縁側 > スポーツ > 自転車 > 自転車総合 > 暗峠&六甲山チャレンジ
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

暗峠チャレンジと六甲山チャレンジの連絡用に始めたこの掲示板ですが、運営者の東京移住に伴って、暗峠チャレンジと六甲山チャレンジの主催はできなくなりました。

それに代わるものとして東京近郊でのチャレンジを企画していきたいと思います。誰でも参加できるイベントです。原則現地集合、現地解散。どんな自転車でもOK。タイムトライアルでもサイクリングでも、どんな走り方でもOKです。

自転車に関する情報交換などもしていきましょう。誰でも書き込みできます。誰でもスレ立て可能です。情報発信の場としても使ってください。

掲示板の名称は、「暗峠&六甲山チャレンジ」のまま残しておきます。

  • 暗峠&六甲山チャレンジの掲示板
  • 暗峠&六甲山チャレンジの伝言板
  • 暗峠&六甲山チャレンジの投稿画像
暗峠&六甲山チャレンジの掲示板に
暗峠&六甲山チャレンジの掲示板に新規書き込み

佐渡汽船の時刻表
新潟港−両津港
6:00−8:30
9:20−11:50
12:35−15:05
16:00−18:30

佐渡ロングライドの受付はたぶん前日でしょうから、東京を出発する時間は、受付の締切時間で決まります。新潟港9:20発のフェリーに間に合うようにするには、上越新幹線は6時台の始発に乗る必要があります。たぶん次の12:35発で間に合うとは思うのですが。

2019/11/30 21:08  [1740-4331]   

昨日は、東京湾一周してきました。距離は185qでした。観音崎を通らずにショートカットしているので多少は短くなっていますが、それでもあるHPに載っていた210qという距離は長すぎです。フェリーで渡った金谷から千葉市までは一本道。千葉市から東京は、千葉街道−蔵前通りというルートです。

185qのうち13qがフェリーの区間です。フェリーは車両運賃が600円、旅客運賃が800円で、計1400円です。10時頃久里浜のフェリーターミナルに着き、切符を買ったらすぐに乗船開始のアナウンスがありました。20分前に行ったほうがいいです。フェリーは、進行方向からいうと、前から乗って後ろから降りる形です。船体の前部が接岸しています。なのでいったん向きを変えてから出発です。

フェリー内での自転車の固定方法は写真の通り。これは他のHPでも載っていました。今回自転車はぼくの1台だけ、オートバイは2台でした。

金谷に着くと、船体の向きを変えて、後部から接岸します。降りるときは5分ほど待たされるだけで、スムーズに降りられました。

そこから千葉の東京湾沿いをひたすら走ります。単調です。木更津までは小雨が降っていたこともあり、海岸の風景を気にしている余裕もなかったです。木更津から千葉市までは工業地帯を結ぶ産業道路です。信号が少ないのはいいのですが、それにしても気が滅入るような単調さです。この区間は路面状態も悪いです。荒れた道を長時間走ると、25Cタイヤの恩恵がわかります。

実走距離で172qなので、琵琶湖一周よりは短いです。終わってみれば、琵琶湖よりは楽です。やっぱり琵琶湖は風があるので、その分がきついです。

2019/12/2 07:51  [1740-4332]   

佐渡ロングライド2020は今日からエントリー受付開始です。

前日の受付は18時までということで、12:35新潟港発のフェリーで十分間に合います。ということで、佐渡ロングライド、エントリーしました。もちろんSコースです。180qのヒルクライムコースです。

獲得標高が2558mということですが、TANTANロングの190qコースは2300mなので、それより少し多い程度。ヒルクライム区間(タイム計測有)の標高差が837mとのことですが、これは六甲山逆瀬川ルートの828mとほぼ同じです。なので、そんなに恐れるに足らないと思っています。平地でペースを上げすぎなければ、全然問題ないです。

あとは宿泊をどうするかという問題と、イベント当日に帰るか、もう1泊するかという問題があります。フェリーの時刻表を見ると、当日帰るのは難しそうです。ならばもう1泊して、ゆったりした方が良さそうです。

2019/12/2 20:56  [1740-4333]   

 monozuki5995さん  

佐渡のアクセス 結構大変ですね。
コース 他人事ですが楽勝と思いますよ。私は無理ですけど。
1月イベント2本 2月イベント1本 申し込んでます。正月明けの神戸伊勢は国道43号線の早朝2輪専用レーン(神戸尼崎最左レーン)を走るコースです。
年齢的に体温調整能力が落ちてるので奈良三重の山間部対策で暖かいジャケットとタイツを準備しました。

2019/12/3 16:26  [1740-4334]   

