度はあるのかな〜? どうなんでしょう・・・

ありゃ、ムーティ盤をですか(^^)・・・
⇒ムーティは鄭 京和と共演している音源がありますが、私の予想ではあのリズム感はモーツアルトとは相性が良いんじゃないかなと思いカラヤンと同時に即ポチしてしまいました 笑

今まで、ちちさすさんがお勧めされた演奏はBigshooterさんの好みに合う様ですからね。
⇒tam-tamさんとちちさすさんに何枚かオススメいただいて推薦のCDの演奏や音質の傾向はなんとなく把握してきたので参考にしながら自分のフィルターで絞り込むようにしてます。
この辺の感覚はtam-tamさんに近いなとかこの辺の視点はちちさすさんと近いなとか考えながらセレクトしないとやはり人それぞれ嗜好性が違いますから 笑

何日か閲覧・返信ともできないと思いますので読み飛ばしておいて下さい。

でわ^^

2020/11/1 01:58  [2265-4591]   

86年のカラヤン盤

Bigshooterさん

おはようございます(^^)

<不調のところReコメいただきありがとうございます。

体調は良好なので大丈夫です(^^)

<明日の朝から出張なので込み入った話は戻ってからということで^^

その間私の方でも整理して楽しく語れる様にしておきますね、


<ひとつ気持ち悪い話をひとつ・・・
<あんまり非科学的なことは信じないほうですが背筋がゾクッとしました・・・

こういうのはゾクッときますね(^_^;)

<↓はtam-tamさんは既に読まれていると思いますが実に面白いですね^^

確か読んだ記憶はありますが、内容はちょっと覚えてないですね(^_^;)
パガニーニって確か「悪魔のトリル」って曲があったような、購入されたBOXに入ってないですか。

<⇒カラヤン・ゴールド 笑 のシリーズを何枚か持ってるんですが、音は悪くないんですが、
70年代のDGの音源と比べて高音がキンキンまでは行かないまでもかなり高音シフトしているので???でした。

ベーム盤でもおっしゃっていましたが、高域に対して鋭敏な耳を持っているんじゃないですかね(^^)
HD650で聴いてもそう感じるんですか、
私が書いたものとはどうやら違う事の様なので(^^♪


<ゼンやAKGあたりにも似たような制度はあるのかな〜? どうなんでしょう・・・

「Golden Ears」という認定制度は私も知っているので、何かの本に書いてあったと思うんですよね。
それでも、Phillipsのヘッドホンを調べてませんから(^_^;)


<⇒ムーティは鄭 京和と共演している音源がありますが、私の予想ではあのリズム感はモーツアルトとは相性が良いんじゃないかなと思いカラヤンと同時に即ポチしてしまいました 笑

人にお勧めしておいて、私では何もわかりません、と言うのも無責任な話ですから、’86年のカラヤン盤と’87年のムーティー盤をあらためて聴き比べてみましたが、やはり断然ムーティー盤の方が素晴らしいですね。
録音がたった一年しか違わないですけど、音は断然ムーティー盤の方が良いです。
(SR9とHD650、両方で聴き比べてみましたが、音に関しては自信を持ってお勧めできると思います。)
演奏も同じく、ムーティー盤の方を取りますね、86年のカラヤン盤より素晴らしいですよ(^^♪
’75年のカラヤン盤は未聴なので、こちらに関してはわかりませんが、HMVのレビューを読む限りでは良さそうな感じですね(^^)

添付した画像で見えるでしょうか、3500円でございます、w
さすが、帝王カラヤンと言う価格ですね〜、w
このレクイエムも決して悪くはないんです。
85年のミサ・ソレムニスと同じで、”無”を感じるんですね。
”無”の美しさが漂う演奏なんです。
これは85年のミサ・ソレムニスも聴いてもらわないとちょっとわからないと思いますが、70年代のゴージャスなサウンドは両盤には無いんですね。
録音も合唱の部分ではあまり良く無いですし、普通に良い演奏を聴きたいというのであればムーティー盤になるかと思います(^^♪

<⇒tam-tamさんとちちさすさんに何枚かオススメいただいて推薦のCDの演奏や音質の傾向はなんとなく把握してきたので参考にしながら自分のフィルターで絞り込むようにしてます。

ありがとうございます(^^)
購入されたムーティー盤がBigshooterさんの感性に合わないようでしたら、容赦なく言ってくださいね。
私としても勉強になると思いますので(^^♪
(授業料はBigshooterさんが払う事になってしまいますねえ、w)

<何日か閲覧・返信ともできないと思いますので読み飛ばしておいて下さい。

身体に気をつけてお仕事頑張って下さい(^^♪

ありがとうございました♪

2020/11/1 07:12  [2265-4592]   

Bigshooterさん

ショーン・コネリーさん亡くなっているじゃないですか。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6375231

その時間にモーツァルトのレクイエムを聴いていたのか、
う〜む、なんとなくゾクッとしますね(^_^;)

2020/11/1 07:15  [2265-4593]   

訂正レス:。

「悪魔のトリル」はジュゼッペ・タルティーニの作品でした。

<パガニーニって確か「悪魔のトリル」って曲があったような、購入されたBOXに入ってないですか。

パガニーニの作品ではないのでBOXに入っているわけがありませんね(^_^;)

失礼致しました<(_ _)>

最近色々と間違いが多いなあ(*´σー`)エヘヘ

2020/11/1 10:13  [2265-4594]   

 m56059さん  

tam-tamさん
お久しぶりです。
ここ1週間は猛烈な忙しさでしたため、昨日また自分に御褒美をしました(何かわかるでしょ。)。

さて、実はこそっとこんなものを購入していました。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B087
M2PBZZ/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o02_s0
0?ie=UTF8&psc=1

fromチャイナなので到着するのに20日間もかかりましたが、安かったので授業料と思い…
つまり、こいつでもしブルブル感が改善されて音質も悪く無かったらその時はtam-tamさんより御紹介のdeconi audionのイヤパを買ってみようか作戦です。
しかしこんな安くて儲けでるんですかね。船か飛行機で送料もかかるだろうに…



目的1)
私の嫌いな低域を爆音で聴いた時のベロアイヤパの「ブルブル感」が合皮だとどうなるか?
目的2)
音質はどう変わるのか(予想は低域支配が強まり高域が損なわれる)

結果、
結果1)K812は合皮にて低域爆音ブルブル感はほぼ無しだったので、今回の合皮に期待↑だったのですが、
結果は元々のベロアイヤパの勝ち でした。
左にベロア 右に合皮で比べてみても明らかに右の合皮の方がブルブルが強いです。
ブルブル感は素材によって変わると思い込んでおりましたが、
どうやらブルブルの主原因は「肌との接触面積」に比例するようです。(これに次いで材質差はソフトなベロアの勝ち)。
というのは、K812のイヤパは肌と、面というよりは「線」で接触しているからです。
HD650のイヤパはどちらも「面」で接触しております。
いやあ〜これは勉強になりました。

結果2)こちらは予想どうり、低域が更に重く鈍重になり、高域の最高点がやや下がった感じになりました。ベロアが吸収していた音が漏れなくなったからでしょうね。
あ!装着感(肌との接する感覚)はとても良いです!意外とアッサリした感覚です(やっぱりステーキか!(笑))。

ただこの音は嫌いな音ではありません。
以前はK701で同様の結果となり、聴きたかった美しい高域が損なわれ、一発倉庫行きでしたが、
今回は、高域を楽しみたい時はK812で楽しめば良いし、最近K3003をハイフィルタにして遊んでますので
HD650に高域を求めなくても良くなったからです。
とはいうもののこの状態のHD650の高域も悪くは無いですよ。
やはりHD650のポテンシャルは良いです。

というわけでしばらくこの状態のHD650を楽しんでみます。
いずれ元のベロアに戻しそうですが、安い授業料でございました(やっぱりステーキの半値くらい(笑))。

tam-tamさんもイヤパ購入検討中とのこと。おそらく上記の音質変化と大差無いと思いますのでHD650に更なる低域を求めない場合はやめておいた方がベターかもしれません。


2020/11/4 22:30  [2265-4597]   

ボスコフスキーのワルツ集@ ボスコフスキーのワルツ集A

ちちさすさん

おはようございます(^^)

以前Bigshooterさんにお勧めされていた、ボスコフスキーのワルツ集が図書館に偶然にもありましたので、借りて聴いてみました(^^♪

ボスコフスキーの演奏はニューイヤーコンサートのCDを20代の頃に一度聴いておりましたがちょっとイマイチな感じでした。
(何年の公演のものか覚えておりませんが、ステレオ録音によるものでした。)

添付画像はiPadで撮影したものなので、ピンボケしちゃって申し訳ないのですが。

昔聴いたニューイヤーコンサートの演奏があまり良くなかった年代のものなのか、その頃の感覚が今とだいぶ違うのかわかりませんけど、このスタジオ録音による選集は素晴らしいですね(^^)

ニューイヤーコンサートは良くも悪くも指揮者の個性が強く出てしまう傾向にありますので、ボスコフスキーの演奏はウィンナワルツを素直に楽しめる優れた演奏に感じました。
私の大好きな「こうもり」序曲が収録されていないのが残念ではありますが、これらのCD以外にもボスコフスキーによる録音はあるでしょうから、機会があれば聴いてみたいと思います。

20代の頃に聴いたボスコフスキーの演奏がどうしてイマイチに感じてしまったのか、大変謎ではありますね(^_^;)

2020/11/6 06:15  [2265-4601]   

tam-tamさん。
Bigshooterさん。

1日に帰ってくる予定でしたが、いくつかアクシデントがありましてまだ仙台におります。
参加できなくてすみません。
落ち着きましたらまた顔を出しますね。

2020/11/9 12:18  [2265-4605]   

ちちさすさん

こんばんは(^^)

連絡がありホッとしました。

こちらの縁側の書き込みに関してはどうかお気になさらずに、まずはご自身でやりたい事を優先なさって下さい(^^)

今、北海道が大変な事になっておりますね、
Bigshooterさんから書き込みがストップしてますのでちょっと心配なんですけども。

まだ、仙台に居られる、という連絡をして頂いただけでも、安心しましたので。
色々と落ち着いてから、また音楽について教えて下さい(^^♪

ご連絡ありがとうございます<(_ _)>

2020/11/9 17:15  [2265-4606]   

 Bigshooterさん  

tam-tamさん

こんばんわ^^

さきほど出張から戻りました。
急に寒くなったので体が追いついてないらしくヘロヘロです。

今、北海道が大変な事になっておりますね、・・・
⇒人よりもヒグマの多い場所にいたのでコロナは無問題です 笑
むしろ都市部に戻ったら1週間くらいの間にコロナが感染爆発していて驚きました 汗

というかtam-tamさんの方が大変なことになっているようですが諦めずに藻掻いて下さい!
一応ご参考まで・・・
https://manetatsu.com/2020/04/254394/#%E
3%80%8C%E5%80%8B%E4%BA%BA%E5%90%91%E3%81
%91%E7%B7%8A%E6%80%A5%E5%B0%8F%E5%8F%A3%
E8%B3%87%E9%87%91%E7%AD%89%E3%81%AE%E7%8
9%B9%E4%BE%8B%E3%80%8D%E7%94%B3%E8%AB%8B
%E3%81%AE%E6%B3%A8%E6%84%8F%E7%82%B9




2020/11/10 23:06  [2265-4620]   

金曜日に帰宅しました。
実家では一度しか閲覧しておりませんで、すみませんでした。
アクシデントは困っております。子供の学校のことがあるので帰ってきましたが、また仙台に行かなければならないです。

tam-tamさんも大変困っておられるようですが、以前に凌げた方法が今回はできなかったのですね。状況はいずれは好転すると信じましょう…。でも、通信手段が強制解約という形になりますと、ブラックリスト入りとなり、MNOですと最低1年間は再契約できないですし、MVNOだと二度と契約できないケースもあります。
無事復帰できますようお祈りしております。

2020/11/15 11:12  [2265-4621]   

Bigshooterさん。

コルトレーンのアルバム、3枚目として「Blue Train」を手に入れました。帰宅したら届いてました♪
まだ1回しか聴いていませんので、感想は後ほどです。
先に手に入れた「Ballads」と「至上の愛」、こちらは何度か聴いていますが、私は断然「至上の愛」の方が良かったんですよ〜。
パート1のAcknowledgementの終盤に声が入っていますが、武満徹の「スタンザ1」を想起させる昇華ですね。声があまりにもおっさんなのがナンですが(笑)。

私が帰省中の書き込みはまだちゃんと読んでませんので、後ほどということでお願いします。私に聞きたいことを先に書いてくださっても、もちろんOKですよ。
tam-tamさんご不在ですので、スレッドが終わっちゃいましたら、新たに私かBigshooterさんの気づいた方が建てるということでいかがでしょう?

2020/11/15 11:29  [2265-4622]   

 choco111さん  


ちちさすさん Bigshooterさん

こんにちは>^_^<

Vol8は事前に用意されてますよ

業務連絡でした(^-^)

2020/11/15 12:17  [2265-4623]   

ヤマザキのエッグタルト ヤマザキのとろ〜りとしたチーズのホットドッグ

choco111さん、こんにちは(^^)
しばらく見てませんでしたので、vol.8に気付いていませんでした。ご連絡ありがとうございました!
ヤマザキの三色おだんご(11月3日投稿画像)、しばらく食べていませんでしたが美味しいですよね。急に食べたくなってしまいました。
ヤマザキは「エッグタルト」と「とろ〜りとしたチーズのホットドッグ」が、コンビニものを凌駕する出来で、もう大好きです。

2020/11/15 13:36  [2265-4624]   

 choco111さん  


ちちさすさん

またまたこんにちは^_^


 三色団子はレジ横にないと不安になります(;^_^A

 7のお店には置いていない印象です

 2020/9/20 10:56 [2265-4059] でヤマザキのレーズンバターも美味しかったです。

 レーズンは好き嫌いが分かれるとは思いますが

 良い一日を♪

2020/11/15 13:53  [2265-4625]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ



早いですね〜、すでにvol.6まで、到達致しました(^^♪

この縁側は博識あるメンバーの方々のお力で成り立っております。

管理者の私は、本来であれば一番偉いはず、なのですが、メンバーの皆様から、色々とご教授頂くという一風変わった、趣旨となっておりますので、どうぞ、その辺りも含めてお楽しみ下さいませ(^^)

2020/9/30 10:29  [2265-4211]   

この掲示板一番のり〜(^^)←管理者の自覚を持たんかい!、w

ちちさすさん

こんばんは〜(^^)

<カラヤン後継にアバドというのは、後から知ったところによるとウィーン・フィルとのライバル意識からという面もあったようです。

いや〜、大変興味深いお話、楽しく読まさせて頂きました(^^)
ベルリンフィルとウィーンフィルはライバル意識が強いと言うか、やはり意識しているんですかね?

マゼールはやはり8歳から指揮活動をしていた事もあって、相当自信があったのでしょう、自分の音楽性に。
とにかくあれやこれやとオーケストラに細かく指示を出すので、どのオケからも嫌われてましたからね。

<まあ、私的にはアバドの後任のラトルの人選の方が驚きだったんですけど(^▽^;)

これはセンセーショナルな人選だと思いましたね〜、遂に賭けに出たか、と。、w

本当に、これでコケてしまうかもしれない一か八かの人選だったと思いますよ(^○^)

現在のシェフ、ペトレンコはどうなのでしょう?
彼になってからのベルリン・フィルはまだ聴いていないのです。


<私はブリュッヘンのモーツァルトは35番から41番までに再編集された(セットではなくバラでの発売)のをすでに持っていたんです。

なるほど、それでは仕方が無いですね〜(^_^;)

<ブリュッヘンはメンデルスゾーンなんかもやりましたが、ハズレが多くて…。ラモーでさえコケてますのでね(笑)。

手を広げれば、広げるほど、評価が落ちてしまう模範的なケースですよね(^○^)
最初の方は良かったんですけどね〜。
ブリュッヘンの「ハフナー」と「リンツ」は未聴です。
機会があったら聴いてみますね、ちょっと面白そうなので(^^♪


<余計なお世話かもしれませんし、ご存知のことかもしれませんが一応書いておきます。

いやいや、これで、四苦八苦していたので、大変貴重なアドバイスありがとうございます(^^)
これは管理者の私が設定する事ではなく、メンバーの方々が各々設定するのですか?
だとしたら、これは最高の解決策じゃないですか(^^)
画像添付して頂いた事で、非常にわかりやすいですね、これはメンバーの方々も使い勝手が良くなって助かります〜<(_ _)>

<常設の方にバックハウスのベートーベン全集を書いていますね。

私が購入した最初の全集です、モノラルの全集とどちらにしようか大変迷った思い出がありますね。
不思議なのは明らかにステレオ録音による全集を作ろうとしているのに、第29番の着手を最後にしてしまった事で、この曲の録音が出来なかった事なんです。
技術的な事で、録音していく過程で、諦めてしまったのでしょうか?

<こういう風格はブレンデルやポリーニ、バレンボイムがいくら年齢を重ねても出せていない味わいです。

誰も彼の様な音は鳴らせないと、リリー・クラウスが言っていたそうですね。
私は「熱情」の第2楽章は誰もバックハウスみたいに弾けないと思っているんです。
個人的にびっくりしたのは第32番の第2楽章ですね、誰よりも早いテンポを取りながら実に慈悲深い演奏をしているので、
他のピアニストはバックハウスより、遅いテンポで弾いていますから。
(そっちの方が適切なテンポ指示なのだと思いますが、ベートーヴェンのメトロノーム指示は当てになりませんから、私では判断がつきませんが、(^_^;))

非常に興味深いお話と大変貴重なアドバイスありがとうございました(^^♪

2020/10/1 23:21  [2265-4228]   

Bigshooterさん

こんばんは(^^)

さっきまで寝ていましたので、気力体力バッチリですよ( ̄^ ̄)ゞ

<↑モノローグ、本日の日記みたいなものなので完全スルーでお願いします。

完全スルーですか、いや〜もったい無いですね〜、(^_^;)
わかりました、我慢します、w

<⇒ここは、ちょっと興味あるところなので夜にでもまた・・・

大丈夫ですよ、なんでも聞いて下さい、睡眠は十分に取ったので(^^♪

<⇒モーツアルトのバイオリンコンチェルトはグルーミォ、オイストラフ、ムターの全集を持っていますが録音がどうもしっくりこなくて、ピアノ・ソナタ同様苦戦してます。

ヒラリー・ハーンも駄目でした?
あ、ヴァイオリン・ソナタじゃなくて、ヴァイオリン協奏曲の方か(^_^;)

クレーメル、アーノンクール指揮ウィーン・フィルはなんとなくBigshooterさんの好みに合わなそうだしなあ。

全集があるかどうかわかりませんけど、ヴィクトリア・ムローヴァの弾き振りがマッチしそうな感じ(^○^)

<バイオリンコンチェルトの全集はユリア・フィッシャーでも音質を含めた総合評価では85点くらいです 涙

駄目でしたか、やはり彼女は二刀流という事もあってか、デビュー盤の「四季」を超える録音がないんですよね〜(^_^;)

<と・・・ 長いとりとめのないくだらないモノローグをしていたらカラヤンのMISSA SOLEMNISのBRAが届きましたので早速拭きの儀式に入りますので続きはまた夜にでも・・・ 笑

こちらの方の感想も是非、聞きたいですね(^^♪
(私はベルリンフィルでの録音は全て聴いてますので)

多分、朝方まで起きていると思うので、何時でも大丈夫ですよ(^^)


<やはり細かい気遣いができない私のような人間には「縁側」のような
コミュニケーション向かないなと改めて感じました。

そんな風に思わないで下さい。
これがきっかけでBigshooterさんが書き込みを辞めてしまったら、削除の件で頂いた、ちちさすさんのアドバイスが無駄になってしまいますから。

書き込み、お待ちしておりますので、色々とお話しましょう(^^♪

2020/10/1 23:46  [2265-4231]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんばんわ^^

 件の不用意なコメントの件といい今回の無神経なコメントの件といい、緊張感の欠如としか言えないようなトラブルを連発してしまい誠に不徳の至りで謝罪のしようもありません。
特に今回のちちさすさんへの動画のアップについては相手に対する気遣いというコミュニケーションの場には絶対になくてはならない意識が希薄だったとういうことに他なりません。

音楽や趣味を語るということは相手のことを慮る度量があって初めて語る資格があるものだと思います。

たわいもない個人の主張のために人を傷つけたりしてしまったことは「人」としてとりかえしがつかないことをしてしまったと後悔の念でいっぱいです。

 件の不用意なコメントといい今回の無神経なコメントの件といい、緊張感の欠如としか言えないようなトラブルを連発してしまい誠に不徳の至りで謝罪のしようもありません。
特に今回のちちさすさんへの動画のアップについては相手に対する気遣いというコミュニケーションの場には絶対になくてはならない意識が希薄だったことを深く反省しております。

音楽や趣味を語るということは相手のことを慮る度量があって初めて語る資格があるものだと思います。

たわいもない個人の主張のための不用意な発言で人を傷つけてしまったことは「人」として絶対にあってはならないことです。

お忙しい中、ハンディキャップのあるお体で一生懸命頑張っている方を鞭打つような人間性のかけらもないことをしてしまったと深く反省しております。

人を傷つけたり、他人に迷惑をかけてしまうというのは理由の如何を問わず許されることではありません。

私がツラツラとわけのわからないコメントを書けばtam-tamさんやちちさすさんもそれに対応
するムダな労力が必要となりますので、これ以上ご迷惑はかけられないと感じました。

私のようなコミュニケーション能力欠如している人間が主張したいのであればレビューとかの一方通行の発信をしていれば済むことなのでこちらの縁側の活動につきましては謹慎、当面活動自粛とさせていただき頭を冷やしたほうが良いと判断いたしました。

こちらの縁側に参加させていただき本当に色々勉強になりました。

改めて感謝申し上げるとともにちちさすさんには心よりお詫び申し上げます。

でわ^^

2020/10/2 01:21  [2265-4232]   

Bigshooterさん

こんばんは(^_^)v

Bigshooterさんの心情はしっかりと受け止めましたので。

私としては、強制的に引き止めるよりも、Bigshooterさんの今のお気持ちを優先させたいという考えです。

おそらく、ちちさすさんからのレスがあるでしょう。

それでも、書いてある文章を拝見する限り、すぐにお気持ちが変わるものでは無いと思っておりますが、

リアルタイムでやり取りすることが出来ないので、こう言った事は避けようが無いものだと思っておりますし、

気持ちが少しでも楽になりましたら、私としても気持ち良く再開できる様、心よりお待ちしておりますので。

いつでも、楽な気持ちで、書き込みされて頂けると幸いです。

どうか、お好きな音楽を心ゆくまで聴いて楽しんで下さい(^^♪

近いうちに、再び、戻って来られる事願っております。

お身体に気をつけてお過ごし下さい、

待ってますよ〜(^^)、私はいつまでも♪

2020/10/2 01:43  [2265-4233]   

Bigshooterさん

追記:です。

私も障害者認定を受けていますし、障害者手帳も今年申請して持っております。

私とちちさすさんとでは、障害の度合いが違うでしょうが。

Bigshooterさんも運悪く、感染症などにかかってしまい、その後大変な思いをされております。

私は基本的に私と同じ様な障害を持っている方には同情の気持ちも持ちませんし、同情する様な言葉も使いません。

私の母親も精神障害で大変苦しみましたし、それ以上に大変なのが、家族なのですよ。

私はちちさすさんの縁側でのやり取りを拝見して、非常に辛い体験をしている事は知ってますが、それに対する、同情はしないです。
何故ならば、そういった心情は他ならぬ本人しかわからぬ事であり、安易に同情の気持ちを持つ事はかえって危険でもあり失礼になると思うからです。

こういった事に対して、周りから、「病院変えた方がいいんじゃない?」とか「薬が合ってないのでは?」と私も良く言われますが、自分の身体の事はやはり本人しかわからないと思うのです。

今回の動画の件に関しては、私宛のレスに貼り付けたものでもあるので、Bigshooterさんに非は無いと思っています。

まずはちちさすさんからのレスを読んでからでも、今後の事をお決めになられても良いのではないでしょうか。

過剰な同情は、私は良くないと思いますし、強制的に引き止める事はしたくはありませんが、まずはちちさすさんがどう感じているかでしょう。

<人を傷つけたり、他人に迷惑をかけてしまうというのは理由の如何を問わず許されることではありません。
<私がツラツラとわけのわからないコメントを書けばtam-tamさんやちちさすさんもそれに対応
するムダな労力が必要となりますので、これ以上ご迷惑はかけられないと感じました。

少なくとも私は迷惑だとは思っておりませんので。

私の方も色んな人に不用意な発言、書き込みをしてしまっているので、持ちつ持たれつというスタンスでいます。

レスを読み返してみても、ちちさすさんにリンク先の動画を見て下さい、という書き込みもありませんでしたので。

人を傷つけたどうかなんて、わかりませんので。

明日、また、この件については一度だけ話し合いましょう(^^♪


2020/10/2 02:25  [2265-4234]   

みなさん、おはようございます。
お二方ともなんか私のことで深刻にお考えになられているようですが、当の本人は全然気にしておりません(笑)。
Bigshooterさんが動画のことをご存知ないのは当たり前。
だって、自分の体のこと、ここではお話してませんもん(^▽^;)
以前はですね、お話を重ねる場では体のことや精神状態のことをお伝えしてました。やっぱり言っておけばいろいろ配慮いただけますからね。
ですが、配慮され過ぎるのも困り物ということがいろいろありました。私自身が回復傾向にあるのも、困り物になってきている理由かもしれません。
そんなわけで、2,3年前くらいから心身のことは書かないことして、説明の必要がある場合や、できない理由を説明する場合に、その都度触れるようにしています。
そんなわけで、Bigshooterさん、気になさらないでくださいね。むしろ配慮が過ぎる方が嫌なのです。
今回だと、動画の紹介があっても、見なければ良いだけです。他の方には有用な紹介なのは理解しておりますよ。

脳の方はもう十数回検査しているのですが、原因がまったくわかりません。体に麻痺(10年前と6年前の2回、6年前のがいまだに治らない)があるのですが、これも脳が原因ではないかと推測した医療機関もあったのですが、検査で何も出てこないと治療のしようがないわけです。
動画がだめなのは、映像を見ることでパニック障害が誘発されるからでした。でした、と過去形にしているのは、今はそうなるのか分からないからです。いろいろ回復しているので、もしかしたら大丈夫かもしれません。
でも、映像を見るのは怖いですので、テレビも一切見ません。
本当は大好きだったパチンコにも夫に連れて行ってもらいたいのですが、今のパチンコ機は映像そのものなので(ドラム機や羽根モノもありますけど)、やっぱり怖いのですよね(^^;)

2020/10/2 07:36  [2265-4235]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

<お二方ともなんか私のことで深刻にお考えになられているようですが、当の本人は全然気にしておりません(笑)。

ありがとうございます(^^♪

<今のパチンコ機は映像そのものなので(ドラム機や羽根モノもありますけど)、やっぱり怖いのですよね(^^;)

パチンコ辞めてもう10年以上経つのでしょう?
今のパチンコはエライ事になっておりますよ〜、w
映像の中に映像があるんですよ(^○^)、わかりにくいでしょ、w
透明な液晶になっていて、映像を映している時は、向こう側が見えないのですが、暗くすると、後ろ側(中に入っている液晶)が見える様になっているんですよ、(^^)
何を言ってるのかさっぱりわからないでしょ、w

剣を突き刺したり、でっかいお面が筐体上部から出てきたり、見たら多分カルチャーショックを起こすんじゃないでしょうか(^^♪

私はもっぱらパチスロしかやらないので、新しい機種が出たからと言って打つ事はありませんが、たま〜に打ったりすると、リーチアクションがやたら激しいので、面食らいますね〜(^_^;)
機種によってはリーチがかかってからアタッカーが開くまで、3分くらいかかるものもありますからね、w

私も一時期、大当たりすると、その瞬間にパニック発作を起こすので、打ちたくても打てない時期がありましたねえ。
隣に連れが居ると平気なんですけどね。


教えてもらったスレッドの表示方式の切り替え方がイマイチわかりません(^_^;)
他の方の縁側で試そうとしたのですが、何処をどうしたら良いのか、
こちらは時間がある時にでも、構いませんから、ご教授お願い致します(^^)

2020/10/2 08:30  [2265-4236]   

デフォルトはこの状態(スレッドが建てられた順番) 番号という文字の右のアイコンが緑色だとスレッド順です 書き込みの新しい順番の並びです 最終投稿日時という文字の右のアイコンが緑色だと書き込み順です

