縁側 > その他 > 下ノ畑ニ居リマス
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

けれどもほんたうのさいはひは一体何だらう。

  • 下ノ畑ニ居リマスの掲示板
  • 下ノ畑ニ居リマスの伝言板
  • 下ノ畑ニ居リマスの投稿画像
下ノ畑ニ居リマスの掲示板に
下ノ畑ニ居リマスの掲示板に新規書き込み

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


Adobeの2019年5月のアップデートが成されまして、
ACR(現像機能)に新しく「テクスチャー」機能が追加されました^^

英語での説明はAdobeのブログ
https://theblog.adobe.com/from-the-acr-t
eam-introducing-the-texture-control/


タブレット版の方での説明ですがImagingResouceの記事
https://www.imaging-resource.com/news/20
19/05/14/hands-on-with-adobe-lightroom-n
ew-texture-slider


まだ日本語版の説明がリリースされていません。
そのうち出てくると思いますが、使えるパラメーターなので、
一足先に、僕が把握した範囲を説明させてもらいます^^

2019/5/15 14:17  [2191-41]   

LR Classic 8.2の「基本補整」パネル LR Classic 8.3の「基本補整」パネル

ACRの機能改良なのでPhotoshopでも同様の変更があると思いますが、
便宜上Lightroom Classicのパネル等で説明していきます。

ver.8.2まで「基本補整」パネルの「外観」は4つの項目でした。
そのうち「かすみの除去」は最近「基本補整」パネルへ移動してきたパラメーターですね。
ですから少し前までは「明瞭度」「自然な彩度」「彩度」の3つの項目でした。

ver.8.3からは「基本補整」パネルの「外観」に「テクスチャ」が増え、
彩度系の2つのパラメーターと「テクスチャ」を含めた3つのパラメーターに区切り線が入りました。

彩度系は比較的独立したカラーコントロールなので、
もっときちんとセパレートさせても良いのかなとも思います。

#キャプチャ画像がHiDPI画面なので、倍の大きさなのはごめんなさいです(笑)

2019/5/15 14:44  [2191-42]   

1)ピクセル等倍 テクスチャ:0 2)ピクセル等倍 テクスチャ:+100 3)ピクセル等倍 テクスチャ:ー100

まずは論よりナントカで実際に大きく弄った画像を^^

1)は僕の標準の現像をver.8.2からの「強化」処理をした画像のピクセル等倍切り抜き画像です。

2)は「テクスチャ」パラメーターを最大の+100にした画像。

3)は「テクスチャ」パラメーターを最大のー100にした画像です。


元々僕の現像はHiDPIモニター用に処理してるので、狭ピッチで約75%の縮小がかかった位なので、
通常のモニターで観ると若干シャープネスがキツい(テクスチャが粗い)かもしれませんが、

「テクスチャ」パラメーターを弄ると、若干のコントラストの上下と共に、
さらに荒れてシャープ感が上がったり、ソフトフィルターがかかったようにスムーズになります。


これが「テクスチャ」パラメーターの「キモ」で、

これまで現像の主パラメーターを弄ってシャープ感を稼いだり、ソフト気味に仕上げていたのが、
これからは、常に最適な(解像などを追求した)現像パラメーターで処理をしておいて、
用途によって「テクスチャ」パラメーターを弄ることで仕上がりを制御すれば良い事になります。

2019/5/15 15:21  [2191-43]   

1)ピクセル等倍 テクスチャ:0 2)ピクセル等倍 テクスチャ:+25 嫌味にならない程度に解像感アップ 3)ピクセル等倍 テクスチャ:ー50 本来的に好ましい程度にソフト処理

花などを弄るとこうなります。

1)は前述のようにディテール強化を行った、僕のの標準現像画像のピクセル等倍切り抜きです

2)はテクスチャを+25したもので、花弁の葉脈などがより強調されて見えます。

3)はテクスチャをー50したもので、花の接写的に好ましいフレアと若干のコントラスト低下があります。


このようにオリジナルデータ(撮影)はピンなどを追求しながらも、
1枚のRAWの現像を確定させておきながら、用途に応じたフィニッシュを行うのにとても便利です。

2019/5/15 15:47  [2191-44]   

1)50%縮小切り抜き テクスチャ:0 2)50%縮小切り抜き テクスチャ:+100 簡単なシャープフィルター処理で使えます 3)リサイズ画像 テクスチャ:0 リサイズで若干のディテールの欠落があります 4)リサイズ画像 テクスチャ:+100 解像感の保持が容易になります

簡単な作例(オリジナルとの比較)などを


Adobeのブログなどにあるようにブレ気味の画像のリカバーにも使えます。

1)オリジナルですが、望遠ズームレンズだったのでブレています。

2)ピクセル等倍ではキツいですが50%縮小程度ならテクスチャーを上げればそれらしく見えます。


また、モノクロ画像の粒状性調整にも使えます。

3)オリジナルのリサイズでも充分なトーンですが。

4)テクスチャを上げておけば、リサイズでも程よい粒状性と解像感が得られます

2019/5/15 16:40  [2191-45]   

1)リサイズ画像 テクスチャ:0 質感の再現という意味ではコレで正解 2)リサイズ画像 テクスチャ:ー100 主題を強調したい場合はこう言う仕上げの方が 3)リサイズ画像 テクスチャ:0 縮小方法をくふうしてもディテール過多に 4)リサイズ画像 テクスチャ:ー100 テクスチャだけで最適解を出せて便利

どちらかというと、程よいソフト効果の方が有用ですかね^^

1)オリジナルはコンクリートの質感が強いですが、

2)テクスチャ適用後はディテールが割愛されて主題が強くなります。

3)オリジナルをそのままリサイズするとディテール過多になりがち。

4)テクスチャで収差のような程よいボカシを与えることでリサイズでも自然に。


まぁこんな風に、結構使い勝手の良いパラメータなので、是非活用して下さい^^

2019/5/15 16:50  [2191-46]   

補足ですが、テクスチャパラメーターでの「解像稼ぎ」「ぼかし」が、単体処理とどう違うかです。


例えば「解像稼ぎ」の場合、通常は全体のノイズ成分を上げるなどして、
実際の解像というよりも、見た目の解像感を上げます。

これをテクスチャパラメーターで行うと、ノイズが全体に載るのでは無く、
インテリジェンスに、取捨選択された形で荒れてくれるので、
単純な粒状性とは、また別の意味で使える感じです。


「ぼかし」の場合は、これまでPhotoshopで行っていたような、
別のレイヤーに飛ばしてからボカシをかけて、元画像に載せる透明度でボカシの調整を行うような、
少し高度なボカシテクニックが、簡単に得られるという印象です。
もちろんPhotoshopで行った方が痒いところに手が届くし、適用範囲も広いのですが(笑)


ver.8.2からのディテール強化と組み合わせて使うとより仕上がりが制御しやすいという印象ですね^^

2019/5/15 17:02  [2191-47]   

1)ピクセル等倍 テクスチャ:0 2)ピクセル等倍 テクスチャ:+25 3)ピクセル等倍 テクスチャ:+50 4)ピクセル等倍 テクスチャ:+75

で、例のG10の画像でテクスチャを適用するとこの様な感じ。

1)の元画像の段階で解像は既に追い込んであります

2)+25だとシャープフィルター程のわざとらしさは無く解像感が上がります。

3)+50だと細かい部分のジャギーが出始めコントラストが上がり始めます。

4)+75だとジャギーや荒れが出てコントラストが上がってることが判ります。

テクスチャー処理は中盤域の階調成分を弄ると言うことなので、
最初からしっかりとした階調差がある部分は強調されないようです。
従ってこの画像では、中間域で解像されてる部分が縒り強調されて行ってます。

2019/5/16 17:25  [2191-48]   

1)ピクセル等倍 テクスチャ:0 2)ピクセル等倍 テクスチャ:+25 3)ピクセル等倍 テクスチャ:+50 4)ピクセル等倍 テクスチャ:ー50

G15の画像だとこんな感じです。

1)充分なNRとエンハンスが施された元画像です。

2)+25で木像の木目が自然な雰囲気で浮き出てきました。

3)+50だと少し木目の出方が不自然ですがチリチリはしていません。

4)-50でソフトフォーカス気味に。ボカシをかけるより自然です。

テクスチャの特徴に、大きくボケている部分は影響が出にくいというのがあるそうです。
ぼかす方では、本当に収差のようにボケて(紗がかかって)くれるので、
スタジオではかなり助かるのでは無いでしょうか?

2019/5/16 17:36  [2191-49]   

河よりも長くゆるやかに さん  

2019/7/6 14:00  [2191-57]  削除



例の画像のオリジナル 「強化」適用画像。確かに解像感は増している こちらも例の画像のオリジナル 「強化」適用画像。これだと本当に等倍切り抜きが使えてしまう

Camera Raw、Lightroom Classic、Lightroom CCに新しく「ディテールの強化」機能が付きました。
https://blogs.adobe.com/japan/cc-photo-e
nhance-details/


具体的には、元のRAW画像に「ディテールの強化」プロセスを適用させたDNGコピーを作成します。
この処理は重めで、5年前のMacで1500-2000万画素のRAWで3-4分かかります。

で、結果は「悪くはない」程度に見受けられます(笑)

例のG10の横須賀港のピクセル等倍切り出し画像で分かり易い部分を見てもらうと、
オリジナルはワイヤーが細いために空に半分溶け込んだようなディテールで表現されています。
この部分は調整で明確にも出来ますが、線が太いイメージになるので、この様に処理させています。
「ディテールの強化」適用画像は、その部分が太く感じられない範囲で「くっきり」しています。

このバランス取りは難しいので「なるほど」とも思いますが、
ピクセル等倍で見ないと判らない部分ですし、自然な処理なので、効果が判りにくいです(笑)
実際、Adobeの紹介ページを見ても、今ひとつ効果が判りにくいんじゃ無いでしょうか。
「最大で」30%の解像度向上だそうなので、まぁそんなもんかな、と。

ノイズの多い(高感度?)画像のノイズ除去も謳われていますが、
これもきちんと比較すれば・・・です。

ただ、遠景の森などは葉のディテールというか分離感が向上するので、そこそこ効果がある感じ。
「ディテールの強化」適用後のDNGをさらに煮詰めて現像を行うと差が出るのかな?

でもやはり、ver.8.0からの処理バージョン5でのNR処理の向上の方が有り難みが大きいかもです(笑)


唯一の難点は(処理の重さと)、オリジナルRAWがDNGにコンバートされる点ですね。
パラメーター処理のような「オプション」感覚で使えると、気軽に〜という感じですが、
現在のキヤノンのRAWなどDPPでのみ弄れるパラメーターがあるとオリジナルは削除できませんし。

現時点での感想は、RAWで現像を追い込んだ状態から「ディテールの強化」適用でDNGを作成し、
そこからさらに煮詰める・・・という作業を、きちんと仕上げたい画像にのみ行う感じかな?

