縁側 > スポーツ > 自転車 > 自転車総合 > 自転車道場
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

自転車にpassion(情熱)のある人書いてください。
自転車道場目次 https://engawa.kakaku.com/userbbs/191/Th
readID=191-31099/

  • 自転車道場の掲示板
  • 自転車道場の伝言板
  • 自転車道場の投稿画像
自転車道場の掲示板に
自転車道場の掲示板に新規書き込み

スレ主 tour-neyさん  

https://engawa.kakaku.com/userbbs/191/Th
readID=191-31366/


自転車と災害の続きです。ソーラー等の自家発電装置のコメントの場です。

2018/11/23 16:24  [191-32374]   

 kapa_さん  

twwxさん

>ズームなしがスポットになるというのは違うと思います。

フォローありがとうございます。
考えてみればLEDが複数付いたものは中央に集中している感じにはなりませんでした。
コレとは違いますがこんな感じのヘッドライト
https://amzn.to/2Rg0Sjm
COBのヘッドライトは使った事がありませんが、配光に偏りがなさそうですね。

パトリオ9は
https://www.akaricenter.com/led_light/ge
ntos_gp-9.htm

でしょうか。
ぼんやりというのは表現が悪かったですが、視界にある光量が異なると目が疲れます。
写真に写ってる感は肉眼と異なるかも知れませんが、あまりフラットに感じません。
添付サイトにある照射例の状態で作業すると疲れるという事を言いたかったのです。
もしかしたら個人差があるもので、疲れない人もいるのかも知れませんね。
この配光が悪いと言ってる訳ではなく、ズーム無しの場合はある程度の距離でも使えてかつある程度の範囲を照らす必要があるので仕方ないと思います。
作業には向いていないと思うだけです。
ご指摘の通りズームの無いヘッドライトのイメージはジェントスのものですが、

その他懐中電灯も同様です。
特に三菱電機の懐中電灯CL-4601
https://www.mitsubishielectric.co.jp/ldg
/wink/ssl/displayProduct.do?pid=50000017
94

当時としては非常に明るかったのですが、配光に偏りが酷く使い道を見出せず殆ど使っていません。
(リフレクター部分をばらして裸電球みたいに上から吊るしたことはあります)
ズーム付きについてはジェントス、中華?のヘッドライト、その他懐中電灯でフラットなものしか見たことがありません。

2018/11/26 23:24  [191-32408]   

 twwxさん  

kapa_さん  
ありがとうございます。
NITECORE MT2A138lmで作業するのは疲れそうだなとは感じます。中心円が狭め(以下に登場するものと比較)でかつ光量が強い為、明るさの落差が大きめです。ただロー17lmなら手元でもまぶしいと感じることはないので、ハイ138lm5時間などを優先して選択しても、ローで手元の作業も可能だと思います。ヘッドライトであれば頭に固定するので目線とのズレも少なく動きます。作業場が机の上など狭く一定ならライトも固定した方がいいと思います。

ズームより適切に光量の切替ができることの方が意味があると思います。例えばキャットアイのVOLT400は400lm、100lm、50lm。VOLT800は800lm、400lm、200lmなど、設定幅も違います。自転車で一番使いやすい200lmが欲しい私にはVOLT400は選択肢に入りません(MT2Aの138lmとVOLT800の200lmで使いやすいルーメンに差があるように見える話は後述しますが、省略します)。ズームと違いバッテリーの温存も考えられます。

ジェントス閃GS-325を使わなくなった理由が2つあります。ON/OFFのみで、光量がしっくりこなかったこと、バッテリーが単四3本で、予備の準備が面倒だったことです。電池の場合、指定された本数を用意しないと点灯しない物がほとんどでしょう。使用本数が多い場合、揃えるのが大変になります。充電式のエネループなどでも、使用中に予備を充電するには倍の本数が必要になり、充電スロットも必要になり、管理する手間も増えます。kapa_さんのCL-4601は単四6本ですが、予備を用意するのは大変だと思います。もちろん、容量増で光量やランタイムが伸び、1回のランタイムの内に済む想定なら予備はいりません。どう想定するかです。電池本数が多いことが「想定外に」役立つこともあります。他の機器へ転用です。

水入りペットボトルに照射して光を拡散させるなどはテレビでも紹介されていたと思いますが、周辺光や光量の調整だけなら、筒をかぶせる、ビニル袋をかぶせる、透明テープを貼る、いろいろ工夫の余地もありそうです。

パトリオ9のフラット配光は記憶のみで書きましたが、記憶違いかもしれません。例として不適切でした。失礼しました。パトリオ9は落下か浸水か液漏れか忘れましたが壊れて手元にありません。ただ手元足元の作業時には、そのサイト画像のハイモードではなく、ローで使用すると思います。反射がまぶしいようなスポットやムラのある中心光を至近距離では私も疲れると思います(上記MT2Aの話へ)。GS-325はズームありますが、スポット時は中心に光が集まり、ワイド時にも中心円が大きめではありますが、はっきり光量が変化しています。ワイド最大では逆に見たい中心が広く暗いです。後継が2世代出る程古いので最新の製品は違うかもしれません。過去に使用した同社のズームヘッドライトではここまで中心の暗さは気にならなかったと思います。視力が低いのもあり、私は気にならない方かもしれません。歩いたりという場合、周辺光で薄っすらでも見えている範囲が広いと安心感が高いです。好みもあると思います。
フラッシュライトではそこそこな価格のメーカー品でも光輪が出たりはあるようなので、こだわるならよく調べてください。

災害対策として持ち歩くことを考えるなら、(スマホと)モバイルバッテリーの方が優先度は高いと思います。車やバイクではライトを外してというわけにはいかないので、夜間使用するなら何かしら常備するべきだと思います。前回書き忘れましたが寒冷地などはバッテリーの能力低下も注意です。

ルーメン表記と配光、照射角の話。
基本ですが勉強したわけではないです。突っ込み大歓迎です…が内容としてライトの話の方でした方がいいと思うので、続くならあちらにまとめて転載したいと思います。
明るさの単位はルクスやルーメンやカンデラがありますが、それぞれ意味が違います。私の理解ではルーメンは総光量のような物で、大きいほど明るいのですが、実際に一定の照射面にどれほどの光束(明るさ)があたるのかは、ルーメン(光源)だけでなく、照射角と配光(寄せ方)に因ります。
MT2AとVOLT800の比較など例を挙げて説明し…ませんが、結論を書くと、ルーメンが同じなら、照射角の広い方が暗くなります。綺麗な円形のフラット(均一)配光であれば、照射角が広がり半径rが2倍になると、照射面の面積はπr2乗 →4πr2乗 と4倍になり、単位面積当たりのルーメンは1/4になります。
視野の確保を考えて広角照射な物を選ぶ際、ルーメン表記より暗く感じる可能性が高く、要注意です(これが言いたいだけです)。単位面積当たりにおいて50lmと100lmや、400lmと800lmを比較して同じ明るさ2倍と感じるか、はまた別の話です。

ソーラー使ってるYouTuberがいたので参考になれば。(話戻します)
https://www.youtube.com/watch?v=1SavFdCv
fME


ソーラー電源で消臭するアイテムなどもありますが、廉価品は夏の車内では暑すぎて問題があるようで、冬は日差しが弱く…難しいですね。購入には至りませんでした。

2018/11/29 09:53  [191-32440]   

ディープ・ インパクト さん  

2018/12/30 23:51  [191-32465]  削除

ディープ・ インパクト さん  

2018/12/13 06:33  [191-32492]  削除

ディープ・ インパクト さん  

2018/12/30 23:51  [191-32498]  削除

 R2-D1さん  

ディープ・インパクトさんとは数日後ですが、私も運良くタイムセールで、suaoki ポータブル電源 大容量120000mAh /400Wh を、通常よりかなり安く買うことが出来ました。多分、明日届くと思います。情報ありがとうございました!(これを書いている今でも、10%OFFのクーポン が出ています)
http://amzn.asia/d/bKyUqo3

ところで、次に、太陽光パネルをどれにしようか、考えているところなのですが、100W のものが 13,000円前後で色々出ていますので、この値段だったら、実用性やコスパを考えても、50W より 100W の方が無難かなと思っています。

ディープ・インパクトさんが購入された、100W 単結晶 ソーラーパネル【SOLAR-SIGEN-100W】は、まだ在庫切れとなっていますので、例えば、↓これなんかどうかなと思っています。

ECO-WORTHY ソーラーパネル 100W 単結晶 太陽光チャージ M100-1 ¥ 13,660
http://amzn.asia/d/26Hws9Z

または、ディープ・インパクトさんが今気になっているような 100W パネルは他に何かあるでしょうか? もちろん、買う時は全て自己責任で対応しますので、アドバイス等をいただけると嬉しいです!

2018/12/18 23:46  [191-32512]   

ディープ・ インパクト さん  

2018/12/30 23:51  [191-32514]  削除

 R2-D1さん  

ディープ・インパクトさん
いつも大変ご親切なお返事、ありがとうございます!
そのパネル、私も気になっていました。これも予算の範囲と思っていましたが送料かかる事は知らなくて、良く見ると北海道までは3,600円と表示されてます。もちろん、これだけの大きな物ですので決して高い送料では無いんですが、商品代との合計は 17,400円となり、50W の ECO-WORTHY が約8,000円なので、コスパ重視で考えると、ECO-WORTHYの 2倍以下(16,000円以下)に収めたいというのが正直なところです。しかし、販売会社もしっかりしているとの事ですし、経験値の高いディープ・インパクトさんが最初検討したという位ですから、魅力的な製品のようですね! 今、ちょっと考え中です。

> 僕の経験では太陽光パネルはよっぽどの不良品じゃない限り、無名でも格安でも、それほどひどいものはありませんでした。

あと、上の補足も読ませていただき、では、アマゾン内での最安はどんなのだろうと探してみると、こんなのを見つけました。アマゾン発送で、販売会社の評価も良いので、これでいいのかなー?と思い始めました。

RENOGY 100W 単結晶 ソーラーパネル100W 太陽光発電 ¥12,700
http://amzn.asia/d/bHGf8V3
仕様
公称最大出力 (Pmax): 100 W
公称最大出力動作電圧 (Vmp):16 V
公称最大出力動作電流 (Imp): 6.25A
公称開放電圧 (Voc): 20 V
公称短絡電流 (Isc): 6.45 A
最大システム電圧: 600 VDC
最大ヒューズサイズ: 15 A
寸法: 1074 x498 x 35 mm
重量: 7.5 kg. (16.5 lbs.)


※ところで、この質問の流れに逆行するような質問で申し訳ないのですが、バッテリーへのダメージを考えると、パネルは 100W よりも 50W の方が安心なんでしょうか?

> ポータブル電源の充電には60Wくらいが適当であまり発電量多くてもバッテリーが傷むし扱いが怖いので

という事は、85W とか出てしまうと、バッテリーが心配ではないでしょうか?(又は、それ程気にする程の事でも無いんでしょうか?)

2018/12/19 19:18  [191-32515]   

ディープ・ インパクト さん  

2018/12/30 23:52  [191-32516]  削除

 R2-D1さん  

詳しい解説、ありがとうございます!よく判りました。早速これ注文してみます。実験が楽しみです!

