縁側 > 家電 > AV・情報家電 > イヤホン・ヘッドホン > 楽しい音楽を語ろう
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

好きな音楽ならジャンルは問いません。楽しい音楽について語り合いましょう(^^)

また、イヤホン、ヘッドホンについてのお話もお気軽にどうぞ♪

  • 楽しい音楽を語ろうの掲示板
  • 楽しい音楽を語ろうの伝言板
  • 楽しい音楽を語ろうの投稿画像
楽しい音楽を語ろうの掲示板に
楽しい音楽を語ろうの掲示板に新規書き込み

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


2020年も張り切って行きましょう!!

IER-Z1Rは質屋に入れないよう気を付けましょう、w
(結構な大金を貸してくれますね、w)

2020/5/31 21:45  [2265-3399]   

メンバー皆様方へ

昨日は各掲示板が100スレ到達で書き込み出来ない状態になり、ご迷惑をお掛けしまして申し訳ございません。

モデムがおかしいのか、PCがおかしいのか、一時的に通信が出来なくなりまして。

OSを再インストール致しまして、縁側を開いたら、2つの掲示板がすでに埋まっている状態でした。

大変失礼致しましたm(_ _)m。

2020/6/2 01:05  [2265-3448]   

私的コラム: Shureの新シリーズAONICは素晴らしい出来栄え

昨日、久方ぶりに試聴に行く事が出来まして、
発売直後から気になっていた新シリーズAONICを聴く事がようやく出来ました。

AONIC5に関してはSE535とドライバー構成が全く同じなのですが、音がかなり違います。
BAドライバーが一新されたのでしょうか?
それともリチューニングしただけなのか、わかりませんが、SE535とは違う音です。


私が1番関心があったのは、Shure初となるハイブリッド型のAONIC4でした。
1DD+1BA構成のハイブリッド機は現在では珍しくもなんともありません。

ですがSEシリーズのフラグシップモデルのSE846が発売されてから数年後のインタビューで開発陣とエンジニアはこうインタビューされました。

「Shureとしては今後ハイブリッド型イヤホンを開発する、予定はあるのですか?」
それに対してエンジニアはこう答えてました。

「もちろん、我々もマルチBAに拘ってる訳では無いから様々な形態のイヤホンを現在も開発はしているよ。ハイブリッド型のイヤホンに対しての優位性があるのだったらもちろん作るだろうね。だけど自分たちが納得出来ない状態で製品化する予定は無いね。ダイナックドライバーを採用したハイブリッド型イヤホンはかなりの時間がかかるかもしれないし、出ない可能性だってあるよ」

なんとなく積極的にハイブリッド型イヤホンを開発しているような感じの返事では無かった印象でした。

ミドルクラスのポジションに位置するモデルですから、実験的要素があるイヤホンだと思っていたのです。

ところが実際のイヤホンの音を聴いて驚きました。
決してインパクトのある音を鳴らすイヤホンではありません。

ダイナミック型ドライバーとBA型ドライバーの実に自然な音作り。
クロスオーバー処理は完璧に近い、素晴らしい出来栄え。

低音を担当するダイナミックドライバー構成のごく普通のハイブリッド型イヤホンなんですが、ここのバランスが実に絶妙なのです。

1DD+1BA構成のハイブリッド型イヤホンとしては出色の出来ではないでしょうか。

表現力豊かなBA型ドライバーの中高域と、主張し過ぎないダイナミックドライバーの低音。

音はリスニングよりでありながらも、インイヤーモニターとしてもきっちり仕事が出来る。
こんなイヤホンは今までに聴いた事がありません。
まさにShure渾身の一撃と呼ぶのにふさわしい仕上がりになっております!!

2020/6/4 05:12  [2265-3505]   

今日の出来事、以前の日記みたいな感じです。

6月7日

アーモンドアイ負けた〜。

ルドルフの呪縛、本当にありましたね〜、w

99%勝てると思っていたから、

直線で抜け出せないところがあったけど、最後の追い込みを見る限り、もう限界かもしれない。

秋のG1戦線もなんか危うくなってきましたね、アーモンドアイ。

おお、ここは競馬を語る掲示板ではないの〜、w

2020/6/7 18:51  [2265-3561]   

私的コラム: AONIC5とSE535とSE846、購入するならどれが良い?

Shure初のハイブリッド型イヤホンであるAONIC4の出来が素晴らしい事は前回のコラムで書きましたけど。

今回は上位モデルのAONIC5について書きたいと思います。

ここ最近、個人的にレビュー投稿、クチコミの投稿も控えている状況です。
AONIC4の出来が素晴らしかったので、クチコミにでも書こうと思ったのですが、やめときました。
以前の様な情熱は今の私にはありません、
積極的に特定のイヤホンをお勧めする様な投稿は思うところあって当分の間はしないと思います。

質問があった場合のみアドバイスはするかもしれませんが、

AONIC4と同時に聴いたAONIC5ですが、こちらはSE535のリチューニングモデルとなります。
ですが、当面の間、SE535、SE535LTDも継続して販売される様でして、どうやら方向性が違うみたいですね。

AONIC5はSE535の上位モデルSE846の交換ノズルを採用して、サウンドバランスの変更が出来る様になっています。

私が聴いたAONIC5がどのノズルを使用していたのかはわかりませんけど、おそらくバランスノズルでしょう。
バランスノズルだとSE535、ブライトノズルだとSE535LTDみたいな鳴り方をする様な記事を見かけますが、個人的にはかなり違う鳴り方をするイヤホンだと感じましたね。

BAドライバーの構成は全く一緒ですから、BAドライバーを新しくしたか、クロスオーバー処理のネットワーク回路をチューニングし直したか、どちらかでしょう。
それほど、鳴らす音は違います。

AONIC5ではSE846と同じくらいのサイズのハウジングを採用してます、AONIC4よりは大きいのです。
ノズルインサートを採用するためにハウジングを大きくしたのか、別の理由なのかわかりませんけども。

ちょっと残念だったのはリモコン付きのケーブルになってしまってる事。
この時点でAONIC5がインイヤーモニターではなくリスニング用途に開発されたイヤホンである事がわかります。

そしてSE846と同じ交換ノズルを採用してますが、SE846が金属製ノズルだったのに対しAONIC5はSE535同様、折れやすいプラスチックノズルを採用してます。

AONIC5が発売されても現在のところSE535シリーズの値崩れはありません。
使用目的が違うので、おそらくこの先もSE535シリーズが劇的に安くなる事はないと思います。

という事で、SE535LTDとAONIC5とではどちらを購入して良いか迷う事は比較的少ないとは思います。

問題はAONIC5とSE846だと思います。

AONIC5が約6万円、SE846が9万円強です。
SE846にはBluetoothケーブルが付属されているパッケージと、オリジナルクリアケーブルが2本付属されたパッケージがあります。

Bluetoothケーブルが付属されたパッケージは価格差を考えると非常にお買い得感がありますね。
AONIC5に純正Bluetoothケーブルを購入すれば、約8万円となりますので、イヤホン本体の性能を考慮するならば、AONIC5を購入する意味がほぼありません。

ではオリジナルクリアケーブルが付属されたSE846のパッケージと比較するとどうでしょう。
こちらはプロユースの方々から再発してくれとの声をメーカーサイドが受け取り、再発されたパッケージであり、他社製リケーブル選びに大変難儀する、優秀なケーブルが付属されています。

価格差は3万円強ありますが、より良い音で聴きたいのであれば文句なくSE846をお勧めする他ありません。

AONIC5の存在定義は?

私個人としては、このモデルは必要無かったのではないか?と感じてしまうのです。

2020/6/9 00:31  [2265-3579]   

ナガオカP908について。

現在クチコミにおいて、ナガオカの関係者、もしくは対価をもらって書き込みしているユーザーがいますが、

これに1番最初に引っかかってしまったのが私です。

クチコミにたくさん投稿し、イヤホンも実際に購入してレビューまで書き上げました。

初期ロットのイヤホンは実際高音質なイヤホンでした。

現在では製造時期により、イヤホンのクオリティーが全然違うみたいですので、購入しない方が無難でしょう。

ナガオカP908以外にもメーカーサイドの関係者によって、大量のレビューが投稿され、満足度一位になってしまったヘッドホンがあります。

こちらも初期ロットに関しては音は良かったのですが、現在はどうなっているかわかりません。

Amazonみたいにやらせレビューが投稿されている製品はこれ以外にもたくさんあるのです。

ちょっと怪しいと思ったら、レビュー投稿者のプロフィールを見ると良いと思います。

大概は該当製品一件しかレビュー投稿がなく、アイコンは若い女性のものを使用しています。
そして、個人情報は一切書き込まれておりません。

このような投稿者のレビューが多数ある製品はちょっと注意した方が良いかもしれません。

2020/6/12 01:47  [2265-3597]   

修理に出していたintime SORA Ti3が新品交換されて戻ってきました。

どうして修理に出していたかというと、ケーブル硬化現象が起きていたからです。

試聴機として置いてあるTi3と比べてみても明らかにイヤホン側のケーブルが硬くなっていました。

イヤホンは10数本、取っ替え引っ替えして聴いていたので、特別Ti3ばかり使用していた訳でもありません。

ケーブルの被膜素材がノーマルSORAとは違うのでしょう。

とにかくこのケーブル硬化現象が現状より悪くなってしまっては、最悪の場合ケーブル断線の心配もあるほどでしたので、購入店舗に連絡し修理に出したのであります。

修理が完了したとの電話が入ったのは一週間近く前になりますが、なかなか受け取りに行く時間がなく、

今日は全国的に天気が良く無いらしいので、昨日の夕方近くに受け取りに行ってきました。

修理説明を聞くとなんと新品交換とのことでした。
ケーブル着脱式のイヤホンではないとはいえ、まさか全く新しくなって戻ってくるとは思ってませんでした。

帰宅して開けてみると、イヤホンだけが新しく、箱などは元のままでした。

まずはちゃんと音が鳴るか確認しないといけません。

聴き慣れた楽曲を再生すると、修理に出してあったTi3よりも明らかに音が良い!!

これは、新品になったからそう聴こえた、とかいうレベルではなく、高域の抜けが段違いに良いのです。

エージングが済んでいない箱出し状態だから?
イヤホン自体の個体差の問題?
これはどちらが影響しているのか判別はつきませんが、驚愕の高音質イヤホンTi3がさらに高音質化して戻ってきたのは間違いのないところです。

私が所有している最高額のイヤホン、IER-Z1Rと比較してみましたが、戻ってきたTi3の方が音が良いです。
こう書くと語弊があると思いますので、より好みの音ですね。

IER-Z1RとSE846とTi3の音の比較はそれまでも何度もやっていたのですが、残念ながらTi3は一歩及ばず、という評価でしたから、
それでも各イヤホンの価格を考慮すると驚くべきポテンシャルです、Ti3の実力は。
それが、戻ってきたTi3を聴く限りでは遂にIER-Z1Rをも超えてしまっているのです。
IER-Z1Rのイヤーピースをあれこれと替えてみましたが、結果が覆る事はありませんでした。
当たりのTi3を引いたのでしょうか?

イヤホン、ヘッドホンの個体差の違いについては、SR9で信じられないような体験をしているので、ダイナミック型ドライバーだろうが、BA型ドライバーだろうが確実にありますよ。

全く同じ音を鳴らす製品を制作する事は事実上不可能です。
特にイヤホン、ヘッドホンの場合はドライバー自体の製造の段階で同じ周波数特性のものが製造出来ない事はあるメーカーを通して確認済みの事でもあるので。

ともかくintime SORA Ti3がよりパワーアップして返ってきた事はちょっと嬉しい出来事でありました。

同じく修理に出して、片側のドライバーだけ交換されてしまったSE846は左右のマッチングが微妙におかしくなり、聴くたびに違和感を感じるのは、これも個体差の影響でしょうが納得がいかない対応でありますが。
保証期間が切れてしまっていますが、もう一度点検に出してみようかと思案中でありますね。

2020/6/19 04:57  [2265-3642]   

う〜む、w カッコいい、w

AZLAのイヤーピース、新製品、6月26日発売。

今までこんなカッコいいイヤーピースがあっただろうか?
即刻購入であります、w

見た目から入るのも大事なのです、w

https://www.aiuto-jp.co.jp/information/e
ntry_995.php


ちょっとこれは画期的なイヤーピースとなりそうですね(^^♪

シリコンでは得られない良好な装着感が期待出来そうです。

有線イヤホンよりもTWSイヤホンとの相性がとても良さそうです。

フォームタイプよりも耐久性が高そうですし。

サイズも6種類と細かく刻んであるのも良いですよね。

シリコンでも無い、フォームタイプでも無い、新しい素材を使用したこの新製品、明後日には届く予定です。

とりあえず手持ちのイヤホン全てに装着して聴いてみよう(^^)

2020/6/24 23:36  [2265-3671]   

パッケージはこんな感じ 逆さまについてます。 IER-Z1Rで使用 SORA Ti3で使用

AZLA Sedona Earfit XELASTECについて


添付画像がホコリだらけですが、一度使用した後ですのでご了承下さい。
イヤーピースの材質がとてもゴミ、ホコリがつきやすいのです。

手持ちのイヤホンに全部試してみようと思いましたが、使用出来るイヤホンがTi3とIER-Z1Rしかなく、

しかもこのイヤーピース完全ワイヤレスイヤホン専用となっていますがな、w
(完全ワイヤレスイヤホン専用なんてどこにも書いてなかったような、w)

普通の有線イヤホンに使用出来ないこともないのですが、こういう仕様だったら購入しなかったぞ、w

装着感と音質面でのコメントをしておきますか。

音質向上の目的での購入はお勧め出来ないイヤーピースです。
音がとても悪くなる、といったことにはなりませんが良くなることもありません。
付属純正イヤーピースで満足出来ない方は他のイヤーピースを購入対象にした方が良いでしょうね。

シリコン系では音質向上に期待できるイヤーピースは他にもいくらでもありますので。


装着感について、

すこぶる良いですね、このイヤーピースは。
TWSイヤホンにとっては救世主的なイヤーピースの登場でしょう、決して誇張した言い方ではなく本当に。

コンプライでは耐久性と音質の弊害がありましたが、この新しいイヤーピースはそういった影響がありません。

使用されている素材が非常に吸着性の高いものなので、ゴミがつきやすいのが唯一の難点ですが。

シリコン系イヤーピースではどれも合わない、という方には是非使用して頂きたい。
TWSイヤホンがしっかりと固定されるのが実感できるはずです。

価格が高いのがネックではありますが、サイズに非常に敏感に反応するので、3セット入りのものがお勧めです、最初の購入時には。

コンプライみたいに高域が衰退するとかは全くないので、音質に妥協することなく安定した装着感が得られますよ。

ゴミ、ほこりが非常に付きやすいので、装着する前に耳をウェットティッシュなどで綺麗にしてから使用した方が良いですね。

ともかくこれは、画期的なイヤーピースです。

これほどまでに装着感が良く、音質面での影響が少ないイヤーピースは他にはありません。

完全ワイヤレスイヤホン専用となってますが、有線イヤホンにも使用出来ますので、これまでいまいち装着感が安定してなかったユーザーにもお勧め出来ますね。

TWSイヤホン専用設計ですので、ステムの長い有線イヤホンの使用には適してませんのでご注意を。

完全ワイヤレスイヤホンを多数所有されている方には必須のイヤーピースだと言い切れるほどの逸品ですよ。

2020/6/28 17:36  [2265-3684]   

なんでも語ろうコラム: 便利な図書館、融通の利かない図書館

私は良く図書館を利用してます。

ポピュラー音楽派の方には少々もの足りないかも知れませんが、私は主にクラシック音楽を聴きますので、かなりのタイトルを揃える事が可能なんです。

私の住んでるところには十館ほどの図書館がありまして、予約すると、全ての図書館から在庫を調べて一番近くの図書館まで用意してくれるので結構便利なんですよね。

枚数制限はありますが、料金は無料ですし、借りられる期間も二週間と長いので。

一度だけ図書館でのCDの貸し出しでトラブった事があります。

返却したCDが割れているというのです。

仮にもレンタル店に10年以上いましたから、CDの取り扱いには慣れている私です。
CDをケースから外す時に力の加減で割ってしまう事などあり得ません。

それでも確認したら、割れているというのですから、仕方無いですよね。
その確認した時に割ってしまったのでは無いかと思ったのですが、そういう嘘をつく人が図書館に居るはずもないと思い、w

まあ、かなりの枚数を借りているので、弁償する事に合意しました。

ところがです、これがなかなかに厄介な事になっているのですね、w
他の地域ではどういう扱いになるのかはわかりませんが、同じCDを用意してもってこい、っていう訳です。

いや、そのCDの金額を支払いますよ、と言ってもダメなんですね。
お金を受け取る事は出来ません、っていう訳ですよ。

これと同じCDを買ってきて、持ってきてくれっていう訳です。

クラシックのCDなんて、廃盤、再発、廃盤の繰り返しになる事が非常に多いので、全く同じCDを用意する事が出来ない場合があるんですよね。

こういった事を説明しても理解出来る職員が誰も居ない訳なんです。
こりゃ、困りましたね、w

私の方で同じCDを用意する事は出来ないので、上層部の方に話を通してもらえます?と言ってもダメなんです。

取り敢えず、頑張って探して用意して下さい、それ以外の方法では受け取れません、って言うじゃありませんか。
どんだけ頭固いねん、w

こっちは割ってもないCDを弁償してやるって言ってる訳ですから、だんだんブチ切れてきました、w

やっぱり私は割ってないです、ちゃんと聴けましたから、
180度方向転換ですよ、w

いや、さっき貴方が割ったと認めたじゃないですか?

いやいや、こんなに揉めた事、レンタル店に10年以上居ても経験がないぞな、w

しかし頭の固い連中しかおらんがな、どうすればいいちゅうねんな、w

その日は一旦帰りました、3時間も話し合っても解決の糸口さえ見えないので、

電話で他の図書館にも聞きましたが答えは同じ、現金は受け取る事が出来ないので同じCDを.......

だからそのCDはもうすでに廃盤になってるちゅうねん!、w

いや〜、こんな面倒くさい事になるとは想像を絶してましたね、w

クラシックのCDのカタログを見せて、説明しましたが、理解出来る人が誰も居ない。

業務用CD研磨機の話をしたら、余計ややこしくなりました、w
中古で同じCDを探してきて、CD研磨機にかけて新品同様にすればいいです、言うじゃありませんか、w

今は業務用CD研磨機が使える環境におらんのじゃ、うかつに余計な話はするもんじゃないですね、w

結局一週間ほど揉めましたね、
仕方がないので、同じ音源のCDを勝手に買ってきて、スタッフに渡して、壊したCDとレーベル面は違うけど全く同じ音源が入っているから、このCDに対して文句を言う人が居たら電話で連絡してくれれば対応しますので、って事で話は着きましたが。

便利な図書館ではありますが、非常に揉める事にもなりますので、CDの取り扱いには十分注意をした方が良いです。


2020/6/30 01:49  [2265-3712]   

なんでも語ろうコラム: IER-Z1Rにカスタムイヤーピースはやめた方がいい。

IER-Z1R用にカスタムイヤーピースが製作出来るサービスがありますが、これはやめた方がいいですね。

カスタムイヤーピースはあくまでカスタムIEM用と考えた方が無難です。

現在ユニバーサルモデルにも使用出来るカスタムイヤーピースのサービスがありますが、メインドライバーがダイナミック型ドライバーであればやめた方が無難だと思います。

カスタムIEMというのはもともとミュージシャンがステージ上で使用するためのイヤホンです。

その為、音場は意図的に狭くしてある事多く、カスタムイヤーピースにより狭い音場はますます狭くなります。

遮音性が高いトリプルフランジイヤーピースは、モニター系イヤホン以外では使用される事が無い事を考えるとこういった事は容易に想像がつくでしょう。

IER-Z1Rの最大の魅力は低音域にあります。
開口部の狭いイヤーピースを使用しては、IER-Z1Rの最大の魅力的な部分を殺す事になってしまうのです。

結構なハイエンドクラスのイヤホンを試聴してきましたが、低音域の素晴らしさは群を抜いています。

普通のハイブリッド型のイヤホンと違って、IER-Z1Rの場合、BA型ドライバーの苦手な低音を担当させるという意味合いでダイナミック型ドライバーを使用してません。

むしろダイナミック型一発機のイヤホンにBA型ドライバーを追加させたようなちょっと珍しい構成の元に製作されているのです。

搭載されているダイナミックドライバーは可聴周波数帯域のほとんどをカバーしています。
こういったハイブリッド型イヤホンは世界中探しても存在しないのです。

IER-Z1Rの武器はこの大口径のダイナミックドライバーにあると言っても過言ではありません。

ダイナミックドライバーを使用しているイヤホンで細いステムを採用しているイヤホンはほんの数機種しか存在しないのです。
(ShureのSE215とエティモのイヤホンだけだと思います、私の知っている限りでは)

どのイヤーピースも装着感が安定しないのなら仕方ありませんが、それならばいっその事別のハイエンドイヤホンを購入した方が良いように思いますね。

IER-Z1Rは素晴らしいハウジングの設計の恩恵で、どんなイヤーピースを使用しても安定した装着感が得られ安い非常に珍しいイヤホンです。

この恩恵を利用して様々なイヤーピースを試してサウンドバランスの変化を楽しむ事にこのイヤホンの醍醐味があると思っていますね。

2020/7/1 06:17  [2265-3725]   

またコロナ、コロナですね。

東京は3日連続の3桁超えの感染者。

この数字を見ても都も国も全く動かない、都知事選をやってる場合じゃないと思うのですがね。

好きな音楽聴いていた方が良いと思いますね。誰に投票しても同じでしょう。

緊急事態宣言は発令しなくても、特定の業種には保証金をきちんと払って営業自粛を協力して貰わないと駄目でしょう。
どこが危険かある程度わかっているわけですからね。

こんな状態でイベント開催なんてしていたら、8月には大変な状態になっている事くらい素人の私にもわかります。

打つ手はたくさんあるのに、何もしない。
必ず後でしっぺ返しがきますよ、東京は終わってますね、
近隣の県が可愛そうな気さえしますね、(千葉県、埼玉県、神奈川県)

こんな状況でオリンピック開催を本気で今年中に目指していたのかと思うとちょっと怖いですよね。

来年の開催さえ不可能でしょうね、これでは。

オリンピック開催地に名乗りを上げて、グレーな手段で獲得してしまった。
そのツケが回ってきてるんでしょうね、来年はもっと酷い状況になるでしょうね、日本は。

今のうちに好きな事をしておいた方が良いような気がしますね。(法に触れない範囲で、ですよ)
貯金なんかしても無駄な感じがします、なんとなくですが。

イヤホン、ヘッドホンも憧れのモデルを入手して、楽しんだ方が良いのでは?と思います。(責任は取れませんので、自己判断でお願いします、w)

私が飼っていた猫もなんて言うか、突然死みたいな感じでしたので、
体が弱っている兆候は知ってはいましたが、あまりにも早過ぎましたので。
なので、後々後悔が残らないような生き方した方が良いと思うんですよね。

まあこの掲示板は楽しい音楽を語るのがメインですから、これ以上政治的な事は書きませんけども。

楽しい音楽を聴くのに、憧れのイヤホン、ヘッドホンがあるならば、是非入手して聴いた方が世界が変わりますよ。

ピュアオーディオの世界はおそらく1億あっても足りないと思いますが、ポータブルオーディオでは10万円あったら世界が変わってしまいからね。←これマジですよ、w

ハイエンドイヤホンとハイエンドDAPでも50万円あったら購入出来てしまいますからね。
こういったところがポータブルオーディオの魅力的な部分でしょう。
イヤホンでも最高額が60万円を超えるイヤホンはありませんし、どの機材にしてもある程度上限が見えますからね。その上限額は決して夢ではなく現実的な価格が多いですからね。

私自身は高額な機材よりも、ソフトの方、音楽の方が大事な部分だとは思ってはいますけでも。
それでも、憧れのイヤホン、ヘッドホンで聴く音楽は凄く魅力的ですから。
そういった経験を一度はして欲しいとは思いますね。
価格じゃないですよ、憧れのイヤホンって言うのは、
1〜2万円クラスでも素晴らしいと思える音を鳴らすイヤホンは存在しましのでね、そこは勘違いしないようにして下さいね。
10万円超えのイヤホンも今ではすっかり珍しく無くなってしまいましたが、要は自身が満足出来れば良いだけですから、是非とも自身の好みにあったイヤホンを探して欲しいと思いますね、←これが一番難しいです、w

憧れの機材で好きな音楽を聴いて欲しいとは思いますね。
私の縁側のメンバーの方々も音楽をより楽しく聴くためのイヤホン、ヘッドホン選びをしてますからね。
音楽ありき、なんですよね。
イヤホン、ヘッドホンに合った楽曲を探している方々も時折見かけますけども。
やはり、自分の好みに合った、イヤホンで聴くと世界が変わるようですね。
結構なやり取りをしてますが、そう感じる部分が多いですからね。
なので、これだけは自信を持って言えるんですよね、価格で決して妥協しない方が良い、と。
値段で妥協して中途半端なモデルを購入すると、後々、上位のモデルが絶対に欲しくなります、または気になったりしますので、そのあたりだけは気をつけて欲しいとは思いますね。

2020/7/5 05:58  [2265-3737]   

お待たせ致しました、ようやくまともに書き込めるようになりました。

ただ、睡眠のリズムが乱れておりますので、返信のペースは徐々に、という感じです。

天気が悪い日が続いており、なかなかキーボードを買いに行けなかったのです。

ご心配をして下さったメンバーの方々、ありがとうございます(^^)

今日はもうこんな時間ですので、一旦ゆっくり寝て、明日から又頑張ろうと思いますので、よろしくお願いします。

2020/7/23 03:33  [2265-3784]   

メンバーの皆様型へ、

PCの状態は改善されたものの、現在金銭面で逼迫しており、自分に出来る事があればそちらを優先してなんとかしないと回線が止まりそうです。

ですので、今週は書き込める時間が作れるかわからないのです。

連絡が入れば、私は出掛けなければなりません。

きちんとした返信をしたいと考えておりますので、もう少々お待ち頂けると嬉しいです。

検査を受けましたが、私自身は感染してないようです。

心身ともに元気ではありますので、皆様もどうぞ気をつけて行動して下さいね。

これからもよろしくお願い致します。<(_ _)>

2020/7/24 06:24  [2265-3791]   

復活!

いや〜三度IER-Z1Rを質屋に入れてしまいました、w
(だってかなりのお金を貸してくれるんですもの、w)
(さすがはSONYのフラグシップイヤホンだあ、w)

今日、無事に戻ってまいりました(^^)

う〜む、良いですなあIER-Z1R。
これとSE846とSORA Ti3があれば他のイヤホンいらねえや、
ライブ音源は最高なり!!

およそ一週間の放置でしたか、管理人失格ですなあ(^_^;)

しかしですね、キーボードに反応しないキーがあったのですよ、それも母音ですからね、
これじゃ、書き込みたくても書けませんって、w

近くにMacが置いてある家電量販店があったので、持ち込んで試してみるとちゃんと反応するじゃないのさ、w

どういう事〜、w

まあ、なんとか治ったんでこうやって書き込み出来るようになりましたけども、以前としてマウスの調子は悪いままだしね、w

IER-Z1Rを質屋に入れて、勝負しましたよ。
回線が止まりそうなくらい金銭面が逼迫していたのでこれは仕方がありませぬ、w
2日でサラリーマン1ヶ月分の給料稼がせて頂きました、w
(そういう方面の技術屋ですから、本来は、w)
金が出来るとすぐに遊びたがる癖が出るんですが必死に抑えましたよ、今回ばかりは、う〜む素晴らしい、w

暫くは大人しくしてましょうかね。
イヤホン、ヘッドホンの試聴記はこっちに書きます、暫くは。
クチコミには書き込みません。

という事で今後ともどうぞよろしくお願いします(^^)

2020/7/31 21:19  [2265-3819]   

なんでも語ろうコラム: どうしたWestone UM-PRO50?

耳へのフィッティングが良いので寝ホンには良いイヤホンです。

Westoneの傑作イヤホンである本機ですが、久しぶりに聴いてみたらどうも良く無い、w

思いっきりBAドライバー臭がする音じゃないの、これ、w

以前愛用していた時には全然気にならなかったのに。

これが6万円のイヤホンの音か?

これ、多分慣れの問題ですね。

BAドライバーのイヤホンばかり聴いていれば自然と慣れてしまうんですよ。

最近はFD02、Ti3、IER-Z1R、それとヘッドホンでばかり聴いていたので、ダイナミックドライバーの音に耳が慣れてしまっているんだと思うんです。

という事で同じマルチBAのイヤホンSE846を聴いてみたんですがこちらは相変わらず素晴らしいでないの、w

これは私がSE846信者だからではありませんね。
しっかり客観的に聴いていますもの。(自信あり、w)

やはりマルチBA型の金字塔ですよ、SE846。

ShureからもAONICシリーズが新しく発売されて売れ行きも良いですが、購入するならSE846一点だと思った方が良いです。
(末長く使用していこうとお考えの方には、ですよ)

発売から随分と時間は経っていますが、未だ値崩れをしないのはそういうことでしょう。
未だにこの価格帯のマルチBA型では敵なしってことの証明ですよ。

SE535のリニューアルとしてAONIC5が出ましたが、SE846のリニューアルモデルだけ出ないのは、このイヤホンを凌駕するクオリティの製品を作れないからだと思います。

良い音を鳴らすイヤホンはたくさんありますが、5年以上第一線でいられるイヤホンは非常に数が少ないです。

新製品が出たからと言って高評価のレビューを鵜呑みにしての無試聴購入ほど怖いものはありません。
どうぞ、お気をつけて下さい。

2020/8/4 07:26  [2265-3842]   

なんでも語ろうコラム: セブンイレブンのそうめんが旨い!

今年の夏は非常に暑いですね。

こんなに暑いと食欲もなくなるものですが。

食欲の無い時にはそうめんですね(^^)

一番良いのは、自分で茹でて作る事だとは思いますけど。

今年、発売された、セブンイレブンのそうめんは素晴らしく旨いです!

自分で茹でて作るより旨いかも、w

「5種の重ねだし!手延べそうめん」

https://www.sej.co.jp/products/a/item/09
2754/kanto/


これはお勧めです(^○^)

2020/8/9 00:17  [2265-3900]   

アルバム名が曲名になっています、w 4つの曲しか入っておりません、w

なんでも語ろうコラム: エルヴィスのCDを集めるのは大変、w CD界のトライアスロン!

メンバーの方とやり取りしている掲示板の中で、エルヴィスのCDを500枚ほど所有している、と書いていますが、w

一人のアーティストで500枚、異常とも思える数字ですが、エルヴィスのレコード、CD収集している人ではまだまだ少ない方で2000枚以上所有されている方はザラに居るのです。

添付画像を見て頂ければ分かると思いますが、このアルバムはアウトテイク集でたった4曲しか収録されておりません。

こういった趣向のアルバムがたくさんあるわけで、買っても買ってもキリが無い、という有り様なんですね。

70年代に入ると、今度は途方もないライブ演奏のCDが待ち受けています。
おそらく全てのライブコンサートが録音されておりますので、殺人的スケジュールであったこの70年代のライブ音源だけで500枚は軽く越えるはずです。

これらは主に海賊盤ですが、正規発売のCDもちょっと酷いものがあり、頭を悩ませるのです。

例えば企画もののベスト盤、曲目を見るとほとんど全ての楽曲は持っています。
ところがその中にたった一曲だけ、未発表音源があったりするわけです。
そのCDを購入する以外に入手方法が無いので、仕方なく購入してしまうわけです。
こういったCDが正規発売のものでも大変多いのです。

70年代のオリジナルCDは比較的良心的なのですが、エルヴィスの死後発売されたCDは非常に頭を抱えるCDが多いのです。
例えば、アンダブドバージョンのCDとか。
これはオーバーダビングされたコーラスとか、オーケストラの音を排除したもので、よりエルヴィスの生々しい声が聴こえる、といった企画のものです。

それとは逆に、バッキングトラックを現代風なものに差し替えた曲だけで作られたCDや、更なるコーラスやオーケストラの音をオーバーダビングして制作されるCDもある状態なので、結局何が目的なのかわからん、という事になるのですね、w

私がエルヴィスのCDを収集していた’90年代は、月平均3〜4枚のアルバムがリリースされていたので、並の新人アーティストが束になっても敵わない状態だったのです。
(正規盤、海賊盤合わせた枚数です。)

全く発売され無い月も勿論ありましたけれど、平均すると、上記の枚数になってしまわけです。

本国アメリカだけでなく、ヨーロッパ各地、日本独自企画のCDなど、それはもう盛り沢山の贅沢さで、こりゃたまらん、というファン泣かせのものでした、w

私は元々クラシック音楽を主に聴いていたのですが、買っても買ってもキリが無い、途方に暮れるエルヴィスのCD発売が原因でCD収集をやめてしまいました。

以前、ハマったら危険なアーティスト、として、ビートルズ、レッドツェッペリン、エルヴィス、の三大アーティストの名前をあげましたが、元々のオリジナルアルバムの数も段違いに多いエルヴィスは最も過酷なアーティストとしてずば抜けた存在なのです、w

海賊盤は音も悪いのが当然で、しかもそれに反比例して価格は高い、

それに比べると現在のクラシックのCDの価格は途方も無く安いものが非常に多いですね、w
特に枚数の多い、BOXセットは激安で、一枚当たりに換算すると300〜500円程度になってしまうものさえありますので大変お買い得と言って良いでしょう(^^)

全曲コンプリートするのが最も過酷なアーティストがエルヴィスであるという事実は間違い無いところで、果たしてこれはどうにかならないものか?と考えております、w

2020/8/12 05:08  [2265-3924]   

ご報告:

メンバーの皆様方へ。

最近、私の書き込みが激減しておりますが、原因はPCの不調であり、健康状態は何ら問題がありません。

マウス、キーボードが接続不良の状態にあり、アプリケーションを起動する事さえもままならぬ状態となっております。

メールアプリも正常に動かず、突然シャットダウンしてしまうことも頻繁に起こるようになってしまいました。

iPhoneにも通知メールが届くようになっているので、こちらで、皆様方の書き込みがあったことは知る事が出来るのですが、iPhoneもまた、購入した当初からタッチパネルの異常がありこちらからも書き込む事が不可能となっております。

先日、他社製のマウスを購入してみたものの、純正マウスよりも酷い状態で、勝手に別のアプリのウィンドウが開いたり、文章のコピー&ペーストが出来なかったり、使い物にならないので、返金してもらいました。

有線マウスでも、正常に動作しませんので、ほとほと困り果てている状況なんですね。

以前は知人宅のPCをお借りして書き込んだ事もありましたが、やはり長時間、お邪魔する事も大変なご迷惑となりますので、

私は10数年、Macコンピューターしか使っておらず、Windowsパソコンについては全くの無知識ではございますが、そんな悠長な事も言ってはおられず、知人から、使用してない古いWindows PCをお借りしてきました。

先程、設定、設置が終了しましたので、こうやって書き込んではいますが、何せスキルが全くございませんから、以前にも増して返信するのにお時間がかかってしまう不手際をどうかご了承くださいませ<(_ _)>

「楽しい音楽を語ろう」縁側管理者、tam-tam17701827より

2020/9/1 22:31  [2265-3970]   

 m56059さん  

tam-tamさん
お久しぶりです。
私は元気にやっております〜

winに変えられたのですね。
私、PCデビューはMACでした。
その頃の当時私がいた職場は仕事は全部手書きで、MACはあくまで個人用のおもちゃみたいなもんで
仕事には時々文章をマックライト2というソフトで作ったり、ああ思いだした エクセルとかも
最初はマックでしたね〜 
当時はネットはたしかネットスケープナビゲーター?だったかな?緑色のソフトでしたが
画像とかDLして喜んでいた若き日々がよみがえってきます(笑)。

MACを使用して5年目だったかな 職場が「これから全部PCでwinです」になってしまい
強制的にwinも使わなければならなくなりました。
当時はエ゛〜〜!! と思ってましたが、慣れるもので、右クリックメニューとか
当時のMACには無い便利さと使えるソフトの種類が多くていつのまにか こりゃおもろい!と
なって、遊び用PCが古くなった際にこちらもwinに乗り換えました。

tam-tamさんはPCの内部の事が良くわかってらっしゃるので、
きっとすぐに慣れると思いますよ〜



2020/9/2 20:28  [2265-3978]   

m56059さん

こんにちは〜、返信遅れまして申し訳ありません(^^)

こちらの掲示板に書いてくれて嬉しいなあ、w

ここの常設掲示板はみんな私専用だと思ってしまっているのかなあ?
私は時々、思った事など自由なテーマでここに書いておりますが、この掲示板に直接書き込んでも構わないのでよろしくお願いしま〜す(^^♪


<winに変えられたのですね。

メインPCはMacを使用していく予定ではおりますが、なんせマウス、キーボードがまともに使えませんので縁側での対応ができません、ので一時的なものですね、winは。

<私、PCデビューはMACでした。
<画像とかDLして喜んでいた若き日々がよみがえってきます(笑)。

あら、そうだったのですか、と言いつつも昔ちょこっと聞いた事があるような、無いような、w
私は10歳の頃からアセンブラでプログラミングしていたちょっと変わったガキでしたねえ、w
ファミコンとかも一切やりませんでしたし、外部機器の制御プログラムとか書いて楽しんでいるような子供でしたね(^○^)
なので、コンピューターの基礎的な部分はわかっているんですが、進化するUIにはついていけず、露頭に迷っておりまする、w

<私は元気にやっております〜

本当に元気でしたか、良かったです〜(^^)

なるべくご自身の時間を自由に使ってもらいたいと思い、あえてm56059さんの掲示板には書き込んでいませんでしたが、実はちょっと元気が無いのでは?と心配致しておりましたので、

一昨日、返信をしようとしたところ、インターネットに接続出来ず、こりゃ参ったなあ、と頭を抱えていたら、単にモデムのプラグの爪が折れて抜けてしまっているだけでございました、w
私の頭も一本抜けているようでありまして、古いWindows PCだから、どこをいじってなおせばいいのじゃ〜、と今朝までパニクっておりました(*^▽^*)
まあ、暑いですからね、今年の夏は例年以上に、
いつも以上にマヌケになるのも致し方ないかと思います、w

私も非常に元気でやっておりますよ〜、
(PCは夏バテしておりますが、w)

これからもどうぞよろしくお願いします(^^♪

書き込みありがとうございま〜す♪

2020/9/4 12:05  [2265-3983]   

コラム: Final e2000,e3000について。

最近は4〜5000円で購入出来る、Finalの傑作イヤホン、e2000,e3000を再び聴くようになりました。

こちらのイヤホンに関しては以前、同価格帯でより優れたイヤホンがあるのに、何でいまだに需要があるのだろう?と表の板に書いた記憶があるのですが、何処に書いたのか思い出せません。

よくよく聴いてみると、私が同価格帯で、より優れたイヤホン、というのは、私好みのより刺激的な音を鳴らすイヤホンであり、Final e2000,e3000も全然捨てたもんじゃないんですね。

トータル的なバランス感覚はむしろe2000,e3000の方が優れており、能率が悪いという欠点はあるものの、大音量派である私のような例外を除けば、ある程度満足出来る音量で鳴らしてくれます。

更に上位モデルである、e4000,e5000もあるのですが、個人的にはこちらのイヤホンはお勧め出来かねます。
リケーブル出来るデタッチャブル機構があるので、より優れたイヤホンだと思いがちですが、デタッチャブル機構なんてものは無い方が良いのです。

高級機のイヤホンは殆どリケーブルが出来るようになっているので、イヤホン初心者は誤解しがちですが、断線してもケーブル交換だけで使用できるようにしてあるだけで、本来は余計なものなんです。

AKG K3003しかり、ゼンハイザー IE800しかり、ハイエンドイヤホンでもあえてリケーブル不可にしてあるイヤホンは意外と数があるものです。
音質最優先で設計するとこうなるんですね。

話を戻して、Finalのeシリーズ、個人的には一番安いe2000が最も優れています。
(現在はもっと価格の安い、e1000,e500などもありますけれど)

eシリーズは全て同じドライバーを使用しています。
このeシリーズの為に開発されたドライバーの音を素直に楽しむならばe2000が一番良い出来だと思います。

ただどうした訳か、e2000はクラシックのオーケストラの音源にはちょっと合わないのです。
オーケストラ音楽を聴く場合、e3000の方がしっくりくるんですよね。
そういう意味で、私はe2000とe3000、両方所有している訳なんですが、
と言うのは大嘘で、e2000とe3000、どちらか一本に絞りきれないので両方買ってしまったんですね、w

e3000はe2000よりも能率が悪く、音量が取れません。
これは上位モデルになるほど能率が悪くなる傾向にありますので、e5000が最も鳴らしづらいです。

価格が高くなるほど、反比例して音が悪くなる、という非常に珍しいシリーズのイヤホンであり、購入するにもちょっと注意が必要なイヤホンの代表的なものですね、これは。

こういった事も私一個人の感想でしかなく、非常に誤解を招きやすいことでもあるので、表の方には書きません。

実際に試聴してe5000が最も良い音を鳴らすイヤホンだと思えば、自身の耳を信じて購入すれば良いだけのことですからね。

私個人としてはお金かけていじくり回してチューニングしてある上位モデルより、ドライバーをストレートに鳴らしているe2000の方が気持ちが良い音に聴こえる、それだけの事でしかありませんから。

e2000とe3000、どちらも安いイヤホンですが、出てくる音はだいぶ違います。
安いイヤホンといえど、試聴できる環境であるならば試聴して購入する事をお勧め致します。

2020/9/5 01:20  [2265-3993]   

コラム: 安室奈美恵さんが使用していたカスタムIEM

本題に入る前に「カスタムIEM」とはなんぞや?という人も居るでしょう。

IEMとはインイヤーモニターの略で、ミュージシャンがステージで使用しているイヤホンの事ですね。

良く「イヤモニ」と言っていますから、その呼び方の方がわかりやすかもしれません。

現在、ユニバーサルモデルとして販売している誰でも購入できるイヤホンでも10万円越えの製品も多数あり、20万円越えのイヤホンさえありますし、しかも売れる製品はこの価格でも飛ぶように売れます。

イヤホンのに興味が無い方にとってはたかだかイヤホンに20万円などとんでもない事だと思われるでしょう。

ところが主にプロが使用する前提で製作されているカスタムIEMの価格はその比ではありません。
10〜20万円はミドルクラスと言って良い価格帯であり、30〜40万円越えのイヤホンも多数ありますので。

ユニバーサルモデルは、いくらハイエンドといえど、ある程度多くの人に受け入れられる音を出さなくては、全く商売になりませんから、その中で個性を出していく難しさがありますが、カスタムIEMではそういった配慮を全く考える必要性がありませんから、各メーカーの特色を思い切り出していく事が可能となっております。

なので、自分専用に発注出来るカスタムIEMに興味を持つ人も少なくないんですね。
しかし、やはりコストパフォーマンスが圧倒的に悪いので、私個人としてはよくよく考えてから、という思いがありますね、安易にお勧め出来るジャンルのイヤホンではありません。

さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、本題に入りましょう。

安室奈美恵さんが使用しているカスタムIEM、いわゆるイヤモニはライブ映像などで確認する事が出来ますが、一つのものしか持っておりません。
同じものが何本かあるかもしれませんが、装飾含め、全く同じものを使用しています。

画像でたまにアップで映る事があるので、イヤモニのケーブルの形状である程度メーカーを絞り込む事は可能ですが、決定打となるものが無く、検索をかけても出てこないので、どのメーカーのイヤモニを使用しているのかわからなかったのです。

単にカスタムIEMと言っても、製作するメーカーは、30社近くありますし、画像だけで判別する事は非常に難しいのです。
(カスタムIEMは装飾が自由に出来ますから、非常にゴージャスになっているんですね、安室奈美恵さんのものは。)

個人的には、世界的に有名なメーカーの製品ではなかろうか?と思っておりました。

64AUDIO、EMPIRE EARS、NOBLE AUDIO, JH AUDIO、Ultimate Ears、Vision Ears, Westoneなど

これらのメーカーのイヤホンを片っ端から見てみましたが、該当する製品がありませんでした。

一体何処のメーカーのイヤホンを使用しているのだろう?
非常に気になっていたんですよね、一安室奈美恵ファンとしては、w
「安室奈美恵 イヤモニ」で検索かけても出てこないし。

答えはSensaphonicsというメーカーのイヤホンでした。
このSensaphonicsというメーカーのイヤホンは一番高いものでも、10万円ちょとです。
定番の製品は装飾無しであれば、10万円で購入出来る製品で、安室奈美恵さんもProphonic 2XSというイヤホンを使用していたと思われます。
もちろん、ゴージャスな装飾をすれば、それなりに価格は高くなってしまいますが、音そのものは変わる事がありませんので、安室奈美恵さんが実際にステージで聴いていた音を聴く事ができるんですね。

安室奈美恵さんのファンの方でなければ、全く興味が無いであろう事について長々と書いてしまいました、w

最も私が書くコラムはもともと深い内容がありませんから同じ事ですかね(^○^)

2020/9/8 17:40  [2265-4021]   

コラム: どんどん音が良くなるIER-Z1R (謎ではありますが。)

最近はクラシック音楽ばかり聴いてRockみたいな刺激的な音楽はこのイヤホンでは聴いていなかったのですが、

昨日、本当に久しぶりに安室奈美恵さんの楽曲をIER-Z1Rで聴いてみたらあまりの激変ぶりにちょっとびっくり致しまして、

購入当初はそこそこの不満はあったのですね、20万円のイヤホンでも、

特に高域が少し篭った感じというか、上が詰まった感じと言いましょうか、

カタログスペックでは愛機SE846など軽く凌駕しているイヤホンですが、やはりBA型ドライバーの音が好きなのかなあ、なんて感じておりまして。

所有しているイヤホンの中では最も価格の高いイヤホンですが、個人的にこのイヤホンより、高域側を気持ちよく私好みに鳴らすイヤホンは他にも数本ありましたので。

リケーブルは問題があり、しておりませんが、イヤーピースは色々と試しておりまして、自分なりに納得するものを使用しておりました。

それでも、やはり、価格に見合わない不満は多少ありつつ使用していたんですが、

購入後、聴き始めからエージングによる変化は凄いものがありましたが、昨日聴いた音はまさに「激変」と言った言葉が相応しく、篭ったような高域はまるで突き抜けるかの如く変貌しており、同じイヤホンとは思えないほど、全く素晴らしい音を鳴らすようになっておりました。

クラシック音楽ばかり聴いていたので、EDMのような音楽を久しぶりに聴いたからそう感じたのか、イヤホン自体のエージングによる変化なのか判別し難いですが、こればかりは謎ではあります。

これが万が一イヤホン自体の変化だとすると、購入後、思っていた音を鳴らさないからとすぐに売却しないほうがいいですね。

再生環境は購入後から全く変わっていないので、イヤホン自体変化したか、自分の感じ方が変わったかのどちらかしかないのですが、他のイヤホンを聴く限り、IER-Z1Rが変化したとしか思えないですね。

クラシック音楽ばかり聴いていて、その影響で、私自身が音の感じ方が変わったのなら、他のイヤホンも同様に「激変」していると感じるでしょうからね。

現在は、どんなジャンルの音楽でも素晴らしいポテンシャルを発揮してくれています。
(SE846はクラシック音楽はダメですね、マルチBA型で音場の広がりは期待出来ないですから。)

購入後3ヶ月はかなりの時間鳴らしていましたし、一年半近く経ってからのこれほどまでの音の変貌というのは経験した事がありません。

低域から高域まで、全ての可聴周波数を担当する大口径ダイナミック型ドライバー、ミドルからハイ、主にヴォーカル帯域を担当する、SONYが開発したBA型ドライバー、BA型ドライバーでは鳴らせない超高域を担当するダイナミック型ドライバー。
Rockや、POPsではキモとなるヴォーカル帯域においては全てのドライバーの音が鳴っているという、変則的なクロスオーバー処理をしておりますが、まるでダイナミック型ドライバー一発機のように自然に聴こえる様は凄まじいばかりの神がかり的なイヤホンと言っても決して過言でも大袈裟でもないのです。

ダイナミック型ドライバー、BA型ドライバー共に自社生産、開発出来るメーカーはおそらく世界でSONYだけでしょう。
(韓国のEARNiNEもBA型ドライバーを手掛けているという情報はありますが、自社生産しているのかは不明です、チューニングの要望をだして外注していても独自開発のBA型ドライバーを使用していると書いているメーカーは海外においては多数ありますので。)

現在、私の耳元で鳴っている音がIER-Z1Rの本性だとするならば、ハウジングの出来や、作り込まれた手抜きの無い付属純正アクセサリーを考慮すると20万円という価格でも非常に安いとおもえます。
これほどまでに素晴らしい音を鳴らすイヤホン、ヘッドホンは私は持っていないからです。

2020/9/16 04:49  [2265-4037]   

コラム: 愛用イヤホンの三本柱

前回はIER-Z1Rについて、絶賛するようなコラムを書きましたが、20万円もの大枚を出して購入したのですから、オーナーであるが故の特権だと思って頂ければ幸いです。
(本来は欠点があれば書くべきでしょうが、製品レビューでは無く、ここは私の庭ですから、w)

IER-Z1R以外にも愛用している使用頻度の高いイヤホンは他にも3本ほどあるので、今回はそれらのイヤホンについて書いていきましょう。

1-SE846
2-JVC FD02
3-intime SORA Ti3

この3本が主要イヤホンの三本柱であり、正直IER-Z1Rとの音質差はごく僅かであり、人によってどのイヤホンを取るか非常に割れると思うんですよね。

この中で1-SE846だけがマルチBA型ドライバーのイヤホンであり、音の毛色がダイナミック型ドライバーを使用している他のイヤホンとはかなり違いますね。

付属純正アクセサリーだけで使用しているイヤホンは一本も無く、ケーブル、イヤーピースなど、自分好みの音が鳴るようにカスタマイズしています。

ジャンルによって得意不得意は当然あります、その為の3本なのですから。

IER-Z1RとTi3との価格差は10倍ほどありますが、好みの問題でTi3のが良い音を鳴らすイヤホンだと感じる人が居てもおかしくはありません。

Ti3は低域から高域、全帯域を高解像度で鳴らし切るポテンシャルを持っており、たかだか2万円のイヤホンと侮れない素晴らしい完成度を誇っており、コストパフォーマンスにおいては他社の製品を寄せ付けません。
ただし、イヤーピース選びが非常に難しく、イヤーピースによって、サウンドバランスも装着感も激変します、この辺りがシビアなイヤホンですね。
その点、IER-Z1R、SE846などは耳掛け装着専用設計なので、装着がビシッと決まります、ベストポジションを探す手間もありませんし、非常に安定した装着感が得られますね。
(Ti3も耳掛け装着が出来ますが、専用設計になっていないので、安定感がありません。)

SE846は、ケーブル、イヤーピースとも他社製品を使用しており、このイヤホンが最も私好みにカスタマイズしてあるもので、何人かのイヤホン通の方々にも聴いてもらいましたが、賛同を得られた事は過去に一度もありません。
むしろ、とてもじゃないけど、聴いていられない、とまで酷評されています。
というのも高域が刺さりまくりで、刺激が強過ぎて受け付けないらしいですね。
愛用しているイヤホンの中では唯一ダイナミック型ドライバーを使用していないイヤホンなので、このイヤホンでしか得難い音があるのも魅力の一つですね。
また遮音性に優れたイヤホンとしても名高く、外出時に使用するイヤホンはSE846がメイン機種になっています。

JVC FD02はイヤーピースは自社製のスパイラルドットを使用しておりますが、ケーブルはnobunaga Labsの篝火というイヤホン本体よりも高い製品に替えてあります。
このイヤホンを愛用している8割方は篝火というケーブルによって得られる恩恵が大きいです。
FD02はもともとは非常にソリッド系の音を鳴らす切れ味鋭い音が持ち味のイヤホンなんですが、篝火を使用する事によって、表情豊かな音を鳴らす美音系イヤホンへと豹変します。
特にライブ音源による、豊かな臨場感の再現性は群を抜いて素晴らしく、同価格帯のイヤホンでは敵無し状態です。
ケーブルの抵抗値が高いので、解像度の高さ、レスポンスの良さなどは他のイヤホンには敵いませんが、そういったものが必要な音源は他のイヤホンを使用しますし、その点については私自身も納得して使用しているので、不満はありません。

実際にIER-Z1Rを含めた価格に大きな差があるこの4本のイヤホンをブラインドテストしてみても、マルチBA型のSE846は音色の違いでわかるかもしれませんが、どれが一番高いイヤホンなのか当たらないと思うんですよね。
それほど、どのイヤホンにも他のイヤホンには無い魅力的な部分があり、音質が非常に優れているからです。

今回、安室奈美恵さんのライブアルバム、「LIVE STYLE 2014」で聴いてみましたが、どのイヤホンも素晴らしい音を鳴らしてくれました。
(ちなみにこのライブアルバムは一般的には入手出来ません、販売しておりませんので、w)

私個人の好みでは、篝火にリケーブルしてあるFD02がもっとも素晴らしい音を鳴らしてくれました。
IER-Z1Rも良かったですが、ヴォーカル表現力においては一歩及ばす、と言った感じでしたね。
(あくまで、私個人の独断の感想です、低域の解像度、アタックの切れ、豊かな量感など、IER-Z1Rの方が上ですから。)

ちなみに据え置き型ヘッドホンアンプで聴いておりますので、スマホ直結ではまた評価がガラリと変わりますので。

iPhone直結においてはSE846がもっとも素晴らしい音を鳴らします、ミドルクラスのDAPを凌駕する程です。
(これに関しては、私のSE846のレビュー「反則的使い方教えます」というタイトルで言及しておりますので、興味のある方は探してみてください。)

2020/9/18 05:37  [2265-4045]   

コラム: 恐るべき解像度のイヤホン、newspring、NSE 1000-A

ヤバいイヤホンが出てきましたねえ。

僅か数秒の試聴でここまで衝撃が走ったのは久しぶりですね。

SE846が最も好きなイヤホンだったんですけどね、ちょっと敵わないですね、w

マルチBA型の金字塔のようなイヤホンが圧倒されてしまうのですから、ちょっと尋常ではありません。

newspring、
知らんがな、こんなメーカー、w
何やら、ハイエンドモデルのOEMを供給していたメーカーらしいです。
何処のメーカーのイヤホンを作っていたんでしょう?非常に気になりますね、
大手メーカーのハイエンドモデルのOEMを制作していたメーカーなんて過去にあったかな、
そんな実力派のメーカーが自社製品として開発、発表したのですから、音は本物です。

https://www.phileweb.com/news/d-av/20200
7/09/50705.html


https://www.fujiya-avic.jp/blog/?p=55439


検索かければかなり出てきますね。

まあこういった製品は実際に聴いてみると思いっきり肩透かしを喰らう事が多いのですが、今回は違いましたね。

ダイナミック一発機ではVictorのFW10000が最高峰だと思っていましたが遂にその牙城が崩れさりました。

このイヤホンが放つ超絶的ソリッドの音は聴くだけで快感をもたらします。

EDM(ちょっと古いか、w)とかアニソン、電波系の楽曲をこいつで聴けば、アドレナリンが放出しまよ。

脳汁出まくりです、w

BA型のイヤホンと同等以上の解像度で鳴らしますので、ダイナミック型ドライバーのイヤホンとしてはちょっと普通ではないです。

低域の解像度、ディティール描写が巧みなイヤホンとしてintime SORA Ti3という製品を愛用していましたが、もはやレベルが違いますね、土俵が違います。

低域がここまでキレる音を鳴らすイヤホンを聴いた事がありません、私は。

全帯域、超絶的解像度で鳴らします、ダイナミック一発機のイヤホンとは信じられません。

メーカーもこの辺りを気にしてか、全く同じ価格で、チューニングだけ変えた製品をもう一つ出しています。
NSE1000-B,
ですが、こだわりのある方が手にするようなイヤホンなので、究極のソリッドチューニングのNSE1000-Aの方を素直に聴けべきですね。

ヴォーカル表現は素っ気無いですね。
艶のある色っぽい女性ヴォーカルを聴くようなイヤホンではありません。
そういうのはFW10000の方が得意ですよ、

FW10000はハウジングにもお金をかけていますから、私個人としては、そういったところには目もくれず、音だけで勝負してきた、このメーカーの潔さを取りたいですね。

一発目に出してきたイヤホンとしては、おそらく最高なんじゃないでしょうか。

とにかく、私の中のイヤホンの勢力図を変えてしまったイアホンであり、今一番欲しいイヤホンですね。
(主観的好みが思いっきり反映されておりますが、実際に聴けば衝撃が走ります。)

2020/9/21 06:29  [2265-4070]   

コラム: 恐るべき解像度のイヤホン、newspring、NSE 1000-A その2

早くもアンチレビューが出てきましたね、

https://www.ear-phone-review.com/entry/n
ewspring_NSE1000-A


まあ、表現力豊かなイヤホンでは無いので、これはある意味真っ当な評価でしょうね。

SE846大好きな私が好きな音なのですから。

BA型ドライバーの音をダイナミック型で鳴らしているようなイヤホンですから。

私としてはこういった批判的レビューがあった方が安心出来ますね。

新興メーカーから出たハイエンドイヤホンという事で、無試聴購入してしまうようなユーザーさんも減るでしょうし。

私個人では変わらずこのイヤホンに対しては絶賛の拍手を送りますが。

ともかく、普通のダイナミック型ドライバーのイヤホンの鳴り方では無いですから、音を聴いて拒絶反応を示す方が居て当然だと思っています。

解像度の高さが全てでは無いですからね、イヤホンは。

音楽もそうですが、高度な作曲技法が全てではありません、聴いていて楽しい、これも重要な要素です。

このイヤホン、私からすると、高解像度主義の筆頭みたいな鳴り方なんですよね。

レビューでは聴いていて退屈なイヤホンにこの金額は払えない、と書いてありますが、非常に正論だと思います。

ところが、私はそういったイヤホンが好きな変わり者ですので、主観的に凄いイヤホンだと表現していますけど。

掲示板の方でも、ある指揮者に対しての評価が割れていますけども、絶対評価は実は同じなんですよね、

私は、音楽で重要なテンポとか、スコアに対してのアプローチの仕方とか、そういった部分で凄い演奏だとは思っていないわけで、何を持って素晴らしいCDであるか?の視点が違うのだと思います。

支持者がいれば、それに意を反する意見があって当たり前な話でもあるのです。

newspringのイヤホンも解像度という部分に非常に偏ったチューニングになってしまっているので、聴いていて退屈である、とか面白く無いってのは正当な評価だと思いますし、非常にわかりやすい感想だと思いますね。

ただ、世の中は正統派だけで成り立ってはいませんから、私のような変わり者はこういったイヤホンを聴いて驚愕し、絶賛の拍手を送ってしまうわけで。

VictorのFW10000が完全敗北した、みたいな事を書いてますが、私個人ではそういう思いですね。

周波数特性のグラフまで持ち出して、レビューを書かれても、それに対して反論する気も起きません。

素直に私と同様、聴いて驚愕し、これは凄い!と感じた方が趣味の一環として購入すれば良いだけの話であって、正統派基準でものを書いてませんので。

逆に誰もが素晴らしいと思うような製品なり、ファッションなり、アクセサリーなんか持っていても面白く無いと思うんですよね。

音楽に対してもそういった聴き方をしてきましたので、意見が割れて当然なのです。

要は各々が楽しめるものを人の目を気にせず堂々と楽しむ事が重要だと考えておりますので。

私個人では絶賛しておりますが、NSE1000-Aは無試聴購入するようなイヤホンではありませんから、そこだけは強調しておきます。




2020/9/22 06:48  [2265-4087]   

ピエール中野モデル 嬉しいサプライズ(^^)

コラム: およそ一年ぶりのレビュー投稿です。

こちら価格コムに引っ越してきた当初は購入した製品以外も試聴だけした製品についてもレビューを書いていましたが。

何やらマナーに反するとかの論議がしてあるクチコミを拝見してから、購入した製品以外レビューは書いておりません。

私自身の考え方もあるのですが、こちらのマナーは一応、筋を通しておきたいので。

試聴のみでしたら、クチコミに書くぶんには良いらしいですが、いずれにせよ、読んで、参考にする人もいるでしょうし、そから辺が曖昧なんですが。

また、そういった論争をする気も自身の考えを主張する気も無いので、レビュー投稿は控えておりましたが。

安くて良い製品は多くの人に知ってもらいたい、という気持ちがあるので、今回は価格も非常に安いものでしたので、久しぶりにレビューを投稿しました。

価格は1500円とイヤホンとして安い方でしょう。

アルペックスのエントリークラスのイヤホンですね。

私が購入したのはいわゆるコラボモデルといった製品で、名の通った人が関わっているものです、

私はこういったコラボ製品が好きではありません、基本的に。

イヤホンに関わらず、製品全般的にです。

ですので、今回購入したコラボモデルは随分と前から知ってはいましたが、なにぶん興味が無かったのです。

実際、元になっているイヤホンとスペックは同一ながら、価格が1.5倍ほどになっていますから。

元になっているイヤホンが1000円ですので、1.5倍といっても500円の違いしかないのですけど、

しかし、この価格差でもどちらが良いかと悩んでいる人がいるのは事実でもありますし。

こういったサイトを見ている人が全て成人とは限りませんから、学生さんも居るでしょうし。

購入したのは、単純に音が良かったからで、元になったオリジナルモデルのイヤホンとの比較も当然しています。

正確に言えばオリジナルモデルより、こちらのコラボモデルの方が好みの音だった、という事もありますが。

せっかくなので、レビューを書こうと思い、オリジナルモデルとの比較はちょっと時間をかけて比較試聴しましたが、客観視してもコラボモデルの方がバランスの良い鳴り方をしていたので、+500円を出す価値があると判断したからです。

イヤーピースの変更により、低音も結構鳴りますし、高域が綺麗に出るチューニングに仕上げてあったので。

オリジナルモデルは、価格が安いという事もあってか、低域、高域とも主張した鳴り方だったんですよね。

コラボモデルの方が上品な音に感じられましたし、音としてもしっかりと鳴っていたので。

普段、Bluetooth型イヤホンを使用している人へのプレゼントとしても音質差がわかって喜ばれるのではないでしょうか。

こういった、1000円台で購入出来るイヤホンも非常に数が多く、そんな価格のイヤホンでもハイレゾ対応になっている製品もあるので、本当に音が良いイヤホンを見つけるのは実は最も難しかったりします。

1000円台で購入出来るイヤホンなんて、試聴が出来ない製品が多いですからね。

こういった低価格のイヤホンでは付属のイヤーピースから、単体で発売されているような質の良いイヤーピースに変更する事で、音が更に良くなる事はこれまでの経験上、お約束となっています。

イヤーピースを数多く所有している人にとっては、こういった楽しみ方もあるので。
3万円とか、5万円とかの高額なイヤホンばかり物色する必要が無いんですよね。

ちょっとしたお店でのランチほどの価格で高音質が楽しめるのですから快感でもありますし、非常にお財布にも優しいので。

購入したのはアルペックスのイヤホンで、ピエール中野さんが監修された、ピエール中野モデル、ピアホンで名の通っているイヤホンです。

私が購入したのはガンメタリックといった色合いでカッコいいものですが、女性が使用してもお洒落なピンクカラーもありますので。

帰宅してからすぐに開封はしなかったのですが、嬉しいサプライズがありました。

実にしっかりとした収納ポーチが付属されていたのです。

これ、開封しないとわからないようになっているので、なかなか憎い演出だと思いました。

音を聴く限りでは非常に真面目に作られており、お勧め出来るイヤホンとなっております。

2020/9/23 01:42  [2265-4102]   

コラム: ピエール中野モデルはなかなかに良いではないか!

イヤーピースでの事をレビューの方でも追記してアップし直しまたが。

付属純正イヤーピースでも、一番大きいLサイズは使用すると、低音不足の問題は改善しますね。

普段使用しているサイズよりもワンサイズ大きいイヤーピースを使用する事で、ある程度改善出来ます。

何しろ、単品のイヤーピースでも結構お高いですから、
1500円で買えるイヤホンに1000円以上するイヤーピースを買っては、このイヤホンを選択した意味がなくなってしまいますからね、

スマートフォンで使用するならば、十分な高音質化が感じられると思います。
(普段使用しているイヤホンが、スマホ付属のものであったり、利便性重視のBluetooth型であったりした場合)

上のレスでは私が購入したガンメタルカラーのモデルを画像添付してますけど、可愛らしいピンクカラーモデルもあるので、プレゼントにも最適な製品です。

価格的にも、プレゼントされた側にも負担がかからないでしょうし。

公表スペックは、

インピーダンス:16Ω
出力音圧レベル(感度):96dB
再生周波数帯域:50〜20,000Hz
最大入力:5mW

ロングセラーイヤホンの代表格である、Final e2000は、

インピーダンス:16Ω
出力音圧レベル(感度):102dB
再生周波数帯域:不明
最大入力:不明

これを見るとe2000nの方が、音量取りやすそうに思ますけど、実際は96dBのアルペックスのイヤホンの方が、全然鳴りやすいです。
最大入力が5mWしかありませんが、iPhoneのボリュームMAXにしても音割れはしません。
e2000は価格が3980円と倍以上のお値段ですが、単品で発売されているような品質の良いイヤーピースが惜しげもなく、ALLサイズ付属されておりますので、こちらも決して高いイヤホンではありません。

ピエール中野モデル、ピアホンは、
再生周波数帯域:50〜20,000Hz、と公表スペックを全然盛っていないのが逆に好感度アップです。
低域の方は50Hz〜、
とこれを見ると、低音が全然出ない所詮は価格なりのイヤホンだな、と思うかもしれませんが、十分な低音が出ます。

イヤホンにあまり興味の無い方はこんな数値は見ないとは思いますけど、こういったスペック重視で購入の判断をする人もいますので。

こういった価格帯のイヤホンを購入するのは若い学生さんが多いと思いますけど、
コラボモデルと更に価格の安いオリジナルモデルとで本気で悩む人も多いかと思います、試聴出来ない環境にお住まいの方は。
+500円と少々割高になってしまいますが、ピエール中野モデルをお勧めします、音が綺麗ですからね。
デザインも洗練されていますし、+500円を払う価値が十分にあります。

価格との天秤で迷われているのであれば、私が背中を押してあげますよ(^^♪
パッケージ、付属品、音質の良さ、全てにおいてピエール中野モデルの方が魅力的でございます。

2020/9/24 21:38  [2265-4115]   

コラム: 家電量販店最大手のヨドバシでも敵わないAppleの圧力。

今やAppleの力は日本の企業ではどこも敵わない。

凄まじいばかりの圧力、パワーです。

Apple製品はAppleストアまたはAppleオンラインショップで購入した方が良いですね。

弁護士、代理人を探して訴訟を起こそうと準備中です。

この際、金の損得など、眼中に無いです、おそらく私一人では負ける事でしょう。

しかし、黙っているより、行動を起こし、多くの人にAppleのサポートの実態を知ってもらう事が必要だと思いました。

ヨドバシカメラの担当者も、上席の人と話がしたくても繋いでもくれないそうです。

私は昨年の3月にiMacをヨドバシで購入しましたが、箱出しの時点ですでに挙動がおかしく、すぐに連絡を入れました。

ヨドバシさんは購入後、二週間以内であれば初期不良という事で、新品交換対応させて頂きますと言ってくれましたが、
(ヨドバシカメラに限らず、この購入後二週間以内であれば新品交換対応というのはどこでもしてくれますが)

が、しかし、「Appleさんの製品だけはAppleさんが、初期不良と認めてくれないと出来ないんです。申し訳ありません」との事。

すぐにAppleのサポートセンターに電話を入れると、ありとあらゆる検証を求めてくるのです。
とても2〜3日で終える事など不可能です。
検証には三週間ほど、かかりました。
そして、検証結果を報告し、画面共有で見てもらうと、「お客様の使ってるiMacは明らかに挙動がおかしい。購入店と相談して下さい」と。
ヨドバシカメラにその報告をすると、新品交換対応の期間二週間を過ぎてますので、交換ではなく修理対応になってしまうとのこと。
私は購入後すぐに連絡を入れてます、という旨を伝えると、Appleの担当者に連絡を入れるので、担当者の内線番号を教えて下さい、と。

数時間後ヨドバシカメラのから電話がかかってきて驚愕の返答がありました。
「お客様の購入された製品は当店のみならず、全国の店舗にシリアルナンバーが伝達されていて、返品不能製品となっているので、交換も修理もヨドバシカメラでは出来ないので、Appleさんと話しあって下さい。」

ヨドバシカメラの方から、製品が送れない様に先手を打っていたのです。

「私どもAppleの製品は、工場から出荷した時点では100%不良品はありませんので。」という言葉には絶句しました。

その後、何度かやり取りしましたが、どのスペシャリストが対応してもお手上げ状態。

外付けHDD2台はスペシャリストの操作によって、破損されてしまいました。

大切な音楽データも全て消してしまい、バックアップからの復旧にも失敗し、一部の楽曲は再生不能に。

「全力でサポートします」、と誰もが口を揃えて言いますが、音楽データがメチャクチャになると、「お客様のMacは明らかにおかしい、もうこれ以上私では怖くて操作出来ない」と途中で電話を切ってしまう人さえ一人や二人ではありません。

今やマウス、キーボードさえまともに動かない状態で私の手元にあるのです。

昨日、再起動をかけたら、見たこともない画面になり、3分ほどフリーズ、10年以上Macを使っていて初めて見る現象でした。

早速サポートに電話すると、修理なら出来ます、との事。
それまでの経緯を知っているので、無料で修理してくれるものとばかり思っておりました。
そしたら、修理は有料になるというじゃないですか。
私は購入後すぐに連絡し、これまで、500回以上のやり取りをしているのですが、と伝えると、
「いつ頃購入された製品でしょうか?電話されたのはいつでしょうか?」と聞くのです。
私が電話した時にガイダンスで購入年月日を言ってるんですよ、3月29日に購入されたiMacの製品で宜しいでしょうか?宜しければ1を、違う製品の場合は2を押して下さい、と。
その事を伝えると、お客様が購入後電話をされたという記録が残っておりません、って言うんですね。
「私も会話を録音してますので、もう一度、調べて下さい、」と言うと。
「今すぐ、録音を止めて下さい。録音を止めないと、こちらでは如何なるサポートも出来ないので」

「テープ回してないやろな?」のパクリかと思いましたね、さすがに。
何故、こちらで会話を録音していてはサポートが出来ないのか不思議でなりません。
「録音は止めましたので、お願いします」と言うと。

修理金額は最低でも6万5千円+消費税、お客様による過失が認められた場合は全額負担となります、と。
一年間のメーカー保証期間中、あれほどまでにハードウェアの欠陥は無いと主張してきたAppleが、保証期間が切れた後は、ハードウェアが壊れているので、電話でのサポートでの改善は無理だと言うのです。

しかも、ハードウェアテストのアプリケーションでの確認もしないで、故障ですから、サポートは無理だ、と言う回答はこれまでの主張と矛盾してますし、私の購入当初のサポートに電話した記録が一切無いと言うのは非常におかしな話です。

製品が届いてから、その時点ですでにおかしかったのに、どうして、7万円近くの修理費用を私が負担しないとならないのでしょう?

サポートする側が壊してしまった音楽データは誰がどう責任取るのでしょう?

これらを全て泣き寝入りしないといけないのでしょうか?

こういう事を起こさないためにも、Apple製品はAppleストア、またはオンラインショップで購入した方が安全です。

今やAppleは力を持ち過ぎました。モンスターと化してしまったと言っても過言ではありません。

2020/9/25 05:05  [2265-4124]   

 Bigshooterさん  

tam-tam17701827さん こんにちわ^^

世の中、理不尽なことが多すぎますね^^
今日はコロナの後遺症の検査と治療で朝から病院に行ってきましたが、これもまた不合理なことがあります。
コロナの場合、後遺症が残ってもウィルスが測定限界値以下になると国から何の保障もなくなって一般疾病扱いになります。
かなり後遺症の取り扱いに納得がいかないので折衝しているところです。

tam-tam17701827さんのアップルの件で私が思うのは、個人対企業で争っても明らかに個人が不利です。
弁護士に依頼して訴訟も視野にというお話も書かれてますが、アップル他大企業は国内でもトップクラスの弁護士を雇っているので一般の弁護士はなんやかんやと理由を付けて受けたがりません。
仮に裁判に持ち込めたとしても個人対大企業の場合、明らかな犯罪行為でもない限りほとんどのケースで個人側が敗けます。
仮に裁判に勝てたとしても弁護士費用でかなりの部分が持っいかれてしまうので経済効果はかなり少ないです。
メーカー側としては上記のような理由でむしろ裁判、訴訟はウェルカムです。
この手のケースだとある程度メーカーとやりとりして埒があかないようであれば、消費者センターと監督官庁の担当官に連絡してメーカーと折衝させたほうがベターかと思います。
公的機関を利用するとメーカーもすべて個人に対してするような曖昧適当な回答はできず場合によっては書面で事情書の提出を徴求されますし、顧客とのやりとりの進捗報告義務があるのでメーカーによっては監督官から連絡が入った段階でギブアップしてくれます。
メーカー側は大企業の場合、クレーム案件の場合、平均3ケ月程度の通話記録が残してあるはずなので顧客とメーカーの言い分に食い違いがあればメーカー側は通話記録の提出を求められます。
メーカーが一番嫌がるのは監督官庁なので上手く使うのもひとつの手だと思います。

私はもともと訴訟、裁判が日常茶飯事の業界の大企業サイドの人間だったので余計なお節介と感じつつご参考までに書込みさせていただきました。

監督官庁の動きが鈍い場合には、また別のやり方がありますので必要であれば言っていたたければ、可能な限りご協力いたします。

でわ^^

2020/9/25 12:27  [2265-4126]   

 Bigshooterさん  

tam-tam17701827さん 再びこんにちわ^^

アップルっていうと巨大企業のように感じますが、所詮アップルジャバンというアップルの出張所みたいな日本法人なのでビビらないでガンガンいったほうがいいですよ 笑

監督官庁の担当官から連絡が入ると通常はほとんどの大企業では担当者がある程度決裁権のある役付きに代わるシステムになっているので話が進むのも早いと思います

2020/9/25 13:08  [2265-4128]   

Bigshooterさん

こんにちは〜(^^)

こちらの掲示板の方に書き込んでくれてありがとうございます。

<世の中、理不尽なことが多すぎますね^^

私は麻雀打ちですから、理不尽な事には慣れているのですが、
Bigshooterさんが抱えている問題からすると非常に小さい事だと思います。
でも、これ価格の問題じゃないんですよ。
例え500円の製品でも、同じ様な対応されたら、私は同じ行動を取るでしょう。
損得の問題じゃないのです。

麻雀打ちだった頃、僅か4巡目に切ったオタ風が親の国士無双に打ち当たり、一般サラリーマンの平均年収の10倍ほどの金額が、吹き飛んだ事もありますよ(^○^)

<tam-tam17701827さんのアップルの件で私が思うのは、個人対企業で争っても明らかに個人が不利です。

これは鼻から負ける事はわかっております。
勝つ、負けるの問題では無いのです。
誠意のかけらも無い対応をしている、サポート体勢に対して、行動を起こす事によって多くの人に同じ様な思いをして欲しく無いというのが大前提としてあるのです。

とあるケーブルメーカーは凄く小さな企業でしたが、胸を打たれる様な素晴らしい対応をしてくれました。
最初に購入したケーブルがいわゆる緑化現象を起こしたので、購入店を通さず直接聞いてみました。
私としてはこういったケースは非常に珍しいんですが、
交換希望であれば、販売店を通します。
(この販売店も非常に素晴らしい対応をしてくれるのですが、名前は書けません。)
私としては、他にもこういった現象があるのかどうか聞きたかっただけなんですよ。
私が第一号らしく、そういった報告はこれまでのところ、一切無いとの事でしたが、翌日には新しいケーブルが送られてきました。
緑化現象を起こしたケーブルは手元に残ったままです。
「そちらのケーブルは私どもの方で、入念に調べたいと思いますので、お手数ですがお時間のある時にxxxxまで送って頂けないでしょうか?」と。
何と敏速な対応でしょう。
問題が発生したケーブルを検証するより先に新しいケーブルを送ってくれたのですね。
その後も、先程送ったケーブルも対策が出来ておりませんので、少々お時間がかかるかもしれませんが、お待ち頂けませんでしょうか?と。
2ヶ月後くらいに対策が施されたケーブルが何の連絡もなく送られてきたのです。
私の手元には同じケーブルが2本あるわけですね。
箱の中に同封されていた手紙には、以前送ったケーブルはこちらに返送する必要はございませんので、そのまま使用して頂ければ幸いです。と。

私は同じメーカーから発売された新製品の2本目のケーブルを購入した時にも、左側から音切れ現象が発生しました。
左右繋ぎ変えると、右側から音切れ現象が発生します。
なので、イヤホン側の問題では無いことがわかるのですが、別のイヤホンに接続しても音切れ現象は発生しないんですね。
一応、確認のためにイヤホン側のメーカーと、ケーブルメーカー、両方に連絡を入れました。
イヤホンメーカーは比較にならないほど、大きな会社ですが、他社製品のリケーブルは認めていないので、回答のしようが無いというものでした。
リケーブルは自己責任で行うもの、というのがあるので、こういった回答をされてもこれはこれで仕方がないのです。
僅か数名ほどで頑張っているケーブルメーカーの対応は全く違ったものでした。
「お手数ですが、すぐにこちらにそのケーブルを送ってくれませんでしょうか?」、と。
「いや、他のイヤホンでは特に問題を起こしていないので、ケーブル側の不良とも言えないものですし、特定のイヤホンのみに発生する現象ですから、私としてももう少し検証したいのですが、」
「検証は私どもの方で行いますので、音切れ現象が発生するイヤホンの型番を書いたものと、問題のあるケーブルを送って下さい。」

私がケーブルを発送するより先に新しいケーブルが既に届いてしまいました。
さすがに胸が熱くなります。

問題のあったケーブルを送り返してから、私の方から連絡を入れてみました。
「ケーブル側に問題があったのでしょうか?」
「同じ型番のイヤホンに接続してずっと検証しているのですが、音切れは発生しないです。他のイヤホンでもこれから、検証に入るところですが」
「だとすると、ケーブル側には何の問題も無かった可能性が高いですね。送られてきたケーブルは開封せずそのままにしてありますので、これは返送するので、購入したケーブルを送って下さい。」
「いや、新しいケーブルはお使いになって下さい、もう少し検証作業を続けたいと思いますので」、と。

この担当者の方とはその後も連絡を取り合いながら、色んな話をしてくれました。
まず驚いたのが、販売価格を少しでも安く設定する為に一切の広告がうてないとの事でした。
宣伝費用はお金がかかるので出せないと、その分のコストを製品の品質に当てたいそうです。
という事は、僅か一本のケーブルを新品交換対応しただけでもかなりのダメージがあるわけなんですよ。
そういう事情があるのにもかかわらず、私の話を信用して頂き、製品に問題があったかどうかより先に新しいケーブルを送ってくれていたんですね。
私はこの様な胸が熱くなる様な対応をして下さった小さなメーカーは、過去も現在も経験はありません。

それに対するイヤホンメーカーの対応を比較すると。
正論を言ってるのですから、決して悪いとは思いませんけど、全く誠意が伝わってこないんですね。
電話越しにでも話し方で、わかりますからね。

今回のiMacに関するAppleサイドの対応はとてもサポートとは言えないものです。
サポートするどころか、人のデータをメチャクチャにしておいて、一切の責任は無いというのですから。
私のところに届いた時点で既に挙動がおかしかったのにですよ。
ではこの問題は一体何処が責任を取るのか、私はアドバイザーの指示に従ってボタンをクリックしかしてませんので。

2020/9/25 16:58  [2265-4132]   

Bigshooterさん

文字数制限を超えてしまいました、w

<メーカー側としては上記のような理由でむしろ裁判、訴訟はウェルカムです。

これは私個人でも何人かの弁護士に関わった経験がありますので、こう言った事も折り込み済みです。
が、アドバイスありがとうございます(^^)

<この手のケースだとある程度メーカーとやりとりして埒があかないようであれば、消費者センターと監督官庁の担当官に連絡してメーカーと折衝させたほうがベターかと思います。

私としても、引き受けてくれる弁護士自体居ないのではないか?と考えておりました。
なので、弁護士もしくは代理人と書いています。
消費センターも視野には入れていましたが、監督官庁までの知識はありませんでした。
貴重なアドバイスありがとうございます(^^)

私は製品の交換とかはもはや求めていないのです。
そういった損得勘定は全く無いんですよ。
今回の様な事例が果たしてサポートと呼べるものかどうか、そこをはっきりさせたいだけなのです。
なので、負けるとわかっていても訴訟を起こした方がベターかと考えていたのですね。

<メーカー側は大企業の場合、クレーム案件の場合、平均3ケ月程度の通話記録が残してあるはずなので

そもそも、これらの記録が無いってのが不自然なんですね。
そして、私が通話記録を録音していてはサポートが続けられない、修理費用の見積もりも出せないって事はどういう事なのでしょう?
Appleサイドは、サポートに入る前にガイダンスで通話記録を録音させて頂きますと言ってきます。
一方的に会話を録音するのであれば、ユーザーサイドで通話を録音して都合が悪い事があるのでしょうか?

こういった事は逆では無いですかね、普通は?

<アップルっていうと巨大企業のように感じますが、所詮アップルジャバンというアップルの出張所みたいな日本法人なのでビビらないでガンガンいったほうがいいですよ 笑

警察相手に「上司から電話かけて来い!」と喧嘩を吹っかける様な人間がこんな事くらいで、ビビるはずがありません(^○^)
私は長い事アンダーグラウンドの世界で生きてきましたから、命を狙われる事もありましたので、w

とは言え、貴重なアドバイス、心より感謝申し上げます、ありがとうございます(^^)

2020/9/25 17:20  [2265-4133]   

 Bigshooterさん  

tam-tam17701827さん こんばんわ^^

こういった対応にもお詳しいようなので余計なコメントになってしまったようですみません。

最後に一点補足させていただくともし消費者センターと監督官庁をからめるのであれば、消費者センターには企業に対する強制力はないので企業とのやりとりの証人程度に考えておいた方が良いです。企業も消費者センターは舐めてかかってますからね〜

どの業界でも監督官庁の担当官が出てくると進捗報告とかで業務がパンクするのでユーザーをバカにした企業をお仕置きするには非常に効果的です。

お気に障るような文面もあったかと思いますがご容赦願います。
今後はこういった立ち入った内容の事柄については一切コメントしないようにいたします。
ご参考になるところがあれば使ってみて下さい でわ^^



2020/9/25 18:13  [2265-4134]   

Bigshooterさん

こんばんは(^^)

<こういった対応にもお詳しいようなので余計なコメントになってしまったようですみません。

いえ決して余計なコメントなんかじゃありません。とても助かってますよ(^^)

だって、単純に負けるから辞めた方がいいですって書いてないですし、普通に考えれば無謀な行動にしか映りませんから。

こうしてBigshooterさんが意見を書き込んでくれた事で、Appleのサポート体制に対する事を知る人も居るでしょうし。

<最後に一点補足させていただくともし消費者センターと監督官庁をからめるのであれば、............

以下のアドバイスは私が知らなかった事でしたので、非常に勉強になった次第です(^^♪
ありがとうございます<(_ _)>

<お気に障るような文面もあったかと思いますがご容赦願います。

いえ、何一つありませんでしたし、むしろ、私を応援してくれているような感じでしたので、励みにもなりましたし。

取り敢えず、ここで、私が伝えたかったものは、Apple製品は量販店を通さずにApple直営店またはオンラインストアで購入した方が良いですって事ですから。
その方がこうしたトラブルは防げますので、僅かなポイント目当てで量販店を通して購入した場合、非常に少ないとは思いますが、私の様な事例になる事もあります、って事なので。

私もApple社が嫌いなのであれば、10年以上も製品を使い続けて無いですからね。
非常に魅力がある製品を高いクオリティーで出していますよ。

しかし、今回のサポートについては疑問符を投げかける他ありません。

これはSONYとかも同じじゃないですかね。
SONY製品は壊れやすい、とか、「SONYタイマー」なる言葉もありますが、私が購入したSONYのCDプレイヤーは25年近く経った現在でもちゃんと動きますからね。
購入したSONY製品は数が多いですが、不思議と初期不良品に当たった事はありませんからね。

運悪く、初期不良品のiMacが私のところに届いてしまった、それだけの事なんですよ。
問題はその後のApple側の対応にあり、感電量販店最大手のヨドバシカメラでさえ、手も足も出ないって事ですね。

ヨドバシさんも頭を抱えていましたからね。

2020/9/25 21:01  [2265-4136]   

コラム : ベートーヴェンの交響曲第5番 「運命」

イヤホン、ヘッドホン関係の事ばかり書いていましたので、音楽の事でも書きましょう。

私が小学生だった頃、クラスメートが夢中になって聴いていたのは「東村山音頭」でして、これは私もシングルレコードで持っていました。

音楽に夢中になる歳頃って、大体中学生に入った頃からだと思うんですよね。

私の時代は丁度、大物アイドル全盛期の年代でしたから、たのきんトリオ、松田聖子、中森明菜、小泉今日子他そうそうたる大物アイドルがたくさんいました。

ほとんどの子は、そういったアイドル歌手の歌を聴いていたと思います。

後は洋楽好きの子が少々、マイケル・ジャクソン、マドンナとかですね。

私の年代はピアノなど習っている女の子が多い時代でしたので、達者にピアノを弾ける子が今よりかはちょっと多かった様な気がします。

私は、というと、楽器も習っていないし、父親も母親も、祖母も、クラシック音楽とは全く無縁の環境でしたが、9歳の頃からクラシック音楽に夢中になり、聴いていましたね。

何故ベートーヴェンを好きになったのか?までは覚えてないですね。

最初に好きになった曲がベートーヴェンのレオノーレ序曲第3番でしたね、カラヤン指揮の演奏でした。

私の中ではベートーヴェンと言うと例の「ジャジャジャジャーン」しかありませんでしたから、こんな神秘的に始まる曲も作曲していたのか?という違和感しかありませんでしたが、とにかく魅了されましたね。

となると、例の「ジャジャジャジャーン」がこの後どうなっていくのか大変気になる訳ですよ。

図書館に行ってベートーヴェンの本を借りてきて、その帰りにレコード屋に行って運命のレコードを見つけて、裏面を見てみると、「運命」という曲は4つの曲から成り立っている事を知りました。

ますます、興味津々ですよ、w

4つも曲がある?
演奏時間が30分?
苦悩から勝利の歓喜へ?

聴いてみたい、聴いてみたい、聴いてみたい、ですよ、w

「ジャジャジャジャーン」はみんな知っていると思うんですが、その後、どういった感じになっていくのか興味を持たないものなんでしょうかね?

私は学校からレコードを借りて、聴いてみましたけど、第二楽章だけはピンときませんでしたが、大迫力の音楽にとにかく圧倒的な衝撃を受けました。

「ジャジャジャジャーン」の後はどういった風に終わるんだろう?と誰しも興味を持つものと思っていましたが、実際のところ、どうなんでしょうね?

2020/9/26 00:09  [2265-4137]   

 m56059さん  

tam-tamさん
お久しぶりです。私は元気にしていました。
こちらレンタルできるみたいですよー!

ONZO newspring NSE1000-A

https://www.onzo.co.jp/products/283/

名古屋のeイヤにはまだ無かったです。

2020/9/26 19:07  [2265-4145]   

あら〜m56059さん!!

メールチェックしていたんですが、あれ〜?

お元気でしたか、やはり(^^♪
良かったです〜、嬉しいでやんす、w

<こちらレンタルできるみたいですよー!

さすが、情報が早いですね!!
ありがとうございます(^^)

書きたい事はm56059さんの掲示板の方に書き込みます(^^)

2020/9/27 02:20  [2265-4148]   

ポール・パレー盤 人気のあるケルテス盤。 トスカニーニ 盤。 泥臭いシルヴェストリ盤。

コラム: 私の愛聴盤シリーズ ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」編

クラシック、ポップス、ロック問わず、私の愛聴盤を紹介していく新シリーズです。
(気紛れなので、いつまで続くかわかりません、w)

今回は比較的良く知られているドヴォルザークの名曲、「新世界より」を取り上げます。

私はちょっと変わった傾向の演奏を好むタイプですので、私の愛聴盤としている盤は不用意に購入しない様に気をつけて頂けると幸いです。

ドヴォルザークという作曲家はチェコ出身の人ですから、同郷の指揮者が演奏されたものが名盤が多いです。
この曲に関しては「アメリカ」という国をモチーフとして作曲してあるので、アメリカで活躍している指揮者の演奏も名盤が多いですね。

オーソッドクスなスタイルの演奏の名盤という事であれば、間違いなく、チェコ出身の指揮者の盤を買うのがハズレも少ないのでベターかと思います。

ラファエル・クーベリック指揮、チェコ・フィルとの演奏、
(ベルリン・フィルを振った盤もあり、こちらも良いのですが、個人的にはチェコ・フィルの方を取りたいですね)
カレル・アンチェル指揮チェコ・フィルによる演奏、

ヴァーツラフ・ノイマン指揮チェコ・フィルによる演奏、

それぞれ、好みがあるとは思いますが、手始めとしては最初の一枚として上記のいずれかの演奏によるものを購入されれば間違いはないでしょう。

と、名曲、名盤を紹介するものでは無かったですね、今回のシリーズは、w

私の独断と偏見による、愛聴盤を紹介する趣旨のものでした。

左側からいってみましょう!!

ポール・パレー指揮、デトロイト交響楽団による演奏で、「新世界より」ではほとんどこの盤しか聴きません。

おそらく、「新世界より」の名盤としてポール・パレー指揮のこの盤を筆頭として紹介している記事、本などは無いと思います。

弾ける様なリズムで軽快に演奏されるのが、この盤の最大の魅力なのですが、一歩間違えると、ポップスオーケストラによる演奏の様にも聴こえてしまうので、個人的にはお勧めは致しません。

1960年の録音とは思えないほどの鮮明なステレオ録音。
洗練されたモダンな演奏の極致と言って良いかと思います。
カラヤン盤はオーケストラが重すぎる、と感じる方にはうってつけの演奏です。

2つ目はイシュトヴァン・ケルテス指揮、ウィーンフィルによる演奏。
これは愛聴盤ではありません。
「新世界より」の名盤として必ずと言って良いほど、出てくるのがこの若き天才ケルテスの演奏なので、取り上げました。
現在は音楽評論家の意見、感想は聞く耳持たず、といった姿勢でおりますが、10代の頃はまともに評論家の意見を参考にしておりましたので。

さて購入したものの、このケルテス盤は私の心には響きませんでした。
どこが良いのかさっぱりわからない、というのが素直な感想ではありますが、
スコアを見ながら聴けば、この部分の処理が凄い、とかなるのでしょうけど、私はそこまで分析的に聴く事が出来ません。
と言っても決して酷い演奏というわけでも無いのです。極々オーソドックスな演奏に聴こえてしまう、といういわゆる聴き手側の問題であると思っていますね。
例えで言うならば、私は見た目で選んでしまっていると、w←何を?書けませ〜ん(^○^)

それと話はそれますが、私も10代の頃はハンドスコアなぞ買ったりしていました、生意気にも、w
が、これは注意した方が良いですよ。
スコアを買うなら、フルサイズのスコア?、まあ指揮者が使う様な大きなサイズのものを購入した方が良いです。
特にベートーヴェンまでの古典的作品に関しては、金管楽器にはまだバルブが開発されておらず、メロディーを吹かせる事が出来ない為、全休止になっている部分が非常に多いのです。
ハンドスコアではそういった部分は弦楽パートの部分だけしか楽譜の記載が無いので、1ページに2段書いてあるので、非常に読みづらいんですね。
なので、少々高くても、最初は大きなサイズのスコアを購入される事をお勧め致します。

3つ目は私が最も好きである、アルトゥーロ・トスカニーニ指揮による演奏の盤です。
オーケストラはNBC交響楽団。
好きな指揮者だからといって、全て評価するつもりはありません。
なので、この様なトスカニーニみたいな演奏が好きな方は、より音が鮮明である、ステレオ録音による演奏のCDを購入された方が良いでしょうね。
”弾丸ライナー”の異名を持つ、フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団による演奏をお勧めしておきます。

最後は、コンスタンティン・シルヴェストリ指揮フランス国立放送局管弦楽団による演奏のCDです。

コンスタンティン・シルヴェストリ?って何者と思う人が多いかと思いますが、私もどうしてこの様なCDを持っているのかがわかりませんで、w

良い意味で、泥臭い演奏ですね。本当にフランスのオーケストラ?といった感じです、w
洗練されたカラヤンとは対極に位置する様な演奏となっております。
最も、この指揮者に対してはオーソドックスに演奏している方で、強烈な個性を持つ演奏をする指揮者としてその道では有名なお方です、w
「新世界より」では珍盤の部類に入るCDかと思いますが、驚くべき事に今でも入手可能となっております、w
価格も安いので、興味のある方は聴いてみてください(^^♪
意外とまともに演奏してますので、ゲテモノ好きの方は要注意ですね、w

2020/9/29 12:46  [2265-4187]   

世界初のCDとしても有名です。 名曲揃いの傑作アルバム。

コラム : 私の愛聴盤シリーズ ビリー・ジョエル編

Rockにおいてはおそらく、ビリー・ジョエルが聴きやすいものとしては最初にして最後になると思われます。
(正確なカテゴリーはRockでは無いですね、ポピュラーミュージックになると思われます)

後に控えているのは、ケイト・ブッシュ嬢やトム・ウェイツですし、イタリアン・ロック、ジャーマン・ロックというあまり聴いている人が少ないものばかりですので。

Rockにおいて、最初にコンプリートしたアーティストですね、ビリー・ジョエル殿は。

クラシック音楽以外の音楽を聴き始めたのが高校に入学してからなんですよね。
それまではクラシック音楽しか聴いておりませんし、それ以外の音楽の知識もゼロに等しかったので。

運が良い事にちょうどその頃、レンタルレコードなるものが爆発的ブームになりまして、Rock、POPといったレコードが比較的お金がかからず聴けた時代でもありました。

なんで、高校に入学した途端、クラシック音楽から、ポピュラーミュジックに転向したか?ですって?
そりゃ、単純な話でんがな、w
変な目で見られたくなかったんですね〜、w
(断っておきますが、異性の眼差しを気にしての事ではありませんよ、w 友達と話を合わせる為です!!)

まあ、でも女の子から、「どんな音楽聴いてるの?」と質問されて、「クラシック」と答えようものなら、「キモい!!」と言われてしまう時代でしたからね〜、w←思いっきり気にしてますね、爆、w

そんな細かい事はどうでも良いんですよ、w

ビリー・ジョエルの愛聴盤の話ですよ、w

2枚しか画像添付しませんでしたが、いくら添付してもキリがありませんので、私の勝手な都合で割愛させて頂きます。

左が「ニューヨーク52番街」、右が「ストレンジャー」ですね。

コンプリートしてるって事は全楽曲を聴いているって事になるので、マニアですよね。
ですので、本当の意味でこの2枚を超える愛聴盤はあるんですが、マニアックになってしまいますので。

独断と偏見による愛聴盤シリーズじゃなかったのかよ!
まあそんなにカリカリしなさんなって、マニアックな楽曲はこれから腐るほど出てきますのでね、w
(最近、妄想する事が多くなりまして、イヤホンを装着しなくても勝手に音楽が聴こえてくるように、w)

とまあ、ふざけた前説はここまでにして、書いていきましょう!!