はっきり書いておいた方が良いですね。
Bigshooterさん、今まで通りお願いいたします。


tam-tamさん。
画像の通りです。
「番号」の右の逆三角形が視覚に囲まれているアイコンをタップするとスレッド順で、デフォルトはこの並びになってます。この時アイコンが緑色です。
「最終投稿日時」の右のアイコンをタップすると、書き込みの新しい順番に並び変わります。「番号順」の時はアイコンは白色ですが、タップして書き込み順に並べ変わるとアイコンは緑色に変化します。同時に「番号」右のアイコンは白色に変化します。
この並び替えは見ている人が各自、自分の端末で行うので、並び方が反映されるのはその端末だけです。つまり、各自好きな方の並び方を自由に選択でき、選択はブラウザを閉じても保持され続け、次に開いた時は前回選んだ並びのままです。
変えたい場合は各自がその都度変えることになります。

2020/10/2 09:16  [2265-4237]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん

こんにちわ^^

今回の配慮の足りない無神経な言動につきまして改めて心よりお詫びいたします。
誤解があるといけないので何点か書かせていただきますが、↑でtam-tamさんの
云われているような「同情」とかといういやらしい気持ちは全くありませんので
その点につきましてはまずご理解いただければ幸いです。

Bigshooterさんが動画のことをご存知ないのは当たり前。
だって、自分の体のこと、ここではお話してませんもん(^▽^;)
⇒お気遣いありがとうございます。心臓に疾患をお持ちであることはコメントのやりとりの中で存じあげておりましたが脳に疾患をお持ちであることまでは認識しておらず、てっきり私の見落としだったのかと動画の件でコメントをいただいた際に「たいへんなことをしてしまった」と自己嫌悪に陥ってしまいました。
逆に言えば、「自分の体のこと、ここではお話してませんもん(^▽^;)」ということも認識していなかったことも大きな問題かもしれません。
かといってメンバーさんの過去の書込みを読み漁ったり、Myページを覗き見たりするのも悪趣味なのでいかがなものかという思いもあり基本的にはスレ内のコメントのやりとりの範囲で始終するようにしておりましたが、本来であればその人の人となりや考え方を把握した上でやりとりすべきだったのかなと反省しております。

改めてここ最近の自分の書込みを見てみると役にも立たない、独断と偏見に満ちたまさにマスターベーションのようなものが多く、お相手していただく方のご迷惑になっていることを実感し、少なくとも当面の間、頭を冷やしたほうが良いのではないかという結論に達したわけです。

ハンディキャップがありながらちちさすさんが写真の撮影をされているということに勇気づけられて久々に件の緊急案件を引き受けてみましたが、まだ目の状態も不安定で足の後遺症も残っており一発勝負の実戦レベルにはほど遠いものを感じました。
ちちさすさんにおいてはお体も復調傾向ということをお聴きし非常に喜ばしい限りです、一日も早い完全復活を祈念いたします。

これから「赤城おろし」の厳しい季節になりますのでくれぐれもご自愛ください。でわ^^

2020/10/2 13:34  [2265-4238]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんにちわ^^

一点だけ誤解のないように云わせていただきますと↑のような「同情」というような上から目線の気持ちは全くありませんのでその点はご理解下さい。

「みんなの掲示板 vol.5」でReコメなしで中途半端に終わってしまっている箇所、説明不足があり非常に無責任な話なのでコメントさせていただきますと、

ユリア・フィッシャーでも音質を含めた総合評価では85点くらいです
⇒とコメントさせていただきましたが、演奏に関しては個人的に100点満点以上だと思います。トーンの美しさや1つ1つの音の表現や音程の正確さについても非のうちどころなしで前スレにも書いた名盤といわれるものを凌駕しているところも多いので一聴の価値はあると思います。
自分の求めているモーツアルトのイメージ(特にリズム面)には最も近く、デジタル録音の音源としてはファイナルアンサーかなと考えております。
何回か聴きいてみたところ、録音が2005、2006、2007の3期に亘っておこなわれており、#1の2006年に録音された楽曲だけやや残響処理にわずかに不自然さを感じますが↑に書いたムターの全集とかと比較すると残響のカブリは遥かに良好で小型のWifiスピーカーやデスクトップのスピーカーで聴く分には全く気にならないレベルです。
こちらのCD(SACD)も廃盤らしく私が入手したものがタワーで最後の国内新品在庫だったようで
Amazonあたりでは中古価格が高騰し始めています。
もし購入のご予定であればYahooのDiskunionのショップに常識的な金額で3枚ほど出品されています。
相場も高騰しているので買って聴いてみて気に入らなければヤフオクやAmazonに出してもリセール損はないと思います。

カラヤンのMISSA SOLEMNIS
⇒これは個人的には演奏、音質とも文句なしでファイナルアンサーになりそうです。
クレンペラーの65年の演奏よりも全体的に一貫性がある感じで音楽に没頭できます。
音圧レベルは高いがダイナミックレンジの狭いコンプ処理バリバリの最近の音楽と違い、この楽曲自体、周波数帯域、ダイナミックレンジとも広大なのかセットになっているCD音源で聴いてみるとかなりムリがあり、同じマスターでもCDのほうはコーラス部分の若干の歪感と分離という面でBRAとだいぶ開きがあるように感じました。
音像との距離感、サウンドステージの広さもBRAのほうが一回り大きく感じました。

ただ一点だけ難点なのはBRAの場合、通常、ハイサンプリング音源の入っている部分は映像用のコピーガードが入っているのでPCでハイサンプリング音源をリッピングする場合、映像用のコピーガードをブレイク&リムーブする必要がありますが、最新のディスクだけあって映像用の特殊なコピーガードが掛かっているので金庫破りには一苦労しました。
このディスクに限っては映像のリッピングに慣れていればコピーガードをブレイク&リムーブすることができると思いますが慣れていないとハイサンプリングデータを抜くのはなかなか厄介かもしれません。

でわ^^

2020/10/2 14:51  [2265-4239]   

ちちさすさん

こんばんは(^^)

出来ました〜、こんな簡単な方法で切り替えが出来るとは(^○^)

詳しく説明して頂きありがとうございました、

これはちょっと自分ではわからなかったですね〜。

このアイコンは全然気がついてなかったです(^_^;)

助かりました、感謝、感謝です<(_ _)>

2020/10/2 18:43  [2265-4244]   

Bigshooterさん

こんばんは。

横浜まで行ったおりましたので、レスが遅くなって申し訳ありません、<(_ _)>

<⇒とコメントさせていただきましたが、演奏に関しては個人的に100点満点以上だと思います。

総合評価でー15点という事は、音質に関しては平均点と言ったところでしょうか?


<⇒これは個人的には演奏、音質とも文句なしでファイナルアンサーになりそうです。

それは良かったですね、74年盤もBRA付きのものがあれば選択肢が広がって良かったんですけどね。


<一点だけ誤解のないように云わせていただきますと↑のような「同情」というような上から目線の気持ちは全くありませんのでその点はご理解下さい。

こちらは私の方に問題があったようで、申し訳無いです<(_ _)>

<tam-tamさんの
云われているような「同情」とかといういやらしい気持ちは全くありませんので

いやらしい気持ちですか、
そういう意味合いで書いたつもりはないんですけどね、申し訳無いです。

<メンバーさんの過去の書込みを読み漁ったり
<Myページを覗き見たりするのも悪趣味なのでいかがなものかと

なるほど、私のしていた行動は悪趣味ですか、これはなおさないといけませんね、ご指摘有難うございます。

上から目線、いやらしい気持ち、読み漁る、覗き見する、悪趣味。
今回の一件は全て私に非があるように思いますので、どうぞ、お気になさらずに。

私も今後気をつけますので、
では。

2020/10/2 19:13  [2265-4245]   

ま、誰でも閲覧できるものは少なくとも覗き見ではないと思いますが、人によってはプライベート色が強いですからね。
Bigshooterさんの言われることは感覚的によく分かりますし、tam-tamさんが過去の書き込みを辿ったのは何も問題のないことなのも分かります。
人それぞれの価値基準の違いもありますし。どっちかが間違ってるわけではありませんね。

2020/10/2 22:22  [2265-4249]   

ちちさすさん

板挟み状態にしてごめんなさいm(_ _)m

十分に睡眠を取った後で、もう一度ゆっくりと考えたいと思います。
と言っても起きたばっかりなんですけどね、w

私も遂にHD650のオーナーになりましたよ(^^♪

やはり自宅で聴くと違いますね〜、
モノラル専用としてお勧め候補としてあげた、オーテクのSR9と同価格とは(^○^)
HD650の方が全然高級感がありますね。
う〜ん、素晴らしいなあ(^^♪

2020/10/2 23:06  [2265-4252]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんばんわ^^

夕方、用事があったので忙しく書き込んだので、電車の中で少し端折りすぎた書込みをしてしまったと思い、帰宅してtam-tamさんのコメントを拝見したところ、予想どおり誤解が誤解を生むことになってしまったようです。

まず、前提条件を云いますと「縁側」は利害関係のないコミュニティーなのでtam-tamさんに対しては敵意とか悪意もありませんし、批判的な感情も持っておりません。
メリット、デメリットという側面から捉えるのは不謹慎ですが、私にとって「縁側」は貴重な「勉強の場」という位置づけなので炎上して「勉強の場」がなくなれば私にとってはデメリットこそあれメリットは全くありません。

まず↑のような「同情」という箇所についてはtam-tamさんの云わんとしているニュアンスは理解しており、おそらく「同情」というよりも「過剰な同情」ではなく「過剰な配慮(気遣い)」ということだと解釈しております。
↑が誤解を招いたしまった部分でtam-tamさんの書かれている同情=過剰な配慮(気遣い)と文字通りの意味の同情を区別する意味で「」付きの「同情」としたのですが、私がわかっていても説明がなければわかりませんよね 笑
「同情」という言葉は「アドバイス」という言葉と同様、上から目線のニュアンスが含まれていますので、例えば会社とかで部下が上司に対しては使わない言葉だと思います。
本サイトの方でも「アドバイス」という言葉を多用する方もいますが、質問したサイドからしてみれば「アドバイス」という言葉に???となる人もいると思います。
tam-tamさんは本板の方でコメントが被った時に「お力になれる」という言葉を使っていて「この人はわかっている人だな」と感心した記憶があります。

メンバーさんの過去の書込みを読み漁ったりMyページを覗き見たりするのも悪趣味なのでいかがなものかと
⇒これはtam-tamさんがしていたかどうかはわかりませんが、後で書きますが今もこのやりとりを見ているであろう別の人のことを云ったつもりですが、これもちゃんと説明がなければ
わかりませんよね^^
「悪趣味」になるのは誰がそれをするかによって意味合いが大きく違ってくると思います。
仮にtam-tamさんがメンバーの過去の書込みを読み漁ったりMyページを覗き見たりするは「縁側」の管理人としてはむしろ必要なことだと思います。
わかりやすい例で云うと会社の上司は管理者責任というものがありますから、部下のプライベートについて知りたくもないようなことまで知っていなくてはならないケースがありますし、
知っていても本人の前では当然知らぬふりをしていなければなりませんが、同僚同士や部下が上司のことまで詮索してプライベートのことまで知っていたらこれは大変な問題だと思います。
「縁側」の場合は利害関係のない者のコミュニティーなので意見の衝突がある場合もあるでしょうし、時には管理人自らボケを噛ますフリをして仲裁に入って緩衝材の役目を果たさなくてはならないような場面もあると思います。
管理人=管理職とすると「縁側」の構成員の人となりや考え方を把握していないと仲裁に入ったはいいが逆に炎上してしまうケースもあると思います。
幸いこちらの縁側のメンバーみなさん大人なのでそういう場面に出くわしたことはないですが 笑
仮に私が他のメンバーさんの書込みやらなんやらを熟知していることを本人が気づいたら
気持ち悪いと思いますが管理人であるtam-tamさんが熟知していても気持ち悪いとは思われないと思います。
因みに件の「過去の書込みを読み漁ったりMyページを覗き見たりする悪趣味」な人間というのはtam-tamさんは既に薄々お気づきかと思いますが前スレでtam-tamさん書かれてた
「お気に入り登録件数12件となっており、認定メンバーは9名ですから、それ以外の方にも通知メールが入ってしまいますし。」・・・
のメンバー以外の2名のことを指しています。
私は縁側のメンバー以外の閲覧者はだれだか特定できないので私の勘繰りかもしれませんが、
この2名というのはもしかして私がこちらのメンバーになってから増えた人なのでは?
これはある程度確信があって私が「縁側」でしかないコメントを本サイトの人間が他のサイトに書いていて認定メンバーの縁側なので覗けるはずはないと思っていましたが、先日のtam-tamさんの上記コメントで謎が解けました。
いきなり?という人がファン登録してきたので何かあるのかなと思ったらファン登録+通知設定していれば、サイト内での私の一挙手一投足が監視できるわけですよね?
気持ちわりぃな〜と思って間違って自分の通知設定を解除してしまったらしく最近は縁側や本サイトにコメントが入ってアラートが入りません 笑
それに気づいたので以前m56059さんとやりとりしている時に読後削除をお願いしたわけです。

いづれにせよまたも私の説明が至らず不愉快な思いをさせしまい申し訳ございません。
こんなつまらないトラブルが続くとお世話になったちちさすさんはじめ他のメンバーにもご迷惑がかかるので本音を云えば、当面、自粛をした後にフェードアウトが自然かなと考えておりましたが、最後に変な誤解やわだかまりを残したままでトンズラしてしまうというのも不本意なのでコメントさせていただきました。

でわ^^

















2020/10/2 23:08  [2265-4253]   

Bigshooterさん

こんばんは(^^)

私の予想に反して”誤解”でしたか、私としては暗に私の事を書いてあるのであれば良いな、と思っていたのですが。

Bigshooterさん宛の直近のレスで、私は
<私はちちさすさんの縁側でのやり取りを拝見して、非常に辛い体験をしている事は知ってますが、
こう書いているので、これで誤解するな、というのが無理というものです。

<今回の動画の件に関しては、私宛のレスに貼り付けたものでもあるので、Bigshooterさんに非は無いと思っています。

こちらに対しては変わらず、Bigshooterさんの非は全く無いと思ってます。
私宛のレスの中に貼ってある動画のリンクですし、ちちさすさんにこれを観て下さいとも書いておりません。

散々「心の泉」を拝見した私でさえ、ベートーヴェンの交響曲全集はDVDの方が良いです、と画像添付までしてお勧めしてますからね、私は。
ちちさすさんが映像を観られないという事は私も今回の件で初めて知った事なので、「心の泉」を見ておられないBigshooterさんが知らなかったのも当然だと思っていますし。

半ば仲介役に入って書き込んだ内容に対して、まるで、批判するような内容ばかり書かれては、はっきり言って誤解してしまいます。
私は、当初、これをスルーしようかとも思いましたが、感情を抑え込むのは今後の為に良くないと思い、あえて、率直に感じた事を書いておりますが。

また誤解を生じる事になった、「同情」という言葉を安易に使ってしまったのは私の方が一方的に悪いと思います。

私が何故、ここまで書いているかわかりますか?

私はこの縁側のメンバーはファミリーの様なものだと以前書いており、その気持ちも現在も変わっておりません。

家族はふとした事からぶつかり合うのが当然で、それを繰り返しながら、絆を深めていくものだと考えております。

こんな些細な事で、活動自粛、脱会などして欲しく無いのです。

私が今抱えている問題に対しても真摯に一生懸命教えて下さってますし、ちちさすさんのご友人の購入機器の改造による対処方法などもありますし。

そして何より、クラシック音楽に対してあれこれと楽しく語りあえるのはこれからじゃ無いですか。

ちちさすさんが書いておられますように、Bigshooterさん、今まで通りお願いいたします。

ちちさすさんはこの価格コムでは古くから活動しておられ、お気に入りの縁側もたくさんあるにも関わらず、私の縁側への書き込みが一番多いのです、
それはBigshooterさんがおられるからだと思っておりますし。

個人的な都合で、自粛されるなら、それは仕方が無い事だとは思っておりますが、自主の理由が今回の事でしたら、それはどうか考えなおして頂きたい所存です。

私は書き込みが遅いので、一旦送信しますね。

2020/10/2 23:52  [2265-4254]   

Bigshooterさん

レスしていきますね。

<まず、前提条件を云いますと「縁側」は利害関係のないコミュニティーなのでtam-tamさんに対しては敵意とか悪意もありませんし、批判的な感情も持っておりません。

私のBigshooterさん宛の2度目のレスは感じた事をろくに深く考察しないで書いてしまっているので、「同情」とか「過剰な同情は良くない事」などと誤解される言葉を選択してしまってますので、こちらに関しては送信した後で、読んで不快な気持ちを与えるかも知れない、と危惧しておりました。
ですので、こちらに関しては私の言葉選択のミスですので、謝罪させて下さい、申し訳ありませんでした<(_ _)>

<私は縁側のメンバー以外の閲覧者はだれだか特定できないので私の勘繰りかもしれませんが、
この2名というのはもしかして私がこちらのメンバーになってから増えた人なのでは?

私は長年、アウトサイドで生きてきた人間ですからお気持ちはよくわかりますが、おそらく、ちちさすさんをファン登録されている方ですよ。
ちちさすさんの縁側、「心の泉」は管理者だけが投稿出来るものとなっており、当然、更新が無い状態ではTOP50の圏外に居ます。
ところが、今は視聴記などの書き込みを時々されているので、書き込みがあった時には一気にランクアップして上位に来てしまうので、様々な方がご覧になっているのでしょう。

現在、最も書き込みが多いのは、私の縁側でありますし、そういった事から過去最高のランキング6位になっているのだと思います。

<いきなり?という人がファン登録してきたので何かあるのかなと思ったらファン登録+通知設定していれば、サイト内での私の一挙手一投足が監視できるわけですよね?

それだけでは縁側に書き込んだ事までは通知されません。
この縁側をお気に入り登録しなければそれは出来ない事ですし、メンバー以外でお気に入り登録されている方はちちさすさんをファン登録している方だと思います。

<こんなつまらないトラブルが続くとお世話になったちちさすさんはじめ他のメンバーにもご迷惑がかかるので本音を云えば、当面、自粛をした後にフェードアウトが自然かなと考えておりましたが、最後に変な誤解やわだかまりを残したままでトンズラしてしまうというのも不本意なのでコメントさせていただきました。

本当につまらない些細な事なんですよ。
これが不本意で脱会したいというのであれば、私の配慮不足であり、私の責任です。
私に対して、「敵意とか悪意もありませんし、批判的な感情も持っておりません。」という事であれば、至らぬ管理者ではありますが、今後とも今まで通り、お願い申し上げます<(_ _)>

書き込みに配慮しなければならないのは管理者の私であって、メンバーの方々はそこまで深く考える必要は無いと思っております。

他に私が気付かぬ問題点などがあれば遠慮なくおっしゃってください。
出来る限り善処致しますので、今後ともご指導の方よろしくお願い致します<(_ _)>

という訳で水に流しましょうよ(^^)
ちちさすさん本人が何も気にして無いという、暖かい言葉を書いてくれてますので、

2020/10/3 00:27  [2265-4255]   

Bigshooterさん

失礼ながら、プロフィールを拝見致しました。

なるほど、ファン登録が一気に増えてますね。

この中の3名は私と被っているので心配は無いでしょう。

お一方、ポタアン、DAC関係で大物の方がいらっしゃいますが、この方はドーヴェンウルフさんとよくやり取りされておられる方ですので、心配は要りません、

増えてはいますが、私の方もレビュー、クチコミを自粛後にファン登録している方も居ますので、それほど、気にされる心配は無いかと思います(^^)

2020/10/3 00:39  [2265-4256]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

再びこんばんわ^^

「言葉」だけのやり取りというのは本当に難しいな〜と今回の一連の一件で改めて考えさせられました。
サラリーマンの頃は基本、人が相手だったので目の動きや気配で言葉以上に相手の本音が読めたりしますが、言葉は句読点を入れる場所1つで伝わるニュアンスがかわってしまいますし、修飾語がどこにかかっているか相手が意味を取り間違えてあらぬ誤解を招くこともあるのでつくづく怖いものだなと痛感しました。

半ば仲介役に入って書き込んだ内容に対して、まるで、批判するような内容ばかり書かれては、はっきり言って誤解してしまいます。
⇒他の方の意見がどうあれ、自分の気持ちを正直に書くのが相手に対する誠意だと思いますし、同調してしまうと話に一貫性がなくなってしまうのでかえっておかしな話にもなりかねませんのであくまでこれについては私としては個人的な考え方を書いただけなのでtam-tamさんのコメントを対批判するような意図は全くなかったという点はご理解いただけると幸いです。

こちらに関しては私の言葉選択のミスですので、謝罪させて下さい、申し訳ありませんでした
⇒最初に書きましたがお詫びをするのはむしろ私のほうで面前で会話しているわけではないので相手が言葉を忖度することができないという前提ではしょらないでよりわかり易く文章を書くへきだったのですが誤解が誤解を生んで相互に明後日の言葉の解釈になってしまったようです。

「縁側」は「楽しく」語り合うコミュニケーションの場なのでこれ以上この点を議論しても「縁側」の趣旨と違うことば遊びのようなまさに不毛な議論になってしまうのでこの話は終わりにさせていただきます。

フアン登録されていてもそれだけでは縁側に書き込んだ事までは通知されません。
ということで不安材料は1つ解消しましたが
最後に一点知りたかったのがメンバー以外の閲覧者は管理人でも把握できないシステムになっているのでしょうか?





2020/10/3 01:22  [2265-4257]   

Bigshooter さん  

2020/10/3 01:30  [2265-4258]  削除

美味い!!

Bigshooterさん

乾杯です(^^♪

下戸な私にはこの量が限界です、w

酒は飲めませんが、酒の味は好きなのです♪

ふとしたきっかけでHD650のオーナーになりました(^^♪

310USBとは合いませんねえ、w
(これは前から分かっていた事なんですが)

ポタアンなんぞも持っておりますが、こちらの方がHD650の長所が出ている感じが致します。

ですが、HD650の音が野暮ったいと感じる人には、この310USBとの組み合わせ、良いかも知れませんね。

HD660S、HD600とも比較しましたが、やはりHD650が良いですね。
最も貰い物なので、私に選択肢はありませんが(^○^)

多分、自身が購入しようとしてもやはりHD650を選ぶでしょうね。

310USBとの組み合わせではRockなども違和感無く楽しめます、素晴らしいですね(^^)

2020/10/3 01:28  [2265-4259]   

Bigshooter さん  

2020/10/3 02:16  [2265-4260]  削除

Bigshooterさん

<最後に一点知りたかったのがメンバー以外の閲覧者は管理人でも把握できないシステムになっているのでしょうか?

これはわからないシステムになっておりますね。

縁側も昔ほど活発に動いていないので、ランキングTOP5はほとんど不動です。

こちらクチコミを拝見致しましたけど、問題点とは何でしょう?
後で来られた人の方ですか?

プロフィールが読めますよね。
一番下に縁側の情報が載っています。
お気に入り登録されている、縁側名まではわかりませんが、登録している、していないくらいはここでわかりますので、気になる点があれば、ここを参照してみて下さい。

登録件数が一件もない人の場合は、書き込みがあっても通知メールが送信されませんので。

2020/10/3 01:51  [2265-4261]   

Bigshooterさん

なるほど、だからお返しにフoo登録されたのですか、

私が思うに、そういった感じでは無いと思いますが、

ドーヴェンウルフさんとも真摯にやり取りをクチコミの方でもされていますし、私の方もわざわざ、ご指名して質問した事がありますが、丁寧な対応でした。

おそらく書き込みは通知メールでチェックはしていないものの、こちらの縁側を不定期にご覧になっているのでしょう。

もうお一方は、旧2チャンネルでも取り上げられていた方ですね、そういった意味で大変な大物の方ですねえ。
今では、すっかり元気がなくなってしまいましたが、わかりにくい日本語を使うので、良く批判されている方ですね。

総括すると、問題はないと思っています。

HDアンプ、DAP、ケーブル(導体)、DACなどのカテゴリにおいてはこの方の右に出る者がいないので、Bigshooterさんに興味を持たれたのではないですかね。

こういった書き込みも自分で随時チェックしないとならないし、色々と参考にされているんだと思いますよ。
特に私は特別なスキルがある訳でも無くアホな事ばかり書いているので、そういうの楽しんでおられるのだと思います(^^♪

2020/10/3 02:12  [2265-4262]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

再びこんばんわ^^

以前HD660Sを買った時に前のモデルのHD650が安くなっていて最後まで迷ってHD660Sを買ってしまいました。
真面目に試聴して最後に残ったのがSRH1540とHD650とHD660Sで前2つは試聴でややバランス用だったのと高音のコモリ感を感じたので最終的にHD660Sを買いましたが家で実際に聴いたら高音の量が多めで煩いだけのヘッドフォンだったので暫くエージングしても全く合わなかったのでさっさとメーカーが欠品しているタイミングを見計らってオクで売り払ってしまいました。
あの時HD650を買っていたらまだ愛用していたかもしれませんね^^

私の場合、合わなかった時にさっさと売り払ってしまうのでリセール価格を見てしまうのでが
失敗するときは大体このパターンですね 笑

HD650をシングルでドライブしてクラッシックを聴くのであれば低音が盛ってないMaranzが合いそうな感じですが、310USBとの組み合わせだとちょと古いクレンペラーとか聴いたら重厚感とキレが満喫できそうですね^^

明日ヨドバシ行って買ってくるかな・・・ やはりやめとこう





2020/10/3 02:17  [2265-4263]   

ちちさすさん

アドバイス無視した形になる様な削除は私がしておりますので。

Bigshooterさんが削除している訳ではありません。

この縁側というシステムがもたらす安堵感というのはそれなりにありますけど、結局は誰でも観覧可能なので、見ている方の受け止め方によっては誤解をもたらすものがあったので。

こちらもBigshooterさんの書き込みに格別非があった訳では御座いません。

今回だけは大目に見て頂けると幸いです<(_ _)>

2020/10/3 02:23  [2265-4264]   

 Bigshooterさん  

情報ありがとうございます^^

丁寧な対応でした。
⇒これ 人によって全然違いますね 笑

Bigshooterさんに興味を持たれたのではないですかね。
⇒100%それはないと思いますね^^ 相手の意図が読めないのはやはり気持ち悪いですね 汗

ど〇の方は音像がとか得体のしれないことを云うので私のスレには再三出禁勧告したんですが
しつこいことしつこいこと・・・
⇒そんなわけでこの間、tam-tamさんとの縁側のコメントの中で音の脳内フィルターの件を書いたわけです 笑
頭の中にセンタースピーカーあるわけじゃないんだから普通に考えてど〇のあの理論は成り立ちませんね
脳の中で音を再合成しているかスピーカーでもヘッドフォンでも頭の中に音像ができるわけで、耳だけで聴いてるわけではないですからね〜

310USBとは合いませんねえ、w
⇒ハイゲインで聴いても合わない感じですか?


2020/10/3 02:39  [2265-4265]   

Bigshooterさん

<以前HD660Sを買った時に前のモデルのHD650が安くなっていて最後まで迷ってHD660Sを買ってしまいました。

聴かれている音楽ジャンルがその時にはクラシックは無かった訳ですから、私もクラシック音楽専用と考えなければ、HD660Sを選択するかも知れません。

貰いモノとはいえ、新品同様のHD650が偶然にも手に入った訳で、帰りのヨドバシで、HD660S,HD650,HD600と比較試聴しましたが、私に選択肢があるのであれば、HD600を購入していたかも知れません。
散々迷って、結局はHD650を購入するのかも知れないですが、私の好みの音はモニター色が若干強いHD600でしたので。

HD660Sが散々批判されたのか、HD650が再発され、日本未発売だったHD600までも数量限定という形で発売されました。
2019年にリニューアルされ、ハイレゾロゴ取得の為に再生周波数帯域を広げておりますね、現在のモデルは。

<HD650をシングルでドライブしてクラッシックを聴くのであれば低音が盛ってないMaranzが合いそうな感じですが、310USBとの組み合わせだとちょと古いクレンペラーとか聴いたら重厚感とキレが満喫できそうですね^^

この辺りはやはりさすがですね。
カラヤンみたいな滑らかなレガート奏法を駆使して、オーケストラを鳴らしているのであれば、Maranzのヘッドホンアンプで鳴らした方が楽しめると思います。

多分、Bigshooterさんがお好きなチェリビダッケは310USBだと楽しめませんねえ。
(HD650との組み合わせの場合)

クレンペラーはおっしゃる通り、非常に相性が良いです。

これは面白いですねえ、ジャンル別で、ヘッドホンアンプを選別する事はあっても、指揮者別で、こういった事書いているのってちょっと無いんじゃないでしょうか、w
凄まじい、ストライクゾーンの狭さじゃないですか、w
これは考察してみる価値がありそうですね、非常に面白いと感じました(^^)

2020/10/3 02:43  [2265-4266]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん

おはようございます^^

今回も巻き込んでしまったようで申し訳ございません。
不愉快な思いをさせてしまいましたがこちらの縁側でもご自身の縁側同様
従来どおりメンバーの皆さんと楽しくやって下さい!