なるほど、100Wパネルの購入には、そういう状況が有ったんですね。こちらも今の時期は毎日曇りなので、やはり 100Wは有った方が良いと思いました。

ちなみに、ここで紹介いただいた、10W の下敷きみたいなパネル

Lixada ソーラー充電器10W
http://amzn.asia/d/68Fs0aM

で、小さなモバイルバッテリーをいつも充電していますが、秋の晴れた日は数時間で満充電されましたが、今は雲が厚く日ざしも弱いので何日もかかる状況です。でも、何日もかかっても結局は満充電されるので、なかなか侮れないな思います。

ところで、今日 suaoki ポータブル電源 大容量120000mAh /400Wh が届きました。車のバッテリーのイメージが頭に有ったので、もっとズッシリ重いものかと思っていましたが、びっくりする位軽いです。これだと持ち運びラクラクですね!(内緒ですが、私が買った時はタイムセールで25%クーポンが出ていて、3万切ってました)

2018/12/19 22:52  [191-32517]   

>※ところで、この質問の流れに逆行するような質問で申し訳ないのですが、バッテリーへのダメージを考えると、パネルは 100W よりも 50W の方が安心なんでしょうか?

わたしもその点に疑問をもちました。
結局、この程度の低電圧であれば発電能力がいくら高くても負荷以上の電流は流れないと思いますし、充電回路側でも電流制御をしてそうな気もします。

ソーラーパネルや充電回路にはあまり詳しくないのと、勿論お使いのバッテリー仕様がわかりませんから真偽はわからないのですが、容量の大きいパネルを繋いだところで、バッテリー自体の劣化には繋がらない気がするのですがどうでしょう?

2018/12/20 08:27  [191-32518]   

ディープ・ インパクト さん  

2018/12/30 23:52  [191-32519]  削除

タイトリスタ! さん  

2018/12/20 12:53  [191-32521]  削除

>電子回路は電圧があがるとすぐ壊れます、自動車用で12V直流で売られている扇風機は30V以上になると壊れます

過電圧によって素子が壊れる可能性は当然あるでしょうね。
でも今回の場合は、バッテリーに規定された一定電圧を入れているのですよね?なら、流れる電流量は供給側(ソーラー側)の能力によらず”上限は”一定なのでは?というのがわたしの疑問なんですね。
(供給能力が低ければその限りではありませんが。)

2018/12/20 12:54  [191-32522]   

 R2-D1さん  

ディープ・インパクトさん

「影に強い!! GWSOLAR 100W」を紹介いただいたのですが、結局、お値段が安い方のパネルを購入しました。
土曜日くらいに届くと思います。

RENOGY 100W 単結晶 ソーラーパネル100W 太陽光発電 ¥12,700
http://amzn.asia/d/bHGf8V3

これを選んだ主な理由についてですが、私も、最初は太陽発電は遊びから入るつもりで、この遊びに関しては、コスパの追求も楽しい部分だと思うからです(自己満足の追求?)

今の季節の毎日どんよりした悪条件の中で、どの程度発電するのか楽しみです。アドバイスを参考に、機器の様子を良く観察しながら、大事に運用しようと思います。

運用について色々アドバイスいただき、ありがとうございます。なるほど、あのパネルの角に貼ってあるのは、てっきりホームセンターで売ってるカド用のクッション材かと思ってましたが、バーテープだったんですね!丈夫だし、ピッタリの材質ですよね。あと、スポークやパソコン用のネジも、ぼくも沢山持ってますので、マネさせていただくかもしれません。

あと、はい。29,599円(25%クーポン)で運良く購入出来ました。ここでお知らせしたかったのですが、時間ギリギリで間に合いませんでした。でも、今 15% やってます。このパーセンテージは、このところ頻繁に 10% になったり、またある時は ¥4,000 OFF という表示になったり、ちょくちょく変わるので、また、25% が来るような気もします。

2018/12/20 20:48  [191-32524]   

ディープ・ インパクト さん  

2018/12/30 23:52  [191-32526]  削除

いまいちかみ合っている感じがしませんが・

もともとは
>屋根の上のパネルは主流は250Wになっていますがポータブル電源の充電には60Wくらいが適当であまり発電量多くてもバッテリーが傷むし扱いが怖いので、僕は100Wパネル以上は必要ないと思います。
>※ところで、この質問の流れに逆行するような質問で申し訳ないのですが、バッテリーへのダメージを考えると、パネルは 100W よりも 50W の方が安心なんでしょうか?

のバッテリーが痛むからの話で

>それと太陽光パネルは電圧は22V前後一定でWが増える時はA(アンペア=電流)が増えています。

バッテリー充電回路規定内の一定電圧を印加しているわけですね。50V程の過電圧をかけるとは確かに書かれていませんし、ですからその様な想定はわたしもしていません。

そのバッテリー充電回路規定内(22V近辺)の一定電圧を入力するという条件ならば、60Wのパネルだろうが100Wのパネルだろうが250Wだろうが、電流量の上限は負荷(バッテリー側)によって決まる話なんで上限は一定。よって過大な電圧印加されず過大な電流も流れず、バッテリーが痛むことはないんじゃないかな?というのが私の疑問なんですね。

単に無駄だという話ならわかるんですが。どうでしょう?

2018/12/20 22:04  [191-32527]   

 kapa_さん  

タイトリスタ!さん

私的には内部回路で制限かかったとしても、電流量が少ないほうが(時間がかかるが)バッテリには優しいので一定以上の電流は流れなかったとしてもそれ以下の電流でゆっくり充電する方が寿命が延びるという見解です。


関係ないですが、リチウムイオン電池は満充電せず80%以下(減りすぎは駄目)が長持ちします。
満充電したまま放置しないほうが良さそうですが、過放電よりはマシなので管理しきれない場合は満充電の方がいいようです。

2018/12/21 05:46  [191-32528]   

ディープ・ インパクト さん  

2018/12/30 23:52  [191-32529]  削除

>250Wのパネルは電圧は24V、電流が10Aくらいです。これを直接suaoki PS5B 400Whに接続すれば、たぶん壊れるかダメージを与えると予想できます。

ああ、250W@24VDC出力のパネルを想定してるんですね。一方で100Wや50Wのパネルは12VDC出力で、バッテリー側のDC入力も12VDCあたりだと。そういうことですか?なら合点がいきますね。そりゃ入力電圧が変わりゃ壊れますよ。

>>※ところで、この質問の流れに逆行するような質問で申し訳ないのですが、バッテリーへのダメージを考えると、パネルは 100W よりも 50W の方が安心なんでしょうか?

>結論から言うと100Wで大丈夫です。
>安全値を考える時に指標になるのはメーカーのACアダプタが何Wで充電しているかです。suaoki PS5B 400Whは58.8Wで充電しています。

この辺りの問答と若干論調が違う感じですが、つまりは”何Wか”が重要ではなく”出力が何Vか”が重要だと言いたかったわけですね。そのあたりがいまいち噛み合わなかた理由だったんだなとりかいしました。

ありがとうございました。

2018/12/21 09:13  [191-32531]   

ディープ・ インパクト さん  

2018/12/30 23:52  [191-32535]  削除

 R2-D1さん  

> ではなく20〜24Vです。

私が注文したパネルでいうと、「公称開放電圧 (Voc): 20 V」というのが、それに当たるんですかね?

それと、「公称最大出力動作電圧 (Vmp):16 V」というのは、実際に発電する最大の電圧になるんでしょうか?この値が、他の製品(18Vとか20Vとか)よりも低めなので、その分安全マージン多いのかな?と、勝手に思い込んでいます。(これは実際に使ってみてテスターで測ってみます)

RENOGY 100W 単結晶 ソーラーパネル100W 太陽光発電 ¥12,700
http://amzn.asia/d/bHGf8V3
仕様
公称最大出力 (Pmax): 100 W
公称最大出力動作電圧 (Vmp):16 V
公称最大出力動作電流 (Imp): 6.25A
公称開放電圧 (Voc): 20 V
公称短絡電流 (Isc): 6.45 A
最大システム電圧: 600 VDC
(以下略)

2018/12/21 22:35  [191-32536]   

>壊れる壊れないの判断はボルトではなく、ボルト×アンペアのワットで判断します。

うーん。

>公称最大出力動作電圧 (Vmp):16 V
>公称最大出力動作電流 (Imp): 6.25A
>公称開放電圧 (Voc): 20 V

つまり、このパネルの最大出力電圧は20Vであって、要はそれがバッテリー側の許容入力電圧以下であるならば、バッテリーには負担をかけることはないですよね。

>ではなく20〜24Vです。250Wパネルと出力ボルトは同じです。

この250Vパネルの場合最大出力は24Vの様ですから、やはりこれがバッテリー側の許容入力電圧以下ならバッテリー側に負担をかけることはない。パネルの出力電圧は負荷が増える=満充電に近づくほど開放電圧に近づきますが、100Wパネルにせよ250Wパネルにせよパネル出力電圧は開放電圧より超えることはないので、それがバッテリーの許容入力電圧以内ならバッテリー側に負担をかけることはない。(効率は悪いかもですが)

こういう理解なのですがどうでしょう?


2018/12/22 00:20  [191-32538]   

 kapa_さん  

タイトリスタ!さん

リチウムイオンにかける電圧は指定値にする必要があるため、入力電圧は変換されているはずです。
なので、入力電圧の指定範囲内であれば指定の電圧になってるはずというのは理解出来ます。

しかし、あくまでそれだけで道場長の経験則を否定する程の理由にはなりません。

経験則を否定するには
 内部回路がどのようになっているのかとリチウムイオン電池の特性を調べ、容量の違いによってダメージに違いが発生しないことを証明する
または、
 実際にやってみて試してみる(同じレベルの話しにする)
しか無いと思います。

理屈の上ではこうだけど、実際にはそうならないことは多々あります。

道場長>僕も過去に2個壊しています。何が原因で壊れたのかは不明ですが、電圧の上下はかなり負荷がかかるのは間違いありません。

不明と言ってる事に詳細な説明を求めるのではなく、ご自分で調べて結果を公表して頂けると有益なやりとりとなると思います。

あと
>パネルの出力電圧は負荷が増える=満充電に近づくほど開放電圧に近づきます

これは「負荷が減る」の間違いでよかったでしょうか。

2018/12/22 20:57  [191-32540]   

ディープ・ インパクト さん  

2018/12/30 23:52  [191-32542]  削除

>公称最大出力動作電流 (Imp): 6.25Aの製品なら、7A以上の電流が流れると壊れる可能性があります。負担をかけたくないなら6A以下で充電するのが望ましいです。

何が「壊れる」なのでしょう?
私の理解ですとこの公称最大出力電流とはソーラーパネルの仕様で、そのパネルに負荷を繋いだ時に出力可能な最大電流だという認識です。つまりはパネル側の出力特性の仕様で、バッテリー側の仕様を指しているわけではありませんよね。それではバッテリーが痛む理由にはならないと考えます。認識間違っていますか?

>ポータブル電源の充電には60Wくらいが適当であまり発電量多くてもバッテリーが傷むし扱いが怖いので、

2018/12/23 07:36  [191-32543]   

 kapa_さん  

キモはコレかな?