「ビリー・ザ・ベスト」という大ヒットしたベスト盤もあり、ビリー・ジョエルの魅力を知るにはそちらのCDの方が手っ取り早いかもしれませんが、なんと言ってもこの2枚のCDが一番魅力的な部分が詰まっておりますので。

私がビリー・ジョエルを聴き始めた頃には「イノセント・マン」までの10枚のアルバムしかリリースされてなかったんですよ。
最初に心が奪われた曲が「オネスティ」なんですが、有線で聴いたので、曲名がわからない。
歌っているのが、ビリー・ジョエルというアメリカのシンガーソングライターである、という事しか知らなかったんです。

近所のレンタルレコード店にはリリースされた全てのオリジナルアルバムが揃っておりました。
私は当初、「オネスティ」を探す為に、ビリー・ジョエルのレコードを聴いていったわけで、最初からコンプリートなどする気はさらさら無かったのです。

ところがですよアナタ、レンタルしてもレンタルしても、「オネスティ」が入っていないじゃありませんか。

10枚目に借りた「ニューヨーク52番街」に入っていたので、自然と完全コンプリートしちゃったんですよね、
どんな引きしとんねん!!、と、w
心の中は高田延彦状態ですよ、「出てこいや!!!」、と。

この2枚は非常に甲乙付けがたいですね〜。

「ニューヨーク52番街」には、誰もが耳にした事がある、「ビッグ・ショット」「オネスティ」「マイ・ライフ」が収録されておりますし、
「ストレンジャー」はビリーの人気を決定付けたアルバムとしても大変な名曲揃いですし。

「ストレンジャー」の中ではおそらく最も知名度が低いであろう「ウィーン」が好きでしたねえ。
何度聴いても飽きがこないんですよね。

それに私がビリー・ジョエルの中で一番好きな曲「プレリュード〜怒れる若者」は「ストレンジャー」の一つ前のアルバム「ニューヨーク物語」に収録されていますから。

ビリー・ジョエルを色々調べていくと、必ずよく比較として取り上げらるアーティストがエルトン・ジョンとポール・マッカートニーなんですよね。
同じピアノ・マンとしてエルトン・ジョンは理解出来るんですけど、ポール・マッカートニーがわからない。

ポールってビートルズのメンバーじゃないの? そんなに影響された痕跡があるの?
って感じで、どんどん深い沼に入っていくのでありました、w

この2枚のアルバムはビリー・ジョエルの代表作でもありますので、アルバム収録曲を聴くにはそれほど苦労しないと思います。

アルバム収録曲はウィキペディアで調べられますし、ほとんどの曲はYouTubeで聴く事が出来ますので。

ビリー・ジョエルなんて全然知らない、って人は取り敢えず「オネスティ」と「素顔のままで」だけでも聴いてみてください。

素敵な曲ですので(^^♪

2020/9/30 02:27  [2265-4201]   

世界最初の全集ですね(^^) 初めて購入した全集。 まさしく爆演!! グレン・グールドによる選集。

コラム: 私の愛聴盤シリーズ ベートーヴェン ピアノ・ソナタ全集、選集編

頑張ってますね〜意外と、私、w

今回は私が最も敬愛する作曲家、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集、選集からチョイスしてみました。

左から、いきましょう!!

アルトゥール・シュナーベルによる、世界最初のベートーヴェンのピアノ・ソナタの全集です。

1932年から35年にかけての録音なので、当然ながら音も悪いです。

おそらく最も下手クソな全集と言っても過言ではありません、w
そんじょそこいらにいる、ピアニストを志望して学んでいる学生さんの方がよほど上手いでしょう。
時代的な録音の制約もあったのだと思いますが、一発録りのため、ミスタッチも非常に多く、そう言った意味でもお勧め出来るような代物では無いです。
技術的に不足しているのは誰が聴いても明白なのですが、非常に素晴らしい演奏がこの全集にはあるのです。
第30番の第3楽章、私の中ではこれ以上素晴らしい演奏はありません。
誰も今更この全集を聴く人が居ないのか、この30番の演奏について、感想など述べているものさえ見た事がありません。
シュナーベルを超える演奏を探して、ありとあらゆる、ピアニストの演奏を聴いてみましたが、この第3楽章だけはダメです、まさしく不滅の名演となってますね。

2番目はヴィルヘルム・バックハウスによる2回目のステレオ録音による全集。

私が一番最初に購入した全集でもあります。
人によっては、もう少し早い時期に録音されたモノラル録音の1回目の全集の方がテクニカルの面でそちらの方が良いという方もおられますが、どっちしろ全盛期をとうに過ぎた時期に録音されたものなので、音質的に聴きやすいステレオ録音の2回目の全集を選択された方が良いと思ってます。

ベートーヴェンのピアノ・ソナタを語る上で、バックハウスは外せません。
と言うのは昔の話で、私はこの全集を積極的にお勧めする気にはなれません。
私個人では、非常に素晴らしいとは思いますし、唯一無二の全集だと思っておりますが。
時代的にやはり古いですよね、洗練された演奏でも無いので、好きな人が買えば良いというスタンスを取っています。
しかし、まるで、ベートーヴェン本人が弾いてるかと錯覚するほどなので、大変な名盤だとは思いますね。

3番目はスヴァトスラフ・リヒテルによる、ソナタ選集。
「悲愴」「熱情」第12番が収録された、モノラル録音によるものですね。
なんと言っても、「熱情」の最終楽章が凄い! 
コーダの部分はもう何がどうなってるのかさえわからない、w
まさしく、熱情的な爆演となっており、そんじょそこらのロックもお手上げのカオス状態となっております、w
これも一歩間違えば、いわゆるゲテモノ的な演奏と感じる人もいるでしょうから、ちょっと積極的にはお勧めしにくいですね、間違い無く凄い演奏なんですけど。
個人的には愛聴盤であることに変わりはないものですが。

4番目はグレン・グールドによる、ピアノ・ソナタ選集。

こちらは2つの2枚組で構成された選集であって全集ではありません。
グールド自身が好きな曲だけ録音したのか、全集を完成させようとして出来なかったのかわかりません。
とりあえず、「熱情」でも聴いてみると、遅い、あまりにも遅い、w
私が好きな30番の第3楽章を聴いてみると、早い、あまりも早い、w
ちょっと、ふざけているんでしょうかね、w
こんな訳で、これはグールドファン以外にはお勧め出来ないピアノ・ソナタ選集ですね、w

とまあ、こんな感じなんですが、結局お勧め出来る様なものが一つも無い、w

私の愛聴盤は無視して、好みに合う全集を頑張って見つけてみて下さい、w

さいなら〜(^○^)

2020/10/1 04:14  [2265-4221]   

名盤ですね(^^) 幻想交響曲史上最も強烈な演奏。 評価の高い名盤?? 大好きなポール・パレー盤

コラム: 私の愛聴盤シリーズ ベルリオーズ 「幻想交響曲」編

もうネタが尽きたか、と思っていた方も多いでしょう。

書くのはいいんですが、画像を添付する作業の方で、てんてこ舞いでして、w

まず、CDを探さないといけないわけで、これが最初の難関なのです←整理整頓せんかい( ̄▽ ̄)

次に写真を撮らないといけないでしょ、これがめんどくさい作業でありまして(^_^;)

まあ御託はこの辺にしてですね、早速いってみましょうか!!


左からシャルル・ミュンシュ指揮パリ管弦楽団の演奏。

評論家からもこの盤を絶賛する声は多く、「幻想交響曲」の名盤で必ずと言って良いほど、あがるのがこのCDです。

私は多くの音楽評論家が称賛するCDというのは基本的に嫌いなのですが、さすがにこのCDまで否定してしまったら、単なる天邪鬼となってしまいます。

ミュンシュ指揮の「幻想交響曲」ではパリ管弦楽団ではなく、1962年録音のボストン交響楽団による演奏の方が良い、という人もおられますが、どちらか一枚、という事であれば、わかりやすく楽しめるパリ管弦楽団の演奏をお勧めすると思います。

情熱溢れる名演ですので、これを購入して失敗した、とはならないと思うんですよね。
この演奏に対してあれこれとケチがつけられる人は余程の通だと思いますし、最初の一枚としてもお勧め出来るものだと思います。


2番目はエフゲニー・ムラヴィンスキー指揮、レニングラード・フィルによる演奏。

数ある「幻想交響曲」の演奏の中でも最も強烈なものでしょう。

画像添付してあるCDは海賊盤なので、現在は入手不可能だと思われます。(中古だったらあるかも)

音が悪いので、これは「幻想交響曲」のCDを10枚近く持っているような方でもない限りお勧めは出来ません。

ムラヴィンスキーによる「幻想交響曲」はちゃんとしたレーベルからも発売されていますので、興味のある方はそちらのCDを購入した方が良いでしょう。
(私が所有している海賊盤とほぼ同じ頃の演奏なので、基本的アプローチは変わってないと思います。)


3番目はチョン・ミュンフン指揮パリ・バスティーユ管弦楽団による演奏。

「幻想交響曲」史上、最も話題となった演奏だと思いますね、これ。

指揮者のチョン・ミョンフンは、著名なヴァイオリニスト、チョン・キョンファの弟さんですね。
(チョン・ミュンフンと記載されていましたので昔は、なので、どちらでも間違いではないです。)

1995年度レコードアカデミー賞受賞したCDでもあります。
が、何度聴いても、この演奏の魅力がわからない。

確かに新人指揮者の演奏としては良い出来になるのかも知れませんが、これよりも魅力的な「幻想交響曲」はいくらでもありますので、
音楽評論家達がこぞってこのCDを絶賛した理由が私にはわからないですね。
これを機に、音楽評論家の推薦盤は当てにならないもの、となった記念碑的名盤です、w


4番目はポール・パレー指揮デトロイト交響楽団による演奏。

「幻想交響曲」では私の最大の愛聴盤がこのCDとなります。
ドヴォルザークの「新世界より」でも、愛聴盤として、このポール・パレーのCDを紹介してますが、

ポール、パレーはフランス生まれの指揮者ですから、いわゆるお国ものの演奏ってやつですね。

この演奏も何故かあまり評価されていません、多分、名曲、名盤の類の書籍で探してもこのCDを名盤として紹介してあるものは非常に少ないと思います。
それでも、「新世界より」かはこちらの方がお国ものの演奏なので、それなりに評価されて良いとは思うんですが。

ドヴォルザークの「新世界より」同様、早めのテンポで演奏される実に爽快なもので、「幻想交響曲」特有のドロドロとした感は全く無く、そういった意味でも非常に気持ちよく聴ける名盤です。

第一楽章はどの指揮者よりも早いテンポで演奏されており、疾風のごとくと言ったもので、おそらく最速のテンポによる演奏ではないでしょうか。

カラヤンだとオーケストラが重過ぎて楽しめないって人には是非聴いてもらいたい、うってつけの演奏だと思います。

早いテンポで演奏される、爽快さと切れ味を楽しめる、ポール・パレー盤はもっともっと評価されて然るべき名盤だと思うのですけどねえ。

ベルリオーズの「幻想交響曲」を初めて聴くって人には一番最初に紹介したシャルル・ミュンシュのCDの方が良いでしょうね。

画像添付が4つまでしか出来ないので、4枚しかコメントしておりませんが、これ以外にも素晴らしい演奏はたくさんありますので、好みの演奏を探してみて下さい。
(古楽器派の演奏を紹介出来なかったのは残念ですが、良い演奏はありますよ♪)


2020/10/4 02:28  [2265-4289]   

比較に使用したCD

コラム : 伝説の名機 ゼンハイザー HD650

ふとした経緯でゼンハイザーの傑作ヘッドホンHD650がただ同然で我が家にやって来ました。

私が買い揃えたイヤホン、ヘッドホンはどれも安室奈美恵さんの楽曲を気持ち良く聴く為に選択したものばかりですので、私の音楽の原点でもあるクラシック音楽は完全に無視した形となっております。

ほぼ1年半にわたり、安室奈美恵さんばかり聴いていましたが、ここ最近は再びクラシック音楽を聴く機会も増えたので、クラシック音楽に定評のあるヘッドホンが一つ欲しいなあ、なんて思っていた矢先の出来事でした。

イヤホンに比べるとヘッドホンは本体が大きいので、手持ちのヘッドホンを全て使える様にする事はスペースの関係上、難しく、お気に入りのヘッドホン、5本を主体として使用しておりました。

1、FOSTEX TH900
2、TAGO T3-01
3、JVC HA-MX100Z
4、GRADO SR325e
5、オーディオテクニカ ATH-SR9

TH900だけがハイエンドで、後はミドルクラスのヘッドホンばかりです。
2と3はモニターヘッドホン、4と5がリスニングヘッドホンという事になりますね。

今回は新しくHD650が仲間入りした訳ですが、スペースの関係上1本はしばらくの間冬眠して頂かないとならない。

私は音楽を聴きながら眠ってしまうという特性があるので、最も気軽に使えないTH900くんにしました。
(しばしの間さようなら、TH900殿。)

さてさて、クラシック音楽を聴くのには最高峰との声もあるHD650の実力は如何に、
という事で、今回はオーテクのSR9とGRADO SR325eとで聴き比べてみました。

CDは1995年度レコードアカデミー賞を受賞した、チョン・ミュンフン指揮の「幻想交響曲」。
レコードアカデミー賞を受賞するくらいですから、それなりに音質は良いだろうと判断しました。

3つのヘッドホンはインピーダンスが32Ω〜300Ωとかなりの開きがありますが、ほぼ同じボリューム位置で聴いています。

製品レビューでは無いのですが、見た目の作りはHD650が突出してますね。
ドライバーはSR9が最も高性能な作りのものを使用していると思われます。
また、SR9だけが密閉型で、SR325eとHD650は開放型という違いがありますね、これも非常に大きなポイントです。

ヘッドホンアンプはDENONの310USB、フルデジタルヘッドホンアンプです。

3つのヘッドホンに価格の大きな差異はありません。

まず、クラシック音楽では最高峰との声もある、HD650で聴いてみました。
開放型特有の音抜けの良さ、厚みのある音、空間表現力、刺激的な音を全く鳴らさないマイルドで上品な音。
しかしながら、高域が籠もった感じもあり、これが、エージング不足によるものなのか、アンプとの相性の悪さなのかが、現時点ではわからない。
私としては、純正ケーブルによる影響が最も大きいと思っておりますが。

オーテクのSR9、このヘッドホンだけリケーブルしており、付属のケーブルでは使用しておりません。

高域における超高解像度はSR9の特色の一つであり、現代的なEDMに代表されるような楽曲では素晴らしく気持ち良く鳴らしてくれます。

「幻想交響曲」は作曲された当時においては異例とも言えるほど、金管がふんだんに使用されているので、金管楽器を綺麗に鳴らしてくれるという点に関してはSR9の方が明らかに上です。
しかし、これが同じCDか?というほどに鳴り方が違いますねえ。
今ではすっかり存在感の無いSR9ですが、これは数あるオーテクのヘッドホンの中でもかなり実力派の傑作機では無いでしょうか。
特にクラシック音楽に関して、このSR9が比較として出てくる事は無いと思いますが、ここまで鳴らしてくる以上、決して無視出来ないヘッドホンではあります。
個人的には今回の「幻想交響曲」のCDに関する限りではHD650よりも魅力的に聴かせてくれます。
ただ、HD650に敵わないのがあるとすれば、音の立体感でしょうね。SR9は比較すると平面的に聴こえます。

ロックホンとの異名を持つSR325eはRock好きには定評のある、こちらもロングセラーの定番のヘッドホンです。

作りは非常にチープ、オンイヤータイプで、しかも装着感がすこぶる悪い。
ベストポジションからも僅かな動きでズレてしまう、という問題だらけのヘッドホンでもあり、こういった価格帯で今更このヘッドホンを購入される方は居ないと思われます。
しかもRockでは無く、クラシック音楽での比較ですから、明らかに分が悪い。
と思いきや、全てが圧倒的に突き抜けてますなあ、このヘッドホン。
音抜けの良さはHD650とは比較にならないほど素晴らしい。
試聴用に使用したCDの音質の良さが実感出来たのはSR325eのみ、
アンプとの相性もあるのでしょうが、「音」のみで評価するのであれば、一つ上どころの話では無いです。
低音から、高音までの素晴らしいバランスと言い、ちょっと勝負にならない感じですね。
最もこのGRADO SR325eはケーブルに異常とも言える物量投資をしているので、この辺りに素晴らしいサウンドを奏でる要因がありそうですが。

問題のHD650は一度、LUXMANのハイエンドクラスのヘッドホンアンプで素晴らしい音を体感しておりますので、単純に私の使用しているヘッドホンアンプが力不足なのでしょう。

それでもやはりすんなりと納得出来るはずも無く、実力を存分に発揮出来る環境を考察してみたいと思うところです。
付属ケーブルからリケーブルしてどれだけの変化があるか、非常に興味のあるところです。
(ゼンハイザーの付属純正ケーブルの品質は私は信頼しておりませんので)

それでもHD650に戻して聴いてみると、何時間でも聴いていられる、いわゆる聴き疲れとは無縁なヘッドホンだということが実感出来ますね。

超ロングセラーモデルなので、現在の価格は非常にお値打ちなものであり、古いモデルではありますが、まさに今が買い時と言っても過言ではありません。
が、真のポテンシャルを発揮させる為にはそれ相応のヘッドホンアンプが必要ですね。

2020/10/5 15:16  [2265-4314]   

コラム: ゼンハイザー HD650の謎。

ゼンハイザーの名機 HD650は、1997年に発売されたHD600というヘッドホンを元に制作されたモデルで、2003年発売当時のフラグシップヘッドホンです。

当時としては一般ユーザーからため息が出るほどの高額ヘッドホンで、音楽ファンの憧れの製品だったと思います。

ゼンハイザーは、わからないところで、たびたびリニューアルしているので、発売当初のモデルと現在発売されているモデルとでは細部が異なっている部分があちこちにあるんですね。

タイトルの「謎」というのは、再生周波数帯域の問題ですね。

発売当初のスペックではこの再生周波数帯域が、10〜39,500Hzとなっています。

ハイレゾ対応ロゴを取得するには40,000Hzまで必要なので、僅かに及びません。

そして、現在発売されているモデルは、これが10〜41,000Hzとなっています。
当然ながら、パッケージにもハイレゾ対応ロゴが付いています。

明らかにハイレゾ対応を意識した、スペック変更である事はわかるのですが、ゼンハイザー側はその点についての言及が一切無いんですね。

何処かをいじらなければ、再生周波数帯域の拡張は出来ません。

ですが、ドライバーをはじめ、音質に関連するものには改良を施したというアナウンスがありません。

専門店のスタッフに聞いてもこれはわからない、との事。

何処もいじらないで、再生周波数帯域が、ハイレゾ対応まで拡張してしまっているという事になります。

「謎」では無いですか?

コアなヘッドホンファンによると、再生周波数帯域が違う、2つのHD650では音が違うと言うんですね。

〜39,500Hzと〜41,000Hzまでの音は人の耳では確認のしようがありませんが、実際の音質が違うとなれば話は変わってきちゃいますよね。

ハイレゾ対応していない旧パッケージモデルの方が音質が良いと言う人が多いそうです。

とある専門店のスタッフさんに聞いてみましたが、聴き比べても新旧のモデルで、音の違いは判別出来ないそうです。

イヤホン、ヘッドホン関連に詳しい人物にコンタクトを取って事情を聞いてみました。

箱が全てだと、言うんですね。
箱が本物であれば、その中に入っているヘッドホンが偽物であってもわからないそうです。

つまり、ヘッドホン本体だけでは本物か偽物か判別する手段は無いそうです。

そして、スペック表記が変わってしまった、再生周波数帯域に関しては、メーカーサイドの主張でどうにでもなると。

つまり、音に関わる部分は何処もいじってなくても、測定する装置を新しい最新の機器で測定し直したら、〜41,000Hzまで出ていたと申告すればそれで通ってしまうという事らしいです。

初期型モデルと、現在発売されているハイレゾ対応モデルは製造国も違います。

初期型はmade in ireland
現在のモデルはmade in romaniaとなっています。

これもヘッドホン本体には刻印されておりませんので、「箱」が全てとなってしまいます。

もちろん、製造国によるヘッドホン本体の違いは本体だけでも確認する事は出来ます。

ヘッドバンドのロゴ位置。
R、Lの表示が外側から内側に移動。

しかし、これらを確認したところで、本体が本物か偽物かはわからないそうです。

安心して使用する為にも、購入に関しては、信頼出来るショップで購入した方が良いでしょうね。
(中古品は特に危険だそうです、本体だけみても専門店のスタッフでさえ判別不能らしいので。)



2020/10/8 18:03  [2265-4335]   

 m56059さん  

tam-tamさん
いや〜 センヘイサー祭りになっておりますね〜!

いや〜センヘイサーという名称良いですねー!
私、超超超気に入っております!!
ストレートに笑えるし、たしかにセンヘイサーって読めるし、かといってお洒落な雰囲気もあるし、私の今月の流行語大賞を受賞致しました!

私も私見をあれこれと書いてみます〜
まず忘れないうちに。HD650は御紹介したJoey Alexanderさんにとっても合っていると思います。
IER-Z1Rにも合うのでしょうね〜
こういった、低域支配気味(彼のピアノは低い鍵盤が多いのかな)の音源で、しばしばスカーーンと高域が噴出する音源が合うのかなと思っております。先回紹介したアルバムも良いと思うのですが、私は下記の音源の方が最近好きです。↓
Countdown
ジョーイ・アレキサンダー
https://www.youtube.com/watch?v=AqS1DvRP
wHA&list=OLAK5uy_kk_WXbsuw5aRmU39cAH
xzAT_vXH4OAfGg


イヤーパッドのお話しありがとうございます。
dekoni audio なんとなく名前だけは知っていました。
私も実はイヤーパッド交換には興味は若干だけあります。まだ変えませんが。
本機のイヤパはベロアで感触も良いのですが、低域爆音で聴くとブルブル震えてきます(スキャルキャンディのHPのように)。それが好ましい時もあるのですが、基本的にはうっとうしいし
音質にも若干の影響が出てるのでは??と思ってしまいます。K812は人工皮であるからかまったくそういう事はありません。もし将来的にHD650の音を変えたくなったら、変えてみようかな。
ただ、K701のイヤパ交換で失敗しているので慎重になってしまいます。イヤホンのイヤピと同様、
イヤパ交換は確実に音質を変えますから。dekoni audioのサイトを見ましたが、
HD650の低域を一番損なわないイヤパはどれなんでしょうね?
https://miyaji.co.jp/DekoniAudio/model.p
hp?model=Sennheiser%EF%BC%88HD600%EF%BC%
89


ちなみに私のK701イヤパ失敗交換って縁側で検索できますでしょうか?
あっ!!試聴のタグ付けありがとうございました!なんと機種別ではありませんか!!
大変な作業だったでしょう! ありがとうございました!
あ、そうか K701タグで調べてみます。

HD650のリニューアルとニセモノについて

私はsandalさんのサイトで購入前に調べました。
https://sandalaudio.blogspot.com/2017/02
/hd6xx-hd650.html#more

発売当時のものと比べて「箱」もずいぶん簡素化したみたいですね。
2007年のリニューアルでドライバ周辺のバッフル材が、従来の黒から、銀色の布地に変更されているそうで、「昔のHD650の方が音が良かった」という方はそちらの方が好みだったのかもですね。
再生周波数帯域の表示の変化 にももしかしたら関係あるかも。
また、昔のHD650ってもう少し緑がかったような イヤパは茶色っぽかったような気がします。
アマゾンで「出品者からの販売」 で昔っぽいのはあったのですが、ニセモノの可能性を否定できなかったため迷った上、こちらからは買いませんでした。
また他のサイトで(価格ドットコムだったかな?)箱に貼ってある小さなホログラムシールがニセモノとの鑑別の手法の一つ とありました。
なんせヘッドホンの王様ですからニセモノも多く出回っていると思います。
私は、センヘイサー社のHPから販売代理店を一応調べて、アマゾンとeイヤホンなどが候補にあがりましたが(アマゾンポイントで買うのが前提)、アマゾンは他よりも高く、eイヤホンは在庫が無く
、結局アマゾンポイントが使えて価格も休めのセン社指定店のオーディオ逸品館で購入致しました。9月に4連休があったでしょう。ギリギリ連休の前日に当初は着弾するメールも来て連休中は聴き倒す予定だったのですが、突然「出荷会社(下請会社?)が休みのため着弾は1週間後です」というメールが来てがっかり… 9/25に届いた顛末になりました。

R、Lの表示
金属の内側に刻印されていて慣れるまでどっちが右かわかりにくいですね。
そういえばR70x先生はわかりにくかったです。あんまりわかりにくいので私は右側の部分の音に関係なさそうなところに赤い糸を巻き付けてました(笑)。
HD650では、側面から見てHD650のロゴがやや前側に,ハウジングは斜め前方に傾斜して付いているところを参考にしてかぶっています(私、暗闇で聴くのが好きなので見えなくてもできるようになりました。)。

現在エージングは100時間ってくらいでしょうか…
価格ドットコムのレビューでエージング何時間しましたってよく出ていますが
私、初期の頃は「タイマーかなんかで測っているのだろうか…」と本気で思ってました。
みんなどうやって計算しているのだろう…

という感じで、HD650について思いつくまま書いてみました。






















2020/10/8 21:25  [2265-4336]   

m56059さん

こんばんは(^^)

センヘイサーファン倶楽部でも作りましょうかね、w

発売から随分と経っておりますが、今こそ買い時って気がするんですよね。

この価格で、この音質、質感も素晴らしいですし、なんといっても発売当時はゼンハイザーのフラグシップモデルでしたから。

ジョーイ・アレキサンダー
こちらは夜中にでも聴いてみます(^^♪

YouTube音源とか聴くぶんには何の問題も無いんですよ。

DDD、デジタル録音のクラシックCDがどうにもダメで、ちょっと謎なんですけど。

クラシック御用達ヘッドホンなんて言われたりしますが、安室ちゃんのライブ音源とか最高じゃないですか(^^)

音の立体感に関しては手持ちのヘッドホンの中では一番ですね。


<私も実はイヤーパッド交換には興味は若干だけあります。まだ変えませんが。
<HD650の低域を一番損なわないイヤパはどれなんでしょうね?

私は、TH900でハイブリッドイヤーパッドを使用していますが、良いですよ。
ベロア素材ですと、低域がどうしても外に逃げてしまいますから、替えるのであればシープスキンが良いのではないでしょうか。
そのかわり音場は狭くなりますけど、K812との使い分けを考えているのでしたら問題無いと思います。
耳にあたる部分をスエードにしてあるのがハイブリッドですね、価格が少し高くなりますが、夏場も快適に使用出来ます。


<ちなみに私のK701イヤパ失敗交換って縁側で検索できますでしょうか?

これは多分、タグ付け出来てないですね。
試聴に行ってきました、という掲示板だけしかまだやっていないので、

<2007年のリニューアルでドライバ周辺のバッフル材が、従来の黒から、銀色の布地に変更されているそうで、

え?2007年にもリニューアルしているんですか、これは知りませんでした。
2014年にもリニューアルしているんですよ、
HD660Sが発売された2017年にもリニューアルが行われていると思います。
2019年にはパーケージリニューアルですね、現在みたいな簡素な箱になっていますね。

<また他のサイトで(価格ドットコムだったかな?)箱に貼ってある小さなホログラムシールがニセモノとの鑑別の手法の一つ とありました。

このホログラムシールが貼ってあるものは間違いなく本物だったみたいですが、現在はこれをやめてしまってますね。
この箱に偽物のHD650を入れても、判別出来ないそうなんですよ。
これはイヤホンに関しても同じだと聞きました。

とにかく本体だけでは本物かどうかわからないみたいです。
包装されている箱に入っているものは箱が本物であれば中身も本物らしいです。
なので、信頼出来るショップで購入した方がいいみたいですね。

オーテクのSR9とほぼ同価格ですが、どう見ても同じ値段のヘッドホンには見えません。
側圧は少し強いですが、ほんとに軽いですね〜、長時間のリスニングは凄く良いです。

ソリッド系のイヤホン、ヘッドホンばかりでしたので(IER-Z1Rは例外ですが)、この暖かみあるサウンドが非常に心地良いです。
ですので、気がついたら眠っていた、というのがもう3回もあるんですよ、w
気をつけないといけないですね(^_^;)

センヘイサーファン倶楽部、入会しませんか?
イヤーパッドの音質の情報交換とかしましょうよ。
私はシープスキンかハイブリットを購入する予定ですので、私の購入後、感想をお伝えしますので。

リケーブルもアンバランスですけど、予定済みです。
m56059さんのアンプですと、バランス接続した方が絶対良い音になると思いますよ(^^♪

2020/10/8 23:04  [2265-4337]   

 m56059さん  
収納状況。長いケーブルは吊るすやつに引掛けて超快適運用。

tam-tamさん

忘れてました。これプレゼントです↓
◆◆◆1000曲_超高音質_04_チャンネル紹介用_クラシック専用_HQ Sound_classic
https://www.youtube.com/playlist?list=PL
GyF-ELpFtxzF6tVymF54wVkkWGGf9-0e

私は聴いてないけどね。

側圧 強いですね。ハウジング直上の金属部分を時々曲げ曲げしていますが、すぐに戻ってしまいますね。センヘイサーHD650 頑固者です。そこが良い所でもありますが。
いやや私は寝落ち無理です〜 1時間くらいでとっちゃいますが、またかぶりたくなる所が良いところ。

センヘイサーファン倶楽部 良いですね〜
私もシープスキンを考えていました。K812のイヤパは人工合皮のためかブルブルしないからです。
レザーと音質的にはどう違うのかな? dekoni audioイヤパ使用者の作った役立つブログとかありませんか?

HD650のバランスケーブルに関する現在の私の思いですが、以前にBigshooterさん宛に書いたものを
下記に貼り付けます。
>HD650につきましては、バランスケーブルの存在は知ってはいたのですが
まずは長いエージング期間を終わらせ、世界を魅了したシングルエンドでの出音を堪能してから
もし飽きてきたらバランスにしようかな〜 なんて考えておりました。

できるだけ現行のHD650の音質は保っていたいので、将来的に買うなら純正のバランスケーブルかなあ〜 高いけどね。もっと安いバランスケーブルも売ってるけどね。eイヤに複数置いてあって試聴ができるといいけど、高音が伸びるようになったとか解像度が上がったとかになるのかもだけど、
それはHD650の音なのかな〜 だったら他のヘッドホンを とかそれならK812があるじゃないとか… なんて私的に今は考えてしまうのでした。




2020/10/8 23:54  [2265-4339]   

m56059さん

いつの間にか、寝落ち〜〜、←IKKOか、w

いや〜、またやっちまいましたよ( ̄▽ ̄)

今回もHD650くん無事でしたけど、w

アブね〜な〜、センヘイサー、w

こんなに秒殺で寝落ちするなんて事、今までなかったんですけどね〜。

<忘れてました。これプレゼントです↓

ありがとうございます(^^)

<dekoni audioイヤパ使用者の作った役立つブログとかありませんか?

私も探していたんですけどね、無いんですよね〜(^_^;)

エリート・ベロアとスエードは却下なんですけど、
シープスキンとレザー、これがどう違うのか、気になりますよね。
確か、シープスキンの方が高価だったので、こちらの方がつけ心地が良いんだと思います。
メッシュレザーも気になります。確かTH900のレビューでは、低音がスカスカになるとか書いてありました。
(穴が空いているので、そこから低音が抜けてしまうみたいです。そのかわり音場が広いみたいです。)

SR9はレザーなんですよ、夏場は汗で、びっしょりになってしまいます。
一番低音がドシっと鳴るのはレザーかシープスキンで間違いありません。

私が見たのは英語のレビューなので、完全には読めていないんですけど、BAD!BAD!って書いてありました、w

<できるだけ現行のHD650の音質は保っていたいので、将来的に買うなら純正のバランスケーブルかなあ〜 

アンバランスで音量取れているのなら良いんですけどね。

バランスだと、R+、R-、L+、L-、と4つのアンプを使うのですけど、アンバランスだと、その中の一つしか使用しないみたいで、出力が4分の1になってしまっているでしょう。
他のメーカーもバランス駆動で最も良い音がなるように設計されているのは同じなんですけど、ここまで、綺麗に4分の1になってしまっているアンプというのもあんまりないんですよね。
設計が素直と言えば素直なんですよ、あんまり弄らずに作っているので、ウォークマンとかも同じですね。
今の音が好きであれば、そのままアンバランスで使用していた方が良いかもしれませんね。
バランスケーブルにすると、多分、かなり変わると思います、全体的にかなりシャキッとしてしまうでしょうね。
Bigshooterさんがおっしゃるには低域が主に変わるって言うので、無試聴購入はかなり危険だと思います。
優しい低域がHD650の魅力の一つですから、分離感が高まり、解像度が高くなり、キレのある低域になってしまうと思われるので。
私はSE846でしか、バランス、アンバランスの比較をした事が無いので、違いがわからなかった記憶がありますが、大音量で聴いてしまっているのと、低域にフォーカスを当てて聴いていないので、わからなかったんでしょう。
それにSE846は超低インピーダンスのイヤホンですから、音量は十分取れてしまうんですよ、アンバランス接続でも。
比較に使用したイヤホンが悪かったですね、完全に。
もともとシャッキリと鳴るイヤホンですからね。

HD650の純正ケーブルから、バランスケーブルに変えたら、かなり変わってしまうでしょう。
豊潤なワインのような音を楽しみたければ、純正ケーブルのまま使用した方が良いと私は思います。
SONYのアンプの実力を解放するのであれば、断然バランスで鳴らした方が良いでしょうけど。
試聴が出来るのであればそれが一番いいんですけどね(^^♪

2020/10/9 05:28  [2265-4340]   

ドリーミング 愛のかたち

コラム: 私の愛聴盤シリーズ ケイト・ブッシュ編 パート1

ポピュラーミュージックに戻りましたが、いよいよ怪しくなってきましたねえ、w

英国の歌姫、ケイト・ブッシュの名前を知っている人がどれほど居るか。

世界中の誰もが知っているであろうMadonnaと同い年なんですね。

本来なら、ライバルとして比較されても良さそうなもんですが、完全スルー状態ですね、w

ケイト・ブッシュの経歴については、パート2で簡易的に書く予定でおります。

それではいってみましょう!!

左が4thアルバム「ドリーミング」、右が3年後に発売された5thアルバム「愛のかたち」です。

1982年に発売された「ドリーミング」は全編狂気に満ちた、傑作アルバムです。

全10曲のうち、まともな曲は一つもありません。

36トラックMTRしか無かった時代に、ケイトは2台の36トラックMTRをシンクロさせた72トラックに及ぶ多重録音でも話題になったアルバムです。

と言っても、72トラック、フルに使用しているのはおそらく、Bサイド一曲目の「ドリーミング」だけだと思います。

私が一番最初に購入したケイト・ブッシュのアルバムが、この「ドリーミング」です。

Aサイド一曲目の「サット・イン・ユア・ラップ」から尋常ではない狂気が見え隠れしています。

聴いていて非常に怖い曲が多いです。

3曲目の「ピンを引き抜け」も怖い曲ですが、それでもなんとか聴けるレベルです。
Aサイド5曲目の「リーヴ・イット・オープン」とBサイド5曲目の「狂気の家」になるとちょっと怖すぎて、聴く事が出来ません。

私が好きなのは、Aサイド4曲目の「ガッファにて」とBサイド4曲目の「フーディニ」ですね。

フーディニとはなんぞや、と思っていたのですが、仲間由紀恵さんと阿部寛さんが主演されていたドラマ「トリック」を観ていたら、伝説のマジシャン、ハリー・フーディーニについての説明がありました。
英語のスペルも一緒ですから、おそらく、このフーディーニの事なのでしょう。

美しい弦楽器の旋律が流れる「フーディニ」は良く聴きましたね。

ケイト・ブッシュはこのアルバム制作後に精神がおかしくなり、精神病院に入院した、と言った噂も流れたほど、全編、狂気に満ち溢れています。

彼女しか作り得ない、唯一無二の傑作アルバムですね。


「ドリーミング」から3年後、1985年に発売されたのが「愛のかたち」です。

72トラックを使用した「ドリーミング」の異常さとはガラリと変わって、Aサイドにはキャッチャーな曲がずらりと並びます。
明らかにヒットを狙って作曲されたもので、私はこのAサイドを聴いた時にガックリとした記憶があります。

ケイト・ブッシュは非常に裕福な家庭環境だったとはいえ、シングル、アルバムが売れなければどうしようもありませんから、これはこれで致し方無し、と諦めた思い出があります。

と言うのも、Bサイドの出来が非常に素晴らしかったからなのです。

6曲目の「羊の夢」から、「氷の下」、「魔女」と切れ目なく演奏される楽曲は、ビートルズの「アビイ・ロード」を彷彿させてくれます。

Aサイドのキャッチーな曲とは変わって、こちらはケイト・ブッシュ節が存分に炸裂しています。

私が特に好きだったのが、「魔女」と「ジグ・オブ・ライフ」で、これは何回聴いたか数えられないほどです。

またAサイドも随分と聴きやすくはなっていますが、5曲目の「クラウドバスティング」はPVも良く出来ており、非常に完成度が高い楽曲です。

2曲目の「愛のかたち」、はケイト・ブッシュの最高傑作に入る曲でもあり、今でも好きで良く聴きます。

最初はヒットを狙った曲ばかり作ってるなあ、と思って嫌悪していたのですが、よくよく聴いてみるとバランスが絶妙で、完成度も高く、素晴らしい曲が多いのです。

これほどの素晴らしいアルバムは10年に一枚あるか、と言ったレベルで、非常にお勧めですね。

最も、このアルバムの真の素晴らしさを知るためには、前作「ドリーミング」も必聴のアルバムとなるのです。

Madonnaと同い年である、ケイト・ブッシュの異彩が遺憾なく発揮された、この2枚のアルバムは聴く者を虜にして止みません。

聴かぬは一生の損、と言っても過言では無いアルバムがここにあります。

音楽ファン必聴の傑作アルバム、ケイト・ブッシュの「ドリーミング」と「愛のかたち」でした。

2020/10/10 02:51  [2265-4349]   

ファースト・アルバム セカンド・アルバム サード・アルバム ベスト・アルバム

コラム: 私の愛聴盤シリーズ ケイト・ブッシュ編 パート2

ケイト・ブッシュ編 パート2です。

前回、紹介したアルバムよりも前に発売されたアルバムの紹介となりますね。

「愛のかたち」の次にベストアルバムを発売してますので、ケイト・ブッシュを堪能するのなら、デビューアルバムから「愛のかたち」までの5作で十分かと思いまして。

2000年以降に発売されたアルバムも決して悪くないものの、ケイト・ブッシュの強烈な個性が遺憾無く出ているデビューからの5作は非常に魅力的なのです。

一番左がデビューアルバム、「天使と小悪魔」です。

このアルバムに収録されている、ケイト唯一の全英ナンバーワンを記録した「嵐が丘」は明石家さんまの「恋のから騒ぎ」のオープニングテーマ曲として採用されたので、知っている人も多いのではないでしょうか。

デビューシングルでありながらも、すでに「ドリーミング」に表れる狂気の側面が若干ですが確認出来ますね。

16歳の時にピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモアにその才能を高く評価され、19歳でギルモアのプロデュースのもとアルバムデビューを果たしております。

全13曲から構成されているアルバムですが、Aサイド、2曲目の「サキソホーン・ソング」と5曲目の「少年の瞳を持った男」だけはデモテープからアレンジを施して収録されています。
16歳当時の若きケイトの歌声を聴く事が出来る貴重なものです。

時間をかけて制作されたものなので、アルバムとしての完成度は高く、独特の歌声とともにセンセーショナルなデビューを飾りました。


左から2番目はセカンドアルバム、「ライオン・ハート」です。

「天使と小悪魔」から、僅か8ヶ月後に発売されたアルバムだけあって、ケイトのアルバムの中で、最も完成度が低く、急ぎ過ぎた感がどうしても見えてしまいます。

ケイト自身もこのアルバムには満足しなかったようで、次作から、作詞、作曲だけでなく、曲のアレンジなども手掛けるようになり、遂には4thアルバム「ドリーミング」で、異彩の才能を爆発させるのです。

この様に、急いで制作されたアルバムですが、Aサイド3曲目に収録されている「ワオ(Wow)」はケイトの作品の中でも最も妖艶な雰囲気を持った傑作であり、私も大好きな曲であります。
この曲を聴くためだけに、このアルバムは購入出来ない、という方もいるでしょう。
でも、ご安心を、この曲はケイト・ブッシュのベスト・アルバムにも収録されていますので。

左から3番目はサードアルバム「魔物語」です。

より強烈なケイトの個性が色濃く出ている楽曲もすでにこのアルバムで感じ取る事が出来ます。

次作「ドリーミング」は狂気過ぎて聴くに耐えない、という方にはぴったりのアルバムではないでしょうか。

傑作と言って良いアルバムでしょう。
素晴らしい楽曲が多数、収録されています。

ポピュラーミュージックの枠を超えている、「夢みる兵士」と「呼吸」はこのアルバム屈指の傑作の曲で、ケイト・ブッシュ以外には作り得ない楽曲として必聴ものです。

Aサイド1曲目「バブーシュカ」から次曲「ディーリアス(夏の歌)」への切れ目のないブリッジも見事で、独特な曲調と共に異彩を放っています。

ファースト・アルバムを彷彿させる、「ウェディング・リスト」のような曲も収録されており、非常に完成度が高く、楽しめるアルバムに仕上げてあります。

ケイト渾身の傑作アルバムでしょう。


一番右のアルバムはベスト・アルバム「ケイト・ブッシュ・ストーリー」です。

が、なんかおかしくないか、このアルバムだけ、w
何やら連番のシールなど貼ってありますがな、w
まあ、これはとあるレンタル店で中古で購入したものです、w(鋭い方はもうお気付きかと、w)

ベスト・アルバムと言っても、単なるシングルの寄せ集めのアルバムではありません。

大ヒットした、デビューシングル「嵐が丘」は再録音されており、より表現力豊なケイトのヴォーカルが楽しめます。

新曲「エクスペリメントW」も収録されており、これ一枚でも、ケイト・ブッシュの魅力の片鱗は楽しめるようになっております。

比較的聴きやすい曲が多く収録されているので、このアルバムを聴いて抵抗感を感じる方も少ないかと思います。

ケイト・ブッシュ入門にはちょうどいいかもしれません♪

Madonnaと同い年、同世代のアーティストにこのような異彩を放っていた天才が居た事を知ってもらう為にも是非聴いて欲しいアーティストですね。


2020/10/12 07:40  [2265-4370]   

コラム: やっぱりSE846が好き!!

欲しい、欲しいと思っていたHD650がふとしたきっかけでただ同然で入手出来たので、最近はHD650に夢中になって音楽を聴いていましたけども。

発売されて20年近くになる現在も現役で販売されているだけあって、本当に素晴らしいヘッドホンなのですが。

ですが、ですが、やっぱり私はSE846の音が好き!!

安室ちゃんの曲を久しぶりにSE846で聴いてみてつくづくそう思いました。

素っ気無い表情で淡々と仕事をこなすOLみたいな音を鳴らすイヤホンなんですが、←なんという例えでしょう、w

私にとってSE846は原点にして頂点のイヤホンであり、唯一無二の宝物だと感じました。

マルチBA型イヤホンなので、低域の鳴り方がダイナミック型ドライバーとは全然違うんですけども。

何処が良いんだと聞かれましても、自分でもはっきりわかっておりません、w

しいて言うならば、自分に非常に懐いているイヤホンだから?←危ねえな、オイ、擬人化してるぞ、w

SE846以外にも魅力的なイヤホン、ヘッドホンはたくさんあるんですけどね。

良いイヤホンを探してます、って方にもSE846を勧めた事もありませんし。

懐くまでが非常に難しいんですね、SE846。

あれは嫌い、これは嫌だと駄々こねて、←大丈夫か、病院行った方が良いぞ、w

こんな時間にこんなことを書いているのも、SE846で安室ちゃんを聴いているからなんですよ。

モニターライクな音が好きな私ですから、自然とそういう系統のイヤホン、ヘッドホンばかり所有してますが。

そういった中で、HD650は思いっきりそういった系統から外れているんですよね。

わかりやすく言うとですね、アメリカ人の転校生がやって来たって感じなんです。

そりゃ、誰だって興奮するでしょ、ねえ。

でも言葉が通じないから、身振り手振りで表現するしかコミュニケーションが取れない訳で←誰か止めろや、w

そういった環境の中で、愛しのSE846の音を聴いてみて、ああ、やっぱり私にはこの子なんだなあとつくづく思ったんですよね。

世界中の人が全てアンチだって良いんです、私が良ければそれで。

そういえばもう一つ系統の違うイヤホンがありました、IER-Z1Rですね。

この縁側の最古参のメンバーである、m56059さんに言われて、ハッとしたんですよね。

なるほど、似ているなあ、と。

IER-Z1RはHD650のようなサウンドを目指して作られたイヤホンじゃないかと思いました。

m56059さんはHD650を「大人のヘッドホン」と言っておられましたがまさしくその通りで、包みこんでくれる包容力のある音を鳴らすヘッドホンで、心が安らぐんですよね。

装着感も良いですし、見ても惚れ惚れする外観ですし、これはこれで素晴らしいと思います。

遊園地でいうところのメリーゴーランドみたいな存在のヘッドホンなんですよね。

かたや、SE846はというと、ジェットコースターみたいなイヤホンなんですよ。

そう、刺激が欲しいんです、刺激が、私は刺激を欲しているのです。

だから、聴くと思いっきり疲れるんです、
しかし、それ相応の満足感を与えてくれるのです、
これはもはや、アレと同じですねえ、w (私は体験した事がないですよ、これマジね、w)

夜中にいったい何を書いているのでしょう、私は、w

久しぶりにSE846の音を聴いて興奮してるってのもありますが、

音を聴くまでちょっと不安だったんですよね、
ここ1ヶ月ばかり完全に放置状態だったので。

私の為にちゃんと鳴ってくれるのかなって、←いよいよ危ないぞ、w

意を喫して、再生ボタンを押したら、昔と同じ音が出ているじゃありませんか!
嬉しかったですねえ、忘れてなかったんですね〜、私のことを、

ますます強い絆で結ばれた感じがしました( ̄▽ ̄)

あら〜もうこんな時間?起きる時間じゃないですか。

いや〜、大事なスレッドを一つ使ってしまいましたね〜。

これ観覧している人も居るんだよなあ、大丈夫かな、おかしな人だと勘違いされないでしょうかね?、w

ちょっとまともな事も書いておきましょうかね、一応。

自分の手に負えない数のイヤホン、ヘッドホンを所有しない事ですね。

より良いと思えるイヤホン、ヘッドホンが見つかったならば、あまり使用しないイヤホン、ヘッドホンは処分してしまった方が良いです。

でないと画像のように収集がつかない状態になってしまいますので←整理整頓せんかい、w
(私のベッドサイドはご覧の様な有り様ですが、傷をつけてしまったイヤホン、ヘッドホンは一本もありません、大切に大切にしているのですが、こんな風になってしまうのですね、何故か、w)

2020/10/13 05:45  [2265-4374]   

バディ・ホリーのベスト盤

コラム: 私の愛聴盤シリーズ バディ・ホリー編

私にもまともな愛聴盤がありました(^^)

バディ・ホリーのベスト盤ですね、これ。

エルヴィスに強い影響を受けたアーティストとして購入したCDですが、これがなかなか良いのであります。

非常に真面目そうな好青年に見えますが、歴としたロックンローラーなのです。

彼の作曲した曲はビートルズもカバーしております。
「ワーズ・オブ・ラブ」という曲ですね。
ビートルズが作曲した曲だと思っていませんでしたか?

一度は耳にした事がある曲だと思います。

ビートルズのWords Of Love
https://www.youtube.com/watch?v=no-nuFTH
etE


こちらは本家、バディ・ホリーのオリジナルです。

Buddy Holly- Words of Love
https://www.youtube.com/watch?v=ZcuojSU_
hOY


どうでしょう、素晴らしくないですか?

代表曲を数曲リンクを貼っておきますね。

Buddy Holly - That'll Be The Day
https://www.youtube.com/watch?v=eq9FCBat
l3A


Buddy Holly - Peggy Sue
https://www.youtube.com/watch?v=QzDzt9lG
whM


このアルバム、1959年までの曲が12曲収録されていますが、ステレオ録音で、音も凄く良いんです。

同じ年代に活躍したエルヴィスとはちょっと違う魅力があるアーティストでしょう?

オールディーズファン、必聴のアーティスト、バディ・ホリーの紹介でした♪

2020/10/14 00:12  [2265-4379]   

大好きなトスカニーニ盤 男勝りのアルゲリッチ盤 アンチも唸るカラヤン盤

コラム: 私の愛聴盤シリーズ チャイコフスキー ピアノ協奏曲第一番編

またまたクラシック音楽に戻ってきました(^^)

冒頭の序奏部で演奏されるメロディはクラシック音楽を聴かない方も一度は耳にしたことがあると思います。

私も最初はこの序奏部のメロディにやられてしまい、全曲聴く事になったのですが、その後例のメロディはなんと2度と出てくる事は無かったのです。


例によってこの曲もアレやコレやとたくさんCDを所有してますが、添付画像は愛聴盤の3枚のみとさせて頂きます。

左から
アルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団、ピアノ:ウラディーミル・ホロヴィッツ(1943年)
キリル・コンドラシン指揮バイエルン放送交響楽団 ピアノ:マルタ・アルゲッチ
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ウィーン交響楽団 ピアノ:スヴャトスラフ・リヒテル

異論もあるとは思いますが、この曲に関しては上記の3人のソリストの演奏を聴けば十分だと思っております。

それ程、この3人のソリストの演奏が突出していますので。

手持ちの音源だとこの他に、
キリル・コンドラシン指揮モスクワ・フィル ピアノ:ヴァン・クライバーン(RCA盤、セッション録音)
クラウディオ・アバド指揮ベルリンフィルハーモニー ピアノ:マルタ・アルゲリッチ
エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィル ピアノ:スヴァトスラフ・リヒテル(1959年)
アルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団 ピアノ:ウラディーミル・ホロヴィッツ(1941年)

それとは別に私の近所に住むクラシック大好きなお爺さんから貸して貰った音源として、

ジョージ・セル指揮ニューヨーク・フィル :ピアノ:ウラディーミル・ホロヴィッツ
エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィル ピアノ:スヴャトスラフ・リヒテル(1958年)
エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィル ピアノ:スヴャトスラフ・リヒテル(1954年)

もともと、セル指揮ホロヴィッツの演奏を持っているというので、貸してくれる事になったのですが、
ムラヴィンスキー指揮、リヒテルの音源は私が所有しているものとは明らかに違うものですが、どちらも私が今まで知らなかった音源です。
ピアノは明らかにリヒテルだとわかります。
特に1954年となっている演奏のものは、第3楽章、コーダに入る直前のパッセージを物凄いスピードで弾いており、とても人間業とは思えない神レベルの演奏です、このレベルで弾きこなせるのはリヒテル以外に居ないでしょう、それ程に凄い!!
私が所有している盤は一般的に知られているものですが、この2つの盤はどちらも異常に素晴らしい!!
ジジイ、とんでもない録音を聴かせおって、w この盤はいくら調べても出てこんぞ、w

これらの音源は後で書く事にして、愛聴盤の方から書いていきましょう。

一番左のトスカニーニ盤は1941年録音と1943年録音があって、カップリングも同じ曲という事もあって非常に紛らわしいのですが、録音、演奏ともライブ録音である1943年盤の方が良いです。

日本に来日した時は大騒ぎになったホロヴィッツですが、(秋葉原の電気街のビデオデッキが売り切れて買えない状態)全盛期のホロヴィッツの演奏は凄まじく、超絶的なテクニック、ピアノの打鍵の強さ、他のピアニストの追随を許しません。

1943年のモノラル録音なので音質は悪いですが、この演奏を聴いてしまうとちょっと他の演奏は物足りなくて聴けなくなってしまいます、それ程に素晴らしい、凄まじい名演です。
私の1番の愛聴盤、だったのですが..........

2番目のアルゲリッチの演奏に移ります。

世評ではアバド盤の方が良いようですが、私はコンドラシン盤のアルゲリッチの方が好きですね。

ライブ録音という事もあり、非常にスリリングなアルゲリッチのピアノが楽しめる名盤だと思います。

バックを支えるコンドラシンの指揮も素晴らしいです。


最後のカラヤン、リヒテル盤はこの曲の名盤で必ずと言って良いほどに出てきますね。

先に紹介した2つの演奏と違って、この盤だけセッション録音となっていてちょっと趣が違います。

リヒテルの強烈な個性はここでは聴く事が出来ません、主役はあくまでカラヤンで、テンポも非常にゆったりとしており、重厚なオーケストラの響きが堪能出来る一枚です。
ベルリンフィルでなくてもこのような豊潤な響きをウィーン交響楽団から引き出せるカラヤンの手腕には脱帽するしかありません。
カラヤンの美学はここでも遺憾なく発揮されています。
愛聴盤の中では最も聴きやすく、この曲の最初の一枚としてお勧め出来る盤だと思います。

さて、クラオタのお爺さんから頂戴した音源について書いていきましょう。

セル/ホロヴィッツの演奏は、私は一度CDで聴いております、購入しようかと思っていた演奏だったので。
ですが第一楽章は2〜3分の試聴で飛ばしてしまい、第3楽章しか聴いてませんでした。
アプローチがトスカニーニ盤と基本的に同じだったので、ピアノの音が若干遠いこの盤の購入は結局見送ってしまいました。

今回、LP盤という事で、直接聴ける環境で無かったものの、USBメモリーに落としてくれるという事で、第一楽章から聴く事が出来ましたが、
何故、購入を見送ったのかわからないほど、非常に素晴らしい演奏でした。
ホロヴィッツのピアノの打鍵が若干弱いと感じていたのは録音のせいであり、トスカニーニ盤をあらためて聴いてみると、不自然な感じがして(ピアノにマイクを配置していたと思われる)セル盤の方が自然なバランスになっていると思います。
しかし、こんなにも明瞭な音だったのでしょうか、録音の素晴らしさは比べるまでもなく。
ホロヴィッツもこちらの盤の方が生き生きしている様な感じもします。

セルの指揮も非常に素晴らしく、モノラル録音とはいえ細部まで明瞭に聴こえます。
トスカニーニよりも切れ味鋭い音は手兵のクリーヴランド管弦楽団と同等のアンサンブルで展開してくれます♪

2020/10/18 05:13  [2265-4438]   

コラム: 時代の流れというのは恐ろしいものよ、w

衝撃的〜!←ぺこぱのシュウペイか、w

なんと、あのGRADOがBluetooth型イヤホンを発売するとな、w
時代はBluetoothとはいえ、GRADOにBluetooth型イヤホンを制作出来るテクノロジーは御座いませんので、勘違いされないように、w

何処かのOEM製品ですね、100%。←これは言い切れます、w

音質に関してのチューニング、監修はしているとは思います。
GRADOの名前で発売する訳ですから、完全に他社まかせだとは思いたくないですね(^^)

Bluetooth型ヘッドホンが発売された時も結構度肝を抜かれましたが、あれはあれで音質面は良い出来だったので。

GRADO名義なので、価格は少々お高くなってますが、楽しめる音を鳴らすイヤホンであれば良いでしょう(^^♪

頑なまでにリケーブルを否定してきた頑固一徹のGRADOは何処に?

時代の流れとは実に恐ろしいものですね〜、w

GRADO 完全ワイヤレスイヤホン GT220
https://www.phileweb.com/news/d-av/20201
0/16/51322.html

2020/10/26 07:53  [2265-4524]   

コラム: 近所に住むクラシック音楽大好きお爺さん。

9歳の時にクラシック音楽にハマり15歳までの6年間はクラシック音楽しか聴いておりません。

その間に様々な書籍を読み漁り、指揮者、オーケストラなどの知識はある程度身に付けておりました。

が、如何せん貧乏なので、レコードなど簡単に買えるはずもなく、主にFMをエアチェックしてカセットテープで繰り返し鑑賞していました。

中学生になった頃でしょうか、通学途中ででっかいスピーカーを拾ってきまして、ラジカセに繋いでフルボリュームで聴いていました。

その頃はまだ夕方くらいまででしたね、爆音で鳴らしていたのは。
成人するちょっと前、19歳の時に近所の方々3軒くらいから一斉にうるさいとの通達が来まして、それ以来スピーカーで鳴らす事は2度とありませんでした、w
(普通の音量で鳴らす分には問題なかったんでしょうが、此方にも意地がありましたので、w)

まあ爆音で聴いてるので、3軒くらい離れたクラシック音楽大好きお爺さんの住んでいる家まで聴こえる訳で、w

中学1〜2年生の頃だったでしょうか、
回覧板を持ってきた、例のお爺さん(その頃はまだおじさんという歳ですね。)が「君、クラシック音楽好きなのかい?」と聞いてきまして。
近所からも少々変わり者で通っていた方ですから、まず、私に話かけてきた事自体で驚いてしまいまして。

私は自分の聴いている音楽がクラシック音楽とは知らなかったんですよね。
クラシック音楽に関する本はたくさん読んでいたんですが、みんな聴いていると思っていたので、それが普通だと思っていたのです。
ですから「君、クラシック音楽好きなのかい?」という質問もいったい何を聞いているのか理解出来なかったんですよね、w

「僕が聴いている音楽はおじさんも毎日聴いているじゃないですか?」

「指揮者は誰が好きなの?」

その頃私はカラヤンにドップリとハマっていましたが、ニュースでも連日の様に報道されていましたし、(椎間板の手術の事とかですね)非常にメジャーな指揮者である事も知っていたので、これは舐められたらいかんと思いまして(カラヤンが好きですとは言えなかったんですよね、w)、

「ワルター、トスカニーニ 、フルトヴェングラー とかかな。」

「ふうん、随分と古風な指揮者が好きなんだねえ、教科書みたいな答えだねえ。」

何だか、私の心が見透かされている様で、こりゃまずったな、と後悔した記憶がまざまざと残ってますね、w

「で、作曲家は誰が好きなの?どんな曲が好きなんだい?」

私はその頃ベートーヴェンにドップリとハマっておりましたが、あまりにも有名な作曲家ですから、ここでも舐められたらいかんと思い、

「ワーグナーとか、シェーンベルグとかかな。」

「ふうん、好きな指揮者がワルターとかトスカニーニで、ワーグナーとシェーンベルグかい、何とも奇妙だねえ。」

完全にやっちゃいましたね、これは、w
かろうじて、ワーグナーとフルトヴェングラーが合っているくらいですから、w

「モーツァルトとか、ベートーヴェンは好きじゃないの?君くらいの歳だったら聴いておくべきたと思うよ。僕はバロックから古典派、初期ロマン派までしか聴かないけど、レコードはたくさん持っているから、聴きに来るといいよ。」

「じゃ今度、聴きに行きます。」

クラシック音楽大好きお爺さんとの僅かばかりの交流はここから始まりました。

ある日、夕方頃、一本のカセットテープを持ってきて、
「この中にモーツァルトの40番ト短調交響曲が3つ入っているから、どれが一番好きな演奏だったか感想を聞かせてくれないかな?君の好きなワルターの演奏も入っているからね。」

ワルターの演奏なんて聴いた事おまへんがな、w
これは下手な事言ったら笑われると思って真剣に何回も何回も聴きましたが、どれが、私の好きなワルターの演奏だかさっぱりわからない、w

現在の様にインターネットなどもありませんから、調べようもありません。
かろうじて、ワルターはモーツァルトの演奏を得意としていた事くらいしか知識がありません。
ならば、一番素敵に聴こえる演奏がワルターの演奏だと信じるしかない、w

120分テープを繰り返し聴いて最も自分が魅力的に聴こえたのは3番目に入っていた演奏でした。
これがワルターの演奏に違いない!そう思い込んでしまいました。
さて、カセットテープをお爺さんの家に返しに行かねばなりません。

「何番目の演奏が良かったかな?君の好きなワルターがやっぱり一番良かったかい?」

「3番目の演奏が一番好みの演奏でした。」

返したカセットテープをじっくりと見ています。

「悪い、悪い、これにはワルターの演奏は入ってないや、こっちのテープだったなあ、w」

引っかけやがったな、コイツ、w
とんだ恥さらしです、w

「これには、ベームとセルとヨーゼフ・クリップスの演奏が入っているカセットテープだったよ、君が好きだと言ったのはクリップスの演奏だねえ、w」

まあ笑われはしましたが、あまり背伸びはするもんじゃないって事は勉強になりました、w

一回だけ、リスニングルームにあがらせてもらいましたけど、見たこともないスピーカーで素晴らしい音を聴かせてくれました。

トスカニーニ 、フルトヴェングラーの演奏は交流があった時期に色々と貸して頂きました。

その交流も半年ほどで終焉を迎える事になりました。

ワーグナーは好きではない人でしたが、レコードはたくさん持っていました。
ワーグナーのレコードを借りたのですが、いざ聴こうとしたら、中身が入ってないのです。
家中探しても何処にも中身がありません、
最初から入ってなかったのでは?と思い、お爺さんのところに言いに行きました。
お爺さんもそんなはずは無い!と一向に譲りません。
帰宅してからもう一度探しましたが、とうとう見つからず。
弁償する、と言いましたが、「そんな事はしなくていい。」
お爺さんとの短い交流はワーグナーのレコードがきっかけで終わりました。

2020/10/31 07:36  [2265-4585]   

管理者からのお知らせ。

諸事情により、縁側の管理者である私がアクセス不能になる為、新規認定メンバーの受理、掲示板の管理などが出来なくなります。

認定メンバーの方々同士でのやり取りは今まで通り可能ですので、自由に利用する事が出来ます。

縁側を一旦閉じてしまう事も考えたのですが、結局答えが出ませんでした。

私が柱となって、色々と指南しているならともかく、現状は私がメンバーの方々に色々とご教授頂いているという状態ですから、それほど支障は無いだろうと思い、ギリギリまで、考えておりました。

私自身の復旧の見込みは全くわかりません。

こういう事態になるとは全く想像していなかったものですから、私自身も少し困惑しております。

すぐに元どおりになるかもしれませんし、年内いっぱい無理かもしれません、
非常に曖昧な事しか言えないは大変失礼かと思いますが、どうかご理解のほど宜しくお願い致します<(_ _)>

2020/11/10 06:20  [2265-4613]   

コラム: 名機HD650の意外な一面。

音楽鑑賞用ヘッドホンとして超一級品に入るHD650ですが、映画観賞用としても非常に素晴らしいヘッドホンですね、HD650。

本来はサラウンド再生が出来るヘッドホンシステムで聴くとより効果的なのかもしれませんが、特殊効果音がふんだんに使用されている映画以外はメリットが無いように思えます。
2ch音声しか記録されていない映画もたくさんありますので。

ちょっと昔の作品になりますが、映画、ドラマDVDなどたくさん所有しているので、久しぶりに観まくっていたんですね。

その時にHD650を使っていたのですが、これがなんとも快適で素晴らしかったのです。

まず、ヘッドホン自体の重量が比較的軽いので、長時間の鑑賞が苦痛になりません。

付属コードも3メートルの長さがありますから、少々動き回ってもプラグが抜ける事がありません。

そして何より柔らかい音を鳴らしてくれるので、ボリュームを上げて鑑賞していても爆発音などの効果音も刺激的にならず頭が痛くなる事もありません。

HD650のようなヘッドホンを映画鑑賞用、ドラマ鑑賞用として購入される人はおそらく居ないでしょうが、音楽鑑賞用だけに使用しているのは非常に勿体ないと思いました。

開放型ヘッドホンですから、臨場感の良さも映画鑑賞用としてメリットになるのは大きいですね。

今は比較的大きなディスプレイを使用している方も多いと思いますので、そういった方は映画や動画観賞用として使ってみてください、実に快適ですよ(^^)


2020/11/29 18:24  [2265-4673]   

 m56059さん  

tam-tamさん

ハハハ!! 
音楽を聴かなくなった私と同じことしてますね(笑)!
私もYouTubeはHD650で「視聴」しているのです。
低域支配なので車のエキゾーストノートも腹に来ますよ。
HD650はボーカル表現も良いのでセリフにも強いですね。

寝なかった?

2020/11/29 19:15  [2265-4677]   

m56059さん

WAO!!

心配したじゃないですか~。久しぶりですね~(^^)

<ハハハ!! 

「ハハハ」じゃないですよ、笑。

返信が無いのにあんまり書き込んでもなあ、とm56059さんだけあえて書き込みを控えていたんですよ~、w


<音楽を聴かなくなった私と同じことしてますね(笑)!
私もYouTubeはHD650で「視聴」しているのです。

なんだか愛し合っているみたいじゃないですか、w
こんなにタイミングよくシンクロしますかね?、いや~摩訶不思議ですね~(^。^)
密かに赤い糸で結ばれていたりして、w
いや~ん、やめて~、←誤解されるっちゅうの、w



<HD650はボーカル表現も良いのでセリフにも強いですね。

そうなんですよ、一番肝心なところを書き忘れちゃったんですよね~、w
いや~、このフォロー、「あ、うん」の呼吸ですね!!
そこだけ書き足すのもなんだかカッコ悪いので、そのままにしといたんですが、


そうそう、例の接点回復剤、ほんの数滴残ったボトルが出てきたんです。
(ちゃんと整理せいよ、w)
HD650は6.3mmのステレオプラグじゃないですか、なので接地面が広い。
塗布してみたら、驚きの結果ですよ!!
いやいや魔法の液体かいな、コレは。


<寝なかった?


私の常設掲示板がノーチェックだっただけです、笑。

レス遅れてしまってごめんなさい。

自宅からインターネットが出来ないので、こまめに縁側を見る事が出来ないのです。

個人的事情なので、ホント申し訳ないです。

また何かありましたら、書き込みよろしくお願いしますね(^ ^)


2020/12/1 19:05  [2265-4686]   

 m56059さん  

tam-tamさん

>返信が無いのにあんまり書き込んでもなあ
即座に返信しましたよ〜「m56059さんのお部屋 vol.3」の最後は私の書き込みです〜
厳しい環境かと思っておりますのでだいじょうぶですよ〜

>HD650は6.3mmのステレオプラグじゃないですか、なので接地面が広い。
塗布してみたら、驚きの結果ですよ!!

おお!確かに理論的ですね。やってみます!

>寝なかった?
はHD650かぶると寝てしまうtam-tamさん。映画始まった瞬間に即眠だったのでは と思ったのです。

>個人的事情なので、ホント申し訳ないです。
ちゃんとわかっておりますよ〜 気にしないで!
これくらいのゆるいやりとりも良いものですよ。







2020/12/1 20:34  [2265-4689]   

are(A)zione Maledetti event'76 1978

コラム: 私の愛聴盤シリーズ AREA編

さあ、遂にマニアックな世界に突入して参りました、笑。

変拍子を変幻自在に演奏する、超バカテクバンド、AREA。

私が最も敬愛する、ヴォーカリスト、デメトリオ・ストラトスが在籍したバンドでもあります。

これに匹敵するバカテクバンドはアルティ・エ・メスティエリくらいなものでしょう。

イタリアン・ロック、プログレッシブ・ロック、ジャズ・ロックなどにカテゴリーされてしまいますが、そんな狭い枠組みに収まりきらないバンドなんですね。
(International POPular Group、と自称していました。)
フリー・ジャズ色の強い、アヴァンギャルド・ミュージックを主体としており、そこにデメトリオ・ストラトスの強烈なヴォーカリゼーションが加わるのです。

添付画像は個人的に推している盤なので、AREAをはじめて聴くのでしたら、やはりファーストアルバムである「Arbeit Macht Frei」をお勧めしておきます。


また、サードアルバム「Crac!」は添付画像の「Maledetti」と双璧するAREAの最高傑作なので、聴きやすさを重視するならこちらも必聴盤となりますね。
(ジャズ・アルバムとして出色の出来です。)

では、一番左から紹介していきましょう。

「Are(A)zione」はAサイドに代表曲、Bサイドにフリーインプロゼーション主体の曲で構成された、1975年に発表されたライブアルバムです。

代表曲ばかり集めたAサイドは聴きやすいのですが、AREAの真骨頂である、フリーインプロゼーション主体のBサイドはけっして耳あたりの良い音楽では無いので、難解と感じるかもしれません。
それでも次に紹介する「Maledetti」よりは聴きやすいですね。
(CDの時代になったのだから、もう少し曲数を増やして欲しいところですね。時間的に物足りないです。)


2番目は個人的にAREAの最高傑作と評価している5thアルバム「Maledetti」。

このアルバムはもはやジャンル分け不可能、キャッチーな曲など一曲も無く、実験的前衛な楽曲も収録されており、聴く人によっては苦痛を感じるかもしれない難解なアルバムでもあります。

ゲストミュージシャンも多彩であり、フリー・ジャズ・シーンからは、スティーブ・レイシー、ポール・リットン、クラシック音楽からはなんとミケランジェリが参加しております。

アルバムとしての白眉はやはり、最終トラックに収められた、「Caos(Part2)」でしょう。
フリー・ジャズも突き抜けた完全フリーインプロゼーションの世界に突入している狂乱の宴であり、本作最大の聴きどころとなっています。
こういった曲に馴染みの無い方はもはや騒音に過ぎないと拒否反応を示すかもしれません。
デメトリオ・ストラトスの強烈な個性溢れるヴォーカリゼーションが遺憾なく発揮されている前衛音楽の傑作です。

3番目の「event'76」は前作に収録されていたCaos(Part2)を主体とした、ライブアルバムであり、デメトリオ・ストラトスの突然の死によって発売されたものです。
(そういった経緯もあるので、音質が多少落ちるのも致し方無いところでしょう。)

AREAのアルバムとしては最も前衛色の強い一枚であり、最も難解なアルバムとなっております。
このアルバムではデメトリオ・ストラトスは(ヴォーカル)では無く(ヴォイス)となっており、変幻自在で驚異的なヴォーカリゼーションが堪能出来る傑作です。
全編、ヘヴィネスで展開される疾走するフリーインプロゼーションの世界。
前衛的な音楽を聴いた事が無い方は、ご注意を。
(メロディはありませんし、デメトリオ・ストラトスも歌っておりませんので。)

この様なアルバムが国内盤として正規発売された事自体、驚異的ですらあります。
アルバムアートワークとしても優秀な一枚ではないでしょうか。

4番目はデメトリオ・ストラトスの遺作となった、「1978」。
前作「Meledetti」から緊迫感溢れた感性が引き継がれなかった事は残念ではありますが、聴きやすいアルバムとなっており、かつAREAの魅力的部分も十分楽しめますので、個人的にはこちらもお勧めの一枚です。

一曲目はAREAとしてはお馴染みのブルガリア民謡から影響を受けた楽曲ですが、このタイプとしてはリーサルウェポン的な強烈なインパクトを持つ、AREA全アルバム中最高の曲に仕上げてあります。
この曲ためだけでも本作の価値がある、最高傑作の一曲でもあります。
他の作品もバルカン半島の民謡、ジャズ、現代音楽、ヴァーカリゼーションといったいつもの要素を比較的聴きやすく提示しているAREAならではの魅力的なアルバムに仕上げてありますね。
このアルバムのリリースの一年後、デメトリオ・ストラトスは白血病により34歳という若さで他界します。

彼の死後もバンドは継続して活動しましたが、アルバムとして魅力的なものは失われてしまってます。
鬼才デメトリオ・ストラトスの存在はあまりにも強烈であり早すぎる死が、残念でなりません。


2020/12/13 07:32  [2265-4730]   

 m56059さん  

tam-tamさん

良かった!生きていたのですね(笑)(笑)!

東京コロナ↑↑でもしかしたら入院しているのでは とマジに考えていました。

私も生きています。

これからも定時連絡下さいね!!

2020/12/13 12:25  [2265-4731]   

コラム: ドコモの新料金プランahamoの不可解な点。

キャリア業界に激震が走ったと言っても過言ではないドコモの激安プランahamo。

ドコモが先陣を切って仕掛けるのは非常に珍しいですね。

20GBで月額2980円、何とも破格な料金プランに見えますが...........

auはahamoに対抗して新料金プランを発表しましたが、すでに大炎上しています。

現時点においてahamoに対して不可解と思われる点がいくつかあります。

まず、発表があまりにも早すぎる事。
実際に使用出来るのは、2021年3月です。
新プラン発表から実際に使用出来るまで、実に4ヶ月もあるのです。
発表したのは良いが、実質何も決まっていないのでは無いでしょうか?
(5分間の無料通話を含む、20GBのデータ通信で、月額2980円、決定しているのはこれだけですね。)
インパクトを与える為に勇足をしてしまったように感じられます。

次にオンラインでしか契約出来ない事。
ドコモブランドしての新料金プランなのに、ドコモショップで契約変更手続きが出来ない、というのはなんとも不可解ではあります。

次にファミリー割引などが別の扱いになってしまう事。
家族間でも一人がahamoに乗り換えた場合、無料通話が出来なくなるそうです。
それとドコモのキャリヤメールも使用出来ないそうです。
実質、他キャリアに乗り換えたのと同じ様になってしまうんですね。


そして、ドコモユーザーであっても、簡単にプラン変更が出来ない事。
MNP予約番号を発行して、ahamoに加入手続きをしなければ使用出来ないそうです。
これでは、ドコモブランドとして発表したメリットが全くありません。
別のキャリアに変更するのと一緒ですからね。
何故、こんな不可解な事になっているのか?
これではサブブランドを作るのと全く同じでは無いでしょうか?

まだ憶測に過ぎない段階ではありますが、全ての端末で契約出来ない、という情報もあります。
例えば、5Gに対応した新しいiPhoneとかですね。
ahamoでは契約出来ない可能性は十分考えられます。
SIMフリーのiPhoneを用意する必要があるという事ですね。
(これはGAFA解体と大きく関係性があると、考えています。)

auは焦って、しょうもない料金プランを発表して、大炎上してますが、こちらはこちらで何を考えいるのか不明です。
実際、auのショップに行っても、何やら店員ともめている光景を何度も目撃しています。

GAFA解体も少しずつ動きを見せています。
(GAFA、G=Google、A=Amazon、F=Facebook、A=Apple)
(まずはFacebookがやられましたね、Instagramの件ですね。)
バイデン氏が米大統領になれば、こちらの動きも一気に加速するでしょう。
Appleは各通信キャリアに対して、過大なノルマを課していたので。


ドコモの新料金プラン、ahamoも開始まで3ヶ月もあるので、これから見直しされる点もあるでしょう。

再び、ドコモ一強時代到来となるか、運命の3ヶ月間となりそうです。

2020/12/14 07:00  [2265-4735]   

ahamoについては私がクチコミを建てていますが、このahamoは、auに対するUQモバイル、ソフトバンクに対するワイモバイルと同じ立ち位置になるサブブランドとして進められてきたものだと思われます。
おそらくUQモバイルとワイモバイルの20GBで3980円プランへの対抗として、思い切った2980円プランとして、近々サブブランドとして発表の運びだったと見ます。
ところが総務大臣が、サブブランドではなく主ブランドのauやソフトバンクのプランではないことに強い不快感を示したので、ドコモとしてはサブブランドとして出せなくなり、ドコモのプランとして出さざるを得なかったのだと思います。
ドコモからahamoにMNPが必要なのはサブブランドとしてシステムを作っていたからだと思われ、これはauからUQモバイルへの移行、ソフトバンクからワイモバイルへの移行でもMNPが必要なのと同じ理屈だと思います。
さらに、スマホが表示する通信会社名がdocomoではなくahamoだったのも、サブブランドの別会社の予定だったからでしょう。これは運用開始までには通信会社名もdocomoに直すでしょう。

ドコモとしては、家族向け契約にdocomo、おひとり様向け契約にahamoと完全にターゲットを分ける算段と思われます。
端末も高性能機はdocomoだけの扱いにして、ahamoはミドル機の一部とエントリー機のみだと思われます。ユーザーから反発があればahamoも高級機を扱うかもしれませんが。

使用帯域ですが、ahamoは帯域幅がdocomo契約回線より狭いかもしれません。ドコモの回線を使うのは間違いなくとも、一部のみの使用となり、優遇されたドコモ回線使用のMVNO並みの品質にとどまるかもしれません。具体的にはUQモバイルと同じで、UQモバイルはauよりも通信速度が遅いですが、そんな感じになるのかもしれません。

auの新プランはahamo対抗プランではなく、Amazonプライムバンドルプランとしての発表です。
発表のタイミングがすごく悪いですね(笑)。このタイミングだとahamo対抗プランを突貫で練ってきたとみんな思いますよね。
これはAmazonとの取り決めで、この日発表と前々から決まっていて、発表を取りやめるとAmazonへの違約にあたり賠償が発生するという気の毒な事情があったそうです。

2020/12/14 13:12  [2265-4738]   

詳細なご説明ありがとうございます(^^)

色々と闇が見えてきましたね、笑。

ドコモの余りにも早いタイミングでの発表は、auのそういった諸事情を知った上で、意図的に前倒しした可能性もありますね。
このタイミングでの発表により、auが大炎上してますから。
(単に発表のタイミングが被っただけと考えるのは非常に出来過ぎていると思います、笑。)

ドコモはどの帯域を使用するか、まだはっきりと決めていないのではないでしょうか。

当初の予定では、使用帯域を別に用意して基地局など整備していたのでしょう。

ahamoに様々な使い勝手の悪い制約がある事は、ドコモユーザーがahamoに乗り換える事を懸念してるのだと思います。

ドコモユーザーが2割、ahamoに乗り換えただけで大変な損失が出る、という事を算出した記事もありました。

なので、ドコモとしては既存のユーザーを実質的にahamoに乗り換えて欲しくないという不可思議な台所事情もあるみたいですね、笑。

これだと、何も知らないドコモユーザーから間違いなく相当反発があるでしょうね。

ドコモブランドしての新料金プランとして発表したのが変な形で混乱を招きかねません。

これだったら、サブブランドで運用開始した方がシンプルでわかりやすいです。

運用開始まで、3ヶ月もある訳ですから、その間に一般消費者の意見を参考にして、建て直すでしょう。

20GBのデータ通信量、これがネックになると私は考えています。
5Gだと少な過ぎる、4Gだと必要十分以上ある。
しかし既に、プラン内容と価格は発表してしまっている以上此処を変更する訳にはいかないでしょう。

4Gでのみ使用するのであれば、もっと安いプランを打ち出している通信事業者はありますから。

余りにも早いタイミングでの発表は、auとソフトバンクに対抗する猶予期間を与えてしまった結果となりました。

MNP無しで、プラン変更可能にする事は自らの首を絞める結果となりますから、やりたくても出来ない。
全ての端末を対応する事にすれば、こちらも既存ユーザーが大移動してしまうでしょうからドコモとしては非常に難しい決断をしなくてなりません。
こういった懐事情をどうやって反感を買う事なく説明するのでしょう?


auとソフトバンクがどういった対応をしてくるか?
それによってはドコモは窮地に陥るかもしれません。
(直接の業績悪化よりも、ユーザーの反感を買うリスクの方が大きいでしょう、ブランドイメージの悪化です。)



2020/12/14 17:48  [2265-4739]   

メンバーの皆様へのご報告:

この度は私の諸事情により、縁側の管理者としての責務が一時的に出来なくなってしまった事、
それにより、メンバーの皆様方にご不便、ご迷惑をかけてしまった事、謝罪したいと思います、申し訳ございませんでした。

メンバーの皆様方からのアドバイスや激励のメッセージに助けられました。

全ての回線は無事復旧致しました、ありがとうございます。

この様な事を2度と繰り返す事がない様、より一層誠心誠意を持って対応させて頂きます。

全てのメンバーの方々にあらためて感謝致します、ありがとうございましたm(_ _)m。

2020/12/15 21:35  [2265-4748]   

 m56059さん  

tam-tamさん

まずは良かったですね!

そしてお疲れ様でした。

文面より、ひとかたならぬ御苦労の末に、復旧したものと感じました。

元気そうな事が、なによりです。



2020/12/15 21:45  [2265-4749]   

雑談:

いや〜管理者の掲示板だと言うのに、全然更新して無いではないか、笑。

イヤホン、ヘッドホンもホントは試聴に行きたいんですよ、
現在の状況だとさすがに躊躇してしまいます。

書く事が無いんですよね、
将棋でいう「詰み」の状態なんです、笑。

インターネット環境が復旧したので、お勧め楽曲などはリンクを貼る事が可能にはなってますが。

ちょっと、安易な気持ちで書く事が出来ないですよね、これまでがこれまででしたから。

楽しく、ゆる〜く、やって行こうという趣旨は変わってはいないんですけどね。

私自身、楽しむ事が出来なければ楽しい事を書くことが出来ないわけでございまして。

大好きだったパチスロも最後の砦と言うべき魅力的な台が撤去され、無くなってしまった。
まあ、無事卒業出来たわけではありますが、30年以上楽しんでいた事が一つ無くなってしまうということは非常に寂しい事でもあるわけです。
(あくまで趣味としてやっていたものだったので、麻雀とはちょっと違う感覚なんです。)
行くのを控えるのと、行く気持ちが無くなってしまうのとでは、かなり大きな違いなんですね。

スイーツに置き替えて考えてみるとわかりやすいかも知れません、お酒でも良いですけどね。
控えるのと、魅力的なスイーツが一つも無くなってしまった状況とでは、同じ食べないということでも気持ちの部分で実に大きな差があるわけです。

麻雀は生活の糧として真剣にやっていたものなので、楽しむ事が出来ないのです。
麻雀稼業から足を洗ってから、遊びの麻雀として、色々な雀荘に行くようにしてみましたが、駄目なんですよね。
楽しめない、どうしても楽しむ事が出来ない。
世間一般の方々より豊富な経験値とスキルを持っているので、どんなお店にも行く事が出来るんですが、
それに何より勝てないですね。
8割方負けてしまいます。
手を抜いているとか、相手を舐めているとかは全くないんですけどね。
全く同じ手順で打ってはいないのですが、それにしても負け過ぎてしまうのです。

生活の糧として打ってきた20数年の間、ずっと運が良かったのでしょう。
そんなに長く好運が続くのか?と不思議に思われる方も居るでしょうが、起こり得る事実でもあります。

元々麻雀なんてのは私自身好きでは無かったので、余計楽しめないんです。
生活する上で麻雀しか無かったので、打っていく他、何もありませんでしたので。
打つのが楽しくて仕方がなくて、麻雀に溺れ、連盟なり、協会に入ってしまった誌上プロとは違うんですね。

物欲もないし、女性にも興味がない私にとって、音楽だけが唯一の楽しみになってしまいましたが。
元々、音楽が大好きなのだから、それで良いではないか、とはならないんですね。
好きな事には変わりないのですが、興味のあるものが他にない、という風になってしまうと、どうしても力が入ってしまって気軽に聴く事が出来ないんですね。
つまり、純粋に楽しむ事が出来なくなってしまっているんです。
他に仕事などしてるなら、こんな気持ちにはならないと思うのです。

色々と愚痴愚痴と意味の無い心情を書いてしまいましたが、ご了承ください。
今年に入って、あまりにもガラリと環境が変わってしまったので、吐け口として書く事も必要なのかな、と思いましたので。全てを吹っ切る為にも。
(書くに書けない衝撃的な事が起きてしまったので。)

これから少しずつ準備しながら、楽しめる内容のものを書いていきますのでよろしくお付き合い下さい(^^)

2020/12/25 03:59  [2265-4778]   

コラム: Final e2000の再評価。

HD650は聴いていると知らず知らずのうちに寝落ちしてしまう事が多く、背面のグリルカバーを破損しかねないので、寝てしまう様な状態の時には使用を控えております。

そこで、最近はもっぱらe2000を使用しているのですが、これは単なる気紛れです、笑。

Shure掛け出来るイヤホンの方がフィット感は良好なのですが、ミドルクラス以上のものしか所有してないので、万が一を考えると、安心して使用が出来ません。

そこで、5000円以下のイヤホンの出番となるのですが、好みで言えば、所有しているものの、e2000,
e3000はこれまで出番が少なかったんですね。

同じ価格帯でも、それより私好みの音を鳴らすイヤホンはありましたので。

ここしばらくHD650ばかりで音楽を聴いている影響なのか、あらためてe2000を使用してみると、実に良い音を鳴らすわけなんですよ。

格別何処かにインパクトのあるイヤホンではありませんけど、Finalのイヤホンとしては別格の傑作イヤホンでしょう、e2000は。

価格のワンランク上の音を鳴らしますね。

Final eシリーズはe2000,e3000の上位機種である、e4000,e5000もありますが、個人的にはドライバーの音をストレートに鳴らしているe2000が最も優秀だと思います。
リケーブル不可になっているのも、伝送ロスがないので、この点においても上位機種よりも高く評価しているところではあります。

Finalのイヤホンはリケーブルが非常に難かしいという印象があります。

e4000,e5000ともにリケーブルは出来る様になってますが、付属純正ケーブルよりも良い音を鳴らすケーブル自体探す事が困難だと思いますし、価格的にもイヤホンよりも高いケーブル選択になってしまう事を考慮するならば、メリットがほとんどないと思ってます。

比較試聴も何回もしておりますが、どう聴いても価格的に魅力を感じません。

e4000を購入するならば、e2000とe3000二つ買ってもお釣りがきますから。

ドライバー口径が小さいという事と、感度が悪いという事で、エージングには他のエントリークラスのイヤホンと比較してかなりの時間がかかります。

最低でも200時間〜400時間は鳴らして欲しいところです。

スマホなど出力パワーの小さい再生機器で使用するならば、もっと爽快に鳴らしてくれるイヤホンはいくらでもありますので、音楽再生に特化したDAPでもそれなりの高出力が求められます。

価格は安いイヤホンですが、e2000,e3000は据え置き型ヘッドホンアンプで使用するべきイヤホンですよ。

なので普段ミドルクラス以上のヘッドホンで音楽を聴いている様な方にとって、サブとしてこの2つのイヤホンを持っておく事はかなりお得な買い物になると思います。

e2000は素晴らしいイヤホンですが、大編成オーケストラの音源では何故か相性が悪く、クラシックを聴くならばe3000の方が良いですね。
ライブ音源でもやはり、e3000に軍配が上がります。

e3000は、非常にパワーを必要とするイヤホンなので、スマホなどで使用する事を前提に購入するようなイヤホンではありません。

インピーダンス300ΩのHD650を鳴らすのと同じくらいの出力パワーが必要です。
実際にe3000とHD650は同じボリュームレベルだったりしますので。

価格的にはエントリークラスのイヤホンですが、ある程度音にこだわりを持つ方が使用するべきイヤホンですね、この両機種は。

ワンランク上の音を鳴らすイヤホンを探している、ステップアップのためのイヤホンでは無いという事です。

e2000,e3000ともに非常に完成度が高いですし、サブ機として使用するならば、非常にお勧めですね。

何故今になって、e2000を再評価するのか私自身も不思議ではありますが、笑。
(エージング不足であった可能性が最も高いですね。)

広いジャンルの音楽を聴かれる方には良い仕事をしますので、一推しのイヤホンとしてお勧め致します。

e2000,e3000とペアで持っておいた方がより使えますし、楽しめますので、購入するならば、ペアで購入した方が良いと思います。

2020/12/26 06:11  [2265-4788]   

コラム: Final e3000の評価の難しさ。

Final屈指の傑作イヤホンなのですが、非常に評価が難しいモデルでもあります。

その要因がいくつかあります。

*e2000の存在。
*公表スペックではわからない、能率の低さ(スマホなど非力なDAPでは真価が発揮出来ない。)
*比較的手軽に購入出来てしまう価格設定。
*大量のレビューが投稿されている。(迷う要因を作ってしまっている。)
*ユーザーによる意見、感想がHD650と同じ傾向にある。(絶賛と批判、相反するものが非常に多い。)

私自身も両機種のレビューは既に投稿してあるのですが、他の人のレビューは読んだ事が無かったので、良い機会だと思い拝見しましたが、HD650と同じような傾向にありますね。

前のコラムでもe3000について少し、言及してはいるのですが、今回はもう少し踏み込んでいきたいと思います。

レビューでは、音が籠っている、e2000の方が良かった、微妙、残念、という感想もありました。

価格が価格なので、無試聴で購入された方々でしょう。
レビュー投稿数もe3000の方が多いので、e2000の上位機種だと思って購入された方も多数居ると思います。

実際に私も無試聴で購入し、あまりの能率の悪さに返品交換した経緯がありますので、気持ちは良くわかります。
(こういったケースで返品交換を求めるのは販売店に迷惑がかかるので、真似しない様に、笑)
(返品して貰う代わりにe3000よりも高いイヤホンを買うので、と申し出ましたが、その時に購入したのが、ゼンハイザーのie80だったので、3万円近く高いイヤホンを購入する事になってしまいましたので、w)

その後据え置き型ヘッドホンアンプを手に入れてから、再度購入しているのでタチが悪いですよね、w


e2000対して圧倒的に購入後の批判的コメントが多いのです。

意外だったのは、音量に対しての批判的レビューがほとんど無い事でした。
(イヤホン難聴を危惧して皆さん小さめの音量で聴いているのかな?)

公表スペックでは、数値でこの能率の悪さがわからないんですよね。

アンケートを取った訳では無いので、多くの方々がどの程度の音量で聴いているのか私個人ではわかりません。

音量が取りづらいe3000ですが、此方に関して不満を持っている方が非常に少ないと考えるのであれば、スマホでの使用前提でも聴かれる音楽ジャンルによってはお勧めとして選択候補にあげるのもアリなのかな?と。

この様に、立ち位置が非常に難しいところにあるのがe3000なんですよ。

大編成オーケストラやライブ音源などではe2000よりe3000の方が適していると思いますし。

e2000より格段に能率が落ちている以上、ハウジングの材質の違いだけでは無いと思うのですが、いくら探してもそれに関して言及しているものが見つからないんですよね。

搭載ドライバーは一緒なので出てくる音がかなり違う以上、何処かでチューニングを施しているのだと思いますが、それをどうやっているかがわからない。
これはメーカーに問い合わせても答えてはくれないでしょう。
企業秘密、開発メーカーの生命線だと思うので。

個人的には、据え置き型ヘッドホンアンプで使用するサブ機という使い方が一番適していると思うのですが、スマホなどで実際に使用していてe2000よりもe3000の音の方が好きだと言うユーザーも居ますから、評価が非常に難しいイヤホンである事には違いないですね。

e2000とe3000とで比較検討して悩んでいる方もかなりいらっしゃると思うので、適切なアドバイスを送りたいところですが、私自身が音に関してかなり偏った嗜好のイヤホンが好きな性質なので難しいですね。

レビューでも書いているんですが、簡潔にまとめますと、
*スマホ使用前提で悩まれているのであればe2000。
*普段から小音量で聴いている方で主にクラシック音楽を聴かれている方はe3000。

どちらも優れたイヤーピースが付属してますので、その辺の心配は要らないと思います。

参考になると良いですが。

2020/12/28 08:03  [2265-4795]   

お知らせ: 認定メンバーの皆様へ。

新しいお客様、Uehara課長さんが此方に来られます。

クチコミにおいて明るく、優しく、丁寧なアドバイスをされている素晴らしいお方です。

書き込みをされた際には一言ご挨拶頂けると嬉しいです(^^)

よろしくお願い致しますm(_ _)m。

2020/12/31 18:14  [2265-4806]   

 choco111さん  


価格.comプロダクトアワード 大賞プレゼントキャンペーン

https://kakaku.com/auth/campaign/product
award/2020/?lid=award2020_campaign_2


応募期間
2020年12月23日(水)〜2021年2月17日(水)まで7週連続でキャンペーンを実施いたします。

【プレゼント第1弾】12月23日(水)15:00〜1月6日(水)14:59

【プレゼント第2弾】1月6日(水)15:00〜1月13日(水)14:59

【プレゼント第3弾】1月13日(水)15:00〜1月20日(水)14:59

【プレゼント第4弾】1月20日(水)15:00〜1月27日(水)14:59

【プレゼント第5弾】1月27日(水)15:00〜2月3日(水)14:59

【プレゼント第6弾】2月3日(水)15:00〜2月10日(水)14:59

【プレゼント第7弾】2月10日(水)15:00〜2月17日(水)14:59


 当選者数 抽選で14名様

2021/1/1 21:52  [2265-4824]   

縁側をご覧の皆様。

何と今年に入ってから、この掲示板に私自身一度も書き込みしていなかったのですね(^_^;)

え〜、新年明けましておめでとうございます。←明らかに遅いですよね、w
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m。

今日は成人式なんですね〜、
まあこの様な状況ですから、成人式も満足に出来ない新成人がたくさん居ることは誠に痛々しい限りですね。

という事で前置きは一旦終わりにしてですね、事前に用意していたコラムでもアップしましょうかね。


コラム: 伝説となったイヤホンER4S。

1991年に一般消費者向けとして初めて発売された、BA型ドライバーを採用した、カナル型イヤホンです。

このイヤホンが登場するまでは、小型ダイミック型ドライバーを搭載したイヤホンしかありませんでしたから。

BA型ドライバーは主に補聴器に使用されていたドライバーですから、それを音楽鑑賞に使用したイヤホンの登場というのは非常にインパクトがありました。

価格もそれまでのイヤホンとは比較にならないほど高価であり、その割には実に安っぽく見えるという、何とも変わったイヤホンだった事は鮮明に覚えていますね。

発売からすでに30年ほど経っていますが、いまだに現役でこのイヤホンを使用している人が居るのは「伝説となったイヤホン」と言っても過言では無いでしょう。

私が初めて海外製のイヤホンを購入したのも、このER4Sです。

ここ何年かは全く使用しておりませんでしたが、今年に入ってちょっと聴いてみたんですね。

現在でも通用する音なのか?という目的で引っ張り出したのですが、それ以前にちゃんと音が鳴るのか?という心配がありました。

やはりこういった製品は時々、使ってやらないと壊れてしまう場合がありますからね。

無事、ちゃんとした音が鳴ったんですが、今でも全然通用する音質ですね、このイヤホン。
素晴らしいですね、これは。

開発したのはアメリカのエティモティック・リサーチという音響メーカーで、それまで、補聴器など作っていた会社です。

見た目は本当に安っぽくてですね、 3,000円のイヤホンと言われても、「高えな」と感じる人が居るかもしれませんね。

いくら素晴らしくとも、2021年においてはこれ以上に良い音を鳴らすイヤホンはいくらでもありますので、音質云々については今回語りません。

装着感の悪さは折り紙付きで、史上最も不快を与えるイヤホンと言っても良いかもしれません。

このイヤホンを最初に使用して、全く不快感を感じ無い人は居ないんじゃないか?それほど悪いですね。

BA型ドライバーイヤホンが壊れやすいかどうか、私個人では何とも言えないところではありますが、ドライバー自体が破損してしまったんですよね。

ケーブルの断線、ハウジングの物理的破損、とかではなく、ドライバーの振動板が壊れてしまったんです。

20年も昔の話になりますが、その時のメーカーの対応が素晴らしかったので、それをお話し致しましょう。

保証期間はとっくに過ぎていたのですが、替えが効かないイヤホンでもありましたので、有償でも良いからと、修理に出したんですね。

左側のドライバーだけ、破損してしまって、音がちゃんと鳴らなくなってしまいました。

アメリカ本社に修理に出す、という事で、戻ってくるまで1ヶ月以上かかりました。

修理が終わったとの報告があったので、取りに行ったのですが、何と無償で修理してくれたんですね。

しかも、左側だけでなく、イヤホン自体が新品になって返ってきたのですから、これには驚きました。

代理店の方に連絡し、どうして、この様な対応をとられたのか聞いてみたんですね。

左側のイヤホンだけ修理しても、右側のイヤホンと周波数特性が異なってしまうので、という回答でした。

左右のマッチングをとても重要視、していたんですね、エティモティック・リサーチ社は。

これは、BA型ドライバーに限らず、ダイナミック型ドライバーにも言える事なんですが、全く同じ、周波数特性を持つ、ドライバーを作る事は不可能らしいです。

ドライバー自体の個体差があるという事です。

ですので、なるべく近い周波数特性のドライバーを機械で測定しながら、マッチングさせているらしいです。

これはメーカーによって違います。

同じく、名機との名高いゼンハイザーHD650は、左右のマッチングは全く気にしていないのか、測定すると、左右で、周波数特性がバラバラらしいです。

周波数特性が左右で違うと言っても、人の耳で聴き分けられるレベルでは無いかもしれません。

ドライバーに個体差がある、という事は、完成形である、イヤホン、ヘッドホンにも個体差がある、という事です。

話はER4Sから逸れますが、私はそれを体感した経験があります。

この個体差についてはまた話が長くなりますので、次回に詳しく書こうと思います。

神対応をしてくれた、エティモティック・リサーチ社が生み出した伝説となったイヤホンER4Sのお話しでした。

次回はイヤホン、ヘッドホンの個体差、についてです。
お楽しみに(^^)

2021/1/11 06:31  [2265-4906]   

tam-tamさん。

私はSACDには大きな期待を寄せていたんです。
当時は44.1kHz/16bitより大きな規格は誰にとっても身近でなく、どういう高音質かを想像できる人はほとんどいませんでした。これが想像できる人は、DDコンバーターでのアップサンプリングの経験者くらいですが、当時はdCSのエルガーくらいしかまともなDDコンバーターは無かったと思います。
なので、私はむしろ、既存のCDで100万円や200万円以上かけて再現できる音のグレードが、30-50万円(SACDプレーヤーの価格)で得られる、というイメージだったですし、そういう思いだった人の方が圧倒的に多かったわけです。

ところがいざ蓋が開きますと、DVDオーディオは、ソフトの発売前テストでコピーガードがあっさりと破られるということが判明して、プレーヤーのほうも販売延期。
SACDはプレーヤーはソニーとマランツから出ましたが、肝心のソフトがSACDのメリットを生かせないハイブリッドとしての発売、というガッカリさでした。
何がガッカリって、SACDは2.8MHz/1bitで104分収録できるというのも売りだったのです。
ところが既存CD規格とのハイブリッドになったために、既存CDに収録できる量しかSACD層にも収録しませんでした。
104分収録できれば、マーラーの交響曲第3番とか1枚で収まってお安くなるし、過去の録音でも50分収録LP2枚分がSACD1枚に収まり、結局リーズナブルなメディアになると見ていたんです。
ハイブリッド仕様のせいで、50分未満のアルバムも収録はそれだけで、半分は空き容量となったSACDソフトとなってしまいました。

本当にね、SACDは戦略失敗ですよ。ハイブリッドにすることによって、SACDプレーヤーを持ってない人にもまずCD層を聴いてもらい、それからプレーヤーをSACDに移行してもらう、とか絵に描いた餅です。
従来CDも、円熟期と言って良いほど音の良い再生ができるようになってたんですから、ユーザーにそれで十分と思われることを想定しなかったのは大きな失態でしょう。
SACDを普及させたいのだったら、初めからシングルレイヤーにして、収録時間をCD以上にするべきだったと思います。
例えばマーラーの交響曲第3番が、当時の一般的な定価だと、通常CDだと2枚組5,000円でしたが、SACDだと1枚におさまり3,000円で出すとします。通常CDとSACD両方を同時販売したら、SACDの方が音が良い上に金額的にもお得ですし、従来CD購入はもはや損という売り方を積み重ねていけば、SACDは早くに市民権を得たと思います。
市民権を得れば、規格が固定されている以上、高音質化の手段はマスターテープに向きますから、第2世代あたりのマスターを使った良いリマスターのSACDも現れていたと思います。
そうなってたら、私が欲しいと思えるSACDも多く出ていたでしょう。
もう何を言っても遅いのですが…。

2021/1/15 08:59  [2265-4943]   

ちちさすさん

SACDへのレス、此方に書いてくれてありがとうございます(^^)

<私はSACDには大きな期待を寄せていたんです。〜〜〜

SACDが普及しなかった要因は様々あると思うのですが、

個人的には、1999年当時において、CDを超えるフォーマットのニーズが無かったのが一番の要因かな、と。
ほとんどがクラシック音楽ファンだけだったと思うんですよね。

それに拍車をかけたのが、ご指摘の通り、SACDのハイブリッド仕様ですね。
これは、再生機器側が上位互換で対応すれば良かった話で、CDフォーマットの音源を入れる必要はありませんよね。

2つ目は過剰なまでにコピーガードをかけてしまった事、だと思いますね。

CDでもCCCDというリッピング出来ない技術を導入したものが出ましたが、ユーザーの不評により、すぐに辞めてしまってます。
(通常のオーディオCDプレーヤーの故障の原因になる、という事も要因としてあったのでしょう。)

3つ目は、DVD Audioの参戦による、ユーザーの混乱。
(DVD Audioの方が規格としては先でしたっけ?、笑。)

今後、どちらのフォーマットが生き残るのか、という不安を与えてしまった為、どちらの再生機器を購入すれば良いのか迷わせる要因を作ってしまった、と思うんです。

普及しないので、再生機器もなかなか価格が下落しない、高価なプレイヤーを安易に購入出来ない、という負の連鎖を作ってしまったのではないでしょうか?

