縁側 > スポーツ > 自転車 > 自転車総合 > 暗峠&六甲山チャレンジ
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

暗峠チャレンジと六甲山チャレンジの連絡用に始めたこの掲示板ですが、運営者の東京移住に伴って、暗峠チャレンジと六甲山チャレンジの主催はできなくなりました。

それに代わるものとして東京近郊でのチャレンジを企画していきたいと思います。誰でも参加できるイベントです。原則現地集合、現地解散。どんな自転車でもOK。タイムトライアルでもサイクリングでも、どんな走り方でもOKです。

自転車に関する情報交換などもしていきましょう。誰でも書き込みできます。誰でもスレ立て可能です。情報発信の場としても使ってください。

掲示板の名称は、「暗峠&六甲山チャレンジ」のまま残しておきます。

  • 暗峠&六甲山チャレンジの掲示板
  • 暗峠&六甲山チャレンジの伝言板
  • 暗峠&六甲山チャレンジの投稿画像
暗峠&六甲山チャレンジの掲示板に
暗峠&六甲山チャレンジの掲示板に新規書き込み

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


スレ主 horimiyounaさん  

Amazonにて2390円で購入。
http://amzla.com/u7u4bw2e0ilz
チャリダーでもなければライトの専門家ではないゆえ
正しい評価かどうか分かりませんが街乗りには十分な明るさと感じました。
800ルーメンってこんな明るいのかと思うほど。
また、スマホホルダーが付属しているので、フロントがとてもきれいになりました。
取り付けもかんたんでした。スマホに充電もできます。

比較的割安で買えたし良かった良かった。

2022/3/24 19:24  [1740-5023]   

ぼくはハンドルにスマホは取り付けないので、スマホホルダーの機能はいらないかな。
ライトはジェントスのSG-325をずっと使っていて、最近の充電式のライトは使ったことがありません。たぶん充電式の方が明るいとは思いますが、充電が切れたときが心配です。乾電池はすぐ手に入るので、乾電池式の方が安心感はあります。

2022/3/25 22:31  [1740-5024]   

 june-25さん  

久しぶりに投稿です
今使ってるライトは
Volt800 3400maH (800lm/2h,400lm/4h,200l
m/8h)
ガーミン Ut800 (800lm/1.5h,400lm/3h,200lm/6h)
Ut800購入はフロントマウントキットが付属されている事で購入を決めました、
GPSの速度に比例して明るさが変わります、25km/hで800lmになるので郊外はメリットがないけれど市街地信号待ちなどはそれなりに。その地域の日没に合せて自動点灯機能など。ただトンネル自動点灯はガーミンの上位機種でないと使えないので検討中です。

以前使っていたニックネームパスワード変更で使えなくなり変更しました。よろしく

2022/4/28 17:46  [1740-5030]   



2022年の主なレースです。GW明けがジロ、7月はツール、お盆明けがブエルタと覚えておくとわかりやすいでしょう。

3月5日 ストラーデ・ビアンケ
3月6日〜13日 パリ−ニース
3月7日〜3月13日 ティレント−アドリアティコ
3月19日 ミラノ−サンレモ
4月3日 ロンド・ファン・フラーンデレン
4月10日 パリ−ルーベ
4月20日 フレーシュ・ワロンヌ
4月24日 リェージュ−バスト−リェージュ
5月7日〜5月29日 ジロ・デ・イタリア
7月1日〜7月24日 ツール・ド・フランス
8月19日〜9月11日 ブエルタ・ア・エスパーニャ
10月8日 イル・ロンバルディア

2022/1/4 10:33  [1740-5001]   

イルヌール・ザカリン(ガスプロム)が2022年限りで引退を表明しました。かつてカチューシャで走っていました。グランツールでステージ優勝もしています。何よりも登りのフォームが美しかったです。グランツールでもう何勝かステージで勝ってほしいです。

2022/1/8 11:07  [1740-5005]   

グルパマFDJは、ピノと今期から加入したマイケル・ストーラーでツールに臨むようです。ピノと、ユンボ・ヴィズマのログリッチ、UAEのポガチャルで三つ巴の戦いになったら面白いのですが。ログリッチにとってもツール総合優勝は悲願。ポガチャルは3連覇がかかっています。面白くなりそうです。

その前にジロがあります。各チームがどういうメンバーを送り込んでくるか、こちらも楽しみです。

2022/1/12 22:15  [1740-5008]   

トレーニング中に重傷を負ったイネオスのエガン・ベルナルですが、今シーズンの復帰は無理な感じです。でも怪我だけで済んでいるのは、超人的とも言えます。TTバイクでの練習中だったとのことです。荒川サイクリングロードでも見かけますが、やっぱりTTバイクでオープンのコースというのは危険が多いと思います。

2022/1/29 20:22  [1740-5014]   

ティレーノーアドリアティコ第1ステージTTは、ガンナの勝利。2位エヴェネプール、3位ポガチャル。順当な順位です。

同時開催のパリーニースでは、第2ステージのスプリントでファビオ・ヤコブセンが圧勝。1年半前の事故からは完全復活です。

2022/3/8 20:14  [1740-5021]   

ティレーノーアドリアティコの最終第7ステージは、バーレーンのバウハウスがスプリントで勝利。
総合優勝は、UAEのポガチャル。強すぎです。新たな伝説を作り始めています。


同じ日、パリーニースは最終第8ステージ。こちらも見どころ十分。登りでサイモン・イェーツが仕掛けると、リーダージャージのログリッチは付いていけず後退。最後はファンアールトのアシストでイェーツを追いますが、届かず。ステージ優勝はイェーツ。でも総合タイムはログリッチが上回り、ログリッチの総合優勝でした。サイモン・イェーツも調子を上げてきているので、グランツールも面白くなりそうです。

2022/3/15 20:23  [1740-5022]   

ツアー・オブ・ジ・アルプス第4ステージ、グルパマFDJのピノの逃げが決まった、と思いきや最後は追い上げたロペスにかわされてしまいました。でも2位に入りました。復活の予感です。

翌日の第5ステージ。ピノがついに勝利をつかみました。アスタナのデ・ラ・クルスを死闘の末破り、ステージ優勝です。

グランツールには期待できそうです。

2022/4/23 20:32  [1740-5028]   

リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ2022は、レムコ・エヴェネプール(クイックステップ)が独走勝利。残り30qでアタックすると、メイン集団は付いてこれず。先行する逃げグループを抜いて単独でゴールまで走り切りました。

残り60qで起きた集団落車で、優勝候補のアラフィリップはリタイア。骨折のようです。今後のレーススケジュールを考えると、これは痛いです。

2022/4/26 19:38  [1740-5029]   

ツール・ド・ロマンディ2022の最終ステージとなる第5ステージは、個人TTですが、最初の3分の1が平坦で後半はひたすら登るだけという珍しいコース。総合首位だったローハン・デニスも登りのTTには対応できずに首位陥落。ステージ優勝と総合優勝を勝ち取ったのは、ボーラのアレクサンドル・ウラソフでした。

15.5qのコースの3分の2が登りで、標高差は900m。ということは、9%勾配。コース図を見ると、ゴールまで同じ勾配が続いています。

2022/5/2 18:58  [1740-5033]   

いよいよジロ2022の開幕です。スタートリストが発表されました。本命は、イネオスのカラパス、バイクエクスチェンジのサイモン・イェーツといったところでしょうか。

各チームのエースナンバーを見ていくと、そうそうたる面子です。モビスターのバルベルデ、アルペシンのファン・デル・プール、アスタナのニバリ(旬は過ぎてますが)、バーレーンのランダ、ボーラのケルデルマン、EFのヒュー・カーシー、イスラエルのニッツォーロ、ユンボのデュムラン、DSMのバルデ、UAEのアルメイダ、これらが総合を狙ってくる選手たちです。ステージ狙いのチームでは、クイックステップのカヴェンディッシュ、ロット・スーダルのユアン、グルパマFDJのデマールがいます。

山岳ステージも平坦ステージも、どちらも面白くなりそうです。

2022/5/6 19:48  [1740-5034]   

ジロ・ディ・イタリア開幕しました。初戦はアルペシンのファンデルプールが登りのゴールスプリントでインターマルシェのギルマイを抑えて勝利。

スプリント開始してすぐユアンが落車。軽量なので登りスプリントもいけるはずが、思わぬアクシデントでした。

2022/5/7 12:45  [1740-5035]   

第2ステージは個人TT。ステージ優勝はファンデルプールやデュムランを抑えてサイモン・イェーツ。コースが単距離で、登りもあることから、クライマーにも勝機がありました。ステージ2位のフェンデルプールが、マリアローザを守っています。

2022/5/8 18:13  [1740-5036]   

第2ステージのゴールスプリントは、カヴェンディッシュの勝利。最初にスプリントを開始するとそのまま順位を維持してゴールまで一直線。スプリントでの逃げ切りみたいな勝ち方です。2位はデマール、3位はUAEのガビリア。ユアンは8位でした。

2022/5/9 07:35  [1740-5037]   

ハンガリーからイタリアへ移動してのジロ第4ステージは、エトナ山の登りフィニッシュ。逃げ集団の中からトレック・セガフレードのファン・ペドロ・ロペスが先行、それを追うボーラのケムナ。最後はケムナがロペスを抜いてステージ優勝。見どころありました。マリアローザにはロペスが浮上しました。

総合勢は無理をせずといった感じで集団でゴール。ただしデュムランは大きく遅れました。アスタナのミゲル・アンヘル・ロペスはリタイア。

2022/5/11 06:59  [1740-5038]   

ジロ第5ステージは、中間に山越えがあるものの、後半は平坦なスプリントステージ。グルパマFDJの完璧なリードアウトで、デマールが勝利。

2022/5/12 23:55  [1740-5039]   

ジロ第6ステージ、デマール2勝目。これは感動的なステージでした。ゴールスプリント勝負ですが、カヴェンディッシュの後ろにつけてゴール前でカヴェンディッシュをかわすユアン。デマールは2人に進路をふさがれる形でしたが、ここは執念で、進路を右に変えてユアンを刺します。デマールとユアンが同着に見えましたが、写真判定で、勝者はデマール。

2022/5/13 06:39  [1740-5040]   

ジロ第7ステージ。丘陵ステージとはいうものの、かなりきついコース。総合勢は無理しないということで、逃げグループでの優勝争い。この逃げに、総合争いから脱落したデュムランも乗っていました。でも登りゴールスプリントで失速。優勝は、同じくユンボのクーン・ボウマン、トレックのモレマ、UAEのフォルモロで争われ、ボウマンが勝ちました。

2022/5/14 06:57  [1740-5041]   

ジロ第8ステージは、平坦に見えるけど、細かい起伏が連続する変わったコースでした。最初20人の逃げが4人に絞られ、その中にロット・スーダルが2人います。最後はデヘントがスプリントで勝ちました。デヘントといえば、逃げでステージ優勝をけっこうしていると思っていましたが、ジロでは10年ぶりの勝利とのことです。

2022/5/15 16:57  [1740-5042]   

ジロ第9ステージは、山岳の超難関コース。最後は山頂フィニッシュ。イネオスが、カラパスを押し上げるために動きました。集団は人数を減らしていき、イェーツも脱落。最後の登りは6人に絞られました。ゴール前は、きつい登りにかかわらずスプリント勝負。順位は、ヒンドレー(ボーラ)、バルデ(チームDSM)、カラパス(イネオス)。その後、ランダ、アルメイダ、ポッツォヴィーヴォと続きます。

ロペスはマリアローザを守りましたが、カラパスが15秒差の総合4位に浮上。首位を射程に収めています。イェーツが脱落したことで、カラパスがかなり優位な位置にいます。

2022/5/16 07:16  [1740-5043]   

休養日明けのジロ第10ステージ。平坦に見えて後半は細かいアップダウンのあるコース。勾配のきつい登りもあるのでスプリンター向けではなさそう。予想通りスプリンターがふるい落とされ、残った集団によるスプリント勝負。ファンデルプールを抑えてゴールしたのは、インターマルシェのビニアム・ギルマイ。他のステージでも上位にちょくちょく顔を出しています。このジロでは活躍しそうです。

2022/5/18 06:37  [1740-5044]   

ジロ第11ステージ。ずっと平坦なコース。ゴールスプリントは、ガビリアの勝利かと見えましたが、横からDSMのダイネーゼが刺していました。優勝はダイネーゼ、2位がガビリア、3位はコフィディスのコンソンニ。スプリント開始時はグルパマFDJがいい位置にいたのですが、デマールは4位でした。

昨日優勝のギルマイは表彰式でシャンパンのコルクが目に当たるというアクシデントでリタイア。お大事に。

2022/5/19 06:18  [1740-5045]   

ジロ第12ステージは、最後まで逃げた3人のスプリント勝負。勝ったのは、バーレーンのオルダーニ。

そして第13ステージは、後半平坦のスプリントステージ。カヴェンディッシュとガビリアを抑えて、デマールがそのままゴールかと見えましたが、右から差してきたのがバーレーンのバウハウス。でもデマールが逃げ切って、3勝目です。

