縁側 > スポーツ > 自転車 > 自転車総合 > 暗峠&六甲山チャレンジ
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

暗峠チャレンジと六甲山チャレンジの連絡用に始めたこの掲示板ですが、運営者の東京移住に伴って、暗峠チャレンジと六甲山チャレンジの主催はできなくなりました。

それに代わるものとして東京近郊でのチャレンジを企画していきたいと思います。誰でも参加できるイベントです。原則現地集合、現地解散。どんな自転車でもOK。タイムトライアルでもサイクリングでも、どんな走り方でもOKです。

自転車に関する情報交換などもしていきましょう。誰でも書き込みできます。誰でもスレ立て可能です。情報発信の場としても使ってください。

掲示板の名称は、「暗峠&六甲山チャレンジ」のまま残しておきます。

  • 暗峠&六甲山チャレンジの掲示板
  • 暗峠&六甲山チャレンジの伝言板
  • 暗峠&六甲山チャレンジの投稿画像
暗峠&六甲山チャレンジの掲示板に
暗峠&六甲山チャレンジの掲示板に新規書き込み

掲示板2019
https://engawa.kakaku.com/userbbs/1740/T
hreadID=1740-3897/

の続きのスレッドをつくっておきます。ちょっと気が早いけど。(笑)

前のスレッドがいっぱいになったら、こちらに書き込んでください。

2019/2/27 20:35  [1740-3995]   

パナレーサーのRACE EVOシリーズがEVO4にバージョンアップ。
https://www.cyclowired.jp/news/node/2903
55


パナレーサーといえば軽量なRACE Lに興味がありますが、今回RACE Lはラインナップにありません。軽量タイヤは、Gillarに統合されるようです。そういえば以前α→EOSさんがGillarについて書き込んでいましたね。

重量は、700×23Cで160g、700×25Cで170g。とにかく軽い。23Cでの比較だと、グランプリ4000S2より40g軽量です。

改めてインプレを探したら、辛口のこんなのがありました。
https://roadbike-hikaku.com/20171116_gil
lar/


乗り心地が硬いというのは、意外でした。RACE L EVO3は空気圧によって印象が変わるタイヤでしたが、硬いという印象はなかったです。

2019/3/11 20:45  [1740-4010]   

α→EOS さん  

2019/3/12 06:08  [1740-4011]  削除

Pro Lite - Bortola A21 アロイクリンチャーホイールセット、
https://www.wiggle.co.uk/pro-lite-bortol
a-a21w-alloy-clincher-wheelset/



ユーザーレビューで、いいホイールだけど、大きな力をかけたときにリムが撓むというようなことが書いてあります。

" My only real complaint is I find
the rear wheel a bit too flexible during
out-of-the-saddle climbs at slow speeds
. I often encounter brake rub. "

体重が82sとも書かれていますが、それにしても、ブレーキパッドが擦るほど、本当に撓むんですね。ということは力が逃げているということになりますが、それにもかかわらずいいホイールというのがちょっとわかりません。

ワイドリムで重量が1425g、しかもこの値段。お買い得だとは思いますが、実際のところどうなんでしょうね。

2019/3/12 06:00  [1740-4012]   

 α→EOSさん  

EVO4にバージョンアップしてLがなくなった、というのは個人的にショックです。
軽量、グリップ、価格のバランスで一番気に入って使ってきたタイヤでした。
今後どうしよう、と悩みます。
特に、これだけの軽量タイヤであるのに価格が安い(ウエムラで\4000切り)ので、ずっと普段乗り、通勤用に使ってきました。
とりあえずLが市場にあるうちに買っておかねば。そろそろ交換時期なので。

イタリアのタマちゃんさんご紹介のGillarのインプレを読みましたが、7.5barも入れたらそりゃ固くなるだろうと思うのですが、この方は他のタイヤも同じ空気圧で比較されたのでしょうかね?

ブリジストンのR1Sというタイヤが、知っている限りで、ヒルクライム用として優秀だと思っています。
実測重量144gと147g(カタログ値145g)と、軽いrace Lと較べてもさらに30g以上軽い。
この差は大きいです。
しかも、軽いのに高圧(7.8bar程度)でもしなやかで良くグリップし、路面追従性が高いので、
勾配の大きな下りヘアピンカーブとかの処理が楽になります。

できればこのタイヤを長距離サイクリングにも使いたいのですが、パンクベルトのないタイヤなのでちょっと躊躇してしまいます。
でも、amazonのインプレを読むと、200kmくらいのサイクリングに使っている人もいますし、
パンクに対してはそれほど神経質になることもないのかもしれません。


長くなってすみませんが、
以前、アンクルウエイトを脚につける場合と、同じウエイトをリュックに入れる場合の話を書きました。
実験してやろうと思い、片側3kg(合計6kgの重量増加)のアンクルウエイトを買いました。
が、失敗でした。
3kgのウエイトを足首につけてペダリングはできません。
いや、出来る人もいるのかもしれませんが、僕には無理です。
たぶん1kgくらいなら何とかなるのではないかと思います。
が、それだと合計2kg程度ですので、ヒルクライムのタイムにはっきりとした差を感じるのは難しいのではないかと思います。
というわけで、この話の信憑性については不明です。
お騒がせしました。

2019/3/12 06:08  [1740-4013]   

ヒルクライムだと、転がり抵抗を少なくするために空気圧を高めにしたりしますが、入れすぎるのも逆効果ですよね。路面が悪いところでタイヤが跳ねてしまい、トラクションがかからなくなります。路面状況やライダーの体重との兼ね合いではないでしょうか。

耐パンクベルトが入っているかどうかは、一種のおまじないみたいなものかもしれません。ぼくはパンクの経験は少ない方かもしれませんが、いままで使ったタイヤで一番多くパンクしているのは、パンクに強いと言われるルビノプロ3です。もっとも一番使う頻度が高かったというのもあるのですが。どんなタイヤでもパンクするときにはするという単純な理屈かもしれません。

片側1sの重りを足首に付けるのは、かなりのウェイトだと思います。それに足首に付けると不安定なので、余計足を動かしにくくなるし、全体のパフォーマンスは落ちると思います。やるなら、鉛で靴の中敷きを作って入れるとかでないと、クランクを回せないと思います。それに重量も、片側500gくらいまでならパフォーマンスが上がる可能性がありそうです。ぼくの勘ですが。

2019/3/12 20:07  [1740-4015]   

 α→EOSさん  

Gillarを調べていて見つけたブログです
https://ameblo.jp/golgo13cm/entry-124116
78436.html


9ヶ月、3500km使った後にパンクしたということですが
トレッドはあまり劣化は見られず、異物を踏まなければまだまだ使えた感じ。
160g以下の超軽量タイヤで、これはすごいかも。

でも、これだけ劣化が少ないというのは、硬いコンパウンドを使っていると推測されますので
乗り味は硬いのかもしれません。
その点ではR1Sとは対照的な感じです。
R1Sは耐パンクベルトはないものの、柔らかく乗り心地良く、
でもそのかわり耐久性は高くないです。

ホイールにつけて7bar入れた時のタイヤ幅(全て23C)は
race L:23.5mm(実測)
R1S:21.5mm(実測)
Gillar:21.5mm(上記のブログで実測)
GP4000s2:24.5mm(実測)
と言うふうに同じ23Cでも随分違います。
R1SやGillarは幅が小さいのですから軽くて当然です。
また、太いほうがエアボリュームが大きいですから、当然乗り心地も良いでしょうし、
普通に考えれば、ゴム厚も大きくそのぶんパンクにも強くなっても不思議ではないです。
軽いのも乗り心地良いのも、物理的理由があるということですね。

まあ、パンクは運ですし、さらに荒れた路面、体重、乗り方、空気圧、天候で左右されますから
こればっかりは他人の「パンクしやすいタイヤ」という評価はほとんど参考にならないと思います。

逆に、パンクに強いタイヤというのはほぼ例外なく分厚く重く、軽快さとのトレードオフです。

2019/3/12 22:18  [1740-4016]   

そのブログ、見てみました。

コンパウンドが硬いという書き方はしてないですね。むしろ空気圧で乗り味が変わるということで、パナレーサーの特徴は引き継いでいるようです。摩耗が少ないというので、コンパウンドはルビノプロに近い気もします。3500qまでもったということで、いずれにせよ、コンパウンドに関しては、かなり質は高いということでしょう。

試しに買うにはちょっと値段が高いかな。それとぼくは今のところグランプリ4000S2 23cの200gで十分軽いと思っているので、しばらくはこのまま行きます。

2019/3/13 21:11  [1740-4017]   

ChainreactioncyclesでMicheのクランクが安い。

NCR700は5800のノーマルクランクで、フロント変速なしにしてインナー39Tで使っています。アウターチェーンリングを外したいのですが、4本アームになってからアウターだけ外すのが無理っぽいです。

