縁側 > 家電 > AV・情報家電 > イヤホン・ヘッドホン > 楽しい音楽を語ろう♪
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

好きな音楽ならジャンルは問いません。楽しい音楽について語り合いましょう(^^)

また、イヤホン、ヘッドホンについてのお話もお気軽にどうぞ♪

  • 楽しい音楽を語ろう♪の掲示板
  • 楽しい音楽を語ろう♪の伝言板
  • 楽しい音楽を語ろう♪の投稿画像
楽しい音楽を語ろう♪の掲示板に
楽しい音楽を語ろう♪の掲示板に新規書き込み

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


アーティスト別超主観的アルバムランキング vol.1

さあ、いよいよやっていきましょうかね(^○^)。

私個人の主観が思いっきり反映されているので、トップランキングのアルバムが必ずしも一番素晴らしいって訳ではありません、w

ビートルズを聴いた事がない人の為に、聴いて欲しいという気持ちから最初からビートルズでいこうかなと思っていたのですが、さすがにこのクラスのバンドのアルバムでやるのは「ヤベーかな」と、笑。
ちょっと早いかな、我が身が危ない、と、w

どのアーティストからいこうか、ちょっと悩んだんですが、

第一弾は「セックス・ピストルズ」にしようかな。

☆→☆☆☆☆☆の五段階と★(スペシャル)を使って、やっていきますね。
★(スペシャル)は「問題児的なアルバム」「一般的には評価されてないが、個人的に好きなアルバム」など。
(基本的にオリジナルアルバムだけ、ライブアルバムは除外します。)

ではいきましょう、「セックス・ピストルズ」のアルバムランキング!

☆☆☆☆☆ 「勝手にしやがれ!!」(1977年)

終わり。

( ̄▽ ̄)、一枚しかないんよ、オリジナル・アルバム。
しゃーないやん、w

パンク・ロックの起爆剤となった「セックス・ピストルズ」の最高傑作アルバム。

洋楽ものは音源がYouTubeで聴けるので、一応リンク貼っておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=uOVshdf_
vi8&list=PLiN-7mukU_RGXTQ4Pu_AFIAbVJ
ZqC4ZGE


アルバムまるごとではなく、1曲、1曲分けてあるので、聴きやすい音源かな、と。

聴いてみて、なんてことはないじゃんと感じる方もいると思います。
肝心なのは、1977年という年代なんですね。
こういったシンプルなロックは現在では珍しくも何ともないんですが、1960年後半から、1970年前半まで、ロックは細分化され複雑かつ多様性を持つ方向性に進んでいった時期でもあるのですね。

実験的音楽、クラシック音楽の様式を模擬した音楽性が席巻していた時期なんです。

ストリングスを取り入れたり、20分近くある長尺の曲があったり、変拍子や電子楽器を用いたり。
代表的なものとして、プログレッシブ・ロックがそうですね。

こういった多様性というのはビートルズ中期のアルバムからその兆候はあったのですが、キング・クリムゾンの登場で、勢いが加速します。

1970年代半ばで、プログレッシブ・ロックは失速し、大物バンド以外は終焉します。

「セックス・ピストルズ」の「勝手にしやがれ!!」は、複雑になりすぎたロックへのアンチテーゼとも言える問題作だったのですね。

「勝手にしやがれ!!」を一枚まるまる聴いてもピンと来ない方は、バンドのヴォーカリストである、シド・ヴィシャスの「マイ・ウェイ」を聴いた方がわかりやすいかもしれません。

そう、フランク・シナトラの代表作でもある、あの「マイ・ウェイ」ですね。

Sid Vicious - My Way (ReDubbed CD Soundt
rack) (1978) (HQ)
https://www.youtube.com/watch?v=9w4xGFL9
sVQ


どうですか?ちょっと強烈でしょう!!

あの、慈悲深い「マイ・ウェイ」がこんな風になってしまう、完全にロックしてますねー♪

ブルー・ハーツの甲本ヒロトも「セックス・ピストルズ」の影響を受けています。
体の動かし方とか、シド・ヴィシャスに似ているでしょう?


パンク・ロックとは、シンプルなロックであり、ロックの原点回帰とも呼べるムーブメントだったのです。

まあ、こんな感じでビートルズとかレッド・ツェッペリンを書いていたらちょっと大変な事になりますので、多分、粛々と割愛すると思います♪( ´▽`)、笑。

2021/9/11 07:41  [2265-5703]   

コラム: クラシック音楽CDの選び方。

初めに断っておきますが、クラシック音楽初心者向けの選び方ですので。

ある程度のCDを所有されている方はスルーしてやって下さい、w

ポピュラーミュジックと違って、様々な演奏者のCDがありますから、どれを買ったら良いか迷ってしまうのは仕方がない事なんです。

そもそもの問題として、ポピュラーミュージックだろうが、クラシック音楽だろうが、音源として、CDを求める人が今現在どれだけいるのでしょうねえ、w

クラシック音楽の場合、CDでは購入出来るけど、サブスクでは音源として無い、というのがたくさんあると思うので、一応、CDの選び方で話を進めておきます。
サブスクにあったら、そちらを利用すれば良いので。

クラシック音楽を自発的に聴きたいと思うきっかけは、映画とかテレビドラマで効果的に使用されていたから、という人はかなり多いと思うのですよ。

小中学生の音楽の授業がきっかけ、という人はかなり少ない気がするんですよね。

聴きたくなったきっかけはこの際、どうでも良いので、聴きたくなった曲名がわかった場合、どのCDを選ぶか、ですね。

昔は、探している曲を無料で聴ける環境がありませんでしたので、まずは図書館で、クラシック音楽の名曲、名盤などの書籍を読む事がどうしても必須だったんですよね。

たまたま、友人、知人にクラシック音楽に詳しい人が居れば良いですけど、それで、解決となる場合も多くないです。

例えば、「ベニスに死す」という映画を観たとしましょう。←もっとメジャーな映画で話をせんかい、w
この映画に使われている曲はマーラーの交響曲第5番のアダージェットと第3番の第4楽章です。
その他にも使用されている曲はありますけど、まあ印象に残るのはアダージェットだけでしょう。
映画に使用されているものは、フランコ・マンニーノ指揮ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団の演奏のものですが、大変マイナーな指揮者なので、探すのが大変です。

クラシック音楽のCDとしては異例の大ヒットを記録した「アダージョ・カラヤン」に幸いにもマーラーのアダージェットが収録されているのですが、映画で使用されている演奏とかなり違うので、購入したは良いものの、聴いてガッガリ、という事にもなりかねません。

では、マーラーの交響曲第5番でCDを探せば良いのかと言うと、これも非常に難しいところです。
マーラーの交響曲第5番は、第1楽章から第5楽章まであり、全曲演奏すると、ゆうに1時間を超える大作です。
おそらく、第5番のCDを購入しても、他の楽章は聴かないと思います。

ちょっと、話の順序が逆になってますねー、w。
一旦元に戻しましょう、w

聴きたい曲の名前がわかったら、どうするかですね、w

インターネットがこれだけ普及した現在でも、私はやはり、図書館が利用出来る環境であれば、本を1冊、2冊読む事をお勧めしたいですね。

まずは書籍で推薦している、演奏者を調べてみる。
本によっては、何人もの演奏者を推薦している場合があります。

推薦している、演奏者がわかったところで、今度はどうするか。

YouTubeで、推薦されている演奏者でお目当ての曲を実際に聴いてみましょう。

3人くらい演奏者の名前があがっていたら、取り敢えず聴き比べてみましょう。

気に入った演奏者がそこで見つかれば、取り敢えずは解決ですね。

3人の演奏者を聴いてみたけれど、気に入ったものが無かった。

では、どうするか?

借りてきた本を書いている著者と自分が求めている演奏のスタイルが違うことになりますから、今度は別の著者が書いている本を借りてみる、これもひとつの手段で、非常に有効だと思うんですね。
手間もかかりますし、時間的にも効率が悪いですが、自分の好みと近い感覚の人物を見つける事は後々になって、大変参考になるものです。

そんな手間、かけてられないって人は、演奏者の名前を入力しないで、曲名だけで、検索してみてください。

クラシック音楽の場合ですと、日本語で入力するより、英語で検索かけた方がたくさん出てきます。
まずは再生回数に注目しましょう。
なるべく、多くの再生回数がある音源を聴いてみましょう。
それでも、ダメな場合。

出てきた演奏者をウィキペディアで検索してみましょう。
古い録音のものを聴いてみましょう。
何故、古い録音のものを聴くかと言うと、長い間生き残ってる演奏のものはどこかしら優れたものがあるからですね。
新しい録音のものを当てずっぽうで探すより、効率的だからです。

ここでは年代に注目する事も必要になってきます。
1960年以降の録音に絞って聴く事をお勧めしておきます。
それ以前の録音だとステレオではなく、モノラルの場合もありますので。

曲名だけで検索をかけた場合、同じ演奏者なのに、複数の音源が出てくる場合もあります。
これに着目して探すのも効率的な方法です。
何故ならば、複数の方が音源をあげているので、良い演奏の場合が多いからです。

YouTubeを使って、お目当ての曲の良い演奏の曲が見つかったならば、曲名と演奏者を入力してググってみて下さい。

その曲に対して、言及しているサイトがあったならば、ブックマークで保存しておきましょう。
そのサイトを運営している方と、好みが近い場合がありますので、これも後々、貴重な資料となります。

サブスクを利用して音源を入手する場合は以上の手順となりますが、CDとして持っていたい場合には、もう一苦労しなくてはなりません。

マスタリングによる音質の問題ですね。
Bluetooth型イヤホン、ヘッドホンで聴かれる場合でしたら、これは割愛しても良いです。
ですが、少しでも良い音質で聴きたい場合、更に検索をかけて調べる必要も出てくるので、注意が必要です。

まあ、ここまで神経を使う人は、初心者では居ないと思いますので、少々価格が高くても国内盤を購入すれば、ハズレを引く事はないと思いますよ(^^)。

2021/9/13 05:40  [2265-5725]   

コラム: 楽しみにしていたものが!!

音楽、イヤホン関連の話題ではないのですが。

説明がつかない謎のコロナ感染者減少傾向。

感染症の専門家たちはこぞって「減少傾向になる要素は一つも無い!!」と言っていたのですが。

一都三県だけでなく、全国的に見ても明らかにピークアウトしてますね。

だからと言って、試聴しに都心部には行きません、ここはもう少し行動制限を継続していきたいです。

楽しみにしていたものとは、

10月から始まる、Mリーグ2021シーズンですねー(^^)。

これはスムーズに開催される事とは思います。

Mリーグは長い、長い、戦いですから、来るであろう第6波がちょっとだけ心配ではありますが、はじめから中止になるよりは良いですね、

2021シーズンの見どころですが、

なんと言っても、チーム編成が大幅に変わった「KONAMI麻雀格闘倶楽部」!!
新生「KONAMI麻雀格闘倶楽部」が初優勝するかどうか、非常に楽しみですねー。

2020シーズンの優勝チーム「EX風林火山」もチーム編成が変わり、こちらも楽しみ。

3シーズン通して、ファイナルに行けてない「雷電」も4人体制になりましたから、こちらも要注目のチームです。

チーム編成が変わったのは「セガサミーフェニックス」もそうなんですが、上記の3チームほどの影響は無いと思うので、「新生」感はあまり感じないかなあ。

2020シーズンとチーム編成が変わらなかったのは、
「赤坂ドリブンズ」「渋谷ABEMAS」「U-NEXT Pirates」「KADOKAWAサクラナイツ」の4チームですが、
個人的には、「KADOKAWAサクラナイツ」に注目しています。
次点で、最も個性的な麻雀を打つ「U-NEXT Pirates」かな、

「赤坂ドリブンブ」に関しては、養成枠の丸山奏子選手が規定最低登板回数10試合を超えらるか、どうかだけです、w

「渋谷ABEMAS」は大黒柱である、多井隆晴選手が今年こそはインフルエンザにかからないかくらいしか、注目ポイントがありません、w
まあ、それくらい安定度が高いチームなので、ボロボロに崩れる事は今年も無いかなあと、

2021シーズンの優勝チームの予想は、というと全く検討がつきません。

ではセミファイナルに進めないチームの予想、これはなんとなく、割となんとなくですが、w

2020シーズンの覇者「EX風林火山」、このチームがどうしても、一番手に来てしまいますねー。

後は団子状態で、3チーム。
「U-NEXT Pirates」は朝倉康心選手がどれだけメンタルを維持できるか、はっきり言ってここだけですね。

「雷電」は新規加入した本田朋広選手をどれくらいの配分で打たせるか、選手起用の配分ですね。

「セガサミーフェニックス」、チームカラーとして個性を自由にさせるところがあるので、チームとしての「結束力」がキーとなってくると思われます、下振れ、上振れが最も激しいチームですので、最下位もあるし、優勝もある、そんなイメージですね。

2021年のドラフトは、開幕となった2018年のドラフトより、物議があったと思うんですよね。

賛否両論あったのですが、「賛」よりも、「否」の方が圧倒的に多かった気がします。

「実力」で選手を選んでない、とか、エンターテイメントよりになってしまったとか、

ガチの実力で、選手を選んでしまったら、半分以上知らない、見たこともないオジサンばっかになりますよ。
そんなMリーグ、誰が観るんですかね、

女流選手の起用はとっても大事だと私は思います、
麻雀上級者ほど、Mリーグなんて真剣に観る人居ないです。

若手、女流選手ほど、誹謗中傷の書き込みが多いですから、彼女たちは大変ですよ。
こういった書き込みをまともに受け取ってしまったら、メンタルが相当やられます。
麻雀上級者からしたら、手順的なミスを探す事は簡単です、そこはどうか寛大な心で見てほしいと思います。
それが出来ないのだったら、はじめから見なきゃ良いと思うのですね。
自分自身が好き勝手に打てるフリー雀荘でバッタバッタと勝ってればよほど楽しいでしょうから。

楽しみで観るのであれば、選手に対して誹謗中傷の書き込みはして欲しくはありません。
現役Mリーガーより、「俺の方が全然強いぜ!」と思う人は寛大な心で見て欲しいと思いますねー。

2021シーズンのMVP予想でもしてみますか。
これまで、多井隆晴選手、魚谷侑美選手、佐々木寿人選手がそれぞれMVPに輝いていますが、今年は誰になるか。
現役最強との呼び声も高い多井隆晴選手、残念ながら、難しいと考えます。
「渋谷ABEMAS」はレギュラーシーズン序盤、多井選手を積極的に起用しないと思うからですが。

魚谷侑美選手、私の予想では、ちょっと厳しいかな、と。
2019シーズンでMVPを獲得したのですが、2018シーズンから風露率を明らかに落としていたので、
上がり率を優先するか、高打点を優先するか、まだまだ迷いが残っている、そんな感じが致します。

2021シーズンにおけるMVP獲得有力候補を5名ほど、予想しておきましょう。
*堀慎吾選手
*勝又健志選手
*佐々木寿人選手
*鈴木たろう選手
*小林剛選手

MVP獲得ならずとも、上位3位にはおそらく入ってくるのではないでしょうか。

いやー、2021シーズンは見どころがたくさんあって、今から非常に楽しみにしておりますねー(^^)。

2021/9/18 06:16  [2265-5744]   

コラム: GRADO The Hemp Headphoneが良い感じらしい。

GRADOの限定バージョンのThe Hemp Headphoneがどうやら素晴らしいらしいですね。

The Hemp Headphone、現在は生産終了となっていて、The Hemp Headphone ver2としてリニューアル発売されているので、よほど好評だったと思われます。

私自身、試聴にも行けてないので、実際の音を聴いた訳ではありませんが。

プレステージ・シリーズがリニューアルされて、型番の末尾が「e」から「X」となったのですが。
コードの皮膜の変更とか、イヤーパッドの変更、ヘッドバンドの変更などあったのですが、ヘッドホンの命とも言えるドライバーが新しくなったのはかなり意外ではありました。

ドライバー口径が40mmから44mmへと少し、大きくなりました。
プレステージ・シリーズは全部で5モデルあるのですが、全てのモデルで同じドライバーを使用しているんですね、このあたりがなんともGRADOらしいとも言えるのですけれど。
ドライバー口径が40mmから44mmに変更された事で、高域がマイルドになったのでは?という事は実際に試聴せずとも想像するのはそれほど困難ではありません。

イヤホン・ヘッドホン専門店では、客層が最もシビアと思われる、フジヤエービックさんの試聴記事を貼っておきます。
https://www.fujiya-avic.co.jp/blog/detai
l/529


さすがフジヤエービックさん、すごく丁寧に説明されています。
今回のリニューアルでは、単に段階的に音がレベルアップするのではなく、モデルごとにサウンドをチューニングしているみたいで、価格が一番上のSR325xを選択すればいいって事にはならなくなった様です。
自分好みの音を鳴らすモデルはどれか?という宝探しみたいな楽しみが増えたのは良い事だと思います。

SR325xの比較試聴でも書かれている様に、鋭い高域から、滑らかな高域へと変化したみたいで、このあたりの変更は賛否両論ありそうです。
私の様に刺激的な音楽はより刺激的に聴きたいって方には今回のドライバー変更は不評だと思いますし、私も焦って無試聴で購入しなくて良かったと思ってます。
実際には、ハードロック系の音楽を愛聴する人でも、刺さる高域は苦手な人が多いでしょうから、今回のドライバー変更は、往年のGRADOファン以外からは喜ばれるものだと思います。

GRADOのヘッドホンの作りは民芸品と揶揄されるほど、チープなので、音質が上品になったのは、ギャップがあってGRADOのヘッドホンは聴いたことがない方々には受けが良いのではないでしょうか。

ちょっとプレステージ・シリーズの方に話が脱線してしまいましたが、肝心のThe Hemp Headphoneの方に戻りましょう。

旧モデルのThe Hemp Headphoneの方にはお二方が実に詳細なレビューを書いてくださってますので、かなり参考になります。
https://review.kakaku.com/review/K000128
6875/ReviewCD=1378708/#tab


https://review.kakaku.com/review/K000128
6875/ReviewCD=1376196/#tab


The Hemp Headphoneは、ウッドハウジングを使用しているので、作りはこれまで同様チープだとは思いますが、やはり見た目の魅力が加わって、高級感が感じられますね。

現在はリニューアルされて、The Hemp Headphone ver2となっていますが、変更箇所などは、もう一度、フジヤエービックさんに手伝ってもらいましょ、w。

https://www.fujiya-avic.co.jp/blog/detai
l/562


*ハウジング形状(若干)
*ヘッドバンド(若干)
*ケーブルの皮膜と線材の処理
にとどまっていて、肝心のドライバーは旧モデルと同じものが採用されているみたいです。

価格が6,000円ほど高くなってしまいましたが、音質的には洗練度が増したみたいですので、許容範囲だと思うところではあります。

旧モデル同様、此方も限定生産モデルとなっているので、数量売り切りで完売となるようですので、購入タイミングには注意したいところです。
(ウッドハウジングですから、傷が気になるので、中古での購入は出来るだけ避けたいところですね。)

見た目からはロック系よりも、アコースティック系楽曲との相性が良さそうですが、想像とは裏腹にロック系、アニソン系の楽曲と相性が良いようですね、この点でも、私の好みと合致しそうなので、早く資金を確保して、一本持っておきたいヘッドホンですね。

直近2週間でのフジヤエービックさんのランキングを載せておきましょう。
(土地柄のせいか、同じイヤホン専門店でも、eイヤホン秋葉原店とは大きく傾向が違います。)

https://www.phileweb.com/news/d-av/20210
9/10/53551.html


何とワイヤードヘッドホンではGRADOのヘッドホンがTOP5に2機種ランクインしております。
1位 GRADO「The Hemp Headphone Ver2」
5位 GRADO「The Hemp Headphone 」

うーん、これはちょっと、聴いてみたいなあ(*´-`)。


GRADO The Hemp Headphoneのレビューを詳細に書いてくださった、
<dpsqさん
<小舟にゆらりんさん
大変、参考になりましたので、この場を借りて感謝申し上げたいと思います、ありがとうございましたm(_ _)m。

2021/9/19 07:52  [2265-5748]   

ちちさすさん

心の泉、活動再開されたのですね♪

あまり無理されぬよう。

良かったですね(^^)。

2021/9/21 09:25  [2265-5769]   

iPhone13PROが発売されました。

デザインとかほとんど変わってないじゃないのー、
落胆した、と言うより、ホッとしました、w。

今、所有している、iPhone xsは少々無理して購入したものなので。

長く使うぞー、と意気込んで買ったはいいですけど、魅力的なiPhoneが発売されたら、やはり心惹かれてしまうと思うので、w。

高性能なカメラとか、画像処理速度とか、必要はないんですけどね、w

5Gも、私が使用するのには必要ないですし。

なので精神的には良い事が起こりました(^^♪。

2021/9/25 00:21  [2265-5785]   

tam-tam17701827 さん  

2021/10/1 04:03  [2265-5791]  削除

コラム: イヤホン、ヘッドホンの選び方 レビュー頼みの場合

住居環境が良くなくて、購入を検討している実機の試聴が出来ない人が少なからずおられます。

クチコミで質問して、詳しい人とやり取りするのも、一つの有力な手段ではありますが、これも苦手という人はレビューを参考にするしかありませんよね。

どのメーカーが良いか、どんな機種が良いか、決めるのも大変難しいと思います。

イヤホンが良いか、ヘッドホンの方が良いか、
これは同じ価格帯で探しているのであれば、ヘッドホンの方がサイズその他に制約がないので、ヘッドホンの方がコストパフォーマンスが高いですね。

Bluetooth型が良いか、有線型が良いか、
これは使う人によるので、利便性を優先するか、音質を優先するかの問題なので、これで悩む人は多くないでしょう。
ちなみに同じ価格帯であれば、90%以上、有線型の方が音質が良いです。
(ごく稀に例外があるものなので、あえて100%とは書いておりません。)

初めて、そこそこの価格の製品を購入するのであれば、発売して間もない新製品の購入はやめた方が無難です。
(特に有線型イヤホン、ヘッドホンの場合ですね。)

イヤホン、ヘッドホンなどは、発売日が古い方が、信頼性の面で逆に良いのです。
それだけの期間、需要があったという証ですし、音質が優れているから、モデルチェンジをしていないからです。

ここからはBluetooth型については割愛させて頂きますね。
有線型という前提で進めていきます。

聴かれる音楽ジャンル、クラシック音楽を主に聴かれると言う人。
こういう人は、イヤホン、ヘッドホンのみならず、オーディオ全般に詳しい人がほとんどなので、自分でなんとかしちゃってます、w
それでも、クラシック音楽を聴かれる人で、どんなヘッドホンを選んだ方が良いか、クチコミで質問されているのも、見ますので。
私だけが一方通行で書いている場合、難しい問題になってしまうんですが、
ヘッドホンの場合ですと、開放型を選択された方が、無難です。
メーカーは、ゼンハイザー、AKG、ベイヤーダイナミクス、の3社が良いとは思います。
国内製のヘッドホンはダメなの?と疑問に思われる人もいるでしょう。
全くそんな事はないんですけども、何しろ試聴が出来ない訳ですから、ある程度メーカーを絞りこまないと中々決まらないと思うんですよね。

ヘッドホンにはオンイヤータイプとアラウンドイヤータイプがあるんですよね。
オンイヤータイプ 耳の上にのせる感じのイヤーパッド。
アラウンドイヤータイプ 耳全体を覆い被せる感じのイヤーパッド。

開放型ヘッドホンを選択された時点で、大体はアラウンドイヤータイプになっていると思います。
稀に例外がありますが、そう多くはないので。

えー、レビューでの選択の仕方、もっと簡易的に書こうと思っていたので、ざっくりと話を進めます、w

音楽ジャンル、クラシック音楽しか、書いてないって、w

最初はレビューの内容を読まずに満足度の☆の数での選び方、みたいのを書こうと思っていたので、(^^;;

ある程度、候補の機種が決まったと仮定します。
そこで、レビューを参考に機種を選ぶ事になる訳ですが。

レビューが多く投稿されている機種を選んだ方が「無難」です。
古ければ、古いほど、総じてレビュ投稿数も多くなりますので、単純に多ければ、良いとはなりませんが。
2つか3つくらいしかレビュー投稿がない機種は除外した方が「無難」です。

レビューが10から20あると仮定します。
もちろん、レビューの内容を読んでご自身で判断された方が良いんですが、人によっては全く逆の感想を書かれている場合もありますので、そうなると、混乱しちゃうと思うんですね。

まず、そこそこの価格(1万円から3万円までとします)のヘッドホンを試聴出来ない状態で初めて購入する訳ですから、ハズレは引きたくないですよね。
出来るだけ、音質の素晴らしいイヤホン、ヘッドホンを手に入れたい、という気持ちはわかるのですが、どういう音が、素晴らしいのか、これは聴く人によって大きく変わってしまうものなんですよ。

ですので、レビュー項目の1番上にある、満足度の☆の数での選び方を書こうと思ったのです。

最高が☆☆☆☆☆
最低が☆

まずは、この満足度の星の数の統計を取って下さい。
一つ一つのレビュー記事を読むより、遥かに時間がかからないと思います。

3つのパターンに大きく分けて説明します。

@☆☆☆☆☆ばかり、又は☆☆☆☆☆、☆☆☆☆が大半を占める。
A☆☆☆☆☆も多いが、☆もそこそこ多い。
B☆☆☆☆☆も☆も無い又は非常に少ない、☆☆☆、☆☆☆☆が大半を占める。

多分ですが、こうやって集計しちゃうと、@のパターンになっている機種を選択しちゃうと思うんですよ。
☆☆☆☆☆ばかりの機種だと尚更、これは素晴らしい製品だ!と印象を与えてしまうものですからね。

ハズレを引くたくない、「無難」な機種選びとなると、Bのパターンになっているものを選択した方が良いのです。

☆☆☆☆☆が全く無い、これは不安要素ですよね、
ですけど、☆も全く無い、これは逆に安心要素になるんです。
Bのパターンになっている機種は非常に少ないと思います、ですが「無難」な機種選びとなると、これが正着なのです。
大きな感動は得られないかもしれません、ですが、失敗した!となる可能性が1番低いのがBなのです。

@もAも実は大差が無いのです。

@の場合ですと、その機種の音が好きな人ばかりがレビュー投稿している可能性が非常に高い。
だからと言って、聴く人がどう感じるかはわからないですから、聴いてみたら、全然好みの音ではなかったと言う事もあるのです。
Aも同様で、☆☆☆☆☆が多いのに、☆があるって事に違和感を感じませんか?

@とAは博打になってしまう可能性を含んでいるのです。
ご自身の好みと合致すれば、大きな感動を与えてくれるかもしれませんが、合わなかった場合が最悪になってしまうので。

2021/10/1 05:49  [2265-5822]   

コラム: 管理人の勝手にイヤホン、ヘッドホンレビュー その1。

10月14日、久しぶりにイヤホン、ヘッドホンの試聴をしてきました。

2年ぶりくらいでしょうか、随分とブランクがありますけど(^^;;

ちょっと、私個人で以前から気になっていたイヤホン、ヘッドホンなどがありましたので。

以前は開店から閉店近くまで、試聴してたりしてたのですが、今回は数機種に絞り、短時間で切り上げて帰宅しました。

素晴らしい!!と思えたイヤホン、ヘッドホンがあったのは収穫でしたね(^^♪

そちらの素晴らしいイヤホン、ヘッドホンの感想は今回は書きません。

気になっていたイヤホンの中で、Westoneから発売されていた、新シリーズ、Pro Xシリーズがありました。

私も、WestoneのUM-PRO50を所有してますので、どの程度変わったのか、知りたかった訳ですね。

試聴は今回が初めてなんですが、ウィンドウ越しにPro Xシリーズの実機は見ておりまして、極細ケーブルは知っていたので、非常に気になっていたんですよね。

ドライバー構成などは旧UM-PROシリーズと全く一緒で変更はありません。
ですが、価格が非常に跳ね上がっており、5万円後半で購入出来た、フラグシップモデルが8万5千円までになってしまってます。

イヤーピースなど付属品も全く一緒で、余計なものは付属されておりません。

MMCXコネクターがT2コネクターに変更されたのと、付属ケーブルが変更されただけで、ハウジングの大きさもほぼ一緒で、若干Pro Xシリーズの方がカッコ良く見える程度です。

使用されている、BAドライバーが新しくなってサウンドが結構レベルアップしたんじゃないかと思っていたのですが、
( ̄▽ ̄)、同じじゃね?

新しく発売された、
価格がかなり値上がりした、
など考慮して聴くと、音が若干良くなっている気もしなくはありませんが、
( ̄▽ ̄)、同じじゃね?、笑。

試聴にあたり私も所有しているUM-PRO50を持参して行きましたので、Westoneの音ですよ、これ。
チューニングは若干変更されているのかもしれませんが、ドライバー構成が全く一緒であり、おそらくですが、使用されているBAドライバーも、同じなんじゃないかと。
それくらいレベルアップを感じませんでした。

それと、新しく採用された極細ケーブル、こりゃ、怖くてちょっと、と感じるほど、細い!!
糸みたいに細く、試聴機を装着するのも、恐る恐るというほどでしたので。
果たしてここまで細くするメリットがどこにあるのか、凡人の私には全く検討がつきません。
クセが付きにくい!
ああ、そうか。
と納得出来るレベルの細さではありませんね、これ、w
まあ要は耐久性の問題だと思うんですが、これはちょっと概ね不評になるでしょうね。

Pro Xシリーズはドライバー構成の違いによる、全4モデル。
これは旧モデルのUM-PROシリーズと全く同じです。

私個人の感想では、今、この価格で購入しちゃいかんイヤホンですね、
Westoneのモニターライクのイヤホンが欲しいのであれば、旧モデルのUM-PROシリーズをお勧めしておきます。
こちらはPro Xシリーズの発売と入れ替わる形で生産終了してますけど、多分、探せば、未開封新品はあると思います。

だって、出てくる「音」はほとんど同じですから、わざわざ価格の高い新しいシリーズを積極的に購入する、メリットがありません。

急ぐ必要のない方は、当分の間「見」に徹していた方が良いでしょうね、これ。

Pro X30とX50の違いですが、担当する帯域のドライバーをダブらせているだけで、これに関しても、販売店のスタッフさんも勘違いされた記述が書いてある事が多いので。
ドライバー数が多ければ多いほど、解像度が高くなる、とか平気で書かれているスタッフレビューが結構あるのですが、多ドラになればなるほど、解像度は落ちますから。
ですから、エティモはシングルBAに拘ってかたくなにマルチBA型は開発しなかったのですから。
(この点において、初期のFinalも同様のコンセプトを持っていたと思われます。)

20年の時を経て、遂にマルチBA型を開発した、エティモの新作「EVO」も試聴して来ましたので!!

乞うご期待(^^♪

2021/10/16 18:19  [2265-5857]   

コラム: 管理人の勝手にイヤホン、ヘッドホンレビュー その2。

お次は、発売当初売れまくった、ハイエンドイヤホン ゼンハイザー IE900。

最初に結論から書きますと、16万円を出してこのイヤホンを買いたいと私は思いません。

16万円も出すなら、他に欲しいイヤホンがたくさんあるからです。

のっけから、否定的な書き方をしましたけど、私個人の感想に過ぎませんので(^^;;

まず、気に入らない点から。

3.5mmアンバランスケーブル。

2.5mmバランスケーブル。

4.4mmバランスケーブル。

こんなにたくさんの付属ケーブルは必要ありません。

これらはユーザーサイドで選べるようにすればいいのです。

2.5mm規格と4.4mm規格のバランスジャックを装備しているDAPなんてほとんどありません。

2.5mmバランス接続で聴く人にとって、3.5mmと4.4mmのケーブルは必要ないでしょうし、4.4mmバランス接続で聴く人にとっても、2.5mmと3.5mmのケーブルは特に必要がないものです。

しかも、これらの付属ケーブルが1本2万円相当するものなのです。

ユーザーサイドからすれば、その分価格を抑えて欲しいと思うのは当然でしょう。

それと「音」ですね。

16万円も出して聴きたい「音」ではありません。
後ろ髪を引かれるような「音」ではないんですよね。
IE900の音だけ聴いたならば、素晴らしい!!となるかもしれませんが、人の好みの音は千差万別、様々ですから、もっと好きな音を鳴らすイヤホンが他にもあるかもしれないですし。

一生懸命探せば、同程度の音を鳴らすイヤホンはミドルクラス程度の価格の中にもありますよ。

ただ、これは私の住んでいる環境が良いってのもあります、聴けないイヤホンがほとんど無いのですから、ちゃんとしたメーカーならば、ほとんどのイヤホンが試聴可能なので。

では、実際の試聴レビューの方を書きますね。

まずはイヤホンの見栄えなど、

手に持つとズッシリとした重量感があり、高級感があります。
ハウジングの作りもかなり凝っています。
ケーブルも耳掛け部分が補強してあり、使いやすそうです。

装着感

適度な重量がある事で安定した装着感が得られます。
コンパクトで、耳への収まりも非常に良く、これは素晴らしいですね。
耳の小さな女性でも、これなら良好な装着感が得られるでしょう。

音質など

良く言えば隙がない。
悪く言えば、これと言った特徴がなくこのクラスのイヤホンとしては平凡。

ただ、現状このクラスのハイエンド帯でも、かなりインパクト絶大な、非常にクセの強い製品が結構ありますので、好みに合わなかったら、相当なダメージをくらいます。

絶大なインパクトはないけれど、ハイエンドフラグシップ機に相応しい音質を提供してくれます。

ゼンハイザーが発売した、これまでのイヤホンの中では群を抜いてトップクラスのサウンドです。
クセが本当に少ない。
低音も出過ぎず、高域も派手過ぎず。
モニターライクなフラットで退屈な音でもない。
かと言って美音過ぎない。

ゼンハイザー渾身の名機だったIE800よりも、更に上質なサウンドです。
IE800は装着感に難あり、でしたから、その点においてもIE900に軍配が上がります。
ただ、IE800の音が好きだった人がこのIE900を聴いてどう感じるかは、人それぞれだと思うのです。
IE800の鳴らす低音は独特の味があったと私は思うので、そう言った意味においてIE800は少々個性が強かったイヤホンだという認識です。(IE800は私も所有しております。)

付属ケーブルが多過ぎる点を除けば、ゼンハイザーのフラグシップモデルに相応しいイヤホンに仕上がっておりますね。

なお、このIE900はスマホ直差しでも十分な音量が取れ、それなりの高音質が楽しめます。

ハイエンドイヤホンでは、ハイパワーなDAPでないと鳴らし切れないイヤホンもありますから、再生機器は後から購入したいって方にも、すぐに高音質を味わえるフラグシップイヤホンとしても使用できます。
(実際にiPhone直結でも聴きましたが、上等な音が得られます。)

実際に試聴してみてご自身の耳で判断されるのが1番ですが、環境的にそれが難しい、だけど、一生モノとしてのハイエンドイヤホンが一本欲しいって方には、良いイヤホンかもしれません(^^♪

2021/10/17 01:35  [2265-5858]   

コラム: 管理人の勝手にイヤホン、ヘッドホンレビュー その3。

イヤホン、試聴レビュー、最後はエティモも新作「EVO」です。

伝説の名機として名高い至高の傑作「ER4S」。

エティモも開発エンジニアは、
「我々はマルチBA型に対するメリットと言うのが未だ見いだせないでいる、シングルBA型にこだわっている訳じゃない、マルチBA型の試作機はいくつも作っている、我々がマルチBA型を発売する時は、シングルBA型を超えたイヤホンが完成した時だ。」

そう語っていたのが印象的で凄く記憶に残っているんですね。

ER4Sは私が15年近く使用していた格別な思いがあるイヤホンです。

再生周波数帯域は16,000Hzまでと、ハイレゾ音源どころかCD規格の20,000Hzに遠く及ばない。

16,000HzがBAドライバーの限界ではないと言う。
それ以上の帯域の音も出ているが、「正確な音」という視点で捉えた場合、100%そうは言えないので、電気的ネットワークで強制的に16,000Hzでカットしているのだそうな。

今回発売された、エティモ初のマルチBAイヤホン「EVO」

低域側と高域側に3基のBAドライバーを搭載しているのですが、
再生周波数帯域、なんとER4Sと同じ16,000Hzまで。

これには疑問しか感じませんでした、
ドライバーを2つに分ける事によって、クロスオーバー回路が必要になってきます。
そのデメリットがありながら、再生周波数帯域の上限が同じ、これは何を意味するのか。
同じ再生周波数帯域を鳴らすならば、シングルBA型の方が有利なはず。
その意図するものとは?

国内メーカーがスペック競争をしている間に堅実なメーカー、エティモはこんな時代遅れとも言うべきスペックのイヤホンを開発していたのか!

ハイレゾ対応機器全盛の時代に、CD規格の再生周波数にも及ばないフラグシップイヤホン。

さすがにこれは実機の音を聴きたいと思いました。

あのゼンハイザーでさえ、ハイレゾロゴマークが欲しいが故にHD650のスペックを改ざんしているというのに、←聞こえが悪いな、何処かの政治家みたいだ、w

3基のBAドライバーを搭載して作るなら、20,000Hzはクリア出来る周波数帯域です。
エティモが目指しているサウンドはそこじゃない、
(3つのBAドライバーを搭載していますが、低域側に2基使用しているので、2Wayですね。)

エンジニアの言葉通りならば、シングルBA機を凌駕するイヤホンを完成させた事になります。

果たしてどんなイヤホンなのか。

100,000Hz再生とか驚愕のスペックを誇るイヤホンはすでにいくつかのメーカーが開発、販売している時代です。

スペック上ではまさに時代遅れのイヤホン、「EVO」、果たしてどんな音を聴かせてくれるのか!!

外観:
これまでのエティモのイヤホンと違って、耳掛け方式一択の装着型になってますね。
ハウジングはおもちゃみたいにチープだったER4Sとはガラリと変わって、高級感がありますね。
何より、装着が楽になったのは非常に喜ばしい事ではあります。

ケーブル:
こちらもWestoneの Pro Xシリーズ同様、細いケーブルを採用してますが、耐久性は高いとの事。
実際、触ってみても、断線してしまうような感じはしなかったですね。

音:
肝心の「音」ですよ。
再生周波数 20Hz-16,000Hz,とER4Sから全く進化しておりません、
が、
これは素晴らしい!!
本当にマルチBAなのか!というくらい見事なクロスオーバー処理で、シングルBA機と判別出来ません!
カタログスペックだけではわからない、エティモ渾身の一撃!!
マルチBA型イヤホンの最高到達点に達していると言っても過言ではありません。
点音源だったER4Sより、サウンドフィールドが広がってますね。
ER4Sよりも、音が太く厚みがあります、若干リスニング寄りのチューニングに仕上げてある感じです。
強烈なインパクトのあるサウンドではないので、数分の試聴では、「EVO」の完成度の高さが実感出来ないかもしれませんが、これほど見事なマルチBA型は聴いた事がありません、圧巻の一言です!
スペック上では16,000Hzまでしか再生出来ないですが、高域側に限界を感じる事はありません。
ER4Sよりはおとなしい鳴り方になりましたけど、音の質感がまるで違います。
BA型ドライバー特有のシャカシャカした音とは一線を画しておりますね!!

しかし、客観的に評価するならば、価格からして、イヤホンを何本も所有しているようなマニア向け、のイヤホンになるのかな。
リスニング寄りにチューニングされていると言っても、リスニング系の鳴り方ではないし、ダイナミック型ドライバーのイヤホンと比べると音場は狭いですから、
インイヤーモニターとしても使えないし、立ち位置的には中途半端になってしまうでしょうね。

しかし、この完成度のレベルは半端ではないですね!!
これを凌駕するイヤホンを作るのはちょっと容易ではありません。
インパクトで聴かせるしか、勝負にならないと思います。
私の想像を遥かに超えるイヤホンでした、エティモの「EVO」は、(^^♪

購入にあたっては必ず試聴してください、
私的にはベタ褒めになっていますが、無試聴による購入はできるだけしないで頂きたいです。
音の質感がマルチBA型としては最高峰クラスですが、聴いて楽しいかは別問題となりますので。

2021/10/18 07:27  [2265-5865]   

コラム: 管理人の勝手にイヤホン、ヘッドホンレビュー その4。

勝手にレビュー、最後はGRADOのヘッドホンです。

愛用しているプレステージシリーズが一新されましたので、此方も大変気になっていたヘッドホンです。

ドライバー口径も40mmから44mmへと口径が大きくなっているので、サウンドがかなり変わっているのは聴く前から想像出来ます。

後は限定生産モデルのThe Hemp Headphone Ver2ですね。

何やらフジヤエービックさんで大好評のようでありまして、聴いてみたくなり。

SR325eからSR325xになって変更されたのはドライバーだけではありません。
イヤーパッドの形状、ケーブルの皮膜などですね。

SR325eは非常にクセがつきやすいビニール皮膜のケーブルでしたから、見た目からクセがつきにくくなったと思われるものに変更されて大歓迎、
と思っていたのですが、SR325eよりも太くなっとるやん、笑。
取り回しの悪さは相変わらずの様です、w

このGRADOのプレステージシリーズは全5機種、全て同じドライバーを使用してるという、ちょっと変わったものでして、当然新しいxシリーズも同様です。

同じドライバーを使っているなら、どこで値段が変わってくるの?と疑問を持たれるでしょう。

SR60e→SR80e→SR125eとケーブルが太くなっているんですね。
もっと詳しく説明すると、OFC線→4芯OFC線→8芯UHPLC線とグレードが高くなっていきます。

SR125e、SR225e、SR325eは全て8芯UHPLC線とケーブルの品質は変わりません。

ではどの部分に価格差があるか?
SR225eとSR325eでは、ドライバーの左右のマッチングがされており、周波数特性が近似値のドライバーを組み合わせているんです。

SR225eからはイヤーパッドの形状も下位モデルと差別化されており、より音抜けの良いものが採用されております。

SR325eになると、エアチェンバー(ハウジング部分)がポリカーボネートからアルミ合金に変更されており、更に音抜けが良くなります。

大きく分けると、下位3モデルと上位2モデルになります。

使用されているドライバーが同じであれば、SR60eで十分じゃん、と思う人も居れば、どうせなら、全てのパーツが最高グレードのSR325eを買っちゃえ!と思う人も居るわけですね。

今回リニューアルされた新しいプレステージシリーズでも、ほぼ、同じ形でグレードアップしていくのですが、それだけじゃあないんですね!

SR60x 、SR80x、SR125x、SR225x、SR325x、とサウンドのチューニングにそれぞれ個性を持たせてあるんです。

ですから、価格が一番高いSR325xが一番最良の音を鳴らすとは限らないんです!

自分好みの音を鳴らすモデルを見つける楽しさがひとつ増えた訳です。

全てのモデルの音の感想を詳しく書けるほど、私は記憶力が良くありません、w

まずは愛機であるSR325eのリニューアルモデルである、SR325xを聴いてみました。

ケーブルの皮膜以外見た目はそっくりですが、サウンドはだいぶ変わっていますねー。

40mmドライバーから44mmドライバーへと口径が大きくなったので、SR325eよりも、低音の力強さと量が違いますね、
ちょっと私には低音が強過ぎるかな?というチューニングになっており、逆に攻撃的だった高域の方は若干おとなしくなっています。
私は断然旧モデルのSR325eをとりますが、一般的には新しいSR325xの方が聴きやすく、受けが良いと思います。
個性的だった部分が若干薄れたなあ、という印象でしたが、これまで、SR325eの音を聴いて、刺激的過ぎるな、と懸念していた方には朗報でしょう。
開放型ヘッドホンというのは鳴らし難く、パワーが要求される製品が多いのですが、SR325xはスマホ直差しでも十分な音量が取れます、と言うか、多くの人は多分、ボリュームMAXまで上げられないと思いますね。とにかく鳴りっぷりがいいです。

突き抜けるような音抜けの良さはそのまま継承されており、音楽の楽しさが十分味わえます。

SR225xになると、低音の量がガクンと減り、パンチ力のある迫力のサウンドではなくなっています。
逆に高域はSR325xより攻撃的であり、音源によっては刺さります。
かなり、サウンドチューニングが違う事に驚かせられました。
SR325xより細身のサウンドでありながら、よりクリアに聴こえますね。
こうなると、これは上位下位の関係ではなく、完全に好みの問題でしょうね。

無難なサウンドが好みならSR325xかな、と思いました。
密閉型並みに低音も出ますから。

SR60x、SR80x、SR125xも聴きましたけど、それぞれサウンドチューニングが違うので、実際に試聴された方が良いでしょうね。

ただ、SR60xとSR80xの価格差が僅か2,000円しかありませんから、試聴出来ない方は、コストパフォーマンスが最も高いSR80xの方をお勧めしておきます。
初めてのGRADOヘッドホンという方にも、価格的にもお勧めですね、SR80x。

SR125xとSR225xでは7,000円ほど、SR225xとSR325xでは1万円もの価格差があるのと、あまりにもサウンド志向が違うので、慎重に選んだ方が良いでしょう。

さて、人気のThe Hemp Headphone Ver2ですが、サウンドバランスが絶妙で素晴らしい!
SR325xほど、低音が多くなく、全体的にフラット傾向のサウンドです。
高域もSR225xほど、刺激的ではなく。
重すぎず、軽すぎず、
洋楽ロック、邦楽ロック、アニソンなどには最高に楽しめるヘッドホンではないでしょうか。
もうね、ノリノリで聴けちゃいます。

価格的にもゼンハイザーの名機HD650とほぼ同じ、
ヘッドホンの作りは断然HD650になっちゃいますが、音の質ではThe Hempと良い勝負です。
どちらも開放型ヘッドホンなので、室内使用が前提ではありますが、HD650は上流をかなり選びますので、ヘッドホンアンプが無いと、鳴らしきれません。
スマホでも聴けちゃうThe Hempは見た目はチープですけど使い勝手が良いヘッドホンです。
限定生産モデルなので、購入するなら早めに決断した方が良いですね。
GRADOとしても会心の出来のヘッドホンですよ、これ(^^♪

2021/10/18 15:06  [2265-5866]   

コラム: 管理人の勝手にイヤホン、ヘッドホンレビュー 追加編。

やはりWestoneのPro Xシリーズ、使用しているBAドライバー及び、クロスオーバー回路はUM-PROシリーズから変更は無いとの事でした。

それと、私の知識不足で変な事書いちゃいましたが、
新しく採用されたT2コネクタの極細ケーブル、汗による変色がなくて、めっちゃ耐久性があるそうで、安心して使用出来るそうです。
って言うか、カスタムIEMではすでに採用されていたみたいですね、この極細ケーブル。

WestoneのPro Xシリーズに採用されているケーブルと、エティモのEVOに採用されているケーブルは中身はどうやら全く同じらしいです。
(線材ですね、皮膜加工は違います。)
何処ぞのメーカーが作っているケーブルを採用しているそうです。

リケーブルで若干音が変化するのと同じ理屈で、UM-PROシリーズとPro XシリーズはこのT2コネクタのケーブルで音が変わっているようです。

あんなに細いのに、T2コネクタのケーブルの方が音が良いらしいですね、
それでも、若干の変化にとどまります。

それでもやはり、あの価格アップは半端では無いですねー。

イヤホンの中身が一緒という事らしいので、旧モデルのUM-PROシリーズを購入した方が断然お得ではあります。

実際にステージで使用したいというのであれば、Pro Xシリーズが採用しているT2コネクタのケーブルの方が良いのかもしれませんね。

2021/10/20 19:00  [2265-5880]   

コラム: イヤホン、ヘッドホンの選び方、ワンポイントアドバイス イヤホン編

試聴するのが難しい方へのイヤホン、ヘッドホンの選び方については書きましたので、

実機を試聴して、音をご自身で聴かれて購入する時の注意点をあげていきたいと思います。

まずはイヤホン編。

私は長々と文章を書く悪い癖があるので、出来るだけ簡潔に書いていきたいと思います。

大量の試聴機が設置してあるお店としては、
*中野のフジヤエービック
*eイヤホン秋葉原店
*ヨドバシAkiba店

都内ではこんなところかな、と思います。

で、イヤホンの試聴時の注意点ですが、

試聴機のイヤホンをそのまま聴いて音を判断していませんか?

ケーブル交換出来るイヤホンでも、接着剤などで固定されケーブル交換不可になっています。
リケーブルは費用対効果が悪いので、個人的にはあまり積極的にお勧めはしないです。

イヤホンで、一番肝心な部分は何処だと思いますか?

装着感の良し悪しが改善出来るイヤーピースです。
イヤーピースサイズ変更による、装着感の改善の効果はかなり高いのです。
そんでもって、サウンドもかなり変わります、ここが非常に重要ですね。

イヤホン、ヘッドホン専門店ならば、イヤーピースのサイズ変更をお願いする事はわがままでもなんでもありませんので、気にしないで、ご自身の耳のサイズに適したサイズのイヤーピースに変更してもらいましょう。

付属のイヤーピースで解決しない時もあります。

そんな時はイヤーピース単体で販売している他社製の評価の高いイヤーピースに変えてもらって下さい。

イヤーピースにも素材によって色々とあるのですが、音が一番良いのはシリコン系イヤーピースです。
コンプライなどのフォーム系イヤーピースは、装着感が改善しない時の最終手段だと思って下さい。

現在は、あらゆるメーカーがイヤーピースを販売しているので、全てのメーカーのイヤーピースで試聴するのは大変な作業になってしまいますので、個人的に3つ4つほどに絞りますので、最低限これらのイヤーピースで聴かれた方が良いでしょう。

音質最優先の有線型イヤホンのイヤーピースについて限定させていただきます。

@AZLA Sedona EarFit
ASpinFit
BFinal eシリーズ
ダイナミック型ドライバーイヤホン限定として、
CJVC スパイラル・ドット

@も現在は様々な型番のイヤーピースが発売されていて非常に紛らわしいのですが、AZLAが最初に発表した型番のイヤーピースが良いです。
AZLA SednaEarfit
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/20300/1792/


開口部が最も大きいイヤーピースなので、イヤホンのポテンシャルを全開にしてくれるイヤーピースです。
サイズもSS、S、MS、M、ML、Lと細く6種類あるので、サイズの微調整が利きやすいです。
と思ったら、素材が新しいイヤーピースが主流になりつつあるようで、サイト上だと、eイヤホンでもヨドバシ・ドット・コムでも全てのサイズが確認出来ないですね。
非常に重要なイヤーピースだと思っているので、多数のイヤホンを所有している方、これから、イヤホンを数本購入検討されている方は、なくなってしまう前にAZLA初代のイヤーピースは購入しておいた方が良いかもしれません。

AのSpinFit
AZLAのイヤーピースは低音から高音まで、鳴らしてくれて音質的には最高なんですが、装着感があまり良くないので。
そんな時はAのSpinFitを試して下さい、
イヤホンの軸径に合った型番のイヤーピースを用意してくれますので、「SpinFitのイヤーピースで聴きたいのですが」とスタッフさんに頼めば型番など覚えておかなくても大丈夫ですので。
比較的高域を綺麗に鳴らしてくれるイヤーピースですね、AZLAほど情報量は多くありませんので、スッキリ系のサウンドが好みなら、SpinFitが良いでしょう。

BのFinal eシリーズはど定番のイヤーピースですから、@、Aが無いお店でもeシリーズは大抵用意してくれます。
なんなら、このイヤーピースはワンセット持っておいて損はないので、購入してしまった方が良いです。
ALLサイズが最もコスパが高いので、(専用ケース、軸径変更アダプタも付属しているので非常に重宝するイヤーピースです。)
Eタイプ
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/18969/1562/


カラーも豊富に揃っているので、右と左で違うカラーのイヤーピースを装着する事で、左右の識別が容易になるなど面白い使い方も出来ます。
ALLサイズ単品で購入する場合は送料がかからない、ヨドバシ・ドット・コムで注文するのが良いと思います。
サウンド的には、低音、高音など特に強調する事なくナチュラルに鳴らしてくれるイヤーピースになります。
紹介した3つのイヤーピースの中で、最も価格が安く、品質的にも優れていますので、イヤホン好きのマスターアイテムと言って良いイヤーピースですね。

CのJVC スパイラル・ドット
こちらはイヤーピースの軸受けの部分に若干問題あり、なんですよね。
ステムが長いイヤホンだと全くスパイラル・ドットの長所を発揮出来ないので。
この、イヤーピースも、息の長い製品で、評価も安定して高いのですが、あらゆるイヤホンでベストパフォーマンスを発揮するようなイヤーピースでもないんですよね。
ダイナミック型ドライバーを使用したイヤホン専用と思っていた方が良いです。
ステム(ノズル)が太くて短いイヤホンには良いですが、なかなか合うイヤホンってそうそう無いんですよ。

イヤホン試聴時には、イヤーピースのサイズが重要ですよ、というお話でした。
(試聴機に装着してあるイヤーピースのサイズはたいがいMサイズである事が多いので。)

実機の音を実際に聴ける試聴はとても良い事ですが、装着感が合わないからと言って、数分の試聴で終わらせてしまっては、思わぬお宝を逃す事にもなりかねませんので(^^)。

2021/11/11 06:41  [2265-5965]   

コラム: イヤホン、ヘッドホンの選び方、ワンポイントアドバイス ヘッドホン編

出来るだけ簡潔に書く、と前置きしておきながら、イヤホン編では文字数制限ギリギリになってますやん、w

イヤーピースに関して、書いていたら、思わぬ長文になってしまいましたが、ヘッドホン編では大丈夫かな、と(^^;;

えー、ヘッドホン試聴時のワンポイントアドバイス、注意点などですね、w

あらかじめ用意しておく、音源などに関しては詳しく言及しません、また長くなってしまうでしょうからね。

普段使用している再生機器、DAP、またはUSBメモリーやSDカードに記録したものを持っていけば十分です、以上、笑。

試聴時に関してですが、音質だけでなく装着感の良し悪しにも神経を使って下さい。

また、ちょっと長くなってしまうのですが、かなり重要な事ですから仕方ありません。
「装着感」の良し悪し。
私は価格コムに来るまで、こんな項目は気にした事は無いのです。
初めて購入した本格的ヘッドホンが、JVCのHA-MX100z、プロが使用するスタジオモニターヘッドホンです。
当然装着感など良かろうはずがありません、w
次に購入したのが、ヘッドホンとしては装着感が劣悪に属するGRADOのSR325e、w
これでは、ヘッドホン購入において、装着感が如何に重要であるかわかるはずもありません。

このような、装着感が良くないヘッドホンを使っていると、軽くて、側圧が強くなく、良好な装着感が得られるヘッドホンに出逢うと、非常に重要な要素だな、と感じるようになるものなんですね。

実機の試聴となると、音に神経が集中しがちですが、装着感の良し悪しにも注目してみて下さい。

イヤホンと違って、ヘッドホンの場合、イヤーパッドは顕著に交換するものではないので、合わないものはスルーしてしまって良いと思います。

肝心の音に関しての注意点ですが、普段聴いている音量、ボリュームで聴いてしまっている人が大変多いので。

最近はイヤホン難聴というものが、広く認識されるようになり、あまり大き目の音量で聴く人が昔と比べて随分と激減したと思うんですね。

ですが、試聴時において、普段聴いている音量よりもボリュームを上げて聴いてみて下さい。
ワンランク上なんていうレベルではなく、うるさいと感じるくらいまでボリュームを上げる、これが非常に有効な効果があるので、我慢して大き目の音量まで、ボリュームを上げて下さい。

数分の試聴では、難聴になる事はありませんので大丈夫です。

ヘッドホンの選定において、購入機種が決まっているのであれば、この作業は特に重要ではありません。

どれを購入しようか、メーカーさえ決まっていない場合の方が多いと思いますので。

小さめの音量で良好なサウンドバランスに聴こえるようにチューニングされているヘッドホンが多いんですよね。

ボリュームを上げる事でサウンドバランスがかなり変わるヘッドホンは意外に多いものです。
*低音が出過ぎるようになる。
*高域がキツく感じるようになる。
*低域、高域ともに出るようになり、ミドルレンジがマスキングされ、ヴォーカルが聴き取り難くなる。
比較的デメリットが多いのは上記の3つかなあ、と思います。

逆にボリュームを上げる事で、良く聴こえるヘッドホンもこれもまた多いのです。
*貧弱だった低音が鳴るようになる。
*解像度が高く感じるようになる。
*空間表現力が増したように感じる。(主にライブ音源で多い現象です。)
*低域、中域、高域のバランスが良くなる。(これが非常に多いですね。)
比較的多いのは上記の4つですが、細いかい所まで言及するとまだまだあります、
つまり、デメリットを感じる箇所より、メリットを感じる箇所の方が多いです。

ボリュームを上げて試聴しても、購入してからは、普段聴いている音量に戻すのだから、あまり意味が無いのでは?
と考える人も多い事でしょう。
ですが、ボリュームを変動することで、鳴り方が変わる、これが一つの判断基準にもなるんですよ。
例えば、Aというヘッドホンと、Bというヘッドホンでどちらにしようか迷っているとしましょう。
どちらも甲乙つけ難い、好みの音を鳴らします。
で、上記に書いたボリュームを上げる事で、変動する項目に注目して聴いてみて下さい。
デメリットよりも、メリットの方が多い、ヘッドホンを選びましょう。
音を出力する環境がずっと同じだとは限りませんから、末長く使用出来るヘッドホンが選べるようになります。

今回もちょっと長くなってしまったなあ(^^;;

以上、イヤホン、ヘッドホン選びのワンポイントアドバイスでした(^^)。

2021/11/12 18:30  [2265-5971]   

諸事情により、観覧も出来ない状態でありました。
(自分の縁側なのに、情けないですねー。)

以前の様に更新頻度は多くないかもしれないですが、細々と書き込みますので、よろしくどうぞ(^^;;

2022/4/22 13:45  [2265-5999]   

エティモティックのマルチBA型イヤホン「EVO」を購入しました。

新しいイヤホンを購入するなんて、随分と久しぶりな気がします。

「マルチBA」に対するメリットを我々は見出す事が出来ない、と頑なにシングルBA型にこだわり続けたエティモティックの開発エンジニア達。
(試作、開発は続けていた様で、満を持しての発売となったのでしょう。)

このエティモティックの「EVO」には私も非常に興味がありました。

早速、スペックを見てみると、

!!!!!!

ER4Sの再生周波数帯域が20Hz-16,000Hz。
後続機のER4SRが20Hz-16,000Hz。
マルチBA型へと進化したはずのEVOが20Hz-16,000Hz。

ええええ!!!

全く一緒ですやん、( ̄▽ ̄)、w
周波数帯域分ける必要なくね?
いやー、驚きましたね、別の意味で。

何のためにマルチBA型にしたのか、はっきり言って謎です、w
もはや、興味は別の視点に行ってしまってます。

そして、試聴しに行ったんですが、今度は新しいケーブルのあまりの細さにびっくり、w
だ、大丈夫か、これ?
もう、装着するのにも恐る恐るですよ。
後になって知った事ですが、Estronの極細ケーブル、強度も耐久性も従来のケーブルより高いそうで、かなりの力で引っ張っても切れるなんて事はないそうです。
タッチノイズもほぼ皆無、伝導率にも優れた優秀なケーブルなのでありました。

コネクタもユニバーサル仕様としては少ないT2コネクターというものを採用しており、規格が曖昧なMMCXより遥かに着脱が良好です。

ER4Sと比べて、高域の魅力は控えめになっているものの、全体的なサウンドは非常に完成度が高く感じました。

おそらく、去年初めて試聴した時は、レビューで酷評しているトリプルフランジで聴いているんですね。
それでも、この「EVO」は欲しい!!と思いましたね。
これは完全にエティモティックというメーカーの幻影にやられてしまってますね、実機が手元にある現在では。

トリプルフランジでは、「EVO」の持つポテンシャルの半分も出せないんですよ。
SE846で使用している、SpinFitのCP240も試しましたが、このイヤーピースは更に使い物にならず。
Shureのイヤホンに付属している、トリプルフランジを装着するも、良好な結果は得られず。
Westoneに付属しているイヤーピースは良好な装着感が得られますが、音は断然、付属純正のダブルフランジの方が良いです。

おそらく、この純正イヤーピースに関しても個人差があると思われ、私は一番サイズの大きなダブルフランジで適正しましたが、合わない人も、居るんじゃないかと。
逆に、私には全く合わなかったトリプルフランジでも良好な装着が得られる人も居るかもしれません。
個人的には、ハウジングの作りの悪さが影響しているので、ダブルフランジより、トリプルフランジの方が音が良いという結果にはなり難い気がします。
ですので、トリプルフランジでの装着でもあまり不満を感じないって人も是非、ダブルフランジのイヤーピースで聴いてみて欲しいです。

これまで、私の中での最高峰だった大好きなSE846を超えちゃいました。
刺激的な高域が好きな私としては、「EVO」は私の好みの音を鳴らすイヤホンではないんですが、その圧倒的なまでの完成度の前には脱帽するしかないです。

大音量にしても刺激音を全く鳴らさない、ちょっとHD650に通ずるものがあるサウンドですが、それが故に賛否両論ありそうなので、個人的にはお勧めし難い部類に入ります。

購入後、毎日の様にあらゆる楽曲を聴いて楽しんでいるのですが、いやー大枚叩いた甲斐がありました。
(大枚と言っても、所有しているマルチBA型の中では最も価格が安い、という。
お金は大事にしないといけませんね、w。何故何に身の程知らずの高級機ばかりあるのか。)

唯一クラシックの大編成オーケストものは合わないんですが(クラシック音楽聴くなら、ダイナミック型イヤホンの方が良いですね。)。

これまで、あまり聴いてこなかったJAZZとは滅法相性が良く、楽しみが増えました。
(WOODベースの音なんか、ちょっと堪らないですねー。)

アニソンとか、電波系などの打ち込み音楽、ハードロックやメタル系のなどのジャンルにも良く合いますね。

レビューで、「EVO」を超えるイヤホンは今後出てこない、とまで書きましたが、あくまでマルチBA型に限り、という事ですので。

所謂多ドラのイヤホンもハイエンドモデルにはたくさんあるのですが、BA型ドライバーオンリーのイヤホンって意外に少ないんですよ。
(ダイナミック型ドライバーを使用していたり、高域側に静電ドライバーを積んでいるものがほとんどなので。)

それにFW10000の発売以降、ハイエンドクラスでも、原点回帰というか、ダイナミック一発機に戻りつつあるので。
ゼンハイザーのIE900の発売でそういった印象が更に強くなりましたね。

今回はこんなところで、終わりにしましょう。

2022/4/22 15:40  [2265-6000]   

訂正及び謝罪レス:

2021/10/16 18:19 [2265-5857]の書き込みにおいて、リニューアルされたWestoneのPro-Xシリーズを否定的にこきおろしておりますが。

カスタムIEMに対する私個人の完全な知識不足による間違ったものです。

Estron社が開発したT2コネクターは着脱による耐久性の面で、MMCXより遥かに優れた規格のもので、私個人では、今では着脱コネクターがMMCX端子のイヤホンは買ってはいけない、と思うようになっております。

ケーブルに関しても、非常に細いケーブルでありながら、耐久性も高く、かつタッチノイズもほぼ皆無、という素晴らしい品質のケーブルで、何をトンチンカンな事を書いているのか、と申し訳ない限りです。

確かに価格は高くなっているものの、こういう価格帯のイヤホンを購入するユーザーさんであれば、新しくリニューアルされた、Pro-Xシリーズの方が断然優れておりますので、此方をお勧めする次第でございます。

同じ規格のT2コネクターを採用した、エティモティックのEVOを使用して実感したんですが、完全に誤った情報を書き込んでしまいました。

<私個人の感想では、今、この価格で購入しちゃいかんイヤホンですね、、、、、、

以下の文章は、私個人の思い込みによる、完全に間違った書き込みですので、この場を借りて謝罪したいと思います。

Westone社のモニター系シリーズ、リニューアルされたPro-Xで採用している、T2コネクター、Estron社製の付属ケーブルは共に優れたものでありますので、購入するならば、断然此方の方ですねm(__)m。

読まれて不快に感じてしまった方、大変申し訳ありませんでした。

2022/5/11 10:25  [2265-6006]   

SE846に装着 UM-PRO50に装着

イヤホンによっては最高のイヤーピースかもしれない!!

エティモティックのEVOにすっかりハマっている私ですが、
イヤーピースに非常にシビアで、付属純正イヤーピースでしか実力を出せない気難しい子なんですけど。

この付属の純正ダブルフランジイヤーピース、これが凄いんですよね。

ステム軸が細い、Shure、Westoneでも使用可能なので試してみました、
!!!!!
凄い!!
低音が激変しますがな( ̄▽ ̄)!!

UM-PRO50って、こんなにも凄かったのか、や、やべえ!!

Shure、Westoneのイヤホン、所有されている方、これおススメです。
もう少し低音が欲しいなあ、と思っている人がいたら、希望を叶えてくれます。

ただね、このEVOのイヤーピース、ALLサイズで売ってないんですね。
しかも、価格もちょっとお高め。
お試しにどうぞ、って価格じゃないんです。
2サイズ購入したら5,000円超えてしまいます。

それでもね、現在使用しているイヤーピースで満足してないのであれば、試す価値はあるかも、です。

Shure,SE846にはSpinFitのダブルフランジ、CP240が最高だと思っていたけれど、
Westone、UM-PRO50には、付属純正イヤーピースが最高だと思っていたけれど、
いやー、敵いませんね。

欠点があるとすれば、音が厚くなるので、軽めの音が好きな人には好みに合わないかもしれません。
BA型イヤホンっぽい鳴り方ではなくなります。
それと、装着感ですかね、フランジイヤーピースが苦手って人も多いので。
(私はER4Sを10年近く使用していたので、不快は感じませんけど。)

私は、どんな製品でも一番大きなサイズのイヤーピースを使用しているので、耳の穴が人より大きいかもしれません。
同じように、普段から大きいLサイズのイヤーピースを使用しているのであれば、これで大丈夫だと思います。

ETYMOTIC RESEARCH エティモティックリサーチ
ER201104XL [2フランジ イヤーチップ XL 3ペア]
https://www.yodobashi.com/product/100000
001006475765/


MサイズかMLサイズを使用しているならば、
ER201103LG [2フランジ イヤーチップ L 3ペア]
https://www.yodobashi.com/product/100000
001006475764/


フランジイヤーピースはワンサイズ大きくても、装着出来るとは思うので。

まあ、全体的に音に重量感が出ますね、これは好みの問題もあるかもしれません。

参考文献ですので、購入は自己責任でお願いします。

低音が出ることだけは間違いないので。

2022/5/11 18:27  [2265-6010]   

画像1 画像2 画像3 画像4

EVOと付属純正イヤーピースについて語ってみる:

エティモティックのEVOのサウンドにハマっている私ですが、まだまだわからない事があるので。

付属の純正ダブルフランジイヤーピースがかなり優秀である事は前回お話ししましたが、もう少し掘り下げてみようと思います。

4つのサイズのうち、私は一番大きなサイズのイヤーピースでしっくりくるのですが、他のサイズのイヤーピースだとどうしても音が痩せて十分なポテンシャルを発揮する事が出来ません。

これをShureのSe846や、WestoneのUM-PRO50に装着しても低音が出るようになるのです。

EVOには、トリプルフランジ2種、ダブルフランジ4種、の他にフォームタイプのイヤーピースもワンサイズだけですが付属されています。

これは、ER4Sの頃から付属している昔ながらのフォームチップなのですが、そういえば、EVOで試した事がありません。

ER4Sでは、どのタイプのイヤーピースを装着してもサウンドが激変した記憶がありません。

今回はEVOのサウンドの秘密を探るために、ER4Sにも色々と試してみましょう。

まず、まだ使用していないフォームチップを試してみましょう。

画像1が、付属している、フォームタイプのイヤーピースですね、非常に大きいサイズです。
先端を潰してから、装着するところはコンプライと同じ感じですね。
ただ、先端部分がコンプライのように細くなっていないので、非常に装着しずらいです。
比較的外耳道が大きい私でも、上手く装着する事が難しいので、耳の穴の小さい方はこのイヤーピースは使用出来ないと思います。

EVO本体に装着するとこんな感じになります。画像2。

サウンドは、
うーん、どうしても低音が衰退しますね。
ただ、全体的なバランスは一番良いかもしれません。フラットに近い鳴り方で音も痩せませんね。
スポンジみたいなイヤーピースなので、空気がそこそこ抜けるのかな?

普段使用しているXLサイズのダブルフランジに戻して聴いてみます。
やはり低音が半端なく出ますね。
ピッタリ密着して空気の逃げ場が全くないからでしょうか?

それにしても、付属純正イヤーピースで、ここまで変わるものでしょうかね。
ワンサイズ落として、Lサイズのダブルフランジで聴いてみます。
フォームタイプと同じく低音が衰退します、音もフォームタイプと比較するとちょっと痩せます。
音は痩せるんですが、BA型イヤホンらしい音になります、シャープなサウンドという感じでしょうか。

私にはサイズが小さい、Mサイズ、Sサイズのダブルフランジでも聴いてみましたが、低音が出ないどころか、スカスカな音になり使い物になりません。

エティモティックの代名詞的なトリプルフランジは、イヤホン本体の形状が邪魔して十分なところまで、押し込めないので、音量が小さくなるほど音が痩せてしまって、シャカシャカしたサウンドになってしまいます。

EVO付属の純正イヤーピースについて一旦整理してみましょう。

*トリプルフランジM:密着度がなく、音がスカスカで使えないレベルです。試聴機には大体このイヤーピースが装着されています。
*トリプルフランジL:Mサイズより密着度があり、BA型イヤホンらしい鳴り方ですが、低音も出なく、音が痩せています。
*ダブルフランジS:私の耳にはサイズが小さ過ぎて使用出来ません。
*ダブルフランジM:同じく。
*ダブルフランジL:使用出来るレベルのイヤーピースの中では最もフラットなサウンドです。
*ダブルフランジXL:EVO本来のポテンシャルを100%発揮するイヤーピースです。
*フォームタイプ:ダブルフランジLとXLの中間という感じでしょうか。サウンド的に一番バランスが良いかも。

私の耳ではダブルフランジXLがBA型イヤホンらしくない音質で気に入っているのですが、ちょっとわからなくなってきましたね。
というのも低音の量が半端ないんですね。
これがエティモティックのエンジニアが求めたサウンドなのでしょうか?
個人的にはこのイヤーピースありきだと思っているんですが。
ダブルフランジLにワンサイズ落とすと、フラット気味のサウンドになるんですが、どうも、EVO本来のサウンドではない気がしちゃうんですよね。

XLだとサウンドは極太になり、低音の量感は半端ない、刺激音を全く鳴らさない、という事で愛用しているんですが。

フォームタイプは大きいですが、思い切り潰して上手く装着出来ると、装着感も良好でサウンドも低音が適度に減り、意外と良い感じなので、低音の量が多過ぎる、と感じる方にはサウンドバランス的に最も好ましいかもしれませんね。

ダブルフランジXLはEVO以外のイヤホンに装着しても激変するので、このイヤーピースをER4Sに装着して鳴り方を比較してみましょう。

という事で画像3、懐かしのER4Sです。
イヤーピースがちょっと汚れてお恥ずかしいですが、これ以上押し込めないというところまで、ねじ込んで装着しないとちゃんとした音が鳴らないので、どうしてもすぐに汚れてしまうんですよね。
ER4Sは低音が全然出ないって感じてる人はおそらく正しい装着が出来てないのだと思います。

ER4Sでは小さい方のトリプルフランジを使用してます。
小さいサイズの方がより奥まで入るので、先端部分が最も鼓膜に近いところで音が放出されるので。
いやー、シングルBAだけあって、解像度の高さはER4Sに軍配が上がるのは当然なんですが、今聴いても全然通用するレベルのサウンドです。時代を考えるとちょっとこれは凄いとしか言いようがないです!!

SE846、UM-PRO50で使用しても激変したXLのダブルフランジをER4Sに装着してみます。画像4。
ER4Sのトリプルフランジとサウンドが全然変化しませんね。

なるほど、密着度がサウンドに変化をもたらしているのがこれではっきりしましたね。

EVOでは相性が悪いトリプルフランジイヤーピースでも筒状のER4Sだと捩じ込む事で空気の逃げ場がなくなるほど密着するので、ダブルフランジXLを使用してもサウンドが変化しないのでしょう。


2022/5/13 16:50  [2265-6018]   

オーディオ時事ニュース:

老舗のオーディオブランドだったONKYOが破産した様です。

元JASDAQ上場の音響機器名門、オンキヨーホームエンターテイメント(大阪)が破産
https://news.yahoo.co.jp/articles/aa45a0
8a0bc678fa1d7a98d4a2af380a5f0f6060


寂しくなりましたねぇ。

2022/5/14 10:26  [2265-6020]   

GRADO、6月1日から価格改定される様です:

ヘッドホンメーカーとして、ゼンハイザー、ベイヤーダイナミック、AKG、SONYなどと比べ、あまりメジャーではないメーカー、GRADOですが、「音だけ」は良いので、個人的に推しているので、この縁側でも登場する機会が多いヘッドホンメーカーですね。

大手家電量販店などでも取り扱いはあるのですが、事実上ごく一部の専門店でしか売れてません。
(はい、フジヤエービックさんですね、w)

現在の価格と改定後の価格を記載しておきます。
が、その前に。
リニューアルされたプレステージシリーズ(SRシリーズですね。)全モデルで同じドライバーが採用されている、と私は書いていましたが、これがどうやら違うみたいですので。

リニューアルされたプレステージシリーズでは新しく開発された” De-Stressed Driver”というドライバーが採用されているのですが、SR60xだけ、通常のXドライバーだそうです。

これはちょっと知りませんでしたねー。
フジヤエービックさんの試聴レビューにも書いてなかったので。
って言うか、「通常のXドライバー」ってなんやねん?って話ですよ、w
一番安価のモデルだから、そういう名称にしているだけなんじゃないかと、思わずツッコミを入れたいところなんですが、w
これ、今現在調べても、出てこないですからね、PHILE WEBさんの記事を信用するしかないですねー。

価格は全て、税別表記ですので。

GW100 28,800円→33,800円 17%UP
SR60x 12,800円→14,800円 16%UP
SR80x 14,800円→16,800円 14%UP
SR125x 19,800円→22,800円 15%UP
SR225x 25,800円→30,800円 19%UP
SR325x 35,700円→39,800円 11%UP
RS2x 64,900円→74,900円 15%UP
RS1x 87,900円→99,900円 14%UP
RS2x-B 83,900円→97,200円 16%UP
RS1x-B 106,900円→119,900円 12%UP 

*GW100はBluetooth型ヘッドホン
*RS2x-BとRS1x-Bはバランスケーブル仕様モデル

プレステージシリーズで言えば、2,000円から5,000円ほどの価格UPなので、さほどでもない印象を受けるんですが、上昇率を見ると、ちょっと無視出来ない数値だと思いますね。

4月1日では、ゼンハイザー製品の一部、SONY製品の一部で価格改定されました。
特にHD650とIE900はえげつない上昇率で驚きましたが、それに比べるとGRADOの価格改定は控え目に感じますが、それでも安いうちに購入した方が良いに決まってます、中身は同じですからねー。
(大体的に公表してないメーカーでも4月1日に価格改定したメーカーは他にもあったようです。)

GRADOヘッドホンの購入予定がある方は5月中に検討して機種選定してしまった方が良いでしょう。
(GRADOに興味のない方は、気にする必要がない情報ですね(^^;;)

今回は改定後の価格だけ、書きましたが、試聴が難しい方に向けての機種選定にも少し、書いてみようかと思っております。

2022/5/14 23:09  [2265-6024]   

GRADO ヘッドホン プレステージシリーズの選び方:

GRADOヘッドホン入門編という感じで書いておりますので、比較的簡単に読めると思います。

様々なシリーズがありますが、価格的に最も買いやすいプレステージシリーズだけに絞ります。


6月1日まで、2週間くらいしかありませんから、あまり時間もないので、細かいところまで書けないとは思いますが、少しでも機種選択の参考になれば、幸いです。

プレステージシリーズは最も価格の安いSR60xから、全部で5モデルで展開されています。

価格などは前回のスレッドを参考にしてください。


モノとして所有欲を満たしてくれるヘッドホンではないので、この点についてはご理解の程を。


「音」を聴くヘッドホンではなく、「音楽」を聴くためのヘッドホンだという事ですね。

開放型ヘッドホンと言えば、ゼンハイザーのHD650とか、AKGのK701とか往年の傑作機が結構あるんですが、これらのヘッドホンはスマホなどではとてもじゃないけど鳴らし切れません。
つまり、聴くために、それ相応のパワーがあるヘッドホンアンプと言うものが必要不可欠なんですね。

しかし、GRADOのプレステージシリーズであれば、高価なヘッドホンアンプは必要としません。
iPhoneでも迫力のあるサウンドが体験出来てしまいます。

モニター系ヘッドホンと違い、解像度の高さを主張しないので、iPhone専用のDACとアンプが内蔵してある、1,100円で買えてしまうLigtning変換アダプタで十分、好きな音楽が楽しめちゃいます。
音量も問題ありません。MAXまでボリューム上げる人はほとんどいない、それくらいの大音量で鳴らせられちゃいます。

前置きはこの辺にしておいて、機種選択の要点について、解説していきましょう。

リニューアルされた今回のプレステージシリーズはモデル毎にコンセプトを持たせてチューニングしてあるのですが、GRADOのヘッドホン入門編という事で、この点については勝手ではありますが割愛させて頂きます。


5モデルある、プレステージシリーズですが、大きく分けると2つになります。
公表スペックの項目にチャンネルバランスというものがあるんですね。
これは左右で使用されているドライバーの個体差の違いを数値化したものです。
dBで表記されているので、左右から出てくるドライバーの音量差と解説している場合もありますが間違ってはいません。
GRADOというメーカーは左右のマッチングに非常にこだわるヘッドホンメーカーなので、他メーカーではあまり表記されない項目ですね。
周波数特性を測定し、なるべく似通ったドライバーを組み合わせるのがマッチングです。
このチャンネルバランスの項目の数値が分かれるのがSR60xからSR125xまでと、SR225x、SR325xなんですね。
取り敢えずGRADOのヘッドホンの音をなるべくお金をかけずに一度体感してみたいって方にはSR80xをお勧めしておきます。
「お金をかけずに」だったら、一番安いSR60xで良いじゃん!と思う方もいらっしゃると思います。
前回、現在の価格と改定後の価格の一覧を上げていますので、それをまず見て下さい。

SR60xの現在の税抜き価格が12,800円です。SR80xが14,800円、その差、僅か2,000円しかありません。
6月1日の価格改定後のSR60xの価格が14,800円です。現在のSR80xの価格と同じになってしまうんですね。
プレステージシリーズとして、最初に発売されたモデルがSR80という事もあり、1991年から30周年という事もあって、今回のプレステージシリーズの中でも価格に対しての出来が一番優秀なんですね。
ですので、個人的には価格は2,000円お高いですけど、取り敢えず、という方であってもSR80xをお勧めしたいですね。
(SR60xの方が良かったというレビューなどがあれば、そちらを参考にSR60xを選択されても良いです。)
入門機という事であれば、SR80xという事になりますね。

価格的にも、ケーブルなどの構成的にも立ち位置が非常に難しいので、SR125xに関しては割愛させてください。

どうせなら、プレステージシリーズで一番優れたモデルを購入したいって方。
これも実は簡単ではありません。
SR325、というモデルはGRADOサウンドの代名詞的存在で、大変有名な型番のモデルです。
Webサイトを色々と検索すると、
*アルゼンチンババァ
*変態紳士
*ロックホン
*突き抜けるような開放感
*攻撃的サウンド
などの言葉が見つかると思いますが、これは主に旧モデルのSR325i、SR325eに対しての比喩表現の言葉なんです。
(SR325eは私も所有し、愛用しております。)
このGRADOの代名詞的な表現のサウンドを残念ながらSR325xは継承してるとは言い難いチューニングになっているんですね。
上記の比喩表現のサウンドを体感したいって方も当然おられると思うんですよ。
そういう方にリニューアルされたSR325xは安易にお勧めする事はできません。
状態の良い、中古のSR325eを購入された方が良いかもしれないからです。
上記の様な比喩の言葉は初めて知った、あるいは聞いた事がなかった、という方。
リニューアルされた、SR325xをお勧めします。
開放型とは思えないずっしりとした低音、開放感溢れる爽快なサウンド、旧モデルから若干落ち着いた高域、広くお勧め出来る仕上がりになってますので。
SR325xと比較すると、SR225xは全体的にサウンドがSR325xより痩せているんですね、細身のサウンド、低音のクオリティーもだいぶ落ちます。
細身のサウンドであるが故にSR325xと比較すると、SR225xは攻撃的高音に聴こえてしまいます。
実際、音源によってはSR325xより刺さる箇所も多いですし、
1万円という価格差は大きいですが、「取り敢えず」ではなく、本格的なGRADOサウンドを聴きたいのであれば、後々後悔しない為にも価格が高いですがSR325xをお勧めしたいですね。
現在のSR325xの価格が35,700円、改定後のSR225xの価格が30,800円という事を考慮すると尚更なんですね。

価格差と同じくらい、325xと225xとではキャラクターが違うので、本当は試聴して選んで欲しいのですが。

2022/5/15 04:26  [2265-6025]   

三波春夫が凄い歌手だったと今更ながら気付く:

ここのところイヤホン、ヘッドホンの事ばかり書いていたので、たまには音楽の事を語ろうと、ビリー・ジョエルとか、エルトン・ジョンとかの準備をしていたんですが。

偶然にも凄い音源を見つけてしまったので、ちょっとこれは書かねばなるまいとなりまして。

「三波春夫」、名前だけなら誰でも知っていると思われる、国民的歌手です。

しかしながら、私は三波春夫という歌手の本当の実力を今の今まで知らないでいたんですね。

私が知っていた曲と言えば、「世界の国からこんにちは。」これだけです。

これ、聴いたとしても、三波春夫って凄え!!とはならないと思うので私の責任ではありません( ̄▽ ̄)、w

世界の国からこんにちは - 三波春夫
https://www.youtube.com/watch?v=Nt8B_JyA
0Jk


ね?ならないでしょ、w

三波春夫の凄い曲は多分、無数にあるとは思うんですが、私は初心者ゆえ、一曲のみ、ご紹介。

「俵星玄蕃」、こりゃ凄い曲です!
ZEPのカシミールとかそれくらいのレベルです。(単純に曲の長さで比較対象としてます、w)

三波春夫〜俵星玄蕃フルバージョン〜
https://www.youtube.com/watch?v=fnX1vD0T
BJU


ちょっと凄くないですか?この気迫のパフォーマンス。
ライブ一発勝負で、この出来は圧巻です!!
英語のコメントもありますね。

いやー、こんな凄い曲を危うく知らないまま、死ぬとこでした、w

2022/5/28 04:26  [2265-6030]   

聴覚について考えてみる:

音楽の好みも人それぞれ、千差万別で面白いものではあります。
前回のスレで紹介した、三波春夫の俵星玄蕃を聴いて、何も感じない人もいるでしょう。

クラシック音楽が嫌いな人も居れば、ヘヴィーメタルが嫌いな人も居ます。

人間には様々な感覚がありますが、所謂五感というのは、次の5つです。

*触覚
*視覚
*味覚
*嗅覚
*聴覚

このうち、幼少期に学校などで検査されるものは、視覚だけですね。
色覚検査で異常があれば、色弱という事になります。

私は一般の方々より、若干ではありますが、多くの色弱の方と出会っています。
「赤が全く分からない」という方ばかり、というかなり偏ったものではありますが。

色としてはかなり派手な「赤」なので、これが全く認識出来ないとなると、普段見ている風景もその人には、どんな風に見えているのだろう?と気になった経験がありますね。

これは生まれつきの感覚なので、生涯変化する事はありません。

視覚以外の感覚でもこういう事があるのではないか?

