縁側 > 家電 > AV・情報家電 > イヤホン・ヘッドホン > 楽しい音楽を語ろう
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

好きな音楽ならジャンルは問いません。楽しい音楽について語り合いましょう(^^)

また、イヤホン、ヘッドホンについてのお話もお気軽にどうぞ♪

  • 楽しい音楽を語ろうの掲示板
  • 楽しい音楽を語ろうの伝言板
  • 楽しい音楽を語ろうの投稿画像
楽しい音楽を語ろうの掲示板に
楽しい音楽を語ろうの掲示板に新規書き込み

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


2020年も張り切って行きましょう!!

IER-Z1Rは質屋に入れないよう気を付けましょう、w
(結構な大金を貸してくれますね、w)

2020/5/31 21:45  [2265-3399]   

メンバー皆様方へ

昨日は各掲示板が100スレ到達で書き込み出来ない状態になり、ご迷惑をお掛けしまして申し訳ございません。

モデムがおかしいのか、PCがおかしいのか、一時的に通信が出来なくなりまして。

OSを再インストール致しまして、縁側を開いたら、2つの掲示板がすでに埋まっている状態でした。

大変失礼致しましたm(_ _)m。

2020/6/2 01:05  [2265-3448]   

私的コラム: Shureの新シリーズAONICは素晴らしい出来栄え

昨日、久方ぶりに試聴に行く事が出来まして、
発売直後から気になっていた新シリーズAONICを聴く事がようやく出来ました。

AONIC5に関してはSE535とドライバー構成が全く同じなのですが、音がかなり違います。
BAドライバーが一新されたのでしょうか?
それともリチューニングしただけなのか、わかりませんが、SE535とは違う音です。


私が1番関心があったのは、Shure初となるハイブリッド型のAONIC4でした。
1DD+1BA構成のハイブリッド機は現在では珍しくもなんともありません。

ですがSEシリーズのフラグシップモデルのSE846が発売されてから数年後のインタビューで開発陣とエンジニアはこうインタビューされました。

「Shureとしては今後ハイブリッド型イヤホンを開発する、予定はあるのですか?」
それに対してエンジニアはこう答えてました。

「もちろん、我々もマルチBAに拘ってる訳では無いから様々な形態のイヤホンを現在も開発はしているよ。ハイブリッド型のイヤホンに対しての優位性があるのだったらもちろん作るだろうね。だけど自分たちが納得出来ない状態で製品化する予定は無いね。ダイナックドライバーを採用したハイブリッド型イヤホンはかなりの時間がかかるかもしれないし、出ない可能性だってあるよ」

なんとなく積極的にハイブリッド型イヤホンを開発しているような感じの返事では無かった印象でした。

ミドルクラスのポジションに位置するモデルですから、実験的要素があるイヤホンだと思っていたのです。

ところが実際のイヤホンの音を聴いて驚きました。
決してインパクトのある音を鳴らすイヤホンではありません。

ダイナミック型ドライバーとBA型ドライバーの実に自然な音作り。
クロスオーバー処理は完璧に近い、素晴らしい出来栄え。

低音を担当するダイナミックドライバー構成のごく普通のハイブリッド型イヤホンなんですが、ここのバランスが実に絶妙なのです。

1DD+1BA構成のハイブリッド型イヤホンとしては出色の出来ではないでしょうか。

表現力豊かなBA型ドライバーの中高域と、主張し過ぎないダイナミックドライバーの低音。

音はリスニングよりでありながらも、インイヤーモニターとしてもきっちり仕事が出来る。
こんなイヤホンは今までに聴いた事がありません。
まさにShure渾身の一撃と呼ぶのにふさわしい仕上がりになっております!!

2020/6/4 05:12  [2265-3505]   

今日の出来事、以前の日記みたいな感じです。

6月7日

アーモンドアイ負けた〜。

ルドルフの呪縛、本当にありましたね〜、w

99%勝てると思っていたから、

直線で抜け出せないところがあったけど、最後の追い込みを見る限り、もう限界かもしれない。

秋のG1戦線もなんか危うくなってきましたね、アーモンドアイ。

おお、ここは競馬を語る掲示板ではないの〜、w

2020/6/7 18:51  [2265-3561]   

私的コラム: AONIC5とSE535とSE846、購入するならどれが良い?

Shure初のハイブリッド型イヤホンであるAONIC4の出来が素晴らしい事は前回のコラムで書きましたけど。

今回は上位モデルのAONIC5について書きたいと思います。

ここ最近、個人的にレビュー投稿、クチコミの投稿も控えている状況です。
AONIC4の出来が素晴らしかったので、クチコミにでも書こうと思ったのですが、やめときました。
以前の様な情熱は今の私にはありません、
積極的に特定のイヤホンをお勧めする様な投稿は思うところあって当分の間はしないと思います。

質問があった場合のみアドバイスはするかもしれませんが、

AONIC4と同時に聴いたAONIC5ですが、こちらはSE535のリチューニングモデルとなります。
ですが、当面の間、SE535、SE535LTDも継続して販売される様でして、どうやら方向性が違うみたいですね。

AONIC5はSE535の上位モデルSE846の交換ノズルを採用して、サウンドバランスの変更が出来る様になっています。

私が聴いたAONIC5がどのノズルを使用していたのかはわかりませんけど、おそらくバランスノズルでしょう。
バランスノズルだとSE535、ブライトノズルだとSE535LTDみたいな鳴り方をする様な記事を見かけますが、個人的にはかなり違う鳴り方をするイヤホンだと感じましたね。

BAドライバーの構成は全く一緒ですから、BAドライバーを新しくしたか、クロスオーバー処理のネットワーク回路をチューニングし直したか、どちらかでしょう。
それほど、鳴らす音は違います。

AONIC5ではSE846と同じくらいのサイズのハウジングを採用してます、AONIC4よりは大きいのです。
ノズルインサートを採用するためにハウジングを大きくしたのか、別の理由なのかわかりませんけども。

ちょっと残念だったのはリモコン付きのケーブルになってしまってる事。
この時点でAONIC5がインイヤーモニターではなくリスニング用途に開発されたイヤホンである事がわかります。

そしてSE846と同じ交換ノズルを採用してますが、SE846が金属製ノズルだったのに対しAONIC5はSE535同様、折れやすいプラスチックノズルを採用してます。

AONIC5が発売されても現在のところSE535シリーズの値崩れはありません。
使用目的が違うので、おそらくこの先もSE535シリーズが劇的に安くなる事はないと思います。

という事で、SE535LTDとAONIC5とではどちらを購入して良いか迷う事は比較的少ないとは思います。

問題はAONIC5とSE846だと思います。

AONIC5が約6万円、SE846が9万円強です。
SE846にはBluetoothケーブルが付属されているパッケージと、オリジナルクリアケーブルが2本付属されたパッケージがあります。

Bluetoothケーブルが付属されたパッケージは価格差を考えると非常にお買い得感がありますね。
AONIC5に純正Bluetoothケーブルを購入すれば、約8万円となりますので、イヤホン本体の性能を考慮するならば、AONIC5を購入する意味がほぼありません。

ではオリジナルクリアケーブルが付属されたSE846のパッケージと比較するとどうでしょう。
こちらはプロユースの方々から再発してくれとの声をメーカーサイドが受け取り、再発されたパッケージであり、他社製リケーブル選びに大変難儀する、優秀なケーブルが付属されています。

価格差は3万円強ありますが、より良い音で聴きたいのであれば文句なくSE846をお勧めする他ありません。

AONIC5の存在定義は?

私個人としては、このモデルは必要無かったのではないか?と感じてしまうのです。

2020/6/9 00:31  [2265-3579]   

ナガオカP908について。

現在クチコミにおいて、ナガオカの関係者、もしくは対価をもらって書き込みしているユーザーがいますが、

これに1番最初に引っかかってしまったのが私です。

クチコミにたくさん投稿し、イヤホンも実際に購入してレビューまで書き上げました。

初期ロットのイヤホンは実際高音質なイヤホンでした。

現在では製造時期により、イヤホンのクオリティーが全然違うみたいですので、購入しない方が無難でしょう。

ナガオカP908以外にもメーカーサイドの関係者によって、大量のレビューが投稿され、満足度一位になってしまったヘッドホンがあります。

こちらも初期ロットに関しては音は良かったのですが、現在はどうなっているかわかりません。

Amazonみたいにやらせレビューが投稿されている製品はこれ以外にもたくさんあるのです。

ちょっと怪しいと思ったら、レビュー投稿者のプロフィールを見ると良いと思います。

大概は該当製品一件しかレビュー投稿がなく、アイコンは若い女性のものを使用しています。
そして、個人情報は一切書き込まれておりません。

このような投稿者のレビューが多数ある製品はちょっと注意した方が良いかもしれません。

2020/6/12 01:47  [2265-3597]   

修理に出していたintime SORA Ti3が新品交換されて戻ってきました。

どうして修理に出していたかというと、ケーブル硬化現象が起きていたからです。

試聴機として置いてあるTi3と比べてみても明らかにイヤホン側のケーブルが硬くなっていました。

イヤホンは10数本、取っ替え引っ替えして聴いていたので、特別Ti3ばかり使用していた訳でもありません。

ケーブルの被膜素材がノーマルSORAとは違うのでしょう。

とにかくこのケーブル硬化現象が現状より悪くなってしまっては、最悪の場合ケーブル断線の心配もあるほどでしたので、購入店舗に連絡し修理に出したのであります。

修理が完了したとの電話が入ったのは一週間近く前になりますが、なかなか受け取りに行く時間がなく、

今日は全国的に天気が良く無いらしいので、昨日の夕方近くに受け取りに行ってきました。

修理説明を聞くとなんと新品交換とのことでした。
ケーブル着脱式のイヤホンではないとはいえ、まさか全く新しくなって戻ってくるとは思ってませんでした。

帰宅して開けてみると、イヤホンだけが新しく、箱などは元のままでした。

まずはちゃんと音が鳴るか確認しないといけません。

聴き慣れた楽曲を再生すると、修理に出してあったTi3よりも明らかに音が良い!!

これは、新品になったからそう聴こえた、とかいうレベルではなく、高域の抜けが段違いに良いのです。

エージングが済んでいない箱出し状態だから?
イヤホン自体の個体差の問題?
これはどちらが影響しているのか判別はつきませんが、驚愕の高音質イヤホンTi3がさらに高音質化して戻ってきたのは間違いのないところです。

私が所有している最高額のイヤホン、IER-Z1Rと比較してみましたが、戻ってきたTi3の方が音が良いです。
こう書くと語弊があると思いますので、より好みの音ですね。

IER-Z1RとSE846とTi3の音の比較はそれまでも何度もやっていたのですが、残念ながらTi3は一歩及ばず、という評価でしたから、
それでも各イヤホンの価格を考慮すると驚くべきポテンシャルです、Ti3の実力は。
それが、戻ってきたTi3を聴く限りでは遂にIER-Z1Rをも超えてしまっているのです。
IER-Z1Rのイヤーピースをあれこれと替えてみましたが、結果が覆る事はありませんでした。
当たりのTi3を引いたのでしょうか?

イヤホン、ヘッドホンの個体差の違いについては、SR9で信じられないような体験をしているので、ダイナミック型ドライバーだろうが、BA型ドライバーだろうが確実にありますよ。

全く同じ音を鳴らす製品を制作する事は事実上不可能です。
特にイヤホン、ヘッドホンの場合はドライバー自体の製造の段階で同じ周波数特性のものが製造出来ない事はあるメーカーを通して確認済みの事でもあるので。

ともかくintime SORA Ti3がよりパワーアップして返ってきた事はちょっと嬉しい出来事でありました。

同じく修理に出して、片側のドライバーだけ交換されてしまったSE846は左右のマッチングが微妙におかしくなり、聴くたびに違和感を感じるのは、これも個体差の影響でしょうが納得がいかない対応でありますが。
保証期間が切れてしまっていますが、もう一度点検に出してみようかと思案中でありますね。

2020/6/19 04:57  [2265-3642]   

う〜む、w カッコいい、w

AZLAのイヤーピース、新製品、6月26日発売。

今までこんなカッコいいイヤーピースがあっただろうか?
即刻購入であります、w

見た目から入るのも大事なのです、w

https://www.aiuto-jp.co.jp/information/e
ntry_995.php


ちょっとこれは画期的なイヤーピースとなりそうですね(^^♪

シリコンでは得られない良好な装着感が期待出来そうです。

有線イヤホンよりもTWSイヤホンとの相性がとても良さそうです。

フォームタイプよりも耐久性が高そうですし。

サイズも6種類と細かく刻んであるのも良いですよね。

シリコンでも無い、フォームタイプでも無い、新しい素材を使用したこの新製品、明後日には届く予定です。

とりあえず手持ちのイヤホン全てに装着して聴いてみよう(^^)

2020/6/24 23:36  [2265-3671]   

パッケージはこんな感じ 逆さまについてます。 IER-Z1Rで使用 SORA Ti3で使用

AZLA Sedona Earfit XELASTECについて


添付画像がホコリだらけですが、一度使用した後ですのでご了承下さい。
イヤーピースの材質がとてもゴミ、ホコリがつきやすいのです。

手持ちのイヤホンに全部試してみようと思いましたが、使用出来るイヤホンがTi3とIER-Z1Rしかなく、

しかもこのイヤーピース完全ワイヤレスイヤホン専用となっていますがな、w
(完全ワイヤレスイヤホン専用なんてどこにも書いてなかったような、w)

普通の有線イヤホンに使用出来ないこともないのですが、こういう仕様だったら購入しなかったぞ、w

装着感と音質面でのコメントをしておきますか。

音質向上の目的での購入はお勧め出来ないイヤーピースです。
音がとても悪くなる、といったことにはなりませんが良くなることもありません。
付属純正イヤーピースで満足出来ない方は他のイヤーピースを購入対象にした方が良いでしょうね。

シリコン系では音質向上に期待できるイヤーピースは他にもいくらでもありますので。


装着感について、

すこぶる良いですね、このイヤーピースは。
TWSイヤホンにとっては救世主的なイヤーピースの登場でしょう、決して誇張した言い方ではなく本当に。

コンプライでは耐久性と音質の弊害がありましたが、この新しいイヤーピースはそういった影響がありません。

使用されている素材が非常に吸着性の高いものなので、ゴミがつきやすいのが唯一の難点ですが。

シリコン系イヤーピースではどれも合わない、という方には是非使用して頂きたい。
TWSイヤホンがしっかりと固定されるのが実感できるはずです。

価格が高いのがネックではありますが、サイズに非常に敏感に反応するので、3セット入りのものがお勧めです、最初の購入時には。

コンプライみたいに高域が衰退するとかは全くないので、音質に妥協することなく安定した装着感が得られますよ。

ゴミ、ほこりが非常に付きやすいので、装着する前に耳をウェットティッシュなどで綺麗にしてから使用した方が良いですね。

ともかくこれは、画期的なイヤーピースです。

これほどまでに装着感が良く、音質面での影響が少ないイヤーピースは他にはありません。

完全ワイヤレスイヤホン専用となってますが、有線イヤホンにも使用出来ますので、これまでいまいち装着感が安定してなかったユーザーにもお勧め出来ますね。

TWSイヤホン専用設計ですので、ステムの長い有線イヤホンの使用には適してませんのでご注意を。

完全ワイヤレスイヤホンを多数所有されている方には必須のイヤーピースだと言い切れるほどの逸品ですよ。

2020/6/28 17:36  [2265-3684]   

なんでも語ろうコラム: 便利な図書館、融通の利かない図書館

私は良く図書館を利用してます。

ポピュラー音楽派の方には少々もの足りないかも知れませんが、私は主にクラシック音楽を聴きますので、かなりのタイトルを揃える事が可能なんです。

私の住んでるところには十館ほどの図書館がありまして、予約すると、全ての図書館から在庫を調べて一番近くの図書館まで用意してくれるので結構便利なんですよね。

枚数制限はありますが、料金は無料ですし、借りられる期間も二週間と長いので。

一度だけ図書館でのCDの貸し出しでトラブった事があります。

返却したCDが割れているというのです。

仮にもレンタル店に10年以上いましたから、CDの取り扱いには慣れている私です。
CDをケースから外す時に力の加減で割ってしまう事などあり得ません。

それでも確認したら、割れているというのですから、仕方無いですよね。
その確認した時に割ってしまったのでは無いかと思ったのですが、そういう嘘をつく人が図書館に居るはずもないと思い、w

まあ、かなりの枚数を借りているので、弁償する事に合意しました。

ところがです、これがなかなかに厄介な事になっているのですね、w
他の地域ではどういう扱いになるのかはわかりませんが、同じCDを用意してもってこい、っていう訳です。

いや、そのCDの金額を支払いますよ、と言ってもダメなんですね。
お金を受け取る事は出来ません、っていう訳ですよ。

これと同じCDを買ってきて、持ってきてくれっていう訳です。

クラシックのCDなんて、廃盤、再発、廃盤の繰り返しになる事が非常に多いので、全く同じCDを用意する事が出来ない場合があるんですよね。

こういった事を説明しても理解出来る職員が誰も居ない訳なんです。
こりゃ、困りましたね、w

私の方で同じCDを用意する事は出来ないので、上層部の方に話を通してもらえます?と言ってもダメなんです。

取り敢えず、頑張って探して用意して下さい、それ以外の方法では受け取れません、って言うじゃありませんか。
どんだけ頭固いねん、w

こっちは割ってもないCDを弁償してやるって言ってる訳ですから、だんだんブチ切れてきました、w

やっぱり私は割ってないです、ちゃんと聴けましたから、
180度方向転換ですよ、w

いや、さっき貴方が割ったと認めたじゃないですか?

いやいや、こんなに揉めた事、レンタル店に10年以上居ても経験がないぞな、w

しかし頭の固い連中しかおらんがな、どうすればいいちゅうねんな、w

その日は一旦帰りました、3時間も話し合っても解決の糸口さえ見えないので、

電話で他の図書館にも聞きましたが答えは同じ、現金は受け取る事が出来ないので同じCDを.......

だからそのCDはもうすでに廃盤になってるちゅうねん!、w

いや〜、こんな面倒くさい事になるとは想像を絶してましたね、w

クラシックのCDのカタログを見せて、説明しましたが、理解出来る人が誰も居ない。

業務用CD研磨機の話をしたら、余計ややこしくなりました、w
中古で同じCDを探してきて、CD研磨機にかけて新品同様にすればいいです、言うじゃありませんか、w

今は業務用CD研磨機が使える環境におらんのじゃ、うかつに余計な話はするもんじゃないですね、w

結局一週間ほど揉めましたね、
仕方がないので、同じ音源のCDを勝手に買ってきて、スタッフに渡して、壊したCDとレーベル面は違うけど全く同じ音源が入っているから、このCDに対して文句を言う人が居たら電話で連絡してくれれば対応しますので、って事で話は着きましたが。

便利な図書館ではありますが、非常に揉める事にもなりますので、CDの取り扱いには十分注意をした方が良いです。


2020/6/30 01:49  [2265-3712]   

なんでも語ろうコラム: IER-Z1Rにカスタムイヤーピースはやめた方がいい。

IER-Z1R用にカスタムイヤーピースが製作出来るサービスがありますが、これはやめた方がいいですね。

カスタムイヤーピースはあくまでカスタムIEM用と考えた方が無難です。

現在ユニバーサルモデルにも使用出来るカスタムイヤーピースのサービスがありますが、メインドライバーがダイナミック型ドライバーであればやめた方が無難だと思います。

カスタムIEMというのはもともとミュージシャンがステージ上で使用するためのイヤホンです。

その為、音場は意図的に狭くしてある事多く、カスタムイヤーピースにより狭い音場はますます狭くなります。

遮音性が高いトリプルフランジイヤーピースは、モニター系イヤホン以外では使用される事が無い事を考えるとこういった事は容易に想像がつくでしょう。

IER-Z1Rの最大の魅力は低音域にあります。
開口部の狭いイヤーピースを使用しては、IER-Z1Rの最大の魅力的な部分を殺す事になってしまうのです。

結構なハイエンドクラスのイヤホンを試聴してきましたが、低音域の素晴らしさは群を抜いています。

普通のハイブリッド型のイヤホンと違って、IER-Z1Rの場合、BA型ドライバーの苦手な低音を担当させるという意味合いでダイナミック型ドライバーを使用してません。

むしろダイナミック型一発機のイヤホンにBA型ドライバーを追加させたようなちょっと珍しい構成の元に製作されているのです。

搭載されているダイナミックドライバーは可聴周波数帯域のほとんどをカバーしています。
こういったハイブリッド型イヤホンは世界中探しても存在しないのです。

IER-Z1Rの武器はこの大口径のダイナミックドライバーにあると言っても過言ではありません。

ダイナミックドライバーを使用しているイヤホンで細いステムを採用しているイヤホンはほんの数機種しか存在しないのです。
(ShureのSE215とエティモのイヤホンだけだと思います、私の知っている限りでは)

どのイヤーピースも装着感が安定しないのなら仕方ありませんが、それならばいっその事別のハイエンドイヤホンを購入した方が良いように思いますね。

IER-Z1Rは素晴らしいハウジングの設計の恩恵で、どんなイヤーピースを使用しても安定した装着感が得られ安い非常に珍しいイヤホンです。

この恩恵を利用して様々なイヤーピースを試してサウンドバランスの変化を楽しむ事にこのイヤホンの醍醐味があると思っていますね。

2020/7/1 06:17  [2265-3725]   

またコロナ、コロナですね。

東京は3日連続の3桁超えの感染者。

この数字を見ても都も国も全く動かない、都知事選をやってる場合じゃないと思うのですがね。

好きな音楽聴いていた方が良いと思いますね。誰に投票しても同じでしょう。

緊急事態宣言は発令しなくても、特定の業種には保証金をきちんと払って営業自粛を協力して貰わないと駄目でしょう。
どこが危険かある程度わかっているわけですからね。

こんな状態でイベント開催なんてしていたら、8月には大変な状態になっている事くらい素人の私にもわかります。

打つ手はたくさんあるのに、何もしない。
必ず後でしっぺ返しがきますよ、東京は終わってますね、
近隣の県が可愛そうな気さえしますね、(千葉県、埼玉県、神奈川県)

こんな状況でオリンピック開催を本気で今年中に目指していたのかと思うとちょっと怖いですよね。

来年の開催さえ不可能でしょうね、これでは。

オリンピック開催地に名乗りを上げて、グレーな手段で獲得してしまった。
そのツケが回ってきてるんでしょうね、来年はもっと酷い状況になるでしょうね、日本は。

今のうちに好きな事をしておいた方が良いような気がしますね。(法に触れない範囲で、ですよ)
貯金なんかしても無駄な感じがします、なんとなくですが。

イヤホン、ヘッドホンも憧れのモデルを入手して、楽しんだ方が良いのでは?と思います。(責任は取れませんので、自己判断でお願いします、w)

私が飼っていた猫もなんて言うか、突然死みたいな感じでしたので、
体が弱っている兆候は知ってはいましたが、あまりにも早過ぎましたので。
なので、後々後悔が残らないような生き方した方が良いと思うんですよね。

まあこの掲示板は楽しい音楽を語るのがメインですから、これ以上政治的な事は書きませんけども。

楽しい音楽を聴くのに、憧れのイヤホン、ヘッドホンがあるならば、是非入手して聴いた方が世界が変わりますよ。

ピュアオーディオの世界はおそらく1億あっても足りないと思いますが、ポータブルオーディオでは10万円あったら世界が変わってしまいからね。←これマジですよ、w

ハイエンドイヤホンとハイエンドDAPでも50万円あったら購入出来てしまいますからね。
こういったところがポータブルオーディオの魅力的な部分でしょう。
イヤホンでも最高額が60万円を超えるイヤホンはありませんし、どの機材にしてもある程度上限が見えますからね。その上限額は決して夢ではなく現実的な価格が多いですからね。

私自身は高額な機材よりも、ソフトの方、音楽の方が大事な部分だとは思ってはいますけでも。
それでも、憧れのイヤホン、ヘッドホンで聴く音楽は凄く魅力的ですから。
そういった経験を一度はして欲しいとは思いますね。
価格じゃないですよ、憧れのイヤホンって言うのは、
1〜2万円クラスでも素晴らしいと思える音を鳴らすイヤホンは存在しましのでね、そこは勘違いしないようにして下さいね。
10万円超えのイヤホンも今ではすっかり珍しく無くなってしまいましたが、要は自身が満足出来れば良いだけですから、是非とも自身の好みにあったイヤホンを探して欲しいと思いますね、←これが一番難しいです、w

憧れの機材で好きな音楽を聴いて欲しいとは思いますね。
私の縁側のメンバーの方々も音楽をより楽しく聴くためのイヤホン、ヘッドホン選びをしてますからね。
音楽ありき、なんですよね。
イヤホン、ヘッドホンに合った楽曲を探している方々も時折見かけますけども。
やはり、自分の好みに合った、イヤホンで聴くと世界が変わるようですね。
結構なやり取りをしてますが、そう感じる部分が多いですからね。
なので、これだけは自信を持って言えるんですよね、価格で決して妥協しない方が良い、と。
値段で妥協して中途半端なモデルを購入すると、後々、上位のモデルが絶対に欲しくなります、または気になったりしますので、そのあたりだけは気をつけて欲しいとは思いますね。

2020/7/5 05:58  [2265-3737]   

お待たせ致しました、ようやくまともに書き込めるようになりました。

ただ、睡眠のリズムが乱れておりますので、返信のペースは徐々に、という感じです。

天気が悪い日が続いており、なかなかキーボードを買いに行けなかったのです。

ご心配をして下さったメンバーの方々、ありがとうございます(^^)

今日はもうこんな時間ですので、一旦ゆっくり寝て、明日から又頑張ろうと思いますので、よろしくお願いします。

2020/7/23 03:33  [2265-3784]   

メンバーの皆様型へ、

PCの状態は改善されたものの、現在金銭面で逼迫しており、自分に出来る事があればそちらを優先してなんとかしないと回線が止まりそうです。

ですので、今週は書き込める時間が作れるかわからないのです。

連絡が入れば、私は出掛けなければなりません。

きちんとした返信をしたいと考えておりますので、もう少々お待ち頂けると嬉しいです。

検査を受けましたが、私自身は感染してないようです。

心身ともに元気ではありますので、皆様もどうぞ気をつけて行動して下さいね。

これからもよろしくお願い致します。<(_ _)>

2020/7/24 06:24  [2265-3791]   

復活!

いや〜三度IER-Z1Rを質屋に入れてしまいました、w
(だってかなりのお金を貸してくれるんですもの、w)
(さすがはSONYのフラグシップイヤホンだあ、w)

今日、無事に戻ってまいりました(^^)

う〜む、良いですなあIER-Z1R。
これとSE846とSORA Ti3があれば他のイヤホンいらねえや、
ライブ音源は最高なり!!

およそ一週間の放置でしたか、管理人失格ですなあ(^_^;)

しかしですね、キーボードに反応しないキーがあったのですよ、それも母音ですからね、
これじゃ、書き込みたくても書けませんって、w

近くにMacが置いてある家電量販店があったので、持ち込んで試してみるとちゃんと反応するじゃないのさ、w

どういう事〜、w

まあ、なんとか治ったんでこうやって書き込み出来るようになりましたけども、以前としてマウスの調子は悪いままだしね、w

IER-Z1Rを質屋に入れて、勝負しましたよ。
回線が止まりそうなくらい金銭面が逼迫していたのでこれは仕方がありませぬ、w
2日でサラリーマン1ヶ月分の給料稼がせて頂きました、w
(そういう方面の技術屋ですから、本来は、w)
金が出来るとすぐに遊びたがる癖が出るんですが必死に抑えましたよ、今回ばかりは、う〜む素晴らしい、w

暫くは大人しくしてましょうかね。
イヤホン、ヘッドホンの試聴記はこっちに書きます、暫くは。
クチコミには書き込みません。

という事で今後ともどうぞよろしくお願いします(^^)

2020/7/31 21:19  [2265-3819]   

なんでも語ろうコラム: どうしたWestone UM-PRO50?

耳へのフィッティングが良いので寝ホンには良いイヤホンです。

Westoneの傑作イヤホンである本機ですが、久しぶりに聴いてみたらどうも良く無い、w

思いっきりBAドライバー臭がする音じゃないの、これ、w

以前愛用していた時には全然気にならなかったのに。

これが6万円のイヤホンの音か?

これ、多分慣れの問題ですね。

BAドライバーのイヤホンばかり聴いていれば自然と慣れてしまうんですよ。

最近はFD02、Ti3、IER-Z1R、それとヘッドホンでばかり聴いていたので、ダイナミックドライバーの音に耳が慣れてしまっているんだと思うんです。

という事で同じマルチBAのイヤホンSE846を聴いてみたんですがこちらは相変わらず素晴らしいでないの、w

これは私がSE846信者だからではありませんね。
しっかり客観的に聴いていますもの。(自信あり、w)

やはりマルチBA型の金字塔ですよ、SE846。

ShureからもAONICシリーズが新しく発売されて売れ行きも良いですが、購入するならSE846一点だと思った方が良いです。
(末長く使用していこうとお考えの方には、ですよ)

発売から随分と時間は経っていますが、未だ値崩れをしないのはそういうことでしょう。
未だにこの価格帯のマルチBA型では敵なしってことの証明ですよ。

SE535のリニューアルとしてAONIC5が出ましたが、SE846のリニューアルモデルだけ出ないのは、このイヤホンを凌駕するクオリティの製品を作れないからだと思います。

良い音を鳴らすイヤホンはたくさんありますが、5年以上第一線でいられるイヤホンは非常に数が少ないです。

新製品が出たからと言って高評価のレビューを鵜呑みにしての無試聴購入ほど怖いものはありません。
どうぞ、お気をつけて下さい。

2020/8/4 07:26  [2265-3842]   

なんでも語ろうコラム: セブンイレブンのそうめんが旨い!

今年の夏は非常に暑いですね。

こんなに暑いと食欲もなくなるものですが。

食欲の無い時にはそうめんですね(^^)

一番良いのは、自分で茹でて作る事だとは思いますけど。

今年、発売された、セブンイレブンのそうめんは素晴らしく旨いです!

自分で茹でて作るより旨いかも、w

「5種の重ねだし!手延べそうめん」

https://www.sej.co.jp/products/a/item/09
2754/kanto/


これはお勧めです(^○^)

2020/8/9 00:17  [2265-3900]   

アルバム名が曲名になっています、w 4つの曲しか入っておりません、w

なんでも語ろうコラム: エルヴィスのCDを集めるのは大変、w CD界のトライアスロン!

メンバーの方とやり取りしている掲示板の中で、エルヴィスのCDを500枚ほど所有している、と書いていますが、w

一人のアーティストで500枚、異常とも思える数字ですが、エルヴィスのレコード、CD収集している人ではまだまだ少ない方で2000枚以上所有されている方はザラに居るのです。

添付画像を見て頂ければ分かると思いますが、このアルバムはアウトテイク集でたった4曲しか収録されておりません。

こういった趣向のアルバムがたくさんあるわけで、買っても買ってもキリが無い、という有り様なんですね。

70年代に入ると、今度は途方もないライブ演奏のCDが待ち受けています。
おそらく全てのライブコンサートが録音されておりますので、殺人的スケジュールであったこの70年代のライブ音源だけで500枚は軽く越えるはずです。

これらは主に海賊盤ですが、正規発売のCDもちょっと酷いものがあり、頭を悩ませるのです。

例えば企画もののベスト盤、曲目を見るとほとんど全ての楽曲は持っています。
ところがその中にたった一曲だけ、未発表音源があったりするわけです。
そのCDを購入する以外に入手方法が無いので、仕方なく購入してしまうわけです。
こういったCDが正規発売のものでも大変多いのです。

70年代のオリジナルCDは比較的良心的なのですが、エルヴィスの死後発売されたCDは非常に頭を抱えるCDが多いのです。
例えば、アンダブドバージョンのCDとか。
これはオーバーダビングされたコーラスとか、オーケストラの音を排除したもので、よりエルヴィスの生々しい声が聴こえる、といった企画のものです。

それとは逆に、バッキングトラックを現代風なものに差し替えた曲だけで作られたCDや、更なるコーラスやオーケストラの音をオーバーダビングして制作されるCDもある状態なので、結局何が目的なのかわからん、という事になるのですね、w

私がエルヴィスのCDを収集していた’90年代は、月平均3〜4枚のアルバムがリリースされていたので、並の新人アーティストが束になっても敵わない状態だったのです。
(正規盤、海賊盤合わせた枚数です。)

全く発売され無い月も勿論ありましたけれど、平均すると、上記の枚数になってしまわけです。

本国アメリカだけでなく、ヨーロッパ各地、日本独自企画のCDなど、それはもう盛り沢山の贅沢さで、こりゃたまらん、というファン泣かせのものでした、w

私は元々クラシック音楽を主に聴いていたのですが、買っても買ってもキリが無い、途方に暮れるエルヴィスのCD発売が原因でCD収集をやめてしまいました。

以前、ハマったら危険なアーティスト、として、ビートルズ、レッドツェッペリン、エルヴィス、の三大アーティストの名前をあげましたが、元々のオリジナルアルバムの数も段違いに多いエルヴィスは最も過酷なアーティストとしてずば抜けた存在なのです、w

海賊盤は音も悪いのが当然で、しかもそれに反比例して価格は高い、

それに比べると現在のクラシックのCDの価格は途方も無く安いものが非常に多いですね、w
特に枚数の多い、BOXセットは激安で、一枚当たりに換算すると300〜500円程度になってしまうものさえありますので大変お買い得と言って良いでしょう(^^)

全曲コンプリートするのが最も過酷なアーティストがエルヴィスであるという事実は間違い無いところで、果たしてこれはどうにかならないものか?と考えております、w

2020/8/12 05:08  [2265-3924]   

ご報告:

メンバーの皆様方へ。

最近、私の書き込みが激減しておりますが、原因はPCの不調であり、健康状態は何ら問題がありません。

マウス、キーボードが接続不良の状態にあり、アプリケーションを起動する事さえもままならぬ状態となっております。

メールアプリも正常に動かず、突然シャットダウンしてしまうことも頻繁に起こるようになってしまいました。

iPhoneにも通知メールが届くようになっているので、こちらで、皆様方の書き込みがあったことは知る事が出来るのですが、iPhoneもまた、購入した当初からタッチパネルの異常がありこちらからも書き込む事が不可能となっております。

先日、他社製のマウスを購入してみたものの、純正マウスよりも酷い状態で、勝手に別のアプリのウィンドウが開いたり、文章のコピー&ペーストが出来なかったり、使い物にならないので、返金してもらいました。

有線マウスでも、正常に動作しませんので、ほとほと困り果てている状況なんですね。

以前は知人宅のPCをお借りして書き込んだ事もありましたが、やはり長時間、お邪魔する事も大変なご迷惑となりますので、

私は10数年、Macコンピューターしか使っておらず、Windowsパソコンについては全くの無知識ではございますが、そんな悠長な事も言ってはおられず、知人から、使用してない古いWindows PCをお借りしてきました。

先程、設定、設置が終了しましたので、こうやって書き込んではいますが、何せスキルが全くございませんから、以前にも増して返信するのにお時間がかかってしまう不手際をどうかご了承くださいませ<(_ _)>

「楽しい音楽を語ろう」縁側管理者、tam-tam17701827より

2020/9/1 22:31  [2265-3970]   

 m56059さん  

tam-tamさん
お久しぶりです。
私は元気にやっております〜

winに変えられたのですね。
私、PCデビューはMACでした。
その頃の当時私がいた職場は仕事は全部手書きで、MACはあくまで個人用のおもちゃみたいなもんで
仕事には時々文章をマックライト2というソフトで作ったり、ああ思いだした エクセルとかも
最初はマックでしたね〜 
当時はネットはたしかネットスケープナビゲーター?だったかな?緑色のソフトでしたが
画像とかDLして喜んでいた若き日々がよみがえってきます(笑)。

MACを使用して5年目だったかな 職場が「これから全部PCでwinです」になってしまい
強制的にwinも使わなければならなくなりました。
当時はエ゛〜〜!! と思ってましたが、慣れるもので、右クリックメニューとか
当時のMACには無い便利さと使えるソフトの種類が多くていつのまにか こりゃおもろい!と
なって、遊び用PCが古くなった際にこちらもwinに乗り換えました。

tam-tamさんはPCの内部の事が良くわかってらっしゃるので、
きっとすぐに慣れると思いますよ〜



2020/9/2 20:28  [2265-3978]   

m56059さん

こんにちは〜、返信遅れまして申し訳ありません(^^)

こちらの掲示板に書いてくれて嬉しいなあ、w

ここの常設掲示板はみんな私専用だと思ってしまっているのかなあ?
私は時々、思った事など自由なテーマでここに書いておりますが、この掲示板に直接書き込んでも構わないのでよろしくお願いしま〜す(^^♪


<winに変えられたのですね。

メインPCはMacを使用していく予定ではおりますが、なんせマウス、キーボードがまともに使えませんので縁側での対応ができません、ので一時的なものですね、winは。

<私、PCデビューはMACでした。
<画像とかDLして喜んでいた若き日々がよみがえってきます(笑)。

あら、そうだったのですか、と言いつつも昔ちょこっと聞いた事があるような、無いような、w
私は10歳の頃からアセンブラでプログラミングしていたちょっと変わったガキでしたねえ、w
ファミコンとかも一切やりませんでしたし、外部機器の制御プログラムとか書いて楽しんでいるような子供でしたね(^○^)
なので、コンピューターの基礎的な部分はわかっているんですが、進化するUIにはついていけず、露頭に迷っておりまする、w

<私は元気にやっております〜

本当に元気でしたか、良かったです〜(^^)

なるべくご自身の時間を自由に使ってもらいたいと思い、あえてm56059さんの掲示板には書き込んでいませんでしたが、実はちょっと元気が無いのでは?と心配致しておりましたので、

一昨日、返信をしようとしたところ、インターネットに接続出来ず、こりゃ参ったなあ、と頭を抱えていたら、単にモデムのプラグの爪が折れて抜けてしまっているだけでございました、w
私の頭も一本抜けているようでありまして、古いWindows PCだから、どこをいじってなおせばいいのじゃ〜、と今朝までパニクっておりました(*^▽^*)
まあ、暑いですからね、今年の夏は例年以上に、
いつも以上にマヌケになるのも致し方ないかと思います、w

私も非常に元気でやっておりますよ〜、
(PCは夏バテしておりますが、w)

これからもどうぞよろしくお願いします(^^♪

書き込みありがとうございま〜す♪

2020/9/4 12:05  [2265-3983]   

コラム: Final e2000,e3000について。

最近は4〜5000円で購入出来る、Finalの傑作イヤホン、e2000,e3000を再び聴くようになりました。

こちらのイヤホンに関しては以前、同価格帯でより優れたイヤホンがあるのに、何でいまだに需要があるのだろう?と表の板に書いた記憶があるのですが、何処に書いたのか思い出せません。

よくよく聴いてみると、私が同価格帯で、より優れたイヤホン、というのは、私好みのより刺激的な音を鳴らすイヤホンであり、Final e2000,e3000も全然捨てたもんじゃないんですね。

トータル的なバランス感覚はむしろe2000,e3000の方が優れており、能率が悪いという欠点はあるものの、大音量派である私のような例外を除けば、ある程度満足出来る音量で鳴らしてくれます。

更に上位モデルである、e4000,e5000もあるのですが、個人的にはこちらのイヤホンはお勧め出来かねます。
リケーブル出来るデタッチャブル機構があるので、より優れたイヤホンだと思いがちですが、デタッチャブル機構なんてものは無い方が良いのです。

高級機のイヤホンは殆どリケーブルが出来るようになっているので、イヤホン初心者は誤解しがちですが、断線してもケーブル交換だけで使用できるようにしてあるだけで、本来は余計なものなんです。

AKG K3003しかり、ゼンハイザー IE800しかり、ハイエンドイヤホンでもあえてリケーブル不可にしてあるイヤホンは意外と数があるものです。
音質最優先で設計するとこうなるんですね。

話を戻して、Finalのeシリーズ、個人的には一番安いe2000が最も優れています。
(現在はもっと価格の安い、e1000,e500などもありますけれど)

eシリーズは全て同じドライバーを使用しています。
このeシリーズの為に開発されたドライバーの音を素直に楽しむならばe2000が一番良い出来だと思います。

ただどうした訳か、e2000はクラシックのオーケストラの音源にはちょっと合わないのです。
オーケストラ音楽を聴く場合、e3000の方がしっくりくるんですよね。
そういう意味で、私はe2000とe3000、両方所有している訳なんですが、
と言うのは大嘘で、e2000とe3000、どちらか一本に絞りきれないので両方買ってしまったんですね、w

e3000はe2000よりも能率が悪く、音量が取れません。
これは上位モデルになるほど能率が悪くなる傾向にありますので、e5000が最も鳴らしづらいです。

価格が高くなるほど、反比例して音が悪くなる、という非常に珍しいシリーズのイヤホンであり、購入するにもちょっと注意が必要なイヤホンの代表的なものですね、これは。

こういった事も私一個人の感想でしかなく、非常に誤解を招きやすいことでもあるので、表の方には書きません。

実際に試聴してe5000が最も良い音を鳴らすイヤホンだと思えば、自身の耳を信じて購入すれば良いだけのことですからね。

私個人としてはお金かけていじくり回してチューニングしてある上位モデルより、ドライバーをストレートに鳴らしているe2000の方が気持ちが良い音に聴こえる、それだけの事でしかありませんから。

e2000とe3000、どちらも安いイヤホンですが、出てくる音はだいぶ違います。
安いイヤホンといえど、試聴できる環境であるならば試聴して購入する事をお勧め致します。

2020/9/5 01:20  [2265-3993]   

コラム: 安室奈美恵さんが使用していたカスタムIEM

本題に入る前に「カスタムIEM」とはなんぞや?という人も居るでしょう。

IEMとはインイヤーモニターの略で、ミュージシャンがステージで使用しているイヤホンの事ですね。

良く「イヤモニ」と言っていますから、その呼び方の方がわかりやすかもしれません。

現在、ユニバーサルモデルとして販売している誰でも購入できるイヤホンでも10万円越えの製品も多数あり、20万円越えのイヤホンさえありますし、しかも売れる製品はこの価格でも飛ぶように売れます。

イヤホンのに興味が無い方にとってはたかだかイヤホンに20万円などとんでもない事だと思われるでしょう。

ところが主にプロが使用する前提で製作されているカスタムIEMの価格はその比ではありません。
10〜20万円はミドルクラスと言って良い価格帯であり、30〜40万円越えのイヤホンも多数ありますので。

ユニバーサルモデルは、いくらハイエンドといえど、ある程度多くの人に受け入れられる音を出さなくては、全く商売になりませんから、その中で個性を出していく難しさがありますが、カスタムIEMではそういった配慮を全く考える必要性がありませんから、各メーカーの特色を思い切り出していく事が可能となっております。

なので、自分専用に発注出来るカスタムIEMに興味を持つ人も少なくないんですね。
しかし、やはりコストパフォーマンスが圧倒的に悪いので、私個人としてはよくよく考えてから、という思いがありますね、安易にお勧め出来るジャンルのイヤホンではありません。

さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、本題に入りましょう。

安室奈美恵さんが使用しているカスタムIEM、いわゆるイヤモニはライブ映像などで確認する事が出来ますが、一つのものしか持っておりません。
同じものが何本かあるかもしれませんが、装飾含め、全く同じものを使用しています。

画像でたまにアップで映る事があるので、イヤモニのケーブルの形状である程度メーカーを絞り込む事は可能ですが、決定打となるものが無く、検索をかけても出てこないので、どのメーカーのイヤモニを使用しているのかわからなかったのです。

単にカスタムIEMと言っても、製作するメーカーは、30社近くありますし、画像だけで判別する事は非常に難しいのです。
(カスタムIEMは装飾が自由に出来ますから、非常にゴージャスになっているんですね、安室奈美恵さんのものは。)

個人的には、世界的に有名なメーカーの製品ではなかろうか?と思っておりました。

64AUDIO、EMPIRE EARS、NOBLE AUDIO, JH AUDIO、Ultimate Ears、Vision Ears, Westoneなど

これらのメーカーのイヤホンを片っ端から見てみましたが、該当する製品がありませんでした。

一体何処のメーカーのイヤホンを使用しているのだろう?
非常に気になっていたんですよね、一安室奈美恵ファンとしては、w
「安室奈美恵 イヤモニ」で検索かけても出てこないし。

答えはSensaphonicsというメーカーのイヤホンでした。
このSensaphonicsというメーカーのイヤホンは一番高いものでも、10万円ちょとです。
定番の製品は装飾無しであれば、10万円で購入出来る製品で、安室奈美恵さんもProphonic 2XSというイヤホンを使用していたと思われます。
もちろん、ゴージャスな装飾をすれば、それなりに価格は高くなってしまいますが、音そのものは変わる事がありませんので、安室奈美恵さんが実際にステージで聴いていた音を聴く事ができるんですね。

安室奈美恵さんのファンの方でなければ、全く興味が無いであろう事について長々と書いてしまいました、w

最も私が書くコラムはもともと深い内容がありませんから同じ事ですかね(^○^)

2020/9/8 17:40  [2265-4021]   

コラム: どんどん音が良くなるIER-Z1R (謎ではありますが。)

最近はクラシック音楽ばかり聴いてRockみたいな刺激的な音楽はこのイヤホンでは聴いていなかったのですが、

昨日、本当に久しぶりに安室奈美恵さんの楽曲をIER-Z1Rで聴いてみたらあまりの激変ぶりにちょっとびっくり致しまして、

購入当初はそこそこの不満はあったのですね、20万円のイヤホンでも、

特に高域が少し篭った感じというか、上が詰まった感じと言いましょうか、

カタログスペックでは愛機SE846など軽く凌駕しているイヤホンですが、やはりBA型ドライバーの音が好きなのかなあ、なんて感じておりまして。

所有しているイヤホンの中では最も価格の高いイヤホンですが、個人的にこのイヤホンより、高域側を気持ちよく私好みに鳴らすイヤホンは他にも数本ありましたので。

リケーブルは問題があり、しておりませんが、イヤーピースは色々と試しておりまして、自分なりに納得するものを使用しておりました。

それでも、やはり、価格に見合わない不満は多少ありつつ使用していたんですが、

購入後、聴き始めからエージングによる変化は凄いものがありましたが、昨日聴いた音はまさに「激変」と言った言葉が相応しく、篭ったような高域はまるで突き抜けるかの如く変貌しており、同じイヤホンとは思えないほど、全く素晴らしい音を鳴らすようになっておりました。

クラシック音楽ばかり聴いていたので、EDMのような音楽を久しぶりに聴いたからそう感じたのか、イヤホン自体のエージングによる変化なのか判別し難いですが、こればかりは謎ではあります。

これが万が一イヤホン自体の変化だとすると、購入後、思っていた音を鳴らさないからとすぐに売却しないほうがいいですね。

再生環境は購入後から全く変わっていないので、イヤホン自体変化したか、自分の感じ方が変わったかのどちらかしかないのですが、他のイヤホンを聴く限り、IER-Z1Rが変化したとしか思えないですね。

クラシック音楽ばかり聴いていて、その影響で、私自身が音の感じ方が変わったのなら、他のイヤホンも同様に「激変」していると感じるでしょうからね。

現在は、どんなジャンルの音楽でも素晴らしいポテンシャルを発揮してくれています。
(SE846はクラシック音楽はダメですね、マルチBA型で音場の広がりは期待出来ないですから。)

購入後3ヶ月はかなりの時間鳴らしていましたし、一年半近く経ってからのこれほどまでの音の変貌というのは経験した事がありません。

低域から高域まで、全ての可聴周波数を担当する大口径ダイナミック型ドライバー、ミドルからハイ、主にヴォーカル帯域を担当する、SONYが開発したBA型ドライバー、BA型ドライバーでは鳴らせない超高域を担当するダイナミック型ドライバー。
Rockや、POPsではキモとなるヴォーカル帯域においては全てのドライバーの音が鳴っているという、変則的なクロスオーバー処理をしておりますが、まるでダイナミック型ドライバー一発機のように自然に聴こえる様は凄まじいばかりの神がかり的なイヤホンと言っても決して過言でも大袈裟でもないのです。

ダイナミック型ドライバー、BA型ドライバー共に自社生産、開発出来るメーカーはおそらく世界でSONYだけでしょう。
(韓国のEARNiNEもBA型ドライバーを手掛けているという情報はありますが、自社生産しているのかは不明です、チューニングの要望をだして外注していても独自開発のBA型ドライバーを使用していると書いているメーカーは海外においては多数ありますので。)

現在、私の耳元で鳴っている音がIER-Z1Rの本性だとするならば、ハウジングの出来や、作り込まれた手抜きの無い付属純正アクセサリーを考慮すると20万円という価格でも非常に安いとおもえます。
これほどまでに素晴らしい音を鳴らすイヤホン、ヘッドホンは私は持っていないからです。

2020/9/16 04:49  [2265-4037]   

コラム: 愛用イヤホンの三本柱

前回はIER-Z1Rについて、絶賛するようなコラムを書きましたが、20万円もの大枚を出して購入したのですから、オーナーであるが故の特権だと思って頂ければ幸いです。
(本来は欠点があれば書くべきでしょうが、製品レビューでは無く、ここは私の庭ですから、w)

IER-Z1R以外にも愛用している使用頻度の高いイヤホンは他にも3本ほどあるので、今回はそれらのイヤホンについて書いていきましょう。

1-SE846
2-JVC FD02
3-intime SORA Ti3

この3本が主要イヤホンの三本柱であり、正直IER-Z1Rとの音質差はごく僅かであり、人によってどのイヤホンを取るか非常に割れると思うんですよね。

この中で1-SE846だけがマルチBA型ドライバーのイヤホンであり、音の毛色がダイナミック型ドライバーを使用している他のイヤホンとはかなり違いますね。

付属純正アクセサリーだけで使用しているイヤホンは一本も無く、ケーブル、イヤーピースなど、自分好みの音が鳴るようにカスタマイズしています。

ジャンルによって得意不得意は当然あります、その為の3本なのですから。

IER-Z1RとTi3との価格差は10倍ほどありますが、好みの問題でTi3のが良い音を鳴らすイヤホンだと感じる人が居てもおかしくはありません。

Ti3は低域から高域、全帯域を高解像度で鳴らし切るポテンシャルを持っており、たかだか2万円のイヤホンと侮れない素晴らしい完成度を誇っており、コストパフォーマンスにおいては他社の製品を寄せ付けません。
ただし、イヤーピース選びが非常に難しく、イヤーピースによって、サウンドバランスも装着感も激変します、この辺りがシビアなイヤホンですね。
その点、IER-Z1R、SE846などは耳掛け装着専用設計なので、装着がビシッと決まります、ベストポジションを探す手間もありませんし、非常に安定した装着感が得られますね。
(Ti3も耳掛け装着が出来ますが、専用設計になっていないので、安定感がありません。)

SE846は、ケーブル、イヤーピースとも他社製品を使用しており、このイヤホンが最も私好みにカスタマイズしてあるもので、何人かのイヤホン通の方々にも聴いてもらいましたが、賛同を得られた事は過去に一度もありません。
むしろ、とてもじゃないけど、聴いていられない、とまで酷評されています。
というのも高域が刺さりまくりで、刺激が強過ぎて受け付けないらしいですね。
愛用しているイヤホンの中では唯一ダイナミック型ドライバーを使用していないイヤホンなので、このイヤホンでしか得難い音があるのも魅力の一つですね。
また遮音性に優れたイヤホンとしても名高く、外出時に使用するイヤホンはSE846がメイン機種になっています。

JVC FD02はイヤーピースは自社製のスパイラルドットを使用しておりますが、ケーブルはnobunaga Labsの篝火というイヤホン本体よりも高い製品に替えてあります。
このイヤホンを愛用している8割方は篝火というケーブルによって得られる恩恵が大きいです。
FD02はもともとは非常にソリッド系の音を鳴らす切れ味鋭い音が持ち味のイヤホンなんですが、篝火を使用する事によって、表情豊かな音を鳴らす美音系イヤホンへと豹変します。
特にライブ音源による、豊かな臨場感の再現性は群を抜いて素晴らしく、同価格帯のイヤホンでは敵無し状態です。
ケーブルの抵抗値が高いので、解像度の高さ、レスポンスの良さなどは他のイヤホンには敵いませんが、そういったものが必要な音源は他のイヤホンを使用しますし、その点については私自身も納得して使用しているので、不満はありません。

実際にIER-Z1Rを含めた価格に大きな差があるこの4本のイヤホンをブラインドテストしてみても、マルチBA型のSE846は音色の違いでわかるかもしれませんが、どれが一番高いイヤホンなのか当たらないと思うんですよね。
それほど、どのイヤホンにも他のイヤホンには無い魅力的な部分があり、音質が非常に優れているからです。

今回、安室奈美恵さんのライブアルバム、「LIVE STYLE 2014」で聴いてみましたが、どのイヤホンも素晴らしい音を鳴らしてくれました。
(ちなみにこのライブアルバムは一般的には入手出来ません、販売しておりませんので、w)

私個人の好みでは、篝火にリケーブルしてあるFD02がもっとも素晴らしい音を鳴らしてくれました。
IER-Z1Rも良かったですが、ヴォーカル表現力においては一歩及ばす、と言った感じでしたね。
(あくまで、私個人の独断の感想です、低域の解像度、アタックの切れ、豊かな量感など、IER-Z1Rの方が上ですから。)

ちなみに据え置き型ヘッドホンアンプで聴いておりますので、スマホ直結ではまた評価がガラリと変わりますので。

iPhone直結においてはSE846がもっとも素晴らしい音を鳴らします、ミドルクラスのDAPを凌駕する程です。
(これに関しては、私のSE846のレビュー「反則的使い方教えます」というタイトルで言及しておりますので、興味のある方は探してみてください。)

2020/9/18 05:37  [2265-4045]   



choco111さん

これからもよろしくお願い致します(^^)

jade7さんも宜しかったら見やすいこちらの掲示板をご利用なさってください。
(jade7さんの個人掲示板を利用するか、こちらを利用するかのご判断はお任せ致しますので。)

2020/9/5 01:40  [2265-3996]   



ちょっと気が早いですが、新しい掲示板を用意しておきます。

週末は書き込みが集中する事があるので、掲示板がいっぱいになり、書き込みが出来なくなってはご不便をかけてしまいますからね。

メンバーの皆様、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

博識ある皆様方のお陰でこの縁側は成り立っておりますので、感謝、感謝です(^^♪

2020/9/5 01:29  [2265-3994]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんばんわ^^
ご無沙汰しております。ちょいとトラブルがあってバタバタしていてReできずにすみません。
ってこの板使ってしまって良いのだろうか? 汗

探して頂いたベームの「フィデリオ」届きました〜。
⇒素晴らしい作品でラッキーでしたね^^ 確かそのCDはキングレコードだったと思うんですが、JAZZも数は少ない乍らBrian BrombergのWoodほか何枚か高音盤を出していますが「フェデリオ」も音質良さそうですね・・・

ベーム盤を聴いて感動しております(^^♪
⇒背筋がゾクっとするようなこの「感動」とできる音楽とめぐり逢えるというのは最高の快感ですね^^
私の場合、クレンペラー、チェリビダッケのBoxに何曲かゾクっというのがありましたが、最近だとEMIのカラヤンはゾクゾク来まくりですね 笑
一昨日の晩まで外出していたのであまり期待しないでクレンペラーのBoxのついでくらいの感じで買ってあったカラヤンのEMIのBoxを3セット分を聴いてみましたが、カラヤン+ベルリンの凄さに圧倒されました。
ジャケ写でもわかるようにクレンペラー、チェリビダッケのBoxと比較するとリマスター、インナースリーブに至るまで力の入れようが全く違いますね。
特に音質は2013年以降Warnerになってからのリマスターで難しい処理もかなり頑張ってるな〜
という感じですね^^
特にチャイコ#5と#6はかなり手をかけている感じですね・・・ #4だけはどうにもならなかったのか手抜きをしたのか太鼓、金管の音割れが・・・ 涙
ハイドンの#83も録音は今一つですがキレが良く決まってます 笑
EMIの音源は20セツト以上Boxセットがあるのでなんとなく録音時期による音とリマスターの傾向とは掴めてきたような気がします。
気づいてみるとクレンペラーとチェリビダッケのEMIのオフィシャルボックスは明日クレンペラーの「Bach Rameau Handel Gluck & Haydn」が届くとほぼコンプリートですが、このおっさんたちは本当にリアル・マエストロを感じさせてくれる演奏を聴かせてくれますね^^
同じ曲でもそれぞれに主張があって聴いていて飽きません。

>ちちさすさん

こんばんわ^^ ご無沙汰しております
↑のような訳で明日クレンペラーの「Bach Rameau Handel Gluck & Haydn」が届くのでハイドンを聴いてご報告します。

クレンペラーの録音はCD化でスケール感が小さくなった、・・・
⇒EMIのボックスセットの中からADD(リマスター)、DDDの音質を確認してみましたが、アナログ録音の場合、ピークを攻めないとダイナミックレンジの狭いショボイ音になってしまうので
ロックで云うとバスドラの音なんかはかなりデジタル変換した時に歪んだ音がまんま出てしまい当時の優秀録音がデジタル音源としては?なケースが多々ありますが、クラッシックでもデジタル化する時に元の音源の歪感を減らすためにコンプやリミッターを使うかしてどれだけ上手く誤魔化せるかがエンジニアの腕の見せ所だと思うので明日のクレンペラーのハイドンの音質はとても楽しみです。
EMIのアナログ音源は録音の時に相当ピークを攻めているので決まった時は最高ですが、外す
とデジタル化した時のクリップがどうにもならないくらい酷いですね 笑
EMIは80年代にPCM録音になってからもアナログ録音ばりにピークを攻めて歪ませてしまってる
録音もあるみたいですが、いい演奏なのに本当に残念です・・・

話は変わりますが本棚を整理してあとBOXセットが1-2個収納できるスペースができたのでテンシュテットのマーラーのBOXでも買おうかなと思っているんですが、これはデジタル録音でも
かなり抑えた録音みたいなのでクリップはないと思うんですがどんなもんでしょうか?
だいたいAmazonとかで音量が小さいと書いてあるもののほうがダイナミックレンジは目一杯取ってあるケースも多いのでご存じであれば教えていただけるとありがたいです。

でわ^^



2020/9/19 21:18  [2265-4052]   

Bigshooterさん

こんばんは(^^)

何かトラブルがあったのですか、書き込みがあって安心しました。

<Brian BrombergのWoodほか何枚か高音盤を出していますが「フェデリオ」も音質良さそうですね・・・

この年代の録音としては最も音質が良いですね。
私が「フィデリオ」を買い漁っていた時期に購入しなくてホント良かったですよ。
再発されるにあたってリマスターもされ直したみたいですが、とにかく素晴らしい音質です。
優秀な録音エンジニアを海外から引っ張ってきたのかと思いきや、なんと半田健一氏という日本人の方が担当されたそうで、もともとのアナログマスターも素晴らしい録音で残されていたんですよね。
Bigshooterさんが探してリンクを貼ってくれなかったらまたしても購入をスルーしていたかもしれません。
再度、お礼を申し上げます、ありがとうございました(^^♪

<カラヤン+ベルリンの凄さに圧倒されました。

あの音はどの指揮者、どのオーケストラでも不可能だと思います。
音楽に深みが無い、クラシック音楽をポピュラーミュージックのようにしてしまったなど、酷評されることも非常に多かったですが、現在では昔ほど言われることはなくなりましたね。
全盛期のカラヤン、ベルリンフィルの演奏を聴いてしまうと、他の指揮者、オーケストラの演奏が非常に田舎臭い演奏に聴こえて鑑賞出来ないという、カラヤン中毒を経験しておりますので(^^)

ちちさすさんへの質問ですが、私からちょっとだけ、
テンシュテットは、癌を患ってから余命宣告される前と後では演奏の凄さが全然違います。
スタジオ録音による演奏は平凡なものが多く、購入予定のマーラー全集が、1987年に発売されたロンドン・フィルとのものであれば、これはちょっとお勧め出来ません。
出来れば、好きな番号の交響曲を単品で探した方が、良いですね。
以前画像添付したNDRとの「復活」など、凄いを通り越して凄まじい演奏が数多くありますので。
例えば、「巨人」ですが、全集に入っている、77年録音のものと、現在でも比較的入手しやすい90年のシカゴ響との演奏では演奏の凄みが全然違いますので、
(これは正規発売されたものですね、私も所有しておりますが、凄い演奏です)
余計なお節介を書いてしまいましたが、テンシュテットは平凡なスタジオ録音も多いですし、凄まじいライブ演奏も多いので。
同じ指揮者の演奏とは思えないほど、晩年のライブ演奏は凄まじいので、私としてはそちらを聴いて感動して欲しいという思いもあります、<(_ _)>

シカゴ響とのマーラーの「巨人」
https://www.amazon.co.jp/dp/B0009EVHUO/
ref=cm_sw_em_r_mt_dp_p5GzFbCVF6KSS


HMVでも購入可能ですが、リンクがコピー出来なかったので、

2020/9/19 23:02  [2265-4053]   

Bigshooterさん

絶盤だと思われていた、NDRとのマーラーの「復活」が現在でも入手可能のようです。

法外な価格が付けられておりますが、これと同じ盤が違うショップでも入手可能だと思うので。

購入者の感想を読んで頂ければ、私が書くよりも伝わりやすいと思います。

テンシュテット指揮 マーラー 交響曲第1番「巨人」 交響曲第2番「復活」
https://www.amazon.co.jp/dp/B0012AJO8G/r
ef=cm_sw_em_r_mt_dp_9hHzFb3FRF1SB

2020/9/19 23:18  [2265-4054]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

再びこんばんわ^^
貴重なアドバイスありがとうございます。
CDと本を置いている棚を整理(クラッシックのボックスと「史記」が並んでいるのが違和感満点)してBoxセットを置いているスペースに少し空きがでたのと、テンシュテットのBOXセットが廃盤になったらしく今であればまだ安く買えるのでどうしようかと考えているところでした。

カラヤンのBoxセットの中の1つも私が最後の新品在庫の1セットを2,500で買った後プレミアがついたらしくAmazonだと1万円以上になってました 汗 ↓
https://www.amazon.co.jp/Various-Orchest
ral-Herbert-Von-Karajan/dp/B00JX4IDEO/re
f=pd_ybh_a_31?_encoding=UTF8&psc=1&a
mp;refRID=0PBVKNC2DS5EHCEASFJ2


オススメいただいたCDは単品なので既に収納スペースがパンク状態で収納するところがないので残念ながら難しいですね〜
私の不在時にカミさんの立ち入り検査があり厳しいご指摘&業務改善命令を頂戴したので、昨日、慌てて複数枚持っている同一音源のJAZZのCDを200枚ほど整理、売却して平置きになっていたクラッシックのCDをなんとか収納スペースに押し込んだところです 涙
それと基本的によほどのことでもないと保証のない中古はあまり買わないんです。
その分、品質の悪いBoxセットでも新品で買ってキズの1つでもあろうものなら納得いくまで交換対応してもらいます。

実はマーラーはクレンペラー、ワルター、バーンスタイン×2、シノーポリーのボックスセットを持っているんですが2回くらいずつしか聴いてないんですよ 笑
それぞれ名盤といわれるだけあって悪くはないんですが正直何かピンとこないので私には合わないのかもしれません 笑 それでテンシュテットはどうだろうと考えたわけです。
そんなわけでテンシュテットのボックスを無理に買う必要もないわけですが・・・

tam-tamさんのオススメCDもレビューを読んでみると音割れぎみと書かれていますが、ちちさすさんも前スレで書かれてますが無理にADDで処理しないでAADで出せば音割れ、歪感がだいぶ誤魔化せるんですけどね〜
こういうところは粗悪音源の多いJAZZは誤魔化すのが上手いですね 笑








2020/9/20 01:33  [2265-4055]   

Bigshooterさん

こちらも再びこんばんは(^^)

<カラヤンのBoxセットの中の1つも私が最後の新品在庫の1セットを2,500で買った後プレミアがついたらしくAmazonだと1万円以上になってました 汗 ↓

良いものを良いタイミングで購入されましたね。

クラシックのCDはこういうのが多いので、楽しい反面、購入の判断が非常に難しいんですよね〜。

ベームの「フィデリオ」も廃盤になってしまうようなものでは無いと思っていましたしね、w
(私の知らない間に廃盤になっていたようですね。)

ベームのような大御所の指揮者でもこういう事が起こるわけですから、ちょっとランクが下がる指揮者のCDの購入の判断は非常に難しいんですよね。
(テンシュテットは素晴らしい演奏が多いですが、格付けするならば、どうしてもランクが一つ下の指揮者です。これは実力ではなく、ブランド価値みたいなものでの格付けですけども、)
(カラヤンのように入門者から上級者まで、人気のある指揮者ではありません。どちらかと言うとマニア向けの指揮者ですね、個人的感想ですが)

<実はマーラーはクレンペラー、ワルター、バーンスタイン×2、シノーポリーのボックスセットを持っているんですが2回くらいずつしか聴いてないんですよ 笑

それはもったいないですね。
マーラー指揮者としてテンシュテットは定評がありますが、どちらかというと激烈な演奏で支持されている指揮者ですから、マーラーの弟子あるクレンペラー、ワルターの演奏をもう少し聴いてからでも遅くは無いと思いますね。
バーンスタインの2種の全集はどちらも素晴らしいですからね。

<そんなわけでテンシュテットのボックスを無理に買う必要もないわけですが・・・

テンシュテットは全集を購入しても、どうかな?という感じですねえ。
「巨人」はNDRとの演奏や、シカゴ響との演奏の方が良いですからね。
「復活」に関しても、NDRを振ったテンシュテット盤を除けば、バーンスタイン盤が素晴らしいですからね。

それらの演奏が入って無い、ロンドン・フィルとの全集を購入して果たして、どうかな?と思った次第で。

余計なお節介をしてしまい申し訳ないですが、無駄な散財をして欲しく無いという気持ちもあったので。

<tam-tamさんのオススメCDもレビューを読んでみると音割れぎみと書かれていますが、ちちさすさんも前スレで書かれてますが無理にADDで処理しないでAADで出せば音割れ、歪感がだいぶ誤魔化せるんですけどね〜

こちらのCDは海賊盤の音源を違う海賊レーベルが発売しているものなので、(^_^;)
やはり、マニア向けのCDではありますよね、

バーンスタインの2回目の全集を聴いても、さらに激烈な演奏は無いものか?と探しているような人が最後に辿りつくところでもあるので、w

やはり、素晴らしいオーディオシステムを持っていて、音質込みで良い演奏を探しているならばBigshooterさんは素晴らしいBOXセットを既に所有されているわけですから、テンシュテットのマーラーまで足を突っ込む必要もないかなと思いますね。

シカゴ響との「巨人」はHMVでは在庫無しとなっていましたね。
ちょっと、見落としていました、申し訳ありません<(_ _)>
(このシカゴ響との「巨人」は音質を含めて最高の演奏です、こちらも廃盤になっているとは知りませんでした。<(_ _)>)


2020/9/20 02:12  [2265-4056]   



まだまだ気が早い、と思われるかもしれませんが、私が書き込み不能になる事を考慮して早めに建てておきますね。

8月は遠方に出かけて一日二日留守にしてしまう事もあるので。
そうなるとvol.3の掲示板が埋まってしまった場合皆さんが書き込み出来なくなってしまうので。

まあ一応保険みたなものですね、w

「みんなの掲示板 vol.3」が100件に達しましたらこちらをご利用して下さい。

今後ともよろしくお願いします(^^♪

2020/8/4 06:57  [2265-3841]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

たくさんの書き込みありがとうございます。

<tam-tamさん向けに書いておきますが、タイムキープは、クラシック音楽で使われる指示としては「イン・テンポ」がそれに当たると思います。

やり取りの中でタイムキープという言葉が出てきたのですが「イン・テンポ」では無いようでした。
「イン・テンポ」という音楽用語は私も知っておりましたし、何より「イン・テンポ」は技術では無く、表現方法の一つ、演奏方法の一つですから。

<なので、クラシック演奏家は、タイムキープはあくまでテクニックのひとつとして習得するんですが、ジャズとかロックですとおそらく基本テクニックとして考えられているのではないでしょうか?

