縁側 > スポーツ > 自転車 > 自転車総合 > 自転車道場
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

自転車にpassion(情熱)のある人書いてください。
目次 https://engawa.kakaku.com/userbbs/191/Th
readID=191-44963/

  • 自転車道場の掲示板
  • 自転車道場の伝言板
  • 自転車道場の投稿画像
自転車道場の掲示板に
自転車道場の掲示板に新規書き込み

スレ主 メガニウム584さん  

27インチ車の情報を集約するために作成したスレッドです。
27インチ車の良い点、悪い点をこのスレッドに凝縮してこの車種がどういう性質を持っているのは後に続く人のために有益な情報として分かりやすく残しましょう。
思うところを心置きなく書き込んでください。

2021/8/5 04:16  [191-42679]   

良い点→なし
悪い点
1.重い
2.こけやすい
3.重心のコントロールが難しい
4.いい部品がない、特にタイヤはろくなのない。
5.寿命が短い
6.自転車の重さだけが際立ち、27インチ車の次は電動アシスト買う人が多い。
  *電動必要ない人まで電動へ追いやってる。
7.原価安く利益幅大きいので自転車屋が熱心に売りつける。
  身長150cmの女性にステンレス部品の27インチ車を売りつけ、その女性はこけて背骨折った。
  他にも明らかに小さい身体の人に無理に押し売りし、自転車を嫌いにした例がある。
8.27インチ車で愛を感じられる自転車を見たことがない。銭金の損得しか見えない。
9.百年以上の歴史がある自転車競技で700cが使われ続けてきた理由が27インチ車に乗るとよくわかる。2mの身長があっても700cの方が速いし楽だし乗りやすい。それが全て!

2021/8/5 11:25  [191-42685]   

スレ主 メガニウム584さん  

道場長
早速の回答ありがとうございます。
本来スレッドの開設者として中立よりの立場を取るほうが望ましいのは分かるのですが道場長仰る内容は概ね同意する他ないものに見えます。

私の感情面をできるだけ取り除いた27インチの評価を述べさせて頂くととにかくお金を湯水のように吸い取っていく困った規格でした。

27インチでもこの有様なのだからESCAPEに乗り換えてより支出が増えるのだろうとスポーツ車に乗る直前は覚悟していたのですがあのGIANTの純正パーツですら27インチのようなベアリング周りやスポーク周辺のトラブルは皆無で過ごせてしまい、良い意味で拍子抜けしたのは今でもはっきりと覚えています。

あまり知識がない頃はこれらスポーツ車のパーツを27インチに組み込めば、以前のようなトラブルもなくすごせると思っていた時期もありましたが、縁あってここでそのような思い違いを是正させていただけて、今に至った次第です。

今後とも宜しくお願いいたします。

2021/8/5 23:22  [191-42701]   

27インチ命みたいな人が出てきて、27インチが世界で一番幸せになれるとか意見を書いてくれて議論になれば、面白い展開になると思うのですが、どなたか27インチ肯定論よろしく。

2021/8/6 21:12  [191-42735]   

スレ主 メガニウム584さん  

昔の私は27インチ命というよりそれしか知らずの井の中の蛙大海を知らずに過ぎませんでしたね。

R3.1で感激してここで相談して遂には26インチ光自転車のフロントを700C化するまで至ると27インチについて養護するのが難しくなってしまいました。

TB1eを改造する人も中にはお見受けしましたが多分27インチ命って動機でもなさそうだし、パーツグレードあげて壊れない27インチとか作る人とか出てきて(そんなものを作ってもタイヤが選べない問題が有るのは置いておいて。)議論とかできるとまた今までと違った発見も有るのでしょうけど。

2021/8/7 01:52  [191-42742]   

スレ主 メガニウム584さん  

ミヤタ27インチと26インチ光自転車の寸法を測って思いましたが26インチ専用設計や27インチ専用設計の自転車ってあるんだろうか?
フォークやホイールだけ別けていてフレームは共用なんてことないだろうか?
ブリヂストンとか同じ車種で26インチと27インチ両方出している場合もあるけどオルディナで700Cと27インチがフレーム共用だったように実は他でも共用されているかもと思いました。

