縁側 > その他 > 備忘録いろいろ
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

スマホのg07の不具合を確認する為に始めましたが、ログを眺めるのも飽きたので機器を限定せずに思う事を書いておきます。

カテゴリもその他に変更しましたが、過去の書込はそのままにしてあるので、違和感ありますが…

最近はGoogle Homeを手に入れたので気付いた事を書き留めておこうと思います。

  • 備忘録いろいろの掲示板
  • 備忘録いろいろの伝言板
  • 備忘録いろいろの投稿画像
この掲示板は閲覧専用です(運営者のみが投稿できます)。

久しぶりに更新

10月下旬にエリアマップが更新されてわが家も濃いピンク色になった。
少し前までは12月末予定のエリアだったのだけど…前倒しされたのかなと、早速申込。

リスト(自治体名)には記載が無いのが少し不安だったけど、自宅から200m程度の場所に基地局を確認済みなので期待しつつ…

最初にスマホ(P30 lite)で確認
 バンド18(パートナー回線)しか掴まない
ダメ元でルータ(MR05LN)でも確認
 最初はバンド18だったけど、いつの間にかバンド3(楽天回線)に接続
 (後日確認したときはバンド18のまま)

初日の感想
 たった200m程度も安定して通信できないなんて使い物にならない

別の日に最寄り基地局周辺で確認すると、なんと未稼働っぽい。
確認にはNetwork Cell Info Lite(後日有料版購入)を利用。

ここから楽天基地局探しが始まった。

初日にルータが掴んだバンド3はどこから来たのか?
わが家は市境にあって約1q程度の隣の市にも基地局を見つけていたので、そこから来たと推測。

Network Cell Infoは掴んだバンド以外にも情報が表示される。
どうやら、TAC-ECIと表示されているのが基地局情報らしい。

TAC
 Tracking Area Code : 位置登録エリアを示すコード
ECI
 E-UTRAN Cell Identifier : 無線ネットワークのセルの識別子

それによると、隣市の基地局近くで確認したECIと自宅で確認出来るECIは違う。

Network Cell InfoのMAPタグを利用すると現在地と掴んでいる電波の情報が表示される。
これを見ながらウロウロ(端から見ると怪しい人)してみたが、よく分からず。

MAP上には移動軌跡も表示されるが、別のアプリを操作するなどしていると消えていたりする。
その時点ではログが残るのかどうかもよく分からず。

仕方ないので移動しながら定期的に画面スクショを保存して帰宅後に確認することにした。
ただ、人気の無い場所は良いけど、人のいるところでのスクショは大きな誤解を招く可能性があって出来ない。

スクショを見ながらGoogleマイマップを利用して受信状況をマッピングしてみた。
その結果、駅前の商業施設屋上に発見したアンテナからの電波が届いていることが判明。

とりあえずスッキリはしたが、他の基地局も気になる。
でも、スクショからの転記はかなり疲れる。

マニュアルらしきものを発見しマップのログは保存可能らしいことが判明。
スマホをPCに接続してスマホ内を確認するとcsvファイルを発見。
とりあえず、必要と思われる項目は保存されている感じ。

なんとか、Googleマイマップへのマッピング情報を生成できないかと試行錯誤で丸1日費やした。
とりあえず、EXCEL VBAを利用してcsvファイルからkmlファイル(Googleマイマップ等で読込可能)を生成する事に成功。

ちなみに、Network Cell Info(有料版)だとアプリ終了しても前回記録されたマップ上の軌跡はそのまま残っている。
また、保存可能なログ件数が1000件(Liteは200件)になっているみたいだ。

マップの軌跡に関してはマニュアルに記載の比較表で「Map memory cache」が有料版にのみ有効となっていた。
ログ件数に関しての記載は発見できず。

楽天の基地局とNetwork Cell Infoのログの内容については別途記載しておくつもり。

2020/11/27 22:42  [2048-117]   

亜都夢 さん  

2020/11/28 21:54  [2048-118]  削除

発見した基地局の殆どがこの形態

基地局について

発見した楽天モバイルの基地局は基本的には同じ形態で、他のキャリアのアンテナとは形状が異なるので目立つ(見つけやすい)。
たぶん利用している周波数帯(バンド)は一つだけなので、アンテナも1種類なのだと思う。