SONYからSACD対応のミニコンポがかなり安い価格で販売された記憶があるのですが、売れなかったのですかね?
(この時期SACDには興味がありましたが、聴きたい音源がほとんど発売されていなかったのと、SACDプレイヤーも高価な製品だったので、買うに買えない、という事情がありましたねえ、w)

それと、もう一つ。
販売開始時期ですね。
ちょっと早すぎた、と思うんですね。
CD以上の高音質フォーマットをまだか、まだかと待っていたユーザーがどれだけ居たか?という事ですね。
ニーズが無ければ、商品は売れません。

今後もSACDが普及する事はおそらくないでしょう。
(すぐに無くなってしまう、という事も無いと思いますが。)

ソフトの発売数が絶対的に少な過ぎる、これが解決しない以上、再生機器も普及しません。
非常に残念な結果となってしまいました。


追記:
この時期、一般音楽ファンは音質の向上よりも、データのコンパクト化を求めていた、と言うのも要因としてあるかもしれません。
MP3プレイヤーとか爆発的に売れていた時代でもありましたね。

2021/1/15 21:02  [2265-4945]   

コラム: イヤホン、ヘッドホンの個体差について。

前回のER4Sの話の流れとして、今回は個体差について、深掘りしていきたいと思います。

ER4Sを購入すると、周波数特性を測定したグラフが付いて来るのですが、それについてはまた次回にでも。
(画像を添付したいと思いますので。)

今回は貴重な体験談として、話のネタとして聞いてもらえれば、という感じですね。

よほど、コアなイヤホン・ヘッドホンマニアの方でも、同じモデルを一気に複数台購入される事はないと思うので。
(私はコアなイヤホン・ヘッドホンマニアではありません、何処にでもいるレベルです。)

業界関係者でもありません、たまたま体験したレアなケースというものですね。

個体差についてはイヤホンより、ドライバー口径の大きいヘッドホンの方が大きいかな、と思います。
(激安イヤホンについてはわからないですね。)

メーカー、モデル名などは伏せさせて頂きます。

価格帯は多機能オーブンレンジが購入出来るくらいのものと思ってください。
(興味半分で購入出来る、価格のヘッドホンではございません。)

同じヘッドホンが5台ほど、突然我が家にやってきた、(そんな訳があるはずがありませんが、ご了承下さい。)

そんでもって、一気に同じ5台のヘッドホンを聴き比べてみた、そんな感じの体験談ですね。

聴き慣れた楽曲で比較して聴いていますから、単なる勘違いとかそんなものでは決してありません。

5台聴いて、同じ音を鳴らす製品は一台も無かった、簡潔にまとめると、そういう話です。

たった5台なので、このレベルの差が一般的なものなのか、格差の激しいものが偶然5台の中にあったのか、これはさすがにわかりません。

購入したイヤホンを持参して、試聴機と比較して聴く事も良くあるのですが、リラックスした状態で聴くことが出来ないので、微妙な個体差があったにせよ、明らかに音が違う、とは中々言えません。

5台のヘッドホンは、何時間でもリラックスして聴く事の出来る、自宅の環境で比較しております。

A:☆☆☆☆☆☆
B:☆☆☆☆
C:☆☆☆☆
D:☆☆☆☆
E:☆☆

印象としてこんな感じでした。

B、C、Dはほぼ同じレベルで、微妙な鳴り方の違いはあるものの、聴き慣れた楽曲ではないと判別出来ないものなので、これがこの製品の標準的な出来の音なのだと思います。

AとE、これはもはや、同じヘッドホンの音ではありません。

Eを購入したユーザーからは、レビューに騙された、という失望感を与えてしまうレベルと言えます。

対し、Aは価格以上の素晴らしい音、
一番音が悪いEと比較すれば音の違いは歴然として体感出来ますが、B~Dの標準レベルの物と比較しても一概に気のせいとはならない程の差が確認出来ます。

こういった個体差を実際に体感出来る事は機会がないと非常に難しいと思いますし、一度でもこういう経験をしてしまうと、試聴機で試聴しても、何処か疑心暗鬼が出てきてしまいます。
果たして、購入した製品は当たりなのかハズレなのか?と。

これ以外にも、中古の製品で、一度に4台のイヤホンを聴いて、何か違う、と感じた経験がありますが、製品が中古という事もありますし、何時間もかけて比較した訳ではありませんので、気のせいである、と言われたら納得してしまうかもしれませんし、実際に気のせいかもしれません。

しかし、上記の体験談は心身ともにリラックス出来る自宅での比較ですし、1〜2時間という短時間のものでもありません。

実に1ヶ月ほどの検証時間があったので、個体差が実際に存在する事は事実としてあると思います。

TAGO T3-01、
このヘッドホンは私も所有してますが、開発者の多胡氏自ら、個体差のチェックを行っている、という記事を見ても、納得のいくところだと思うのです。
参考記事
https://info.shimamura.co.jp/digital/rev
iew/2018/08/123003

(スタッフレビューの下のところに書いてありますね。)

抜粋:
こちらのT3-01、出荷台数が非常に少ないため、完売すると1〜2か月は入ってきません。組みあがっても微妙に個体差がでてしまうため多胡氏自ら1台1台品質チェックも行い、出荷されるためお求めの際はご注意ください。

イヤホンでも、ヘッドホンでも左右のマッチングという作業を行っているメーカーも実際にあります。
ドライバーの周波数特性を測定しながら、近似値のグラフを描くドライバーを左右に使う、というものです。

ドライバー単位でも、全く同じ周波数特性を持つ製品はありません。
これはER4Sに付いてくる、測定グラフでも確認する事が出来ますので、次回のコラムで添付画像として載せますので、お楽しみに(^^)

2021/1/17 03:39  [2265-4956]   

コラム: 更新!更新!更新!

この掲示板、随分とほったらかしじゃないの〜、久しぶりの更新ですが、w

前の書き込みが1月17日?!!!

この穀潰しが!←自分に言ってます(笑)

ER4Sに付いてくる周波数特性グラフの画像を添付する予定でいましたが、画像が見つからず。

それを元に文章は書いておいたのですが、

う〜む、何処へ行ったのやら、画像がありませぬ、w

あまりかしこまったテーマの文章は私には分不相応かもしれない、と今更ながら思いまして、w

以前の様に日記みたいにしようかとも思いましたが、引き篭もりの日々では、何を食べたか?しか書くことがなく、途方に暮れております(´-`).。oO(´-`).。oO(´-`).。oO

2021/2/10 09:17  [2265-5087]   

2つのER4PT 周波数測定グラフ、1 周波数測定グラフ、2

コラム: ドライバーの個体差について

こちらは随分とほったらかしにしておりましたけども(^_^;)

エティモティック・リサーチ社のイヤホンに付いてくる、周波数測定グラフの画像が見つかったので。

ER4S、ER4P、こちらのイヤホンには長きにわたりお世話になりました。

ER4S、ポータブル機器用にインピーダンスを下げたER4P、どちらも同じドライバーを使用しており、イヤホン部分の作りは全く同じです。
(抵抗はケーブルに付いているんですね。)

ER4Pに、インピーダンスを100Ωに変更が出来るアダプターが付いた、ER4PTという製品も発売されたので、費用対効果も高いので、愛用しておりました。
(部屋の隅から引っ張り出したので、良く見ると汚いですねえ、w 此方は画像拡大して見ないように、w)

イヤホンを購入すると、ドライバーを一台一台測定した、周波数測定グラフが付いてくるんですよね。
1と2で微妙にグラフの波形が違います。
また、一枚の測定グラフでも、微妙に波形がズレているのが分かると思います。
これは左右で使用しているドライバーを別々に計測しているからなんですが、これを見ても、ドライバー自体、全く同じものは作れない事を意味してます。
つまり、ドライバー自体でも個体差はある、という事ですね。

エティモティック・リサーチ社によると、測定した波形が近いものを丁寧に探してマッチングさせているようです。
実に誠意のあるメーカーさんですね。
16,000Hzあたりから、急激にストンと落ちているのは、ドライバーの再生能力の限界ではなく、電気的ネットワーク回路により、強制的にカットしているそうです。
(16,000Hz以上の音も出るには出るが、正確な「音」では無いのでネットワーク回路でカットしているとの事。)

この様にドライバー単位でも、個体差があるので、複数のドライバーを積んだ、マルチBA機などは、イヤホン単体で考えると個体差はもっと大きなものになると思われますね。

これはBA型ドライバーの個体差の一例ですが、ダイナミック型ドライバーの方が個体差が大きい、という話も聞いた事がありますね。

ダイナミック型ドライバーとしては口径が大きくなるほど、その差は顕著になるそうで、その意味でも口径の小さいイヤホンよりも、大口径ドライバーを使用したヘッドホンの方が個体差は大きいと考える事になります。

ドライバー単体だけでも個体差がある訳ですから、製造工程における、ハンダ付けや、音質チューニングなどの多岐にわたる作業をする事によって、確実に聴き分け可能なレベルの個体差のある製品が出来てしまう事は容易に想像する事が可能です。

エティモティック・リサーチ社のように左右のマッチングさえ全く行わない大手メーカーもあります。
(非常に有名なメーカーで私の知る限りでも3社は確認が取れています。メーカー名は書きませんが。)

添付画像に載せた、測定グラフ、実に僅かな波形の違いですが、聴き慣れた耳では、この音質差を判別することが可能でもあります。
(取っ替え引っ替えイヤホンを変えて聴いているのであれば無理な話ではありますが。)
信じる信じないは自由でありますし、私の思い込み、気のせいである、という反論も自由だと思っています。

ただ、こういったドライバー単体でも全く同じ周波数特性グラフを持つ製品は作れないという事実がある、という事ですね。

次回、お楽しみに、と書いてから随分と時間が経ってしまいましたが(^_^;)。

まあ、イヤホン、ヘッドホンは音楽を楽しむ為の道具にすぎませんから、こういった事を書いてもあまり意味はないんですけどね。
自分で書いておいてなんですが、製品の粗を探すより、純粋に音楽を楽しみたいと思うところでありますね(^^)

2021/3/7 09:01  [2265-5215]   

コラム: 私の愛機と安室奈美恵さん。 vol.1(笑)←最後まで読むとこの意味がわかります、w

以前は定期的に更新していたコラムですが、ここのところサボり気味になっており、反省しております。

ここのところ、あまり楽しい書き込みをしていないので、気分をかえて♪

聴いている音楽はクラシック音楽が大半を占める私ですが、イヤホン、ヘッドホンともに、クラシック音楽を得意とする機種は一つもなく。
(HD650だけが例外ですが、これは貰い物ですので、欲しいとは思っていましたが、自主的に購入したものではありません。)

使用している、イヤホン、ヘッドホン、プロフィールに列記しておりますが、これらは全て、安室奈美恵さんの楽曲を楽しく聴くために選んだものばかりなんですね。

デビュー当時から知ってはいましたが、小室哲也さんがプロデュースするようになってからは、自然と聴こえてくる楽曲以外は聴いてなかったんですね。

ですので、セルフプロデュースするようになった、2度目の全盛期の楽曲など、1曲も聴いたことさえないものでした。

知人に安室さんのファンの人がいましたが、その人さえ、セルフプロデュース時代の楽曲を全部知らなかったりしてましたので、ライブコンサートに熱心に足を運んでいたコアなファンの方以外は、別のアーティストにシフトしていったのだと思います。

私はろくに仕事もしないで、とあるレンタル店の責任者として「席」だけはおいておいた時代がありましたので、どんなアーティストが人気があるか、流動的な動きは把握出来ておりましたので。

やはり、小室さんから離れた後の安室奈美恵さんのアルバムは全然、枚数が入ってきませんでしたね。

SUITE CHIC名義で活動していた時が最後のピークだったと思いますね、
ヴォーカリストは誰だ?と、非常に話題になりましたし、

アルバム「STYLE」からの3部作は落ち込みが半端ではなく、それまで連発していたミリオンセラーなどとは程遠く、宇多田ヒカルさんや浜崎あゆみさんに対抗出来る力は無かったですね。
ファン離れが急速になったのはこの時期だと思いますね。

ただ、毎年行われる、ライブコンサートだけは反比例するように、クオリティーの高いものにシフトしていき、熱心なファンは彼女の尋常ではないパフォーマンスにますます魅了されていったのだと思います。
客観的に観ても、全盛期のライブパフォーマンスを完コピ出来るアーティストは世界中でも誰も居ないと思いますね、
安室さんが尊敬している、ジャネット・ジャクソンでさえ、激しいダンスパフォーマンスの曲はリップシンクでしたので。

英語の発音が悪いだの、歌唱力にかけるだの、批判が多い側面もありますが、CDでしか安室奈美恵さんを知らない方なのでしょうね。

ライブパフォーマンスのクオリティーを維持する事が難しい、と自ら幕をひいた安室さんですが、全盛期のライブDVDを観れば、その理由も納得が出来ると思います。

アルバム、シングル、DVD、何一つ持っていなかった私ではありますが、ファンになったきっかけは大騒ぎになった引退発表の直後なんですよね。

最後のベストアルバム「Finally」をプレゼントされた事が安室奈美恵さんの曲を聴くきっかけとなったんですね。

3枚組のアルバムなんですが、1枚目に収録されている曲は全部知っていたんですね。
自然と耳に入ってくる事でしか聴いていない私でも全部聴き覚えがあるってのは凄い事なんですよね。
それほど、至る所で流れていた事になりますからね。

ところが、2枚目になると、1曲も知らない楽曲ばかりなんですよね。
それもお世辞にも耳あたりの良い曲とは言えない楽曲ばかりで、覚えるのに相当時間がかかりましたね。

ライブDVDを観るようになったのは、にわかファンである知人にプレゼントしたDVDがきっかけとなってますね。

CDアルバム以上にたくさん発売されていたんですね、ライブDVD。
適当に選んでプレゼントしたんですが、聴いた事が無い曲ばかりだと。
ただ、ライブパフォーマンスが凄いので、もっと知っている曲が収録されているDVDをその後自主的に購入していましたね。

それを思い出して、貸してもらった事がライブDVDを観るきっかけとなってますね。

それから、全てのアルバム、ライブDVDをコンプリートすることになったのですが、引退までの1年間は安室奈美恵さんの曲ばかり、毎日聴いていましたね。

イヤホンはクラシック音楽を聴くのに、ER4Sと1万円クラスのカナル型のイヤホンを持っていましたが、安室奈美恵さんの楽曲を聴くのには満足のいくものではなかったんですね。

安室奈美恵さんは30代以降はEDMに主軸においてアルバムを制作してましたから、ER4SのようなシングルBA機ではちょっと力不足になってしまうんですね。

そこから、イヤホン収集が始まったんですけども、
今でも一番好きなイヤホンであるSE846でもライブ音源となると、ダイナミック型ドライバーのイヤホンの方に分がありますし、ヘッドホンとなると、当たり前ですが尚更良いわけですよ。

EDMが得意なイヤホンを基準として選んでいったのですが、重低音特化型イヤホンってのが好きではないのですね。

EDMを楽しく聴くためのイヤホン選びで、重低音が嫌いとは、何わけわからん事を言ってるのか?と思う人もいるでしょうが、これはおそらく長らく使用していたER4Sの影響が多分にありますね。

低音を魅力的に鳴らせなくては、EDMを楽しく聴くためにわざわざ高いイヤホンを購入する必要はないのですが、余りにも低音を盛ったイヤホンがゴロゴロとあるわけですよ。

私が求めているのは、「量」ではなく「質」だったんですね。
ところが重低音特化型イヤホンとなると無駄に「量」が多過ぎて、マスキングされてちゃんと聴こえない音があるイヤホンが当たり前のように人気があるわけですよ。

あらら〜、粛々と書いていたら文字数制限か!、笑。
という事で、このコラムは2分構成と自動的になりますね。
タイトルに「vol.1」を追加しないと、♪( ´▽`)、w。

2021/3/22 10:38  [2265-5280]   

音之葉さん。

遅くなってすいません(^_^;)

承認完了致しました〜。

まずは此方の方に書き込んで下さい(^○^)。

2021/4/10 02:31  [2265-5295]   

音之葉さん。

こんにちは、こんばんは(^^)

クチコミでの返信がまだ、でしたので。

<>tam-tamさん。。。YOU買っちゃいなYO (≧▽≦)!!!!!
は、P-750ulのことです(*´ω`*)〜♪

買うに買えないから、「憧れ」のヘッドホンアンプなのです〜〜♪( ´▽`)

スペースの問題もありますが、やっぱりお金ですね、w

ちょっとバタバタして申し訳ありませんでしたm(_ _)m。

専用掲示板を建てましたのでそちらで語り合いましょう♪
「大好き!安室ちゃん! vol.1」、此方の掲示板ですね。

イヤホン、ヘッドホン、ヘッドホンアンプなどの話題は「みんなの掲示板 vol.11」、此方を利用して下さい。

昼間は基本的に寝ています、w

レスは夜中になってしまう事が多いと思いますが、ご理解いただけたら嬉しいです(^^)。
(なるべく、敏速に返信するように致しますが、難しい時もありますので_| ̄|○。)

ではよろしくお願い致します〜♪

2021/4/10 05:09  [2265-5298]   

ご報告:

いや〜、久しぶりですね、笑。

決してサボっていた訳ではございません(*´-`)

縁側にアクセスすると、「認定メンバーの申請」が表示されるではありませんか!!、♪( ´▽`)、w
誰が認定するねん!、と、笑。
縁側の管理人は、私ですので、書き込もうにも書き込めなくなってしまったのです、w

新しいアカウントを作っても勿論ダメですし、どうしたもんかと、笑。

書き込みの通知メールは入って来るのですが、レスが出来ない状態になってしまいました。
(そう言えばm56059さんも同じ様な事が起こっていましたね。)

一旦ログアウトして、再度ログインする事によって解決する事は分かっていたのですが、今度はパスワードが通らない!!、笑。

変更したんだか、ド忘れしたのかもわからない、w←もう「ボケ」がきてます、笑。

何やかんやで、ようやくちゃんとアクセス出来る様になりました(^^)

もうこんな時間ではないですか、w 夜明けは近い、( ´Д`)y━・~~、笑

今からレス、返していきま〜す、( ̄^ ̄)ゞ

2021/4/27 03:50  [2265-5377]   

ヒビだらけのディスプレイ

コラム: 地震は怖い。

最近、なんだか地震が頻発しておりますね。

今月1日にも宮城県において少々強い地震がありました。

私の住んでいる地域においてはそれほど、強い揺れはなかったのですが、如何せん地盤の緩いところに家がありまして、震度レベルが一つ上がるんです、w

見事にPCが倒れまして、♪( ´▽`)。
ディスプレイがヒビだらけに、w

元々、動作不良があった製品なんですが、見た目は綺麗でしたから、今回のディスプレイのヒビはちょっとなあ、という気分ですねえ、w

スマホなども、ガラケーの時代から25年近く使用しておりますが、ディスプレイを傷つけた事は一度も無く。

ガサツに扱っている割には、壊してしまったモノが経験としてないんですよ。

格別思い入れのあるPCではないですけど、ちょっと痛いですね、この有り様は。

毎日使うものですから余計にそう感じてしまいますね。

買い換える資金もないですし、当分の間、ヒビだらけのPCを使うことになるのですが、気分的にブルーになりますよねえ(´-`).。oO。

ちょっと昔でしたら、ヤケになるところですが、
ヤケになるにもなりようがない、w
お酒も飲まないですし、お金がないから、なんも出来ないんですよ、w

まあ、それにしても意外と頑丈ですね、iMacのディスプレイ。
液晶漏れもないですし、この程度で済んでいる事に感謝するしかないかなあ(*´-`)

2021/5/3 18:38  [2265-5397]   

コラム: 久々の更新、w

前回の書き込みが5月3日かあ(´-`).。oO、w

決して寝てばかりいた訳では御座いません。サボっていた訳ではありません。

ちょっと、Mリーグのファイナルシーズンだったもので、←サボっとるやないか!!、笑。

私は酷い花粉症の持ち主なんですよ。
それでも、マスクというのは着用した事がなく。
とにかく、自身の体に身に着けるものが大嫌いなものですから、腕時計さえ持っていないんですね。
結婚すると、指輪をしなくちゃならないから、それで結婚しなかった、と言っても過言ではないのです!!
(人呼んで、負け惜しみとも言いますね、笑。)

コロナの影響かどうかわかりませんが、現在かなりのオーバーウェイトになっておりまして。
後数百グラムで、夢の3桁、というところまで太ってしまっているのです♪( ´▽`)、w

20歳の頃は50キロそこそこしかないガリガリ君でしたから、現在の状況は簡単に受け入れる事が難しい、笑。

これは体重と関係があるのかどうか、わかりませんが、とにかく毎日毎日、眠い!!!
必然的に行動意欲も低下しているので、何をするのも億劫になっています。
という事で、書き込み頻度も此処のところ激減しているんですよねー(^_^;)。

毎日のように書き込みしていた時期もあったとは、ちょっと今の自分では考えられない、w
2500文字じゃ足らんがな!、と思っていた時期が考えられない、w

そうそう、マスク、ですよ、マスク。
さすがに外出する時は着用しておりますね、成長しましたね、体重以外にも、w
このマスクなんですが、つけ慣れてないせいか、耳の裏、紐を引っ掛けるところが炎症を起こしてしまうんですね。
まあ、靴擦れみたいなものなんですが、
イヤホン使いの私にとって、これは苦痛なんですね。
Shure掛けした時にコードが炎症部分に触れてしまい痛くてしょうがないんです。
これは痛い(完全に親父ギャグです、わかってー、笑。)

ではヘッドホンを使用すれば良いじゃないの?と思うでしょう?
ここでは、太りすぎによる眠い眠い病が待ち受けているのです、w
普通にしてても眠いのですから、心地良い音楽なぞ聴こうものなら、夢の中に飛んで行ってしまうんですねー、w

正直、書き込む「ネタ」はあるにはあるんですが、書き切れる気力に自信がなくて、更新頻度が激減してしまっているんですよねー。

体重の上限には所々に「壁」みたいのがあるんですね。

20歳の頃、50キロしかなかった私ですが、30歳の時には65キロ位になっていました。
これは太ろうして太った体重で、この変動にも「壁」があるのですね。
カロリーがあるものをいくら食べても太らないんです。
55キロまではいったものの、そこから一向に体重が増加しないんです、これが「壁」ですね。
それでも無理をして、高カロリーのものを食べていたんですが、56キロを超えると一気に65キロまで増えました。
すると今度は65キロで止まるんですよ。これも「壁」ですね。
おそらく、ベストな体重というものを体がわかっているんでしょうね。
ですので、一旦は止まってくれるんです、「壁」のおかげで。

30歳半ばの時期に、週4、週5のペースで飲みに行ってた時期があるんですね。
私は完全な下戸ですから、お酒は飲めません、食べる専門ですね。
相当なペースで飲みに行っているんですが、3人で、2,000円くらいしかかからないので、ひとり頭で勘定すると、コンビニで弁当買って帰るのと変わらないんですね。
なんで、そんなに安いのかって言うと、知り合いがやっている居酒屋なので、w
余って翌日には廃棄しないといけない材料で作ってくれるので、安くてボリュームがあるんですよ。
お酒自体は料金サービスはありませんでしたが、最初の一杯が無料なんですよ、これは常連客なら皆そうでしたので、顔見知りだからのサービスではありません。
私が飲めないので、二人にあげちゃうんです、だから、必然的にお酒代にも料金があまりかからない訳で。

この時期に80キロ近くまで、太ってしまったんですね。
そりゃ、毎日のようの夜遅く飲みに行って、食べている訳ですから、当然といえば当然なんですが。

「最近ちょっと太りすぎじゃない?」という知人の言葉もあって、ダイエットする事にしたんです。
簡単に食事制限しただけなんですが、2ヶ月で20キロほど落としたんですが、ここにも「壁」があったんですね。
最初の2週間くらいは1キロ、2キロしか落ちないのです。
つまり、2週間食事制限しても、78キロまでしか落とせてないって事ですね。
これが「壁」なんですが、これを超えると物凄いスピードで落ちていくんですよ、不思議な事に。
それで、61キロになると、ピタリと落ちるのが止まるんです、これも「壁」ですね。
とにかく61キロ以下にはならないし、知人にも「げっそりし過ぎて気持ち悪い」と言われてそこで、やめたんですが、笑。
食事制限をしないと、普通にリバウンドしていくんですが、65キロで止まる訳ですよ、
多分、これが適正体重なんでしょうね。

このように意図的に体重に増減しようとしても、「壁」があるので、2週間で結果は出ません。
(激しい運動をしている方々は別ですよ。)
私のように食事制限だけのダイエット法では、2週間で結果が出ないからと言って諦めないように、頑張ってみて下さい、「壁」を超えると一気に落ちていきますので。

ダイエットに関しては食事制限よりも、やはり適度な運動をする事をお勧め致します。
その方がやっぱり健康的なダイエット法だと思うので。

って、一体私は何を書いているのでしょう、笑。

今日はこの辺でー♪( ´▽`)、w

2021/5/27 22:34  [2265-5461]   

コラム: ゼンハイザーIE900に思う事。

ゼンハイザーのIE900が発売されましたね。

イヤホンとしては、ゼンハイザーのフラグシップモデルです。

既にあちこちから、賞賛の声、絶賛の声が聞こえてますが。

私は、素直に拍手を贈る事が出来ません。

IE800Sを販売終了する、という事で、完全なる世代交代ではありますが。

ちょっと高過ぎやしませんか、
税込価格18万円、
私は、どうしても、意図的な価格設定に思えて仕方がありません。

JVC,VictorのFW10000
SONYのIER-Z1R
まあ、Final A8000とか、他にもありますが、その辺りの価格を意識しているように感じますねえ、

12万円ちょっとで、販売出来たのではないでしょうかね。
(安い価格設定にする事で、かえって売れなくなってしまうという不思議な国ですから、日本。)
(日本だけにターゲットを絞ってるわけじゃないと思いますが、こういったハイエンドモデルは良く売れる国なのは間違いないので。)

カラーリングが一色なのですから、付属ケーブル事にパッケージ化出来たはずですし、

4.4mmバランス、2.5mmバランス、2つのバランスケーブルを必要とする人、同梱されて喜ぶ人なんて、数%しかいないと思うのですよね。

この辺りの選択肢はユーザーサイドにあって良い、と思うのは私だけでしょうか?

ケーブルは贅沢に詰め込んでありますが、イヤーピースのサイズが3サイズとは、この価格帯のイヤホンではちょっと珍しいですねえ。
しかも、ゼンハイザーのイヤホンに付属されているイヤーピースは、ちょっと特殊に出来ているものですから、少なくとも5サイズくらいは用意して欲しかったです。
(フィルターでは無いですが、音質調整のようなものがあります。)

7mm口径ドライバー、これって、IE800の時に開発したものと基本的に同じ構成のドライバーだと思います。

ボイスコイルだとか、振動板のコーティングだとかは、より良いものを使用しているんだとは思いますが、少なくとも、一から新しく開発した新規ドライバーではありません。

イヤホンを評価している動画ではどれも絶賛の嵐ですが、TWSイヤホンを普段使いしている様な人からすれば、そりゃそうでしょう。

昨日、ちょっと、時間が空いたので、短時間ですが、試聴してみましたが。

うーん、良い音です。

だけど、別にゼンハイザーじゃなくてもよくないかい、
そんな印象でした。

価格が価格なので、良い音を鳴らして当たり前なんですね。

個人的には、ゼンハイザーらしさは全然感じられませんでした。

ヘッドホンの名機、HD650、
イヤホンの名機、IE800やIE80
これらをゼンハイザーの「音」として聴くと、思い切り肩透かしをくらいます。

低音の量感が少なめですので、個人的には、好きな音を鳴らしますので、これはこれで良いイヤホンだと評価します。

IE800、IE800Sの不安定な装着感は改善されましたし、それどころか装着感は良いです。

安っぽい、プラ製ハウジングだった、PROシリーズと違って、金属製ハウジングは高級感がありますし、壊れない安心感もあります。

ズンドコ鳴る、低音に期待しなければ、購入してガッカリする事は無いと思います。

イヤホンの出来としては、完成度が高いですね。

ですが、ゼンハイザーのフラグシップイヤホン、としてはどうか?

ここですね、最も気をつけないといけないのは。

2.5mmバランス接続、4.4mmバランス接続、共に使いますって方には、両バランスケーブルの同梱は嬉しいでしょう。

付属イヤーピースのサイズ不足と、強制バランスケーブルの付属、
この2点が、ちょっと残念だと感じましたね。

ゼンハイザーのイヤホンですから、MMCXと謳っていても他社製ケーブルは使用出来ないようになってます。

この辺りもゼンハイザーのイヤホンの伝統ですかね、ここまでくると。
(一部のメーカーのケーブルが適合する、なんて情報もありますが、基本的に使用しない方が良いと思います。)


販売店舗によって価格は変動しますが、16-18万円もする高級イヤホンですから、名門ゼンハイザーだからと言って過信せず、自身の手で触って、実際に音を聴いてから購入するようにしたいものですね。

想像ですが、このイヤホン、売れると思うのですよね。
なので、ちょっと、辛口の事をあえて書きました、価格が価格なので。

やっぱり価格帯的に一生モノだと思うんですよねー。
こういった価格帯のイヤホンを何本も所有されている方には気にならない事かもしれませんが。

ハイエンドクラスで、装着感に悩んでいる、耳の作りが小さい女性の方には、良い製品かもしれません(^^)。

2021/6/2 08:25  [2265-5473]   

コラム: 凄えなIE900!!

発売僅か1週間で、完売状態か!!

売れるとは思っていたけども!!
(eイヤホン全店舗、ヨドバシカメラ全店舗で完売してますね。)

やっぱり、ゼンハイザーのネームバリューは偉大でありますね。

商売上手なんだか、下手なんだか、よう分からんですねえ。

付属品である、純正バランスケーブルが単品で発売されました。
1本2万円か!!!

ここまでの価格のケーブルが純正付属品として同梱されている事は無かったと思いますねー。

このクラスのイヤホンを使用する方は、大方、ハイエンドDAPを既に所有されていると思うので、やはり、4.4mm付属パッケージと2.5mm付属パッケージと分けて欲しかったと思います。

もう3.5mmシングルエンドのケーブルは別売りでも良いのではないか、と。
(ヘッドホンではなく、イヤホンですからね、この辺りの事情は大きく違うと思っております。)

IE800Sの後続機みたいな感じになっておりますが、音作りは全然違いますので、

IE800Sの方が、ゼンハイザーらしいイヤホンですね、鳴り方というか、そんな感じですかね。

低域の鳴らし方が全然違いますので、ここにゼンハイザーらしさを求めるとすれば、
新品に拘るのであれば、IE800Sを、
状態が良ければ、中古品でも構わないって方は、IE800を、一本所有しておく事をお勧めします。
(IE800Sは価格的にあまりお勧め出来ないですけど、傷とか気になる人は仕方がないですね。)

ゼンハイザーのイヤホン、有線型はほとんど試聴しましたが、私の一推しはIE400PROとなりますね。
勿論、価格込みの感想です。
現在の価格であれば、コストパフォーマンスが最高の逸品です、IE400PRO。
ゼンハイザーらしい音を鳴らすイヤホンではないですが、それはIE900も同じですから。

話をIE900に戻しますと、
ここまで、高品位なバランスケーブルが付属されているのであれば、試聴は必ず、バランスケーブルに替えてもらった方が良いですね、店員さんに頼んで。

前スレでは、IE900は低音が全然出ないような事を書いちゃってますが、私が試聴したのは、3.5mmシングルエンドのケーブルで聴いた感想ですので。

バランス接続だと、シングルエンドより、低域はより良好に聴こえるそうなので。

元々の入荷数が少なかったのかもしれないですが、この価格帯のイヤホンが売れまくって入荷待ちになるなんて事は、普通はあり得ませんからねえ。

ゼンハイザー復権の起爆剤となり得るイヤホンとなりそうですね。
(ハイエンド価格帯において、イヤホン、ヘッドホンとも、ここのところ芳しくなかったですから。)
(TWSイヤホンは良く売れていましたけれど。)

ゼンハイザー、やっぱやるときゃやりますね(^^)。

2021/6/7 11:37  [2265-5485]   

コラム: 日々の出来事。

美人、フリーアナウンサーのカトパンこと、加藤綾子さんがご結婚されましたね。

おめでとうございます☆☆☆

お相手は「一般男性」との事。

人気女子アナウンサーは将来的に有望なプロ野球選手などとご結婚される例が多いのですが。

ここにきて「一般男性」とご結婚とは、ちょっと捨てたもんじゃないと期待してしまうではないですか(*´-`)、w

我々一般庶民にも僅かながら、望みはあるのではないか、と♪( ´▽`)、w

まあ、うすうすはわかっていたんですけどね、w

年商2,000億円の企業の社長!!!

やっぱりか!!、笑。

これは明らかに「一般男性」ではありませんねえ、

年商2,000億円の企業の社長が一般的なのでしょうか、( ´Д`)y━・~~。

金が全てなのか!、
こんな時は、尾崎豊とか、長渕剛とかの曲を無性に聴きたくなりますねー、(爆)

そんな事はどうでもよくなりました、

長年、探していた大好きな楽曲をYouTubeで発見出来ましたので(^^)

まずはお聴き下さい。

THE GREAT SEA FLOWS
https://www.youtube.com/watch?v=PNmZeW-b
GMc


1985年に作られた楽曲です。
年代を考えると異次元の完成度の高さです。
何度聴いてもため息が出るほど、素晴らしい!!
曲自体は一般的に知られておりません。
しかしながら、演奏しているバンドは知らない人が居ないほど、有名なバンドです。

曲自体を聴いて、洋楽だと感じた方も多いと思いますが、J -POPなのです。

「銀河鉄道999」
「ビューティフル・ネーム」
などの楽曲で有名なゴダイゴの作品なのです。
1985年の奇跡、と言っても過言ではない素晴らしい曲です。

リーダーのミッキー吉野は、名前こそ、可愛らしいですが、国内屈指と呼べる程のキーボード奏者です。

活躍していた時代で、すでに異常ともいえる先進性の音楽をすでにいくつか作曲していたのですが、それらの楽曲はどこへやら、

彼らを一躍有名にした、「ガンダーラ」を聴いても、流行歌の枠に収まらない、先進性溢れる音楽性を随所で聴く事が出来ます。

この「THE GREAT SEA FLOWS」ですが、現在発売されている、ベストアルバムには収録されておらず、シングルカットさえされていません。

私が初めてこの楽曲を聴いたのは、このライブ音源とは別バージョンになりますが、CD化してくれないでしょうかね。

そうしたら、カトパン、「一般男性」と結婚の話は忘れようではないですか、笑。

あら?
もう一曲、私の好きだった曲が一年ほど前にアップされておりますねえ♪

PIANO BLUE 
https://www.youtube.com/watch?v=8r28hSe5
jxE


此方もゴダイゴの名曲です、一聴あれ(^^)。

2021/6/9 03:06  [2265-5508]   

コラム: 6月18日発売、GRADOの新しいXシリーズ!!

GRADOのプレステージ・シリーズがリニューアルされました(^^)。

予約は既に始まっておりますね!!

https://www.e-earphone.jp/product/search
/list/?search_type=0&searchbox=GRADO
&search_word=GRADO


eイヤホンでは数量限定ではありますが、特典が付いてくるみたいですね。

SR80x、SR60xなどの下位モデルは若干、価格が上がりましたが、最上位モデルのSR325xは価格据え置きなのは嬉しいですね(^^)。

これまで同様、デザインの変更などはありませんので、

ケーブル皮膜の変更、イヤーパッドの変更、ドライバーの変更、とこれまでのリニューアルより、変更点が多いです!!!

ドライバー口径が40mmから44mmと大口径になってますねー。

ケーブル皮膜の変更、イヤーパッドの変更と、これまで以上により快適に使用出来る様になっておりますねー。

肝心の音を聴いてみない事には、どうにもならないのですが、緊急事態宣言解除までは大人しくしていないと。

他のラインアップもリニューアルされるのでしょうか。

ちょっと楽しみになってきました(^^)。

2021/6/15 05:40  [2265-5561]   

コラム: 単なる日常的生活。

天気が良くない日々が続いておりますねー。

iPhoneがまたまた手元に戻ってきました←何度、質入れしておる、♪( ´▽`)、w

しかし、なんですね、スマホが手元にないと不安で仕方ない様になってしまいました。

何処にいても、インターネットと接続出来るってのは、やっぱり便利ですよね。
(全てのメールアカウントを登録してあるので、無いと不便で仕方がないのです。)

携帯電話は無理矢理持たされたのです。

束縛されるのが人一倍嫌いな私にとって、非常に鬱陶しいと感じるアイテムでもあるんですね。

付き合っている方が今は居ないので、現在のところ便利で手放せないアイテム、スマホなんですが、w

GPSなんかも搭載されていますからね、何処に居るかもすぐバレちゃう、w

それと通話品質の向上ですよね。

昔の携帯電話なんちゅうもんは、水中で話しているかの如く、通話品質が低かったので、何処から電話をかけているなんかは分からないものでありまして、w

それに比べると、今の通話品質の高さは、パートナーが居る男性陣にとって戦々恐々でしかありません、w

「何処に居るの?!、家じゃないよね!、声の響きが違うから!!」
怖いですねー♪( ´▽`)。
声の響きが違う?、昔の携帯電話なんちゅうもんは、、、、笑。

2021/6/18 05:37  [2265-5575]   

近況のご報告:

iMacがカーネルパニックに、( ´Д`)y━・~~。

元々、購入当初から不具合があったiMacですが、とうとうこんな事が起こるようになってしまいました。

MacOSで、カーネルパニックを起こすという事は非常に珍しく、POWER MAC G5時代から10年以上使用してますが、今回を含めても、たったの2回目なのです。

旧Macでは、色々とメンテナンスソフトなど、揃えておりましたが、それらが活躍する事は稀で、本当に安定しているんですよね、MacOS。

久しぶりのカーネルパニックが起こったのは1週間ほど前で、起動する事が出来なくなってしまいました。

ですので、縁側に書き込むどころか観覧する事も出来ず、iPhoneに書き込みのお知らせ通知メールが入ってくるものの、なすすべ無しでございました、申し訳ありませんでした。
(iPhoneはiPhoneでタッチパネルが不良で、長文を書き込む事が出来ません。)

OSを再インストールしただけではダメで、何やら適当にいじくっていたら復活してくれました、w
(適当にやっていたので、何が良かったのかも、わかりませんので、今後の参考になりません、笑。)

ともかく、以前のように所々不具合があるものの、ブラウザが起動し書き込めるようになりましたので。
(私は無事です、万が一心配してくれた人が居ないとも限らないので、ご心配をおかけ致しました。)

という事で、活動再開でございます(^^)。

2021/6/27 23:40  [2265-5586]   

SR9のドライバー モニターヘッドホンのドライバー RP-HD10のドライバー

コラム: ようやく購入出来たヘッドホン、RP-HD10が凄すぎた!!!

iPhone直差しで試聴した時には感じなかったのですが、分解能は驚愕すべきもので、10万円を超える製品でも、このヘッドホンを超える分解能を実現している密閉型ヘッドホンはおそらくありません。

理由は簡単で、添付画像にあるような、共鳴孔を開けた、ドーム型の共鳴板を被せていないからです。

密閉型ヘッドホンの多くは、ほとんど、この共鳴板をドライバーに被せて、制作されています。

手持ちのヘッドホンのイヤーパッドを外して、写真を撮りましたが、画像検索すれば、いくらでも出てきますね。

正確な音が要求される、モニターヘッドホンでもこの有り様ですから、
(国内シェア率ナンバーワンのモニターヘッドホンCD900STにも当然、これは被せてあります。)
こんなものを被せては、ドライバーから放出された音がダイレクトに耳に届く訳もなく、不自然な音になって然るべくなのは明白です。
私の経験上、共鳴孔が小さければ、解像度の高い鋭い高域が出ますが、その代わり低音はボアつきます。
共鳴孔が大きければ、高音はマイルドですが、ボワつきの少ないタイトな低音が出ますね。

クラシック音楽を聴くためのヘッドホンとして、何故HD650とかK701とかが推薦されるかと言いますと、こういった共鳴板を使用していない開放型ヘッドホンだからです。

ダイナミックドライバーからダイレクトに音が放出されるため、綺麗な倍音が出るのです。
HD650やK701がクラシック音楽をリファレンスとして開発されたヘッドホンではありませんし、クラシック音楽が得意なヘッドホンだとも思っておりません。
クラシック音楽は、倍音成分が綺麗に鳴らなくてはお話になりませんから、こういったヘッドホンが、まずはお勧めされるだけの話に過ぎません。

ちょっとお話がRP-HD10から外れてしまいましたが、このヘッドホン、只者ではありません。
ご覧のように、メッシュが貼ってあるだけで、搭載されているドライバーが丸見えで、共鳴板を使用しておりません。
その為、不自然ではない綺麗な高音がキチンと鳴ります。

あまり、他の方が書いたレビューなど読まないのですが、あまりにも凄まじい分離性能でしたので、他のオーナーさんはどの様に感じているのだろう?と興味が沸きました。

名機の証である、賛否両論でした。

このヘッドホンはインピーダンスも18Ωと低いので、出力機器の影響を受けやすいです。
この低いインピーダンスだと、おそらくノイズにも弱いでしょう。

このヘッドホンを私にお勧めしてくれたドーヴェンウルフさんによると、リケーブルで更に化けるそうで、ちょっと末恐ろしいヘッドホンがあったものだと思いました。

よく、女性ヴォーカルのサ行が刺さる、などと、言いますが、そんなレベルではないです、w
所有しているヘッドホンにとどまらず、これまで試聴したどのヘッドホンよりも高音は刺激的で攻撃的です。
ですが、そういった感想は思ったほど多くはなく。

使用している機材が違うからなのかな、と最初は思ったのですが、様々な事を要因として考えると、聴いている音量の違い、ということに至りました。

おそらく、イヤホン難聴を危惧してか、皆さん、ボリュームをそれほど大きくしてないんですね。
だから、低音不足という不満が出る。
それに応えてメーカーは低音特化型ヘッドホンを制作するのだと思うのです。
小音量でも満足出来る低音が出るようにチューニングしたヘッドホンがだからよく売れるのでしょう。
これまで、私は勘違いをしていました。日本人の低音好きは国民性の問題だと。

イヤホン、ヘッドホン使用事から、小音量で聴いているのであれば、小さな音量であっても、ダイナミックレンジの確保は出来ると思います。耳が良い事が前頭にはなりますが。

またまた、RP-HD10から外れてしまいました。

とにかく、分離性能が半端ないです、このヘッドホン。
全ての音が濁りなく聴こえるヘッドホンはこの価格帯どころか、密閉型でいくら探しても、多分見つからないでしょう。
高解像度のソリッド系のヘッドホンアンプとは相性抜群で、このヘッドホンの魅力を余す事なく伝えてくれます。

ただ、高解像度、高分離性能を要するヘッドホンが、素晴らしいかと言うと、使用するユーザーさん次第だと思うところもあり、不特定多数の方に「素晴らしいヘッドホンです!」とお勧め出来るものではないと思ってます。

量感溢れる優しい低域に包まれたHD650とは対極に位置するヘッドホンでもあるので、数本のヘッドホンを所有していて、ジャンルによって使い分けしているユーザーさんとか、複数の出力機器をお持ちの方には文句無しに一推し出来るヘッドホンですね。

BA型イヤホンの音をヘッドホンで聴いてみたいって方にもお勧めです。
高域が強いサウンドを求めていると思うので。

とにかく、相性の良い、ヘッドホンアンプと組み合わせた場合、驚愕の分離性能を発揮しますので、記録された全ての音が混濁する事なく鳴りますので、譜面起こしとかには最高のヘッドホンになると思います。

そういった環境、構成でこのヘッドホンを使用するとなると、多分聴き疲れをしますね。

暖色系のヘッドホンアンプと組み合わせた場合、解像度、分離性能とも、多少落ちますが、全体的にスリムで、バランスの良いサウンドを鳴らす、ヘッドホンになりますので、現在の価格を考慮すると、かなりお買い得感は高い製品ですね。

どの音楽ジャンルに合うヘッドホンかと聞かれても、正確にお答えする事が出来ません。
私自身は、多種多様なジャンルの楽曲を聴いてますが、絶品となる楽曲もあれば、違うヘッドホンで聴いた方が良い、と思える楽曲、音源もありますので。
この辺は好みの問題ではありますが、正直、現在の価格であれば、購入してガックリとなると製品では無いと思いますね。

複数のヘッドホンを所有している方は、間違い無く「買い」のヘッドホンかと。


2021/7/11 03:18  [2265-5616]   

コラム: 日々の生活。

Panasonicのヘッドホン、RP-HD10が相変わらず凄いのですが、すでにメーカーでは生産終了となってしまっているようです。

ただ、在庫だけは残っているようで、ヨドバシとかビックカメラとかの大手家電量販店からの購入も出来ます。
(あぶねー、完売してしまったら、新品での購入は不可能になるところでした。)

ヘッドホンの完成度からしたら、大変なバーゲンセール価格となっておりますので、お買い得感は高いと思います。

買うなら「今でしょ!」みたいなヘッドホンとなっておりますね、笑。

ここ最近は音楽よりも、音声のみの動画ばかり観てるのですが、価格がそれなりに高いイヤホン、ヘッドホンでも、音声が聞き取りやすい適応力とは比例しないみたいで、「何をしゃべっているのかが、はっきりとわかる」イヤホンの使用頻度が高くなっている状態ですね。

イヤホンでは、ここ最近では最後の購入となった、ピエール中野さん監修モデル、初代ピアホンの出番がここにきて顕著になってきました。

私自身、こういったコラボモデルというのは、あまり好きではなかったのですが、元となったアルペックスのイヤホンと試聴比較したところ、なかなかに良かったので購入し、最後のレビューを投稿したのですが。

価格が1,700円のイヤホンとしては、しっかりとしたポーチが付属していたり、スマホ直結で使用するならば、それなりの音質が楽しめますので、購入しても損を感じさせない製品として、評価は高いイヤホンとしてレビューを上げています。

この「ピアホン」の使用頻度が高くなったのは音声が非常に聞き取りやすい事が要因としてあるのですね。
この部分だけは、私が所有している、10万円を超えるハイエンドイヤホン、ヘッドホンでも太刀打ち出来ません。
(あくまで、音声だけの動画に限っての事です。様々な効果音が入る映画とかだとまた変わってきます。)

本当に非常に聞き取りやすく、大変重宝しているんですね。

そんで、愛聴している音楽なんかも久々にじっくりと聴いてみたりしたんですが、レビューに書いた事が嘘にならない程度、音質は良いのですが、価格的に考慮しても、「超絶」とまではなりません。

音楽を音質に拘って、ある程度のレベルで聴きたいのであれば、価格は倍になってしまいますが、再評価したFinal e2000とか、大好きなイヤホン、intime SORAが3,000円台で購入できるものとして、他を圧倒していますね。

本格的なヘッドホンアンプを使用するならば、e2000の持っているポテンシャルは相当なもので、芯のある、本格的な音質が楽しめる逸品で素晴らしいです。
(intime SORAも悪くないですが、e2000とは違って、好き嫌いがはっきり出そうで、万人にお勧めするとなると、e2000が無難なイヤホンかな、というところですね。)

モノラル音源特化型ヘッドホンを探しはじめてから、ちょっとずつわからなくなってきていたのですが、ここにきて、音声特化型が出てきてしまって、もうなにが何やらようわからんようになってきちゃいましたね♪( ´▽`)。

イヤホン、ヘッドホンに関しては、価格、スペックが全てでは無い、という私のポリシーが反映された形にはなったのですけれど、価格差が100倍ほどになってしまうと、流石に、これはどうなんだろう?という気持ちの方が強いですねー、w
(価格、スペックが全てでは無い、ってのは、価格差が2-3倍程度での範疇で言っている事なので、w)

音声だけに絞って、手持ちの全てのイヤホン、ヘッドホンで検証しましたが、1,700円で購入出来るピアホンがやっぱり最高でして、こうなってくると、音声特化型イヤホンであれば、1,000円以下で購入出来る製品の中にまだまだもっと最良のものがあるのかな?と。
流石に、この価格帯のイヤホンともなると、試聴機なんか置いて無いですし、私一人で全てのイヤホンを実際に聴いて比較検証する事は出来ませんから、情報共有に頼る他無いです。

価格が高いイヤホン、ヘッドホンの方が、よほど楽なんですよね、あれこれ物申すのは、笑。

「ピアホン」を音声特化として使用する前は、手持ちのイヤホンの中では、ゼンハイザーのIE80S、此方も音声が大変明瞭に聞こえるイヤホンとして、音声のみの動画を観るときに良く使用していたのですが、価格が4万円近くするモデルですからね、♪( ´▽`)、w
2万円近くかけてリケーブルもしてありますので、総額6万円のイヤホンだったりします、w
耳掛け装着が出来て(リケーブルによるところが大変大きいです。)、装着感の快適さを含めると、ようやくIE80Sに軍配が上がるレベルです。
音声の聞き取りやすさだけで比較すると「ピアホン」となってしまいますねー。

素晴らしいイヤホン、ヘッドホンであれば、音楽ジャンルには関係がない、って意見もあるのですが、確かに良好な録音でしたら、私としても理解は出来るのですが、

事劣悪な音源や、周波数特性が偏った音源では、どうもその様にはならないみたいで、この事だけは、価格に関係なく、特に優れている一部の製品があるって事だけは断言して言えますね。
実際の問題点として、劣悪な音源をサンプルとして、それを最良に鳴らすものを探す事をする人など居ませんから、情報共有しようにも出来ないって思ってます。

という事を踏まえた上で、別の視点から、考えると、時代はハイレゾ音源に向かっている訳で、当然、その音源を再生するイヤホン、ヘッドホンも、その流れに沿って開発される事になる訳です。

となると(笑)、いまだに主流となっているCD規格の音源を最良に鳴らすイヤホン、ヘッドホンが、派手なスペックとは全く関係がない別の線上に君臨している現状もある訳で、

( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)、w

語り尽くせませんねー、私の器では、d( ̄  ̄)、笑。

2021/7/22 20:39  [2265-5625]   

コラム: 世界レベルの日本人ピアニスト

世界で通用する国内ピアニスト、というと、内田光子さんをあげる方がほとんどではないでしょうか。

私個人では、フジコ・ヘミングさんが国内では最も有名だとは思います。
レンタル店に長い事居たので、売れているアーティスト、売れていないアーティストというのはある程度把握出来るので。
最近では辻井伸行さん、でしょうね、テレビで特番などで取り上げられる回数が多かった時期があったので。

私自身もクラシック大好きですから、世界レベルで活躍しているのは大変な偉業だと思いますし、実力的にどうこう言うつもりは全くないです、聴く方々が各々判断すれば良い事なので。

ジャズには初心者同然の私ではありますが、
昨日行われた、オリンピック開会式で、上原ひろみさんという日本人ジャズピアニストの方が演奏されていまして。
短い時間ではありましたが、久しぶりに一発KOされてしまいまして。
「上原ひろみ」という名前だけは知っていたんですが、どのような演奏をするのか、どんな曲を弾いている方なのか、全く存じておりませんでした。

まず、Wikipediaで経歴など見てみたんですが、それ程、賞賛された文章もなく。
アメリカに拠点をおいて活動している方らしいので、まあ仕方がない事なんですけど。
(なになに賞を受賞とかは書いてありますよ(^^)。)

オリンピックの開会式で演奏したスタイルに似た音源があるかどうか、YouTubeでさぐってみたんですが。

良くも悪くも、実演の人、ですね、この方は。

セッション録音と、ライブ演奏におけるキレっぷりが半端ないので、CDに録音されたものだけで評価する事が、出来ないアーティストに入るお方です。

事前知識が全くない状態で、実演に連れて行かれたら、卒倒するレベルですねー。

それだけに、この「上原ひろみ」という世界レベルのピアニストを知った事は、嬉しいと思う反面、もっと早くに聴いておくべきだったと少々の後悔が入り混じった複雑な思いでいますね。

正確無比に淡々と演奏をこなすタイプではなく、自己陶酔爆演型、w

曲に没頭した時のキレっぷりは物凄く、一見メチャクチャに弾いているように見えるのですが、ミスタッチなどほとんどなく、ヴィルトゥオーゾに属するピアニストですねー。
(無調などの曲でないですし、私レベルでも、ミスタッチがあるかどうか判別出来るものですね、珍しく、w)

ちょっとこれは、聴かぬは一生の損というレベルのものですので、ジャズなんかようわからんとか置いておいて、w
(私もジャズなんかようわかっておりませんので、笑。)

ピアノソロの演奏の音源を探していたのですが、自己陶酔爆演で凄い演奏がありましたので、まずは此方を。

上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト - 「MOVE」ライヴ・クリップ
https://www.youtube.com/watch?v=1rxYw7Y4
5Eo


単調なリズム音型から演奏は始まりますが、そこで止めずにそのまま、そのまま、w

2:20辺りから、音楽に没入していきますんで、w

4:00を過ぎた辺りからは、自己陶酔の世界に行ってますー。

5:30を過ぎた辺りからは、もうメチャクチャに弾いている感じですが、ミスタッチもなく、恐ろしいまでのテクニカルを魅せてくれます!!

こんな演奏、いきなり実演で聴いてしまったら、ジャズだろうがクラシックだろうが、関係なく凄い!!と感じる事でしょう。

時代を遡ったとしても、国内女性ピアニストでは間違いなく、テクニックナンバーワンのピアニストと断言しても間違いないでしょう。

CDで発売されている楽曲も聴いてみましたが、レベルが高いのはわかるのですが、実演でみせる魅力がどこか欠けているように感じました。
(全てのCDを聴いた訳ではありませんので、その点においてはご了承ください。)

ソロでの演奏でもやはり実演の方が圧倒的に魅力がありますねー。
此方は先程の演奏と違って、自己陶酔して爆演にはなっておりませんが、魅力的な演奏を披露しています。

Hiromi Uehara - Jazz &#224; Vienne 2
011 - LIVE HD
https://www.youtube.com/watch?v=w-02CXhG
XCQ


ジャズでも、前衛的な部類に入るとは思うんですが、難解なものでは決してなく、非常に聴きやすいですね。
(前衛に入るのかどうか、所詮私レベルでは判断が出来ませんが、調べても書いてないんだもの、♪( ´▽`)。)

まあ、世界屈指のjazzプレイヤーとトリオを組んでいるだけあって、実力は折り紙つきでしょう。

YouTubeにおいてはたくさんの動画がアップされておりますが、音質的にも十分鑑賞に耐えうる音源が多いので、こんな素敵な演奏を無料で聴けるなんて最高ではありませんか(^○^)。

いやー、また時間がいくらあっても足りなくなってきちゃいましたねー♪

では、またd( ̄  ̄)。

2021/7/24 04:40  [2265-5633]   

返信数が100件を超えると、このスレッドには返信できなくなります



うっかりしていると、vol.12が埋まりそうなので、新しい掲示板を建てておきます。

返信が出来なくなってしまった事が過去にありましたので。

vol.12のスレの進行が遅くなってしまったのは、私が要因であると反省しておりますので、早いとこ問題点を解決して、改善に努めたいと思っておりますm(_ _)m。

この掲示板もvol.13とここまで続いたのは、メンバーの皆様方のおかげだと感謝しております。

今年の猛暑同様、熱く、楽しく語っていきましょう(^^)。

2021/7/22 20:50  [2265-5626]   

ちちさすさん

こんばんは(^^)

<我が家には宇多田ヒカルさんのシングルコレクションの1と2、エンヤも最初のベスト盤の他アルバムも3つほどあります。

なんと!、ピンポイントで所有しているとは、ちょっとびっくりしてしまいました( ^ω^ )

1999年以降は、安室奈美恵さんの人気はすでに低迷気味で、宇多田ヒカルさんと浜崎あゆみさんと一騎討ちの様相でしたねー。
特に2001年3月に発売した、浜崎あゆみさんのベストアルバム「A BEST」を宇多田ヒカルの2ndアルバム「Distance」の発売日にあえてぶつけてきた時は驚きましたね。
私のレンタル店にも大量の枚数が同時に入荷されて、陳列するスペースを作るのに、アルバイトが大変苦労していた思い出がありますねー、←お前も見てないで手伝わんかい!(自分に言ってます、w)
レンタル用に加工する準備も大変で、明日まで間に合うかどうか?結果的には間に合いませんでした、w←見てないで手伝えよ♪( ´▽`)、w

安室奈美恵さんのベストアルバム購入でこの時代の3大歌姫のベストアルバムをコンプリートした事になりますね。
(時期的に安室奈美恵さんが低迷期に入った頃なので、人によっては、この時代の3大歌姫は安室奈美恵さんではなく、MISIAさんを選ばれる方も多いかも、です。)

<何年か前に、エンヤは私の試聴記スレッドに簡単な感想を書いています。

視聴記スレッドはちちさすさんが縁側に来られた時に一通り目を通したはずなんですが、ちょっと覚えてなかったですね、何と言っても、私も好きな尾崎豊さんの視聴記は的確かつ圧倒的で、下手なライナーノーツよりも凄かったので、これには衝撃を受けましたね。
かなり聴き込んでいた私でも、書けるレベルではありませんでしたので、「参りました。」って感じですねー。

エンヤさんのアルバム、P-1u+HD650で聴くと、録音のアラが散見される、という記述がありますね。
現在の私のPCには音源がインポートしてありませんので、無圧縮音源で聴くには、CDを引っ張り出してこないとならないので、見つけた時に聴いてみますね。

シンディ・ローパーやスザンヌ・ヴェガの視聴記まであったのですね、
うーむ、全然記憶にありませんでした(^_^;)
申し訳ありませんでした、と言うか勿体ないですよね(笑)、シンディ・ローパーは好きなアーティストでしたので。

<MISIAさんとSuperflyはまったく存じません。

MISIAさんは、浜崎あゆみさんと安室奈美恵さんとほぼ同年代のヴォーカリストですね。
昨日のオリンピックの開会式で君が代を歌ったのはMISIAさんでしたね(^^)。
昨年の紅白で大トリを務めたのが、選考の決め手となったのでしょうか。

オリンピック開会式では、歌舞伎と融合する形で、ジャズピアニストの上原ひろみさんがソロピアノで共演していたのでしたが、前衛的な曲で、これは大変良かったですね(^^)。
ちちさすさんはjazzで前衛的な作品を探しておられましたので、お勧めできるような曲でしたが、残念ながら、私も上原ひろみさんは名前だけしか存じておりませんので、発売されているCDでも、開会式で演奏したものと同じような演奏をしているのかもわかりませんので、勉強した後々、お勧め出来るようなCDがありましたら、報告させて頂きますね(^^)。

<安室奈美恵さんの3枚については、まだ1回しか聴いておりませんので。音質も検証しておきます。

いやいや、普通に鑑賞する程度で大丈夫ですー(^^)。
好きな音楽を聴くのに時間は使った方が良いと思います。
ちょっと時間的に余裕が出来た時に聴く程度で自己評価するのは出来ちゃうと思うので♪

レスに時間がかかってしまい、申し訳ありませんでしたm(_ _)m。

書き込み、ありがとうございます(^^)、良い一日を☆☆☆。

2021/7/24 01:41  [2265-5631]   

音之葉さん

こんばんはー(^^)

レスが遅れてしまい申し訳ないです(^_^;)。

掲示板を更新した時に書いた意気込みは何処へ行ったのやら、♪( ´▽`)。

<旧型は28600円でしたが、海外では、DAC CAN共に、この価格で「iPower X」が付属しておりました。対して日本では単純に法律上の問題で「iPower X」を省き価格は据え置き28600円のまま発売されていたんです。

勉強不足、知識不足のまま、色々と好き勝手書いて申し訳ないです(^_^;)

海外での販売価格までは把握しておりませんでしたので、英語が全くダメな私がこれ以上、あれこれ物申す事は場違いかな、と反省しております、ごめんなさいm(_ _)m。

<ZEN CANは、アナログアンプなので、MQAフルデコード対応とは無縁ですし、

そうですよね、此方の方は、完全に見落としていました。

<そういう訳で、DACもCANも本体部分に更改が見られないのであれば、不当な値上げに感じます。

なるほど、
であるならば、旧モデルを単品で購入出来たユーザーさんはある意味「ラッキー」という事になりますかね。

<なが、なが、ネガティブ発言してしまい、お見苦しくしてしまい申し訳ありません。

いえいえ、情報提供、情報共有という観点から見れば、こういう事は書いた方が良いかと思いますよ。

iFi ZENシリーズとは全く無縁な話ではありますが、
私の愛機、SE846が現在、ヨドバシで12万円くらいに価格が上がっておりまして、私が購入した時は9万円くらいでしたので、何となくお得感を感じている次第でして( ^ω^ )。
ちちさすさんの愛機、SE535LTDも同様、価格が上がっておりますね。
(eイヤホンにおいては、リニューアルモデル、AONIC5よりも高いという、逆転現象が起きてますね。)
おそらく、私と同様、ご購入された時より、価格アップになっているんじゃないかと。

全く関係ない話で申し訳ないです( ´ ▽ ` )。

平面駆動型ヘッドホンは、数機種ほど、試聴しましたが、
Audeze LCD2 Closed-Back、このクラスのモデルは試聴出来ておりませんので、どんな鳴り方をするのか、大変興味がありますね(^○^)。
それと、どのヘッドホンと比較検討したのか?、決め手となったのは、どの部分だったのか?気になっておりますね。
レビュー投稿が待ち遠しいですね♪

レス、ありがとうございました(^^)。

2021/7/24 02:17  [2265-5632]   

音之葉さん

おはようございます(^^)

今日は暑くなるみたいですよー、気をつけてくださいねー。

お分かりだと思いますが、徹夜明けでございます♪( ´▽`)、w

AUDEZE LCD-2 Closed-Back,

<品物自体はとても綺麗です。音質もかなり魅力的で素晴らしかったです。

このヘッドホン、もう販売されていないみたいですねー、
かなり良好な状態な中古をGETされたようで、良かったです(^^)。

人気モデルで、良好な状態の中古品を入手する事は大変に困難なんですよね。

ですけど、今回の音之葉さんの様に、極めて良好な状態の中古品を入手出来る場合があるのですね。
まず、一つは、装着感が購入されたユーザーさんに合わなかった場合ですね。
ヘッドホンでは少ないですが、イヤホンだと結構あるんですね。
購入しても、耳に入らなかったら、使いようがありませんからね。

もう一つは、手持ちのシステムで鳴らし切れなかった場合。

平面駆動型ヘッドホン、私も数機種試聴しましたが、能率が悪く、並のDAPではお手上げ状態なんです。
こういった能率の悪いヘッドホンを、比較的大きめの音量で聴かれる方、すぐに売却してしまう事が多いですね。

音之葉さんは据え置き型ヘッドホンアンプを所有されてますから、こういった問題は起こりにくいので大丈夫。

購入されたヘッドホンについて、スペックなど調べてみましたが、重量が500gあるみたいですね。

おそらく、これが原因で、購入されたオーナーさんは売却する決断をしたんだと思います。

重量が500gあっても、作りによってはそれ程重さを感じない場合があります。

GRADOの最高峰のヘッドホンというのは、PS2000e、というモデルなんですが、このヘッドホンも重量が580gもあるんですよ、w

もちろん、試聴済みではあるんですが、私が装着感で唯一ギブアップしたのが、このPS2000eでした、w
音質は30万円以上するフラグシップモデルだけあって、最高に近いです。
しかし、装着感が、そ、そ、装着感が、( ´Д`)y━・~~、笑。
GRADOのヘッドホンというのは、価格、シリーズに関係なく、デザインもヘッドホンの作りも同じなんですね。
ですので、流石に安定性がどうにもなりませんでした。
屋内使用限定という事でも、これは無理だ、と、♪( ´▽`)、笑。

平面駆動型ヘッドホンはダイナミック型ドライバーヘッドホンでは出せない、綺麗な音が鳴るので、私も1台欲しかったんですけどね。

AUDEZ'Eのヘッドホンはどれも高価で、試聴した事が一度もないんですよ。
私が試聴したのは、FOSTEXとHiFiMAN、OPPOしかありません。

ですので、入手されたヘッドホンが、平面駆動型と言っても、欧米ではかなり評価が高いらしいので、非常に興味があるところです(^^)。

OPPOのヘッドホンは平面駆動型でしたが、此方は能率もそれ程悪くなく、FOSTEX TH900と最後まで迷ったヘッドホンでした。(タイプは全然違いますけどね、( ̄▽ ̄)、w)

もし、能率が悪くなく、他のヘッドホンアンプでも鳴らし切れるようなら、比較した感想、簡潔でも良いので、教えてもらえませんでしょうか。

私としては、この平面駆動型ヘッドホン、「ラックストーン」で聴くよりも、普通のヘッドホンアンプで聴いた方が(普通ってなんじゃい、w)、良いと思ってるので。

私が試聴した、平面駆動型ヘッドホンは、綺麗な音は鳴るものの、非常に淡白なサウンドでしたので、潤いを与える「ラックストーン」で鳴らすとまた違った味わいが出て良好な結果になるのかもしれないですけど。

この点においても非常に興味津々でございます( ^ω^ )♪

2021/7/24 06:48  [2265-5634]   



レスが埋まってしまって、やり取りに支障が出る前にvol.2を建てておきます(^^)。

jade7さんのお部屋もvol.2に突入ですね♪

優しく、ユーモア溢れるjade7さんの書かれる文章は素敵ですね、いつもありがとうございます。

これからも楽しんでください(^^)。

2021/5/5 14:56  [2265-5417]   

jade7さん

こんばんは(^^)。

choco111師匠へのお呼びかけ、ありがとうございます。

jade7さんへのレスがまだでしたので、私は書き込みを控えておりました。

5月20日のクチコミへの書き込みがあるのですが。

他でもない、jade7さんへの返信が書き込まれておりませんでしたので、私としても、心配しておりました。

縁側への書き込みが途絶えてしまったのは、私の対応が悪かったせいもあるかと思います。

私とのやり取りは良いとして、jade7さんとまで疎遠になってしまったとしたら、なんとお詫びして良いかわかりません。

おそらくご無事であるとは思うのですが、

jade7さん、こんな事になって申し訳なく思っております。

2021/6/28 02:13  [2265-5590]   

 jade7さん  

tam-tam17701827 様

 どうも、ご無沙汰いたしました。

 >>縁側への書き込みが途絶えてしまったのは、私の対応が悪かったせいもあるかと思います。

 >>私とのやり取りは良いとして、jade7さんとまで疎遠になってしまったとしたら、なんとお詫びし

 どうぞ、そのようなことは全くお気になさらないでください。人それぞれ、さまざまな事情を抱えていきているわけですから。

 袖すりあうも他生の縁と言いますが、不思議な縁に導かれて、お互い全く見知らぬ人どうしが集う、このような素敵な空間に招待していただき、音楽の楽しみ方について、思いがけぬヒントやさまざまな刺激をいただいております。

 tamtamさんは東京在住のようですから、私といつかどこかですれ違ったことがあったりして。
 只ならぬ気配を感じて、ぬぬっ、こいつ出来る・・・!!などと密かに一目置いたあの男だったのか
 なんて、馬鹿なことを考えたりしております。

 このような特別な場を設定維持できるのもtamtamさんの包容力と優しさ、そしてどんな分野に対応できる博識によるところが大きいと常々感嘆いたしおる次第であります。

 choco111さんには本当にお世話になりっぱなしで、いくら感謝しても感謝しきれない間柄なのですが、生存確認はしてくださったことでもありますので、今のところは遠くからエールを送るというようなところで。

またいいネタがあれば、どんどん書きこんでいきますので、よろしくお付き合いのほどお願いいたします。

 日々楽しく、またお気をつけてお過ごしください。

 いつもありがとうございます。

 jade7

2021/7/10 19:59  [2265-5612]   

jade7さん

こんばんは(^^)

jade7さんからの呼びかけにchoco111さんから返信がありましたね♪

ありがとうございました。

ビートルズ、55周年記念だそうで(結成してからなのか、デビューしてからなのか忘れてしまいましたが。)再び、注目を集めているようですね(^^)。

毎度の事ながら、好きなビートルズの曲は?というのをやってましたが、

やはり、というか、毎度の事と申しますか、TOP3はポール先生の曲が独占していますね。
(ビートルズ、というバンドをようやく知っている、という人達からのアンケートもとっているので、耳に残りやすい曲が上位を独占しがちです。)

3位がヘイ・ジュード、(これは私としてはちょっと意外です。)
2位がイエスタディ、(この曲は毎回TOP5には入ってきますね、カバー曲が最も多い曲としても有名ですね。)
1位がレット・イット・ビーでした。

レット・イット・ビーが1位、今の厳しい現状がこの曲が支持された要因なのでしょうか。
そう考えるとなんとなく複雑な思いです。
(プリーズ・プリーズ・ミーが1位だった時代もあったので。)

私のPCオーディオ環境で使用するために揃えたヘッドホン、イヤホンは、安室奈美恵さんの楽曲を気持ちよく再生出来るものばかりですので、自分の音楽の原点であるクラシック音楽には全く選考基準に入れてないんですよね。

ビートルズの「アビイ・ロード」、LPではBサイドはジョージの曲、「ヒア・カム・ザ・サン」から始まるのですが、CDだと、ジョンのヘビーな「アイ・ウォント・ユー」から、止まる事なく続けてジョージの曲に入ります。

クラシック音楽は音源を全て、無圧縮でインポートしてあるのですが、エルヴィスとか、良く聴くスタンダードな洋楽はAAC 128Kbpsに圧縮してインポートしてあるのです。
(手持ちの全てのCDをインポートしてあるわけではありません。大好きなトムのCDも一部しか入れておりません。)

ビートルズの「アビイ・ロード」もAAC 128Kbpsで入れてあったのですが、一週間ほど前に無圧縮でインポートし直したところでありまして。
何故、「アビイ・ロード」だけ、無圧縮でインポートする気になったのか理由は自分でもわかっておりません。

普段は据え置き型ヘッドホンアンプ DENON DA 310USBをメインに使用しているのですが、ゼンハイザーHD650とは相性が悪く、どのジャンルの音源も良くないのですが、クラシック音楽は特に酷く。

試しにポータブルヘッドホンアンプ、ONKYO DAC HA200で聴いてみたら、こっちの方が全然良いんですよね。
十分な音量も取れますし、音自体にも暖かみが感じられるのです。

「アビイ・ロード」自体、1曲目の「カム・トギャザー」から聴き始めることはほとんどないのですけれど。

この日は、HD650が価格が三分の一程度のポタアンで良好な音質が得られた事もあって、最初から「アビイ・ロード」を聴いていたんですね。

衝撃のエンディングで幕を閉じる、ジョンのヘビーな曲が終わって、ジョージの「ヒア・カム・ザ・サン」が始まって、私の涙腺が崩壊しました。

音楽を聴いて涙を流した事はこれまで、何度もありましたが、「アビイ・ロード」です。
500回くらいは繰り返し聴いているアルバムなのです。

jade7さんから、当時のジョージの心境たるやどのようなものであったのだろう、という書き込みが心のどこかに残っていたのかもしれません。

美しいギターのイントロから、優しいジョージの歌声を聴いた途端、涙が溢れて止まらなくなってしまったのです。

「御涙頂戴」のような曲ではありませんから、私としても、不思議でなりませんでした。

音楽とは不思議なものですね、
それまでどうしても好きになれなかった曲が、ある日突然、素晴らしい曲に聴こえたり、
女優さんがCMで歌っていたものを聴いて、それまで嫌いだったブルーハーツが突然に好きになったり、w

イヤホン、ヘッドホンは音楽を聴くための道具にすぎないアイテムなのですが、これまた、ちょっと馬鹿に出来ない魅力があるものでして。

同じ曲を聴くにしても、この魅力的なアイテムの違いで、全然違ったものに聴こえる場合が時としてあるのです。

音楽に心惹かれ、音楽を好きになり、音楽に助けられ、
そんな方々が不思議な縁で、集まったのが、この縁側です。

私も、もっともっと、この大切な縁側を大事にしないといけませんね。

また、楽しい「ネタ」が思いつきましたら、私も書き込みますので、jade7さんも、どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。

励ましの返信、心に染みました、ありがとうございますm(_ _)m。

2021/7/10 21:46  [2265-5613]   



vol.11が埋まりそうなので、早めに建てておきます(^^)。

なんと、vol.12まできましたか!

一重にメンバーの皆様方のお陰です、ありがとうございます♪

これからも宜しくお願い致しますm(_ _)m。

2021/5/5 05:01  [2265-5410]   

おお!新しい掲示板、一番のりー!!←自分の縁側だわな、w

音之葉さん

こんばんは(^^)

<なるほど!そうだったのですね。

そうなんですよ。
しかし、素直に納得がいかなかったので、交換する時も含めて10時間以上は聴いているので、試聴レビューなどよりは遥かに時間をかけて音は聴いていますね。

<ヘッドホンのベストな構造はセミオープンなんだそうです。

同じサイトを見ているのかもしれませんね、w

開放型だと低音が出ない、密閉型だと綺麗な高音が出ない。そんな理由だったと思いますが。

HD650なんかは構造的にはフルオープンタイプですが、実質セミオープンに近いですね。

GRADOの開放型とは明らかに鳴り方が違いますのでね。
(GRADOのヘッドホンだと、開口部を手で覆うと明らかに音抜けが悪くなり、音が籠りますが、HD650だと開口部を手で覆っても、そこまで、鳴り方が変わらないんですよ。音漏れもセミオープンタイプと同じくらいなので、)

<しかもノイズ対策として高インピーダンスが効果的なので、

ノイズ対策としても効果的なんですが、出力機器の影響を受けにくいそうですね。
そういったメリットが高インピーダンスのヘッドホンにはあるのですが、最近は出力機器側がどんどん高性能化されていっているので、その特色を反映させようと、低インピーダンス化が進んでいるように思えます。

<確かに現行のビニールは耐久面で心配ですよね。

クセが非常につきやすいですー( ´Д`)y━・~~
私の所有しているSR325eはケーブルのアチコチにねじれクセがついてしまって元に戻りません。
これは嬉しい改善点ですねー(^○^)。

<ちなみにドライバーも40mmから44mmにグレードアップされているようです。

ドライバーも変更されているのですか!!
同じプレステージ・シリーズでも新しいXシリーズだと鳴り方が結構変わっているかもしれませんねー。
開放型ヘッドホンとしては比較的安価に購入出来る製品なので、楽しみですねー♪

<他シリーズも新しくなったりとか・・・

十分にあり得ますねー(^^)

一新された、GRADOプレステージ、Xシリーズの試聴記事、試聴動画などがあったら、読んでみてください、観てみてください、私は英語が全然なので、w

ありがとうございました(^^)。

2021/5/19 04:06  [2265-5432]   

音之葉さん

ちょっと面白い動画を見つけましたー(^○^)。

Best Grado Headphones in 2021 [Top 5 Pic
ks Reviewed]
https://www.youtube.com/watch?v=aRHOvjbv
oBI


GRODOのヘッドホンの中の、TOP5を紹介している動画だと思うんですが(^_^;)

No.1のヘッドホンは??
観てのお楽しみーー♪♪

では、ではー(^^)。

2021/5/19 04:22  [2265-5433]   

tam-tamさん。
音之葉さん。

こんにちは。
グラド刷新ですか。
新しい製品が出ると目がいくのは、「やっぱ男の人だなぁ」と思ったりします(^▽^;)


カラヤン/フィルハーモニア管弦楽団の協奏曲ボックス、買ってしまいました(^^ゞ
中古で送料込み1,000円を見つけてしまいまして(笑)。
無くてもいいかなと思ってましたけど、リヒター=ハーザーとのブラームスピアノ協奏曲第2番がお目当て。それともうちょっと音質が良ければと思っていたブレインとのモーツァルトホルン協奏曲が、どのくらい改善されているかにも期待してです。
ブラームスはバックがベルリンフィルとのステレオ録音なのですが、他のボックスのベルリンフィルステレオ録音のリマスター音質があんまり良くないので、期待外れの懸念もありました。
聴いてみますと、まあ及第って感じで悪くはなかったです。
ロケーションが私の資料ですとグリュンネヴァルト教会なんですが、このボックスにはイエス・キリスト教会と記されていて、どっちが本当なのかなぁ。
響き的にはイエス・キリスト教会っぽいですし、それならこの音質もわかるのですが。

モーツァルトは、私の持っている盤がこんなにリバーヴがかかっていたとは、予想を超えていて驚きでした。
多分、当時日本の東芝EMIに本国から送られていたマスターテープが、既にリバーヴ処理されていたものだったんでしょう。
このボックスは本国マスターのコピーをリマスタリングしていますので、リバーヴはありません。
かなり聴きやすくなった半面、ブレインのホルンが痩せてしまって、痛し痒しです。
所持盤はリバーヴのせいで押し付けがましく聴こえますし(これかなり不満でした)、ボックスのは圧が足りなくて寂しいです。
どっちを採るかと聞かれましたら、ボックスのほうにしますが。

リッパティはこれから聴きます。こっちは元の音もこんなものでしょうって感じですが、いい感じに直されていると良いです。
ライマーの協奏曲は初めて聴きますが、たいした曲ではありません。
おそらくギーゼキングの紹介で録音に至ったと思いますが(ライマーはギーゼキングの師の甥っ子らしいです)、これをボックスに入れるくらいなら、収録漏れしたマルタンの小協奏曲を入れて欲しかったです。

2021/5/21 13:37  [2265-5435]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

<カラヤン/フィルハーモニア管弦楽団の協奏曲ボックス、買ってしまいました(^^ゞ

遂にコンプリートしてしまいましたねえ(^○^)。

<中古で送料込み1,000円を見つけてしまいまして(笑)。

その値段で販売していたら買ってしまいますよね、所有されている音源が多いとはいえ(^_^;)

<ロケーションが私の資料ですとグリュンネヴァルト教会なんですが、このボックスにはイエス・キリスト教会と記されていて、どっちが本当なのかなぁ。
響き的にはイエス・キリスト教会っぽいですし、それならこの音質もわかるのですが。

この時期の録音記録は色々と間違いが多いようです、
ちちさすさんが聴かれてイエス・キリスト教会っぽいって感じるなら、そちらが正解でしょう。
関係ない話ですが、ワルター/ウィーンフィルによるモーツァルト第25番、第40番のカップリングの盤、此方も録音データが正しくないみたいですね。
(40番は1952年、25番は1956年となっていますが、40番は1956年の録音のようです。)

<モーツァルトは、私の持っている盤がこんなにリバーヴがかかっていたとは、予想を超えていて驚きでした。

デッドな録音には残響処理してあるリマスターがたくさんあった記憶がありますね、
わかりやすい例だと、1939年のトスカニーニの8Hスタジオの録音とかですかね。
最初に購入したものには凄まじいまでの残響処理が施されておりまして、
(8Hスタジオはあまりにもデッドな音質なので、リバーヴかかりまくっていたリマスター盤の方が好きだったんですけども、笑。)

<新しい製品が出ると目がいくのは、「やっぱ男の人だなぁ」と思ったりします(^▽^;)

ええ、悲しい男のサガってやつですね、w
どうしても新しいものには目が無いですね♪( ´▽`)、w
あとは限定版って言葉にも弱いです( ´ ▽ ` )、w

ちょっと質問なんですが、小型スピーカーを逆さまに設置している人、結構いるじゃないですか?
(ツイーターが下、ウーハーが上、ですね。)
そちらの方が良い鳴り方になったりするのでしょうか?
イヤホン、ヘッドホンは耳に装着するしかありませんが、スピーカーの場合、左右の距離感覚とか、縦置き、横置きなど、色々とありますから、

そうそう、「ホルモン攻略」楽しく読ませていただきました←ワザと間違えて書いてます、w


ジネット・ヌヴーのブラームス、ヴァイオリン協奏曲を聴きましたが大変良かったですね(^^)
(この曲に関しては色々と録音がありますが、私が聴いたのは1948年5月3日、イッセルシュテット指揮による盤ですね。)
聴いたのは古いPHILPS盤ですが、STIL盤の方が音質が良いようです。
ブラームスのヴァイオリン協奏曲としては最高峰クラスの演奏だと思います。
STIL盤、相当音質が良くなっているみたいですので、万が一安い価格で見つけたら「買い!!」だと思いますよ(^^)。

2021/5/24 07:46  [2265-5438]   

ちちさすさん

追記レス:

バーンスタイン/イスラエルフィルによる、マーラーの第九。

HMVのリンクの貼り方がわからないので、「バーンスタイン イスラエルフィル マーラー」でググると出てきますので、
そこに伝説の来日公演の感想が詳細に書かれています。

この時の大阪公演のライブ音源がYouTubeにありまして、
(音源だけで、画像は動きません、)

いつ消されてもおかしくない音源ですので、興味があれば聴いてみて下さい。
(圧縮音源なので、音質は良好とはいえませんが、)

私が行ったのはNHKホールですが、その時の音源は録音されていないようで、ありません。
(もしかしたら、あったのだけれど消されてしまったのかも。)

名古屋公演の音源もありますので、一応リンクを貼っておきますね(^^)
(どちらも動画ではないです、音のみですので。)

G.Mahler : Symphony No.9 (L.Bernstein/Is
rael P.O) 1985.9.3 Osaka,Japan
https://www.youtube.com/watch?v=PPRyCeTX
Te4&t=177s



G.Mahler : Symphony No.9 (L.Bernstein/Is
rael P.O) 1985.9.5 Nagoya,Japan
https://www.youtube.com/watch?v=u2-OTyVu
rEw


貴重な音源だと思いますので、聴いてみて下さい。
(YouTube音源ながら、非常に生々しい録音です。)

2021/5/24 08:28  [2265-5439]   

 音之葉さん  

みなさま。こんばんはー。

私もやっとVol.12へアクセスできましたw
昨日までは表示されなくてアクセスできなかったんですよねー。なんでかな?

これからはこちらへ返信いたしますね(*´ω`*)〜♪

2021/5/24 21:51  [2265-5441]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
ちちさすさん。

こんばんは。

>Best Grado Headphones in 2021 [Top 5 Pic
ks Reviewed]
拝見いたしましたっ!

ナニコレ―(*'▽')!?

SR80eめっちゃ押してますね!

何が起こってるんだー(*'▽')!?

でわ、またー(*'▽')♪♪♪♪

2021/5/24 22:01  [2265-5442]   

音之葉さん

<私もやっとVol.12へアクセスできましたw

放置プレイをしてしまってすみません(^_^;)。

こんばんはー(^^)。

<ナニコレ―(*'▽')!?
<SR80eめっちゃ押してますね!

高ければ良いってもんじゃない、ですねー(^^)。

プレステージ・シリーズ、SR60eからSR325eまで、搭載されているドライバーが同じですから。
バランス的にSR80eが最も良い、みたいですね♪
コストパフォーマンス、最高なのではないでしょうか!!
(15,000円くらいで本格的開放型ヘッドホンを手に入れる事が出来るのですから!!)

私は、どうせ購入するならと、シリーズ最高峰のフラグシップモデルSR325eをチョイスしてしまいましたが、w
(シリーズ最高峰と言っても、プレステージ・シリーズはエントリークラスのシリーズですが、w)

フラグシップモデルが一番良いって訳じゃないんですね♪

イヤホンで言うと、
ShureのSE846とSE535LTD(SE535LTDの方が人気がありましたし、圧倒的に売れています。)
WestoneのUM-PRO50とUM-PRO30も似た傾向ですね、UM-PRO30の方が人気があり売れてます。
ちなみに私はSE846とUM-PRO50のオーナーです、♪( ´▽`)、笑。

2021/5/25 02:11  [2265-5445]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんにちは。

>放置プレイをしてしまってすみません(^_^;)。
いえいえー。お気になさらず(*´ω`*)〜♪

>フラグシップモデルが一番良いって訳じゃないんですね♪
順当に考えるとフラッグシップが一番のような気がしますけども・・・
そうじゃないのかなー?

私の場合はSR80eから「お迎えしてーっ!」ってお声が聞こえたからですし。
今もお家でノビノビ鳴ってますし。うふ(*´ω`*)〜♪

>ちなみに私はSE846とUM-PRO50のオーナーです、♪( ´▽`)、笑。
tam-tamさんってかなーりお金持ちですよね。
お高いヘッドホンめっちゃ持ってますもんね。
たぶんヘッドホンの総額でうちのP-750ul何台も買えちゃいそう。うふぅ(*´ω`*)〜♪

でわ!また!うふぅ(*´ω`*)〜♪

2021/5/25 13:52  [2265-5447]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんばんわ。

少々ご相談させていただきたく。

実はZEN DAC Signatureについてレビューを書こうと思い、リスニング、別DACとの聞き比べ、本品の使用上に注意や、ファームウェアバージョンによるDAC能力と音質向上、USB電源/外部電源による音質の違い・等、様々な観点から調査してまとめているのですが、2500文字では全く足りなくて価格コムレビューでは網羅しきれないレベルの情報量となってしまうので結局端折ってアップするしか手段がないのです。

宜しければより詳しく専門的なレビューをこちらへアップさせていただきたいと思うのですが、そういうことって可能でしょうか?

自分的にはZEN DAC Signatureを導入・検討するためにかなり有益な情報になると思っております。如何でしょうか?

ご一考のほど、宜しくお願い致します。

2021/5/25 23:37  [2265-5448]   

音之葉さん

お待たせしました、こんばんはー(^^)

<順当に考えるとフラッグシップが一番のような気がしますけども・・・
そうじゃないのかなー?

フラグシップモデルに一番、お金をかけている事にどのメーカーも変わりありません。
メーカーの持てる力を出し切ったモデルですからね、フラグシップモデル。
ですが、そのモデルが、単に高価な製品だからといって、単純に好みの音を鳴らすもの、とはなりません。
ゼンハイザーHD25、HD800Sの十分の一の価格ですが、実に魅力的なヘッドホンですよね(^^)。

<私の場合はSR80eから「お迎えしてーっ!」ってお声が聞こえたからですし。

紹介した動画においてはSR80eが一位になっていますが、トータル的なバランスが優れているんでしょうね(^^)。

<今もお家でノビノビ鳴ってますし。うふ(*´ω`*)〜♪

オーナーの音之葉さんがそれだけ可愛がってくれれば、そりゃSR80eも悪い気はしないですよ、(^○^)。
ノリノリになって、元気いっぱいに鳴らしてくれますよねー♪

<tam-tamさんってかなーりお金持ちですよね。

超絶貧乏ですよ、♪( ´▽`)、w
通信料金払えなくて、回線止まってしまった事がありましたし、w
(ちちさすさんから、アドバイスがあり、助けて頂きました(^_^;)。)

たまたま、ハイエンドモデルと呼べる機種、2、3台所有しているだけです。
(UM-PRO50は、レビューキャンペーンで当選していただいたイヤホンなんです、ツイてますねー、w)

ですので、LUXMANのヘッドホンアンプは私にとっては高嶺の花で、憧れの逸品なんですよねー♪


<少々ご相談させていただきたく。

おやおや、なんでしょう(^^)。

<実はZEN DAC Signatureについてレビューを書こうと思い、
<宜しければより詳しく専門的なレビューをこちらへアップさせていただきたいと思うのですが、そういうことって可能でしょうか?

