縁側 > スポーツ > 自転車 > 自転車総合 > 自転車道場
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

自転車にpassion(情熱)のある人書いてください。
自転車道場目次
https://engawa.kakaku.com/userbbs/191/Th
readID=191-33496/

  • 自転車道場の掲示板
  • 自転車道場の伝言板
  • 自転車道場の投稿画像
自転車道場の掲示板に
自転車道場の掲示板に新規書き込み

スレ主 tour-neyさん  

http://engawa.kakaku.com/userbbs/191/Thr
eadID=191-17158/
 
満杯になりそうなので、新設しました。概要は前のスレをご覧ください。

2018/2/2 08:44  [191-28651]   

 tukubamonさん  

DT SWISSのspoke calculatorは登録しなくてもできますよ。
一番下にスクロールして、Anonymous use(匿名使用)にチェックを入れて「continue without account」へ行けばOKです。

私はDT SWISS以外の計算機も使い、参考にしてからスポーク長決めます。
大体1〜2mm短めで良いように思います。

2018/2/2 21:52  [191-28659]   

スレ主 tour-neyさん  

tukubamonさん、ありがとうございます。ゲストですか(゜ロ゜)分かって良かったです。


ホイールばらす時に、スポークどう緩めますか?

リムの腰折らないように、組の逆手順で、右フランジを一周ニップルを一回転緩め、左フランジを一周一回転緩め...でやってます。


私の回りは気にせず、ニップル一個ずつ(素手で緩む位)緩めて全週外す感じです。(えぇ!って思いましたが)


ホイールは今届いたので、ハブ弄ってから早速バラしていきます...

2018/2/3 12:48  [191-28680]   

 tukubamonさん  

ホイールのバラしはあまり経験ありませんし、スポークもニップルも、勿論リムも使い回しはしないので考えもせずバラしてました。

片側1周ではなく、バルブホールの所から左右同時にネジ1回転弛め、リム2周くらいしてから完全バラし。
ホイール組みの反対の手順で。

練習ホイールのリムは再利用するんですね?歪みとか大丈夫なのかな?
歪んでいたりするといくら頑張っても無理ですもんね。

2018/2/3 13:51  [191-28681]   

 skogenさん  

部品の取り付け・取り外しの場合、ネジを締める時と逆の順番で緩める、と習うと思います。でも、塑性変形しないものは緩める順番はどうでも良い、だったかな。

テンション構造のホイールの場合、複数のスポークでテンションを分散しているので、均等にテンションを分散させながらスポークを張らないといけません。そうしないと、スポークテンションが本来より少ない本数のスポークに集中するので、スポークが塑性変形する可能性があるから。リムも同じ。でも、これはスポークテンションがギリギリまで高くしてある場合。

そういうホイールは、締めた時と逆の手順で緩める必要があるでしょうね。

普通のホイールはスポークもリムも塑性変形までかなり余裕があるテンションしか掛かってないでしょうから、緩める順番は気にしなくて良いと思います。

増し締めする時は、一応、そういう事を考えながらやってますが、塑性変形ギリギリまで締めるなんて技術は無いので、その効果は気持ちだけ。^^;

2018/2/3 16:13  [191-28684]   

スレ主 tour-neyさん  

ママチャリのリム組は、そんなガキンガキンに張ってはないと思う?のでアドバイスに従って行います、ありがとうございます!あとは練習...

2018/2/3 22:10  [191-28692]   

 skogenさん  

少し補足

例えば、意図的にテンションを1本だけ残し、そのスポークに対向するスポークのテンションを1本だけで受けたとします。クロス組は分かりにくいので、ラジアル組で考えます。

24Hの場合は片側12本なので、図に示したように、1本のテンションを残し、反対側5本のテンションを残します。向こう側にある15度で位相ずれした12本のテンションも同じように抜きます。

このモデルだと、5本のテンションが1本に加わります。ベクトル和を取ると、スポークは両隣と30度ずつ離れているので両隣1対で1.7倍、その両隣で1倍となり、合計3.7倍のスポークテンションを1本で受けます。

緩い張り方だとスポークテンションは40kgfぐらいなので、3.7倍で148kgfとなり、これはちょっとヤバイぐらいのテンションになります。

実際には、テンションを抜いた時にセンターが上下左右にずれていくので、ここまで大きなテンションは掛かりません。

2018/2/4 09:29  [191-28695]   

スレ主 tour-neyさん  

カスタムジャパンのリム組ですが、ハブのオーバーホールして空転測定。(1944円)

26インチ(分数)アルミリム (タチ付属ですが)リムバンド取った。グリスアップ済み。→結果 1:50 駄目じゃん(笑)

というか箕浦FT- 50で、しっかりハブ軸掴むのにコツがいるようです。最初ハブ軸も一緒に回って焦る焦る(笑)ということでいよいよ練習します。(→実況するなって(゜゜;)\(--;))暫く、書き込み停止します。

2018/2/4 19:15  [191-28709]   

 kapa_さん  

tour-neyさん

>グリスアップ済み。→結果 1:50 駄目じゃん(笑)

え?タイヤ付けてないでしょ?タイヤ付ければ確実に2分超えますよ。
タイヤ付けててもiWant R Claris-Hのホイールより良い様な・・・

どのみち練習ホイールには十分かと。

2018/2/5 00:18  [191-28718]   

スレ主 tour-neyさん  

Kapa_さん、おはようございます。
ママチャリだとタイヤが重いので、外して記録してます。(皆さん、ロードはどうしてたっけ)
Youtube自転車道場は、マイパラスm501ホイールがキッチリ二分回ります。ただ、マイパラスと同じハブっぽいものの、精度が一枚落ちる...

ただ盛り上がりたかったので、調整追い込んだだけで練習には充分です(笑)さて、弄るなら明日以降です、頑張ります。

2018/2/5 08:34  [191-28724]   

tour-ney さん  

2018/2/12 22:31  [191-28804]  削除

 16fumiさん  
折ったスポークです

質問させてください
恥ずかしながら不注意でスポークを折ってしまいました。

ホイールはフルクラム レーシング3リアの反フリー側一本です。

補修部品は個人での取り寄せは不可能でショップ経由になる事と、スポークは複数本(セット)で取り寄せになる事が分かりました。

純正部品が好ましいのは分かるのですが、他のストレートスポークでは修理不能でしょうか?
 フレ取り台はあります

http://www.trisports.jp/?q=catalog/node/
7869

2018/3/5 20:40  [191-29140]   

たぶん純正以外はダメだと思います。シマノと形状が違うし、純正以外で合うなら、フルクラムのスポークは1本1500円位しますから買う人誰もいなくなるでしょう。5本売りでしたっけ?
なんかすごく高いという記憶だけ残ってます。僕が修理したものは3本折れたので複数本買っててよかったですが、フルクラムって結構折れるので今後の予備と思って置いておくしかないですね。

ショップで1本だけ売ってくれるところがあればいいですけど、フルクラムでも種類が沢山あり、僕の知り合いの自転車屋でも在庫は持たず、修理頼まれてから注文出しています。
他で代用できないから、ものすごく高い値段設定でも売れるんでしょうね。
純正買うのが結局一番安いんじゃないかなと思います。

2018/3/6 09:22  [191-29145]   

シマノ ホイール WH-RS010-PCB 前後セット 11S ¥ 10,525
http://amzn.asia/fQZ7RR2
の情報です。2018年3月21日に届いたもの。
重量 前915g 後1205g *クイック含む総重量です。
リム幅 外21mm内15mm リアハブ左ワッシャ幅7mm クイック長 前133mm 後163mm
付属品8〜10速用1.85mmスペーサー1枚 ベアリングはリア片側9個×2=18個 フロントは今回分解していないので個数は確認していません。たぶん11個×2=22個だと思うけど、もしかして違うかも??今回は個数確認パス。
スポーク&ニップル太さ 15番
説明書 7カ国語(ごちゃごちゃいっぱい)日本語がない!
製造国 マレーシアシマノ

振り、前後縦振りなし、横1mm以下 再調整必要なし(道楽でやるならどうぞ)
回転秒 前後90秒 これも再調整必要なし 入っているシマノのグリスはとても柔らかくて抵抗すくなくAZウレアグリスに交換しても、秒数は変わりません、なのでグリス交換はしない方がいいです。前後ハブはシールドの構造上、これ以上の回転秒数は無理、シールドを外せば伸びますがデメリットが大きく、このまま乗るのがベストです。

スポークは15番でL首なので長ささえ合えば普通のスポークが使えます。純正スポークを買わなくていいので折れた時の費用は1本100円以下で修理可能です。スポーク細いので軽い!
シールドはRS21やWHR500より進化していて泥や砂の侵入を防ぐ構造になっています。耐久性高そうです。

リア135mm化について
リアの左側ワッシャは7mmなので、これを12mmに交換してセンター取り直して組み直せば使えます。軸はギリギリ使えるかなという感じ、心配な人は135mm用軸に交換すれば完璧。その場合クイックシャフトも135mm用に交換必要です。

以上 WH-RS010情報でした。

2018/3/21 20:56  [191-29363]   

 2381さん  

非常に初歩的なことで申し訳ないのですが、ホイールの振れについてお教え下さい。

道場長のコメントに
>振り、前後縦振りなし、横1mm以下 再調整必要なし(道楽でやるならどうぞ)
とありますが、
@ホイールの横振れは1mm以下であれば実用上問題ないとの理解で宜しいでしょうか?
Aまた、縦振れの目安はどのようになりますでしょうか?

2018/3/23 07:56  [191-29376]   

>@ホイールの横振れは1mm以下であれば実用上問題ないとの理解で宜しいでしょうか?
はい。自転車屋では3mm以下は問題ないと判断されます。実用的には1mm以下なら問題ありません。

>Aまた、縦振れの目安はどのようになりますでしょうか?
縦は僕の場合は横より厳しく0.5mm以内です。WH-RS010はとても優秀でそのまま乗れる範囲です。
自転車屋の判断では縦振ってても不良とはみないです。客が不良だといっても平行線で整備やり直しは絶対やりません。3mmくらいなら泣き寝入り。

WH-RS010のレベルなら、自転車屋基準で言えば超優秀と言えます。
あとはどこまでやるかは道楽の世界なので個人の自由です。

2018/3/23 13:15  [191-29383]   

 2381さん  

道場長 様

素早い御回答 どうもありがとうございます。
これからのホイール(ミストラルのWH-R501)の振れ管理の指標とさせて頂きます。

2018/3/23 13:36  [191-29385]   

 m07035さん  

ご意見を聞かせて頂きたいのですが、↓のようなホイールはどうなんでしょうか?

