縁側 > スポーツ > 自転車 > 自転車総合 > 自転車道場
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

自転車にpassion(情熱)のある人書いてください。
目次 https://engawa.kakaku.com/userbbs/191/Th
readID=191-44963/

  • 自転車道場の掲示板
  • 自転車道場の伝言板
  • 自転車道場の投稿画像
自転車道場の掲示板に
自転車道場の掲示板に新規書き込み

自転車道場

タグ:

ヨーロッパは自転車を優先して道が造られ、生活の中に自転車があります。
日本は自動車を優先して道が造られ、歩行者や自転車は常に自動車に脅かされて生活をしています。最近は立派な自動車専用道がたくさん増えたために自転車は通行できなくなり、階段をかついで上ったり、ますます自転車や歩行者は生活がしにくくなっています。

高齢化社会に突入し免許を返上する人も増え、若者も自動車を買わず、自動車より自転車を選ぶことが増えている日本社会の現状と、日本の街作りや道作りのアンバランスは際だってきているように思います。

自転車でどこにでも行けるヨーロッパ型社会と自動車に乗らなければ生活すらできない日本型社会のいったいどちらが未来に残るでしょうか??

歩行者も自転車も通れない明石大橋と自転車が通れる「しまなみ海道」のどちらが未来に残るでしょう。本来、道は人のためにあり、人が自動車に脅かされて逃げ回る日本の道は異常です。子どもが道で遊べば「自動車に殺されるよ」と注意しなければいけません。ヨーロッパでは街の中にバリアを設けて人が安心して歩ける空間を確保しています。自転車も専用自転車道を建設し、電車にはそのまま自転車を乗せることができ、自転車でどこまでも移動が可能な社会を作っています。

google MAPでルート検索してみてください。
https://www.google.co.jp/maps/

1枚目の写真は日本の京都ー奈良へのルートです。自動車で検索すると高速道路や自動車専用道ばかりになるので歩行者で検索しています。本当はgoogle MAPには自転車ルートの検索機能があります。しかし日本の道路では、この自転車検索が使えません。

日本国内の自転車で走る道の検索をするのは、ものすごく大変な作業になります。逆に自動車ルート検索は簡単です。検索すれば日本の道は自動車のために作られているのがよくわかります。

2枚目の写真はパリからディジョンへのルートです。これは自転車のルート検索を使って出しています。自転車のルート検索機能はとても充実していて、自転車専用道もたくさんあり自転車歩行者道の分類までされています。パリーディジョンは317kmあります。これだけの距離の自転車走行ルートが一発で出ます。

3枚目はスイスのベルンージュネーブです。163kmあります。スイスは国中に自転車道が作られていて、電動自転車用の充電ステーションも各地にあります。自転車で旅行するのが「当たり前」で自転車旅行者のための休憩所(ドリンクや食事もできます、工具が置いてあったりもする)が何百カ所とあります。

4枚目はオランダのアムステルダムからロッテルダムのルートです。オランダはもっとも自転車道の多い国で自動車道より自転車道の方が距離が長いような国です。自転車道には国道1号線のように、全部番号がついていて、どこの街にいくには**号をいき、**ポイントで**号線に入りと番号だけ見ていけば道を間違わずに移動できるようになっています。

オランダでは移動は自転車でが常識。そしてそういう国では自動車に乗るよりも自転車に乗った方が快適に生活できるように街や道が設計されています。

日本でも「自動車」専用道ではなく自転車専用道を増やせば自動車に乗るより自転車に乗る方が快適に生活できるようになります。今は逆です。

日本の国道1号線は自動車専用道ばかりになり、自転車では東京ー大阪走行が不可能になりました。
今必要なのは国道「自転車」1号線であり、大阪東京を「自転車道だけで行き来できる社会」だと思います。リニアモーターカーに使う予算よりはるかに少ない投資で自転車道はできます。フランスはコンコルドという超音速ジェットを昔、作りましたけど、燃費が悪く今は全部廃棄されました。リニアモーターカーは新幹線の5倍〜10倍の電気を消費し、軽くするために室内は狭くなり定員も少なくなります。世界中でリニアモーターカーが使い物になると思っているのは日本だけです。ものすごい予算を使ってコンコルドと同じ運命をたどるでしょう。