高層の建物が少ないところなので、写真の様にコンクリート柱の上に3つのアンテナがあるタイプが殆ど。
建物屋上に設置されている場合は、アンテナが1本ずつまたは1本と2本に分割されている。

かなり目立つので、サービスエリア内なら少し上を見ながら散策すれば発見できるかもしれない。
基地局のコンクリート柱にはアンテナ部から接続されていると思われる箱状の装置が3個設置されている。
箱にはRマークがついている。

稼働中の基地局に関しては、Network Cell Infoなどを使えば、受信強度が一定以上強くなった時点で周りを見渡せば発見可能。
-70dBm程度になれば基地局はかなり近いはず。

Network Cell Infoで確認した範囲ではアンテナ毎にECIが違う。
また、同一基地局のECIは連番になっている。

2020/11/28 21:54  [2048-119]   

相変わらず最寄りの基地局は稼働していないらしい。
最近、電波強度を確認しているスマホでは家の中では、殆どバンド18しか掴まない。
ログを確認すると短時間はバンド3を掴んでいるらしいが…

今日は天気も悪いので屋内でMR05LNの受信状況を確認することにした。
何とかバンド3を掴む場所に設置して1時間強(通信量1GB強)確認した範囲では安定している。

実際にはMR05LN statusの表示を見ていると時々バンド更新しているので、2ヶ所の楽天基地局が切り替わっている感じ。

速度測定してみるとは下りの20Mbps程度は仕方ないとしても、上りが1未満なのは遅すぎる。
以前確認したときはもっと速かったので、天候とかも影響しているのかも。

とりあえず動画配信サービスで視聴確認してみたが、画質を高めに設定してもほぼ問題は無さそう。

現時点では使えない事は無いけど、安心して使えるか?って考えると微妙。

2020/12/5 13:37  [2048-120]   

先日、MR05LNでバンド3で安定した再テストした。
でも、何故かバンド18のまま。
少し場所を変えたらバンド3に切り替わった。

週末には、スマホにSIMを入れてNetwork Cell Infoで移動しながら受信状況を確認してみた。
結果は、かなりの範囲でバンド3を確認できた。
でも、自宅から3軒隣くらいでバンド18に…本当にギリギリの場所らしい。

現在は2階の窓際に設置しているが、スピードテストは先日より高速(下り30Mbps、上り3Mbps程度)。
この数値以上が安定的に出るならWiMAXから乗り換えても良いかも。

Network Cell Infoのログについて次に書く。

2020/12/7 20:20  [2048-121]   

Network Cell Infoのログについて

スマホの内部ストレージ(PCとファイル転送モードでUSB接続)にNetwork Cell Infoというそのままのフォルダが作成されている。
ログはその中で、Liteの場合はフォルダ名もLite付き。

ログのファイル名は下記形式
CMWF_YYYYMMDD_HHMMSS_cell_ainf_dxxxx_n1.
csv

CMWFは形式の規定値で設定で他に5種類選択可能だが未確認
YYYYMMDDは日付でHHMMSSは時刻で、ログ保存時の値
xxxxは保存件数

csvファイル内は下記項目行を先頭にログがカンマ区切りで件数分保存されている
sim,radiotype,radio,mcc,mnc,area,cellid,
unit,lat,lon,signal,extra,acc,time,speed
,bearing,alt,api,device

詳細は下記に説明がある
http://wilysis.com/networkcellinfo/25-nc
i-export-db


この中で下記項目のみに注目すれば良い(はず)。
mnc
 11(楽天)または53(auの楽天ローミング用)
area
 キャリア(楽天またはau)の決めた範囲で切り替わる
cellid
 アンテナ毎(1基地局に3アンテナ)に違うらしい(楽天の場合)
lat
 緯度
lon
 経度
signal
 電波強度(dBm)
time
 UTC timeのシリアル値なので変換が必要

2020/12/8 14:51  [2048-122]   

Googleマイマップにデータをプロットする為にはいくつかの方法があるが、とりあえずkmlに変換する。

kmlはxml形式で記述されている。
細かい約束事(必ず記述する内容やマーカ部分から参照する部分)は脇に置いて、計測地点をマーカとしてプロットする場合の様式は下記。