@TOKEN(トーケン) C22A アルミクリンチャーホイール シマノ11s シルバー ¥49,999
http://amzn.asia/5E3DEuF

Aオリジナルホイール シマノ DURA ACE(9000)+マヴィック OPEN PRO(シルバー)+ブラスニップル(シルバー) チャンピオン1.8-シルバー \66,829
http://amzn.asia/9ucBNRc
http://www.worldcycle.co.jp/item/82203.h
tml


@のホイールは安価なのに圧倒的な軽さで、Aは素人目には最高の組み合わせかなと思うのですが。
4大ホイールメーカー以外の商品は品質大丈夫でしょうか?

2018/3/23 18:58  [191-29389]   

スレ主 tour-neyさん  

おぉ、練習どうですか?!って、まんまの動画だ(笑)→トーケンホイール

私は交換面倒なんで、RS-010で走ろっと。

2018/3/23 21:17  [191-29392]   

 rionsakurasterさん  

token c22a Zenith 1299gとシルバーの1384gでしたかな?
両方使いました

詳細は調べておりませんが、両者の違いはスポークの太さで他はわかりませんでした
ネット情報によるとリムはkinlin XR 200とのことですが、確認できていません
また、フロントハブのフランジ幅が狭いです
仕上げは丁寧で1299gは道場長基準に入っていました(当たりひいたかも)
シルバーはちょっと振っていました

以下、身長162.5cm 体重52kg 25km/h巡行程度の極貧脚の使用感です

結論からシルバーは私の極貧脚でもグニャグニャすぎて、現在は知人の所有です

1299gのほうはそこまでグニャグニャでなく丘めぐりライドとか坂きついライド
につかっています。

ネット上にあるインプレとほぼ同じ感じで
平地の巡行は苦手で登りや出だしは軽快です。ただ、全体にグニャグニャ感があり
登りでもなんとなくロスしてる感じはします、長い登りでは後半の疲れが少ない感じです
またRS21で60km/hでるゆるい下りでも60km/h出せませんでした、また下りコーナもフロントのたよりなさで攻めた倒し込みも怖いです。
正確に計測したわけではないですが、制限体重80kgとなっていますが、実用的には
もっと軽くないとダメだと思います、また、剛脚のかたもだめだと思います。

現在5万円程度の実売価格ですが、気に入るかどうかギャンブルですね、
そこまで投資するほどの価値はないと思います、特にシルバーはお勧めできないですね。

ゾンダ、レー3以外に候補を挙げろと言われると、
 prime pro
なんかはいかがでしょうか?
実売価格33000+関税程度、重量結構軽いです
リムはAmerican classic、ストレートスポーク、チューブレス対応です
現在、open corsa sc2 25c入れて運用しております。(まだ走行短い)
c22aほどのグニャグニャ感もなくフロントのフランジも広くスポークもしっかり張ってる
ので下りもガッツリいけます。平地もそつなくこなし、登りも悪くないです
特に特記すべき特徴はないのですが、悪い感じもしません、少々つまらない感じがする
かもしれないですがc22aよりはいいと思います。

あと気になっているのが、のむラボホイールですがこれは所有しておりません。

RS21からステップアップって思ってみても、なかなかいいもの見つからないですね

2018/3/23 22:41  [191-29395]   

@はハブがネックでしょうね。リムも弱そうだし、WH-RS010の方が走ったりして。

Aは重量重い、あと自転車屋で組んでもらう時は自転車屋レベルなので、そこは覚悟しておいた方がいいです。ホイールは組むスキルで天と地ほど変わります。一流の部品使ってもスキルの低い人が組むと3流のホイールができます。

手組はどうしても値段高く重量重くなるので完組いっちゃいますね。
のむラボホイールは実物みたことがありませんが、軽量ハブは耐久性どうなのかな??
ノバテックなんて、やっぱりすぐ壊れます。僕は重量より頑丈さを優先するので壊れそうで軽いものより、頑丈で重い方がいいです。

100km走って山奥で壊れて歩きなんて、あんまりやりたくありません。
のむラボさんも大量に生産して売ってるみたいなので、やっぱり完成度は自転車屋レベルじゃないのかな?とか思いますが実物みないとわかりません、買う予定ないので見ることないですけど・・

RS21は完成度高いので、これを越えるホイールはなかなか難しいと思います。

2018/3/24 00:36  [191-29396]   

 m07035さん  

tour-neyさん、tokenホイールはまんまの動画から見つけました。
あの動画、とても面白いですね。

やはりRS21からのステップアップは難しいですね…。
カンパフルクラムに行きたいのですが、バネ折れだけが心配でして…。

2018/3/24 01:10  [191-29398]   

>バネ折れだけが心配でして…。
最近のは折れないと書かれている人も多いので、そっちに賭けてみるのもいいかも?
折れたら折れた時ですね。

2018/3/24 09:27  [191-29401]   

 鶏 泰造さん  

コスパや走りの軽さを重視するなら、手組みはないですね。

 手組みにするメリットは、

1.多スポーク低ハイトリムならではの乗り心地のしなやかさ。
2.整備しやすく、スポーク折れも起こりにくい。
3.落車で変形させても、応急修理で急場をしのげる可能性が高い。
4.組むのが楽しい(自分で組まなきゃもったいないです)。

 ぐらいかな。

 かく言う私は、その4つを重視して手組みですけどね(^_^;)。

2018/3/24 10:19  [191-29403]   

 skogenさん  

> 最近のは折れないと書かれている人も多いので、そっちに賭けてみるのもいいかも?

そうそう、保険のスレでも話が出てますが、自転車に乗るからにはいつ自走できなくなるか分からない、という覚悟が必要だと思います。バネ折れなんか、落車や事故で走れなくなるより頻度低いです(私の経験の範囲内では)。

ロードバイク用のDuraハブとOpenProの手組みホイールは私も考えたことがあります。

回転はピカイチで、頑丈で、精度も高い。でも、良く出来た完組みホイールと比べるとメリットあまり無いです。

まず、ディープさんも言われているように重いです。でも、平地なら少々重くても大したことありません。低速の漕ぎ出しが重いだけ。しかし、スポークの本数が多いので、空気抵抗が増え、特に速度が高いところで効いてきます。つまり、低速から高速域まで、良いところが無い。

スポークの本数が多いと、剛性はとても高いです。なので、下りのコーナリングなんかは有利です。しかし、登りは重いホイールは向いてません。山登りだけじゃ無く、平坦地の緩やかな登りもやはり不利。

という訳で、選ぶ理由があまり無いんですよね。

でも、脚力がとっても高い人は大丈夫です。
私の印象では、そういう人がDuraハブ+OpenProの手組に乗ってます。

2018/3/24 15:34  [191-29406]   

>スポークの本数が多いと、剛性はとても高いです。
これは組むスキル次第という注付き。たとえば競輪のホイールは36本組ですが、これをRS21並の剛性にするには、相当高い手組スキルが必要で、普通の自転車屋レベルなら16本ラジアル組RS21の70%の剛性もでないでしょう。

今の完組はよく出来ていて、これと同等に手組するには、厳しい修行が必要です。
町の自転車屋レベルだとRS21並には到底及びません。僕が手組やめたのは完組の完成度があまりにも高く、しかも値段が安い。あほらしくてやってられん!

プルミーノのホイールみたいに性能高い完組がなく手組以外選択がない場合は手組しますが、性能高くて安い完組がある場合は手組はしません。お金は本当に必要なものに使いたいし、整備する時間は最小にして自転車乗る時間を増やしたいので意味のない手組はしません。

2018/3/25 08:23  [191-29413]   

 tukubamonさん  
リヤ944g フロント710g

RS21を越えるホイールって難しいですよね。
平地で使うには不満は無いですから。
ただ、私は必ず山に行くので1800g超えは重すぎる。
リムも硬くてロングライドには、ちょっとなあと思っていました。

先日、WH-RS500が安かったので思わず買っちゃいました。旧6800と同じ、アルテグラグレードと言われていて確かに重量もハブの形も寸分なく同じ。
でも、ネーミングは微妙なRS500…
加えて安っぽさ全開のデザイン…
シマノはホイールデザイナーっているのかね?とても満足感を得られるデザインじゃない。

開封して回転を見てみたらフロントが30秒しか回らない。
調整しようにもロングアーレンキーが2本無いと緩められないから今日は見送り。

シマノはフリーは信頼あるし、部品も安く済むので普段履きにはもってこいだけど、あと100g軽ければもっと売れるんじゃない?
あとはチューブレスリムがちょっとね。。。

2018/3/25 18:23  [191-29419]   

tukubamonさん、写真2枚とも同じ944g。
6800はリムが重く、スポークが弱く、走った感じはRS21の方が上かなあと思いました。
チューブレスはリム重くなりますね。WH-RS500は知りません。ハブはシールドベアリングなので調整余地はほとんどありません。RS21は調整で大きく変わります、シールドはあまり調整余地ありません。

2018/3/25 18:39  [191-29420]   

 tukubamonさん  
こちらが本当のフロント710g

写真間違ってました。再掲載。710g
前後で1654g、ほぼカタログ通りシマノの精度は凄いですね。

RS21は回転性能は良いけど、やっぱり重い。。
いつも山で使うのでちょっと不満なんですね。
RS500はまぁ勢いで買っちゃった事もあるので、調整してみます。120秒目指して。
このクラスで1500gくらいだったら良いのになぁ。ホイール探しの旅は終わっている。

それよりも、トランプさんの発言で円高が進みますね。
アメリカNO1と言うからには為替レートはもっと上がると思う。
そのせいか、最近マビックが時々海外通販で安くなっている。
外国製ホイールを買う時期到来。かも。

2018/3/25 21:16  [191-29424]   

 tukubamonさん  
フロントハブ

WH-RS500球当たり調整しました。

固く絞められていたハブナット?をヘックスレンチの力技で外し、コーンも緩めて調整。
手で締め込んでから45度ギリギリの所まで緩めて再度組み上げ、空転させてみると1分20秒。

ダストカバーがハブに当たってシャリシャリ言うから影響しているんじゃないかな。このホイールの欠点。

とりあえず、回転の最後は振り子になるからここまでと思う。あとは実走して感触をみてみます。

2018/3/25 22:01  [191-29425]   

 鶏 泰造さん  

tukubamonさんのニーズに合うのは、カンパのニュートロンあたりではないでしょうか?
https://www.campagnolo.com/WW/en/Wheels/
wheel_neutron_ultra_clincher


円高で7万切ったら買いかな?