東京ー名古屋を1時間速く着くために、どれだけのエネルギーを消費し自然を破壊し運賃が上がるのでしょう。在来線はなくなり新幹線も被害を受けます。東京名古屋を1時間でいく人より、自転車で10時間で移動する人の方が本当の意味で生活は豊かです。

僕はどこに移動するのも自転車を使うことが多いです。

速く移動しなければ生活できない社会は、結局一番貧しい社会だと思います。

オランダは自転車で人々が移動し、仕事して会議して、自転車時間で社会が回っています。リニアモーターカーで時速500kmで走らなければ会議もできないような社会って、どれだけ貧しい社会なんだろうと思います。

日本のgoogle mapに自転車ルート検索機能が付く日はくるでしょうか??
現状を見ているとこないような気がします。

ヨーロッパだけでなく、台湾も今、国をあげて国土全域に自転車で移動できるように街を設計し道路を作っています。

日本型社会はエネルギーの大量浪費を前提としています。エネルギーが使えなくなれば、すぐに破綻です。

人が移動するのに1トンの鉄のかたまりはいらないでしょう。
自動車ばかり乗ってると足腰弱って病気になるし・・・

あと10年以内に日本型エネルギー大量消費自動車優先病弱社会VSヨーロッパ型エネルギー節約自転車優先健康社会の決着がつくと思います。

人が歩けない道なんて道じゃない!僕は自動車乗らないので自動車専用道なんて使うことがありません。道路ってお金かけて道を広げたり、歩道とか広げたりすればするほど歩行者や自転車には通行しにくくなり、最悪になっています。日本型社会ってお金使って悪くすることが得意、本当にお金使うの下手だなあと思います。

google MAP面白いので、時間があれば見てください。
自転車道の写真もストリートビューで出ます。

2015/7/12 23:31  [191-18110]   

>日本の国道1号線は自動車専用道ばかりになり、
>自転車では東京ー大阪走行が不可能になりました。

東京〜大阪なんてもんじゃありません。
国道1号だと戸塚駅のところで東海道線を越えることができません。
(新たにできたトンネルが自転車通行禁止のため)
東京〜江ノ島ですら行けません。

だったら中仙道はというと、戸田橋につながるスロープは自転車通行禁止で、国道17号で東京都を出ることすらできません。

文化の違いと言えば、日本では自転車は屋外で雨曝しにするものということが通念になってしまってます。
我が家を建替える際にある大手ハウスメーカーが出してきたプランは、自転車は全部家の前の屋根の無いスペースに置くというものでした。当時ロード1台、クロス2台あるのを知っててそういうプランを出してきました。その時点で「ここはダメ」と思いました。
最終的には間取りの問題と自転車の台数が増えたことで屋内保管を諦めて外部にトランクルームを借りましたが、最初から「自転車は屋外雨曝しありき」の大手ハウスメーカーとは話を進める気にもなりませんでした。

ダメなのは道路行政だけじゃなくて、自転車なんか雨曝しで錆たら使い捨てという一般市民の大多数を占める悪しき風習も然りだと思います。悪い意味で世論と政策がマッチしてしまってるのが現状なんですね。
だからこそ自転車の可能性を追求してやまない自転車道場のレーゾンデートルはなくてはならないものだと思ってます。
この先もずっと続けていただきたいですね。

2015/7/13 00:22  [191-18111]   

 ろーそさん  

タイムリーな話題ですね。

トラックだと台湾の選手が最近強くなってきていて、選手達は日にもよく焼けていました。以前は台湾の選手というとツール・ド・おきなわでチームプレーをして個人戦状態の日本人を負かす、という印象がありましたが(←それだけしてる人達ではない)、もう違うのですね…。
一周道路が出来たら楽しいに違いありませんね。台湾でもUCIカテゴリーが高いステージレースが組めるようになったら面白そうです。

