縁側 > スポーツ > 自転車 > 自転車総合 > 暗峠&六甲山チャレンジ
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

暗峠チャレンジと六甲山チャレンジの連絡用に始めたこの掲示板ですが、運営者の東京移住に伴って、暗峠チャレンジと六甲山チャレンジの主催はできなくなりました。

それに代わるものとして東京近郊でのチャレンジを企画していきたいと思います。誰でも参加できるイベントです。原則現地集合、現地解散。どんな自転車でもOK。タイムトライアルでもサイクリングでも、どんな走り方でもOKです。

自転車に関する情報交換などもしていきましょう。誰でも書き込みできます。誰でもスレ立て可能です。情報発信の場としても使ってください。

掲示板の名称は、「暗峠&六甲山チャレンジ」のまま残しておきます。

  • 暗峠&六甲山チャレンジの掲示板
  • 暗峠&六甲山チャレンジの伝言板
  • 暗峠&六甲山チャレンジの投稿画像
暗峠&六甲山チャレンジの掲示板に
暗峠&六甲山チャレンジの掲示板に新規書き込み

3月に入り、急に暖かくなってきました。自転車シーズンの到来です。今年もやります、暗峠&六甲山チャレンジ。

暗峠はZenium Disc、六甲山は3台を交互に使う予定です。

■第1回六甲山チャレンジ2018(雨天中止)
日時:3月18日(日)12時
スタート:阪急逆瀬川駅前の踏み切り
ゴール:一軒茶屋前(13時頃到着予定)

■第1回暗峠チャレンジ2018(雨天中止)
日時:4月1日(日)11時
スタート:近鉄の高架をくぐったところ
ゴール:峠の石碑の前(11時半頃到着予定)

2018/3/5 12:12  [1740-3196]   

本日の六甲山チャレンジに参加の皆さん、お疲れさまでした。

ぼくは5時半に帰宅してすぐに用事があって出かけて、今帰ってきたところです。

今日の結果ですが、全然ダメした。ストップウォッチを押し間違えてタイムが記録されていないので、GPSのログから算定すると、1時間2分でした。全体に軽い向かい風でしたが、それにしても遅すぎです。スピードが全然上がりません。10km/hを割っているようでは良いタイムは望めません。

下りでのディスクブレーキの威力は絶大でした。平地だとレバーの軽さはそんなに感じませんが、長い下りでレバーをずっと握っていても、引きが軽いので疲れません。制動力やコントロール性もいいです。何よりもリムが過熱することがないので、安心できます。

2018/3/18 23:03  [1740-3233]   

本日の暗峠チャレンジに参加の皆さん、お疲れさまでした。

今日はたまたま同じ時間に登っていた人たちと合流して、いろいろ話ができました。楽しい時間を過ごせました。

本題の方ですが、途中2回足着きして歩きました。ディスクロードでギアはフロント22T×リア28T。ギア比的には余裕があるので、失速の心配はないのですが、とにかく暑くて気力が萎えました。最初は鳥居の手前で足着きして、鳥居まで歩き、再スタート。次はS字カーブを超えてしばらく行ったところで足着きしてしばらく歩きました。

体力的に余裕があったわけではないですが、それよりも精神的に暑さに参ってしまった感じです。

Zenium Discを暗峠に使おうと考えたのですが、普通の坂はともかく、劇坂には向いてないというのに気づきました。シッティングで体を前に預けるような姿勢を取っても、前輪が浮き上がるのです。前輪の浮き上がりを抑えるというのは、他のバイクも含めて共通のテーマですが、Zenium Discは注意していても簡単に前輪が浮きます。シート角の関係で(73度)、重心が後ろ寄りなのだと思います。それにフォークがフルカーボンなので、前部分の重量が軽いというのもあります。

峠茶屋すえひろに、暗峠を登ってきた人が感想を書き込むノートが置いてあるのですが、そこに猪野学さんの書き込みがありました。2015年の2月ですから、もう3年前です。今中さんが暗峠を訪れたときの写真もありました。これは2003年。いままでこういうのは全然注意してなかったのですが、詳しく見ていったら、けっこういろいろな情報があると思います。

そのノートで、中学校1年生が、初挑戦で「足着きなし、余裕で登れた」と書き込んでいました。負けたなと思いました。たぶん中学生なので体重が軽いのだと思います。やっぱりヒルクライムをするなら、体重を減らすは大事だなと痛感しました。

2018/4/1 20:01  [1740-3263]   