>「MPPTチャージコントローラー」ソーラーパネルからの発電電力を最大効率で引き出す最大電力点追従機能(MPPT)が内蔵され、充電時間短縮が可能となります。

通常のリチウムイオン充電ICは電圧と電流を一定に保つようですが、例に上がったバッテリーは変動式のようです。
充電速度優先で規格ギリギリの過剰な電流を供給する可能性もありますし、今は密かに修正されてるかも知れない設計ミスの可能性もなきにしもあらず。
道場長のバッテリー故障はそういったものの可能性があり、流通量が非常に高く実地データが取れていない商品でのアドバイスとして適切だと思いますよ。
タイトリスタさんの言われる事も分かりますが、それって満たされるべき機能が正常に働いて初めて成り立ちますよね。
そうであれば、道場長のバッテリーは壊れてないはずです。

2018/12/23 12:35  [191-32544]   

 kapa_さん  

誤>流通量が非常に高く実地データが取れていない商品でのアドバイスとして適切だと思いますよ。

正>流通量が非常に高く実地データが取れている商品ではないので、道場長のアドバイスは適切だと思いますよ。

2018/12/23 15:39  [191-32545]   

ディープ・ インパクト さん  

2018/12/30 23:53  [191-32546]  削除

>suaoki PS5B 400Whは58.8Wですが電流のACアダプタ出力値は2Aです。
>この2Aでも現実にはかなりの高熱になり、これ大丈夫かと思いますが、

これも「公称最大出力動作電流」の話と同じで、高熱になるのはあくまでACアダプタの様ですから、よって単にACアダプタの能力に起因するものですよね。バッテリー自体にに負担をかけているわけではないでしょう。

話を戻すと

>あまり発電量多くてもバッテリーが傷むし扱いが怖いので、僕は100Wパネル以上は必要ないと思います。

という「バッテリーが傷むし」ところに疑問を感じていたわけですが、話を聞いていますと結局は「理由はよくわからないし、説明もできない。ただなんとなく不安」という事の様ですね。それはそれとして結論だと思いますからよろしいかと思います。

2018/12/23 22:48  [191-32551]   

 kapa_さん  

>という「バッテリーが傷むし」ところに疑問を感じていたわけですが、話を聞いていますと結局は「理由はよくわからないし、説明もできない。ただなんとなく不安」という事の様ですね。それはそれとして結論だと思いますからよろしいかと思います。

意訳としては
「えらそうに講釈たれておきながら理由も説明できねえのかよ。ケッ」
でいいですよね。

そこまで考えていないとしても、普段御世話になってる人がこういう言われ方をするのは非常に不快です。
以前も書いた気がするのですが、ここは タイトリスタ!さん が情報を得る為に対価を払っている場所じゃないです。
最低限の責任はあるかも知れませんが、自分が思った事が間違ってても責められる場所ではありません。
自由に書いて、読み手が情報を取捨する場所なのに要求高すぎじゃありませんか?
相手が企業とか研究室とかじゃなく個人だって事理解できてますか?
理解できててその発言ですか?
実体験を元に感覚的な情報を含むのは「ただなんとなく不安」ですか?
実体験を軽視するあなたはホントにエンジニアですか?
理屈とは別に実際に起きた事や起きる事を無視する人を私はエンジニアとは呼びません。
急速充電すればバッテリは痛むの当たり前じゃないですか?
痛まなかったら急速充電と呼ばずただの充電です。
道場長のアドバイスで問題点ありますか?
安全方向で、ローコスト、寿命が長くなる。リスクは充電時間が長くなる。
限られた情報でアドバイスはベストに見えますよ。
タイトリスタ!さんが原因を究明したとかならともかくタイトリスタ!さんが道場長より優れた情報を提供してるとはとても思えないのに、えらそうに「よろしい」とか言ってますが何目線ですか?

↑こんなこと書いたら自分が火傷するのは分かってますが、それ以前の書き込みも腹立った状態で我慢してました。
思っても無いことまで書いて落としどころ探ってたんですが無駄でした。
空気よんでよ・・・

2018/12/24 00:57  [191-32553]   

ディープ・ インパクト さん  

2018/12/30 23:53  [191-32556]  削除

>バッテリーの扱いはなめてると危険なので、くれぐれも安全に気をつけてなさってください。

基本、私も同じ思いですよ。多分通じてなかったとは思いますが(笑)。この辺り、一つ誤ると破裂や発火なんて普通に起こります。「自己責任でやります」なんていうのは簡単ですが、電力線からの発火からの火災とかパネルを強風で飛ばして被害をあたえるとかよくある話なんでね。ましてや理屈をすっとばしていくら実践主義だからといって「実際にやっているから大丈夫」って、この分野に関してはほんと危ない思想です。

今や色々な物をAmazonでお手軽に買える時代ではあるのですが、他人に多大な迷惑をかける可能性があるものだと認識してやるべきでしょうね。ソーラーパネルやバッテリーの仕様が読めない・ちゃんと理解できていない人にはあまり手を出しては欲しくないなぁと思って色々尋ねてみたというのが今回です。

>読んでいる人がどう判断するかは自由ですが、

そうは思いますが、こういうものなので判断に迷う様な書き方は極力避けるべきだとは思いますよ。
わたしからは以上です。

2018/12/24 11:21  [191-32558]   

ディープ・ インパクト さん  

2018/12/30 23:53  [191-32562]  削除

tour-ney さん  

2018/12/25 21:31  [191-32563]  削除

ディープ・ インパクト さん  

2018/12/30 23:53  [191-32574]  削除

 クオリア44さん  

この記事は発売されたばかりの新型iPad pro 12.9 インチで書き込んでいます。

さて、数日前に、この新型が5.9mmという薄さの為に曲がり易い、どころか最初から曲がってる、という情報をたまたまインターネットで見つけ、本当かよ?と思って自分のを確認してみたら、見事に曲がってました。
平らな場所に伏せて置くと、画面の真ん中で3mm以上の隙間が出来るくらいの曲がりっぷりです。

購入4日目で、曲がる様な負荷をかけた事は絶対に無いと断言出来る状況です。

まあ、使えはするのですが、高額な商品の本体が折れ曲がってるのは気分良くありません。

そこで、無料交換を要求すべく、dokomo 販売店に電話したら、アップルサービスに聞いてくれと言うのでそうしたら、今度はアップルに直接聞いてくれ、と言います。

そこでアップルに直接電話したら、途中で担当者がスペシャリストという肩書きを名乗る女性に代わり、曲がった状態が確認出来る画像を送れ とか色々 要求された挙句、自分には判断出来る権限も修理サービスと話す手段も無いので、とにかく修理工場に送れ 、そして、代替機は出せないし、多分、問題無しでそのまま返す事になる、とフザケタ事を言われたので、思いっ切り罵倒して電話を切りました。

本体の厚みの半分以上も曲がってるのに、仕様です、で押し通すアップルの傲慢さには本当に呆れました。

この原因は、インターネット情報によると、フレームと樹脂パーツの溶着部分が収縮率の差で曲がるらしくて、もちろん検品した上で クキッと曲がってるのを確信的に出荷してるそうです。

つまり、市場デバッグを承知で発売するのは良い会社の良い製品です。

どう考えても正常じゃないトラブルを承知で平気で隠して売り付けて、バレても開き直るだけ という傲慢なアップルに比べたら。

因みに、iPhone 6 plus が突然タッチセンサーが壊れて作動不能になる「タッチ病」の対応も、見事に私のにも発生したのですが、日本では高額な修理代金を僅かに安くするというフザケタ対応で誤魔化され、仕方なく新型に機種変更した事もあります。

じゃあ、アップルの製品はもう買わなきゃ良い、というのも選択肢の一つですが、それでも選ぶというのは何かしら性能を超えた魅力があるからかもしれません。

殆どの場合に精度が出ていないイタリアンクロモリフレームみたいな。

2018/12/25 10:35  [191-32577]   

ディープ・ インパクト さん  

2018/12/30 23:53  [191-32578]  削除

ディープ・ インパクト さん  

2018/12/30 23:53  [191-32579]  削除

 家系は卒業さん  

ディープさんはsuaokiの開発者だったのですか、それは心強い!!

suaoki S270を検討していたのですがディープさんのコメントでは全然駄目な製品なよう。同じくらいの価格帯の良い製品はあるのかな。PS5Bがお勧めのようですが価格的にちょっと手が出ません。もちろん自分が人柱になって情報提供すれば良いのですが何分知識がなさすぎて躊躇しています。

評価数は少ないけどS270より容量大きい下の製品でも試そうかな。
http://amzn.asia/d/cyt4mhD

そういえばsuaokiって中華企業なのに開発設計は日本でやっているのですか。知りませんでしたが営業部も日本に存在するのですね。通販のみで不具合には交換だけの対応だと思っていましたがPS5Bの件をお聞きすると技術は発展途上だがサービスは良い会社のようです。

パネルも含めてパーソナルかつポータブルな製品選びは難しい(汗)

2018/12/25 12:20  [191-32582]   

 R2-D1さん  

> うまく買えば3万以下で買えるそうなので、何かひとつ買いたい人はこれがイチオシです。

今、15% OFFのクーポンが出ていますので、3万以下とはいかないまでも、かなりお安く買えます。15% は最近しょっちゅう出ますが、25%(3万以下)はなかなか出ないみたいです。

suaoki ポータブル電源 大容量120000mAh /400Wh
https://www.amazon.co.jp/dp/B07B4B9WMQ/r
ef=cm_sw_em_r_mt_dp_U_ZkBiCbQE3BVVP


ところで、先日待望の 100Wパネルが届いたのですが、昼間忙しくてまだいじれておりません。明日位には出来るかな?出来たらまた報告します!

2018/12/25 13:34  [191-32583]   

 skogenさん  

電源や電池の話は意外と難しく、電気を専門とする人でも間違って理解していることがあります。ですので、ここでの議論が収束しないのは仕方ないことかもしれませんが、基本的な部分で一般論とずれているところがあります。せっかくなので何かの助けになるよう少し技術的な事を書きます。

まず最初に、電源(例えば太陽電池)が持つパワーは「取り出すことができるパワー」です。パワーが大きな電源は大きな電流が流れるのではなく、「大きな電流を流すことができる」電源です。

小学校の理科で教えるように、電池を2個並列に接続しても豆電球の明るさは変わりませんが点灯時間は増えます。つまり、電圧は変わらないが取り出せるトータルの電流は2倍になる。同じ豆電球をつなげば明るさは同じで点灯時間は2倍、あるいは同じ豆電球を並列で2個つないでも同じ明るさで点灯します。このように電源の最大パワーは2倍になっていますが、流れる電流は負荷に依存します。

太陽電池は理想的には最大開放電圧までは一定電流が流れる定電流源、あるいは最大短絡電流までは一定電圧を保つ定電圧源として考えます。(理想太陽電池:フィルファクター=100%の太陽電池)

現実の太陽電池には内部抵抗があるので、定電流、定電圧にはならず、電流を流すと端子間電圧は開放電圧より小さくなり、電流は短絡電流より小さくなります。現実の太陽電池はフィルファクターが100%より小さく、動作電圧・電流は最大値よりかなり小さくなっています。

フィルファクターという言葉を説明なしに使っていますが、太陽電池に興味がある人は理解することをお勧めします。実際の発電時に電圧や電流が公称値よりも大きな値を示すのは、動作点で理解できます。電流・電圧値が最適値からずれていると最大パワーを引き出していません。

一方で、一般に電源は想定される負荷よりも大きなパワーを持つものを使います。1,000Wのヒーターを使う時に、100V-1Aのコンセントは使いませんよね。今の場合、安全のために太陽電池パネルのパワーを小さくする、という考えは電源の一般論から外れます。幸い、太陽電池は負荷を掛けても簡単には壊れませんが、エネルギーの使用効率は落ちます。一般的な電源を同じ考えで使うと、電源の動作が不安定になったり、高温になったり、寿命が短くなったり、壊れたりします。

つまり、最大負荷(リチウムイオン電池に流し込む最大電流)よりも小さな電流しか取り出せない太陽電池、つまりローパワーな太陽電池パネルを使うという選択は、電源(太陽電池)に対して高い負荷をかける事になります。そのような使い方をすると、太陽電池の場合、内部抵抗で消費されるエネルギーの分が無駄になります。また、充電制御回路が設計値から外れて動作する可能性があります。