2019/2/20 03:08  [2191-34]   



閾値0で強めのシャープを全体にかけた状態 閾値を上げ同じ強さのシャープを主被写体にのみ適用させた状態 さらに閾値を上げ同じ強さのシャープを文字などにのみ適用させた状態

お正月なので何かネタをと言うことで、アンシャープマスクの閾値についてです。


ものすごくベタに言うと、この「閾値」というのは、シャープ処理をかける範囲を指定する物です。

シャープ処理というのは、簡単に言うと、明暗差や色調差などがある部分を、隈取りしたり粗くしたりして目立たせる処理ですが、
この時に、どのくらいの明暗差や色調差がある部分からシャープ処理を適用するかを決めるのが「閾値」です。

簡単に言えば「超解像」などと呼ばれる処理がコレで、「超解像」の強弱設定は、基本的にこの「閾値」の設定変更になります。

ちなみに「シャープ処理」ならば「閾値」は「適用開始レベル指定」のことですし、
「アンシャープマスク」ならば「閾値」は「適用除外レベル指定」のことで、この二つは同じです。

この手法登場時に、均一にシャープ処理を行うフィルターは存在した物の、一部にシャープをかけない(単一)処理は無かったので、
機能として「アンシャープマスク」という名前で差別化したという経緯があります。

2019/1/2 15:24  [2191-27]   

縮小全体画像 閾値0で強めのシャープを全体にかけた状態(50%縮小切抜) 閾値を上げ同じ強さのシャープを適用させた状態(50%縮小切抜) さらに閾値を上げ同じ強さのシャープを適用させた状態(50%縮小切抜)

さて「超解像」処理などが存在しなかった時代は別ですが、
現在のセンサーからのRAW画像は、多かれ少なかれ下処理がされています。
特にソニー製センサーではカラーノイズの除去処理が強いです。

カラーノイズは消し方にコツがあるので、このソニー製センサーの方向性はそれで良いのですが、
結果的にシャープ処理(閾値調整)を行って画像をエンハンスすることが前提になっています。

遠景であったり、平面の撮影であればそれでいいのですが、ポートレート風の、主要被写体と背景が別の被写体は注意が必要です。

全体を締めるために閾値のレベルを下げていると、レンズの被写界深度でボケてる部分も粗くシャープ処理がされてしまうからです。

これを回避するためには、レンズのボケ具合に合わせて閾値を若干調整しなくてはなりません。

サンプル画像の50%縮小切抜は、同じパラメーターで閾値のみ変化させた物ですが、
閾値0とその他とでは背景の明度にすら違いが感じられる他、
閾値をより上げた画像の方がボケが深くスムーズに感じられるようになっています。

2019/1/2 16:03  [2191-28]   

閾値0の状態。同系色内の柄がハッキリ判る。 閾値を上げた状態。赤やベージュ系の柄がぼやけている。 閾値を調整した状態。柄のぼやけを感じない。 同じような事は刺繍糸の部分でもチェックできる。

前のサンプルで判るとおり、一定の画質を得るためにシャープの閾値を設定するという意味の他に、
よりアクティブに使えば、レンズのボケ味の微調整に閾値は利用できます。

実際サンプルでは、閾値の効き具合がよく判るように粒状を残しぎみの現像を行っています。

けれど、基準となる閾値の決め方は、結構難しい物です。
高感度になればなるほどベースは粗くなりますから、閾値を高めていく必要があります。

そこでまず低感度での閾値の決め方を説明します。

サンプル画像は例の如くImagingResouceの画像ですが、この時に視るのはハンカチ部分です。
ここの、赤いハンカチの中の濃い赤の模様と、オフホワイトのハンカチの白い模様の見え方で調整していきます。

この模様(および色)の出方はセンサーごとに特徴があるので数値は具体的には言いませんが、
風景(木々や葉)などで似たような色の濃淡パターンが存在した時の目安になります。

これは画像全体のディテール感の決め手になる部分です。

2019/1/2 16:38  [2191-29]   

閾値0の状態。全体にシャープがかかりすぎて背景がうるさい。 閾値を上げた状態。必要なシャープ感が得られていない。 閾値を調整した状態。スムーズさとシャープ感のバランスが取れている。

次に、一番最初のサンプルで挙げたような、背景と被写体のバランスとしての閾値を探ります。

チェックするのは瓶の肩から首付近で、
背景が適度にスムーズになっているかや、瓶に必要量のシャープが得られているか、
肩部分と背景の繋がりは自然か、首の抜け部分やハイライトは自然か、等を視ます。

もちろんISO感度が上がっていくと、ここら辺の調整は難しくなっていきますが、
あくまでも常用最低感度が全体の基準になるので、ここはしっかり数値を出しておきます。


この閾値などの現像パラメーターは、極論で言えば結果オーライでもいいのですが、
先ほど言ったようなレンズのボケの描写などでの調整が入ると、
何を根拠に調整したのかが確りしないと、微調整の方向性も見失われがちです。

スムーズさを優先した場合に、失われるディテールがどのくらいかを事前に把握できていれば、
的確なさじ加減での調整というか、融通の付け方、また画像演出の領域でも調整が可能です。

柄の判別のような平面的な部分と、背景と主要被写体のような奥行き的な部分と、
単純なノイズをシャープネスの適用から除外する意味合いの3つの要素を把握すれば、
あとは実際の画像での優先順位で微調整していけば良いと思います。

2019/1/2 17:10  [2191-30]   



処理バージョン4 処理バージョン5 処理バージョン4 処理バージョン5

2018年11月更新のPhotoshop CC / Lightroom Classic CC(2019)では、
ACRのバージョンが11となり、処理バージョン5が採用されまして、Adobe曰く、


処理バージョン 5
(Lightroom Classic CC 8.0 2018 年 10 月リリースで導入された機能)処理バージョン 5 では、ネガティブかすみ除去および ISO 値の高い RAW ファイルの画質が向上しました。かすみの除去スライダーを左側のゼロまで動かすと、ノイズが減り(ネガティブかすみ除去)、シャドウ部のディテールの向上により、低照度で撮影された写真の紫色/マゼンタの色かぶりが低減されます。


とのことなので、実際に調べてみました。


縁側の掲示板では元データの確認ができないので、ピクセル等倍切り出しで、
G10のISO400とGX7mk3(=GX9)のISO1600のImagingResouce画像です。

結果的にパッと観変わらないですが、成る程、半段〜1段くらいは改善があるかな?

というのも処理バージョン4で僕が適用したパラメーターノイズを解像感と感じ取る絶妙なバランスなので、
処理バージョンの方がナチュラルにシャープに見えてしまいます。

けれど同じパラメーター値で処理バージョン5の方がマイルドに見えると言うことは、
その分ノイズリダクションのかかり方が巧妙で深めに感じるわけで、現像処理としては洗練されています。


例えばG10では、処理バージョン4で良く見ると背景紙部分にある引きつったようなノイズが、
処理バージョン5では地味に解消されていて、ピクセル等倍での閲覧に耐えうる処理になってます。

GX7mk3では、処理バージョン4で若干のムラや輪郭部の強調された感じが若干存在しますが、
処理バージョン5では、よりスムーズで、さらに実用性を増しているように見えます。


処理バージョン4は、Lightroom 4から採用された処理バージョンで、
今回の処理バージョン5は、Lightroom Classic CC2019(=Lightroom 8)での採用なので、
当分の所はこの処理バージョンというか、現像エンジンで行くのかなという感じです。

そう思うと処理向上の程度が少ないかなとも思いますが、
一応は目視で分かる程度の改善ではあるので、良し、という感じでしょうね。


この処理バージョンでパラメーターを煮詰めた場合、
低ISO時にどの程度のアドバンテージが発揮されるかはこれからの作業ですが、
ちょうどG10のRAW現像をやらなくちゃ鳴らないので、そこら辺で煮詰めてみようと思います^^

2018/12/7 03:26  [2191-17]   

処理バージョン4 処理バージョン5:アンテナ類に注目 処理バージョン4 処理バージョン5:ハッチ類など外板段差に注目

で、例の横須賀の軍艦のG10-RAW画像でチェックしてみました。

今回は上の画像と違い、追い込んだ従来(処理Ver.4)のパラメーターセッティングに対して、
処理Ver.5でさらに追い込んで、画質的な向上があるのか試してみました。



処理Ver.5は処理Ver.4よりも、同一NRパラメーターでのNR処理が深く・的確になっているようで、
処理Ver.4で同じくらいの深さのNRをかけると消えてしまうニュアンス部分が維持されるイメージです。
同一パラメーターであれば、ImagingResouceの画像のようにNRが余計にかかった感覚になります。


今回はNR値はそのままに、より半径の細かいシャープを少し強めにかけてみました。


半径の小さいシャープをかけると、より細かいシャープがかかる計算になりますが、
レンズの解像限界以上には(自然な)シャープ感が上がらず、強くかければチリチリします。

また元の解像に対して、丁度良く干渉するシャープ半径にすることで、
ディテールをエンハンスし浮かび上がらせているので、
レンズやセンサーの解像に対し「丁度良く干渉するシャープ半径」を割り出すことが重要です。



今回の画像で、処理Ver.4でシャープ半径を0.6から0.5の最低値に下げると、
元々がシャープが自然かつ効果的な限界値に設定されているので、細部に過剰感が出始めます。
つまり、処理Ver.4のパラメーターは限界値に限りなく近い物が設定されているということです。

処理Ver.5では、同じNR値で見た目若干深めにNRがかかりますから、
処理Ver.4の時と同じパラメーターでも余裕感があり伸びしろが拡がっているイメージで、
さらにシャープを強くかけてももう少しだけ破綻せずに追い込めそうです。

しかしシャープ半径を同じままシャープ適用を上げると、シャープ半径=隈取りの太さなので、
ほんの少しシャープ適用を上げただけで限界が来てしまい、さらに見た目の解像感が上がりません。



そこで処理Ver.5ではシャープ半径を0.5に落として「隈取りの太さを下げ」、
シャープの適用を上げることで「隈取りを強く」し、
結果的にシャープ半径0.5で、シャープ適用を45から55に上げることに成功しました。

画像ニュアンスで言うと、アンテナ類等の細部ディテールのエンハンス最低レベルが下がったので、
結果的に遠近が(より)判別できるようになり、奥行き感が向上したように思います。


この理屈をザックリ説明すると、

0,6の太さのシャーペンで描いた線画の一倍細い線は(実際はエッジを使えば出せますが)0.6なので、
本来0.6より細かったディテールも0.6の太さで描かれることになるのですが、
0.5の太さのシャーペンで描き直すと、0.6の部分は0.6、0.5の部分は0.5で描き分けられるので、
その差の強弱や、同一の物なら、太さによる遠近の違いがより表現できると言うことです。

ただ細い線になった分強調が弱くなるので、適用を上げて同じレベルの解像感を稼いでいる、と。



同じ事を処理Ver.4でやると、NRをもう少し深くかけるかシャープ適用自体を下げておく必要が出て、
解像感を落とした状態から、さらにシャープネスを稼ぐ方向に弄るため、破綻します。
やはり処理Ver.5のNR処理のしつが向上していると言うことがベースですね。

価格.comの画像ケージ版は、若干JPEG圧縮を上げる(画質とファイル容量を落とす)調整なので、
こちらの掲示板に貼って、どの位の差が判る物なのかというのはありますが・・・(笑)


ちなみに画像を縮小した場合は、隈取りが強い画像の方がハッキリ見える法則がありますので、
高画素画像により繊細な隈取りにするこの手法では、逆にシャープ感が落ちる可能性が強くあります。

ですからピクセル等倍に近い比率で画像を取り扱いたい人向けの処理ではありますが、
ごく普通に考えればトリミング耐性があがるということなので、
LightroomなどのRAW現像時のトリミング・回転・変形時でも相対的に画質劣化を防げることになり、
上手に使えば(フィルム時代と同じくらい)より自由に、画像処理が行えるイメージですね。


それにしてもG10のレンズ&センサーで半径0.5の適用が有効になる日が来るとは思いませんでした(笑)

2018/12/8 19:33  [2191-18]   

ちなみに僕はHiDPIモニターで作業しているので、
モニター側のドットピッチが従来モニターの75%くらいで見えているので、
もしかしたらピクセル等倍だと「話ほどではない」状態で見えているかもです^^;

従来のドットピッチモニター用にも同じ事が可能ですが、画像の目視確認が難しいので、
「まぁそういう風になってはいるんだろうな」と、概要を受け止めて貰えれば幸いです(笑)^^

2018/12/8 19:40  [2191-19]   

 α→EOSさん  

河よりも長くゆるやかにさん
検証画像ありがとうございます。
G10のISO400がここまで綺麗になるとは驚きです。
しかし、それにも増してGX7mk3のISO1600のノイズ感の少なさは凄いですね。
ISO1600が完全に実用領域だと思います。

2018/12/16 18:45  [2191-20]   

処理Ver.5+パラメーター最適化 処理Ver.4 処理Ver.5+パラメーター最適化 処理Ver.5+パラメーター最適化

α→EOSさん

RAW現像エンジンの進化というのは素晴らしいですね^^

ただ、ImagingResouceのスタジオチェック画像の方は、
処理Ver.5の方も処理Ver.4の時のパラメーター最適値で現像していて、
処理Ver.5に最適化したパラメーター値で現像すると、ISO80でも恩恵が感じられます。