ロマン・バルデが体調不良でリタイア。総合での期待が高かったのに、残念です。

2022/5/21 13:25  [1740-5046]   

ジロ後半戦は山岳ステージが続きます。第14ステージ、勝ったのはサイモン・イェーツ。第9ステージで大きく遅れ、総合争いからは脱落。山岳でのステージ優勝に目標を切り替えてきました。カラパスが一時独走しますが、最後は、カラパス、イェーツ、ヒンドレー、ニバリの4人の戦いになります。イェーツのアタックに他の3人は付いてこれず。イェーツの完全勝利でした。

2022/5/22 07:15  [1740-5047]   



明けましたおめでとうございます。

新年の初走りは、近場のBコースでした。途中通った秋葉原とか上野は、まあまあ人出がありました。

2022/1/2 21:28  [1740-4998]   

 マメ爺さん  

こんにちは。

写真は、東京カテドラル聖マリア大聖堂ですね。
丹下健三氏の設計で、なかなか斬新で美しい。
空も深い青で、東京の正月という感じです。

同聖堂の内壁はコンクリートのため、パイプオルガン(確かイタリア製)の音が強く響き渡ります。また、サン・ピエトロ大聖堂のピエタのレプリカがあります。
宗教施設ですので、観光気分で入っては失礼ですが、webサイトに「ご自由にお入りいただけます。」と記載されていたので、静かに拝見させていただきました。

イタリアのタマちゃんさんは、ご存じでしょうが、このあたりは坂が多いですね。
早稲田方面に向かい、かなりきつい下りとなります。道によっては、途中から階段になります。
まあ、急坂と言っても距離が短いので、自転車でも登り切れますね。
東京の激坂は、何処もこんな感じでしょうか。

そういえば、以前、のむラボさんが、何度か紹介していた「小倉屋製菓」は、ここから1km位です。のむラボさんのお勧めは、「徳用あまから」ですが、私も同様です。

2022/1/3 18:03  [1740-4999]   

大聖堂は、入り口まで行ったのですが、その時はマスクを持ってなかったので、中に入りませんでした。また今度入りたいと思います。鐘楼の廻りは見て回りました。

ここから早稲田方面に行くと、『想い出にかわるまで』(石田純一と今井美樹)のロケ地になった階段がありますね。地形も坂が多くて変化があり、歴史的な遺構に加えて現代的なランドマークもたくさんあって、飽きないです。帰りは不忍通りを通るので、小倉屋製菓は割と近くだったんですね。

今年の目標は、というか毎年言っていますが、自転車に乗る時間を増やしたいです。

今日は東京ディズニーランドの外周を走ってきました。

2022/1/3 22:02  [1740-5000]   

 α→EOSさん  

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
良い年でありますように!

2022/1/4 21:51  [1740-5002]   

α→EOSさん

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

昨日は、気温はそんなに低くなかったのですが、風が強い日でした。北西の風。ということで荒川サイクリングの岩淵水門までのコースは、行きは全面的な向かい風で、平均速度は20q/hを超えるか超えないかくらいでした。突風が吹いたときなどは、15q/hまで下がります。帰りは楽でした。ほとんど力を使わず軽く35q/hは出ます。ちょっと回せば40q/hに到達しますが、ギア比が低くて回転数が高くなりすぎるので、長時間は維持できません。でもペダルを回す練習には良かったです。

2022/1/5 08:01  [1740-5003]   

昨日は昼前くらいから粉雪が舞っていました。そんなにひどくは降らないだろうと、Bコースを走ろうかと思って出かけたのですが、家を出てすぐに雪がひどくなり、結局神田明神までの往復に変更しました。この写真はまだ積もっていませんが、この後路面がうっすらと雪で覆われるくらい降りました。今朝はもう路面や日が当たる場所に雪はありません。

2022/1/7 08:15  [1740-5004]   

荒川サイクリングロードで岩淵水門まで行ってきました。風は穏やかで、気温もそんなに低くはなく、いい天気でした。路面の雪は、橋の下の終日日の当たらないところだけ残っています。溶けかかったものが凍結して氷になった状態で、かなり滑りやすいです。ここは歩くくらいのスピードで、ペダルを踏まずに惰性で通過しました。転倒はしませんでしたが、ちょっとヒヤッとする場面はありました。

2022/1/8 21:06  [1740-5006]   

荒川サイクリングロードに行ったのですが、マラソンか何かのイベントをやっていたので、通れないわけではないようですが、ここは避けて、ディズニーランドの方に行ってきました。帰りは旧江戸川の左岸に並行する道路をずっと北に走って、新大橋通りに出ようとしましたが、通り過ぎてしまい、江戸川を渡ってしまいました。駅で言うと原木中山のあたりです。北に向かっているはずが、北東に走っていたようです。さすがに行き過ぎなので、戻って新大橋通りに出ました。江戸川と旧江戸川があって、どちらもまっすぐ流れているわけではないので、位置関係がわかりにくいです。行徳のあたりは、門前町というか宿場町というか、昔の風情が残っていました。

2022/1/10 19:15  [1740-5007]   

 guru-dbさん  

皆さん、遅れてあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

昨年は連れが入院しその世話、買い出し、自炊、洗濯、ペットの世話、仕事と2カ月ほど慌ただしいい日々で暮れました。劇的に回復し年を越せてホットしております。
僕はコロナ太りで困っていましたがおかげさまでダイエットに成功しメタボ状態が解消されました。

正月には今宮神社と二見興玉神社と伊勢神宮にお参りし感謝と祈祷をしてもらってきました。


今年は自転車に乗る時間を積極的に作ったリバウンドしないようにしたいと思います。


新年の初ハイドはPINARELLOシングル固定ギアで京都ポタリング。嵐山について時は夕方で激寒でした。それにしても嵐山の通りの舗装道路のひどさ!!!せっかくの名所が台無しですね。徒歩の人は気にならないのかな?それでも綺麗に補修してくれると嬉しい。

2022/1/14 17:08  [1740-5009]   

guru-dbさん

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
大変な年末でしたね。お連れ様も元気になられて良かったです。

ぼくもできるだけ時間をつくってこまめに乗りたいと思います。

観光地は人が多いですね。コロナ前に戻った感じです。そう思っていたら、コロナの第6波で感染者急増です。もうしばらく人の多い所は避けたいですね。

2022/1/14 22:32  [1740-5010]   

今日は半日休みだったので、Aコースのあたりをぶらぶらしてきました。この間事件のあった東大です。

コロナ感染者は、予想通り増えてきました。感染者数が下火になっていた年末年始に、潜在的な感染者から一気に感染していったのでしょう。年末年始の飲み会なんかは、あまりに警戒心がなさすぎでした。今後ですが、オミクロン株の流行が収まったとしても、当分は警戒が必要でしょう。

2022/1/23 17:30  [1740-5011]   

今日は岩淵水門へ。北風が強くて、行きは20km/hまでスピードが落ちたりします。スピードを出せるところでも25q/hくらい。途中で嫌になりかけましたが、これはこういうトレーニングだと割り切って、目的地の岩淵水門に到着。帰りは追い風なので、35q/hでも力を使っているという感覚がありません。ただケイデンスは高くなるので、帰りは回す練習だと意識しました。

2022/1/27 20:48  [1740-5012]   

手持ちのタイヤの在庫がまだあるので、ぼくは買いませんが、コンチネンタルのグランプリ5000の値段がここまで下がってきています。ペアで7400円。1本あたり3700円。

2022/1/29 20:15  [1740-5013]   

珍しく月曜日に平日休みを取ったので、岩淵水門まで行ってきました。北風がかなり強かったです。自転車も人も少なかったです。平日でも木曜はもっと人がいます。今日は風が強かったせいかもしれません。

2022/1/31 19:27  [1740-5015]   

平日休みだったので、ディズニーランドまで。写真は、ディズニーランドの隣の浦安市体育館です。岡本太郎のつくった門があります。

2022/2/3 20:23  [1740-5016]   

ランド坂のあたり、何か工事しているのは知っていましたが、こんな風になっていたのですね。
(バイシクルクラブの記事です。)

https://funq.jp/bicycle-club/article/774
042/

2022/2/7 20:20  [1740-5017]   

久しぶりの投稿です。平日休みで岩淵水門まで行ってきました。ちょっと寒いけど、走り出せば寒さは気になりません。風は南風です。もう春ですね。

2022/3/3 17:45  [1740-5018]   

コロナで昨年、一昨年と中止になった佐渡ロングライドですが、昨日案内が郵送されました。開催日は5月15日。申し込み締め切りは3月18日です。例年秋開催が、今年は5月。申込期間が2週間しかないという短さ。コロナの情勢もまだ先が読めません。自分のスケジュールの調整も必要なのですが、どうすべきか、ちょっと迷うところです。

2022/3/4 07:15  [1740-5019]   

ディズニーランドまで行ってきました。新大橋で荒川を渡ったのですが、南風がけっこう強かったです。帰ってからネットのニュースで、春一番だと言っていました。

2022/3/5 17:54  [1740-5020]   

機材の整理をしているところです。
カンパのホイールで、今はハブにシマノのフリーボディーが付いているのですが、これをカンパのフリーボディーに交換しようとしました。カンパのフリーボディー自体は既に入手済みです。でもスプロケットを外して、フリーボディーを外そうとすると、軸と一体になっていて、フリーボディーだけを外すことができません。通常カンパのホイールは、軸にアーレンキーを差し込めるように六角穴が切ってありますが、それがありません。そう言えばこのホイールはシールドベアリングです。シールドベアリングのホイールでは、フリーボディーの交換は不可のようです。軸ごと交換ならば可能なように見えます。でもそこまでする人はおそらくいないでしょう。ということで、フリーボディーの交換は諦めました。

2022/4/3 18:26  [1740-5025]   

念願だったしまなみ海道、行ってきました。といっても、片道だけですが。松山で用があったので、これをチャンスと、往路をしまなみ海道経由にしました。

まずは尾道へ。昼過ぎに付いたので、市内を観光しました。尾道で一泊し、翌日8時にスタートです。バイクはレンタサイクルにしました。今回往路のみなので、輪行だと帰りが荷物になるのと、レンタサイクルが乗り捨てできるとわかったので、そちらを選択しました。レンタサイクルは、1日で2000円。乗り捨ての場合は1100円が加算されます。締めて3100円。タイプは、シティサイクル、クロスバイク、ミニベロから選べますが、ここは話の種にシティサイクルを選択。なおクロスバイクやミニベロは、Nagiバイクのものも選べます。シティサイクルを選択したのは、前かごにペットボトルの飲み物を入れられるという理由もあります。背中にリュックを背負っているので、ジャージのポケットが使えません。なのですぐに取り出せる前かごは便利です。

尾道から渡る最初の島は向島です。ここへは、高速道路の橋では渡れないので、渡船に乗ります。料金は110円。切符は要らず、船の上で船員に直接お金を渡します。

尾道から目の前に見えている島なので、向島にはすぐに着きます。島に付いたらスタートです。しまなみ海道のサイクリングコースは、高速道路の並走するのは島を渡る橋の区間だけです。他は各島内の一般道を通ります。高速道路の橋に一般道からアプローチする箇所だけが自転車のために作られた道路です。でもこれも正確に言えば、原付(125cc以下のオートバイ)と共用しているところもあります。

一般道は、路側帯に青いペイントが施されており、そのペイントと標識を辿っていけば、目的地の今治駅に着けるようになっています。桜はまだ残っていました。風はそんなに強くはないですが吹いていました。向きはランダムです。一般道は島の外周を走ることが多いですが、アップダウンはあります。高速道路の橋にアプローチする区間は、大体1kmくらいで、平均勾配は3%と表示されていました。最大でも6%くらいでしょう。シティサイクルには変速機が付いていますが、ギアはひとつ落とすくらいで十分登れます。

トータルの距離は、尾道の渡船の乗り場から今治駅までで76kmでした。4時間で走りきれると思っていましたが、最後の方は足を使い切った感じでスピードが出ず、結局4時間15分かかりました。ロードで背中に荷物を背負ってなければ、3時間を少し超えるくらいの時間で行けると思います。一般道も信号は少なく、車もそんなに多くないので走りやすいです。

今回走ってみて、コースもわかったし、距離感もわかったので、次回は輪行で往復にチャレンジしたいと思います。東京から日帰りが可能だとわかりました。6時の新幹線に乗れば、10時頃には尾道に着きます。往復150kmということでペース配分と補給の時間も考えると、往復8時間。その日のうちに帰れます。日帰りなら荷物も要らないし、一番安上がりで行けます。

2022/4/10 21:53  [1740-5026]   

