縁側 > その他 > 日出づる処の天子
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す

聖徳太子さまは今頃何をしておいででしょう?
キントーンならお会いすることが叶うかも知れませんね。

縄文時代より日本は豊かな自然に囲まれ戦争のない自由と平等と自然を神様として平和な日々を送ってました。
(縄文文明)

弥生時代は戦争難民が大勢移住して人口が膨れ上がりました。
水耕栽培もそのころ始まり、増えた人々の胃袋を満たしました。

仁徳天皇は民のため多くの政策を実行。
土木工事で水路を大阪湿地帯で行い稲作耕地を庶民に与えました。
そのころの土木工事の跡が多く存在します。

そして現代の大阪・日本があるのですね。

  • 日出づる処の天子の掲示板
  • 日出づる処の天子の伝言板
  • 日出づる処の天子の投稿画像
日出づる処の天子の掲示板に
日出づる処の天子の掲示板に新規書き込み

■日帝に強制動員された安懐南の自伝的小説『炭坑』初公開
http://www.chosunonline.com/svc/view.htm
l?catid=71&contid=2020011080176


◇日帝強制動員記録文学の嚆矢(こうし)…生き地獄のようだった炭鉱生活を描写
◇図書館に散在していた連載分に解題を付け、『近代書誌』を通して公開

■日帝時代末期に強制動員された小説家・安懐南(アン・ヒナム)=1909−?、小さな写真=が自らの徴用経験に基づいて光復直後に執筆した自伝的小説『炭坑』が、初めて公開された。

↑安懐南が1945年から47年まで、雑誌『民声』において14回にわたり連載したこの小説は、これまで国立中央図書館や延世大学・高麗大学の大学図書館などに保管されていた。

ーーだが、原本の状態が良くなくて図書館で公開しなかったり、連載分が散在していたりしたため、小説全体は読むことができなかった。

■延世大学国学研究院のシン・ジヨン教授は、最近発刊された『近代書誌』第20号を通して、解題と脚注を付してこの小説を公開した。

↑シン教授は、作品の解題において「『炭坑』は、時期や主題から見て光復直後『強制動員記録文学』の嚆矢に該当する小説という点で、史料的価値が高い」とつづった。

■安懐南は、旧韓末に新小説『禽獣(きんじゅう)会議録』を書いた安国善(アン・ククソン)の息子だ。

ーー31年に朝鮮日報新春文芸を通して登壇した。

↑徽文高等普通学校の同窓だった小説家・金裕貞(キム・ユジョン)の親友としても有名だった。

■肺結核で闘病していた金裕貞は、世を去る直前、「私は今、どん詰まりにぶつかった。私をして君の腕に頼り、光明を見いださしめたまえ」という最後の手紙を安懐南に送った。

↑安懐南は光復直後、左派文学団体で活動し、48年に38度線を越えて北へ渡った。

ーー北朝鮮で文化宣伝相の次席補佐官まで務めたが、60年代に粛清されたといわれている


■1945年12月25日、『民声』創刊号は『炭坑』第1話を掲載し、著者の徴用体験に基づく作品だと紹介した。

↑同誌は「われらが文壇の重鎮、安懐南氏が昨年夏、暴悪な日本の虐政で九州の炭鉱に徴用されていった事実は、まだわれわれの記憶に新しい」として「数多くの同胞と共にくわを持ち、炭坑の中で飢えとぼろ着とため息で日々を過ごしたのであって、ここに載る『炭坑』こそ、彼が自ら体験した生き地獄の赤裸々な記録」と記した。

ーー安懐南は44年9月から翌年9月まで佐賀県の炭鉱に強制動員されていた。


■『炭坑』 は、強制徴用された朝鮮人労働者らが働く坑内でガス爆発事故が起き、およそ60人の死傷者が出るという場面から始まる。

↑その後、強制動員朝鮮人らの度重なる脱出の試み、炭坑内でたびたび起こるガスや落盤事故などを生々しく描写する。日本人と朝鮮人の関係だけでなく、朝鮮人同士の複雑な関係も描いている。

■朝鮮人らを暴力的に管理・監督する朝鮮人ブローカー、一般の強制動員労働者と京城で徴用されたエリート朝鮮人の差異などを取り上げたのだ。

↑シン教授は「強制動員を巡る繊細な関係が『炭坑』を通して明かされるという点も、記録文学が持つ力」と語った。

ーーーーーーーーーーーーーー
■平成16年4月、筑豊じん肺訴訟最高裁判決により
 炭鉱で働いていた方を探しています!! 経済産業省 石炭保安室
https://www.meti.go.jp/policy/safety_sec
urity/industrial_safety/sangyo/mine/2017
_newpage/pneumoconiosis_leaflet201811.pd
f


↑これは朝鮮人強制労働ではありません。
 当時、他の職業に比較して高額給料が支給されたます。
 日本人・朝鮮人平等賃金です。


※本当に働いて多なら、安懐南氏自身が給与明細を保持してる筈。

※ウソの実体験小説を書いた吉田清治氏が思い浮かびます。
 ウソを平気で突き通す反日朝鮮人の小説に真実味は皆無です。
 ウソは朝鮮人の文化。1000年・2000年ウソが繰り返されます。


■安懐南の 1930 年代小説に関する研究: 知識人男性主人公の性格 ..
https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ou
ka/all/52094/27253_%E8%AB%96%E6%96%87.pd
f


↑1930年代の小説ですか。戦前じゃないですか。強制労働?じゃないです。

2020/1/13 19:05  [2261-2073]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
日出づる処の天子
日出づる処の天子をお気に入り登録
運営者:
大和はんとうさん
設立日:
2019年6月19日
  • 注目度:

    10(お気に入り登録数:2件)

タグの登録はありません

該当者はいません

該当掲示板はありません

ページの先頭へ