なるほど、
でしたら、書き込み、更新が早い「みんなの掲示板」ではなく、一番上の常設掲示板を使った方が良いでしょうね。
やはり常設掲示板が一番読まれますし、
3スレッドくらい使用すれば、十分な内容が書けるのではないでしょうか?
(2500文字x3=7,500文字、添付画像も3倍貼り付け出来ますし。)
常設掲示板「楽しい音楽を語ろう」の方に書き込んで下さい(^^)。
クチコミを利用すると、より一層効果的だと思いますよ、「詳しくは此方の縁側に書いてあります」ってリンクを貼っておけば、たくさんの方が目を通して頂けると思うので。

音之葉さんのレビューは大変に充実した内容になっているので、2,500文字だとちょっと足りないかもしれないですよね。
安くて良い製品こそ、多くの方々に知ってもらいたい、という気持ちは一緒ですので、どうぞ自由に掲示板を利用して下さい(^^)。

2021/5/26 02:28  [2265-5450]   

音之葉さん。
レビューはちゃんと書くと、私も4000字くらいになっちゃいますねぇ(^^ゞ
私も以前の登録名も含めて20以上のレビューを書きましたが、最後はどこをどう割愛するかの戦いだったりします。
なので字数オーバーのオリジナルレビューは、自分の縁側に書いてました。
私のようにご自分で縁側を設立されると完全に自由にレビューできますが、tam-tamさんのところは閲覧者が多いので、1人でも多くの人に見てもらいたいなら、ご厚意に甘えてこちらでレビューされると良いと思いますよ♪

2021/5/26 07:55  [2265-5451]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
ちちさすさん。

こんにちは。

新たに購入したDACの使いこなしに結構沼ってます(;^ω^)

BUS PowerとiPower ELITEとの差が予想以上に激しく、、

うまく言えませんが、iPower ELITEはアクティブノイズキャンセル等、実際の電源供給部品以外のパーツも詰まってるようで、電源系パーツはエージングの影響を強く受けるのと思うので
※例えば最近のSONYウォークマンはコンデンサエージングにメーカー指定で出力毎に200Hを指定してくるレベルですので・・・

昨日初めてiPower ELITEを繋いだ時点での音色と一晩寝かせた音色がかなり違うんです。
バーンイン時はとにかく低音域がダブついて暴れるというか壊れてるんじゃないかと思うくらい歪な低音でした。ところが一晩通電しっぱなしで今日の昼過ぎ位に聴いてみるとダブついてた低音域が締まっていい具合になってるんですw拍子抜けもいいところです。
※ZEN DACは電源ON/OFFスイッチが無いので繋いだら永遠に電源ONですw
※もちろんAD/DCアダプターであるiPower ELITEも一度コンセントに繋げば
※永遠に電源ONですので、最低でも12Hはエージング出来てるわけです。
※もちろんDACと言えどもアンプ部は一定の電源消費というのはなく音楽再生してこそ
※必要な電圧がかかるわけですから鳴らさないと真のエージングとはいえませんが
※それでもかなりの違いを確認できました。

というわけで、とにかく、こんなに面倒なレビューは初めてです。

ちなみに電源の極性確認もかなり手こずりました。コンセント側プラグは2Pにもかかわらずプラグピンの大きさは同一、極性マーカーは一切しです。わずかにプラグ側のプラクティックの部分に"1"の浮き文字を確認しましたのでコールド側がわかったのですがw

という訳で、低音域の異常なダブつきの原因が極性ズレの為ではないということを理解するまでにも相当時間がかりました。


あ、、、お話の趣旨がズレてしまいました。本題に入りたいと思います。

レビュー枠の件、ありがとうございます。

レビューが書き終わりましたらば、再度ご相談さえて下さい。

よろしくお願い致します。

でわ、また!(^O^)/

2021/5/27 16:47  [2265-5456]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

珍しくこんな時間に起きておりますが、w

レビューの件ですが。

常設掲示板の方を利用して下さい、と書いてしまいましたが、
現在83スレ、
一つの掲示板の上限は100スレとなっているので、100スレ到達で、常設掲示板を交換しないといけないんですね。

「楽しい音楽を語ろう」、現在、このタイトルで継続して個人的に色々と書いておりますが、
今は私がちょっと書き込みの頻度が多くないので、現在の掲示板を利用して書き込みしても、数ヶ月はそのままだと思うのですが、いずれ更新しないとなりません。
常設掲示板から外れてしまうと、一気に裏の裏に回ってしまい、誰も読んでくれない様になってしまうと思われます。

そこで、一つの提案なんですが、
メンバーの方々が使用している機材について、表のレビューより、より詳細なレビューを目的とした、新しい掲示板を建てても良いかな、と。

ZEN DAC Signature以外にも、IER-Z1Rであるとか、価格コムで取り扱いが無い中華DACだとか、そういった製品に関しても、より詳細な事を色々と書きたいのであれば、私の方もより適切と思える掲示板を用意します。

もう少し、時間がかかる、という事でしたので、レビューを書き込む時には、現在の常設掲示板ではなく、少しでも長く読みやすい上位に位置する掲示板に書いた方が良いかと。

「楽しい音楽を語ろう スレッドvol.4」を早めに用意して、そちらに書き込んでもらうか、使用機材について様々に書き込める専用掲示板を建てるかは、その時に決めましょう(^^)。

眠い眠い病が治れば、私ももう少し活発になると思うので、w

よろしくお願いします(^_^)v。

2021/5/27 20:24  [2265-5459]   

 音之葉さん  
ifi 4.4mm to XLR LUXMAN XLRtoXLR

tam-tamさん。
こんにちは。

レビュー掲載について、色々なご提案ありがとうございます!

実はまだ、終わってないんです(;^ω^)

えっと電源をBUS PowerからiPower ELITEへ交換はしたのですが、驚くべきことに音質が著しく低下しました。

全体的にノイジーになり、低音はダブつき、高音は安物のスピーカーをボリュームいっぱいまで上げて歪ませたような状態です。もちろんコンセントの極性も確認しています。

これって、特に低音のダブつき感って、何かに似てませんか?
そうです、エージング出来てないオーディオ製品です。

あのSONYでさえウォークマンのアナログ部品(キャパシタ・コンデンサ・等)のエージングを200Hしてくれと指定してくるくらいですから、ZEN DAC Singatureのアナログ部分も含めて、iPower ELITEも結構なアナログ部品が詰まってますので、エージング必須なのかと閃いて、1日通電したまま放っておきましたところ、嘘のように上記の減少が消滅致しました。

なので、電源とDACを含めて最低10日通電した後の状態をレビューすることに決めました。
ZEN DAC SignatureはPowerスイッチが無いので、指したらずーっとONなのです。

ちなみにUSBケーブルを指すとフロント部のLEDは点灯しますが、外部電源を指しただけでは後部パネルの外部電源ランプしか点灯しません。従ってUSBケーブルと外部電源はどちらも通電させたままで10日経過後にレビューしようと思っています。

更には、うちにあるアンプですが、「みんな大好き安室ちゃん」で記載したとおり、アナログヘッドホンアンプは2台あります。P-750ulとEPA-007です。それぞれバランス駆動を備えておりますが、駆動方式が異なりますので、どちらもレビューをしたいと思っています。

加えてヘッドホン・イヤホンは総動員すると10台くらいありますので、いろいろとっかえひっかえ試していくと相当な時間が必要です。

更に配線ケーブルに問題があります。一般的なケーブルはXLRtoXLRですが、ZEN DACは、4.4mmtoXLRなのでケーブルによっても音が結構変わってくるのですが、簡単に色々試せません。M500はLUXMANの最上位XLRtoXLRケーブルで繋いでいますが、ZEN DACはifi製のケーブルです。結構違いがありそうです。ここをどうするかを考えています。ある程度考えはまとまってきましたが。

ですので、暫くは、レビューが出来上がりません。

申し訳ないのですが、暫くお時間を下さい。

よろしくお願い致します。

2021/6/1 16:25  [2265-5464]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

<レビュー掲載について、色々なご提案ありがとうございます!
<実はまだ、終わってないんです(;^ω^)

私の方は大丈夫ですので、
レビューアップするタイミングが来たら、私の方で、掲示板用意致しますので、ご一報ください(^^)。

<えっと電源をBUS PowerからiPower ELITEへ交換はしたのですが、驚くべきことに音質が著しく低下しました。
<なので、電源とDACを含めて最低10日通電した後の状態をレビューすることに決めました。

なるほど、こういった経緯を詳細に記載するとなると、表のレビュー、2500文字制限では全然足りませんね。
箱出し直後の「音」、電源ケーブル変更直後の「音」、エージング終了後の「音」、3スレッドどころか、5、6スレッドほど、必要なようですね(^_^;)。

<P-750ulとEPA-007です。それぞれバランス駆動を備えておりますが、駆動方式が異なりますので、どちらもレビューをしたいと思っています。

私の縁側に、ですか?
やっぱり、一番読まれやすい、常設掲示板の方に書いてもらうのが良いような気がしますね。

<加えてヘッドホン・イヤホンは総動員すると10台くらいありますので、いろいろとっかえひっかえ試していくと相当な時間が必要です。

時間がそれなりにかかる、という事でしたら、その方がかえって良いかもしれません。
表のレビュー投稿は、1スレッド完結ですが、縁側の方でしたら、「続く」或いは「パート1」、「パート2」とタイトルに付けて、順次アップする事も出来ますし、その方が、じっくりと読んでくれるかも。

<申し訳ないのですが、暫くお時間を下さい。

私の方は全く問題がありませんので、じっくりと検証して、あらゆるパターン、組み合わせで書いてくださると、大変参考になると思いますよ(^^)。

それと、これは余談ですが、
中華DAC、M500はかなり素晴らしいDACらしいですねー♪
クチコミにて、良くこの製品の名前が上がります。
価格コムでは取り扱ってない中華DACなんかもレビューを書いてくださると嬉しいですね(^^)。

書き込みペースはあまり気にされないよう、
表のレビュー修正、クチコミを優先的に(^^)。

ありがとうございました♪

2021/6/1 23:54  [2265-5466]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんばんわ!

今回は簡素は返信で恐縮ですが。。。

><P-750ulとEPA-007です。それぞれバランス駆動を備えておりますが、駆動方式が異なりますので、どちらもレビューをしたいと思っています。

>私の縁側に、ですか?
>やっぱり、一番読まれやすい、常設掲示板の方に書いてもらうのが良いような気がしますね。
これはあくまでZEN DAC Signatureのレビューの為のものですので、ヘッドホンアンプ単体でのレビューではございません。わかり難い表現をしてしまい申し訳ありません。


>表のレビュー投稿は、1スレッド完結ですが、縁側の方でしたら、「続く」或いは「パート1」、「パート2」とタイトルに付けて、順次アップする事も出来ますし、その方が、じっくりと読んでくれるかも。
なるほど!「パート1」、「パート2」スタイル良いかもしれませんね。(*´▽`*)♪


>中華DAC、M500はかなり素晴らしいDACらしいですねー♪
>クチコミにて、良くこの製品の名前が上がります。
>価格コムでは取り扱ってない中華DACなんかもレビューを書いてくださると嬉しいですね(^^)。
なかなか良いです。この製品のアップデートというかアンプ無Ver(ZEN DAC Signature的な)は、S.M.S.L SU-9として発売されておりますが、M500のメリットは入力端子が豊富なのと、しょっぱいですがヘッドホンアンプ(シングルエンド)も内蔵されている所がメリットかと思います。

音的に良いのでZEN DAC Signatureとの比較対象とするととても難しく一概にこうです!みたいには記載できないので、ZEN DAC Signatureのレビューが難航してる理由の一つです。合わせるヘッドホンと楽曲で良いと思える組み合わせ・相性を感じさせてくれます。加えてDACとヘッドホンアンプを繋ぐケーブルの特性がかなり顕著なのですwww楽しいんですが、これも、嬉しい悲鳴というか、、、(;^ω^)

では、また!

2021/6/2 00:25  [2265-5468]   

音之葉さん

私も最速で打ち込んでいるんですが、ブラインドタッチが出来る音之葉さんには追いつけません(^^)。

<これはあくまでZEN DAC Signatureのレビューの為のものですので、ヘッドホンアンプ単体でのレビューではございません。わかり難い表現をしてしまい申し訳ありません。

音之葉さんのお気持ち次第ではありますが、私としては是非縁側の方にも書いて欲しいという気持ちはあります♪

<なるほど!「パート1」、「パート2」スタイル良いかもしれませんね。(*´▽`*)♪

1スレッド2,500文字制限というのは、この縁側でも一緒ですが、続きを書く事が出来ますので、文章力の巧みな音之葉さんでしたら、細かい事も、分かりやすく丁寧に伝えることが出来る、と思っています(^^)。
やはり、文字数制限があると、何処を削ろうかと頭を抱えます、笑。
(私などは、文章をまとめるのが下手な上に、勢いで一気呵成に書き上げる事が多いので、「文字数オーバー」となる事が非常に多いです、笑。)

<S.M.S.L SU-9として発売されておりますが、

ヘッドホンアンプ無しの単体DACの製品もあったのですね、いやー勉強になります( ̄^ ̄)ゞ。

<音的に良いのでZEN DAC Signatureとの比較対象とするととても難しく一概にこうです!みたいには記載できないので、ZEN DAC Signatureのレビューが難航してる理由の一つです。

LUXMANは、良い意味で強烈な個性を持つヘッドホンアンプですから、もっと価格の安い、所有されているポタアンと組み合わせて聴いてみるのも良いかもしれませんね(^^)。
その方が、ZEN DAC Signatureの良い部分が手っ取り早く分かるかもしれません。

現在、ポタアンを新しく開発販売しているメーカーが激減してしまっていますから、音之葉さんのレビューは私も非常に楽しみにしております♪
(書き込みを急かすものではありません、じっくりと検証の上、文字数を気にせず書き上げて下さい。)

レス、ありがとうございました☆☆☆

2021/6/2 02:19  [2265-5470]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
またしてもこんばんわ(/ω\)

>音之葉さん的にはZEN DAC Signature+P-750ulは今のところ、イマイチなのですね。
えっと、これは、SR80eで安室ちゃんを聞く場合に限りってです。
SR80eであればM500+P-750ulの方が私は好みでした。

総合的に見ればM500+P750ulよりもZEN DAC Signature+P-750ulの方が良好に感じるケース(楽曲)が多いです。それはどのヘッドホン・イヤホンを使っても概ね同じ傾向でした。

もしかすると安室ちゃんと同じジャンル、類似する声質、類似するミックスダウンの楽曲は相性が良くないかもしれません。音色がまろやかになり過ぎる感じがするからです。

総じてZEN DAC SignatureはLUXMANと同じ傾向の音作りをしているように感じました。
オーディオ的に聞かせる・リスニング的といった表現が近いでしょうか。
それが功を奏して殆どの楽曲と相性が良いのですがそこへSR80eを組み合わせると少し物足りなく感じるのです。柔らかすぎるなーと感じる傾向の楽曲に対しては、beyerdynamic Aventho wiredを合わせるとしっくりきます。あくまで私の感じ方なので別の方は別の感じ方をされるのではと思いながらレビューを書き留めています。

ただ、比較という行為をせず、朝起きて初めから、ZEN DAC Signature+P-750ul+SR80eの組み合わせにすればどんな楽曲もすこぶる良好です。不思議ですね。

ですので比較対象を用いたレビューというのはレビューとしてはあまり良くないのかなと感じてきました。

ZEN DAC Signatureの音色は質が高いオーディオ的な作りだと感じます。

しかも3万円以下で本格的な専用DACなのですからコスパは高いと言い切っても差し支えない仕上がりです。

USB BUS Powerと外部電源では印象が変わりますが、それでも、USB BUS Powerのみで利用するのであれば何の不満も感じないかもしれません。

逆にUSB BUS Powerだけでも、M500といい勝負をしている、最新型のES9038Proをアナログ部分の設計によってタメを張れるところまで仕上がっているのは正にSignatureに相応しいクォリティと言って良いと思います。

ちなみに私のUSB Bus Powerは一般的なUSB BUS Powerが0.5Aしか出力できないところを3倍の1.5Aまで出力できるように調整していますので、これらも少なからず音質に影響しているのかろうと想定しています。


>HD650とリケーブルについて
HDシリーズはHD25を所有しているのですが、HD600を購入したいと考えています。理由はHD650ももちろん所有できればそれに越したことはないのですが、HD600はとてもフラットな音質だと評価されているのを見かけます。フラットであればあるほどP-750ulとなにがしかのDACの組み合わせや、数多の楽曲を聞くのに合わせやすいかなーと考えているのと、ヘッドホンに関しては評価の高いモノがあった場合に低価格帯のものを購入したいという考えがあります。

なぜ低価格帯を選択すのかは、経済的な理由では無いです。
ヘッドホンを評価する根拠の一つに「出来るだけ長期間売れ続けているモノを選べ」というのがあると思うのですが、私はそれに加えて、「より多く売れているモノ」を選びたいと考えているからです。

おっと、楽しくて色々書いてしまいましたが、リケーブルについては、またお返事させていただければと思いjます。語らいが楽しいのでついつい書いてしまいます(*´▽`*)

では、また!

2021/6/2 03:50  [2265-5471]   

音之葉さん

おはようございます(^^)

瞬間寝落ちしていました(^○^)。

<えっと、これは、SR80eで安室ちゃんを聞く場合に限りってです。
<総合的に見ればM500+P750ulよりもZEN DAC Signature+P-750ulの方が良好に感じるケース(楽曲)が多いです。

なるほどー、ちょっと興味深いですねー。
安室ちゃんにオリジナルアルバムの中では、「SWEET 19 BLUES」だけが別格に音が良いです。
4種類のジャケットを用意するなど、AKB48の様な手法を取り入れていて、売り方は好ましくないのですが、ミックスダウン(トラックダウン)にも、相当力を入れている様で、このアルバムより音が良いオリジナルアルバムは存在しません。
小室哲哉の最高傑作のアルバムと言っても過言ではなく、コンセプトアルバムとしての出来は、ビートルズの「サージェント・ペパーズ」より上であると、評価しています。
(あくまでコンセプトアルバムとしての出来ですね、個々の楽曲としての魅力はビートルズには及びません。)

<ただ、比較という行為をせず、朝起きて初めから、ZEN DAC Signature+P-750ul+SR80eの組み合わせにすればどんな楽曲もすこぶる良好です。不思議ですね。

「比較」、イヤホン、ヘッドホンを語る場合、一番難しいのがこれですね。
きちんと比較しようにも、比較しようがないのです。
リファレンス、となるような「音」そのものが存在しない、という事もあるのですが、「時間軸」というのが邪魔になり、曖昧な「記憶」に頼るほかありません。
リケーブルで人間が感知出来るような違いは出ない、という言い切る方も、これに反発する方も、同様で、聴く方が、どのように聴こえているのか知るすべがないのです。
測定データの数値が、周波数特性のグラフが、完全に一致する個体というのは存在しません。
ですが、それを持ってしても、果たして、この微妙な差異を識別出来るのか?というイタチごっこになってしまいます。
ですので、私はリケーブル肯定派でも、否定派でもありません。
自身が満足して、楽しめればいいやってスタンスでおりますね、♪( ´▽`)、笑。

<ですので比較対象を用いたレビューというのはレビューとしてはあまり良くないのかなと感じてきました。

これも難しいところですよねー。
単品での評価ですと、操作性の良し悪しだとか、コストパフォーマンスの良さなどしか明確に書けないですし。
同メーカーの違う製品、同じ価格帯での他メーカーの製品と比較しなければ、簡略的に「音の傾向」は伝達出来ない、と思っています。
音色に関しても、単に「暖色系」とか「寒色系」とか書いても、どの製品を基準にして書いているのだろう、となりますからね、非常に難しいところですね。

<ZEN DAC Signatureの音色は質が高いオーディオ的な作りだと感じます。

デジタル的な作り、よりも、アナログ的な部品にコストをかけている感じですかね(´-`).。oO。


<HDシリーズはHD25を所有しているのですが、HD600を購入したいと考えています。

HD600とHD650、HD660S、型番が似通ってますが、出音はかなり違いますね。
HD600はHD650に比べるとフラットですが、Shureのヘッドホンの様なフラットではありません。
「ラックストーン」を堪能したいのであれば、相乗効果の高いHD650をお勧めしたいところですが、(^_^;)。
HD650は貰い物なので、私に選択肢はありませんでしたが、思いもよらぬ贈り物でしたので、早速、この3機種を試聴してみたんですよ(^○^)。
HD600が断然、好みから言えば好きな音でしたが、自分で、購入するとしても、果たしてすんなりHD600を選ぶかどうか、難しいですね。
自腹を切って購入するとしても、HD650を選択したと思うのです。
やはり、ヘッドホンとしての完成度が高いので、HD650。
LUXMANのヘッドホンアンプを所有しているのであれば、尚のことHD650を選択した事でしょう。
この辺りは、3機種試聴してみれば、好みの音を鳴らすのはどれか、簡単に自己解決出来ると思いますので。
HD650はクラシック音楽向けとか、HD600はHD650に比べてフラットな出音なので、ポピュラーミュジック向け、とか、長年語られている「王道の」感想などは無視して聴いた方が良いですね(^^)。

<ヘッドホンを評価する根拠の一つに「出来るだけ長期間売れ続けているモノを選べ」というのがあると思うのですが、私はそれに加えて、「より多く売れているモノ」を選びたいと考えているからです。

なるほど、ベイヤーのT1に興味を持っていた事がより明確に伝わりました。
AKG K701を所有しているのも、そういう理由からですか。
K701、完全に価格崩壊を起こしていますよねー、素晴らしい名機なのに(*´-`)。

国内ではあまり売れていないGRADOですけれど、そういった理由でのヘッドホン選びでしたら、SR80eは「偶然の必然」であった出逢いかもしれませんねー(^^)。

おっと、もう2,000文字かあ、笑
こんな感じで書いていくと、語り尽くせませんねえ、( ^ω^ )。

では、ではー♪

2021/6/2 07:11  [2265-5472]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんにちは。本日休暇DAYです(*´ω`*)

>安室ちゃんにオリジナルアルバムの中では、「SWEET 19 BLUES」だけが別格に音が良いです。
なるほどぉ!そうなのですね、情報ありがとうございます。

>自身が満足して、楽しめればいいやってスタンスでおりますね、♪( ´▽`)、笑。
ホント!これですよね!私も同意です。


>デジタル的な作り、よりも、アナログ的な部品にコストをかけている感じですかね(´-`).。oO。
高性能なDACチップは解像度が高くなる傾向だと思うんです。例えるなら、それはスタジオモニターヘッドホン・イヤホンのように。
対してZEN DAC Signatureは、DACチップの性能もあるのかもしれませんが、解像度を上げていくというよりも、音楽的な表現を優先した気持ち良さの表現力を高めているようなイメージなんです。
ですので、全てのパートの全ての楽器が詳細的にどういう風に鳴っているを強調しすぎる事無く曲としてのまとまりを優先したような音作りといいますか、ようするに気持ち良さ優先するような感覚なんです。

外部電源を追加すると表現力の溝が深まるようなイメージです。あくまで感覚的なものです。

ですので、音楽を聴いたり、LIVE配信を見たりしてると気持ちが良いです。

逆に映画を見たりするのであれば、M500の方が良いかもしれません。

リアルさの表現のベクトルが違う感じがしました。


>HD650はクラシック音楽向けとか、HD600はHD650に比べてフラットな出音なので、ポピュラーミュジック向け、とか、長年語られている「王道の」感想などは無視して聴いた方が良いですね(^^)。
なるほど!ありがとうございます。こちらは置いてあるお店も多そうなので試聴できそうですね。古いDAPしか持っていませんが試聴しに行ってみようかな(#^.^#)

>なるほど、ベイヤーのT1に興味を持っていた事がより明確に伝わりました。
>AKG K701を所有しているのも、そういう理由からですか。
はい。その通りです。
そしてK701はお気に入りの1台になりました。
T12ndに関しては製造されておらず、尚且つ、店頭で見かけたとしても600Ωのヘッドホンを満足に鳴らせる環境にあるかわからないので試聴はほどんどあてにならないと思っています。ですので程度の良いモノがそれなりの値段で売っていれば購入するしかないかもしれませんね。

ただ、DT1990ProやDT1770Proも気になっているので、こちらの中古を購入しちゃうかもしれません。新品でもいいかもしれませんけどw

どのみちお安くはないのでちょっとづつ集めてようかなーと楽しみにしています。

>SR80eは「偶然の必然」であった出逢いかもしれませんねー(^^)。
そうかもしれません。ちなみにSRシリーズですが、スペック上以外でも、セットアップに違いがあるようです。

以下URLの「Standard wired open-back models」を読んでみて下さい。
https://en.wikipedia.org/wiki/Grado_Labs


単にドライバー、ケーブル、イヤーパッド以外での調整項目があるようです。
これがYoutubeの動画に反映されているのかもしれません。その結果1位がSR80eだったのかもしれません。

では、また!





2021/6/4 14:13  [2265-5479]   

所有機のドライバー、ピンク。

音之葉さん

こんにちは(^^)

<こんにちは。本日休暇DAYです(*´ω`*)

あらあら、せっかくの休日なのに、空模様が(*´-`)。
こんな時は音楽に没頭して楽しみましょう(^○^)。

<なるほどぉ!そうなのですね、情報ありがとうございます。

「別格」と書いてしまってますが、多分、一般的には「別格」ではないです(^_^;)。
構築しているシステムや、ヘッドホンアンプ、最終的に音を鳴らすイヤホン、ヘッドホンによって、受け取り方は違うかもしれません。
ただ、「SWEET 19 BLUES」、他のオリジナルアルバムより、相当に力を入れて作ったアルバムなのは間違いはありません。
(録音は勿論、最終的に2トラックにするミックスダウンの工程をかなり入念に行なっていますね。)

<ホント!これですよね!私も同意です。

音を楽しむと書いて「音楽」ですからね、粗を探す事をより、楽しまなければ損ですよね(^^)、ナカマー♪

<高性能なDACチップは解像度が高くなる傾向だと思うんです。

DAC単体で比較するなら、そういう傾向になるでしょうね。

<音楽的な表現を優先した気持ち良さの表現力を高めているようなイメージなんです。

「人工的」ではない音作りなのですね♪

<逆に映画を見たりするのであれば、M500の方が良いかもしれません。
<リアルさの表現のベクトルが違う感じがしました。

音作りの方向性が違うのであれば、適材適所で使い分け、出来ますからね。
方向性が全く同じ製品だと、劣るモデルは自然と使わなくなってしまいますから、
そういった意味でも良い買い物をされましたね(^^)。

<古いDAPしか持っていませんが試聴しに行ってみようかな(#^.^#)

現在、HD600の価格が一部量販店において、非常に格安になってますねー。

https://kakaku.com/item/20465010335/

この価格はおそらく、期間限定で元に戻ってしまうでしょうから、試聴に行くならお早めに行った方が良いかもしれませんね。
3万円切っているなんて、ちょっとあり得ないですね。
個人的には価格がブレていないHD650の方をお勧めしたいですが、好みの「音」は人それぞれですからね。
HD600の「音」がストライクゾーンだった場合、かなりお買い得です。

<T12ndに関しては製造されておらず、尚且つ、店頭で見かけたとしても600Ωのヘッドホンを満足に鳴らせる環境にあるかわからないので試聴はほどんどあてにならないと思っています。

600Ωというと、かなり鳴らしづらいイメージをお持ちかと思いますが、特にハイパワーのDAPやヘッドホンアンプは必要ないですね、
FInal e5000よりは音量が取りやすいですね、e3000とe4000の中間くらいのイメージですね。

<ただ、DT1990ProやDT1770Proも気になっているので、こちらの中古を購入しちゃうかもしれません。新品でもいいかもしれませんけどw

両機種ともモニターヘッドホンのカテゴリーに属するヘッドホンですが、フラットというより、弱ドンシャリ系の音ですね。
楽曲ジャンルによってはかなり楽しめるヘッドホンですねー♪

<そうかもしれません。ちなみにSRシリーズですが、スペック上以外でも、セットアップに違いがあるようです。

GRADOは、ドライバーのマッチングに気を配るメーカーです。
その対極にあるのがゼンハイザーで、こちらは左右のマッチングに関しては、注力してませんねー。

GRADOは実は古いシリーズの方が定評が良いんです。
SRシリーズに関してもeシリーズより、その前のiシリーズの良かった、という声が非常に多いのです。
同じeシリーズでも、密かに内部変更していたりするんですね。
(私の所有している、SR325eは、背面グリルから、ピンクのドライバーが見えますが、後期型はブルーのドライバーに変更されています、勿論、音も違います。)

私の所有機のSR325eはピンクのドライバーですが、それ以降に発売されたSR325eはブルーになっているようですね。
https://review.kakaku.com/review/K000067
7556/ReviewCD=1329430/ImageID=518746/


まあ、とにかく謎の多いメーカーですから、個体差も非常に激しいと思うのですが、ぶっちゃけ気にしない事ですね、GRADOを楽しむならば、♪( ´▽`)、笑。
アハ、アハハハ、( ´ ▽ ` )。

休日、満喫して下さーい、書き込みありがとうございました(^^)。

2021/6/4 16:05  [2265-5481]   

音之葉さん。
ちとご無沙汰でした(^^ゞ
HD650、私の愛用ヘッドフォンですけど、ジャンルの得手不得手があるというより、音源もっと正確に言えば録音状態とか、アーティストの音楽性のベクトルによって得手不得手が生じる感じかなぁ?
解像力はあるんですが、基礎力の高いヘッドフォンアンプ(音之葉さんや私のラックスマン製品だったら余裕でOK)からでないと解像しているのが判らないですし、しかもリスナーが集中して聴かないとダメ。なので一般評は低音たっぷりで緩めのゆったりまったり音調、独墺系クラシック音楽向き、なんて言われてます。
HD650の魅力は女性ヴォーカルのアルトの帯域、アルトサックス、クラリネット、チェロで音色の深みを醸してくれるところと私は感じています。ラックスマンもその帯域が魅力のアンプですから、相乗効果があります。
ハマればこれ以上ない唯一無二ヘッドフォンですが、ベクトルがズレると音楽に集中しにくいです。そこは欠点です。
なので、オンリーユースとしてはHD600ですが、音之葉さんのように複数のヘッドフォンを使い分けられる人には、HD650とお持ちの音源のどれかが「これだぁ〜!」という感動との出会いになるかも?

2021/6/7 09:23  [2265-5482]   

tam-tamさん。
カラヤン/フィルハーモニア管弦楽団の協奏曲ボックス、まだ全部は聴いていないのですが、ギーゼキングとの共演7曲を聴きまして。
……ギーゼキングってこんな良いピアニストでしたっけ?(^^;)
ずっと前聴いた時はたいしたことないという感想でしたが、やっぱりモノーラルはリマスター次第で演奏の良し悪しの受け止め方も変わるんですね。
ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番、私の一推しはバックハウス/シュミット=イッセルシュテットでしたが、それを超えてます。
第5番「皇帝」は少し落ちますが、これはカラヤンのせいです。ギーゼキングのピアノは良いです。
フランクの交響的変奏曲、カラヤンは70年代にワイセンベルクと録音していてけっこうお気に入りでしたが、ギーゼキングとの方があきらかに良いです。
これは望外の収穫ですね。
モーツァルトやラヴェルのピアノ曲の録音が、このレベルのリマスターで出たら聴いてみたいものです。でも出ないだろうなぁ〜。

2021/6/7 09:37  [2265-5483]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

<……ギーゼキングってこんな良いピアニストでしたっけ?(^^;)

オホホ、ギーゼキングは聴いた事がありません(°▽°)、w
(ハスキル独奏の第3番をお勧めしてもらって感動しているレベルですから、視聴枚数が交響曲に比べて全然足りてないのです(^_^;)。)

<ずっと前聴いた時はたいしたことないという感想でしたが、やっぱりモノーラルはリマスター次第で演奏の良し悪しの受け止め方も変わるんですね。

リマスターの良し悪しで、盤の評価が変わるってのは結構あると思うのですが、演奏の良し悪しまで、180度変わってしまった経験はないので、どうなんでしょうね( ^ω^ )。
色々な演奏を聴いた後で5年、10年経ってから、再度聴いてみると自身の評価が変わるって事は良くあります♪

例えば、私の場合ですと、カルロス・クライバー指揮のベートーヴェンの第5番。
初めてクライバーの第5番を聴いた時、なんで、こんなに巷の評価が高いのだろう?とチンプンカンプンでしたが、w
オリジナル楽器派が続々と出てきた時は、そっちの方が逆にアプローチが強烈でしたからね。
ベートーヴェンの交響曲全集、初めて聴く全集は何を購入したら良いか?
という質問に対して、フランツ・コンヴィチュニー指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の全集を最初の全集としてお勧めしてきましたけども。
あまり指揮者の個性(主観的な部分が)が出ていないのですが、「ドイツ的」な演奏ではあるので、これも、ある意味、個性的なのかなあ、と、(^_^;)。
第5番は、インターコードに残した、ギーレンの演奏を一番よく聴くんですが、「ベートーヴェンの作曲した第5番」を楽しむなら、やはりコレかな、と。
(ライブ録音による新しい全集の第5番を聴きましたが、個人的にはインターコードに残した録音の方が良いですね、これ、もうマスターテープは残ってないのかなあ、(*´-`)。)
ギーレンの第5番を聴いた後に、クライバーの第5番を聴くと、細部に徹底して主観的表現にこだわっているのがわかり、なるほどー、となるのですが、カラヤンの演奏ばかり聴いた後だとそうはならないので、(^_^;)。

<ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番、私の一推しはバックハウス/シュミット=イッセルシュテットでしたが、それを超えてます。

ちちさすさんほどの聴き手の一推し盤が変わったという事は、ある意味、素晴らしい買い物になったのではないでしょうか(^○^)。
クラシック一筋で四半世紀を超えていますからね、今更になって、「これぞ!!」となる演奏に出逢える機会も非常に少ないのでは♪
しかも、ある程度、定番の曲ですからね、評価を覆す事はなかなかに無い事だと思っております(^^)。

<フランクの交響的変奏曲、カラヤンは70年代にワイセンベルクと録音していてけっこうお気に入りでしたが、ギーゼキングとの方があきらかに良いです。

あらら、此方もですか(^^)。
これは大変な事ですね♪

<これは望外の収穫ですね。

まさに「望外の収穫」ですねー(^^)。
1,000円ちょっとのお買い物で、これほどの感動が得られる事は滅多にありませんねー♪

<モーツァルトやラヴェルのピアノ曲の録音が、このレベルのリマスターで出たら聴いてみたいものです。でも出ないだろうなぁ〜。

あ、ピアノという楽器に関係しているかもですねー。
ピアノは打楽器ですから、ぼやけた音像では演奏評価自体も変わってしまう可能性がありますね。
んー、ここに気がつかなんだ、w♪( ´▽`)。←凡人の鏡ですねー、w(自分に言ってます、笑)
オーケストラ曲と室内楽曲で、ヘッドホンの使い分けしているくらいですからね、(HD650とK702)

余談:
カラヤンの「皇帝」、定番のリヒテル盤は、ちちさすさん的評価は何点くらいですか。
第5番(皇帝)の愛聴盤、一推し盤などがあったら、教えてくださいませませ( ̄^ ̄)ゞ。

書き込み、ありがとうございました(^^)。
良い一日をお過ごし下さい☆☆☆

2021/6/7 10:48  [2265-5484]   

tam-tamさん。
それまでたいしたことない演奏と思っていたのが、リマスター次第で良い演奏に感じる(良い演奏に聴こえる、というのとは違うと思います)ってのは、私は割にあるかなと思います。
私的に一番顕著な例は、フルトヴェングラー/ベルリンフィルの1942年録音です。DG盤では1951年録音に絶対負けてると思ってましたが、OPUS蔵が復刻した板起こしリマスターは演奏のイメージも変えてしまう力がありました。
OPUS蔵の1942年が今のベストです。
今回のギーゼキングもそれに並ぶものがありました。

ベートーヴェンのピアノ協奏曲「皇帝」、マイベストはバックハウスかなぁ。バックハウスの旧盤、クラウス/ウィーンフィルとの共演は世評はさほどでないですが、私はイッセルシュテット/ウィーンフィルとのステレオ盤とどっちをベストワンにするか迷います。
第2位はブレンデル/ハイティンク/ロンドンフィル。ブレンデルはレヴァイン/シカゴ交響楽団やラトルとの全集録音もありますけど、両方とも「皇帝」が5曲中一番不出来です。
ツィメルマン/バーンスタインや内田光子/ザンデルリングはそれほどの出来でないですし、ソナタで名演を残しているアラウが協奏曲では残念になっていたりとか、良い演奏は意外に少ないですよね。
ところで、リヒテルは「皇帝」の録音は残していないと思うのですが。

2021/6/8 07:50  [2265-5487]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんにちは

>音作りの方向性が違うのであれば、適材適所で使い分け、出来ますからね。
>方向性が全く同じ製品だと、劣るモデルは自然と使わなくなってしまいますから、
>そういった意味でも良い買い物をされましたね(^^)。
ただ、比較しているとはいえ、個々のDACの良さがあるとはいえ、現状で全て満足というレベルでもないので困っています。

ZEN DAC SignatureはUSB 1系統のみしか入力がありませんので、S/PDIFについては(PS5)については、おのずとM500経由になります。DDCを通すという考え方もありますが、そこまでやる意味がないのでそれもやりません。

ということで現状である程度の満足はしていますが、両者良さを兼ね備えつつ、更なる上を目指してもう暫くは探し物は続くと思います。

しかし、もしかすると、これでいいやってなるかもしれません。そんなどっちつかづの状況です(笑)

>HD600/HD650について
じつは試聴はまだ行ってないのですが、やはりというか、おっしゃられる意味は理解できたと思います。これいっちゃうと一般的に怒られちゃう要素満載な気もするのですが、鳴らしきれている状態と単に音量が取れている状態を理解出来ずにレビューや口コミに意見を書いている人が殆どではないかと思う節が往々にして感じられました。

私も以前同じような状況で判断を見誤り買い物をしたことも多くありましたのでtam-tamさんの仰っていることが信用に足りるアドバイスと感じています。

となると聞かずして買っても全然問題ないと思えています。自分でいうのもコッパズかしいですが、どの情報が信ぴょう性が高くどの情報がスルーしても良いかの選択については割と自身があります(笑)

かなりの長時間tam-tamさんとは会話を重ねていると感じており、信ぴょう性や感じ方について共有出来ていると感じており、HD650の性格がこうだよーとおっしゃられているのでかなり楽しみになってきています。それにぶっちゃけHD600もHD650も私の信じるヘッドホン選択条件に見事に合致しているのでどちらを買っても後悔はまずないと感じています。むしろ買ったらかったなりにその新しい音色に感動できる良さが必ず見つかると確認していますので、もっというと、HD600もHD650もどちらを先に手に入れて感動するのかの時間の問題ではないかと思ったりもしています。

私にはHD600とHD650はXBA-A3とXBA-Z5の購入決断時の状況を再現しているような感覚を感じています。あのときはもうちょっとしっかりとした試聴環境で確認出来ていればA3を買わず初めからZ5を買っていました。これは確信事項です。

あれからHD650について色々調べてもいましたが、作りの確かさが気に入り始めています。
全てを簡単に分解出来るように作られておりドライバーの交換さえソケット式でシステマティックであるというアーキティクチャはとても感動しました。構造を誠実に突き詰め工夫を凝らした機器は間違いなく逸品です。

ですので同じような後悔をしない為にもHD600とHD650のどちらかを購入するのであればHD650を先に購入することに決めました。中古で買うか新品で買うかは決めておりませんが程度が良いモノであれば中古でも良いかなーと思ったりしています。

時間が許せばもちろん試聴しに行く気もちは変わっていませんが、私はZ5の購入時も、Z1Rの購入時も、tam-tamさんのアドバイスが生きていることを忘れていません。2つの製品で同じ方からのアドバイスに共感できて買ってからも後悔するどころか気に入って使ってるわけですからね。

ただ、試聴については、、P-750ulを持参するわけにもいきませんからDAPだけではどうにも判断材料にしていいのか、それこそ逆に迷ってしまうかもしれません(笑)

実は据え置き環境を充実した結果DAPに興味が薄れています。

@屋外ではまずまともな鑑賞環境が構築できません
A据え置き型の素晴らしさを知ったあとでは物量的にDAPで満足できません
B特にアンプについては絶対的な隔たりがありDAPを比較する意味すらありません

以上のことからポータブル環境は持ち運びが可能なレベルという認識なのであまり多くを望まなくなってしまいました。そもそも都内の人混みでオープン型ヘッドホンは色んな意味でミスマッチですw

>DT1770/DT1990/T1 2ndについて
こちらに関しては実はどちらも欲しいと思っていますが、T1 2ndはムリしてでもどうしても購入したいとは思わなくなってきました。

ですので目下1770と1990に興味が移っています

がしかし、HD650も、1770も、1990も、と、いっぺんには買えませんw
そんなにお金持ちではありませんし、いっぺんに買ってもジックリ聞き込み出来ません。

ですのでタイミングが合えば購入したいなーと思っています。

>モニター原点回帰について
ちなみに更にモニターという原点に立ち返って、
SONY CD900STや、TAGO T3-01も、選択肢に入っています。

というのも、これらの製品はアーティストがオリジナル音源を作成する際にも、スタジオでミックスダウンする際にも使われています。

つまり国内の市販されている音源の殆どがこれらの製品によって生み出されていると言っても過言では無く自宅の環境でこれらを利用した楽しみ方も良いかもしれないと思えてきました。

そもそも自分的ヘッドホン購入リスト順番の後ろの方にもこれらがあったので先の幾つかのヘッドホンを購入する前に先に購入し自宅環境のおさらいをしてもいいかなーとも感じています。それによってDACの良さも再認識出来るかもしれないという気持ちが湧いている今日この頃です(*´ω`*)〜♪

思いつくままに書いていたら結構な長文にwww

今日はこのへんにて!

では、また!



2021/6/8 09:00  [2265-5488]   

ちちさすさん

こんにちは(^^)

<それまでたいしたことない演奏と思っていたのが、リマスター次第で良い演奏に感じる(良い演奏に聴こえる、というのとは違うと思います)ってのは、私は割にあるかなと思います。

「良い演奏に感じる。」と「良い演奏に聴こえる。」、
なるほど、と直感的に思いましたが、よーーく考えると難しいですね、(^_^;)。

私自身は、この演奏、もっと臨場感のあるリマスターで聴きたいなあ、とか、
ダイナミックレンジを改善して欲しいなあ、とかならたくさんあるんですけどね、
極論的な意見であれば、モノラル録音しか残ってない盤に対して、鮮明なステレオ録音だったらどんな風に聴こえるんだろう(感じるんだろう?)というのはありますね(^^)。

<私的に一番顕著な例は、フルトヴェングラー/ベルリンフィルの1942年録音です。

ちなみにこれは曲目はなんでしょう(^_^;)。
ベートーヴェンの第九しか思い当たらないですー( ^ω^ )、w
1942年の第九は私も所有してますが、OPUS蔵のSP復刻盤はそんなに素晴らしいのですか、
OPUS蔵の復刻盤は何枚か所有しているんですけど、復刻前の音源を聴いてないものばかりで、♪( ´▽`)。

<ベートーヴェンのピアノ協奏曲「皇帝」、マイベストはバックハウスかなぁ。

バックハウス、イッセルシュテット盤は所有してますが、クレメンス・クラウスとの共演盤は聴いた事がありません、クラウスは好きな指揮者ですので、ちょっと聴いてみたくなりましたねー♪

<第2位はブレンデル/ハイティンク/ロンドンフィル。

此方も未聴盤ですので、参考になりますね、ありがとうございます(^^)。

<良い演奏は意外に少ないですよね。

「皇帝」の名演、名盤で必ずと言って良いほど出てくる、毎回評価の高い、ルービンシュタイン/バレンボイム盤はどうでしょう?
あまりに世評が良いので、泣く泣く購入した盤なんですが、w
聴きどころ、みたいな箇所があれば、教えてください♪

<ところで、リヒテルは「皇帝」の録音は残していないと思うのですが。

これは、私の勘違いですねー(^_^;)。
チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番、リヒテル、カラヤン、ウィーン交響楽団の盤ですね。
(カラヤンの事ばかり考えていて、うっかりミスですねー。)
ちちさすさん的評価はどんな感じでしょう?

レス、ありがとうございます(^^)。

2021/6/8 09:05  [2265-5489]   

 音之葉さん  

ちちさすさん。
こんにちは。

>HD650、私の愛用ヘッドフォンです〜「これだぁ〜!」という感動との出会いになるかも?
アドバイスありがとうございます!

特に「オンリーユースとしてはHD600ですが、音之葉さんのように複数のヘッドフォンを使い分けられる人には、HD650とお持ちの音源のどれかが「これだぁ〜!」という感動との出会いになるかも?」ここのくだりが心に刺さりました(*´▽`*)〜♪

タイミングが良いというか必然的というか、そうすね、この掲示板にはtam-tamさんという心
強いお方と、ちちさすさんからも、太鼓判を押されたHD650(何しろ愛器ですものね♪)であれば、HD600の選択の理由がありません。

購入の際に試聴が重要というのもありますが、先のtam-tamさんへの返信でも触れているのですが、試聴せずとも共感できる情報や信用できる情報の選定に私は自信があります。

共感、経験、および、知識に基づく判断なのですが、ちちさすさんとは、アナログ回路やアンプ、DACの会話で共有と信頼を感じています。その経験もあってZEN DAC Signatureを購入したのですが、これも、皆様との会話で得られた知識や情報と自分の経験則が間違っていなかったという自信にもなりました。

話が飛んでしまいまいたが、そのお二方からのお墨付きなのでHD650は購入の選択肢に確定となりました。

いつ買うかはタイミング次第ですが、どんな素晴らしい体験が出来るのかと、今からとてもワクワクしています。

購入した際は皆さまへ感想も兼ねてご報告したいなーなんて、気の早いことを思ったりしています(笑)


でわ、また!

2021/6/8 09:14  [2265-5490]   

音之葉さん

こんにちは(^^)

<ただ、比較しているとはいえ、個々のDACの良さがあるとはいえ、現状で全て満足というレベルでもないので困っています。

全て満足出来る製品と出逢ってしまったら、冒険が終わってしまうじゃないですか(^^)。
スパイラルにハマって困っています、というクチコミ質問も多いですけども、w
私も、決して多いとは言えない数ではありますが、それなりのイヤホン、ヘッドホン持ってますが、全てにおいて満足出来ているモノは一台もありません。

まず、肝心要の音源、ハイレゾ音源は何一つ所有しておりませんし(^○^)。
ヘッドホンアンプはシングルエンド専用機しか所有してないですし。
ハイエンドDAPさえ1台も持ってないですしー( ´Д`)y━・~~、w
何一つ、イヤホン、ヘッドホンについて語る資格なんかないのに、この様な縁側を立ち上げてますし、笑。
令和の植木等なんですよ、笑。


<これいっちゃうと一般的に怒られちゃう要素満載な気もするのですが、

そういう表の掲示板では書きにくい事を語る場でもあるんです、縁側って、w
認定メンバーしか書き込めないので、茶々を入れたくても、出来ないじゃないですか。
クチコミにでも書こうものなら、対処するのに大変な事になってしまいますからねー、♪( ´▽`)。

HD650のレビューは実は私も投稿しておりません( ̄^ ̄)ゞ、ww←何を自信満々に言っておる、笑。
今更、私が書いてもなあ、ってのが理由ではありません。
HD650、私の愛用しているヘッドホンアンプ、310USBと、LUXMANのヘッドホンアンプとでは、評価が全然違いますので。
真価のわからない者がアレコレと語るべきではない、私には、不特定多数の方々に向けて意見、感想を書く裁量が無いと自覚しております( ^ω^ )。

イヤホンのIE900については、好き勝手な事を書いてますが、この縁側の管理人だから出来る事であって、表のレビュー評とは重みが全然違うと思っておりますので。
(過去に私の縁側を見て参考にして、GRADOのヘッドホンを購入して下さった人もおりましたし、影響が全く無いとは考えておりませんが、)

<かなりの長時間tam-tamさんとは会話を重ねていると感じており、信ぴょう性や感じ方について共有出来ていると感じており、

ありがとうございます、嬉しいお言葉ですね♪


<あれからHD650について色々調べてもいましたが、作りの確かさが気に入り始めています。
<ですので同じような後悔をしない為にもHD600とHD650のどちらかを購入するのであればHD650を先に購入することに決めました。

情報共有という同じラインでお話ししますと、
HD600はフラットなヘッドホンではありません。
あくまで、HD650と比較すればって事ですね。
HD650より、モニターヘッドホン寄りの鳴り方がする、という感じですね。
エッヂと言いましょうか、音の輪郭がHD650よりキッチリしているんですよ。
なので、LUXMANのヘッドホンアンプで聴くのであれば、HD600の良さが出ないでは?とは思いますし、HD650では、相乗効果によってより良いドライブが出来るであろう、と思うのですね。

ケーブル着脱式ですので、リケーブルが出来ます。
バランス接続より、アンバランス接続の方が、よりHD650らしい音が出るのでは?とも思っておりますし、

私自身、HD650はリケーブルして使用しておりますし、
(付属純正ケーブルの鳴り方に不満があるから、そうしているのですけど、)
(HD650らしい音はやはり純正ケーブルで使用しないとわからない、とも思っておりますので。)

既製品で販売されているケーブルより、mogamiとかBELDENのプロ用マイクケーブルを使用したリケーブルの方が優れてますし。
BELDENのケーブルを使用した、リケーブルに変更する事によって、ディティールがクッキリとしますので、HD600に近い鳴り方になりますねー。
HD600では、ケーブル変更によってHD650の様な鳴り方にする事は出来ないと思っています。
その点においても、HD650の方がやや有利かな、と(^^)。

<私はZ5の購入時も、Z1Rの購入時も、tam-tamさんのアドバイスが生きていることを忘れていません。

え?
私が音之葉さんにアドバイスしたのですか(^_^;)。
いかん、いかん、ド忘れですー、ちゃんと確認しておきますね(滝汗)。

私的には、MMCXの独自コネクタ形状のところで逆に音之葉さんから適切なアドバイスを頂いた記憶しかありません。

偉そうに何を語ったのでしょう、私は♪( ´▽`)、←これが令和の植木等である理由ですねー、w
(一生モノのイヤホン購入の大事なところですよね、申し訳ないです、覚えてなくてm(_ _)m。)

<実は据え置き環境を充実した結果DAPに興味が薄れています。

私は別の観点から、ハイエンドDAPには興味がありません。
持ち物が増える、という( ´ ▽ ` )、w
ミドルクラスのDAPでミドルクラスのイヤホンを鳴らすより、SE846、iPhone直差しのが、良い音に聴こえてしまう、という奇跡の組み合わせの存在も無視出来ません。

<ちなみに更にモニターという原点に立ち返って、
SONY CD900STや、TAGO T3-01も、選択肢に入っています。

同じ、モニターヘッドホンというカテゴリーに属してますが、この2機種は別物ですよ。
CD900ST系で比較して探すなら、T3-01は対象外になると思うんですよねー。
(CD900STの対抗馬はオーテクのATH-M50xとかですかねー。)

音楽鑑賞用、完全リスニング使用限定で使うとしても、T3-01はモニターヘッドホンという視点から一旦外した方が良いですね。
このヘッドホンを同じモニター系として聴いてしまうと、モニター系ヘッドホンとはなんぞや?という事になりかねませんので、注意が必要ですね(^^)←一応T3-01のオーナーですので、( ^ω^ )。

おお!!文字数制限、w

また後で、追記レス致しますねー♪
(夜にでも書き込みます。)

レス、ありがとうございました(^^)。

2021/6/8 10:26  [2265-5492]   

音之葉さん

いやー、今、確認しましたが、確実に回答者として私の書き込みがありますね(^_^;)。

価格変動の通知設定した方が良いとか、偉そうな事を粛々と書いているでないの( ´Д`)y━・~~。

イヤーピース変更で音が激変するとか、しつこいですねえ(私の事ですね、w)

これはもはや、私が購入させた、と言っても過言ではないでしょう。
結果オーライなので良かったですが、

2年前は自信満々に回答者して、クチコミに出没していたのですねー、私、
(今は自粛しておりますけれど、)

このクチコミで書いた内容は記憶にはありました。
ただ、今思うと、なんか不思議な縁を感じますね(^^)。

このクチコミでのやり取りから、始まったんですね♪

2021/6/8 11:40  [2265-5494]   

持っているのは皇帝と第4番のカップリングです。

tam-tamさん。
私としたことが、曲名を書き忘れるとは…(^^ゞ
シューベルトの「ザ・グレイト」です。OPUS蔵のはあんまり感心しない音が多いのですが、この「ザ・グレイト」はクリーンヒットを超えてホームランですね。

ルービンシュタイン/バレンボイムの「皇帝」はまだ持っていますが、マイランキングでは選外です(^^;)
ルービンシュタインはショパン演奏のCDようなデュナーミクとテクニックを求めたら、この皇帝は裏切られてしまいます。ま、お歳を考えたらしょうがないのかもしれませんが。
バレンボイムは全体の構築スキルが明らかに足りません。第4番の方はうまくつないでいると思いますけど。

リヒテル/カラヤン/ウィーン交響楽団のチャイコフスキーは、マイベストです。アルゲリッチ/アバド/ベルリンフィルのライヴもよく聴きますが、順位をつけるならリヒテルです。
伴奏も、第2楽章のオケはアバド/ベルリンフィルに勝る演奏はそうはないと思いますが、第1、第3楽章はカラヤンがいいですね。

2021/6/8 13:07  [2265-5496]   

音之葉さん。
HD650のケーブルの余談を少し。
HD650を入手してしばらくしてから、多くの人が「リケーブルした方がいいよ」と勧めてくださったのですが、結局しませんでした。
HD650の美質を保ちながら全体の音質を上げる、というのは相当にハードルが高いというのが私の所感です。別物のヘッドフォンのような音になってもいいなら、音質向上のリケーブルはいろいろ選択肢があると思いますし、当時はDMaaというところでのHD650改造チューンが評判良かったりしました。

HD650のリケーブルを勧められた時は、私はSHUREのSE535LTDでのリケーブルが大成功したばかりで、2匹目のドジョウとばかりに真剣にリケーブルを考えていました。
ですが、当時はHD650側の2ピン端子が厄介で、2ピンだったら何でも合うわけでなく、これのせいでリケーブルの選択肢はほとんどなかったのです。バランス駆動させるだけならアユートからバランスケーブルが出ていましたが、これは線材がお話になりませんでしたので…。
この時は、縁側でヘッドフォンやイヤホンやDAPにすごく詳しい女の子とよくお話ししていまして、その子からの情報で、Fit Earのイヤホン用の2ピン端子がHD650の2ピンと互換性があると教えてもらいまして、Fit Ear用のケーブルには良い線材のもあるので、まじめに検討してました。
結局購入をやめたのは、Fit Ear自体クラシック音楽にはあんまり向かないというのもありましたが、大きな理由はさっきも書きましたとおり、HD650の美質を保ちながら向上させるのが難しいと判断したからです。
HD650の標準のケーブルは、グレード的には正直良くも悪くもない、ってくらいですが、HD650の良いところを殺さずに聴ける無難なケーブルだと思いますよ。

2021/6/8 13:40  [2265-5497]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんにちは。

>私自身、HD650はリケーブルして使用しておりますし、
>(付属純正ケーブルの鳴り方に不満があるから、そうしているのですけど、)
>(HD650らしい音はやはり純正ケーブルで使用しないとわからない、とも思っておりますので。)
これなのですが、K701をリケーブル可能に改造して更にノーマルケーブルを4.4mmbalancedにしたとお伝えしたかと思います。その後Sony Kinber を同じく4.4mmにしたものと合わせてみたのですが、BalancedもUnBalancedも、私の好みでいうとノーマルケーブル改4.4mm の方が合うんです。確かにSony Kimberも悪くは無いのですが全部Kimberの色が乗ってしまってK701と組み合わせるとこれじゃない感があるんです。

もともとKimberの4.4mmはbeyerdynamic用に作成したものなのですがやはりUnbarance/Balanceどちらでもケーブル自体はノーマルケーブルの方が合うヘッドホンもあると感じています。たとえばGRADOも同じような理由であえてケーブルは手を付けずプラグのみ4.4mmに変えましたし、むやみにノーマルケーブルをリケーブルしない方が良いケースがあると私の中ではノウハウが溜まってきています。

ですので、HD650も仮に購入したとして、リケーブルは先ずはノーマルケーブルを4.4mmに変更するところから始めると思います。大抵はここで満足できます。K701, HD25, SR80eこれらは、ケーブルは全てノーマルでプラグのみ4.4mmBalancedです。私の中ではこれが最高の状態でこれ以上リケーブルしたいと微塵も感じていません。

ですので、HD650も同様にして徹底的に聞き込んでそれでも名に足りないと感じた場合にのみリケーブルするつもりです。

長期間売れ続けているヘッドホンはドライバー+ケーブルで完成されているからこそ評価され売れ続けているのかなーとしみじみ感じています。

SONY CD900stに関しては何も変えず使った方が正解なのかなーとも、、思ったりしています。
実際使ってみなければわかりませんけどもね(笑)

ヘッドホンは不思議ですね。簡単にリケーブルできますけども、イヤホンとは違って、制作側はドライバー+ケーブルの音色で完全なバランスを取ってるのかなーと感じます。

そこに製品としての魅力を感じてる自分が居たりもします。
そこに愛着を感じてる自分が居ます。

>TAGO T3-01について
そうですかー、、、やはり、、というか、、実は結構懐疑的なところも感じていたのですが直感的にこれってもしかして良いのか?って考えたりしていたのですが、、tam-tamさんに相談してみて良かったです。いやぁtam-tamさん頼りになります。良かったぁ(*´ω`*)〜♪

>となると・・・・
CD900ST⇒それ以外のお高いヘッドホン
の順番に購入した方が良いかなーと感じてきました。

問題はお高いヘッドホンのどれを先に手に入れるかなんですよねー。

お二人の意見をお聞きしているとHD650に興味深々なんですけども(*´ω`*)マヨッチャウ♪

でわ、また!

2021/6/8 14:11  [2265-5498]   

 音之葉さん  

ちちさすさん。
こんにちは。

tam-tamさんへのお返事を書き終わった後、確認してみたら、なんと!
タイムリーにちちさすさんからのお返事が(*´ω`*)〜♪

tam-tamさんへの返信にも書いたように
わたしもむやみなリケーブルはヘッドホンに限っては、特に、長期間売れ続けているヘッドホンに限っては特に、ケーブルを変更すべきではないと身をもって体感しております。

Unbalance⇒Balancedへの変更はすると思います。
ただし、ケーブルはノーマルケーブルのままプラグの先端を4.4mmへ変更するだけです。

こうすることでノーマルヘッドホンの良さを殺さず/無くさず、Balanced/Unbalanceを味わえるからです。これは実体験に基づくノウハウです。HD25, K701, SR80e全てに同じ手法が通用しノーマルの良さ残したままBalancedになっていると感じています。

Unbalanceで使いたい場合は変換プラグを使うだけです。
この変換プラグに関しても用意済みです。
極力音色を変えないように素材を吟味した特注品です。

偶然にもノーマルケーブルが良いという考え方を持っていらっしゃる方(ちちさすさん)が信頼のおける方で私は幸運だなと思いました。

でわ、また!

2021/6/8 14:24  [2265-5499]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
ちちさすさん。

でわ、また!と言っておきながら、、ですが、、

お二人のアドバイスやノウハウを教えていただいていると

やはり、私の次のヘッドホンは、HD650でかなっ

ちょいと、おはずかしい、、(/ω\)ワタシッテ...ナガサレテル? オチョウシモノ?

タハハ(/ω\)・・でも、でも、HD650 スゴイホシー♪

で、でわ、またっ(/ω\)

2021/6/8 14:28  [2265-5500]   

 音之葉さん  

す、すみません、、また、また、、、書き込みです。。

ちなみにイキナリBalancedには致しません。

他のヘッドホンも同様ですがUnbalanceで徹底的に聞き込んだ後です。

ですので、何も変えずこのままが最良となる可能性も秘めています。

もし、何も変えずが最良と判断できれば、それは幸せなことだと思います。

なんせP-750ulのUnbalanceジャックはHD650専用になるわけですから♪

でわ、また、、、といいつつ、書き込みしちゃうかもですが、、(/ω\)・・・

2021/6/8 14:37  [2265-5501]   

ちちさすさん

こんにちは(^^)

<シューベルトの「ザ・グレイト」です。

ベートーヴェンの演奏ばかり調べていました、
最初は第五(運命)だと思っていたのですが、フルトヴェングラーで1942年録音のDG盤がない、笑。
ああ、そうか、1942年だとしたら、「ヒトラーの第九」かあ、と(^_^;)←単純ですねー。

<この「ザ・グレイト」はクリーンヒットを超えてホームランですね。

ありがとうございます、密かにメモしておきます、w


<ルービンシュタイン/バレンボイムの「皇帝」はまだ持っていますが、マイランキングでは選外です(^^;)

やっぱりですか(^^)。

老齢による、テクニックの衰えは隠せませんし、
しかし、何故にこの盤の評価が高いのでしょうかねえ。

所有されている盤はカップリング盤ですか。
私の持っているCDは「皇帝」しか入っておりません(^_^;)。

ほとんど聴く機会がないCDなんですが、いつまでも持っています、w

<リヒテル/カラヤン/ウィーン交響楽団のチャイコフスキーは、マイベストです。

なんと!マイベストですか。
私も所有しているとはいえ、くるみ割り人形とか収録されている、激安価格で買ったヘンテコ盤なのです。
格別、音は悪くないのですが、ジェケットがイマイチです(^○^)。
1962年録音と古いので、お勧めの盤とかありましたら、ご指南下さい。
DGから出ているものであれば、リマスターによる音質の違いはあまりないCDでしょうか。

2021/6/8 15:56  [2265-5503]   

音之葉さん

9:00に投稿された、書き込みのレスが途中でしたので、続きの方を。

<というのも、これらの製品はアーティストがオリジナル音源を作成する際にも、スタジオでミックスダウンする際にも使われています。

仕事用なら、CD900ST一択です、
レコーディング風景とかテレビで映る時、アーティストがいまだにこのヘッドホンを使用しているのを良く見かけますし。
一個人で作成してしまうのでしたら、使用するヘッドホンは何でも良いとは思うのです。
複数の人間で制作するのであれば、ヘッドホンは合わせなくてはなりません。
CD900STの後続機として発売されながらも、M1STが思った様に普及しない理由はここにあります。
海外ではMDR-7506が良く使用されてますね。オーテクのM50xも海外では良く使用されてます。

CD900ST、決して高いヘッドホンではないですが、試聴はした方が良いかと思いますね。
ノイズを拾う作業に使用されるヘッドホンですから、解像度が高く、慣れないと聴き疲れします。
装着感も良いとは言えるものではありませんし、
私も試聴しましたが、ヴォーカル表現力の魅力でJVC HA-MX100Zの方を購入しちゃいました。
現在ではHA-MX100Vとなって発売されておりますが、此方はちょっとお勧め出来ないですね。
ATH-M50xとM70xとでも、鳴り方は相当違いますので、定番モデルとはいえ試聴はした方が良いですね。

T3-01、これはフラットに聴こえるヘッドホンが無いとして、多胡氏がワンマンで作りあげたヘッドホンですので、悪く言えば、自己満足のために制作されたヘッドホンなので、如何に多胡氏が仕事用に使用しているとはいえ、モニター系ヘッドホンにカテゴライズされる製品では無いのです。
T3-01はeイヤホンの協力もあって、一躍人気ヘッドホンとなったのですが、これも私は多胡氏自身が一台一台チェックしている、初期モデルを購入しています。
現在販売しているモデルは、その様な手間のかかるチェックはしていないと思うのです。
まあ、量産体制になった事で、初期モデルより、品質は安定しているかもしれません。
女性ヴォーカルが前面に出ている曲で一度聴いてみるのも良いかもしれませんね、このヘッドホンは。
僅か、5分の試聴で即決して購入したくらいですから、ハマる人はハマりますね。
国内製とはいえ無名のメーカーのヘッドホンをろくに知りもしないで買わせてしまう魅力があります。
アコースティック系を聴くなら、一度は聴いておくべきヘッドホンだと思っています。
(低音は全然出ないので、重低音ヘッドホン好きな方には芳しくないですね、)


HD600は元々、スタジオモニターとして開発されたヘッドホンです。
それをリスニング用にリチューニングしたモデルがHD650です。
(この辺りの経緯は既にご存知かと思いますが。)
ちちさすさんも忠告されておりますが、リケーブルすると別物のヘッドホンの様になります。
付属純正ケーブルに不満があるから、リケーブルして使用している、と書きましたが、それは、私の再生環境によるところが多いに影響してますので、
ただ、個人的には、付属純正ケーブルでは低音の量感が多過ぎると感じるので、この辺りは聴かれる音楽によるところが大きいとは思いますね。

<ですので、HD650も同様にして徹底的に聞き込んでそれでも名に足りないと感じた場合にのみリケーブルするつもりです。

HD650の長所を殺さずに、低音の量感を減らしたいのであれば、mogami2534をお勧め致します。
私が使用しているBELDEN88760系だと、ちちさすさんの言う通り、別物になってしまうので。

HD650に関してのリケーブルの相性は、ドーヴェンウルフさんがお詳しいですよ(^^)。

HD600系でしたら、やはりHD650になるかな、と♪
現代的楽曲を聴くのであれば、HD660Sも決して悪くないヘッドホンですが、300Ωから150Ωに変更されていますので、この点においても音之葉さんのご要望を満たすものではないかと(^_^;)。

<す、すみません、、また、また、、、書き込みです。。

大丈夫ですよー♪
むしろ、これが縁側の良いところではありませんか(^^)。
スレッドが埋まったら、新しく建てれば良いだけですから、
Twitter的に利用するのも、「アリ」でしょう。
表のクチコミ板ではそうはいきませんからね( ^ω^ )。

色々と情報共有して、楽しみましょう(^^)。

レス、ありがとうございます♪

2021/6/8 17:36  [2265-5504]   

音之葉さん

ちょい補足レスを。

私の所有イヤホン、ヘッドホンに対し、「超絶貧乏ですよ。」という私のコメントはちょっと、不快な気分にさせてしまうものですね、この点について、率直に謝りたいと思います、申し訳ございません。

確かに、それぞれのメーカーのフラグシップモデルは高価ですし、超絶貧乏人が安易に購入出来る代物ではありませんね。

事情があって詳しくは説明出来ないのですが、一時的に余裕がある、お金を持っていた時期があったんですね。

SE846とIE800はその時に勢いだけで購入してしまったものです。

WestoneのUM-PRO50は、レビューキャンペーンの当選商品。運が良いですね(^^)。

T3-01の購入動機は、ちょっと面白いので、

モニター系ヘッドホンが欲しくて、試聴しに行ったんですよ、
ところが10時開店と思って、早めに家を出たんですが、11時時開店だったんですね。

時間が余ってしまいました、
私はパチスロなど好きでしたので、パチンコ店で時間を潰す事にしました。
打つ気はなかったです。
ここで、お金を使ってしまっては、ヘッドホンも買えなくなってしまいますから、
人気店でしたので、朝から稼働率がハンパないです。
どういう理由か知りませんが、もうすぐチャンスゾーンの天井だと言うのに、辞めていった人がいたんですね。
店員さんを呼んで、確認をとったところ、打っても良い、と言う事でした。

美味しいとはいえ、所詮チャンスゾーンですから、当たらないで、スルーしてしまう事もあります。

とは言え、1,000円程度で、済みますから、金額的にも全然OKでした。

10数ゲーム後にチャンスゾーンに突入し、そのまま大当たり!!
そのまま遊戯しているとフリーズ発生!!(65536分の1というプレミアフラグです。)
これを契機に5,000枚ほど一気に出てしまいました。
懐はホクホクです、w

私の性格上、このままあぶく銭を持っていても、またすぐに使い込んでいつの間にやら無くなってしまう可能性大なのです、w

T3-01は確かに魅力的なヘッドホンではあります、
私はイヤホン、ヘッドホンなどの購入には割と時間をかける方だと思います。
上記の理由もあり、即決で購入するに至ったのですが、そういう嬉しいハプニングがなくとも、いずれ、購入していたと思いますね、T3-01。
類似するヘッドホンは皆無でしたし、実に瑞々しいヴォーカル表現にノックアウトされてしまったので。

ですが、使用頻度は極めて低いです。
理由は明白で、安室ちゃんやBAND MAIDの様な楽曲には合わないからです。
アコースティク系の楽曲にハマる時が来たら、出番が来るのだと思い、楽しみにしています。

HD650と既にお決めになっているようですので、このヘッドホンの魅力的な部分を(^^)。

オーテクのSR9と実売価格はそれほど、変わりません。
同価格帯にあるヘッドホンと言っても良いでしょうね。

ですが、HD800が発売されるまで、HD650はゼンハイザーのフラグシップモデルでしたから、やはり、醸し出しオーラがありますよね(^^)。
(これまでの私とのやり取りで、こういった表現は分かってもらえるかと思いますが、「妖精」さんがいますね、HD650にも♪( ´▽`)。)

高級感がありますので、聴いて良し、見て良し、触って良しのヘッドホンなのです♪

フラグシップモデルはそのメーカーの顔とも言える製品ですから、持てる技術を余す事なく注力して作られています。

本来なら、リニューアルモデルである、HD660Sが発売された時点でお役御免となるヘッドホンでした。
(一時的に生産完了となった記憶がありますね、)
ところが、この時期に発売されたリニューアルモデルがことごとく評判が良くなく、現在も生産されているのですね。

イヤホン、
IE80からIE80Sに
IE800から、IE800Sに

ヘッドホン、

HD650からHD660Sに
HD800からHD800Sに

とリニューアルされたのですが、スムーズに生産終了となったのは、IE80だけで、IE800もしばらくの間併発されていましたし、HD800も同様でしたね。

音之葉さんが現在所有されているヘッドホンとはちょっと傾向が違うと思いますので、楽しめるのではないでしょうか。

同じ開放型とは言え、SR80eとは鳴り方が相当違いますし、
何より、所有されているLUXMANのヘッドホンアンプと相性が抜群ですので( ^ω^ )。

ちちさすさんが仰っている通り、「これだ!」と感じる楽曲と出逢えれば、最高の宝物になると思いますよ(^^)。

2021/6/9 04:21  [2265-5509]   

レーベル不明のグレイト

ちちさすさん

こんにちは(^^)

シューベルトの「ザ・グレイト」、フルトヴェングラー指揮、1942年盤、
これ、モノラル音源特化型ヘッドホンの試聴の時に持っていったやつですねー。

1942年と裏面に記載がありました。

1951年のイエス・キリスト教会での録音の盤も持っておりますが、レーベル不明の添付画像のCDの演奏の方が好きで良く聴いていたので、持って行ったのですが、

DG盤は所有していませんから音を聴いてないので、比較のしようがないですけど、音質は良好ですねー。

このレーベル不明の「ザ・グレイト」について、やり取りしてますねー。
「オーパス蔵」の復刻盤ではないですか?と言われたの覚えてました(^^)。

何気にフルトヴェングラーのCD、持っているんですねー、私、笑。

なんで、こんな怪しげなレーベルのCDを買ったのか、今となっては不明ですd( ̄  ̄)。

2021/6/9 09:42  [2265-5511]   

 jade7さん  
強敵ヴィルを迎へ緊張の面持ちで試合前の握手に臨む力道山 快心の演奏を終えコンサートマスター・リキと握手を交わすマエストロ

何気に、時節柄、かの大マエストロの話題が振られていたので、失礼をかえりみず、この地に投稿させていただきました。

 以上、取り急ぎ、要件のみにて。

 jade7

2021/6/9 12:46  [2265-5512]   

jade7さん。
爆笑ですよ、これ!(^▽^;)
この発想、ある意味天才(≧∀≦)

あ、お久しぶりでございます(^^)

2021/6/9 15:50  [2265-5513]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
おはようございます。

業務連絡ですw

ZEN DAC Signatureのレビューを
思い切り端折ったやつを価格コムへアップしてみました。

ちょっと上から物言いで、、いつもと違う感じで書いてます(/ω\)エラソウデゴメンナサイ

でわ、また!

2021/6/10 05:55  [2265-5519]   

音之葉さん

お、おはようございます(*´-`)。

<業務連絡ですw

レビューアップされた直後に読みましたー(^^)。

<ちょっと上から物言いで、、いつもと違う感じで書いてます(/ω\)エラソウデゴメンナサイ

書き直し、修正が出来ますから、大丈夫、大丈夫♪

縁側の方にも、アップ、していきますか?
新しい常設掲示板、用意しますので、
準備が整ったら、言って下さいねー(^^)。

2021/6/10 07:16  [2265-5521]   

 jade7さん  

ちちさす 様

 どうも、ご無沙汰いたしております。

 へんな悪ふざけを投稿して、しまった、やっちまったなあ、と少し落ち込み気味だったのですが、

他ならぬちちさすさんからお褒めの言葉をいただき、爆笑していただいた、とのことなので、嬉しく

なって、昨夜は久しぶりに妻とワインで乾杯しました。

 ということで誠に有難うございました。

 まずは、取り急ぎ、御礼のみにて。

 jade7

2021/6/10 12:24  [2265-5523]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんにちわー

>書き直し、修正が出来ますから、大丈夫、大丈夫♪
いえ、書き直しませーん

今回はホントに真剣勝負的なレビューです

価格コムでこういうこと言っても受けれられないかもしれませんが、でも、そうでもしないと、結局DACチップって型落ちでしょ? で、片付けられがちなので、重要な部分はそれ以外なんですよーって、逆にそこを考えないとどれだけ高性能なDACチップ使っててもそれまでなんですよーって、それを伝えたかったのですー。

音色や音質の細かいニュアンスや、ACアダプターであっても慣らしは重要で最初はとんでもないダメダメな音ですよーとか運用上のノウハウになりそうなポイントもあえて端折ってます。

結局2500文字制限ですと何処か端折ることになるので・・・ちょい辛らつだけど本音のタイトルとSingatureと無印を単なるヘッドホンアンプとDAC専用機って考えでしか判断しない口コミストへ向けてのアンチテーゼとして記載しています。

結構ガチの意見ですので口コミに書くと内容をちゃんと理解してくれてない人からの反論が返ってくるかもですがレビューですから。そういことも出来ないでしょうから(*´ω`*)えへへ〜♪

でわ、また〜♪






2021/6/10 13:12  [2265-5524]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
おはようございます。

■業務連絡2
ヤフオクで良さげなHD650を見つけて適当にポチったら落札してしまいましたw
「70’sオーディオクラブ」という結構有名なオーディオ機器修理から出店されてまして、箱は汚れてますけども本体と付属品はかなり綺麗で傷も無く程度が良かったのです。


■レビューをこちらの掲示板にアップさせていただく件について

>縁側の方にも、アップ、していきますか?
>新しい常設掲示板、用意しますので、
>準備が整ったら、言って下さいねー(^^)。
この回答がやっとできそうです。

実はZEN CAN SingatureがHD600系シリーズに向けてチューニングされていることはご存じでしょうか?ZEN CAN Singatureには、HD600系シリーズ専用ドライブモードがあるのです。

正確にいうとHead Fi(https://www.head-fi.org/)から発売されているHD6XX用の同ライブモードなのですがZEN DAC Signatureの開発も少なからずHD600系シリーズを用いて音質チューニングいたのではないかと想定しています。私はHD600系シリーズに拘ったのはそういう経緯があるからです。

ちなみにHD6XXを購入しなかったのには理由があります。
HD6XXはHD600系シリーズを32Ω化しさらにコストダウンした廉価バージョンなのです。

ですので、いつまでもレビュー完了のお知らせを出来なかった理由は、私の想定するレビュー条件が整っいない為レビューを完了させることが出来なかったからです。

ここへきて例外的にHD650を入手することが出来ました。
更に早急にMDR-CD900STとMDR-EX800STを入手してフラットなモニター条件も整えた上で徹底的にZEN CAN SingatureとS.M.S.L M500の徹底比較レビュー作成したいと思います。

圧倒的高性能なDACチップ搭載機とDACチップ性能はそこそこですがアナログ設計に拘りまくったDAC専用機がどんな結末を出してくれるのか。レビューしたいと考えています。

レビュー後、価格コム上のレビューに若干の手直しは入れますが、ノウハウというべき詳細はこちらのみへ掲載しようと考えています。

よろしくお願い致します。

でわ、また!

2021/6/11 05:11  [2265-5525]   

音之葉 さん  

2021/6/11 05:17  [2265-5526]  削除

音之葉さん

おはようございます(^^)

<ヤフオクで良さげなHD650を見つけて適当にポチったら落札してしまいましたw

おめでとうございます♪

素晴らしきHD650の世界にようこそ(^^)。
(この縁側のメンバーで実に6人ものHD650ユーザーがいるとは!!)

祝福のレスですので、一旦送信しますね。
良かったですねー♪

詳細は後ほど返信させて頂きますね。

HD650、入手おめでとう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

2021/6/11 05:25  [2265-5527]   

 音之葉さん  

■業務連絡その3
立て続けに申し訳ありません。

ZEN CAN SingatureとS.M.S.L M500レビューに際して、楽曲のサンプルを増やしたいと考えています。

私の好みだけですと偏りが生じてしまうので、宜しければ皆様にレビュー楽曲のサンプルを募集させていただきたく。

興味おありでしたら、こんな曲を聞いてレビューした感想を教えて―というのがありましたらば、楽曲をお教えいただけると嬉しいです。

宜しくお願い致します。

2021/6/11 05:25  [2265-5528]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
おはようございます。

>おめでとうございます♪
>素晴らしきHD650の世界にようこそ(^^)。
>(この縁側のメンバーで実に6人ものHD650ユーザーがいるとは!!)
>HD650、入手おめでとう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ありがとうございます(*´▽`*)

今からワクワクが止まりません ウフ (*´ω`*)〜♪


あ!それと!!!

申し訳ありません!
MDR-CD900STとMDR-EX800STですが、、一旦、待ったになりました!

色々と調べている途中なのですが、、レビュー機器として相応しくない可能性が出てまいりました。

もう暫く検討する必要があるようです。

結果は、また、記載致します。

2021/6/11 05:54  [2265-5529]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

<宜しければ皆様にレビュー楽曲のサンプルを募集させていただきたく。

いやー久しぶりに音楽に浸りました♪
 
曲目、感想の方は、安室ちゃんの掲示板の方に書いてありますので♪

<実はZEN CAN SingatureがHD600系シリーズに向けてチューニングされていることはご存じでしょうか?

いやいや、これは知りませんでしたー、
メーカーサイトにもそういうことは書いてなかったですねー、マル秘情報ですか( ^ω^ )。
ではHD650を素晴らしい音質でドライブ出来るではないですか、
クゥー、羨ましいですー♪( ´▽`)。

<ここへきて例外的にHD650を入手することが出来ました。

私と似てますねー♪
ある日、突然、我が家にやって来る、という(^○^)。

<圧倒的高性能なDACチップ搭載機とDACチップ性能はそこそこですがアナログ設計に拘りまくったDAC専用機がどんな結末を出してくれるのか。レビューしたいと考えています。

1番上の常設掲示板の方に書きますか?
準備が出来たら、新しい掲示板を建てますので、何スレッド使用しても良いので、存分に書いて下さい(^^)


<今からワクワクが止まりません ウフ (*´ω`*)〜♪

HD650、まだ届いてないのですか、
待ち遠しいでしょうね(^○^)。

では、よろしくお願いします♪

2021/6/12 02:45  [2265-5532]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。

また、また、おはようございます。

すみません。混同しちゃってますね。わたし。

HD650やDACの話題はこちらでしたね。

「大好き安室ちゃん板」に書いたの内容を再アップするのも変ですので、行こうこちらに書き込み致しますね。

■iPower ELITEが覚醒か!
ムフ(*´ω`*)〜♪

ある筋から(といっても筋者の意味ではございませんw)、お安く強烈に良質な電源ケーブルを購入することが来そうです。といっても変な豪華メッキとかそういう代物ではありません。

なんか電源が命なのはそうなのですが、たぶん電源の総コストがどんどん上がっていきそうですw

でも、趣味なんですから、自己責任で何でもアリですもんね(*´ω`*)〜♪

では、また!

2021/6/14 09:21  [2265-5546]   

音之葉さん

此方でもおはようございます(^^)。

<HD650やDACの話題はこちらでしたね。

それほど畏まった縁側ではないので、大丈夫ですー、w

<■iPower ELITEが覚醒か!

4万円弱ですか、結構な価格がするのですねー。
10代の時に若干ではありますが、ピュアオーディオでシステムを構築しましたが、
特に電源関係は異常とも言える価格の製品がある事は知ってはいるのですが。
ACアダプターでこの価格、安いとは言えませんが、高いなあとも思いません♪( ´▽`)←どっちやねん、w
入手して満足出来るかが最大の焦点となりますので、価格はあまりネックにはならないかと。

お安い価格で手に入れる事が出来るのであれば、それはそれで良いことかと(^^)。

<でも、趣味なんですから、自己責任で何でもアリですもんね(*´ω`*)〜♪

結果が良ければ全て良し!の世界ですからね。
手に入れるまでのワクワクする期待感と、若干の不安感。
HD650を購入された時も同じだったと思うのですよねー♪
「ピンポーン」←古い表現やのう、( ^ω^ )。
「おお!届いたか!」
「どれどれ、どんな音がするのかな?!!」

この瞬間が堪らないですよね、w

HD650が音之葉さんの好みのヘッドホンとなった様で、良かったですー(^_^)v。

では、ではー♪

2021/6/14 10:05  [2265-5548]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんばんは。

電源ケーブルの素材だけで15000円くらいのやつをお安く手に入れられそうなので思い切ってやれるだけテコ入れしちゃおうかとw

電源本体39600円+電源ケーブル15000円=約55000円ですw

本体の倍のコストを掛けてることになりますね。さながらスフォルツァートのDACのグレードと同じようなコスト感です。こちらの金額的スケールは圧倒的にショッパイですけどね(笑)

ちなみに電源チューニングアップについては、更に出来ることがあるんです。
それはiPower ELITEは製品仕様が100V-240Vとなっているんです。

我が家はアイソレーション電源+昇圧トランス(115V)内蔵を使っていて、現時点では100Vから電源を取っているのですが115Vも使えるんです。

ですので電源に関してはZEN CAN Singatureの方が圧倒的にアドバンテージが高いんです。
今回のレビューでは最終的にそこまでやろうかと思っています。

M500は使用上115Vなのですがケーブルもメガネ型ですし、そこへ行くと、iPower ELITEはきっちり3PIN仕様です(とはいえ多分アースPINは出てないと思いますw)

いまでも十二分にHD650の凄さを感じ取れるのですが出来るところは全部やって結論付けたいと思いまして。DACチップのみが正義なのか、トータルバランスが真実なのか!?

良いヘッドホンを切っ掛けにオーオタ魂に火が!
って、、15000円で火なんて、、ちっちゃい火ですよねw
書いていて、我ながらちっちゃい男だと恥ずかしくなってきましたw

■P-750ulについて
私の周囲でもホントはLimutedが欲しかったけどもう売ってないから・等の声を聴くことが多くなってきたのですが、発売当初はフジヤエービックさんで激安になったり、すぐに中古が出回ったりしていて、思った以上に不人気商品なのかなーと思ってたんですが、気づいたら100台売り切った感じですね。

私は即完売するんじゃないかと思い込んで、予約までして購入したのですが・・・1年でやっと100台売れる程度だったとはw
オーディオ製品なんて、そういうものなのでしょうね。

@3〜4年したらLUXMAN 100周年記念をするのでしょうから、95周年で即買いした人は5年使用したことになりますから、丁度良い頃合いで100周年記念製品に乗り換えるのでしょうね。

LUXMAN 100周年記念が楽しみです。


■DACレビューについて
順調に進めています。

しかし、ここへきて、M500の不具合というか、正確に言うとS.M.S.L社のASIOドライバーの不具合と言った方が正しいかもですが、ASIOの方が音は良いのですが、再生終わるとめちゃめちゃノイズが発生することがあるんです。そうなると、もう、電源OFF/ONしないと収まらない感じなったりすることがあるんです。

必ずしもそうなるわけではないのですが、レビューする場合は、音楽プレイヤー側のドライバー設定も同時に切り替えないといけないので、上記の不具合に遭遇する頻度が上がってきてちょっとストレスですw

しかしHD650のおかげで今までより数段モチベーションアップで聞き込み出来るので楽しくてしかたありません♪

では、またー♪

2021/6/14 18:23  [2265-5551]   

音之葉さん

こんばんは♪( ´▽`)、w

安室ちゃんの方の掲示板のレスを打ち込むのに、2時間ほど( ̄▽ ̄)←いつまでかかってんねん、w

此方もボリュームたっぷりの内容ですねー♪
ありがとうございます(^^)。

<電源ケーブルの素材だけで15000円くらいのやつをお安く手に入れられそうなので思い切ってやれるだけテコ入れしちゃおうかとw
<電源本体39600円+電源ケーブル15000円=約55000円ですw

凄いエネルギーですね!!
もう徹底的にDACのポテンシャルを引き出してやろう、と♪

<我が家はアイソレーション電源+昇圧トランス(115V)内蔵を使っていて、現時点では100Vから電源を取っているのですが115Vも使えるんです。

あらー、そんな機材も既に所有済みなのですねー。
敵いませんねー(^_^;)。

<書いていて、我ながらちっちゃい男だと恥ずかしくなってきましたw

全然小さくないですよ、読んでいる私の方がよほど小さいです、体は肥えて大きいですけど( ̄▽ ̄)、笑。

<今回のレビューでは最終的にそこまでやろうかと思っています。

そういう事でしたら、もう徹底的に書きまくってください!!
私も楽しみにしておりますので、ガンバレー(((

<私の周囲でもホントはLimutedが欲しかったけどもう売ってないから・等の声を聴くことが多くなってきたのですが、、、、、、

買いたくても高過ぎて買えなかった方が相当居るのではないかと(^_^;)。
オリジナルモデルよりも10万円近く、高くなっているので、
ちょっと興味半分で買える代物ではないですー( ´Д`)y━・~~。

<@3〜4年したらLUXMAN 100周年記念をするのでしょうから、95周年で即買いした人は5年使用したことになりますから、丁度良い頃合いで100周年記念製品に乗り換えるのでしょうね。

え?5年で買い替えてしまうのですか、カッコいい( ̄Д ̄)ノ
私なら、死ぬまで手放す事が出来ませんよーorz,,,,,,

<LUXMAN 100周年記念が楽しみです。

わ、私も、た、楽しみですー、ハイー(°▽°)。

<■DACレビューについて
順調に進めています。

出来上がった(書き終えた)ものから、UPしていきますか?
私の方は大丈夫ですよ(^^)。
常設掲示板の方に、「特集」として、レビューの方は載せるようにしますので。
その際に、掲示板は新しく更新致しますので、
あ、そうだ、削除だけはしない様にしてくれますか。
書き間違いがあった場合は、訂正レスにて修正してください。
それと、レビューは全て、音之葉さんの方でも保存しておいてくれると嬉しいです。
私としては、「レビュー1」「レビュー2」とか、「比較その1」「比較その2」とかそういう感じの方が良いかと。
それで、全部書き終えた段階で、どうしても、最初の部分を訂正したい、という事などがあれば、掲示板丸ごと削除しますので、新しくした掲示板の方に全要をUPしてくれると嬉しく思います♪

<しかしHD650のおかげで今までより数段モチベーションアップで聞き込み出来るので楽しくてしかたありません♪

では、もうすぐにでも書き込める様に、常設掲示板の方を用意しておきますので、音之葉さんの都合で、UPしていって下さい(^^)。

レスありがとうございます♪

2021/6/14 19:29  [2265-5553]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
また、また、こんばんは!

■P-750ul
たぶんですが、LUXMAN側は、本当は100周年記念で切り替えたかったんだと思います。
でも、P-750uは2017年発売なので2025年つまり8年も待っていられなかったんだと思います。
そこで無理やり95周年記念とかでっち上げてP-750uLimitedに仕立て上げたのかと。

LUXMANの内部アンプモジュールはP-750u LIMITEDや他の機種と同等で、現時点の最新バージョンの名前はODNF-u、u=ultimateです。ultimateをつける前はODNF-3でした。ODNF-4とせず、ODNF-uとしたのは、このアーキティクチャの最終系を意味してるのだと思います。

次に制作するアンプモジュールは既に企画は終わっているはずです。たぶんそのアンプモジュールはODNFではないとだろうと予想しています。これを出すタイミングはおそらく100周年記念のタイミングではないかと思うんです。

ですので、資金力あるオーオタ層は「丁度良い頃合いで100周年記念製品に乗り換えるのでしょうね」と、予想して書いてみました。当然、新しいアーキティクチャが出たばかりの頃、つまり初代は、改善点が山のようにあるでしょう。ODNF-uと比較して絶対的優劣が付きにくい状態の可能性も高いと予想しています。ですので、そもそも、P-750ulに何の不満も無い私は、ジックリと見極めるつもりですので買い替える計画を立てているわけではありません。

■DACのレビュー
電源周りのチューニング素材が集まっていないのでこれからです。

現時点では先ほど申し上げたように安室ちゃんだけ特別仕様なのですが、ABEXのチューニングが相当お金を掛けていたのか?それとも安室ちゃんだけ恐ろしく拘りまくってたのかわかりませんが、それなら、私も、ZEN CAN Singatureのチューニングに拘りまくって、安室ちゃんだけ特別じゃない状態までもっていきたいと思っています。

もしもやるだけやっても、やっぱり安室ちゃんだけ特別だったなら、致し方ないです。そこから正直ベースでレビューネタを溜めこむつもりでいます。

ちなみに現時点でハッキリ言えることはZEN DAC Singatureがまろやかなわけでもなければ、解像度が低いわけでもないということです。現にBAND-MAIDに限ってはM500ですと団子になる楽曲もありますが、ZEN DAC Signatureですと、そうならないんです。ポイントはボーカルがZEN DAC Signatureの場合はツィンボーカルがハッキリわかります。そしてSAIKIのビブラートがとても美しく表現されるんです。更に言うとZEN DAC Signatureの場合、KANAMIのギターも美しいんです。ディストーションんが掛かっているにも関わらず、どの楽曲でもギターのハーモニーがとても美しいです。P-750ul+ZEN DAC Signature+HD650はBAND-MAIDを聴く為にあるような絶妙のサウンドバランスと解像度なんです。

できれば電源チューニングで安室ちゃんもP-750ul+ZEN DAC Signature+HD650側に倒したいと考えています。

HD650はまろやかとか柔らかいというより、楽曲全体の空間表現力と中音域のサウンドバランスと解像度レベルが絶妙でやけに生々しく感じます。絶品です。

でわ、またー♪

2021/6/14 20:10  [2265-5557]   

音之葉さん

こんばんはー(^^)

ようやっと目が覚めてきました、今は丑三どきです。
これを書き終える頃には何時になっているかわかりませんが、w

<たぶんですが、LUXMAN側は、本当は100周年記念で切り替えたかったんだと思います。

ピュアオーディオ系メーカーは疎いので、
もうすぐ、100周年??
そんな昔から存在していたメーカーだと初めて知りました♪( ´▽`)←ヤバいですよね、ちょっと、w

<P-750ulに何の不満も無い私は、ジックリと見極めるつもりですので買い替える計画を立てているわけではありません。

なんと、そうでしたか、
これまた勘違いをしておりました( ̄Д ̄)ノ
てっきり、車の車検のタイミングで買い替える感覚と同じ様に錯覚をしておりました。
そうですよね、特別限定モデルですもんね、

<電源周りのチューニング素材が集まっていないのでこれからです。

あらら、ちょっと早過ぎましたか、掲示板新しくするの。
元に戻しておきますので、準備が整ったら、「tam-tam、用意出来たぜ!!」と報告して下さい( ^ω^ )。

<avexのチューニングが相当お金を掛けていたのか?それとも安室ちゃんだけ恐ろしく拘りまくってたのかわかりませんが、それなら、私も、ZEN CAN Singatureのチューニングに拘りまくって、安室ちゃんだけ特別じゃない状態までもっていきたいと思っています。

徹底抗戦の構えですね、向こうがそこまでやるなら、こっちもやってやろうではないか!、と(*´-`)。
うーむ、どうしても、砕けた方向に( ´Д`)y━・~~、w

一応、アルバムに収録する曲数以上のデモ音源は用意するそうなんですね。
安室ちゃんは耳に残りやすい、キャッチーな曲を選ばない、どちらかと言うとマニアックな楽曲が好きみたいで、このあたりは、セルフプロデュース3部作をお聴きになるとよりわかると思いますよ。
「Finally」ではDisc2に収録されている楽曲ですね。
ですので、こだわりがあると言えば、「ある」方のアーティストですね、安室ちゃん♪
ですが、ミキシングとか、トラックダウンの作業とかには、関わってないと思うのですよねー。

<もしもやるだけやっても、やっぱり安室ちゃんだけ特別だったなら、致し方ないです。

音之葉さんは安室ちゃんの楽曲も好きだと思うのですが、それ以上に推してるアーティストがいますからねー。
安室ちゃんが1番、という事であれば、好きなので、良く聴こえてしまうのもわかる気がするのですが、客観的に聴いていてそう感じるのですから、ある意味説得力があると思いますねー。

<現にBAND-MAIDに限ってはM500ですと団子になる楽曲もありますが、ZEN DAC Signatureですと、そうならないんです。

BAND MAIDも勢いのあるバンドとは言えますが、一般的な認識度はまだまだだと思うので、レコーディング機材の差ですかね。
それとも、最終的に2トラックに仕上げる、エンジニアの人材の差ですかね。
CDが飛ぶように売れていた2000年あたりは、海外から、レコーディングエンジニアを呼んだり、録音するのに、海外のスタジオを利用したりと、今では考えられないほど、贅沢にお金をかける事が可能でしたからね。
そこら辺の違いもあるかもしれませんね。

<P-750ul+ZEN DAC Signature+HD650はBAND-MAIDを聴く為にあるような絶妙のサウンドバランスと解像度なんです。

BAND MAIDでもHD650が好結果になって良かったです、
これを機に聴き直したくなる、他のアーティストとかも増えるといいですね♪

<HD650はまろやかとか柔らかいというより、楽曲全体の空間表現力と中音域のサウンドバランスと解像度レベルが絶妙でやけに生々しく感じます。絶品です。

音之葉さんはHD650を完全に近い状態で鳴らし切れる、素晴らしい機材を所有されていますから、堂々としたレビューが書けますね。(表のレビューの事ですね♪)

これで、絶品です!と書いて、主観だけで熱く語っているなとは思われないでしょうね(^^)。

レス、ありがとうございました( ̄^ ̄)ゞ。

では、またー♪、よろしくお願いします。

2021/6/15 03:05  [2265-5560]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんにちは。

>準備が整ったら、「tam-tam、用意出来たぜ!!」と報告して下さい( ^ω^ )。
ありがとうございます。
そうなりましたらば、ご報告致しますので、よろしくお願い致します。

>もうすぐ、100周年??
>そんな昔から存在していたメーカーだと初めて知りました♪( ´▽`)←ヤバいですよね、>ちょっと、w
いえいえ、私もHPA(ヘッドホンアンプ)を気にし出してから知りましたので^^;
ちなみに創立は1925年だそうです。

>徹底抗戦の構えですね、向こうがそこまでやるなら、こっちもやってやろうではないか!、と(*´-`)。
>うーむ、どうしても、砕けた方向に( ´Д`)y━・~~、w
仰る通りです。やれること全てやって自分的に理解出来ないとレビューが書けませんw
そもそもDACやAMPの設計経験も無いし、レコーディングの経験もないですから、恐ろしく信ぴょう性に欠ける行為かもしれませんが(;^ω^)

>一応、アルバムに収録する曲数以上のデモ音源は用意するそうなんですね。
レビューに起用する曲と実際に試す曲数では、裏で試してる曲数のが圧倒的に多いのは事実ですが、レビューに記載する曲はある程度読んで下さる皆さんと共有できる曲でないと意味がないので、無理を言って、選曲していただいたので、その中から選曲しようと思っています。

そういう意味で言うと安室ちゃんとBAND-MAIDは2021/06時点ではどちらもそれなりに有名なので共感は得られるかなーと思っています。


>CDが飛ぶように売れていた2000年あたりは、海外から、レコーディングエンジニアを呼んだり、録音するのに、海外のスタジオを利用したりと、今では考えられないほど、贅沢にお金をかける事が可能でしたからね。
>そこら辺の違いもあるかもしれませんね。
ん?あれっということは、BAND-MAIDのレコーディングにトニー・ヴィスコンティが絡んでるのはご存じないのですか?