昨日の暗峠チャレンジのGPSログをアップします。

最初の足着きは鳥居の手前。鳥居まで歩きました。2回目の足着きはS字カーブを越えて少し行ったところ。勾配が落ち着くところまで歩きました。このログを見てても、全然だめだっというのがわかります。

2018/4/2 22:26  [1740-3267]   

今ちょっと身分が不安定なので、もしかしたらこれが最後の六甲山と暗峠になるかも。

マシンの選定が難しいのですが、たぶん両方ともNCR700になると思います。

■第2回六甲山チャレンジ2018(雨天中止)
日時:4月22日(日)12時
スタート:阪急逆瀬川駅前の踏み切り
ゴール:一軒茶屋前(13時頃到着予定)

■第2回暗峠チャレンジ2018(雨天中止)
日時:4月29日(日)11時
スタート:近鉄の高架をくぐったところ
ゴール:峠の石碑の前(11時半頃到着予定)

2018/4/10 23:42  [1740-3286]   

昨日の六甲山チャレンジに参加の皆さん、お疲れさまでした。昨日は帰ったらくたくたで書き込む気力もありませんでした。

ぼくが主催する六甲山チャレンジとしては、昨日が最後でした。ぼくは今後は年に1回くらいしか六甲山に登れなくなると思いますが、これからも六甲山チャレンジを盛り上げていってください。同様に、29日の暗峠チャレンジも最終になります。

さて昨日ですが、前日に琵琶湖で向かい風の中を走ったので、朝起きたときから疲れた状態でした。スタート地点の逆瀬川に向かう途中は、南風なのでほぼ向かい風。逆瀬川に着いた時点ですでに体力は消耗しきっていました。ベンチに座っていると睡魔に襲われるほどでした。

それでもスタート。スタート直後は、ランナーズハイのような状態でそこそこのペースでしたが、甲寿橋をすぎたあたりからだんだんペースが落ちてきました。足が攣るとか足が痛いとかではなく、力が入らないのです。宝殿まではなんとかも持ちこたえられそうかなと思いながら走っていました。宝殿をすぎて勾配がゆるくなっても、ペースは上がるどころか下がるばかり。タイムはちょうど1時間でした。

バイクはフルカンパ仕様のNCR700。フロントは52/39Tのノーマルクランク。リアはローが29Tなのですが、ワイヤーが伸びてきたのかローに入らずにセカンド(26T)でずっと走っていました。体力があればダンシングで全然問題ないのですが、そこまでの体力は残ってなかったです。29Tが使えればもう少し楽だったかもしれません。

クロモリは、後から疲れがきます。というのは、走っているときはついつい戦闘的な気分になって無理をしてしまうからです。信号が青から赤に変わりそうなタイミングで、ついついダッシュをかけてみたりとか。あるいは短い坂だったらアウターのまま突っ込んでみたりとか。ぼくのもっているクロモリは、どちらもそんな風に気分を高揚させてくれるフレームです。ただ重量があるので、後から疲れが来るということです。

帰りは追い風に助けられて、なんとか無事に帰還しました。

2018/4/23 07:31  [1740-3306]   

昨日の暗峠チャレンジに参加の皆さん、お疲れさまでした。5月からぼくは関西にいなくなるので、これが最後の暗峠チャレンジでした。早いもので、たぶんもう5年くらいやっていたと思います。またたまには来ることもありますが、いったんこれで終了します。いろいろお世話になりました。ありがとうございました。(この掲示板自体はなくなりません。タイトルもそのままで継続します。)

結果ですが、有終の美を飾ることはできませんでした。フルカンパのNCR700ですが、ギア比は39T×29Tの1.34。いままで登ったギア比で一番高いのが34T×27Tの1.25ですから、ちょっと無理はあるかなとは思いましたが。

でも重量のバランスがいいので、前輪が浮き上がるということはありません。力は逃げずにきちっと伝わります。Fusion 5のグリップも十分です。あらためていいタイヤだと思いました。序盤は快調に登っていきました。スタートから700mくらいの最大勾配の区間(赤い橋のあたり)もなんとかクリア。するとその直後に、先ほど追い越していった自動車がバックしてきました。対向車があって離合できなかったようです。しかたなくここでいったん降ります。気を取り直して再スタートしますが、いままでの疲れが一気に出てきた感じで、夏のような暑さでオーバーヒート気味になり、鳥居の手前のちょっときついところで足着きしました。失速直前になって、あと1踏みすれば体勢を立て直せるという認識はあったのですが、その1踏みができませんでした。そこで気力も尽きた感じで、勾配のきつい区間は押して歩きました。

