縁側 > スポーツ > 自転車 > 自転車総合 > 自転車道場
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

自転車にpassion(情熱)のある人書いてください。
自転車道場目次2020
https://engawa.kakaku.com/userbbs/191/Th
readID=191-37905/

  • 自転車道場の掲示板
  • 自転車道場の伝言板
  • 自転車道場の投稿画像
自転車道場の掲示板に
自転車道場の掲示板に新規書き込み

スレ主 鶏 泰造さん  
切削面全景 けっこう大きく削っています。 ここにストレスが溜まりそう。 個人的には「2mm開いてりゃいいんじゃね?」と思いますが。

Pax Cycle から、シマノ11速スプロケのスパイダーアームを削って10速フリーに取り付けられるようにしたものが出ているので、買ってみました。ギヤ比はいろいろ選べますが、とりあえず11-28。
http://www.paxcycle.com/?pid=120235580

届いた商品を測ってみたら、削った量はノギス計測で1.3mmでした。設計上は1.85mm違うはずなんですが、製品を見て納得。これ以上、削ったら、たぶん強度的に持ちません。取り付けねじは2山半ぐらい締められましたから、削った寸法としては「絶妙」という感じです。ただ、ここまで広い面積を削らずに、フリーに座るギリギリだけ削っても良かったんじゃないかという気もしますが。

で、スポークとのクリアランスを測ってみたら、約3.5mmありました(6700のハブにDT Swiss R440非対称リムに星#15プレーンの32本6本取り組)。使用にはまったく問題ありませんが、確かに量産メーカーからすると、「使っても大丈夫」と言い切るには、ちょっと勇気の要る寸法ですね。

変速のほうですが、ギヤそのものが加工されているわけではないので、Lo側Hi側ともにレスポンス良く変わります(R7000のリヤメカ)。削った部分に段差が付いていますから、疲労強度の点で不安がないわけではありませんが、貧脚ホビーライダーがひーこら言いながら峠を登る程度の入力なら、まあ大丈夫なんでしょう。

ということで、「使用例」でした(推奨ではない)。

2020/11/21 19:08  [191-39702]   

 ヘラーマンさん  

この改造スプロケはちと高いですが手組みユーザーには救いですよね。

しかしついに鶏 泰造さんさんも11速化したんですね。RD見た感じ9100or8000でしょうか?
またレスポンスとか感想聞かせてくださいませ〜

2020/11/22 15:44  [191-39723]   

スレ主 鶏 泰造さん  
シマノ従来型変速機の欠点。

ギヤが11枚欲しかったわけではなく、”R”系のリヤメカを使いたかったんですよ。

 リヤの変速調整で難しいのは、ダウン側(小ギヤから大ギヤ)でベストに合わせるとアップ側(大ギヤから小ギヤ)の応答が遅れがちになる(逆にすると逆になる)ことで、その最大要因が、各部の摩擦によって生じるヒステリシスなんですが、R系以前の変速機はワイヤーの引き位置がパンタグラフの中心から大きくオフセットしていて、それが摩擦を生む要因のひとつになっていたんですね(写真参照)。

 ところがR系は、パンタグラフの真ん中で引いているから、パンタをこじることで生じるフリクションが生まれない。それ自体がヒステリシスの削減につながるだけでなく、ワイヤーテンションも軽くなるからワイヤーの摩擦によるヒスや、弾性伸びによるヒスも少なくなるから、アップとダウンの際のズレが小さくなって、セッティングが大幅に出しやすくなるし、狂いも生じにくいというのが私の見立てです。実際、昨年の夏に友人のバイクをR7000で組んであげたら、拍子抜けするほど簡単にセッティングが出たので、それ以来「使ってみたいなぁ」と思っていたんです。

 実際に自分で組んでみても予想取りで、台上セッティングのまま走りに行ったら、どこも調整せずにOKでした。変速スピードそのものは速くなった感じはしませんが、アップとダウンのズレは、ほとんど感じることがありませんでした。

 興味のある方は実験してみて欲しいのですが、バイクをスタンドにかけて、リヤメカをダウン方向(小ギヤから大ギヤ)にゆ〜っくり変速すると、変速完了後もディレイラーが所定のスプロケの下まで来ておらず、チェーンがチャラチャラ鳴ることがあると思うんですよ。これがフリクションによる影響で、そこからケーブルをちょっと引くか、変速レバーを少しだけ動かすと、ディレイラーは所定の位置まで移動して音も鳴らなくなるはずなんですが、この差が大きいとケーブルを張り気味にせざるを得なくなり、アップ方向(大ギヤから小ギヤ)への変速が微妙に遅れることになるわけで、R系の最大の進化はこの部分じゃないかと考えています。

 ちなみにリヤメカはR7000です。今までの5700では、アップ側(大ギヤから小ギヤ)が遅れるとどうにもならないので、アップ側でベストでセッティングを出しておき、ダウン側が遅れ気味になる場合は変速操作でカバーするという使いかたをしていましたが、そういうことはまったくなくなりました(30kmぐらいしか走っておりませんが)。