でわ^^





2020/10/3 02:46  [2265-4267]   

Bigshooterさん

<⇒ハイゲインで聴いても合わない感じですか?

私がちょっとこだわり過ぎなんですよ、多分。

それと、ちちさすさん愛用のLUXMUNのハイエンドモデルのヘッドホンアンプで、手持ちのCDをHD650で聴いてしまっているので、やはりちょっと格落ちしてしまうのはどうしようもないです。

愛用していた、ONKYOのポータブルアンプは非常に出来が良く、こっちで鳴らした方が、HD650の魅力、長所が楽しめる感じです。

DENON 310USBとの組み合わせは決定的に合いませんねえ(^_^;)

最も、私としては本来、この様な音が好きなんですけど、どうしてもLUXMANのアンプで聴いた音が忘れられず、それも録音状態の良いカラヤンまで聴いてしまいましたので(^○^)

あれはいかんですよ、反則です、レフリーが止めるべきです←もはや錯乱状態に、w

2020/10/3 02:56  [2265-4268]   

Bigshooterさん

急いで返信していたので、書き忘れていたところがあったので。

<カラヤンのMISSA SOLEMNIS
⇒これは個人的には演奏、音質とも文句なしでファイナルアンサーになりそうです。

個人的には、Bigshooterさんには私の愛聴盤である、カラヤンの85年盤も聴いて欲しいと思うところです。

ソリストは最も非弱な布陣ですので、この盤が推薦盤として出てくる事は100%無いと思います。
(オケの音も重厚では無いですし、しかしながら洗練の極致なんですよ。非常に美しい演奏なのです。)

長い間、JAZZを愛聴していたBigshooterさんの様な方に違った視点からでの感想が頂けたらと思いますが、
人気のある盤では無いので、リッピングして即売却しようとしても買い手が居ないかなあ。
今年はベートーヴェン生誕250年記念の年でもあるので、ラストチャンスだと思うんですよね。
(そこそこ高い売値でも売却出来るラストチャンスという意味ですね)

310USBとAKGの組み合わせが良いかも知れません。

<「言葉」だけのやり取りというのは本当に難しいな〜と今回の一連の一件で改めて考えさせられました。

これは以前、エクステンションマークを不用意に使用している子が居たので、注意した事がありますね。
「わかったよ」と「わかったよ!」では全然ニュアンスが違いますからねえ。
こういった細かい事にも神経を使ってしまうというのは、やはり麻雀が多いに関係しているのだと思います。
20歳位に通っていた雀荘は9割方がその筋のお方でしたから、w
上がって良いものやら、上がってはいけないものやらの判断がつかず、w
結局は「ロン」と言って上がるのですけどね、w いや〜この後どうなるんかい、と、w

あ〜、バランス接続で、低域にフォーカスを当てて聴いてみる、って事を忘れてしまってました(^_^;)
時間がもったいないですね〜、せっかく秋葉原に寄ったのに(^○^)

2020/10/3 03:25  [2265-4269]   

 Bigshooterさん  

T12のリファレンスアンプがTEACのUD-505だというのでT12でファイナルアンサーだなと思って碌に聴きもしないで買ってきて聴いてみたらあまりに煩くて頭が痛くなりましたね 涙

660S同様しばらくエージングしても全くダメでよく調べてみたらハイインピだとA級動作じゃなくてAB級になってしまうんですよね・・・

こりゃダメだと思って660S同様、速攻オク行きでしたね

いくらリファレンスと言っても冷静に考えればミニコンをBTL接続にして30cmウーファーのJBLを鳴らしているようなものでまともな音がでるハズないんですよ 笑

本板でUD-505と660Sの組合せを絶賛している人達って高音歪の倍音成分を突き抜ける高音と完全に勘違いしてますね 笑

複合機ってどんなに高性能なDAC積んでいても所詮DACとアンプのオールインワンのミニコンポですからね・・・

それで方向転換して複合機にはA級動作でカバーできる65Ωまでのインピのヘッドフォンにしましたが全然こっちの方が歪感少ないしいい音ですね 低音も完全に制動できているのでjJAZZを聴くとしっかりグルーヴ感が再現できるんですよ

310も変換効率の高いACアダプターを生かして瞬間的なパワーは稼げますが、300Ωをロングドライブすればグランドがフラフラして非線形動作起こしますからLUXMANのアンプでもなければ
すべての面で不満のない音っていうのは難しいと思いますよ

御託はこの辺で終わりにいたしますので650を満喫してください でわ^^

2020/10/3 03:34  [2265-4270]   

 Bigshooterさん  

また誤解があるといけないのでコメントさせていただきますが、これは決して否定的な意味ではなく、サクっとLUXMAN買って下さいという意味あいなのでくれぐれも誤解なきようお願いいたします。

2020/10/3 03:42  [2265-4271]   

Bigshooterさん

<310も変換効率の高いACアダプターを生かして瞬間的なパワーは稼げますが、300Ωをロングドライブすればグランドがフラフラして非線形動作起こしますからLUXMANのアンプでもなければ
すべての面で不満のない音っていうのは難しいと思いますよ

幸い、ONKYOのポタアンが良い仕事をしてくれるので、310USBとの二刀流で使いこなしが出来そうです。

<また誤解があるといけないのでコメントさせていただきますが、これは決して否定的な意味ではなく、サクっとLUXMAN買って下さいという意味あいなのでくれぐれも誤解なきようお願いいたします。

ジャンルに得手不得手があるのが承知で購入したヘッドホンアンプですので、
LUXMANのヘッドホンアンプが購入できるかどうかは今や菅総理頼みですよ、w

書き込みありがとうございます(^^)

貴重なお時間を使わせてしまい申し訳ありません<(_ _)>
良い1日を♪

2020/10/3 04:09  [2265-4273]   

お二方ともお疲れさまです♪

tam-tamさん。
おお、m56059さんに続いてtam-tamさんもHD650を(^^)
万能タイプじゃないからキラリと光る長所が一層良く思えるのです。
私のP-1uとの組み合わせはキャラ被りになるので、なおのこと得手不得手がハッキリします。得手の音源は一層良くなりますが、不得手の音源は今ひとつ感もランクアップ(^▽^;)
一般的にはBigshooterさんが考えらたようなトータルアッセンブル観点でのチョイスでしょうし、実際そうしている人の方が多いんですが、通信簿でもオール4の子よりも、1が並ぶ中でひとつ5を取っている子の方が素敵に見えるでしょ?(爆)

パチンコですが、最初の麻痺の時は歩けるまで回復したので、パチンコにも行っておりました。二度目は再起不能で、もし打てるとしても固定椅子を撤去できる台のみになるでしょう。こっちは車椅子なので。
怖くてパチンコには行けていませんが、情報は今も収集しておりますし、私の体調が良くて夫に見てもらわなくても大丈夫そうな時は、4時間ほど夫に行かせて演出や仕様を確認させています。もちろん自分が行ける日が来ることを願ってのことです。
なので、最近の透過液晶のことや一種二種混合も分かっておりますよ。
内規改定も勉強しておりますし、ホールコンピューターの傾向把握方法も忘れておりません。
ただ、私の休業(?)中にホールの遊戯台制御が確率制御から出玉率制御に変わっておりますので、傾向の変化はあるでしょうね。

2020/10/3 10:32  [2265-4274]   

ちちさすさん

こんにちは〜(^^)

最近、クラシック音楽を聴く時間が増えたので、HD650は欲しい、欲しいと思っていたんですよね。

HD660S、HD650、HD600と比較試聴しましたが、私の好みで言えば若干モニター色の強いHD600ですね。

まあ、貰い物ですから、私に選択肢は無いんですけども(^○^)

自身でもHD650は購入しようかどうか、というところでしたので、良かったな、と、w

ただ、私が使用している、DENONのヘッドホンアンプと絶望的に合いません。

ちちさすさんがクチコミでのやり取りの中で、相性の良さには2通りある、と言っておられましたよね。
お互いの長所を引き立て合うものと、お互いの欠点を潰し合うものと。
310USBとの組み合わせの場合、お互いの長所を潰し合う形になってしまいHD650のポテンシャルが十分に発揮出来てるとは言い難く、w

ONKYOのポータブルヘッドホンアンプで聴いた方が良いくらいでして、
ちちさすさんご使用のLUXMAN P-1uでは聴いた事はありませんが、最新モデルの方でラックストーンを聴いてますから、ああいう鳴り方はしないですねえ(^_^;)

HD650、これ、見た目も素晴らしいものですが、傷がつきやすい光沢仕上げになっているので、雑に扱ってしまう私としてはちょっと心配です、w

<通信簿でもオール4の子よりも、1が並ぶ中でひとつ5を取っている子の方が素敵に見えるでしょ?(爆)

そうですね(^^♪

私の所有機器はみんなそんな感じですので、可愛いもんですよ、w

モノラル音源専用として、オーテクのSR9を次点の候補としてあげましたが、私のシステムだと、HD650と同価格帯のヘッドホンでは抜群に相性が良いですね。
このHD650も全然鳴らしてないみたいなので、新品同様なんですが、現時点ではクラシック音楽でもSR9の方が良く聴こえる曲の方が多いですね。

EDMの様な曲を聴くのに買ったSR9ですが、アンプとの組み合わせによってはクラシック音楽も全然いけますね。

ただ、どっからどう見ても同じ価格のヘッドホンには見えませんねえ、これ、w

HD650は眺めているだけで、ため息が出るほどカッコいいですね(^^♪

現時点では私の使用しているヘッドホンアンプとは合いませんけど、もともとクラシック音楽は捨てて購入してますので、安くともクラシック音楽に合うヘッドホンアンプの導入を検討中です。
これはもう菅総理にかかっておりますので、期待はしてます、w

<なので、最近の透過液晶のことや一種二種混合も分かっておりますよ。

あら、知っていましたか(^^)
まあ、演出が一層激しくなったに過ぎませんから、私としては長過ぎるリーチアクションより、シンプルな海物語みたいな方が好きですけど。

<一種二種混合も分かっておりますよ。

あら〜、ちょっと素人さんではなかなか出てこない用語までご存知で、(^○^)
もしかして、牙狼とかも打ってました?
私は牙狼では爆発した経験がありませんが、凄い出玉スピードでしたよね(^^♪

<もし打てるとしても固定椅子を撤去できる台のみになるでしょう。こっちは車椅子なので。

お店によってはどの台でも撤去してくれますよ、私の隣の区ではそういったお店もありますので(^^♪

<ただ、私の休業(?)中にホールの遊戯台制御が確率制御から出玉率制御に変わっておりますので、傾向の変化はあるでしょうね。

こりゃ相当なもんですね〜、内規規定も勉強なさってるとは。
都内では今ほとんどのお店がスマホによる抽選システムを使っているので、早い時間から並ぶ必要がないんですよ。
昔はこの並んでいる時間も常連さんの話が聞けたので面白かったんですけどね。
「絶対このお店、遠隔してるわよ!」とか言いつつ並んでいるおばちゃんがたくさん居ました、w
「だったら他の店行けよ。」と心の中で思っていましたけど。
出たら出たで、そんな文句は言わないんですけどね、どうも退いた途端に大当たりを引かれると、そう思ってしまうみたいですね、(^○^)

レス、ありがとうございます(^^♪

2020/10/3 14:18  [2265-4276]   

Bigshooterさん

おはようございます(^^)

ご報告:

現在のお気に入り登録数11件、1件減ってますね、w

私とのやり取りの直後ですから、懸念されていた事が当たっていた、という事になります。
(私は心配無いです、と言っていましたが、この点については大変申し訳なく感じております<(_ _)>)

登録を削除された事で、不安材料は無くなった、と思います。

(思い当たる節がある人が登録を削除したと思いますので)

2020/10/5 08:46  [2265-4307]   

ちちさす さん  

2020/10/5 10:04  [2265-4308]  削除

tam-tamさん。
もう数年前から、パチンコ店は遠隔操作をする必要がなくなりました。激アツをはずすと「遠隔された〜!」といういう人がいまだにいるみたいですが、ただの演算です。

ちょっと勘違いがありまして、上の投稿を削除して書き直しました。

2020/10/5 10:05  [2265-4310]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

運営側に削除されてしまったのかと思いました(^_^;)

ホー助くんがお勧めですね。色んな意味で。

ダイナマイト・キングとか、パトラッシュなんかもドット、セグのみですが、やはりドンドン演出が激しくなってますので。

私の知っている、ホールさんでは、事前に連絡してあるのかわかりませんが、どの台でもネジ外して椅子を外してくれますよ(^^♪

ホールの運営サイドの度量によると思いますが、こういった対応をしているホールさんは少なからず、あるという事ですね。

現在は完全パーソナルシステムを導入しているホールも多いですから、全くパチンコ玉に触れる事なく楽しめますよ。

コロナが落ち着いた頃にパチンコを満喫するのも良いのではないでしょうか(^^)
(一種二種混合機はセグ、ドットのみの機械が多いですね♪)

2020/10/5 10:20  [2265-4311]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんにちわ^^

今日は朝から検査があったので昼めしを食べて帰ってきて、板を覗いてみたら「楽しい音楽を語ろう」ではなくて「楽しいパチンコを語ろう」になっていたのでやや焦りました 爆

現在のお気に入り登録数11件、1件減ってますね、w・・・
⇒わざわざご連絡ありがとうございます!ビンゴだったらホント気持ち悪りィな〜 汗
他サイトへのコピペ引用を偶然発見したのでメンバーさんとのやりとりで意図的に「縁側」を見ていないとわからないようなことを書いてみたりして「陥穽の計」を仕掛けたところ、〇らの方はまんまと嵌って、何を勘違いしたのかおかしなことをしていて笑えました^^
もう1名のほうは依然としてファン登録を解除していないので???ですが・・・
縁側のお気に入り解除も私の勘繰りと偶然かもしれないので管理人さんでも登録者の特定ができないということであれば特定は難しいですね・・・
むしろお気に入り登録なしで覗かれるほうがキモくないですか? 笑
「縁側」自体オープンな裏庭みたいな位置づけが前提なので仕様にあれこれ言っても「仕様がない」のはわかりますが、Facebookでさえ閲覧制限ができるわけですから、メンバー限定とは言いませんがせめて閲覧者を管理人さんが把握できるシステムにしてもらいたいところではありますよね^^
いづれにせよ↑のやりとりを見て縁側のお気に入り登録を解除したとしたら悪趣味以外のなにものでもないですね^^ 古い考え方かもしれませんが、情報が欲しければ正々堂々と頭を下げて教えを乞うか、対価(金)を払って情報を買うかというのが「人」として・・・というものだと思います。
最近はタダで情報を入手できる手段が氾濫しすぎて有難い反面、無責任なガセ情報も多くなっていますし、「情報の価値」がどんどん失われている点には甚だ疑問を感じます。

まさに釈迦に・・・の話で恐縮ではありますが、メンバーさんの動向を把握していないと受け同調はできてもtam-tamさんの気持ちや意見を反映させたやりとりができなくなってしまいますから諄いようですがtam-tamさん↑でも書いたようにメンバーさんの「縁側」以外の書込みを積極的に常にウオッチしておくべきだと個人的には思います。

話は変わりますが、こちらの「縁側」で650がブームになっているので「シングルで300Ωをパーフェクトドライブできるアンプ」はないかな〜と思ってスペック的な下調べをして病院に行く(反対方向)ついでに試聴してみようかな なんて良からぬことを考えいたわけですが、結論から言うとシングルで300ΩをパーフェクトドライブできるHPAはちちさすさんがお持ちの P-1uしかないですね・・・ つまり現行機種では見つかりませんでした 涙

当初はUD-505をDACにして単体アンプがあればアンプにバランス入力して・・・と餅を描いてみましたが、スペック面だけで見ると


@DA-310USB 380mW×2 (32Ω) <フル・デジタル>
AHD-DAC1 800mW×2 (32Ω <AB級?>
BUD-505 500mW×2 (32Ω・シングル) <A級/AB級 300ΩはAB級動作>
CTA-ZH1ES 300mW×2(32Ω) <S-Master HXを使った2段ロケット ドッカンターボ仕様>
DP-1u 500mW×2(32Ω) <純!A級動作>
EP-750u 500mW×2(32Ω・シングル時 <A級動作?>

という感じでシングル接続で考えるとD以外スペック上はどれも帯に短し・・・という感じですし、Eバランス接続に重点を置いているのとDADを選ぶのでフルスケールの出音を求めるとしたら最低でも90万は下らないので速攻却下!シングル接続に至ってはDより実際の出音はかなり落ちることが想定できるので選択肢としてはA一択くらいかな〜ということで

早速、札幌唯一ともいえるオーディオ専門店A+650(知り合いの店長の私物 笑)の組合せで試聴してみましたが、↑でも書いたようにもともとDAC1は低音を盛っていないので低音域の量感多めの650と組合わせると適度に締まっていい感じでした。
高音域も以前ヨドで試聴した時のような非力なアンプとの組合わせで感じたコモリ感もなく、
Maranzらしい歪感のない奇麗な高音でした。
総合的には高音域のMaranz臭が気にならなければ650のカラーが支配的だと感じました。
高音域のMaranz臭はバイオリンとかの弦に顕著に出るので弦に着目してみるとわかりやすいかもしれません。
中低音も中音域からのエッジが上手くつながっているのでJAZZのグルーヴ感も文句なしといったところでした。
650はハイインピなので低音域の出音が最大の懸念でしたがぶよつかずにしっかりダンピングできており、バスドラやティンパニーでもモタツキがなかったのでしっかりドライブできている感じました。

tam-tamさんのことなのでこの組み合わせはすでに試されていると思いますがインプレしてみました。
万が一もしお試しでないようであれば是非一聴してみて下さい。
あ〜 試聴するんじゃなかった・・・ (モノローグ)

でわ^^













2020/10/5 15:17  [2265-4315]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

再びこんにちわ^^

確認したところ↑上のスペックで誤りがあったので訂正しておきます。

@DA-310USB 380mW×2 (32Ω) <フル・デジタル>
AHD-DAC1 ★400mW×2 (32Ω <AB級?>
BUD-505 500mW×2 (32Ω・シングル) <A級/AB級 300ΩはAB級動作>
CTA-ZH1ES 300mW×2(32Ω) <S-Master HXを使った2段ロケット ドッカンターボ仕様>
DP-1u 500mW×2(32Ω) <純!A級動作>
EP-750u 500mW×2(32Ω・シングル時 <A級動作?>

@フルデジタルなので音源が悪いと容赦なくノイズ・歪も増幅してしまいます。特に高負荷時
の歪に弱い。

BCEシングル時にはバランス?(BTL)用のアンプ4ブロックを2×2ブロックとしてパラレル駆動する仕様なのでBTL接続時と比べてアンプのドライヴ力がかなり落ちる。

でわ^^ Good Luck!
大変なのでReコメは不要です。

2020/10/5 15:53  [2265-4316]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

すみません再々訂正です 汗
そろそろボロがでそうなのでやめときます・・・

AHD-DAC1 ★800mW (32Ω ★GAIN Low <AB級?>

こいつはたしか昔風のゲインではなく電流量を調整するタイプのゲインだったと思うので他機種とは単純比較できませんがGAIN Lowでもモノブロック換算で800mWの出力を謳っているくらいなのでわかりやすい言葉に置き換えると、実質的にはDENONの倍くらいの「馬力」をイメージしたほうがわかりやすいかもしれません。

オーディオは御託よりも実際に聴いてどうかが重要なので 笑

2020/10/5 16:26  [2265-4317]   

Bigshooterさん

こんにちは〜(^^)

レスがあり、非常に嬉しく思っております(^^♪

私が勝手に誤解をし、好き放題に書いてしまったので、どれだけ不快な思いを与えてしまっただろう、と。

<板を覗いてみたら「楽しい音楽を語ろう」ではなくて「楽しいパチンコを語ろう」になっていたのでやや焦りました 爆

ちちさすさんがパチンコが好きだった事は知っていましたが、プロ並みの知識を持っている事にびっくり致しました。
何事にもとことんハマってしまうのでしょうねえ(^○^)
(ちちさすさん、これはディスったものではありませんので、顔文字が良く無いか、w)

<⇒わざわざご連絡ありがとうございます!ビンゴだったらホント気持ち悪りィな〜 汗

認定メンバーの方はいずれも解除しておりませんので、ビンゴの可能性が高いと思ってます。
私とそういったやり取りをした直後ですからね。

<もう1名のほうは依然としてファン登録を解除していないので???ですが・・・

このお方は、人によって対応がまちまちですが、真摯に質問すれば真摯に対応してくれますので、

<管理人さんでも登録者の特定ができないということであれば特定は難しいですね・・・

こういったところが価格コムの中途半端なところでもあるんですよね〜。
掲示板の登録件数しかわからないので、こちらを解除して他の縁側を登録された場合、お手上げ状態ですからね。
今回はそんなテクニックを使わず、解除したので、私とのやり取りを観覧して解除した事がわかるんですが。

<むしろお気に入り登録なしで覗かれるほうがキモくないですか? 笑

同感ですね、w
縁側自体、何かこう個室みたいな雰囲気があるので、クチコミでバトルになった時、よそ様の縁側で言いたい放題書いている輩も昔は結構居た様ですが。

縁側の運営のシステムが3つの形態から選べる訳ですから、観覧制限の権限も欲しいと思うところではありますね。

<最近はタダで情報を入手できる手段が氾濫しすぎて有難い反面、無責任なガセ情報も多くなっていますし、「情報の価値」がどんどん失われている点には甚だ疑問を感じます。

こちらのレビューでも、Amazon同様、やらせレビューは多数ありますからね、ちょっと注意が必要だと思いますね。

自分の足を使って動いてみて、それでも尚解決出来ないものは質問しても良いとは思うんですが、少し
の手間で動ける環境にいながら、何もせず、と言った姿勢は私も良くないと思いますね。
都心にお住まいで無い、試聴が非常に難しい環境にお住まいの方ならまだわかるんですけども。

また、自分でもある程度の情報を発信しているなら別ですよ、持ちつ持たれつという事になりますので。

<メンバーさんの「縁側」以外の書込みを積極的に常にウオッチしておくべきだと個人的には思います。

そうですね、メンバーの方々が快適に縁側を使える様にするのも管理者としての責任ですからね、
今後はなるべく、そういった事も考えて対処していきたいと思っております<(_ _)>

<話は変わりますが、こちらの「縁側」で650がブームになっているので........

jade7さんもHD650に興味を持たれた様でありまして、(^^♪
メンバーの実に半数の方が、同じヘッドホンを現役で使用されているという事も非常に珍しいですし、音楽にしてもそうですが、いずれも初心者の方々では無いですからね。

<結論から言うとシングルで300ΩをパーフェクトドライブできるHPAはちちさすさんがお持ちの P-1uしかないですね・・・ 

私もLUXMANのハイエンドモデルでHD650を聴いておりますが、こちらはバランス駆動をメインとした複合機でしたので、ちちさすさんが所有されているP-1uはシングルエンドに特化したモデルですから、これ以上に良い音を鳴らすヘッドホンアンプは3桁超えの製品になってしまうんじゃないでしょうか(^_^;)

<総合的には高音域のMaranz臭が気にならなければ650のカラーが支配的だと感じました。

↑この検証は多いに参考になるんじゃないでしょうか、
偶然にも、HD650の聴き比べみたいなコラムを書いた直後ですからね、w
私はゼンハイザーの付属ケーブルの出来はあまり信頼していないんですよ。
同じゼンハイザーでも、別途で販売しているケーブルは別ですけども。
付属ケーブルでは、イヤホンのie80でやらかしている実績があるだけにどうにも信頼がおけないものでして。

私も、HD650専用とまでいかなくてもヘッドホンアンプの導入を考えているんですよ(^^♪

購入検討している製品は今のところ↓ですね、最もかなりの時間を割いて聴いてみる必要があると思ってますけど、
cayin HA-1A MK2
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/18553/2069/


DACを積んだミドルクラスのヘッドホンアンプでは現行品ではDAC1くらいしかありませんので(^_^;)
後は中古でP-1uの状態の良いものを探すかしか無いですね、お手上げ状態で御座います、w


2020/10/5 16:28  [2265-4318]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)
(これを書いているの夜中なんですけどね、w)

HD650、大変気難しいヘッドホンですね、これ(^_^;)

時間的にも所有している全ての音源を聴く事は不可能ですが、

コラムで試聴用に使ったCDとの相性が良くなかった、としか言いようがありません。

チョン・ミュンフン指揮の「幻想交響曲」はDDD、つまりデジタル録音の音源です。

こちらのCDを聴く限り、どうしても高域側が籠もったように聴こえるのですが、

私の愛聴盤、ポール・パレー指揮の「幻想交響曲」では全くその様な不満が無く、
(こちらは1959年録音と大変古い、ステレオ録音です。ADDですね、こちらは)
この、mercuryレーベルのCDは音質が大変素晴らしいものが多いのですが、

私の所有している、ヘッドホンアンプとの相性が悪いものとばかり思っていましたが、CDによっても激変するので、非常に難しいと感じました。

長年、HD650を使用しているちちさすさんの感想はどうでしょう?
やはり、新しい録音のものより、古い録音のものの方が良く聴こえたりしないでしょうか?

カラヤンのCDでも比較してみましたが、80年代に録音されたDDDのCDだと同様の現象が再現されるのです。

単純な録音の良し悪しの問題では無いですね、これは。

ちなみにちちさすさんが所有されているHD650と私が所有しているHD650は全く同じものではありません。

2019年のパッケージリニューアルで再生周波数帯域が若干拡張されております。

これは主に日本をターゲットしたものでしょうね、ハイレゾロゴ取得のために。

僅かな変更ですから、ドライバーは全く同じ物でしょうし、付属ケーブルを若干変更したにとどまるくらいだとは思いますが。

CDによって、こうも印象が変わるヘッドホンはHD650が初めてですねえ(^_^;)

DDDはダメで、AAD,ADDだとほとんど不満を感じない、謎ですねえ。

お勧め頂いた、ハスキル、マルケヴィッチのピアノ協奏曲第3番なんかもすこぶる良い音を鳴らしてくれます。

他のヘッドホンではこんな現象が起きないので、その要因は何なのか、調べていきたいと思ってます。


2020/10/6 03:01  [2265-4322]   

Bigshooterさん

おはようございます(^^)

ちちさすさん宛のスレでも書いたのですが、HD650、単純にヘッドホンアンプとの相性で比較しきれない要因があるようでして。

クラシック音楽でしか比較しておりませんが、どうもDDDのCDとの相性が良く無いようで、

AAD,ADD、のリマスターのCDではちゃんと鳴ってくれるんですよね。

この現象は一体なんなのでしょう?