Bigshooterさんは、話がややこしくなるので、という事でレスを削除しておられますので、この話は私の方からはここまでにしたいと思います、ご理解くださいね(^^)

このレスも場合によっては削除すると思うので一旦送信します。

2020/8/7 09:32  [2265-3884]   

ロッシーニ序曲集。

パタネ指揮バンベルク交響楽団(RCA)
https://amzn.to/3a4yDP0
お高いですねぇ(^^;)

ジェルメッティ指揮シュトゥットガルト放送交響楽団(EMI)
https://amzn.to/3ks12DB
泥棒かささぎはありませんが、ジェルメッティの指揮なので良いような?

私は上記2枚どちらも聴いたことがありません。

2020/8/7 09:53  [2265-3885]   

ちちさすさん

レスしていきますね。

<トリビア的余談になりますが、「春の祭典」は作曲当初かなり複雑な拍を組み合わせたスコアになっていました。
<自分で作った曲なのにまともに振れなかったのですよ。

面白い話ですよね、自分で作曲した曲がちゃんと指揮できないなんて、

私の方からも同じような笑い話を。

同じ「春の祭典」の変拍子の連続になる箇所があります。
(手直しした最終稿でも難しい部分はあるのです)
大指揮者であるマタチッチが晩年、N響を振りによく来日してました。
もともとが不器用な人ですから、「春の祭典」なんてまともに振れるわけがないんですよ、w
リハーサルの段階で変拍子が連続で変化するところがあり、マタチッチは何回やっても上手く出来ない。
楽団員から愛されていたマタチッチはこう言われました。
「先生、この部分は私たちでどうにかしますから、先生は泳ぐ真似をしていて下さい。」
さて、本番でマタチッチは本当にクロールで泳いでいるかのような動きをしていたのです、w
これは後々になって知った話ですが、偶然にも私はその放送をビデオ録画してあり、見て大笑いした覚えがあります(^^♪

<これは私も持っておりますECM盤ですね(^^)
<フェスティナ・レンテは短い曲ですが、ペルトは2,3分くらいの曲も美しくて上手いですよねぇ〜。

ペルトのアルバムは一枚しか持っておりません(^_^;)
同じ様な美しい曲があったら教えてくださると嬉しいです(^^♪

<ロッシーニの序曲集、斜め上からご紹介(笑)。

おお!
これは一本取られました、w
マリナーが居ましたね、
と言っても私は聴いた事がございませんが、w
セルも大編成のオーケストラを室内楽的に演奏してしまう凄腕の指揮者ですから、こちらも良さそうな感じですね。
個人的にも大変興味あるCDです、私としてはセルの演奏が聴いてみたいですね(^^♪
マリナーもセルも決してマイナーな指揮者じゃないのに私は二人とも未聴でした。
これだからクラシックは面白いですよね〜(^^)

<十二音技法は簡単に言えば、1オクターブ内の12個の音を全部均等に使って作曲することなので、感覚的に先読みできちゃうんですよ。
むしろ、普通のクラシックよりも覚えやすいかも。

なんと普通のクラシックよりも覚えやすいとな(*^▽^*)
こりゃ凄いですねえ。参りました<(_ _)>、笑。

<慣れるためには、バッハの平均律クラヴィーア曲集をガンガン聴きまくることでしょうか(笑)。

勉強法まで教えて頂きありがとうございます(^^)
バッハの平均律クラヴィーア曲集はあまり聴かないですが、所有してますので、頑張ってみますね。

<ちなみに覚えるのが難しいのはドビュッシーとか、フランス5人組のメンバーの曲ですね。

ドビュッシーは一番苦手な作曲家で聴かないんですよ、
なるほど、ちちさすさんが一番難しいと思う音楽がドビュッシーでしたか、
通りで全然頭の中に入ってこないはずですよ、w
長年の謎が解けてスッキリしました、そうだったのかあ、w

<音符数が宇宙的に多いマーラーは、専門家でさえもちゃんと覚えられないんですって。
<だからマーラーを暗譜で指揮する指揮者はすごいですね。

そうなのですか、これは初耳の話でした(^^)
カラヤンなどは長大なレパートリーを持っていましたからね、やはり凄い指揮者です。

<そんなの無理なので、セリー音楽を覚えるには丸暗記しかないですよね。
<もちろん私の頭脳では絶対無理です。

セリー音楽って確か、私がちちさすさんに探してもらった指揮者、レイボヴィッツが提唱した音楽ですよね?
現代音楽の指揮者として知っていましたが、彼はそんなに難しい音楽を指揮していたんですね。
ちちさすさんでも無理って、そんなに難しい音楽もあるのですね。
いやはや、色々と勉強になりました(^^♪
う〜ん、実に楽しいですね〜、ありがとうございます(^^)

2020/8/7 10:22  [2265-3886]   

ちちさすさん


<パタネ指揮バンベルク交響楽団(RCA)
<お高いですねぇ(^^;)

どうやって探し出すのですか?
私は普通に「ロッシーニ序曲集 パターネ」と入力するだけなんですが、ヒットしませんでした。

ジュゼッペ・パターネは叩き上げのオペラ指揮者です。
ほとんどCDなど出さない指揮者ですが、とても素晴らしい指揮者ですよ(^^♪
こんな風になってしまうのですから、正規価格で購入出来る時に買っておかないとダメですね。
私は非常に安い価格で購入しておりますが、わからないものですね。

<泥棒かささぎはありませんが、ジェルメッティの指揮なので良いような?

お探し頂いて恐縮なのですが、この盤は良くありません(^_^;)
このCDだったらアバドの方が良いくらいなので、
「泥棒かささぎ」全曲盤、ジェルメッティ指揮の盤が素晴らしいのは、優れた歌手陣が集結した記念碑的なライブ演奏だからです。
ロッシーニルネッサンス全盛の時の演奏なので、なし得た出来事で、素晴らしい歌手陣が一堂に集結する事が現在では非常に難しいということはちちさすさんもご存知の通りです。
発端となったのはアバドの「ランスへの旅」だった様に記憶しています。
ロッシーニルネッサンスの発端は別のところにあったかも知れないですが、アバド指揮の「ランスへの旅」は非常に大きな話題になりましたので、このCDがきっかけになったのは確かだと思います。

私も記憶が曖昧なので、興味があったら調べてみて下さい。
間違ったことを書いてる可能性もありますからね、私の事ですから、w

2020/8/7 10:48  [2265-3887]   

tam-tamさん。

またコマ切れの上に、以前の話題になるのですが、うちにあるプレスリーのCDはこれです。
写り込みを避けるために角度をつけて撮ってます。

2020/8/7 12:52  [2265-3889]   

こういうお店でした

Bigshooterさん。
ジャズのCDについてお返事しておりませんでしたが、メインストリームの20枚、女声ヴォーカル6枚、演奏録音文句なし15選、リストアップありがとうございます。

手始めはやはりヴォーカルからと思っております。ジャズヴォーカルというとやっぱり女声ということになるんでしょうかねぇ?
ご紹介いただいたものから直感で選んでみまして、そのアルバムの音質優位な盤を改めてご教示いただこうと思います。夫からも、購入のOKをもらっております(我が家はCDの購入は必ず夫婦間でOKを出し合っています。CDに限らず何でもですが)。

ところでエラの名を採ったジャズ喫茶ですが、そういえばうちの子がそのお店の置看板の写真を撮っていたのを思いだしました。
見てみましたら、お店の名前は「ジャズカフェ エラ」、文字通りのジャズ喫茶で、夜はバーにでもなるんでしょうか。一度入ってみたいと思いながら、当時は寝たきり生活で、移動もかなり大型のリクライニング車椅子使用だったこともあり、お店も迷惑かなぁと思ったりで、行きそびれたまま山形を離れてしまいました。

このお店、JBLのスピーカーだそうですが、よくよく考えると私のオーディオだとジャズの再生では、ちと音調が合わないかもしれません(^^;)

2020/8/7 13:32  [2265-3890]   

ちちさすさん

こんばんは(^^)

ちょっと出かけておりました、

わざわざ画像を添付してくださりありがとうございます。

確かにベスト盤ですね。

「アメリカの祈り」が収録されていない理由もわかりスッキリしました(^^)
(’50年代と’60年代の代表曲のベスト盤で、’70年代の曲が収録されてないアルバムですね)

今日はたくさんの書き込み、ありがとうございました(^^♪

2020/8/7 22:53  [2265-3891]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんにちわ^^

昨日は自分の検査、恒例のPCの夏の分解大掃除で返信が遅くなりすみません。
いよいよ抗体が測定限界値を切ってしまったので次回から治療費はすべて自腹になります 汗
PCのほうも1年もたつと内部が大変なことになってますね、北海道は湿度が低いので1年に1回ホコリを取ってCPUにグリスをかけておくとPCの寿命が本州にいた時の倍近くなるのはありがたいところです。

◆それでタイムキープの件は・・・
⇒ちちさすさんの「タイムキープは拍の正確さ・・・・・まともに振れなかったのですよ。」のコメントで30年間の疑問が解決しました。

◆ベルリンフィルのコンサートマスターが1983年から現在まで日本人ですが、そういうのも気になりますか?
⇒これはtam-tamさんも↑でコメントされている
「アバドはイタリアの指揮者ですからね」「ロッシーニの序曲集、個人的にはトスカニーニを推したいところですが」に行きつくわけです。
個人的には「音楽は民族ごとに快感と感じるキーや音調、筋肉の特性に最適なリズムから派生したもの」と考えているのでBPOの指揮者が日本人の間はどんなに評判が良くてもまず聴くことはないと思います。
楽譜の演奏ではなくてリズム感やタイムキープの感覚が人種や肌の色によって全く違うんですね・・・
これは自分でフュージョンの演奏と和太鼓で実体験で感じたことなので、choco111さんやjade7さんのように自分で楽器をやっていて黒人のリズム隊とジャムったことがあれば実体験として経験されていると思います。

リズムは感覚的な要素が強く話がややこしくなるのでこの辺りで・・・

十二音技法というとコルトレーン最末期の「Expression」「Kulu Se Mama」「Transition」のフリージャズはクロマチック+変拍子の嵐でハマルと快感ですよ!
大学で軽音やっている時にチャレンジしましたが、ギブアップでした 涙







2020/8/8 14:49  [2265-3893]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん

こんにちわ(^^)
「タイムキープは拍の正確さも意味合いに・・・、自分で作った曲なのにまともに振れなかったのですよ。」のくだりでクラッシックのタイムキープが理解できました。
適切な回答ありがとうございます。
アゴーギグについてはやや実際の演奏を聴いていると違和感を感じるところがありますが・・・
これだけリズムやタイムをスパっと回答できるということはもしかしてちちさすさんは元雑司ヶ谷の住人??? 汗

ジャズヴォーカルというとやっぱり女声ということになるんでしょうかねぇ?
⇒Jazzの男性ヴォーカルというとフランク・シナトラが偉大すぎて他の男性Jazzヴォーカルの名盤と言われるものは数えるほどしかありません。
パっと思いつくのは名盤のところでご紹介させていただいたチェット・ベイカーのGChet Baker(Trp) ★Chet Baker Sings(邦題:マイ・ファニー・ヴァレンタインと言ったほうがわかりやすいかな・・・)とJohnny Hartmanの「John Coltrane & Johnny Hartman」それとナット・キングコール、ルイアーム・ストロング「この素晴らしき世界」くらいですね・・・

エラもサラ・ヴォーンもスキャットとビッグ・バンドをバックにしたグルーヴ・メイクが特徴なんですが、男性Jazzヴォーカルは勿論スキャットはできませんし、グルーヴ・メイクという点では天地の開きがあります。
※個人的には私はスキャットは好きではないのでビリー・ホリデーになってしまうんですが・・・ 笑

我が家はCDの購入は必ず夫婦間でOKを出し合っています。CDに限らず何でもですが
⇒我が家ではOKが出るということは絶対ないので、カミさんに別宅の無予告査察をされたときの対策として添付画像のような棚ナシ2段重ねなどの涙ぐましい対策でフェイントをかけておりますが、入院中にはさすがにヘッドフォン他をクローゼットに隠すこともできず退院早々ガッチリ絞られました。
先日の無予告査察の時も「あんたクラッシックなんか聴くんだっけ?」と意味深な微笑みを浮かべていたのでそろそろヤバそうな空気ではあります。
いずれにせよOKが出るのは羨ましいですね〜

ところでエラの名を採ったジャズ喫茶ですが・・・
⇒エラはモンローが大ファンだった関係で政権に気に入られていたこともあり10年近くかけて「アメリカン・ソングブック・シリーズ」という大偉業を成し遂げているくらいなのでバンドメンバー、録音などで他のJAZZシンガーとは金のかけ方がケタ2つくらい違うので最初に聴くのであればおすすめしたBoxセット2つあたりが良いかもしれません。
エラのCDであればクラッシックの録音と比較して3-5年くらいの録音クオリティーの遅れ程度ですので耐えられ音質かと思います。
因みにAmazonのdodaxはCDをよく仕入れるんですが、早ければ1週間程度で届くのと問題があった時の対応も速いので輸入盤であればAmazonの本サイトの半額程度で購できるのでいいかもしれません。

そういえばうちの子がそのお店の置看板の写真を撮っていた
⇒この看板の捉え方はセンスいいですね・・・ 普通だと真正面からいってるところです。
ナショナル・ジオグラフィックのデイリー・ダズンは毎日見ておくとセンスや撮影などの面でいづれ役に立つと思います。
https://www.nationalgeographic.com/yours
hot/#


よくよく考えると私のオーディオだとジャズの再生では、ちと音調が合わないかもしれません(^^;)
⇒ひと昔前のDENONのプレイヤーはJAZZに最も向いているのでヘッドフォンでフィットさせればノープロブレムですよ!

まずはお時間のある時にでも気になるCDをピックアップしてみて下さい。

でわ^^














2020/8/8 16:09  [2265-3894]   

 Bigshooterさん  

棚ナシ2段重ね 笑

2020/8/8 16:10  [2265-3895]   

>Bigshooterさん

こんにちは(^^)

<のコメントで30年間の疑問が解決しました。

とりあえず問題が解決して良かったですね(^^♪

<BPOの指揮者が日本人の間はどんなに評判が良くてもまず聴くことはないと思います。

ベルリンフィルの首席指揮者が日本人になった事はありません。

フルトヴェングラー→カラヤン→アバド→ラトル→ときて昨年からはペトレンコになっていますね。

ですので大丈夫ですよ(^^♪

2020/8/8 16:53  [2265-3896]   

>Bigshooterさん

<棚ナシ2段重ね 笑

添付画像を拝見しましたが、非常に綺麗ですね。

こういったところにも性格が現れるのだと思います。

私もCD盤面に傷をつけてしまった事は一度もありませんが、整理整頓はメチャクチャで、この添付画像の様になってはいません。

さぞかしCDもこんな風に大切に扱われると幸せだと感じている事でしょうね(^^♪

2020/8/8 21:43  [2265-3898]   

ちちさすさん

こんばんは(^^)

<この中に入っている「G SONG」という曲に痺れちゃいました。

Kronos Quartetが演奏しているアルバムですよね?
非常に気になっていたので聴いてみました。(YouTube音源ですが)
これも良い曲ですね(^^♪
現代音楽=難解な曲、と思っている人に聴いて欲しい曲ですね。
(そういうアホな固定概念を持っていたのが私ですが、w)

<このアルバムは「Sunrise Of The Planetary Dream Collector
」という曲も良くて、

こちらの曲も聴いてみました。
民族音楽調の雰囲気を持つ曲ですね。
こういった曲なら私でも抵抗なく楽しめます(^^)

<どっちも泥棒かささぎ序曲が入ってます。
私なら@かな。

両方とも図書館に在庫があったので聴いてみました。

ジョージ・セルの演奏はこれまで聴いた「泥棒かささぎ」序曲の中で、最もインパクトのある演奏でしたね。
(トスカニーニ盤は論外です、w)
録音が古く、音の良さはパターネ盤と同程度。
演奏が少々個性的なところがあるので、1枚だけロッシーニの序曲集が欲しいという方にはお勧め出来ないかも。
(音質も含めてのことですね)
私個人としては、この演奏は好きですねえ(^^)
(「泥棒かささぎ」序曲の演奏としてトップを争う出来です。)

対し、マリナーのCDは音も良く非常に丁寧な演奏で万人にお勧め出来る内容のものでした。
アバドのヨーロッパ室内管弦楽団の演奏と比べるとおよそ1分の開きがありますが、格別遅いとは感じません。
マリナーの演奏を聴いた後でアバドの盤を聴くと、良くも悪くもアバドの個性が感じられますね。
個人的好みもあるし難しいですねえ(^_^;)


画像添付してくれたエルヴィスのベストアルバム、これは大変珍しいCDですね。
500枚ほどのエルヴィスのCDを持っている私でもこのCDは見た事がないものです。
70年代の曲が収録されていない事と、CD一枚の収録時間を考えると、’60年代後期に発売されたLPをそのままCD化した非常に珍しいものだと思います。
(トラック11の曲名が「ドントまずいぜ」になっているのが決め手ですね、)
発売された全てのアルバムが載っている資料にもこのアルバムと同一の曲が収録されているものが無いので、日本独自企画のLPなのだと思います。

この中の曲で私が一番好きな曲が「青い涙」です。(2枚目の15曲目)
短い曲ですから、良かったら聴いてみて下さい(^^♪

2020/8/9 00:00  [2265-3899]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

今日は土日のオペラ・デイだったので↓を聴きましたが
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07C
NV37R9/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o08_s0
0?ie=UTF8&psc=1

ドイツから取り寄せて新品で1500円ちょいとでしたが十分もとはとれたかなっていう感じですね 笑
私の持っているバーンスタインの演奏の中ではスッキリしていて聴きやすく音質も素晴らしかったですよ
楽曲、オペラとも「これベートーヴェンなの?」ってくらいコマーシャルでわかりやすく感じました。
PhilipsのPidelio X2で聴くPidelioなかなかのもんですな・・・

んじゃ また^^




2020/8/9 02:31  [2265-3901]   

>Bigshooterさん

おはようございます(^^)

<ドイツから取り寄せて新品で1500円ちょいとでしたが十分もとはとれたかなっていう感じですね 笑

なんと、1500円ですか、
私は確かCD化初盤を購入したので6000円しましたね、w
まあ30年近く前の話ですから仕方がないんですが。
1500円で楽しめたのなら、笑いがとまらない事でしょう。

ベートーヴェンが好きな方でもこのオペラにハマる人はあまり居ない感じです。
録音も良く今でも評価の高い盤ですから、この盤一枚で十分というところでしょう。

私が一人で絶賛しているクレンペラー盤はダイナミックレンジが狭く、解像度も低く、音が悪いのです。
LP盤の音を聴いていないのでなんとも言えないところではありますが、オープンリールテープに記録されたアナログ音声は悪くないんじゃないかと思ってます。
いい加減なデジタルマスタリングしたものだと思っています。
実際他のCDよりも音量も小さいですし。
評価の高い盤は、マスタリングをしなおされてより良い音で再発されますが、注目度の低い盤はそのままですね。

クレンペラー盤以外にもバーンスタイン盤、カラヤン盤2種、ショルティ盤、フルトヴェングラー盤、トスカニーニ盤、ワルター盤など主要指揮者のものはほとんど購入してしまいました。
クレンペラー盤と同じクリスタ・ルートヴィッヒを起用した、ベームの来日公演盤はその時にはわざと購入しませんでした、ライブで燃えるベームはさぞかし素晴らしいのではないか、と後々の楽しみにとっておいたのです。
ベームの日生劇場での公演盤を探してくださりありがとうございました(^^♪
早速カートに入れました。
このベーム盤だけは私としてはどうしても聴かなければいけない音源ですので。

良い1日を♪

2020/8/9 06:20  [2265-3902]   

tam-tamさん。

ロッシーニに関してですが、手元の資料に「生誕200年ロッシーニへのいざない」というレコード芸術誌の特集記事をスクラップしたものがありました。付箋に1992年3月号と記してあったので、私がレコード芸術誌をおばあちゃんに毎月買ってもらうようになってわりかしすぐの頃です。
この頃のレコード芸術誌の特集記事はどれも充実度がめちゃくちゃ高いですね。このロッシーニ記事も永久保存版の内容です。お見せして読んでいただきたいほどの優れた特集記事です。

ロッシーニ・ルネッサンスが始まったのは、私が小学生のころのようで全然わかりませんので調べてみました。
泥棒かささぎのお話で名前が出ましたゼッダ。
ゼッダは指揮もしますが本業は音楽学者で、ロッシーニの楽譜の校訂を担当、校訂を反映させた上演指揮はアバドの担当、と2人がタッグを組んでルネッサンスを牽引したようですね。
ゼッダは喋りも上手でテレビやラジオにも多く出演し、レギュラーも持っていたそうで、マルチタレントのような活躍をしていたようです。
ゼッダの校訂が終わった順番にアバドはロッシーニ作品の蘇演を行いましたがイマイチ盛り上がらず、しかし3番目に上演した「ランスへの旅」(1984年上演)から評判となったようです。
アバド上演の作品はドイツ・グラモフォン録音で発売され、やはり「ランスへの旅」(1986年発売)が高評価で、これがきっかけで世界的にロッシーニ・ルネッサンスが注目されるようになった、とのことなのでtam-tamさんの記憶と合ってます。

2020/8/9 07:10  [2265-3903]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

<この頃のレコード芸術誌の特集記事はどれも充実度がめちゃくちゃ高いですね。

レコード芸術と音楽の友の2冊は頻繁に読んでいましたね。
どちらも歴史が古い雑誌で、クラシック音楽愛好家のマスターピースの様な月刊紙でした(^^)
今ではCD収集をやめてしまっているので現在の月刊紙は読んでないのでわかりませんが、内容はとにかく充実していましたね。
クライバーのベト4が旋風を巻き起こしていたのもその頃ですね。

<このロッシーニ記事も永久保存版の内容です。
<お見せして読んでいただきたいほどの優れた特集記事です。

ロッシーニの特集記事は読んでいると思いますが、同じものかどうかわかりません。
私がBigshooterさんにお勧めした「泥棒かささぎ」全曲のジェルメッティ盤は1989年の録音なので、ちちさすさんの持っている1992年3月の本より古いものですからね。

このCDは年間レコード大賞に輝いたCDで、私としては珍しくそういったCDを発売直後に購入しています。
これにも理由がありまして、「泥棒かささぎ」序曲が私がクラシック音楽を聴く様になった要因の楽曲である事と、全曲盤が異常に少なかった、というのもあります。

<ロッシーニ・ルネッサンスが始まったのは、私が小学生のころのようで全然わかりませんので調べてみました。

ロッシーニルネッサンスという言葉自体は後付けのはずです。

<ゼッダは指揮もしますが本業は音楽学者で、ロッシーニの楽譜の校訂を担当、
<校訂を反映させた上演指揮はアバドの担当、と2人がタッグを組んでルネッサンスを牽引したようですね。

そうそう、ゼッダの校訂の動きが発端だったと思います。
アバド指揮の「ランスへの旅」はロッシーニを取り上げてから3番目のものでしたか、これは忘れていましたね。(あるいは元から知らなかったか、w)
ロッシーニのオペラでは150年ほども上演されてなかったほとんど無名に近い「ランスへの旅」が一躍脚光を浴びたのは鮮烈に覚えていますね。
それをきっかけにロッシーニの様々なオペラのCDが発売されました。
その時代においてロッシーニ歌手と呼ばれるような最高の歌手が集結し、上演されたのです。
中でも「泥棒かささぎ」は歌手陣の充実、演奏の素晴らしさで群を抜いており、また曲自体の出来も良く、そういった観点から年間レコード大賞を受賞したのだと思います。

「泥棒かささぎ」の他にも、「アルジェのイタリア女」、「チェネレントラ」、「セビリアの理髪師」などのCDも購入しましたが、曲自体にロッシーニの本気度が伝わらず収集をやめてしまいました。

ロッシーニ最後のオペラ「ウィリアム・テル」だけは何故か未聴で、非常に長大な作品である事から、もしかしたら、ロッシーニ最高のオペラかもしれません。
(カットされている録音がほとんどで、完全全曲盤が入手困難だったのかもしれません、あるいは完全全曲盤があったにせよ3流指揮者に3流オーケストラの盤しか無かったからだと思います。)

「ウィリアム・テル」全曲盤も決定盤のようなCDが発売されているのであればいずれ聴いてみたいですね(^^♪

色々と調べて頂きありがとうございます(^^)

2020/8/9 08:29  [2265-3904]   

Bigshooterさん。

お勧めいただいた女声ヴォーカルのアルバム、
ABillie Holiday (Vo) ★Lady in Satin
DSarah Vaughan (Vo)★Sassy Swings Tenderly
のどちらかか、あるいは両方を買ってみることにしました。

先日は直感で選ぶと申しましたが、
@Billie Holiday (Vo) ★Solitude
はちと入手が難しいようで、良い盤を探すのに時間をかける必要がありそうなこと。
エラのアルバムはあまりにもたくさんありすぎて、彼女のディスコグラフィーを整理してから考えてみたいこと。
という理由でのAとDです。

それと、クラシックでもそうなのですが、私はボックスよりもオリジナルアルバム派で、ボックスを購入する時というのは、ボックスの内容すべてがバラでも購入対象になっているか、廃盤などのためにボックスでないと聴けない曲が含まれているか、のどちらかなんですよ。
なので私はクラシックでボックスで購入したものはそんなに多くないのです。
でもご紹介いただいた
BElla Fitzgerald (Vo)★Classic Album Selection
CElla Fitzgerald (Vo)★5 Original Albums Vol.2
は、それぞれVERVEレーベルのオリジナルアルバムを5枚ずつ組にしたボックスなので、オリジナルアルバムを検討した結果これらのボックスを選ぶことになりそうな気がしますが(^^;)
とりあえず、今回の選択では保留としました。


DSarah Vaughan (Vo)★Sassy Swings Tenderly
はタワーレコードの企画盤なので
https://tower.jp/item/3024037
必然的にこれになりますね?

ABillie Holiday (Vo) ★Lady in Satin
ですが、
https://tower.jp/item/3936294
がありますが、Bigshooterさんとしてはどうでしょうか?
私は「+4」とかのボーナストラックはなくても構いませんので、他の盤で良いものがありましたらご教示くださいませ。
それと、このアルバムはハイレゾでも配信されておりまして、
https://mora.jp/package/43000001/4547366
206074/

で購入することができるのですが、これについては何かご判断がおありでしょうか?
クラシックでは使用マスター次第なのですが、ジャズはオリジナルの音質を知りませんのでハイレゾの個人的評価基準も作れないでおります。

2020/8/9 08:40  [2265-3905]   

Bigshooterさん。

>「タイムキープは拍の正確さ・・・・・まともに振れなかったのですよ。」のコメントで30年間の疑問が解決しました。

私の書き込みがお役に立ったのでしたら嬉しいことですが、そもそもどのような疑問を30年間もお持ちだったのか、私には分かりませんで(^^ゞ
削除された書き込みにあったのかもしれませんが。


>ベルリン・フィルのコンサート・マスター

ベルリン・フィルのコンサート・マスターは、1983年から安永徹さんが第1コンサート・マスターを務めておられました。安永さんは2009年に退団しておりますが、入れ替わりで樫本大進さんが第1コンサート・マスターに就任して現在に至っています。
大きい楽団ですとコンサート・マスターは第1の1人だけということはありませんで、複数のコンサート・マスターがローテーションを組んで、公演も録音も、出番と非番が振り分けられます。
なのでベルリン・フィルの公演も録音も、すべて安永さんや樫本さんがコンサート・マスターを務めていたわけではありません。でも、どの公演や録音が安永さんや樫本さんなのかは、通常はわからないと思います。
コンサート・マスターと指揮者は違うものですが、今回はコンサート・マスターについて書いてみました。

2020/8/9 09:59  [2265-3906]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

おはようございます(^^)

ABillie Holiday (Vo) ★Lady in Satin
DSarah Vaughan (Vo)★Sassy Swings Tenderly
のどちらかか、あるいは両方を買ってみることにしました。
⇒オススメさせていただいたCDを昨日検証していたのですが、改めて聴いてみたところDは録音年代のわりに音質がいまひとつなのでAだけでもいいかと思います。

それと、クラシックでもそうなのですが、私はボックスよりもオリジナルアルバム派で、ボックスを購入する時というのは、ボックスの内容すべてがバラでも購入対象になっているか、廃盤などのためにボックスでないと聴けない曲が含まれているか、のどちらかなんですよ。
⇒JAZZのアルバムだと最近はオリジナルで揃えるのが難しくあったとしてもプレミアがついていたりしてとてもオススメできないような金額になってますね 汗

「クラシックでもそうなのですが、私はボックスよりもオリジナルアルバム派で、ボックスを購入する時というのは、ボックスの内容すべてがバラでも購入対象になっているか、廃盤などのためにボックスでないと聴けない曲が含まれているか、のどちらかなんですよ。」
⇒と・・・想定できたので極力オリジナルメーカーのボックスセットを選んでみたのですが・・・

@Billie Holiday (Vo) ★Solitudeの場合だと入手できるのは↓くらいになってしまってるんですね 大汗
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B076
JPGS98/ref=ox_sc_act_title_1?smid=AN1VRQ
ENFRJN5&psc=1


私は「+4」とかのボーナストラックはなくても構いませんので、他の盤で良いものがありましたらご教示くださいませ。
⇒ちょつと調べみましたが「Lady in Satin」は2005年頃リマスターされてから国内盤も輸入盤もマスターを変えていないようなのでどれも音質に差はないと思います。

これについては何かご判断がおありでしょうか?
⇒ひととおり試聴してオリジナルと比較してみました。
すぐにでもコメントさせていただきたいところですが、11時から1時間程度予定がありますので戻り次第コメントさせていただきます。




2020/8/9 10:27  [2265-3907]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

こんにちわ^^

moraのハイレゾ音源と通常版の比較ですが、moraのハイレゾ音源はテープリストアからやっているのかかなり音質が良いので驚きました。
バランス的にはオリジナルはボーカルがより強く出ていてマイクの距離感が有名な↑の写真に近いイメージですが、ハイレゾのほうはストリングはハッキリでていますが、マイクがやや遠い感じがします。
私は古い音源の場合、ハイレゾは聴こえてるかわからない超高音域よりも低歪が売りだと思うのですがその点は文句なしです。
両方とも捨てがたいですが私だったら通常版をとるかな・・・
というわけで今後ビリー・ホリデーが気に入って買い足す可能性があるとすれば通常版、買い足す可能性が低いとしたらハイレゾという選択をされるのが良いと思います。
JAZZの場合、+はなかなか貴重な存在で別テイクの方が出来が良いがSPにする関係でメインになっているケースが多々あります。
因みに通常版、ハイレゾ音源ともちちさすさんがお使いのシステムにより近づけるようにDENONのヘッドフォンアンプ(α32Plus+AKG712Pro)で確認してみました。

2020/8/9 12:25  [2265-3908]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんにちわ^^
なんと、1500円ですか、
⇒日本で買うとどこも4000円くらいですから↓
https://www.amazon.co.jp/Gundula-Janowit
z/dp/B06XH893FD/ref=sr_1_34?__mk_ja_JP=%
E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&
dchild=1&keywords=Beethoven%3A+Fidel
io&qid=1596944175&s=music&sr
=1-34

これじゃ日本ではディスクフォーマットは衰退してしまいまね
最近の若い人たちだったら普通4000円も出してベートーヴェンなんて買わないですよ 笑

クレンペラー指揮のものはオイストラフのボックスセットのBrahms Violin Concertoしか聴いたことはないですが、同じボックスセットに入っているセルのBrahms Violin Concertoよりも
良かったので(クレンペラーという名前だけは聞いたことがありますが)凄い指揮者もいるもんだな〜と驚きました。

北海道も急に蒸し暑くなったり寒くなったりで自律神経がおかしくなりそうです。
熱中症とコロナには気を付けてよい1日をお過ごしください でわ^^

2020/8/9 13:02  [2265-3909]   

Bigshooterさん。
早速のお返事ありがとうございました。

>ハイレゾのほうはストリングはハッキリでていますが、マイクがやや遠い感じがします。

ヴォーカル曲でマイクが遠い感じがするのはちょっとですねぇ(^^;)
スピーカーオーディオでしたら調整でどうにかできるかもしれませんが、ヘッドフォンでは無理です。声が遠かったらヘッドフォンそのものを替えるしかありません。
通常盤の方に決めました。

エラのボックスですが、
Bはすでに廃盤で流通在庫のみと分かりました。ネットショップは全滅でAmazonのdodaxのみですね。海外の業者なのは良いとして、評価に「届きません」というのがあるのが気になりますが、Bigshooterさんが利用されておられるなら、私の運が悪くなければ大丈夫そうですね。

Cは廃盤ではないながらも、どこも在庫僅少。まだショップの扱いはありました。

Dのサラ・ヴォーンは、これよりも音質の良いアルバムがあるということでしょうか?
ある程度のクオリティが確保されているならば、「より良い」を追求しようとまでは考えておりませんが、これはもう少し考えてみてから決めようと思います。


>我が家ではOKが出るということは絶対ないので、カミさんに別宅の無予告査察をされたときの対策として添付画像のような棚ナシ2段重ねなどの涙ぐましい対策でフェイントをかけておりますが、入院中にはさすがにヘッドフォン他をクローゼットに隠すこともできず退院早々ガッチリ絞られました。

申し訳ないですが、笑わせていただきました。ご家庭に「マルサの女」がおられるとは(^^;)
我が夫婦は、買い物は何でも2人で「あれが良い?こっちが良い?」「あれよりもこっちが良いんでないの?」「これはこういう理由で却下でない?」など、意見交換を必ずします。カメラもオーディオも生活家電もCDも子どものためのものも、何でもです。
今回はBigshooterさんがおられるので、夫の意見の出番はなく、OKを出すだけの役割になってますけど。
やっぱり夫婦間で隠し事は無しに限りますよ〜(^^)

2020/8/9 13:39  [2265-3910]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

こんにちわ^^

私の運が悪くなければ大丈夫そうですね。
⇒dodaxはJAZZもクラッシックも昔からかなりの数を仕入れてますが、輸送遅延で1月近くかかったことがありますが、未着は一度もなかったことと、遅延の時に英語でメールを送ったところ、日本人スタッフがいるらしく日本語で回答が来ました。
ディスクにキズなどがあった時も手元にあるディスクはNRで新しい商品をExpressで送ってくれたりとAmazonのショップだとオススメできます。
梱包も緩衝材ではなくてダンボールの箱に入ってくるのでケース割れもほとんどないのですね・・・
エラのボックスセットは2枚ともdodaxで入手できるので持っておいて損はないと思います。
なんで2枚かというと代表作のマストアイテムが憎いことに2枚に分かれてるんですよ 笑

サラ・ヴォーンはLPは音質が良かったんですがCDは(すべてを聴いたわけではないですが)オリジナルマスターの録音が良くないものリマスターが高音を盛っていて個人的には煩く感じます。
ちちさすさんの機材とコメントを拝見する限り、高音域は盛ってなくても十分聴こえる聴覚特性だと思いますのでサラ・ヴォーンは後回しで良いかと思います。
サラ・ヴォーンはエラの二番煎じ的な感じもしますのでビリーホリデーよりもエラの方が好みであれば後々エラの延長線として購入を検討するくらいに考えたほうが良いと思います。
特にエラはバックバンドも各楽器のトップアーティストを使ってますのでバックの演奏を聴くだけでも価値があります。
サラ・ヴォーンだと名盤は後にも先にも「枯葉」だけですから 笑

やっぱり夫婦間で隠し事は無しに限りますよ〜(^^)
⇒我が家の場合、共通言語がロシア語とアラビア語なので会話自体がなりたたないんですよ 爆




2020/8/9 14:31  [2265-3911]   

Bigshooterさん。

CDを2点注文してみました。
ひとつはビリー・ホリデイの「レディ・イン・サテン」。+4の通常盤をオーダーしています。

もうひとつは、Bigshooterさんが「絶対おすすめの隠れ名盤!」と推された
Chaka Khan (Vo) ★Classikhan
を直感で選んでみました。
往年のジャズ名盤から選ぶはずでしたが、直感には逆らわないようにしておりますので(笑)。


>我が家の場合、共通言語がロシア語とアラビア語なので会話自体がなりたたないんですよ 爆

なんですと?!(^▽^;)
深くはお聞きしませんが、ロシアと中東の組み合わせは意外です。
うちも実家は宮城県ですが、両親も祖父母も大阪生まれの大阪育ちですので、実家は大阪弁しか通じません。
ん?関係ありませんね(笑)。

2020/8/11 08:07  [2265-3914]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

おはようございます(^^)

CDを2点注文してみました。・・・
⇒ご購入された2点はJazz vo.では最も私の好みに近いセレクトかもしれません
ウォ〜 プレッシャー! 汗
話は少しそれますがJazzって何?という点について白人Jazz Saxの名手スタン・ゲッツが「ジャズって、つまりはナイトミュージック(夜の音楽)なんだ」という言い得て妙の名言を残していますが、個人的に変な拘りがあって「夜」の薫りを感じない音楽はJazzではないという偏った思考がありますので、必然的にリコメンドもかなの偏りがあります。

もうひとつは、Bigshooterさんが「絶対おすすめの隠れ名盤!」と推された・・・
⇒↑はスタンダード&オリジナルで1曲目は車の宣伝で使われていたのでお聴きになったことがあると思います。
このCDはJAZZ的な視点から言うとかなり録音が追い込まれているのでサウンドチェックに使ってます。

往年のジャズ名盤から選ぶはずでしたが、直感には逆らわないようにしておりますので(笑)。
⇒私はクラッシックのCDを買う時に同じ曲で55-65・75-85・85〜で良さそうなものをそれぞれの年代で2枚くらいずつ買うようにして聴き比べをしたりしていますが、クラッシックもJAZZも「名盤」になった時点で時計が止まってしまってますから時間と金をかければ針の動いている「名盤」に出会えると信じてCDを買い漁ったりするわけですが、このロマンを理解しようとしない女ゲシュタポに無予告強制査察をされ折角収集したCDもゲシュタポのご機嫌を損ねるとアウシュビッツに送られてしまうわけです 涙

直感・・・ちちさすさんの直感は特に凄そうですね^^ 
私は「ジャケ買い」の直感だけは自信アリです。根拠はあるんですが・・・ 笑

共通言語×→ネイティブ・ランゲッジでした・・・
うちも実家は宮城県ですが、・・・
⇒マルチリンガルですね〜 宮城はまだしも大阪弁と山形弁って絶対言葉通じないでしょ?
20年くらい前に出張で山形に行ったときサッパリ相手の言っていることが理解できなくてえらい目にあったことがあります。










2020/8/11 10:54  [2265-3915]   

Bigshootetさん。

ここでお勧めいただいたのも何かの縁。これまでほとんど縁がなかったジャズを、少しずつ味わっていこうと思います。
縁がなかった、というより、自分の脳みそのキャパシティに余裕がなくて、あえて他のジャンルを避けていたというのが実情です。なので少しずつ、パンクしないようにやっていきますよ〜(^^)


>このロマンを理解しようとしない女ゲシュタポに無予告強制査察をされ折角収集したCDもゲシュタポのご機嫌を損ねるとアウシュビッツに送られてしまうわけです 涙

うへぇ〜(^^;)
私は日本映画の「マルサの女」に例えましたが、旦那さまから究極の強権ゲシュタポに例えられてしまうとは。なんだか奥さまがお気の毒に思えてきたのですが(^^;)
アウシュビッツが買い取りに出させられることなのか、ゴミ箱行きのことなのか……縁あってやって来たCDたちが不憫なことになりませぬように…。

それにしてもこの価格ドットコムの男性ユーザーさん、オーディオスレでもカメラスレでも、奥さまの目をごまかしたり、内緒で購入される方が多くて驚きなのです(^^;)


>宮城はまだしも大阪弁と山形弁って絶対言葉通じないでしょ?
>20年くらい前に出張で山形に行ったときサッパリ相手の言っていることが理解できなくてえらい目にあったことがあります。

山形には7年ほどおりましたが、山形で大阪弁や関西のイントネーションで喋ることはなかったです。なので通じるのか通じないのか、試したことがないのですよ(^▽^;)

私の大阪弁はあくまで実家の中だけでして、今の群馬の夫の実家でも大阪弁は出しません。
私は大学は東京だったのですが、女子大でしたのでみんなお国訛りは隠してましたね(笑)。テレビやラジオがありますから、どんなど田舎の育ちでも標準語は分かっていますしね(笑)。
ただ、関西の子は関西弁を直すことなど絶対にしませんね。関西出身の子には大阪弁で話したので、私が大阪から出てきたと思い込んでいた人もけっこういましたが、普段大阪弁でなく標準語で喋るのをすごいと言われたこともあります(笑)。

あと私は、学生の時に声の仕事(ナレーションや吹き替え)をしていたことがありまして、標準語とイントネーションを身に付けてましたので、普段は標準語で話すのが普通になっています。

2020/8/11 12:12  [2265-3916]   

>Bigshooterさん

こんにちは〜(^^)

<⇒日本で買うとどこも4000円くらいですから↓

私は6000円で購入してますよ(^_^;)、バーンスタイン盤、w

<最近の若い人たちだったら普通4000円も出してベートーヴェンなんて買わないですよ 笑

そうですよね(^^)
納得、納得、

クレンペラーは良い指揮者です。
時間的余裕が出来た時、機会があれば、聴いてみて下さい。

<このロマンを理解しようとしない女ゲシュタポに無予告強制査察をされ........
の下りは大爆笑させて頂きました、w

いつもながら、Bigshooterさんのユーモアセンス溢れる比喩には感心してしまいます。
ちょっと寝ぼけているので、またレスさせて頂きます。

返信ありがとうございました(^^♪

2020/8/11 13:12  [2265-3918]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

こんにちわ^^

ここでお勧めいただいたのも何かの縁。・・・
⇒クラッシック、JAZZ、ロック色んなジャンルの音楽を聴いてみると今まで聴いていたジャンルのルーツがわかったり、リズムやテンポひとつとってもジャンルによって考え方が違ったりで新たな発見があって楽しいですね^^
ちちさすさんは頭の回転と記憶力が抜群なのでまずキャパ的にパンクすることはないですよ 笑 むしろ、JAZZやRockの場合、そのミュージシャンの音楽やプレイが合うか合わないかの要素の方が大きいと思います。

うへぇ〜(^^;)・・・
⇒いやカミさんはゲシュタポではなくヒットラーって感じですね・・・
ゲシュタポは高校生の下の娘ですね 汗 私の一挙手一投足をヒットラーに逐一報告してるんですね 汗 これが一番油断ならないです。ヒットラー自ら無予告査察に入る時は入る段階で完全に裏取ってから入検してきます 涙

ウチの場合はCDや映像ソフトのアウシュビッツ収容所があり、その限られたスペースからはみ出たものは即銃殺というルールがあるので「棚ナシ2段重ね」にてフェイントをかけるわけです。
売却を逃れたロック系のCD約1000枚はHDDにリッピング後、カメラ用の防湿庫に入れてクローゼットの奥深くパルチザンのごとく息を潜め、再起の時を待っております。

・・・としょ〜もない御託を並べてしまいました。

山形には7年ほどおりましたが、・・・
⇒クラッシックや楽理、オーディオに精通されているのでてっきり元雑司ヶ谷の住人さんかと思ってました。
私は大学が関西だったのですが関東や東北から来たまわりの人たちはみんな関西弁になってしまうんですね 笑 私は関西弁は理解できますが、話すのは全くダメでしたね

学生の時に声の仕事(ナレーションや吹き替え)をしていたことがありまして
⇒クラッシック、オーディオ、カメラ、そ・し・て「声の仕事」・・・濃厚すぎますね〜 汗
 





2020/8/11 13:58  [2265-3919]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんにちわ^^

そうですよね(^^)納得、納得、
⇒音質に拘らなければYoutubeでタダでダウンロードできるご時世ですから、CD1枚1,000円、SACD、Blu-ray audioで1,500-2,000円程度であれば違法ダウンロードなんかしないでディスクメディアを買うと思うんですけどね・・・
Amazonのカートの動きとか見ているとコロナ騒ぎでCDはよく動いてますね ただディスクメディアの価格を欧米並みに下げないとディスクメディアに音源を求めるのは金満老人と一部のマニアだけで若い人たちはディスク離れしてしまいますね

クレンペラーは良い指揮者です。
⇒クレンペラーと言えば昔オットーなんていうステレオありましたね 笑
オススメのものがあれば1-2枚ピックアップしていただけるとありがたいです。

いつもながら、Bigshooterさんのユーモアセンス溢れる比喩には感心してしまいます。
⇒m56059さんの冬の荒行には全く及びません 笑

でわ^^










2020/8/11 16:48  [2265-3920]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

再びこんにちわ 笑

桐生・伊勢崎40°超えとかテレビでやってましたが、熱中症にはくれぐれもお気を付け下さい。
群馬は昔から台風一過で赤城おろしのフェーン現象が起きると強烈な暑さになりますね^^
札幌も午後から温帯低気圧の影響で蒸し暑くなったので今年2回目のクーラー稼働です。

と・・・余計なことはさておいて↑で書いたサラ・ヴォーンの「枯葉」ですが音質的にそこそこのものを見つけましたので一応リンクを貼っておきます。
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83
%A9%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%BC%
E3%83%B3/dp/B01K24FJL8/ref=pd_ybh_a_38?_
encoding=UTF8&psc=1&refRID=3GPBX
A0RETRGD0QB5VVC


でわ^^



2020/8/11 17:07  [2265-3921]   

フィデリオ 評価の高いミサ・ソレムニス 大地の歌 幻想交響曲

>Bigshooterさん

こんばんは(^^)

怠け者の管理人tam-tamです、w

ちょっと体調を崩しましてこんな時間に返信しているのですが。
夏は苦手なんですよね、暑いのは嫌いじゃ無いんですが、お腹が弱いので、エアコンに負けてしまうんです。
体調管理が十分に出来ないのも私の管理不足ですから。

<オススメのものがあれば1-2枚ピックアップしていただけるとありがたいです。

クレンペラーのお勧めですか。

定番の曲しか聴いていないので、極々オーソドックスな選曲になってしまいますが。

Bigshooterさんの好きな作曲家とか、好きなジャンルとかがわからないので、手持ちのものから上げていきますので、お好きな曲を選んでみて下さい。

私個人で最高だと思っているのが、やはりベートーヴェンの「フィデリオ」ですね。
しかし、バーンスタイン盤を購入されたばかりですので、ちょっとお勧めしづらいです。
私が所有している盤は音が良くないですし、
これに関しては私は情報を持っていないので、新しくリマスターされた盤があるのかどうかもわかりません。
万が一、購入検討されるようでしたら、ちちさすさんに情報を聞いてみる事をお勧めします。
(ちちさすさん、多分、購入の対象にはならないと思いますが、Bigshooterさんから相談されたらご足労ですがお願い致します<(_ _)>)

ベートーヴェンのミサ・ソレムニスが揺るぎない評価を得ている盤として有名ですけれど、
この曲についてはちちさすさんとも話し合いましたが、聴いていて面白くありません。
しかし、たくさんの演奏家がCDを出していますが、いまだに揺るぎのない決定盤として君臨しているCDなので、一応上げておきます。

ブルーノ・ワルターと同じくマーラーの弟子であったクレンペラーなので、マーラーの演奏には良いものが結構あるんですね。
(ワルターとクレンペラーは一般的にマーラーの弟子と呼ばれる事が多いですが、諸説あり)
その中でも「大地の歌」がクレンペラーとしては最高の出来だと思います。
歌手もクリスタ・ルートヴィッヒとフリッツ・ヴンダーリヒという鉄壁の布陣。
バーンスタイン盤が二人の歌手がともに男性なので、どっちをとるかは好みでしょうね。
(マーラーがアルト、バリトン、どちらを起用しても良いという指示があるので)


私個人ではシューベルトの未完成、1968年盤、ウィーンフィルを振った演奏。
非常に冷徹な演奏として有名な盤ですが現在は入手困難なようです。
あちこちから盤が出ていてややこしいのですが、2005年以降にリマスターされて出ている盤には注意が必要です。
「未完成」の名演とお勧め出来る素晴らしい演奏です。
(部屋をひっくり返さないと取り出せない所にあるので写真が撮れませんでした、w)


メンデルスゾーンの交響曲、「スコットランド」も大変な名演なのでこちらもお勧めです。
1960年、フィルハーモニアとの演奏です。
こちらは「未完成」と違って非常に手に入りやすいと思います。
(こちらもちょっと取り出せない所にありましたので、)

モーツァルトの「魔笛」、1964年、フィルハーモニア管弦楽団のもの。
この時代ならではの凄い歌手陣が揃っています。
これで採算が取れるのか?というほどの充実した歌手陣ですね。
こちらのCDも非常にお勧めです。
(こちらは図書館から借りて、コピーしたものを持っています)

ベルリオーズの「幻想交響曲」、フィルハーモニアとの1963年盤。
私は「幻想交響曲」に関してはポール・パレー盤が一番好きなので聴くことが無い盤ですが、こちらもクレンペラーの名盤としてお勧め出来ると思います。
(幻想交響曲を一枚も持っていない、もしくは聴いた事が無いのであればお勧めから外して下さい。)
クレンペラー独特の表現が楽しめる盤ですが、普通の名盤の類いを聴いていないと魅力がわかりませんので。

画像添付が4つまでしか出来ないので、一旦送信します。

すぐに続きを送りますので(^^)

2020/8/12 02:45  [2265-3922]   

第4番と第5番 スタジオ録音盤 同じ年に録音されたライブ盤 お勧めの全集盤

続きです。

晩年のクレンペラーの演奏から、ベートーヴェンの交響曲、第4番と第5番のカップリングのCD。
主兵のフィルハーモニアとの演奏ではなく、バイエルン放送交響楽団との1969年盤。
なんとこの第5番、第一楽章の提示部のリピートが無いという大変珍しい演奏です。
(ミュンフィルとのチェリビダッケ盤も反復が無いですが、私の知っている限り、この二つの盤だけです。)
どちらの曲も大変素晴らしい演奏です、(ライブ演奏)
なんとなく限定盤っぽいパッケージですので、現在発売されているかどうかですが。

後はベートーヴェンの第九がステレオ録音としては名盤ですね。
フルトヴェングラーのバイロイトの第九、演奏は凄いが音が悪い、音の良い名盤は無いものか?
という質問で登場するのがこのクレンペラー盤とバーンスタイン盤ですね。
クレンペラー盤は1957年のステレオ初期の録音ですが音も悪くなく、立派な演奏として評価も高いです。
クレンペラーの同じ年のライブ盤は、スタジオ録音される少し前に演奏されたものなので、ソリストはスタジオ盤と全く一緒です。

現在では古楽器派の指揮者の方が色々とCDを出されていますが、モダン楽器によるオーケストラ演奏のステレオ録音としては未だに引き合いに出されるほど優秀な演奏なのです。
(私個人としてはステレオ録音の第九ならばシューリヒト盤が好きですが、w)

クレンペラーから話はそれますが、ベートーヴェンの交響曲全集の良いCDとして、フランツ・コンヴィチュニー盤をお勧めしておきます。

ドイツ的な演奏で、一聴して地味でオーソドックスでありながら、飽きのこない名演として一流のものです。
ベートーヴェンの交響曲の中ではおそらく最も目立た無いであろう第二番が非常に優秀な演奏で、第二番の名演として定評あるワルター盤と双璧するほどに素晴らしく、この曲を聴くために全集を購入しても良いほどと言っても過言ではありません。
過激でインパクトのある第二番の演奏はありますが、所詮は小手先のものでしかなく、一生物としてお勧め出来るレベルにありません。

このフランツ・コンヴィチュニーによる全集は、最初の一組として購入する初心者の方から、ある程度の枚数を所有されているクラシック音楽通の方にもお勧め出来る大変優秀な演奏として自信を持って一推し出来る名盤です。


最後は若干、話がそれてしまいましたが、

クレンペラーで優秀な演奏のCDはこの他にももっとたくさんの盤があると思うのですが、私個人で実際に所有して聴いたものでは以上となります。

お好きな作曲家、ジャンルの中から選択されれば良いとは思いますが、特にそういったものが無いのであれば、
メンデルスゾーンのスコットランドが筆頭にくるかと思いますね。それとモーツァルトの「魔笛」でしょう。
次点では、
ベルリオーズの幻想交響曲、
シューベルトの未完成、
マーラーの大地の歌、
になるでしょうか。

ベートーヴェンは手持ちのCDを上げてみましたが、第九以外は名演の多いベートーヴェンの交響曲ですから、私みたいにベートーヴェン大好き、という人向けでしょうね(^^)

少しでも参考になったら嬉しいですが(^^♪

何か質問などございましたら、書き込んでおいて下さい。
(録音の優秀なリマスター盤などに関しては、私は情報を持っておりませんので、ご了承下さい。)

2020/8/12 03:43  [2265-3923]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

現在はJAZZのCDの購入選択で大変だと思いますので、クラシック音楽談義は落ち着いてからまた色々と教えて下さい(^^♪

<それにしてもこの価格ドットコムの男性ユーザーさん、オーディオスレでもカメラスレでも、奥さまの目をごまかしたり、内緒で購入される方が多くて驚きなのです(^^;)

驚きですか?(^^)
私のまわりでも非常に多いですし、私自身、疑問に感じません、w
私なども、エルヴィスのCDを買っただけで良く怒られていましたよ、w
(結婚もしていない、お付き合いしている彼女ですが)

「またエルヴィスのCD買ったの?、同じ曲ばっかりじゃないの!」

「いやいや、これは未発表テイクだから(^_^;)」

「このアメリカの祈りなんて曲、この間買ったアルバムに入っていたじゃないの?!!!」

「これは違うライブの音源だから(^_^;)」

「違うライブの音源?ちょっと聴かせてみてよ!!」

「いいよ、聴いてみなよ(^_^;)」

「一緒じゃん!何処が違うの?、アメリカの祈りだけで、何曲あるの?!」

「50曲くらいかな?他にも買ってないライブ音源が.........」

「50曲も!!、バッカじゃないの?!!、もっと違う事にお金使いなよ、お財布買うとか、時計買うとか?!!」

毎度、こんな感じでしたよ、w

CDでこれですからね、イヤホン、ヘッドホン、カメラなど、高額なものほど事態は厳しいと思いますよ(^○^)

しかし、プレゼントするぶんには何一つ文句言わないんですよね、高いもの買っても、w
ブランドものの財布、バックが大好きでしたから、
ヴィトンが大好きでしたが、お付き合いしていた時代はプラダが一番人気で、シャネルも人気を取り戻しており、グッチ、コーチ、エルメスなど、財布だけでも20個ほどプレゼントした記憶がありますね、w
バックは財布の数の比では無く、どれくらいのバッグをプレゼントしたかちょっと覚えていないほどです、w

私としては10万円以上する財布にいつも3000円ほどしか入ってないのが不思議な感覚でありまして、
勿論そんな事を言った事は一度もございませんけれど、価値観の感覚というのは実に複雑なものだなあと、笑。

面白いものですよね〜(^^♪

2020/8/12 05:50  [2265-3925]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

おはようございます^^

ちょっと体調を崩しまして・・・
⇒クーラー病はだるいし、腹壊すしでつらいですよね〜
北海道はどうしてもクーラーが必要な日は1年に1週間ほどですが
今日は朝からカンカン照り&無風なのでやむなくクーラーを入れました。
それでもクーラー稼働は今年で3日目なので本州とは比較にならないですね 笑

クレンペラーのお勧めですか。・・・
⇒リコメンドありがとうございます!
聴いたことがない(持っていない)曲はミサ・ソレムニスと「スコットランド」なので「スコットランド」を聴いてみようかと思います。

「幻想交響曲」はカラヤンのCDを持っていてたまに聴いてますのでクレンペラー盤もいづれ聴いてみたいですね〜

クラッシックはRock、Fusionのように新譜=新曲ではないので新譜が出る度に新しい曲に追われている感じがないので気分的に楽ですね^^
しかもRock、Fusionのような大外れがないのが救いです。
Rock、Fusionだと新譜で1、2曲しかこれといった曲がないなんてのはザラですから期待していて外した時の絶望感はハンパないですね 笑

https://www.youtube.com/watch?v=o6rBK0Bq
L2w


https://www.youtube.com/watch?v=_tXuYLc6
rIg&list=PL_0P8AjSjus-Ur8rjM3ukUdQR3
-NiWxFF&index=29&t=0s


↑パガニーニはクロスロードを見て朝から晩まで練習して弾けるようになるまで数カ月かかりましたが、やや荒っぽいにしても最近はとんでもない娘がいますね 汗
ちちさすさんにも見てほしいですプレイです 笑

2020/8/12 09:50  [2265-3926]   

画像1 こんなふうに入れます 画像2 約3分の1に省スペース化 CDプラケース保護カバー CD用スリーブ

Bigshooterさん。

クレンペラーで何か1枚ということでしたら、躊躇なくメンデルスゾーンの「スコットランド」と「イタリア」のカップリング盤をおすすめします。特に「スコットランド」はリスナーを雄大な地平に立たせてくれるこの曲のベストワンです。
私も宝箱に入れている愛聴盤です。


>CDや映像ソフトのアウシュビッツ収容所があり、その限られたスペースからはみ出たものは即銃殺というルールがあるので「棚ナシ2段重ね」にてフェイントをかけるわけです。

Bigshooterさんの所有枚数は凄そうではありますが、我が家でもCDがあまりにかさばって省スペース化をしていました(過去形なのです)。
その方法をご紹介しておきます。
CDのプラケースを外して、CDプラケース保護カバーとCD用スリーブで保管するのです(画像1)。
帯も付けられるので、見た目がLPレコードのミニチュアみたいでなかなかカッコ良いです。
スペースも、3枚で1枚ものプラケースの厚さです(画像2)。

この収納は気に入っていたのですが、体が麻痺に見舞われてから、スリーブからのCDの出し入れがかなり大変になったのと、出し入れの時に注意しないと信号面にスレ傷を作ってしまうので、私の不自由な体ではスレ傷を作りやすいこと(かなり後になってから気づきました)、スリーブは静電気のせいでホコリが盤面に付きやすいこと、という理由で今はやめています。
でもプラケースけっこう処分してしまったので、この状態のままで保管してあるCDもけっこうありますけど(^^;)

省スペース化には有効なやり方だと思いますので、よろしければ参考にされてください。

2020/8/12 11:45  [2265-3927]   

Bigshooterさん。

チャカ・カーンの「クラシカーン」。
昨日の朝にネット注文したばかりなのに、もう届きました。早いっ(^^)
今日はじっくりとは聴けないので、十分時間が取れる時に聴きます。

ビリー・ホリデイの「レディ・イン・サテン」はまだ注文処理中です(^^;)

2020/8/12 13:07  [2265-3928]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

こんにちわ^^

クレンペラーで何か1枚ということでしたら、・・・
⇒tam-tamさんのリコメンド&ちちさすさんのお墨付きということであれば即ポチですね 笑
・・・と無間地獄のようなスパイラルが続きそうな空気を感じますが・・・ 汗
因みにAmazonとHMVで検索したところ通常版(廃盤)と38センチオープンリール2トラマスターで同一音源と思われるものがありました↓ which choice?
https://www.hmv.co.jp/artist_%E3%83%A1%E
3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82
%BE%E3%83%BC%E3%83%B3%EF%BC%881809-1847%
EF%BC%89_000000000020551/item_%E4%BA%A4%
E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC3%E7%95%AA%E3%
80%8E%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%8
8%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%80%8F%E3
%80%81%E7%AC%AC4%E7%95%AA%E3%80%8E%E3%82
%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%80%8F-
%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BC%E3%
83%BB%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%9
A%E3%83%A9%E3%83%BC%EF%BC%86%E3%83%95%E3
%82%A3%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%
A2%E3%83%8B%E3%82%A2%E7%AE%A1%E5%BC%A6%E
6%A5%BD%E5%9B%A3%EF%BC%88%E5%B9%B3%E6%9E
%97%E7%9B%B4%E5%93%89%E5%BE%A9%E5%88%BB%
EF%BC%89_9134488


https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A1%E3%83
%B3%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%BE%
E3%83%BC%E3%83%B3-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%
9B%B2%E7%AC%AC3%E7%95%AA-%E7%AC%AC4%E7%9
5%AA-%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%9
A%E3%83%A9%E3%83%BC-%E3%82%AA%E3%83%83%E
3%83%88%E3%83%BC/dp/B000066AB3/ref=tmm_a
cd_title_0?_encoding=UTF8&qid=&s
r=


Bigshooterさんの所有枚数は凄そうではありますが、・・・
⇒貴重な情報ありがとうございます。
実は私も
@https://www.yodobashi.com/product/100000
001000499279/

Ahttps://www.yodobashi.com/product/100000
001000499281/

を使ってRock系のCDを収納しているんですがひとつ困ったことが発覚して対応を検討しているところです。
Aのほうは昔から紙ジャケのインナーで使っていたんですが、クローゼットに保管していたCDが塩ビ焼け&白化して再生不能になってしまったものがあり、メーカーにクレームを入れたところ素材自体は塩ビ焼け対策した素材を使っているが湿度が高いところに保管すると結露とかで塩ビ焼けしてしまうことがあるらしく、やむなくカメラ用の防湿庫にCDを入れてありますが、不織布も塩ビ焼けの定番なので漂白していない紙のスリーブを探していくつか試してみましたがなかなかいいものが見つかりません。その辺の情報がございましたら是非ご教示いたたけると幸いです。

話は変わりますが今日はペルセウス座流星群ピークですが、ソフトは使えましたか?






