「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

東京に通勤するサラリーマンです。

撮影は土日が中心。通勤カバンには常時カメラを忍ばせているものの、実際に撮影するのはまれ。(たまに夜景など)
撮影対象は特に限定しない。「気の向くままにシャッターを切る」が流儀。
(気分が乗らないとリュックからカメラを出さないでただ歩くだけのことも)

何か撮れたら日記帳がわりにペッタンしていきます。(毎月更新が目標)
撮影時に感じたことなどを「感じたまま」に綴っていきます。

どなたでも参加OKですが、その際には必ず写真一枚の掲載をお願いいたします。と言っても気の利いた返信はできませんので、そこのところはお許しください。

  • おしかけ写真日記の掲示板
  • おしかけ写真日記の投稿画像
おしかけ写真日記の掲示板に
おしかけ写真日記の掲示板に新規書き込み

昨年の6月1日の写真でオープン

2020/6/1 21:33  [2130-482]   

 呆けさん  
これは太陽の光が強すぎて、白飛びしてしまう。 私が撮ると、こんな平凡な感じになってしまう。

緊急事態宣言が解除されたので、秩父の華厳滝に行ってきました。

最初の2枚は息子が撮った写真です。なんとなく、 おしかけカメラマンさんの写真と雰囲気が似ています。

三県境は、平地にあって気軽に行けるところは、埼玉・栃木・群馬県堺しかないようです。あとは、山奥となって気軽に行けるところではないようです。

2020/6/2 08:28  [2130-483]   

呆けさん
こんばんは!

親子で同じ被写体の撮り比べ。いいですね。

私は、親父の影響を強く受けて写真を趣味にしていますが、私の息子はカメラ(写真)にまったく興味を示しません。そういうこともあって、私はカメラ・レンズのコレクションもしていません。
(遺産整理が大変なので)

息子たちが年齢を重ねて興味を持ってくれると嬉しいのですが。

お子さんの撮られた写真、真面目さが伝わってきますね。センスがよさそうです。
(私の作風に似ているかはわかりませんが)

また遊びにきてください。

2020/6/2 21:49  [2130-484]   

 呆けさん  
息子の写真 私の写真 私の写真

おはようございます。

私の家族は、一緒に住んでいると息子・娘ともに用事が無ければ出かけるときは一緒です。そして、5USが二台あるので、片方のカメラで自由に撮られます。

そうすると、息子と娘の方がセンスが良くてイヤになってしまいます。

おしかけカメラマンさんと息子の作風が似ていると思ったのは、どちらも広角系を使用しているからです。私は望遠系なので、息子の発想はありませんでした。

今回の掲載写真で、そのことがよく分かります。息子は広く撮ります。それを私は、2枚の写真として撮ります。



2020/6/4 07:16  [2130-485]   

寄りで撮るか、引きで撮るか


呆けさんの撮られた写真も迫力があって素敵な写真です。優劣はありません。

息子さんも、経験を積むに従って寄りの写真も撮るようになるのではないでしょうか。

お互いに刺激しあって、いい写真を撮ってください。

2020/6/4 21:06  [2130-486]   

 呆けさん  

おはようございます。

前々から予定していた蔵王に、この土日に行ってきました。天気良くて良かったです。

今回は、お釜から地蔵岳までの往復を考えていたのですが、歩く距離が長いので、鴫の谷地沼を散策しました。

目的は、横倉滝を撮ることでしたが、太陽の光が当たり白飛びしてしまい満足がいきませんでした。

1枚目:横倉滝です。もうちょい長時間露光で流れる水になると良いのですが、右の太陽が当たっているところが白飛びして、このシャッター速度でないと行けませんでした。

2枚目:鴫の谷地沼です。ここから撮るのであれば、すぐそばまで道路が来ていて歩かなくて済みます。ここは紅葉の時期に来てみたいです。

3枚目:蔵王のお釜です。右奥に太平洋を望んでいます。

2020/6/5 08:54  [2130-487]   

呆けさん
おはようございます!