コラムで使用した、チョン・ミュンフン指揮の「幻想交響曲」はDDDですが、他のヘッドホンでは良い音質だと体感出来るので。

まだ検証の数自体少ないのですが、カラヤンのCDでも同様の現象が起こるのです。

私は録音の古いCDが非常に多いので、そのようなCDは比較的良好に鳴ってくれるのですが。

私では何が原因でそうなってしまうのか、お手上げ状態で御座います(^○^)

こんな事表のクチコミで書こうものなら袋叩きに合いそうですし、w

う〜む、わからん......orz。

2020/10/6 03:16  [2265-4323]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんにちわ^^

AAD,ADD、のリマスターのCDではちゃんと鳴ってくれるんですよね。
⇒リマスター音源の場合、特に高音域、低音域は盛ってるものがほとんどなので、耳がリマスター音源のイコライジングに慣れてしまってるのかもしれませんね
Biu-ray audioのライナーノーツ(本?)にはどういう工程を経てリマスターが行われたかということがこと細かに書かれているものがあるのでざっと読んでみたら、
「DOLBY NRのかかったアナログマスターからNRを取り除きテープヒスを含めた全ての情報をマスターとしNRによって失われた高域成分をデジタル処理を使って類推補間し・・・」というようなわけのわからない工程を経て出来上がったハイサンプリング・ハイビットマスターをブラック・ボックスに入れて丸め込み処理でダウンサンプリングしてCDにしているらしいので、おそらくこのブラックボックスで聴きとりやすく・解像度が高く聴こえるようなイコライジング処理がされているのではないかと思いました。
前にも書きましたがBlu-ray audioやSACDは一聴すると同一マスターのCDと比べて高音域が強調されていないので地味で落ち着いた音に聴こえますが、よく聴いてみるとハンドベルとかの高音域の倍音情報はCDと比べものにならないくらい入っているのかハーモニクスの表現に色彩があるように感じます。

CDの場合、ダイナミックレンジの広いクラッシックをCDフォーマットという限られたダイナミックレンジの範囲で可聴帯域に「聴きとりやすく」効率的に突っ込まないといけないのでややムリもあるのかな・・・と思います。←例によってあくまで独断と偏見ですが 笑

DDDの場合、高音域をわざわざ盛らなくても録音によっては違和感のない高音情報が記録できるのでJAZZとかでも高音域は盛っていないものが多いと思います。
デジタル録音の場合、低音〜重低音のクリップに気を付けて録音すればそのままでもある程度聴けるレベルにはなるのでリマスター音源と比較するとクラッシックも高音域の量感が少ない
ものが多いと感じました。
インバルのブルックナーやシノーポリーのマーラー、チェリビダッケのライヴ録音(一部を除く)なんかは個人的には破綻なくDDDの持ち味を上手く生かした録音だな〜と感じました。

他に考えられるのは音として認識するまではCD(音源)→HPA→HP→脳 という中で相対的に作り上げられるものなので経路の中で可変なHPAを変えて聴いてみるとまた違う結果になるのではないかと思います。
650の場合、高インピなので昨日も↑で書込みましたが「高音域も以前ヨドで試聴した時のような非力なアンプとの組合わせで感じたコモリ感もなく」ようなことも影響しているのかもしれません。
650持参で一度お手軽なDAC1あたりで同一音源を試聴してみる価値はあるかもしれません。

おそらく実所有されているちちさすさんから的確なコメントがあると思いますし、私自身、650を自己所有して自分の環境で聴いたわけではないので誤った内容のコメントも多々あると思いますので例によってまた「オヤジの世迷言モノローグ」が始まったか〜程度に軽く読み飛ばしておいて下さい^^


これから何日か仕事で通信圏外に行くので暫く閲覧もできないのでReコメは不要です。




2020/10/6 13:48  [2265-4325]   

HD650とP-1uのお話はまた後ほどにさせていただいて、tam-tamさんがコラムで取り上げた幻想交響曲のことです。

私は画像にあげた4枚が所持盤で、tam-tamさんとはチョン・ミュンフンとシャルル・ミュンシュが共通してますね。

ミュンシュ/パリ管弦楽団は歴史的名盤で、覇気の強さではこれ以上のものは私は知りません。同時期のブラームス交響曲第1番も同傾向の名演で知られていますけど、ホント、「漢」って感じの演奏ですよね。
ミュンシュはボストン交響楽団のもそんな感じです。
私はミュンシュの演奏は好きな方ではないんですが、この男臭さが原因なのは間違いありません(笑)。
でももう一つ理由がありまして、表現の手管が少ないんですよ、ミュンシュは。
表現力の幅が狭いにもかかわらず一流の演奏ができる指揮者は私の知る限りではカレル・アンチェル、キリル・コンドラシン、そしてミュンシュの3人だけです。
一流の演奏なのは認めますが、引き出しの少ない演奏は私の好みではありません。
まあ、野球で言えば、ストレートとフォークボールだけでバッターを打ち取ってるピッチャーみたいな感じ?
4枚持っている幻想の中で、一番聴かない盤なんですよ〜(^^;)

チョン・ミュンフンの演奏は良いんですけど、この人の表現は先が読めちゃいますよね(笑)。私はメシアンの大部分をチョン・ミュンフンで揃えていまして、だいぶ堪能させてはもらいましたが、何ていうんだろう、飽きやすいというか…。
幻想も同じ傾向なんですが、これは曲が良いので、なんのかんの言いながら一番聴く盤です。バスティーユ管の色彩美も当時のフランスのオケでは一番だったと思います。
幻想の前に置かれているデュティユーの「メタボール」もいいですね。デュティユーの曲はハズレが多いんですが、これは数少ないアタリの曲を名演で聴かせてくれます。
私は幻想のスコアは持っていないのですが、某評論家が雑誌で、チョンが付点リズムを逆扱いしている点を指摘していました。気をつけて聴くと確かにその通りで、他の指揮者と違ってて、しかも良い解釈と思いました。

マルケヴィチ/ラムルー管弦楽団はクライマックスの第4楽章に向かっての求心力は一番だと思います。この曲は文学的な要素が強いことを如実に感じさせてくれて、すごく面白いんですよ。でもグラモフォンのラムルー管録音は、フィリップスの録音より音質がかなり落ちますね(^^;)

インバル/フランクフルト放送交響楽団はロマンの欠片もないという、かと言って文学要素もまったく感じない、インバルにしてはかなり珍しい純音楽です。ベルリオーズで必ず言われる「狂気」とかも皆無で、じゃ何がいいんだと聞かれると、管楽器と弦楽器の書法の対比とか、弦の人声的表現とか、他の指揮者があんまり重視していない部分の斜め上からの指揮でしょうかね。マーラーだとこういうのがすごく生きるんですが、ベルリオーズでは今ひとつ場違いな感もあります。でもいろいろ勉強になる演奏です。
インバルはベルリオーズのほとんどの管弦楽作品を録音してまして、私は全部持ってますが、「キリストの幼時」と「イタリアのハロルド」はインバルの路線が大成功してますよ。
インバルの幻想は「レリオ」との2枚組でした。「レリオ」は幻想交響曲の続きとして作曲されたもので貴重な録音ですが、「レリオ」自体交響曲じゃない上につまんない曲です(笑)。

tam-tamさんお持ちのパレーと、カラヤンの2つは本来なら必携アイテムなんでしょうが、私は縁なくてまだ聴いていません。

2020/10/6 16:07  [2265-4326]   

tam-tamさん。
私の独身時代、パチンコは遊びではなく、オーディオと写真、クラシックのコンサート、CD購入、ブランドものやお洋服の購入のために必須でした。負けてはいけないから、当然研究しました。
研究した結果、パチンコパチスロ台には攻略法など無し、勝つためにはお店が導入しているホールコンピューターの傾向分析のみだと知りました。同じホルコンでも、お店によって導入設定が違いますから、お店の導入設定を攻略するのが勝つための早道です。

価格の縁側ですが、クチコミのシステムを完全刷新したので、使わなくなった古いシステムを縁側として提供したという背景だったはずです。
また、システム刷新とは別に、縁側の原型のシステムを、運営側とカメラ板のユーザー数人がメールでやりとりをして話し合っていたそうです。旧システムが捨てられずに縁側に再生されたのは、そうした事情との兼ね合いだったみたいです。
もうその人たち居ませんけどね。
私が価格ドットコムに初めて来たときは、まだ縁側システムはありませんでした。当時の旧システムクチコミ掲示板は不具合が多く、私は書き込みが反映されなかったり、顔のアイコンが黄色い帽子の男の子からどうしても変更できなかったりとかあって、頭にきて2,3年ログインせずにほっといてました(笑)。

2020/10/6 16:40  [2265-4327]   

ちちさすさん

こんばんは(^^)

「幻想交響曲」についてのコラムを読んで頂いてありがとうございます。

<ミュンシュ/パリ管弦楽団は歴史的名盤で、覇気の強さではこれ以上のものは私は知りません。同時期のブラームス交響曲第1番も同傾向の名演で知られていますけど、ホント、「漢」って感じの演奏ですよね。

あら〜、という感じでした、(^○^)
てっきり、この演奏はあまり好きではありません、ここの処理と、ここが問題なのです、みたいな意見を期待していましたので、←ドMかいな、w
私は「情熱的な演奏」となんとも稚拙な表現をしておりますが、「覇気の強さ」、う〜ん、さすがです<(_ _)>
「男」では無く「漢」、お見事!←漫談やってるんかいな、w

あ、ブラームスの交響曲第1番も持ってますよ、お揃いだあ〜(^○^)

そっかあ、情熱的演奏と覇気の強い演奏では、受け取り方が全然違いますね〜。

<表現力の幅が狭いにもかかわらず一流の演奏ができる指揮者は私の知る限りではカレル・アンチェル、キリル・コンドラシン、そしてミュンシュの3人だけです。

なるほど、勉強になりますねえ。
表現力の幅が狭いというのは、あ、一流の指揮者がこの3人だけという事で、他にも居るっていう事ですよね。

<4枚持っている幻想の中で、一番聴かない盤なんですよ〜(^^;)

やっぱりかあ〜、w
予想が当たりました〜(^^♪
私は購入してから結構聴き倒しましたね。その当時においては、
こういった覇気のある漢らしい演奏が好きだったんでしょうね、多分。
ブラームスの交響曲第1番も好きな盤でしたので、

しかしまあ、好みの演奏というのも歳をとるごとに変わっていきまして、現在は素っ気無い事務的な演奏が好きなんですよね、何故か、w

<チョン・ミュンフンの演奏は良いんですけど、この人の表現は先が読めちゃいますよね(笑)。

私には無い感覚です(^_^;)
譜読みして聴いてないのかもしれませんが、表現の先が読めるってレベルにまで成長してないです(^^)
ただ、何度聴いても、後ろ髪引かれる演奏では無かったですね。
もう一回聴きたいってなるようなものではなかったので、数回位しか聴いてないんですよね。
コラムを書くにあたって20年ぶりくらいに聴いてみましたけど、同じ感じでしたね。
単純に私の好みでは無かった、というところですね、多分。

<私は幻想のスコアは持っていないのですが、

あら〜、スコアを持っていないと、
上記の私の発言は〜(^○^)、てっきり譜読みしてると思ってしまったじゃないの〜......orz。

<マルケヴィチ/ラムルー管弦楽団はクライマックスの第4楽章に向かっての求心力は一番だと思います。

ミュンシュ、パリ管よりもですか、それは聴いてみたいですね。
音質が多少落ちてもあまり気にしないので、面白い演奏なら、聴きますよ〜(^^♪


<インバル/フランクフルト放送交響楽団はロマンの欠片もないという、かと言って文学要素もまったく感じない、

なんとも魅力的な演奏じゃありませんか(^^)
今の私の好みにぴったりですねえ。


<インバルはベルリオーズのほとんどの管弦楽作品を録音してまして、私は全部持ってますが、

あ、これは大変に偶然ですね。
ちょっと聞きたかった事があったので、
インバルのベルリオーズの「レクイエム 」は録音が非常に素晴らしいらしいですが、どうでしょう?
バーンスタインの「レクイエム 」(これも今では廃盤になっているかも)か、ミュンシュの「レクイエム 」か迷っていたんですが、インバルのは大変録音が優秀らしいので、これを購入しようか相談したかったのです。
演奏内容はこの曲に関してどうでもいいです、w
ティパニの怒涛の迫力が堪能出来ればそれで構いませんので(^^)

ベルリオーズは「キリストの幼時」と「トロイ人」だけが持ってないんです。
「テ・デウム」は私はインバル指揮のものを所有してます、お揃いだあ(^○^)←やめなさいって、w

<「レリオ」自体交響曲じゃない上につまんない曲です(笑)。

「レリオ」は誰の演奏のCDを持っているんだろう?
こういう曲好きなんですよ、つまんない曲、w 結構聴きましたねえ「レリオ、生への復帰」、w

<tam-tamさんお持ちのパレーと、カラヤンの2つは本来なら必携アイテムなんでしょうが、私は縁なくてまだ聴いていません。

必聴アイテムというほどのものではないと思います。
4枚も「幻想交響曲」をお持ちであれば十分だと思います。
それでも尚満足出来ないような方が購入するような演奏だと思ってますので。
カラヤンは聴くのであれば、鐘の音に異常に拘った1974年盤でしょうね。
パレー盤はとにかく第1楽章が早いです。
(エリック・カンゼル指揮シンシナティ・ポップス・オーケストラみたいな感じ?ですかね、カンゼル指揮のCDも何枚か持ってますが。)

ベルリオーズの「幻想交響曲」だけは何故か異常に購入してしまったんですよね。
パチンコの話はまた次のレスで♪

2020/10/6 19:25  [2265-4328]   

ちちさすさん

再びこんばんは〜(^^)

パチンコ屋の養分の私がやってまいりました、w

<私の独身時代、パチンコは遊びではなく、

パチプロではないか、w
どおりで詳しいはずです、(^○^)

パチンコで稼いだ金で、ブランド物の資金に当てていたとは、( ̄▽ ̄)
エライやっちゃのう、w
それは鯔のつまり、私が買ってあげていたと同じ事になりますがな、w その見返りは〜、w

大体20年前くらいですかね、
ギリギリくらいかなあ。パチンコで稼げる時代と言うのは。
今ではパチンコでは勝てない時代になってますね。
年間通して打ったら必ず負けます。ちょっと時代が変わってしまいましたね。
パチスロも数年前まではなんとか稼げるものでしたが、現在ではちょっと難しいでしょうね。

梁山泊というのも当然ご存知かと思われます。
まあパチンコ攻略集団なんですが、
その幹部の方から、直接ご指導受けた事がありましたが、非常に驚きましたね。
詳しい内容はここでは書けませんが、

<価格の縁側ですが、クチコミのシステムを完全刷新したので、使わなくなった古いシステムを縁側として提供したという背景だったはずです。

誤解を与えてしまったようで、申し訳ありません。
私の言っているものは、認定メンバー制とか、誰でも書き込み可、とかの事を言っているので。

<私が価格ドットコムに初めて来たときは、まだ縁側システムはありませんでした。

という事は10年以上前から、価格コムで活動しているって事ですね、
大先輩じゃないですか、w
あら、こりゃ大変、粗相が無いように気をつけなくては( ̄▽ ̄)←その顔やめなさいって、w

失礼致しました<(_ _)>


HD650の再生周波数帯域の問題、専門店でもわからないそうです。
ちちさすさん所有のモデルは10〜39,500Hz
私が所有しているモデルは10~41,000Hz
何処かをいじらないと拡張する事は出来ませんからね。
そして、何処かをいじればおのずと音も変わってしまうでしょうし。

時間がある時に「幻想交響曲」の次に書いてあるコラムと10月6日にちちさすさん宛に投稿したレスを読んでみて下さい。
私が、書いてる事は、科学的な、電気工学的な事では無く、どちらかと言うとオカルト的な意味合いです。
ですが、DDDのCDと、AAD、ADDのCDでは非常に違って聴こえるのは事実なのです。
他のヘッドホンではそういう現象が起きないので。

書き込みありがとうございました(^^)

2020/10/6 20:01  [2265-4329]   

これも良く聴きました(^^) レヴァイン盤 雰囲気で買ったミトロプーロス盤 「テ・デウム」のインバル盤

ちちさすさん

おはようございます(^^)

昨日はちょっとあまりにもふざけ過ぎたレスをしてしまいました、申し訳ありません。

きちんとしたレスを致しますので、

<表現力の幅が狭いにもかかわらず一流の演奏ができる指揮者は私の知る限りではカレル・アンチェル、キリル・コンドラシン、そしてミュンシュの3人だけです。

カレル・アンチェルもキリル・コンドラシンも数は少ないですが、CDは持っております。
そしてミュンシュも合わせて考えても、この3人に共通する点が私にはわからないのですね。
一流と二流の線引きがきちんと出来ていないって事ですから、もっと、ちゃんと聞くべきでした。
表現の幅が狭い、一流になりきれない指揮者というのは、どういった指揮者が当てはまりますか?
個人的には、小澤征爾くらいしかパッと出てきません。これも合っているのかどうかもわかりませんが。

表現の幅が広い指揮者でも、一流と二流とがあるのですよね。
こちらも私には明確な線引きが出来ておらず、わからないのです。

ところで、ちちさすさんはトスカニーニがあまり好きではないみたいですが、トスカニーニはどのようなタイプの指揮者になってしまうのでしょう?

ものの良し悪しと好き嫌いは、ある程度判別出来ているつもりではいたのですが、たった二行の文章で打ちのめされてしまいました。
これはもう少し勉強しないといけない、とちょっと気が引き締まった感じがします。
こちらも例をあげて書き上げるのは大変かと思いますので、時間に余裕がある時で構いませんので、ご教授お願いしても構いませんか?

ミュンシュに対しては、
<まあ、野球で言えば、ストレートとフォークボールだけでバッターを打ち取ってるピッチャーみたいな感じ?
このように非常にわかりやすい例えで書いて頂いので、私にもなんとなく理解する事が出来ましたが。

あれから、気になってずっと「レリオ」を探していましたが、CDは購入しておりませんでした。
エアチェックしたカセットテープで聴いていたんです。
しかも、指揮者の名前さえ書いてなかったので、誰の演奏かもわからず。

ベルリオーズの「レクイエム 」は画像添付の2枚を所有しております。

レヴァインはメトロポリタン歌劇場管弦楽団の「春の祭典」をFMで聴いて、凄い音質だなあと感心した覚えがあったので、それで購入したCDなのですが、音質は良いものの、大ハズレのCDとなってしまいました。
(まだスピーカーで鳴らしていた時に聴いたものですね。)

その後、なんとなく雰囲気で購入した、ミトロプーロスのCDは購入してから、モノラル録音によるCDだと知りました。

ベルリオーズの「レクイエム 」は当時では、バーンスタインの演奏が素晴らしいとクラシック通の方々が言っていたのを覚えているだけですね。

インバルでは最後に貼ってある、「テ・デウム」を所有しておりますが、「レクイエム 」に関してもかなり素晴らしい録音らしいので、その点を聞きたかったんですよね。
「レクイエム」のCDを購入するならば、音質の良いインバル盤か評価の高いミュンシュ盤か迷っていましたので。

「キリストの幼時」、これは買おう、買おうと思いながら、買うタイミングを逃してしまったものですね。
「トロイ人」も当時では石丸電気には様々なCDがありましたが、大変な大曲ですので、価格も相当なものでしたから、どれを買って良いやら判断がつかず、これも結局買わずじまいで終わってしまいました。

この2曲に関しても果たして購入する価値のある曲なのかどうかも判断がついておらず、非常に迷っておりますね。

「幻想交響曲」に関しては、ミュンシュ→ムラヴィンスキー→クレンペラー→ときて、ポール・パレー盤で納得出来るものとして満足している次第ですね。
その間にも、チョン・ミュンフンとか、カラヤンとか、ストコフスキーなど色々と購入しましたが、単なるコレクションとして持っているだけです。

インバル/フランクフルト放送交響楽団の演奏はともかくとしても、マルケヴィチ/ラムルー管弦楽団による演奏は是非聴いてみたいと思ってます。
文章の表現力が素晴らしいので、これは是非聴いてみたいと思いました。


パチンコについてはこれは独学で勉強されたものでしょうか?
私とちょうどひと回りくらい違いますので、その当時においては雑誌などもかなりたくさん出ていて、おそらく、最もパチンコ店が多かった時代ですね。
私はその10年くらい前から、勝つ為のパチンコ、スロットなど打っておりましたが、麻雀の方にシフトしてしまい、パチンコ、パチスロは主に遊ぶものとして楽しんでいました。
対人関係の苦手な私が、狭い卓を囲み合う麻雀とは、不思議に思うかもしれません。
私の性質上、対人間より、対機械の方が合ってるのでは?と思うかもしれませんが、麻雀の方が勝つのが容易だったんですね、その時代においては。
対人関係が苦手な事も麻雀を打つ上では全てプラス要素になってしまうので、そういった事からも非常に人見知りな性格でも麻雀打ちになっていったんですよね。

私の住んでる地域的な事も多いに影響していると思いますが、パチンコより、麻雀の方が勝つ事においては容易だったのと、パチンコは営業時間に制限がありましたが、麻雀にはそういったものがありませんでしたので、夜中に行っても何処でも打てる時代でしたので。

それと、昔は雀荘はアウトローの溜まり場みたいなものでしたから。
「アウトロー」などと書くと何やらカッコよく聞こえてしまいがちですが、要は社会不適合者って事です。
そういった人達が私に対しては実に優しく接してくれたので、それに甘えていたのかもしれません。

今日から、非常に天気が悪くなるみたいで、事によると、何やら台風直撃する可能性もあるらしいので、天気予報は聞いておいた方がいいみたいです。

良い一日をお過ごし下さい(^^♪

2020/10/7 06:55  [2265-4330]   

tam-temさん。
お尋ねされたことが多くて、何から書こうかなというところです(笑)。
インバルの「レクイエム」のことを書きますね。

インバルのデンオン録音全部に言えますが、ちと個性的というか、音がオフ気味というか遠いんですよね。インバルは同時期にテルデックにも録音をしていますが、テルデックのは遠い感じはしない、普通の録音です。
デンオンはダイナミックレンジをかなり広く確保しており、その恩恵としてSNもすごく良いです。オフ気味に聴こえるのはそのためかと思います。
「レクイエム」も当然その路線ですが、この録音は特にSNの良さを感じます。ダイナミックレンジももちろん広いです。録音が良いという評価もそこからきているんだと思いますが、デンオンがこういうことをすると、なんか音が薄く感じるんですよね(^^;)
ドイツ・グラモフォンがたまにダイナミックレンジとSNの凄く良い録音をしてますが(バーンスタイン/NYPの「復活」とか)、音は薄くないですよね。音が薄いのはデンオンに問題があるんでしょう。
音がオフ気味、薄い、というのは音量を上げることである程度カバーできますけど、音量を上げるとSN感の良さが削がれる感じがして、痛し痒しです。
一般的には好まれる方法ではないですよね。
インバルがヘッセン放送とマーラーの交響曲全集を企画したとき、2つのレコード会社が名乗りを上げたそうです。日本コロムビアともう一つはどこだかわかりませんが、インバルがお試しで両社に同じものを録音させて、ヘッセン放送の幹部は全員もう一つの会社を推したらしいのですが、インバルが日本コロムビアの録音を気に入って、デンオンになったという逸話があります。
多分、デンオンのダイナミックレンジとSNを気に入ったんではないかと、私は推測してます。

で、「レクイエム」ですが録音は確かに良いですが、飛び抜けて良いわけでもありません。インバルのベルリオーズでは「ロミオとジュリエット」も同じくらい良いですし、シェーンベルクの「グレの歌」やマーラー交響曲第10番(クック版)も同じくらい録音が良いです。
あんまり期待すると、「確かに素晴らしいけど、もっと良いかと思った」という感想になりそうな(^^;)

演奏は度外視のようですが、この「レクイエム」を聴くとインバルのアーティキュレーションが、ほぼデュナーミクで構築されていることが分かると思います。
音の強弱の変化が、実に緻密でよく計算されていて、集中力も高く、一言で言えば「上手い!」です。ここまでのものはなかなか聴けません。インバルの他の録音でも、リストの「ファウスト交響曲」とブルックナーの第5番くらいでしょう。
ですが、インバルの困ったところはこれが曲を通して続かないのですよ(^^;)「レクイエム」も「ファウスト交響曲」もブルックナー第5番も、曲の後半は緻密さが甘くなってます。ライヴというわけでもないのになんでだろう〜。甘くなってもレベルは高いのですが、最初が良すぎるので、なんかね(^▽^;)

「レクイエム」のCDは選択肢が少ないし、私はインバルの他は小澤征爾さんとクリュイタンスを聴いたことがあるだけで、ミュンシュとコリン・デイヴィスという定番2枚は聴いてません。


「レリオ」ですが、これは単独で録音されたことはないでしょう。必ず幻想交響曲と組で出されていたと思います。
上のレスで私の所持盤を写した画像の右下のCDがインバル盤ですが、幻想交響曲とレリオの2枚組。当然インバルの録音です。
他にブーレーズ、マルティノン、ムーティ、レイボヴィッツが録音しているのは分かっています。

2020/10/8 12:18  [2265-4331]   

ちちさすさん

こんにちは〜(^^)

どうやら台風関東圏直撃らしいですね、今のところあまり勢力が強くないのが救いですが。

<お尋ねされたことが多くて、何から書こうかなというところです(笑)。

インバルの「レクイエム」だけで、こんなにも文章量使って書いて頂き有難い限りです。

<インバルのデンオン録音全部に言えますが、ちと個性的というか、音がオフ気味というか遠いんですよね。
<ドイツ・グラモフォンがたまにダイナミックレンジとSNの凄く良い録音をしてますが(バーンスタイン/NYPの「復活」とか)、音は薄くないですよね。

DGはマルチマイクによる録音、デンオンはワンポイントマイクによる録音だそうで、その辺りに音の厚み、薄さというのが影響してそうですね。
どちらが優れている、というものではなくこれは好みの範疇になるものかと思います。
音が厚いのと、重いのとでは違うでしょうし、例え人によっては薄く感じる音もそちらの方が好み、だと言う人もいると思うので。

各楽器にマイクを配置して録音するマルチマイクによる録音だと、2トラックにトラックダウン、ミックスダウンする場合にエンジニアによる、ミキシングの裁量が試されますが、指揮者よりも後方にマイクを配置する、ワンポイントマイク録音だと、各楽器の音量バランスなどが録音後に修正が出来ませんからね。

自然に聴こえるのはワンポイント録音の方だと思いますが、その場合、聴こえ難い楽器の音も当然出てきます。

<インバルがヘッセン放送とマーラーの交響曲全集を企画したとき、2つのレコード会社が名乗りを上げたそうです。

こう言った話を聞く事はなかなか機会がありませんから、楽しく読まさせて頂きました(^^)

<で、「レクイエム」ですが録音は確かに良いですが、飛び抜けて良いわけでもありません。
<あんまり期待すると、「確かに素晴らしいけど、もっと良いかと思った」という感想になりそうな(^^;)

参考になります、ありがとうございます(^^)

私が所有している、インバルの「テ・デウム」もデンオンによる録音なので、音の傾向としては同じような感じだと推測します。

<演奏は度外視のようですが、この「レクイエム」を聴くとインバルのアーティキュレーションが、ほぼデュナーミクで構築されていることが分かると思います。

以下の詳細な解説により、音質は良いものの、非常につまらなく聴こえてしまうレヴァイン盤の欠点が少しわかった感じが致しました。

<「レクイエム」のCDは選択肢が少ないし、私はインバルの他は小澤征爾さんとクリュイタンスを聴いたことがあるだけで、ミュンシュとコリン・デイヴィスという定番2枚は聴いてません。

一時期、バーンスタインによる演奏が凄く話題になった記憶があるのですが、あれはLDだったのかなあ、w
狭い教会に「バンダ」と呼ばれる、4つの金管楽器隊を押し込んだ映像も必見、なんて言うような文章も覚えているので(^_^;)

<「レリオ」ですが、これは単独で録音されたことはないでしょう。

そうですね、ほとんどがモノローグですから、これを単独で録音する指揮者は居ないでしょうね。

これを聴いたのが中学生〜高校生くらいの時だったと思うので、やはりエアチェックしたカセットテープで聴いていたんでしょうね。

インバルの「レクイエム」だけの質問にこれだけ時間を使って書いて頂き、ありがとうございます。


私は、本格的な楽典の本やハンドスコアを購入する前に、古本屋で買ったクラシックの簡易的な辞典のような本を読んでいたんですが、今ではそのような本が無くなってしまいました。
主要な指揮者、主要なオーケストラ、作曲家、楽器、音楽形式などが一冊にまとめられていたもので、大変読み易く、とても良い本でした。
クラシック音楽入門の類いの本でもなく、辞典に近いような形式で書かれていたので、読んでいて面白かったんですけどね(^^♪

詳細なレス、大変参考になりました。
書き込みありがとうございます、良い1日を♪


2020/10/8 13:36  [2265-4332]   

tam-tamさん。
インバルのデンオン録音は、マーラー第5番〜第10番アダージョがワンポイントマイク+特殊楽器のみ補助マイク。第6番以降は補助マイクとメインマイクとで遅延補正を施しています。
マーラー第4番以前、他の作曲家の録音は補助マイクも普通に多数使っており、ベルリオーズもワンポイント基本の録音ではありません。
ただしマーラーには、ワンポイントマイクのトラックだけを抜き出した企画盤が存在しました。第1番と第4番だったように記憶してますが、リリース記録資料を見直さないと断言はできません。
以上は私の手持ちの資料に依っています。

2020/10/8 14:20  [2265-4333]   

ちちさすさん

<インバルのデンオン録音は、マーラー第5番〜第10番アダージョがワンポイントマイク+特殊楽器のみ補助マイク。第6番以降は補助マイクとメインマイクとで遅延補正を施しています。
<ベルリオーズもワンポイント基本の録音ではありません。
<以上は私の手持ちの資料に依っています。

詳細な情報提供ありがとうございます(^^)

情報の出所は書けないとお察し致しますが、それにしても凄いですね。

ベルリオーズも楽曲ごとによって違うということになりますかね。

これらはマイクの配置図などの資料もあるのですか。

これは各レーベルの録音もどういったマイク配置で行っているか、という事も資料があるものに対してはわかる、ということですかね。

現在ではスタジオによるセッション録音というのは昔に比べると極端に減っていて、全集などの再録はライブ録音が大半を占めています。

ガーディナーのベートーヴェンの楽曲も再録はほとんどがライブ録音ですし、ブリュッヘンの交響曲全集も2度目のものはライブ録音ですしね。

インバルのベルリオーズの「レクイエム」に関しては、音の薄さは、ワイポイント録音による弊害では無いという事ですね。

まあ、よくよく考えると4つの金管楽器群の「バンダ」などは当然ながら、ワンポイント録音では対応する事は不可能でしょうから、補助マイクも使用しているでしょうし。

これらのやり取りを観覧されている方々も縁側のメンバーだけではありませんから、間違った事に対して、適切なフォローコメントをして頂ける事は感謝しております(^^♪

インバル盤とミュンシュ盤、どっちを選んで良いのか、難題ではありますが、また楽しみが一つ増えました。

ありがとうございました<(_ _)>

2020/10/8 16:53  [2265-4334]   

ちちさすさん

追記:レスです。

<デンオンがこういうことをすると、なんか音が薄く感じるんですよね(^^;)

これは10月6日、書き込み番号[2265-4322]のレスと同じ質問になってしまうのですが、

他のヘッドホン、イヤホンでも聴いても同様に音が薄く感じますでしょうか。

ベルリオーズの「レクイエム」はおそらくDDDとなっているはずです。(インバル盤ですね)

私の環境だと、HD650で聴いた場合のみ、DDDのCDが良い音で聴く事が出来ないのです。

非科学的、オカルト的な事を言ってるのは自分でもわかっているのですが、他のヘッドホンではそういった現象にならないので、私も不思議なんです。

AADとかADDのCDですと、録音の良いものは非常に良い音で鳴らしてくれるので。

ヘッドホンアンプとの組み合わせに原因があるのであれば、他のヘッドホンも同様の事が起こるはずです。

ちちさすさんが所有しているHD650と私が所有していHD650では製造国が違いますし、スペックも違います。

これについてはコラムの方に詳しく書いてあります。

今のところ、こういった現象が確認出来ているのは、グラモフォンのCDだけですが。

圧縮音源である、YouTube音源も非常に良く鳴らしますので、本当にわけがわからないんですね。

色々と質問しちゃって返信するのが大変かと思いますが、この件については一番後で構いません。

お時間のある時にでも、DGのDDDのCDをお持ちでしたら、3つのヘッドホンで聴き比べてみて下さい。

2020/10/8 23:27  [2265-4338]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

<ただしマーラーには、ワンポイントマイクのトラックだけを抜き出した企画盤が存在しました。第1番と第4番だったように記憶してますが、リリース記録資料を見直さないと断言はできません。

これ多分合っていると思います。

https://finetune32.wordpress.com/2013/09
/03/


なので、資料は探さなくも大丈夫です(^^♪

DENONがワンポイント録音の優秀さをウリにしていたので、全てワンポイント録音で行っていると勘違いしてしまっていたんだと思います、

https://columbia.jp/classics/onepoint/

これは新しくリリースされたCDなので、私は全然このシリーズに関しては知りませんでしたが、
DENONが1990年代にリリースしたワンポイント録音シリーズは有名でしたので、ろくに調べもせずに書いてしまいました。

フォローレス、ありがとうございました(^^)

2020/10/9 07:03  [2265-4342]   

tam-tamさん。
HD650で、DDDディスクが良い音で聴けないというお話。
具体的には高域が曇っているということですが、他にもありますでしょうか?