2021/10/27 03:09  [191-43892]   

 jade04さん  
オルディナ

件のオルディナ

2021/10/27 10:04  [191-43894]   

 tour-neyさん  

27インチホイールの方が、耐久性が高いとかメーカーは言うそうですね。(営業さんにホントなのか教えてもらおw)

個人的には空気圧管理とスポークの質だと思う。

あと26インチの方がアルミ、ステンレスホイール共に耐久性は高い。27インチ同材質比で、しかも私の経験則ですが…

カリフォルニアロード27については、手放し運転で無限に走れる安定感はあった。バッソ バイパーよりもね。カゴを外したm501と同等の走りだった。

でもそれ以外で良いのは出会わない。

2021/10/27 11:05  [191-43895]   

スレ主 メガニウム584さん  

このオルディナじゃなくてordina S3FとかS5とかリアエンドが135mmだった頃のオルディナです。

というかオルディナってディスクブレーキ仕様が現在出ていたんですね。驚きです。

2021/10/27 11:17  [191-43897]   

 jade04さん  

ママチャリならともかくフレームサイズ複数用意してる自転車がタイヤサイズ違うのにフレーム共通って考えられないんですよね。
ジオメトリが一致してるかとか公式のデータ確認された情報なんでしょうか?
自転車の世界なんで公式データも貼り間違えとかありそうで怖いですが。

2021/10/27 12:02  [191-43898]   

スレ主 メガニウム584さん  

オルディナが10年ぐらい前にプレスリリースされたときってリアエンド135mmではあるけどS3FとS5の互換性を謳っていた覚えがあるんだけど。
あの時はシルヴァもなかったしアンカー以外でブリヂストンのスポーツバイクで130mmエンドの700c車はなかった覚えが。
Vブレーキだからそういう無茶できるんだって当時に驚いた記憶やブリヂストンファンのS3F実機レビューやその方自身がその後にシルヴァに乗り換えた話とか聞かされて記憶に留まっていました。

ともあれママチャリは26インチも27インチもフレーム本体は使いまわしている可能性ありますか。
それが本当であれば仮に手軽に交換用フォークが手に入れば割と柔軟にカスタム楽しめそうでもありますが、

2021/10/28 00:40  [191-43902]   

 jade04さん  

>オルディナが10年ぐらい前にプレスリリースされたときってリアエンド135mmではあるけどS3FとS5の互換性を謳っていた覚えがあるんだけど。
メーカが互換性を謡うといのも考えにくいですね。
↑ホイール入れ替え出来ますなんて謳い文句はアピールポイントにならない。
精々『上位グレートと同じフレームを採用し』が良いところだと思います。
ググってもジオメトリもプレスリリースも出てこないので真贋はっきりしませんが実際にはホイール入れ替えたらさっくり動きそう。
シュー位置があまり変わらずキャリパーブレーキでもそのまま使えるらしいので。

2021/10/28 18:18  [191-43917]   

スレ主 メガニウム584さん  

26インチ1台、27インチ4台でフレームのパイプ長を計測しましたが25.4mmのシートポスト対応のものはチェーンステーやシートチューブなどの長さはインチを問わずほぼ一緒、27.2mmのシートポストだったブリヂストン車ぐらいしかパイプ長が明確な違いは有りませんでした。
チェーン引きで各自対応するから専用設計である必要はこの世代に限ればなかったのかな?
ラグ組フレーム時代のママチャリは26インチ27インチでフレーム本体が明確に作り別けられてはいなかったのかも?

だから実証してはいないけどフォークとその他諸々用意できれば26インチとフレーム長が共通である27インチ車も700C化出来るかも?(27インチの存在意義どこいった?)


jade04さん
仰ること最もなんですがそれだと上位グレードの優位性が薄まるような?

オルディナはESCAPE導入時に別候補としてどうかESCAPEを購入した店には「重い」と評されるようなアレな特性はあるけどブリヂストンさながらの他のスポーツ車にはない特性もあるのである意味古例は確立しているようにも思えます。

パーツ単位で入手できたらあれ面白そうなんだけどなぁ。

実際に作っているところメリダかな?