MPPTはそういう特性を持つ太陽電池の電流値や電圧値を抑えて、できるだけ大きなパワー(最適動作点)で使う、という制御です。一方で、充電制御は定電流-定電圧回路になっていて、電源がリチウムイオン電池に直接つながっている訳ではありません。MPPT/CC-CV制御回路の回路図があったので見てみましたが、電源と負荷(リチウムイオン電池)は切り離されています。動作から考えて、一般的にMPPTとCC-CV回路は切り離されていると思います。

現実にはパネルや制御回路の設計が悪く、パネルのパワーを落として使う、という対応策はあるかも知れません。ですが、電源の一般的な考え「負荷で消費されるパワーよりも大きなパワーを持つ電源を使い、動作に余裕をもたせる」からは外れている、という事は知っておいた方が良いと思います。

2018/12/25 17:33  [191-32588]   

タイトリスタ! さん  

2018/12/25 19:27  [191-32590]  削除

>MPPTはそういう特性を持つ太陽電池の電流値や電圧値を抑えて、できるだけ大きなパワー(最適動作点)で使う、という制御です。一方で、充電制御は定電流-定電圧回路になっていて、電源がリチウムイオン電池に直接つながっている訳ではありません。MPPT/CC-CV制御回路の回路図があったので見てみましたが、電源と負荷(リチウムイオン電池)は切り離されています。動作から考えて、一般的にMPPTとCC-CV回路は切り離されていると思います。

なるほど、面白いです。
最適電圧点の考え方はある程度理解していましたが、MPPTと充電制御回路が切り離されているイメージはあまりありませんでした。不思議だったのはソーラーパネルで発電され、MPPTで最適に設定されて供給されるエネルギーが充電回路・負荷側にとって過剰だった場合、どの様な制御をおこなっているかですね。

コンセントからの給電なら負荷分しか電流が流れないでしょうから考え方は簡単ですが、パネルで発電されてしまったものは、その行き先を考えなければならない。なんらかの方法で捨てる(熱に変換する?)か、いやまさか全部を常に充電回路で消費するのか? 満充電近いあたりでエネルギーがあまり必要とされていない場合とかとどのように制御しているのか? MPPTで、最適点より電圧を進ませて(上げて)電流を下げる様な調整をしているのか? その辺りが疑問だったんですよね。

2018/12/25 19:27  [191-32592]   

 hiand20さん  

いつも一人二役の自作自演、お疲れ様です。とっくにバレてますよ。

2018/12/25 19:33  [191-32593]   

まぁ勿論自作自演な訳はないのですが、そう見えるんですか?
なら、なんか光栄というか申し訳ないというか嬉しいとか、今の気持ちを表すとそんな感じですね(笑)

skogenさんの知識は深いのと説明が的確なので勉強になるし、個人的にファンなのですが、その人と間違えられるのならまーいいかなって。

2018/12/25 19:43  [191-32594]   

 家系は卒業さん  

おっ!また親衛隊が湧いて出た。 ま、いいか(笑)

さすがのskogen先生ですね

理解できなかったタイトリスタ!さんとディープさんの問答がちょっと理解できました。

あとここのサイトも理解しやすかった。
ttp://www.ftech-net.co.jp/products/solor
/PV.html
(問題あるとご迷惑かけるので頭のh抜いてあります)

自分なりの充電システムをまとめると

@ソーラーパネルからの発電
A充放電コントローラーで電圧制御
BCC-CV回路による充電制御
Cバッテリーへの蓄電

こんな流れでよいでしょうか?

・MPPTやPWMなどの充放電コントローラーの働き
充電回路側の負荷変動の影響を受けないようパネルの開放電圧を一定(最適値)に保つ。

・CC-CV制御回路
CC充電(定電流充電)と、CV充電(定電圧充電)を組み合わせた充電方法。要はある電圧に達するまではCCで充電し、設定電圧に達しましたら電流が絞られて充電される方法。

・ポータブルバッテリーのような入力(蓄電)側がDC12Vシステムの場合は
公称最大出力動作電圧がバッテリー電圧に近い独立電源用の太陽電池が適している。12Vバッテリーの場合17V前後の公称最大出力動作電圧の太陽電池が良い(24Vシステムには2枚直列に接続してご利用)

ポータブルバッテリーが壊れる要因としては、パネルのワット数ではなく電圧の影響が多く、壊れるのは制御回路ということなのかな。結果的にリチウムバッテリーも壊れると思いますが。

あとリチウムイオンバッテリーを充電するものに電圧電流制御機器が無いってのもありえませんよね。多分ですが(笑)。鉛電池やニッケル水素充電池ではあるまいし。ちなみにkapaさんがコメントされた急速充電と普通充電の違いはバッテリーに単に直結される電流量の違いですよね。制御後の話し。充電制御回路の前の充放電コントローラーの更に前にあるパネルのワット数の違いによってはリチウムバッテリーに対して悪影響は出ないと思うのですが。

となると電圧変化を上手くコントロール出来ない駄目なポータブルバッテリーはMPPT回路やポータブルバッテリー本体?の設計不良という事になるのかな。

最後にディープさんに質問があります。デバックってソフトに対しての事だという認識ですが、バッテリー内部の制御回路のソフト書き換えで改善できるものなのでしょうか? とんちんかんな質問ですいませんが教えて下さい。回路設計や品質が悪けりゃソフトの変更は性能を落とす方向にしか出来ないと思うもので。。。

パーソナルかつポータブルな製品選びは難しい(汗)

2018/12/25 20:33  [191-32595]   

>理解できなかったタイトリスタ!さんとディープさんの問答がちょっと理解できました。

ははは、
わかりづらい問答ですみませんでした(苦笑

2018/12/25 20:38  [191-32596]   

ディープ・ インパクト さん  

2018/12/30 23:54  [191-32600]  削除

 kapa_さん  

家系は卒業さん

>kapaさんがコメントされた急速充電と普通充電の違いはバッテリーに単に直結される電流量の違いですよね。制御後の話し。充電制御回路の前の充放電コントローラーの更に前にあるパネルのワット数の違いによってはリチウムバッテリーに対して悪影響は出ないと思うのですが。

急速充電は何故急速に充電できるのか。
容量の違うパネルを接続できる意味。
足りない電力は供給できません。
考えたら分かると思います。

急速充電を悪影響とまで言うかは疑問ですが寿命は違ってきます。

2018/12/25 22:46  [191-32601]   

 家系は卒業さん  

>僕はsuaoki関係者でもなく、バッテリーの開発もやってないので、よく知りませんけど、今の時代なら間違いなくバッテリー開発希望するでしょうね。
こりゃ早合点でしたね、失礼いたしました。PS5Bに対して「かなりの更新」とあったのでなるほど元内部開発者の人は違うなあ、と勘違いしてしまいました(汗)

壊れる壊れないという話はいったん棚の上にでも置いといて、ディープさんのお話だと充電制御の働きがインプット点に遡って更に制御しているということでしょうか。MPPTコントローラーの役目とは違いますもんね。なんだかまた難しくなってきた(冷汗)

>なので150Wパネルで充電してもバッテリーの損傷はないかもしれませんがムダに発電してムダに捨ててる感じになります
なるほど、これは理解できます。先のコメントでリンクを張ったサイトでもソーラーシステムは発電量?が安定しないため使わない電力は蓄電に回すのが良いとありました。ベース電源として安定させるために余裕をもたせているということですかね。

なんとなく理解できたのは大きいW数のパネルが単純に良いという話ではなく、蓄電側とのバランスが重要なのですね。そう考えると容量の小さいモバイルバッテリーに大きなW数のパネルを選択しても意味がない。まあ将来の発展性という点では有用なのかもしれませんが。。。

あっ、でも公称最大出力動作電圧を考慮すると過大な電力のパネルは相応のシステムじゃないと危ないか。いやはや難しい(苦笑)

2018/12/25 23:13  [191-32602]   

 家系は卒業さん  

kapaさん

別に変な他意はないですよ。急速充電がリチウム含めバッテリー全般に悪影響があるのは理解しているつもりです。以前、急速充電で傷んだ鉛電池を使ってセル差を解消する実験とかは経験ありますので。

@急速充電は何故急速に充電できるのか。
A容量の違うパネルを接続できる意味。
B足りない電力は供給できません。

@は良いとしてAとBの問いの意味が頭の悪い私には見当つきません。わたしが引用したkapaさんのコメントとの関連を教えていただけませんか?

あと急速充電をモバイルバッテリーがしているとならばパネルの出力と制御回路後の電圧電流とは関係ないと思うのですが違いますかね?

牛乳飲んでというとまた火に油なので、こちらに悪意は無いと理解していただけると何よりなのですが。

2018/12/25 23:15  [191-32603]   

 家系は卒業さん  

訂正

誤り
あと急速充電をモバイルバッテリーがしているとならばパネルの出力と制御回路後の電圧電流とは関係ないと思うのですが違いますかね?

正解
あとモバイルバッテリーが内部でリチウムバッテリーに急速充電をしていてもパネルの出力変化と制御回路後の電圧電流とは関係ないと思うのですが違いますかね?

2018/12/25 23:26  [191-32604]   

 skogenさん  

湧いて出たskogenです。^^;

電気は好きなことの上位(いまのところ自転車の次の次ぐらいかな)に入るので、曖昧に終わっちゃうのが気持ち悪くて。

まとめてご返事。

tour-neyさん

焦臭だけじゃ無いですよ。材料によっていろいろ臭ってきます。。。って、削除されてる。

hiand20さん

そういう大事なことは、しっかり分析して、裏とって、首根っこを押さえつけてから書いたほうが良いですよ。

タイトリスタ!さん

使われなかった分は、何もなかったことになります。身の回りにいろんなモノがありますが、光が当たっても何も起きないですよね。それと同じ。

実用化されている太陽電池は半導体の性質を利用してますが、光が当たって電荷対が生成されて、流れ出しますが、流れ出す先が無ければ消滅します。普通は熱に変わります。

LEDは外から電流を入れて、電荷対が消滅するときにエネルギーが光に変化します。フォトダイオードはその逆です。

家系は卒業さん

何やら怪しい名前で。。。^^
リチウムイオン電池は必ず制御回路が入っていると思います。バランスさせて充電することもできるでしょうが、それより定電流 or 定電圧の方が楽。

ディープさん

電圧の変化からすると、私が眺めた回路とは違うようです。suokiは汎用のマイコンを流用してるのかな(確信度 0.1%以下)。

kapa_さん

急速充電はなんか悪い印象がありますが、うまく制御すれば、電池には優しいと思います。電圧や電流を急激に変化させると電極の表面が傷みますが、そこをスムーズに制御すればよいのかと。太陽電池を使ったリチウムイオン電池の充電に関してはまだまだ技術の改良の余地はあるかも知れませんね。

そういう考えがあって、理想的な充電制御は、余裕がある電源(太陽電池パネル)を使った方が、本当は良いはずなんですよね。(これがこのスレの事の発端)

2018/12/25 23:39  [191-32605]   

ディープ・ インパクト さん  

2018/12/30 23:54  [191-32606]  削除

家系は卒業 さん  

2018/12/29 00:55  [191-32607]  削除

 kapa_さん  

家系は卒業さん

道場長が安全見て150Wではなく100Wを薦めたメリットを挙げただけで、重要視していないことを説明するのは面倒なのですが、


まず、説明が不足していたと思うので補足します。

CC-CV制御回路

定電流、定電圧というより、定電圧に電流制限の回路で制御の切り替えもしていないと思います。
結果的にそう見えるだけ。
(これ調べた訳ではありませんので想像です。)

定電圧についてはリチウムイオン電池の仕様によって決まります。(それ以上電圧をかけられない)
CC時定電圧回路ではありますが、電流制限をかけているのでバッテリにかかる電圧はそれ以下で変動します。
CV時は定電圧かつ、電流制限に掛からない状態なので一定の電圧で電流値が変動します。
(CVに移行したからそうなるのではなく、そうなった状態をCVと呼んでると思います)
電圧/電流の変動はバッテリの充電状態により変動します。


Aについて
50Wと150W十分な発電をしてる時、どちらでも充電速度が同じでしょうか?
ある程度容量が大きい場合を想定して充電電流を大きくとってあると思います。
(単に接続出来るだけで50Wの晴天時に合わせてある可能性もあります)

Bについて
言葉そのものです。
充電に使える最大電力より低ければ、最大値を与える事が出来ません。
(供給された電力に見合った電圧と電流にバランスするでしょう)

>パネルの出力変化と制御回路後の電圧電流とは関係ないと思うのですが違いますかね?