これです。
https://spice.eplus.jp/articles/265077

※すみません文字数オーバーになってしまったので、続きを投稿します。




2021/6/15 23:59  [2265-5562]   

 音之葉さん  

※先ほどの続きになります。

>SWEET 19 BLUES
若いですね。めちゃめちゃ声が若い。アルバムとしてのクォリティは認めますがヴォーカルとしては最盛期の方が艶があるというか力がありますね。

実現不可能はわかってますがこのレコーディングで最盛期の安室ちゃんで再販版を聞いてみたいと思うのは私だけでしょうか。もちろんこの時代の声も悪くはないですが、無い物ねだりかもしれませんね。

と、思ってましたが、これは、これで、やっぱり良いですね。
※私の聞き込みが足りないだけでした(;^_^)

ヴォーカルとインストルメンタルが良いバランスでアルバムがトータルコーディネートされていて良いですね。好きです。

感慨深いがこのアルバムの発売は1996年ですが、HD650は2004年なのですよね。
このブラックテイスト溢れるアルバムを当時リアルタイムでHD25では聞けてもそれからおおよそ10年後じゃないとHD650では聞けないのですよね。でも私は2021年の今初めて聞いてるんですよね。時間軸がバラバラもいいとこですねw

そして問題のM500vsZEN-Sigですが。
このアルバムは正にDAC対決させるのに持って来いですね。

その前にZEN-Sigの電流問題(100v vs 115v)ですが100vの方が良かったです。
115vにすると低音域の収まりが悪くぼわんぼわんします。
今日1日色々聞き込んだんですが傾向は変わりませんでした。
で、このアルバムの04.PRIVATEで決定的になりました。この曲は低音域に締まりがないと聞けたもんじゃないと感じたんですが同じ115vでもM500は締まった低音域で良い感じです。
ところが115vのZEN-Sigになると表現が難しいですが籠って締まりのないぼわぼわした低音が曲全体を支配して安っぽい低音といったらいいのでしょうか。とにかく我慢できないです。
しかし100vに戻すと良い感じなんです。115vのM500よりも豊潤で締まりの良い低音域なんです。たった15vの差ですが驚きました。新しい電源ケーブルが来たら100vと115vでZEN-Sigを再比較してみようと思います。これはかなり有意義な比較レビューになったと感じています。

特にヴォーカル曲とインストルメンタルではDACの音色の注目点が異なるというか表現力のレンジが変わるというか。

総評としてはヴォーカルの生々しさがZEN-Sigに軍配が上がりました。安室ちゃんの楽曲で初めてのことです。バックミュージックにヴォーカルが邪魔されずに且つ声の艶が私好みです。

最初にコメントした「若い!」だけではなく「若さ」に「ほのかな艶が」香ってる感じです。
そしてヴォーカル曲・インストルメンタル曲どちらも楽器の低音域の弾み方と収まり方が生っぽい感、というか、リアルというか、高級オーディオっぽいと言ったらいいんでしょうか。そんなハイエンドオーディオを聞いたことも無いですが、私のイメージする高級オーディオ的なのかもですね。なんかこの表現は如何にも雑魚っぽくて、にわかマニア的な表現で恥かしいですけども・・・(汗)

と、ここまでくると、世代毎のレコーディング・ミックスダウンというか音作りとDACの表現力の相性が影響してると判断出来そうです。すくなくともSWEET 19 BLUES(アルバム)の全曲はZEN-Sig+P-750ul+HD650に軍配が上がりました。BAND-MAIDで感じた絶品感に近いです。

なか、なか、興味深い結果になって気分が上がってます(笑)

ちなみに絶品感というのは、これは一つの例ですが、ボーカル音の消えぎわの僅かなビブラートまで感じ取れるんです。これはイメージじゃなくてハッキリとそこまで聞き取れるんです。これが私の所有してるIEM/HPとHD650との差なんです。面白いことにIER-Z1Rでさえここまで聞き取れませんでしが、HD650は面白いようにそこまで聞き取れます。

安室ちゃんでいえばCHECKMATE!の02.UNUSUALの安室ちゃんと山下智久の掛け合いでの両者のヴォーカルが聞き取り易かったり、 BAND-MAIDで言えば、SAIKIとKOBATOの掛け合いのトーンやビブラートの違いもハッキリ聞き取りれるんです。こうなるとツィンボーカルが更に心地よくて絶品と感じるわけです。HD650で聴くSAIKIの声のトーンとKOBATOの声のトーンが絶妙で何故BAND-MAIDがツィンボーカルにしたのかめちゃめちゃ納得出来るんです。この現象はM500+P-750ul+HD650よりもZEN-Sig+P-750ul+HD650の方がより顕著に感じられるんです。

熱く語っていたら結構な文字数に(;^ω^)

本日はこの辺で

では、また!

2021/6/15 23:59  [2265-5563]   

 音之葉さん  

あら。。最初のご挨拶が、、こんにちはにwww

実は昼頃から書いてやっとさっき書き終わったので(/ω\)タハハ

でわ、また!

2021/6/16 00:01  [2265-5564]   

音之葉 さん  

2021/6/16 00:10  [2265-5565]  削除

音之葉さん

おはようございます(^^)

き、消えてしまいました、( ̄Д ̄)ノ
2,000文字くらい書いたところで、w

安室ちゃんの楽曲に関してはあちらの掲示板で熱弁していたのですが、w

<無理を言って、選曲していただいたので、その中から選曲しようと思っています。

実はまだ、これ途中なんです。
HD650使いのユーザーさんは、クラシック音楽を主に聴かれている方が多いので、もう少し、選曲を増やした方が良いのかな?と。

<そういう意味で言うと安室ちゃんとBAND-MAIDは2021/06時点ではどちらもそれなりに有名なので共感は得られるかなーと思っています。

現時点で、最も注目されている、アーティストの方が共感は得られるのでは?とも思いますし。
難しいですね、選曲の基準が( ^ω^ )。
(最近の楽曲に非常に疎くて申し訳ないのですが、米津玄師とか。)

しかし、まあご自身があまり聴かれない楽曲だと、比較するのも難しいでしょうからね。

Beatlesの楽曲も一部、選曲リストにあげましたが、これが非常にイイ感じなんです。

HD650についても、DAC,ヘッドホンアンプとの相性で、書かれるのであれば、こういった年代の古い、名盤についても書かれると、参考にされる方、多いと思うんですよねー。
20代半ばの若い人たちがHD650のような天然記念物の様な古いヘッドホンを選ばないと思うのですよねー、
難しいところですので、おいおい、煮詰めていきましょう(^^)。

<ん?あれっということは、BAND-MAIDのレコーディングにトニー・ヴィスコンティが絡んでるのはご存じないのですか?

もちろん、存じておりません( ̄^ ̄)ゞ、w

私なりに調べてみたら、なんと、トニー・ヴィスコンティの方からオファーがあったらしいですね!!!

これは、ちょっと只事ではありません!!!

こっちから、トニー・ヴィスコンティにオファーしても、実現する可能性は限りなくゼロに近いので。

バンドとして、それなりの実力がなければ、頼み込んでも断れると思います。

トニー・ヴィンスコンティー自ら話を持ちかけるとは、ちょっとした事件です!!

どえらい事をしてますね、BAND MAID!!、凄えな、あーちゃん!!←あーちゃんファンなので、♪( ´▽`)

<※先ほどの続きになります。
<若いですね。めちゃめちゃ声が若い。

此方に関しては安室ちゃんの掲示板の方に書いておきました(^^)。

<このアルバムは正にDAC対決させるのに持って来いですね。

音質的にも、最高なんですよ、手間暇惜しまずに制作されていますので♪


<その前にZEN-Sigの電流問題(100v vs 115v)ですが100vの方が良かったです。

以下の文章を読んでみて、非常に納得しました、大変勉強になりました、なるほど!!

<このアルバムの04.PRIVATEで決定的になりました。この曲は低音域に締まりがないと聞けたもんじゃないと感じたんですが、、、
<115vのZEN-Sigになると表現が難しいですが籠って締まりのないぼわぼわした低音が曲全体を支配して安っぽい低音、、、、

HD650付属純正ケーブルで310USBで聴く音がまさに「これ」なんです!!!
私はリケーブルする事で、問題を改善しちゃいましたが、これらの文章を読んで、唖然としました。
そういう事だったのか!、と!!
素晴らしい検証結果が出ましたね。
私は電源まわりは何の対策もしておりませんので、原因はこれかもしれませんね!

悪い環境、セットアップで鳴らすと、批判的レビューを書いている方と似たようになってしまうのですね。
これは、素晴らしく、有意義なレビューになると思いますよ、音之葉さん!!


<と、ここまでくると、世代毎のレコーディング・ミックスダウンというか音作りとDACの表現力の相性が影響してると判断出来そうです。すくなくともSWEET 19 BLUES(アルバム)の全曲はZEN-Sig+P-750ul+HD650に軍配が上がりました。

HD650、聴き初めの頃は、
聴いていたのはクラシック音楽なんですが、
リマスターがAAD、ADDなら良いけれど、DDDだけが非常に音が悪い、と。
その原因、要因は何なのか?と書いたことがあるんですよ。
単なる偶然ではない、と、訳のわからん事を熱弁していたんですが、w

<なか、なか、興味深い結果になって気分が上がってます(笑)

私も抑揚しておりますよ、w
非常に興味深いです!!
私も、もう一度、あらゆる組み合わせで、検証の必要がありそうですね。

<こうなるとツィンボーカルが更に心地よくて絶品と感じるわけです。

ツイン・ヴォーカルとなると、やっぱりBeatles!!
圧縮音源でも、良いので、聴いて頂けないでしょうか。
(これは後々でも、もちろん構いません。)

<熱く語っていたら結構な文字数に(;^ω^)

まだ、途中報告の段階ですが、色々な情報が共有出来ました。
いやー、DACとHD650の問題、深いですねー、

レス、ありがとうございました(^^)。

私の方でもわかったことがあれば、報告しますので♪

では、ではー(^○^)。

2021/6/16 08:08  [2265-5568]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんばんわ。

選曲の件は確かにかなり悩みます。
クラシックは正直わたしの知見があまりにも低いためレビューするのは逆に失礼にあたるかなーとかなり心配しております(;^ω^)

そもそも良く分かっていなかったのですがHD650ってクラシック専用なのでしょうか?
ROCKやPOPもめちゃめちゃ合うと思いますし、これってオールジャンルOKなバランスの良さがあると感じてるのですが、私の思い込みなのでしょうか?


細切れな、返信になりそうな予感です(;^ω^)

2021/6/16 23:16  [2265-5570]   

音之葉さん

おはようございます(^^)

<クラシックは正直わたしの知見があまりにも低いためレビューするのは逆に失礼にあたるかなーとかなり心配しております(;^ω^)

演奏内容はどうでも良いので、心配ないと思いますよ(^^)。
単純に音質の比較なので、一般的に知られている曲なら何でも良いと思うのです。

<そもそも良く分かっていなかったのですがHD650ってクラシック専用なのでしょうか?

「専用」というわけではありませんが、クラシック音楽ファンから絶大な支持を得ているヘッドホンという事になりますかね。
クラシック音楽ではHD800とHD650は神レベルの名機ですね( ^ω^ )。

現代流行歌に対応すべく、リニューアルされたモデルがHD800SとHD660Sなので。
なので、クラシック音楽愛好家からは叩かれ、そうでない方々からは支持されました。
HD800S、HD660S、ともに、ユーザーサイドの要望に応えて制作された感じですね。

<ROCKやPOPもめちゃめちゃ合うと思いますし、これってオールジャンルOKなバランスの良さがあると感じてるのですが、私の思い込みなのでしょうか?

RockやPOPもイイ感じでしょ、(^○^)。
ですが、これらの楽曲メインで聴かれる方はあまり選択肢に入る様なヘッドホンではないですね。
インピーダンスも高いですし、スマホ直差しで聴ける様なヘッドホンではありませんからねー。
価格も少々お高いですし、Rock、POPなどの楽曲をそれなりの音で楽しめるヘッドホンはたくさんありますから。
ゼンハイザーから選ぶにしても、Rock系でしたら、HD25が筆頭に上がるのではないでしょうか?


ああ、そうです、
肝心な事を報告しないと、w

今、HD650はDAC-HA200をバスパワーで聴いているのですけども、
バッテリーに十分充電されていると、LEDが「青」の状態なんですが、充電不足だと「赤」になるんですね。
もう古いポタアンなので、詳細はわからないのですが、バスパワー駆動が出来るのですが、それとは別にAC電源が接続出来る仕様なんです。
LEDが「青」の状態と「赤」の状態では、HD650から出てくる「音」が全然違うのです。
ACアダプターがまだ見つかってないので、AC電源経由で聴くと、理由はわかると思うのですが。
ちょっとした驚きでした。
音之葉さんが、「ZEN-Sigの電流問題(100v vs 115v)」で詳細に説明してくれていたので、非常に助かりました。

まずは部屋を掃除してACアダプターを見つける事に専念致します、w
結果は見つかり次第、報告しますね(^^)。

レス、ありがとうございました(^○^)。

では、ではー♪

2021/6/17 06:33  [2265-5572]   

音之葉さん。
HD650ですが、クラシック音楽ばかり聴いている私からすれば、クラシック音楽専用というヘッドフォンではないと思っています。
アコースティック楽器、低めの音域の女性ヴォーカルという分野で本領発揮できるので、確かにクラシック音楽では適合楽曲が多いですし、女性ヴォーカルでもセリーヌ・ディオンとかスザンヌ・ヴェガとか、古いですが美空ひばりさんもよく合います。
クラシック音楽ではヴィヴラートの少ない楽曲やテクスチュアの見通しが生命線の楽曲とは相性が悪く、具体的にはバッハより前の時代の音楽と、20世紀に入ってからの近代現代の音楽は不得手で、私はこれらのジャンルを聴くのにAKG K702を使います。K702ではHD650の苦手分野を見事にカバーしてくれますが、正直音の品格という点ではHD650に2段以上劣ります。
女性ヴォーカルでは私が好きな谷山浩子さんがHD650ではだめで、K702の方が断然良いです。
HD650はモーツァルトの時代(古典派)からマーラーの時代(後期ロマン派)の楽曲を得意としますが、録音状況、リマスタリングのノウハウ、アーティストの表現によってはHD650では押し付けがましさが大きすぎる音源もそれなりにあり、そういう曲はK702あるいはクリエイティブというメーカーの「アルバナライブ!」というヘッドフォンを使って聴いています。

早い話、HD650はジャンルとしての適合よりも、楽曲やアーティスト、制作側のポリシーを選ぶヘッドフォンだなぁと感じている次第です。

私の縁側に、ラックスマンP-1uとHD650で聴いた音楽の試聴感想記のスレッドがありますので、それを読んでいただけたら私の音楽の感じ方や音の捉え方がご理解いただけるかもしれません。
今後、音楽や音響機器のお話をするのに、私の感じ方をわかっていただけていると何かとスムーズと思いますので、スレッドのURLをご紹介しておきますね。既に目を通されていたら済みません(^^;)
https://engawa.kakaku.com/userbbs/1736/T
hreadID=1736-1/


ついでに私のオーディオ関係の独り言スレッドもご紹介しておきます(笑)。
https://engawa.kakaku.com/userbbs/1736/T
hreadID=1736-4346/

2021/6/18 16:10  [2265-5576]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんばんは。

お返事遅くなってしまいました。
新しい電源ケーブルが届いてiPowerELITEに繋いで確認していたのですがどういう訳か100vと115vの違いがハッキリせず困っていました。前回もそうですがノーマル電源ケーブルも同様にハッキリわかるときとそうでないときがあるのです。

体調が整ってないのかと思っていましたがそうではなかったようです。
どちらもハッキリと違いがわかるのは真夜中なのです。
ちょっと理由はわかりませんがどうやら日中よりも真夜中の方がノイズが乗らず良い音がでるという話もちらほら。うちも一軒家では無く都内のマンションなのでそういうことなのかもしれません。

やはり同じ結果でした。
電源ケーブルを変えて効果は確認できましたが、115vより100vの方が余計な低音が乗らず曲全体がボケやずスッキリします。ただし電源ケーブルは交換した場合の方が全体が明瞭になり厚みが出ています。特に音の厚みに関しては変えたとたんにわかるくらいでした。


これで落ち着いて進められそうです。

ちなみにZEN SignatureはDAC CAN共に7月1日から新機種に変更されるそうです。

無印のZEN DAC,CANも既にV2になりMQAフルデコード対応になりましたので、Singatureも若干の価格アップとともにMQAフルデコードチップが搭載されるのかもしれません。

国内においてはMQAは需要がそれほど高くないので恩恵は薄いにもかかわらず価格がアップされるという嬉しくない結果になるかもしれません。

仮にそれだけでなくアナログ基盤もより練り込まれ一部仕様変更となった場合は旧ZEN Signatureのレビューの価値は無くなると思われますので7月のifi Audioの発表を待とうと思います。

色々とご協力いただいて、心苦しいのですが、、、申し訳ございません。

宜しくお願い致します。

■HD650について
>「専用」というわけではありませんが、クラシック音楽ファンから絶大な支持を得ているヘッドホンという事になりますかね。
>クラシック音楽ではHD800とHD650は神レベルの名機ですね( ^ω^ )。
なるほど。音の分解というか解像度が高いので評価としてはそうなるのでしょうね。

我が家にHD650が来てからはHD650一辺倒になってしまいました。
現時点でシングルエンドですがあまり気にならないくらい良好です。

バランス接続には興味があるのでゼンハイザー製のバランスケーブルを購入するか、新たにノーマルケーブルを購入しプラグは真鍮製の4.4mmを付け替えるか考え中です。理由はノーマルケーブルのプラグがOFCではないとからです。たかがプラグでもOFCにすると音色が結構変わってしまうので、出来るだけ素材は変えずに駆動方式だけを変更したいと考えています。

ちちさすさんがシングルエンドでも全く気にならないのはHD650がメインだからかもしれないなーと、そうであれば、HD650を使ってみて実感出来ました。

■DAC-HA200について
ACアダプターの方がノイズが乗りやすいく、むしろバッテリーの方が音が良い可能性が高いです。ifiのACアダプターはノイズフィルターや、上位のAC電源になるとアクティブノイズキャンセル機構が備わっているので一般的なACアダプターと構造が異なるのです。

一般的なACアダプターですとスイッチング電源と相まって一般的にオーディオ界隈では音質に関してはリニア電源(アンプの中に入ってるお饅頭のような電源ですw)より劣る傾向です。

それとは別にUSB BUS PowerはAC電源よりも安定電源供給(電圧)の観点で宜しくないと考えられています。

構造的なメリット/デメリットがあるようですが、実際に試してみて良いと思われ方式で楽しまれれば良いかと思います。

では、また。


2021/6/20 03:27  [2265-5577]   

 音之葉さん  

ちちさすさん。
こんばんは。

>早い話、HD650はジャンルとしての適合よりも、楽曲やアーティスト、制作側のポリシーを選ぶヘッドフォンだなぁと感じている次第です。
正に、私も同じような事を感じておりました。
私は知識が足りず表現力が不足しており・・・ちちさすさん。流石です。

■HD650
私もついにHD650ユーザーとなりました♪
やはり同じ機種を持っていると会話でも共有・共感できることが多く、こちらの掲示板でのやり取りが更に楽しくなってきました♪

HD650ではバランス接続は試しておりませんが、現時点でも解像度や音空間表現が優れており、シングルエンドで全く不満がありません。

このような経験はHD650が初めてです。実際はAKG K701でも不満はなかったのですがバランス接続を体験した後ではK701でもバランス接続の方が更に良好なりましたが、HD650はそもそも不満が無いのでこのままでも全然良いかなとも感じておりますが、バランス接続にも興味があるので、別途ケーブルを用意してバランス接続を体験してみようとも思っています。

■ちちさすさんの掲示板
お教え下さりありがとうございます。
情報量に圧倒されており、いまだ、目を通しきれておりませんが、参考になる内容が多数掲載されており楽しく読ませていただいております。ありがとうございます。

では、また!

2021/6/20 03:46  [2265-5578]   

音之葉さん。
HD650とラックスマン製ヘッドフォンアンプが共通しているのですから、上流の違いはあっても共有するものはかなり多いですよね。
私がバランス駆動をしないのは、クラシック音楽というジャンルに限っては、BTL接続とバランス駆動はマイナスに働くケースが多いからです。これはBTL接続の欠点が露呈しやすいジャンルであること、クラシック音楽の多数の補助マイクを設置しミックスする録音方法がバランス駆動との齟齬を持つこと、が理由です。
バランス駆動が嫌いということはなく、ジャンルによってはバランスが良いと感じることもけっこうありますよ。
手持ちのAK120 II はフルバランス仕様の製品で、イヤホンのSE535LTDはリケーブルで4極バランス駆動させています。この組み合わせはバランス駆動の欠点が出にくいのもありますが、バランスの方が良い楽曲(一部のクラシック音楽と、クラシック音楽以外のジャンル)はAK120 II に入れて聴いたりしています。
バランスでない方が良い楽曲はイヤホンをHA-FX1100にして聴きます。

ところで3,4年前くらいまでは、「バランス接続」と「バランス駆動」はみなさんちゃんと使い分けされていたのですが、最近の価格ドットコムのクチコミを見ると、「接続」と「駆動」をごっちゃにしている人がかなり増えましたよね。両者は意味が違うんですが、まとめて「バランス接続」になっている感じです。これも時代の流れなのかしら?(^▽^;)

2021/6/20 13:34  [2265-5579]   

 音之葉さん  

ちちさすさん。
こんにちは。

>HD650とラックスマン製ヘッドフォンアンプが〜バランスでない方が良い楽曲はイヤホンをHA-FX1100にして聴きます。
なるほど!アンバランスのみ押しているのではなくて、ソースに対して最適と思われる運用方法をされているという訳なのですね。


■バランス接続について
以下LUXMANオフィシャルサイトのBTLの説明URLと抜粋になります。

・URL
https://www.luxman.co.jp/faqbox/btl%E3%8
3%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B8%E6%8E%A5
%E7%B6%9A%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%
81%86%E3%81%84%E3%81%86%E6%84%8F%E5%91%B
3%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B%EF%BC%9F/


・抜粋
ステレオパワーアンプを2台使用するときには常にバイアンプ駆動にするかBTL駆動にするかで楽しい悩みは尽きません。

・私の言うバランス接続とは
説明を端折り過ぎていて申し訳ありません。

私の環境は2つのヘッドホンアンプを所有しています。
 P-750ul アンバランス、バランス(BTL接続/駆動)
 EPA-007 アンバランス、バランス(バイアンプ接続/駆動)

つまりバイアンプ接続/駆動とBTL接続/駆動両方を4.4mmプラグで試せる環境となっています。※もちろんXLR3x2, XLR4x1, 6.3mmx2をそれぞれ4.4mmプラグへの変換ケーブルを使用してです。

これら全て説明するのが面倒で思いっきり端折ってバランス接続と表記しておりました。
わかり難い説明で申し訳ありません(/ω\)


宜しくお願い致します。


2021/6/21 14:47  [2265-5580]   

音之葉さん。
すみません、EPA-007でのバイアンプというのがよくわからないのですが、教えていただけますでしょうか?
私の理解では2組のデュアルモノアンプというだけではバイアンプにはならないのですが、EPA-007にはバイアンプになる何らかの構成があるのかしら?

2021/6/21 15:35  [2265-5581]   

 音之葉さん  

ちちさすさん!
また、また、こんにちは。

重ね重ね失礼いたしました。バイアンプではなくてデュアルものでしたね・・・(/ω\)

仰る通りです。

2021/6/21 18:11  [2265-5582]   

 音之葉さん  

ちちさすさん。

こんばんは。

これこれ、探すのに手間取りました。
https://pota-run.blogspot.com/2018/03/ba
lanced-and-dual-mono.html


ちょっと前まではこういうの解説してるサイト結構あった気がするのですけども最近ちょっと減ったような、閉設されてしまったような・・・

P-750ul バランス駆動
EP-007 デュアルモノ駆動?表現が適切でしょうか?

新たなヘッドホンを我が家にお迎えして4.4mmに変更するのは
どちらのHPAもインタフェースが同じでないので
しかもDAPでも使えるようにと考えて

ヘッドホン&イヤホンは、4.4mmに換装
アンプ側のジャック to 4.4mm変換ケーブルを作成

という風にしているので、思い切り端折って
バランス接続とか表現していました。

わかり難くてゴメンナサイ(/ω\)

では、また!



2021/6/22 01:29  [2265-5584]   

此方の掲示板をご利用の方々、お久しゅうございます(^^)。

サボっていた訳でも、既読スルーしていた訳でもありませんですー(^_^;)
(詳細は常設掲示板の方に書いてありますので。)

だいぶ、時間が経ってしまい申し訳ございませんm(_ _)m。

レスさせて頂きますね、よろしくお願い致しますー(^^)。

2021/6/27 23:45  [2265-5587]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

随分とお久しぶりとなってしまいました。

放置状態になってしまい、申し訳ありません。

という事でレスを(^_^;)、

<どちらもハッキリと違いがわかるのは真夜中なのです。

という事は、やはり電源ノイズ関係でしょうかね、
(夜中はやはり、電化製品を使用している方が少ないでしょうから。)
マンションという集合住宅なので、非常に電源関係が怪しいですよね。

私は生意気にも一軒家ですので、電源環境が安定しているのかもしれません。
(自室にあるエアコンも、諸事情により、動力から引っ張っているので、室内のコンセントとは干渉しないのです。)

小さな家なんですが、60アンペアもあるんですよね、w
(最初は15アンペアしかなく、エアコンと電子レンジ、両方使用する事さえ出来ない状態でした。
そうそう、ドライヤーなんかもダメでしたね、使うとすぐにブレーカーが落ちてしまう、笑。)

なんやかんやで、60アンペア、エアコンは動力から直接と贅沢な仕様になったのですけれど、w

私のオーディオ環境の電源が安定している要因かもしれないですね、ホワイトノイズが聴こえないとか(*´-`)

<これで落ち着いて進められそうです。

良かったですー♪

詳細なレビューは長期戦になるかもしれないですが、楽しみにしておりますので、頑張ってみて下さい(^^)


<我が家にHD650が来てからはHD650一辺倒になってしまいました。
<現時点でシングルエンドですがあまり気にならないくらい良好です。

バランスよりも、シングルエンドで鳴らした方がHD650らしい味わいが出る、という方、多いですね。
この辺りは好き好きで、好みで、楽しめられたら良いと思っています(^^)。

私自身、HD650はクラシック音楽が得意なヘッドホンとは感じておりません。
ただ、魅惑のラックストーンと非常に相性が良いヘッドホンだという事は間違いないとは思っております。
私の使用している310USBで聴くHD650はダメダメなので( ^ω^ )、w
これだと、どんなジャンルの音楽を聴いても、HD650の魅力的な部分を感じる事は非常に難しいです。

音之葉さんが聴かれる音楽ジャンルにおいては、ゼンハイザー純正のバランスケーブル、使い分けが出来て、楽しめそうではありますね。
(出来る事なら、バランスケーブルに変えてもらって、試聴して判断した方が良いとは思いますが。)


<ちちさすさんがシングルエンドでも全く気にならないのはHD650がメインだからかもしれないなーと、

この辺りは、様々な要因があるでしょうね、
メインに聴かれている音楽ジャンルとの相性、使用されているヘッドホンアンプとの相性などなど。
(クラシック音楽と一口に言っても、ポピュラーミュージックよりも、音源の幅が広いですからね、
ちちさすさんは3台のヘッドホンで使い分けて、音源にあったベストを選択して楽しまれていますので。)

クラシック音楽にはカマボコ型ヘッドホン、Rock系にはドンシャリ型ヘッドホンが良いなんて、昔は言われていたものですが、私的にはクラシック音楽にはドンシャリ型のヘッドホンの方が大方合うような気がしますね。
ヘッドホンアンプにもよりますが、少なくとも、LUXMANの様な、ポテンシャルの高い製品で鳴らすのでないのであれば、です。
本当に”ラックストーン”は特別な「音」だと思っております、唯一無二の孤高の存在ですね♪


<■DAC-HA200について
ACアダプターの方がノイズが乗りやすいく、むしろバッテリーの方が音が良い可能性が高いです。

バッテリーの充電ランプの色で音が別物になる、と書きましたが、OSの不具合だったようです。
カーネルパニックを起こす前兆だったのかもしれないですね、(^_^;)。
現在、検証中ではありますが、「音が別物になる」という事は改善したようでありますね。

PCが不安定な状態をなんとかしないとなあ(´-`).。oO。

<それとは別にUSB BUS PowerはAC電源よりも安定電源供給(電圧)の観点で宜しくないと考えられています。

なるほど、そうなのですね、色々と勉強になります、ありがとうございます(^^)
ACアダプターも見つかったので、今、色々と試行錯誤しているので、注意深く聴き比べていきたいと思います♪

とにかく古いポタアンなので、動作環境など書いてある、サイトも少なくなってしまって、わからないのですよねー。

画像添付したいレスがありますので、一旦送信して、続きを書きますね(^^)
少々お待ち下さいませ♪


2021/6/28 00:48  [2265-5588]   

久々に聴いてみました♪,T3-01

音之葉さん

追記レス:です。

あまり使わないので、棚の上に箱ごとしまっておいたのですが。

箱も非常に質素なんですね、売り物として並べられないパッケージなんです、
カテゴリー上、モニターヘッドホンとなっているので、当たり前なんですけども、(^○^)。


何度聴いても、鳴り方は同じ、だけど感想は違います♪( ´▽`)、w

ド迫力で聴かせるヘッドホンではないので、安室ちゃんの楽曲ではイマイチかなあ、なんて思っていましたが。

有識者からのレビューもたくさん投稿されてあるので、音之葉さんの判断で、信用出来るものを参考にしてください。

女性ヴォーカルの瑞々しい鳴り方は、T3-01の特徴、長所であるのは、これは間違いないところです。

ですが、打ち込み系の楽曲とは合わない、やはりアコースティック系楽曲の方が合うとは思うのです。

低音、高音ともに強調されたモニターヘッドホンが多い中にあって、このT3-01は超絶的にフラットです。
フラット系モニターヘッドホンと言えば、Shureのヘッドホンもそうなんですが、T3-01のような魅惑的なヴォーカル表現が出来ません。
業務用途に使用するならば、Shureのヘッドホンでも、何も問題になりません、鑑賞するヘッドホンではありませんから。
そういった点でT3-01は一般的なモニターヘッドホンとはちょっと系統が違うんですね。

私の質素なヘッドホンアンプでも、実に魅力的ヴォーカルが聴けます。
これを”ラックストーン”で鳴らすとどう聴こえるのか?
オーナーの私としても大変気になるところでありますね♪
元々、LUXMANのヘッドホンアンプとモニターヘッドホンとは合わないと思っていたんです。
なので、音之葉さんがCD900STの購入を検討している、と聞いた時、出来ることなら試聴してから判断して欲しいですと、書きました。

ですが、多胡氏のワンマンで作ってしまったT3-01はモニターヘッドホンとしてはちょっと異色の製品なんですね。

で、安室ちゃんの楽曲を色々とあらためて久しぶりに聴いてみたんですけども、
余計な低音を削ぎ落としたHD650に近い鳴り方をするんですね。
つまり、刺激的な高域を全く鳴らさないのです。
密閉型でありながら、凄くナチュラルサウンドなんですね、自然な鳴り方なんです、
どこも強調したところが無いヘッドホンなんです、このT3-01もまた唯一無二のヘッドホンだと思うとこですね。
もちろん、T3-01は密閉型ですから、開放型ヘッドホンと比べるとサウンドステージが狭いです。
P-1uの愛用者、ちちさすさんが申しますところによりますと、開放型ヘッドホンより、密閉型ヘッドホンの方が相性が良いと言いますか、音場が広くなるらしいんですね。

高音域の鳴り方は、HD650やIER-Z1Rに近いものがあるんですね、T3-01。
聴き疲れのしないヘッドホンなんです。

高域側の刺さりを懸念して、金属ハウジングでないGRADO SR80eを選択された音之葉さんの好みに合うんじゃないかと♪

購入意欲を刺激するような内容で申し訳なく思っているのですが、落ち着いた時にでも、一度は聴かれた方が良いかと思いまして(^^)。

HD650のような、”ラックストーン”による相乗効果は見込めないにしても、この瑞々しいヴォーカルを聴かせてくれるT3-01がLUXMANのヘッドホンアンプでどう様変わりするのか、大変気になるところです。
個人的に♪( ´▽`)←ほな自分で確認しろや、笑。

私も音之葉さん同様、HD650のオーナーになって、ヘッドホンの楽しみ方が良い方に変わったんですね。

今までは、安室ちゃんの楽曲とは合わないと思っていた、感じていたT3-01ですが、ここにきて、今更評価が変わってしまったのです。

大きな音量で聴いても、高音域が全然刺激的に聴こえない絶妙なサウンドチューニング。
これはこれで、良いな、素敵だな、となりまして、w
オンイヤータイプながら、装着感も良好ですし、長時間のリスニングにも適しています。
うーん、良いではないか、良いではないかd( ̄  ̄)。

久しぶりに書き込んだなあ(^○^)、w

では、ではー♪

2021/6/28 01:55  [2265-5589]   

ちちさすさん

お久しぶりです(^^)

音之葉さんへのレスで、ゼンハイザーIE800でなく、SE535LTDを選択された理由がわかりました♪

以前から、聞いてみようと思っていた事でしたので。

イヤホンでクラシック音楽を楽しむのであれば、IE800は購入検討の機種となるべきイヤホンですからね(^^)

IE800は試聴されたと思いますが、やはり、装着感がイマイチでしたかね。

初期ロットによる、ケーブル硬化現象も懸念材料の一つだったのでしょうか。

他のゼンハイザーのイヤホンと違って、純正イヤーピースしか使用出来ない特殊なステムになっていますから、私もこれには参ってしまいました、w
ポロポロと落ちてしまうので、歩きながらでの使用は厳しいものがありましたし、w
遮音性もSE535LTDの方が圧倒的に優れていますからね、
バランスで鳴らせる、というのが一番の決め手になったのでしょうね。


クラシック音楽初心者がベートーヴェンの交響曲、全9曲、何番から覚えていくのが良いと思いますか?

因みに私は、第5番の第一楽章は部分的に知ってはいましたが、全曲を聴いたのは、 3番目なんですよ。

第2番と第4番が1番最初に全曲聴いた交響曲なんです。
理由は1,300円と安価なLPレコードがあったからという、動機です、笑。

交響曲を別とすると、初めてまともに聴いたベートーヴェンの曲は「レオノーレ序曲第3番」です。

ベートーヴェンってこんな感じの曲を作曲するんだなあ、と。
9歳の時でしたね、
カラヤン指揮のLPだったので、2,500円でした。(ネームバリューがある指揮者のLPはお高い時代でした、w)

クラシック音楽など聴かぬ母親が学校で聴いて唯一覚えていた、ブラームスのハンガリー舞曲第5番が収録されている、という事で、レコード屋の主人にカラヤン指揮のLPが良いとお勧めされて、買ってきてくれたものです。

ベートーヴェンもカラヤンもそのLPで好きになりました、運命とはわからないものですね(^^)。

2021/6/28 02:55  [2265-5591]   

tam-tamさん、MacPCもう諦めるしかないですよ…。
PCはもう6,7年前から性能も機能も十分ですから、あとはどれだけトラブルが少ないかが価値基準です。
Macがダメってわけでないでしょうけど、廉価でそこそこの性能が手に入るWindowsに鞍替えをお勧めします。
Windows10のCPUがcore i3の中古を3万円で買うのが、もっともコストパフォーマンスが高いかと。
うちもPCを買い替えないといけないんですけどね(^▽^;)
うちの子にも1台買ってあげないといけなくなってるので、それぞれどんなのが良いか調査中です。
先月、車検があったのですが、予想を大幅にオーバーする整備費用となり、いろんな購入予定が全部狂いました。予定金額より12万円オーバーはキツいですよ〜。義父母に少し借りてしまいました。
なのでNASやDAC、K812とか、カメラのレンズとか買ったあとにPCという順番なので、だいぶ先になりそう(笑)。

P-1uは開放型ももちろん相性が良いですが、密閉型はなお相性が良く、特に音場の広さとして化けるくらいのものがあります。アルバナライブ!は大化けしてますよ。

SE535LTDとAK120 II は、もともと夫が仕事の休憩中に聴くために購入したものなんです。リケーブルも含めてフルバランス構成、バランス駆動にしているのも、夫の好みを考えて私が選びました。
もちろん私も使わせてもらうことも考慮してますけど(笑)。
なので私の好み反映とまでは言えないわけです。
でも購入後すぐ、夫は私の介護のために会社を辞めましたので、本来の使い方はされず、家でもっぱら私が使ってます(笑)。

SE535LTDを選ぶ前に、ゼンハイザーIE800は試聴してます。当時たくさんの縁側のお友だちがみんなIE800を推してくれてましたので、その頃は体の麻痺もだいぶ重かったのですが、圧して試聴に行ったのです。
音自体は良かったですよ。みんなが勧めるだけのことはありました。
でもこれは、クラシック音楽「も」聴くなら、という選択肢です。クラシック音楽「しか」聴かないのなら、他にクラシック音楽向きの選択肢が出てきます。
AK120 II を買った時、イヤホンは夫の好みの1本と、私向きのクラシック音楽専用のを1本の、合計2本買うことが決まっていましたので、まずSE535LTDが決まった時点で、IE800は候補から外れました。結局2本目には、HA-FX1100を選びました。

IE800の装着感はFX1100とたいして変わりませんよ(笑)。
ケーブル硬化問題は、当時硬化させない対策法がいくつもありましたので、あんまり気にしていませんでした。ただ、硬化してしまったらどうしようもないんですけどね。

2021/6/28 12:26  [2265-5595]   

ちちさすさん

こんばんは(^^)

<tam-tamさん、MacPCもう諦めるしかないですよ…。

そうなんですけどね、こうもトラブル続きですので。
購入当初から不具合が発生していたんですが、すぐに連絡するも交換対応はしてくれず、、、、
OSを入れ替えると一時的に直るのですが、使っていくうちにまた不具合現象が出てきちゃいます。
27インチのiMacは現状の私にとってオーバースペックなんですが、10年以上もMacを使っていると、Windows PCを一から覚え直すのはちょっと辛いものがあるのです(^_^;)。
choco111さんのように自作出来るとかなり安く、手に入れる事が出来るのは魅力的ではあります。
スマホもタブレットもPCも全てAppleになってしまっているので、難しいですね。
ただ、価格コム、縁側専用に激安中古PCを購入って選択肢は「アリ」ですね(^^)
5年前の性能でも十分でしょうから。
ちょっと考えてみます、

<先月、車検があったのですが、予想を大幅にオーバーする整備費用となり、いろんな購入予定が全部狂いました。

車はね、車検さえ無ければ、良いんですけどね(^○^)。
カメラ、ヘッドホン、DACと欲しいものが全部、購入予定が狂ってしまったのは、ちょっと辛いものがありますね、2度目の給付金が出れば良いんですけども(^_^;)。

<P-1uは開放型ももちろん相性が良いですが、密閉型はなお相性が良く、、、、、、、、

DACを積んでいないので、可動部品が壊れない限り長く使えるヘッドホンアンプですよね。
P-1uの中古が欲しいですね、多少の傷があっても良いので♪
さすがに最新モデルは高価過ぎて手が出ません。
それに、バランス接続出来るものも、1機種しか所有してないですからね、w

<SE535LTDを選ぶ前に、ゼンハイザーIE800は試聴してます。

やはり、試聴済みでございましたか( ^ω^ )。
クラシック音楽好き、という事で、お友達の方々がお勧めしてくれたのでしょうね。
私は最初、下位モデルのIE80を購入していたんですが、やはりIE800と良く比較されまして、大枚はたくだけの購入動機もないのに、精神衛生状の理由というわけわからん状態で、買ってしまいました、笑。
購入してから、店内で、IE800についてググると、何故かSE846が検索候補として出てくるんです。
何やらIE800とライバルみたいなイヤホンらしいので、ちょっと聴いてみっか、と(笑)。
5分後にはSE846の購入カードを持ってレジに並んでいました♪( ´▽`)、w
いやー、迂闊に現金を持っていくものじゃないですね、w
あの頃は、高額イヤホンを何の躊躇いもなく購入出来た、ハッピーな時でしたね(^^)。
通信料金が支払えず、回線が止められてしまう事になろうとは思ってもいませんでしたね。
(あの時は色々とご配慮頂きまして、感謝しております、ありがとうございました。)

<クラシック音楽「しか」聴かないのなら、他にクラシック音楽向きの選択肢が出てきます。

その当時で言うと、どんなイヤホンでしょうか。
ちちさすさんがSE535LTDを入手された時はまだ、私、イヤホンはER4Sメインで使用してまして、
クラシック音楽を聴く目的であれば、ヘッドホンの方に興味がありました。

<結局2本目には、HA-FX1100を選びました。

JVCのイヤホンはFD01,FD02試聴時に、WOODシリーズのイヤホンは全て試聴致しました。
FX1100の他、クラシック音楽向きのイヤホンとして、検討していたイヤホンは他にもあったのでしょうか。

<IE800の装着感はFX1100とたいして変わりませんよ(笑)。

まあ、装着感の良いイヤホンではないですね、w
私の耳の形状はかなり良いみたいで、ほとんどのイヤホンが装着可能なんですが、
(ハウジングが大き過ぎてダメ、って事はありません。)
やっぱり、装着感は大事だなあって思うんですね、
自然と装着感の良いイヤホンを選んでしまいガチですのでd( ̄  ̄)。

「金に糸目はつけんから、欲しいもの選んでいいぜ!」
言ってくれた人が居るとするならば、現状、手に入れたいイヤホン、ヘッドホンは何かありますでしょうか、w
話の「ネタ」としてお聞きしたいです(^^)。

2021/6/28 23:27  [2265-5596]   

tam-tamさん。
おっしゃるとおり、Windowsを買ったからといってMacPCを手放さなければいけないわけではありませんね。3万円で収めるなら、低性能CPU激安新品よりも、普及クラス性能CPU中古の方が絶対良いです。

P-1uと前身機のP-1とで、どちらが良いか意見が分かれるところです。P-1の出力を半分にしてSNを高めたのがP-1uですが、駆動力重視ならP-1、SN重視ならP-1uです。ヘッドフォンで聴くならSNは重要項目ですので、私はP-1uです。

クラシック音楽向けに候補にあげていたのは、音茶楽のイヤホンです。買わなかったのは、うーん、やっぱり縁がなかったのでしょう(^^;)
もう1本、クラシック音楽向けではないですが、Fit Earのパルテールも候補にあげていました。

>「金に糸目はつけんから、欲しいもの選んでいいぜ!」
難しいですね(笑)。
STAXは以前使いましたが、短期間で処分しました。静電式は私の感覚と合わないみたい。
ヘッドフォンやイヤホンは、スピーカーと違って高いほど良いってわけでもないので…。


ベートーヴェンの交響曲、運命の出だしと第九の歓喜の歌はどこかで聴いたことがある、程度の初心者さんでしたら、私は第1番から順番に覚えてもらうかな?

2021/6/29 05:53  [2265-5597]   

ちちさすさん

こんにちは(^^)

レス、遅れてしまって申し訳ありません。

ウォーキングをしていたら、激しく転んでしまって、右手を負傷してしまいました←何をやっとんねん、笑。
((´-`).。oO 歳なんですかねえ、まともに歩く事も出来まへん、w。)

<3万円で収めるなら、低性能CPU激安新品よりも、普及クラス性能CPU中古の方が絶対良いです。

iPadを新しく買い直していたのを激しく忘れておりました、♪( ´▽`)←何やっとんねん、笑。
以前は快適に使えていたので、去年、1番安いモデルを買い直したのですが、一旦キーボード入力に慣れてしまうと、以前ほど快適には感じられず、回線が止められた時に使ってはいましたが、その後は箱に入れてしまったままになっておりました。
ちちさすさんもiPadを使用しているんですよね?
音声入力がイマイチ使いこなせていないので、色々と試してみたいと思います。
(快適な入力方法がありましたら、ご教授受付中でございます、w)

<P-1uと前身機のP-1とで、どちらが良いか意見が分かれるところです。

さらに古いモデルもあったのを忘れておりました、w
「どちらが良いか?」で意見が分かれる、という事は、P-1の方でも”ラックストーン”は楽しめる、って感じですよね(^^)。
ホワイトノイズさえ認識出来ない、私の耳ではP-1の方でも十分に楽しめると思いますので、(^○^)。
(価格の安い、中古を探してみよう、ありがとうございます。)


<クラシック音楽向けに候補にあげていたのは、音茶楽のイヤホンです。

やっぱり、音茶楽のイヤホンでしたか、Flat4シリーズですよね、多分。
私もそれしか思い浮かばなかったので、ヤマカンでメーカー名をあげておけばカッコよかったのに、( ^ω^ )。
私も興味があったので、試聴はちょこっとだけしましたが、価格的にモデルごとに凄くこだわって音作りをされている感じだったので、こりゃ、全部のモデルの特徴を把握して、自分好みの音源にあったイヤホンを探すとなると、相当な時間がかかるな、と諦めてしまいました♪( ´▽`)、w
装着感も私の耳には珍しく合わず、良くなかった、という事もありますね。

<もう1本、クラシック音楽向けではないですが、Fit Earのパルテールも候補にあげていました。

此方のイヤホンは聴いた事がないですね。(Fit Earのイヤホンは試聴した事はあります、w)
試聴が安心して出来る状況になったら聴いてみたいと思います(^^)。

<STAXは以前使いましたが、短期間で処分しました。静電式は私の感覚と合わないみたい。

クラシック音楽愛好家が最後に行き着くヘッドホンはSTAXなんて、言われていましたからね、
私も多いなる期待を持って試聴した覚えがありますね、w
うーん、「弦楽四重奏曲」専用ヘッドホンかいな、という印象でしたねー(*´-`)。
これで、「春の祭典」とか「カルミナ・ブラーナ」とか楽しく聴けるとは感じませんでした。
精神的内容が深い楽曲を悟りの境地で聴くヘッドホンなのでしょう。
クラシック音楽でも、取り敢えず楽しく聴ければ良いという私の感性とは合いませんでした♪( ´▽`)、笑。

<私は第1番から順番に覚えてもらうかな?

確たる意思を持って、「不滅の9曲」に挑む、という事であれば、私も年代順になるでしょう。
ちょっと、質問の仕方が悪かったですね。

初心者さんがベートーヴェンの交響曲を全部聴いてみたいけれど、楽しめるかどうか、理解出来るかどうかイマイチ自信がない、途中で聴くのを諦めてしまうかもしれない、というシチュエーションです←どないやねん、w

なので、最初に第一番だと少々キツいという状況ですね。
楽しみながら、ゆくゆくは全部の曲を聴いてみたい、という事での順番ですね(^^)。

2021/6/30 11:18  [2265-5598]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
WindowsのPCはすぐには中古は買わない方が良いと思います。

理由は今年の後半にWindows11という新OSに代わるのですが、Windows11へのアップグレード条件がかなり厳しく古いアーキティクチャのPCは軒並みWindows11へアップグレードできないのです。

Windows11発表から、若干条件が緩和されてるようですが、そういう理由で少し静観した方が良いかと思います。

ZEN DAC Signeture レビューの件ですが、想定外の事態が起こりました。
MQA完全対応版が出るのかとばかり思っていたのですが販売中止のみらしいのでレビューも意味のないモノになってしまうと思います。残念ながら今回のレビューは諦めようかと思います。※ZEN DAC Signatureの販売数は驚くほど少ないのでレビューしても利用価値が恐ろしく低いですので・・・

別のDACを購入した際にそちらのレビューにパワーを全振りしたいと思います。
※高すぎて現実的ではないのですがPro iDSDに興味が湧いております。

では、また!

2021/7/2 11:37  [2265-5599]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

ちょっと、予定外の仕事が舞い込んで参りまして、返信が遅れてしまい申し訳ありません。

<WindowsのPCはすぐには中古は買わない方が良いと思います。

スペースの関係上、すぐに購入は出来ませんし、メインで使用するわけではありませんので。

私自身、Windows PCについては全くと言って良いほど疎いので、モデル選択するにも、自分一人では出来ませんですし(^_^;)

<Windows11発表から、若干条件が緩和されてるようですが、そういう理由で少し静観した方が良いかと思います。

Windows PCの使用する目的が、この縁側に書き込む事ですので、高性能なPCは必要ないのですね、
5、6年前のPCでも良いくらいですので、( ^ω^ )。

<ZEN DAC Signeture レビューの件ですが、想定外の事態が起こりました。、、、、

あらら、振り出しに戻ってしまいましたか。

<別のDACを購入した際にそちらのレビューにパワーを全振りしたいと思います。

わかりました(^^)

素晴らしいDACを購入された際にレビューの方はお願い致しますね♪

今日、どうしてもヨドバシAkibaに行かなければならなくなり、人混みを避けるために閉店ギリギリに行ったのですが、
高級ヘッドホンの試聴ベースのヘッドホンアンプがP-750uからP-750 MARKUに変更されておりました。
音を聴いてみたかったのですが、時間がなくて(^_^;)

それと、新しいGRADOのヘッドホンも展示してありました。
新しくなったコードはとても良かったですよー、多分変な癖がつきにくいと思います。
LUXMANのヘッドホンアンプで聴いてみたかったなあ(^○^)。

では、ではー♪

2021/7/4 01:12  [2265-5601]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんばんは。

>Windows PCの使用する目的が、この縁側に書き込む事ですので〜
なるほど。そのような使い方でしたらアップデートされないOSであっても問題ないかもしれませんね。可能性としてはコンテンツレベルでWindows10が搭載するソフトウェアレベル(数がおすぎて特定はできませんが)で、対応できなくなるその時までは使えるでしょう。

>P-750uからP-750 MARKUに変更されておりました
フジヤエービックさんも同様でした(笑)

>新しいGRADOのヘッドホンも展示してありました。
わたしもちょっと前にアキバeイヤさんへ遊びに行ったときにGRADOの新シリーズを確認できました。試聴はしておりません。SR325xのイヤパッドが変わったので耳に当ててみただけですが、それほど悪くはなかったです。


新たに書き込めるその日が来るまで、では、また。
ありがとうございました。



2021/7/6 00:44  [2265-5602]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

安室ちゃんの掲示板は100スレ到達で返信が出来なくなりました。

<新たに書き込めるその日が来るまで、では、また。
ありがとうございました。

今回が最後、みたいな書き込みですが、こちらこそ色々と情報提供ありがとうございましたm(_ _)m
またお時間に余裕が出来ましたら、いつでも歓迎しますので、またその日が来る事を楽しみにしております(^^)

以下は安室ちゃんの掲示板に書かれた、返信です。

<これからもLIVEはチャンスがあればドンドン行こうと思います。
これは安室ちゃんを知ったことが理由に一つでもあります。

それは良いことだと思います(^^)。
時間を戻すことは出来ませんから。
アーティストのベストの時間は無限ではありません。

<私が一番、安室ちゃんに教えてもらったことがこれかもしれません。
その安室ちゃんを教えて下さったtam-tamさんとの出会いも感謝しています。

では、私に安室ちゃん最後のベスト・アルバムをプレゼントしてくれた方に感謝しなければいけませんね、私も。

それがあったからこそ、音之葉さんとの楽しいやり取りも出来ましたし、BAND MAIDという大変魅力的なバンドも知る事が出来ましたので(^^)。

<今、BAND-MAIDは、ノリにノッているといっても過言ではありません。

時間的にタイミングが合えば、私も一度は行ってみようと思っております♪

またの書き込み、お待ちしております、
楽しいひと時をありがとうございました(^^)。

それでは、また、その日まで。
ありがとうございました♪

2021/7/8 01:29  [2265-5610]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんばんは。

最後のつもりじゃなかったんです。

暫く間が空くかなーってそれだけですw

2021/7/8 01:41  [2265-5611]   

tam-tamさん、音之葉さん。
ご無沙汰しております(^^;)

ミュージックサーバーなるNASを買ってしまいました。
まだどうこう言う段階ではございません(^^;)

で、お二方がファンの安室奈美恵さんのCDを買ってみました。
ベスト盤3点まとめて1000円の中古品です(^^ゞ
状態は悪くないということでしたが、悪かったです(笑)。お値段並みの状態ですね。
ま、でも聴けはします。

曲名や、安室奈美恵さんの曲だと知らないで聴いたことがある曲とかあるかな?と一通り聴きましたが、すべてまったく聴いたことがなかったです。
感想はまた後日です。

2021/7/21 10:57  [2265-5617]   

ちちさすさん

こんにちは(^^)

お久しぶりですねー♪

<ミュージックサーバーなるNASを買ってしまいました。

ご自身の縁側への書き込み、クチコミでの書き込み、随時チェックはしていたのですが(^_^;)。
私自身の方から、なかなか書き込みする勇気がありませんでした。

iTunesに関しては、読み取り時の正確性など、問題視される事もあるのですが、そもそもiTunesの動作環境など(根本的な部分ですね。)サポート側が情報を持っていないので、答えようがない、という有り様なんですよね、(これは本当の話です、ちょっと笑えるような事ではありますが。)

CDからインポートしたデジタルデータが、オリジナルのまま、USBに出力される事は無い、(光端子、同軸も同様ですね。)という事だけはわかっているのですが。

2000年頃に問題になったコピーコントロールCD(通称「 CCCD」)もWindows PCには効果があったものの、Mac PCではスルーしてしまうという(笑)

CDプレイヤーのピックアップ部に負荷をかける事から、寿命が縮む、故障の原因になる、という情報も溢れかえり、この情報を元に、CDプレイヤーが壊れた、というクレームが私のレンタル店にも、多く入ってきました。
本当にCCCDが原因で動作不良になってしまったのか、検証する事も出来ず、かと言って壊れてしまったCDプレイヤーは弁償しなければなりませんから、この時期は結構大変でしたね。

音質に拘っている、山下達郎さんとか、アーティスト側から、CCCDでの発売はしないという動きもあり、徐々に衰退していったのですが。

本来、アーティストのCD売上を守る、という観点から開発されたCCCDが、アーティスト側からも拒絶されるという、なんとも笑えない出来事ではありましたね。

まあ、この時期、レンタル店の店舗数が全盛期だった事もあり、レンタル店が買い占めるCDだけでも、かなりの枚数になっていましたから、ブレークし始めのアーティストなんかは一定の枚数が売れるという事もあって、恩恵を受けていたアーティストが居たことも事実なんですよね。

浜崎あゆみさんとか、GRAYとか、400万枚ー500万枚とか、今では考えられない枚数が売れていた時期ではあったので、そういった、注目が集まっているアーティストのCDなんかは100枚単位で、入荷してきましたしね、ちょっと懐かしい思い出ですねー。

<まだどうこう言う段階ではございません(^^;)

直前の車検で、思わぬ予算オーバーで、非常に厳しい状態になってしまったと伺っておりましたので、NASがとりあえず購入出来たことは良かったですね(^^)。
NASの導入により、快適な動作環境になれば良いのですが、色々と試行錯誤されているようで、此方も書き込みを読ませていただいております、
より良い、快適な動作が出来るようになる事を、願っております♪

<で、お二方がファンの安室奈美恵さんのCDを買ってみました。
<感想はまた後日です。

1曲も聴いたことがない、とは、ちょっとした時代錯誤ですかね。
浜崎あゆみさんとか、宇多田ヒカルさんとかの影に隠れてしまっていた時代ですからね。

ブレークのきっかけとなった「TRY ME」とかは、聴いたことがあると思ったんですが、

安室奈美恵さんの曲は非常に評価が難しいと思います。
女性ファンが多い、女性アーティストというのはちょっと珍しいんですが。

ライバル比較される、浜崎あゆみさんの方が、わかりやすいという印象ですね。

安室奈美恵さんの楽曲は、ライブパフォーマンスで魅力を発揮する曲が多いので、正直CD音源で曲を聴いても、心から感動する、という事は、あまり期待出来ないかと思っておりますので、私が熱烈なファンだからといって、ご配慮せずに、正直に感想を書いていただけたらと思います(^^)。

聴いた事がある曲が一曲もない、という事は、かえって、曲の感想が素直に書きやすいのかな、と♪

1曲だけでも、お気に入りになる曲があれば、良いのですが♪

女性ファンに極めて人気がある曲とか、あえて事前情報は書きません、
フラットな観点からの感想をお待ちしております。
(辛口の感想、コメントでも、構いませんので、よろしくです( ̄^ ̄)ゞ。)

猛暑が続いておりますので、体調管理に気をつけてお過ごし下さい。

書き込み、ありがとうございました(^^)

2021/7/21 12:23  [2265-5618]   

 音之葉さん  

ちちさすさん。tam-tamさん。
おはようございます。お久しぶりでございます。

NASミュージックサーバ着弾おめでとうございます!

そして、安室ちゃん系は、tam-tamさんを差し置いて、にわかな私が先に返信は出来ません(/ω\)〜♪

■ネットワークオーディオ
NASですが音声ネットワークパケット転送プロトコルはどのような仕組みを使っているかはわかりませんが、以前私も音声パケットのネットワークアセスメントプロジェクトの担当としていたことがあり、音声パケットのジッター対処が重要だったと記憶しています。

単純な同一セグメント内であれば、動画ストリーミングや、ファイル転送中でなければ、ジッターは発生し難いですが、幾つかルーターを超えした場合は、結構面倒だったと記憶しています。


最も安定した環境はオーディオ機器のみに物理的に閉じたネットワーク構成で、尚且つ、音声パケット以外の通信は行わない使い方をすることでジッター影響は極限まで軽減できるはずです。影響があるとすればルーターのスループット性能そのものです。


■安室ちゃん
tam-tamさんからおススメしていただいた3大傑作アルバムがあるのですが、そのどれもが秀逸でちちさすさんにも聞いていただけると嬉しいです。

こちらに関してはtam-tam大先生から直々に解説を何卒お願い致します(*´▽`*)〜♪

では、また!


2021/7/22 05:53  [2265-5619]   

 音之葉さん  

皆様も既に知っておられるかと思いますが

Zen Signatureシリーズが大幅な価格アップして戻ってまいりました。
https://ifi-audio-jp.blogspot.com/2021/0
7/ifi-audio-zen-signature.html


端的に申し上げて、MQAフルデコードと電源付属でここまでの価格アップは高すぎます。もうコスパが良い機種とは言い難いと感じます。

旧Signatureシリーズの価格であったからこそおススメできる音質であったものがここまで価格アップされてしまったら私なら、ワンランク上の製品購入を検討すると思います。

ワンランクアップとはNEO iDSDですね。

価格を見る前は、レビューに本腰入れ直そうかなと思っていましたが、逆に、こんなに高価になってしまっては、私のレビュー内容では、逆に陳腐に成り下がってしまい、とても掲載できる代物ではなくなってしまいました。非常に残念です。

では、また。

P.S.
 ヘッドホン事情に少し進展がありました。
 偶然にもAUDEZ'E LCD-2 Closed-Backというヘッドホンを中古で入手しました。

 品物自体はとても綺麗です。音質もかなり魅力的で素晴らしかったです。

 今回は値段が値段だけにしっかり試聴もしましたし、私なりに対抗機種があったので
 その場で3台ほど対抗機種と聞き比べをして納得の上で購入致しました。

 近いうちレビューをアップしたいと思います。


2021/7/22 06:05  [2265-5620]   

音之葉さん

おはようございます(^^)

お久しぶりな感じですね、( ^ω^ )。

最後の書き込みと勘違いして、申し訳ありません。

またこうしてレスがあった事は大変嬉しく思っておりますね)^o^(。

<そして、安室ちゃん系は、tam-tamさんを差し置いて、にわかな私が先に返信は出来ません(/ω\)〜♪

そんな事はないと思いますよー、大丈夫ですよー、w

私も一部、所有し切れて無い楽曲がありますのでね、洋楽アーティストなら、こういう事にはなっていないと思うので、大変残念な思いでいっぱいです。
(シングルCDのカップリング曲、アルバム未収録曲が結構あるのです。)
(Liveコンサートにおいては歌唱しているのですが、オリジナルバージョンが、( ´Д`)y━・~~、笑。)

安室ちゃんの楽曲について、色々と自由に語ってくれると、同じLUXMANのヘッドホンアンプ+HD650という共通の環境で聴いていますからね(^^)。
(ヴォーカルに潤いを与えてくれる「ラックストーン」で聴く事が出来ませんので、私は、>_<。)

私と音之葉さんとで、一つの掲示板が埋まってしまうほど、熱弁していたので、「安室奈美恵とはどんな歌を歌っているアーティストなのだろう?」と、そういう思いでCDを購入されたのでしょう、多分(^_^;)。

難しい曲は歌っていないんですが、評価が大変難しいと思うんですよね。
商業路線のヒット狙いの曲もたくさんありますし、セルフプロデュース時代のマニアックな選曲の路線もありますし。
電撃的な引退宣言による、世間に与えたインパクトは、山口百恵さんと同等レベルかそれ以上。
かといって、山口百恵さんほど、耳に残る楽曲が少ないですし。
(クラシック音楽専門といっても、ベストアルバム3枚買って、聴いたことがある楽曲が一曲も無いという事がそれを物語っていますよね。)
(ヒット狙いの商業路線のシングル曲は時代と共に廃れ、マニアック路線のシングル曲は自然と耳に入らないレベルという事ですからね。)

他のアーティストにカバーされた曲も大変少ないですし、作詞作曲もほとんどしておりませんから。
(作詞をも手掛けないアーティストというのは、この時代において大変珍しいです、確か7曲ほどですね、自作詩の楽曲は。)

ヴォーカリストとしても、安室ちゃんより、歌唱力がある女性ヴォーカリストはたくさんいますのでね。
それなのに、何故引退宣言によって、様々な記録を塗り替えるような一大ムーブメントを起こしたのか?、この辺の評価が非常に難しいと思うんですよね、

私も、最後のベストアルバムとなった「Finally」を聴いた時は、1枚目以降の楽曲は1曲も聴いた事がなかったですからね、(3枚組ベストアルバムですね。)

私もファンではありますが、安室奈美恵評論家ではありませんので、ウィキペディアに大変お世話になっているレベルでしかありませんので、♪( ´▽`)、w

音之葉さん的に、安室ちゃんの歌のここが魅力的ですー、みたいな感想は私としても歓迎なんです。
「ラックストーン」+HD650で聴くのなら、この曲が良いですよーみたいな事は、私は言える立場にありませんので、その点においても、遠慮なく、どしどしと感想を書いて下さい(^_^)v。

<以前私も音声パケットのネットワークアセスメントプロジェクトの担当としていたことがあり、、、、、、

こういう分野では、私は全くの役立たずですので、色々と情報共有して頂けると嬉しいですね(^○^)。


<Zen Signatureシリーズが大幅な価格アップして戻ってまいりました。

これ、2日前に偶然知ってしまったんです。
触れて良いものか、どうか、胸中を察すると大変迷いまして(^_^;)
発売して、発売終了するまでが余りにも早すぎますし、ユーザーさんの立場になって、ものを考えていないのか、ちょっとブレがありますよね。
この点は音之葉さんと同様、ちょっと残念なところだと思いました。

<偶然にもAUDEZ'E LCD-2 Closed-Backというヘッドホンを中古で入手しました。

平面駆動型ヘッドホンではありませんか、それもなかなかにレベルが高いヘッドホンですねー。

平面駆動型ヘッドホンは、私も1台は欲しいなと思っていましたが、タイミングを逃し、購入出来ず、でしたので、羨ましいですね(*´-`)。

<近いうちレビューをアップしたいと思います。

楽しみにしてますねー(^^)。

今日も暑いですから、体調管理に気を付けてお過ごしください。

書き込み、ありがとうございました♪

また、ちょくちょくと気軽に遊びに来てください、心よりお待ちしております。
良い一日を☆☆☆

2021/7/22 07:04  [2265-5621]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。

正に「また、その日まで。」が、やってきたという感じです。

レビューは陳腐化したと言いましてもZEN DAC Sigtature V2の詳細情報がifi Audioサイトに載っていないのです。

要するにめちゃめちゃ価格アップした理由がMQAフルデコードチップとiPower2のみなのか、それとも、若干でもMQAデコード以外の部分に更改された箇所があるのかで意味合いが全く異なってしまうということです。

穿った言い方をすれば、旧型は実は現在の価格レベルの製品で安く出し過ぎたと判断されて急遽製造中止になり、価格改定された可能性もあるということです。

以前私はES9038Pro搭載のDACと比べて「音質差は好みの問題レベル」と表現しました。
つまり、本来はそれくらいの価値を持ち合わせていたのに安く出し過ぎたので価格改定されて適正価格化された可能性があります。

であるならばMQAデコードと使わないファイルを再生するのであれば旧Zen DAC Signatureはめちゃめちゃお買い得だったという結果になりレビューは生きてきます。

そうでなくてMQAデコード以外の部分にも更改された箇所があってV2になったのなら私のレビューはもう必要ないと判断できます。

ですので、ifi Audio サイトでZEN DAC Signature v2の詳細が掲載されるのが楽しみとなりました。(*´ω`*)ワクワク ドキドキ〜♪

では、また!

2021/7/22 08:56  [2265-5622]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

<正に「また、その日まで。」が、やってきたという感じです。

「また、その日まで。」が遂にやってきましたか(^○^)、嬉しいです♪

ZEN DAC Sigtature V2の事を知ったのは、スマホをいじっていて偶然記事を見ただけでしたので、ZEN DAC Sigtatureの販売終了の経緯とか全くわかっておりませんでした(^_^;)
早々と販売終了して、後続機を発売した訳ではなかったのですね、どうもイカンですね、すみません。

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news
/1339156.html


http://ifi-audio-jp.blogspot.com/2021/07
/ifi-audio-zen-signature.html


記事によると、想定を遥かに超えた反響があったため、安定した供給が出来ない事が原因だったみたいですね。

価格上昇はiPower II 5Vを付属させたから、その分値段が上がってしまったようですね。
メーカーから、詳細な情報がアップされてないので確実とは言えないのですが、その他の部分に変更は無いと私自身は思います。
(MQAフルデコード対応の違いだけだと思います。なので、V2と音質は同じだと思うところでもあります。)

ただ、iPower II 5Vの強制付属パッケージしか無いのは痛いところで、この辺りはユーザーサイドに選択肢があった方が良かったとは思います。

<であるならばMQAデコードと使わないファイルを再生するのであれば旧Zen DAC Signatureはめちゃめちゃお買い得だったという結果になりレビューは生きてきます。

あくまで、私の予想の範疇でしかありませんが、Zen DAC Signature、リニューアルモデルのV2も、音質に拘った変更箇所は同じであり、音質も同じだとは思うのですよね。

メーカーの販売戦略で、ここまで売れるなら、iPower II 5Vを付属させて、セットで販売しても売れるだろうという読みがあるのでしょうね。
ただ、それだけだと、弱いので、MQAデコードの部分を強化して、リニューアルモデルとして再発したのだと思うのです。

まあ、結局はなんだかんだ言っても、こうなった原因の背景はやっぱりコロナなんですよね。
部品の一部の半導体が十分に確保出来なくなっての販売終了なので。

なので、旧モデルとなってしまった、ZEN DAC Sigtatureのレビューはそれなりに価値があるもの、意味があるものにとなると思っています(^^)。

ちちさすさんもNASをより生かす為に、新しいDACの導入を検討されていますから、当初の計画の様な、大掛かりのレビューでなくて良いので、情報提供してくださると嬉しいです。

明日からオリンピックがいよいよ始まりますね。
またややこしい問題が色々と出てくるでしょうが、オリンピック期間中は完全引き篭もり状態となりますので、縁側での対応も敏速に出来ると思いますので♪

よろしくですー(^○^)。

2021/7/22 19:02  [2265-5623]   

音之葉さん。
Zen Signature、DACとヘッドフォンアンプ共にv2になって13000円くらいの値上がりでしょうか?
それでもアメリカよりは1万円ほど安価な価格のようですね。
iFiはイギリスのメーカーだったと思いますが、昔気質っぽい製品づくりで好感が持てます。

購入しましたNASはアイオーデータのSoundgenic HDL-RA2HFというものです。
SONYのMAP-S1というマルチコネクトコンポをUSB DACとして使い、HDL-RA2HFとUSB接続しています。MAP-S1のラインアウトからRCAケーブルでラックスマンP-1uに送っている、という環境です。
なので、音楽が無線で伝送される構成ではないんですよ。

我が家にはインターネット環境がありませんので、Wi-Fiもありません。以前の家には光回線を引いていてインターネットもWi-Fiもあったのですが、現在は夫の両親との同居で、夫の実家に住んでいますので、勝手にインターネットも引けません。義父母は新しいものを取り入れることにものすごい拒否反応を持っていますので、インターネットを引くことも猛反対されています。
なので、ネット関係はすべてモバイル通信なのです。
で、HDL-RA2HFをスマホで操作するために無線環境は必要なので、以前の家で使っていた無線LANルーターを物置から出しまして、HDL-RA2HFと有線LAN接続。スマホからはWi-Fiで操作ができるようになっています。

ということで、NASを導入しながらネットワークオーディオではなかったりします(笑)。もちろん、今後ネットワークオーディオに発展させることはできます。インターネット契約がなくてもネットワークオーディオは可能ですからね。
Soundgenic導入の目的は、スマホでのコントロール関係の改善なのです。


安室奈美恵さんの曲はまだ1回しか聴いておりませんが、買いましたベスト盤は、ベストというよりシングル集というべき収録のようです。
1曲も聴いたことがなかったので、これまでよっぽど縁がなかったと言えるのですが、こちらでご縁をいただいたので、ゆっくり聴き注いで行こうと思います。
こちらではBigshooter さんからジャズのご縁もいただいているので、同じ感じですね。

2021/7/22 19:48  [2265-5624]   

ちちさすさん

こんばんはー(^^)

添付して頂いた安室奈美恵さんのCD、一枚だけ、何のアルバムだか判明しないものがありましたので、ちょっとモヤモヤとしておりましたが、笑。

「LOVE ENHANCED single collection」でした♪( ´▽`)、w
(私の中では好きなアルバムで、購入された、3枚のアルバムの中では最もよく聴く作品ですね、w)

PCにインポートしたCDはしまってしまうので、わからなかったのですね。
あれー?これは何のアルバムだろう?とググって検索しても、このジャケ写の画像だけ出てこなくて、w

私もお世話になっているウィキペディアで検索すれば、アルバム内容は一通り把握出来るとは、思います、w

<買いましたベスト盤は、ベストというよりシングル集というべき収録のようです。

「181920」、「LOVE ENHANCED single collection」が主に小室プロデュース時代の楽曲を集めたもの、
「BEST FICTION」は安室奈美恵さん自身がセルフプロデュースした楽曲を集めたベスト盤という事で、曲の傾向がかなり違います。

「181920」と「BEST FICTION」がシングル集的なベスト盤ですが、「LOVE ENHANCED single collection」だけは、ちょっと違いますね(^^)。

<1曲も聴いたことがなかったので、これまでよっぽど縁がなかったと言えるのですが、

「CAN YOU CELEBRATE?」も聴いた事がなかったというのは、ちょっとびっくりしました。
20年以上経った現在でも、結婚式で選ばれる定番の曲ですし、時代的に、結婚式の曲と言えば、「CAN YOU CELEBRATE?」でしたから、ちょっとしたタイミングのズレで耳に入らないでいたのかなと。

クリスマスソングみたいなもので、いつでも、どこでも流れていて、自然と耳に入る楽曲とはちょっと違うので、そういった関係もあるのかな、と。

評価が大変難しい、と書きましたが、ジャンル的には流行歌に属するものであるので、まだ1回しか聴いていないと書いておられますが、再度聴けば、ほとんどの曲は頭に入ってしまうと思われます。

曲の感想などの意見交換は置いておいて、ですね、
私も、新鮮な気持ちで、3枚のアルバムを聴いてみました。
「181920」だけが、音質面で、ワンランク落ちます。私の環境下では、ですが。
これだけは、共通するのかな?と思いますが、ちちさすさんのシステムではどうでしょうか。

浜崎あゆみさんのベストアルバムを所有しているようなので、同じavexの同年代のアーティストなので、比較して聴いてみるのも、面白いかと。

安室奈美恵さんが急降下で落ち目になりつつあった時に台頭してきたのが浜崎あゆみさんと宇多田ヒカルさんなので、機会があれば、作詞作曲どころか、編曲までトータルプロデュースしてしまう天才歌姫宇多田ヒカルさんも聴いて欲しいですね。
(歌唱力においても、宇多田ヒカルさんは必ず上位にランキングされる女性ヴォーカリストなので。)
(女性ヴォーカリスト歌唱力ナンバーワンと言えば、美空ひばりさんか、ドリカムの吉田美和、という時代は終わりを告げまして、w)

現在では、宇多田ヒカルさん、MISIA、Superfly(越智 志帆)の三つ巴の様相ですね。

洋楽においても、色々と聴いておられるようですが、エンヤさんを聴いておられないのであれば、是非!と言ったところです(^^)。
(中古で、500円程度で入手可能でしたら、買って損は無いと断言出来るアーティストですね、500円で入手可能であれば、というところが「キモ」です、w 好感を持つかどうかまではわかりませんので、w)

ひさしぶりにエアコンのフィルターを掃除しましたところ、めっちゃ効くでないの、w 寒いくらいです、w

おやすみなさい(( _ _ ))..zzzZZ


2021/7/22 22:00  [2265-5627]   

音之葉さん。
Sounbgenic購入のお祝いの言葉、改めてありがとうございました。
ストレージ再生のオーディオでは、コントロールアプリの利便性が一番大事ですので、今より便利に必要な操作と情報表示が得られると良いです。HDL-RA2HF導入で複数のコントロールアプリが使えるようになりますが、今のところ、どれも困った不具合がひとつはあります(^^;)
昨日、音楽が無線で伝送される構成でない、と書きましたが、音楽がルーターを介して伝送される構成ではない、と書いた方が、音之葉さんのコメントを受けた返信として正確ですよね。
NASからUSB DACに直で有線接続ですので、もっとも簡単な構成です。


tam-tamさん。
我が家には宇多田ヒカルさんのシングルコレクションの1と2、エンヤも最初のベスト盤の他アルバムも3つほどあります。何年か前に、エンヤは私の試聴記スレッドに簡単な感想を書いています。
宇多田ヒカルさんは夫が、エンヤは私が買ったものですね。
MISIAさんとSuperflyはまったく存じません。
安室奈美恵さんの3枚については、まだ1回しか聴いておりませんので。音質も検証しておきます。

2021/7/23 08:03  [2265-5628]   

 音之葉さん  

ちちさすさん。
こんにちは。

なるほど!そういうことだったのですね。理解致しました。

ありがとうございます。

2021/7/23 13:57  [2265-5629]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。ちちさすさん。

Zen Signatureシリーズについてです。

旧型は28600円でしたが、海外では、DAC CAN共に、この価格で「iPower X」が付属しておりました。対して日本では単純に法律上の問題で「iPower X」を省き価格は据え置き28600円のまま発売されていたんです。

新型は「iPower2」を付属この時点では旧型の海外仕様とほぼ同等なので価格上昇は本体+iPower2になるのは変だと思います。

正しくは、「iPower2」と「iPower X」の価格差だけ、本体価格にプラスされるのが適正と思われます。

ZEN CANは、アナログアンプなので、MQAフルデコード対応とは無縁ですし、そもそも、旧型ZAN CANには、「iPower X」より安価なACアダプターが付属して28600円でしたので、こちらの価格も適正とは言い難いレベルの価格上昇と感じます。

そういう訳で、DACもCANも本体部分に更改が見られないのであれば、不当な値上げに感じます。


理由は「iPower2」を付属せずとも必要であれば別購入できるシステムになっておりますし、最上位の電源「iPowerELITE」を狙っているユーザーから見れば余計な出費です。

DACに関してはUSBバスパワーでも十分満足できるレベルと感じます。誰もが外部電源を追加しなければ満足いかないとは、私には、思えませんし、そもそも、ホームオーディオ入門者は電源の価値を理解出来ませんので5万円台で購入出来ていたものが8万円台になるのは到底理解出来ない世界だと思います。

それと、もう1点、「iPower2」を2台、極性を合わせて電源コンセントに差し込む場合は、とても長いスペースが必要になります。

そういった観点から考えると8万だすなら、複合型のNER iDSDを購入した方がsaam-tamさん。ちちさすさん。

Zen Signatureシリーズについてです。

旧型は28600円でしたが、海外では、DAC CAN共に、この価格で「iPower X」が付属しておりました。対して日本では単純に法律上の問題で「iPower X」を省き価格は据え置き28600円のまま発売されていたんです。

新型は「iPower2」を付属この時点では旧型の海外仕様とほぼ同等なので価格上昇は本体+iPower2になるのは変だと思います。

正しくは、「iPower2」と「iPower X」の価格差だけ、本体価格にプラスされるのが適正と思われます。

ZEN CANは、アナログアンプなので、MQAフルデコード対応とは無縁ですし、そもそも、旧型ZAN CANには、「iPower X」より安価なACアダプターが付属して28600円でしたので、こちらの価格も適正とは言い難いレベルの価格上昇と感じます。

そういう訳で、DACもCANも本体部分に更改が見られないのであれば、不当な値上げに感じます。

理由は「iPower2」を付属せずとも必要であれば別購入できるシステムになっておりますし、最上位の電源「iPowerELITE」を狙っているユーザーから見れば余計な出費です。

DACに関してはUSBバスパワーでも十分満足できるレベルと感じます。誰もが外部電源を追加しなければ満足いかないとは、私には、思えませんし、そもそも、ホームオーディオ入門者は電源の価値を理解出来ませんので5万円台で購入出来ていたものが8万円台になるのは到底理解出来ない世界だと思います。

それと、もう1点、「iPower2」を2台、極性を合わせて電源コンセントに差し込む場合は、とても長いスペースが必要になります。※もしかすると「iPower2」は極性フリーかもしれませんね。要するに極性を内部で自動変換するタイプの電源。

そういった観点から考えると8万円だすなら、もうちょっと奮発して複合型のNER iDSDを購入した方が様々な観点から利便性が高いのでは?と感じてしまいました。

なが、なが、ネガティブ発言してしまい、お見苦しくしてしまい申し訳ありません。

2021/7/23 14:22  [2265-5630]   



安室ちゃんについて、好きな楽曲など楽しく語り合う掲示板です(^^)

全楽曲の感想記、年代別のライブDVDについての魅力的な部分を語る、とか目指していたんですけど、未だ未完成のままです(^_^;)

でもまだ諦めた訳ではありませんので( ̄^ ̄)ゞ

まずは安室ちゃんのファン同士、楽しく語り合って士気を高めたいと思っております(^^)♪

2021/4/10 03:37  [2265-5296]   

音之葉さん

こんにちは、こんばんは(^^)

安室ちゃんの全楽曲は聴いているんですけど、CDシングルまでは揃え切ってなくて、所有していないオリジナルバージョンの曲とか結構あるんです(^_^;)。

「arigatou」とか「Neonlight Lipstick」とか。

「Neonlight Lipstick」は配信専用シングルなので、これは例外としても、「arigatou」のオリジナルバージョンだけは欲しかったですね〜(*´-`)
とっても良く聴く曲なので、「arigatou」

「Finally」に収録されている、再録音バージョンしか音源としては持っていないのです。
(オリジナルバージョンは聴いた事はあるんです、ストリーミング配信とかで。)
「arigatou」以外にも持っていないオリジナルバージョン、多分、たくさんあると思います。
細かく調べていないので、これはもうちょっとわからないですけど。

ファンになったきっかけは、最後のベスト・アルバムとなった「Finally」を知人からプレゼントされてからなんで、ファン歴としては比較的浅いんですよ(^○^)。

レンタル店の設立責任者をやっていた時期もあり、「ミスターU.S.A.」とか「愛してマスカット」とかはリアルタイムで聴いているんですが、小室さんがプロデュースするようになってからは聴かなくなってしまっていたんですね。

ですので、「Finally」の2枚目、3枚目に収録されている楽曲などは全くといって良いほど聴いた事がなく、そこから始まりました、安室ちゃんのファン♪

それからは短期間で雪だるま式にライブDVDとか増えていったんですね。
一年半は毎日、5〜6時間ほど、聴いていたと思いますね、安室ちゃんばっかり、♪( ´▽`)。

とまあ、私はこんな感じです(^○^)。

好きな曲とかあれば、1曲ごと、語りあっていきましょう♪
まずは音之葉さんから、そうぞ(^^)

2021/4/10 04:02  [2265-5297]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。こんにちは!
お招き下さりありがとうございます!

安室ちゃんのおススメライブビデオですが、近所のTSUTAYAでは全て取り扱いしておりませんでした( TДT)

都内で取り扱いしていないようなものは渋谷TSUTAYAに行くと、まず、間違いなく有るので、次回はネットで確認してから行こうかと思います('ω')b

話は戻りますが、私はたぶん安室ちゃんに関して言えばtam-tamさんよりずっと知らないと思います。今回はGRADO絡みで安室ちゃんの話題が出たのでtam-tamさんに伝わりやすいと考えて安室ちゃんを例にとってコメントさせていただきましたが、安室ちゃんの楽曲に関して言えば多くのバリエーションを所有しておりませんし、映像に関しては何一つ所有しておりません。

ただし、安室ちゃんの好きな曲はちゃんとあります。初期〜 a walk in the park迄、と、CHECK MATE!収録全般、近年ナンバーは詳しくはありませんが、In Twoは最高と感じています。その他もあると思いますが以上が最も鮮明に好きだと言える楽曲です。

何故好きなのかは理由は諸々あります。

楽曲全般的に言えるのは、安室ちゃんの楽曲(オリジナル)は殆ど全ての歌詞が明るい希望へ向いていることがリスペクトするところであり最高に好きな点です。

でわ、また!

2021/4/10 18:02  [2265-5299]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

いや〜、今起きたところです〜、w

クチコミでのやり取りも非常に楽したっかのですが、さすがに板に関係ない事ばかり書いていては、と思いまして(^_^;)。

私の縁側でしたら、少々話が脱線しても、大丈夫ですからね( ^ω^ )。

IER-Z1Rの独自コネクタの件でお世話になった、モンブランが好きさんも、この縁側のメンバーの方なんです。
(お仕事が激務だそうで、今は書き込みされてないですけど。)

縁側に書き込むのは多分、初めてだと思うので、大まかな概要を説明しておきますね。

縁側の形態には3種類あるんですね。

誰でも投稿可、認定メンバー制(この縁側がそうですね。)、管理者のみ書き込み可、の3つですね。

クチコミという掲示板が表、とすれば、縁側は裏、の様なものですね。

掲示板に書かれた内容は表のクチコミ同様、誰でも観覧可能ではありますが、気に入った縁側自体をお気に入り登録しない限り、書かれた内容をチェックするのは容易ではありません。

多少、砕けた話題になったとしても、認定メンバーの方以外、書き込む事が出来ませんので、内容が無い様なやり取りをしても大丈夫なんです(^^)

自分が書いた(返信)内容は、ご自身で削除する事が可能です。
(クチコミでは運営さんに削除申請しないと、一度書いたものは削除が出来ません。)

とまあこんな感じですので、気楽に書き込んで、楽しんで頂ければ幸いです♪

という事で、レスしていきま〜す(^^)

<安室ちゃんのおススメライブビデオですが、近所のTSUTAYAでは全て取り扱いしておりませんでした( TДT)

私は10年ほど、レンタル店の責任者をやっていたので(仕事は全くしてませんでしたが、w)、業務形態とか業務内容は把握しております。

洋楽ものはあるかもしれませんが、邦楽のミュージックDVDは取り扱ってはいけない事になっているんです。
(一部の例外はありますが、基本的にはNGです。)
ですので、大手チェーンのレンタル店では規約違反になるので、ミュージックDVD(ビデオ)をレンタルしているお店は基本的に無いです。

クチコミにて紹介した、ライブDVDの音源だけ取り出した、レンタル専用CD5種だけですね、無圧縮で聴けるライブ音源は。

これはおそらく大きいレンタル店では全て揃っているとは思います。
安く、手っ取り早く、ライブ音源を聴きたいのであれば、レンタル専用ライブCDを借りるのが一番簡単ですね(^^)
(お店によっては複数枚数レンタルすると、料金が安くなったりしますので、一度に全部レンタルすれば、1,000円ちょっとで、ライブ音源を入手する事が可能となるので、お勧めです♪)

<今回はGRADO絡みで安室ちゃんの話題が出たのでtam-tamさんに伝わりやすいと考えて〜〜〜

一応安室ちゃんについて楽しく語ろう、という事で専用掲示板を建てましたが、他のジャンルの音楽に関しても、知識豊富なメンバーの方々がいらっしゃいますので、大丈夫ですよ(^^)

ちちさすさん=クラシック音楽。
Biigshooterさん=ジャズ、フュージョン。(最近はクラシック音楽にハマっておられます。)
jade7さん=ビートルズなどの’60年、’70年にかけてのロック、ジャズ全般。
choco111さん=プログレ、メタル、ハードロック系全般。(特に北欧ロック系に大変お詳しい方です。)

ロック系がお好きな様なので、過去の掲示板、「choco111さんのお部屋」シリーズを観覧してみて下さい。
基本的に洋楽ものは大体の音源がアップされているので、YouTubeのリンクが多数貼ってあります。
素晴らしいものが多いですから、時間がある時にでも聴いてみて下さい(^^)

<ただし、安室ちゃんの好きな曲はちゃんとあります。初期〜 a walk in the park迄、と、CHECK MATE!収録全般、〜〜〜

十分ではないですか(^^)。
私が聴き始めた時は、「CheckMate!」すら全く知りませんでしたから、w
「a walk in the park」は小室哲哉時代の安室ちゃんの楽曲の中で一番好きな、ナンバーですね(^^)

<In Twoは最高と感じています。

「In Two」はベスト・アルバム「Finally」と、最後のライブ公演になった、namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜のライブDVDにしか音源がありません。

最終公演となった、東京ドームでの音源がストリーミング配信で聴けますね。
namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜 at Tokyo Dome 2018.6.3

最終公演はやはり感動的ですから、DVDで観て欲しい、という気持ちはありますが、やはり引退を決意しただけあって、それまで発売されていたライブDVDよりパフォーマンスの出来が良くないです。
(記念碑的な記録映像としての価値はありますが、ライブパフォーマンスを堪能したいのであれば、ちょっとお勧め出来ないライブ公演ですね(^_^;)。)

<楽曲全般的に言えるのは、安室ちゃんの楽曲(オリジナル)は殆ど全ての歌詞が明るい希望へ向いていることがリスペクトするところであり最高に好きな点です。

うわ〜、同じです〜。
明るいメッセージソングですよね♪
*Baby Don’t Cry
*Get Myself Back
*Contrail
などが元気が出る曲として人気がありますね(^^)

特にContrailは私の大好きな曲ですね〜(*´-`)、(歌詞が素晴らしい!!)

ライブDVDでは複数の公演で収録されておりますが、私のお勧めは、
「namie amuro FEEL tour 2013」に収録された、アンコールでの歌唱ですね。
この時の安室ちゃんは、顔色も良く、オープニングから非常に明るいんですよ♪( ´▽`)。
帽子が似合う安室ちゃんですが、この時に被っているニット帽は特に似合っていて最高ですね!!
歌詞が飛んでしまう、ハプニング映像も隠しトラックに収録されているので、可愛い安室ちゃんを観るのでしたら一推しのDVDとなっております〜(^^)。

書き込み、ありがとうございましたm(_ _)m。
「また遊びに来てね〜♪」←ライブ公演が終わった後に安室ちゃんが必ず言う言葉ですね(^^)。

2021/4/10 22:23  [2265-5300]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。こんばんわ!

LIVE 映像のおススメありがとうございます。

今更ながらTSUTAYAじゃない入手の方法に気が付きましたw
明日はそっち系巡りしてきます(*´ω`*)〜♪


2021/4/10 23:16  [2265-5301]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

レンタル店初期の頃は邦楽ミュージックビデオ貸し出ししているお店もあったんですけどね〜( ^ω^ )。

今や大手チェーン、二極化してしまっているじゃないですか。

個人で経営してる、レンタルショップが激減してしまってますからね〜。

その上、動画見放題の配信サービスとかも追い討ちをかけている状態ですからね。

<LIVE 映像のおススメありがとうございます。

私が個人的に好きなContrailが収録されているDVDに限定してお勧めしたものですので、最初の一枚、となるとちょっと違ってきちゃいますね(´-`).。oO。

ライブDVDでは重要な節目となる作品がいくつかあるんですね。

2010年公演を収録した、namie amuro PAST FUTURE tour 2010。
バックバンドが生演奏している、最後のコンサートツアーです。
セットリストが非常に渋い作品ですが、一番カッコいい安室ちゃんが観れますね、これ♪
ちょっといやらしい表現になりますが、ボディバランスが最高なんですよ。
(身長に対しての体重、と言う意味合いです。)
ちょっと???と感じる衣装が多い、安室ちゃんですが、このライブDVDは最高ですね、私としてはこれ以上のパフォーマンスをしているDVDは無いと思ってます。


2011年公演を収録した、namie amuro LIVE STYLE 2011。
この年からバックバンドがなくなります。
よく年の2012年から、イヤモニを使用する事になるので、イヤモニを使用してない最後のコンサートツアーです。
アルバム、「Checkmate!」を引っさげてのライブDVDなので、「Checkmate!」好きにはお勧めのDVDですが、体調があまり良くなかったのか、多少疲労感が見受けられますね。

安室ちゃんはイヤモニも使用するようになってから、ダンスパフォーマンスのクオリティーが明らかに落ちました。
体力的な問題もあるのでしょうが、映像を観る限り、非常にイヤモニを気にしているようで、しょっちゅうイヤモニを触っているんですよね、
そのため、上半身の動きが明らかにおとなしくなりました。

なので、ダンスパフォーマンスとしての全盛期は2011年公演まで、という印象ですね。

ですが、上記の2つはセットリストが渋く、また、ステージもちょっと地味ですので、最初の一枚、としてはどうかなあ、という印象なんです。

カメラワークが悪いだの、編集が雑だのと色々と酷評の多いライブDVDではありますけど、個人的にはこれ一枚で十分にライブの魅力を堪能出来るものとして、最初の一枚としてお勧めしているDVDがあります。

namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009
これですね。
セルフプロデュースをするようになってからの楽曲だけで、構成されたコンサートツアーを収録したライブDVDですが、魅力的なところがいっぱい詰まっているんですよ♪
まず、セットリストが非常に豪華、
それもそのはず、久しぶりにミリオンヒットとなったベスト・アルバム「BEST FICTION」を引っさげての渾身のコンサートツアーですので。

「shine more」、「Full Moon」、においては最高のパフォーマンスとなっておりますし、コンサートのトップナンバーである、「Do Me More」もこのツアーの演出が秀逸です。
複数のライブDVDで観る事が出来る「Hide & Seek」の演出もこのDVDが最高の一枚となっております。
カメラワークと編集が雑である、という欠点はあるものの、全盛期のライブクイーンの素晴らしいパフォーマンスが堪能出来る一枚として、お勧めですね。

どのDVDを選ぶか、は自由ではありますけど、これだけの枚数のライブDVDが発売されていてはちょっと迷ってしまいますよね(^_^;)

アルバム、「Checkmate!」を聴き込んでいるならば、アルバムの楽曲が多数、収録されている、
namie amuro LIVE STYLE 2011の方が聴きやすいのかもしれません。
ですが、全てのコラボ楽曲において、安室ちゃん一人で歌唱しているので、多少魅力が落ちるのかな、と。
非常に悩ましいですね〜(´-`).。oO。

そうそう、初期の頃の楽曲がお好きならば、
namie amuro 5 Major Domes Tour 2012 〜20th Anniversary Best〜
此方を最初の一枚として選択するのも悪くないかもしれません。
ただ、この年からイヤモニを使用するようになってしまうんだよなあ(*´-`)。
(東京ドーム公演なので、仕方がなかったのでしょう。)

あらら、何故か購入前提で話を進めてしまってますが、これは私の独り言ですので、お気になさらずに( ^ω^ )。
(聴きたい音楽は他にもたくさんあるでしょうから♪)

悩ましい、悩ましいですね〜〜〜♪( ´▽`)、笑。

2021/4/11 00:27  [2265-5302]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。こんばんわ!

只今!鋭意調達中!しばしお待ちをヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノ

ちなみに国内のHardRcokはBAND-MAIDが好きだったりします。
さらに国内のMetalはMardelasが好きだったりします。

どちらかご存じでしょうか(*´ω`*)〜♪
どちらもおススメです。

2021/4/12 03:08  [2265-5307]   

 音之葉さん  

急いで返信したら、、アイコンが未成年に、、、(((( ;゚д゚)))アワワワワ

2021/4/12 03:09  [2265-5308]   

音之葉さん

こんばんは〜(^○^)

夜型と書いたので、この時間帯にレスされたのでしょうか?

う〜む、鋭いですね〜♪( ´▽`)。

私にとっては元気いっぱいの時間帯ですね〜、w

長々と、非常に長々と書いてしまってますが、こんなはずじゃなかったのです〜( ´Д`)y━・~~。

これは私の悪い癖でありまして、逐一反省致しておりまする〜m(_ _)m。

<ちなみに国内のHardRcokはBAND-MAIDが好きだったりします。

此方のバンドは存じておりません(^_^;)

<さらに国内のMetalはMardelasが好きだったりします。

此方のバンドも勿論、存じておりません( ̄^ ̄)ゞ、w

お勧めの曲があったら、YouTubeのリンクを貼って頂けると嬉しいです、って、邦楽の曲はアップロード違法じゃないの〜♪( ´▽`)、w←どうかビシッと叱ってやって下さい、笑。

一部例外もあるので、紹介して頂けるYouTube動画があったらリンク貼っておいて下さい(^^)

BAND-MAID
ちょっと調べてみたら、これは私の好みのバンドかも♪
最近の楽曲はあまり聴かないので、これは新しい発見になりました。
海外でのLive音源なんかはYouTubeでありそうですね(^^)

Mardelas
此方も何やら怪しげな香りが、w
ヴォーカリストの名前からして痺れますね(^○^)
蛇石マリナ、この方は女性なのでしょうか?、何とも魅力的なお名前ですね〜。

私の知らない新たな世界がまたまた増えて嬉しいですね♪

邦楽、ロックバンドですと、
ポルカドットスティングレイとか好きですね(^^)

ポルカドットスティングレイ「パンドラボックス」MV
https://www.youtube.com/watch?v=-zlq6eMy
cLA


メタル系ですと、去年紅白初出場した、BABYMETALとか♪

BABYMETAL - ギミチョコ!!- Gimme chocolate!! (OFFICIAL)
https://www.youtube.com/watch?v=WIKqgE4B
wAY

(再生回数なんと、1億回以上!!)

AKB48とか、演歌まで何でも聴きますよ♪

ちちさすさんへのご挨拶、ありがとうございます(^^)
(こういう事は本来、管理人の仕事なんですが、(^_^;)。)

話題を安室ちゃんに戻しますと、
最後のベスト・アルバムに収録されている、新曲6作のうち、「In Two」が特にお好きだという事で。

新作6作の中で言うと、印象的なものとして順番をつけるとするとこうなります。

1、Finally
2、How do you feel now?
3、Hope
4、Do it For Love
5、Showtime
6、In Two

勿論これは最初に聴いた時の印象であって、好きな曲、良く聴く曲の順番ではありません。

特に思い入れのある曲として「In Two」をあげておられましたが、何かエピソードみたいなものがあるのであれば、お聞きしたいです〜♪

安室ちゃんを一躍有名にした、「TRY ME〜私を信じて〜」ですが、
「Finally」をプレゼントされた時に聴いたんですが、再録音されたものとは全然気がつきませんでしたね〜( ^ω^ )

これは今聴いても、やっぱりイイですね!!
ボリュームを上げて聴くと一気に20歳くらいは若返りしますね〜〜、w

書き込み、ありがとうございます〜♪

2021/4/12 04:35  [2265-5310]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。こんにちは!