佐渡に渡るフェリーの本数が少なすぎです。この前乗った東京湾フェリーは、ほぼ1時間に1本です。これに対して佐渡汽船のフェリーは、3時間に1本です。ジェットフォイルを含めると本数は増えますが、値段が高すぎです。しかもジェットフォイルは輪行袋に入れないとバイクを載せることができません。帰りは、もう1泊しないと無理みたいですね。

6月のTANTANロングが佐渡の2週間後ですが、昨年出れなかったので今年は出たいと思っています。2週間で体力が回復するかどうかですが、がんばろうと思います。

朝の練習も、最近は億劫になっていたのですが、復活しようと思います。そのためには前の日に早く寝ないと。

2019/12/4 12:42  [1740-4335]   

佐渡ロングライド−宿泊編

一泊一人6000円くらいで泊まれそうですが、問題はタイミングよく予約できるかどうか。ユースホステルはありますが、ちょっと遠いかな。ゲストハウスみたいなのがあれば一番いいんですが。

帰りは、ジェットフォイルに輪行で乗れば、その日のうちに東京まで帰れます。もう一泊するよりは安いけど、ちょっとあわただしい感じです。いずれにしても月曜日は休みを取るので、もう一泊してゆっくりするほうがいいかもしれません。

2019/12/5 21:53  [1740-4336]   

久しぶりにバイク乗りました。

荒川サイクリングロードで岩淵水門まで行き、そこから普通の道で帰るコース。北本通り、明治通り、白山通りというルートでした。行きは向かい風(北西の風)だったので、まあまあトレーニングになりました。

2019/12/13 07:23  [1740-4337]   

今日は、午後に時間が取れたので、岩淵水門まで行くコースを走りました。北行するルートだと冬は向かい風基調になるので、荒川サイクリングロードはいいトレーニングになります。

2019/12/15 20:40  [1740-4338]   

子の権現(天龍寺)に行って来ました。

西武池袋線飯能まで輪行。有楽町線と西武池袋線が乗り入れているので、飯能まで直通の電車があります。電車に揺られること1時間半で飯能駅に着きます。

改札を出て、タクシー乗り場のあたりでバイクを組み立てます。そこで気づいたのですが、輪行袋を預けておくコインロッカーが近くにありません。改札まで戻って構内表示を見ると、コインロッカーは改札内にありました。つまり入場券を買って改札内に入らないと、コインロッカーが使えません。帰りは逆で、入場券で改札内に入り、コインロッカーに預けた輪行袋を取り出してから、改札外で袋詰めを行いました。

行きは入間川を遡るルートで行きました。緩やかな登り基調です。途中行き過ぎましたが、GoogleMapで確認して引き返しました。このルートは、天目指峠を通ります。峠を過ぎて下ってから東に行き、根の権現の参道の標識が出ているところからまた登ります。天目指峠から子の権現へはハイキング道はあるようです。ちょっと大回りしてしまい、余分な体力を使ってしまいましたが、とりあえず子の権現に向けて登り始めます。最初は緩やかで、だんだん勾配がきつくなります。最後の50mが一番きついです。といっても別に足を着くような勾配ではないです。といいながら、タイヤがスリップして1回足つきしていますが。(汗) 路面は、水溜まりはないですが、朝方の雨で濡れた状態でした。タイヤはHutchinsonのFusionですが、むしろ濡れた路面で1回しかスリップしなかったことは、ウェットグリップ性能の高さを証明していると思います。

子の権現の門前の店は、開いてはいますが、シーズンを外れているので閑散とした感じ。近くでハイキングの人が3人、休憩していました。本堂の手前のあたりにバイクラックがありました。クライマーのメッカだからでしょう。

帰りは国道299号線。下り基調なので楽なのですが、交通量がまあまああるのと、片側1車線なので、走りにくいです。

スタート&ゴールが飯能駅で、走行距離は55qでした。一番近いルートを取れば、子の権現の参道登り口まで20qくらいです。

2019/12/18 20:05  [1740-4339]   

サイクルスポーツの最新号をまた買ってしまいました。正月に読むことにします。

付録でカレンダーがついてきます。主なレースの開催日と主な選手の誕生日が載っています。でもそれ目当てではなくて、第1特集の「2020年、最上のレーシングモデルを決める ロードバイク スーパーテスト」を読みたかったからです。

2019/12/20 20:19  [1740-4340]   

サイクルスポーツの第2特集が最適なサドルポジションの決め方なんですが、説明してくれるのは、何とロット・スーダルのアダム・ハンセン!