 なにしろ6700のハブにDTのオフセットリムで組んだら、ほとんどおちょこ量のないいいホイールができたので、これを生かしたままR系リヤメカが使えるのが嬉しいです(^^)。

 ちなみにトップ11Tなんか使い物にならないので、チェーンリングをCX用の46Tに替えたら、平地巡航でチェーンラインがほぼ真っ直ぐになるギヤ(17とか19)が使えるようになっていい感じです。Fメカは5700のままですが、変速は速いしトリム調整もいらないし。

2020/11/22 17:54  [191-39726]   

 クオリア44さん  

R系ディレイラーの変速調整は旧型よりも5倍は簡単、だと言うのは、私がR8000発売直後から言ってた通りですね。

で、その理由がギア位置によるリンク部の歪みが以前よりも極端に小さいのが理由であろう事も直感的に理解出来る、としてたのも同じですが、
私の考察じゃ、その理由がワイヤー引き位置の違いなんかじゃなくて、チェーンラインがナナメになる場合にディレイラーにかかる横方向の荷重をプーリーケージだけを積極的に撓ませる事でリンク部が歪むのを抑え、またナナメ掛けだとS字状に曲がるチェーンラインのその曲がり具合が多少とも緩やかになる、
と言うメリハリをつけた剛性の設定という設計思想のパラダイムシフトによるもの、だと思われます。


実際のところ、旧10速コンポで、素材から違う7900デュラエースのリアディレイラーの剛性がアルテグラ以下よりも異様に高く、掴んで揺すれば明確に違うのが分かると言われ、(私も試した)、その剛性故に7900だけがアルテグラ以下とは別次元のレスポンス、正確性を実現してたという事情が有るので、まあ間違いないと思います。
ワイヤー引き位置の違い、じゃコレを説明出来ない。

またRシリーズの変速調整の過程で、ピンポイントの正解に向かってイメージした通りに変速具合が変化していくと言う現象が、どのギア位置でも確認出来る事も、私の考察が正しいという理由になってると思われます。

とにかく、Rシリーズの調整は旧型よりも遥かに簡単なのは間違い無いと、触れば誰でも分かります。

2020/11/22 20:38  [191-39732]   

スレ主 鶏 泰造さん  

クオリア44さんのご高説にはノーコメントとさせていただきますが(^_^;)、私がお伝えしたいのは「Paxの加工スプロケはローギヤが1.3mmスポークに寄りますよ」ということです。「自分の環境で使えるのかしら?」と思っている人は、現状のスポークとローギヤ時のプーリーケージとの隙間を測ってみて、そこから1.3mmを引いたクリアランスが許容できるかどうかで判断したらいいんじゃないですか?、というお話です。
(リスク判断は個人差や整備技術の差でまちまちでしょうから、具体的な数値は書きません)

2020/11/23 15:25  [191-39758]   

鶏 泰造さん

エンド130mmなら、そういう11速化もあったんですね。
メーカー非推奨情報、ありがとうございます。

2020/11/23 17:08  [191-39759]   

スレ主 鶏 泰造さん  

チップインダブルボギーさん

 純正でもローギヤ34Tなら、10sフリーに11sカセットが入ります。でも11-34Tだとトップギヤ側まで2t飛びで使い勝手が悪そうなので、14-28のジュニアスプロケとニコイチにして、14-15-16-17-19-21-23-25-27-30-34と並べて、チェーンリングを53-39にするというのもありかなぁと思いました。

 これだとローギヤのレシオが約1.15になりますから、34×30(1.13)とほぼ同じです。

2020/11/23 18:41  [191-39762]   

CS-HG800が10速フリーで使えるのは知ってましたが、SSのままだと34Tは使えない、11Tは重すぎて使えないといった具合に、実質9速となってしまうのでその選択はなかったのと、クランクは全部50/34Tでそろえてるので鶏泰造さんの案だとクランクも交換となってしまいます。
さすがシマノ、抜け道は作らせませんね。
奇手妙手を考案中です。

2020/11/23 21:57  [191-39768]   

 twwxさん  

10速フリーハブに11速カセットのカスタムはいろいろありますね。
フリーハブ側のどんつきを削ったり。メカニコさんも割合最近、加工依頼を受けてたけど、鉄フリーは削るのが大変すぎたりうまくいかなかったりで、鉄を依頼受けるのやめようとか書いてたと思います。
11s化で、カセットもフリーも削らずにやりましたとかも、のむラボで見た気がします(詳細は非公開だったかな)。

>「Paxの加工スプロケはローギヤが1.3mmスポークに寄りますよ」
ハブの設計も、フランジとの距離が一定ではないので、Jスポークのヌポークなら当然ローギアと近づきますし、クロスを編んだりでも変わったり(編んだ方が抑えられます)。同じ品番でなければ計測無しに真似しようとするのも無謀ですし、気になる人には参考になると思います。