今回のしまなみ海道のGPSログです。ブライトンのGPSサイコンを持参しました。

ヘルメットも持参しましたが、これはレンタサイクルといっしょに貸してくれるので持っていく必要はなかったです。

平均速度(走っている間のみ)は20q/hを割っています。後半でスピードが落ちてきているのがわかります。リュックを背負って走るのは、走り始めはそんなに重さは意識しませんでしたが、徐々に体力を奪っていったみたいです。

2022/4/12 07:35  [1740-5027]   

 june-25さん  

東京から新幹線利用で日帰りのしまなみ往復、同じ時間で大阪から普通列車でしまなみ往復したことがあります。晩秋だったので落ち葉が濡れて登坂道が滑って怖かったです。最後の島は日没だったので外灯もなく真っ暗でした。尾道で食事時間が取れる時間でもどれました。
早い人は余裕で 普通レベルの人でも完走できると思います。

2022/4/28 18:08  [1740-5031]   

暗くなってから走るのは嫌なので、日が長い夏の間に行きたいですね。新幹線はスマートEXで予約すると、東京から新大阪へ行くのとそんなに値段が変わりません。今年の夏に行きたいと思います。

もし泊まるなら、尾道よりも福山の方がホテルの数が多い分、選択肢があります。福山前泊なら、余裕をみた計画が組めそうです。

2022/4/28 21:46  [1740-5032]   



ディスクブレーキはかなり普及してきていますね。街乗りでも結構見かけます。でもリムブレーキは、当分のあいだなくなることはないと思います。プロだったら専属のメカニックがいますが、油圧式ディスクの場合は、一般の人がメンテするのは難しそうです。ぼく自身は、機械式ディスクなら使ってもいいかなと思っています。夏場や雨の日の下りではディスクブレーキのアドバンテージがあります。

ロードの航続距離は、やはり200qはほしいところですね。琵琶湖一周とか、東京湾一周だと200q近くの距離になるので。その人がどういうコースを走るかにもよります。100q以下しか走らないと決めている人は、航続距離100qでもいいのでしょうけど、でも電動のアシストを受けたとしても、100q走れるようになれば、次はもっと距離を伸ばしたくなるのが人情かもしれません。そうなると、航続距離を100qに限定してしまうのは、ちょっとなあと思います。

2021/9/12 07:36  [1740-4959]   

休日と晴天が重なったのは、ずいぶん久しぶりです。柴又まで軽く走ってきました。往復35q。風は北東から吹いています。なので往きが向かい風基調、帰りは追い風で楽でした。柴又駅前の広場は、以前はもっと広かったのですが、建物が建って、かなり狭くなっています。もう広場とは言えない広さです。

とらやで草団子を買って食べました。あんこが落ちそうで食べにくいです。

2021/9/16 20:15  [1740-4960]   

昨日、今日と2連休。しかも天気がいい。ということで、昨日は横浜まで往復しました。買い物用のアプレミディで久しぶりの遠出です。往きは追い風でギアが足らない感じですが、帰りの向かい風では適切なギアです。でも帰ってきたら、結構疲れました。

写真は、赤レンガ倉庫、大桟橋、ベイブリッジが1枚に納まる構図です。人は多かったです。中華街も以前の賑わいを取り戻しています。以前との違いは人々がマスクをしていることくらいです。

2021/9/20 07:49  [1740-4961]   

昨日は連休2日目。前日の横浜行きの疲れが残っていたので、近場のディズニーランドへ。ディズニーランドの敷地内からは、イベントの音声が流れてきて、賑わっている様子でした。

風は北東から吹いていました。日差しは強く、気温も高いのですが、真夏とは違って過ごしやすい天気でした。

2021/9/21 11:19  [1740-4963]   

弱虫ペダルに勝手に協賛。総北高校があるとされる京成佐倉駅のあたりに行ってきました。秋葉原−京成佐倉間は、ドラマに出てきた通り、ほぼ45qでした。ただ周囲に「裏門坂」に相当するような坂はありません。緩い坂や、ちょっときつめで単距離の坂ならあります。

駅のあたりをぶらぶらしたので、走行距離は往復で100qでした。距離は大したことはないのですが、なぜか疲れました。国道14号から国道296号(成田街道)に入るのですが、片道1車線の幅員が狭く、渋滞時に路側帯を抜けることができません。歩道があるので、ママチャリなら歩道を走る手もありでしょう。ただし排水溝のコンクリート製の蓋があって、ロードではかなり走りにくいです。ところどころ渋滞していて、ストレスの溜まる道です。積極的に走りたいと思うような道ではありません。

2021/9/23 21:21  [1740-4964]   

 α→EOSさん  

良い季節になりました。
寒くなるまで、自転車の季節ですね。

小径車で走るのは、やはり、700Cロードと比べるとかなり疲れが大きくなるものですか?
ほとんど乗ったことがないので分からないんです。
ゆっくり走ればそれほどでもないような気もしますし。。。

2021/9/24 04:30  [1740-4965]   

今回通った国道296号線のような、渋滞すると車道で車の左側をすり抜けるのが難しいような道だと、気軽に歩道に上がれるママチャリとか小径車(といっても20インチ以上)の方がストレスはないでしょうね。スピードは出せませんが、渋滞にはまるよりは結果としては早く目的地に着くと思います。

空いている道でも、ロードで30km/h出すところを、25km/h出せれば十分と割り切れるなら、小径車でもストレスは溜まらないでしょう。心の持ち方だと思います。肉体的な疲れは、平均スピードで決まってくるのでしょう。

2021/9/24 22:21  [1740-4966]   

 α→EOSさん  

なるほど〜
渋滞のことは想像出来ませんでした。

ホイールが小さいと振動を拾いやすくて疲れが溜まる
というのが良く聞く話だったので
25qで走ると・・・という
イタリアのタマちゃんさんのご指摘は新鮮でした。

やはり欲しくなってきました。
なんでこんなこと言うかと言いますと、
20インチくらいの折り畳みミニベロが普段乗りと輪行用に便利そう
というのが理由です。

2021/9/25 21:30  [1740-4967]   

折りたたみのミニベロ、重量が軽いものならいいんですが、12kg以上になると持ち運ぶのは結構大変だと思います。ぼくの20インチの買い物自転車(アプレミディ)は、泥除けとかを外してもまだ14kgくらいあります。ロードよりサイズはコンパクトでも、持ち上げるとずしりと重いです。

タイヤが太いと(ぼくのは1.5インチ)、空気圧は4BARで十分なので、路面の荒れは気にならないです。アスファルトの縦のひび割れがあっても安心感があります。気楽に走るなら、ロードより有利です。それともともと空気圧が低いと、なかなか空気が抜けません。たぶん1ヶ月放っておいても、大丈夫です。

2021/9/28 22:24  [1740-4968]   

 α→EOSさん  

折り畳みって重いですよね。
僕が思っているのは、例えば
www.amazon.co.jp/dp/B07KB4LY7S
みたいな。

これを買うと決めているわけでは、ぜんぜんないですが、
少なくともこれくらいの軽さでなければ使えないかなあ、と思います。

2021/9/29 21:44  [1740-4969]   

折り畳みでコンパクトになるといっても、やっぱり重量は10sを切らないと運搬は楽じゃないでしょうね。

昨日は休日だったのですが、雨が降るか降らないかぎりぎりというような天候でした。出かけようかどうしようか迷って、最近乗ってなかったので岩淵水門まで出かけることにしました。結果、雨はパラパラ程度でほとんど濡れることなく往復できました。

夜の間に地震がありました。東京都のぼくの住んでいるあたりは、震度5弱ということでしたが、体感的には2月頃の震度4の地震より揺れは小さかったです。

2021/10/8 08:08  [1740-4972]   

日曜日は、天気が良かったので横浜までライド。走っていると汗をかくくらいの暑さですが、でも真夏と比べれば全然マイルドです。

ギア比2.4のシングルスピードで30km/hを維持するには、ケイデンス105が必要です。30km/hは切らないように走ったので、まあまあハイケイデンスの練習になりました。

2021/10/12 19:48  [1740-4973]   

休みだったので、ラピエールで岩淵水門まで。ラピエールに乗るのは、佐倉に行って以来です。

週2くらいで、自転車に乗る時間を作りたいものです。

2021/10/14 20:47  [1740-4976]   

平日休みだったので、岩淵水門まで軽くライド。平日なので、サイクリングロードは人が少ないです。河川敷でサッカーとかをしている人はけっこういました。

2021/10/21 20:15  [1740-4977]   

平日休みだったので、レインボーブリッジから江東区のあたりをぶらぶらと走ってきました。走行距離は25q程度です。

ホームセンターで3本指出し手袋というのが売っていたので、買いました。200円もしません。普通の5本指出し手袋というのもありましたし、指の出ないものもありました。どれも作業用手袋ですが、滑りにくそうなので自転車でも使えそうでした。実際使ってみて、けっこう快適です。指が出ていると、汗がこもらないからかもしれません。また人差し指が出ているので、スマホもそのまま使えます。今の季節だったら、指出し手袋で十分です。

2021/10/28 17:33  [1740-4978]   

連休初日。岩淵水門まで走りました。風はわずかに北風ですが、とちゅう東の風に変わる区間があります。気温は走っていると軽く汗ばむ程度。この程度の汗だと、往復でボトル1本あれば十分です。

2021/11/3 19:37  [1740-4979]   

連休2日目。近場で、久しぶりのBコースです。距離は20qちょっとで、岩淵水門コースの半分以下ですが、坂があるので無酸素運動トレーニングができます。荒川サイクリングロードがLSDとすると、こちらはインターバル。この冬は、こちらのコースも取り入れていきたいと思います。

2021/11/4 18:01  [1740-4980]   

ランド坂に行ってきました。

往きは、いつもは甲州街道を通るのですが、今日は青梅街道にしてみました。途中から五日市街道に入ります。交通量が少なくて走りやすいです。三鷹駅で南に進路を変えます。井之頭公園の西の道を南に行くと、仙川の西当たりで甲州街道と合流します。甲州街道は、片側2車線ですが、各車線の幅が狭いので、混んでいるときには、左に自転車が通るスペースがありません。ここから多摩川を渡る鶴川街道に入るまでは、かなり時間をロスします。

ランド坂は、けっこうきつく感じました。2本目の挑戦は諦めて、帰途につきました。帰りは小田急側に降りて、そのまま津久井道−世田谷通りというルートです。

2021/11/6 19:14  [1740-4982]   

1週間ぶりに自転車に乗りました。Bコースです。体がなまってて、坂で力が入りません。

2021/11/14 20:01  [1740-4983]   

昨日は休みだったのですが、ガチで走る気分ではなかったので、都内をぶらぶらしていました。外苑の銀杏が見ごろです。道路の西側は完全に高揚しています。東側はまだ緑の部分が残っています。両側で紅葉の度合いに差があるのは謎です。

2021/11/19 07:24  [1740-4984]   

半年以上か、あるいはもっと長い間入荷を待っているパークツールのピンスパナ(シングルフリーの分解用)ですが、ずっと入荷待ちの画面のままです。たぶん生産中止なのでしょう。他の通販サイトでも同様です。

これがないと、リアホイールにデフォルトで付いてきた16Tのフリーギアが外せません。別のリアホイールを購入して、そちらを使っているので、この16Tのホイールは要らないと言えば要らないということです。中古で売れれば売ろうかなと思います。

2021/11/23 18:16  [1740-4985]   

microSHIFTから、シマノ互換の8速スプロケットが出ています。11-34Tでギア構成は、
11-34T: 11-13-15-18-21-24-28-34

シマノと違う構成かなと思ったら、同じでした。
シマノCS-HG50-8(Ca):11-13-15-18-21-24-28-34

19Tが入っていたら買いなのですが。ワイドギアというのは、やっぱり選択が難しいです。

2021/11/25 20:55  [1740-4986]   

 α→EOSさん  

15-17-19が平地を走る時の常用ギアですから、無いと使いにくいですよね。
8速でこれをやろうとすると
11-13-15-17-19-21-24-28
しかやりようがないような気がします。
あるいは、11を無くしてしまって
13-15-17-19-21-24-28-34
でも良いのではないかと思います。
あるいは、
軽いほうの二つは登り用と割り切ってしまって、
11-13-15-17-19-22-28-34
とかでもいいような気がしますが、
スムーズにシフトするのか、わかりません。

2021/11/28 01:33  [1740-4987]   

Micheのスプロケは、ギアが1枚1枚バラバラになるので、ニコイチにすれば欲しいギア構成にできるんですけどね。まああえてそこまでやる必要もないのかな、という感じですね。今使っているのは11-28Tで、構成は
11-28:11-13-15-17-19-21-24-28

このうち使うのは、平地では15Tから21Tです。この間が2Tきざみならそれで十分ですね。11Tは使う機会なし。13Tは下り専用ですが、滅多に使うことはないです。24Tより大きいギアは登り用です。

関東では暗峠級の激坂というのがないので(ラピュタ坂くらいかな)、28Tでもいいのですが、34Tがあると、もしかしたら行動範囲が広がるのかなという気持ちがあって、スプロケの新製品が気になってしまうということです。