<Placemark>
<name>マーカの名前</name>
<description>マーカの説明</description>
<styleUrl>アイコンのスタイル</styleUrl>
<Point>
<coordinates>
経度,緯度
</coordinates>
</Point>
</Placemark>

Network Cell Infoのログから必要数分だけ上記形式を繰り返して生成すれば良い。

若干補足
・マーカの名前
 通常は1行
 複数行にしたい場合は改行すれば良いが、自動化するならお勧めしない(処理数が可変になるので)

・マーカの説明
 1行ならそのまま記述だが、複数行の場合は下記の何れかで可能
 改行コードを記述する
  例: 1行目&&#xA;2行目
 CDATAセクションを利用し、HTML(改行は<br>)で記述する
  例: <![CDATA[1行目<br>2行目]]>

・アイコンのスタイル
 説明を飛ばした約束毎でXMLの最初に記述したスタイルに対応した記述をする。

・経度,緯度(,高度)
 高度は省略可能なので省略

最後に終了の約束事を記述して完了

2020/12/8 20:05  [2048-123]   

kmlの約束事について

必ず書くこと
1.ヘッダ部分(1行目がXMLヘッダ、2行目がkml名前宣言)
<?xml version="1.0" encodin
g="UTF-8"?>
<kml xmlns="http://www.opengis.n
et/kml/2.2">


※内容に無関係でコピペで良い

2.オブジェクトの定義
<Document>と</Document>で囲まれた部分でKMLのほぼ全体
↑で書いたマーカ部分はここに含まれる

<Document>の次に下記(レイヤで表示する名前)を記述
<name>表示したい名前</name>

2-1.スタイル定義
<StyleMap id="識別子">
<Pair>
<key>normal</key>
<styleUrl>#識別子-normal</styleUrl>
</Pair>
<Pair>
<key>highlight</key>
<styleUrl>#識別子-highlight</styleUrl>
</Pair>
</StyleMap>
<Style id="識別子-normal">
<IconStyle>
<color>ff5b18c2</color>
<scale>1</scale>
<Icon>
<href>https://www.gstatic.com/maps
pro/images/stock/503-wht-blank_maps.png&
lt;/href>

</Icon>
</IconStyle>
<LabelStyle>
<scale>0</scale>
</LabelStyle>
</Style>
<Style id="識別子-highlight">
<IconStyle>
<color>色番号?</color>
<scale>1</scale>
<Icon>
<href>https://www.gstatic.com/maps
pro/images/stock/503-wht-blank_maps.png&
lt;/href>

</Icon>
</IconStyle>
<LabelStyle>
<scale>1</scale>
</LabelStyle>
</Style>

-nomalは通常の表示、-highlightはマウスオーバーしたときの表示
colorは16進表示らしい
Iconはマイマップでデフォルトで選択可能なアイコンの中で○の中に×表示のもの(とりあえず)

複数有る場合ははこれの繰り返し。

今回は楽天回線とパートナー回線が区別できれば良いので2種類指定

こんな感じ(例)…と貼り付けようと思ったけど、ここは相変わらず意図しないところで勝手に改行されてよく分からなくなるので止めた。

この後にマーカ部分の繰り返しを記述し、最後に下記で終了

</Document>
</kml>


2020/12/11 09:57  [2048-124]   

とりあえず、Network Cell Infoのログを利用するのは出来た。
できれば、MR05LNでも同様のことがしたい。

AndroidアプリのMR05LN statusでは取得できているみたいだけど、ログは残ってくれない。
正確にはフォルダ固定(SDカード)で可能みたい。
でも、通常はSDカード使ってない。
しかも、一度試したが、何も記録されなかった。
たぶん、以前のAndroidバージョンとはパスが違うのだと思う
内蔵ストレージがあるのか不明だけど、仮にあってもスマホのようにUSB接続で参照可能なのかも不明。

少し調べたら、MR05LN statusはコールログというMR05LNの標準機能の内容をわかりやすく表示しているだけらしいことが判明。
Androidアプリを作るスキルは無いけど、ログさえ手に入るならPCで加工できるはず。