 この時期、旅行は羨ましいですね。天気が良くて何よりでした。
 (天気が良すぎるのも困ることがありますが)

 滝の写真は、感度が800になっていますね。100ならば、もっと良かったかも。
 風景は、何よりも落ち着いて撮ることが、最大の秘訣なんでしょうね。

 私は、モードメモリから、感度の項目を外しています。(感度をしょっちゅう変えるので)

 お子さんが撮られた写真も見せていただきたいですね。


 -過去写真-

2020/6/7 08:03  [2130-488]   

6月7日(日)

 天気が良くみえたので散歩したが、風があり花粉症の症状が出てしまった。
 また、コロナの関係で、マスク着用のため、暑くてたまらなかった。

 今後、暑さが本格化すると、マスクはつらい。
 今日は、Kp+28-80で紫陽花撮り。

2020/6/7 16:26  [2130-489]   

暇な人ですよ さん  

2020/6/13 22:51  [2130-490]  削除

暇な人ですよ さん  

2020/6/13 22:51  [2130-491]  削除

 呆けさん  

こんばんは。

>滝の写真は、感度が800になっていますね。100ならば、もっと良かったかも。

 本当ですね。しかし、約一時間後に、再度、撮影しました。そのときISO200で写して、ちょうど良い水の流れが白飛びしました。



6月はホタルの季節です。

栃木の佐野に、いつもは行くのですが、今年は、なんと河川改修(?)したらしく一匹もいませんでした。

そこで、熊谷のホタルに行きましたら、こちらの方が発生個数は少ないのですが、密度が高く良い写真が撮れました。

そのうえ、こちらの方が、約1時間ほど近かった。(どちらも移動は車です。)

2020/6/13 22:58  [2130-492]   

6月14日(日)

 Kpの交換グリップを見るため、新宿を目指したが、途中で寄ったヨドバシアキバにS、M、Lを
 付けたKpの展示があったので確認することができ、用が足りてしまった。
 雨が降り出したので、帰宅することにした。(新宿はまたの機会に)

 ベランダのサポナリアに実が付いたので、記録写真を撮った。

呆けさん
 こんにちは!
 ホタルの写真、ありがとうございます。 撮影地の引き出しが多くていいですね。
 この撮影地の自然が壊されないことを祈っています。
 (ネットで撮影地を公表しないようにしてください)

2020/6/14 16:18  [2130-493]   

グリップについて

 交換グリップは、Mサイズが人気のようだが、Sでも特に問題ないので、このまま続行することにした。3千円以上するし、Sが余るのでもったいない。

 東京都がステップ3に移行したが、今日の新規感染者が40人を超えてしまった。非常にマズイ。
 来週あたり、都内の公園に行こうかと思っているが、少し気が引ける。

 去年の小石川後楽園

2020/6/14 17:41  [2130-494]   

 呆けさん  

こんばんは。

KPを楽しんで使っていますね。私は、電池が5Usと共用ではないので買う気が起きません。

私の5Usは一台が不都合になってきました。しかし、もう一台で頑張ります。

>撮影地の引き出しが多くていいですね。

単にアンテナを張り巡らして、ちょっと引っかかると現地に行ってみています。ホタルは、栃木の大阪池(ここは有名です。)というところに約20年間通いました。

ところが、ここのホタルは飛ばないのです。写真を撮り出すと、飛ばないホタルに不満が出て、他のところを探したところ、山ヒトツ越えたところで蛍がいると聞き、移動しました。(1枚目の写真)

しかし、まわりの景色が良くないのです。そうしたところ、地元の人にもっと良いところがあると教えられたところが、2枚目のところです。

ここは凄いと思って夢中で写真を撮っていると、さらにもっと良いところがあると教えられたところが3枚目のところです。ここは本当に凄かった。

2020/6/14 23:25  [2130-495]   

 呆けさん  
熊谷で息子が撮った写真です。raw現像しています。

撮影地は、写真を撮りだしてから常にアンテナを張っています。秩父の華厳滝もそうです。

数年前に熊谷のホタルも新聞(テレビ?)に載ったので撮影に行きました。ところが、ここは人が多いのと明るいのでホタルの撮影には向きません。そんなことをボヤいていると地元の人に教えられたのが、今回のところです。

ここは、ハッキリ言ってコトバでは教えられません。私も、地元の人の車について行きました。そしてカーナビに地点登録しました。これをしていないと、二度と行けません。

なお、昨日のテレビで、錦秋湖の水没林を放映していました。

今のところ、山形の飯豊の水没林に夢中なので、こちらを撮り飽きたら錦秋湖に行ってみたいと思っています。

水没林の情報
http://www.dam-net.jp/dam_content/ttws/1
906/01.html


2020/6/14 23:43  [2130-496]   