2021/11/28 19:01  [1740-4988]   

午後時間があったので、ディズニーランドまで行ってきました。といってももちろんディズニーランドの中に入るのが目的ではなく、周囲を走っただけです。

日が短くなって、4時頃だとこんな感じです。

2021/12/4 18:38  [1740-4990]   

平日休みなので、岩淵水門まで。

東京は、火曜日から寒さが厳しくなってきました。今日はまだ暖かい方です。でも、寒いとだんだん出かけるのが億劫になります。そんな弱気を振り切って出かけました。でも乗り出してからは体も温まってくるので、そんなに苦になりません。問題は家から出るという最初のプロセスだけです。

2021/12/16 19:25  [1740-4992]   

池上本門寺に、力道山の墓参りに行ってきました。ちょっと区画が広くて、銅像がある以外は、普通の墓です。誰でも入れます。

本門寺周辺は、戸建ての住宅地です。アップダウンがかなりあります。

2021/12/19 17:55  [1740-4993]   

PBKでカンパのシロッコが安売りしています。C17ということはワイドリムです。前後セットで27,638円。お買い得だと思います。それにシロッコやレーシングクワトロは、オールラウンドで使えるホイールで、次の候補ではあります。ただ今使っているホイールで数は足りているし、これを買うと、どれかを使わなくなります。このあたりが悩ましいところです。

2021/12/25 19:55  [1740-4994]   

午後岩淵水門まで行ってきました。年内はあと2回行けるかな。

2021/12/29 18:01  [1740-4995]   

岩淵水門まで。昨日と比べてだいぶ暖かいです。

2021/12/30 18:43  [1740-4996]   

今年の走り納めは、ランド坂でした。往復で60q。いい運動になりました。行きは日差しもあって暖かかったのですが、帰りは少しだけですが粉雪が舞うような天気で、寒さが堪えました。

来年はもう少し乗る機会を増やしたいと思います。それではよいお年を。

2021/12/31 18:57  [1740-4997]   



サンウェブ(今年から名前がチームDSMに変わります)のヒルシが、UAEエミレーツに移籍か。

2020年のツールで活躍したヒルシ。これはサンウェブというチームの戦略に支えられていた部分もあるわけなので、やはり残留して欲しかった気がします。

2021/1/6 21:56  [1740-4803]   

ヒルシのDSM(旧サンウェブ)からUAEエミレーツへの移籍の背景が、ネット上で出てきています。選手管理が厳しすぎて自由がないとか。そうだったら移籍もわからない話ではありません。レースでの戦略は良かっただけに、そうした選手管理の行き過ぎがあったとすれば残念です。

デュムランがサンウェブからユンボ・ヴィスマに移籍した時、ジロで勝った後、彼がわがままになってきてチーム内で浮いてしまったというような話も流れてきました。今回のヒルシの件があってので、デュムランの移籍理由ももういちど見直してみる必要があるかもしれません。

2021/1/11 13:16  [1740-4807]   

デュムランが一時活動休止するそうです。スランプというと大雑把な言い方になってしまいますが、グランツールで総合優勝した後の目標設定とか、いろいろあると思います。周囲からの圧力というより、自分で自分の殻をつくってしまう部分もあるのでしょう。

今日は新潟日帰りでした。群馬県から新潟県に入ったあたりで一番雪が積もっていました。新潟市は晴れていました。雪は、今まで降ったものが道路の端や店舗の駐車場の端に積み上げられて残っていました。

2021/1/24 22:31  [1740-4817]   

ティレーノ〜アドリアティコ第2ステージ、ゴール前、メイン集団からアタックしたアラフィリップが登りゴールで勝利。

アラフィリップがアタックする前に、逃げグループからはアルメイダがアタックして逃げ切りを狙ったのですが、仕掛けが早すぎたようです。ゴール前で伸びがありません。そこをドゥクーニンクのチームメイトであるアラフィリップがフォローしたという感じでしょうか。

2021/3/12 21:05  [1740-4842]   

サガンに移籍の噂があるようです。今の年棒を維持したままで受け入れるチームがあるのかどうか。スター性はありますが、選手としてのピークを過ぎている感じは、昨シーズンずっとしていました。

2021/3/31 22:23  [1740-4850]   

ロンド・ファン・フラーンデレンは、ドゥクーニンクのアスグリーンとアルペシンのファンデルプールの一騎打ち。勝ったのはアスグリーン。アスグリーンが一定のスピードでゴールまで走り切ったのに対して、最初スプリントで優位だったファンデルプールがスピードを落とし、最後は諦めた感じでした。

2021/4/5 07:32  [1740-4858]   

フレッシュ・ワロンヌはアラフィリップが勝ちました。復活したようです。

最後のユイの壁は、ログリッチが先行して、アラフィリップとバルベルデが追いかける展開。ログリッチが逃げ切るかと思いましたが、最後はアラフィリップの伸びが上回りました。

2021/4/22 19:33  [1740-4870]   

ジロ・デ・イタリアが5月8日スタートです。出場メンバーを発表しているチームもいくつかあります。ボーラは、サガンのポイント狙いのチーム編成。総合ではドゥクーニンク・クイックステップが優位では。エースはエヴァネプールでしょう。アルメイダ、カヴァニャもステージ優勝が狙えそうです。

2021/5/4 11:56  [1740-4880]   

ジロ2021、始まりました。初日の8.5q個人TTは、予想通りガンナが圧勝。

総合勢では、19秒遅れでイヴァネプールが入っています。サイモン・イェーツが38秒遅れなので、イヴァネプールを基準にすると19秒遅れ。初日のTTは、まだ総合順位には影響がないでしょう。総合争いは第4戦から始まりそうです。

2021/5/9 08:47  [1740-4883]   

ジロ第2ステージは、平坦コースで最後は集団スプリント。勝ったのは、アルペシン・フェニックスのティム・メルリール。

そして第3ステージは、前半平坦、後半丘陵コース。Intermarché-Wanty-Gobertのタコ・ファン・デル・ホールンが逃げグループから単独で飛び出しての逃げ切り勝利。すぐ背後に迫った集団を振り切ってのゴール。これは素晴らしい勝利でした。

シーズンはまだまだこれからというのに、サム・ベネットに移籍話が出ているみたいです。金銭面の理由のようです。しばらくはドゥクーニンクにいてほしいのですが。

2021/5/11 07:11  [1740-4884]   

ジロ第4ステージは山頂フィニッシュ。最後の登坂で追走グループからアタックしたUAEのドンブロウスキーとイスラエルのデマルキ。そのまま先頭を追い越してゴールまで逃げ切りました。1位はドンブロウスキー、2位がデマルキ。マリアローザはガンナからデマルキに移動しました。

総合勢ではベルナルが調子を上げてきています。

2021/5/12 21:07  [1740-4886]   

ジロ第5ステージは、完全平坦のスプリントステージ。勝ったのはユアンでした。ユアンは3大ツール全部に出場して、スプリントステージの勝ち数を稼ぐという方針のようです。ロット・スウダルは総合は狙ってないんで、こうしたチーム方針が取れるのでしょうか。こういうのもありだと思います。

2021/5/13 14:01  [1740-4888]   

ジロ第6ステージは山頂フィニッシュ。バーレーンのジーノ・マーダーが逃げ切ってうれしい勝利。エヴェネプールやベルナルら総合優勝候補は、着実に総合上位に上がってきました。でも現時点での総合首位は、グルパマFDJのヴァルテル。できるだけ長くマリアローザを守って欲しいです。

チームカーが前方不注視で選手に追突するという事故もありました。ぶつかったのはバイクエクスチェンジ(旧ミチェルトン・スコット)のチームカーですが、運転していた人間は永久追放でもいいと思います。

2021/5/14 21:07  [1740-4889]   

ジロ第7ステージは、ゴールスプリント勝負。でもゴール前1qは平坦ではなくて、わずかな登りになっています。勝ったのはユアン。2勝目です。

アラフィリップが東京オリンピックのフランス代表選考を辞退しました。まあ当然の判断だと思います。

2021/5/15 21:22  [1740-4890]   

ジロ第8ステージは、コフィディスのラフェが、逃げグループからアタックして独走勝利。

昨日ステージ優勝のユアンは、膝の痛みでリタイア。昨日無理しすぎたのかもしれません。

2021/5/16 13:47  [1740-4891]   

ジロ第9ステージは本格山岳コースで、山頂フィニッシュ。最後の登坂は見どころがありました。逃げていた2人をメイングループが捕えようとする手前で、ベルナルが一気に加速して、2人を抜き去り、後続との距離を広げていきます。登りとは思えないようなスピードでゴールで飛び込みました。これでベルナルが総合首位を奪取しました。第1週でマリアローザを着るというのは、まだ先が長いので、守り続けるのはチームとして大変かもしれませんが、この調子が持続すれば、最終日までこのまま行きそうです。第9ステージのベルナルにはそれくらい勢いがありました。

2021/5/17 06:37  [1740-4892]   

ジロ第10ステージ、スプリントを制したのはサガン。1日休息を挟んで、第2週が始まります。総合が動くのはこれから。

2021/5/18 21:07  [1740-4893]   

休養日明けのジロ第11ステージ、逃げた2人でのゴールスプリント勝負。勝ったのはシュミット(クベカ・アソス)。

総合ではエヴェネプールが遅れました。ベルナルは好調です。総合で2分差がついてしまいましたが、まだ取り返せないタイム差ではないです。去年のツールでのポガチャルも遅れたステージもありましたが、復活して逆転優勝していますし。

2021/5/20 20:51  [1740-4894]   

ジロ第12ステージは、逃げグループから最終的には4人に絞り込まれ、ゴール前でアージェードゥーゼールのヴェンドラーメと、DSMのハミルトンのスプリント勝負。勝ったのはヴェンドラーメ。

総合は変わらず。勝負は14ステージからになりそうです。

2021/5/21 20:31  [1740-4895]   

ジロ第13ステージはスプリントでクベカ・アソスのニッツォーロが待望の勝利。

そして第14ステージ、ゾンコランの山頂フィニッシュ。勝ったのは、逃げたEolo-Kometaのフォルトゥナート。Eolo-Kometaはコンタドールが作ったチームです。

総合は、サイモン・イェーツが浮上していきましたが、やはりベルナルが強かった。総合1位ベルナルと2位イェーツの差は1分33秒あります。エヴェネプールは3分差以上に後退です。

2021/5/23 06:52  [1740-4896]   

ジロ第15ステージは、逃げから最後のリースビーク(アルペシン・フェニックス)との一騎打ち勝負でカンペナールツ(クベカ・アソス)が勝利。

第16ステージは、山岳ステージ。天候により距離が短縮されましたが、ベルナルが圧勝。総合でのサイモン・イェーツとの差を4分以上に広げました。エヴェネプールは遅れて、もう総合は無理でしょう。このままベルナルが最終日までマリアローザを守り続けそうな雰囲気になってきました。

2021/5/25 21:43  [1740-4897]   

ジロ第17ステージは、ダン・マーティンが逃げ切りってジロ初勝利。サイモン・イェーツが好調だった一方でベルナルが失速。イェーツは総合3位浮上でベルナルとの差を3分まで縮めました。

18ステージは平坦コース。スプリンターももう残っていないので、メイン集団は逃げグループを追いかけません。逃げの中ではカヴァニャが先行したものの、最後はベッティオールが抜き去ってそのまま逃げ切り勝利。

2021/5/28 06:31  [1740-4899]   

ジロ第19ステージは、サイモン・イェーツが残り6qからアタックして、ベルナルに28秒差を付ける勝利。総合での差はまだ2分49秒あります。山岳は明日の第20ステージを残すのみ。この差だとベルナル有利ですが、何が起こるのかわからないので実際のレースです。

2021/5/29 20:45  [1740-4900]   

ジロ第20ステージは最後の山岳ステージ。総合2位のバーレーンのカルーゾが見せ場をつくりました。バーレーンは早めのアタック。ベルナルらの追撃を振り切り、逃げ切りました。遅れたイェーツの総合優勝はなくなりました。最終日は個人TTなので、総合はこのままベルナルでしょう。

2021/5/30 07:42  [1740-4901]   

ジロ最終日は個人TT。パンクに見舞われたもののガンナの圧勝でした。カヴァニャは12秒差で2位。落車がなかったらと悔やまれるものの、これがレースというものでしょう。

総合は、カルーゾに30秒差を詰められたものの、ベルナルが安定したTTをこなしてマリアローザを守りました。けがは克服したようです。この勢いなら、3大ツール(残るはブエルタ)を制覇するのは確実でしょう。

第20ステージで勝ったカルーゾが総合2位を守りました。この人、苦労人なんですね。これを機会にさらに頑張ってほしいです。

2021/5/31 20:41  [1740-4902]   

ツール・ド・フランスの前哨戦と言われるツール・ド・スイスが開幕しました。アラフィリップやデュムランやヒルシが出ています。デュムランは、昨年の休養宣言の後の復帰戦になります。