私は小学生の頃からアナログレコードで聴いていて、今もそのプレーヤーでアナログを時々聴きますが、アナログの経験をしているとADDと初期DDDの音の違い、特に高域の違いはすぐわかります。
初期DDDの初期というのは、そもそものレコーディングが44.1kHz/16bitで行われていた時期のことです。
早く言えば、初期DDDには録音自体に22.05kHz以上の高音域情報がありません。
一方ADDには、録音自体には22.05kHz以上の高音域情報が存在します。
これがどのように影響を及ぼすかを説明しますね。

tam-tamさんはスーパーツイーターを使われたご経験がおありでしょうか?
私は貸し出しで使ったことがありますが、スーパーツイーターは2通りの運用法があります。
@ひとつは可聴域内の高音域の増強、具体的には8kHzとか12kHzをクロスオーバーにして、それ以下をローカットです。これはかなり高音域が盛られます。スーパーツイーター自体からも音が出ているのを確認できます。可聴できる高音域の絶対量が物足りない場合の使い方です。

Aもうひとつは可聴域外の音情報の付加、具体的には16kHzとか20kHzをクロスオーバーにします。これは倍音域のプレゼンスに影響します。スーパーツイーターが出している音は人の耳には聴こえませんが、聴こえている倍音域のプレゼンスを良くするわけです。高域が抜けない、伸びない、密度がない、という場合の対処法です。

ADDというのはA運用のスーパーツイーターが入っているのと同じで、22.05kHz以上の音情報が可聴音域に影響を及ぼした状態で、22.05kHzでハイカットしてCDになっています。
初期DDDは録音が22.05kHz止まりなので、それ以上の音域が可聴内に及ぼす影響も入っていません。
ドイツ・グラモフォンは4Dレコーディングを開始するまでは初期DDDなので、カラヤンのミサ・ソレムニスとか、チョンの幻想交響曲とかは初期DDDになります。
tam-tamさんの感じられていることが物理的に起こり得るとしたら、これが起因かなぁと。

でもこれだとしても、HD650だけでなく、他のヘッドフォンでも多かれ少なかれ感じるはずです。
HD650だけというなら、多分、私には経験のないいくつかの条件が重なった場合に分かるのか、完全に気のせいかのどちらかだと私は思いますよ(^^;)

私の場合ですが、HD650だけで感じるというのはありません。感じる時はどのヘッドフォンでもあります。

2020/10/9 13:08  [2265-4345]   

ちちさすさん

こんばんは(^^)

<HD650で、DDDディスクが良い音で聴けないというお話。
具体的には高域が曇っているということですが、他にもありますでしょうか?

チョン・ミュンフンの「幻想交響曲」でのヘッドホン聴き比べで、意外な結果になったので、他の音源も聴いてみたんですよね。
そしたら、同じ「幻想交響曲」でも、ポール・パレーのは凄く良い音で鳴る訳です。
この時点では、私はチョン・ミュンフンの「幻想交響曲」がDDDって事は気付いていないのです。

もう少し時間をかけて聴いてみないと、わからないですが、特に高域側は明らかに篭った感じでしたね。
しかし、他のヘッドホンではそういった鳴り方はしない、ちゃんと録音の良さがわかるレベルで鳴る訳です。

コラムを書いた時点では、ああ、そんなもんなのかな、なんて思っていたんですが。
私の愛聴盤である、ポール・パレー盤を何気に聴いてみたら、高域側も特に不満を感じないレベルで鳴る訳です。

<早く言えば、初期DDDには録音自体に22.05kHz以上の高音域情報がありません。
一方ADDには、録音自体には22.05kHz以上の高音域情報が存在します。

以下の情報は私ももちろん知ってはいます。
Bigshooterさんもそういった理論をもとに説明なさってますよね。

<でもこれだとしても、HD650だけでなく、他のヘッドフォンでも多かれ少なかれ感じるはずです。

そうなんです、私も初めて体験する経験なので、何が原因なのか、わからないのですね。

<HD650だけというなら、多分、私には経験のないいくつかの条件が重なった場合に分かるのか、完全に気のせいかのどちらかだと私は思いますよ(^^;)

まあ、ほとんどの人が、気のせいなんじゃないかと言うでしょうね。
しかし、イヤホン、ヘッドホン歴に関しては、この縁側の中でも私が一番使用歴が長いと思いますので、様々な体験をしていると思うんですよね。

35年以上になりますからね。
イヤホン、ヘッドホンのみで聴くようになってからでも、30年近くになります。
完全に気のせい、と言うのは、断言しても良いですが違いますね。

イヤホン、ヘッドホンの個体差についても、エージングに関しても、私が一番、経験値が豊富だと思います。

ShureのSE846を修理、と言うか点検に出した時の事をお話ししましょうか。
MMCX端子が緩いので、購入店に点検に出したんですね。
2週間ほどで、イヤホンが戻って来たんですが、異常なしという説明を受けたんです。
ちょっと納得がいかないものの、仕方がないので、文句も言わず帰宅したんです。
で、聴いてみると明らかに違和感を感じる訳ですよ。
右、左、どちらも音量差はありません。
しかし、ずっと聴いていた安室奈美恵さんのどの曲を聴いても微妙な違和感を感じる訳です。
修理内容が記載されていた、手書きの説明書きを見ると、右本体異常なし、左本体ハウジングを含むxxx交換と書いてあったんですね。
(xxxというのは、ちょっと忘れてしまいましたが、何かを交換したような書き方だったと記憶しています。)
この修理内容の説明では、何を交換したのかがちょっとわからないものでした。
しかし、ハウジングを含む、という言葉から、もしかしたら、イヤホンの左側だけ新しいものにしてあるんじゃないかと思ったんですね。
右側は1000時間以上鳴らしている状態、左側は新品のイヤホン。
BA型ドライバーは非常にエージングの影響を受けにくいドライバーです。
例え1000時間鳴らそうとも、エージングによる変化は人間の耳では判別不能なレベルです。
ところがイヤホン、ヘッドホンには左右のマッチングというものがあります。
シングルBA型イヤホンでも、ちゃんとしたメーカーは左右のマッチングに関しても周波数特性を計測しながら、出来るだけ近似値のドライバーを組み合わせます。
それだけ、個体差が激しいって事です。
私は修理に出す前のSE846の音を右側、左側で覚えていたんですね。
ですので、戻ってきた直後の左右のマッチングが出来ていない、SE846の音に違和感を感じた訳です。
これは特別私の耳が優れているって事にはなりません。
日常的に使っているものは僅かな違和感でも感じ取れる事は誰にでも出来る事なんです。

トランプのマジシャンが52枚か、51枚か触っただけで、瞬時にわかるというのがテレビで放送してましたが、同じようなもので、神業でも何でもないんですよ。
おそらく、その人は、違う製造メーカーのトランプでは同じ事は出来ません。

私は長らく麻雀打ちをやっていましたが、毎日、毎日、同じ牌を何時間も使う訳です。
ふとしたきっかけで、いつも使っている卓ではなく、別の卓で打つ事になりました。
一昔前の卓で、メーカーは一緒ですが、型番が違うのですね。
牌を触ってみると、随分と大きく感じました。
これは私だけなく、他のメンバーも同様にでっかい牌だなあ、なんて言っていましたね。
オーナーにどれだけサイズが違うのか、いつも使っている牌を持ってくるように言いました。
比べてみると、見た目ではサイズの違いなんてわからないのですよ。
並べてみてもほとんど変わらないのです。
しかし、指の感触だと凄く大きく感じる訳です。
みんなで、びっくりした覚えがありますね。

なので、今回、私がHD650に対して書いている事は、科学的、音響学的考察では理解し難い事なんです。
リケーブルしたって音が変わる訳がない、電気工学的に考えても、人間の耳で、判別する事は不可能である、って言う人はたくさんいますよ。
ではそういったリケーブル否定派の方にはなんて説明するのでしょう?
クチコミでの一例をあげておきますか。
https://bbs.kakaku.com/bbs/20465010334/S
ortID=22877099/#tab


私とドーヴェンウルフさんが知り合うきっかけとなったものです。

2020/10/9 21:30  [2265-4346]   

ちちさすさん

文字数制限で一旦、送信してしまいましたが、

この方はスピーカーケーブルに対しても、同様の事をあちこちで書いておられます。

日曜工具店で購入出来るスピーカーケーブルで十分だそうで、それ以上価格の高いケーブルを使用しても一切音が変わるなんて事はあり得ない、そうです。

実際に長らくピュアオーディオを勉強してきた側からすると、こういった意見(良く聴こえるのは、気持ちや体調の変化によるものである。)に対してどう思うのでしょう。

計測したデータで、数値化出来ないものに関しては、人間の耳で判別する事は不可能であるから、全ては思いこみに過ぎない、と言う意見に異論は無いのでしょうか。

SE846に関して書き忘れていた事がありました。
一年以上毎日聴いていた安室奈美恵さんの楽曲、音源でなければ、多分違和感は感じなかったと思うのです。
聴き慣れている、クラシックの楽曲であっても、その曲をSE846で聴いていなければ、何も違和感は感じなかったでしょう。

今では購入時とは違う左右のマッチングであっても、どの楽曲を聴いても違和感は全く感じません。
現在のイヤホンの音に慣れてしまったからだと思われます。

HD650のみで起こる、この不思議な現象は、説明がつかないものです。

ですが、実際に起きている事ですから、何かしらの要因はあるのだと思います。

私は決して耳が良い方ではありません、むしろ、平均レベルより悪い方に入るでしょう。

圧縮音源に関しても、AAC256kbpsと無圧縮音源を100%判別出来る自信はありません。

バランス、アンバランスもブライドテストをしたならば、多分わからないと思うのです。

ですが、非常に聴き込んだ楽曲を日常的に使用しているイヤホン、ヘッドホンであれば、限定的になってしまいますが、判別出来る自信はあります。

毎日にように聴き込んだ楽曲、音源のみですね、判別可能なのは。

それ以外の楽曲では無理だと思いますし、聴き込んだ楽曲であっても、使用した事が無い、イヤホン、ヘッドホンではやはり無理、出来ないと思うのです。

その程度のレベルの耳しか持ってない私でさえ、明らかに音が悪く聴こえてしまうのです。

イヤホン、ヘッドホンに関しては、私はこれまで、おかしな事はほとんど書いておりません。

音楽に関しては、多少おかしな事を書いてしまってるスレッドもあるかもしれませんが。

なので、「謎」なんですよね。

気のせいとか体調によるものでは無いと思ってます。

私が所有しているHD650を持ち込んで、専門店で検証して同様の現象が確認出来るかどうか、ですね。

同じ現象にならないのであれば、私の環境の何処かにその原因があるのだと思います。

オカルト的な事を書いているのは自分でもわかっているのです。

非常に長々と書いてしまいましたが、どうやら私だけが感じている問題のようですし、HD650の摩訶不思議な現象の問題は一旦終わりにしたいと思います。

詳細な説明の書き込みありがとうございました(^^)

これよりも一流の指揮者について、教えて頂きたいのです(^_^;)

自分の好みの演奏を楽しめればいいってスタンスは変わっていないのですが、ものの良し悪しの判別くらいはちゃんと出来るようになりたいと思っているのです。

特に急いでいる訳でも無いので、わかりやすい楽曲、私が多数、所有している曲を教材にしてくれると助かります(^^♪

2020/10/9 22:31  [2265-4347]   

ベルリオーズ「レクイエム 」レヴァイン盤

ちちさすさん

<具体的には高域が曇っているということですが、他にもありますでしょうか?

HD650に話題は一旦終わりにしましょう、と書きましたが、他の盤でも比較して聴いてみたので、感想だけ簡潔に書いておきますね(^^♪

ベルリオーズ「レクイエム 」レヴァイン盤、こちらはポリドールになるのでしょうか?
(デジタル録音DDDのCDですね。)

HD650で聴いてみます。
高域が篭っているというより、全体的に明瞭でなく、録音の良さが判別出来ません。
厚い布を被せて聴いている感じ、と表現すればわかりやすいでしょうか。
解像度の高さも感じる事はなく、平面的に聴こえます。
実際、店舗で試聴したならば、この音質ではおそらく購入しないレベルです。

密閉型のSR9で聴いてみます。
HD650と比較すると、霧が晴れたような感じですね。
高域の鋭さは好みにより、嫌う人もいるでしょうね。
全体的に高解像度で、録音の良さが感じられるレベル。
音は平面的ですが、悪くはありません。

GRADO SR325eで聴いてみます。
こちらは少しボリュームを下げています。
SR9より、さらに明瞭な音。
開放型ならではの音抜けの良さが感じられます。
解像度ではSR9に劣るものの、全体的にバランスが良く、3つのヘッドホンの中では最も録音の良さが感じ取れます。
ここまでくると、もはや、ワンランク上の製品という感じで、勝負になりません。


HD650は6.3mmステレオプラグ、SR9、SR325e共に3.5mmステレオミニプラグですので、変換プラグを噛ませてあります。
なので、細かい事ですが、接点が増える分、HD650より不利な環境になります。

再度、HD650に戻して聴いてみます。
開放型だか密閉型だかわからないですね、
1万円以下のヘッドホンは所有していないので、比較出来ませんが、これまでの試聴の経験からしてもスマホ直刺しでもこれ以上の音は鳴らしてくれる感じです。
合唱は特に不明瞭です。
SR325eでははっきりと聴こえていた楽器も聴こえづらいですね。

安室奈美恵さんのライブCDを聴いてみます。
高域は澄み渡り、空気の流れも感じる印象で、素晴らしい音質です。
解像度も高く、音は立体的で、各楽器の分離感も非常に素晴らしい。
音に厚みが感じられ、安っぽさは一切ありません。
ヴォーカル表現力はこの価格帯のヘッドホンではありません。

SR9でも、素晴らしい音質で聴かせてくれますが、同じ音量で聴くと刺激音が目立ちます。
また音は平面的で、ヴォーカル表現も一本調子で、HD650と比較するならば巧みではありません。

安室奈美恵さんのCDもおそらくデジタル録音なのでしょうが、詳細はわからず、です。

ここまで鳴り方に差が出てしまうのです。
安室奈美恵さんのライブCDではワンランク上の音を鳴らしている以上エージング不足なんて微妙な問題でも無い気がしますねえ。

ヘッドホンアンプとの相性の悪さが原因ならば、どの音源を聴いても一様に悪くなると思うのですが、
HD650は特にクラシック音楽御用達みたいなヘッドホンですから、得意なクラシック音楽でここまで水を開けられてしまうとは思えないのですよね〜。

GRADO SR325eでも安室奈美恵さんのライブCDを聴いてみましたが、同じ開放型という事もあり、似たような感じで鳴らしてくれますが、音の厚みは感じられず、ヴォーカル表現力もHD650に及ばす、という結果です。
一つ格下である印象は拭えません、w

なんとも摩訶不思議であります。

安室奈美恵さんのライブCDの音源はiPhoneにも無圧縮で入っており、ポタアンを噛ませてヨドバシAkibaで試聴機で試聴していますが、同じような鳴り方でした。

貰いモノとはいえ、大型家電量販店で購入したそうで保証書もついている、完全な本物のHD650です。

DDDと表記されている、クラシック音楽以外の音源では看板に偽りなしの音を鳴らしますので、現状不満は無いのですが。
(デジタル録音のCDをあまり所有しておりませんので)

簡易的ではありますが、感想を書いてみました。

う〜、わからないですね〜(^_^;)

何かヒントになるようなものがあったら、教えて下さいまし、w

総括すると、HD650、安室ちゃんを聴くのには最高のヘッドホンって事になりますかね(^○^)

聴いてよし、眺めてよし、買うなら”今でしょ”、w(爆)

2020/10/10 01:22  [2265-4348]   

tam-tamさん。
HD650の不思議のことは、私も推測ばかり書くことになりますので、私が触れる時はあんまりお話を広げすぎないよう気をつけたいと思います。
昨日ふと思ったのですが、tam-tamさんが感じられたこと、これはHD650で谷山浩子さんの曲を聴くときに私が感じる不満点と共通項が多いな、と。


音楽家(指揮者に限らず)の一流二流のことですが、どこからが一流でどこまでが二流っていうのは、人によって基準が違うと思います。これから書くことは全部私見ですので、そのおつもりでお願いします。
音楽家の能力って大きく分けて、構成力と表現力の二つだと思います。指揮者の場合は統率力も加わるでしょう。
ミュンシュ、コンドラシン、アンチェルの3人について、表現の幅が狭いのに一流、と書いたわけですが、この3人に共通しているのは構成力の揺るぎない確かさと、オケの統率力の異常な高さ。この2点で既に一流と思います。
問題の表現力というのはアーティキュレーションで、アーティキュレーションはデュナーミクとアゴーギクの2つがあるわけですが、素晴らしいアーティキュレーションというのは、楽想を表現するのにぴったりの表現の場合と、楽想の深いところを表現する「こんな表現があったか!」という表現の場合とがありますが、引き出しの多い演奏家はやっぱり、デュナーミクとアゴーギクの組み合わせの種類、楽想にぴったりの表現と楽想の深い表現の選択ポイントが豊富なんですよね。
件の3人は、表現力はデュナーミクとアゴーギクの組み合わせのパターンが少なく、楽想の表現も選択ポイントが固定化されている、と私は見ているわけですが、表現種類が少ないながらもツボにハマってますので、ちと単調だなぁと感じながらも表現としても一流と思わされます。
加えて構成力と統率力は文句なしですので、これは一流の指揮者で間違い無いです。

一流でない人は、表現力だけでなく、構成力や統率力も足りないと思います。が、私もCDは選んで買ってますし、不満な演奏でも二流というより一流半みたいな印象、あるいは一流の演奏家の才能100%発揮とまでいかない演奏、が多いです。
生の演奏会では、二流に散々接してます(笑)。


>ちちさすさんはトスカニーニがあまり好きではないみたいですが、トスカニーニはどのようなタイプの指揮者になってしまうのでしょう?

一言で言えば、好みでない一流指揮者(笑)。
感心はしますが感動はしませんよね。意図してポルタメントとかを排しているのは分かりますが。これが最大限生きているのがメンデルスゾーンのイタリアで、これはこの曲最高の演奏です。縦の線がこれだけ揃った演奏は他にないです。
カルロス・クライバーもそのタイプですが、この人はリズムの跳ねという武器がありますから、引き込まれてしまいます。

2020/10/10 14:16  [2265-4357]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

<HD650の不思議のことは、私も推測ばかり書くことになりますので、私が触れる時はあんまりお話を広げすぎないよう気をつけたいと思います。

気をつける必要はないですよ。
昨日のレスは読み返してみるとまるで喧嘩を売ってるかのようでした。
(最初に送った2つのレスですね、私が書いたものです。)
自分でもこれはまずい、と思ったのですが、私は基本的にこういう書き込みは削除致しません。
それは、自分を戒めるためにもそうしているのですが。
その後で3つ目のレスを送ったのですが、最初の2つのレスとは別人のようでしょ。
読んでいて、嫌な気分になったと思います、自分で読んでもそう思いますから。
昨日送ったレスに関しましては、大変申し訳なく思っております、すいませんでした。<(_ _)>

私はパーソナリティ障害を患っています。
なので、私の書き込みはあまり気にされないで頂きたいのです。
何か怒ってるような文章でも、それは自分だけの問題で、相手側に非はありませんので。

本当に失礼致しました、ごめんなさいm(_ _)m。


<昨日ふと思ったのですが、tam-tamさんが感じられたこと、これはHD650で谷山浩子さんの曲を聴くときに私が感じる不満点と共通項が多いな、と。

なるほど、私と逆パターンですが、楽曲によって、あるいはCDによって、いつものHD650の音じゃないな、と感じる事があるっていう事ですよね。
多分、文章から推測するに他のヘッドホンではいつも通りの鳴り方をしているのだと思いますが、
思いあたる節を私の方で何点か上げておきます。
:HD650だけがハイインピーダンスである。(これは私もちちさすさんも共通してますね)
:最近、今まで、聴いていなかった音源を聴いている。
:他のヘッドホンより若干小さな音量で聴いている。

私は、前にも書いた通り、安室奈美恵さんばかり1年半以上そればかり聴いていたのです。
チョン・ミュンフンの「幻想交響曲」もレヴァインの「レクイエム 」も現在の環境で聴くのは初めてなんですよね。
ちちさすさんが書いた「気のせい」という言葉をそのまま受け取ってしまいましたが、心理的要因も多分に含まれていると、言いたかったのだと思います。
これまで、あまり聴いてこられなかったジャンルの音源を聴くとどこか不満を感じるような事はありませんでしょうか?
(HD650で、聴いた場合ですね。)


<音楽家(指揮者に限らず)の一流二流のことですが、どこからが一流でどこまでが二流っていうのは、人によって基準が違うと思います。これから書くことは全部私見ですので、そのおつもりでお願いします。

わかりました。
人によっては、意見の相違があるという事ですね。

<ミュンシュ、コンドラシン、アンチェルの3人について、表現の幅が狭いのに一流、と書いたわけですが、この3人に共通しているのは構成力の揺るぎない確かさと、オケの統率力の異常な高さ。この2点で既に一流と思います。

私は共通している部分がどこにあるのか分かりませんでしたが、そういう事だったのですね。
解説、ありがとうございます(^^)


<引き出しの多い演奏家はやっぱり、デュナーミクとアゴーギクの組み合わせの種類、楽想にぴったりの表現と楽想の深い表現の選択ポイントが豊富なんですよね。

楽想に適切かどうかは判断しかねますが、ムラヴィンスキーの「未完成」の第二楽章がこれに当てはまるのでしょうか?


<一流でない人は、表現力だけでなく、構成力や統率力も足りないと思います。が、私もCDは選んで買ってますし、

CDを選んで購入している、これは何か参考にされているという事でしょうか。
それとも過去の演奏からこの指揮者の演奏であれば、おそらく間違いない、というものですか。

<一言で言えば、好みでない一流指揮者(笑)。

トスカニーニはやはり一流指揮者ですか、お嫌いという事でも、個人的感情に流されない、というのは素晴らしいですね。
帝国主義者みたいな筆頭的な人ですからねえ。

<感心はしますが感動はしませんよね。

私はトスカニーニが最も好きな指揮者とあちこちで書いてますが、これぞトスカニーニ!と感じた演奏は無いんですよね、w
演奏だけ聴くならば、もっと素晴らしい演奏をしている指揮者は他にもたくさんいらっしゃいますし。

即物主義、イン・テンポ演奏の元祖みたい事をよく書かれてますが、曲によってはテンポが揺れていますし、

ライバルであるフルトヴェングラーの存在がいかに偉大であったかという事になると思います。

現在、私たちが聴いているトスカニーニの演奏というのものは、ご存知の通り、トスカニーニが自ら引退宣言をした後の演奏がほとんどですから、この指揮者を正当に評価する事は出来ないと思うんですよね。
自尊心の塊みたいな人間が自ら引退宣言をしたわけですから、
彼の全盛期時代の演奏を生で聴いた事がある人も生存していませんから。

<これが最大限生きているのがメンデルスゾーンのイタリアで、これはこの曲最高の演奏です。

イタリアは私も所有しておりますよ。
トスカニーニ最高の演奏でよく取り上げられるのが、レスピーギ、ローマ三部作とロッシーニの序曲集ですね、メンデルスゾーンのイタリア以外では。

私が一番良く聴く盤は、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番ですね。
2つの録音がありますが、ライブ録音の方ですね。
甥である、ホロヴィッツのピアノも凄いですし、オーケストラはまるで、鉛の塊のような音を鳴らしているのが、聴いていて鳥肌が立ちますね、w

<カルロス・クライバーもそのタイプですが、この人はリズムの跳ねという武器がありますから、引き込まれてしまいます。

クライバーは天性の感性を持った天才指揮者だと思うのですが、如何せんこの人は仕事をしませんからねえ、w
録音が非常に少ないですし、晩年はほとんどコンサートも行いませんでしたから、非常に残念ではありますね。
クライバー以上の指揮者が今後現れる可能性はありますかね(^_^;)

2020/10/11 06:41  [2265-4361]   

ちちさすさん

追記:レスです。

「心の泉」での視聴記でも私と同じような事を体感されていますね。

ビリー・ホリディ、「レディ・イン・サテン」の視聴記で以下の文章がありました。

<最後にHD650です。
これは解像度も必要十分で、ビリーのビブラートも痛々しさを緩和しつつもきっちり聴かせ、バックバンドも各楽器がしっかり実在し距離も近すぎず適切、ヴォーカルも楽器も密度感をキープしながら柔軟に音色を描き分けられた優秀な再生……なのですが、何か足りない、何か違う。
アルバナライブ!のようなメリハリがないから、とも思いましたが、それは確かに欲しいですがこの再生はそこを補って余りある表現力です。では、この違和感は何なんでしょう?