ということで、スクエアテーパーでもいいので安いクランクがないかなと思っていたところです。アウターを44Tあたりに交換すればベスト。

フロントシングルどころか、リアも変速を使っていないので、リアシングルでもいいくらいです。リアは15Tに入れっぱなしです。ギア比2.6。オールラウンドに使えるギア比です。

2019/3/20 07:54  [1740-4026]   

 monozuki5995さん  

BRM330川西200km 竜とお城と酷道と
川西〜猪名川町〜篠山〜丹波市山南〜福知山〜綾部〜亀岡市本梅〜川西

3/30の予定です。酷道というのは国道429号(丹波西から福知山)の事で狭い林道です。
全体的には大人気のコースで10分後には申込み終了でした。

4/20の300kmは同様に川西〜天の橋立往復も申込みました。
5/11の400Kmは川西〜小浜琵琶湖で3/29申込み思案中。
600Kmは福井まで

川西スタートは、神戸のブルべでも六甲山系を含まないので完走率は高いです。
うたい文句は 初めての・・・・。

定番サドルバック(オルトリーブ)に輪行袋。やはり重い、これが悩みどころです。

2019/3/20 19:08  [1740-4027]   

monozuki5995さん

すごいですね。まさにランナーズハイの状態ではないでしょうか。

ぼくは今日は平日休みにしたので、午後に軽く走りに行きたいと思います。

2019/3/22 06:26  [1740-4028]   

羽田空港と、川崎をぶらぶらしてきました。

羽田空港は、自転車で行けるのは、GPSのログで表示されたところまでです。写真を撮るいいスポットがありません。大阪空港(伊丹)は、着陸する飛行機のほぼ真下で撮影できる場所があります。

2019/3/22 20:19  [1740-4029]   

フロントシングルのクランクに、シマノのアルフィーネがあります。ホローテックなので重量も軽い。
http://blog.livedoor.jp/e231_yamanote/ar
chives/1611638.html


チェーンラインが、ダブルクランクのインナーの位置とのことなので、45Tのチェーンリングで理想的なチェーンラインになりそうです。45×19Tでギア比2.36。街乗り用のギア比としてはこれくらいがいいです。

今NCR700はフロントがインナー39Tでリアは15Tを使っているので、チェーンはちょっと斜めになります。リア17Tを使えばほぼ問題なしです。

2019/3/26 06:28  [1740-4031]   

 guru-dbさん  

リアもシングル化するアダプターもありますよ。
グランジやバズーカが出しています。
これでシングルスピードロードバイク化すると軽くなります。

2019/3/27 20:00  [1740-4032]   

チェーンのテンションを調整するやつですよね。ディレーラーから変速機能を取り去ったような。

あれって、バネの力でチェーンのテンションを確保しているので、本来のシングルスピードとはフィーリングが違うと思います。というかシングルスピードでは、チェーンにはチェーンの自重以外にはテンションがかかってなくて、それがシングルスピードの味というかフィーリングを作っている気がします。ダイレクト感というか、やっぱりパねを介さない分の違いがあります。バネの変形は弾性変形なので、物理的な力のロスはないはずですが、大きなトルクをスプロケットに与えたときの挙動はやっぱり違うと思います。

今日はAコースを走りました。上野公園の桜はほぼ満開です。朝から場所取りをしているひとが多かったです。

2019/3/27 22:14  [1740-4033]   

WiggleとChainreactioncyclesで、racing3のC15 2-Way-Fitが5万円くらいです。ただしカンパハブですが。Racing3のナローリムを買うならこれが最後のチャンスかもしれません。

MerlincyclesではRacing ZeroのC15が7万1千円でまだ在庫があるようです。ただしこちらもカンパハブ。

ナローリムでいいホイールが欲しいという人には悩ましいところです。

2019/3/27 22:46  [1740-4034]   

荒川サイクリングロードを軽く走ってきました。

写真は、荒川沿いの小松川千本桜です。まだ満開にちょっと早いです。31日が桜まつりとのことで、そのころ満開を迎えそうです。

2019/3/28 15:15  [1740-4035]   

写真は、昨日のレインボーブリッジです。夜8時頃。以前自転車押して渡りましたが、やっぱりレインボーブリッジは渡るものではなくて、見るものです。

アルフィーネのクランクですが、amazonで8千円台だったのが、今は1万円台に上がっています。しかも納期が長くなっています。注文するタイミングを逃した感じです。でも絶対必要なものでもないので、また安くなるのを待ちます。

海外通販ではシマノの製品がだんだん少なくなっていっています。今後海外通販は、シマノ以外のパーツを買う場所になっていくでしょう。もともとシマノ製品は国内通販も海外通販もそんなに値段が違わなかったので、国内通販でも十分でしょう。

2019/3/29 20:51  [1740-4036]   

 guru-dbさん  

> チェーンのテンションを調整するやつですよね。ディレーラーから変速機能を取り去ったような。

そうではなく、歯を1枚取り付けるためのスペーサーが着いてくるのでRDも取り外し完全にシングルスピードにできるパーツセットです。

2019/3/30 17:10  [1740-4037]   

でもロードバイクのリアエンドの形状はストレートドロップ(視力検査で下が切れている輪のような形状)なので、ディレーラーをはずしてしまうとチェーンの張り調整ができません。なのでシングルスピード化キットと呼ばれるものは、ディレーラーのアームのようなものが付いています。

たまたまリアのギアに直にチェーンを掛けたときにチェーンの張りがぴったりになることはあり得ます。そうなればラッキーで、しばらくはそのまま使えますが、走るにつれてチェーンが伸びてきたときに、対応する手段がありません。なのでエンド形状次第だと思います。

チェーンの張り調整が可能なトラックエンドがなぜ寂れていったのかわかりませんが、トラックエンドのロードバイクがあったら、シングルスピードにも多段変速にも対応できて便利ですね。

2019/3/30 21:48  [1740-4038]   

 monozuki5995さん  
国道429府県境

昨日はBRM200川西に参加してきました。天気予報は北部で15時から雨の予報だったのですが、50km地点から最後まで雨、寒い一日でした。コースは10%越えの坂は無く優しい方ですが、
丹波青垣から福知山に抜ける峠で京都側は白線が見え兵庫側落葉に覆われたまま、国道でも管理は別みたいです。雨道はやはり走りにくいです。
雨具(シューズカバー、ヘルメットカバー、レインジャケット)持っていてよかったです、
ゴール後自宅までも雨だったので体も冷え切り1時間ほど風呂に入ってました。

2019/3/31 12:01  [1740-4039]   

monozuki5995さん、お疲れさまでした。

自分で走る日を選べるならば、雨の日は走りたくないですが、イベントなら仕方ないですね。最近寒い日が続いているので、雨も冷たくて大変だったでしょう。それに雨の中を走ると、後でバイクの手入れが大変です。チェーンが錆びてきたりとか、BBに水が入ったりとか。

今年は、会社の研修旅行と重なったので、TANTANロングライドは参加できなくなりました。第1回から7年連続で参加しているのに、今回途切れるのが残念です。もしあのゲストハウスで宿泊されるなら、ゲストハウスのお姉さんによろしくお伝えください。

2019/4/1 01:02  [1740-4040]   

 monozuki5995さん  
BRM330川西リザルト BRM321六甲リザルト

イタリアのタマちゃんさん

やはり雨予想の時はDNSが多いです、スタートされたのは半分程度です。
六甲山含むブルべのリザルトはもっと酷いです、ゴール出来た人は少数です。昨日のブルべで同時にゴールした人が六甲ブルべに参加して150km走った後登るのは大変だそうです。
ブルべは参加費が安いので取りあえず申し込んでおく人が多いかもです。

次は4/20の川西300km天橋立です。5月末に沖縄へ行く予定と6月に神戸鳥取400KMも参加予定です。たんたんロングライドは見合わせます。ゲストハウスにはいきたいですけど。

2019/4/1 06:28  [1740-4041]   

monozuki5995さん

もう完全にブルベの虜ですね。(笑)

暖かくなって桜が咲き始めた矢先、この2日ほどまた寒くなりました。ダウンジャケットが必要なくらいです。この寒さが過ぎたら、今度は本当に春になるのでしょう。日帰りの遠出はいろいろしてみたいです。ヤビツ峠往復、三浦半島一周、霞ケ浦一周あたり。

連休がもし取れたら、輪行で宮津に行って、ゲストハウスに宿泊して、そこを拠点に動くというのもありですね。TANTANロングライドは行けませんが、今年もコースは一度走ってみたいです。

2019/4/1 22:02  [1740-4042]   

Amazonからペダルが届きました。ペダルといっても、自転車用ではなくて、キーボード用ですが。もちろんビンディングではありません。

イタリア製なんですが、別にイタリア製だからといって、質的に劣るということはありません。

2019/4/3 00:04  [1740-4043]   