第1ステージは個人TT。グルパマFDJのキュングが取りました。ところでツール・ド・フランスにピノは出るんでしょうか。

2021/6/7 19:48  [1740-4904]   

ツール・ド・スイスの第2ステージ、第3ステージは、ファンデルプールがゴールスプリントで圧倒的な強さを見せて2連勝。総合でも首位を奪取しました。総合でアラフィリップが1秒差の2位につけています。10位のウランが39秒差なので、まだまだ先はわかりません。

2021/6/9 20:38  [1740-4905]   

あと1週間でツール開幕。いくつかのチームで出場選手が発表されました。

イネオスは、ゲイガンハート、リッチー・ポート、トーマスがいます。カラパスもいます。誰をエースにするのが、贅沢な悩みを抱えています。

グルパマFDJは、ピノの名前が見当たりません。このままフェードアウトするのは残念。しっかり怪我を直して、復帰してもらいたいものです。ダヴィ・ゴデュ、キュングは入っています。エーススプリンターはデマール。

ユンボヴィズマは、ログリッチの必勝体制を組んでいるようです。

2021/6/20 16:35  [1740-4909]   

ツール2021がスタートしました。例年ならTTとなる第1ステージは、今年は丘陵コース。アップダウンがあり、距離が短いとはいえ登りフィニッシュ。いきなりアラフィリップが飛ばしてきました。残り2kmでアタックし、そのまま逃げ切りでステージ優勝。

今日も似たようなコースなので、2連勝を狙ってくるでしょう。

2021/6/27 06:27  [1740-4910]   

ツール第2ステージは、1qの登りロングスプリントでファンデルプールが勝ちました。総合でもアラフィリップを抜いて首位です。

第3ステージはスプリンター勝負。勝ったのはアルペシン・フェニックスのメルリール。でも総合勢は相次ぐ落車でタイムを落としています。ログリッチは1分以上の遅れ。ポガチャルは落車まではいっていませんが、タイムロスしています。何年か前のツールもそんな日がありましたが、路面が滑りやすいのかもしれません。ゴールスプリントでもユアンとサガンが落車しています。

2021/6/29 07:16  [1740-4911]   

 α→EOSさん  

沿道の観客が原因で事故が起こってしまって、
当の観客が逮捕されたらしいです。
以前から思っていたのですが、選手と観客の距離が近すぎですよね。
あれは伝統なのでしょうか?

2021/7/1 14:00  [1740-4912]   

コスプレした観客がコースに入って選手と並走したりとか、規制は緩いのかもしれませんね。でも今回のはテレビカメラに映るのが目的で、全然選手の方に注意が向かってないので、無謀としか言いようがありません。

200qのコース全長にフェンスを付けたり、警備員を配置するというのは無理があるので、やはり観客のモラルに頼らざるを得ない部分もあるんでしょうね。

2021/7/1 21:16  [1740-4913]   

ツール第8ステージは、今大会最初の本格山岳ステージでした。ステージ優勝はバーレーンのディラン・トューンス。

それもさることながら、一番の注目は、ポガチャルが集団内からアタックして総合ライバルに差を付け、マイヨジョーヌを奪取したことでしょう。総合は独り勝ちの様相になってきました。ログリッチは、この日も遅れました。リタイアするようです。やっぱり第3ステージの落車のダメージが大きかったのでしょう。

ここまでのまとめ
第4ステージはスプリントでカヴェンディッシュ
第5ステージは個人TTでポガチャル
第6ステージはスプリントでカヴェンディッシュ
第7ステージはモホリッチ
がそれぞれステージ優勝しています。

2021/7/4 20:05  [1740-4919]   

ツール第8ステージはトゥーンス。
第9ステージはオコーナー。
第10ステージはスプリントでカヴェンディッシュ。
第11ステージはファンアールト。

カヴェンディッシュはこれでツールのステージ優勝33回となり、エディ・メルクスの記録34回にチャレンジすることになります。

総合は、やっぱりポガチャル優位は変わらないでしょう。

2021/7/8 15:34  [1740-4920]   

ツール第13ステージ、カヴェンデッシュが勝って、メルクスの持つツール34勝の記録と並びました。まさかここまで勝つとは思いませんでした。気合が違うのでしょう。他のスプリンターがリタイアしてしまってライバルがいないとはいえ、山岳ステージでもタイムアウトにならずに残っているわけですから、それはそれで素晴らしいです。もともと坂は苦手なはずなので。

2021/7/10 12:44  [1740-4921]   

ツール第17ステージ、超級登りフィニッシュは、マイヨジョーヌのポガチャルが圧倒的な勝利。総合優勝は間違いないでしょう。対抗できるライバルがいない状況です。ポガチャルが優勝するのはうれしいのですが、でもレースとしてはライバルとの接戦の方が面白い。ということで、序盤のステージでの総合勢の落車が悔やまれます。

ここまでのステージ優勝は、
第12ステージ、ニルス・ポリッツ
第13ステージ、カヴェンディッシュ
第14ステージ、バウケ・モレマ
第15ステージ、セップ・クス
第16ステージ、コンラッド
第17ステージ、ポガチャル

2021/7/15 21:42  [1740-4922]   

ツール第18ステージもポガチャル。総合2位以下に5分以上の圧倒的なタイム差をつけているので、抑えた走りをしても十分なんですが、積極的にステージを勝ちにくるというのは、余裕すら感じさせます。

2021/7/16 19:59  [1740-4924]   

ツール第19ステージは、逃げ集団からアタックしてそのまま独走したバーレーンのモホリッチ。第7ステージに続いて今大会2勝目です。

第20ステージは個人TT。優勝はユンボ・ヴィズマのファンアールト。ポガチャルは57秒遅れの8位でゴール。でも総合でのタイムは十分あるので、マイヨジョーヌは揺るぎません。総合優勝は事実上ポガチャルに決まりました。

2021/7/18 08:22  [1740-4926]   

サガンとアッカーマンが、ボーラ・ハンスグローエを退団。移籍先はまだ決まっていません。内情はよくわかりませんが、ボーラもチームのカラーを変えようとしているのかもしれません。たとえばグランツールでの総合を狙えるチームにするとか。いままでは、エース2人のためにチームが存在していたという感じがありましたが、そろそろチームの若返りを図る必要に気づいたということかもしれません。

2021/7/30 19:54  [1740-4928]   

 guru-dbさん  

オリンピックの女子ロードレースが意外な結末。(笑い)
優勝候補はオランダチーム。スタートから無名の3名が飛び出し逃げ。そのうち2名は集団に飲み込まれたが、1人は最後まで逃げ切り優勝しました。
オランダチームは逃げた2名を吸収した時点で先頭集団だと勘違いしたらしく、優勝と信じてゴールしたが2位と知らされて唖然としていました。

2021/8/2 19:37  [1740-4929]   

優勝は数学の研究者でしたね。積極的な走りが良かったです。

追走グループは、今回無線の使用が禁止されているという不利はあったとしても、やっぱりオーソドックスなレース運びのセオリーに捉われてしまって、自分が動こうという積極性がなかったた。だから「想定外」の走りをする選手が見えなくなったのでしょう。

2021/8/2 20:47  [1740-4930]   

 α→EOSさん  

こんなことがあるんですね。
意外というか面白いというか興味深いというか。
こういうハプニングのようなことがあるから面白いです。

しかし、逃げ切った人、凄いですね。
予想外の結果なのでしょうか。計算どおりだったのでしょうか。

2021/8/2 22:41  [1740-4931]   

 guru-dbさん  

NHKの動画があったので全工程を見てみました。およそ以下の展開です。
ぺーサー走行の序盤は集団から少し離れた後方にいて転倒を避けていたようです。
フリー走行になってすぐに3名でアタックし、しばらくして2名が追走して、5人体制の逃げが中盤まで続きました。独走ではなかったことで体力が温存できたのでしょう。その後、2名が脱落し3名体制で後半まで続き一時10分ほど開きました。残り50kmの峠辺りで抜け出してアナ・キーゼンホーファー 選手の独走となり、それをオランダのアンネミーク・ファン フルーテン選手が追い1分50秒まで迫ったのですが何故か集団に戻りてしまいました。多分、自分がトップ独走と思い足を温存することにしたのでしょう。そのまま独走していればとらえられたかも知れませんが、ちょっと型にはまった感が否めないです。その後は差が5分程度まで広がり結果的に2分程度の差で逃げ切りとなりました。
アナ・キーゼンホーファー 選手はゴール直後行き絶え絶えにあえいでいました。まるで、公務員ランナーの川内選手みたいに。
アナ・キーゼンホーファー 選手は、初心者のころ知っている人のアドバイスを聞いて後悔し末に知っている人は知っているといわないと悟ったそうです。それが数学者らしく計算された走りになったのではないかと思いました。
オリンピックでは無線は禁止だったとはいえ単騎出場ですから実力と評価していいと思います。

2021/8/3 16:08  [1740-4932]   

優勝したキーゼンホーファーは、プロ選手ではないので、マークされていなかったのでしょう。優勝を狙っていたオランダチームでも、「人数が合わないし、1人先行しているんじゃないのか」と感じた選手やスタッフもいたようです。でも無線なしだと、そういう情報共有は難しいのでしょうか。

ともかくキーゼンホーファーが、ノーマークだったのと、まさか50qを残して単独でアタックするとは誰も思っていなかったことで、追走集団の「心の視界」から完全に消えていたのでしょう。

2021/8/3 20:14  [1740-4933]   

 guru-dbさん  

チーム戦はどの競技も人数をそろえるのが普通ですので自転車レースはちょっと違和感がありました。オリンピックの基本は選手個人同士の競い合いですから、無線禁止は原点に戻ったオリンピックらしいルールだと思います。
最初から単騎を前提に考えていた選手とチームを前提にした選手との差が出たのではないでしょうか。「私はペダルを踏むだけの人間ではない。」というコメントがちょっと皮肉っぽく思えました。

2021/8/4 13:15  [1740-4935]   

ブエルタ第1ステージは単距離の個人TT。優勝候補のログリッチがいきなり全開で来ました。気合が入っています。距離が短いので総合のライバルとはそんなに差はついていません。20秒くらい。今日はスプリントステージ。明日の第3ステージからが本格的な戦いになるでしょう。

ログリッチは、ツールは今一歩のところまでいきながらなかなか総合優勝できないのですが、ブエルタは今回総合3連覇がかかっています。3連覇すれば、これもすごい記録です。ログリッチ一押しです。

2021/8/15 08:53  [1740-4939]   

ブエルタ第2ステージは、予想通りの集団スプリント。ただし残り4q地点で落車があったせいか、スプリントの体制を組めないチームもあったようです。ゴールは、ヤコブセンをわずかに抑えてフィリプセンの勝利でした。

いよいよ第3ステージは山岳に入ります。

2021/8/16 17:31  [1740-4940]   

ブエルタ第3ステージ、山頂フィニッシュは、インターマルシェのタラマエが逃げ切って勝利。自身では10年ぶりのブエルタ2勝目です。ログリッチは1分48秒遅れでゴールしているので、総合でもタラマエが首位に立ちました。

ブエルタ第4ステージは平坦コース。前日ステージ優勝のタラマエが落車。怪我はなさそうです。ゴールまで残りの距離が少ない地点だったので、救済措置でタイムロスはなし。なのでマイヨロホはタラマエが保持しています。ゴール前スプリントでは、ドゥクーニンクのファビオ・ヤコブセンが、デマールやコート・ニルセンを抑えて優勝。昨年の大事故から見事に復活しました。

第5ステージは、平坦ですが、横風の強いコース。タラマエやバルデが巻き込まれてタイムロス。ゴールスプリントは、アルペシンのフィリプセンが制しました。総合ではトレックのエリッソンデが首位に浮上。ログリッチは2位に付けています。

2021/8/19 10:36  [1740-4942]   

ブエルタ第6ステージは、長い下りと平坦の後、最後だけ3級山岳の登りフィニッシュという変則的なコース。EFのマグナス・コルトが逃げ切りました。最後メイン集団からログリッチがスパートをかけたけど1歩及ばず。

第7ステージは本格山岳コース。DSMのストーラーとモヴィスタ―のベローナの一騎打ち。最後の山は勾配20%あるようです。見どころ十分でした。徐々にストーラーがベローナを引き離してゴールに到着。第7ステージを制しました。ストーラーは来期はグルパマFDJに移籍が決まっているということで、来期が楽しみです。バルベルデが落車でリタイアしたのは残念。コーナーで前輪が滑ったのか、ハンドルがロックして効かなくなったのか、アウトに膨らんでコースアウトでした。

第8ステージはスプリントコース。ドゥクーニンクのヤコブセンが2勝目です。

2021/8/22 08:17  [1740-4943]   