2018/3/26 08:04  [191-29427]   

 tukubamonさん  

鶏 泰造さん
カンパの異端児ニュートロン。。。
同僚がシャマルと迷ってシャマル買ったんですが、C15だったこともあり満足しているようです。

カンパはC17になってリム重量が増加、山専用となるとニュートロンは良いかもしれませんね。

悪魔が来たら買っちゃうかも。
手持ちのホイール全て処分すれば捻出できるかもしれないし。

2018/3/26 13:23  [191-29429]   

 skogenさん  

アルミリムだと軽いのはマビックですかね。キシリウムエリートUSTは軽く乗り心地が良いですよ。isopulse組もなんか良い感じ。

チューブレスの効果なのか、isopulseが効いているのか、なぜか上りが楽。

ただ、下りはカップ&コーンの剛性が高いホイールの方が綺麗に回り、真っ直ぐ進むように感じます。

勝手な想像ですが、isopulseはホイールの捻れが少ないんじゃ無いかと思います。チェーンからの駆動力を受けるスプロケットと、タイヤに力を伝えるスポークがハブ軸の両側に対称に位置し、駆動力が掛かる時にホイールが受ける左右からの力に対し、捻れが少なく、左右のバランスが取れている。

2018/3/28 08:28  [191-29450]   

 skogenさん  

Isopulseの効果はもう一つありました。

アンブレラ(日本語だとおちょこ)側のスポーク本数が多いので、横剛性が高い。Mavicの説明だと、こちらが重要っぽいです(スポークテンションが揃う、という説明が多いですが、それだとG3と変わらない。さらっと説明されているアンブレラの方が重要だと感じます)。

2018/3/28 08:50  [191-29455]   

 YoungWayさん  

skogenさん:

> アンブレラ(日本語だとおちょこ)側のスポーク本数が多いので、横剛性が高い。

Isopulseは、ドライブサイドが10本のラジアル、ノンドライブサイドが10本のクロスなので、
スポークの本数は同じではないでしょうか。
G3や2:1やOPTBALなんかがドライブサイドのスポーク本数がノンドライブサイドの2倍に
なっているタイプですね。

私がもっているIsopulseのホイールはKsyrium PRO SLになりますが、横剛性が高いのは確かで
リヤブレーキ付近のリムを持って左右に動かそうとしても、RS81-C24-CLよりはもちろん、
Neutron Ultraよりもはるかに動きにくいです。
しかしこれは、Isopulseによる左右テンションの差が少ないことに加え、フランジ幅が
目いっぱいとられていることと、スポークがアルミであることも効いているかもしれません。

Ksyrium PRO SLはもうカタログ落ちしてしまっているのですが、漕ぎ出しが軽く、登りも楽で
タイヤがの着脱が楽、そしてフリーボディがスチール製であるところも気に入っています。
少々値が張るのと、1000Kmくらいでフリーへの注油が必要なところは欠点ですが…

2018/3/28 23:21  [191-29466]   

うーむ。。。 さん  

2018/3/29 01:58  [191-29468]  削除

 skogenさん  

YoungWayさん

ご指摘有難うございます。
完全に勘違いしていました。2:1組の左右を逆にしたのがisopulseだと思い込んでました。

左右どちらも10本ですね。

説明を修正します。
Isopulseはアンブレラ側(ノンドライブサイド)のスポーク本数が2:1組より多く、横剛性を高くできる。具体的にはIsopulseは10本で、7本のG3組よりも有利になります。

#クロス組はラジアル組よりも横剛性が落ちますが、せいぜい10%ぐらいの低下なので、10本のクロス組の方が7本のラジアル組より有利です。

G3組についてもう少し見てみると、ドライブサイド(フリー側)のスポークは14本のクロス組、ノンドライブサイド(反フリー側)は7本のラジアルです。ドライブ側の14本のスポークはハブ軸のほぼ中央にあるため、横剛性への寄与は小さくなります。つまり、G3組で横剛性を決めているのは7本のラジアル組のスポークが大事になります。

#リムを横方向に押す力はスポークに沿った力(圧縮・引張力)とスポークに垂直な成分に分解されますが、垂直に近いフリー側スポークに掛かる圧縮・引張力は小さい。

Isopulseでは10本のドライブサイドのラジアル組スポークは横剛性への寄与は小さく、ノンドライブサイドの10本のスポークに大きな圧縮・引張力が掛かります。

駆動力の伝達について考えると、G3は7本のスポークでリムを引っ張りますが、Isopulseは5本です。こちらはG3の方が有利です。そのため、G3は駆動時の剛性が高い(硬く、踏むだけカツンと進む)のに対し、Isopulseは駆動時の剛性はやや落ちますが、スポークの伸びが多いため、脚への衝撃は小さくなります。(私の実感を交えてます)

フランジ幅についてはおっしゃる通りですね。例えば、RS21の剛性が高いのもフランジの寸法に依るところが大きいです。いくつかのホイールで横剛性を計算したのですが、まだ、検証途中なのでそのうち書き込みます。

2018/3/29 08:22  [191-29473]   

 skogenさん  

目下、横剛性マイブーム中。
ということで、検証途中ではありますが、横剛性に関する考察です(使っておられる方が多いRS21目線で書きます)。

リムの剛性のうち、横剛性、つまりリムに横方向の力が掛かった場合、どれぐらい変形するかを計算してみました。フロントリムについて、フランジ幅、フランジ径、リム高、スポーク本数、スポーク断面積、スポーク材質(ヤング率)から計算しています。

変形が大きい順に次のような値になります(数が少ないですが実寸が採れたホイールで比べます)。「値が大きい=変形が大=剛性が低い」となります。

RS010:1.19
RS21:0.96
キシエリ:0.77

計算上はキシエリが最も横荷重に強く、RS21がそれに続きます。

しかし、実測(リムを手で横方向に押した感じ)の結果はちょっと違います。
(測定方法に問題があるので、末尾に参考程度に付けておきます)

スポークの本数が少なくリムが高くないRS21は、フランジ幅・フランジ径を大きくし、スポークを太くして強度を出しています。スポーク本数を20本とすれば、さらに強くなりますが、重量も増えます。今の時代、カタログスペックでは重量が最重要項目なので、たぶん、マーケッティングの都合で仕方なく16本にした(邪推)。

以上です。

ーーーーー
以下、参考情報。
採寸したホイールジオメトリー等(mm単位)

rs21 front
スポーク本数 16本
フランジ幅fw 76mm
フランジ径fr 50
リム高rh 23
スポーク断面積sp 1.3*2.9=3.77

rs010
20本
fw 65
fr 46
rh 23
sp 3.14

ksylium elite
18本
fw 66
fr 46
rh 24
sp 1.5*3.5=5.25

racing zero
16本
fw 71
fr 46
rh 26
sp 2*4=8

#以下、測定方法に課題あり#
リムを実際に押した感じでは、RS010はRS21よりも横方向の力に強く、レーゼロが最も強い。感覚的な変形量の大小関係はこんな感じ。(変形しているところがリムだけでは無いので、この測定結果は怪しいです)

RS21>RS010≒キシエリ>レーゼロ

計算値と一致しないのは、計算で考慮していないスポークの位相、ハブボディやニップル、そしてリムの強度の差だと思います。たぶんハブの位相とリムが大事。定量化したいんですが測定が難しいんですよね。振れ取り台にセットして横から押して隙間を測ったんですが、ホイールの歪より振れ取り台の支柱の歪みの方が大きい。

床に水平に置いてリムの左右に体重を掛けて押しても、フォークに取り付けて押した場合と似た印象になります。これだとリムが僅かに撓み、リム剛性が大事だと分かります。

なお、レーゼロで計算すると変形は1.33になります。アルミスポークは太いですが、断面積は#14寸胴スポークの2.5倍なので、計算上ではスチールスポークより弱くなります(太さが3倍でスチールと同じ強度)。でも、手で押した強度はキシエリよりずっと高い。

ちなみに、クロス組すると縦剛性、横剛性ともに落ちますから、強度を確保するにはスポークの本数を増やさないといけません。強度の低下は3クロスでも10〜20%ですから、スポークが28本あれば十分で、スポークテンションをきっちと上げていれば十分に強い。別観点から、競輪選手の瞬間最大パワーに比べて、一般人のパワーは2/3以下で、しかも瞬間最大パワーを自転車に乗って出すのは一般人にはほぼ無理です。リムが弱い36Hのホイールで競輪がOKなら、普通の人が使うホイールとしては28Hで問題無いと思います。

2018/4/1 23:05  [191-29548]   

 16fumiさん  

おはようございます。
以前、レーシング3の修理について尋ね自分なりに一段落したので報告です。

何軒かショップを周ってみたのですが在庫は無し、取り寄せも複数まとめになるらしく正直面倒くさそうな対応でした。
結局、ダメ元で社外ストレートスポークを取寄せて自分で直すことにしました。
 
購入はpaxcycleさんでスポークとニップル、送料入れて800円位でした。

ニップルの誘導は、折れたスポークを短く切って差し込みそれをダイソーのネオジウム磁石で移動させました。
スポークホルダーとニップル廻しはpwtの物を使いました。

フレ取り台に乗せて、スポークを徐々に張ってみたところ縦フレは偶々おさまったのですが、どうしても横フレを完璧に取ることが出来ませんでした。目視では1mm位だとは思うのですが…

ついでに、玉あたりとフリーのグリスアップを一緒にしておきました。フリーターに何を使って良いのか解らなかったのでセラミックグリスを大量に入れておきました。
バネの消耗具合ですが、これってぶっちゃけ外さないと確認できない気がします。でも外すと弱りそうなので交換品が無いのにわざわざ触る必要も無いので今回はそのままにしておきました。

その後、500km程走ったのですが今のところ異常は無し。
問題は修理前のホイールと比べてどうなのか?という所でしょうけど
自分的には体感するほどの違いは正直分かりません。修理してる間に鉄下駄ホイールを乗り込んでいたのもあるかもしれませんが軽いのはたしかです(雑ですね

一時諦めていたホイールが再び乗れるようになったので正直に嬉しいです。カーボンリムホイールは諦めてしばらくこれを乗り込みたいと思います笑


2018/4/4 08:00  [191-29583]   

 skogenさん  

高価なホイールですから、スポーク飛びだけで使えなくなるって諦めきれないし、かと言って、壊すような修理は控えたいし。直って良かったですね。

調べるとレーシング3の純正の交換部品spoke mini kitだと3種類ぐらいスポークが入っていますね。それと同じ長さのストレートスポークが使えたんですね。

購入店なら心良く対応すべきですが、そうでなければ面倒臭がるのは分かる、でも、それって良くないと思います。フルクラムを扱っている業者なら、他にもいろんなブランドを扱っているから、他のパーツと合わせて送料が掛からない非定期便に入れてもらえるんじゃ無いかなぁ。まぁ、お客にどう対応するのかは、お店側の自由ですけど。