味覚はどうでしょう?
辛いものを平気で食べられる人と、一口も食べられない人も居ます。
これは「辛い」という感覚が元から無いのか、慣れによって平気で食べられるようになったのか2通りあると思うんですよね。

人間には様々な対処システムが機能しており、痛覚などは良い例ですね。
骨が折れる、激痛を感じる、痛いから大人しくしている、大人しくしていると治る。
痛覚がなければ、骨が折れても、平気で動き回るので、どんどん悪くなっていきますからね。

という事で、聴覚の話に移りますが。
イヤホン、ヘッドホンにおいてはエージングという言葉があります。
刺激的だった高域が、200時間のエージングを経て、柔らかな音になった、というのは大変良く聞く例ですけど。
果たして、イヤホン、ヘッドホンがエージングによって音が変化したのか、人の対処システムが働いて、感覚が変化したのかわからないものです。
これは、色弱とは違い、経年変化によるものですが、色弱と同じ様なものが聴覚にもあるとしたらどうでしょう。
人の声が聞こえづらい、となると、生活に必要な事例なのでこれはすぐにわかるものなんですが、低音が聴こえづらい、とか高音が聴こえづらいとかは、すぐにわかるものではありません。
また、聴覚と言っても様々で、「音色」ではどうでしょう。
「音色」を司る感覚が人と違っていても、これはなかなか分からないと思うんですよね。

聴覚は音楽を楽しむ上で無視出来ない感覚なので、私も色々と勉強中なのですが。

聴覚検査は受けた事がありますが、これも検査する病院によっては正しい結果が得られない可能性があります。
オージオメータという機械を使って測定するんですが、
私の場合、ガラス張りの電話ボックスみたいな小さな部屋に入り、ヘッドホンを装着し、色々な周波数の信号音を聴かされるんですね。
外にいる機械を操作する看護師さんが信号音を鳴らしたり、止めたりするんですけど、「聴こえたら手をあげて下さい。」、「聴こえなくなったら手をあげて下さい。」って言うわけですよ。
私の手を見て、看護師さんが記録していくんですけど、測定するボックスの中にボタンを置いておいた方がイイんじゃね?と思いましたねー、w
だって、私の手が上がったのを目視で確認してから、看護師さんがボタンを押すので、どうしてもタイムラグが出てきちゃうんですよね。
それに、信号音のボリューム操作に一生懸命で、私が手を上げたのが分からなかった場合もあったので。
まあ、自身でボタンを押すにしろ、信号音が徐々に小さくなっていく場合、完全に聴こえなくなったと判断するのが、非常に難しいんですよ。
「あれ?まだ聴こえているかも?」となるので、実際には既に聴こえてないのに、ボタンを押すのが少し遅れてしまうんですよ。
右耳と左耳で若干の聴覚の差がありましたけど、上記の様な検査なので、ヒューマンエラーの可能性も否定出来ないものでありまして、w

クチコミなどでも、好みのサウンドをこと細く書いてくださる丁寧な質問者さんもいるんですけど、果たして、同じ聴覚を持っているのかさえ、判断が出来ませんから、直接やり取りしても、完璧な回答は出来ないと思っています。

日本と海外とで、好みのサウンド嗜好というのも違う様な気がしますし。
日本人は重低音イヤホンなりヘッドホンが好きな方々が、海外に比べて割合が多いと言うのが私の感想です。
音楽ジャンルなんかでもそうですけど、日本人のバラード好きは、間違いないところで海外の人はそれほどバラード系の音楽は好まれません。

そういう環境下で、人間の感覚的な部分も変化していくのかな?と。
ですので、日本人と外国人とでは、聴覚の機能が若干違うんじゃないかと考えているんですね。

イヤホンでも、JAPAN仕様スペシャルエディションなるものが割とあるじゃないですか。
ですが、他の国に向けて、「フランス仕様スペシャルエディション」とか、「ドイツ仕様限定バージョン」とか、見たことないですよね。

また、聴覚とは話がずれますが、とあるメーカーによって、カタログスペックから企画、開発されるイヤホンなどあるのもちょっとした問題です。
アーティストがステージ上で使用するモニター系イヤホン、この種のイヤホンはマルチBA型で開発される場合が多いんですが、なんとハイレゾ対応しているイヤホンがあるんですね。
モニター系イヤホンといえば、Shure、Westoneが有名ですが、40kHzまで再生可能なイヤホンなんて作ってないですからね。
だって、ステージ上ではそんな周波数帯域の音、必要ありませんから、当然といえば当然です。
(アーティスト使用率が一番高い、Ultimate Earsにおいて2機種のハイレゾ対応カスタムIEMがあったので、ちょっと意外でしたし、驚きました。国内メーカーの真似をして追従しているんでしょうかね。)
ちょっとまとまりがなかったので、この話題についてはもう一度触れてみようかと思っています。

2022/5/30 04:20  [2265-6031]   

イヤホン試聴時におけるイヤーピースの重要性:

さて、イヤホン選びに悪戦苦闘して、クチコミにて質問してくる方がおられます。
回答者の中には、ユーザーレビューは個人の感想だから無意味である、と言う方もいます。
一個人の感想であるから、無意味であるというならば、クチコミにおいて意見交換、情報共有しても、やはり個人の感想、主観でしかないので、同じく無意味なんじゃないかと思うんですね。
なので、有識者は試聴してご自身の耳で判断して下さい、となるケースが多いですね。

試聴が容易に出来ない方々についてはここではひとまず置いておいて、試聴が出来る方に向けての試聴時における注意点を書きたいと思います。

試聴機にはメーカー純正のイヤーピースが装着されています。
とりわけ、中間サイズのMサイズのイヤーピースが装着されている場合がほとんどです。
これをそのまま変更せず、試聴してしまう方が非常に多いというのが私の印象です。
一時期は頻繁に試聴に行っていたのでわかるのですが、スタッフさんを呼んで、わざわざイヤーピースを変更して試聴いる人は見た事がありません。

イヤホンにおけるイヤーピースの重要性は前々から分かっていたので、イヤーピースについて一度語った事がありましたが、素材であったり、持っておきたい優秀なイヤーピースという内容で、サイズや装着方などに関しては詳細には書いていませんでした。

絶賛されているイヤホンなのに、いざ聴いてみたら「あれ?こんなもの?」と感じた経験はございませんか。
実はこれ、イヤーピースのサイズ、装着が適切で無かった場合に起こりやすい現象なんです。
今回はこの点について細かく説明していきましょう。

ER4S、というBA型のイヤホンがあります。
ダイナミック型ドライバー一辺倒だったイヤホンにおいて、コンシューマー向けに発売されたBA型ドライバーを使用した初のイヤホンです。

ER4Sはそれまでのオープンイヤー型とは異なる、トリプルフランジというイヤーピースを使用したカナル型イヤホンであり、見た目もオモチャみたいにチープで一風変わったイヤホンでしたが、ポータブルオーディオマニアの間で瞬く間に人気機種となった製品です。
私も、早いうちから購入し、ER4Sを使用しておりました。
ですが、「シャカシャカした音」、「低音が全く出ない」など賛否が非常に激しかったイヤホンでもありました。
これは、ER4Sに付属していたトリプルフランジという独特の形状のイヤーピースに起因する問題でもあり、きちんとした装着が出来ていなかったのですね。
耳たぶを反対の手で後ろから引っ張り、外耳道孔(耳の穴)を広げて、これ以上押し込めない、という位置まで、差し込む必要があったので、果たしてどれくらいの人たちが正しい装着が出来ていたか、非常に怪しいです。
耳の中は敏感な場所ですし、痛くて耳かきが使用出来ないって人もいますから、耳の奥まで押し込む事は、苦痛と恐怖を伴います。
私は幼少時から毎日のように耳鼻科に通っていたので、そういった恐怖心とかは無縁でした。

さて、試聴時におけるイヤホンのイヤーピースの重要性ですが、
初心者には厳しいかもしれませんが、あらかじめ手持ちの普段使用しているイヤーピースを持参して行く事ですね。
ステム軸径などにより、試聴機のイヤホンに取り付けられない場合もあるので、出来れば複数の種類のイヤーピースを持って行った方が良いでしょう。
普段、自身が使用しているベストなサイズ、形状のイヤーピースに変更して比較試聴する事がとても大切です。

また、シングルBA、マルチBAなど、いわゆるBA型イヤホンを試聴した場合、「シャカシャカした音」に聴こえてしまう場合、普段使用しているイヤーピースであっても、適切ではないサイズである可能性もあります。
BA型イヤホンの場合、イヤーピースは外耳道孔に隙間なく、ピッタリと密着させなければなりません。
少しでも空気の抜け道があると、「シャカシャカした音」になり、低音不足を感じやすいです。
適切なサイズとは、苦痛を感じないサイズではありません。
少しでも苦痛を感じたり、違和感があると、サイズを小さくしがちですが、実はこれが誤ったイヤーピースのサイズ選択の原因でもあるのです。

カナル型イヤホンは、イヤーピースを外耳道孔に差し込む為に若干の苦痛を感じやすいです。
外耳道が非常に敏感で痛くてとてもじゃないけど、使用出来ないって方もいるかもしれません。
そういう方は、無理に使用するより、残念ですが諦めた方が良いですね、BA型イヤホンは。
適切なイヤーピースを使用すれば、「シャカシャカ」したオモチャみたいな音は鳴りませんから。
アーティストがステージで使っている、イヤモニ(カスタムIEM)で使用する、インプレッションを取って制作するカスタムイヤーピース、という手もありますが、高額なので、あまりお勧めは出来ません。

BA型イヤホンにおける、イヤーピースの適切なサイズ選択と、装着の仕方は簡単ではありません。
ですので、試聴機についているイヤーピースだけで試聴しても、サイズが合ってない事の方が多いので、それで評価してしまうと非常に残念な結果になってしまう事があるのです。

外耳道孔(耳の穴)の形も、人それぞれ違いますから、まずは適切なイヤーピース、適切なサイズ選択をしっかりと行う事がかなり重要になるんですね。

ダイナミック型ドライバーのイヤホンに関しては、同じカナル型であっても、外耳道孔で密着させる装着以外に、イヤーピース全体で密着させる、オーバーサイズ装着方(私の造語です。)がありますので、次回はそれについて説明したいと思います。

2022/5/30 08:11  [2265-6032]   

イヤホン試聴時におけるイヤーピースの重要性その2:

この話題を終わらせない事には次のトピックが書けませんので、頑張ります(^^;;

BA型イヤホンのイヤーピースについては前回でかなり詳細に書きました。

BA型イヤホンはイヤーピースの先端部分を外耳道に入れなければなりませんが、ダイナミック型イヤホンだと必ずしもその装着方がベストだとは限りません。

まず、一つの例をあげます。

SpinFit CP240というダブルフランジのイヤーピースがあります。
BA型イヤホンとは滅法相性が良いのですが、ダイナミック型イヤホンにこのイヤーピースを装着すると、低音が驚くほど衰退し、全く使い物にならないんですね。
まさしく「激変」してしまうのです、しかも悪い方に。
しかし、SE846とかUM-PRO50とかに装着するとしっかり低音が出るのです。

エティモティック、Shure、Westone、これらのメーカーはとても細いステム軸を採用しているんですね。
他メーカーはマルチBA型イヤホンでも、こんなに細いステムは採用していないんですよ。
ステム軸が細いので、イヤーピースの開口部が小さくても、音が変化しないんです。

ところがダイナミック型イヤホンにおいて、ステムの軸径というのはほとんどの場合一定のサイズに収まってます。

ですので、他社製のイヤーピースがほとんどのイヤホンで使用可能になってます。

もう一つ例としてあげておきましょう。
私のイヤホンの試聴時におけるポイントですが、
イヤホンの持つポテンシャルを全開にする為に、私はAZLAのSedona Earfit(初代オリジナル)というイヤーピースで音を確認します。
開口部が最も大きいイヤーピースなんですね。
(今、確認したら、このイヤーピース、もう発売されておりませんね、ヤバイな、w)
JVCのスパライル・ドットも同じくらい開口部が大きいのですが、ステムが長いイヤホンとは合わないんです。
AZLA Sedona Earfitは開口部の先端部分が細くなっていないんですよ。
ですので、普段使用しているサイズと同じサイズだと先端部分が外耳道に入りません。
その為、サイズダウンして、小さいサイズを使用して先端部分を外耳道に入れようとします。
そうすると、普通のイヤーピースと変わらなくなってしまいます、イヤホンのポテンシャル全開とはなりません。

どうするか、と言うと、外耳道にイヤーピースの先端部分で密着固定するのではなく、イヤーピースの周辺部で、耳に密着させ、固定し、外耳道孔に蓋をする感覚で使用するのです。
これを私はオーバーサイズ装着方と呼んでいます、私の造語です。
この装着方にすると、当然、空気の抜け道が出来ます、と言うか敢えて逃がすようにしているんですね。
すると、どうなるか。
凄くナチュラルに聴こえるようになるんですよ。
音場が広くなり、低音もバランス良く出るようになり、臨場感、空間表現力がアップします。
情報量が多くなり、うるさく聴こえる場合もあるので、必ずしもベストなイヤーピースとなる訳じゃないんですけど、ダイナミック型イヤホンの長所を掴み取るなら、必須なイヤーピースと言えます。
定番イヤーピースの代表格と言える、Final eタイプだと、一番大きいサイズを使用しても、開口部が細くなっているので、外耳道に入ってしまい蓋をする感覚で使用出来ないのです。

しかし、現在、AZLA Sedona Earfitが購入出来ないとなると、困りましたね。
(AZLA Sedna Earfit VIVID EDITION、というのが出ていました、形状は同じみたいですので、これ、オーバーサイズ装着方に使えそうですね。)

ミドルクラス以上のダイナミック型イヤホンを試聴す場合に試してみて下さい。
ライブ音源などでは絶大な効力を発揮しますので。

では、ハイブリッド型イヤホンの場合はどうするのか、
ハイブリッド型イヤホンを開発したのはAKGのK3003です、伝説的な名機として有名なイヤホンです。
現在では超ハイエンドクラスにダイナミックドライバー、BAドライバー、estドライバーとトリプルハイブリッドになっているイヤホンもあって、複雑になり過ぎて、難しいんですけど。
そういうのは例外として、K3003が作り上げたものをハイブリッド型イヤホンの基本とするならば、これも2つに枝分かれするんですよねー。
BAドライバーが得意の中高域を主軸とし、苦手な低域をダイナミック型ドライバーが担当する、これがハイブリッド型イヤホンの王道ですね、サウンドはBA型イヤホンに近い鳴り方をします。
もう一つがSONYが制作しているハイブリッド型。
SONYの場合、ダイナミック型ドライバーにかなりの周波数帯域を担当させてます、クロスオーバーは一般的なハイブリッド型よりも、上の帯域になります。ですので、ダイナック型イヤホンに近い鳴り方をします。
ですので、BAよりなハイブリッド型なら、それに合うイヤーピースを、ダイナミックドライバーよりなハイブリッド型なら、オーバーサイズ装着方も試してみて、としか言えません。

最後にまとめとして、最低限持っておきたいイヤーピースをあげておきます。
試聴用として、音質最優先ですので、フォームタイプは除外します。
(現在では、高域があまり衰退しない優れたフォームタイプもあるんですけどね。)

*Final eタイプ(ALLサイズ)
*SpinFit CP100&CP100Z(軸径が違うだけです。)
*AZLA Sedna Earfit VIVID EDITION(オリジナルモデルがあればそちらの方が良いです。)

他にも優秀なイヤーピースは無数にあるのですが、取り敢えず上記の3つのイヤーピースがあれば、正確な試聴が出来ますので、持っておきたい必須アイテムとなります。


試聴時における、イヤーピースの重要性という事で書きましたので、購入されたイヤホンの純正イヤーピースで特に不満がない場合、上記3つのイヤーピースを買い揃える必要はありません。
ただ、付属純正イヤーピースがご自身にとって最適なサウンドを提供するとは限りませんから、比較的安価で購入出来るイヤーピースで遊んでみるのも楽しいとは思います。

2022/6/5 06:42  [2265-6036]   

Westone MACHシリーズ、簡易的レビュー:

どうも更新頻度が停滞していけませんねー(^^;;

一つのスレッドの書き込みが文字数制限(2,500文字)ギリギリまで書いてあるものが多いのも要因の一つかも。
という事で短めの文章で、更新頻度を増やしてみるように切り替えていきたいと思います。←続くかな?

WestoneからMACHシリーズという新しいラインナップがリリースされましたので、感想など。

モニター系のPro-Xシリーズが、UM-PROシリーズのサウンドをほとんど変えず、リリースされたのに対し、MACHシリーズは、従来のWシリーズとは思いっきりサウンドが変更されていて面白いです。

MACH10からMACH80まで、全8モデル。

型番が上がるほどに価格も比例して上がっているのですが、個々のイヤホンに個性を持たせ、サウンドチューニングしてあるので、単純に価格が上がるにつれて音質も良くなっていく、というものではありません。

ですので価格的に一番高い、MACH80が、MUCHシリーズのフラグシップモデルという訳でもないですね。
(一番上位のモデルなので、フラグシップモデルと呼んでも良いんですけど、MACH70との価格差がそれほどないので、取り敢えずシリーズで一番価格の高いMACH80を買っておけば間違いない!という買い方をすると失敗します。)

MUCH70とMUCH80の鳴り方は、同じシリーズのイヤホンか?というより、同じメーカーのイヤホンか?と疑うくらいサウンドチューニングが思いっきり違うので、購入時の試聴は絶対ですね。

フジヤエービックさんでも、一聴したインパクトというか、わかりやすい、MUCH40、50、70を取り上げてレビューしていますねー。

【音質レビュー】Westone Audio MACH(マック)シリーズは豪華8モデルをラインナップ!
https://www.fujiya-avic.co.jp/blog/detai
l/675


価格が10万円を超える、ハイエンドクラスのMACH50以降は型番毎に鳴り方がかなり違うので、初めて試聴した時は試聴機が壊れているのかも?と思うかもしれません。←ちと、大袈裟か、w

今回は簡易的、という事で、シリーズ全体を通して、良かった点、悪かった点だけの感想に留めておきます。

悪かった点:
*価格が少々お高い。(MACH10でも4万円以上、という事を考えると、「少々」どころではないかも。)
*見た目が従来シリーズに比べ安っぽくなってしまった。(MACH70、80が20万円以上とは思えないほどチープ。)
*ハウジングが、少々大ぶりになった。(Wシリーズに比べて、なんとなくそう感じてしまっただけかも。)
*型番毎にサウンドチューニングが異なるので、紛らわしい。

良かった点:
*Wシリーズから、サウンドが思いっきり変更されていて、清々しく感じる。
*Bluetoothケーブル、バランスケーブルなど、余計な付属品が同梱されていない。
*従来のMMCX端子を廃止して、T2コネクターを採用した大英断とも言える決断、素晴らしい!!!
*作りがシンプル、余計なギミックなど搭載していない。(サウンド変更フィルターとか、)
*イヤホン自体が非常に軽い。
*マルチBA型シリーズとしては最もモデル数が多く、音質的完成度の高さがトップクラスに優秀。(クロスオーバー処理は流石の一言!)

価格相応のサウンドかは、人それぞれだと思うので、特に一推しって訳でもないのですが、頻繁にモデルチェンジするメーカーではないですから、今後5年はリニューアルされないと思うので、安心して購入して使用出来るって事ですかね。

2022/6/13 06:31  [2265-6048]   

Westone MACHシリーズ MACH70:

Westone AudioからリリースされたMACHシリーズについてもう少し考察してみましょう。

今回はフラグシップシップモデルMACH80のすぐ下に位置するモデル、MACH70について。

MACHシリーズの型番は末尾の「0」をとった数字がドライバー数を表しており、MACH70であれば、7基のBAドライバーが搭載されている事がわかります。

MACH60のドライバー構成を見ると、低域x2、中域x2、高域x2と非常にバランス良く配分されているのに対し、
MACH70では、低域x1、中域x2、高域x4とちょっと変則的なドライバー構成になっております。

価格も、
MACH50 114,400(税込)
MACH60 157,300 (税込)
MACH70 200,200 (税込)
MACH80 228,800 (税込)

となっており、MACH70とMACH80の価格差はそれほどありません。

サウンドを聴けばわかると思うのですが、MACH80とMACH70の鳴り方が方向性の違いなのか、相当に違うため、正直なところ、ダブルフラグシップモデルと呼んでもいい気がします。

MACH70のサウンドは、実質リスニング的チューニングの「ウォーム系サウンド」と呼称されていたWシリーズとは違い、モニターライクで、レスポンスが鋭く、良い意味でハイエンド多ドラマルチBA型らしい元気の良い鳴り方です。

情報量が多く、音数の多い音源でも、楽器間の分離に優れ、全ての楽器の音がハッキリと認識出来る、まさに、20万円越えのハイエンドイヤホンの力量が聴いて実感出来るレベルに仕上げてあります。
(試聴時は、適切なサイズの持参したイヤーピースに変更して聴いております。)

最新鋭のマルチBAハイエンドイヤホンらしい鳴り方、サウンドであり、MACHシリーズの実質的なフラグシップモデルを体感出来るイヤホンとも言えますね。

これまでのWestone Audioのリスニング系シリーズとは違い、柔らかいサウンドではなく、BAドライバーの利点をそのままストレートに出しており、音源によっては、攻撃的な鳴り方もします。
「暖色系」と呼ばれていたWシリーズのWestoneサウンドを全く継承しておらず、従来からのWestoneサウンドのファンはMACH70の音を聴いて驚くかもしれません。

MACH70を聴いた後に、フラグシップ機のMACH80を聴くと、「なんじゃー、これは!!??」と誰しも感じると思います。
(これは誇張ではなく、本当にそう感じると思うんですよねー。)
次回はそんな、MACH80について、書いてみたいと思いまーす。

2022/6/14 09:32  [2265-6049]   

MACH80と愛機EVO:

エティモティック EVOのレビューで、
<断言しても良いでしょう、”マルチBA型”のイヤホンにおいて、音質の完成度の点で今後、この製品を凌駕するイヤホンは出てこないと思います。

と威勢よく書いてしまいましたが、予想に反し出てきてしまいました(^^;;

そう、Westone Audioの新しいラインナップのフラグシップモデル、MACH80ですね。

わざわざ、”マルチBA型”と限定したんですけどね、w

だって、今時、発売されると思わないじゃないですか、こんな充実したBA型イヤホンのシリーズが。
(MACH10からMACH80まで、全8モデルという壮大なスケール、これは予想できまへん、w)

その頂点に立つ、MACH80の音作りが、EVOと大変似ているんですね。

マルチBA型らしくないサウンド、あらゆるドライバーから音が鳴っているというより、一つのドライバーから鳴っているいるかのような。
BAドライバーらしい煌びやかで高解像度、というよりは、不快な刺激音を鳴らさないようチューニングされている、というところがEVOと似ています。

EVOは付属純正イヤーピースがフィットしなければ、駄目というハードルがありますが、MACH80にはそれがありません。

Westone Audioの付属イヤーピースは大変優秀で、装着に苦痛を感じる、という事がありません。

まあ、MACH80のあのサウンドを作るのに、8つものBAドライバーが果たして必要か?という疑問はありますけど。

しかし、EVOと似通った、マルチBA型イヤホン、それも20万円越えのハイエンドクラスで、出てくるとは正直なところ完全に想定外でしたね。

まるっきり同じサウンドではないので、もう少し試聴を重ねる必要がありますが、単純に音質の完成度だけ比較するならば、レビューの冒頭の文章は書き直さなければなりませんねぇ(^^;;

個人的には、EVOもMACH80も、試聴して一発で魅了されるサウンドではないと思っているので、どの程度のニーズがあるかわかりませんが。
(私は、MACH80は一般ユーザーには売れない、と予想しております。何らかのプロフェッショナル向きかなあ、と。)

MACH80、軽くて良いんですが、所有欲を満たしてくれるようなイヤホンではないんですよ。
メタル合金ハウジングのEVOの方が、高級感があって「見て良し、触って良し」で勝っているかな、と、w

MACH80もT2コネクターを採用しているし、余計なものは付属されていないし、レビュー書き直ししないといけないかなあ(*´-`)

2022/6/15 10:56  [2265-6050]   

音楽を聴きながらじゃないと眠れない:

タイトル通り、私は音楽を聴きながらじゃないと眠れないので、イヤホンを装着したまま寝てしまいます。

ちょっと変ですよねー。

私だけかなー、と思っていたら「寝ホン」なる言葉があるでないの。

まあ、ベッドの中で、音楽を聴くためのイヤホンを「寝ホン」と言ってるだけで、私の様に起きるまで装着したまま寝てしまう方、いらっしゃるのでしょうかねぇ(*´-`)

寝る寸前に外すとかしていると思うんですが、私の様に音楽聴きながら寝落ちしてしまうのかなあ。

実は私、重度の不眠症でして、睡眠薬をごっそりと服用していたんですね、数年前までは。

明日大事な用事があるから、早く眠りたいけど、眠れない、という様なものは不眠症ではないらしいです。

眠い、猛烈に眠い、眠いのに、眠れない、これが不眠症だそうです。

強い睡眠薬を服用しても眠れないんですね。
3種類の睡眠薬が処方されていましたが、それでも眠れない。
これでも、不眠症としては重度ではありません。
まあ、あまりお薬の事を書いても、運営サイドにチェックされて削除されてしまうかもしれないので、詳しくは書きません。

音楽は私にとって、趣味というレベルではないのです。

イヤホンで音楽を聴きながらだと自然と眠れる事がわかりました。

今では何の薬も服用しておらず、睡眠のための薬は全て断薬出来ました。音楽の力、偉大なり。

ですので、私にとって「寝ホン」とは無くてはならない大事なアイテムなのです。

断線の恐れがあるので、ケーブル着脱式のイヤホンでないといけません。

SE846は大好きなイヤホンですが、さすがに外れてハウジングを壊してしまう可能性があるので怖くて使えません。

Ti3も良いイヤホンですが、リケーブル不可ですので、これも使えない。

安いイヤホン、E2000、E3000もリケーブル不可なので、これもだめ。
安いからって壊して良いとは思わないので。

金属製ハウジングのFD02をしばらく使用していましたが、ちょっと重いイヤホンなので、起きた時に大体耳から外れているんですよね。

このように、「寝ホン」と言っても中々難しいんですよね、音も良い方がいいですし。
かと言って、壊れたり、傷が付いたりしても、気になるので。

IER-Z1Rで音楽を聴きながら、知らず知らずのうちに寝落ちしてしまった事が何回かありまして、
寝るつもりは全くないんですけど、
傷なんか付いたら、相当ショックですから、寝まい寝まいと心して聴いているんですが、気絶するように寝てしまうんですよね、
起きた時に耳から外れてて、何回も焦りましたが、幸いな事にベッドの下に落ちてる様な事にはならなかったです。

ちょっと真剣に実用的な「寝ホン」を今度探してみよう。

2022/6/16 22:22  [2265-6053]   

少年隊のミュージカルが凄く良かった:

何事も経験しなければ、わからないというお話ですね。

アイドルグループのミュージカル?と正直、興味は無かったのですが。

小室プロデュースから離れて、独自路線を突き進んでいた安室ちゃんもヒット作に恵まれず、同世代のライバルたちにどんどん追い抜かれていたのですが、「安室奈美恵のライブは凄い!」というファンの声は知ってはいましたが。

同じく、少年隊のミュージカルはレベルが高い、というファンの声は知ってはいましたが、チケット購入してまで観に行きたいとは思わなかったですね。
(そもそも、劇団四季のミュージカルさえ、行った事がありませんでしたからね。)

ジャニーズファン、というより、少年隊のファン、錦織さんのファンの子だったんですね、誘ってくれたのが。

私が行ったのは2つの公演でした。

PLAYZONE'93 WINDOW

PLAYZONE'95 KING&JOKER

半分以上は女性ファンだろうという予想はしていたのですが、実際に会場に行ってみると、
居ない、居ない、男なんて、w
99%が女性で、マジで同性がほとんど居ないんですよ。
男子トイレが空いている事、空いている事、いつ行ってもガラガラですw

同じジャニーズグループでも、SMAPとなると、もう少し男性が居るんじゃないかと思うのですが、実態は分かりまへん、w

この頃の少年隊は「封印LOVE」を最後にヒット作に恵まれず、落ち目の時期でもあったので、コアな女性ファンが格別多かったのかもしれません。

’93年の「WINDOW」も大変良かったのですが、初めて錦織さんが脚本を担当された「KING &JOKER」は後々DVDを手に入れたほど、良かったんですねー。(ファンクラブに入会していないと買う事が出来なかった様な、、、買ってもらったのか、店でVHSにダビングしたのか、)

’93年の「WINDOW」は開幕してから2週間ほど経った公演を観に行ったんですが、所々で笑いが起こるんですよ。
’95年の「KING&JOKER」は初日に行ったので、そういう事は無かったですけど、
どうやら、少年隊の3人がアドリブを入れているんですね、面白がって。
アドリブされた方も、違うところでアドリブを入れて、やり返すみたいな感じで、これは初日から観に行ってないと当然わからないですから、

歌唱力も高く、3人のアドリブを入れたやり取りが楽しく、ミュージカル初体験という事もあって、価値観が変わってしまうほど大変素晴らしかったです。

「KING&JOKER」は脚本がちょっとシリアスな一面があって、「WINDOW」みたいな楽しさは薄れていたんですが、此方も大変良かったですね。
(錦織さんの才能は凄いものを感じましたねー。)

自分一人ではわからない素晴らしい世界があるのだと、教えてもらった貴重な体験でした。

2022/6/18 05:31  [2265-6055]   

初めてのShure掛けで頭に来た話:

エティモティックリサーチ社のER4が補聴器に使用されていたBA型ドライバーで音楽観賞用として高級イヤホンを作ってから、
Shure、Westoneといった、海外メーカーの高級イヤホンが次々と家電量販店に並び始めました。

私は、イヤホンマニアではなかったので、常にチェックしている、というものではなかったです。

ER4でも3万円くらいで販売されていて、高級イヤホンと呼ばれていたんですが、
Shure、Westoneはそれを超えて、4万、5万、6万くらいのイヤホンが販売されていて(何年ころだったろう、型番とかも覚えてないのです。)、耳の形状に合わせたハウジングで、耳掛け方式のイヤホンを販売していたんですね。

ER4のイヤーピース(トリプルフランジ)も独特だったんですけど、耳掛け方式のイヤホンは右側のイヤホンは右耳にしか装着出来ないとの事で(今では当たり前の事なんですけどねー。)、どんな感じなのだろう?とちょっと興味が湧いた時期がありました。

元々、購入するつもりはなかったので、新しい装着方ってどんな感じなのか?と試したくなったんですね。

Shureの最初のSEシリーズだったと思います。
ヨドバシカメラの店員さんに頼んで、ショーケースの中から一番高いイヤホンを出して頂いて、Shure掛けなるものを体験してみよう、という事になりました。

此方が右側、此方が左側と(R、Lと書いてあったと思います。)分かっていたんですけど、なにぶん初めての事なので、上手く装着する事が出来ないんです。

今では、真っ暗闇の手探り状態でも、装着出来るんですけど、あの時は大変に手間取りましたねー。

昔ながらのオープンイヤータイプ型みたいに装着しようとしているので、本当に装着が出来ないんですよ。

コードを耳の後ろからまわして、それからイヤホンを装着するという発想がそもそも持ち合わせておりませんので、こちとら、w

5分経っても出来ない、10分経っても出来ない、
見かねた店員さんが、「これ良かったらお使いください」と親切にも鏡を持ってきてくれたんですね。
鏡を見て、髪を切ろうとした事がある人ならわかると思うんですが、なんか動きが逆になるんですよね、鏡を使うと。

せっかく親切にも鏡を持って来てくれたんですが、余計に装着し難くなってしまいました、w

いやー、だんだんと頭に来てしまいまして、w
「なんやねん、この装着しづらいイヤホンは!」と、w
結局、20分くらい奮闘したんですけど、まともに装着する事が出来ず、腹を立てて帰っちゃったんですよね、w
(当たり前の話ですが、当然、音も聴いておりません、w)

あの時、上手く装着する事が出来て、音を聴いていたら、果たしてどうなっていたか?
6万円は高いなあ、と思いつつ、一発KOされて、即購入していたかもしれないですねー、私の性格上。

なんにせよ、装着すらまともに出来なかったので、ご立腹ですよ、私は、w
それからしばらくの間、高級イヤホンというものに興味が薄れてしまいました、というお話でした( ̄▽ ̄)

2022/6/19 06:01  [2265-6056]   

アーティスト別超主観的アルバムランキング、
こっちは一体どうなってんねん?と怒り心頭の方々も多い事でしょう、w

恐れ多くも、ビートルズ、レッド・ツェッペリンなども本気でやろうと思っていたんですけど、w
(主観的ランキングなら問題ないだろうと、そんな感じのノリでした、w)

やっぱりね、出来ないですね、これ、( ̄▽ ̄)、w

個人的にはランキング済みなんですけどね、私の中では、ですね、w
でも、「なんのメリットがあんねん?」と頭の良い私は気付いてしまったんですねd( ̄  ̄)、w

自身の縁側だから、何を書いても良いんですけどね、
これ素直に書いたら、表の方で、袋叩きにあいますね、
なので、怖くて、ちょっとトンズラしようかと、w
企画倒れってやつですね、俗に言う、♪( ´▽`)

ちょっと、大人になりましたね、この数ヶ月で、私も、w

と言う事で、サイナラー、w

2022/6/19 06:21  [2265-6057]   

コンサートには色んな人が来る:

いやー、遂にやってしまいました(^^;;
(良い感じで更新していたのに、悔しいなあ。)

イージーリスニング界の帝王、ポール・モーリアのコンサートに行った時の事でした。
(ポール・モーリアは好きで、5回ほどコンサートに足を運んでます。)

クラシックのコンサートと観客層がだいぶ違います。
年齢層が高めなのは同じなんですが、私のような10代の若年層がほとんど居なくて、ラフな格好のお姉様方が多い印象です。
(クラシックのコンサートだと、10代後半の子もそれなりに居るんです。)

親日家のポール・モーリアは、お姉様方の人気が高く、イージーリスニングなので聴きやすいのでしょうね。

コンサートが始まると、後ろから、何やら、ゴソゴソと音がします。
少し経つと、今度はバリバリという音に変わりました。

「はて?何の音だろう?」と後ろを見ると、
何と、お婆さんが煎餅を食べているんですね、♪( ´▽`)、w

私だけでなく、かなりの人たちが煎餅を食べているお婆さんを見ていました。

コンサートホールに来るまでの道中で買ってきたのでしょう、お煎餅は。
ポール・モーリアのコンサート・チケットも誰からか貰ったものなのでしょうね(^^;;

クラシックのコンサートで、携帯電話の着信音が鳴った事もあるので、まあそれに比べたら、可愛いものですよ、w

私は、それほど、気にならなかったのですが、お姉様方が物凄く睨んでいましたねぇ。

休憩が入るんですね、15分ほどだったかな。

静かになったので、後ろを見ると、
何と寝ているんですね、お婆さん、( ̄▽ ̄)。

短い休憩時間が終わり、再び演奏が始まります。

10分ほど経つと、再びゴソゴソと音が、
そして、さっきよりも大きなバリバリという音が聞こえてきます、w

後ろを見ると、お婆さんが起きていて、再び煎餅を食べているんですね、w
最初の煎餅よりちょっと硬いのでしょう、バリバリ音が大きくなっているんですね。

さすがに、お姉様方の堪忍袋の緒が切れたのでしょう。
コンサート会場のスタッフを呼んで来ました。

お婆さんは、煎餅を食べるのをやめるように注意されていました。

これ、逆だったら、何の問題も無いんですよね。
演奏中に寝ていて、休憩中に煎餅を食べていれば(^^)。

Rockのコンサートなんか、みんな総立ちでワアワア叫んでいますからね。
テンションが低い私には、逆にキツかったりしますのでね、w
(一緒に行った人から、もっと盛り上がれと怒られたりしますのでねー、w)

2022/6/22 05:51  [2265-6058]   

クラシック音楽観賞用イヤホン、ヘッドホン:

またもや久しぶりの更新になってしまいました(^^;;

んで、クラシック音楽鑑賞用イヤホン、ヘッドホンの選び方なんですが、

まあ、イヤホンよりヘッドホンの方がクラシック音楽の場合、良いと思いますね。

ゼンハイザーHD650とかHD800とかが王道などと言われておりますが。
それ相応のヘッドホンアンプをお持ちなら、決して間違った選択だとは思いません。

具体的な機種名をあげていたらキリがないので、選び方の基準と言いますか、その辺を書いていきたいと思います。

ヘッドホンでしたら、密閉型より開放型の方が良いと思います。
ですが、下手な開放型より音場が広い密閉型ヘッドホンなんかもありますので、開放型が絶対ではないですね。

重量は軽いものが良いです。
装着感が良好なものと重なるのですが、クラシック音楽鑑賞用として、装着感の良し悪しは大変重要な項目なんです。
長い時間装着して、不快を感じないもの、末長く使用する上で欠かせない項目となりますね。

ヘッドホンでも、「モニターヘッドホン」とカテゴリーされているものは避けた方が無難でしょう。

オンイヤータイプより耳全体を覆うアラウンドイヤータイプがお勧めですね。

カタログスペックはあまり重要視しなくても大丈夫です。
ハイレゾ対応になっていなくても、個人的には大丈夫って思ってます。
(CD規格である20-20,000Hzの再生周波数に対応していれば、OKですね。)

5年以上、モデルチェンジをしていない製品の中から選ぶと失敗がないです。
(新しい製品に目が行きがちですが、クラシック音楽の場合、古い製品のが良いものが残ってる可能性が高いです。)

かと言って生産終了品はあまりお勧め出来ません。
イヤーパッドなど劣化した場合、交換出来ないですからね。

ドライバー口径は40mmから50mm程度のものが望ましい。

どうでしょう、上記の条件をもとに消去法で消していくと、だいぶ整理が付くと思うのですが。

イヤホンの場合、ダイナミック型ドライバーを使用した製品が良いと思います。
間違っても、シングルBA型イヤホンなど購入しないように。
同価格帯なら、イヤホンよりヘッドホンの方がクラシック音楽とは相性が良いので、出来る限りヘッドホンの方をお勧めします。

最後に、
試聴出来る環境なら、面倒がらずに試聴した方が良いです、結局は自分自身の感覚が全てなので。

2022/8/18 23:48  [2265-6120]   

フルトヴェングラーの「バイロイトの第九」について:

人類の至宝とも評された、フルトヴェングラー指揮のベートーヴェンの交響曲第九番の決定盤とも言える演奏。

長い事、バイロイトでの実演盤として、愛聴されていましたが、これが、リハーサルを録音をしたものではないか、
いわゆる、ライヴにおける一発録りではなく、編集された録音なのではないか?という一大センセーショナルとなり、大変物議になった録音なんですね。

評論家だけでなく、コアなファンも巻きこんで、あらゆる検証がされました。

私がちょっと軽い気持ちで、この縁側のメンバーであるちちさすさんに話題を振ったのがきっかけなんですが。

御本人は、フルトヴェングラーのバイロイトの第九だから、やる気が出た、と謙遜されておられますが、
クラシック音楽に対するスキル、情報量、分析的な演奏評、並の評論家ではちょっと太刀打ち出来ません。

「クラシック音楽を楽しく語ろう vol.3」で、私とのやり取りがあるんですが、正直言って、私の書き込みは不要で、読み辛いだけになってしまってますね、w

EMI盤のバイロイトの第九の真実がどういうものであるのか、
ちちさすさんがご自身の縁側「心の泉」、常設スレッド[音楽試聴記スレッド]にわかりやすく、かつ詳細に書いておられますので、クラシック音楽ファンの方、是非ご覧になってください。

心の泉[音楽試聴記スレッド]
https://engawa.kakaku.com/userbbs/1736/#
1736-5182


この掲示板はちちさすさん御本人だけが書き込む掲示板ですので、返信はしないようにしてくださると嬉しいです。

心の泉には「イタいの飛んでけ 49」という交流スレッドが用意されてますので、返信などはそちらにてお長い致します。
(書き込みはされてますが、体調がよろしくないようですので、余程重要な意見でなければ、返信も控えて頂けるとありがたいです。)

2022/9/1 14:30  [2265-6145]   

100円で購入したフルトヴェングラーのCD、w

その昔、100円ショップで買ったCDを聴いてみた:

大巨匠フルトヴェングラーの名演集が、なんと100円です、w

購入した20年ほど前に一度聴いたきりだったので、どんなものか再視聴。

収録されている曲目は、

@メンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」序曲
Aロッシーニの「どろぼうかささぎ」序曲
Bベートーヴェンの「エグモント」序曲
Cウェーバーの「魔弾の射手」序曲
Dヨハン・シュトラウスUの「こうもり」序曲

当然ながら、オーケストラ名どころか録音年月日さえ、記載がありません、w

これが、本物のフルトヴェングラーの演奏かどうかなんですが、、、

フルトヴェングラーの演奏ですねー、おそらく。

音質はかなり良い、w(モノラルなのでね。)

これ、本物のフルトヴェングラーの演奏だとしたら、100円は安いですよねー、w
相当、お買い得です、w

Aのロッシーニなんて、フルトヴェングラーの演目としては貴重な演奏の部類に入りますから。
(フルトヴェングラーはロッシーニでは、「セビリアの理髪師」「どろぼうかささぎ」の2つの序曲しか録音してませんので。)

Vol.6って事は、その他にも、フルトヴェングラー名演集があったって事になるじゃないですか。
何故、一枚しか買わなんだ、w
ケチってんじゃねえよ、もっと買っとけよ(^^;;、w

2022/9/3 15:42  [2265-6153]   

イヤホン選び:

イヤホン選びで悩んでいる人は多いんですが、主に試聴が出来ない(或いは難しい)方々かなあって思ってます。

後は価格ですかね。

欲しいイヤホンはあるけど予算が足りない、そんな感じでしょうね。

私もIER-Z1R購入時には何度も試聴し、時間をかけました。
同価格帯のFW10000の方が好みの音質だったからですが(後にFW10000も購入)。

正直、IER-Z1Rは全く好みの音質ではありませんでした。
ですが、定価の半分くらいの価格で買えてしまう状況だったので即決出来なかったんですね。
SONYとしても、今後10年、IER-Z1Rを超える製品は作らない、言ってましたので。

まあ、価格で悩んだんですけど、予算が足りなくて、と真逆な感じなので、相当なレアケースかと思います。

私としては、IER-Z1Rが10万ちょいで買える、使ってみてどうしても気に入らなければ、売却しても損失は出ないだろう、という算段があった訳なんですけど。

結果的にはその時にFW10000を見送ってIER-Z1Rを購入して良かったと思ってます。

ところで、試聴が出来ていて、イヤホン選びに悩んでいる人は、一体何に悩んでいるのか全くわからないんですよね。

評判が良くても、聴いて好みの音じゃなかったら、それで終わりです。
試聴して音が良いと思った、
だけど、人気もないし、評判も良くない、
なので、果たして買ってしまって良いものだろうか?と言う事なのでしょうか。

ファッションなら理解出来るんですけどね、

人の使っているイヤホンをチェックしている人なんてほとんど居ないと思いますし。
好みのサウンドを奏でてくれるイヤホンと出逢う事が出来ればそれは幸せな事だと思うんですよね。

耐久性とかの問題もあるのかなあ。
これは調べても、意見を聞いても意味が無いと個人的には思ってます。
買ってすぐに壊れてしまうものは運が悪かったと諦めるしかないです。
(大手家電量店で取り扱いがあるものであれば、ほぼ安心して購入出来る製品だと思ってます。)

私自身の例で言うと、購入したApple製品はPC、タブレット、スマートフォン、全てが初期不良。
ですが、私の知人で初期不良の製品に当たった人はいません。
壊れやすいと評判?のSONY製品は初期不良は一度も無し、メーカー保証期間中に壊れた事もありません。
ですが、「SONYタイマー」なるものを本気で信じている知人は所有しているもの全てが保証期間を過ぎて僅か数日後に故障してしまうと言う、何とも不思議な現象にあってます。
単なる、偶然だと私は思いますが、所有者は納得がいかないでしょうね。

要は好きでもないものを人に勧められて買ってしまう、これが一番良くないと思ってます。
後は、価格で妥協して、ワンランク下の製品を買ってしまう、これも良くないです、後々後悔するので。

2022/9/4 23:51  [2265-6159]   

ダニエル・ハーディングのCD

思わずジャケ買いした、ベートーヴェンの序曲集:

リバー・フェニックスを彷彿とさせる、何とも美青年のジャケ写のCDですねー、w
(あんまし似てない?、w)

これを見て、クラシック音楽のCDだと思う人は少ないのではないでしょうか。

何の予備知識もなく、ジャケット写真だけで、即決購入したCDです。
(こんな事ばかりやってるから、散財しちゃうんだよなー、w)

確か、ダニエル・ハーディングのデビュー盤だったと記憶しております。

デビュー盤で、ベートーヴェンの序曲集、エライ度胸あるやっちゃな、と(^^;;
(ソリストでは珍しくないですが、指揮者として23歳のデビュー盤というのはなかなかにないです。)

曲目は以下の通り、

@「コリオラン」序曲
A「レオノーレ」序曲 第3番
B「エグモント」序曲
C「レオノーレ」序曲 第2番
D「プロメテウスの創造物」序曲
E「レオノーレ」序曲 第1番
F「アテネの廃墟」序曲
G「フィデリオ」序曲

演奏としては、モダンオーケストラにピリオド奏法させるという、当時としてはあまり無かった演奏スタイルのCDですね。
弦の編成も小さいので、オリジナル楽器派の演奏とあまり変わりません。

一通り聴いて、線の細い演奏だなあ、やっぱりかあ、とガックリきた記憶がありますね。

2枚組のカラヤンのベートヴェン序曲集を愛聴していたので、当然ちゃっ当然かもしれない。
しかしまあ、お金を払って購入しているので、一回聴いて駄目だと思っても、諦めきれないんですよね。
何処か良いところは無いのか?と繰り返し聴きました。

@の「コリオラン」序曲はフルトヴェングラーの名演があるので、対象比較としては厳しい。
Aの「レオノーレ」序曲 第3番も、あまりに幻想的で美しいカラヤン盤があるので。
Bの「エグモント」序曲は、これも現在でも最高の愛聴盤である、ハインツ・ボンガルツ盤がある。
という事で、暫くの間、お蔵入り同然になって聴かなくなってしまいました。

ところが、何年か経ったある日、ハーディングの「コリオラン」序曲がふと聴きたくなったのですね。
1曲目であるので、回数としては一番聴いている曲になりましょう。
(途中で聴くのをやめてしまっている場合もあるので。)

何年かぶりに聴いても、同じ印象だったのですが、何故か癖になってしまいまして、1日に何度も聴くようになり。

この「コリオラン」序曲は凄いです。
フルトヴェングラーみたいな重厚な演奏とは対極に位置する演奏ですけど、これは見事ですねえ。
クライバーの「コリオラン」序曲が正規盤CDでは聴く事が出来ないので、切れ味鋭い「コリオラン」序曲としては最高の演奏だと思いますねー。
AからGまでは、賛否両論あっても仕方ないですし、私自身もほとんど聴きません。
ですが、「コリオラン」序曲だけは素晴らしい、賞賛されて然るべき演奏だと私自身は思ってます。

不純な動機から買って失敗したー、という経験は音楽ファンなら、誰しもあると思うので。
ダニエル・ハーディングのベートーヴェン序曲集をお勧めするつもりで書いた訳ではありませんので(^^;;
誤解なきよう、w

2022/9/5 03:05  [2265-6161]   

注目しているイヤホン:

@水月雨(MOONDROP)KATO
ARAPTGO HOOK-X
BShuoer Tape
CDARUMA AUDIO T-1000

価格帯は2-3万円。

調べてみたら、4つとも中華イヤホンでした。

中華イヤホン=安かろう悪かろうという図式は既に通用しなくなっているのかもしれない。
(気が付くのが遅いんだよ、という声も聞こえてきそうですが、w)

@のKATOだけは試聴しており、音質の良さは確認済みです。
瑞々しい女性ヴォーカルを聴くのであれば、この価格帯のイヤホンとして筆頭に挙がるイヤホンでしょう。
エティモティックのEVOを購入した時に試聴したのですが、余分なお金があればKATOも購入していたと思います。

以下AからCまでのイヤホンは試聴した事がありません。

BShuoer Tapeだけは、何処にも在庫が無いようで、メルカリなどで見つけるしかありません。
価格コムでもリストに出てきません。

CDARUMA AUDIO T-1000は大手家電量販店やイヤホン専門店などでも取り扱いがあるダイナミック型ドライバーのイヤホンです。
価格コムでもリストアップされています。
私の好きなフラット系のモニターライクなサウンドらしいので、気になるイヤホンの一つですね。

A RAPTGO HOOK-Xは平面駆動ドライバーと圧電(PZT)ドライバーのハイブリッドという大変に珍しい組み合わせのイヤホンで、個人的に最も興味があるイヤホンですね。
開放型のイヤホンなので、通勤とかで使用するのは難しいと思いますが、どんなサウンドを奏でるのか非常に気になる一品です。
こちらのイヤホンも大手家電量販店、イヤホン専門店などで取り扱いがあるので機会があれば試聴したいと思っています。

各イヤホンの価格コムのリンクを貼っておきましょう。

@水月雨(MOONDROP)KATO
https://kakaku.com/item/K0001397530/

ARAPTGO HOOK-X
https://kakaku.com/item/K0001457074/
レビューが一つしかないので、フジヤエービックさんのレビューです。
https://www.fujiya-avic.co.jp/blog/detai
l/685


CDARUMA AUDIO T-1000
https://kakaku.com/item/J0000036485/
価格コムにまだレビューがないので、フジヤエービックさんのレビューです。
https://www.fujiya-avic.co.jp/blog/detai
l/567

2022/9/5 16:17  [2265-6164]   

注目しているイヤホン:追記レス:

なんと、RAPTGO HOOK-Xのレビューを投稿している方が、xuqnkhedさんだった!!

あらー、ベタ褒めじゃないの♪( ´▽`)。

一部抜粋:

<これは凄い!今言いたいことは「すぐに試聴して在庫がある内に買いましょう」です。

<音の拡がりがイヤホンにあるまじき広大さです。大平原に美音が響き渡る印象です。ボーカルが極めて美しく響き 同じ曲でも改めて魅了されます。全ての楽器がちゃんと聴こえます。

<ここまでイヤホンで変わるのかと感じるくらいの逸品であり、このイヤホンならば音楽を聴いて貰って感動を与えられるレベルです。

マ、マジか(^^;;

据え置き型ヘッドホンアンプでの使用前提なので、懸念材料無しです。
これは、是非とも手に入れたいですねー(^^)。

2022/9/5 19:49  [2265-6165]   

円安の影響か、値上げ値上げ値上げ:

イヤホン、ヘッドホンの価格高騰が止まりません。

クチコミの方にも投稿しましたが、値上げ率が尋常じゃないです。

SONY、ゼンハイザーなどは事前情報がされていたけれど(4月1日から価格改定)。

HD650の値上げ率も結構なものだったけど(IE900も)。

2万円台のイヤホンとしては音質が良いと評判の水月雨 KATOも30%近くの値上げ、
しかも、価格コムでは21,570円と表示されているのに、実際にショップのサイトに行ってみると28,000円!
こういうリアルタイムで追いついてない値上げというのは初めてですねー。

欲しいイヤホン、ヘッドホンなど検討されている製品があるならば、早めに購入しておいた方が良いと思いますね。

いつ、値上がりしてもおかしくない状況だと思うので。

生活苦でそれどころじゃない、という方も多いでしょう。
私も含めてそういう方はスパッと諦めた方が良いですね、残念ですけど。

AppleからAir Pods Pro2が発売されましたけど、こちらも39,800円と相変わらず強気な価格。
最も、初代Air Pods Proも既に価格改定されていて、38,800円ですから、驚くほどの価格ではないですけど。
(発売時の価格は30,580円でした。)

しかし、これ魅力的なリニューアルですかね?
2倍のアクティブノイズキャンセリングって、w
伝わりますか?
2倍と言われも、ねえ(^^;;

前作より音質が2倍になったリニューアルモデルの発売!!
こういう宣伝されても、何が2倍になったのか、わからないと思うんです、w
(そんな製品はありませんけど、w)

これからは、これまで以上に敏感に情報を得ていかないと、駄目だと痛感した瞬間でありました。

2022/9/9 04:08  [2265-6184]   

エリザベス女王死去:

突然の悲報が発表されました。

2022年9月8日、英エリザベス女王がお亡くなりになりました。

心よりご冥福をお祈りします。

英国国歌「女王陛下万歳」を私の大好きな指揮者、トスカニーニの演奏にて、

UK National Anthem "God Save the Qu
een" (Live at Royal Festival Hall,
London, 29.IX.1952)
https://www.youtube.com/watch?v=DUpv2Hwb
cLM

2022/9/9 04:59  [2265-6185]   

新作イヤホン購入:

新しく発売されたイヤホンを買いました。

エティモティックの「EVO」以来の久々の新しいイヤホンです。

TANCHJIM TJ003009
まだ、価格コムでは出てこないですねー。

https://www.yodobashi.com/product/100000
001007353631/


どうですか?画像で見る限り良さそうな感じですよね。

ヨドバシのポイントが少し余っていたので、実質1,000円ちょっとの出費で済みました。

9月9日に発売されたイヤホンなので、試聴もしていません。

3,300円という価格だから、わざわざ、交通費かけてまで、
と言うのと、ちょっと違います。
往復の交通費でも、300円ほどですみますので、この価格のイヤホンでも試聴しに行きますね。

なんで、今回、無試聴で購入したのか?
と言うと、良さそうな音を鳴らしそうだから( ̄▽ ̄)、w

他にも理由はあります。

昨日の10時頃、めちゃくちゃ暑かったんです♪( ´▽`)。
それと土曜日なので、混んでるかな、と。

そういった理由もあるのですけれど、
なんとなく、好みの音が出る気がしたんですよね。

それに試聴に行くと、このイヤホンだけでは済みません、私の場合、w
色んなイヤホンを聴いちゃうと思うんですよ。
エティモティックEVOの場合、付属イヤーピースのサイズの確認の為に試聴に行きました。
EVO購入は確定していたんですが、それでも、色んなイヤホンを試聴してしまう。
確か、1万円クラスのイヤホンで良い音鳴らしていた機種があったんですよね。

今回、購入したイヤホンを試聴して、想像していたのと全く違う音質だった場合、何も買わないで手ぶらで帰宅する事が出来ない性分なんです。
ですので、仮に1万円程度で購入出来る、好みの音を鳴らすイヤホンを見つけてしまった場合、即決で購入してしまう恐れがあるのです、笑。

素晴らしい音だなあと惚れ惚れしていた水月雨のKATOというイヤホンがありました。
何故か過去形になってますが、現在も販売中です(^^;;
価格が2万円なんですが、買うに買えなかったんですね。
生活必需品が次々と壊れてしまって、予算的に厳しかったのです。

今回はなんとなく、新しいイヤホンをチェックしていたら、「これは!」と思わず反応してしまったんです、w
画像で見るより、実際はもっとチープかもしれない。
でも、余っていたポイントを使うと、1,000円ちょっとの出費で購入出来る。
ちょうど、寝ホンが一本欲しかったので、それならば、と思いきって、無試聴で購入してみました。

完全無試聴によるイヤホンの購入は今回が初めてです。
遅くとも月曜日には届くと思うので、ワクワクしちゃいますね(^^♪

イヤーピースも豊富に揃えてあるので、イヤーピースによるサウンドの変化も楽しみです。

早く届かないかなあ(*´-`)。

2022/9/11 03:44  [2265-6202]   

画像@ 画像A 画像B 画像C

TANCHJIM zeroが届きました:

いやー早いですねー、ヨドバシ.com。

いざ、開封、ドキドキしますね。

出てきたパッケージが@
なんだ!これ!(笑)。
え?え?なんかのコラボ?

中身を見てみるA

イヤホンと、ポーチと2種のイヤーピース。
2種のイヤーピース?
両方とも、シリコンですけど(^^;;
音質が違うの?
謎、、、です(笑)

イヤホンはこんな感じB、C

見た目は綺麗です。

説明書を読んでみる。

「イヤホンのドライバーを保護するために、音量を上げすぎないようご注意ください。」

え?ダイナミック型ドライバーのイヤホンでしょ、これ?
マジか。

「頻繁にケーブルを交換しますと、部品が故障する恐れがあります。」

え?
リケーブル出来ないイヤホンなんですけど(笑)、大丈夫か、これ。


「使用者の安全のために、イヤーピースの交換は定期的に行ってください。」

え?
定期的にサイズ変更しないといけないの?

イヤホン本体にL,Rの表記がありません(笑)
どっちが右?、どっちが左?
そんな細かい事、気にするな的な、w

ハウジングとノズル、ちょっと角度があるんですよね。
逆に装着すると、違和感が、、、無い(笑)。
なるほど、自分で聴いて判断しろよ、と。

パッケージから出した時にイヤホン本体にすでに装着されているんですね、イヤーピース。
2種のイヤーピース、1つが、3サイズ、もう1つが4サイズ。
???
うーん、素材も同じように見えるけど、何か違うのか?
なるほど、定期的に交換する為のイヤーピースなのか。
でも、ワンペア足りないけど?

スペックを書いておきましょう。

ドライバー構成:第4世代DMT Ultra 10mm ダイナミック(なんのこっちゃさっぱりわかりません、w)
インピーダンス:32Ω±10%@1KHz (±10%?個体差って事、w)
音圧感度:118dB/Vrms@1KHz
再生周波数帯域:7-50,000Hz (凄いなあ!)
ケーブル仕様:1.25m Litz OFC 銀メッキ
本体重量:メーカー情報なし (情報なし、w)

まあ、凄そうなイヤホンです、スペックは。

音を聴いてみる:

説明書にボリュームを落とせと書いてあったので、かなり絞りました。
そして、再生、と。
徐々にボリュームを上げてみる、音割れしちゃうのかなあ?
普段聴いている音量までボリュームを上げてみる、音割れせず、普通に鳴ってますね。
やった!使えるイヤホンで良かった。

音質とか:

ここのところクラシック音楽ばかりだったので、久しぶりに安室ちゃんを聴いてみよう。
うーん、好みのサウンドじゃないですね。
柔らかいというか、丸いというか、エッヂが効いてる音じゃないです。
ヴォーカルは良いですね。
低音の量は少なめです。ここは好印象、重低音イヤホンは好きではないので。
高域の刺さりも少なめ、全体的に刺激的なサウンドではありません。
なんて言うんでしょう、
2,970円の価格なり、とも聴こえるし、超ハイエンド帯のイヤホンの音とも聴こえる。
これ、ブラインドテストしたら、多分50%:50%に分かれると思いますね。
主観的には賛否があるサウンドチューニングだと思いますが、私の感性はかなりおかしいと自覚しているので。
聴き疲れしない音です。
厚みのない音、情報量少なめの音ですが、透明感のある音ですね。
何処かで聴いたような、、、
あ、WestoneのMACH80!
系統としてはMACH80が一番近いかな。
しかし、MACH80は20万越えのイヤホンですから、音の厚みもありますし、情報量の多さも比較になりません。
でも、似てますね、サウンドは。

イヤーピースを変更してみる:

2種のシリコンイヤーピースが付属されているので、最初から装着されていたイヤーピースから変更してみます。
あれ?うまくノズルを入れる事が出来ないなあ。ノズルが太めなのでコツが必要なのかも。
ん?2種のイヤーピースの軸受けの直径が違う(笑)!!
なんだ!これは、w
何の為に付属しているのでしょう( ̄▽ ̄)、w
装着出来ないですね、マジで(笑)、これはさすがに衝撃的です、w
ヨドバシAkibaに電話して聞いてみよう。
続きは後ほど。

2022/9/11 21:15  [2265-6210]   

TANCHJIM zero 付属イヤーピースの謎;

ヨドバシAkibaに電話して聞いてみたところ、デモ機が設置されてないので、装着出来ない付属イヤーピースに関してはわからない、と言う事でした。

まあ、あの規模の量販店ともなると、イヤホンが好きだからと言う理由で、担当部署を選べるはずもなく、声からも20代くらいのとても若い店員さんでしたから、全てのイヤホンの情報を知っている事など不可能ですからね。

私も、電話しながら、専門店のサイトなど開いたりしてました。

TANCHJIMからイヤーピースが単体で発売されていました、サイズ毎に低音用、高音用とワンペアずつ入っている。
レビューが投稿されていて、謎が解けました。

イヤーピースの開口部が広い方が高音用で、軸受けが細くなっている。
イヤーピースの開口部が狭い方が低音用で、高音用より軸受けが大きいと。

この単体で発売されているものと、付属イヤーピースが同じものかわからないのですが、軸受けの直径が違うのはどうやら、仕様の用です。

かなり力を入れてもダメだったので、てっきり装着出来ないものと決めつけてしまっていたようです。

気を取り直して、再度、軸受けの小さい方のイヤーピースを装着してみる事にしました。

んー、入らない。
シリコン系のイヤーピースなので、柔らかい、角度を付けて、捻りながら押し込むと、、装着出来ました!

音を聴いてみると、
なるほど、高音用イヤーピースと比べると、低音が出てますね、高音の刺さりも低減されています。

「諦めないで!」と言って欲しかった←真矢みきか、w

説明書の「謎」の文章も説明がつきました。
TANCHJIMはもっと価格の高いイヤホンも作っていて、BA型ドライバーを使用したイヤホンもあるのでしょう。
その全てに同じ説明書を付けているのだと思われます。

TANCHJIMの他のイヤホンのレビューは概ね高評価で、点数が悪いものが一つもありません。

全ての「謎」が明らかになったところで、再び、zeroの音を聴いてみる。
この価格帯では無双状態であった、Final E2000と聴き比べてみる。

E3000の方が先に購入したイヤホンで、あまりに能率が悪いので、E2000も購入したんです。
私の個人的主観ですが、Final EシリーズではE2000が最も価格が安く、最も出来が良いです。

E2000は音に厚みが感じられます、
低音も出過ぎず、サウンド的には決して派手なイヤホンではありません。
地味な音色ですが、E3000よりメリハリがあり、ドライバーの良さが最も素直に感じられるのがE2000の最大の長所。

購入した、TANCHJIM zeroに戻して、再び聴いてみます。
E2000より、更に低音が出ない、やはり情報量はE2000と比較してもやや少なく感じます。
しかし、高音が綺麗に伸びます。全体的に透明感のあるサウンドで、ヴォーカルはE2000より綺麗に聴こえますね。
イヤーピースを高音用に付け替えると、更に高音が伸びます、若干刺さり気味にはなりますが、刺激的という程でもありません。
低音の絶対量は少ないのですが、タイトで引き締まった低音で、ミドルレンジに干渉する事もありません。
微妙ではありますが、付属されている2種のイヤーピースでサウンドは変化します。
私は高音用イヤーピースのサウンドが好みですが、これは圧倒的多数で、低音用イヤーピースを支持する人が多いと思います。

文章を書きながら、既に2時間近く聴いてますが、女性ヴォーカルを聴くのにはうってつけのイヤホンですね。

イヤホン本体はプラスチックで出来ているので、多少チープ感を感じるのは価格を考慮すると否めません。
ですが、非常に軽い。
長時間聴いても、耳が重さで負担を感じる事はないでしょうね。
(長時間視聴はなるべくしない方が良いのですが)

浜崎あゆみさんの「Duty」を聴いてみます。
やはりヴォーカル表現が優れたイヤホンだと再認識。

前回のレスで、あまりにふざけた文章を書いている事に反省、、、、、
ファーストインプレッショを自分の縁側で書いて良かったと、素直に思いました。
同じような文章をクチコミに投稿していたら、ちょっと洒落になりません。

安室ちゃんも浜崎あゆみさんも、情報量の多い音源です。
そこで、少々古い年代のカーペンターズのベスト盤にチェンジ。
カーペンターズの中で最も好きな曲である「愛にさようならを」(Goodbye To Love)を聴いてみました。
カレンの声質の良さ、歌のうまさは半端ではありません。
カレンの天賦の才能を遺憾なく聴けるのが、「Goodbye To Love」なのです。
久しぶりに聴いたのですが、何度聴いてもこの曲には泣かされますね。
所有しているのが最初期にCD化されたアルバムなので、ガクンと情報量が落ちるのですが、TANCHJIM zetoで聴くカレンの歌声は素晴らしく、優しい鳴り方と相まって、感動が更に増します。
情報量が多ければ良いってもんじゃない、解像度が高ければ、良いって事じゃない、エッヂが効いてる音が良いって事じゃない、
3,000円弱で購入出来てしまう、TANCHJIM zeroの鳴らす音を聴いて、今更ながらに痛感させられました。

多くの人が聴かないであろう、楽曲を求め続けていた、若かりし20代の頃の私はなんと愚かな人間だったのか。
訳のわからぬ、難解な曲を聴いては悦に入って興奮し、一人よがりに勝ち誇っていた愚かさよ。

カレンの歌う「Goodbye To Love」を聴きながら、溢れ出る涙を抑える事が出来ません。
天に召されのにはあまりに早過ぎた、カレンの死。
私のような愚かな人間がのうのうと生きてる、世界とはなんと不条理である事か。

最も尊敬してやまない女性ロッカー、ジャニス・ジョプリンの「Me And Bobby McGee」を聴いて、心が浄化され、涙が止まらない。
この曲を聴いているイヤホンがTANCHJIM zeroというイヤホンだと言う事、それが全てです。

2022/9/12 04:59  [2265-6211]   

tam-tam17701827 さん  

2022/9/12 08:38  [2265-6212]  削除

上の削除したものは、間違った訂正レスでしたので、正しいものを。

訂正レス:

TANCHJIMからイヤーピースが単体で発売されていました、サイズ毎に低音用、高音用とワンペアずつ入っている。
レビューが投稿されていて、謎が解けました。

イヤーピースの開口部が広い方が高音用で、軸受けが細くなっている。
イヤーピースの開口部が狭い方が低音用で、高音用より軸受けが大きいと。

イヤーピースの開口部が大きい方が低音用で、軸受けも大きい。
イヤーピースの開口部が小さい方が高音用で、軸受けの直径も小さい。

補足:
イヤーピースに関しては上記の訂正レスが正しいと思われますが、私自身で聴いた限り、開口部が小さいイヤーピースの方が低音がよく出ます。
これは低音用イヤーピースより、高音用イヤーピースのサイズが一回り大きいので、密着度の問題かと。

また、音に厚みが無い、と書いておりますが、現在では不足のないレベルで楽しめております。
イヤホンのエージングとは考え辛いですが、聴こえ方が変わってしまった事は事実ですので。
据え置き型ヘッドホンアンプで聴いていたのですが、iPhone直差しのが良く聴こえます。
まあ、これも、アンプとイヤホンの相性、組み合わせの妙の一例だとは思いますが、そんな感じですね。

2022/9/13 05:13  [2265-6213]   

TANCHJIM zero、毎日の様に音が変わる:

クチコミにも、TANCHJIM zeroについて色々と書きましたが、何人かの人が読んで下さったみたいで嬉しいですね。

購入当初、箱出しの状態から鳴らしてみて、2種の付属イヤーピースを替えたり、手持ちの他社製イヤーピースに替えたりと色々と試行錯誤しているのですが、
結局は付属イヤーピース、軸受けが小さい方でサイズが一番大きいイヤーピースで運用しています。

イヤーピースは上記のまま、変更せず聴いているのですが、毎日の様に音が変わるんですね。

最初は「音に厚みがない」と書きましたが、その後の訂正レスで、「現在では不足のないレベル」と書いているんですが、今日のAM3:30分頃にふと目が覚め、zeroで音楽を聴いてみると、厚みのない音に聴こえる。

ネットサーフィンしながら、様々なサイトを観覧していたんですけど、イヤーピース変更による音の変化が書かれているものはあるんですが、同じイヤーピースによる音の変化について言及しているものが情報として出て来ないんですね。

個人的にもイヤホンにおけるイヤーピースの重要性というのはこの掲示板でも書いているんですが、それは他社製イヤーピースに付け替えた場合ですとか、適切なサイズ選択の重要性であって、同じサイズのイヤーピースで音が変わる事については書いてません。

ふと、コロナ禍になる前、知人と安室ちゃんのDVDを観ていた時の事を思い出したんですね。

安室ちゃんは、元々イヤモニは付けずにコンサートで歌っていたんですね。
イヤモニを付けるようになったのは、2012年5大ドームツアーからでした。
まあ、ドームでのコンサートともなると、さすがに会場が広すぎて、バックサウンドとヴォーカルのタイミングを合わせるのが困難ですから、
また、イヤモニを使用するメリットとして、スタッフからの指示とかが聞けるのでそういう意味でも便利ではあります。

それ以降も引退するまで、コンサート会場がそれほど大きなところでなくても、イヤモニを使い続ける事になります。
ところが、イヤモニの装着感が悪いのか、上半身の激しいダンスパフォーマンスは少なくなり、頻繁にイヤモニをいじっているんですね。
これは2012年以降の全てのライヴDVDで確認する事が出来ます。

これを私は知人と観ていて、「そんなに装着感が悪いんだったら、インプレッション(耳型)取り直して、新しくカスタムイヤーピース作り直せばいいのに。」と言いました。

これに対して知人が、「安室ちゃんほど、激しいダンスパフォーマンスをすると、どんなにピッタリと合ってるカスタムイヤーピースを使用しても、外耳道が変化して、イヤーピースが抜けやすくなる事がある。」、と。

確かに安室ちゃん自身も、一回のライヴで、体重が3キロほど落ちると言ってましたね。
かなりスレンダーな体型の安室ちゃんですから、40数キロしかないと思うんですね、体重が。
とするならば、8%程度、体重が落ちちゃう事になります。
あの運動量ですから、汗も相当かきます。
外耳道が汗ばんだり、変化してもおかしくない訳で。

東京は高温多湿の都市で有名です。
夏になると湿度が90%超える日も珍しくない。
エアコンを切ると、室内の温度は上がり、湿度も上昇します。
私は昨日エアコンをつけっぱなしで寝てしまいました。
起きた時にもエアコンが動いていて、ジメジメ感は全くありませんでした。

イヤーピースの密着度の具合で、音が変わって聴こえるのではないか、というところに辿り着きました。
実際、TANCHJIM zeroの付属イヤーピースは私には若干小さいのです。
ですので、開口部の大きいもう一つのイヤーピースが使えずにいます。
私は乾燥肌体質ですので、外耳道孔もサラサラとしているんです。
なので、かなり密着度の高いイヤーピースでないと、ポロッと外れてしまうんですね。
現在使用している付属イヤーピースはサイズがギリギリなんです。

そこで、もっと密着度の高い、他社製イヤーピースに付け替えてみると、低音は出るは、音に厚みは増すはで、かなりの変化が感じ取れました。

付属イヤーピースに戻して聴くと、やはり、低音、音の厚みも衰退して聴こえます。

そこで、ウェットティッシュで外耳道を湿らせてから、イヤホンを装着してみました。
低音、音の厚み、いずれも良い感じに聴こえます。
やはり音の変化はイヤホンのエージングによるものではない事がこれでわかりました。
爽快な中高音にはさほど変化がありません。
ですが、やはりしっかりとした低音がそれなりに出ていないと「シャカシャカ」した鳴り方になってしまい、とてもではないですが、人様にお勧めなんて出来ません。

私は、TANCHJIM zeroを箱出し段階から聴いており、その時のファーストインプレッションも「好みのサウンドではない」とハッキリと書いています。

これがかえって良かったのかもしれません。
ドンピシャに好みの音だったならば、ここまで、あれこれ試行錯誤してないと思うのです。
クチコミに投稿するにあたり、人様に紹介出来るレベルのイヤホンである事を確認が取れた段階でアップしております。

イヤーピースの密着度が非常に良好だった状況では、E2000,E3000を凌駕したサウンドを鳴らします。
3,000円のイヤホンですが、TANCHJIM zeroの導入で、かなり勉強する事が出来ました。

説明書に何も書いてないなど、配慮が足りない部分はあるのですが、製品としては良いイヤホンだと思うところですね。

2022/9/15 08:25  [2265-6226]   

RAPTGO Leaf D01:

とある経緯でRAPTGO Leaf D01というイヤホンを入手致しました。

なんだろね、この圧倒的完成度、凄いとしか言いようがないです。
聴く人を選ぶイヤホンだと思うけど、私は見事打ち抜かれました(^^;;

所有しているイヤホンで3本残すとしたら、
*SE846
*エティモティックEVO
*RAPTGO Leaf D01
になると思う。
IER-Z1Rはぁぁぁっっ、w、最高額イヤホンの権威はぁぁぁっっ、w

所有しているイヤホンで2本残すとしたら、
*エティモティックEVO
*RAPTGO Leaf D01
になると思う。
SE846はぁぁぁっっ、w SE846信者じゃなかったのかい( ̄▽ ̄)、w

どう考えてもこうなるなあ。

欲しいイヤホンはいくらでもあるんですけどね(^^;;

欲しいイヤホンリスト、w
*水月雨KATO
*TINHiFi T3 Plus
*Tripowin HBB Olina
*BQEYZ Autumn
*Meze Audio ADVAR
10万円未満ですね全て、10万円以上もリストアップすると大変な事になりまする、w

Meze Audio ADVARは聴いてみて欲しいですね、受けつけないか、虜になるかの2択です(^^♪

2022/10/24 05:43  [2265-6245]   

RAPTGO Leaf D01 その2:

んー、安室ちゃんのライブ音源聴いているんだけど、ヤバいね、このイヤホン。
ダイナミック一発機なんですけどね。
セミオープン型なんですよ、
GRADO SR325eをイヤホンにした感じ?
Shure掛けのカナル型イヤホンなんだけど、閉塞感が全くない。
ある程度ボリューム上げないと、騒音ガンガン入ってくるんだけど、この爽快感は半端じゃない!
ちょっと反則的なところはあるんですけどね、
高域がちょっと攻撃的ではあるんだけど、聴き疲れが全くしない、
イヤーピース選択が非常に難しい、
だから、今、一番欲しいのは、色々なイヤーピースかもしれないです。

女性ヴォーカルなんか伸びる伸びる!!
そんでもって刺さらない、
本当にヤバいイヤホンだと思う。

昔のオープンイヤー型で聴いてる感じに近い、
そんでもって、音の密度がオープンイヤー型の比じゃないのですね、
一度聴いたら、忘れられないサウンドだと思う、
良い意味でも悪い意味でも。

計測すれば、粗探しは出来ると思うけど、そんな事は知ったこっちゃねえって思わせる魅力があるね。

TANCHJIM ZEROもヤバかったけど、完全にレベルが違うねー、これは。
3,000円で楽しめる魅力はあるけど、ZERO。

宇多田ヒカル、MISIA、Adeleなんか聴いても凄くイイ!
BABYMETALもイケる!!
RAPTGO Leaf D01は本当、聴いていて癖になる、恐ろしいイヤホンだねー。

今までSE846で楽しんでいた楽曲はLesf D01でも遜色無く聴けてしまう、

クラシック音楽も良い感じで聴けると思うけど、ヴォーカル表現が圧倒的なので、ヴォーカルものばかり聴いてしまう。
落ち着いたら、クラシック音楽も聴いてみようかな。

時間と金が圧倒的に足りないですねー(^^;;

2022/10/24 06:21  [2265-6246]   

ビリー・アイリッシュ、「WHEN WE ALL FALL ASLEEP、WHERE DO WE GO?」:

今更感はありますけど、ビリー・アイリッシュのファーストアルバムを全曲聴いてみました。

こりゃ、ど偉い傑作アルバムですねー。
若い女の子のアルバムですが、単純なポピュラーミュージックとは一線を画してます。
ジャンル分け不能、アヴァンギャルドの要素を多分に含んだ楽曲です。
ヴォーカルは語るかのよう、印象的なメロディーもほとんどありません。
ポエトリーリーディングとも違うし、売れると思って作ってないでしょ、これ。
非常に優れたアルバムです、驚きました!

このアルバムは録音も良く、低域の表現が多彩ですので、イヤホン、ヘッドホンのサウンドチェック用としても優秀です。

今までは再録音された安室ちゃんのベストアルバムをサウンドチェック用としてかなり使用していたんですけど。

イヤホン、ヘッドホンで、クラシックCD以外でサウンドチェックするなら、ビリー・アイリッシュのファーストアルバムがお勧めです。

非圧縮のリニアPCM音源で持っていたいですね。それくらい優秀なアルバムですよ。

電子楽器、アコースティック楽器、ヴォーカルと様々な要素がこの一枚でチェック出来ます。

直近で入手したRAPTGO Leaf D01で聴くと、もう凄いサウンドが堪能出来ますねー。
エティモティックEVOで聴いても面白い!

イヤホン試聴時にイヤーピースを持ち歩くので、だらしない性分の私は、あれ?一個足りないなんてイヤーピースがたくさん出てきまして、w

ちょっと不便なんで、本日買って来ました。

SpinFit CP100+
SpinFit W1
Sedna Earfit Crystal
Acoustune AEX70

イヤーピースと言えど、これだけ買うと馬鹿にならないお値段になりますねー。
他にも欲しいイヤーピースはあったんですが、これ以上買うと、イヤホンが一本買えてしまうので。

SpinFit W1は良かったですね、IER-Z1Rにも「これぞ!」という感じになりましたし。
ただね、SサイズとかMサイズとか、要らんのよ、私、w
サイズ毎に売っていれば文句なしだったんですけどねー。

イヤーピース研究をします。
開口部の広さ、狭さで、大体のサウンド変化はわかっていたつもりだったんですけど、
TANCHJIM ZEROでは通用せず、まだまだ勉強不足なんだな、と。

2022/10/30 06:16  [2265-6247]   

RAPTGO Leaf D01 vs TinHiFi T3 Plus:

こちらの掲示板を更新するのも久しぶりになってしまいました。

新しく入手したRAPTGO Leaf D01のサウンドに魅了されていた私ですが、縁があり、TinHiFi T3 Plusというイヤホンも入手致しまして、大変な事になっております←私がですね( ̄▽ ̄)、w

新しく申請して頂いたメンバーさんに私自身が紹介したイヤホンではあるんですが、紹介した私自身が魅了され、とうとう我慢出来ず無理して購入してしまいました。

だって、ヨドバシカメラで安く売ってるんだもの、w

私はヨドバシカメラのポイントが少々貯まっていたので、5,000円ちょっとの出費で購入できましたが、正式な価格を表記しておきましょう。

RAPTGO Leaf D01、税込み価格、16,800円
TinHiFi T3 Plus、税込み価格、8,980円
(eイヤホン店頭販売価格です。)

価格としては、倍近い差がありますが、サウンドクオリティ的にはそこまで差はありません、どちらのイヤホンもかなり優秀で非常に優れたイヤホンとして、お勧め出来るレベルにあります。

共に中国のメーカーですが、現時点において、この価格帯で太刀打ち出来る国内メーカーは、Finalとラディウスだけという印象。

一聴してのインパクトをかますイヤホンがあるだけです。

vsと表記してますが、どちらがより優れたイヤホンであるか、という勝負ではありません。

私がどちらも所有しているので、どちらで聴こうか闘っているという感じで、vsと書いています。

オーソドックスなサウンドを高いレベルで鳴らすのは、T3 Plusの方で、この音を聴いて、これはちょっとなあ、と感じる人は居ないと思うんですね。
価格も1万円を切ってますし。
樹脂製ハウジングですが、安っぽさはなく、十分所有欲も満たしてくれますね。
癖もなく非常に聴きやすいですイヤホンです。
イヤーピースはSpinfit CP100+を選択すれば、低音も十分鳴りますし、良好な装着感も得られるので、お勧めですね。

では、どちらが虜になるか、ハマってしまうかというと、これはもう断然RAPTGO Leaf D01です。
だからと言って、D01の方が優秀である、とはなりません。
どうしてか、と言うと、ちょっと癖が強いイヤホンだからです。
カナル型イヤホンでセミオープンタイプというイヤホンは非常に少ないです。
ハウジング背面から音が抜けるため、重厚なサウンドではなく、透明度の高いクリアーなミドルレンジと突き抜けるような爽快な高音がD01の持ち味です。
音抜けの良さから閉塞感も軽減され、この点においても非常に快適なんですね。
音質面で有利なシリコン系イヤーピースだとどんなに頑張っても、どっしりとした低音が出ないイヤホンです。
私は元々、重低音特化型イヤホンが好きではありませんので、この点において不満を感じる事はありません。
ですが、世間一般的に評価される、というか受け入れられるのはT3 Plusの方でしょう。
RAPTGO Leaf D01のサウンドを聴いて、「全然低音出ないじゃん」と感じる方の方が多いと思います。
しかしながら、他のイヤホンでは中々味わえない魅力溢れるサウンドを鳴らすのはD01の方で、この点において価格も考慮するならば唯一無二の存在と言っても決して過言ではないと思います。

100人にレビューを書いてもらったら、
T3 Plusは満足度☆☆☆☆☆、☆☆☆☆が大多数を占め。
Leaf D01は☆☆☆☆☆か☆☆、☆に二分される感じですね。

実は本題はここからなんですね。
この2つのイヤホンの合計金額と、水月雨KATOがほぼ同じ金額なんですよ。
好みを音を鳴らすイヤホンを購入するのが正解なので、気に入ったイヤホンを買えば良いだけですから、素直に選択すれば良いとは思うのですが、何せ金額が金額ですので。
イヤホンにそれほど興味が無い方々は高いと感じるかもしれませんが、イヤホン好きの方々からすれば、リーズナブルな価格なんです。
これが20万クラスのハイエンド帯だったら話しは別になるんですが、
水月雨KATOが買える価格で、サウンドが全く違う、ポテンシャルが優秀なイヤホンが2つ買えてしまうのです。
ちょっと冒険して、今まで知らなかった世界を覗く金額として、絶妙だと思いません?
あくまでイヤホン好きの方々に向けて書いていますので。
ちょっと面白いなあ、と私は思いましたので。

2022/11/4 05:07  [2265-6267]   

平面駆動型イヤホン:

これもいずれ入手しないといけないなー、と思っていたら、平面駆動型の大本命だったイヤホンが昨日から発売されているでないの、w

TANGZU Ze Tian Wu
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1462782/


ヨドバシカメラにもあるのか!
Tangzu ZETIAN WU
https://www.yodobashi.com/product/100000
001007459166/


平面駆動型イヤホンは以前から発売はされていたのですが、試聴出来ないAmazonとかがメインだったので、スルー出来ていたんですけども(^^;;

RAPTGO HOOK-Xなんかも良かったので。

色んなメーカーから発売されているので、チェックはしていたんですが、TANGZU ZETIAN WUはその中でも大本命だったんですよねー、しかも価格も安い方ですねー。

eイヤホンもヨドバシカメラも僅か1日で完売してるでないの!

これは良い事ですねー、買いたくても買えませんから(^^;;

時間をかけて、もう少し精査して情報を収集しておきましょうかね。

その間の値上げだけはご勘弁願います(笑)。

2022/11/4 16:06  [2265-6271]   

SE846第2世代の巧妙な価格改定と良心的な販売:

初代SE846と第2世代SE846、イヤホン本体に改良点は何もなく、全く同じものです。

インサートノズルを一本追加しただけで、2万円以上の値上げ。
しかも、単体で新しいノズルが入手出来ないとなると、これは実に巧妙な価格改定と言えるでしょう。

その反面、良心的とも言える並行販売。

ユーザーサイドで、初代か第2世代か選べるようにしている点。

イヤホン本体が同じなので、旧SE846を回収し、正常に鳴るかだけチェックして、第2世代としてパッケージ化すれば良いですからね。
(メーカー出荷時に、サウンドチューニングが正常であるかチェックしていると思うので、)

だけど、回収しようにも、体力的に不可能なところもあるのかな。
販売店から回収する場合、仕入れ価格を販売店に返納する必要がありますからね。
残っている在庫数により、出来ない可能性もありますからね。

それに、初代と第2世代を並行販売する事によって、価格が安い初代モデルが一時的に売れてしまう可能性もあるし、そうなるとますます巧妙な価格改定となってしまいますが、

これはユーザー側の受け取り方の問題なので、私視点では、良心的だと思うところ、という事ですね。
(実際はどういう意図か、わかりませんので、良心的と受け止めた方が良いと思うだけですね。)

10年近く前に発売されたイヤホンが、そのまま改良する事なく、価格を上げて販売するという事は、それ以上のサウンドのイヤホンが作れなかった事になります。

そういう点を踏まえると、如何に完成度の高いイヤホンであるかの証明になるんですが、私個人としては、WestoneのようにMMCXから脱着安定性が高いT2コネクタに替えて欲しかったところではありますね。

2022/11/6 08:48  [2265-6282]   

バランスケーブルに替えて音が良くなったと感じる錯覚:

アンバランス(シングルエンド)ケーブルから、バランスケーブルに替えて音が良くなったと感じる人は多いと思いますが、音が良くなったと感じるのはバランスケーブルにしたからではありません。

バランス駆動が出来るDAPでは、そもそもバランス駆動で最適なサウンドで鳴るように作られています。
アンバランス出力はおまけみたいなものです、ここに力を入れているDAPを作っているメーカーは皆無と言っていいでしょう。

最もわかりやすい例がSONYですね。

SONYのフラグシップモデルのスペックを見てみましょう。抜粋ですが。

NW-WM1ZM2
ヘッドホン実用最大出力(JEITA 16Ω/mW)
ステレオミニジャック:60mW+60mW(ハイゲイン出力時)
バランス標準ジャック:250mW+250mW(ハイゲイン出力時)

最大出力が大体4分の1になってますね。

ミドルクラスのDAPを見てみましょうか。

NW-ZX507
ヘッドホン実用最大出力(JEITA 16Ω/mW)
ステレオミニジャック:50mW+50mW(ハイゲイン出力時)
バランス標準ジャック:200mW+200mW(ハイゲイン出力時)

こちらはなんとも綺麗に4分の1になってますね。

どういう事か?