高さ、前後、角度の順に決めていきます。高さについては、最適高さより高いのは故障の原因になりやすいとのこと。サドルの前後は、最適位置より前にする(前乗り)はありだが、後ろにする(後ろ乗り)はメリットがないとのこと。サドルの角度は水平が基本で、場合によって前下がりはあり。前上がりはあり得ない。

説得力があります。

2019/12/21 16:29  [1740-4341]   

サイクルスポーツの第1特集「ロードバイク スーパーテスト」にエントリーしているのは、キャノンデール、コルナゴ、ルック、スコット、ウィリエール、BH、キャニオン、デローザ、ピナレロ、スペシャライズドの10のメーカーです。UCIワールドチームに機材を供給しているか、あるいはしていたメーカーです。それぞれのトップグレードで性能の比較が行われています。でもUCIワールドチームに機材を供給してるメーカーは、他にも、ラピエール、リドレー、ジャイアント、ビアンキ等があります。なので、この10社での比較がどこまで意味があるのか、というのはあります。

ミッチェルトン・スコットの活躍で、スコットの世間的な評価は上がってきています。この特集でもスコット・アディクトの評価は高かったです。スペシャライズドのヴェンジとか、ピナレロのドグマとかと互角の評価になっています。

2019/12/22 20:11  [1740-4343]   

「ハイエンドロードバイク試乗会in京都向日町競輪場」
https://www.cyclowired.jp/news/node/3167
96


参加料500円で試乗できるなんて、良さそうなイベントですね。ラピエールも出店しています。ぼくは日程的に無理ですが。

今日は赤羽岩淵の水門まで軽くライド。のつもりだったのですが、北西風が強くて、荒川サイクリングロードはずっと向かい風でした。突風で10q/hまでスピードが落ちることも。さすがに走っている人は少なかったです。

2019/12/27 18:10  [1740-4344]   

今日はバイクのプチ掃除。(大掃除ではない。)

台風の後で荒川の泥の中を走ったときの汚れがまだ取れません。ちゃんとパーツを脱着すればいいのですが、そこまでする必要も感じないので、とりあえず脱着せずにできるところだけきれいにしました。

リアブレーキの引きが重かったので、ワイヤーを外してみました。キャリパーはそんなに重い感じではなかったのですが、一応テフロンオイルをピボットの軸の部分に差しておきました。ワイヤーをつないでも相変わらず重たいままです。ということは、シフターかワイヤーが原因のようです。

あと気づいたのは、リアホイールに振れが出ていること。今のところ走る分には影響はないです。使えるだけ使って、振れが気になるようになったら交換(廃棄)です。DTのホイール、耐久性はそんなに良くないのかな。まだ2年くらいしか使ってないはずですが。

タイヤのサイドでゴムが割れているところがありました。表面的な問題で、下のカーカスは問題ありません。

2019/12/28 11:06  [1740-4345]   

Bコースを走って来ました。

弥生坂、白鷺坂、目白新坂、東富坂、どれも最後の20%くらいを残したところで息切れします。高負荷の走りを最近してなかったので、これは仕方ないです。距離は短くても、高負荷のインターバルの方がトレーニングの効果はあがりそうです。

2019/12/28 18:28  [1740-4346]   

昨日は霞ケ浦一周に行って来ました。土浦まで輪行です。行きは乗り継ぎが良くなくて、土浦まで2時間かかりました。帰りは1時間40分くらい。

東口を出るとサイクルステーションがありました。無人です。バイクラック、シャワー、コインロッカー、空気入れがありました。バイクを組み立てて、輪行袋をコインロッカーに入れました。

10時過ぎにスタート。反時計回りです。標識や道路標示での案内はありますが、あまりわかりやすくはないです。霞ケ浦サイクリングロードは、湖岸の管理道路、農業用道路、漁業用道路をサイクリングロードとしても使っているという感じです。普通の自動車が通る道はさらに外側にあるので、自動車が入ってくることはあまりありません。通っているのは農業、漁業関係の車、釣りをしに来ている人の車くらいです。釣り人はけっこう見かけました。ジョギングの人もちらほら。サイクリングの人は、いましたが、思っていたよりは少ないです。まあ季節も季節ですし。

琵琶湖のサイクリングロードは自動車道なので、成り立ちが違います。むしろ荒川や多摩川のサイクリングロードに近い感じです。外周に自動車道があるということは、自動車道でも一周できます。何か所かは自動車道を通る区間もあります。自動車道沿いにはコンビニもあります。なので、休憩したいときには、外周の自動車道にいったん出ればOKです。

霞ケ浦サイクリングロードは、成り立ちがそういう道路なので、川や水路が合流する部分で迂回させられたり、港のところで迂回させられたりします。農家の集落を横切る部分もあります。はじめてだとちょっとわかりにくいかも。ぼくも何か所か、行き過ぎたり、行き止まりに迷い込んだりしました。でもこれははじめて琵琶湖を走る人が、琵琶湖がわかりにくいと感じるのと同じかもしれません。