ギア比の問題もありますが、最大勾配はクリアしているので、結局は持続力のなさなのだと思います。それと暑さです。ほとんど6月の日差しでした。

でも感触は悪くなかったです。1.34のギア比といえば、34T×25Tの1.36とほぼ同等です。実は34T×25Tというのは、最初に暗峠に来た時のギアです。バイクはFCR1。その時は最大勾配のところでまったく歯が立ちませんでした。乗り方とかも含めて、その時よりは進歩はしています。

あとNCR700で気になったのは、クランクというかBBから異音していることです。その前日の山中越えの帰りあたりから気になっていました。ダンシングで力をかけた時だけ音がします。雨の日は乗ってないので、グリス切れはないはずですが、一度はずして調べる必要はありそうです。ただ工具がないので、まず工具をそろえる必要があります。

2018/4/30 10:09  [1740-3318]   

 α→EOSさん  

どういうことなのかなあ、と思っていたのですが、転勤でしたか。
六甲山をご一緒出来なかったのが残念です、というか、申し訳ありませんでした、予定を合わせられずに。

掲示板は続けられるということで安心しました。
これまでどおり、参加させて頂きたいと思いますので今後ともよろしくお願いします。
xenonと8速コンポの有用性を教えて頂いたことに感謝しています。とても気に入ってまして、ずっと愛用するつもりです。
引っ越し先でも楽しいロードバイクライフをお送りください。

2018/4/30 13:29  [1740-3320]   

α→EOSさん

京都はかなり長いこと住んでいたので、交友関係とかいろいろなつながりができました。年に何回かは遊びに来ると思います。またよろしくお願いします。

でもネットってあらためて不思議な空間だと思います。固定電話だと距離に応じて料金がかかるので、それなりに距離を意識してしまいますが、携帯とかメールとかウェブサイトだと、距離はまったく関係ないですから。

2018/5/1 10:44  [1740-3321]   

 guru-dbさん  

転勤ですか。
仕事をしとぃるかぎり仕方がないですね。
僕は東京、京都、福岡で月三等分です。

勤務先では新しい環境で乗れるので楽しいと思います。

一度も一緒に乗れませんでしたがこれからもこの掲示板でよろしく。

2018/5/2 23:33  [1740-3326]   

guru-dbさん

引っ越し先は東京です。やっと昨日住む場所が決まりました。連休明けの2週間くらいは引っ越しとかいろいろな手続きでばたばたしそうです。

東京で会う機会があるかもしれませんね。よろしくお願いします。

六甲山をヤビツ峠、暗峠を和田峠に置き換えて、チャレンジは継続する予定です。

2018/5/3 08:19  [1740-3327]   

 α→EOSさん  

東京でしたか。
京都のように近くに山がないですが、ヤビツとか箱根とかがありますね。
ショップも沢山あるので、時間さえとれれば見どころは沢山あります。
都内の幹線道路は大阪や京都よりも概ね走りやすいです。
慣れるまで時間かかるかもしれませんが、安全に気をつけてがんばって、楽しんでください。

昔なら関西から関東と言うとかなり遠くでやり取りも疎遠になりましたが
ネットが普及してからは物理的な距離はあまり関係なくなりました。
これからも書き込みを楽しみにしています。

2018/5/4 00:49  [1740-3328]   

 guru-dbさん  

東京でしたか。

僕は中野区の新宿よりです。ちょっとした練習は皇居周回か、荒川CRか、横浜方面ぶらぶらです。

京都に比べると電車は混む、道は混む、人が多い、物価は高い、夜も車が途絶えず、活気はあることは確かです。済む場所を選ばないと落ち着かないかもしれません。



2018/5/4 17:56  [1740-3329]   

住むのは中央区です。地形は完全に平坦ですよね。なのでトレーニングコースをどうしようかと思っています。長さは200mでいいので、10%勾配の直線の坂道があればいいんですが。


今日は琵琶湖一周に行ってきました。ぼくの主催ではなくて、便乗させてもらいました。いつも湖北の向かい風に悩まされるのですが、今日は向かい風ではあったものの、風はマイルドでした。中間地点でも十分足は残っていました。ただ一筋縄ではいかないのが琵琶湖一周。帰りはそんなに強い風ではないのですが、向かい風基調。残り15qで休憩を取ったのですが、その時にそれまでの疲れが一気に噴出した感じで、気力が萎えました。足は全然大丈夫で踏めるのですが、上半身に力は入らない感じです。眠気もしてきました。でもしばらく休んだら普通に乗れるようになりました。いつもゴール後にそうなりますが、今回緊張の糸がゴール前で切れてしまった感じです。