バランス駆動では、L+、L-、R+、R-、と4つの出力アンプを使います。
アンバランス出力でここまで綺麗に4分の1になっているDAPも珍しいんですが、要は4つ搭載されているアンプの一つだけしか使用してないんですね。

これだと、アンバランス接続で聴いているのであれば、エントリークラスのDAPで聴いているのと大差ないです。

バランス出力端子があるDAPにおいては、バランス駆動で最良のサウンドが鳴るように作っているのですから、音が良くなって聴こえるのは当然とも言えましよう。
バランスケーブルにしたからではないのです。

2022/11/6 19:46  [2265-6287]   

1万円クラスのイヤホンでTinHiFi T3 Plusをお勧めしたい理由:

1万円クラスの有線イヤホンで、人気があるのは、
*Shure SE215SPE
*ゼンハイザー IE100 PRO

現時点においてこの2機種の2強と言っていいかもしれません。

私はSE215SPEは所有しておりますし、IE100 PROも時間をかけて試聴を重ねてます。
IE100 PROに至っては一時期購入も考えたほどで、共に優秀なイヤホンだと思ってます。

それでも、私はTinHiFi T3 Plusをお勧めしたいですね。

SE215SPE、IE100 PRO、
この2つのイヤホンはメーカーの実績とブランド力があります。
これはT3 Plusにはないもので、購入するに値する魅力的なポイントだとも思ってます。
また、装着感も良好で、非常に使いやすいイヤホンですね、上記2機種は。

1万円クラスのイヤホンで、この2つのいずれかを無試聴で購入したとしても、失敗したとは感じないと思います。
そういう安心感も魅力の一つではありますよね。

それでも、私はTinHiFi T3 Plusをお勧めしたいです。

TinHiFiというメーカーはお世辞にもメジャーなメーカーではありません。
中国のメーカーなので、いわゆる”中華イヤホン”と呼称されているものです。

中華イヤホンという呼称は、あまり良いイメージがないと思うんですね。
これは非常によろしくないと、私は思ってます。
中華イヤホン=安かろう悪かろう、というイメージを持たれがちだからですね。
しかしながら、そういう時代は過ぎ去っています、これはきちんと認識しないといけません。
(いまだに、安かろう悪かろうというイヤホンを作っているメーカーはあるにはありますので、注意も必要ですが。)

一つの指針としてイヤホン専門店や大手家電量販店で取り扱いがあるメーカーなら大丈夫ですね。

TinHiFi T3 Plusはオーソドックスとも言える鳴り方をするイヤホンです。
一聴してのインパクトのあるサウンドではないですし、奇を衒った音作りもしていません。
そう言った意味では地味なイヤホンです。
地味でオーソドックスなサウンドを極めて高いレベルで鳴らしているイヤホンで、癖もなく、非常に聴きやすいです。
価格的にも1万円を切っているので、お買い得感もある素晴らしいイヤホンです。

ヨドバシカメラでも試聴機が設置してある店舗もあるので、実際にサウンドを確認してから購入出来るのも安心感がありますね。

まずは、売れ筋であるSE215SPEやIE100 PROと比較試聴してみて下さい。
サウンド的に遜色ないのが分かるかと思います。
その上でご自身で判断して、好みのサウンドを鳴らすイヤホンを選択された方が良いでしょうね。

TinHiFiに足りないもの、それはメーカーとしての実績と、ブランド力だけだと思ってます。

音楽を楽しませてくれる魅力は、互角以上のポテンシャルがありますから。

2022/11/7 03:31  [2265-6290]   

イヤーピース選択、装着感の良し悪しで決めてませんか?:

イヤホンにおけるイヤーピース選択は非常に重要な要素の一つです。

サイズ選択はもちろんですが、使用している素材にも要注目です。

大きく分けて2種類あるんですね。

*フォーム系イヤーピース
*シリコン系イヤーピース

フォーム系イヤーピースはウレタン系イヤーピース、低反発イヤーピースなどと同じです。
こちらは装着感重視で製作されています。
シリコン系素材ではどうしても安定した装着感が得られない人向きのイヤーピースですね。
メーカーとしてはコンプライが有名で、この種のイヤーピースでは独壇場になっています。
押し潰して耳に装着するので、どうしても、高域が篭りがちになります。
しかしながら、現在発売されてフォーム系イヤーピースは昔ほど、音質を犠牲にしませんから、音にこだわりがなければ、それほど気にならないかもしれません。
私は基本的に音質最優先ですので、フォーム系イヤーピースを選択する事はありません。

シリコン系イヤーピースは音質最優先で作られているものが多く、イヤホンのサウンドを重視するのであれば、シリコン系イヤーピースを選択した方が良いでしょう。

フォーム系イヤーピースと比べて、価格も安く、耐久性もあります。
コストパフォーマンスにも優れたお財布に優しいイヤーピースです。

こちらも、開口部の大きさによって、出てくるサウンドが若干変化します。

現時点で判明している開口部の大きさによるサウンド傾向は、
:開口部が大きいイヤーピース
ダイナミック一発機のイヤホンと比較的相性が良いようです。
開口部が大きと、外耳道孔に入りませんから、耳への密着度は低く、若干低音が衰退する傾向にあるようです。
その為、重低音イヤホンとは相性が良いと思います。
非常に素直な鳴らし方をするイヤーピースなので、一つ持っていて損はないと言えます。
私のお勧めは、JVCのスパイラル・ドットです。価格の高い++ではなく無印で十分ですね。

:開口部が小さいイヤーピース
ダイナミック一発機のイヤホンだと、耳の形状による密着度の違いで若干サウンドの傾向が変化します。
開口部の大きいイヤーピースと比較すると、中低音が充実した鳴り方をします。
全体的に重厚なサウンドを鳴らすイヤーピースと言えるでしょう。
その弊害として、解像度、ヴォーカルの繊細さが失われます。
しかしながら、好みの範疇と言える領域なので、ご自身でベストなイヤーピースを見つけて頂きたいですね。
私のお勧めは、
Final eタイプ
Spinfit CP100+
となります。
定番かつ評価の高いイヤーピースなので、多くの方々にお勧め出来ると思います。

さて、表題にもありますが、良好な装着感=良好なサウンドとはなりませんので、注意が必要なところです。
音質最優先で選択するのであれば、素材の違いはもちろん、サイズによる出音の変化も聴き比べてほしいところです。
普段からMサイズを使用しているから、どのメーカーのイヤーピースでもMサイズが適正サイズとはなりません。
それと、心地よい装着感に気を取られないように。
良好な装着感は長時間リスニングには最適ですが、同時に難聴になるリスクも孕んでいるのです。
集中して聴くのであれば1時間程度が限界だと思われます。
良好な装着感に惑わされず、最良なサウンドを奏でてくれるイヤーピースを見つけてほしいと思います。
後は、目的によって、上手く使い分けて頂く事により、より快適なイヤホンのリスニングが楽しめると思います。

2022/11/8 15:27  [2265-6298]   

ダイナミック型イヤホンでは味わえない平面駆動型イヤホンを楽しんでみよう:

平面駆動型イヤホンは、ヘッドホンと同じく能率が悪いのでちょっと鳴らし難いですが、綺麗な音が楽しめます。

大音量派でなければ、ダイナミック型イヤホンではちょっと聴けないサウンドを聴けちゃいますよ。

多くの方にとって、弊害となるのが、「中華イヤホン」である事だと思います。

しかしながら、水月雨のイヤホンが大ヒットしているように、中華イヤホン=安かろう悪かろうという時代はとうに過ぎ去っており、品質的にも問題のない製品が多くなっております。

比較的購入しやすく、音質的に問題ないであろう機種を列記しておきますので、参考にしてみてください。

@Moondrop Stellaris  Amazon価格:24,535円
ATinHiFi P1 Plus Amazon価格:30,783円
B7Hz Timeless Amazon価格:24,280円
CShuoer S12 Amazon価格:21,849円
DTANGZU Zetian Wu Amazon価格:20,680円
ERAPTGO HOOK-X Amazon価格:36,080円
FNiceHCK F1 Amazon価格:22,320円

まだまだあるんですが、これ以上書いても仕方ないので。
価格的に買いやすいイヤホンを中心に挙げてみました。
(価格は2022年11月12日現在の確認価格です、変動する事がありますので注意してください。)

メーカーとしては@のMoondrop(水月雨)が有名で、これは品質的に問題ないかと思います。
AからFまでのメーカーはあまりメジャーではないので、不安要素の一つになるのかな、と。

ですが、都内のイヤホン専門店、ヨドバシカメラなどで試聴機が置いてあり、実際の音を確認する事が出来る製品が意外と多くあります。

A、D、Eはeイヤホン秋葉原店、ヨドバシカメラマルチメディアAKIBAどちらにも試聴機があり、聴く事が出来ます。
(@も聴く事が出来ます)
他の平面駆動型イヤホンも同等の品質、サウンドクオリティ的にレベルが高いので、好みの問題になるだけです。

まずは、試聴出来る環境にある方は一度聴いてみてください。
ダイナミック型ドライバーともBA型ドライバーとも違う、非常に綺麗な音が楽しめますので。

@のMoondropがメーカーとしての知名度が群を抜いてますが、サウンドクオリティ的にこれよりも良いイヤホンがあるので、個人的なお勧めイヤホンを書いておきましょう。

DのTANGUZU Zetian Wuが価格的にも買いやすく、かつサウンドクオリティ的にも優れた平面駆動型イヤホンとなりますね。
次点ではCのShuoer S12、DのRAPTGO HOOK-Xになるかと思います。
もちろん好みのサウンドは各々違うでしょうから、あくまでも私個人のサウンドクオリティの評価であり、絶対ではありません。

価格コムにもユーザーレビューが投稿されているイヤホンもあるので、合わせて参考にしてみて下さい。
能率が悪いので、スマホなどで聴く前提ではお勧めしづらいのですが、最近ではDAPを所有されていらっしゃる方も多いですので、そういった方々にお勧めしておりますね、平面駆動型イヤホン。

最近、これといったイヤホンがないんだよなあ、とお嘆きの方にもお勧めですね。

2022/11/12 06:01  [2265-6331]   

行き着く先はツンデレなのか:

とある本にこういう事が書いてありました。
「音楽は突き詰めると、行き着く先は所詮、ジャズかクラシックのどちらかになろう。」

クラシック音楽好きの私でさえ、ちょっと違和感を感じましたが、

しかしながら非常に優秀な方々、例えばノーベル賞とか受賞される方とかやはりこういった音楽を聴かれてるようで。
まあ、本当の事を言ってない可能性もありそうですけど、w

音楽の授業とかクラシック音楽を聴かせたりするじゃないですか。(今はどうなんだろう?)
あれもちょっと偏見があっておかしいと思うんですよねー。
なんでクラシック音楽になってしまうのか、
BTSとか、ビリー・アイリッシュじゃ駄目なんかい、と。
もっと砕けて言えば、乃木坂46とかAKB48とかじゃいけないの?←流行の音楽知らないもんで、w
音楽教室にはクラシック音楽家の肖像画ばかり。
ビートルズやツェッペリンのメンバーじゃ駄目なんかい、と。
もっと砕けて言えば、乃木坂46の、やめときましょう、私がいっぱいいっぱいです、w 知らないんです、本当に、w

話しが少々脱線しましたが、タイトルはイヤホンと女性に関してですね、w

これも人によるのでしょうけど、私の周りの人がみなそうなので(女性に関してですね。)。

タイトルを分かりやすく書くとこうなります。
「行き着く先はイヤホンも女性もツンデレなのか」、と、w

もうね、ここのところ真面目なお題ばかりで、ちょっと息抜きが必要なんです、私( ̄▽ ̄)、w

若い頃はね、まあ見た目ですよね、なんでもかんでも、w
中身なんて知ったこっちゃねえ、てな勢いで、ここからして違います?、w
だって、みんなアイドル好きだったんですもの、それって見た目でしょ?
今だって歌手とか女優さんとか可愛い人ばかりじゃないですか、間違ってないですよね、w

イヤホンも同じですよ、最初は見た目ですよ、やっぱりカッコいいデザインの買っちゃうでしょう、SE215SPEとか。

そんでもって、そういう時期を過ぎると、今度は中身(性格)重視へと変わる訳ですよ。
結婚相手に見た目重視で選ぶ人少ないと思うんですよね。
心休まる家庭にしたいとかなるじゃないですか、みんな言ってますよ、会見で←誰がやねん、w
イヤホンも同じなんですよ、見た目で買ってもどうも満足せんな、となる訳ですよね。
そこで、見た目より、音質重視になる訳じゃないですか。
色々調べたり、勉強したりして。

でも、これが最終形態じゃないんですよ、←エヴァンゲリオンか、w

性格の良さなんて、どうでもいいってなってしまうんですよ。
だから、見た目のいい女性とかに浮気とかしちゃうんでしょ←極論過ぎるやろ、w
むしろ、ツンツンした子とか気になっていくんですよね、不思議な事に。
違いますかね、w 間違ってます?、これ、w

イヤホンも同じなんですよ。
音質重視で、聴きやすい温かみのある暖色系とか、どうでもよくなってしまう時が来るんですよ。
事務的に淡々と無表情で鳴らすイヤホンに行ってしまうんですよ、←あれ、行きません?、( ̄▽ ̄)、w

行く着く先は所詮ツンデレなんですよ、イヤホンも女性も、
非常に説得力あるでしょ、力説して書いてますから、w え?そんな事ない?
それはまだ、行き着く先まで行ってないからですね♪( ´▽`)。

もうね、イっちゃってるんですよ、こちとら、w
失礼しましたーー( ̄^ ̄)ゞ

2022/11/14 05:06  [2265-6354]   

新作据え置き型ヘッドホンアンプ:

FiiOから新作の据え置き型ヘッドホンアンプが発売されます。

FiiO K7
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1466721/


ミドルクラスの据え置き型ヘッドホンアンプ、DENONもマランツも製造終了となっていましたから、嬉しいお知らせです。

最も、FiiOは中国のメーカーなので、中華ヘッドホンアンプなんて山のように発売されているぞ、と言われそうですが。

しかしながら、多くの中国メーカーの据え置き型ヘッドホンアンプは試聴が出来ません。

ユーザーレビューの評価をあてにして購入するしかないのが実情です。

大手家電量販店のヨドバシカメラでも取り扱いがあるそうですから、比較的試聴しやすいと思います。

価格的にもちょっとそそられるお値段となっております。

DENONもマランツもシングルエンド専用でしたので、4.4mmバランス出力があるのも魅力の一つでしょう。

据え置き型ヘッドホンアンプとしてはコンパクトで、かなりのハイパワーヘッドホンアンプとなっております。

デザイン的にも、性能的にも魅力的なヘッドホンアンプだと思うところです。

発売は11月18日と後4日ほど先になりますが、試聴機はすでに設置されておりますので。
(ヨドバシカメラは不明ですね、今現在。試聴機があるかどうかですね。)

もうすぐ年末ですので、この時期、新しい製品が続々と発売されるかもしれないですから、じっくりと検討した方が良いかもしれません。

2022/11/14 14:48  [2265-6362]   

駄菓子屋ポン作 さん  

2022/11/23 17:21  [2265-6373]  削除

TRIPOWIN x HBB Olina SE:

Amazonで購入したTRIPOWIN x HBB Olina SEが素晴らしいらしい。
https://amzn.asia/d/9YKWdl4

ダイナミック一発機では屈指の出来のイヤホンらしいです。

未だ届いておりませんが、w

今Amazonのサイト見ても、11月18日にお届けとなっていますが、私が入金したのは1週間近く前です。
その時は11月13日にお届けってなっていたんですけどね。

どうなっとるんじゃろか。

早く聴きたいですよ(^^♪

中華イヤホンって呼称は好きではないですが、これくらいの価格帯のダイナミック一発機でしたら、ハズレは少ないと思います。

サウンドクオリティは国内メーカーよりワンランク上だと思ってます。

サウンドの好みによる、好き嫌いは当然あるとは思いますが。

1万円以下で買える多ドライヤホンですね、ちょっと怪しいのは。

片側だけで8ドライバー搭載みたいな、
こういう製品はメーカーによっては注意が必要です。
だって、BA型ドライバーユニット高いですからね。

中華イヤホンだと、10mmの口径のダイナミック型ドライバーを搭載しているイヤホンが異常に多いです。
おそらくですが、ドライバーユニットは構造的に同じものだと思われます。

振動板の皮膜コーティングの違いとボイスコイルの違い、サウンドの違いはこのあたりではないでしょうかね。
金属シェルとか、サウンドチューニングの要素は他にもあるんですが。
ですので、10mm口径のダイナミック型ドライバーを搭載しているイヤホン、ダイナミック一発機であれば、まともなイヤホンだと個人的に思ってます。

後は平面駆動型イヤホン、
こちらも今や中華イヤホンの代名詞的なイヤホンなので、そこそこ数が売れている製品であれば、大丈夫だと思ってます。
購入して、鳴りが悪いなあと感じても、元々、能率が悪いですから、平面駆動型。
そこそこパワーのある出力機で鳴らしてみてください。綺麗な音が鳴ると思います。
精神的安定が欲しいのでしたら、ヨドバシカメラなどの家電量販店で販売している中華イヤホン(平面駆動型)もありますから、一度音を確認されたら良いと思いますね。

2022/11/16 21:06  [2265-6381]   

装着感の優れたシリコンイヤーピースでワンランク上のリスニングを:

音質優先→シリコン系イヤーピース
装着感優先→フォーム系イヤーピース(ウレタン系イヤーピース、低反発イヤーピースとも言います。)

という図式だったんですけど、一昔前は。

これが最近変わりまして、医療用素材を使用した音質を犠牲する事なく、良好な装着感が得られるイヤーピースが続々と発売されておりますので、ちょっと整理してみましょう。

このなるべく音質を犠牲する事なく良好な装着感が得られるイヤーピースというのは、フォーム系イヤーピースのクリスタルチップスという製品が初めて本格的に発売されたイヤーピースという認識でいます。
シリコン系イヤーピースではスパイラル・ドット+というイヤーピースがあるのですが、これが付属されたJVC FD01の発売が2017年12月20日ですので、Crystalline Audioのクリスタルチップスの発売が2017年11月30日ですから、こちらの方が若干早いです。

フォーム系イヤーピースと言えば、コンプライというメーカーのほぼ独壇場でしたから、このクリスタルチップスはかなり注目になったイヤーピースです。

それでも、やはりシリコン系イヤーピースと比較すると若干ではありますが、コンプライ同様、高域が衰退します。
高音が篭って聴こえると書いた方が伝わりやすいでしょうか。

シリコン系イヤーピースでは、AZLAのXELASTECシリーズがTPE素材を採用した最初のイヤーピースだと思うのですが、これはちょっと自信がないです、間違っている可能性もあるのですが、私も発売日に購入しておりますので、記憶としては最初かな、と。
 
ところがこのイヤーピース、パッケージに完全ワイヤレス用と記載されていたんですよね。(TWS用だったか忘れました。)
私はBluetooth型イヤホンはほとんど使用しませんので、このイヤーピースは知人にあげてしまいました。
(ちょっと確認したんですが、このイヤーピース完全ワイヤレス用の記載が何処にもありません。訂正されたのでしょうか。)
XELASTECは熱で形状を変える様な形での装着感の向上でしたので、今回は外します。
(サウンドもSedna Earfitと比べると、並のイヤーピースになってしまった感じでしたので。)

発売されている良好な装着感が得られる、サウンドクオリティーの高いシリコンイヤーピースをあげておきましょう。
どれも値段が高いですが、それなりの価値があるイヤーピースですので、一度使うと普通のシリコンイヤーピースが使えなくなるほどです。

AZLA Sedna Earfit Crystal

JVC スパウラルドット++

Spinfit W1

Softears U.C.イヤーピース

有線イヤホンで使用するイヤーピースで、良好な装着感と極上のサウンドが得られるイヤーピースとして一つは持っておきたいですね。

指に吸い付くような感触として、CrystalとW1、U.C.イヤーピースは質感が似てますが、それぞれ開口部の大きさが異なり、サウンドキャラクターも各々違います。
これら全てのイヤーピースが試着、試聴出来るのは都内だとeイヤホン秋葉原店ですね。
(中野にある、フジヤエービックさんでも試着、試聴は出来ると思うのですが、ここ最近行ってないので確認出来ておりません。)

Spinfit W1、素晴らしいイヤーピースで、サウンド的にも最も好みではあるんですが、サイズが選べないのが難点です。

AZLAのCrystalがサイズも豊富なので、とりあえず一つとなると、このイヤーピースになるのかなあ、
サウンドは好みがあるので、AZLAのイヤーピースを普段から使用している方でしたら問題ないですけど、ちょっとうるさく聴こえる傾向にあるので、個人的にお勧めしづらいんですよね。

SoftearsのU.C.イヤーピースの方が開口部の大きさも中間くらいなので、サウンド的にもバランスが良く、サイズごとに購入出来るので、お勧めですね。

JVC スパイラルドット++は基本的にJVCのイヤホンで使用した方が良いです。
内径が大きいので、外れやすいんですよね。
それとステムの長いイヤホンには向きませんので注意が必要です。

イヤホンが安定しない、ポロポロと落ちてしまう、という方々には是非一度お試し頂きたいイヤーピースとなります。

2022/11/18 07:25  [2265-6394]   

パッケージ イヤホン本体と付属品各種

遂に届いた、TRIPOWIN x HBB Olina SEが素晴らしすぎた!!:

ようやっと届きました、TRIPOWIN x HBB Olina SE!!

前提として、SEモデルじゃない、TRIPOWIN x HBB Olinaを聴いた事がないので、どちらが素晴らしいか比較は出来ないのですが。

それでも、このイヤホン、ダイナミック一発機としては完成度が高過ぎる、非常に素晴らしいですね。

サウンド傾向としては、TinHiFi T3 Plus寄りのサウンドですね。
RAPTGO Leaf D01の様な個性的サウンドではないです。

これは誰にもお勧め出来る、癖のない聴きやすいサウンドのイヤホンとなっておりますね。

T3 Plusが樹脂製シェルでしたが、Olina SEは金属シェル、しかも相当軽いです。
比較的コンパクトなハウジングですので、これなら女性の方でも大抵は大丈夫かな、という印象です。

まだ時間的にも、楽曲的にも聴き込みが十分ではないので、音質とかは後ほど書かせて頂きますが、これは良いイヤホンですね。

無試聴で突発的に買ってしまったイヤホンですが、どうやら大当たりだった様です。

また、イヤーピースを替えたり、色々と試してみたいと思います。

Amazonでは最近取り扱いはじめたばかりなので、ブラックフライデーでもあまり価格は下がらないと思います。
それでも、12,000円くらいで買えるのであれば、「買い」のイヤホンだと思うところですね。

2022/11/19 05:33  [2265-6398]   

TRIPOWIN x HBB Olina SEのサウンドについて:

ちょっと時間がなく、届いてから、それほど聴き込んでないのですが。
(イヤーピースはSpinfit CP100+で聴いております。)

前スレで、TinHiFi T3 Plus寄りのサウンド傾向と書いてしまいましたが、これは、中高域が個性的なRAPTGO Leaf D01と比較するならば、という意味合いで、T3 Plusのサウンドとはやはり全然違いますね。

T3 Plusをシェイプアップして贅肉を削ぎ落としたサウンドであり、低域の鳴り方はどちらかと言うとLeaf D01に近いです。しかも量感も程よく感じられます。

ニュートラルなモニターライクのフラットな音質傾向でありながら、低域もしっかりと出ております。

解像度は高く、分離性能もレベルが高い、ヴォーカルが全面に出てくるサウンドではありませんが、ヴォーカル描写が凄く、ブレスの音まで確認出来る感じですね。

税込価格、14,000円ほどのイヤホンですが、同価格帯のShure SE215SPE、ゼンハイザー IE100 PROなどと比較しても、遜色ないレベル、どころか、遥か彼方まで凌駕しておりますね、これは。

解像度が高く、メリハリもあり、高域も全く篭ってないのですが、刺さりはほとんど感じられません。

低域のキレは素晴らしく、この価格帯のイヤホンで聴けるレベルではありません。

癖がなく聴きやすいサウンドとファーストインプレッションで書いてしまいましたが、ちょっと好みに分かれるサウンドかと思います。

音質が硬めで、若干寒色系サウンドなんですよ。

なので、この手の音を聴いた事が無い人が聴くと、受け付けない人も若干居るのかな、と。

フォーム系イヤーピースで聴きやすいサウンドに調整する事も出来ますが、それをやるなら、違うイヤホンに目を向けた方が良いです。

私自身、サウンドの好みが一般的な方々と乖離があるので、自分では分からないところもあるんですね。

簡単な判別の仕方として、BA型イヤホンよりもダイナミック型ドライバーの音が好き、という方はやめた方が良いかもしれません。
BA型イヤホンでは鳴らせない、キレのある低域はダイナミック型ドライバー特有のサウンドなんですが、幾分筋肉質過ぎると感じる方もいらっしゃるのでは、という印象です。
この低域の鳴り方に魅力を感じる人は同価格帯のイヤホンは聴けなくなってしまうかもしれません。
中域から高域にかけては、BA型ドライバーっぽい鳴り方がしますね。

ですので、暖色系サウンドが好きな人、癒し系サウンドが好きな人は駄目かもしれませんねえ。

私自身が大絶賛してる時点で、普通のイヤホンではない事がわかる人も居るかもしれませんね(笑)。

しかし、このレベルのサウンドを鳴らすイヤホンが、イヤホン専門店や大手家電量販で購入出来ない事に少し、残念に思うところでもありますね。

ダイナミック一発機としては、Meze Audio ADVARと良い勝負になると思います、サウンド傾向は全く違いますけど。

そんな大袈裟な、過大評価し過ぎだろ!!、と思われる方々は騙されたと思って購入してみてください、
騙されますので( ̄▽ ̄)、w

というのは冗談ですけど、低域のボアつきが気になる方や、シャープでありながら細身ではないサウンドをお求めの方々なら、納得されるサウンドだと思いますよ。
また、モニターライクな音が好きな人にも魅力的なイヤホンになるかと思います。
価格的にも魅力的です。
サウンドクオリティーを考慮するとハイコストパフォーマンスのイヤホンだと太鼓判を押します。

一つ欠点があるとすれば、実物は画像で見るよりより高級感を感じないという一点だけでしょう。
(所有欲を満たすイヤホンではありません。サウンドは間違いなく、第一級の最高レベルにあります。)

2022/11/20 02:51  [2265-6410]   

ブラックフライデーで買いたいお勧めイヤホンリスト:

価格は11月20日現在でのAmazonの税込価格となっております。

まずは現在の価格をチェックして頂いて、11月25日のブラックフライデーのAmazon価格と比べて、検討して頂ければ、と思います。


5,000円まで
  
*KZ EDA(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/1rAkB32

*Reecho SG-01(試聴済み、特選お薦め)
https://amzn.asia/d/6fHrRjk

*CCA CXS(試聴済み、お薦め)開放型
https://amzn.asia/d/dR5s4PE

*LINSOUL QKZ x HBB(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)重低音好き、お薦め
https://amzn.asia/d/6yN9fXu

*TRIPOWIN Lea(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/86Lg23d

*7Hz Salnotes ZERO(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)お薦め
https://amzn.asia/d/93MG6Rf

*CCA LYRA(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/cD9q3bI

*TANGZU SHIMIN LI(試聴済み、お薦め)
https://amzn.asia/d/9X434un

*TRN TA1(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/5r7vyRp

*NICEHCK DB1(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/8XkRqht


10,000円まで

*TinHiFi T3 Plus(管理人所有、お薦め)
https://amzn.asia/d/dCizVfI

*EPZ K1(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/hdbYUEH

*TinHiFi T2 DLC(試聴済み、お薦め)
https://amzn.asia/d/fO6L2D0

*Behringer MO240(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)ドイツの音響機器メーカー、モニター好き特選お薦め
https://amzn.asia/d/4AFoV62

*KZ AS16 PRO(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/iFW1Pno

*TRN TA1 MAX(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)開放型
https://amzn.asia/d/0eZSusP


20,000円まで

*BQEYZ Summer(試聴済み、お薦め) 
https://amzn.asia/d/7YzStpG

*BQEYZ TOPAZ(試聴済み、お薦め)
https://amzn.asia/d/8TszUKL

*TRIPOWIN x HBB Olina SE(管理人所有、特選お薦め)
https://amzn.asia/d/7vKRkgT

*TRIPOWIN x HBB Olina(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/cv7SGzW

*RAPTGO Leaf D01(管理人所有、個性的サウンド)
https://amzn.asia/d/eQVheeX

*NF Audio NA2+(試聴済み、お薦め)
https://amzn.asia/d/8nU9kbL

*LET SHUOER D13(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/aJq5Fnj

*TinHiFi T5(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/cZAlrPG

*Thie Audio Legacy 2(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/dOvfmOD

*TRN VX PRO(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/aeflxIu


平面駆動型イヤホン

*LETSHUOER S12(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)お薦め
https://amzn.asia/d/79sPWvS

*TANGZU Zetian Wu(試聴済み、お薦め)
https://amzn.asia/d/iJmY6ky

*TinHiFi T1 MAX(試聴済み、お薦め)
https://amzn.asia/d/4flToxu

*RAPTGO HOOK-X(試聴済み、お薦め)開放型
https://amzn.asia/d/52PKAZX

平面駆動型イヤホンはスマホ直差しだと音量が取り難いので、注意してください。基本的に能率(感度)が良くないので。
出来れば、どれでも良いので試聴して平面駆動型イヤホンの鳴り方を確認して欲しいと思います。

どれも、価格に対してのサウンドクオリティーが高いイヤホンばかりです。
いわゆる、中華イヤホン=安かろう悪かろうというイヤホンはリストアップしていません。
ですが、好みによる、好き、嫌いは当然出てくると思いますし、それは避けきれない問題ですので、購入は自己責任にてお願いしたいと思います。

2022/11/20 22:57  [2265-6422]   

TWSイヤホンの最高サウンドなのか?:

また凄そうなのが出てきますよ。

final フラグシップ TWS ZE8000
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1468923/863/


有線イヤホン、ヘッドホンの「A8000」「D8000」と同じ、「8000」で出して来ますからねー。

「8K SOUND」ですか、ちょっとこれは気になりますね。

ノイズキャンセリング機能付いてますが、あまり強力ではないでしょうね。
ANCとも書いてないし、音に悪影響を与えない事から、デジタル処理しないノイキャンなのかもしれないですね。

現時点で、試聴機置いてないのか。

Bluetoothイヤホンには全く興味がない私でも、ちょっとこのTWSイヤホンは聴いてみたいですね。

デザインは賛否ありそうですが、finalらしくて良いと思います。
(女性にはちょっと敬遠されそうではありますが。)

2022/11/22 11:49  [2265-6427]   

駄菓子屋ポン作 さん  

2022/11/23 17:20  [2265-6428]  削除

リケーブルでの聴き比べは辞めた方が良いです:

私もMMCXのケーブルは10数本所有しているのですが。

所有されているイヤホンで、リケーブルによる音質の変化の比較とかはしない方が良いですね。

MMCXという規格はイヤホンの為に作られたものではないので。

このMMCXという規格の端子をイヤホンのケーブルの脱着に初めて使用したのが、Shureのイヤホンです。
他メーカーも次々に追従して、イヤホンのケーブル着脱端子がMMCX独占状態になった時期がありました。

厳密な規格がないので、各メーカーによってまちまちなんですよ。
(付けるのに、力が必要な時もあれば、そうでない場合もあるので。)

ですので、愛用のイヤホンにおいては、リケーブルされるなら、一発で決めて欲しいというのがあるんですね。

何回も着脱を繰り返すと、端子が緩々になってしまう事がありますので。
そうなると、修理に出す以外、元には戻りません。

イヤホンの修理において、一番信頼性が高いのはエティモティックリサーチ社です。
(これは今ではどうなってるか、確証は無いですが、同じような話をたまに聞きますので。)

片側のイヤホン本体が壊れたとしましょう。
例えば、左側のイヤホンから音が出なくなって修理に出します。
返ってくると、壊れていない、右側のイヤホン本体も新しくなって返ってきます。
周波数特性を測定したグラフも付いて返ってきます。
エティモティックというメーカーは左右のマッチングに非常にこだわるメーカーです。
ヘッドホンで言うと、GRADOが有名ですね。
(GRADOが同じ様な対処をしてくれかは修理に出した事がないので、わかりません。)

MMCX端子のケーブルの着脱は頻繁に行わない方が良い、と言うお話しでした。

2022/11/23 03:52  [2265-6432]   

私がTWSイヤホンを使用しない理由:

有線イヤホンの方が音質が良いから、音にこだわって使わねーんだろ。と思うかもしれませんが違います。

Bluetooth型イヤホンもネックバンド型とか様々な製品がありますが、現在はTWSイヤホンが主流ですので。

まず、音質に関してですが、3年ほど前にかなりの数のBluetooth型イヤホンを試聴しましたが、その時点で、満足出来る、というか、音良いな、と思った製品をいくつか確認しております。
あれから40年、違うか、w
現在では更に音質が良いTWSイヤホンがあるのではと思っておりますね。
ですので、TWSイヤホン=音質が悪いとは思っておりません。

利便性も高いですし、コードが邪魔にならないので、気軽に音楽を楽しむのには良いかと思っております。

じゃあ、なんでTWSイヤホン使わねーんだよ、となる訳ですが、
いくつか理由があるので、書いていきましょう。

:大音量で鳴らせない
大音量で鳴らせない、というより、私が満足出来る音量を出せるTWSイヤホンが存在しないのですね(笑)
実に馬鹿馬鹿しい理由に呆れ返っている人がほとんどだと思いますが、これは病気ですので仕方がないのです。
(病気というのは、「大音量症候群」というアホらしい病気です、w)

:消耗品である事
TWSイヤホンに限らず、Bluetooth型イヤホンはバッテリーを積んでます。
バッテリーが消耗して、使えなくなったら、捨てるしかありません。
ドライバーはまだまだイケるのに、バッテリーの消耗で使えなくなってしまう事がとても嫌なのです。

:コストパフォーマンスが悪い
Bluetooth型イヤホンは、イヤホン本体にDAコンバータが搭載されています。(Bluetoothチップも)
3つのTWSイヤホンがあれば、計6つのDAコンバータが搭載されており、非常に効率が悪いです。
有線イヤホンであれば、DAコンバータは一つで済みます。

:片側だけ無くしそう
非常にだらしない性格なので、基本的に整理整頓はしません。
なので、いつに間にか片側だけ、無くなってしまう可能性が高いのです。
その点、有線イヤホンはコードで繋がっているので、そういう心配がありません(笑)

:寝たきりの生活をしている
ベッドの前にPCがあり、その横に2台のヘッドホンアンプがあり、そこから繋いで聴いているので、コードレスである必要がそもそも無いのです(爆)

結論としては、有線イヤホンだろうがTWSイヤホンだろうが、自分が好きなイヤホンを使えばイイじゃんって事になります、w

2022/12/17 08:04  [2265-6586]   



新規に建てたこの掲示板もあっという間にvo.3に突入です。

あぶねー、メンバーさんが書き込み、返信出来なくなるところでした(^^;;

これからもよろしくお願いします(^^♪

2022/12/14 19:15  [2265-6572]   

ポン作さん。

いえいえ(^^;;

いやー、今日は寒いですよー←誰でもわかっとるがな( ̄▽ ̄)、w

Westoneのイヤホン、高いですよね。

聴いても欲しいとはならないでしょう、w

端子がとケーブルが良いんですよ。
T2コネクターとestron社製の極細ケーブル、
これは使うと病みつきになるんですよ。

レビューされたイヤホンは私も聴いて音は知ってるので、最後の指標レベル、全く同感、完璧ですね(^^)。

寒いので、お気をつけくださいまし、行ってらっしゃーい♪

2022/12/15 08:28  [2265-6579]   

tam-tamさん、こんばんは。

なんだかここのところ急に寒くなってきて、もうくしゃみの連続で回りに顰蹙を買う始末です^^:
ていうかひんしゅくっていう漢字難し過ぎです(笑)

vo.3を立ててくれてありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

でわでわー(^o^)/ っておーい!w

ていうわけで、Westone Pro X10 WA-UM-PRO-X10 ですが、なるほどコストの半分はケーブルとコネクターに掛かっていると言っても過言ではなさそうですね。
手にしたときにあまりにケーブルが細いので驚きましたし、正直しょぼい!と思ってしまった自分が今になって恥ずかしいですよ。
勉強不足もいいところですね~~:
やっぱり曲がりなりにもレビューを挙げるのであれば、そのことを書くか書かないは別にしてもそれくらいのことは知った上でレビューすべきなんでしょう。
いろいろ参考になります。
ありがとうございます。

>書き手側はサウンドを聴いて、表現をイメージして書きますし、読み手側は表現された文章を読んで、サウンドをイメージするので、ここで「乖離」するか「共感」するかになってしまうと思うのですね。

なるほど、ここなんでしょうね。
自分にとっての信頼出来るレビュワーと、この人を信じて買ったけど何か全然違うじゃないか!なんてことが往々にしてあるのはこの為ですね。
いろいろ考えさせられます。

>巷で大絶賛で話題になっている、自分があまり好きではないメーカーのイヤホンだったりすると、低音が出過ぎているとか、高域が篭って聴こえるとか、何となく悪い部分を探す感じで試聴しちゃうのでは無いかと。

それは間違いなく言えるかと。
特に私は天邪鬼なので特にそういう傾向があるようで(笑)
でもそれはそれで悪くないと自分では思っています。。

2022/12/15 19:43  [2265-6580]   

ポン作さん。

こんにちは。

マルチBA型イヤホンで愛用している、エティモティックEVOがユニバーサルモデルとしては、はじめて採用されたコネクターとケーブルなので、まだまだ知らない人も多いです、T2コネクターと極細ケーブル。

どちらもデンマークのEstron社が開発、制作しているものですね。

エティモティックEVOに続き、Westoneのリニューアルモデルでも採用されたので、Shureもこれに続くのか、と思いきや、まさかのノズル一本追加されただけのモデルチェンジなし。
答えは明白で、SE846以上のイヤホンが作れなかったからでしょうね。

WestoneのPROシリーズも、リニューアル前のUM-PROシリーズと全く同じドライバー構成で、情報筋から聞いたところによると、中身も全く同じだそうです。
Estron社のT2コネクターと極細ケーブルを採用したので、価格が跳ね上がってしまいました。

基本的にリスニング用途で使うイヤホンではないので、サウンドもそういう感じになっておりますね。

モニターヘッドホンも音楽制作で使う目的で作られているので、余計な味付けはしてないですよね。
そういうサウンドで聴いてみたいって人も少なからず居るので、好きな人が買えば良いカテゴリの製品だと思ってます。

Shure掛け(耳掛け式)には慣れてきたでしょうか。

私も慣れるまでは好きではなかったので、Shure掛け。

Estron社の極細ケーブルも、同じで、慣れると凄く快適なんですよね。
タッチノイズも皆無と言って良いので。

カスタムIEMでは、かなり以前から採用されていたのですが、ユニバーサル仕様のイヤホンではまだまだ採用例が少ないですね。

2022/12/16 10:23  [2265-6582]   

tam-tamさん、こんにちは。

なるほど、私がレビューしましたWA-UM-PRO-X10 ですが用途が違うわけですね。

>モニターヘッドホンも音楽制作で使う目的で作られているので、余計な味付けはしてないですよね。

辛めなレビューになっていますが、余計な味付けがないということであれば、私は最近そういう傾向が寧ろ好きなんですが‥
このところ中国製の機種を試聴しては余計な味付けがなくて良いみたいなことをレビューで書いてますが、tam-tamさんの解釈を借りれば、あれは実は味付けのある音だった言うことになりますね。
私はとんでもない間違ったことをのたまっていたのかT_T

私は音楽制作で使う目的で作られている本格的なイヤホン等は聴いたことがないので素朴な疑問なのですが、そういった機種はあれほどまでに低域が薄いモノなのでしょうか(素直な疑問です)

耳掛けには慣れましたね。
目をつむっていても手触りで左右の判別がつきます。
初めのころはケーブルを耳に掛けてから本体を装着しようといていたもんですから、それが四苦八苦の原因だったようです(笑)

2022/12/16 15:27  [2265-6584]   

ポン作さん。

こんばんは。

Westoneはモニターとリスニングと分けてシリーズ展開してるので、PROシリーズは所謂イヤモニになりますね。
閉塞感を感じる、と書かれてますが、閉塞感を感じないと駄目なんですね。
TWSイヤホンでは、ANC機能が付いてるのがもはや当たり前になっていますが、イヤーモニターイヤホンはパッシブ・ノイズキャセリングという外音遮音性を持たせてあるので。

好きな呼称ではありませんが、中華イヤホンはモニターライクなチューニングのイヤホンが多いですよ。
TinHiFi T3 Plusもどちらかというとモニターライクなサウンドじゃないですか。
中華イヤホンとしてはどちらかというと高額なイヤホンになります。
3,000円クラスのイヤホンでもBAとダイナミックのハイブリッド型なんていくらでもあるので。
なので、そういうサウンドが好きじゃない方々が売却してしまったのでしょうね。

リスニング用途のイヤホンは低音を増強したチューニングになってるものが多いですよね。
小さめのボリュームでも迫力あるサウンドが楽しめるように低域を強めにしてあるわけですが、安いイヤホンと高いイヤホンでは低音の質が違うじゃないですか。
解像度であったり、ミドルレンジに干渉しないようになっているとか。

ポン作さんが聴かれた中華イヤホンは、実際薄味のイヤホンだったのではないでしょうかね。
なので、モニターライクで余計な味付けがないってのは全然間違ってないと思いますよ。

イヤーモニターはBAドライバーを使用することが多いです。
そしてBAドライバーは低域が苦手なドライバーです。
では、何故、イヤーモニターにBAドライバーを使用するかというと、感度が非常に高いからです。
低出力の機器でも適切な音量が取れるために、感度の良いBAドライバーが積まれてるんですね。
我々、一般リスナーは、感度が低ければ、出力パワーがあるDAPやヘッドホンアンプを使えば良いですが、プロの現場ではそういう訳にはいきません。出力パワーに余裕がない機器と接続しないといけない場合もありますので。
実際販売されているユニバーサル仕様のイヤーモニターは、主に一般リスナー向けに制作してあるものがほとんどですが、プロミュージシャンやプロの音楽製作者も使用しているようです。
ミュージシャンが必要としている音が聴こえれば良いので、どうしても中高域側の比重が高くなります。

主にミュージシャンが使用していたイヤーモニターですが、BAドライバーの性能が評価され、ダイナミック型ドライバーに取って代わって、BAドライバーを使用した海外メーカーのイヤホンが席巻した時期があったのですが、如何せん低音が出ません。
それで、各社工夫を凝らして、低域用に何発もドライバーを積んだマルチBA型や、BAドライバーが苦手な低域をダイナミック型ドライバーが担当するハイブリッド型イヤホンが作られたのですが。(AKG3003が初のハイブリッド型ですね。)
現在では、ダイナミック型ドライバーでも、BAドライバーに匹敵するような解像度が高いドライバーも作れるようになったので、原点回帰みたいになっているじゃないですか。
10万円超えするダイナミック一発機も珍しくなくなりましたし。
中華イヤホンのダイナミック一発機のイヤホンも相当クオリティーが高いサウンドを鳴らしてきますしね。
そこにきて、DAPでもハイパワーの製品がどんどん出てきてるじゃないですか。
感度が高いだけのBAドライバーイヤホンは作られなくなりましたし、低域が弱いシングルBA型は衰退しつつありますよね。
多ドラのマルチBA型は、どうしても価格が高くなってしまうので、コストパフォーマンスが悪いですし。
1万円クラスで良い音のイヤホンを買おうとしてら、BAドライバーのイヤホンは選択肢に入らない時代になってきましたね。
BAドライバーの音が好きな人も少なからず居るので、各社工夫を凝らしている、という感じではないでしょうか。
10年近く前に発売されたSE846が、何の変更もなしに、チューニングノズル一本追加しただけで、第2世代などという名称で発売されている事自体が、マルチBA型イヤホンの衰退期に入ってるなあという印象ですね。

手探りで装着出来るって、かなり慣れましたねー(^^)。
耳掛け式には耳掛け式の利点があると思います。
ですので、耳掛け式イヤホンの装着に抵抗がなくなったのは選択肢の幅が広がったのではないでしょうか。
選択肢の幅が広がった事で、大変な事にもなってると想像します(笑)。

2022/12/17 00:23  [2265-6585]   

tam-tamさん、こんばんは。


長文での説明ありがとうございます。
私なりに理解しました。

なるほど、これから、というか既にダイナミックの時代に移行しつつあるわけですか。

そう意味ではゼンハイザー、JVC等は一貫してダイナミック一本で勝負してきましたね。
これはBAが作れなかったのか、それとも徐々にBAが衰退していきダイナミックが再び脚光を浴び始めた昨今のような状況を読んでいたのか‥おそらく後者ですね。
ソニーもあまりBAにはもう力を入れていない様子が見て取れますしね。

中国メーカーのダイナック一発機の素晴らしさというのは本当に感じている今日この頃です(笑)
T3Plusなんかは一万円クラスであのクォリティーですから。

これはオーバーではないのですが、T3Plusが中国メーカーに対する私の認識を変えたと言えますね。
それまでは見向きもしなかったですから。
おかげで耳掛けにも慣れてしまいました(笑)

ソニーやJVC以外の国内メーカーにももっと頑張ってもらって、10数万もして音が良いのは当たり前なんですから、私たちが欲する製品を超高価格帯だけじゃなく低価格でも出してほしいですねえ。

2022/12/17 18:35  [2265-6587]   

ポン作さん。

こんばんは。

昔はイントラコンカ(インナーイヤー型)しかありませんでした。
形状が決まってしまっているので、合わない人には合わない、スポンジみたいなカバーを付けるしかなかったですよね。

ダイナミック型ドライバーに比べて、BAドライバーは小さいですから、色んな可能性がありました。

シングルBAからマルチBA、ハイブリッド、各社様々な工夫を凝らしました。
開発には時間とお金が相当かかると想像します。

ゼンハイザーは、その動きに追従せず、マルチBAの最高傑作だったSE846と同等の価格で、ダイナミック一発機を出してきました。(IE800)
当時としてはこれは考えられない事でした。
高価なBAドライバーを片側に何発も積んでいるマルチBA型イヤホンの高級機と同じ価格で勝負してきたのです。
ドイツの名門、ゼンハイザーだからこそ成せる業と、この時点で各メーカーは追従せず、ハイエンドクラスのダイナミック一発機のイヤホンはゼンハイザーだけだったと思います。
(他にもあるのかもしれませんが、記憶にも記録にも残らず消えていったと思われます。)

個人的に転換期となったのはVictor(JVC)から発売されたFW10000だと思っています。
FW10000はハイエンドクラスのダイナミック一発機としては異例のヒット作となりました。

ダイナミック型ドライバーだけで、こんな音が出せるのかと。

私はこういう流れに気がつくのが遅かった方です。
早い人は、中国メーカーの多くの人が知らないメーカーが作る、サウンドクオリティーの高いイヤホンに目をつけていたので。

「中華イヤホン=安かろう悪かろう」というイメージをどうしても払拭する事が出来なかった古い時代の人間ですね。

水月雨(Moon Drop)のイントラコンカとKXXSを試聴して、これは良い音だな、と思いながらも、購入には至らず。

私も、中国メーカーのイヤホンで安くて、良い音がするイヤホンの噂、情報などは耳に入ってきても、試聴出来ないイヤホンを買うのは正直怖くて躊躇していました。

ですので、中国メーカーのイヤホンに対する認識が変わったのはごく最近なんですよ。

1万円も出せば、相当クオリティーの高いサウンドを鳴らすイヤホンがゴロゴロしてますからね。
それまで、相応の価格を出さないと、レベルの高いサウンドは聴けないと思っていたので。
だからこそ、ハマったと言えますね。
この価格でこの音を鳴らしてくるか!みたいな楽しさがあるじゃないですか。
妥協して買ってる訳じゃないので、満足度も高いですし。

ダイナミック型ドライバーに原点回帰みたいになってますけど、中国は更に先に行ってて、平面駆動型イヤホンの時代に突入しております。

国内メーカーもいずれ出してくると思いますが、どうなるんでしょうね(^^;;

2022/12/17 21:04  [2265-6588]   

tam-tamさん、こんばんは。

今日は寒さにもめげず公園で筋トレをしてきましたよ。
私は体をいじめるのが好きで、自重トレーニングをメインに週3か週4でもう5年以上はやっています。
こういう趣味があるもんですからその際にはワイヤレスイヤホンが活躍しますね。

ワイヤレスイヤホンと言えばZE8000が発売されてそこそこレビューも挙がってきておりますね。
週末は人が多いのが嫌でまだ試聴は出来ておりませんが、レビューから想像するにキレキレの音ではなく、ある程度響きを持たせた濃厚な感じの音なのかなって感じがします。
一部濁りを感じるなどと不評なのも分かるような気がしていますね。
もしかしたらE3000を上質にした感じなのかもしれませんね。

それとノブナガからこのようなものが発売されましたが
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1473987/863/


知ってるわい!
とtam-tamさんに怒られちゃいますかね^^:
イントラコンカ(初めて聞きました)でMMCX対応というのは初だとか。


で、中国メーカーの機種が素晴らしいのは言うまでもありませんが、tam-tamさんのように高級機を多数所有していながら一万クラスの機種の良さを感じられる感性ってなかなかないんじゃないですかね。

私でしたら高みから見下ろす感じになってしまうかも分かりませんね(笑)

2022/12/18 17:47  [2265-6589]   

ポン作さん。

こんばんは。

筋トレは良いですよね(^^)。
ウォーキングさえ億劫な私には夢のまた夢ですが。

ZE8000、やはりANC機能付きでしたね。
ANC ON/OFFではどちらが良いのか気になりますね。

NOBUNAGA Labsのイントラコンカは知っていました(^^;;
NOBUNAGA LabsのMMCXケーブル10本くらい持っているので。
なので、イヤホンの頭だけで販売してくれないかと、w
そしたら、3,000円くらいで買えそうじゃないですか♪( ´▽`)、w

ヘッドホンもFOSTEX TH900を持ってますが、ほとんど使いません。
高額イヤホンも、泡銭で購入したようなものなので、感動はしないのですよね(^^;;

それよりも、金銭的にあまり余裕が無い状況で購入した3本の中華イヤホンの方が、聴いていて楽しいんですよね。
中華イヤホンという呼び方は好きではなかったのですが、中華料理と聞くと全然変な感じがしない事に気付いたので、中華イヤホンと書く事にしました(笑)

ブラックフライデーの影響で、TinHiFi C2がまだ届いておりません。
TinHiFi C3も発売されているというのに、w

そうそう、有線ピアホン3、ベリリウムコーティング振動板のダイナミック型だったのですねー。
DARUMA AUDIOのイヤホンは2つほど試聴したのですが、いずれも2万円未満のイヤホンだったので、この有線ピアホン3は試聴しないと、ですねー。

この製品が気になりますね。
今度試聴に行った時に買ってこようかと思ってます。

イヤモニぬーる
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1475211/2069/

2022/12/18 23:09  [2265-6590]   

tam-tamさん、こんばんは。

NOBUNAGA LabsのMMCXケーブル10本も持っているのですか。
その中にはバランスケーブルも入っているのでしょうね。
電線病だったんですか(笑)
一度電線病にかかると諭吉に羽が生えてどんどん飛んでいくでしょう^^:

イヤホンの頭だけは売らないでしょう。
魚のぶつ切りじゃないんですからw
少しウケましたが((*´∀))ケラケラ

で、イヤモニぬ〜る
tam-tamさん耳の調子が悪かったみたいですからね。
結局何が原因だったのですか。
イヤホン使い過ぎて耳穴がこすれて炎症を起こしたのでしょうかね。
だとしたらこののどぬ〜るじゃないwイヤモニぬ〜るは良さそうじゃないですか。
ただこれ、滑りが良くなってイヤホンが外れやすくはならないんでしょうかね。
通常はある程度の摩擦によってホールドしている感じがあるものですから。

2022/12/19 20:00  [2265-6595]   

ポン作さん。

おはようございます。

バランスケーブルは持っておりません(^^;;
全て3.5mmシングルエンドです。
一本5,000円クラスのケーブルもあるので、電線病とまではいかないと思いますねー。
他メーカーのケーブルは3本くらいしかないので。

イヤホンの頭売りはFinalがやっているので、NOBUNAGAさんもやってくれないかなーと、w
https://snext-final.com/news/detail/id=8
32


お察しの通り、イヤホンの使い過ぎで、炎症を起こしてしまったようです(笑)

体質が乾燥肌なんですよ、なので、密着タイプの素材のイヤーピースでも効果がイマイチなんですよね。
(ピタッと密着してくれる日もあれば、そうでない日もある、という感じですね。)
なので、ちょっと期待しているんですよね、イヤモニぬーるには、w

2022/12/20 08:06  [2265-6596]   

tam-tamさん、こんばんは。

もうすぐクリスマスですがどう過ごされますか。
eイヤホンでクリスマスセールみたいな大特価セールをやってくれませんかねえw

なんとイヤホンの頭売りをFinalが実際にやっているのですか。
これは知りませんでした。
誠に失礼しました。
まさか本当にあるとは^^:
今はリケーブルがコアなマニア層以外にもある程度浸透しているのでしょうかね。

で、今日ビッグカメラでHD599を何となく試聴してみたのですが良いですねえこれは。
部屋でゆっくりくつろいで聴くのにもってこいです。
いやー開放型のヘッドホンも良いな〜としみじみ思いました( ̄∇ ̄)

2022/12/20 19:56  [2265-6597]   

ポン作さん。

こんにちは。

返信が遅れてしまい申し訳ありません。

昨日は一足早い忘年会で、慣れないお酒を飲みまして、今頃まで寝ておりました。
(クリスマスシーズンになると混雑すると思いまして、早めにしました。)
これで、私の主な行事は終わりましたので、縁側での更新頻度も安定するかと思います。

E4000とE5000だけだったと思います。
何故他のイヤホンはやらないんでしょうかね。

開放型ヘッドホンは高域が自然で良いですよね。
ただ、密閉型に比べるとお値段が高いものが多いです。
装着感の良いものが密閉型ヘッドホンに比べて優秀なものが多いのも特徴です。
音漏れしても良いので、イヤーパッドにベロア素材が使えますからね、長時間リスニングのお供には最適ですよ。

TinHiFi C2がようやく届きました。

期待しながら早速聴いたのですが、これは私の好みのイヤホンではありませんでした。
おそらく、試聴が出来たとしたら、購入はしないと思いました。

私の好みのサウンドではないという事だけで、ハズレという事ではありません。
むしろ、こういうサウンドが好ましいと思う人の方が多いのではないでしょうか。

T3 Plusより更に解像度の主張がないサウンドで、聴き疲れはしないイヤホンです。

[スレンダー]1ーーーーーーーーーーーーー[グラマラス]10
という指標があるならば、グラマラス系のサウンドですね。
私の手持ちの中国メーカーのイヤホンで例えるなら、
スレンダー側から、
RAPTGO Leaf D01 (1)
TRIPOWIN x HBB Olina SE (2)
TinHiFi T3 Plus (5)
TinHiFi C2 (8)
という感じになります。

低音は4機種の中で最も出ます。
金属ハウジングでリケーブル対応で、このサウンドクオリティで5,000円ですから、お勧めしやすいイヤホンになると思います。

試聴したら買わないイヤホンですが、既に手元にあるので、どんな楽曲に合うか楽しみながら使っていこうという感じですね。

好みのサウンドのイヤホンじゃないから、使わない、という事はありません。
解像度バリバリのモニター系サウンドが好きな人がいれば、正反対の優しい暖色系のサウンドが好きな人もいるので。
どちらが正解という事はないので、まずは聴いていこうと。

TinHiFi C3もウォーム系サウンドらしいので、此方も気になるところですね(^^♪

2022/12/21 14:45  [2265-6598]   

ポン作さん。

こんばんは。

ATH-MSR7bのレビュー拝見しました。

本来であれば、「Sound Reality series」として展開する予定だったんですよね。

私が所有している、ATH-SR9とほとんど同じビルドクオリティです。

ATH-SR9は5万円オーバーのヘッドホンでした。
価格改定される前の開放型の名機、ゼンハイザーのHD650とほぼ同じ値段でした。

MSR7bと同等のビルドクオリティで、5万円オーバーとはちょっと高いですよね。

超高解像度の高域が鳴るヘッドホンとして、隠れた名機だったんですよ。
刺激的な高域が好きな私にとって、買わずにはいられないヘッドホンでした。
しかし、あまり売れず、パッとしないまま、販売終了になってしまいました。
高級感というのはある程度必要だったのかな、と思いますね、

同じ価格で、MSR7bとHD650が売られていたとしたら、音を聴く以前の問題だと思うのですが如何でしょうね。

ATH-SR9
https://www.audio-technica.co.jp/product
/ATH-SR9

2022/12/21 18:09  [2265-6599]   

tam-tamさん、こんばんは。

飲めない人間にとって忘年会は嫌なものです(笑)

お粗末なレビューを見ていただきありがとうございますm(_ _)mペコリ

ATH-SR9とほとんど同じビルドクオリティとのことですが音質的にもですかね?

ATH-SR9のtam-tamさんのレビューを先程拝見しました。
もし音質がほぼ同じようなものだとするとtam-tamさんの感想は随分私と違うのが面白いというか、最近いろいろな機種を聴き過ぎて何か自分の感覚が可笑しくなったのではとマジ心配してしまいますね(-_-;

それにしてもHD650は価格も相変わらず高く、色褪せることを知りませんね^^:

2022/12/21 18:58  [2265-6600]   

ちょいちょいすみません。

ATH-SR9とATH-MSR7bスペックを比較してみましたが数値的にはATH-MSR7bのが上のようですね。
音量も取りやすそうですし。

TinHiFi C2は好みではありませんでしたか。
普通それはハズレと言いますよ。
周りに忖度するtam-tamさんらしい言い方は私は好きですが。
ウォームで暑苦しい音だ!と私だったら‥やっぱり言えませんわね(笑)
私も最近ホントにウオーム系は何だかなっていう感じなんですよねー。

2022/12/21 19:52  [2265-6601]   

ポン作さん。

こんばんは。

やはり少しでも飲まないと場を白けさせてしまいますからね(^^;;

ATH-SR9とMSR7bとではシリーズが同じなので、傾向としては近いものがありますね。

ボリュームレベルでかなり変わりますし、ヘッドホンアンプとDAPでも変わるでしょうし。

SR9のレビューは、あまり芳しくなかったので、タイトルも変えてますし。

SR9は感度が悪いので、音量も取りづらいです。

おそらくですけど、再度、ATH-SR9のレビューを書くと、また違ったニュアンスになると思います。

と下書きしている間に、ポン作さんから、レスが来ました。

スペックをご覧になられたのですか、そうですね、MSR7bの方が鳴らしやすいです。

再生周波数帯域も価格の安いMSR7bのが上ですよね。

サウンドクオリティは価格ほどの差はないと思います。

だから、生産終了となったのでしょうね。

TinHiFi C2は私の好みのサウンドではありませんが、ハズレでもありません。

そもそも、サウンドクオリティが低いイヤホンについて書くことはしないです。

ですので、忖度したレビューは一度も書いた事がありませんし。

話題になっていて、売れているイヤホンでも、ダメなものは基本的にスルーしてますね、w

TinHiFi C2は価格以上のサウンドは鳴らしますので、お勧めは出来るイヤホンだと思っておりますよ。

エティモティックEVOは、高評価のレビューを書いてますが、安易にお勧めは出来ないので、クチコミにて、購入検討されている方向けに質問箱みたいなものを設けてますし。

BA型イヤホンはやはり低音の鳴り方がネックとなってますか。
それとも、コストパフォーマンスが良くないからですかね。
安いマルチBAとなるとそれこそ中国メーカーの独壇場なんですが、試聴出来るイヤホンが少ないですしね、難しいですね(^^;;

2022/12/21 20:41  [2265-6602]   

TinHiFi C2について冗談のつもりでしたが、ウォームで暑苦しい音などと聴いてもいないのに言ってしまいましたことをお詫びします。忖度無いのは私でした(´ω`)トホホ…

BA型イヤホンはじっくり聴けば機種によってはダイナミックには出せない良さがあるというのは分かってきておりますよ。

これからもう少しいろいろ聴き比べてみるつもりです。

でわでわー
今日はありがとうございました。
おやすみなさい。

2022/12/21 23:26  [2265-6603]   

ポン作さん。

TinHiFi C2に関して、失言されたようなレスをされてますが、
「TinHiFi C2は私の好みのイヤホンではありませんでした」

「普通はそれはハズレと言いますよ。」

これは、私の好みのイヤホンでなかったので、私にとってハズレのイヤホンである、という趣旨であった事は理解しておりましたので、お気になさらずに(^^;;

ただ、モノの良し悪しと好き嫌いはきちんと分別しているので、ここを観覧している方々が誤解されないように、繰り返して書いてしまいました。
ご不快な思いをされたかと思います、申し訳ないです。

イヤホンではないですが、ゼンハイザーのH650とか、ウォーム系じゃないですか。
だけど、好みのサウンドではないからHD650をハズレのヘッドホンだとは思わないですよね。
私もHD650を持ってますが、レビューは書いてないです。
レビュー数もかなりありますし、すでに評価されている名機中の名機ですから、書くに書けないんですよ。
今更、私のレビューが必要あるのかと(笑)。
中高域好きの輩は黙っておれ!と言われそうですよね(^^;;

ハズレのイヤホンについては書かない主義なので、今まで、何も書いてなかったですが。
聴いているうちにハズレかどうか、私の所感が怪しくなってきたので(笑)

TinHiFi C2は知人の雑用を手伝った代償として、買ってもらったイヤホンですが、10,000円分のAmazonギフト券を後日もらいまして、
Truthear x Crinacle ZEROというイヤホンをギフト券を利用して買ったんですが、
https://amzn.asia/d/5DNPKEN

中華イヤホンとしては、かなり評価が高かったので、これにしたんですが、
(中華イヤホンに詳しい方々も注目していた事もあり。)
これも私好みのイヤホンではなく、サウンドクオリティ的にもどうなのか?という事で触れないでいたんです。

デュアルダイナミックドライバーという事で、どんなサウンドなのかと期待していたんですね。
TinHiFi C2よりさらに低音が出る、C2よりも解像度が落ちるという事で、聴いていて楽しめなかったんですね。
イヤーピースも色々と試したんですが、懐が深いのか、あまり変わらないんですよ、w
Olina SEで同じ楽曲を聴いても、ワンランクどころかツーランクくらい解像度が落ちます。
特にヴォーカル帯域であるミドルレンジが分離感が悪く籠って聴こえるんですが、高域は篭ってないというなんとも不思議なイヤホンでありまして。
低音の量は多いのですが、NSE1000-Aのような重くタイトな鳴り方ではなく、フワッとした鳴り方なんです。
(マルチBA型イヤホンみたいな低音ですね。)
流石にこれは私にとってのハズレだけではなく、本物のハズレかと思いましたが、概ね評価の高いイヤホンなんですね。
女性ヴォーカルも表現が巧み、という訳でもなく、かと言ってOlina SEみたいにそっけない感じでもなく。
評価は高いイヤホンなんですが、この理由がわからず、返品して別のイヤホンと交換しようと思っていたんです。
ギフト券があるからと、安易に選んだ訳でもなく、かなり事前情報を収集して選択したので、この価格帯のライバルを蹴落として選ばれたイヤホンなので、何か良いところがあるはずなんですよ。
低音の量が豊富なので、低音好きの方々にウケが良いのかな、という簡単な答えじゃない気が致しまして。
私のサウンド嗜好は一般的ではないですが、良いものが良いとわからないようでは、これは正直マズイと思いました。

ちょっと前のレスで、Olina SEはシャープ過ぎて、余韻が感じられず、ライブ音源が苦手だという感想を書きました。
そこで、Truther x Crinacle ZEROで、ライブ音源を聴いてみたんです。
これがそこそこ良かったんですね。

なるほど、キッチリとした打ち込み系楽曲ではなく、ライブ音源やアコースティックもの、私が一番良く聴くクラシック音楽には最適なのかと。
そこで、クラシック音楽を聴いてみると、あんまり良くないんですね(笑)。

これは今でもわからないままです。
TinHiFi C2はT3 Plusの解像度を落としつつ、更に聴きやすいサウンドに仕上げてあるので、意図的なチューニングと感じるのでサウンドクオリティは同レベルと感じましたが、このイヤホンの高評価は本当にわかりません。
わからないまま、返品交換などしてしまうと、ギプアップ宣言をしたみたいになるので、このまま使う事にしました、w
今のところ、相変わらず中華イヤホンのサウンドクオリティは高いです、と紹介もお勧めするつもりもありません。
そもそも、これまでのダイナミック一発機と違って、デュアルダイナミックドライバーなので、私が所有している一連の中華イヤホンと違って当たり前なのかもしれません、謎です(笑)。

しかし、そこそこの価格のダイナミック一発型のイヤホンを選択すれば、中華イヤホンでもハズレは引かない、という私の持論はこのイヤホンのおかげで保たれておりますね(笑)。

あらー、もう朝じゃないですか(^^;;
おはようございます、ポン作さん、w

2022/12/22 05:43  [2265-6604]   

tam-tamさん、こんばんは。

いえいえ、私が不快な思いをしただなんてとんでもないです。
よくよく考えたら私はとても失礼なことを言っています。
冗談とはいえ、あろうことかtam-tamさんが購入したイヤホンをウォームで暑苦しい音だみたいなことを勝手に想像して言ってしまっています。
これは本当に失礼なことです。
私たちにとってイヤホンやヘッドホン、音楽鑑賞は生活の一割以上は占めているんではないでしょうか。
それほどかけがえのないものだと思いますので。。。

レビューについてはネガキャンは駄目ですが、悪いものは悪いと例え主観であってもはっきり言うのもありだと私的には思うところです。

で、Truthear x Crinacleですが、デュアルダイナミックということで初代ドブルベ辺りの音をイメージしてしまいますが如何でしょう。

最近いろんな機種を試聴するにつけ、全てではないとは思いますが中華イヤホンは本当にレベルが高いと思っていますね。

最近頻繁にeイヤホンに行っている為か店に入るだけで「今日は何を聴きますか?」と言われる私ですw

そろそろ一度何か買わねば(笑)

2022/12/22 22:02  [2265-6606]   

ポン作さん。

おはようございます。

寒いからか、眠気がハンパないです。

初代ドブルベってデュアルダイナミックドライバーのイヤホンだったのですか。
試聴はしたと思うんですが、どんな音だったか、忘れておりますね(^^;;
後でスペック表見てみよう。

Truther x Crinacle ZERO
丸2日、こればかりで聴いているんですが、ミドルレンジの籠り感がなくなってきました。
イヤホンのエージングによるものか、私の耳が慣れてしまったのかわかりませんが。
7,000円という価格ですが、安易にお勧め出来るイヤホンではないです。
2Pinのケーブルは持っていないので、RAPTGO Leaf D01のケーブルで聴いてみようかと思ってます。
どんな楽曲でも聴き疲れのしないサウンドなので、なんとも不思議なイヤホンなのは確かですね。

まだ、新製品が出てくる可能性がありますよ(^^♪

2022/12/23 07:52  [2265-6607]   

tam-tamさん、こんにちは。

初代ドブルベはデュアルダイナミックではありませんね^^:
中低域と高域用の2枚の振動板を1つのドライバーユニット内に搭載する方式というものでした。
私の勘違いでした。
ごめんなさい。<(_ _)>

これから寒くなる一方ですね。
体調に気を付けてください。

ではではー(^o^)/

2022/12/23 10:25  [2265-6609]   

ポン作さん。

こんにちは。

また寝てしまいました、
ヤバいですよねー、睡眠時間が猫みたいになってます、w

結局、まだスペックは見れてないのですが、試聴したのが3年以上前になるので、私もどんな音か忘れてますし。

BAとのハイブリッド型ではデュアルDDというのはたくさんあるんですが、ダイナミック型ドライバーだけのイヤホンでデュアルDDというのは無かったと思うんですよ。

Truther x Crinacle ZEROの面白いところは、口径が違う、2つのダイナミックドライバーを一つはハウジングの中央に、もう一つはノズルの直下に配置しているんですよね。

2つのダイナミックドライバーを駆動させるので、当然ながら能率は悪く、音量が取りづらいです。

なんか、納得がいかないので、聴き続けているんですが、だんだんこのサウンドの虜になってきた気がします(笑)。

Leaf D01のケーブルに差し替えて聴いてみたら、全体的にシャープな感じになったかな、と。
元の純正ケーブルに戻したところ、あら?あまり変わってないような( ̄▽ ̄)、w
ケーブル差し替えている間に元の音なんて忘れてしまうんですよ(^^;;

一体何処が良いのだろうと、聴いている訳ですが、これはこれで面白いなあと思いました(^^♪

2022/12/23 13:17  [2265-6610]   

補足レス:

<ダイナミック型ドライバーだけのイヤホンでデュアルDDというのは無かったと思うんですよ。

正確に言うと、オーディオテクニカから発売されております。デュアルDDのイヤホン。

ATH-E40
https://www.audio-technica.co.jp/product
/ATH-E40


ダイナミックドライバーを2つ搭載しているのですが、同じ口径のドライバーを裏表で配置し、2つでひとつのような使い方をしてたと思うんですよね。

ちょっとググってみたんですが、内部構造を説明しているものがありあせんでした。

ギリ書いてあるのが、こちら。
https://www.phileweb.com/review/article/
201607/12/2135_2.html


ATH-40と同じ構造を採用したオーディオテクニカのフラグシップイヤホンATH-IEX1のサイトに分解図がありました。

オーディオテクニカ ATH IEX1
https://www.audio-technica.co.jp/product
/ATH-IEX1

2022/12/23 15:44  [2265-6612]   

tam-tamさん、こんばんは。

今日は今年一番の凄い寒さでしたねー^^:

Truther x Crinacle ZEROは、2つのダイナミックドライバーの内一つはノズルの直下に配置しているとのこと。しかも口径が異なるんですね。
確かテクニカのCKR90もPHASE PUSH-PULL DRIVERSを搭載(←コピーですw)していますよね。
しかも同じように口径の異なるドライバーを積んでいますね。
メーカーによると高域特性を改善するために異口径ドライバーにしたとありますね。
ノズルの直下にドライバーを配置というのは型番は忘れましたが昔JVCの機種でありましたよね。

デュアルDDのイヤホンはテクニカではCKR100、CKR90、CKS1100がPHASE PUSH-PULLドライバーだというのは知っていましたがATH-E40もそうだったのは知らなかったです^^:

このドライバーをテクニカが初めて載せたCKR10は一度だけ試聴しましたよ。
装着感が凄く悪かったのと割と癖がない普通な音だったのを憶えています。

2022/12/23 21:54  [2265-6613]   

ポン作さん。

こんばんはー。

Macのドッグの位置を変更したら、下書き用に使用しているメモ帳が開かなくなり、返信が遅くなってしまいました。

CKR10がオーテク式デュアルDD搭載、第一号機とは知りませんでした(^^;;

CKR100、CKR90とイヤホンで「Sound Reality」シリーズを展開しているではないですか。
これも知らなかった情報なので、勉強になりました。

耳掛け式のATH-E40しか試聴してなかったですし、他にもデュアルDDを搭載しているイヤホンがある事に全く気付いてなかったです(^^;;

ちょっと短めのレスになってしまいますが、睡眠不足なので、夜中にまた更新したいと思います。

色々と申し訳ないです(^^;;

2022/12/25 17:28  [2265-6614]   

tam-tamさん、こんばんは。

返信はお気になさらずに。

イヤホンヘッドホンに関してtam-tamさんが知らないことを私が知っていることもあるとは驚きです^^:

ところで先日久しぶりにヘッドホンを買ってみましたよ。
パイオニアのHDJ-CXという機種ですが、4,5回は試聴を重ねていまして、そのうち買うつもりでいたのですが一昨日買ってしまいました。

偶にはヘッドホンも良いです。
音場が自然に大きくて聴いてい楽ですよね。
それにいつもカナルイヤホンを耳につっこんでいるのはやはり耳に良くないと思いましたもので。

HDJ-CXはあのHD25をパクったような見た目をしておりますが音はこちらのが私は好みですね。
そこそこの価格でありながらこういうチープ感漂う機種って昔から好きなんですよ。
以前AKGのK450、K451、K480NC愛用していましたので当時を思い出して甘酸っぱい気分に浸っております(笑)

2022/12/25 23:10  [2265-6615]   

ポン作さん。

こんばんは。

え?おはようございますの方が近いじゃないですか、w
ショートスリーパーはやめました←やめられるんかい( ̄▽ ̄)、w

私が知らない事なんて、山ほどありますよ(^^;;

Bluetooth系、DAP系なんて、使ってないので、ほとんど無知ですし。

有線イヤホンもミドル-ハイミドルはかなり試聴しましたが、エントリー-ハイエントリーと超ハイエンドクラスには弱いですし。

そもそも、eイヤホンが歩いて行ける距離に住んでるポン作さんの方が、試聴しやすいですから、情報収集に関しても、負けてしまいます。

新しいヘッドホンGET、おめでとうございます(^^)。

そうですね、私もそこそこのDAPとか欲しいですね。

iPhone使いなので、AACでしか繋げないんですよ、

SONYからは何も出なかったですね、ビッグサプライズがあると密かに期待してたんですけどね(笑)。

2022/12/26 05:39  [2265-6616]   

tam-tamさん、こんばんは。

いよいよ今年も終わりですね。
私にとって今年はイヤホン熱が再燃した年でもあり、tam-tamさんとお近づきになれたのが私の視野を広げる意味で大きくプラスになっていると感じており、感謝の言葉もありません。←おー立派な挨拶。やれば出来るやないのーw

ところでヘッドホンも良いですねー。
此処のところHDJ-CXしか聴いていませんが、やはり鳴らし方にゆとりがあると言いますかイヤホンとは表現力が違います。

そうそう、以前から少し気になっていたのですが、DAPは所有していないということで試聴の際はプレーヤーはどうされているのでしょうか。
スマホにDACをかまして試聴しているとかでしょうかね。

ていうかもうじき日付が変わりますね^^:
でわでわー
おやすみなさい。

2022/12/26 23:49  [2265-6617]   

ポン作さん。

こんばんは。

あと5日で2022年も終わりですか。

私は、中華イヤホンに始まり、中華イヤホンで終わった年になりました。

Truther x Crinacle ZEROも良い感じに鳴ってくれるようになりました。
と言ってもイヤホンの鳴り方が変わった訳ではないと思います。
今までずっと避けてきたサウンドだったので、私が慣れてきた感じですね。
これほど低音が出るイヤホンは購入してこなかったので。
なので、評価が難しく感じてしまったのでしょうね。

試聴時はONKYOのポタアン持参か、SDカードに音源を入れておいて、中古DAPを借りてましたね。

シングルエンドで聴く限りでは、iPhoneで聴いても、DAPで聴いても、そんなに差が出る訳でもないので、ここ最近はiPhone直差しだけの時もありましたね。
iPhone直差しでも、MAXボリュームで音割れしてしまうイヤホンなんかもあるので。
ヘッドホン試聴時は、店舗にある据え置き型ヘッドホンアンプに繋いでもらってます。

レビューも購入したものをたまに書くくらいですので、それほど不便ではないんですよね。

イヤホンも全部、据え置き型ヘッドホンアンプで聴いてますので、所有しているものは。

NSE1000シリーズがアウトレットで格安で販売されている、情報が全ての始まりだった気がします。
ポン作さんの書き込みがなければ、中国メーカーのイヤホンにハマる事もなかったでしょうし。
今は、中華イヤホンばかり聴いてますし、私自身も非常に勉強になりました。
簡潔に言うならば、「中国メーカー恐るべし!」ですね(^^♪
時期的にも、非常に良かったと思います、タイミングがですね、素晴らしいイヤホンばかり買う事が出来たので。

素敵な2022年になったと思います。ありがとうございます(^^)。

2022/12/27 05:17  [2265-6618]   

tam-tamさん、こんばんは。

そうですねえ。
tam-tamさんとやり取りするようになれたのには何か不思議な縁を感じます。
仰るようにtam-tamさんが中国メーカーのイヤホンにハマるきっかけが私の口コミだったとすると余計にそう感じてしまいますね。

Truther x Crinacle ZEROのサウンドにtam-tamさんの方から歩み寄っている感じなんですね。
これほど低音が出るイヤホンは購入してこなかったと言われていますが、そういった性格のイヤホンに対して良い音と感じておられるのを想像すると何か微笑ましいというか笑ってしまいますね(馬鹿にしているわけではなくです)
これから好みの方向性が変わったりして(笑)
それじゃ私と逆の進化になってしまいます^^:

そうそう。今日Meze Audio 99 Classicsを聴いてきましたよ。
これルーマニア産なんですね。
想像していたより普通と言いますか淡々とした音に感じました。
試聴程度では良さが分かりづらい機種なのかもしれませんね。

何か最近耳が肥えてしまっているようですw
初心に立ち帰らねば(-_-;ウーン

2022/12/28 23:48  [2265-6619]   

ポン作さん。

おはようございます。

昨日は珍しく、早く寝てしまいました。

今までは、低音モリモリのイヤホンは試聴して、スルーしてきたんですね。
なので、所有してないですし、自宅の環境でじっくり聴いた事もなかったんです。
単純に好みのサウンドじゃないからと、きちんと評価してこなかった、という感じです。
なので、私のサウンド嗜好が変わった訳ではなく、相変わらず、RAPTGO Leaf D01が最高ではあります。

Truther x Crinacle ZEROはたっぷりの量感の低音ですが、柔らかめの音で、左右に広い空間で、聴き疲れしないですね。
箱出しで聴いた時は即日返品しようと思いましたが、正当な理由がないので困りました(笑)。
傷もないですし、ちゃんとした音は出てますし。
私の好みではありませんでした、という場合でも返品出来るみたいですけど、その場合だと半額しか戻ってこない。
(Amazon巧者は、上手くやってるみたいですが、w)
単純に良さが理解出来ないまま、ギブアップ宣言するのが嫌だという事もありましたけども。

Meze Audio 99 Classics、レビュー拝見しました。
私には低音が出過ぎるヘッドホンですね(^^;;
スマホでも鳴らせるし、全体的なサウンドクオリティーも悪くないので、クチコミでお勧めはしますが、購入しないヘッドホンです。
実物を手に取るとビルドクオリティーは高くないですが、デザインも良いですしね。
総評して平均点以上のヘッドホンだとは思います。
私の好みのサウンドではありませんが(笑)。

水月雨から開放型ヘッドホンが発売されましたねー。
これは、大注目のヘッドホンになると思います。

高いのと、安いのと、2つ出ましたが、価格の安い、こちらのモデルが気になりますね。

水月雨(MOONDROP)空鳴-VOID
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1477979/

2022/12/29 09:50  [2265-6620]   

tam-tamさん、こんばんは。

もう休みに入っている方も多いのでしょう、今日のeイヤホンは人でごった返していましたよ。
通り道のような感じなのでついつい寄ってしまいますね^^:

Meze Audio 99 Classicsはtam-tamさん的には低音が出過ぎて好みではありませんか。
確かに量感は多いですからね。
正直私も嫌いという感じではないのですが、積極的に欲しいとはならないヘッドホンですねえ。

水月雨(MOONDROP)空鳴-VOID
これ是非聴いてみたいとと思い試聴機を探してみたのですが見当たりませんでした。
スタッフに頼めば奥から出してくれたと思いますが、どの店員も他のお客に付きっ切りで言い出すタイミングがつかめずでした~~:
いや、やっぱり新製品の試聴機を出してないはずないですよね(笑)

価格が高い方のは平面ドライバーのようですね。
しかもこのヘッドホン振動版の直径が何と100mmなんですね。
100mmの振動板ていうのは私的には珍しいのですが、そうでもないんでしょうか。

2022/12/29 22:32  [2265-6621]   

ポン作さん。

こんばんは。

もう年末ですからね、流石に混雑してるでしょう。
私がeイヤホンに行く時は開店から15-16時くらいまでです。
店舗も発見されやすい場所に移転しましたし、w

99 Classicsは良いヘッドホンだとは思います。
買って、「なんだコレは!」とならないと思うので、お勧めしやすいのです、w
私の好きなGRADOなんかは、人によっては、「なんだコレは!」となりますからねー(^^;;
そういう意味で、99 Classicsはサウンドを知っていて重宝するヘッドホンの一つですね。

水月雨-VOID、試聴機ありませんでしたか。
今、eイヤホンのサイト見たら「在庫無し」となってました。
昨日発売されたばかりで、もう完売ですか、凄い人気ですねー、やはり。
試聴機はあると思いますが、すでに他のお客様が聴いていたのかもしれないですね。

水月雨-VENUS
平面駆動型(平面磁界型)ヘッドホンですね。
ドライバーの大きさとしては平均的なサイズだと思います、ヘッドホンの場合。
イヤホンでも平面駆動型は、13mm-14mmとダイナミック型ドライバーに比べて大きいですからね。
VENUSも全店舗で完売ですか、10万円近いヘッドホンですよ、凄いですねー(^^;;
この価格帯で、即日完売なんてヘッドホン、今まであったのでしょうか。
年末最大の目玉商品となりましたね、水月雨のヘッドホン。

いやー、あと2日で今年も終わりですか、早いなー(´-`).。oO

2022/12/29 23:46  [2265-6622]   

音之葉さん。

こんばんはですー。

音之葉さんからは私の知らない、ヘッドホンなどたくさん教えて頂き、ありがとうございました(^^)。

ロードのヘッドホンも、YAMAHAのヘッドホンも試聴が出来なかったですけど、来年こそは。

また、色々とご教授くださいね。

今年は本当にありがとうございました、
良いお年をお迎えください、来年もよろしくお願い致します(^^♪

2022/12/31 16:58  [2265-6627]   

tam-tamさん、あけおめです!

昨年はありがとうございました。

今年もどうかよろしくお願いいたします。

とりあえず挨拶まで。

そうそう GRADOは素晴らしいと思います。

2023/1/1 15:04  [2265-6628]   

ポン作さん。

明けましておめでとうございます、今年も宜しくお願いします。

GRADOのレビュー拝見しました。

プレステージ・シリーズ、SR60x 80x 125x 225x 325xと5つある中で、どうしてSR225xを選んで試聴されたのか、

私も全てのリニューアルモデルを試聴しましたが、GRADOの看板モデルだったSR325xはだいぶ大人しくなっていました。
良く言えば、「品」を感じる、悪く言えば、万人受けする媚びたチューニングにしてしまったという印象です。
攻撃的だった高域は丸くなり、低音もSR325eより出るようになり、サウンドバランスは素晴らしいです。
しかし、肝心の「GRADOのヘッドホン」という個性はかなり薄まった感じです。

価格込みでトータル的に出来が良いのはSR80xかな、と。
GRADOのヘッドホンをとりあえず楽しみたいって方には、SR80xが良いと思います。
(SR60xと比較試聴して、あまり変わらないなあ、と感じる方は価格の一番安いSR60xで良いと思います。)

今までのシリーズだと、SR125とSR225が一つの分岐点だったんですけど。

リニューアルされたプレステージシリーズを聴いて、最も個性的だったのが、ポン作さんが聴かれたSR225xです。
SR325xと比較すると、線の細いサウンドですが、
低音もSR325xより控えめだし、高域も音源によっては刺さるので、受け付けない人は受け付けないヘッドホンです。
SR225xでしか聴けない妖艶な女性ヴォーカルは必聴ものだし、突き抜ける爽快な高域もGRADOならではです。

なので、MEZEの99と同じく、試聴できない方々にお勧めするのであれば、SR225xではなくSR325xになってしまいます。

唯一無二のサウンドを楽しみたければ、SR225xとなりますねー。

5つあるプレステージシリーズから、ポン作さんがSR225xを選択されたのは、もう天性の感なのでしょうね。

2023/1/1 18:02  [2265-6629]   

tam-tamさん、こんにちは。

SR225xを真っ先に試聴したのはレビューが少なかったのと、もしどうしても欲しいとなったときに買うのに差支えなさそうな価格だったからなんですよ^^:
レビューが少ないとどんな音か余計気にもなりますし。
少しずつ可能な限りGRADOは試聴するつもりでいます。

>最も個性的だったのが、ポン作さんが聴かれたSR225xです。

なるほど、そうだったのですか。
そう言われると尚更他の機種も聴いて確かめてみたくなりますねー。

あの楽しいGRADOのサウンドは唯一無二じゃないですか( ̄▽ ̄)
と言ってもまだSR225xを聴いただけですがw
ただ、GRADOは種類が多く型番が紛らわしいですねえ^^:

2023/1/2 15:41  [2265-6630]   

ポン作さん。

こんばんは。

GRADOは昔から謎だらけのメーカーなのです。
一説には、同じドライバーユニットを大量に発注して、出来が良いものはハイエンドクラスに、出来が良くないものはそれなりのヘッドホンに使用してた、なんて噂もありましたからねー、w

一番良い、GRADOヘッドホンの選び方は、中古を試聴して、気に入ったらそれを買う、というのもありましたね。

昔からのGRADOファンはxシリーズのSR325はガッカリしたと思います。
その反面、強烈な個性ゆえ、敬遠してた方々には好評だったようです。
「品」を感じるんですよね、SR325x。
高域はマイルドになってるし、全体的なサウンドバランスも凄く良いです。

SR325eの中古があったら、聴き比べてみて下さい、結構違うと思いますよ。
どちらが優れているとかはないです。好みの問題ですからね(^^)。

SR225xのエロいヴォーカルはマジでヤバいです。これはSR225xでしか聴けないヴォーカルですね。
(D7200の女性ヴォーカルもエロいんですが、タイプが違うので、w)

価格的にも魅力ですよねー、SR225x。

オーテクのWP900もお時間があったら是非!!
並の開放型より、抜けが良い密閉型ヘッドホンなので、コレもちょっと面白いです。
音抜けが良い、という事はそれなりに音漏れもするらしいです、w
聴いてる本人はわからないので(笑)。

GRADOのBluetoothヘッドホン、GW100xも一推しです、聴いていて楽しいヘッドホンと言ったらコレです、w

2023/1/2 19:19  [2265-6631]   

tam-tamさん、こんばんは。

なるほど、GRADOは昔から謎だらけのメーカーなんですか。
それもまたある意味ヤバいですw
ていうか、tam-tamさんはGRADOを所有しておられるようなのでお聞きしますけどGRADOってそもそも耐久性はどうなんでしょうかね。
見た目のチープさに反して耐久性はあるんでしょうかね。
チープと言いましたが、チープなデザイン私は好きです。
ヘッドホンでは何故かチープな外観に惹かれてしまいます^^:

まだ聴いていませんが、オーテクのWP900は良さそうな感じがびしばし伝わってきますねー。
昔は嫌いでしたが、最近のオーテクはJVCよりも好きかもしれないので。
でもスペック的にこれDAPなんかでは鳴らしにくいんじゃないですかね。
値段も高い(笑)

2023/1/5 23:19  [2265-6632]   

ポン作さん。

こんばんは。

ちょっとサボり気味でした、w
イヤホン、ヘッドホンの整理とiPhoneの修復に時間を使っていました。

GRADOの耐久性ですか、
私はガンガン使ってますけど大丈夫ですね。
ですが、すぐ壊れてしまった、という話は聞きます。
普通に使っていれば、大丈夫としか言いようがないですね(^^;;
「SONYタイマー」なるものも、私は一度も遭遇した事がありません。
ところが、知人のSONY製品はメーカー保証が切れたタイミングでよく壊れているので、これが「SONYタイマーか」と、w
ある程度の「運」もあると思いますね。

私が所有している一番新しいヘッドホンがパナソニックのRP-HD10なのですが、ボロボロです。
(購入したのが、ですね。)
もう既に生産終了となってますが、大変気に入っているので、もう一本買おうと思ってます。

WP900はiPhoneで鳴らし切れるヘッドホンですが、かなり上流に左右されます。
これも、とある人に確認してもらっているので、私の偏見ではないです。
ポン作さんも試聴される機会がありましたら、スマホ直差しとDAPとで聴き比べてみて下さい。
(据え置き型ヘッドホンアンプの方が良いですが。鳴らしやすいヘッドホンですが、スマホ直差しとではかなり違ってきちゃいますので、ヘッドホンアンプで聴く事を推奨しています、ポータブルタイプでも良いので。)

値段は高いですねー、ポータブルヘッドホンですからね。
購入出来るタイミングで、購入しなかったのはピカピカのWOODハウジングだったからです。
傷が付いたら、おそらくへこむだろうな、と(笑)。

2023/1/6 04:23  [2265-6633]   

tam-tamさん、こんにちは。

表のコメント勘違いしていますよ。

表題のものはイヤホンではなくヘッドホンです。

私が勘違いしているのかと思いました。

ナイスを返してください(笑)
思わずナイスを押してしまったじゃないですかw

2023/1/7 09:45  [2265-6634]   

ていうか、私がその前にイヤホンて言っていますねw

なんだ私のせいだったというw

勘違いさせてごめんなさい_(。。)_

2023/1/7 09:53  [2265-6635]   

えー(^^;;

ヘッドホンでしたか、
これは、なんたる勘違いを、w

ポン作さん、教えて頂きありがとうございます。
修正レス入れときます。

ナイスは返せません(笑)

2023/1/7 09:57  [2265-6636]   

何やらtam-tamさんの妹さんらしき人が表の口コミで質問されておりますよ(笑)

2023/1/7 10:01  [2265-6637]   

あらー、ほんとだ、何やってるんだ、アイツ、w
(単に同じハンドルネームだけですよ、w)

全然気が付きませんでした、w
Bluetooth系なので、スルーしましたが、私がレスをしていたら、面白かったでしょうね(笑)。

2023/1/8 08:18  [2265-6638]   

駄菓子屋ポン作さん。

遅くなってしまいましたが(^▽^;)

明けましておめでとうございます。
今年もグッとくるイヤホンとの出会いがありますように☆

今年もよろしくお願いいたします。

2023/1/10 12:12  [2265-6640]   

音之葉さん。

遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

2023/1/10 12:14  [2265-6641]   

ちちさす さん

いえいえ、ご丁寧にありがとうございます。
こちらこそお願いします。

>今年もグッとくるイヤホンとの出会いがありますように☆

ありがとうございます
で、さっそく良い買い物をしました(^_^)

2023/1/10 18:03  [2265-6643]   

tam-tamさん、こんばんは。

ちちさすさんへの書き込みで知りました。
新年早々大変なことになりましたね。

でもオミクロンでしょうから個人差はあれ大丈夫だと思います。

私も去年の春先に陽性になりましたけど10日間の自宅療養でほぼ回復しました。

くれぐれもお大事にしてください。

2023/1/10 18:30  [2265-6644]   



なんと、vol.5に突入致しました!
凄い!(笑)

これからもよろしくお願いします(^^♪

2022/11/28 09:04  [2265-6482]   

vol.1 vol.2

ちちさすさん。

だいぶ遅れてしまいました。

タワーレコード渋谷店で購入したCDですね。

Beethoven Unknown Works・Des CEuvres inconnus vol.1 vol.2

Vol.1

Diac1
op.61(Piano Concerto)
op.14、1(Piano Sonata)
op.14、1(String Quartet)

Disc2
op.65
WoO.92
WoO.92a
WoO.95
op.116
WoO.89
WoO.90
WoO.91.1
WoO.91.2

Disc3
WoO.14
WoO.9
WoO.17
WoO.15
WoO.8

Vol.2

Disc1
op.85
WoO.97
op.112
op.121b

Disc2
WoO.7
WoO.3
WoO.4
WoO.1

Disc3
Kanons,Epigrsmme und Scherze
WoO.152
WoO.153

見辛くて、ごめんなさい。
ちょっと曲名まで書くのが無理でした。

購入価格が2つで、3,000円ちょっとだったと思います。
このCDは一度も聴いておりません。←何故買った(笑)。

この中でちちさすさんが、最も興味があるのはvol.1 Disc1に収録されている、ヴァイオリン協奏曲をピアノ協奏曲として編曲したヴァージョンではないかと思うところですが、如何でしょう(^^♪

2022/11/29 03:57  [2265-6492]   

tam-tamさん。

Unknownとは「珍しい」「有名でない」という意味に使っているようですね。「知られざる」という意味が本当なのですけど。
ヴァイオリン協奏曲のピアノ協奏曲編曲版は、私はDECCAで出ていたムストネンのを持っていました。
このピアノ協奏曲編曲版のカデンツァは、クレーメル/アーノンクールのヴァイオリン協奏曲のカデンツァに再編曲されたのでも有名ですね。

ピアノ・ソナタ第9番の弦楽編曲は有名なので、Unknownに含めるのはかなり違和感あります。
コンサートアリアの「不実なる人よ」は、シュヴァルツコップ/カラヤンの名演があるのでかなり知られた作品。
「かんらん山上のキリスト」も録音はけっこうありますよね。
このCD、Woo.も含めて全般的に「有名でない作品集」であって、Unknownは誇大広告すぎでは(^^;)
ウイキペディアにない作品て、どれですか?


チャイコフスキーの交響曲第1番、YouTubeにオーマンディの演奏があったので聴いてみましたが、これはダメ。いくらなんでも無神経すぎます、オーマンディさん(^▽^;)


大相撲ですが、力士は申し合いを年中していますから、本割からすぐ決定戦になる力士が体力的に不利ということはない、と複数の親方さんが言っていますので、多分そうなんでしょう。
対戦成績上、一番不利だったのが阿炎ですが、不利を跳ね返す力は素直に褒めたいものですね。
ただこういうムラっ気力士は安定した成績ってなかなか残せません。それでなくても、地力が付いていないのに相撲力だけで大関に上がって、安定できず陥落というのが続いていますので、地力がなければ上がれない仕組みに変えるべきだと私は思ったのでした。今場所は正代も陥落の成績でしたしね。

2022/11/29 08:40  [2265-6493]   

ちちさすさん。

<このCD、Woo.も含めて全般的に「有名でない作品集」であって、Unknownは誇大広告すぎでは(^^;)

タイトルを付けたのは私ではありませんから、私に言われも(^^;;

ベートーヴェンは後世に残る優れた作品を数多く残してますから、それらと比較すると、あまり聴かれない作品を収録したCDという事だと思います。

私も、このCDに収録されている作品はほとんど聴いた事がありません。

よくよく見ると、演奏者も名のある方ばかりですし、以前発売されていた演奏の寄せ集め的なCDなのだと思います。

<ヴァイオリン協奏曲のピアノ協奏曲編曲版は、私はDECCAで出ていたムストネンのを持っていました。

なんと、所有されていたのですね。
私はピアノ協奏曲編曲版は聴いた事がありません。

<このピアノ協奏曲編曲版のカデンツァは、クレーメル/アーノンクールのヴァイオリン協奏曲のカデンツァに再編曲されたのでも有名ですね。

これも知りませんでした。

<ピアノ・ソナタ第9番の弦楽編曲は有名なので、Unknownに含めるのはかなり違和感あります。

演奏している四重奏団はSuske-Quartettと書いてありますね。
これはベルリン弦楽四重奏団ですね。

<コンサートアリアの「不実なる人よ」は、シュヴァルツコップ/カラヤンの名演があるのでかなり知られた作品。

これも聴いた事がありません。
かなり知られた作品なのですか。

<「かんらん山上のキリスト」も録音はけっこうありますよね。

私がこのCDを入手した当時は、2つくらいしかなかったような。
私が所有しているCDは「かんらん山上のキリスト」だけでして、指揮がヘルムート・コッホのものです。
この誇大広告CDに収録されている録音も、同じくヘルムート・コッホ指揮の録音でした。
つまり買う必要がない「かんらん山上のキリスト」のCDを単品で買ってしまった事になりますね。

<ウイキペディアにない作品て、どれですか?