のむラボ日記(2018/04/03)にレーシングゼロのスポーク交換の振れ取りで似た話が出ています。

交換したスポークのニップルを調整するだけで元に戻る、他のニップルを触るな(同業者向けの警告かな)、とあります。スポーク交換は頻繁に記事にされていて、似た話がたまに出てきます。でも、何やら秘技が必要なようで、、、どうやるんでしょうね。

何やら余計なことをやる自転車屋さんの尻拭いをするケースが多いようで、イラっと来ちゃうんでしょうね。はんだ付けで苦労した昔を思い出します。下手がやった基板の修正ってかなり苦痛で、ゼロからやった方が遥かに簡単で綺麗に、当然、性能も上に仕上がるんですよね。

2018/4/5 08:32  [191-29602]   

 skogenさん  

秘技について推察してみました。

「リムに体重を掛けて、テンションを緩めた状態で締め込む」かな。

以上、雑談。以下、雑談。

この問題は、1本だけ緩めてしまったスポークテンションを元に戻す、と換言できます。単純な力学系なので原理的には締め込むだけで元に戻ります。しかし、ホイールの力学系はリムという構造体を中心力で変形させる、というやっかいな問題になっています。多体問題みたいな感じ。

ハブを太陽、リムを惑星の軌道と考えると、ハブが動くと考えるのが天動説で、リムが動くと考えるのが地動説。でも、そういう古典的なお話では問題は解決しません。現実の天体系は解が求まらない多体問題になっていて、中心は無く、どちらも動くと考えないといけません。(リムとハブの2つなので二体問題、では無くて、リムはあちこち変形する構造体なので多体系)

なので、緩んだスポーク以外のニップルを触ると、解に近づくのが難しくなる(ちょっと大げさ ^^;)。

アルミスポークのレーシングゼロの場合、スポークテンションがとても高いので一度変形してしまったリムとニップル部を1個のニップルだけを締め込むことで、元の状態にあちこちを変形させて戻すのは難しい(ニップルの強度的に難しい)、という事なんでしょうね。摩擦力が入る事で、単純な力学系では無くなる。

1本のスポークは対向する複数本のスポークから引っ張られていて、それを変形するリムが支えている、という状態を想像すれば良いのかな。スポークを緩める順番について振れ取りのスレで話題になりましたが、緩んだスポークの考え方はあんな感じ(リムの変形は入ってませんが)。

2018/4/6 08:11  [191-29612]   

 tukubamonさん  
ヨンロク組み リムフラップ 込み QR無し

ホイール組みました。手持ちの10速ハブがあるので死蔵するにはもったいないし。

リムはDTSWISSRR440アシンメトリック
スポークは星の1.8mmプレーン、フリー側280mm反フリー側291mm ブラスニップル
ハブは7403(と思う)
重量は写真の通りなので1050gくらい。重いね。

6本組みは何度かやっているけど、ヨンロク組みって初めてやったから時間がかかった〜。イメージわかないんだもん。

アシンメトリックリムで、ヨンロクにすればスポークテンションが近くなって組みやすいとの事だけど、フリー側110kgf 反フリー側70kgfくらい。どうなの??
それ以前にPWTのテンションメーターの換算表が怪しいし。バデッドとプレーンで同じ値という事無いよね?
感覚としては、シングルに付いてきたホイールよりフリー側が固め、反フリー側が柔らかめくらい。なんともアバウト。。。

リム幅が広いので25Cの方が良いのかな?タイヤ選択も悩む〜
適応タイヤは19C〜35Cらしいんだけど、適応範囲広すぎるよ。かえって迷う。

2018/4/7 09:19  [191-29620]   

お疲れ様、RS21との比較レビューよろしく!

2018/4/7 09:57  [191-29622]   

 tukubamonさん  
RS21リヤ CS560012-27 rubinopro20C vittoriaultralight19-23 手組 CS570011-27 rubinopro25C vittoriaultralight19-23 手組フロント CXP33

手組ホイール、いつもの峠に試走してきました。
RS21との比較として写真UPしていますが、重量はほぼ同じ。
手組はタイヤが25C、RS21は20C重量差が80gくらいあるので、弱冠手組の方が軽い。

走った感じはあまり変わらないけど、RS21の方が高速で有利、35km/h越えてからは歴然。
乗り心地は手組。でも今日は6.5barだったのでちょっと固かった。空気圧はこれから走って煮詰めるしかないね。

肝心の峠では手組の方が速かった。
今まで10年1000本くらい上っているので感覚でわかる。タイムも1分以上早い。
リム重量がRR440は450g、RS21は535gあるそうだ。この辺の差かな。

今回、手組は輪行用ホイールとして組みました。
輪行は金属フレームの方が安心だし、スポークも多い方がトラブル少ないと思うので。

組んでみたらやっぱり手組は良いねぇ。スポークがピカピカ!
周囲とは明らかに違う。年寄りはこれが似合う(自己満足)

2018/4/8 16:00  [191-29633]   

 鶏 泰造さん  

tukubamonさん

 RR440、いいでしょ(^^)。

 私もこのリム+星の15番+前7400+後6700ハブで組んでますけど、なんかこう、「もうずっとこれでいいや」と思えるバランスの良さなんですよね。重量そこそこ、反応良好、乗り心地しなやか、整備性バッチリ、リペアも簡単、精度高いから組むのも楽。

 だからなかなか「次」に行く気になりません(^_^;)。

2018/4/8 16:31  [191-29635]   

 鶏 泰造さん  

高速域でRS21がいいのは、スポークの風切り抵抗が少ないからかも知れません。
初めて完組み(RS80C24)に乗ったときに、いちばん強く感じたのがそこでした。

2018/4/8 16:38  [191-29636]   

 tukubamonさん  

鶏 泰造さん
良いですね、RR440。
重量があるので今日みたいな風の強い日は安定します。
それでいてリム重量はそこそこだから反応性も良い。

乗り心地は多分良いのでしょうけど、今日は検証できず。
タイヤがrubinoだからダメかな?

高速はしかたがないです。32Hは空気をかき混ぜるのに相当な抵抗。
今日はしなかったけど、ダウンヒルでも完組とは差が出ますからね。

フロントも組むかどうか迷っています。CXP33まだ使えるし32Hだから完組の軽い物の方が良いかもしれないし。
手組楽しいですね。
乗り心地良く組みたかったのですが、フリー側を張らないと反フリー側がダルンダルンで結局110kgfに。
それでもセンターバッチリ出たので少しは慣れたのかも。
真円性も良いので振れ取りも楽でした。

2018/4/8 19:23  [191-29640]   

スレ主 tour-neyさん  

https://youtu.be/tc3IQVxGRjA クオリティが低いですが、時間制限あるので、お許しを...このクオリティであと最低5分縮めたい。

事前の講習受けたかったのに(学科がポイントなので)、定員オーバーで出来ず。実質初試験でぶっつけ本番って。はぁあ(。・´_`・。)

2018/5/8 23:08  [191-30130]   

 kapa_さん  

tour-neyさん

おお!これを25分ですか。
凄いですね。

2018/5/9 21:59  [191-30144]   

遊びでカーボンクリンチャーホイール買おうかと思っていますけど、もし使ったことがある方がいたらレビューお願いします。

買おうと思っているのは以下のどちらか(たぶんこれ同一商品ではないかと思いますけど)

IMUST 2018モデルTRIシリーズ 38mmハイトカーボンホイール  クリンチャー前後セット¥ 45,862
http://amzn.asia/gSWwkfK

ICAN(アイカン)カーボン 23幅 38mm深 クリンチャーホイールセット UD-マット 20/24H 1ペア¥ 45,862
http://amzn.asia/aAY8zTm

ハブの精度、フリーのラチェット音の大きさ、リムの熱放出、クイックの締まり具合などが知りたい部分です。使っていない方でも意見、感想などあればよろしく。*ワイドリムの方がカーボンクリンチャーの場合はメリットあるかなと思っています(実際に使ってみないとわかりませんが・・)。

2018/5/13 22:22  [191-30204]   

スレ主 tour-neyさん  

http://amzn.asia/4dXdEGt もしこれと同じならば、ノバテックハブですね。
アイカンはレビュー見るとNBK製?ブレーキ鳴きが許容範囲か...ラチェットは爆音ではないみたいですね。アイカンはロードフレームも出てるしアイカンにしますかね。

是非レビュー、お願いします。(バイパーに付けたら、あべこべ自転車になりそう、カーボンフレーム買えよって(笑))

2018/5/13 22:43  [191-30205]   

 ヘラーマンさん  

道場長、ICAN是非いってください。

私も以前これを人柱購入しようと思ってて色々調べていたんですが、ちょっと暇なくてそのままになっています。そのときに発見したかなり参考になるレベルでインプレしてるサイトがあったので載せておきます。整備は上手い方ではなさそうなのでハブについては細かくは書かれていませんが、走り自体はなかなか良さそうですよ。

TKTN日誌
【人柱】ICAN カーボンクリンチャーホイール インプレッション【掘出物?】
http://ssmtktn.blogspot.jp/2017/03/ican.
html



ハブは、モデルによりNovatecかPOWERWAYが使われている感じで、Novatecの方がラチェット音が大きく、Powerwayは静かでZondaより音が小さいそうです。道場長のリンクのはNovatecかな?音は大きめみたいです。あとクイックは軽いが華奢で品質はイマイチとのこと。普通という人もいるのでバラつきあるかも?

2018/5/14 10:50  [191-30209]   

 ATOK103さん  

道場長,インプレ待ってます。

 私は,ICANのフレームを買ったことがあります。そこそこ走るフレームでした。その時は,まだamazonへの出品も,ICAN自体の日本語サイトもなく,中国のサイトでつたない英語でやりとりしましたが,応対の印象は良かったです。質問に対するレスポンスは早く,安心して取引できました。多分私の整備ミスでFD台座にぐらつきが生じたときも,それを直すためのブラインドリベッターを無料で送ってきてくれました。

 クイックスキュワーも買いました。でも,これはだめですね。固定力不足。すぐお蔵入りにしました。

2018/5/14 12:46  [191-30210]   

アマゾンのレビューみると評価高そうなので、自転車道場で使ってる人いれば感想教えてほしいなと思いました。

たぶんハブはだめだろうなと予想していて、RS010をばらしてリムだけ中華カーボン使って組めたらなあと考えています。POWERWAYは全く知らないハブです。ノバテックは何個か使ったことがあります。ノバテックは精度は高いですが耐久性はありません。

カーボンリムは熱がこもるのが一番嫌な点。というのは僕は20%超える坂道を、よく下っていて前方から自動車がきた場合はブレーキ使って結構熱がこもるブレーキングになります。カーボンだとバーストするかなあと少し不安。アルミでもかなり熱い!幅が23mmだと少しましかな?