↑イタリア製品の品質ですが、まったく問題ないです。以前イタリア製の自動車に乗っていましたが、基本的な部分は壊れません。壊れるのは、あらかじめ壊れることが想定されているパーツです。なので、きちんとパーツ交換をしていけば長く乗ることができます。

イタリア製品はムラがあるというイメージですが、これもそんなにムラはないです。カンパのパーツも品質は安定しています。カンパのホイールで、以前フリーハブのスプリングが破断したことがありますが、これも常にメンテが必要なパーツだと考えれば、そんなに腹が立つほどのことではありません。

実はイタリア工業は、能力を持っているのです。
http://www3.ic-net.or.jp/~motokazu/gijut
su.htm


むしろ日本の工業力の方がやばい状況と言えます。

2019/4/4 00:13  [1740-4044]   

荒川サイクリングロード沿いの桜の名所、小松川へ。

散り始めてはいますが、まだまだ花弁の量は多く、見ごろが続きます。

2019/4/4 18:18  [1740-4045]   

クロモリのシングルスピード、FLITE100を甥に譲ってしまったので、実家に帰っても乗るバイクがありません。今ちょっと喪失感に苛まれています。(笑)

いいパイクだったと思います。平地では万能バイクです。山もダンシングを使えば10%の勾配もなんとかなります。故障しにくいので、信頼感ではロードの比ではないです。

それでこんなのを見るとついつい欲しくなります。
Fuji Track Road Bike (2019)
https://www.wiggle.jp/fuji-track-road-bi
ke-2019/


約6万円。手の届かない値段ではないです。でも東京では置き場所がないし。でも欲しい。

2019/4/5 20:17  [1740-4046]   

午前中時間があったので、目白新坂にチャレンジ。写真は目白新坂を上ったところにある東京カテドラルです。

そのあと新入生でにぎわう早稲田のあたりをぶらぶらして帰りました。

それにしても、午前に坂道アタックをすると、午後になって睡魔に襲われます。坂道アタックは無酸素運動なので、体の芯から疲れる感じです。

2019/4/6 20:48  [1740-4047]   

 guru-dbさん  

FUJIのピストいいですね。実家に1台ロードを送りシングル固定1台いかがでしょう。

2019/4/7 02:20  [1740-4048]   

シングルスピード欲しいけど、ここは自制せねば。(笑)

それにしてもシングルスピードのバイクの機種が年々少なくなっていて、本当に選択肢がありません。FLITE100もオリジナルの形のフレームのものは販売されてないですし。5年前くらいのブームが懐かしく思えます。

今日の午前中、仕事で大田区の方に行っていたのですが、おもしろい地形があります。

写真左は東急池上線沿いの石川台駅の手前(五反田寄り)の坂を上から見下ろしたところ。写真中は同じ坂を下から見上げたところ。距離は短いですが、10%くらいの勾配でまっすぐ登っています。

写真右は、池上線沿いに雪が谷大塚の方に行くと、その中間くらいにある坂です。これはかなりきつくて、暗峠くらいの勾配があります。上った先は柵があって、自転車は通れません。歩行者は、乗り越えれば通れます。

2019/4/7 18:36  [1740-4049]   

池上線沿いの坂ですが、石川台が距離102mに対して標高差11mで勾配11%。石川台と雪が谷大塚の間にある坂が距離28mで標高差6.9m。勾配25%でした。

2019/4/8 06:25  [1740-4051]   

フレーム買いするという手もあります。Dura-AceのハブはFLITE100に付けたままあげてしまったので、ホイールもパーツをそろえるところから始める必要があります。Ambrosioのリムは使えそうですが。クランクも必要だし、パーツをそろえていくとけっこうお金はかかりそうです。でも道楽としてだったら、むしろこんなのをフレーム買いするべきかもしれません。

Cinelli Vigorelli Steel Track Frameset (
2019)
https://www.chainreactioncycles.com/jp/j
a/cinelli-vigorelli-steel-track-frameset
-2019-2019/rp-prod185426


写真で見る限りでは前後のブレーキは取り付けられそうです。

昨日白山通りを通ったのですが、道路に自転車レーンと一時駐車用の区画が出来ていました。不思議なのは、自転車レーンが駐車区画よりも左にあること。何か危なっかしい感じです。駐車車両の左をすり抜けるわけですから。助手席側のドアを不用意に開けられたらと思うと、スピードを落とさざるを得ません。

2019/4/8 20:29  [1740-4054]   

これがおもしろそうです。

Genesis Day One 10 Utility Bike (2018)
59,600円
https://www.wiggle.co.uk/genesis-day-one
-10-utility-bike-2018/


シングルスピードのディスクブレーキモデル。タイヤは35Cと太いので、グラベルバイクという位置づけでしょうか。フェンダーを外して、フラットバーハンドルに交換。クロスバイクにするのが向いているかもしれません。フェンダー用のダボ穴を使えば前かごも付けられるはずです。

2019/4/10 21:29  [1740-4059]   

↑「急げ、最後の1台」だそうです。

しばらく寒いのと雨が多かったのとで乗れていませんでしたが、今朝久しぶりにAコースを走って来ました。風はまだちょっと冷たいですが、気温はそこそこ上がりそうです。

2019/4/13 07:38  [1740-4060]   

昨日も朝Aコースを走りました。やっぱり冬の間の走り込みが足りないのを痛感します。出力はそこそこ出ますが、持続時間が短くなっています。

弥生坂も、本来スパートをかけなければいけない、最後の勾配が緩くなるところで、だれています。

2019/4/15 05:56  [1740-4062]   

今日も天気がいいので、朝のAコース。

弥生坂は終盤だれるのは相変わらずですが、感触は少し良くなってきました。やっぱり日々乗らないとだめだということですね。

2019/4/16 07:38  [1740-4064]   

フロントシングルのクランク、シマノ ALFINE FC-S501 シングルガード 45Tをぽちりました。NCR700で使います。

リア11-28Tなので、ギア比は
4.09 3.46 3.00 2.65 2.37 2.14 1.88 1.61

郊外では4枚目、町中では5枚目、向かい風のときは6枚目。普段はこの3枚で十分です。 ローギアの1.61ですが、ノーマルクランクのフロント39T×リア23T、ギア比1.70よりは低いので、昔のロードバイクを思えば、十分に低いギア比です。

2019/4/16 20:31  [1740-4065]   

今日の弥生坂スプリント。2つ目の信号でひっかかってしまいました。でも昨日と比べて平均スピードはそんなに落ちていません。調子はなかなかいい感じです。

2019/4/17 07:43  [1740-4066]   

カンペナールツ(ロット・スーダル)がアワーレコード新記録55.089km達成。おめでとう。

ギア比は、60×14Tまたは61×14Tということで、4.3くらい。55km/hを維持するケイデンスは100くらいです。1時間を走る一番効率的なケイデンスということです。もちろん、もっと短い時間やもっと長い時間では、効率的なケイデンスは違ってくる可能性があります。

2019/4/17 23:14  [1740-4067]   

アルフィーネのクランクが届いたので、まずは軽く報告。

BBは付属していました。ただし今のBBがまだ使えるので、これはスペアにします。

重量は、左クランク247g、右クランクが583g、トータル830g です。

構造的には、アウターチェーンリングの代わりにチェーンガードがついています。インナーチェーンリングの位置に45Tがついています。PCDは130なので、ノーマルクランクの5本アームなら取り付けられそうです。

2019/4/18 07:33  [1740-4068]   

何という不覚。アルフィーネのクランクをNCR700に取り付けようとしたのですが、チェーンリングがチェーンステーに当たってしまい、取り付けできません。そういえばもともとチェーンリングとチェーンステーのクリアランスが小さいフレームなのでした。インナーギアは39Tがぎりぎりで、おそらく34Tで使うことを想定したフレームなのでした。アルフィーネのチェーンリングの位置は、ダブルクランクのインナーの位置なので、45Tだと当たって当然です。

Audacioのクリアランスは割と大きそうです。Ridleyは小さそうです。でもこれらはダブルクランクのまま使いたい。となるとアルフィーネのクランクの使い道がなくなってしまいます。どうしたものか。

フロントシングル用のチェーンリングなので、歯の向きは裏返しても変わらないはず。ということはアウター側に付け替えたらいけるはずです。そういえば、チェーンリング固定ボルトで長さの短いもの(sugino製)をもっていました。東京には持ってきてないので、実家で探したらあるかも。

2019/4/19 09:32  [1740-4069]   

 guru-dbさん  

それは誤算でしたね。
ネジは長くても飛び出すだけで使えるでしょう。
チェーンリングだけ買ってダブルクランクをシングル化するのと変わらないですね。

2019/4/19 20:03  [1740-4070]   

チェーンリングの固定ボルトがそのまま使えればいいのですが。ダメ元で試してみます。

今NCR700に付いているクランクは、FC-5800の53-39Tです。PCD110の4本アームです。この4本アーム用のチェーンリングを探すと、Wolf Toothのものがありました。44T、46Tあたりを選べばいいはずです。でも値段は1万円以上します。できればアルフィーネを活用したいところです。