で、最近見つけたのはこんなのとか。
11Sスプロケットを10Sフリーに載せる裏技 その2 (2)  Kenken's Garage
https://plaza.rakuten.co.jp/kenken34/dia
ry/201902030000/

>スプロケを削る加工は一切していません
>偶然できましたので、どの車体やパーツにも使える裏技ではありません。
>安全性も保証できませんので、ネタ程度に読んでもらえたら幸いです。
簡単に言うとCS-6700のローと他CS-6800のニコイチ。

>”R”系のリヤメカを使いたかった
>なにしろ6700のハブにDTのオフセットリムで組んだら、ほとんどおちょこ量のないいいホイールができたので
トップ側でフレームとの干渉が出たら、おちょこ改善して組んだものをまたずらしてホイールセンター出し。旧世代RD-9000のガイドプーリーのセンタロン?ガタ?も利用とのことなので、11s化メインで、そうではない鶏 泰造さんにはおすすめできない感じですが。特段の加工は無いようなので、変速位相の合うパーツが余っている方はとりあえずやってみるのもいいかもしれません。

2020/11/23 22:56  [191-39770]   

スレ主 鶏 泰造さん  

twwxさん

 フリー側を削るのは悪手ですねぇ。焼きが入っているから相当硬く、バイトじゃ削れないでしょうし、形状からいって旋盤とかフライスなんかの回転工具も使いにくいから、リューターで削るしかない=精度出ないと思います。

>簡単に言うとCS-6700のローと他CS-6800のニコイチ。

 実はこれ、今回の改造している最中に気付きました(^_^;)。

 6700の10sカセットを外したら1mmスペーサーが出てきて、「あれ、これ抜いただけでも良かったんじゃないか?」って思ったんですよ。ロー側3枚のギヤ間が開くので、変速に影響が出るかもと思ってやらなかったんですが、手持ちの機材でできそうなので、時間ができたら遊んでみようかな。

2020/11/24 08:40  [191-39772]   

 tukubamonさん  
CS6700 11-30 CS6700大3枚とCS680011-28 ポン付けできます インローはちと。。

CS6700とCS6800のニコイチ。
実は10速情報でUPするために暖めておいた情報ですが、よい機会なので作成してみました
CS6700 12-30の21-24-30 3枚
CS6800 11-28の11-19 8枚
ハブ7403
リムDT SWISS R440 アシンメトリック
フリー4本組 反フリー6本組
車両はwilier GTR

結論から言えば問題なく付きます。
ロックリングも約2回転しますのでしっかりロックできました。
ポン付けては変速性能は道場的にはアウトでした。

問題なく変速しますし、チェーンが28Tまでなので1コマ足せばできそうな気がします。まだ乗らないのでそこまで追い込みません。
CS6700もいつまで提供してくれるか分からないので予備購入しました。
まだ30は使いたくないけれど、年齢には勝てないので。まだまだ走りますよ

2020/11/24 15:32  [191-39779]   

ネットで検索すると、CS 6700の下3枚を使う方法が出てきたのですが、半信半疑でした。
一応できるんですね。

2020/11/24 18:03  [191-39781]   

 ヘラーマンさん  

鶏 泰造さん

なるほど、Rシリーズのリヤディレイラーが使いたかったということだったんですね、納得です。

>ところがR系は、パンタグラフの真ん中で引いているから、パンタをこじることで生じるフリクションが生まれない。

これは確かにいいですね。バネレートが同じなら引きが軽くできるし、同じ引きならバネレートを上げられるのでトップ側への変速の余裕が生まれてる可能性はありますね。


>変速スピードそのものは速くなった感じはしませんが、アップとダウンのズレは、ほとんど感じることがありませんでした。

これはRD6800でもアップとダウンのズレはありませんでした。R6700世代までと比べても変速スピードはダントツです。センタロンをなくしたガイドプーリー、11速の移動量の少なさ、軽さと精度の良さの相乗効果だとは思いますが。


>リヤメカをダウン方向(小ギヤから大ギヤ)にゆ〜っくり変速する

RD6700までの世代はセンタロンプーリーのせいで、すごくゆ〜っくりと変速すると変速ポイントによっては確かに一瞬ちゃらつくところもありますが、上に書いたとおりでRD6800でもゆ〜っくりやっても全くそういうことは起こりません。

でもこのスレのおかげで私もちょっとRシリーズのリヤディレイラーに興味が湧いてきました。

2020/11/24 18:07  [191-39782]   

 tukubamonさん  

変速アウトと書いたのは私のはRD6800ですから。
Rシリーズならキャパシティ足りるので調整次第でなんとかなると思います。

5600が逝ったら検討しますね。

2020/11/25 16:18  [191-39795]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
自転車道場
自転車道場をお気に入り登録
運営者:
ディープ・ インパクトさん
設立日:
2010年3月27日
  • 注目度:

    1(お気に入り登録数:311件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