L字スポークはRS010と互換性がある感じなのでリムだけ使って面白いホイール組めそうです。リムだけ売ってくれれば大歓迎。あまり強く張るとリムの穴破壊するかもしれません、こういうのは実際に試行錯誤しないとわかりません。4万円1日でパーになったりして。

どっちにしても道楽なんで、まだ買うかどうか決めてません。
レビューではリムは振ってないというのが多いのでリムの精度はありそうな感じ。
高さは38mmが一番使いやすそうな感じ。カーボンクリンチャーもいよいよ道路で使えるレベルにきたかなと思っています。

みなさんのご意見お待ちしています。

2018/5/14 19:49  [191-30215]   

 skogenさん  

いまって完組ホイールの過渡期なのかな?
エントリーグレードの次の選択が難しいですね。
という訳で、そういう悩める人の悩みを深めるキリシウムエリートUSTに関するレポートです。

USTチューブレスの印象はとても良いです。
以下長いので、簡単にまとめると、走行感は軽い、乗り心地は良い、登りは楽、平地は普通、USTの装着は楽。

◎キシエリUSTってワイドリム?
リム幅(フロント 外幅) は実測で20.7mmです。いくつか比べてみると、RS21は21mm、RS010は21.4mm、レーシングゼロは22.8mm、オープンプロ 15cは20mmですから、キシエリUSTはワイドリムと言っても、リムが細いことが分かります。乗った感じでもリム・タイヤが軽いです(メーカーの公表値では405g)。

テクニカルマニュアルから仕様上のリム外幅を抜き出しておきます。
Ksylium Elite S 15c 2015: 19.4mm
Ksylium Elite 17c 2016: 21.5mm
Ksylium Elite UST 17c 2017: 20mm

15cから17cになりやや太くなったのが、USTになってリム幅が細くなったことが分かります。強度を保って細くする(リムウォールを薄くする)のは難しいでしょうから、良くやったなと感じます。

それにしても、メーカーによる設計思想の違いが如実に現れていますね。

◎振れはある
吊るしの状態でセンターずれ、振れはどちらも0.5mm以内でしたが、0.1mmという事は無いです。この値段の完組みホイールとしてはやや大きめだと思います。振れ取りを自分でしないなら、信頼できるショップで購入した方が良いです。

◎玉押し調整は楽
Mavicのベアリングは深溝玉軸受(普通のベアリング)です。使われているのがNSK 6802だとすると、このベアリングは20kgfのアキシアル荷重(ハブ軸方向の荷重)に対して12μm変位し、横荷重に耐えます。そのため玉当たり調整が可能です。QRM+という仕組みで、クイックレバーを締めた状態で調整できます。玉当たり調整が甘いと、直進性が落ちます。これはカップアンドコーン式のハブと同じです。

振れ取り、玉押し調整用工具は付属しています。

◎回転時間は?
60秒です。これは接触式のシールドベアリングだから。実走行ではハブは硬く精度良く回り、回転が悪い感触はありません。60秒で止まる場合、リム・タイヤが軽いキシリウムUSTのロスは0.2W程度です。

◎ラチェット音は問題なし
大きめですが、爆音で気になるほどではありません。1700kmぐらい走ってますが、1500kmあたりからやや音が大きくなってきました。

◎Yksion Pro USTタイヤ
タイヤ重量は前後とも254gでした。ルビノプロ3 25cやコルサ G+ 25cとほぼ同じ重量です。タイヤに記載されている空気圧は5-7barで、推奨値は6barです。USTタイヤはクリンチャーと同じ様に手で装着できます。高圧にしなくてもビードは上がります。ワイドリムホイールは外周部が重いと言われますが、チューブが不要で、リムも軽いUSTホイールはその心配は無さそうです。

◎シーラント
シーラント無しでもすぐに空気が抜けることはありませんが、USTを買った理由の一つはチューブレスの耐パンク性なので、付属のシーラントを20g入れました(規定では30g)。これで空気圧の減りはブチルゴムチューブと同じぐらいになりました。

なお、キシエリはリム・タイヤともに空気圧は7barが上限です。Webサイトには7.7barと説明されていますが、リム、タイヤともmax 7barと書かれています。

◎欠点も少々
タイヤの選択肢が少ない。また、セット販売されるタイヤYksion Proの売値は高いです。今後、USTチューブレスタイヤが他メーカーからも出てくる可能性があり、競争で価格が下がることに期待。摩耗はCorsa G+に比べてやや早い感じがします。 走行1700kmでリアタイヤはやや摩耗しているのが分かりますから、交換は5,000kmぐらいでしょうか。

◎キシリウムプロと悩む、かなり悩む
キシエリUSTの良い印象から考えて、ハイエンドアルミ Ksylium Pro USTは魅力的です。スポーク素材がアルミ、超ワイドフランジ、QRM auto、リムがさらに軽く頑丈。良いホイール一揃いで過ごし、ハイエンドアルミでしばらくホイールのことで悩まないために、Ksylium PRO USTという選択肢もありかなぁと思います。もっとも、キシリウムプロの上には、評判が良いカーボンホイール(コスミック プロ カーボン SL UST)があるので、物欲は止まないかもしれません。これぞ悪魔の価格システム(マーチンゲール法とも言います)。^^;

走行感はそのうち。

2018/6/7 23:39  [191-30447]   

 skogenさん  

以下、手前勝手な走行感の比較。

Yksion Proは5.5-6.5 barで乗っています。5.7barだと乗り心地が良いですね。5.5barでも問題なく乗れます。リム打ちパンクの心配は無いので、もっと低くても大丈夫でしょう。仕様上の上限は7barです。私の体重(64kg)だと6.5barぐらいで十分に硬い転がりのタイヤになり、6bar付近がベストのようです。低圧で乗れるのでグリップはとても良いです。これ後述。

ルビノプロ3 23cを装着したRS21と比較すると、キシエリは乗った感じは当然ながら軽く,精度が高いのが分かります。RS21はずしりと重くて頑丈。そして乗り心地はキシエリの方が良いです。たぶんリムのせい。タイヤの差も大きい。ルビノプロ3はゴツゴツした乗り心地です。

レーゼロはさらにリムが硬く頑丈で、走ると硬く軽く頑丈な回転体が真っ直ぐ進んでいる感じ。剛性感ははるかに高いです。乗り心地もキシエリよりずっと硬いですが、不快では無いです。リム幅、リム重量、スポークの材質が効いているようです。

レーゼロには薄くしなやかなCorsa G+にR’air(7.2 bar)を入れてます。Corsa G+の乗り心地はとても良いのですが、USTチューブレスはさらに上です。Yksion Proの厚い感じのトレッドのせいか、チューブレスの特性なのか、低圧で乗れるせいか、モチモチしたゴムっぽさがあるのに転がり抵抗が低く、乗り心地が良い。

平地のコーナリングはキシエリの方が楽です。空気圧に加えて、タイヤのトレッドの違いだと思います。レーゼロに装着しているCorsa G+ 25cはトレッドゴムを薄くすることで回転抵抗を小さくしてる感じで、その分、車体を倒しにくい(振動吸収性は良いのですが、コーナリング時は硬いタイヤという印象に変わります。コーナリング中はホイールの共振音も変わります)。イクシオンはトレッドゴムが柔らかく感じられ、倒してもタイヤのゴム感が直進時と変わらないのでコーナーを曲がりやすい。この差は大きいです。

しかし、下りはレーシングゼロの方がぐっと安定感があります(キシエリ PROが欲しくなる瞬間)。これはホイールの剛性の違いだと思います。あとタイヤ幅(実測でYksion Proは26.4mm、Corsa G+は27.2mm)とリム幅の差(レーゼロはキシエリより2mmも太い)。平地の高速巡航もレーシングゼロの方が速度を乗せ易く、維持し易いです。これはリム重量の違いでは無くホイール剛性の差だと思います。

一方で、登りはキシエリが楽です。リズムを取りながらケイデンスを上げて軽快に上れます。緩やかな登りの加速も楽です。リム・タイヤが軽いのが効いているのでしょう。トルクを掛けた時の加速感からイソパルス組の効果もあると感じます。

ホイール・タイヤの違いでお尻が痛くなるという話が別スレでありましたが、そう考えて振り返るとキシエリは100kmを超えるとお尻が痛くなる頻度が高い気がしてます。キシエリUSTで160km超を4回走っていますが、そのうち2回(いずれも獲得標高1.5%)は最後の方でお尻の痛みがありました。登りが多いとお尻が痛くなる?乗り心地が良い分、お尻がサドルに密着する時間が長い?レーゼロでお尻が痛くなったことはありません。段差でのお尻の跳ね方も違います。こちらもう少し比較・検証が必要です。

レーゼロのような硬いホイールで踏み方を間違うと脚に来ます。雑に回すとカツンと跳ね返ってくるので、筋肉が疲労します。細かな段差の衝撃を直接、脚で受けると、膝の関節にも悪い。キシエリUSTは程よい硬さで絶妙。私には丁度よい。レーゼロはがっしりとした体格の人向けかなぁ。でも、回すペダリングにはレーシングゼロのような硬いホイールで練習するのが良いと感じます。

使い分けは難しい。
普通に走る時や長距離は楽なキシエリで、アップダウンが多くて平均速度が低い場合もキシエリで、空気圧で頑張り度を調整。100km未満の平坦コースを頑張って走る時、下りも頑張らないといけない時はレーゼロかなぁ。でもまぁ、RS010でも大丈夫な貧乏脚なので、気分で使い分ける程度かもしれません。^^;

2018/6/9 14:01  [191-30464]   

 skogenさん  

連投御免。
キシエリUSTのフリーのオイルアップを行いました。

1800kmぐらい走っていますが、1500kmぐらいからややラチェット音が大きくなった気がします。

フリーの分解は簡単です。ロックナットを外してフリーボディーを抜くだけ。シャフトを抜いたりする必要はありません(あまりに簡単だったので写真は無し)。フリー内のオイルはやや黒ずんでいましたが、まだオイルは残っていました。