ここまで調べて、書いているのですから、ちちさすさんも知ってる上で書いてると思いますが。
私の調べ方が十分ではなかったです。
ウィキペディアの「作品番号順一覧」のWoO番号の項目しか見てなかったのです。
ここにはWoO131の次が205になっていたので、てっきり載ってないと思ってしまったのです。
「民謡編曲」の項目のところにWoO152と153が載ってました。
「25のアイルランドの歌」と「20のアイルランドの歌」ですね。
これ以外の民謡編曲も私は聴いた事がありません。

<チャイコフスキーの交響曲第1番、YouTubeにオーマンディの演奏があったので聴いてみましたが、これはダメ。いくらなんでも無神経すぎます、オーマンディさん(^▽^;)

私には演奏の良し悪しを言い切れるほど、聴いておりませんし、むしろ、今まで聴いてなかったチャイコフキーの交響曲第1番を数回聴いただけで、無神経な演奏と判別出来るちちさすさんは凄いと思います。

私が所有している書籍で音楽之友社が発行している、「クラシック名盤大全:交響曲篇」というのがあるのですが、これを見ましても、チャイコフスキー交響曲全集は4つしか紹介されておらず(ちちさすさんが購入されたと思う、カラヤン/ベルリンフィルも載ってますね。)、単品では第1番「冬の日の幻想」が一つあるだけで、第2番、第3番ともに一つも紹介されておりません。

ちょっと調べてみたのですが、ムラヴィンスキーのCDも出て来ませんでした。
流石に演奏はしてると思うのですが、第1番から第3番の録音はないみたいですが、実際のところは演奏記録、録音記録などの資料を持ってないので、ちょっとわからないですね。

<大相撲ですが、力士は申し合いを年中していますから、本割からすぐ決定戦になる力士が体力的に不利ということはない、と複数の親方さんが言っていますので、多分そうなんでしょう。

ここまで書かれると、私の書き込みでご不快な思いをされたと流石にわかります。

チャイコフスキーの交響曲、第1番から第3番まで今まで未聴だった事に関してですか?
ベートーヴェンのあまり知られてない楽曲に関しても、ここまで詳しく知っておられるようですし、知識、聴き込み量では私は足元にも及びません。
ですので、本当に驚いた、というのが正直なところで、嘲笑ってるという気持ちも一切ありません。
リスペクトしている方にどうしてそんな事が出来ますでしょうか。

チャイコフスキーだけではないのでしょうね、おそらく。
サッカー、競馬、大相撲、全ての書き込みで、不快な気持ちになったと想像します。

私の書き方が悪かった(文章の書き方)のではないと思います。
文章の書き方が悪かったのもあるかも知れませんが、それよりも内容の方だと私は思います。

間違ってたら、ごめんなさい。
サッカー、競馬、大相撲に関しては、私が思った事を書いたまでですので、謝りようがありません。
チャイコフスキーに関しては、文章の書き方で、さも嘲笑ってるかのように感じられたとしたら、申し訳ないです。

2022/11/29 11:06  [2265-6495]   

tam-tamさん。

不快な思いってほどではないので、私の方は気にしませんように(^^)
こっちよりも、駄菓子屋ポン作さんの方をきちんと対応されてください。
流し読みですが、ポン作さんが、詰め寄られている、とお感じなのも分かる気がします。まだちゃんと読んでませんので気がしているだけですが。
ポン作さんへ長々と言い訳を書くのは禁忌だと思いますよ。


チャイコフスキーの第1番のオーマンディの演奏、んー、カラヤンがいかに神経行き届く演奏をしていたかがオーマンディを聴いて分かってしまったという(^▽^;)
カラヤンとの比較で感じたことですので、作品をバッチリ理解して、ということではありません(^▽^;)


大相撲の件は、私も力士じゃありませんから(当たり前ですよね、笑)、経験でモノは言えません。
まあ、現役を長く務めて、親方にまでなって解説までしていた人が、1人ではなく何人もそう言うのですから、多分そうなんでしょう、ということです。

ベートーヴェンのUnknownは、もちろんtam-tamさんがつけたアルバムタイトルでないのは明白ですので、これは私がtam-tamさんに同意を暗に求めたような一文です。
ちょっと意が伝わらなかったでしょうか、失礼しました。

2022/11/29 14:27  [2265-6498]   

ちちさすさん。

ちちさすさんが聴かれた、オーマンディの演奏というのは、フィラデルフィア管を振ったものでしょうか。

私は聴いた事がありませんが、オーマンディ/フィラデルフィア管のキンキラサウンドは書籍などで、読んだ記憶があります。

カラヤンはどんな小品に対しても、大曲を振るのと同じくらいの集中力で取り組んでいますからね。

ブラームスのハンガリー舞曲ですとか、ベートーヴェンの序曲集など、今も高く評価され続けいているのは、そういうカラヤンの楽曲に対しての真摯ある姿勢ではないですかね。

クラシック音楽界のセールスマンだとか、言われたい放題の時期もありましたけど、やはりカラヤンの表情から推測するに、実に深みのある顔立ちだな、と←どうしてもこうなるんかいな、w

前にも書きました通り、ニヤけている表情を見た事がないのですねー。

なんとも言えない陰影があるじゃないですか。

クライバーは、ニューイヤーコンサートとベートーヴェンと2つの映像DVDを持ってますが、ニヤけて見えるんですよ、クライバー、w

単純な指揮方とか小学生の授業で習うじゃないですか。
3拍子はトライアングルを描くような感じとか。

指揮方のメソッドなる本も読みましたけど、まあチンプンカンプンでございまして、それでも指揮棒など買い込んで、指揮者の真似事などしながら、大音量でスピーカーから聴いて、一人悦に入り込んで楽しんでおりましたが(笑)

フルトヴェングラーのアインザッツが非常にわかりにくい、と言うのは有名じゃないですか。
フルトヴェングラー=「降ると面食らう」なんて言われておりましたよね。

格好だけ真似しても、どうも満足出来ないんですよ、上手く出来んのう、と、w

それで、コンサートDVDをいくつか購入して、指揮者はどんな風にタクトを振っているのだろうと。

私が好きな、ミヒャエル・ギーレンなんかは、割と正々方なタクトの振り方をしていて、観ても面白くもなんともないんですよ、音楽と同様に、w
あれは、映像があってもなくてもどうでもいいですねー。

これまた、私の好きなトスカニーニも、どちらかと言うとキチッとした指揮方で。
観ていても、非常にわかりやすい感じ。

カラヤンも大体同じ系統かな、と。訳のわからん動きはしないですね。
ただ、表情に深みがあり(結局はここに行く着くんかいな、w)、独特のオーラがあるんですよねー。

浮かす棒で有名な、クライバーになると、正々方な指揮とはかけ離れ、キチッとリズムをタクトで指示する感じではないです。
なんか、独自にやってる感じで、こんな感じなら、真似は出来るな、と。
なんて言うんですかね、クライバーの独特なタクトは映像映えするんですよ。
簡単に言うと、カッコいいんですよね、
当たり前の話ではあるんですか、ピタリとあっているんですよ、オーケストラと。
ああ、これが天才たる所以かと。
ちちさすさんが言われた、拍の取り方でしたっけ、クライバーが独特の処理をしていると。
それを、一見訳のわからん振り方で実演でやっているんですよね。
私のような素人から見れば、訳わからん振り方をしているので、こんな感じでいいなら、と真似しやすいんですよ(笑)
あれは見事としか言いようがないですね。

そうそう、ニヤけ顔ではないですが、ちょっと笑みが垣間見れるカラヤンのコンサートDVDがありましたねー。
ニューイヤーコンサートを振った時のアンコールの「ラデツキー行進曲」の時でしたかね。
実に楽しそうなカラヤンの表情がありましたね、ニヤけてはいませんけどね、w

2022/11/30 06:38  [2265-6503]   

tam-tamさん。

>それより、驚きの発見とはなんですか(^^;;
>新しい音源でも発掘されたのでしょうか、大変興味があります、ちちさすさんが「エッ」ってなるくらいですから、是非ご報告頂けたらと思います(^^♪

あ…、そんなたいしたことでないので書きにくくなってしまいました(笑)。
ま、書きますけど。

YouTubeでトスカニーニ/NBC交響楽団のベートーヴェン交響曲の第1番と第2番を音源化してみたんですよ。
最近パウル・ファン・ケンペンのベートーヴェンを聴きまして、これが良かったので、同じ傾向と言われるトスカニーニと比較試聴してみようと思ったのです。
で、音源化したものを聴いてビックリ、なんか擬似ステレオみたい(^^;)
試しに、iTunesでモノラルミックスでコピーしてみましたら、ちゃんとモノーラルとして聴こえます。
つまり、YouTubeのはモノーラルなのにステレオプレゼンスたっぷり、擬似ステレオ寸前なくらい。
YouTubeのは、CDをコピーしたのをそのままアップロードしただけと思われますので、CDの音源そのものがステレオプレゼンスたっぷりなのだと思います。
演奏はRCAへの有名な交響曲全集のデータなので、これにステレオプレゼンスが付いているんでしょうかねぇ?
tam-tamさんはトスカニーニをお持ちだと思いますが、どうでしょう?

YouTubeのステレオプレゼンス付きと、iTunesでモノラルにミックスしなおしたものを比べて聴きますと、かなりビックリすると思いますよ。特にモノーラルという先入観がありましたから。
モノーラル音源でも、聴きやすくするためにステレオプレゼンスを付加することはけっこうあるそうなんですけど、こんな擬似ステレオ寸前までついているのを聴いたのは初めてですよ(^▽^;)

2022/11/30 07:13  [2265-6504]   

ちちさすさん。

ちちさすさんが聴かれた、トスカニーニの演奏、録音は1939年のものでは、ないですか。

トスカニーニはベートーヴェンの交響曲全集を2度録音していますよね。

市場に出回ってるものは、カーネギーホールで録音した2度目の録音のもの。
1939年の録音の全集も、買えない事はないと思うんですが、廃盤、再発を繰り返し、その度にリマスターが変わってしまってます。

ちちさすさんが聴かれたであろう、ステレオプレゼンスたっぷりのものは、私も聴いておりますが、最初にCD化された音源で、現在では入手困難な貴重な音源となっております。

なんで、こんな擬似ステレオみたいにしてしまったかと言うと、NBCが使っていた有名な8Hスタジオが物凄いデッドなんですよ。

残響がほとんど吸収されるようで、響きの余韻とかが全くないんですよ。

カラヤンは良く教会などで録音してたじゃないですか。
おそらく残響の良し悪しなど考慮してのものだと思うんですが。

今、簡単に入手出来る、カーネギーホールでの2度目の全集の録音は、変なリマスターはしておりませんが、1939年の擬似ステレオ処理された音源は大変貴重です、現在では販売されてないと思います。

変な処理はしない、と言う事で、再販となった、1939年の全集は、こちらの方がより正確な音源なのでしょうけど、ちょっとデッド過ぎて、鑑賞に耐え得るものではないですねー。

クライバーのベートーヴェンの第4番が空前のヒットとなったじゃないですか。

私もクライバーの第4番が最初で、トスカニーニの1939年録音の第4番は後から聴いたんですよ。
トスカニーニもいいじゃん!と聴いたのが、ちちさすさんも聴かれたステレオプレゼンスたっぷりの人工的残響処理されたCDだったのですね。

これが結構気に入っていて、CDを買ったんですが、見事にステレオプレゼンスがなくなっていて、ガックリきた記憶があるので(^^;;

ちちさすさんも驚かれるようですから、あそこまで、ステレオプレゼンスが加えられた音源と言うのも非常に珍しいのでしょうね。

これは好みの問題で済まさせるかどうか、わかんないですけど、私は残響がない8Hスタジオの素の録音よりも、ステレオプレゼンスされた音源の方が聴きやすいですねー、違和感はありますけどね(^^;;

貴重な音源なので、ゴミ箱に捨てないように(笑)

あ、YouTubeにあるのですか、今!
早速探してみます、いやー貴重な情報でした、ありがとうございます(^^;;

2022/11/30 07:55  [2265-6505]   

@ A B

ちちさすさん。

トスカニーニのCDも聴くものはPCにインポートして閉まってあるので、すぐ出せるものになってしまいますが、

@が現在でも入手が容易な2度目の全集。
Aが単品だ発売されていた、全集と同じ録音月日のもの。
Bが1939年、8Hスタジオで録音された、国内発売のCD。

@に収録されている「エロイカ」とAに収録されている「エロイカ」は同じ録音なんですが、微妙に音が違います。
と言っても、ちちさすさんが聴かれた擬似ステレオみたいな酷い事にはなっておりません。

この1939年録音の擬似ステレオ盤はLPレコード時代から存在していたようです。

ですが、私が聴いた擬似ステレオCDがLPレコードの擬似ステレオと全く同じかどうかわかりません。

ちちさすさんがこれまで聴いた事がないという事を考慮すると、CD化するにあたって、再度ステレオプレゼンスが加えられた音源ではないでしょうか。

MDには録音してあるのですが、これを画像添付しても、どの型番のCDからダビングしたものかわからないので、w

トスカニーニは周知の通り自尊心の強い指揮者なので、自ら引退宣言をしています。
それを、NBC交響楽団という餌を与え、必死に引き留めたというお話しは、知っている事でしょう。
なので、音質的には2度目の全集が良くても、引退宣言直後の1939年録音の方が、トスカニーニの全盛期に近い録音という事でマニアから重宝されているのだと思います。

1939年録音の8Hスタジオの録音は本当に残響が一切なく、私はステレオプレゼンスが加えられた音源の方がまだ良いと思ってます。どちらにせよ、音質云々を語れる代物ではありませんね、これは。

私は、フォルテッシモで「鉛の塊」のような重いアタック感が好きなのですが、これもどうやら、作られた音のようですね。
実演を聴いていた、当時の聴衆の感想では、トスカニーニはダイナミックレンジが小さく、まるで小編成オーケストラを聴いているようだ、と多くの人が語っていたと、書いてある書籍を読んだ記憶があります。

参考文献などなど、

クライバーの第4番と比較した感想が書いてあります。
https://classicbox.net/2019/08/12/toscan
ini-beethoven-symphony-complete-works-19
3901/


擬似ステレオ盤について書いてあります。
https://ameblo.jp/hirochan-amp/entry-126
54118063.html


1939年録音のLPからの復刻CD、これは聴いてみたいです。
https://www.hmv.co.jp/product/detail/104
86728

2022/11/30 09:48  [2265-6509]   

tam-tamさん。

YouTubeのデータでは、1949-1953年カーネギーホールとなっているので、2回目の全集みたいです。
このトスカニーニのベートーヴェンはまとめて9曲アップされているのですが、第3番は1953年録音でした。
トスカニーニの全集は、一時期、第3番に1949年録音が使われていたので、1953年録音の第3番があるということは、YouTubeは1980年代中頃の全集か、2000年以降の全集だと思います。
ステレオプレゼンスが、いつ発売したCDについているのかはわかりませんが、tam-tamさんがお持ちの音源元のCDではなさそうですね。

私はトスカニーニのベートーヴェンを聴いたのは結婚前ですので2000年前後なのですが、当時はスピーカーだけで聴いてましたので、擬似ステレオぽいプレゼンスがあっても気づかなかったと思います。当時の私のメモにもそういう点にはまったく触れられてませんし。
それか、私が聴いたのはそんな大きいプレゼンスは入ってなかったのかもしれません。

最近、ちゃんとモノーラルの録音をかなり聴いていますので、このトスカニーニはかなりの違和感で、残すのだったらモノラルミックスして残そうか、と思ったのですが、慣れたらかえって聴きやすいかもと思い直しまして、このまま取っておくことにしました。
ただ正直、音はバリリ四重奏団みたいにYouTubeでもオッケーって感じでないのです。
ライブラリに入れるかどうかは、もっと聴き込んでから考えますが、あれ? この音質ならライブラリに入れるくらいならCDを買いますよね(笑)。どっちにしろ、このYouTubeからのトスカニーニは、PCから消える運命てことのようです(^▽^;)

2022/11/30 13:06  [2265-6510]   

ちちさすさん。

2度目の全集ですか。
それで、擬似ステレオみたいになっていると。
それは直ちにゴミ箱に捨てて下さい(^^;;
貴重な音源でもなんでもありません。

8Hスタジオがあまりにデッドなので、カーネギーホールで再録音したので。

1939年録音の、元音源とステレオプレゼンスが加えられた音源を聴くともっとびっくりすると思いますよ。

ちょっと忘れてしましましたがART処理でしたっけ、お風呂場音響みたいなリマスターって。
それは初めから残響がある音源ですよね。それを変に増幅したからお風呂場音響みたいで聴けたものではないと。

8Hスタジオの録音はトスカニーニを聴いてないと、おそらく聴く機会があまりないと思うんですよね。
私は詳しい資料など持ち合わせてないので、わかりませんが。
そもそも、1939年の録音ってだいぶ古い方の音源じゃないですか。
これはよほど好きな指揮者とかじゃないと聴かないと思うんですよね。
8Hスタジオの録音って本当に一切残響がないのですよ。
ですので、余程弄らないと、残響が作れないのではないかと(笑)

私がそのトスカニーニのCDを聴いたのはまだ成人する前でしたので。
私のしょぼいオーディオシステムで鳴らしても、ハッキリとわかるレベルでしたから、この私でもですよ、w
確かトスカニーニ以外にも似たような擬似ステレオ音源がたくさんあったと思います。
メンゲルベルクも結構借りて聴いていたので、あったと思いますね。トスカニーニほど違和感はありませんでしたが。

トスカニーニのベートーヴェン全集をYouTubeで聴くのでしたら、1939年録音のものじゃないとあまり意味がないかと思うんですよね。
2度目の全集でしたら、今だとかなり安く入手出来ると思うので。

ところで、CD番号で調べれられるのでしたら、ちょっとお願いしても良いですか。

トスカニーニのエロイカで、2つのものがありますが、Google検索しても出てこないので。

トスカニーニ NBCso。 1939.10.(Live) CR・CRCB-10003
トスカニーニ NBCso。 1939.10. BV・BVCC -5175

資料がなければ、スルーでOKです。

2022/11/30 13:56  [2265-6511]   

ちちさすさん。

トスカニーニ、ベートーヴェン交響曲第4番の1939年録音の音源です。
2つとも8Hスタジオでの録音ですが、音質が違います。

コマーシャルが入るか、厳密には精査してないので、旦那様に音源化して貰ってから聴いてくださると幸いです。

状態の良いLPから復刻のようです。私が所有しているCDよりも良好ですね。
Arturo Toscanini - Beethoven : Symphony
No.4 Op.60 (1939) 再復刻
https://www.youtube.com/watch?v=PjVraggV
R-Y


此方も8Hスタジオでの録音ですが、スクラッチノイズがありません。ステレオプレゼンスがある音源ですが、私が聴いた音源とは雲泥の差です。此方も良好です。
The 1939 Beethoven Cycle: Symphony No 4/
Toscanini
https://www.youtube.com/watch?v=iNo701xF
YoA


私として、LPからの復刻の方が音が良いと思います。
少し、デッドに感じる音質ですが、CD化された音質とは比較にならないくらい素晴らしいです。

私が聴いた人工的なステレオプレゼンスの音源を探してみましたが、見つからず。
私が所有している、8Hスタジオの酷いデッドな音源を聴いてもらおうと探しましたが、見つからず。
結果的には良好な1939年録音の音源を偶然にも見つけてしまいました(笑)

2022/11/30 15:11  [2265-6512]   

ん?
CD番号まで分かっていて、何を調べるのかしら?(^▽^;)
この2枚は同じ録音かどうか、ということでしょうか?

結論から言えば、この2枚の英雄は、どちらにも1939年10月28日、ニューヨークNBC8Hスタジオ、というクレジットがありますので同一です。

BMGビクターから出ていた方は、英雄と第8番(1939年)とのカップリング。1回目の全集からの2曲と思われます。別の月に第5番もBVCC-5192で出ています。BMGからはこの3曲が今のところ見つかってます。資料をもっと探せばまだあるかも?

日本クラウンから出ていた方は、1939年の全集とLP時にカップリングされた管弦楽曲をすべてまとめたもので、ボックスではなくバラ全集です。全部で7枚あり、規格番号はCRCB10002から10007です。
また、第3番はライヴではありません。全集中、第9番と合唱幻想曲がライヴで、他はNBC8Hでのスタジオ録音と私の資料には記載されています。

2022/11/30 15:20  [2265-6513]   

そうですね。
同じ録音年月日でしたか。

同じ録音のものは載せてない書籍だったので、ちちさすさんならわかるかもしれないと思いまして。

8Hスタジオでの録音でも、観客を入れての録音と、そうでない録音があるようでしたので。

10月28日の録音でも、この2つは別の演奏だと思うのですよね。

観客を入れて録音したものが(Live)となっているようですね。

どうも、ありがとうございました(^^♪

2022/11/30 15:32  [2265-6514]   

tam-tamさん。

前者の方が1回目全集のものですね。1939年11月4日録音です。
後者のは1939年6月1日、ロンドンのクイーンズホールとのクレジットがあります。単発セッションかライヴでしょうね。
両方聴いてみようと思います♪


日本クラウンから出ていたバラ全集は、7枚とも手許に資料が残ってます。当日ライヴとセッション両方あったとしましても、日本クラウンから出ている演奏はライヴでないのは確実と思われます。
というのも、第3番のリリース情報には、「RCAからも同一音源のCDが出ています」とハッキリ記載されています。BMGのはRCAの録音ですからね。

2022/11/30 15:48  [2265-6515]   

ちちさすさん。

あらー、ほんとだ、笑。

LPから復刻音源は8Hスタジオの録音ではないじゃないですか(^^;;

だから音質良かったのか、いやーこの大ボケめ、w←自分に言っております(笑)
これはこれは、失礼致しましたー。

なんとなく、おかしいなと聴きながら思ってたんですよねー、状態の良いLPはこんなに残響が確認出来るのかと、w

という事は、下の8Hスタジオの録音は確実にステレオプレゼンスが加味されてますね。

なんたる事よ( ̄▽ ̄)、w

でも、音質が良いので(^^;;
1939年録音のトスカニーニの演奏が聴けますので。

第5番、第6番、第7番、第8番、第9番はそれぞれ、名演、決定盤なるものがありますので、第4番を選んでみました。
良い曲ですしね(^^♪

演奏自体は第1番も良いのですが、曲自体の魅力は第4番のが良いと思うので。

クライバーとは違った、第4番が聴けると思います(^^)。

エロイカの1939年の録音は同一のものでしたか。

同じ日に2度の録音が行われる方が不自然ですからね。

おそらく、観客を入れてのセッション録音だったのでしょうね。

ベートーヴェンチクルスからの録音と書いてあったり、8Hスタジオでのセッション録音と書いてあったり、ライヴ録音と書いてあったり、まちまちでしたので(^^♪

機密資料から調べてくださり、ありがとうございました(^^)。

2022/11/30 17:07  [2265-6516]   

ちちさすさん。

トスカニーニ、ベートーヴェン交響曲第4番、

リンクを貼った1939年録音の演奏なんですが、LPからの復刻盤、最初は此方の方が良いと思いましたが、ちょっとモコモコした録音ですね。
オーケストラも違うので(BBC)、演奏内容的にどちらが好みか分かりませんけど、
NBCを振った、音源の方が録音の状態は良いですね。

パウル・ファン・ケンペンと書かれているのを見て、最初は誰だろう、思いましたが、「ケンペン」の名前は知ってました(^^;;

指揮者でも「ケンプ」と「ケンペン」がいて非常に紛らわしいな、と思った記憶がありましたので。

このケンペンの演奏は、ベートーヴェンはもちろん、誰の作品も聴いたことがなく。

ちちさすさんが聴かれたケンペンのベートーヴェンは、ベルリンフィルを振った、第3番、第7番、第8番の演奏だと思います。
って言うか、これしか録音してないですよね?

録音場所がイエス・キリスト教会、1951年から1953年にかけての録音ですから、録音状態も良好です。
聴き慣れたイエス・キリスト教会の残響、オーケストラがベルリンフィルでは、トスカニーニと比較するのは、ちょっと分が悪いですね(^^;;

ケンペンのベートーヴェンの演奏を聴いてみましたが、モノーラルとは言え、録音状態も良く、全くに気になりません。

トスカニーニと似ていますかね(^^;;

フルトヴェングラーと比較すれば、トスカニーニに近いとなるのでしょうけど。

トスカニーニで聴くのであれば、音質コミコミで、やはり1953年盤になるかなっといった印象です。
(以降、第3番、エロイカについて書いてます。)
シューリヒトの演奏は聴いてたと伺っておりましたし、エーリッヒ・クライバーの演奏もおそらく聴いているでしょう。
(ケンペンと比較するならば、トスカニーニより、エーリッヒ・クライバーのが近いんじゃないですかね(^^;;。)

ケンペンの演奏を聴いて、モノーラル録音ではこれ以上の演奏はちょっとないんじゃないかと思った次第ですね。

YouTubeの音源で聴いてこれだけ素晴らしいのですから、CDだともっと良いのでしょうね。

同じ1953年の録音として、個人的に聴いてほしいと思う演奏は、ウェストミンスターに残したヘルマン・シェルヘン指揮ウィーン国立歌劇場管弦楽団のものですね。

「灼熱のベートーヴェン」などと、一夜脚光を浴びた、ルガーノを振った1965年盤とは全然違うので。

オケの力量も、録音状態もちょっと比較になりませんが、まともな「エロイカ」が聴けます。

トスカニーニが冷静になって指揮しているような演奏です。

感銘は受けないかもしれませんが、現代音楽を得意とする指揮者が、エロイカを演奏すると、こうなりますって感じの演奏ですね。
ちょっとこの時代には無い演奏だと思います。レイボヴィッツ、ギーレンなどの系統の先駆けとなる演奏ですね。

探してみたら、見つからなかったので、1951年、ウィーン交響楽団を指揮した演奏を聴いてみて下さい。
基本的な解釈は1953年盤とさほど変わらないので。

音源化して残す演奏になるどうかは分かりませんけど、研究熱心なちちさすさんなら、聴き慣れたエロイカであれば一度聴けば、大体は記憶に残ると思うので知っていて損はない演奏だとは思いますので、お時間がある時にでも気軽に聴いてみて下さい。
(コマーシャルは入りません。)
ゲテモノ系演奏ではありませんよ、w


Beethoven-Symphony n’3-Vienna SO/Scherchen
https://www.youtube.com/watch?v=TinMwzbs
MlY

2022/12/1 01:21  [2265-6519]   

訂正レス:

パウル・ファン・ケンペンの演奏がトスカニーニに似ているとは何処にも書いてなかったですね。
失礼しました。

「同じ傾向と言われるトスカニーニ」と書いてあるのに、どうして、「似ている」になってしまったのか。

言語を司るのは左脳でしたっけ。
最近、打ち込むのがやたら遅くなってしまっていて、指が動かないのではなく、言語が出てこないのです。

「考えられる」「いただけたら」とかが、正確に打ち込めないのです。

ちょっと前から自覚はしていたんですが。

「パウル・ファン・ケンペン」と一目見てもパッとこない。
「ケンペン」ですと、そういえば昔読んだ本に書いてあったな、とすぐわかる。

そういう歳なんですかね。

それはともかく、ケンペンがトスカニーニと似てますかとか、何度も書いてしまってます。
修正が出来ないので、そこら辺は私が勘違いして書いてるなとスルーして読んでくださると幸いです。

大変失礼致しましたm(__)m。

2022/12/1 02:58  [2265-6521]   

tam-tamさん。

私の資料はだいたい発売年月日順に重ねていますので、調べやすくなってます。日本クラウンがクラシック音楽のCDを出していた期間は長くないのですが、自主録音でなく、海外レーベルで出ているものをライセンス契約して出していました。
資料をもっと見てみましたら、日本クラウンはスイスのレリーフというレーベルのライセンスを取得していました。レリーフは主にパブリックドメインとなった音源をCD化して発売していたレーベルで、トスカニーニの1回目のベートーヴェン全集も、音源を持っていたRCAから取り寄せて発売していたのです。
日本クラウンはレリーフが出した1回目のベートーヴェン交響曲全集をそのまま日本盤として発売しましたので、日本クラウンとBMG(RCA)は同一音源で間違いないですね。
資料では、交響曲第3番とエグモント序曲、レオノーレ序曲第2番の3曲に対して「RCAからも同一音源が発売されている」と書かれていましたが、これは日本の業界のマナーとして、パブリックドメインとはいえレリーフに音源を送ってくれていたBMGに対して、礼として付したとみられます。
BMGから出た、第3番と第8番、第5番他、の2枚は日本クラウン盤が発売されたあとのリリースなので、資料の方には触れられていないのでしょう。

tam-tamさんのご覧になられた書籍がどんなものか分かりませんが、Liveという表記はCD裏表紙の誤記をそのまま真に受けたのでは、と私は推測します。
というのも、7枚のうち4枚の裏表紙を確認できたのですが、全部Liveになってます(^▽^;)
第3番のは確認できませんでしたが、おそらくそうなのでは。
日本クラウンが間違ったものと思われます。
実際のライヴ録音は、RCAがインフォメーションしているように、第9番と合唱幻想曲だけと思われます。

2022/12/1 08:02  [2265-6522]   

ケンペンですが、同じ傾向はトスカニーニというのは、当たらずとも遠からずみたいな(^^;)
同期の扱いはなるほど同じぽいですが、進行は似てませんね。
演奏としてはかなり良いですね。


YouTubeではアンセルメ/スイスロマンドのベートーヴェンも全曲ありますね。
私は聴いてませんが、これtam-tamさんが以前欲しがっていたものでしたよね?

2022/12/1 08:22  [2265-6523]   

ちちさすさん。

1939年、トスカニーニとNBC交響楽団でベートーヴェンチクルスというのをしてるんですね。

https://xn--pckax2cxl398r27wc.com/compos
er/beethoven/toscanini_beethoven-all.htm
l


これを見ますと、第3番の演奏が1939年10月23日となっているんですが、これが誤表記というか記録間違いなのでしょうか。

他にも色々なサイトを見たのですが、やはり、10月23日と10月28日とあって、「同一演奏?」となっているんですね。

今さっき起きたんですけど、ケンペンのエロイカに魅せられて、繰り返し聴いていました。

フルトヴェングラーなら、僅か5日の違いでも、その日のテンションによって演奏が変わるので、私でもなんとか判別出来るかもですが、トスカニーニだと、しかも同じ8Hスタジオ収録となると、奏者のミスが無い限り、聴いてもわからないと思うんです。

なので、様々なサイトでも、エロイカの1939年10月の2つの録音がありながらも、「同一演奏?」となっているのだと思います。

「Live」となっているのは、8Hスタジオで行われた演奏が放送録音となっているので、実際にリアルタイムで流されたかどうかは分かりませんが、ほぼ、一発録りだったのでは?と思うのですが。

https://ameblo.jp/hirochan-amp/entry-126
54118063.html


ケンペンの演奏がトスカニーニと同じ傾向というのは、やはり、フルトヴェングラーと対比してのものだと思うんですよねー。

エーリッヒ・クライバーの演奏も客観的モダニズムというかそんな感じの演奏ですし、こういう演奏をいち早くから取り入れてたのが、トスカニーニなんだと思います。
1939年以前の録音で、トスカニーニ以外にこういう傾向の演奏をしていた指揮者の録音を聴いた事がないので。

楽譜に忠実なんて良く言われおりましたが、昔は(^^;;

実際、楽譜に忠実な無機質的な演奏を最初期にしていたのが、ヘルマン・シェルヘンです。
私は1951年のウィーン交響楽団のエロイカの録音の音源を紹介しましたが、エロイカで有名な第一楽章のトランペットの欠落がここにはありません。
これを聴けるのがヘルマン・シェルヘン、ウィーン国立歌劇場管弦楽団による、1958年のステレオ録音です。
これ以前にも、ベートーヴェンの楽譜通り、吹かせていた演奏があるかもしれませんが、録音として、最初に確認出来るものは、シェルヘン以外に他にもあるのでしょうか。
まあ、当然、モノーラル録音になると思いますが、別に聴きたいとは思わないですけど、w
勉強の一環として、知っておきたいなあと(^^;;

アンセルメ/スイスロマンド管の全集はちちさすさんが調べてくれて、すぐに発注したんですが、全集とはなっているんですが、一つのBOXではなく、3つに分かれていたのですね。
そのうちの一つがどうしても届かないらしく、結局は私の手元に届く事はなく、キャンセルになってしまいました。
なんと、それがYouTubeに全曲あるのですか!
この際、YouTube音源でも聴ければ良いので、なんか得した気分に(^^;;
探してみます(^^♪

2022/12/1 09:17  [2265-6524]   

tam-tamさん。

すみません、私の資料読み込みが足りませんでした。
「放送ライヴ」と「ライヴ放送」の意味が異なると考えますと、私の方が間違っていたことになります。
トスカニーニ/NBC交響楽団の1939年ベートーヴェン交響曲全集は、「放送ライヴ」です。
私はこの全集のLiveの意味を「ライヴ放送」で考えていました。
「放送ライヴ」なら、レコード会社はライヴ録音には分類しません。なのでRCAがライヴとしていないのも当然です。私の頭が固かったようです。
日本クラウンは、正しかったとも間違っていたとも言えませんので、「日本クラウンが間違った」は撤回させていただきます。

蛇足ながら、1回目の全集で同時収録された、交響曲以外の録音曲を書いておきます。
・フィデリオ序曲
・レオノーレ序曲第1番
・レオノーレ序曲第2番
・エグモント序曲
・七重奏曲(管弦楽版)
・合唱幻想曲
これらはレリーフ(日本クラウン)盤以外では聴けないようです。

2022/12/1 11:00  [2265-6526]   

ちちさすさん。

かれこれ、80年以上前の事ですから、正確な記録というのを判別する事自体が難しいのではないでしょうか。

トスカニーニが毎週のように、ベートーヴェンチクルスをやっていた事は事実みたいですが、これは間違いないと思うのですね。

最初に私がCD番号でちちさすさんお持ちの資料でわかる事がありましたら、調べて頂けないでしょうかとお願いしたのは、もしかしたら1939年10月の録音が2つ存在するのでは?と思ったからなんですが

ですので、現時点でちちさすさんが間違っていた、されるのは、早計ではないかと思うのです。

合ってるかもしれないですし。

色んなサイトや書籍を読むにつれ、ちょっとどれが正しいのか、わからないです(^^;;

フルトヴェングラーの有名なバイロイトの第九でさえ、50年近く、誰も本当の事がわからなかったくらいですから。

エロイカ以外の交響曲でも、「同一音源?」となっているのがあるので。

トスカニーニはフルトヴェングラーほど熱狂的なファンは少ないですから、未発掘音源とかもあまり出てこないですし。

実際に聴いて判別する以外、わからないと思うのです。
「同一音源?」と書いてあるサイトもあるので、比較視聴しても難しいのでしょうね。
古い録音なので、尚更なのでしょう。

私がちちさすさんにお願いしたのが、事の発端なので、あまり、ご自身を責めないでください。

ちちさすさんが大事にされてる資料は、ほとんどのクラシック音楽ファンが持ってないと思うので。

やはり紙の資料というのは大切だなあと感じましたし、

と言うのも、ここのところ、サイトの資料とか、いきなりごっそりと削除されてしまったものがあったり、今まで見れていたものが見れなくなっていたりと、デジタル資料はあてにならないと痛感致しましたので。

色々と難しいですよね、バイロイトの第九なんかは、初出LPの音源を聴いて今まで分からなかった事が分かったりと。

トスカニーニに関して色々と調べてくださり、ありがとうございます(^^)。

同時収録された録音曲のリストアップも貴重な資料だと思うので、私の方で、紙に書いて保存させて頂きますね。

お手数をおかけしまして、ありがとうございます。

2022/12/1 11:58  [2265-6528]   

tam-tamさん。

「トスカニーニ 伝説のベートーヴェン交響曲全集 1939年の凄絶」
のブログの人はMEMORIESのCDを聴いての感想記ですね。
MEMORIESはまだ販売中ですので見てみましたら、確かに10月23日でクレジットしています。
他方、まったく同じ音源をA&MもCD化していまして、そちらのクレジットは10月28日です。
日本クラウンとRCAのクレジットは10月28日です。

ところで第3番とカップリングされている第1番も、MEMORIESは10月23日ですが、M&A、RCA、日本クラウンは10月28日です。

うーむ、MEMORIESの記載間違いかな?

それと、BMGと日本クラウンの第3番は、日付はともかく同じ音源で確定と思います。日本クラウンがレリーフ原盤ですから、ガチでしょう。

2022/12/1 12:50  [2265-6529]   

ちちさすさん。

MEMORIESって海賊レーベルかと思っていましたが、普通のレーベルなのでしょうか(^^;;

MEMORIESレーベルのCDもいくつか所有してますが、海賊盤みたいな音質の音源が多数あり、w

私も結論から言うと、

トスカニーニ NBCso。 1939.10.(Live) CR・CRCB-10003
トスカニーニ NBCso。 1939.10. BV・BVCC -5175

これに対するちちさすさんの回答が正解なのでは、と思ってます。

調べてほしい、2つのCD番号だけ載せましたが、他の録音は全て何日の録音と記載があるのですね。
ところが、上記の1939年の録音だけ、1939.10.で日付けがストップしています。

それで、ちょっと気付いた事がありまして、
10月23日と10月28日、「3」と「8」って間違いやすいって思ったのです。

同一音源は一切記載されてない書籍だったので、もしかしたら、これは違う音源なのでは?って思ってしまったんですよね。

それにしても、ですよ、CD番号まで記載されているのに、日付けが書けないって事は、調べても確認が取れなかった、と思うのですよ。

1997年発行の書籍で、その時までに発売されていた全てのCDが記載されているのです。廃盤になったものから、全集の中の一枚まで、全てです。

演奏の感想を書いているのは、平林 直哉さんです。

しかし、CDのデータはおそらく違う方が担当しているのでしょう。

つまり、音楽の書籍を発行している出版社でも拾い上げる事が出来なった、という事になりますね。

私もCD番号を入力して検索してみましたが、出てきませんでしたので。
それを最も簡単に同一の演奏です、アンサーしたちちさすさんは凄いです。
(いともかんたんに、と入力したら「最も簡単に」と変換されましたが、合ってます?、w)

いやー、お騒がせしてすみません(^^;;

ところで、ちちさすさん。

ワールドカップ、日本vsスペインは日本時間、2日午前4:00。

ラジオ放送はiPadのアプリとかで聞いているのですか。

それなら、録音が出来ると思うので、結果を見なければ、楽しめると思うので。

SONYのコンポにチューナーが付いているんでしたっけ。

最終戦で全チームに予選突破の可能性があるというのは、日本がいるE組だけではないでしょうか(^^;;

いずれにせよ、早い時間帯に失点してほしくないものですねー。

ちょっと放送の時間帯が厳しいですよね(^^;;

2022/12/1 14:39  [2265-6530]   

tam-tamさん。

子どものことでしなければいけないことがいくつか重なり、お返事遅くなりました。
さくらさんが久しぶりにいらしたので、それだけはお返事しておかないとでしたが、それで目一杯でした。

MEMORIESは海賊盤レーベルではありませんよ〜(^^;)
パブリックドメインに対して海賊盤か否かというのは変ですけど。


ワールドカップ、日本対スペイン戦はリアルタイムでは聴けませんでした。タイマーでラジオ録音も可能ではあったのですが、その時間お部屋にラジオ音声が流れますので、小音量でも子どもの睡眠妨げになるので録音はしませんでした。
午前4時では、毎日の生活リズムを優先させる我が家では無理ですね。
日本が勝つとはまったく予想してませんでした。
それも、ドイツ戦もそうでしたが、先取点を取られてからの逆転ですからね。日本は先制されたら終わり、というメンタルだった時代は終わったということですし、それは世界のレベルに届きつつある証でもありますよね。
前回、前々回あたりは主役級の選手を揃えた感がありましたが、今回の選手たちは実力バイプレーヤータイプが多いので、チーム力としては過去最高に高いのかもしれません。

2022/12/4 09:04  [2265-6533]   

ちちさすさん。

まずはご自身の時間、家庭の時間、次にご自身の縁側、だと思っておりますので、私のところに急いで返信する必要はないですよ。
嬉しいですけどね(^^)。

心配し過ぎるの良くないとは思っているのですが、やはり此方に久しぶりに書き込まれた時も、まだまだ、良くなったとは言えない、という事でしたので、また、療養されているのかと、どうしても心配はしてしまうんですよね。

なので、今後もマイペース、というか、時間に余裕がある時、無理なさらないで、気軽に構えてほしいな、というのはありますね(^^;;

時空のさくらさんもご病気されていたようで、さぞかし大変だったろうと想像しますが、全く知らない私に実に丁寧な挨拶をして頂いて、優しいお方ですね。

どうして、MEMORRIESが海賊レーベルだと思っていたかと言うとですね。
海賊レーベルでしか出してない演奏(録音)を、MEMORIESが出していたからなんですよね。
まあ、海賊盤というのは、演奏者の承諾を得ず、LPなりCDとして発売しているものをいう訳ですけど。
音質どうこうの問題ではなくてですね。
私の中でちょっと微妙だったんですよね、これはどっちなんだろうな、と。
大体がですね、図書館に置いてあるような書籍でも、海賊盤をお勧めとして、載っけてるんですよね。
今は簡単には入手出来なくなりましたけど、昔は秋葉原の電気店で堂々と販売しておりましたのでね(笑)

スペインvs日本もそうですが、ドイツvsコスタリカも結果は全く予想出来なかったですね。
何処のチームも予選突破の可能性、予選敗退の可能性がある訳ですからね。
まあ、リアルタイムで聞かない方が良かったかもしれません(笑)。
後半開始すぐに同点弾、3分後に逆転弾ですから、w
まだロスタイム含めて40分近くある訳ですよ、
DF陣は3人とも、イエローカードもらってますし、
逆転してから終わるまで、長いこと、長いこと、w
初戦のドイツ戦と同じような感じの展開でしたけど、ドイツ戦は後半30分過ぎじゃないですか、逆転したの。
あれは、心臓に良くないですよね(^^;;

2022/12/4 10:15  [2265-6534]   

tam-tamさん。
さくらさんへのお返事ありがとうございます。

さくらさんは眼を患っておられますので(かなりお悪いと思ってください)、長文の読み込みをさせてしまわないよう、ご配慮くださいませ。
さくらさんのお返事も長文の方ですが、書くよりも読む方が、負担がかなり大きいものです。
誠実なさくらさんは、こちらの方に合わせてしまわれますから、お返事の文章量は半分以下くらいでお願いしますね。
私も極力、さくらさんへは文章量を少なくしたお返事を意識しています。

2022/12/5 07:53  [2265-6537]   

ちちさすさん。

時空のさくらさん、眼も患っているんですか。
これは大変失礼致しました。

PCトラブルで返信が遅くなってしまった事もあり、長々と書いてしまいました。

時空のさくらさんにご負担をかけてしまいました。以後気をつけますね。
すみませんでした。

2022/12/5 08:45  [2265-6538]   

tam-tamさん。

いやいや、日本に続きスペインもPK戦で敗退しました。
日本はPKで完敗でしたね。90分の内容が良くても、PKで完敗なら試合は完敗ですから。
考えてみますとここ20年くらい、オリンピックも含めて主要国際大会の決勝トーナメントでPK戦になったら、日本は勝ったことがないんですね。
ずっと大きな課題のままなんですね。


MEMORIESだけではないですが、著作権が生きている音源、著作権が消滅したパブリックドメイン、の両方を扱うレーベルって、海賊盤と間違われやすいですよね。
著作権があると言っても、作曲著作権はともかく、著作(演奏)著作権保持者って1人だけってことはありません。ものによっては数百人の著作権者がいるものもあります。
YouTubeを例にすると分かりやすいですが、あきらかにパブリックドメインでないのに、削除されずにずっとアップされている動画があるでしょう?
あれは著作権者のうちの誰か1人がアップしているからです。ご本人や制作者でなくても、著作権を持ってるって場合はかなり多いわけです。
さらに、著作権には代理人制度もありますので、その誰か1人の代理人に委任されれば、まったく無関係な人でも、他の著作権者にお金を払わなくても、その著作物を使えるわけです。
全然古くない音楽の動画が削除されずにあり続けるのはそういう理由です。

MEMORIESのようなレーベルで著作権がある音源をリリースする場合、少なくとも代理人以上にはなっていますので、正規盤として扱われます。
代理人にすらなっていなければ海賊盤です。


お話変わるのですが、うちのPCがWDF VIOLATIONのエラー発生です。
どう対応して良いのかさっぱりわかりません。
とりあえず強制シャットダウンで元に戻ったようですが、これは一時しのぎかもしれませんし、いよいよ買い替えでしょうか。
困ったなぁ〜(>_<)

2022/12/7 08:01  [2265-6542]   

ちちさすさん。

PKの内容は、日本よりスペインのが悪かった印象でした。
日本は枠をとらえているのが、せめてもの救いでしょう。
過去のPK戦では、大きく枠を外した、シュートもあったので。


まあ、録音がそれほど古くなくても、音質が非常に良くないメジャーレーベルのCDとかもありますからね。
海賊盤であっても、メージャーレーベルと同等クラスの音質のものがあったり。非常に少ない例ではありますけど。
今現在、海賊盤を販売しているショップというのはあるんですかね。
あったとしても書けないですよね(笑)。
ここ10年くらいは、HMV、タワーレコード、AmazonなどのオンラインショップでしかCDを購入してないので、海賊盤はとんと見かけなくなりました。

WDS VIOLATIONエラー。
Windows PCには詳しくないので(^^;;
ちょっと調べてみたら、ドライバーに関係しているようです。
ミュージックサーバーを導入したでしょう、それが原因になっていると思われますね。
PCの使用年数の限度とかでは無さそうです。
ですので、適切な対処をすれば、急いで買い換える必要はなさそう、だなと思いました。
強制シャットダウンしても、おそらく再発すると思われます。
格別レアなエラーではなさそうですので、これは治せるんではないしょうか。
Mac PCと違って、Windows PCは多くの人が使ってます。
当然、知識豊富な猛者がたくさん居ると思いますので、クチコミで解決するんではないですかね。
バックアップをしっかりとってあれば、大丈夫だと思いますよ。
OSの再インストールはしなくてはならないとは思いますので、作業は簡単ではないですが。
少なくとも、お手上げになるエラーではないと思いますよ。
パソコンの方のクチコミに相談してみては如何でしょう。
書く情報がたくさんあって、ちょっと大変かもしれませんが(^^;;

HDDの状態を調べる、コマンドなり、チェックするような機能があると思うんですが、それで問題がなければ、まだ使えると思いますので(^^)。

2022/12/7 09:10  [2265-6543]   

ちちさすさん。

WDF VIOLATIONに関しては、私はここを参照して書いております。

https://www.partitionwizard.jp/disk-reco
very/wdf-violation.html


他のサイトも見てみましたが、ここが一番わかりやすいかな、と。

もちろん、TOPヒットするサイトですので、ちちさすさんもご覧になられてるかも、と思います。

ちちさすさんご自身で、試せるものがいくつかあると思うので、それでダメだったら、クチコミで質問された方が良いのでは、と思いました。

Macは、OSにほとんどの製品のドライバがあらかじめ入っているので、製品のメーカーサイトを開いて、ドライバをインストールする必要がありません。

Windows PCは様々なメーカーが作っているので、こういったトラブルは頻繁に起こりやすいです。

レンタル店でもWindows PCを使用してましたが、私が怪しいサイトを頻繁に閲覧する為か、月一の頻度で、PCを初期化し、OSを再インストールして、データをバックアップから戻していた感じでした(笑)
Windows PCに関して、詳しいスタッフが何人も居ましたから、私自身で解決はしてないのですよ(^^;;

HDDクラッシュで、PCが逝ってしまった事はこれまでで、一度もないです、運が良いことに、w

なので、私の経験上の事でしかないのですが、治せば、まだまだ使えると思うのですよ(^^)。

2022/12/8 04:20  [2265-6546]   

第4楽章が2つに分かれていますが、これが広告前と後なのです レニングラードの第1楽章、これも広告前と後とに分かれています

tam-tamさん。

WDF VIOLATIONの原因は複数あるみたいなのですが、Windows8.1で起こるのは稀みたいなんですよね。ほとんどはWindows10でのエラーみたいでして。
8.1の場合ですと、互換性のない更新プログラムがインストールされた場合の報告があるみたいで、うちのdynabookは強制的に更新される仕様なので(正確には電源を切るときに「更新してシャットダウン」か「更新して再起動」のどちらかしか選べず、ただ電源を切るだけができない)、これがアヤしいかなと思ってます。
今のところ、夫が使っていてもエラーの再現はないのですけど、さくらさんが書かれていたようにWindows8.1のサポートは来年1月で終了ですので、我が家も新しいPCを考えなければなりません。


YouTubeからデジタル音源にするのも、持っておきたいものはあらかたファイルになりました。
トスカニーニ/NBCの新しい方のベートーヴェン、第7番は全集中でも一番良い演奏かもしれません。
以前聴いた時はあんまりあっさりしすぎてつまらなかった印象でしたが、今聴いてみますと、無機的な感じがかえって面白かったです。第3楽章のテンポは何度聴いても慣れませんが(笑)。


フルトヴェングラーのブラームス第1番、1953年ベルリンフィルとの演奏がYouTubeにありまして、音質も上々ですのでファイル化したかったのですが、第4楽章の途中で広告が必ず入ってしまうので、録音はしなかったのです。
今回、夫が広告を編集でカットするのに挑戦しまして、第4楽章作成です。
さすが夫です、見事すぎるほど見事に広告のみをカット。1/100秒単位で精細に区切りをつけ、音源は1/100秒の落としもなく、広告も1/100秒の入り込みもない、という完璧さ。
なのですが。
落とし穴がありました(^^;)

YouTubeで動画途中で広告が入る場合、中断した場所から寸分違わず再開する、というわけではないのでした。だいたいは同じ場所ですが、1/10秒単位でみますとズレてます。ほとんどのケース、広告が途中で入ったら、0.1秒から0.2秒、中断前と重なります。つまり、再開時に、中断した場所の0.1〜0.2秒前から始まるんです。
今回のブラームス、0.1秒ほど重なっておりました。
0.1秒って完全に知覚できる時間ですので、致命的ですね(^^;)
結果、広告前と後とで、つながりはスムーズなのですが、一瞬音が間延びしています。完璧すぎて失敗なのでした。


しかしまあ、これでリベンジしなきゃ男じゃない、ってことで、広告の入っているもので音源化してみたいもの、ショスタコーヴィチの第7番「レニングラード」でスヴェトラーノフ/ソヴィエト国立交響楽団(1968年スタジオ録音)の、第1楽章のみアップされている音源で夫は汚名挽回。
この音源も広告の前後で0.1秒ほど音が重なっているのですが、重なっている部分もカットしつつ、つながりもこれ以上ない完璧さ。

ものすごく大変なのは同じお部屋にいたのでわかりましたので、さすがによほどでないとお願いできませんが、広告付きで諦めていたものが音源化されて嬉しいです(≧∀≦)

フルトヴェングラーのブラームス第1番は、この1953年ベルリンフィルのが最高の演奏だろうと、私は思ってます。

2022/12/9 10:38  [2265-6548]   

ちちさすさん。

WDF VIOLATION、確かにWindows10で発生してるエラーみたいですね。

OSのサポートが終了してしまうのであれば、買い替えしないとならないですね。
(ちょっと痛い、出費ですね。パソコンも安くはないですからね。)

トスカニーニ/NBCのベートーヴェン、あっさりし過ぎて聴こえてしまいますか。
またまた、ラーメンで例えちゃいますが(笑)、
コッテリ10ーーーーーーーーーーーあっさり1
だと、4くらいなんですよね、トスカニーニ。
ちちさすさんからお勧めされた、ハイティンクが3くらいかなあ、と(^^;;
コッテリ、あっさりの点数なので、演奏の出来栄えは反映してないです。
インターコードに残した、ギーレンの最初の全集が1ですね、w

第7番は難しいですね。
ベートーヴェンが作曲した9つの交響曲の中でも、テンポ設定が一番難しいと思ってます。
第2楽章でも、「アレグレット」の指示がありますし。
個人的には、早いテンポでの演奏が好みではありますが、遅いテンポによる演奏でも魅力的なものはたくさんありますしね。
第3楽章はスケルツォに対するトリオのテンポでの、好みが分かれると思うので。
個人的には第7番の第3楽章は、しつこ過ぎて好きではないですね、第7番を聴くにしても、飛ばしてしまいます(^^;;

ブラームス交響曲第1番、1953年、というと、フルトヴェングラー協会盤ですか。
これは聴いたことがありません。
DGの1952年盤はちゃんと購入したCDで持ってます(笑)。
(図書館から借りたCDがかなりの枚数になってますが、これはちゃんと買ってますねー、w)
YouTubeで聴けるのですか、早速聴いてみよう(^^)。

全く同じ箇所で、コマーシャルが混入するのですか。
チャンネルによって違うのかなあ。
何度かリピート再生すると、コマーシャルが入らなくなる音源(チャンネル)もあるので、

コマーシャルをカットする、編集作業、例の無料アプリで行っているのですよね。
Macだと楽曲製作のソフトがあるので、出来なくもないんですが。DTMって言うんですか、
ソフト自体も高額ですし、プロミュージシャンも使用しているようなものですしねー。

「これでリベンジしなきゃ男じゃない」って、旦那様が言ってるのですか(^^;;
この場合、「男」というより、「漢」ですよね、w
少しの違和感もなく、つなぎ合わせるって、大変な根性を伴う作業だと思うのですが、旦那様は「漢」ですね(^^♪

2022/12/10 10:01  [2265-6550]   

tam-tamさん。

トスカニーニの新しい方のベートーヴェン交響曲、あらかた聴きなおしまして、第7番はファイル化となりました。
件の第3楽章、トリオもエッてなるくらいの快速テンポですが、スケルツォも他の指揮者よりだいぶ速いですよね。
第7番だけではないですが、NBC交響楽団の縦の線がビシッと揃った合奏能力は、他では聴けません。カラヤン/ベルリンフィルの全盛期や、カルロス・クライバーの一部の録音くらいかな、対抗できますのは。
でもテンポが速い分、NBC交響楽団の方が揃いが勝っているように感じます。
私が唯一持っているトスカニーニのCD、メンデルスゾーンのイタリアも、この縦の揃いが曲と合っていて気に入ってますから。

フルトヴェングラーのブラームス第1番1953年のは、どの音源を使っているのかはっきり分かりませんが、そもそもはドイツ・グラモフォンが権利を持っていたようです。
私は1951年の北西ドイツ放送交響楽団、1952年のベルリンフィルをCDで持っていますが、どちらも演奏は良いながら、リマスタリングが今ひとつに感じています。特にDELTAから出ている北西ドイツ放送交響楽団のは、LPからの板起こしなのにダイナミクスが平面的でけっこう不満です。
1952年ベルリンフィルのは、1953年のをYouTubeで聴くまでは、これが一番良い演奏だと思ってました。私が持っているのは、放送局由来のテープをリマスターしたtahraのCDですが、これもなんだか音が薄くて、ちゃんとしたリマスタリングで聴きたい演奏です。

1953年のがなかなか世に出なかったのは、第1楽章の冒頭2秒くらいが、録音レベルを低く録ってしまったかららしく、1953年のYouTube音源は、そこをある程度直してありますけど、やっぱり違和感あります。でもそれに目を瞑れば、第1楽章は北西ドイツ放送を凌いでいますし、第4楽章は1952年ベルリンフィルよりも迫力と推進力があり、こっちが良いです。なので途中での広告は本当に邪魔です(^^;)

広告ですが、夫によりますと、まず全曲通しで広告も全部流させて、曲の終了直前に曲頭までシークさせますと、そこからの再生では広告が入らないこともあるそうです。
「こともある」なので、入ることもありますし、2つある広告が1つに減るだけ、ということもあり、これは多分その時次第なんでしょう。
夫が録ってくれたブラームスの1953年の第4楽章は2つが1つに減っただけでした。

余談ですが、北西ドイツ放送交響楽団のは、現在では北ドイツ放送交響楽団の楽団名でCDが出ていますよね。私のDELTAのもそうです。
録音は1951年で、当時の楽団名が北西ドイツ放送交響楽団です。その3年後の1954年に2つに分裂しまして、本拠地のハンブルクにとどまった方は北ドイツ放送交響楽団と名前をかえ、もう一つは、ケルン放送交響楽団となりケルンに移ったとのことです。
ハンブルクにとどまった北ドイツ放送交響楽団を、北西ドイツ放送交響楽団の後継楽団とみなしているようです。

2022/12/12 08:43  [2265-6553]   

ちちさすさん。

トスカニーニの為のNBC交響楽団。
他のオーケストラから、名手ばかり引き抜いて結成され、オーケストラビルダーのロジンスキーに徹底的に鍛えられ、トスカニーニに引き渡された、というエピソードはあまりに有名ですが、今Wikipediaを見ると、どうも違うようですね。

合奏能力が高いのが、トスカニーニ/NBCの魅力の一つではあるんですけど、それが良い方に傾いてる録音って案外少ないのですよね、トスカニーニの正規録音。
フルトヴェングラーみたいに未発掘ライブ録音とかあまり出てこないので、もっと良い演奏の録音があって然るべきなんですが、w
メンデルスゾーンのイタリアも、この曲の決定盤として良く知られた演奏ですし、トスカニーニの最高峰の録音の一つでしょうね。
モーツァルトの第40番もトスカニーニの演奏が一番好きですね。
(所謂モーツァルトらしくないモーツァルトですねー、w)
後は以前にも書きました、甥のホロヴィッツと共演した、チャイコフスキーのピアノコンチェルト、これが最高です。

フルトヴェングラーのブラームス第1番。
DGの1952年盤が、一番音質が良く、最も激烈で、フルトヴェングラーの中では最高の録音だと思っていました。
なんと、第4楽章は1952年盤よりも良いのですか。
早速聴いてみよー、なんて書きましたが、まだ聴いておりません(笑)
時間があるようで、中々、書き込み更新出来てないのは、突発的に雑用みたいなのが入ってしまうからなんですが、
これは、今すぐ聴いてみます(^^;;

やはり、全曲通して一度聴くと、コマーシャルが入らないでしょう。
と思ったら、イレギュラーで起こる現象なのですか(^^;;
コマーシャルが入る条件というのが、(所謂広告収入ですね。)あるんですが、再生回数が多いものでも、入らない音源とかもあるので聴いて確認するしかないのですよね。
極端に再生回数が少なくて、1年以内にアップロードされた音源はほぼ、広告が入りません。クラシック音源の場合ですね。

NDR=北ドイツ放送交響楽団だと単純に思っていましたが(笑)
「余談ですが」は、非常に勉強になったので、私にとって余談ではありません( ̄▽ ̄)、w

2022/12/12 09:50  [2265-6554]   

ちちさすさん。

フルトヴェングラーのブラームス第1番。
1953年、5月18日の演奏を聴いてみました。
音の重厚さは私が所有しているCDの方が良好ですね(非圧縮音源なので、当たり前か、笑)。
第4楽章になって、いきなりコマーシャルが混入しました、ビックリしました、油断していただけに(笑)
聴き比べてみたんですが、これはCDで聴かないと、難しいですね。
元々の録音がそうなのかわかりませんがYouTubeの音源だと、ティンパニの迫力が1952年、DG盤より劣るので、推進力のある1953年盤を良しとするか、迫力ある1952年盤を良しとするか、難しいところです。
ただ、楽器の分離感、録音の鮮明度は圧縮音源であっても、YouTubeにアップロードされている1953年盤の方が良いので、これは是非ともCDで聴いてみたいですねー。
(CD音質だと、音の重厚さが格段に違うと思うのですよね。そうなると、1953年盤の方を摂りたいですね。)
うー、図書館には在庫が無かったですー、残念だなあ(*´-`)。

ブラームスの第1番、この年代の録音で愛聴している演奏、録音があります。
トスカニーニ好きの私でも、モノーラル録音でしたら、此方を摂りたいです。

ベイヌム指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ、1951年録音。
ベイヌムは1951年と1958年(ステレオ録音)の2つの録音がありますが、演奏は断然1951年盤が良いです。
ブラームスの第1番、ベイヌムの演奏が未聴であれば、一度聴いてみてください。
(ちちさすさんなら、これは知ってる演奏かと思います、ただ聴いているか、どうかは別ですので。)
フルトヴェングラーの演奏とは対極に位置する演奏として、トスカニーニよりベイヌムの方が好みではあります。
半年前にアップロードされたばかりの音源がありましたので、リンクを貼っておきますね。
LPレコードのような音質で楽しめると思います。
(ライブ録音ではないので、編集箇所が気になってしまうかなー。)

Brahms:symphony No,1:Beinum/Concertgebou
w orchestra ’51 original:High quality sound version
https://www.youtube.com/watch?v=UCrGsupF
jm4

(スクラッチノイズ若干有り、コマーシャル無し)
私のシステムでは若干篭って聴こえますが、ちちさすさんのシステムでは如何でしょう。

Brahms:Symphony No.1,Beinum&COA(1951
)ブラームス 交響曲第1番 ベイヌム
https://www.youtube.com/watch?v=o90yGLWx
yco&t=2016s

(昔からある音源なので、イレギュラーでコマーシャルが混入するか保証が出来ません、おそらく入らないとは思いますが。)
此方の音源の方がより鮮明で、聴きやすいですが、明るい音調なので、LP復刻盤の方がブラームスらしい陰影が感じられ、良しとするかもしれません。
 
同じ演奏の音源を2つのリンクを貼ってしまいましたが、音の傾向が随分と違いますので、ちちさすさんのシステムだと、どちらが良い音で聴けるかわからないので。

旦那様に手伝ってもらって、デジタル音源化してもらってください。
時間を損するような演奏ではないと思うので(^^♪

2022/12/12 11:50  [2265-6555]   

ちちさすさん。

ベイヌムのブラームス第1番、1958年盤。

デニス・ブレインが亡くなった直後の録音ですが、直近でアップロードされた音源を聴いてみたら、驚くほどに音質が良かったので、此方もリンクを貼っておきます。

レーベルがPHILIPSという事もあって、1958年のステレオ録音としては驚くべき音質です。
おそらくYouTube音源とは思えないのではないでしょうか。
リマスターが違うのか、私が所有しているCDよりも音質が良いです、あらー、(笑)

アップロードされてから2週間と経ってないので、コマーシャルは入りません。

私のシステムでは高域がクリアー過ぎて、キンキンして聴こえますが、HD650、純正ケーブルで聴けばちょうど良い感じかもしれません。
(この音源はマジで高音質です、素晴らしいです!)

全盛期のアムステルダム・コンセルトヘボウの演奏が堪能出来ます。
(コンセルトヘボウはベイヌムの時代が一番素晴らしいと思ってます。)

[HQ] johannes brahms - Symphony No.1,OP.
68/Eduard van Beinum & Concertgebouw
Orchestra,Amsterdam
https://www.youtube.com/watch?v=Mrvo9F_x
DhU&t=187s


このご時世ですから、無料で、このレベルの音楽が楽しめるのは嬉しいですね(^^♪

一応録音しておいて、聴くものがなくなった時にお楽しみください。

1951年盤と比較してみるのも面白いと思います♪

2022/12/12 15:34  [2265-6557]   

ちちさすさん。

ブラームスの交響曲第1番。

フルトヴェングラーに戻りますが、YouTubeの音源、コマーシャルが何度も混入して、これでは楽しめませんねー(^^;;
繰り返し聴いても、どうしても突然コマーシャルが入ってしまいます。
(1953年、5月18日録音)
録音は自由ベルリン放送、という事で、この録音はメジャーレーベルから発売された事がないようです。

初出音源は独フルトヴェングラー協会盤(TMK 005294)だと思われます。

ドイツ・グラモフォンが権利を持っていた、との事ですが、これがDGから発売されなかったのは、冒頭の録音ミス?が原因なのでしょうか。

一部サイトによると、13種もの録音があるようですね、ブラームスの第1番。

これは珍しいな、と思ったのが、
トリノ・イタリア放送響との1952年3月7日の演奏、
ベネズエラ響との1954年3月21日の演奏とか。
(ベネズエラ響との演奏は聴いてみましたが、覇気が感じられませんでした。)

やはり、ベルリンフィルとの1953年録音を広告に邪魔されずにじっくりと聴いてみたいですね。


トスカニーニのベートーヴェンの第7番も久々に聴いてみましたよ。
<第3楽章のテンポは何度聴いても慣れませんが(笑)。
これが気になり、CDで聴いてみたんですが、トリオはテンポの問題ではなく、こりゃ酷いです(笑)。
私がトスカニーニ好きだという事を知っておらたので、柔らかい文章にしたと思うのですが、w
スケルツォは、個人的にはこれくらいのテンポの演奏が好きですね。
でも、あのトリオは、ねえ(^^;;
第3楽章はアカンですね(笑)。

2022/12/12 18:27  [2265-6558]   

tam-tamさん。

フルトヴェングラーのブラームス第1番、1952年ベルリンフィルのはドイツ・グラモフォンのCDでしょうか?
私のはtahraがリマスタリングしたものですが、ティンパニは控え目な方です。おそらく、打楽器よりも弦楽器を優先させたリマスターなのだと思います。
YouTubeにその1952年ベルリンフィルの音源もあるのですが、そちらはティンパニがドーンドーンと大きめに鳴っていました。
1953年ベルリンフィルのはやっぱり第4楽章の推進力の良さが魅力ですね。その流れをぶった切る広告はホントがっかりもの。
YouTubeの1953年のは、tahraの1952年よりティンパニの迫力は少し上に聴こえます。
夫は後日、この第4楽章を修正してくれるそうですが、今度は、すでにファイル化している、広告の前か後のどちらかを0.10〜0.12秒カットするだけで済みそうですので、楽だろうと思いきや、そんな簡単ではなく、前と後を違和感なくつなげるのがかなり難しいようなのです。
切れ目なくできても、違和感が残ってはいけないのですよね。
あと、前と後とで、どちらをカットするかも難しい判断なのだとか。

フルトヴェングラー協会は、音源所有者から買い取るか、ライセンス取得でLPやCDを出していますので、1953年ベルリンフィルのは、フルトヴェングラー協会がなければ世に出るのはもっと遅かったでしょう。
自由ベルリン放送の音源はほとんどドイツ・グラモフォンの所有でしたから、グラモフォンから得たのだろうと思いますが、グラモフォンからは1953年のは多分出たことがないと思うので、買い取ったのかもしれませんね。


ベイヌムは私は良い印象がないのですが、主にグリュミオーやカサドシュの伴奏として聴いていましたので、ブラームスを聴くとまた違った印象かもしれませんね。
フィリップスのノーノイズシステムCDでベイヌムの何かを聴いていたはずですが、曲目もまったく思い出せませんし、当然感想もありません。演奏以前に、音でダメだこりゃと思ったのですよね。
コンセルトヘボウとのブラームスですね、覚えておきます。


お話変わるのですが、カラヤンのEMIボックス、懲りずにハイドン、モーツァルト、シューベルトの交響曲集のを買いました。
すでに持っている音源ですが、モーツァルトのハフナーとか、荒れた音なので、新たなリマスターで直っていれば買い直したいなぁと思っていたのでした。
前回、ヨハン・シュトラウスを同じ理由で買い替えて、まったく直ってなくて失敗でしたが、今回のモーツァルトはちゃんと荒れのないリマスタリングでした。良かった〜(^^)

このカラヤンのEMIボックスのシリーズ、3人のエンジニアが分担してリマスタリングしているらしいのですが、人によって出来が違いすぎます。
モノーラル録音のボックスでも、エンジニアの違いでかなりの出来不出来がありましたから。

2022/12/13 08:52  [2265-6562]   

ちちさすさん。

私が所有している、フルトヴェングラーのブラームス交響曲第1番、1952年ベルリンフィル盤は2つありまして。
(iPhone不調の為、画像添付が出来ません。)
一つは国内盤、グルックの「アルチェステ」序曲がカップリングになっているもの。
97年8月6日発売、CD番号 POCG-3793 ドイツ・グラモフォンのCDですね。

もう一つが見つかりませんで、国内盤か輸入盤かも覚えておりません。
カップリングがウェーバーの「魔弾の射手」序曲となっているもの。
ちょっと検索してみたんですが、このカップリングのCDは出てくるものの、ジャケ写が違うので、おそらくリマスターも違うでしょうね。
此方のCDがPCにインポートしてあります。

どちらの録音も、ティンパニが大きめに鳴っておりますね。
ちちさすさん所有のtahra盤ではないと思います。
なんと、ちちさすさん所有の1952年ベルリンフィル盤はティンパニは控えめなんですか、となると私が所有しているCDとは全くリマスターが違うので、そうなると迷う事なく、1953年盤、となるでしょうね。

圧縮音源とリニアPCM音源と比較しても、ってところはあるんですが、
私が所有している1952年盤は迫力ある重厚なサウンド。
YouTubeにある1953年盤は重厚さに欠けるものの、楽器の分離感、鮮明度は上となっておりますね。

この、1953年のベルリンフィル盤は、独フルトヴェングラー協会盤と日本フルトヴェングラー協会盤とでも、リマスターが違うらしく、日本フルトヴェングラー協会盤の方が音質は良好なようです。

まあ、肝心の第4楽章で必ずコマーシャルが混入してくるので、興醒めもいいとこなんですよ(笑)。

ブラームスの第1番の第4楽章の修正はまだだったんですね(^^;;
ちちさすさんが違和感なく聴けるように修正するのは大変な作業でしょう。
ここでやらねば、漢がすたる、とばかりに完璧に修正してくれると思いますよ、旦那様。

ベイヌムと言えば、ブラームスの交響曲第1番ってくらい有名な録音なので、おそらく過去の資料を読み返せば、該当記事はあると思いますよ。
ブラームスの第1番では東のフルトヴェングラー、西のベイヌム、なんて言われてたと思います。
トスカニーニで聴くならば、ベイヌム盤の方が良いですよ、と言った感じなので、リンクは貼ったもののスルーで大丈夫です(^^;;

すでに持っている音源をリマスター違いで、買い直すって、相当ですね(^^;;
もちろん、事前情報を収集した上で購入されていると思うのですが、ギャンブルに近いですよね。
今回購入されたEMIボックスは何枚組になるのでしょう。
良好なリマスタリングされたCDで良かったですねー(^^♪
ハズレだと単品でもガックリきますからね(^^;;

話は戻って、フルトヴェングラーのブラームス第1番。
おそらく、マイク配置は同じ録音の音源だと思うのですが、この当時のモノーラル録音でも、楽器ごとにマルチトラックになっているのでしょうか、オリジナルマスターテープ。
ティンパニだけ、音量を上げるって、イコライザーでは不可能だと思うので。

最近のYouTubeは面白いですね、
2週間前に超鮮明なベイヌムのブラームス第1番がアップロードされていたり。
こまめにチェックしないといけまんせんね(^^♪

2022/12/13 10:38  [2265-6563]   

補足:

所有CDのフルトヴェングラー、ブラームスの交響曲第1番、1952年、ベルリンフィル盤(POCG-3793)をPCに落とそうとしたところ、なんとCD情報が出てきませんでした。
打ち込むのがめんどくさいので、インポートはしませんでした←この怠け者めー(笑)
CDが違うものの、同じ演奏が既にPCにあるのでね(^^;;

つまり、この盤は現在では入手不可になっているのでしょうかね。

ウェーバーの「魔弾の射手」序曲とカップリングになっているCDと比較試聴してみたところ、ティンパニの鳴り方は同じですが(ティンパニ強め)、音の鮮明度が違いますね。

おそらく、ですが、PCに元々入っていた1952年盤は、(POCG-3793)より、古いリマスターのCDだと思われます。

POCG-2356というCDがあるのですが、カップリング曲が違うので、これでもありません。

POCG-3793は、楽器の分離感、音の鮮明度、ともにYouTubeにアップロードされている、1953年盤と同じレベルです。

非圧縮音源なので、音の厚みもあり、YouTubeにある、同じ1952年の録音と比較しても、CDの方が優秀ですね。

これで、ますます、1953年のベルリンフィル盤のCDを聴いてみたくなりました、アイヤー(笑)。

2022/12/13 12:50  [2265-6564]   

tam-tamさん。

ブラームス交響曲第1番1952年と魔弾の射手序曲のカップリングでは、2015年に発売されたgrand slam盤がありますが、もっと古いCDでしょうか?

私のtahra盤は、ハイドン変奏曲とのカップリングです。

2022/12/13 14:28  [2265-6565]   

ちちさすさん。

Grand Slam盤は有名ですので、違いますね。
(ジャケ写を見ればわかると思うので、)

そもそも、クラシック音楽のCD収集は2005年頃にやめてしまっているので、それより古いCDなのは間違いないです。
(一度に20枚から30枚ほど購入する事ですね。年に2,3枚とかは購入してます。)

97年発売のフルトヴェングラーのCDを買っているので、時期的に2000年前後だと思います。

YouTubeにアップロードされている音源とは、ティンパニの迫力が違いますので、おそらく、古いリマスターのCDだと思います。

2022/12/13 15:29  [2265-6566]   

tam-tamさん。

ブラームス第1番1952年BPOと魔弾の射手序曲の組み合わせCDは、国内盤は1990年まで遡ってみましたが見つけられませんでした。おそらく古い輸入盤と思われます。
1996年より前は私が資料集めを始める前ですので、輸入盤は抜けているものもそれなりにあります。国内盤はほぼ網羅できているはずですが。


私の最近のCD集めは、所有盤のリマスター盤が多くなってます。
東芝EMIのマスターテープは劣化が大きいものが多く、カラヤンの1970年代のものでもかなりひどいのもあります。そういうのはリマスターに期待するのですが、artは当たり外れの落差が大きく、悪評高い日本リマスターのHS2088の方がむしろ良かったりするケースもありますね。

リマスターの多くは96kHz/24bitあるいは192kHz/24bitからのダウンコンバートですが、ハイビットリマスタリングは情報量が増えると同時にノイズも増えます。
具体的には、情報量がn倍に増えたら、ノイズは√n倍に増えるので、例えば情報量が4倍増えたらノイズは2倍増える計算です。
そのためSN比は良くなるのですが、ノイズの絶対量は増えていますので、44.1kHz/16bitよりもノイズリダクションを強めにかけないといけません。
そのあとで44.1kHz/16bitにダウンコンバートしますので、ノイズリダクションが強くなっている影響は避けられません。
ノイズリダクションが強いから、最新リマスターは音が薄いとか、低音と高音が漂白されているとか、酷評されることも多いです。
フルトヴェングラーの「トリスタンとイゾルデ」、カラヤンの「オテロ」はその典型的な例で、私は最初リマスター盤を買っていたのですが、最初期盤に買い替えました。
今持っているのですと、フリッチャイの「新世界より」、カラヤンの「シェエラザード」は古いのに買い替えたいです。
でも、うまくできているリマスタリングも多々ありますから、一概に古い方が音楽的には良いとも言えませんけどね。


ベイヌムのブラームスを聴いてみましたが、この音源、タワーレコードの良質リマスタリングCDからアップされてますね。音が良いはずです。タワーレコードのCDで聴けばもっと良いでしょう。
演奏は、私のベイヌムの悪かったイメージを払拭させる超バランス型で素晴らしいですね。このスタイルでしたら、第3番がもっとも良いのではと予想します。

2022/12/16 07:51  [2265-6581]   

ちちさすさん。

フルトヴェングラーのブラームス交響曲第1番の1952年録音のもの。(ベルリン・フィル盤)

PCに入っていて、CDが無い。
ブラームスの第1番のフルトヴェングラーのCDを買った記憶があるので、探していたら出てきたのが、97年発売の国内盤のドイツ・グラモフォンのCDでした。(発売はポリドール)
ところが、これがPCに入っているものと、同じではなく。
比較視聴したら、録音は同じなんですがPCに入っている音源の方が音が悪く、私自身も???となりました。
フルトヴェングラーのブラームス第1番というと、
@北西ドイツ放送交響楽団との、1951年、10月27日のライブ録音。
Aウィーン・フィルとの1952年、1月27日のライブ録音。
Bベルリン・フィルとの1952年、2月10日のライブ録音。
が、一般的に評価も高く、名盤扱いされてますよね。

購入前の情報収集として、@が良さそうだと思った記憶があるのですね。
@にするかBにするかでかなり迷ったんですよね。
結局はベルリン・フィル盤を選んだ訳ですが。

そこで、一つの疑問点が浮かび上がる訳です。
同じベルリン・フィル盤のCDをもう一つ購入するだろうかと(笑)。
買うなら、迷いに迷った、@を買うのではなかろうか、と。
自分が購入したCDのジャケット写真は大体覚えているので、検索して出てきたGrand Slam盤ではないだろうと書きましたが。

利用している図書館にも、フルトヴェングラーのブラームスの第1番が何と一つもなかったので、てっきり自分で購入したCDかと思っていたんですが、CD本体がいくら探しても出てこないので。

ちちさすさんがいくら調べても出てこないとなると、ちちさすさんが書いておられたGrand Slam盤かもしれません。
HMVのユーザーレビューを見ると、
「これまでのCDとは比べものならないくらい素晴らしい音質です。」と書いてあるものの、
私が所有している97年発売の国内盤のCDの方が音質は格段に良いです。

部屋をひっくり返してまで、探してはいないので、わからないですが、PCに入っている1952年のベルリン・フィル盤は、CD本体が見つからない以上、どこからか借りてきた可能性が現時点では高いですね。

これがGrand Slam盤とするならば、20年近く前に発売された国内盤CDの方が音は良いって事になってしまいます。
まあ、国内初出のCDもいくつか所有してますので、最新リマスター盤よりそっちの方が音質が良いって事も経験済みではあるんですが。

私が所有している、POCG-3793もCD情報が消えてますので。
(MacであろうがWinであろうが、iTunesでは情報取得が出来ないと思われます。)

AndroidスマホをMac PCに繋いでみたんですが、画像転送が出来ませんでした。

リマスターについて、詳細に書かれておりますが、非常に勉強になりました、ありがとうございます。


ベイヌムのブラームスも聴かれたのですね。
1958年録音のステレオ録音の音源について書かれていると思われますが。
YouTube音源でも、鑑賞に値する音質だと思うところですね(^^♪

ベイヌムの演奏はブラームスの第1番とベルリオーズの幻想交響曲しか聴いた事がないので、ブラームスの第3番が素晴らしいかどうかはわかりません(^^;;

YouTubeにはベイヌムのブラームスの第3番もありますが、私自身が聴いてない演奏のリンクを貼る事はありませんので。
基本的に「これぞ!」という、是非聴いて頂きたい音源以外はリンクは貼らないようにしてます(^^;;

2022/12/16 11:40  [2265-6583]   

ちちさすさん。

ベイヌムの1958年録音のYouTube音源、よくタワーレコードによるリマスタリングCDだとわかりましたね。

私はこれを見て、タワーレコードで検索していたら出てきましたが(^^;;

私が所有しているCDもかなり良い音だと思っていたのですが、圧縮音源なので音の厚みには欠けますが、YouTubeにある音源の方がより鮮烈になってます。

こういう成功例を聴いてしまうと、リマスター違いのCDを収集している気持ちがよくわかります。

購入して、ちょっと音が悪いかな、もっと良いリマスターのCDはないかな、と思うことはありますが、特に不満なく満足していた録音で、これは欲しいと思ったのは初めてでした。

私の好きなポール・パレーもフィリップスに録音してるので、ちょっと探してみようと思います(^^♪

追伸:
私の勘違いで、お手数をかけてしまって申し訳ございませんでした(^^;;

2022/12/19 05:56  [2265-6591]   

tam-tamさん。

ベイヌムのブラームスは、動画の詳細にアップに使われたCDの規格番号が記されていましたよ。
それによりますと、タワーレコードが独自に192kHz/24bitでリマスタリングした交響曲全集からの音源です。ただ、使われているマスタテープはアナログの「オリジナルマスター」ということですので、日本所有の孫世代コピーと思われます。それでもリマスタリングのおかげでかなりの音質みたいですが。
ベイヌムの演奏スタイルから第3番が一番合ってそうと書きましたが、全集ということですので第3番もあります。聴いてみたいものです。
残念ながら入手は難しいようです。


今週末からクリスマス、お正月と子供にとってお楽しみ期間がやってきます。大人にとっては出費が痛いです……いえ、子どもが喜ぶならいいんですけど(^^ゞ
うちの子へのサンタさんからのプレゼントはヘッドフォンです。
音楽よりもゲームや動画視聴用ですので、中華製と思われる、悪くなさそうなものを選んでみました。
見た目AKGみたいな、と言いますか、AKGをパクったようなデザインです(笑)。
で、お年玉の出費が大変。これはうちの子だけにあげれば良いわけでなく、親戚の子みんなにもあげますのでね。

2022/12/19 07:52  [2265-6592]   

ちちさすさん。

チャイコフスキーの弦楽セレナード。
ベートーヴェンの「大公」以外のピアノ3重奏曲。
リストのピアノ曲が少々。

これくらいしかないのですか(^^;;

となると、チャイコフスキーの交響曲第1番から第3番が未聴だったのが不思議なくらいですね。

私は書き切れないくらいありますので、簡潔の言うと、オペラのほとんどが未聴です。
ヴェルディ、プッチーニでさえ、超有名曲しか聴いておりません。

ベートーヴェンの歌劇はコンプリートしました←「フィデリオ」しかないやないかい( ̄▽ ̄)、w

以前から聞きたかったのですが、ベートーヴェンが編曲したドイツ民謡などは聴かれてます?
もし、聴かれていたら、良い選集などがあれば、教えて頂きたいと思っていたのです。

お正月の出費は痛いですねえ(^^;;

PCの買い替えも控えてますしね。

中華ヘッドホンですか。
パクったようなデザインのヘッドホンなら、大丈夫でしょう、おそらくサウンドもパクってますので(笑)。

2022/12/19 09:22  [2265-6594]   

ちちさすさん。

ベートーヴェンのピアノ三重奏曲「大公」の「100万ドル・トリオ」とは、
ハイフェッツ、ルービンシュタイン、フォイアーマンのトリオの事でしたか。
この演奏は私は未聴ですね。

てっきり、カザルス、ティボー、コルトーのトリオの事だと思っていました。

「100万ドル・トリオ」に関しては、面白いエピソードがあるみたいですね(^^)。
検索して読みました、w

ベイヌムのブラームスの交響曲第1番、1958年録音盤があったチャンネル、もの凄い勢いでアップロードされています。

特に貴重音源などはないのですが、再生回数が少なく、コマーシャルが入らないので、お勧めです。

ベームの「トリスタンとイゾルデ」なんかもありましたよ。

リマスターの確認とかに使えそうですね。
後は気になっている同曲異演を聴くのに最適かと。

純粋に鑑賞で楽しめるレベルの音質ですので。

何曲か聴きましたが、コマーシャル、広告は入りませんでした。

Tsubame Record
https://www.youtube.com/@tsubamerecord22
08

2022/12/22 06:35  [2265-6605]   

「HIROSHIMA 」と「シャコンヌ」

tam-tamさん。

件のチャンネルは、多くはCDからのアップロードですので、特に目を引くような音源はありません。CDで現在も入手可能なものが大半です。
たまにLPの板起こしもアップされてますが、音質が残念です。みな聴いたわけではありませんので、まずまずレベルの板起こしもあるかもしれませんけどね。
この人は2014年にチャンネル登録しているようですので、以前にアップした曲はYouTubeから削除されたのかも。
広告は収益化の認可がされると入るのですが、チャンネル登録数と総視聴時間がYouTubeの基準を満たさないといけません。現在の動画はどれもアップされて2ヶ月程度が最古なので、収益化で動画に広告が入るのは当分先と思います。

PCもだましだましで使っていかなければなりませんので、当面は夫の仕事のみでの使用として、リッピングやYouTubeからの音源作りはやめることにしました。
年賀状、早めに作っておいて良かったです。


先日、佐村河内守さんの交響曲「HIROSHIMA 」とヴァイオリン曲集の「シャコンヌ」を聴きなおしてみました。
ゴーストライター作と明らかになりましたが、モチーフと構成は佐村河内さんによるようなので、少なくとも原案者以上のポジションはありそうなのと、著作権も佐村河内さん所有で決着してますので、「佐村河内守の曲」ということにして良いみたいです。

「HIROSHIMA」はかなり無駄が多くて動機が展開に埋もれるのは致命的に思いますが、全体的には「三歩進んで二歩下がる」的な滞り感が標題とマッチして、悪くない曲です。
その昔、漫画家の手塚治虫さんが200ページの作品を、無駄を省いて内容を濃くして、半分の100ページに書き直して出版されましたが、それと同じことをこの作品でやってほしいです。
「シャコンヌ」は簡素な曲で、大規模な交響曲より、むしろ聴き映えがするのが面白いところ。弦楽四重奏曲は2曲ありますが、いずれもなかなかの佳曲です。
佐村河内さんは、ゴーストライターを頼む以前の曲、事実が明らかになって再び自身で作曲した曲を聴きますと、決して才能のない人ではないようです。

もうそろそろ、作曲者云々でなく、作品として正当な評価を受けても良い頃だと思います。
この2枚は私の試聴記に取り上げても良いかな?