2021/10/29 00:36  [191-43918]   

27インチ車は興味ないので、どうでもいいんですけど、僕が過去に計測したフレームは明らかに27インチはどっしり重かったです。フレーム単体で重量計測してみれば、同じじゃないとわかると思います。どうして27インチのフレームってクソ重いのかな、あとチェーンスティ長いはず。26インチ車と同じ寸法だと27インチのホイールは入らないと思います。

逆に27インチ車にあわしたチェーンスティだと26インチ車にすると間延びしたダックスフンドみたいになります。同じフレームなら重量同じにならないとダメ、僕が計測したフレームで26インチと同じ重量の27インチはなかった。

メガニウム584さん機会があれば手持ちの27インチと26インチのフレーム単体重量計測してみてください。認識変わるかもしれません。

2021/10/29 19:13  [191-43928]   

スレ主 メガニウム584さん  

tour-neyさん

仮に27インチホイールの方が、耐久性が高いとしてもハイグレードなパーツで構成された27インチ車が存在しない以上ちょっと確かめようがない気がします。

道場長

それが寸法だけで言えばほぼ同値で驚きました。
ですので26インチのほうがホイールとシートチューブの距離が27インチより長い上にこの26インチは光自転車で90年代よりはるか昔に製造されたものなので、これこそ27インチと共通設計される余地がないもののはずなんです。
道場長の仰った「出来が27インチなんて作るか?」という言葉でふと思いついて計測したんですが、こういう結果で驚いています。
寸法が違ったのはBS(ラグ付き1990年代製造)ぐらい、それにしてもBSは27インチに無限の可能性でも感じているのかよくわかr無いけどなんであんなに27インチ車作るんだろう?

重量計測は機会があったらやってみます。

2021/10/30 00:39  [191-43931]   

スレ主 メガニウム584さん  

フロントのみ700c化した26インチ光自転車とフロントもリアもかごを完備した27インチラグ付きフレームのミヤタを簡単に持ち上げて重量比較してみようと思いましたが、前者はそこそこ軽量化したはずなのに感想を言うと双方重すぎます。

ママチャリってこんなに重かったの?これを漕いでいる人たちって鋼で出来ているんじゃないの?

改造光自転車はリアキャリアや両足スタンドとか外す余地があるパーツまだ多いけどまさか現状でこれほど重いとは思わなかった。

それとZS41のヘッドパーツを使えばオーバーサイズのフォークが使えてしまうために選択肢が増える気もするけど、フォークとヘッドパーツ代で中古のクロスバイクが1台買えてしまうだろうからコスパ的には凄く微妙。

2021/10/30 02:43  [191-43932]   

20世紀はママチャリといえば26×1 3/8で27インチ車はなかったです。スポーツロード車には27インチの1 1/4車はありました。当時は700c=チューブラーでクリンチャーは27インチしかなかった。

MTBの世界も26だけだった。21世紀になり最初に29が出てきて、これはMTBの27インチ。外人にはよかったのかもしれないけど車輪が大きく重すぎて扱いにくく、27.5インチ(これはMTBの700c)が登場すると主流は全部こちらに移動、現在は26は完全廃盤、29インチも実質消えた。

結局ロードもMTBも700cだけが残った。どうしてママチャリも700cにしないのか本当に不思議。26×1 3/8の外周は700cとほぼ同じなので700cを出す必要なかったのかな?

ホイールは700cが一番扱いやすく走りやすいので、これが基準になるのは当然。
日本のママチャリが27インチを多く出しているのは中国の影響かなと思うけど理由はよくわかりません。とにかく日本人の体格では27インチは扱いにくいので、電動アシスト車がミニベロタイプの方がよく売れているのは納得できます。NTTのシェアバイクもミニベロです。

2021/10/30 19:54  [191-43944]   

 キャドハチさん  

キャドハチです、こんばんは。

>27.5インチ(これはMTBの700c)が登場すると主流は全部こちらに移動、現在は26は完全廃盤、29インチも実質消えた。

ん?そうなんですか?私は29er乗りなので、主流が27.5erになると困るなぁ。でもオリンピックでのXCでは29erが100%だったという情報もあるので、主流が27.5erに動いているとはちょっと思えないのですが。その情報は確かなんでしょうか?