純正オイルは単なる油とは思えない価格なので購入する気になりません。で、スピンドル油よりやや粘性がありそうなオイルだったので、稠度1のAZ シャーシオイルとミシン油(AZ 030)を1:1ぐらいで混ぜて使いました。

結果、ラチェット音はほぼ無くなり、とても静かなホイールになりました。まだ少ししか走ってませんが、特に問題なさそうです。

繊細なアルミ部品で構成されているカンパ・フルクラムよりメンテナンスは簡単です。シールもしっかりしていますし、コイルバネとラチェットだけで構成されているので、定期的・雨天走行後にメンテナンスすればトラブルは無いだろうと思います。

2018/6/10 17:57  [191-30472]   

 tukubamonさん  

skogenさん
キシエリUSTレポートありがとうございます。
キシエリUSTはタイヤ付きであの価格ですからお得かもしれませんね。

私はキシリウムプロUSTが欲しいのですが、為替レートが微妙なのでいつ買うか(「今でしょ」ていうのはもう古い)悩みどころ。

2018/6/10 23:25  [191-30477]   

 YoungWayさん  

skogenさん:

> 稠度1のAZ シャーシオイルとミシン油(AZ 030)を1:1ぐらいで混ぜて使いました。

FTS-Lのメンテナンスについてです。
Mavicのフリーボディ―メンテナンスオイルは確かに高価なのですが、別のオイルを使う場合はゴムやプラスチックに対して攻撃性のないことを確認して使ってください。
フリーボディーのプラスチック部分とゴムシールの間の潤滑もこのオイルで行っているためです。

2018/6/11 00:44  [191-30479]   

 skogenさん  

YoungWayさん

重要なご指摘ありがとうございます。
今の所、シールがきつくなったり、油が漏れることも無く、大丈夫のようです。

Mavicのフリーボディーオイルはミネラルオイルと書いてあるようなので、シリコーンオイルのようなオイルでは無いと判断しました。シール側のゴムはブタジエンのような一般的な黒いゴム、フリーボディ側のゴム部分はシリコーンっぽい感じで、今回使ったオイル類への耐性はあるだろうと思います。

とは言え、見た目で判断しているだけなので、自己責任ですね。

tukubamonさん

キシリウム プロ USTは魅力的だと思います。キシリウム エリートも剛性は高いのですが、プロはさらに上です。キシエリ プロ USTはフランジ幅が限界まで広く、太いアルミスポークを受けるハブの構造は剛性を上げる効果が高そうです。登り下りが多い人には向いていると思います。

という訳で、買っちゃいましょう。^^;

2018/6/11 08:21  [191-30481]   

 鶏 泰造さん  

「ミネラルオイル」って、なにか特殊なオイルのように聞こえますけど、ようは普通の鉱物油です(^_^;)。
よほど特殊な化学合成油でも使わない限り、膨潤の問題はないと思いますよ。

むしろシリコンオイルは樹脂に優しく、金属の潤滑より樹脂の潤滑に向いています。

2018/6/11 09:18  [191-30482]   

 skogenさん  

鶏 泰造さん

アドバイスありがとうございます。
普通の油でも大丈夫そうですね、安心しました。

メンテナンス後、数日経ちましたが、今の所、問題は無さそうです。
何かあればレポートします。

石油由来の油を動物油・植物油との対比で鉱物油と呼ぶみたいですね。鉱物の主成分はシリコンが多いので、言葉の響きからはシリコーンオイルを指すのかと勘違いします(昔、そう思ってました。石油を地下の岩盤の油層から取り出すように、岩石からシリコーンオイルを絞り出して産出してるのかと。。。 ^^;)。

シリコーンオイル・グリス(Si元素はシリコン silicon、Si-O骨格の化合物はシリコーン siliconeと呼び分けます)は真空ポンプとか真空チャンバーとか極低温実験で良く使いました。鉱物油の基剤になるパラフィン(油の純粋な成分)なんかだと密度(粘度)を指定して使います。

どちらもMavicフリーボディーオイルの値段(50mLで2000円程度)で1Lぐらい買えます。
材料としての薬品の純度はメーカー保証ですし、少量だと高いんですが、それでも一般ユーザ用に流通している趣味用の怪しい油よりずっと安いです。なので、自転車用の一部の高いケミカル品は買う気がしません。

カンパ・フルクラムもMavicもラチェット音が大きいホイールを何割か見かけますが、意図的にやってるのか、メンテナンスしてないって事なんでしょうね。

2018/6/12 07:42  [191-30488]   

 ヘラーマンさん  

skogenさん、キシエリUSTのインプレどうもです。

>いまって完組ホイールの過渡期なのかな?

そうですね。各社無理矢理にでもC17に変更してとりあえず買い替え需要を狙っているように感じます。でもC17のアルミリムで言えばUSTが頭一つ抜けている感じはありますね。

skogenさんの書き込みのリム幅一覧から見えてきた気がしますが、面白いのはKsylium Elite 17cで広げた幅をUSTで狭めてきたことですね。外幅21.5mmはやはり重すぎたと言うことなのだと思いますが、USTの20mm幅は内幅が17mmだとすればリムサイドの厚みがかなり薄く、MAX空気圧の低い専用チューブレスタイヤにすることで限界突破している感じがします。

組み合わせる面白さは減りますが、UST専用タイヤとか7Bar以下で乗れるタイヤで十分な方にとっては面白いホイールではありますね。

シーラントを入れているとのことですが、USTはチューブレスではなくチューブレスレディなんですかね?
普通のチューブレスだとチューブドと同じぐらいしか空気は抜けないので、シーラントなしでどれぐらい抜けるのか興味あります。

最近はレディタイヤが増えてきてチューブレスの軽量タイヤ(240g程度)が減りましたね。安いときに買っておけばよかったかな。レディタイヤは入れやすくて軽量なので、シーラント入れることに抵抗なければレディ使ってるほうがパンクなどのトラブル少ないのかもしれませんねぇ。

2018/6/12 12:32  [191-30489]   

 skogenさん  

USTはシーラントが必要なのでチューブレスレディです。シーラントを入れろ、という指示がどこに書いてあったのか定かで無いのですが、シーラントと注射器が付属しています。

シーラントを入れていない状態で、フロントはクリンチャー並みに空気が抜けませんでしたが、リアは一晩で圧がかなり落ちました。個体差でしょうね。シーラント無しでは空気圧が下がるかも知れないと思うと、センチュリーランは無理っぽいです。

ビードは低圧ですんなりと上がりますが、ビードがはまったタイヤを外すのは大変でした。要領が分かってないと、手で外すのは難しいかも。まぁ、私も要領がいまいち分かってないので、タイヤ交換時(だいぶ先)にまた苦労するだろうと思います。^^;

空気圧はmax 7barですから、高圧に出来ないのは人によっては欠点になると思います。

ワイドリム・25cがオールマイティで無いのは、皆さんが言われている通りだと思います。人によって、走る道路によってデメリットのほうが大きくなるでしょうね。もし、欠点が無く、あらゆる場面で転がり抵抗が低いのならトラック競技でも使われるはず。トラックは路面抵抗が高く、平坦なので、そういうところだと23c以下の細いタイヤが有利という事なんだと思います。25cのトラック用タイヤは売ってない(たぶん)、という話もありますが。誰かこっそり25cで1000mTTの記録を伸ばしたら、一気に25cになる?

ちなみに、25cのタイヤはトラック競技のスタート台に入りません(個体差あるかも知れませんが、ギリギリ入ったとしても、スタートでスッと出走できません)。

USTホイールは売れ行き好調のようですから、他のメーカーも何か手を打って来るでしょうね。でも、シマノは、Web情報が酷すぎて方針が見えない。ワイドリム化してますが、特に宣伝してないし。それも戦略なのかと、邪推したくなるぐらい酷い(いたずらにスペックでユーザを惑わさない、という意味では悪い事では無いのですが)。あるいは、シマノの販売網があるから売れると高みの見物をしてるのか。

そんなこんなで、ホイールは過渡期って感じがしてます。

2018/6/12 23:15  [191-30492]   

 tukubamonさん  

youtubeなどでUSTホイールのタイヤ脱着を手でやっているのを見ると簡単そうに見えてますが、そうではないんですね。

USTリムは肉薄にしているらしいですね、記事でちょくちょくみます。
ある意味タイヤも専用設計、そのおかげで装着を楽にしてチューブレスの普及を図っているのでしょう。
ホイール専門メーカーで、かつシェア取っているだけの事はあります。

装着時にビートワックスとかを付けると空気が抜けにくくなるとかは無いのでしょうか?
AZでも小分けのビートワックス売ってますし、装着しやすくするだけじゃなくて、空気漏れも防ぐと書かれています。どうなのかな?

プロUSTって海外通販で品薄なのかな?扱っているところが少ない気が。。、

2018/6/13 11:49  [191-30493]   

 YoungWayさん  

Ksyrium Elite USTでしたら、現時点ではMerlnは売切れてますがCycling Expressにはありますね。
Mavic製品はアメアスポーツジャパンの監視が厳しくて、扱いがある通販サイトでも日本には発送してくれなかったりしますので品薄に見えてしまいますね。
海外通販とは直接関係はありませんが、Fitteの倉本さんのblogには7/1から(国内で)Mavic製品が値上げという情報が書いてありました。

2018/6/13 14:54  [191-30496]   

 skogenさん  

YoungWayさんご紹介のブログにも、「タイヤを嵌めるハメやすさはそれはもう簡単ですが、外すのに苦労したのは初めての経験でした」とありますね。

Yksion Pro USTは手で装着できます。素手でやると親指が少し腫れましたが、作業用の手袋を着ければ楽でした。

外す時はビードがしっかりピッタリはまっているので、最初に両方ともビードから外しておかないと大変です。タイヤが装着された状態で両側から押してビードを落とせば良いのかと思います。別スレで原付きのタイヤの着脱の話が出てましたが、そういう経験をお持ちの方だと簡単なのかも知れません。

ビードにワックスとかを塗れば空気漏れは無くなるのかも知れません。私は最初はメーカーのデフォルトを守る主義なので、試行錯誤はせずにシーラントを入れたので、それ以上は分かりません。チューブレスで苦労されている方だと、これぐらいの空気漏れは簡単に対処できるのかも知れませんね。

で、私もキリエリPRO UST欲しい。。。(物欲)^^;

2018/6/14 07:28  [191-30501]   

 稲刈りさん  

PBKでZONDAが安くなっていますね。

CAMPAGNOLO(カンパニョーロ)・ZONDA(ゾンダ)・C17 クリンチャーホイールセット−ブラック
割引コード「 BDAY10」を入力でさらに10%OFF(最大4,000円OFF)8/17迄
¥37,654

https://www.probikekit.jp/bicycle-wheels
/campagnolo-zonda-c17-clincher-wheelset-
black/11349819.html


私はWiggleで価格保証を申請して購入しました。


2018/8/12 21:36  [191-31083]   

tour-ney さん  

2018/8/21 21:53  [191-31151]  削除

 kapa_さん  

tour-neyさん

1.精度の出たリムだと殆ど振れが出ないという話だったと記憶しています。
  ママチャリホイールとかだとそれなりに出ちゃうのでは?