PCから「クイック設定Web」を開いてコールログを表示し、コピペ…でも良いけどスマートじゃない。
ソースを確認して試行錯誤した結果、コールログを直接ダウンロードする事に成功した。

具体的には書いて良いのかどうか分からないので書かないけど、ログ名を直接指定すれば取得できる。

まずはコールログの形式を把握しないと処理できないので、別途確認して整理するつもり。

2020/12/11 10:25  [2048-125]   

よく見たらクイック設定webにログのダウンロード機能があった。
しかも、ボタンとかじゃ無くて、ハイパーリンクで丸見え。
ソース確認とか必要なかったらしい。

ちなみに、EXCEL VBAでログを直接シート上に表示出来るので、後は内容を見ながら必要な項目を抽出とかすれば良い。

その前に苦労したのはログインする事。
単にログファイルへのパスを指定しても認証画面で止まる。

1日くらい掛けて試行錯誤した結果、XMLHTTPオブジェクトを利用すれば認証可能な事が分かった。

こんな感じで認証を済ませておけば、ログファイルを直接指定しても認証を求められることは無い。

Dim httpReq As Object
Set httpReq = CreateObject("MSXML2.
XMLHTTP")
Call httpReq.Open("POST", URL,
False, USER, PASS)
Call httpReq.Send

2020/12/12 00:33  [2048-126]   

MR05LNのコールログについて

まず、最大500行でローテーションするらしい。
起動(再起動)時にはクリアされる。

各行の最初は下記で始まる
YYYY-MM-DD HH:MM:SS ril- 2.inf:

日付と時刻はそのままだけど、ril-2の意味は不明
infはinformationの意味だと思うけど。

処理する際には下記として扱う
 1〜10文字 日付(10桁)
 12〜19文字 時刻(8桁)
 20〜32文字 不要(13桁)

これ以降がログ部分だが、字下げされている部分がある。
上の行に付随する内容だと思うが判断に必要なら字下げを意識して処理する必要がありそう。

起動時のログは下記

modem start
modem mode(Shutting down)
modem mode(Low power)
pin1 status(disabled)
modem mode(Online)
area information(area out)
area information(area in, LTE, 44053[Rak
uten], Home, connection enabled)
signal level(4)
RF Band Information List[0]: radio_if=8
active_band=143 active_channel=5900
RF Band Information List(Extended)[0]: r
adio_if=8 active_band=143 active_channel
=5900
Cell Info(LTE Intra): plmn=44050 tac=xxx
xxx g_cell_id=yyyyyyyy earfcn=5900 s_cel
l_id=242
Neighbor Cell[0]: pci=242 rsrq=-65 rsr
p=-719 rssi=-483 srxlev=0
IPv4v6 connection start
IPv4 connection status(connected)
IPv6 connection status(connected)

30分くらい待っても楽天回線に切り替わらなかった時のログはこれだけだった。
切り替わった時のログは上記の1分後くらいに下記の記録が残っている。

packet status(IPv4, dormant)
packet status(IPv6, dormant)
area information(area in, LTE, 44011[Rak
uten], Home, connection enabled)
signal level(3)
RF Band Information List[0]: radio_if=8
active_band=122 active_channel=1500
RF Band Information List(Extended)[0]: r
adio_if=8 active_band=122 active_channel
=1500
Cell Info(LTE Intra): plmn=44011 tac=XXX
XXX g_cell_id=YYYYYYYY earfcn=1500 s_cel
l_id=34
Neighbor Cell[0]: pci=34 rsrq=-108 rsr
p=-1090 rssi=-783 srxlev=15

両方とも同じ位置に設置したのだけど、何故差異がでたのかは不明。

接続回線を判断するだけなら、「area information」に記録されている44053か44010を見れば良い。
但し、areaが変わらない場合は「area information」は出力されない。
その場合は、「Cell Info」で記録されているplmn(※)の値を見るしか無さそう。
電波強度は「Neighbor Cell[0]」に記録されているrsrpの値(単位は0.1dBm)で分かる。

tac(※)はエリア、g_cell_idは基地局がカバーするセル(範囲?)が分かる。
でも、Network Cell Infoでは記録されている位置情報は無い。

もっと問題なのは、ログが500行分しか残らないこと。
記録内容にも依存するけど、固定設置した状態でも20分間分にも満たない。
これでは外で利用して帰宅後にログ解析は不可能。