2020/8/12 13:25  [2265-3929]   

 Bigshooterさん  

・・・と書込みが終わって閉じてみたらクラシカーン! 笑
本州→本州はさすがに配送が早いですね^^

北海道はどうしても中1日かかるので無在庫・取寄せ・格安のトロい業者とかだとdodaxのほうが早く手元に届いたりします。

LSOのストリングスもいい塩梅でなかなかいい感じだと思います。
個人的には1-8がお気に入りです。
気に入っていただけるといいんですが・・・ ちちさすさんは耳が肥えているのでプレッシャー大ですよ 汗






2020/8/12 13:39  [2265-3930]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

おはようございます(^^)

因みにAmazonとHMVで検索したところ・・・
⇒再度調べたところ適当なものが見つかりました。↓の2つのうちから選ぶことにいたしました。お騒がせして申し訳ございません。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A1%E3%83
%B3%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%BE%
E3%83%BC%E3%83%B3-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%
9B%B2%E7%AC%AC3%E7%95%AA%E3%80%8C%E3%82%
B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%A9%E
3%83%B3%E3%83%89%E3%80%8D%E3%80%81%E7%AC
%AC4%E7%95%AA%E3%80%8C%E3%82%A4%E3%82%BF
%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%80%8D-%E3%82%AF%E3
%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%
BB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E
3%82%BA-%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%8
3%9A%E3%83%A9%E3%83%BC-%E3%83%95%E3%82%A
3%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%A2%E3
%83%8B%E3%82%A2%E7%AE%A1%E5%BC%A6%E6%A5%
BD%E5%9B%A3/dp/B00JBJWJIC/ref=pd_ybh_a_1
2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=DQ
JCN6M6XWQRXA8FR39S


https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A1%E3%83
%B3%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%BE%
E3%83%BC%E3%83%B3-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%
9B%B2%E7%AC%AC3%E7%95%AA%E3%80%8C%E3%82%
B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%A9%E
3%83%B3%E3%83%89%E3%80%8D%E4%BB%96%E3%80
%81%E3%80%8C%E5%A4%8F%E3%81%AE%E5%A4%9C%
E3%81%AE%E5%A4%A2%E3%80%8D-%E3%82%AA%E3%
83%83%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A
F%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%A9%E3
%83%BC/dp/B07FRXRRW5/ref=pd_vtp_15_3/357
-4353290-3092735?_encoding=UTF8&pd_r
d_i=B07FRXRRW5&pd_rd_r=e78d921c-4181
-4410-baf1-eb2d6255a3ee&pd_rd_w=QCVI
C&pd_rd_wg=lUE4z&pf_rd_p=05f59e3
0-4603-4ebd-85b3-79cae2c9661a&pf_rd_
r=AZQSETDFWRFZA58MSCSR&psc=1&ref
RID=AZQSETDFWRFZA58MSCSR


2020/8/13 10:33  [2265-3931]   

Bigshooterさん。

用件だけですみません。
オープンリール音源のは、平林さん個人が蒐集したもので、音源の出どころがはっきりわかりません。
平林さんはグランドスラムレーベルでかなりの数の復刻を手掛けておられますが、世評で復刻の音質としてベストに推されたものはひとつも無いと思います。
なので私はグランドスラム盤はひとつも購入しておりません。

ワーナーのSACDは、海外で制作された96kHz/24bitのデジタルアーカイブを、日本でDSDマスタリングしたものです。デジタルアーカイブがどの世代のアナログマスターテープから作ったのか不明ですが、EMIがワーナーに移る前に短期間ユニバーサルミュージックに音源があった時代に発売されたSACDの再発売なので、おそらく旧EMIが制作したアーカイブを使い回してDSD化しているのだと私は推測します。
なのでおすすめしません。
ワーナーは、旧EMIのではなくワーナー独自のリマスタリングをした盤の方が良いと思うのですが、クラシックはオペラで数タイトルしただけのようです。
またこれはSACDシングルレイヤー盤なので、PCへのリッピングは裏技を使わない限りできません。

お買いになられるならワーナーの通常盤で良いと思います。おそらく後期artだと思われますので。

2020/8/13 13:14  [2265-3932]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

こんにちわ^^

用件だけですみません。
⇒お忙しいところご連絡いただきありがとうございます。
自分なりに色々調べてみてSACDかな・・・と思っていたんですが収納スペースの問題と音源を持っていない曲が入っていたので、結局↓を注文してしまった後でした 涙
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B008
YKRRIQ/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s0
0?ie=UTF8&psc=1

クレンペラーが良いとなると結局BOXセットを集めることになるので 笑

SACDシングルレイヤー盤なので、PCへのリッピングは裏技を使わない限りできません。
⇒リッピングは映像、音楽問わずしばらく前に凝っていた時期があり、色々調べたおしてソフトやら機材をそろえたのですが、前におすすめいただいたハイフェッツのSACDをDSDリッピングした後にソフトをアップデートしたところDSDリッピングできなくなってしまったので、自宅のSACDプレイヤーで聴くしかないのでやめておきました。
ファイルもBOXセットなみ大きくなるのでSACDはPCオーディオにはあまり向かないかもしれませんね^^




2020/8/13 14:03  [2265-3933]   

>Bigshooterさん

こんにちは(^^)

オープンリールによる復刻盤、グランドマスターレーベルを購入しなくて良かったです。

クレンペラー、フィルハーモニアはEMIにほとんど録音しているのですが、グランドマスター盤が最も音が良くないそうです。

EMIレーベルでも海外盤よりも国内の旧盤の方が音が良いらしく、最も音質が良いとされているのがART盤のようです。

<お買いになられるならワーナーの通常盤で良いと思います。おそらく後期artだと思われますので。

このように正しい事を即答出来るちちさすさんには脱帽するしかありません、参りました<(_ _)>。


ご購入されたBOXセットにはベルリオーズの幻想交響曲も入っておりますね(^^)

PCにはインポートしてあるのですが、原盤を持っていなかったので、お勧めとしてあげてませんでしたが、「真夏の夜の夢」も大変素晴らしい演奏で楽しめます。
あ、フランクの交響曲ニ短調、ドヴォルザークの「新世界より」も入ってますね(^^♪
これで、3000円しないのですか、良いものを購入されましたね。

当分の間、クレンペラーを楽しめるでしょう。

いや〜関東は今日も灼熱地獄ですよ、土曜日には40度を超える地域もあるそうで(^_^;)

レスが遅くなってしまい申し訳ありません。

2020/8/14 10:34  [2265-3934]   

Bigshooter さん  

2020/8/14 17:56  [2265-3936]  削除

tam-tam17701827 さん  

2020/8/14 22:03  [2265-3937]  削除

tam-tam17701827 さん  

2020/8/14 22:10  [2265-3940]  削除

Bigshooter さん  

2020/8/14 21:02  [2265-3942]  削除

tam-tam17701827 さん  

2020/8/14 22:04  [2265-3943]  削除

Bigshooter さん  

2020/8/14 22:10  [2265-3945]  削除

>Bigshooterさん


すいません、ご飯を食べておりました。

<録音コンテンツについては↓に詳細に書いてあり自己解決いたしました。

このBOX盤ですね、
あれ、なんで見つからなかったんだろ(^_^;)

とりあえず良かったです(^^♪

2020/8/14 22:09  [2265-3946]   

tam-tamさん、こんにちは(^^)
間が空いてしまってすみません。
いろいろ気忙しく…文字通り忙しいのは気ばかりなんですが(笑)。
なかなかネットを見る余裕がなくて、ここ最近は私の縁側へ試聴記投稿だけパパッと済ませただけです(^▽^;)
その試聴記はビリー・ホリデイの「レディ・イン・サテン」を取り上げています。読んでみてくださいね。
そこへのリンクは貼らなくても大丈夫ですネ(^^)


いくつか削除が続いてますが、なんかBigshooterさんと内緒のお話?
でも偉そうに忠告してすみませんが、掲示板て削除をすると寂れちゃうんですよ。話題が切れますし、新たな話題もしにくくなりますし。
よほどでない限りは削除はされない方が良いと思います。

2020/8/25 12:52  [2265-3953]   

モンブランが好きさん、見てるかなぁ〜?

森永ビスケットの「チョイスショコラ」。
冬限定のものなんですが、すごく私好みで、パパにお願いして大人買いしてもらってたんです。
大事に食べてましたが、しかしとうとう、最後の一箱に手を付けてしまいました。
賞味期限も今月でしたのでやむを得ません。
また次の冬に来てね〜 ヽ(^o^)

森永ビスケットはどれも美味しいですけど、期間限定のは特別お気に入りのが多くて、毎冬楽しみです♪
森永の期間限定には、もうひとつ大のお気に入りビスケットがあるんですが、次の機会にね。

2020/8/25 13:13  [2265-3954]   

ちちさすさん

こんばんは、

ご自身の縁側への書き込みを優先させるのは素晴らしい事だと思いますので、気にする必要はないですよ(^^♪

ビリー・ホリディは、一番有名なアルバム「奇妙な果実」しか聴いた事が無いのですが、強烈な印象として記憶に残っています。
(このアルバムも購入されたのですよね。購入したけどまだ届いていないのでしたっけ。)

JAZZも本気で勉強しようと思い20代の頃、入門書を10冊ほど購入したのですが、これは恐ろしく深い沼だ、と感じ早々に逃げてしまいました、w
レンタル店に居たので、500枚と数は少ないものの、有名どころは自由に聴ける環境でしたから。
以前にも書きましたけど、私は曲を覚えるのに凄く時間がかかる人間ですから、完全に脳内メモリーが足りないじゃん、と思ったのですね(^^)

安室奈美恵さんの楽曲は全て聴きましたし、ライブDVDも全て揃えて観たので、私なりに楽曲や、ライブパフォーマンスについて、わかりやすくまとめて書く予定なのですが、気持ちだけで、一向に進んでおりません、w
この縁側を立ち上げた当初からの目標だったのですが、時すでに遅し、みたいになってしまいました(^_^;)
イメージ画像に安室奈美恵さんを貼っているのも、そういう事なんですよね。
いずれ書くであろう安室奈美恵さんの視聴記のための勉強として参考にさせて頂きますね(^^♪

2020/8/25 21:32  [2265-3957]   

ちちさすさん

書き忘れてしまいましたので、追記です。

一連の削除の件、まことに申し訳ございませんでした、以後気をつけますので、どうか今後ともよろしくお願い申し上げますm(_ _)m。

レスが読めない側としては、色々と考えてしまうでしょうね、配慮が足りませんでした。<(_ _)>

久しぶりの書き込み、ありがとうございます(^^♪

2020/8/25 22:45  [2265-3962]   

ちちさすさん

またまた追記です、w

「奇妙な果実」というのは一つの曲名であって、アルバム名では無いですね、ごめんなさい。

私の居たレンタル店には放題で「奇妙な果実」というアルバムがあったので、てっきりオリジナル・アルバムだと思っていました。

アルバムだったのは確かなので、企画もののベスト盤か何かだったのでしょうか?
ろくに調べもしないで書いてしまい申し訳ないです(^_^;)

2020/8/26 01:04  [2265-3965]   

tam-tamさん、こんにちは。

ビリー・ホリデイの「奇妙な果実」は、アルバム名でなく収録曲のひとつですけど、このようにある曲の曲名をアルバム名にすることは昔はけっこうあったようですよ。
私の持っているカウント・ベイシーのアルバムにも、このようなのがあります。

安室奈美恵さんのスレッド、ぜひ作ってみてください。試聴記のひとつでも書き上げると、そのあと意外に一気呵成にいくものですよ(^^)

少し前のお話になりますが、ベームとベルリン・ドイツ・オペラの日生劇場ライヴ「フィデリオ」、昨年再発売してたんですね。もうひとつの演目、モーツァルトの「魔笛」も同時に出ていたと知り驚きです。
これは聴いてみたいですが、といって買いたいかというとそうでもなく。
私はオペラのCDではライヴ録音は買わないようにしているんです。どうも、CDではライヴ特有の舞台音や場末拍手が好きになれないんですよ。買っているCDは、スタジオのセッション録音を選んでいます。ただ、ガーディナーのモーツァルトのオペラ集成はライヴですが例外で持っています。
「フィデリオ」はフリッチャイの録音が再発売されたら買うつもりでおります。フリッチャイのは他に「魔笛」「フィガロの結婚」「後宮からの逃走」も。これらは買うつもりでいたのを買いそびれて入手できなくなったものです。
フリッチャイのを揃えたら、私のオペラCDは上がりになります。
有名曲で聴いてないのもありますが、有名曲を網羅しなければいけないわけではありませんからね。


書き込みの削除については、個人情報など書いた場合は削除した方が良いですし、削除で気分が悪いわけではありません。
削除の内容が分かりませんが、削除のあとBigshooterさんがまったく書き込んでおられませんし、気になってはいるのです。

2020/8/30 09:07  [2265-3967]   

ちょっと訂正。

アルバム名を収録曲のひとつの曲名にするのは昔は結構あったらしい、というのは、アルバム名を特に設定しないアルバムというのが昔は結構あって、そのアルバムを特定するのに収録曲のひとつで呼ぶことが結構あったらしい、という意味です。
さっきの書き方では伝わらないと思い、書き直しました。

2020/8/30 13:24  [2265-3968]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

ご無沙汰しております。
仕事で暫く家を不在にしていたのですが、先程、家に戻ってPCを開けてみたら削除の件が原因でややこしい話になっており驚きました。
今回の件については私の文章能力が至らず誤解を招く表現があったためtam-tamさんに削除をお願いしたものであり、tam-tamさんには全く責任のない話です。
ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。
今後もまた私の文章力が至らずtam-tamさんにご迷惑をお掛けすることも多々あると思いますので下記のJAZZの再生の件が終わりましたら縁側の活動自粛もしくは脱退させていただいた方が宜しいかと考えております。


>ちちさすさん

ご無沙汰しております。
削除の経緯につきましては上記のような訳でtam-tamさんには全く責任のない話なのでくれぐれも誤解なきようお願いいたします。
ちちさすさんが仰るように削除があれば「いくつか削除が続いてますが、なんかBigshooterさんと内緒のお話?」と捉えられても仕方のないことかと思います。
気分を害してしまい誠に申し訳ございません。

ビリー・ホリデイ&チャカ・カーンの試聴記を拝見させていただきました。
音質についても満足いただけなかった様ですみませんでした。
「音が薄っぺらく聴こえる」原因を自分なりに考えてみましたが、なんとなく原因がわかるような気がしました。
お手数とは存じますが物は試しで一度DENONのCDプレイヤーのヘッドフォンジャックにAurvana Live!を直結して聴いていただき試聴記にインプレを書き込んでいただけると幸いです。














2020/9/1 16:32  [2265-3969]   

ちちさすさん

こんばんは(^^)

ちょっと返信する順序が逆になってしまうのですが、ご了承願います。

2020/9/1 22:33  [2265-3971]   

Bigshooterさん

こんばんは。

一連のレスの削除の件については責任は全て管理者である私にございます<(_ _)>

なので、脱退という事は今一度考えなおして頂けませんでしょうか?

私の余計な一言が原因なのですからBigshooterさんに何ら非は御座いません。

削除した一連のレスも消してしまう前にコピーを取っておくべき事でした。その点についても深く反省している次第で御座います。

削除した時からBigshooterさんの書き込みも止まっていたので、私の方からお声をかけるべきだったと思います。
私の常設掲示板に書いた通りの状況とはいえ、敏速に対処してしかるべき問題であったと思いますし。

私の考えの至らなさ、文章作成能力の低さ、そういった要因が今回のような問題を引き起こしたものだと反省しております。

再度謝罪させて頂きたく思います、余計な一言を書いて気分を害してしまった事、どうかお許し下さい<(_ _)>

Bigshooterさんさえ宜しければ、引き続きこちらの縁側にて音楽、オーディオに関して御指南お願いいたします。

今回の件に関してましては100%、拝領が至らなかった私の責任でございますから。

もちろん、書き込みは強制するものではございませんので、Bigshooterさんのご都合の良い時で構いませんので。

言葉足らずでは御座いますが、ご気分の良い時にこれまで通り遊びに来て頂けたら、と願ってやみません


不快なお気持ちにさせてしまった事、本当に申し訳ございませんでしたm(_ _)m

2020/9/1 22:56  [2265-3972]   

Bigshooterさん。
お顔をお見せになられなかったのはお仕事の都合でしたか。良かった、お元気そうで何よりです♪
「レディ・イン・サテン」も「クラシカーン」も、盤の音質に不満があるわけではございません。
音が薄っぺらく聴こえたのは、私がクラシック音楽の聴き方と同じ聴き方で聴いたためで、ジャズやヴォーカルはそれに合った聴き方に変えれば良いだけのお話です。
音量を上げましたら、実体感もかなり向上しましたし、薄っぺらい感じはなくなりました。ですが、私の再生機器がクラシック音楽に合わせた機器選択でありチューニングなのですから、音楽と機器がマッチしていない感じは否めません。どこがマッチしていないかは、HD650で聴きました時に、P-1uがそもそも向いていなかったことに気づいた次第です。

最上流のプレーヤーは、実はDENON DCD-1650ALよりもSONY MAP-S1の方が結果が良かったのです(1650AL直挿しでのヘッドフォン試聴も試していますが、腰高でだめです)。
「クラシカーン」はどちらのプレーヤーにも良さがありましたが、MAP-S1の見通しの良さがわずかにリードでしょうか。
「レディ・イン・サテン」は明らかにMAP-S1の方が合っていました。
なので試聴記は主にMAP-S1を用いたときの感想で記しています。

そういうことですので、Bigshooterさんがご紹介くださった盤の音質が気に入らなかったわけではまったくありません。「レディ・イン・サテン」はジャズ初心者がいきなり凄い1枚を聴いてしまったような衝撃でした。「クラシカーン」はもっと聴き込んでから感想をお伝えしますね。

エラ・フィッツジェラルドは後にとっておきまして、次はジョン・コルトレーンのアルバムから選んでみることにします。
ブルートレイン、バラード、ジャイアントステップス、至上の愛、どれにしようかなぁ?

2020/9/2 00:00  [2265-3973]   

ちちさすさん

こんばんは(^^)

レスが大変遅くなってしまい本当に申し訳ありません<(_ _)>

<安室奈美恵さんのスレッド、ぜひ作ってみてください。試聴記のひとつでも書き上げると、そのあと意外に一気呵成にいくものですよ(^^)

嬉しいお言葉、ありがとうございます(^^♪
安室奈美恵さんについては全ての楽曲、全てのアルバム、全てのDVDについて簡略的でも書き上げる予定ではありましたが、気持ちばかりで、一向に作業がはかどりませんで(^_^;)
ビリー・ホリディの視聴記も読ませて頂きましたが、私には到底書けないレベルの文章でありまして、w
ならば、同じポピュラーミュージックの尾崎豊さんの視聴記を、と思い再度読ませて頂きましたが、やはりレベルが高い、w
ちちさすさんの文章を読むと、どうしても聴かずにはいられない気持ちになる素晴らしい表現力に思わず脱帽してしまいます。

これは才能の差なのでどうにもならない事ではありますが、好きな曲くらいは魅力的な文章で紹介したいものですね(^^♪

<少し前のお話になりますが、ベームとベルリン・ドイツ・オペラの日生劇場ライヴ「フィデリオ」、昨年再発売してたんですね。もうひとつの演目、モーツァルトの「魔笛」も同時に出ていたと知り驚きです。

再発売、という事は一度廃盤になってしまったのですか?
20年近くもノーチェックでしたので、細かい経緯は把握してないんですよね。
日生劇場のライブ録音はベームの数ある録音の中でも傑作との評価が著しく高いものでしたから、この音源が無くなってしまう事はまずないだろうと油断しておりました(^_^;)
(大袈裟に言えば、フルトヴェングラーのバイロイトの第九と同じようなものだと思っていましたので、w)

<これは聴いてみたいですが、といって買いたいかというとそうでもなく。

お気持ちは良くわかりますよ、
聴いても日常的に繰り返し聴くようなものではなく、素晴らしくとも一回聴いたら満足してしまうという感じでしょう。
そういった楽曲は私にもありますので(^^♪

<私はオペラのCDではライヴ録音は買わないようにしているんです。

私も以前はそうでしたよ。
同じ声楽曲と言っても、オペラは役者が動き回るので、声が遠くなったりしますから、そういった点が私は不満でした。
小道具による雑音も余計なものでしかなく、出来る事なら、音源のみより映像付きのDVDの方が好ましいと思いますし。

<「フィデリオ」はフリッチャイの録音が再発売されたら買うつもりでおります。

なんと、フリッチャイも「フィデリオ」を録音していたのですか!
こちらは私は未聴どころか存在さえ知りませんでした。
事故と病気で死因は違いますけど、フリッチャイとカンテルリ(カンテッリ)は同じ匂いが致しますね。
共に期待されつつも、若くして不慮の死を遂げた事。
モノラル〜ステレオ録音に切り替わる時期に亡くなった事。

フリッチャイは3枚程しか所有しておりませんが、どれも素晴らしい演奏で、私でも天才性がわかります。
カンテルリの方は、かなりの枚数のCDを所有してますが、どれを聴いてもどこが良いのかわからず。
一番好きな指揮者がトスカニーニであり、トスカニーニがその才能を高く評価していた、という事で、たくさん持ってはいるのですが、どういったところにカンテッリの魅力があるのかわからないのですよね。
フリッチャイのような天才性を感じる部分がないんですよね、なんとなく平凡な指揮者の演奏に聴こえてしまいます。
もともとがそれほど高く評価されるべきでは無い指揮者なのか、素晴らしい才能のある指揮者だけど、私のようなボンクラが聴いてもわからない指揮者なのか判別出来ません、w

強烈な個性を持った指揮者のCDばかり聴いているせいか、平凡な表現に聴こえてしまうんですよねえ(^_^;)

<フリッチャイのを揃えたら、私のオペラCDは上がりになります。

なるほど〜、
他のジャンルのものも、そういった計画性があるのですか?
(交響曲とか協奏曲とかも?)

<ちょっと訂正。
<さっきの書き方では伝わらないと思い、書き直しました。

わざわざ、ありがとうございます(^^♪
Rockなどはデビューアルバムのタイトルがバンド名、アーティスト名になっている事が’60年〜’70年代は非常に多かったですし。
国内独自の企画ベスト盤なども代表曲がアルバム名になっているものも多数ありましたからね、昔は。
ただ、ビリー・ホリディの「奇妙な果実」は本当にオリジナルアルバムだとずっと思っていたものですから。

チャカ・カーンもホリー・コールも私の居た店ではロック、ポピュラーミュージックにカテゴリーされていましたからね、w

追記:

Bigshooterさんから、書き込みがありました。
まずはホッとしたのですが、内容を見てみると、活動自粛、脱退とありましたので、先にBigshooterさんの返信をさせて頂きました。

全ての責任は一連のレスをコピーも取らずに削除した私にあります。
Bigshooterさん、及びちちさすさんに不快な思いをさせてしまった事、深く反省している所存で御座います。
誠に申し訳ございませんでした<(_ _)>

2020/9/2 00:05  [2265-3974]   

tam-tamさん。
Bigshooterさん。

削除の内容を知らずに書き込むのは失礼とも存じますが、私も自分の縁側を持っていますので、思うところを伝えさせていただきますね。
こういう掲示板は文章だけの世界なので、意図が伝わらないこと、書き方や読解の仕方で誤解が生まれること、よくあることです。
でも。
文字だけの掲示板だから誤解も生じやすいですが、文字だけの世界だからこそ誤解を解くことも容易いのです(←ココ重要)。
誤解が生まれやすい媒体で、誤解を招いたからといって参加をやめるとか、キリがありませんし、誤解のせいで不快な思いをさせたとしても、こういうのってお互い様で、許し合うのが掲示板という世界なのだと思うのです。
ですからみなさん、これまで通りやっていきましょ♪(^^)

2020/9/2 00:46  [2265-3976]   

ちちさすさん

心優しいご忠告ありがとうございます(^^♪

こういった問題の責任は私の書き込みが要因となっている事がほとんどですから。

ちょっと書き足しますと、何故、私が所有枚数が一番多いエルヴィスではなく、安室奈美恵さんの視聴記の完成に拘っているかと申しますと、現在所有している、イヤホン、ヘッドホン全てが安室奈美恵さんをより良い音で聴くために購入したものばかりだからなのです。

GRADO SR325eはロックホンとして名高いヘッドホンですし、オーテクのSR9もFOSTEXのTH900もそうですし、T3-01も女性ヴォーカルの表現力が高いヘッドホンとして有名なものです。

最大の愛機Shure SE846もそうですし、IER-Z1Rさえも。

だからこそ、完成度の高い、視聴記の完成に拘っている訳なんですよね(^^♪

クラシック音楽の再生を得意とするイヤホン、ヘッドホンを一本も持っていないのはそういう事なんですね。

夜遅くに心ある優しい書き込みありがたく受け取っておきますね(^^)

2020/9/2 01:15  [2265-3977]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんばんわ

返信ありがとうございます。↓のようなわけでRe遅くなって申し訳ございません。
昨日は夕方から今朝までお客さんと飲みにつきあわされて宿酔で先程までへたばってました。

再度謝罪させて頂きたく思います、余計な一言を書いて気分を害してしまった事、どうかお許し下さい<(_ _)>
⇒今回の件については私の文章力のなさが原因で起こった問題なので、むしろ私の方こそお詫びしなければなれりません。

>ちちさすさん

こんばんわ^^

お顔をお見せになられなかったのはお仕事の都合でしたか。良かった、お元気そうで何よりです♪
⇒全く元気ではないんですが断れない仕事もあって身心ともにヘロヘロです 涙

「レディ・イン・サテン」も「クラシカーン」も、・・・
⇒確かにクラッシックを聴く機材、チューニングとJAZZ、ROCK向けだと再生コンセプトにズレがありますよね・・・
JAZZとかで云うところのグルーヴ感というのはLow〜Mid Lowの比重が大きいので冷静に考えてみたら私の使っているヘッドフォン自体ピラミッドバランスのものばかりになってました 笑

1650AL直挿しでのヘッドフォン試聴も試していますが、腰高でだめです
⇒これは意外でした・・・ 私の予想では↑の組合せであればMid Low〜Lowあたりがブリブリ主張してくれそうな予感だったのですが・・・

クラシカーン(特に1曲目と2曲目)はウチのシステムだとウッドベース、ドラムス、ピアノ、歌のバランスが良くてグラマラス&ゴージャスな感じでチェックディスクとして使っているのですが、どうしてかな?と考えてみましたが、最近のCDの音質ってコンプ使っているので音圧レベルは高くてもクラッシックの音源とかと比べるとダイナミックレンジ自体は狭いんのでモニター系のシステムだとある程度音量を上げないとJAZZの肝であるMid Low〜Lowが物足りなくなるのかもしれないな・・・と思いました。

次はジョン・コルトレーンのアルバムから選んでみることにします。
⇒これまた名盤とは云われていますがどれも音質は良くないのですが、もし購入されるのであれば国内盤ではなく輸入盤の方が音質的にはベターかと思います。
ブルートレインであれば個人的にはRVGリマスター(EAN : 0724349532625)一択ですね。
Balladsは比較的聴き易い曲が多いのでオススメです。盤は(EAN : 0602517486201)が良いと思いますがIMPULの正規音源以外はリマスターがメチャクチャなので要注意です。
ジャイアントステップスはコルトレーンのスリリングなシーツオブサウンズを堪能できます。
至上の愛・・・マニアには超名盤とされています。かろうじてまだメロディーが若干残ってます。これ以降は急激にフリー傾倒していくので大概の人はここでギブアップしてしまいます。
コルトレーンであれば個人的にはAfrica / Brass(EAN : 0602517486225)は超オススメです。

削除の内容を知らずに書き込むのは失礼とも存じますが、・・・
⇒ありがとうございます。それにしてもロジックの組み立てが素晴らしく説得力のある文章には毎回驚かされます。






2020/9/3 00:33  [2265-3979]   

Bigshooterさん。
tam-tamさん。
お詫びのし合いはもうよろしいかと思いますので、平常運転でよろしくです(^^)


tam-tamさん。
PCが不調なんですよね?
我が家のPCはノートWindowsですが、PCにはPCにしかできないことをさせる、タブレットで間に合うことはタブレットでする、という方針を徹底しています。
MacもWindowsも現行品は、10年くらい前の製品よりも想定外トラブルが多発しますし(性能が格段に良くなった裏返しなのだと思います)、何でもできるようになったくらい進歩したのに用途を制限しないと面倒くさいことになる、というパラドックスです。
しかもWindowsはアップデートが曲者で、我が家のWindowsはアップデート直後にバッテリーに充電しなくなり常時AC接続を強いられてます。また別のアップデートでは、内蔵ドライブがアップデート直後からブランクディスクを認識しなくなりました。
しかもその後のアップデートでも治りません。
想定外のものはトラブルシューティングもないのでお手上げです。
よっぽどMacに変えようかと思いましたが、Macもトラブルが多いのでそのまんまです。
次のPCはBTO系で極限までシンプル構成にしたいと思ってます。これが一番トラブルと縁遠くなる方法かと。


Bigshooterさん。
当時デンオンのDCD-1650ALのヘッドフォン出力ですが、オペアンプすら入っておりませんで、ラインアンプから抵抗で出力を落としたものがヘッドフォン端子に繋がっているようです。
この時期の(今も?)デンオン製品は説明書にサーキットを載せないので詳しくは分かりませんが、ラインアンプから分岐して120Ωで出力していると思われます(他のデンオンのプレーヤーがそうでしたので)。
音のバランスはRCA固定出力(可変出力の端子もありますがそれを用いる場合はレベルMAX)に合わせてありますから、ヘッドフォンで聴く場合もボリュームがマックスの状態で標準バランス。ボリュームを絞るほどバランスが崩れていき、普通の音量にまで絞ると腰高なバランスだったということです。

で、まだ試しておりませんが、デジタルオーディオプレーヤーのiRiver AK120 II がありますので、これで再生し、イヤホンにSHURE SE535LTD、ケーブルにALO SXC 24 だと相当良い感じになるかも?
時間が取れませんので試すのは後日ですが、インプレのご報告をいたしますので。

コルトレーンのCDですが、Blue TrainとBalladsのおすすめのコード番号のものを探し出せております。
Balladsの方はデジパック仕様のものですね。
調べていきますと、マスタリングがデジタルでなくアナログマスタリングでCD化された盤も発見!
今やお宝です、その盤も欲しいかも(笑)。

2020/9/4 09:32  [2265-3981]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

おはようございます^^

オペアンプすら入っておりません
⇒OH MY GOD!そりゃあきませんな・・・

マスタリングがデジタルでなくアナログマスタリングでCD化された盤も発見!
⇒IMPULで?Balladsは大学の頃からリマスターされるたびに10枚近く買ってますが初期のものは音がダンゴでやたらと分離が悪いので要注意です。
それとJAZZのCDはなぜか平均して国内盤の音質はこじんまりしていてダメなものが多いです。
JAZZの場合、クラッシックのようなまともな録音が少ないので音源探しの無間スパイラルになるケースが頻発しますね 笑

前にオススメいただいたクレンペラーのスコットランド他が非常に素晴らしかったのでなくならないうちにと思ってBoxセットを追加で7つ注文したら昨日からタワーでWarnerのBoxセットのセールが始まって半額近くになってました 大涙
https://tower.jp/article/campaign/2020/0
9/03/01



2020/9/4 11:20  [2265-3982]   

Bigshooterさん

こんにちは〜、返信遅れまして申し訳ございません(^^)

<昨日は夕方から今朝までお客さんと飲みにつきあわされて宿酔で先程までへたばってました。

お酒が飲めるのは良いですよね、下戸でいっさい飲めない私にはちょっと羨ましいですね(^^)
(お酒の味が好きなので、非常に困った問題なのであります、w)

ちちさすさんも言っておられるように、削除の一件については無かった事に致しましょう。
(念を押しておきますがBigshooterさんには一切の非がありませんので、お気になさらぬように。)

<⇒ありがとうございます。それにしてもロジックの組み立てが素晴らしく説得力のある文章には毎回驚かされます。

私も同感です。
なるほど、ロジックの組み立てが素晴らしいと表現すれば良かったのですね、勉強になります。
なんせ、圧倒的に語彙力が無いものですから、いつもどう、表現して良いやら困ってしまうのであります(^_^;)

ジョン・コルトレーンのBalladsは非常に聴きやすく私も一時的に愛聴しておりましたが、やはり名盤なのですか。
なんとなく聴きやすいアルバムは初心者向けだと思ってしまう悪い癖がありますね(^^)

以前お勧めして頂いた、コルトレーンの「Expression」「Kulu Se Mama」「Transition」も非常に楽しめそうなので、なんとか見つけて聴いてみたいと思います。

これからも宜しくお願いします<(_ _)>

2020/9/4 12:28  [2265-3984]   

ちちさすさん

こんにちは〜、今日も暑いです〜(^^)

<お詫びのし合いはもうよろしいかと思いますので、平常運転でよろしくです(^^)

お騒がせ致しまして申し訳ございませんでした<(_ _)>

ちちさすさんの書き込みのおかげで解決出来たと思っております、感謝致します<(_ _)>


<PCが不調なんですよね?
以下の書き込みによるご忠告、ご提案、誠にありがとうございます(^^)

こういった難しい事を難しい言葉を使う事なくわかりやすく書き上げてしまう文章力にはいつも感心してしまいます、
私は簡単な事でも難しい言葉を使い、非常にわかりづらく書いてしまうので、(*´σー`)エヘヘ

いつも適切なアドバイスありがとうございます(^^)

夏バテしないように気をつけてお過ごし下さいね。

書き込みありがとうございました(^^♪

2020/9/4 12:40  [2265-3985]   

Bigshooterさんl
クレンペラーのボックス7種。
ご愁傷さまとしか申し上げようが…。タワーレコードもHMVも新星堂も、クラシックのボックスは定期的に大幅値下げしますので、それもレーベルでローテーションが組まれますので、このレーベルのセールの次はあのレーベル、みたいな予測はつけやすいのです。
でもこれは何年かクラシックCDを買い続けないとわからないですね…。
日本国内盤扱いのタワーレコード独自企画盤も定期的に20%オフがあり、私はいつもそのタイミングでお世話になります(^^;)

アナログマスターのCD化の件ですが、ジャズの場合はハズレを引く可能性の方が高いのでしょうか(^^;)
CDの音声形式略号には現在主流の「ADD」「DDD」のほかに「AAD」というのがあるのはご存じかと思いますが、クラシックCDでは一時、AADが珍重されたことがありました。
AADの意味は、アナログレコーディング・アナログリマスター・デジタル記録のことですが、これは違う受け取り方もあって、アナログレコーディング・アナログ編集・デジタルリマスター(AD変換)という考え方もあり、今はこっちの用法が主流かもしれません。
といっても、実はどっちも意味は同じでありまして、早い話、アナログリマスターの前段階には必ずアナログ編集があり、デジタル記録の前段階には必ずデジタルリマスター(AD変換)がなされます。
なのでものすごく厳密に書きますと、AADとは「アナログレコーディング・アナログ編集とアナログリマスター・デジタルリマスター(AD変換)とデジタル記録」となります。

主旨が逸れましたので戻しますが、クラシック音楽ではアナログ録音のCD化の際、「ADD」だと音質が悪くなるケースが多く(良く言われたデジタルくさい音とか)、アナログの密度感や音色を残した「AAD」の方が音楽的で音も良い時期があったのです。俗に言う「最初期盤CD」がこれに当たりますが、「ADD」の音が大幅に改善されてからは「AAD」は姿を消しました。
でもAADの味はなかなか得難いので、世にはAADマニアなんて人たちもいらっしゃいます。そういう層がいるからだと思いますが、いつだったか、1990年台半ばくらいに、マニア向けにAADが復活したこともありました。
1990年代半ばといえば、金蒸着のゴールドCDだのアートン素材CDだの高音質マテリアルが話題だったようですので、AADの限定復活は「音が良い」の感覚の違い(高音質=音が良い、ではない)が当時から芽吹いていたことの表れですね。
そして2015年にAADでリヒターやボベスコ、ベームなどの演奏が新たに発売され、その時だけですがAADブームが再燃したりしました。

私が中学の時におばあちゃんに買ってもらったCDの中にはAADも少しありまして、籠った感じの音質ではあるんですが音楽的なバランスと音色を感じさせてくれました。当時私はアナログ再生も並行してましたから(CDの所持枚数も多くなかったですし)、AADはアナログの音と通じるものを感じていました。

そんな経緯もあって、私はAADの表記を見ると、おっ、と目を引かれてしまうわけです。

あ、私の書き方が悪く誤解させてしまいましたが、コルトレーンのAADのCDはBlue Trainの方です。5曲構成でした。お勧めいただいたRVGのは7曲構成でしたね。

ところでBlue TrainにはRVG EDITIONというのがありますが、これはRVGさんレコーディングという意味のものでしょうか?
それともRVGさんリマスターという意味のシリーズ?
Blue Trainは録音もRVGさんのようなので、RVGさん録音のシリーズなのか、RVGさんリマスターのシリーズなのか、検索してもはっきり分かりませんでした。つまりはRVG EDITIONはリマスター版ではない可能性もあるかな、と。

2020/9/4 14:10  [2265-3986]   

ところでBigshooterさんがリンクをつけてくださったワーナーのボックスセットのセールですが、私はこの中でヘルムート・ヴァルヒャのバッハ鍵盤楽器録音集を買っているのですが、ハズレのリマスターでした。
このお風呂場音響は、どう考えても旧EMIの初期artリマスターでしょ…。
カール・シューリヒト/パリ音楽院管弦楽団のベートーヴェン交響曲全集も同様のハズレリマスターで失敗しましたし。
ヴァルヒャもシューリヒトも古いリマスターの盤をバラで少し持っているのですが、そっちはまともな音です。
ワーナーの旧EMIボックスは注意が必要です、ホント(^▽^;)
クレンペラーのボックス群が後期artでありますように…。

2020/9/4 14:30  [2265-3987]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんにちわ^^

ジョン・コルトレーンのBalladsは非常に聴きやすく私も一時的に愛聴しておりましたが、やはり名盤なのですか。
なんとなく聴きやすいアルバムは初心者向けだと思ってしまう悪い癖がありますね(^^)
以前お勧めして頂いた、コルトレーンの「Expression」「Kulu Se Mama」「Transition」も非常に楽しめそうなので、なんとか見つけて聴いてみたいと思います。
⇒評論家やマニアから云わせると最もコルトレーンらしくないアルバムとは云われてますが、個人的には名盤ではあると思います。
マニアは至上の愛以降の無調フリーJAZZ色の濃い↑3部作を絶賛しますし、実際私も好きですが冷静に聴いてみるとジミヘンのサックスバージョンで完全に逝ってしまってるドラッグサウンドですね 笑
こんなことを書くとマニアの人が見たら袋だたきに遭いますが、名盤といわれているGiant Stepも実際にはコルトレーンに合わせられるリズム隊とピアノが凄いと思いますね。
コルトレーン自体どちらかというと天才ではなくて努力の人ですからアドリヴのキレとか音色の美しさはスタンゲッツとかには全く及ばないと思いますが、Balladsは最もBalladsに合わない不器用なコルトレーンが一生懸命やってます的な良さが好きなんですよね 笑
冷静に聴いてみるとBalladsを吹くにしてはコルトレーンの音って色気がないです。
個人的にはコルトレーンはマイルスやドルフィーとかと組んだもののほうが好きですね
↑でちちさすさんにオススメさせていただいたAfrica/Brassはコンセプトと音がしっかり噛み合っていて作品的にもパーフェクトだと思います。


2020/9/4 18:26  [2265-3988]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

こんばんわ^^

アナログマスターのCD化の件ですが、ジャズの場合はハズレを引く可能性の方が高いのでしょうか(^^;)
⇒JAZZのCDは未だにAADのものがかなりありますが、JAZZは録音状態が悪いものが多いのでADDだと音の厚み?がなくなってしまったり煩いだけの音になってしまうので音質的に緩いAADのままプレスしているのだと思います。
なにせJAZZのCDでDDDで聴くに堪える音質のものはECMのアルバムくらいですから 笑
JAZZも暫く前にリマスターラッシュがあってSonny Rollinsの名盤と云われているSaxophone ColossusとかもXerdリマスターが出たので買ってみましたが、ただの煩いだけの音質でした。
RVGはRudy Van GelderというJAZZの名プロデューサーの略なのですが、RVGのリマスターは平均してギリギリのラインで音のバランスを取っているものが多いと思います。

Blue Trainは録音もRVGさんのようなので、RVGさん録音のシリーズなのか、RVGさんリマスターのシリーズなのか、検索してもはっきり分かりませんでした。
⇒ちちさすさんにオススメさせていただいたEAN : 0724349532625は2003年のRVGリマスターですね。ふつうはRVGリマスターのものはRVGというマークが入っていますがなぜかBlue TrainだけはRVGマークが入らずに裏ジャケに小さく入ってますが・・・
ちちさすさんにオススメしたDISKはCCCDのものもあるのでもしお買いになるのであれば同じEANでASIN: B0000A5A0Tの方をチョイスして下さい。

ところでBigshooterさんがリンクを・・・
⇒ゾクゾク 冷汗 気持ち悪いくらいの勘ですね・・・

ヘルムート・ヴァルヒャのバッハ鍵盤楽器録音集を買っているのですが、ハズレのリマスターでした。
⇒午前中にレスした後に注文していたので家に戻ってから速攻キャンセルしました。

ワーナーの旧EMIボックスは注意が必要です、ホント(^▽^;)
クレンペラーのボックス群が後期artでありますように…。
⇒出張から帰ってきてからサクっとPCに取込んでザッと聴いてみましたが、これがややこしくてBox単位でなくてDisk単位でリマスターが違うみたいです。
50年代のもののほうが音が良いのとディレイ処理の位相ズレがないので後期かと思います。
マーラーは多分後期ですがブラームスは全滅ですねリバーヴの処理がかなり酷いです。
幸いメンデルスゾーンと幻想は聴ける音質なので良かったです 笑








2020/9/4 19:49  [2265-3989]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

JAZZの名盤でAADのものだと↓が有名でこれは確かオフィシャルでADD盤は出ていません。
CDと比較してみましたが音はいじくってないようなので音質のイメージは把握できると思います。
https://bohemegalante.com/2019/11/19/bil
l-evans-undercurrent/

2020/9/4 22:55  [2265-3990]   

これですかね、w

ちちさすさん

こんばんは(^^♪

<カール・シューリヒト/パリ音楽院管弦楽団のベートーヴェン交響曲全集も同様のハズレリマスターで失敗しましたし。

ひょっとして添付画像の全集ですか?
あちゃ〜、ハズレリマスターの全集でしたか、w
まあ20年近く前に購入したCDなので、気にはしませんが(^○^)

2020/9/4 23:45  [2265-3991]   

Bigshooterさん

こんばんは(^^♪

<⇒評論家やマニアから云わせると最もコルトレーンらしくないアルバムとは云われてますが、個人的には名盤ではあると思います。

職業評論家はかなり酷評しておりましたね、w
まあ誰でも知っている有名な曲が入っておりますし、大変聴きやすいですしね。
クラシックでは私は職業評論家の意見には聞く耳持ちません、勝手に言ってればって感じです、w
Bigshooterさんが名盤、良いアルバムだというなら私はそちらの意見を信用します。
あの曲はコルトレーンのオリジナルなのですか?
CMでも流れていましたし、哀愁がある素晴らしいメロディですよね。

クラシック音楽だと、職業評論家はこぞってベートーヴェンのミサ・ソレムニスはクレンペラー盤を絶賛します。
これはいまだに揺るぎない評価のままで、どの本を見てもクレンペラー盤が出てこないものはありません。
私もクレンペラー盤を所有してますが、ちょっと楽しめません。
難しい音楽をますます難しく演奏しているような感じで、聴いていて疲れてしまうのです。
ちちさすさん曰く、ベートーヴェンの後期の作品なので、難解に聴こえるのは深い内容を持ったものかと思いきや、そうではないらしいのです。
難しい音楽だと捉えて聴いてしまっているのでそう感じるだけだそうです。
私の愛聴盤はカラヤンの3度目の録音、’80年代のものと、ギーレン盤。
ちちさすさんはガーディナー盤が一番良く聴く盤らしいです。
ガーディナー盤は未聴ではありますが、ガーディナーのCDはある程度聴いてますので、どんな感じなのか想像はつきます、古楽器派の演奏ですから。
びっくりしたのが、2番目によく聴くバーンスタイン、アムステルダム・コンセルトヘボウのCDも素晴らしいという事実。
バーンスタインの演奏ならば、コテコテのコッテリ系かと思いきや、実に古典的なスッキリした演奏らしいのですね。
私の愛聴盤も初期デジタル録音の弊害か、濃厚なカラヤン特有の芳醇なオーケストラの響きは無く、ギーレン盤同様、非常に淡白な演奏なのですね、
評論家でも、万人向けの演奏をお勧めする方と、強烈な個性を持った、ごく一部の人しか受け付けないものをお勧めする方と二極化するように思います。
ちちさすさんが2番目に良く聴くバーンスタイン、アムステルダム・コンセルトヘボウ盤はそのどちらにも属さない、知る人ぞ知る名盤なのでしょう。

2020/9/5 00:27  [2265-3992]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんばんわ^^

職業評論家はかなり酷評しておりましたね、w・・・
⇒行きつくところは自分が好きか嫌いか、合うか合わないかということなんでしょうね
プレイヤーも指揮者もポリシーを持ってやっているわけですからいやだったら聴かなけれ ばいいだけの話なんですが、兎角、評論家は自分では楽器の一つも満足にできないのにガタガタ語りますからね 笑
特に日本のJAZZの評論家は論外です。あれこれ語る前に自分で楽器持ってGiant Stepsやってみせてからモノ言ってよって感じですね。

あの曲はコルトレーンのオリジナルなのですか?
⇒「あの曲」がわからないんですが、Ballsdsはすべてスタンダードでコルトレーンのオリジナルはないと思います。

バーンスタインの演奏ならば、コテコテのコッテリ系かと思いきや、実に古典的なスッキリした演奏らしいのですね。
⇒バーンスタインはベートーヴェンの全集、Fidelio、DGとSONYのマーラーの全集くらいしか聴いたことがないですが、FidelioとSONYのマーラーの全集はえらくスッキリしているのでコテコテのイメージはプロデューサーのコンセプトと録音の違いなのかな?なんて感じましたがどうなんでしょうか?




2020/9/5 02:17  [2265-3998]   

Bigshooterさん

おはようございます(^^)

返信遅くなってしまい申し訳無いです。

<兎角、評論家は自分では楽器の一つも満足にできないのにガタガタ語りますからね 笑
<特に日本のJAZZの評論家は論外です。

クラシック音楽も似たようなもんですよ、w
中には楽器もある程度弾ける、楽譜もちゃんと読める人も居るんですが、そうで無い方もいますので、w
Bigshooterさんは楽器もちゃんと習っているし、音楽のスキル、知識が半端ではありませんし、感性も素晴らしいものをお持ちですから、JAZZやフュージョンの事ならBigshooterさんの意見の方がよほど正確でしょう。

<⇒「あの曲」がわからないんですが、Ballsdsはすべてスタンダードでコルトレーンのオリジナルはないと思います。

ごめんなさい、「Say It」ですね。
あの曲もオリジナルが別にあるのですか、そうだったのですね(^^)
私は「Say It」が特に好きで、聴いていると非常に切ない気持ちになりますね。
特に難しいメロディではないので誰でも吹けるでしょうが、あの味わい深い音色は素晴らしいと思うのです。

<FidelioとSONYのマーラーの全集はえらくスッキリしているのでコテコテのイメージはプロデューサーのコンセプトと録音の違いなのかな?なんて感じましたがどうなんでしょうか?

ラーメンみたいな例えにしたのが良くなかったのかもしれません(^○^)
SONYのマーラー全集ですと、主にニューヨークフィルを振って完成させた1度目の録音ですよね。
(第8番のみ、LSOとの録音になってます。)
これは’60年代の演奏なので、晩年の演奏と違ってわりかしまともな演奏での全集の名盤ですね。
晩年のバーンスタインの演奏、例えばチャイコフスキーの「悲愴」とか、モーツァルトの「レクイエム」とか強烈な表現を含む演奏をしているものが結構あるんです。
非常に淡白な演奏ばかり聴いてる私からすると、NYPとの1回目のマーラー全集も情熱溢れる演奏に聴こえるんですけども(^^)

2005年録音のブーレーズの「復活」とか、アーノンクールの最初のモーツァルトの「レクイエム」とか、あるいはパーヴォ・ヤルヴィのベートーヴェン交響曲全集とか比較して聴くと結構びっくりすると思いますよ(^^♪
なんじゃこの軽々がしい演奏は!と驚かれると思います、w
(上記のものは全て名演ですので、試しに購入されたとしても後悔するようなものではありませんが、やはり演奏スタイルの好み、というものがありますので、聴くに耐えない演奏だと拒絶反応を起こすかもしれませんので、ご了承下さい、w)
古楽器派の演奏はオーケストラの人数も少ないですし、ピリオド奏法というノンヴィブラートでの演奏になるので、モダン楽器による、現代オーケストラの演奏スタイルとはだいぶ違うんですね。
(ここら辺の詳しい解説はちちさすさんがフォローしてくれるでしょう、←他力本願か、w)
演奏スタイルを比較しながら聴くのもクラシック音楽の醍醐味ですからね(^^♪

以下は強制するものではございませんので、参考に留めておいて下さい。

上記にあげた、モーツァルトのレクイエム、私は好きなので、50種ほどのCDを所有しておりますが、バーンスタイン指揮の「レクイエム」とアーノンクール指揮の「レクイエム」、これが同じ曲なのか!というほどに表現が違いますので、たった2枚でも非常に楽しめると思います。
(共に強烈な表現の演奏として名盤のものです)

DGに録音したブーレーズ指揮、ウィーンフィルでの2005年録音の「復活」もバーンスタインなどと比べると非常にアッサリとした演奏なので、冒頭からいきなり腰砕けになると思いますが、こちらも聴くほどに癖になる名演です。
(最もこの演奏は拒絶反応を起こす危険性も十分にあり得ますので、w)

RCAに録音した、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー、ブレーメンでのベートーヴェンの交響曲全集。
こちらは古楽器ではなくモダン楽器を使用したオーケストラで古楽器の演奏スタイルで演奏させています。
(最近はこういうスタイルでの録音が多いですね)
2000年以降に出たベートーヴェンの交響曲全集としては出色の出来。
特に第4番は最高の出来で、猛烈なテンポで演奏される終楽章は圧巻です。

古楽器によるベートーヴェンの全集、万が一、購入意欲が湧いてしまったならば、w
ガーディナー指揮による演奏が最初の1組としてはベストかもしれません。
(1990年代の1度目の全集ですね。こちらは古楽器による演奏です。)
古楽器派の演奏を聴くとあまりにあっさりしていて最初は面食らうかもしれませんが、テンポの早い爽快な演奏で聴くベートーヴェンも楽しめますよ(^^♪

あくまでも参考文献として、ですので、←大嘘、w

2020/9/6 07:04  [2265-4001]   

Bigshooterさん

<FidelioとSONYのマーラーの全集はえらくスッキリしているのでコテコテのイメージはプロデューサーのコンセプトと録音の違いなのかな?なんて感じましたがどうなんでしょうか?

についてちょっと補足しておきますね。

私は非常に変わりものですので、一風変わった表現の演奏を普段聴いております。

ちちさすさんに探してもらった、アンセルメのベートーヴェンの交響曲全集なんて、購入する人ほとんど居ません。

ワルターが、血の通った人間味のある演奏をする指揮者だとすると、私は正反対の情のかけらも無いような演奏が好きなんですよ。

どこから情報を得たのかいまだに不明でありますが、ちちさすさんが調べて教えて頂いた、インターコードに残した、ギーレンの「運命」が私にとっては最高の一枚なんですね。
最終楽章でも全く盛り上がらず、機械みたい演奏しているものですけども。
非常に淡々と演奏する、という意味ではクレンペラーも同じなんですが、深い内容が全く無いんですよね、ギーレンの場合。

現代音楽を得意とする指揮者、シェルヘン 、ロスバウト、ブール、ギーレン、などによる古典派の楽曲を聴くのが好きなんです。
フランス料理人が和食を作るような感じですかね、w

得意分野で無いものをあえて演奏しているのが好きなんです、
なので、非常にハズレを引く事も多いですが、自分の好みに合った演奏に出逢った時の喜びが一入なんです。

普段聴いている、演奏があっさり、淡白系が多いので、バーンスタインの一聴して普通の演奏でも、私としては、しっかりとした、濃い演奏になってしまうわけでありまして。

なので、Bigshooterさんの感想、意見は合ってますし、むしろ非常に良い耳を持っておられる、と思いますし。

名曲は、普通の名演で聴くのが一般的ですし、理にもかなっておりますので。

私が書く戯言は右から左に流して頂ければ幸いかと思います。

でも、ハマるとこれがまた面白いんですよね(^^)
モーツァルトのレクイエムは、バーンスタイン盤とアーノンクール盤の違いを聴いてほしいですね、w
(YouTube音源で十分ですので、こういうものは、w わざわざ、購入する必要性はありません)

2020/9/6 08:25  [2265-4005]   

噂のバーンスタイン盤 アーノンクール盤 ない気に持っているカラヤン盤、w

Bigshooterさん

ネットの情報だけ見て適当な事を書いていると思われるのが嫌なので、画像添付しておきます、w

私は実際に所有しているCD、もしくはPCにインポートして聴いた事があるものについてしか書いておりませんので、w

バーンスタイン盤のジャケ写に写っているのは、亡くなったバーンスタインの奥様です。
彼女に捧げられた演奏なので、非常に情感が深くドロドロの演奏になっておりますね。
遅いテンポの部分は極端に遅く、早いテンポの楽章はどの指揮者よりも激烈な演奏となっている名盤ですね、これ。

アーノンクール盤、いったいこれは、w
私が居たレンタル店から、レンタルされないCDとして処分して持ってきてしまったものですね、これは、w
まあ、責任者がこんな感じですから、アルバイトはさぞかし良い思いをしたと思いますよ、w
それまで、重厚なベーム盤を聴いていた私が初めて聴いて、腰を抜かした演奏ですね、w
冒頭から、軽い、軽い、
仮にも「レクイエム」だぜ、これは、アーノンクールさんよう、ふざけ過ぎちゃいけませんぜ、となった演奏ですね、w
本当に舐めた演奏だと思ったんですよねえ、w
しかし、今ではすっかり愛聴盤になっております(^○^)

モーツアルトの「レクイエム」は質の高い演奏が極めて多いですから、このカラヤン盤が評価される事は滅多にありません。(職業評論家からですよ、w)
カラヤン好きの私としては購入せずにはいられなかった、なんとも罪深いCDですね、w

モーツァルトの「レクイエム」は海賊盤でチェリビダッケ盤も持っているのですが、如何せん音が悪すぎます。

Bigshooterさんが購入されたチェリビダッケBOXにはモーツァルトの「レクイエム」は入っておりましたでしょうか?

2020/9/6 08:53  [2265-4006]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんにちわ^^

Bigshooterさんは楽器もちゃんと習っているし・・・
⇒ちょっと私の表現がまずかったみたいですが、楽器ができるから偉いとかそういうことではなくて、わかりやすく云うとプロのアーティストというのはミュージシャンにしろ指揮者にしろ音楽を生業にしているわけですから批評する権利があるのは「金を出して」ライブに来てくれるお客さんであり、「金を出して」音源を買ってくれるお客さんだけだと個人的には思ってます。
ヘッドフォンとかに置き換えて考えるとわかりやすいと思いますが、試聴だけしてサイトとかにボロクソ書き込みをされたら売上や収益に大きく影響するわけで一歩間違えれば訴訟もんですがすが、実際に「金を出して」買ったユーザーは不具合があればクレームを入れる権利があるわけです。
音楽の場合、無形のものなので、特に日本は「音楽=財」という認識が希薄なのではないかと感じます。
アーティストにしてみれば、金も払わないお客様でもない人間にガタガタ云われる筋合いはないですからね 笑
「音」とか「音楽」というものは個人の嗜好に大きく左右されるものなので「絶対」なんてものはないと思うので決して楽器をやるから感性が優れているとか云う意図は全くありません。
私が本サイトで独断と偏見に満ちたヘタなレビューは書きますがクチコミにあまり書き込まないようにしているのは↑のような理由で、絶対に答えの出ない不毛な議論をしても時間のムダだと感じてしまうんですよ 笑
レビューであれば一個人のインプレッションですから感想を書けばいいだけなので気が楽なんですね

ラーメンみたいな例えにしたのが良くなかったのかもしれません(^○^)・・・
⇒バーンスタインやカラヤンのDGのCDはプロデューサーがかなり音造りの面で「重濃」「濃厚」に聴こえるようにインテンショナルにいじくっているのかな〜なんて感じるんですよね
カラヤンのDGのベートーヴェン全集なんか同じ音源でもCDとBlu-ray audioで比較してみると同じ音源なの?っていうくらい音が違います。
CDのほうは音を重厚に聴かせるためにリヴァーヴ聴かせすぎてロックの武道館ライヴみたいな音質ですが、Blu-ray audioのほうはサウンドステージが広くて見通しがいいんですよね リマスターでそのあたりはだいぶ違うんでしょうが・・・
個人的には音のバランスを整える程度であまりサウンドエフェクトが掛かってないものが好きですね^^

2005年録音のブーレーズの「復活」とか、・・・
⇒ブーレーズはDGとSONYのストラヴィンスキーのBOXセットしかも持ってないんですがストラヴィンスキーの場合は後に録音されているDGは天一のラーメンほどではないですがコテコテしてますね 笑

モーツァルトのレクイエムは・・・
⇒私はベームしかも持ってませんが、ちょっと音が煩く感じて2、3回しか聴いてないんですが、チェリビダッケの話題が出たところで先程BOXセットをポチってしまいました 笑
私が持っているチェリビダッケのBOXは#40しか収録されてないんですが、チェリビダッケってモーツアルトの曲みたいな跳ねたリズムがあるものはあまり合わないような気がしますがどうなんでしょうか?

Boxセットの収納スペースが満杯になり、単売のCDも100枚ほど平置き状態なのでベートーヴェンの交響曲全集のオススメは恐れながらスルーさせていただきました 笑
ベートーヴェンは色々な指揮者がやてるのでベートーヴェンの交響曲全集はワルター、クリンペラー、セル、ベーム、チェリビダッケ、カラヤン、バーンスタインと気づいてみたら7セットです 汗
ベートーヴェンの交響曲は指揮者の特徴が出ていて比較すると面白いですね^^



 











2020/9/6 18:12  [2265-4010]   

モーツァルトの40番のCD 演奏タイム

Bigshooterさん

こんばんは(^^)

パッと見て驚いてしまいました、大変な労作ですね。
(心して読まさせていただきました<(_ _)>)

<⇒ちょっと私の表現がまずかったみたいですが、

いえ、見当違いな返信をした私の理解力の無さが原因です、

<「金を出して」音源を買ってくれるお客さんだけだと個人的には思ってます。
<アーティストにしてみれば、金も払わないお客様でもない人間にガタガタ云われる筋合いはないですからね 笑

ちょっと難しい問題でもありますね。
TV、ラジオの場合はどうなるのでしょう。
昔、ザ・ベストテンに何度もランクインしながら出演拒否し続けた松山千春もそういった理由があったと記憶しておりますけども、
(番組スタッフは相当頑張ったみたいですけど、結局はファンの声に説得されて出演したそうですね)
私も最近はクチコミへの投稿は辞めてしまってますけども、違う理由からなので、
う〜ん、非常に難しい問題ではあると思いますので、安易なコメントはしないでおきますね(^^)


<⇒バーンスタインやカラヤンのDGのCDはプロデューサーがかなり音造りの面で「重濃」「濃厚」に聴こえるようにインテンショナルにいじくっているのかな〜なんて感じるんですよね

カラヤンの場合は録音、映像にも相当拘っていたので、録音したものを丸投げ状態にはしてないと思うんですよね。
録音機材の進歩にも敏感で、大変興味を持っていたらしく、死の直前まで、新しい機材の事を大賀さんと話し合っていたみたいですから。
発売されるまで、CD、レコードになる予定の音源のチェックはしなかった事は無いと思うんですよね〜(^_^;)
どんな音質になっているのかは把握していたと私は思いますが、詳細は不明です。
(必死になって検索すれば、それらしき事を書いてあるサイトはあると思うのですが、如何せん億劫なもので、w)
実演ではCD以上の素晴らしい、言葉にならないくらい圧巻の演奏をする事もあったそうですから、
(実演を聴いた人のみが語れる事でしょうね、私もバーンスタインのマーラーの第九は実演を聴いております。CD化されているどの演奏よりも素晴らしいものでした。)


<カラヤンのDGのベートーヴェン全集なんか同じ音源でもCDとBlu-ray audioで比較してみると同じ音源なの?っていうくらい音が違います。

それほどに違うのですか、Blu-ray audioの音源、聴いてみたいですね(^^♪

<⇒私はベームしかも持ってませんが、ちょっと音が煩く感じて2、3回しか聴いてないんですが、チェリビダッケの話題が出たところで先程BOXセットをポチってしまいました 笑

以前購入されたBOXには収録されて無かったのですね、
あらら、私の書き込みのせいで、またまた散財をさせてしまいましたね(^_^;)
すっかり、チェリビダッケのファンになってしまってますね、
(チェリビダッケの演奏には毒がありますからね、素晴らしい演奏はまさしく媚薬ですよね。)

<私が持っているチェリビダッケのBOXは#40しか収録されてないんですが、チェリビダッケってモーツアルトの曲みたいな跳ねたリズムがあるものはあまり合わないような気がしますがどうなんでしょうか?