 呆けさん  

おはようございます。

私は、新しい撮影場所を見つけると集中して行くことがあります。今回の熊谷のホタルも、車で約1時間と近いので、毎日のように行っています。

しかし、そろそろ終わりのようです。ホタルを撮っても映っていないのです。

不思議だなと思っていたらどうやら源氏ボタルではなく平家ボタルのようで光が弱く映らないようです。

そんな中、二日続けて、雷雲が発生したので、そっちを撮ってみました。手前の田んぼに田植えのために水が張られていました。

どちらも、トリミングと明度を弄っています。

2020/6/18 05:57  [2130-497]   

呆けさん
 熱心に撮影されていますね。その行動力に脱帽です。
 新しいカメラを手に入れましたが、仕事もあり、県を跨いだ移動もできず、悶々としています。
 気に入った場所に通い詰めるのはいいことですね。チャンスを掴めるのはそういう人です。
 ところで、写真雑誌「アサヒカメラ」が今日発売されますね。実質最終号ですから、午後から買いに行こうと思います。

昨年の芝離宮




2020/6/19 08:58  [2130-498]   

おしかけカメラマン さん  

2020/6/28 07:46  [2130-499]  削除

おしかけカメラマン さん  

2020/6/28 07:46  [2130-500]  削除

 呆けさん  

おはようございます。

そうか、アサヒカメラが廃刊になるのですね。是非買わなくては。



昨日、昭和45年に集団離村した新潟の下田(しただ)の吉ヶ平にある雨生ヶ池(まごいがいけ)に行ってきました。

片道 約40分ですが、写真を撮りながら歩いたので、1時間かかりました。

写真は雨生ヶ池です。1枚目と3枚目は暗かったのでRAW現像しました。紅葉を撮るために下見にいったのですが、あまり良いところではなりませんでした。

2020/6/28 09:36  [2130-501]   

ブラウザーを替えてから、画像の縮小がうまくいかなくなったので、縮小ソフトを入れた。

東御苑から

うまくいったかな?

2020/6/28 12:43  [2130-502]   

大丈夫そうだ。

2020/6/28 12:47  [2130-503]   

「4M超えている」と出てしまう。

超えていないはずなんだけど。なんかめんどくさい。



呆けさん、こんにちは!
 「益々盛ん」といった感じですね。

 紅葉が期待できそうな場所ですね。
 自分もそろそろ「風景」に転向しようかな(ずっと言ってますが)



2020/6/28 12:54  [2130-504]   

江戸川(京成電鉄)の小岩菖蒲園

盛りをとうに過ぎていて、しかも雨が降り出した。

レンズは28-80。買ったばかりのフードを着けてみた。

2020/6/28 13:13  [2130-505]   

この場所、以前にも来たことがあるが、その時も盛りを過ぎていた。

2020/6/28 13:16  [2130-506]   

怪しい雲行き

水田のような所に植えられた花菖蒲。オタマジャクシがたくさん泳いでいた。

2020/6/28 13:20  [2130-507]   

線路を跨ぐ

午後、雨があがったので、外出。
秋葉原に行く予定だったが、松戸で途中下車。5000歩ほどの旅。

2020/6/28 17:40  [2130-508]   

続き

2020/6/28 17:42  [2130-509]   

不思議な神社だった。

レンズは軽量のDA21。

2020/6/28 17:45  [2130-510]   

 呆けさん  
雨生神社 長瀬神社は式内社で、その参道です 拝殿です

おはようございます。

神社繋がりで、池の手前にある雨生神社と、新潟県加茂市にある長瀬神社(地元の人は八幡様と呼んでいる)の写真を載せますね。帰ってきてから気がついたが、拝殿だけを撮っていなかった。

2020/6/29 08:59  [2130-511]   

 呆けさん  

お昼は、こんなところで食べました。

なかなか良いところでした。加茂市にある旧七谷郵便局社を利用したカフェです。


そのうち吉ヶ平に紅葉を一緒に撮りに行きませんか?

そして、ここでお昼を食べましょう。

2020/6/29 12:29  [2130-512]   

7月になりました。
ひとまず、過去写真でオープン。

昨年は、K-70での撮影だったが、今年はKp。

情報によれば、上野不忍池のハスはまだ時期が早いらしい。
来週末あたり、出かけてみよう。

2020/7/1 17:28  [2130-513]   

先代の住職が話していた。

人生には三つの坂がある。
「上り坂」「下り坂」もう一つの坂は「まさか」

まさかこんなことになろうとは! 遺族の皆さんが決まって語るセリフなんです、と。

先月の例会で、Aさんは休会、Nさんは退会となった。残ったのは会長と自分だけ。
本人の健康と家族の介護が理由。どうすることも出来ない。まさかこんなことになるとは!