【安室ちゃん:In Tow】
特にエピソードといったものはなく、単純にこの曲が好みだからです。
この曲、純粋にカッコよくないですか?(≧▽≦)

【BAND-MAID】
どちらかというと海外から火が付いたバンドでそのへんはBABYMETALと似ているのですがジャンル的にはヘビメタではなくてハードロックなのです、かなりハードなMETALチックな感じの曲もあるのでそれが海外のヘビメタファンとハードロックファンの両方でバズったのだと思います。こちらが起爆剤となった100万再生(現時点では約1500万再生)された曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=Uds7g3M-
4lQ


こちらはライブで人気なもの
https://www.youtube.com/watch?v=9TkHpvaO
09c

https://www.youtube.com/watch?v=MZIJ2vFx
u9Y

https://www.youtube.com/watch?v=FHpuEqMA
cDg

https://www.youtube.com/watch?v=QbyQCJn6
rYg


インストルメンタル専用もあり、ボーカルを休憩させる目的もあるようですが、それを差し引いてもかなり人気の高いナンバーです。
https://www.youtube.com/watch?v=mVrN-j_U
c0U


BAND-MAIDはツインボーカルで、リーダーはサブボーカルを務めますが、このリーダーがライブの途中で「おまじないタイム」という独特なMCを毎回実施します。以下がおまじないTIMEの終わりに歌うサブリーダーのみがボーカルを務める曲の一つです。
https://www.youtube.com/watch?v=GVrgBM7D
E94


最新はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=-FWuMx_p
kH4

https://www.youtube.com/watch?v=9yD3IqrL
tPk

https://www.youtube.com/watch?v=2MOvCkCq
z_U


【Mardelas】
こちらは蛇石マリナ率いるヘビーメタルバンドで、いわゆるジャパメタで、国内のジャパメタ世代の支持率が高いバンドです。ファンがからコメントするので話半分で聴いてほしいですがどのアルバムもいわゆる捨て曲がホントにない稀有な存在です。
曲作りはリードギターとボーカルが半々ですが歌詞はほぼ100%蛇石マリナ作詞です。
蛇石マリナは邦楽・洋楽に満遍なく偏見なく影響されておりアルバム毎に風変わりなテーマを設定し、拘りぬいた凝った作風に仕上げるバンドで、曲のバリエーションは広いと感じます。
最新の人気ナンバー
https://www.youtube.com/watch?v=7Qr-_B_n
ApU

https://www.youtube.com/watch?v=MPUEJD53
zGE


サードアルバムから抜粋
https://www.youtube.com/watch?v=UGLNnnoH
5ZM

https://www.youtube.com/watch?v=gTgmyqG2
h34


セカンドアルバムから抜粋
https://www.youtube.com/watch?v=5I1kX6hJ
w64

https://www.youtube.com/watch?v=9CrSuK1p
-mI


ファーストアルバムから抜粋
https://www.youtube.com/watch?v=SJvKuc3k
l-M



メタルは演歌だ、と、いう名言?迷言もあるのですが、「メタルは演歌」を地でいった曲もあります。

https://www.youtube.com/watch?v=chK989Ex
hds

https://www.youtube.com/watch?v=8cuQslRt
W0s

※2曲目「都会の黄昏」

最近はカヴァーにも力を入れており中でもアン・ルイスの六本木心中はアン・ルイス本人直々にダイレクトメッセージでお褒めの言葉をいただいており、カヴァーのアレンジの拘りっぷりがハンパないです。
https://www.youtube.com/watch?v=81lwn1kF
Jcg

https://www.youtube.com/watch?v=_m8Zu2tr
F0g

https://www.youtube.com/watch?v=4nMqqBk-
oFk


と、まあ、、この2バンドに限っては全曲網羅してるのでおススメはもっともっとあるのですが、今回はこれくらいで(;^ω^)

でわ、また!

2021/4/12 13:17  [2265-5314]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

パトロール開始の時間でございます、笑。

0:00頃から起きていたんですけど、ご紹介頂いた楽曲を聴いていたら、こんな時間になってしまいました(^_^;)

自分で検索して聴いてみようかな、と思っていたんですけども、いつの間にか寝てしまっていて、気が付いたら音之葉さんからの書き込みが。

いや〜、たくさんの楽曲の紹介とYouTubeへのリンク、ありがとうございます(^^)

パッと見、非常に文書の構成が綺麗ですね〜。

私も気をつけてはいるんですけど、ここまで、綺麗にならないです〜( ^ω^ )。

紹介文まで書いてくださり、ありがとうございました♪

いや〜、失敗したなあ、と、w
縁側システムの弱点なんですが、掲示板のタイトル名、変更が出来ないんですよね(^_^;)
(これはなんとかしてほしいですね〜。)

全ての楽曲を聴きましたが、まだまだ、曲ごとに感想をかけるほど聴き込んでおりませんので、曲ごとの感想レスはもう少しお時間いただきたく思います。

【BAND-MAID】

秋葉原でメイド喫茶を一日で4軒ハシゴした私にとって、ドストライクゾーンです〜♪( ´▽`)、w
(こういう不届き者はどうか叱ってやって下さい、w)

冗談はさておき、これはちょっとハマりそうですね(^^)

見た目とのギャップが凄い!!
メイド服は着させられているのか、どうかわかりませんけど、実力派バンドじゃないですか(^○^)。
ガールズ・ロックバンドの枠に収まりきれない本格的なバンドですね。
ご紹介頂いた楽曲はどれも再生回数がとんでもない事になっていますね!!

聴いて良し、観て楽し、これはお世辞抜きで良いものを紹介してもらいました♪

とりあえず、ドラマーの「あーちゃん」のファンになる事に致しました( ̄^ ̄)ゞ、w
(ヴォーカル、ギタリストの子も素敵なので、瞬時に移り変わるかも、w)

このバンドは素晴らしいです、どの曲も楽しめました♪
これから、もっと聴き込む事になると思いますね〜。

【Mardelas】

此方もかなりの実力派バンドですね!!

Mardelas "Time of Tribulation"
- "Apocalypse" (Live) 2020
これはかなり私好みで、思わずリピート再生して聴いてしまいました!!
冒頭の神秘的な導入部、最高ですね!!

カヴァー楽曲も楽しめました♪
アン・ルイスの六本木心中は圧巻の出来!!、素晴らしい〜。
小柳ゆきのアルバムは所有しているので、此方も楽しめました。
DA PUMPの「U.S.A.」がこんな風になるとは!!

「和」に拘っているんですかね?
「仁義なき世界」のPVはお金をかける事なく面白く仕上げてあるので、これは天晴れですね♪

BAND-MAIDに比べると”通好み”という印象で、これはもうちょっと時間をかけて聴かないと、どれが素晴らしいとか、安易には書けないですね(^_^;)。
(なんせ、曲覚えが悪いもので、←単純に記憶力が悪い、w。)

どちらもまだアルバム3〜4枚しかリリースしてないので、コンプリート出来そう(^○^)。

なるほど〜、こういう感じのバンド、楽曲が好きでの「In Two」推しなのですね。

「In Two」をあらためてじっくり聴いてみたんですよ。
これは、安室ちゃんの楽曲としてはありそうで、なかったものだったんですね。
決してキャッチーな曲ではないですけど、これはカッコいい曲だと今更ながら気付かされました。
音之葉さんから、「In Two」の曲名が出なければ、この曲の良さを再認識する事なく終わるところでした(^^)

部分的な抜粋ですが、YouTubeにPV動画がありますね♪

安室奈美恵 / 「In Two」Music Video (from AL「Finally」)
https://www.youtube.com/watch?v=AHYwK_Op
9V8


此方はPVと最終公演の模様をMIXしたものです。(音は悪いですが、ライブ公演の音源を使用してます。)

In Two (Mix) / Namie Amuro
https://www.youtube.com/watch?v=pD7J7VS5
j5s


う〜ん、カッコいいですね〜(^^)
安室ちゃんは最後の最後まで、進化していたんですね〜♪

2021/4/13 04:15  [2265-5317]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。おはようございます。

>パッと見、非常に文書の構成が綺麗ですね〜。
ありがとうございます。これはネットワークを介した文章でのコミュニケーションをとっている者としては最大級の誉め言葉ではないでしょうか。とても嬉しく思います♪


【BAND-MAID】
>秋葉原でメイド喫茶を一日で4軒ハシゴした私にとって、ドストライクゾーンです〜♪( ´▽`)、w
なるほど!そうだったのですね。私はこのバンドをYoutubeで知ったとき(Don’t let me down)映像3割曲9割でストライクゾーンにハマりました。どのような経緯で知ったのか思い出せませんが5年以上前でした。初見のとき「この曲は2年前なのか何故2年も気づかなかったのか?」と自答したことを覚えています。なぜ映像3割曲9割なのかは曲も好みでしたが演奏も上手で音作りも上手だったからです。

※「Don’t let me down」
https://www.youtube.com/watch?v=0YGwUhg2
XNk


>とりあえず、ドラマーの「あーちゃん」のファンになる事に致しました( ̄^ ̄)ゞ、w
あら偶然w私も一押しは「あーちゃん」です。
彼女のドラムセンスは素晴らしいですがそれ以上にドラムを叩いてないときのリアクションや話し方に性格の良さが滲み出ており人を惹きつける何かを確実に持っています。不思議とちょっとした仕草に女性としての魅力が一番光っているようにも感じます。バンドの中でもっとも交友関係が多いそうですが納得がいきます。だだ、メインボーカルの「SAIKI」は極度の人見知りのようでキャラクターを演じているわけではなく正真正銘の人見知りのようです、何故そんな娘がメインボーカルを務めているのか世界の8番目の不思議と感じています。

ちなみに「SAIKI」は「安室ちゃん」の大ファンだそうでライブでの振舞や組み立てに関しては、そうとう影響を受けているそうですよ(*´ω`*)〜♪

バンドの生い立ちやメンバーの人となりに興味をもったのなら以下のファンサイトを紹介致します。BAND-MAIDを理解するのに、これ以上詳しいサイトは世界中探しても無いと断言できます。

※BAND-MAIDに世界一詳しいファンサイト
http://band-maid.seesaa.net/


【Mardelas】
>"Time of Tribulation"- "A
pocalypse" (Live) 2020
これは、"Time of Tribulation"というインスト曲と"Apocalypse"の2曲構成です。
彼らの4thアルバムである「Ground Zero」の1曲目->2曲目だからです。

>カヴァー曲
カヴァープロジェクトと称し、誰でも知ってる曲と意外性に拘って選定しアレンジしているようです。ちなみに現在ドラマーが不在で曲によってドラムパートが打ち込みになっているのはそういう理由で、カヴァーやライブでドラムパートが人の場合は助っ人で「トーマス」さんというドラマーです。

>「和」に拘っているんですかね?
これは蛇石マリナが帰国子女だからのようで「和」というよりも「日本語」・「日本文化」といった自分のルーツに拘りを持っており演歌も大好き(尚且つとても詳しい)なようです。ちなみに日本の大学を卒業していますが、この頃にバンドのギタリスト兼コンポーザーである及川樹京と大学時代の先輩後輩(音楽サークル)だったようです。

定期的にツイキャスライブ(無料)を実施するのですが、毎回テーマを決めてバックミュージックを流しつつ、ファンとの濃密な交流をしています。女性というよりアーティストとして人として本当にリスペクト出来る人格者であると共に物凄い人情家でもあります。宜しければ見てもらえると嬉しいです。Mardelasは自分のファンをちーまー(TeamMardelasだからw)と呼んでコア・ファンの行儀の良さに誇りをもっているようで、とても大切にしてくれます。ツイキャスライブを見てもらえるとわかってもらえるのですが、ふつう、ここまで、ファンに寄り添った振舞をするメジャーデビューしたミュージシャンを見た事がないです。それくらいコアなファン層を大切にする稀有なバンドです。

※蛇石マリナのツイキャス(無料) 次回予定は4/24(土)21:30〜
https://twitcasting.tv/marina_hebiishi

>BAND-MAIDに比べると”通好み”という印象で
仰る通りこのバンドに対して好みが極端に分かれると思います。
私はその極端に分かれる好きな側にいる人間ですw

好みが極端に分かれるといったのは建前ではなくその証拠に国内で現在進行形のMardelasメインのファンサイトはたぶん一つも存在しません。それくらい超マイナーバンドだと思います。

でも、ファンは確実に多数生息しており確認も出来るので、私はそんなにマイナーだとは、思っておらず、とても良いバンドだ!人気が出ない方がおかしいよ!と思っているんですけどね(;^ω^)。。。。なんでかな?、、、もっと広く認知されて欲しいな。。。人気ももっともっともっと上がって欲しいなぁ。。。(*´ω`*)


【安室ちゃん】
「In Tow」の映像サイトのご紹介ありがとうございます。
どちらも何度か見ており曲だけでなくMVとして映像と音楽がとても素晴らしいと感じます。

というか安室ちゃんはショービジネスとしては色んな意味でレベルが高く、孤高の存在ではないでしょうか。正にショービジネス界のQueen of Queenだと思っています。

「In Tow」はどちらかというと「CheckMate!」寄りの楽曲のように感じます。たぶんそこら辺が私がカッコイイと感じて好きになった要素の1つに思えます。

実は曲名を失念してしまったのですが、もう1曲好きなのがあるんです。
曲名が判明したらばご報告致します ( ^ - ^ )ゝ

でわ、また!

2021/4/13 06:43  [2265-5320]   

音之葉さん

おはようございます〜(^^)。

早起きですね〜。

いや〜、それにしても、書き込みが「綺麗」というより「美しい」レベルですね( ´ ▽ ` )。
投稿レビューもそうですが、これは私も身に付けたい!!

ご紹介頂いた、BAND-MAIDを鑑賞していました( ̄^ ̄)ゞ。

あら〜、同じく「あーちゃん」推しとはこれまた不思議な偶然♪
あーちゃんのドラム・ソロ、カッコいいですよね〜、惚れ惚れしちゃう、♪( ´▽`)。

メインヴォーカリストの「SAIKI」さん、あまり喜怒哀楽がなさそうで、そういう感じ好きなのです(*´-`)。

<ちなみに「SAIKI」は「安室ちゃん」の大ファンだそうでライブでの振舞や組み立てに関しては、そうとう影響を受けているそうですよ(*´ω`*)〜♪

ふえ〜、そうなのですか!
何か不思議ですね〜、つくづく。
安室ちゃんは安室ちゃんで、レベッカのNOKKOさんの「人魚」をカヴァーしてたりします(^.^)。

<バンドの生い立ちやメンバーの人となりに興味をもったのなら以下のファンサイトを紹介致します。

ありがとうございます(^^)
これで、ますますハマれそうですね♪

<【Mardelas】

此方も更に詳しいご説明、ありがとうございます(^^)

とりあえず、私にとって、わかりやすい方のBAND-MAIDから聴き込みたいと思います♪

【Mardelas】の様なバンドは、実際にライブコンサートに行って、身体で音圧を感じながら聴けばイチコロだと思うのですよね〜♪
(声量が半端ないですからね〜。)
体感してみるのが一番だと思うんです。
それが難しいから、CDとか、動画で楽しむしか無いのですが、(^_^;)。

<私はそんなにマイナーだとは、思っておらず、とても良いバンドだ!人気が出ない方がおかしいよ!と思っているんですけどね(;^ω^)。。。。なんでかな?

まあ、私なんかは、あまり知られて欲しくない、って思っちゃうんですよ、こういう素晴らしいバンドは(^○^)
少数で良いと思っているんです、共感出来る人は。
(それだと、バンドのメンバーの生活が苦しくなってしまいますが、w)
X-JAPANなんかもメジャーデビューする前の”X"だった頃が一番好きでしたしね( ^ω^ )。

<というか安室ちゃんはショービジネスとしては色んな意味でレベルが高く、孤高の存在ではないでしょうか。

嬉しいですね〜♪
私の常設スレッドにも書いているんですけど、全盛期の彼女のライブを完コピ出来るアーティストは世界中探しても誰も居ないと思っているんですよ。
安室ちゃんが敬愛していたジャネット・ジャクソンも激しいダンスパフォーマンスを伴う楽曲はリップシンクでしたから。
それほど、レベルが高い、思っておりますね。

起きている時はなるべく即レスするよう心がけているので、少々簡易的なものとなってしまいましたが、後程、あらためてレスしたいと思っております。

朝一からの書き込み、ありがとうございます〜(^^)

2021/4/13 07:29  [2265-5321]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。

安室ちゃんで好きな曲のタイトル思い出しました「Break It」かなり有名な曲なのに失念していたとはいえ、お恥ずかしいです・・・なぜ忘れてた!?オレw(;^ω^)

2021/4/13 20:28  [2265-5332]   

音之葉さん

こんばんは〜(^^)

時刻は只今23:33分。

日付が変わるまでに書き終える事が出来るのか?と闘っております、w

書き方が美しくないだけでなく、打ち込むのも相当遅いんです、私(^_^;)。

これは私の勘ですが、音之葉さんはブラインドタッチが出来るレベルではないですか?

<※BAND-MAIDに世界一詳しいファンサイト

こちらちょっと覗いてみました。
「5月10日メイドの日ですね。」
と書かれていましたが、何と私の誕生日ですね♪( ´▽`)♪
これはもう、運命的なものを感じてしまいますね〜。

<安室ちゃんで好きな曲のタイトル思い出しました「Break It」〜〜〜

「Break It」、なるほど、なるほど、
Rockテイストの強い曲が好みなのですね♪
まあ、正直、安室ちゃんの曲のタイトルは覚えづらいですよ。
NOKKOさんのカヴァー曲「人魚」以外、日本語タイトルの曲がありませんからね。
(スーパーモンキー時代を除く。)
例外的に「arigatou」がありますが、ローマ字にしてますからね、

安室ちゃんの曲の話題を振ってくれてありがとうございます(^^)

いや〜、それにしても、「やっちまった!」感がありますね〜〜(*´-`)、この掲示板のタイトル(笑)。

「孤高のエンターテイナー、安室奈美恵さんについて語ろう。」、こんな感じだとちょっとカッコいいじゃないですか、w
それが、「大好き!安室ちゃん!」ですからね、( ^ω^ )。
しかも”vol.1"とつけてしまっているし、これはまさしく「やっちまった!」ですね〜、w

「Break It」絡みで、少々書いてみます、一応掲示板のタイトルがタイトルなので、w
(此方に関しては、私の独り言だと思ってください、レスは不要で〜す。)

小室プロデュースから離れて、SUITE CHICでの活動を挟み、R&B路線にシフトしてセルフプロデュース三部作「STYLE」「Queen of Hip-Pop」「PLAY」をリリースした後、ベスト・アルバム「BEST FICTION」を発売し、久しぶりのミリオン・セラーアルバムとなりました。

次作「PAST < FUTURE」は地味な曲が多いながらも比較的まとまっていましたが、どこに向かっているのか方向性が支離滅裂なアルバム「Uncontrolled」に収録されている曲ですね「Break It」。
まさにUncontrolledですね(^○^)、そういった意味ではタイトル通りと言えましょう、w
しかしながら、この「Uncontrolled」、良曲がたくさん入っている、ベスト・アルバム的なものとなっていて、非常に、聴きやすいです。私も良く聴くアルバムですね♪
「GO ROUND」とか「Hot Girl」、「SINGING”YEAH-OH」などが、音之葉さんが好きなそうな曲かなあ、と思いますね(^^)

あら〜、もう1時間経ってしまった!
また、書き込みま〜す♪

2021/4/14 00:27  [2265-5334]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。こんばんわ!

>これは私の勘ですが、音之葉さんはブラインドタッチが出来るレベルではないですか?
そうですね。職業柄キーボードは使えないとお仕事が進みませんので仕方なくですかね(;^ω^)

>「5月10日メイドの日ですね。」
なるほど!それは運命的ではなくて運命確定ですねっ(≧▽≦)
そして、次回の冥途の日は豊洲でライブですよ!ちなみにお盟主様のみです。
※お盟主様=ファンクラブ会員です。これ以外にもBAND-MAID公用語が結構りますw

もちろん私もお盟主様となっており、次回冥途の日のライブ(抽選なんです)の抽選申し込みしてあります。たしか抽選ライブ申し込み期限は4/18-23:59迄ですので、tam-tamさんもお盟主様になられれば、冥途の日ライブの抽選申し込みに余裕で間に合いそうですね。ご自身の誕生日にお盟主様ライブなんて、tam-tam様専用ライブのようではないですか(*´▽`*)ステキ

逆に誕生日なので既に予定が入っているという落ちもありますねw


>「Break It」
「Uncontrolled」ですか、ありがとうございます。良い情報をいただけました。是非聞いてみたいと思います。

返信されると返信したくなる性格なので♪すみませぇ〜ん(*´ω`*)〜♪

では、また!

2021/4/14 01:35  [2265-5337]   

音之葉さん

こんばんは〜〜(^^)

<そうですね。職業柄キーボードは使えないとお仕事が進みませんので仕方なくですかね(;^ω^)

やっぱり〜( ^ω^ )、羨ましいなあ。

<なるほど!それは運命的ではなくて運命確定ですねっ(≧▽≦)

確定で御座いますか!
それはそれは何と言って良いやら、w

choco111さんから教えてもらった言葉で「必然の偶然」という素敵な言葉があります♪
音之葉さんから教えて頂いたBAND-MAIDはまさに必然の偶然と言うべきものでありましょう(^^)

<※お盟主様=ファンクラブ会員です。これ以外にもBAND-MAID公用語が結構ありますw

う〜ん、こういうファンでないとわからない用語があるのも、何とも魅力的ですね〜♪

<ご自身の誕生日にお盟主様ライブなんて、tam-tam様専用ライブのようではないですか(*´▽`*)ステキ

♪( ´▽`)♪( ´▽`)♪( ´▽`)♪( ´▽`)♪( ´▽`)♪( ´▽`)♪( ´▽`)♪( ´▽`)
行きたいですね〜(^^)
抽選に外れる、というオチもありますね、(*´-`)
しばらくライブコンサートに行ってませんから、音圧を身体で受け止めたい!!

<「Uncontrolled」ですか、ありがとうございます。良い情報をいただけました。是非聞いてみたいと思います。

ちょっと待って〜、笑。
「Uncontrolled」に収録されている曲の中では、と言う意味合いで、3曲紹介致しましたが、「Finally」と被っている曲も多いので。

EDMがお嫌いでは無いのでしたら、私としては「FEEL」と「_genic」をお勧めしたいです♪

「FEEL」はBig Boys CryとContrailの2曲が被っているだけで、
Hands On Me 、Heaven、La La La、Supernatural Love 、などカッコいい曲が多数収録されている傑作です。

「_genic」においては、被っている曲が一曲もなく、此方も、
Time Has Come、Scream、Fashionista、Stranger、What I Did For Love などクオリティーの高いカッコいい曲がたくさん収録されています。

What I Did For Love についてはこんな記事もありました♪
https://komunata-aki.com/one-music-one-d
ay/2019/09/20/david-guetta-namie-namuro/



「孤高の存在」が確認出来る内容のアルバムとなっております(^^)

<返信されると返信したくなる性格なので♪すみませぇ〜ん(*´ω`*)〜♪

お気になさらずに〜〜(^○^)、ありがとうございます♪

2021/4/14 02:33  [2265-5339]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
またしてもこんばんは(*´▽`*)

>方向性が支離滅裂なアルバム〜「GO ROUND」とか「Hot Girl」、「SINGING”YEAH-OH」など
この3曲は_genic, FEELには収録されていないようですので、それと、「方向性が支離滅裂」を味わってみたく(*´ω`*)〜♪

ちなみに_genic, FEELは所有しておりまして〜

私的な解釈で 安室ちゃんで好きな曲 = 特に好き/大好きな曲という意味で「安室ちゃんで好きな曲」として発言させていただいておりましたΣ(*/∀`*)ペチッ


でわ、また!

※2021/04現在、ほぼ完全なリモートワークが1年を過ぎようとしており生活のリズムが大きく変わってしまいました。特に睡眠時間はちょっと睡眠→活動→ちょっと睡眠→活動になってしまい。不規則極まりない状況で、故におかしな時間帯に返信しておりますが、それでも至って精神的健康・肉体的健康に不具合もなくコロナにも掛かっておりませんので、気にしないで下さいw

2021/4/14 03:38  [2265-5341]   

音之葉さん

おはようございます(^^)

「_genic」と「FEEL」すでに所有されていたのですね♪

安室ちゃんの楽曲について、もう少しお付き合い頂けそうですね(^_^;)
(音之葉さん推しのアーティストの話題も挟みつつ、情報共有していきましょう♪)
掲示板のタイトルがタイトルですので、ちょっとでも良いので、安室ちゃんに関係した話題を入れたいと、(汗)

「_genic」と「FEEL」はかなりEDMよりになっているので、好き嫌いが分かれると思うのですがどうでしょう?

作品の良し悪しと、個人の好き嫌いは別ですので、最後の2枚のアルバムは好きじゃないなあ、という感想を聞いても特に不機嫌にはなりませんので( ̄^ ̄)ゞ

そもそも、私はコアな安室ちゃんのファンではありませんからね〜。
(デビュー当時から応援し続けている、熱心なファンの方々に言わせれば、「にわか」の類いです、w)

<この3曲は_genic, FEELには収録されていないようですので、それと、「方向性が支離滅裂」を味わってみたく(*´ω`*)〜♪

被った曲が一番収録されている「アルバム」だと思います、「Uncontrolled」。
「Finally」に収録されている楽曲は全て再録音されたものなので、オリジナルと聴き比べても面白いかもしれませんね(^^)

「方向性が支離滅裂」を味わってみたく(*´ω`*)〜♪:
コンセプトアルバムとは意味合いが違いますが、「STYLE」以降のアルバムはコンセプトにかなり力を入れて制作されていると思うのですね。
(方向性がしっかりしてる、というか基盤となる音楽性に筋が通っていると言うか。)

「Uncontrolled」をトップナンバーから聴いていくと、2曲目からすでに雲行きが怪しく感じるのです(^_^;)

1:In The Spotlight(TOKYO) 、これはどちらかと言うと「FEEL」寄りの楽曲で、この曲を聴くと、あら、これまでの安室ちゃんの楽曲とは違うなあ、と期待感が湧いてきます^ ^

2:NAKED、これは前作のアルバム「PAST < FUTURE」に収録するような楽曲で、この時点で、あらら?となるのです、w。

3:Go Round、再び、「FEEL」寄りの楽曲に戻り、再び、あらら?となります、w
(曲の完成度はどれも高いです♪)

4:Sit! Stay! Wait! Down!、もうわからん、となるのですね〜w
以下のリストはこうなっています。

5:Hot Girls
6:Break It(音之葉さんの好きな曲ですね。)
7:Get Myself Back
8:Love Story(この時点でシングル曲の寄せ集めみたいになってますね、w)
9:Let's Go
10:Fight Together(「ONE PIECE」のオープニングテーマで使用された曲ですね。)
11:ONLY YOU
12:Tempest

シングルカットされた曲が多く収録されているので、聴きやすいアルバムだと思うんですが、トップナンバーのIn The Spotlight (TOKYO)がこれまでのアルバムの曲では聴くことが出来なかった楽曲だけに、聴いていくうちに訳分からんようになっていくんですね、♪( ´▽`)、w

新しい方向性に向かった楽曲とシングル曲の寄せ集めが混在してしまってます。
まさにUncontrolled、といった感じですね♪

それでも良曲が多いので、安室ちゃんのアルバムの中では一番聴きやすいと思うんです。
(安室ちゃんはマニアックな楽曲が好みのようで、一般受けする様な曲はあまり選択しないのです、w)

オリジナルアルバムの中で、迷走している安室ちゃんが楽しめる一枚、となっております( ^ω^ )♪

また、書き込みますね〜♪

2021/4/15 10:40  [2265-5353]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。こんにちは!

安室ちゃんは十代〜アラフォーまで活動してましたがFinallyで過去の発表した楽曲の再レコーディングをしていますよね。明らかに最新が最良に聞こえるんですよね。なので、まだまだ現役で活動して欲しかったと思っています。

Uncontrolledを聴いてから再度コメントさせてもらおうかなーって思います。楽しみ(*´ω`*)〜♪

でわ、また!

2021/4/15 17:08  [2265-5355]   

音之葉さん

おはようございます(^^)

珍しく、健康的に今起きました。
やはり、朝起きると、気分が清々しいですね♪

<明らかに最新が最良に聞こえるんですよね。

事務所を移籍してしまった、と言う事で版権の問題で、過去の音源が使用出来なくなり、再録音されました。
この事に関してもニュースで報道されてましたからね〜。
デビュー当時から応援しているファンは、今の安室ちゃんが歌ったら、こういう感じになる、という事で、暖かい言葉を贈っていましたけど。
引退する、という事で購入した人の中には、「なんだ、オリジナルじゃないのか。」と文句言っている人も相当いましたからね(*´-`)、残念です〜。

「Uncontrolled」、実に6曲も被ってしまってますが、聴く機会があれば、「Finally」に収録されている、「Get Myself Back」を2〜3回聴いてから、オリジナルバージョンを聴いてみてください。

再録音盤では冒頭のピアノが非常に滑らかで綺麗な音になってますけど、オリジナルバージョンでは、非常にぎこちなく弾いている感じで、結構びっくりしたりします(^○^)。

「Get Myself Back」、ヴォーカルに関しては、再録音バージョンはフラット気味に歌っているので、オリジナルバージョンも捨てがたい魅力がありますね。
ただ、若干線が細い感じです。

音之葉さんの好きな「Break It」は、やはりライヴで相当歌いこなしているので、再録音バージョンのが表現力豊かで魅力的に聴こえると思うのですが、オリジナルバージョンにも良いところはあります。

どちろが優れているか、という視点で比較するのはもったいない、という感じでしょうか(^^)

オリジナルバージョン、再録音バージョン、それぞれの魅力的なところを楽しむ、これが最高ですね♪

お仕事に支障のない範囲で、マイペースで返信して下さい。
(縁側でのやり取りで、モチベーションが上がる、という事でしたら、こちらも最高ですね♪)

書き込み、ありがとうございます(^^)

2021/4/16 07:45  [2265-5359]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。こんにちは!

お久しぶりです(笑)

「Uncontrolled」を聞いてみました。
BreakIt(AL ver)は、やはり、FinallyのBreakItの方が好みでした。

しかし収穫もありました。
Let's GOです。残念ながら私の持っているどの音源にも収録されていませんでした。
なかなか良いと思い別の音源のものも聞いてみましたがどれもカッコ良かったです。

それとnamie amuro 25th ANNIVERSARY LIVE in OKI
NAWAは総じて好印象でした。
もともとも好きな曲も結構収録されているのでそういったこともあり、私的には、最新の安室奈美恵が最高なのかなと感じました。

そして、もう一つ。
やはり、安室奈美恵&GRADOが私には一番しっくりきました♪

安室奈美恵とGRADOは、マインドというか水が似ているのかな…
それとも、私&GRADOがしっくりなのかな…

ヘッドホン・イヤホンで自分探しをしてるのかも(笑)

でわ、また!

2021/4/19 15:10  [2265-5368]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

いやー、此方の書き込み、全然気がついておりませんでした、大変申し訳ございませんm(_ _)m。

<BreakIt(AL ver)は、やはり、FinallyのBreakItの方が好みでした。

やはり、ライヴで歌いこなしているからでしょうね、「Finally」に収録されている「Break It!」の方が上手く歌っていますよね(^^)

<しかし収穫もありました。Let's GOです。

あら、私の予測は見事に外れてしまいましたねえ、w

<それとnamie amuro 25th ANNIVERSARY LIVE in OKI
NAWAは総じて好印象でした。

此方はストリーミング配信で聴かれたのでしょうか♪
ラストのドームライヴよりもリラックスしてて良い出来ですよね(^^)

<やはり、安室奈美恵&GRADOが私には一番しっくりきました♪

音之葉さんお勧めのBAND MAIDはどうですか?
GRADOには合いませんでしょうか?

<ヘッドホン・イヤホンで自分探しをしてるのかも(笑)

大事なのはやはり「音楽」でしょう。
イヤホン、ヘッドホンなどは、「音楽」を聴くための道具にすぎません。
しかし、何をするにしても「道具選び」は大事だなあと、感じる歳になってきましたね、( ^ω^ )、w
楽しみながら、「自分探し」が出来るなんて素敵な事だと思います♪

紹介して頂いたサイトによると、5月のライヴコンサートはそのまま行われる様な事が書いてありましたが、これはBAND MAIDのコンサートの事でしょうか?

返信が大変遅くなってしまった事、反省しておりますm(_ _)m。

2021/5/3 17:46  [2265-5395]   

 音之葉さん  

tamtamさん。
こんにちは。

>返信が大変遅くなってしまった事、反省しておりますm(_ _)m。
そんな風に思わないで下さい。
いつ誰に返信するのかは自由です。

というか、こちらこそ、その返信が遅くなってしまい申し訳ありません(笑)


>此方はストリーミング配信で聴かれたのでしょうか♪
>ラストのドームライヴよりもリラックスしてて良い出来ですよね(^^)
amazon HD musicです。
メインは「MYディスカバリー」で、未知の楽曲・未知のアーティスト発掘として使っているのですが安室ちゃんも結構アップされているのでなかなか便利です。


>紹介して頂いたサイトによると、5月のライヴコンサートはそのまま行われる様な事が書いてありましたが、これはBAND MAIDのコンサートの事でしょうか?
残念ながらコンサートは豊洲PITで行われる予定でしたが、コロナ渦での都内自粛期間中ということもあり、有観客席LIVEとしては中止となり、無観客席LIVE配信のみと変更になりました。


>音之葉さんお勧めのBAND MAIDはどうですか?
>GRADOには合いませんでしょうか?
これからBAND-MAIDのファンになってもらえそうなtam-tamさんへBAND-MAIDとヘッドホンのマッチング的な観点で変な前知識を伝えたくないのでどのようにお伝えすべきか、かなり悩みましたが・・・なるべく私の個人的な偏見を抑えてお伝えするとすれば・・・

あくまで私の超個人的な意見として受け取っていただきたいのですが・・・

音楽性や音作りの方向性が安室ちゃんとBAND-MAIDでは、あまりに異なってるので、BAND-MAIDを最高に楽しめるヘッドホンは他にあると感じました。

Beyerdynamic Aventho Wired
https://kakaku.com/item/K0001086673/?lid
=myp_favprd_itemview


※「Wireless」ではなくて「Wired」の方です。

※BAND-MAIDとヘッドホンのマッチングについて具体的に語れない部分をヘッドホン観点からお伝えしたいと思います。

「Aventho Wired」は、例えるならばSENNHEISER HD 25のBeyerdynamic版とも言えるようなヘッドホンで、見た目はかなりコンパクトですが、これでもテスラテクノロジー注入済みなので、持った感じはずっしりしてます。1万ガウスの磁石が詰まっているという証拠でしょうか(笑)

「HD 25」は高い音圧&ドンシャリ傾向ですが、「Aventho」は音場は「HD 25」よりも広く、低音域の立ち上がり速度&減衰速度ともに非常に高速でキレが良いです。更に中音域の表現を最も得意とし、複数音源が同時になった場合でも個々の存在をちゃんと感じさせてくれるモニターライクなリスニングヘッドホンといった感じです。

では、また!

2021/5/4 14:53  [2265-5398]   

音之葉さん

こんにちは(^^)

過ごしやすい日々が続いており何よりですね♪

<そんな風に思わないで下さい。いつ誰に返信するのかは自由です。

書き込み、返信はメンバーの方々の自由、というスタンスではありますが、管理人という立場上、書き込みのチェックを怠る事は「甘え」になってしまいますのでm(_ _)m。
時間的に長文の返信を書くことが出来なくとも、なるべく敏速に対応するよう心がけていますので。
今後、気をつけて行きたいと思っております(^^)。

<残念ながらコンサートは豊洲PITで行われる予定でしたが、******

無観客ライブってどうなんですかね?
ライヴDVDを観ているのと変わらないような、、、、
ライヴコンサートってやはり特別なものがあるじゃないですか。
私が記事で読んだのは、昨日行われた1万人の野外コンサートの事でした。
この野外コンサートにBAND MAIDが出演するのかなあって。
(今日の報道番組で早速取り上げられていましたね。)
無観客ライヴになってしまったのは残念ですが、こういう状況ですから仕方がないのかなあ(*´-`)。

<あくまで私の超個人的な意見として受け取っていただきたいのですが・・・

そんなに悩まれなくても(^_^;)
私自身もGRADOの他にも色々なメーカーのイヤホン、ヘッドホンを使ってますから(^^)

Beyerdynamic Aventho Wired、此方は新しく購入されたヘッドホンですか?
以前のプロフィールには無かったような(´-`).。oO。
(物覚えが悪くてすみません。)

私が傷つかないようにと、配慮して頂きありがとうございます、優しい方ですね、音之葉さん(^^)

<「Aventho Wired」は、例えるならばSENNHEISER HD 25のBeyerdynamic版とも言えるようなヘッドホンで、ーーーー

HD25は超ロングセラーモデルの名機なので、私も購入しようとしましたね。
ただ、ドンシャリ系だったので、別の系統のヘッドホンが欲しくて見送ってしまいました。
(ドンシャリ系としては究極のTH900とATH-SR9をすでに所有しておりましたので。)

Aventho Wiredは聴いた事がありません。
他のBeyerdynamicのヘッドホンはほとんどが試聴済みなんですが(^_^;)。

切れ味鋭いヘッドホンは好きですね♪
緊急事態宣言が解除されたら、試聴してみたいですね(^^)

PC不調のため一旦送信します。(ブラウザが勝手に消えてしまう事があるので、w)
続きを書き込みますので、お待ち下さいませ(^^)

2021/5/4 16:15  [2265-5399]   

音之葉さん、追記レス:です。

安室ちゃんの「ネタ」を一つだけでも、
(掲示板のタイトルがタイトルなもので、申し訳ないです、w)

<「Uncontrolled」を聞いてみました。

「Let’Go」が好みの楽曲だったようですが、アルバムの作り、としてはどう感じましたか?

私が音之葉さんが好きそうと、あげた3曲がどれも落選してしまいましたが、笑。
やはり、EDMにシフトした安室ちゃんのアルバム、曲は好みに合わないのかな、と(^_^;)。

セルフプロデュース時代に発売された、シングル曲の中で一番最初に好きになったのが、「shine more」という曲で、この楽曲は「Finally」には収録されておりません。

「STYLE」というアルバムに収録されている、シングル曲なのですが、残念ながら、スタジオ収録の音源より、ライヴでの歌唱の方がより魅力的なので、聴いて欲しい曲の一つなんですが。

amazon HD music、此方で、Liveバージョンが聴けるようなら、お勧めしておきます♪
(定額制で聴き放題、という事であれば、ですよ。)
スタジオ収録の音源は大人しく歌唱しているんですが、Liveバージョンではちょっとワイルドに歌唱している安室ちゃんが楽しめますね(^^)。

返信、ありがとうございました、良い一日をお過ごし下さい☆☆☆

2021/5/4 16:35  [2265-5400]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。こんばんは。

大変申し訳ありません。。。
すみません、、どれがおススメだったのか・・
宜しければもう1度ピックアップお願い致します。

2021/5/4 20:44  [2265-5403]   

音之葉さん

またまたこんばんは♪( ´▽`)。

<宜しければもう1度ピックアップお願い致します。

そんなに気にしなくて大丈夫ですよー(^^)

アルバム、「Uncontrolled」からでしょうか?

今となってはちょっと自信がなくなってしまいましたが( ^ω^ )。

*「GO ROUND」
*「Hot Girl」
*「SINGING”YEAH-OH」

の3曲を音之葉さんが好きそうな曲として予想していましたね( ´∀`)♪

3曲の中でも特に「Hot Girl」は好きそうなんじゃないかあって(^^)。
(繰り返し聴くことで一番評価が変わりそうな曲ですね、また低域の鳴り方に関してもこの曲でチェックする事が多いですね♪。)

安室ちゃんは結構マニアックな選曲をする事が多いので、このアルバムはかなり妥協した曲が多く収録されているように思うのですね。
(後半はシングル曲の寄せ集め的になってますから。ですので、初心者には聴きやすい反面、音之葉さんクラスになると、ちょっと物足りなさを感じるのかなと、d( ̄  ̄)。)

2021/5/4 21:18  [2265-5405]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。こんばんは。


■3曲のおススメについて♪
後付けで、、恥ずかしいのですが、、聞き直してみたら、、全曲結構好きでしたwww

「Hot Girl」
「GO ROUND」
「SINGING”YEAH-OH」

そして「Break It<AL ver>」ですが、何度か聞いているうちにこのバージョンも意外と良いなと感じてきました。やはり新しい楽曲は聞き込み練度が重要だなと感じました。

しかし、その他にも良いと思える楽曲がありました。「In The Spotlight(Tokyo)」「NAKED」「Love Story」です。これにファーストインプレッションで良いと思えた「Let's Go」を食わると8曲となり、なんと!過半数以上の曲を良いと思えました。

In The Spotlight(Tokyo)
NAKED
GO ROUND
Hot Girl
Break It<AL Ver.>
Love Story
Let's Go
SINGING”YEAH-OH

ちなみに「shine more」は、初めて聞きましたが、結構好きな感じです、意外だったのは、インストルメンタルも収録されていたのですが、これもなかなか良かったです。


■アルバムの作り、としてはどう感じましたか?
これに関してはtam-tamさんほど聞き込んでいないせいか、小室時代とSUITE CHICくらい異なっていれば違和感も感じますが、前振りで教えていただいたほど違和感を感じませんでした。

こちらも、もしかすると聞き込んでいくうちに違和感を感じてくるのかもしれませんね。


■無観客LIVEについて
確かに有観客席で実際のLIVEの迫力には敵いませんが

ふふふ・・・

うふふふふ・・・・

それは、ちょっと違うと思うんですよね、はやりLIVEならではのアクシデントが稀にですが発生したりもしますし、何といっても、お値段がかなりお安いですよ。

それとBAND-MADの場合は、ライブ毎に有観客だろうが無観客だろうが既知の楽曲がその時々で大胆にアレンジされて演奏されたり、ライブ専用のインストルメンタルのNewナンバーが演奏されたりと、結構サプライズもあるのでなかなか楽しめますよ。

ちなみに前回やった無観客LIVE配信は珍しいことに物凄いアクシデントが発生しファンにとっては長時間MCが発生するというド級サプライズが発生したのですが、5月20日に発売されるBle-ray/DVDで収録されるかもしれません。※更にのライブで初のお披露目になった新曲もありました。

あ!そうだ!宜しければtam-tamさんも5/10に無観客LIVE配信がありますので如何ですか?

https://bandmaid.tokyo/contents/417312

では、また!

2021/5/4 22:58  [2265-5407]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

寝落ちしてました(^_^;)。

<後付けで、、恥ずかしいのですが、、聞き直してみたら、、全曲結構好きでしたwww

あら、良かった、嬉しいなあ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

<そして「Break It<AL ver>」ですが、何度か聞いているうちにこのバージョンも意外と良いなと感じてきました。

何回か聴いているうちにそうなるんですよね♪
オリジナルバージョン、再収録バージョン、どちらも捨て難い魅力がありますよね(^^)

<しかし、その他にも良いと思える楽曲がありました。「In The Spotlight(Tokyo)」「NAKED」「Love Story」です。

「NAKED」はちょっと自信があったんですよね、実は、( ^ω^ )。EDM寄りの楽曲ではないので、
ですけど、最初にあげた3曲よりも地味目だったので、予想から外してしまいました。

「Love Story」も良かったですか。
私はオリジナルバージョンとしては「Get Myself Back」の歌唱が好きですね、イントロのピアノの部分にちょっと違和感を感じると思いますが、この歌唱は良いですよ、グッとくるものがありますね(^^)。

<ちなみに「shine more」は、初めて聞きましたが、結構好きな感じです、

アルバム「STYLE」で聴かれたようですね。
Liveでも安室ちゃんは基本的にスタジオ収録バージョンに忠実に歌唱するんですけど、「shine more」だけはちょっと違くて、凄くワイルドに歌唱するんですよ♪
安室ちゃんの曲としては、基本路線からちょい外れている珍しい曲です♪
単曲でLiveバージョンを聴く事が出来れば良いんですが、Live DVDでないと聴けないと思います。
(3つのLive DVDに収録されているのですが、「BEST FICION TOUR」以降歌っていないので、)

<小室時代とSUITE CHICくらい異なっていれば違和感も感じますが、前振りで教えていただいたほど違和感を感じませんでした。

なんだかんだ言ってますけど、私もオリジナルアルバムとしては良く聴くアルバムですので(^○^)。
トータルアルバムとして最初から聴いていくと、方向性の違う曲が一番多く収録されているので、なんとなくベスト・アルバム的な印象なんですよね♪

<これに関してはtam-tamさんほど聞き込んでいないせいか、ーーーー

毎日5時間、一年半程、安室ちゃんばかり聴いてましたので、
5×500=2,500時間、アホですよね、♪( ´▽`)、笑。

<確かに有観客席で実際のLIVEの迫力には敵いませんが

ふむふむ、、、

<ふふふ・・・

??

<うふふふふ・・・・

何か意味深な( ´Д`)y━・~~、w

<それは、ちょっと違うと思うんですよね、はやりLIVEならではのアクシデントが稀にですがーーーーー

なるほど、それは納得です(^^)
商品化されたLive DVDだと、そういったアクシデントはほとんどの場合、カットされてしまいますからね。
生配信という事もあって、撮り直しが利かないですから、緊張感もあるでしょうから。

<あ!そうだ!宜しければtam-tamさんも5/10に無観客LIVE配信がありますので如何ですか?

今でもチケット購入出来るみたいですね(^^)
お恥ずかしい事にクレジットカードが使えないのです、私。
せっかく教えて頂いのに申し訳ありません(^_^;)。

返信ありがとうございました(^^)。

2021/5/5 04:44  [2265-5408]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。こんばんは。

別スレでAventhoに触れていますが、注文していたケーブルが届き、安室ちゃん、BAND-MAIDと一日中聞きまくっていました。

結果、どちらにもマッチしちゃってます。

BAND-MAIDはベストマッチするというはある程度分かっていましたが、安室ちゃんにもマッチしたというのが大きな収穫でした。これからは気分によって使い分けが出来るようになって更に楽しみが増えました。

惜しむべきは安室ちゃんは完全に引退してるということですよね。

別かたちで復帰とかないでしょうかね・・・

復帰しても全然不自然じゃないと思うのは私だけでしょうか・・・

では、また!



2021/5/10 00:00  [2265-5424]   

音之葉さん

おはようございます(^^)

すっかりご無沙汰してしまって申し訳ないです。

<結果、どちらにもマッチしちゃってます。

それは良かったですね(^○^)。
どちらのヘッドホンで聴くか、選択肢が増えて楽しみが広がって良かったです♪

<別かたちで復帰とかないでしょうかね・・・

復帰は残念ながら無いと思います。
引退したいが為の事務所移籍ですからね。
(あそこまでゴタゴタになってまで、移籍する理由が他にありませんから。)

本当はもっと早くに引退したかったのだと思いますね。
2012年にも、全国5大ドームツアーをやってますし、本来なら、このタイミングで引退したかったのでは?と私は思ってます。
2013年の「FEEL」ツアーでは、何処か吹っ切れた様な、ほんわかした安室ちゃんの姿が観れますし。
(悪い意味で、最初から最後まで緊張感が全く感じられ無いですし、オーバーウェイトになっていますし、)
(カッコいい安室ちゃんではなく、可愛い安室ちゃん、という感じですかね。)

ドームツアーが行われる前年、2011年のコンサートツアーでは、アンコールソングとして、「arigatou」が非常に疲れ切った表情で歌唱しているのも、何か考えさせられるものがありますね。
(ファンに対してのメッセージソングでしょう、これ。)

頑固な性格だという事も有名ですからね、電撃復活はちょっとないでしょうね。

2021/5/16 04:33  [2265-5425]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんばんは。

>すっかりご無沙汰してしまって申し訳ないです。
いえいえ、お気になさらず、ご自分のペースでお願い致します(*´ω`*)


>ドームツアーが行われる前年、2011年のコンサートツアーでは、アンコールソングとして、「arigatou」が非常に疲れ切った表情で歌唱しているのも、何か考えさせられるものがありますね。

これが全てを物語っているのでしょうね。


ありがとうございました!

2021/5/18 17:17  [2265-5429]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

<いえいえ、お気になさらず、ご自分のペースでお願い致します(*´ω`*)

ありがとうございます♪

安室ちゃん、そろそろ「ネタ」的にもきつくなってきましたね、w

ちょっと書きたい事があったのですが、ピンポイントで検索すると「Yahoo知恵袋」でヒットしてしまうので、書けませんでした_| ̄|○。
(まだ残っているんですねー、)

此方の掲示板はもう安室ちゃんに関係しない事でも良いです♪( ´▽`)、笑。

音楽ネタで書きたい事やお勧め楽曲などがあれば、好きな事を自由に書いて下さい♪

よろしくお願い致します(^^)。

2021/5/19 03:32  [2265-5431]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。こんばんは。

「みんなの掲示板 vol.11」一杯になっちゃったようですので、こちらへ記載致します。

「iFi ZEN DAC Signature」の中古をお安く購入できたので購入してみました。
http://ifi-audio.jp/zen/zen_dac_signatur
e.html


iFiのDACチップはバーブラウンなんですが、ΣΔ方式とマルチビット方式を両方取り入れていて興味があったんです。最上位は4個使ってるんですが40万もするので手が出ないので考えていたんですが、「iFi ZEN DAC Signature」であれば、価格もお安いのでダメでもダメージが少ないですのでー。後ほど感想をレビューへ投稿しようかと思っています。

宜しかったら覗いてみて下さい(*´ω`*)〜♪

では、また!

2021/5/21 18:06  [2265-5436]   

音之葉さん

おはようございます(^^)

<「みんなの掲示板 vol.11」一杯になっちゃったようですので、こちらへ記載致します。

vol.12は用意してありますよ(^^)
そちらの方にGRADOヘッドホンの動画のリンクなど貼っております、旧モデルに関してですが(^_^;)
(良かったら観てみて下さい。)

<「iFi ZEN DAC Signature」の中古をお安く購入できたので購入してみました。

iFi audioのZEN DACは気になっていた製品です、Signatureシリーズではないですが、
一見ポタアンですが、据え置きとしても使用できそうだったので。
買いやすい価格のヘッドホンアンプですよね( ^ω^ )。

「iFi ZEN DAC Signature」はヘッドホンアンプとしては使用出来ないんですよね?単体では。

<宜しかったら覗いてみて下さい(*´ω`*)〜♪

色々と情報ありがとうございます♪

最近は太り過ぎのせいか、眠くて眠くて仕方がないです( ´ ▽ ` )、w

2021/5/24 06:24  [2265-5437]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんにちはー。

>vol.12は用意してありますよ(^^)
あれーっ?どうやったら見れますでしょうか?(/ω\)お教えください・・・

>iFi audioのZEN DACは気になっていた製品です、Signatureシリーズではないですが、
一見ポタアンですが、据え置きとしても使用できそうだったので。
>買いやすい価格のヘッドホンアンプですよね( ^ω^ )。
これは完全な据え置きでポタアン要素は一切ありませんのでご注意下さい。

本体の電源はUSBバスパワーかACDCアダプターが必要なのですが、そもそもUSBバスパワーはUSB2.0で0.5A、USB3.0ですと1.5Aくらいまでしか給電可能な環境しかありません。

※USB3.0以降はスペック的には100W対応ですけど音データと給電を同時に転送しつつ100W近い給電が可能なシステムが無いです。

ちなみにifi製のACDCアダプターは安いやつでも2.5AもありUSBバスパワーの5倍も強いんです。つまり音質・音色に圧倒的に有利なのでこちらがメイン運用として設計されてる可能性が高いんです。

なのでポタアン(バッテリー/DAPからバスパワー)要素での運用は音質低下の可能性が高いと思われます。

つまり折角購入しても「あれ?巷の評判ほと良くないじゃん」という結果になる可能性が高いと思われます。そういう理由で発売早々にSignatureも中古に出回ってるんじゃないかと思います。


>「iFi ZEN DAC Signature」はヘッドホンアンプとしては使用出来ないんですよね?単体では。
ですです。残念ながら単体では使えないです。

ちなみに、なんでこれを、購入したかと申しますと

・ifi は同一DAC(BB DSD1793)を突き詰め続けている
・無印より機能を削りつつ、基本性能Upにコスト掛けている
・無印より機能を削ってるのに重量がアップしてる
・オーディオの音質向上原理を反映した作りになっている
・マルチビット方式とΣΔ方式の良いとこ取りで実装していて、発売は古いけど着目点については業界では一目置かれている存在で決して古臭いわけではない。
・DAC製品の優劣はDACchipを生かすパーツ選定・基盤設計の影響度が非常に高いので同一DAC Chipを使い込み続けるifiのDAC製品は信頼度が高い

という感じです。

ちちさすさんとの会話でも「DACチップよりもそれ以外の要素が重要である」ということは事実なので、であれば、価格も手ごろで失敗した場合のリスクも低いのでチャレンジする価値があるかなと思いまして(*´ω`*)〜♪

もしかするとSignatureじゃなくても同じくらい良さは感じられるかもしれませんが私の場合は折角P-750ulを所有していますのでSignatureということになりました。

■重要情報!
これ意外と知られてないと思うんですがRCA OUTと4.4mm OUTでは駆動方式が違うんです。
・RCA シングルエンド
・4.4mm バランス
なのでボリュームレベルが4.4mmの方が明らかに高いんです。
そういうこともあって好みの問題ではありますが、音質・音色もかなり違います。
これは私が実際に使い込んだ事実を元に書いてます。

つまりRCA OUTと比較すると4.4mm OUTの方がイヤホン・ヘッドホンでバランス駆動するのと同じ効果が得られるんです。ダイレクト感強め、左右の分離が良い・等です。逆にRCA OUTの場合は、音色が柔らかで滑らかな傾向、左右の広がりがバランスと比べると狭い・等です。


>最近は太り過ぎのせいか、眠くて眠くて仕方がないです( ´ ▽ ` )、w
これ、わたしも、、リモートワーク100%のせいか、同様の傾向です。
お互い注意が必要ですね(;^ω^)

でわ、また!

2021/5/24 12:33  [2265-5440]   

パトロール開始の時間でございます、w

音之葉さん、こんばんは(^^)

<あれーっ?どうやったら見れますでしょうか?(/ω\)お教えください・・・

すみません、寝てました(^_^;)
自己解決されたようで何よりです。

iFi audioに関してはこちらの掲示板にレス致しますね♪

<本体の電源はUSBバスパワーかACDCアダプターが必要なのですが、そもそもUSBバスパワーはUSB2.0で0.5A、USB3.0ですと1.5Aくらいまでしか給電可能な環境しかありません。
<なのでポタアン(バッテリー/DAPからバスパワー)要素での運用は音質低下の可能性が高いと思われます。

なるほどー。
イヤホン用にと検討していたんですが、試聴必須ですね、あぶねー( ´Д`)y━・~~、w
詳細な説明、ありがとうございます(^^)。

<ちなみに、なんでこれを、購入したかと申しますと
ーーーーー
<という感じです。

わかりやすい説明ありがとうございます♪
うーん、深いですねー(*´-`)。

<■重要情報!
これ意外と知られてないと思うんですがRCA OUTと4.4mm OUTでは駆動方式が違うんです。

色々と勉強になりますー(^^)。

<これ、わたしも、、リモートワーク100%のせいか、同様の傾向です。
お互い注意が必要ですね(;^ω^)

多分ですが、そんなレベルではないデス、♪( ´▽`)、w
私、20歳の頃は50kgしかなかったんですよ、
今、体重計に乗ってみたら、また密かにリバウンドしてます、w
しかも数字が!!!
後0.5kgで3桁ではないですか!!!
これは早々に相撲部屋に行った方が良いかもしれません(´-`).。oO、笑。
マジでダイエットしないと、ですね(°▽°)

2021/5/25 01:39  [2265-5443]   

音之葉さん

追記レスでこんばんは(^^)

音質は劣悪ですが、安室ちゃんのライヴ映像を。
(DVDに収録されているものと全く同じですね。)

まずは私が大好きな曲「Full Moon」を。

アルバム「PLAY」に収録されている曲なので、そちらのアルバムで聴くことができますが、
なんといってもライヴでの歌唱の方が圧倒的に素晴らしいので(^^)
カッコいいダンスパフォーマンスも必見ですね♪

Full Moon (Reverb)
https://www.youtube.com/watch?v=p2vIpuPn
tYw


前レスでちょっと話題にした「arigatou」のライヴバージョンを。
音質は極悪ですが、ラックストーンで聴けばなんとかなるかと、( ^ω^ )。
アンコールで歌っているんですが、疲れ切っている、というか「生気」がありません。
よくよく聴いてみると、御子息に向けられて歌っているような気がしなくもないですね。

arigatou 安室奈美恵
https://www.youtube.com/watch?v=YnBHZTEC
_wI


どちらの音源も正規DVDと同じ映像、音源です。

では、ではー(^^)。

2021/5/25 01:52  [2265-5444]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。こんにちは。

まずはこちらの返信から。

>Full Moon (Reverb)
これ、良かったですよ。カッコイイですねー
汗だくで歌ってる姿がセクシーな感じですね。

>arigatou 安室奈美恵
こちらですがアンコールなので単に疲れてるのでは?と思いました。

>なるほどー。
>イヤホン用にと検討していたんですが、試聴必須ですね、あぶねー( ´Д`)y━・~~、w
>詳細な説明、ありがとうございます(^^)。
イヤホンは繋げられますが、問題はZEN DACの電源供給をDAPのUSB経由ではムリがあると思われます。イヤホン自体は繋げられますよー。

>後0.5kgで3桁ではないですか!!!
おっと、それは、緊急事態宣言ということですね(≧▽≦)
20時以降飲食禁止ですね(*´ω`*)〜♪

でわ、また!

2021/5/25 10:57  [2265-5446]   

パトロール、開始!←ホンマ夜型人間やなあ(´-`).。oO、w

と言うことで、音之葉さん、こんばんはー(^^)。

<Full Moon (Reverb) これ、良かったですよ。カッコイイですねー

安室ちゃんの曲としては、ちょっと変わった感じの曲でしょう(^○^)。
ステージから通路を通る時の振り付け、カッコよくないですか( ´ ▽ ` )。
安室ちゃんって、苦しくなると、前屈みになるクセがあるんですけど、この時期の安室ちゃんは、ペース配分無視で、コンサート序盤から全力で行くんですよねー♪
ちなみに、この時の「Full Moon」全31曲のうちまだ9曲目、それでこれだけ汗だくなんですよ。
後年にライヴコンサートはイヤモニを付けている事もあってか、上半身の動きが小さくなりましたね。
ペース配分を考慮するようになったのか、歳を重ねるごとにタフになっていったのかわかりませんが、後年のライヴにおいては苦しそうな感じは潜めましたね、やっぱり凄いです!!、安室ちゃん(^_^)v。

<こちらですがアンコールなので単に疲れてるのでは?と思いました。

安室ちゃんのアンコール曲は明るく楽しい曲調のものが多いんですよ。
なので、この2011年公演のアンコール曲「arigatou」はかなり異質なんですよねー。

<おっと、それは、緊急事態宣言ということですね(≧▽≦)

そうなんですよ!!
毎日ニュースで報道しないといけないレベルですー♪( ´▽`)、笑。

では、ではー(^^)
書き込み、ありがとうございます♪

2021/5/26 01:52  [2265-5449]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんにちは。

>安室ちゃんの曲としては、ちょっと変わった感じの曲でしょう(^○^)。
>ステージから通路を通る時の振り付け、カッコよくないですか( ´ ▽ ` )。
仰る通りちょっと曲の雰囲気も振り付けもちょっと安室ちゃんぽくないというか、
いや、ぎゃくか!安室ちゃんだからこういう雰囲気の場合は振り付けはこうなのかな
とにかくイイ感じです(*´ω`*)〜♪

>安室ちゃんのアンコール曲は明るく楽しい曲調のものが多いんですよ。
>なので、この2011年公演のアンコール曲「arigatou」はかなり異質なんですよねー。
なるほどぉ。そういう意味も含めてのってことだったのですね。

■ところで
ZEN DAC Signature + IER-Z1Rにすると安室ちゃんを聞いても刺さらなくなりました。
しかしGRADOにすると低音域は沈み込みますが全体的に大人しくなってしまい官能さが足りません。GRADOの場合はM500の方が相性がイイんです。

んーー。。。

私の耳がわがままなのかSR80eの妖精さんが好き嫌いがあるのか(*´▽`*)?

楽しみ過ぎて音の森に迷い込んだようです(/ω\)

しかし、これだけは、言えます。USB BUS Powerが無くても工夫次第で十分イイ感じでならせてます。

そうなんです。USB BUS Powerを徹底的に聞き込んでからじゃないとiPower ELTIEへ移行できないのです。日曜に買ってきたものの、いまだ、封も切っておりませんw

所有するヘッドホン・イヤホン・DACを色んな楽曲で、しかも、ファームを書き換えつつ聞き込んでいると膨大な時間が過ぎていきます(;^ω^)うへぇ。。。

でわ!また! (滝汗)

2021/5/26 22:34  [2265-5452]   

 音之葉さん  

P.S.

やはり、私も、妖精SR80eも、安室ちゃんには、M500+SR80eがセクシーと意見が一致しましたぁうふ(*´ω`*)〜♪


絶賛・沼・真っ只中 (^O^)/

2021/5/26 22:42  [2265-5453]   

 音之葉さん  

P.S.

すみません。。。ZEN DAC Signature + Aventho wiredだったら低音域の沈み込みが生かされて、安室ちゃんに合うんですよぉ( ;∀;)

やっぱ、絶賛・沼・真っ只中(*_*;

2021/5/26 22:50  [2265-5454]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

<■ところで
<んーー。。。

アンプとヘッドホン、イヤホンには少なからず相性というものがあるのですが、
んー、同じ IER-Z1Rのオーナーとしても、これはちょっと想定外ですねー。
ジャンル、音源にもよるのでしょうけど、少なくとも安室ちゃんの楽曲を聴く分には、ZEN DACの方が良いって事ですよねー。
あ、最終的には、LUXMANのヘッドホンアンプから聴いているのでしたら、それはそれで納得です(^^)。
(ちょっと勘違いしちゃいました、(^_^;)。)

<所有するヘッドホン・イヤホン・DACを色んな楽曲で、しかも、ファームを書き換えつつ聞き込んでいると膨大な時間が過ぎていきます(;^ω^)うへぇ。。。

そうなんですよねー。
組み合わせを試しながら聴くといくら時間があっても足りません。
それが一つの醍醐味ではあるんですが( ^ω^ )。

<やはり、私も、妖精SR80eも、安室ちゃんには、M500+SR80eがセクシーと意見が一致しましたぁうふ(*´ω`*)〜♪

<すみません。。。ZEN DAC Signature + Aventho wiredだったら低音域の沈み込みが生かされて、安室ちゃんに合うんですよぉ( ;∀;)

大沼に浸かってしまってますねー(^^)。

どの組み合わせでもダメ、という事ではないので、「嬉しい悲鳴」と言ったところでしょうか(^○^)。

一つの曲でも、このDACとこのヘッドホンで聴いたらどうだろう?と楽しみが尽きない時間を過ごされている最中ですね♪

私は随分と新しい製品は購入出来ていないですが、いまだにその楽しみは続いておりますので(^^)。

私にあわせて安室ちゃんの楽曲メインで感想を書かれていますが、音之葉さんにはBAND MAID他、推しのアーティストがたくさんあるでしょうから、楽しみは尽きない時間がしばらく続きそうですね♪

2021/5/27 04:47  [2265-5455]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんばんはー。

>んー、同じ IER-Z1Rのオーナーとしても、これはちょっと想定外ですねー。
M500もZEN DAC SignatureもP-750ul経由でIER-Z1Rに繋いでます。
多分ですが、M500+Z1Rは解像度が高過ぎるという以前に音がキツイ傾向があってそれが安室ちゃんの曲にマッチしていないと感じています。P-750ulは厚みのある音色ですが、なんといったらよいのか迷いますが、M500のダイレクトで固い音がP-750ulで音色に厚みを加えられてZ1Rへ行くので結局、硬質な部分は残ってる印象です。

そこへ行くとGRADOはZ1Rのようなカリカリの解像度でなないので、うまいことちょうどいい具合に暖かみや柔らかみが付与されて、それが、色気となってるんだと思います。

但し、ZEN DAC SignatureはM500のような硬質でダイレクトな感じでは無くて、柔らかみと低音域の深めの沈み込みが特徴なので、GRADOで更に暖かみや柔らかみが付与されることで、じゃっかんボヤっとした印象になってしまうんだと思います。

ただ、みんなの掲示板 vol.12で記載したように、iPower ELITEのバーンイン状態があまりにガバガバで本来の音になっていないせいもあり、ウィークポイントのみ冗長されてしまったようです。

暫くエージング期間を設けないと正しいレビューにならないようです。
※理由というか根拠は、みんなの掲示板 vol.12に記載した通りです。

>大沼に浸かってしまってますねー(^^)。
浸かってるというよりは、溺れてるかもしれませんw
私の未熟さが丸出しになってる気がします。お恥ずかしいです(/ω\)

ということで、レビューはもう暫くかかりそうです。

精進したいと思います!!!

でわ、また!

2021/5/27 17:24  [2265-5457]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

私の所有イヤホンの中では、IER-Z1Rはカリカリの高解像度のイヤホンというポジションではないんですよねー。
(BA型イヤホンはさらに解像度が高いイヤホンが多いですから。)
低域においての表現力の高さは流石に別次元のイヤホンで、ハイエンドマルチBA型イヤホンでも、Z1Rを凌駕する製品は聴いた事がないですけど(°▽°)!!!。
(BA型ドライバーは低域が弱いので、IER-Z1Rクラスのイヤホンを作る事は不可能と考えております。)

GRADOは不思議なヘッドホンメーカーですねー♪
音に「温かみ」が感じられますね(^^)。
一つ一つ、手作業で制作されているからでしょうか。

<ということで、レビューはもう暫くかかりそうです。

詳細なレビューはこの縁側の方で書きたい、という事でしたが、そちらに関しては私もちょっと思うところがあって、説明したいと思うのですが、「みんなの掲示板 vol.12」の方にレスしますね(^^)。


安室ちゃんの楽曲について、少し、書きましょう。

最後のオリジナルアルバム「_genic」は既にお聴きになっている、との事でしたが。
収録曲全てが未発表楽曲であるとか、ほとんどの曲が全編英詩であるとか、ちょっと異色のアルバムです。
EDMに振り切った、「Scream」とか「Fashionista」が好きで良く聴くんですけども。
このアルバムの中で、最も注目すべき曲は「Anything」だと思っているんですよね。
聴きやすいメロディのバラード調の楽曲ですが、「_genic」の中で、最も最先端のクオリティーに仕上がっている曲だと思うのですねー。
安室ちゃんの英語の発音に関しては「下手だ」とよく言われております。
ネイティブ英語をきちんと習得されているから方からすれば、あるいはそうかもしれません。
まあ、英語の発音に関しては置いておいて、w
この「Anything」、安室ちゃんの楽曲と知らないで聴くとすれば、洋楽の曲だと感じてしまう人も多いと思うのですよ、それほど、クオリティーが高い!!!
アコースティックテイストの楽曲なので、「_genic」の中では、聴きやすいバラードという印象を抱きやすい曲ですが、最も洋楽テイストの高い曲がこの「Anything」なのです。
ネイティブ英語を習得している方々は、英語の発音で歌っているのは他国の人だ、とバレてしまうと思いますが、アレンジが秀悦で、曲自体の完成度はピカイチですねー♪
個人的には、隠れた「名曲」だと思っております(^^)。

2021/5/27 19:59  [2265-5458]   

音之葉さん

またまたこんばんは(^○^)。

ちょっと、動画でも観ようかとYouTubeを開けたら、お勧め動画に何故か↓がありました(^^)。

BAND-MAID / NO GOD (Official Live Video)

https://www.youtube.com/watch?v=nAdWnIRj
Gak


昨日アップされたばっかりなんですね、なんで、お勧めリストに入っていたんでしょう( ´ ▽ ` )。
チャンネル登録しておきましたー♪

相変わらずカッコいいなあ(*´-`)。
あーちゃんのドラム、キレキレで良いですねー(^^)。
やっぱり、あーちゃん推しですねー、これ観ちゃうと。

LUXMANのアンプで聴いてみたいなあ(´-`).。oO
どんな感じで鳴るんだろう。

では、ではー♪

2021/5/27 22:48  [2265-5462]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんにちは。

返信遅くなり申し訳ありません。

BAND-MAIDは突然MVや新曲やコラボを発表してくるのでホントに驚かされます。

ちなみに2019にNetflixのKATEという作品のなかでBAND-MAIDとして出演が発表されたのですが延期なのかわかりませんが、やっと今年の秋に配信が決定したようです。
https://ew.com/movies/kate-first-look-ma
ry-elizabeth-winstead-netflix/


更に更に本日ですが今度は新曲「火花」を発表しました。
ナント!全日本大学eスポーツ対抗戦 2021 バトルテーマソングとしてレインボーシックスシージに採用されたそうです!すごいくないですか!事務所の力って偉大ですね(#^.^#)
https://www.youtube.com/watch?v=girXbBs0
KmU


>LUXMANのアンプで聴いてみたいなあ(´-`).。oO
>どんな感じで鳴るんだろう。
tam-tamさんはヘッドホンアンプはシングルエンドのみなのでしたっけ?
多分ですがBalancedによる変化も含めて相当違うかもしれません。
私はP-750ulを購入する前にPhasemationのEPA-007というヘッドホンアンプを中古で使っていました。※初売りで価格で126000円で、なかなか評価は高いちゃんとしたアンプです。
https://kakaku.com/item/K0000228618/?lid
=myp_favprd_itemview


発売は古いですがヘッドホンアンプ単体の仕組みは不変なので手軽にbalancedを試せる環境として使っていました。ちなみにEPA-007はBTL方式ではないです。※TEAC的にはアクティブグラウンド方式と表記されてるものと同一だったかと思います。

ですのでまずはどの方式でもかまわないのでBalancedを導入してみるのが良いかと思いました。既に導入されていたらごめんなさい。

話を元に戻しますとP-750ulはP-750uをもっていてP-750ulを追加購入したユーザさんいわくかなり違うらしいです。私の感想ですが、とにかく低音の表現力が芳醇とでもいいましょうか、しかも、ぼわん、ぼわん、では、なく、ダンピングはしっかりしており、低音の発生から収まり迄は高速です。高音域はとても滑らかでいわゆる刺さるということは一切ないと感じます。特筆すべき点はヘッドホンを駆動するとは、こうだよと、言わんばかりの、体現というか、どんなヘッドホン・イヤホンを繋いでも、本来の音はこれだったんじゃないか?と思わせるくらい繋いだヘッドホン・イヤホンの持ち味を濃くした音色を出してきます。この特性があるのでいろんなヘッドホン・イヤホンを繋ぐのが楽しくて終わりがありません。

そんな感じのヘッドホンアンプです。

でわ、また!




2021/6/1 16:02  [2265-5463]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

<返信遅くなり申し訳ありません。

大丈夫ですよー。
PS5のレビューは大変、参考、勉強になりました( ̄^ ̄)ゞ。
(私自身はゲームはやらないのですが、PS5の購入を検討していた知人がいましたので、良いアドバイスが出来そうです♪。)

<更に更に本日ですが今度は新曲「火花」を発表しました。

あら、「NO GOD」は新曲ではなかったのですか(^_^;)。
どちらも新曲でしたら、サプライズなハイペースでの発表ですね。

新曲「火花」を全曲聴こうとBAND-MAIDのチャンネル見たんですが、此方にはまだ反映されていないのですね。
悲しいなあ(*´-`)。

<バトルテーマソングとしてレインボーシックスシージに採用されたそうです!すごくないですか!

事務所の力もあるのでしょうが、肝心の楽曲が良くなくては採用されません(^^)。
BAND-MAIDにはこれからもっともっと、注目して貰いたいですよねー♪
頑張れ「あーちゃん!」←違うか、w 他のメンバーのファンの方、ごめんなさいm(_ _)m。

<tam-tamさんはヘッドホンアンプはシングルエンドのみなのでしたっけ?

そうですね(^^)。
ゆくゆくはバランス接続で聴けるように、と考えておりました。
IER-Z1Rを選択したのも、従来的にそういう発想があったからです。

<ですのでまずはどの方式でもかまわないのでBalancedを導入してみるのが良いかと思いました。

iFi AudioのZEN DACに興味を持ったのは、比較的リーズナブルな価格で購入できる4.4mmバランス対応ヘッドホンアンプだったからですね(^^)。
ヘッドホンはリケーブル可能なモデルを多く所有しておりませんので、高価で大きなヘッドホンアンプは当分の間、必要はありません。
でも、LUXMANのヘッドホンアンプには衝撃を受けましたので、手が届かない、とはいえ憧れの逸品ですね♪

<話を元に戻しますとP-750ulはP-750uをもっていてP-750ulを追加購入したユーザさんいわくかなり違うらしいです。

違うでしょうね、価格からしてもそれが伺えますし、

<私の感想ですが、とにかく低音の表現力が芳醇とでもいいましょうか、
<この特性があるのでいろんなヘッドホン・イヤホンを繋ぐのが楽しくて終わりがありません。

なるほどお、思い切って購入して正解でしたね(^^)。
私もヘッドホンアンプとしてはかなり長時間試聴したのですが、限定モデルでは無いP-750uの方ですし、100%のポテンシャルが発揮されるバランス接続では聴いておりません。
シングルエンドで聴いても、陶酔してしまったのですから、(*´-`)。
オーケストラ楽曲のみでの試聴でしたので、女性ヴォーカルとか聴いてみたいですね(^^)。
あの「ラックトーン」を聴いてしまうと、安室ちゃんのライブ音源とか、どんな風に鳴るんだろう?と想像するだけで興奮してしまいますね(^○^)。

書き込み、ありがとうございます♪

2021/6/1 23:23  [2265-5465]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんばんは!!

>PS5のレビューは大変、参考、勉強になりました( ̄^ ̄)ゞ。
>(私自身はゲームはやらないのですが、PS5の購入を検討していた知人がいましたので、良いアドバイスが出来そうです♪。)
先週はずーっとZEN DAC Signatureを聞き込んでいたので、気分転換にPS5で遊ぼうかと久しぶりに電源を入れたところ、PS4時代から遊んでいたゲームがアップデートされてまして。
な、なんと!PS4コントローラーを使えないよう仕様変更してたんですwww

PS5本体はおろかコントローラでさえ手に入れ難いご時世にこの仕様変更はあり得ません。
もともとPS4コントローラは使えていたのでソニーの指導ではないかと思っています。

なので再レビューして少しでもPS5被害を押させたいと思い、そこだけをアップデートしました(;^ω^)

とにかく使い難いですし、グラフィックはPCゲーム機の3年前の品質ですし素人騙しにもほどがあります。ゲーム機はリリースされたら仕様を簡単に変えられません、変えたとしたらこんな高価なゲーム機を直ぐ買い替えられるユーザなんて少数です。たぶん仕様変更したら現PS5+新PS5で軽く12〜15万は吹っ飛びます。ゲームにお金を掛け難いからコンシューマ機の価値があるのにいくらなんでもあんまりです。そういう憤りでサクッと更新致しました(/ω\)


>あら、「NO GOD」は新曲ではなかったのですか(^_^;)。
>どちらも新曲でしたら、サプライズなハイペースでの発表ですね。
「NO GOD」も新曲には変わりありませんが、アルバム「UnseenWorld」でリリースされた曲です。
BAND-MAIDは予想だにしない状況から新曲をポンってリリースすることが多いんです。
彼女たちも含めプロデュース側もかなりの遊び心があるのではないかと思ってます(*´ω`*)〜♪


>頑張れ「あーちゃん!」←違うか、w 他のメンバーのファンの方、ごめんなさいm(_ _)m。
わたしも 頑張れ「あーちゃん!」派です! (^O^)/ナカマー


>あの「ラックトーン」を聴いてしまうと、安室ちゃんのライブ音源とか、どんな風に鳴るんだろう?と想像するだけで興奮してしまいますね(^○^)。
これが!
今のところ一番のクセモノです。

以前のM500+P-750ul+SR80eではドンピシャでしたが、ZEN DAC Signature+P-750ul+SR80eですと若干ピントが緩いというか柔らか過ぎな感じなのです、がしかし、まだ、まだ、セッティング&エージング中なので断言はできません!

しかしながら、M500+P-750ul+SR80eでは、P-750ulの存在は大きいです。
おそらくM500 = 10%、P-750ul = 50%、SR80e = 30%くらいの影響度かと感じています。
要するにP-750ulは要な感じです。

以前私がセクシーに感じると表現致しましたが、「ラックストーン」無くして、感じ得なかったのではないかと思っています。

では、また!

P.S.
 こうしてお返事を書いている間もZEN DAC SignatureとiPower ELITEさん達は電源がONになっておりジワジワエージングが進んでおりますわよ♪おーほほほほ(*´ω`*)〜♪



2021/6/2 00:11  [2265-5467]   

音之葉さん

最速レス、ありがとうございます(^^)

PS5、何かの記事で読んだ記憶があるのですが、SONYは国内ユーザーを捨てて、海外ユーザーの方にいってしまったと。
英語では、YES=はい、NO=いいえ、とならない場合があるじゃないですか、
なので、決定キーの入れ替えも海外基準で変更したのかな?と(^_^;)。

こういうのはアップデートでどうにでもなる、と思っていたのですが。
<な、なんと!PS4コントローラーを使えないよう仕様変更してたんですwww

まさか、まさか!!、ですよねー(*´-`)。
なぜ、PS4コントローラーを使用出来なくアップデートするのか、ちょっと意味がわかりません( ´Д`)y━・~~
うーむ、(´-`).。oO。

<なので再レビューして少しでもPS5被害を押させたいと思い、そこだけをアップデートしました(;^ω^)

レビュー修正は4回までしか出来ませんから、まだ余裕があって良かったですね(^^)。

知人もPS5の購入を検討していた、と書きましたが、1番の決め手は、PS4のソフトがプレイ出来る、この一点だけなんですよ、
知人は4Kとか8K対応のディスプレイを持っていませんから、グラフィックに「綺麗さ」よりも、滑らかな動きを重視します。

音之葉さんのレビューを見せたら、途端に購入意欲は失せると思いますし、そもそも、知人はPS5以外のゲーム機にも興味を持っていたので、良い決断が出来ると思います。
私はゲーム機に関しては疎いですから、非常に助かりました。


<「NO GOD」も新曲には変わりありませんが、アルバム「UnseenWorld」でリリースされた曲です。

なるほど、既に発売されていたアルバムからのシングルカットなのですね(^^)。

<彼女たちも含めプロデュース側もかなりの遊び心があるのではないかと思ってます(*´ω`*)〜♪

メイド服にハードロック、コンセプトが楽しいですよね、
しかも、内容的には実力派ガールズバンドですから、その辺りのギャップ萌えも堪らないものがありますね(^^)。

<わたしも 頑張れ「あーちゃん!」派です! (^O^)/ナカマー

バンドで、ドラマーにスポットが当たる事は比較的少ないような気がします、よほどの魅力がないと♪( ´▽`)。
他のメンバーももっと、良く観ないとダメだと思うんですが、BAND-MAID初心者としては、どうしても「あーちゃん」ばかりに目がいってしまう、( ^ω^ )。

<これが!
今のところ一番のクセモノです。

音之葉さん的にはZEN DAC Signature+P-750ulは今のところ、イマイチなのですね。

私も基本的に新し物好きなんですが、
私の使用しているヘッドホンアンプはDENONの310USB、
(私のプロフを見ているから、書く必要が無かったですね、笑)
最近は新しいイヤホン、ヘッドホン、を全く購入出来ないでおりますが、
去年手に入れたヘッドホンにHD650がありますが、これが310USBと絶望的に合わない、笑。
安室ちゃんの楽曲を気持ちよく聴くために揃えたイヤホン、ヘッドホンばかりだったので、古いヘッドホンとはいえHD650は殿堂入りするような名機ですから、期待が半端なかったんですね。
これで、クラシック音楽もそれなりに楽しめるかなって。
(クラシック音楽といえばHD650御用達、みたいに様々なところで書かれてますからね。)
(逆か、w HD650といえばクラシック音楽御用達、か、w)

310USBはフルデジタル構成のヘッドホンアンプなので、鳴り方が淡白なんですね。
オーテクのSR9の方が、遥かに良く鳴るんです、クラシック音楽でも。
SR9はミニTH900と言って良いほど、ドンシャリ型のヘッドホンです。
クチコミでも、クラシック音楽にはかまぼこ型より、ドンシャリ型の傾向のヘッドホンの方が合う、と書かれていた方がおりましたが、私もこの方の意見に賛成ですね。

この縁側のメンバーでリケーブルを自作しているドーヴェンウルフさんという方が居ます。
ちょっとドーヴェンウルフさんに相談に乗ってもらって、私の要望も取り入れて頂いてHD650用のリケーブルを作って貰ったんです。
結果的には、Rockに最高に合うHD650へと変貌する、素晴らしいケーブルを制作していただきました(^^)。

LUXMAN P-750uでHD650を聴いたのですが、非常に素晴らしかったですね、
陶酔の極地とはまさにこの事でしょう。
ある目的があったので、音源はクラシック音楽しか用意しなかったのですが、女性ヴォーカル、安室ちゃんの曲も聴いておけば良かったと後悔しましたが、用意しないで正解だったかもしれません。

だって、想像していた通りに鳴ったとしたら、とてもじゃないですけど、我慢出来ないですよ、w
欲しい、欲しい、欲しい、( ´Д`)y━・~~、日々、そんな妄想と格闘しなくてはいけませんから、笑。

<がしかし、まだ、まだ、セッティング&エージング中なので断言はできません!

今のままでも、好きになっちゃうなんじゃないかと思うんですよね、
安室ちゃんの楽曲に固定しても、激しい曲ばかりではないですから。
柔らか過ぎ、と感じる鳴り方がピタッとくる曲はあると思うので♪
そうでなくても、こういう鳴り方も「ありだな!!」と感じる、思えるようになると思いますよ(^^)。
「ラックストーン」は唯一無二の存在だと思っておりますので♪

2021/6/2 01:33  [2265-5469]   

音之葉さん

おはようございます(^^)

BAND MAIDをウィキペディアで検索し、アルバム名をクリックし、曲名をメモって、YouTubeで聴く。
なんて事をコツコツとやっておりますが、(^○^)。

Live音源しかない曲もあるので、オリジナルアルバムが聴きたい、と思い、図書館で検索しましたが、ヒットせず。

(*´-`)(*´-`)(*´-`)
やっぱり、図書館には置いてないのかなあ、こういう系統のCDは。
BABYMETALはあったのに、(´-`).。oO。

図書館の検索システムが一新されて使いづらいったら、ありゃしない。
カタカナで入力してみっか、

あったー!!!
♪( ´▽`)♪( ´▽`)♪( ´▽`)♪( ´▽`)
一枚だけですが、(^_^;)。

「CONQUEROR」、サードアルバムがありましたー♪
一枚だけですが、圧縮音源ではないオリジナル音源で聴けますねー(^○^)。

ヨドバシ・ドット・コムで検索かけたら、こんなん出てきました♪

BAND-MAID ONLINE OKYU-JI (Feb. 11, 2021)
[DVD]
https://www.yodobashi.com/product/100000
009003396296/


ライブDVD、Blu-ray、両方あるのですね(^^)。
音之葉さんは既に入手されたのでしょうか。
セットリストが豊富で魅力的なのですが、最初に出たライヴDVDとどちらが良いのでしょう?

BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 【進化】at LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂) [DVD]
https://www.yodobashi.com/product/100000
009003254280/


こちらは曲数が少なめですが、何となく気になります♪( ´▽`)。

すぐには購入出来ないと思うのですが、どちらか一枚という事であれば、おすすめはどちらになりますでしょうか?

ご指南のほど、お願い致します( ̄^ ̄)ゞ。



2021/6/2 10:00  [2265-5475]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんにちは。

取り急ぎ!ですが!!!

うーーむ!どちらも歴史的なLiveなのですが、うーむ!!!!

>BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 【進化】at LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
・アコースティックVerが入ってます。滅多に聞けない。
・アルバム「CONQUEROR」迄の選曲セトリになってます。


>BAND-MAID ONLINE OKYU-JI (Feb. 11, 2021)

・セトリ数が過去最多!
・アルバム「Unseen World」迄の選曲セトリになってます。
・私がBAND-MAIDを好きになった切っ掛けの曲「Don’t let me down」が入ってます※めっちゃ個人的な好みで恐縮ですがLIVE動画では滅多にこれ聞けないんですよー
※LIVE配信とDVD作品との違い以下が省かれてます(残念)
※@約20分にもおよぶ長時間MC(SuperDaradaraTIME:小鳩が命名)が勃発!今後絶対に無いと言い切れます!理由がありますw
※AこのMCの最後にあーちゃんめちゃカワイイですよ♪
※BこのMCの最後にMISAの歴史的発言w


>BAND-MAID ”THE DAY OF MAID”(May. 10, 2021)
先日行われた配信です。多分このLIVE配信がファンから最も映像化が望まれてるLIVE配信だと思います。
・なんと!あーちゃんの歴史的発言を聞けます
・初のOpeningActが登場!

ということで、映像化作品としては、どちらも捨てがたいんですが、どちらか一つというのであれば、武道館ライブを前提としたセトリということもありBAND-MAID ONLINE OKYU-JI (Feb. 11, 2021)
でしょうかね。

でわ、また!

2021/6/2 11:54  [2265-5476]   

音之葉さん

最速レスありがとうございます(^^)

昨日から、寝てないのですか、(( _ _ ))..zzzZZ。
(睡眠はきちんととりましょう、私は基本的にショートスリーパーなので、大丈夫ですが(^_^;)。)

いやー、詳しい説明ありがたいですー(^○^)。

なるほど、なるほどー!!!

今はまだ、「あーちゃん」推しなので、←「あーちゃん推し」で良いではないか、♪( ´▽`)。
<・私がBAND-MAIDを好きになった切っ掛けの曲「Don’t let me down」が入ってます
<※AこのMCの最後にあーちゃんめちゃカワイイですよ♪
この2つが決め手になり、BAND MAID、最初のLive DVDはBAND-MAID ONLINE OKYU-JI
此方を買う事にします♪

<先日行われた配信です。多分このLIVE配信がファンから最も映像化が望まれてるLIVE配信だと思います。
<・なんと!あーちゃんの歴史的発言を聞けます

「あーちゃんの歴史的発言」!!??
めっちゃ気になるではないのー(°▽°)、w

BAND MAID初心者に有り難きアドバイス、ありがとうございます(^^)

仕事のし過ぎには気をつけてくださいねー♪
(休憩は摂りましょう( ̄^ ̄)ゞ。)←音之葉さんを見習って、お前も頑張らんかい!(自分に言ってます、w)

ありがとう、ありがとうございます!!

では、ではー♪♪

2021/6/2 13:08  [2265-5477]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんにちは。


>「あーちゃんの歴史的発言」!!??
>めっちゃ気になるではないのー(°▽°)、w
BAND-MAIDの最新の歴史的発言で「いらっしゃいませ」ですwww
これ説明しちゃうとLIVE配信のネタバレになっちゃうのでお聞きになりたいのであえば
もう一回返信くださいw
そうしたら「ネタバレ」許可いただいたと思って説明いたします。ムッフー(*´ω`*)〜♪


ちなみに睡眠は取れてますのでだいじょーぶです(*´▽`*)

でわ、また!

2021/6/4 12:51  [2265-5478]   

音之葉さん

こんにちはー(^^)

今日はちょっと残念な空模様ですね。

<BAND-MAIDの最新の歴史的発言で「いらっしゃいませ」ですwww
<そうしたら「ネタバレ」許可いただいたと思って説明いたします。ムッフー(*´ω`*)〜♪

ムフフフ、何となくわかってしまいました、♪( ´▽`)、
正解かどうかわからないですけども。
メイド喫茶全盛期に1日に数件、ハシゴしたって言ったでしょ、w
何となくですよ、何となーく♪
答え合わせは後々の楽しみに為にとっておこうと思います、( ̄^ ̄)ゞ。

<ちなみに睡眠は取れてますのでだいじょーぶです(*´▽`*)

了解でーす(^^)。
健康第一でやっていきましょう♪

レス、ありがとうございました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆。

2021/6/4 15:04  [2265-5480]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんにちは。

わたしはtam-tamさんとの会話が楽しくてしかたありません(*´▽`*)〜♪

えっとですねー
それでですねー

> ムフフフ、何となくわかってしまいました、♪( ´▽`)、
たぶんですが、、ハズレだとおもいますぅー(*´ω`*)うふふー♪

何故だとお思いですかぁ?

これは前回のLIVE配信で異例の長時間MCした時と同じくらいのアクシデントだかなんですぅー ムッフーン(*´ω`*)〜♪

多分ですが、このアクシデントは、前回のライブ配信と同様に製品版ではカットされてしまう可能性が高いと思っています。

全開のMCも今回の歴史的発言も製品版では世に出回りませんが、、偶然にも私はこれらの衝撃動画を合法的に保存しております。ただ世の中に出すのはMGでしょうね。。。

しかしリッピングは違法ですがリッピングではないので法律に触れることはないと考えています。

ちなみに家のパソコンは5950Xという並列処理には最高レベルのCPUとグラボ・SSDもかなりの高性能な組み合わせで並行処理にはなかなかの能力を発揮します。

ですので違法性も無く綺麗な動画を記録しておけるわけなのですが、、、個人的な利用は違法なのでしょうか?そこが気になります。。。個人的な共有とか。。。


>BAND-MAID PRIME
あ!ちなみに、BAND-MAID PRIMEという有料なのですがサイトが新たに設立されました。

こちらは普段みれないような特別な映像ばかりを会員のみに公開するというPRIMEなサイトなのですが、、、

ここで、、あーちゃんファンには悶絶な動画が最近アップされたんですw

共有できなくてかなり残念なのですが情報だけでもお伝えしたく・・・(/ω\)


>BAND-MAID ONLINE OKYU-JI(Feb.11,2021)の追加情報
それとですね!
こちらの映像で「あーちゃんの変顔」が見れます!

更に言うと私おススメの楽曲”Don’t let me down”で、めっちゃあーちゃんがカワイイく撮れてますよ!これみないとダメですよぉ〜 ミトケミトケー(*´ω`*)〜♪

でわ、また!



ミトケミトケー(*´ω`*)〜♪



でわ、また!



2021/6/8 09:34  [2265-5491]   

音之葉さん

こんにちは(^^)

しっかし、モタモタしてますねー、私のタイピング、笑。
もう一つの掲示板のレスの打ち込みに何時間かかっとる、♪( ´▽`)、w

<わたしはtam-tamさんとの会話が楽しくてしかたありません(*´▽`*)〜♪

それはまずいですねー、私と同類の人種と勘違いされちゃいますよ、w
(照れ隠しですね(^○^)。嬉しいですー♪。)

<たぶんですが、、ハズレだとおもいますぅー(*´ω`*)うふふー♪

おお!鋭いですねー、w
「おかえりなさいませ。」では、なかったかー、♪( ´θ`)←単純な人間ですー、笑。

「おかえりなさいませ。」、
歴史的発言ではありませんよねー、w

オヨヨ、これは気になってきましたねー♪

<ですので違法性も無く綺麗な動画を記録しておけるわけなのですが、、、個人的な利用は違法なのでしょうか?そこが気になります。。。個人的な共有とか。。。

リッピングとかダビングとか言われているものですよね。
私は10年ほど、レンタル業界に関わってきたのですが、私的利用なら問題ないはずです。
ですが、この分野の法律はかなり変わってきてますからね、現在はどうでしょうね。

YouTubeでも、国内アーティストの販売映像とかライブ動画とかの、アップロードは基本的に違法行為ですからね。
(音源のみでもダメですね。)

CDのリッピングはなんら問題にはならないと思いますが、映像となると、どうなんでしょう。
私的利用でも、ダメな映像はありますからね、法律上。

APPLE MUSICのロスレス配信がちょっとした話題になってますね。
せっかくのロスレス音源なのに、その恩恵を受ける事が出来ないとか、書いてある記事がありましたね。
次期iPhoneでは、Lightning端子も廃止になるようで、結局、圧縮して送信する事になるらしいです。
今、販売しているiPhoneでは大丈夫なんでしょうかね、

<あ!ちなみに、BAND-MAID PRIMEという有料なのですがサイトが新たに設立されました。

凄い勢いですねー、BAND MAID!!
音之葉さんの紹介で知っておいて良かったー(^○^)。

<ここで、、あーちゃんファンには悶絶な動画が最近アップされたんですw

なんですとー!!
月額利用料金次第では、即入会しますー♪( ´▽`)、笑。

<更に言うと私おススメの楽曲”Don’t let me down”で、めっちゃあーちゃんがカワイイく撮れてますよ!これみないとダメですよぉ〜 ミトケミトケー(*´ω`*)〜♪

何ていうか、絶妙なバランスのメンバーなんですよね、そこがとても素敵なんです(*´-`)。
メインヴォーカルの子はちょっと、ツンデレ系な感じじゃないですか。
ツンデレ系バンドかと思いきや、笑顔全開で楽しそうにドラムを叩くあーちゃんの存在感が半端ないですし。

Don’t let me down
てっきり、ビートルズのカバー曲だと思ってましたが、(^_^;)。

<ミトケミトケー(*´ω`*)〜♪

菅総理、給付金お願いいたします、w
麻生大臣、私は貯金などせず、BAND MAIDのDVDとCD購入にお金を使いますんで、w
それと、BAND MAIDをより良い音で楽しめる、イヤホン、ヘッドホンを購入しますから、経済を回す自信があります!!!、w←何を語っとんねん、♪( ´▽`)、w。

2021/6/8 11:16  [2265-5493]   

 音之葉さん  

tam-tamさん
こんにちは!

>「おかえりなさいませ。」では、なかったかー、♪( ´θ`)←単純な人間ですー、笑。
あ、ある意味!!!!鋭い!!!!
ですが、問題発言自体は「おかえりなさいませ。」ではなくて、「おかえりなさいませ。」と言わないとイケなないのに「XXXXXいませ」となってしまい、お決まりのSAIちゃんにツッコミいれられ、それだけならまだしも、KOBATOからも突っ込まれLIVE終始このネタで突っ込みまくられるという微笑ましいLIVEになっちゃったわけですwww

どんだけ突っ込まれて、あーちゃんが対応てるかが、これも見ごたえアリですね(*´ω`*)〜♪

なので、もしかすると、うまーくカットされちゃうかもしれないと考えるとあまりにも勿体ないというか、そんなDVD/Ble-Rayなんぞ発売した日には、あーちゃんファンが黙ってないでしょうねw


>リッピングとかダビングとか言われているものですよね。
>私は10年ほど、レンタル業界に関わってきたのですが、私的利用なら問題ないはずです。
>ですが、この分野の法律はかなり変わってきてますからね、現在はどうでしょうね。
正確にはリッピングでもダビングでもないです。
配信動画を表示してる自分のモニターをWindowsのシステムで録画してるだけです。画質も60fpsで元よりアップしてますし、音質もHi-Resで取ってますので劣化は一切ないです。

でも、自分のモニター画面のブラウザーウィンドウを録画してるだけなのでw
いわゆるゲーム実行動画と同じ原理ですねw

>BAND-MAID PRIMEの料金
月額1000円になりますぅー(*´ω`*)〜♪

結構頻繁にアップしてくれるので元は取れてると思います。

>BAND MAIDをより良い音で楽しめる、イヤホン、ヘッドホンを購入しますから
これなんですよね!
tam-tamさんが感じるベストはヘッドホン・イヤホンを是非感想お聞きしたいです。
これは、かなり、楽しみなんですよねー

でわ、また!


2021/6/8 11:54  [2265-5495]   

音之葉さん

寝る前にこんにちは(^^)。

今日は暑いですねー。

今から寝て、21:00頃、起床予定。
(若い時からの習慣なので治りません、(^_^;)。)

<あ、ある意味!!!!鋭い!!!!