今日の午後は、Bコースをアレンジしたコースを走ってきました。追い風に助けられている部分はありますが、調子が上がってきているというのは確認できました。

2019/4/19 21:15  [1740-4071]   

 guru-dbさん  

チェーンリングボルトとナットならアマゾンで千円以内で5本セット売ってます。

2019/4/20 03:22  [1740-4072]   

アルフィーネ続報。

チェーンガードを外して、チェーンリングをチェーンガードがはまっていた位置に付けました。チェーンリングはインナーに付ける仕様なので、アウターの位置に付けると裏向きになります。でも歯の形状に表裏はないので、それは問題ないです。「SHIMANO 45T」という文字が、右サイドから見えなくなるだけです。

ただチェーンリング固定ボルトは、そのままでは使えませんでした。ボルトというよりナット(受け側)の問題です。ナットの長さは、クランクのチェーンリング取り付け部の厚み+チェーンリングの厚み2枚分に合わせてあります。これがチェーンリングが1枚になると、ナットの長さが、取り付け部の厚み+チェーンリング1枚の寸法より大きくなるのです。なので、ボルトが締まらず、固定できません。

値段の高いものでもないので、注文しました。amazonの安いのはアルミ製だったので、スチール製のsuginoにしました。それでも送料込みで2千円以内です。

外したチェーンガードの重量は、75gでした。これを前回計った全体重量830gから引くと、755gになります。今ついているFC-5800から20gほど軽量化になります。

2019/4/20 08:10  [1740-4073]   

 monozuki5995さん  
百人一首 天橋立砂利道

BRM420川西300km まだふみもみず天橋立

川西〜猪名川〜篠山市日置〜福知山〜与謝野〜天橋立〜綾部〜園部〜亀岡市千代川〜亀岡市宮前〜川西

大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天橋立

平安時代は遠くて行けないあまのはし立を自転車で日帰り
途中で生野の道(京都福知山)を通り 天の橋立は人が多いので徐行。大江山は亀岡あたりだそうです。
帰路パンクしてしまい集団から離脱してしまいました。タイヤも限界にきたのかも(ルビノプロ3 たぶん7000KM)
ガスボンベ初めてだったので同走者が手伝ってくれました、試し入れの為超小型の手押しポンプも必要かも、あとチューブ一本だと予備が無くなり、山道は心配です。走れるうちに、電車があるうちにリタイアも考えてしまいます。
私の走力では深夜になり、昼の温度差が大きいので亀岡から川西の下り、レイン上着が役立ちました。
自走で自宅は眠くて車の通らない裏道を通って帰りました
初めて300KM走って、やはり300KMは200KMと違います

2019/4/21 16:02  [1740-4075]   

monozuki5995さん、300q走破おめでとうございます。ぼくは300qは絶対無理です。(汗)

大江山って、TANTANロングライドのAコース(190q)の途中にある山のことだと思いますよ。鬼の伝説のある場所。でもぼくはあのあたりはあまり土地勘はないです。京都から国道9号線と27号線で舞鶴や宮津は何回か行きましたが(ただし自動車です)、大阪から日本海に抜ける道というのは、走ったことがないです。TANTANロングライドのようなイベントだと、曲がり角に案内の人が立っているので、あまり自分で道を考える必要はないのですが、ブルベとかで単独になってしまうと結構たいへんですね。

ルビノプロ3、7000qももてば十分すぎですね。たしかに丈夫なタイヤでした。昔は使っていましたが、今はコンチネンタルに鞍替えしたので、1本も手元に残っていません。ぼく的には、牛尾観音の坂でスリップしたというのが、ルビノプロ3から心が離れていった原因です。まあ普通の人はあんな坂(勾配がそこそこきつくて、路面がコーティングされていて、しかもウィットが多い)は走らないので、関係ないのですが。

2019/4/21 19:55  [1740-4077]   

 monozuki5995さん  

ブルべは自分頼りなのでコマ図とかで脇道指示を確認しておかないと、自転車走行禁止表示を見落とします。機器は便利ですけど頼り過ぎも良くないです
後 大江山 私も丹後の方と思っていたけど主催者がそこをコースに入れていないので調べてみました 百人一首講座です。

https://www.ogurasansou.co.jp/site/hyaku
nin/060.html


近江八幡 伊賀上野 法隆寺 のブルべも 正岡子規 芭蕉 ゆかりでした。

2019/4/22 19:14  [1740-4080]   

なるほど、鬼退治の大江山とは違うんですね。

京都市西京区の西の方、つまり亀岡と接するあたりに「大枝」という地名があります。あのあたりなのですね。ちょっと調べたら、六甲山に行くのに通った老ノ坂峠じゃないですか。灯台下暗し。すごく身近なところにありました。昔も都から丹後に行くのに使ったのは今の国道9号線のルートでしょうから、ルート的にも符号します。

法隆寺のブルベが正岡子規なのは、わかります。(笑)

2019/4/22 19:42  [1740-4081]   

今日のAコース。弥生坂は相変わらず信号で止められます。東富坂は一定のペースで登れています。

Brytonのログと、Canmoreの安ロガーのログを比較すると、波形がちょっと違います。Canmoreの方が細かい感じ。

2019/4/23 07:40  [1740-4084]   

MerlincyclesのRacing Zero C15、まだ在庫があるみたいです。もうとっくに売り切れていると思って、Merlincyclesのサイトを見てみたら、ありました。この値段で、なぜ買わないのか不思議なくらいです。

クラシック・レースのフレーシュ・ワロンヌ、もうすぐスタートのはず。去年はアラフィリップが劇的な勝利を納めました。今年はどんな結果になるでしょう。明日の朝結果を見ます。

2019/4/24 21:19  [1740-4085]   

ちょっと前に話題が出たWolf Toothのチェーンリングはこれです。
https://item.rakuten.co.jp/hakkle/133817
861/


でもチェーンリング固定ボルトが付属とは書いていないので、別に買う必要があります。でもアルフィーネのクランクも、結局チェーンリング固定ボルトを買う羽目になったので、トータルの金額は同じくらいです。

Wolf Toothのメリットとしては、歯先の加工を工夫することで、フロントのチェーン落ちがしにくいということでしょう。もっと前に知っていたら、Wolf Toothを買っていたかもしれません。

2019/4/24 22:11  [1740-4086]   

ついにカンパのChorusが12速化されました。カンパの12速は、これまでのホイールがそのまま使えるというメリットがあります。

興味があるのは、12速化がどのグレードまで進むかです。Chorusの下には、PotenzaとCentaurが11速で残っています。10速のVeloceは、海外通販では普通に売っていますが、カンパのHPでは載っていません。ちなみに9速のXenonは、まだWiggleで売っています。

シマノのように、7速から11速まで取りそろえ、コンポの序列を厳格に管理するというのもひとつの方法です。でもロードバイクをレース機材と割り切るなら、全グレード12速というのもありだと思います。材質によって値段の差はできますが、基本的なメカニズムは同じというのがカンパの特徴です。


チェーンリング固定ボルトが届きました。取り付け作業は30日以降になります。

2019/4/26 21:42  [1740-4088]   

 twwxさん  

ロードエンド(ドロップエンド)でのシングルスピード化ですが、テンショナーの他に、エキセントリックハブか、エキセントリックBBを使用するという、偏芯させてテンション調整する方法があるようです。仕組みまではまだいまいちわかっていませんが面白そうです。結構な価格するようですが、ロードフレームを活かす方法はあるようです。
BBがBSAならフィルセントリックBBとかホロ―テック対応の物も検索すれば出てきます。
使いたいフレームがあるなら選択肢になりそうです。

以下ぼやきです。メンテが楽で軽く仕上げたシングルを都内の街乗りに気軽に使いたいとちょっと思い始めていますが、保管場所やら知識やらで実現は遠そうです。往復50kmくらいまで行けるかな、でも距離伸びると速度欲しくなりそうなど考えています。雨も気にせず使うので最低限フロントディスクブレーキも外せないとなると選択肢もなさそうです(しばらくは選択肢に無しなので調べてません)。

2019/4/27 19:26  [1740-4089]   

エキセントリックハブって、これですね。
https://store.bluelug.com/white-industri
es-new-eno-rear-hub-black-12425.html


たしかに値段は高いですが、リムは手持ちのものがあるので、あとスポークを買ったとして、総額3万円くらいで出来そうです。構造は「エキセントリック」そのもので、ハブの軸がリアエンドの軸とずれています。このずれでチェーンステーの長さを変えて、チェーンの張り調整をする仕組みです。でも張り調整するとホイールの位置が動くことになるので、キャリパーブレーキのシューがリムに当たる位置も変わるはず。張り調整もそんな頻繁にするものでもないので、そのたびにシューの位置の調整をすればいいだけですが。