上記で説明できたと思います。
定電流、定電圧という言葉にに惑わされてませんか?

2018/12/26 07:08  [191-32609]   

 kapa_さん  

skogenさん

>流れ出す先が無ければ消滅します。

正にそれですね。
電気は電子の流れなので流れないと電気は発生しない。
(流れというより輪になってぐるっと移動するイメージですが)
乾電池に置き換えてみればわかるのにと思います。
乾電池も化学反応ですが、回路を接続しないと反応しない。

そう考えると、電源切った時のハブダイナモは反応しない割りに思いなぁ。

2018/12/26 07:20  [191-32610]   

skogenさん

ありがとうございます。理解が進むので大変助かります。

>使われなかった分は、何もなかったことになります。身の回りにいろんなモノがありますが、光が当たっても何も起きないですよね。それと同じ。
>実用化されている太陽電池は半導体の性質を利用してますが、光が当たって電荷対が生成されて、流れ出しますが、流れ出す先が無ければ消滅します。普通は熱に変わります。

電荷対の消滅ですか。余剰エネルギーはソーラーパネル内で調整されるということになるのでしょうか?説明難しいですが、それはつまり定電流源であるはずのソーラーパネルが、実際は負荷により電流が変動する電源なのだという様に理解してしまうのですがどうでしょうか?
(どこに自分の疑問点があるのか明確になってないので、今結構絞り出して書いています(苦笑))

2018/12/26 07:59  [191-32611]   

 skogenさん  

少し長くなりますが、仕組みを説明してみます。

材料の中の電子の状態で考えると、世の中の材料は金属と絶縁体・半導体の二種類に分けられます。金属は自由に動くことができる電子がたくさんいるので、光があたると、光に合わせて動いて、光を反射します。

絶縁体・半導体は光を吸収した後、電子が動くことができるようになります。その際、光を吸収した電子は状態を変えるんですが、変える前の状態と変えた後の状態をそれぞれ、伝導電子と正孔(ホール)と呼びます。これらを取り出すと電流になりますが、通常は電子はすぐに元の状態に戻ります。伝導電子とホールという電荷対が再結合する、という言い方をします。

太陽電子は伝導電子が多い材料と、正孔が多い材料をくっつけて作られていて、伝導電子と正孔が別のところに居るので、すぐには再結合しません。なので、光で作られた電荷を電流として取り出しやすい。

でも、取り出さなければ再結合してしまいます。それは2つの材料をくっつけているところとか、光が当たっていないところとか、太陽電池セルの端っことか、いろいろなところで起こります。

太陽電池の等価回路は、定電流源と並列につながった抵抗(シャント抵抗)と、直列につながった抵抗で表現されます。シャント抵抗が無限大だと、理想定電流源です。直列抵抗がゼロだと理想定電圧源になります。(再結合を一切起こさない仕組みが作れればシャント抵抗は無限大になるはずです)

等価回路的に考えれば、太陽電池の動作時に電圧や電流が変化するのは、発電量によって開放電流が変わることに加えて、直列抵抗やシャント抵抗に流れる電流が変わるからです。

定電流源は慣れていないと直感的に理解しにくいのですが、一定電流を流すために端子間電圧を自由(0Vから無限大ボルトまで)に変化させる電源です。現実には電圧差によって電荷を流し出す仕組みが背景にあるので、その電圧差以上には定電流動作をしないのが普通です。

この場合の電圧差というのは、太陽電池の発電しているところで生じる伝導電子と正孔の電位差だったり、化学電池(乾電池とか)の電極の表面にいる金属と電解質溶液中にいる金属イオンの電位差です。通常、これらの電位差(起電力)は材料に依存した一定値になるので、電池の開放電圧は一定値を示します。

以上、現象としてはいろいろあるんですが、回路動作だけなら、電源を等価回路に置き換えてしまえば、電源は中学校の理科レベルで理解できます。

2018/12/26 09:07  [191-32613]   

skogenさん、

ありがとうございます。段々とイメージができてきました。

>定電流源は慣れていないと直感的に理解しにくいのですが、

確かに定電流源を理解している様であまり理解していないのだと思います。

例えばソーラーパネルが5A@24Vで発電/供給できる状態で、一方「ソーラーパネルは定電流源」という思いがあるので、その5A分は負荷側(バッテリー側)で丸々なんとかして消費しなければならないという思いがあったのですが、、、、

>(再結合を一切起こさない仕組みが作れればシャント抵抗は無限大になるはずです)

つまりここ。当然ソーラーパネルは「理想定電流源」ではないわけですよね。

>等価回路的に考えれば、太陽電池の動作時に電圧や電流が変化するのは、発電量によって開放電流が変わることに加えて、直列抵抗やシャント抵抗に流れる電流が変わるからです。

負荷により必要とされる電荷の移動量が決まり電流として取り出せ、その大きさにより電圧が確定すると(定電流源)。余剰分(=結合状態の電荷)は消滅(=熱エネルギーに変換され消費)。元に戻れば、ソーラーパネルの容量を大きくしたところで、出力電圧が規定内であれば過供給にはならない。

な、、なるほど。もう少し頭の中で整理が必要な感じはしますが、この理解が正しければ腑に落ちそうな感じです。

2018/12/26 10:00  [191-32616]   

 家系は卒業さん  

kapaさん

なるほど私の理解が浅かったようです。さすがは隊長ですね、ご返答ありがとうございました。

調べてみたら入力値ではPS5Bで10A、S270で2AがMPPTコントローラーのリミット(規格?)ということでした。上記の電流をオーバーしない範囲でのパネルワット数を選択すれば良いということなのでしょう。より大きなW数のパネルは取り出せる電流値も大きいと。そのため内部のリチウムバッテリー充電時間には変化があることも理解しました。

一応、プロファイルの図を作成してみたのですが、図中@のCC充電時の定電流が実はパネル出力からの入力変化で実際は定電流にはなっていないということでしょうか? 
なんだかまた頭がこんがらがってきた(冷汗) 

MPPTなどのチャージドコントローラー後にあるCC-CV制御についてはCC充電時規定電圧に達するまで定電流制御となるはずではありますが実際にはパネル出力W数によって電流値は変わってくるのかな。このへんの理解がまだ進んでいませんが、skogen先生やタイトリスタ!さんのやり取りで多少は頭の中の靄が晴れ始めています。

他にも調べてみた一部のサイトではコントローラーのリミットを超えた電流で実験されているところもありました。その方はミスマッチを自覚した上でやっていたので宜しいとして、市場にある実際の製品ではミスマッチを誘発するような粗悪なものもありますよね。そういう点ではディープさんのテスト結果を重要視するという手法は大いに意義あるものだと思います。なので親衛隊の皆様には過度な感情反応はご容赦お願いしたい(苦笑)

最後に理解が劣化したこと。それはリチウム二次電池の普通充電と急速充電の違い(爆)
うーん、明確な定義が知りたい。。。

2018/12/26 12:56  [191-32618]   

 kapa_さん  

家系は卒業さん

親衛隊じゃねえよ。

御世話になってる人に失礼を働いてる人がいるから腹を立てただけ。

考え方も違うし、白を黒と言ったりしない。

正しい所を正しいと言って余計なお世話焼いてるだけ。

考え方は人それぞれだけど、御世話になった人沢山いるはずだからもう少しフォローに入る人がいてもおかしくないと思うけど?

贔屓でも良いと思ってる。
貴重な時間使って沢山情報提供してくれる人と、その他の人同列に扱う方がおかしい。

2018/12/26 16:05  [191-32620]   

そういえばもう一つ思い当たることがあります。

>100Wパネルにせよ250Wパネルにせよパネル出力電圧は開放電圧より超えることはないので、それがバッテリーの許容入力電圧以内ならバッテリー側に負担をかけることはない。(効率は悪いかもですが)

これは私の以前書いたコメントで、当初は容量の大きなパネルを使用することはバッテリー側に負担をかけることは無いものの余剰エネルギーを発電することになり無駄になる、、それで「効率は悪いかもですが」と書いたわけです。でも考えてみたら夏場と冬場では単位時間あたりの発電量も異なり、冬は減る方向にあるわけですから、年間通して安定的に充電したいのならできるだけ容量の大きいソーラーパネルで運用した方が有利かもしれませんね。

どこかに採算分岐点があるのでしょうけどね。

2018/12/26 16:21  [191-32621]   

 kapa_さん  

skogenさん

頭が弱いのでもうちょっと噛み砕いて頂けると助かります。(難しい)

太陽電池の等価回路が定電流源ベースというのがしっくりきません。
負荷に対して十分な容量があり、受ける光の変動は無視できると捉えてもいいのでしょうか。

あと、言い方とかどうでもいいのですが電位差=電圧なので電圧差とは言わないと思います。
(少なくとも同じ回路上では)


2018/12/26 16:30  [191-32623]   

 家系は卒業さん  

いやー怖い怖い、関わらんとこ。ってまた怒られちゃうか(爆)

おかげさまで牛歩のごとくですが理解が進んできました。皆々様に感謝(笑顔)

ソーラーパネルについて

ポイント 蓄電側の電圧に応じたものを選ぶ
12V系であれば公称最大出力動作電圧が18V前後、24V系であれば公称最大出力動作電圧が36V前後の製品から選ぶ。
12V系 150Wは8.33A、100Wは5.56A、50Wは2.78A、30Wは1.67A
24V系 230Wは6.39A、200Wは5.56A、190Wは5.28A などなどなど。。。
※12V系を24V系に利用する場合は並列接続すること

モバイルバッテリーについて

ポイント ソーラー充電入力の最大アンペアを超えないパネルを接続する
セパレートのMPPTやPWMのチャージドコントローラーってブレーカーみたいに〜Aみたいにリミット(規格?)がありますよね。多くのモバイルバッテリーの場合はコントローラーを内蔵しています。PS5Bの場合は10A、S270だと2A。要はこの電流リミット数値に応じてパネルを選択すれば良いのではないかと。
 
もちろん、実際の製品の品質により安全マージンは変わってくるかもしれません。

また、家庭用のAC電気機器を使用する場合はAC出力が「純正弦波」のものを選ぶ。そうでないと精密機器は壊れる可能性がありますからね。PS5BはOK。S270はNG。S270をACで使う場合は非常用としてか、スマホなど充電用の蓄電器として使用するのが良いようです。

ちょっとだけ理解が進んだのでもう一度スレッドを読み直しみました。ディープさんやR2D1さんやタイトリスタ!さんの問答によるすれ違いも再確認(笑)

皆さん結果的に何も間違っていない。ディープさんのS270が壊れた原因についてはパネルとのリミット電流値の関係が大きいかもしれませんが。だいたい推奨自社パネルで「50W/60W/100W」が謳われているのは大いなる疑問です。どれも2A超えますよね。つまり壊れるのはまずコントローラーでリチウム二次電池はその後と素人なりの考察です。