Adobeが「 ISO 値の高い RAW ファイルの画質が向上しました」と言っているのは、
低ISOだと元から画質的に充分なので、画質向上の改善幅が僅かだからでしょう。

処理Ver.5でのNR性能向上により、強いシャープ適用での画質破綻が発生しにくくなっているため、
ノイズを消しながらディテールを引き出しやすくなっています。

具体的に言うと、

処理Ver.4ではNRを深くするとシャープでリカバーできるディテールが減少していくので、
NRはかけ過ぎないようにし、シャープ半径や適用、マスクで上手にバランスを取る必要がありました。

処理Ver.5ではNRである程度ノイズを消して、シャープでエンハンスできる幅が拡がったイメージです。

処理Ver.5+パラメーター最適化済みの画像を上げておきます。ピクセル等倍だと違いが分かると思います



GX7mk3は、JPEGでもISO1600までは実用になり、RAWならISO3200までという感じでした。
処理Ver.4のISO1600と処理Ver.5+パラメーター最適化済みのISO1600、
また処理Ver.5+パラメーター最適化済みのISO3200を貼っておきます。

とはいえRAW前提で撮像素子の基礎感度ISO200でしか取らないし、
エマージェンシー用のISO-Autoも、ISO1600上限に設定してるんですが(笑)

GX7mk3の2000万画素撮像素子の前のGM1の1600万画素撮像素子の場合は、
色のりについてはさておき、ノイズに関しては1段限界が低くRAWでISO1600がギリだったので、
新しいACRの恩恵は、GM1などの1600万画素センサーの方が大きいのかもです。

FlickerにアップしたGM1の画像を、再現像の上アップし直したいくらいですが、
ゲストの人はピクセル等倍画像を見れない仕組みなので、さすがにそこまで違いが判らないかな?



α→EOSさんも、今現在の現行製品はみな煮詰まってるので、何か新しい物欲を・・・とか^^

ちなみに僕が注目してるのは、新春に発売される新しいGRです。
GX7mk3もディフォルトは描写の良さからLeicaの15mmになっちゃうので、
手ぶれ補正が付くなら、GRレンズとAPS-Cセンサーでもいいのかなとか(笑)
まぁ予算やら何やらの関係で、多分買うことはないのでしょうが^^;

3-4年くらいはGX7mk3の償却に忙しくて新しいカメラは買えないかな?

というかFlickerにまとめて気付いたのですが、
結局、気に入ったカメラ「だけ」を使う傾向があるので、
無駄にカメラを増やすのも、そのカメラにとって可哀想なのですね・・・
#G15には会わす顔がない感・・・^^;

個人的には、手持ちの機材(のRAW)が、勝手にスープアップしていってくれる、
現像アプリのバージョンアップは、本当に有り難いです。
それもG10が1460万画素(今風に言うと1500万画素)だったという奇跡のお陰なんですけども。

2018/12/16 20:50  [2191-21]   

 α→EOSさん  

河よりも長くゆるやかにさん

GX7mk3のISO1600とISO3200、絵だけ見たら区別出来ない自信があります。
あめいじんぐ。
ソフトウエアの進化って凄いですね。
たしかにこれなら、イルミネーションの撮影とかでシャッター速度を上げたい時
あるいは、屋内スポーツで少しでも早いシャッター速度を使いたい時とか、
ISO3200まで使おうという気になると思います。
本当にすばらしい。

僕はG10をまだ使い続ける予定です。思い入れがありますしね。
液晶画面にドット抜けが発生してきているので、いずれ寿命が来るとは思いますが、
今のところ、センサーにドット抜けはありません。
使用頻度が低いので、まだしばらくは使えると思っています。

とは言え、新製品にも興味が引かれます。
まあ、ボチボチいきます。

2018/12/16 22:16  [2191-22]   

α→EOSさん

まぁそれでも基準感度でしか撮らない私(笑)
でもG10のISO80からGM1/GX7mk3のISO200に、1段以上上がってますが^^

M4/3機は小さいですが、それでもやはりコンデジとは違って、
写真の種類というか質は変わってしまったなと感じています。

そういう意味ではレンズの沈胴含めて、G10あたりが限界だったのかな?
まぁ、今の時台コンデジとはいえ、カメラを取り出す時点で目立つのかもですが。

そういう観点も含めて、新しいGRに・・・というのはあります。
1インチ機は、今ひとつレンズが信用できなくて・・・^^;l


もしG10でACR系アプリを導入の際は、
言って貰えば詳細なパラメーター値をお教えしますよ^^

2018/12/16 23:57  [2191-23]   

ついでにですが、ACR11(PhotoshopCC2019?)のトピックに、
深度情報に応じたマスク処理に対応というのがあります。

「深度情報」というのは、その画像の座標ごとのピントの距離のことで、50cmとか無限遠∞とかの情報で、
現状でサポートしてるのはiPhoneX系のDNGファイルだけだと思います。


iPhoneX系は顔認識の関係で赤外線カメラで顔の凹凸=深度情報を取得していて、
その情報の応用というか、適用が「深度情報」でして、
iPhoneX系では画像のポートレート加工などにも使われています。

その情報を元に、iPhoneX系上で行えるような処理を、Photoshop2019がサポートしたということなのですが、
これはポートレート処理が可能な以上に凄いことです。

例えば、シャープ処理のマスクや、NRの適用レベルを、深度情報に応じて適用すれば、
ピントが合っていない深さの画像にはNRを深くしたりマスクを適用してスムーズに処理し、
ピントを合わせた付近は、シャープ強度やNRの深さを最適化させると言うことが可能です。


もちろん現在は赤外線カメラで深度情報を計測してるiPhoneX系のみが得られる情報なので汎用性は薄いですが、
キヤノンであればDPAF-CMOSなので、全ての画素のピント情報が得られますから、
将来的にDIGICの処理速度が上がれば、RAWデータに深度情報を格納させることが可能です。

あとはパナソニックの空間認識AFをさらにスープアップすれば、
コントラストAF情報からの、画像全ての深度情報取得が可能になるとも予測されます。

深度情報は、撮影後に任意でピント位置をアジャストできる部分がクローズアップされがちですが、
ごく普通に、ぼかした背景部分を落とす/飛ばすなど、前述のような処理以外にも写真的需要があるので、
今後のデジタルカメラの進化の1つの鍵になりそうで、
1レンズ1センサー方式で考えると、キヤノンのDPAF-CMOSはかなり良い位置に存在してると言えそうです。

2018/12/22 14:24  [2191-24]   

DPP4でG10RAWに適用可能な設定を駆使した画像 ACR11現像(Lightroom Classic仕様) ACR11現像(Photoshop Elements仕様)

α→EOSさん向けに、最新のDPP4で現像を頑張ってみましたが、
DPP4も良くはなっている物の、痒いところに手が届かず、ACRには及ばないですね・・・

Photoshop elements 2019 もACR11には対応しているのが確認できましたが、
基本現像機能はサポートされてる物の、ACR現像時にカラー調整から何から行う性能は無いです。
まぁ16bitのPSDやTIFFに現像してPhotoshop側の機能で弄ってJPEG保存すればいいのですが。

但しLightroom Classic & Photoshop 2019 +
20GBクラウドが、年間11,760円で
Photoshop Elements 2019が、買い取りで12,744円(アップグレード版ですが普通に使用可)だと、
およそ2年間はPhotoshop Elements 2019を使わないと元は取れないかなぁ・・・

ACR現像に慣れるまでの期間(誰もが集中して習得できるわけでもないので)と考えれば、
買い取りでコスト確定状態で慌てずに覚えればいいので良いのかもですが。


一応G10のISO80RAWのピクセル等倍切り出し画像を貼っておきます。

Photoshop Elements 2019での現像は、基礎現像パラメーターしか弄ってないので、
Lightroom ClassicやPhotoshop 2019と同等のクオリティですが、
埋め込み仕様以外のレンズ補正プロファイルに対応していないので、
キヤノンの一眼レフなどのようにレンズプロファイル後適用前提のシステムには向いてないです。

一般的なコンデジやM4/3などはレンズ補正プロファイル埋め込みなので、その点は無問題です。

2018/12/25 13:35  [2191-25]   

しかし、この画像の 等倍切抜がコレだとは、凄まじい

あと、わたさん向けLightroom Tipsになりますが、


Lightroomでのパラメータ変更って、余程のPCパワーが無いとスライダーに即時追従しません。
なので、場合によっては、スライダーでパラメーター変更したつもりのプレビューが、
実際にそのタイミングで見えているのはパラメーター変更前(変更途中)の画像だったりします^^;


そこで、パラメーターを変更する場合に、
例えば、カラーNRであれば、順番に、10、20、30、と3〜4段階でスライダーを動かします。
#数値ごとにスライダーを離す(オフクリック)してください。

そうすると、画面左側のヒストリーに、それぞれの数値時(オフクリック時)のプレビューが記憶されます。
10、20、30、と動かせば「10」「20」「30」との履歴プレビューが(アクティブに)残るわけです。

この履歴には、画面の拡大表示などは記録されませんし、
スマートプレビュー機能を使用していなければ、フルレンダリングされた画像が記録されるので、
どの拡大倍率で表示させても、実際のレンダリング画像が瞬時に表示されます。

つまり、ヒストリーの「10」「20」「30」の履歴を切り替えるだけで、瞬時に画像比較が可能です。

機能的には適用前適用後の2画面比較機能などもありますが、
大きく変更した場合の雰囲気比較には有用ですが、一部のパラメーター変更での厳密な比較には向きません。

例えば「10」「20」「30」と比較後に「20」付近と感じれば、
次は「15」「20」「25」とスライダーを動かして、煮詰めていけば良く、
その際には全体表示にしたり、ピクセル等倍表示にしたり、拡大表示にしたり自在に素早く検証可能です。

もちろんヒストリーはタダの一時保存画像比較では無く「その段階までの作業の記録」でもあるので、
その時点以前からの遡っての変更も、その時点からの続きの追加作業も可能で、
例えば上記のようなカラーNR比較後に、そのまま続けて輝度NR比較に進むことも可能です


この操作方法を取得すると、そんなにマシンパワーを必要としないでストレス無く作業できますよ^^

2018/12/26 21:28  [2191-26]   



問い合わせなどを行いたい場合は、
こちらの縁側の認定申請を行って下さい。
当方の記憶にある方であれば対応いたします。

2018/8/14 22:43  [2191-1]   

色々調べて試した結果、Flickrが一番まともそうなので開設してみました。

2018/8/27 07:21  [2191-2]   

 MASTERキートンさん  

太陽にできた黒い棘を取りに行ったよ‥

ここで聞くのも何なのかもですが‥EOS-Rの発表ありましたね。
しっかりとサイトを見きれてないので、ナナメ読み程度ですが、
満を持して出してきたフルサイズミラーレス!