状況が変わったら、戻ってきてください。それまでは、会長と二人で頑張ります。
今週末は、7月例会。今後の活動に関して決めることがいっぱいある。

2020/7/1 18:32  [2130-514]   

撮影旅行。

目的地に着いたら、ソロ(単独行動)が原則。撮影対象がまったく異なる4人。

だが、気が付いてみると、近くに必ずいる。ほとんど会話は無いが。

コロナの影響で、秋の旅行ができるかは微妙な状態。(二人だし)
だが、適当なバス旅行があれば参加したいと思う。
従来のような自家用車の旅行は、運転手の負担が大きい。(自分は運転したくない)

やはり、4人いないと寂しい。

2020/7/1 20:39  [2130-515]   

 呆けさん  

おはようございます。

秋山郷に行かれたのですか? 私は、若いとき、自転車で渋川から渋峠を越えていったことがあります。このコースは、今では絶対無理です。

先日の吉ヶ平へは夜行日帰りです。今回は同行者がいたので運転は交代しましたが、運転は苦にならないので、たぶん、今でも、一人で行動できると思います。

行程は、吉ヶ平 → 加茂 → 弥彦(弥彦山)です。

写真は、彌彦神社です。ただし、写したのは私ではなく同行者です。


追伸:都合が付ければ、どこにでも案内いたしますよ。

2020/7/3 08:53  [2130-516]   

 呆けさん  

追伸の追伸

 アサヒカメラは売り切れで、ただいま増刷中ということで予約してきました。

 いつもこのくらい売れていれば休刊というなの廃刊にはならないのにね。

2020/7/3 10:38  [2130-517]   

2013年春 2014年秋

呆けさん

秋山郷は、2013年春と2014年秋に写真クラブ4人で行きました。
2014年はかなり腰が悪く、Q7とQ10で撮影していました。

昨日は、会長と二人の例会でしたが、会長の「心的」状態が心配されました。
(買ったばかりのGRVも使っていないようでした)

コロナ禍のなか4月末で完全退職、撮影もままならぬ状態でAさんの病気、Nさんの退会。
元気が出ないのも無理ありません。しばらくは、陰ながら支えていくしかありません。

8月の写真展までは、なんとか頑張っていきたいと思います。

2020/7/5 07:56  [2130-518]   

 呆けさん  
弥彦山から見た日本海です 赤蜻蛉がいました 彌彦神社の大鳥居です。右に弥彦線が走っています。 間瀬港です。トリイングしています。また、手ぶれを起こしています。

おはようございます。

少子化の影響か、それとも皆さん多趣味になったのか、どこのクラブも会員不足のようです。去年、今入会しているクラブの他に、地元のクラブに入ろうかと見学に行きました。

そうしたら、64才なのに、あなたのように若い人は、是非、うちのクラブに入会してくださいと言われました。

これは、写真クラブに限ったことではなく、例えば、地元の少年野球チームにしても会員不足で名門クラブが解散しています。

おしかけカメラマンさんのクラブの会長は元気になられると良いですね。今度、会長さんもご一緒にどこかに撮影しに行きませんか。

今回の写真で、この撮影で見せられるものは終わりです。

2020/7/7 09:29  [2130-519]   

五如来の幡を吊るし・・・ 提灯を並べる予定だった

7月10日(金)

 ついにと言うか、やっぱりと言うか、職場のビルにもコロナ感染者が出てしまった。
 しかも、同じフロア。今後の検査については、所轄の保健所の指示を待っている状態。
 検査してもらって、白黒はっきりさせたい。

 12日の棚経は、キャンセルする。住職にもしものことがあったら大変だから。

 明日は、実家に盆だなを作りに行く予定だったが、棚経がないので今年は作らない。
 (我孫子で自粛するしかない)

 お盆が来た気がしない。


呆けさん

 旅行のお誘い、ありがとうございます。
 コロナがある程度収まるまでは、「その気」になりません。
 まずは、会長と二人で「千葉県内の日帰旅行」を目指します。

 今は自宅でイメージトレーニングをしています。

2020/7/10 10:13  [2130-520]   

 呆けさん  
元写真 前回掲載しました。 ぼんやりと眺めていたら、このくらいの方が良いと気がつきました。 元写真 中心部だけの方がなんとなく良い感じがします。

こんにちは。

コロナ患者が同じフロアの人が罹ったとなると大変ですね。移っていないと良いですが。

撮影旅行は、いまのところ、いつでもokです。二人でも日帰りでも、会長さんが元気になれれば良いですね。

最近、撮影した後で、なんでこんな風に撮ったんだと後悔することが多くなりました。結局、撮るときは、しっかりと構図を決めなくて、後でトリミングすれば良いと思っているからかな。

