縁側 > スポーツ > 自転車 > 自転車総合 > 自転車道場
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

自転車にpassion(情熱)のある人書いてください。
自転車道場目次
https://engawa.kakaku.com/userbbs/191/Th
readID=191-33496/

  • 自転車道場の掲示板
  • 自転車道場の伝言板
  • 自転車道場の投稿画像
自転車道場の掲示板に
自転車道場の掲示板に新規書き込み

ロードバイクの地元ネタを中心にブログを書いています。
よかったら見てやってください。
『おっさんペダル in 堺』
http://isan.hatenablog.com

2017/10/10 23:55  [191-26847]   

 昭和平成さん  

堺の雪待にんにくさん、初めまして。
通勤で片道10kmか15kmを主にクロスバイクでジテツウしております。時々、20インチ折りたたみ自転車も使って、ジテツウと輪行をしております。自転車に興味持ち出してまだ、1年位です。
堺にこんなところがあるんですね。

自転車博物館
http://www.bikemuse.jp/index.php

どうぞよろしくお願いいたします。

2017/10/11 08:38  [191-26850]   

昭和平成 さま
そうなんです。堺市はシマノの本社もあり、この自転車博物館もシマノが運営しています。この博物館、移転して建て替える計画もあるんですよ。

2017/10/11 13:10  [191-26852]   

 昭和平成さん  

シマノの工場も見学してみたいですね。
シマノは、フレームには参入しないのでしょうかね?
フレーム・コンポ一体化で作れば、興味沸きますよね。

2017/10/12 01:34  [191-26853]   

こんな話を聞いたことがあります。
シマノのある堺市は、昔、鉄砲鍛冶が盛んなところで、そのころから「分業」も得意だったそうです。
鉄砲の筒をつくる人、取っ手を作る人、それらを組み立てる人など、分かれて「分業」をしていました。
その後、鉄砲の時代が終わり、自転車の製造が行われるようになったとき、その「分業」という手法が引き継がれたそうです。
そのためスーパーで自転車が販売されるようになったときも、ある会社はフレームだけを作り、ある会社はハンドルだけをつくり、ある会社は組み立てだけをする。
そうやって分業をきっちりやって、驚くようなスピードで自転車を完成させ、ぐんぐん売り上げをあげていたそうです。
しかし、海外から安い自転車が輸入されると、それに太刀打ちできなくなった堺の自転車は次々に廃業に追い込まれていったそうです。
技術もある、分業も得意でスピードも速い、それにもかかわらず堺の自転車は消えていきました。
そのような中、生き残れたのは「シマノ」でした。
なぜシマノが生き残れたのか?
シマノには、技術や品質を保証する「ブランド」があったからだと言います。
あのとき、分業を行っていたそれぞれのメーカーには「ブランド」がありませんでした。
技術や品質を保証する「ブランド」をそのときつくっていれば、もっと生き残れたのかもしれません。
シマノがコンポに資源を集中させているのも、もともとは堺の分業が作り出したものなのかもしれません。
今では戦略的なのでしょうけどね。

2017/10/12 18:46  [191-26856]   

昭和平成 さん  

2017/10/13 21:28  [191-26863]  削除

昭和平成 さん  

2017/10/13 21:31  [191-26864]  削除


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
自転車道場
自転車道場をお気に入り登録
運営者:
ディープ・ インパクトさん
設立日:
2010年3月27日
  • 注目度:

    1(お気に入り登録数:300件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