やはり位置情報取得も考えると接続したスマホ上で動作させて、スマホのストレージに記録しないと駄目っぽい。
MR05LN Statusがバージョンアップしてくれれば良いのだけど…(他力本願)

※ログ表示の意味(補足)
plmn(Public Land Mobile Network)
 移動通信システム識別子
 前3桁がMCC(Mobile Country Code)で日本の場合は440または441
 後2桁がMNC(Mobile Network Code)で事業者コード
 
 楽天の場合は44011(楽天回線)または44053(パートナー回線)になる。
 
tac(Tracking Area Code)
 トラッキングエリアコード
 キャリアが決めた範囲らしく、市町村とかの範囲とは違う
 
earfcn(E-UTRA Absolute Radio Frequency Channel
Number)
 直訳すると、「E-UTRA絶対無線周波数チャネル番号」だけど、E-UTRAって何だ?
 
 調べてみるとE-UTRAはWikipedia(英語)によると下記の何れからしい。
 Evolved UMTS Terrestrial Radio Access
  UMTS(Universal Mobile Telecommunications Syst
em)
 Evolved Universal Terrestrial Radio Acce
ss
 
 日本のサイトでは後者で説明しているケースが多いみたいだ。
 3GPPで規定された第3.9世代(LTE)の無線インタフェース技術の事らしい。
 
 earfcn全体ではLTEのチャネル番号って感じなのだと思う。
 たぶん、一般的に利用されるバンドもこの値から導けるのだと思う。
 
pci(Physical Cell Identifier)
 セル識別子
 
rsrp(Reference Signal Received Power)
 基準信号受信電力
 このログではほぼ4桁で表示されているので、実際の値は1/10になるらしい。
 
rssi(Received Signal Strength Indicator)
 受信電力強度
 

2020/12/12 20:02  [2048-127]   

MR05LNに関しては進展無し。
Android Studioに挑戦してみたけど直ぐにリタイア。

java固有?の宣言が多すぎて覚えきれない。
大昔にCOBOLを勉強したときに宣言部分が多いって思ったけど、COBOLの宣言は主に形式に関する内容だった気がする。
javaの場合は必要なライブラリの宣言は理解できるのだけど、COBOLでいう手続き部でも再度定義しなければいけない部分があるらしくて、内容が頭に入らない。

最近ではKotlinという言語もあるらしくjavaよりは簡単らしいので、次回は…いつになるやら…

仕方ないので当面はNetwork Cell Infoを活用して基地局(利用可能エリア)の確認をすることにした。

でも、近所の稼働中の基地局は殆ど発見済みなので少し遠征する必要がある。
面倒なのは1回で発見するのは難しいケースもあって、複数回の遠征は少しキツいかも。

1回目で適当にある程度広い範囲を移動しつつログ採取
帰宅後にログの確認(※)
 新規(或いは基地局位置不明)のセルIDのみを抽出して受信強度から基地局位置を推定
2回目で推定位置近辺を捜索

って感じかな…

面白いというより困るのは、必ずしも距離が近いセルからの電波を受信するとは限らないって事。
なので、移動しつつ連続した複数地点で確認する必要がある。
殆どのケースでは条件の良い近場の基地局の受信点の方が多くなる。

あとは、アプリのバグかもしれないけど、不思議なエリアコードとセルIDが記録されていることがある。
とりあえず現時点では異常として除外することにする。

※ログの確認

目視だと大変なので、EXCEL上で抽出し、Googleマイマップで確認
手順(2と3はExcel VBAで処理)
 1.基地局リスト(セルIDと座標:何でも良い)を作成
 2.ログから楽天回線で基地局リストに存在しないセルIDまたは座標の無いセルIDのみ抽出
  この時、リストに存在しないセルID(座標は無し)は基地局リストに追加
 3.受信地点でのエリアコードとセルIDを地点名、受信強度と受信時刻を説明(?)として座標を指定しkmlファイルを生成
 4.Googleマイマップに描画
 5.描画された内容から確認候補を選定し、基地局の位置を推定