<そう、HD650との組み合わせで相乗効果すら出るはずの、俗にいうラックストーンがこのアルバムでは乗ってこないのです。それに気づいたら、音の潤いがアルバナライブ!を超えてこない、という具体的な不満点が見えてきました。

これ、この時点ではHD650とP-1uとの相性が悪い、と判断されておりますが、私と同様の体験をしているのだと思いました。

<音の潤いがアルバナライブ!を超えてこない、

これが他のCD全てに当てはまるのでしたら相性の問題になるかと思いますが、そうではありませんよね。
私が現在HD650に対して書いてるのはまさにこの事なんですね。
他のヘッドホンでは実力相当の音を鳴らしているのに、HD650だけが実力不相応の音を鳴らしている、という感じですかね。

多分、クラシックの音源だと、この様な逆転現象は起きないと思うのです。
楽曲によって、より適切に聴こえるよう、3本のヘッドホンを使い分けてるくらいですから、それで、違和感を感じてるって事は、何かがあるのでしょう。

私の文章の書き方が悪く、また表現も伝わりにくいものでしたので、色々と理解されるのに難しい側面もあった事だと思います。

ですが、ビリー・ホリディの視聴記の文章を読むと、あれ、おかしいな?と感じられている様子が詳細に書かれています。
私が感じているのもまさにこれで、これは決してアンプとの相性の問題ではないと思います。

視聴記を書くにしても、かなりの時間をかけて、集中して聴かれていると思うので、私が書いている、視聴記とは比べ物にならないくらい、レベルが高いと思うのです。

私と同じような違和感を体感されている事で、HD650特有の現象が少なからずあると安心致しました。

後は何が要因で、そういった現象が起こるのか、ですね(^^♪

2020/10/11 08:12  [2265-4364]   

インバル指揮の「グレの歌」 愛聴盤の「エロイカ」 ウィーン・フィル盤

ちちさすさん

こんばんは(^^)

インバル指揮の「グレの歌」私も所有しておりました、w

このCDは昔、良く聴いていましたが、ドイツ・グラモフォンの音とは確かに違いますね。

インバル指揮、DENONレーベルだったのですね〜(^○^)

今の今まで知らなんだ、w

現在お忙しいと思いますので、返信はいつでも大丈夫ですが、一つだけ質問させて下さい。

「エロイカ」の愛聴盤として、ピエール・モントゥー指揮のCDを2種所有しておりますが。

ちちさすさんの個人的意見で構いませんので、

「春の祭典」の初演指揮者として有名なピエール・モントゥーですが、この指揮者はどういったタイプの指揮者になりますでしょうか?

一流?二流?

簡易的で構いませんので、ご意見伺いたく。

私は、2種の「エロイカ」以外では、「幻想交響曲」しか所有しておりませんが、モントゥーの最高の演奏などご存知であれば、教えて頂きたく。

お時間のある時にでもよろしくお願い致します(^^♪

2020/10/13 23:29  [2265-4377]   

tam-tamさん。

インバルの「グレの歌」はかなり寒い演奏でしょ?
ブーレーズですらインバルよりはロマンティックに指揮してますから。

モントゥーはブラームスの第2番を聴いたことがありますが、ドイツ風でありながらゴツゴツしてないいい演奏だったと覚えてます。フランス人だから当然?
どんな指揮者かというと、穏健派でありながらやる時はやります的な底力タイプだと思うのですが、細部にあんまりこだわらないタイプでもあるので、私の好みからはちと外れてます。
モントゥーの英雄は聴いたことがありませんのでコメントできませんが、この人の十八番が幻想交響曲なんですよね。何回も録音してますが、サンフランシスコ交響楽団との演奏が最高との巷の評価で、いずれ機会があれば欲しいなと思ってました。評論家は北ドイツ交響楽団のを推しますよね。
一流か二流かとといえば、聴いたのがブラームス1曲では即答しかねますけど、多分一流だと思います。

トスカニーニの演奏で、ホロヴィッツとのチャイコフスキーピアノ協奏曲第1番のお話がありましたが、私はホロヴィッツがセル/ニューヨーク・フィルとのライヴが聴きたくて探したのですが、廃盤になって以降再発売されなかったんですね。
今はあるんですが、カップリングが変わってしまい、実はカップリングのチャイコフスキーヴァイオリン協奏曲もメニューインとフリッチャイの共演ですごい演奏という評価なので、できればこのカップリングで欲しくて、結局まだ買ってません。
セル共演盤でのホロヴィッツのピアノは、トスカニーニ共演盤以上の凄さらしいので、やっぱりこれだけでも買ってみようかな。

2020/10/14 07:51  [2265-4381]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

早速のレス、ありがとうございます。

<インバルの「グレの歌」はかなり寒い演奏でしょ?

「グレの歌」はインバル盤しか聴いたことがないので、他の指揮者がどんな風に演奏しているのかわからないんですよね(^_^;)
しかし、あのブーレーズより、寒色系の演奏をしているとなると、大体の想像はつきます(^_^)v

<モントゥーはブラームスの第2番を聴いたことがありますが、ドイツ風でありながらゴツゴツしてないいい演奏だったと覚えてます。フランス人だから当然?

やはり、ブラームスには定評のある指揮者なんですねえ、私はブラームスは一曲も聴いたことがありません。
私的にはモントゥーはフランス人らしくない指揮者だと思っております。
フランス人らしい演奏をする指揮者が実はフランス人ではなかったりするので、一体私は何を書いているのかわかりませんが、w

<モントゥーの英雄は聴いたことがありませんのでコメントできませんが、この人の十八番が幻想交響曲なんですよね。

私が持っているのもサンフランシスコ盤ですね、5種のCDの中では最高との評価が高いですが、モノラルなので、音が悪いです。
私は録音も演奏も鮮明なパレー盤があれば良いって感じでこちらはあまり聴きません。
名盤なので、あれこれとリマスターされながら再発されておりますので、購入する時には音質評価など調べた方がいいですね(^^)

<一流か二流かとといえば、聴いたのがブラームス1曲では即答しかねますけど、多分一流だと思います。

ブラームスには定評のある指揮者なので、ちちさすさんが聴いて一流と感じるのであれば一流なのでしょう。

モントゥーのコンセルトヘボウとの「エロイカ」は再現部のトランペットをオリジナルスコア通りに吹かせているのです。
ウィーン・フィル盤はバルブ付きトランペットに合わせた改訂版のスコアで吹かせていますけど。
コンセルトヘボウとの「エロイカ」は素晴らしいので、未聴でしたら、いずれは聴いて欲しいですね。

<私はホロヴィッツがセル/ニューヨーク・フィルとのライヴが聴きたくて探したのですが、廃盤になって以降再発売されなかったんですね。

トスカニーニ との演奏があまりに凄かったので、セル/ニューヨーク・フィルの演奏も聴きましたよ。
てっきりステレオ録音かと思っていたのですが、モノラルだったので、最終楽章だけ聴いて購入はしませんでした。
トスカニーニが嫌いであれば、おそらく気に入る演奏でしょうね。

<セル共演盤でのホロヴィッツのピアノは、トスカニーニ共演盤以上の凄さらしいので、やっぱりこれだけでも買ってみようかな。

全盛期のホロヴィッツの演奏だけあってやはり凄いですね、最終楽章しか聴いてませんけど、w
セルの伴奏もトスカニーニ以上の切れ味で素晴らしいですよ(^^♪
(石丸電気の最上階に好きなCDを試聴出来る、試聴室みたいな場所があったんですよね。)
この曲がお好きであれば、ホロヴィッツによる演奏は持っていて損ではないと思いますよ(^^♪


それと、新しく購入されたカメラでノイズがのる、という事ですが、JPEGとか他のフォーマットで記録しても同じですか?
RAWでのみ起こる現象という事であれば、設定の問題かもしれませんが、全てのフォーマットで起きる現象でしたら、一度点検に出された方が良いと思いますよ。
低ノイズが売りのカメラですしね。

レス有り難うございました(^^♪

良い一日を♪

2020/10/14 11:48  [2265-4382]   

 Bigshooterさん  

2020年10月14日のモノローグ

T.プレリュード
10/12 深夜 長期出張より帰宅
山のような郵便物を部屋に持ち戻りネットを見ながら郵便物に目を通す。
エディーが亡くなったことを知りショック!
青春がまた一つ去って行ってしまった寂寥感 1989/01/29 (日) 京都府立体育館

中に生命保険の控除証明書が入っていた・・・

U.予感
「封を開けて中を見ろ!」と天国のエディーが囁いた
めったに見ない控除証明書に目を通すと・・・ Oh My God!
今年度ハ・イ・ト・ウ・キ・ン ¥50,000
Thank you Eddie!

疲労が溜まってヘロヘロになっていたがホットコーヒー&Eruptionで
目はギンギン!You really Got me! Yeah!

V.誘惑 悪魔の囁き
ハ・イ・ト・ウ・キ・ン ¥50,000で何を買うたろか・・・
ギラついた目でAmazon、ヨドバシサーフィンをしていると
Wooooooo・・・・・・・ Ludwig Van Beethovenのア・イ・コ・ンが
「実際のところ、”今が買い時”のヘッドホンではないでしょうか。
この様な素晴らしいヘッドホンはそうそう見つける事は不可能です。」
呟いている 囁いている ヤ・バ・イ・・・ 冷汗
なんでこんなトコにもおんねん・・・
縁側の主tam−tam様ではないか アカン
疲れた 寝るぞ! PCの電源を落とし部屋を暗くするがBeethovenが
頭から離れな〜い!

W.葛藤
再びPCの電源を立ち上げ誘惑を払い除けよう!
Amazonサーフィン開始・・・ ヤバイ Prime dayやってるわ・・・
¥50,000ってモノを買うには中途半端で案外コレといったものがないな
CD買っても収納がパンクしてるし 650 650 650 ×100
今が買い時 今が買い時 今が買い時 ×100
眠くなってきたぞ もうすぐ朝だ! 悪霊退散!!!!!!

X.目覚め
目が覚めると疲労が蓄積していたのか昼近い
無事悪魔は去ったようだ・・・
PCを立ち上げてメールのチェックとネットでニュースでも見るか
What!Why!5W1H Jesus!・・・・・ 「Amazon.co.jpのご注文」なんじゃこりゃ!!!!!

Y.最後のチャンス
598(黒プリン)、598CS、Momentum、660S
ゼンハイザーは598以降不発続きで660Sが全くダメで二度とゼンを買うこともないかな
と個人的には考えていたが
同調圧力 笑 に屈してしまった 涙

幸い660Sのときの4.4と改造バランスケーブルも手元にあるのでゼンに最後のチャンス
をあげよう!

名前はEddieだな・・・ You really got me?




















2020/10/14 19:08  [2265-4383]   

 Bigshooterさん  

tam-tam17701827さん
ちちさすさん

ご無沙汰しております。
↑ってな訳で明日から650オーナーです。
660Sではずしてるので650には大いに期待です

でわ^^

2020/10/14 19:39  [2265-4384]   

Bigshooterさん

こんばんは、&お帰りなさいませ(^^♪

書き込みがストップしていたのでこちらからお声をかけようとしていたところです(^^)

HD650ファン倶楽部のご入会ありがとうございます<(_ _)>

村上春樹の本は読んだ事がないのですが、上記の様な形式で書かれるのでしょうか。

これで、HD650のオーナーが5人ですか、
ちょっとした異常事態でございます(^○^)

HD650の事なら、お任せあれ、みたいな縁側になりました( ̄^ ̄)ゞ

<Wooooooo・・・・・・・ Ludwig Van Beethovenのア・イ・コ・ンが
<なんでこんなトコにもおんねん・・・ 縁側の主tam−tam様ではないか アカン
<今が買い時 今が買い時 今が買い時 ×100


そうなんです、悪魔の囁きから逃れる事は不可能なのですよ、w
催眠術の様なレビューでしょ、w
クラシック音楽のCDの収集がひと段落したので、ちょっと気が緩んでいましたね、w
大切な配当金、HD650ファン倶楽部の入会金に使ってしまいましたね。

これで我々は一段と強い結束で結ばれたファミリーとなりました。

とまあこんな感じです(^○^)


ともあれ、HD650、購入おめでとうございます(^^)


相性が良くないとは思いますが、純正ケーブルシングルエンドで、310USBで聴いてみて下さい。
CDが一緒であれば、私と全く同じシステム構成で聴く事が出来ますね。

BigshooterさんのHD650の名前はEddieですか、う〜ん、私のHD650はなんて名前をつけよう。


日付が変わってしまいましたが、昨日は知人の誕生会で、帰宅したのが今日の0:30です。

イヤホン、ヘッドホンには興味のない二人なので、そういった話は出来ませんでしたが。

昨日もやっぱりAAAを聴かされました、たっぷりと、w
聴き覚えがある曲が、ようやく3曲になりました( ̄▽ ̄)

一応ですが、ちちさすさんとBigshooterさんにした質問をしてみました。
「新しいアルバム、どれくらい通しで聴いたら曲が覚えられる?」
「ながら聴きが多いけど、音楽だけ聴く時間があれば、2〜3回くらいかなあ」
(ー_ー)(ー_ー)(ー_ー)(ー_ー)(ー_ー)(ー_ー)(ー_ー)
やっぱりかあ、w

安室ちゃんの曲、全部覚えるのに、一年かかってんぞ、こちとら、w ( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)

これは一種の障害でしょう、もう、w

まあ、私の曲を覚える時間が異常に長いって事は判明致しました(^○^)

色々と音楽の話をしていて、ちょっと面白い発見がありました。

久しぶりに集まった、旧友の二人はごく普通の音楽好きの人で、勉強したり研究したりしない人たちです。

私は好きになった曲、あるいは好きになりそうな曲は極力聴かない様にしています。
いくら好きな曲でも聴き過ぎて、好きでは無くなってしまうからなんですね。
これは食べ物も同じでして、大好きだったものが、口にするのも嫌になってしまう事があるんです。

こういった話しをすると、口を揃えて「それはおかしい、そんな事にはならない」って言うのです。
好きな曲は何度聴いても飽きる事は無いそうで、ましてや嫌いになる事など絶対に無いと。

私の感覚の方がどうやらおかしい様で、今までずっとこれが普通のことだと思っていたんです。

1日平均16時間、2年間にわたり毎日エルヴィスの曲を聴くことをしていて経験した事なんです。
この事自体がちょっと異常なんですけど、音楽にドップリとハマっていた時期でしたので。
好きな曲でも聴き過ぎると、好きでは無くなってしまうんだなあと思ったんですよね。

これはどんなジャンルでも同じで、あれだけ好きだったベートーヴェンの第九も今では聴くのが苦痛でしかありません。

最も多くのCDを持っているのが、ベートーヴェンの第九なんですね。

そういう経験があるので、現在まで「フィデリオ」のベーム盤を買わなかった理由の一つなんです。

好きだった曲が聴けなくなってしまうんですね。

そんな経緯を思い出しながら、考えてみると、昔は今ほど、曲の覚えが悪く無かった気がするのです。

異常な時間、エルヴィスばかり聴いていた時期とCDを買い漁っていた時期もちょうど重なります。

一種の拒絶反応なんですかね、現在の症状は?

音楽に対しては色々と無茶をしておりますし。

そんな事を考えさせられた昨日でした。


帰宅してPCをスリープから復帰させると、縁側の書き込みの通知メールが届いてました。
Bigshooterさんからでした、いや〜嬉しかったですね(^^)

また色々とお話致しましょう♪

小説の様なレス、非常に楽しく読まさせて頂きました、ありがとうございます(^^♪

2020/10/15 02:05  [2265-4385]   

 Bigshooterさん  

tam-tamさん
ちちさすさん

おはようございます!
前に話した↓素案が出ましたね 笑

https://www.jiji.com/sp/article?k=202010
1401096&g=pol


10万と聞いてたんですが...

もう一声欲しいところですな

2020/10/15 06:41  [2265-4386]   

Bigshooter さん。
ほおぉ〜。これでHD650ユーザーが都合5名に(^^)
ドーヴェンウルフさんは元からのユーザーさんですが、他の方は私が来てからのご新規さん。
私がセイレーンの声になりましたかしら?(笑)
HD650はアンプとの相性も激しいですし、バランス駆動にすると音質は上がるけど「らしさ」が削がれる感じがするという、フレンドリーさがちと足りないコですけど、ハマれば超高額機でも替えが見つからないくらいの唯一無二階級のヘッドフォン。
以前にはDMaaとかのチューンがありましたが、私的には、HD650を「ただの」音質の良いヘッドフォンにしちゃうのはもったいなくて、チューンには手を出しませんでした。
Bigshooterさんがどのように手綱を操るか、ご報告を楽しみにしております。

給付金には期待しておりましたが、半額なんてひどいわ、ひどいわっ!!
国民のみんながとりあえず安心して年を越すには10万円ですよね。
今回はマイナンバカードでのオンライン申請の方が早く給付されるでしょうね。
うち、まだ作ってません(^▽^;)

α7R II はこれから廉価機も高画素の時代になりそうなので、うちの子のこれからのフォトライフを考えたら高画素機も使いこなせるようにした方が良いと思っての導入でした。
α7R II を使っていると、キヤノンがローパスフィルターを外さない理由が良く分かります。撮ること以外でユーザーに苦労をさせないキヤノンの方針は素晴らしいです。


tam-tamさん。
「グレの歌」はシェーンベルクの作品としてはかなり起伏があるのですが、これをここまで冷徹に演奏できるインバルってすごい才能ですよね。
インバルはそもそも夫の推し指揮者で、私は結婚してから初めてインバルの演奏を聴いたんですよ。マーラーだけでなく、チャイコフスキー第4-6番とショスタコーヴィチ(フランクフルトとの第5番)、ファウスト交響曲、グレの歌、テルデックへのブルックナー第2番と第6番、ストラヴィンスキー、ドヴォルザークがおすすめなんですが、どれもこれも熱くなりません。チャイコフスキーやドヴォルザークが、意外や意外にこの芸風とすごく良いマッチングです。

新しいカメラのノイズのことですが、jpegではノイズリダクションが入った画像で撮影されますが、RAWで撮ると各種ノイズリダクションは反映されないそうなんです。分かってはいたんですが、ここまでとは思ってなかったんですよ。輝度ノイズはISO感度を低くすれば出ませんが、カラーノイズとエッジノイズが酷すぎまして。
しばらくjpeg撮影との比較もしながら、できるだけノイズのない設定と、劣化の少ないRAW現像を見つけていくしかありません。

2020/10/15 13:36  [2265-4387]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん

お久しぶりです^^
お元気そうで良かったです。

私がセイレーンの声になりましたかしら?
⇒ほんまに君たち あかんて! 爆
実は一昨年660Sが論外だったのでもうゼンは買わんとこと心に決めてましたが、550にZ7がバランス接続で繋いであるんですが、北海道といえども夏は密閉は暑くてクーラーかけてる時くらいしか使えないのでバランスが使えるオープンは考えていたのですがT12でもピンとこないで売り払ってしまったくらいなのでなかなかこれといった候補がなかったんですよ 笑
私の場合、デザインにも拘りがあってオーセンティックなデザイン以外はダメなので700、800
はOUT OF THE QUESTIONなわけです。
そんなとこにちちさすさんやTam-tam氏の囁きがあり とうとう同調圧力に屈してしまいました 涙

HD650はアンプとの相性も激しいです・・・
⇒まだ馴らし中なのでなんとも言えませんが、音質的には660の100倍くらい好きですね^^
660は「音」を聴いている感じですが650は「音楽」を聴いてるという安心感があります。
朝一で届いたので昼ご飯も食べずに3つのアンプをとっかえひっかえシングルやバランス
に繋ぎかえたりして遊んでますが一言で云うと「難しい」ですね 汗

アンプが非力だと煩くなるし、GAINが嵌らないとらしくない音だしと・・・ 実に楽しませてくれます。
@310USB Tam-tamさんが↑で云われているように確かに相性が悪いですね・・・
310の場合、300ΩだとGainをHighにしないとバランスがおかしくなるんですが、Highにしても
音量はとれるもののデジタルアンプ特有の高負荷時の歪感が出てしまって厳しいものがあります。
ADAC1の場合、GainをHighにすると8時まてで余裕で音量がとれますし、歪感も皆無ですが、
DAC1の場合、負帰還を調整してGainを上げているのでGainを上げるごとに特性が正三角形から
縦長の二等辺三角形になるのでまったり感はなくなりかなりMuscular & Solidなバランスになります。しかも高音域にはMaranzトーンが乗るので本来の650の音のイメージとは違うかも 笑

B505(BTL)の場合、MaranzのようにクセがないのでハンドリングしやすいですがMaranz以上に
Muscular & Solidな出音でシングルとは別物の音になるので驚きました。
クラッシック用というよりロック、Fusion用という感じです 笑

給付金には期待しておりましたが、・・・
⇒結論から言うと誤情報でしたのでご安心下さい 笑
10万円の話も前職の時に2年ほど出向していた政府系シンクタンクの後輩からのリークなので
いい加減な筋のネタではないので「おかしいな・・・」と思って昼休みに確認したところ↑にも書いてあるように2次補正予算で追加5万円、3次補正予算で10万円(年内支給予定)の計15万円ということらしいです!
15万あればレンズかヘッドフォンの足しになりますね〜
ただ麻生さんは反対らしく、二階さんが汚職で御用になるとヤバイかな・・・ 汗 

α7R II はこれから廉価機・・・
⇒個人的には画素数に適応できるレンズがないのにメーカーもよくやるよな・・・
という感じですが、高画素化競争は収まりそうもないですからね〜

カラーノイズの話がありますが、可能であれば適正露出で撮影した写真を1枚アップしていただけるともしかしたら少しはお役に立てるかも・・・












2020/10/15 15:16  [2265-4388]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんばんわ^^

相性が良くないとは思いますが、純正ケーブルシングルエンドで、310USBで聴いてみて下さい。
⇒ちちさすさんのレス↑でも書きましたが、tam-tamさんの云われるように確かに相性は良くないかもしれませんね
Reコメ遅くなりましたが、いい加減なことも書けないので何時間かおきに3台のアンプで回してテストした結果としては今のところ310だけはどんな設定をしても厳しいですわ
最も300Ωのハイインピなので音が安定するまでまだ暫く時間がかかると思いますので今のところファイナル・アンサーではないですが・・・

今日Denonのサポートに電話で確認したところ、650の場合、やはり310の適正GainはHighとのことでしたが、Highで負荷をかけると高音域が煩くなるし、Midの場合、高音域の煩さとトレードオフで天井が低くなったような高音域のヌケの悪さを感じますね・・・

DAC1と505(BTL)だと高音域の煩さは感じないのでそのままだと不満が残るかもしれませんが、650の場合、660と同様、ユニットの性能としては高音も低音もフルレンジで出る設定にしてあって厚いスポンジで高音域の調整(減衰)をさせる設計をしているものと思います。
DMaaのチューニング↓を見ると厚いスポンジからメッシュ交換してあります。
https://pota-run.blogspot.com/2018/03/hd
6xx-dmaa.html?m=1


660の時にも試してみましたが310だとGain Midでスポンジを別の素材のものに変えるとウェルバランスになるかもしれませんが、ちちさすさんも↑で書いておられるように650の持ち味がスポイルされてしまう危険性はありますね
人それぞれ聴覚特性も異なるのでここらの塩梅が微妙なところではありますが・・・

前にDGのDDDのコモリ感の話がありましたが、DGのDDDの82'LVB #5と90'ブルックナー#7(カラヤン)の録音を聴いてみましたが82'の録音は明らかに高音の量が少ないので少し音量を上げないと天井が低い感じはしました。
650自体、最近の一般的なヘッドフォンと比較して高音の量自体少ないのでダイナミックレンジの大きいクラッシックのDDD音源の場合、弱音時の高音のヌケが悪く感じるのかもしれないな〜と感じました。

650も660同様、簡単に分解できるようなので時間のある時にスポンジを別のものに交換して試してみようと思います。

これは一種の障害でしょう、もう、w
まあ、私の曲を覚える時間が異常に長いって事は判明致しました(^○^)
⇒これ 最近気づいたのですが、私はラップとストリングカルテットは覚えずらいのでジャンルによって得手不得手があるかもしれませんね 笑
ストリングカルテットはなかなか頭の中に残らないんですが、バイオリンのソロやコンチェルトは2回くらいで鼻歌程度には覚えられるのが不思議です。
前にリンクを貼った右脳と左脳の使い方なのかもしれませんね^^

でわ^^


2020/10/15 20:24  [2265-4389]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

昨日は睡魔が襲ってきてレス出来ませんでした(^○^)

<ほおぉ〜。これでHD650ユーザーが都合5名に(^^)
<私がセイレーンの声になりましたかしら?(笑)

5人がHD650を持っている、ちょっとした異常事態でございます、w
HD650ファン倶楽部「セイレーンの館」、広報部長のtam-tamです、w

手持ちのチャイコフスキーのピアノ協奏曲について書こうと思ってたのですが、画像添付が出来なくて、(^_^;)
問題が解決したら後ほど、書き込みます。

<インバルはそもそも夫の推し指揮者で、私は結婚してから初めてインバルの演奏を聴いたんですよ。

って事は学生時代には聴いていない、かなり、音楽を聴き込んだ後に聴いた指揮者なのですか。

私はちょうど、インバル、インバルと国内で騒がれだした頃に色んな本、雑誌を読んでみたんですが、マーラーばかり絶賛されていたので、スルーしちゃったんですよね(^_^;)

なので、「グレの歌」はインバルの演奏だから購入したCDではないんですよね。
「テ・デウム」も同じで、他にロクな指揮者がいなかったので、なんとなくインバル盤を購入した、という感じですね。

ですので、インバルについてはそれほど注目していた指揮者では無いので、そこまで才能ある演奏家だとは気がついておりませんでした、w

<チャイコフスキーやドヴォルザークが、意外や意外にこの芸風とすごく良いマッチングです。

非常に聴いてみたくなっちゃいましたねえ(^^♪


<jpegではノイズリダクションが入った画像で撮影されますが、RAWで撮ると各種ノイズリダクションは反映されないそうなんです。分かってはいたんですが、ここまでとは思ってなかったんですよ。

なるほど、画素センサーの異常では無いみたいですね、
画素ピッチが小さくなれば、なるほど、ノイズは発生しやすくなりますからね。


<しばらくjpeg撮影との比較もしながら、できるだけノイズのない設定と、劣化の少ないRAW現像を見つけていくしかありません。

カメラの設定を見直すよりも、RAW現像ソフトを変えて試してみた方が、良い気がしますが。

Bigshooterさんがお力になってくれるそうですから、問題のある画像を添付してみてはどうでしょう?
早いとこ改善して気持ちよく綺麗な写真を撮りたいでしょうから(^^)

書き込み、ありがとうございます、また後ほど(^^♪

2020/10/16 08:29  [2265-4390]   

Bigshooterさん

おはようございます(^^)

HD650ファン倶楽部「セイレーンの館」へようこそ、( ̄▽ ̄)

<⇒ほんまに君たち あかんて! 爆

私はいろんなところに出没しますので、注意が必要な様です、w

ちちさすさんはもとより、私にも罪は無いと思っております(^○^)

あくまでBigshooterさん、ご自身で購入を決められた、と、w

そんな事は置いといて、w HD650で音楽を楽しみましょう、以上問題解決でございます、w

<⇒まだ馴らし中なのでなんとも言えませんが、音質的には660の100倍くらい好きですね^^

HD660S購入の時にはHD600、HD650は試聴されていなかったのですか?

