縁側 > カメラ > 知恵袋的なw
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

色々答えてると何度もダブったりしてるので
覚書的な場所があるといいなと思って作りました。
一般スレと違って自分ちということで
好きに書いてますので話半分でw

  • 知恵袋的なwの掲示板
  • 知恵袋的なwの伝言板
  • 知恵袋的なwの投稿画像
この掲示板は閲覧専用です(運営者のみが投稿できます)。

知恵袋的なw

タグ:
画質  ボケ  構図  

いわゆるよい写真ってのは、まずは個々のツボやよいの度合いが違うしとにかく感情的なものです。
さらにそこに自分で撮ったりした場合や被写体との関連からの思い入れバイアスもかかるし。
ですんで万人に共通する明確な定義ってのは置くことはできないとは思います。
にしても、感情のない機械で撮るという操作を経る以上、その構成要素はある程度は特定できます。

(1) 画質
曖昧なことばですけど、確実に影響します。さらに画質にも幾つかの要素があります。
大抵がカメラのスペックに依存しますけど、カメラマンの知識・テクで補うこともできるし
必ずしも高画質だったらよい写真になるわけでもない、不思議で難しい部分です。
また、広い意味で以下の(2)-(4)あたりまで含めて話すこともありますよね。

(2) 露出や色合い
露出自体は数値化して定義してるんで機種問わず同じなんですが、
その補正部分はカメラマンのセンスが光る部分でしょうか。
色合いの方は、カメラが出すもの自体はカメラごとの味付けの違い、
レタッチで補正する場合はそのヒトのセンスが影響します。

(3) ボケ
ボケのようすが違うだけで、絵の印象もかなり変わります。
質的な部分はレンズごとの味付けの違い、
量的な部分はセンサーサイズとF値との関連からで完全にカメラまかせですけど、
それを設定してやることでカメラマンも介入することができますので
やはりセンスが問われる部分ではあります
(明るいレンズをただ開放で撮ってボケるーとか言ってるのはセンスも何もないですがw)。

(4) ブレ
速く動くものをわざとブラすことによって、躍動感を表現するってのもあります。
ボケ同様、意図的にやっているならセンスが光る部分です。

(5) 構図
これは絵を得る段階ではカメラマンのセンス次第です。
トリミングも考える場合も、やはりセンス出るわけで。

(6) タイミング
いわゆるシャッターチャンスにうまく撮れるかどうかのところです。
カメラマンの運と技量と、カメラ性能(レスポンスのよさ)も影響してきますよね。

2017/2/1 09:22  [2018-12]   

(1-0) 画素数に由来する画質

この部分は本当は書かないつもりだったのですがあまりにもなのを目にしたので。
最低300万画素(3M, 2000x1500)くらいあれば大抵のPCモニターの全体表示やL版印刷はほぼ問題ないですが、
それを下回ってくると等倍表示でも小さい絵しか持てず、色々不都合を生じてきます。
逆に、異なる画素数の同じ絵を比較した場合(等倍までキレイに撮れているとして)、
高画素数の方がより微細なところまで大きく表示(等倍以上は表示しないとして)できるわけで、
画素数については大きければ大きいほど画質がいいってことになります。
とは言っても、ただ画素数が多ければいいというのではなく、そこには
『等倍まで破綻なく見ることができるセンサーサイズに対して適切な画素数』が存在します。

1/2.3型豆粒センサーの絵は、等倍まで見れるものにすると5-10M程度です。
実売されているものには16Mとか20Mとかありますけど、無意味です。
そういうものの等倍を見ると、もれなく塗り絵・油絵になっています。
その絵を5-8M程度に画素数落とししてやると、なんとか等倍も悪くなくなってきます。
これが、このサイズのセンサー能力の限界で、むやみに大きな画素数持っても意味がないです。
センサーサイズが1型超えてくれば、10M程度ならまあ大丈夫。
MFTの16M、APS-Cの24Mくらいはセンサーサイズに対して無理していないので、等倍までキレイです。
逆に言えば、豆粒センサーカメラは超望遠カメラに特化して光学望遠を伸ばす以外に
大センサーに対抗して生き残れる部分がないってことです(大センサーよりは小さく軽く作れるので)。

でも3Mで足りるのだから、幾ら大センサーだと等倍もキレイだからってそんなにいらないのでは?
確かに全体表示やL版印刷だけで終わりだとそうなっちゃいますが、
もし大伸ばしで印刷したり等倍表示で詳細を大きく見ることができるメリットがあります。
豆粒センサーだとこれができないわけです(塗り絵でもいいのならできることにはなりますが)。
さらに、度を超えるとレンズ解像度が追いつかないですが、適度なトリミングが可能なところが、
つまり特に望遠での撮影時に高画素の絵を持っていることが有利になります。
例えば1/2.3型センサー機で撮った絵は3M以上を保つにはほとんどトリミングできませんが、
大センサー機種なら焦点距離2倍分の画角にトリミングしても、元絵が16Mあれば4Mは確保でき余裕があるわけです。
トリミングにはたくさんのメリットがあります。
・まずとても手軽にできる
・必ずしも真ん中を切り取る必要はなく好きなところを選べる
・焦点距離の長い重く大きく高いレンズを買わなくて済む
・しかも光学焦点距離が短い分、手ブレを起こしづらい。撮りやすい。

特に豆粒センサー機種を使ってるヒトたちは、
このへんのこと(このサイズのセンサーの価値)がよく分かってません。
さらに、暗所耐性も低くて最低ISO感度付近以外ではやはり絵は速やかに崩れていきますんで、
このへんの対応幅の狭さもやはり大センサー機種には敵いません。
とにかく光学望遠端ある機種で最低ISO感度付近で撮るため専用のものだとちゃんと捉え直すべきです。

2017/3/16 21:15  [2018-20]   

画素数のことについてはこれ見て書きました。
http://review.kakaku.com/review/K0000749
556/ReviewCD=1011902/#tab

ここの絵はヤバいです。どうしてこんなに画質が悪いのか分からない絵があります。
16Mの異常に大きいサイズのファイルから考えて撮って出しのように見えますが、
実質100万画素程度の価値しかない絵です。どうやってこういうの撮るんだろ?
試しに16MBもあった絵を100万画素で保存したら600KB程度で、画素数の持ち腐れでした。

2017/3/16 21:15  [2018-21]   


この掲示板の新着スレッド

運営者のみ投稿可
知恵袋的なw
知恵袋的なwをお気に入り登録
運営者:
パクシのりたさん
設立日:
2016年12月2日
  • 注目度:

    234(お気に入り登録数:6件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