なかなか面白そうです。


以前にもリンク貼ったと思いますが、これ良さそうです。ディスクブレーキ仕様のシングルスピードバイク。
https://www.wiggle.co.uk/genesis-day-one
-10-utility-bike-2018/

2019/4/28 07:58  [1740-4090]   

今日と明日は雨、もしかしたら明後日も雨。連休前半は天気が良くないようです。

輪行できる高速バス「ブルーライナー」に乗ってみた。
http://blog.worldcycle.co.jp/20140707/11
532/


ブルーライナーの名前は知っていたのですが、どんな風にバイクを積むのかなと疑問があって、利用したことはなかったです。写真を見ると、やっぱり輪行バッグに詰めて横積みでした。転倒しないようにあらかじめ横倒しにして積むということでしょうか。でもこの積み方ちょっと不安があります。フレームは縦方向の力には強くても、横からの力は想定していないと思います。金属フレームならまだしも、カーボンフレームはちょっと心配です。

まあぼくが持っているバイクは全部金属フレームなので、大丈夫だとは思いますが。

2019/4/30 06:34  [1740-4092]   

 twwxさん  

リムブレーキの位置調整はトラックエンドでもエキセントリックハブでも必要だとすれば変わりませんね。私は手組が出来ないのでショップ依頼でならエキセントリックBBがよさそうという感じです。

紹介ありがとうございます。
ジオメトリはあまり理解していませんが、今はクロモリであればホリゾンタルが好きなのです。

ディスクブレーキは、QRとスルーアクスルで規格の差も大きいのでどうなのかよくわかっていません。リアのディスクは張り調整した時にどうなのとか。フラットやポストマウントは横に少し調整幅はあると思いますが、前後にも調整幅はあるのでしょうか。あればあるだけ調整が逆に面倒だったりもしそうです。私は手組が出来ないので今後のホイールの入手性も含めて、スルーアクスルの方が安心できそうな気がしています。トラックエンドからすると、バンドブレーキやリアブレーキ無しピストがシステム上合理的なのだと思わされました。リアはエンド幅が142mmのシングルスピードなんて無駄はないでしょうし、スルーアクスルのトラックエンドはありませんのでロード流用が通用しなさそうです。前後別は手組が出来ないと難しい気もします。と、想像ばかりですぐに答えは出ないのです。

2019/4/30 13:56  [1740-4093]   

たしかにトラックエンドでも、横から見て前後方向にホイールが動くのでブレーキシューのリムに当たる位置は変化します。でもエキセントリックハブの場合、上下方向にもホイールが動くので、調整はやりにくい気がします。

ディスクブレーキの場合は、スルーアクスルがいいと思います。というかフレームがそういう流れになってきています。一時期はQRのフレームも見かけましたが、今はほとんどスルーアクスルのはずです。アクスルの径はいくつか規格がありますが、完組ホイールはアダプターで対応できるみたいです。

トラックエンドの場合は理屈上スルーアクスルは無理ですから、オーソドックスなナット止めになります。QRにできないことはないですが、締め付け強度的にあまりおすすめではないです。15oのレンチを携行すればホイールは外せるので、QRでないことでそんなに不便もないと思います。


今日はとりあえずアルフィーネのクランクをNCR700にインストールしました。朝がた雨が降りましたが、その後は止んでいます。でも今にも降りそうな感じで出かける気分ではありません。明日も雨予報なので、試走は少し先になりそうです。

アルフィーネは、以前のモデルはホローテックではありません。値段はだいぶ安くなります。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00KLU1MBA

現行モデルでホローテック化され、105並みに軽量化されました。

2019/4/30 17:10  [1740-4094]   

連休に入ってから初めてバイクに乗りました。軽く荒川サイクリングロードを走りました。

フロント45TにしたNCR700、ギアはいい感じです。平坦地なら17Tに入れっぱなしで問題ないです。

クランクが黒からシルバーになりました。NCR700はフレームセットで買ったのですが、フォークやヘッドパーツはシルバーでした。なのでシルバーのパーツで組むことを想定していたはずです。ただしシートポストは黒が付いてきました。これはメーカーの間違いだったようで、購入した店ではシルバーを取り寄せると言ってくれたのですが、時間もかかるし黒のままで受け取りました。

ぼくはパーツの色はあまり気にしません。ホイールも、フロントはシルバーでリアは黒です。

2019/5/2 21:37  [1740-4095]   

三浦半島一周してきました。距離は、ドアツードアで171q。思ったより短かったです。ただし鎌倉から県道21号に入って、そのまま横浜に抜けたので、藤沢から国道1号線を使うよりは10qほど短くなっています。

三崎漁港は行きました。漁港から海岸沿いに北に抜ける道がないか模索しましたが、結局国道134号線に戻るしか方法がないようです。

鎌倉では鶴岡八幡宮の前を通って、北鎌倉から県道21号線に抜けました。栄区、港南区を通ります。次回は、134号線で江ノ島のあたりに行き、そこを北上して藤沢で1号線に入るというルートを試してみます。

鎌倉は賑わっていました。鶴岡八幡宮の参道ですが、原宿並みの人出でした。

2019/5/3 20:20  [1740-4096]   

 guru-dbさん  

三浦半島一周ですか。僕は連休は仕事です。

鶴岡八幡宮の前を右折して朝比奈に抜ける山越えコースも坂好きには面白いです。頂上付近は鎌倉霊園というでかい霊園です。朝比奈に抜けて右折すれば16号に、左折で鎌倉街道に合流できます。

2019/5/3 22:58  [1740-4097]   

県道204号線ですね。この前葉山教会に行った帰りに通りました。その時は六浦で16号線に合流しました。地図で見てみると、鶴岡八幡宮とそんなに離れてないですね。

港南区や栄区のあたりも、もっと郊外かと思っていましたが、けっこう開けていました。東京からだと、16号線が左折して磯子の方に向かうのを、そのまま直進すると21号線になります。そのまま道なりに行けば鎌倉。鎌倉は意外と近い。今回は鍵を持っていくのを忘れたので、バイクを置いて歩きまわるというのができなかったのですが、次回は鎌倉散策とかもしてみたいです。

三崎漁港は賑わっていました。京急三崎口からは距離があります。駅からバスが出ていますが、行列ができていました。レンタサイクルで走っている人はけっこういました。距離的には自転車でちょうどいいくらいです。

葉山は小さな町ですが、人はすごく多かったです。

2019/5/4 09:01  [1740-4098]   

シマノがグラベル用コンポを発売しました。
https://rbs.ta36.com/

DuraグレードとUltegraグレードのフロントシングルのクランクは良さそうです。42Tと40Tから選べます。


写真は、孤独のグルメに出てきた天丼です。黒い色は醤油の色です。衣は厚く、それにたれが染み込むというよりは、たれと溶け合っています。これが東京の天丼なんですね。ならばこの1年の間東京の天丼だと思って食べていたのは何だったんでしょうか。(汗)

2019/5/8 05:59  [1740-4102]   

今日の朝の東富坂のログです。数値はけっこういいのですが、少し追い風が入っています。弥生坂は相変わらず途中で信号停止があるのと、今日は向かい風だったのであまり伸びませんでした。

大津の園児が亡くなった事故ですが、琵琶湖一周のコースのすぐそばです。近江大橋を渡ったところのすぐ南。瀬田の唐橋を起点とするフルコースなら、もちろん事故現場を通ります。

湖岸の南北の道路と東へ行く道路が接続するT型の交差点で、南からきた乗用車が右折しようとしたところに、北から直進してきた軽乗用車がぶつかりました。報道によると、軽乗用車はハンドルを左(つまり東側)に切って衝突を回避しようとしたようです。つまり園児たちがいた歩道側にハンドルを切っているわけです。衝突のはずみで歩道に乗り上げたというより、車の向きが歩道に向いたところで乗用車とぶつかり(というか接触し)、コントロールを失ってそのまま歩道に突っ込んだように、ぼくには思えます。

直進車があるのに右折しようとした車にも重大な過失はあります。でも直進車がハンドルで回避しようとせず、ブレーキを踏んでいれば、正面衝突に近い形でぶつかって運転者がけがをすることはあっても、歩道にいる歩行者の被害はなかったはずです。それがやりきれない気持ちにさせるところです。教習所で習う危機回避は、原則はブレーキです。ハンドルをまっすぐにしたままとにかく全力でブレーキを踏むこと、これが原則です。それをせずに小手先のハンドル操作で回避しようとしたことで、人が亡くなるような事故を起こしてしまったとしか思えません。

自転車の場合もそうですが、ブレーキの制動力というのは、絶対に必要です。公道を走る以上は、パニックブレーキが掛けられないような自動車や自転車は、凶器にしかなりません。まずはブレーキへの信頼があること。この信頼があることで、危険回避にあたってきちんと原則通りにブレーキが踏めるわけです。

2019/5/8 21:48  [1740-4103]   