今回の二枚とも、今月の例会に出す写真なので、先生になんと言われるか。



2020/7/10 13:42  [2130-521]   

呆けさん

 こんにちは!
 天気が良くないので、自宅待機です。

 作品を拝見しましたが、「何がポイントか」今一伝わらないようです。

 後からトリミングで作品に「仕上げる」方法もありますが、出来るだけ現場で解決する
 ように頑張りましょう。

 そうは言っても、撮影旅行などでは、数枚撮って後から選ぶ方法もアリかと思いますが。

 撮って出し4枚。数分で撮っています。

2020/7/11 15:59  [2130-522]   

続き

ポジション、アングル、構図の順に被写体を攻めていきましょう。
また、ピント位置を変えるとかなり印象が変わります。

結局、何が撮りたかったのかに行きついてしまいますが。

2020/7/11 16:41  [2130-523]   

過去写真を見ると、その場所で最初に撮った写真が一番良かったりします。
やはり、感動することが大切。

ノートリ、撮って出し。(文章とは関係ありません)

2020/7/12 12:54  [2130-524]   

この梅雨は、九州地方を中心として大変な被害が発生している。
コロナも怖いが、豪雨も怖い。
せめて、自宅待機でコロナの蔓延をふせがなくては。

最近、新型の55-300が気になっている。(風丸さんの影響か)
・・・だが、既に50-200があるし。

とか思いながら、昨年の7月15日の写真を確認してみると、50-200も結構いける。
もう少し寄りたいと思うこともあるが、コンパクトさも大切。

2020/7/12 15:06  [2130-525]   

寄ると言えば、100マクロ。
有料トライアルで使ってみたが、スナップもいける。
100ミリ望遠的使い方もできるし、勿論接写も。

もし買うとしたら、新品? 中古?

そうそう、Aさん、写真展に作品出せるみたい。良かった。

2020/7/12 15:55  [2130-526]   

 呆けさん  

おはようございます。

マクロレンズを私は風景を撮るときも含めて結構使います。

無限遠が近いので,ピント合わせが楽なのです。

掲載する写真を撮りに、近場に行ってきました。

写真は、安楽寺(吉見観音)です。

2020/7/15 07:16  [2130-527]   

4連休になった。生憎の雨降り。
だが、そんなことより今日の東京都のコロナ新規感染者が300人超え。

小池さんは、連休中の外出自粛を呼び掛けている。GOTOキャンペーンの東京外しも様々な意見
があろうが、連日の「過去最大」を目の当たりにすると、小池さんの呼びかけを肯定せざるを得ない。

ペンタックスの次期APS-Cフラッグシップ。
その一部が公開された。カメラとしての完成度はかなりのものらしい。

ファインダやシャッターのフィーリングは、これで終わりというものは無く、常に改良されていくのだろう。発売をおおいに期待したい。(買えないけど)

KP。まだまだ、その実力を試す機会がない。
露出補正なんて、要するに「勘」だから、KPの「素」が分からないと使いようがない。
数年の経験を経て、ようやく使いこなせるようになるのだろう。

K70よりわずかに重くなるのが心配だったが、感覚的にはむしろ軽くなった気がする。
そして、はるかに持ちやすい。(K70は3年間使用したが、最後まで持ちにくかった)

コロナの収束。
これがないとすべてが前に進まない。

2020/7/23 16:01  [2130-528]   

旅の楽しみ

GOTOキャンペーン。

本当に間が悪かった。しかも前倒しで実施。(収束したらと言っていたハズ)
前倒しを言い出した頃から新規感染者がどんどん増えている。(東京で366人)

実際、マスク無しで歩けるようになるまでは、旅行しても辛いだけだろう。(特に夏は)
今は撮影現場で迷わないように、カメラの機能を研究しておこう。

2020/7/23 17:51  [2130-529]   

年年歳歳花相似 歳歳年年人不同

草木はいつものように花を咲かせている 人はいつものようとはいかない

コロナの影響もあって、「いつ死んでもおかしくない」という無常観がより身近に感じる。

とりとめのない過去写真

2020/7/24 07:08  [2130-530]   