最近見たテレビ番組で、オランダ(確か…)も自転車に乗りながらスマホいじってる人が結構いて、自転車が自転車道をシャカシャカわさわさと走っていてるものだから結構サバイバルな印象を受けました。自転車道があればあるなりに、自転車の地位が高ければ高いなりにトラブルもあるのかなと感じました。
まぁまず、自転車道が整備されるという前提すらない日本とは比べるまでもないですが…。

2015/7/13 00:28  [191-18112]   

 飛んでるNさん  
ロッテルダムへ入ったところ 街の至る所に「自転車視点」な案内板。地名が読めなくても自転車旅行ができる。 「65番はここを右」みたいな。 オランダは運河が多い。自転車道にもハネ橋が。。。

Nです。


今年のツールドフランスはオランダスタートですね。
一昨年にオランダ出張があり、1日時間が取れたのでホテルでママチャリ借りて
サイクリングしてみました。

確かに自動車専用道路より自転車専用道路のほうが長いだけある「自転車王国」でした。

オランダは運河が多く、サイクリングロードにもハネ橋があります(4枚目写真)。
写真は郊外ですが、これが街中だとハネ橋が上がっている時に自転車が溜まって、
橋が下りたら大量の自転車が両側からワッと出てきてカオスになります。
日本でいう鉄道の踏切で自転車が溜まり、一気に流れる。
日本に踏み切りは、真ん中に車が通り両脇に歩行者と自転車が通る構図だけど、
オランダは自転車道なので、自転車が一気に橋を渡り始めるのでカオスになります。

でも、自転車ぶつからないんですよ。
そのへんのおばちゃんとかも、自然にハンドサイン出してるのが印象的でした。


↓にオランダの様子を載せています。ご参考まで。

http://blog.kunys.net/article/78155222.h
tml

2015/7/13 06:30  [191-18113]   

 skogenさん  

北ヨーロッパの自転車専用道と比べると、日本の道路の自転車事情は哀しいばかりですね。
写真は北欧の小都市の自転車道です。自転車と自動車道は明確に分離されています。

最近のテレビ番組だと、デンマークの自転車事情が未来世紀ジパングで紹介されてました。
環境と健康のために自転車を推奨したが普及しなかった。そこで、自転車専用道を整備したところ市民の6割が自転車通勤をするようになった、という内容だったと思います。

国民は通勤時間という利便性を選んだ、という説明でした。
人はどこでも同じですね。デンマークでも自転車泥棒はしっかり居て、大きなカギを付けてますもんね。とは言っても、北ヨーロッパの理知的な社会のあり方は日本も見習うべきで、残念ながらどこかが根本的に日本とは違うと感じています。

あと、通勤で自転車を持ち込める自転車専用の電車や、ドアツードアで行ける集合住宅も紹介されてました。
番組ではノーヘルの人もそこそこ居たのは意外だったかな。別の北欧の国ではノーヘルだったりハンドサインを出さないと警察に検挙されてましたけど、デンマークはちょっと違うのかな。

あと、クリスチャニアバイクという荷物や子供を乗せることができる荷台付きのバイクとか(リアカーのフロント版みたいなの。別スレで紹介されてたハコバイクもこの流れなんですね)。
社会の中での自転車の位置が違うのが良く分かります。

2015/7/13 08:32  [191-18115]   

 ろーそさん  

Nさん、ご紹介どうもありがとうございます。

この世に安息の地は無いのかと思っていたので安心しました…。そりゃ自転車ばかり走っていたら自然にハンドサインとかするようになりますね。
オランダは自転車で移動する距離も長く、自転車の死亡事故も少ない(自動車とぶつかる可能性が減ればそりゃ減りますよね…)のですね。素晴らしい。
http://www.ibike.org/library/statistics-
data.htm