フルサイズを一度は使ってみたい!でもEF-Sは使いたい!と
思ってきたことが、コレは叶ってしまうところは、まだまだ
買えないにしてもグッと来ますね。レンズ何でもアリアリな
ボディ内手ブレ補正は叶いませんでしたが‥

フルサイズのセンサーでEF-Sレンズを使うと、フルサイズ基準の
焦点距離なのでしょうか?イメージサークルはAPS-Cの大きさには
変りはないで考えれば、フルサイズの撮影素子のAPS-Cサイズ分だけ
使うのか、フルサイズ基準で使えたらEF-S15-85mmはその数字のまま
広角ズームとして使えるのですが‥

2018/9/6 00:16  [2191-3]   

お久しぶりです。


EF-Sレンズを(アダプター装着して)取り付けると、強制クロップで1100万画素程度になるそうなので、
この時の画角は、およそAPS-CのEOSでの換算画角になるということだと思います。

「強制的にクロップされる」という所が、キヤノンとしてはきっちり線引きをしたいところなのでしょう。


EOS-Rは、僕も一通り仕様を観ましたが、煮詰めてあるなと感じます。
そのぶん「あっと驚く」機能の搭載はないようですけれども(笑)

ニコンのZが「既にFマウントは古いのだ」と感じてしまうような転換だったのに対して、
EOS-Rは「架け橋として順当なモデル(故に驚きは少ない)」という印象ですね。

ニコンの方はFマウントの呪縛から逃れられて「日本光学の意地」を見せつけてきたのに対して、
キヤノンの方は「EFレンズの品質と描写へのプライド」で、横綱相撲をしているようにも見えます。


EOS-Rに関しては、よく出来ているけれどRFレンズ自体のバリエーションがまだ少ないことと、
EOS-Mがクロップ(通常)状態で2400万画素が確保されているので、
M5mk2のデキを観てから決めた方がいいのではないかと思います。

EOS-Rでは、背面ホイールが廃止され、マルチファンクションバーという、
割り当て可能なタッチ・スクロールバーが搭載されました。
やれることはタッチ液晶でも可能なことですが、右手(親指)に操作系が集中されたのが印象的です。
この操作系がEOS-Mにも採用されると、一挙に操作が洗練されます。

もちろん、ゆくゆくはフルサイズと考えているのであれば、EOS-Rは悪くない選択であって、
次のフルサイズミラーレスは1Dクラスになるやも知れず、そうなると次のタイミングは先になりますし。

でもEF-Sは60Dなら1800万画素でEOS-Rだと1200万画素いかないという話になると・・・
なかなか悩ましいですね・・・(笑)

2018/9/6 00:48  [2191-4]   

 MASTERキートンさん  

お久しぶりです!

EF-Sはクロップされてしかも結構な画素数ダウンを
強いられるのですね‥うーん、確かにそれなら60D
の方が良いですね‥

やや塩漬け気味のレンズ資産を使いたい、かつ使いやすい
のはどっち?となると、M5MK2のサイズは多分良さげ
であろうとは思います。僕個人的にとても欲しい機能の
全部アリボディ内手ブレ補正は、EOS-Rに無いので
無いとは思いますが‥

この夏はちょこちょことG1Xmk2持ち出してちょこちょこ撮ってる
そんな写真生活で、なかなかPC開くに至って無いですね‥

2018/9/6 20:32  [2191-5]   

EOS-Mも、Kiss-Mを見る限り、キットの沈胴ズームでソコソコいけてるので、

M5mk2の出来が良ければ、沈胴ズームキットとアダプターを買って、
一応のEF/EF-Sレンズの対処をするのがベターかなと思います。


僕はEF 24mm/F2.8 IS USMは下取りして、
現状は60D+EF-S15-85と、最初に付いてきたキットズームが手元にあります。

まぁもう使わないのだから下取りに出した方がいいのかもですが、
EOS-Rが出てしまったので、下取り価格も下がったろうし、手元に残してもいいかなとか。
もう一眼レフは買わないでしょうからね(笑)

以前とろさんにも言いましたが、EFとM4/3のIS連動マウントアダプターも有るので、
本当に気が向いたらEF-S15-85を使って見るのも良しという感じでしょうか。


かくいうパナソニックもフルサイズ参入だそうですから、
なくなるとは思いませんが、M4/3も現状よりは縮小されていくのでしょう。

かといって大仰なシステムは使いたくないし、実際に撮れる写真という意味では充分なので、
僕的には現状で「長い様子見」に入るつもりでいます。


ひとつ提案として、
EOS M100+沈胴キットズームと、EF/EF-Mマウントアダプタを買ってみるのはどうでしょう?

これで所有されてるレンズは「全部」使えるわけで、
それで(画質的に)手応えがあればEOS Mにぶち込むのもいいと思いますし、
疑問符が浮かべば、既存のレンズ(EF-S?)を処分して、新マウントを探すのでもいいと思います。

一応EOS M100+沈胴キットズームはミニマムな機材として、G1X2の代替にもなり得ますからね。

2018/9/6 20:57  [2191-6]   

 MASTERキートンさん  

間空いちゃいましたが‥

https://ptl.imagegateway.net/contents/or
iginal/products/eos_r/lp/index.html?aban
=180926_2&xmid=CiG_180926_2_OH&u
tm_medium=email&utm_source=cigmail-h
t&utm_campaign=CiG_180926_2


なるメルマガ届きました。物は言いよう⁈クロップされ画素数減るけど
こんなメリットあります!だそうです‥

先日息子の運動会で、実に7ヶ月ぶりに60D使いました。こう使うと
OVFって見易いなーと思いますね。5連写過ぎると固まりますので
こう言った時は新機種の技術の進歩の恩恵が欲しいと思います。
M純正レンズが200mm止まりなので、もうちょい長いと良いんですけどね

2018/9/26 17:55  [2191-7]   

キートンさん

んー

EF-Sクロップと考えると凄そうですが、
1000万画素クロップと考えると、大抵のAPS-C機でそのくらいのAFエリアになるような(笑)

ニコンも、キヤノンも、パナ/シグマも、フルサイズミラーレス初期登場機を買う気にはならないかな・・・

EF-M55-200mmが換算320mmで、僕のM4/3で45-150mmですから換算300mm。
まぁ、普通に使うには充分ですが、ちょい鳥とか狙うなら換算400mmは欲しいかな?

でもここら辺はフルサイズになるとかなりの出費になりますから
APS-CとかM4/3あたりが、結局の所妥当かな?

フォトキナ発表の機種だとGR3とか、気楽そうかな?と思いますが、
やはり、今後のこなれてくるだろうEOS-Mは、派手さは無いけど良いかなーと思いますね。

あと、もしかしたらEF-Mレンズ群は、区別がしやすいようにマウント名を変更してくるかもですね。
EF-Mレンズにも、RFレンズのようにコントロールリングが付くといいのになぁとか思います。

2018/9/26 22:26  [2191-8]   

 MASTERキートンさん  

なるほど‥そう言われてみるとEOS-Rで無くてもなんですね。

望遠ズームですが、60DキットレンズのEF-S55-250mmF4-5.6isU
を持ってますので、この長さ相当をMレンズであればそのまま
置き換えられるのですが、運動会のポジション取り等々で、望遠に
余裕があるに越したことはないと思いまして‥

この先を見据えればEF70-300mm F4-5.6 IS II US Mと言う選択肢
もありかとは思いますが、 M5か M6の後継を買うとして、
EF-M15-45mmとのダブルズームキットを買うとしたなら、
Mレンズで250mmあるとレンズを整理できそうですので

2018/9/27 15:53  [2191-9]   

キートンさん

考え方なんですけども、EF-Mレンズは基本的に「初代」レンズなんですよ。
なので、買うのであれば、こなれた「2型」レンズを買うのが良いと思います。

どうせ(というかなんというか)EF/EF-Mアダプターは買うのでしょうから、
ひとまずEF-S55-250をアダプター経由で使えば良いんじゃないかな、と。

機動性が必要なレンズはEF-Mレンズを購入すればいいですが、
ソコソコきちんと持ち出して撮る場合は、アダプター経由で、EF/EF-Sレンズを使えば良いです。

キットレンズのEF-M15-45付きでボディは買うのでしょうから、
EF-Mレンズは、まずはそれ一本でいいのではないかなと。

とりあえず現状でEF-Mレンズにはハズレがありませんが、
EOS Mでいけると確信を持ってから、少しずつレンズを置き換えていくのでいいとお思いますよ。


ちなみにアダプターは、年末キャンペーンとかで三脚座無しのものがプレゼントになることがあるので、
そういうタイミングを狙って購入すると、思いの外低い予算で基本環境を揃えられますよ。

2018/9/27 16:15  [2191-10]   

 α→EOSさん  

全くのスレ違いの話題ですが、グダグダと語っても良いでしょうか?
一言で言って、ただのノスタルジー、何の役にも立たない書き込みです。

スマホのカメラ機能がほぼコンデジになって、写真文化のすそ野は格段に広くなりました。
かつてレンズ付きフィルムが普及して誰もが写真を撮っていた時代と比較しても
年間に撮影される画像の枚数はケタ違いに多いのではないでしょうか。
便利になったことは間違いないのですが、
デジカメの歴史を追いかけて、デジカメと共に写真を学んできた者にとっては少し寂しさを感じるのも事実です。

デジカメの初期の頃、メーカーはそれぞれ特徴のある機種を開発し
新製品が発売されるたびに、僕は一種のワクワク感を感じていました。

※以下写真は全てネットで拾ったものです

SONYの初代サイバーショット(記憶が曖昧ですが多分これが初代だったはず)
当時、会社が買ったのですが、誰も使う人がいなくてほぼ僕のカメラのようになっていました。
特徴的なレンズ回転機構が、フィルムカメラでは決して撮ることの出来ないアングルやシャッターチャンスを捉えることが出来ました。
仕事でも全面的にパソコンを使うようになっていました。
サイバーショットは、デジタルで画像が記録できることがいかに画期的であるか教えてくれました。
もう、フィルムを現像に出すという行為は過去のものになったと感じました。
同時に35万画素の限界も学ぶことができました。

CANON IXY DIGITAL
超個人的な意見ですが、これまで発売されてきた全てのデジタルカメラの中で
外観デザインが最も印象に強く残っている機種が IXY DIGITAL です。
当時Digital Gadget Connoisseursというサイトで「妖精の系譜」と呼ばれていて
実にうまいことを言うなあ、と感心した記憶があります。

富士 Finepix 700
初めて自分で購入したデジカメです。
35万画素からスタートしたデジタルカメラの画素数が、50万画素、80万画素と増えてゆき
やっと150万画素の機種が出たとき、これなら仕事でもプライベートでも使えると感じて、
すぐに買いに行ったのを覚えています。
仕事にも遊びにも、国内でも海外でも、どこに行く時にも手放さず、沢山の写真を撮りました。
もう手許にはないのですが、当時のよき相棒でした。

懐かしいなあ〜。

と、まあ、ノスタルジーはまだまだ沢山ありまして、
山あり谷あり、紆余曲折も経てG10に辿り着いた時点で
確かに一つの時代に区切りがついた、と、自分的には感じたものでした。

すみません、なんか、自分の日記にでも書いておけ!と叱られそうなこと書きまして。
でも、こういう話ってここの人には共感してもらえるのではないかなあ、と淡い期待を・・・

2018/10/13 14:59  [2191-11]   

お久しぶりです。

思うところは色々あるのですが、一足飛びに話をします(笑)


ニコン・キャノン・パナ/ライカ/シグマとフルサイズミラーレスを発表した今思うのは、
技術的な問題はさておき、全くフルサイズミラーレスという機材に興味が無いことです(笑)

まぁ、フルサイズデジイチにも興味が無かったということにも痛感するのですが、
僕が好きなのは「写真」であって、さらに「キレイな写真」という物にあまり興味がないという^^;

α→EOSさんが言うところの、スマホのカメラ〜というのは、僕も一時期そう思いましたが、
自分の中では、そう言う話でも無い、別の事象が横たわってる気がします。

僕の初めてのちゃんとしたデジカメがPowerShotA200というのはさんざんと言ってきましたが、
その前の銀塩時代に、ある程度行き着くとこまで行っていて、そこから先は別の次元なんです。

A200、IXY-D900IS、G10、と、そういう流れで来ていながらも、
従来的な物はKDN、60Dなどでこなすなど、自分の中で使い分けというか区別をしていました。

まあ一般的な写真の需要・依頼が無くなったのと、パナのGM1を購入したのが同じ頃で、
GM1は比較的コンデジ的な流れの中で使用していた気がします。

でまぁ、パナのGX7mk3を買うわけですけれども、
僕の中では、IXY-D900ISやG10の頃に戻った感覚で撮影しています。

最初の頃こそ価格の該当版の手前、比較的一般的な撮り方をしていたように思いますが、
松本で撮った写真を見て、ようするに自分が色んな意味で感覚が違うのだと自覚しました。
https://www.flickr.com/photos/159028812@
N05



どういうことかというと

「あの頃」と思うコンデジは、あの頃のコンデジが良かったのでは無くて、
あの頃のコンデジの中で、自分と相性のいいコンデジが良かったということです。

それは、大きさや値段や用途というよりも、自分とのマッチングの話ですね。

松本でGX7mk3で撮った写真を見るに、GX7mk3とのマッチングは、G10を越えています。
気持ち的な部分とダイレクトに繋がってるような感覚の写真です。

これは別に高機能・高性能カメラだからとかいうのとは異なると思います。


そういう機材を探し当てられるか?巡り会うことができるか?というのが大きいのかな?