2020/12/18 10:10  [2048-128]   

Network Cell Infoや類似アプリには基地局の位置を示す機能がある。
でも、確認した範囲では殆ど表示されない。

マニュアルによると、Mozilla Location Service (MLS) のデータが利用されているらしい。
データがCSVで公開されているので確認してみた。

全件数は約1200万件(全世界)でMCCが440は約49万件だった。(441は約2.7万件)

大凡の内訳は下記
ドコモ 約25.4万件
au 約13.5万件
ソフトバンク 約9.5万件
楽天 約0.6万件

半分強がドコモって事らしい。

但し、データをよく見ると少しだけ明らかなゴミが混じっている。
既に停波したはずの2Gの基地局データが存在してたりする。
8件だけだが楽天ではサービスしていないはずの3Gの基地局もある。
一見だけでは判断できないが、たぶん他にも無意味なデータも含まれているのだと思う。

ちなみに、このデータ数は物理的な基地局数とは違って、セル数なのだ。
楽天の場合は1基地局で3セル(確認した範囲)になっている。
ドコモの場合は不明だけど、多くの場合は楽天と同様に物理的なアンテナ数は3に見える。
3と仮定すると物理的な基地局数は1/3って事になる。

ドコモの統合報告書2020を見ると、2019年度末の基地局数は下記の記載がある。
 「PREMIUM 4G」対応基地局数168,800局
  LTEサービス基地局数228,100局
単純に合算して良いのかどうか分からないが、合計で39.7万局。

MLSに一番データの多いドコモの場合でも、カバー率を単純計算すると…
(25.4÷3)÷39.7=約21%って事になる。

楽天の現在の基地局数は不明だが、6月末時点で5739局が稼働し、建設数は1万局以上と発表している。
少し乱暴だが、間を取って8千局が稼働しているとすると…
(0.6÷3)÷0.8=25%

殆ど意味の無い計算。
圧倒的に件数が少ないって事の方が重要かも。
6千件の中にはいつも見るエリアコードは存在しないので、当然基地局はプロットされない。

ざっくりだけど、集計してみた。
100件以上のエリアコードのみで合計で約5千件
とりあえず、場所は座標の平均値の位置で集計

東京23区 2500件
名古屋近辺 933件
千葉湾岸エリア 509件
大阪 251件
横浜 243件
奈良 199件
埼玉南部 151件
三重北部 134件

やはり大都市圏じゃ無いとデータが無いって感じだ。

MLSは有志が提供したデータで成り立っているらしい。
サービスが先行した大都市圏にはデータ提供者が存在したって事。

アプリのレビューに基地局が表示されないとか不正確だとか書いている人がいるけど、MLSのデータが存在しないか不正確なのだと思う。
正確にするには自らデータ提供しろって事なのだろう。

あと、登録済みデータを見ると座標値は小数点2桁までなので、実際の位置とはズレて当然かも。

2020/12/20 00:37  [2048-129]   

MLSプロット

MLSのデータをGoogleマイマップ上にプロットしてみた。

最初はkml変換する必要があると思っていたのだけど、単にExcelファイルをドロップすれば良いだけだった。
ただ、1レイヤで2000件しかプロットできないので、セルID毎に4分割した。

セルIDの200番台までは隠れてしまったけど、下町エリアを除いた東京23区を中心に埼玉(京浜東北線の西側)から横浜辺りまでプロットされている。
300番台は東京23区の下町エリアを中心に埼玉(京浜東北線の東側)から千葉市辺りまで。
1000番以降は見ての通り。

ちなみに、画像からはカットしたけど北海道や沖縄にも数件プロットされている。

前にアプリのバグかもしれないと書いたセルIDだけど、もしかするとフェムトセル基地局のものかもしれない。
64000番及び近辺の値だけど、全国に数件存在する様に見える。

ただ、前に書いたように座標データが小数点2桁(0.01度)しかないので、北緯35℃近辺だと経度で900m、緯度で1100m程度の間隔のタイル状にしかプロットされない。
MLSの座標の決め方は知らないけど、実際の位置とは1q四方の範囲で異なっているって事?

