縁側 > スポーツ > 自転車 > 自転車総合 > 自転車道場
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

自転車にpassion(情熱)のある人書いてください。
自転車道場目次
https://engawa.kakaku.com/userbbs/191/Th
readID=191-33496/

  • 自転車道場の掲示板
  • 自転車道場の伝言板
  • 自転車道場の投稿画像
自転車道場の掲示板に
自転車道場の掲示板に新規書き込み

はじめまして、今年の4月からロードバイクを始めた50過ぎの男です。バイクを購入する前にこの掲示板を知っていたらと、後悔しましたが、後の祭り。では、今のバイクを少しでも安全に乗りやすくする工夫をしようと考え、整備道具やホイール、タイヤなどを購入しています。4月に購入したのがキャノンデールのシナプスカーボン5というバイクでしたが、身長が167の私には、少し大きく、それを売って、スコットのCR1を購入しました。サイズは一番小さい47xxsになります。今なら、Viperにするのですが、、、、、、さて、本題のプレスフイットですが、チェーンを外し、クランクを軽く回しても回転が3,4回で止まってしまいます。前のシナプスでさえ、5,6回以上回転していましたので、これはボトムブランケットのグリスが足りないか、クランクとの接触部分のグリスが足りないか、他に何か抵抗になるものがあると考えました。プレスフイットは一度外すと戻して使うものではないと聞きますが、出来れば再利用したいと考えています。でも、外してもベアリング部分が取り外せなければ、グリスアップはできません。構造がどうなっているのかも含め、できるのかどうか、教えていただければさいわいです。圧入されているブランケットは
SM-BB92-41B PRESS FIT 86.5mm Road ボトムブラケットになります。初めての書き込みで、的を得ていないかもしれませんが、よろしくお願いします。

2013/9/6 11:35  [191-7730]   

大事な事を書き忘れていました。
クランクは105の165mm コンポはアルテグラのDi2、ホイールは6700、タイヤはIRCのチューブレスです。

2013/9/6 11:45  [191-7731]   

 ヘラーマンさん  

基本的に今のBBは使い捨てです。

せめてネジきりなら調整で良くはできますけど、プレスフィットということで細工しようがないです。

ベアリングのシールがきつくて回転が重いのでしょう。グリスはシマノのBBなので、必要以上に入っていると思います。でもBBの回転なんて負荷がないときしかわからないですし、気にせずにそのまま乗るのが一番です。

気になってしょうがないなら、セラミックベアリングにしましょう。無負荷時の回転は四角軸のBB並になります。よく回るかわりにシール性能が悪いので耐久性は激減します。軽さも走ってたらわかりませんけどね。

BB86用セラミックBB、他にもありますけど無難なスギノ
http://www.cb-asahi.co.jp/item/43/18/ite
m100000011843.html


TOKENは安いです。

個人的には、ここをセラミックに変える前に他にもやることあると思います。回転部はすべて完璧に調整し尽くしていますか?

2013/9/6 13:02  [191-7732]   

ヘラマンタイトンさん、やはりプレスフイットのグリスアップと調節は無理見たいですね。分かりました。あと、おっしゃる通り、前後ホイールの調節はまだできていません。チェーンを外し、回しても1分30秒ほどしか回りません。ハブスパナを購入し、調整するつもりです。WHRS81C24CPを買ったので、合わせてグリスアップと玉当たり調整に挑戦して見ます。

2013/9/6 15:14  [191-7737]   

 十八試局地戦さん  

グリスを封入したシールドベアリンクですから、そもそもグリスアップ自体が出来ません、ベアリング交換対応です。
ベアリングの防水性、防塵性によってシールドの仕様も違い、防水性、防塵性を求めると回転は重くなります。

ベアリングの抜き出し、圧入について、
施工自体は簡単で、『ベアリングの全周に均等に力を掛け、BBハウジングと垂直に出し入れ 』するのがコツですが、これが感覚的に理解出来なければ、手を出されない方が無難です。
最悪、フレームが一発でオシャカになります。

2013/9/6 20:37  [191-7738]   

 夢飛行さん  

こちらの書き込みの後日談的な内容で、道場長殿とヘラーマンさんがBBにAZウレアグリスを擦り込み、デュラグリスを置換する方法をカキコされていたのを見かけ、うる覚えでいつか試そうと思っていました。(手間が掛かりそうだなあと、敬遠してましたが。)その書き込み探せなかったので、とりあえず自己流でやって見ました。結果は倍以上回る様になりました。