>27.5インチ(これはMTBの700c)
あとロードの700cと同じホイール径は29erの方だという認識だったのですが、違うのでしょうか?

2021/10/30 21:45  [191-43947]   

 tour-neyさん  

27.5インチは、オーバーに言うとチビさんしか乗りません。主流は29erに戻ってます。

ただ、27.5と並行するようで、環境に応じて選ばれており、適材適所といった感じで浸透してます。MTBに万能自転車はない、マニアックな世界だから。

それと29erと700cはリムは同じです。しかし道場長が言いたいのは、MTBにおける(万能で鉄板サイズの)700cは、27.5である、ということを言いたかっただけ。


それとフロントアップが無くなった、という感想。

これは、MTB乗りにディスクブレーキが浸透した理由に似てます。限界領域において穏やかでコントロールしやすいことです。

一発のタイムを狙うなら、敢えてVブレーキ使うときもあったそうです。
ドライであれば、制動パワーはVブレーキ圧勝、と教えられました。

2021/10/30 22:33  [191-43948]   

スレ主 メガニウム584さん  

うちの27インチ車は出来車(これだって出来が消滅する数年前、2000年代初頭のもの)を除くと全て20世紀なんだけど、もしかして21世紀の27インチとラグ付フレームな20世紀の27インチって別物なのですか?
26インチに至ってはBB幅が最初から68mmでママチャリの歴史って複雑なのかなって思っていましたが、ひょっとして私が思っているよりももっとガラパゴスで特殊なのかな?

BS車の27インチだって廃盤のアラヤLP-60 アルミリムが付いていて何というか当時としてはそれなりに高級感あった(ただR501より脆い)のに今ってそんなに27インチ事情ってアレなんでしょうか?

確かにまちなかでTB1とか見ると巨大なフレームに驚かされはしたけど。

2021/10/30 22:46  [191-43949]   

 キャドハチさん  

キャドハチです、おはよう御座います。

>27.5インチは、オーバーに言うとチビさんしか乗りません。主流は29erに戻ってます。
>ただ、27.5と並行するようで、環境に応じて選ばれており、適材適所といった感じで浸透してます。MTBに万能自転車はない、マニアックな世界だから。

ですよね。ありがとうございます。というか、今は29erのみの運用ですが、そのうち27.5erのホイールも買って使い分けようかと画策してます。フレームが両対応なので。ディスクだと、こういう入れ替えが気軽にできるのが利点ですよね。MTBだと”xxでなければならない”という縛りが少ないので、それはそれで楽しいですね。

2021/10/31 09:26  [191-43951]   

この前スイスいった時に29消えて27.5がすごい増えていたので29終わったのかと勝手に思い込んでましたが、スイスはMTBの本場。29復活してるんですね。MTBの世界は僕はド素人なのでデータを最新に更新して頂きありがとうございます。
 ニセコで毎年夏にダウンヒル大会あり、ちょうどその時期にニセコあたりでキャンプしていること多いので見てますが、2018年頃はレース出場車9割27.5で、ほとんどの選手が27.5使っていました。僕がスイスいったのも同じ頃だったので29なくなったんだと思ってました。オリンピックのMTBは見てません、町中で見るMTBも29は滅多に見ないです。27.5の方が圧倒的に多い。
 やっぱりあの車輪の大きさは扱いにくいのかなあと思います。
 29はリムは700なんですけど外周が大きすぎるのでMTBでロードの700cに外周で一番近いのは27.5なのでMTBの700cは27.5と判断しています。これは僕の個人的独断分類です。MTBもこの数年で規格がいろいろ出てきて変わり、5年前の情報はもう大昔ですね。僕の情報は古いので更新していただけると助かります。ありがとう。

2021/10/31 11:52  [191-43952]   

 キャドハチさん  

キャドハチです、こんにちは。MTBにおける29/27.5は現状では単なる選択肢ですよね。なのでロードにおける700cはxxという表現や○○だとこれが標準とか言う必要性が私には理解できません。