リニューアルモデルはHD800S以外はどれも酷いものですが、HD660Sはその筆頭株ですね。

リニューアルモデルは全て型番+Sになっていて、ドライバーもおそらく同じ構造のものを使用してます。

ところが、HD650の後続機であるHD660Sだけ、インピーダンスを変更しており、型番も変えてあります。
本来ならばHD650Sになるはずのものです。
ここにゼンハイザーの自信の無さが垣間見えてしまうのです。
HD660Sは大失速するだろうな、と予測はしておりましたが、まさかここまでとは思いませんでした。
ie800Sはこれはもう仕方がないですね、あの価格設定では売れません。失敗と言うより失策でしょうね。

<@310USB Tam-tamさんが↑で云われているように確かに相性が悪いですね・・・

ここまで酷いと、逆に310USBがフルデジタルヘッドホンアンプとして優秀である、と思えてきますね(^^)
何しろ、安価なポータブルアンプの方がHD650らしい鳴らし方をしますので。

<3台のアンプで回してテストした結果としては今のところ310だけはどんな設定をしても厳しいですわ

そうでしょうね、P-750uでは極上の音を鳴らしていましたからねえ(^_^;)

ここまで変わるもんかい、と、w

HD650の長所を全て殺してしまっているんですよね〜。

しかし、POPミュージックとの相性は良いですよ。
ミッドレンジが素晴らしいヘッドホンだけあって、ヴォーカル表現力は素晴らしいです(^^♪

<前にDGのDDDのコモリ感の話がありましたが、DGのDDDの82'LVB #5と90'ブルックナー#7(カラヤン)の録音を聴いてみましたが82'の録音は明らかに高音の量が少ないので少し音量を上げないと天井が低い感じはしました。

あら〜、やはりですか。
音響学的要因の他にも心理的要因も多分に影響していると思いました、私の場合は。
(所有している、イヤホン、ヘッドホンの中で、唯一毛色の違うヘッドホンですから。)
(それと、クラシック音楽を聴くのに欲しい、欲しいと思っていましたし、ラックストーンで聴いたHD650は素晴らしいものでしたから、期待感が非常に大きかったのでしょうね。)

<⇒これ 最近気づいたのですが、私はラップとストリングカルテットは覚えずらいのでジャンルによって得手不得手があるかもしれませんね 笑

知人の二人も同じ様な事を言ってました、「興味のない音楽はいくら聴いても覚えられない」、と(^_^;)

エルヴィスは特に好きなアーティストでは無かったんですよね、w
ビートルズマニアに対抗するには、膨大な録音があるエルヴィスを完全コンプリートするしか無いって聴いてましたから(^_^;)
まあ、男の意地ってやつですよ、(^○^)

書き込みありがとうございます、また後ほどレス致します、(^^♪

2020/10/16 09:20  [2265-4391]   

ちちさすさん

こんばんは(^^)

チャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番、セル/ホロヴィッツ盤、近所に住んでいるクラオタのおじいちゃんがいるのですが、貸してくれるそうです。

と言っても所有しているのがレコード盤らしいので、息子さんがUSBメモリーに落としてくれるそうです。

チャイコフスキーのピアノ協奏曲に関しては、常設掲示板の方にコラムとして書き込みますので、明日以降になってしまいます。

今日の夜にこの掲示板に書こうと思っていたんですが、セル/ホロヴィッツ盤が第一楽章から全曲聴けそうなので、それを聴いてからにしますね(^^♪

RAW現像は現像ソフトによっても、かなり変わるみたいですが、私は現在、デジタルカメラは使用しておりませんので、今後私の方から余計な事は書きません。
スキルのある方に聞いてみてください、問題が解決するかもしれません(^^♪

2020/10/16 20:57  [2265-4396]   

tam-tam17701827 さん  

2020/10/17 14:40  [2265-4398]  削除

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんばんわ^^

昨日、今日とゼンハイザー、マランツ、DENONとGAIN設定の不明点やら保証書、規格の件でメールやら電話でばたばたしているところにアバドのメンデルスゾーンがドイツから届いてPCに取込んだりで大忙し?でした 爆
オーディオの世界もしっかり確認しておかないと相変わらず結構いい加減なところがあるので困ったものです。
役に立ちそうな情報については後でコメントします。

ヨドバシカメラは購入した製品でないとレビューが書けません。・・・
⇒ヨドバシのレビューの件は何かまずいことでも書いてしまった感じですか?
正直なところ縁側も自分のコメントしているスレしかほとんど見ないので↑につていて???の状態なので「誤解」のしようもないわけですが・・・
よくわかりませんがヤバイことして入手したのでなければ無問題なのではないかと・・・
tam-tamさんの↑のコメントの論点がサッパリ理解できていなくてすみません。
ポチる前にtam-tamさんがこのスレで旧スペックと新スペックとか何かコメントしてたな〜
と思って価格のレビュー、アマのレビューを見てみたら新スペックも旧スペックもいっしょくたになっていて判別できなかったのでもしやと思ってヨドとビックのレビューを見に行ったら偶然ペートーヴェン!???という感じです 笑

HD660S購入の時にはHD600、HD650は試聴されていなかったのですか?
⇒660SもT12ももちろん試聴はしてますが、新宿のヨドのように札幌のヨドもビックも試聴用の個室がないんですよ 笑 「真ん中通るは中央線・・・」「ビ〜ック ビック ビック・・・」の喧騒の中ではオープンタイプは特に大雑把な出音の傾向くらいしかわかりません 涙
となると低インピで音がクッキリしている660Sがどうしてもいい音に聴こえるわけです。
しかもヨドは試聴用のまともなアンプは2台しかなく運悪く空いていたアンプがフォステクスHP-A4BLですからHD650は「真ん中通るは中央線・・・」のBGMやら喧騒で高音域が聴きとりにくいし低音はモコモコしてるし、HD600は低音が薄すぎかな〜 で660S一択でしたね 笑
家で聴いてみたら奇麗な「音」だけど実につまらない「音」で我慢して3月位聴いてみて結局「音楽」が聴けなかったので「こりゃ あかんわ」という感じでリセール損が出ないうちにさっさと売り払ってしまいました。

ここまで酷いと、逆に310USBがフルデジタルヘッドホンアンプとして優秀である、と思えてきますね(^^)
⇒私の場合、TA-ZH1ES+T1Sで一本化を図りましたが、結局、アンプもヘッドフォンも得手不得手があるのでミドルクラスのアンプヘッドフォンを組み合わせたほうがオールジャンルで楽しめるし、ピュアオーディオにはない楽しみ方なのかな・・・という結論に至り今のシステムになってますが、310USBはAKG 712PROと組合わせるとクラスを超えた最高にゴキゲンなパフォーマンスを発揮しますのでGAIN MIDでドライヴできる65Ωくらいまでのヘッドフォンとの組合わせではEXCELLENTだと思います。

POPミュージックとの相性は良いですよ。
⇒確かにPOPやロックはコンプで音圧レベル上げているのでクラッシックと比較するとダイナミックレンジが小さい分音圧変動が少ないのでアンプにかかる負荷が小さいので310でもデジタル特有の粗が目立ちにくいですね^^

所有している、イヤホン、ヘッドホンの中で、唯一毛色の違うヘッドホンですから。
⇒正直、高音好きなtam-tamさんが650???という感じでしたね 笑
650は高音域はしっかり高いとこまでフラットに伸びてますが、最近のヘッドフォンみたいに
高音域の量は盛ってませんから更に意外でした。
660と比較して650の方が高音域を盛ってない分、弦の響きやホールエコーは自然で奇麗に再現されますね 弦の音がホール全体にシルキーに拡散する感じはホント快感ですな〜

そんでもって
1.ゼンハイザー
@正規代理店で買ってるのになんで保証書入ってないの?
A再生周波数が2通りあるけどどっちが正当?
Bドライバーは新・旧で違うのか?
なんていう質問をゼンハイザーにメールしてみましたら添付画像↑のような返信がありました。

@については今日、ゼンハイザーの担当者からわざわざお詫びの電話があったので、真贋の判定についても確認したところ外箱のQRコードで真贋の判定するしかないようです。
新ロットについては何か仕掛けがあるらしく保証修理時には一発で真贋判定できるのでご安心下さいとかのたまってました 保証書も付けないでよく言うよな〜 ですね 笑

AについてはFILIPSのL2、X2のときもスペック表記が食い違っていたのでメーカーに電話して確認したところ、海外の測定では20Khzが何db以上、30khzが何db以上という規定があるらしいですが、ゼンハイザーの回答にある新基準=日本基準では周波数帯域ごとの何dbという基準がないのでいわゆるノイズ程度でもその周波数が計測できれば「ハイレゾ」認定されてメーカーも余計な金を払う必要がでるということらしいです 笑
2016年にクチコミ書いてます↓
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0000648775/#
tab


それと旧ロットも新ロットもユニットは一緒らしいのでセイレーン倶楽部の5台は基本的に同じものなので音源が同じであれば前にtam-tamさんに話した「おもしろいこと」ができますね^^

つづく








 
 

2020/10/17 02:53  [2265-4399]   

 Bigshooterさん  

つづきました・・・

2.Maranz DAC1
@GAIN設定
これはDENON、MARANZとも取説にヘッドフォンに合った適正なGAINを設定して下さいとしか書いてないので非常に納得のいかないところでDENONは以前サポートに電話して確認した目安を控えてあったのですが、650でHighだと高音域が煩いので昨日再度確認したのは↑に書いたとおりですが、
DAC1をその目安に当て嵌めると明らかに変!
HIGH GAINに設定すると8時の位置が適正で9時の位置で煩いくらいの音量になります。
昨日、DENONに電話をした時にマランツに回してもらおうとしたら同じD&Mでも別会社なので申し訳ございませんがお掛け直し下さいとか渋いこと云われて、電話を掛け直したらMaranzのほうは全然つながらなくて今日ようやく繋がりました 汗

繋がったと思ったらGAINの負帰還が・・・とか云ったらさっぱり伝わらなくて折り返し専門の者からお電話させていただきます WHAT!

暫くしたら担当の者という人から電話がかかってきて
「HD650 300Ω・・・8時で音量がとれて・・・・・・・・HIGH GAINだと少し高音がきつくて・・・・」と伝えたら「当社のDAC1のHIGH GAINは300Ω超〜600Ωを想定していますので・・・」????
300Ωでも小型ドライバー、音圧感度が100db以上のヘッドフォンの場合、GAINはMIDか場合によってはLOWで適正なバランスになります・・・・」
「取説にもはっきり書いてないんですが・・・」
「9-10時で適正な音量になるのが適正なゲイン設定というふうにご理解下さい」
「でもって全段AB級動作なの?」
「DAC1は600Ω以下であれば全段A級動作になっております」
「DAC1はアッテネータでレベルを下げるのではなく、電圧増幅段で負帰還の量を変えることで、増幅度を調整しているだけなので実際には適正GAINという概念はありませんのでGAINを下げたらボリュームを上げてお好きなバランスでお使いいただけます」
完全に??????????だ
というわけでGAIN MIDに設定してみると完全なピラミッドバランスで高音域のマランツ臭いもなく当面はこれで行ってみようかな・・・と
アバドを聴き倒していましたがリマスターしてないらしく自然で美しい!
スコットランドもクレンペラーと違った良さがありますね〜 
アバドはAdajoが優しくて癒されますね〜

とまあこんなところです。報告終了! でわ^^
 






2020/10/17 03:40  [2265-4400]   

tam-tam17701827 さん  

2020/10/17 14:39  [2265-4401]  削除

Bigshooter さん  

2020/10/17 12:45  [2265-4402]  削除

Bigshooterさん

ちょっと慌ただしくて申し訳ありませんでした(^_^;)

レスしていきますね(^^)

<⇒660SもT12ももちろん試聴はしてますが、新宿のヨドのように札幌のヨドもビックも試聴用の個室がないんですよ 笑 
<となると低インピで音がクッキリしている660Sがどうしてもいい音に聴こえるわけです。

私も個人的にはHD660Sの音の方が好きでしたね、クッキリ、シャッキリしているので、w
これはHD660Sに限らず、イヤホンのie80sでも同様のチューニングになってましたね。
どうやら、モッサリ感に対する、ユーザーサイドの意見を参考にシャープな音にしてしまったようでありますね、w
イヤホンのie80sはともかく、HD650はゼンハイザーのフラグシップモデルでもあったので、このリニューアルに対する反発は相当大きいだろうな、と予測してましたが、HD650を完全復活せざるを得ない大失速になるとは思ってもみなかったですね。
ie80はie80sが発売された直後に販売を辞めてしまってますが、ie800もHD800もかなりねばっていましたからね、それでも生産終了していますから、HD650だけが異例なんですよね。

<310USBはAKG 712PROと組合わせるとクラスを超えた最高にゴキゲンなパフォーマンスを発揮しますのでGAIN MIDでドライヴできる65Ωくらいまでのヘッドフォンとの組合わせではEXCELLENTだと思います。

”EXCELLENT”いただきました(^^♪、ありがとうございます<(_ _)>


<⇒確かにPOPやロックはコンプで音圧レベル上げているのでクラッシックと比較するとダイナミックレンジが小さい分音圧変動が少ないのでアンプにかかる負荷が小さいので310でもデジタル特有の粗が目立ちにくいですね^^

なるほど、
音圧変動が少ない音源の方がHD650に合うって事なんですね、310USBの場合だと。
そういった視点から、聴き直して検証してみます。

<⇒正直、高音好きなtam-tamさんが650???という感じでしたね 笑
 
貰い物なので私に選択権はありませんので、笑。

HD650が欲しいとは思っていましたが、5万円出して購入するならば、音源用意してきちんと試聴すると思いますね、さすがに、w
Bigshooterさんの構築システムでAKG 712PROが最高のパフォーマンスを発揮している事も知ってましたので、310USBで比較試聴して決めると思います(^^)

<650は高音域はしっかり高いとこまでフラットに伸びてますが、最近のヘッドフォンみたいに高音域の量は盛ってませんから更に意外でした。

国内製だけでなく、海外製のヘッドホンなんかも高域を強調してあるのですか?
モニターヘッドホンと呼ばれるヘッドホンも低音が出過ぎるなあとは感じてましたけど。
こうなってくると、どのヘッドホンが最もフラットな出音なのかわからないですね〜(^_^;)
海外のスタジオなんかではHD650をモニターヘッドホンとして使用しているところもありますからね。

<660と比較して650の方が高音域を盛ってない分、弦の響きやホールエコーは自然で奇麗に再現されますね 弦の音がホール全体にシルキーに拡散する感じはホント快感ですな〜

HD650は刺激音を全く鳴らさないので、秒速で寝落ちしてしまう大変危険なヘッドホンでもあります、w
私が使用しているイヤホン、ヘッドホンは刺激的な音を発するものが多いですからねえ、
優しい音に包み込まれている感じがなんとも言えないくらい気持ちいいのですよ(^○^)

<@正規代理店で買ってるのになんで保証書入ってないの?
<A再生周波数が2通りあるけどどっちが正当?
<Bドライバーは新・旧で違うのか?

これら一連の疑問は私の常設掲示板のコラムで取り上げてますね。
私が書いた内容とほぼ一致しておりますね。

<新ロットについては何か仕掛けがあるらしく保証修理時には一発で真贋判定できるのでご安心下さいとかのたまってました 保証書も付けないでよく言うよな〜 ですね 笑

ただ、こちらに関しては、本当に「仕掛け」がしてあるのかどうか、私にもわかりません。
ゼンハイザーに非常に詳しい人物に聴いてみたところ「箱」が全てだそうで、本体のみだと、専門店のスタッフでさえ本物か模造品かの判別が出来ないと言ってましたので。
分解すると判別出来る様にしてあるのかもしれませんね。
そういった仕組みになっていないと、模造品を修理に出したら、本物になって返ってきた、なんて事も起こりえますからね。

Aの再生周波数については、メーカーの自己申告がそのまま通ってしまうらしいので、新しく測定したのかどうかも怪しいところですね、w
〜39,500Hzだろうが、〜41,000Hzだろうが、聴き分ける事は不可能ですし、こんな微妙な数値の変更なんて意味がありませんので、w

<Bドライバーは新・旧で違うのか?

ドライバーは全く一緒だと思うんですが、製造国が違うので、その辺りで組み立てのクオリティーで差が出てしまう可能性はあると、言ってましたね。

実際、あらゆる計測をして検証したみたいなんですが、ドライバーとしては大変優秀であるものの、左右のマッチングに関してはばらつきが非常に多いとの事でした。
ゼンハイザーとしてはその辺りは問題視していないのかもしれません。
まあ、ばらつきがあるにせよ、聴いていてわからないですからね、w

HD650ばっかりで聴いていて、違うHD650で聴いた時に初めて違和感を感じる程度だと思いますね。
音楽を楽しむレベルでは支障はないのだと思います。

あらら、文字数制限です〜。


2020/10/17 12:39  [2265-4403]   

tam-tam17701827 さん  

2020/10/17 14:38  [2265-4404]  削除

Bigshooter さん  

2020/10/17 14:43  [2265-4405]  削除

Bigshooter さん  

2020/10/17 14:44  [2265-4406]  削除

Bigshooterさん。
HD650のためのアンプ、相性良く実力をそこそこ出せるものはいくつかあると思います。マランツのDAC1は私は聴いたことがありませんが、マランツはピュアオーディオでもf
レンジの広がり感を高音域の張り出しに頼る傾向が強いので、DAC1でもその傾向かもしれません。だとしたらHD650の高域のおとなしさをカバーする良い組み合わせなのかも?
もっとも、私の個人的主義ではありますが、HD650のためのアンプは、ここぞという時にHD650の底力を引き出してくれるものが良いです。そういう意味でも、ラックスマンP-1uは自分でも慧眼だったなぁと自画自賛(笑)。
普段は良いけど、ここぞのところで頭打ち、というのは、アルバナライブ!でしたらそれでも良いですが、HD650では寂しいですから。

DAC1の問い合わせ、ご苦労さまでした。マランツは担当の者というより質問の内容が理解できる者から折り返しさせる、という感じだったと思いますが、連絡をくれた「専門の人」もどこまで解っているのかちと測りかねます(^▽^;)

>9-10時で適正な音量になるのが適正なゲイン設定というふうにご理解下さい
これ多分音質を勘案してのお話ではないですね。マランツピュアオーディオのヘッドフォンアンプ組み込みのプレーヤーやプリメインアンプは、ヘッドフォン使用時に9-10時くらいの位置が音量的にちょうど良いポジションになってることが多かったですから、多くのユーザーの感覚的に慣れた位置ということで「9-10時で適正な音量になるのが適正なゲイン設定」と言ったのだと思います。その位置に合わせるのがノーマルという固定概念みたいなのがあったのかも。

>実際には適正GAINという概念はありませんので
というのが実際の回答なのだと推測いたしました。

tam-tamさんのHD650レビューを投稿できた経緯のことですが、まあ3行でざっくり済ませられることを長々と説明されましたのでお気に障ったかもしれませんけど、日頃から言葉足らずを己の失策とするtam-tamさんですから、理解して差し上げましょう(^^)
かく言う私も、内容が良く分かっておりませんが(笑)。

ソニーα7R II の当方の悩みについて、お気持ちありがたく受け取りました。
撮り手(子供と私)ができることをまだ全部やっていない、カメラとしても試せることを全部試していない、という状況ですので、今の段階で画像をお見せしてご助言を求めるには失礼過ぎます(^^;)
いずれお願いするでありましょうが、しばらくは様子見でお願いいたします。




tam-tamさん。
ホロヴィッツ/セル/ニューヨーク・フィルのチャイコフスキーピアノ協奏曲第1番ですが、お知り合いから音源をいただけるとのこと。私は一度も聴いておりませんので、ぜひご感想をお聞かせくださいね。
と言いながら気になっているのですが、これLPで出たことありましたっけ?
1988年5月発売のCDが世界初発売だったような?
LP期にマイナーレーベルで出ていたのかしら?
それとも別の演奏と勘違い?
私の資料が間違ってる?
一応データを書いておきます。1952年5月4日、ニューヨークでのライブ録音です。

2020/10/17 13:39  [2265-4407]   

Bigshooterさん

気をあらためまして、レスの続きをさせて頂きます(^^)

と思ったら、特に私がレス出来るものがありませんでした、w

<昨日、DENONに電話をした時にマランツに回してもらおうとしたら同じD&Mでも別会社なので申し訳ございませんがお掛け直し下さいとか渋いこと云われて、電話を掛け直したらMaranzのほうは全然つながらなくて今日ようやく繋がりました 汗

私もDENONに直接電話をした事がありますが、ナビダイヤルになっていて、

ナビダイヤルも料金がピンキリなんですが、DENONは確か1分の通話でも30円近くかかってしまうので、フリーダイヤルみたいにゆっくり話が出来ないんですよね。
とにかく要点だけ伝えて、回答を聞いておしまい、という感じになっちゃうのですが。

私はMac派ですが、一時的にWindows PCを使用していた時期もありましたが、この点について教えて頂けますか?

ヘッドホンアンプに限らず、プリンターとか、スキャナーとかの外部機器を接続する為にはドライバーが必要ですよね。

外部機器を製造、販売しているメーカーのウェブサイトでドライバーをダウンロードするようになっていると思うのですが、このドライバーを作っているのはそのメーカーですよね。

その点について質問したところ、例の林檎さんが関わっているせいか、回答は控えさせて頂きますって言うんですね。
Windows PCについてはどうなんですか?と問いかけても同じ事しか言わない訳なんです。

では林檎さんの方で、ドライバーを作っているのか、サポートに電話したところ、外部機器に関しては一切こちらではわからないって言うんですね。

ではこのドライバは何処が作っていて、不具合があった場合、どっちが修正してアップデートするのかってなっちゃいますよね。

このドライバが関係しているので、同じヘッドホン、同じヘッドホンアンプを使用していても、Windows PCとMacでドライバの構造が違うのであれば、全く同じ環境にはならないと思ったのです。

少なくとも、ヘッドホンアンプに出力している、デジタルデータのパラメーターを同じに設定する必要があるのではないでしょうか?

私の方では細かく設定する事が出来ますので、Bigshooterさんの出力の数値に合わせます。

フォーマットの数値はCDと同じ44.1kHzでしょうか。
ビット深度も24ビットと32ビットと選べますが、DENONのアドバイザーは32ビットで出力させた方が良いと言っておりましたが、

何処のメーカーに問い合わせても、林檎さんが絡んでくると、まともな回答をしてくれませんので。

よろしくお願い致します(^^♪

2020/10/17 13:48  [2265-4408]   

tam-tamさん。
Bigshooterさん。

HD650のことですが、日本国内正規品は、ホログラムシールという複製不能のシールをドライバーの外側に貼っていた記憶があります。このシールが貼ってあれば本物の証拠になります。
私のHD650は並行輸入品ですので、ホログラムシールはありません。
このシールの話題が出てこないところを見ると、ゼンハイザーはシールをやめちゃったんでしょうかね?
複製不能を謳ってましたが、複製されちゃったとか(^▽^;)

保証書は最近添付されてないのが増えたみたいですね。
ゼンハイザーもですか…。
SHUREも今は保証書がなく、お店発行のシールが保証書がわりみたいです。
私がSE535LTDを買った時は、紙のメーカー保証書がちゃんと箱の中にありましたが。

2020/10/17 14:01  [2265-4410]   

ちちさすさん

こんにちは(^^)

<1988年5月発売のCDが世界初発売だったような?

<私の資料が間違ってる?
一応データを書いておきます。1952年5月4日、ニューヨークでのライブ録音です。

こちらに関してだけ手短に書き込みますね(^^)

録音年月日が思い切りズレているので、資料が間違っているとかではないのでは?
複数の録音があったのかもしれません、
私が貸して頂くLPの音源は多分こちらと同じものです。
https://tower.jp/article/feature_item/20
17/06/06/1102


昔、石丸電気の試聴室で聴いたのは新発売のCDだったと思うので、どちらの音源かちょっとわからないです。

近所に住んでいるクラオタの爺さんは、個人で小さな製造業をしている人で、一日中クラシック音楽を流しっぱなしにしているような人なので、相当なクラオタなんです。
多分、仕事が終わってからでも、自室のスピーカーシステムで聴いていると思いますので、
今朝、息子さんからUSBメモリーを受け取ったのですが、まだ聴いておりません、

私も一応、このホロヴィッツ、セルの演奏が書いてある本を持っているのですが、そこにも1953年1月12日
となっておりますね。
場所はカーネギーホールです。

お時間がある時に調べてみてください(^^♪

2020/10/17 14:18  [2265-4411]   

ちちさすさん

追記:です、w

<このシールの話題が出てこないところを見ると、ゼンハイザーはシールをやめちゃったんでしょうかね?

辞めたと、ゼンハイザーからアナウンスがありましたので、

ホログラムシールを貼っても対処出来ないレベルになってしまったとの事ですね。

それくらい、模造品が出回っていたという事です。

2020/10/17 14:23  [2265-4412]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

こんにちわ^^

ラックスマンP-1uは自分でも慧眼だったなぁと自画自賛(笑)
⇒シングルのアンプ単体だとおそらく最強でしょう。私も505をDACにしてP-1uを・・・などと
良からぬことを画策し、新品在庫を探しまわりましたが見つかりませんでした 涙
505を買う時にP-750uはヨドで試聴したことがありますが、正直ピンときませんでした。
調べてみたらP-750uはP-1uと違ってBTLのAB級動作なんですね・・・ 最近はAB級だから音が悪い
ということもないようですがピュアメーカーであればA級動作には拘ってもらいたいとこでした。

「実際には適正GAINという概念はありませんので」というのが実際の回答なのだと推測いたしました。
⇒一般的なHPAでは適正GAINというものがあるのでしょうが、HPのインピだけでなく、ドライバーの大きさや音圧感度によって相対的に出音のバランスが変わってくるので何ΩだからMIDだとかHIGHというように取説にも限定的には書けないとのことでした。
昨日、PWでDAC1の開発秘話を発見したので読んでみたらDAC1のGAINの考え方が書いてありましたが、昔のGAINの発想とは全く違うみたいで気分は浦島太郎でした 涙
DAC1の場合、「ロー出しハイ受けの原則」とか考えなくても良いらしいので楽と云えば楽ですが・・・
まぁ細かいことは抜きにして個人的には650を生かせる音が出ればいい訳で・・・ 笑
650のシルキーな高音と低音の表現力はちちさすさんスタンダードというだけありますね^^

ソニーα7R II の当方の悩みについて・・・
⇒かえって余計なことを書いてしまってすみません。最後に一点だけ・・・
高画素&ローパスレスはカメラの設定や撮影よりもむしろモニターの設定がシビアなので撮影や設定は問題なくてもRAW現像の時にノイズが乗ってしまうケースが多々ありますので別の観点から検証してみるのも一つの手かもしれません。
とまたいらんことを書いてしまいましたが画像アップの件はスルーで結構ですので全く気になさらないで下さい。

でわ よい休日を!






2020/10/17 14:48  [2265-4414]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

再びこんにちわ^^

HD650のことですが、日本国内正規品は、ホログラムシールという複製不能のシールをドライバーの外側に貼っていた記憶があります。このシールが貼ってあれば本物の証拠になります。
⇒これは昨日、ゼンからお詫びの電話があった時に確認しましたが、ホログラムシールは音質にも影響するので別の認証方法に変更したそうです。
↑でも書きましたがメーカーに出さないと個人ではわからないとの事ですが「申し訳ございませんが詳細については具体的にはお答えできません」と云われてしまいました。

それよりも↓が大問題ですね 汗
ただ麻生さんは反対らしく、二階さんが汚職で御用になるとヤバイかな・・・ 汗
と書いた翌日に↓はやられましたね 涙
https://news.yahoo.co.jp/articles/3e0e04
f6f9bceef6958b907514973e275336a2a8


でわ^^

2020/10/17 15:11  [2265-4416]   

tam-tamさん、ご教示ありがとうございました。

リンクからの引用、
『この凄絶な演奏はLP時代からかなり知られていました。と言うのも、アメリカで私家盤(Penzance Records)が制作され、演奏が優れていただけに広く流通し、日本にも入ってきていたからです。1988年には伊Moviment MusicaがCD化し、日本盤も出て(ANF36-1:廃盤)、レコード芸術で特選盤となるなど高く評価されました。』
で疑問が晴れました。同じ演奏で間違いありません。私家盤LPが日本に入っていたことは知りませんでした。私が世界初発売と書いたCDは1988年発売の伊Moviment Musica盤です。正式発売としては世界初という意味になるんでしょう。
録音データが違ってますが、私の持っているデータは伊Moviment Musicaのデータですので、どっちが正しいのか分かりませんが、異演でないことははっきりしました。
ご感想、楽しみにしています。

HD650発売当時の輸入代理店であるゼネラル通商の資料があったので2003年のを見てみましたが、HD650はHD600の後継機というニュアンスではなかったです。当初は上位機種扱いだったのでは?
かなり長い間併売してましたしね。
代理店が富士通ゼネラル、ゼンハイザージャパンに移っていく過程で変容したのかしら?