現状こんな具合に理解しています。もう少し調べたらまたご報告します。まあ知識の浅い無実績な考えなので「素人の戯言」くらいに受け止めていたければ幸いです。

2018/12/26 21:00  [191-32624]   

 skogenさん  

kapa_さん

ご指摘ありがとうございます。

専門用語をあまり多用しないように、一般的な言葉を使おうとして、電圧差という不思議言葉を使ってしまいました。電位差に置き換えたほうが良いですね。

また、ちょっと長い説明を書きます。

定電流源で考えるのは、電流を押し出すように太陽電池が働くからです。定電流源という表現は比較的短い時間で一定という意味もありますが、より正しくは、負荷(太陽電池につなぐ抵抗値)を変えても一定電流が流れ出るので、定電流源と考えます。

通常の電池(定電圧源に近い)の使い方ですと、つなぐ抵抗値を変えると電圧が一定で電流が変わります。太陽電池の場合、理想的には、つなぐ抵抗を変えると電流が一定で電圧が変わります。

実は、理論的には、内部抵抗がある電圧源や電流源は、互いに置き換えることができます。そして、そのような電源はパワーが有限となっていて、電源は、電流源に近い動作、電圧源に近い動作、という風に取り出す電流・電圧の大きさで分けて考えます。太陽電池の場合、どちらかと言えば定電流動作の領域が広いので、内部抵抗を持つ定電流源で考えた方が説明しやすい。

現実の太陽電池では、接続する抵抗値が小さく、負荷が小さい間は定電流源に近くなります。定電流源動作の場合、最小の負荷は抵抗値がゼロの場合で、出力=抵抗×電流^2=0です。抵抗値を増やしていくと、定電流源動作からだんだん定電圧源に近くなります。定電圧源動作に近い状態の最小の負荷は、抵抗値が無限大、つまり、端子間を開放した場合で、出力=電圧^2/抵抗=0となります。

つまり、負荷となる抵抗値をゼロから増やしていくと、出力(電池が出すパワー)はゼロから始まってだんだんと増えていきますが、どこかでパワーが最大になって、その後は減っていきます。さらに抵抗値を増やして、抵抗値が無限大(端子間を開放)になると、太陽電池から見た負荷はゼロになり、電力を取り出せません。

という訳で最適動作点は端子間電圧が開放電圧にできるだけ近く、電流ができるだけ大きいところになります。そこが電力=電流×電圧が最大になるところ。

ちなみに、端子間を短絡した時は内部の直列抵抗とシャント抵抗でエネルギーが消費され、端子間を開放した時は発電したエネルギーはシャント抵抗で消費されています。

太陽電池をすぐには理解できないのは、開放電圧が有限の定電流源、短絡電流が有限の定電圧源という特性だと思います。で、実際に太陽電池はそういう中間の領域で動作していて、取り出す電流と電圧が変化し、電力が最大となる点があるということですね。なので、フィルファクターなんてのを考えないといけない。

通常の電気の世界で使われる電源は動作点が変化するような領域では使いません。定電圧、あるいは定電流が保たれる範囲で使います。なので理解しやすい。でも、太陽電池は太陽光が流れ込みながら電気エネルギーを作る電池で、そこから最大の電力を絞り出すような使い方をするので仕方ない。

プリウスとかnote e-Powerなんかはエネルギー効率が一番良い負荷・回転数でエンジンを動かし、バッテリーに充電して、溜めたエネルギーでモーターを回してますよね。日射量が刻々と変わる太陽電池は、最適速度や傾斜が時々刻々と変わる一般道を、動作点で効率が変わってしまうガソリンエンジンで走っているって感じですね(この例え、イマイチ ^^;)。

ついでに一つ前の書き込みを訂正

誤:発電量によって開放電流が変わることに加えて、
正:発電量によって短絡電流が変わることに加えて、

2018/12/26 21:04  [191-32625]   

>ディープさんやR2D1さんやタイトリスタ!さんの問答によるすれ違いも再確認(笑)

すみません(苦笑)激しくすれ違ってましたが、なかなか戻せまでした。

>皆さん結果的に何も間違っていない。ディープさんのS270が壊れた原因についてはパネルとのリミット電流値の関係が大きいかもしれませんが。

この件若干私もみてみたのですが、S270の仕様をAmazonでみると「ソーラーチャージャー:12-20V」って書いてますよね。でも、実際にS270を使った人のHPを見たりすると、マニュアルには「〜22V」とか書いてあるって言っててイマイチホントの仕様が判然としない。

一方で、過去の書き込みではソーラー出力は「20〜24V」的な話もありましたから、ひょっとしてその2V〜4Vの過電圧が原因で?みたいなことはつらつら考えていました。いや、そのくらい、、+10%〜20%?10%なら普通は許容かなぁみたいな。ひょっとしたら電圧上限リミット付近でドライブするのはやばい代物なんじゃ無いかなとか考えてみたり。PS5Bは40Vまで行ける様ですから、その点は安心なんでしょうけどね。

確かに素人の浅知恵ですし、実際自分で実験をしているわけではないのでわからんのではあります。

2018/12/26 21:22  [191-32627]   

 家系は卒業さん  

タイトリスタ!さん

いやいや感謝してますよ(笑顔)

知識レベルや経験深度によって疑問を解決していくアプローチ方法は各自違いますよね。自分は「例の問答」がとても役に立ったし、失礼だと憤慨する人もいる。難しいところです。

ある程度の基礎知識が進んだからこそ、ディープさんの実証数値が示す意味と真価やskogen先生の理屈の役割と重要性が理解出来ました。情報の対価うんぬんは置いといて自分と全然違う目線のコメントでも知識喚起になると思います。もちろん「例の問答」についてです。

食べ物に例えれば、漬物も浅漬けの方が美味く感じることも多々あるわけですし多様な考え方が共存出来ると良いと思う。深く漬けた漬物だけではつまらないし気に食わない意見や疑問を排除するのは簡単ですから(笑)

2018/12/26 22:28  [191-32629]   

 kapa_さん  

skogenさん

回答ありがとうございます。
以前、設備の試運転に使われた廃棄処分されるセルの電圧を測ってみたところ1.5V程度あり、太陽電池は乾電池のように1セルあたりは1.5V発生するのかな?と漠然と考えてました。
(許可が取れたら持ち帰り子供の自由研究にとか考えたんですが、セルサイズが掌より大きく脆いのと廃棄するものとはいえ持ち帰るのは問題がありそうなので断念しました)

定電流回路を作ろうとすると、出力側の電圧制御をする事しか思い浮かびません。
電源が定電流というのは今までの感覚になく、発生の原理に理解が追い付いていけません。
興味深い内容ですね。

回路自体は中学の理科レベルですが、電気に明るい人じゃないとさらっとは理解できないと思います。
理解しにくい人はMPPTが無いと使える機器はほぼ無いと考えておけば良いのかなと思います。
(最低でもDC-DCコンバータは必要です)

2018/12/27 13:23  [191-32637]   

 R2-D1さん  

パネルとバッテリー、昨日から運用開始しました。以下、主に印象的な事を書かせていただきます。先ず余談ですが、ソーラーパネルが手元に届いたのは、何の偶然なのか、1年で1番日の短い冬至の日でした。ある意味幸先良いですね。これから条件が良くなっていくだけなので。

(購入したものはこちら)
RENOGY 100W 単結晶 ソーラーパネル100W 太陽光発電
http://amzn.asia/d/bHGf8V3

suaoki ポータブル電源 大容量120000mAh /400Wh
(何故かアマゾンからは消えています)

ディープ・インパクトさんが購入した100Wパネルは、梱包がちょっと残念な感じだったようですが、このパネルの梱包は綺麗で丈夫なダンボール箱にしっかりとしたクッション材が使われて入っていました。バッテリーの方も綺麗な化粧箱+さらにその上から分厚いダンボール箱に入っていて、これらを見ただけでも、メーカーや販売会社はしっかりしている印象を受けます。どちらも Amazon発送なのでヤマト運輸さんが持ってきてくれました。

配線は面倒だろうと想像していて、多少気が重かったのですが、パネルには最初からMC4という規格の無骨なコネクタ+太いケーブルが付いていましたので、バッテリーの方に付属していた変換コネクタを接続し、無加工で簡単に繋がりました。ここまでのセットアップは非常に簡単で、以前購入した B5版の下敷きみたいなパネルをスマトーフォン向けの小型モバイルバッテリーにUSBで接続するのとさほど変わらない手軽さでした。あと、パネルの縁は手を怪我するようなバリは無く、綺麗な仕上げでした。

パネルを立てたのは窓ガラスの内側ですが、影が入らないように注意してセットしました。昨日の天候はかなり薄暗い曇でしたので、バッテリーの液晶は 0W〜5W をさまよっていた感じです(5Wは、晴天時のB5版下敷きパネルよりも良いくらいかな?)

このパネルとバッテリー、私のような初心者入門セットとしてはバッチリだったと思います。ディープ・インパクトさんが私費と貴重な時間をかけて実践されて、その情報を惜しげもなくここで丁寧に教えていただいたお陰で、ハズレを引くこと無く1発で良いものにたどり付いたと思います。本当にありがとうございます!また何か気がついた事がありましたら報告させていただきます。

それと、そもそも私が太陽発電に興味を持ったキッカケは、先日の北海道のブラックアウトです。幸い私の地域は大きな被害はほとんどありませんでしたが、例えば、電気が必要な医療機器を使っている人にとっては非常に深刻な状況でした。また、スマートフォンユーザーの殆どが、電池切れで困っていました。私が今回買ったパネルとバッテリーのセットの出費は約 4万3千円ですが、スマートフォンの充電だけなら、、ミニパネルと小型のモバイルバッテリー(計4〜5千円程度)が有るだけでも、そのような状況では十分に役に立つ可能性があると感じました(天候が影響するので、絶対確実では無いのですが)

2018/12/27 14:36  [191-32639]   

 R2-D1さん  

箱の写真アップします。パネルの中身は、アマゾンのページにアップされている写真と同じです。

ところで、アマゾンのページから、suaokiの400Whのバッテリーが突然消えたのが気になります・・・

2018/12/27 14:59  [191-32640]   

今日アマゾンから以下のようなメールが届きました。僕は今年2個のバッテリーを買いましたが、いずれもこの事故による不具合対応済み商品と書かれたものを買いました。
それが今頃なんでまた、こんな連絡が来るのかと思い、アマゾンに問い合わせたところ、メーカーに聞いてくれとのことでした。それで今、問い合わせていますけど返信はまだありません。
僕のACアダプタは改良後の型番でした。

最悪、不具合はACアダプタとのことなので、僕の場合、太陽光パネルで充電していてACアダプタを使わないので大丈夫かなと思いますけど、こういう怖いメールが来るとビビッテしまいますね。

アマゾンの販売サイトも削除されているし、大丈夫か???
この縁側に書いた情報も削除した方がいいのかと迷っています。
バッテリーはまだまだ発展途上の技術で成熟とはほど遠い現実があります。
また進捗があれば報告します。現状経過報告でした。

****************************************
Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。
このたび過去のご注文商品について不具合等に関する情報が掲載されております。

suaoki ポータブル電源 大容量120000mAh /400Wh 三つの充電方法 AC & DC & USBなど5WAY出力 正弦波 家庭用蓄電池 LCD大画面表示 車中泊 キャンプ 防災グッズ 停電時に 12ヶ月保証

内容:
付属品のACアダプターの一部に不具合があり、平成29年度に爆発を伴う火災事故が発生しております。
お手数ではございますが、今一度お買い求めいただいた商品が以下に該当する場合は、使用の停止及びメーカーHPのご確認をお願い致します。