私もチェリビダッケの音源ですと、モーツァルトでしたら、レクイエムと40番しか所有しておりません。
現在発売されている音源はほとんどが最晩年の頃の録音なので、どうなんでしょうね。
晩年になるほど、スローテンポになっていくあたりはクレンペラーやジュリーニと同じなんですが、
モーツァルトの40番の演奏が合わなかっただけだと思いますけども。
私が所有している40番はシュトゥットガルト放送交響楽団との演奏なので、テンポも早く聴いていても違和感がありません。
Bigshooterさんが所有しておられるミュンヘン・フィルとの40番は聴いた事がありませんので、なんとも言えないところではありますが、単純に演奏タイムを比較してみてどうですか、
おそらく、晩年に録音された演奏だと思いますので、私のCDと比較するとだいぶ遅いテンポで演奏していると思います。
(最も、Bigshooterさんが感じておられる、合う、合わないに関しては、私にはわからないかもしれません)

シュトゥットガルト放送交響楽団との演奏は極端なスローテンポのものは少なくて、私としてはそちらとの演奏の方が好きなんですけども、毒があるのはミュンヘン・フィルを振った演奏ですから。


ベートーヴェンの交響曲全集もすでに7セットも揃えてしまいましたか、w
私も相当数の全集を所有してますけど、ワルター、セル、ベーム、バーンスタインの全集は所有して無いですね。
ワルターは、1番、2番、4番、6番、9番だけ
セルは5番と7番だけ
ベームは6番と9番だけ
バーンスタインは9番が2種だけ、ですね。
所有してないだけで、他の番号の交響曲も聴いたことのあるものはありますけど、何せ記憶力がありませんから、語れるだけの能力が不足しておりますね(^○^)

チェリビダッケの全集の中に、6番のカップリングとしてレオノーレ序曲第3番が収録されていませんか?
私の大好きな演奏の一つです(^^♪、
バーンスタインの「フィデリオ」にもレオノーレ序曲第3番が入っていると思うので、聴き比べてみて下さい。
チェリビダッケの演奏は媚薬のようではないですか?、好きなんですよねえ、この演奏が(^^♪




2020/9/7 01:16  [2265-4012]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんばんわ^^

チェリビダッケの全集の中に、6番のカップリングとしてレオノーレ序曲第3番が収録されていませんか?
私の大好きな演奏の一つです(^^♪、
バーンスタインの「フィデリオ」にもレオノーレ序曲第3番が入っていると思うので、聴き比べてみて下さい。
チェリビダッケの演奏は媚薬のようではないですか?、好きなんですよねえ、この演奏が(^^♪

⇒ゲゲ!今聴いてるとこなんですけど 汗
最近、こういうこと多いな〜

2020/9/7 01:28  [2265-4013]   

Bigshooterさん

シンクロしてるではありませんか、w
私も今、チェリビダッケの40番を聴いている最中です(^○^)

チェリビダッケのレオノーレ序曲第3番、良くないですか?

それまではカラヤンの演奏がダントツのトップだったんですけども、これにはやられてしまいましたね〜(^^♪

2020/9/7 01:36  [2265-4015]   

 Bigshooterさん  

もとい
聴いてたのはクレンペラーのレオノーレ序曲でした 笑

2020/9/7 01:37  [2265-4016]   

クレンペラーの「フィデリオ」にはレオノーレ序曲が収録されていないんですよね〜。

クレンペラーの演奏も聴いてみたいものです、不思議と縁が無く未聴ですので。

そうそう、クレンペラーでしたら、モーツァルトの25番は鉄板と言って良いほど素晴らしい演奏ですよ(^^)

2020/9/7 01:41  [2265-4017]   

 Bigshooterさん  

今、チェリビダッケのレオノーレ序曲第3番を聴いてるとこですが、ストリングスに透明感があって深遠な表現で素晴らしいですね

今日は#5と幻想交響曲の聴き比べをしていましたが、個人的には幻想はカラヤン>クレンペラーかな・・・

あらら、私の書き込みのせいで、またまた散財をさせてしまいましたね(^_^;)
⇒これはAmazonで新品在庫の最後1枚でカートに入れたままで前から迷っていたので・・・
チェリビダッケのブルックナーのBOXとかも廃盤で価格高騰してるし、期待していたクレンペラーのドイツレクイエムが音割れしてるので取り敢えずポチっておこうかなと 笑

音質は80年代のチェリビダッケ(DDD)よりも63年のクレンペラー(ADD)のほうがなぜか断然良いですね 笑

今日から2、3日ワークショップで知床に行くので、昨日は1日聴きだめをしてました。
ヒグマのいるとこだとイヤホンとかして音楽聴いてると気づいたらヒグマに背後とられたりしますから何日は音楽はお預けです 笑

2020/9/7 02:14  [2265-4018]   

 Bigshooterさん  

クレンペラーの「フィデリオ」にはレオノーレ序曲が収録されていないんですよね〜
⇒クレンペラーのBOXはレオノーレ序曲#1-3まで入ってますが、個人的にはチェリビダッケよりクレンペラーのほうが好きかな・・・ 録音の状態も関係しているのかもしれませんが緩急の対比がハッキリしていて彫りの深いドラマチックな演奏ですね

そうそう、クレンペラーでしたら、モーツァルトの25番は鉄板と言って良いほど素晴らしい演奏ですよ(^^)
⇒と云われていたので何度か聴いてみましたが#25はグイグイ行きすぎな感じで私的にはベームの方がしっくりきました。


2020/9/7 02:33  [2265-4019]   

Bigshooterさん

こんにちは(^^)

お時間が空いてしまってすみません。

<今日は#5と幻想交響曲の聴き比べをしていましたが、個人的には幻想はカラヤン>クレンペラーかな・・・

Bigshooterさんはカラヤン盤推しですか、

クレンペラーの演奏は私も最初は好きになれませんでしたが、不思議と時が経つと聴きたくなってくるような盤なんですよね。
私の幻想交響曲の推し盤はポール・パレー指揮のCDですが。
(ドヴォルザークの「新世界より」もポール・パレーの盤が一番好きですね。)

皆が皆、同じ指揮者の演奏を好きになる、というのはある意味不自然ですし、マイフェイバリット盤が各々違う方が面白いと思いますし。

個人的嗜好を押し付ける場ではございませんし、論争をする場でもありませんが、楽しい意見交換は非常に意味がある事だと思ってますし(^^)

<⇒これはAmazonで新品在庫の最後1枚でカートに入れたままで前から迷っていたので・・・

そうでしたか、私が背中を押した感じですかね(^^♪
なんと、音割れしてしまうCDがあったのですか、
(初期のデジタル録音では、帯に音割れをおこしてる箇所がございますが、なんて注意書きがあるCDがありましたけども。)

<音質は80年代のチェリビダッケ(DDD)よりも63年のクレンペラー(ADD)のほうがなぜか断然良いですね 笑

チェリビダッケのCD、DDDとなっているのですか。
クレンペラー盤の方が音が良いのは、ある意味当然の話なんですよね。
当時、チェリビダッケはCDの発売許可を出しておりませんでしたから、当然、そういった名目で録音が出来ませんから、
しかし、では何故、たくさんの録音がされているのかというと、ラジオで放送するためのものだからです。
ラジオで放送するぶんには良いと言う許可を出していたので、オーディエンス録音みたいな質の悪いものではなく、ちゃんとした録音がされているのですが、如何せん放送用のものですから、マイク配置などは優秀なエンジニアが担当しておりませんから、その差がどうしても出てしまうのでしょう。
(録音されたものも、チェリビダッケの死後、CD化されるなんて想定外だったと思いますし。)

<⇒クレンペラーのBOXはレオノーレ序曲#1-3まで入ってますが、個人的にはチェリビダッケよりクレンペラーのほうが好きかな・・・ 録音の状態も関係しているのかもしれませんが緩急の対比がハッキリしていて彫りの深いドラマチックな演奏ですね

残念ながら、私はクレンペラーのレオノーレ序曲は未聴なんです。
Bigshooterさんの感想を伺う限り、かなり良さげな演奏みたいなので、これは聴いてみたくなりました(^^♪

<⇒と云われていたので何度か聴いてみましたが#25はグイグイ行きすぎな感じで私的にはベームの方がしっくりきました。

なるほど、
確かにクレンペラーにしてはテンポが早すぎる演奏ですけども。
このテンポの速い、クレンペラー盤に抵抗がある、という事は、古楽器派の演奏もBigshooterさんの好みには合わない可能性が出てきましたね。
(モーツァルトの25番の演奏だけで判断する事は無茶かもしれませんが。)
こうやって色々な演奏の感想を伺う事で、無用な買い物をする事が無くなれば、それはそれで有意義な事でもあると思いますので(^^♪

CD視聴感想、ありがとうございました(^^♪

2020/9/8 16:36  [2265-4020]   

Bigshooterさん

再び、こんばんは(^^♪

Bigshooterさんが探してくれた、ベームの来日公演、日生劇場でのライブ録音の「フィデリオ」が明日届くそうです。

伝説とも言われる、この記念碑的名演をついに聴ける時がやってきました(^^♪

いや〜、楽しみですね〜。

日にちを間違えて今日取りに行ってしまいました、w
(コンビニ受け取りにしてあります)

ちょっと、発注から発送まで手間取ってしまったので、時間がかかってしまいましたが、明日には手に入るので。

遂にこの日が来たか、って感じですね〜(^^)

ありがとうございます♪

2020/9/8 18:59  [2265-4023]   

ちと余裕がなくてプチご無沙汰ですみません(^^;)

tam-tamさん。
シューリヒトのベートーヴェン交響曲全集、ハズレリマスターはtam-tamさんご所有のボックスではありません。もっと新しいものです。
こういうリマスターのを最新リマスターという謳い文句で出されれると、正直、騙されたという感じが拭えません。
これはヴァルヒャのチェンバロもそうでしたし、Bigshooterさんのクレンペラーのブラームスも多分そんな感じなんだと思います。Bigshooter さんがリバーブと書いてくださいましたが、ヴァルヒャもシューリヒトもそうなのです。
だいたい前期artを最新だなんて、旧EMI音源は確かにartが最新リマスターですけど、artであれば何でも最新というわけではないことをワーナーには知って欲しいものです。

ガーディナーのベートーヴェン交響曲全集に少し触れられてましたが、私は所持しておりまして、まあお勧めするほどの演奏ではないです。
ガーディナーはそもそも音楽の深みを表現するような指揮者ではありません。モーツァルトの交響曲やオペラもそうですし、ベートーヴェンのピアノ協奏曲全集で伴奏をしたものも持っていますし、ベルリオーズの「ファウストの劫罰」や、モンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」もありますけど、類いまれなバランス感覚を前面に出した精緻で美しい表現での構成的演奏が特徴です。そしてそれが評価されてきた指揮者です。
こういう傾向ですから、モーツァルトのように深みのある演奏も、深みのない外形的な演奏もどっちも楽しめる曲なら良いのですが、ベートーヴェンのようにある程度の深みを伴わないと曲そのものを味わえないものですと、聴いた後の印象が希薄なんですよね。

オリジナル楽器での交響曲全集は、どの指揮者も出来にムラがあり9曲全部良いというのは私の知る限りありません。
ブリュッヘンも推せるのは第1番、第4番、第5番の3曲ですね…。


ベートーヴェンのレオノーレ序曲第3番はフリッチャイ/ベルリン・フィル、モーツァルトの交響曲第25番はワルター/ウィーン・フィルのライヴ、いずれもこの曲のベストワンではないですが、一番好きでよく聴くのはこれらです。

2020/9/9 08:57  [2265-4026]   

ちちさすさん

こんばんは〜(^^)

<ちと余裕がなくてプチご無沙汰ですみません(^^;)

ヘッドホンの件でこちらにお越し頂いた時に、あまりマメに書き込みが出来ない事は伺っておりますので(^^)
私としては、これほど顕著に書き込みして頂けるとは思ってなかったので、嬉しい誤算です。
色々勉強になる書き込みも多く、非常に感謝しております。


<シューリヒトのベートーヴェン交響曲全集、ハズレリマスターはtam-tamさんご所有のボックスではありません。

私の所有している全集は残響など無く、どちらかといえばドライな音質ですね。
ちちさすさんはシューリヒトの全集を買い直してしまったのですか?
CDは購入して開封して聴くまではわかりませんから、他人の意見を参考にしないとメーカーの謳い文句に騙されてしまう事がありますよねえ。

<こういうリマスターのを最新リマスターという謳い文句で出されれると、正直、騙されたという感じが拭えません。

確かにクラシックのCDは、最初に出たものが一番音質が良かったり、海外盤のものより、日本国内盤の方が音が良かったり、新しいリマスター盤の方が良かったりと難しいですね。

<ガーディナーのベートーヴェン交響曲全集に少し触れられてましたが、私は所持しておりまして、まあお勧めするほどの演奏ではないです。

古楽器派の中ではまとまりがある全集だとは思いますけど。
モダン楽器によるオーケストラの全集と比べてしまうとそうなるかもしれませんが、古楽器派の全集の中ではお勧めしやすいものと思っております。

なんと、ベルリオーズの「ファウストの劫罰」とモンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」のガーディナー盤は私も所有しておりますよ、偶然ですね〜(^^♪

<オリジナル楽器での交響曲全集は、どの指揮者も出来にムラがあり9曲全部良いというのは私の知る限りありません。

エロイカと第九が難関になってしまってますね。
古楽器派の演奏は特に演奏に深みが無くても良いと思っております、私個人では。
楽しめる人はそれで良いと思うので。(例えベートーヴェンの曲であろうとも)
嫌いな演奏スタイルなら無理して聴く必要性は無いと思っておりますので(^^)
私も、全ての古楽器派の指揮者の演奏を聴いたわけではありませんが、9曲全て良い、という全集は聞いたことがないですし、現実的にも存在しないと思っております。

<ブリュッヘンも推せるのは第1番、第4番、第5番の3曲ですね…。

ブリュッヘンは1回目の全集は所有しております。その中では第一番が最高だと思いますね。
第九は実演を聴いておりますが、やっぱりCDで聴くのと同じで良くはありませんでした。
むしろCDの方が実演よりも良いですね、とにかく合唱団の人数が100人以下だとどうしても物足りません。
なんとかなるのは第一楽章と第二楽章くらいなもので、これはどの古楽器派の指揮者でも同じでしょうね。

<ベートーヴェンのレオノーレ序曲第3番はフリッチャイ/ベルリン・フィル、モーツァルトの交響曲第25番はワルター/ウィーン・フィルのライヴ、いずれもこの曲のベストワンではないですが、一番好きでよく聴くのはこれらです。

フリッチャイのレオノーレ序曲第3番は聴いた事がありません、なんとなく素晴らしい演奏の香りがしますね(^^)
私は一番最初にカラヤンの演奏を聴いてしまっているので、これ以上の演奏がなかなかありませんねえ(^^♪
(同じような表現での演奏では、カラヤン以上の演奏はちょっと無いのでは?と思っております、チェリビダッケ盤は最後のコーダの部分が独特で好きなのです)
Bigshooterさんによるとクレンペラー盤も素晴らしいそうで、フリッチャイ盤と合わせて聴きたいものですね♪

モーツァルトの25番、ワルターの演奏は私はウィーン・フィル盤、ニューヨーク・フィル盤、共に所有しておりますが、どうも劇的過ぎてフルトヴェングラーが演奏しているようで、何回聴いても受け付けません。
25番はどちらかと言うと古楽器派の演奏の方が好きですねえ(^_^;)
もっとも私は、ちちさすさんやBigshooterさんほど、音楽的スキルも無いですし、深いところを聴いていないのだと思います。
自分の好みに合えば、それで良しってな感じですから、曲の本質がどう、と言うところまでたどり着いていないのでしょうね(^○^)

お忙しい中、書き込みありがとうございます(^^♪、色々と参考になりました。

2020/9/9 23:17  [2265-4027]   

ガーディナーのベートーヴェン交響曲全集(アルヒーフ)

tam-tamさん。
ガーディナーのCDはなんのかんの言いながらもけっこう持っていたりします。
先にあげたもの以外では、バッハのロ短調ミサ曲、マタイ、ヨハネ、クリスマス・オラトリオ。シューベルトの「ザ・グレイト」、メンデルスゾーンの「イタリア」「宗教改革」、ブラームスの「ドイツ・レクイエム」、他にも持ってたかも。
おすすめはモーツァルトの交響曲集で、深みはないですがバランス感覚に秀でたすごく馴染みやすい良い演奏です。
ベートーヴェンのピアノ協奏曲全集の伴奏も、ソリストのレヴィンとの調和がピッタリで、軽いといえば軽い演奏ですけど、オリジナル楽器の全集としてはファーストチョイスで確定です。

ガーディナーは意外な録音もいくつかあって、シャブリエの管弦楽曲集とか、レハールのメリー・ウイドウとか、ホルストの惑星とか。中ではホルストが一番意外ですが、聞くところによると、録音したのはホルスト家とガーディナー家が遠い親戚にあたるから、という理由だそうで(^^;)
どれも聴いてませんけど、曲名だけ見ればガーディナー向きな気がします。

ベートーヴェンの交響曲全集、ガーディナーはまとまりはありますけど、やっぱりこの人は音楽の抑揚がないので…。
オリジナル楽器では「英雄」と「第九」が難関となっている、というご意見には賛成ですね。
ホグウッド、ブリュッヘンがまさにこの2曲が落ちますしね。おとなしすぎます。
もっともモダン楽器でも全9曲みんな均質に演奏が良いのはあまりないですけど、私が所持しているものではハイティンク/アムステルダム・コンセルトヘボウがこの意味でおすすめです。


Bigshooterさん。
クレンペラーの録音はCD化でスケール感が小さくなった、という評が散見されるのですが、我が家にはハイドンの交響曲集が、おばあちゃんのLPと、CDで買い直したものとで、同じ演奏がLPとCDで聴き比べできます。
CDはやっぱりこじんまりしてしまって、スケール感から醸される音楽の威容が小さいです。
過去、この音楽の威容がクレンペラーの評価を作り上げてきたので、CD化でこれが小さくなってはかなり残念なのですが、他のリマスタリングは聴いておりませんので、威容を取り戻すリマスターがなされたかどうかはわかりません。
Bigshooterさんのお買いのボックスにハイドンが入っておりましたら、LPとの比較はできないでしょうが、音楽のスケール感としてどうなのかお伺いしてみたいものです。できればいつのリマスターなのかが記されておりましたら、その情報も。

2020/9/10 08:42  [2265-4028]   

ウィーン・フィル盤 ニューヨーク・フィル盤

ちちさすさん

おはようございます(^^)、
(書き始めた時間的にはまだ「おはようございます」の時間でした、w)

返信が遅れてしまい申し訳ありません、ここ最近やる事が多く疲れてしまっていて(^_^;)
ようやく落ち着きましたので、ゆっくり書き込む事ができるようになりました。

今回のレスも私の知らなかった事がたくさん書いてあり大変良い勉強になりました。

あまり時間が取れない中での書き込みだと思いますので、本当に感謝致しております。


<ガーディナーのCDはなんのかんの言いながらもけっこう持っていたりします。

メンデルスゾーンの「宗教改革」は「イタリア」とのカップリングでしょうか?
個人的には「宗教改革」はメンデルスゾーンの交響曲の中でもあまり聴かれない曲だと思うのですが、
実は私はメンデルスゾーンの交響曲の中で一番初めに好きになったのがこの曲なので、少しばかり驚いております(^^)

ガーディナーのCD、随分たくさん所有されているのですねえ。
私が最初に聴いた古楽器派の指揮者はホグウッドでした、ベートーヴェンの第九でしたね。
木管が倍管になっていて4管編成になっている演奏のものでした。
なので、第二楽章なんかは結構楽しく聴けるんですよね、イヤホンで聴いているので、モダン楽器のオーケストラによる演奏よりも迫力あるじゃん!って、w
ところが第三楽章、第四楽章になると曲を表現する、というより、楽譜のテンポ指示(ベートーヴェンが記入したメトロノーム)に忠実に従った演奏になってしまい、全然楽しめない。
特にテノールのトルコ行進曲が終わり、オーケストラだけの演奏になる部分があるじゃないですか?
あの部分をベートーヴェンが記入した怪しいテンポ指示を忠実に演奏してしまっているので、なんともヘンテコな感じで、聴いていて非常に違和感を感じましたね。
(いくら何でも遅すぎる、音楽が死んでしまってます。)
それとやはり少人数の合唱団による声楽の弱さ、木管を倍管にしてあるので、全体的なバランスが全く取れてない。
これはどの指揮者で聴いても古楽器派であれば同じ感じであり、駄目だと思いました。

当時としては一部の評論家から評価の高かったブリュッヘンは、全集を購入したあと、来日した時に実演を聴いたのですが、あまりに貧弱な音量で楽しめなかった思い出がありますね。
カラヤンとライバル比較されるバーンスタインの実演とは、コンサート会場のただならぬ雰囲気からして全く別次元でしたね。
アリが歩いている音さえも聞こえるような圧倒的な静寂感は私が行ったコンサートではバーンスタインだけでしたので、やはり亡くなって伝説化される指揮者の演奏会場は他の指揮者とは全然違いますね。
でしたので、体調さえ悪くなければ行けたであろうカラヤンの来日公演は聴いてみたかったですねえ。

前のレスで、ワルターの25番の話が出ましたが、ちちさすさんが所有されている盤と同じものでしょうか?
元の音源は同じだと思うので、違う盤だとするとBOXか何かで購入されたものですかね。

このワルターによる25番はどうも受け付けない演奏だと書いてしまいましたが、私がこのCDを最後に聴いたのが20年近く前で、それ以来聴いていませんでした。
ウィーン・フィル盤もニューヨーク・フィル盤も演奏のコンセプトは変わらないので、どちらの演奏も同じ感じですが、ニューヨーク・フィル盤の方がより激しいものとなっておりますね。
で、昨日久しぶりに聴いてみたんですね、
そしたら、感じ方が全然違うのですね、
コロンビアとの演奏で録音した晩年のステレオ録音の演奏の方がワルターとしては異質であり、モノラル音源しか無い全盛期のワルターの演奏こそ本質が出ているのではないか?と。
オケがウィーン・フィルという事もあり、ニューヨーク・フィル盤には無い魅力的な部分もあり、バランス的にはこちらの方が優れているでしょうね。
25番の演奏としては唯一無二の魅力を持った演奏であり、当時としては感じる事が出来なかった魅力がある程度理解出来るようになりました。
大時代的な演奏ではありますけれど、現在ではあのような表現の演奏を出来る指揮者は皆無であり、そういった意味でも大変素晴らしい意義ある演奏だと感じました。
面白いものですね、20年経っても聴きもしないで、感想が書けるのですから、
それも記憶力が悪い私ですから、余程強烈なインパクトがあったのでしょう、w
あれから随分と色々な演奏を聴いて、私の感性も少しは許容範囲が広がったのだと思います(^^♪

安易に拒絶するような感想を書いてしまい申し訳ないと反省しております。

一旦送信しますね、w

2020/9/11 13:13  [2265-4029]   

ちちさすさん

続きです、w

ちょっと長いレスとなってしまいましたがお許しくださいませ、w

古楽器派はあまり聴かれないとどこかで読んだ記憶があるのですが、ガーディナーだけでなく他の古楽器派の指揮者のCDもたくさん所有しておられるのですか?

私も所有していますベルリオーズのCDは、実は古楽器による演奏とは知らないで購入したものなんですよねえ、w

ベルリオーズは大好きな作曲家であるので、購入したんですけども、いざ聴いてみると、どこか違和感があるのですね、w
(ピリオド奏法による演奏ですから、流石に鈍感な私でも違和感を感じるのです、w)
調べてみたら、なんと古楽器のオーケストラによる演奏だという事がわかりまして、w
そこで、はじめてガーディナーという指揮者の名前を知ったんですね。

ガーディナー、確かベルリオーズの「幻想交響曲」がこの指揮者が一躍有名になったものだと記憶しておりますが違いますか?
オリジナル楽器による「幻想交響曲」はガーディナー以前にもノリントンとかが演奏したものがありますが、何より、実際の古楽器を使用した演奏を映像化したのはガーディナーが最初だったような気がします。
通常はチューバが代行して演奏されますが、異様な形をしたオフィクレイドやセルパンといった、現在ではほとんどお目にかかる事が無い楽器は鮮烈でしたね。
こういった演奏が作曲された当時に行われていたのですから、相当な衝撃だったと思うのです。

<おすすめはモーツァルトの交響曲集で、深みはないですがバランス感覚に秀でたすごく馴染みやすい良い演奏です。

ガーディナーはモーツァルトが素晴らしいのですか、モーツァルトの関してはあまり知識がないんですよね。
とにかく聴かなければいけない楽曲が多すぎて、w
私はガーディナーのモーツァルトは聴いた事がありませんので機会があれば聴いてみますね(^^)

<ガーディナーは意外な録音もいくつかあって、

これらの楽曲についてもはじめて知りました。
ホルストの「惑星」が一番意外ですよね。
実はガーディナーが「惑星」を演奏している、というのは少し前に知った事なんですね。
クラシックに興味の無い方が音質チェック用にとクラシック通の方からお勧めされたCDだそうで、私はそれを聞いた時耳を疑いました。
ガーディナーがホルストの「惑星」なんか演奏するはずがないだろう、聞き間違いじゃないのかい?
しかし、実際所有しているのですから、間違えようがないわけで、w
録音が大変優秀なCDらしく、その時、ガーディナーの「惑星」の事を知ったのですが、何故、演奏しているのかという理由は今回はじめて知りました(^^♪

<ベートーヴェンの交響曲全集、ガーディナーはまとまりはありますけど、やっぱりこの人は音楽の抑揚がないので…。

古楽器指揮者による全集の中ではやはりまとまりがある方ですよね^ ^
「抑揚がない」のはガーディナーの面構えでなんとなくわかるじゃないですか、w
感情移入が激しい演奏が苦手な人にはいいんじゃないかと思うんですよね(^^)

<もっともモダン楽器でも全9曲みんな均質に演奏が良いのはあまりないですけど、
<私が所持しているものではハイティンク/アムステルダム・コンセルトヘボウがこの意味でおすすめです。

私はかなりの枚数の全集を所有してますけど、一組も無いですね、w
その中で、フランツ・コンヴィチュニーの全集が大変素晴らしい出来なのですが、第九に一つ難がありまして。
それは、テノール歌手の声が好きではないんですね、w
フルトヴェングラーのバイロイトの第九のテノールは素晴らしいじゃないですか、ヘルデンテノール的で。
ああいう感じのテノールの声質が好きなんですよねえ、w
あのテノールが別の歌手だったら、コンヴィチュニー盤は最高なんですけどね。
(第九の最終楽章を除けば、コンヴィチュニー盤は変な癖もなく大変素晴らしい全集ですね。)

ハイティンク盤の全集は未聴なんですよね。
ハイティンクは好きな指揮者ではないんですよ。
もっとも、これは単純に食わず嫌いなだけであり、ほとんどハイティンクの良い演奏は聴いた事が無いだけだったりします(^○^)
私が居たレンタル店には結構置いてあったので、一通り聴いてみましたが、どれもピンとくる演奏がなく、それ以来全く聴いていないのですね。
ベートーヴェンの交響曲全集、ハイティンク盤が素晴らしいものである、と。
是非聴いてみたいと思います、やはり昔持ってしまったイメージだけで聴かないのは良く無いことですからね。
やはり優秀な全集は一組持っておきたいところですからね(^^)

今回も非常に良い勉強になりました。
ありがとうございます(^^♪

体調に気をつけてお過ごしください、まだまだ暑いですからね。

2020/9/11 13:22  [2265-4030]   

遂に我が手に!

Bigshooterさん

こんにちは〜(^^)

探して頂いたベームの「フィデリオ」届きました〜。
聴いてみました〜。

こりゃ、凄いCDですね(^^♪

1963年のライブ録音とは思えないほどに生々しく素晴らしい音質です。
こんな演奏が、私が生まれる6年も前に日本で演奏されていたのかと思うと想像を絶します。

非常に淡々と演奏されるクレンペラー盤とは反する情熱的な演奏で、ライブで燃えるベームの素晴らしい演奏が堪能できるCDで、購入出来て良かったです(^^♪

フィデリオ=レオノーレ役のクリスタ・ルートヴィッヒはクレンペラー盤と同じですので、素晴らしいのはもちろんですが、スタジオ収録ではなく、実演での歌唱が聴けて興奮しております(^^)
他の声楽陣も素晴らしく、実に良いタイミングで購入出来たと感謝しております。

これまで、クレンペラー盤以外は、どの盤も帰宅して聴いてみてガックリという繰り返しでしたが、今回のベーム盤は本当に素晴らしく、長い間楽しめそうで、非常に良い買い物となりました。

本当にありがとうございました、と書いている最中もベーム盤を聴いて感動しております(^^♪

2020/9/11 14:15  [2265-4031]   

フィデリオ 第九のライブ盤 レガシーシリーズの一枚 幻想交響曲

ちちさすさん

おはようございます(^^)

現在童謡の視聴記を作られているようで、事前にどのヘッドホンで聴くのが最適なのかまで選定されているのには驚きました。

私はそこまで真剣に聴いていないと思います、ちょっと己が恥ずかしくなりました。
(わざと己なんて言葉を使っておりますが、w)

<クレンペラーの録音はCD化でスケール感が小さくなった、という評が散見されるのですが、
<Bigshooterさんのお買いのボックスにハイドンが入っておりましたら、LPとの比較はできないでしょうが、
<できればいつのリマスターなのかが記されておりましたら、その情報も。

Bigshooterさんへの質問ですが、私もいくつかクレンペラーのCDを所有しておりますので、その中でもおそらくちちさすさんが所有されていないと思われる盤について書いてみたいと思います。
(以前所有されていたミサ・ソレムニスは同じ盤だと思いますので。)

画像添付が4枚までしか出来ませんので、左の「フィデリオ」から、1、2、3、4、と番号を付けますね。

1、「フィデリオ」 
1962年録音、1989年リマスターの盤 ADD

2、クレンペラーの代表盤でもある1957年の第九のスタジオ録音される直前に演奏されたライブ盤。
1999年リマスター、こちらもADD

3、クレンペラーのlegacyシリーズとして発売された、定番では無いCD。
1969年5月30日録音、ベートーヴェンの第4と第5のライブ盤。
1998年リマスター、ADD、こちらはARTとの表記があるので、ART処理されたCDなのでしょう。

4、1964年の幻想交響曲、1991年リマスター、ADD。

私もこれらのレコード盤は所有しておりませんので、もちろん比較は出来ませんが、

まず、CD化されて音が悪くなったというか、音量が小さくなってしまったものはいろんなジャンルの音楽のCDで多数確認出来るんですね。

世界で最初に販売用CDとして生産されたのがクラシックではなく、ビリー・ジョエルの「ニューヨーク52番街」というアルバムなんです。
これは私はレコードでも、CDでも所有しておりますので、CD化されてスケールが小さくなったなあと当時実感したものでした。
(ABBAのThe Visitors、という説もありますが、一般的には「ニューヨーク52番街」で間違いないと思います、僅か数週間の違いであり、発売された国によって違いますので。)

カラヤン指揮のアルプス交響曲が1981年にテストCDとして製作されていますが、生産が開始されたのは1982年になってからで、発売はポピュラーミュージックの方が先になってしまってます。

で、クレンペラーのCDの音の感想ですが、「フィデリオ」が一番良くないです。
音質そのものが悪いのではなく、ダイナミックレンジが明らかに狭く、音量が小さい。
現在、この「フィデリオ」は2000年リマスター盤が発売されておりますが、未聴のため私の所有しているCDとの比較は出来ておりません。

2の第九のライブ盤はまあ普通のCDの音で、特別良くも悪くもありません。
私が所有している、スタジオ盤より音が良いくらいです、1957年のライブ録音としては優秀かもしれません。
(この第九は国内盤で、リマスター年月日はおろか、AAD、ADDなどの表記もジャケットにもCDの盤面にもありません。おそらく、CD化された最初の盤でしょう。このCDも「フィデリオ」同様音量が小さいですね。)

3のlegacyシリーズのベートーヴェンは、ART処理されたものですが、音質は良いですね。

4の幻想交響曲はリマスターが「フィデリオ」と比較的近い年月日の盤ですが、音質は悪くなく、音量も普通です。クレンペラーのスケール感が損なわれてしまった感は全くありません。

なので、「フィデリオ」だけですね、スケールが小さくなってしまっているのは。
オーケストラも室内楽的で、迫力がなく、これが原因でいくつもの「フィデリオ」を買い漁るきっかけとなってしまいました。

後はベートーヴェンの1回目の交響曲全集とか、モーツァルトの交響曲選集とか所有しておりますが、音質はどれも文句のないものばかりです。
(ジャケットの裏面、及びCD盤面にARTと表記されているものはlegacyシリーズのCDだけですね。私が所有しているクレンペラーのCDでは。)

童謡の視聴記の完成、楽しみにしております(^^♪


2020/9/16 08:34  [2265-4039]   

tam-tamさん。
私の縁側で試聴記、カメラのクチコミでマウントアダプターのテスト記事を作っておりまして、限られた時間で書いてますので、ちとこちらをご無沙汰しますが、区切りつきましたらまた顔を出しますね。

クレンペラーのCDでスケールが小さくなったお話、音量の問題だけではありませんで、ダイナミックレンジが狭まった感がありました。LPと直接比較できたのはハイドンだけですが、ほかのCDはどうなのかなぁと思った次第です。
tam-tamさんのベートーヴェンの第4と第5は、リマスター年を見ると初期artでしょう。tam-tamさん的には音質が良いんですね。初期が全部ダメというわけでもないでしょうしね。
このレガシーシリーズ、確か第4第5のほかに、メンデルスゾーンのスコットランドも出ていたと思います。スコットランドはクレンペラーが最終楽章コーダを自作に(勝手に)差し替えたので有名だった演奏と記憶しています。すごく憂愁を感じるコーダに変わったそうで、一度聴いてみたいものです。

2020/9/17 13:22  [2265-4040]   

ちちさすさん

こんばんは(^^)

<私の縁側で試聴記、カメラのクチコミでマウントアダプターのテスト記事を作っておりまして、

大丈夫ですよ、あまりお気になさらずに。

童謡の視聴記を書くのにも随分と念入りな準備をしている事もわかっておりますので、
ご自身のやりたい事をまずは優先してください。
こちらの縁側は現在特に書き込みを急ぐ必要性がある話題があるわけではありませんので(^^♪

<クレンペラーのCDでスケールが小さくなったお話、音量の問題だけではありませんで、
<ダイナミックレンジが狭まった感がありました。

こちらに関しては音量が小さい=ダイナミックレンジが狭まったから、と思っていましたので、私の知識不足による誤解でしたらごめんなさい。
要はCDの規格、フォーマットその限界値ギリギリまで、出せてないって事、なんですね。
私ではちょっと上手く説明出来きませんので、割愛させて頂きますね。

<tam-tamさんのベートーヴェンの第4と第5は、リマスター年を見ると初期artでしょう。tam-tamさん的には音質が良いんですね。初期が全部ダメというわけでもないでしょうしね。

初期arと後期artがどれほど違うのか、わかっておりません、
特別音質が良いという感じではありません、ライブ録音だから残響音がそれほど気にならないだけかもしれませんし。
(音質は良いです、と書いてますが、「フィデリオ」と比べた場合ですね、)
ただ、聴くに耐えない音質のCDではないですね、個人的には許容範囲のCDだという事ですね。
やはり余計な口出しをしたみたいで、申し訳ないですm(_ _)m。

<このレガシーシリーズ、確か第4第5のほかに、メンデルスゾーンのスコットランドも出ていたと思います。
<すごく憂愁を感じるコーダに変わったそうで、一度聴いてみたいものです。

1969年5月23日に演奏されたものですよね。
私が所有しているベートーヴェンのCDと同じart盤ですので、同様の音質のCDでしょうね。
こちらのCDに関して音質について書いてあるものがあるのであれば、そちらの感想の方がより正確だとは思いますよ、
私はクラシックに合わせたアンプ、ヘッドホンで聴いておりませんから。
LUXMANのヘッドホンアンプ、FOCALのヘッドホンでクラシックを聴いてイチコロになったくらいですからね(^^)
ちちさすさんが普段聴いていらっしゃるシステムとは比べ物になりません。

今回は他の方に聴いた質問でしたので、ただただ余計な事を書いてしまいました、申し訳ないです<(_ _)>
童謡の視聴記、楽しみにしていますよ(^^♪
後々、色々と参考にするかもしれません。

お忙しいところレスありがとうございました(^^)

2020/9/17 23:47  [2265-4042]   

ちちさすさん

誤字訂正、追記

初期arと後期artがどれほど違うのか、わかっておりません、

初期artと後期artがどれほど違うのか、わかっておりません、

artとは、ABBEY ROAD TECHNOLOGYの略称だったんですね、ちょっと勉強致しました(^^)

クレンペラーのスコットランドについて、録音年月日の事だけ書いて、肝心の事を書くのを忘れてしまってました。

legacyシリーズから出ていたスコットランドはクレンペラーの自作コーダになっているという話ですが、60年に録音された、楽譜通りに演奏しているもの関してクレンペラーは不満があったそうです。
(この録音の際も自作コーダによる演奏をしたかったのだけど、止められたのだと思われます。)
60年録音の正規盤もコーダの部分の表現が他の指揮者と違うのはそういった事だと思います。
つまり、60年以前から実演では自作コーダに差し替えて演奏していたと思われるんですよね。
残念ながら、海賊盤でもこのような自作コーダによる演奏のCDが発売されていないので確認は取れませんが、
ちちさすさんなら、ある程度調べる事が出来ると思うので、参考になるものを書いておきますね。
クレンペラーのスコットランドは60年の録音、69年のライブ録音の他に、ウィーン交響楽団との51年盤があるんですね、
ところが実際にクレンペラーによる演奏は第二楽章までで、第3、第4楽章は他の指揮者が演奏しているんですね。(ヘルベルト・ヘフナー)
こういった事が起こったのも、クレンペラーが自作コーダによる演奏をしようとしたからではないでしょうかね?
とにかく非常に頑固な性格の人だったらしいので(^^)


童謡の視聴記、すでにアップされていたんですね。
今回はこれまでで、最も力のこもったものになってますね、文書量もそうですが、あれを書き上げるのにはさぞかしそれなりのパワーが必要だったと思われます。
素晴らしい視聴記になっていました、何度か読みなおして、勉強してみます。
とにかく普段聴かないようなジャンルでも聴きたくなってしまうような魅力的なものでしたから(^^♪

2020/9/18 05:19  [2265-4044]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ



m56059さんの掲示板も遂にvol.3突入ですね(^^♪

後半の追い込みは凄かったですね〜。

これからもよろしくお願い致します<(_ _)>

2020/7/5 21:09  [2265-3752]   


m56059さん

今晩は。
ES9P29PROは最新ではないですね。
Astell&Kern kann cubeという化物DAPがあるんですが、このDAPにはなんとES9038PROが搭載されております。このDACは据置アンプ仕様なんですがね…大型化したDAPに搭載したなんとも言えない無骨さもあって前代未聞のプレイヤー…(笑)
音質は極めて鮮やかであり、演奏曲聞くとうなじからうぶ毛が逆立ちます。(苦笑)

私もAK4497EQ搭載のFA3は好きですよ。特に3.5mm4極接続でイヤホンから聞くとヴォーカルが素晴らしいです。この値段でここまで楽しめられるのは前代未聞です。はい、前代未聞2回目です。
しばらく待った方がよろしいのでは?そのうちFA4出ますよ。

私は直接F.Audioさんとはメールしてません。このメーカーさんは代理店経由でしかやり取り出来ないですね。なので私は中国にあるとある有名なオーディオショップ経由で質問しました。私の質問は代理店経由でF.Audioさんに行ってます。伝言ゲームですね。

回答頂きました。現状、4000曲以上入ったSDカードは読み込み出来ず、読み込んだ場合、ディレクトリが破損します。なのでやむなしですね。私の場合、SDカード破損までしました。なので注意ですね。
ファームウェアについては聞いてみました。回答あれば共有しますね。

2020/7/6 22:43  [2265-3765]   

Tamtamさん

たくさんのよいしょ!ありがとうございます。

マイケル・ジャクソンの葬式は蚊帳の外の野次馬ですよ…。なので微妙です(笑)
そして帰りに酒に走り、帰りは飲酒運転で危うく事故って死ぬところでした。友達がハンドル切ってくれなかったら…。若かりし頃の過ちですね。

英語は悲惨なことになってます。スペルミスは多く、発音もダメダメになってきました。酔うと不思議と流暢になります。なんなんですかね。

2020/7/6 22:48  [2265-3766]   

 m56059さん  

tam-tamさん

tam-tamさんの予想どうり、本日昼頃にONZOのATH-WP900の空きが出て
借りれる事になりました!

毎日、朝昼と借りたい機種の該当ページを足げく見ていたのです。

tam-tamさん 占い師みたいですね!見事いつも的中!

ちなみに私が将来どうなっていくのか予想してみて下さい!

2020/7/7 19:22  [2265-3768]   

 m56059さん  

tam-tamさん

書き込み数日ないですね。

だいじょうぶ??…?

もしかして… あれこれ考えてしまう…

だいじょうぶかあああああ!!

2020/7/10 23:03  [2265-3769]   

 m56059さん  

tam-tamさん

本日は超長超ひさしぶりにeイヤに試聴してまいりました。

主目的はHugo2でK812を聴く事。K812はお店に無さそうだったので(名古屋店に同機の中古販売無しは検索可)持参して行きました。

Hugo2はSONYのTA-ZH1ESと聴き比べたかったんですが、なんとTA-ZH1ESはもう置いてませんとの事。
まあ代わりのゼンHDV820(評判イマイチ?)だったっけ が置いてあったのでそれをも。

Hugo2はすぐに充電切れになってしまったので短時間だけでしたが
TA-ZH1ESと比肩するほどに音良いし、K812の場合TA-ZH1ESより大きな音が出せました。
またどちらのアンプもそうでしたが、私のシステムはノイズ対策をして頂いたので
普段は気にならなくなっていたのか、本日の試聴では全ての試聴において「ノイズありまくりだな〜」と感じる事ができました。Bigshooterさんあらためてありがとうございました。

Hugo2は短時価でしたが当初の目的は達成。
副目的として、デノンのAH-D9200とゼンHD820とMDR-Z1RとオーテクATH-ADX5000,
,TAGO STUDIO T3-01,beyerdynamic T 1 2nd ,HD650 を対象としました(全部過去に試聴歴のあるものばかりですね)。

テーマとしては、コントラバスの最低域をいかに気持ちの良い音で鳴らせるか(最低域でどれほど出汁が美味いか)と
「耳とドライバの間にある空間の空気感」としました。
もちろん高域が不合格点であれば却下です。
あ AH-D9200は中古が無かったので(新品は試聴不可)AH-D7200を聴きました。

上記の中で一番良かったのは、なんとAH-D7200 僅差2番手はHD820(音場広い分なのか低域迫力は0.2歩ゆずるか あと高価だから 笑 超低域の出汁は同じくらい良かった))
この機種の低域良かったです。最低域も微妙な音数?超低域出汁を描き分けていました。
また高域も綺麗でした。様々なレビューを見ると全員AH-D7200よりAH-D9200の方が良い!と
言う方ばかりなのでもしお金が出来たらAH-D9200が欲しい品物1番手になるのかもです。

MDR-Z1Rは「空気感」を売り物にしてます。一番大きなドライバで低域迫力ありとのレビューもありましたが… あんまり出てないような… 自宅K812の方が超低域もその出汁も全然ありますがな。
高域も音場広さもそんなに出とるんかなあ… 空気感普通じゃん 
ドライバでかいけどそれを操る磁力不足??
まあシングルエンドでメーカー推奨のTA-ZH1ESではなかったんでアレですが条件同じで比較試聴したからな〜。

ATH-ADX5000は装着感の確認が主。最近K812の頭頂部がやや重く感じる事があって…
ATH-ADX5000は頭頂部は良かったけどイヤーパッドが大きくてホッペまできてこれはこれで
違和感だな〜 低域はK812と比較にて弱め。

TAGO STUDIO T3-01はオンイヤーだったんですね。3回目だが忘れている…
まあ良かったんですが、もうちょっと音場が欲しいのと音量↑させると
イヤーパッドがスカルキャンディみたいにブルブル震えて気になる↑(私それが気になる人なのです)。イヤパは接触感がとてもグッド!!アラウンドイヤー作れば良いのにな。

T 1 2ndは爽やかでした。こういうのをノイズが少ない機器 と思います。
高域に強い ただ低域については、その高域にバランス良く配置されたか迫力不足で出汁も良くない。同様の傾向にあると思うのがK3003イヤホン。高域が良い。そのせいで低域は迫力は無いが
こちらの方が処理が上手いのか品があって出汁も美味い。まあフォン種自体違いますが。

HD650もやはり良いですね〜 暖かみがあって。でも試聴最後だったので疲れて覚えていない…(笑)
以前聴いた時はすさまじく感動したのにな〜

なお、上記試聴は時間の関係もあり全て下記の一曲(flac購入)で行いました。
前半部にコントラバスが 中盤でサックスの凄い高域が 最後半で高域の女性ボーカルが評価できるのでクラッシックを聴かない私の試聴用オススメになります。
March For Mingus (Live)  Melody Gardot
https://www.youtube.com/watch?v=QVJzq8iY
Suo&list=OLAK5uy_lL1eNMALTtntrzKqODK
7dUdP7L3dJZ0Xg&index=14


しかしeイヤ沢山お客さんいました〜 コロナ前と変わらないでした〜。

tam-tamさん 
PCの調子が復活したら、もしくは体調が復活したら返信下さいよ〜。

前者である事を祈る!!








 











2020/7/12 16:43  [2265-3772]   

m56059さん

こんにちは。

ご心配おかけしており申し訳ありません。

PCの不具合が原因でブラウザが開けなくなり書き込みが出来なくなっております。

健康上の理由ではありませんので私は大丈夫です。

この書き込みも知人のパソコンから送信しております。

もうすぐ返信出来るようになると思いますので少々お待ちくださいませ<(_ _)>

この場では詳細な返信を書き込めませんのでご了承下さい。

2020/7/13 14:00  [2265-3773]   

 m56059さん  

tam-tamさん!!

良かった!!

PC調子悪そうな書き込みを最近散見してたしたぶんそうなんじゃないかな〜とは
思っていましたが、東京は多くが軽症だけどコロナ多いし、他の理由で倒れとるとか…

勝手ながら上記5:3:2の可能性で心配しておりました。

あ〜 良かった。


2020/7/13 20:28  [2265-3776]   

m56059さん

まずはこの縁側の相方であるm56059さんに一報しておきます。

自由に書き込みが出来る様に復活致しました。

ただ、長文とかは安いキーボードになってしまったので、打ち込むのが少々辛いので、時間がかかりそうです。

m56059さんの試聴記についてレスしたいのですが、少しお時間頂きたいと思います。
申し訳ないです。

体調だけは良いのが何よりの救いですかね(^^)。

2020/7/23 03:41  [2265-3785]   

 m56059さん  

tam-tamさん

PC回復されたみたいですね。
縁側以外においても、PCが使えないってさぞかし辛かったでしょうね。
心中お察し申し上げます。

返信はホント、マイペースで御願いしますね。
入力しづらい環境での入力は大きなストレスになってしまいますから。

まあPCのリハビリがてら、ちょっとずつゆきましょう。

2020/7/23 09:30  [2265-3786]   

m56059さん

おはようございます&ありがとうございます。

書き込める状態にはなったのですが、生活費を都合しなくてはならず、今週はあまり時間が取れなくなってしまいました。

感染者が急増している最中に外出はしたくないのですが、このままでは回線が止まってしまいますので。

申し訳ないのですが、今週はあまり書き込みが出来ないかもしれません。

PCの環境が改善されたので報告したのですがあまり意味がなかったですね、ごめんなさい<(_ _)>

もうしばらくお待ち下さいませ、よろしくお願い致します。

2020/7/24 06:01  [2265-3787]   

 m56059さん  

tam-tamさん

いえ!御報告ありがとうございました!

がんばれ!tam-tamさん!

2020/7/24 18:32  [2265-3792]   

m56059さん

こんばんは(^^)

またまた質入れしていたIER-Z1Rを引き取ってきました、w
(IER-Z1Rは非常に高額なお金を貸してくれますので助かってます、w)

やはりキーボードでの入力はかなり労力を要するので、iPad+Apple pencilをどうにか調達しようと思います。

WP900はどうでしたか?

と、その前のm56059さんのレビューのレスをしなきゃ(^^♪

<副目的として、デノンのAH-D9200とゼンHD820とMDR-Z1RとオーテクATH-ADX5000,
,TAGO STUDIO T3-01,beyerdynamic T 1 2nd ,HD650 を対象としました

<テーマとしては、コントラバスの最低域をいかに気持ちの良い音で鳴らせるか

なかなか興味深いテーマで、個人的には、開放型のATH-ADX5000とHD650、低域が弱いTAGO T3-01は多分満足いかないだろうと予想しておりました。
試聴しておりませんが、MDR-Z1Rが良い結果を出すだろうと思っておりましたが、あっさりハズレましたね、笑。

低域ということでしたら、私が所有しているTH900も聴いて欲しいところでしたねえ(^^♪
これ以上低域が出るヘッドホンは多分ありません、w。

<MDR-Z1Rは「空気感」を売り物にしてます。

これちょっと意外でしたね。
IER-Z1Rもそうですが、SONYの最高級機は方向性が違うようですね。
今も三度戻ってきたIER-Z1Rで聴きながら書いております。

<自宅K812の方が超低域もその出汁も全然ありますがな。

という事でしたら、K812の密閉型、K872はどうなのでしょう?
前にも書きましたけど、私、TH900購入の時、最後まで迷ったのがK872なんですよねえ。
より強烈なインパクトを放つTH900を私は選択してしまいましたが、K872も凄く良かったんです。


<TAGO STUDIO T3-01はオンイヤーだったんですね。3回目だが忘れている…

基本、モニターヘッドホンはオンイヤータイプが多いです。
(耳の小さな女性なら、ギリギリ入ってしまうんでは?)

<まあ良かったんですが、もうちょっと音場が欲しいのと音量↑させると
イヤーパッドがスカルキャンディみたいにブルブル震えて気になる↑

この書き込みを見てびっくり仰天ですがな、w
これはひょっとして私より大音量派の可能性が、w
どんな音量で聴いておられるのですか(^_^;)
私でもブルブルが気になった事は無いです、笑。
師匠、もうちょっと音量控えめに、w
そりゃ、別室の娘さんから苦情も来るわな、w

<T 1 2ndは爽やかでした。こういうのをノイズが少ない機器 と思います。

インピーダンスが600Ωですからね、ノイズが少ないのはインピーダンスが高いからですね。

<HD650もやはり良いですね〜 暖かみがあって。でも試聴最後だったので疲れて覚えていない…(笑)
以前聴いた時はすさまじく感動したのにな〜

K812の音に慣れてしまっては、ある意味当然だと思います。
レベルが違いますからね。
(価格が倍違いますからね)

最後になりますが、D7200の方がD9200より低域は出るチューニングだったように思いますね。
私も半年以上まともに聴いておりませんので、不確かではありますが。
ハイエンドになるほど、過剰な低域は出ないものです。
強烈な重低音を鳴らすヘッドホンはミドルクラスよりもちょっと下の価格帯にたくさんありますよ(^^)
audio-technica SOLID BASS ATH-WS1100とか
https://www.e-earphone.jp/shopdetail/000
000075001/002/002/X/page1/recommend/


名古屋が大変な状況になっておりますが大丈夫でしょうか?
くれぐれもご自愛くださいませ。

今日は久しぶりの書き込みなので、この辺で、
またよろしくお願い致しますね(^^♪

2020/7/31 20:08  [2265-3815]   

 m56059さん  

tam-tamさん

元気そうで良かったです。

IER-Z1Rもどってきて良かった!!

レビューのレビューをありがとうございました。

愛知はどんどんコロナ増えてます〜

私はとりあえず元気です!

なんだかこちらの縁側は、「高齢者の安否確認マホービン」にもなってきましたね〜(笑)。

今夜はこれくらいで。

2020/7/31 23:22  [2265-3821]   

m56059さん

おはようございます(^^)

<IER-Z1Rもどってきて良かった!!

ありがとうございます(^^)

とにかく回線が止まりそうでしたので苦肉の策でした、w
現在は少しまとまったお金が手に入ったので暫くは大丈夫そうです。

<レビューのレビューをありがとうございました。

いえ、こちらこそ大変に遅れてしまって申し訳ない限りです<(_ _)>


感染者の増加が止まりませんね。
m56059さんも色々と大変でしょうから、こちらの方は時間が余った時にでも大丈夫ですので。
(この書き込みに対するレスも必要ありません、大丈夫ですよ♪)

また色々と語り合える日が来ることを心よりお待ちしておりますので(^^)

返信ありがとうございました<(_ _)>

2020/8/4 04:39  [2265-3837]   

m56059さん

こんばんは(^^)

m56059さんご自身の時間を優先的に使っていただきたく思い、あえて書き込みを控えておりました。

お陰様で、新しいiPadを手にする事が出来まして(^^♪

キーボードも試打してみたのですが、素晴らしいですね、東プレのキーボードは。

肝心のMACが不調であるので、どんな素晴らしいデバイスを購入してもうまく動作しないみたいですので、欲しいとは思いましたが諦めるしか無さそうです(^_^;)
(ちょっとお高いマウスを購入したのですが、全然関係無いウィンドウが開いたり、コピペも出来ず、恐ろしく快適性がありません、w)

短略的なレスで申し訳ないです。
(それほどに書き込みが上手くいかず非常に悪戦苦闘していると思ってくださると嬉しいです、w)

こちらの書き込みに対する返信も不要ですので、どうかお気になさらず、音楽を楽しんで下さいまし(^^♪


2020/8/25 22:14  [2265-3961]   

 m56059さん  

tam-tamさん

お久しぶりです。

元気そうで良かったです。

新しいiPad 良かったですね!

早くPCが良くなるといいですね。

こちらは地道にジャズなど楽しんでおります。

コロナも第二波は収束傾向ですが、冬が恐いです。

身体を壊さないようにすごして下さいね。



2020/8/25 23:03  [2265-3963]   

m56059さん

連絡があり一安心しました(^^)

m56059さんも元気そうで良かった〜。

貴重なお時間を使って頂いて恐縮です。<(_ _)>

縁側への書き込みは、無理せずマイペースで(^^♪

返信して下さりありがとうございました(^^)

素晴らしい音楽を存分に楽しんでください♪

おやすみなさい、私は明日、Appleとの長〜い話し合いが待っているので、早々に寝る事に致します、w

いずれ落ち着いたら、また楽しくやり取り致しましょう(^^)

2020/8/25 23:18  [2265-3964]   

 m56059さん  


tam-tamさん

最近K812のクチコミに楽しそうなスレ出現。
参加してみました。良かったら見てみてね。
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0000620578/S
ortID=23641767/


こちらに御紹介のあった『ハイレゾ超え ケンリックサウンド』
音質凄く良かったです!

そこにあった代表的プレイリストを紹介致します。
週末はこれを聴き倒します。
https://www.youtube.com/watch?v=euZ4FVke
mu0&list=PLlOz0oVfrCST8WmGUPBoSM4Nxh
bEiW1Di


良かったら聴いてみてね。




2020/9/5 22:54  [2265-4000]   

m56059さん

おはようございます(^^)

オヨヨ〜、楽しそうにやり取りしてますね〜(^^♪

元気そうなのが伝わってきて本当に嬉しい事です(^^)

こちらの縁側だけでなく、表の方にもどんどん参加された方が良いと思いますよ。

m56059さんが紹介していた音源も素晴らしいものでしたね。

<そこにあった代表的プレイリストを紹介致します。
週末はこれを聴き倒します。

試しにIER-Z1Rで聴いてみましたが、なんじゃこりゃ!
物凄い高音質ですね、どうなっているんだろう?
試しに音源の情報を見てみましたが、ごく普通のMP4Aによるコーデックなんですよね〜。
何がどうなって、こんな高音質音源を実現しているんでしょうね、
低域なぞ、存分にIER-Z1Rのポテンシャルが発揮される素晴らしい音ですね、これは。

私にとっては非常に嬉しい報告でした(^^)
(クチコミの書き込みですね、)

元気が出る書き込みありがとうございます♪

それにしても素晴らしい音質ですね、
(カーペンターズ最高!!)

2020/9/6 07:30  [2265-4002]   

しかし、本当に素晴らしい音源ですね、これは。

風呂に入ってこようと思いましたが、聴き惚れてしまっていけませぬ、w

凄いな、これ、w

SE846で聴いたらどんな感じだろう?

TH900でも聴いてみたいなあ、う〜む、いくら時間があっても足りませんねえ(^○^)

2020/9/6 07:56  [2265-4004]   

m56059さん

現在、表のクチコミ板での書き込みをすっかり辞めてしまっている私ですが、

楽しくやれるのであれば、
私のアドバイスが少しでも役に立つ時があるのであれば、そういう気持ちになってきました。

もしかしたら、今回のm56059さんのクチコミ参加はそういう事も考えての行動?などと思ってしまいます。

私にとって頼れる存在である事は昔も今も変わりはありません。

さり気なく、しかも的確に私の事をいつも考えてくださっています。

楽しそうにやりとりをしているm56059さんの書き込みを見て元気をもらいました、
ありがとうm56059さん<(_ _)>

2020/9/6 09:36  [2265-4007]   



いや〜今年の夏は暑くなりそうでございます(^_^;)

水分補給は十分に取りましょう、熱中症にはくれぐれもご注意を。

「みんなの掲示板 vol.2」が埋まりましたら、こちらをお使い下さいませ(^^♪

メンバーの皆様、書き込みありがとうございます<(_ _)>

夏バテしないようにはりきっていきましょう♪

2020/6/13 22:02  [2265-3611]   

tam-tamさん。
ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番。
良い演奏、という観点なら数多くありますけど、これだけの名曲となれば、良い演奏プラスアルファが欲しいものですよね。
一番好きな演奏はtam-tamさんもお持ちのバックハウスとシュミット=イッセルシュッテット/ウィーンフィルですが、プラスアルファを重視する私は、ハスキルとマルケヴィチ/ラムルー管弦楽団(PHILIPS)
も推しです。ハスキルはセッションでは第3番しか録音していませんが、自分に合う曲だけしか演奏しないという主義を徹底していた人ですので、録音したものにははずれがありません。
モノーラルとしても音質が貧しいことを許容するなら、バックハウスとベーム/ウィーンフィル(DECCA)も良いですよ。
王道路線でしたら、ブレンデルとハイティンク/ロンドンフィル(PHILIPS)で、これは繰り返し聴きましても、聴き飽きしないですし、ハイティンク指揮のオケの充実感が素晴らしいです。

他に内田光子とザンデルリング/ロイヤルコンセルトヘボウとか、ツィメルマンとバーンスタイン/ウィーンフィルとかも時々聴きますが、立派な演奏ではありますけど音楽表現上のプラスアルファはさほどありません。

2020/6/18 06:56  [2265-3632]   

tam-tamさん。
子どもの頃に初めて買ってもらったレコードって原体験ですよね。
私もそうでしたが、最初に聴いたものはその後の基準になったりするものですから、大事に記憶しておきたいですね。
選曲からするとホームコンサート盤のようですが、選ばれている演奏はカラヤンの第一級。素敵な思い出ですね(^^)

ギーレンについては正攻法の検索方法ではなかなか探せないと思います。どうやって探したかと聞かれますと、正攻法でなく探したとしか言いようがないのですが(^▽^;)
インターコードのマーラーやブルックナーやブラームスは全集にはなっていないみたいですが、私の推測では、全集の企画であったとしても、録音が進まないうちにインターコードがEMIに吸収されてしまったのではないかと。
ギーレンのジャケ写の青いのですが、ねずみ色のジャケットに変わる前は青だったようです。

2020/6/18 07:17  [2265-3635]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

早速の返信、ありがとうございます。

<一番好きな演奏はtam-tamさんもお持ちのバックハウスとシュミット=イッセルシュッテット/ウィーンフィルですが

この盤に特に不満は無いのです、良い演奏だと思うのです。この一枚で十分、となるところでしょうね。
でも、私はベートーヴェンのファンなので、もうひと味スパイスが効いた演奏も聴きたいのですね(^○^)

<プラスアルファを重視する私は、ハスキルとマルケヴィチ/ラムルー管弦楽団(PHILIPS)

同じ組み合わせのモーツァルトの20番を持っています、ハスキルはモーツァルト弾きだと思っていましたが、曲調を考慮すると大変魅力的な盤ですね(^^♪、これは文句なく購入するかもしれません。
ベートーヴェンの第3番の録音があるとは知りませんでした、ありがとうございます♪

<バックハウスとベーム/ウィーンフィル(DECCA)も良いですよ。
<王道路線でしたら、ブレンデルとハイティンク/ロンドンフィル(PHILIPS)で、

どちらかというとブレンデル盤の方に興味がありますね。
バックハウス&ベーム盤はバックハウス&イッセルシュテット盤と比較してかなり違う感じですか?
例え録音が古くとも、少しでも若いバックハウスの演奏はやはり惹かれるものがありますね(^^)

<他に内田光子とザンデルリング/ロイヤルコンセルトヘボウとか、
<ツィメルマンとバーンスタイン/ウィーンフィルとかも時々聴きますが、

ご紹介頂いた中では、こちらに1番興味がありました(^_^)ゞ
何十枚も買う予定でしたら、興味半分に購入していたかもしれません。
でも、私が求めているのは繰り返し鑑賞に耐えうる演奏ですから、
ハスキルは鉄板で購入、ブレンデルとバックハウスは価格によってはどちらか一枚、となるかもしれません。
ウェブサイトでは得る事の出来ない大変有益な情報、感想に感謝致します(^^♪
なんで第3番だけ今まであまり聴いてなかったのか、不思議で仕方ないですね、w


<子どもの頃に初めて買ってもらったレコードって原体験ですよね。

今では曲を覚えるのに四苦八苦している私ですが、9歳で聴いたカラヤンのアルバムはしっかりと頭の中に叩きこまれていますね(^^♪
これは忘れようにも忘れる事が出来ないものですよね。

<選曲からするとホームコンサート盤のようですが、選ばれている演奏はカラヤンの第一級。

時代が時代ですから、ただの寄せ集めのアルバムだと思いますよ、w
とにかく、カラヤンと名前が入っているだけで売れていた時代なので。
しかし、演奏の出来はどれも最高峰のもの、カラヤン盤を凌ぐ演奏はなかなかありません。
シュトラウスのワルツはもっと良い演奏があるかもしれませんが、私にとっては思い入れのある演奏なので、やはりカラヤン盤を推してしまいそう、w
イタリア奇想曲は大変な名演です。カラヤンの魅力が余すとこなく発揮されている名演ですね。

<ギーレンについては正攻法の検索方法ではなかなか探せないと思います。
<どうやって探したかと聞かれますと、正攻法でなく探したとしか言いようがないのですが(^▽^;)

秘密の情報網ですね(^^)
昔の方が色々と書いてあったと思うのですよね、w
今では、どんどん情報が無くなってしまってますね、
海外のサイトにはあるのでしょうけど英語が読めない私には手も足も出ません、w

<インターコードのマーラーやブルックナーやブラームスは全集にはなっていないみたいですが、

これは全集にはなっていないみたいですね、
そもそも企画としてあったのか、単発録音なのかもわからない状態ですが、おそらくちちさすさんの推測が1番しっくりくる感じがしますね。
現在発売されているレーベルには全集があるみたいですので、インターコードに残した録音が再発される可能性は限りなくゼロに近いでしょうね、残念極まりないですね〜(^_^;)

<ギーレンのジャケ写の青いのですが、ねずみ色のジャケットに変わる前は青だったようです。

という事は、輸入盤にしろ国内に流通していた可能性があったって事でしょうか?
という事あれば、コツコツと中古盤を探すかもしれません(^○^)

早朝からのご返信ありがとうございました、楽しいお話が聞けました(^^♪良い1日を♪

2020/6/18 10:31  [2265-3636]   

ちちさすさん

こんばんは♪

ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番の演奏について意見を聞いておいて良かったです。

サイトも本も書いてあるのは「皇帝」ばかりで、第3番について信頼出来る情報はありません。

ところで気になったものがあったので、感想をお伺いしてもよろしいですか?