路面状態は全体的にはいいです。ただ荒れているところがないわけではありません。なので油断すると怖いです。走りはじめて20qくらい、漁港の近くを走っていると、前輪が段差に乗り上げてバランスを崩し、そのまま落車してしまいました。スピードは20q/hくらいして出ていなかったのですが、油断していました。膝と肘が擦り剝け、バイクはエルゴレバーのカバーのゴムが破れていました。戦意を喪失しかけたのですが、なんとか気を取り直して再スタート。

風はそんなに強くはないのですが、向かい風基調です。30q/hまでスピードに載せるのがなかなかできません。全周の内の4分の3くらいが向かい風基調だったと思います。はっきりと追い風と感じられたのは最後の20qくらいだけです。

一周は124qでした。5時間半かかっているので、平均22.5q/h。休憩や停止時間を除くと24.8q/hでした。120qくらいなら距離はたいしたことはないと思っていたのですが、思っていたような走りはできませんでした。風が結構効いてると思います。ずっとペダルを回し続けなければいけません。サイクリングロードには信号がないので、足を休ませることができません。そういう意味ではずっと回し続ける練習にはなります。ギアはほとんど19Tに入れっぱなしでした。一部向かい風が強い区間で21Tを使ったくらいです。大腿四頭筋が痛くなることもなかったし、ハムストリングスもそんなに疲れた感じではないです。なので後半でもごく短時間ならダンシングも可能でしたし、30km/h以上出せましたが、それが持続できません。これが琵琶湖を走った時とは感覚が違います。体全体が疲れている感じです。もしかしたら、足を上げる腸腰筋を使い過ぎたということなのかもしれません。

信号停車なしでずっと回し続けるというのも結構きつなと感じました。また気が向いたら走るかもしれませんが、とりあえず霞ケ浦は制覇したということで、次はつくば山(写真の奥に写っている山)を狙いたいと思います。

2019/12/30 08:46  [1740-4349]   

昨日霞ケ浦一周を走ったRidleyの整備をしました。エルゴのゴムカバーが破れた以外は、落車の影響はなさそうです。フロント変速は問題なし。リア変速ですが、これも問題なしです。心なしかディレーラーハンガーが内側に曲がっているような気がしないでもないですが、ちゃんと変速するので大丈夫でしょう。リアブレーキはキャリパーとタイヤのクリアランスを調整しました。やっぱりDTのリアホイールは振れています。そのためにクリアランスも広めに取る必要があります。

リアホイールですが、振れ取り台は実家に置いてあるので、正月に持って帰って振れ取りを試してみるのも一つの手です。ただ完組なので、自分で振れ取りするのもリスキーです。やっぱりそのまま乗るという選択になるのかな。振れの原因ですが、今回の落車の前から振れていたので、落車は関係ないです。このホイールで昨日以前落車したことはないので、本当のところはわかりません。

Ridleyは練習用バイクとして位置づけしたので、ホイールは安いものを消耗品として使っていくのがいいのかもしれません。あるいは、手組で余っているホイールがあるので、それを使うのが先かもしれません。

2019/12/30 18:43  [1740-4350]   

大晦日の上野公園と松葉公園(写真)に行って来ました。上野公園では、朝6時半にラジオ体操をしていました。その後Aコースを走っでから松葉公園に行きましたが、着いたときはもう終わっていました。参加者らしき人が残って談笑していました。松葉公園がラジオ体操発祥の地とのことです。

Aコースですが、弥生坂と東富坂、どちらもやっぱり残り20%のところで息切れして失速します。練習するしかないです。

カンパの最廉価グレードのCalimaが前後別々で売っています。こんなのでも(というと失礼ですが)性能的には十分かもしれません。G3組なので左右のスポークテンションはそろっているはずです。なので、駆動力の変換効率はいいはずです。フルクラムの廉価グレードで、Racing6とかRacing Sportというのが出ていますが、これは20本スポークなので2:1ではありません。でもWiggleの説明では2:1となっています。多段化が進む中でリアホイールは、2:1組(G3も含む)か非対称リムが必須だと思います。前後セットで買うなら、シロッコあたりが一番リーズナブルでしょう。3万円くらいです。

手元にRaicng3のリアホイールがあるので、これを使う手もあります。ただしカンパフリーなので、正月に実家に帰った時にシマノフリーを持ち帰って交換する予定です。

2019/12/31 16:30  [1740-4351]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
暗峠&六甲山チャレンジ
暗峠&六甲山チャレンジをお気に入り登録
運営者:
イタリアのタマちゃんさん
設立日:
2015年4月1日
  • 注目度:

    30(お気に入り登録数:17件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