それはそうですよー、w
店に入ると「おかえりなさいませ、ご主人様。」と言うのが、メイド喫茶全盛期の決まり文句の様なものでしたからねー、←全盛期っていつやねん♪( ´▽`)、笑。

料金もリーズナブルで、店舗によって、色々なメイド服があって、面白かったですねー。
私自身、メイド喫茶なるものが出来る前に、「アンナミラーズ」とか通っていましたからねー(^○^)。
(音之葉さんは「アンナミラーズ」はご存知でしょうか、もちろんウェイトレスの制服姿が好きだったんですけども、とどのつまり制服好きなんですね、←危ないですねー、w。)

<どんだけ突っ込まれて、あーちゃんが対応てるかが、これも見ごたえアリですね(*´ω`*)〜♪

ええー、「あーちゃん」はイジられキャラなのですか、堪らんですねー♪
メンバーの関係性が良いバンドは素敵ではないですか(*´-`)。
(*´ω`*)〜♪(*´ω`*)〜♪(*´ω`*)〜♪(*´ω`*)〜♪

<正確にはリッピングでもダビングでもないです。

ビデオには様々なコピーガードが施されていて、それを解除する、コピーガード除去機が溢れかえっていた時代ですね、懐かしいー。
ビデオデッキ4台、コピーガード除去機2台、セレクター、モニター、ラック、これらをああだこうだと、難しい用語を使って押し通し、無理矢理経費で落として、揃えてしまいました、(^○^)。
レンタル業界に精通している人間は私一人しかいませんでしたので、発注なんかも好き勝手にやっていましたね。

業務用CD研磨機なんかも、導入したのは、私のお店が第一号だったように思います。

「あのー、oooooという者なんですが、責任者の方はいらっしゃいますか?」
と、研磨機メーカーの方が訪ねてきたんですね。
アルバイトに呼ばれて、
「私が、責任者のtam-tamですが、ご用件は?。」

「実は、私どもはCD研磨機開発メーカーのものでして、お店の規模から考えて、導入してはどうかと思いまして。」

「CD研磨機?、ああ、CDの表面の傷をとるやつね。ダメダメ、私も買いましたけど使い物にならんですよ。」

「いえいえ、量販店で販売している1万円程度で購入出来る様なものとは全く品質、仕上がりが違います。」
と言って、実際の研磨機を車から運んで、実演して見せてくれました。

「ピカピカではないですか!!、これは凄い!!!」

「そうなんです、新品同様に仕上がりますね。」

「しかし、随分と大袈裟な機械に見えますが、価格の方は?」

「35万円ですね、もちろん付属品込みの価格です。」

「35万円!!!、ちょっと、その金額だと、”はい購入します”とは即答出来ないですね。」

「そうですよね、ちょっとお高いとは思うんですが、アフターケアの方はしっかりとやらせて頂きますので、ご検討頂けないでしょうか?」

仕上がりが本当にピカピカで、かなり衝撃的でした、こんなに綺麗になるなら、手持ちのCDも試してみたいと、笑。

「他の店舗さんもまわられていますよね、当然、どんな感じなんですか?」

「ウケは良いですね、何処の店舗さんも、これは本当です。」

「導入されている店舗さんはいくつくらいあるんですか?」

「正直に申しますと、検討中の店舗さんはあるんすが、正式に導入したお店はまだありません。やはり価格がネックな様でして、その点も考慮して、しっかりと対応させて頂きたく思います。」

「正直、今日の今日では無理です。ですが、ランニングコスト、CD一枚辺りいくらで研磨出来るのか?月単位で、これ位の廃棄枚数に対して、これだけ節約出来ますみたいな資料用意してくれれば、私の方でも、会社の上層部に提出する書類は作成しておきますので、明日には通す事が出来ると思いますが、明日までに準備は出来ますか?」

「社に戻って、急いで、作成します。明日中には用意出来るかと、」

35万円、アルバイトの人件費、5人分くらいの金額ですからね、これは正直、1日で話を通すのは、メチャクチャも良いところなんですよ(笑)

しかし、さすがにこれは欲しいと思っちゃったんですよね、w
傷による、音飛びなんかより、お客様の指紋とかが原因の方が遥かに多いのですが、月単位のCD廃棄枚数であれば、未返却とか、盗難によるものとか合わせると、これはいける!と、w
100枚以上ありましたからね、一月辺りの廃棄枚数。
2,500円x100=25万円じゃないですか、
(実際の仕入れ価格はもっと安いのですが、そんな細かい事はどうにでも説得出来る自信はあったので、笑。)
2ヶ月もあれば、もう元は取れますよ、と、笑。
そんな感じで、無理矢理、経費で落としてしまった懐かしい思い出がありますねえ♪( ´▽`)。

と、私は一体何を書いているのでしょう、w

<月額1000円になりますぅー(*´ω`*)〜♪

絶妙ー♪( ´▽`)な価格ですねー。
今はちょっと無理ですね、2年前の生活環境に戻れば、入会出来ます(^^)。

<tam-tamさんが感じるベストはヘッドホン・イヤホンを是非感想お聞きしたいです。

ちょっと、私は異質みたいですから、参考にならない、かと( ^ω^ )。
あ、「反面教師」感覚で考えて頂くと、良いイヤホン、ヘッドホンと出逢えるかも(^_^)v。

あらー、もうこんな時間、w

レス、ありがとうございましたー(^^)。

2021/6/8 15:24  [2265-5502]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんばんは。

ちょっとサプライズを

実はBAND-MAID ONLINE OKYU-JI (Feb. 11, 2021)

長時間MCがカットされていると言いましたが

その代わりこの収録版(つまり製品版)では、Online配信後の延長配信が収録されています。
つまり配信をリアルタイムで観た人が収録版を購入しても別のサプライズが楽しめるという良心的な作りもあります。

何にしても色んな所でサプライズを仕掛けてくるバンドです。

これを書くのをコロッと忘れておりました。

でわ、また!

2021/6/8 18:46  [2265-5505]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

ようやっと起きました(^○^)。

<ちょっとサプライズを

なんですと♪

実に良心的なセールスをしているではないですか♪( ´▽`)。

そんな事書かれたら、此方も欲しくなってしまうではないですか(*´-`)。

デビューから5年くらいですよね、
それで現在まで出しているアルバムは4枚。
Live DVDも2枚。
彼女達の人気を考えるともっと出しても良いと思うけど、
全部揃えるのに苦にならない枚数です、初心者の私もこれならコンプリート出来そう、と思いました♪
(元の生活に戻れば、の話ですけど(^_^;)。)
売ろうと思ったらカバーなど、どんどんさせて、アルバム作る事だって出来る訳で、
こういうところもファンになった要因の一つではありますね。

<何にしても色んな所でサプライズを仕掛けてくるバンドです。

ファンを大切にしている証拠ですねー、
素敵なバンドだと思います(^^)。

色々と教えて頂いたので、

<tam-tamさんが感じるベストはヘッドホン・イヤホンを是非感想お聞きしたいです。

此方の質問にも誠実に回答したいと思います♪

私の主観で良いのですよね?

BAND MAIDの楽曲でしたら、

ヘッドホンはオーディオテクニカのATH-SR9ですね。

イヤホンだと、SE846になります。

詳細に書きますと、

プロフをご覧になられているので、私の再生環境、使用機材などご存知だとは思いますが、

ヘッドホンに関しては、ヘッドホンアンプが変われば、マイベストヘッドホンも変わるとは思います。

DENON DA-310USBに依存しているところが大きいですね。

資金に余裕があれば、欲しい、持っておきたいヘッドホンアンプはあります。

まず、オーディオテクニカのATH-SR9ですが、DA-310USBとすこぶる相性が良いのです。

純正アップグレードケーブルにリケーブルして使用しています。
(付属ケーブルがリモコン付きとか、ちょっとナメてます、笑。)

ヴォーカル表現とか、アンプ、ヘッドホンともに得意ではありませんが、BAND MAIDの楽曲を聴くのでしたら、私の所有しているヘッドホンの中では私の好みの音を鳴らしてくれますね。

THE,密閉型!!という感じで、超高解像度の高域が刺激的で堪りません(*´-`)。

GRADO、SR325eはどうした?
と思う事でしょう。←勝手に妄想しております♪( ´θ`)、w

此方はまだ持っていない、Live DVDを聴くのに活躍してくれそうですね(^^)。

別の視点から、HD650も良いです♪
Rock、特にハードRock、メタル系なんかは刺激的な曲が多いじゃないですか。

刺激的な音をより刺激的に演出してくれるのがSR9なんですが、長時間のリスニングはちょっとキツい。

HD650は刺激的な音を刺激的に感じさせないので、いつ迄も聴いていたい気持ちになります。
ヴォーカル表現も事務的なSR9と違って、人間味が感じられますね(^^)。

密閉型のSR9とは全然違う鳴り方ですから、使い初めは少々違和感を感じましたが。

HD650ばかりで聴いていると、密閉型の「共鳴」を利用したサウンド作りが人工的に聴こえてしまい、逆に違和感を感じるのです。

こういうところも、聴いていて実に面白いと思うのです。
言ってみれば、どちらのヘッドホンにもそれ相応の不満があるのですが、それに勝る魅力的な長所があるという感じで、取っ替え引っ替えしながら聴くのが実に楽しいのです(^^)。

イヤホンに話を移しましょうか、

SE846、プロフにも書いてある通り、現状最も好きなイヤホンなんですが、箱出しのまま使用していません。

久しぶりにSE846を今日聴きましたが、やはり私には最高のサウンドを提供してくれます♪
BAND MAIDの楽曲に限っても、マイベストなイヤホンですね。

SE846,ノズルインサートというもので、サウンド調整出来るのですが、私が使用しているノズルはブライトになります。

イヤーピースも純正のものから変更してます。

spinfit CP240、SE846に限らず、Shureのイヤホンでは最高のイヤーピースとなりますね(^^)。
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/19511/1620/


ケーブルも付属純正ケーブルから変更しております。

Shureの付属ケーブルは素晴らしいので、リケーブル選びが大変で、5万円クラスの高価なケーブルでも、なかなか良い結果が出ません。
(人気メーカーのケーブル、かなり試しましたが、これ!といったものはなかなかにありません。)

私が使用しているものは、
nobunaga Labsの鬼丸改S、というケーブルですね。
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/14160/2069/


価格もそれほど高くないですし、SE846のポテンシャルを余す事なく発揮してくれる、逸品のケーブルですね。

とは言っても、高いイヤホンですよね。
私にとって特別なイヤホンですから、これはこれで置いておいて、

BAND MAIDを聴くのでしたら、intime SORA Ti3、此方も最高のイヤホンです。
BAND MAIDの様な楽曲を聴くのに生まれてきた様な逸品です♪
価格とか現実的にはこのイヤホンになるでしょうか。
一旦、生産終了となりましたが、現在はEdition2として再発されております。

此方のイヤホンはリケーブル不可となっておりますが、4.4mmバランスモデルもありますので、お時間のある時に聴いてみてください(^^)。
決して時間の無駄にさせない自信があります♪
https://kakaku.com/item/K0001343499/

レビューなどは、旧モデルの方を参考にした方が良いと思います。
https://kakaku.com/item/K0001219787/

私のレビューもありますので、良かったら見てみてください。
他の方のレビューの方が、素晴らしいので、私の稚拙なレビューを紹介するのはお恥ずかしいですが(^○^)

レス、ありがとうございましたm(_ _)m。

では、ではー(^^)。

2021/6/9 00:46  [2265-5506]   

音之葉さん

アレコレと勝手に書いているので、返信しなきゃとか思わないで下さいね(^^)。

しばらく安室ちゃんネタがなかったので、

個人的に好きな楽曲について書くだけですねー(^○^)。

オリジナルアルバム「PAST < FUTURE」に収録されている曲の中から、

「Defend Love」
安室ちゃんの全ての楽曲の中でトップ10に入る傑作だと、勝手に思っております、♪( ´▽`)。

一聴して耳に残らない楽曲なのですが、聴けば聴くほど虜になると言うスルメみたいな名曲です。

安室ちゃんに数多くの楽曲を提供しているNao'ymtによる作品ですが、彼の作曲した楽曲の中ではナンバーワンだと、勝手に思っております、w

ライブでのパフォーマンスは特に最高ですね♪

誰もが知っている、安室ちゃんの代表曲「CAN YOU CELEBRATE?」

此方は、なんと言っても、

NAMIE AMURO PLAY TOUR 2007。
このライブのアンコールで歌唱している「CAN YOU CELEBRATE?」は一聴の価値ありです!!

あまり崩して歌唱することが多くない安室ちゃんですが、この時は非常にワイルドにテクニックを駆使して歌唱しているんですね。
歌唱しながら、「ドヤ顔」してます、w、非常に珍しい!!

これに反して、実に丁寧に歌唱しているのが、
namie amuro LIVE STYLE 2014
に収録されているバージョン。
数ある安室ちゃんのライブDVDの中で最も音質が良いです。

透明感溢れる、「The Meaning Of Us」の歌唱は、オリジナルアルバムに収録されてバージョンを遥かに凌駕する実に魅力的な歌唱であり、声の調子も良く最高の出来になっております。

ライブ音源を得意とする、イヤホン、ヘッドホンで聴くと、脳内に天使が生まれてきますd( ̄  ̄)。

以上、管理人の独り言でしたー、w

2021/6/9 04:59  [2265-5510]   

音之葉さん

今日は6月9日、
そう、ロックの日でございますd( ̄  ̄)。

SR325eの魅力を分かりやすく伝えるために、紹介していたサイトですが。

今日の今日まで、全然気が付かなかったのですが、試聴に使用している、ヘッドホンアンプがLUXMANだったんです。

此方のサイト、音之葉さんも知っているのではないかと思ったのですが、比較記事としてはなかなか面白く書いてあるので、未読でしたら、楽しく読めると思います(^^)。

ロック向けヘッドホンはどいつだ!?
https://surroundhp.blog.fc2.com/blog-ent
ry-194.html


更に物欲を刺激してしまうとは思うのですが、LUXMANのヘッドホンアンプで試聴比較しているので、情報として参考になるかもしれません♪

高価なハイエンドモデルのヘッドホンを取り上げてないのも好感が持てます。

15ページに及ぶ、読み応えのある記事ですので、お時間のある時にでも(^^)。

2021/6/9 22:12  [2265-5514]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんにちは。

>それで現在まで出しているアルバムは4枚。
>Live DVDも2枚。
それがですねー。
アルバムに入ってない曲もあるんですよー
しかもかなりの人気曲なのにも関わらずですw
https://bandmaid.tokyo/musics/6000


もしかすると、他にもあるかもしれませんので注意が必要ですw

>BAND MAIDの楽曲でしたら〜
>BAND MAIDの楽曲を聴くのでしたら、私の所有しているヘッドホンの中では私の好みの音を鳴らしてくれますね。
なるほどぉ。考えてみればオーテクのヘッドホン・イヤホンは1つも持っていません
たしかオーテクかフォステクスどちらかが製造元になるとか聞いた覚えがあります。

ふむふむ〜tam-tamさん的にはATH-SR9とBAND-MAIDの相性が良いというわけですね。
自分では発想しない観点や価値観を教えてもらえるようで聞いていると楽しいです。

HD650はハードロックに合うのですね。
これは意外でした。私のイメージではK701のようなイメージを持っていました。

わたしはオープンといったらK701とSR80eですがK701はハードロックを聞くというよりも音楽を流し聞くみたいな使い方がメインです。どちらかというとドラマや映画を見るときや、ロック以外の楽曲を聞くときに使ったりしています。なんだかんだいって普段使いで一番つかってるのはK701かもしれません。


ちちさすさんはクラシックに合うから愛用しており、片や、tam-tamさんはハードロックに合うと仰る。ますますHD650に興味が湧いてきました(*´ω`*)〜♪


>SE846
フジヤエービックさんに行ったときに、たまたま、Shureの関係者がフェアをやっていてSE846を試聴したことがあります。無難な完成度というかオールマイティだけど吐出したところがないような印象でした。ただ、その頃は、まだ、まだ、経験もかなり浅く、ちょうどSE215を買いたての頃でしたので右も左も全くわかってない状況でした。

今思えば確かに中音域を聞くのならSE846は最適な気もします。
BAND-MAIDはプレイヤーそれぞに個性もありますが、それは、演奏していても同じことが言えて、何というか5人の演奏が全て聞こえてこないと面白みがないというか何か物足りない感じがしてしまうんですよね。となるとやはり私的には中音域の解像度が高いヘッドホン・イヤホンがBAND-MAIDにはピッタリ合うように感じるのです。なのでそういう観点で考えるとSE846はうってつけのように感じます。SE846でBAND-MAIDを聞いてみたくなってきました。

>spinfit CP240
わたしはSE215にはド定番のComplyを使っているのですがマルチBAとダイナミック1発では勝手が全然違うかもしれませんね。SE215にもspinfit CP240は合うのでしょうか?

>intime SORA Ti3
これってtam-tamさん的にはかなり押してるイヤホンに思えるのですが見た目だけですと音色が全く想像つきませんね(笑)

フジヤエービックさんに試聴機ってあるでしょうか?

っと、、いろいろ考えながらぽつぽつ返信を書いてました・・・

また、返信書きますねっ(#^.^#)

2021/6/10 03:38  [2265-5515]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

こんな時間までお仕事ですか、お疲れ様です( ̄^ ̄)ゞ。

<アルバムに入ってない曲もあるんですよー
しかもかなりの人気曲なのにも関わらずですw

なるほどー、
アルバム揃えただけでは、コンプリート出来ないのですかー(*´-`)。
でも、まだ現役活動中ですからね、
ベスト・アルバム的なものに収録される可能性はありますよね♪

<たしかオーテクかフォステクスどちらかが製造元になるとか聞いた覚えがあります。

ドライバーを供給しているのはFOSTEXですね。
iPhone付属のイヤホン、SONY、ゼンハイザーなどのエントリークラスのイヤホンは、ほとんどが、FOSTEXのOEM製品です。
DENONのヘッドホンもFOSTEXのドライバーを使用してますね。

<ふむふむ〜tam-tamさん的にはATH-SR9とBAND-MAIDの相性が良いというわけですね。

ヘッドホンアンプ、DA -310USBを使用している事が大きいですね。
それと、私の好みの「音」というのが、結構、一般的ではないので(^_^;)。

<HD650はハードロックに合うのですね。

多分、想像ですが、音之葉さんの好み的には合うんじゃないかと、
GRADOのヘッドホンを選択する時に、金属ハウジングのSR325eを選択基準から外してますので。
高音、キンキン鳴るヘッドホンがお嫌いでしたら、HD650はツボにハマるかもしれません。

これはm56059さんから指摘されて気が付いたんですが、IER-Z1Rと非常に良く似ている音を鳴らすのです。
IER-Z1RはHD650の様なサウンドをイメージしてチューニングしたのかと、それくらい似ています。
(低域の解像度だけですね、明確に違うのは。)

<これは意外でした。私のイメージではK701のようなイメージを持っていました。

K701とHD650の鳴り方は全然違いますよ(^^)。
クラシック音楽一筋のちちさすさんが、使い分けているくらいですからね♪
K701は低音の量は少なめですが、澄み切った高域に魅力があります。
HD650はその逆のサウンドバランスだと思って下さい。
サウンド全体を量感のある柔らかい低音が支配しています、
「音が籠っている」などのレビューが多いのはそういう理由からですが、
K701が輪郭のクッキリとした音を鳴らすの対し、HD650では解像度の高さを感じさせません。
ここら辺もかなり違うところですねー♪

<K701はハードロックを聞くというよりも音楽を流し聞くみたいな使い方がメインです。

私のイメージでも、K701がハードロックやメタル系に合うとは想像出来ないですねー。
ですので、お手持ちのヘッドホンからして、HD650は似通ったヘッドホンではないので、お勧めなのです♪

<ちちさすさんはクラシックに合うから愛用しており、片や、tam-tamさんはハードロックに合うと仰る。

ミステリアスなイメージを持たれると思いますが、本格的な王道のヘッドホンです。
でないと、20年以上も販売されませんので(^^)。

このレスでは少々長くなってしまうので詳細は書きませんが、
使用しているヘッドホンアンプによるところが大きいですね。
私もLUXMANのヘッドホンアンプを持っているとしたら、HD650ではクラシック音楽を聴きたいです。
では、音之葉さんが所有されている、P-750uLでは、HD650はハードロックは合わないのか?となると、答えが非常に難しいです。
音楽好きの方、イヤホン、ヘッドホン好きな方でも、好みの音、求める音、というのは相当に違いますから。
私の個人的見解、想像で答えるならば、IER-Z1RをP-750uLで聴いてみて嫌いな音ではないとしたら、HD650で聴くハードロックも、楽しめるのでは、と思います。

<無難な完成度というかオールマイティだけど吐出したところがないような印象でした。

気を使わなくて大丈夫ですよ(^^)。
SE846、アンチが多いイヤホンですから♪( ´▽`)、w
無機質な音、事務的な音、などと揶揄されますからね。
こんなイヤホンにこの金額は払えない、買う価値もない、と感じる人の方が多いように思います。
そんなアンチが多い、SE846を至高の名機として愛用している私なので、ちょっと少数派の派閥の人間なのかなと、自覚しておりますので、d( ̄  ̄)、w

<となるとやはり私的には中音域の解像度が高いヘッドホン・イヤホンがBAND-MAIDにはピッタリ合うように感じるのです。

となると、SE846より、SE535の方が魅力的に感じるかもしれないですねー♪

spinfit CP240
<SE215にもspinfit CP240は合うのでしょうか?

ごめんなさい、
CP240、ダイナミック型ドライバーのイヤホンとはメッチャ相性が悪いんですよ。
低音の量が減ってしまうのです。
ダイナミック型ドライバーを使用しているとはいえ、ステム軸が細いですからね、
例外的にSE215に使用しても大丈夫かも。
(現在、SE215は知人に貸している為、即確認する事が出来ません。)

<これってtam-tamさん的にはかなり押してるイヤホンに思えるのですが見た目だけですと音色が全く想像つきませんね(笑)

それは推しますよ(^^)。
この価格のイヤホンの音ではありませんから。
他の方のレビューを読むと、よりわかると思いますよ( ^ω^ )。

<フジヤエービックさんに試聴機ってあるでしょうか?

試聴機はあるでしょうね、それだけのイヤホンです。
ヨドバシAkibaでも、取り扱いをしていますし、試聴機もありますので、イヤホン専門店のフジヤエービックさんに試聴機が無いとは考えづらいです。
とは言え、行く前に電話で確認した方が確実ですね(^_^;)←万が一のためですー、笑。

レス、ありがとうございました(^^)

では、ではー♪


2021/6/10 04:51  [2265-5516]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
おはようございます。

先日かな早々にだるくなって夜早く寝ちゃったら深夜2時頃にスッキリ目覚めてしまい。
それが2日連続でw
で、あんな、時間に返信をしてたわけです。
今日も同じですw

■SE846
新たにメッセージを書いていたら先にtam-tamさんから返信が(/ω\)
いえいえー全く気を使ってませんw
吐出したイメージが無い=オールマイティ―に感じています。しかも良い意味です。ちなみにこのオールマイティーな特性が私が不満でした。この頃はもっと強い個性を求めていたように記憶しています。

■T3-01
なるほど!パチスロでバブリーマネーを得てからなのですねwww
誤解を恐れずに言うならば「多胡氏専用モニターヘッドホン」なのですね。
でも、結果的に評価されている的なw

私も若いころパチスロ好きで4号機時代はアルゼの殆どの機種の設定判別が出来ました。
サンダーVはボーナス中にビタ押し出来ないと設定判別出来ないのでかなり練習しました。
ちなみに最多枚数経験は初代獣王の設定4で16500枚でした。ちょっと少ないかもw
時間あたりの最多枚数は二人で2Hくらいで2万枚というのがあります※裏モノですw

あの頃は横浜に裏モノ専門店(店内のパチスロ全て裏モノ)とかあって遊びに行ったり、沖スロ裏モノ全盛期には893さんと並んで怖い思いをしながら万枚出したりと楽しかったです。

叩けば埃が出まくるのでこの話はこの辺でw

■intime SORA Ti3
tam-tamさんに教わったURLを辿って製品紹介のページを見ていました。
こちらもT3-01と同様に群馬県なのですね。
群馬県ってヘッドホン・イヤホン製造に所縁のある土地柄なのでしょうか?

そして「ケーブルレスモデル」!
この提案は素晴らしいと感じました。これはよほど誠実にモノ作りをしているか、自社の製品に絶対の自信がないと出来ないことですね。この商品ページを見ただけでこのメーカーに対して見方が変わりましたよ!もちろんとても良い意味でです。

しかし世の中の大半の人はプラグやジャックというパーツに対していい加減な判断をしているなーと、逆に感じさせられました。折角このメーカーさんがMMCXの欠点を補うべくPentacon製を標準で付けてくれているのに能力の劣るMMCXに戻させるとはwいやはや愚の骨頂です。

対してこのメーカーの誠実さが際立っていますね。ますます好印象です。

接合面積の広さが音の安定・音質向上に影響があることを理解しPentaconnを標準で奢る。なんて贅沢かつ誠実でこれ以上ない素晴らしい決断です。

めっちゃ興味が湧いてきました。作りの誠実さは確実に音質に影響しますから。
※これ言っちゃうとGRADOはどうなのよ?みたいな矛盾もありますがGRADOは妖精注入技術を誠実に突き詰めているメーカーなので セイジツナベクトルガチガウノサー (*´ω`*) 〜♪

という冗談はさておきGRADOもドライバー特性合わせや、ケーブルもヘッドホン延長と考え、更にはオープン型ヘッドホンの共振効果を様々な材質で提案してくるところは音作りに誠実であると感じています。

話がとっちらかりましたがw O2AIDというメーカーの製品を試してみたいという気持ちが強まりました。

■モヤモヤとした心の整理
ポータブルDAC付きHP(ヘッドホンアンプの略)から始まって自分なりに経験も積んで行き、
良質はHPは数多あると思いますが個人的にはコレでしばらく変えずに良いと思えるものに出会えました。

DAC専用機として利用している機器は2台ですが、それぞれに良さは認めるものの納得できるレベルではありません。

ヘッドホンやイヤホンもやみくもに好奇心のままに買い漁り気が付けばある程度増えてしまった状況です。

ヘッドホン・イヤホンについては個性の強いモノばかり集めてしまったように思え、新機材を追加した場合に基準となる判断を自分なりに納得できる状況ではないように感じています。

そこでフラットなというか原点というか判断基準になりうるようなヘッドホン・イヤホンが欲しくなっています。

自分なりに考えた結果としてはスタジオでより多く使われている機器を基準にしてはどうかと結論づけました。

ヘッドホン SONY CD900ST
イヤホン SONY MDR-EX800ST

先ずこの二つを購入し自分の雑念と迷いが渦巻く心の整理をしようかなーと考えています。

■次の候補
HD650, DT1990Pro, DT1770Proでしょうか。あとGRADOいっぱーい(/ω\)

イヤホンはZ1R購入後、欲しいモノが全く無くなってしまいましたが、O2AID製を教えていただいたことで興味が再燃しています。

正直いうとイヤホンで欲しいものはRHA CL1という高インピーダンスイヤホンがあったのですが生産終了になってしまいまい、中古も探しに探して海外のオークションまでも探してるのですが見つかりませんでした。一度見かけたのですが競り負けました( ;∀;)

となるとRHA CL750ですが、何故か興味があまりわかないというか、、また、今度でいいかな、また、今度でいいかな的な思いが連続して、、結局買ってませんw

もうちょっとぽつぽつ返信していきますね。

2021/6/10 05:52  [2265-5518]   

音之葉さん

ちょっと眠れなくなってしまったので、書き込みますね。

前スレで
<このレスでは少々長くなってしまうので詳細は書きませんが、

書こうとして書かなかったところを書きますね。

HD650、購入しても、当分の間は純正ケーブルのまま使用する、という事でしたので、私も現在、純正ケーブルに戻して聴いているんですが、ちょっと、何が何やらわからなくなってしまいました(^_^;)。

HD650を入手した時、他のHD600系も試聴しに行ったんですね。
iPhoneでは鳴らし切れませんから、ポタアンを持参しました。
ONKYO DAC-HA200
https://www.jp.onkyo.com/audiovisual/hea
dphone/dacha200/index.htm


TEACのHA-P50と基本的同じ性能のポタアンです。
オペアンプ部が違うだけで、使用しているDACは一緒です。

此方のポタアンで聴いた後、帰宅して愛用している310USBでじっくりと聴いたわけなんですが、

「?違う、鳴り方が、、、違う、」

「え?箱出しのままだから?エージングしてないから?」と思ったのですが最初は。

しかし、経験上、エージング不足による、鳴り方の違いではないと感じました。

試聴機との個体差であろうか?、いや違う。

では要因は音源にあるのか?と思いましたが、ジャンルによっても、印象は大きく変わってしまうので、自分としても疑問しかありませんでした、この鳴り方の違いは一体何なのか?

ONKYO DAC HA200、ポタアンとしては価格の割りに優秀な製品として愛用しておりましたが、据え置き型の310USBよりも古い製品でしたし、DAC部のスペックだけ見ても、かなり見劣りするものでしたので。

昨日、午後、 3時頃に、この古いポタアンを引っ張り出して、iMACに接続してみました。

で、HD650を繋いで聴いてみると、

据え置き型、DA-310USBよりも遥かに「良く聴こえて」しまうではありませんか!!

試聴した時の鳴り方と同じです。

要因はヘッドホンアンプにあったのです。

初めは「良く聴こえて」しまうと思ったのですが、正確には、確実にHA200で鳴らした方が良い音を鳴らします。

HA200、バスパワーでも、使用可能ですが、AC電源も使用出来るようになっております。
今のところ、AC電源ケーブルが見つからないので、バスパワーで駆動させていますが、それでも、310USBで鳴らすよりも良好なんですね。

片っ端からHA200に繋いで、聴いてみましたが、ほとんどのイヤホン、ヘッドホンは310USBで鳴らした方が良い結果が出ます。

BAND MAIDのアルバムはまだ図書館から借りていないので、BABY METALとか、安室ちゃんの楽曲とかを聴いてみましたが、リケーブルしなくては!となるような不満は感じられません。

これでは、レビューに良くある「籠って聴こえる」のはアンプが貧弱なせいだ、とは一概に言えません。

スペック上では、DAC部も、オペアンプ部も、310USBの方が遥かに優秀ですから。

カタログスペックが全てではない、という事にポリシーを持っている私ではありますが、さすがに???になってしまいましたねー。

優秀なDACとはHD650は合わない、それ以外考えられませんから。

如何に優秀なDACを使おうとも、生成される、アナログ信号をどう処理するか、ここが一番重要な部分かと。

DACチップの影響は10%程度に過ぎない、と語る、オーディオマニアの方もいますので、

しかし、もう一つ崩れ去ったものがあります。

抵抗値の高いヘッドホンは出力側の影響を受け難い。

300ΩのHD650がもろに影響されてしまってます。

とまあ、御託を粛々と語っておりますが、w

何がどうなって、こうなっているのか、結局のところわかっておりませんが、安室ちゃんを今まで以上に楽しく聴けるようになったのは事実なので、良しとしましょうと多数決で決まりましたd( ̄  ̄)、w

という事で、安室ちゃんのライブ音源を聴いていたのですが、2014年ツアーで歌っている、「Whisper」にハマってしまい、20回ほど、リピートして聴いていました♪

あらー、今更、新たに夢中になる、曲があるとは知らなんだ、♪( ´▽`)←、大丈夫か、w


色々とHD650に関して書きましたが、音之葉さんが購入するにあたって、懸念される様な問題はありません。

リミテッドモデルではないですが、LUXMAN P-750uとHD650の相性の良さは確認済みですから(^^)。

オヨヨ、もたもたと打ち込んでいたら、既に音之葉さんからの書き込み通知が(^○^)。

いかん、いかん、さっさと終わらせねば、笑。

2021/6/10 07:10  [2265-5520]   

時間差攻撃、w
順序が逆になってしまった、私もブライドタッチをマスターせねば、w

音之葉さん、おはようございます(^^)。

<今日も同じですw

ちゃんと睡眠を取られていたのですね、了解でーす♪

<ちなみにこのオールマイティーな特性が私が不満でした。

多分、試聴されたSE846には、バランスノズルが入っていたと思うのです。
高域が攻撃的になるブライトノズル、ダブルフランジのCP240、更にレスポンスが向上する、両端銀メッキのケーブル「鬼丸改S」で構成された、通称SE846tam-tam Specialの威力は凄まじいです、w

この、SE846で、普段私が聴いている音量で、5秒耐えられた人は一人もおりませんのでd( ̄  ̄)、w。


<なるほど!パチスロでバブリーマネーを得てからなのですねwww

通称、T3-01バブリーリミテッド、w
これは貴重な逸品です、w
血と汗と涙が全然入っておりません、w

<ちなみに最多枚数経験は初代獣王の設定4で16500枚でした。ちょっと少ないかもw

少ないですねえ(*´-`)。
私なんかは、4号機猛獣王、設定6確を朝から打って、1,200枚も出ましたよ、d( ̄  ̄)、笑。
さすがに怒りましたねえ、「本当に設定6なんか!」と、笑。←確認させて頂きましたが、しっかりと6でした、w

<叩けば埃が出まくるのでこの話はこの辺でw

パチスロの話が出来るとは嬉しいですねえ、
お互い、小出しにやり取りしていきましょ、( ^ω^ )。

<群馬県ってヘッドホン・イヤホン製造に所縁のある土地柄なのでしょうか?

T3-01、T3-02を制作しているところと同じですよ、TOKUMI、というメーカーが製造しています。
http://tokumi.jp


<そして「ケーブルレスモデル」!
この提案は素晴らしいと感じました。

2万円クラスのイヤホンですからね、
衝撃が走ったのは、AKG K3003が最初かと(^^)。
15万円クラスのイヤホンで、リケーブル不可、断線を恐れて、購入を控える人も居ましたから。
ハイエンドモデルで、リケーブル不可を普及させたのはIE800でしょうね。
此方も8万円と、高額なイヤホンでしたが、リケーブルは出来ない、イヤーピースさえ、純正品しか使えないという、w
そのくせ、下位モデルのIE80はリケーブル出来るという、笑。

<これはよほど誠実にモノ作りをしているか、自社の製品に絶対の自信がないと出来ないことですね。

息子さんの為に制作されたそうですよ、特許までとって、
素晴らしいですね、他社が同じ様なイヤホンを作るとなると、とてもこの価格ではおさまりません。
https://intime-acoustic.jp/?mode=f1


<しかし世の中の大半の人はプラグやジャックというパーツに対していい加減な判断をしているなーと、逆に感じさせられました。

とても、大事な部分ですよね(^^)
結構、この部分にあまり気を使う方、少ないですね。
理解が出来る、という事は素晴らしい事だと思います♪

<対してこのメーカーの誠実さが際立っていますね。ますます好印象です。

GRADOもそうですが、デザインがほとんど一緒なので、見た目で判別するのが難しいんですよ。
デザイン料もバカになりませんからね、お金のかけ方が違うという面では共通する、メーカーですね(^^)。

<※これ言っちゃうとGRADOはどうなのよ?みたいな矛盾もありますが

根本の部分では矛盾はしてませんよ(^^)。
GRADOにはリケーブル出来るモデルが一つもありませんので。
バランス接続で聴きたきゃ、バランスモデル買え!!という頑固なメーカーです。
それに、開放型ヘッドホンしか作ってないですからねー、密閉型ヘッドホンが一つも無いという、d( ̄  ̄)。


<話がとっちらかりましたがw O2AIDというメーカーの製品を試してみたいという気持ちが強まりました。

好みの問題があるので、購入は特に勧めませんが、一度は聴いて欲しいという気持ちはありますね♪
この価格で、こんな音鳴らせるイヤホンがある、という事を知るだけでも、頭の中に天使が出てきます(°▽°)

<自分なりに考えた結果としてはスタジオでより多く使われている機器を基準にしてはどうかと結論づけました。

反対はしませんが、せっかく購入するのであれば、他の定番モニターヘッドホンも試聴して欲しい、という気持ちはありますね。

CD900ST購入前、購入後、どちらでも構いませんので(^^)。

<HD650, DT1990Pro, DT1770Proでしょうか。あとGRADOいっぱーい(/ω\)

ベイヤーでしたら、DT990PROというヘッドホンが再発されまして、かなりお安い価格で購入可能です。
此方もロングセラーモデルなので、侮れないですよ(^^)。

Professional DT 990 PRO
https://kakaku.com/item/J0000018214/

<イヤホンはZ1R購入後、欲しいモノが全く無くなってしまいましたが、O2AID製を教えていただいたことで興味が再燃しています。

私は欲しいイヤホンがどっさんことあります(^○^)。
intime SORA Ti3もそうですが、このイヤホンも孤軍奮闘してましたねー。

RAI PENTA
https://kakaku.com/item/K0001152295/

誰もレビューを書いてなくて、上手く書けないまま、修正回数5回になってしまい、誰かもっと上手に書いてー、とレビューの中で、呼び掛けておりますね、笑。←こんなレビューはありません、w

いつの間にか投稿数が10になってますねー♪、嬉しいなあ(^○^)。

ナチュラル系でしたら、水月雨とか良いですよ(^^)。
水月雨 KXXS
https://kakaku.com/item/K0001203160/

何故か、ハイエンドクラスのイヤホンを数本、所有しちゃておりますが、基本的にはエントリークラスで良いものを探すのが好きなんです♪

いやー、語り尽くせませんねー、音之葉さん(^^)。

また、夜にでも、
では、ではー♪



2021/6/10 08:37  [2265-5522]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

色々なジャンルの曲をHD650で比較したい、という事ですよね。

という事で、私なりに選曲して聴き込んでいる最中でございまして。

しかしながら、私と音之葉さんでは使用しているヘッドホンアンプが違うわけで。

まずは共有出来ている安室ちゃんの楽曲で、点数をつけていきたいと思います。

据え置き型ヘッドホンアンプ 310USB
ポータブルヘッドホンアンプ ONKYO DAC HA200

どう聴いても、HA200の方が良く聴こえますので、再生環境は以下になります。

iMac→Audirvana→HA200→HD650

安室ちゃんに限らず、全ての音源はCDから非圧縮でインポートしたものです。
(ストリーミング配信の音源はありません。)

「Fainally」と「Checkmate!」から数曲ずつ選曲して、10点満点で、点数をつけていきますね。

ケーブルはHD650付属純正ケーブルに戻しております。

バスパワー駆動のポータブルアンプでも、音の篭り感は全く感じません。

音之葉さんの好きな「Checkmate!」からいきましょう(^^)

「UNUSUAL」8点
「ROCK U」8.5点

録音の古さなのか、ミックスダウンのせいか判別しませんが、次の「Finally」より、全体的に音質は落ちますね。

続いて「Finally」から選曲していきましょう♪

「ミスターU.S.A.」9点
初期 3曲の中では1番良いですね。

「TRY ME」9点+
「太陽のSEASON」9.5点

Disc1に収録されて曲の中では上記の2曲がヴォーカル含め最も良いです!!
10点満点でも、良いところなんですが、更に素晴らしい音源があるので、あえて抑えた点数にしてありますね(^^)。

6曲目以降の小室プロデュースの曲は上記の2曲よりも若干落ちますが、9点平均ですね。

Disc2の楽曲は省略します、
再録音したせいか、全体的にレベルが高いです、総評して9点です。

Disc3 5曲目の「TSUKI」までが再録音で、以降はオリジナル録音のものがそのまま収録されてますね。

「Contrail」8.5点
バックの音源は良いんですが、ヴォーカルがイマイチ。

「Mint」8点
ヴォーカルは明瞭で良いんですが、低音が出過ぎですね。これは好み問題で解決出来ます♪
(重低音好きの方には堪らない録音となってますね。)

「Hero」9点
よほど、難しい曲なのでしょうね、Liveではピッチはずしまくっておりスタジオ録音より、素晴らしい歌唱がありません。

「How do you feel now?」9点+
Disc3の中では、最も優秀な録音ですね。

こんな感じですかね、

音に厚みがあり、ミドルレンジが充実しているので、ポピュラーミュージックには合わない、って事は微塵も感じません、素晴らしいです!!

HD650は開放型ヘッドホンですから、やはりライブ音源が素晴らしいです。
聴けるかどうかわかりませんが、
ライブ音源の中では最も録音、音質の良い「LIVE STYLE 2014」から、

3曲目 「Wisper」10点!!
この年代としては珍しい小室プロデュースの曲ですが、素晴らしい!!!

5曲目からバラードばかり 3曲続くのですが、声の調子が良いのか、透明感溢れる安室ちゃんの卓越したヴォーカル表現が楽しめます(^○^)。

「Love Story」10点!!
スタジオ録音を凌ぐ、素晴らしい歌唱!!

「The Meaning Of Us」神!!
これは神歌唱です!!HD650の素晴らしいヴォーカル表現力が堪能出来る素晴らしい歌唱!!
私の貧相なポタアンでこれだけ聴かせてしまうのですから、音之葉さん所有のLUXMANのアンプで聴いたら、天使に召されてしまいそうですねー♪( ´▽`)。

「CAN YOU CELEBRATE?」座布団一枚!!←点数になってないがな、笑!!
この曲で、最も素晴らしい歌唱、録音ですー♪

とまあ、バラード以外にも、良い録音がたくさんある、名盤ですので、機会があったら、聴いてみてください♪

一旦送信して、次のレスでは安室ちゃん以外の楽曲について書いていきますね(^^)。

2021/6/11 21:18  [2265-5530]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

遅くなりまして、
いざ、視聴しようとしたら、音源が一部、まるまる無くなってるでないの(*´-`)、

先程の安室ちゃんの曲でも、点数が俺とは違うなあ、って事もあるかと思います。

私の主観で、点数をつけていますので、ある程度の差異はあると思います。

どうしても疑問符しかない場合は音之葉さんの意見、感想を言ってくれれば、ヘッドホン、イヤホンを替えて聴きなおしてみますので(^^)。

私は最近の流行歌はあまり所有しておりませんので、どうしても年代的に古い音源が多くなってしまう事をご了承下さいね。


浜崎あゆみ:「Duty」9点平均
        3曲目 「vogue」9点+

浜崎あゆみのオリジナルアルバムで、最も売れたアルバムです。
「vogue」だけ聴いても、十分だと思います。

MISIA:「MISIA GREATEST HITS」9点-9.5点
    7曲目「忘れない日々」9.5点
    11曲目「Everything」9点
   12曲目「果てなく続くストーリーLive」9点+
 
MISIAの歌唱力が凄いからでしょうか、年代的に屈指の音質のアルバムです!!

欅坂46: 「真っ白なものは汚したくなる」9点+平均
      2曲目「サイレントマジョリティー」9.5点

私の所有しているCDの中で、新しいものになるかと(^_^;)
やはり最新の録音のものは素晴らしいですね♪

大黒摩季: 「BACK BEATs #1」8点-8.5点
       7曲目「夏が来る」8点+
      12曲目「いちばん近くにいてね」8.5点。

やはり最新の録音のものと比較するとやや落ちますねえ。


柴咲コウ: 「Single Best」8.5点-9点
       3曲目「かたちあるもの」9点


X-JAPAN: 「LIVE LIVE LIVE TOKYO DOME 1993-1996」9点-10点
  Disc2 2曲目「RUSTY NAIL」10点
   3曲目「DAHLIA」10点


BABY METAL: 「BABY METAL」10点-100点!!!
          3曲目「ギミチョコ!!」100点!!

これは最高ですね!!1曲目の「BABY METAL DEATH」も絶品です。
今回聴いた音源の中で最も良かったです。素晴らしい!!
これは聴くべきでしょう!!圧巻!!

BABY METAL: 「LIVE AT BUDOKAN -RED NIGHT-」10点+++
          3曲目「ギミチョコ!!」 10点+++

オリジナルアルバムに収録されている「ギミチョコ!!」があまりに素晴らしいので、これでも控えめの点数ですー♪( ´▽`)。


良い音源ばかり紹介しても参考になりませんから、悪かったものも。


中島美嘉:シングル「WILL」5点
     
中島美嘉:「RESISTANCE」から「STARS Live Unplugged」5点

スタジオ録音もダメ、ライブ音源もダメ、何故なのでしょう?
(主にヴォーカルが要因です。)



The Beatles:「Abbey Road」から
        1曲目「Come Togethe」9点+
        7曲目「Here Comes The Sun」9点+

       「The Beatles 1」から
        6曲目「A Hard Day’s Night」9.5点
23曲目「The Ballad Of John And Yoko」9.5点

古い音源ですが、良かったですね(^○^)。

Avril Lavigne:「Let Go」から
        2曲目「Complicated」9点+

Led Zeppelin:「Led Zeppelin T」から
        4曲目「Dazed And Confused」9.5点


Ennio Morricone:「Once Upon A Time In America」から
4曲目「Childhood Memories」9.5点
パンフルートという珍しい楽器が使われている曲です。
空気感まで醸し出しHD650は素晴らしい!!

Mozart:Requiem
Riccardo Muti;Berlin Phillharmonic Orchestra 、Swedish Radio Chorus-

9.5点、数あるモーツァルトのレクイエムの中で、演奏、音質ともトップクラス。

今日はこんなところでd( ̄  ̄)。

では、ではー♪
        

2021/6/12 02:29  [2265-5531]   

 音之葉さん  

tam-tamさん
おはようございます。

選曲お疲れさまでした。
ありがとうございます。

先ずはお礼を申し上げます。

想像していた以上に沢山選曲いただいたのでこの中から更に選定させていただきレビューサンプルとして使わせていただきたいと思います。

肝心のHD650が未だ届いておりませんのでレビューはもう暫く後になるかと思います。

同じレビューを書くにしても読み手が親しんでいる曲でレビューするのと聞いたこともない知らない曲でレビューを読むのではかなり印象が違うと思います。

ちょっと思うところがあり機材のセッティングやパターンを増やそうと考えています。
私自身は財力が潤沢な裕福層ではないのでハイエンド志向の方から見ると取るに足らないDAC機器同士のレビューでお恥ずかしいですが(;^ω^)

多分、日曜日のどこかの時点で入手できるのかなーと(*´ω`*)

では、また!




2021/6/12 06:57  [2265-5533]   

音之葉さん

おはようございます(^^)

HD650で色々なジャンルを聴いてみて、POPやRock、メタル系も、やはり悪くないどころか良いですね♪

BABY METALが驚愕の点数を叩き出してますが、私の好みのバンドだから、という事では無いですよー、w

この頃はまだ10代半ばの女の子達ですが、バックバンドは実力者揃いの神バンドですからね。
(「神バンド」という名称なんです、w ジョークではありません、w)
録音もミキシングもかなりしっかりとした仕事をしていたのでしょう。
HD650で聴く、BABYMETALの楽曲は絶品ですので、マチガイナイ!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

<同じレビューを書くにしても読み手が親しんでいる曲でレビューするのと聞いたこともない知らない曲でレビューを読むのではかなり印象が違うと思います。

選曲が少々古くて、申し訳ないです。
しかしながら、今流行している、楽曲を聴くための道具として、HD650を選択する人もなかなかに居ないのでは?と思うのですよね。
やはりそれ相応に音楽を聴き込んでいる方々が目を付けるヘッドホンかな、と。

<私自身は財力が潤沢な裕福層ではないのでハイエンド志向の方から見ると取るに足らないDAC機器同士のレビューでお恥ずかしいですが(;^ω^)

そんなことはないと思いますよー(^^)。

DAC機器どころか、有線イヤホン、ヘッドホンを購入される方、激減してますからね。
この縁側のメンバーの方々も、一様にハイエンド機器を使用してないですし。
(価格が良ければ、最高である、と考えている方、居ませんので。)
それなりのオーディオ経験を積んでから、なので、妥協してる訳でもないですし。

それよりも、310USBより、ポータブルタイプのHA200の方がどうして良い音を鳴らすのか?
アナログ信号の扱い方が、HA200の方が優秀なのですかねー。
だとすると、高性能DACチップを使用したとしても、生成されるアナログ信号に対して、どれだけ高品質なパーツを使うかが、重要になってきますね。
そういった意味においても、人気のDAC機器のレビューはとっても興味あるものとなるのではないでしょうか♪

2021/6/12 07:30  [2265-5534]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんばんわ!

とりま、業務連絡です(*´ω`*)〜♪

HD650着弾しましたぁ(*´ω`*)〜♪

これから聞き込みまくりますぅ。


■310USBとHA200
>それよりも、310USBより、ポータブルタイプのHA200の方がどうして良い音を鳴らすのか?
>アナログ信号の扱い方が、HA200の方が優秀なのですかねー。
>だとすると、高性能DACチップを使用したとしても、生成されるアナログ信号に対して、ど>れだけ高品質なパーツを使うかが、重要になってきますね。
発売時期を鑑みても、デザイン(設計)を鑑みても、310USB>HA200となるのが順当のように感がてしまいますが、そこまでおっしゃられるならば、そうなのでしょうね。これについては私も全く見当が尽きません。逆に私も知りたいくらいです。

ただ、一つだけ、気になる部分があります。

それはどちらもオペアンプ仕様ということです。

独自設計のデジタルアンプ回路や、下手なディスクリート回路よりも、市販のオペアンプの方が遥かに音を鳴らす代物も多く存在するらしいのです。

多分、勝るとすれば、ONKYOのコストに縛られたデジタルアンプ回路よりも、HA200に搭載されたオペアンプのほうが遥かに優れた代物であったということかもしれません。

では、また!











2021/6/12 21:11  [2265-5535]   

音之葉さん

おはようございます(^^)

いやーよく寝ましたd( ̄  ̄)。

<HD650着弾しましたぁ(*´ω`*)〜♪

了解です( ̄^ ̄)ゞ。


<これから聞き込みまくりますぅ。

良かったですねー♪、おめでとうございます(^^)。

明日は日曜日、←もう日曜日だわ、ぼけ!(自分に言ってます、w)
タイミング的にも良かったですねー(^○^)。
まずは色々なジャンルの曲を堪能して下さいまし♪

では、ではー♪

2021/6/13 04:01  [2265-5536]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。ちちさすさん。

この度はHD650を推薦して下さり、お礼と感謝を込めて、ありがとうございましたと、お伝え致します。

そして、肝心の現状ですが、、端的に申してDACの比較が出来ません。。。

HD650というヘッドホン。

20万したIER-Z1Rよりも楽曲の全体像として評価した場合に、解像度・空間表現・高い解像度の高音域・生々しい中音域・低音のバランスと沈み込み、どれをとっても、20年前のHD650が優勢です。

私の購入したこの中古のHD650だけでしょうか?

私だけそう感じるのでしょうか?

もしこれが正しい感覚であれば現在所有しているヘッドホン・イヤホン全て必要なくなってしまうくらいに衝撃的です。

K701は高音が綺麗ですが楽曲のバランスを考慮するとHD650の方が遥かにバランスが良く解像度も高く感じられました。

低音の表現については、HD650と比較すると私の所有する密閉型のヘッドホンが籠って音圧だけ盛っているようにしか感じられなくなりました。もしくは何処か不自然に感じられるのです。

これは、ちょっとした異常事態です。

ちなみにDACも印象がガラッと変わってしまい今までのレビューが無に帰してしまう勢いです。

つまりレビューは白紙に戻った感覚です。

話がそれますが、HD800というHPが生産終了となり現代的なチューニングを施されたHD800Sが販売されて5年がたっておりますが、仮にHD650の上位的な能力というのであれば、ことさら、環境を整えることが最優先事項ということになりそうです。

そうでなければ、DACと特定HPの物凄く狭い範囲、且つ、偏り度の高いレビューなってしまい。レビューの意味をなさなくなる恐れを感じてきました。

tam-tamさんのHD800S試聴レビューを読みました。
上記の懸念が確信に変わりつつあります。

BAND-MAID、 安室奈美恵、昨日から聞いていると、その他の楽曲も含めて、HD650とそれ以外では楽曲の印象や世界観が違いすぎて、同一線上で、比較できませんし、さらにDACとの組み合わせもイメージがかなり異なります。

もしかすると、これが、本来のP-750ulの力量だったのでしょうか・・・

ちなみに、現時点で、HD650はフルノーマルです。つまりシングルエンド接続です。

支離滅裂な返信になりますが、ただ感動しているだけではないということだけは、信用していただきたいです。

私はHD800Sは試聴すらしておりませんでしが、、HD650とHD800S同じような現象が起きるのであれば、HD800Sの入手が急務と感じてきました。

継続して試聴は進めますが、私の現状では、、困窮を極めております。

ちなみにHD650をLUXMAN P-750ulはSENSITIVITYというゲイン調整機能(LOW,MID,HIGH)が付いてるのですがそれぞれに味わいがあり一概に300ΩだからMIDが最適とは言い切れませんでした。つまりHPアンプ側の楽しみやセッティングの幅が広がったわけです。

いや、、ハイエンドに近づけば近づく程に、、素晴らしい体験とはうらはらに、己が如何に井の中の蛙であるかを突き付けられているようで、、、何とも、、いえない気持ちにですね。

では、また。

2021/6/13 12:00  [2265-5537]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。

とりま、
安室ちゃん+HD650+P-750ulですと、
ZEN DAC Sigでも、M500でも、どちらでも、素晴らしく生き生きとしたヴォーカルにグレードアップされることでどちらが良いというよりも、どちらも素晴らしく、聞き比べるというよりは、どちらも素晴らしく感動しかありません。

この感動の時期を過ぎなければ冷静に比較もままなりませんw

ただ、間違いなく言えるのは、HD650で聴く安室ちゃんはガン局関係なしに最強と感じます。

ですので折角選定して下さった安室ちゃんですが選定以外の安室ちゃんの楽曲をどんどん聞き直しており、もはや選定の意味をなしておりません。申し訳ございません。

それと録音状態の良し悪しをtam-tamさんが仰られていましたが、これは同意できるくらい分かり易かったです。そういう意味で言うと私の使い方としてはSONYのモニターヘッドホンは買わなくて正解だったようです。

では、また!

2021/6/13 14:09  [2265-5538]   

音之葉さん

こんにちは(^^)

HD650,どうやら購入して正解だったみたいですね♪

個人的にもちょっと推していましたので、若干の責任感を感じておりましたので。

<もしこれが正しい感覚であれば現在所有しているヘッドホン・イヤホン全て必要なくなってしまうくらいに衝撃的です。

おそらく、正しい感覚でしょう。
ただ、音之葉さんが既にご所有されているヘッドホンと傾向が似ているヘッドホンが無かったため、HD650に対して、拒絶反応を感じる懸念は若干ながらありました。
P-750uで鳴らすHD650の音を聴いて、素晴らしく相性が良いな、と感じたのですが、これも私自身の主観に過ぎません。
(HD650愛用者のちちさすさんもLUXMANのヘッドホンアンプで聴いており、相乗効果が素晴らしいという事は確認していたのですが、如何せん聴いている音楽ジャンルが違いますのでね。)

<低音の表現については、HD650と比較すると私の所有する密閉型のヘッドホンが籠って音圧だけ盛っているようにしか感じられなくなりました。もしくは何処か不自然に感じられるのです。

密閉型ヘッドホンは色々と作為的に高音域を鳴らしているので、不自然に感じられるのは、ごく自然な感想です。
しかしながら、この作為的に作られた密閉型の高音に耳が慣れてしまうと、HD650の高音は最新のヘッドホンと比較して、「音が籠っている!」と感じる方々も多いのです。
そういった意味において、音之葉さんは素晴らしい感覚をお持ちの方だと(^^)。

<話がそれますが、HD800というHPが生産終了となり、、、、、、、、、
<tam-tamさんのHD800S試聴レビューを読みました。

ゼンハイザーのフラグシップモデルがHD650から、HD800となり、現代的にリチューングしたのがHD800S,という事になるのですが、系譜上では。
ですが、これは非常に複雑な問題を抱えていて、HD800がHD650の上位モデルとはならないんですね。
HD800が単純にHD650の上位モデルであれば、何故HD650は生産終了にならなっかったのでしょう。

HD650の音を実際に聴いているのであれば、量感溢れる低域が支配的とはいえ、充実したミドルレンジが素晴らしいヘッドホンだという事がわかると思います。
カマボコ型という鳴り方で、現在、ハイエンドクラスで、この様な鳴り方をするヘッドホンはほぼ皆無です。
構造的にはフルオープンバックですが、鳴り方はヘッドホンの理想像とされる、半開放型に非常に近い。
ヘッドホンの開口部を全面的に手で覆ってみて下さい。
SR80eは激変しますが、HD650はさほど変化を感じません。
同じ、開放型にカテゴライズされておりますが、ここまで鳴り方が違うんですよね。

対し、HD800は広大な音場を持つ、これまた唯一無二のヘッドホンであり、単純にHD650と比較が出来ません。
HD650がカマボコ型なら、HD800は逆カマボコ型という鳴り方になります。
しかしながら、低域、高域が強調された、ドンシャリ型とも違うのですね。
音の密度、という点においてはHD650に部があります。
広大な音場を持つ、HD800は空間表現がHD650を上回ります。
HD800はヴォーカルが遠い、という事で、現代的にリチューニングされたのが、HD800Sですが、これも賛否両論あり、しばらくの間はHD800と併発という事態になりました。

私はLUXMANのヘッドホンアンプでは、HD800,HD800Sともに試聴しておりませんので、私が書いたレビューより、他の方が書いたレビューを読まれる事をお勧めしておきます(^^)。

これは記憶をもとに頭の中で想像する他無いのですが、HD800SではHD650のようにラックストーンによる相乗効果は得られないと思うのです。

<ちなみに、現時点で、HD650はフルノーマルです。つまりシングルエンド接続です。

私も事前に書いておりますが、HD650においては、バランス接続より、シングルエンド接続の方が、HD650らしい鳴り方をすると思うのですね。
1番の要因はHD650が製造された時期にはバランス接続で鳴らせるシステム自体が存在しなかったので。
まあ、これも、好みの問題が非常に大きいとは思いますので、バランスケーブルを購入してみるのも、一つの手だとは思うところです。

<私はHD800Sは試聴すらしておりませんでしが、、HD650とHD800S同じような現象が起きるのであれば、HD800Sの入手が急務と感じてきました。

リミテッドモデルでなければ、LUXMANのヘッドホンアンプでHD800S、また、他メーカーのハイエンドモデルが試聴可能ではありますので、じっくりと試聴比較された方が良いとは思います。

<継続して試聴は進めますが、私の現状では、、困窮を極めております。

これは私も同様ではありますよ(^_^;)

他のヘッドホンでは気にもならない音源が、HD650では酷く聴こえる場合がありますのでね。
(前スレで記載した中島美嘉の音源とか。)

どうして、そういう事が起こるのか、私自身わかっておりませんので。

箱出し状態では、310USBで聴くHD650は不満があるのですが、リケーブルする事によって、別物みたいになりますしね。
(個人的には、リケーブルした状態のHD650の鳴らす音が好みではあります。好みではありますが、これは「HD650の音」では無いな、と、笑。)

まあ、あまり深く考えず、自分が楽しめれば良し、とは思っているのですが、
HD650を最適な状態で鳴らすには、コレコレこうした方が良いとは不特定多数の人達に発言は出来ません。
レビュー投稿してしない理由も、これが要因だったりしますので。

ともあれ、音之葉さんが愛用している、LUXMAN P-750uLで満足出来る様な結果になって良かったと思っております(^^)。

今まで、使用してきたヘッドホンとは、鳴り方がかなり違っているので、現在は戸惑っているだけだと思うのですよね。
時間をかけてHD650を楽しむ事により、ご所有されているヘッドホンの違った魅力も再確認出来るのでは無いでしょうか♪
何より、HD650で音楽を楽しで下さい。
そして、素晴らしい体験をして、音楽で感動して下さい(^^)。


2021/6/13 15:16  [2265-5539]   

音之葉さん

粛々とレスを書いている間に音之葉さんからの返信が(^○^)。

<ただ、間違いなく言えるのは、HD650で聴く安室ちゃんはガン局関係なしに最強と感じます。

いやー、良かったですー♪( ´▽`)!!

ただ、BABY METALは安室ちゃんよりも最高なので、
もう驚きですねー。

違った視点から、考えるならば、
好みの音、個人的に理想とする音は各々違いますので、HD650より、こっちのヘッドホンの方が良いや!!って意見、感想があるのは重々承知しておりますが(^_^;)。

攻撃的、刺激的な音があろうとも、HD650では見事なまでにナチュラルに緩和して鳴らしてしまうので、こういった音源に対しても、長時間リスニングが可能なんです。

耳の安全第一で比較してしまったら、それこそ、骨電動型となるでしょうが、笑。

個人的な感想であれば、安室ちゃんの楽曲でもHD650の素晴らしさは堪能出来るのですが、驚愕のポテンシャルを100%知るためにも、BABYMETALのファーストアルバムは是非聴いてほしいですね♪

メタル系の曲を、こんな風に鳴らせるヘッドホンはHD650しかありませんので(^^)。
(私自身がびっくり致しましたので。)

ストリーミング配信で、課金せずに聴き放題、という事であれば、尚更聴いてほしいと思います。
音之葉さんは同じゼンハイザーのロングセラーの名機である、HD25も所有されておられますので、比較視聴する事で楽しみが増えると思いますよ♪

<それと録音状態の良し悪しをtam-tamさんが仰られていましたが、これは同意できるくらい分かり易かったです。

なるほどー、私もたまには役にたちますねーd( ̄  ̄)、w

使用しているヘッドホンアンプが私と音之葉さんとではレベル的にも雲泥の差がありますので、私の感想とは違う印象を持つ曲もあるとは思うのですが、大多数の曲において共有出来ているみたいで嬉しいですね♪

今は、HD650で、音楽を存分に楽しんでくださいね♪
(私への返信は後回しに、)

他人事ではありますが、自分の事以上に嬉しいですね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆。

では、ではー♪

2021/6/13 15:45  [2265-5540]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。

DACレビューの話でなくて恐縮ですが
HD650のリケーブルはご本家SENNHEISERから販売されておりまして「SENNHEISER CH660P」です。
これはノーマルケーブルの7N銅の先にPentaconn 4.4mm OFCプラグを初めから付けている最強版です。それがご本家から出ているという、このメーカーやはりただモノでは無いですね。やはりわかってるメーカーです。と、私が行ったら失礼にあたりますけども(;^ω^)
それくらい理想的な構造と材質のケーブルです。
https://ja-jp.sennheiser.com/ch-660-p

ちなみに4.4mmプラグはソニーとSENNHEISERが協力して世に出した規格だそうですね。
そしてこのプラグを商品化した最初のメーカーが日本ディックスのPentaconnというブランドです。ですから4.4mmのプラグとジャックは他のメーカーではマネできない特許が使われいるんです。特にジャック側の内部構造が物凄く拘っており唯一無二の構造をしています。

私がケーブルを特注するときにどんなコストが上がろうともPentaconnに拘る理由です。

来月はこれと、さらにMASSDROP X SENNHEISER HD6XX そうです。ifi AudioがZEN Signatureに標準装備で付けていたヘッドホンモードの本体です。よくよく調べてみるとありえないくらいコスパが高いです。インピーダンスも32Ωだと思っていたら300Ωです。このショップは正解中の一流オーディオ製品とタイアップして恐ろしくコストダウンした価格で販売するショップです。HD650に至ってはMASSDROPとSENNHEISERでタイアップしたチューニングを加えたものがなんと!たったの$220で購入できます。あり得ませんw
https://drop.com/buy/massdrop-sennheiser
-hd6xx


ちなみにHD800Sもたったの$1100ですw
https://drop.com/buy/drop-sennheiser-hd-
8xx-headphones


ただ、HD650の上位的存在でなければHD800Sを試聴してからでも問題ないのとそもそもHD650テイストではないのなら試聴すらしないかもしれません。

本当に良いHPを紹介して下さって。お二人とこの運命的な出会いに感謝です。

■HD650の空気感という表現
tam-tamさんが記載されていたこの表現。
実は昨晩ほんとうにぞっとしたのですが・・・
気持ち悪すぎる音声が背中で聞こえて、振り返ったら誰も居ません。
PCの画面をみたら間違って動画を2つ再生してしまって、おかしな音声になっていたというオチですが、、、優秀過ぎます。確実に寿命が縮みましたw

GRADOは妖精が住んでいると言いましたが、HD650は悪魔でも憑りついてるんじゃないかと怖くなって昨日は早々に寝てしまいました。

では、また!

2021/6/13 19:27  [2265-5541]   

音之葉さん

こんばんは(^^)。

HD650で音楽を楽しめられてる様で何よりです♪

<HD650のリケーブルはご本家SENNHEISERから販売されておりまして「SENNHEISER CH660P」です。

純正品でこの様なものがあったのですね、
音之葉さんからの情報は色々と勉強になります(^^)

常設掲示板の方でゼンハイザーの最新フラグシップイヤホン、IE900について、独断と偏見に満ちた文章を書いておりますが、w
付属純正ケーブルが3本同梱されているんですが、これがケーブル単品で発売されまして。
バランスケーブルの価格が一本何と2万円!!
付属純正ケーブルとしては今までに無かった価格なので、びっくりしていたのですが、
何と、ヘッドホンにおいて、既に前例があったのですね。(此方は付属ケーブルではありませんが。)
この様な高品質のケーブルが純正品として付属してあるイヤホンというのは非常に珍しいのです。

SENNHEISER CH660P
P-750uLでHD650をバランス接続で聴くのに最適なアイテムかもしれません。

<ちなみに4.4mmプラグはソニーとSENNHEISERが協力して世に出した規格だそうですね。

4.4mmバランスプラグ、SONYが関わっている事は知っていましたが、ゼンハイザーと協力して規格されたものだとは知りませんでした。
いやはや、勉強不足ですねー(^_^;)。

<たったの$220で購入できます。あり得ませんw

MASSDROP HD6XXについては以前から知っていました。
サウンド自体は特に本家HD650と違いは無いみたいですよ(^^)。
プラグが6.3mmではなく、3.5mmになっていたり、ケーブル長が1.8mになっていたりと全く同じ仕様ではないようですが、サウンド自体にチューニングは加えてないとの事です。

ゼンハイザーだけでなく、AKGやFOSTEXなどのヘッドホンもあるみたいですね。

HD800について:
ドライバー自体が全く違います。
通常のドーム型ではなく、ドーナツ状のリング型のドライバーを新しく設計して使用しているんですね。
広大な音場を誇る、ヘッドホンとして知られています。
通常のダイナミック型ドライバーと違って、平面駆動型ドライバーの様な鳴り方をしますね。
空間表現力においてはHD650の比でなく、クラシック音楽御用達ヘッドホンと言って良いと思いますね。
クラシック音楽の本場、ドイツのスタジオではモニターヘッドホンとして、HD800を使用しているところがありますね。

HD800、HD800S、ともに、P-750uで試聴はしてませんが、オーディオテクニカのATH-ADX5000は聴いたことがあります。
https://kakaku.com/item/K0001004277/

本格的開放型ヘッドホンとして、この機種は欲しいと切実に思いました。
(この時はSR325eもHD650も所有しておりませんでしたので。)

このクラスのヘッドホンをターゲットとするならば、
DENON D9200も外せません、女性ヴォーカルにおいて、これほど魅惑的に表現出来るヘッドホンはありません。

P-750uと相性が良いヘッドホンではFOCALが強く印象に残ってます。
海外では「スーパーHD650」と呼ばれているくらいなので、HD650テイストを追求するのであれば、FOCALのヘッドホンの方かと(*´-`)。
https://nponta.info/archives/136

ただ、ブランド価値の影響なのか、価格が高いです。

前述のMassdropにもある様です。
https://vanillasalt.net/2019/05/20/focal
-elex-review/


ただ、私は単に情報として知っているだけですので、詳しくは表のクチコミで質問された方が良いかもしれません。

有線ヘッドホンに関しては、「シシノイさん」という方が超詳しいので、この方のレビューは大変参考になりますよ(^^)。

https://kakaku.com/auth/profile/profile.
aspx?NickName=%83V%83V%83m%83C


ポータブル機器に関しては、此方の縁側も大変勉強になりますね。

ポタオーディオ、アニメ、グルメ・・・etc ゆるーく語るのか?
https://engawa.kakaku.com/userbbs/1480/

私のように、砕けた内容ではなく、信頼性が持てますね(^^)。
(縁側自体を砕けさせているのは他ならぬ、私が原因ではあります、w)

<気持ち悪すぎる音声が背中で聞こえて、振り返ったら誰も居ません。

これはFOCALのヘッドホンを試聴中に実際に私が体験した事ですね、w
あら?アンプにプラグが刺さってないで、鳴らしてしまったのか?と錯覚するくらい自然な感じで「音」がヘッドホンから鳴っていたのです、あれはびっくりしましたね、笑。
FOCALのヘッドホンも凄いのでしょうが、LUXMANのヘッドホンアンプがそれ以上に優秀だったと思います。
DACが内蔵されていませんから、今後末長く使用出来るのも魅力的ですよね(^^)。

2021/6/13 20:59  [2265-5542]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
おはようございます。

HD6XXもう売り切れてますw
2021/06/21発送って書いてあったんで絶好のタイミングとか思ってたんですが、、

ストック用で確保しておきたかったのに・・・

いえ、、それだけ言いたかっただけです。。すみません。(;^ω^)

でわ、また!

2021/6/14 08:06  [2265-5543]   

音之葉さん

おはようございます(^^)。

<HD6XXもう売り切れてますw
<ストック用で確保しておきたかったのに・・・

なるほど、もう一台、持っておきたかったと。
HD6XX、音質などは問題がありませんが、ヘッドホンの作り自体が本家と比べると若干チープ感があるようです。

伝説となるようなヘッドホンですから、存在意義とか希少価値とか加味すると、保存用にストックしておくのであれば、ゼンハイザー社製のHD650の方が良いかと思いますよー♪

しばらくはこのまま、販売されるとは思いますが、生産終了となった時、一時的に価格が跳ね上がるのは間違いでしょう。

ゼンハイザーがコンシュマー部門を売却してしまったという衝撃のニュースは記憶に新しいとは思います。

:ゼンハイザーがコンシューマー部門をソノヴァに売却
https://www.bcnretail.com/market/detail/
20210511_225191.html


:オーディオメーカーSennheiserがコンシューマー事業を売却、聴覚医療器具大手のSonovaに移譲
https://jp.techcrunch.com/2021/05/08/202
1-05-07-sennheiser-sells-off-its-consume
r-brand/


おそらく、優秀なエンジニアなどは、プロ向け製品の方に残ると想像出来ますから、1年後、2年後にコンシュー向けの製品がどうなっているのか、ちょっとわかりません。
良い方向に向かえば、と願うばかりですね。

2021/6/14 08:33  [2265-5544]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。

これは一大事ですね!

下手するとめっちゃダメダメなオーディオ製品が溢れかえることになりそうですね。

ちなみにこうなると現在発売中のコンシューマヘッドホンはどうなっちゃうんでしょうね。

というかIE900とか実はソノヴァが無理強いしてゼンハイザーに作らせた、「鼬の最後っ屁」的製品じゃないだろう疑惑も考えちゃいますね。

2021/6/14 09:12  [2265-5545]   

音之葉さん

私も色々なサイトの記事で、今後の展望など読みましたが、

「ゼンハイザーとしての音は変わらない。」とか、
「価格変動は起きないであろう。」とか悪い事は一切書かれてないんですよね。

プロ向け製品とは、ヘッドホン、イヤホンであれば、HD25、IE400PRO、IE500PROなど。

一般的に最も需要がある、Bluetooth型イヤホン、ヘッドホンは全て。
有線型イヤホン、ヘッドホンも、IE800シリーズ、HD500シリーズ、HD600シリーズ、HD800シリーズと、売れ線の製品はほとんどがソノヴァに譲渡されます。

心配は無いという記事が大半を占めておりますが、サポート体制はプロ向けとコンシュマー向けで窓口が別れる様で、多少の混乱は避けられないとは思います。

タイミングがコロナ禍の時期ですから、経営上の問題なのでしょうね。
16-18万円もする、ハイエンドイヤホンIE900が飛ぶように売れていますが、どうなんでしょうね。

:ゼンハイザージャパンは「Sonovaにコンシューマー事業が譲渡されても、ゼンハイザーとしてブランドが分かれるといったことはない」と説明する。
:「ライセンスだけではなくファクトリーも含めた事業部の完全譲渡であり、音が変わってしまうといった心配は限りなく低い」とコメント。

限りなく低い、という事は、0%ではありませんからねえ、(´-`).。oO。
「全く心配する必要はない」と言い切れないのは、やはり心配になりますよね。

ゼンハイザーはダイナミック型ドライバー一筋でこれまで勝負してきましたが、譲渡先のソノヴァは補聴器メーカー、完成度の低い、ハイブリッド型などに手を出さなければ良いのですが。

まあ、今後の事は誰にもわかるものではありませんが、今後、1、2年先までは大丈夫な様ですね(^^)。

タイミング的にも、音之葉さんとしては良かったのではないでしょうか♪
HD650との出逢いは、何か運命的なものを感じてしまいますよね(^^)。

2021/6/14 09:42  [2265-5547]   

ミーハー的コラム: 欲しいカスタムIEM♪( ´▽`)

SensaphonicsのカスタムIEM。

安室ちゃんが使用しているイヤモニのメーカーが此方なんです♪

https://www.sensaphonics.jp/lineup/

おおお!!カスタムIEMにしては庶民的価格ではないか!!

これを使っていたのか、安室ちゃん!!

装飾などに凝らなければ、手が届くなんとも憎い価格です(^○^)。

頑張って探せば、何処かに落ちているかもしれない金額ですねー、←他のところ頑張らんかい!、笑。

Live DVDで使用しているイヤモニを見る事が出来るのですが、何処のメーカーかわからなかったんですよねー。

使用する、シチュエーションが全く想像出来ませんが(*´-`)、w

このメーカーのイヤモニを使用して、歌っていたのかと思うと、欲しくなってしまうのです( ̄▽ ̄)。

そうです、アホなんです。アホなのですー( ̄Д ̄)ノ

2021/6/14 10:59  [2265-5549]   

 音之葉さん  

tam-tamさん
こんにちは。

■ゼンハイザー
そう、これ、まさに、これなんですよ。

そりゃだれだって、ゼンハイザーブランドは欲しいに決まってますが、問題は、ゼンハイザー魂が無くなった、単なるブランドになったら意味が無いのでは?なのです。

いきなり高額なIE900や矢継ぎ早にIE系の新型が発売されるのって不自然じゃないですか?

だって高い完成度の名作なら、HD650やHD25のように簡単にモデルチェンジしないはずです。

このタイミングで新作ラッシュは、めちゃめちゃ怪しいと私は感じてます。

■これもお伝えしたかった事なのですが

あくまで個人的な意見ですが、安室ちゃんの曲って、DACの解像度が上がれば上がるほど、素晴らしく感じられるのです。


ですので、どのヘッドホンイヤホンで聞いても

M500(ES9038Pro)
HD650との組み合わせが遅しく素晴らしいです。
この組み合わせにしてからバラード系もより素晴らしく感じられます。
しかしダンス系ももっと素晴らしいんです。

※ZEN CAN Singature
はまろやか過ぎて解像度が足りてない感じで物足りません。

がマッチしると感じました。

しかし、ヘッドホンの順位は異なります。

HD650 > Aventho wired > SR80e >
IER-Z1R

になっちゃうんです。

で、思ったんですが、安室ちゃんのミックスダウンって、めちゃめちゃ凝っているんじゃないかと、あと、ミドルレンジの解像度が高くなればなるほど色んな音が聞こえて素晴らしくなるってことは、レコーディング時のモニター環境は相当ハイレベルな機材でやってるんじゃないかって感じています。音作りをモノすっごいお金かけて拘りまくってたんじゃないかと!

■イヤモニ:Sensaphonics社
これが本当なら、このイヤモニが、リスニングにおいても、いや、もとい、安室ちゃん楽曲に対してベストか否かが!重要になってきますね。(*´ω`*)〜♪

そうでなければ、このイヤモニを買う意味も薄れてしまいそうですね。
少なくともこれを言いたいがために、前振りとして、DACとHPの組み合わせの話題をしたくらいです。

でわ、また!

2021/6/14 11:38  [2265-5550]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

いやー暑いですね。

<ゼンハイザー魂が無くなった、単なるブランドになったら意味が無いのでは?なのです。

私はAKGみたいになっちゃうのでは、と想像しています。
ハーマン傘下に入った頃はまだ良かったのですが、ハーマンがサムスン電子の子会社になった後、AKGの魂はなくなりました。
優秀なエンジニアたちはサムスンの子会社となったAKGを去り、「オーストリアン・オーディオ」を設立しています。
まあ、その後も、名機と呼ばれる、K700シリーズや、フラグシップモデルのK812、K872などは継続して販売されていますから、そう言った意味で、心配ないと言っているのでしょうね。

問題は音之葉さんが懸念されている様な「魂」ですよね。
HD25や、HD650、HD800の様な名機を開発出来る、「魂」が残るのだろうかと。

<いきなり高額なIE900や矢継ぎ早にIE系の新型が発売されるのって不自然じゃないですか?

我々にとって、いきなりと感じるとは思いますが、水面下では話は進んでいたのでしょうね。
5月始めに正式に発表されましたが、2月頃から、そう言った動きは既に噂されていましたから。
ゼンハイザー社内では、もっと前からそういった話が出ていたのだと推測出来ますよね。
音之葉さんが憶測されているように、IE100とIE900の発売は不自然さを感じますね。
ドライバーは部分的には改良されているのでしょうが、7mm口径のドライバーはIE800を製作した時のものと構造的に同じだと思っています。
チューニングなどは1年もあれば、完成させるのは可能ですよね。

<■これもお伝えしたかった事なのですが

<あくまで個人的な意見ですが、安室ちゃんの曲って、DACの解像度が上がれば上がるほど、素晴らしく感じられるのです。

これは私の感想です(^^)。
DACの個性より、LUXMANのヘッドホンアンプの個性の方が上回っているのでは?と。
なので、DACの解像度が上がっても、生成されたアナログ信号はP-750uLの中で、素敵な妖精が注入されますので、より魅力的に聴こえるのでしょう(^○^)。

私が使用している、ポータブルタイプのHA200には、妖精ではなく家政婦さんが居るので、( ̄▽ ̄)、w

<※ZEN CAN Singature
はまろやか過ぎて解像度が足りてない感じで物足りません。

これは何となく理解、共有が出来ますよ♪
まろやかといえば、LUXMANのヘッドホンアンプも良い意味でまろやかです、まるで血が通っているかの様。
長所と長所がぶつかっているんだと思うのですね。
HD650もそういう部分が似通っていますが、LUXMANのアンプとの相乗効果で良い結果が出た典型的な例でしょうね♪

ZEN CAN Singatureはそっけない音を鳴らす、アンプと繋いだ方が、良い部分が見えてくるのだと思いますよ(^^)。

HA200で、TH900を聴いてみたんですがダメダメでしたね、w
圧倒的にDACの解像度が足りていませんでした(^○^)。

HD650はなんて言うんですかねー、音楽に生命を注ぎ込むようなヘッドホンだと思うんですよねー♪

ゼンハイザーの「魂」が宿ったヘッドホンです(^^)。


<で、思ったんですが、安室ちゃんのミックスダウンって、めちゃめちゃ凝っているんじゃないかと、

安室ちゃんも矢継ぎ早にアルバムを製作するタイプのアーティストではないですからね。

BABY METALもそうですが、BAND MAIDも、そういうタイプですよね。
あるバンドに似ていませんか?、そう、X-JAPANですね(^^)。
妥協した曲はアルバムに入れないっていうね、こだわりを感じますよね。
(X-JAPANはそういったツケが積もり積もって、解散後に大変な事になってしまいましたが、笑。)

安室ちゃんで言えば、前にも書きましたが、「SWEET 19 BLUES」がメチャクチャ凝っているんです。

1曲目:「watch your step!!」0:04
2曲目:「motion」0:51
3曲目:「Let,s Do The Motion」4:08
4曲目:「PRIVATE」5:36
5曲目:「Interlude Ocean way」1:05

シングル曲「Don't wanna cry」が6曲目にしてようやく出てきますが、上記の5曲はこの曲の導入部にすぎませんから、天才小室哲哉が如何に心血を注いで作り上げた作品かがわかるというものです。
ただ、肝心の中枢の核となるシングル曲が聴衆に媚びた様な楽曲ばかりなので、一般的にはそれほど評価が高くないのですが、コンセプトアルバムとしては非常に完成度が高いアルバムなのです♪

小室哲哉はこのアルバムで力尽きたのか、あちこち掛け持ちで、忙し過ぎたのか、ようわかりませんが、このアルバム以降はシングル曲以外は失速してしまうのですね、安室ちゃんのアルバム製作に対しては。

<これが本当なら、このイヤモニが、リスニングにおいても、いや、もとい、安室ちゃん楽曲に対してベストか否かが!重要になってきますね。(*´ω`*)〜♪

多分、合っていると思いますよ、
かなり時間をかけて調べあげたので( ̄▽ ̄)、笑。←そんな時間があったら、他の事に注力せいよ!、w

レス、ありがとうございますー♪

では、ではー(^^)。

2021/6/14 18:53  [2265-5552]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんばんは!

■SWEET 19 BLUES
これ、わたし、大いなるカンチガイしてました。
曲名だと思ってましたw

アルバムの「SWEET 19 BLUES」だったのですね。

(/ω\)

■DACとAMP
これは私の説明不足でtam-tamさんにカンチガイさせてしまってると思いました。

安室ちゃんの曲だけがM500+P-750ulのほうが良いんです。
ヘッドホンが変わってもこの組み合わせが良いんです。

しかし、他のアーティストの曲は大抵ZEN DAC Signature+P-750ulの方が良いんです。
これはヘッドホンを変えてもこっちの組み合わせの方が良いですよ。

安室ちゃんの楽曲だけ特別な組み合わせで輝いてるんですよー。
これホント不思議なんです。

これだけ、お伝えしたくて(*´ω`*)〜♪

でわ、またー

2021/6/14 19:37  [2265-5554]   

音之葉さん

またまたこんばんは(^^)

<曲名だと思ってましたw
<アルバムの「SWEET 19 BLUES」だったのですね。

あ、説明不足で勘違いさせてごめんなさい。
アルバム全体の事を書いておりました。
「SWEET 19 BLUES」
コンセプトアルバムとして最高です!!
曲数も19曲!!
ブリッジとしての役割の曲も一切の手抜きがありません。サウンドも最高!!
このアルバムと比較して「Uncontrolled」はちょっと迷走していると書いたのです。
数珠つなぎのように勘違いされていたら、ゴメンナサイですー。

<これは私の説明不足でtam-tamさんにカンチガイさせてしまってると思いました。

おやおや、これはおあいこ、となって丁度いいですねー( ̄▽ ̄)、w

<安室ちゃんの曲だけがM500+P-750ulのほうが良いんです。
<しかし、他のアーティストの曲は大抵ZEN DAC Signature+P-750ulの方が良いんです。

なるほど、です。
て言うことは、M500の方が解像度が高いDACだと想定すると、安室ちゃんの録音状態が、、、あら?
( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)
どういうことですか(( _ _ ))..zzzZZ、w

<安室ちゃんの楽曲だけ特別な組み合わせで輝いてるんですよー。

ヴォーカルが前面に出ているからでしょうかね♪( ´▽`)、w

<これホント不思議なんです。

妖精さんと天使さんの仕業ですな、w

うーむ、誰もが不思議に感じるヘッドホン、HD650( ̄Д ̄)ノ

私の方も不思議がいっぱいですからねー( ´ ▽ ` )。

据え置き型ヘッドホンアンプより、ポタアンで鳴らした方が良いという摩訶不思議(^○^)。

それぞれのHD650に、それぞれの妖精さんが宿っている、という事に多数決で決まりました、w

店頭に並んでいる状態ではみんなのHD650が、購入して開封すると、妖精さんがやってくるのですねー(^^)

では、ではー♪

2021/6/14 20:03  [2265-5556]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
また、また、こんばんわ!

>て言うことは、M500の方が解像度が高いDACだと想定すると、安室ちゃんの録音状態が、、、あら?
>( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)
>どういうことですか(( _ _ ))..zzzZZ、w

これは、大真面目な話なのです。
解像度が高くない環境では絶妙なトーンで構築されたサウンドバランスを聞き分けることができません!
たぶんここはES9038Proの高解像度が功を奏しているんだと思います。
HD650とES9038Proの両方の良いところがハマってるんだと思います。

それに対してZEN CAN Singatureで相性が良い楽曲は中音域の解像度が要な感じなんだと思います。中音域の解像度というかリアリティはどちらかというとZEN CAN Singatureに分があるように感じられるのですが、ES9038Proは中音域というより低音〜中音域手前、と、中高音域高音域の解像度が相対的に特に良く感じられます。このおかげで安室ちゃんの楽曲全域(つまり楽器の鳴り方+安室ちゃんの肉声)がリアリティが上がってイイ感じなんです。

絶対的な説得力で説明できてないのが悔しいのですが、安室ちゃんの楽曲のみ入念に特別なサウンドチューニングされてる感じがします。サウンドチューニングが安室ちゃんの楽曲の方が1段階細かいというか絶妙なバランスのというか・・・とにかく特別な何かを感じるんです。

でわ、また〜♪

2021/6/14 22:03  [2265-5558]   

音之葉さん

こんばんは、仮眠をとっておりました♪( ´▽`)←警備員か!お前は、笑。

いやーよく寝ると最近は肩がこるようになってしまって、(^_^;)。

<これは、大真面目な話なのです。

わかっているのですが、こんな感じで、砕けた様にしてしまうのが私の悪い癖でありまして、w


<解像度が高くない環境では絶妙なトーンで構築されたサウンドバランスを聞き分けることができません!

これはM500の事、ですよね(^_^;)。
うーむ、なんでだろ?
M500では安室ちゃんの楽曲の方がバランスが良いってことですもんね。
浜崎あゆみさんの曲はお聴きになりました?
同じ年代、同じレーベル所属のアーティストですから、使用機材などは同じかな?と。
安室ちゃん引退直後には、何故か叩かれていた「アユ」ですが、何処か陰影がある曲は安室ちゃんとはまた違った魅力があり、素晴らしく思いました♪

<それに対してZEN CAN Singatureで相性が良い楽曲は中音域の解像度が要な感じなんだと思います。

此方では、安室ちゃんの楽曲より、他のアーティストの楽曲の方が良いって事ですよね。
BAND MAIDとか、

あ、私の再生環境では悪かった、中島美嘉さんの「WILL」とか聴くとわかるかも?です。
この「WILL」どちらのDACで聴くと良い音に感じるのか?鳴らせるのか?

<絶対的な説得力で説明できてないのが悔しいのですが、

そうなんですよね、音の感想は伝えるのが大変なんです。
私は普段から、他の方が書いたレビューはあまり読まないんですが、HD650に投稿してある、大量のレビューを全部ではないですが、読んでみました。
好みに合わなかったのか、試聴せずに購入してしまったのかわかりませんが、一部、酷評に近いレビューもありましたね。
満足度☆一つのレビューとかは、使用機材さえ書いてないものもあったりしました。
とっくに売却済みの方がほとんどなんですが、こういった方々にHD650の魅力を伝えるのは非常に難しいと感じましたし、好みの音と感じない人に魅力的な部分を熱弁しても、通じないと思いますし。
レビュー投稿をしなくなったのは、こういった要因もあるのですが、これが全てではありません。
クチコミに対しても、回答者として、アレコレと口出しする事も今は控えています。
私の主観で、良いと感じたものをお勧めするのも、良い結果になる事もありますが、悪い結果になる事も多いんじゃないかな、と。

<安室ちゃんの楽曲のみ入念に特別なサウンドチューニングされてる感じがします。

うーん、これも非常に難しいですねー。
私は大の安室ちゃんファンですが、それを加味しても、サウンドクオリティーが特別高いとは感じませんし。
使っている使用機材の差、だと思いますね、ここは。
(私と音之葉さんの使用機材の差、ですね。)

もちろん、好みの音が若干違う、という事もあるでしょう。

ともあれ、HD650の音を実際に聴いてみると、オーディオ評論家などがクラシック音楽には最適なヘッドホン!!とか書かれているの胡散臭く感じませんか。
POPやRockも全然イケるではないか!、と♪

やはり、自身の耳を信用するしかないんですよね。
私は一時期、夢中になって、あれやこれやと大量のイヤホン、ヘッドホンを試聴しましたが、まあ、世間一般の評価とは無縁でしたからねー、w
ですので、あまり知られていなかった、Ti3とか、RAI PENTAとか孤軍奮闘でレビュー書いていたんですね。
なので、私に対するアンチな方も相当数いらっしゃると思うのですねー。
中にはレビューの中で、私のハンドルネームを書いてくださる好意的な方もおられるのですが。
(クチコミとか一切接点の無い方でしたので、これを読んだ時は嬉しかったですね。)

<とにかく特別な何かを感じるんです。

特別な何かを感じさせるヘッドホンですよね、HD650って(^^)。

2021/6/15 02:16  [2265-5559]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。

また、また、こんばんは

安室ちゃんですが、STYLEのshine more。カッコイイですね。これ好きになりましたw

もしかすると、STYLE全体的に好きになるかもしれませんw

では、また!

2021/6/16 00:11  [2265-5566]   

音之葉さん

おはようございます(^^)

<安室ちゃんですが、STYLEのshine more。カッコイイですね。これ好きになりましたw
<もしかすると、STYLE全体的に好きになるかもしれませんw

ちょっと危険区域に入ってきましたねー。
引き摺り込むべきか、語らざるべきか、非常に悩みました(*´-`)。
セルフプロデュースアルバム第1作目の「STYLE」、このアルバムを前面的に好きになるかも知れない、危ない、危険です、w 引き返すなら今のうちですよー、w
「みんなの掲示板」で書いて頂いた「SWEET 19 BLUES」に関しては、此方の掲示板でレスしていきますね、

<若いですね。めちゃめちゃ声が若い。アルバムとしてのクォリティは認めますがヴォーカルとしては最盛期の方が艶があるというか力がありますね。

おっしゃる通り、安室ちゃんは歌いこなせてないので、ヴォーカルのクオリティーが最も低いアルバムなんです。
ここをウィークポイントとして指摘するあたり、音之葉さんの感覚は人並み外れて、感性が非常に豊か、かつ正確な耳をお持ちの方である事が、はっきりとわかりました、素晴らしい!(^^)

小室プロデュースのアルバムとしては最高傑作とは何度も書いているんですが、安室ちゃんにとっての最高のアルバムとは書いてなんですね。

安室ちゃんの要望に沿った形で、天才小室哲哉が全力で完成させたアルバムなんですが、ヴォーカルトラックに関しては、録音する日に初めて歌って、全ての楽曲のヴォーカルは一日で録り終えているんです。
歌い込みが全然足りておりませんから、安室ちゃん自身、自分のものにし切れてないのです。
ヴォーカルトラックに関しては、最終テイクは安室ちゃんの判断で決めていたそうです。
安室ちゃん自身も言及してますが、この頃はまだ、本格的にヴォイストレーニングもしておりません。
なので、声量もないですし、芯が細い感じがしますよね。
シングルカットされた曲は歌っている、と言うより、歌わせられている感がどうしても出てきちゃう。
小室哲哉もヒットさせる前提で曲を書いてますから、耳に残りやすく、キャッチーな楽曲ばかりです。
安室ちゃんの要望通り、ブラックテイストの強いアルバムには仕上がっているのですが、核となる楽曲がヒットを狙ったものばかりなので、大衆的であり、また個性的でもありません。
狙ってヒット作を作れるのですから、小室哲哉は相当な天才なんですよ。
楽曲が常に流行に敏感であり、あまりにも商業路線的なので、勘違いされやすいですが、小室哲哉クラスの天才作曲家は数える程しか居ないのです。

「shine more」に関しては、この恥ずかしいタイトル名の掲示板の最初の方で、言及しているんです、w

5月4日の書き込みから引用:
<セルフプロデュース時代に発売された、シングル曲の中で一番最初に好きになったのが、「shine more」という曲で、この楽曲は「Finally」には収録されておりません。

<「STYLE」というアルバムに収録されている、シングル曲なのですが、残念ながら、スタジオ収録の音源より、ライヴでの歌唱の方がより魅力的なので、聴いて欲しい曲の一つなんですが。


と言うことで、「shine more」に関しては、Liveでの歌唱の方が圧倒的に素晴らしいです♪

Live DVDで最初に購入したのが、namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009、なんですが、このDVDを観て、1番最初にお気に入りとなったのが、「shine more」なんですよねー♪

この曲を好きになるあたり、とっても不思議な感覚になりますねー、他人とは思えない、みたいな(^○^)。


アルバム「STYLE」について:

全曲を通して聴かれたようですので。
1曲目の「Namie's Style」、こんなにも聴きづらい楽曲は安室ちゃんの中でも、これだけしかありません。
強烈ですね!!( ̄^ ̄)ゞ。
「私は今後、こんな風にやっていくのよ!」というメッセージ的楽曲です♪
という事で、売れそうな曲がほとんどない、アルバムなので、耳に残らない、安室ちゃんの中で、最も難解なアルバムが「STYLE」なんです♪
曲の選定から、曲順まで、自身で行っている安室ちゃんの最も個性的なアルバムなんですーd( ̄  ̄)。

このアルバムからは4曲目の「SO CRAZY」しか選曲されていないんですね、「Finally」において。

7曲目の「Four Seasons」が例外的に聴きやすい曲ですが、全体的には、マニアック路線の楽曲ばかり、選曲しています、安室ちゃん。頑固で天邪鬼なんです、安室ちゃん♪( ´▽`)、w

傑作、かつ、最も、安室ちゃんがお気に入りとしている楽曲が3曲目に収録されている「Put’Em Up」なんですが、これも「Finally」には収録されておりません。

「shine more」、カッコいいですよねー(*´-`)。
こんな感じの曲をシングルカットしても、売れないです、w
大衆に媚びない安室ちゃんを象徴しているような楽曲ですよね♪

12曲目の「Come」を聴いてみて下さい。
曲の冒頭部分からはキャッチーな曲を連想させますが、安室ちゃんの楽曲史上、この様な曲は他にありません。
安室ちゃんといえば、元気でダンサンブルな曲、明るくて力強い楽曲が大半を占めるのですが、
バラードにおいても、暗い感じの楽曲はありません、
ですが、この「Come」、陰影的で、不安感を感じさせる、曲調、歌唱となっている珍しい楽曲です。

安室ちゃんはセルフプロデュースをする際に、作詞だけでなく、作曲の方も、勉強したそうです。
(この頃は自分で作曲している歌手が多かったですからね。)
ですが、自分には合わない、という事で、作曲に関しては潔く断念しているんですね。
なんて自分に素直で正直なんでしょう♪

という事で、安室ちゃんのオリジナルアルバムで、最もヒットしなかったアルバムがこの「STYLE」なのです。

CCCDで発売された、唯一のアルバムですが、CCCDに関しては別の機会に言及しますね(^○^)。

オーっと、文字数制限ではないか、w

今回はこの辺りで失礼しますー、
いやー明日まで、語りたいですねー♪( ´▽`)、w

2021/6/16 06:56  [2265-5567]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんにちは。

■STYLE COME
えっとですね。下記漏れていただけで「COME」は好きです。
これも良いと思いました。最初は「11. shine more」を聞いてると次の曲が「12. COME」なのでおっ!これもイイね!みたいな感じでかなり好きな曲調ですね。

ただ、ちょっと声にエフェクト掛けてるんでしょうか?安室ちゃんとは違った声が聞こえる感じなんですが、ツィンボーカルなんでしょうか?とにかくこれはかなり好きです。

もちろんこれも、ZEN-Sig+P-750ul+HD650で聴いてみると抜群に良かったです。

というか、STYLEは全体的に好きです。SWEET19BLUESが売れてこれが売れないっていうのが理解に苦しみました。わたしはどちらも安室ちゃんのアルバムでは1位と2位くらいにあ好きになりましたよ。サウンドクオリティ・選曲・曲調・全てに渡って今のところCHECKMATE!よりも順位が上がりました1位と2位レベルですね。

とにかくSTYLEとSWEET19BLUESはZEN-Sig+P-750ul+HD650と抜群に相性が良いです。

安室ちゃんが引退して、いや、20年前のアルバムを今になって気づくとは、私はマヌケもいとこですねwとても残念な気持ちです。

では、また!