ブエルタ第9ステージは、バーレーンのカルーゾが70qを独走で逃げ切り勝利。総合ではログリッチ、マスが他の総合勢との差を広げました。

休養日明けの第10ステージは、DSMのストーラーが逃げ切って2勝目。ログリッチは、集団からアタックして抜け出したものの、下りで落車してタイム失いました。怪我はなさそうです。総合首位は、インターマルシェのエイキングに明け渡しました。総合2位はギョーム・マルタン。ログリッチは3位。

第11ステージは、見どころの多いレースでした。残り20qで、逃げグループからマグナス・コルトが抜け出して独走します。ゴールに焦点を合わせて集団がペースアップ。結局残り500mで集団がコルトを捕え、ログリッチが1位でゴール。2位はマス。総合では3位がログリッチで4位がマス。差は30秒ほど。総合優勝はこの2人に絞られてきたようです。

2021/8/26 11:04  [1740-4944]   

ブエルタ第12ステージは、ゴール前1qで逃げを吸収したのを合図に集団スプリントがスタート。EFが2人で先頭に飛び出し、それをドゥクーニンクとバイクエクスチェンジが追う展開。ゴールに飛び込んだのは、EFのマグナス・コルトでした。前日のゴール前で捕まってしまったリベンジです。

2021/8/27 22:07  [1740-4946]   

ブエルタ第16ステージは、集団スプリントでヤコブセン。スプリンターが活躍するステージはこれで終わり。今日からは総合争いが本格化します。総合首位はエイキングが守っています。

第13ステージは、ドゥクーニンクのエース、ヤコブセンの代わりにセネシャルが勝利。
第14ステージは、DSMのロマン・バルデ。
第15ステージは、UEAのラファウ・マイカが87qを独走で勝利。

2021/9/1 06:35  [1740-4949]   

第17、第18ステージは、山岳決戦。この2ステージで総合はほぼ確定するでしょう。

第17ステージは、ログリッチとベルナルの一騎打ち。でも最後はログリッチが独走してステージ優勝を獲得。総合でも首位を奪還しました。

第18ステージも見どころ十分でした。アタックして独走に持ち込んだモビスターのロペスを、ログリッチ、マス、ベルナルが追う展開。マスはロペスのチームメートなので、前には出ず、ひたすらログリッチをマークします。ロペスはペースを落とさず走り切り、ステージ優勝です。

2021/9/3 20:29  [1740-4952]   

ブエルタ第19ステージは、逃げグループ7人のスプリントでEFのマグナス・コルトが3勝目。コルトといい、DSMのストーラーといい、新しい才能が発見されるのもブエルタの面白いところです。

2021/9/4 07:21  [1740-4953]   

ブエルタ第20ステージは、超級ではないものの、山岳山頂フィニッシュコース。逃げていたAG2Rのクレモン・シャンプッサンがいったん捕まりながらも再び単独で飛び出してゴールしました。ログリッチは2位に入っています。最終第21ステージは個人TTなので、これでログリッチの総合優勝は決まりでしょう。

ロペスはリタイア。チームと諍いがあったというような情報もあります。そうだとすると来期は移籍になるのかも。

2021/9/5 12:19  [1740-4954]   

ブエルタ2021、第21ステージ個人TTは、ログリッチが他を圧倒するタイムでステージ優勝。総合優勝に花を添えました。これでブエルタ3連覇です。この勢いで、来年はツールに勝ってほしいところです。ポガチャルという強敵がいますが、一昨年のような1対1の対決が見てみたいものです。

第20ステージでのロペスのリタイアですが、ロペスがログリッチやマスを含む集団から遅れた際に、チームから先行する集団を追うなという指示が出ていたそうです。それがロペスには気に入らなかったようです。チームメイトのマスが先行しているので、チームとしてはマスのペースを乱したくなかったのでしょう。その時点で、マスが総合2位、ロペスが3位です。ロペスが終盤ステージで調子を上げてきているのを勘案しても、やはりチームはマスを優先したかったのだと思います。モビスターはダブルエースとかトリプルエースで臨むことが多いのですが、それが裏目に出た感じです。

2021/9/6 20:19  [1740-4955]   

モヴィスタ―が、ミゲル・アンヘル・ロペスとの契約解除を発表しました。解除は、両者合意の上ということです。ブエルタの時の確執はやっぱり本当だったということでしょう。以前所属したアスタナに戻るという話が有力です。

モヴィスタ―はどうなっていくんでしょう。バルベルデは引退撤回のようです。ということは、エンリク・マスとのダブルエースでいくのでしょうか。キンタナが移籍で去ってからも、選手は豊富で、チームとしてそこそこの成績は納めていますが、グランツールの勝利という決定打がありません。マスをエースで育てていってほしいものです。

2021/9/20 08:46  [1740-4962]   

コロナで昨年は中止になったパリ−ルーベが、10月3日開催されます。通常は春レースですが、今年は秋開催。シーズンを締めくくるレースになります。

石畳+今年は雨の過酷なコースになりそうです。ファンアールトとファンデルプールが優勝候補として挙げられています。グルパマFDJはキュングとデマールで臨みます。

2021/10/1 20:03  [1740-4970]   

パリ−ルーベは、追走グループの3人、ファンデルプール(アルペシン)、コルブレッリ(バーレーン)、フェルメールス(ロット・ソウダル)が、逃げグループをかわしてヴェロドロームに到着。スプリントで勝ったのは、コルブレッリ。2位フェルメールス、3位ファンデルプール。

石畳に雨のよる泥が加わって、コースは混とんとしていました。直線で普通に走っていても滑って転倒とかがありました。神経をすり減らしながら走っている感じです。

2021/10/4 07:59  [1740-4971]   

10月9日のイル・ロンバルディアは面白いレースでした。残り35qでUAEのポガチャルが登りで仕掛けて独走態勢に。残り15qでドゥクーニンクのマスナダが追い付き、先頭2人に。追走集団は、アラフィリップを含む精鋭ぞろい。マスナダのチームメートのアラフィリップは、先頭を追わない方針。追走の他のメンバーも、けん制しあって協調体制が取れません。ポガチャルとマスナダに優勝は絞られますが、マスナダはポガチャルの後ろに張り付き、足を貯めておいてゴール前で差そうという方針。でもポガチャルはゴールスプリントでもマスナダを寄せ付けず。完璧な勝利でした。

2021/10/12 20:10  [1740-4974]   

もうひとつ見どころのあるレースは、10日のパリ・トゥール。逃げのデウルフ(AG2R)とボナムール(B&Bホテルズ)を、残り11qでアタックしたデマール(グルパマFDJ)とストゥィヴェン(トレック)が追う展開。ゴールまで合流し、4人のスプリント。勝ったのはデマール。

グルパマFDJ、来期は期待できそうです。

2021/10/12 20:32  [1740-4975]   

アレックス・ダウセットのアワーレコード挑戦。54.555qで、カンペナールツの記録に500m及ばず。

アワーレコードは、1時間に走った距離です。なので記録された距離数は、そのまま平均速度になります。ひとりで走るので、駆け引きもない、純粋に自分との闘いと言えます。

ぼくなんかが瞬間最高速度でも届かない速度で、1時間走り続けることは、想像を超えています。

2021/11/4 19:48  [1740-4981]   

プロチームとスポンサーとの関係は、そんなに単純ではないようです。

ドゥクーニンクがアルペシン・フェニックスの共同スポンサーに
https://www.cyclowired.jp/news/node/3581
79


今季までクイックステップのスポンサーだったドゥクーニンクが、来期はアルペシン・フェニックスのスポンサーに。ただでさえチーム名って覚えにくいのに、来年は混乱しそうです。

2021/12/1 19:32  [1740-4989]   

DSM(元サンウェブ)のティシュ・ベノートがユンボ・ヴィズマに移籍。DSMとの契約がまだ1年残っているのに、それを解約しての移籍です。クラシックを走りたいベノートと、クラシック部門を強化したいユンボとの思惑が一致したということでしょうか。

サンウェブという名前の時はいいチームだと思っていましたが、やっぱり締め付けが厳しいというのもあるのかもしれません。けっこう選手の入れ替わりが激しいです。

2021/12/8 20:09  [1740-4991]   



世界中の自転車を愛する皆様、明けましておめでとうございます。2021年のスタートです。今年はもっと自転車に乗る時間をつくりたいと思います。まだしばらくはロングライドイベント(TANTANや佐渡一周)の開催は難しいかもしれません。でもそうしたイベントは目標として持ち続けたいと思います。まずは基礎体力を維持することですね。

2021/1/1 05:39  [1740-4796]   

2021年の初日は、川崎大師までの往復でした。走行距離45q。参道まで行っただけで、境内には入っていません。

Vintage Pistaですが、ギア比2.75(44T×16T)は、ちょっと重いかなと感じる時もあります。ギア比だけの問題なのか、それともホイール(主にタイヤ)の重さのせいなのか。タイヤを換えたら、走りは軽くなるはずです。タイヤは相変わらず路面のゴツゴツを拾います。グリップは悪くはないのですが、ゴツゴツ感から来るストレスを抱えながら乗るよりも、早目に交換するのが吉かもしれません。

そのタイミングでギア比も変えようかなと考えています。目標は、ギア比2.4くらい。

2021/1/1 15:48  [1740-4797]   

シングルスピードでの最大の道楽は、クランク廻りでしょう。ShimanoやSuginoのNJS認定品で揃えるとどれくらい掛かるか。

Shimano:
BBはBB-7710。オクタリンクです。クランクはFC-7710F。チェーンリングは44Tから55Tまで選べます。総額は約56,000円。

Sugino:
BBはCBB-SG75。スクエアテーパーですが、JIS規格とは異なります。SG-75の専用品です。クランクはSG75クランク。チェーンリングは44Tから54Tまで選べます。総額は約56,000円。

偶然かどうかわかりませんが、総額はほぼ同じでした。

現実に戻って、現在付いているパーツの何が問題で、それを解決するのにどこまでお金が掛けられるかです。ギア比がちょっと重いなという感じはしています。あとできれば、チェーンリング径を大きくしたほうが見た目は良い。

PCD(BCDとも言います)をどうするかというのが最初の選択肢です。130か144か。130のクランクは、ロードと互換性があります。薄歯のロード用チェーンリングを付けられるということです。KHSのFlite100では、SuginoのPCD130のクランクを付けていましたが、ちゃんとインナーギアも取り付けられるようになっていました。144はシングル専用ですが、NJS認定のPCDなので、チェーンリングだけNJS認定品を使うということも可能です。チェーンリングの歯数の選択幅が大きいです。1T刻みであります。

今付いてるクランクのPCDが130なので、130用のチェーンリングを購入するのが一番簡単です。130用の厚歯チェーンリングを扱っているのはSuginoとTAくらいです。ただしSuginoのチェーンリングは高いです。1万円以上します。しかも47Tは現在品切れ中です。TAは6,000円くらいですが、あいにく47Tの品ぞろえがありません。48Tで乗るというならば、PCD130のチェーンリングだけ交換するというのはあり得ます。

でも将来的にチェーンリングの歯数を変えたいという要望があるなら、この際PCD144のクランクにしてしまうというのも有力です。実際11,000円でTOKENの48T付きクランクが購入可能です。47Tのチェーンリングは4,000円ほどです。

2021/1/1 21:44  [1740-4798]   

TOKENのクランクTK2051PS(170o PCD144 48T 厚歯)とシマノのフリーギアSF-1200(20T 厚歯)を注文しました。

クランクはMerlincyclesで注文しました。Wiggleよりも安かったので。WiggleだとMicheのクランクもあります。Micheの方が軽くて、デザイン的にもいいのですが、壊れやすいというレビューが気になってしまい、軽すぎるのも良くないのかなと。もっとも大半のレビューは高評価でしたが。

Merlincyclesで注文するついでに、Swissstopのシマノ用ブレーキシュー(ブルー)を注文しました。アプレミディの前輪用です。今はシマノのシューが付いていて、ママチャリとしては制動力はいい方だと思いますが、ロードバイクの基準からするとまだまだです。これが改善できればと思います。

2021/1/2 17:46  [1740-4799]   

Vintage Pistaの重量をまだ計っていなかったので計りました。

ペダル・サイコン・携帯ポンプ・ボトルホルダー込みで9,810g。約9.8sです。まあこんなものでしょう。ペダルは両面SPDなので、クリート込みで約400g。サイコン50g、携帯ポンプ100gとして、約9.25s。カタログ値がたしか8.9sだったので、カタログ値の割にはちょっと重いかなという印象です。

ただしタイヤのパセラがカタログ値通り470gだとすれば、これを250gくらいのタイヤに交換することで一気に400g軽量化できます。クランクの交換は、TOKENのクランクが770gと、そんなに軽くないので、これは軽量化には役立たないでしょう。ちなみMicheのクランクだったら600gなので、軽量化になったのでしょうけど。

あと軽量化できる要素としては、シートポストとサドルです。サドルは手持ちの余ったのがあるので、交換するかもしれませんが、サドルだけではそんなに軽くはならないでしょう。

装備を含めた重量で、今の9.8sから9.4sまでは軽量化できるので、当面はこれで十分です。

2021/1/4 09:11  [1740-4800]   

 α→EOSさん  
174g、軽い!