カルロ・マリア・ジュリーニ指揮ウィーン交響楽団、ピアノ=アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ
こちらの第3番、第5番「皇帝」の演奏はどんな感じでしょう?
心の泉か、クチコミかは忘れてしまいましたが、確かジュリーニのDG全集を購入された、と記憶にあったので。

ミケランジェリの「皇帝」はスメターチェク指揮のCDは所有してますが、時々読んでいるサイトからも情報が無くなってしまってます。

ジュリーニ指揮の第3番、第5番はライブ録音だそうでちょっと気になる演奏です。
ミケランジェリのベートーヴェンは特異な演奏ではありますが、スメターチェク盤は録音があまり良く無いので、ジュリーニのDG盤が良い音質のCDでしたら、第3の候補として資金に余裕が出来た時に欲しいと思っています。

質問ばかりで申し訳ありませんが、ちょっと気になってしまったものですから(^_^;)
(こちらのサイトも「皇帝」についての記載しかありません。)

ハスキル、マルケヴィッチの第3番は早く聴いてみたいですね、これは非常に楽しみですね〜(^^♪

2020/6/18 19:11  [2265-3638]   

モンブランが好きさん

こんばんは(^^)

今日は全国的に天気が悪く、雨が降る地域が多いみたいですので、頭痛が心配ですね。

それと雨が降ると足元が悪くなるので、くれぐれもお気をつけてくださいね。

本格的なマルチチャンネルでは無いですけど、私の時代の一体型コンポーネントにはフロント2Ch+リア2Chのサラウンド機能が付いているものが流行っていたので、私もやっていた時期がありましたね。

音質よりは見た目のカッコ良さに憧れるので、スピーカーなんかも背面にドライバーが付いているBOSEのスピーカーとか好きでしたね(^^♪

PS5がもう発売されるのですか、
私は一切ゲームはやらないのですが画像の綺麗なゲームを観るのは好きですよ。

コンピューターゲームの創成期から知っている歳ですので、もちろんやった事はあるのですが、
どうも、ゲームがとてつもなく下手みたいなので、やらなくなってしまったのですよね、(^_^;)

PS5、随分と筐体が大きくなるみたいですね。凄く近未来的なデザインですね〜。
4Kテレビも欲しいところですね、ちょっと悩ましいですね。
(8K出力にも対応しているみたいですので、出来る事なら8Kテレビが欲しいでしょうか)

PS5が採用しているUltra HD Blu-rayは対応しているBDレコーダーやゲーム機のXboxでも搭載しているので、特に新しい規格のものではありませんから、現状発売されているAVアンプで対応可能なのではないでしょうか。

2020/6/19 03:32  [2265-3641]   

tam-tamさん。
ハスキルのベートーヴェン・ピアノ協奏曲第3番はカップリングを変えて何回か再発売されてますが、私のおすすめはこのカップリングです。
https://tower.jp/item/3896402/
または
https://amzn.to/2YeQz5h

ピアノ・ソナタのテンペストと第18番とのカップリング盤です。ハスキルのベートーヴェン・ピアノ・ソナタのレパートリーはこの2曲だけで、コンサートでもこの2曲以外は弾かなかったとか。
このソナタも超名演ですので、ぜひ(^^)

ジュリーニですが、私が持っているのはDG録音全集ではなく、ソニー録音全集です。ですのでミケランジェリとの共演のピアノ協奏曲は聴いたことがありません。
お役に立てなくてすみません。

2020/6/19 06:52  [2265-3643]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

あいにくの天気ですね。

なんとハスキル盤、こんなに安いのですか!

Amazonならポイントで購入出来ますが、中古ですか〜、悩みどころ、w
CD研磨機が使用出来る数年前でしたら、迷わず中古を購入するのですけどね。
(業務用CD研磨機をかけると新品と判別不能になりますので)
カップリングのピアノ・ソナタも非常に魅力的ですね。

<ジュリーニですが、私が持っているのはDG録音全集ではなく、ソニー録音全集です。

あら、なんと私の勘違いでございましたか、これは失礼いたしました( ̄^ ̄)ゞ

<お役に立てなくてすみません。

いえ、ハスキル盤の情報だけでも大変助かっておりますので(^_^)v
Amazonでポイントで購入するか、タワレコで購入するか、ちょっと悩んでみます、w

ありがとうございました(^^♪

2020/6/19 07:35  [2265-3644]   

ちちさすさん

Amazon出品の中古、非常に状態が良い、となっていたので、CDの信号面には傷がついて無いと思ったので、早速ポイントでポチりました(^^♪

替のCDケースはいくらでもあるので、ケースに多少、傷や汚れがあっても構わないのです。

良品を検索してくださりありがとうございました♪

2020/6/19 07:52  [2265-3645]   

昨日届きました。

ちちさすさん

こんばんは(^^)

クララ・ハスキル&マルケヴィッチのCDが届きました。

開けてみると、ケースは傷一つ無く新品そのもの。
CDも見てみましたが、こちらも全く傷一つ無く新品同様の品物でした♪

これは単に開封してしまっただけのCDだったようですね(^^♪
Amazonでポイントを使って購入して正解でした。

CDが届いたのは昨日のお昼頃でしたが、ちょっと聴く時間が無くて、真夜中のレスになって申し訳ないです。

カップリングも色々とある中でベストな盤を教えて頂きまして感謝しております(^^)

32曲のソナタがある中で、どうして17番と18番しか演奏しなかったのかはわからないですけども。
ハスキルにとってこだわりのある曲ばかりが収録されているというのは私にとっても良い事であります♪
ベートーヴェンのピアノ協奏曲第三番を私が得ることの出来る情報だけで探していたならば、今回のハスキル盤にたどり着けることは無かったでしょう。

早速聴いてみましたが、冒頭のオケの音で鷲掴みにされました、
イッセルシュテット盤がちょっと軽く感じられるほど、
ハスキルのピアノも素晴らしい、パソコンの画面を凝視しながら聴きいってしまいました(曲目リストしか映ってないですが、笑)

これは本当に良い盤を教えてもらいました、殿堂ブース行きですね、w
(そう言ったものは本当にあるにはあるのですが、取り出し易いという特典しかありません、w)

ピアノ・ソナタの17番と18番も非常に良かったです。
(個人的には18番がより素晴らしかったですね、バックハウス盤では味わえない魅力的な演奏でした)

歴史的なヒストリカル録音をステレオで聴いたらこんな音がするんだろうなあ、という魅力的なCDでした。
実際、音も非常に良かったのです。

第3番の素晴らしい演奏のディスクを教えて頂いてありがとうございました、良いCDが手に入りました。
決定盤と呼べるようなディスクはなかなか出逢えるものではありませんので、アドバイスに感謝しております。

HD650かK812が欲しいですね(^^♪

2020/6/21 01:00  [2265-3654]   

 Bigshooterさん  

皆様 ご無沙汰しております。
検査後、即入院となりご連絡せずに申し訳ございません。
本日 無事?に退院いたしました。
障害は残るらしいですが、右脚を切断しないで
済んだのが唯一の救いです。
早く帰宅できるように験を担いで入院中に
ガッツリCDを注文しておいたら大変なことに
なってました・・・ 汗
ボチボチ復活いたしますので宜しくお願いいたします。





2020/6/29 16:55  [2265-3694]   

>Bigshooterさん

こんばんは(^^)

良かったですね!

<障害は残るらしいですが、右脚を切断しないで
済んだのが唯一の救いです。

正直、そこまで重い症状で入院されているとは思ってなかったのです。
今回の新型ウィルスは相当に厄介みたいですね、
一度で治ってしまう方が大半だとは思いますが、繰り返し症状が出てしまう人もニュースで良く聞きますので。

<早く帰宅できるように験を担いで入院中にガッツリCDを注文しておいたら大変なことになってました・・・ 汗

マーフィーの法則を逆手にとったようなものですね、
私も同じような事をするタイプですね(^_^;)

<ボチボチ復活いたしますので宜しくお願いいたします。

あまり無理はせず、マイペースで。
もっともここに書き込む事で元気が出るようでしたら、どしどし書き込まれて下さい(^_^)v

とにかく無事に退院された事、良かったです。

2020/6/29 18:20  [2265-3696]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

おはようございます。

未聴のCDが山のようにあったので帰宅後、早速PCに取込んで聴いているうちに返信もせずに寝落ちしてしまいました・・・ スミマセン

今回の新型ウィルスは相当に厄介みたいですね、
一度で治ってしまう方が大半だとは思いますが、繰り返し症状が出てしまう人もニュースで良く聞きますので。
⇒主治医に色々と確認してみましたが、新型コロナの場合、いくつかの典型的な症状があるということくらいしか実際のところわかっていないらしく、症状が人によってまちまちなので対処療法でモグラ叩き的に対応するしかないようです 涙
ワクチンや特効薬が開発されてもウィルスの増殖を抑制するだけなので、私のように血栓症や視覚異常ほか発現した症状の治療はまた別問題みたいです。
「こういう症状は私だけなのかな〜 やってられんな・・・」と思ってましたが、帰宅してテレビをみていたら丁度、コロナの後遺症の特集をやってましたが、出演していた専門医も「コロナウィルスそのものが原因なのかアビガンなどの薬が原因なのかわからないのが実情です。」とかしれ〜っと語ってました。
とあまり深く考えても意味がないので深く考えないことにしました 笑
「楽しい音楽を語ろう」という板で「楽しくない音楽以外のことを語る」のもスレチですね 笑


2020/6/30 08:18  [2265-3717]   

>Bigshooterさん

おはようございます(^^)

こちらではお昼から雨が降るそうです。

<未聴のCDが山のようにあったので帰宅後、早速PCに取込んで聴いているうちに返信もせずに寝落ちしてしまいました・・・ スミマセン

いえいえ、せっかく退院されたのですから、素晴らしい音楽を楽しまれる事に時間を優先させて下さい(^^)
こちらへの書き込みは暇つぶしに使って頂けるだけでありがたい事だと思ってますので。

<主治医に色々と確認してみましたが、新型コロナの場合、いくつかの典型的な症状があるということくらいしか実際のところわかっていないらしく、症状が人によってまちまちなので対処療法でモグラ叩き的に対応するしかないようです 涙

東京では無いので、タイプの違うウィルスとかは無さそうですよね。
血液型によっても症状の重さが違うそうですね、
しかし欧米などと比較すると、アジア圏は症状が軽い人が多い感じがしますね。
Bigshooterさんの場合、運が悪かったとしか言いようがないですね。

<ワクチンや特効薬が開発されてもウィルスの増殖を抑制するだけなので、私のように血栓症や視覚異常ほか発現した症状の治療はまた別問題みたいです。

色々と大変ですね、
何度も再発している例は国内ではあまり多くは無いですからね、

<「楽しい音楽を語ろう」という板で「楽しくない音楽以外のことを語る」のもスレチですね 笑

基本、雑談板なので何でも良いのです、w
管理人である私自身が音楽とは全く関係ない事でボヤいてますので、w
それに音楽を楽しく語るには、嫌な事ははけ口として書いてしまった方が良いと思います(^^♪
表の板で書きにくい事を書くためにも縁側としての役割はあるので、

2020/6/30 09:20  [2265-3719]   

tam-tamさん。
お飼いの猫ちゃんを亡くされたのですね。
ご家族と同じ存在だったことでしょう、お悔やみ申し上げます。

Bigshooterさん。
私の想像を超える病状に驚いております。コロナウィルスから脚の切断間際までの状態になるとは…。
これ以上の後遺症になられないことを切に願っております。
さらに多くのCDをお手にされたようで、よろしければご購入のタイトルと演奏家をご紹介くださいね。


しばらく間を空けてしまったにもかかわらず、短い文面ですみません。
また時間が取れる時もくると思いますので、それまで失礼いたしますね。

2020/7/5 12:17  [2265-3740]   

ちちさすさん

こんにちは(^^)

お久しぶりですね。

ちちさすさんが推薦して下さった、ハスキル&マルケヴィッチの第3番、毎日のように聴いております。

あらためて、推薦盤を聞いて良かったと思える大変素晴らしい演奏でした、ありがとうございます(^^)

<お飼いの猫ちゃんを亡くされたのですね。
<ご家族と同じ存在だったことでしょう、お悔やみ申し上げます。

苦しむ姿を見なかったのがせめてもの救いでしたね。
かなり衰弱した感じで、今年の夏を越すのはちょっと無理かな、とは思っていたのですが、あまりにも突然にその時がやってきてしまいました。
19年前はフィルム一眼レフのカメラ、レンズが揃っていたので、小さい時の写真はたくさんあるんですよね。
フィルムスキャナーも購入したのにほとんど使用してません、これから時間がある時にでもデジタル化しようと考えています。

一眼レフ3台、コンパクトカメラGR1が一台、魚眼から望遠、マクロ、レンズ10数本所有していたのですが、デジタルカメラの急速な移行で全部システムは捨ててしまいました。
フォトマスター検定1級も取ったんですが、あれは簡単な試験ですね、カメラ好きなら誰でも受かると思います(^○^)
残念ながら、写真のセンスは無かったようで、ロクな写真が残ってませんねえ(*^▽^*)
一眼レフも8歳の時から始めたのですが、どうもこういう分野は向いていないようです、w

<しばらく間を空けてしまったにもかかわらず、短い文面ですみません。

ちちさすさんご自身の縁側、「心の泉」再開にむけて動いている事は知ってましたので(^^♪
私も一応、添付出来る写真には事欠かないのですが、恥の上塗りになるだけみたいですので、w

活動再開出来るよう、応援していますよ(^^)

2020/7/5 13:10  [2265-3742]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん

こんにちわ^^
昨日は少し体調が悪く、ご連絡が遅くなりすみません。

これ以上の後遺症になられないことを切に願っております。
⇒ありがとうございます!血栓症で脚がパンパンになって破裂しそうな激痛に襲われた時はさすがに「もうダメだ・・・」と思いました 汗
視神経もやられているらしくいきなりカメラで言うところのブラックアウト状態になるので怖くて車にも乗れないので不便です 涙
早く感染して抗体をつくるという考え方もありますが、私は抗体数が激減して後遺症だけ残っている状態なので再感染がないわけではないと医師に言われたので、これは感染しないにこしたことはありませんね^^ くれぐれもお気をつけください!

さらに多くのCDをお手にされたようで、よろしければご購入のタイトルと演奏家をご紹介くださいね。
⇒たくさんCDをご紹介いただき、貴重な情報をいただき本当に感謝いたします。ご紹介いただいたCDについては演奏のクオリティーは言うまでもなく、音質的にも非常にクオリティーが高いものを厳選いただいているようでどれも非常に満足度の高いものばかりです。
ハイフェッツをご紹介いただき、入院中に自分なりに色々調べたり、試聴して、最近はバイオリン関係の音源を集中的に入手していました。
購入タイトル等については以下のとおりです。


2020/7/6 13:05  [2265-3758]   

 Bigshooterさん  

◆Arthur Grumiaux
&#9642;Bach: Complete Sonatas &
Partitas For Violin Solo (JAN:4988005685636)
&#9642;Bach: Complete Violin Sonatas
, BWV 1014-1023  (JAN:4988005715388/4988005715395)
&#9642;J. S. Bach: Violin Concertos  (JAN:4988005715371)
&#9642;Mozart: Violin Sonatas #24-42

&#9642;Mozart: Violin Concertos (JAN
:4988005715401)
&#9642;Handel: 6 Sonatas For Violin
And Continuo Op.1 (JAN:4988005686336)
&#9642;Schubert: Violin Sonatinas, D
uo For Violin & Piano (JAN:498800568
6428)
&#9642;Schubert: "Trout" Q
uintet, String Trios, Rondo (JAN:498800
5715500)
&#9642;Brahms: Sonatas for Violin an
d Piano No.1, 2 & 3 (JAN:4988005686
435)

◆Anne-Sophie Mutter
&#9642;Mozart: Violin Sonatas #24-43

&#9642;Mozart: Violin Concertos, Sin
fonia Concertante
&#9642;Anne-Sophie Mutter 5 Classic
Albums(EMI) (JAN:5099997291220)
◆Anastasia Chebotareva
&#9642;Tchaikovsky & Mendelssohn
: Violin Concerto
&#9642;Portrait De Fantaisie
&#9642;Tema D'amore〜Cinema Collection

◆Augustin Dumay
&#9642;Beethoven: Complete Violin So
natas
&#9642;Mozart: Violin Sonatas K 301,
304, 378 & 379
&#9642;Brahms: Violin Sonatas
&#9642;Franck; Debussy; Ravel: Violi
n Sonatas
&#9642;Grieg: Sonatas For Violin &am
p; Piano
※ピレシュの室内楽全集(JAN:0028947959649)として購入

◆David Oistrakh
&#9642;EMI全録音集(17CD) (JAN:5099921471223)

◆Evgeny Mravinsky
&#9642;Tchaikovsky: Symphonies No.4-
6【Blu-ray audio】 ※OIBP盤から買い替え

2020/7/6 13:09  [2265-3759]   

 Bigshooterさん  

◆Hilary Hahn
&#9642;The Complete SONY Recordings
(JAN: 0888751261822)

◆Igor Markevitch
&#9642;Bizet: Carmen Suites 1-2 / L'
Arlesienne Suites 1-2 / Jeux d'enfats, p
etite suite
※退院した足で受取りに行った 笑 2回程度しか聴いていないが、演奏、録音ともExcellent!

◆Jascha Heifetz
&#9642;Jascha Heifetz Plays Great Vi
olin Concertos(6CD) (JAN: 0886977613821
)
&#9642;Favorite Recital & Encore
(5CD) JAN: 0888750510426 輸送中
※色々なバイオリニストがハイフェッのカデンツアを使っているので全ステレオ録音ということもあって入手してみましたが、リマスターが上手くいっていて予想を遥かに上回る音質。
協奏曲集の中におすすめいただいたチャイコフスキーの同一音源があったのでDSDでリッピングしたものと比較してみましたがボックスセットの24bitリマスター音源のほうがスッキリしていて音場が広く聴こえます。
DSDは情報量が多く濃密という感じで同一音源でもだいぶ違うものですね・・・

◆Karl B&#246;hm
The Symphonies(22 CD)
母親がLPで聴いていたモーツアルトなのでCDで買い直してみました。
正直、音質はあまり期待していなかったが、イタリア盤は盤質、音質ともなかなか素晴らしい
ですね・・・

◆Kyung-Wha Chung
&#9642;「コンプリート・ワーナー・レコーディングス」(11CD) (JAN: 0825646140534)
※DECCAのボックスセット(JAN: 0028947876113)が欲しいんですが、海外のAmazon、e-Bayにも在庫ないから無理かな・・・ 

◆Leonard Bernstein
&#9642;『フェデリオ』全曲 【Blu-ray audio】 ドイツから輸送中

◆Maria Jo&#227;o Pires
&#9642;The Complete Chamber Music(12
CD) (JAN: 0028947959649)
&#9642;モーツアルト・ピアノ・ソナタ全集-DG(6CD) (JAN: 0028947752004)

2020/7/6 13:10  [2265-3760]   

 Bigshooterさん  

※Augustin Dumayのベートーヴェンバイオリンソナタ全集目的で買ってみましたが、ピレシュのピアノがしっくりきたのでモーツアルト・ピアノ・ソナタ全集も買ってみました。
モーツアルトはバレンボイムの全集とブレンデルの作品集を聴いていましたが、どれも素晴らしいですが個人的にはピレシュの全集に好みの演奏が多いかな・・・

◆Maurizio Pollini
&#9642;ショパン作品集(9CD) (JAN: 0028947799085)
※ショパンはルービンシュタインの作品集(10CD BOX)を聴いていましたが、ETUDEがモノラルだったりしたので比較的音源の新しいボックスセットをと思いポリーニかピレシュの二択になりましたが、試聴してみてピレシュのNocturnesの残響処理がシックリこなかったのでポリーニにしてみました。
文句のつけどころナシなんですが個人的には100点満点なので110点のルービンシュタインにはやや及ばずかな・・・
ルービンシュタインは一音一音にスピリッチャルなサムシングを感じられるんですが良い悪いではなくてポリーニのショパンはこのサムシングの要素が少なく感じます。

&#9642;シューマン・コンプリート・レコーディングス (JAN: 0028947909088) ドイツより輸送中
試聴してみて一聴で感じるものがあったので即ポチ

◆Sergiu Celibidache
&#9642;Bruckner: Symphonies 3 - 9 /
Te Deum / Mass No. 3 (JAN: 0028947909088)
※オススメいただいたインバルと対照的だと思って安かったので聴き比べ用に買ってみましたが、これは凄すぎした!他の演奏が「山の音楽」だとしたら「大海原の音楽」というイメージでした。
録音もホールエコーの被りがなく驚くべき精度だと感じました。
インバルは透明感のある統制のとれた演奏で非常に聴き易くて全般的に素晴らしくて満足度が高かったです。
オススメいいだいた初期の作品はカラヤン、ヴァント、ヨッフムよりも力を入れているようで頭一つ抜けていると感じました。

&#9642;French Russian Music(11CD) (J
AN: 5099908560629)
チャイコフスキーの#4-6目当てで購入しましたが、ムラビンスキーとは違った#6の破壊力の凄まじさには驚きました。
これもホールエコーのコントロールが素晴らしく優秀録音ですね^^

2020/7/6 13:11  [2265-3761]   

 Bigshooterさん  

◆Juria Fischer
&#9642;24 Caprices Op.1 (JAN: 00289
47822745) ドイツより輸送中
&#9642;Poeme (JAN: 0028947826842) ドイツより輸送中

※パカニーニはエレキギターのパクり用に大学の頃にわけのわからないLPを買って聴き倒していたので何かないか調べていたらこれにヒット!
「またもやジャケ買いをしてしまった・・・」と思って調べてみたらこの子凄いアーティストなんですね・・・

◆Alfred Brendel
&#9642;「モーツアルトピアノ協奏曲作品集」 (JAN: 0028948025992) 本日取込み予定!
※モーツアルトピアノ協奏曲の全集はペライアのものを聴いていたが、ブレンデルのモーツアルトのソナタ集が良かったのでAmazonのポイントで衝動買い・・・ 

◆Rudolf Serkin
&#9642;「ルドルフ・ゼルキン・エディション」 (JAN: 028948388301) ドイツより輸送中
※ブレンデルを注文した後でメールで発売案内がポップアップされていたので旧盤を試聴してみたらこれまた味がある演奏で良かったのでポチってししまった・・・

2020/7/6 13:12  [2265-3762]   

 Bigshooterさん  

tam-tam17701827さん

こんにちわ^^
猫さんがお亡くなりになったんですね・・・
実はウチもカミさんと子供がいる自宅に猫を3匹も飼っているので「猫の死」というのは他人ごとではないです。
気の利いた言葉は出ませんが、猫も「畳の上で死ねる」というのは幸せな証拠だとネットの記事で見ましたのでtam-tam17701827さんちの猫もきっと幸せな一生だったのではないかと思います。



2020/7/6 13:41  [2265-3763]   

tam-tamさん、こんにちは。
PCの不調は繰り返しますからね。私はインターネット関係はタブレットにしています。
タブレットは接続トラブルがPCに比べると格段に少ないですからね。

ハスキルのベートーヴェン、良いでしょう?
ハスキル&マルケヴィチでもう1枚お勧めするなら、ショパン/ピアノ協奏曲第2番とファリャ/スペインの庭の夜(実質ピアノ協奏曲です)をカップリンしたものです。
ショパンもベスト3には必ず入る素晴らしい演奏ですが、ファリャの曲がものすごく良いのですよ(^^)
隠れた名曲ですのでお試しくださいませ♪

2020/7/15 09:01  [2265-3777]   

Bigshooterさん、こんにちは。
その後お加減はいかがでしょうか?

これはこれは大量にお求めになられましたね。
大量というより「大漁」と書いてもいいようなゲットぶり(笑)。

どれから聴くか迷ってしまいますが、まずグリュミオーを聴いていただきたいですねぇ。
グリュミオーはフランコ=ベルギー派のヴァイオリニストで、ヌヴー、フェラス、ボベスコ、デュメイらが同じ流派です。フランコ=ベルギー派としては例外的に速めのテンポを好む人なので(と言いますか、奏法的に速めのテンポが難しいのに敢えて速めに弾く)、幅広い層から支持されていたヴァイオリニストでした。
私はモーツァルトのヴァイオリン協奏曲とヴァイオリン・ソナタの演奏を持っていますが、同じ流派のボベスコと比べるとかなりインターナショナルな印象なので、ビギナーさんにもおすすめの演奏でもあります。
ただ、現代的な音調の再生機器で聴きますと、ちと感銘が薄くなるんですよね。このあたりの難しさがあります。

2020/7/15 10:06  [2265-3778]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん こんにちわ^^ ご無沙汰しております。

その後お加減はいかがでしょうか?

⇒今日も朝イチで病院で検査をして先程戻ってきたところです。
血栓で壊死したら左脚を切断しないといけないので正直かなりビビってます 汗
抗体は測定限界値ギリギリの状態なので測定限界値を切ると医療費がすべて実費
になるのでこれも頭の痛い問題です・・・

大量というより「大漁」と書いてもいいようなゲットぶり(笑)。
⇒JAZZとかもそうですが今、入手しておかないとBOXセットとかは限定発売のものも多く、プレミア価格でも入手できなくなってしまうものがあるのでそういうものを中心に漁ってみましたが、予定ではあと2、3個でひとまず予定終了という感じです 笑
鄭 京和のDECCAのBOX(JAN:4787611) もどうにか入手できて明日手元に届く予定なのでとても楽しみです。
あとはポイントがたくさんたまっているので
@https://tower.jp/item/3148474
Ahttps://tower.jp/item/3896413
Bhttps://tower.jp/item/2611084
あたりでも買おうかな・・・と考えています。

どれから聴くか迷ってしまいますが、まずグリュミオーを聴いていただきたいですねぇ。
⇒グリュミオーは幸い入院前に主なところはCD13枚ほどiPADに落としてあったので入院中はグリュミオーとお勧めいただいたインバルのブルックナーを何度か聴いてみてバイオリンウィルスが感染爆発してしまいました 笑

速めのテンポを好む人なので
⇒グリュミオーのテンポに慣れてしまったせいかこのテンポが標準的なのかと思ってました 笑
その後、ヒラリー・ハーンとかを聴いたのでむしろゆっくり弾いているのかなと・・・

ビギナーさんにもおすすめの演奏でもあります。
⇒私の場合、特にこれは大事な要素らしく、どんな名盤と言われているものでも聴いていて気持ちが良くて音質が良くないと聴かなくなってしまいます。
ムラヴィンスキーのチャイコ#4-6に至っては演奏は好きなんですが音質に不満があり、通常版CD、OIBP盤、SACD、Blu-ray audioと次々買い替えましたが根本的に録音が悪いものは限界がありますね・・・ 涙

現代的な音調の再生機器で聴きますと、ちと感銘が薄くなるんですよね。
⇒私の場合、バイオリンは中高音〜高音域が盛ってある機材だと煩くてダメですね・・・
 DAC/HPAが4系統、特性の違うヘッドフォンを5つ使っているので再生ソフトを含めて演奏
 に合った組合せで聴くようにしていますが、MaranzのDAC1+FILIPS FIDELIO X2の組合せで
プレイヤーHYSOLIDで送り出しというのがナチュラルでいい感じです。

クラッシックはアドリヴ要素の少ない限られた範囲で同じ曲でも表現によってこれだけ違うというのは非常に奥が深くて感動します。
逆に言うとアーティストによっても得手不得手があるようなので聴いてみるまでわからないという面白さがありますね^^

ちちさすさんのお住まいの地域もこれから猛暑もピークとなると思いますのでくれぐれもご自愛ください。















2020/7/15 14:15  [2265-3779]   

Bigshooterさん。

私はハーンの演奏はまったく聴いたことがないのですが、ヴァイオリン協奏曲ですと少女だったアンネ・ゾフィー・ムターの演奏とグリュミオーの演奏のテンポを比べてみると、なかなか興味深いものがあります。
ヴァイオリンの場合、テンポ設定は流派や門下にかなりの影響を受けますから、グリュミオーのテンポはフランコ=ベルギー派としてはかなり速い方なんです。デュメイもグリュミオーの影響をかなり受けていると思います。

チョン・キョンファのDECCA録音はいいものばかりですから、ぜひ聴き入ってくださいね。
特にデュトワ&モントリオール交響楽団伴奏のもの、ケンペ&ロイヤル・フィル伴奏のものはおすすめです。
ルプーと組んだフランクとドビュッシーのヴァイオリン・ソナタもおすすめですし、小品集の「コン・アモーレ」も素敵ですよ♪

ムラヴィンスキーのチャイコフスキーは私も持っていますが、SACDだろうがハイレゾだろうが、まず使用マスターを第1世代か第2世代に遡らないと根本的に音質改善にはならないと思います。
SACDもBlu-rayも、第3世代か第4世代マスターの使用だと思います。
録音場所がロンドンだったと記憶してますが、この頃のドイツ・グラモフォンのロンドン録音は全部あんまり良くありませんので、若い世代のマスターをリマスタリングして欲しいところですね。


血栓は私も寝たきり生活の時にできてしまったことがあるのですが、私は点滴だけでどうにかなりました。
お体のこと、怖々とお過ごしになられる辛さ、心よりお見舞い申し上げます。

2020/7/15 15:56  [2265-3780]   

Bigshooter さん  

2020/7/16 07:17  [2265-3781]  削除

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

おはようございます^^

◆アンネ・ゾフィー・ムターの演奏とグリュミオーの演奏のテンポを比べてみると、なかなか興味深いものがあります。
⇒ムターのモーツアルトはBoxセットと最近のものがあるので早速聴きくらべてみましたがおっしゃるとおりグリュミオーの演奏のテンポは速いですね。
ブランクなしの実測タイムも以下のとおりでした。

●Mozart: Violin Concerto #1 In B Flat, K
207

Arthur Grumiaux(1962)  @6:36 A6:56 B5.17
Anne-Sophie Mutter(1991) @7.12 A8:13 B5:44
Anne-Sophie Mutter(2005) @6:48 A7.56 B5:46

●Mozart: Violin Concerto No.4 in D Major,
K218
Arthur Grumiaux(1962)  @9:04 A6:54 B7:04
Anne-Sophie Mutter(1981) @9:27 A7:34 B7:25

●J.S. Bach: Violin Concerto #1 in A Minor
, BWV1041
Arthur Grumiaux(1964) @4:00  A6:06 B4:04
Anne-Sophie Mutter(1982) @4:10 A8:12 B3:48

ムターも2005年のものはだいぶ速くなってますが最近は速いのが
トレンドなんでしょうか?
テンポの違いという視点で聴き比べるのも面白いですね^^

◆デュメイもグリュミオーの影響をかなり受けていると思います。
⇒デュメイはピレシュとのベートーヴェンのソナタを聴いていますが、
確かにギターで云うところのロングトーンの美しさはグリュミオーに
通じるものがあると思います。
表現はもう一人の師匠のカラヤンですか 笑

◆チョン・キョンファのDECCA録音はいいものばかりですから・・・
⇒鄭 京和は前にちちさすさんにチャイコを勧めていただいたんですが、単品で買うと結局買い足すと収納が大変なことになるのでBoxで手に入ってよかったです。
内容もちちさすさんのお墨付きということであれば期待大です!
BOXセットも新しいものはしっかりリマスターしているので音質も悪くないですね
EMIのボックスもADD音源はアートリマスターされているものも入っていて満足度が高かったです。特に「四季」は素晴らしい演奏だと思いました。

◆ムラヴィンスキーのチャイコフスキーは・・・
⇒Biu-ray audioはライナーにマスターのことが書いてあるんですが、#4は録音場所が違うからやむを得ないとしてもなぜか#5だけは48khz系ではなくDSDマスターをPCM変換したマスターが使われていたり統一感がないですね・・・
歪感や音場はOIBP盤と比較するとだいぶマシにはなってますが、DGの正規盤のカラヤンのベートーヴェンのBiu-ray audioほどはフォーマットによる音質向上はないですね・・・
既にお持ちかもしれませんがカルロスクライバーのDGのBiu-ray audioのBOXはテープリストアしてリマスターしてあるので音質がいいですね

◆血栓は私も寝たきり生活の時にできてしまったことがある・・・
⇒私の場合、2年前に何か所かステント入れているのでステントのまわりがヤバいらしいです。抗血小板薬と抗凝固薬を服用しているんですがコロナにかかると効きが悪くなるらしいです。

2020/7/16 08:34  [2265-3782]   

 Bigshooterさん  

では 良い1日をお過ごしください!

2020/7/16 08:38  [2265-3783]   

>Bigshooterさん
>ちちさすさん
>モンブランが好きさん

ここのところ縁側を放置してしまって申し訳ございません。

私自身の都合でまともに返信が出来る状態ではなくなってます。

どうかご理解のほどよろしくお願い致します。

私からの返信はもう少し時間がかかりそうではありますが、書き込みは自由になさって下さいね、
よろしくお願い致します。<(_ _)>

2020/7/24 06:10  [2265-3789]   

tam-tamさん。
私の方もまめに参加できずすみません。
コロナ感染は緊急事態宣言前よりも猛威を震っているようで、どうかご無事でありますように。
願わくはもう一回10万円給付金が出てくれますように…(^▽^;)


Bigshooterさん。
その後のお体はいかがでしょうか?
後遺症があり血栓をお抱えなので、復調というわけにはいかないでしょうけど、たくさんの新たな音楽との出会いで気持ちは↑で(^^)
チョン・キョンファのDECCAボックス、サン=サーンスのヴァイオリン協奏曲第3番も良いですよね。私はこれ、定番と言われるグリュミオー盤を超えていると思ってます。
あと、曲が曲だけにおすすめには書きませんでしたが、ショルティ/シカゴ交響楽団伴奏のベルクのヴァイオリン協奏曲が私はすごくお気に入りなんです。
私のほうは、手持ちのオペラCDをまとめて聴いているところです。

2020/7/25 08:57  [2265-3793]   

 Bigshooterさん  

>tam-tam17701827さん

こんばんわ^
どうかご理解のほどよろしくお願い致します。
⇒ご理解しておりますのでご心配なさらずに! 笑

>ちちさすさん

こんばんわ^^
Re遅くなり申し訳ございません。

その後のお体はいかがでしょうか?
⇒症状が不安定なのでだましだまし後遺症とつきあっていくしかないかなと・・・

たくさんの新たな音楽との出会いで気持ちは↑で(^^)
⇒コロナのおかげでまとまった時間がとれてここ数カ月はどっぷりクラッシック三昧という点ではまさに怪我の功名でしたよ 笑
教えていただいたCDをベースに聴きたい音源を探して自分のイメージにあう音楽と出会えたときは本当に感動しますね^^ 名盤といわれるもので一発で決まればいいですが自分のイメージどおりのものを求めるとやはりそれなりに投資は必要ですね 笑

チョン・キョンファのDECCAボックス・・・
⇒19枚と枚数は多いですがオリジナルCD通りなので1枚の時間も短いので何度か聴いてみましたが、素晴らしい作品ばかりで驚きです。
サン=サーンスのVC#3は最初グリュミオーを入手しようとしていたのですが、グリュミオーはBOXが出てないので嵩張るからどうしようかな・・・と考えていましたが、ちちさすさんのお墨付きがあるので鄭京和だけにしときます。

ショルティ/シカゴ交響楽団伴奏・・・
⇒変拍子+クロマチック これオケはこなすの大変だろうな〜
 慣れるために↑5回ほど通しで聴いてみましたがクラッシックの無調はやはり難解ですね 涙

でわ^^ 不苦労ということで・・・

 








2020/7/27 23:33  [2265-3795]   

 Bigshooterさん  

P.S.

オペラと言えばずっと↓が気になってAmazonとHMVのポイントがだいぶ溜まっているのでどうしたものか・・・ と考えていたのですがお手すきのときにアドバイスいただけると幸いです。

・Riccardo Muti - The Verdi Collection(JAN
: 0190295945886)

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01H
7XXQFS?pf_rd_r=3JXJAMQZD2F5GWF3PPE9&
pf_rd_p=7392bae8-7129-4d1a-96a9-1cfe0aa1
3ab3

2020/7/27 23:54  [2265-3796]   

Bigshooterさん。

ムーティのヴェルディセットですが、対訳はもちろん原語歌詞もありませんがよろしいのでしょうか?
私は理解のために歌詞対訳、輸入盤でも最低限ブックレットに原語歌詞は欲しいクチなんです。

ヴェルディのオペラの有名作は「アイーダ」「オテロ」「椿姫」「トロヴァトーレ」「リゴレット」ですが、正直他の作品はあえて聴く必要もないと思っています。「マクベス」や「ナブッコ」や「ドン・カルロ」などはよほどのヴェルディ好きの人向けです。
そして、このボックスセットはムーティがお好きな人向けだと思います。
Bigshooterさんがお買いになられても、多分1回しか聴かないような気がします(^^;)
あと声楽曲の「レクイエム」の収録もあるようですが、「レクイエム」でしたらフリッチャイかカラヤンをおすすめします。


オペラに関しては、古くから名盤として評価されている盤を選ぶことを私はおすすめします。私も自分の好みを越えて、そういう選び方で買ってきました。

その理由ですが、まず指揮者。オペラで良い演奏を聴かせられる指揮者は本当に限られています。具体的には若い頃に歌劇場でのオペラ指揮で叩き上げられた人です。例えば古いところではトスカニーニ、フルトヴェングラー、ベーム、セラフィン、エーリッヒ・クライバー。その次の世代ではカラヤン、フリッチャイ、ショルティ、ジュリーニ。さらに次の世代ではアバド、ムーティ、シャイー、カルロス・クライバー。
これらの指揮者は、コンサート指揮者から出発してオペラも指揮するようになった人たちとは、オペラ指揮では格が違います。
そして叩き上げシステムがなくなった今、素晴らしいオペラ指揮ができる指揮者はアバド世代までです。

次に歌手。1980年くらいまでは、これだけの才能と実力を持った歌手はもう後世には出ないだろうと言われたほどの歌手が各歌劇場に存在していました。そしてそういう不世出の歌手たちを集めて、オペラのレコーディングが行われていたのです。当然素晴らしい歌を聴かせる名盤になります。
現在は素晴らしい歌手はいますけど、その人たちを集めてのレコーディングはできません。つまりはドリームキャストにはならないのです。オペラは1人の歌手だけが素晴らしくても成功しません。

なので、オペラの素晴らしい録音は、オペラの上手い指揮者がドリームキャストを集めて行ったもの、でありおのずと名盤は限られてくるのです。
そしてクラシックの他のジャンルと違い、隠れた名盤というのはほぼ存在しません。
なので、名盤の評価の高い録音だけを持っておくように私はしています。
そして私はものすごくオペラ好きってわけでもありませんので、
1、筋書きが面白い
2、音楽が良い
3、オペラ指揮で叩き上げられて、なおかつ好きな指揮者
4、主役級3-4人のキャストの人選が良く、なおかつ歌手陣の声のコンディションが良い
のすべてを満たしたものだけを買ってますし、人におすすめするのも自分が持っているものです。

2020/7/28 15:29  [2265-3797]   

bigshooterさん。
お写真に触れずに投稿してしまいました。
こんな明るい日中に梟さん、とまっているんですね。夜行性とばかり思っておりましたので驚きました。
EOS 1Dxをお持ちとは。お写真もさすがの質感ですね(^^)

我が家はEOS 6Dがメインですが、中学生のうちの子の写真の勉強のために、先日ソニーのα7R II を追加購入しました。
高画素には微ブレやノイズといった弊害もありますし、画素ピッチの狭さから階調表現にも限界があるのは承知ですが、これからはカメラも高画素化の流れですし、その流れの中で写真を勉強するなら、高画素の良さを活かすこと、弊害を克服する技術を持つことも必要になってくるんだろうなぁと思い、導入いたしました。
実は購入直前までこれを購入候補にあげたことは一度もなかったのですが、良いご縁がありまして、急遽決めたのです。
うちの子の教材の側面が強い選択ですが、α7R II での撮影はきっと将来役立ってくれるでしょう、と言いますか、安くない買い物なんですから役立てて欲しいです(^▽^;)

私もちょっと撮ってみましたが、EOS 6Dのような立体感や奥行き感は、高画素機では簡単には出せないことを早速体験しました(^^;)
受光面積が小さいと二次元的な画像になりやすいですね。まあ、二次元的でもかまわない場合もそれなりにはありますけど(^^;)
どうやって立体感と奥行き感を出していくか、子どもだけでなく母親の私も勉強です(笑)。

2020/7/28 17:10  [2265-3798]   

Bigshooter さん  

2020/7/31 10:49  [2265-3799]  削除

Bigshooterさん。

私はイタリアオペラの括りですとヴェルディよりもプッチーニ派なんですが、ヴェルディも良い物は良いのですよね(^^;)
「アイーダ」「オテロ」ともに、私はカラヤン指揮ウィーン・フィルで持っています。

カラヤン/ウィーン・フィルの「アイーダ」は1958年DECCA録音と、1979年EMI録音の2種がありますが、私が選んだのはEMIの方。でもDECCAの方も名盤と言われており、歌手陣の好みで選んでも良いと思います。

「オテロ」のカラヤンの録音は1961年にウィーン・フィルを振ったDECCA録音と、1973年にベルリン・フィルを振ったEMI録音がありますが、こちらは断然ウィーン・フィルが良いですし、世紀の名盤です。
ウィーン・フィルのは、なんと言っても、マリオ・デル・モナコが歌うオテロが最高を通り越して神レベルです。

はっきり申します。他のを探さずにこれらカラヤン盤を入手されることをおすすめします。

ところでカラヤン/ウィーン・フィルのDECCA録音の「オテロ」ですが、私は最初2008年発売の24bitリマスター盤を買ったのですが、これのリマスター音質がなんだか良くありませんで、調べてみると世評でも失敗リマスターの烙印がつけられていました。
さらに調べまして、もっとも音質が良いのは1986年12月発売の最初期CDか、その再発売盤である1991年3月発売のCDとわかり、中古を探して1991年発売のものに買い替えた、という経緯があります。
24bitリマスター盤と聴き比べると、歌とオケの弦楽器は明らかに1991年発売の方が良いです。
デル・モナコの音域はテノールなのですが、声の密度感も潤いも、1991年発売のはだいぶ確保されています。

2020/7/28 23:25  [2265-3800]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

こんにちわ^^
夜遅くにまでコメントいただきありがとうございます。
今日は朝一で検査があったので昨晩は早めに寝てしまい返信が遅くなり申し訳ございません。

マリオ・デル・モナコが歌うオテロが最高を通り越して神レベルです。
⇒・・・なんて書いてあったので1991年盤を探してみましたがすでにどこにも在庫ないみたいです 涙
よくよく冷静になって考えてみたら上でちちさすさんが書かれていたように対訳の問題もあるのでオペラに関してはやたら手を出さずに対訳が充実しているBlu-ray audioに限定していこうかなと考えております。英訳なのでニュアンスはどうかと思いますが・・・
カラヤンのオペラのBlu-ray audioだと今のところ↓くらいしかありませがDeccaの直販のBlu-ray audioは音質が良いので面白そうかなと・・・
https://www.amazon.co.jp/Puccini-Madama-
Butterfly-G/dp/B00NCBDWNQ/ref=pd_ybh_a_1
?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=ERR
3MRTYJFXXY0EFE7A2


話はかわりますが中学生のうちから写真の英才教育って凄いですね^^
お子さんはどんなもの(被写体)を撮られているのでしょうか?

↑はエゾ・ナキウサギ(英名:Pika)と言ってエゾ・リス、エゾ・モモンガと並んで北海道三大かわいい小動物の一つです。Pikaというくらいでピカチューのベースになってます。








2020/7/29 13:23  [2265-3801]   

Bogshooterさん、おはようございます。
「オテロ」の旧盤はあるときはあるんですが、ないときはホント見つけられません(^^;)
やっぱり旧盤は時間かけて探すことになっちゃいます。

ハイビットリマスターの中には、良くない結果となった盤も存在しますので、時には旧盤に買い替えという事態も起こります。
私はオペラに関しては1作品につき1組のCDだけにするのが原則ですが、これはその曲の名盤・決定盤というのはたいてい1組しかない場合が多いからです。もちろん例外的に2組持っている曲もありますけど。
その演奏は初期のステレオ録音だったり、古いモノーラル録音だったりすることも多く、私は演奏が素晴らしければ音質が良くなくても全然問題なく浸れるクチです。
ですが(笑)。
録音自体が悪いため音質が悪いのはいくらでも許容しますが、リマスターが良くなくて音質が悪い(つまり最初期CDよりも音が良くない)のは我慢ならないのですよ(^^;)
「オテロ」の旧盤を探して入手したわけですが、すぐ手に入ったわけではありません。探し始めてから2年以上かかってます。もちろん、状態にこだわらない、輸入盤でも良し、であればすぐ入手できましたが、盤面美品、日本語対訳あり、定価より安い、という条件を付けますとこれがなかなか見つからないものです。

同じようにリマスターの音質の悪さゆえに旧盤に買い替えたものとしては、フルトヴェングラー指揮フィルハーモニア管弦楽団のワーグナー「トリスタンとイゾルデ」もそうです。
私が最初に買ったのは前期artリマスターの輸入盤でした。
お調べになられるとお分かりいただけると思いますが、EMIのartリマスターは非常に音質の評判が悪く、EMIは主な音源をすべてartでリマスタリングする予定だったのですが、途中で中止しています。
そしてartの技術を改善させて、改めてartとしてリマスタリングしなおしました。こちらのartは良い音質です。
一旦中止するまでのartを前期artまたは初期art、改善された方を後期artと区別して呼んでいるようですが、日本のEMI盤発売元である東芝およびワーナージャパンは、前期も後期もまったく区別せずただartとのみ表記するので、これはけっこう困ります。

なぜ困るかと言いいますと、前期artはEMIとして初めてのハイビットリマスタリングで、重要な録音から順にart化しました。
そして悪評のための改善した後期artでは、前期artで発売済みのものも改めてリマスタリングしなおしたのです。
なので評判の良い録音、世間で名盤、定番と称賛された録音は、前期artと後期artの2種類のartが存在することになりました。
しかも国や発売企画によっては、前期artしか使用できない契約があったりとかして、artリマスターと称されていても前期artがいまだに再発売で使われたりしてますから、買おうと思っているのが前期なのか後期なのかわからないというのは、購入をかなり躊躇させるんですよね…。

お話が横道にそれましたが、私が最初に購入した「トリスタンとイゾルデ」は前期artのものでした。
これを1986年2月発売の最初期盤に買い替えています。こちらは比較的早く見つけられました。
「トリスタンとイゾルデ」は後期artでも発売されていますので、そっちでも良かったのですが、最初期盤が音質面でもっとも音楽的で優れているという評がちらほらありましたので、日本語対訳付きの国内最初期盤を選んだわけです。

ついでのお話ですが、旧盤もそうですが、廃盤もなかなか見つけられないことも多く、手に入れるまでかなり年月がかかったこともあります。
私の例ですと、カール・シューリヒト指揮パリ音楽院管弦楽団のベートーヴェン「運命」とワーグナー管弦楽曲のCD(DECCA)、この存在を知ったのは高校の時(1996年ごろ)ですが、すでに入手不能な廃盤になってました。
折りあるごとにショップを探したり、オークションを利用するようになってからはオークションも見ていたのですが、これが本当に見つかりませんで、輸入盤も廃盤のままでしたし、手に入れることはできないかと思ってました。
でも何年か前に、初めてオークションに出品されまして、ちとお高い値付けでしたが美品でもあったので飛びついて落札できました。
欲しい欲しいと思ってから実に19年?20年?くらいの歳月が経ってました。
ワクワクしてプレーヤーにかけて、期待以上の極上演奏が流れた時の感激は、生涯忘れられませんねぇ(^^)

2020/7/30 09:14  [2265-3802]   

カラヤン/ウィーン・フィルのプッチーニの「蝶々夫人」、Blu-ray audioの使用マスターがわかりませんけど、音質面で間違いがないのはこれだと思います。
https://tower.jp/item/4602083/

カラヤンの蝶々夫人は、元から音質はかなり良いので、Blu-ray audioやSACDでなくてもいいような気もします。
私が持っているのは1990年8月発売の国内盤ですが、旧盤を探したのではなく、中学の時におばあちゃんに買ってもらった私の初めてのオペラCDがこれだったのです。
ハイビットリマスタリングではありませんが、音質はかなり良いですよ。


>話はかわりますが中学生のうちから写真の英才教育って凄いですね^^
>お子さんはどんなもの(被写体)を撮られているのでしょうか?

うちの子は小学3年生の時から一眼で撮っています。私も小学3年生からだったので、特に早いとは思ってません(笑)。
はじめは、母親の私と同じことをしたいためにカメラを持ってましたが、4年生になって、私の持っていたソニーNEX-6に、ミノルタSRマウントのオールドレンズでマニュアルフォーカス、マニュアル露出で撮ることにハマりまして、4年生の頃は暇さえあれば撮影に出かけていたくらいです。
子どもだから覚えも早く、腕も上達してきたので、NEX-6とレンズ5本を子どもにあげてしまいました(^▽^;)
そして私のEOS 6Dも普通に使えるようになりまして、これは大事なカメラなのであげられませんが、これからの上達のためにはフルサイズ、露出の勉強にはミラーレス機ということで、5年生の終わり頃から新しいカメラを買ってあげることは検討していたのです。
で、先般α7R II を買ったわけですが、高額な物なので、本人の持ち物にはせず、自由に使える家族みんなのカメラ、という位置づけでの導入になっております。
被写体ですが、PHOTOHITOに子どもの撮った写真をアップしておりますので、それをご覧いただきたく思います。
ただ最近更新しておりませんので、ほとんど小学校時代に撮影した画像です(^^ゞ
https://photohito.com/user/103236/

2020/7/30 09:39  [2265-3803]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

こんにちわ^^
今日も懇切丁寧なご説明をいただきありがとうございます。

「オテロ」の旧盤はあるときはあるんですが、ないときはホント見つけられません(^^;)
⇒探しましたが1991年盤の新品の流通在庫はないようなので中古でもやむなしということでJANでヒットしたディスクユニオンに電話で確認したところ2008年盤でした 涙
やはり↓ということになりそうです。
「やっぱり旧盤は時間かけて探すことになっちゃいます。」

ハイビットリマスターの中には、良くない結果となった盤も存在しますので、時には旧盤に買い替えという事態も起こります。
⇒私もROCKとJAZZのCDでリマスタースパイラルの無間地獄に陥りましたが、既にクラッシックでも始まっているので気をつけねばと・・・ 汗
一時JAZZではXrcdが出だした頃にXrcd盤を収集した時期がありましたが、これが当たりハズレが大きくて参りました。
音質としては確かに向上しているんですが、何か違和感があるんですよ・・・
後に当時のエンジニアがリマスターしたCDが廉価で一斉に発売になったんですが「音」ではなくて「音楽」としての完成度は別次元でした。
ROCK(特にプログレ)の場合はJAZZ以上に●●年リマスター的な発売頻度が高いので出る度に買い足していたのでもはやカオス状態です 笑
クラッシックの場合はOIBP盤の当たりハズレが多いように感じました。
artの詳細なご説明は非常に勉強になりました。ありがとうございます!が・・・
「前期も後期もまったく区別せずただartとのみ表記するので、これはけっこう困ります。」
だと買って聴いてみないとわかりませんネ^^

カラヤン/ウィーン・フィルのプッチーニの「蝶々夫人」・・・
⇒Oh my GOD!すでにポチ済です!
Blu-ray audioは2014年発売なのでSACDが2017年リマスター音源ということはBlu-ray audioは旧マスターですね 汗
ただ経験則上、Blu-ray audioの場合、DSDリマスター音源をBlu-ray audio化したもよりも48K系PCMマスターをそのまま音源にしたもののほうが相性が良く感じるのでそのあたりに期待です。










2020/7/30 11:32  [2265-3804]   

 Bigshooterさん  

子どもだから覚えも早く、腕も上達してきた
⇒楽器でもそうですがこの部分は大きいかもしれませんね^^
自然の中の対象を撮る場合、太陽の光というファクターを考えるとシャッターチャンスはほんの短い一瞬なので頭で考えなくても瞬きをするようにシャッターを切れるようにならないと写真で最も重要なものを掴めないですから、そういった意味では若いうちから写真を始めることは良い教育方針ですね

マニュアルフォーカス、マニュアル露出で撮ることにハマりまして
⇒機械の性能がアップしても↑はあらゆるシーンで役に立ちますね!
特にヒゲのある動物を撮影する時にはAF頼みだとしっかり目にピントが入らないので最後は結局MFでピントを追い込むしかないんですよね・・・
といっても最近の瞳AFは凄い精度なのでちょっとビックリですが・・・ 汗 

被写体ですが、PHOTOHITOに子どもの撮った写真をアップしておりますので、それをご覧いただきたく思います。
⇒MY Favorite This ONE! So Cool!
https://photohito.com/photo/8963579/

今日は夕方から仲間に拉致されてネオワイズ彗星お別れツアーなのでシェリング&ヴァルヒァのバッハを聴きながらイメージトレーニング中です 笑
天気が良ければ群馬だと夜8時くらいから北西方面の赤城、水上の山の上に彗星が見えるはずなのでα7R II の本領発揮かも・・・ 笑

2020/7/30 12:23  [2265-3805]   

 Bigshooterさん  

因みに↓のアプリ(無料)をスマホに入れとくと一発で彗星の位置が特定できます。
ご興味あれば試してみて下さい。

https://dekiru.net/article/20092/

2020/7/30 12:36  [2265-3806]   

Bigshooterさん。

蝶々夫人ですが最新のマスタリングが一番良いとは必ずしも言えませんので、私が紹介しましたのがベストとは限りません。ですが、マスタリングに使用したマスターは、おそらく第3世代マスターと思われるので、音質面ではだいぶ良いと思います。
Blu-ray audioのがいつの世代のマスターを使ったのかに依りそうです。
xrcdは試聴しか経験がありませんが、私としてはハズレと思った盤はありません。ただジャズのxrcdはまったく聴いておりませんので、うーん、どうなんでしょう?(^^;)
OIBPは、シリーズの途中からかなり手抜きになってます。ただの24bitマスタリングに成り下がったものも…。

うちの子の写真、あの広大な余白の向日葵はみなさん褒めてくださいます。
私が花撮りなので、子どももお花がメインですが、いずれ飛行機を撮りたいと夢を持っているようです。群馬は空港がありませんので、遠征になりますね。その前に望遠のシステムを…。
でもBigshooterさんのお写真のような、鳥や小動物の撮影にも興味があるようですよ(^^)
ピカ、カワイイですねっ(*^_^*)
超望遠レンズ、すごいです。
あ、Bigshooterさんがテスターをされていたメーカーはおおよそ想像がつきますが、それは置いときまして、テスターとは具体的にどんなお仕事なんでしょうか?
どういうテストをされるんでしょうか?
教えていただけましたら。興味本位での質問ですので、差し支えなければでけっこうですよ。

彗星のアプリ、早速入れてみました。
正しい使い方が今ひとつわかりません(^◇^;)

2020/7/30 15:36  [2265-3807]   

Bigshooter さん  

2020/7/31 10:50  [2265-3808]  削除

Bigshooterさん。
削除されたレスは読んでおります。ありがとうございました。
そちらですと千歳空港、その近辺での小動物、と毎日撮影に行っても飽きないくらいかも?
実は札幌に夫の弟さん一家が住んでおります。なので、子どもがそちらに行っても何泊であろうが泊まるところは大丈夫なのです。望遠を入手できれば行かせてあげたいものです。


ジャズはよく分からないのですが、私が所持しているジャズのCDは、マイルスの「カインド・オブ・ブルー」と、スイング系のカウント・ベイシーのが3枚、ベニー・グッドマンのが2枚、で全部です。
ドリス・ディも1枚ありますがこれもジャズに入るのかしら?
ロックですと、エルヴィス・プレスリーとビートルズは1枚ずつ持っています。
所持枚数はわずかですが、曲はどれも必聴盤みたいな感じがしています。
Bigshooterさんはジャズやロックはどういうのがお好きなのでしょうか?

2020/7/31 13:43  [2265-3809]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

こんにちわ^^

削除されたレスは読んでおります。ありがとうございました。
⇒ネットなので誰が見ているかわからないのでひとまず削除しておきました。
前に↓ほか当たり前のことを書いただけなのにメーカーから物言いがついたことがあったのでこういう時期でもあり言動にはきを付けておいたほうがよいかなと・・・
どこのメーカーもなかなかカメラが売れないのでピリピリしてますからね
最近特にSONYの(←ここは関係ないので 笑)C、Nから認定プロの引き抜き攻勢が強烈なので険悪な雰囲気です。
特に北海道は酷くてまさに「ブルータスお前もか!」の世界です 汗

https://review.kakaku.com/review/K000014
1301/ReviewCD=944520/#tab

https://review.kakaku.com/review/K000014
1300/ReviewCD=944517/#tab


そちらですと千歳空港、その近辺での小動物・・・
⇒飛行機とか動物があれば千歳空港を降りたとたんに間違いなく魔界入りです 笑
なにせ千歳空港のとなりは航空自衛隊の千歳基地なのでF15戦闘機が目の前でバンバン離発着してますし、エゾリスくらいであれば北大の構内や北海道神宮あたりでお手軽に見られます。
おまけに最近はヒグマも街中によく出没しますので・・・ 爆
ナキウサギとモモンガは場所を知らないとまず見られないので「何泊であろうが泊まるところは大丈夫」ということであれば私が魔界にご案内します。

望遠を入手できれば行かせてあげたいものです。
⇒最初に練習用に持つのであれば、シグマの500mmズームあたりが良いんですがシグマはソニーマウントはやはり出てないんですね・・・
飛行機や動物のような動きものは手持ちで追わなくてはならないのでミラーレスだと厳しいのでその時は6Dを 笑
動きものの場合は、光を読んでおいて、ピント、SS、F決めを短時間でやらないといけないのでMFが使えるのは強みですよ!
動物撮影の場合、AFでざっくりピントを入れといてMFでガチピンにしないと鼻とかにピントを喰われてしまって動物に目にピントが入らないのことになってます 笑
因みに1枚目のエゾリスは木の裏側から出てきた瞬間を撮ったものですが、AFで最初にどこを狙うのか子供さんに聞いてみて下さい。
動物やスポーツ撮影にいづれ必ず役に立つと思います。
・・・とまた御託を並べてしまいました。

ドリス・ディも1枚ありますがこれもジャズに入るのかしら?
⇒当時は今で言うポップスなんでしょうがドリス・ディやJulie Londonはスタンダードもこなすので今はJAZZ扱いですね^^

ロックですと、エルヴィス・プレスリーとビートルズ・・・
⇒現代ポップスのルーツですね・・・ 「すべてはここから始まった」みたいな 笑
クラッシックでも感じましたが何人かの特定の人がすべてやり尽くしてしまってたりするので
後から出てきた人が完全に新しいジャンルを確立するのって大変でしょうね・・・

Bigshooterさんはジャズやロックはどういうのがお好きなのでしょうか?
⇒ヘビメタ、ハードロック、JAZZ、FUSIONを全般的に聴きますが、パンク、スラッシュメタル、ビックバンドはほとんど聴きません。
JAZZだとマイルス、コルトレーン、ロリンズ、ビル・エヴァンスあたりの60-70年代のCDはほぼ100%持っています。
クラッシックは魔界だろうなと思って意識的に避けていたんですが、tam-tamさんに魔界に突き落とされ、ちちさすさんに無間地獄に引きずり込んでいただいたおかげで最近は聴くジャンルもカオスです 爆















2020/7/31 15:53  [2265-3810]   

 Bigshooterさん  

ソフトから拾ってみましたがJAZZ 、Fusion系だと↓のアーティストは海賊版以外のオフィシャルディスクはほぼすべてのCDを所有しておりますので気になるものなどありましたら情報提供させていただけるかと思います。
Al Di Meola
Art Blakey
Art Pepper
Beegie Adair
Bill Evans
Billie Holiday
Blue Mitchell
Boney James
Brad Mehldau
Brian Culbertson
Brian Simpson
Bud Powell
Cannonball Adderley
Cassandra Wilson
Charles Mingus
Charlie Haden
Charlie Parker
Chet Baker
Chick Corea
Clifford Brown
Curtis Fuller
Dave Brubeck
David Benoit
David Sanborn
Dayna Stephens
Dexter Gordon
Diana Krall
Dianne Reeves
Duke Jordan
Earl Klugh
Eddie Higgins
Eric Marienthal
Euge Groove
Fourplay
Freddie Hubbard
Hank Mobley
Helen Merrill
Herbie Hancock
Holly Cole
Jaco Pastorius
Jane Monheit
Jeff Lorber
Jim Hall
Joe Henderson
Joe Pass
Joe Sample
John Coltrane
John Scofield
Jonathan Fritz&#233;n
Kamasi Washington
Keith Jarrett
Kenny Burrell
Lalah Hathaway
Larry Carlton
Lee Morgan
Lee Ritenour
Lisa Hilton
Mahavishnu Orchestra
McCoy Tyner
Michael Brecker
Miles Davis
Norman Brown
Oscar Peterson
Paco de Luc&#237;a, Al Di Meola &
; John McLaughlin
Pat Metheny
Patti Austin
Paul Desmond
Paul Jackson, Jr.
Peter White
Red Garland
Richard Elliot
Richie Beirach
Rick Braun
Robert Glasper
Ron Carter
Roy Hargrove
Sonny Clark
Sonny Rollins
Stan Getz
Stanley Clarke
Steve Gadd
Steve Kuhn
Thelonious Monk
Tommy Flanagan
Wayne Shorter
Weather Report
Wes Montgomery
Wynton Marsalis


2020/7/31 17:40  [2265-3811]   

 Bigshooterさん  

追加
Eric Dolphy、Gerry Mulligan


2020/7/31 17:53  [2265-3812]   

ちちさすさん

お久しぶりです(^^)

ようやく書き込みに集中する時間が出来ました。

以前はiPad+Apple pencilで入力していたのですが、諸事情により今はキーボードで書き込んでいます。

エルヴィスのアルバムをお持ちということですが、
(割り込みになってしまいますがお許しを、w 何せエルヴィスの大ファンのものですから無視できませぬ、w)
そのアルバムには「アメリカの祈り」という曲は収録されてございますか?

日本ではほとんど評価されていないエルヴィスですが、アメリカ国内においての評価はずば抜けて高く、ファンの寄附金のみで運営されている大病院があったり(現在もあるかどうかは調べていませんが)ちょっと考えられないほど凄まじい影響力があるアーティストなんですよね。

生涯一発録りに拘ったアーティストとしても有名で、つなぎ合わせで発表された楽曲はほとんどありません。
「アメリカの祈り」はヒットこそしていないものの、ファンの間では代表的な傑作として認知されており、スタジオテイクがなく、公式発売シングルもライブテイクなのです。
もしお持ちのアルバムに収録してあったらじっくり聴いてみて下さい。

カラヤン好きのちちさすさんに聴いて欲しい楽曲がRockに一曲あるんです。
レッドツェッペリンの「天国への階段」という曲です。
”カラヤン 天国への階段”でググればその理由がわかりますよ(^^♪

書きたいことはたくさんあるんですが負担になるといけないので、今日はこの辺りで失礼致しますね♪

2020/7/31 18:55  [2265-3813]   

Bigshooterさん

ご無沙汰しております(^^)

ようやく時間が作れました。

<マリオ・デル・モナコが歌うオテロが最高を通り越して神レベルです。
⇒・・・なんて書いてあったので1991年盤を探してみましたがすでにどこにも在庫ないみたいです 涙

マリオ・デル・モナコのオテロはDECCAの1961年録音の方ですね。
世界的にも三大テノールとかで大ブームになりましたが、デル・モナコのテノールはそんなレベルではありません。
個人的にはイタリアの曲はイタリアの指揮者、フランスの曲はフランスの指揮者、いわゆるお国ものがベストなのですが、ヴェルディのオテロに関してはカラヤン指揮ウィーン・フィルが別格の出来です。
(デル・モナコがテノールを担当しているお探しの盤ですね♪)
トスカニーニ大好きな私としては、トスカニーニ演奏の盤も聴いて欲しいところですが、あいにく録音状態の良いものがありません(良かったですね、w)
(トスカニーニはイタリア人ですので、ヴェルディ、プッチーニを得意としていましたので)

オペラ指揮者についてはちちさすさんが詳しく説明されておりますので、私の方からは割愛させて頂きます、w

沼に引き摺り込んでしまう発端を作ってしまった責任として、もう一枚だけ絶世の名盤をご紹介致します、w
ハインツ・ボンガルツ指揮のベートーヴェンのエグモント全曲です。
ジョージ・セルもなかなかの出来の全曲盤を録音しておりますが、ボンガルツ指揮の全曲盤は圧倒的に素晴らしいのです。
これ以上素晴らしいエグモント序曲は他にありません。
調べたところ、現在異常な高値がついており、買えません、ある意味ラッキーではないでしょうか、w
(ちちさすさんの手により、正規価格で購入出来る情報が上がってくるかもしれませんが、w)

久しぶりの書き込みということで、今日はこの辺りで(^^)
また書き込みますね♪

2020/7/31 19:23  [2265-3814]   

モンブランが好きさん

こんばんは(^^)

更なる激務でお疲れでしょうか?

