縁側 > その他 > 動画からの切り出しって・・・凄い時代になったもんだ
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

P1000は連写枚数7枚縛りがある。
 7枚でも十分機能するが、次の撮影まで息継ぎが必要。

P1000の弱点の一つである連写枚数制約。
  これをM動画(4K)なら解決できると気づいた。

  こうなると 24-3000mm の焦点距離
        SS 実用的にほぼ上限なし
        連写枚数 ほぼ無限
        書き込み速度 撮影(=録画)終了後、殆どすぐに再録画可
  となり、面白い。

  AFやMF、AモードかMモードで 使い勝手の課題はあるが、新しい機能なので慣れておきたい。

  でも、これって、愛機Nikon1 V3のBMCから考えれば、ミラーレスデジタル機なのだから
  当然備わっているべき機能??

  とにかくどんなものか味見が大切なので とにかくtry&error 否 errro&error trial。

  • 動画からの切り出しって・・・凄い時代になったもんだの掲示板
  • 動画からの切り出しって・・・凄い時代になったもんだの伝言板
  • 動画からの切り出しって・・・凄い時代になったもんだの投稿画像
動画からの切り出しって・・・凄い時代になったもんだの掲示板に
動画からの切り出しって・・・凄い時代になったもんだの掲示板に新規書き込み

ツバメの飛翔 1−1 画面からはみ出しそう! ツバメの飛翔 1−2  ツバメの飛翔 1−3 ツバメの飛翔 1−4 以上動画切り出し無修正

P1000が無敵の連写枚数上限なしの裏技を手にした?? 
  そうです。動画ならもう嫌と言うほど撮りまくれる。
  7枚縛りなんてなくなります。それに再立ち上げが速い。

 連写の代わりに使うのだし、次のシーンにすぐに備えるための動画。
もとより長尺もので名作を狙うためでもないから、   
 1)手持ちで振り回す
 2)ノイズは気にせず とにかくツバメの速度に負けずに”写ってくれる”条件を略把握する。
 3)画面にツバメを入れ込むために焦点距離を 1000mm前後、800〜1000〜2600mmでチャレンジ
 4)録画時間は 数秒〜1分。(二桁秒を越すとファイルから選択映像を探すのが大変)
という前提で、既に36カットMP4ファイルを得ていて、前スレではその中の6ファイルを開けてみた。

 今回はその続き編:

  動画切り出しって、やり始めは楽しかったけど、だんだんストレスになってくる。
それでも何とか頑張って、中盤以降の、カメラ振り回しに慣れて来て、すこしづつツバメを大きく撮る勇気(=焦点距離を上げるた、下げたりする余裕)が付いてきた以降のファイルを6カット開けて動画を切り出した。

 結果:

 画面の端に何とか止めているファイルが多い。
 気付いたが、画面の端でずっとカメラを頑張って追い続けているので いずれAFが効いてきて、頭や尻尾が外れた大写しのものほど克明にAFが来ていた。でも、みんな没(>o<)

 このことは、真面目に真ん中でなるだけずっと捉え続けなさい、というカメラ側からの催促なのだと分かっているけど、これができるなら、通常撮影でどんどん撮れるってことの裏返し。
ツバメ撮りの難しさを 動画をチェックして気付かされた(*´∀`*)

 動画は現場では楽だけど、帰ってから疲れる(*´∀`*)

2019/1/31 12:10  [2225-11]   

ツバメの水飲み 1−1 ツバメの水飲み 1−2 ツバメの水飲み 1−3 ツバメの水飲み 1−4

(連投 1)

 以下 連続したコマから4枚ピクアップして選んだだけです。

2019/1/31 12:14  [2225-12]   

ツバメの飛翔 2−1 こっちに飛んできた ツバメの飛翔 2−2 こっちに飛んできた ツバメの飛翔 2−3 こっちに飛んできた CaptureNX-Dにて 明るさ+38 コントラスト-13 彩度+48

(連投 2)


 以下 連続したコマから4枚ピクアップして選んだだけです。
 最後のファイル だけ CaptureNX-Dにて トーンを調整してみました。

2019/1/31 12:23  [2225-13]   

ツバメの飛翔 3−1 見てくれ改善後 ツバメの飛翔 3−2 見てくれ改善後 ツバメの飛翔 3−4 見てくれ改善後 ツバメの飛翔 3−4 見てくれ改善後

(連投 3)


 以下 連続したコマから4枚ピクアップして選んだだけです。

CaptureNX-D で トーンなどを調整しています。
   トーンディテール : シャドー +50  DレールイングHS +1
   トーン      : 色の濃さ(彩度) +33

2019/1/31 12:36  [2225-14]   

ツバメの飛翔 9-1 多分記憶だけですが 焦点距離2400mm以上??? ツバメの飛翔 9-2 記憶が定かでないが、いずれにせよ1000mm超 ツバメの飛翔 9-3 同左 ツバメの飛翔 9-4 同左

(連投4)

  以下 連続したコマから4枚ピクアップして選んだだけです。

  特別な撮影ノウハウはありません。ただファインダーに入れることに集中するだけ。
 (使ったり使わなかったりしましたが)簡易でも照準器があれば追うのが楽になります。

  動画からの切り出しJPGは 光量不足などでコントラストや彩度があがっていないことが
  ありますので、気になるなら好みでトーンを事後調整することが必要な場面があるようです。

  動画からの切り出しだと撮影成功率は桁違いに上がりますので
  (まずワンカット内に 普通に数枚以上 多いときはもっと撮れていたりします)
  同じような画面ばかりはっても、ここをご覧になる方がおられたら面白くない
  でしょうから、これ位の大きさまで撮れました、否 写っていましたの作例を
  最後に 2カット

2019/1/31 12:55  [2225-15]   

ツバメの飛翔 10−1 明るさ 彩度 微調整 ツバメの飛翔 10-2 ツバメの飛翔 10−3 同左 ツバメの飛翔 10−4 同左

(連投最後)

 P1000は ある意味大きく撮るために買ったので、つい何でも大きく撮りたくなっています。

 ツバメも大きく撮ってみたいとの思いがあります。
 でも 1000mm内外ならツバメの飛んでいる距離次第で慣れれば何とかなりますので、
 最後の方で 1400,1600,2000,と上げていき、その内に訳が分からなくなって
 (要は枠に入れば写るんで)2800mmまでズームアップしてました(*´∀`*)

 でも流石に2800だと超デカいツバメらしき鳥の大きな翼の先端や尻尾が入っていただけでした。

 800mm〜1400mmで 5〜10m内外先のツバメを追うのがよさそうな”Know-how”を得ました。

 (この他の雑多な情報のやり取りは、P1000撮ったら張り逃げの稿に、アナログおじさん他
 との貴重な現場情を交換したり確認するやり取り中ので、包み隠しなく披露していますので、
 スレは雑多な話しもあって面倒ですが、必要ならそちらをご覧下さい。)

2019/1/31 13:24  [2225-16]   


全員投稿可
動画からの切り出しって・・・凄い時代になったもんだ
動画からの切り出しって・・・凄い時代になったもんだをお気に入り登録
運営者:
新シロチョウザメが好きさん
設立日:
2019年1月29日
  • 注目度:

    367(お気に入り登録数:2件)

該当者はいません

該当掲示板はありません

ページの先頭へ