自分の中にそういうフラストレーションがある時には、
かつての、そう言うことを感じずに事に当たれた時代の機材が良く思える物です。

僕も、10年間もの間、G10の呪縛から逃れられずにいましたから(笑)

「綺麗に撮れるけどコレじゃない」と思う時は、
実際はその描写に納得ができていないことの方が多いですよ^^

2018/10/13 16:18  [2191-12]   

 α→EOSさん  

返信ありがとうございます。

>「綺麗に撮れるけどコレじゃない」と思う時は、
>実際はその描写に納得ができていないことの方が多いですよ^^

なるほど、
です。
言われてみれば自分もそういうことなのかもしれない、と思いました。
僕は写真を見る目が無いので、自分の判断力に自信が持てず、
描写の良し悪しをあまり追及できないのですが、
理詰めに説明は出来なくても、何か自分なりに感じるものがあるのかもしれません。

ただ、
上の駄文で訴えたかったことはもっとレベルの低い話でして、
いろいろと制約の多かった時代のデジカメで苦労しながら撮っていた頃が懐かしいなあ、
というしょうーもない話です。

初めて使ったデジタル一眼レフは初代KissDでした。
嬉しかったですね。
得意満面で撮っていたと思います、たぶん。
なにしろ、当時、まだ、デジタル一眼レフを使っている人はかなり少数派でしたから。

それまで使ってきたデジカメと比較すると
ISO増感ノイズが格段に少ない。
これはイルミネーションが好きな自分にとって、アメイジングでファンタスティックな性能でした。
クリスマスシーズンだけでなく、一年中、街のイルミネーションを撮っていました。
夜景と違って、イルミネーションはけっこう明るいので
ISO400〜800くらいが実用になれば、
あとはF2.8くらいのレンズを使って何とか手持ちで撮影できました。

それでも、当時のデジタル一眼ではISO800はちょっと苦しく、実用とは言えませんでした。
いろいろと苦労して工夫して撮りながら、
いずれISO800やISO1600が実用レベルになれば、
写真の撮り方が画期的に変わる日がくるだろうなあ、と考えたものでした。

ところが、
時代が変わって、実際そういう日が来てしまった今、
イルミネーションに対して、かつてのような楽しさを感じないのですね。
たぶん、撮り尽くした感があって、モチベーションが低下したのだと思います。
が、
もしかしたら、
あの頃の不自由な機材で苦労しながら撮るという、その行為に満足感を感じていたのではないか、
という、何だか倒錯した状況が頭に浮かびました。

前述のDigital Gadget Connoisseursというサイトの人のブログコメントにその旨を書き込んだところ
君はMだ!
と言われて、おお〜そうなのか〜知らなかった!
とか思ったものです。

で、
G10というのは増感ノイズには強くなく、
でも、広角側のF値は2.8とそこそこ明るく、手振れ補正も強力。
なので、本当の夜景は手持ちでは無理なものの、明るいイルミネーションなら
ISO200〜400で何とか、苦労しながら工夫して撮ることができる
そういう、実に絶妙なギリギリのバランス上にあるデジカメです。

僕がG10を未だに手放せないでいるのは、もしかしたらそういう事情もあるのかもしれないです。
でも、もっと増感に強い機種を使ったほうが楽に決まっています。
そのあたりのことはまた後日書かせて頂きます。
(まだ書くつもりかよ!)

再度、長々と駄文をすみません。

2018/10/14 14:14  [2191-13]   

α→EOSさん

ちょうど捕捉文を書いていたところでの返信で(笑)

捕捉文で書いていた部分はよしにして返答しますと、


僕の場合のデジイチはKissDigitalN(KDN)からですが、実は最初は初代を購入予定でした。
仕事的に「マイボディ」があると便利だったので検討したのですが、
画質以前に、ボディの作り込みが価格相応に思えなくて見送りました(笑)

PowerShotA200の次がKDNになるのですが、
デジカメの利点というか、好ましい点を見つけられていたので、
KDNで随分と職場界隈での名前を挙げさせて貰いました。

根本的にスペック好きの人が思い込んでいるほど、スペックを生かすような撮影場面ってないです。

当時(も今も)普通の印刷であれば800万画素あればA4はなんとかなりますし、
僕の仕事がいわゆるインタビューなどを含む取材関係(立場的にはライター&ディレクター)でしたので、
レンズがそこそこの性能であれば、ボディは普通のことができれば充分でした。

ただ、一眼レフ(デジイチ)で撮らないと、舐められたと思うクライアントが多かったことと、
あまり上位機種だと、外部のカメラマンににらまれる(コスト削減で外部の人を切るのかと)とかで、
KDN(その後は60D)というのは、本気度が前に出なくてちょうどいい機材でした。

高感度も、当時はISO400が使い物になるKDNは、
とくにニコン系のプロカメラマンからは羨ましがられましたね。
後にソニー製センサーの採用で、ニコンには逆転されていくわけですけども。



>あの頃の不自由な機材で苦労しながら撮るという、その行為に満足感を感じていた

「苦労」というより「工夫」にですね^^

子供の頃に入手できなかった物を、大人になって入手して満足する人がいます。
それが悪いとは思いませんが、僕にとっては大人の財力なら当然なので、そう言うことはしません。
自分の技術能力をフル回転させることに、自分自身で意味を見いだす(=満足する)からですね。

G10とは、あの段階での自分への(無茶をするという)要求に完全に応じてくれたカメラでした。

さらにACR(Lightroom)の進歩で、RAW現像的にも追求する部分があったのも大きく、
もしDPPだけであったら、RAW現像で対応可能な範囲が狭く、
G10をさらに生かすことにはならなかったでしょう。
とはいえISO80以外で撮ることなどほとんどありませんでしたが(笑)

で、GX7mk3を使ってる今でも、実は大して違わないのですね。

ISO1600までは普通に使える!といいながらも、基準ISOであるISO200でしか撮っていませんし、
開放F1.7のレンズでも、性能を引き出すためにF2.8付近までは絞ります。
緊急時の余裕分ということにしていますが、そういう状況で撮る写真は僕の本気の写真ではないので、
撮れてれば良し、撮れて無くても気にしないレベルです。



>いろいろと制約の多かった時代のデジカメで苦労しながら撮っていた頃が懐かしいなあ

結局僕は未だに「制約を設けて撮っている」という感じです。

なんでISO1600まで使えるカメラでもISO800までしか使わずに、ISO200常用なのかと言えば。
やはり「シビアに見た時の画質が違うから」に他なりません。

開放からシャープと言われても、自分の調べた範囲で一定レベルまで絞るのも、
実際に全体的な像の落ち着きという意味で、ある程度絞った方が描写がいいからです。

可能/不可能という意味とは別に、自分の思った描写に持っていくのに、その制限が必要なわけで、
制限したその設定付近でベストパフォーマンスの得られる機材を選んでいます。

自分の思った描写というのは、自分の想定してる誤差範囲に対応するというか、
簡単に言えば、融通の利く設定と言うことですね(笑)

融通が利くので、どんなシチュエーションでも自分の欲しい絵が撮れるわけで、
逆に「変に広くするために無理の出ていない、ちょうどいい懐の広さ」というのが、僕の中では重要かな。

開放からの性能を確保するためにバカでかくて重くて高価な35mm/F1.4であれば、
F2.8-4.0で一応のベストパフォーマンスが得られる小型の安レンズの方が実用的、という感覚ですね^^

開放F2.0-2.8程度の被写界深度(=ボケ具合)は撮影者側が工夫するから気にするなという感じ(笑)

2018/10/14 15:29  [2191-14]   

河よりも長くゆるやかに さん  

2018/12/6 12:34  [2191-15]  削除

Flickerの方に過去の適当なセレクトを上げていますが、一応一段落して、
あとはG10のRAW時代の画像をセレクトするだけ・・・

KDNや60Dの写真は仕事の物が多く、
PowerShotA200は200万画素で、画素数も画質も、今のレベルじゃ無いので、
アップできるのは、まぁこんなとこなのかなぁ・・・

RAW画像だとセレクトして現像を全て終わらせてから、再度篩にかけて減らす作業になるのですが、
実はJPEG撮影時代の方が画像の数は若干多く、手間はRAW現像に再調整をかける部分ですね。
一気にやれちゃえそうなら、年内に片をつけたいと思っています^^

2018/12/6 12:57  [2191-16]   

今年に入ってFlickerの規約が変わって、
1000枚以上の画像をアップするには有料サービスに加入しろということらしいので、
一度アップしたM4/3以外の画像を削除しました。

とりあえずIXYD900ISとFX150の画像は別アカウントで上げましたけれど、
G10(及びG15)の画像はそのままだと2000枚弱なのでどうしたものかと^^;

選択して1000枚に納めるのか、さらに二つアカウントを取るのか、
そもそもM4/3の画像と同一で見せられない時点でアップする意味あるのか?とか(笑)

M4/3の画像も処理Ver.5で現像し直して再アップしたいけれども、
当人はFlicker上で等倍で観れるけれども、ゲストは縮小画像なので意味無いかな?とか。

まぁ、適当にコツコツですかね^^

2019/1/17 16:00  [2191-31]   

鳴り物入りでオリンパスのE-M1Xが登場しましたが、
DP REVIEWの比較ツールだとRAWのISO1600付近までGX7mk3と画質が変わらなくてびっくり・・・^^;

https://www.dpreview.com/reviews/image-c
omparison/fullscreen?attr18=daylight&
;attr13_0=olympus_em1x&attr13_1=pana
sonic_dcgx9&attr15_0=raw&attr15_
1=raw&attr16_0=1600&attr16_1=160
0&attr126_0=1&attr126_1=1&no
rmalization=full&widget=655&x=-0
.33475917028008906&y=0.2251161974918
8813


もちろん他にも色々な機能差があるので、そこだけ鬼の首を取ったかのように言っても意味ありませんが、
もう少し通常画質的なインパクトは持たせられなかったのかな・・・

防塵防滴性能とか手ぶれ補正段数とか凄いのですけれども、
結局コンパクトで無ければフィールドに持ち込むメリットも少ないわけですから・・・

やっぱり単純にソニーから新しい4/3センサー部品が出るまで、M4/3の画質向上は足踏みというか踊り場状態ですね。

2019/1/27 14:34  [2191-32]   

EOS RPが出ましたね^^

ボディ内手ぶれ補正が搭載されていないのと、
将来的にボディ内手ぶれ補正搭載機が登場するのは確実なようなので少し微妙ですが、
それ以外の意味ではかなり戦略的な廉価ボディという感じです。

キヤノンは、キヤノンレンズ以外のベース機としてのRFボディとは考えていないと思われるので、
ボディ内手ぶれ補正搭載機が登場したとしても、どこまで動作保証するのか微妙なので、
手ぶれ補正機能付きのRFズームレンズを使う分には、逆に安めの値段のボディで充分という気もします。


「RFマウントだと高性能なレンズが作りやすい」を地で行くようなレンズ発表ラッシュですけども、
噂通りにRFマウントのAPS-C機が発表されるのか?というのが一つの関心事だと思います。

もちろん登場しても、かつてのAPS-H機のような、専用APS-Cレンズを用意しない展開だと予想しますが、
EF-Mマウントが多少陳腐化してしまったことも事実で、実性能以前にイメージ的に良くありません(笑)

Kiss-M発表前なら、EF-Mラインを終了してRF-S(-M?)を用意する可能性もありましたけれど、
さすがにもうEF-Mラインは潰さない(せない)気がするので、呼称変更でもするのかな?