オランダのRabo-Livが女子ロードで世界最強なのも頷けます。

直ぐには無理でも、道が整備されていけば日本も変わっていくのかと期待したいです。
日本は自動車産業が幅をきかせていますし、交通事故の死亡者数自体は減っているので行政もなかなかてこ入れしないので困ります。
が、自転車の取り締まりも前よりは厳しくなってきていますし(この勢いが続くかどうかですが)、お台場の新しい道(築地市場の移転先)は埋め立て地ということもあり、最初から歩道の横に自転車道が付いています。
良くなっていくと良いのですが。

2015/7/13 09:18  [191-18116]   

オランダも北欧も美しい!日本の道路がどれだけ無茶苦茶になっているかの一部を紹介します。

写真は奈良市内の歩道の様子です。場所は4枚目の地図の区間。ここは道路が2車線から4車線に拡幅され、歩道も以前より倍くらい広げられました。そして写真のようなU字鉄が、なんとこの区間1.7kmに600個設置され、歩道を自転車で通行するのが非常に危険になりました。以前の歩道や道幅が狭い時代の方が今より、ずっと通行が快適で安全でした。車椅子の人たちもU字鉄に邪魔され通行に困っています。

写真2のようにU字鉄が横向きに埋め込まれ、歩行者、自転車を絶対通すか!と妨害している場所もあります。そんなに通したくないなら歩道なんか造らなければいいのに??

写真3は世界遺産唐招提寺の前の歩道ですけど、ただでさえも狭い歩道の真ん中にU字鉄が埋め込まれたため、歩行者も自転車も通行が困難になりました。この近くに病院があり車椅子が通行できないため、介護している人が車道に出て車椅子を押し、その横をダンプカーや観光バスが通行して渋滞になったり、しています。道路設計者は歩行者自転車利用者にケガさせるのが最大の目的で、実際にこのU字鉄でケガしている人もいるので目的を達成しています。


これが世界遺産が3つもある観光都市奈良の現在の様子です。
外国人が観光にきたら、なんて危険な街なんだとびっくり仰天して帰るでしょう。

古い道路は、まだU字鉄がないので、ましですが道路が新しく拡幅されたところは全部、歩行者自転車が通行できないようにU字鉄が10m間隔くらいで打ち込まれます。あと10年もすれば奈良市内の歩道は全部U字鉄で埋め尽くされるかもしれません、そうなれば歩行者も自転車も車道を使うしかなくなるでしょう。

いったい何のために道路を造っているのでしょうか??
少なくとも歩行者や自転車など実際に利用する人のためでないことは確かです。

現実に実際に利用する人たちが、当たってケガをし、今まで使えてた道路が使えなくて困っています。では誰が得をしているのかというと、U字鉄の製造メーカー、その利権に群がる首長、議員、役人、企業たち。

つまり日本の道路は利用する人のためではなく、土建村の人たちの金儲けで利用するために存在しているのだというのが、世界遺産都市奈良の歩道が証明しています。この奈良のU字鉄増殖が、そのうち日本全国に広がり歩道が全く使い物にならなくなる日も近いかもしれません。

僕は阪神大震災の時に神戸へボランティアに行きましたけど、その時車道に家が転がっていて通行できなくなり、歩道を車が通って、なんとか復旧作業をしていました。歩道にこれだけの障害物を設置したら、もし車道が通行できないような災害が発生したら、どうしようもない事態に発展すると予想できます。

歩行者の命や自転車利用者の安全を優先せず、土建村の利権、金儲けだけで道路を設計すると、こういう道路になります。ぜひ奈良に観光にきたら、この世界最高のお金をかけて利用者が使えないようにする道を見て帰ってください。わざわざお金かけて最悪の道路を造っているのですから救いようがないです。

2015/7/13 14:09  [191-18117]   

ディープ・ インパクト さん  

2015/7/13 15:44  [191-18118]  削除

 tukubamonさん  

皆さんの書かれている通りですね。

道路は自動車のためにつくり、自動車会社は税金も雇用も国民に貢献しているので国益となっている。
全て、国策。大人の事情があるわけです。

だとしても、Googleで自転車ルート検索が出来ないのは何故なんだろう?
自動車会社からの圧力かな?
世界的には自転車ルート検索は常備しているはずなので、日本だけ外すのは手間。
ここにも分からない大人の事情が…