気が向いた時で良いので、たまには顔を出してくれると嬉しいです。
(私自身が暫く放置していたのに勝手な事を言っておりますが、w)

IER-Z1Rにはどんなイヤーピースを使用されているのでしょう?
私はAZLAとSpinFitが一番良いように思います。
(まだお試しされていないようでしたら参考までに)

AZLA SednaEarfit Light S/M/L各1ペア
https://www.e-earphone.jp/shopdetail/000
000234997/ct3579/page1/recommend/


SpinFit CP100-L 2ペア
https://www.e-earphone.jp/shopdetail/000
000172608/ct3414/page1/recommend/


サイズは適切なもの選択されて下さいね。

2020/7/31 20:52  [2265-3818]   

こんばんは

  超お久しぶりです 〜更なる激務〜…  正におっしゃる様に忙しく仕事です… と言うか仕事内容で、ほぼ1日中ルーペを使って集中しているので、目が疲れてしまって、更にこの不安定な気候のせいで目眩もしょっちゅう起きていて前回の書き込み以降、こちらの縁側どころか、好きな映画〜AV〜も視聴する気が起きずしばらくまったく見る事が出来てません スマホは通話のみ、通勤で聞く音楽さえも今はうるさく聴こえてしまっていて、持ち歩いてませんでした 今月のいつだったか民放で お菓子の選挙やってましたよね?  うちの仕事はあれのほぼ全てに関係してるので(いわゆる食料品) 気が張りっぱなしです   
  
  
   今回コメントしたのはいずれ説明しようと思ってた時に、たまたま呼ばれてるのを見つけたので書いてみました

  あんなに好きだったチョコも暑さのせい?か遠ざけてます 胸焼けがして… 涼しくなれば戻ると思ってはいますが… 

  アズラ? の耳栓=イヤーピースは気にはなっているのですが、なにしろ量販店にしばらく行けて無いので試す事すら出来てません  透明なやつですよね?


   また何時になるか分かりませんけど、書きたい時は参加します  身勝手でホントごめんなさい

2020/7/31 22:51  [2265-3820]   

tam-temさん、お帰りなさいませ♪

>世界的にも三大テノールとかで大ブームになりましたが、デル・モナコのテノールはそんなレベルではありません。

そうなんですよ〜。
やっぱり神レベルというのは時代のなせるワザだと思わされます。
だから失敗リマスターはご免被りたいものなんですよ。


>ハインツ・ボンガルツ指揮のベートーヴェンのエグモント全曲

このCDは記憶になかったです(^^;)
ですが、ドイツ・シャルプラッテンの1000円シリーズで出ていたんですね。
このシリーズ、ズスケカルテットやマズア、ブロムシュテットなど、ドイツ・シャルプラッテンの主力録音全投入の神シリーズで、私もお世話になりました。当時の広告を引っ張り出して、ボンガルツの「エグモント」全曲もラインナップされていたのを確認しました。
その後リマスタリングされた盤も出たようで、高値が付けられているのはそっちですね。
1000円盤は新品の扱いは見つけられませんでしたが、中古では500円くらい+送料でチラホラありました。


>そのアルバムには「アメリカの祈り」という曲は収録されてございますか?

私が所持しているのは2枚組50曲のおそらくベスト盤のようなものだと思いますが、アメリカの祈りは入ってませんでした。
プレスリーの曲は、スピーカーでのオーディオでも、ヘッドフォンでのオーディオでも、私の装置では残念ながら良い感じでの再生にはならないみたいです。

2020/8/1 13:28  [2265-3823]   

モンブランが好きさん、お久しぶりです。

お仕事大変そうですね…。
私は社会人は3年で卒業しましたので(笑)、お仕事中心の生活などすっかり忘れてしまっております。
お好きなチョコレートさえもダルダルなんて、これから暑さも本番ですから、お体だけでなく心のスタミナも付けてくださいね。
またお話いたしましょう(^^)

2020/8/1 13:36  [2265-3824]   

Bigshooterさん。

彗星観察はいかがでしたでしょうか?
あのアプリはどの角度を表示させるのが良いのか、そのあたりで分からなくなっております(^▽^;)
立ち上げた時の表示が、端末の現在地からの見え方??

うちの子が魔界に旅立つなら、ぜひ水先案内を(笑)。
我が家には200mmF3.5単焦点と、100-300mmズームがありますが、単焦点はマニュアルフォーカスレンズで、ズームはオートフォーカスながらオールドレンズと言っても良い古いものです。
本当に望遠システムを構築するなら、大きく重いしかも超高額のフルサイズ用超望遠レンズでなく、マイクロフォーサーズのボディと300mm(換算600mm)をカバーできる望遠ズームレンズかと思ってます。
お財布的にもマイクロフォーサーズが現実的です(^^ゞ


アーティストのお名前をズラっとご紹介ありがとうございました。
名前だけ知っているアーティストも数名は載ってましたが、ほとんどはヴォーカルなのか器楽なのかも調べないと分かりません(^◇^;)
他のジャンルを聴くキャパシティの余裕がないのですが、それでも必聴盤は押さえておきたいので、ヴォーカル、器楽それぞれで「これを聴け!」というのを数点ご教示いただけましたら嬉しいです。
すぐではなくても、いずれ手を伸ばすときのために…。

2020/8/1 14:01  [2265-3826]   

モンブランが好きさん

おはようございます(^^)

お疲れのところ返信してくださりありがとうございます。

イヤーピースに関してはあまり話題がないのも寂しいと思い書いたまでですからお気になさらずに(^^)

<透明なやつですよね?

話題になっている製品は透明なイヤーピースですがあれは完全ワイヤレスイヤホン専用ですので購入しないようにして下さいね。

<また何時になるか分かりませんけど、書きたい時は参加します  身勝手でホントごめんなさい

身勝手なんてとんでもないです。
書きたい時に書けば良いのです。
ですが現在の状況が状況なのでちょっと心配になっていたんです。

無理して書き込みする必要はありません。

ですがせっかく共通の趣味を持った方々とこうして出逢えたわけですから大切にしたいと思うのです。

夏は暑さを増し、通勤も大変になるかと思います。

ですので、ゆっくりと体を休め、体調管理に気を付けて下さい。

今回は現状確認的な意味合いで私の方から呼びかけてみましたけど、返信があったので良かったです(^^♪
ありがとうございます<(_ _)>

書き込みは強制的なものではありませんから、大丈夫ですよ(^^♪

またIER-Z1Rに関する話題があったら報告しますね。

年末商戦には何かしら出てくると思うんですよね〜、
期待して待ちましょう♪

今回は返信して頂きありがとうございました、今後ともよろしくお願いします(^^)

2020/8/2 09:11  [2265-3827]   

ちちさすさん

おはようございます(^^♪

<tam-temさん、お帰りなさいませ♪

ありがとうございます。

<そうなんですよ〜。
やっぱり神レベルというのは時代のなせるワザだと思わされます。

マリオ・デル・モナコを初めて聴いた時、衝撃のあまり卒倒しそうになりましたからね〜(^○^)
これが”黄金のトランペット”と賞賛されるテノールかと!(^^♪
ステレオ録音で記録されている事自体が奇跡ですよね〜。
少々リマスターが悪くとも、デル・モナコの衝撃の歌唱は貴重な財産ですね(^^)

<このCDは記憶になかったです(^^;)

一度ちちさすさんにハインツ・ボンガルツのエグモント全曲盤についてお話しする機会が持てたらなあと思っていたのです。
確かにエグモント全曲盤というのは録音も極端に少ないですからボンガルツ盤を未聴だとしても不思議ではないですが。
職人的指揮者みたいな人ですから、エグモント全曲以外の録音も非常に少ない指揮者です。

エグモントも序曲はたくさんの録音がありますが、序曲以外の曲に関してはベートーヴェン渾身の力作というものではないのでこれは仕方がないと思います。
この録音はいわゆるスタジオで収録されたものではなくて、残響の素晴らしい教会で録音されたそうで、音の響きの素晴らしさが堪能出来る盤なんですよね(^^)
いぶし銀のようなボンガルツの指揮も素晴らしく、私の愛聴盤になっています。

この話題を拾ってくれてありがとうございます(^^)
機会があれば是非聴いてみて下さい。

<私が所持しているのは2枚組50曲のおそらくベスト盤のようなものだと思いますが、アメリカの祈りは入ってませんでした。

2枚組で収録されてないのですか?
あら〜、どんな企画のアルバムなんだろう?
「アメリカの祈り」が入っていないのであればベスト盤では無いですね、多分。

<プレスリーの曲は、スピーカーでのオーディオでも、ヘッドフォンでのオーディオでも、私の装置では残念ながら良い感じでの再生にはならないみたいです。

ちちさすさんの装置が悪いのではなく元の録音状態が悪いのです。
厳密に言うとトラックダウンの処理が雑なんですよ、w
(商品音楽の決定盤みたいなアルバムがたくさんありますね、小泉純一郎選曲のアルバムなんてものもありましたからね、w)

<ハスキルのベートーヴェン、良いでしょう?

良いなんてもんじゃありませんよ(^○^)
こんな素晴らしい演奏、個人で探していたら購入していたかどうかも怪しいです。
(ハスキルはモーツァルト弾きという評価が定着してますからね、モーツァルトの20番は所有していますが)
イッセルシュテット&バックハウス盤でも十分楽しめるのですが、ハスキル盤は私にとっては今では宝物のようなCDになっていますね〜(^^♪

<ハスキル&マルケヴィチでもう1枚お勧めするなら、ショパン/ピアノ協奏曲第2番とファリャ/スペインの庭の夜(実質ピアノ協奏曲です)をカップリンしたものです。

ちちさすさんが絶賛されているファリャは三角帽子くらいしか聴いた事が無いんですね。
ですので、いきなりこのCDを聴いても駄目だと思うんです。
しかし、ちちさすさんが素晴らしい演奏という事であれば是非聴いてみたい!
他の指揮者の演奏を聴いて勉強した後、購入したいと思ってます(^^♪

レスありがとうございます(^^)

2020/8/2 10:02  [2265-3828]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

こんにちわ^^

彗星観察はいかがでしたでしょうか?
⇒聞かないで下さい! 笑
ちょうど彗星の位置に雲がかかってしまい3タテ喰らってます 涙
しかも、帰宅したかと思ったらまた昨晩まで拉致られていました 涙×10
現場まで片道250kmですからね〜 車と宿代は出してもらえるのですが
病み上がりなのでさすがに連日は厳しいものがあります。
ようやくゆっくりできるかと思ったら今日も「これからお迎えに行きま〜す!」とか電話が入りました 汗
しかも星の撮影はカメラマンと天体観測マニアで倍増しますので普段であれば動物くらいしかいない北海道の田舎が渋谷みたいです 笑

あのアプリはどの角度を表示させるのが良いのか、そのあたりで分からなくなっております(^▽^;)
⇒スマホの位置情報を入れて、スライダーで日時指定して空に向けてかざせば(=カメラの液晶と角度を合わせれば)自動で星座を追尾してくれます。

うちの子が魔界に旅立つなら、ぜひ水先案内を(笑)。
⇒魔界にてお待ちしております 笑

ヴォーカル、器楽それぞれで「これを聴け!」というのを数点ご教示いただけましたら嬉しいです。
⇒不親切なリストアップで申し訳ありません。↓にリストを作りなおしました。
★は名盤・定番、※は準定番、◎は定番以外のオススメです。
ただJAZZの場合、クラッシックと違って、名盤と言われるものも予算がないのでラジカセで録音したような酷いものや慣れていないと不協和音といしか思えないようなマニアックなものもあるのでご購入される時は遠慮なく聞いて下さい。

↑は千歳の航空ショーで撮影したものですがAPS-C/500mm、ノートリミングです。
ご参考までにexifは残してありますのでご活用下さい。 





2020/8/2 14:20  [2265-3829]   

 Bigshooterさん  

Al Di Meola (G) ◎Friday Night In San Francisco
Art Blakey (Dr) ★Moanin' [RVG] / Like Someone In Love [RV
G]
Art Pepper (Sax) ★Art Pepper Meets The Rhythm Section
Beegie Adair (Piano) ◎Yesterday ◎My Piano Memory ◎Swingin' With Sinatra ◎Love, Elvis
Bill Evans (Piano) ★Portrait In Jazz / ★Sunday at the Village Vanguard / ★Waltz for Debby
Billie Holiday (Vo) ★Solitude
Blue Mitchell (Trp) ※Blue’s Moods
Boney James(Sax)
Brad Mehldau (Piano) Blues And Ballads
Brian Bromberg(Bass) Wood
Brian Culbertson(Piano)
Brian Simpson(Piano)
Bud Powell(Piano) ★The Scene Changes: Bud Powell, Vol. 5[RV
G] 
Cannonball Adderley(Sax) ★Somethin' Else[RVG]
Cassandra Wilson(Vo) Blue Light 'Til Daw
n / New Moon Daughter / Traveling Miles
Charles Mingus(Bass) ★Pithecanthropus Erectus
Charlie Haden(Bass) ★Beyond The Missouri Sky / ◎American Dreams / ◎Nocturne
Charlie Parker(Sax) ★Now's The Time
Chet Baker(Trp) ★Chet Baker Sings
Chick Corea(Piano) ★Return to Forever / ※Crystal Silence
Clifford Brown(Trp)★Clifford Brown & Max Roach / ★With Strings / ※Brown And Roach Incorporated
Curtis Fuller(Trombone) ★Blues-Ette
Dave Brubeck(Piano) ★Time Out / ◎My Favorite Things / ◎Jazz Impressions of Japan
David Benoit(Piano)
David Sanborn(Sax) ◎A Change Of Heart / ◎Close-Up
Dayna Stephens(Sax) ◎Peace
Dexter Gordon(Sax) ★Doin' Allright / ★Go! / ★Our Man In Paris / ★One Flight Up / ★Gettin' Around Diana Krall(Vo) ★The Look Of Love / ◎Turn Up The Quiet
Dianne Reeves(Vo) ★The Calling / ◎Dianne Reeves / ◎The Grand Encounter
Duke Jordan(Piano) ※Flight to Jordan / ※Two Loves
Earl Klugh (G) ◎Sudden Burst Of Energy / ◎Late Night Guitar / ◎Solo Guitar / ◎HandPicked
Eddie Higgins (Piano) ◎You Don't Know What Love Is ◎Standards by Request ◎Standard / Ballad
Eric Dolphy(Sax,Clarinet, flute) ★Last Date ◎Out to Lunch
Eric Marienthal(Sax) ◎Got You Covered ◎It's Love
Euge Groove(Sax) ◎Euge Groove ◎Sunday Morning
Fourplay(Band) ◎Fourplay

2020/8/2 14:23  [2265-3830]   

 Bigshooterさん  

Freddie Hubbard(Trp) ※Open Sesame [RVG] / ※Ready For Freddie [RVG] / ◎Hub-Tones [RVG]
Hank Mobley (Sax) ※Soul Station [RVG] / ※Dippin' [RVG]
Helen Merrill (Vo) ★Helen Merrill / ◎Parole E Musica
Herbie Hancock(Piano)★Maiden Voyage [RVG] / ◎Empyrean Isles [RVG] / ◎The New Standard
Holly Cole (Vo) ★Calling You
Jaco Pastorius (Bass) ※Jaco Pastorius/ ◎Word Of Mouth
Jane Monheit (Vo) ◎Come Dream With Me
Jeff Lorber (Piano)
Jim Hall (G) ★Concierto
Joe Henderson (Sax) ★Page One [RVG] / ◎In 'N Out [RVG] / ◎Inner Urge [RVG]
Joe Pass (G) ★For Django ★Virtuoso ★Unforgettable ★Songs For Ellen
Joe Sample (Piano) ◎Invitation
John Coltrane (Sax) ★Blue Train [RVG] ★Ballads ★My Favorite Things ★Giant Steps
★A Love Supreme ★Soultrane [RVG] ◎Africa/Brass
John Scofield (G)
Jonathan Fritz&#233;n (Piano)
Kamasi Washington (Sax)
Keith Jarrett (Piano) ★The K&#246;ln Concert ★Paris Concert ◎The Melody At Night, With You
◎Creation ◎Jasmine ◎Last Dance ★Still Live ◎Bye Bye Blackbird
◎The Cure ◎Whisper Not
Kenny Burrell (G) ★Guitar Forms ★Moon And Sand ◎Midnight Blue(RVG)
Lalah Hathaway (Vo) ◎The Song Lives On
Larry Carlton (G) ◎Larry Carlton ★Alone / But Never Alone
Lee Morgan (Trp) ★The Sidewinder [RVG] ★Candy [RVG] ◎Volume 3 [RVG]
Lee Ritenour (G) ◎Captain Fingers ◎Feel The Night ◎Portrait ◎Color Rit
Lisa Hilton (Piano)
Mahavishnu Orchestra(Band) ◎The Inner Mounting Flame ◎Birds Of Fire
McCoy Tyner (Piano) ★Nights Of Ballads & Blues ◎Reaching Fourth
Michael Brecker (Sax) Nearness Of You ◎Don't Try This At Home ◎Pilgrimage
Miles Davis (Trp) ★Workin' [RVG] ★'Round About Midnight ★Milestones ★Kind Of Blue
★Someday My Prince Will Come ★Nefertiti ★My Funny Valentine ★Bitches Brew
Norman Brown (G)
Oscar Peterson (Piano) ★We Get Requests ★Night Train
Paco de Luc&#237;a, Al Di Meola &
; John McLaughlin (G)◎Passion, Grace & Fire ◎The Guitar Trio
Pat Metheny ◎Still Life (Talking) ◎Letter From Home ◎We Live Here ◎Speaking Of Now
◎One Quiet Night ◎What's It All About

2020/8/2 14:24  [2265-3831]   

 Bigshooterさん  

Patti Austin (Vo) ◎The Real Me
Paul Desmond (Sax)
Paul Jackson, Jr. (G)
Peter White (G) ◎Perfect Moment
Red Garland (Piano) ★Red Garland's Piano [RVG] ★Groovy [RVG]◎Moodsville, Vol.6
Richard Elliot (Sax)
Richie Beirach (Piano)
Rick Braun (Trp)
Robert Glasper (Piano)
Ron Carter(Bass) ◎Bass & I ◎Plays Bach
Roy Hargrove (Trp) ◎Earfood
Sonny Clark (Piano) ★Cool Struttin' [RVG]
Sonny Rollins (Sax) ★Saxophone Colossus ★A Night At The Village Vanguard ★The Bridge
Stan Getz (Sax) ◎Voyage ★Anniversary! ★Serenity ◎Bossas And Ballads ◎Blue Skies
Stanley Clarke (Bass)
Steve Gadd (Dr)
Steve Kuhn (Piano)
Thelonious Monk (Piano) ★Thelonious Himself ★Brilliant Corners ★Live At The It Club
Tommy Flanagan (Piano) ◎Beyond The Bluebird
Wayne Shorter (Sax)◎Juju ◎Night Dreamer ◎Speak No Evil ◎Adam's Apple
Weather Report(Band) ★Heavy Weather
Wes Montgomery (G) ★Full House
Wynton Marsalis (Trp) ★Standard Time, Volume 1 ◎Standards & Ballads

2020/8/2 14:24  [2265-3832]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

CDのご紹介ありがとうございます!
近くに中古の在庫があるようなので商品コンディションを見に行く予定です。

いづれにせよ元気復活でなによりです。

これから外出しますしますので戻りましたらまた書込みいたします。

2020/8/2 14:30  [2265-3833]   

Bigshooterさん。
新しいリスト、ありがとうございます。大変な労作です!
わおー、★印だけで70点ほども(^^;)
しかし◎印の、名盤・定番以外のBigshooterさんお気に入りなおすすめ盤が、コレという魅力を持っているようにも。
クラシックと同じで、お気に入りのアーティストを見つけるのが良さそうですね。
リストから、まずヴォーカルを私の縁側にピックアップしてみました。
どれか選んでみようかと思います。

ところで、山形に住んでました時に、近所に「Ella Fitzgerald」という喫茶店がありました。入ったことはないのですが、ジャズ喫茶のようです。
このお店の名前はジャズ歌手からそのままとったようですが、この人もおすすめになりますでしょうか?
かなり有名な歌手のようですが、Bigsooterさんのリストには入っていませんでしたので、どうなのかなぁと思いまして。

2020/8/2 22:40  [2265-3834]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

こんにちわ^^

まだ稚内に遠征中で、スマホからの書き込みなので手短かなコメントで恐縮です。

↑のリストは私がオフィシャル盤をほぼ全て所有しているものの中からセレクトしたものなので名盤、定番だけしか所有していないものは入っいません。

Jazzボーカルであればビリーホリデー、エラ、サラボーンが俗に3大Jazzボーカルと言われてますが、三者三様全く個性が違いますので3人とも好きという人はあまり多くないかもしれません。
↑の3人は得意分野がまちまちなので面白いですよ!
Withビックバンドだと個人的にはエラがダントツかな...

ジャズの場合、デュークエリントン、マイルスデイビス、ア-トブレイキ-から派生して枝分かれしているので
取り敢えず流れを抑えるのであればメインストリームは10-20枚で事足りますので、気に入ったものがあればそのあとにそこから派生した名盤を抑えて行くのが入りやすいかもしれません。

木曜日頃には帰宅する予定なので戻りましたらJazz voを含めてあらためて10-20枚に絞り込んだリストをお送りします。

でわ

2020/8/3 14:49  [2265-3835]   

>Bigshooterさん

こんな時間に失礼致します、w

いや〜皆さんにご迷惑ばかりかけて申し訳ない限りでございます。

<CDのご紹介ありがとうございます!
近くに中古の在庫があるようなので商品コンディションを見に行く予定です。

エグモント全曲の録音は極端に少ないのです。
序曲ばかりが有名で全曲を録音する演奏者が居ないのはそれなりの理由があるのですね。
まず、ベートーヴェン渾身の力作とは決して呼べない出来であるという事。
後は全曲自体の演奏時間の関係上、カップリングが難しいという事。
エグモント全曲だけではちょっと物足りない長さですし、後半はモノローグという語りが入っていますので、これを聞く人は居ませんからね、w

私はレコードこそ聴いていませんが初盤からこのCDは愛聴盤として何回か買い足しています。
他の指揮者の盤も聴いてみましたが、ボンガルツ盤に遠く及びません。
ちちさすさん宛にも書きましたが、素晴らしい音の響きなんですよ。
ライブ録音でもなく、スタジオ録音でもなく。
普段は録音などに使用されない教会で録音されたそうで、潤いのある素晴らしいオーケストラの音色に酔いしれる盤なのです。
演奏も超一級品の出来栄えであり、エグモント序曲はボンガルツ盤が最高と言っても過言ではありません。
後半の幕間に演奏される曲は決して聞き応えのある曲ではありませんが、その分気軽に聴けるメリットがあります。
最初の序曲とソプラノが入る曲がまともに聴ければ良いので、少々盤のコンディションが悪くても、安く購入出来るのであれば買って損は無いCDですね。
(中古であれば1000円以上する場合は見送ってしまって下さい。)

JAZZのリスト、拝見しましたが、凄いパワーですね、w
これを書き込むのは大変な気力が必要だと思われます。
見ていて思ったのが9割方知っている、という事に我ながらびっくりしました、w
(知っているのはもちろん名前だけで、曲を聴いて評価など出来ません、w)
JAZZを本格的に勉強しようとかなりの本を購入していたので、名前だけは知っているのですね。
(それとレンタル店に長い事居たので、その影響もあります)
まあ本を読みつつ、100枚ほどのCDを聴いて途中で挫折してしまったのは以前書いた通りです。
なんせ曲の覚えが悪いので、無理があったとしか言いようがありません、w
それとJAZZはクラシックと同じくらい深い深い沼である事に恐れをなして逃げてしまったというのが本音ですね、w

JAZZの名盤はBigshooterさんに直接質問すれば良いので非常に心強いですよ(^^)

レスありがとうございました(^^♪

2020/8/4 05:31  [2265-3839]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

歌劇「フィデリオ」はベートーヴェンが最も心血を注いだ曲ですよね。

傑作が駄作かで時折論議されますが、少なくとも傑作と言えない歌劇です。

ですが、一つの歌劇に4つもの序曲を書いた例は存在せず、ベートーヴェンが如何にこの曲を愛していたかわかるというものです。

評価の高い盤は、バーンスタイン盤、ベームの来日公演盤、フルトヴェングラーの各種録音が定番で、如何に好みの問題があるにせよ、これがひっくりかえる事はありません。

私も全ての録音を聴いたわけではありませんが、近年録音されたものを除けば8割がたの「フィデリオ」を所有しております。

私が愛聴している盤は1962年のクレンペラー盤です。
「フィデリオ」のCDではクレンペラー盤以外まず聴きません。
フィデリオ=レオノーレ役のルートヴィッヒはこれ以上ない適役ですし、ロッコ、ピツァロもこの盤の歌手が最も素晴らしい。
一聴してクレンペラーの淡々としたオーケストラ伴奏は迫力も味気もないですが、実に素晴らしく正しく一級品と呼べるものです。
このクレンペラー盤を過去に絶賛していた批評家は私の知る限り一人しかおりませんでした。
現在もこのクレンペラー盤が話題になる事は非常に少ないと思われます。

クレンペラーというと、ミサ・ソレムニスの評価が著しく高い。
ベートーヴェンのバイロイトの第九のように、今も昔もクレンペラー盤が筆頭に上がる事が常になっています。

私の愛聴盤は、というと、3回目に録音された晩年のカラヤンの演奏です。
60年代、70年代にもそれぞれ録音があるのですが、最後に録音されたカラヤンの80年の盤が絶賛されているのは音楽評論家のみならず、一般の方々からも聞いたことも見たこともありません。
これは私も理解は出来ます、ですので異論はないのですが、

おそらくカラヤン最後のミサ・ソレムニスは聴いたことが無いと思われます。
しかし、これは決して、良いので未聴であれば聴いてみてください、とお勧めするCDではありません。
歌手陣は3つある録音の中で最も貧弱なメンバーですし、何より演奏が聴いて、これはカラヤンの演奏だ、と判別不能なほど、カラヤンらしく無い演奏なのです。

晩年になって枯れてしまった演奏とも違うのですね。
事実、晩年の録音にも素晴らしい魅力あふれる録音がいくつもあるカラヤンですから。

プライベート的なことが多いに影響して愛聴盤になってしまっているので、全く主観的なものでしか無いのですが、私個人ではこれ以上素晴らしいと感じられる演奏が他には無いのです。

ベートーヴェンの最高傑作とも評されることも多い、ミサ・ソレムニスですが、非常に難解である、という声も多く、私個人では失敗作とは言えないまでも傑作では無いと思っています。

これはバッハのゴールドベルグ変奏曲と並び評されるディアベリ変奏曲にも言えることで、変奏曲の名人であるベートーヴェンの変奏曲の最高峰だとは思いません。

魅力的な演奏を聴いて無いからそう思うのでは?という意見もあろうかとは思いますし、それに対して異論はありません。

ベートーヴェンの壮大な遊び心で書かれた曲だと個人的には思っています。
第一変奏から、主題は大幅に崩され、主題のカケラさえも無い性格変奏になっていく様はある意味圧巻で、驚異的です。

ちちさすさん、このディアベリ変奏曲を多数所有されているか、数多く聴いているということがあれば、お勧めの盤をいくつかご紹介していただきたく思います。

変奏曲の最高峰とも呼ばれることも多い大変な大曲ですから、この曲に対してはウェブページのみならず、書籍でも散々語り尽くされております。

私もディアベリ変奏曲は35年以上前から聴いておりますので、決してこの曲に対して無知ではありません。
様々な演奏家のものを聴きましたがピンくる演奏に出逢えておりません。
要は楽しく聴ける演奏であれば良いのです。
以前にも書いておりますが、私はCD収集はとうの昔にやめてしまっています。
ですので、近年の演奏家のCDはほとんどが未聴なんですね。
音楽評論家の評価も、若かりし頃にほとんどの本を読み漁ってしまって信頼がおけません。

一部のサイトは今でも時々参考にするものの、そこの評価に頼って、というほどでも無いのです。

ベートーヴェンのハスキル盤もそうですが、ちちさすさんが絶賛されている他の演奏も私が知っているものは数は多くは無いですが信頼がおけるものと私は感じております。
とにかく多数のCDがあるので、これも全て聴いている時間がありません。
ちちさすさんの主観的な評価で良いので、楽しく聴ける演奏と、この曲の本質を出そうと真摯に演奏しているものと違った二つの方向性のお勧めの盤を教えて頂けませんでしょうか?

こちらに関しての返信は決して急ぐ必要性の無いものですから、まずはBgshooterさんとのやり取りを優先して頂ければ幸いです。

(楽しくやり取りしたいと思っております。論争を求める内容では決してありません、w)

2020/8/4 06:49  [2265-3840]   

tam-tamさん。

ベートーヴェンの「ディアベッリ変奏曲」「ミサ・ソレムニス」そして歌劇「フィデリオ」、良い曲なのかどうかビミョーですよね(^^;)

この中で少なくとも「ディアベッリ変奏曲」は傑作ではないです(笑)。
まずもってテーマ(主題)が面白くないです。
ベートーヴェンの変奏曲は、エロイカの主題による変奏曲とか、創作主題による32の変奏曲とかはかなり傑作なので、ディアベッリ変奏曲はそれらに比べると落ちる感じは否めません。
この曲、「こんな出き損ないのテーマからでも、自分なら立派な曲に仕上げられる」という、いわば才能の見せつけ的な作品です。ディアベッリは有力スポンサーですから、そんなこと公には言いませんが、本心はそんなとこでしょう。

この曲は本質を表すほど出来の悪い部分が見えてしまうので、ピアニストはみんな、多かれ少なかれ表現主義的演奏に寄ってしまいます。
私はこの曲あんまり好きでないので、バックハウスは押さえていますが、あとはアファナシエフを持っているだけで、他は借りて聴いただけです。

バックハウスでさえ表現的な感じですが、聴いたことがある中でわりかし自然で本質に近いのはブレンデルの1988年録音PHILIPS盤かな?
楽しく聴けるのはフリードリヒ・グルダの1970年録音のMPS盤で、実はこれは買っても良いと思っているのですが、手に入りません。聴いたのもだいぶ前ですので、楽しく聴けるというのも、ちと記憶が怪しいのですが。
いずれも、少なくとも絶賛するようなものではないです。曲が良くないと絶賛まではいきませんもの。

私の所持盤、バックハウスはちと変奏のつながりを意識しすぎた感があり、聴くのに疲れる面があります。
アファナシエフはハズレです。

私の聴いていない演奏では、リヒテルが評判良いようです。

私は、例えばインバルのマーラー交響曲の演奏のように、前の楽想をまったく引きずらないで次の楽想に変転できる演奏だと、この曲もそこそこ面白く聴けるんじゃないかと思うんですけどね。

フィデリオとミサ・ソレムニスについてはまた後ほどに。

2020/8/4 08:15  [2265-3843]   

ちちさすさん

心の泉拝見しました。

<この中から1,2枚チョイスしてみようかしら?

一枚という事であれば、ヒストリカル録音も躊躇無く聴けるちちさすさんにはやはり”Billie Holiday (Vo) ★Solitude”は外せないと思いますね。

声質が全く違うので、好みの問題が大きく左右されますが、

Helen Merrill (Vo) ★Helen Merrill

こちらも傑作です、トランペットでノミネートされているClifford Brownも参加されているアルバムなので。

ちちさすさんはカラヤンがお好き。
洗練されているものが好みであれば、Holly Coleも良いですね。

私とm56059さんが一時期夢中になったAround Diana Krallも素晴らしいです。

BigshooterさんはそもそもAround Diana Krallがこの縁側で話題になっているのを見てメンバー申請した経緯があります、それが今ではどこでどうなったのかクラシック音楽漬けの日々ですよ、w

横から入ってきて失礼だとは思いますが、どうかお許しを。

大変なリストアップだとちちさすさんは感じるでしょうが、これでも絞りに絞ってますね、Bigshooterさんは。

非常にたくさんのリストアップですが、簡単に書いたのでは無いですね、一枚一枚非常に吟味して、その中で外せないアルバムだけを書いてますよ、それを考えるといやはや大変な労力です。

歴史を取るか、好きな音楽性を取るか、非常に難しい選択ですね。

これからJAZZを勉強しようというのであれば、私としてはBillie Holiday (Vo) ★Solitudeは絶対に外せない一枚。

ですが、現状そういうお気持ちで無い事は、最初にこの縁側に来られた時に聞いてますから。

この中から1〜2枚のセレクトとなると、やはり録音の良いものがいいと思うんですね、

ちちさすさんのクラシック音楽の好みから、絞り込んでいった方が良いと思うんです。

それとポピュラー音楽も好んで聴く事は無いにせよ耳にした事はあるでしょうから、その辺りの情報も考慮するとベストな選択が出来ると思いますよ(^^♪

せっかくですから、素敵な一枚を選んで欲しいと思います。

なんとなくですが、Holly Cole (Vo) ★Calling Youが好みに合いそうな気がしますが、

録音の良さを取るならAround Diana Krallでしょうかね。
この辺りの経緯はBigshooterさんが説明してくれると思います。
絞りに絞ったリストアップなので、もう少しBigshooterさんとやり取りした方がよろしいかと思います。
デビュー当時と現在ではだいぶスタイルが違うようですから。

横槍入れて申し訳ないですが何卒ご了承下さい<(_ _)>

2020/8/4 08:25  [2265-3844]   

ちちさすさん

あはは、思わず笑ってしまいました、w

<まずもってテーマ(主題)が面白くないです。

テーマが駄作ですからね、w
これは仕方がない。
この変奏曲に関しては、音楽史上初の商業的なものだと思っているんですね。
ディアベリはこの主題を元にして当時の著名な作曲家に曲を書かせています。
チェルニー、シューベルト、リストもこの企画に乗っています。
ベートーヴェンも当初全くやる気が無かったみたいですが、他の作曲家と全く違う方向性で曲を仕上げています。

<この曲、「こんな出き損ないのテーマからでも、自分なら立派な曲に仕上げられる」という、いわば才能の見せつけ的な作品です。

爆笑です、w
私個人もそうは思っていましたよ、w
ですがそこまでハッキリと書ける勇気がなかったですね、w
「楽聖」と呼ばれるベートーヴェンですが、彼は「聖人」ではありません。
自分の曲が理解されなければ、彼は「豚に聴かせる曲は無い」と言う人間ですからね、w
最も好きな作曲家ですが、人間性などどうでも良いのです、私にとってはですね、w
第九にしたって、世界に平和を、なんて考えは彼にはありませんから、笑。

<この曲は本質を表すほど出来の悪い部分が見えてしまうので、ピアニストはみんな、多かれ少なかれ表現主義的演奏に寄ってしまいます。

なるほど、凄くわかりやすいですね。
今まで、どうして楽しめなかったのがわかった気がします。
やはりちちさすさんは本来の音楽の部分が見えていらっしゃる、聞いてみて良かったです(^^)

<私はこの曲あんまり好きでないので、バックハウスは押さえていますが、あとはアファナシエフを持っているだけで、他は借りて聴いただけです。

好きでは無い、実は私もそうなんです、w
ですが、好きなアーティストの作品は好きになりたいという変な願望があるんですよね〜、w
これはちょっと治さないといけない部分ではありますねえ、w

<楽しく聴けるのはフリードリヒ・グルダの1970年録音のMPS盤で、

なるほど、これは初耳です。
何処にも書いて無いんですよ、そういう情報は。
これは非常に貴重なものとして受け取っておきます。ありがとうございます(^^)

<私の聴いていない演奏では、リヒテルが評判良いようです。

リヒテルは大好きなピアニストですが、ちょっと怪しい感じが致しますね、w
まず、肝心のちちさすさんが聴いておりません、w
この評判が良い、の情報源がちちさすさんが信頼を寄せているものでしたら、安心するのですが。

<アファナシエフはハズレです。

これも無駄な時間を使う事を節約できたので感謝致します(^^)

取り敢えず、グルダとリヒテルを聴いてみます。
それでダメなら、この曲を好きになる事は諦めま〜す、w

いや〜、非常に有意義なやり取りになりました(^^♪
ありがとうございます♪

2020/8/4 09:18  [2265-3845]   

私の所有盤

>Bigshooterさん

おはようございます(^^)、悪魔の使者、tam-tamです、w

以前リストアップしたものは本質的に初心者向けのものなのです。
それ以降の書き込みを見て実は幼少のころからクラシック音楽を聴いていることがわかりました。
大変失礼なリストアップであった事を申し上げておきます。

ロッシーニではセビリアの理髪師をリストアップしてしまいましたが、個人的に是非聴いて欲しい曲がありまして。
同じロッシーニでも難曲中の難曲で歌手を集める事が困難な、「泥棒かささぎ」という歌劇です。

それ以前にもスタジオ録音盤がほんの少しではありますが、存在してましたが、私がお勧めするものは、
ジャンルイジ・ジェルメッティ指揮、RAIトリノ交響楽団によるライブ盤です。
私はこの初盤を7200円で購入しております。

ヴェルディのオテロではちちさすさんがマリオ・デル・モナコの黄金のトランペットと評されるテノールを絶賛されておりましたが、この「泥棒かささぎ」にもウィリアム・マッテウッツィという素晴らしいテノール歌手が参加されております。

このロッシーニの「泥棒かささぎ」、序曲だけは頻繁に演奏されますが、歌劇全曲盤は非常に少ないのです。
演奏が困難である、という事以外にもロッシーニの歌劇としてはあまりにも長い、事が理由として挙げられます。

全2幕の歌劇ですが、第1幕に限って言えば、ロッシーニの歌劇の中でも抜きんでた最高峰である、と自信を持って言える出来です。
第2幕でモーツアルトの「魔笛」みたいに少々退屈な部分があるのが否めないところでありますが、それを持ってしてもこのジェルメッティ盤は非常に素晴らしい演奏であり楽しめます。

力説してお勧めしておりますが、現在価格が高騰しておりAmazonでの新品価格が14000円、あり得ません、w

しかし中古ですと、1632円。中古で十分です。

新品での取り扱いはタワーレコードでもありません。
これもまたちちさすさんが秘密の情報を送ってくれるかもしれません。

Bigshooterさんのお住まいのところに状態の良いCDがございましたら、検討してみてください。
これ以上聴きれない、と聞いてはおられますが、非常に素晴らしいCDとしてお勧めさせてください。
ロッシーニはモーツアルト、メンデルスゾーンに匹敵する天才だと個人的に思っています。
ただ、天才ではありましたが非常に手を抜く事が多く、また真剣に作曲しない人でもあったので、序曲のたらい回しなど日常茶飯事に行っていましたし、十分稼いだ時に作曲もやめてしまってるんですよね、w
(セビリアの理髪師の序曲もこの歌劇のために作曲されたものではありません)

というような彼ではありますが、ロッシーニの天才ぶりが第1幕では存分に発揮されており、序曲もこの歌劇のために作曲された完全オリジナルであり、ロッシーニが手抜きしないで作曲した数少ない歌劇なんです。

価格と相談の上、購入を検討してみてくださいね(^^♪
(まさしく悪魔の誘惑、w)

2020/8/4 10:14  [2265-3846]   

ちちさすさん

お暇な時に結構ですので、いくつか質問させてくださいませませ。

以前の書き込みに関してですが、

<私が所持しているのは2枚組50曲のおそらくベスト盤のようなものだと思いますが、アメリカの祈りは入ってませんでした。

このCDが非常に気になって仕方がないのですね。
アルバムの題名だけでも教えて頂けないでしょうか。
こちらに関しては話を発展させるものではなく、あくまで個人的に気になっているからです。

<ベートーヴェンの「ディアベッリ変奏曲」「ミサ・ソレムニス」そして歌劇「フィデリオ」、良い曲なのかどうかビミョーですよね(^^;)

これらの曲に関してはほぼほぼ同じ意見だと思うところですよね(^^)
評論家の間では世紀の傑作と評価されているディアベリ変奏曲をハッキリと「傑作では無い」と言い切れる人は少ないです、w

「フィデリオ」に関しては言わずもがな、どう考えても全曲として捉えた場合では傑作とは呼べません。
要は全体的にまとまりがないからですが、
最初はモーツァルトからの影響が丸見えの曲調であり、ドン・ピツァロのアリアから様変わりして書きたいように書いており、最後はオラトリオみたいになってしまっているオペラが名曲なわけがありません。
どうでもいい部分はどうでもよく書いており、というかどんな風に書いて良いかわからなかった、と私は思っています。

ミサ・ソレムニムですが、第九を超えるベートーヴェンの傑作である、と評価する人の方が若干多い気がしますが、ちちさすさんはどうお考えでしょう?
非常に難解である、という声も非常に多い問題作ですが、私個人では失敗作であると思ってます。
「フィデリオ」同様まとまりがないからですが、
この曲はパトロンであるルドルフ大公のために書かれていますが、ミサ曲として真面目に書いてあるのは「キリエ」のみ、「キリエ」だけは純粋なミサ曲として作曲されています。
「グローリア」からだんだんと怪しくなり、「クレド」で完全にまとまりがつかなくなってしまってます。
難解だと感じる多くの人はおそらく、この「クレド」が原因でしょう。
「サンクトゥス、ベネディクトゥス」は個人的にベートーヴェン屈指の名曲だと思っています。
メロディメーカーではないベートーヴェンには珍しく非常に美しい旋律が素晴らしく感動的ですらあります。
この「サンクトゥス、ベネディクトゥス」のヴァイオリンソロが、クレンペラー盤では弱く、私が晩年のカラヤン盤を愛聴盤とする由縁でもあります。
「アニュス・デイ」も個人的に好きな部分ですね。
合唱団が「ド〜ナ、ド〜ナ」と歌い上げる箇所が特に好きですね〜(^^♪

ちちさすさんも非常に微妙な曲だとおっしゃられていますが、愛聴盤は?無いか、(笑)

2020/8/4 13:31  [2265-3847]   

tam-tamさん。

時間がないのでミサ・ソレムニスだけ書かせていただきます。
この曲はベートーヴェンの作品としては弱点の点在する構成なのですけど、そもそも当時のミサ曲って、全曲を通して演奏するなんてイベントでもない限りはしなかったわけでして、各曲別個に考えても間違いでは無いと思います。
だから、全曲通しての構成や統一感ていうのは、あるに越したことはないですが、なくても理は立つんだと思います。

そしてベートーヴェンのミサ・ソレムニスは音楽的内容としては深くないんですよ。ここを深いものとして捉えるから理解しがたい曲のように思えちゃうんじゃないでしょうか?

以上の理由で、この曲を傑作と言えば傑作、そうでないと言えばそうでない、ビミョーだと思うわけです。

こういう捉え方の私なので、クレンペラーのCDはだいぶ前に売っちゃいました。
この曲を聴くなら、すっきり系か、古典的なまとまりで聴かせてくれる演奏が、曲自体分かりやすくしてくれますし、全曲をすんなり受け入れさせてくれると感じるんですよ。

一番よく聴くのはすっきり系のガーディナーです。深くない演奏なので、とても受け入れやすいですよ。深くないと言っても中身はありますし。
次に聴くのが、バーンスタイン/コンセルトヘボウの古典派的演奏。意外かもしれませんが、バーンスタインはコンセルトヘボウとはビックリするほど古典ぽく演奏することがあります。
ドイツグラモフォンにあるシューベルトの未完成と、このミサ・ソレムニスがそういう古典派的なまとまり重視になってます。
私はこの曲は深刻には聴きたくありませんので、こういう選択です。
カラヤンは60年代よりも、私はEMIの70年代の録音が好きです。70年代の方が良い意味で深みがないのですよ。

2020/8/4 15:09  [2265-3848]   

ちちさすさん

こんにちは(^^)

<時間がないのでミサ・ソレムニスだけ書かせていただきます。

時間がないのにも関わらず早急なレスありがとうございます。

いや〜今回も新しい発見がありましたね、非常に楽しいです(^^♪

<そしてベートーヴェンのミサ・ソレムニスは音楽的内容としては深くないんですよ。
<ここを深いものとして捉えるから理解しがたい曲のように思えちゃうんじゃないでしょうか?

これぞまさしく「灯台下暗し」です。
なるほど、晩年のベートーヴェンの”宗教曲”という事で聴く前から構えてしまっている、だからきっと内容が深いものに違いない、そういう固定概念から、難曲であると感じる人が多いのですね。
これは全くもって盲点でしたね。
こういう考え方を書いている音楽評論家は一人も居なかったような気がします。
私はだからこそ、職業音楽評論家の意見はあてにしないのです。
こういう考え方をしないから、「アニュス・デイ」の最後のトランペットはなんだ?と論争になるんだと思います。
う〜ん、勉強になりましたね、

<こういう捉え方の私なので、クレンペラーのCDはだいぶ前に売っちゃいました。

やはり女性は”決別”するのが早いですね(^^)
私はというと聴きもしないクレンペラーのCDを今でも持っています、w
いつか聴く時があるんじゃないか、と、w
私は購入する前から、決定盤の評価が揺るぎない演奏である事は事前に知っていました。
だからこそ、開封して聴いた時の落胆ぶりは相当なものでした。
なぜ評論家はこぞってクレンペラー盤を推すんでしょうね?
指揮者がクレンペラーだから、深い内容の演奏に違いないと聴く前からそう思ってしまっているんでしょうか。
私個人では大傑作の演奏だとは思いません、あくまで好みの範疇の出来だと思っています。

<一番よく聴くのはすっきり系のガーディナーです。
<深くないと言っても中身はありますし。

ちちさすさんの愛聴盤はガーディナーですか。
これは実はそれほど驚きでも無かったのです、もっと驚く事が後にあったので、w
新旧2枚ありますが、どちらが良いのでしょう?

<次に聴くのが、バーンスタイン/コンセルトヘボウの古典派的演奏。

ここまではいいんですよ、私がびっくりしたのは次の発言でした。

<意外かもしれませんが、バーンスタインはコンセルトヘボウとはビックリするほど古典ぽく演奏することがあります。

これは本当に意外です。
私は2回目のマーラー全集やモーツァルトのレクイエム、晩年のチャイコフスキーの「悲愴」など、どうしても濃いコッテリ系の演奏ばかり連想していました。
これは本当に新しい発見です。
クラウス・テンシュテットなどスタジオ録音とライブ録音ではえらいアプローチの違う演奏家が居るのに、自分の知らないものには固定概念を持っている、というのは本当に良くない事ですよね。
シューベルトの未完成も古典的演奏なのですか。
う〜ん、聴いてみないとわからんもんですね、非常に興味が湧いてきました。

<私はこの曲は深刻には聴きたくありませんので、こういう選択です。

なるほど、納得の回答でした、
いや〜時間に余裕があったら音楽ブログ開設してもらいたいですよ。

<カラヤンは60年代よりも、私はEMIの70年代の録音が好きです。
<70年代の方が良い意味で深みがないのですよ。

あら〜、80年の録音の感想は〜、w
私の愛聴盤の意見は〜、w
良くないと思ったら、率直に書いてもOKですよ〜、w
好きじゃない演奏は言葉を濁さずストレートに書く人ですからね、ちちさすさんは。
80年代のカラヤンの演奏はあまり好きではないのかな?
確か80年代の交響曲全集は聴いていると思うので。

今日は出掛ける予定でしたが、返信の内容をスマホで読んで、非常に面白く新しい発見があったので帰宅してしまいました、w

大作曲家ベートーヴェンの大傑作と名高い、ディアベリ変奏曲とミサ・ソレムニスについて語れてよかったです(^^♪

こういう楽しいやり取りは気分が良いですね♪
お忙しいところありがとうございました。

今度は現代楽曲についてお話ししましょう、楽しみにしていますね〜。
(私は現代楽曲についてはCDこそ、そこそこの枚数を持っているものの全然詳しくありません、w)

2020/8/4 17:18  [2265-3849]   

>Bigshooterさん

間も無くこんばんは(^^)

購入されたCDリストを見てました。

また悪魔のささやきが出るかもしれませんが読み物として楽しく読んで頂ければ幸いです(^^)

◆Sergiu Celibidache

チェリビダッケのブラームスの交響曲第4番が素晴らしい演奏です。
晩年になるほどスローテンポになっていきますが、このブラ4は全く素晴らしいですね。
ミュンヘン・フィルなら、1986年の東京文化会館での録音。
同じ年に違う録音があるので要注意です。
テンポが早い1974年のシュトゥットガルト放送交響楽団の演奏も最高です、できる事なら合わせて持っておきたいですね。
このブラームスの第4番のチェリビダッケの演奏には毒があります。
以前コラムにも書きましたけど、出来不出来が激しいチェリビダッケの最高の演奏の一つです。

◆Juria Fischer
<「またもやジャケ買いをしてしまった・・・」と思って調べてみたらこの子凄いアーティストなんですね・・・

ジャケ買いして当然の子です、w(ヒラリー・ハーンは私もジャケ買いです、w、若い時のハーンですよ、w)
その実はおっしゃる通り凄い子です。
ヴィヴァルディの四季、デビュー盤ですが、これが実に良いです。
数ある四季の録音でも屈指の名盤の一つです。
choco111さんにお勧めしたところ即行で購入されていました、私もびっくりしましたが、本当の事です。
DVDのみの発売ですが、演奏は本物です。
感想はchoco111さんに聞いてみてください、私が書くより真実味があります。
(ますます悪魔のささやきになってしまうかも、w)

今日はこの辺で、
いや〜書き込む時間があったらあったで大変な事になりそうですね、w
これからipadとApple pencilを買いに行く予定ですので、入力が快適になったらもっと書き込む量が増えそうで怖いですね、w

2020/8/4 17:53  [2265-3850]   

tam-tamさん。

ガーディナーのミサ・ソレムニスの新盤は、2012年のライヴのことですよね?
私はこれを聴いておりませんので、1989年のアルヒーフ盤について書いておりました。
カラヤンの80年代のは聴いておりません、と書いたつもりで書いてませんでしたね(^^ゞ
カラヤンの80年代の録音は細かい音もかなり聴こえるのですが、これがカラヤン従来の魅力を削いでいる場合も多々あり、私としては当たりハズレ差が大きい印象です。

以前にカラヤンの魅力として、曲の本質と曲の魅力、どちらかを採らざるを得ない時に、魅力の方を選ぶ点をあげました。
魅力の方を選ぶというのは、聴き取りやすい音と聴き取りにくい音を意図的に仕分けして、何となく間引き感を持たせることで、聴かせどころを前面に出す演奏とも言えるのですが、80年代のカラヤンは、デジタル録音でSNとダイナミックレンジが飛躍的に良くなったがために、すべての音が良く聴こえるような収録方法に変えたと思うのです。
これで今までよりも音数が多くなり、しつこい、うるさい、という、それまでのカラヤン評にはまず書かれなかった演奏になっていったと思います。
私はベートーヴェン、ブラームスの交響曲全集、ブルックナーの第7、第8番、チャイコフスキーの悲愴、モーツァルトの歌劇「ドン・ジョヴァンニ」など持っていますが、概ね70年代以前の演奏を超えているものはないと思っています。
「ドン・ジョヴァンニ」は初録音なので比較はできませんが、歌手の歌唱を際立たせるために、オケはしつこくないようにしていますし、ブルックナーの第8番は元からスコアの全音符全開の演奏がマストの曲なので、これらはすごく良いです。
ですが私はカラヤンの80年代の録音は積極的に買おうとはしてませんでした。それよりも70年代以前の膨大な録音から揃えたかったんですよね。
というわけで、80年代のミサ・ソレムニスは聴いたこともないのでした。


歌劇「フィデリオ」です。
率直に言えば、クラシックのオペラは「なんじゃこりゃ」レベルのものも多数ありますから、オペラ全体の中では「フィデリオ」は出来としてはむしろ良い方と思います。
でも、改作を繰り返したせいか、なんかチグハグ感は残りますよね。傑作にならないのもしょうがないと思いますが、かといって駄作では決してないというビミョーさです。

で、ベートーヴェンのオペラは生涯でこれ1曲のみです。
これはベートーヴェンがオペラ作曲に向いていないのに頑張って作ったわけですが、頑張った理由には、台本に惚れ込んだから、と伝えられていますよね。
奥さんが政府に囚われた愛する旦那さんを救出する、しかも奥さんは男装をして決死の潜入劇、という大筋は私もけっこう好きです(笑)。
ただ、私は「フィデリオ」のCDはありません、おばあちゃんのLPのベーム盤が家にありましたので、買いそびれたままになってます。
ベームもけっこう良いですよ。家のはスタジオ録音ですが、日生劇場の伝説のライヴが以前発売されていたそうで、これが聴きたいです。

2020/8/5 08:28  [2265-3852]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

今日も非常に暑いですね、夏って毎年こんな風でしたっけ、w

<ガーディナーのミサ・ソレムニスの新盤は、2012年のライヴのことですよね?

そうですね、
私は古楽器派の演奏家も好きなので、一応情報としては持っています、
利用しているのが主に図書館なので、実際に鑑賞出来るものは少ないですが。

<私はこれを聴いておりませんので、1989年のアルヒーフ盤について書いておりました。

私はどちらの演奏も聴いておりませんが、ガーディナーの新盤については再録盤の評判も良いので気になっていたのです(^^)

ブリュッヘンなども交響曲全集を再録しておりますが、個人的には旧盤の方が良いですね。
録音の環境がかなり整った現在においての話ですが、概ね旧盤の方が良い傾向にある、というのが個人的には思います。
(もちろん一部の演奏家においての例外はあります。)

<カラヤンの80年代のは聴いておりません、と書いたつもりで書いてませんでしたね(^^ゞ

聴いて良く無かったら、言葉を濁さずに書く方ですから、未聴だとは思っていましたので、

<カラヤンの80年代の録音は細かい音もかなり聴こえるのですが、...............

交響曲全集もそうですが、カラヤン独特の豊潤なオーケストラの響きが無いのは初期のデジタル録音の弊害なのですかね?
カラヤンは他の指揮者と違い録音のチェックもしていたと思うのですが、晩年においてはしてなかったのでしょうか、
個人的には80年代のオーケーストラの響きの変わり様は、カラヤン自身が意図しているものとばかり思っていましたが、ちちさすさんの意見を聞くまで、そういう考えには至らなかったです(^_^;)
今改めて考えてみるとデジタル録音初期に収録された演奏は音の良く無いCDがたくさんありますね。
(特にムラヴィンスキーが非常に多い気がします。)

情報量が多くとも、音に潤いが無いのですね。
しかし、最後の来日した演奏のライブ盤(1988年だったかな?)ではそれが感じられず、演奏内容は賛否があると思いますが、少なくとも音に対する不満はありません。
(エンジニアが優秀だからかなあ?録音機材の進歩?)

とりあえず80年代のカラヤンの演奏についてちちさすさんの考え方が理解出来ました、私としても非常に勉強になりましたので、詳細な説明を書いてくださりありがとうございます(^^♪

<でも、改作を繰り返したせいか、なんかチグハグ感は残りますよね。

「フィデリオ」になる前の第一稿「レオノーレ」を聴いた事はありますでしょうか?
ガーディナーが「レオノーレ」としてCDを出していますが、第二稿も参照にしているので、厳密な第一稿の「レオノーレ」じゃないんですよね。
最初に書いた「レオノーレ」は3幕構成になっており、曲順も違いますし、オーケストラスコアも違います。
私が所有している「レオノーレ」はもちろん海賊盤なので音が悪いにもほどがある酷いものなのですが、一応楽器の音は聴こえます、w
個人的には聴きどころの曲に関しては、最終稿の「フィデリオ」の方が曲自体良くなっています。
ですが、全体的に捉えた場合、まとまりがあるのは第一稿「レオノーレ」だと思います。
レオノーレ序曲第2番と第3番、どちらが好きですか?みたいな感じですね。

<頑張った理由には、台本に惚れ込んだから、と伝えられていますよね。

そうですね、個人的には好きな女性像が”レオノーレ”に近いものがあったからだと思っています、w
そのベートーヴェンが理想の女性像であったであろうに最も近いのが、クリスタ・ルートヴィッヒ演じるレオノーレだと思うんですよね。
ヤノヴィッツは違うと思うんですよね〜、根拠がありませんが、w
ハインツ・ボンガルツ指揮のエグモント全曲で収録に参加しているソプラノ歌手、エリーザベト・ブロイル、この方もベートーヴェンの理想の女性像に非常に近いであろうと私は日々妄想にふけっております(^^)

<ベームもけっこう良いですよ。家のはスタジオ録音ですが、

良い、良いと思いながらもわざと購入しなかったのが、ベーム盤なんですよ。
美味しいものは最後に取っておく主義ではありませんが、おそらく素晴らしいであろう来日公演盤は後々の楽しみにしておこうと買いませんでした。

<日生劇場の伝説のライヴが以前発売されていたそうで、これが聴きたいです。

この書き方をみると、現在は入手困難なCDになってしまっているのですか、もしかして!
これはやっちまいましたよ、私、w
1963年の来日公演盤はレオノーレ役がクリスタ・ルートヴィッヒなんですよ。
これを買わずして、「フィデリオ」は語れない、という超、超、優秀盤なのです、だと思います、w
いや〜痛恨のミスをやっちゃいました。
このベーム盤を買わず、カラヤン盤だのショルティ盤だのトスカニーニ盤だのその他諸々と購入していたのですから、
私がクレンペラー盤を愛聴盤としているのも、一重にクリスタ・ルートヴィッヒの存在が非常に大きいです。
いや〜購入出来る時に購入しないといかんですね、
まさかこの音源が入手困難になるとは思っていなかったのです。
いささか取り乱しておりますが、今年はベートーヴェンの記念の年なので、再発されると思います、いや再発されなければおかしいでしょ、w
再発したら即行で入手してしまおう、w
何のために「フィデリオ」を買い漁っていたか全てが無駄になってしまいますから、
いや〜、やってもうたなあ、しかし、(^_^;)

2020/8/6 11:08  [2265-3853]   

ちちさすさん

長くなってしまったので、追記:

こちらに対してはコメント及びレスは不要ですので、お読みになってくださるだけで十分です。

バーンスタインの演奏スタイルについてですが、前のレスでは書き忘れていた事があったので、

バーンスタインが非常に古典的な演奏をする事がある、という事に関して私は驚いたのですが、単にCDだけの演奏を聴いていたならばそこまでびっくりはしません。

ああ、私の持っているバーンスタインのCDがそういう演奏スタイルのものばかりだったのだな、と思うでしょう。

最後の来日公演ではありませんが、バーンスタインがイスラエルフィルと共に来日し、空前絶後のマーラーの第九を演奏しています。
バーンスタインのマーラーの第九としてはコンセルトヘボウとの演奏が最高であるという評価が多いですが、この来日時の演奏はそれをも超えた素晴らしいものだったのです。
私はその公演に行って聴いているのですね。
やはり実際に行って聴いた演奏というのは強烈に記憶に残るものでありまして、

HMVに掲載されている文章を貼っておきます。

● 「イスラエル・フィルのレーベル」Helicon Classicsに、ついにバーンスタインが登場。イスラエル・フィルを指揮して、マーラーの第9交響曲を演奏した超弩級の内容です。
【バーンスタインによるマーラー】
レナード・バーンスタインといえば、その経歴が端的に示すように、言わずと知れたマーラーのエキスパート。いち早くアメリカ時代の1960年代に交響曲全曲をセッション録音すると、1970年代には交響曲全曲の映像をライヴ収録、晩年の1980年代にもライヴ録音で全集に取り組みながら、第8番の収録を残し完成間近に世を去っています。
マーラーを指揮しているときのバーンスタインはやはり別格で、作曲家・指揮者としての自らの姿とを完全に重ね合わせるかのような瞬間もあり、バーンスタインの演奏を通じてマーラーに目覚めたというファンは数知れず、おおいに受容に貢献した功績については異論の余地のないところです。
【バーンスタインによるマーラー第9番のレコーディング】
バーンスタインによるマーラーの第9交響曲について、正規の商業録音として以下の4つの演奏が知られています。
1965年1 月 ニューヨーク・フィル (セッション録音)
1971年3月 ウィーン・フィル (ライヴ録音) *映像作品
1979年10月 ベルリン・フィル (ライヴ録音)
1985年5、6月 ロイヤル・コンセルトヘボウ管 (ライヴ録音)
録音年が下るにつれて、全体の演奏時間が拡大する傾向が認められ(下記参照)、濃厚なうたい回しと主情的な表現が一種独特の世界を醸し出し、そこがまた「バーンスタインのマーラー演奏」の魅力として熱い支持を集める要因にもなりました。
【日本公演でのイスラエル・フィルとのマーラー第9番】
ただ、これらのレコーディングとは別に、比較するもののない空前絶後の大演奏として語り草となっているのが、1985年9月の来日公演でバーンスタインが指揮したマーラーの第9番。
終身桂冠指揮者としてイスラエル・フィルを率いた全9公演のうち、マーラーの第9番を演奏したのは4公演、なかでも初日3日の大阪・フェスティバルホールと、8日の東京・NHK ホールがことのほか凄絶な内容であったとは衆目の一致するところのようで、8日の東京公演を目の当たりにした音楽評論家の許光俊氏も、当時を振り返り次のように述べています。
「実際、あれ以後、この曲でそれ以上の演奏は聴いていません。期待もしていないほどです。あまりに強烈すぎて、あれ以上のは、バーンスタイン自身が蘇らない限りあり得ないことと思われます。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NHKホールでの演奏は2つのプログラムがあり、一つはブラームスの交響曲第1番とバーンスタイン作曲のウエストサイドストーリーでした。
私はマーラーの第九の方を選んだのですが、これは本当に良い選択になりました。
このマーラーの第九も9月8日と12日と2回演奏されており、一般的には8日の演奏が圧巻であったという意見が多いです。
どちらの公演を行くか、これも私個人で自由で選べるものでしたが、私は9月8日の演奏会に行ってるんですね。
もちろん何かしらのコネがあり、こういった選択が出来たのですが、非常に貴重な体験として未だに強烈に残っているんですね。

会場の静寂さ異常とも言えるほどで、足を組んだまま演奏が始まってしまい、組んだ足がズボンのスレる音が気になって全く動かせないのです。

私はホール会場の真ん中のところで聴いていましたが、バーンスタインが指揮棒を振って服が擦れる音まで聞こえていたほど、超絶的なる静寂の空間だったのです。

他の指揮者、ブリュッヘンやダニエル・ハーディングのコンサートにも行っておりますが、至って普通のクラシックコンサートの雰囲気であり、バーンスタインのコンサートとは明らかに違うものでした。

超一流の指揮者のコンサートに足を運んだのはバーンスタインのみですが、1988年来日時のカラヤンのコンサートにも行ける機会があったのですね。
何故行かなかったのかというと、行きたくても行けないほどに体調が悪かったからです。

バーンスタインが極めて古典的な演奏をする事がある、という事に驚いたのにはこういった経緯があったからなんですね。

クラシックにドップリと浸かっていた時期によくぞ行けたものだと思っております。
若かりし頃の記憶ほど、強烈であればあるほど、心に刻みこまれるものなのです。

2020/8/6 12:49  [2265-3856]   

グラスのヴァイオリン協奏曲のジャケ写 発売当時は第2番は作曲されてないので単にヴァイオリン協奏曲となってます ヴァイオリン協奏曲第2番が入ったnew seasons ペルトやカンチェリの曲も入ってます

tam-tamさん、今日の書き込みの返信は後日にしまして、今日は現代音楽のことを書かせていただきますね。
私の現代音楽の事始めはミニマル・ミュージックです。スティーヴ・ライヒとかテリー・ライリー、フィリップ・グラスの曲ですね。
最初の出会いは高校の時、NHK-FMで聴いたライヒの「ドラミング」。ミニマルの古典にして、定番中の定番の曲です。放送はこの曲の第1部だけでしたが、もう「お───っ!!」と迫る音楽で、絶対全曲聴きたいと思ってCDを買いました。
私が買ったのはドイツ・グラモフォンから出ている演奏で、ラジオで聴いたのもこの音源を流したものだと思います。
この曲だけなら大きくハマらなかったかもしれませんが、大学に入った年に偶然ライリーの「カデンツァ・オン・ザ・ナイトプレーン」というアルバムを買いまして、この中に入っている「G SONG」という曲に痺れちゃいました。
このアルバムは「Sunrise Of The Planetary Dream Collector
」という曲も良くて、我が家の宝箱に長く居続けています。
これで現代音楽フリークに火がつきまして、シェーンベルクから始まる新ヴィーン学派、メシアン、ケージ、ベリオ、リゲティなどを経て、日本人作曲家の作品に行き着きます。
この頃に、日本人作曲家の作品のCDを買ったりコンサートにもかなり通いまして、そこで佐藤聡明の作品を知りました。
佐藤聡明作品からシュニトケ、ペルト、グレツキという今でも大好きな作曲家の作品に出会い、それから今に至る感じです。

なので、現代音楽と言っても、すでに定評を得てからCDを買った曲が大半を占めるわけですが、ここ10年くらいはポツリポツリとしか買ってませんでした。
買おうかな、と思っているうちに廃盤になったりで、現代音楽は廃盤になるのも早いので、タイミングを逃すとなかなか手に入りません。
そんなですが、この前、欲しいなと思っていたら廃盤になってたものがオークションに出ていたので、落札して入手しました。
ギドン・クレーメルが4人の作曲家の作品を集めて作ったアルバムで、「new seasons」というタイトルが付いています。
アルバムの目玉はミニマル・ミュージックの大家フィリップ・グラスのヴァイオリン協奏曲第2番「アメリカの四季」で、私のお目当てもこの曲です。
実はグラスのヴァイオリン協奏曲は、第1番がものすごーく私のお気に入りで、これほどの曲が作れる人の第2番はさぞかし良いだろう、と思ったわけです。
結果は…悪くはないですが第1番ほどではなかったです。期待が大きすぎたかな?(笑)
四季という表題にこだわり過ぎた感がありました。

ま、それは良いとして、グラスのヴァイオリン協奏曲第1番はtam-tamさんも気にいるかも?と思い、紹介させていただきます。
クレーメルのヴァイオリン独奏、ドホナーニ指揮ウィーン・フィルの演奏、ドイツ・グラモフォン録音という極め付きですので、ご興味を持たれましたらぜひ(^^)

2020/8/6 13:09  [2265-3857]   

Bigshooterさん。

tam-tamさんにご紹介したフィリップ・グラスのヴァイオリン協奏曲(第1番)、これはBigshooterさんもお気に召されるかもしれませんよ?