2022/12/23 09:29  [2265-6608]   

ちちさすさん。

貴重音源とかはないチャンネルです。
ただ、再生回数が少ない音源ばかりなので、コマーシャルが入らないので、CDの購入選択に使えるのでは、と思ったのです。

佐村河内守さん。
ニュースで話題になった人なので、知ってます。
「現代のベートーヴェン」とかで有名になった人ですよね。
確か「交響曲第1番」とかいう書籍もありましたよね。この本は読んだ記憶があります。
作曲したのは、本人ではないのでは?という疑惑があったのは知ってますが、その後の経緯は知りませんし、作曲した楽曲も聴いておりません。

モチーフと構成は佐村河内さんが手掛けていて、ゴーストライターを必要するって事は、オーケストレーションが出来ないって事ですか。

小規模な作品はちゃんと作曲出来るみたいですので、良いんじゃないですかね(^^;;

鼻歌を録音して、それを元にコード進行とか、楽典的に間違いがないように一つの曲に仕上げても、作曲誰々、編曲誰々と堂々と売られてますからねー、J-POPなんかは(笑)。

ビートルズのイエスタデイも、クラシック畑のプロデューサー、ジョージ・マーティンが居なければ、現在のような曲にはなってなかったので。

私の知人で、作画能力が一流の漫画家がおりますが、とにかく面白くないんですよ。内容がですね。
小学生の頃からの付き合いでしたので、応援はしておりましたが、面白い漫画は書けないだろうな、と。
今では、原案を元に、作画だけしておりますよ。
漫画「北斗の拳」とか「美味しんぼ」みたいな感じですね。

話は戻って、佐村河内守さんの楽曲、ちちさすさんの縁側の視聴記に取り上げても良いのでは、と思います。
私も視聴記があった方が、曲が聴きやすですし。

モーツァルトのレクイエムの第8曲「ラクリモサ」、弟子のジュースマイヤーに仕上げられる訳がない、という人がおりますが、実際に仕上げてしまったのが事実です。
8小節で絶筆しておりますが、モチーフが素晴らしければ、補筆完成したのがジュースマイヤー作であろうと、ちゃんとモーツァルト作のレクイエムとして評価されてますからね。

2022/12/23 14:12  [2265-6611]   

tam-tamさん。
音之葉さん。
ポン作さん。

今年もありがとうございました。
良いお年をお迎えくださいね。

2022/12/31 11:02  [2265-6623]   

ちちさすさん、ご丁寧にありがとうございます。

tam-tamさん。
ちちさすさん。
音之葉さん。

今年はありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

来年もよろしくお願いします。

2022/12/31 15:33  [2265-6624]   

ちちさすさん。

今年もたくさんの書き込み、ありがとうございました(^^)。

2023年は素晴らしい年になるよう、心から願っております。

くれぐれもご自愛くださいね。

2022/12/31 16:30  [2265-6625]   

ポン作さん。

今年もいよいよ終わりです。

たくさんの書き込み、ありがとうございました。

この縁側を大いに盛り上げてくださり、ポン作さんには感謝しかありません。

良いお年をお迎えください。
来年もよろしくお願い致します(^^♪

2022/12/31 16:53  [2265-6626]   

tam-tamさん。
明けましておめでとうございます。
遅くなってしまいましたが(^▽^;)

我が家も今日から平常モードです。

今年もよろしくお願いいたします。

2023/1/10 12:10  [2265-6639]   

ちちさすさん。

明けましておめでとうございます。

実はあまりおめでたくはないのです。

コロナに感染してしまいました。

あまりの喉の激痛で、食事どころか水分補給も出来ません。

抗生物質など使えない薬剤も多く、対コロナの治療薬がほとんど使用出来ません。

PCR検査でも偽陽性が出る事も多いので、コロナと決まったわけではありませんが、1日6本の点滴で、栄養補給しながらの入院生活となりそうです。

どれくらいかかるかわかりませんが、暫くは返信が出来ませんので、よろしくお願いいたします。

2023/1/10 13:28  [2265-6642]   

tam-tamさん。

コロナウィルス感染とは、新年早々お気の毒です。
基礎疾患をお持ちなのですから、療養は十分にされてくださいね。
私も基礎疾患いっぱいですから、ワクチン接種もできない身です。

2023/1/13 06:27  [2265-6645]   

話題を出しておきましょう。

ドイツグラモフォンのオリジナルスシリーズです。
オリジナルスの新譜はもう出ていませんが、このシリーズ、途中でリマスタリングの音質が変わってしまっています。

1995年3月にリリースされた第1回発売の、カラヤンのベートーヴェン第九、ブラームス第1番、ムソルグスキーの展覧会の絵、カルロス・クライバーのベートーヴェン第5番と第7番、リヒテルのラフマニノフピアノ協奏曲第2番。
第2回発売のカラヤンのハンガリー舞曲とスラヴ舞曲集、ベームのベートーヴェン田園。
第3回発売のポリーニのベートーヴェンピアノソナタ集。
このあたりまでのものは、上手いリマスターで音質も上々です。

ですが、その後のリリース、フリッチャイのドヴォルザーク新世界より、カラヤンのメンデルスゾーン第3番と第4番、同じくカラヤンのリムスキー=コルサコフのシェエラザード、などを聴きますと、第3回発売までのものよりも明らかにノイズリダクションが強めにかかっており、音がやたら輝いていると言いますか、ツルツルした音と言いますか、違和感あります。

オリジナルスは当初23ビットリマスターだったのですが、いつのまにか24ビットに変わっており、サンプリング周波数は不明ですが、音が変わったのはビット伸長のタイミングなのかもしれません。
たかが1ビット、されど1ビット、なのでしょうか。
特にカラヤンのメンデルスゾーンのスコットランドは、オリジナルスでない通常盤で聴きたいと思わされます。

2023/1/13 06:54  [2265-6646]   



新しく建てたイヤホン、ヘッドホン雑談板がそろそろ、100スレ到達になりそうですので、早めに建てました。

みなさま、今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m。

2022/11/17 23:56  [2265-6389]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんばんは。お久しぶりです!

最近は新しい機器への興味も購入意欲もないまま月日が過ぎております(笑)

YAMAHAからハイエンドヘッドホンが発売されるようですよ

先駆けてフジヤエービックさんで試聴会が開催されるので行ってこようかと思っています(*´ω`*)〜♪

では、また!

2022/11/18 01:04  [2265-6390]   

音之葉さん。

こんばんは、おひさしゅうございます(^^)。

文章からして元気そうですねー。

<YAMAHAからハイエンドヘッドホンが発売されるようですよ

という事はまだ、販売されていないと。

YAMAHAからハイエンドですか!

これはちょっとそそられますますよねー(^^♪

オーテクからもかなり高いヘッドホンが発売されて驚いていたんですが。

YAMAHAのヘッドホン、ちょっと調べてみますね(^^)。

また、気軽の遊びに来てください、お待ちしております♪

書き込み、ありがとうございました。

2022/11/18 01:30  [2265-6393]   

音之葉さんが紹介してくれたYAMAHAのヘッドホンが超絶にカッコいい!!:

YAMAHAから発売される、ハイエンドヘッドホン、YH-5000SE(B)。

まずは外観をご覧下さい。

YAMAHA YH-5000SE(B0
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1468544/2069/


こんなカッコいいヘッドホンは見た事がありません!
メカニックなデザインがなんともそそりますね!

こちら、平面駆動型ヘッドホンとなっており、お値段もかなりお高いのですが、
まあ、とてもではないですけど、購入出来るヘッドホンではありませんが、これは実物を見てみたいです。
(0が一つ少なければなあ、w)

個人的には過去一でカッコいいデザインのヘッドホンです。
これで、サウンドが素晴らしかったら、ちょっと誰か買ってくれないですかね(^^;;

2022/11/19 06:01  [2265-6399]   

ブラックフライデーで買いたいお勧めイヤホンリスト:

価格は11月20日現在でのAmazonの税込価格となっております。

5,000円まで
  
*KZ EDA(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/1rAkB32

*Reecho SG-01(試聴済み、特選お薦め)
https://amzn.asia/d/6fHrRjk

*CCA CXS(試聴済み、お薦め)開放型
https://amzn.asia/d/dR5s4PE

*LINSOUL QKZ x HBB(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)重低音好き、お薦め
https://amzn.asia/d/6yN9fXu

*TRIPOWIN Lea(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/86Lg23d

*7Hz Salnotes ZERO(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)お薦め
https://amzn.asia/d/93MG6Rf

*CCA LYRA(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/cD9q3bI

*TANGZU SHIMIN LI(試聴済み、お薦め)
https://amzn.asia/d/9X434un

*TRN TA1(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/5r7vyRp

*NICEHCK DB1(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/8XkRqht


10,000円まで

*TinHiFi T3 Plus(管理人所有、お薦め)
https://amzn.asia/d/dCizVfI

*EPZ K1(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/hdbYUEH

*TinHiFi T2 DLC(試聴済み、お薦め)
https://amzn.asia/d/fO6L2D0

*Behringer MO240(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)ドイツの音響機器メーカー、モニター好き特選お薦め
https://amzn.asia/d/4AFoV62

*KZ AS16 PRO(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/iFW1Pno

*TRN TA1 MAX(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)開放型
https://amzn.asia/d/0eZSusP


20,000円まで

*BQEYZ Summer(試聴済み、お薦め) 
https://amzn.asia/d/7YzStpG

*BQEYZ TOPAZ(試聴済み、お薦め)
https://amzn.asia/d/8TszUKL

*TRIPOWIN x HBB Olina SE(管理人所有、特選お薦め)
https://amzn.asia/d/7vKRkgT

*TRIPOWIN x HBB Olina(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/cv7SGzW

*RAPTGO Leaf D01(管理人所有、個性的サウンド)
https://amzn.asia/d/eQVheeX

*NF Audio NA2+(試聴済み、お薦め)
https://amzn.asia/d/8nU9kbL

*LET SHUOER D13(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/aJq5Fnj

*TinHiFi T5(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/cZAlrPG

*Thie Audio Legacy 2(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)
https://amzn.asia/d/dOvfmOD



平面駆動型イヤホン

*LETSHUOER S12(未試聴、サウンドクオリティー確認済み)お薦め
https://amzn.asia/d/79sPWvS

*TANGZU Zetian Wu(試聴済み、お薦め)
https://amzn.asia/d/iJmY6ky

*TinHiFi T1 MAX(試聴済み、お薦め)
https://amzn.asia/d/4flToxu

*RAPTGO HOOK-X(試聴済み、お薦め)開放型
https://amzn.asia/d/52PKAZX

平面駆動型イヤホンは続々と新製品が出ているので、この辺でやめときます。
上記の平面駆動型イヤホンは試聴が出来ますので、ポン作さん自身で色々聴いてくださると嬉しいです。

先入観が入ると面白みがなくなってしまうと思うので、私からの感想はあえて書いてないです。
試聴出来るイヤホンはキチンとサウンドを確認して買うも良し、ワクワク感を楽しみたければ、5,000円までで買えるイヤホンを無試聴で購入するも良し、全スルーも良し( ̄▽ ̄)ですので、(^^♪

2022/11/20 01:28  [2265-6409]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんにちは。

昨日、YAMAHA YH-5000SEの試聴会があったので出かけてきました。

実は、関西でもポタキャラ2022っていう、ヘッドホン/イヤホン系のお祭りがあったのですが、まさかそちらでも、YH-5000SEの試聴可能だとは知らず、、ぶっちゃけ関西の方がマニアックな出展品(3Dプリンターによる自作ヘッドホン)があったので知っていればそちらへ行きたかったです。

この自作のヘッドホン。完成度が非常に高くヤバいです。どっちかっていうとこういうものの方が興味が湧きます♪

気を取り直してYH-5000SEの感想です


環境
 シングルエンド:PC→RME ADI-2 DAC fs
 バランス:自前のDAP

音源
 アンバランス:YAMAHAさん持ち込み楽曲をPC→DAC/AMPで
 バランス:自前のDAPの楽曲

って感じです。

ハイエンド品、しかも特に駆動力を必要とする平面駆動型ヘッドホンの試聴会でさすがにこれは、、ありえないくらい寛容が質素過ぎます


ですので、上流の役不足により試聴による正当な判断が出来ませんでした


アンバランスも据え置きとは言えフツーのノートPC→RME ADI-2 DAC fsです。
これで十分鳴らせるなら、これ以上の上流は不要=ハイエンドヘッドホンアンプなんていらないってことになります。

でも、実際はそうではなく、ヘッドホンを満足に鳴らす為にはガチのヘッドホンアンプは必須です。

ですので、どちらの環境であっても、上っ面の音を聞いてる感じで、中途半端です。若干ですが据え置きに繋ぐと全く印象が異なるレベルです。

要するに上流が役不足でYN-5000SEの真の実力を感じ取ることは叶いませんでした。

この状態では、音の表現がどうだの、空間表現がどうだの、定位がどうだの、YAMAHAの味付けがどうだのって、そういうレベルではなかったです。

非常に残念でした。

ただ、音以外の(笑)www

ヘッドホンの作りとしてのクォリティは恐らく世界屈指、自分的には世界一と言い切っても良いレベルの創意工夫とクォリティを感じました。

■本体の軽さ
例えていうならHD650を装着してるかのような軽さで、恐らく何時間装着していても重要による弊害は皆無と感じます。

従来の平面駆動型と比較すると驚異的・革新的レベルです。

YAMAHAさんの努力の賜物・技術の結晶でしょう。

この観点では唯一無二のハイエンド品と断言出来ます。

■イヤパッドの交換機構
特筆すべき点は、めちゃめちゃイージーオペレーションで簡単手軽に交換でき、シッカリ装着出来ます。この機構は製品をみて触ってみないと実感出来ない箇所ですが本当に素晴らしいアイディアだと思います。

本体の重量と同様、ハイエンド品に相応しい非常に優れた仕組みで、スタジオユースならまだしも、ハイエンド品でこの機構は世界唯一ではないかと思います。

■ケーブルの軽さ・柔らかさ
同じような構造で色味は違いますがSONYのKIMBERケーブルと比較すると重さ、柔軟性においてYAMAHAのケーブルはダンチで使いやすいと感じました。

音質面は上記の通りなのでキッチリ試聴できなかったことが非常に悔やまれます。

■ヘッドバンドの調整機構
こちらもかなりシッカリ調整出来て、この使用感が私は好きです。なかなか使いやかったです

■装着感
こちらも重量と合わせてとてもしっくりきます
実用面という観点で総合的に優れ、非常に扱いやすいと感じました

正にハイエンド

MADE IN JAPAN の最高峰と感じました。

■遮音性

私に個人的には、

・フルオープン(GRADO)よりは音漏れ少ない
・セミオープン(T1 2end)よりは音漏れ多い

と、感じられました

遮音性は総じて開放型と平均と思っていれば良いと思います

ヘッドホンしたままでも、結構会話が出来ます(笑)

■製品保証(標準付属)
他メーカーと違って、5年保証が、標準で付いてきます。

■あとがき
とまぁ、ざっとこんな感じですが、音質面は販売されて時期が経てば、商品が各販売店に行き届き、何処ででも試聴可能になるでしょうから、その時に再試聴すればよいと思います。

音が気に入れば、同じ価格帯のどのメーカーよりも、「買い!」だと感じました。

でわ、また!

2022/11/20 12:39  [2265-6416]   

tam-tamさん、こんにちは。

今日は朝から何故かFX1100をずっと聴いている私でございます。
少し耳を初期化しようと思いましてw

リストアップありがとうございます!
そしてお疲れ様でした。
ただ、表の口コミでも披露されればとても有益で反響も多いんじゃないかと思いますねえこれは。

tam-tamさんがリストアップしてくれたものを色々検索して眺めてみました。

その中で興味をそそられるのは、

平面駆動型イヤホン→RAPTGO HOOK-X  eイヤホンで試聴可能なので。平面駆動型は私にとって未知ですし、高価でもあります。試聴は必須ですね。

20,000円まで→TinHiFi T5  これ気になりますね。TinHiFiの音の素晴らしさはT3 Plusで知っていますので。

10,000円まで→Behringer MO240  この価格のハイブリットというのはどんな音なのかですね。堅実なイメージのドイツ製というのも惹かれますね。

5000円まで→TRIPOWIN Lea  tam-tamさんがTRIPOWIN x HBB Olina SEを絶賛されていますので^^:

で、もう少し色々と眺めてみますね。

以上中間発表でした(笑)

ありがとうございました。

2022/11/20 14:42  [2265-6417]   

音之葉さん。

こんにちは(^^)。

<この自作のヘッドホン。完成度が非常に高くヤバいです。どっちかっていうとこういうものの方が興味が湧きます♪

私もこういうヘッドホンには惹かれますので、音之葉さんの心情はわかりますよ。

製作者が自分好みのサウンドにチューニングしてますから、的中率は低いですが、ドンピシャだった場合、他では求める事が出来ないサウンドが手に入りますからねー。

<気を取り直してYH-5000SEの感想です

という事で楽しみにしていたのですが、

<上流の役不足により試聴による正当な判断が出来ませんでした

100%のポテンシャルで聴くことが出来なかったので、音質面について触れなかった事は、音之葉さんが如何に真摯的であるかが分かると言うものです。この辺りはいつもながら素敵ですね(^^♪

まあ、来月になれば、試聴機も提供される事だし、気長に待ちましょう♪
後々のお楽しみ、と言う事で(^^)。

<ヘッドホンの作りとしてのクォリティは恐らく世界屈指、自分的には世界一と言い切っても良いレベルの創意工夫とクォリティを感じました。

開発チームの熱意が感じられるヘッドホンですよね、一切の妥協が感じられません。
デザインからして、万人に媚びてる感じはしないので。
私は過去一でカッコいいと思いましたが、こういうメカニックなデザインが好きじゃない人も居ますから。

イヤーパッドが手軽に交換出来る、変換機構は素晴らしいですね。
DT1990PROとかも2種のサウンドチューニング用のイヤーパッドが付属していましたが、手軽に交換出来るシステムになってないと、宝の持ち腐れになりかねないですからね。

<他メーカーと違って、5年保証が、標準で付いてきます。

これは素晴らしいですね、他メーカーも追従して欲しいと思います。

<音が気に入れば、同じ価格帯のどのメーカーよりも、「買い!」だと感じました。

私はデザインだけで「買い」になっちゃうヘッドホンですねーw
これほど一目惚れしたヘッドホンが過去にはないので。
超絶的にカッコいいじゃないですか(^^♪
これで音も良かったら、平常心でいられるかどうか危ういですよねー♪( ´▽`)。

書き込み、ありがとうございました。
またお待ちしておりますので、気軽に遊びに来てください(^^)。

2022/11/20 14:47  [2265-6418]   

ポン作さん。

こんにちは(^^)。

なるほど、耳のリセットですか。
これは実は私も時たまやっています、w
じゃないと、客観的評価が出来なくなってしまうので。
TRIPOWIN x HBB Olina SEが届きまして、あまりに素晴らし過ぎて、何がどうなってるやら、少々混乱気味なんですよ、w

<ただ、表の口コミでも披露されればとても有益で反響も多いんじゃないかと思いますねえこれは。

クチコミにも書こうとしたんですが、アンチが多いですからね、私(笑)。

先日の一件は完全に私が悪いので、相手の方にはご迷惑をかけちゃいましたが。

それにやはり、試聴が出来ないと言うのは大きな弊害ですよね。
何処かの販売店が取り扱ってくれれば良いんですけどね。

<その中で興味をそそられるのは、

RAPTGO HOOK-Xは、平面駆動型ドライバーと圧電ドライバーのハイブリッド構成です。
ですので、他の平面駆動型よりも価格がお高いですね。
まずはシンプルな平面駆動型イヤホンを試聴される事をお勧めします(^^)。

TinHiFi T5はT3 Plusとな鳴り方が全然違いますので。
結構カリカリらしいので、NSE1000-AとBくらいの違いがあると思います。
まあ、虜になるイヤホンの特徴でもありますね(^^♪

<10,000円まで→Behringer MO240  この価格のハイブリットというのはどんな音なのかですね。

10,000円未満でも8ドライバー搭載とかありますんで、w
Behringerは音楽関係者が良く使用されてるメーカーなんですよ。
製造は中国なので、「中華イヤホン以外リストアップしません」と言いながら、リストアップしちゃいました、w
今回のリストの中で平面駆動型以外で最も欲しいイヤホンがMO240なんですよ、私個人では。

<5000円まで→TRIPOWIN Lea  tam-tamさんがTRIPOWIN x HBB Olina SEを絶賛されていますので^^:

価格は値下げされる前の価格ですからね。
値下げ率によっては、ワクワク、ドキドキを味わう為に無試聴購入するのも、面白そうではありますよね。

まあ、今回はちょっとした遊び心を踏まえながらのものですので。
LINSOUL QKZ x HBBなんてどうです?重低音好きも納得の一本らしいです。
好みのサウンドが変わって、食指が動きませんか(^^;;

暖色系サウンドがお好きだったポン作さんが、Behringer MO240に目を付けられるとは少々驚きました。
サウンドの好みが変わった、という事は度々レビューでも語られておりますが、格安で入手出来る可能性があるブラックフライデーでは原点回帰されるのかと思っていたのですが、既に第3形態までいっておられたのですね(^^;;

2022/11/20 15:35  [2265-6419]   

こんばんは。

夜はもうめっきり冷えてきますね。
こちとら既に暖房中でございますw

これは実は私も時たまやっています、w
>じゃないと、客観的評価が出来なくなってしまうので。

そうですね。
私はfx1100を散々聴いた上でNX1なりNSE1000-Gを聴いても、果たして今まで通りの好ましい印象は残るのかというお試しですね。
まあ音の印象はかなり変わるでしょうね。
因みにtam-tamさんがリセットする時に使用するイヤホンは何でしょうかね。SE846?

>重低音好きも納得の一本らしいです。
好みのサウンドが変わって、食指が動きませんか(^^;;

tam-tamさんは何となく私を誤解している節があるような(_ _;)。。w
私は低音は好きな方ですが、重低音特化型と言うのは好きではありませんよ。
過去にはハマった時期もありましたが、とうに卒業しておりますハイ(^-^)/
音楽を聴くには、全体を加味した上で低音は欠かせない要素だぐらいの感覚ですね。
低音だけだとおっしゃる通りすぐに飽きてしまいますからね。

おお!
Behringer MO240、かなりよさそうじゃありませんか!
マジで欲しくなりました(笑)

2022/11/20 19:16  [2265-6420]   

ポン作さん。

こんばんは(^^)

寒くなりましたね、めっきりと。
私はここ数年、冬は暖房なしで乗り切っているので、まだまだ大丈夫です(^^)。
ちょっと自分に喝を入れないと駄目だと思って、w
夏は迷惑になるじゃないですか、汗ダクダクだと。

<因みにtam-tamさんがリセットする時に使用するイヤホンは何でしょうかね。SE846?

エティモティックリサーチのER4Sですかね、いまだに現役なんですよ。

このイヤホンで音楽聴いていた時間が一番長いので。

<tam-tamさんは何となく私を誤解している節があるような(_ _;)。。w

まあ、そんなにガッカリしないでくださいよポン作さん。←って事は思いっきり誤解してたんか( ̄▽ ̄)、w

ポン作さんに誤解してたというより、低音がズドンとなるようなイヤホンが一般的に好まれてるのかな、と。

デカい家電量販店とか、eイヤホンもそうですが、重低音イヤホンコーナーとか必ずあるじゃないですか。

それだけ、需要があるんだろうな、という認識でいました。

<音楽を聴くには、全体を加味した上で低音は欠かせない要素だぐらいの感覚ですね。

そうなんですよね、低音は結構重要な要素なんですよね。
低音が逃げてしまうと、低音だけでなく、サウンド全体が細身になりシャカシャカした音になっちゃいますからね。

<おお!
Behringer MO240、かなりよさそうじゃありませんか!
マジで欲しくなりました(笑)

これねー、良いですよねー(^^♪
5,000円くらいになって欲しいですよねー。
今の価格でも安いと思うんですが、円安の影響で値上がりしてると思うので。

そうだ、ポン作さん、イヤホン探してた女の子、NSE1000-G、購入されて喜んでいたじゃないですか。
これは良かったと思いますねー。
なんせ、ハイエンドイヤホンですからね。
経験上、2週間で異常が無ければ、その後も大丈夫だと思います。
有線のダイナミック型ドライバーのイヤホンで壊れた事がありません。
プラグが曲がったとしても、リケーブル出来るし、イヤホン本体に電子回路がある訳ではないので。

2022/11/20 21:27  [2265-6421]   

tam-tamさん、こんばんは。
今日はよく出てくる私でございます(笑)

am-tamさんとのやり取りは私にとって得るものが多いのですが、何より癒されるんですね。
まあ、何勝手に癒されてんだよ!‥ていうツッコミもありそうですが^^:

>TRIPOWIN x HBB Olina SEが届きまして、あまりに素晴らし過ぎて、何がどうなってるやら、少々混乱気味なんですよ、w

もういくらか落ち着かれましたか(笑)
でもam-tamさんのようなそれこそいろんな機種を試されてきた方を混乱させるイヤホンとは如何なるものなのか、これもまたとても気になるところではあります。
現時点の価格も手ごろですしね。試聴出来ないというジレンマです(._.`)

>先日の一件

??
何かあったのですか。

で、NX1戻して今も聴いておりますが、少しハイ上がりかなという程度であまり違和感を感じません。
明らかにこちらのがキレや躍動感もあり、相変わらず洋楽ロック系なんかは感動ものです。
仰せの通り、どうやら既に私は第3形態に入ってしまっているようです‥ていうか私は新種の生物かい!(-_-# w

>ブラックフライデーでは原点回帰

とんでもありません。何を仰いますやら。このまま邁進するのみでございますよ(笑)

>イヤホン探してた女の子、NSE1000-G、購入されて喜んでいたじゃないですか。

ありがとうございます。
僭越ながら此処の口コミを始めて一番うれしかった出来事ですねぇ。
喜んでもらえたことは勿論ですが、NSE1000-Gの素晴らしさを共有出来るという喜びですね。
NSE1000-Gがらみで前スレでam-tamさんに迷惑をかけていますし、NSE1000-Gってどこか不運なヤツだなあと思っていましたのでね(笑)

ていうわけで、来週はいよいよですねぇ。

そういえば今日、ラディウスの例の新作が発売開始されましたね。
折をみて試聴して来たいと思っています。

ではでは
おやすみなさい。

2022/11/20 23:57  [2265-6423]   

ポン作さん。

こんばんは(^^)。

私とのやり取りで癒されるんですか、何かリラックスさせるアルファ波とかデルタ波とか出ているんですかね(^^;;
まあ、基本アホな事ばかり書いておりますからね、w
こういう意見は初めて聞いたので嬉しいです(^^♪

<現時点の価格も手ごろですしね。試聴出来ないというジレンマです(._.`)

パニックにはなっておりません(^^;;
文章上、ああ書いただけで、混乱もしていません、私自身はですね、w
だけど、読んでくれている方々からすれば、RAPTGO Laaf D01で「これ、やべー奴です」と書いてしまってるし、その後、あまり好んで聴いてこなかったサウンドのT3 Plusについてもベタ褒めしているし、ここに来てのOlina SEじゃないですか。
ここでも、価格を超えた、最高レベルのサウンドのイヤホンと書いてしまっているので、結局一体どれが一番良いんじゃい!?となるのは、ある意味当然だと思いますし、私自身も嘘は書いてないし、過大評価をしていないつもりではいるんですが、何が何やらわからないと思うんですよ。

実際は、購入して聴いて貰えば、より伝えやすいと言うか、共感出来るところもあるとは思うんですが、問題なのは、好みのサウンドじゃ無かった場合ですよね。

この価格コムの影響がどこまであるか、わかんないですけど、私とポン作さんがT3 Plusを購入してレビューを書いて、お互い盛り上がった瞬間があったじゃないですか、
その直後、eイヤホンにそれまで無かった、T3 Plusの中古品がどっと出たんですよ、12-13本はあったかな。
偶然かもしれないですよ、だけどタイミング的にどうなの?ってのもあるじゃないですか。

eイヤホンでも何回かやらかしているので、私(笑)。

だから、こっち(価格コム)に来たんですけど、w

なんでか分からないんですが、私が書いたレビューって良く参考票が付くんですよ。
(来た直後に書いたレビューですね、今は書いても参考票は付きません、w)
下書きもせず、一気呵成に書き上げるスタイルはeイヤホンと同じで成長してないんですが、w

なので、それなりにリスペクトしてくださってる方々が居るんだと思うんですが、それに伴ってアンチも多いです。

主観丸出しの熱血レビューがいけないんでしょうね、アレを読んで、試聴せずに買ってしまう方々も居ると思うんですね。
で、実際買ってみて、こんな、攻撃的なサウンドじゃ、音楽聴いても心が癒されんわ!と感じる人も多いでしょうし。

ポン作さんにみたいに、こりゃ大絶賛のレビューを書いているが、果てしてどんなイヤホンだろうと聴きに行き、客観的な判断と冷静な自制心で一回踏みとどまれる人との差だと思っているんですね。
ポン作さんはその後、炎の如くRAPTGO Leaf D01のレビューを糧にして、そのイヤホンを買うのではなく、別の方向の新しい活路を見つけておられますけども。

TRIPOWIN x HBB Olina SEに関して言えば、贅肉がないシャイプアップされた筋肉質なサウンドと言う感じですかね。
これを聴いた後で、T3 Plusを聴いちゃうと、体脂肪率の差が相当あるな、と言う聴こえ方になる印象です。
無論、私個人の好みも相当反映されていると思います。
聴いて欲しいとは思いますけど、買って欲しいとまでは思いません。
後1万円出せば、NSE1000-Aが入手出来てしまうので。
ですので、試聴機を置いて欲しいんですよ、とにかく。

ポン作さんはやはり第3形態まで進化しちゃいましたか(^^;;
これ、面白いですねー、縁側では日常的に使っていこ(笑)。

<僭越ながら此処の口コミを始めて一番うれしかった出来事ですねぇ。
喜んでもらえたことは勿論ですが、NSE1000-Gの素晴らしさを共有出来るという喜びですね。

やはりこれなんでよね、
共感出来た喜びと、報われた瞬間の喜びと、人に喜んでもらえた喜びと。

<そういえば今日、ラディウスの例の新作が発売開始されましたね。
折をみて試聴して来たいと思っています。

これも危険と紙一重じゃないですか(^^;;
私はお金がないので大丈夫ですけど。
好きなメーカーのフラグシップモデルの音を聴くって怖いですからね、w
欲しくて欲しくて堪らなくなりますよ、ドンピシャのサウンドだった場合。

ではでは、今日もたくさんの書き込みありがとうございました(^^♪

2022/11/21 01:33  [2265-6424]   

tam-tamさん、こんばんは。

今日はこちらは日中は暑いくらいでしたよ。
私は早歩きなので歩くだけでも汗タラタラなのでございます(;'∀')

>eイヤホンにそれまで無かった、T3 Plusの中古品がどっと出たんですよ、12-13本はあったかな。

これは私も気づいていましたよ。
タイミング的に妙に合致するなあと。
私のレビューはともかく、tam-tamさんのレビューに持っていかれた方々(被害者w)が結構いるのかなと^^;
ここでの私たちのやり取りを見ている方も少なからずいるでしょうからねえ。

>問題なのは、好みのサウンドじゃ無かった場合ですよね。

他人のレビューを鵜呑みにして躊躇なく突っ走てしまう方というのは居ますからね。
まあ、試聴環境のない地方に住んでいる方々はネット等の情報に依存せざるを得ないでしょうから分からなくもないですけど。
価格でのレビューの意義とは如何にですよねえ(´−`)o0○
私なんか主観タラタラの自己満レビューですけど、嘘を言わなければ、それでいいと思っています。

結局、プロではない素人のレビューですし、後はそれを見ている方の判断でしょうから。
そこまで気にされたらtam-tamさんの身が持ちませんよ(笑)
それで例えばアンチどもが仮に増えたとしてもですね。
生意気言ってすみません。

>ポン作さんにみたいに、こりゃ大絶賛のレビューを書いているが、果てしてどんなイヤホンだろうと聴きに行き、客観的な判断と冷静な自制心で一回踏みとどまれる人との差

私の場合ご承知の通りeイヤホンまで近い所に居ますので、焦って買う必要にも迫られないのですよ。
取りあえず今日はいったん帰ってゆっくり考えてみよう!‥ていうことが出来ます。
と思ったら次の日買いに行ったら売り切れていたってことがマジで2回程ありましたが‥(-“- )w

>これを聴いた後で、T3 Plusを聴いちゃうと、体脂肪率の差が相当あるな、と言う聴こえ方になる印象です。

なるほど。
私がまだまだいろいろな音を知らないからでしょうが、T3 Plusは筋肉質って程じゃありませんが、体脂肪率は結構少なそうに感じますね。細マッチョと言いますかw

TRIPOWIN x HBB Olina SE、試聴機がないのが何ともですが、ここはtam-tamさんに頑張って頂いて、TRIPOWIN x HBB Olina SEをどどんと盛り上げていただければ、その内にeイヤホン辺りから販売されようになるし、試聴も可能になると私は信じたい(笑)

2022/11/21 21:26  [2265-6425]   

ポン作さん。

こんばんは(^^)

書き込み通知が来ないですね、既に1時間も経っている。
アップデートしたばかりなんですけどね、iPhone。
遅れて申し訳ないです。

ちょっと、今日は色々と書き込みをしていたので、音楽はほとんど聴いてないですね。
(価格コムではないです。)

<これは私も気づいていましたよ。

やはり、ポン作さんも気付いてましたか。
私がヨドバシAkibaでT3 Plusを購入した時も、あの日に購入してなかったら在庫0になっていましたんでね。
TinHiFiというメーカーなんで、ヨドバシカメラがどのくらい在庫を抱えていたか、わからないんですが、全店舗で在庫がなくなったのは事実ですからね。

eイヤホンのT3 Plusの中古品の状態とか見ました?
ほとんど「Aランク」だったんですよ。
って事は、無試聴で購入して速攻で売却したな、と。
好みの問題もありますから。
でも、あまり癖のないサウンドじゃないですか、T3 Plus←え?違うの(^^;;
売却するのも手間がかかるし、あの価格で、あの音質ですよ。
むしろ売却しなかった方々の方が多いのかな、と。
まあ、これは良いんですよ。

ちょっと、色々とわかってきた事があって、なるほど、そういう事かというのが。
現時点では確証がないので今は書けないですけど、折を見て書きますので。

<価格でのレビューの意義とは如何にですよねえ(´−`)o0○

まあ、ヨドバシカメラで購入された方々は、私のレビューが原因ではありませんよ。
私も時間との勝負で購入してますんで(笑)
クチコミでしょうね。
ヨドバシ.comなら安く買えますよ、て書いた。

<私の場合ご承知の通りeイヤホンまで近い所に居ますので、焦って買う必要にも迫られないのですよ。

なるほど、ですね。
これは私も経験があります。
レンタル店の責任者やってたんですよ、まあ肩書きだけで仕事はしてないですけど、w
新作だろうが、名作だろうが、いつでも観られる環境にあるわけですよ。
新作が入荷されるのは前日ですから、レンタル用に加工しないといけないので。
その間にダビングしてしまえば良いので、
前から観たかったタイトルでも、余裕でスルーしちゃうんですよね。
で、結局何も観ないという、ね(笑)。
我々男性陣には時として、観なくてはならないビデオとかあるじゃないですか←大丈夫か、これ、削除されちゃう、w
そういうものも、結局は観なかったんですよねー、不思議な事に。
身近にあるからこそ、心の余裕が出来てしまうという事ですよね。

<T3 Plusは筋肉質って程じゃありませんが、体脂肪率は結構少なそうに感じますね。細マッチョと言いますかw
 
いや、私もそういう印象でしたよ、この価格で、このサウンドクオリティー、良いなって。
決して贅肉がついて肥満気味なサウンドだとは思ってなかったので。
RAPTGO Leaf D01は、もう少し筋肉というか体重があった方が良いんじゃね、って。
まあ、私はスレンダーボディが好きなんでしょうねえ( ̄▽ ̄)、w
(マジでヤバくなってきたか、これ、w)
TRIPOWN x HBB Olina SEは、ライザップに行ったT3 Plusのようなサウンドでしたよ。
中華イヤホン、マジでやべーなって、本気で思いましたので。
水月雨だけじゃないんだなと。

ちょっと悩んでいるんですよねー。
クチコミに書くにしても、ブラックフライデーの前と後じゃ、全然違うと思うので。
しかも、T3 Plusよりも、人を選ぶサウンドなので、RAPTGO Leaf D01ほどではないですけど。
なので、縁側でひっそりと書いていれば良いかなって(´-`).。oO

2022/11/21 23:33  [2265-6426]   

ポン作さん。

こんばんは(^^)

試聴に行かれてたんですね。

レビュー読みました。

radius HP-W100、良さそうですね。

リストアップしたイヤホンの中に、BQEYZ Topazってイヤホンがあるでしょう。

あれもアンティーム(intime SORA)のピエゾドライバーを使用しているイヤホンなんですよ。

SORA Ti3は楽曲によっては(音数の多い打ち込み系とか)うるさく聴こえてしまうでしょう。

Topazはなかなか上品に仕上げてあって、良い感じでしたよ。

インパクトのあるイヤホンではありませんが、聴き疲れしないサウンドだと思いました。

明日は休日なので、試聴には行きませんが、近いうちに、radiusのイヤホン聴きに行ってきます。

楽しみですね(^^♪

2022/11/22 21:40  [2265-6429]   

tam-tamさん、こんばんは。

今日は早めに仕事を終えて試聴に行って来ました。

私なんかのレビューなんぞtam-tamさんには何の参考にもならないと思いますが、視てくれてありがとうございます。

敢えて書いてないですが、私のはほぼアンバランスのみのレビューですので受容的にどうなんだというところはありますね。やはりこの辺りの価格ですからね。
バランスケーブルも持ってはいますが、私はアンバランスの音のが好きなんですね。

で、今日は最上位の300だけは敢えて試聴しておりません。日を置いて試聴するつもりです。

それにしても、素晴らしいですね。特に真ん中の200は^^:
何となくあったドブルベの野暮ったいような感じがなく、洗練されたといいますか、現代的なスタイリッシュなサウンドにシフトしている印象ですね。
低域もとてもスッキリしていて邪魔になることがないんですよ。
ただ、あまりエッジの立ったキレッキレの音ではないのはこれまでのドブルベと同傾向ですね。
それと、音場も広くどちらかと言うと間接的な音なのでストレートな迫力には欠ける面はありますね。

そうそう、
tam-tamさんには書き込みスルーされましたが(ノω=;)。。。ww
ZE8000はちょっと気になります。
私としては外音取り込み機能は必要ですが、ノイキャンはいらないんですけどね。
その分音質にコストをかけて欲しいですね。

普段あまりワイヤレスには気が向きませんが、このZE8000は試聴して良ければ買ってしまいそう( ̄▽ ̄)

2022/11/22 23:01  [2265-6430]   

ポン作さん。

こんばんは(^^)。

3時間ぐっすり寝てました。
深い深い眠りに。
起きた時はもう朝になっているかと思うほどに。

W200のレビューも読みました、これも良さそうですね。

ポン作さんのレビューは私は好きですね。
「ああ、良い音を鳴らすイヤホンなんだな」とわかりやすいです。

私の昔のレビューを読み返すと、
「こりゃ、凄いイヤホンが出たもんだ、ポチらねば!!」という感じになりやすいです( ̄▽ ̄)、w

一番レビューで参考票が付くのは、人気のある製品の、ダメ出しのレビューなんですよ。
「みんなが良い、良い、と書いていたが、こんな欠点があったのか」、と。

色んなメーカーのイヤホンで、レビューが30以上投稿されているものを見て下さい。
突出して参考票が付いているのが、あると思います。

<バランスケーブルも持ってはいますが、私はアンバランスの音のが好きなんですね。

私なんか、バランスとアンバランスの区別もつきませんよ、w
SE846でバランス接続で聴いてみたんですが、「あれ?何処が変わったの?」ってな感じでした。
ここのメンバーの方に、バランスのサウンドだとわかる要点を教えて頂いた事があります。
所詮、私のレベルなんてそんなものなのです。

<そうそう、
tam-tamさんには書き込みスルーされましたが(ノω=;)。。。ww

いや、スルーはしてないですよ。
こっちの掲示板に書こうとして忘れてしまったんです、ごめんなさいm(_ _)m。

基本的に書きたい事はどの掲示板に書いても良いんですが、
私の常設掲示板は、主に情報提供、情報発信、主観的意見や感想を書くところで、メンバーさんとのやり取りは別の掲示板(イヤホン、ヘッドホン、雑談ならここですね)を使う様にしているので。
面倒くさくて、ご迷惑をかけます。

ZE8000は私も聴いてみたいですね。
多分、音量的に買おうとはならないと思うんですが、良い製品かどうかだけは知っておきたい気持ちがあるので。
ノイズキャセンリング機能、どうなんでしょうね。
ハウジングの棒状の所にマイクの穴みたいなのが、確認出来ますし。
やはり、この価格帯になると、ノイズキャンセリング機能付けないと売れないのでしょうね。
ON、OFFはユーザーサイドで選択出来るので。

11月後半は各メーカーから、挙って、新作が出る予感がしますね(^^♪

2022/11/23 03:27  [2265-6431]   

tam-tamさん、こんばんは。

ていうか、こんばんはって何時までだろうと調べてみたら、秘書技能検定試験というものでは18時から「こんばんは」と挨拶するとなっていますね。

んなことはまあどうでもいいですねw

>ZE8000は私も聴いてみたいですね。
多分、音量的に買おうとはならないと思うんですが、

どれだけ大音量なんでしょうか(笑)
想像するに私からすればtam-tamさんの音量ってかなりの音量だと思いますけど^^:

>近いうちに、radiusのイヤホン聴きに行ってきます。

私もHP-W300はまだ聴いておりませんが、tam-tamさん新ドブルベをどう感じるか、忌憚のない感想がとても気になるところです。

>11月後半は各メーカーから、挙って、新作が出る予感がしますね(^^♪

そうですよね。
嬉しいような怖いようなw
ただ、自分との戦いが果てしなく続くことだけは間違いないようで‥(_ _;)。。w

2022/11/24 17:44  [2265-6434]   

ポン作さん。

こんばんは(^^)。

「こんばんは」にもちゃんと時間帯があるんですね。
夏の時期はまだまだ明るいじゃないですか。
なかなか面白いですねー、こういう話は好きですね。

<どれだけ大音量なんでしょうか(笑)

おそらく、世界的なレベルだと思いますね( ̄^ ̄)ゞ

私もいい歳ですし、昔みたいに長時間のリスニングはしてないので、まあ、このまま行きますけど、(笑)

今の若い子たちはそれほど音量上げて聴いてないみたいですね。
私の若い頃の時代よりも余程常識的だな、と思います。
電車内で、シャカシャカ音させながら、大音量で聴いている若い子、多かったですから。

私は外出時にイヤホンを持ち歩く事はなくなりましたので、
なんて言うんでしょう、外に出たら、自然に聞こえる音を聴きたいんですよ、今は。
騒音も含めてなんですけど、鳥が羽ばたく音とか、風が吹く音とか、色々素敵な音が溢れてるじゃないですか。

若い人たちには大音量リスニングによるイヤホン難聴の注意喚起はしますけど、自分の事は、ちょっとどうでも良くなってますね、今は。

あれ、HP-W300、まだ試聴されてないのですか。
やはり余裕がありますね、ポン作さん。

私だったら、ここぞ!とばかりに3モデル聴き比べてますね(^^;;

HPシリーズをまだ聴いてないので、思考は変わるかもしれませんが、基本的に、真ん中のモデルは購入対象にはならないです。
(購入対象どころか、一番下のW100も買えませんけど、w)

リケーブル不可のW100かフラグシップのW300になってしまう感じです。
今回の3モデル、価格差が結構あるじゃないですか。
これが大きいですね。
ポン作さんのレビューを読むと、W100よりW200の方が良さそうです。
好みに合わせて、選んでくださいってチューニングじゃないと思うんですよね。
W300はW100やW200で感じていた不満点が全て解消されているような気がします。

私も試聴するのが、楽しみですね。

クリスマスシーズンに合わせて、出してくると思うんですよね、各メーカーから気合いの入った製品が。
これは私としても嬉しいというより、ちょっと怖いですねー。

そうそう、今日の24時からブラックフライデーがAmazonで始まります。
チェックしていたイヤホンがどの程度、値下げされるのか、ドキドキしてますね。
私も、一本くらいは何かしら購入するかもしれません、こちらも楽しみですね(^^♪

2022/11/24 19:20  [2265-6435]   

tam-tamさん

因みにデパートなど接客業では17時以降はこんばんはというのが一般的だそうです。

って、もうええっちゅうねん\( ̄  ̄*)バシッw

>おそらく、世界的なレベルだと思いますね( ̄^ ̄)ゞ

失礼かも分かりませんが素直な疑問です。
そこまでの大音量で聴いても音質の判別って出来るものなんでしょうか。
私のイメージですと、音が潰れてとても音質どうこうではないような気がしてしまいます^^:
私も試聴時には、イヤホンの能力を探る意味で普段聴かない音量で聴いたりはよくしますが‥

>あれ、HP-W300、まだ試聴されてないのですか。

そうですね。
三本も一度に音質傾向が私の頭では整理出来ないのですw
それと300を聴いてしまうと、例え主観的であっても100の正当な評価が出来にくくなりはしないかと私なりに考えたのですが、どうなんですかねえ。
ハイエンドばかり聴いてる人がどうしても廉価帯の評価が辛くなるみたいな^^:
ですので、次の試聴では200と300を聴き比べる予定です。

さあ、いよいよですか!ブラックフライデー!
今夜は夜更かし決定です(笑)

おやすみなさい。

2022/11/24 23:50  [2265-6436]   

ポン作さん。

こんばんは(^^)。

水商売なんかでは夜中でも「おはようございます」じゃないですか。
(普通の仕事もじゃい、もうええっちゅうねん、w)

<失礼かも分かりませんが素直な疑問です。

失礼でもなんでもないです。
疑問を感じて当然です。
私自身も疑問ですので( ̄▽ ̄)、w

これは慣れの問題でもあると思うので、正直わからないですね。
私には適切な音量だと思ってしまっているので。
なので、入力パワーに耐え消えず、音割れしてしまうイヤホン、ヘッドホンは当然ですが、ありますよ。
(ヘッドホンで音割れかいな、笑)
シングルBAのイヤホンは当然ながらER4S以外は全て音割れして使用出来ません。
(ER4Sに限らずエティモティックのシングルBAイヤホンは全て大丈夫です。)

爆音で鳴らしても、音色などは変化しません。
解像度、分離性能の判別にも特に支障が出る訳ではありません。

逆に爆音で鳴らさなければ、わからない事もあります。
(上記の音割れ、とかですね。)

食に例えて、言うならば、「激辛」なんか今、トレンドじゃないですか。
(「大食い」より「激辛」の方がテレビの企画として多いような。)
あんなに辛くしたら、肝心の「旨み」なんて分からない!。
と誰しも思う事でしょう。私もそう思いますし。
しかし、これは「激辛」を食べている本人しか分からない事なんですよ。

私は長い事、レンタル店に居ましたので、映画好き、音楽好きのスタッフ(主に学生のアルバイトですが、)と多く関わってきました。
その中でちょっと変わった女の子がおりまして。
当時は、iPod nanoというデバイスが流行っておりまして、今で言うところのDAPですよね。
音量レベル1で聴いているんですよ。
最小ボリュームです、要は。
ちょっと音が小さ過ぎて、ほとんど聴こえないんですよ。
これは何人かのスタッフも聴いているんですが、私と同様、「全然聴こえなくない、これじゃ」という感じでした。
ですが、音量レベル1で聴いてる女の子のスタッフは、「十分聴こえますよー。」、と。
非常に鋭敏な聴覚を持っているのか、その音量で聴いて慣れてしまっただけなのか、分からないのです。

ですので、何が正解とか、どんな分野においても無いと思っているんですね。
各々が満足されているものが、「その人にとっての正解」としか言いようがないんですよ。
「その人にとっての正解」が「あの人にとっての正解」になるとも限りませんし、そういう意見が合致したところが「共感」なのだと思います。

ですので、私が聴いている音量で違う人が聴くと、うるさくてとてもじゃないけど、音質どうこうの問題以前かもしれないですし、私が正しい、感想、意見を書いてるとも限らないので、これは他の方、各々で判断するしかないと思っています。

重低音イヤホンについてもレビューで触れましたけど、大きい音量で聴いているから、私は嫌いなだけかもしれないですし、小さめの音量で聴かれてる方々にとっては、ボリュームが小さくてもしっかりと低音が鳴るので、好まれているかもしれないですし。

なので、私は重低音イヤホンは好まないと書いてはいますが、重低音イヤホン好きな方々を好まないとは書いておりませんし、批判するつもりもありません。

音楽ジャンルにおいても同じですね。
クラシック音楽が最上だとは思ってないですし、AKB48とかアイドルの楽曲とかも好きなものは聴きますし。

個人個人が判断すべき問題だと思っているので、私の感覚が普通じゃない、信頼出来ない、と思う方は、その方にとっての「正解」だとも思っているので。

ちょっと長くなりましたが、非常に重要な問題でもあるので、また意見交換などしたいと思っております。

<三本も一度に音質傾向が私の頭では整理出来ないのですw

私もそうですよ、同じです。
NSE1000シリーズにおいても、A、B、Gの違いを数分の試聴ではキチンと判別は出来ないです。
AとBを比較したり、BとGとで比較したり、取っ替え引っ替え、30回以上はやってますので。
リケーブルの音質の変化なんかも、ケーブルを取り替えてる時間に、前のケーブルの音なんて忘れてますから(笑)。
比較しようが無いというのが事実に近いですね。

人間の感覚というのは不思議なもので、そんな鈍感な私でも、他の人が判別出来ない微妙な差も判別出来てしまうところもあるので、
この部分だけ切り取ると、「コイツはこんな微妙なところも的確に判別出来るのか!」となってしまうのが面白いところで、実際問題として、私は特に鋭敏な感覚など持ち合わせておりません。

イヤホンのレビューなんか読んでも、「良い」というところは同じであっても、各々の感想とかは微妙に違うじゃないですか。
出来るだけは自身の感覚と同じ人を見つける事が大切になってきます。
「共感を得る」とはそういう事だと思っていますので、誰のレビューが正しいとか、正解とか、本物だとか言うのは無いです。


ブラックフライデーですが、安くなっているのもありますし、安くなっていないものもあるので、なかなか大変ですねー、これは(^^;;
ノーマークだったイヤホンとかが、激安になっているのもあり、「この価格なら買っても良いかも」、「いやいや、自身の気になっているイヤホンを買った方が良い」と自分の頭の中で、激しいバトルが展開されております(笑)。

2022/11/25 02:15  [2265-6437]   

tam-tamさん、こんばんは。

因みに、こんにちはというのは‥‥やめとこ(-_- )凸w

wええと‥

>私には適切な音量だと思ってしまっているので。

ははあ、何となく分かるような気がしてきました。
音楽を聴いていて気分が良い時などはボリュームをどんどん上げてしまうことが時々私でもあります。
それで、時間を置いてその音量で聴くと驚くことがあります。こんなやかましい音で聴いていたのかと(笑)
要は慣れなのですね。デカい音量で聴いてしまっている時もそれはそれで凄く良い音に聴こえてますからね。

ですので、

>爆音で鳴らしても、音色などは変化しません。
>解像度、分離性能の判別にも特に支障が出る訳ではありません。

と仰ることも分かるような気がします。
が、イヤホン等の耐入力が低く音が割れてしまっては元も子もないっていう(笑)。
でも仰るとおり、爆音で鳴らさなければ分からないこともあるのはそうですよねえ。
ていうか、そこまで行き着くtam-tamさんの耳はまた凄まじいですよね。小音量派の私からすれば^^:
余談ですが、私のNX1は耐入力が20mwですのでtam-tamさんには使えないかもですw

ところで、ラディウスの新ドブルベですが、eイヤホンの店頭価格はかなりの特価となっておりますね。
W300で一万円近く価格コムの最安価格よりも安いですね。
勿論、W200、100と下がるにつれて値下げ幅も小さくなっていますね。

W300を聴いてきましたが‥良いですねえ。
私のレベルでは言葉で表現できない程でした。


そうそう、ブラックフライデーですが、期待したほどの値下げはありませんでしたねえ^^:
でもリストアップして下さった機種は控えていますので。
ありがとうございました。

2022/11/25 21:09  [2265-6441]   

ポン作さん。

<因みに、こんにちはというのは‥‥やめとこ(-_- )凸w

やめないでくださいよ(^^;;
私、こういう話、好きなんですから、w
勉強になるじゃないですか(^^)。


爆音は、これは生まれつきの嗜好なのだと思いますね。
壁が薄いボロ屋住まいなのに、ここはクラブか?ってくらい音量をスピーカーで鳴らしてましたので。
そりゃ、隣近所から一斉に苦情が来ます(笑)

ER4Sで聴いていた時は良かったんですよ。
遮音性が凄いイヤホンですし、そもそも、大音量で鳴らせるイヤホンでもないですし、出力機器もハイパワーのプレイヤーとか無かったので。

ポータブルヘッドホンアンプを手に入れてからでしょうかね。

ですので、世界的レベルの爆音で聴くようになったのは、5年ほど前くらいからなので、私なぞまだまだヒヨッコなんですよ、w

<余談ですが、私のNX1は耐入力が20mwですのでtam-tamさんには使えないかもですw

20mWあれば、大丈夫ですねー。
余程、感度が悪くなければ。
5mWでも、感度が良ければ、出力パワーを必要としませんので、かなりの爆音で聴けちゃいます。

ヘッドホンでも、200mWあっても、インピーダンスが300Ωとかだと、音割れしちゃいますね、
同じ200mWでもインピーダンスが32Ωだと余裕でクリアです。

<ところで、ラディウスの新ドブルベですが、eイヤホンの店頭価格はかなりの特価となっておりますね。

eイヤホンが一枚噛んでるのかなあ。
他社製のピエゾドライバーとか使用してますし、ケーブルもnobunaga Labsでしょ。
こういう仕様ですって書いてしまってるので。
nobunagaさんもほとんど利益がない状態で、radiusに提供していると思うし。
なんでかって言うと、nobunagaさん、広告しないんですよ。広告費にお金をかけていないんですね。
なので、同じ価格ならば、他社製のケーブルより、中身は凄く良いんですよ。
radiusの方で、ケーブルはnobunaga Labsのケーブルを使用してますってだけで、かなり宣伝になるので、十分採算が取れるんですよね。
radiusのイヤホンが良い音鳴らしてくれれば、それで良いので。
なので、結構グレードの高い品質のケーブルを使用している可能性が高いですよね。

<W300を聴いてきましたが‥良いですねえ。
私のレベルでは言葉で表現できない程でした。

言葉で表現出来ないくらいのサウンドでしたか、
試聴して、クラクラと来たでしょう。
実は国内メーカーのこの価格帯って、あまり凄いイヤホンがないんですよね。
イヤーモニターばかりで、ダイナミック型ドライバーのイヤホンって、ないんですよ。
SONYもないですし、オーテクは失敗しちゃたし、テクニクスは店頭販売のみになってしまっているので。
ありそうで、ないんですよ。

<そうそう、ブラックフライデーですが、期待したほどの値下げはありませんでしたねえ^^:

そうですね、20%くらいでしたね、どれも。
もうちょいいくかなって思ってたんですけど。
私も色々と検討しましたが、まだ購入には至っておりません(^^;;
日毎に変わるみたいなんで、チェックはしていこうとは思います。

2022/11/26 00:19  [2265-6442]   

ポン作さん。

HP-W300のレビュー拝見しました。

低域の感想でW200と比較して書いておられますが、
TRIPOWIN x HBB Olina SEとTinHiFi T3 Plusと似た感じの印象を受けました。

私はT3 Plusの贅肉を削ぎ落としたようなサウンドと表現しましたが、量感はT3 Plusの方が感じます。

ミドルレンジにおけるヴォーカルの解像度も高いので、全体的なサウンドクオリティはOlina SEの方が高いのでしょうが、だからと言って、Olina SEのサウンドの方が良いですとは言えないのです。

T3 Plusの方が、全体的にグラマラスなサウンドを鳴らします。
こういうサウンドの方が好み、という人も多いと思います。

「贅肉」と表現したのが適切ではなかったですね、これは良くない印象を与えてしまうので。

Olina SEの素晴らしさを伝えるために、T3 Plusを比較対象とし、悪い印象を与えてしまってる良くないレビューです。

ポン作さんのW300のレビューでは、W200を比較対象としていますが、W200に対して悪い印象を与えておりません。

低域の量感が欲しいという方は、W200を選ぶかもしれないですし、「深さ」「重み」が欲しいという方はW300に魅力を感じるかもしれないですし。

W300のレビューを読んでみて、色々と勉強になりました。

スクロールしないでも読める、文章量である事。その中で伝えるべき点はしっかりと書いてある事。

主観的表現の文章でない事。
客観的に素晴らしいイヤホンだと書いてあるのですが、切迫した購入意欲を持たせない事。

やれ、10万円クラスのイヤホン以上だとか、やれ、この価格帯ではライバル不在の無双状態だとか。
こういう表現の文章を見てしまうと、余計な購入意欲を掻き立ててしまうので、良くないです。

クチコミと違って、レビューだと、質問も出来ないし、反対意見とかも書けないので、非常に悪い例ですね。

ポン作さんには、私を反面教師として頂いて、素晴らしいレビューを書いて欲しいと思います。

私はちょっと重症ですね、これは。
書き直す気力もないですし。

2022/11/26 05:02  [2265-6444]   

tam-tamさん、こんにちは。

褒め殺しじゃないですか(笑)
私を潰すおつもりですか‥って、そんなことあるかい\( ̄  ̄*)バシッw

お褒めに預かり光栄ですが、本当は私もtam-tamさんのようなレビューが書きたいんですけどね。
語彙力も文章の構成力もない私にはtam-tamさんみたいなレビューは無理っぽく、結果としてあのようなお粗末なレビューになっているのです^^:

でも少し口調をまねたりはしていますよw

反面教師だなんてとんでもないですから。

ではでは、また。

2022/11/26 15:34  [2265-6448]   

ポン作さん。

ギリギリこんにちは(^^)。

誉め殺しに感じると思いますが、本当の私の心情なんです。

こういう事は、あまりふざけて書かないんですよ。

ちちさすさんのレビューも文字数制限ギリギリなので、長いですけど、文章構成力が巧みだし、何より伝えたい事があるから、長くなっているだけなので、一気に読ませてしまう文章力が素晴らしいです。

縁側の書き込みにおいても、無駄に長い文章というのがないんですよね。
逆に私は、1行で済むような事でも長々と書いたりしてますので。

他の縁側さんは、メンバーさん同士で自由にやり取りしていて、ちょっと論争になりそうな時とかに、管理人さんが上手くまとめていたりするんですよ。

ところが私の縁側は、管理人の私より、スキルも経験も人間性も上の人たちばかりなんですよね。
何においても敵わないから、ふざけた事ばかり書いているのです。

縁側の主である管理人が、管理人の認定を受けたメンバーさん達からご教授されるという非常に珍しい縁側なんですよ。

またクチコミにおいて、ちょっとおかしな人が出てきちゃいましたね。
まあ、攻撃している相手が弱者ではないので、今のところ静観してますけど。

ポン作さんのレビュー、本当に良いと思います。

音を言葉で伝達するのって難しいじゃないですか。

オーディオ評論家がよく使う言葉でちょっと意味がようわからんものは使わないようにしているんですよ。
「沈み込むような低音」とか「スピード感がある音」とか、
一見格好いいんですが、パッと想像出来なくないですか。

細かいところで、注意しているのは「視聴」と「試聴」ですとか、音に関しては「聴く」、言葉に関しては「聞く」とかですね。
「聴く」「聴こえる」と「聞く」「聞こえる」ときちんと使い分け出来てる人って意外に少ないんですよ。
私の苦手なBluetoothのコーデックとかその他の分野に非常に詳しいのに。

後は、私は文章構成力が巧みではないので、偉そうに感じる文章にならないように心がけてますね。
これはまあ、簡単に語尾を丁寧にしているだけですが、結構印象が変わってきちゃうので。
「感じる」と書くところを「感じます」とか、「聴こえる」と書くところを「聴こえます」とかですね。
とにかく語尾を柔らかく感じるように注意してますね。

若い子も読むと想定して書いているので、どうしても、スマホ直差しでの感想も一言添えるようにしています。

では、お時間のある時にまた、楽しく、やり取り致しましょう(^^♪

2022/11/26 17:06  [2265-6449]   

tam-tamさん、こんばんは。

こんばんはで合っていますよね、何か自信がないんですよ‥なんでやねん!\( ̄  ̄*)バシッ

wええと‥

>「沈み込むような低音」とか「スピード感がある音」とか、

そうですねえ。
思い返すと私もイヤホンに興味を持って間もないころは意味の分からない言葉ばかりでした。
でも、色々な音に触れていくうちに何となく言っていることがだんだん分かるようになっていきました。
ていうか、此処の口コミには過去に凄い造語を使う人が居て、当時私にはチンプンカンプンでしたけどね^^:

>とにかく語尾を柔らかく感じるように注意してますね。

これはねえ本当にその通りだと思います。
でも私はテンプレの部分では意図的にああいう口調にしています(その分総評では腰を低くと意識しています)。
tam-tamさんのような経験も造詣の深い方は寧ろそうされたほうが良いのかなとは思います。
ですけど、私のような者にはある程度のああいうハッキリ言い切る姿勢もありかなと思うところなのです。
言ってみればハッタリというやつですね(笑)

さあ来月あたりはそろそろ何か一本欲しいですねー。

3万円位で何か良いものがあればとあれこれ検討中でございます^^:

新ドブルベについてはある程度価格が下がるまでは静観しようかと。
中古なんかでもラディウスの機種は価格が安くなりやすいですからねえ、状態の良い中古品を狙うのもありかなと思っています。


そうそう、冒頭のボケはスルーしてくださいませw
やれば気が済みますので(笑)

2022/11/26 21:45  [2265-6452]   

追加です(笑)

例えば先程のtam-tamさんもいらして直ぐに解決済みになったスレなんかは私みたいなもんの自作自演と思われるのかもしれませんね^^:

2022/11/26 21:59  [2265-6453]   

ポン作さん。

おはようございます(^^)
これからの時間がtamtamタイムなので←今までずっと「こんばんは」だったろうが、( ̄▽ ̄)、w

という事で、w

<でも私はテンプレの部分では意図的にああいう口調にしています(その分総評では腰を低くと意識しています)。

メリハリ系ですね、w
これは何となくそうしているのだろうと思っていましたよ(^^)。
もちろん、一つのレビューだけでは分かりませんが、ポン作さんのレビューは全部読んでいますので。

経験とかはあまり関係がないのかな、と(^^;;
私は車は運転しませんが、同じ年数運転していても、上手い人とそうでもない人と分かれるじゃないですか。
あ、料理を例にした方が伝わりやすかったかも、w

必要なのは豊かな感性と、縛られない柔軟性だと思っているので。
この2つを両方ともお持ちなのがちちさすさんですので。
ですので、クラシック音楽に関わらず、色々とリスペクトさせて頂いてます。

<さあ来月あたりはそろそろ何か一本欲しいですねー。

来月はクリスマスですからねー。
サンタさんからのプレゼントがあるかもしれないですよねー。
(私が所有しているUM-PRO50はeイヤホンで抽選で当たったイヤホンですので。)

3万円の予算だと、色々と悩みますよねー。
1万円クラスのイヤホンを2つ入手するか、「これぞ!」という一本に絞るか、とか。
来月の中頃までに「これは!」というイヤホンが出てこないとも限りませんからね(^^♪
その時は「これぞ!」と「これは!」の対決になるのでしょうか、楽しみですねー(笑)

HP-Wシリーズ、結構注目されてますよね。
ポン作さんのレビューも参考票が5つも付いてますからね。
ラディウス好きは、密かに密かに、狙っているのかもしれないですねー。
ちょっと、驚いているんですよね。
Bluetooth型はあまり注目されていなかったですから。あんなに綺麗な中高域鳴らすのに。

<そうそう、冒頭のボケはスルーしてくださいませw

スルー出来ないですよ、私も乗っかってますので♪( ´▽`)、w

2022/11/26 22:21  [2265-6454]   

逆じゃないですか、むしろ。
私が書き込んだ途端に解決済みになっているので。

私は信頼してますので。
じゃなかったら、プロフィールの更新なんてしないでしょうから。

むしろ、私が足かせになっているのかと、最近真面目に悩んでいるんですよ。

ポン作さんのプロフィールを見ると、私が出てくるじゃないですか。
これを外した方が良いのではないか、と。

この縁側を観覧している人は、表のクチコミを見ている方々と比較にならないくらい少ないですからね。

ポン作さんのクチコミ投稿、結構な「ナイス」が毎回付くじゃないですか。

まず、クチコミを見て、「ナイス」を押すと思うんですよね。
その後にプロフィールを見に行くと思うんですよ。
そしたら、私が出てきちゃうじゃないですか。
「ああ、この方はtam-tam17701827の仲間なのか」、と。
もちろんネガティブ思考で書いてます。

私の縁側は二度崩壊しているので。

三度目の正直じゃないですけど、今頑張れてるのは、ポン作さんと音之葉さんとちちさすさんが書き込みして下さってるからですので。

2022/11/26 22:41  [2265-6455]   

tam-tamさん

むしろ、私が足かせになっているのかと、最近真面目に悩んでいるんですよ。

ポン作さんのプロフィールを見ると、私が出てくるじゃないですか。
これを外した方が良いのではないか、と。

えっ!
外すのですか。
考え過ぎではないでしょうか^^;
そんな寂しいことを言わないでほしいですね。
先程のスレもそうですが、tam-tamさんが出てこられるとそのスレの雰囲気がとても良くなるように感じますし、私も安心出来るし元気が出るんですよ。もっと出てきてほしいというのが本音なんです。
外すなんてことは許しません(笑)

2022/11/26 23:04  [2265-6456]   

ポン作さん。

ちょっと、色々やらかしているんで、ネガティブ思考になってしまいました(^^;;

<考え過ぎではないでしょうか^^;

おっしゃる通り考え過ぎかもしれません。

でも、これまでの過程を考えると、どうしてもポジティブな思考にはならないんですよね。

素晴らしい方々ばかりでしたので、ここの縁側。

みんな居なくなってしまってますので。

ほとんどの方が、クチコミ投稿もレビュー投稿もしていないので、それぞれの事情があるのかもしれません。

だけど、私の縁側が原因で、価格コムへの書き込みをもやめてしまったのでは?と。

<外すなんてことは許しません(笑)

ありがとうございますm(_ _)m。

2022/11/26 23:20  [2265-6457]   

tam-tamさん

>私の縁側が原因で、価格コムへの書き込みをもやめてしまったのでは?と。

それは逆ではないかと。

私は此処のロム専をずっと前からやっていたというのは以前に言いましたが、私が見てきた様々なケースだと大体は表の掲示板に嫌気がさし、縁側に落ち着いてしばらくは気の置ける仲間と心置きなくやり取りをする。そして自然に居なくなってしまう。といったケースが殆どなような気がしますね。

ネット上のやり取りとはいえ人との繋がり信頼関係のようなものは感じます。
現に私はtam-tamさんとそういう風にさせて頂いていると自負しております。
でも、やはりリアルな世界で皆さん生きておられますので色々な諸事情があったり、都合が変わったりします。
ですので、そういうようなことは人それそれの都合であって、tam-tamさんとは無関係だと思いますよ。
だからtam-tamさんが何もお気にされることはないと思いますね。

何か辛気臭くなりましたね^^:
ごめんなさい。

ではではー
今日はありがとうございました。

ていうかあのー、今日で合っていますか‥何か自信がないんですよ‥ギリギリやないかい!\( ̄  ̄*)バシッ

ではでは、おやすみなさい。

2022/11/26 23:57  [2265-6458]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんばんは。

ひっさびさにヘッドホンを購入しましたのでレビュー書いてみましたw

以前、tam-tamさんにおススメもしていたヘッドホンです。
ナニカのタイミングでガクンとお安くなるのでそのタイミング待っていたのですが中々タイミングがかち合わず、仕方ないので、Amazon Black Friday Saleで買いました。

店舗にて試聴はしており良さげな印象を得ていたのですが所有してみないと長所・短所・本質が見えてきませんので購入致しました。

あっ!それとやはり店舗での試聴は雑音が多すぎて製品本来の良し悪しが判断つかないというのも理由の一つです。この意見をYH-5000SE試聴会の際に、YAMAHAの方にお話ししたところ完全な同意を得ることが出来ました。よって自分の感覚に大きな手ごたえ得られました(笑)


話は戻ります。

サクッとインプレは製品のインプレに書きました。

あっ!購入したのはRODE NTH-100です。

先週、超ハイエンドを試聴したのに今度は超ローエンドのヘッドホンを買うとは何事?アホにでもなっちゃったの?とか思わないで下さいね。

私は値段で決めません。試聴した自分の感覚に従って決めてますので、決して超ハイエンドが買えなくてアホになったしまった訳ではございません(笑)


そもそも、ハイエンド品がどんなに高度なテクノロジーを集結しても、人の聴力と感性には限界があり、際限なく高音質を感じ取れることなどあり得ないと考えて入ます。


ですので、超お高いお品物は音質面・運用面において、超ハイエンドな音質・運用を厳しく求めます。故にハイエンドの存在意義を疑っています。そんな高額な価格を掲げて、それに見合う感動を得られるのか?と。

ぶっちゃけRODE NTH-100は買いです。私の耳がバカ耳かも知れませんが満足度は高くハイエンドでなくても、このヘッドホンで今まで聞いてきた持ち前の楽曲を新鮮な気持ちで聴き直せるレベルの感動を齎してくれますし、もっといろんな楽曲をNTH-100で聴きまくりたいと意欲も湧いてくるレベルのクォリティです。

このヘッドホンをあえて例えるなら「価格に惑わされない正直な感性を持つ人の為のヘッドホン」です。

製品レビューでこのタイトルを使わず、あえて、ここで書いたことの真意を汲み取っていただけると幸いです。

でわ!またタムタムぅ(*´ω`*)〜♪

2022/11/27 00:49  [2265-6459]   

 音之葉さん  

駄菓子屋ポン作さんへ

初めまして音之葉と申します。

今後とも宜しくお願い致します。

仲良くして下さい(*´ω`*)〜♪

2022/11/27 00:51  [2265-6460]   

ポン作さん。

こ・ん・ば・ん・はー(^^)←錦鯉のノリで読んでくださいねっ、w
(情緒不安定か!、w)

<何か辛気臭くなりましたね^^:
ごめんなさい。

辛気臭くしてしまったのは私なので(^^;;

今までの事は全部忘れますので、楽しくやっていきましょう←原因は自分やないかい( ̄▽ ̄)、w

えー、またもや、メンバーさんから励まされております(笑)。
これで、何度目だろう(´-`).。oO。

これはいくら考えても、答えはわからないので。
(書き込みをやめてしまった理由がわかっているメンバーさんも実は居ます。)

この縁側での事を気にしても、仕方ないですし、この掲示板に沿ったイヤホン、ヘッドホンについて楽しく語っていきましょう(^^♪

SONYって価格変動が激しいメーカーという事はご存知ですか。

SONYのフラグシップイヤホン、IER-Z1Rを格安で購入しましたって、話、したじゃないですか。

発売日が2019年3月23日なんですね。

私が購入したのがゴールデンウィークの最終日です。

ヨドバシカメラで購入したんですけど、発売から、2ヶ月も経っていないのに、いきなり5万円近く、値下げになったんですね。

ちょっとあり得ないじゃないですか、普通。
いくら経っても売れない、そこで、値下げするじゃないですか。

他にもIER-Z1Rについては色々とあるんですよ。

まだ、発売されていないのに、VGP金賞受賞とか(笑)
https://time-lover.com/2018/11/26/sony-i
erz1r-price-2/


このフライング金賞受賞はちょっと有名なお話しで。

ゴールデンウイーク突入後、すぐに15万近くで販売されておりまして、これは未だに謎ではあるんですが。

私はヨドバシカメラに直接理由を聴きました。
他の家電量販店の価格に急遽合わせたのだ、と。
この価格で販売しても利益がほとんど取れないけど、仕方がないと。
つまり、何処かの販売店がいきなり5万円近く値下げして販売しちゃたんですよ。
eイヤホンはSONYの特約店ですから、当然この動きには追従しません。
特約店の価格変動はSONYの指示で動いてるそうです。
つまり、勝手に価格を動かす事が出来ないんですね。
ライバルのFW10000に価格変動はありません。
2つのパターンしか想定出来ないんですよ。
@販売店のヒューマンエラー
ASONYが(これ以上は書けません)、運営側に削除されてしまうので。

まあ、他にもあるのでSONY。
発売直後の大幅な値下げ。

なので、SONY製品は発売日に購入してはいけないのです。
早いものでは、発売日から3日で、39,800円が、31,000円に値下げしたものもありますね。
これも確か、クリスマス商戦真っ只中だったと思います。

ちょっと面白くないですか、

<今日はありがとうございました。

いえ、こちらこそ、色々とありがとうございました(^^♪

明日は多分、元気になっていると思います。

2022/11/27 01:14  [2265-6461]   

音之葉さん。

こんばんは(^^)。

ちょっと打ち込むのに時間がかかってしまいました、申し訳ないです。

<ひっさびさにヘッドホンを購入しましたのでレビュー書いてみましたw

読みましたー(^^♪
多分、私が一番最速ですd( ̄  ̄)、笑。←自慢すんなや(^^;;

私が見に行った時は(Amazonに)ブラックフライデー対象から外されておりました(^^;;

<先週、超ハイエンドを試聴したのに今度は超ローエンドのヘッドホンを買うとは何事?アホにでもなっちゃったの?とか思わないで下さいね。

思う訳ないじゃないですか(^^;;

GRADOのプレステージシリーズもSR80eを購入されているのを知ってますから。

価格で製品を見てないのは存じておりますよ(^^♪

高度なテクノロジーとは無縁ですからねえGRADOのヘッドホン(笑)

<ぶっちゃけRODE NTH-100は買いです。

私はまだ、試聴出来ていません。
試聴に行く度に、「なんか忘れてるなあ」と感じてたのは、このヘッドホンでした(^^;;

なんかね、思い出そうとすると、高橋ジョージの歌声が脳内再生されるんですよ。
(THE 虎舞竜のヒット曲、「ロード」やないかい( ̄▽ ̄)、w)

<このヘッドホンをあえて例えるなら「価格に惑わされない正直な感性を持つ人の為のヘッドホン」です。

なるほど、
私でもギリ買えますね。
「価格に惑わされない正確な感性を持つ人の為のヘッドホン」だと、私は買えませんね♪( ´▽`)、w

「正直な感性」と「正確な感性」とではエラい違いがありますからね(^^;;
まあ、感性は非常に危ういですが、w

<製品レビューでこのタイトルを使わず、あえて、ここで書いたことの真意を汲み取っていただけると幸いです。

ヤバっ、泣きそうになってきた。

このタイミングでの書き込み、音之葉さん、優しいですね。

ネガティブな事ばかり、書いてはいけないですね。
人様を心配させるなんて、しちゃダメです。

<でわ!またタムタムぅ(*´ω`*)〜♪

ウオッ、スーパーポジティブグッバイ!さすがです!

音之葉さん、ありがとうです!
元気出ました!

時間的にお疲れですよね(^^;;
なのに、わざわざ書き込みしてくれて。

宇多田ヒカルさんを聴きながら寝ます!←おお?安室ちゃんは?
最近は宇多田ヒカルさんばかり聴いているのです(^^)←遅過ぎねえか(笑)

<駄菓子屋ポン作さんへ
<仲良くして下さい(*´ω`*)〜♪

基本的に同じノリのお方ですから、大丈夫です♪( ´▽`)。


書き込み、ありがとうございました(^^♪

2022/11/27 01:59  [2265-6462]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。

未だ、アマゾンで、セール中でしたぁ、残り4個。(*´ω`*)ゴーシチゴーシチシチ〜♪

字あまり(/ω\)なんちゃってー

おやすみなさいー

2022/11/27 02:04  [2265-6463]   

あれ?型番間違えたのかな(^^;;

確認しますねー。

ありがとう、音之葉さん(^^♪

検討してみまーす。

えっと、型番は「高橋ジョージ NTH-100」、と( ̄▽ ̄)。

2022/11/27 02:19  [2265-6464]   

音之葉さん。

NTH-100
Amazon価格¥23,000円。

ん?と思ったら、下に「他のオプション」というのがあり。

クリックすると、Amazon価格¥23,000円、w

なるほど、原因がわかりました。

私がプライム会員に登録してないから、価格が変わらないんですね。

プライム会員のAmazon価格¥19,975円。

2万円を切ってますねー。

この価格のモニターヘッドホンで、イヤーパッドがアルカンターラですか。

デザインも素敵だし、装着感の良さそうですね(^^)。

せっかく紹介して頂いたのですが、今回は見送ります。

ちょっと金銭的に余裕がないのです。

せっかくのブラックフライデーなので、何か一つ欲しいなと思っていたんです。

昨日、自転車がパンクしまして、
昔からの知り合いの自転車屋に持っていったんですね。
そうしたところ、チューブがもうダメだから、交換しないとならない。
パンクしたのは前輪だけど、後輪のタイヤの方が消耗が激しいから、修理してもすぐにダメになるよ。
新しい自転車を安いうちに購入しておいた方がいいね、と言われまして。

自転車の価格が凄い勢いで高騰しているらしく、ドンキにも1万円で買える自転車が無いんですね。
本当に何処を探しても無かったんですよ。

それで、限りなく新品に近い、中古の自転車を買いまして。

それで、今はちょっと余裕がないんですね。

最近、イヤホンの使用率が多く、左サイドの耳が(ワールドカップの影響でしょうか、w)炎症を起こしてまして、痛いんですよ。
なので、本来ならこのヘッドホンは欲しいところではあったんですが、ここのところ日常必需品が次々とダメになり、少額ではありますが、余計な出費が嵩んでしまっているのです。
(蛍光灯が4本もダメになりますかね、1ヶ月の間で、w)
おおおお!蛍光灯!
時代はLEDだと言うのに我が家では未だに蛍光灯なんですねー(笑)

型番しっかりと覚えましたんで、安心です。高橋ジョージ NTH-100、完璧じゃないですか♪( ´▽`)、w

いやー、昨日の音之葉さんの書き込みで元気出ました(^^♪

ありがとうございます(^^)。

2022/11/27 06:06  [2265-6465]   

ポン作さん。

おはようございます(^^)。

元気になりました、昨日はどうもありがとうございました。

みんな、優しいですよね。

私が元気になるよう、明るい書き込みしてくださりまして。

今気が付いたんですが、パンツに穴が空いてしまっているのですよ(*´-`)。

なるほど、原因はコレか!、と←幼稚な書き込みやのう、w

ちょっとですね、イヤホンの使い過ぎで、耳が炎症を起こしてしまいました。

今まで、こんな事はなかったんですけどね。

人間、気持ちがネガティブだと、こんなところも弱ってきちゃうんですねー。

<こんばんはで合っていますよね、何か自信がないんですよ‥なんでやねん!\( ̄  ̄*)バシッ

ポン作さんのこの出オチ、好きなんですよね(^^)。

毎回やってもらっていいですか、←なんでやねん( ̄▽ ̄)、w

今日は19時からちょっと所用があり、←ワールドカップってバレバレやないか♪( ´▽`)、w

まあ、こんな感じで大丈夫ですので(^^;;
(大丈夫じゃないですねー、逆の意味で、w)

まあ、打ち込むのが遅い事、遅い事、
これでは時給250円しか貰えないですよ。
松屋の牛めし食うのに130円足りないじゃないですか。

一体何を書いているのでしょう、私d( ̄  ̄)。

という訳で、行ってらっしゃいまし、ポン作さん(^^)。

あ、今日は日曜日ではないか!、テンテケテンがありますね←「笑点」の事を言っております( ̄▽ ̄)。

2022/11/27 06:43  [2265-6467]   

音之葉さん、こんにちは。

駄菓子屋ポン作です。

今はこちらの縁側にお世話になり、色々勉強させてもらっています。

私はただのイヤホン好きに過ぎませんが、こちらこそよろしくお願いしますm(_ _)m

2022/11/27 10:52  [2265-6469]   

tam-tamさん、こん‥‥

何か‥あいさつするのが怖いんすよねぇ‥意味が分からんわい!\( ̄  ̄*)バシッ

‥ていうわけで‥どんなわけやねん!\( ̄  ̄*)バシッ


wていうわけで元気になられたようで良かったです。

私も今しがた起きたところで‥寝すぎやろがい!\( ̄  ̄*)バシッ

大丈夫ですかwだんだんうざくなっていませんか(笑)

今起きたところで、まだ頭に酸素が回っていませんw

>私が元気になるよう、明るい書き込みしてくださりまして。

いや、いつも元気と癒しをもらっているのは私の方なんですよ。
私はどちらかと言うと人見知りと言いますか、普段はこんな饒舌ではないんですよ^^;

此処の縁側にどれだけ私が支えてもらっているか、tam-tamさんには感謝しかないです。

いつも大変お世話になっております。
これからもよろしくお願いします。

朝から楽しい書き込みありがとうございました。

そうそう、私はラグビーの方が好きかなー^^;

2022/11/27 11:20  [2265-6470]   

ポン作さん。

こんにちは(^^)。

<大丈夫ですかwだんだんうざくなっていませんか(笑)

こういうのが好きなので、楽しいです(^^♪

えー、ポン作殿、人見知りなのですか。
実は私も相当なんです、お仲間だあー(^^)。←勝手に仲間にするなや、失礼だろ\( ̄  ̄*)バシッ
という訳で早速パクっておりますが(笑)。

いやー、わからないものですねー、出逢いって。
ポン作さんと同じクチコミスレで一緒になった事はあっても、何も会話してませんでしたからねー。

まさか、こんな感じで楽しくやり取りするようになれるとは。

ポン作さんはラグビー好きなのですか。
私はあまり詳しくないので、今度、見どころなど教えて頂けますでしょうか。
サッカーもそうですが、やはり醍醐味のところがわかると観ていて楽しいですからね(^^♪

昨日は励ましのお言葉、たくさん頂いて感謝しております、ありがとうございます。

2022/11/27 13:23  [2265-6472]   

tam-tamさん、今はこんにちはに決まっていますよ!‥って、何を言うとんねん!\( ̄  ̄*)バシッ 
そんで‥何で自信たっぷりやねん!\( ̄  ̄*)バシッ

えーw

Sonyのちょいネタ面白いですね。
発売されていないのに、VGP金賞受賞なんていうフライング受賞もブランド力のなせる裏技なんでしょうかね。結局取り消されたようですが。
でも、ソニーって音は勿論いいんだけれど、何処か面白みがないというか‥そんなことはないですか。
チューニングが普通過ぎるんでしょうかね。どうも面白くないというか^^:
最近はアコースチューンのイヤホンに興味がいっていますね。
とてもチューニングが私的には好きですねぇ。
tam-tamさん的にはアコースチューンはどう感じるでしょうか。
耳掛けイヤホン、私の知らない機種が沢山あり、イヤホン探索の楽しみは増す一方であります。

そうそう、
私も大相撲は好きっていうか、語らしたら少々うるさいですよ。
日本人の取りあえず大関には誰か早く昇進して欲しいですよ。
でも豊昇龍がもうすぐ上がりそうですねえ。

>人間、気持ちがネガティブだと、こんなところも弱ってきちゃうんですねー。

いつもポジティブっていうのも問題ですが、精神的なものが身体に与える影響っていうのは確実にありますからね。
でも私はパンツに穴が開いたくらいではネガティブにはなりませんよ(笑)

2022/11/27 15:55  [2265-6473]   

 音之葉さん  

tam-tamさん。
こんばんは。

炎症ですか!お大事になさって下さいね。
おそらく、治るまで暫くは、ヘッドホンもしない方が良いと思われます。


では!では!

2022/11/27 17:03  [2265-6474]   

音之葉さん。

こんばんは(^^)。

昨日はありがとうございました。

ちょっと炎症が治るまでは音楽は聴くないように致します。
寂しいですけどね(^^;;

ご心配頂き、ありがとうございます(^^)。

返信が遅くなってしまい申し訳ないです。

では、では、ではーーーーー(笑)。

2022/11/28 03:25  [2265-6475]   

ポン作さん。

こんばんは(^^)

いやー、寝ては起き、起きては寝るを繰り返していました(^^;;

トータル的に結構寝ましたね、珍しいです。

<でも、ソニーって音は勿論いいんだけれど、何処か面白みがないというか‥そんなことはないですか。

ドンシャリのSONYなんて、良く言われておりますが、エントリークラスのイヤホンはほとんどがFOSTEXのOEMなんで(ゼンハイザーもそうですが)、ドンシャリ=SONYという図式を作ったのはFOSTEXと言っても過言ではありません。

<チューニングが普通過ぎるんでしょうかね。どうも面白くないというか^^:

IERシリーズですか?
全然攻め込んでないですよね。
世間的にはSONY=ドンシャリなのですから、究極のドンシャリ系にして欲しかったですねー。

SONYがBA型ドライバーを自社開発したじゃないですか。
その時に出したマルチBA型イヤホンとか面白かったですよ。
BAドライバー自体の出来は良かったんですが、それをまとめる技術が決定的に不足してましたんで。
https://www.phileweb.com/news/d-av/20110
9/20/29360.html


XBA -1SL ,XBA-2SL ,XBA-3SL、XBA-4SLと4つ出したんですが、結局、シングルBAのXBA-1SLの出来が最も良かったという。
このXBA-1SLを今でも愛用している方とか居ますので、イヤホンマニアの方々の中には。
私はイヤホンマニアではないので、新しいもの、新しいものと追いかけてしまいますが。

<tam-tamさん的にはアコースチューンはどう感じるでしょうか。

超カッコいいという印象ですね、←デザイン的な問題かいな、w
近未来的なデザイン、超カッコ良くないですか?