生死事大 光陰可惜 無常迅速 時不待人

4連休は外出自粛。
無駄にしない方法を考えてみよう。あと二日ある。明日は例会。

時は人を待たずだな。

2020/7/24 19:03  [2130-531]   

 呆けさん  
大志集落 お立ち台からの第一橋梁 お立ち台の反対側からの撮影ポイント

おはようございます。

新型コロナは、じたばたしても始まらない。なるようにしかならないと思います。罹患したら、それも運命と諦めてすごすしかないと。

それでも、少しでもコロナに近づかない努力はしたいものです。そんなことを思いつつ、只見川に行ってきました。

ちなみに会津地方は、いまだ感染者がゼロだそうです。

只見線の定番の撮影スポットです。



2020/7/25 07:13  [2130-532]   

呆けさん

おはようございます。

定番の撮影スポット。
やはり「定番」だけあって、何か言葉では表せない魅力がありますね。いい写真です。

私は、毎日感染の定番「東京」に通っていることから、自分が感染している可能性を否定できず
やはり、小池さんのいうように、自宅待機です。「感染しない・させない」が大切。

ウィズコロナの時代に相応しい、新たな撮影スタイルを早く見つけ出したいと思います。

過去写真から。

2020/7/25 08:48  [2130-533]   

昨日(7/25)は例会。

Aさんが病気から復帰した。だいぶ痩せていたが、かえって5歳以上若返った印象。よかった。
なんと、入院中の病院食をすべて撮影していた。(何という写真好き)

カメラさえあれば、何とかなる。機種やレンズは二の次かな。

2020/7/26 08:47  [2130-534]   

7月28日。自宅待機。

今年の関東地方、梅雨明けが8月にずれ込む可能性が出てきた。

8月2日は、お寺で施餓鬼法要がある。
コロナ対策として外にも焼香台を設け、本堂に入りたくない人はそこで焼香する。

雨が降っていると、テントも設けないといけない。今年は何かと気をつかう。
毎年20人程度のお坊さんが近隣から来てくれるが、今年はどうなんだろう。




2020/7/28 15:17  [2130-535]   

春彼岸(寺のホームページから)

新年の法要は穏やかな晴天だった。
まさか2020年がこのような事態になるとは、この時点で誰も想像していなかっただろう。

春彼岸。
参道でコロナ対策についてのチラシを配り、西玄関から入ると氏名、住所、電話番号の確認。
着席したところを見計らって、写真撮影もしていたらしい。(万一に備えて)

住職はマスク着用で読経。般若心経はかつてない猛スピードだった。
自分は暗唱できるのでついて行けるが、文字を追うのは大変。
この日の参列者は60人だったらしい(寺のホームページによる)通常の3分の1。

施餓鬼法要は90席を設けるとのこと。各家1人ずつなら、何とか入れるかな。
読経は、普通の速度でお願いしたい。

2020/7/28 16:01  [2130-536]   

 呆けさん  
色の変化がなかったので、RAW現像でモノクロにしてみました。。

おはようございます。

お盆の法要は、どの寺も大変そうですね。

私の知っている寺は、一軒は、檀家が殆ど来ないのでいつもどおり。もう一軒は、檀家に番号が振ってあるので、奇数番と偶数番に分けて、午前と午後の2回に分けてするそうです。


ところで、アップルの創始者の一人であるスティーブ・ジョブスの禅の師は、曹洞宗の僧侶「乙川弘文」(知野弘文)さんということを知っていますか。

弘文さんのエピソードを書いた本が、4月に出版されました。題は「宿無し弘文」です。アマゾンで買うと高いので、直接本屋に注文した方が良いと思います。値段は,1900円+消費税です。

注文するときのコードは、ISBN978-4-7976-7382-1 です。


写真は、只見川に揚がる川霧です。


2020/7/29 08:31  [2130-537]   

曹洞宗の僧侶「乙川弘文」(知野弘文)さん

残念ながら、初めて知りました。教えていただき、ありがとうございました。
どんな方なのか、興味がありますね。

機会があったら、探してみます。

ただ、禅宗は「不立文字」ですから、どんな内容であれ、それによって自分の考えを左右しないよう努めなければなりません。その覚悟がないうちは、見ないことにします。
(まだ、修行が足りないので)

過去写真 鎌倉



2020/7/29 21:42  [2130-538]   

 呆けさん  

こんばんは。

「不立文字」は興味深い語ですね。初めて知りました。この本を読むと、弘文さんの行動は、まさに「不立文字」ですね。

ちなみに、本の内容は、弘文さんが「禅の教え」を説いてるのではありません。弘文さんと生前、交流があった人が、弘文さんについて語っていることです。

弘文さんは、「こんな人生を歩んでいた」という内容について語っているようなものです。

ちなみに、弘文さんは、我が家の菩提寺・定光寺出身です。アメリカに渡らず、日本に留まっていれば永平寺の貫首になって、行く末は禅師様になる道が敷かれていました。

只見川の霧、NDフィルターを着けたとき、ピントがずれてしまった。再度、挑戦してみたい。

2020/7/30 20:51  [2130-539]   

呆けさん

こんばんは!