対象品番:PS5B
販売時間:2017年1月から2017年5月まで

メーカー告知ページ:
http://www.meiyangpower.com/2018/stateme
nt/


経済産業省 (ポータブル電源「PS5B」の製品事故について):
http://www.meti.go.jp/product_safety/con
sumer/ps5b_portable_power_supply.html


http://www.meti.go.jp/product_safety/con
sumer/ps5b_portable_power_supply.html


B07B4B9WMQ - suaoki ポータブル電源 大容量120000mAh /400Wh 三つの充電方法 AC & DC & USBなど5WAY出力 正弦波 家庭用蓄電池 LCD大画面表示
車中泊 キャンプ 防災グッズ 停電時に 12ヶ月保証

お客様の過去のご注文商品が該当する可能性がございますので、上記情報を元にご確認をお願い致します。また、ご不明点は製造元のお問い合わせ窓口までご連絡くださいますようお願いいたします。
なお、ギフト用のご注文の場合は、お受取主のお客様にこの情報をお伝えください。

このたびは、お届けした商品に問題があり、お客様にご迷惑をお掛けしますことをお詫びいたします。

今回の件についてご不明な点は、上記窓口へお問い合わせください。

Amazon.co.jp カスタマーサービス
Amazon.co.jp Customer Service

弊社はPS5B 400Whのポータブル電源メーカーのメイヤンパワー新エネルギー有限公司です。
弊社が生産したPS5B製品の付属品のACアダプターの一部に不具合品を流出し、事故が発生したため、リコール社告を実施します。更なる事故発生を防止するため、ACアダプターの無償交換を実施しております。
対象品番:PS5B
販売時間:2017年1月から2017年5月まで

2017年5月以降の販売の製品は既に新型のACアダプターにて対応済みです。
新型のACアダプターの型番はMDA10129402000です。
この型番のアダプターはPSE届出済みです。
お手元のアダプターがこの型番の場合、再交換する必要はありません。
お手元のアダプターがこの型番では無いの場合、販売店舗に連絡してくだい。
注文番号とアダプターの写真を提供していだだければ、無償で新型のACアダプターと交換できます。
下記は弊社充電器交換及び回収の専用連絡先です。
担当部門:アフターサービス部
担当者:李 明 (リ メイ)
電話:050-5326-5192
メールアドレス:sales@meiyangpower.com
電話が繋がらない場合、メールで連絡の程よろしくお願いいたします。
対象製品をご使用中のお客様は、お客様連絡情報をご記入いただき、
上記アフターサービス部メールアドレスに送信の程宜しくお願いいたします。

2018/12/27 20:54  [191-32646]   

 R2-D1さん  

私にも、同じ内容のメールが届き、何を今更と思いました。私が買ったのはつい最近ですし、ACアダプタを確認したところ、対応済みの型番でした。

メールに書かれたリンク先を全て良く読んだのですが、結局、問題は過去に出荷されたACアダプタだけの様に受け取りましたが、しかし、その書き方がビビります。

全くの想像ですが、対策済みで無いACアダプタが誤って出荷されてしまったとか、何か有ったんでしょうかね? ディープ・インパクト様、返事来ましたら是非お知らせいただければと思います。

2018/12/27 22:08  [191-32647]   

 skogenさん  

経産省のサイトにリコール情報が載っているというのは、結構な重大事故ですね。爆発を伴う火災ですもんね。出荷した分が全ては回収できていないので、できるだけ広範囲にリコール情報を流しているのでしょう。

○制御部分についてちょっとだけ。
私が調べた回路(Linear Technologyの制御ICの動作)では、MPPT/CC-CV充電回路は昇降圧型のDC-DCコンバータになっていて、太陽電池パネルからの電流が最適動作点になるるように制御して、その後につながる電圧・電流制御回路で蓄電池を充電しているようです。

MPPTの方はパネルから取り出す電流をセンスして制御しています。CC充電モードだと、DC-DCコンバータから流れ出る電流をセンスしています。

上の方の書き込みで、MPPTとCC-CVは切り離されていると書きましたが、太陽電池のエネルギーを一度どこかに溜めて使うとか、入力と出力が絶縁されているという意味では無くて、DC-DCコンバータが間に入っているという意味です。

よく使われるDC-DCコンバータだと、入力電圧に対して電圧を足したり引いたりする回路(通常はスイッチ素子でコイルに貯めたエネルギーを出し入れする回路)と、出力側から逆流しないように切り離す素子(単純な回路だとダイオード)が入っています。

○定電流源って分かりにくい。
誰もが使い慣れている定電圧源は端子を開放した状態が標準で、それが電源を使っていない状態です。電池を保管するときと同じ。定電流回路は短絡した状態が標準で、電源からエネルギーを取り出していない状態です。電流は流れているけどエネルギーは消費しないのが直感からずれるところ。

定電流回路を作るには電子回路が必要です。
一般には、電流をセンスする回路の出力電圧Vと、電流を流し出す可変電圧源(※)の制御電圧Vがバランスするようにして(負のフィードバックを掛けて)、定電流にしています。単純な回路だと3,4個の素子と定電圧源で実現できます。

※普通は電流を制御する回路として設計するので、可変電圧源とは呼びませんが、動作は可変電圧源になっています。

○電気自動車の話
電気自動車ではリチウムイオン電池を直列接続し、高電圧にして、できるだけ銅損を減らし、高い電圧で動く高パワーの交流モーターを使うのが有利ですね。でも、パワーデバイスの性能や耐圧の問題があるので、多くは300Vぐらいで動かしていると思います。

ただ、回路周りの問題が解決しても、衝突事故時に感電する危険性を考えると、新幹線みたいに2,000Vを越えるような高電圧を使うのは、電気自動車では難しいのかも知れません。

少し前の情報だと電気自動車のセル単価は2万円/kWhぐらいでした。リーフの場合、40kWhで80万円。リーフの電池パック交換は約60万円という情報がありますから、セル単価は2万円/kWhを切っているんでしょう。いずれにしろ、自動車部品としてリチウムイオン電池はダントツに高価ですね。0.5万円/kWhぐらいになると、一般化するのかな。

さて、電気親衛隊もそろそろ飽きてきたので、自転車乗り親衛隊に戻ります。
でも寒い。。。^^;

2018/12/28 18:48  [191-32655]   

 R2-D1さん  

ディープ・インパクトさん

縁側に書いた情報の削除を迷っているとのご心配、お察し致します。メーカーに問い合わせ中との事ですが、私も何か役に立つ情報が聞ければと思い、リンク先に載っていた経済産業省の窓口に電話で聞いてみました。

対応していただいた方は、あくまでもその方が説明出来る範囲でという事でしたが、大変丁寧に対応してくださいました。なお、アマゾンからのそのメール、今までアマゾンで購入したユーザーに一斉に配信されたようで、同様の問い合わせが多数来ているとの事でした。但し、最近になってまた新たな問題が発生したというような話はされていませんでしたので、以下にまとめた内容には、特に新しい情報は無いと思います。また、いきなりアマゾンの商品ページが削除された理由についても判りませんでした(その件の問い合わせはメーカーへ)

以下、担当の方が話してくれた内容の要点をまとめます。

・以前の ACアダプターはその中身の回路が不十分で、過充電を起こしそれが原因による火災を伴う事故が3件報告された(回路の問題)

・ACアダプターを販売するには、日本の法律では PSEの届け出(アダプター本体にPSEマークが書いて有ること)が必要だが、それが無いものも流通しているのが確認されている(法律の問題)
※但し、アマゾン等で海外の会社が直接販売しているものや、海外の会社から委託を受けてアマゾンが発送しているものについては、必ずしもその法律が適用されるわけではない。

・ACアダプターにPSEマークが付いていれば法律的にはOK。

・但し、リチウムイオンバッテリーは、日本製であっても、海外製であっても、事故は確認されており、使用する際は目の届くところで使用する事が望ましい。

以上となります。


以下私見ですが、アマゾンからのメールの文面だけを素直に捉えると、単に過去に出荷されたACアダプターの問題であって、その後の対応済みのものだったら問題ないと受け取れます。また、経済産業省の方が説明してくれた内容も、主にその過去のACアダプターの不具合についてで、それ以外の事は特に話されませんでしたので、これらの点から判断すると、ACアダプターが対応済みのものであったり、最初から ACアダプター使うつもりの無い私等にとっては、関係の話なのかな?と、思っています(しかし、今後配信される情報には十分に注意していきます)

(補足)
※私のACアダプターを確認したところ、対応済みの型番でしたし、PSEマークもありました(凄く小さな文字ですが、高山企画株式会社の文字の左隣に書かれています)

※アマゾンの商品ページが削除された理由はメーカーに聞いてみないと判りません。ちなみに、アメリカのアマゾンでは、商品ページは残っているものの、出品者が全て削除されていて、買えない状態になっています。メーカーは世界相手に商売していますので、当たり前ですが日本だけの問題では無いように見えます。日本を含めて世界のどこかで、不良ACアダプターによる事故が、また最近起きてしまったんでしょうかね?
https://www.amazon.com/dp/B01M260BAN/ref
=cm_sw_em_r_mt_dp_U_lMBjCbG4HE4XP

2018/12/28 19:57  [191-32656]   

家系は卒業 さん  

2018/12/28 20:23  [191-32658]  削除

 家系は卒業さん  

PS5Bのリコール実施率や回収率が低くて経産省に怒られたのでしょうね。「新たに販売している場合じゃないだろ、やることやれ!」って(笑)

しつこいな!と思われるかもしれませんが調べたことを書きます。なにぶん電気知識が浅く頭の出来も悪いので間違い等あればご指摘お願いします。なんせポータブルバッテリーの仕様書きの見方すらチンプンカンプンなので。

○mAh,AhからWhに変換する計算方法(表記の見方)
Wh = Ah × V 
S270での計算例@: 150Wh = 13.5Ah (13500mAh) × 11.1V
S270での計算例A: 150Wh = 40.5Ah (4500mAh×9個) × 3.7V
※ S270での計算例@は3.7V/4500mAhのセルを直列に3個接続した合計。計算例Aは3.7V/4500mAhのセル9個の単純な容量合計値(素人の推測)

だからS270のリチウムバッテリーは3個のセルを直列した組セルを3個並列接続したものではないのでしょうか。
 
PS5Bでの計算例@: NO DATA   
PS5Bでの計算例A: 444Wh = 120Ah (120000mAhセル詳細、個数等不明) × 3.7V
※1 PS5BのWh数はsuaokiのホームページから引用 amazonなどでの400Whという数値はおそらく放電深度(満充電量に対して実際に使える電気容量)がPS5Bの場合80%程度ということで放電深度を90%に見せかけるように表示を変更しているのではないか(素人の推測)

リチウム二次電池の急速充電を調べていますがそちらはまた別にコメントします。頭の良い人は「何を今更」というコメ内容かもしれませんが頭の良くない私には上記のことすらわからなかった(苦い汗)

skogen先生、そう言わずにもう少しお付き合い頂けると助かります。なんなら自分もイチから親衛隊の修行をいたしますので(笑)カリ城のカゲやプライドの番人ゲーリーグッドリッジのような働きは出来ませんが出来る範囲で頑張ります!