Acoutune HS1750CU
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1428116/2069/


Acoustune HS1790TI
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1428117/2069/


このクラスのイヤホンは今のところ買える状況ではないので、音質云々は語りませんが。

ポン作さんがレビューされた、

Acoustune RS THREE
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1464290/2069/

は、試聴出来てないので、何とも言えないんですけど。

Acoustune Monitor RS ONE
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1385926/2529/

こちらを試聴しましたところ、透明度のある中高域の鳴らし方は私は好きでしたね。

ポン作さんのレビューを読むと、「特別な伸びやキレはない」となっていたので、若干チューニングを変えてきたのかなあという印象でした。

とは言え、全体的な総評は、ポン作さんの感想とピタリと合致するので、暖色系、ウォーム系サウンドがお好きな方にはお勧め出来ないですが、こういうサウンドバランスのイヤホンは好きでござんす、私にとってはご馳走ですね(笑)。
ハウジングの作りも良く、耳にスッポリと収まり、装着感も良好でした。

<私としてはこれまであまり聴いてこなかったタイプの音ですが、

多分、聴いていると思うんですよ。試聴はされてるのではないでしょうか。
あ、忘れてましたー、
ポン作さん、耳掛け式イヤホンは試聴もあまりされていなかったのですよね(^^;;
ストレートタイプはモニターライクなサウンドのイヤホン、あまりないですからね。
耳掛け式のイヤホン、こういう系統のサウンドのイヤホン、たくさんありますからね。
試聴し続けていくと、おそらく、ツンデレ系のイヤホンと出逢う日も近そうです。
「何気軽に聴いてんのよ、アンタ!」的な、w
ドMにはたまらないイヤホンとなります( ̄▽ ̄)、w

<私も大相撲は好きっていうか、語らしたら少々うるさいですよ。

私も輪湖時代から、欠かさず観ておりますので、語らしたらとまらないタチですよー、w
豊昇龍、これは優勝するな、と思っていたんですが、やはり「欲」に負けてしまいましたね。
終盤での3連敗はいずれも豊昇龍らしからぬ負け方でしたので。
これで、また振り出しに戻ってしまいました。
来場所、二桁勝利しても大関にはなれないでしょうね。
全勝優勝なら確実ですが、14勝1敗だと優勝しないとダメでしょうね。
(大関昇進基準の3場所通算33勝には届いておりますが、立て続けに2大関が陥落してしまったので、もうひと場所、様子を見る気がします。)
朝乃山もちょっとモタモタしてますし、折角の逸材だっただけに謹慎処分となった一件は非常にもったいない。
若隆景もここ最近、序盤の取りこぼしが多く、やはり実力を発揮出来ていないメンタル面の危うさが垣間見れますよね。

なので、当分は日本人の大関は出てこないでしょうね。

照ノ富士も協会が引き留めてるだけで、本人としては引退したいと思っています。
ですが、この状況(横綱が長期休場、大関が一人だけ)ですと、横綱しての名前だけでも残さないと仕方ないです。
休場明けで、勝ち越しがやっとの状況だと、さっさと引退してしまうと思いますね照ノ富士。
もういくら手術しても、膝が限界を超えてますから、ちょっと無理かなあという印象です。

貴景勝も首に爆弾を抱えていますから、大変ですよ、
前代未聞の横綱、大関、共に不在なんて場所もあり得なくはないですからねえ。

2022/11/28 04:35  [2265-6476]   

tam-tamさん、こ‥‥‥

‥‥‥( ̄▽ ̄)ネタ切れかい!\( ̄  ̄*)バシッ

え〜懲りずにやっておりますが〜w


>XBA -1SL ,XBA-2SL ,XBA-3SL、XBA-4SLと4つ出したんですが

これは当時此処の口コミでも当然話題になりましたし、私も4機種とも試聴していますね。
私の印象が好かったのは3SLと1SLでした。
4SLは何かガチャガチャしたまとまりのない煩い音だったのを今でもはっきり憶えています。
3SLのがけば立ったところがなく静かで落ち着いているなあという印象を当時としては持ちました。
1SLはボーカルが当時としてはかなり良かったと思いますね。
2SLは印象が薄く憶えていません(笑)

アコースチューンはtam-tamさんの文面からするに、まあそこそこといった感じですね^^:


ではではー
またまた

2022/11/28 10:25  [2265-6483]   

そうそう、私はまだIERシリーズは聴いておりません。

私のソニーの印象はN3基準ですね^^:
低音が出てれば良いというものじゃありませんしねえ。
N3に帯域バランスが似ている機種としてはラディウスのNX100ですが、こちらのが聴いていて楽しいしし没入感が私的にあるんですね。

2022/11/28 10:46  [2265-6484]   

ポン作さん。

こんにちは(^^)

リクエストしましたけど、毎回やらなくても、大丈夫ですよ。
結構、キツいですよねー(^^;;

<これは当時此処の口コミでも当然話題になりましたし、私も4機種とも試聴していますね。

え?この時期からポン作さん、価格コムのクチコミ見てたんですか。
じゃあ、私より先輩、いや大先輩ではないですか!
これはこれは大変失礼致しております(^^;;
もっと早く言ってくれないと、やだなあ(*´-`)、w

<4SLは何かガチャガチャしたまとまりのない煩い音だったのを今でもはっきり憶えています。

そう、まとめられてないんですよね。一番上のモデル、4SL。
ちゃんとチューニング出来てないのに発売しちゃた印象がありますね。
私なんかはこれがSONYが目指した音なんか?と思っていたんですよねー。
この頃はフラグシップモデルこそ最高みたいに思っていたので。
1SLが迫力こそなかったものの、綺麗な音鳴らしてた印象がありますね。
かなり期待してたんですよ。SONYに。
何故かって、Shure、Westoneなどの耳掛け式イヤホンが好きではなかったからです。
結局、購入を見送っていたら、価格の下落が激しく、やはりダメだったんかと、w
即購入しなかった理由は、私の耳にフィットしなかったんですよ。
ポロポロと外れて落ちちゃう。
それで、見送ったんですよねー。

<アコースチューンはtam-tamさんの文面からするに、まあそこそこといった感じですね^^:

いや、好みのサウンドですよ。
価格も考えたらトップクラスです。
ただ、私が天邪鬼な性分なので(^^;;
良いんですけど、ここまでメジャーなメーカーのイヤホンを買うの嫌だなあ、みたいな(^^;;
ゼンハイザー、Shure、Westone、SONYと大御所のメーカーのイヤホンばかり所有してしまっているので、どうも抵抗があるんですよね。

<そうそう、私はまだIERシリーズは聴いておりません。

バランスで聴かないとダメみたいです、IERシリーズ(^^;;
ですので、試聴される時はポン作さんが好きではないバランス接続で聴いてみてください。

<私のソニーの印象はN3基準ですね^^:

BAドライバーを使用したSONYのイヤホンの中ではダントツの傑作ですね、これ。
かなりの間、発売されていたと思います。
低音がかなり出るイヤホンですが、それで良いんですよ、SONYは。
独特の魅力というか、ちょっと癖になるサウンドじゃないですか。
また、この辺りの価格帯のイヤホンを来月あたりに出してくるんじゃないですかね(^^♪

2022/11/28 12:01  [2265-6485]   

ポン作さん。

こんばんは(^^)。

BQEYZ Autumnのレビュー読みました。

デフォルトで付いてたマグネットフィルター「BASS」でしたか。

ここをちゃんと確認してなかったですね、私は。

RAPTGO Leaf D01と交互に試聴していたので、私が気が付かなった「不自然な分離感」について書かれていたのには驚きました。

なんとなく、好みではないけれど、こちらの方が無難なサウンドかな、飽きがこないかなと、そればかり考えていましたので。

実際、サウンドクオリティーの評価は低めなんですよ、Autumn。
(KATOより高く評価している、YouTuberも居ましたが。)

RAPTGO Leaf D01の一度目の試聴で一番時間をかけて試聴したイヤホンがAutumnでした。
二度目の試聴の時はAutumnを比較試聴したのは5分くらい。
こちらも結構な音量で鳴らしてますが、「低音のボワつき」「ピーキーな中高音」いずれも気がつかず。

これを読む限り、ポン作さんのサウンドを評価する感性は私よりも一枚上だと思います。

総評の方で、マグネット式ギミックのところ、BASSが抜けてますよー(^^;;
<グレー/ゴールド/シルバーの3色で/Normal/Treble の 3つのモード

この、マグネット式チューニング機構、かなり音質が変化して、まるで3つのイヤホンを入手したようだ、とレビューしてた人もおりましたので、素晴らしいな、と。
(私はこれを交換して聴いておりません)

私は低域のボワつきは本当に感じなかったので、私が試聴した時にはNormalが付いていたと信じたい(笑)。
いずれにしても、私にここまでのレビューが書けるかどうか。

今回は恐れ入りました、と頭を下げざるを得ないですねー(^^;;

2022/11/28 19:06  [2265-6486]   

tam-tamさん、こんばんは。

>毎回やらなくても、大丈夫ですよ。
結構、キツいですよねー(^^;;

ハハハ、これ一番恥ずかしいパターンじゃないですかぁ^^;
何か物凄い勢いで恥ずかしい気分になりましたよ(笑)

>私より先輩、いや大先輩ではないですか!

そうですね。
20歳になるかならないかくらいから此処を視ているんじゃないでしょうかね。
でも歳は私の方が大分下ですが(笑)
私は中抜けと言いますか、イヤホンへの興味が失せていた時期が長期にありました。
ここ一年くらいですよ。再燃しだしたのは。
だから最近のイヤホンはあまり知らないんです。
ですが、此処でのやり取りで色々なイヤホンに触れる機会を貰っていると、本当に感謝しているのです。

お粗末なレビューを呼んでいただきありがとうございます。

>デフォルトで付いてたマグネットフィルター「BASS」でしたか。

今回でBQEYZ Autumnは2度目の試聴なんですが、2回ともノーマルでしたよ。
ですが、私の耳ではノーマルでもボリュームを結構上げるとボわつき気味に聴こえましたね。

>「不自然な分離感」について書かれていたのには驚きました。

これ書こうかどうか悩みました。
私の感覚に過ぎないので、こういう風に書いてネガキャンのようにとられはしないかとですね。
でもレビューなんてものは主観の産物ですからね(個人的にをしつこいくらいに入れていますw)。

>これを読む限り、ポン作さんのサウンドを評価する感性は私よりも一枚上だと思います。

そんことあるかい!\( ̄  ̄*)バシッ 癖になってます( ̄▽ ̄)w

マグネット式チューニング機構、かなり音質が変化して、まるで3つのイヤホンを入手したようだ、

私の印象だと電気的にブーストしたような不自然さはなくて、変化具合も極端なものではないですね。

>BASSが抜けてますよー(^^;;

言われる前に書き直したわい!\( ̄  ̄*)バシッ  すみません変な癖が付いちゃって(ノω=;)。。。

あー恥ずかしい(笑)

2022/11/28 20:05  [2265-6487]   

<ハハハ、これ一番恥ずかしいパターンじゃないですかぁ^^;

そうですよ(笑)。
私一人がやっていたら、恥ずかしいじゃないですか(^^;;
だから、ポン作殿も道ずれに、違うか♪( ´▽`)、w

<そうですね。

って、(笑)。
困っちゃうじゃないですか(^^;;

色々と失礼致しました。m(._.)m。

<今回でBQEYZ Autumnは2度目の試聴なんですが、2回ともノーマルでしたよ。

そうでしたか!
いやー、ホッとしました。

<ですが、私の耳ではノーマルでもボリュームを結構上げるとボわつき気味に聴こえましたね。

( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)。
こっちの方がショックが大きいじゃないですか(^^;;
って言う事は、私がボワついて聴こえる低音はボワボワって事になりますねえ(笑)。
もう一Autumnを試聴しに行くか?でも同じ結果だったら、即退場になりますねー、w

<私の感覚に過ぎないので、こういう風に書いてネガキャンのようにとられはしないかとですね。

いや、不自然に感じたところは正直に書いた方が良いと思います。
そこを感じ取れる感性の持ち主は非常に少ないからです。
好みでないサウンドに関してあれこれ書く必要はないのですが、物の良し悪しと好き嫌いは別ですので、悪いところはむしろ、正確に伝えるべきだと思ってます。

<そんことあるかい!\( ̄  ̄*)バシッ 

こういう事もあるので、私は経験値はあまり重要視しないのです。
生まれ持った天性の感覚というのはやはりありますので。
サウンドに対しての感性の豊かさ、正確なジャッジが出来る耳では明らかにポン作さんの方がレベルが上です。

<言われる前に書き直したわい!\( ̄  ̄*)バシッ  

え( ̄▽ ̄)
すんまへん、オフサイドです(笑)。

いやー、楽しい(^^♪

2022/11/28 20:36  [2265-6488]   

tam-tamさんの書き込みまだ全部読んでませんが(笑)

一つだけ弁解といいますか^^:

<<そうですね。

この「そうですね」は何か言いだす前の私の口癖のようなものです。

決して偉そうな意味ではありませんので、そこのところだけは誤解されぬようお願いします。

今から読みますねw

2022/11/28 20:51  [2265-6489]   

tam-tamさん

<<ですが、私の耳ではノーマルでもボリュームを結構上げるとボわつき気味に聴こえましたね。

レビューには書きませんでしたが、個体差もあるのかもしれませんよね。
勿論、私とtam-tamさんでは耳の熟練度が違うでしょうし、元々の感じ方の違いはあるにしてもですね。
私はあまり詳しくないのですが、中国製イヤホンの品質ってどうなのでしょうか。個体ごとのバラつきなどはですね。

BQEYZ Autumn
正直に言うと私的には満足度は3なんですよねえ^^;
でも元々はtam-tamさんに紹介していただいた機種ですし、それに私の感覚では3であっても、他の方々ならこの音を好ましいと感じるケースのが多いんではないかと思いますしね。
私が変わっているだけで一般的には多く好まれる音質なんじゃないかと。

>実際、サウンドクオリティーの評価は低めなんですよ、Autumn。

ええ!
そうだったのですか( ̄▽ ̄)
それで私に勧めたのですか‥
ということは、tam-tamさんは私を‥甘く見とったんかい!\( ̄  ̄*)バシッw

wそうそう、
そういえば、変に分離し過ぎた違和感たっぷりな音と言えばXBA-4SLなんかその最たるものじゃないでしょうかね。

あと、最近のは違うのかもしれないですが、私の今までのイメージですと、低価格で割と好評な機種にそういう傾向のモノがままあるような気がしていましたね。
分離している→解像度が高い→良い音、と思ってしまうんでしょうね。その価格帯を買う人達は。

ではではー
今日も楽しい書き込みありがとうございました。
おやすみなさい。

2022/11/28 23:41  [2265-6490]   

ポン作さん。

こんばんは(^^)。

えー、同じお店の試聴機で聴いているので個体差はないでしょう、w
本当は「そうかもしれないですね」と書きたいですよ(*´-`)、w

<中国製イヤホンの品質ってどうなのでしょうか。

メーカーによってまちまち、ですね。
まあ、家電量販店で扱うようなメーカーは、安心出来るレベルにあると思ってます。
この、個体差なんですが、ドライバーユニットだけでもありますので、全く同じ周波数特性を描く製品は存在しないと思ってます、国内メーカーも含めて。
BAドライバー単体でも、もちろん個体差はあるので、中国製イヤホンの場合、BA多ドラのイヤホンは基本的にはお勧めしません。

<正直に言うと私的には満足度は3なんですよねえ^^;

フォーストインプレッションからですか。
RAPTGO Leaf D01、TinHiFi T3 Plusより、好印象のような感想を書かれていたので。
(これはまだ、クチコミでやり取りしていた頃ですね。)
これは事前情報収集の段階でしたでしょうか。

<ということは、tam-tamさんは私を‥甘く見とったんかい!\( ̄  ̄*)バシッw

最初の試聴の時、この時はNSE1000-Aを購入するつもりでおりましたので、こちらに最も時間をかけております。
イヤーピースを忘れた為、付け替える度に店員さんを呼ばなければなりませんでしたし、3機種の比較試聴をしてましたので、かなり疲労感がありました。

息抜きの為に、最近発売された、まだ未聴のイヤホンはどんなもんかい?と下に降りたのが、キッカケでしたね。
RAPTGO Leaf D01との出逢いは。
ちょっと脳みそを撃ち抜かれたような衝撃でした。
この価格で、こんなサウンドを鳴らすイヤホンがあったのか、と。
楽曲を変えながら、しばらく聴いていたのですが、もしかしたら、他にもこんなレベルのイヤホンがあるのでは?と思い、7、8本聴いてみたんですね。
最初のクチコミを見てもらえばわかると思うのですが、型番をメモしてないので、思い出せないんですよ。
特定できたT3 PlusとBQEYZ Autumnだけ、聴いてみてください、と書いていると思います。
BQEYZ Autumnをお勧めした理由の一つにポン作さんがバランス接続出来るDAPを所有されていた事が大きいです。
特にケーブルを後から購入しなくて、最初から4.4mmバランスケーブルモデルを同じ価格で選べた事もかなり大きいポイントでした。

私は私で、好みのサウンド嗜好が一般的な方々とかなり乖離している事を自覚していた事もあります。
ですので、この時点では、特にサウンドクオリティの評価とか調べてないんですよね。
クチコミに書いてあると思うんですが、これらのイヤホンを聴いて、どう感じるかはポン作さん次第ですよ、と。
実際、TinHiFi T3 Plusもオーソドックスに鳴らすタイプでしたので、私も「これぞ!」とは感じてないんですよね。
ポン作さんのレビューが先だったじゃないですか。
それを読んで、私の方が触発されて、購入に至った訳なんですよ。
だから、これらの経緯は今思い出しても、奇跡的なんですよね、こんな事あるのか、という感じです。
なので、NSE1000シリーズが特価で販売している事を知らなければ、私はRAPTGO Leaf D01を購入してないですし、レビューも当然書いておりません。
私の書いたレビューを読んで、ポン作さんが試聴され、それをレビューに書いた。
そのレビューを私が読んで、心動かされ、ポン作さん宛にクチコミに書いた。
その中に、せっかく試聴に行かれるのでしたら、これらのイヤホンも聴いてみてくださいと、2つのイヤホンを紹介した。
そして、ポン作さんのT3 Plusのレビューを読んで、私が触発されT3 Plusを購入した。
クチコミだと他の方々の迷惑になるので、という事で、縁側にお誘いしたところ、すぐに承認申請の通知が届き、ポン作さんとのやり取り専用の掲示板を慌てて建てた、という流れなので。
ちょっと、凄いですよね。台本でもあるかのような展開だと思いませんか(^^;;

<そういえば、変に分離し過ぎた違和感たっぷりな音と言えばXBA-4SLなんかその最たるものじゃないでしょうかね。

そうですね、クロスオーバー処理が非常に甘かったんですよね。
この分離感の違和感は、それぞれの帯域を受け持つBAドライバーの音を上手く処理出来てない違和感なので、ダイナミック一発機のAutumnの分離感の違和感とは全く別物です。
ですので、これは再度試聴に行っても私にはわからないと思います。

<あと、最近のは違うのかもしれないですが、私の今までのイメージですと、低価格で割と好評な機種にそういう傾向のモノがままあるような気がしていましたね。

これも、私にはわからないと思います。
天性の感性、感覚の賜物ですので。
私は私が聴いて、良いなと思ったイヤホンを基本的にお勧めしているに過ぎないので、正確な音質の評価は出来ないんじゃないかと思ってます。

<分離している→解像度が高い→良い音、と思ってしまうんでしょうね。その価格帯を買う人達は。

んー、これはどうなんでしょうね。
いわゆる、自分の耳で判断出来ない方々は(クチコミで質問してくる方々とか)、あまり高解像度のイヤホンは好まれないと思っているので。
スマホ付属のイヤホンとか、TWSイヤホンから、音質最優先のイヤホンを購入する段階では、暖色系、柔らかい音を鳴らすイヤホンを選択されるような印象なので。
基本、ヘッドホンも同じなんですが、いきなり高解像度のモニターヘッドホンを購入される方って非常に少ないと思うんですよ。

この辺りはポン作さんはどんな印象ですか。
かなり、重要な要点だと思うので、意見交換、情報交換がしたいと思ってます。
私は、ちょっと癖のある個性的な鳴り方のイヤホンが好きな人間なので、私とは違う感覚の方の意見も聞くことが今後の課題だと思っているので。

ちょっと、真面目過ぎたかしら♪( ´▽`)、w

2022/11/29 03:08  [2265-6491]   

駄菓子屋ポン作 さん  

2022/11/30 08:31  [2265-6494]  削除

駄菓子屋ポン作 さん  

2022/11/30 08:31  [2265-6496]  削除

tam-tam17701827 さん  

2022/11/30 20:25  [2265-6497]  削除

駄菓子屋ポン作 さん  

2022/11/30 08:31  [2265-6499]  削除

駄菓子屋ポン作 さん  

2022/11/30 08:30  [2265-6500]  削除

ポン作さん。

書き込み通知が来ていて、ポン作さんからの返信があるのはわかっているのですが、今、病院なので、私からの返信は朝方になってしまうのですが、宜しいでしょうか。

申し訳ありませんが、ご了承頂けると幸いです。
 

2022/11/29 21:35  [2265-6501]   

ポン作さん。

おはようございます。

2つの返信を読んで、これを書いていますが、まずはきちんと謝罪したいと思います。

私がポン作さんの書いたものをよくよく考えないで返信してしまった事、申し訳なく思っております。
大変、失礼致しました。

こういう私への不満を文体にして書くのも、余計ストレスがかかりますし、こんな人間相手にしても馬鹿馬鹿しいと思う方が自然なので、理由も書かずに辞めていったのだと思います、ここにいたメンバーさん方は。

私がご指摘下さい、と書いた事で、ポン作さんに余計な負担をさせてしまいました、申し訳ありませんでした。

難しい事を考えて音楽を聴かないというのは私も同じですので。

ポン作さんのお気持ちはわかりました、余計なものを書かせてしまい失礼致しました。

ポン作さんのお気持ち次第ではありますが、また楽しくやり取り出来たらな、と思っております。

ありがとうございます。

2022/11/30 05:39  [2265-6502]   

tam-tamさん、おはようございます。

色々反論することはできたでしょうが、それを言わずに大人な対応に感じ入りました。

私は昔からやや短気なところがあります。
ですが、値がアホですので、直ぐに忘れてしまいます。

それに後で読み返して思いましたが、私は少ししょうもないところに拘り過ぎでしたね。
反省しております。

2022/11/30 08:00  [2265-6506]   

そうそう、アイコンが変わるだけで別の人みたいに感じるのは不思議ですねぇw

では、また。

2022/11/30 08:04  [2265-6507]   

ポン作さん。

おはようございます。

反論は出来ないですね、どれも的確でしたから。
私が如何に自分勝手、自分本位な人間か、わかった気が致します。

今回は、
今回もと言うべきでしょうか。
完全に私に非がありましたので。

楽しくやり取りが出来ればいい、という事で、あまり深く考えもせず、書き込みをしていたようです。
実際は楽しいと感じていたのは私だけで、ポン作さんにどれだけ負担をかけているか気付きませんでした。
大変、申し訳なく思っております。

此方からお誘いしたのですから、もっと配慮して然るべきだと猛省しております。

ポン作さんに書いて頂いたご指摘のスレは、見ようによっては、勘違いされる方も居ると思いますので、削除されるかは、ポン作さんのご判断に委ねます。

此方は私の方で、保存しておきますので、再度読み返し、反省点を忘れないように致しますので。

ポン作さん、今回はあまりに調子に乗り、ご不快な思いをさせて申し訳ございませんでしたm(__)m。

2022/11/30 08:22  [2265-6508]   

tam-tamさん、こんばんは。

先程、NSE1000-Aを購入するつもりでeイヤホンに立ち寄ったのですが、ギリギリのところで迷ってしまい、結局今日は購入に至らずでしたw

その代わりと言っては何ですが、いいイヤホンを見つけてきましたよ。
まだ買ってはいませんが(笑)

そうそう、言われる通り私の一連の書き込みは削除させて頂きました。
で、思うのですが、tam-tamさんの [2265-6497] の書き込みも削除された方が良いのではないでしょうか。
でなければ、tam-tamさんが私に一方的に詰め寄っているように第三者に誤解を与えてしまいます。
私もあまり見たくはないかなあ^^:

ではではー

2022/11/30 18:10  [2265-6517]   

ポン作さん。

こんばんは(^^)。

eイヤホンでイーイヤホンを見つけたのですね←懲りないやつですね(^^;;

なんでしょうね、私としては、ポン作さんが目を付けられた、イヤホンを買った方が良いように思います。
NSEシリーズは既に所有されてますから、違うメーカのイヤホンの方が楽しめるのではと思います。

懲りずに、またこんな話しをしますが、Westoneのリニューアルモデルをポン作さんに聴いて頂きたく。

Westone、Shureと並んで、耳掛け式イヤホン、マルチBA型イヤホンの代名詞的なメーカーですが。

従来のWシリーズからMACHシリーズにリニューアルされまして。

型番の付け方は以前と同じなんですね。

MACH70なら、片側7ドライバー、MACH80なら片側8ドライバーを搭載しているという感じですね。

MACH10から始まって、MACH80まで8モデルで展開されているんですが、
聴いてほしいのは、MACH70とMACH80です。
両方聴かないと試聴する意味がないので、2つ聴いてほしいのです。

価格的にハイエンドクラスになります。
私も発売日に試聴したのですが、ちょっと面白いな、と思ったので。

ドライバー構成はMACH70が低域に1基、中域に2基、高域に4基となっています。
MACH80は、低域に2基、中域に2基、高域に4基というドライバー構成です。

ドライバー構成を一応書きましたが、これは実はどうでもいいんですね。

全然違う鳴り方をするんですよ。

MACH70よりMACH80のが価格的には高いですが、それぞれのキャラクターが違うと言いましょうか、とても同じメーカーの同じシリーズモデルとは思えないほど、違うサウンドなんですね。

Final E2000、E3000もちょっと鳴り方が違うじゃないですか。
E2000より価格が高いE3000の方が良いですよ、とはならないじゃないですか。
両方聴いてみて、好みだった方を選んでくださいね、という感じですよね。

それと近い感じですかね。

価格的にそれ程差がないんですよ、MACH70とMACH80。
ハイエンドクラスなので、2万円ほど違いますが、両方とも、20万円クラスのイヤホンなので。

何も意識せず、普通に試聴した方が良いかもしれません。
解像度がどうとか、音質がどうとか、今回はそんな感じではないので(^^;;
ポン作さんが新しいイヤホンを購入する時、2-3分でいいので、試聴してみてください。

MACH 70
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1426483/2069/


MACH 80
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1426484/2069/


試聴後の感想とかは書かれる必要は特にないです。
ポン作さんの心の中に置いといてください。

なんでしょうね、ポン作さんが見つけられたイヤホンって。
ちょっと楽しみですね(^^♪

2022/11/30 20:33  [2265-6518]   

ポン作さん。

こんばんは(^^)。

qdcのイヤホンでしたか。
レビューがアップされたので。

qdcではヒットしたNEPTUNEしか試聴しておりません。

10月8日発売のイヤホンですよね。
あら?なんで試聴しなかったんだろう?
新しいイヤホンは試聴したと思っていたけど、、、、、

あ、そうか、価格が2万円以上のイヤホンは2階には置いてないんでした(^^;;

qdcでは初ではないですかね、ダイナミック一発機のイヤホンは。

耳掛け式イヤホンにも慣れてきた頃なので、良いんじゃないでしょうかね。

レビューのタイトルからして一目惚れしたのがわかる素敵な表現ですね(^^)。

NSE1000-G ,NUARL NX1とも違った魅力があるようで、楽しめそうではないですか。

では、おやすみなさい。←ポン作さんはとっくに寝てる時間じゃい、( ̄▽ ̄)。

2022/12/1 02:06  [2265-6520]   

tam-tamさん、こんにちは。

>eイヤホンでイーイヤホンを見つけたのですね←懲りないやつですね(^^;;

撒き餌に食いつきましたねw
さすが逃しませんね(笑)

Westoneですか。
駆け出しのころ憧れたブランドですね。
でも私にはそれらのイヤホンはまだ早いかな〜^^:
聴いてしまうと感覚がなんか可笑しくなりそうですよね。

>レビューのタイトルからして一目惚れしたのがわかる素敵な表現ですね(^^)。

タイトルが長すぎますw

2022/12/1 10:43  [2265-6525]   

ポン作さん。

こんにちは。

撒き餌に食いついたというのは?

Westoneのイヤホンに関しては、強要してる訳ではないので、試聴されなくても良いですよ。

聴いてみたくなる素敵なタイトルだと思ったのですが。
ポン作さん的には長すぎますか。

失礼しました。

2022/12/1 11:09  [2265-6527]   

tam-tamさん、こんばんは。

>撒き餌に食いついたというのは?

ええ!

それを聞いたらシャレにならないじゃないっすか(笑)

その後どうですか。耳の調子は。音楽は聴けていますでしょうか。
試聴にも行けていない感じですかね。
もし行けていたのなら、何か美味しいお話をお願いしたいと思っておりますが。

私は何故かイヤホンではなくパソコンを買い替えましたw
最近調子が悪かったのと、動画をよく視聴するので画面の大きなのが欲しくて^^:
ああ、ノートパソコンですけどね(笑)

2022/12/2 19:07  [2265-6531]   

ポン作さん。

こんばんは。

まだ、イヤホンは装着出来ないですね。
試聴するのは、治ってからですね。

シャレだったのですね。
私にはちょっとわからなかったです。
失礼致しました。

2022/12/2 19:22  [2265-6532]   

tam-tamさん、こんばんは。

久しぶりにワイヤレスイヤホンを購入してみました。

日特のyourspring YS-M100というい機種ですが、これがなかなか良いんですよねえ。
これもアウトレット品で価格が3000円しません。
この音質の良さからするとタダみたいなもんですね^^:

まだ耳の状態は芳しくはありませんか。

2022/12/4 18:38  [2265-6535]   

ポン作さん。

レスが遅くなってしまい、申し訳ありません。

PCと格闘していました(^^;;

日特、newspringだけじゃなかったんですね。
此方のyourspringというブランド、完全ノーマークでした。
(何しろ、Bluetooth型イヤホン、ヘッドホンはこまめにチェックしませんので。)

NSEシリーズを出した直後に発売された、イヤホンですかね。

12月に入ってから、続々と新しいイヤホンが出てきましたねー。
(超ハイエンドクラスが多いですが)

耳は痛みは治りましたが、出来物みたいのものがあり、カナル型イヤホンの使用は控えておりますね。

2022/12/5 04:55  [2265-6536]   

tam-tamさん、こんばんは。

パソコンの調子が悪いんですね。

>NSEシリーズを出した直後に発売された、イヤホンですかね。

発売日を見れば一年くらいyourspring YS-M100が後のようですね。

これあまりに良くて、しかもとんでもない安い価格なので今日もう一本買ってきました(笑)

日特のイヤホンて他にあるんですかね。
何しろ情報が少なくて^^:

お耳は少しは良くなっていますでしょうか。
どうか無理をされないようご自愛ください。

今更ですが、先日のことは本当にすみませんでした。
今思うと、なにをムキになっていたのか‥
tam-tamさんも戸惑われたことでしょうね。

また、可能なら楽しい会話をしたいと勝手ながら思っております。

ではでは。

2022/12/6 20:16  [2265-6539]   

あ、そうそう

耳が治りましたらこれを是非tam-tamさんに試聴してほしいんですよ。

https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1456801/2069/


まだ発売前ですが、eイヤホンには試聴機が置いてありまして今日聴いてきました。

これが過度な味付けがなくてかなり良かったですね。

2022/12/6 20:47  [2265-6540]   

ポン作さん。

返信が遅れて申し訳ありません。

PCの調子が悪い、と言うより、Bluetoothマウスが動かないんですよね。
ポインタデバイスが正常に動かず、あれこれと試したのですが、どうやら、マウスのセンサーに異常があるようです。
マウスが正常に動かせないので、メールアプリも開く事が出来ず、ブラウザも立ち上げる事も出来ず。
USBキーボードもUSBマウスも捨ててしまったので、困りました。

yourspringはNSEシリーズの一年後でしたか。
Bluetooth型イヤホンは使用しないとは言え、興味のある製品は試聴はしてたんですが、完全にノーマークで、ブランド名さえ知らなかったのは、何かチェックを怠っていたんでしょうね。
(FinalのZE8000とかは知ってますのでね。まだ、試聴は出来ておりませんが。)

YS-M100、もう一本購入されたのですか。
価格が破格になっているとはいえ、かなり音が良いのでしょうね。

耳の状態は良くなりましたよ。
安静にしてたのが良かったのでしょう。
まだ、イヤホンは使用してないです、もう1日2日、様子をみてみようかな、という感じですね。

私の返信にご不快な思いをされているのはポン作さんだけじゃありません。
ここに居た、メンバーさん、みんなが感じていた事だと思います。
ですので、ポン作さんが気にされる事はないです。
私が全て、悪いので。

ピアホンですか。
私も一番安い、有線型ピアホンは所有してますよ。
価格が一気に跳ね上がりましたねー。
歴代ピアホンは聴いているので、これも試聴する予定でした。
これは売れるでしょうね、おそらくですけど(笑)。

ここのところ、中国メーカーのイヤホンをポンポンと購入していたんですが、予期せぬトラブルに見舞われて、金銭状況が一気に悪化してしまいました。

時間的な余裕はあるので、やり取りは大丈夫なんですが、「ネタ」がありませんで(^^;;

Intime 雅のレビューを拝見しました。
このイヤホンは、私も試聴しております。
音質評価が厳しくなっていますが、価格を考えると妥当かな、と思います。
中国メーカーの良い方のイヤホンを聴いてしまうと、ちょっと厳しいと思いますね。

私の好みのサウンドではないですけど、雅と同価格帯で、良いと思えるイヤホンは、Final A3000、A4000くらいですかね。
どっちかと言えば、鳴らしやすい、A4000になると思います。

2022/12/7 06:39  [2265-6541]   

tam-tamさん、こんばんは。

お耳が大分治っているようで良かったです。
tam-tamさんはヘッドホンもかなり良いものをお持ちのようなので音楽を聴くには不自由しませんよね。

ところで、Hi-Unit001-pnkですが売れると分かりますか。
私もこれは間違いなくヒットするだろうなと思いましたね。
でも聴かずにそう予想されるのは流石ですね。
大体の傾向が読めるのでしょうか。(皮肉ではありませんよ)

Intime 雅のレビューは厳しめに映りましたか。
あれでも多少柔らかく書いたつもりだったのですよね(笑)
結局好みではないために、主観的なああしたレビューになってしまったのは良くないですよね。
単に好みを書くだけなら態々公の場で書く必要はありませんからねえ、考えてみれば^^:


そういえば私のPCも11にアップデートしたら何か調子がおかしくなった気がしますね。
これは前の10に戻せるんですよね。確か10日以内だったら可能だったかな?

2022/12/7 17:30  [2265-6544]   

ポン作さん。

こんばんは。

22時まで寝ておりました、
風呂入っていたら、ちょっと呼び出されまして(お手伝いですね。)帰宅したばかりです。

明日からはイヤホンは装着出来るでしょうね。
ご心配頂き、ありがとうございます。

ピアホン最新作は正直なところは、わかりません、私の単純な予想に過ぎませんよー(^^;;

まず、私が所有している超エントリークラスの初代ピアホンが売れました。
ワンランク価格が上がった、有線ピアホン2も売れました。
エントリークラスで地盤固めをしておいて、TWSピアホンが発売され、此方も売れました。
なので、今回も売れるのではないかと(笑)。

今回のピアホン、音質云々は関係ないと思っているんですね。
いきなり、この価格帯で出されたら、音質は重要な要素になるかもしれません。
ですが、シリーズを通して、尖ったチューニングはしてないので、そこにある種の安心感があるのではないかと。

国内メーカー、海外メーカーを合わせるとかなりの数のイヤホンがあるじゃないですか。
それらを全部試聴するのも大変だと思うんですよね。
試聴出来たとしても、聴いているうちに、どれが良いんだかわかんなくなっちゃうと思うんですよ。
時間もかかりますし、労力もかかります。
でしたら、シリーズ通しての地盤固めは出来ているので、無試聴で購入しても、大ハズレになる事はないだろうと、そんな印象込みでの予想ですね。

なので、TWSイヤホンには2万円出せるけど、利便性が低い、有線型イヤホンにこんな価格は出せないよ、となるかもしれませんし、

Intaime 雅のレビュー、厳しく感じたのは、レビュー内容ではないです。
テンプレートの項目の点数評価ですね。
高音の音質、低音の音質、ともに☆☆☆というのは、ポン作さんのレビューでは初ではないでしょうか。
価格的に、半分の金額で買えてしまう、TinHiFi T3 Plusのサウンドクオリティーを聴いてしまうと、相対的にそうなりますよね。

Windows PCに関しては、本当に詳しくないので、わからないですね(^^;;
使っていたのも随分前になりますが、怪しいサイトを閲覧すると、すぐにウィルスに感染してしまうという印象しかありません(笑)。
(怪しいサイトばかり見てるんじゃないよ、と思うかもしれませんが、自分のPCではそういうサイトは見ないです、w)

2022/12/8 03:53  [2265-6545]   

tam-tamさん、こんばんは。

イヤホンが装着出来るまでに回復して良かったです。

ピアホンに関してのtam-tamさんの見解には納得ですね。
今回の新作ハイエンドもどっちかというとナチュラルな音質で特に尖ったところはないですからね。

>シリーズを通して、尖ったチューニングはしてないので、そこにある種の安心感があるのではないかと。

すでに一定のファンは定着しているでしょうからね。
そういうファン層が安心感から今回も購入するであろうというですね。

ところで毎度になってきましたが、今日もeイヤホンに試聴に行ってきました^^:
DUNU TALOSという機種なんですが、まだ発売前なんですね。
これが、平面ドライバー+2BAのハイブリッド型で、切り替えスイッチによって平面ドライバー単独駆動とハイブリッド駆動に簡単に切り替えられるギミックが装備されています。
私的には断然平面ドライバー単独駆動のが好きでしたね。
ハイブリッド駆動は何と言いますか、平面ドライバーの良さ(といっても私もまだ何となくしか分かりませんがw)がスポイルされているような感じがしたんですよねえ。
低音も無くなり完全にハイ寄りな音ですね。
かといって突き抜けるような爽快な感じもないという(笑)
それと付属のイヤピースがなんと円筒形でして全くフィットせずです。
どちらにしろ、やっぱり私はBAよりダイナミックが好きなようです^^:

ではではー

2022/12/8 20:52  [2265-6547]   

ポン作さん。

おはようございます。

返信が遅れてしまい申し訳ありません。

DUNU TALOSは平面駆動型イヤホンとしては、気になっていたイヤホンでした。
平面駆動型のハイブリッドも様々なメーカーから発売されているのですが、平面駆動型ドライバー一発と、ハイブリッドとスイッチで切り替えられるというのが、面白いなあ、と。

スイッチで、音質チューニング出来るイヤホンはあるんですけど、ドライバーを鳴らす、鳴らさないというイヤホンは試聴した事がないですし、このイヤホン以外あるのかどうか。

BAドライバーより、ダイナミックドライバーの音がお好きみたいですね。

BAドライバーだとキレのある低域が鳴らせませんからね。
どうしても、ちょっとフワッとした低域になってしまうので。

キレのある低域を求めない楽曲だと気にならないんですけどね、
アカペラとか、弦楽器のソロとか、
非常に限られた使用法になってしまうのが難点ですが(^^;;

BAドライバーを使用したイヤホンはパワーを必要としないので、非常に鳴らしやすいのが利点なんですが、出力パワーに余裕があるDAPをお持ちだと、能率が多少悪いイヤホンでも鳴らしきれてしまいますからね。

コストパフォーマンス的にも、ダイナミック一発機の方が魅力的ではありますよね。
(直近で購入した、数本の中国メーカーのイヤホンを聴いて、実感した次第です。)

2022/12/10 08:47  [2265-6549]   

tam-tamさん、こんばんは。

平面駆動型イヤホンといっても私はDUNU TALOSを聴いただけですので、平面駆動型イヤホンについてはまだよく分かっていません。
ですが、この機種について言うと、音の立ち上がりが早くて、音が澄んでいるような感じはしますね。
低域は一般のダイナックに比べて出にくいのでしょうかね。

なるほど、アカペラとか、弦楽器のソロとかにはBAの良さが感じられそうですよね。
元々BAっていうのは補聴器用らしいですから、中音域といいますか、声辺りの再現は得意なんでしょうね。
私はアカペラとか、弦楽器のソロとかは聴きませんが、一度そういう音源で聴いてみたいと思っています。

BAドライバーは鳴らすのにパワーを必要としない反面、tam-tamさんがよく言われる大音量では歪みやすいということのようですね。

>数本の中国メーカーのイヤホンを聴いて、実感した次第です。

ここのところ私もこれまでにないくらい中国製を含めていろいろ試聴しておりますが、中国メーカー恐るべしですよ。
日本人としては国内メーカーに頑張ってほしい気は正直あります。
ですが、優れた製品に国境や偏見と言いますか、変な垣根はないんだと思う今日この頃なのです(笑)

2022/12/11 18:38  [2265-6551]   

ポン作さん。

こんばんは。

平面駆動型イヤホンは、音の立ち上がりが早いのが特徴です。
フラットで綺麗な音がしますね。
価格も10,000円ちょっとから30,000円以上するものまであり、チューニングによって様々な鳴り方があると思うのですが、低音に関してはダイナミック型ドライバーのようなふくよかな低音は出ませんね。

自称「BAドライバーアレルギー」という方とやり取りしていた事があります。
文字通りBAドライバーの音が聴けないのですね。受け付けないらしいです。
なので、ブラインドテストしても、百発百中で、BAドライバーが搭載されているイヤホンかどうか分かるらしいです。
私はダイナミック一発機かマルチBA型かの2択であれば、低音の鳴り方で判別出来ますが、さすがに複雑な構成になっているハイブリッド型では無理ですね、

BAドライバーは感度が高い反面、歪みやすいです。(大音量で聴くと音割れしますね。)
ダイナミック型ドライバーイヤホンが、一発型が優れているように、BA型ドライバーイヤホンもシングルBAが最も優れています。
私が聴く音量だと、大抵のシングルBA機は音割れしてしまいます(^^;;

「中国メーカー恐るべし」ですよね。
今度出る有線ピアホンもDARUMA Audioという中国メーカーのダイナミック一発機のイヤホンを使用してます。

片側8BAドライバー搭載のイヤホンでも、10,000円以下で販売出来てしまうのは、正直「謎」でしかありません(笑)
こういった格安マルチBA型イヤホンが中華イヤホンのオハコでもあったのですが、実際に搭載はされているものの、鳴らないドライバーがあったりして、偽称しているメーカーなんかもあったのですけどね、数年前までは、w。

品質管理という点については、メーカーごとに違うので、何とも言えないところではありますが。
ダイナミック一発機で、10,000円付近の価格で販売しているイヤホンは、正直ハイレベルな音を鳴らしてくる製品が多いですね。
美音系、重低音系などは少なく、ナチュラルフラット系が大多数を占めている印象ですが、国内メーカーのようにハイレゾ対応にこだわって作ってないので、サウンドクオリティーが非常に高いです。
試聴出来るイヤホンでは、ハズレを探す方が大変ですね(^^;;

2022/12/11 20:06  [2265-6552]   

ポン作さん。

こんにちは。

オーディオテクニカのSOLID BASS ATH-WS1100。
私も試聴し、購入検討機種として、候補になっていたヘッドホンです。(4年くらい前ですね。)
現在の2万円を切る価格は確かにコストパフォーマンスが良いヘッドホンでしょうね。
しかし、それ以上に現在まで販売されている事の方が名機たるヘッドホンの証ではないでしょうか。

私は、購入検討候補であったものの、良くも悪くも、オーテクサウンドの真髄みたいなATH-SR9の方を購入してしまいましたが、現在では生産完了品となっています。
超高解像度の高域がウリのヘッドホンでしたが、やはり、こういう鋭い攻撃的な高音は好まれないようですね。
価格も5万円台と高く、それが要因で売れなかったのでは、と思うところではありますが。
「金属的高音」と揶揄されるオーテクサウンドを究極まで突き進んだヘッドホンとして、此方も此方で隠れた名機だと思っておりますが、生産完了となっている事実が全てを物語っている気もします。

オーディオテクニカのヘッドホンの中で、現実的な価格で最も欲しかったのがWP900です。
現実的な価格と言っても、8万円クラスのヘッドホンなので、決してお安くはないですが。
私にとっては、この価格帯では最も好きなサウンドを鳴らすヘッドホンとして、今でも欲しいですね、お金があれば(笑)

ベタではありますけど、Meze Audioの99 Classicsは聴かれました?

99 Classics
https://kakaku.com/item/J0000017943/

3万円ちょっとで購入出来るヘッドホンとしては、これも良いヘッドホンですね。
私も最初は、見た目だけで注目されていると思っていたんですが、好みはあるにせよ、聴き疲れのしないサウンドは一級品だと思うところです。

イヤホンでは、まだ届いてないですが、TinHiFi C2という5,000円のイヤホンがかなりサウンドクオリティーが高いらしく、音を聴いたら感想を書きたいと思います。
(此方は知人が雑用の代償として、買ってくれました。)

突発的に雑用で呼び出されるので、即レスが出来ない時もありますが、何卒ご了承頂けると嬉しいです。

2022/12/12 13:59  [2265-6556]   

tam-tamさん、こんばんは。

BAドライバーアレルギーとはまた面白いですね(失礼)。
私はそこまでではありませんが、よく言われるBA臭というのは何となく分かりますね。
ハイブリットのN3にも感じますから。
ハイエンドのBAは聴いたことがないんであまり分かったようなことも言えませんが、私のイメージではBAって中高域あたりの解像度は高いですが、どこか詰まったような感じがして伸びやかさがないんですよね^^:
音粒っていうんですかね、私にはざらついて感じられたり(笑)

ところでtam-tamさんはこれをどう見ますでしょうか。

https://item.fril.jp/01cc867970d69187392
f2fe1c5208ad2?_gl=1*k96nsn*_ga*MjAzMjM5M
TExOC4xNjcwODM0MjYz*_ga_7KV9PBS698*MTY3M
DgzNDI2My4xLjAuMTY3MDgzNDI2My42MC4wLjA.


なんと12BAでこの価格。しかもシュアーのパクリっぽいのは見え見えです(笑)
意外と良い音だったりするんでしょうかね。

>国内メーカーのようにハイレゾ対応にこだわって作ってないので、サウンドクオリティーが非常に高いです。

私も中国メーカーのは何故こういう音が出せるのかなと時々思ったりするわけですが、まさに言われるとおりかもしれませんね。ある意味潔いといいますかね。

Meze Audioの99 Classicsですか。
まだ聴いたことはないですが、彼方此方のレビューは見てますよ。
それで何となくですが音が想像できるような気がしていますね。
実際に聴いたら全然違ったりしてw
近々またeイヤホンに行くので忘れずに聴いてきます。

しかしあれですね、感じた音を言葉にするのって本当に難しいですねぇ。
よく言われるドンシャリってあるじゃないですか。
私はあの言葉が嫌いなんですよね(と言いつつレビューに一度使った気がw)。
どんな機種のレビューにも必ず一人はドンシャリって言う人がいるじゃないですか。
最近は良い意味で使われることが多いような気がしますが、元々は真ん中が凹んで上が詰まって文字通りシャリシャリしたドンとシャリなんですけれどね(笑)
まあ便利な言葉ですよね。
そう言えばtam-tamさんもドンシャリっていう表現はあまりしないような気がしますね。

今日は久ブレにtam-tamさんと同じスレッドに並べて何か嬉しかったなあ(独り言)

2022/12/12 18:31  [2265-6559]   

訂正

久ブレではなく、久しぶりにでした。

あーあ
あかんわ今日は(笑)

2022/12/12 18:35  [2265-6560]   

ポン作さん。

こんばんは。

失礼でも何でもないですよー、「BAドライバーアレルギー」。
私の事ではありませんし、聴くと鳥肌が立つそうです。なのでアレルギーなのでしょうね。

ハイエンドのマルチBAは基本的にお勧めしません、コスパが悪いですし、人工的サウンドなので。
ちょっと前のスレでWestoneのMACH70と80の試聴を勧めたじゃないですか。
それで、試聴した感想は特に書かなくても良いです、と。
時間があったら、数分で良いので聴いてほしいのですよね。
型番が上のMACH80がフラグシップモデルという事になる訳ですが、2つ聴くと「????」になると思います。
感覚がおかしくなるとか、価値観が変わってしまうとか、心配ないですので。

<ところでtam-tamさんはこれをどう見ますでしょうか。

ああ、これは数日前に見ておりますよ、w
中華イヤホンに良くあるやつですが、音が良いのかどうかはわかりませんが、どうしてこの価格で作れるかが「謎」なんです。

ドライバーを詰め込めば良いって訳じゃないんですが、BAドライバー自体が高いんですよ。
なので、直接メーカーからドライバーは買ってないと思うんですよね。
廃棄処分になった、多ドライヤホンを分解して、ドライバーを集めたりとか、
そういう事をしないと、この価格で販売出来る訳がないので。
そうなると、後はチューニング次第なので、本家SE846より、サウンドクオリティーは高い可能性もあり得ます。
試聴できないイヤホンを買うのは博打になってしまうので、私は基本的にスルーしてしまいますが。

中国メーカーのダイナミック一発機って、ドライバー口径がほとんど10mmなんですよ。
つまり、同じドライバーユニットを使ってるのは明白で、自社生産なんてしてないと思います。
自社生産と自社開発とは違いますからね。
おそらく、10mm口径のドライバーユニットを高品質で大量に生産出来るメーカーがあるのでしょうね。
そこに各メーカーが、チタンコーティングにしてくれとか、ベリリウムコーティングにしてくれとか、そんな感じではないかと思うところですね。
NSEシリーズでも、同じドライバーユニットを使用してますが、振動板の違いや、ボイスコイルの違いで、出てくるサウンドが随分と違うじゃないですか。
それと同じような仕組みで作っているのではないかと。
だから、安くてもサウンドクオリティーが高いのだと想像しますねー。

Meze Audio 99 Classicsは未聴でしたか。
試聴時には少し価格が安い、99NEOも聴いたほうが良いですね。
価格なりと感じるか、価格以上と感じるかは、人それぞれ違うと思いますが、良いヘッドホンだとは思います。

音を言葉で伝達するのは難しいですよね(^^;;
ナチュラルサウンド、フラットサウンド、ニュートラルサウンド、「俺」「僕」「私」と変わらない気が(笑)。
爽快なサウンド、重厚なサウンドは、なんとなくわかりやすいって思いがちですが、読み手側がどう想像するかまではわかりませんからね( ´Д`)y━・~~。

2022/12/12 19:31  [2265-6561]   

tam-tamさん、こんばんは。


日々寒さが増しておりますね。
tam-tamさんは晩酌とかはおやりになるのでしょうかね。
私は下戸ですが(笑)
まあ今思うと酒が飲めない体質で良かったと思っていますが。

で、TinHiFi C2ですがT3Plusの下位機種なんですかこれ。
ハウジングも金属のようですし、滲みの少ないよりかっちりした音を出しそうですね。

>中国メーカーのダイナミック一発機って、ドライバー口径がほとんど10mmなんですよ。

なるほど、ハウジングの材質を変えたり振動版に異なるコーティングを施したりするだけでかなり全く別物になりますからね。

例えば、私の所有するものでサトレックスの蕾シリーズは上位機種から下位機種までかなり価格の開きがありましたがドライバー自体は同じですからね。
それで下位と上位では雲泥の差でしたから。

で、最近私は中国メーカーのナチュラルサウンドの奥深さに魅せられておりますね^^:
本当に素晴らしい機種が多いですが、やや通好みな音色かも分かりませんね。
国内メーカーもスペックばかり追い求め実際の出音で勝負してほしいところです。

それと、ヘッドホンの音像の厚さといいますか、音場感やスケール感はやはりイヤホンの比ではないなと痛感しましたですね今日は。

即レスに関しては全然お気になさらずに。
ただこれだけやり取りをしていると、間が開くと体調を壊したのかなと気になったりはしますね。
余計なお世話かもしれませんが(笑)

2022/12/13 21:06  [2265-6567]   

ポン作さん。

おはようございます。

私は下戸中の下戸で、一滴も飲めないと言っても過言ではないでしょう( ̄^ ̄)ゞ←自慢する事か、w
なので、アルコールを欲する事はありません。
酒、タバコ、どちらもガンガンにいけそうに見えるらしく、とにかく誘われる事が多いので、少しでも飲めたらなあ、と思っていました。
飲み会など私主催で、やる事が多かった事もあり、「とりあえずビール」と皆が言う中、「とりあえずウーロン茶」とは言い難いのですよねー(^^;;

TinHiFi C2
価格的には下位機種になってしまいますね。
ただ、Tシリーズから、Cシリーズになったので(C3も発売されております。)、サウンドクオリティーではT3 Plusよりも上との評価が高いイヤホンです。

ドライバーユニットは同じでも、コーティング素材や、振動板そのものの素材を替える事で、サウンドは激変しますからね。
その辺りに、中国メーカーのイヤホンがハイコストパフォーマンスである秘密がありそうです。
10mm口径のダイナミック一発機であれば、大ハズレを引く事はまずないでしょう。
出てくるサウンドが好みか好みではないかはわかりませんが。

「通好み音色」
そうですね、イヤホンをたくさん試聴してないと、気付けない魅力があるイヤホンが多いかも。
一聴してのインパクトのあるイヤホンというのは案外少ないという印象です。

TRIPOWIN x HBB Olinaが聴ける機会がありまして、数分だけ聴いてみたんですが、
私が所有しているOlina SEとは別物のイヤホンでした(^^;;
Shure SE215に対する、SE215SPEみたいな感じかなと思っていたんですが、これは全く別の名称で販売した方が良いかもしれません。
それくらい出音が違います。
甲乙付け難いですが、多くの人にお勧めすらなら、オリジナルのHBB Olinaとなりますね。
これだけサウンドバランスが違うと、オリジナルモデルに安易に「SE」とか付けちゃイカンです(笑)。

ヘッドホンは、平面駆動型(平面磁界型)へと移行していますね、
特にハイエンドモデルはそういう傾向にあります。
まあ、今の私にはちょっと無縁な存在なのが悲しいですが(^^;;

冬場、体調を崩す事が比較的少ないですね。
昔から腸が弱いので、夏場は空調でお腹がやられてしまうので、冬場の方が調子はいいです(^^)。

2022/12/14 07:02  [2265-6568]   

ポン作さん。

こんにちは。

レビューにて、新しい試みをされておりますね。

これは良いですね、パッと見てどんな傾向のサウンドかすぐわかるので。
テンプレートの項目で書けない部分をを総評という形で単語による表現で如何に伝わりやすいか模索してましたが。
私みたいに長々と書くよりわかりやすいと思いました。

私も他にどんな方法があるか、考えてみたいと思いました。

参考にさせて頂きますね(^^♪

2022/12/14 12:28  [2265-6569]   

tam-tamさん、こんばんは。

私は体を動かすのが好きなんですが、これだけ寒くなると外に出る気が起こりません(T-T)

SE215とSE215SPEはそんなに違うのですか。
耳掛けということでこれまでShure は完全スルーだったのですが、何となく大した違いはないんだろうくらいに思っていましたが^^:

Hi-Unit001-pnkが明後日発売されますね。
明日辺りもう一度音を確かめに行ってこようかな思っております。
まあ多分買うことはないですが(笑)

私は以前まではせいぜい2〜3万円位までが興味の対象でそれ以上は気にしないことにしていたわけですが、最近興味対象の価格が跳ね上がっておりますw
これは私的には忌々しき事態です(笑)

私ごときが新しい試みというほどもないのですが、評価してくださり嬉しく思います。
文章力の足りなさを何かで補わなければと思いまして。
でもあれは半分はイーイヤホンのスタッフレビューのパクリみたいなもんです(笑)
一部私なりにアレンジはしていますが。
例えば、近いと広いではおかしいだろうってことで、近いに対して遠いとしましたし、クール、ウォームでは分かりづらい人もいるだろうと柔らかいに対して硬質にしております。
まあ遠いっていうのはマイナスイメージがあるでしょうから、イーイヤホンとしては広いになるでしょうね。

2022/12/14 18:50  [2265-6570]   

 音之葉さん  

駄菓子屋ポン作さん

私もSONY IER-Z1Rを所有しておりますが、いまだに、SE215も現役で使用しております♪

完全ノーマルではなく、イヤーピースをSpinFit CP100+に変更し、中華製の16芯5極4.4mmケーブルに変更しておりますが、これでなくては聞けない音みたいなものがあるので、好んで使っています。

LUXMAN P-750ulを所有しておりますが、これに上記のSE215を使ったり、DAPはFiio M15を所有しておりますが、つい最近も旅先のお供にSE215のみ持って出かけたりするほど好みだったります。なかなか良き相棒です♪


2022/12/14 19:02  [2265-6571]   

音之葉 さん、こんばんは。

そうですよね。
たとえ高価な機種を所有していても変えのきかないものってありまからね。

私にとっては今は所有していませんが、ソニーのEX650がそうでした。
トータルで6年くらいは使用したと思います。
もうそうなると、その奏でる音とともにイヤホンに対して愛着が湧いてきます。

またEX650が聴きたいと思い、偶にイーイヤホンの中古コーナーをチェックしたりしていますね(笑)

2022/12/14 19:34  [2265-6573]   

ポン作さん。

こんばんは。

SE215とSE215SPEはそんなに違いません。
主に日本向けにチューニングしたもので、低音を強化したのがSE215SPEですね。
なので、基本、同じサウンド傾向です。
つまり、「微妙な差」という例で出したのですが、私の書き方が悪くて誤解を与えてしまいました。

同じ型番+「Ltd」とか「SP」とか「PRO」ってそれほど激変しないんですよ。
同じサウンド傾向の上で、不満だった部分が改善されてるのがほとんどなので。

TRIPOWIN x HBB OlinaとTRIPOWIN x HBB Olina SEはドライバーが違いますし、ハウジングも樹脂製とアルミニウムとで、全く別物のイヤホンと言っても良いくらいですので。
なので、ここら辺が「中華イヤホン」らしいな、と(笑)。
(ここまでサウンドクオリティーが高いと「中華イヤホン」って呼称は使いたくないので、使わないようにしてます。)

最近は、
RAPTGO Leaf D01
TinHiFi T3 Plus
TRIPOWIN x HBB Olina SE
の3本の使い回しですね。
他のイヤホンで音楽は聴いてないですね。

価格は大まかに、18,000円、14,000円、9,000円となりますが、サウンドクオリティー的に価格の差は無いですね。
サウンドの好みの範疇で、出来の良し悪しは価格に比例してないので。

安室ちゃんのライブ音源で、聴き比べてみましたが、
Leaf D01:半開放型ならではの音抜けの良さ、爽快な高域、シェイプアップされた低域
T3 Plus:厚みのあるミドルレンジ、暖かみのある卓越したヴォーカル表現、ライブならではの響きの余韻が感じられる
Olina SE:若干の閉塞感が感じられる、全体的にビルドアップされたサウンド、響きの余韻が不足している
という感じで、5,000円も安いT3 Plusに負けてしまいます。
これは好みの問題ではなく、Olina SEだとライブ音源は楽しめませんでした。
しかしながら、イヤーピースの変更で、低域は更に弱くなるものの、音場の広さが変化します。
面白いですね、3本のイヤホンと3種のイヤーピースで、かなり楽しめますから。
普通に購入しても3本で4万円ちょいじゃないですか。
メジャーメーカーの3BAイヤホンだと、4万円超えちゃいますからね。
eイヤホン、ヨドバシ、Amazonとそれぞれ別に購入してるので、3本で実質3万円も使ってないですから。

SONY IER-Z1R Victor FW10000はカメラの防湿庫に眠ったままですので。
気絶するように寝落ちしてしまう事があるので、安易に使えないってのもあるんですが、現状、上記の3本のイヤホンで不足は感じませんから、
松茸と椎茸みたいなもんですね、味は椎茸の方が旨いじゃないですか(笑)。
お金がない時の方が楽しめてる感じがするんですよねー(^^;;

2022/12/14 23:18  [2265-6574]   

tam-tamさん、再びこんばんは。

>「微妙な差」という例で出したのですが、私の書き方が悪くて誤解を与えてしまいました。

いえ、そう言われてもう一度読み直してみましたが、そのまま文章の通りでした。
書き方は何もおかしいところはないです。
単なる私の読み間違いと言いますか、よく読んでいなかったんだと思います。

私のミスなのにtam-tamさんに余計な気を使わせてしまいました。
お詫びします。
どうもせっかちな癖が治りません(笑)

それと一つだけ今後の参考のためにtam-tamさんに伺いたいのですが、いわゆる音が近い、音が遠いっていうのは広さ、狭さで言うとどういう解釈になりましょうか。
一般的なイメージですと遠い=広い、近い=狭いとなるような気がしますね。
私は必ずしもそうじゃないんじゃないかと思ってきたわけですが、いろいろ考えていると何か自信がなくなってきました(間違ったことを発信しているのではないかと)。
人によって捉え方が違うのはもちろんだとは思いますが、tam-tamさんはどう感じられておられるでしょうか。

めんどくさいことをどうも申し訳ありません。

2022/12/14 23:59  [2265-6575]   

音之葉さん。

音之葉さんもCP100+愛用者でしたか。
今回のSpinfitのイヤーピース、良いですよね(^^♪
細軸対応アダプタが付いているので、色んなイヤホンに対応しますし。

最近は金銭的に余裕がないので、試聴に行ってもイヤホンだけで終わってしまうんですよね(^^;;

NTH-100とYAMAHAのヘッドホンは次回試聴に行った時に必ず聴いてきます。
いつも、ありがとうございます(^^)。

2022/12/15 06:00  [2265-6576]   

ポン作さん。

おはようございます。

私の文章の書き方が悪いです、

<Shure SE215に対する、SE215SPEみたいな感じかなと思っていたんですが、これは全く別の名称で販売した方が良いかもしれません。

これを、
<Shure SE215に対する、SE215SPEみたいに微妙な感じかなと思っていたんですが、これは全く別の名称で販売した方が良いかもしれません。

と書くべきでした。
一言添えるだけで、だいぶ違いますものね。
ポン作さんがせっかちとかではありませんので、すいませんでした(^^;;

「音が近い」「音が遠い」
これは私が書いたレビューでは一度も使った事がない表現なので、正直わからないです。
私がこの言葉が書いてあるレビューを読んで解釈するならば、ヴォーカルのことなのかな、と思ってしまいそうですね。
これは難しいですね。
良く知っているイヤホンのレビューにこの表現があるならば、なんとなく分かるかもしれませんが、試聴した事がないイヤホンだと、どう受け取って良いのか、

音場(おんば、おんじょう)は単に広い、という方と「左右に広い」「上下に広い」と使い分けている方もおられますが、これも難しいので、「上下に広い」という表現も一度も使った事がないですね。

「スピード感のある音」も使った事が一度もありません。
おそらく、音の立ち上がりが早く、余韻がなくスッと消える事を表現しているのだと思うんですが、そういう音は切れ味が鋭いので、ソリッド系と書いてしまいますね。
逆にソリッド系とはなんぞや?という人も居ると思うので、シェイプアップされたサウンドとか、筋肉質的なサウンドとか、ここ最近は多様してますね。

書き手側はサウンドを聴いて、表現をイメージして書きますし、読み手側は表現された文章を読んで、サウンドをイメージするので、ここで「乖離」するか「共感」するかになってしまうと思うのですね。

「無機質なサウンド」と書いても、つまらない音なんか、退屈な音なんか、と思う人も居るでしょうし、癖の無いナチュラルサウンドととらえる人も居るでしょうし、原音忠実度が高いサウンドとイメージされる人も居ると思うんですよね。

「美音系サウンド」と書いても、美しい音が鳴るんだろうな、と思う人もいれば、ストレートなサウンドではなく、変に味付けされたチューニングなのか、と捉える人も居ると思うので。

私が思うに、自分で既に所有してしまっているイヤホンに関しては、クロスオーバー処理が雑だとか、そういう粗探しをして音楽を聴かないと思うんですよね。
ところが、巷で大絶賛で話題になっている、自分があまり好きではないメーカーのイヤホンだったりすると、低音が出過ぎているとか、高域が篭って聴こえるとか、何となく悪い部分を探す感じで試聴しちゃうのでは無いかと。

私自身は、購入時の試聴には時間をかける方なので、買ってからは、楽しんで聴くだけになってしまいます。
なので、松岡修造が書いたような熱いレビューになってしまうのでしょうね(^^;;←治せや、笑。

2022/12/15 06:50  [2265-6577]   

tam-tamさん、おはようございます。

私のめんどくさい質問に答えて下りありがとうございます。

よく分かりました。
今後の参考にさせていただきますね。

ではではー
良い一日を(^o^)/

2022/12/15 07:26  [2265-6578]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ



イヤホン、ヘッドホンの雑談板です。

楽しくやり取り致しましょう(^^♪

2022/11/1 16:42  [2265-6248]   

tam-tam17701827 さん、こんばんは。

お招き頂きありがとうございます。
早速お邪魔します。

なるほど言われる通りで少し反省しています。

明日T3Plusが届きましたら、是非感想をお聞かせくださいね。
楽しみにしております。

それと、暫く鳴らし続けて当初の印象と大分変りましたので、レビューを一部修正致しました。

2022/11/1 22:14  [2265-6249]   

駄菓子屋ポン作さん、おはようございます。

ようこそ、私の縁側へ、
来てくれて嬉しいですね(^^)。

認定メンバー制の縁側なので、知らない方が割り込んで来ることもありません。

表のクチコミ板ではあまり砕けた内容は書けませんからね。
(書き込みをすると、最新のところに表示されるので、多くの人に見られてしまいますからね、w)

この縁側も現在、書き込みをするメンバーさんがほとんど居ない状態です。

今年は、音之葉さんとちちさすさんだけでした。
ちちさすさんはピュアオーディオ、クラシック音楽に大変お詳しい方で、私の縁側に頻繁に書き込みをしてくれていたんですが、体調が悪くなったようで、心配しているんですが。

<なるほど言われる通りで少し反省しています。

書き方が悪かったですね、駄菓子屋ポン作さんには何の非もありません。
プライベート的な書き込みをしたのは私ですから、
駄菓子屋ポン作さんは、それに合わせて付き合ってくれただけなので、全く反省する必要はないですよ(^^;;

クチコミで縁側のお誘いをして、掲示板を作っていたら、ちょっと呼び出されまして。
ちょっと前に帰宅したところです。
誘っておきながら、返信が遅れて本当に申し訳ありません。

RAPTGO Leaf D01はイヤーピースを替えて聴かれても、結局ダメでしたか。
まあ、人それぞれ好みがありますからね。

newspring NSE1000-Gにして正解でしたね(^^♪

週末中古特化セールでは、NSE1000-AとNSE1000-Bが5,000円値引きされ、24,900円で販売してました。
NSE1000-Gは値引き無しの価格据え置きでしたので。

ハイエンドイヤホンを格安で入手する事が出来て良かったです。

<明日T3Plusが届きましたら、是非感想をお聞かせくださいね。
楽しみにしております。

ありがとうございます(^^)。
私も楽しみなんですが、じっくり聴けないと思うので、今日は。
ですので、感想とかは、明日になるかもしれません。

駄菓子屋ポン作さんは、これまで通り、クチコミでの情報提供など頑張ってください。

私の縁側は、気が向いた時、表の掲示板ではちょっと書き難い事などにお使いください。
もう書き込みは自由に出来るようになっているので、お好きな時に遊びに来てください(^^♪

もちろん、積極的に書き込んでくれも大歓迎ですので♪

私がこの掲示板に書き込みをしたら、通知メールが届くようになってますかね。

急いで返信する必要は全くありませんので、どうぞお気楽にしてくださいね。

もう、朝なんですが、ちょっとだけ仮眠をとらせて頂きます。

午後には何かしら書き込みしますので、よろしくお願い致します(^^)。

申請して頂き、本当にありがとうございました。

2022/11/2 05:59  [2265-6250]   

tam-tam17701827 さん  

2022/11/3 13:08  [2265-6251]  削除

シンプルなデザインのパッケージ。 イヤホンが取り出せない、w

Tin HiFi T3 Plus

シンプルなデザインのパッケージで好感が持てますね(^^)。

いざ開封!

おお!イヤホン本体がある←当たり前だがな、w

あらー、イヤホン本体が取り出せない( ̄▽ ̄)、w

指で掴んで取り出せないー( ´Д`)y━・~~

と早く聴きたい気持ちで焦りましたが、無事取り出せましたd( ̄  ̄)。

2022/11/2 13:30  [2265-6252]   

tam-tam17701827 さん、こんにちは。

ありがとうございます。
そう言ってもらえると嬉しいです。

ていうかもう消されてますねw
黙っているのも面白くないので、ああいう風に私が書けば今までの此処の流れから両成敗で相手の書き込みもろとも消えるだろうという狙いもあったんですが、まさかの私だけ(笑)

今日は都合でお休みしましたし、時間がありましたのでeイヤホンに立ち寄りSpinFit CP100+のLを購入してきました。 

購入前に再度試聴してみましたが、やはり明らかにCP100+では高音が綺麗になりますね。
Final Eタイプも聴いてみましたが、こちらはT3Plusの良さがスポイルされる感じで少し音がボケますね。
低音はFinal Eタイプのが出るのですが、T3Plusには明らかにCP100+のが良いと感じました。
良いものを教えてくれてありがとうございます。

そうなんですよ、このイヤホンツルツルしてめっちゃ取り出しにくいでしょw
暇さえあればずっと聴いてますが、私のT3Plusはいよいよ良い感じになってきましたね。

2022/11/2 15:31  [2265-6253]   

tam-tam17701827 さん  

2022/11/3 13:08  [2265-6254]  削除

<そうなんですよ、このイヤホンツルツルしてめっちゃ取り出しにくいでしょw

事前に教えてくださいよ(^^;;

どうやって、取り出すん取ろうって、悩みました、w

<暇さえあればずっと聴いてますが、私のT3Plusはいよいよ良い感じになってきましたね。

いやー、静かな自宅で落ち着いて聴くとめっちゃイイですねー。
イヤーピースをあれこれ替えて聴いていたところです。
このクラスのイヤホンで売れているのは、SE215、IE100などですが、ちょっとレベルが違う。
勿体ないですねー、ほとんど誰も聴いてないですから。

最終的にはSpinFit CP100のMサイズに落ち着きました。(旧モデルのイヤーピースです)
AZLA、スパライル・ドットでも聴いてみましたが、ちゃんと低音が出ますね。

<購入前に再度試聴してみましたが、やはり明らかにCP100+では高音が綺麗になりますね。
Final Eタイプも聴いてみましたが、こちらはT3Plusの良さがスポイルされる感じで少し音がボケますね。

同意見です(^^♪
何故かFinal eタイプだと微妙な感じになりますね。

T3 Plus、極端に主張するところが何処にもなくて、ニュートラルな感じ。
これって凄く重要で、売り手側としては一聴してのインパクトが欲しいじゃないですか。
どこも無理してない感じで、非常に聴きやすいし、音楽が楽しめます。
低音はキレのある解像度を出すタイプでなく、柔らかでいて、ボワついてもいない、素晴らしいですね。
高域も攻撃的でなく、刺激音を鳴らしません。
ヴォーカル表現も誇張し過ぎない絶妙なチューニング、これは良いイヤホンを入手しましたね(^^♪

イヤーピースで大化けするイヤホンではなく、イヤホンがイヤーピースの傾向を教えてくれる感じです。

ああ、そう言えば、サトレックスのイヤホンを随分と所有されているようで。
ですが、耳掛け式のTumuriは聴いてないでしょ。
今更、特に買う必要はないんですが、Tumuriに関する情報を一つ。
eイヤホンでリケーブルのレビューとかされているじゃないですか、スタッフさん。
スタッフさんも自身の愛機をそれぞれお持ちなんですが、リケーブルのレビューで愛用しているイヤホンを基準に感想を書いてはいけません、私情が入ってしまいますからね。
何を基準に低音がどう変化するか、高音がどうとか、
サトレックスのTumuriで判断しているという事です。
Tumuriで聴いてみて、ケーブルの比較をする。まずケーブルの音質の傾向を把握する、それを基に自身の愛機ではどうなるのか客観的に評価しているそうです。
サトレックスはイヤホン、ヘッドホン、優秀でリーズナブルな価格の製品が多いですよね。
良いメーカーさんです(^^)

2022/11/2 16:39  [2265-6255]   

tam-tam17701827 さん、こんばんは。

tam-tam17701827 さんまで巻き込んでしまいましたね。
何と言ったらいいか言葉が見つからないので書き込めずにいたのです。

少なくとも言えるのは私はtam-tam17701827 さんファンになって良かったということですね。

では、また後で来ますね。


そうそう、
このT3Plusって結構安室ちゃんなんかもイケるみたいですね。

2022/11/2 19:21  [2265-6256]   

駄菓子屋ポン作さん。

こんばんは(^^)。

<tam-tam17701827 さん、こんばんは。

数字の羅列があって打つのが面倒でしょう、「tam-tamさん」で良いですよー(^^♪
その方が私も気持ちが楽ですし。

<そうそう、
このT3Plusって結構安室ちゃんなんかもイケるみたいですね。

なぬー、w
宇多田ヒカルさんばかり聴いておりました( ̄▽ ̄)、w
これは聴かないと(^^;;

有益な情報ありがとうございます(^^)。

表のクチコミは忘れた方がいいですよ、私も書くだけ書いたので、これ以上関わりませんので。

では、ではー♪

2022/11/2 20:01  [2265-6257]   

tam-tamさん、こんばんは。

ていうか消されていませんでしたねw
出先で見たものですから途中までしか見れてなかったのかもしれないです。

私が相手にしなけりゃ良かっただけかもしれないですね。
少し浅はかだったと思います。


さてと、 T3 Plusですが何だか私のはイヤピが馴染んできたのかかなり低音が出るようになってきましたね。
この低音をもし同じようにtam-tamさんも聴いているとしたら少しtam-tamには多すぎるんじゃないですかね。
それに高音がtam-tamさんにはマイルド過ぎるんじゃないかと思ったり(笑)
じゃないですか。

>売り手側としては一聴してのインパクトが欲しいじゃないですか。

ですね。このイヤホンはあまり試聴映えしないというか、持ち帰ってしっかり聴き込んでだんだん良さが沁みてくるイヤホンじゃないでしょうかね。
奥ゆかしい鳴りのこういう低音も良いものですね。
主張して来ないんだけどしっかりと厚みもありますしね。

>ヤーピースで大化けするイヤホンではなく、イヤホンがイヤーピースの傾向を教えてくれる感じです。

そう言われてみれば私もそんな気がしますw
でも色々と試してないと出てこない言葉だと思いますね。
私なんかまだまだこれからだというのを痛感させられますw

なるほどeイヤホンのスタッフも色々考えてはいるのですねえ。

サトレックスは好きですね。
特にDH310-A1SSはFX1100よりも好きなくらいですから。
でもtam-tamさんには多分低音が多過ぎに感じるんでしょうね。
サトレックスがハイエンドとは言いませんが、せめて5,6万のイヤホンを出してくれたらすぐに跳び付くんですけどねw
で、サトレックスは特にそうですが、T3 Plusもパッケージなんかが簡素ですが、却ってそういう風だと音質に期待してしまいます。

どうですか、安室ちゃん、イケるでしょw

ではではー
お疲れさまでした。
今日休みだったんだけど却って何か疲れましたね(笑)

おやすみなさい。

2022/11/3 00:10  [2265-6258]   

駄菓子屋ポン作さん

おはようございます(^^)。

今帰宅したとこです。

T3 Plusで安室ちゃん聴きましたよ。

いやー、良かったです(^^♪

ナチュラルに良い、普通に良い、アレ?、w
自然な感じで良い?
ちょっと難しいですね(^^;;

間違いなく良いです、これが精一杯か、うーん語彙力が足りない(^^;;

<この低音をもし同じようにtam-tamさんも聴いているとしたら少しtam-tamには多すぎるんじゃないですかね。

強調して出している低音は好みじゃないですけどね。
自然な感じで出ているじゃないですか、T3 Plusの低音。
なので、全体的なサウンドバランスはフラットに聴こえます。

<それに高音がtam-tamさんにはマイルド過ぎるんじゃないかと思ったり(笑)

刺激音を鳴らさないサウンドチューニングですよね。

高域キラキラ、好きですけど、w

T3 Plus 確かに高域キラキラではないですが、籠った感じの音じゃありません。

ですので、満足度はかなり高いですね(^^)。

<奥ゆかしい鳴りのこういう低音も良いものですね。
主張して来ないんだけどしっかりと厚みもありますしね。

結局は良いものは、惹きつける魅力が何処かにあるんだと思いますねー。

透明度の高いミドルレンジではありませんが、RAPTGO Leaf D01にはない良さがあります。
原音忠実度が高いのだと思いますね。

イヤーピース、CP100のMサイズを装着して聴いているんですが、これまた非常に謎なのです。

CP100+のXLサイズとCP100のMサイズとでは開口部の大きさが同じです。
(きちんと計測した訳ではありませんが、見た目的には同じ大きさです。)

CP100+のXLサイズだと、かなりの低音が出るんですね。
ところがサイズをMサイズにしてみると、フラットに近い状態になるんです。

サイズだけじゃなくCP100+とCP100の違いもあるのかな、と思いましたが、W1で試しても結果は同じ感じになります。

軸受けの内径と開口部の大きさは一緒なのに、どうしてこういう結果になるのか、謎ですねー(*´-`)。

イヤーピースに関しては、かなり把握していたつもりだったんですけど、一から出直しです(^^;;

駄菓子屋ポン作さんは如何ですか。
サイズ違いのイヤーピースはお持ちだと思うのですが、
ワンサイズ替えてみて、低音の出方に変化は感じられるでしょうか。

eイヤホンには良く行きますけど、試聴機をそのままの状態で試聴している方がほとんどです。
そして、多くの試聴機にはMサイズかMSサイズくらいのイヤーピースが装着されていますよね。
あらかじめ装着されていたイヤーピースのサイズがドンピシャだった場合は問題ないんですけど、
イヤーピースのサイズや、他社製のイヤーピースで、かなりの変化があるとしたら、単に試聴すれば好みのサウンドが分かるとはならないですよね。

クチコミで、「試聴してみて下さい」だけじゃイヤホンの良さが伝わらない可能性を含んでいるのですねー。
これからは「適切なサイズのイヤーピースに替えて試聴してみて下さい」と書くように心掛けねば(^^;;

Tubomi DH310-A1SSですか。
これは私は聴いてないですねー、勿体無い事をしちゃいました(^^;;

ヘッドホンの方は試聴してますよ。
確かに低音は多いと感じますね。
これは私の好みがちょっと変なだけで、試聴して良いな、と感じたものは、クチコミでもオススメしたりしています。

<どうですか、安室ちゃん、イケるでしょw

良いですねー(^^♪

基本的に高解像度のソリッド系、高域キラキライヤホンが好きなんですが、良いイヤホンは、そういう好みを超えて聴かせてくれます、楽しませてくれます!

明日は、
もう今日になっちゃいましたけど、w
T3 Plusで、安室ちゃんを聴き倒します( ̄^ ̄)ゞ(笑)。

駄菓子屋ポン作さんも、T3 PlusとNSE1000-Gで存分に楽しまれて下さい(^^♪

返信ありがとうございました、素敵な1日をお過ごし下さい☆☆☆

2022/11/3 06:32  [2265-6259]   

tam-tamさん、お疲れ様です。
おやすみ中ですよね。

ずっと聴いているのでどうやらすっかり T3 Plusの耳になっているようです。
それで気分転換にDH310-A1SSを聴いてみたんですが、こもりまくりの音に聴こえて驚いています。
大好きだったDH310-A1SSってこんな狭い空間で窮屈にもこもこ鳴っていたのかという。
ちょっとしたショックですねこれはw
私基準ではありますけれど T3 Plusってかなりの窮屈さのない開放的な音を出すように感じますね。

>CP100+のXLサイズだと、かなりの低音が出るんですね。
ところがサイズをMサイズにしてみると、フラットに近い状態になるんです。
>ワンサイズ替えてみて、低音の出方に変化は感じられるでしょうか。

はい、感じますよ、っていうかイヤピの種類に関係なく普通に感じるというのが私のこれまでの認識でいましたけどね。
あれ違うのかな(;'∀')
私の感覚ですとイヤピが大き目だと低音は増えますが中高域は遠く感じ、小さ目だとその逆に感じますけど‥(-_-;)

どちらがより自然な感じかは私的にはイヤホンによって違うかもしれません。

>これからは「適切なサイズのイヤーピースに替えて試聴してみて下さい」と書くように心掛けねば

ですね。一番大切なことかもしれませんね試聴する上では。
そもそも、そのイヤホンが持つ本来のポテンシャルが分からなければ意味のない試聴になりますからね。
私ももっとイヤピの研究をせねばw


そうそう、返信は気にしないで下さい。
私のは一日の出来事を子供が親にあれこれ話したがるのと同じですから(笑)

2022/11/3 11:48  [2265-6260]   

<おやすみ中ですよね。

安心してください、起きてますよ←とにかく明るい安村か♪( ´▽`)、w

ちょうど今、起きました(^^♪

読んで返信しますねー。

2022/11/3 12:11  [2265-6261]   

駄菓子屋ポン作さん

こんにちは(^^)

いやー、ぐっすりですよ(*´-`)。

<ずっと聴いているのでどうやらすっかり T3 Plusの耳になっているようです。
それで気分転換にDH310-A1SSを聴いてみたんですが、こもりまくりの音に聴こえて驚いています。

イヤホンあるあるですね(^^)。

でも、ちょっと短時間過ぎるかも(^^;;

多分ですね、RAPTGO Leaf D01の音を聴いていても、そうなりますね。
今度はT3 Plusの音が重いと感じるようになると思います(^^♪

お勧めした3つのイヤホン、
RAPTGO Leaf D01
QYEYZ Autumn
TinHiFi T3 Plus

この中から、T3 Plusを購入された訳ですが、クチコミでのやり取りだと、T3 Plusの話ってあまり出てなかったじゃないですか。

ですので、私としても少々意外な印象なんですよ。

最初は私の松岡修造のごとく熱血レビューを読んで、RAPTGO Leaf D01に興味を持った。
クチコミでのやり取りで、私は追加で、他の2機種をあげました。
すると、今度はQYEYZ Autumunに食指が動いた。
最後の方まで、T3 Plusはほとんど、本命にはなかったと思うんですが、

RAPTGO Leaf D01はイヤーピースを替えて聴いてみても、低音不足と感じダメでしたか?

そういう理由ではなく、T3 Plusの音が駄菓子屋ポン作さんにハマったのでしょうか。

表のクチコミ板と違って、この掲示板を見ている人はほとんど居ませんから、イヤホンのサウンドについて、悪いところとか、書いても大丈夫ですよ(^^)。
(クチコミでSONYとAppleの悪いところなど書き込むと袋叩きになります、w)

<私の感覚ですとイヤピが大き目だと低音は増えますが中高域は遠く感じ、小さ目だとその逆に感じますけど‥(-_-;)

開口部の大きさは違ってもですか。
イヤーピースの全体のサイズの方が、サウンドの変化を感じやすいという事になります?

<どちらがより自然な感じかは私的にはイヤホンによって違うかもしれません。

イヤホンとイヤーピースの相性はありますからね。
同じイヤーピースでもイヤホンによっては、聴こえ方が異なりますよねー。
逆もまた然りで、同じイヤホンでもイヤーピースによっては聴こえ方に変化があります。

<私ももっとイヤピの研究をせねばw

一緒に研究致しましょう(^^♪
私一人では無理な部分もありますし。
(好みのサウンドが一般的ではありませんから、w)
リケーブルだと大変な費用がかかってしまいますが、イヤーピースなら、それほど価格も高くないので。
スパイラル・ドット++みたいに高いイヤーピースもありますけど(^^;;
SpinFit W1も高い、w

2022/11/3 12:45  [2265-6262]   

>最後の方まで、ほとんど、本命にはなかったと思うんですが、

確かにT3 Plusは素晴らしいと思います。
ですが音のグレード的にはRAPTGO Leaf D01、QYEYZ Autumunのが確実に上と言うのは私にも分かります。
この2機種はイヤピを色々変えながらこれからも試聴を重ねるつもりでいます。
RAPTGO Leaf D01をfinal Eタイプで聴いた時の感じは低音も程よく出てきて高音にやや丸みを感じ(丸みが出過ぎると良さがスポイルされますが)私的に感触が好かったです。QYEYZ AutumunよりRAPTGO Leaf D01のが今のところ好みかもです。

T3 Plusも素晴らしいですし、今回これにしたのは単に現実的な問題からですね。
実は最近色々と買い物し過ぎていたのでw


>開口部の大きさは違ってもですか。
イヤーピースの全体のサイズの方が、サウンドの変化を感じやすいという事になります?

なるほど、重要なポイントですよね。
言われてみればそこに触れていなかったですね。

基本、私の場合開口部小さい方が低音は増すのですが、そうなると開口部の小さいMサイズと開口部の大きいLサイズ(XLは持っていません)ではどうかということになりますね。今再度確認してみますね。
まず開口部大のL(スパイラルドット)は‥低音は減衰して全体的に輪郭が曖昧になりますね。
替えて開口部小のMサイズ(Sonyハイブリッド)は‥ああ、こちらのが低音の音圧が出てきますし、全体のメリハリや輪郭もはっきりしてきますね。
開口部の大小のがサイズ的なものより低音は変化しますし、全体の傾向にも影響を与えるというのが私の感想でしょうか。

イヤピの種類はともかく、T3 Plusは開口部の小さいイヤピに合わせてチューニングしているのではと私的には感じますね。
開口部の小さいイヤピを更に突き詰めていくのがこの機種には有効なんでしょうかね。

2022/11/3 14:17  [2265-6263]   

駄菓子屋ポン作さん

こんばんは(^^)

書き込み通知が来ていたのは知っていたんですが、奢ってくれる、という事で呼び出されてしまいました。

返信が遅れて申し訳ありません。

<T3 Plusも素晴らしいですし、今回これにしたのは単に現実的な問題からですね。
実は最近色々と買い物し過ぎていたのでw

なるほどです。
NES1000-Gも入手しましたしね(^^♪

「音のグレード」
これは難しいですね(^^;;

私の好みはRAPTGO Leaf D01が筆頭に来るんですが、
このイヤホンを知ったのは、駄菓子屋ポン作さんのNSE1000シリーズが格安で販売されているというクチコミでたまたま見つけた偶然の産物なんですけど。
サウンドが好みであったことはもちろんなんですが、この時点では試聴のみで、クチコミにてお勧め機種として挙げているに過ぎなく。
実は購入の動機はちょっと違うんですよね。
傷が付き難い、ハウジングなので、寝ホンにちょうどいいかも、と( ̄▽ ̄)、w
実際、音楽を聴きながらじゃないと眠れないので、寝ホンは私にとって必要不可欠なものでして。
しかも、それなりの音質で聴きたい、という(^^;;

それまで、SE846とか、UM-PRO50とか使っていたんですよ、フィッティングが良いので。
でも、起きた時に耳から外れている時が何度かありまして、プラ製ハウジングなので、ちょっと怖いな、と。

それなら、3,000円クラスのE2000とかTANCHJIM ZEROでいいじゃん、と思われるかもしれませんが、断線のリスクがあるな、と♪( ´▽`)、w

結構シビアなんです、寝ホン選び(^^;;

RAPTGO Leaf D01は寝ホンに使用した事はないです。
家でじっくり聴いたら、あのようなレビューを書くほどに好きになってしまって、これは宝物みたいなイヤホンで、寝ホンにはとてもじゃないけど使えないな、と(笑)

そのタイミングで、駄菓子屋ポン作さんの、RAPTGO Leaf D01のレビューを拝見して、その中に私のハンドルネームが書かれていて、驚きました、という事でございまして。

RAPTGO Leaf D01の試聴時にサウンドが良かった、QYEYZ AutumnとT3 Plusを聴いてみて下さい、と紹介したんですけど。

客観的に音のグレードという事になると、どうなんでしょうね。

T3 Plusが最も、普通に聴きやすサウンドではないか、と思うところもありますね。

<この2機種はイヤピを色々変えながらこれからも試聴を重ねるつもりでいます。

あら?
私の書いたレスがいつの間にか削除されている。
引っかかってしまったようですね、文章の内容が内容だけに。
使用禁止用語を使うと、もっと早いタイミングで削除されるので、これは削除申請されたのかもしれないですね。

ちょっと引用しようと思って、書いたレスを見ようとして気が付きました。

話がそれましたけど、試聴を重ねながら、相性が良いイヤーピースが見つかったり、タイミングが良かった時点で、購入されるかもしれない、という感じですかね。

<開口部の大小のがサイズ的なものより低音は変化しますし、全体の傾向にも影響を与えるというのが私の感想でしょうか。

なるほど、私も同じですね。
サウンドの好みはちょっとおかしい私ですが、客観的評価は出来るようで安心しました(^^)。

SpinFit CP100のMサイズのイヤーピースが壊れました>_<。

T3 Plusには相性が良かったイヤーピースなので、CP100+を発注しないと。

<開口部の小さいイヤピを更に突き詰めていくのがこの機種には有効なんでしょうかね。

そうですね、ディープマウントもそれなりに良かったですねー。
好みの範疇かな、と思いますね。
耳の形状も人それぞれ違いますから、実際に装着して聴かないとわからない部分はありますよね。

<まず開口部大のL(スパイラルドット)は‥低音は減衰して全体的に輪郭が曖昧になりますね。

その代わり、音場が広がりませんか。
量感や密度は落ちるのですが、音場が広くなると思うんですよね。
ですので、ライブ音源を聴く場合、重宝したりする場面があります。

あらら、日付が変わってしまった(^^;;

返信ありがとうございます(^^♪

2022/11/4 00:09  [2265-6264]   

駄菓子屋ポン作さん。

またまたこんばんは(^^)。

仕方がないので、T3 PlusにはCP100+のXLサイズを装着しましたけど、これだとズドンと低音が出るんですよね。

そこで、私は気がついたのです。
BABYMETALならイケんじゃね、w

やっぱりー♪( ´▽`)、w
いやー、最高じゃないのー、T3 PlusにCP100+XLサイズの組み合わせ。

他のメタル系などの楽曲もこれなら楽しく聴けそうです!

RAPTGO Leaf D01は突き抜ける爽快な高域が圧倒的魅力ではありますが、低音のパンチ力が僅かに物足りない。
刺激的高音ゆえ、長時間リスニングでは、さすがに聴き疲れします。

楽曲によっては、「有り」ですねー。T3 Plusと低音が良く出るイヤーピースの組み合わせ。

んー、良いイヤホンを手に入れたなーと、我ながら満足であります(^^♪
税込7,830円で購入出来るイヤホンのサウンドではありませんね、素晴らしい!!