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

軽量化について、ですが、
シートポストとサドルは重心から離れた位置にあるので、
けっこう無視出来ない効果があると思います。

僕が以前に買ったものとして
www.amazon.co.jp/dp/B01N2XWPCV
があるのですが、スペックは200g程度ですが、実測は174gとかなり軽いです。
標準装備のシートポストは300gオーバー、400g近い場合が珍しくありませんので
差は大きいです。

サドルは、長距離の場合クッション性が重要になりますのであまり軽量化出来ない場合もありますが、
200g以下のものを使うと違いを感じます。

あと、けっこう効果あるのはハンドルですね。
これもカーボンにすれば、標準のアルミハンドルから100g以上軽くなります。
ハンドル周りの重さも操縦性に効いてきますので。

軽量化はコスパにもよると思いますので、難しいところですね。

2021/1/4 17:43  [1740-4801]   

α→EOSさん
今年もよろしくお願いします。

そのカーボンシートポスト、たしか以前購入して持っていました。今手元にないので、実家に持って行ったか、売ってしまったかもしれません。軽いのは良かったのですが、ひとつ欠点があって、サドルを矢倉に固定するネジがうまく締められないのです。2本ネジがあって、1本は下から、もう1本は上から締めるのですが、上から締めるときにアーレンキーがサドル底との隙間に入りません。穴あきサドルだったらいけるのかもしれませんが。

今回軽量化は、タイヤの交換くらいにとどめておこうかなと思います。普段用というかトレーニング用なので、9sちょっとくらいの重さになれば十分です。

毎年言っていますが(汗)、今年はもっと走り込みたいと思います。去年も休みの日には乗るようにしていたのですが、乗る量が減ってきていて、体がなまっています。年末年始は、距離は短かったのですが、一応毎日乗りました。


Amazonから20Tのフリーギアが届きました。交換はクランクが届いてからまとめてするので、たぶん2、3週間後になります。ついでにパナレーサーのタイヤレバーを注文しました。ネットでの評判が良いので(というかコメントするファンが多いということですが)、どんなものか試してみることにしました。

左から、パナレーサー、IGNIO(アルペンのブランド)、マルニ。先端の形状が一番幅広なのがパナレーサー。ロードのタイヤには、幅が広い方が使いやすいというのが王道の意見。マルニのような丸っこい先端は、ママチャリのタイヤで使いやすいという声が多いです。真横から見ると、パナレーサーは、先端がいったん曲がってからフックが付いています。INGIOは全体が弧を描いて先端にフック。マルニは、まっすぐで先端がスプーンのようなフックになっています。反対側のスポークに引っ掛ける部分は、INGIOとマルニは問題ないです。経常的にはパナレーサーも問題なさそうです。

それぞれ3本セットなので、合計9本。ぼくは2本あれば十分なので、2本ずつをそれぞれのバイクに常備しようかなと思います。1台分だけ異種混合になりますが、問題なしです。

2021/1/4 19:51  [1740-4802]   

今日は平日休みだったので、Vintage Pistaで岩淵水門まで行って来ました。風が強くて、サイクリングロードでは大丈夫でしたが、帰りの一般道では横風がちょっと危ない感じでした。

シマノのシングルフリー(SF-1200)脱着用工具が届きました。これまで使っていたものが、アプレミディのフリーを外そうとして爪が潰れてしまったので、新しいものが必要でした。今Vintage Pistaに付いているのは、「RUBY」という刻印のあるたぶん台湾製のものですが、シマノのこの工具で取外しはできるのではと思っています。無理だったらまた別の工具を揃える必要があります。

15oのショートサイズのレンチを買いました。サドルバッグに入ります。15oは、シングルスピードのハブナットのサイズです。(前輪は14oの場合もあります。) ペダルレンチとしても使えます。でも短すぎて、うまく力を掛けられるかどうか不安もあります。KHS Flite100の時は、パンク修理はホイールを外さずに行っていて、それで特に不便もなかったので、結局要らないのかもしれません。

2021/1/7 20:07  [1740-4804]   

パナレーサーのイージーパッチとParkToolのスーパーパッチは、中身は同じもののようです。スーパーパッチは、ぼくもサドルバッグに携行しています。出先でのパンクは、応急処置ができればいいと思っていますが、実際のスーパーパッチの性能はどんなものなのでしょうか。

実証試験の結果が載っていました。
https://blog.goo.ne.jp/kino55crazy55/e/a
5399217945e77838fbbd0c69855c78d


耐久性まではわかりませんが、きちんとパッチを貼ってしまえば、当面はそのまま使えるのではないかと思います。

先日アプレミディのパンク修理で使ったのは、マルニの糊なしパッチでした。こちらは透明なパッチではなくて、普通のゴムのパッチです。こちらも今のところ空気漏れとかはなくて、問題なしです。

2021/1/9 00:00  [1740-4805]   

3連休(ちょっとだけ仕事有)なので、ネットを見たりして過ごしています。Aliexpressって、日本語訳とか見た目は怪しいんですが、他のサイトでは見かけないような商品があって、しかも安いということで、なかなか面白いです。

20インチのフレームでこんなのがありました。ディスクブレーキ仕様です。こういうフレームで買い物用自転車を組んでいくのも面白いかなと思いました。

2021/1/10 20:41  [1740-4806]   

荒川サイクリングで岩淵水門まで。北風なので、行きはずっと向かい風です。スピードは25q/hから30q/hの間で走りました。30q/h以上出すのはきついです。いいトレーニングになりました。でもガチで走っているバイクがけっこう多くて、かなり抜かされました。河川敷に、人はかなり多かったです。野球とかサッカーとか。あと凧揚げも。

2021/1/11 20:47  [1740-4808]   

Merlincyclesで注文したTOKENのシングルクランクが届きました。持ってみると、思ったより軽いです。実測は497(右)+261(左)=758gでした。見た目も問題ないです。時間の余裕のあるときに取り付けます。リアのフリーギア、チェーンも同時交換になります。ついでにタイヤも交換します。

2021/1/16 20:25  [1740-4810]   

クランクブラザーズの携帯ツールm5がモノタロウから届きました。写真の左です。真ん中は既に持っていたクランクブラザースのm10。右はライフラインの携帯ツールです。

機能はm10の半分ですが、これで十分です(アーレンキー3、4、5、6、プラスドライバー)。重量的にも100gを切るので問題ないです。m10は重すぎです。携帯ツールはお守りみたいなものなので、ライフラインのものでも大丈夫です。

2021/1/19 20:22  [1740-4813]   

携帯ツール、もう1個持っていました。ここでまとめておきます。軽い順から。

LIFELINE 53g アーレンキー2、3、4、5、6、T25、+ドライバー 7種
crankbrothers m5 84g アーレンキー3、4、5、6、+ドライバー 5種
crankbrothers m10 153g アーレンキー2、2.5、3、4、5、6、8、t25、+ドライバー、−ドライバー 10種
ノーブランド(たぶんMerlincyclesで買ったもの) 166g アーレンキー2、2.5、3、4、5、6、+ドライバー、−ドライバー2種、チェーンカッター 10種

アーレンキーの4oと5oがあれば、バイク本体に関してはたいてい賄えると思います。どの部分が何oか、あるいはどの工具かというのは、いちいち覚えていられません。T25(トルクスの25)は、カンパのブレーキのシューカートリッジの取り付けだったはず。アーレンキーの3oは、シューズのクリートの取り付けだったかな。2oはブレーキシューの外れ止めです。6oはスレッドステムのハンドル廻りのどこか。プラスドライバーは、ディレーラー調整。マイナスドライバーは、ネジ回しというより、何かをこじ開けるような場合しか使わないと思います。チェーンカッターは、本当にお守りくらいの意味です。出先でチェーンをいじる場面はまずないと思います。8oのアーレンキーはペダル用です。

こう見てくると、やっぱり4oと5oがあればいいのかもしれません。それで賄えない場合は、諦めるということでいいのではないでしょうか。

2021/1/19 21:14  [1740-4814]   

ロードバイクブランドの人気ランキング
https://nlab.itmedia.co.jp/research/arti
cles/99538/2


ビアンキ、ピナレロ、スペシャライズドは、レースで活躍しているので納得です。1位のトレックは、レースでも活躍しているとはいえ、今だけでなく過去の実績も含めたネームバリューでしょう。レースを基準にしたら、キャニオンはもっと上位のはずですが、12位にとどまっています。スコットもちょっと評価が低い感じ。

ちなみにぼくの持っているリドレーは11位、ラピエールは21位でした。

2021/1/20 21:45  [1740-4815]   

平日休みなので、Vintage Pistaのタイヤとクランク等を交換する予定でした。

まずはタイヤから。デフォルトで付いていたパナレーサーのパセラは、実測320gでした。これを245gのコンチネンタル・グランプリに交換します。差し引き75g、前後で150gの軽量化になります。

次にリアのシングルフリーの交換ですが、シマノのフリー抜き工具が対応しません。というか、工具が使えないタイプのようです。わずかに欠き込みがありますが(矢印部)、ベアリングの部分を分解しないと工具の引っかけようがありません。HOZANのサイトで見ると、こんなタイプのシングルフリーも存在するみたいです。
https://www.hozan.co.jp/mechanic/mechani
cal_advice/cassette_freewheel/page2.html



ちなみにシマノのシングルフリーはちゃんと工具を引っかける書き込みがあります(矢印部)。

このまま使う、無理やり外す、ホイールごと交換の3つの選択肢があります。ベアリングを外してしまえばパイプレンチが使えると思いますが、ピンスパナをまず買わなければいけないと、何かそこまでする気分ではないというのが正直なところ。アプレミディのフリーを外せなかったのがトラウマにもなっています。リア16Tのままクランクを48Tに変えるのは、ギア比が高くなりすぎるので却下。しばらくこのままで乗り、ギア比がどうしても変えたくなったら、リアホイールごと買うことになるでしょう。

ということで、今日はタイヤの交換のみでした。今にも雨が降りそうだったので(実際すぐに降り始めました)、近所を1qほど走っただけですが、交換後はやはりロードのタイヤという感じがします。路面の細かいノイズ(凹凸)を拾わないので静かです。それでいて路面情報はしっかりと伝わります。けっして柔らかい乗り心地ではないのですが、落ち着いた感じの走りです。パセラは、路面の細かいノイズで、路面情報が乱されている感じでした。路面の凹凸は伝わっているのに、それが大事な情報とノイズとが分離されないままでした。

軽量化の恩恵は感じませんが、走りは全く別物になりました。パセラは、外してみたところつくりはしっかりしているし、悪いタイヤではないと思いますが、そもそも用途がロードバイク用ではないと感じます。未舗装路メインならば、有りかもしれません。

2021/1/28 14:31  [1740-4820]   

 guru-dbさん  

格安なのでフリーを外すことを前提としていないんですね。外すなら分解する以外ないですね。
以前のようにDura aceのハブを買って 手組みするってのはいかがでしょう。

2021/1/28 17:22  [1740-4821]   

ハブだけ購入して、手組みというのは有りですね。ハブのフランジ直径が同じならば、スポークも再利用できます。道楽としてなら、むしろ王道かもしれません。でも振れ取り台が実家の方に置いてあるので、それをどうするか。

ホイールを買う場合、Micheのトラックホイールが、前後セット28,000円くらいであります。リアだけ売ってくれたらいいのですが。

リアホイールを外す際に、チェーンを切らずに外せるかどうかちょっと心配だったのですが、問題なく外せました。取り付けも問題なしでした。なので47Tでなくて48Tにした場合でも、その点は問題がないとわかりました。

2021/1/28 21:38  [1740-4822]   

荒川サイクリングロードで岩淵水門まで行こうとしたのですが、北風が強くて、四ツ木まで行ったところで諦めました。6号線でのんびりと帰りました。日向で風がないところは暖かいのですが、日影は急に寒くなります。

タイヤを交換して、やっぱりこちらのほうがしっくりきます。プラシーボ効果もあるのかもしれませんが、加速も良くなった気がします。何よりもハンドリングがクイックで、これがロードのハンドリングだなと思いました。

2021/1/30 21:46  [1740-4823]   

 guru-dbさん  

手っ取り早く蟹目レンチ買ってフリー分解して外したらどうでしょう。

2021/1/31 03:48  [1740-4824]   

蟹目レンチなら1500円くらいであるので、とりあえず買って試してみるというのも有りですね。

そんなに急ぐこともないので、気長に行きたいと思います。それよりも乗る時間をもっと確保しなければ。

2021/1/31 21:40  [1740-4825]   

ピンスパナ(カニ目レンチ)を通販で探してみました。フリーの分解で使えそうなのは、Parktoolくらいしかないみたいです。Parktoolは2種類あって、SPA-2がフリー用。SPA-1はカップ&コーンのBB用です。でも通販サイトはどれも品切れでした。まあしばらく様子を見ます。