↑直進の軽自動車の運転手は釈放されたようです。事故の原因の解明は捜査機関にまかせるしかないので、ここからはあくまで個人的な意見になります。どちらの車も前部右側が破損しているということで、右折車が先に交差点に入ってそこに直進車が突っ込んだわけではなく、また直進車の側面に右折車が突っ込んだわけでもなく、タイミング的にぴったりのところで両者の前部右側同士がぶつかっていることになります。相手の動きに気付いた時点で、どちらかでもブレーキを踏んでいれば、少なくとも歩道に突っ込むという事態は避けられたと思います。両者ともブレーキを踏んでいれば、衝突自体が回避できたのではないかとも思います。

2019/5/9 06:34  [1740-4104]   

 α→EOSさん  

おひさしぶりです。

僕も数々危ない目に合っており、それが自分の過失によるものもありますので
けっして偉そうなことを言えるものではありません、が、
この事故はもう情けない、やるせない気持ちで、たまりません。

イタリアのタマちゃんさんの書き込みを拝見して思ったことがあります。
僕はかなりのチキンでビビリなので、下りでスピード出るのが怖いし、
回避行動を、必要以上に早くやってしまうことが多いと思います。
(これは逆に危険な場合もありますが・・・)
で、
感じるのは、回避行動がギリギリの人がけっこう多いなあ、ということです。
接触するかもしれないギリギリまでよく我慢できるなあ、(悪い意味で)度胸あるなあ、と思うことが多いです。
自転車でも、自動車でも、道を歩いている時でも、感じる場合があります。
今回の事故は前方不注意ということになるのだと思いますが、
それ以前に、恐怖感が少なすぎるのではないか、とも思います。
安全を守る原動力は恐怖心ではないかと思います。
身のほどを省みず、えらそうなことを書いてしまいました。

ただただ、被害者の方のご冥福を祈りたい気持ちです。

2019/5/9 20:27  [1740-4106]   

自動車って、ボディーで囲まれた中にいるからなのか、大胆になれるというか、危険に対して鈍感になれるところがありますね。ボディーが鎧のように身を守ってくれるという安心感で、人間自身は身も心も無防備になっていきます。これがバイクだとそうはいかなくて、風を受けて走っているので、すべては自分の体で受け止めなければいけないというのを、常に意識せざるをえません。交差点での右折の時、自動車と同様に右折レーンから右折するときも、やはり恐怖心はあります。理屈の上では車両として、自動車と同等だとしても、ぶつかったときの被害はこちらに来ますから。オートバイに乗っている人も、交差点なんかでは自転車と同じような状況に置かれているはずです。オートバイは自動車とまったく同じ扱い(2段階右折ができない)なので、矛盾は意識せざるを得ないはずです。

あと慣れによって感覚が麻痺するというのもあるでしょう。下りでスピードを出すときなんかはたぶんそうだと思います。今まで事故を起こしてないというのが妙な自信につながっているのかもしれません。かといって一回痛い目に会うのがいいと言っているのではなくて、想像力の問題だと思います。公道を走る場合は、他者もいるわけですから、他者に被害を与えない、あるいは他者から被害を受けない走り方をする必要があるはずですね。

2019/5/10 06:14  [1740-4107]   

今朝はAコースへ。弥生坂は久しぶりに信号停止なしで走れました。調子はけっこう上がってきています。


ジロは、いよいよ今日の夜(日本時間)スタートです。

2019/5/11 08:24  [1740-4109]   

Aコース。弥生坂は途中の信号停止はなかったものの、ゴールの信号に車が並んでいてスピードダウン。東富坂は安定した出力が出ています。

2019/5/15 08:13  [1740-4114]   

今日のAコース。弥生坂と東富坂は特筆すべき事項なし。平坦路ですが、中央通りの万世橋交差点から、末広町交差点のひとつ前の交差点までの500mのタイムが良かったです。まったくのフラットに感じますが、GPSのログだと真ん中が下がっているようです。パワーの表示はStravaが勝手に計算したもので、フラットな地形ではあまりあてにはなりません。でもコンスタントに40q/hは出ていました。風はほぼ影響なかったと思います。

2019/5/20 07:39  [1740-4120]   

「フロントシングル」で検索して見つけたページです。
https://denzib.exblog.jp/27185171/

16Tって、必要かな。(笑)

ギア比とケイデンスのグラフが出てきますが、ぼくはケイデンスはもっと柔軟性があると考えています。最適なケイデンスが90だとすると、「100では回しすぎ、80では回せなすぎ」とありますが、ぼくは75から110は十分パワーバンドだと思います。あえて狭いパワーバンドを自分に課すというなら、そういう考え方もあるのでしょう。

2019/5/20 22:24  [1740-4121]   

 α→EOSさん  

イタリアのタマちゃんさん

最適なケイデンスが90、という事自体にそもそも疑問があります。
だいたい、90という数値って、かつてランス・アームストロングがツールを連覇していた時に、
彼のペダリングを参考にして出てきた数値だと聞きます。
雑誌の記事とかが、一斉にハイケイデンス走行肯定になったとか。
ホビーライダーがツールの覇者のパフォーマンスを参考に出来るのでしょうか?
という疑問を感じます。

25Cタイヤの流行といい、ツールの選手のやり方を
日本の舗装路を趣味で走っている人がそのまま取り入れるというのはいかがなものかと。
でもまあ、趣味だからこそ、あこがれの選手の何から何まで真似して楽しむ
というやり方も、それはそれで良いのかもしれない、とも思いますけど。

2019/5/21 09:31  [1740-4122]   

最適ケイデンスは人それぞれですが、でも最適ケイデンスをキープするのが一番効率はいいのでしょう。だからレースで少しでも体力を温存したい場合は、最適ケイデンスに近いケイデンスで走れるように、ギア比は細かく調整できる方がいいということになります。

でもプロのレースでなければ、そこまでシビアではないと思います。人間はけっこう適応力があるので、ケイデンスもそれほど最適ケイデンスにこだわる必要もないです。ぼくはヒルクライムはかなりケイデンスは低いです。もちろんダンシングも併用しますが。でも平地は100くらいになります。ほとんど19Tで走っているので。

プロと同じような走りをしたいというのは、動機としてはわかります。それはそれでいいんですが。(笑)

機材にしても、パヴェを走るようなバイクが日本で必要かというと、だいぶ疑問ですね。日本の舗装路を走るなら、アルミでもスチールでもカーボンでも、差は出ないと思います。違いがあるとすればフレームの重量だけでしょう。

2019/5/21 22:20  [1740-4123]   

 α→EOSさん  

25Cのタイヤを使ったことがないので不勉強だったのですが、
パナレーサー・ジラーのインプレを書いているブログで、ジラーの25Cはこれまでの25Cより幅を狭く作ってあることを知りました。
ワイドリムに付けた時にちょうど25Cの幅になるらしいです。

http://blog.worldcycle.co.jp/20171110/27
879/


タイヤの幅は、同じ数値を記載されていても、メーカーによって違いがあるのですが、
これからのタイヤはワイドリムに合わせて幅を小さく作るのかもしれません。

2019/5/22 09:38  [1740-4125]   

コンチネンタルは、他のメーカーと比べて、同じ23Cでも太目だというのは聞いたことがあります。

ワイドリムが一般化する前は、ナローリムに25Cを付けていました。だから形状はナローリムが前提でした。ワイドリムが主流になると、当然25Cもワイドリムに最適化された形状に変わってくるのでしょうね。

ぼくの持っているホイールだと、DTだけがワイドリムで、他ナローリムです。タイヤは、23Cと25C、それぞれをそろえるのがいいのかなと思います。

2019/5/23 08:26  [1740-4127]   

内容は読まなくてもわかると思いつつ、買ってしまいました。悪循環から抜け出せません。

2019/5/23 22:06  [1740-4128]   

今日のAコース。弥生坂は久しぶりに信号停止なしで走れました。タイムはもう少し縮めたいところです。

2019/5/24 07:38  [1740-4130]   

今日は久しぶりの日曜休み。でも丸一日空けることはできず、気温も高すぎということで、彩湖に行ってきました。距離は往復で80qでしたが、これは荒川右岸から彩湖の手前で左岸に渡る橋を間違えたためで、最短ルートなら75qちょっとくらいです。

それにしても荒川サイクリングロードは、彩湖の手前あたりから道がわかりにくくなります。途中、プラスチック製の丸いパヴェの区間がありました。タイヤを取られるので走りにくいです。

今日のバイクはラピエール Audacioです。ホイールはもちろんレーシング・ゼロ。久しぶりに乗りました。行きは追い風だったこともあり、かなりハイペースで走れました。でもレーシング・ゼロが足を削るというのは本当です。帰りの向かい風では全然スピードが出せません。体が疲れ切った感じでした。