2020/10/17 15:21  [2265-4417]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

再び こんにちわ^^

@外部機器を製造、販売しているメーカーのウェブサイトでドライバーをダウンロードするようになっていると思うのですが、Aこのドライバーを作っているのはそのメーカーですよね。
⇒@はWIN10の場合、メーカーのウェブサイトでドライバーをダウンロードする方法とMicrosoftに登録されているドライバであれば機材を繋ぐと自動的にダウンロードされる2通りがあります。 AについてはYESです。

このドライバが関係しているので、同じヘッドホン、同じヘッドホンアンプを使用していても、Windows PCとMacでドライバの構造が違うのであれば、全く同じ環境にはならないと思ったのです。
⇒MACは最初からミキサーを飛ばして出力できますし、WINの場合はASIOドライバーやWASAPI EXCLUSIVという方法でミキサーを経由しないで出力していますのでデータ出力までのコンセプトはどちらもBit Perfect伝送なので基本的には変わらないハズですが、電源環境やPC(CPU)の性能による音質差の方が音に対する影響は大きいですね^^

フォーマットの数値はCDと同じ44.1kHzでしょうか。
ビット深度も24ビットと32ビットと選べますが、DENONのアドバイザーは32ビットで出力させた方が良いと言っておりましたが
⇒これはここ何年か色々と調べて見ましたが310の場合、どのみちすべてα32Plusで強制的にアップサンプリングしてしまうので、CPUに負荷をかけない=電圧変動のない44.1kHz出力を選択してます。私が310を買った時にサポートに確認した時は「基本的に44.1kHzで入力した方が好結果になると思います。」という回答だったので44.1kHzにしていますが3台あるPCで比較するとCPUパワーが大きいものは大して変わりませんがCPUの基本性能が低いノートだとアップサンプリングなしで出力したほうが一聴してわかるくらい音が安定してました。
ビット深度は32bitのASIOドライバーなので32bitで出力してます。






^

2020/10/17 15:43  [2265-4418]   

Bigshooterさん

またまた、こんにちは(^^)

Bigshooterさんの環境では、44.1kHz,32ビットで310USBに出力しているという事ですよね、
情報ありがとうございます(^^♪

私も同じ設定にしてみます。

今日は色々ありがとうございました(^^)

良い1日を♪

2020/10/17 16:09  [2265-4419]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

補足です^^

ただ310+650の組合せで使うのであればPC側でアップサンプリングして送出した方が310の電圧負荷は減るのでロジックから言えばtam-tamさんのケースだとPC側でアップサンプリングが正解かも・・・

でわ^^

2020/10/17 16:21  [2265-4420]   

ちちさすさん

<どっちが正しいのか分かりませんが、異演でないことははっきりしました。

セル、ホロヴィッツの録音、音源は一つしかない事になりますか、
という事は私が試聴室で聴いたCDと同じ演奏のLPの音源という事ですよね(^^)

今聴いているところですが、なんで第一楽章を2〜3分で飛ばしてしまったのでしょう、w
多分、演奏のアプローチがオーケストラ、ソリストともに同じようだったからだと思いますが、(^_^;)
凄い演奏ですね、これは。
ホロヴィッツの打鍵の強さがトスカニーニ盤と比較すると、弱い気もしますが、トスカニーニ盤はピアノの音が前面に出ていて、オケが押され気味なので、良く比較しないと言及出来ませんので、コラムの掲載は早くても明日の朝方になると思います、ちょっとお時間頂きますね。

1953年モノラル録音ですが、非常に素晴らしい録音なので、モノラルだからと言ってアルバナライブが良いとはならない気がしますね。
ちょっと残響の少ないデッド気味の音質なので、HD650で聴いた方が気持ち良く聴けるかも(^^♪
しれないです♪

<ご感想、楽しみにしています。

愛聴盤であるトスカニーニ&ホロヴィッツ、カラヤン&リヒテル、アルゲリッチ&コンドラシン、の他、
ムラヴィンスキー&リヒテル、アルゲリッチ&アバドなどについても書きますので、「また、おかしな事書いてるな、コイツは」とは思わないようお願いしますね(^○^)

<HD650発売当時の輸入代理店であるゼネラル通商の資料があったので2003年のを見てみましたが、HD650はHD600の後継機というニュアンスではなかったです。当初は上位機種扱いだったのでは?

HD600が発売された当時はまだゼンハイザージャパンがなかった頃ですので信頼ある専門店に直接電話して確認してみましたが、ようわからん、という事でした、w
後続機でも上位モデルという位置付けでもなかったらしいですね。

現在はHD660S、HD650、HD600、と販売しておりますが、どれが上位モデルとかではありませんから、音質の好みによって、という感じだったのかもしれません。

HD660Sの不振によって、本来ならば、生産終了となるはずだったHD650が現在も継続販売せざるを得ない状況を考えてみても、同じような状況だったのでは、と推測する他無いですねえ(^_^;)

2003年発売以降、色々と変更されているんですよね。
2007年の変更についてはm56059さんから教えて頂きました。
2014年にも一部変更されており、HD660Sが発売された2017年にも変更があります。
この時おそらく、ケーブルがHD660Sと同じものに変更されたと思います。
2019年にパッケージ変更、この時にスペック表記が変更され、ハイレゾロゴがつくようになっていますね。

ホログラムシールについても聞きましたが、ようわからん、という事でした、w

確かゼンハイザー ジャパンからアナウンスがあったと思うんですが、現在は削除されているので確認出来ません。
私が所有しているie800、ie80、ie80sのパッケージにはホログラムシールが貼ってありますので、これを廃止したのは2018年になってからだと思いますね。

私が記憶しているのは、このホログラムシールが悪用されてしまって、箱は本物だが中身は偽物、という事が頻発した事による廃止だったという事ですね。

ヘッドホンより、イヤホンの方が圧倒的に多かったと記憶しております。

とまあこんな感じでグダグダの内容となっております、w

HD650ファン倶楽部は正式名称「セイレーンの館」で宜しいですかね、w
何か良い名称がありましたら、奮ってご応募ください、w

使用年数が最も長いちちさすさんがファン倶楽部会長という事で宜しいでしょうか、w
何せ5名も使用者が居ますので、当分話題には事欠きませんので、w
何か面白い提案があったら、何卒よろしくお願い致します(^^♪

2020/10/17 17:12  [2265-4421]   

Bigshooterさん

こんばんはのお時間ですね(^^)

<ただ310+650の組合せで使うのであればPC側でアップサンプリングして送出した方が310の電圧負荷は減るのでロジックから言えばtam-tamさんのケースだとPC側でアップサンプリングが正解かも・・・

正直なところ、44.1kHzで出力しても、384kHzで出力しても違いがわかりません、w

高音質再生プレイヤー、Audirvanaを使用すると私でもわかるのですが(^_^;)

デフォルトの状態ですと、イコライザー処理をするCore Audioをスルーさせる事は出来ないんですよね、Macの場合。
(OSの変更により、現在はAudirvanaを使用しても完全にCore Audioをスルーさせる事は出来なくなっているみたいですが)

昔使用していたPower MacG5で、背面にある光端子から、ヘッドホンアンプに繋いでみたのですが、iTunesのボリュームに連動してしまうので、CD、DVDから読み取った信号を直接、光端子、同軸端子に送ってない事はすぐ分かったのですが。
そう言った事をいくら説明してもサポートする人達が理解出来ないので、諦めましたが、w
(20人以上のアドバイザーに聞きましたが、私の言っている意味が理解出来ないようでありまして。)

それをきっかけにあらゆる経緯を得て、Appleジャパンが何も情報を持っていない事が判明致しました。
(本当に情報を持っていないんですよ、トラブルシューティングのQ&Aのマニュアルしかないみたいです)

PCがもっぱら専門の人達ですから、オーディオ関係の事をいくら説明してもわからないんですね。
ピュアオーディオのCDプレイヤーなんかは、背面にある、光、同軸端子からは読み取った信号はそのまま出力されるじゃないですか。
(一部例外があるかもしれませんが、)
CDプレイヤーに付いているヘッドホンジャックのボリュームをいじってもそれが反映される事は無いですよね。
それを丁寧に説明しても理解が得られないんです。

どういった動作をiTunesはしているのか、という情報をそもそも持っていないんですよね。

これはiTunesに限らず、アプリケーション全般、OSに対してもそうなんです。
情報を持ってないものは答えようが無いのです。

ですので、先ほどのドライバに関しても、質問してもアドバイザー自身がチンプンカンプンになっている状況なんですね。

確実に動作するバックアップ用のHDDに関しても、わからないという始末なので、w

10年前はこんな感じじゃなかったんだけどな〜。

という事で、私の環境だと何もアプリケーションをインストールしていないデフォルトの状態だと、イコライザー処理をする、Core Audioをスルーさせる事は出来ないんですよね。
(現在のOSだと必ずCore Audioを経由してしまうみたいですね。)

また長々と書いてしまいました、僕の悪い癖←「相棒」の右京さんか、w

良い1日を♪

2020/10/17 17:53  [2265-4422]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ



choco111さん

これからもよろしくお願い致します(^^)

jade7さんも宜しかったら見やすいこちらの掲示板をご利用なさってください。
(jade7さんの個人掲示板を利用するか、こちらを利用するかのご判断はお任せ致しますので。)

2020/9/5 01:40  [2265-3996]   

choco111さん

こんばんは(^^)

あまりに疲れていたのか帰宅してからすぐに寝てしまいました、(^_^;)

添付画像のレーズンサンドはセブンのものですか?
探したのですが見つからなくて。

新しい掲示板、私が最初に書き込む事になってしまいました、(^_^;)

<そんなドン・エイリーのソロアルバムから
<Don Airey "Lost Boys"
を聴いてみました。

若々しさ全開の楽曲ですね(^^♪
(相当なベテランなのでしょうけど、)
なるほど、カッコいい曲を作ってますね。

<Nazareth - Hair of the Dog
<NAZARETH " Bad Bad Boy "

こちらのヴォーカリストの方、髪型といいファッションといいプラントを彷彿させますね。
かなりワイルドに歌唱してますね、カッコいいなあ(^^♪


今日はちょっと暑かったですが、明日から温度も一段と冷え込むみたいで、
そろそろ、エアコンが必要なくなりそうです。
私は冬はエアコン使わないので、来年の夏まで、使用する事が無いですね。

昨日はちょっとバタバタして申し訳なかったです<(_ _)>

書き込み、ありがとうございました、
良い1日をお過ごし下さい(^^♪

レーズン・サンド、食べたいですね〜、w

2020/9/21 03:23  [2265-4066]   

choco111さん

おはようございます(^^)

jade7さんとchoco111さんの掛け合いは読んでいて非常にほのぼのと致しますね。

Diana Krallも聴かれているようで、驚きましたけど、(良い意味でですよ、もちろん)

jade7さんも決してオーディオ関係が苦手というわけでも無いんですね。

最初のご挨拶の時に非常に謙虚に書かれていましたので、

ここのところ、イヤホン、ヘッドホン、クラシック音楽の方に注力して書き込みしているので、choco111さんに対して大変失礼だとは感じておりますが、

それ相応のエネルギーを使っての書き込みが続いたものですから、私としてもレスするのに非常に時間がかかってしまい(打ち込みが得意であれば、30分もかからないものを、私だと2時間ほど要してしまうので)それなりのエネルギーを消費してしまいますので、この辺りの事情ご理解頂ければ、とつい甘えてしまいます。

jade7さんも私宛とchoco111さんにかなりの文章量でレスされているのを見て、精神的にも元気になられたと嬉しく思っております(^^♪

jade7さんの聴いている楽曲からも、おそらくあまり好みでないと思われるエルヴィスの曲まで何度も聴いてくれたようで、あらためて素晴らしお方だなあと感服した次第で、choco111さんがこちらにお呼びになった理由がいよいよ理解出来た気がします(^^♪

非常に使いづらいところにお二人の掲示板が回ってしまいましたが、そういった事情にも大変ご理解頂いており、こういったところにも私としては惹かれてしまいますね。

昨日、ビートルズのアルバムを数枚聴きまして、アビイ・ロードのB面のメドレーは何度聴いても鳥肌が立ってしまいますね。

ポール先生が大好きなjade7さんの掲示板に書こうと思ったのですが、あのようにお気遣いしてくださる方ですので、負担になってはと思い、あえてこちらの掲示板に書き込んでいますけども。

私の中学生からの友人で、今では連絡など取り合っていないのですが、小学生の時分から海賊盤まで手を出していた大変なビートルズマニアの子がおりまして。

事の成り行きはその子の母親が英語の勉強のためにと聴かせたものが思わぬ方向に行ってしまったようで、w

私は私で、その頃はクラシック一辺倒でしたから、お互い変わり者と言えばそうなりますけども。

高校卒業間際には、週3〜4日ほどのペースで、会っておりまして、Rockについて良く語ったものでした。

私はその頃、ちょうど、ビリー・ジョエルにハマっておりまして、ビートルズの楽曲はまだまだ聴いていなかったんですよね。(エルヴィスを聴き始めたのもこの頃ですね)

事あるごとに、ポール先生と良く比較されるんですよね、ビリー・ジョエル。

エルトン・ジョンと比較されるのは私としても理解出来るんですけど、なにぶんポール先生の事は全くと言って知らないものですから、私としてはなかなか腑に落ちないところがあったんですよね。

ポール先生ってビートルズのメンバーだよね?って感じで、w

どこが似ているんだい、と質問した事は今でも覚えていますね、その後、ビートルズの全楽曲を聴いた時になるほど、と納得する事は出来ましたが。

その子曰く、ベースのみならず、ギター、ピアノ、ドラムまでポール先生が一番上手いと言っていましたね。

ポール先生のマルチプレイで録音された楽曲を聴くと、これも、なるほど、となるのですが。

不思議に思ったのが、リンゴのドラムプレイでありまして、

偉大なドラマーでも常に上位にランキングされていたリンゴのドラムは、ポール先生より下手クソだと言っておりましたね、その子は。
しかしながら、ビートルズのコピーバンドで最も苦労するのがドラムだそうで、リンゴのようにドラミング出来るドラマーは居ないとも言ってましたね。

確かに、ビートルズのドラマーがジョン・ボーナムでは果たしてビートルズサウンドとして成立しない気も致します。

リンゴ独特のフィーリングは感覚的なものなので、同じようには叩けないらしいですね。

どのアルバムを聴いても決して主張し過ぎないドラムはビートルズにとって唯一無二のメンバーだったと思われます。

私はなにぶん何一つまともに楽器が弾けないものですから、このフィーリングという感覚において、この縁側のメンバーの方々には敵わないものだと思っておりますし、音楽を聴くスキルも同様、敵いません。

さて、何度聴いても、鳥肌もののアビイ・ロードのメドレーでありますが、この中に収められているジョンの3曲が凄く好きなんですよね。
(特にポリシーン・パーンが大好きですねえ、ポール先生ではこのように歌えないでしょう)

ジョンの発言により、それまでに完成に至らなかった楽曲を単純に提供して、ポールと、ジョージ・マーティンが仕上げたものとばかり思っていましたが、このメドレーの為にわざわざ録音した事を知って、あらためて感動してしまったんですよね。

リンゴが嫌がったというドラム・ソロから始まる「ジ・エンド」も最高で、3人のギターソロリレーが物の見事に3人の個性が出ていて、非常に面白いですね。
私は、ワイルドなジョンのソロが好きですねえ。

「シー・ケイム・スルー・ザ・バスルーム・ウェインドウ」から始まるポール先生の連続する3曲も素晴らしく、「ゴールデン・スランバー」の前で全休止になる部分も見事としか言いようがありません。
この一連の3曲はポール先生のコンサートでも度々演奏されており、「ゴールデン・スランバー」は短い曲ではありますが、ポール先生が書いた曲の中でも非常に素晴らしい出来栄えの曲で感動的ですね。
「キャリー・ザット・ウェイト」では突如として「ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー」のメロディが現れる手法はクラシック音楽でも使われているもので、当時のRockでは斬新なものだったと想像します。

何度聴いても感動する、このメドレー、よくよく聴くと、リンゴのドラムプレイは控え目ながら実に素晴らしいです(^^♪

今日から確実に秋になりました、良い1日を♪

2020/9/22 08:42  [2265-4089]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

こんにちは^_^


 新築ありがとうございます<(_ _)>


>添付画像のレーズンサンドはセブンのものですか?

 あれはヤマザキのですよ
 冷蔵コーナーにありました
 レーズンサンド好きなんですよね(^^♪


>かなりワイルドに歌唱してますね、カッコいいなあ(^^♪

 ガンズのアクセル・ローズが影響受けたらしいです


>決してオーディオ関係が苦手というわけでも無いんですね。

 音楽を聴いたりプレイされたり音楽を楽しんでおられますね(^^♪
 楽しみ方が自分と共通してるんかなぁと勝手に思っております^^;


>大変失礼だとは感じておりますが、

 気にされないで^_^
 KB関連も不調のようですし


>ビートルズのコピーバンドで最も苦労するのがドラムだそうで、リンゴのようにドラミング出来るドラマーは居ないとも言ってましたね。

 そのとうりです!


>リンゴ独特のフィーリングは感覚的なものなので、同じようには叩けないらしいですね。

 ドラムだけではないのですがタイム感がそれぞれ違うので
 各楽器間のメンバーとのグルーヴが生まれてバンドになりますよね

 このスイング感たまらないですよね(^^♪

I Saw Her Standing There (Remastered 200
9)

https://www.youtube.com/watch?v=oxwAB3SE
Ctc

 

>私はなにぶん何一つまともに楽器が弾けないものですから、このフィーリングという感覚において、この縁側のメンバーの方々には敵わないものだと思っておりますし、音楽を聴くスキルも同様、敵いません。
 
 音楽を聴くのに適うも敵わないもスキルもないと思いますよ^_^
 音楽は聴く人が気に入って楽しめればそれで良いのでは(^^♪
 科学をすることも大切ですけど
 まぁ僕は適当なので(;^_^A
 腰を据えて聴いていることは少ないですし、ながらが圧倒的に多いです(;^_^A
 そんないい加減な音楽好きですが
 Don't think. Feel!
 と言い訳をし(;^ω^) 自分の感性を信じて楽しんでおります
 
 リンゴは左利きで両利きというのはドラムを叩くうえで
 個性を生んでいる要素になるかもですね
 コード進行が話題になる曲ですが
 ドラムのフィルインも良いです

The Beatles - Strawberry Fields Forever

https://www.youtube.com/watch?v=HtUH9z_O
ey8



 良い一日を♪



2020/9/22 10:52  [2265-4092]   

choco111さん

こんにちは〜(^^)

今日はスイーツの画像が無いですね、好みのものが似てるので、見るとついつい食べたくなってしまいます。

またイヤホンの試聴に行ってきました、ついでに一本買ってしまいました(^^♪

お値段はなんと、驚愕の............



税込み1500円でした、w

良い音だったので、即決です、w
銀座のランチほどのお値段ですし、気軽に聴くにはちょうどいいかなって。
自分へのご褒美ですね、何も頑張ってないですけど、w

<あれはヤマザキのですよ

上にセブンのスイーツもあったので、速攻でセブンに行ってました、w
探しても無いはずですね(^_^;)
レーズンサンドでしたら、3本はいけます、大好きなんです(^○^)

<ガンズのアクセル・ローズが影響受けたらしいです

ゲッ!、かなり凄い人ではないですか、滝汗、w
ファッションとかプラントに似ているとか言ってるお人じゃないですねえ(^_^;)

<楽しみ方が自分と共通してるんかなぁと勝手に思っております^^;

私もそう思いますよ(^^♪
凄く自然体なところが共通しておられます。

<そのとうりです!

自分が言った言葉じゃないですけど、なんか嬉しいですね(^^)

<各楽器間のメンバーとのグルーヴが生まれてバンドになりますよね

なるほど、誰か一人飛び抜けていても上手くはいかないのですね。


<このスイング感たまらないですよね(^^♪

I Saw Her Standing There (Remastered2009

なんだこれ〜!、
凄い高音質ですね!
2009年かあ、その頃にはもうレンタル店に居ませんでしたからね、これは凄い!

<音楽は聴く人が気に入って楽しめればそれで良いのでは(^^♪

私自身、コラムでそんな事書いてますけどね、w
どうも、凄い方々に囲まれると、管理者としてのプレッシャーが、w

<Don't think. Feel!
 と言い訳をし(;^ω^) 自分の感性を信じて楽しんでおります

自分を信じる事は大切ですよね、「Don’t think Feel!」はギリギリ知っていますよ。
ジャッキーも好きですが、ブルース・リー派です、(^^♪


<コード進行が話題になる曲ですが
 ドラムのフィルインも良いです

ビートルズはコンプリートしているので、この曲も知っていますが、難解な曲の中に入りませんか?
流行りのJーPOPしか聴かないような子でも、すんなり良い曲だと受け入れられるものですかね?

私はクラシック音楽も聴くので、そのあたりの感覚というのがイマイチわからないのですが、
この曲でしたら、ヴィヴァルディの「四季」とかの方がクラシック音楽ですが、すんなり頭に入ってきそうな気がしますが。

メロディメーカー、ポール先生の曲は非常に覚えやすいですが毒のあるのはジョンの曲の方が多く、初めて「girl」を聴いた時は衝撃を受けました。

私はJ-POPも良く聴くというか、聴かされる事が多いんですが、w
(全盛期のDA PUMPのコンサートにも5回ほど行っております、w)
AAAというグループはご存知ですか?
最近はやたらこのグループの曲ばかり聴かされる事が多いのですが、全然頭に入ってこないのです。
矢澤永吉とか長渕剛なんかも聴かされましたが、比較にならないほど難解ですね〜AAAの曲は、w

しかし、この曲のジョージ・マーティンの仕事は(テープカットイン)神業ですよね、
クラシック音楽なんかでも、テープカットした部分はわかってしまうものなんですが、この曲はその事実を聞かされても、わかりませんでしたから、
今聴いても凄い曲だなあ(^_^;)

<良い一日を♪

ありがとうございます、choco111さんも(^_^)v

2020/9/22 15:14  [2265-4095]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

おはようございます^_^


>またイヤホンの試聴に行ってきました、ついでに一本買ってしまいました(^^♪

 レヴューの製品ですね!
 お買い物上手ですね
 楽しんでください(^^♪


>しかし、この曲のジョージ・マーティンの仕事は(テープカットイン)神業ですよね、

 特殊ですよね
 無理から合体
 ジョンの希望だったとか
 オーケストラよりスライドギターのバージョンが好みです(;^ω^)
 
>ビートルズはコンプリートしているので、この曲も知っていますが、難解な曲の中に入りませんか?

 メロトロンから始まりますし当時はサイケな時代なので
 頭で考えると難解かもですね


>AAAというグループはご存知ですか?

 名前だけ^^;
 N渕さんは苦手です^^;


 時間が…

 良い一日を♪


2020/9/23 08:19  [2265-4105]   

choco111さん

おはようございます(^^)

<お買い物上手ですね

ありがとうございます(^^)

高価なイヤホンばかり買ってしまいがちですけど、安価な製品の中から良い物を探すのが好きなんです。
最近はそれほど景気も良くないですが、それでもハイエンドな製品は売れてますね。
私は安くて良い製品があったら、多くの人に知ってもらいたいんですね。
だけど、これがなかなかに難しいものでして。
安いイヤホンは数も多いし試聴も出来ないものもあるので、自分で納得出来るものって見つけるのが大変なんです。
昨日買ったイヤホンは単なる偶然なので、喜びは少ないですね、宣伝してましたから(^_^;)

<ジョンの希望だったとか

かなり無理な希望を押し通したそうですね、w
私の記憶ではマスターテープにハサミを入れたと思いますが、コピーしたものでしょうね、普通は。
マスターテープをカットしたのでしたら、手が震えたでしょうね(^^)

<オーケストラよりスライドギターのバージョンが好みです(;^ω^)

正規盤でも別々のヴァージョンがリリースされているのでしたっけ。
アンソロジーシリーズはvol.3だけ購入しました(^^♪

<メロトロンから始まりますし当時はサイケな時代なので
 頭で考えると難解かもですね

ジョンの曲は「I WANT YOU」とかが好きですね。
最後のブツ切れはCDが止まったのかと思いましたね(^^)


<名前だけ^^;
 N渕さんは苦手です^^;

苦手ですか、
でも聴かされるのですよ、w
レゲエだけは今でもちょっと苦手です、(^_^;)

<時間が…

忙しい中でのレス、ありがとうございます(^^♪

天気が悪くなるようですから、気をつけてくださいね。
ありがとうございました<(_ _)>

2020/9/23 08:56  [2265-4106]   

choco111さん

こんばんは(^^♪

この間購入したピエール中野さん監修したイヤホン、ピアホンで安室ちゃん聴いて書いています。

こういったコラボモデルって普段は購入しないんですけどね。

元となったオリジナルモデルの方が、低音、高音共に主張したチューニングになっていたので、バランスの良いピエール中野モデルを購入したんですけど。

税込み1530円でしたが、かなり綺麗な音が出るので、結構楽しんでます(^^♪

久しぶりに購入したイヤホンなので、かなりウキウキしながら使ってます。

高額なイヤホンばかり聴いてレビューしていた頃の自分がちょっと恥ずかしいですね。

価格が高ければそれなりに音が良くて当然ですから(^^)

このピアホンは2番目に安いイヤホンなんです。

980円で購入したイヤホンもあるんですけど、これも自力で見つけた訳では無いので。

今、イヤホンの事でちょっとやり取りしている、ドーヴェンウルフさんという方は、あまり知られていない様なイヤホンを自力で見つけておられます。
この間の試聴の時に3本ほど聴いてみたんですが、どれも素晴らしい出来のものばかりで、唸ってしまいました。

良い買い物をされているなあって、つくづく感心してしまったんですよね(^_^;)

だいたい、この縁側のタイトル「楽しい音楽を語ろう」というのがそもそも間違っていたんですよね、w
「音楽を楽しく語ろう」だったら、問題無かったのですが。
一旦作ってしまった縁側はタイトル変更出来ないのでそのままにしてありますが、(^_^;)
今はchoco111さん、jade7さん、Bigshooterさん、ちちさすさんが居るのでそれなりの格好がついてますが、w

ここのところ、m56059さんからの書き込みが無いのですがクチコミに投稿されているので、元気にしている様なので安心はしているのですけど。
今まで、物凄い文章量を私のペースに合わせて書いて頂いたので、今は自分の時間に使って欲しいと思い、あえて、m56059さんの掲示板に書き込みはしてないのですが。

二人でスタートした縁側なので、寂しい気もしますね。

レーズン・サンド、食べたいなあ、(^○^)
私の近くにデイリーヤマザキが無いんですよね〜。

2020/9/25 03:42  [2265-4123]   

 choco111さん  


tam-tam17701827さん

こんにちは^_^


>久しぶりに購入したイヤホンなので、かなりウキウキしながら使ってます。

 ウキウキ♪ワクワク♪ それが一番ですよね(^^♪
 まぁチェックしているときはしかめっ面かもしれませんが^^;
 免疫力もアップしそうですし


>この間の試聴の時に3本ほど聴いてみたんですが、どれも素晴らしい出来のものばかりで、唸ってしまいました。

 物量で概ね品質は決まってしまうかもですが
 隠れた名品というか自分に合ったものを見つけ出すのは素晴らしいですよね


>二人でスタートした縁側なので、寂しい気もしますね。

 お二方の会話がお気に入りでしたよ♪
 tam-tam17701827さん気を遣い過ぎずに書き込みはされてもいいのでは…
 無理は厳禁ですが
 m56059さんとtam-tam17701827さんの距離感なら
 マイペースで

>レーズン・サンド、食べたいなあ、(^○^)

 あれセブンに合ったんですよ
 セブンとヤマザキはあまり関係性よくないとか…
 今日はなかったです


 The Dead Daisies
 もう間もなく新譜発売
 ということで予約しています(*´σー`)エヘヘ
 シングル”Bustle and Flow”のティーザー (29秒)

The Dead Daisies - Bustle and Flow (Teas
er)

https://www.youtube.com/watch?v=PiHfX49L
vyY


 
 CCRの名曲を骨太にカバー

The Dead Daisies - Furtunate Son (The Lo
ckdown Sessions)

https://www.youtube.com/watch?v=IohsG0O0
LPo

 

 良い一日を♪


2020/9/26 13:07  [2265-4142]   

 choco111さん  
カルディ これお気に入りですがないお店が多い?!

ふたたび こんにちは^_^


 秋の日はつるべ落とし

 何か切ない夕暮れ時

 夕暮れ時はさびしそうなんてNSPの曲がありました

 74年 なんだか優しそうなイラストのジャケット

 B面がコンクリートの壁にはさまれて

 イントロはもうご機嫌なE・ギターのフレーズではじまります

 イントロだけ繰り返し聴いたり^^;

 端々で今ではクラシカルなロックギターがさく裂します

 ギターはcharさんです

 天野さんとcharさんの組み合わせなんか当時は不思議でしたがなんかいいです(^^♪

 2分40秒辺りのロングトーンからのアームダウンに合わせて左から右へパン

 これがカッコ( ・∀・)イイ!!


コンクリートの壁にはさまれて N.S.P

https://www.youtube.com/watch?v=iBEqTSCN
fCc



2020/9/26 17:24  [2265-4143]   

 choco111さん  

みたたび こんにちは^_^


 ジョエルからの新しい音源

 そういえば最近ロックミュージシャンに聞くパープルの好きな曲みたいなインタビューが多いですね

 ベースはトニー・フランクリン

 この世界は割と狭いです

 VoはDino Jelusickたぶんディノ・イェルシッチと書くのかなぁ

 某DCに似てますね^_^

 褒めてます好きです

Joel Hoekstra/Dino Jelusick/Virgil Donat
i/Tony Franklin - Stormbringer (Deep Pur
ple)

https://www.youtube.com/watch?v=nm-XyaNP
4nc



 そんなクロアチア生まれの彼のバンドのナンバーを

 もちろん?レーベルはFrontiersです(^_-)-☆
 
Animal Drive - "Had Enough" (O
fficial Video)

https://www.youtube.com/watch?v=CpOyM14e
ubg



 まぁZEPも歌ってしまいます

Immigrant Song (Cover) - Dino Jelusick,
Micky Crystal, Colin Parkinson, Kyle Hug
hes & friends.

https://www.youtube.com/watch?v=7yoz_I7l
jLc



 こっちが声質は合ってます 

Dino Jelusick - Judgement day WHITESNAKE
cover

https://www.youtube.com/watch?v=UARPYH51
VxI


 
 The Voiceからメジャーシーンに出てきた?ローザと

Animal Drive - "The Look" feat
. Rosa Laricchiuta (Official Music Video
- Roxette Cover)

https://www.youtube.com/watch?v=nA2_mvYr