2022/11/4 00:45  [2265-6265]   

TinHiFi T3 Plus、イヤーピースでのサウンドクオリティの変化。

宇多田ヒカルさんの「First Love」より。

いやー、眠れなくなってきちゃいました。w

どうして大好きな安室ちゃんのアルバムで比較検証せんのだ!←好きが故に私情が入ってしまうからですね、w

開口部の大きいイヤーピースと開口部の小さいイヤーピースでは鳴り方が違います。

どのように違うか、という事なんですが。

開口部の大きいイヤーピース、
スパイラル・ドット、AZLAのイヤーピース、アコースチューンのイヤーピースなどがありますが、この中では最も良いパフォーマンスだったスパイラル・ドットに代表してもらう事にしました。

開口部の小さいイヤーピース、
かなりの製品があるので、定番かつ評価の高い、Spinfit CP100+を選択しています。

まず、誰しもはっきりとわかる違いとして、低音の量感ですね。
これは開口部の小さいイヤーピースの方が量感は多く感じるので、現時点でT3 Plusのベストイヤーピースと言って良いかもしれません。
T3 PlusをSpinfit CP100+で聴いて、低音不足と感じる人は居ないと思われます。
サイズによる密着度の違いが要因なのか、同じSpinfit CP100+でも、サイズごとに低音の量感に変化がありますね。
包み込むような柔らかい低音なので、非常に聴きやすいです。
また、音の厚みが感じられ重厚なサウンドになります。
音の密度はRAPTGO Leaf D01よりT3 Plusの方が上です。
定番かつ、評価の高いイヤーピースとして、Final eタイプがありますが、新しいCP100+ではしっとりとした素材を使用しており、良好な装着感も得られるので、Spinfit CP100+をお勧めしたいですね。
高域もまろやかで、かつ籠った感じは全くなく、E3000に近いサウンド傾向にありますね。
E3000の不満点を全て解消した極上のサウンドが聴けると思います。

では、開口部の大きいスパイラル・ドットでは全然ダメなのか?
と言うと、これがそうでもないのです。
(楽曲ジャンルの違いはあるかもしれません。宇多田ヒカルさんのアルバムに焦点を絞って書いてます。)
低音の量感がかなり減ります。
この点において、低音に重点をおいて聴かれる方は、不満を感じるかもしれません。
私個人では、低音においては量感よりも、タイトな鳴り方や、キレなどを重視するので、不満は感じません。
低音の量感が減る事に起因して、全体的なサウンドの重厚さも失われ、その代償として、まろやかだった高域がクリアーになるんですね。
Spinfitでは低中音に重心を置いたサウンドが、スパイラル・ドットだと中高音に重心を置いたサウンドへと変貌します。
ヴォーカルはより生々しく繊細に聴こえ、これはこれで完成されたサウンドになっており、此方のサウンドを好まれる方もいらっしゃるのかな、という印象なんですね。
AZLA Sedna Earfitも試しましたが、高域の繊細さで若干スパイラル・ドットの方が優秀ですね。
(サウンドの傾向としては、上記の2つのイヤーピースはほとんど同じです。)
スパイラル・ドットで聴いた後にSpinfitのイヤーピースで聴くと、宇多田ヒカルさんのヴォーカルが肉厚に聴こえるのです。

おそらく、統計を取ったら、Spinfitのイヤーピースの方が支持率が高い結果となると思うんですが、宇多田ヒカルさんの繊細なヴォーカルを楽しむのであれば、スパイラル・ドットの方が明らかに良いです。
ですが、そこにはT3 Plusの重厚なサウンドは面影もなく、サウンドクオリティ的にどうなのか、という問題も孕んでいます。

現時点の結論として、楽曲全体を高いレベルで聴きたければSpinfit、宇多田ヒカルさんの繊細なヴォーカルを主体に楽しみたいのであれば、スパイラル・ドット、という事になるしょうか。

これは、どちらが正解という事はないと思うんですが、どうなんでしょう。

総括として、T3 Plusでは、イヤーピースの選択により、2つの違う完成されたサウンドを楽しむ事が出来るコストパフォーマンスが非常に高い優秀なイヤホンであると言う事ですね。

2022/11/4 03:51  [2265-6266]   

tam-tamさん、こんにちは

私が寝ている間にこんなに書き込んで下さってたのですね。
ありがとうございます。

で、、、まさかの寝ホン用だったとはww

あの熱いレビューに触発された私は‥(#^ω^)


いつも楽しい書き込みありがとうございます。
読みながら一人で笑っていました。

ていうことで、また後で遊びに来ます。

2022/11/4 14:22  [2265-6268]   

駄菓子屋ポン作さん

こんにちはー(^^)。

<で、、、まさかの寝ホン用だったとはww
<あの熱いレビューに触発された私は‥(#^ω^)

そうなんですよ、実に不謹慎なお話しでしょ、w

だって、頑丈そうなんだもの、傷が目立たなそうなんだもの♪( ´▽`)。

おお!、こりゃ寝ホンにピッタリじゃないのとなりますよねー、w

2Pinコネクタもイヤホン本体に深く差し込む構造になっていて、無理な力が加わっても壊れる心配はないし。

でもですね、帰宅してじっくり聴いてすっかり惚れ込んでしまって、寝ホンとして使った事はありません。

T3 Plusもかなりフィット感が良好で、こりゃ寝ホンにピッタリでないの!となりましたけど、w
これもまた、樹脂製ハウジングである事や、2Pinコネクタが、Pinの部分だけで固定しているタイプなので、寝返りなどしようものなら、ポッキリ逝ってしまう可能性があるので、大切に使用しております(^^)。

<ていうことで、また後で遊びに来ます。

お忙しいところ、わざわざ返信して下さってありがとうございます(^^)。

私がたくさん書き込みをしたので、それで返信してくれたと思うのですが、此方の方はマイペースで大丈夫ですので。

レビューを書いたり、クチコミでのアドバイスなど、まずはそちらを優先させてください。

クチコミでは、プライベート的なやり取りが出来ないので、時間が余った時に遊びに来てくれるだけで十分でございますので(^^♪

時間の合間に書き込みして頂き、ありがとうございます。

2022/11/4 14:51  [2265-6269]   

T3 Plus+スパイラル・ドットで安室ちゃんを聴いてみました。

音場が広がるので、ライブ音源を聴いてみると、

いやー、ゴキゲンなサウンドで、もうノリノリじゃないのー♪( ´▽`)。

大好きな安室ちゃんなので、完全に私情が入りまくってます、w

このサウンドバランスも好きですねー。

もう、一体何が正解やら、分からなくなっておりますが、私自身がハッピーな事だけは間違いない!、w

駄菓子屋ポン作さんの感想だと、スパイラル・ドットだと輪郭が曖昧になると言う事ですが、輪郭がキチッとしている楽曲ではなく、ヴォーカル主体の楽曲とか、フルオーケストラとか、ライブ音源など聴いてみてください。
結構良い感じだと思うんですよねー。
大好きな安室ちゃんでもスタジオ録音されている楽曲では、Spinfitに戻して聴いております(^^♪

2022/11/4 15:37  [2265-6270]   

駄菓子屋ポン作さん

サトレックスがお好きという事で、

<サトレックスがハイエンドとは言いませんが、せめて5,6万のイヤホンを出してくれたらすぐに跳び付くんですけどねw

ラディウスなんかも好きなメーカーだったりしますよね?

サトレックスではないですが、ラディウスから、こんなイヤホンが着々と発売予定だったりします、w

ラディウス HP-W300 HP-W200 HP-W100
https://www.phileweb.com/news/d-av/20221
1/04/56820.html


あらら、駄菓子屋ポン作さんの好みの耳掛け式ではないところがなんとも憎いところですね(^^;;

これは私も気になっております。

精神状態はもう出川哲郎状態です、「ヤバイよ、ヤバイよー!」、w

2022/11/4 16:39  [2265-6272]   

tam-tamさんのおかげでやっと自分の殻を破ってこれから耳掛けを色々と試そうと思っていたのですが‥
そんな悩ましい情報は困りますよw


>ラディウスなんかも好きなメーカーだったりしますよね?

しますします(笑)

2022/11/4 17:49  [2265-6273]   

<tam-tamさんのおかげでやっと自分の殻を破ってこれから耳掛けを色々と試そうと思っていたのですが‥
そんな悩ましい情報は困りますよw

やっぱりー♪( ´▽`)、w

いやー、私も困っちゃてるんですよ、次から次へと魅力的なイヤホンが発売されて(^^;;

これね、流行りの耳掛け式だったら、まだ冷静でいられたんですけどね。

この価格で、ストレートタイプで発売してきましたからね。
ラディウスの意地みたいなものを感じましたねー、素敵(*´-`)、w

<しますします(笑)

ですよねー♪( ´▽`)、w
私も個人的に好きなメーカーさんです。
だからもう困っちゃう(´-`).。oO
試聴するのが怖いです、w
私の好みにどストライクな気が(^^;;
どうしましょ(笑)

2022/11/4 18:16  [2265-6274]   

tam-tamさん、こんばんは。

tam-tamさんがラディウスが好きとは少し意外な気がしますね。
でも書き込みに時々ラディウスの名前が出ていたように記憶していますよ。


で、少し戻りますねw

>><まず開口部大のL(スパイラルドット)は‥低音は減衰して全体的に輪郭が曖昧になりますね。

>その代わり、音場が広がりませんか。

はい、その感じ分かります。
でも私の感覚だと、例えば風船にマジックで文字を書いて膨らませると文字は当然大きくなりますけれど文字は薄くなるじゃないですか。そういうイメージなんですよね私は。
そのあたりtam-tamさんのおっしゃる音場の広がりと私のイメージするのは違うのかも(^^:
ただ初めから開口部大イヤピで調整されたイヤホン(JVCの製品等)に開口部小のイヤピをつけるとそれはそれでバランスがおかしくなる、という固定観念みたいなものが私にはあるのかもしれないですね。


>宇多田ヒカルさんの繊細なヴォーカルを楽しむのであれば、スパイラル・ドットの方が明らかに良いです。

それは分かりますね。力強さが弱まる代わりに女性っぽい艶のような感じが出てくるというか。
ただ、T3 Plusの気持ちwを考えた場合どういう風に鳴らして欲しいんだろうというのはありますけど(笑)


ラディウスもついに金属筐体ですからねぇ。どんな音がするんでしょうかね。
ピエゾセラミックトゥイーターって少し音に癖を感じませんか。
そこをラディウスがどう調理してくるのか、今からもうワクワクが止まらないです。

是非聴いてみたいですね。年内には手に入れたいです。ギリHP-W200ねらえるかなw


あ、そうそう私も駄菓子屋と呼んで下さい。私も気楽なので。
ていうかこのハンネ何とかなんないですかね(笑)

2022/11/4 19:51  [2265-6275]   

駄菓子屋ポン作さん

こんばんは(^^)。

<あ、そうそう私も駄菓子屋と呼んで下さい。私も気楽なので。

「駄菓子屋さん」ですか。
「ポン作さん」の方がイイ感じがしますが。
これは別にハンドルネームの略称じゃなくても良いので、考えておいてください(^^)。
(ここら辺が表の掲示板と違うところでありますね、「縁側」という掲示板は。)

<tam-tamさんがラディウスが好きとは少し意外な気がしますね。

これは、かなり昔になりますが、クチコミでBluetoothイヤホンで大音量で聴きたいという質問があったんですよ。
私はBluetoothイヤホンなんて普段全く聴かないので、知らなかったんですが、その方の為に100近いBluetoothイヤホンを聴いてみたんですね。
今はSONYとAppleが席巻してますけど、当時はAVIOTが売れに売れていた時代で。
どのメーカーのBluetoothイヤホンを聴いても、音は悪いし、全然音量が取れない。
その中で唯一、ラディウスだけが、かなりの音量が出るイヤホンを出していたんです。
しかも、音も高域がクリアーで、私好みの音だったんですね。
これは、イイなと。
そういう過去がありましたねー。

<でも私の感覚だと、例えば風船にマジックで文字を書いて膨らませると文字は当然大きくなりますけれど文字は薄くなるじゃないですか。そういうイメージなんですよね私は。

なるほど、上手い!これは一本ですねー。
全く同じイメージです!
なので、音の重厚さは失われる、と書いたつもりなんですけど(^^;;

<ただ、T3 Plusの気持ちwを考えた場合どういう風に鳴らして欲しいんだろうというのはありますけど(笑)

イヤホンの擬人化、私のご馳走ではないですか♪( ´▽`)、w
T3 Plusくんの気持ちを無視してはいけませんよねー(^^;;
いやー、こういう砕けたやり取りをしたかったんですよねー、表のクチコミでは出来ないじゃないですか、w
ポン作さんに来て頂いて良かったー!!
これは非常に重要な事でありますからね、
自分本来の姿を見てくれよ、と。
Spinfitが本来の俺ではないのかい?という事でございますよね。
普段からイヤホンを大切にされている方じゃないと、中々出てこないですからね、こういう事は。
いやいや、目が覚めました、嬉しいですねー(^^♪

<ラディウスもついに金属筐体ですからねぇ。どんな音がするんでしょうかね。
ピエゾセラミックトゥイーターって少し音に癖を感じませんか。

気になるイヤホンですよね。私も非常に期待しているんですよ。

VSTの音の癖に気付いておられましたか!!
私は全然気が付いてなかったです(^^;;
クチコミで散々、Ti3は良いですよーとお薦めしていたんですけど。
価格コムのレビューで、高域の鳴り方が不自然である、という事を書かれていた方が居たんですね。
Ti3ではなく、SORA2だったかな。
そこで初めて、気が付かされて、愕然としましたね。
ナチュラルサウンドを求めている方は本物だと。
正確な耳と正確な感覚を持っているんだなーって。
ですので、私がおかしなイヤホンを褒めちぎっているとか、あったらご指摘してください。
経験値が上だとか、年齢が上だとかは全然関係がないので。遠慮なくお願いいたしますm(_ _)m。

今日も返信して頂き、ありがとうございました(^^♪

2022/11/4 23:05  [2265-6276]   

tam-tamさん、こんばんは。

>なので、音の重厚さは失われる、と書いたつもりなんですけど(^^;;

確かに(^^:)

>低音の量感が減る事に起因して、全体的なサウンドの重厚さも失われ、
と書かれていますね。

そういうイメージなんですよね私は( ー`дー´)キリッみたいな生意気なことを言ってしまいました。


tam-tamさんが私のレベルまで降りてきてくださるのでついつい調子に乗ってしまいます(笑)


それでは明日も良い一日でありますように。
おやすみなさい。

2022/11/5 00:03  [2265-6277]   

<tam-tamさんが私のレベルまで降りてきてくださるのでついつい調子に乗ってしまいます(笑)

ここは、認定メンバーさんに管理人の私が色々とご教授頂く珍しい縁側として有名です、w

ですので、上下関係が逆になっているのです( ̄▽ ̄)、w

だから、そんな事は気にせず、楽しくやり取りしましょう(^^)。

それはそうと「ポン作さん」で宜しいのでしょうか。

ご希望があれば、書いといてください(^^♪

<それでは明日も良い一日でありますように。
おやすみなさい。

返信ありがとうございました。
素敵な週末をお過ごしくださいね☆☆☆

2022/11/5 06:02  [2265-6278]   

tam-tamさん、こんばんは。
そろそろ休日も終わりですね。
あっという間の一日で‥(-_-;


>私は全然気が付いてなかったです(^^;;

ああ、何となく分かるような気が。
最近は変わってきていますが、私は元々鋭い高域が苦手で、この手の音に過敏に反応するからでしょう。
Ti3(無印)を嫌いなコンプライに替えたくらいですから。最終的には手放しましたが。
テクニカも大っ嫌いな時期もありましたし(^^;


>経験値が上だとか、年齢が上だとかは全然関係がないので。

そうですか。
でも、好みや感覚は人それぞれとしても、tam-tamさんのイヤホン、ヘッドホン等に関しての知見の深さは私など足元にも及びませんからね。
そうであるのにtam-tamさんはひけらかさないですから。そこが私がリスペクトするところです。
今まで耳掛けなど見向きもしなかった私が積極的に手に取って試聴するようになったのはtam-tamさんのおかげですよ。因みに私はあのEX1000を聴いたことがありませんw

で、今日はeイヤホンに行くのを敢えて自制しました(^^;
何故かって衝動買いしそうな気分だったのでw

ところで、T3 Plusのデフォルトのイヤピは試されましたか。
なかなか面白いですよ。
けどSpinfit CP100+ってノズルに張り付いてはずし難いですよね。
無理に引っ張ると千切れるんじゃないかと言う(笑)


はい、ポン作で結構ですw

2022/11/5 19:14  [2265-6279]   

ポン作さん、こんばんは。

これで宜しいのでしょうか(^^;;

やはり「駄菓子屋さん」の方が良いのかなあ(*´-`)

<最近は変わってきていますが、私は元々鋭い高域が苦手で、この手の音に過敏に反応するからでしょう。

攻撃的な高域、苦手な人の方が多いと思います。
感覚的にそれが普通なのだと思います。
女性ヴォーカルで「サ行」が刺さる、とかって良く言うじゃないですか。
私は何のことやらさっぱりわかりませんでしたからね(^^;;
10代の頃はエントリークラスのピュアオーディオでシステム組んで、スピーカーで聴いていましたけれど、
ホーン型のスーパーツィーターとかが憧れだったりしましたので、感覚的におかしいところがあるのかもしれません。

<ところで、T3 Plusのデフォルトのイヤピは試されましたか。

あ、そう言えば、付属純正イヤーピースで聴いてませんでした(^^;;
これは流石にT3 Plus君に失礼ですよね。
まず、純正イヤーピースで聴かないと駄目ですよね、ごめんねT3 Plus君。
早速聴いてみますね、ご指摘ありがとうございます(^^)。

<けどSpinfit CP100+ってノズルに張り付いてはずし難いですよね。
無理に引っ張ると千切れるんじゃないかと言う(笑)

古いCP100のMサイズが軸受けが取れちゃいましたね。
なので、無理に引っ張らない方が良いですね。
斜めに回しながら、少しずつ外していく感じ、ちょっとコツが要ります。
Spinfitはあまり耐久性が高くないですねー。
Final eタイプは壊そうとしても、壊れないですからね、w

ちょっとPCの調子が良くないので、今日は短めにしておきます(^^;;
OSを再インストールしないと駄目です。

今日も返信ありがとうございました(^^♪
来週は完全に暇なので、ちょっとたくさん書き込むようにします。
ROM専で大丈夫なので、読んで笑ってやってください、w

おやすみなさい♪

2022/11/5 23:42  [2265-6280]   

ポン作さん

おはようございます(^^)

私はショートスリーパーなので、3時間も眠れれば、OKなのです。

<なかなか面白いですよ。

という事ですので、付属純正イヤーピースを装着して安室ちゃんを聴いています。

一番、大きいサイズでも、私にはワンサイズ小さいです。
だけど、フィット感は良好で、イヤピが小さい感じはしませんね。

なるほど、これがT3 Plus君の本来の音ですか。

Spinfit CP100+ XLサイズより、さらに低音寄りの音になりますね。
うーん、高域に僅かな籠りがある感じに聴こえます。
低域は量感があり、サウンドも柔らかで、聴きやすいかもしれないですね。
CP100+より、解像度を主張してこないので、付属純正イヤーピースのサウンドを好まれる方も居るのかな、という印象ですね。
ただ、分離感が若干落ちるので、私はCP100+のサウンドの方が好みではありますけど、このくらい全体的にまろやかな音を好まれる方も多いかもしれませんね。
付属純正イヤーピースで聴くのと、スパイラル・ドットで聴くのとでは別物になりますね。
ヨドバシカメラは「お取り寄せ」となっておりますが、税込7,830円ならば、純正イヤーピースで聴いても十分なクオリティのサウンドだと思います。
他社製イヤーピースをわざわざ用意しなくても、楽しめるかもしれません。
という事でレビューはどう書こうかな、と思案中。
ポン作さんのご指摘で、付属純正イヤーピースで聴いてよかったです。
このサウンドが好みの方だとRAPTGO Leaf D01は冒険も良いとこですねー。
T3 Plusをお薦めするのであれば、RAPTGO Leaf D01の事は書かない方が良いですよね。
なるほどなあ、ポン作さんのレビューで「私的にあまり聴きなれない音」となる訳がわかりました。
今のところ、Leaf D01よりもT3 Plusで聴く時間の方が多いですね。
それは、聴きやすい音だからかもしれません

<Ti3(無印)を嫌いなコンプライに替えたくらいですから。最終的には手放しましたが。

Ti3を入手されたのはたまたまですか?
そんな訳ないですよね、あまり好きではないコンプライに替えたとなると、無試聴で購入されたのでしょうか。
もしかして、私のレビューが発端だったりします?
かなりインパクトのあるタイトルにしちゃいましたので。
なので、ちょっと気になりました。

<で、今日はeイヤホンに行くのを敢えて自制しました(^^;
何故かって衝動買いしそうな気分だったのでw

RAPTGO Leaf D01ですかね。
NSE1000-Gを入手された今、衝動買いするイヤホンってLeaf D01しかないような(^^;;
NSE1000シリーズでも、私は1000-Aをチョイスしちゃいますのでね、感覚的にやはり乖離があるのでしょうね。

非常に有益な時間になりました。
(T3 Plusを純正イヤーピースで聴いて、本来意図していたサウンドチューニングがわかりましたので。)

ポン作さん、ありがとうございます(^^♪

2022/11/6 08:16  [2265-6281]   

tam-tamさん、おはようございます。

羨ましいくらいです。
私の場合睡眠が短いと音楽を楽しめないです(^^;


付属純正イヤーピースですが赤い軸のと黒い軸のとではやや傾向が違いませんか。
赤のが軸もやや細く、傘も少し柔らかいかと。


>Ti3を入手されたのはたまたまですか?
そんな訳ないですよね、あまり好きではないコンプライに替えたとなると、無試聴で購入されたのでしょうか。
もしかして、私のレビューが発端だったりします?

いえいえTi3を購入したのはtam-tamさんとやり取りするようになる以前でして、tam-tamさんのレビューとは無関係ですよ。
ただ一連の圧倒的高評価のレビューに買わされた感がなくもないような(笑)


>NSE1000-Gを入手された今、衝動買いするイヤホンってLeaf D01しかないような(^^;;

それがそうでもないかもw

耳掛けに慣れたというより、どうも最近耳掛けに興味すら出てきまして、色々と2万円クラス辺りの機種を調べているところです。
移り気な私ですから何を買うことになるのやら自分でもその時になってみないと分からないような(・∀・;)


tam-tamさんとのやり取りは表の口コミ(私自身の学習を兼ねた暇つぶしです)何かよりずっと私は楽しいですし、有意義ですので迷惑じゃなければこれからもよろしくお願いしますm(_ _)mペコリ

2022/11/6 12:31  [2265-6283]   

またまた失礼します。

tam-tamさんのことですからお試し済みとは思いますが。
ホーン型イヤーピースていうのをご存じでしょうか。

EPR-ET-SML1
S/M/Lサイズ各1ペアを同梱で\2500。高っ^^:

パナソニックのHDEシリーズではパナ独自のホーン形状のイヤピが付属しておりますね。

2022/11/6 13:26  [2265-6284]   

ポン作さん、こんばんは(^^)。

過ごしやすくなってきましたね、汗をかかなくなりました。
こうなると、頻繁に試聴に行きたくなるんだよなあ(´-`).。oO

<羨ましいくらいです。
私の場合睡眠が短いと音楽を楽しめないです(^^;

活動時間が長く使えますからね。
でも、その代わり「寝る」楽しさがないですよ(^^;;

<付属純正イヤーピースですが赤い軸のと黒い軸のとではやや傾向が違いませんか。

え?( ̄▽ ̄)。
気が付きませんでした(^^;;
あら、ホントだあ、w
軸受けがの直径が違いますね。
こりゃ、もう一度聴き直さないと、w
また、楽しみが増えました、無料で♪( ´▽`)、←ポジティブにいこう、w

<tam-tamさんのレビューとは無関係ですよ。

私は価格コムのリストに出てくる前から、推してましたからねえ(^^;;
一応、好みがあるので試聴はしてくださいね、とは書いていましたけど。
ただ、レビューがね、熱すぎますよね(笑)。
ポン作の購入動機とは無関係でしたか、安心しました。

<耳掛けに慣れたというより、どうも最近耳掛けに興味すら出てきまして、色々と2万円クラス辺りの機種を調べているところです。

耳がいくつあっても足りないくらい、たくさんあるでしょ(^^;;
中には、ピタッとくる、抜群の装着感が得られるイヤホンがありますからね。
多少の音質に好みとか、どうでも良くなります(笑)

<tam-tamさんとのやり取りは表の口コミ(私自身の学習を兼ねた暇つぶしです)何かよりずっと私は楽しいですし、有意義ですので迷惑じゃなければこれからもよろしくお願いしますm(_ _)mペコリ

迷惑だなんて、とんでもない。
だって、私がお誘いしたんですから。
クチコミ掲示板でプライベート的な書き込みを続けると色々と反映されちゃうので、(人気があるとか、注目度が高いとか)
いつでも気軽に書き込みしてください(^^)。

<tam-tamさんのことですからお試し済みとは思いますが。

ゲッ、完全にノーマークとはこの事よ( ̄▽ ̄)、w
いやー、知りませんでしたね、このイヤーピースは!
こりゃいかん、聴いてみないと。
今さっき、ヨドバシ.COMでこのイヤーピースを発注したとこです。

Softears U.C.イヤーピース Lサイズ
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1424538/1628


こちらもお高いイヤーピースですが、T3 Plus試聴時に聴いて、なかなか良かったので。

ePro Horn-shaped Tips
このイヤーピース、良さそうですね(^^)。
情報提供、ありがとうございます。
私こそ、色々と勉強させて頂いております。

2022/11/6 17:59  [2265-6285]   

<付属純正イヤーピースですが赤い軸のと黒い軸のとではやや傾向が違いませんか。

宇多田ヒカルさんの1stアルバム「First Love」で比較。

かなり違いますね、これ。

私は黒軸の方が好みですね。
低音がシャープで、繊細なヴォーカル。
細身のサウンドにはなりますが。

対し赤軸の方は、ヴォーカルが近く、やや野太い感じに聴こえます。
ただ、音の重厚さ、低音の量感は赤軸の方が良いです。

T3 Plusのレビューを書くにあたり、大変重要な事を教えて頂きありがとうございます(^^♪

2022/11/6 18:42  [2265-6286]   

tam-tamさん、こんばんは。


>こうなると、頻繁に試聴に行きたくなるんだよなあ(´-`).。oO

ですねー。
どんどん試聴に行って私にその情報をご提供下さいw


>気が付きませんでした(^^;;

あら(゚_。)ズルッ

これはtam-tamさんともあろうお方が(笑)
tam-tamさんのデフォルトのイヤピの聴き分けの感想と私の聴いた感じは何故か逆なんですよね(笑)
私が聴いた感じだとSpinfit CP100+を仮に基準にしますれば、黒軸は全体的にややもっさりして高域も少し詰まり気味に聴こえ、相対的に低音が増えた感じです。
で、赤軸は低音も高音も黒軸とCP100+との中間位と言うのが私が聴いた感じなんですが‥(-_-;

結論としてSpinfit CP100+がやはり一番良いというのは同じっぽいですねw

本当に音の感じ方って人それそれで面白いと思う反面、口コミで自分の思うままに気安くお勧めなんかしていいんだろうかと考えてしまいますね^^;


>NSE1000シリーズでも、私は1000-Aをチョイスしちゃいますのでね、感覚的にやはり乖離があるのでしょうね。

そうかもしれませんが、NSE1000シリーズ全て試聴した時に初見で一番よかったのがtam-tamさんが最も一般受けすると言われる1000-Bで、一分も聴かずに外したのが1000-Aなんですよ。こりゃダメだってw
なのに何故か今1000-Aが凄く気になっている自分がいます(´・_・`)
持ち帰ってじっくり聴くと試聴で気付かなかった良さがあるような気がしてならないですよね‥
と思っていたらラディウスの例の新製品がついにeイヤホンの新着情報に掲載されるし、悩みますねーこれは(笑)

Softears U.C.イヤーピース 
これは割とSpinfit CP100W(だったかな)に近い感じなんですよね。

しかしイヤーピースも色々と買っていると、そこそこのイヤホンが買えちゃうくらいの金額になりますよね^^:


ていうわけで日付が変わってしまいましたね。
おやすみなさい。


そうそう
レビューを書くそうで、楽しみにしています。

2022/11/7 00:09  [2265-6288]   

ポン作さん、こんばんは(^^)。

ショートスリーパーなんで、早く充電完了しちゃうのです。
こんな時間に起きて元気いっぱいでどうする(笑)

<どんどん試聴に行って私にその情報をご提供下さいw

そりゃないぜ、ポン作ちゃん♪( ´▽`)、w、ジョーク、ジョーク、w
私なんかの情報でよければいくらでも差し上げますよ(^^♪
表のクチコミ掲示板には書かない情報をね。

<これはtam-tamさんともあろうお方が(笑)

赤軸のイヤーピースも黒軸のイヤーピースもサイズごとの大きさの差が小さかったので。
一番大きいサイズでも、通常のイヤーピースのMサイズくらいの大きさじゃないですか。
私には小さ過ぎたので、これは使わんなあと思っちゃったんですよね。
ポン作さんのご指摘がなければ、わからないままだったと思います、感謝しかありません。

<tam-tamさんのデフォルトのイヤピの聴き分けの感想と私の聴いた感じは何故か逆なんですよね(笑)

なるほど、逆になりますか。
非常に良い情報を頂きましたね、これは。
ポン作さんの普段使いのイヤーピースのサイズ、私より若干小さめじゃないですか。
つまり、付属純正イヤーピースのサイズの適正さが違うと思う訳ですよ。
密着具合も違うと思いますしね、こういうところに影響が出てくるのかな、と。
お互いが持っているCP100+を基準に感想を書いてくれたので、研究材料として有益な情報になります。

<結論としてSpinfit CP100+がやはり一番良いというのは同じっぽいですねw

そのようですね。
ポン作さんはCP100+のLサイズが適正、私はワンサイズ大きいXLサイズが適正です。
適切なサイズのイヤーピースを選択するのであれば、今のところCP100+が最も良いパフォーマンスを出してくれていますね。
(最も、適正サイズだと楽曲によっては私には低音過多に聴こえちゃうので、敢えてワンサイズ落としてますが。)

<本当に音の感じ方って人それそれで面白いと思う反面、口コミで自分の思うままに気安くお勧めなんかしていいんだろうかと考えてしまいますね^^;

だから、経験豊富な方々は口を揃えて、試聴をしてご自身の耳で聴いて判断して下さいって書くじゃないですか。
これって、凄く重要な事だと思うんですよね。
私はこっち(価格コム)に来た時は、自分が良いと思ったものはなんでも勧めていましたけども。
縁側のメンバーさん達とやり取りしていく中で、どうも私は世間一般の方々の感覚と乖離があるぞって気付いたんですよね。
そこで、それまでの反省も含めて、レビューを書くのも辞め、クチコミでの情報提供も辞めていたんです。
だって、ちょっと違う感覚の人間が、お勧めしても迷惑なだけじゃないですか。
しかし、この縁側のメンバーさんが、「tam-tamさんの感想や文章を楽しみにしている人も居るから続けた方が良いですよ。」と言われまして。
1年くらいお休みしていたんですが、その言葉を励みにもう一度頑張ってみよう、となりましてね。
有難い事ですよね、本当に。普段ふざけた内容の文章ばかり書いているのにねえ(笑)

<NSE1000シリーズ全て試聴した時に初見で一番よかったのがtam-tamさんが最も一般受けすると言われる1000-Bで、一分も聴かずに外したのが1000-Aなんですよ。こりゃダメだってw

まあ、そうなりますよね、普通は、w
なんて言うのかな、
好きになっちゃうタイプがどうも違う訳ですよ。
ツンデレ系の方にどうしても行ってしまうんですよねー、w
無愛想で事務的に粛々と仕事をこなす方に、w
これは好みなので仕方がないんですよ、治しようがないので。
NSE1000-Aって、そんな感じじゃないですか。
温かみのある、血の通った、性格の良い、1000-Bには惹かれないんだもの、w
ただ、客観的に1000-Bの方が一般受けが良いだろうなと判別出来るようになったのは良かったと思ってます。

<なのに何故か今1000-Aが凄く気になっている自分がいます(´・_・`)

私が原因ですね、これは(^^;;
RAPTGO Leaf D01を絶賛しているレビューを運悪く読んでしまった、w
それは一体どんなイヤホンなのだろう?と気になって聴きに行った。
試聴して「なんだ!これは!どうしてこんなイヤホンを絶賛しているんだろう?」という感覚になった。
帰宅してからも、RAPTGO Leaf D01の音が忘れられず、頭の中で鳴っている。
普段なら、速攻で耳から外していただろう、イヤホンを時間をかけて聴いてしまった後遺症でしょうね(笑)。

<ラディウスの例の新製品がついにeイヤホンの新着情報に掲載されるし、悩みますねーこれは(笑)

罪深いですねー、ラディウスの新作は、w
そんな金、無いっちゅうねん、w
どっかに落っこって無いかな( ̄▽ ̄)、w

<Softears U.C.イヤーピース 
これは割とSpinfit CP100W(だったかな)に近い感じなんですよね。

そうそう、
ポン作さんも聴かれていたんですね。
ちょっと持っていて損はないイヤーピースかなあって。
でも今はポン作さんが教えてくれたホーン型イヤーピースの方が気になっちゃってます(^^;;

<しかしイヤーピースも色々と買っていると、そこそこのイヤホンが買えちゃうくらいの金額になりますよね^^:

ちょっと馬鹿にできない金額になりますよねー。
でも、やはり価格としては安いものが多いですから、突き詰める事が出来ると思っているので。
(フォーム系イヤーピースは選択肢から外してますけどね、流石に、w)

非常に内容が充実したレスを書いてくださって楽しく読む事が出来ましたし、色々と考えさせられました。
返信して頂きありがとうございました(^^♪

2022/11/7 02:09  [2265-6289]   

tam-tamさん、こんばんは。

もう夜はめっきりと寒くなってまいりましたね。


さてと、えっと何だったかなあw
そうそう

>ポン作さんはCP100+のLサイズが適正、私はワンサイズ大きいXLサイズが適正です。
>一番大きいサイズでも、通常のイヤーピースのMサイズくらいの大きさ

なるほど、これではtam-tamさんにとっては完全な検証とはならず、私と真逆とも言い切れないですね。
私が通常使用するのはMサイズで、フィット感が悪かったり、FX1100みたく重いイヤホンにはMLを使用します。
T3 Plusのイヤピは通常サイズより小さめということで私にとってはほぼピッタリだったかと。

でもtam-tamさんの場合、実質2サイズ小さいということでしょうからいくら何でも小さ過ぎますよね^^:

そういう事情も知らず何か可笑しなことをお勧めした気が‥(・・;)

>私が原因ですね、これは(^^;;
RAPTGO Leaf D01を絶賛しているレビューを運悪く読んでしまった、w

はい。良い意味でtam-tamさんが原因と言えますよね。
あのRAPTGO Leaf D01のレビューを見たからRAPTGO Leaf D01を試聴することになり、tam-tamさんともこうして楽しいやり取りをさせて頂いています。

おそらく以前の私でしたらNSE1000-Bをチョイスしたでしょうし、NSE1000-Gの素晴らしさなど分かるはずもなく敬遠したでしょうからね。そして今は1000-Aが気になっているという。
tam-tamさんのおかげで私も少しは進歩したかもしれないです( ̄▽ ̄) ニヤ

>やはり価格としては安いものが多いですから、突き詰める事が出来ると思っているので。

そうですね。イヤホンをイヤピ感覚で買っていたら破産してしまいますw


Softears U.C.イヤーピース

>ポン作さんも聴かれていたんですね。

まさかw駆け出しの私がそこまでは^^:
tam-tamさんが表の口コミでそのようなことをおっしゃっていましたので。

あと、一つ聴きたいのですが、開口部の小さいイヤピでMLサイズがあるメーカーってありますかね。
なかなか見つけられないので^^:

2022/11/7 20:32  [2265-6291]   

ポン作さん、おはようございます(^^;;

ショートスリーパーは頻繁に寝落ちするのでございます←トータル睡眠時間人並みじゃね( ̄▽ ̄)。

後述しますが、イヤーピース探しをしていたら、いつの間にか寝ておりました。
返信が遅くなって、申し訳ありません。

T3 Plusの付属純正イヤーピースは3つの大きさがあるので、S、M、Lなのだと思いますが、他社製のS、M、Lサイズより小さいと思うんですよね。

そもそも、基準がないですからね。
Mサイズはこの大きさだという。

<あのRAPTGO Leaf D01のレビューを見たからRAPTGO Leaf D01を試聴することになり、tam-tamさんともこうして楽しいやり取りをさせて頂いています。

実は、ポン作さんには、ちょっと前にコンタクトを取っておりまして、ご覧になっていないかもしれないのですが、私は嫌われてるとばかり思ってしまっていたんですよね、ですので、縁側にお誘いするにも勇気が入りました(^^;;

ダイソーのイヤホンをお勧めされていたじゃないですか。
いざ、買おうとダイソーに行ってみたら、10機種以上ありまして、サイトで検索してもなかなか楽しめそうだと思い、ご相談の書き込みをしたんですが、返信がなかったものですから(^^;;
セブンでもプレミアムというセブン独自のオリジナルカテゴリの商品がありまして、その中にある有線イヤホンがなかなか良い、という書き込みもあり、手軽に購入出来る価格のイヤホンにも興味があったんですよ。

イヤホン選びでハイエンドクラスを検討するのは、あまり難しくはないんですよ。
イヤホン選びというよりかは、メーカー選びみたいになってしまうので。
価格の安いエントリークラスから、実力があるイヤホンを探し出す方が余程大変なのです。
実際は金欠状態なので、エントリークラスのイヤホンしか買えない状態なんですが、まあ私の強がりですねえ、w

Softears U.C.イヤーピース

昨日届きまして、じっくり聴いてみたんですが、店舗での試聴で確認したサウンドとちょっと違う。
これはこれで良いイヤーピースだったので、違うイヤホンにも装着して聴いてみようかと。
まあ、俺はこんなサウンドを鳴らすイヤホンじゃねえ、とT3 Plus君は思っている事でしょう。
低音が若干スポイルされてしまうので、ポン作さんの好みのサウンドを鳴らすイヤーピースではないかと思います。

<あと、一つ聴きたいのですが、開口部の小さいイヤピでMLサイズがあるメーカーってありますかね。
なかなか見つけられないので^^:

ちょっと思い出せていないイヤーピースがあるかと思い、検索していたんですが、
MLサイズというのが微妙でメーカーによっては、MLサイズになってしまうMサイズもあれば、Lサイズもあるという感じなんですよね。
開口部の小さい、サイズが細く揃えてあるイヤーピースはあるにはあるんですが、発売日も古いですし、価格もリーズナブルで、私も聴いてないですから、安易に紹介するのもどうかと思いまして。
要は肝心なのはサウンドで、サイズが合えば良いって訳ではありませんよね。
そう言った意味で、お勧め出来るイヤーピースとしては、FAudioが発売しているイヤーピースがありますね。

FAudio FA instrument+
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1427629/2646/


FAudio FA Voval+
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1427625/2646/


ユーザーレビューなど読んでみて下さい。
ポン作さんのご要望を満たすイヤーピースではないかもしれませんが、楽曲ジャンルごとにチューニングしてあるイヤーピースとして唯一無二の製品なので、コンセプトとして面白いイヤーピースです。
サウンドのクオリティも高いイヤーピースですので、聴いておられなかったら、お勧めしておきます(^^♪

2022/11/8 11:46  [2265-6294]   

追記レス:

こちらも3サイズしかないイヤーピースなのですが、悪い例として。
(ダイナミック型ドライバーのイヤホンと相性が悪いという意味です。)

開口部が小さいイヤーピースですが、他の開口部が小さいイヤーピースとは鳴り方が全然違うので、試聴に行かれた際、時間に余裕があれば、興味本位でお試しください。

Spinfit CP240
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/19511/1620/


低音がかなりスポイルされ、とてもじゃないですけど、これは聴いていられません。

なんでこういう鳴り方になってしまうのか、原因はわかりません。

私は愛機SE846のお気に入りのイヤーピースとして使用していたのですが、低音が衰退しようとも、高域は綺麗になるのであまり気にならなかったのでしょうね。

ですが、ダイナミック一発機のイヤホンで使用するとまともな音が鳴りません。

こういうイヤーピースもあるのだと、一度は聴いておいた方が良いと思います。
それくらいサウンドの変化が半端じゃありませんので。

開口部の小さいイヤーピースは現在も検索中です。
追ってレスしますので、お待ちください(^^♪

2022/11/8 13:16  [2265-6295]   

イヤーピース検索結果:

結論から申しましと、MLサイズに該当するシリコン系イヤーピースはありませんでした。

しかし、それでは勿体ないと思うので、試聴して良かったイヤーピースを紹介したいと思います。
(一部、未試聴製品有り。)

一つ一つリンクを貼って紹介していきますので、興味のあるイヤーピースがあれば幸いです。

まずはこちら。

ADV. Eartune Fidelity U
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1432905/1722/


ご覧の通り、形状がちょっと特殊なイヤーピースとなります。
普通のイヤーピースとは形状が違うので、サイズによってはMLサイズに該当するかもしれません。
Spinfit W1よりも価格が高いのがネックでしょうか。

NOBUNAGA Labs Double TIP-2
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/19347/1440/


色違いがもう一つあるだけで、サイズは明記されておりません。
ダブルフランジというかなり珍しいイヤーピースでしたので、記憶に残ってました。
こちらも形状が特殊といえば特殊なので、好みのサウンドとなるか未知数ではありますね。

radius ディープマウントイヤーピース
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1376678/1632/


直近で聴いた中では高評価のイヤーピースです。
開口部に向かって細くなっているイヤーピースではないので、MLサイズに該当するかもしれません。
開口部の小さいイヤーピースとしてはSpinfitと同等の出来栄えですね。

Mandarin ES Symbio Eartips Type W
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/15233/1628/


比較的開口部の小さいイヤーピースになるでしょうか。
特に癖があるサウンドではありません。
お好みに合えば、というところでしょうか。

Mandarin ES Symbio Eartips Type Peel
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/15232/1628/


ようわかりませんが、Type Wより低音が出るイヤーピースです。

Mandarin ESからTypeの違うイヤーピースが2種ほどあるのですが、私は未試聴です。
リンクだけ貼っておきますね。
https://www.e-earphone.jp/product/search
/list/?pageno=1&category_id=211&
search_type=0&brand%5B%5D=600&or
derby=0#wrapper


eイヤホンで検索して出てこなかったイヤーピースがあるんですね。
IER-Z1Rに付属しているトリプルコンフォートイヤーピースです。
こちらはサイズが豊富にあったんですが、SONYのサイトでも購入出来ないみたいですね。
IER-Z1Rの標準付属イヤーピースなので、一体どうなっているんでしょう。
フォーム系イヤーピースに見えると思いますが、フォーム系でもシリコン系でもありません。
高域がまろやかで、低音が増す傾向にあるので、ポン作さんの好みのサウンドかもしれません。
ヨドバシ.comでもお取り寄せとなっているので、購入出来るかわかりませんが、紹介した中では、ポン作さん好みの音を鳴らす気が致します。

SONY トリプルコンフォートイヤーピース
https://www.yodobashi.com/product/100000
001006144762/


ポン作さんがお探しのMLサイズとなっております。
価格も安くお勧めではあるんですが、好みのサウンドではない可能性も決して否定出来ませんので。
ご判断はお任せ致します(^^;;

2022/11/8 14:42  [2265-6296]   

tam-tamさん、こんにちは。

とても詳しく本当にありがとうございます。

じっくり読んで参考にしたいと思います。


‥‥ていうか昨日NUARL NX1を買ってしまったという(・∀・;)w


ではまた後ほど。

2022/11/8 15:18  [2265-6297]   

ポン作さん、こんにちは(^^)。

いやー、今日は天気が良いですねー、気分がスカッとしますよね。

<‥‥ていうか昨日NUARL NX1を買ってしまったという(・∀・;)w

NUARLのイヤホンですか!
私、ポン作さんにNUARLのイヤホンの事、何も書いてないですよね。
単なる偶然か、必然とも言える偶然と呼ぶべきか。

NUARLはradiusと並んで好きなイヤホンメーカーですね。

今では、Bluetooth型イヤホンの試聴はあまりしてないですけど、
AVIOTが売れに売れていた時期に、TWSイヤホンとして、最高の音質だなあと感じたのがNUARLのイヤホンなんですよ。
(なので、いくつか試用レビューとして投稿もしていますねー。)

有線型のNUARLのイヤホンはじっくりとは聴いてないですけど、TWS型でかなりレベルの高いサウンドを鳴らしておりましたので、

TWS型のNUARLの印象しか残ってないのですが、ポン作さんのこれまでの好みの音と違いません?

中低音重視ではなく、どちらかというと中高音に魅力があるサウンドテイストだと思っているのですが、
有線型だと違うのかなあ(´-`).。oO

取り敢えず、新しい耳掛け式イヤホンの入手、おめでとうございます(^^♪

感想などは後ほど♪

書き込みありがとうございました(^^)。

2022/11/8 15:44  [2265-6299]   

tam-tamさん、こんばんは。お邪魔します

>私、ポン作さんにNUARLのイヤホンの事、何も書いてないですよね。
単なる偶然か、必然とも言える偶然と呼ぶべきか。

そうですね。
tam-tamさんとやり取りする間に私の嗜好も変わってきていますので、ある意味必然でしょうか。
このイヤホンは柔らかめな低音が程よく効いてますが、音質自体は硬質系で高音もボーカルも遠慮なく刺さってきます(tam-tamさんにも合いそうなキレッキレの中高域)。
それに引き換えにとてもクリアで、全く曇ったりモヤついたりしないですね。
以前ならこの手の音はNGでしたが、私の耳も大分調教されてきたらしくw、最近こういう音が快感に感じたり( ̄∇ ̄)
暫くは以前から好みのウオーム系の機種には食指が動くことはないと思います(笑)

ただこれで‥ラディウスのHP-W200が遠のいてしまいました(T T;)

>実は、ポン作さんには、ちょっと前にコンタクトを取っておりまして

実は知っていますw
何しろダイソーのイヤホンですし、マジかよってのがありまして^^:
確かあのスレの主さんの書き込みの内容が明らかに釣りでしたので、私もただシャレで返したという(笑)
そうしたらスレ主さんがそれに輪をかけたシャレで返してきて面喰いましたが。
要するにそういうことですのでtam-tamさんにどう接したらよいか分からなかっただけなんですよね^^:
あの節はtam-tamさんを無視してしまってすみませんでした<(_ _)>


tam-tamさんか詳細に教えてくれた中でディープマウントとトリプルコンフォートイヤーピースだけは所有していましたよ。トリプルコンフォートイヤーピースはXBA-N3に付属していますので。あのノイズアイソレーションイヤーピースを裏返したようなw
出音はあまり好みではなくほぼ使ったことはないんですよね^^;

詳細な様々なイヤーピース紹介して頂いたことに感謝感謝です。
また、そのことに貴重な時間を使わせてしまい申し訳ありませんでした。

いつもありがとうございます。

2022/11/8 23:05  [2265-6300]   

またまた失礼します。

NX1をずっと聴いているのですが、このイヤホンは耳を引っ張りながら躊躇せず奥に押し込んだ方が低音はもちろん全体の厚みが増します。

先程は失言です。
これはtam-tamさんには受け付けられない音かもしれません。低音が意外に主張することに今気づきましたw
空気が振動するような低域も出るようです。
HA-FD01とFW01のいいとこ取りしたような音にも感じますが、低音のキレや音圧はFW01よりは数段上ですね。

おやすみなさい。

2022/11/8 23:38  [2265-6301]   

ポン作さん、おばんです(^^;;

こんな時間に書き込みをしておりますが、ご了承くださいまし。

<(tam-tamさんにも合いそうなキレッキレの中高域)。

NUARLのTWS型イヤホンを聴いた時もそんな感じの音でした。
こういう感じの音、あまり支持はされないみたいですね。
<以前ならこの手の音はNGでしたが、
というポン作さんの書き込みにも見てとれます。

<私の耳も大分調教されてきたらしくw、最近こういう音が快感に感じたり( ̄∇ ̄)

私は元々クラシック音楽派なんですよね。
今、所有しているイヤホン、ヘッドホンは全て、安室ちゃんを楽しく聴くためのイヤホン達で、
もとより、現代のポピュラーミュージックなども聴いておりましたけど。
何故にこうなったかと言うとですね、安室ちゃんのベストアルバムをプレゼントされまして。
その当時の最新の録音という事もあって、音の密度が凄い訳なんですよ。
高解像度のキレッキレのイヤホンで聴くと、脳内にある種の快感が走りまして。
特に鮮烈な高域の刺激に虜になってしまったんですよね。
それ以前は暖色系の柔らかなサウンドが好きだったんですけども。
ちょっと、以前の好みには戻れないところまで来てしまった感じですね。

<実は知っていますw

やはり、そうでしたか(^^;;
私の書き込みもちょっと胡散臭いですからね、w
「本気です」って書いても、何か試されているんだろうか?と思いやしないかと私も感じておりました。
ただ、ポン作さんが紹介してくれたシリーズ以外にも別シリーズが展開されておりまして。
果たしてこれは品番が違うだけで同じものなのか、全く違うチューニングのものなのか判断が付かず、ちょっと御指南を受けようと思いまして。
一本300円ですから、5バージョン買っても1,500円と非常にお安い。
別シリーズの5セットを買い足しても3,000円で済みます。
ですが、同じ音であれば、聴かなくなっちゃうし、イヤホンが一気に10本も増えてしまう訳で(^^;;
300円でもそれなりに楽しめるのであれば、ちょっとこれは面白そうだなって。
取り敢えず一本という考えは無かったんですよねー。
どうせならまとめて購入して、クチコミや縁側で色々と書きたかった、というのがあります。

<トリプルコンフォートイヤーピースはXBA-N3に付属していますので。

ああ、ポン作さんはXBA-N3のオーナーでした、これを忘れていましたね(^^;;
サウンドも好みではありませんでしか、
純然たるフォーム系ではないイヤーピースですが、フォーム系イヤーピースの特徴もある程度持ち合わせていますからね、

NUARL NX1に合うイヤーピースのための質問でしたか。

私は有線イヤホン専用イヤーピースばかり探しておりましたが、TWS用のイヤーピースを使用する手があります。
耳掛け式カナル型イヤホンで、有線イヤホンにTWS用のイヤーピースを使用する人、かなりいらっしゃいますので。
要はフィッティングの問題で、耳の形状に合えば良いという事ですから。
Bluetooth型イヤホンに強い、メーカーさんってあるじゃないですか、そういうメーカーさんの有線イヤホンでは効果的な事があるんですね。
私は積極的に試した事がないので、この辺りの使い方についてはまだまだ勉強不足なんですよ。
あまり試聴をしてないので、現時点で紹介する事は出来ませんが、ポン作さん自身で試してみると良いと思います。
確かTWS用の試着イヤーピースもあったと思いますので。
お力になれず申し訳ないです。

書き込み、ありがとうございました(^^♪
相性が良いイヤーピースが見つかると良いですね♪

2022/11/9 04:09  [2265-6302]   

tam-tamさん、こんにちは。

>高解像度のキレッキレのイヤホンで聴くと、脳内にある種の快感が走りまして。
特に鮮烈な高域の刺激に虜になってしまったんですよね。

まさにそれになりつつあるのでしょうね今の私は。
言わば進化の過程と言ったところでしょうかw

>NUARL NX1に合うイヤーピースのための質問でしたか。

特にそういうわけではないんです。
やはり多種多様なイヤピをそろえていた方が新規購入した時は勿論、試聴の質も変わってきますので。

tam-tamさんにはただ感謝しかありません。
ありがとうございます。

ではでは\(^_^ )

2022/11/9 11:59  [2265-6305]   

NUARL NX1付属のイヤーピース、これが素晴らしいですね。
NX1にはスパイラルドットよりも明らかに好いです。

と思ったら単品販売されているんですね。

BlockEar+

2022/11/9 13:00  [2265-6307]   

ん!
いつの間に新しいメンバーさんがいらっしゃってます(^^)

駄菓子屋ポン作さん、はじめまして。
ちちさすと申します。専業主婦です。
身体の麻痺やら持病やらで参加にムラがありますが、どうぞよろしくお願いいたします。
イヤホンはSHURE SE535LTDとJVC HA-FX1100を長いこと使っています。
真逆の2本ですがどちらも気に入ってます。

2022/11/9 13:59  [2265-6308]   

ちちさす さん、こんにちは。
ご丁寧にありがとうございます。

SE535LTDとJVC HA-FX1100を使用されているとのこと、どちらも素晴らしいイヤホンですよね。
特にFX1100は長年私も使用している愛機です。

今はこちらでいろいろ勉強させてもらっています。

ただのイヤホン好きですが、こちらこそよろしくお願いします。

2022/11/9 15:26  [2265-6309]   

こういったメンバーさんのご紹介は本来は管理人である私がやれねばならず(^^;;

ご挨拶が済んだようで何よりです♪( ´▽`)。

2022/11/9 23:18  [2265-6311]   

ちちさすさん

駄菓子屋ポン作さんへのご挨拶、ありがとうございました。
 
よろしくお願い致しますね(^^♪

2022/11/10 04:28  [2265-6313]   

ポン作さん、

レスが遅くなって申し訳ないです(^^;;

<言わば進化の過程と言ったところでしょうか、w

いやー、違うでしょう(^^;;
私の悪い影響が移っただけかと。

それと、TWSイヤホン用のイヤーピースを調べたんですが、開口部の小さいイヤーピースは無かったですね。

NUARLにはNUARLのイヤーピースを使用した方が良いと思いますね。

こんなのもありますね。
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1301998/2069/


特徴的なデザインのイヤーピースです。
レビューを読むと、特徴的なのはデザインだけではないようですね。

今日は思ったより時間が取れず、短めのレスになってしまいました。

今日(木曜日)も夜まで時間が取れません。

今週はずっと暇だと思ってたんですけどね(^^;;

新しいイヤホンを入手された時に、タイミングが悪くてごめんなさい。

週末はたっぷり書き込みますので、よろしくお願いいたします(^^)。

2022/11/10 04:43  [2265-6314]   

tam-tamさん、おはようございます。

いえいえお気になさらずに。

2022/11/10 10:11  [2265-6318]   

ポン作さん

おはようございます(^^)。

ようやく落ち着きました。
昨日は失礼致しましたm(__)m。

NUARLの有線イヤホンは耳掛け式ではない、特徴的デザインのストレートタイプのイヤホンを試聴しておりますね。

NUARL NX310A
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/16655/657/


これ以降に発売されたイヤホンは聴いておりませんね(^^;;

購入されたNUARL NX1のレビューを拝見しましたけど、めっちゃイイ感じではないですか!

これは以前から狙っていたとかではなく、たまたまだったのですか。
(試聴はしてないけど、NUARLのイヤホンが良いらしい、という情報もなく、ですか。)

だとしたら、物凄い奇跡的な出逢いではないですか。

どうですか、耳掛け式イヤホン、使ってみるとなかなか快適ではありませんか。

しかし、レビューを読む限りでは、私のストライクゾーン、ど真ん中のイヤホンですねー。
これを一度も試聴してないとは(^^;;
SSランクであれば、私も欲しいところです。

NSE1000-Aと価格が近いので、悩ましいです(笑)

有線イヤホンでは、NUARLもradiusも売れてないばかりか、あまりに注目されてないので、今回のポン作さんのレビューが起爆剤になれば、と思っておりますね(^^♪

好みのサウンドが以前から変わりなく、耳掛け式イヤホンを一本買うとしたら、ゼンハイザーのIE300とかになりそうだなと、想像してしまうのですが。

水月雨のKATOも聴かれたのですね。
この価格帯では良く売れているイヤホンです。非常に透明度が高いサウンドは一度聴くと癖になります。

Final Eシリーズは、価格が一番安い、E2000が最も出来が良いと思っております。
(もっと価格が安いE1000、E500もありますけど。)

2022/11/11 05:13  [2265-6320]   

ポン作さん

水曜日のゴタゴタでちょっとした臨時収入がありまして、こちらのイヤホンを購入してしまいました。

TRIPOWIN HBB x Olina SE
https://www.audiophileon.com/news/hbb-x-
tripowin-olina-se-review


欲しかったイヤホンの一番手は平面駆動型のTANGZU Ze Tian Wuでしたが。
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1462782/2069/


平面駆動型イヤホンはヘッドホンと同じく能率が悪いらしく、大音量で鳴らせない事がわかりまして。
平面駆動型イヤホンとしては価格は安い方なんですけども、臨時収入ではちょっと手が届かない。

ダイナミック型イヤホンで欲しいのがもう一つありまして、
TRIPOWIN HBB x Olinaというイヤホンでした。
https://bisonicr.ldblog.jp/archives/5591
9706.html


実店舗で取り扱いのないイヤホンですので、試聴が出来ません。
試聴出来ないイヤホンを買う事はしないんですが、普段なら。
ちょうどAmazonにポイントが少しありまして、これなら買えるな、と。

よくよく調べているうちに、最新モデルのOlina SEというイヤホンが出ていたんですね。(今回入手したイヤホンですね。)
聴いてないので、好みのサウンドかどうかもわからないんですが、今買っておかないと、入手不可能となってしまうかもしれませんし、円安の影響で価格が高騰してしまうかもしれない。

ポン作さんの影響で(良い意味で、ですよ)入手した、T3 Plusにハマっておりまして、毎日の様に聴いておりまして。

刺激的なRAPTGO Leaf D01も自分好みのサウンドで良いんですが、オーソドックながらハイレベルのサウンドのT3 Plusも非常に後ひくような魅力がありまして楽しんでいる毎日なんですよ。

近い価格帯のダイナミック型イヤホンでT3 PLusとよく比較されるのが、TRIPOWIN HBB x Olinaだったので、音が悪いという不安がまずありません。
最新モデルのTRIPOWIN HBB x Olina SEの評価は、英語のサイトにしかなく、オリジナルモデルのOlinaの方が良い可能性もあるんですが、評価を待ってる余裕はなく、勢いで、買ってしまったんですよね(^^;;

NSE1000-AもNUARL NX1も臨時収入ではちょっと手が届かないので。
おそらくNX1はドンピシャで好みのイヤホンだと想像するので、大変欲しい一本ではあるんですが。
試聴してしまうと、多分、どうにかなってしまうと思うんですよ、w

ポン作さんが私のRAPTGO Leaf D01のレビューを読んだ時と同じ心境になっております♪( ´▽`)、w
心を落ち着かせようと、購入出来る価格帯のイヤホンを今回入手したという訳で、まだ届いてないですけど、これが大当たりだったならば、またポン作さんに感謝しないと、ですよ(^^)。

届くのが楽しみですねー、レビューとか書けませんけど、w。

2022/11/11 07:25  [2265-6322]   

tam-tamさん、こんにちは。

落ち着かれましたか。
返信はお気遣いしないでくださいね。
マイペースでいきましょう\(^_^ )

>これは以前から狙っていたとかではなく、たまたまだったのですか。

いえ、大分前になりますがNX30A(だったかな)は試聴したことはあるのです。
その時は、中華メーカーくらいに思ってましたがw作りも丁寧だし音もかっちりした真面目な音だなと。
後で分かりましたが、なるほどの国産品質ですよね。

>レビューを読む限りでは、私のストライクゾーン、ど真ん中のイヤホンですねー。

う〜ん、どうでしょうか。tam-tamさんには少し低音が多めかなあ^^:
大分聴き込んで書いたつもりですが、買ったばかりの時は気分の高まりがどうしてもあるでしょう。
ですので、その辺は割愛していただければ(笑)


ですが、

>有線イヤホンでは、NUARLもradiusも売れてないばかりか、あまりに注目されてないので、今回のポン作さんのレビューが起爆剤になれば、と思っておりますね(^^♪

私ごときでは微力過ぎてとても起爆剤とはいかないでしょう(笑)
でも、こういう素晴らしい機種を生み出すメーカーにはもっと元気になってもらい、更に良い製品を私たちに提供し欲しいという気持ちはありますね。
そういう気持ちを込めてレビューを書いたつもりですが、私の語彙力ではあれが精一杯なんですよねえ(笑)

2022/11/11 12:14  [2265-6323]   

ポン作さん

こんにちは(^^)。

エアコンが要らない日々は快適で良いですね。
あっという間に過ぎ去ってしまうのでしょうけど。

<マイペースでいきましょう\(^_^ )

ありがとうございます。
メンバーさんはマイペースでいいんですけどね。
管理人がそれではアカンのです( ̄^ ̄)ゞ
出来る限り、誠心誠意で対応しないと。
誰でも書き込める縁側さんなら良いですけどね(^^;;

<いえ、大分前になりますがNX30A(だったかな)は試聴したことはあるのです。

NX30A。
覚えてはいるんですよ、英数字の羅列。だけど肝心のイヤホンが出てきません(^^;;
ググらないと駄目だ、w
なるほど、
私がリンクを貼ったイヤホン、NX310Aの上位モデルでした。
確か発売直後に試聴しているので、2019年の時ですね。
NX1は2020年の発売ですので、試聴してないんです。

<う〜ん、どうでしょうか。tam-tamさんには少し低音が多めかなあ^^:

なるほど、これがRAPTGO Leaf D01にはないNX1の強みであり、ポン作さんのハートを射止めた部分ですね。

ますます聴いてみたくなりました(^^;;

実はNSE1000-Aも適切なサイズのイヤーピースで聴いたら物凄い低音が鳴りまして、w

クチコミで書いた「超絶ソリッド」というのは、おそらく試聴機に装着されていたイヤーピースのまま試聴してますねえ、これは、w

確かにソリッド系ではあったんですが、スパイラル・ドット無印でも低音がズドンと出ます。
音を逃すように密着度を落とせば、低音の量感は減るんですが、100%のポテンシャルで聴いてる訳じゃなく。
ポン作さんのクチコミを見て、即座に買いに行ったのは本当なんですね。
一応、3モデル全部試聴して。
でも心は1000-Aで決まってますので、BやGに行ってしまう事はないんですが。
即決出来なかった理由は、以前にも書きました通り、イヤーピースを忘れてきちゃったからですね。
この時もスタッフさんに頼んで、イヤーピースを用意して頂いたんですが、フロアが違うので、スタッフさんが大変なんですね。
んで、この日は、悩みに悩みながら、5時間ほど粘りつつ帰宅しています。
イヤーピースをたくさん持参して準備万端で、再度、eイヤホンに行ったんですけど、その時も即決出来なかったんですね。
これは、私の懐具合が要因でもあるので、(ギリギリの値段なんですよ、かなり安く購入出来る価格ですが)
それと私自身が耳掛け式イヤホンに慣れてしまっていて、装着の安定が耳掛け式イヤホンほど得られなかったのも、即決出来なかった理由の一つになります。
この時は開店時間に合わせて行ったので、だいぶ気合いが入っていたんですよね。
この時もNSE1000シリーズのブースのところでうんうんと悩んでおりました。
気分転換に下のフロアで聴いたのがRAPTGO Leaf D01だったんですね。
価格もNSE1000-Aの半分ほどですし、これなら予算的にも苦しくないな、と。
おそらく、想像の範疇でしかないですけども、懐事情に問題がなければ、2回目の試聴に行った時にNSE1000-Aを買っていたと思うんですね。
そうすると、RAPTGO Leaf D01のレビューをポン作さんが読む事にならないので、この縁側にもポン作さんが居ない事になるのです。
実に不思議な縁だと思いませんか。
私が書いたレビューに触発され、ポン作さんがLeaf D01を聴きに行った、そしてまた、ポン作さんも私のハンドルネームを記載したレビューを書いて、それを私が読んで感銘を受けた。
そして、私の縁側にお誘いして、こうしてやり取りをしている、と。
これは果たして単なる偶然なのか、
もう少し、この縁側を続けなさい、という神の御加護なのかと、思うところであります。
(何せ、ポン作さんと楽しくやり取りしている間に、ちちさすさんが復帰されましたので。)
まるで、台本があるかの様な展開に私としても驚いております。

<私ごときでは微力過ぎてとても起爆剤とはいかないでしょう(笑)

何がどうなるかなんて、わからないですよ(^^♪

プロフィールを更新しては如何かな、と思うところです。
年齢、とか職業とかプライベート的なところは記載しなくても良いんです。
所有しているイヤホン、DAP、再生環境、好きなサウンド傾向など書き込んでおくとだいぶ違うとは思いますよ。
一つのレビューを読んだ方が、なるほど、と、他のレビューを読んでくれるきっかけにもなりますので。

返信ありがとうございます(^^)。

2022/11/11 15:49  [2265-6324]   

tam-tamさん、こんばんは。

TrackEar+
こういうイヤピースがあるのは知っていましたが、カナルの閉塞感が苦手な人や外音もある程度聴こえた方が良いという人には良いでしょうね。
しかし音圧が抜けて低音が無くなりそうですね(笑)

>好みのサウンドが以前から変わりなく、耳掛け式イヤホンを一本買うとしたら、ゼンハイザーのIE300とかになりそうだなと、想像してしまうのですが。

以前ならそうかもしれませんね‥

で、す、か、ら、私の好みは変わってきているんですってば(笑)

えー、さてと、因みに今日NEW HANAとIE300を試聴してきましたよ。
やっぱりIE300には全く食指が動きませんね。率直に言うと何だかもっさり聴こえてしまいますね。
NEW HANAは結構良い感じでしたが、KATOのが一枚上手な感じはしますね。
次に欲しいのは今のところKATOかもしれません^^:

TRIPOWIN HBB x Olinaのレビューありましたので見ましたが透明感があって中音域が充実してそうで良さそうですね。
SEはその最新版ということ、tam-tamさん的には期待できるんじゃないですか。

>心を落ち着かせようと、購入出来る価格帯のイヤホンを今回入手したという訳で、

(笑)分かりますそれw
私もそういう衝動に駆られることがたびたびあります(^^;
取りあえず良さそうな何か買って溜飲を下げるという(笑)
私にとってはT3 Plusがまさにそれでしたね。

>試聴してしまうと、多分、どうにかなってしまうと思うんですよ、w

(笑)お互いある意味病気かもですね(あ <(_ _)>

>ポン作さんも私のハンドルネームを記載したレビューを書いて、それを私が読んで感銘を受けた。

ありがとうございます。
多分私が失礼と思いながらtam-tamさんのハンネを出してしまったのはtam-tamさんと話してみたいという潜在意識がどっかにあったのだと思います。話しかけてくれるんじゃないかと。
本当に縁とは不思議なものです( ´~`)


ん!NSE1000-A?

そうそう、忘れてました。私はもう一度これをじっくり試聴するつもりだったのでしたw
今日eイヤホンに行ったのに(-_-#

それにしてもNSE1000-Gは何かも規格外ですね(私にとってです)。
NX1を散々聴いた後に聴いても一枚半くらい上の音を鳴らしますからねぇ。
ある意味買ったのを後悔もしています^^:
何故かって、他のイヤホンが楽しめないからです(笑)
んで、最近あまり聴かないようにしてますw

2022/11/11 23:02  [2265-6326]   

ポン作さん

こんばんはですー(^^)。

IE300のレビューを拝見して、非常に厳しい点数を付けられてるな、と。
実は私もIE300を試聴した時に、同じ様な点数評価だったのですね。
大ヒットした、IE80、IE800、IE40proの様な魅力はなく、ただただ守りに入ってしまってるなあ、と。
ゼンハイザーもコンシュマー部門をソノヴァに売却し、決して安泰ではありませんからね。
私の常設掲示板の方でもIE900に対して厳しい評価をしています。
サウンドは良いですよ、問題は1本2万円もするグレードの高いバランスケーブルを2.5mm、4.4mmと2本も同梱してしまった事ですね。
規格の違う2本のバランスケーブルが両方とも必要な人なんて少数の方しか居ませんので。
それだったら、3.5mmシングルエンドケーブルだけ付属させ、バランスケーブルは純正ケーブルとして別に販売すれば良いのです。
その分、イヤホン本体の価格が相当安く設定出来ますからね。
こういうお節介とも言えるパッケージ化を最初にやったのは、我が愛機SE846を製造しているShureだったりします(爆)
この時はBluetoothケーブルを強制付属させていたので、お話しになりませんでした、w
この動きに他メーカーも追従し、ハイエンドクラスのイヤホンにBluetoothケーブルなんて要らねえんだよ、と、w

正直、価格からしてもIE600の方が良いと思いますね。

<やっぱりIE300には全く食指が動きませんね。率直に言うと何だかもっさり聴こえてしまいますね。

これはおそらく、サウンドの好みが変わった影響ではないですね。
私もそんな感じの音に聴こえたので。
ただ、私は一般的世評と感覚的にだいぶ乖離があるじゃないですか。
私だから、そう聴こえてしまうのかとちょっと自信がなかったんですね。

<NEW HANAは結構良い感じでしたが、KATOのが一枚上手な感じはしますね。

KATOはかなり値上がりしちゃいましたけど、サウンドのクオリティでは他の追従を許しません。
好みの問題はあれど、良いものは良いと評価出来る感覚は素晴らしいと思います。
私は大変な天邪鬼なもんで、これほど売れてしまうとちょっと買う気にはなれないんですよ、w
みんなと同じものを持ってどうする!もっと埋もれてるイヤホンを見つけて、一人悦に入りたいのです( ̄▽ ̄)、w
だから、NSE1000-Aみたいなイヤホンは未だに未練があるんですねえ(笑)。

<TRIPOWIN HBB x Olinaのレビューありましたので見ましたが透明感があって中音域が充実してそうで良さそうですね。

評価が確定しているイヤホンですからね、
正直こちらを購入しといた方が安全で、精神安定剤代わりにはなるでしょうね。

<SEはその最新版ということ、tam-tamさん的には期待できるんじゃないですか。

「冒険」という期待感はありますね♪( ´▽`)、w
なんせきちんと評価されていないイヤホンですからね。
SEではないOlinaの方が良いかもしれません。
しかし、そういう「安心」を私は求めていないのであります( ̄^ ̄)ゞ←皆さんは真似してはいけません、w
どうも、危険と隣り合わせのイヤホンが欲しくなってしまう癖がありまして(^^;;

<(笑)お互いある意味病気かもですね

良いじゃないですか、楽しければ(^^♪
クチコミでオススメするのだけ、まともな評価がされているものにしとけば、誰にも迷惑はかかりませんからね。
(お前、RAPTGO Leaf D01を薦めてたやんけ、w あれは良いんですよ、レスが遅かったので、w)
(結局、購入しちゃった後でしたから(^^;;←苦しいなあ、w)

<それにしてもNSE1000-Gは何かも規格外ですね(私にとってです)。

NSE1000-Gだけ、振動板が違いますからね。
発売もちょっと遅れましたし、最終的なチューニングに時間がかかったのでしょうね。
NSE1000-Bから、直前で1000-Gの方にしたのは大正解だと思いますよ。
想像ですが、どちらにするか、かなり悩まれたのではないでしょうか。

長文の返信、ありがとうございました、楽しく読まさせていただきました(^^♪

2022/11/12 01:49  [2265-6329]   

<ある意味買ったのを後悔もしています^^:
何故かって、他のイヤホンが楽しめないからです(笑)

ははあ、ハイエンドイヤホン症候群ですね、これはd( ̄  ̄)。

これは私も経験がありますねー。

IE800とSE846を同時に入手した時に起こりましたね、私の場合。

現在ではミドルクラスの上の方の価格帯になっちゃいましたけど。
(20万円越えのイヤホンがたくさん発売されてますからねー。)

もうね、SE846より安いイヤホン聴く必要ある?って感じに陥りました(^^;;

他のイヤホンが楽しめないどころではないです、w

しかし、これはハイエンドイヤホンと言ってもどちらも海外メーカーですからね、
この時点ではまだ軽症だったようです。

SONYからIER-Z1R 、VictorからFW10000が発売されて、いよいよ深刻な事態に陥りました。

この2つの国内ハイエンドイヤホンを入手してしまったからです。

もう、2、3万円クラスの新製品が出ても試聴すらしなくなりました。
興味さえ湧かなくなり、重症化していきます。

イヤホンは所詮イヤホンなので、比較にならない音場を体感出来る、ヘッドホンにシフトして行きます。

2万円クラスのヘッドホンでも、イヤホンでは体感出来ないサウンドが聴けるので。

ところが、これも入手する価格帯が徐々に上昇していき、FOSTEXのTH900を入手したところで、ICU(集中治療室)に運び込まれました( ̄▽ ̄)、w
(比喩の表現ですので、間に受けないように、w)

かなりの重症ハイエンドイヤホン症候群となりました。

しかし、今では3,000円から1万円クラスのマイナーメーカーのイヤホンで楽しんでおります。
極端過ぎるんですが、ダイソーで買えるイヤホンなどにも興味深々の健全な身体に戻りまして。

このようになった過程の一つに、みんなと同じイヤホンを持つ事に自己嫌悪になってしまった事です。
IER-Z1RもFW10000もみんなが持っているイヤホンではありませんが、みんなが知っているイヤホンではありますよね。
ハイエンドイヤホンはイヤホン好きには憧れのイヤホンではあるんですが、誰もが知っているイヤホンという事で興味が失せてしまったんですよね。

何の拍子がきっかけだったか、私の知らないマイナーなメーカーで良い音を鳴らすイヤホンを聴かされまして、無事ハイエンドイヤホン症候群から回復した、という経緯があります。

なので、今はマイナーメーカーイヤホン症候群を患っております♪( ´▽`)、w

2022/11/12 06:48  [2265-6332]   

tam-tamさん、こんばんは。

レビュー拝見しました。
詳細かつ明快な解説、お見事です。
お疲れ様でした。

2022/11/12 18:26  [2265-6338]   

ポン作さん

こんばんは(^^)。

<詳細かつ明快な解説、お見事です。

お恥ずかしいものを見せてしまいました(^^;;
いやー、今回は駄目ですね。
いつもの如く、自由に書けばまだ良かったかな、と。

ちょっとね、考えながら書いたので、アレでは何も伝わりません。
後日修正します。

反省ですね(^^;;

2022/11/12 21:51  [2265-6339]   

tam-tamさん、こんにちは。

マイナーメーカーイヤホン症候群ですか。

いいですね!
他人と同じことをするのは私も抵抗を感じますね。

そうそう
ご指摘通り自分なりにプロフィールを編集してみました。
改善点などのアドバイスがあればお願いします<(_ _)>

2022/11/13 11:24  [2265-6342]   

ポン作さん

こんにちは(^^)

いやー、久しぶりにぐっすりですよ←ショートスリーパーじゃなかったんかい( ̄▽ ̄)、w

プロフィール拝見しました。

良いですねー。

何も書いてない以前より、全然良いです!

例えば、クチコミにレスしたりするじゃないですか。

そこで、ちょっと他の人とは違うものをお勧めした時、この人はどんなものを愛用してんだろう?とか気になる訳ですよ。
んで、プロフィールを見に行った時、なーんにも書いてと、ハンドルネームさえ、忘れてしまうんですよね。
だけど、好きなイヤホン、ヘッドホン、聴く音楽ジャンル、とか書いてあるだけでも、全然印象が変わってきちゃう。
(嫌いなメーカーとか書くのはマイナスにしかならないので、注意が必要ですが。)

私が気に入ったは、
<音は飛ばせても

感動は飛ばせない

有線にこだわる理由がある

↑以上、 NSE1000-Gパッケージの文言からの引用^^:

これイイですよね、これ凄くイイ!!
洒落たスパイスが効いてます(^^)。

ああ、フランクな人なんだなって、これだけでわかりますから(^^)。

ポン作さんも回答者のプロフィールとか見に行った事ありません?

何も書いてない空っぽだと、途端に興味が失せませんか。

いやー、なんかわかんないですけど、嬉しいなあ。

これで、かなり変わると思いますよ(^^)。

一つのレビューが一つのレビューじゃなくなるので。

投稿したユーザーレビューを見てくれた人が、「お!」って思い、プロフィールを見る、
なるほど、自分と好きなイヤホンが被ってるなあ、
どれどれ、他にはどんなレビューがあるんだろう。ってなりますから。

ポン作さん、GOODです( ̄^ ̄)ゞ

なんか無性に嬉しい自分が居ます(^^♪

2022/11/13 12:20  [2265-6343]   

tam-tamさん、こんにちは。

そうですか。
ありがとうございます

いざ書こうとしたら、何て書いていいか分からずパソコンの前で固まってたんですw

ありのままを書けばいいやって最後は開き直りました。

最後のは完全にパクリですが(笑)

tam-tamさんに評価して頂いて何より嬉しいです。
もう此処を辞めてもいいくらいですw

ところでVictorからFW10000も所有されているのですねえ。羨ましい^^:
音質傾向はどんな感じなのでしょうかね。

2022/11/13 15:53  [2265-6346]   

ポン作さん

こんにちは(^^)。

<もう此処を辞めてもいいくらいですw

マジですか(^^;;
まあ、それはポン作さんの自由ですからね。

かなりやり取りが続いて、お疲れもあるでしょうから。
参加、書き込みは、メンバーさんの自由でありますから。

私として、特に即レスを求めている訳ではないので、ペースを落として書き込みされた方がいいのかなと。

<音質傾向はどんな感じなのでしょうかね。

一言で言えば、高域美音系ですね。
WOODドライバーとは思えないキレもあり、ソリッドではあるんですが、寒色系サウンドではないので、カリカリしてないんですよ。
音抜けの良い、爽快な高域の美音系、ですね。
低音はタイトな鳴り方で、量感としては少なめですね。
実際、多くの方が低音は少ないと発売当初から言われておりました。
私としてはこれくらいの方がちょうど良い感じなんですが。

IER-Z1R購入時に、非常に迷ったんです。
FW10000のサウンドの方が完全に好みだったからです。
しかも、同じ国内メーカーのフラグシップ機で、価格帯も被ってましたからね。
かなり、迷いました。
4回も、比較試聴したくらいですから。
最終的には、IER-Z1Rを購入したのですが、これにはちょっとした理由がありまして。
IER-Z1R、発売からまだ2ヶ月ほどしか経ってないのに、5万円ほど値下げされていたんですよ。
それとヨドバシカメラのポイントが相当貯まっておりまして、メーカー希望販売価格の半分ほどの価格で買えちゃうんですね。
5万円の値下げは大きいですよ。
SONYとしても今後10年、これを超えるイヤホンは発売しないって言っておりましたから。
そこで、考えました。
今はIER-Z1Rを一旦買っておこうと。
どうしても気に入らなければ、売却しても、損失にはならないだろうと、
下手したら、購入時に払った金額よりも高く売れるかもしれないですから。

それから2年ほどして、FW10000をかなり格安な価格で入手する機会がありまして。
未開封新品ではなかったんですが、イヤホン本体はほとんど未使用状態でしたので。
しかし、これもIER-Z1R購入時に懸念していたんですが、WOODハウジングですから、使うのに非常に神経質になるんですよね。
私はイヤホンを装着したまま、気を失うように寝落ちしてしまう事が頻繁にあるんです。
IER-Z1Rの時にも何回かやらかしてますので。

FW10000もIER-Z1Rも今はほとんど使用しておりません。
カメラの防湿庫に閉まっております。

2022/11/13 16:42  [2265-6347]   

今日はこちらは朝から雨でして出不精な私は暇なのですw

tam-tamさん、違いますよ(笑)
此処っていうのはこの縁側ではなく表の口コミのことです。
それも冗談です。
私の書き方が間違っていましたね。
いずれ表は辞めても、こちらにはこれからもお邪魔するつもりでいますのでよろしくお願いします。
tam-tamさんがこの縁側をずっと続けていてくれればの話ですが^^:

FW10000ですが、なるほどtam-tamさんの評価と世間の評価は同期しているんですね。
まあ低音が弱いと損した気分になるというのは何となく分かりますが、ハイエンドを購入するような方々はそもそも求めるところが違うような気がしますけどね。

私には高嶺の花過ぎてFW10000やIER-Z1Rはこれまで意識すらしたことがないですねw
あと、そこまで行っちゃいけないという自制心とですね。
後学の為に今度試聴してみたい気分ですね。
実は、eイヤホンには歩いてでも行けるという最悪の環境なのです(-_-# w

>カメラの防湿庫に閉まっております。

(;Å;) マジですかw

2022/11/13 17:21  [2265-6348]   

ポン作さん

こんばんは(^^)。

ちょっと、大相撲を見てたら、そのまま寝落ちしちゃいました(^^;;

起きてから、食事したので、寝ていた時間は3時間。

3時間で大体起きてしまうのですね。

1日の睡眠時間が3時間って事ではありませんが、3時間しか眠れないので、そうなる日もあります。

かなり熟睡してしまったので、おそらくこのまま朝まで起きていると思います。

<此処っていうのはこの縁側ではなく表の口コミのことです。
それも冗談です。

なるほど、ちょっと安心しました(^^;;

認定メンバーのところを見てわかると思うんですが、10人近くのメンバーさんが居たんですよね。
今は復帰されたちちさすさん以外では書き込みがあるのは音之葉さんしかいない状態です。

直近でも、ちちさすさんに大変失礼な返信をしてしまいました。

注目度ランキングを見てください、現在なんと11位です。

ここ1年間近く、50位圏内を行ったりきたりしていたんですが。

ポン作さんがこちらに来られてから、一気にランキングが上昇しました。

もちろん、私がまた書き込みを始めた事もあるでしょうけど、ポン作さんのおかげでもあります。

もう今年も11月です。縁側をそろそろ閉めようかなと、本気で思っていたんです。

ポン作さんが快く承諾してくれて、やり取りを始めた直後にちちさすさんから復帰の報告があり、閉めないで本当に良かったと思ってるんですよね。

ですので、縁側はこのまましばらく続けます。
ありがとうございます。

IER-Z1RとFW10000が発売された時と今では、状況がかなり変わってきています。
コロナ禍になる前の事なので、国内の経済も今ほど深刻な状態ではなかったですし。
私自身の金銭的状況もそれほど困っておらず、区役所に相談に行く事なんて考えもしなかったので。
ここのメンバーさんはみんな知っていると思うのですが、通信料金さえ支払えず、回線が停めれた事もありました。
それでも、ちちさすさんからアドバイスを頂いたり、みなさんからの温かい言葉で励まされ、閉める事なく、なんとか乗り切る事が出来ました。

SE846とIE800を入手出来たのも、たまたまですし、IER-Z1RとFW10000を入手出来たのも運が良かっただけです。
ですので、ハイエンドイヤホンに関しては他の方とは少々状況なり、経緯がそもそも違うと思うんですよね。
私の場合は身分相応ではありませんので。
過去の掲示板を見てもらえばわかると思うんですが、IER-Z1Rを何度も質入れしております。
(FW10000は外箱が無い状態なので無事でしたが、w)

今では50万円以上するイヤホンもありますし、20万円クラスとかざらにあるじゃないですか。
でも、そこにはRAPTGO Leaf D01やTinHiFi T3 Plusで良い音が聴けた時のような感動はありません。
だって、20万円もするイヤホンがそこそこ良い音鳴らしても当たり前じゃないですか。
1万円以下のT3 Plusの方が、色々と楽しいですし、感動もひとしおなんです。

ハイエンドイヤホン、特にフラグシップモデルは聴く価値があるのかどうか、私にはわかりません。
このクラスのイヤホンを求める方々はそれなりに知識なり余裕がありますから。
クチコミで質問してくる事もあるにはありますが、稀ですよね。

ただ、本当に好きなメーカーのフラグシップモデルだけは聴かない方が良いと私は思います。
ポン作さんも、10万円なら買える状況で、正規価格のNSE1000シリーズを聴いてしまった時の事を想像してみてください。
10万円しか余裕がない、しかし、なんとかすれば買えない事もない、
ちょっと頭おかしくなりそうじゃありません、w

自身の好みとドンピシャのサウンドを鳴らすイヤホンはあるものです。
購入出来る価格なら良いですけども。

eイヤホンに歩いて行ける状況ですか、
最高の環境ではないですか!
ある意味最悪ですけど(^^;;
私もそれほど時間がかからない環境下ではありますけど、それだったら歩いて行けるところの方が良いですね(^^)。
まあ、どちらにせよ、気軽に試聴に行けない方々の方が圧倒的に多いですからね。
お互い贅沢な悩みというところです(^^♪

2022/11/13 22:26  [2265-6349]   

あ、そうそう、これを伝えようとして書いてない事がありました。

レビューに関してのちょっとしたワンポイントです。

それはスマホ直差しで鳴らせるかどうか(十分な音量が取れるかどうか)を書いた方が良いという事ですね。

ユーザーレビューを読まれる方々も様々ですから。

金銭的に余裕がない学生さんとかも居るからです。

相応のDAPじゃないと魅力が十分引き出せない、とか書かない方が良いですね。

これも書き方でなんとかなるものなので、
「スマホ直差しでも十分な音量が取れ、楽しめます。ミドルクラス以上のDAPなどで聴くとより魅力的な部分が明確に聴こえると思います」とか。

とにかく、スマホだけでも使えるイヤホンだと、最後に一言だけ書くと良いと思います。

私がIER-Z1Rを購入した時の事なんですけど、4回も試聴に行ってるので、店員さんとも仲良くなってしまったんですね。
まあ、SONYから出たフラグシップイヤホンなんで、とにかく売れてると。
iPhone直差し前提で買っていく方も少なくないですよ、と。
「マジですか!」となりましたね、流石に(笑)

今、eイヤホンなんかに試聴に行くと、ほとんどの方はDAP持参で来ているじゃないですか。
DAP持参で試聴に来られる方は、クチコミで質問してきませんから。

DAPは持参して来るけど、イヤーピースを持参して来られる方、見た事あります?
おもむろにカバンからイヤーピースを出して、勝手に付け替えて試聴している方、私はほとんど見た事がないです(^^;;

なので、試聴する時は、ポン作さんが愛用しているイヤーピースに替えて試聴するのと、スマホで十分な音量が取れるかだけ確認した方が良いと思います。

レビューは後で修正出来ますので(^^)。
(5回までですけど。)

2022/11/13 22:53  [2265-6350]   

tam-tamさん、こんばんは。

まだ起きてます^^:

なるほど、言われてみれば色々とその通りです。
何でも正直にそのまま書けばいいわけではありませんね。
ものは言いようということですね。

あと、試聴時のことも了解しました。

アドバイスありがとうございます。

おやすみなさい。

2022/11/14 01:16  [2265-6351]   

ポン作さん

こんばんは(^^)

タイムラグでクチコミ被ってしまいました、失礼しました(^^;;

私が見た時にはまだ返信レスが3つだったので。

音を言葉で伝達するのは難しいですよね(^^;;

非常に難問だと頭を抱えております。

一つのイヤホンでも、人によっては聴こえ方は様々ですし、受け取り方も様々です。

色盲ってあるじゃないですか、これは検査でわかるものなんですが、
同じような感覚障害が聴覚にも無いとは限らない訳で。

検査で分かるのは、どこまでの周波数帯域まで聴こえるかだけで、音色とか無関係ですので。
こういう事考えると、果たして自分はみんなと同じ音色を聴いてるのか、感じてるのか甚だ疑問になり、怖くなってしまいます。

明日は月曜日ですね、晴れると良いですね。

おやすみなさい(( _ _ ))..zzzZZ

2022/11/14 01:34  [2265-6352]   

tam-tamさん、おはようございます。
やっぱり眠いw

>聴きやすい温かみのある暖色系とか、どうでもよくなってしまう時が来るんですよ。

なんだ、やっぱり私は進化の過程じゃないですかあ\(~o~)/
ていうか最終形態、、、(-_-; w

>果たして自分はみんなと同じ音色を聴いてるのか、感じてるのか甚だ疑問になり、怖くなってしまいます。

これは私も常々感じていることです。
レビューなんかを見ても同じ機種でも感想が本当にまちまちですしね。
まあ中には意図的に操作しようとしている輩もいるでしょうがね^^;

耳穴の形が人それぞれなのは勿論、イヤピが適切なものではないこともあるとは思います。
もっと言えばtam-tamさんの仰る感覚障害のようなものが聴覚にもないとも限りませんしね。
それに、障害とまでいかなくても、感覚自体も他人と同じとは限りませんから難しいところですね。

ていうことで、行って来ます。
よい一日を(^0^)ノ

2022/11/14 09:01  [2265-6356]   

ポン作さん

おはようございます(^^)。
って、もうお昼じゃないですか、w

寝不足のようですね。

<なんだ、やっぱり私は進化の過程じゃないですかあ\(~o~)/
ていうか最終形態、、、(-_-; w

あら、読みましたね、ポン作さん、w

ちょっとね、時々こういうの書いちゃうんですよ(^^;;
なんとなく、共感出来るところがあるでしょ、w

こんなくだらない事、力説してますけど、w

<これは私も常々感じていることです。

えー、やったー、仲間ですねー。
なんか凄いですね、ポン作さんの感覚。

私はイヤホン歴35年になりますけど、こういう事、思い始めたのはつい最近ですからね。
私が鈍いだけか( ̄▽ ̄)、w

<耳穴の形が人それぞれなのは勿論、イヤピが適切なものではないこともあるとは思います。

レビュー評価の違いは、適切なイヤーピースを選択して聴いてないからだと思ってます、極端に違う場合。
イヤーピースにしても、昔はここまで多くはなかったですからね。
販売店なんかも、リケーブル、リケーブル、という感じで。
イヤーピースもシリコンvsウレタンみたいな感じで、かなり大雑把でしたね。
サイズもほとんど、S、M、L、しかない製品がほとんどで、形も素材も似たり寄ったりで。
そもそも、iPhoneに付属していたイヤホンみたいなオープンイヤー型は音質調整も出来ませんですし。
ここ最近のイヤーピースの充実ぶりは凄いですよね。