FDは調整の必要ありです。荒川サイクリングロードを走っている間はフロント変速は使いませんが、荒川に出る前に1か所フロント変速を試した箇所があって、そこでシフトアップに難がありました。シフトアップはするけど、遅すぎです。もっとFDのプレートのストロークが大きくなるように調整が必要です。

2019/5/26 21:16  [1740-4133]   

 monozuki5995さん  
嘉手納 沖縄嵐山展望台

沖縄で集まりがあったので2日程前からviperを乗せて行ってきました。
電車が走ってないから無理は出来ないので計画なしに 普天間 嘉手納 辺野古を周ってきました写真も制限あるみたいです。それと展望台は急傾斜の場所ばかり、誰かと違ってロードでは来ないそうです。
気温は高くないけど、日中の日差しは強いです。昼間は殆ど休憩。
スカイマークを神戸空港から2か月前に早得予約で。ホイール&タイヤは購入時の付属品、フレームは大丈夫だけどRD周りだけ心配。輪行袋を寝かすので下部はプチプチで。預託荷物規定サイズは120x60x50だけどロードバイクは大丈夫の事でした。
荷物受取でベルトコンベアから出てこないので出口を見ると若い女性が輪行袋を立てたまま待っていてくれました。”申し訳ない有難う”と言って手渡しで受け取りました。
帰りは宿泊先のホテルから那覇空港まで長距離バスで輪行できました。(トランクのあるバスは沖縄では好意で輪行可?)

2019/5/27 17:27  [1740-4135]   

今日は沖縄の方が涼しいと思います。東京で最高気温は30度超え、埼玉では35度を超えています。大阪、兵庫も30度超えのところが多いです。(汗)

飛行機やバスに積むときには、横倒しになるんですよね。東京−大阪の高速バスで自転車積み込みが出来る便があるのですが、横倒しなので躊躇しています。ディレーラーがなければ壊れる部分もないので、シングルスピードだったらいいかもしれません。やっぱりシングルスピードが欲しくなってきました。

沖縄は那覇周辺だけ観光で行きました。急坂があるんだったら、シングルスピードでは無理かな。

2019/5/27 20:27  [1740-4136]   

今日は平日休み。天気もいいので、懸念だった部分の整備をしました。

RidleyのBBの脱着清掃。ついでにクランクをラピエールと入れ替えました。なのでラピエール AudacioにDura-Aceの7950、Ridley Icarusに105の5750といういうことになりました。これで手持ちのバイクのエース格はAudacioということを明確にしました。

AudacioのFDの整備がやっかいでした。5750よりも7950の方がインナーとアウターの隙間が広いのだと思います。シフターとFDはカンパのVeloceですが、標準的な取り付けではFDのストロークが小さすぎて、インナーからアウターにギアが上がりません。なのでFDを上に移動させました。それでもギリギリで、アウタートップではチェーンがFDのアウタープレートと擦れます。アウタートップは使わないので実際の運用では問題ありません。

Audacioのシートポストはカーボンなのですが、これも異音がしていました。サドルをクランプする部分です。これは矢倉のネジは2本ありますが、そのうち1本は上から締めるようになっています。穴開きサドルならネジを締められますが、穴開きでないサドルでは締められません。固定は何とかできるので大丈夫かなと思っていたのですが、異音の原因を探っていくと、やはり2本のネジが均等に締められていないという結論になりました。

なので、NCR700のアルミ製を移設し、NCR700用は別に買うことにしました。カーボンシートポスト、軽くて良かったのですが、思わぬところで問題が出てしまいました。


あとAudacioのペダルをロード用(TIME)にしようかどうか考えています。せっかくTIMEのペダルを持っているので使いたいのですが、街中を走る時はSPDの方が使いやすいし、当面SPDのままでもいいのかなと思います。

2019/5/30 10:19  [1740-4139]   

【悲報】TIMEフレームの生産国がフランス→スロバキアに(まじか)
https://rbs.ta36.com/?p=40373

TIMEフレームの生産がスロバキアに移るとか。TIMEのフレームは持っていませんが、ペダルは持っています。でもペダルは以前から本国生産ではないのかもしれません。一応「made in France」とは書かれていますが。

あまり生産国にこだわっても仕方ないでしょう。大事なのは、設計思想と、国外生産の場合に品質管理がしっかり行われるかどうかです。実物が問題なければ、それでよしとするしかありません。

今日は川崎までふらふらと行ってきました。走行距離は60qくらい。横浜まで行きたかったのですが、夕方用事があったので、諦めました。帰りに武蔵小杉から中原街道を通りました。川崎市の中原区に通じているから、たぶん中原街道なんでしょう。起点は五反田です。これがなかなか走りやすかったです。

2019/5/30 20:34  [1740-4140]   

そろそろスペアのチューブを買わないといけないのですが、バルブ長とリムハイトの関係はそんなに突き詰めて考えたことはありません。ぼくの場合、ノーマルハイト(20oから30oくらい)のホイールと、50oのディープリムのホイールがあるのですが、ノーマルハイトには40oとか42oのバルブ長のもので問題ありません。チューブの標準的なバルブ長はそれくらいです。問題はディープリムのホイールです。

バルブ長の測り方に関する考察。リムハイトとの関係も調べてみた。
http://morimotty.com/valve-length/

メーカーごとにバルブ長の計り方は違う。でもミシュランを例にとれば、リムハイト+10oのバルブ長のチューブで問題ない。ということです。

ミシュランのチューブは、40o、52o、80oのラインナップです。ということは、50oハイトのホイールには52oだと不足で、80oは長すぎるということになります。大は小を兼ねるので、見た目を気にしなければ問題はないのですが。

ディープリム用だけ別のメーカーのチューブにしたほうがいいのかもしれません。

2019/5/31 22:52  [1740-4142]   

 α→EOSさん  

参考までに、
CRCでスーパソニックチューブを発注しました。まだ届いていませんが。
絶賛割引中。60mmのもあります。
ただし送料がかかります。
僕はGP4000sU(これも絶賛割引中)2本と合わせて買って送料無料にしました。

https://www.chainreactioncycles.com/jp/j
a/continental-race-28-supersonic-%E3%83%
81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96/rp-prod189
14?utm_source=CRM&utm_medium=email&a
mp;utm_campaign=OrderDispatch&utm_co
ntent=JP


カタログ重量50g、マキシスフライウエイトと並び、プチルチューブとしては最軽量。
でもCRCがセールしているためスーパーソニックのほうがだいぶ安いです。
パンクが心配という声もありますが、マキシスフライウエイトを使ってみた感じでは
そんな良くパンクするなんてことはぜんぜんありません。
※パンクは運です、あと空気圧のメンテ次第でしょう

ただ、amazonのレビューを読むとスーパーソニックはカタログ重量より10g以上も重いのが届いた
という声もあります。
ちなみに、フライウエイトは2本買ってどちらもカタログ値+4〜5gでした。

届いたらまた報告します。

2019/6/2 11:11  [1740-4145]   

Continental Race 28 Supersonic、Merlincyclesだと62gになっていますね。
https://www.merlincycles.com/ja-jp/conti
nental-race-28-supersonic-inner-tube-700
c-62952.html


今Merlincyclesは全般に安いです。チューブとサドルとチェーンを注文しました。注文したチューブは、コンチネンタルの普通のやつです。バルブ長42oを4本、60oを2本。普通のブチルだとカタログ値90gくらいです。実際は少し重いことが多いです。でも100g以内では収まると思います。

軽量ブチルと普通のブチルとの差が30gとすると、前後で60gの差。ヒルクライムでシビアな走りをするときには無視できない重量です。パンクに関しては、ゴムの厚さはあまり関係なくて、運次第だと思いますね。ただ空気の抜けやすさは、やっぱり重い方が抜けにくいというのが実感です。ビットリアのウルトラライトが80g、ミシュランが90gですが、1週間放置した時の空気の抜けを見ると、ミシュランに軍配が上がります。まあロードバイクで1週間空気を入れないというのはあり得ないので、そんなに気にするポイントではないのかもしれません。

コンチネンタルのタイヤは信頼しています。なのでチューブもしっかり作っていると思います。チューブはコンチネンタルに乗り換えてもいいのかなと、考えています。


2019/6/2 22:36  [1740-4146]   

 α→EOSさん  

>Continental Race 28 Supersonic、Merlincyclesだと62gになっていますね。
ほんとですね。
パッケージには50gと書いてあるのに。。。
何だか62gのほうが正解じゃないかと言う気になってきました。

届くのを楽しみにしておきます。

Merlincycles安いですね。

2019/6/2 22:58  [1740-4147]   

Merlincyclesで注文したサドルは、Selle ItaliaのSLRです。サドルは足りているのですが、安かったので予備に注文しました。

SLRは今もひとつ使っています。軽い(200gくらい)し、クッションは薄いのですが、座面のしなりがあって、結構快適です。

2019/6/3 07:46  [1740-4149]   