2020/8/6 13:21  [2265-3858]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

こんにちわ^^
上記リストアップは急いでつくったものなので偏ったリストアップになってしまい申し訳ございません。
クラッシックの場合にも言えることですが、巷で名盤、名曲と言われているものは評論家の意見の受け売りだったりするので全集で聴いてみると個人的に素晴らしいと思えるものが違っていたりするので↑のリストアップはあくまでオフィシャル盤をほぼ以上所有しているアーティストに限定されております。
「エラがなぜ抜けているのか?と」いうご質問がなかったら気づかないで暴走してました 汗

↑にも書きましたがジャズの場合、デュークエリントン、マイルスデイビス、ア-トブレイキ-、セロニアス・モンクから派生して枝分かれしているものがほとんどで、かつ、楽器の花形はHornとPianoなのでメインストリームのアイテムとしては↓あたりを抑えておけばJAZZのアウトラインはほぼ掴めると思います。
@Art Blakey (Dr) ★Moanin' [RVG]
AArt Pepper (Sax) ★Art Pepper Meets The Rhythm Section
BBill Evans (Piano) ★Portrait In Jazz
CBill Evans (Piano) ★Sunday at the Village Vanguard
DBill Evans (Piano) ★Waltz for Debby
EBud Powell(Piano) ★The Scene Changes: Bud Powell, Vol. 5[RV
G]
FCannonball Adderley(Sax) ★Somethin' Else[RVG]
GChet Baker(Trp) ★Chet Baker Sings
HClifford Brown(Trp)★Clifford Brown & Max Roach
IHerbie Hancock(Piano)★Maiden Voyage [RVG]
JJohn Coltrane (Sax)★Blue Train [RVG]
KJohn Coltrane (Sax)★Ballads
LJohn Coltrane (Sax)★Giant Steps
MMiles Davis (Trp)★'Round About Midnight
NMiles Davis (Trp)★Milestones
OOscar Peterson (Piano) ★We Get Requests
PSonny Rollins (Sax) ★Saxophone Colossus
QKeith Jarrett (Piano)★The K&#246;ln Concert
RKeith Jarrett (Piano)★Still Live
SWes Montgomery (G) ★Full House

JAZZ VOCALは↑でも書きましたようにビリーホリデー、エラ・フィツジェラルド、サラボーン
がJAZZの女王と言われてますが、「三人の中で王道は?」と聞かれれば迷わずエラ・フィツジェラルドだと答えますが、「誰が好き?」と聞かれるとビリーホリデーになります。声が一番良いのはサラボーンです。
グラミー賞については賛否がありますがエラ・フィツジェラルドは確か10枚以上GRAMMY AWARDを受賞しています。
イメージとしてはエラは太陽、ビリーはお月さまといった感じでエラはリズムキープ、音程、グルーヴメイクすべてにおいてパーフェクトですが、ビリーホリデーは晩年は酒と薬でメタメタなんですが心に刺さります。
個人的にはエラ・フィツジェラルドは凄いけど疲れるので私の場合はついついビリーホリデを聴くことが多くなります。
と・・・音楽について御託を並べるのはあまり好きではないのでまずは↓を聴いてみて下さい。
@Billie Holiday (Vo) ★Solitude
ABillie Holiday (Vo) ★Lady in Satin ※失念してました 汗
BElla Fitzgerald (Vo)★Classic Album Selection(JAN: 0600753596289)
CElla Fitzgerald (Vo)★5 Original Albums Vol.2(JAN: 0600753891209)
DSarah Vaughan (Vo)★Sassy Swings Tenderly(JAN: 4988005697301)

JAZZのCDはクラッシックと比べて録音が10年くらいは遅れているのでクラッシック以上にディスクセレクトが難しく、私の場合だと気に入ったCDはリマスターの違う同一音源を平均3枚程度は所持していて最も音質の良いものを聴くようにしておりますが名盤と言われているものほど音質のバラつきが激しいく中には聴くに堪えないようなものもありますのでご購入される際にご連絡いただければベストと思われるディスクのJANコードをご連絡いたします。
因みに↑でRVGと書いてあるものはRudy Van Gelderリマスターといって録音当時のナンバーワンプロデューサーによるリマスターなので比較的ハズレはありません。

ご参考になれば幸いです^^






2020/8/6 13:49  [2265-3860]   

 Bigshooterさん  

・・・と書込みが終わってホッとしていたら
悪魔さんたちが囁きまくってるのに気づきました 汗

2020/8/6 13:55  [2265-3861]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんにちわ^^

ハインツ・ボンガルツ指揮のベートーヴェンのエグモント全曲・・・
Amazonでは盤質「良」でしたが実物は「可」にもならないレベルだったのでやめておきました。
基本的に普段、新品・未開封しか買わず、しかも輸入盤のBoxセットでもキズの1つでもあれば返品・交換するくらいなので程度の良いものが出るまで安倍首相のわうに注視しておきます 笑

「泥棒かささぎ」は村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編」という本に出てくるので気になってカートには入ってましたが本の中ではアバド/ロンドンの序曲だったのでジャンルイジ・ジェルメッティ指揮、RAIトリノ交響楽団で探してみます。
私はハルキストではないのですが村上春樹の本はクラッシック、JAZZ、ポップスが何曲か本の中に必ず出てきてその音楽を聴かないとテーマが本質的に理解できない仕掛けになっているのところがあるので「泥棒かささぎ」は近々に入手するつもりです。

Sergiu Celibidache・・・
はEMI、WARNERのBOXセットを3セット(37枚分)入手しましたが、個人的には最近最もお気に入りの指揮者です。

Juria Fischer
バッハとパガニーニが素晴らしかったのでMozart: The Violin Concertos
(JAN: 0827949045363)をドイツから取り寄せてます。

今年は仕事の機材を入れ替える年なので12月までに200万ほど調達しなくてはならないのでCDの購入予算は当面大幅減です 涙


2020/8/6 14:37  [2265-3862]   

ちちさすさん

こんにちは(^^♪

まさかちちさすさんから現代音楽の話題を振ってくるとは、w
さすが現代音楽フリークを自称するだけ好きなのでしょう(^^♪

<私の現代音楽の事始めはミニマル・ミュージックです。
から
<これで現代音楽フリークに火がつきまして、シェーンベルクから始まる新ヴィーン学派、メシアン、ケージ、ベリオ、リゲティなどを経て、日本人作曲家の作品に行き着きます。

ちょっと逆行した聴き方をしていたんですね。
私は予想で古典派→ロマン派→後期ロマン派→十二音音楽に代表される新ヴィーン学派→近代→現代、と行き着いたものだとばかり思っていました(^_^;)

ミニマルミュージックに関しては説明不要です。
このミニマルミュージックはRockにもありますので、私も勉強しておりますので大丈夫です(^^)

<なので、現代音楽と言っても、すでに定評を得てからCDを買った曲が大半を占めるわけですが、

最初はオーソドックに定評のあるものから入ったのですね。
(このオーソドックに、という意味は、定評がある曲に関してにかけてあるものですね)

<実はグラスのヴァイオリン協奏曲は、第1番がものすごーく私のお気に入りで、これほどの曲が作れる人の第2番はさぞかし良いだろう、と思ったわけです。

フィリップ・グラスという作曲家は私は知りませんでした、w
ミニマル音楽に対して説明は不要です、書いておきながら、なんていう有り様でしょう、w
ミニマル音楽がどういうものか、ある程度の知識はありますって事なので、ご理解下さいね、(^○^)

<グラスのヴァイオリン協奏曲第1番はtam-tamさんも気にいるかも?と思い、紹介させていただきます。
<ご興味を持たれましたらぜひ(^^)

現代音楽フリークちちさすさんから、ここまで推されて興味を持たない訳がないでしょう、w
悪魔のささやきとは、これを言うのですよ、Bigshooterさん、w
もう聴きたくてウズウズしてますよ、どうしてくれるのですか、w

私の原点は誰だったか、忘れてしまいましたが、シュニトケにハマったのは確かですね。
映画をよく観ていたのでリゲティかもしれませんね、最初に買ったCDは、リゲティのレクイエムですね。
ちょうど、わけわからん実験的Rockを良く聴いていた時期と重なるので、詳しい事は覚えていないですね。
私の居たレンタル店にもその手の音楽CDはありませんでしから、定番のRock、JAZZみたいに手軽に聴く事も出来ませんでしたし。

その頃はインターネットも自宅で出来る環境にありませんでしたから、購入したCDはほぼインストネーションですね、w
名前に惹かれた、とか、ジャケットが怪しいとか、w
現代音楽の中にあって、シュニトケの作品は割と聴きやすく遊び心もあったのでたくさんCDを買ったのだと思います。
現代音楽のCDで偶発的に購入してちょっとびっくりしたものがありました。
ペルトの「ミゼレーゼ」という曲が入っているアルバムですね、なんて美しい曲なのだろう、と。

今回ちちさすさんが挙げて下さった作曲家はフィリップ・グラスを除き、全員知っていますし、最低一枚のCDは所有しています。
現代音楽にはあまり詳しくない、とあらかじめ書いておいたのでそれに配慮してくれたのだと思います。

私が非常に難題だと感じているものが、シェーンベルクが創始した十二音音楽で作曲されている曲なんですね。
よく聴いている「モーゼとアロン」も十二音音楽で書かれている未完のオペラですが。
もともと曲を覚えるのに難儀している私なので、旋律が全く無いこの音楽は本当に覚える事が大変なんです。

古典派から後期ロマン派までの音楽は人より多くの時間を割いてしまうものの、覚えてしまえば、次にどんな音が鳴るのか、わかるようになりますし、演奏家による表現の違いも分かるようになりますが。

十二音音楽で作曲されている曲もちちさすさんなら、数回の視聴で覚えてしまうものなんですか?
それとも、普通に曲よりかは若干難儀するものなのですか?
十二音音楽を早く覚えるコツみたいなのがあれば是非ご教授お願いいたします(^^♪

2020/8/6 14:47  [2265-3863]   

>Bigshooterさん

こんにちは〜&おかえりなさいませ(^^)

<悪魔さんたちが囁きまくってるのに気づきました 汗

複数形になってますね、w
私の他に誰が、w
(ちちさすさ〜ん、悪魔と呼んでいる人が居ますよ、w )

冗談はこの辺にして、ですね、w

<Amazonでは盤質「良」でしたが実物は「可」にもならないレベルだったのでやめておきました。

賢明なご判断、お見事です、w
ボンガルツのエグモント全曲はそのうち再発されると思いますので、急いで購入することもないと思います。
(指揮の腕は相当なものがありますが、世界的にも全然名前が通ってない人なので廃盤になったままの可能性も捨て切れません、何しろ私一人が絶賛しているだけですからね、w)

<アバド/ロンドンの序曲だったので

アバドはイタリアの指揮者ですからね、それにアバドの「セビリアの理髪師」は現在でもこの曲のベストにランクインする事が多いですからね。(ロッシーニはイタリアの作曲家です)

ロッシーニの序曲集、個人的にはトスカニーニを推したいところですが、トスカニーニはモノラル録音しか残しておりませんから、音の悪いCDはやめておくというBigshooterさんの要望を満たさないので。
アバドも良いのですが、私の愛聴盤はジュゼッペ・パターネ指揮のものです。
が、現在何処にもありませんねえ、w
(これも情報通のちちさすさんが探し出してくれるかもしれません、w)

<泥棒かささぎ」は近々に入手するつもりです。

「泥棒かささぎ」全曲盤は、ジェルメッティ指揮の盤が出る以前からほんの少しではありますが録音がありました。
現在はHMVで検索すると全曲盤がいくつか出てきますね。
新しい録音ですし、価格も安いです。
多分、音も良いでしょう。
ですが、私自身、これらのCDを聴いておりません。
(ジェルメッティ盤に匹敵する演奏かどうかわかりません)

私がジェルメッティ盤を推薦するのは、素晴らしい声楽陣が集結した記念碑的な演奏だからですが、
この頃はロッシーニのオペラを見直そう、といういわゆるロッシーニルネッサンス全盛でもありました。
だからこそ世界中から上演の為にロッシーニを得意とする歌手が集結されたのです。
しかし、今となっては録音も古く(デジタル録音ですが)、入手困難となっており、HMVで購入可能な、ゼッダ盤やナナシ盤を購入しても良いかもしれません。
ナナシ盤にはご丁寧にも、(ハンガリーの新鋭ナナシの指揮は幾分軽妙さに欠けるが、)と書かれています、w
軽妙さがウリのロッシーニのオペラなのに、w
短い時間ですが試聴が出来るようなので、ゼッダ盤を聴いてみましが、価格が安いだけの事はあります、w
軽妙さに欠けると書いてあるナナシ盤も聴いてみましたが、こちらの方がまだマシな気がします。
ジェルメッティ盤が録音は古くとも如何に素晴らしい名演であったが再認識されるものとなりました。

ジェルメッティ盤を聴いていなければ、どちらの盤も音は良く、それなりに楽しめるかもしれません。
ご判断はBigshooterさんに委ねたいと思います。

ロッシーニルネッサンスが終わってしまった以上、録音の古いジェルメッティ盤が再発される可能性は極めて低いと考えます。
(秘密の情報網を持っているちちさすさんが探してくれるかもしれませんが、w)

<Sergiu Celibidache・・・
はEMI、WARNERのBOXセットを3セット(37枚分)入手しましたが、個人的には最近最もお気に入りの指揮者です。

シュトゥットガルト放送交響楽団との演奏はありますでしょうか?
私は個人的にはシュトゥットガルト放送交響楽団を振った演奏のが名盤が多いように思います。
ミュンヘンフィルには、当時、世界一との呼び声高いティンパニスト、ペーター・ザードロさんが居ましたから、甲乙付け難いですが。

正規発売されているCDのほとんどが晩年のミュンヘンフィルのものなので、シュトゥットガルト放送交響楽団を振った演奏も聴いて欲しいですね(^^♪
(テンポ設定が全然違いますので、録音は古くとも、良い演奏がたくさんあるのです♪)


2020/8/6 16:02  [2265-3864]   

 Bigshooterさん  

>ちちさすさん

上記リストはJAZZの本当にコテコテの名盤になりますが、録音が50年代のものは特にクラッシックの録音と比較して音質にかなり開きがあります。
JAZZと言っても実際にはスタンダードと言われる200曲程度を手を変え品を変えで演奏しているだけなので音質の悪いものを我慢して聴くくらいならば・・・という考え方もありますので、最後に演奏、音質とも文句なしの個人的な15選をリストアップさせていただきます。
@Beegie Adair (Piano) ◎Yesterday
ABrian Bromberg(Bass) Wood ←サウンドチェックにも最適!楽曲、演奏とも文句なし!
BDave Brubeck(Piano) ★Time Out←おなじみTake Five収録
CDiana Krall(Vo) ★The Look Of Love
DDianne Reeves(Vo) ★The Calling ←90年代のJAZZの女王
Chaka Khan (Vo) ★Classikhan ←絶対おすすめの隠れ名盤!音質、演奏とも最強レベル
FHolly Cole (Vo) ★The Best of Holly Cole(2011)←So Cool!
GJohn Coltrane (Sax)◎Africa/Brass ← 個人的にはColtraneの作品の中で最好 音質良好
HKeith Jarrett (Piano) ★Paris Concert←ピアノインプロビセーションが凄い!
IMichael Brecker (Sax)◎Don't Try This At Home
JMiles Davis (Trp)★Nefertiti ←モダンジャズの完成形
KMiles Davis (Trp) ★My Funny Valentine ←Jazz Liveの超名盤
LRed Garland (Piano) ★Red Garland's Piano[RVG] ←Piano Trioの中ではお気に入りの1枚
MStan Getz (Sax) ◎Voyage ★Anniversary! ★Serenity←音質、演奏ともにperfect
NWynton Marsalis (Trp)★Standard Time, Volume 1← 演奏テク、音質とも異次元 

Jazz Vocalの中では名盤中の名盤 
Helen Merrill (Vo) ★Helen Merrill ←名盤のリストアップ漏れ 音質はイマイチかな・・・

2020/8/6 16:42  [2265-3867]   

ちちさすさん

辛抱たまらんので、フィリップ・グラスのヴァイオリン協奏曲(第1番)聴いてみましたよ(^○^)

これは良いですね、曲の覚えが悪い私でもスッと頭の中に入ってきました。

とても聴きやすい曲ですね、(曲の良さがわかりやすいものをセレクトしてくれたのだと思います)

YouTube音源なので、AAC128kbps相当ですから、CD収録の音の良さまではさすがに伝わってないと思いますが、楽曲自体の良さ、素晴らしさは堪能出来ました。

個人的にはベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲よりこちらの方が好みです(^^)

2回聴いただけなので、ちちさすさんが感じておられる素晴らしさ100%までは理解出来てないとは思います。

ですが、このヴァイオリン協奏曲、私がこれまで聴いた曲の中では最も好みです。
(メンデルスゾーンは聴き飽きた、ブラームスは長すぎる、w チャイコフスキーは技巧的過ぎる)

これは本当にお世辞抜きで、私好み、素晴らしいです(^^♪
YouTubeにはクレーメルの盤しかUPされてなかったですが、他の演奏者の盤もあるのですか?
(最も、このクレーメル&ドホナーニ盤が素晴らし過ぎるので、これを凌ぐ盤は無いと思いますが)

フィリップ・グラスという人は映画のサントラも手掛けているのですね。
同じミニマル音楽で多数のサントラを作曲している、マイケル・ナイマンは一時期良く聴いていましたね。

しかし、このフィリップ・グラスのヴァイオリン協奏曲は素晴らしいですね〜(^^♪
ありがとうございました♪

2020/8/6 17:00  [2265-3868]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんにちわ^^

中古CDのコンデイション表示はディスク・ユニオン以外あまりあてになりませんね・・・
3大Bやモーツアルト、マーラー、ブルックナー、チャイコあたりのビックネームは球数もあって
選択の余地が大きいですが、他は重版もなく球数が少なくなるとあっという間にプレミア価格なのはクラッシックもJazzと同じですね^^

村上春樹の小説に登場する音楽は周辺も含めて狂い咲きヒットするらしいですが、「泥棒かささぎ」は球が少ないので驚きました。

チェリビダッケは私の持っているものはすべてミュンヘンですね・・・
ブルックナー、チャイコ、ブラームスが特にお気に入りですが、シューマンの#2-4は曲自体を聴いたことがなかったせいか新鮮で毎晩聴きたおしてました 笑
シュトゥットガルト放送交響楽団も良さそうな感じですね・・・ ってWoo! 笑




2020/8/6 17:14  [2265-3869]   

Bigshooterさん

夏だからまだこんにちはですね(^^)

<中古CDのコンデイション表示はディスク・ユニオン以外あまりあてになりませんね・・・

あてにならないものが多いです。

私の場合、昔は環境上、業務用のCD研磨機が自由に使用出来たので全然気にした事はないんですね。
(非常に高価ですが、擦り傷ならば一回の研磨で綺麗に消えてしまうので)
(深い傷でも、10回ほど研磨すれば大抵は消えます、2〜3000回ほど研磨しても大丈夫なんですね)

CDの場合、ピカピカの信号面よりもレーベル面の方が薄く注意が必要です。
よくボールペンとかで書いている人が居ますが、信号板を直接傷つけてしまう場合が非常に多いですね。

私もちちさすさんから推薦されたCDが廃盤となっており、中古しかありませんでしたが、CDの信号面はおろかCDケースにも傷一つ付いて無く格安で購入出来ましたが。

<チェリビダッケは私の持っているものはすべてミュンヘンですね・・・

ミュンヘンフィルはもとは3流もいいとこのオーケストラです。
チェリビダッケはカラヤンに対する対抗心から意図的にそういうオケを選んだのでしょう。
一流メンバーが揃ったベルリンフィルが良い音を鳴らすのは当たり前、ならば俺は田舎の3流オーケストラから美しい音を鳴らしてみせようじゃないか!
それを見事なまでにやってのけてしまうのですから凄い指揮者です。
ベルリンフィルの常任指揮者がまさかのカラヤンになってしまった恨み節は凄まじく、カラヤンが次々にCDを発売すると、チェリビダッケは一切のCDの発売を禁ずる、という姿勢を取りましたしね。

しかし、CDでの演奏が聴けないので、噂が噂を呼びチェリビダッケは神格化されていきました。
実際、晩年のミュンヘンフィルの音は素晴らしく美しいです。
その為、一部の評論家からはカラヤン以上に深みの乏しい指揮者である、とも言われましたね。

私は10代の頃から職業音楽評論家の演奏批評を読みまくったので、そういったものは全く気にしません。

ちちさすさんとミサ・ソレムニスの話を少ししましたが、決定盤との評価が揺るぎないクレンペラー盤を売却して違う指揮者の演奏を聴いておられます。
本物ですよ、彼女は。
他の人の意見、評価などあてにせず、ご自身で良いと思ったもの選び、聴いています。

話がそれましたが、現在発売されているチェリビダッケのCDが遺族が金儲けの為にCD化を許可してしまったものなんです。
だからミュンヘンフィルの演奏しか無いのだと思われます。

<シューマンの#2-4は曲自体を聴いたことがなかったせいか新鮮で毎晩聴きたおしてました 笑

う〜ん、言いたくは無いですが、シューマンの4番でしたらフルトヴェングラー盤はモノラルですが聴いて欲しいですねえ(^_^;)
これがベートーヴェンの交響曲でしたら我慢できるのですが。
シューマンの4番だけはフルトヴェングラーが最高の一枚なので。
万が一購入検討の余地があれば、音の良いリマスターのCDをちちさすさんから聞いてみてください。
これは悪魔のささやきではありません。本当に素晴らしいのです。

<シュトゥットガルト放送交響楽団も良さそうな感じですね・・・ 

良さそうな感じではなく、本当に良いのです。

私はチェリビダッケのCDが正規発売される前から収集していましたが。

確かに毒のあるのはミュンヘンフィルの演奏ですけどね(^^♪

2020/8/6 18:10  [2265-3871]   

>Bigshooterさん

およよ〜、これはサプライズプレゼントではないですか!

ありがとうございます!!!!!!!

<因みに私は上のほうはまたポチってまいましたわ^^

先ほど我慢できずにYouTubeで聴いてしまいましたが素晴らしい曲ですので、この値段でしたら丸儲けの一枚ですよ(^^♪

フィデリオの来日公演盤の紹介、本当に感謝です〜m(_ _)m。

2020/8/6 18:16  [2265-3872]   

Bigshooter さん  

2020/8/6 20:46  [2265-3873]  削除

>Bigshooterさん

サプライズプレゼントのお礼に村上春樹に出てくる「泥棒かささぎ」序曲について少し。

私がお勧めして現在お探し中であるジェルメッティ盤は全曲盤であり、入手も困難な状況です。

安易にロッシーニの序曲集について、トスカニーニ盤やパターネ盤をあげてしまいましたが、今手持ちのCDをちゃんと聴いてみたので、それらについて書いてみます。

村上春樹に出てくる箇所を読んでみましたが、別に全曲盤でもなくて良いかな、という感じもしますし。

まずはトスカニーニ盤から

私が最も好きな指揮者の決定的名盤という事で愛聴していましたが、一歩引いて聴いてみると余りにも強烈にトスカニーニの個性が丸出しで、わざわざ音の悪いこの盤は論外でしたね。


次にジュゼッペ・パターネ盤

この指揮者は叩き上げのオペラ指揮者で、推進力のある素晴らしい演奏なのですが現在入手困難であり、音もそれほど良くありません、よってこの盤も却下です。

カラヤン盤

重すぎる演奏、これはもはやロッシーニではありません。
論外ですね。買ってはいけないCDです。


シャルル・デュトワ盤

音も良く評価の高い盤ですが、後にあげる盤の方が良いです。私には魅力的に思える部分が無かったです。
よってこれも却下です。

これからは全てイタリアの指揮者の盤です。

リッカルド・ムーティ盤

私が所有している盤には「泥棒かささぎ」が入っておりませんでしたので、評価不能です、w


リッカルド・シャイー盤

何処にあるのか、探しても出て来ませんでした。
(だったら書くなよ、w)


アバド盤、ロンドン


70年代の全盛期のアバドが堪能出来ます。
パターネ盤には及びませんが、音はこちらの盤の方が良いです。


アバド盤、ヨーロッパ室内管弦楽団

こちらは小編成という事もあり、軽快なロッシーニが楽しめます。個人的にはベストな一枚です。
ただアバドが好きな人は70年代の旧盤の方を選ぶ人が多そう。

新旧のアバド盤の一騎打ち、と言ったところでしょうか。
どちらも素晴らしいですが、難しい選択ですね。
価格との天秤になる感じです。
私個人なら、ヨーローッパ室内管弦楽団の盤を取りますが、小説に出てくるのは旧盤の方ですからね、
どちらを購入しても後悔のない一枚だと思います。

2020/8/6 20:42  [2265-3874]   

>Bigshooterさん

こんばんは〜(^^)

<クラッシック初心者がこんなことを言うと袋にされそうですが、

音楽を楽しく語るところですから、いろんな意見、感想があって良いと思いますよ(^^)
それに私だって、決してクラシック上級者ではありませんからね、w
何か個人的な意見を書いて袋にされるのであれば、私は今頃身体中傷だらけですよ、w

<チェリビダッケのタイム感覚は他の指揮者と比べて頭一つ抜けているように感じるんですよね
<テンポが遅ければ遅いほどリズムキープが難しくなりますし粗も目立ちますが、

スローテンポの演奏ほど、難しい、という訳ですね。
これはフルトヴェングラーの第九のアダージョ楽章でも散々語り尽くされてます。
このテンポで演奏が成り立つのはフルトヴェングラーだけだと。
Bigshooterさんはフルトヴェングラーの第九のアダージョ楽章を聴いた事がありますか?
聴いた事があるなら、どういった感想でしたか?

チェリビダッケは若い時、フルトヴェングラーの代役としてベルリンフィルを振っていた時代がありました。
なので、フルトヴェングラーが亡くなった時、ライバルであったトスカニーニの演奏スタイルを継承するカラヤンが後続の常任指揮者になるとは誰も思ってなかったのです。
(ベルリンフィルとチェリビダッケの関係が良好では無かった、という事も言われてますが、とにかくベルリンフィルは後任としてカラヤンを選んでいます)

<チェリビダッケの場合、リズムが撚れないので聴いていて疲れません。

チェリビダッケのようなスローテンポを主体とする演奏がお好きであれば、’60年以降のクレンペラー 、晩年のジュリーニなんかも良いですよ。

クナッパーツブッシュのウィンナワルツなんかも面白いですねえ、w
マクシミアンノ・コブラなんて指揮者も居ましたねえ、この人の「運命」は75分です、w
(後にこれはシンセサイザーによる演奏ではないか、となりましたが、いまだに普通に売ってますね、w
実は私も一枚持っています、爆!)

ベートーヴェンの交響曲でしたら、チェリビダッケより朝比奈隆の方が良いですね。
(全集はたくさんありますが大阪フィルとの演奏がベストらしいです、私は一部しか聴いていないので、どの全集が決定盤なのか、わかりませんが、)

<ただチェリビダッケでちょっとガッカリだったのがモーツアルトです。

ミュンヘンフィル時代の演奏は出来不出来が激しいです。
モーツァルトでしたら、クレンペラーのCDをお勧めしますよ、25番とリンツが’50年代の録音なのでテンポが早いですが、良い演奏ですよ(^^♪

<これはフィデリオの音源を選んだ時に最後まで残ってバーンスタインのBLU-RAY AUDIOと迷ったんですが

「フィデリオ」は一般的にはバーンスタイン盤は高評価の演奏ですよ、私も所有してます(^^)
ただ、私自身がクレンペラー盤が最高だと勝手に思っているだけなので、
個人個人のマイフェイバリットディスクは違っていても良いのではないでしょうか。
特に私の感想は気にする必要はないんではないでしょうか。
バーンスタイン盤は廃盤になる事が考えづらいディスクですね。
主役であるフィデリオ=レオノーレ役がクリスタ・ルートヴィッヒの声が好きでは無い人も居ますからね、演奏の感想、解釈というのは人それぞれですよ(^^)

2020/8/6 21:44  [2265-3875]   

ちちさすさん

訂正する文章がありましたので、

<現代音楽のCDで偶発的に購入してちょっとびっくりしたものがありました。
ペルトの「ミゼレーゼ」という曲が入っているアルバムですね、なんて美しい曲なのだろう、と。

これは私の勘違いですね〜。
タイトルも間違ってます。
アルバムのタイトルが「ミゼレーレ」、
ここに収録されている、フェスティーナ・レンテという曲の事でしたね。

私は全てのCDをCDラックにきちんと整理していません。
CDラックはもちろんありますけども、それの前にCDが山積みにしてあったり、ベッド脇にも置いてあったりと取り出す事自体が大変な事になっているのです。

購入したCDを一枚たりとも売却していないのが原因でこうなってしまっているのですが。

部屋中の至る所にCDがある、という状態なんですね。

作曲家別、演奏家別、と分類もしていないので、購入したCDを初めて収納したままなんです。
ですので、あれこれと動かしていないので、何処に何があるか8割がたは覚えているんです。
残りの2割はわかりませんが、w

ベッド脇にも置いてある状態ですから、まさにカオスといった有り様の部屋なのです(^○^)

2020/8/7 00:07  [2265-3876]   

 Bigshooterさん  

>tam-tamさん

こんばんわ^^
今手持ちのCDをちゃんと聴いてみたので、それらについて書いてみます。
村上春樹に出てくる箇所を読んでみましたが、別に全曲盤でもなくて良いかな、という感じもしますし。
⇒お手をわずらわせてすみません。
どうせ聴くのであればまずは全曲で聴いてみたいなという気持ちがありますが・・・
音質を考慮に入れると村上春樹の推しているアバド・ロンドンあたりが無難とうことですね^^

タイムキープやリズムの話になるとややこしい話になりそうなので削除したのですが、間に合いませんでしたね 笑

Bigshooterさんはフルトヴェングラーの第九のアダージョ楽章を聴いた事がありますか?
聴いた事があるなら、どういった感想でしたか?
⇒高校の時に友人が得意げに聴かせてくれたんですが、ピンとこなかった記憶くらいしかないので先程Youtubeで聴いてみましたがあれだけ超スローテンポでも曲の流れが停滞しないのは凄いですね^^ 音質はやはりNGでしたが・・・ 笑

チェリビダッケのようなスローテンポを主体とする演奏がお好きであれば・・・
⇒スローテンポが好きな訳ではなく、タイムキープが安定している演奏が好みという意味あいです。

ベートーヴェンの交響曲でしたら、チェリビダッケより朝比奈隆の方が良いですね。
⇒気づいていたかもしれませんが個人的に拘りがあってよほどでない限り東洋人の演奏する西洋音楽には手を出さないと思います。

「フィデリオ」は一般的には・・・
⇒フィデリオについてはベートーヴェンの唯一のオペラということで取り敢えず聴いておこうというレベルで明日か明後日初めて聴くので好きとか比較とかいうレベルではないです 笑

しかし 蒸し暑い・・・ 今年初めてクーラー使っていきなりクーラー病かな・・・
北海道の場合はどうしてもクーラーが必要なのは1年で1週間あるかないかなのでクーラー全開で密閉型のヘッドフォンを使える貴重な1週間でもあるわけですが・・・ 笑

2020/8/7 01:33  [2265-3877]   

>Bigshooterさん

こんばんは(^^)

<⇒お手をわずらわせてすみません。

いえ、私が勝手にした事ですので、良いのです(^^)

<どうせ聴くのであればまずは全曲で聴いてみたいなという気持ちがありますが・・・

「泥棒かささぎ」は序曲ばかりが有名で、全曲が演奏される機会が本当に少ないです。
最も「ウィリアム・テル」もそうですけど、(こちらは全曲が演奏される事はまずありません)

「泥棒かささぎ」全曲は、どうしてもジェルメッティ盤が圧倒的に素晴らしいです。
第一幕は屈指の出来で素晴らしいのですが、第二幕はおそらく退屈してしまう部分がありますね。
それを考慮しても私個人ではロッシーニでは一番有名なオペラ「セビリアの理髪師」より上だと思うんですね。

<音質を考慮に入れると村上春樹の推しているアバド・ロンドンあたりが無難とうことですね^^

そうですね、購入しやすいし、演奏の出来も良いです。
しかし、アバドはロッシーニの序曲集を’70年代に2枚出しています。(3枚だったかな)
購入時は「泥棒かささぎ」序曲が収録されているか確認をしてください。

<タイムキープやリズムの話になるとややこしい話になりそうなので削除したのですが、間に合いませんでしたね 笑

タイミング悪く、即座に見てしまったものですから、
いつもは返信するのが遅いのに、私という人間は非常に出来が悪いですね、w

フルトヴェングラーの第九のアダージョ楽章はいけましたか、音質はやはり、ですよね(^_^;)

<⇒スローテンポが好きな訳ではなく、タイムキープが安定している演奏が好みという意味あいです。

タイムキープという言葉は初めて聞いたので、よく理解出来ていないようでした、申し訳ありません。
テンポが正しく取れる、という意味合いでしょうか?
ちなみにですが、タイムキープがちゃんと出来ていない指揮者は誰でしょうか?
名前を出してもらう事で正しく理解する事が出来るかもしれません。

<⇒気づいていたかもしれませんが個人的に拘りがあってよほどでない限り東洋人の演奏する西洋音楽には手を出さないと思います。

指揮者、ソリストに限って、という意味合いですよね。
ベルリンフィルのコンサートマスターが1983年から現在まで日本人ですが、そういうのも気になりますか?

<⇒フィデリオについてはベートーヴェンの唯一のオペラということで取り敢えず聴いておこうというレベルで明日か明後日初めて聴くので好きとか比較とかいうレベルではないです 笑

余計な事ばかり書いてしまいました、申し訳無いです。
バーンスタイン盤は途中でレオノーレ序曲第3番が演奏されるスタイルの盤ですが、これは作曲者である、ベートーヴェンの考えではありません。
レオノーレ序曲が途中で演奏される盤と演奏されない盤があるんですよね。

私のレスも削除しておいた方が良いでしょうか?
色々と書いてしまってるので。

2020/8/7 02:23  [2265-3879]   

tam-tamさん。
Bigshooterさん。

お二人のたくさんの書き込みで驚いてしまいました(^^;)
タイムキープのお話が出ていましたが、これはリズムキープと同義語ということで良いのでしょうかねぇ?多分良いと思いますが。
tam-tamさん向けに書いておきますが、タイムキープは、クラシック音楽で使われる指示としては「イン・テンポ」がそれに当たると思います。
タイムキープは拍の正確さも意味合いに加わるので、イン・テンポ以上に厳密なものになります。
クラシックですとアゴーギクが音楽表現のキモのひとつになるわけですから、その逆であるタイムキープはある意味、楽想の強調手段として使われるのです。
なので、クラシック演奏家は、タイムキープはあくまでテクニックのひとつとして習得するんですが、ジャズとかロックですとおそらく基本テクニックとして考えられているのではないでしょうか?

クラシック界でタイムキープに秀でた演奏家の代表は、アルバン・ベルク四重奏団でしょう。
また、曲としてはストラヴィンスキーの曲がタイムキープを求められます。特に「春の祭典」とか。
トリビア的余談になりますが、「春の祭典」は作曲当初かなり複雑な拍を組み合わせたスコアになっていました。これをストラヴィンスキー自身が指揮して演奏することになったのですが、ストラヴィンスキーはタイムキープできずに、自分で作った曲なのにまともに振れなかったのですよ。
で、後年、音価は変えずに拍を自分でも振れる簡単なものにした版を作りました。これが1943年版だったかな?

2020/8/7 06:21  [2265-3880]   

Bigshooterさん。

フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルのシューマン交響曲第4番1953年録音のDG盤、通常盤もオリジナルス盤もやっぱり音質は良くありません。
この演奏は他のレーベルからも復刻盤がいくつも出ているのですが、一番音質が良いと思われるのはコレです。
https://www.hmv.co.jp/artist_ベートーヴェン(1770-1827)_000000000034571/item_交響曲第9番『合唱』、他-フルトヴェングラー&バイロイト(1951)、他_2652098

このリンクでは開けないと思いますので、情報を書いておきます。
Mythosレーベルで、ベートーヴェン第九とのカップリングです。規格番号はMPCD9017です。
実は私はこれを持っていないのですが、Mythos復刻のフルトヴェングラー指揮のベートーヴェンの運命、第7番を持っており、これらの音を聴くとMythosであればかなり良質であると期待します。

2020/8/7 06:53  [2265-3881]   

tam-tamさん。

>アルバムのタイトルが「ミゼレーレ」、
>ここに収録されている、フェスティーナ・レンテという曲の事でしたね。

これは私も持っておりますECM盤ですね(^^)
3曲目の「サラは90歳だった」も良い曲ですよね。聖書の一節が題材だったと思いますが、ティンティナブリ様式のハイライト的作品と思います。
フェスティナ・レンテは短い曲ですが、ペルトは2,3分くらいの曲も美しくて上手いですよねぇ〜。


tam-tamさん。
Bigshooterさん。
ロッシーニの序曲集、斜め上からご紹介(笑)。

@ https://tower.jp/item/4152300/

A https://tower.jp/item/4048461/

どっちも泥棒かささぎ序曲が入ってます。
私なら@かな。

2020/8/7 07:44  [2265-3882]   

tam-tamさん。

レスがコマ切れですみません(^^;)

>十二音音楽で作曲されている曲もちちさすさんなら、数回の視聴で覚えてしまうものなんですか?
>それとも、普通に曲よりかは若干難儀するものなのですか?
>十二音音楽を早く覚えるコツみたいなのがあれば是非ご教授お願いいたします(^^♪

十二音技法は簡単に言えば、1オクターブ内の12個の音を全部均等に使って作曲することなので、感覚的に先読みできちゃうんですよ。
むしろ、普通のクラシックよりも覚えやすいかも。
半音階に慣れればそんな難しくないです。慣れるためには、バッハの平均律クラヴィーア曲集をガンガン聴きまくることでしょうか(笑)。
ちなみに覚えるのが難しいのはドビュッシーとか、フランス5人組のメンバーの曲ですね。
音符数が宇宙的に多いマーラーは、専門家でさえもちゃんと覚えられないんですって。だからマーラーを暗譜で指揮する指揮者はすごいですね。

十二音なら慣れれば覚えやすいですが、12個の音だけでなく音価と強弱と音色も均等使用するセリー音楽となると、ほとんど縦横それぞれ12マスの難解ナンバープレースパズルを瞬時に解くみたいなものです。そんなの無理なので、セリー音楽を覚えるには丸暗記しかないですよね。
もちろん私の頭脳では絶対無理です。

2020/8/7 09:10  [2265-3883]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ



新しくスレ作りました。

いつ見ても惚れ惚れするデザインだなー。
大型ドライバーは明らかにちょっと無理やり感ありますが、近年これ以上のかっこいいヘッドホンは見ていない気がする。

2020/6/11 08:43  [2265-3586]   

ドーヴェンウルフさん

こんばんは、

レスが大変遅くなってしまいました(^_^;)

こちらのヘッドホンはどれも見ても聴いてもいないヘッドホンなので、何もコメントが出来ないです。

ちょっと、申し訳なく思っております。

私の方からは、何も書くことが出来ないです〜、ごめんなさい<(_ _)>

2020/6/12 00:38  [2265-3593]   

Tamtamさん

こんばんは。

私は先程帰宅しました。
久しぶりの終電帰りです。腰が…。(笑)

オーディオテクニカの私の1番好きなシリーズですが、これらの音は微妙です。なので知らなくても良いヘッドホンと思います。私は男のロマンを感じるようなヘッドホンと感じてしまい、今でも好印象で750を除き、全て所有してます。耳が太ってしまいましたので音はかなり微妙であると存じてます…。でもかっこいい…。またこのような金属的無骨なヘッドホン出して欲しいものです。音は金属的なものは要らないですが…(笑)



2020/6/12 01:02  [2265-3594]   

ドーヴェンウルフさん

こんばんは(^^)

終電帰りとは、これまたハードですね、ゆっくり休まれて下さい。

こちらのヘッドホンはポータブルタイプのヘッドホンですよね?

昨年発売されたWP900というポータブルヘッドホンが今一番欲しいと思うヘッドホンなんですよね。

しかし、WOODハウジングというのは非常に扱いづらい、傷が着いたら多分気にしちゃうだろうなあ、w

価格も8万円強とかなりお高いです。ですので、多分購入する事は無いでしょうね。

2020/6/12 01:20  [2265-3596]   

TAMTAMさん

また返信遅れてしまい、申し訳ないです。

お客さんのところでの仕事が続き、気が張ってたのか平日は帰宅後即寝てました。また、国の施設(新宿…)なので喫煙できる場所がなく、タバコ吸えなくて本当に私にとっては拷問でした…。(笑)

オーディオテクニカですが、やたら木造にプライドや自信があるのか、すごい値段ですよね。WP900は見た目も良いので(ワックスの仕上げが格別…)高級感もあって私も欲しいですが、やはり金属の方が好みです。ATH-A2000Zとか良いですね(笑)かっこいいし、音も良いです。

木材使用であれば、HA-SW01は過激なレビューさせていただいた通り、音質は非常によろしくないと感じたが、オーディオテクニカは良いもの作られていると存じます。うーむ、にしても高いですね。流石に8万越えは私も購入したくは無いです。費用対効果も兼ねてです。

2020/6/19 21:44  [2265-3646]   

ドーヴェンウルフさん

こんばんは。

どこも彼処も禁煙になってしまいましたね。
まさか、パチンコ屋まで、全フロア禁煙を本当に実施するとは夢にも思ってみなかったですよ、w

<オーディオテクニカですが、やたら木造にプライドや自信があるのか、すごい値段ですよね。

今一番欲しいヘッドホンはWP900と何処かの掲示板に書いた記憶があるのですが、新しい製品の中ではって事ですね。

現実的にはこの価格出すのであれば、歴史のある名機が欲しいところです。
HD650が欲しいかな、
後はAKGのK812か、
まあ、金があれば、という前提ではありますけどね、w

WP900は5万円でも多分購入しないでしょうね、
音は非常に好みなんですけどね、
プレゼントしてくれるというなら、ご指名しますけども、w

クチコミにてサウンドウォーリアのヘッドホンについて質問されてますね。
一番価格の安いモデルは試聴した事があるんですよ、良いヘッドホンで価格以上の音を鳴らす一級品でした。
質問されている、半開放型のモデルは聴いた事がないですね。
モニターヘッドホンだったのが、リスニング系に変更されてますね。
このメーカーのヘッドホンは大変頑丈です、見た目も面白いデザインですが、耐久性は凄く高いですよ。

Ti3、ケーブル硬化現象が発生したので、修理に出したんですよ。
そしたら、新品と交換してくれたんですが、新しく交換されたTi3が凄い音が良いのですよ。
これは、ちょっと良い音になったかな?なんていうレベルでは無く、誰でも違いがわかるほどなんですよ。
他のイヤホンとも比較して聴いてみましたが、以前のTi3とは別物、って感じですね。
個体差なのか、製造時期が違うので、何処か新しくなっているのかわかりませんが。

ケーブル硬化現象はあるみたいですね、あっさり新品と交換してくれたので、メーカーも認めているのでしょう。
クチコミにて、Ti3のケーブル硬化現象について書こうとは思いませんでした。
最近はレビューもクチコミも余程の事が無い限り多分書き込みませんね。
AONIC4も私自身では良い出来のイヤホンだと思いました、以前ならクチコミで感想とか書いていたかもしれません。
P908で何やら揉めているのがあったのも要因の一つではありますが。
今は縁側だけで十分かな、と。

2020/6/19 23:59  [2265-3647]   

TAMTAMさん

ロットで違いますかね?確実に音が異なるならそれはメーカーが認める範囲で仕様変更があったか、たまたま所有していた物が初期段階で何か問題があったかもですね。ケーブルでそこまで劇的に変わるのはおかしいと思います。私なんて特にケーブル導体に敏感で、それを楽しんでいるため違いはすぐ分かります。

噂では私が購入したヤマハのEPH-200はMCCX端子のメスの仕様をしれっと変えたみたいですね。私の場合後者の方なのでリケーブルには問題ないですが、しれっとやられるのは嫌ですね。この場合、TAMTAMさんは初期のTi3が当たりますかと、、、。私のTi3は頗る良いですよ。ケーブル交換不可のため、純粋に再生機器またはミニミニケーブルで音質変化楽しんでます。これでも結構音質変わるので楽しいものです。


クチコミ質問まで確認頂きありがとうございます。
このヘッドホン、真面目にかっこいいです!
音質なんか怪しいんですよね。試聴出来ないので博打は怖いし、レビューもかなり偏ったレビューなので参考までとは行かず、ちょっと…って感じですね。TOYOTAジープの如く、頑丈な見た目通りみたいですし、情報ありがたいです。大事なので2度言いますが、このヘッドホンTOYOTAジープみたいでかっこよいいですよ(笑)。

問題は音質なんですよねー。モニターヘッドホンはちょっと飽きました。音が近すぎるため、どちらかというと最近はリスニングヘッドホンに興味があります。(中ではモニターヘッドホンとしょうし、音質は極めてリスニングなものもありますが…AKG AK371-Yとか正に…。)

面倒な掲示板ってありますよね。私の投稿のHD650なんてまさに!途中で立ち入るタイミングが分かりませんでしたが、あれはあれで見ていて勉強になりました。あんなに主張が180度違う口論はなかなかないですよ。良い口論ですが、私たちの8割でしょうか?導体による音質変化信者と存じます。むしろあれのおかげでとても勉強になり、今の自分がありますので感謝ですよ。

2020/6/20 00:29  [2265-3648]   

追記

タバコは真面目に腹立ちました!
都に務めていらっしゃるエリート公務員さん達は全員禁煙者か?!
近くにタバコ吸えそうなコーヒー屋があったため、300円のコーヒーを購入し、喫煙室に入ったがまさかの電子タバコ族専用室…。1本も吸うことが出来ず、私の昼休みは虚しく終わりました。
禁煙ブームやばいですね。私も電子タバコの両刀になるかもです。

2020/6/20 00:34  [2265-3649]   

ドーヴェンウルフさん

Ti3の音質の違いはケーブルによるものではありません。
ケーブルの硬化現象は使用している被膜素材の問題でしょう。
同じ被膜素材を使用していても全てのTi3がケーブル硬化現象を起こすとは限らないと思います。
オリジナルTi3しか販売されていない時期に購入してますので。
その後で、バランスの限定モデルが数量限定で販売されたので、その間に何か変わったのかもしれないですが、可能性としては非常に低いでしょうね。
個人的には、個体差であると思っていますね。
高域のクリアさがまるで違いますので。
多分、大当たりを引いてしまったのでしょう(^○^)

<私のTi3は頗る良いですよ。
<純粋に再生機器またはミニミニケーブルで音質変化楽しんでます。これでも結構音質変わるので楽しいものです。

レビューが少し前に投稿されたましたね、
何でも私の書いているレビューが大袈裟過ぎるとか思っていたようで、w
このイヤホンを価格なり、と感じる方もいらっしゃるだろうし、それに対して否定をする事も無いと思いますが。
要は何処に重点を置いて聴くかで、印象がだいぶ違ってきちゃうって事だと思うんですよね。
クチコミの質問で「低音を重視したイヤホンを探しています」ってのが結構あるんですが、その重視しているものが、「量」なのか「質」なのか、
「量」があるものを探しているのであれば、Ti3をお勧めしても無意味なんですよ、Ti3よりも低音の量が出るイヤホンなんて腐るほどありますので。

<このヘッドホン、真面目にかっこいいです!

見た目のインパクトは相変わらず強烈なものがありますよね(^^)
プラ製ハウジングなんですが、相当頑丈ですよ、このヘッドホンは。
モニター系の初代しか聴いていないので、半開放型になっている現在の新しいモデルの音はわからないですね。

価格的にドーヴェンウルフさんが推しているパナのヘッドホンと張り合えるかどうかです。
パナのヘッドホンは試聴してびっくりしましたからね、


<面倒な掲示板ってありますよね。
<あんなに主張が180度違う口論はなかなかないですよ。

ピュアオーディオの板では結構な頻度でまだありますよ、w
昔のクチコミ板は荒れに荒れていましたからねえ、w
あまりにもスレ主不在の口論が続いていましたからね、ちょっと酷かったですね、アレは、w

<タバコは真面目に腹立ちました!

そりゃそうでしょうねえ、w
私はタバコは吸いませんが、喫煙者ばかり集まるところには良く行きますので、喫煙者の気持ちは痛いほどわかります。
パチンコ屋が全フロア禁煙にしないと営業出来ない、となった時、こりゃ大変な事になるかもしれない、と本気で思っていましたから、w
私のまわりの人間でタバコを吸わない人が居ないのですよ。
今の状況はちょっとやり過ぎだな、とは思いますよ。

2020/6/20 01:11  [2265-3650]   

ドーヴェンウルフさん

今1番気になっている製品がコレです!

https://www.e-earphone.jp/shopbrand/ct62
91/


カッコよくないですか、w

まあイヤーピースなんでカッコいい、悪いは関係ないんですけどね、w

このイヤーピースは非常に気になりますね〜(^^♪

2020/6/20 01:24  [2265-3651]   

Tamtamさん

こんばんは。

本イヤーピース購入検討中です。(笑)
見た目凄いですね…。芸術的良さがある。イヤーピースごときにここまで仕上げてくるのか…って失礼ですが感じてしまいました。

別件のSW-HP300ですが、解決しました。中古品の100で良いと思いましたのでゆっくり良い中古品探そうと思います。圧迫感がなくかなりゆるめの装着感でした。あの特殊なイヤーパッドの効果があるのか怪しいところです。武骨なあのデザインから想像以上な綺麗な音が出ますね。ヨドバシカメラではかなり目立たないような所に置かれていて、ちょっと可哀想と感じました。

個人的に試聴コーナーで色々聞いてみた結果、ちょっと惚れたヘッドホンに出会いました。
ノイマン ダイナミック密閉型モニターヘッドホン NEUMANN NDH-20
こいつ良いですね&#12316;&#12316;。音量そこそこ上げるとクラシックかなり綺麗に聞こえます。凄く良いです。

お値段ちょっと高いですし、数が出回っているとは思えない。欲しい!!!

2020/6/23 20:43  [2265-3661]   

ドーヴェンウルフさん

こんばんは(^^)

<見た目凄いですね…。芸術的良さがある。

見た目だけで購入したくなりますよねえ、これ、w
こんなカッコいいイヤーピースは今までにありませんでしたよ。


<別件のSW-HP300ですが、解決しました。

クチコミ拝見しましたよ、
私も個人的にHP300より、HP100の方がドーヴェンウルフさんには合っているのではないか?と思いました。
多分、上下関係に無いヘッドホンだと思いましたね。音作りが違うのでしょうね。

<ノイマン ダイナミック密閉型モニターヘッドホン NEUMANN NDH-20

これもまた知らないヘッドホンですね。
試聴に行く機会があれば聴いてみます。

2020/6/24 00:24  [2265-3664]   

Tamtamさん

連日新宿出張でビクビクです。人が多い…、、、。NHKをぶっ壊すの立花さんを西口で見かけました。(笑)実物はドスの効いた雰囲気で結構オーラ出てました。ありゃただもんじゃないですわ。主観ですが、勝負時に強い人って感じでした。

ノイマン ダイナミック密閉型モニターヘッドホン NEUMANN NDH-20について

クラシックよく聞かれていて、しかもアンプ使用のTamtamさんならこのヘッドホンかなりマッチするんじゃないかなー。素晴らしい音でした。音量少ないとなんかぼやけた音で、音量上げると凄い濃密な音が印象的でした。

6万円ちょいなのでおいそらと買えるようなヘッドホンではないが、なかなか良いですよ。

ノイマンってドイツですよね。ヒトラー以前からそうですが、この国って音楽に関して素晴らしい物ばかり出してますね。国民性なんですかね?ハゲか、くせっ毛のロン毛しかいないような印象です。
まぁ食文化は好きでは無いですがね…(笑)

2020/6/24 21:21  [2265-3667]   

ドーヴェンウルフさん

こんばんは(^^)

<NHKをぶっ壊すの立花さんを西口で見かけました。
<ありゃただもんじゃないですわ。

半グレでしょ、あれは、w
党名にあんな名前つけるまともな人は居ないですよ、w


<ノイマン ダイナミック密閉型モニターヘッドホン NEUMANN NDH-20について
<音量少ないとなんかぼやけた音で、音量上げると凄い濃密な音が印象的でした。

爆音派の私にピッタリのヘッドホンじゃないですか、w
ますます興味が出てきましたね〜(^^)
金がいくらあっても足りないじゃないですか、w

ドイツはヘッドホン王国ですからね、
ゼンハイザー、ベイヤーダイナミクス、ウルトラゾーン。

明日は大雨らしいですね、ちょっと試聴には行けそうもありません。

2020/6/24 22:27  [2265-3668]   

ドーヴェンウルフさん

AZLAの新しいイヤーピースはヨドバシにポイントがあったので購入してみました。

多分、26日に届くでしょう。

装着感の良し悪しや、オリジナルAZLAのイヤーピースとの音質比較のレビューを書いておきます( ̄^ ̄)ゞ

おそらく装着感は良いと思うんですが、耐久性ですよね。
温度で柔らかくなるそうなので、普通のシリコン製イヤーピースよりも耐久性は劣るでしょう。

しかし、まああの画像を見たら買わずにはいられないでしょう、w
実物も画像通りのカッコ良さでしたら、それでもう十分です( ̄▽ ̄)、笑。

2020/6/24 23:15  [2265-3670]   

TAMTAMさん

イヤーチップの感想お待ちしております!
そういえば例のパナのイヤーチップはどうでしたか?
私が押し付け気味におすすめしたものですからちょっと気になりました。

ケーブルなら自信もって言えますが、イヤーチップはなー(笑)

2020/6/25 00:39  [2265-3673]   

ドーヴェンウルフさん

パナソニックのイヤーピースは結局連絡が来てないですね。

多分、取り寄せが出来なかったものと思われますね。

AZLAのイヤーピースは楽しみですね、あらゆる意味で、w

来て見た目がチャチかったらガックリ感が半端無いと思います、w

2020/6/25 00:48  [2265-3674]   

Tamtamさん

承知しました。
でも広告画像から見るに、中華の名の知らぬメーカーの怪しいものではないですから嘘はつかないかと。しかし、JBCスパイラルドット…あれは私ちょっと引きました。(笑)☆5つつけてる方ただの自己満足ではないかとちょっと思ったりした説…。

最近超安くて超良い導体ケーブル見つけました。ネットだと中傷されてるいるコメントあります、あくまでbelden信者からの誹謗中傷が濃いようです。音は極めてクリアでちょっと前に会話であった甘き死よ来たれって曲もすごく良い音が出ます。導体はGOTHAM GAC-2PURです。難点としまして、ケーブルは臭いです(笑)かなりケミカルな臭いが…。

2020/6/25 01:21  [2265-3675]   

ドーヴェンウルフさん

こんにちは〜。

AZLAの新しいイヤーピース、音質面では良くありませんね〜、w

それもそのはず、箱に完全ワイヤレスイヤホン専用って書いてあるますがな、w

装着感は素晴らしいですね、
これまで音質面で妥協してコンプライとかのフォーム系イヤーピースを使用した人には画期的なイヤーピースになるでしょうね、

有線イヤホンにも使用出来るんですけど、以前ドーヴェンウルフさんが酷評されたスパライル・ドットと同じ感じですね。

ステムの長いイヤホンには使用出来ませんね、このイヤーピースは、w

吸着力があるので、ゴミ、ほこりが付きやすいのでお手入れが大変です、w
私やドーヴェンウルフさんには無用なイヤーピースと思って下さい。

このイヤーピースについての詳細は私の常設掲示板に画像付きで感想など後で書いておきます。
多分、画像はホコリだらけで汚いです、w

まあTWSイヤホンを使用している知人とかにはお勧め出来るイヤーピースですよ。

ところでこのイヤーピースどうしたら良いのでしょう、w
Ti3には使えないし、ShureやWestoneには軸径が合わないし、w

2020/6/28 17:18  [2265-3683]   

Tamtamさん

こんばんは。

コンプライみたいな、伸縮性がある、そういうイヤーチップなんですね。見た目からつい普通のシリコンイヤーチップだと勘違いしました。ワイヤレスって外れないようにノズルかなり長いですよね。そういう相性みたいのがあるんですかね。粘着性があるとのことでしたので、勝手な想像ですが、キーボードの隙間にたまったホコリをとるためのスライムみたいなやつと勝手に想像してます。(笑)

使用用途がないのならそれはゴミですよ。
「飛ばない豚は、ただの豚だ」ですよ。(笑)

2020/6/29 21:37  [2265-3701]   

ドーヴェンウルフさん

こんばんは(^^)

<コンプライみたいな、伸縮性がある、そういうイヤーチップなんですね。

ちょっと違いますね。
伸縮性はないです。
今までに無い素材を使用しているイヤーピースです。
ただこの素材自体はどこかで触った事があると思いますよ、w

<粘着性があるとのことでしたので、勝手な想像ですが、キーボードの隙間にたまったホコリをとるためのスライムみたいなやつと勝手に想像してます。(笑)

スライムみたいに柔くは無いですが、ホコリが付きやすい感じは非常に似ていますね。

<使用用途がないのならそれはゴミですよ。

私にとって使用用途はないイヤーピースですね。
ただTWSイヤホン愛用者にとっては画期的なイヤーピースであると断言出来ますね。
まあ、今の私にとってはゴミでしょうね、w

2020/6/29 22:23  [2265-3704]   

Tamtamさん

使わないから残念ではありますが、このメーカーさん頑張ってますね。これからも新しいもの出して欲しいものです。

ちょっと残念でしたね。私はもう二度と無線イヤホンは買わないと決めましたので無縁のイヤーチップですね。

宝くじでも当たらないかなー、地下室設けてスピーカー世界に入りたいです。まぁ夢の話ですがね。アメリカ人とか平気で自分で小屋建てたり、地下室作ったりするので憧れますが、日本ではなかなかないですよね。地震大国だから危ないですし。

私って基本ヘッドホンの方がイヤホンより好きなのでスピーカーもたぶん好きなんだろうな。どっかで良いスピーカー環境の個室とかレンタル出来ないですかね。数時間お金使って楽しみたいものですよ。

2020/6/29 22:36  [2265-3706]   

ドーヴェンウルフさん

ちょっと返信が遅くなって申し訳無いです。

<使わないから残念ではありますが、このメーカーさん頑張ってますね。

このメーカーのイヤホンは聴かれた事はあります?
もともとはイヤホンメーカーですから、その純正付属イヤーピースが独立したに過ぎませんので。
イヤーピース単体で販売したら、思いのほか売れたので、今ではイヤーピースメーカーみたいになっちゃいましたけど、w
JVCのスパイラル・ドットと同じですね。

<宝くじでも当たらないかなー、

私は宝くじだけは買わないんですよね、w
地下室には憧れますけどね、w

<私って基本ヘッドホンの方がイヤホンより好きなのでスピーカーもたぶん好きなんだろうな。

私も多分スピーカーが一番好きだと思いますね。
10代の頃は自作してましたしね、
ただ、結構デカいスピーカーで爆音で訳のわからん音楽流していたら、御近所さんから3件ほど苦情が入りまして、w
そこから、私のイヤホン人生が始まりました、w
もう30年以上になりますかね〜、イヤホンを使うようになって。

私もどっかのホールを借り切って爆音でスピーカーを鳴らしてみたいですね。
イヤホン、ヘッドホンは重低音型は好きではありませんが、スピーカーなら大歓迎です(*^▽^*)

2020/6/30 01:01  [2265-3711]   

ドーヴェンウルフさん

おはようございます。

NEUMANN NDH 20
見ましたよ、メッチャカッコいいじゃないですか、このヘッドホン!

装着感も良さそうですが、音が気になりますね。

価格がちょっと微妙ではありますが、w
eイヤホンの買取価格が結構高めに設定されているので、なかなかに良いヘッドホンなのでしょうね。

パナソニックのイヤーピースは単品ではやはり取り寄せ出来ないそうです、残念です。
いや〜、AZLAのイヤーピースにはやられましたね、ちゃんと書いとけよ!TWSイヤホン専用って、笑。

2020/7/1 05:33  [2265-3724]   

Tamtamさん
こんばんは。

こちらも返信遅れてますので…(笑)

今週だけで2週間分の残業をしてしまい、体がやられました。金曜の夜から右耳の鼓膜が飛行機から降りた時によくあるツンとする痛みがするようになり今日は寝てました。炎症起きてんのかな?過労は良くないですね!

AZLAのイヤホンですが、記憶が曖昧です。やたらインピーダンスが高いのを聞いた記憶があります。型番や音質は忘れてしまいました。デザインがアクセサリーみたいな感じでビジュアルに力入れてますね。Azlaを真似して中華イヤホンではSIMGOTなるメーカーが作ったイヤホンも購入したことがあります。音質は良かったですよ。女性ヴォーカルが結構良かった。

宝くじはロトやってますが、今のところ当選は5回です。ちなみに1000円が4回と3000円?が1回で…(笑)

地下室憧れますよね&#12316;別に自宅になくて良いので人が余りいない倉庫借りてやるのもありですね。維持費半端ないですが…(笑)
スピーカー自作には非常に興味があります。ネットで自作キット売ってますよね。私はBOSEのスピーカーが大好きです。もっと良いのもあるので知らないだけかもですが…。

ホール借りるのももちろん良いですが、カラオケボックスみたいな安易に借りられる場所があればなーなんて。

で本題ですが、
NEUMANN NDH 20
こいつ無名に等しいですね。日本ではあまり人気がないようです。装着感は結構タイトなので長時間はキツイですね。でも音が…。本当に良いですよ。かなり他のヘッドホンと音が違いますので好きじゃない人もいるかもです。是非試聴してみてください。たぶん据置アンプ通して初めて本領発揮するタイプですね。

近々購入検討はしております。中古出回ってないので新品購入しかない…。

2020/7/4 23:21  [2265-3734]   

ドーヴェンウルフさん

こんばんは、こちらもレスが遅れて申し訳ありません<(_ _)>

<今週だけで2週間分の残業をしてしまい、体がやられました。
<炎症起きてんのかな?過労は良くないですね!