新しいR8000には、手が出せませんがまだまだメンテで6800活躍させたいですね。
とりあえずグリスアップの動画作って見ました。
https://youtu.be/Xrd4ZsL3_BA
ヘボイ整備なので間違いがあればご指摘下さい。m(_ _)m

2017/7/31 02:21  [191-25843]   

 zzap08さん  

CULTにグリスを入れられたんですね。
グリス不要が売りであったかと。
入れるなら、オイルではないでしょうか。

2017/7/31 06:24  [191-25844]   

 夢飛行さん  

zzap08さん

教えて頂きありがとうございます。
いや〜無知とは恐ろしい、知りませんでした。
カンパのメンテがどんなものか、また色々調べて試したいと思います。
ありがとうございます。

2017/7/31 07:19  [191-25845]   

 tukubamonさん  

同僚がKUOTAのプレスフィットをスギノに交換してました。
回転は見違えるようになったそうです。
ただ、選択肢が少なくて、スギノしかないとか?

あと、回転が軽くなった分、犠牲にしている物もあるでしょうから、ちょっと怖いとも。

個人的には、先日GTRのBBを6700に交換しました。
ウレアグリスに入れ替えようかと思ったのですが、シマノグリスが目一杯入っていて、もったいなく感じ(貧乏性)、かつ夏場はトロトロに柔らかくなっているのでそのまま装着しました。

まぁ、10回転とは行きませんが、7回転くらいなのでギリOK?
BBは回転だけ見ると差があっても、乗った感じはあまり変わらないと思いますので、へラーマンさん言われるように、他でも頑張る方も必要かと。

究極はペダリングの問題とも言えるし…

2017/7/31 15:32  [191-25848]   

 夢飛行さん  

tukubamonさん
いろいろ整備するのは楽しいですよね。
気温下がってからでも柔らかいグリス、試されては?(早い方がより楽しめると思いますが)

今回プレスフィットの整備と同時にRS-21も初めて玉当たりを調節しました。(13mmのハブコーンレンチやっと二つ目買ったので試せました。)
フロント155秒、リア180秒(道場長からの合格ラインは120秒との事)になり、とても乗ってい楽しいラクチンな通勤車になりました。
DHバーも今は外してます。

踏まないで引き足で走る逆回転イメージのペダリングには軽い回転が必須だと実感しました。

まだへぼい私は勘違い整備を沢山すると思いますが色々情報貰えて、ありがたいです。

クランク回転10回以上(道場長からの合格ライン)目指して頑張ってみて下さい。(^^)
昨日まで出来なかったことができる様になると、なんか嬉しいですよね。整備してるとそんな事の連続です。

※顔アイコンの年齢選択つい忘れて投稿してしまいます。コレがホントです。

2017/7/31 19:08  [191-25850]   

 al.junkdealerさん  

わたしもCR1に乗っています。
そして、偶然にも先日ボトムブラケットの交換をしました。
WISHBONEのBB86-SHというやつです。
おかげでクルクルよく回るし、ねじ込み式なので繰り返し使えるのが良いと思います。
乗った感触は、正直なところSM-BB92との違いはよくわかりませんが、精神衛生上大変良かったと思っています。
グリスアップとは違いますが、こういう手も有るということで参考になればと思い書き込ませていただきました。

2017/8/1 11:38  [191-25851]   

 夢飛行さん  

al.junkdealerさん

WISHBONE、ググったところBB86→カンパのウルトラトルクタイプもあるんですね。
カンパを例えばジャイアント号などにつけるのも簡単にできそうです。(レンチはシマノ用2つ必要)。予算がないので直ぐにはできませんが良く回るBBが欲しい人には優先順位は高いですね。
情報ありがとうございます。

2017/8/1 14:40  [191-25852]   

 al.junkdealerさん  

夢飛行さん

国内では2万円くらいしますけど、eBayではその6掛け7掛けくらいで手にはいりますよ。
わたしもeBayで購入しました。

2017/8/1 16:07  [191-25853]   

 夢飛行さん  

al.junkdealerさん

耳寄り情報ありがとうございます。とりあえず来週3回目のグリス擦り込みチャレンジしてみます。
(盛り過ぎるとまた逆効果?)
年々歳々機材も進化して選択肢増えるのはいいですね(^^)。