書物から知識を得ることは、決して悪いことではないですが、「頭でっかち」になったり、
誤った情報に踊らされないよう気をつけなければなりません。

「不立文字」「教外別伝」などは、達磨様(禅宗では祖師と言っています)の教えらしいです。
その教えどおり、曹洞宗には、根本となる経典がありませんでした。あるのは、ひたすら座禅のみ(只管打坐)
(今は曹洞宗のお経として「修証義」がありますが)

せっかくのご縁ですから、「宿無し弘文」読んでみたくなりました。



上野公園 KP+DA21


2020/7/30 22:24  [2130-540]   

 呆けさん  

私は書物に書いていることから、なにが分かるかを考えたい。弘文さんの人物像を、各人の話から想像することも良いかもしれません。


隆慶一郎の時代小説で「影武者徳川家康」があります。

この小説は、徳川家康が、実は関ヶ原の戦いで西軍の忍者により暗殺され、その瞬間、影武者と入れ替わったという内容です。

滑稽な話ですが、ありえないことではないと思います。この小説の中で、尾張徳川家は本物の家康の子孫であり、紀州徳川家は影武者の子孫であった。

ここからすると、第8代将軍の座を争った、徳川吉宗は、そのことを知っていたのではないか。だから、吉宗は御三卿を創設し、本物の系統に将軍を継がせないようにした。

このように考えるのが素直な気がします。

私は、高校の時、吉宗は御三家があるにもかかわらず、御三卿を創設したことが不思議でした。しかし、このように考えると合点(がてん)がいきます。


なお、徳川家康が影武者と入れ替わったという説は、昔からあったそうで、しかも入れ替わった時期も複数あるようです。

今回は、さすがに写真がないです。

2020/7/31 10:00  [2130-541]   

 呆けさん  

おはようございます。

田舎の兄から連絡がありました。

お寺さんから連絡があり、お盆の棚経大施餓鬼法要は参拝者無しで行うとのことです。

13日の迎えは、お墓にお参りして、どこにも寄らないで帰るつもりでいましたが、関東ナンバーの車は来るなといわれました。

車中泊の12日・13日は写真撮影の旅行になるかな。

只見川の写真は、どれもピントが合っていなくてがっかりです。もう一度、行ったとしても同じような霧はでないだろうな。

2020/8/1 07:10  [2130-542]   

呆けさん

おはようございます!

今年は、どこのお寺も大変だと思います。

うちのお寺でも、東京地方のお盆にあわせた7月棚経(我が家はこれ)と、旧盆に合わせた8月棚経で500軒ほどを回り、そして8月最初の週末の施餓鬼法要、8月15日のお盆法要、その後の地蔵盆と、住職は最高に忙しい。ハズだった。

多分今年は、多くの人が棚経を辞退したり、施餓鬼法要も代表者だけとなって寂しい法要となるでしょう。まぁ、コロナの恐怖がありますから、仕方がありません。

ところで、私は若い頃サボテン栽培を趣味にしていて、栽培書も多くを読み漁っていました。
サボテンブームに乗って、栽培書も出せば売れる時代でしたが、そのうち栽培もしていないのに人の書いた内容をうまく繋ぎあわせて本を出すやからも現れました。ついには、〇〇先生の弟子と称して、真面目に栽培していた本当の著者に食ってかかる事態にもなりました。

そのような時、「真面目に栽培していた本当の著者」曰く、「一知半解の徒」の攻撃に対しては、自分は相手にしない。どちらが正しいことを言っているかは、実際に栽培してみれば分かる。

実際に栽培する、実践こそ大切。
一つのことを書物で知っても、本当のところを半分しか理解していないのならば、知っていることにはならない。
「真面目に栽培していた本当の著者」とは、伊藤芳夫先生です。

どんな世界でも、実践することが大切ですね。
今年くらいは、大声でお経を唱えなくてもいいような気がしてきました。
(高祖道元禅師が、お経のことを「夏の田んぼでギャーギャー鳴くカエル」と言っているとか)そんな暇があるなら、草取りでもしろということでしょうか。