2018/5/4 22:17  [1740-3330]   

 guru-dbさん  

中央区の佃に住んでいたことがありますが、中央区自体に坂は皆無でしょう。
海側は埋め立て地なので港区辺りで探すと適当な坂があるかもしれません。

2018/5/5 05:52  [1740-3331]   

15日、天気が良さそうなので、和田峠に行きます。

■和田峠試走(雨天中止)
日時:7月15日(日)12時
集合:JR八王子駅北口
スタート:陣馬高原下バス停
ゴール:峠の石碑前(13時頃到着予定)

あくまで試走です。暑さが暑さだけに、タイムを計るどころではありません。目的はコースを覚えることと、自走で行く場合にかかる時間の目安を知ることです。新宿通り−甲州街道(国道20号線)で行きます。

2018/7/13 21:13  [1740-3466]   

やっとスタート地点。八王子から思いの外遠かった。八王子をうろうろした距離を差し引くとここまで約6m。

暑い。このまま引き返したい気分。

2018/7/15 13:12  [1740-3471]   

 guru-dbさん  

お疲れ様です。
僕は昨日京都入りしたので東京の様子はわかりませんが、京都もとんでもない暑さです。
車でコストコに買い出しに行ったときの外気は40度でした。

僕はミニベロでゴールドジムに行って500m泳いで帰りました。

2018/7/15 20:10  [1740-3472]   

↑6mじゃなくて、65qです。(;^_^A

家から八王子までは47qなので、そこからスタート地点までまだ18qあることになります。スタート時点でかなり体力を消耗しています。

スタート地点はバス停ですが、そこの温度計は36度を指していました。ほぼ体温と同じ。なので冷却は蒸発熱頼りですが、湿度が高くて、かつ勾配があがるにしたがってスピードが落ちてくるので、十分な冷却効果は得られません。水を被ったかのように、汗でウェアは濡れています。こんなに濡れているということは、蒸発が不十分ということなので、オーバーヒート状態です。

結局残り900mくらいのところで、力が入らなくなって降りました。しばらく押して歩いたあと再度乗ろうとしましたが、今度は足が攣ってアウトです。予兆がなくて急に来ました。しかもかなり重度で、立っていることはできるのですが、歩けない状態。数分休みました。

その後、ほとんど押して歩いたようなものです。一応ゴール地点までは行きました。スタートから30分以上かかっています。日陰にはいっても全然涼しくなくて、ゴール間際でちょっと気温が下がったかなと感じる程度でした。

今日は家から自走ですが、ルートは、外堀通りから靖国通りで新宿へ。新宿から甲州街道(20号線)でした。20号線は、アスファルトが荒いとか、左折専用レーンがあるとか、立体交差(軽車両は通れない)があるとかの問題はありますが、環八を過ぎるところまでは普通に走れます。問題はその先。調布や府中ではところどころ渋滞します。片側2車線ですが、左車線が渋滞して、しかも車線の幅が狭いので、自転車が車の左を通り抜ける余裕がありません。車の渋滞ペースに合わせるか、非常事態的に歩道を通るしかありません。歩道も狭いし、舗装の状態が悪いので、結局徐行程度のスピードしか出せません。

原因を考えたのですが、結局片側2車線(計4車線)を作れるだけの道路幅がないということです。それを無理やり片側2車線にしているので、1車線あたりの幅が狭い。路側帯を作るスペースがない。交差点で右折レーンをつくる余裕がないので、前方の右折車をよけるために左車線を走る車が多くなる。交差点で左折車があると、歩行者の横断待ちのため渋滞する。こんな感じです。特に府中のあたりで渋滞がひどいです。

国立で20号のバイパスに入ると、そこから先はスムーズです。八王子市内も問題ないです。

2018/7/15 21:23  [1740-3473]   

写真アップされていませんでした。一応ゴールで写真を撮りました。

2018/7/15 21:24  [1740-3474]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
暗峠&六甲山チャレンジ
暗峠&六甲山チャレンジをお気に入り登録
運営者:
イタリアのタマちゃんさん
設立日:
2015年4月1日
  • 注目度:

    16(お気に入り登録数:17件)

該当掲示板はありません

縁側モバイル

携帯からも「縁側」の閲覧と投稿を行うことができます。
以下URLまたはバーコードよりご利用下さいませ。 http://m.kakaku.com/engawa/ 縁側モバイルQRコード

ページの先頭へ