2017/8/2 14:11  [191-25855]   

 うーむ。。。さん  

WishboneだかPraxisだか忘れましたが、1台にPF30⇒UltraTorque用アダプタを付けてスーレコ、もう一台にはPF30⇒JIS⇒BB7900のアダプタ付けてUltegra6600で使ってます。
どちらも使用頻度の低い自転車用で使用に伴う悪化が出せているとは思いませんが、特に問題なく満足出来る状態で使えます。
何度でも取り外しが出来るので、調整を追い込むことが出来て助かります。但し本当に何度でも本締め⇒取り外しが出来ると言い切れるかは分かりません。。。

そして、これらPressFitのコンバージョンアダプタの取付自体がかなり精度を要求されます。
PF30⇒UltraTorqueアダプタのほうなんかベアリングがクランク側に付いているので要するにただの筒ですが、この取付の仕方でクランクの回転が5回転から25回転まで大きく変わります。もちろん、アダプタを付けた後にクランクの取付を時間を掛けてどんなに頑張っても5回しか回らない状態から、アダプタを一旦取り外して付け直したら軽々10回転、追い込んで15回転、その後アダプタの取付も試行錯誤を繰り返してMAX25回転という感じです。
そんな取付のコツなどマニュアルには一切書いてないし、フレームを見てもBBを見ても確かにマニュアルに書くべきようなものは見つけられなかったのですが、BBにアダプタを差し込む時、特定の角度で差し込んだときに最悪になり、そこから90度まわして差し込んで特定のトルクで締め込んだ時に最高になることを再現出来る所までは見つけました。(そしてその情報はもう忘れました・・・(^^;)
たぶんBB周り、そしてアダプタ自体に剛性のバラツキや歪みがあり、BBの締め込みの時に相互に歪みが打ち消し合って精度が高くなるか、重なり合って精度が悪化するとかなのかなと想像しますが、想像でしかありません。

なので、試行錯誤してみて下さい。

あと、グリスアップすれば回転が良くなるというわけではなく、グリス自体が抵抗になるので一般的に最適な量があり、それを過ぎて沢山盛ると回転数は落ちます。どの程度のグリスが良いかは乗る状況やメンテの頻度やグリスの性質など様々な要素があります。雨に良く降られるとか、整備がきらいとかなら減らさない方が良いかも。無負荷のクランクの回転数が最大になるのはグリスを最低限にし(というか粘度の高いグリスを抜いて油を差し)、ネジの締め込みトルクも乗車前提より緩めにした時でしょうから、回転数MAX状態が最高とは言えない気がします。実は気分的な問題かも知れませんが上記スーレコクランクのCULTベアリングもグリスを差してますので今はそこまで回らないはずです。25回転回すなんて趣味みたいなもんで実用的にはそんなに要らんし。



2017/8/2 21:39  [191-25856]   

 夢飛行さん  

うーむ。。。さん

二台とも満足出来るとの事、楽しい自転車と推察致します。PF30に付けるという発想、気がつきませんでした。Praxisも勉強不足で知りませんでした。
自分のノーマルPF30はグリスアップ前は24回半廻ってたのに今はアダになり半分です(泣)。CULTはどんな手入れをすればいいのか、クランクの根元につけたままパーツクリーナーをブシューッと使っても良いものか悩み中…。


〉BBにアダプタを差し込む時、特定の角度で差し込んだときに最悪になり、そこから90度まわして差し込んで特定のトルクで締め込んだ時に最高になることを再現出来る所までは見つけました。

個体差あるでしょうけど再現出来るまで追い込めたのはスゴイですね。手仕事日本の職人さんの様です。BBを片側ずつ締めてシャフトを通す奥義に通じるものを感じます。

シマノのBB86のプレスフィット、始めてつけた時、廻らなさ過ぎて愕然としたのを覚えています。(マイパラスの方がよっぽどいい)それが擦り込むだけでこんなに変わるなんて目からウロコでした。とりあえず盛り過ぎ覚悟でやってみます。
貴重な経験談ありがとうございます。

2017/8/3 06:39  [191-25857]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
自転車道場
自転車道場をお気に入り登録
運営者:
ディープ・ インパクトさん
設立日:
2010年3月27日
  • 注目度:

    1(お気に入り登録数:308件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