1qを近いとみるか遠いとみるかは人によって異なると思うけど、実際の楽天の基地局の設置状況や測定地点での受信状況を見る限りは、仮に今の条件でプロットされても殆ど意味をなさない気がする。

Network Cell Infoでも測定データをMLSに提供する(別アプリ経由?)ことは可能みたいだけど、意味の無いデータになるなら無駄だよね。

2020/12/21 11:58  [2048-130]   

とりあえず自宅から半径3qの範囲の稼働している基地局はほぼ全て発見した。
ほぼと書いたのは数地点で検出したセルIDが残っているから。
でも、それはたぶんフェムトセル基地局(楽天Casa)のものだと思う。

最近は3qの範囲外の隣の市まで行ってるけど、結構苦労している。
道がよく分からないのもあるけど、高層の建物が多くて、単純に受信強度だけ見てても発信地が推測できないから。

単に接続するだけなら-100〜-110dBm程度あれば良いみたいで、この範囲が結構広い。
しかも、ビルの隙間や反射もあるのか、飛び地があったりする。
基地局が見つかった後で分かることだけど、時々考えられないくらい遠方(5q程度)で受信記録が残ってる。

感覚的には-90とか-80台になれば基地局が近いと思えるけど、実際にはそうでもない。
建物等の影響なのか、突然全く別の基地局の電波を拾ったりもするし、受信しているセルIDをよく見て判断しないと駄目。

1基地局で3セル(アンテナ)が普通なので、連続した3つのセルIDが発見できれば、それぞれの検出エリアから中心点を推定は出来る。
最後は運かも、気づくといきなり-60dBmとかで見上げると基地局があったりするので。

現状の楽天はデータ通信回線としてはありだと思う。
比較対象はWiMAXだけど。
楽天もWiMAXも建物内とか郊外とかは結構圏外が多い。

まあ、楽天は基地局整備を始めてから短いので仕方ないと思うけど、WiMAXは4万局も整備してて今の状況だから。

エリア外での利用が多いケースや通話用だと、今のままでは厳しいと思う。
でも、圏内の場所で固定的に利用するならWiMAXよりも安価だし、ある程度の強度のエリアなら上り速度もWiMAXより速い。

auを除く既存キャリアが2980円で攻勢を掛けてきたのは少し驚いた。
auは系列のUQがあるから単純に安価なプランは出せなかった気がする。

楽天も当面はUQやソフトバンクAirのシェアを奪うことは可能だと思うけど、それだけで事業として成立するのかな。

2020/12/25 13:15  [2048-131]   

基地局探しをするツールは色々あるみたいで、ググってて気づいた。
Network Cell InfoのログはセルIDは出力されているけど、基地局(eNB)IDが無い。
マニュアル見直すとPROバージョン(サブスク)では提供されているらしい。

画面には表示されているので、単に課金狙い?
良いアプリだと思ってたけど、一気に冷めた。

まあ足で探せる範囲なら無くても困らないけど、eNBが分かった方が絶対良い。
eNBだけの為にスクショ取るのも面倒だ。

少し確認した範囲ではTower CollectorというアプリならログにeNBがありそうなので、少し使い勝手を確認してみようと思う。
画面とかは面白みが無いけど。



2021/1/2 10:42  [2048-132]   

Tower Collectorを使ってみたけど、単に記録するだけのアプリらしい。
使い方が悪いのかもしれないけど、Network Cell Infoの様にマップ上で受信強度が分からない。
このアプリでは画面確認しながら基地局探しはできない。

仕方ないので両方のアプリを起動し、Tower Collectorはバックグラウンド動作にしてみた。
でも、記録はまばらになったり、止まったりする。
eNBがわかれば良いので、時々フロントにして記録って感じで使ってみた。

帰宅後に記録をPCに吸い出して、eNBとセルIDの関係を確認した。
ただ、Tower Collectorのサイトには先人が調査したデータがあるので、わざわざアプリで確認しなくても良い気がする。

前に書いたように、楽天の基地局(物理的な設置場所)にはセルが3個ある。
でも、同一のeNBIDのセルは3個以上存在する。
要するに物理的には複数の基地局が同一IDになっているって事。