1分1秒を争うレースはより速い方を選ぶ様で、なのでレースではXCでもダウンヒルでも29を選ぶのが最近のトレンドの様です。実際にその方が勝つ確率が高くなる様ですからね。27.5と29を組み合わせるマレットもある。プロは要は勝てれば何でも良い。よりファンライドを楽しむのであれば27.5を選ぶ。街では27.5が多いのかもしれない。29が出たからと言って27.5を駆逐するとかそう言う状況でもない。26はパーツは殆どないですが、低身長の日本人には多分一番適している。飛んだり跳ねたりする使い方をするなら多分26がベストだし一番気軽。そういえば、先日MTBのe-bikeを借りて山の中を走ってきましたが、あれいいですねー。特Specializedの。MTBやってると山登り側が結構きついけど、それすらも楽しくなる。MTBの100%が楽しくなる。あれは新しい楽しみ方ですね。

2021/10/31 12:42  [191-43954]   

スレ主 メガニウム584さん  

「2012年に全く新しい規格27.5インチ(650B)が登場」って話を聞いたから29インチのほうが規格として古いのかと思っていました。
MTBの世界は私もド素人だけど車種が多くて覚えるのが大変。
フロントシングルも未だに流行っている事について理解が追いついていないです。
コースが急でフロント変速している場合ではないのが理由の一つらしいけど。

2021/10/31 13:24  [191-43955]   

 tour-neyさん  

>なのでロードにおける700cはxxという表現や○○だとこれが標準とか言う必要性が私には理解できません。

そんなのは自由ですから。一つの意見なだけです。しかも外野に近いMTB専門外のコメントです。多分うーむ。。。さんとかも、ちょっと…と思ったハズ(勝手にハンネ、出してすみません)

27.5インチであれば、取り敢えず体格問わず、どこもそこそこなレベルで走るという汎用性、今後も主流なので、パーツ供給に困らないとか、質が良いパーツが安定してることとかで考えます。

絶滅した26インチのMTBをオススメしないようにね。無難なサイズです。それが伝えたいだけです。

勿論、マウンテンは一切関わりたくないので(こっちは遊んだ人の怪我の尻拭いしてんだから、マウンテン嫌いな訳です)、知識はありません。素人の戯言だと思って下さい。

2021/10/31 16:49  [191-43957]   

 キャドハチさん  

キャドハチです、こんばんは。

>絶滅した26インチのMTBをオススメしないようにね。無難なサイズです。それが伝えたいだけです

確かにそうですね、気をつけます。個人的には、中古のフレームとショックをかき集めて26インチを1台安く作れないかなぁとか画策していますが、一般的には今お勧めできるものではないですね。スペシャのラインナップをみてましたが、XC系のハイエンドは29, DH系のハイエンドはマレット(27.5+29)でしたね。ミドルは29多め、ローエンド(ハードテイル)はほぼ27.5って感じですかね。29で飛んだり跳ねたりってのは確かにきついので、導入としては27.5のハードテイル。街で27.5を多く見るってのはまぁそう言う理由なのでしょう。

>勿論、マウンテンは一切関わりたくないので(こっちは遊んだ人の怪我の尻拭いしてんだから、マウンテン嫌いな訳です)、

それは120%理解できます。好きじゃないとMTBのメンテはできないですねー(笑)

2021/10/31 17:18  [191-43958]   

 tour-neyさん  

すみません、補足!

私は26インチMTBを否定はしません。乗りやすさは感じてます。

ただ現行のラインナップから絶望的な部品供給なので、オススメは出来ないという意味です。

ロードバイクもマウンテンバイクのようにタイヤサイズ、共存出来ればいいのにな…

2021/10/31 18:36  [191-43959]   

ビットリアの現在売られているMTBタイヤを見ると27.5が少し多めって感じで29が圧倒的に多いという展開ではないですね。今後は27.5の種類が減っていくのかもしれませんけど。
 あと26は商品展開見ても消えたなあと思います。絶滅危惧種→絶滅ですね。

2021/11/2 12:40  [191-43969]   