そこら辺がハッキリしないとEF-Mには移行しにくい雰囲気で嫌ですね^^;
今年のCP+でEOS Mボディが発表されれば別ですけれども・・・

また通常のAPS-C EOS(APS-C一眼レフ)機はラインナップが整理されるようですが、
今の雰囲気だと、7Dクラスと二桁クラスの統合機が1つ、Kissラインが1つ、海外用廉価Kissが1つ、くらい?

一眼レフ機がメインストリームから一挙に外れそうな流れなので、
汎用APS-CラインをEF-Mでいくのか、RFの路線に組み込むのか、ハッキリして欲しいです。

普通に写真を楽しむには、RF系列のレンズは高価すぎますし、
RF系列とEF-M系列に互換が存在しない上位にスライド移行が出来ない状態での2系列のレンズ維持は、
キヤノンにとっても将来的な重荷になるでしょうから・・・

なかなか難しいですね^^;


僕的には前から言っているようにM4/3がレンズ交換式としては終焉の地でいいのかなと思っていて、
GRのようなAPS-Cコンパクトに手を出すかどうかと言う感じです(笑)

最近、かつてやってた楽器を再開したりしたので、パワーリソースが分散してるというのもありますが、
GX7mk3と広角コンパクトズームに標準望遠ズームに15mmの単焦点と揃ってしまうと、困らない(笑)

でも(パナの)M4/3が(僕の終焉より先に)終焉したときの受け皿は、
キヤノンのAPS-Cしかないと思う自分がいるので、やはりキヤノンには頑張って欲しいと思うわけです^^

2019/2/16 09:20  [2191-33]   

パナからG99(G8後継機)が出るようですね^^
http://digicame-info.com/2019/04/dc-g99.
html


1年経って、やっとGX7mk3(GX9)並の基本性能(トータル性能は断然上)が出るわけで、
これでGX7mk3板の馬鹿な煽り書き込みが終わるのかな?
まぁ僕が行かなくなった時点で収まったという話もありますが(笑)

全くGX8後継機が出ないという変な噂のせいでGX7mk3はとばっちり受けたなぁと思います(笑)

2019/4/5 10:27  [2191-35]   

キヤノンからEOS KISS X10が出ましたね^^
https://canon.jp/newsrelease/2019-04/pr-
eos-kiss-x10.html

https://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx10
/


DIGICが7から8にアップし、重さが449gと4g(笑)軽くなり、4K動画が撮れるようになった、と。

サイトではKX10とKX9iとで大きさ比較をしているところから、
KX10iは発売されず、メインのKissはKX10に一本化なのでしょう。

DIGIC8の搭載で、デジタルレンズオプティマイザとオートライティングオプティマイザが
ボディ内で処理できるようになったのが大きいかな?


いちおうEF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USMは手元に残してあるので、
最後の一眼レフボディとして買うのも良いかな・・・とか思っています。

まぁ「本当に使うのか?」というのはあるんですけど(笑)^^;
さすがにEOS80D後継機は買わないですからねぇ・・・買うならこのクラス?

後は実売価格かなぁ・・・

2019/4/10 21:37  [2191-36]   

しかし、新アカでレスがきそうなネタ投入して釣りを楽しむのはいい加減にすればいいのにね。
発想がというか精神年齢が小学生過ぎる気が・・・^^;

2019/4/17 00:50  [2191-37]   

で、結局最後は「ミラーレス5台目」だとか嘯いて締めるわけです。

5台目の人が、露出の基本を理解していないわけがないし、
5台目の人が、価格のアカで3年ぶりの投稿などというわけもないわけです。
休眠させていた捨てアカと言うことでしょう。

それがバレないと思って釣りをして、それが実際にバレないというのが、
釣りを仕掛ける側も含めて価格の知能レベルですね・・・
それをマトモに受け取る側も含めて下らないです。

2019/4/17 07:03  [2191-38]   

 MASTERキートンさん  

ご無沙汰してますね‥ウワサを含めた新機種情報、デジカメinfoは
チェックしてますよ(笑)

息子の卒園、入学と60D活躍してます。何かの時は、やっぱり
コレってとこですね。

多方面で散財しまくってるのでカメラ関連の散財は無いですが、
唯一、HAKUBAの防湿庫を物色中です。現行のレンズ資産と
コンデジ類とスピードライトで何ℓにしようかと‥

EOS-RPのサイズ感は程よく感じてます。フルサイズ用の
ズームレンズを持たない僕としては、正直買うところまでは
行きませんが、APS−Cのラインが出たら‥

EOS-M5のウワサも久々に目にしましたので、継続してくれるなら
こちらのアップデート内容は気になります。希望としてはグリップ
の拡大をして欲しい、か、カスタムグリップでも良いのでEF、EF-S
でもより安定し操作感のアップをして欲しいですね。あとは手ブレ補正
をなにとぞ

2019/4/17 07:38  [2191-39]   

キートンさんお久しぶり^^


問わず語りのチクチクモードに入ってた兄さんです(笑)


個人的にはEF/EF-SのEOS一眼レフを処分できないのは、
未だ「ここぞ!」というときに、やはり一眼レフ以上の信頼が置けないからでしょうね^^

もちろんミラーレスでも似たような信頼性は稼げるのでしょうが、
同じ原理で無い以上は、どうしても全幅の信頼が(笑)^^;

いちおうEF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USMを手元に残してあるのも、
60D以上のAFならば、KX10でもいいのかな?とか思うのも、そこら辺だったりで、
「撮影」というExperience的にはミラーレスでも充分という気がしますが、
信頼性というか、融通(≒力業)を考えると一眼レフの方が「楽」な僕がいます。



EOS R系と、EOS M系に関しては、悩ましいですね(笑)

EOS R系列にAPS-Cセンサーが載ることは有り得ると思っていますが、
RFレンズ群にAPS-Cセンサー専用のレンズが登場することはないんじゃないかな・・・と。
ようするにRFレンズを望遠側にクロップ利用するボディはでるかもな、と

そうすればEF-RFアダプタでEF-Sレンズが付いて、APS-Cネイティブで利用できます。
場合によってはEF-M-RFアダプタがでれば、EF-Mレンズもネイティブ利用できます。



キヤノン的には、APS-Cコンシューマーフォーマットが大きくなることを嫌がっていますね。

ただ、RFレンズ群の卓越した光学性能を見せられては、EF-Mに食指は動かないのが事実かなと。

良いレンズは良い硝材なども含めての話なので、マウント径とフランジバックだけではないでしょうが、
マウント径やフランジバッグに大きさも含めて最適化されたAPS-Cマウントは必要かなと思います。

現時点では、EF-Mレンズが新APS-Cマウント(仮称RF-Mマウント)ボディに付けばいいわけで、
必ずしもRFレンズが仮称RF-Mマウントボディに付く必要は無いわけです。

もちろん、EF/EF-Sの時と同じようにRFマウントで共通化させてしまえば一番楽ですけれども(笑)
・・・そうなると結果的に、RFマウントのAPS-C専用レンズがでることになっちゃいますが^^;

ここら辺がハッキリしないと、EOS M系列は買いにくいですね(笑)



まぁ、天下のキャノンなのでEF-Mマウントを切り捨てたりしないでしょうが、
その状態で行くなら、圧倒的な性能のレンズを(比較的安価に)出さないとダメでしょう

将来的にコンシューマーAPS-C市場が超縮小されて、超整理が必要になったときにどちらが楽か?

そうなるとやはりRFマウントありきの路線になると思うんですよね。

EF-Sにはマクロ以外単焦点がラインナップされなかったように、ズームさえ用意されてれば、
あとはフルサイズ用のレンズで補ってくださいという形にまとめられますからね^^;




そういうわけで、EOS RP良いですけれども、EOS M5の噂もありますけれども、
今EOS R系や、EOS M系+EF-Mレンズを買うのはかなり難しいかな・・・と^^;

別マウントに移行を薦めると言うよりも、EF-Sの現状資産&ボディの融通で様子見をするなり、
EF-S用の換えミラーレスボディくらいのつもりで、EOS M5後継機を購入するかですね^^

EOS 80D後継機、もしくはそれで安くなる新品/中古の80D、もしくはKX10あたりとか、
僕みたいにコンデジの延長としてM4/3に手を出すとか、少し避けて様子見が良いかなと思います。

まぁEOS M5後継機で、EF-S用の換えミラーレスボディとして利用というのが楽しいのかな?
M5後継機はKissMより上の構成=80D/KX10より上の構成なので、アリのような気もします。

ちなみにKX10・ M5/80D後継機ではボディ内でDLO適用のRAW(CR3)が出来るのがデカイ!
LRでも処理できますから、純正レンズのみで揃えていたキートンさんならではの福音です(笑)

おおよそ2年程様子見という感じなので、EF-S/EF-Mボディへ投資でも、
(ある程度財政に余裕があればですが)完全には無駄にはならないかなと思います^^

もし余裕が無い場合は、ここは「忍」の一手ですかね(笑)
僕なんか、忍びっぱなしです(笑)^^

2019/4/17 09:06  [2191-40]   

ペンネンノルデの帰還というか、単純に画像アップロード機能制限が使いにくかったというか。
今時、1024×768程度のサイズで写真をどうこう言っててもなぁ・・・という。

まぁそんな感じで(ーー=

2019/5/21 18:29  [2191-50]   

河よりも長くゆるやかに さん  

2019/5/24 08:46  [2191-51]  削除

まぁ、最初削除されたりしたのですが、一言書いたらOKのようなので、
画像アップ機能的に優れたあちらの板にスレ復活しました(ーー=

「a.k.a_ab」=「almost known as akira bros.」=「〜として知られている」という。

気がついてみればとうに50歳以下でもないので、顔アイコンも50歳以上に変えています。

バカに絡まれるのも面倒なので、のんびりした話はこちらの方が良いのでしょうね(ーー=

2019/5/24 08:54  [2191-52]   

 α→EOSさん  

ご無沙汰しています。
RF28-70mm F2L USMについて、ですが、このレンズの使用用途はやはり人物撮影、ポートレートということになるんでしょうね?
使い方は人それぞれとは言っても、このレンズを活かせるシーンはポートレート以外にはないような気がするのですが、他の用途で使う人もいるのでしょうかね?
ブツ撮りや花とかならマクロレンズのほうが良いような気がするし、
スポーツとかなら望遠側が足りないし、手振れ補正が欲しいし。

桜や紅葉での人物撮影に使うなら最強のレンズだと思いますが、どうなんでしょうか?