3.まとめサイトみたいな所で

> ここでいう13−14番というのは、ほとんど13番(2.35mm径)のスポークなのに
> ねじ山の部分だけが14番(2.0mm径)に細くバテッドされたスポークです。
> なのでニップルは14番を使います。
> 13番プレーンスポークだと 13番用ニップルというのを使いますが、
> それが採用されているのは リヤカーか昔の実用車くらいです。

と書かれています。

また、
http://www.urekko-cycle.com/?pid=2684339
2

では

> 一般的には、13番スポークはニップルの入る所は14番と同じ太さにネジ切りして、14番のニップルが使えるようにしてあります。

との事です。

試験がんばってください。

2018/8/21 02:15  [191-31162]   

tour-ney さん  

2018/8/22 21:04  [191-31171]  削除

tour-ney さん  

2018/8/29 21:39  [191-31187]  削除

RS010 前 クイック無し842g 有り914g 
   後 クイック無し1128g 有り1205g *2018年10月16日実測値

2018/10/16 12:57  [191-32148]   

 ヘラーマンさん  

道場長、RS010クイックなしの実測値ありがとうございます。

リムテープが40〜50gとすれば1920〜1930gペアになるのでRS010のシマノ公称値とほぼ一致しますね。だったらAmazonやその他サイトの1890gペアが間違った重量みたいですね。なんでこんな重量が出回っているのやら?

RS21の後継はWH-RS300-CLみたいですね。これもC17ですけどシマノのサイトに重量出ててRS21より前後とも少しだけ軽くなってます。シリーズ的には105-R7000ですが、実売2万円がどうかですね。15000円ぐらいなら飛びつく人多そうですが・・

WH-RS21(1839gペア)
前777g
後1062g

WH-RS300(1827gペア)
前770g
後1057g

2018/10/16 16:03  [191-32150]   

 16fumiさん  

rs11がwiggleで売られてますね。これってrs21とは別物でしようか?
値段は15000円位です、23c派の人は良いんじゃないですかね

http://www.wiggle.jp/shimano-rs11-アロイクリンチャーホイールセット/

14029円

2018/10/16 21:37  [191-32153]   

 YoungWayさん  

WH-RS010の重量ですが、2013-2014 ArchiveのSpecificationだと

フロント 789g
リア 1,080g

となっているので、合わせて 1,869g ですが 1,890gとは少し差がありますね。
2015-2016, 2016-2017, 2017-2018, 2018- ではすべて

フロント 818g
リア 1102g

で、1,920g という表記になってます。

ところでWH-RS81-C24-CLの重量表記でも似たようなことがあり、2013-2014, 2014-2015, 2015 - 2016 では

フロント 615g
リア 887g
(計 1,502g)

2016-2017 では

フロント 608g
リア 871g
(計 1,479g)

となって、少し軽くなっています。
手持ちのWH-RS81-C24-CL(年式不明)はリムテープ付きで実測630+903=1,533gでリムテープ分(15g x2)を引くと2015-2016年シーズンまでの表記とほぼ一致します。
また、この個体のフロントスポークのスクエア部分は2.0x1.2mm リアスポーク(左右とも)のスクエア部分は2.3x1.4mmとなっていましたが、別の個体(年式不明)では重量は測ってませんがスポークはフロント2.3x1.1mm、リア2.3x1.4mmになってるのを見たことがあり、こういった仕様の変更によって同じモデルでも年式によって重量が違ってくることもあるのかなと思っています。
ところで、スポークの補修用部品の型番はフロント1種、リア2種(左右)しかないので、手持ちのホイールについているスポークと違うサイズのものが来た場合は1本交換するだけでは済まなくなるかもしれません。

2018/10/16 22:53  [191-32154]   

 ヘラーマンさん  

16fumiさん

RS21とRS11は別物でRS11が重いです。重量的にはペアでRS010とかRS100と同等ですが、例えばフロントはRS11の方がスポーク少ないのにRS010より20g以上重いので、リムがかなり重いはずです。

走りもRS010の方が上だと思います。

2018/10/17 10:54  [191-32157]   

 ヘラーマンさん  

YoungWayさん

なるほど、知らぬ間にパーツ変更してスペック書き換え・・
シマノあるあるですね、納得です。

そういえば、デュラC24CLも
WH-R9000C24CLがペア1387g表記だったのに対し
WH-R9100C24CLはペア1453g表記になってて

リムは同じで重量計測用のリムサンプルの平均値の違いということになってますけど、差が大きすぎるので本当かと疑いたくなりますよね。個人的には剛性不足だったのを黙ってアップデートしたのでは?と疑っていますけど。

まあパーツ変更は仕方ないにしても、せめて補修部品は合わせてほしいものですね。


RS100はYoungWayさんの情報によると軽くなってるのは間違いなさそうですね。1.5万ぐらいになったら買ってもいいかも?
C17リムなので新型ルビノプロとかと組み合わせると相性良さそう。

2018/10/17 11:36  [191-32158]   

 16fumiさん  

ヘラーマンさん

失礼しました、別物でしたか
昨今のローエンド?ホイール事情を考えると、いかにRS21が優秀(特殊)だったのか分かりますね。
気兼ねなく使えるホイールが欲しかったので質問してみました。WH-RS300チェックしてみます

2018/10/19 08:21  [191-32169]   

 ヘラーマンさん  

16fumiさん

RS21は11速システムの普及のために作ったので、移行促進のためか発売当初値段もかなり安く卸してて発売当初で12000円ぐらいで買えました。初期ロットの抜群の精度見るとシマノもかなり気合を入れて作った(というか値段からは考えられない精度)ホイールだと思います。最初はRS11はなくて完成車もRS21がついてました。その後完成車用にグレードダウンしたRS11に変わりました。RS11はOEM専用なので日本では一般販売されていません。

こういった経緯もあるのでRS300が2万というのは、性能からしたらまあ妥当だとは思うのですけど、RS21の初期の価格と精度を知ってたらなかなか食指が動かないですね。


あと書き間違えの自己レス

>RS100はYoungWayさんの情報によると軽くなってるのは間違いなさそうですね。1.5万ぐらいになったら買ってもいいかも?

RS300の間違いです。RS100なら1万なので(汗)
16fumiさん、もし興味あればRS300いっちゃってください。

2018/10/19 09:53  [191-32171]   

 tukubamonさん  
アラヤリム やっぱり重い 大苦戦のハブ もう触りたくない 参考までにハブダイナモの重要 昔のだからさらに重い

事故にあって、放っておいた妻のママチャリ。
捨てるつもりだったホイールのリムを移植して手組しました。
引っかけハブは大変だった。

普通のハブならスポーク通したら外れないのに、引っかけハブだとスポークを組むそばからハブの方から外れてゆく。
通常のやり方ではダメで、ニップルを付けてからハブに引っかけても次々と外れて組めない。

あーでもない、こーでもないと悪戦苦闘。閃いたのがニップルを全て装着して、ビニールテープで止めて、片側だけ組んでハブを動かないようにしてもう片方を組んで完成。結局分解と合わせて6時間かかりました。

今日は冷たい雨だったのでホイール組には絶好の1日。それにしても懲りないねぇ。。。

2019/3/3 23:11  [191-33102]   

引っかけハブ、慣れれば穴通すより、ずっと楽ですよ。最初戸惑うかもしれませんけど。

だいたい安物ママチャリは全部引っかけハブで、これの整備できないと修理できません。
マイパラス501は安物なのに引っかけ式ではなく穴通しハブだったので感心しました。

9800円の自転車で穴通しハブのがあるんだぁと、ひとり喜んでました。
今はもうないので残念ですが・・・・

昔は商品が新型になれば、必ずよくなるという希望がありましたが、今は新型は悪くなるので、今のこの商品をできるだけ長く売り続けて欲しいと願うだけです。

しかしどうして昔より劣る新製品を堂々と販売できるのか??商品開発者にプライドないのかな?

2019/3/4 09:55  [191-33107]   

 tukubamonさん  

引っかけハブは地面に置いて片側を組むのがポイントなのかな。
ハブを置いてリムの高さを保持できる台座とかがあれば良いのだろうけど。
パイナップルの空き缶とか、スケベ椅子みたいな...(以下自粛)

組んだホイールはリムがアラヤ、スポークは星、信頼の日本企業。
ただ、ハブだけジョイテックなんですね。
多分、妻のことだから1年後にはタイヤ交換になるだろうからハブシャフトも用意しておかないと。

2019/3/5 00:06  [191-33119]   

引っかけ式ハブの組み方

1.リムにスポークを通しニップルを抜けない程度に締める(全本数やります)
2.スポークの頭をハブに引っかけていく 終わり。

めちゃくちゃ簡単。この1と2が穴式ハブだと逆なので「逆転の発想」が必要。
でも引っかけ式を経験すると穴式ハブ組むのが、ものすごーく大変と思えるようになります。
そのくらい引っかけ式は楽。

リアホイールのスポーク交換なんて穴式だとドラムブレーキは外さないとダメだし、もう大変ですけど引っかけ式だと、スポーク引っかけて、はい終わり。

天才バカボンのおまわりさんの目みたいな形は偉大だった!