スレ主 メガニウム584さん  

他所のスレッドであれこれ考え、皆と意見交換したけど「20世紀の産物で26インチとフレーム本体は互換性があるであろう車体」でさえ27インチのままでは納得が行くものに仕上がる確信が持てず悩ましいです。
26インチとフレーム本体は互換性がありそうな寸法のためか極端に重くはないので、古のクロモリ700c1インチフォークを投入するなり、廃盤になったシマノ冷間鍛造ロングアーチブレーキをインストールするなり、26インチフォークに社用車スレッドと同じ加工してインストールするなり、やれることはまだ残っているけど27インチ規格や1インチ規格にパッションが相当量ないと厳しい。

1インチ規格に泣かされるなら別規格に行けばいいし、ママチャリ規格にこだわるなら26インチ行けばいいし。上記カスタム案も27インチを尊重しているわけでもないし。

アラヤとかが27インチリムをある程度充実させていた頃ってまだ使い易い27インチパーツってあったのかな?




そう言えばヘッドサス内蔵の27インチBS車、あれはヘッドチューブが1インチではないが内部機構がブラックボックスで分解できないのが悩み、そしてメイドインジャパンと言えどチューブ系が太く車体が重いので安全にカスタムできる規格だったとしてもか不明瞭、好奇心で実験してみたい車体でもあるけど。

車体はこのページのクロスフレームの軽快車「ビート」が近いと思うのだけど、そしてこいつの情報をBSもネットでも自転車屋さんでもほぼ見かけないので私は難儀しているんだけど、同じ様に難儀している人の助けになるような情報があると良いなと願います。


http://www.jitenshamonogatari.com/2021/0
4/29/genealogy-of-hit-cars-5-restart-in-
the-storm-lacushion/

2022/3/4 10:40  [191-44781]   

kapa_ さん  

2022/5/20 19:38  [191-45119]  削除

自転車嫌いの80歳のおばあさんが膝の手術を受け(人工関節にした)術後みるみる弱っていき(足を使わない生活の上、歩行も大変になったのでますます動かなくなった)このまま行けば寝たきり老人?になりそうなので、このおばあさんでも毎日続けられそうな太ももを鍛えられる方法を考えた結果。
 フィットネスバイクを軽量化しペダルを引き足使えるように改造。
 実はこのおばあさん、ジムにあるような歩行マシンを持っていて買ったけど使わない状態(よくあるパターン)自転車を敵視していて、自転車は危ないから乗るな!とみんなに言ってる。僕も自転車乗るなと言われる、おばあさんの家に行くのに片道30kmロードで走っていってるのに。

 しかしその自転車敵視、自動車生活の行く末が「膝を悪くして人工関節」どこに行くのも自動車ばかり乗り、自転車は危ないから自動車に乗れと言われる。「僕に自転車乗るなって死ねといってるのと同じ、僕を誰やと思ってるねん!」といっても、全く通じないおばあさん。

 フィットネスバイクも非難あびるかなと思ったけど、まず毎日乗れるようにテレビの前にセット、無音化を徹底し、ドラマとか映画を見ながら乗っても音は全く気にならないようにした。分解してわかったけどフィットネスバイクって3流品、こんなおおざっぱでいい加減な作りなんだとビックリ!各部の精度が全く緩くてペダルもクランクもいい加減、きっちり精度出して整備しなおしたら、びっくりするくらい音が静かになりスムーズになった。

 自転車は踏み足で乗ると膝を悪くする。これは競輪選手でも自転車嫌いの80歳のおばあさんでも同じ、このおばあさんは自転車を敵視してきた人なので「ペダリング」なんていっても全く通じない。しかしこの人の足を復活させるには競輪入門時の掟を徹底的に守らせるしかない。

 ペダルは踏むな、引き足で回せ。フラットペダルで乗るな、足は必ず固定して乗れ。この2つは絶対条件。おばあさんの足の大きさに合わせてペダルにバンドを取り付け、裸足靴下状態で足を固定できるように製作。重すぎると足を悪くするので、軽く引き足だけで回せるように調整。そしてガニ股禁止。足は必ず閉じて引き足で回す、フィットネスバイクはサドル高さの調整が、ものすごいおおざっぱでmm単位の高さ調整はできません。本当に3流自転車の作り。