もちろん買いません。てゆうか、買えません。
価格も、重量も許容範囲外ですし、そもそもRFマウントボディを持ってないし、ただの興味本位です。すみません。

デジカメウオッチの撮影画像を見ました。
開放からものすごい解像度ですね。しかも隅々まで。
ズームレンズ(単焦点でも)の開放は甘いと相場が決まっていると思っていたのですが、
最近のレンズはこういうのが多くなっているのでしょうか?
デジタル補正のおかげ?でしょうか?
カルチャーショックです。(単なる無知かもしれませんが)
ボケも綺麗だし、撮影条件も良かったのだと思いますが、コントラストも高く発色がクッキリしていると感じました。
このあたりLレンズらしいと言うべきでしょうか。

単焦点と較べてもしかたないですが、
このレンズなら単焦点の代わりになると思います。
重量はネガですが、そのかわり付け替えなくても済むし。

ミラーレスのメリットを最大限発揮したレンズですね。
IS無しだけが残念ですけど、キヤノンはボディ内補正はやらないでしょうねえ、たぶん。

2019/6/28 10:37  [2191-53]   

α→EOSさん

ども^^おひさしです。RF28-70mm F2Lですか。何から話して良いのやら(笑)


まず、実売価格と重量と大きさから言えば、EF24-70 F2.8L IIとは別格なのが判りますね。
開放の1段差はもとより、実売が倍違って、30万クラスなわけですから(笑)

ということはやはり、RFマウントのデモンストレーション・レンズというか、
広角端が24mm無いのも、実用よりは性能を優先させた結果ではあるのでしょう。

あくまで、そのことを前提、もしくは度外視して話をしないと、困ってしまいますね(笑)



で「ポートレート・レンズなのか?」については、ある意味でYESで、ある意味ではNOです。
普通のポートレート撮影には、若干画角の範囲が狭いので使いにくいからです。


で、ひとつの答は「レンズ内蔵の手振れ補正がついていない」ことですね。


F2と明るいとはいえ重量が重いので「単焦点何本分」という考え方はナンセンスです。
つまり「手持ちポートレート」をメインターゲットにはしていないはずです。

ポートレートなら気に入ったレンズ2本程度で良いし、1本はもう少し長い玉が欲しいです。
「屋外のポートレートなら」自然と85-100mm近辺の間合いになることが多いですから。

けれど広角端が24mmでは無いので「退けない」一般室内取材プロカメラマンが持つほどの、
つまりは、F24-70 F2.8L IIほどの万能レンズとしての実用価値もないわけです(笑)



「屋外向きではない」「退けない(退く必要が無い)」「手ぶれ補正が付いていない」


いわゆる、写真館の、七五三や成人式や家族写真、もしくは結婚式場用のレンズですよね。

1人-5人くらいの全身撮影が基本で、親族一同規模の集合写真にも対応する、と。
バストアップ写真は少ないから、85mmまでは画角が要らないんですね。

ドーリー(三脚)前提だから手ぶれ補正はMUSTではないし、
写真館だから広角は28mmまでで充分だし、
赤ちゃん込みの写真など、ストロボでなく自然光で撮る場合に、開放は明るい方が良いし、
第一、写真館なら、レフ式カメラであること自体不要だし。

それに、単焦点並みの画質でなければ、客からお金が取れないし(笑)



デジカメウォッチの、作例と、撮影風景写真との描写の差を見れば、
解像以前に、色乗りの濃さがと上品さが見て取れます。

写真館は、昔は、中判以上4×5-8×10で撮影していたわけで、
現在でも中判カメラにデジタルバックを装着して撮影しているところもありますし、
その手の需要に殴り込みをかけたのが富士フィルムのGFXなわけですよね。

EOS 5Dなどで135フォーマットながら写真館にシェアを伸ばしたキヤノンにとっては、
プリントアウト分野で未だに写真館と取引のある富士フィルムのこの動きは脅威です。

ならば中判レンズ並みの画質の135フォーマット機を出せば対抗できることになりますし、
写真館はボディやレンズを多く揃えない代わりに、基本機材にはかなりの投資をします。
中判-4×5が当然だった分野ですから当然のことですし、フジの狙いもそこにあります。

必要なのは、高画質でうっとりするような描写のレンズで、一般的な価格ではないんです。



凄いけれど売れないレンズを、デモンストレーションのためだけに開発するか?

EOS RPのような中途半端なボディが、なぜ発売されるのか?

デジタル時代になり「レンズは資産・ボディは消耗品」とハッキリした状況を考えれば、
予算のある写真館が「RF28-70mm F2LとEOS RPの組みで導入し、ボディは今後買い換える」。
こういうパターンを念頭にしてるだろうな、と思うわけです。

下手なプロカメラマンより、単価が高く一定カット数が見込める写真館の方が、
撮影環境が固定されるのでベストな結果も出しやすく(無駄玉を打たずに済み)、
資材の償却も計算がしやすく、実際にペイもしやすいわけです。



まぁ好事家やお金の余ってる人は買うでしょうし、
ボディ内手ぶれ補正が付けば、使える範囲は拡がるでしょうし、
そういうハイアマを念頭に入れていないとは思いませんけどね(笑)


メーカーというのは「意地だけ」でこういう製品を開発しません。
売るやり方は色々ですが、製品を成り立たせる戦略というのは練ってる物ですよ^^



僕はと言えばM4/3のGX7mk3+Leicaの15mmにぞっこんで、
それを生かすACRの現像手法開拓に余念が無いです(笑)

APS-Cには戻っても、135(フルサイズ)はもう使わないかな?
キヤノンが、EF-MをRF-Mにでも改称して、手頃な高画質に本気になってくれるかどうか?
それともフジが、おっと思う「デザインの」ボディを出してくれるかどうか?(笑)
そうじゃなければ新しいGRなのかな?と思ってるこの頃です^^

2019/6/28 12:18  [2191-54]   

 α→EOSさん  

河よりも長くゆるやかにさん

早速のご返信、
相変わらず詳しく分かりやすい解説、ありがとうございます。
写真館というのを自分では使ったことが無かったのでぜんぜん思いつきませんでしたが、
色乗りが良く、うっとりするような高画質が売り、と言われて
写真館というものの存在意義がよくわかりました。

屋外のポートレートには85mm付近が欲しくなるというのも
言われてみればそのとおりで、50mmくらいだと被写体に寄りすぎになるし
背景の処理にも困ることが多いですよね。

RF28-70mm F2L USMがいろいろな意味で特殊なレンズだということが良くわかりました。

2019/6/29 10:27  [2191-55]   

α→EOSさん

いずれにしてもRFマウントの将来性を予感させる銘レンズであることは間違いないですね^^

ただ、設計の自由度でいうとEF-Mマウントが、
マント径とフランジバック、センサーのサイズ的に一番画質を追求しやすいらしいです。

キヤノンがEF-Mレンズに、超高価で超高画質のレンズを投入するとは思えず、
設計自由度の高さは、安価で画質のバランスの良い小型レンズ側に振られるのでしょう。

でも、ズームレンズは既存のこの路線でも、
単焦点レンズは気合いの入った画質にしてくれたりすると面白いのですけれど・・・
明るさはF2くらいまでで充分なので、頑張って欲しいです。

2019/6/30 10:50  [2191-56]   

河よりも長くゆるやかに さん  

2019/7/6 14:01  [2191-58]  削除

 α→EOSさん  

最近、自分がカメラから遠ざかっているせいで、情報について行けていないのですが、
RF28-70mm F2L USM のようなレンズが発売されるのを知って、
写真の世界がまだスマホに完全に侵略されていないのだなあ、と思った次第です。

2019/7/6 16:34  [2191-59]   

α→EOSさん

スマホ=写真(カメラ)問題に関しては、僕はこんな感じに捉えています。


元々フィルムカメラ時代は、簡単なコンパクトカメラですら一般人には敷居の高い物で、
その敷居を一挙に下げたのは、ご存じ「写るんです」でした。
当時ラボ系でバイトしてたので、この量的凄まじさは実体感しています(笑)

で、この勢いのまま、デジカメ・コンデジ時代に突入するわけですよね。
ですからコンデジブームというのは、写るんです的一般人の乗り換え需要だったと思っています。

その需要が、スマホにシフトした結果が、現在のコンデジ(デジカメ)衰退なので、
より便利で気軽な道具にユーザーが写るのはカメラの世界だけの問題でも無いかな、と。

簡単に言えば、車の世界なども同じようなユーザーの変化をしてきていますし、
PCの世界などもPC離れ&タブレット・スマホへの移行が進んでいますね^^



ただ「写真道・写真機材道」みたいなものを振りかざす人達によって、
新規参入者やライトユーザーが、スマホに流れたというのは大きかったと思います。


なんせ一般人は「写るんです」で満足できたわけですから「能書き」は不要なんです。


現在、1インチの小型機ですら、ついでに持ち歩く大きさからは外れてますし、
ついでで購入する金額からは外れていますよね。

この「ゆるい写真好き」ユーザー層が、諸々の理由で離れたのは凄く大きいです。

なんせG10ですら、低感度とはいえ最新のACR現像であれだけの画像が得られるのですから、
最新の小型センサーに最新のデジタルエンジンならばコンデジでも充分な画像が得られますし、
それを地で行ったのがスマホのカメラ機能なわけです(笑)


安い小型コンデジを「ダメだ!」と決めつけて叩いたのは「カメラマニア」であり、
その結果1インチコンデジがAPS-C廉価一眼レフ以上の金額になってしまい、
一部の金持ちのために、機材性能と価格がうなぎ登りになり、

結果、中途半端な金持ちユーザーすら脱落していくわけですよ(笑)^^



写真なんて気軽に楽しめば良い物で、多少下手でもその人の思い出になってれば良いんです。

上手に撮れる人がいても、下手な自分を卑下したり、コンプレックス丸出しで絡んできたり、
そんなバカなことを写真コミュニティー上でやっていれば、衰退しますよね^^


僕はフィルム時代はF4-ライカと実用機の最高峰と趣味の最高峰に手を出した人間なので、
コンデジのフットワークの軽さと必要充分な画質というのはパラダイムシフトでした^^

個人的には、そういう流れを「写真道・写真機材道」の人達に潰されたと思っています(笑)

「ラーメン道」の人達に「気軽な食事:ラーメン」を潰されて、
気軽なラーメンは「インスタント・ラーメン」にシフトしちゃった感じというか^^



で、どうするか?、というと、

自分の身の丈に合った、気軽で気の合う機材を探して、「好きに撮る」ということですね^^

1インチコンデジにそれが求められない時代の、ちょうどいい機材が僕にはM4/3だったと。
で、その流れでGX7mk3に手を出して、機材スレに行ってみたら、機材マニアに叩かれた、と(笑)

でも別に、好きで撮る写真に変わりはしないし質が下がることもないので、バカな人達だな、と。
高い機材にシフトしたからといって、良い写真が撮れるわけでも無いのよ?、と。


RF28-70mm F2L USM、僕も凄いと思います。

けれど、僕にお金があっても、手を出す機材では無いです^^
あの画質に見合う「写真」を撮るなんて、肩が凝りすぎます(笑)

ですから写真館のような、コンスタントに一定クオリティの写真を撮る、
セッティング的にそういう写真が量産できる現場向けのレンズなんですね。

スナップショット用に、あのレンズを付けて首からぶら下げてる図を想像してみて下さい。
「仰々しい」を通り越して「滑稽」ですよね^^

でも「プロ」以外が、あのレンズを持つ場合、結局その状態になるわけです。
まぁ「花マクロ」や「鉄道写真」「航空写真」には使いにくいレンズなのでそうなります(笑)


なので、キヤノンのその技術が、より一般的な(EF-Mのような)分野に下りてくることを、
僕は期待するわけですけれども、どうなることやら・・・という^^

変な話ですけど、今さらにG15をバリバリ使って見るかなとか(笑)そういう気分です^^

2019/7/6 23:21  [2191-60]   

あと、間違えて削除しちゃったので、以下再投稿です^^


PowerShot G7Xmk3とG5Xmk2の実機画像と基本スペックがリークされましたね^^

https://www.nokishita-camera.com/2019/06

/powershot-g7-x-mark-iii.html
https://www.nokishita-camera.com/2019/07

/powershot-g5-x-mark-ii.html

DPAFが謳われていないのと連写性能から、ソニー製の積層センサーが使われているようです。

この積層センサーの特徴はセンサー裏に直接バッファメモリーが搭載されているため、
センサーからの読み出し速度が速い(連写性能が高い)という特徴があります。

それ以外には、センサー性能とDIGIC8の高速処理とで、
・30コマ/秒のRAW連写・4K動画(たぶん30fps)・フルHD120fps動画
など、比較的動画性能が大きく向上しているイメージです。
マイク端子も新たに装備されているのも特徴ですね^^

馬鹿な人達は、マイク取付ホットシューが無いと文句を付けてますが、
ホットシュー取付タイプのマイクは大きいので、このクラスのボディに取り付けると、
極端にバランスが悪くなりますし、ヘタすると広角使用時にマイクが写り込みます(笑)

マイク付けちゃうとジンバルも使えないので、基本的にはこういうグリップを使います。
https://images-na.ssl-images-amazon.com/

images/I/61nwwM1TuOL._SL1200_.jpg
https://www.amazon.co.jp/Agimbalgear-DH0

3-ミニデュアルグリップ-モニターマイクビデオライトに対応-ネジが付きの他のジンバル対応/dp/B07GKSGWBF


さてG7Xmk3は正常進化というか、レンズの更新もなく、センサーとDIGICの更新でしたが、
GX5mk2は基本デザイン変更と共に、望遠端が伸びた使いやすそうな画角域のレンズになっていて、
一眼レフ風のボディデザインは、ポケットなどコンパクトに仕舞いたいときに大変邪魔なので、
賛否あるかも知れませんが、僕は良い(実用に即した)デザイン変更だと思います。