2015/7/13 18:26  [191-18120]   

 skogenさん  

数は多くないですが、うちの近所にも同じようにU字鉄がずらりと並んだ歩道があります。
違法な駐車や、車やオートバイの侵入を防いでいるものと思ってました。
狭い歩道に設置されると、見るからに邪魔ですね。

不届き者の車やオートバイが問題のはずなのに、それを防ぐのにこういう障害物を作るという発想がダメな気がします。歩道を一時駐車場の代わりに使うドライバーの公共精神が足りない事がそもそもの問題で、それを変えるのが正しいやりかた。

ヨーロッパの鉄道には改札が無いですが、皆さんきちんと払ってますね。不届き者も居るようですが、普通の人は払うことが当然だという発想がまずあるようです。これは教育の賜物だと思います。
個人が正しい判断をするという前提が生きていて、そういう公共性とか社会性が守られているところに北ヨーロッパの理性や知性を感じます。

昔、ヨーロッパで間違って歩道を自転車で通ってしまったことがあるんですが、おばあさんにものすごい勢いで怒られました。なんて危ないことしてるんだ、非常識極まりない、という形相でした。あの顔は今でも忘れられません。良い大人の私は、しっかり教育されたって事かな。

翻れば、私もああいう老人になって怒らないといけないんですね。とっさに言葉を出すのは難しいですが、逆走している若者の自転車には叱りの言葉を出しながら走らねば。

2015/7/13 19:19  [191-18121]   

 ろーそさん  

tukubamonさん
マップの撮影や情報の収集、地図を書き起こす人は現地採用(管理する人以外は派遣社員などの非正規雇用)が主だと思うのですが、単純にコストの問題もあるかなぁと…。
実際に対応させるとなると、登録しないといけないデータ量もかなりあるのでデータ収集もし直しでしょうし、自転車道も整備されていない日本の都市部でそれをやるのはコストにみあわない気がします。
…と思いたいですね(汗)。

2015/7/13 19:24  [191-18122]   

上で使った写真1の下段は新しい歩道と古い歩道の比較を入れています。新しくなって、どれだけ走りにくくなったかがわかると思います。また写真2のように可動式ポールが設置されているところに新しく固定式ポールを作りポールを下げても自動車が通れなくした場所もあります。このポールジグザグに設置されていてまっすぐ走っていくと当たるようになっています。

唐招提寺周辺の歩道はU字鉄がなくても通行が困難な幅しかないのに、それをさらに半分にしていますから、まるで使えません。もっとひどいところがあって幅30cmくらいしかない狭い歩道に無理矢理U字鉄を埋め込み、歩行者は車道を通るしか通行できない場所があります。

こうなってくると歩行者にケガさせるために設置しているとしか言えないです。
どうしてこんな人権無視の無茶苦茶な工事が許されるのか、全く理解できないです。

設計者も工事やっている人たちも、こんなもの設置したら、みんなケガするのがわかるだろうに平気でやりきるところが、日本って人命軽視、市民生活無視の国だなあと実感します。自動車専用道ばかり建設して自転車は階段担いで登れみたいな道を平気で造れるのも、同じ思想が見えます。奈良県知事は土建箱物大好き知事で全国的にみても、かなりひどいのかもしれませんけど、道路が広くされると自転車や歩行者は悲惨なことになるので工事は一切してほしくないです。

東京オリンピックも新国立競技場みたいに、値段ばかり高くて使い物にならず、後世への負担だけが大きい施設ばかり建設され、町中新しい道になって自動車専用道ばかり増え、歩道にはU字鉄が山ほど設置され、東京中が今の奈良みたいな状態にならなければいいですけど・・・土建工事優先すると人がまともに生活できない街になっていきます。

2015/7/13 22:15  [191-18123]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
自転車道場
自転車道場をお気に入り登録
運営者:
ディープ・ インパクトさん
設立日:
2010年3月27日
  • 注目度:

    1(お気に入り登録数:316件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