2020/8/1 08:41  [2130-543]   

明日は、お施餓鬼。

曹洞宗では、お施食という。
人間だけでなく、すべての生き物に食事を与えて供養する。

この「すべての」というところに意義を感じて、毎年お寺に行って「甘露門」を唱えている。

我が家では、棚経でもこのお経を住職と唱え、ある部分では住職と掛け合いになる。
父の葬儀(枕経)の時、住職の後ろで一緒に「大悲心陀羅尼」を唱えたが、住職としては正直やりにくかったらしい。

明日は、お施食。

マスクで顔を覆って、小声でお経を唱えよう。
せめて、チンポンジャランくらいは盛大にお願いしたい。

2020/8/1 09:32  [2130-544]   

大本山永平寺

8月2日(日)
梅雨明けして、夏らしい日となった。

13時から、施食会。
本堂内には90席設けられたが、60人程度の入りだった。

お坊さんは住職とチン・ポン・ジャランの3人だけ。合計4人。
マスク着用だったが、鳴り物は威勢よく良かった。

法話は無く、すぐに法要となった。
般若心経から坦々と進み、修証義で焼香。45分位で全て終了。

他のお寺さんでは、棚経を実施しなかったり、お施餓鬼が無かったりするなかで、規模を縮小したとはいえ、実施できたことに感謝しなければならない。

秋のお彼岸までにコロナが終息していることを切に願う。

2020/8/2 17:53  [2130-545]   

 呆けさん  

おはようございます。

法要は、どこも大変ですね。お経を唱えることが出来るなんて、僧堂に入山してお坊さんになる修行をされたのですか。

私は、去年、般若心経を覚えようと一ヶ月唱えましたがダメで諦めました。

今、政府はGoToトラベルキャンペーンを行っています。それなのにお盆の移動は自粛してくださいだって。なんかちぐはぐな言動です。

2020/8/3 07:15  [2130-546]   

こんにちは。

うちのお寺では、みんな般若心経くらいなら唱えられます。

なぜかと言うと、先代の住職が昭和59年にうちのお寺に入り、本堂を建て替えた頃、全ての檀家に経本を配り、春・秋彼岸やお施餓鬼で焼香の作法、お経の唱え方を指導したからです。
先代住職は、駒澤大学で先生をしており、生徒に指導するような口調で檀家を教化しました。

10年ほどで、お寺の法要では、檀家によるお経の大合唱が実現しました。

今は、宗派別のお経のCDとかがありますので、目と耳で覚えることができます。
私は、カセットテープで練習しました。

お経を唱えるとストレス解消になります。

2020/8/5 21:23  [2130-547]   

Aカメラマン Bカメラマン 私の作品

舎利礼文という短いお経があります。

高祖道元禅師のお葬式で唱えられたと言われており、曹洞宗では大切にされます。

今の住職の晋山式の時、回向柱にこのお経の後半部分が書かれていました。
私は、このことにすぐに気づきましたので、文字が分かる位置にポジションを設定しました。

「分かる人には分かる写真」になったと自負しています。

がーしょうぼうだい いーぶつじんりき りーやくしゅうじょう ほつぼーだいしん

2020/8/5 22:18  [2130-548]   

緊急告知!!?

突発性難聴になってしまいました。

通院点滴2日間を経て、現在自宅にて投薬治療中です。

しばらくは、この掲示板を休止します。

再開しましたら、お知らせいたします。

2020/8/11 16:04  [2130-549]   

 呆けさん  

こんばんは。ご無沙汰しております。

突発性難聴とは大変ですね。お大事にしてください。

私は、通常の生活には支障がありませんが、老人性で高音(4,000 Hz)が殆ど聞こえていません。だから音程がとれなくてカラオケは苦手です。

梅雨が明けてから、毎日が高温でpcの前に座るのが億劫です。それでも、8月は2回ほど、写真を撮りに行っています。

写真は、埼玉:滑川町の狐のカミソリです。

2020/8/18 22:00  [2130-550]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
おしかけ写真日記
おしかけ写真日記をお気に入り登録
運営者:
おしかけカメラマンさん
設立日:
2017年11月19日
  • 注目度:

    223(お気に入り登録数:1件)

タグの登録はありません

  1. 1呆け
  2. 2歯欠く.com
  3. 3青空と自転車大好き

該当掲示板はありません

ページの先頭へ