Tower Collectorは同一eNBIDの記録から基地局位置を推定しているらしい。
本来は別の場所にある基地局を同一に扱うので、当然推定位置には何も存在しない。

結局、正しい位置は足で探すしかないみたいだ。

2021/1/5 01:16  [2048-133]   

いつの間にか、自宅で別の基地局(セル)に接続するようになった。
どこかの基地局が稼働したらしい。

でも、強度は今までの2ヶ所よりは若干強い程度。
最寄り基地局ならもっと強くて良いはず。
たぶん、今までの局より若干条件(距離と途中の障害物)が良さそうなもう一つの未稼働局だと思う。

変動するけど今までのセルも含めて常時3〜5セルを認識している感じ。
それは良いのだけど、万一、最寄り局だったとしたら、自宅回線としては厳しいかな…

2021/1/7 23:48  [2048-134]   

昨日から稼働したセルの所在地を確認。
予想通り最寄りとは違う方だったので、少しほっとした。

現状で3ヶ所の基地局からの電波を受信可能だけど、こんな感じ。
・距離1.1qの5階建ての建物屋上にある基地局で、間に7〜9階建ての建物が数軒
・距離940mの高度差が-15m程度の場所のコンクリート柱の基地局で、間に森や住宅地
・距離810mで高度差無しの場所のコンクリート柱の基地局で、間に大きな建物は無い

最初の2ヶ所は-110dBm前後、最後の1ヶ所は-104dBm程度

最寄り基地局は高度差無しで距離240mのコンクリート柱で、間には大きな建物は無い。
たぶん、-80dBm程度は期待できると思うのだけど、どうだろうか。

2021/1/9 00:00  [2048-135]   

アプリで近隣セルの情報を見ていたら、ときどき未確認のPCIが出現することに気づいた。

早速探索に出掛けたら2.2qも先に稼働している基地局を発見。
基地局の設置場所の高度は自宅より少しだけ高く、途中の殆どは低地だからかもしれない。

帰りに別の新たな基地局と、以前は未稼働だった基地局の稼働も確認。
わが生活圏内では楽天はかなり頑張っているように見える。

市内の確認済み基地局数は総務省が公開している認可数より多い。
地図上にプロットしてみるとまだ未発見と思われるエリアもあるから、最終的には現在の認可数の2倍以上になりそう。
認可数は公開までにタイムラグがあるのだと思うけど、他の地域はどうなのだろう。

2021/1/12 10:13  [2048-136]   

MLSデータの差分(ファイルが小さい)を確認してみたら、座標は細かく設定されてる。
以前確認したフルデータはEXCELで開けなかったので、LibreOfficeで抽出・分割したのだけど、それがいけなかったらしい。

でも、自分でやらなくても先人が情報公開(しかも随時更新)してくれてるので、ありがたく利用させて貰う。
ただ、自分の行動範囲はほぼ空白地帯だけど。

ところで、Network Cell Infoで取得したログを確認してたら、新たなセル情報が記録されている場所があったり、自宅でも数日前から近隣セルに未確認の物理セルIDが時々出現するのだけど、探しに行きたい衝動を抑えてる。

2021/1/22 12:04  [2048-137]   

念願だった最寄りの基地局が稼働し始めた。

でも、基地局の状態をよく見ると自宅は2つのアンテナの中間方向らしい。
実際に自宅ではほぼ同程度の強度で2つのアンテナからの電波を検出できる。

以前は窓際がベストポジションだったけど、現在は確認した範囲では大きな差が無い。
屋内では概ね-90dBm前後(悪くても-100未満)で受信できている。
但し、速度測定してみると今までのベストポジションでは微妙に遅いので場所の変更が必要なようだ。

速度は下りで40Mbps程度は出ているみたいなので、実用上は問題は無さそう。
WiMAXと違って上りも30Mbps以上と高速だけど、今の利用なら無意味な速さだ。

2021/2/13 10:54  [2048-138]   


この掲示板の新着スレッド

運営者のみ投稿可
備忘録いろいろ
備忘録いろいろをお気に入り登録
運営者:
亜都夢さん
設立日:
2017年3月2日
  • 注目度:

    103(お気に入り登録数:2件)

タグの登録はありません

該当掲示板はありません

ページの先頭へ