何はともあれ気になるのはG5Xmk2の120mm相当まで20mm伸びたレンズの描写です。
画角域が伸びたことより、従来のレンズのネガ要素がどのくらい改善されてるか?
広角(端)側の画質改善がされていれば、常用機としての魅力が高まりますね。
でも、この位の画角域のズームはG7X系にも搭載されて良いんじゃないのかなぁ・・・


しかし、動画(YouTuber)的需要にマッチした製品展開で良いとは思いますが、
あまり「グッ」と来る感じのモデルチェンジでは無いですね(笑)^^;

1インチ機も需要は落ち着いた感があるので、そろそろラインナップの整理が必要かなぁ。

2019/7/6 23:23  [2191-61]   

 α→EOSさん  

初心者(入門者)にとって、技術的に最初の敷居の高いものはとっつきにくく、
それゆえ趣味としては裾野が広がり難いと思います。

銀鉛写真は敷居が高かったです。
僕は、銀鉛時代にはシャッター速度と絞りの関係は理解できそうにないと思っていて、
一眼レフの、意味を理解できないダイヤルがいっぱい付いたカメラは完全に興味の外でした。

ところが、これがデジタル一眼レフになったとたんに自分の理解が及ぶテリトリーに入って来ましたから、不思議なものです。
とは言っても理由は簡単で、露出の失敗をその場で確認できるという、それだけの理由です。
写るんです、コンデジ、スマホは写真、カメラの敷居を下げることによって多くの人に普及したのだと思います。

一方、敷居の高い趣味に、敷居が高い故に没頭する人達も、少数ながら、います。
銀鉛時代から写真を趣味としていた人達はそういうタイプが多いのではないかと思います。
自動車でも、運転を趣味とする人はいっぱいいますが、エンジンのチューンまで手を出す人は少数です。
で、
そういう人達はえてして写真よりもカメラに凝ったりしがちな傾向があるのかもしれない
と、今、思いました。
ある意味、それは必然かもしれません。
苦労して(お金と時間と労力をかけて)実につけた技術と知識です、
そりゃ拘りが出るし、頑固な職人気質にもなるのでしょう。
で、そういう人達って物凄い保守的なんですね。価値観の違いを決して、死んでも、受け入れない。
いろいろな分野に、そういうタイプの人がいます。

でも、そういう人達が増えるほど、ライトユーザーは離れてゆくでしょうね。
日本の伝統文化なんかもそういうスパイラルからもはや脱することは出来ない感じですし。

2019/7/7 10:23  [2191-62]   

α→EOSさん

まぁ難しいところなんですけれど、
「縁側」は承認したメンバーしか書き込めないという利点を最大限に生かすとして(笑)



その「習得した技術」で「威張る人」は「その技術でしか威張れない人」です。

それは「拘り」ではなく「数少ない砦」なので「勝てそうな砦」相手には「威張ります」。



僕が写真業をはじめた初期の頃の話です。
中判以上でしか撮らない僕の上司である師匠に、135ではどんな機材を使ってるのか尋ねました。

その師匠は「キャノンのAutoBoy。よく写るよ」と答えました。

AutoBoyはその名の通り全自動の廉価価格帯のコンパクトカメラです。
その時僕は自分の質問を恥じ、その後の人生での写真の指針が決まりました。

「写真は機材で撮る物ではない」とその師匠は言いたかったのですね。



その後僕は広告制作業に身を移します。

当時はまだ紙版下からデジタル出力版への移行が始まったばかりで、
完全デジタル版=(完全)データ入稿になるのはもっと先の話でした。

つまりは、まだ現場には微細な紙版下製作が出来る「超器用な」職人さんがいたわけです。

僕は(器用ではありますが)そこまでの精密な作業が出来る能力は無かったので、
編集・ライター兼ディレクターとして仕事を始めたのです。

ところが時代はバブルが弾けた後で大幅なコスト削減が求められた時期で、
デザインラフくらいは自分で起こして、末端作業者に伝える必要がありました。

そこで大活躍したのがMacで、版下レベルは論外でしたが、
ラフレイアウトから展示会ブース案まで、Macに頼ってナントカしたわけです。
そうして過ごしているうちに、末端の紙版作業の人もMacに移行し、そしてこう言われました。

「きみは、デザインをやった方が良いよ」

なんとも恐れ多いことで、固辞したのですが、その方が言うには、

「Mac(デジタル)の時代になれば、物理作業の重要度は相対的に落ちる」
「良いデザインレイアウトが出来るかどうかの本質が重要になるからチャレンジした方が良い」

本当の技術者(=プロ)というのは、そういう物の見方をする物で、
自分が習得した技術を嵩に、それを未習得の人を見下したりしないのです。

もちろん才能がなさそうな人などは冷淡に切り捨てたり、適当にあしらいますが^^;

結局その職場を辞めたときに、知人からの紹介でフリーのDTPデザイナーとして働き始めます。
理由は簡単で、完全デジタル版下に対応できた(当時的にはQuarkXpressが使えた)からで、
結局は勧められたこともあって、その手のアプリを習得していたことが大きかったわけですね。



その後、紆余曲折がありながら、デジタルカメラと出会います。

けれど、僕的にはPhotoshopでのデジタル画像調整・加工を(DTPで)既に身につけていて、
調整に耐えうる程度の画質の画像であれば、思い通りに調整できる自信はあったのです。

結果的に、自分が「職業として」会得してたスキルをフルに生かせたのが
いわゆる「デジタルカメラ」の分野だったというわけです^^;

しかも、自分の師匠筋(達)からの教えを「ぶちかまし」ながら(笑)



「普及」というのは、結局「コスト」の問題だと思います。

フィルムでも、コストがタダなら何100枚撮れば1枚くらいは使えますし、
「何100枚撮る」という行為自体が鍛錬になって、おのずと実力が伴ってしまう物です。

ですからキートンさんには、デジタルの「コストフリー」な面を生かして、
設定を考える前に、フンフンフンフン、ただただ枚数を撮るように言ったわけです^^

枚数を撮る=場数を踏んで場慣れすることが一番の上達の近道なので。


それが、コンデジを買うより、スマホで撮った方が、機材コストがかからない、と。
「デジカメ道」を振りかざす面倒で中途半端な先達を相手にしないで済む、と(笑)
「一枚入魂」みたいな精神論ではなく、自分が納得するまで撮れるわけですからね。

で、枚数を撮れば、前述のように上達します。

「理屈」から覚えるのでは無く、必要な「理屈」を習得していくことになるからです。



よく「上の世代が膠着すると、下の世代が離れる」といいますが、正確ではありません。

上の世代が膠着しているときに、
下の世代が「上の世代のシステムに乗れば保証される」と、乗っかろうとした時に、
下の世代の「おもねりたくない奴ら」が反旗を翻すのです。

上の世代にも本質を理解してる人は必ずいるのですが、そういう人に出会えるかどうか?

あとはその人の性格というか資質、才能と努力のバランスですね(笑)^^



車のエンジンをチューンする人が偉いのか、車でドライブして楽しんだヤツに価値があるのか?

僕は、本当に車を理解してる人がピーキーなチューンなどしないことを知っています。

そういう人は、トータルで速い車こそが「速い車」であることを知っているからで、
そう考えた時に「チューンすべきはエンジンでは無く足回り」だという判断が出来る人です。
足回り以上のパワーをツッコんでも、まともには走りませんから(笑)


でも、頭が固い威張りたがりは「そこまでには至っていない人達」なんで・・・

そういうアンバランスな話をさも「もっともそうに」語るカメラマニアが多いということですね。



「RF28-70mm F2L USM のようなレンズを生かせる状況は限られているはず」という
α→EOSさんの指摘は、そういう意味で的を射ていたと思いますよ^^

2019/7/7 12:41  [2191-63]   

PowerShot G7X3、G5X2が発表になりましたね。

初値がそれぞれ、9万、10万ですか・・・。
冬のボーナス期までに2万円は下がるにしても、もう僕の財布的購入対象ではありませんね(笑)


キヤノン的にはソニー機的カタログ維持で実売を下げて対応をするつもりかも知れませんが、
やはり、メーカーの姿勢的に、この値段というのは萎えてしまいます^^;

レフ機はさておき、素直にEOS Mの廉価機や、M4/3の廉価機買った方が安いですからねぇ。。。

「とりあえず単純に写真やりたいヤツはコレ買っておけ」的にG9X3が、
価格帯据え置き、センサー据え置き、DIGIC更新で出るなら別ですけどもね・・・

そういう意味では、もう、コンデジは俗にいう「オワコン」なのかもしれません。


G7X3も、この動画機能トピックなら、スチルカメラの形態を維持して無くても良いわけで、
変な機械的なUIは残さない方が、実際の所は使いやすいでしょうし、
そういうところをオミットした低コストの同等性能機が出たら、みんなそちらに流れますよね。

何というか迷走感が拭えません^^;



実際問題としてはPoweShotGシリーズをラインナップ化させた時点で破綻が来たのだと思います。

「PowerShotG」であれば、最高機種じゃ無くてもステータスが維持できた物が、
G9X、G7X系列は標準・廉価機種であり、G1Xは高性能でも実用的じゃないので意義が薄いという。

実際に1インチ機も、9、7、5、3、と高級路線で4機種維持するほどには市場が存在していません。

G9XやG7Xも、PowerShot S9X、S7Xであれば、コンパクトな1インチラインナップで成り立つわけで、
その分、UIをシンプルにして機械部品を減らしてコストを下げることが可能です。

「PowerShotG」はシンプルに目的ごとのフラッグシップとしての存在を誇示できないとダメですよ。

G1Z、G3Z、G5Zと改番して上位3機種をGシリーズとして残し、
下位機種は、S7Z、S9Zと改番して、もっとシンプルで自由な展開をさせて上げた方が・・・とか、


まぁ、そんな妄想をしつつ、キヤノンコンデジから心が離れていく僕でした(笑)

2019/7/10 15:22  [2191-64]   

さて、シグマfpですよ。
https://www.sigma-photo.co.jp/new/2019/0
7/11/3681/

https://www.sigma-global.com/jp/cameras/
fp-series/

https://www.youtube.com/watch?v=s5e580-K
2z8


かなり気合いを入れた、カメラ好きならぬ「写真好き」「需要」を見たデザインとサイズですね。

FOVEONセンサーでは無く、ソニー製ベイヤーセンサーを採用しているのも、
余計な拘りで間口を狭めたくないという指向の表れに思います。

(ソニー製)ベイヤーセンサーなら、市販RAW現像ソフトで画質精製の追求も用意ですし、
既に既存の機材でフローを組んでる現場にもアドオンしやすいですからね^^

いちおう「機能(性能)に対してはバーゲンプライス」という噂も出ていますが、
実際にどのくらいの価格で収まるのかで勝負の流れは決まりそうです。


ただ、EF-Mレンズに「本当に良い」レンズが出れば、EOS M100で事が足りる話なんですよね・・・

そろそろ一眼レフ風にEVFが着いてるボディは、実際の撮影には意味が無いことに気付くべきです。
レンズ同軸上にEVFが欲しいのなら、チルト液晶にフードと対物レンズがあればいいわけですから。

なんらかのゲームチェンジャーになってくれることを願います^^

2019/7/12 12:19  [2191-65]   


下ノ畑ニ居リマスの掲示板に
下ノ畑ニ居リマスの掲示板に新規書き込み
認定メンバーのみ投稿可
下ノ畑ニ居リマス
下ノ畑ニ居リマスに認定メンバー申請 下ノ畑ニ居リマスをお気に入り登録
運営者:
河よりも長くゆるやかにさん
設立日:
2018年8月14日
  • 注目度:

    329(お気に入り登録数:3件)

タグの登録はありません

  1. 1α→EOS
  2. 2MASTERキートン

該当掲示板はありません

ページの先頭へ