2019/3/5 10:47  [191-33126]   

 tukubamonさん  

その後の引っ掛けハブのホイールについて。
いや〜良いてすわ。速い速い。

リム重量があるので出足は遅いけど、走りだしてしまえばむしろジャイロ効果で回り続ける感じ。
ママチャリはこういう走りで十分だし、妻の用途に合っている。

ホイールの振れ取りって本当に大切なんだなと再認識。自画自賛
テクトロ800Aとマグボーイもつけてあるから9800円の自転車だけど、まだしばらく乗ってくれそう。

2019/4/9 18:35  [191-33621]   

 kapa_さん  

tukubamonさん

>いや〜良いてすわ。速い速い。

>ホイールの振れ取りって本当に大切なんだなと再認識。自画自賛

全バラしてきちんと組みなおすとそんなに違うんですね。
腕に自信が無いのが困り物ですが、更に興味が沸いてきました。

用途によるのでしょうが、リムの重量よりも強度が重要なのかも知れないと薄っすら考え始めてます。

2019/4/12 16:48  [191-33641]   

Campagnolo - Eurus (ユーラス) Mega G3 クリンチャーホイール 前後で8万円?レビュー
重量 前クイック無625g 有688g 後 無872g 有936g クイック有の前後1624g
購入時初期振れ 前後とも結構ありました縦横1mmくらい。イタリアなので我慢するしかない!
返品すると消費税の還付手続きがものすごい手間とお金と時間がかかるので実質捨てるしかない。
僕が買った時は消費税3400円+通関手数料200円=3600円

Eurusリアの振れ↓
https://youtu.be/rg345gbR8kQ

リム幅は20.9mm ニップルは特殊サイズ 幅6mmの六角形 材質アルミ
バッグが付属しています。このバッグあほくらい重い!1個566g(フロントホイールと同じくらい重量あります)しかも石油系ニオイきつくて家の中に置いておけない。外に1ヶ月くらい放置しないとニオイ抜けない、このバッグ正直いらない、ゴミ決定!

2019/5/4 12:21  [191-33882]   

 メガニウム584さん  

>>ディープ・ インパクトさん
道場長、ユーラスの性能が下がったのですか?

2019/5/4 12:46  [191-33883]   

 m07035さん  

おぉ、ユーラス買われましたか!
ウィグルでしょうか??
インプレ楽しみですね。(それを聞いてから、ニュートロンかユーラスかを決めようかと…)

2019/5/4 12:50  [191-33884]   

>道場長、ユーラスの性能が下がったのですか?
前と同じです。カンパの振れはこんなものなので、特に変化はありません。以前ZONDA買った時も、ひどい振れで返品して、もう一度来たZONDAは少しましだったけど、それも同じ感じでした。このユーラスは、その2度目のZONDAよりはまし、僕的にはアウトですが、たぶん一般的にはセーフ。

ぶっといニップル回し持ってないし(これ何番や!6mmスパナでピッタシ回る)アルミスポークなので余計な力かけるとコワイので触ってません。玉軸調整も触ってもあまり意味ない構造なので、イマイチ回転不満足ですが、まあいいか、イタリア製品に完璧求めてもストレスたまるだけだし、最近のシマノの品質劣化を見るとカンパまだ許せる感じ。

どっちにしても、なんかひどい時代になったなあ、RS21が1万2千円で買えた時代は幸せだったなあと、老人が盆栽見ながらぼやいてる風景。RS21は整備すれば変化が大きく、振れ取りも簡単。
最近のは一発で壊れるプラモのおもちゃみたいなので実験で遊ぶのもコワイ。いきなり8万ドブ捨てしたくないので、この振れどうしようかなと思案中(たぶん分解して壊すでしょう、確率80%)

フリーの音はすごく静かです。これもしかしてシマノ??みたいな静かさ。
センターはバッチリ出てました。当たり前ですが・・・。

今、結構過酷な山道を毎日走っているので信頼できるホイールでないと帰ってこれなくなるので、これ使うのは、ちょっと予定ないです。RS21の方が信頼性高い!
すぐインプレしないかも・・・。

2019/5/4 15:56  [191-33885]   

走れる状態にした重量アップします。
フロント998g(ビットリアコルサCX23C+ウルトラライトチューブ+ユーラス)
リア1544g(ビットリアルビノプロ3 23C+ウルトラライトチューブ+cs7000 11〜28T+ユーラス)

2019/5/5 00:39  [191-33892]   

 うーむ。。。さん  
今回の付属品 かつての付属品 振れはツールで数値を実測してます。

最近ようやく月200km走行まで復活してきたうーむです。ほんと、走るのは習慣ですね。理由は何であれ一度走るのをやめてしまうと、なかなか走れない。体にむち打って走るようにせねばいつまで経っても戻らないです。ところがまた新たな家庭の事情で自由時間が取れなくなって悩みどころです。

私もちょうどFulcrum Racing Zero Competitizoneが今日届きました。赤い1本のスポークに惚れ、モチベーションアップのためと言い訳を付けて。。。
ロード用カンパ/フルクラム6セット目です(^^;) MTBも入れれば7セット目。

ディープさん、なかなか引きが悪いですね。私のカンパ/フルクラムはこれまでセンタードンピシャ、振れはいずれも縦横とも実測0.3mmに収まっていました。最初に買ったRacing5 Evo 2006?は1万キロくらい走ってぶれは出てません。
(振れの定義って、中心軸からの振れですか?一番左と右の間の振れですか?定義により2倍のずれになりますが、私の定義は大きい値になる後者での定義です。

ところが今回はちょっと違う。前後ともセンターずれあり、後ろの天ぶれが少し大きい。

センターずれについては、のむラボさんの言うところの「うっすらセンターずれ」程度のずれがあります。
三枚目の写真の2/3程度です。このくらいなら直さず使ってみます。
http://pass13.blog.fc2.com/blog-entry-43
81.html
 

振れについてはそれぞれ前/後で横は0.18mm/0.22mm、縦は0.25mm/0.55mmと後ろの縦ブレが大きいですね。(横ブレと並べて言う場合には、天ぶれじゃなくて縦ブレと言ってしまいますね・・) ただ組み方でぶれているのはその半分、溶接部の凸凹が半分かなぁ。

重量は前 631g 後840g 合計1471g (カタログ値1475g) イタものに珍しくカタログ値より軽い。
TLで使う場合にはTLバルブ追加が必要です。このホイールにはチューブレスバルブが付いていないのに気付かず発注中で、まだ組めません。
カンパ純正は10gだそうですが、NoTubesのバルブ(8.5g)を付けた上場合での重量バランスは1gほどバルブ側が軽いので、ほぼちょうどですかね。

元々カンパ/フルクラムはZonda/Racing3以上のホイールにニップル回しT-07とスポークのねじれ止め工具 (T-02) が付属していたので、うちに転がってます。でも今回は、なくなってますね。
写真を添付しますが、皿に載っているのが棒状のがニップルレンチ(6mmと5.5mm)です。あとニップルをニップル穴のないリム内をくぐらせるための磁石、アルミニップルを磁石でガイドできるようにするニップルホルダー。
今回の付属品はQRと袋に入っているものだけです。ホイールに付ける磁石+部品、バルブコアリムーバx2個、あと磁石がもう一個。(用途は不明、上記と同じニップルガイドの磁石のような気がするのですが、その対となるニップルホルダーが無い)

2019/5/5 18:46  [191-33906]   

 メガニウム584さん  

> ディープ・ インパクトさん
道場長、その話を聞くと私のもっているシャマルウルトラゴールドの性能も気になりますね。
また兄弟メーカー(?)のフルクラムも仕上げは似たようなものでしょうか?

2019/5/5 19:16  [191-33907]   

スレ主 tour-neyさん  

スレが満杯になったら、此方で宜しくお願いします。

その4→https://engawa.kakaku.com/userbbs/191/Th
readID=191-33908/

2019/5/5 21:12  [191-33909]   

ディープ・ インパクト さん  

2019/5/6 18:35  [191-33910]  削除

ディープ・ インパクト さん  

2019/5/7 15:26  [191-33911]  削除

Eurusのレビューあげます。走行25km×2回 平坦路+過酷な山道(10%以上の登り下り)
総合評価 とても素晴らしいホイールでした。
静止時リア回転時間↓85秒 カセット音はとても静か、現在売られているシマノより静音です。
https://youtu.be/fCTgcHKSxII

山道の下り すごい伸びます。加速が速い。
静止スタート これも加速が速い。
山道の登り 軽い。

シマノとは重心バランスが少し違っていて山のコーナーリングなどは慣れが必要。
リム幅はシマノより0.1〜0.2mm広い、シューの調整だけ必要?。
シマノホイールで変速を完璧に調整していたなら、そのままスプロケつけて完璧に動作します。
何の整備も必要ありません。

乗り心地
かなり振動吸収よくて、振れ取り台上の振れは全く感じません。
振動吸収いいのにシマノの6800やRS81のような寄れる感じはなく、力が全部推進力に変わっていく剛性があります。特にリアはスプロケ側のワイドフランジがかなり効いていて、ガンガン力かけてもたわみません。ハブ優秀!しかもカセット無音。

このカセットの無音から予想するとバネ折れはないでしょう。今回買ったホイールの付属説明書にはバネ折れについての警告文のようなものはありませんでした。ZONDAの時は目立つ赤字で3000km交換と書いた警告文が入っていました。カンパものすごい技術革新やったんでしょうね。

現在売られているシマノは逆に音が大きくなってるので、カンパの勝ちです。

フロントホイールのどっかでブレーキシューが引っかかる点があります。しかし目視で調べてもどこにも段差がなく継ぎ目もありません。シューが新品じゃないので、その変形とリムの相性で発生しているかもしれません。シューは新品にして使った方がいいかもしれません。

振れ取り台上の振れについては走行上は何の問題もありませんでした。
1万kmくらい乗ったら、振れ修正しようと思いますが、今はこのままで触らないつもりです。
余計なことして壊したくないので・・・リア回転時間は85秒でしたが、これ整備すれば、もうちょい伸びると思いますが、現状で山の下りでかなりの加速と伸びがあるので十分です。

走行音がとても静かです。
カセットフリーも無音ですが、スポークの風切り音も小さく、シマノより静かです。
走っててたぬきが飛び出してきて横走ってたので、相当静かです。
人も気づかず避けてくれません、あの昔の爆音カンパはどこに行ったんだ!驚異的な静けさです。

結論
現状アルミリム使用のホイールでは最上級ホイールで、8万円の価値は十分あります。
ニュートロンとの比較でも、こちらの方が加速と伸びがあり、リアの剛性は高いです。
ニュートロンはいいホイールですが強度(耐久性)、加速はユーラスの方が一枚上かなと思いました。

注意点 ホイール性能で伸びる走りができても決して実力ついたなどと錯覚しないこと、あんまり高性能ホイールに慣れると、人間退化するので気をつけなければ。

2019/5/7 15:24  [191-33922]   

Eurusのリム高さはRS21とほぼ同じくらいでビットリアウルトラライト42mmバルブチューブが使えます。上のレスにバルブ長さ写真アップしています。

2019/5/7 15:29  [191-33923]   

返信数が100件を超えると、このスレッドには返信できなくなります


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
自転車道場
自転車道場をお気に入り登録
運営者:
ディープ・ インパクトさん
設立日:
2010年3月27日
  • 注目度:

    1(お気に入り登録数:300件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