2021/6/16 11:25  [2265-5569]   

音之葉さん

おはようございます(^^)

昨日は返信出来なくてごめんなさいm(_ _)m。

<えっとですね。下記漏れていただけで「COME」は好きです。これも良いと思いました。

あら、お目が高い(^○^)。

「shine more」は是非、Liveバージョンも聴いてほしいところですが、♪
(レンタル店で借りられるレンタル専用Live CDは2012年のドームコンサート以降のものなので、「shine more」が収録されていないのですよねー。)

<というか、STYLEは全体的に好きです。
<SWEET19BLUESが売れてこれが売れないっていうのが理解に苦しみました。

安室ちゃんのファンと、そうでない流行りの曲なら何でも聴く人、では聴きやすさが全然違うようです。

「TRY ME」、アムラーブームのきっかけをつくった、ユーロビートカバーの傑作ですけど。
これも、最初からヒットしていた訳じゃないんですよ。
この当時はレンタル店に居たので、リアルタイムで聴いていますし、ランキングの動向とか、かなり鮮明に記憶に残っているのですよねー。
シングルは毎週、毎週、ライキングごとに並び替えるのですが、最初の入荷数は10枚あるか無いか。
1ヶ月経ったあたりから、毎週の様に再入荷されるようになって、最終的に50枚以上になったんですよね。
(TOP5のシングルCDでも、50枚はかなり多い、という時代です。)
とにかく、息が長かったですね。ランキング50に半年くらい残っていましたから。

「SWEET 19 BLUES」はそれこそ、大量に入荷されましたが、「STYLE」は5枚とか、確かそのくらい。
失速ぶりが半端なかったですね。
もうこの頃は「アユ」と競争できる、レベルではなかったです。

<わたしはどちらも安室ちゃんのアルバムでは1位と2位くらいには好きになりましたよ。

それは、良かったですー♪( ´▽`)。

<安室ちゃんが引退して、いや、20年前のアルバムを今になって気づくとは、私はマヌケもいとこですねw

いやいや、そんな事はないですよ(^^)。
私も、「Finally」を聴いてから、過去のアルバムを聴くようになりましたので。
リアルタイムでは安室ちゃんの最大のヒット作、「SWEET 19 BLUES」さえ聴いておりませんので、w
(タダで聴ける環境だと言うのにですよ、w)

さて、さて、安室ちゃん熱が再燃した様なので、この恥ずかしいタイトルの掲示板も「vol.2」に更新致しますか?

BAND MAIDや、安室ちゃん以外の楽曲も取り上げたいので、掲示板名を変更した方が良いですかね?( ^ω^ )。

お任せ致しますので、良い方法があったら提案してくれると助かります( ̄^ ̄)ゞ。

2021/6/17 05:55  [2265-5571]   

音之葉さん

おはようございます(^^)

掲示板のスレッド数調べていたら、まだ大丈夫な様ですので。
(一覧に表示される「返信数」というのは削除されたスレッドをカウントしていないので、この数字を見てもまだ返信可能かどうかわからないんですよ、100スレ返信があっても、40削除してあると、60と表示されます。)

此方の返信がまだでした(m(_ _)m)
<ただ、ちょっと声にエフェクト掛けてるんでしょうか?

エフェクトかけてありますね、リバーブがかった様になってますね。

<安室ちゃんとは違った声が聞こえる感じなんですが、ツィンボーカルなんでしょうか?

ツインボーカルというか、バックの歌声ですよね。
これも安室ちゃん本人が担当してますね。
このバックヴォーカルもLiveコンサートではそのまま流してしまうんですよ。
ですので、安室ちゃんが口を閉じている時でも、バックヴォイスが聴こえてしまうので、「口パク」じゃん、みたいに思われる方、いらっしゃいますが、メインヴォーカルは一才「口パク」しておりません♪

Amazon Music HDをちょっと調べてみました。
定額制で聴き放題なのですね。
でしたら「STYLE」だけではもったいない、
セルフプロデュース3部作を聴いてみようではないか!←聴くのは音之葉さんじゃい、♪( ´▽`)、w

「Queen of Hip-Pop」
書き間違いじゃないですよー、Hip-HopのところをHip-Popとしてあるのですね。
「STYLE」の次に制作されたアルバムです。
数々の名曲を作曲してくれた、Nao'ymtと初めてタッグを組んだアルバムですね。
「STYLE」よりかなり聴きやすく、洗練されている中期の傑作アルバムですー。

1:Queen of Hip-Pop
タイトルナンバーです。「Hip-Pop」としているのは、安室ちゃんなりのこだわりがあるのでしょうね。

2:WANT ME WANT ME
「Finally」にも収録されている、安室ちゃん自身1番のお気に入りの曲です(^_^)v。
(Liveにおいて、最も歌唱された楽曲ですね、マニアックテイスト溢れる傑作です!)

3:WoWa
ピンクパンサーとコラボした楽曲です。Liveではあまり歌われておりません、コラボだから?

4:I Wanna Show You My Love
「STYLE」に収録される感じの曲ですね、バックコーラスに凝った佳作です。

5:GIRL TALK
説明不要な、女性ファンに人気の曲ですね(^○^)。

6:Free
安室ちゃんが作詞した楽曲です、「STYLE」テイストの楽曲です、つまり、あまり聴きやすい曲ではない、w

7:My Darling
評価の難しい曲ですね、好きになれるかどうかは聴いてみてのお楽しみ♪

8:Ups & Downs dust with Nao 'ymt
曲名の通り、Nao `ymtとのデュエットナンバーです、「AFTER PARTY」風の色っぽい曲です。

9:I Love you
聴きやすい感じの曲ですが、これ、イイですよ♪

10:ALL FOR YOU
マニアック路線から外れた、歌謡曲テイストの楽曲です。安室ちゃんこの曲を選曲した意味は?
好きな人が多い名曲ではあるんですが、違和感が(´-`).。oO。

11:ALARM
これ、音之葉さんが好きそう!!Rockテイストな曲ですー、カッコいいー(*´-`)。

12:NO
冒頭がスリリングな感じで始まります、これも音之葉さん、ハマるかも、です♪
シークレットトラックが収録されていますよ。曲が終わっても、そのまま聴いてくださいねd( ̄  ̄)。

「STYLE」と比較すると、変わらずマニアック路線なんですが、だいぶ聴きやすくなっております。

次作「PLAY」、3部作のトリになる、大傑作アルバムなのですが、まずは本アルバムを聴いてから「PLAY」を楽しんでほしいと思います(^^)。
トップナンバーの「HIDE&SEEK」は「Finally」に収録されておりませんが、ライブでは秀悦なパフォーマンスを発揮する、超絶カッコいい曲ですので!!

では、ではー♪

2021/6/18 05:14  [2265-5574]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。

こんばんは

>ツインボーカルというか、バックの歌声ですよね。
>これも安室ちゃん本人が担当してますね。
これも、安室ちゃんご本人でしたか。
なかなかこの曲ステキだと思います。
自分的には結構気に入ってしまいました。


>Queen of Hip-Pop
全体的に、なかなか聞き心地が良いアルバムですね♪
気が付くと全部聞き終わってる感じの心地よさです。

本来はこういう路線を続けたかったのかなーと思ってしまいました。


>PLAY
こちらはこれから挑戦しようと思っております。
安室ちゃん、なかなか、曲調というかバリエーションが楽しいです。
少なくともtam-tamさんの仰る3大作の2つは私はかなり好きになれました。

こちらもとても楽しみです。

安室ちゃんは一般的にウケている曲よりもtam-tamさんの仰るマニアックな曲?の方もある意味良いなーと思いました。これなら色んな層が安室ちゃんを好きになるでしょうからLIVEの度に物凄い箱数のチケットが一瞬で売れるのも理解できます。

安室ちゃん。なかなか、奥深いですね。

でわ、また!

2021/6/21 23:40  [2265-5583]   

音之葉さん

こんばんは(^^)

ご無沙汰しちゃってすいません。

<なかなかこの曲ステキだと思います。
<自分的には結構気に入ってしまいました。

いやー、「COME」を好きになったのはごく最近なんですよ、w
そういった意味で、私と音之葉さんとで聴き込んでいる回数に大差はないかと( ̄▽ ̄)、w

<全体的に、なかなか聞き心地が良いアルバムですね♪

「STYLE」よりは肩の力が抜けている感じのアルバムですよね(^^)。

<本来はこういう路線を続けたかったのかなーと思ってしまいました。

どうなんでしょうね。
安室ちゃん本人はジャネット・ジャクソンを敬愛してましたから。
ブラックミュージック的なものを歌いたかったのかあ、なんて思いますし(*´-`)。

<少なくともtam-tamさんの仰る3大作の2つは私はかなり好きになれました。

嬉しいですね(^^)。

「PLAY」は傑作ですから、面白いとは思います。

確信は半々ですが、音之葉さんが1番好きになるアルバムは、「PAST < FUTURE」なんじゃないかと思うんですね。

「SWEET 19 BLUES」はブラックミュージック色の強い楽曲で構成されていますし、
セルフプロデュース 3部作は、R&Bとhip-hopが基盤となってますし、

「PAST < FUTURE」、セットリスト的に非常に地味な選曲ではありますが、それまでの楽曲とは傾向が違うんですね。
カッコいい安室ちゃんが聴ける一枚です。
EDMにシフトした後期の安室ちゃんとは一味違う魅力があるアルバムですね(^^)。

<安室ちゃんは一般的にウケている曲よりもtam-tamさんの仰るマニアックな曲?の方もある意味良いなーと思いました。

一般的にウケが良い曲は誰が聴いても、良いと感じる曲ですね。
一方、マニアックな曲は、各々の感性によって、好きになる曲、ならない曲と二分化されます。
マニアックな曲の方が、ハマるんですよねー♪
これは個人差が出るのが当然ですから、どの楽曲が優れているとかではありません(^^)。
好きになったもの勝ちなんですよ♪

<これなら色んな層が安室ちゃんを好きになるでしょうからLIVEの度に物凄い箱数のチケットが一瞬で売れるのも理解できます。

バックダンサーが休んでいる間も、安室ちゃんは歌い続けます。
そういったストイックな姿勢がファンの心を掴んだのでしょうね(^^)。
MCが苦手、苦手だからやらない、
プロであれば、普通そんなワガママ通りません、
ですが、安室ちゃんはMCなんかなくても、コンサートは成立する、いや、途中でMCなんか挟んで欲しくない!、とファンに思わせてしまうほど、満足出来るライヴを作ってしまいました。
お亡くなりになった、ジャニーさんが、ジャニーズJr.に安室ちゃんのコンサートに毎回のように連れて行って、本物のエンターテイメントとはこういうものだ!と指導していたのは有名な話です、
凄いエンターテイナーでしたよね、安室ちゃん!!!

2021/6/28 03:33  [2265-5592]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんばんは。

>、ジャニーさんが、ジャニーズJr.に安室ちゃんのコンサートに毎回のように連れて行って、本物のエンターテイメントとはこういうものだ!と指導していたのは有名な話です、
プロがプロのステージを教科書にするなんて、ある意味、本当に特別な存在なのですね。
我々がマニアックな曲・そうでない曲なんて、軽々しく言えないかもしれませんね。

安室ちゃんが現役頃にもっと知っておけば良かったと感じます。

6月も1回、7月も1回、8月は2回LIVEのチケットは購入しています。
うち3枚は「Mardelas」、1枚は「大山まき」です。
8月は2回とも大阪です。連休のタイミングで大阪へボッチ遠征行ってみようと思います(笑)

これからもLIVEはチャンスがあればドンドン行こうと思います。
これは安室ちゃんを知ったことが理由に一つでもあります。
一番パワーるある時期に好きなアーティスト、気になるアーティストの今を見ておけばよかったという後悔をしたくないからです。

BAND-MAIDは残念ならがことごとくコロナ渦の対策の為に公演中止となっておりますが、今後もチャンスがあればドンドン行こうと思います。

今、BAND-MAIDは、ノリにノッているといっても過言ではありません。
彼女たちの創世記を見れなかったのは非常に残念ですがこの時を見逃したくはありません。

私が一番、安室ちゃんに教えてもらったことがこれかもしれません。
その安室ちゃんを教えて下さったtam-tamさんとの出会いも感謝しています。

そう、そう、tam-tamさんはツイッターはやらないのですか?
あ!そうか! そもそも、不特定多数の方見ているこの場ではお互いツイッター垢を晒すのは全く持って宜しくない行為ですね(笑)

では、また。

2021/7/6 00:59  [2265-5603]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ



みんなの掲示板、vol.11に突入致しました(^^)

11(イレブン)、何か縁起が良いような、w

この掲示板は素晴らしいメンバーの皆様方のお力で成り立っています。

感謝の気持ちと共に、私もより一層頑張らないと(^^)。

2021/3/2 13:12  [2265-5197]   

焼肉好きな人さん

初めまして(^^)

メンバー認定完了致しました。

書き込みはこちらの掲示板をご利用なさってください。
(vol.10はもうすぐ書き込み、返信が出来なくなってしまうので。)

私は本日、外出してしまうので、戻り次第、対応させていただきますね。

分からない事などありましたら、こちらの掲示板に書き込んでおいてください。

よろしくお願い致しますm(_ _)m。

2021/3/3 08:01  [2265-5203]   

メンバーの皆様方

こんばんは(^^)

一攫千金のため、マグロ漁に出ておりました、笑。

と言うのは冗談ですが、外出先でのトラブルにより、帰るに帰れなくなりまして(^_^;)

3日ぶりに帰宅したところでございます。

いや〜、まさかこんな事になるとは思ってもみませんで、
一時的に書き込みが出来なくなってしまいました、大変失礼致しましたm(_ _)m。

2021/3/6 22:02  [2265-5206]   

elinemebiusさん

「進撃の巨人」は第1巻が出版された時から読んでいたんですが、第4巻で読むのをやめてしまいました。

ストーリー設定的に面白かったのですが、理由は忘れちゃいましたけども、その時に何かあったのだと思いますね、
一度読んだら途中で読むのをやめてしまう事はほとんどありませんので。

<「進撃の巨人」は、一言に集約すれば「自由」という価値に対する、執拗なまでの飽くなき拘りです。〜〜〜

いや〜、そこまで深く考えて読んでなかったですね〜(^_^;)

ちょっと私レベルでは、奥底にあるテーマを理解する事が出来ません。

お話の相手として力量不足を痛感致しております、申し訳ありません(^_^;)。

2021/3/6 22:04  [2265-5207]   

ちちさすさん

こんばんは(^^)

ちょっとお久しぶりですね(^_^;)

私の縁側に書き込んでくれてありがとうございます♪

<カラヤン/フィルハーモニア管弦楽団のボックスから気に入った楽曲をリッピングしているんですが、衝撃の事実が…。

聴くことは普通に出来るのに、インポートする時に障害が発生する、というのは経験がないですね。

新品で購入したCDでも、聴くのに音飛び、ノイズ、途中で再生が止まってしまうなどは経験しておりますけども。

こういった現象でもですね、全てのCDプレイヤーでも駄目だった、という経験が一度もないんですよね。

据え置き型CDプレイヤーとPCに内臓されている、DVD/CDドライブで同じ現象が発生しても、ウォークマンCDプレイヤーだと大丈夫だったりしてますね。

今はどうか分かりませんが、高価なCDプレイヤーほど、エラー訂正が貧弱である、という事を聞いた事がありますね。
(エラー訂正が貧弱、というのは表現が適切ではないかもしれませんが。)

通常再生で問題が無いのであれば、読み込み速度を落としてみてはどうでしょう?
(読み込み速度の設定は出来ると思うんですよね。)

何回もリッピングし直して、確認するより、時間的に効率が良いと思うのですが。

私は、頼まれて5,000枚ほど、DVDのコピーをした事がありますが(一度にではないですよ、10年くらいかけての通算枚数ですね。)空DVDのプレス不良品には、結構な枚数(300枚〜400枚くらいですかね。)にぶち当たってますね(笑)

(50枚500円程度の激安品もある程度購入しておりますが、そちらでは書き込みエラーになった事がありません、w)

エラー訂正オンオフを切りかえても駄目だと思いますね、経験上。

かなりの枚数を経験しているので、読み込み速度設定は最高速度にはしておりませんでしたね。

カスタム設定で、手動で読み込み速度を設定しておりましたね。
(ライティングソフトを利用しておりました。)
私はMac派なので、Windows PCの事はちょっとわからないです。
(Windows PCに関してはchoco111さんがお詳しいですよ♪)

Windows10には未対応ですが、読み込み速度を設定する事が出来るソフトはあるみたいですよ(^^)
https://www.gigafree.net/media/drive/Rim
hillEx.html

2021/3/6 22:13  [2265-5208]   

ちちさすさん

パチンコ関係について:

懐かしいお話ですね(^^)

<パチンコのエヴァンゲリオンですが、1号機は業界初の突然確変搭載ということで話題になりましたよね。

私はパチンコに液晶が付く前から打っているんですが、この時期のパチンコだけ何故か打っていないのです♪( ´▽`)。

最初のエヴァンゲリオンとか、ウルトラセブンとか凄い低確率(500分の1くらい?)の大当たり確率の時期があったじゃないですか。
その時だけ、私、パチンコ打っていないんですよ、
パチスロもパチンコも打ってない年は無かったので、おそらくパチスロだけ打っていたのだと思います。

<tam-tamさんが打ち始めたのはこの機種からという3号機「奇跡の価値は」は、私は相性が悪くて勝てませんでしたし、機種自体短命だったと思います。

これは私の勘違いですね、Wikipediaで調べてわかりました、申し訳ないです( ^ω^ )
「使徒、再び」ですね、面白くてハマった、エヴァパチは。
(これは4番目に発売されたものでしたか、という事は、1号機から3号機までは打ってないですね、w)

「使徒、再び」は私も殿堂入りのパチンコだと思いますねえ(^○^)。
これは最高に面白かったですね♪
(特に確変中の演出が最高ですね!!!)

<今のエヴァンゲリオンは何号機になるんでしょうか?

私もようわからんです( ´Д`)y━・~~、笑。

「使徒、再び」の時期は、演出が好きでして、甘デジタイプのエヴァも良く打ってましたね、
負けるのはわかっているんですけど、演出見たさに甘タイプを打ってましたね♪

<内規としても最大6段階の確率設定、遊タイムなる時短あるいはST突入する天井仕様もあるようで。〜〜〜

私も設定付きパチンコは打ちませんねえ、w(どうせ最低設定ばかりだろうと、w)
遊タイム搭載パチンコもどうせ釘が渋くなるだけだろうと敬遠してましたが、機種によりけりなのと、中途半端な回転数で落ちてる時がまあまああるので、基本的に朝一から打たないですが、客が一時的に居なくなる時間帯(地域、ホールによって違いますが、そういった時間帯は必ずあります。)に見廻る事はありますよ(^^)。

こんな事を粛々と書いていると誤解されてしまうので(笑)。
今は打ってないですよ、w。

近所にあった巨大チェーン店の店舗がコロナによって閉店してしまったのはショックでしたねえ(´-`).。oO
(日本一のチェーン店の店舗も潰れてしまうんだなあと。)

与太話についでにちょっと面白い経験談を一つ書いておきますか、w

パチスロで初代北斗の拳があったじゃないですか。

レギュラーボーナスしか搭載出来ないCタイプで製作されたメガヒットのパチスロなので、時期的にもちちさすさんも打った事があるかもしれませんね。

最初に打った時は衝撃でしたね、
なるほど、こういった作り方もあるのかと。これは面白いなと感心しましたね(^^)
設定6の機械割も120%くらいありましたしね。

この、北斗の拳の設定6の台を午後3時頃に「6」だとわかって捨てた事があるんです、w
(時間的都合で、これ以上打てない、とかではありません、w)

頭に来たんですよね、w あまりにも出なくて、w

初日に既に「6」をツモっているんですよ。
当時は設定発表とか出来ましたからね、責任者と交渉すれば設定確認も出来るお店もありましたし。

初日は、半信半疑で打ってましたが、とにかく初当たりが異常に軽い。
これは「6」あるんじゃね?って感じで打っていたんですが、如何せん単発終了ばかりで、-5000枚という結果に、w
(12時間打っております、w)

2日目も同じ台を取りました。
出なかった台は据え置きされる傾向のお店だったので。
2日目は更に展開が悪く、-7000枚という結果に、w
勿論「6」の据え置きでした、笑。

さあ3日目ですよ、w
いくら出なかったとはいえ、3日連続で「6」を据え置くなんて事は一度もありませんでしたが、なんせ、12,000枚も吸い込んでますからね、w
私としても引くに引けない訳ですよ、w
お昼ごろまで打った時点で「6」の据え置きを確信しましたね。
ところが、やはり単発地獄で、3時の時点で-3000枚に、w
こりゃあ、頭に来ましたねえ、さすがの私も、w
私が捨てた途端、速攻常連さんに取られましたが、w
見なきゃいいものを午後10頃、様子を見に行ったら、しっかり万枚出されていましたね、やはり「6」は普通に出るな、と、笑。
(6確の札もしっかり刺さってました、笑、私自身では15,000枚ほど吸い込まれております、笑)

そんな訳で私は北斗の拳シリーズは嫌いです、w
(原作の漫画は好きですけどね、w)

2021/3/6 22:27  [2265-5209]   

 elinemebiusさん  

tam-tamさん。

「進撃の巨人」はまもなく終結を迎えます。本作の本質について、私は「自由」とある意味無理矢理に端的に言い表しましたが、tam-tamさんが読まれた4巻までではそのことは露ほども理解できるはずもありません。私は本作が終盤を迎えた現在までを観て読んで、本作が圧倒的に訴えかけているモノがあり、それは何だか凄いのは間違いないが、いったい何だろうかと考えてやはり「自由」であると自分的には、思っています。

前スレで、私の書いたポエムは、本音のところを言えば、ポエムではありません。「自由」が、所与であるのは全くのそれこそポエムで、実は太古から「自由」は一部の人のものだけであって、多くの他の人にとっては望むだにできないものであったという歴史的事実、近代に於いて何とかようやく普遍的価値と考えられるようになったにすぎない徒花かもしれない、つまり現在の、特に日本の人には、「自由」を血をもって獲得したという認識がほぼゼロであること、今享有している「自由」がほんの200〜300年前に、提唱された単なる新しい概念に過ぎないこと、そして今でも米西欧社会に特有の価値観であること、彼等が中国などの人権侵害に対してわざわざその度に非難していること、それは彼等の歴史的史観による正義に基づくことに過ぎないこと、日本だけでなく「自由」がただ単に無料で与えられているという勘違いしている人が多すぎること、「自由」の重みを理解せず、「自由」はただ主張すればいいという軽い人権主張のノリでやっている人が多すぎること、私の医師の職として個人の「自由」=「尊厳」を最大限重んじることは言うまでもないのですが、それを守るために一生懸命に尽くしても患者さんからは何故か疑いの念を持たれてしまうことに、疑念を感じます。

現在の米西欧の価値観である「自由」は、単に歴史的な存在に過ぎないこと、更に「自由」が保証されていても、まず国家が経済的に余力がないと担保されないという事実、そして米西欧の価値観である「自由」が最高の価値であるという歴史的価値が今の中国の台頭を鑑みれば、将来「自由」が最高の価値であるという価値感が衰退していく可能性が高いであろうこと。

言うまでもないことを敢えて書きました。

2021/3/6 23:58  [2265-5211]   

elinemebiusさん

おはようございます(^^)

帰宅してからメモ帳にレスを書き、それをコピペでアップしてから寝ていました(^_^;)

<tam-tamさんが読まれた4巻までではそのことは露ほども理解できるはずもありません。

いやいや、多分ですね、全巻読んだとしても、elinemebiusさんが解釈された事は私には無理だと思います。

音楽についてもアレコレと書いていますが、私は表面的な面白さしか理解しておりませんもの、w
(この縁側の掲示板に書かれている、私の文章を読めば、わかると思いますよ( ^ω^ )。)

かなりハマった漫画としては、両手では利かないくらいありますが、わかりやすくエヴァンゲリオンを例としてあげましょう、(^^)

テレビアニメバージョンをDVDとして持っていて、100回近く繰り返し観ております←見過ぎだろ、w
最終25、26話の難解さは観る前からわかっておりました。
私は単にキャラクター設定の面白さにハマったに過ぎないのでありますよ♪( ´▽`)、笑。
今ではすっかり無くなってしまいましたが、エヴァンゲリオンの独自考察のサイトもかなり見ておりますが、私レベルでは気が付かなった深〜い解釈を書いてあるものがいくつもありました。
いくら読んでも理解出来ないので、自分が楽しいと感じるところがあればそれで良いと、作品の根本を理解する事は素直に諦めました( ´Д`)y━・~~、笑。

右脳が足りないんです、右脳が、私は、w。
(量、質、ともにですね、きっと、笑。)

elinemebiusさんの哲学的な解釈に、私は的を得ないゆる〜い事を書くことしか出来ないのであります( ̄^ ̄)ゞ

ちちさすさんがこの縁側に来られたのは、クチコミの質問で、私とのやり取りが長くなると、他の回答者さんにご迷惑がかかると思って、「続きは私の縁側でやりましょう」とお呼びしたのが発端です。

クチコミの質問で、主にクラシック音楽を楽しんでおられる事はわかっておりました。

私も楽器が弾けない、とはいえ、9歳からクラシック音楽にドップリと浸かっており、音楽に関する書籍も随分と読み漁っていたので、それなりの自信があったのです。←これを井の中の蛙と言うのであります、w

ちちさすさんとのやり取りで、私は表面的な面白さしか理解出来ていない事に気付かされたのです。
並の音楽評論家では敵わないほど、深い部分まで聴いているんですよね。
何の音楽を聴かせても、これは同じだと思います、土台がしっかりとしてますので。

elinemebiusさんの書く文章の質からして、私では相手にならないと思いますよ(^○^)。

ちちさすさんも私レベルではお話にならないと感じておられると思うのですが、縁側の過疎化が進んでいて、他に書くところが無いのでしょうねえ、私のゆる〜いやり取りをお付き合いして頂いておりますが(*´-`)。
(これは他のメンバーの方々も同じですねえ、w 私のレベルに合わせて頂いております。)


ガチ系メンバーが揃いに揃ったゆる〜い縁側なんですよね〜、(^_^;)、w
(非常に珍しい生態系の縁側だと思っております、爆、w。)


<つまり現在の、特に日本の人には、「自由」を血をもって獲得したという認識がほぼゼロであること、〜〜

私は定職につく事なく、自由気ままに生きてきた人間ですので、一生懸命真面目に働いている方々はそれだけで尊敬してしまいます。

私はアウトローなんですよ。
(「アウトロー」なんて書くと、映画の題名みたいでなんかカッコいい感じもしますが、社会不適合者にすぎません。)

なので、根本的な価値観が世間一般の方と大きくズレてしまってます。

ですので、私の書く事は何にしてもゆる〜くしか書くことが出来ません(^_^;)。

非常に真面目な題材であっても私とのやり取りで、面白半分にふざけたものにいつの間にかなってしまいます。

申し訳ないと思いつつ、そんな感じでしか出来ないんですよね、重ね重ね失礼だと感じている次第でございます。


2021/3/7 06:21  [2265-5212]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

ほぼ3日ぶりに帰宅して、一気呵成に書いたので、追加して書きますね。

<その9枚もプレーヤーで普通に聴く分にはノイズも音飛びもありません。リッピングの時だけです。

これは同じプレイヤーで起こる現象ですか?

普通に聴く時には再生専用CDプレイヤー、PCにインポートする際には別のDVD/CDドライブを使用して起こる現象ではありませんか?

前スレで、今回ちちさすさんが書かれたような事は私は経験が無いと書きましたけども。

PCにインポートする際に読み込みエラーになった事はありますね。

これも特定のCDでのみ発生した現象ではありますが。

DVD/CDドライブのレンズの汚れ、あるいはドライブ自体の寿命も考えられる事ではありますね。

(ピックアップレンズの汚れは、市販のレンズクリーナーの類いの製品の使用は安易にお勧め出来ません。)
(私は分解して、直接、レンズの汚れを除去していましたが、かえってレンズを傷める結果になりかねないので、この方法も安易にお勧め出来ないです。)

ドライブ自体の寿命で、一部のCDでのみ、読み込みエラーが頻発する事は良くある事なんですね。
(ドライブの寿命で全てのCDに対して読み込みエラーが発生する訳では無いんですね。)

私はMac派だと書きましたが、デフォルトの状態では、読み込み速度を落とす設定項目がありません。

そもそも、CDのインポート時に読み込みエラーが頻発した時点で、ドライブ交換をしておりますね。
(読み込み出来ないCDの対処法として、そのCDを等倍速度でコピーCDを作成してから、インポートしておりました、これには別の機材を利用しております。)
DVDレンタル店には市販されていない機材が結構あったりします←私が勝手に発注しているんですけどね、w

CDが聴けない、DVDが観れない、などの苦情はそれなりに経験しておりますが、レンズの汚れが要因である事が意外にも多いのです。
一度機材を預かって、分解して、直接ピックアップレンズをクリーニングしてあげると、解決する事が多かったですね、経験上。
(下手をすると、取り返しのつかない事になりますから、非常に神経を使いましたね、私でも、笑。)

市販されている、レンズクリーナーの使用はお勧め出来ないですね。
その手の業界関係者との繋がりもあったので、一部の製品ではかえってレンズに傷を付けてしまう事も良くあるとの話も聞いております。

インポートに使用しているドライブの使用頻度には一概に該当は致しません。
HDDなどもそうですが、10年以上使用出来るものあれば、1年程度でクラッシュしてしまうものもありますよね。

<何回もリッピングしなおして、たまたまエラー訂正が追いついたのを残す、というやり方をしてますが、こりゃ根気のいる作業です。

大変な作業でしょうね。
やはり、一時的な対処法として、CDの読み込み速度を落としてみるのが宜しいかと思いますね。
この場合は等倍での速度設定が良いでしょうね、普通には聴けるようですので。
前スレでも書きましたが、私はWindows PC、Windows OSについて詳しくありません。

ですが、読み込み速度設定は出来るはずですので、これを変える事により、PCに無事にインポートさせる事は可能だと思っておりますので、諦めないでくださいね(^^)。


<夫に定期的に偵察させてますが、〜〜〜

旦那様から、時々情報を得ている、とは違うのでしょうか、w

今のご時世(コロナの影響で)で、パチンコで勝つのは相当難しいですが、お好きらしいので、勝ち負けは別として、打たせてあげたいですね。
演出過剰な機種が非常に多いですが、面白い台はありますからねえ(^^)
液晶搭載最初のパチンコ台、「麻雀物語」から随分と進化しましたからね。←古い、w

液晶など無くても、楽しめる台もありますからね、パチンコ。

私は単なる下手の横好きに過ぎませんから、結局のところ、何でも楽しめちゃうんだと思いますね、w
(羽モノでも楽しい♪)

熱くなれる演出が心のツボにハマるかどうか、ここが重要ですね。
そういった意味でも、「使徒、再び」は、非常に面白かったですね。
(確変中の確確演出とか最高でしたね、非常に多くの演出がありましたが、格納庫演出、あれが好きでしたね。)

下らない事を長きに渡って粛々と書きましたが(笑)、

懲りずに遊びに来て下さい、素敵な1日を☆☆☆。

2021/3/7 07:43  [2265-5213]   

tam-tamさん。

私の縁側は再開すると言いながらしていないのがずっと続いている、するする詐欺状態ですが、再開するときは写真とカメラの縁側として再出発するつもりでいます。
音楽やオーディオのことは交流スレッドでお話するにしても、基本的には音楽とオーディオは他の縁側さんをメインにしていくつもりです。
クラシック音楽のことを書ける縁側さんは他にもあるのですが、ここが一番まともなお話ができる場所でありまして、tam-tamさんには感謝しております♪

リッピング不良の件ですが、私はiTunesでリッピングしていますので読み込み速度を任意に変更することができません。等倍でリッピングできればおそらく大丈夫なんだろうと思いますが、できないんですよね。
どのCDプレーヤーでもディスク再生をするとき、多かれ少なかれ読み込みエラーは必ず生じていまして、サーボでエラーを訂正しながら再生をしています。サーボは強力なほど(サーボ量が大きいほど)エラー訂正力が高いのですが、強力なほど音質が落ちるというパラドックスもあるのです。
比較経験がないのでわかりませんので、落ちるというのは受け売り情報なのですが(^▽^;)
高級機はエラー訂正が貧弱、というのは、音質を担保するためにサーボを弱くしているのかもしれませんね。
PCの内蔵ドライブはサーボ量はかなり大きいと思いますが、高速読み込みでは能力の範囲を超えるんでしょう。外付けでドライブメカも、読み込み精度が高いとかえってエラー訂正が弱いかもしれませんし、外付け導入が吉と出るかは実際試さないと分からないことなので、とりあえず現状で対応できないなら諦めるようにしています。
デジタルノイズが出るディスクは輸入廉価盤でなくても経験済みで、DGの正規輸入盤、ロンドンの国内盤、DENONの国内盤でもそういうのに当たったことがあります。いずれも3回目のリッピングまでにはノイズなしに成功してますので、今回のようにいくらやっても必ずノイズが入るというのは初めてです。

PCのディスクドライブもだいぶお年寄りですが、ほかのカラヤン/フィルハーモニア管弦楽団のボックスが問題ないことからも、まだドライブ自体の問題ではなさそうです。
ピックアップはレンズも含めて定期的にお掃除実行してますよ〜。

2021/3/7 08:38  [2265-5214]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

<私の縁側は再開すると言いながらしていないのがずっと続いている、するする詐欺状態ですが、〜〜〜

私の縁側に来られた時は、それ程頻繁に書き込みが出来ないとの事でした。

ここ数ヶ月ほど、以前より、書き込み量も頻度も多くなっている様な気が致します。

体調が良くなっていると思いたいですが、これはわかるものではありません。
ただ以前より、気力が充実しているのは確かなようではありますね(^^)。

まずはご自身の縁側活動再開に向けて、と思うところはありますね。
(そうなると必然的に此方の縁側に来られる頻度は少なくなってしまうでしょうけども。)

<クラシック音楽のことを書ける縁側さんは他にもあるのですが、ここが一番まともなお話ができる場所でありまして、tam-tamさんには感謝しております♪

あら〜、私のところが一番まともとは、良い縁側さんが無くなってしまったのでしょうか(^_^;)。

ちちさすさんにとって、充実したやり取りが出来たのはBiigshooterさんのお力が大きいと思っています。

私一人ではとても、とても。


<リッピング不良の件ですが、私はiTunesでリッピングしていますので読み込み速度を任意に変更することができません。

デフォルトの状態では読み込み速度の変更は出来ませんが、読み込み速度の設定の変更は可能だと思いますよ。

これもまた、読み込みエラーが出るCDをインポートしたら、元に戻さないといけませんから、手間との天秤にかける事になりますから、難しいところですね。


<どのCDプレーヤーでもディスク再生をするとき、多かれ少なかれ読み込みエラーは必ず生じていまして、〜〜

これはどうなんでしょうかね。
私はパイオニアの外付けドライブを使用していますが、エラー訂正符号を付けない、ピュアダイレクトモードなるものがあるのです。
つまり、読み取り不能なビットがあったとしても、エラー訂正を行わないんですよね。
私は現在、このモードで使用しているのですが、読み込みが止まった事が一度も無いんですよね。
つまり、読み込みエラーが全く無いという事を意味してます。
図書館で借りたCDなんかは結構傷が付いたものがありますが、それでも止まりません。

PlayStationなんかは、ソフトはCDよりもビット信号が小さいDVDを使用しているじゃないですか。
(現在はBlu-rayになっていますけども。)
プログラムが記述してあるところは1ビットの間違いも許されません。
1ビット違うだけで、全く違う命令信号になってしまいますから、エラーが発生してゲームが止まってしまうと思うんですよね。
子供たちなんかは結構傷だらけのディスクを持っていますが、ほぼほぼ大丈夫なようですからね。
(何箇所かに同一プログラムが記録してあるとか、カラクリがあるのでしょうかね?)

<高級機はエラー訂正が貧弱、というのは、音質を担保するためにサーボを弱くしているのかもしれませんね。

これもだいぶ昔の話なんですけどね。
エラー訂正が貧弱、というのは表現が適切でなかったですね。
意図的にエラー訂正を行わない、という高級CDプレイヤーが昔ありました。


<デジタルノイズが出るディスクは輸入廉価盤でなくても経験済みで、DGの正規輸入盤、ロンドンの国内盤、DENONの国内盤でもそういうのに当たったことがあります。

デジタルノイズというのはどういうものなのでしょう?
完全に音が破綻している状態でしょうか。
それ以外のノイズ?というものは聴いた事が無いので、ちょっと分かりません(^_^;)
(私の場合はほとんどが音飛びですね、アナログ的なノイズは聴いた経験がありません。)

<今回のようにいくらやっても必ずノイズが入るというのは初めてです。

そうですね、私も手持ちのCDでどうしても読み込めなかったものは2枚しかありませんからね。
なかなか、経験出来るものではありませんねえ(^_^;)


<PCのディスクドライブもだいぶお年寄りですが、ほかのカラヤン/フィルハーモニア管弦楽団のボックスが問題ないことからも、まだドライブ自体の問題ではなさそうです。

此方も追加レスで書いてますが、ドライブの老朽化により、CD全般に影響が出る、というものでも無いんですよ。

まずは一部のCDでのみ発生する、これが老朽化の兆候でありまして、こうした現象により、ドライブではなく、CDに問題があるのでは?と思ってしまうのです。
(レンタル店の業務上の経験則にもとづいたものですので、今回の事が必ずしも当てはまるものではないのですが。)

ちちさすさんの事ですから、ピックアップに負担がかかる様な傷だらけのディスクを所有しているとも思えませんし、PCにインポートしてあるディスクも容量を拝見する限りそれ程多くないようですね。
(無圧縮でインポートして250GBというのは、厳選したCDのみ取り込んでいるのだと思います。)

<ピックアップはレンズも含めて定期的にお掃除実行してますよ〜。

ヘッドホンの管理同様、準備万端、さすがです(^^)。


2021/3/7 10:14  [2265-5217]   

ちちさすさん

追記レス:

CDに関して、エラー訂正と補完、これを完全に理解して無かったようですねえ、笑。
僕の悪い癖(´-`).。oO←しつこい、w

エラー訂正を行わないCDプレイヤーがあった、というのは間違いですね。
正しくは、補完を行わない、です。

iTunesで読み取りエラーが多発する、という事に関して。

他の読み込みソフトでは如何でしょう?
もう試されましたでしょうか?

ちょっと気になった点が一つありまして。

iTunesでインポートしている際、読み込み自体は最後まで止まらないで終了するのでしょうか。

何事もなく、読み取りが完了して、後で聴いてみたら、ノイズだらけだった、という事は経験として一度もありませんでして。

どうしても読み取れなかったCDというのも、最外周のところだけなんですよね。
(長時間収録のCDですね。)

Windows PCをお使いであれば、Windows Media Playerで読み込みをされてはどうでしょう?

一旦、PCに読み込んでおいて、音楽データが破綻していなければ、それを元にCD-Rで複製を作ります。

複製したCD-RをiTunesで読み込めば、大丈夫だと思うんですが。

choco111さんからアドバイスがありました。

<iTunesでということとなので

 デスクトップ版のiTunesを使ってる場合なら

 Microsoft Storeの方からストア版を新たに入手して試すといったことでしょうか


此方も是非、お試しください(^^)


2021/3/7 11:21  [2265-5220]   

 jade7さん  

横レスで失礼いたします。

 Windows であれば、リッピングの定番はEACということだと思っておりましたが。

 私も10年くらい使っておりますが、図書館から借りてきたかなりボロボロのCDでもきちんと
 エラーがでても訂正がかかって、コピーできていたと思います。

 もし、ご参考になれば幸いです。

 

 https://howto-it.com/eacinstall.html

 以上、さしでがましで、申し訳ございません。

2021/3/7 14:38  [2265-5222]   

jade7さん

jade7さんがこちらの掲示板に書き込むのは初めて、では無いでしょうか(^^)

嬉しいですね。

私に代わって助け舟を出してくれたのですね♪

お疲れだと思いますが、そういった中でのさりげない書き込み、震えるほどの優しさに感動さえ覚えます。

情報提供に感謝☆☆☆

書き込みありがとうございます(^^)

2021/3/8 07:10  [2265-5225]   

elinemebiusさん

認定メンバーを辞退されたようで、これは私の力不足、知識が乏しいゆえ満足のいく対応が出来なかったと思っております。

ご案内する時に私は、何度も「縁側自体」はゆる〜くやらせてもらってます、と書いております。

学が無い私でも「立つ鳥跡を濁さず」ということわざは知っています。

クチコミにおいて、色々と書かれておりますが、そちらに返信する事はありません。

不満などがあれば、私に対して何を書かれても結構でございますが、私が大切だと思っている優しさに満ち溢れたメンバーの方々に対して批判的な事を書くのは辞めていただきたい。

人間とは人それぞれ違った価値観を持った生き物なのですよ。

ご自身の趣向と合わないからといって、相手の事を認めようとしない。

何が一番素晴らしいとか、優れているとか、論議するところでは無いのです。

これ以上書いたところでご理解されないと思うので辞めておきますが、クチコミにおいて書かれた事は、関係のないメンバーの方々に向けた内容も含まれているので、即刻削除申請して下さい。


2021/3/8 07:40  [2265-5226]   

tam-tamさん。

私が価格コムにどのくらい参加できるかは、私自身の都合というより、周囲の都合の面が強いので(^^ゞ
価格コムに限らずインターネット自体やりにくい人的環境にあるので、自分の縁側も閉じています。書き込みいただいても長期ほっておいてしまう失礼をせざるを得ないのが嫌なのです。
書き込みできるのはインターネットができる状況だから、ご無沙汰するのはインターネットができない状況だから、と事態は簡単であります。
また急にご無沙汰することもあるでしょうが、そのうちまた来るだろう〜って思っていただけたらうれしいです。

2021/3/8 11:56  [2265-5229]   

jade7さん。
横レスありがとうございます(^^)
EACって、私がメインにしているコーデックのAIFFには対応していなかったと思います。
非圧縮でタグを格納できるAIFFは便利なので、クラシックではこればっかりです。タグのいらない曲のみWAVです。
でもiTunesでデジタルノイズがどうしても乗るなら、EACでWAVリッピング→iTunesライブラリに取り込み→AIFFに変換→タグ付加、という手順をとるのもありですよね。面倒くさいですが(笑)。
EACでもデジタルノイズがつく可能性もありますが、行き詰まったら試してみます。
またお話よろしくお願いしますね。

2021/3/8 12:12  [2265-5230]   

ちちさすさん

こんにちは(^^)

<私が価格コムにどのくらい参加できるかは、私自身の都合というより、〜〜〜
<また急にご無沙汰することもあるでしょうが、そのうちまた来るだろう〜って思っていただけたらうれしいです。

書き込みは自由です、しなければいけない、というものでもありませんし。

現在、書き込みが無いメンバーの方もいらっしゃいますが、私としては何事もなく無事であれば、それに越した事はない、というスタンスでおります(^^)

私の方からちちさすさん宛の書き込みをする事が今後あるかもしれませんが、回答を求めるものは書かないように致しますので、ご安心を。

むしろ長きにわたり、頻繁に書き込みしてくれた事で、この縁側自体も盛り上がりましたし、感謝しております。

音楽だけでなく、縁側の方針についても色々と教えていただきありがとうございます。

今後は無理なさらず、マイペースで遊びに来てくれたら嬉しいです(^^)

カラヤンの限定BOXのCD、無事インポート出来ると良いですね♪

近況のご報告、書き込みありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^^)

2021/3/8 12:24  [2265-5231]   

 Bigshooterさん  

皆様ご無沙汰しております。

横合いからシレェ〜と登場して申し訳ございません 笑

ちちさすさん 各種フォーマットのリッピングについては毎月膨大な量のboxセツトをリッピングしているわたくしめにお任せ下さい^^

色々試してみましたがリッピングソフトについてはWindowsの場合、jade7師オススメのEACが最強だと私も思います。
ドライブがPioneerであればPure ReadとEACを組み合わせると記録面が逝かれていない限りまずリッピング可能です。
それでも駄目な場合はISOファイルにして・・・なんて方法がありますが、その辺はさておいて・・・

EACって、私がメインにしているコーデックのAIFFには対応していなかったと思います。
https://www.hires-info.info/eac/eac_enco
de/


http://sonicdisorder.net/eacprofile.php

でAIFF/FLACとも自動で同時変換可能です。

MP3は↓で・・・
https://kamedo2.hatenablog.jp/entry/2011
1027/1319720601


そんでもってタグ付加は↓でGracenoteのデータを引っ張れます。
http://gncddb.azurewebsites.net/eac.html



一度設定してしまえば(圧縮)あとはフォーマットを選択するくらいなのでとても便利です。


因みにリッピングしているディスクドライブがノートPCの内臓ドライブだとヘビー・ユースを想定した造りになっていないので連続してリッピングしたりすると熱やピック・アップに静電気が帯電して変なノイズが乗ることがあれますので、ACアダプターを外し、バッテリーを抜いた状態で電源ボタンを長押しして除電した後5分程度してからリッピングするとノイズが乗らなくなるケースがあります。

ドライブがDVD、Blu-rayのコンパチの場合、CDばかり使っているとピックアップが帯磁するのでたまにDVD、Blu-rayなどの別フォーマットを使う方が良いみたいです。

それとCDが帯電するとやはりノイズの原因になるのでCDのエッジに銅などの導電性の高い金属片をあてて除電すると効果があるかもしれません。

EACは静電ノイズが乗っていると再読み込みする機能があります。


jade7師リンクの後に上記リンクの手順どおりに設定するだけなので是非試してみて下さい。


でわ^^




 
 


2021/3/8 18:42  [2265-5232]   

 Bigshooterさん  

一度設定してしまえば(圧縮)あとはフォーマットを選択・・・
⇒一度設定してしまえば)あとは(圧縮)フォーマットを選択・・・

2021/3/8 18:51  [2265-5233]   

Biigshooterさん

こんばんは(^^)

お久しぶりですね♪

<ちちさすさん 各種フォーマットのリッピングについては毎月膨大な量のboxセツトをリッピングしているわたくしめにお任せ下さい^^

choco111さん→jade7さん→Biigshooterさんの見事な連携プレー、素晴らしい(^○^)。

誰かが困っている時に、さり気ないアドバイスの置き土産。

これこそが、この縁側の最大の美点だと思うところですね(^^)
(何を隠そう、私も大変に助けられております←全然隠しきれておまへん、笑。)


Biigshooterさん、後遺症の方は大丈夫でしたか。

ちちさすさんへのアドバイスありがとうございます。

2021/3/8 19:11  [2265-5234]   

 Bigshooterさん  

ちちさすさん こんばんわ^^

EACって、私がメインにしているコーデックのAIFFには対応していなかったと思います。
⇒ごめん!×100 AIFFとALAC間違えてリンク貼ってまいました・・・
ちちさすさんのゆっしゃるようにEACはAIFFには対応してまへん
EACと同等の強力なリッパーでAIFF対応だとLinnとかが推奨しているdBpowerAMPくらいしか
ないですね・・・ 機能はテンコ盛りですが有料なのでEACでWAVでリッピングしてiTunesでAIFF
にコンバートする方法がエコノミーですな・・・


以上

2021/3/8 23:31  [2265-5236]   

Bigshooter さん  

2021/3/9 00:10  [2265-5237]  削除

訂正レス:

<ちちさすさんへのアドバイスありがとうございます。

Biigshooterさん、ちちさすさんへの情報提供ありがとうございます(^^)

2021/3/9 02:18  [2265-5241]   

Bigshooterさん。
ありがとうございました(^^)
EACのことは知っておりましたが、AIFFというニッチなコーデックには対応なしなんですよね。
iTunesではwavでリッピングしても、iTunesで再生する場合はタグを表示できるので、今はmac使いの人もwav使ってたりしますから(^^;)
今、P-1uの上流になるプレーヤー部の機器刷新を計画中ですが、100%希望通りの使い方にならないみたいで、クチコミでアドバイスいただいているところです。

2021/3/9 14:29  [2265-5243]   

tam-tamさん。

elinemebiusさんのことは、私が見ていない2日間の出来事のようで事態が把握できていないのですが、この縁側のメンバーをやめられたということでしょうか?

インターネットできる日は、こちらへの参加をするつもりですのでよろしくお願いしますね(^^)

2021/3/9 15:09  [2265-5244]   

ちちさすさん

とある事情により、返信が出来ないでおります。

明日までお待ちください、何時になるかちょっとわかりませんが、必ず返信致しますので。

申し訳ありません。

2021/3/9 23:06  [2265-5245]   

ちちさすさん

おはようございます、ただ今帰宅しました(^_^;)

<この縁側のメンバーをやめられたということでしょうか?

そうですね、自主的に辞めてしまいました。

私の対応が悪かったのだと思います、
誠心誠意、全力を尽くして対応出来ていなかったのでしょう。
そのせいで、メンバーの方々に楽しくない思いをさせてしまいました。
この縁側のサロン的雰囲気が好きにはなれない、と。
精鋭なメンバーの方々が揃いながらも、そういった雰囲気になっているのは私の力量不足のせいですから。
熱い語り口で、愛聴盤をご紹介していましたし、音楽が好きなのでしょう。
それと同じ熱量で対応していたか?これについては大いに反省すべき点だと感じましたし、今後気をつけなければいけないと思っております。

色々とご説明致しますが、縁側を自主的に辞めさせてしまったのは完全に私の責任です。
書き込み番号[2265-5226]において、強い口調で注意を促したのは、「今は縁側に居ません、だから書かせていただきますが〜」と私にではなく、メンバーの方々に向けられた、批判的書き込みをクチコミの方でされていたからです。
それぞれのメンバーの方が一番好きなジャンルの音楽について、偏った聴き方をしていると、批判的内容の書き込みでしたので、私としてもちょっと見逃せる性質のものではありませんでした。
(書かれた内容のものは、今現在、削除されたようで、存在しません。)

私の縁側を、または緩い書き込みをしている私をいくら批判してもそれは私に要因があるのですから、構いません。
ですがメンバーの方々はそれぞれ好意的に遊びに来て下さってます、メンバーの方々に何一つ非はありません。

私としても今回の件は非常に難しい問題でした。
出来る事なら、この縁側を楽しんでいただきたい、あるいはそう感じるようになれば良いな、と考えていたのですが、
私が真っ向から受け止める事が出来ていれば、不満は感じなかったと思うのです。
その不満の矛先が関係のないメンバーの方に向けられてしまいました、そのせいで、大変不愉快な思いをされた方もいらっしゃいますので、管理者である私の対応力不足、これに尽きるかと思うところでありますね。



<インターネットできる日は、こちらへの参加をするつもりですのでよろしくお願いしますね(^^)

もちろん、歓迎致しますよ(^^)
よろしくお願いします、とは私が言うべきセリフですね、笑。

何となく、これで暫しの間、お別れ、みたいな感じの文章を書いてしまいましたね、私(^_^;)。

そういったつもりは全く無いのですけれど、此方の縁側にはもう書き込みはされないのかな?、と思ってしまいました。

ちょっと色々と考えさせられましたから、今回の件で。
私とやり取りしていても、歯応えも手応えも無いので、もう少し、ガチで語りあえるところが良いのかな?とか。
教えてもらう一方で、私の方から有益な情報は一切出てきませんからねえ(^_^;)

各ジャンルの音楽において、その道を極めてしまっている方々ばかりですが、どれも緩い感じになっているのは、私のレベルに合わせていただているからですし。
そういった意味でも、メンバーの方が知識不足と誤解されてしまう事もあるようですし、この縁側において私は不要な人間ではないか?と、w
非常に真面目に書いてくれた内容の文章でも、私のレスがそれを受け止めきれてない事は痛感しておりますので。

今後も参加してくれる旨のお気持ちを聞いて、非常に嬉しく感じております(^^)

此方こそ、よろしくお願い致しますね♪

2021/3/10 07:08  [2265-5246]   

ちちさすさん

ROM専の書き込みです。(ですので返信は不要です。)

バーンスタインのマーラーの第九、イスラエル・フィルとの演奏がCD化されているようです。

バーンスタインのマーラーの第九と言えば、コンセルトヘボウを振った名演がありますが。

HMVで販売している、イスラエル・フィルとの演奏にこんな事が書かれております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【日本公演でのイスラエル・フィルとのマーラー第9番】
ただ、これらのレコーディングとは別に、比較するもののない空前絶後の大演奏として語り草となっているのが、1985年9月の来日公演でバーンスタインが指揮したマーラーの第9番。終身桂冠指揮者としてイスラエル・フィルを率いた全9公演のうち、マーラーの第9番を演奏したのは4公演、なかでも初日3日の大阪・フェスティバルホールと、8日の東京・NHKホールがことのほか凄絶な内容であったとは衆目の一致するところのようで、8日の東京公演を目の当たりにした音楽評論家の許光俊氏も、当時を振り返り次のように述べています。
「実際、あれ以後、この曲でそれ以上の演奏は聴いていません。期待もしていないほどです。あまりに強烈すぎて、あれ以上のは、バーンスタイン自身が蘇らない限りあり得ないと思われます。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私はこの来日公演の8日の東京公演に行って実演を聴いているんですけども。
東京では4回の公演があり、たまたま選んだ公演だったので、運が良いと言えば運が良い、w
これは簡単に購入出来るものではありません、なんといってもバーンスタインですから。
ズルいと思われるかもしれませんが、コネで頂いたものです♪( ´▽`)←ずるいではないか!、笑。

伝説のマーラーの第九の来日公演として語り草になっているので、あちらこちらのサイトに感想が書かれておりますね。
この来日公演に関しては録音されていないので、何とでも言えると思うんですよね。

コンセルトヘボウとの演奏をも凌ぐ、とか絶賛されている感想もたくさんあるんですが、CDで聴いたものと比較したところでどうなんでしょう?と思ってしまうわけですね。
(CD化されたコンセルトヘボウとの実演も聴いて、伝説の来日公演と比較されて感想を書かれている方は果たして居るのでしょうか、というのが正直なところですね。)

ベルリンフィルを振った演奏もまた、名盤としてよくあがりますが。

全ての演奏を実演でも聴いてる方、非常に少ないと思うのです。

実際に自分が実演で聴いた演奏をCD化されたものでも聴いた事がないのでわからないところがあるのはあるのですが。

実演は瞬間、瞬間の積み重ねで、巻き戻して聴く事が出来ません。
その時に聴いた記憶が全てです。

当時聴き込んでいた、ブリュッヘンの来日公演でもベートーヴェンの第九を聴いていますが、CDで聴いている印象とは全くと言って良いほど別物のように聴こえましたので。
(良い、悪い、とかは別にしてですね。)

トスカニーニに一時期ハマっていた時に、あらゆる文献を読んでいたんですが、レコードで聴く演奏と、実演でのトスカニーニは全く違う印象を受ける、と書かれたものが多かったです。
(録音が貧弱な時代での事ですから、これはある意味当然かもしれませんねえ。)

こう言った事が顕著に書かれる指揮者の筆頭としてはやはりムラヴィンスキーでしょう。
演奏がマイクに入りきらない、とは某評論家の口癖でもありますが、この評論家に限らず、実際にムラヴィンスキーの実演を聴いた方は、録音では演奏の凄さを100%体感する事は出来ない、と口を揃えて言っております。
デジタル録音初期に録音されたものがほとんどですから、こういった演奏ほど、ハイレゾ音源として存在して欲しかった、という気持ちですね。

実際にはハイレゾ音源が最も有効であるクラシック音楽に限っても、充実したハイレゾ化された音源は少ないようでありますね。

CDを超えるフォーマットがいくつも確立されておりますが、メディアとしてはどれも壊滅状態ですからね。
一音楽ファンとしては残念でならない結果となってしまいましたね(^_^;)。

2021/3/10 09:32  [2265-5250]   

tam-tamさん。

クチコミの書き込みというのがわからないのですが、縁側のことをクチコミで書かれたのでしょうか?
既に削除されているということで、内容を知らないで私が触れることもできませんが、
>それぞれのメンバーの方が一番好きなジャンルの音楽について、偏った聴き方をしている
についてだけ。
みなさん自分の好みに合うかどうかを基準に好きな音楽を聴かれているんですから、聴き方が普遍的視点でないのは当たり前です。これを偏った聴き方と言われるなら、それはその通りで、その聴き方こそが大切なのです。客観的かつ絶対値としての評価をするために聴いているわけではありませんのでね。

音楽に絶対的評価を求めて、それを基準にしていくと、例え称賛しても本当の意味のリスペクトとはならない、と思います。同時に、例え貶し倒しても根拠のみの空虚な誹謗でしかない、と思います。
私は私が良いと思うものを褒め、そう思わないものはその通り言います。世間的な評価は知っておきますし、普遍的な価値基準もわきまえますが、自分の言動として表すときは、それに忖度などしません。
自分にとっていちばん大事なのは自分の考えと感じ方。それに共感してくれる人もいれば、反感反論を持たれることもあります。絶対的普遍的価値基準より、個人的価値観に共感や反感を得る人の数だけ、いちばん大事なものの数があるわけで、その集合体が世の中。世の中は価値観の坩堝なわけです。
人の数だけの価値から、最大公約数となる価値観を見つけることはできますし、世に名盤とか名作とか言われるものは、最大公約数が大きい値である、つまり多くの人が共通して価値を認めたものです。
自分の価値観を最大公約数に迎合して合わせるなんてしませんし、名盤や名作に対して自分も良いと感じるのは、自分の価値観と最大公約的価値観がたまたま合致しているに過ぎないわけで。
ま、世の中には最大公約数の大きさ自体に反感を持ったり、自分が大きな最大公約数の中に入るのに拒否反応を持ったり、最大公約数から外れることをかっこいいと思ったりする、いわゆるアンチという人もいますし、それはそれで認められるべき価値観のひとつですよね。
私は自分の価値観に背いてまでアンチになろうなんて、ありえませんけど。迎合かアンチかなんて、結果のお話なので。

醒めた見方で面白くないことを書きましたが、言いたいことを要約しますと、@絶対的価値、絶対的評価はたいして重要なものではない、A自分の好みを前面に出した偏った価値観を表明して、それに共感を得られることに勝る嬉しさはない、ってことですね(^^ゞ

おおー、これは読み方によっては爆弾発言ですね〜(笑)。

2021/3/11 10:37  [2265-5253]   

ちちさすさん

こんにちは(^^)

最後まで読んでみましたが、内容的にも難しく、的確なレスが返せるかどうか自信はありませんが、この文章を読んで、流石にいつものような”返し”は出来ません。

<クチコミの書き込みというのがわからないのですが、縁側のことをクチコミで書かれたのでしょうか?

そうですね、
此方に関してはchoco111さんの掲示板をご覧になられて、書かれた内容は想像して下さい、としか言えません。

この縁側に書くならまだ良いのですよ。
メンバー同士のやり取りになりますから。
間違った事が書かれていれば、反論する事が出来ますのでね。
ただ、もう縁側には居ないので、何を書いても自由ですので、という考えで書くのであれば、最終的にメンバーの方々が悪い印象を受けてしまうものは私としては書いて欲しくなかったですね。
ハンドルネームまでご丁寧に書かれていましたので。
事情を何も知らない人が読めば、この人はこういう人かと、そういう風に受け止めてしまうでしょうし。

此方、クチコミに書かれた事に関しては、速やかに削除されたようですし、今後これ以上私の方からも書く事はありません。


<みなさん自分の好みに合うかどうかを基準に好きな音楽を聴かれているんですから、聴き方が普遍的視点でないのは当たり前です。〜〜〜〜

以下の文章に対して、これまでにない熱量を感じました。
私のように、ふざけた内容の文章は書かれないちちさすさんとしても、ここまで、心情を熱く語った事はないと思います。

書かれた文章から抜粋してレスしていきますが、順序がバラバラになってしまう事に関してはご了承頂ければ幸いです。

<ま、世の中には最大公約数の大きさ自体に反感を持ったり、〜〜〜〜〜

全てに関しては当てはまらないのですが、私が良い例だと思うところですね。
名演、名盤と賞賛する数が多ければ多いほど、私はその盤に関しては真剣に良いところを見出そうという聴き方はしません。
一部、忖度がある書き方をする職業音楽評論家の意見、感想は別にして、ある程度聴き込んでいるクラシック音楽ファンも認める演奏であれば、よほどの事がないかぎり、メチャクチャな演奏があるものではありません。
かといって、反感を持つための粗探しをする、という事も致しません。
致しません、というか私レベルでは出来ませんね、これは。
多くのファンが認めている演奏は無視する事なくなるべく聴く努力はします。
聴くこともなく批判する事はあり得ませんし、多くのファンが認めている名演は知っておく事も重要だと思っているからです。
聴いてみて、良いと思ったものは素直に良いと認める事が多いです。
ですが、それが私の愛聴盤となる事は少ないですね。
多くの方が名演と称賛する演奏を意図的に反論する事はないので、一般的な”アンチ”と呼ばれる方々とは立ち位置少々違う、と思うところですね。

そもそも、熱烈なファンが多いものほど、それに比例してアンチの数も多い、というのが私の持論でもあります。
これは音楽に限った事ではありませんが。

熱烈なファンが多い指揮者と言えばフルトヴェングラーが最たる例だと思いますが、彼ほど偉大な指揮者であってもそれ相応のアンチが居ます。

カルロス・クライバーくらいではないでしょうかね、アンチが少ない、ファンの多い指揮者は。
それでも人間性は別に考慮しなければなりません。
あまりにも指揮しない指揮者として、その姿勢に反感を持つ人は居ますから。

私はあまり知られていない、わかり安く言えば、全くと言って良いほど売れなかったレコード、CDの中で自分の好みにあった演奏を探す事に楽しみを見つけている人間ですね。
これに当たる確率は非常に低いです、無理に認めても仕方がありませんし、意味もありませんので。
ですが、ごく稀にそういった演奏と出逢う事があります。
これは例えるものがないほどの喜びであり、快感でもある訳ですね。

<これを偏った聴き方と言われるなら、それはその通りで、その聴き方こそが大切なのです。

そういった自信を持てるようになったのは、クラシック音楽に魅了されてから随分と年月が過ぎた頃ですね。
ちちさすさんほどの自信があるか?と言われれば、今でも怪しいレベルでしかありません。
一つ違うのは、私はクラシック音楽を10年聴いたあたりから、雑食系になった、という事ですかね。
狭く深く、から、広く浅く、となってしまったことでしょうね。
様々ジャンルの音楽を聴くようになって初めて気付くことも非常に多かったと思います。
あらためてクラシック音楽の魅力に気付く事もありましたので。

<世に名盤とか名作とか言われるものは、最大公約数が大きい値である、つまり多くの人が共通して価値を認めたものです。

此方に関しては私も同じ考えなので、すんなりと理解する事が出来たのですが。

<音楽に絶対的評価を求めて、それを基準にしていくと、例え称賛しても本当の意味のリスペクトとはならない、と思います。同時に、例え貶し倒しても根拠のみの空虚な誹謗でしかない、と思います。

此方の文章に関しては、書かれている奥底の部分がよくわからないです。
(ご自身の価値観を率直に書かれたものなのか、ご自身と意見が合わない方に向けて書かれたのか、という意味において、ですね。)

文字数制限ですので一旦送信します。

2021/3/11 17:31  [2265-5254]   

<醒めた見方で面白くないことを書きましたが、〜〜〜

大変素晴らしい事をお書きになったと思いますよ。
今回の書き込みで、ちちさすさんがどういった視点で音楽を聴かれているのか、理解された方も多いと思うので。

<A自分の好みを前面に出した偏った価値観を表明して、それに共感を得られることに勝る嬉しさはない、ってことですね(^^ゞ

此方に関しては、似たような考えでもありますので、理解は出来ます。
ただ、私の場合、「偏った価値観」を相手に求める事はありません。
自己完結で良いと思っておりますので、そこのところが違うかな、と思うところですね。


<@絶対的価値、絶対的評価はたいして重要なものではない、

此方に関しては私とは真逆ですね。
世間一般で浸透している、価値、評価は意義的に重要なものだという認識でいます。
自分に対しても、他人に対してもこれは重要なものであり、無視してはいけないものだと思っているんですよね。
要約して書かれたものだと思うので、この短い文章が全てを語っているものだとは思ってはいません。
詳細な意見交換をすれば、最終的に私と同じものだった、という事になるかもしれません。
たとえ違っていたとしても、論争になるものではないと思っております。
価値観の違いは人それぞれである、という事は冒頭の文章により理解しておりますので。


最終的にまとめますと、私はちちさすさんをリスペクトしている事に変わりありません。
クラシック音楽はもとより、その他のジャンルの音楽でも、実に的確な感想を述べられていますし、大変に参考にさせて頂いております。
とある指揮者、ソリストの名演を探す事になれば、あらゆるサイトを見て回る事より先にちちさすさんに意見を求める事になるでしょう。
音楽的感性が非常に優れているクラシック音楽愛好家、という事に変わりありませんから。

これからも素晴らしい演奏、名演、名盤を教えて頂く事になると思います。
色々と参考にさせて頂きたいと思いますし、私にとっても非常に勉強になる事が多いですので。
今後ともどうぞよろしくお願いいたしますね♪

2021/3/11 17:45  [2265-5255]   

ちちさすさん

訂正レスです。

私としては読んで正確に理解するだけでも非常に難しかったので、間違った事をたくさん書いてしまってますね。

初めから書き直した方が良いかなと思ったのですが、重要と思える部分だけ、訂正させて下さい。

分割して送信した2スレッド目の部分ですね。

此方に関して私は勘違いをしたレスを書いてしまっていますね。

<A自分の好みを前面に出した偏った価値観を表明して、それに共感を得られることに勝る嬉しさはない、ってことですね(^^ゞ

この文章に対して私は以下のレスをしていますが、


此方に関しては、似たような考えでもありますので、理解は出来ます。
ただ、私の場合、「偏った価値観」を相手に求める事はありません。
自己完結で良いと思っておりますので、そこのところが違うかな、と思うところですね。


ちちさすさん自身もどの様な価値観であれ、相手に共感を求める事はしてないですので、何を勘違いしたのか、大変失礼な事を書いてしまってますね。
申し訳ないです。
よくよく読み返してみると、「それに共感を得られることに勝る嬉しさはない、ってことですね(^^ゞ」、ここのところは完全に意見が一致してますので。
私自身「偏った価値観」の持ち主だと最初のレスで同じ様な事を書いていますし。
なので、私のレスは全く的外れな事を書いてしまってます、失礼致しました。

それとその次、もですね。

<@絶対的価値、絶対的評価はたいして重要なものではない、

此方に関しても私はよく理解もせず、余計な事をツラツラと書いてしまってます。

自分が好きになる基準として、これらは「たいして重要なものではない、」と書かれたと思うのです。
Aの方で、私は「自己完結で良いと思っている」と書いてますので、多分、同じ意味合いの事を指して書かれた、と思うので、此方のレスに関しても、理解不足で、全くの勘違いをした事をレスしておりますね、重ね重ねの失礼をお詫び致します。


<おおー、これは読み方によっては爆弾発言ですね〜(笑)。

おおー、これはレスの仕方によっては地雷を踏むに等しいものですね〜(笑)。

頑張って、大真面目に書いてはみたものの、こういったレスはやはり私には似合いませんねえ(^_^;)

誠意には誠意を持って返す、という事を信条としているので、私には不釣り合いな堅苦しい文章を書いてしまいましたが、別にお堅い文章にする必要性はありませんからね、w

いつも通りの砕けた文章でも、内容によっては誠意は伝わるものですからね。

こういう勘違いした事が非常に多いですね、僕の悪い癖♪( ´▽`)←しつこい!(笑)。

よくよく考えてみると、そもそも冒頭から勘違いをしたまま、ちちさすさんのレスを読んでしまっていた事に気が付いたのですよ、私、笑。

>それぞれのメンバーの方が一番好きなジャンルの音楽について、偏った聴き方をしている
についてだけ。

偏った聴き方をしている、と書かれた事に関してのレスなんですよね(^○^)

私はそうは思っておりませんからね、
これまでのちちさすさんとのやり取りで、「偏った価値観」で、演奏の良し悪しを書いているとは思っていないのですよ(^_^;)。

各々が好きになる演奏が全部一致する事自体、自然ではないと思っております。
そういった事を考えるならば、一人一人が「偏った価値観」で聴いている事にもなりますし、それが当たり前だとも思っておりますので。

良し悪しと、好き嫌いは、きちんと分別して考えなければいけないと私は思っておりますし。

そういった意味でも、ちちさすさんの感性は素晴らしいものだと認識しておりますので。
共感出来る理由がない方をリスペクトするはずもないですからね(^^)

いや〜、これからもよろしくお願いします、w
(大変、お恥ずかしいレスになってしまいました、やはり似合わない事はするべきではありませんね、これまた一つ勉強になりました、笑。)

もうすっかり春ですね♪←言い訳のつもり、w
今回はこのくらいにしておきましょうかね、(どの口が言っておる?、w)

またのお題を楽しみにしておりますので、どしどし切り込んで来て下さい(^^)

お待ちしておりま〜す♪

2021/3/12 02:01  [2265-5257]   

tam-tamさん。

先日の書き込み、あれだけ醒めてるんですから熱量なんかありません。
美味しくないコーラーと同じ、0kcalです(笑)。
カロリーゼロ好きの方がいらっしゃったらすみません(^^;)

クチコミで相談していた上流改革(笑)、車の車検が来月控えているのでその後になりますが、まずアイオーデータのオーディオ用NAS(一番お安いヤツで)の導入に踏み切るかもしれません。
複数のコントロールアプリが使えるので、使い勝手が向上するのを期待します。
仮に失敗購入となるリスクも考えないといけないので、DACも含めた一度に入れ替えは避けまして、まずNASだけなら失敗時(NASの場合はコントロールアプリが希望通りに使えなかったとか、フォルダツリー構成変更やタグの書き換えがうまくできないとか)の痛手が小さく抑えられるので。
今のMAP-S1+外付けHDDはサブシステムですから、音質よりも使い勝手優先です。


お話変わりますが、楽天モバイルの日本郵便との業務提携のニュースは驚きましたね。
楽天モバイルの弱点だった実店舗不在が、全国の有人郵便局が実店舗になる。
弱点その2の、基地局の少なさからの通信の悪さが、全国の戸建て郵便局の屋上が基地局にできるということで、電波のはざまがほぼ無くなりますよね。
この提携で、楽天の決済サービス(Edyとか楽天payとか)で郵便料金とか払える展開も期待できますし、すごいことになりました。
楽天でのお買い物も、将来的に日本郵便ですべて配達することになっていくでしょうけど、今の「明日着く」サービスを日本郵便でやれば完璧ですね、これは。

2021/3/14 10:59  [2265-5260]   

ちちさすさん

なんですと〜、0カロリー、( ´Д`)y━・~~( ´Д`)y━・~~。

私は5,000カロリーくらいの熱量でレスしたのに〜、♪( ´▽`)、♪( ´▽`)、♪( ´▽`)、笑。

すっかり春ですね〜、(´-`).。oO、(´-`).。oO、(´-`).。oO、w
(寝ても寝ても眠い、笑。)

<クチコミで相談していた上流改革(笑)、〜〜〜〜

あのクチコミはすごい充実したものになりましたねえ(^^)
(永久保存版みたいなものですね〜。)

予定していたネットワークプレイヤーから、かなり予算が抑えられるようで、良かったですね♪

最終的に回答されていた方は素晴らしいスキルをお持ちの方ですね、読んでいて凄いなあ、と(^^)。


<お話変わりますが、楽天モバイルの日本郵便との業務提携のニュースは驚きましたね。

そんなニュースがあったのですか、全然知りませんでした(*´-`)←脳天気なやっちゃのう(自分に言ってます、w)

知人で楽天モバイルに乗り換えた人が居たのですが、想像以上に電波環境が悪いと言ってましたね。
(ドコモからの乗り換えなので、当たり前と言えば当たり前ですが。比較する方がナンセンスですね、w)

<この提携で、楽天の決済サービス(Edyとか楽天payとか)で郵便料金とか払える展開も期待できますし、すごいことになりました。

なるほど、それは非常に便利ですね、
3大キャリアにとっても大きな脅威となるでしょうね、新生楽天モバイル。
5Gでの勝負となれば、今後が楽しみではありますね(^^)。


AKG K702、なかなか鳴らし切るのにパワーが必要なヘッドホンだとは思いますが、所有されているDAPでも満足のいく音量がとれますでしょうか?
(個人的にはHD650よりも鳴らし難い、と記憶しておりますが。)
素晴らしいヘッドホンアンプをお持ちですので、わざわざDAPで聴く事はないと思いますが。
(普段どの程度の音量で聴かれているのか、わかりますので質問してみました。)

私の方から回答を求める様な書き込みはしない、と前スレで書いておりますので、特に返信を急ぐものではありません、今度書き込みされる時で大丈夫ですので♪



2021/3/15 06:26  [2265-5262]   

tam-tamさん。

楽天モバイルはシステム開発のノウハウがまだまだ足りませんし、リソースをかけている割には見合った実りになってないので、今契約する通信会社ではないと思いますが、将来の展望が開たので、今後の推移に注目です。

AK120 II ではK702は音量的には問題ありません。最大音量が50なのですが、35くらいでダイナミックレンジはとれます(現在はファームアップで最大音量100ですが、私はファームアップしていません)。SE535LTDとHA-FX1100の普段の音量は29くらいです。
AK120 II はアンプ部は強力とはいかなくても非力な出力ではないです。あんまり強力ですとK702の能率ですとホワイトノイズの心配も出てきますから、ちょうど良いといえばちょうど良いのですが、この組み合わせは音的には薄く感じます。もともと深みのある音を聴かせる性格のヘッドフォンでないですから、さらに薄く感じるのは嫌ですねぇ。
P-1uですと薄さを完全に解消してますから、本来は電源部充実を売りにしたヘッドフォンアンプで聴くべきと思います。

現在は高インピーダンスでも音量がとれる、ポタアン不要の強力アンプを積んだ高出力DAPもけっこうありますので、ホワイトノイズさえ出なければK702でもいけると思いますよ。

2021/3/15 09:45  [2265-5264]   

tam-tamさん。
いろいろ大変な状況なのかもしれませんが、ご無理なさいませんように。

先日K702の話題が出ましたが、私のK702は音楽史ジャンルと近現代音楽ジャンル用とお伝えしてましたけど、演奏家の音楽表現や、レコード会社の録音条件によっては古典派やロマン派の音楽でも、HD650よりK702の方が良いこともあります。
具体的には質量の重くない演奏、空気感があまり感じられない録音の場合で、例えばカール・シューリヒトのコンサートホールへの一連の録音はK702は相性が良いです。
先月から揃えているカラヤン/フィルハーモニア管弦楽団のボックスも、K702の方がいい感じに聴こえます。カラヤン/フィルハーモニア管弦楽団のはモノーラル録音がかなり聴きやすくリマスターされていて、以前も書きましたがカラヤンのモノーラル録音は、モノーラルで良い再生ができるよう楽器配置を録音向けに変えて収録していたのもあって、K702でも散漫にならないいい感じのモノーラル再生が楽しめます。

2021/3/18 10:33  [2265-5265]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

何か心配させてしまったみたいで申し訳ないです(^_^;)
一つ前の書き込みもすぐに返信してなかったですね、何故か返信していた気がしていました♪( ´▽`)。
(もともと、ボケっとした性格なもので、w)


<楽天モバイルはシステム開発のノウハウがまだまだ足りませんし、〜〜今後の推移に注目です。

私はもともと、新し物好きだったんですけどね。
最近の通信システムは私にはもはやスペックオーバーでメリットがありません♪( ´▽`)。
(端末で動画を観ることも無いですし、ゲームは一切やらないですし。)

<AK120 II ではK702は音量的には問題ありません。

なるほど、そうなのですね。
SONYのDAPなんかはシングエンドは綺麗に出力パワーが4分の1になっていますからねえ、w
(完全に「一応聴けます」的なおまけみたいな感じですね、w)

ちちさすさんが所有されているDAP、20万円近くする、ハイエンド機だったのですね。
やはり、高級機は長く使えますし、結局はお得な買い物になる事が多いですよね(^^)


<先日K702の話題が出ましたが、〜〜〜

なるほど、再生機器によっては音が薄く感じる、と。
K701,K702も短時間ですが試聴はしています。
後続機として購入予定の候補になっているK812はちちさすさんの好みに合うかも、ですね♪

HD650は輪郭をはっきりと鳴らすヘッドホンではありません。
そういった意味でもカラヤンのレガート奏法とは滅法相性が良いように思います。

音数が少ない、音楽史ジャンルにはK702に方が合っている、というのも頷けますね(^^)

m56059さんはK701を所有していました。(今は持ってないみたいですが。)
取っ替え引っ替えヘッドホンを替えて聴く人ではありませんから、一途な性格の方なんです、m56059さん。
そんなm56059さんがメインヘッドホンとしてK812とHD650を曲によって使い分けているのは非常に珍しい事なんですよね。

同じ開放型のヘッドホンではありますが、これはキャラクターが全然違う事を意味しているんですね。
そのような事からもK812は万が一試聴が出来ない状況で購入したとしても、対価に見合った仕事をしてくれるヘッドホンになり得る、と思いますね。


「私の方から回答を求めるような書き込みは致しません」と前のレスで書いてしまいましたが、それだとやはり、やり取りが出来ませんから、訂正させて下さいね。

これまでは良いCDはどれか?とか、そんなやり取りをしてましたが、音楽で楽しいやり取りをしたいと思いまして。

自己紹介の時から、ちちさすさんもベートーヴェンが一番好きな作家曲だと。
まあ、私もそうなんですが、ベートーヴェンで好きな曲、良く聴く曲はなんだろう?な、と。

クラシックにあまり興味が無い人達にとって、ベートーヴェンと言えば例の「ジャジャジャジャーン♪」じゃないですか、連想されるメロディ?って。
肖像画も非常に苦悩に満ちたものが多いですし、そういったイメージを持っているのかな、と。

まず、一つ目なんですが、そういったベートーヴェンのイメージを象徴するにドンピシャな曲はなんですか。
私は「運命」の第一楽章ではなくて、「コリオラン」序曲なんですよね。
(私のベートーヴェンのイメージとは違いますよ、w)

次に好きな曲、良く聴く曲を教えてほしいな、と。
これは断片的なものが良いですね、例えば、「英雄」の第2楽章、とか。
(曲全体まるっと好きなものがあれば、それはそれで良いですね♪)

これは私の好きな曲も書いておいた方が良いと思いますね。

ベスト的には並べられませんから、順不同ですね。

*交響曲第6番、第4楽章〜第5楽章
*交響曲第8番、第4楽章
*交響曲第9番、第2楽章
*ピアノ協奏曲第3番、第3楽章(これはちちさすさんから教えてもらったハスキル盤で好きになりました)
*ピアノ協奏曲第5番、第2楽章〜第3楽章
*レオノーレ序曲第3番
*エグモント序曲
*ピアノソナタ 第14番全曲
*ピアノソナタ 第27番、第2楽章
*弦楽4重奏曲第13番、第6楽章(改訂版、絶筆となったものですね。)

まだまだ、ありますが、キリが無いのでこの辺で、(^^)

演奏者に限ったものでも良いですよ♪

例えば、
*ピアノソナタ第30番、第3楽書、但し、シュナーベル盤に限る、みたいな、感じですかね。

これは、本当にそうでありまして、シュナーベル盤に匹敵する音が良い演奏がないものかとずっと探しておりまして、w
ですので、ピアノソナタ、30〜32番がセットになっている単品CDだけがやたらと多いのです♪( ´▽`)。
魅力的な演奏のものがあれば、是非♪

書き込みしないと一気にランキングが下がってしまいましたね、笑。
現在30位ですか、
私としてはこの辺のランキングがちょうどいい塩梅です(^○^)。

2021/3/20 04:50  [2265-5270]   

ちちさすさん

こんにちは(^^)

<35くらいでダイナミックレンジはとれます

これは記録されている、最小音量が聴き取れる、という事ですよね?

これはどうすれば判別する事ができるのでしょう?

私も記録されている最小音量が聴き取れるギリギリのラインで鑑賞したいと考えております。
(大音量派である私は大音量で音楽を聴いているのですが、耳だけでなく身体にも良くないですので。)

大きめの音量で聴くことに慣れてしまっているので、極端にボリュームを下げると、聴こえない音があるのでは?と疑心暗鬼になってしまいます( ^ω^ )、w

<あんまり強力ですとK702の能率ですとホワイトノイズの心配も出てきますから〜〜

このホワイトノイズというのが、私にはわかりません。
テープヒスノイズの事ではありませんよね?
(デジタル録音されたものには存在しないものですからね。)

試聴しまくっていた頃はかなりの数のヘッドホンアンプを聴いてますが、ホワイトノイズと呼ばれるものは一度も聴いた事がなく、かなりのレベルまでボリュームを上げても、無音部分は何の音も聴こえません。

このホワイトノイズというのは、どういった音の事を指しているのでしょう?

聴覚検査は受けてますが、16,000Hzまでの音は聴こえているそうです。
(健常人の平均値は17,000Hz〜17,500Hzあたりだそうです。ですので、若干の難聴ではあります。)

18,000Hz以上の音を的確に聴く事が出来る人は若い人でもごく少数だと聞いたことがあります。
(CDの規格の上限である20,000Hz以上の音を聴くことが出来る人も僅かに居るそうですね。)

まともなDAPは所有しておりませんので、お暇な時にご教授ください♪( ´▽`)、

DAPだけ、ほんの数台しか試聴経験がないのです。

2021/3/22 11:21  [2265-5281]   

訂正レス:

ホワイトノイズというのは主にDAPで顕著に発生するノイズのようですね。

あまりDAPの試聴経験がない私が知らない訳です(^_^;)

此方については解決しましたので、大丈夫です♪

2021/3/22 11:36  [2265-5282]   

tam-tamさん、ご無沙汰しましてすみません。
ベートーヴェンの好きな曲についてはまた後日に(^^;)
コロナウィルス、また感染拡大で、義父母が一日中家にいるようになりまして、インターネットがなかなかできませんし、そういうサイクルになっちゃうと、ちょっと時間ができてもネットしない生活になってしまいます。
また間が空くような情勢ですが、時間を見つけて来ますので(^^)

2021/4/6 10:26  [2265-5292]   

ちちさすさん

こんにちは(^^)

お久しぶりです〜♪

書き込みはあくまで個人の自由ですから(^^)

ただ、お住まいの地域が地域なもんで、ちょっと心配はしていました。
何処にも書き込みをされていませんでしたので。

一応元気でやってます〜的な報告があると、安心は致します〜〜(^^)

年末年始は東京が凄い勢いでしたけど、現時点では逆になっちゃていますしね。

楽しいやり取りの「ネタ」として書き込んだものですから、大丈夫ですよ。

今はご自身の生活サイクルを大事にされて、時間が空いた時にでも遊びに来て下さい。

何か別の楽しい話題があれば、ベートーヴェンの話は置いておいて、先にそちらを書き込んで下さい(^^)

お待ちしておりますね♪

元気報告、ありがとうございます(^^)

2021/4/6 14:14  [2265-5293]   

ちちさすさん

再びこんにちは(^^)

ご自身の縁側で、大変な力作の視聴記を執筆中ですね。
(これは完成すると、素晴らしい視聴記になると思います。)

暫くは此方を優先して下さい。

私も続きを読むのが楽しみです(^^)

大変な作業の中、此方の縁側への書き込み、ありがとうございましたm(_ _)m。

同じCDが聴きたくなってきましたね〜♪

2021/4/6 15:57  [2265-5294]   

tam-tamさん。
おかげさまで試聴記を書き終えられました♪
試聴記スレッドも、次からは新スレッドを立ち上げてリニューアルスタートさせることにしました。
今後の試聴盤の予定は、バックハウスの「最後の演奏会」か「戦国乙女サウンドトラック」のどちらかにしようかと(^^)
カラヤン/フィルハーモニア管弦楽団のボックスは、まだ試聴記が書けるほど聴き込んでおりませんので、だいぶ後になるかと思います。

私のベートーヴェンの好きな曲。
そーですね、子供のころの思い入れというのもあるんですが、10コあげれば、
交響曲第2番の第2楽章
交響曲第5番の第1楽章
「コリオラン」序曲
ヴァイオリン協奏曲全楽章
弦楽四重奏曲第7番第1楽章
弦楽四重奏曲第14番全楽章
ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」第2楽章
ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」全楽章
ピアノ・ソナタ第15番「田園」全楽章
ピアノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」全楽章
てとこです。

「レオノーレ」序曲第3番は、指揮者がベートーヴェンに向いているかどうか、この曲を振らせればわかる、みたいな試金石曲だと思います。向いてない、あるいは理解してない指揮者は、この曲をすごくつまらない曲に聴かせると思います(^^;)

ホワイトノイズは残留ノイズとも言われますけど、ヒスノイズとは出どころが違いますので、対策もヒスノイズ低減法とは異なります。
基本的には感度が高くてインピーダンスが低いイヤホン・ヘッドフォンは出ます。そういうイヤホン・ヘッドフォンでもアンプのゲインを低くすれば低減できますが、そうするとゲインが低すぎて音量がとれなかったりします。
私の所持機ですと、RATOCのREX-KEB02AKというポタアンが、私のイヤホンではホワイトノイズが多くて、買ったはいいけどほとんど使わずに眠っています(^▽^;)

新しいメンバーさんが入られたようですね。そのうちお話する機会もあるかと思います。

2021/4/11 08:50  [2265-5303]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)

桜の写真、拝見しました。
凄く綺麗ですね〜。
私もフィルム一眼レフで遊んでいた時は良く撮影したものですが、桜の写真って意外と難しい♪( ´▽`)、w
アングルが悪いのか、どうしてもつまらない写真になってしまう、
出来上がった写真を見るたびに頭にきてしまうんですよね、笑。

とうとう、Nikonがデジ一眼レフから撤退してしまいましたね〜(´-`).。oO。
私はNikon派だったので残念です_| ̄|○、涙。

<おかげさまで試聴記を書き終えられました♪

終わりましたか!!
新しいスレッドを建てていたので、もう少し時間がかかるかと思っていましたが、
楽しく、読まさせて頂きますね♪

<今後の試聴盤の予定は、バックハウスの「最後の演奏会」か「戦国乙女サウンドトラック」のどちらかにしようかと(^^)

演奏途中で心臓発作を起こした、伝説の演奏会ですよね?
実は私、未聴なのです。
聴く以前にそういったエピソードを知っていたので、痛々しくて聴く勇気が無かったですね。

う〜ん、「戦国乙女」も捨てがたい、(*´-`)。
(いずれにしろ、どちらの視聴記も書かれるのですよね、(^_^)v。)
楽しみに待つ事に致します♪

<私のベートーヴェンの好きな曲。

なるほど、意外とオーソドックスな選曲ですね。
TOP10、という事になると、そうなってしまうのかな?
現代音楽フリークちちさすさんだと、私の知らない曲がたくさん出てくるものだとばかり(^^)

この選曲の中で、これぞ!という愛聴盤があれば教えて頂けないでしょうか?
(複数あってもOKですので。)

まず、コリオラン序曲、
私の好きな盤は、フルトヴェングラー/ベルリンフィル、カルロス・クライバー、ダニエル・ハーディング。
他にも少しありますが、良く聴く演奏という事であれば上記3種になりますね。

ヴァイオリン協奏曲、
私の好きな盤は、ジネット・ヌヴー独奏、ハンス・ロスバウト指揮の演奏のもの。
ステレオ録音ではハイフェッツ独奏、ミュンシュ、ボストン響。
シゲティ独奏のものはいずれの演奏も未聴ですね。

弦楽四重奏曲第14番全楽章
これはいまだにこれぞ!!というのが見つけられておりません。
アルバンベルク四重奏団の最初の録音のものと、スメタナ四重奏団の最初の録音のもの、良く聴く盤はこの2枚しかありません。
(かぺー四重奏団のオーパス蔵盤も所有はしておりますが、まず聴きません。)

ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」全楽章
これはあまりハズレがないので、色んなピアニストで楽しめておりますね(^^)
ちちさすさん、お勧めのピアニストがいれば、是非!!
(ちなみに最近のピアニストの演奏はほとんどが未聴です。)

ピアノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」全楽章
この曲だけが、何故か苦手で、多分、ベートーヴェンのピアノ・ソナタの中で一番聴く回数が少ないです。
(名盤に出逢えてないだけの気がしますが、w)

<「レオノーレ」序曲第3番は、指揮者がベートーヴェンに向いているかどうか、〜〜〜

レオノーレ序曲第3番、これは初めて聴いたベートーヴェンの曲として、私も凄く好きな曲の一つですね〜(^^)
カラヤン指揮ベルリンフィル、この曲を一番初めに聴いた演奏ですので、今でもこの盤が一番好きかなあ。
オリジナル楽器派の演奏は結構聴きましたが、どれも好みに合わず。
意外と古い巨匠の演奏を聴いてなかったりします( ^ω^ )
(ベームとかセルとか、ヨッフムなど未聴ですね、w)

<基本的には感度が高くてインピーダンスが低いイヤホン・ヘッドフォンは出ます。

ホワイトノイズに関しては、本当に聴いた事が無いので、わからないんですよ。
ちちさすさんと同じ、感度の非常に高い、Shureのイヤホンを愛用してますが、無音部分は無音ですので。
(SE535とSE846という機種の違いこそあれど、感度はほとんど同じですからね。)

<新しいメンバーさんが入られたようですね。そのうちお話する機会もあるかと思います。

そうですね、ちちさすさんと同じLUXMANのヘッドホンアンプを愛用されている方ですね♪
(P-1uとP-750uリミテッドというモデル違いではありますけども。)

今のところ、新しく建てた安室ちゃんの掲示板で個人的にやり取りしてますけど、書き込む内容は自由ですので、何か興味のある話題があれば是非参加して下さい(^^)。

2021/4/11 10:01  [2265-5304]   

 音之葉さん  

ちちさすさん。初めまして。
新たに参画させていただいた「音之葉」と申します。
今後ともよろしくお願い致します。

>〜RATOCのREX-KEB02AKというポタアンが〜
こちら私も所有しております。
初めてのポータブルアンプがこれでした。

仰る通り「ホワイトノイズ」/「ヒスノイズ」

この呼び方に関しては適切な用語をネットで調べたのですが

アンプIN側に何もつながっていない状態、もしくは、アンプのINに何か繋がっていたとしても繋がっている先の装置が電源OFFである状態だったとしても、また、アンプのボリュームが0の位置だったとしても、アンプの電源がONの場合にボリュームの位置に関係なく一定音量で"ザー"や"サー"などと、ヘッドホン/イヤホンから聞こえてくる雑音は熱ノイズという分類のようで、それらを、「ホワイトノイズ」/「ヒスノイズ」とどちらで読んでも、大枠間違っていないようで、「ホワイトノイズ」/「ヒスノイズ」/「熱ノイズ/熱雑音」と、どれも間違いではないらしく書き込み時の使い方に困っておりますw

前記した状態、すなわち、ちちさすさんの仰るノイズは、私もREX-KEB02AKで同様に経験しており、RATOCへ不具合ではないのかTELにて問い合わせたことがあります。

結論としては「能率の高い」もしくは、「インピーダンスの低い」イヤホン/ヘッドホンでは抑えきれないとのことでした(仕様である)。要するにノイズが出ないレベルの「能率値」もしくは「インピーダンス値」が設計として存在するということですね。

私の所有する機器でノイズを感じた製品としては、Shure SE215, sony XBA-A3,Z5, IER-Z1R, ゼンハイザーHD 25, GRADO SR80eです。AKG K701のみノイズを感じませんでした。

これはLUXMAN P-750ulでもノイズ音量が異なりますがバランスジャックへ接続した場合にはREX-KEB02AKとほぼほぼ同様の結果でした。

アンバランスジャックではイヤホンは全て微細ながらもノイズを確認できましたが、ヘッドホンでは、ほぼほぼ確認できませんでした。


でわ、また!

2021/4/12 03:50  [2265-5309]   

音之葉さん

此方でもこんばんは(^^)

縁側の掲示板の使い方、慣れていらっしゃいますね(^_^)v

なんと、据え置き型ヘッドホンアンプLUXMANだけでなく、ポタアンでも同じものを使用していたとは!!

ポタアンなんて山のようにあるじゃないですか、それが被っているだけでも、摩訶不思議〜♪( ´▽`)。
不思議な「縁」の様なものを感じてしまいますね〜♪
(この様な、馬鹿者は叱ってやって下さい、笑。)

う〜ん、ホワイトノイズが聴こえない、という事はやはり、聴覚が衰えているんでしょうかね〜?

聴覚検査した時は15,000Hzまではしっかりと判別出来るレベルだという結果だったんですけどね〜(*´-`)
(無音の部屋での検査です、それも信号音での検査なので、音楽を聴く環境とは全く違います。)

「テープヒスノイズ」のサー、っていう音は確認判別出来るんですけどね(^_^;)。

あら〜、どうして私だけ、聴こえないのでしょう(´-`).。oO

ボリューム上げ過ぎなのかなあ?

多分、集中力なくボケボケっと聴いているだけかもしれないですね〜、笑。

丁寧なご挨拶、ありがとうございます♪( ´▽`)←ホンマもっとしっかりせいよ!(自分に言ってます、笑。)

書き込み、ありがとうございます(^^)

2021/4/12 05:04  [2265-5311]   

tam-tamさん。
ベートーヴェンほどの作曲家となると、埋もれた名曲なんてありませんし、出来の良い曲はそのまま名曲に数えられてますもの。オーソドックスになっちゃいますよ(笑)。
好きな演奏ですが、弦楽四重奏曲はベルリン弦楽四重奏団(ズスケが第1ヴァイオリンの時代)。
ピアノ・ソナタはバックハウス、アラウ。「田園ソナタ」はブレンデルのデジタルのが良いです。
交響曲第2番はハイティンク/コンセルトヘボウ。
「運命」はカラヤン1960年代、フルトヴェングラーのVPOとのセッション録音(1954年だったかな?)。
「クロイツェル」はオイストラフ&オボーリンの歴史的名盤。パールマン&アシュケナージもよく聴きます。パールマンの演奏で良いのはこれだけです(笑)。
ヴァイオリン協奏曲は難しいですね。手持ちの演奏は良いのが多いですし、ボベスコとシェリングの新しい方をよく聴きますが、私にとっての決定盤はまだ見つかりません。ズッカーマンのグラモフォン録音がどうなのか、気になります。
「コリオラン」序曲は良い演奏が多いので。好きなのはバーンスタイン/VPOです。

2021/