今日は天気が良くて気持ちいいですね(^^♪

2022/11/14 11:30  [2265-6358]   

お!
ランキングがまた上がりましたねえヽ(^◇^*)/
せっかくだからもっともっと上げていきましょう。

ではではー

2022/11/14 13:11  [2265-6359]   

9位?
上がり過ぎですねー、これは(^^;;

今のところ、ポン作さんとちちさすさんの2人しか書き込みされてないので。

これはちょっとイカンです( ̄▽ ̄;)、w

2022/11/14 17:10  [2265-6363]   

tam-tamさん、こんばんは。

失神したみたいに寝落ちしてませんか。

ご指摘通りレビューを一部修正しました^^:

私は本当はこんなに素直な人間じゃなかったはずなのですがw
以前からリスペクトする人だけには素直という少々分かりにくい性格のようなのです(;´∀`)

でもIER-Z1RをiPhone直差し前提で買っていくっていうのもまた凄いというか舐めてるというかw
凄い時代になりましたねえ色々と。

>ここ最近のイヤーピースの充実ぶりは凄いですよね。

ここにお世話になる前まではイヤーピースのことはそれほど興味がなかったので気にしてませんでしたが、本当に多種多様で楽しみは広がりますよね。

私は結構以前から此処の口コミのロム専をしていたのですが、イヤピの話題ってあまりなかったような気がしますね。
まあ、良くも悪くも活気はありましたけどね。

しかし、イヤホンの世界wもとんでもないことになっていますよね^^:
確か60万くらいイヤホンが売られてたり。

でも、買えない負け惜しみかもしれませんが金額じゃないんですよね。
特に自分の愛機というのは。
ここのところT3 Plusばかり聴いていますしね。
疲れなくてずっと聴いていられますよねえT3 Plusて。

ていうか日付けが変わってしまいましたね。

でわでわ
おやすみなさい。

今夜も夜更かしですか(笑)

2022/11/15 00:11  [2265-6364]   

ポン作さん

こんばんは(^^)
 
23:00までは寝落ちしてました、w

ですので、今はギンギンなんですよ。

なんで、こんなに返信が遅くなってしまったか、なんですが。

iPhoneで書き込み通知をチェックしているんですが、24:00を過ぎるとお休みモードとかになってしまって、通知音が鳴らないんですよね。

設定で解除しても、次の日にはまたお休みモードになっちゃうんで、きっと休みたいのでしょうねiPhoneくん(^^;;

<私は本当はこんなに素直な人間じゃなかったはずなのですがw

アハハ、素直にレビュー修正したり、素直にプロフィール編集したりしてますよね(笑)

どうしてしまったのですか、ポン作殿。

<でもIER-Z1RをiPhone直差し前提で買っていくっていうのもまた凄いというか舐めてるというかw

舐めてますよ、w
私もアンバランスの環境しかなかったですけど、IER-Z1Rに関してはバランス接続で聴くのがベストである、という事は知ってましたので。
価格も価格ですし、何よりSONYから満を持して発売されたフラグシップモデルですから。
今後の事も考えて選択したんですけどね。
(バランス駆動が出来るヘッドホンアンプの導入や、ハイエンドDAPの購入も視野に入れての。)
残念ながら、経済的に悪化して、夢となりましたけども。
5年後も現役で十分通用するって思って買いましたからね。
iPhone直差し前提で購入される方、これは一部を除いて、見せびらかすのが目的で買っていった人達ですね。
イヤホンにあまり興味がない人でもSONYのブランドはみんな知ってますからね。
現に、暫くしたら、eイヤホンの中古コーナーIER-Z1Rで溢れかえっていましたから。

<ここにお世話になる前まではイヤーピースのことはそれほど興味がなかったので気にしてませんでしたが、

私もここ最近ですね。
価格コムに来て、この縁側を建ててからですかね。
イヤーピースの重要性を考えるようになったのは。
当時は私にもリスペクトしている方がおりまして、かなり色々な事を教えて頂いたんですけども、その方の影響かもしれないですね、今でもリスペクトはしているんですが。

<でも、買えない負け惜しみかもしれませんが金額じゃないんですよね。

実際問題として、何でも買えるようになってしまったら、面白くもなんともないと思うんですよ。
だって、聴くより先に目についたイヤホン買ってりゃいいんですから。
まあ、ある程度の余裕は必要ですけど(イヤーピースを揃える金額くらいはですね。)。
上流の環境が出来ていれば、かえってお金はない方が面白いと思うんです、
情報収集したり、信頼出来るレビュアーを見つけたり、勉強する楽しさもありますし。
1万円クラスのイヤホンでもかなりの時間を使って、調べますからね。
その中で、自分好みのサウンドを奏でてくれるイヤホンを見つけた時の嬉しさは代え難いものがあります。

<ここのところT3 Plusばかり聴いていますしね。

あらー、実は私もです(^^♪

T3 Plus これはかなりの名機になり得るんじゃないかと。

起きて、音楽を聴く時に最初に手に取るのはT3 Plusなんですよねー。

スルメみたいなイヤホンですね、これ。
聴けば聴くほどに味が出てくるというか、惚れ込んでいくというか、ちょっと経験した事がない魅力がありますね。

<今夜も夜更かしですか(笑)

私の時間ですね、tamtamタイムですよ、w←これはやっちまいましたね、アウトです( ̄▽ ̄)、w

2022/11/15 03:09  [2265-6365]   

tam-tamさん、こんばんは。

今日は3km程のランニングをしてきましたよ。
この時期が走ってて一番気持ちがよいですね。

>この縁側を建ててからですかね。
イヤーピースの重要性を考えるようになったのは。

そうですねぇ、此処にお世話になるようになって、イヤーピースの重要性に気付くことが出来たことは私にとって相当プラスになりました。ありがとうございます。
ていうか、今までかなり損していたような気がしてます^^:

>何でも買えるようになってしまったら、面白くもなんともないと思うんですよ。

そうですね。イヤホンに限らずですが、初めから何でもある環境ならば人は考えることを止めてしまいます。
でも、有名ブランドでなく、敢えてマイナーなメーカーに興味を向けるのもまた一興というものですよね。面白そうです。

>スルメみたいなイヤホン

次のレビューのタイトルはこれで決まりです(笑)
頂きましたw

ところでイヤホン歴35年とはこれまたかなりの筋金入りですねぇtam-tamさんは。
私なんか半分行くか行かないかですよw
これから何年たってもtam-tamさんは越えられそうにありませんし、そのほうが良いかなあ^^:

でも私がtam-tamさんよりも、まだ大分歳が若そうだというのは何となく分かりました(笑)

そうそう、さっきは口コミで危うくやらかすところでした。
慌てて撤回しましたが、下手すれば出てこれなくなるところだったかも(^_^;

2022/11/15 22:33  [2265-6368]   

ポン作さん

こんばんは(^^)

3Kmもランニング!!うひゃー、それは出来ないですねー(^^;;
肥満気味なんで、医者からもウォーキングでいいから身体動かしなさいって言われてるんですけどね。
もう寒くなってきましたからね、余程の用事がないと外には出ないですよねー♪( ´▽`)、w

イヤーピースはねえ、重要なんですよねえ。
だけど価格が安いから、気付きにくいと思うんですよねー。
サウンドの変化が一番感じられるんですけどね。
どうしても、リケーブルが先になってしまうみたいで。

<ていうか、今までかなり損していたような気がしてます^^:

その分、ちょっと得した気分になりませんか。
1,000円、2,000円で購入出来るアクセサリーでこんなに楽しめるんだって(^^♪

<ところでイヤホン歴35年とはこれまたかなりの筋金入りですねぇtam-tamさんは。

スピーカーとか自作してたんですよ、中高生の時は。
だから、最初はピュア・オーディオなんですよ。
30センチ大口径の3wayスピーカーで、大音量で音楽聴いていたら、隣近所から一斉に苦情が来まして(^^;;
そこからイヤホン生活ですよ、w
SONYばっかり使ってましたねー、そんでオーテク。
でも、ヘッドホンは使わなかったんですよ。
イヤホンばかりでしたね。
エティモティックリサーチのER4sもすぐに購入しました。
そこからはカナル型イヤホン一筋でしたね、暫くは。
何しろ一日平均18時間聴いてましたからね、18から23歳までの5年間。(USENも含めてですけど。)

<これから何年たってもtam-tamさんは越えられそうにありませんし、そのほうが良いかなあ^^:

ポン作さんなら、すぐにですよ(^^)
私、Bluetoothイヤホンとか、DAPとか詳しくないので(笑)
それにポン作さん、歩いて行ける距離で何でも試聴できる環境じゃないですか。
色んなイヤホンを聴く事が出来ますから、あっという間ですよ、本当に。
このメーカーのイヤホンはこういうサウンドなんだ、っていう情報収集では私、ポン作さんに勝てませんから(^^;;

<でも私がtam-tamさんよりも、まだ大分歳が若そうだというのは何となく分かりました(笑)

え?
ひょっとしたら、同じくらいかもしれないですね(^^;;
私、ポン作さん、まだ30代くらいだと思っていましたので。
あらー、これは失礼したかもしれないですねー、数々のご無礼をお許しください(笑)

クチコミ?
どれどれ、ちょっと見てみよー。

あ、11月25日のブラックフライデーに関して、夜中に書き込むかもしれません(^^♪

2022/11/16 00:02  [2265-6369]   

軸受けが取れちゃいました。

MOMENTUMですか、

訂正レスを入れているので大丈夫でしょう。

またSpinfit CP100の軸受けが取れちゃいました。

まあ、かれこれ、3年近く使ってるイヤーピースなんで、いいんですけど。

Spinfitは外す時、無理しちゃいかんですねー。
(コツがあります、みたいな事を書いておきながら、壊してしまってますね、w)

今日は病院に行く日だったので帰りにダイソーに寄ったんですよね。
例の300円イヤホン、買おうかどうしようか、かなり悩みました。

300円という価格以上の音を鳴らすとは思うんですが、
「驚愕の300円」なのか、単に価格以上の音を鳴らすイヤホンなのか、わからず決断出来ませんでした。

買うなら、シリーズまとめて購入して聴き比べて、楽しみたいのですが、どのくらいのチューニングによる変化があるのかわからなかったのも購入を見送った要因でもあります。

それと、ブラックフライデーがありますね。

私は3,000円クラスのイヤホンしか、予算的に厳しいので。
でも、安くなるイヤホンはおそらく半額くらいになるイヤホンもあると思っているので、選択候補を絞っている状態です。

ポン作さんも何かしら興味があれば、リストアップしておきますが、
全く、食指が動かないようでしたら、辞めておきますが。

水月雨とかは、売れているので、激安にはならないと思うんですけど、
5,000円から10,000円程度で販売している、音は良いのに売れていないイヤホン、この辺が狙い目かと。
eイヤホンで、試聴出来るイヤホンもあるので、好みのイヤホンがあれば、お得じゃないですか。
reecho SG-01とかなかなか良かったので。(低音効いてますね、このイヤホン)
https://www.e-earphone.jp/product/search
/list/?search_type=0&searchbox=reech
o&search_word=reecho


後はTANGZU Shimin-Liとかも良かったので。
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/1432092/2069/


まあ、試聴出来るイヤホンはいいんですけど、試聴が出来ないイヤホンですよね、
これが結構良いものがあるんですよね。

7Hz Salnotes zeroとか
https://amzn.asia/d/gXeJsJI

TRIPOWIN Leaとか
https://amzn.asia/d/fyA0fzb

これらは現時点でも安いですけど、もっと安く買えると思うんですよ。

先日、私が購入したTRIPOWIN x HBB Olina SEのオリジナルモデルとか、
https://amzn.asia/d/c91Or38
このイヤホンなんて、評価がある程度安定していますので、8,000円くらいで買えるなら「買い」だと思うんですよね。(そこまで下がるかわかりませんけど、w)

THIEAUDIO Legacy2、ヴォーカル重視なら、このイヤホンも魅力的です。
https://amzn.asia/d/hk0lJma

試聴出来ないイヤホンは基本的に博打になってしまいますが(好みのサウンドかどうかという点で)、サウンドクオリティ的には不足のないイヤホンばかりなので、現在の価格からどの程度安くなっているかで、買ってみるのもアリだと思うんですよね。
ちょっとした宝くじみたいなもんですね、感覚的には。
5,000円程度の価格なら、無試聴購入しても面白そうだな、と。
無理強いはしませんが(^^;;

ですので、ブラックフライデーに備えて、情報収集している段階ですねー(^^♪

2022/11/16 01:13  [2265-6370]   

ポン作さん

ごめんなさい、クチコミにおいてちょっと後出しじゃんけんみたいな書き込みをしてしまいました(^^;;

だって、ストレート型イヤホンばかりだったんだもの(汗)、w

耳掛け式イヤホンのお勧めもあっても良いのかな、と(^^;;

いやーでも流石ですよ、私はあんなにポンポンと候補になるようなイヤホンが出てきませんからね。
私の好きなradiusが出て来ちゃったんで、しばらくは傍観してようと思ってたんですよ、
これはホントです←じゃあウソもあるんかい、w

カナル型耳掛けイヤホンの定番モデルSE215がハイレゾ対応ではなかったので、ちょっと意地になってしまいました、w

自身が試聴した事があるイヤホンで「有線」「カナル型」「ハイレゾ対応」「耳掛け式」「2万円以下」これら全てを満たすイヤホンを必死で思い出してみたんですよね。

これは自分との闘いなので、決してポン作さんの邪魔をしようなどという悪意はこれっぽっちもないのです(^^;;

今日も3km走るのですか、
いやー健康的で良いですねー(^^)←いっぱいいっぱいやないか、w

2022/11/16 03:33  [2265-6371]   

('◇')ゞ

違う所に書き込んてしまいました(汗

失礼いたしました。

2022/11/16 11:21  [2265-6374]   

ポン作さん

こんにちは(^^)。

今日は天気が宜しいようで何よりです。

ああ、良かった、クチコミの件、許してくださるのですね(^^;;

<是非お願いします!
買う買わないは別にしてとても面白そうですからねえ。

そう来なくては!
じゃあ、リストアップしておきますね(^^)。
11月25日からスタートですので、まだまだ時間があります。
ポン作さん、平面駆動型イヤホンは如何でしょう。
eイヤホンで試聴出来るイヤホンがありますので、一度試聴されてみては。
音の立ち上がりが速く、ダイナミック型ドライバーのイヤホンとはまた違った味わいがありますよ。
ちょっと聴いてみて、ポン作さんの好みに合いそうであれば、こちらもリストアップしておきます。
価格的には2万円前後と少しお高いですが、ブラックフライデーでの割引率によっては検討されても良いかと。

基本的、5,000円から10,000円程度で買えるイヤホンに限定して、選定しておきますので。
(普通のダイナミック型ドライバーイヤホンとハイブリッド型イヤホンですね。)

私も買うかどうかはわかりません。
狙っていたイヤホンが安くなっていれば、買う、程度ですので。

でもちょっと面白そうじゃないですか(^^♪

<wwwギリ30代ということで。

やはり、同じくらいの年代でしたか(^^;;
これからも宜しくお願い致します♪

所詮掲示板なので、何処に書き込んでも大丈夫ですよ(^^)。
お気になさらずに。

2022/11/16 11:32  [2265-6375]   

SE535LTDの付属のイヤーピース一式

tam-tamさん。
駄菓子屋ポン作さん。

私はイヤホンは2本だけですが、イヤーピースで音質が変わると言いますか、いや、音質は変わってないんでしょうけど耳に届く物理特性が変わる、というのは分かります。
SE535LTDにはいろいろな種類のイヤーピースが付属してまして、全部試しまして、それぞれで聴こえがだいぶ違う体験をしました。
付属していたイヤーピースがどんなのかは画像を見ていただければお分かりだと思いますが、
@薄いゴムのもの(大きさ3種類)
A低反発のウレタンのもの(大きさ3種類)
B固いスポンジみたいなもの(画像の黄色のもの)
Cクリスマスツリーみたいなもの
です。
tam-tamさんのSE846も同じ内容で付属していたでしょうか?

同じ種類のイヤーピースでも大きさで聴こえが変わったり、レンジ感が拡がったり狭まったり、中域のバランスが変わったりと、コロコロ音が変わって面白いのですが、逆を言いますと「これだっ」ていうジャストなものもないという…。
人それぞれで違う耳の形や、耳道の長さも重要ファクターですし。
ほとんどの人はユニバーサルイヤホンとその付属品で、ピッタリってのはないのかも。
だからイヤーピースをサードパーティ製で探すのも理解できますし、耳型を採ってカスタムIEMを作られるところまで行く気持ちも分かります。
イヤホンて、難しいです。音や聴こえに関わる項目が、ヘッドフォンの何倍もあって、すべてをピッタリにしようと思ったら「沼」ですね(^^;)

2022/11/16 13:10  [2265-6378]   

ちちさすさん

こんばんは(^^)

音質=音の質は変わらないですね。
音色も変化しません。
変わるのはサウンドバランスだけですね。
(低域の量感とか、高域が籠らないか、とか。)

@はシリコン系イヤーピースですね。
Aはフォーム系イヤーピースです。
Bもフォーム系イヤーピースですが、Aと違い潰しても開口部が変化しないようになっているイヤーピースです。
CはエティモティックリサーチのER4Sで有名なトリプルフランジイヤーピースですね。

<tam-tamさんのSE846も同じ内容で付属していたでしょうか?

ええ、全く同じ内容ですね。

全部試されたと書いてますが、Cのトリプルフランジイヤーピースも装着出来ました?
私の耳でもちょっと大きいくらいなので、女性の方だと完全に装着するのは無理だと思うんですよね。
なので、ほとんどの方は、軸の部分をカットしたり、傘の部分をカットしてダブルフランジとして使用されてる方が大多数です。
このShure付属のトリプルフランジイヤーピースはかなり大きいですね。

基本的に付属純正イヤーピースで使用しますね、最初は。
メーカーが目指しているサウンド志向を知るためでもあり、純正イヤーピースの方が良い場合もあるので。

他社製イヤーピースで色々と付け替えるのは、ある意味、楽しいからですね。
ヘッドホンでもサードパーティ製イヤーパッドはありますが、付け替えるのが非常に面倒ですからね。
その点イヤーピースだと価格も安いですから、色んな他社製イヤーピースを揃えやすいです。
他のイヤホンにも使用出来ますし、
ヘッドホンだとこう簡単にはいきませんので(^^;;

付属純正イヤーピースのうち、BとCは使いづらいと思うので、最初に試されただけだと思うんですが、ちちさすさんは@とAではどちらをお使いですか。

「これだっ」ていうジャストなものがないと書かれてますが、それはサイズによるフィット感の事でしょうか。
これについては後述しますが、ちょっと面白いんですよ。
私はイヤーピースはかなり豊富に揃えてあるので、ほぼジャストにフィットするイヤーピースがあります。
まあ、「これだっ」て感じのイヤーピースだと思ってください。
サイズがジャストなのでサウンド的にもほぼ理想的なバランスのサウンドが鳴り、かなり満足度が高いです。
ところがある日、全然違うバランスで聴こえたりするんですよ。
昨日も聴いているので、非常に違和感があります。
別の他社製イヤーピースに替えて聴くと、そのイヤホン本来のサウンドが鳴るので、PCからヘッドホンアンプまでの問題はないのです。
耳の外耳道孔の変化、これに気付くまで、相当時間がかかりました。
体調による身体の変化というのは、日々何かしらあるじゃないですか。
まぶたが腫れたり、足がむくんだりとか。
靴は夕方に買えって良く言うじゃないですか。
熱が出れば、味覚だって変わります。
日々の身体の変化って色んなところで起こるんですよね。

アーティストが使用するイヤモニ(カスタムIEM)、これもインプレッションを取って、カスタムイヤーピースを作るんですが、ここまで行き着いても毎日ピッタリという事にはならないんですね。
私は安室奈美恵さんのDVDを全て持っているんですが、イヤモニを使用するようになったのは引退する5年くらい前なんですよ。
イヤモニを使用するようになって、彼女の激しいダンスパフォーマンスは影を潜めるようになります。
主に上半身の動きですね。
何しろ一回のライブコンサートで3キロから5キロほど体重が落ちるそうなので、如何に激しいダンスパフォーマンスかがわかるというものです。
イヤモニを使用するようになった後年の安室奈美恵さんは、とにかくイヤモニばかり触っています。
私に彼女のベストアルバムをプレゼントしてくれた知人と一緒にライブDVDを観ていて、
「あんなにイヤモニばかり気にするなら、インプレッションの取り直しすりゃいいのにね」って私が言いました。
「馬鹿だなあ、君は、あれほど激しく踊ってりゃ、汗かいたり、体重の減少で、耳の穴の形状も変化するに決まってんじゃん」
( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)
なるほど(^^;;

私は安室奈美恵さんみたいに激しい運動はしないですけど、血圧だって毎日違いますし、体温も毎日違います。
睡眠時間も毎日変わりますし、体調だけでなく、気温の変化や湿度の変化もありますよね。
イヤーピース自体に変化がないとしても、自身の耳の形状は日々全く同じじゃないんですよね。
まあ、これは自身の身体の変化による聴こえ方の問題ですが、
実は、まだあるんですよ。
これ以上書くと長くなってしまうので、続きは次の機会に書きますね(^^♪

ってな事で適切なイヤーピースを選択されて聴かれてる方は非常に少ないという印象です。
店舗での試聴においてもDAPを持参してくる方は居ても、イヤーピースを持参して試聴に来られる方は見た事がありませんので。

2022/11/16 19:14  [2265-6379]   

tam-tamさん、こんばんは。
これからがtam-tamタイムですね^^:

>平面駆動型イヤホンは如何でしょう。

興味がありますね。
値段も少し高めでやや鳴らすのにパワーが必要とかネットにありましたが、最近の機種はそんなに鳴らしにくくはないらしいですね。

そうそう、今日、いや昨日eイヤホンでNSE1000-Aを再度、今度はスパイラルドットに換装してじっくりと聴いてきましたよ。

ハッキリ言って前回とは全く別物の音を出しておりました。凄まじいですね^^:
何というか言葉が追い付かないですね。

Gよりもより自然で濃さがあってキレ、パワーもあります。
それと音場が広大なんだけれど作られた感じがしないし薄くなっていないんです。
比べて気づきましたがGはやや作られた感がありますね。
危うく買ってしまいそうになりましたって‥まだ買うんかいw

あと、例のリストアップを楽しみにしておりますよ。

ではでは
おやすみなさい。

2022/11/17 00:23  [2265-6382]   

ポン作さん

こんばんは(^^)

おっ!明るいじゃないですか、もう朝か、w おはようございます(^^)。←何してんねん、w
tam-tamタイムはいつの間にか終わっておりました(^^;;

<興味がありますね。

これねー、私も欲しかったですよね。
でも、大音量で聴くと歪むらしいので。
かなりの大音量派なんですよ、私。
有毛細胞が強いのか、知りませんが、聴力検査でも異常なしでしたので、「そんなの関係ねえ」ですよ(笑)
なので、シングルBAイヤホンは音割れしちゃうので使えないんですよね。

普通の音量で聴く分には綺麗な音を鳴らしますので、平面駆動型イヤホン。
こちらもリストアップしておきますね(^^♪

NSE1000-Aに魅せられましたかね、ポン作殿、w
行く着く先はなんとやら♪( ´▽`)、w
とうとう来ちゃいましたか、
とまあ、ふざけてる場合じゃないですよ(^^;;

ストレートなサウンドでしょ、NSE1000-A。
ある意味凄まじいサウンドですよね。
ちょっと大きめの音量で聴くと、一発で魅せられてしまいます。虜になってしまうってやつですね。
ハイエンドクラスになると、色々といじくりまわしているイヤホン多いですからね、ダイナミック一発機と言えど。
Final Eシリーズでも、E2000のサウンドを最高とする評価と、ある意味同じですね。
でも、どちらが正解とかはないですから。
好みのサウンドを鳴らすイヤホンがその人にとっての最高のイヤホンなのです。

<あと、例のリストアップ楽しみにしておりますよ。

ちょっと時間がかかるかもしれませんが、週末までには仕上げますので、お待ちください(^^♪

2022/11/17 05:48  [2265-6383]   

tam-tamさん。

トリプルフランジのことを、ついついクリスマスツリーと言っちゃうのですが、最初にそう覚えてしまったので抜けません(笑)。
これの装着、耳に入るところまで、で試しています。チョン切っちゃう人もいるのですか(^^;)
でも切らないと入りませんね。私は間違いなく。

SE535LTDは付属のものを全部試して(すべてのサイズも)、結局はじめから付いていたものを使っています。フォーム系の真ん中の大きさですね。
大きさも、私はSが一番合うのですが、正確にはSをもうちょっとだけ大きくしたいです。でもMだと大きすぎる感じです。Mでも低反発なので潰して入れれば耳には入りますし、耳の穴を完全に塞いだ感じになって良いのですが、1時間つけていると、イヤーピースと接触しているところが痛くなってくるのです。
なのでSを使いたいのですが、SとMでは、Mの方が高域が自然に聴こえるので、Mをメインに痛くなったらSに替えるような使い方です。

シリコン系は、SE535LTDでは違う感じがして使ってないのですが、FX1100ではシリコン系です。
FX1100にはシリコン系が3サイズ、フォーム系が3サイズ付属してますが、フォーム系は私には高域の減衰が大きすぎて不満です。
でもシリコン系は耳から落っこちやすいです(^^;)どのサイズを使っても、落ちますね〜。
駄菓子屋ポン作さんもFX1100をお使いだそうですが、イヤーピースどうしてらっしゃるのかなぁ?

2022/11/17 08:25  [2265-6385]   

ちちさすさん

<でもシリコン系は耳から落っこちやすいです(^^;)どのサイズを使っても、落ちますね〜。

ちょっと時間がないので簡略的になりますが、
今はねー、スパイラル・ドット++なるイヤーピースがあるのですよ、FX1100には(^^♪

JVC スパイラル・ドット++
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/14398/1719/


また後で書きますねー(^^)、Shureのイヤホンのイヤーピースについても。

2022/11/17 09:21  [2265-6387]   

ちちさすさん、こんにちは。

tam-tamさんも紹介されていますが、私はFX1100にはJVC スパイラル・ドット++を使用しています。
普段はMサイズなのですが、FX1100にはサイズを上げてMLを装着しています。

スパイラル・ドット++はモチモチした触感で密着度が高いので、FX1100のようなイヤホンでも私の場合ずれることはないですね。

少しお高いですが。

2022/11/17 15:27  [2265-6388]   

ポン作さん

こんばんは(^^)。

イヤホン、ヘッドホン雑談板 vol.2を建てましたが、書き込める間はこちらの掲示板を使って下さい。

ブラックフライデーに向けた、イヤホンリストはただ今作成中でございますので、もう少々お待ちください。

ちょっと今日も色々と忙しく、こんな時間になってしまいました(^^;;

金、土、日と暇なので、楽しくやり取り致しましょう(^^♪

まだ、届かないんですよ、TRIPOWINのイヤホン。

早く聴きたいなあ(*´-`)。

2022/11/18 01:09  [2265-6391]   

画像@ 画像A 画像B

ちちさすさん。

先ほどは失礼致しましたm(_ _)m。

ちょっとこんな時間になってしまい申し訳ないです(^^;;

今日は病院に行く日でしたので、時間がなかったんですね。

ちちさすさんもクラシック音楽掲示板の書き込みもあるので、大変かと思います(^^;;

今日書き込みされた内容に付いて、レスしていきますね(^^♪

<トリプルフランジのことを、ついついクリスマスツリーと言っちゃうのですが、最初にそう覚えてしまったので抜けません(笑)。

いやいや、時期的にも良いんじゃないでしょうか、クリスマスツリーイヤーピースで。
気に入りました、今度からクリスマスツリーイヤーピースと呼ぶ事にしましょう(^^)

<これの装着、耳に入るところまで、で試しています。チョン切っちゃう人もいるのですか(^^;)
でも切らないと入りませんね。私は間違いなく。

チョン切っちゃう人も居るみたいですね、w

私は全てのイヤーピースで一番サイズの大きいものを選択していますが、それでもちょっと大きいと感じましたので。
ちちさすさんはアルバナライヴ!でもアラウンドイヤータイプになってしまうようなので、耳が小さいと思っていたんですよね。

ちょっと、作りとしても、雑ですね、Shureのクリスマスツリーは。

SE535LTDをお使いのちちさすさんでも、ちょっと「これぞ!」というサイズのイヤーピースがないみたいですね。
サウンドどうこうと言うよりも、耳が痛くなってしまうのではちょっとイヤーピースを替えた方が良いかもしれません。

ちょっと画像を添付したのですが、説明していきます。

@普段使いのイヤーピースですね。Spinfit CP800というイヤーピースですが、SpinfitはCP100+というイヤーピースに細軸対応ノズルが付属されているので、現在はCP100+の細軸対応ノズルが付属されたものが対応製品という事になっております。

AWestoneのイヤホンの付属されているイヤーピースですね。
わざとバラバラにして写しているんですが、シリコン系イヤーピース5サイズと低反発イヤーピース5サイズと全部で10ペアあるんですが、形状が大きさごとに違うんですよ。縦に長く細かったり、短いけど幅が広かったりと。
これも、Westone付属の純正イヤーピースですから、こちらのイヤーピースを一度試されたら良いかと思いまして。

BSE846に装着すると、こんな感じになりますね。
イヤーピースの先端部分だけを入れるタイプではなく、イヤーピース全体をスッポリと耳の中に入れて使用する感じです。
実際、Shureのイヤホンで、このWestoneの純正イヤーピースを使用される方多いです。

一番大きいサイズでも、シリコンと低反発とでは形状が若干違いますので、「これぞ!」というサイズに近いイヤーピースが見つかると思います。
非常に良好な装着感得られるので、耳が痛くなるような事もありません。
という事でお勧めのイヤーピースだったんですが、現在10セットになっているものが何処にもありません。
Amazonにはあったんですが、異常なまでに価格が高騰しちゃってます。
https://amzn.asia/d/eSpft9t

イヤホンでも、メーカーによっては、在庫切れになったままになってしまっている製品もあるので、一時的に物流が止まってしまっているのかもしれません。

Westoneのイヤホンはリニューアルされたばかりなので、付属純正イヤーピースの販売を辞めてしまう事はないと思うので、これは一時的なものだと思われます、思いたい、w

<FX1100にはシリコン系が3サイズ、フォーム系が3サイズ付属してますが、フォーム系は私には高域の減衰が大きすぎて不満です。

やはり、高域が衰退しちゃいますよね。
JVCのイヤホンはステムが太いので、JVCのイヤホンにはJVCのイヤーピースを使用するのが一番良いですね。
定評のあるスパイラル・ドットから、素材を替えたスパイラル・ドット+というイヤーピースがまず発売されまして、更に装着感、サウンドチューニングがレベルアップされた、スパイラル・ドット++というイヤーピースが現在発売中となっております。
装着感の違いは無印スパイラル・ドットとは比較にならないほど良好になっておりますので、価格が少々高いですが、お勧めのイヤーピースですね。

現在はシリコン系イヤーピースでも医療用素材を使用した、良好な装着感が得られるイヤーピースが続々と発売されているのですが、JVCのイヤホンにはスパイラル・ドット++が一番しっくりときますね(^^♪

2022/11/18 01:18  [2265-6392]   

ポン作さん。

ブラックフライデーでのイヤホン検討リストを価格別で作成中です。

ポン作さんが既に聴かれているイヤホンもあります。
(これは、この掲示板を見ている人も居るからですね。)

国内メーカー、有名メーカーのイヤホンはリストには載せません。
全て「中華イヤホン」と呼称されているメーカーだけです。

私が実際に試聴出来てないイヤホンも含まれるので、レベルの高いサウンドクオリティーを確保しているか情報収集しているところです。

価格がそこそこ高いイヤホンは良いんですよ。

価格が安いイヤホンの方が大変なんですね。

水月雨KATOを試聴されたみたいですが、好みの問題はあれど、2万円で買えたとして、「とてもじゃないけど聴けるレベルのイヤホンではない」という方、少ないと思うんですよ。

もう少し低音の量感が欲しい、とか
イヤーモニターみたいに解像度バリバリのサウンドが好みとか、
寒色系サウンドより暖色系サウンドの方が好み、とか
色々あるとは思うんですが、聴いてガッカリするレベルのサウンドじゃないと思っているんですね。

買ってはみたものの、好みのサウンドじゃないけど、折角だから聴いてみっか、という感じになるかな、と。

私は無試聴で購入するイヤホンはある意味博打になってしまう、と書いておりますので。
だから、そこそこ価格が高いイヤホンは良いんですよ、それなりのサウンドクオリティーが確保出来ていれば。

価格の安いイヤホンのサウンドクオリティーのチェックというはかなり難しいんですね。
「この価格だから仕方がないか」という妥協というか、一種の諦めみたいな心情の感想は何の信頼性も無いので。

11月20日にリストアップする予定ですので、もう少しお待ち下さい。

2022/11/19 09:54  [2265-6400]   

tam-tamさん。
駄菓子屋ポン作さん。

FX1100のイヤーピースはスパイラル・ドット++が良さそうですね。
ページを見ましたら、サイズにMSというのがありました。

スパイラル・ドット++のサイズを決めるのに、フォーム系で合うサイズと同じにした方が良いのでしょうか。
それとも付属のスパイラルドットで合うサイズと同じの方が良い?
というのも、FX1100付属のですと、スパイラルドットはMということになるのですが、フォーム系のはMでは耳が痛くなるのでSの方が良いのです。SE535LTDは基本Mで耳が痛くなってきたらSに替えるやり方ですが、FX1100でフォーム系を使うなら(ほとんど使ってませんが)初めからSなのです。

間をとってMSが無難か、しかし間をとるというのは危険な賭けでもありますよね。
私が失敗するパターンって、間をとる時ですから(^▽^;)

2022/11/19 12:23  [2265-6401]   

駄菓子屋ポン作 さん  

2022/11/19 15:15  [2265-6403]  削除

tam-tamさん、了解しました。

2022/11/19 15:29  [2265-6404]   

ちちさすさん。

スパイラルドット++のサイズ選択はちょっと何とも言えません。

ワンサイズ落とす事のサウンドのデメリットと装着感向上のメリットと天秤にかける事になりますからね。

イヤーピース、音質最優先なら、Mサイズが良いと思いますが、こればっかりは本当にわかりません。
ちちさすさんにとって、スパイラルドット++のMSサイズがジャストサイズという事もありますので。

そもそも、Shureの付属純正イヤーピースと、FX1100の付属純正イヤーピースで比較しても、あまり意味がないので(^^;;

同じMサイズでも、メーカーによって、大きさは違ってきますから。

スパイラルドット++はフォーム系イヤーピースではありません、装着感が向上したシリコン系イヤーピースです。

<間をとってMSが無難か、しかし間をとるというのは危険な賭けでもありますよね。

危険な賭けになってしまいますね。

FX1100付属のイヤーピース、Mサイズでちょうど良い感じでしたら、スパイラルドット++もMサイズが良いと個人的には思います。

ワンサイズ落とす事で、万が一、若干サイズが小さかった場合、低音の量感が減り、スカスカなサウンドになってしまうので。

個人的には、ワンサイズ大きいMLの方が音質的には良いのでは?まであると思ってますので。

無難という事であれば、スパライルドット++はMサイズが良いと思うところでありますが。

価格が高過ぎるんですよね、そもそも論として(笑)
(ちょっと気軽に買えるイヤーピースの価格ではないですよね。)

AZLAみたいにMS/M/MLみたいなパッケージ売りがあれば良かったんですが(^^;;

2022/11/19 19:39  [2265-6406]   

ちちさすさん。

スパイラルドット++はヨドバシ.comでもeイヤホンでも購入出来ますが、eイヤホンですと、3,000円以上の購入でないと送料がかかりますよね。

ちょっと今、調べてみたんですが、良いと思っと方法がありましたので。

eイヤホンではスパイラルドット+のMSサイズが単品で購入出来るのですね。

JVC スパイラルドット+ MSサイズ 税込価格652円
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/14397/1700/


これ、ワンペアではなく、一個の価格です、ですので事実上は使用出来ない事になります。

これと合わせて、スパイラルドット++ Mサイズ 2ペア 税込価格2,750円を発注します。
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/14398/1719/


これですと、送料がかかりません。

スパイラルドット+とスパイラルドット++ではサイズが全く一緒ですので、MSサイズでどんな感じになるのか、試せるな、と思いました。

無印スパイラルドットのMSサイズがあれば良かったですが、在庫切れのようですので(^^;;

JVC スパイラルドットイヤーピース MSサイズ 1ペア 税込価格530円
https://www.e-earphone.jp/products/detai
l/14399/1699/


予約受付中となっているので、時間はかかってしまうと思うんですが、こちらは1ペアでの販売ですので、一応使用する事も出来ますね。

2022/11/19 20:08  [2265-6407]   

ポン作さん。

こんばんは(^^)

ようやっと、ブラックフライデーに向けたイヤホンリストが出来ました。

平面駆動型イヤホンはちょっと割愛しております。数的にですね。
何せ数が多いものですから( ´Д`)y━・~~

5,000円までの価格帯で購入出来るイヤホンの候補をもう少し増やしたかったのですが(^^;;
格安価格帯では、どうしても、ハズレがありますので、サウンド的に納得出来ると思われるイヤホンしかリストアップしておりません。
此方の情報収集にかなりの時間がかかってしまいました。

此方のイヤホンリストは、vol.2の方にアップしておきますので。

お時間がございましたら、見て楽しんで下さい(^^♪

2022/11/20 01:25  [2265-6408]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ



vol.3が早くも埋まりそうなので、早めに建てておきます。

ちちさすさんの協力もあって、vol.3は素晴らしい内容になりました、ありがとうございます(^^)。
(素晴らしい書き込みはほとんどちちさすさんの書き込みなんですが、w)

ちちさすさんからの書き込みがないと、この掲示板は機能しないでしょうから、ちちさすさんが安らげる場として気楽に使って頂けると幸いです。

これからもよろしくお願いします(^^♪

2022/9/6 16:51  [2265-6177]   

ちちさすさん

音楽配信サービスでは検索してなかったです。

まずその前に。

<YouTubeには「花月」の音源が3つあるのですが、

これは私も確認しております、3つの音源がありますね。

<CRF花月 花月
https://www.youtube.com/watch?v=FaxMvffo
Sx8


まずこの音源ですが、音飛びは無く、音質的にも悪くありません。
オーディオコーデックはopus(251)

<CRフィーバー花月 (高画質 HD 1080P)
https://www.youtube.com/watch?v=pX1KLh2d
mJE&t=24s


一番新しい音源ですね。
10秒毎の音飛びはありません。
最も音量が低い音源なので、ボツにしました。オーディオコーデックはopus(251)

残りは、私がリンクを貼った音源ですが、
一番音質が良いです。
オーディオコーデックはopus(251)

どの音源も10秒毎の音飛びは確認出来ません。

という事で、iPadで聴いてみます。

どの音源も、同じ様に聴こえます。
10秒毎の音飛びは確認出来ません。

おそらくですが、iPadに問題があるように思えます。
バックグラウンドで動いているアプリが関係しているかもしれません。
画面を閉じただけではアプリは終了しませんので、まず全てのアプリを終了させてください。
指紋認証のタッチボタンをダブルクリックします。
バックグラウンドで動いているアプリが表示されると思います。
動いているアプリを全て指で弾き飛ばして、終了してみてください。

それが終わったら、iPadを再起動してみてください。

それでも治らない場合は工場出荷時に戻す必要がありますが、バックアップが取れないと、全てのデータが失われてしまいますから、icloudを使う必要があるのですが。

もう一つバックアップを取る方法として、PCにバックアップデータを残すやり方なんですが、Windowsの場合、私はやった事が無いので、アップルに問い合わせる必要があります。

初期化する前に、バックグラウンドで動いているアプリを終了して、再起動、これで治れば良いんですけどね。

もう一つの確認方法として、スマホはお持ちですよね?
スマホでYouTube音源を聴いてみてください。
一番感度の良い、SE535Ltdで聴いてみてください。
おそらく音飛びは確認出来ないと思うんですけども。

iMac、iPadで同じ音源を聴いて、どちらも音飛びは確認出来なかったので、YouTubeにアップロードされている音源はまともだと思うんですよね。

2022/9/9 08:51  [2265-6187]   

tam-tamさん。

ご紹介いただいた音源、私のYouTube検索では出てこなかったです。
この音源、音飛びはなさそうです。ちゃんとの確認はこれからですが。
iPadで録音してみましたので、あとからオーディオで音量や音質など確認してみます。

私の検索で出てきた、音飛びがある音源はこれです。
https://m.youtube.com/watch?v=B0AYtA7L48
Y

tam-tam-さんのiPadで聴いて、音飛びがあるか確認してみてください。
そちらでも音飛びがありましたら、原因はiPadではなく音源ということになると思います。
10秒ごとにと書きましたが、再生時間の10秒ごとではなく、最初に音飛びが生じてから10秒ごとです。
最初の音飛びは、前奏から歌に入ってわりかし早くに出てきます。

2022/9/9 11:17  [2265-6188]   

すいません、ちょっと寝落ちしてました(^^;;

<私の検索で出てきた、音飛びがある音源はこれです。

まず、iMacの方で確認しましたが、音飛び、というか何もなかったです。

iPadで聴いてみると、音飛びではありませんが、なるほど、定期的に違和感を感じますね、
(音は流れたままで、飛ぶとか切れるとかはないですが、微妙な変化は確認出来ました。)

という事は、アップロードしてある元音源はまともですね。
対応しているブラウザのコーデックに合わせて、YouTube側で、圧縮するので、YouTubeの方の問題で、ちちさすさんの所有している、iPadは大丈夫だと思います。

10年以上前からiPhoneを使っているんですが、バッテリーのケアとか随分と変わりました。
昔は使ったアプリはタスクキル(アプリの完全終了)を小まめにした方が良いとされてきました。
でも、今ではタスクキルはするな、と。
マルチタスク画面で確認出来るアプリは動いている訳ではないので、バッテリーは消費しないよ、と。

Macでも、電源は入れっぱはしで、ずっとスリープで使っているんですけど、
今のiMacも同じで電源を落とす事は基本しないんですが、時たま再起動するくらいですね。
YouTubeに限った事ではないんですが、音声が早送り再生みたいになってしまう事が時々あるので。
アプリを終了して、再度起動するだけで直る場合もありますし、再起動しないと直らない場合もあります。
OS自体を再インストールしないと駄目という事はほとんど無いです。

iPadOSが直近でアップデートされましたが、このタイミングで、内部のファームウェアも書き換えられるので。

ご紹介頂いた音源は、iMacのYouTubeで聴いた場合、適切と思われる音量で再生されましたが、iPadのYouTubeアプリで聴いたら、随分と大きい音量で再生されました。
なので、iPadのYouTubeコーデックは、iMacで対応しているopusではないですね。
おそらく、ノートPCでFireFoxだとまともな音源が再生されると思います。
ノートPCの方で音声抽出出来れば良いのですが。

2022/9/9 14:13  [2265-6189]   

ちちさすさん

このお返事がまだ、でした。

<これはGarageBandでなんとかなると思ったんですけど、少し、調べる時間をください。

左チャンネル、右チャンネルの入れ替えはGarageBandでは出来ないそうです。
Appleのサポートセンターに問い合わせていました。

遅くなって申し訳ないです(^^;;

2022/9/9 15:30  [2265-6190]   

ちちさすさん

ストリーミング配信で探している最中ですが、

こういう、パチンコ、パチスロ専門サイトでも機種が古くて無いので、難しいかもしれませんね。
[スロ&パチ楽曲を大量配信!]777パチガブサウンド
https://p-gabu.jp/playlist?company_seq=3
9


それにしても良い曲ですねー、
もうこのレベルのオリジナル曲はパチンコでは出てこないでしょうね(^^;;

2022/9/9 15:56  [2265-6191]   

見つかった!と思ったら、こんな画面が表示されてしまいました。

何かあったと思われます。

https://pachisong.com/?cat=123&page=
0

ここから、「花月/まりこ」を選択すると、
https://pachisong.com/blog-entry-315.htm
l


YouTubeだと、現在検索出来ている3種の楽曲だけだと思われます。

2022/9/9 16:05  [2265-6192]   

ちちさすさん

なんと、HMVにあるじゃないですか、オリジナルCD。

Mariko 花月|HMV&BOOKS online
https://www.hmv.co.jp/en/product/detail/
528555


これは売り切れって事ですかね?

メルカリでは購入可能です。

HMVと同じオリジナルCDですね。
(中古ですが状態は良いらしいです。)

https://jp.mercari.com/item/m69980263385

2022/9/9 16:20  [2265-6193]   

tam-tamさん。
ご紹介いただいた、私では検索できなかったYouTube音源の、HD1080pでない方をデジタルファイル化しました。
音量、音質バッチリです!(^^)
ありがとうございました。
HD1080pの方はやはり音量が小さすぎました。

で、音飛び音源をスマホで再生してみました。
我が家は2台のスマホを3人で使っているんで、どちらも個人専用ではないんです。空いてる方を使うやり方で。
今まではそれでじゅうぶんだったのです。
でも夫が仕事で1台使っていることが多く、子どもが高校生になって学校にスマホを持って行くようになったので、私が使えることが少なくなりまして。
昨日の夜、再生をしてみまして、iPadで音飛びしていた音源が、音飛びしていないことを確認。tam-tamさんのおっしゃる通りでした。
iPadだと、tam-tamさんは違和感と表現されてましたが、これやっぱりごく僅かな音飛びです。
CDのリッピングでも、ものによっては起こりますけど、それと同じ感じの飛び方をしています。変換の際になんらかの理由で起こっちゃうのでしょうかねぇ。

もうひとつのパチンコ楽曲で音飛びしていた曲も、スマホでは音飛びなく再生できましたが、こちらはやっぱり配信で買います。

2022/9/10 07:50  [2265-6194]   

花月のCDはAmazonでも扱っていたことがあるのですが、収録曲のうち花月のみ音声に映像付きなので、AmazonレビューにもCDプレーヤーでは再生できないとありました。花月以外の曲は音声のみなので再生できるそうです。

2022/9/10 08:17  [2265-6195]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)。

<音量、音質バッチリです!(^^) ありがとうございました。

「ありがとうございました」って、デジタルファイル化したのはちちさすさんですから(^^;;

私もちちさすさんから教えて貰った「画面収録」アプリ、活用させて頂いておりますので。
「画面収録」アプリでググっても、ちちさすさんが教えてくれた活用法を紹介しているサイトは無かったので、私も重宝しているんですよ。

<それと同じ感じの飛び方をしています。変換の際になんらかの理由で起こっちゃうのでしょうかねぇ。

これ、Appleのサポートセンターに問い合わせて聞いてみたんですが、こういう現象はフィードバックされてないようで、非常にレアなケースらしいです。
「音飛び音源」を違うデバイスで確認する人が居ないのか、
素直に別の音源を探しに行っちゃうのか、w
結果的にはYouTube側に問い合わせてくれ、と。
問い合わせられるかっちゅうねん、w。
デバイスに合わせて、コーデックを変えてるのは間違いないのですが、予め圧縮してあるのか、それとも送信時に圧縮かけてるのか、
私の予想だと、同じ、音源でも、opusコーデックだと普通に聴けて、m4aだと「音飛び」して聴こえる。
しかも、私とちちさすさんでは聴こえ方が違うと。
だとすると、送信時に圧縮しているのだと思います。

とりあえず、問題が解決出来て良かったです(^^♪

一応、動作不良を起こした時の対処法も聞いておきました。
今回はYouTubeで起こったので、仮にiPad側に理由があるとしましょう。
その時はYouTubeアプリを削除、そして一旦再起動、それから、削除したYouTubeアプリを再インストール。
これで、OKだそうです。
今回はYouTube側に問題があったので、何もする必要はありませんが。

<花月のCDはAmazonでも扱っていたことがあるのですが、収録曲のうち花月のみ音声に映像付きなので、AmazonレビューにもCDプレーヤーでは再生できないとありました。花月以外の曲は音声のみなので再生できるそうです。

HMVのサイトには何も書いてなかったので、再生できると思うのですけど。
メルカリでは、出品者に問い合わせてCDプレイヤーで再生出来るのか直接確認する事が出来ますよ。
リンクを貼ったページ、一番下のところに「ログインしてコメント」というのがあると思います。
「花月」の楽曲、あまりにクオリティーが良いらしく、今ではプレミア価値がついてしまって、ヤフオクとかだとかなり高いです。
メルカリに出品してあるのは送料が出品者負担となっているので、1,000円で買えるのでお得だと思うのですが。
配信で購入したら、多分AAC 256kbps相当の圧縮音源だと思うのですが。
国内のiTunesmusicが圧縮音源なので、
配信で購入されるのでしたら、圧縮音源なのか、リニアPCM相当の音源なのか、確認された方がよろしいかと(^^;;

2022/9/10 08:42  [2265-6196]   

動画が始まって2秒2のところから音声ファイルにしています 音声フォーマットも指定できます

tam-tamさん。

「画面収録」便利ですよね。ただこの機能は、録画が始まってから動画を再生するまでのタイムラグも録画されてしまいますし、動画が終わって終了させるのも手動ですので、停止ボタンを押すのが遅れてしまったら、遅れた分も録画されてしまいます。
なので私は録画した動画を音声ファイルに変換するアプリ「動画TO音声」で、最初と最後をカットしています。
添付の画像は、パチンコ楽曲の「キミノヒカリ」ですが、録画が開始されてから曲が始るまで3秒2ありますので、最初の2秒2はカットしています。
サムネイルみたいなところがスライダーなので、指で左側の区切りを動かしますと、わりに細かく開始の秒を指定できます。
終わりの方はいいタイミングで終了できたのでそのままにしてありますが、うっかり次の動画が始まってしまいそれも録画されていた場合は、終わりの方も秒指定でカットできます。
なので録画の時に神経を使わなくても良いです。

「動画TO音声」の便利なところはタグを付けてiTunesやDAPなどに反映させることができるのと、音声フォーマットを選べるところです。
AIFF、MP3、ALAC(拡張子m4a)、AAC(拡張子m4a)、FLAC、隠れてますがWAVも選べます。


配信で買おうと思っている曲が「キミノヒカリ」なのですが、ORANGE LINE RECORDSというところが配信サイトに提供してます。
サンキョーや藤商事などは自社が直接配信サイトに提供してますが、零細レコード会社とはいえ一般レコード会社のORANGE LINEがどうして配信元になっているのか謎ですが。
AAC-LC320kbpsなのでリニアPCMではありませんが、パチンコ楽曲ならこれで十分です。

2022/9/10 09:51  [2265-6197]   

花月のCDですが、基本的にこれはPCで再生するものです。PCではOSのバージョンが発売時期のものであれば、何の問題もなく再生できます。

通常のCDプレーヤーで音だけ再生できるのですが要件がありまして、CD-R再生に対応しているCDプレーヤーでなければなりません。
これは花月のCDの特殊な仕様ですが、4曲の収録曲のうち1曲だけ映像付きでこの曲の音声が映像と紐付いているからのようです。
他の3曲は普通のCDと同じように再生できるそうです。

いっとき、ラジカセやコンポ、単品オーディオも、CDはほとんどCD-R再生対応でしたが、その時期よりも前の製品は対応してませんし、現在の製品も非対応になっているものが多くなりましたね。
またCD-R対応であっても、音声がプレーヤーのソフトウェアで処理できないと、再生できません。
こういう点の注意書きはほとんどないと思います。これは発売からかなり年月が経っているから生じている問題でありまして、発売したときは発売時期に現役のPCやオーディオ製品で再生できるかで判断されますから、発売時のPCで再生でき、発売時のオーディオ製品で音声の再生ができたなら、注意書きはないですし、後の人たちがこの注意点に気づかない限り、中古商品としての注意書きにも記載しないでしょう。

2022/9/10 11:16  [2265-6198]   

ちちさすさん

こんばんは(^^)。

今日は珍しく外に出ていたので、すぐにレスが返せませんでした。
いやー、過ごしやすいどころじゃないですね、めちゃくちゃ暑いじゃないですか(^^;;
久しぶりに試聴に行こうとも思ったんですが、熱中症で倒れそうなので、やめちゃいました、w
さすがにこの暑さで満員電車に乗る気にはなれませんねー( ̄▽ ̄)←だから社会不適合者なんだよ、w

<「画面収録」便利ですよね。

このアプリ自体は知ってましたね(^^;;
iPhoneで、w
「スクリーンショット」、画面を写真化するアプリがあるじゃないですか。(アプリじゃなくて機能だ、これは、w)
それの動画版だと思っていたんですねー♪( ´▽`)。
なるほど、操作しているところを録画出来るのか、それなら口で説明するより伝えやすいかもね、と。
だけど、説明する相手が居ませんやね(*´-`)、悲しいことに、w
なので、iPadで「画面収録」アプリと聞いても全然ピンとこなかったんです。
仮に知っていても、「画面収録」アプリから、AIFFフォーマットのデジタル音源を作成するなんて、どう考えても私では辿り着けません。
頭が柔らかいですよね、ちちさすさんは。(褒め言葉です。)
柔軟性があると書いた方が、印象が良いですか?私は「柔らかい」という表現の方が好きなので。

「動画TO音声」というアプリはまるっきり知りませんでしたねー。
10年近くずっとiPhoneを使っているんですが、最新の入門書とか機能説明が書いてある書籍を買わないとダメですね。

「画面収録」と「動画TO音声」の組み合わせは素晴らしいですね、私も重宝しています。
ヒストリカルな録音だったら、CD買っても、ちちさすさんから教えて頂いた方法で音源を作成しても、クオリティー的に遜色ありません。
なんだったら、今回の「バイロイトの第九」みたいにCDで聴くより、良いまである。
これは本当に便利でいいですね。

<配信で買おうと思っている曲が「キミノヒカリ」なのですが、ORANGE LINE RECORDSというところが配信サイトに提供してます。
<AAC-LC320kbpsなのでリニアPCMではありませんが、パチンコ楽曲ならこれで十分です。

AAC 256kbpsでも、楽曲によっては、PCM音源と100%聴き分けるのは難しいですね。
比較して、当ててみよう、という聴き方をしないとわからないと思います。
ただ、思い入れのある楽曲であれば、メディアとして持っておいた方が良いと思って、メルカリのリンクを貼っただけですので(^^;;

とりあえず、お目当ての楽曲が見つかって良かったです(^^♪

2022/9/11 00:06  [2265-6199]   

<花月のCDですが、基本的にこれはPCで再生するものです。-以下、

うーん、HMVで「CD」として売っているのでCDプレイヤーで問題なく再生出来ると思うんですけどね(^^;;

私はレンタル店に「最高責任者」という立場で長い事居たので、この手のシングルCDは知ってます。
CCCD(コピーコントロールCD)もレンタルCDとして取り扱っていたので、その辺の経緯は良く知っています。

HMVにもCDエクストラ仕様と表記されています。
CDエクストラとはCD-DAの事で、おまけと言うか付録と言うか、PCで観る事の出来る動画だったり画像だったりが収録されているCDですね。

<AmazonレビューにもCDプレーヤーでは再生できないとありました。

この再生出来ないというのは楽曲ではなく、動画の事を指しているのだと思うのですが。

今では無くなってしまった8センチシングルCDの頃から取り扱っていますが、CD-DA(CDエクストラ)が再生出来なかった、という顧客の声を聞いた事がありません。

<いっとき、ラジカセやコンポ、単品オーディオも、CDはほとんどCD-R再生対応でしたが、その時期よりも前の製品は対応してませんし、現在の製品も非対応になっているものが多くなりましたね。

CD-Rが再生出来ないってのは理解出来るんですよ、レーザーの波長が違うので。
私も据え置き型3台とコンパクトCDプレイヤーを3台所有していましたし。

まあ、私も今のCDプレイヤーはほとんど知りませんし、使ってもいないので、最近の事情には疎いのですが。

CDにはコンパクトディスクっていう「ロゴ」があるじゃないですか。

CDコンパクトディスクマーク
http://www.extra-media.co.jp/cdmcr.html

CDエクストラではプラスマーク(+)がついているんですけど、基本、このディスクマークがパッケージにあるCDはオーディオCDプレイヤーで再生出来ます。
CCCDにはこのディスクマーク(ロゴ)がパッケージにありません。
海賊盤CDにも、このディスクマークがありません。

とにかく、新しい規格のCDがどんどん出ていた時期にレンタル店に居たので、CDショップが扱っているCDがCDプレイヤーで再生出来ませんでした、という苦情は無かったですね。
大概が傷や指紋による音飛びとかですね。
私自身は長尺録音のCDが再生出来なかった、という経験はありますけど。
レンタル店では、基本的に流行歌メインなので、74分を超えるCDというのが非常に少なかったです。

<これは発売からかなり年月が経っているから生じている問題でありまして、-以下

正直、私もCDエクストラとかは一つも購入した事がないので、持っていませんし、オーディオCDプレイヤーで再生した事がないので、わからないですね。
HMVで発売しているCDがCDエクストラであっても、再生は出来ると思うんですけど。
そうじゃないと、クレームが来ると思うので、単純な発想ですけど(^^;;

実際に購入して、ちちさすさんが所有しているCDプレイヤーで再生出来なかった場合、メルカリで購入してしまうと返品が出来ませんからね、

CDの過渡期にレンタル店で色々なCDを実際に扱っていた現場の意見ですが、15年以上昔の話になりますので、今では通用しないかもしれないですしね。

配信音源の方が、傷もつかないし、置く場所のスペースも要らないですから、便利かもしれません。

この問題は、もはや私が現場に居ないので、検証しようがありませんし、時代としても昔の事になってしまいますから、この辺で終わりにしましょう。

クラシック音楽の話に行きたいと思います(^^♪

2022/9/11 01:19  [2265-6200]   

カラヤンのフィンランディア

ちちさすさん絶賛のカラヤンのシベリウス「フィンランディア」も借りてきましたよ(^^♪
(1976年録音のCDです、図書館名が記載されている箇所は黒塗りしています。)

ん?この演奏、中学生の頃に聴いた事があるかも。
単なる勘違いかもしれないですけど、(曲は知っているので。)
ラジカセで必死にエアチェックしていた時期なので、ヘッドホンで聴くのは初めてなんですが(^^;;
小中学生の時期に聴いていた演奏って深く刻み込まれるじゃないですか、脳内に。
なので、なんとなくですが、
解像度が高いシステムで聴くと凄い演奏ですね(^^♪
最も私の場合、ちちさすさんほど演奏の凄さを理解出来ていない可能性があるので、危ういですけど、w
高解像度のヘッドホンで聴いてますが、この演奏の場合、キレがあるので、それなりに楽しめます。
と言うか、柔らかい音のヘッドホンより、現代的な高解像度のヘッドホンの方が私の好みかもしれません。

マーラーの第3番、アバド/ウィーン・フィルも届いております、インポート中です。
声楽が入っている楽章があると、バラバラになってしまうので、タグを編集しないといけません。
これ、ちちさすさんのベスト1のCDですので、非常にお得感があります、買おうか悩んでいたものなので。
ベスト2のシノーポリ盤もインポートしてあるので、
結果的にちちさすさんも購入を検討している、シャイー盤とちちさすさんが見つけてくれたバルビローリ盤の2つだけで、済みそうです、ありがとうございました(^^♪
ハイティンク/シカゴとハイティンク/ベルリンフィルはYouTubeで聴いて購入するのを見送る事にしました。
バルビローリ/ベルリンフィルが私の好みにドンピシャだったので、アバド盤とシノーポリ盤があれば、十分かな、と言う感じです。

第4番もアバド/ウィーン・フィルがオススメですか、ありがとうございます(^^)。
検索してみますね。
第4番もそこそこの音源を持っているので、ちちさすさんのベスト盤、アバド/ウィーン・フィルがあれば十分です♪

「巨人」「復活」第5番は今のところ、頭が欲してませんので、所有している音源があれば良いかなと、w

第8番は、そもそも聴かない曲なので、(良い演奏を聴いてないだけかもしれないですが、w)
楽しいと思える時が来たら相談します。

第7番、これは多分、1番演奏評価の揺れ幅が大きい作品かな、という印象ですね。
(書籍資料を見ても、サイトを見ても、推薦盤がバラバラなので。)

第6番、ザ・マーラーという感じの曲なんですが、w
これだけ聞いてもいいですかね?
ちちさすさんの愛聴盤はなんでしょう?

私が図書館から借りて、インポートしてあるCDは、
カラヤン/ベルリンフィル
シノーポリ/フィルハーモニア
の2つだけですね。

レスが遅くなってしまい申し訳ありませんでした(^^;;


2022/9/11 02:06  [2265-6201]   

tam-tamさん。

クラシック音楽の話題でないのであんまり長引かせてもとは思うのですが、HMVについてひとつ思い違いがあるようなのと、花月のCD自体CD-DAのコンパクトディスクではないですので、やっぱり書いておきます。

この花月のCDは非売品として制作されたものであって、市販品ではもちろんないですし、メーカー直販CDでもないんです。
つまり、プロモーションで使ってもらうために関係者に配るだけのもの。なので新品は小売店が販売することができません。法律で禁じられています。
プロモーション用途なのでもちろん定価もオープン価格もありません。
なので本来はHMVでは新品で販売することはできません。tam-tamさんが見つけられたHMVページ、これは未開封中古だと思われます。
ご存知と思いますが、今はHMVも古物業免許を取得し中古CDを販売していますが、以前は中古をやっていませんでした。なので、免許を取得するまでは一般には入手できない非売品CDや完全廃盤の未開封品を新品と同列に販売していたのです。
tam-tamさんが見つけられたページはその当時のもので、付いている価格は相場を勘案した言い値みたいなもの。
このページを日本語サイトに移動させるとトップページに行ってしまいますが、旧システムのページは削除していないと思われます。もっとも当時から「Cannot Order」になっているみたいですが。

で、本題ですが、プロモーション用途なので、コンパクトディスクのロゴは制作側(パチンコメーカーなので本職でない)の認識不足でつけてしまったのでしょう。
そもそもCD-DA以外のデータ(映像)が入っていたら、通常のコンパクトディスクのロゴは付けられません。
CD EXTRAであれば「コンパクトディスクプラス」後に「コンパクトディスク+」に変わりましたけど、そのロゴを付けるのが正しいわけですが、この花月のCDはCD EXTRAでもないようなのです。
つまりCD-Rと見られるのです。
以前、夫が尊敬してやまないアーティストである原田真二さんのアルバムが再発売された時に、CD-DAからCD-Rに変わったのですが、この一例だけでなく、当時、CD-Rで制作することは珍しくなかったのです。
歌(音声データ)以外に映像も加えるとなるとCD-Rの方が圧倒的に簡単ですし、制作費用も安くできます。当時はラジカセなどの安物プレーヤーでもCD-R対応でしたから、プロモーション用としては当然の選択だろうと思うのですが、問題なのはコンパクトディスクのロゴを付けたこと。CD EXTRAでもないのですから、なんのロゴも付けちゃいけないのに、まあ制作した人の認識不足なんでしょう。
著作権を確定させるためにJASRACに曲を登録したのも、誤認識の一因かなと、これは私の推量ですけど。

ということで、クラシック音楽のお話に戻ります。
マーラーのお題ですね。
私はマーラーは分かりやすい演奏が好みですので、インバルやシノーポリをよく聴きますが、第3番までは分かりやすいが第一でなくても良いですよね。

2022/9/11 08:00  [2265-6203]   

マーラーの第3番はいろいろ聴いた末にアバドに落ち着いてますけど、私がアバドを良いと思うのは1980年前後だけです。
アバドは大病してからものすごく細かい演奏になってしまい、しなやかな感じがなくなってしまいました。マーラーの第3番と第4番はアバドがもっともしなやかな演奏をしていた頃のもので、そのしなやかさを十二分に感じきってくれたオケがウィーンフィルです。
当時シカゴ交響楽団とも第6番や第7番を録音していますが、ウィーンフィルのと比べてみますと私は固い演奏に感じてしまいます。

第6番「悲劇的」は、マーラーの交響曲の中ではもっとも古典的形態と言われてまして、それはその通りだと思いますけど、中身はかなり複雑で、やっぱり分かりやすい演奏で聴きたいです。
なのでインバル/フランクフルト放送交響楽団が一推しです。バーンスタインはこの曲はちょっとやりすぎ感あります。冒頭のテンポは私が知っている中では一番ビュンビュン飛ばしてます。そのあとも混沌として整理しにくい演奏です。
シノーポリも良いですが、第1楽章に編集痕跡がハッキリあるのと、シノーポリの本領は第2楽章と第4楽章で、第1楽章と第3楽章がもうちょっと欲を言いたいところあり、って感じです。
私はインバルの演奏が「これよね!」という感じでハマったので、他そんなにいろいろは聴いてません。でもラトル/バーミンガムはおすすめしておきます。
というのもですね、第6番は第2・3楽章問題があるじゃないですか。スケルツォ楽章とアンダンテ楽章、どっちを第2楽章に持ってくるか、指揮者によって異なるという。
私的には、アンダンテを第2楽章に、スケルツォを第3楽章に持ってくる方が好みなんです。
インバル、シノーポリ、バーンスタインは3人ともスケルツォ、アンダンテの順番ですが、ラトルはアンダンテ、スケルツォの順をとってます。
これがけっこう良いんですよ。プログラム再生で第2と第3を入れ替えればいいんじゃない?という単純なものでなく、この順で演奏されている意味が分かるのがラトルです。

まだご相談されないという第8番ですが、余計なお世話で触れておきます(笑)。
バーンスタイン/ウィーンフィルの1975年8月30日のザルツブルグライヴ一択です。まったく飽きずに聴き通せる唯一のものです。

2022/9/11 08:34  [2265-6204]   

ちちさすさん

おはようございます(^^)。

暑いんだか、涼しいんだかわかりません、まだ布団の中で冷房つけてるので、w

<HMVについてひとつ思い違いがあるようなのと、花月のCD自体CD-DAのコンパクトディスクではないですので、やっぱり書いておきます。

<ご存知と思いますが、今はHMVも古物業免許を取得し中古CDを販売していますが、以前は中古をやっていませんでした。

全然ご存知ではないです(^^;;
私はクラシック音楽CDは主に秋葉原の石丸電気、渋谷のタワーレコードを利用しておりましたので。
(後はお茶の水のディスクユニオン、クラシック館かな、)
HMVの店舗にはほとんど行った事がありません。

花月のCD、非売品だったとは、こちらももちろん知りませんでした。

<で、本題ですが、プロモーション用途なので、コンパクトディスクのロゴは制作側(パチンコメーカーなので本職でない)の認識不足でつけてしまったのでしょう。

これはちょっといけませんね。
トラブルの元になります。

<CD EXTRAでもないのですから、なんのロゴも付けちゃいけないのに、まあ制作した人の認識不足なんでしょう。

制作側の認識不足もありますが、「CD」として紹介しているHMVもいけません。

花月のCDに関しては、制作背景など、何も知らずにつらつらと書いてしまいました、
申し訳ありません。
ちちさすさんがちゃんと説明してくれなかったら、私は嘘を書いていた事になってしまうので。
詳しい情報提供、ありがとうございました。
(読んでいて不快を与える文章を書いてしまった事、反省しております、すみませんでしたm(__)m。)


<私はマーラーは分かりやすい演奏が好みですので、インバルやシノーポリをよく聴きますが、第3番までは分かりやすいが第一でなくても良いですよね。

いや、もう何番でも、大丈夫ですので、
第3番もシノーポリ盤で聴いていて、曲の良さがわかりましたし、(ちちさすさんのアドバイスの賜物です。)
マーラーの第6番、ちちさすさんの愛聴盤ですね(^^♪
客観的評価は所有している書籍、参考にしているサイトの情報で十分ですので(^^)。

2022/9/11 08:37  [2265-6205]   

あ、ひとつ返信しておきます。

>「画面収録」アプリから、AIFFフォーマットのデジタル音源を作成するなんて、どう考えても私では辿り着けません。
>頭が柔らかいですよね、ちちさすさんは。(褒め言葉です。)

ありがとうございます(笑)。
しかしですね、これは夫と2人で考えたから導けたのですよね(^^;)
どっちか1人だけで考えたらちょっと無理かな?
顔を突き合わせて、あーでもない、こーでもない、ああしたら良いかな?、こうしたら良いかな?と延々と思ったことを言い合ってるうちに、良いアイデアって出てくるんです。

これに限らず、うちはなんでも2人で相談です。何か買う時も、例えばオーディオ製品とか、カメラ関係とか、生活家電とかでも、これがいいと思っていたのを提案して話していくうちに、もっと良いものを見つけることができたり、気づかなかった問題点が分かったり、欲しいと思った本質に立ち返ってやっぱり買わなくていいや、となったり。
特に最後のが重要で、夫婦で話すことで、結果的に無駄な買い物、失敗の買い物を防いでいるんですよ。

2022/9/11 08:53  [2265-6206]   

送信した途端にちちさすさんからの追加レスが(^^;;

おー、私のレスがサンドイッチになってなくて良かったです。

<第6番「悲劇的」は、マーラーの交響曲の中ではもっとも古典的形態と言われてまして、それはその通りだと思いますけど、中身はかなり複雑で、やっぱり分かりやすい演奏で聴きたいです。

古典的、ですね、構成だけ見るならば。
第9番も構成だけ見れば古典的交響曲です。

<なのでインバル/フランクフルト放送交響楽団が一推しです。

マーラーのインバル盤が図書館に在庫がないのです(^^;;
あ、ちちさすさん一推しの第4番のアバドも在庫がなかったです、残念( ´Д`)y━・~~

<他そんなにいろいろは聴いてません。でもラトル/バーミンガムはおすすめしておきます。

ラトル/バーミンガムかあ、
ラトルはベルリンフィルでの演奏より、バーミンガムでの演奏の方が良いものが多いという印象ですね。

<というのもですね、第6番は第2・3楽章問題があるじゃないですか。

私はどちらかと言うと、第4楽章でのハンマー問題の方が気になります、w

<ラトルはアンダンテ、スケルツォの順をとってます。これがけっこう良いんですよ。

なるほど、勉強になります(^^♪
ラトル/バーミンガムが図書館にあれば、借りてきますね。

<まだご相談されないという第8番ですが、余計なお世話で触れておきます(笑)。
バーンスタイン/ウィーンフィルの1975年8月30日のザルツブルグライヴ一択です。

あらー、PCに入ってますね( ̄▽ ̄)。
第10番と一緒に収録してある盤ですよね。
これは多分、聴いてないと思われます。

<まったく飽きずに聴き通せる唯一のものです。

と言うことは、ちちさすさんでも、第8番はあまり積極的にお聴きにならないと(^^;;
マーラーはこの第8番、自画自賛してますけど、どうもね「傑作」とは思えないんですよね、w
「千人の交響曲」
インパクトは絶大なんですけどね、表題だけは、w
やっぱり、聴いていて途中でつまらなくなってしまうんですよねー。

せっかくPCにバーンスタイン盤が入っているので聴いてみますね(^^)。
ありがとうございます♪

色々と教えて頂きありがとうございます(^^♪

早朝からの書き込み、ありがとうございました。
素敵な週末をお過ごしください☆☆

実際は日曜日が週始めらしいですけど、w
これも深く考察すると色々とややこしいですねー(^^;;

週の始めは何曜日なのか?
https://www.stat.go.jp/library/pdf/minig
ougai01.pdf

2022/9/11 09:27  [2265-6207]   

あらら、サンドイッチになってしまった(^^;;

私の返信がいけませんね。
何処に行く訳でもないので、もっと余裕をもってレスすれば良いものを何を焦っているのだ、w

<ありがとうございます(笑)。
しかしですね、これは夫と2人で考えたから導けたのですよね(^^;)

一人でも二人でも一緒ですよ、w

お互いがお互いを尊重し合ってる、そんな感じが致します。

仮に私にパートナーが居たと仮定しましょう。←同じ表現の言葉がダブってますね、笑。
無理です♪( ´▽`)、w

あーでもない、こーでもないと言い争っているうちにやがて大戦争へと発展していくのです、w

まあ、良くある話ですが、結局は私の方が納得いかないまま、折れざるを得ない、
そんでもって潔く謝ると、人の話を聞いてないからと怒られる、w
私が悪いのか、相手が悪いのか、知りませんが、こんな展開にしかなりません( ̄▽ ̄)。

パートナーが誰でもそうなるのか、というとそうでもないので、

あ、昨日下書きしておいたものも、書いておきますね。

以下、昨日の下書きから:

そうそう、試聴に行こうと思ったのは理由がありまして。
自分が聴きたい、その為でもあるんですが。

以前、後続機の質問してたじゃないですか。
それが縁で、今もこうして交流がある訳ですけれど。

HD650は、HD650のままで良いと思うんですよね。
価格改定もされてますし、今後5年は大丈夫かな、と。
それとCD900STみたいに全てのパーツが入手可能なので、パーツを交換すれば直せるんですよ。
なので、HD650に関しては、例え万が一の場合があっても大丈夫ですね。

K702もHD650と同じく、大丈夫でしょう。
いきなり販売終了とはならないと思いますし、ちちさすさんもK702からK812への乗り換えも検討されていますし。

問題はアルバナライヴ!です。

購入されてから随分と経つでしょう、と言うか一番最初に買ったヘッドホンですよね。
現在のコンディションは如何でしょう。

私がアルバナライヴ!の後続機としてあげたヘッドホンはどれも高過ぎるのかな、と。

今月は暇なんですが、10月からはあまり外に出られなくなります。

クチコミにも書いたんですけど、イヤホンの価格改定でちょっとしたゴタゴタがありまして(^^;;

急激な円安で、どのメーカーのヘッドホンもいつ値上がりしてもおかしくない状況なんですね。

なので、今発売されていて、相談の試聴時にはまだ聴いてないヘッドホンを聴いておきたかったのです。

HD300PRO、
SRH840A、SRH440A
この辺りのヘッドホンが2万円くらいで購入出来るので、価格的に適正かな、と思いまして。

他にも密閉型ヘッドホンの新製品が随分と出ておりまして、
もう一度、モノラル音源を気持ち良く聴けるヘッドホンを再確認したかったんですね。

ちちさすさんご所有のLUXMAN P-1uで聴いちゃうと、どうなるのかわからないのですが。

アルバナライヴ!では、モノラル音源以外にも、ポピュラーミュージック鑑賞にもお使いのようですから、これらの楽曲も楽しめるヘッドホンがあるか私としても気になっていたものですから。

まあ、これもお節介な話ではあるんですけどね(^^;;

2022/9/11 10:09  [2265-6208]   

ちちさすさんの文章について考察、説明してみよう:←大丈夫か、オイ、w

<第6番は第2・3楽章問題があるじゃないですか。スケルツォ楽章とアンダンテ楽章、どっちを第2楽章に持ってくるか、指揮者によって異なるという。
私的には、アンダンテを第2楽章に、スケルツォを第3楽章に持ってくる方が好みなんです。
インバル、シノーポリ、バーンスタインは3人ともスケルツォ、アンダンテの順番ですが、ラトルはアンダンテ、スケルツォの順をとってます。
これがけっこう良いんですよ。プログラム再生で第2と第3を入れ替えればいいんじゃない?という単純なものでなく、この順で演奏されている意味が分かるのがラトルです。

現在、クラシック音楽のレコーディングにおいて、昔みたいな大掛かりなセッション録音というのは、余程でない限り、行われません。
(金銭的余裕があるレーベル、レコード会社だけだと思います。)

コンサートで演奏されたものをライヴレコーディングして、編集して、音源化する、という感じですね。

では、仮にセッション録音でCD化された演奏があるとしましょう。(マーラーの交響曲第6番としましょうか。)

第一楽章から第四楽章まで、通しで演奏されたものをそのまま音源化してしまう、という事はほとんどないと思います。

第一楽章は何月何日に録音したものが出来が良いからそれを使おう、
第二楽章は何月何日の録音を使おう、とか、大体そんな感じになります。

じゃあ、第二楽章と第三楽章をCDプレイヤーのプログラム再生機能を使って入れ替えて聴いても同じでは?と思う人も多いでしょう。

指揮者というのは作品全体の構成をまず考えます。

第二楽章をスケルツォにするか、緩徐楽章にするか、これをまず決めないといけません。

第二楽章にスケルツォを配置した場合と、緩徐楽章にした場合では、第一楽章をどう演奏したら良いか、この解釈が違ってきちゃうので、単純に第二楽章と第三楽章を入れ替えれば良いとはならないんですね。

第二楽章がスケルツォの場合、第一楽章のテンポはどうするか、
第二楽章が緩徐楽章の場合と同じ解釈、テンポで演奏する指揮者はほとんど居ません。
作曲者が指示したメトロノームのテンポで演奏すれば良いではないか、という事にはなりません。
私は単純にテンポと書いてますが、同じ演奏タイムでも早く聴こえる演奏と遅く聴こえる演奏があります。
まさにここが指揮者の腕の見せ所なんですが、第二楽章が早い楽章の場合と緩やかな楽章とでは、第一楽章の表現の仕方が違ってきちゃうんです。
当然、その後に続く、第三楽章、第四楽章まで、違ってきちゃいます。
最初から最後までの一連の流れ、構成力が問われるのが指揮者という仕事なのです。

私は大雑把に書いているので、後からちちさすさんの方で、補足説明をしてくれるでしょう。
(本音は、「またいい加減な事書いてるなー、コイツは」と、w なのでビクビクなんですね、w)

2022/9/11 14:00  [2265-6209]   

tam-tamさん。

考察は概ねそんなんで大丈夫です(^^)
平たく言っちゃえば次の通りです。
マーラー6番のスケルツォ楽章で言えばですね、第2楽章に置いた場合と第3楽章に持ってきた場合とで、同じ音楽解釈・演奏をすることはない、ってことです。
アダージョ楽章も同じ。第3楽章にした場合と第2楽章にした場合とで、同じ音楽解釈・演奏にはなりません。


以前にカラヤン/フィルハーモニア管弦楽団とのベートーヴェンなどの協奏曲録音で、私の評価が2段階昇進したギーゼキングのことを書きましたけど、これはつまり、以前の評価は低かったということです。
低い評価をしてたのは、ギーゼキングの代表録音とも言えるモーツァルトのピアノ・ソノタ全集のうちの1枚を聴いてです。
有名な第11番の入っていた1枚を借りて聴いたのですが、まあ、当時の私は気に入らなかったのでしょうね。
その当時の私って、大学を卒業してまもなくくらいだったと思うので、それから20年近く経って聴き方も変わってますし、ギーゼキングの個人評価も上げましたので、モーツァルトも違った感覚で聴けるかな?と思って、profilが復刻したEMIへの「モーツァルト・ピアノ音楽全集」を買ってみました。

当時の私が「たいしたことない」と評価した理由をハッキリ思いだしました。
ギーゼキングは即物主義と言われたピアニストで、確かにその良さはあるんですけど、この人は弱音に対してのデリカシーがかなり足りないんですよね。
同じく即物主義のバックハウスが弱音のデリカシーに溢れているのと対照的です。私はここがものすごく不満だったんですね。そしてモーツァルトの全集は、今聴いても不満です(^^;)

ギーゼキングの以前買ったドビュッシーやラヴェルは、良いと感じてたんですよね。私の贔屓であるカサドシュと比べると面白味はないんですけど、これはこれで良いなって。
でもよく考えますと、ギーゼキングのドビュッシーもラヴェルも弱音のデリカシーはないんですよね。イメージ的には弱音のデリカシーがないと成り立たないような曲ですけど、ギーゼキングはそれがなくても曲を引き立たせる術を持っていたってことです。

ベートーヴェン(EMI)やバッハ(DG)の録音もありますけど、モーツァルトがこれでしたら、買わなくてもいいや(^▽^;)

2022/9/13 07:33  [2265-6214]   

<考察は概ねそんなんで大丈夫です(^^)

上記の文章だけなら、私は幸せでした。
私が長々と書いたものを、3行にまとめられちゃうとねー(*´-`)、w

<以前にカラヤン/フィルハーモニア管弦楽団とのベートーヴェンなどの協奏曲録音で、私の評価が2段階昇進したギーゼキングのことを書きましたけど、これはつまり、以前の評価は低かったということです。

あー、2階級特進したという、w

<大学を卒業してまもなくくらいだったと思うので、それから20年近く経って聴き方も変わってますし、ギーゼキングの個人評価も上げましたので、モーツァルトも違った感覚で聴けるかな?と思って、

これは私でも予想はつきますよ、多分変わらない、と( ̄▽ ̄)。
だって、モーツァルトでしょ。
詳しくは知らないですけど、10代前半で聴いちゃっていると思うので、モーツァルト。

<そしてモーツァルトの全集は、今聴いても不満です(^^;)

そりゃ、そうなるでしょう、w

モーツァルト弾きと言えば、
リリー・クラウス、クララ・ハスキル、内田光子さんあたりがパッと出てきますが、ちちさすさんでしたら、聴いてると思いますし、未聴のものがあっても、脳内変換出来ると思うので。

グルダの全集は聴いてます?
私からは、グールドの全集をお勧めしておきますよ♪( ´▽`)、w
11番はなんやかんや言って、私はハマりましたので、w
これね、買わなくても、「例」の方法で、AIFFフォーマットの音源化出来ますからね、w
私は自腹でベートーヴェンのピアノ・ソナタ選集を購入したので、ちょっとキレましたけども、w
モーツァルトだったら、なんとなく楽しめそうな感じがします。
「弱音のデリカシー」はありますんで、グールド。

<ギーゼキングの以前買ったドビュッシーやラヴェルは、良いと感じてたんですよね。

ドビュッシーと言うと、ミケランジェリの演奏は聴いてます?
ミケランジェリはお好きではない?
私はそもそも、ドビュッシーが苦手です、w
多分、クラシックの作曲家の中で一番かもしんない(*´-`)

<私の贔屓であるカサドシュ

困るなあ、ひらがなで書いてくれないと( ̄▽ ̄)、w
マジで読めなかったです(^^;;
恥ずかしいなあ、もー、w

<ベートーヴェン(EMI)やバッハ(DG)の録音もありますけど、モーツァルトがこれでしたら、買わなくてもいいや(^▽^;)

ギーゼキングのベートーヴェンは買わなくて良いですよ。
グールドの選集買って聴いてみて下さいよ、w
23番「熱情」が収録されている方で良いですから。
これは自腹で買って欲しいなあ、是非。
多分、キレると思うんですよねー、w
(ちちさすさんもベートーヴェン好きなので。)

2022/9/13 10:02  [2265-6217]   

モーツァルトのソナタは早くに内田光子さんの演奏に出会えたので、良いもの探しみたいなことはあまりしてません。気になる演奏家が録音してたらそれを買うみたいな感じで、1枚のアルバムとして録音したものの方が多いです。
全集買いは内田光子さんのがすごく良かったのですが、そのあとピリスとアラウで失敗したのでもう全集は買わないつもりだったのにギーゼキングを買ってやっぱり失敗。学習しませんね、私(^▽^;)

クラウスはコンサートホールの録音が良かったですが、ソナタ全集(ステレオの方)はちょっとやっつけ仕事みたいな印象で、バラでも買おうという気まではなりませんでした。モノーラルの方は聴いてません。
ハスキルはソナタ録音は非常に少なく、正規のは第2番と第10番だけだと思います。これは持ってます。

グルダのは協奏曲は持ってますがソナタは聴いたことがありません。
私的にはグルダのベートーヴェン演奏が、「考え抜かれた中庸」て感じで、モーツァルトのソナタだとどうなのかな?
私はピリスの演奏があんまり好みでなかったので、同系統のグルダには手を伸ばしてませんでした。
グールドは、後ほど聴いてみます。

ミケランジェリのドビュッシー。
ドビュッシーはミケランジェリのレパートリーとしてはかなり異色な作曲家だと思いますが、どんな評を読んでも、カサドシュやフランソワのような芸術系の演奏ではなさそうなので、縁がないと聴かないと思います。
ギーゼキングの即物主義系も良いですが、ドビュッシーは芸術系で聴くのが好みです。

2022/9/13 16:20  [2265-6218]   

<モーツァルトのソナタは早くに内田光子さんの演奏に出会えたので、良いもの探しみたいなことはあまりしてません。

早くに内田光子さん?

あ、そうか、そうか、自分の歳で考えていました、w
生まれたのが、一回り違うんだ、(旦那様と同じ干支でした、w)
全集が内田光子さんのが最初かはわかりませんけど、10代前半あたりで、良いものと出逢えてしまってる。
私はモーツァルトは有名曲ばかりで、どのジャンルも全集としては買ってないです。

ベートーヴェンで話した方が伝わると思うので。
最初のピアノ・ソナタ全集がバックハウスだったんですよ。
私が10代の時、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集と言えば、バックハウスは神格化されていました。
ところが現在ではどうでしょう。
バックハウスはベートーヴェンのピアノ・ソナタを語る上で、必須科目みたいな存在ですが、ファーストチョイスでバックハウスの全集を選ぶ人は随分と減ったような気がします。
それどころか、全盛期を過ぎた頃の録音なので、「テクニックが、」とか、批判的な事も昔と比べると、堂々と言えるようになっている、と言う印象です。
ポリーニの全集が出た時には、「テクニックは一流だが、内容は無い無機的な演奏」とか散々でした。
(全員が全員ではないですよ、もちろん。ちゃんと評価している人も居ました。)
私は天邪鬼な性格なので、定番の3大ソナタと後期3大ソナタを買ってみて「そうか?」「普通に聴ける演奏なんだけど」などと思っていましたけども、w
ベートーヴェンのピアノ・ソナタはバックハウスで覚えた影響もあって、批判的な事を書かれても、なんとも感じません、「勝手に言ってろよ。」ってなもんです。
全集は、シュナーベルとケンプのステレオ録音だけ、後から購入しましたが、それだけですね。
もちろん、一枚ものは色んなピアニストの盤を持ってますけど。
やはり、最初に聴いたバックハウスの演奏が私の中で、「軸」になってしまっている。
無論、バックハウスより好みの演奏に出逢う事もある訳ですが、だからと言ってバックハウスは過去の人、にはなりません。
なんとなく、モーツァルトのピアノ・ソナタ全集も、ベートーヴェンと同じように、自我が確立していない若い時期に良い演奏を聴いてしまっていると思ったんですよ。

<気になる演奏家が録音してたらそれを買うみたいな感じで、1枚のアルバムとして録音したものの方が多いです。

私のベートーヴェンのピアノ・ソナタと同じですよね。
だから、なんとなくですが、お気持ちはすごくわかるし、そうなるよね、って感じですねー。

<学習しませんね、私(^▽^;)

これ、書かなくていいと思うんですけど(^^;;
こういうの書かれちゃうと、私は何も書けなくなってしまうので( ̄▽ ̄)、w

<私的にはグルダのベートーヴェン演奏が、「考え抜かれた中庸」て感じで、モーツァルトのソナタだとどうなのかな?

私は、モーツァルトのピアノ協奏曲、グルダの演奏が図書館にあったので、在庫があるのは全部借りましたけれど、悪くはなかった印象です。
ピアノ・ソナタは聴いてないのですけど、「全集」として、名盤扱いされているのが多いので、「聴いてます?」と書いたのですけどね(^^)。
内田光子さんの全集で育ってきちゃてるので、これがひっくり返ることはないと思うのですが、どうなんですかね。
中古で激安で買えるなら、そこそこ楽しめるのではないか?と勝手に思っているのですけど(^^;;
(ちちさすさんは厳しいからなあ、w)

<グールドは、後ほど聴いてみます。

と言うことは何番も聴いてないのですか。
「例」の方法で聴かれるのですよね、もちろん、w
まず、定番の11番から、聴いてみてください。
おそらく、最初は抵抗