今朝はBコースを走りました。弥生坂も白鷺坂も目白新坂も東富坂も、どれも調子は良かったです。

でもログでアップするのは、平坦のスプリントです。万世橋交差点から末広町交差点の直線コース。520mの、ロングまではいかないですが、ミドルくらいのスプリントです。パワー表示は平坦なのであてになりませんが、スピード的にはまあまあいけてると思います。

2019/6/4 20:30  [1740-4150]   

これは反則っぽいです。この値段でカーボン。重量は1600g。しかもディープリム。しかもタイヤ付属。

2019/6/4 22:16  [1740-4151]   

 α→EOSさん  

タイヤとチューブが届いたので重量測定してみました。

スーパーソニックチューブ2本どちらも51g(キャップ、金具なし)
カタログ値50gですから上出来です。

GP4000sU20C、181gと182g、カタログ値185gより軽い。

今20Cのタイヤを使用中でして、世間の流行とは完全に逆行しています。
僕の体重では20Cでもそれほど空気圧を上げる必要はなく、23Cと比較しても乗り心地が悪いとは感じません。
むしろ、外周部が軽くなることの恩恵を感じます。
23Cと比較しても漕ぎ出しが軽いですし、加速も(低速時ですが)軽いです。
巷ではタイヤは太いほうが走行抵抗が低いと言われていますが、
タイヤは軽いほうが漕ぎ出し時の慣性質量が小さくペダルが軽くなることは確かなことです。
大阪や神戸のような信号だらけの(しかし舗装はきれいな)道路を走る場合漕ぎ出しの軽さは重要です。

少し前はロードバイクのタイヤは19C〜20Cが主流で、今も使っている人はいます。
僕もいろいろな意味で、細いタイヤが好きです。
でも、GP5000には20Cの設定がなく、ホイールもワイドリム化しています。
近い将来どうしたもんか。悩みます。

2019/6/6 19:46  [1740-4152]   

昨日は天気が良かったので横浜に行ってきました。往復で80qもないので、ロングライドとは言えず、ミドルライドくらいです。

行きは第1京浜(15号)でしたが、路面がすごく悪いです。以前と比べてもかなり悪くなっています。路肩は全体に荒れてきていますが、特に大田区のあたりは進行方向に対して縦にアスファルトにひびが入っているところが多いです。それを補修した跡もありましたが、その補修の仕方も、周囲との段差が出来てしまっています。

ちゃんと路面を見ていればなんとか対応できますが、ちょっと注意が逸れたらかなり危険です。昨日はRidleyだったので、タイヤは25Cでした。この25Cタイヤにだいぶ救われている部分があるなと感じました。23Cとはほんのわずかの幅の違いですが、安心感はかなり違います。

20Cだったら、ぼくはこの路面は走れるかなとふと思いました。とにかく関東の方が路面自体は悪い印象です。反面、グレーチングや排水溝蓋で危険を感じるのは関西と比べると少ない感じです。

昔のロードバイクは19Cとか20Cで、たぶん今より路面が悪いところを走っていたでしょうから、ロードバイクに乗るにはかなりハードルが高かったんじゃないかなと思います。

2019/6/7 17:24  [1740-4153]   

ストップウォッチとして使っている腕時計を買い替えました。

同じ機種の色違いです。CASIOのスポーツギアという時計で、ヨドバシで送料込みで2,000円でした。

左の黒いのを5年くらい使っていました。2月ほど前に電池交換したのですが、最近急に動かなくなりました。電池が原因ではないので、本体の寿命と判断しました。防水のパーツが痛んでいて、そこから水が入ったのかもしれません。汗をかいた後には、水洗いしたりするので。

安いけど機能としては十分です。ストップウォッチと、10気圧の防水がついていることが条件です。これが2,000円で手に入るわけですから、わざわざ高い時計を買おうとは思いませんでした。

Gショックとかにあこがれはありますが、安時計でも5年間、かなり手荒い扱いをしても大丈夫だったので、問題はないです。

2019/6/9 19:21  [1740-4154]   

Merlincyclesに注文したパーツが届きました。今回必要だったのはシートポスト。スペアのチューブも手持ちがなかったのでこれも必要なものでした。サドルとチェーンは今すぐ必要というわけではないのですが、送料を無料にするために追加しました。

シートポストは、350oです。このままで使えないことはないのですが、ちょっと切って短くしたほうがいいです。重量の問題もありますが、輪行時にサドルを下げる場合、この長さだと下げることができません。金のこは実家に送ってしまったので、今度実家に行くときに切断することにします。

2019/6/13 22:45  [1740-4156]   

 guru-dbさん  

シートポストの切断は、金のこよりパイプカッターの方がきれいで楽に切れますよ。

例えばこんなんの。。。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01NBIPJHO/r
ef=cm_sw_em_r_mt_dp_U_vMNaDbQHHXB90

2019/6/14 01:31  [1740-4157]   

あんまり工具を増やしたくないと思っているんで。(笑)

もちろん、実家にシートポストを持っていく手間を考えたら、パイプカッターとヤスリを買った方が楽で簡単なんですが。ホームセンターは割と近所にあるので、今度の休みの日に行ってみます。

2019/6/14 07:41  [1740-4158]   

NCR700のシートポストをセッティング。まだカットはしていません。サドルはプロロゴ。

全体の重量を計ると、9.2sでした。クロモリの普段乗り用としては軽い方です。持った感じはずっしり来ますが、普段Ridleyやラピエールの軽さに慣れているので、そう感じてしまうのかもしれません。

天気は、今日明日はいいみたいです。明日出かけようと思います。

2019/6/16 07:16  [1740-4160]   

今年は事情があって、TANTANロングライドには参加できませんでした。6月にロングライドを走らないのは後で悔いが残るので、奥多摩湖まで行ってきました。行きは甲州街道、帰りは青梅街道(新青梅街道も含む)でした。距離は往復で170qちょっと。

行きは向かい風基調、帰りは追い風基調。ただし青梅駅を過ぎたあたりからは、行きが追い風、帰りが向かい風でした。青梅市内をすぎて奥多摩町に入ると、緩やかな登りになります。追い風だったせいか、そんなにきつく感じませんでしたが、帰りはペダルを踏まなくても30km/hでるくらいなので、まあまあ勾配はあったのでしょう。青梅駅を過ぎてから奥多摩湖までは25qくらいあります。かなり足を削られる感じです。

奥多摩湖の周辺は、けっこう拓けていました。もっと秘境のような感じを想像していました。水位は低かったです。今年は水不足になるのかもしれません。

2019/6/17 22:05  [1740-4161]   

昨日のライドにはGPSのロガーを持って行ったのですが、行きの途中でバッテリー切れで役に立たず。地図で昨日行った奥多摩湖をプロットしてみました。他のサイクリングスポットも。風張峠はまだ行ったことがありませんが、距離感はわかりました。奥多摩湖に行くのと同じくらい。170から180qコースです。行きは甲州街道を走り、調布から鶴川街道で多摩川へ。多摩川左岸をしばらく走って、国道20号線のバイパスを越えたところで旧20号線に戻り、そのまま奥多摩街道に入ります。途中で五日市方面という標識がある交差点で曲がれば、たぶん風張峠のある檜原村へ行けるはずです。

日帰り自走で不可能ではない距離ですが、ただし峠を登る体力が残っているかが問題です。ましてや風張林道となると、足つきなしで登るのは無理でしょう。

2019/6/18 21:58  [1740-4162]   

風張峠を攻略するために、まずは図上調査。
http://noboranaindesuka.work/hillclimb-t
okyo-kazahari-hinohara/


終盤に勾配がきつくなりますが、そんなに大したことはなさそうです。もっともタイムを計るのだったらきついのですが、タイムに関係なく登るだけだったら、なんとかなりそうです。国体のロードコースで使われただけあって、路面の舗装状況は良好なようです。

2019/6/19 22:16  [1740-4163]   

今日は平日休みだったのですが、雑用が多くて、あまり自転車に時間を使えませんでした。夕方にパイプカッターの買い物とNCR700のシートポストのカットを行いました。

9pカットしました。9pで51gの軽量化。カットするだけでこれだけの軽量化ですから、コストパフォーマンスは高いです。パイプカッターは思ったよりは時間がかかりましたが、それでものこぎりで切るよりは早いです。切断面は盛り上がるので、ヤスリでの補修は必須です。

NCR700の整備では、バーテープの交換をそろそろしなければいけません。

Ridley Icarusは、異音がまだ解決していません。BBの脱着でクランク廻りは静かになったのですが、それとは別の音が出ています。周期性はあるけれども、クランクの回転とは違うみたいです。これも時間を取って整備する必要があります

2019/6/20 20:35  [1740-4164]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
暗峠&六甲山チャレンジ
暗峠&六甲山チャレンジをお気に入り登録
運営者:
イタリアのタマちゃんさん
設立日:
2015年4月1日
  • 注目度:

    21(お気に入り登録数:17件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