2018/12/28 20:27  [191-32659]   

>※私のACアダプターを確認したところ、対応済みの型番でしたし、PSEマークもありました(凄く小さな文字ですが、高山企画株式会社の文字の左隣に書かれています)

このPS5B、、、というかsuaokiの製品については、どうも登場人物(ブランド名?)が多いですね。
まずは、PS5Bの本体についている"suaoki"(ブランド名?)
その製造元と思われる"メイヤンパワー新エネルギー有限公司"
そして日本の輸入・販売元の"Amazon"及び”高山企画”
(ちなみに、PS5Bは今だに高山企画からYahoo shopping経由で買うことができますし、suaoki本体からも購入することが可能な様ですね。)

以下は想像です。信頼度0.05%位だとお考えください。

新ACアダプタには”高山企画”という名称が書かれている様ですから、日本へ出荷するために高山企画がACアダプタを日本国内で調達した様に見えますね。つまり、高山企画はPS5Bを売るためにある程度の自腹を切っているので販売をやめるわけにはいかない。もしくは高山企画とsuaokiは近い間柄である。なぜなら、AmazonからのPS5Bにも高山企画名義のACアダプタが付属されているから。

>メーカーは世界相手に商売していますので、当たり前ですが日本だけの問題では無いように見えます。日本を含めて世界のどこかで、不良ACアダプターによる事故が、また最近起きてしまったんでしょうかね?

一方Amazonはそんな縛りは無いので、理由はともあれ爆発事故を起こした製品を自らの販路で売るには問題だと判断し、在庫がなくなるもしくは契約が終了する期をねらって抹消処理をした。

しかし、suaokiのHPのCompany Profileって会社のことはあまり書いて無いですね。メイヤンパワー新エネルギー有限公司に至っては急ごしらえのHPだし、この辺りは中華ならではってところなんでしょうか。

2018/12/28 20:46  [191-32660]   

ディープ・ インパクト さん  

2018/12/30 23:55  [191-32666]  削除

 skogenさん  

ざっと見た感じ、amazon.comのレビューにはACアダプターが熱くなるという話は見当たらないですね。

最近は電源電圧を選ばないグローバルACアダプターが多く、PS5Bもグローバルタイプだったようです(ユニバーサルって書くことが多いですが、全宇宙って事は無いからグローバルって書きときます ^^;)。

なんで日本のAC100Vで爆発・火災となったんでしょう。コンセントの電源電圧は日本だけが100Vで、北米は115Vとか120Vとか、ヨーロッパは220Vとか230V。

想像するに、ACアダプタに入っているスイッチング電源でPS5B本体の規定電圧にしないといけないところ、100Vだとスイッチング電源に入力すべき電圧・電流が不足して、結果、パワーが不足して、前段とスイッチング電源に負荷が掛かり過ぎた。つまり、設計に余裕が無かった?

普通には100Vで使った方が安全そうに見えますよね。でも、ここが最初に書いた電源の一般的な考え、「負荷で消費されるパワーよりも大きなパワーを持つ電源を使い、動作に余裕をもたせる」と関係しているのかも知れません。(あくまで推測です)

電気機器・電子機器って想像以上に高温になります。例えば、ACアダプタにも入っているトランジスターで熱を発生する部分は100℃ぐらい。熱くなってもきちんと熱設計されていれば問題は無いです。

でも外見でそういう信頼性は分からないですね。ユーザーが判断するのは難しいですが、このケースについては「電気用品安全法に基づく表示に関しての不備」とあるのは重要ですね。普段、PSEマークは気にして無かったけど、ネットで電化製品を買うときは気をつけないといけませんね。

2018/12/29 11:23  [191-32668]   

 R2-D1さん  

このブログ主、このバッテリーのファンの方のようですが、以前にもアマゾンから削除されたり、再開したりした事があるとか、その後の経緯とか、色々詳しく時系列的に書かれていて参考になりました。

リコール問い合わせてみました(アダプター&事故情報)【suaoki 120000mAh/400Wh PS5B】
https://kini-mono.com/suaoki-ps5b-recall
-01/

2018/12/29 23:09  [191-32673]   

たしかに考え方次第ですね。

経済産業省からは以下の様に報告されていますが、よく見ると「これまでに販売されたPS5Bに附属しているACアダプターは、日本の輸入事業者名の表記がないことが確認されており、電気用品安全法に基づく表示に関しての不備が認められる=(ACアダプタ)」と”事業者の名前が書いてないという不備が問題”と書いてあるだけで、爆発事故の原因がACアダプタのせいであるとは書いていない様に見えます。つまり、爆発原因は不明なのだと私はとらえました。また、ACアダプタを変えるのはあくまで”予防”なのだと。

これをあくまで”ACアダプタのせい”ととらえるかどうかは、個々の判断に問われる部分なのでは無いかと思いますが、信用にあたいするかは個々の判断に任せられるところなのでしょう。

私なら怖くて使えませんが、、、。

----
当該製品は、事故発生の可能性が非常に高い状況にあり、出品・取引が確認されたネットショッピングモール等には、経済産業省からPS5Bの危険性の周知と取引の自粛を呼びかけております。

PS5Bを保有している事業者と個人の方々におかれましても、使用の中止と取引の自粛にご協力お願いいたします。
なお、これまでに販売されたPS5Bに附属しているACアダプターは、日本の輸入事業者名の表記がないことが確認されており、電気用品安全法に基づく表示に関しての不備が認められることから、現状、国内での取引はできません。
当該製品を製造した中国の事業者である、メイヤンパワー新エネルギー有限公司は、PS5Bによる火災を予防するため、PS5Bに付属しているACアダプターを無償交換するリコールを開始しています。
----

2018/12/29 23:15  [191-32674]   

やすりお さん  

2018/12/30 19:50  [191-32675]  削除

 skogenさん  

「PS5Bに付属しているACアダプターを無償交換する」という部分がリコールに関する情報ですね。事業者名とPSEマークの表記に関する部分は、国内での取引禁止に関する話で、リコールとは別の話かと思います。

この通知は、経産省のリコール情報の中には入っていないので、単なるリコールとは異なる扱いのように見えます。法律に違反した上に、重大事故を起こしたからでしょうか。

リコール情報を見ると、ACアダプターは2007年以降で22件なので、ACアダプターが特別多い訳じゃ無いと思いますよ。技術的には十分に成熟しています。

http://www.meti.go.jp/product_safety/rec
all/index.html


使い方が悪いとか、ノーブランドの粗悪品で事故という話は多いのかも知れませんが、ACアダプターのリコールの中でも爆発・火災というのは事例が少なく、PS5Bの件は経産省の発表の通り重大事故と言えると思います。

2018/12/30 16:10  [191-32676]   

 家系は卒業さん  

PS5Bって不思議な製品ですね。

HPやブログを見るととても評判良い。当然ここでもお勧め製品。今回の件も不思議とPS5Bに対して悪感情はいだきません。でも仕様がいまいち良くわからない。400Whなのか444Whなのかとか本当に使用セルは2200mAhなのかとか。2200mAhって結構容量が小さな部類ですよね(謎) 仕様書きにある12000mAhというのも計算が合わない。まあ私の知恵が足りない可能性は多大ではありますが。。。

amazonでも国内ユーザーからの評価はとても良い。一部の海外ユーザーの中にはやはりACアダプターの熱問題に対して書かれていた方がいましたが。
http://a.co/d/1ioA5VR
上記ページのCaleyさんという方がそう。ちなみに120Vで使用されているので北米の方ですかね。

原文 The power unit is fine, but the charging
transformer is dangerous. It gets so ho
t that it is almost hot enough to cause
pain when touched.
訳文 電源装置は問題ありませんが、充電トランスは危険です。 それはとても熱くなるので触れると痛みを引き起こすほど十分に熱い。

使用されているACアダプターがどのタイプなのかはわからないのでこれ以上なんとも言えませんが、国内100Vだけの問題では無いのは確かそうです。まあソーラーパネルで使うぶんには問題なしということで良いのかな。

最後にリチウムバッテリーが発火したら水かけたら駄目。国内の事故の際は知らずに発火発煙している状況で水をかけちゃったのかも。そりゃ当然爆発しますよね(適当)

2018/12/30 16:52  [191-32677]   

 kapa_さん  

R2-D1さんの

>・以前の ACアダプターはその中身の回路が不十分で、過充電を起こしそれが原因による火災を伴う事故が3件報告された(回路の問題)

より、経済産業省の認識は現時点でACアダプターが原因と見ているようですね。
(単にメーカーからの報告に不自然な点が無いから受理しただけだと思いますが)

その対応から、ACアダプターの3件以外事故は報告されていないと見て良いと思います。
「現状」対策ACアダプターを使用した場合は問題があるとは言えないでしょう。

意外だったのはACアダプタがDC電源を供給するだけではなく、充電コントロールをしているであろう事。
てっきり太陽電池入力回路のDCDCコンバータ以降に接続して充電コントロール回路は共用かと考えていました。
太陽電池での充電は事故とは別物と考えて良いと思います。

PSEについては事故とは切り離して考えるべきで、10中8,9不具合のあったACアダプターで申請出しても通ったと思われます。
(同じIEC準拠規格であるULやCEは通っています)

事故原因の報告を期限内に出さなかったりしているので、私なら新規の購入はしませんが持っていたら安全と考えられる範囲限定で使うかな?


注意:問題があるとは言えないですが、問題無いと保証している分けではありませんのでご了承ください。

2018/12/30 17:23  [191-32678]   

 kapa_さん  

おお、時間かけて書いてたらskogenさんと被ってしまった。

>ACアダプターのリコールの中でも爆発・火災というのは

ACアダプターが爆発とか考えにくいです。
バッテリーの方だと思います。

あと、供給電源は100Vでも出力が30Vであることと、供給源がコンセントなので電流不足も考えにくいのでパワー不足は無い気がします。
原因が過充電なので、設計ミスか検出器の不良かな?

2018/12/30 17:32  [191-32679]   

やすりお さん  

2018/12/30 18:49  [191-32680]  削除

やすりお さん  

2018/12/30 19:49  [191-32681]  削除

スレ主 tour-neyさん  

https://engawa.kakaku.com/userbbs/191/Th
readID=191-32682/



まもなく満杯になります。作りました、ヨロシクお願いします。

2018/12/30 19:49  [191-32683]   

>PS5Bって不思議な製品ですね。

不思議な製品というのは言い得て妙で、多分調べられた方はいると思いますが、PS5Bと名乗っていて仕様も形状も同じと思われるバッテリーが種々の会社から販売されていますよね。ちょっと調べただけでも

suaoki、PowerOak、Sekiya、CSP、AcoPower、無印 and etc..

そしてご丁寧にそれぞれのメーカーには独自のHPがあるわけなので、となればやはりsuaokiが開発というよりも裏、、、もしくは裏の裏の中華メーカーが作っていてバッジだけ付け替えて各社へ供給しているというのが正しい見方なんじゃないかと思います。それが”メイヤンパワー云々”かもしれないし、さらにその裏があるかもしれませんが、中華メーカーによくある手法なんでしょうし、自転車でもよく見る話ですしね。

じゃsuaokiという会社が信用できるかどうかは、suaoki本体のHPから日本向けに直販していることも考えれば、爆発事故の件はおいといてもリコール情報くらいはそのHPに載せても良いでしょう。でもそういう記載は確認できませんでした。お国柄の違いはあるかもしれませんが、日本のメーカーなら当然やるでしょう。

とはいえ、中華メーカーにそこまで期待を寄せるのもどうかとは確かに思いますけどね。

2018/12/30 20:35  [191-32684]   

返信数が100件を超えると、このスレッドには返信できなくなります


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
自転車道場
自転車道場をお気に入り登録
運営者:
ディープ・ インパクトさん
設立日:
2010年3月27日
  • 注目度:

    1(お気に入り登録数:293件)

該当掲示板はありません

縁側モバイル

携帯からも「縁側」の閲覧と投稿を行うことができます。
以下URLまたはバーコードよりご利用下さいませ。 http://m.kakaku.com/engawa/ 縁側モバイルQRコード

ページの先頭へ