 歩いても太ももの筋肉はつかない、本当に膝が痛い時は歩行はできない、寝たきりになりたくなければ、これで引き足、競輪ペダリングトレーニングを積むしかない。そのあたりを丁寧に説明して、続けてもらった。やはりテレビ見ながら乗れるようにしたのは正解で毎日8分乗ってると報告がきた。僕は5分乗れと言った。時間は知らない間に過ぎている。10日後、明らかに歩行が楽になり膝の痛みが緩和されてきたと連絡がきて、すごいやる気になってきた。
 1ヶ月経過し、見に行ったら自然に外を歩き回って畑仕事もしていて、ものすごい足の状態よくなってるのでびっくりした。毎日8分乗ってるけどもっと乗った方がいいかと聞かれたので、いや5分以上乗ればいい、長く乗ると疲れが出て次の日やめたりするので8分で楽に乗って毎日続けてください。自転車ってすごいいいでしょ、健康を維持したいなら太もも鍛えるしかない、そのためには引き足でペダルを回す、それしかない!

 僕も競輪入門時の掟が80歳の寝たきり老人予防に役立つとは思わなかったけど、本当に効果出てるのでビックリです。いつも「自転車乗るな」と注意される自転車敵視おばあさんにも評価されるんだから本物です。でもやはり3流のボロボロ自転車といい加減な整備では愛は伝わらないです。僕も命賭けた半端じゃない競輪修行と整備の修行があったから80歳のおばあさんに伝授できるペダリング技術があり、自転車最高と言えます。

 高齢化は足が衰えると一気に加速しますから、太ももは鍛えておいた方がいいですよ。
 引き足の回すペダリングは「寝たきり老人予防」になるという話でした。

2022/5/7 11:38  [191-45120]   

スレ主 メガニウム584さん  

道場長

いつもお世話輪になっています、自転車敵視は今、正にぶち当たっていて困っているところです。

家族が難病を理由に自転車から遠のいて太ももが既に棒のよう、今やツノダの三輪自転車にすら乗れないレベルで腹直筋が弱り、日常生活も満足に暮らせず自動車生活に移るべきだなど言い始め、困っているところです。

使わなければ筋肉は弱るのか、体が強張るからバランスが悪い筋肉のつき方をするのか、どっちが先かはわかりませんが競輪入門時の掟を導入してリハビリしないと家族もいよいよ人工関節コースかと危惧をつのらせている有様です。

もっと家族が家族自身も自転車も愛してくれると良いのですが、どうやって説得しましょう?

そして話は変わりますが別の家族が運用している20世紀ミヤタ27インチの後輪タイヤ、バーストを始めていました。

2022/5/7 13:25  [191-45123]   

 走るペンギンさん  

kapa_さん 一般車で10kg台は凄い軽いですね。走らせたら誰も驚くでしょう。

一般車はロードのような小刻みなサイズ展開は望めないので、27インチは男性向けで26インチは女性向けみたいな、店に行ったら選ぶ余地がなく27ということはありますね。ただ背が伸びるからと無理矢理大きいのを子供に買うのはやめてほしい。

グイと踏み込んで走る、つまり普通の人は27の方が距離が稼げる手応えがあって気に入るし、それも良いと思います。また一般的な使用感ではバランスの問題も差は感じません。


ただ10年ちょい前ランドナータイヤに選択肢があった頃、用意した26(650A)と27で試走。そこで180度ターンがあり、幅40から38〜35〜と段々タイヤを細くしていったところ1-1/8(28c相当)で先に27インチの方がバランスを崩して転倒しました。なので悪い条件下を詰めると26インチ系の方が信頼感があると思ってます。

パセラ(アメ横)はグリップは強くない感じでした。でも27インチなら最も軽い部類なので、耐パンクタイヤ1kgとか比較すると重量半減で漕ぎ出しは相当良いですね。

ちなみに昔はソコソコ存在した28インチ車は無茶苦茶乗りにくかったです、苦行かなと(笑)。今は殆ど無いですけど、道場長の「良い点→なし」の基準をずらすとこうなるのかと体感できます(笑)

2022/5/7 20:40  [191-45124]   

kapa_ さん  

2022/5/20 19:40  [191-45133]  削除


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
自転車道場
自転車道場をお気に入り登録
運営者:
ディープ・ インパクトさん
設立日:
2010年3月27日
  • 注目度:

    1(お気に入り登録数:316件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