働き過ぎにはくれぐれもご注意を。
それだけ頑張って働いている事は素晴らしい事なんですけどね、本当は。

<AZLAのイヤホンですが、記憶が曖昧です。やたらインピーダンスが高いのを聞いた記憶があります。

現在発売されているイヤホンで能率が悪いモデルが無いので数年前の機種になるかもしれないですね。
今は特に、素晴らしいと思えるイヤホンが無いので、注目しなくても良いメーカーですねえ、w
完全にイヤーピースメーカーになってしまった感があります。
新作のイヤーピースは絶賛されてますし。
(コンプライの牙城が崩れ去るほどの出来ですよ、実際。)


<宝くじはロトやってますが、今のところ当選は5回です。ちなみに1000円が4回と3000円?が1回で…(笑)

ああ、自力タイプほ方ですか、
ただ結果を待つだけの普通の宝くじは買いませんけど、自分で数字選べたりするやつは買った事がありますよ、w

<地下室憧れますよね

メチャクチャ憧れますよ、w
多分、地下室がある家を実際に見た事が無いからかもしれませんが、上にのばすより、下に掘り下げていく方が全然憧れますよ、w


<スピーカー自作には非常に興味があります。ネットで自作キット売ってますよね。

ただ、組み立てるだけのキットには興味が無いんですよね。
ネットワーク回路が自作出来るくらいの知識が欲しいんですよね。
自称作曲家よりも、オーケストラスコアがおこせる人に憧れるのと一緒ですね。
なので、ビートルズの正式メンバーよりも、プロデューサーのジョージ・マーティンが一番凄いなあと思うタイプですね、w


NEUMANN NDH 20
<こいつ無名に等しいですね。日本ではあまり人気がないようです。

新興メーカーでは無いんですか?
単に新しいメーカーなので、知名度が無いだけかと思ってました。

<是非試聴してみてください。たぶん据置アンプ通して初めて本領発揮するタイプですね。

多分、試聴すれば、欲しくなるヘッドホンだろうと思いますね。

<近々購入検討はしております。中古出回ってないので新品購入しかない…。

感想お待ちしておりますよ、w
3日連続で感染者3桁越えしてきちゃったんで、また巣篭もり状態なので、w
この数字を見て、国が何の対策も講じてこないって事はそれほど危険な状態では無いんでしょうけどね。
(休業要請に保証金を出せないって事なら、ちょっと終わってますけども。)

2020/7/5 04:04  [2265-3735]   

ドーヴェンウルフさん

DENON AH-C820のレビュー拝見しましたよ(^^♪

スパイラル・ドットも短いステムのイヤホンならなかなか良いイヤーピースでしょう?
(高域を綺麗に鳴らしてくれるイヤーピースなんですよね)
AZLA Sedona Earfitでは低音が出過ぎてしまいましたか。
コンプライのイヤーピースなんか使用したら、さらに低音がモリモリになってどうしようもないですからね、w
私はこのイヤホンは聴いた事はありませんが、レビューを見ただけでなんとなく鳴る音が想像がつきますね。
それだけ、言葉による音質の伝達の表現が巧みって事ですよね。


また渋い玄人好みのイヤホンを購入されましたね。(ドーヴェンウルフさんなら当たり前か、w)
私がいつも驚くのはこうったあまり注目度が高く無いイヤホンのレビューにすぐに参考票が付くことですね。
私もかなりのレビューを書いてきましたがこういった経験は無いですね。
レビュー投稿即日に参考票が付くことがそもそもあまり無いですよ(^^♪
私の場合は結構注目されていたイヤホンとか、新製品のイヤホンのレビューを上げる事が多かったですから、そこそこの参考票がついて当然なんですけども。
今回ドーヴェンウルフさんが投稿されたDENONのイヤホンのレビューを仮に私が投稿しても即日で参考票が複数付く事は無かったでしょうね、素晴らしいと思いました。

今回のレビューではイヤーピースでの鳴り方の違いについて言及してあったのが良かったと思いましたね。
それと、ハウジングの出来が良く無い点についても率直に書かれていたのが信頼性の高さに好感が持てましたね。

2020/7/5 06:39  [2265-3739]   

Tamtamさん

仕事ですが、お客さんのむちゃ依頼で振り回されっぱなしですわ(笑)急遽増員して対応してます。負荷分散しても間に合わない…。疲れたのか土日は寝て終わりました。

AZLAですが、儲かってるんなら良いですね。でもクリスタル感MAXのデザインは良いと思いますよ。勿体ない。

日本は湿気凄いですから地下室は合わないんでしょうね。

スピーカー近所迷惑というのもあるのでよほど防音対策しっかりしてないと私には無縁の環境だろうな。悲しい限りです。ネットワークからですか!それは楽しそうですね。あまり知識ないので想像の範囲ではありますが。

ノイマンはマイクとか業務系スピーカーですかね、それらを作るメーカーで欧州では結構有名なメーカーさんみたいです。一発目からこの値段のヘッドホンを仕上げてきたのですから相当自信あるんでしょうね。実際良かったので…。私はオーディオケーブルでノイマンというケーブル持ってます。これも同じところですかね、音は非常に自然体でいて、古い音楽聞くと相性が良すぎて溶け込みます。AKGのオープン型ヘッドホンと合うケーブルですね!

いや、私も腹立ってますよ。選挙前だからって自己責任で仕事言ってくださいねというような対応にしか感じられません。私はどうしてもって時以外出社せず基本在宅で、これは恐らく8月末まで延長みたいですが、電車内見るにたくさんの方が出社されてますね。派遣の方なんてどうなんだろ、感染したらしたで自己責任で終わるのかな。手当もなければやってられませんね本当に。安倍さんと小池さんの対応にはちょっと不満を感じます。

レビューですが、ありがとうございます。私も今日見てびっくりしました。共感してくれた方がいて嬉しい限りです。
スパイラルドットなんてゴミだ…と思ってましたが、やっと救われました。DENONだけでなく、ちょっと前に買った中華イヤホンのCCA CA16もノズル短くて、SpinFitつけてましたが緩すぎて抜けて無くしました。しかしこのスパイラルドットだとピッタリでした。装着感は抜群のイヤーチップなので相性良ければどハマりしますね。下克上だ!(笑)




2020/7/5 18:56  [2265-3748]   

追記

これ言っちゃうと本末転倒ですが、民主主義国家の究極な弱点ですね!いざって時に国家総動員して何かやらなければいけない自体にな陥った時の初動やその後の対応が悪過ぎる。政府の権限も拘束力の無いものですし、選挙があるからで昨今の情勢を無視した真逆なことやりますしね。実際感染者は報道の倍以上だと思いますよ。どうすんだろ今後が心配ですね。

2020/7/5 19:07  [2265-3749]   

ドーヴェンウルフさん

こんばんは(^^)

<仕事ですが、お客さんのむちゃ依頼で振り回されっぱなしですわ(笑)

無責任な話になりますが、こういう時こそ自己中心的に動いた方が良いと思いますね。
何かあっても誰も助けてくれないでしょうからね。
まずは体調管理が第一です、限度を超える仕事はやめた方がいいです。

<日本は湿気凄いですから地下室は合わないんでしょうね。

なんとなくカビだらけの地下室が想像出来ちゃいますね、w

<ネットワークからですか!それは楽しそうですね。あまり知識ないので想像の範囲ではありますが。

2Way,3Wayとなると、各スピーカーユニットに周波数帯域を振り分けるネットワーク回路の設計が必要になってくるじゃないですか、イヤホンでいうクロスオーバー処理ですね。
フルレンジでの構成が最高だと、スピーカーでは良く言われますが、
(まあイヤホンもそうですよね、だからハイエンドクラスでのダイナミック一発機が見直されているのでしょう)
これは工業、電気の専門の大学なり、学校なり行って学ばないと無理だと思いました。
イヤホンはスピーカー以上にクロスオーバー処理に気を張りますよね、各メーカーは。
SONYは何故かここが下手クソです、w
まともに仕上げたのはIER-Z1Rだけだと思いますね。
BAドライバーを自社生産するようになってからマルチBAのイヤホンを投入するようになりましたが、まともなマルチBA型はとうとう完成する事が出来ませんでしたからね。
ここだけはShure,Westoneに大きく水を開けられてしまってますねえ、w

<ノイマンはマイクとか業務系スピーカーですかね、それらを作るメーカーで欧州では結構有名なメーカーさん

なるほど、決して新しいメーカーさんではないのですね。
ヘッドホンだけが新規参入のメーカーなのですか。
こういう老舗メーカーの作るヘッドホンは聴いてみたいですね。
しかし4日連続で100人越えの現状ではちょっと、外に出る事に躊躇してしまいますね、
私は肺炎をやらかしているので、
土日なのかもしれませんが、都も国も全く動かない、という異常事態です。
このまま、ディズニーランドも開演続行する気なのでしょうかね?

<派遣の方なんてどうなんだろ、感染したらしたで自己責任で終わるのかな。

自己責任でクビなら良い方だと思いますよ。
感染源になった責任まで追及する会社さえありますからね。

<手当もなければやってられませんね本当に。
<安倍さんと小池さんの対応にはちょっと不満を感じます。

ここのポストには誰がなっても同じでしょうね、
動かしているのは実質彼等ではありませんからね。
むしろ動かされ、言わされているだけでしょう、
なので、こういったポストに就く人は口が達者でなければいけません。
政治的教養なんてのは必要は無いんですよ。
(小泉進次郎が良い例ですね、w 彼は口だけは達者ですが、言わされているだけで自分自身の言葉ではありません)

<レビューですが、ありがとうございます。私も今日見てびっくりしました。

私も一票入れましたが、それ以外にもすでに三票も入ってましたからね、凄い事です<(_ _)>

<スパイラルドットなんてゴミだ…と思ってましたが、やっと救われました。

ステムの長い、短いでだいぶ変わりますからね。
スパイラル・ドットは高域を綺麗に鳴らすための細工を施してあります。
そのため、ステムの長いイヤホンだと滅法相性が良くないのです。
ダイナミック型ドライバーを使用したイヤホンとは比較的相性が良いイヤーピースですよ。
(SORA Ti3みたいにステムの長いイヤホンでは駄目ですけど)

<装着感は抜群のイヤーチップなので相性良ければどハマりしますね。下克上だ!(笑)

伊達に評価が高いイヤーピースでは無いですからね、スパライル・ドットは。
イヤホンとの相性が大前提にはなりますけど。
ここら辺の受け口の広さがSpinFitやFinal eタイプと違うところですね。
上記の2つのイヤーピースはほとんどのイヤホンでそれなりの仕事をしますからね。


<これ言っちゃうと本末転倒ですが、民主主義国家の究極な弱点ですね!
<実際感染者は報道の倍以上だと思いますよ。どうすんだろ今後が心配ですね。

昔みたいに悪党の政治家が居ないんですよ、田中角栄みたいな政治家が、w
みんな坊ちゃん育ちばかりで、誰も責任取れる覚悟を持った人間が居ない。
まだアメリカのトランプの方がマシだと思いますね、私自身は。
今日で四日連続で100人越えですが、全く動く気配無し、w
しばらくはこのまま放置するしか無いでしょうね。
専門家会議も解散させてしまいましたし、舵取りする人間が居ない訳ですから。
モーニングショー、ワイドショーで散々言われますよ、この一週間は。
感染者が急激に増えても、正式に発表しないのは目に見えていますよ。
私もドーヴェンウルフさんと同感で、実際に確認出来ている感染者は100人どころでは無いと思いますね。
ちょっと気をつけた方が良いと思います。

2020/7/5 22:14  [2265-3756]   

Tamtamさん
今晩は。

本日在宅でしたが9:00-21:00まで働き、肩がつったので仕事辞めました。(笑)
やること沢山あり、今週終わればゆるやかになっていくと予定ですのでメリハリつけてやるしかないですかね。来週からしばらく絶対定時上がりして近所の焼き鳥にしけこみます…。

ネットワークですが、これ作成できる環境も金かかりそうですね。
中華系ってshureやwestonの技術丸パクリして自社でちょいアレンジしてる系ですかね。まぁMoon Dropは稀に見る素晴らしい音質なので専門のエンジニアが頑張ったんでしょうね。ソニーさん大手ですからパクらない所惚れますが、値段に見合わないもんは出さんで欲しいですわ。

ノイマンのヘッドホン欲しいですわー。でも年内は厳しいですね。AK T5p 2nd Generation買っちゃったので今年は我慢です。プロケーブル屋さん行くとノイマンのケーブル売ってますよ。なかなか良いので試してみる価値あります。価格も手頃ですからね!オススメです。

私のレビュー、ザクのおもちゃ写してますが、それが面白くてついつい参考になった!を押してくれるかもしれんませんね。内容は至って素人感覚ですし、文章も日本語的に怪しいところが…。


政府はもうどうしょうもないっすね。今結構皆さん気が緩んでるので感染しないよう細心の注意が必要ですね。たぶんこれからもっと酷くなりますね。気をつけましょう!



2020/7/6 23:07  [2265-3767]   

ドーヴェンウルフさん

お久しぶりです。

縁側を放置状態にしてしまい申し訳ございません。

私自身の都合によりまともに対応が出来ない状態になっております。

時間的都合がつくまでもうしばらくお待ち下さい。

感染者が急増していますので、くれぐれもご自愛くださいませ<(_ _)>

2020/7/24 06:14  [2265-3790]   

Tamtamさん

お久しぶりです!

元気そうでよかったです。コロナかと…。いや、良かったです。
リアルが1番ですから優先してください。

私も先週は激務だったこともあり、この連休は酒飲んで寝て風呂入ってみたいなあまりよろしくない生活してます。久しぶりに歯が抜ける夢を2回見ました。精神上よくないみたいです。(笑)

近々お暇落ち着いた時で良いですので、ヘッドホンについてちょっとお話したく。私はJBCはあまり良いイメージがないのですが、なんか市販では売っていない、公式通販サイトのみ販売されているKenwoodのヘッドホンがあるみたいです…。
またお話しましょう(´・ω・`)


2020/7/25 21:09  [2265-3794]   

ドーヴェンウルフさん

お久しぶりです(^^)

いや〜一昨日の地震警報にはびっくりしましたね〜、w

<元気そうでよかったです。コロナかと…。いや、良かったです。

かからない自信がありますねえ、w
(根拠はありません、w)

<久しぶりに歯が抜ける夢を2回見ました。精神上よくないみたいです。(笑)

う〜む、そんな夢は見た事が無いですね〜、w
最近は夢で見た事を現実に起こった事だと勘違いすることが多いです、w
(ヒロミが死んだと本気で思い込んでいましたから、w ちょっと重症ですねえ、w)

<近々お暇落ち着いた時で良いですので、ヘッドホンについてちょっとお話したく。

おやおや、どんなお話でしょう、
どんどん書き込んでくださいよ(^^♪
1年ほど前はアレもこれもと試聴しておりましたが、今年に入ってからはまともな試聴が出来ておりませんので、ちゃんとした回答が出来るかわかりませんが、

ちょっと悲しいお知らせがあります。
少しお金の余裕が出来たのですが、パナのヘッドホンより、iPad購入の方が先になりそうです。
なんせキーボードによる書き込みが苦手なものでして、非常な労力を要するものでして(^_^;)

大変な状況ですから、返信は都合の良い時で構いません、私の方も暫く放置しておりましたからね。

2020/7/31 20:39  [2265-3817]   

Tamtamさん

ちぃーっす。(体育会系部活風)

Apple製品って打ち込みは素晴らしいですよね。あれになれてしまうと他はなかなか受け付けない。まぁ、ソフトの完成度が高いのでしょうね。私はタブレットはHuawei M5使ってますが、色々試してみたがダメですね。打ち込みが非常にイライラさせられます。
パソコン見ると仕事鬱な気持ちになるので仕事以外あまり触らないようにしてます。最近はスマホのみですよ。
ipadって10インチ以上の予定ですか?

私が最近気になっているヘッドホンはKH-KZ3000となります。こいつ3.5mm4極対応であり、モニターヘッドホンというよりオールラウンダーの万能ヘッドホンみたいです。ステージの広さが実感出来、各音域もしっかり出るみたいですね。しかし、公式通販サイトのみ購入可能みたいなので試聴困難です。

☆どんな音するんだろうなーなんて気になりました。こういうあまり目立たないようなヘッドホンって魅力感じますね。

2020/8/1 13:20  [2265-3822]   

ドーヴェンウルフさん

まめに返信出来なくてすいません<(_ _)>

<Apple製品って打ち込みは素晴らしいですよね。
<ipadって10インチ以上の予定ですか?

そうですね、以前と同じものを購入する予定ですね。
私は手が不自由なので、iPadによる入力の方が楽なんですよね。

<私が最近気になっているヘッドホンはKH-KZ3000となります。

なんと聞いたことが無いヘッドホンですね。

調べてみたらなんとケンウッドのヘッドホンではありませんか!
ということはJVCのヘッドホンでもありますね、
(この辺りのややこしさは、パナソニック、テクニクスの比ではありませんね、w)

酷い出来のヘッドホンでは無いと思いますが、好みの問題はあるでしょうね。

<☆どんな音するんだろうなーなんて気になりました。

これは私も気になりますね、w

<こういうあまり目立たないようなヘッドホンって魅力感じますね。

しかしよくこういう製品を見つけてきますよね、凄いと思うのですよね(^^)

この製品が当たりであった場合、素晴らしい宝物を発掘した感覚になりますね。

表のクチコミの方はまだ有益なレスが付いていませんね。

レスが付かないとどんどんと後方に下がってしまうので、時折私がレスをして上に上げますのでもう少し様子をみましょうか、w
売れてない、とは聞きましたが、そんなにも数が捌けなかったのかなあ?
という事はある意味大変に貴重な素晴らしい宝物という事ですよ。
100%のポテンシャルが発揮できるアドバイスがあると良いですね(^^♪

今日はこの辺で、
また書き込みます、

2020/8/4 04:57  [2265-3838]   

TAMTAMさん

こんばんは。

返信ありがとうございます。

なんなんですかね。私の所有PCのキーボードのSキーが反応しなくなりました。色々試してみたがダメです。うーむ、これだけのために新調は厳しいのでバラして清掃してみます。直りますように…。

ヘッドホンはKH-KZ3000は気になりますよね。Tamtamさんも知っていないヘッドホンってことはよほどマイナーなヘッドホンですね。(笑)

そもそも価格ドットコムにも登録がないヘッドホン。家電屋やeイヤホンにも取り扱いがなく、販売経路は自社のサイトのみ。謎ですねー。

さすがに試聴無しであの値段は恐ろしくて買えませんね。うーむ、悩ましい限りです。

私、マイナーなもの探すのも楽しみの一つなのでネットで色々見てますよ。海外サイトだとそれこそ幅も増えますから。

2020/8/4 21:49  [2265-3851]   

ドーヴェンウルフさん

返信に一日あいてしまいました、申し訳無いです<(_ _)>

今日も暑いですね〜、昨日も暑かったですが、

<なんなんですかね。私の所有PCのキーボードのSキーが反応しなくなりました。

私はMac派ですが、一部のキーが全く反応せず、書き込み不能になりました。
原因はよくわかっておりませんが、ユーザーアカウントの設定ファイルを削除したりとシステム内部の部分を探っていたら治りましたけど、w
Windowsに関しては全く知識が無いのでわかりませんが。
choco111さんがWindowsパソコンに関してはお詳しいので、相談されてはどうでしょう?
と言ってもドーヴェンウルフさん自身、コンピューターと深く関わっているお仕事されているんでしたっけ?

<ヘッドホンはKH-KZ3000は気になりますよね。
<Tamtamさんも知っていないヘッドホンってことはよほどマイナーなヘッドホンですね。(笑)

私は”はらたいら”ではございません、w
(この時代、ドーヴェンウルフさんはアメリカに居たので”はらたいら”はご存知ないか?、笑)
そりゃ知らないヘッドホンだってありますって、w
私が知らないヘッドホン=マイナーなヘッドホンでは無いですからね〜、w

<そもそも価格ドットコムにも登録がないヘッドホン。
<家電屋やeイヤホンにも取り扱いがなく、販売経路は自社のサイトのみ。謎ですねー。

JVCの中に入ってしまいましたからね、ケンウッド。
元の社名がJVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社なので。
Victorも関わっているので、非常に複雑な会社となっております、現在のJVC、w
良い製品を作るのは、ケンウッドが関わっているからだと思っております、会社内部の事情まではわかりませんので、私の話は鵜呑みにしない様にして下さいね、w

<さすがに試聴無しであの値段は恐ろしくて買えませんね。うーむ、悩ましい限りです。

ちょっと待った、ドーヴェンウルフさん、w
私が無試聴購入を約束したパナのヘッドホンと価格が変わらんがな、w
(実際は試聴してしまいましたけども、w あれはちょっとした不可抗力ですから、w)

2020/8/6 11:34  [2265-3854]   

Tamtamさん

こんにちは。元々今日から夏休みでしたが、どうしても参加しなくては行けない会議があり、午前中のみ出社。暑いですね&#12316;。

Victorは良い会社ですよ。あそこは昔Victor Studioがあって(今活動しているのか怪しい…)色々な良い音楽制作された会社でもありますね。なので私はそこは好印象ですよ。

このヘッドホン中古でも2万5000円、新品だと5万近くしませんか?無試聴での購入は怖いっすよ。サウンドステージ広そうなのですごい気になります!(笑)

はらたいらは知らないですね。あとTamtamさんを基準にマイナーヘッドホンかどうか決めるのはやめておきます。(笑)

私はインフラ関連の仕事です。主にネットワーク構築など。なのでパソコンは使いますけど、バラしたりなどといったことはしません。バラしたりするのは趣味範囲です。掃除機もバラして直したことありますよ。あくまで面白半分でやっている。そして失敗して壊すこともあります…。

2020/8/6 12:48  [2265-3855]   

ドーヴェンウルフさん

こんにちは〜(^^)

元気にしていましたか、私はもう駄目です、w
昨日の朝方、7時頃かな?
バスの乗り違いで全く別の場所についてしまい20分ほど歩くことになってしまったのですが、暑いの何の、w
こんな早い時間から苦痛を感じるほど日本の夏って暑かったですかね?、w
これは異常気象ですよ、もはや、w

<Victorは良い会社ですよ。
<なので私はそこは好印象ですよ。

私の愛用しているJVC HA-MX100ZがVictorブランドから発売されたましたね。

Victor HA-MX100V
https://www.e-earphone.jp/shopdetail/000
000307953/067/P/page1/recommend/


こちらはおそらくモニター調からチューニングを変えてあるでしょう。
MX100Zもリスニング色の強い鳴り方のモニターヘッドホンでしたけど(だから私は購入したんですが)

<このヘッドホン中古でも2万5000円、新品だと5万近くしませんか?

あら、そうなんですか、ちゃんと調べてなかったです(^_^;)
ただ、Amazonの表記価格が25000円程度でしたので。
多分、中古の価格ですね、今調べたら、新品は無い様でしたので。

<サウンドステージ広そうなのですごい気になります!(笑)

多分、私の知らないうちにいつ間にか購入していると思いますよ、w
音のみならず、デザインもカッコいいですから、w

<あとTamtamさんを基準にマイナーヘッドホンかどうか決めるのはやめておきます。(笑)

まあ逆に考えていただければいいかな、と、w
私が推している製品ほどマイナーなものだと、w

<私はインフラ関連の仕事です。

そうでしたか、それは失礼しました(^_^;)

OSの内部ファイルをなおして正常になることもありますからね、
choco111さんに相談してみるのも一つの手かな、と思いますね。

まあ、とにも角にも、新しく出たVictorのヘッドホンが気になって仕方がないですよ、w

2020/8/6 13:46  [2265-3859]   

TAMTAMさん

近年の暑さは体力根こそぎ持ってかれますね。そしてバスの駅表示の仕方は昔からですが、分かりにくい。いい加減改善して欲しいですよ。
暑さについては近年暑くなっていると言うより身体が冷房になれてしまっているかもですね。18年前とか学校には冷房もなく、それでもなんとかなっていた記憶があります。全国大会行くような部活でしたのでシャトルラン毎日してましたが水分補給は決まった時間以外ダメでした。たまにゲンコツもあったような…(笑)そして真夏のカツ丼はゲロした記憶あります…(笑)

Victorは我慢します。中古で2万円切っているのがあれば即買います。昔のVictorのヘッドホンも良いですよね。

話変わりますが最近ジャンク品のCM-700-TI購入しましたが、この時代のオーディオ機器(Victor製品含む)は良いもの作られますね。ジャンク品なのでケーブル変える予定ですが、まだ修理の目処が立ってませんし、断線箇所切り分けしても分からなかったので修理失敗するかもですが、楽しみです。

2020/8/6 16:10  [2265-3865]   

ドーヴェンウルフさん

<話変わりますが最近ジャンク品のCM-700-TI購入しましたが、

あら〜、これ今でも持ってますよ、w
私が愛用していたイヤホンです、こんな偶然ありますかね、

確かこの時代のオーテクのフラグシップイヤホンだったと記憶しておりますが、

良いイヤホンですので、頑張って蘇らせてください(^^♪

2020/8/6 16:27  [2265-3866]   

TAMTAMさん

ぶっちゃけこのイヤホン今でも全然いけますよ。解像度はMoonDrop(水月)と比べると劣りますが、チューニングが良いのでバランスがよくて気持ちよくリスニングが出来ます。インナーイヤー型は多数の楽器音が一斉に鳴るスピード感がある激しい曲は合わないように感じる、なんとなくですが音が雑に聞こえるんですよね。しかし、優しい音色のヴォーカル曲とかだと逆にすーっと耳に入って来て気持ちよく聞こえるんですよね。構造上、音楽のジャンルで相性があるんでしょうか。


Victorのヘッドホンの話していたので気がついたのですが、HA-MX100Vなるものが7月に発売されたみたいですね。ケーブル2.5mのOFCと記載がありましたので恐らく業務用のmogamiシリーズみたいな導体採用されていると思われます。ちきしょー!!これも欲しいですな。

https://s.kakaku.com/item/K0001275368/

2020/8/7 12:01  [2265-3888]   

ドーヴェンウルフさん

こんばんは(^^)

<ぶっちゃけこのイヤホン今でも全然いけますよ。

そうでしょうね、良いイヤホンでしたから。
(ハウジングの部分のゴムが溶けてしまい、使用する事は出来ませんけれども)

<インナーイヤー型は多数の楽器音が一斉に鳴るスピード感がある激しい曲は合わないように感じる、
<なんとなくですが音が雑に聞こえるんですよね。

う〜ん、私はマイルドな音、と捉えていますが、
このイヤホンを使用していた時に聴いていた曲はクラシック音楽だけなので、特に不満は感じておりませんでした。
楽曲によっては現在のイヤホンに比べて劣る部分もあるかもしれませんね。

<構造上、音楽のジャンルで相性があるんでしょうか。

それはあるでしょうね。
カナル型は外耳道に直越音が入る構造ですが、インナーイヤー型はヘッドホンを小型化してより耳の近くで鳴るようなイヤホンですからね。
高い解像度、メリハリのある音源は苦手な気がしますね。

<Victorのヘッドホンの話していたので気がついたのですが、HA-MX100Vなるものが7月に発売されたみたいですね。

ちょっと、ちょっと、w
前のレスで私はその事を書いてますよ、型番とリンク先まで貼ってあります、w

<私の愛用しているJVC HA-MX100ZがVictorブランドから発売されたましたね。
<こちらはおそらくモニター調からチューニングを変えてあるでしょう。

8/6 書き込み番号 2265ー3859

HA-MX100Zとおそらく同じドライバー、ケーブルだと思います。
モニターヘッドホンというカテゴリーから外して販売したかったのだと推測してます。


2020/8/7 23:20  [2265-3892]   

Tamtamさん

お久しぶりです。

実は返信したつもりがしていなかったようです…。なかなか返信がなかったと思いましたので見てみたら…あれ?返信してないの私ではないか!
そして返信した内容は既に記憶の彼方へ…。

すみませんでした。

ヘッドホンの紹介(HA-MX100V)があったにもかかわらず、つまらんコメントしました。たぶん埋もれてしまったんだと思います。集中力大事ですね。このヘッドホン後々購入予定です。

最近はまたintime ti3に再度ハマってしまい、毎日よく聞いてます。こいつ本当にPOPミュージック(女性系)は合いますねー。密閉のくせに高域の抜けがよくて出るとこしっかり出る低域があり、気に入ってます。使うようになった背景として暑いのでヘッドホンつけてないというのもあります。(笑)

2020/8/24 20:12  [2265-3950]   

ドーヴェンウルフさん

こんばんは。

返信したつもりが、だったのですか、
あ〜、良かった〜。
私の書き方が悪かったのかな、とか、考えていましたので(^_^;)

一週間ほど、誰からの書き込みも無くそろそろ幕引きの時かな、と考えておりました。

iPadとApple pencilと新しいマウスを用意したものの、私の言動から書き込みがストップしているようでしたので。

HA-MX100V、購入予定ですか。
元になっているHA-MX100Zと比較試聴した方が良いと思いますよ(^^♪
まだ私も新しい100Vの方は聴いておりませんが、かなり良い仕上がりになっていると思います。

intime Ti3
このイヤホンは装着感に難あり、ですが本当に良い音鳴らしますね。
特に解像度が高く、分解能に優れた低域は10万円クラスのイヤホンでもTi3と同等のポテンシャルを持っている製品はほとんどありません。

ドーヴェンウルフさんがレビューされた水月雨KXXSもかなり売れていますね〜。
こちらも2万円程度の価格のイヤホンとは思えないほど、自然体でクオリティーの高い音を鳴らしますし、ハンジングの高級感もあります。
2万円クラスではおそらく2強のイヤホンでしょうね。

最近はBluetooth型の新製品ばかりでいささかうんざりしておりますが、安くて良いイヤホンがあれば見つけてみたいものですね。

(eイヤホンのサイトがリニューアルされて非常に見辛くなってしまいましたね、w)

またレス致しますので、よろしくお願いします(^^)

2020/8/24 21:43  [2265-3951]   

Tamtamさん

迅速な返信ありがとうございます。

Eイヤホンのクソ仕様、しかもログイン情報再登録というけしからんことしている。まぁ、経費削減のためにやったことなのだろう。運用のブラウザだけで費用はかなり変わりますから。(サーバ規模で値段も変わる)コロナ情勢で仕方ないかもですね。

Intime ti3聞きながらふと思いました。リケーブルしたら…。でも我慢します。既存ケーブルは柔らかくもなくしっかりした硬いケーブルです。細いからわからないが、普通に硬いケーブルです。どのような導体使っているのか不明ですがきっとBeldenに近いような導体使ってないだろうか。

新たに欲しいイヤホン見つかりました。
MXH-GD300です。
ヘッドホンはやっと確保しましたのでイヤホンも。あまりにもレア過ぎて数が出回ってません。うーむ。

気長に状態の良いもの探そうと思います。


2020/8/25 01:28  [2265-3952]   

ドーヴェンウルフさん

こんばんは(^^)

今日は敏速な返信が出来ず申し訳ございませんでした。

eイヤホンの再ログイン、私は非常に難儀致しましたよ、w
どのパスワードを入力しても全くログイン出来ない。
全てのデバイス、iMAC,iphone,iPadで出来なくなってしまいました、w
仕方がないので、再登録しましたよ、

MXH-GD300
これまた渋いイヤホンに目をつけられましたね(^^)
完全にレア種じゃないですか、w
状態の良いものが手に入ったら、感想、楽しみにしておりますね。

2020/8/25 21:52  [2265-3959]   

Tamtamさん

こんにちは。

生レバー食って当たりました!2週間ほど毎日…( ̄▽ ̄)
そして短期間ですがマンスリーマンションに引っ越すこととなりドタバタで返信遅れました。9月から新宿毎日行くことになり家族に感染させないように苦肉の策です。マンスリーマンションめちゃくちゃ快適過ぎてちょっとウキウキしてます。ヘッドホン爆音最高ですね&#12316;(笑)

MXH-GD300は新品で売っているようですので買おうと思えば買えますが、ちょっと前のイヤホンですので可能なら中古がお財布に優しいです。良いものがあれば即ゲットしてやろうと思ってます。

ヘッドホンは今の環境に満足してますのでしばらくはいいかなと感じてますが、イヤホンは良いもの1つ欲しいですね。せっかくパナソニック揃ってますのでEAH-TZ700が欲しくなってきた次第。イヤホンならおすすめとかないですか?完結出来るような良いやつがあれば試聴兼ねて1つ欲しいですね。Shureはあまり好みではなかったです。ケーブルが悪かったのかな…?試聴した時はMMCX端子のケーブル持ってませんでしたので。

2020/9/5 12:48  [2265-3999]   

ドーヴェンウルフさん

おはようございます(^^)

<生レバー食って当たりました!

なんとまあ、食当たりですか。
(レバ刺しは私も大好きですね、w)

<MXH-GD300は新品で売っているようですので買おうと思えば買えますが、

なんとまだ現存しているのですか、w
天然記念物みたいなイヤホンじゃないですか、w
試聴出来る環境だったらベストですけどね、流石にこのイヤホンは無理でしょうね。

<せっかくパナソニック揃ってますのでEAH-TZ700が欲しくなってきた次第。

実はこのイヤホンは私も未聴なんですよ。
eイヤホンも取り扱ってないと思います。
ヨドバシでの店頭販売のみだと思います。
クチコミである人が非常に絶賛していたので気にはなっていたんですけどね。

<イヤホンならおすすめとかないですか?

以前にも紹介した覚えがありますが、一生モノとしては、RAI PENTAが一推しです。
(ちょっとお高いですけどね、一生モノとしてはアリの価格でしょう)
私がレビュー投稿した時には一つのレビューもありませんでしたので、孤軍奮闘していた覚えがあります、w
現在では満足度ランキング上位に常駐していますよ。
インパクトは無いですが、装着感の良さ、総合的な完成度、癖の無い、誇張してない音作り、どれも一級品です。

ダイナミックドライバー大好きドーヴェンウルフさんなら、FW10000も聴いていないのであれば、こちらもお勧めの逸品ですね。
鳴らしやすいですし、国内製イヤホンとしては珍しく低域モリモリのイヤホンではありませんので、
聴かぬは一生の損、と言えるほど、素晴らしいイヤホンだと思いますね。

安くて非常に良い音を鳴らすイヤホンは見つけるのが非常にムズイ、w
SORA Ti3が私の歴史の中ではナンバーワンかなあ、

2020/9/6 07:51  [2265-4003]   

追記:

<Shureはあまり好みではなかったです。ケーブルが悪かったのかな…?

ケーブルのせいではないでしょうね。
リケーブルで良い方に化ける事が無いイヤホンの代表格みたいなメーカーですからね。

単純にShureのイヤホンの音を好きでは無い人の方が多いです。

SE846は特にアンチが多い、ハイエンドイヤホンの筆頭格みたいなものですから、w
なので、率直に良く無い音だったと言われても私としてはなんとも思いませんので(^^♪
退屈な音、聴いていてつまらない音では無かったですか?
私は無機質なものが好きな変わりものなので、大丈夫です、w

SE846の音がそういった音に聴こえたのであれば、ますます、RAI PENTAを聴いて頂きたいですね。
VictorのFW10000も、
きっと気に入ると思いますので。

2020/9/7 01:33  [2265-4014]   

ドーヴェンウルフさん

こんばんは(^^)

新しいイヤホンを購入されたのですね、
レビュー拝見致しました(^^)

このイヤホンも私は未聴です。
ZERO AUDIOのイヤホンではおそらくもっとも売れたであろう(違うかな?)CARBO BASSO ZH-DX210しか試聴おらず、ドーヴェンウルフさんが購入されたイヤホンは存在さえ知りませんでした。

投稿されたレビューの中にイヤーピースについてアドバイスされておられましたが、わかりやすく、適切な解説をされているので、初心者の方々には大いに参考になるものだと思います。

読んでいて購入したくなるような素晴らしいレビューを書き上げましたね。

ドーヴェンウルフさんはメジャーでは無い製品を購入される事が多いので、売れ筋の製品のレビューを投稿したならば、参考票がもっとたくさん付く事でしょうね(^^♪
(もっとも、みんなが知っているようなメジャーな製品があまり好きでは無いという事も知っておりますが、w)

プロフィールを詳細に書いてある事、こまめに更新している事は非常に素晴らしい事だと思います。
何故なら、一つの製品のレビューから、他の製品のレビューを読んでくれる事につながるからです。


2020/9/11 21:54  [2265-4032]   

Tamtamさん

こんばんは。返信遅くなりました。

おすすめイヤホン情報ありがとうございます。
Meze Audio社製のヘッドホンもイヤホンも聞いたことないので気になりますね。予算の関係でミドルグレードの99 ClassicsやRAI SOLO MRAI-SOLOなら以前から気になってました。デザインが凄く良いです。おすすめのRAI PENTAは高いですね(汗)
一生モノとして、TZ700もそうですが、この価格帯となるとじっくり試聴して納得しま上で買いたいです。ヨドバシカメラ行ってみようかな。平日の夜だと比較的に人も少ないですよね。まぁ、すぐには買わないですけど、欲しいものが明確になれば購入プラン立てて節約出来ますからf^^*)

HA-FW10000は聞いたことないですが1500の方なら聞きました。FW1500は好みでしたね!ただし、6万円出して買うほどのものか?って少し頭の隅で考えてしまい、躊躇したイヤホンでもある。FW10000だとどのくらいの音が出るのやら…。きっと凄いんだろうと想像してます。

安くて非常に良い音を鳴らすイヤホンのTi3について、全く同感です。アナログ接続ではあるが、結構敏感なイヤホンですから、真空管アンプで聞くとまた違った音が聞こえて楽しいイヤホンですよ。

SE846は嫌いでは無いですが、好きでもないと言った感じですね。
ちなみに個人的にはShureよりWestonの方が好みです。BA多数搭載するイヤホンって銀メッキ無酸素銅の極太(24芯以上)のケーブルとすこぶる相性が良いようです。音城が激変するみたいですので空間表現の良いwestoneのイヤホンでいつか実現させたいところです。

レビューお褒め頂きありがとうございます。
DUOZA ZH-DWX10は結構Sonyの音質を意識したチューニングだなーと感じました。刺々しい高域ではないので比較的に聞きやすい傾向です。ただし、低域強いので対策必要ですね!機会あればぜひ聞いてみてください。低域強すぎてなんじゃこりゃって絶対なると思います。(笑)個人的にはSpinfit以上にもっと低域抑えてくれるイヤーチップがあれば試してみたいところです。

おっしゃる通り、レア物にはついつい目が向いてしまいますし、目立たないマイナーで良いもの探しもオーディオの1つの楽しさだと感じてます。私はSUVが好きなんですが、車で例えるとアメリカ車のジープ買うならスズキのジムニーを買います。(笑)

2020/9/13 01:56  [2265-4033]   

ドーヴェンウルフさん

こんばんは&お疲れ様(^^)

<Meze Audio社製のヘッドホンもイヤホンも聞いたことないので気になりますね。

イヤホンもヘッドホンも聴いた事がありませんでしたか。
ミドルグレードの99 Classics、普通の方にでしたらお勧めできるヘッドホンなんですけどね、ドーヴェンウルフさんには低域出過ぎるヘッドホンだと思いますね、なのでちょっとお勧めしづらい製品ですね。

<おすすめのRAI PENTAは高いですね(汗)

試聴した事が無いのでしたら、まず一度実物をご覧になって聴いてみてください(^^♪
SE846が10万円で、安いっぽいプラ製ハウジング、対し RAI PENTAは高級感溢れるハウジングで、価格がそれほど変わらない、装着感もすこぶる良いですし、MMCX端子メス側はロジウム加工が施されている非常に作りが凝っているイヤホンです、価格の事など頭から消えてしまいます(^^)
それにハイブリッド型としては非常にクロスオーバー処理が優秀で、素晴らしいナチュラルサウンドです。
なので、一聴してのインパクトの弱いイヤホンではあるので、イヤホン初心者は多分、あまり気にも留めないサウンドだと思うのですが、私はドーヴェンウルフさん好みの音であり、結構好きなタイプのサウンドだと思うんですよねえ、これは是非試聴して頂きたいですね、一推しのイヤホンです。
何度も書き直していながら、四苦八苦している私のレビュー、及び他の方のレビューを読んでみてください、
まあ実際に聴いてもらった方が早いか、w

<HA-FW10000は聞いたことないですが1500の方なら聞きました。

ドーヴェンウルフさんが好みだと言うイヤホンに対して失礼だとは思いますが、1500が買ってはいけないイヤホンです、あの価格であの音、でしたらFW10000の音を聴いてしまったならば、完成度が不十分だと感じると思います。
悪くは無いのですが、どっちつかずの中途半端なイヤホンなんですよね。
(もう少し価格を下げるか、価格設定を決めてから製作されてしまったって印象なんですよ。)

IER-Z1RとFW10000を試聴して、私好みの音だったのは圧倒的にFW10000の方でした。
しかし、最初に購入したのはIER-Z1Rです、これは値引きが相当されていたのと、FW10000が木製ハウジングだった為、イヤホンの管理が非常に難しいのでは?と躊躇してしまったんですよね(^_^;)
国内製イヤホンにしては低域のバランスが非常に優れてますし、空を舞うような素晴らしい高域は一聴の価値ありのダイナミック型としては間違いなく断トツのイヤホンですよ。
WOODドライバーを採用してますが(私はWOODドライバーが嫌いです、w)、モコモコした音ではなくキレのある爽快な音を鳴らします。
この音が嫌い、っていう人は居ないんじゃないかな、
それほどに素晴らしい、あの価格帯では最高峰の出来ですね、アンドロメダなんかちゃんちゃらおかしいって感じですよ、w

<ちなみに個人的にはShureよりWestonの方が好みです。
<音城が激変するみたいですので空間表現の良いwestoneのイヤホンでいつか実現させたいところです。

Westoneは私はUM PRO50を所有しております。
所有している全てのイヤホン、イヤーピース、ケーブルとも付属純正のものから替えてあるのですが、Westoneのイヤホンだけなんですね、全て、付属純正のもので使用しているのは。
かなりいろんなものを試したんですけど、良い方向にならないんです。
それほど、付属純正のイヤーピースもケーブルも素晴らしい出来なんですねえ、
さすがにこれはお手上げでした。
あの華奢な細いケーブルですから、もっと太いグレードの高いケーブルにしたら良い音になるだろう、と思ってしまうんですが、サウンドバランスが崩れてしまうんですよ。
手抜きの無い、完成度の高いパッケージを販売してますよ、Westoneは。

<レビューお褒め頂きありがとうございます。

いやいや、イヤーピースのアドバイスは素晴らしかったですよ。
低域対策ならSpinFitが最善の選択だと私も思いますしね。
何より、読んでいて購入したくなるようなレビューをよう書きますよね、ドーヴェンウルフさんは(^^♪
(それも価格的にも買いやすいものが多いですし。)
素晴らしいレビューだと思いました。

RAI PENTA、実際に試聴出来たら、感想お待ちしております(^^)
インパクトのある音を鳴らすイヤホンではありませんが、トータルバランスが非常に素晴らしいものですから、一度試聴して駄目だったとしても、再度試聴して欲しい、それくらいの傑作機なので。

2020/9/13 02:58  [2265-4034]   

Tamtamさん

どうもー。

99 Classicsは低域がちょい強いんですかね。私もBassは嫌いではないんですけど、どうしても聞き取れなくなる音が出てしまうのでそこがなんとも。低域が強くても他の音域も上手く表現出来るヘッドホンって少ないし、高額になってしまう。T700は納得行くヘッドホンですよ。聞きすぎると耳がバカになってしまい、他のヘッドホンの良さが分からなくなるので最近使用を一時的に辞めました。(笑)下記サイトで結構安く販売されているようですが、これはおそらく独自のカスタムチューニングされた99 Classicsですね。色が渋くなっていてかっこいいです。実はこのサイトちょっと前にHA-FD02のカスタムチューニング版が販売されていたのを見ました。

https://drop.com/buy/massdrop-x-meze-99-
noir-closed-back-headphones



RAI PENTA
レビュー見ました。自然な表現力なら飽きにくい音でもありますよね。ハイブリッドってBAとDDの構成ですかね。この構成ってDD一発信者からすると無難でずるいなーなんて思ってます。また、中華イヤホンだとこの構成真似したものが多いですが、やはりチューニングが甘いのか、違和感を感じてしまう。

Westoneは付属品が最初から良いんですね。どちらかと言うと制作段階で採用ケーブルでプロがチューニングしてんでしょうね。実はRP-HDE10の付属ケーブルも結構良いもの使われているらしいんですよ。市販の7000円相当のものが使われてるらしいです。情報源はケーブル作成10年のベテランからです。あとDD一発だとリケーブルの効果は微々たるものらしいです。やはりハイブリッド型が1番違いが生まれるとのこと。Westoneでもなんか違いがありそうな気がしますが、試してみないことにはなんとも言えませんね。太くても芯数を増やし、絶縁処理しっかりしたものであれば素晴らしい音城効果が得られるのでは無いだろうか。すみません思い込み強い分野でもありますのでこんなコメントとなってしまいました。

FW1500は確かに好きな音でしたが、価格で購入辞めました。だってもうちょい足せば中古品ではありますが、ハイエンドに手が届く微妙な価格設定ですもん。FW10000かー、買ったら家族にキレられますね。(笑)20万円近くだと所有コレクションいくつか手放して資金調達しないとなかなか厳しい。


ちょい自慢話と日本の児童教育についてコメントさせてください。
日本の小学生って家庭科って授業があり、私も昔(25年前?笑)に裁縫を授業で学びました。この家庭科という授業って他の国はないのがほとんどらしいです。今回のコロナによるマスク不足で自作マスクが流行りましたが、これってやはりこういう授業があって国民的にそういう文化がある、そのような背景があったからこそ主婦の皆さんもないなら作ろう!って思考になったんでは無いだろうか。昔なら当たり前ですが、現代社会では日本のこのような対応はレアです。で、少し話が飛びましたが、夏場って暑くてヘッドホン付けると蒸れて不快になるし、ヘッドホンも痛みますよね。なので昔学んだ裁縫を思い出しながらイヤーパッドのカバーを購入して自分で改良してみました。写真の通り、真ん中に穴を開けて糸くずれしないよう縫って補強。見た目かなり素人で汚いですが、音質劣化せずに蒸れにくいカバー作りました。これ良いですよ!v( ̄∇ ̄)ニヤッ

日本の義務教育に感謝です。BANZAI!


2020/9/13 13:04  [2265-4035]   

ドーヴェンウルフさん

こんばんは(^^)

<99 Classicsは低域がちょい強いんですかね。私もBassは嫌いではないんですけど、

なるほど、マスキングされなければ良いのなら許容範囲かな?
そんなに量が多い低音のヘッドホンでは無いですね。

<下記サイトで結構安く販売されているようですが、これはおそらく独自のカスタムチューニングされた99 Classicsですね。

もともとの価格が価格なので、画像で見るよりも少々作りが安っぽいんですが、これはカッコいい色合いですね。
価格<音質のヘッドホンであることは間違いないので、一度試聴されてみては?


<ハイブリッドってBAとDDの構成ですかね。

4BA+1DDのハイブリット型のイヤホンですね。

https://mezeaudio.jp/rai-penta

かなり時間をかけて作ってますよ、このイヤホン。
私が聴いた限りですと、この価格でも安いと思えるイヤホンですね。
非常に真面目に製作されたものですよ、実物を見れば、音を聴けばわかりますよ(^^♪

<中華イヤホンだとこの構成真似したものが多いですが、やはりチューニングが甘いのか、違和感を感じてしまう。

ハイブリッド型特有の違和感はありません。
素晴らしいナチュラルサウンドです。お金に余裕があったら購入していたと思います。

<実はRP-HDE10の付属ケーブルも結構良いもの使われているらしいんですよ。
<市販の7000円相当のものが使われてるらしいです。

あの価格のヘッドホンにですか、ちょっと珍しいことですね。
ゼンハイザーのIE80、バカ売れしたダイナミック一発機の名機ですが、クロストークの酷いケーブルが付属されていましたからね。
それこそKXXSの比では無いです。
リケーブルすると、スッキリ系のサウンドのイヤホンに激変しますからね、w

<Westoneでもなんか違いがありそうな気がしますが、

もちろん音の変化はありますよ、
ただ良い方にいかないんですよね。
変化した音が好みの音になっているのなら、それは成功した、と言えるでしょうけど、どうしても付属純正ケーブルの音の方が素晴らしい。
後はケーブルの取り回しですよね。
ワイヤー入りのケーブルなんですが、そこの作りが非常に良いので、ケーブルが邪魔に感じないんですね。
これは良いケーブルだと思い、SE846に使おうかと思いましたが、しっかり使えないようになってました、w

<すみません思い込み強い分野でもありますのでこんなコメントとなってしまいました。

Westoneもそろそろモデルチェンジの時期だと思いますので、気に入ったイヤホンが発売されて、購入するような事があれば、色々試してみてください。
私は既製品のケーブルでしか聴いていませんから、自作系の人は良い方向にいくケーブルを作ってしまう可能性もありますので。

<FW1500は確かに好きな音でしたが、価格で購入辞めました。

FW1500の音が好きな音かあ、FW10000はどうだろう?
どちらかというとソリッド系なんですよね、
とにかく高域が素晴らしいですよ。
吸音材に和紙なんか使用しているらしく、とにかく音は一級品であることは間違いないですので。

<FW10000かー、買ったら家族にキレられますね。

見た目からして高級感がありますからね、ちょっと価格は誤魔化せ無いと思いますねえ、w
試聴するぶんには無料ですから、一度音を聴いてみる事をお勧めしますよ。唯一無二のイヤホンですので。

<日本の児童教育についてコメントさせてください。

以下の文章は大変勉強になりました(^^)

<音質劣化せずに蒸れにくいカバー作りました。これ良いですよ!v( ̄∇ ̄)ニヤッ

なるほど、真ん中をくり抜いて仕舞えば良いのですね、これはいいですね(^^♪
私も作ってみようかな。

2020/9/14 00:11  [2265-4036]   

TamTamさん

こんばんは。


99 Classicsについて
なるほど、マスキングと言うんですね。私の感じていた表現は。確かにマスキングになりますね。これがなかなか嫌いなんですよね。なのでSony MDR-1Aに対しては好感度があります。このヘッドホンなかなか優秀なんですよね。

で、私が紹介したサイトの99ですが、やはりわかりますか(笑)。素材は明らかに劣化してます。しかし、塗装で誤魔化している感があります。私は当サイトの価格に魅力を感じ買ってみようかななんて思いましたが、このサイト(ブランドになるかな?他社のオーディオ機器を自社のブランドとしてリニューアルする)は低域強くなる傾向があり、購入を躊躇しました。
HD6XXなるものもだしてます…。博打すぎて買わないですけどね。

4BA+1DDのハイブリット型のイヤホンですね。
https://mezeaudio.jp/rai-penta

私は今でもそうですが、BA多数搭載イヤホンは嫌いな口があります。鳴らすのにもパワー必要ですし、多数の方向から音が出るような音のイヤらしさはあまり好きではない。しかし、ハイブリッドのチューニングが上手いイヤホンは絶賛します。

気になった無名な格安(16000円)イヤホン(一応日本メーカー)の最近の作品ですが、すごく良い音が出ましたのでハイブリッドのハイエンドにも興味を持ちました。TamTamさんにも試聴して頂き、感想頂きたく、差し支えければTamTamさんに貸出ししたく思います。方法、面倒かもですが最初だけです。お互い匿名発送で、実際費用負担は210円ほど。メルカリ匿名発送です!ちょっと踏み入った発言で申し訳ないです。すごく良いと感じましたので是非聴いて頂きたく。イヤホン名は「Premium 1980 BLUE MOON」となります。

今閃いた話なので穴などあるかもですが、どうかご検討の程よろしくお願いいたします。


RP-HDE10のケーブルですが、こいつって頑固もので音城に関してはいくらケーブル変えてもなかなか変わらないです。中華イヤホンの安物付属ケーブルで聞くと酷く音質がわかります。付属ケーブルは本当に良いですよ。
KXXSは最近聞いてませんでしたが、コメントを見てここ1週間は再度聞くようにしました。やはり…ヴォーカル上手いなー。宇多田ヒカルの「First Love」や「地上の星」の坂本冬美Ver.など、聞くと感動モノです!付属ケーブルだと1歩迫力下がる…。

Westoneイヤホンについては…予算が許す限り、然るべきクラス購入してやろうかと思います。最高クラスはAKGと同じく無線コネクタ強制付きなので…トホホ…。

Westoneに合う導体は見つかるかについて
これは試行錯誤するしかありませんね。手持ちのものから試して何が良いのか、あと既存ケーブルの素材についても勉強してみる価値はありますね。

そんな次第です。

立ち入ったコメントもあり、不快に感じたのでしたら申し訳ないです。言葉だど伝わらないものもありますので聞いて意見聞きたかった次第。

以上f^^*)




2020/9/18 21:13  [2265-4047]   

ドーヴェンウルフさん

こんばんは(^^)

<なるほど、マスキングと言うんですね。私の感じていた表現は。

いやいや、私の造語みたいなものですから、誰も使ってないでしょ、(^_^;)
サウンドバランスと一緒ですよ、w
これも使っている人居ないでしょ、w
音質という言葉で表現すると、音色まで含んだものになってしまうので、サウンドバランスって、私は良く使いますけどもね。
イヤーピースは音色は変えないじゃないですか?
低域を減らすとか、高域をクリアにする事は出来ますけど、基本的な音色、音質は変えないですからね。
低域:ミッド:ハイのバランスを変える事はあっても、”音質”までは変えない、なので、サウンドバランスって言葉を使用しますが、英語の文法的には合ってないでしょ、多分、w

<で、私が紹介したサイトの99ですが、やはりわかりますか(笑)。素材は明らかに劣化してます。
<HD6XXなるものもだしてます…。博打すぎて買わないですけどね。

massdropじゃないですか、全然気がついて無かったですよ、w
HD6XXで気が付きましたよ。
私はここでは購入した事がありませんが、随分と格安で購入出来るみたいですね。
HD6XXに関しては、HD650ではなくHD600のような音だという感想を聞いた事がありますね。
それと、オリジナルモデルよりちょっと側圧が強めだとも。
基本的にはオリジナルモデルとそれほど変わらないみたいですけどもね、


<私は今でもそうですが、BA多数搭載イヤホンは嫌いな口があります。鳴らすのにもパワー必要ですし、

BA多ドラが嫌いなのは良いと思いますよ、ただ少し勘違いしてる部分もあるかな。
BA型ドライバーを使用したイヤホンは基本的に鳴らしやすいので、パワーは必要ではありません。
エティモのER4Sとかは意図的に100Ωとか高い抵抗値にしてあるだけで、BA型はパワーを必要としないんですよ。
SE846なんて、スマホ直結でも爆音で鳴りますからね。
ただ、抵抗値を下げると、出力側の悪い部分まで、反映しやすいという欠点があるので、抵抗値を意図的に上げているイヤホン、ヘッドホンはありますけど、
近年、16Ω以下の低抵抗値のイヤホンが増えているのは、DAPの性能が向上したからなんですよね。
むしろ、出力側のチューニングを反映させて欲しいというものですね、
そのかわり、やはりノイズには弱いですけどもね。

<しかし、ハイブリッドのチューニングが上手いイヤホンは絶賛します。

最近試聴したイヤホンの中ではShureのAONIC4が素晴らしい出来でしたよ、ただ、低音がまるっきり出ないので、購入後に不満を持つ方が居るだろうな、とは思います。

RAI PENTAは1DD+4BAのイヤホンですが、これはAKGのN5005と全く同じ構成なんですよね。
私は、N5005に関しては何処にもレビューをあげていません。
RAI PENTAが試聴出来るお店なら、N5005も当然あるでしょうから、交互に聴き比べてみると出来の違いがわかると思いますよ。

多ドラでもメーカーによりますよ、
要は、多数のドライバーを使用すると、クロスオーバー処理の箇所が多くなってしまうので、ここの出来が悪いイヤホンは非常に不自然に聴こえるんですよ。
アンドロメダとかは、クロスオーバー処理をしていませんからね、
メーカーはいろんな言葉を巧みに使って誤魔化していますけど、クロスオーバー処理の放棄と一緒です。
巧みにクロスオーバー処理出来る、ネットワーク回路を開発出来ないのでしょうね、多分。
これも、メーカーによりますよ、少なくとも、私はガレッジメーカーの多ドライヤホンは信用してないですね。

<今閃いた話なので穴などあるかもですが、どうかご検討の程よろしくお願いいたします。

抜け道はあるんですけどね、ここで書くとこのレス全体が削除されてしまうので、
この縁側の通知設定はしてありますか?
でしたら、最初の数行は読めるでしょう?
もう、お分かりですよね、w


<付属ケーブルは本当に良いですよ。

付属アクセサリーの品質が良いのは素晴らしいメーカーの証でもありますよね(^^)
RP-HDE10は一度聴いているだけに本当に欲しいヘッドホンなんですよ。

<やはり…ヴォーカル上手いなー。宇多田ヒカルの「First Love」や「地上の星」の坂本冬美Ver.など、聞くと感動モノです!付属ケーブルだと1歩迫力下がる…。

水月雨も悪くないメーカーなんですけどね、普通のメーカーだと、どうしても削れる部分があれば、削らないと仕方がないらしいです。
イヤホン自体の出来はどれも素晴らしいですからね、
音聴いて、鳥肌が立つイヤホンなんて、なかなか無いですからね〜。

<Westoneイヤホンについては…予算が許す限り、然るべきクラス購入してやろうかと思います。

現行モデルを購入してはいけませんよ、w
もうすぐ、リニューアルモデルが出るはずですから、そちらを購入してくださいね。
(Shureが、10年ぶりくらいにモデルチェンジしたので、Westoneも出すはずです、きっと、←根拠なし、w)

<立ち入ったコメントもあり、不快に感じたのでしたら申し訳ないです。

全然、問題無いですよ、大丈夫です。
今、クチコミでやり取りしてるでしょう、あの御人は凄い方ですよね。
DAP,DAC、ポタアン、ケーブルに関してはあの方以上のスキルを持った方、居ないんじゃないかな。
私も、以前、御指名して質問した事がありますよ。
しかも、物凄く丁寧にアドバイスなさっているじゃないですか、今回。スマホからの書き込みなのに。
ドーヴェンウルフさんのことを覚えてくれていたんでしょうね、おそらく。
素晴らしい方から、一番最初にレスされて良かったと思います。

長文になってしまいました、申し訳ないです。
またよろしくお願いします(^^♪

2020/9/19 03:30  [2265-4048]   

ドーヴェンウルフさん

長文のレスを書いてしまいましたが、追記致しますね。

99 Classicsについて

ちょっと、書き足りない部分があったので、
私はこのヘッドホンに関しては、実はiphone直結でしか聴いておりません。
(いや〜しかし、eイヤホンのサイト、本当に使い辛くなってしまいましたね。機種にリンクを貼ろうにも機種探しに非常に苦労するでないの、w)

現在色違いしか無いようですけど、スペック表記も書いて無いですね。
低音は少し強め、と最初書きましたが、国内製のヘッドホンと比較するならば、フラットな方かもしれません。
表現力豊かな音を鳴らすヘッドホンですよ、これ。
鳴らしやすいヘッドホンですのでドーヴェンウルフさんのポタ環境なら、良い音鳴らすんでは無いでしょうか。
国内製ヘッドホンのようにハイレゾロゴ取得を意識しておりませんので、高域側を無理に広げていませんね。
なので、可聴周波数帯域において濃厚な音質だったと記憶しております。


<Westoneに合う導体は見つかるかについて

単純に底上げするような導体は見つかると思いますよ、多分。
高純度銅線なら良い方向にシフトするかもしれませんし、私個人では経験則から、不満を感じる音にはならないと思いますし、実際に既製品のケーブルで確認済みです。
しかし、変化は非常に微妙でした。リケーブルするにしても全く面白みがありません。
この辺は私なんかがごちゃごちゃ言わなくてもわかると思います。
付属純正ケーブルは非常に華奢ですが、取り回しが抜群に良いのですよ。
なので、僅かな底上げを取るか、取り回しの良さを取るか、で私は純正ケーブルの取り回しの良さを取りました。
純銀線は駄目でしたね。
同じ仕様で8芯、16芯と太くすれば情報量はUPするでしょうが、サウンドバランスも音色も変化しませんし。
(低音がしっかりと鳴る、くらいしか想像が付きません、同じ仕様のケーブルだと)
音色を変化させるような導体を使用したケーブルだと、全滅でしたので、
非常に完成度が高いパッケージですよ、Westone、笑。
こういった難攻不落と思えるイヤホンほど燃えるのでしょう?気持ちは良くわかりますね(^^)


「Premium 1980 BLUE MOON」について少し調べてみました。

試聴が難しいのかあ、これ。
スペックを見ましたが、インピーダンス9Ωというのは非常に低いイヤホンです。
が、感度が93dBではちょっと鳴らしづらいイヤホンになってしまうかな。
それで、最大入力が5mWでは、私が聴く音量では完全に音割れしてしまうでしょう。
下手したらBAドライバーが破損してしまう可能性もありますよ。

エティモのER4S以外のシングルBAドライバーのイヤホンはどれも音割れを起こしてしまうので、使えない、と以前書きました。

ヨドバシAkibaで、FInalのFI-BA-SSが半額近くで、店頭発売していた時があったので、これは安い!と購入するつもりで試聴しましたが、普段聴くボリュームレベルの半分の音量で音割れしてしまい、残念ながら諦めた事がありました。

では何故ER4Sは使用出来るのか?と疑問に思うかもしれません。
それはエティモ独自の三段フランジイヤーピースにより、鼓膜近くで音が鳴るので、絶対音量をそれほど必要としないからなんですね。

スピーカーに例えると分かりやすいかもしれません。
6畳の部屋で鳴らす音量と、ドーム球場で鳴らす音量では、同じボリュームでしたら、得られる音量が全然違いますよね。
同じ音量を体感として得るならば、ドーム球場で鳴らす場合、相当ボリュームを上げなくてはなりません。
小さいスピーカーでしたら、当然音割れしてしまうでしょう。それと同じです。

普通、ハイブリット型ならば、担当周波数帯域が二つに分かれるので、まず音割れはしないんですけど、感度の低いイヤホンでは、当然ボリュームを上げなくてはならないので、許容入力レベル5mWでは足りないのです。

なんせ、ベイヤーのT1が音割れを起こして使用出来ない人間ですから、w

情報を見る限り、ダイナミック型ドライバーが相当凝った作りになっており興味深いのですが、ボリュームを落として聴かないといけませんから、正当な評価が出来るかどうか、ですね。

オーテクの最高峰、ATH-IEX1
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/20204/2069/


こちらのイヤホンも聴きましたが、最大入力3mWでしたので、当然のごとく音割れしてしまいました。
しかし、感度(出力音圧レベル)が102dBと高感度でしたので、割と音量は取ることが出来ましたけれど。

たくさんの紹介記事があり、ドーヴェンウルフさんが良い音だと言うのであれば聴いてみたいですけども、

<今閃いた話なので穴などあるかもですが、どうかご検討の程よろしくお願いいたします。

こちらに関して、私が考えていた方法は、非常に幼稚な方法ですが、今、この縁側のお気に入り登録件数を見たら、12件、
あら〜いつの間に、w
記録に残ってしまうので、ちょっと使えないかなあ、私の稚拙な考えの方法は、w
何か良い方法はないですかね、w

この価格コムの書き込みを管理しているAIは非常に優秀で、芸能人でない名前を書いてしまうと削除されてしまうんですね、w
また、文脈の流れも把握出来るようで、車のメーカー、スズキはOKでも、話の流れから、苗字を書いてしまうとこれも削除されてしまうんですよね、

ちょっと考えさえてください、
何かしら方法があると思うので、

2020/9/19 07:29  [2265-4051]   


楽しい音楽を語ろうの掲示板に
楽しい音楽を語ろうの掲示板に新規書き込み

ページの先頭へ