2021/2/2 20:37  [1740-4826]   

今日Vintage Pistaで走っていて、ふとリアハブを見ると、ハブの左サイドにリアギアを取り付けるネジが切ってあります。そうかフリップフロップ(両切り)ハブだったんだと、気が付きました。間の抜けた話ですが、知らなかったわけではなくて、意識から完全に抜けていたということです。なので、毎日見てるはずなのに、見えてなかったという、おかしなことになっていました。

左サイドのねじ切りは、2段になっています。つまり固定ギアとロックリングをそれぞれ取り付けるネジが切ってあるわけです。でもフリーギアを付けても問題ありません。ネジのかかり代が少なくなりますが、それで十分なかかり代はあります。KHSのFLITE100のときも、デュラエースのハブは固定ギア用なので、2段にねじ切りがあるものでした。それにシマノのシングルフリーを取り付けていました。

これでリアを20Tに、クランクを48Tにすることができます。ただし、使わない16Tのフリーを付けたままというのも、あまりかっこいいものではないですが。

今日は岩淵水門まで走りました。割と暖かく、風はありましたが、気になるほどでもなかったです。風向きは初めは北西から吹いていましたが、河川敷では何回か風向きが変わりました。

2021/2/4 22:03  [1740-4827]   

 guru-dbさん  

Vintage Pistaは両ハブですね。
僕のLungavitaも同じで16Tのフリーと固定を付けています。
せっかくだからしばらく固定でしばらく乗るのも一案です。

2021/2/5 08:10  [1740-4828]   

16Tの固定ギアはDura-Aceのを持っていますが、でも固定ギアって何かめんどくさそうです。アプレミディで1回試したので、もう十分かなという感じです。

とりあえず、20Tを付けて、ホイールをひっくり返して使い、工具が手に入ったら20Tを反対側に付け替えるというやり方で行こうと思います。ホイールをひっくり返すと、タイヤの進行方向が変わるので、タイヤを付け替えるべきですが(グランプリは進行方向指定あり)、これはトレッドの溝による水はけ以外は関係ないと思うので、タイヤは付け替えないままで使います。

2021/2/6 08:24  [1740-4829]   

昨日は久しぶりにランド坂に行ってきました。(写真の背景は、ゴール付近の長嶋茂雄の書。)

ギアは、44T×16T、ギア比2.75のままです。このギア比で十分登れます。足つきを心配するようなことはありません。でももう少し低いギア比の方が楽だと思います。

行きは甲州街道、帰りは世田谷通りでしたが、ところどころ追い風になるところがあって、追い風の時には2.75くらいのギア比の方が快適です。

2021/2/7 07:57  [1740-4830]   

今日は休みだったのですが、いろいろ雑用があって、バイクには乗らずでした。

https://item.rakuten.co.jp/black-m/10004
815/

シングル用のホイールで、こんなのを見つけました。重量は重そうです。36本の変速組。カンパのG3のような、スポークを組にしてまばらに配置するというパターンです。G3は3本で組になっているというのがミソで、左右のスポークテンションをそろえる目的があります。でもシングルの場合はハブが左右対称なので、左右でスポークテンションの差は生じません。なので偶数の本数で一組になります。36本組だと、スポークが多すぎて、まばらにしても、あまりかっこよくない感じです。32本組なら、4本×8組で、まあまあ見られるかもしれません。

2021/2/7 23:10  [1740-4831]   

ランド坂行ってきました。往復で60q。手ごろな距離です。やっぱりシングルスピードで十分です。なかなかいいトレーニングになります。

2021/2/11 20:06  [1740-4832]   

今日は岩淵水門まで。暖かいです。風は東から吹いています。なので、荒川サイクリングロードは、往きは追い風基調、帰りは向かい風基調でした。来週木曜日は気温が下がるみたいですが、2月にしてはかなり暖かい感じです。

2021/2/13 20:24  [1740-4833]   

現在在庫なしですが、Merlincyclesにこんなのがありました。前後別々で買えます。気長に待つという手もあります。

2021/2/18 08:08  [1740-4834]   

昨日は岩淵水門まで軽く走ってきました。途中風向きが変わる所もありますが、東風基調でした。気温は低めなので、止まると寒いですが、走っている間は程よい暖かさでした。

2021/2/19 07:22  [1740-4835]   

フロントホイールは入荷。さてリアはいつ入荷するのか。

2021/2/22 21:35  [1740-4836]   

平日休みなので、岩淵水門まで。風は冷たいのですが、南風。風向きだけは春の風です。

2021/2/25 21:01  [1740-4837]   

こんなホイールがあるんですね。最近は、新商品の動向には疎いので。
https://105hillclimb.com/post-4181/

軽量ホイールがヒルクライムに向くかどうかは、乗る人によります。ぼくはあまり軽いのは、逆に走らなくなると思います。軽さも大事ですが、一番大事なのは剛性だと思います。でもこのホイール、試してみる価値はありそうです。

2021/3/4 00:40  [1740-4838]   

平日休みなので、岩淵水門まで。赤いほうの水門の上を渡る道がパヴェなのですが、そこを走るとなんとなくヘッドにガタがあるような感じでした。

帰ってからモンキーレンチを当ててみると、サイズが合いません。今使っているモンキーは30oまでしか開きません。ヘッドのナットのサイズは32o。ヘッドレンチを買う必要があります。

2021/3/4 16:34  [1740-4839]   

36mmまで開くモンキーレンチを買ってきて、ヘッドのナットを締めました。やっぱりゆるんでいました。締めると、走りがしゃきっとしました。

荒川サイクリングロードまで行ったのですが、マラソンの大会をやっていたので、通行規制がかかっているわけではないのですが、別のところにしようと思い、ディズニーランドまで行ってきました。

2021/3/7 22:10  [1740-4840]   

昨日は平日休みだったので、ランド坂へ。やっぱりシングルスピードは体になじむというか、一体感があります。余計なことを考えずに走れます。

ランド坂はいつも反時計回りで登っていますが、時計回りで登るのが本来のランド坂という説もあります。勾配的には時計回りのほうがきついらしいのですが。次回は時計回りを試してみます。

2021/3/12 20:09  [1740-4841]   

 guru-dbさん  

久しぶりにMy Pallasで出かけようとしたら前輪の空気がゼロ。空気入れてもスカスカ抜けるので調べたら虫ゴムがいかれていました。近所の自転車屋まで押していったところコロナで早じまいらしくシャッター降りていました。中野坂上のダイソーが近かったのでそこで買おうと押していきました。2q位のいい運動になりました。

虫ゴムを買うつもりがその横に虫ゴム不要のバルブがあったのでそれにしました。

ダイソーの前でバルブを交換しCO2ボンベで膨らませたらリムとタイヤの間からチューブが風船のようにはみ出してきたので空気入れ中止。タイヤを片側外してチューブを入れ直して慎重にCO2注入し無事完了しました。この手の自転車はタイヤがゆるゆるなので押して歩いているうちにずれたようです。

20インチ1本を満たすにはCO2ボンベ1つあれば余ります。

結局、パンク修理の旅で終わりました。

2021/3/18 18:38  [1740-4843]   

20インチのタイヤ、確かにゆるゆるです。素手で脱着できます。チューブを入れるときは、700cだと片側のビードをまず嵌めて、横からチューブを入れていきますが、20インチはタイヤの中にチューブをまず納めて、タイヤとチューブを一緒に嵌めていかないとうまくいきません(ぼくの自転車の場合)。

アプレミディは1度パンクした後は、パンクしていません。空気の持ちがすごくいいです。1カ月放置しても減りません。ぼくのは仏式のチューブを入れていますが、仏式の方が英式よりも減りにくいと思います。

今日は、半日ほど時間があったので、岩淵水門に行ってきました。南風です。もう完全に春の風です。半ズボンで大丈夫でした。

2021/3/18 21:53  [1740-4844]   

アプレミディで、近所をぶらぶらと。咲いている桜の木もありました。

2021/3/20 21:51  [1740-4845]   

昨日はランド坂3本チャレンジ。3つのルートを全部登りました。京王線側から東廻りルート(いわゆるランド坂)。京王線側から西回りルート(旧ランド坂、こちらが本来のランド坂と言う人もいます)。小田急線側からの南ルート。

一番きつい部分の勾配は、どれも似たようなものです。ただ南側と西側は緩急が大きくて、勾配がきつい区間を除けば、全般に楽です。東側は、最初は緩い勾配がだんだんきつくなり、きつくなってから休める区間がありません。

本気で追い込めば、どのルートを使ってもトレーニングにはなります。東ルートが良く使われるのは、交通量が比較的少ないからではないでしょうか。

帰りは、ぱらぱらと雨が降り始めました。ウィンドブレーカーも持っていなかったのですが、幸い雨が強くなる前に帰れました。

2021/3/26 07:23  [1740-4846]   

こういう掲示が出ているということは、そのまま電車内に持ち込む人がいるのでしょうね。新宿線の駅ですが、新宿線は駅によっては、改札まわりやホームがゆったりしていて、なんとなく持ち込めそうな気分になってしまうのかもしれません。

2021/3/28 19:06  [1740-4847]   

 guru-dbさん  

でも、一律に禁止するのではなく時間帯や自転車持ち込み可能車両などを作ってもう少し柔軟に対応していく時代じゃないですかね。

2021/3/29 07:43  [1740-4848]   

たとえば、電車1編成に1両が自転車用車両で、5駅に1つくらいが自転車も使える駅ということでも十分だと思います。電車の1駅とか2駅は、自転車に乗ればすぐ行ける距離なので、各駅ごとに乗れる必要はないでしょう。

BBBASEも参考になると思います。今は使っていないホームを活用したり、一般乗客とかち合わないようなダイヤにしたりしています。まあ千葉県の方は、ダイヤがゆったりしているから可能なのかもしれませんが。

2021/3/29 23:08  [1740-4849]   

 guru-dbさん  

東京の中心部から乗らなくてもちょっと郊外の駅まで自転車で行ってそのまま乗りこめれれば楽ですよね。

大体、朝は下りは空いてるし、帰りは上りが空いてるので区間と時間帯を制限すれば問題ない運用はできると思います。また、地方に行けばほぼ問題ないのではないですから。

一律に縛る規則はよくないです。飲食店の時短ばかり考えていないでこの方面も検討してほしいです。

2021/4/1 01:52  [1740-4851]   

輪行袋に詰めたり、荷解きしたりというのが、生産性のない無駄な作業なんですね。バイクをそのまま載せられるのなら、ちょっと遠い駅でも自走してそこから乗りたくなります。

数カ月前にヨドバシで注文した、シマノプロの携帯ツールがやっと今日届きました。何回か在庫切れのため入荷待ちだというメールが来ましたが、それにしてもヨドバシの根気強さには敬服します。値段にして2000円くらいのものでも、必ず届けるんだというプロ意識を感じます。

シマノプロの6種セットの携帯ツール、ちょっと厚みはありますが、コンパクトで軽量です。

2021/4/1 20:39  [1740-4852]   

 α→EOSさん  

僕も何度か輪行しました。
距離がかせげて、自力では行きにくいところまで行けるのは魅力なのですが、
やはりあまりやる気になれないです。
解体と組み立てが面倒なのもさることながら、
普通に乗っている人と同じ車両に乗ることのストレスが大きいです。
ガラガラならまだしも、込んでいたら申し訳ない気持ちが強いです。
自転車専用車両があれば物凄く利用しやすくなりますよね。
鉄道会社は、ローカル線の活性化のために、今後の人口減少社会に対応するためにも是非検討するべきだと思います。

でも、やらないんですよね〜。
日本社会の頭の硬さを強く感じます。

2021/4/2 09:14  [1740-4853]   

自動車の自動運転とか、そういう方向に技術が使われてしまうんですよね。ぼくは自動運転って、まったく信用していません。運転の楽しみがなくなるのもありますが、それよりも事故が起きた時の責任を誰が取るかというのが最大の問題です。結局保険でカバーする形になるんでしょうが、街中が荒涼とした風景になるような気がします。

東京だと電動自転車のシェアサイクルがかなり普及してきています。ウーバーとかでもシェアサイクルに乗っている人がかなりいます。これは前向きな方向だと思います。

技術をどう使っていくかということですね。自分で移動するという楽しみは残すべきですし、その時に歩行者や他の交通機関との折り合いをどう付けていくかです。共存できるところは共存したらいいですし、電車は歩行者のためという先入観をなくせば、自転車を袋に詰めずに電車に乗せるのは技術的に可能だと思います。

今日は平日休みだったので、岩淵水門まで行ってきました。往復50q。最近はこのコースを走ることが多いです。

2021/4/2 21:20  [1740-4854]   

 α→EOSさん  

自動運転の行き着く先は、個人の自動車所有を許さない制度(上級国民は除く)ではないかと僕は思っています。
街中に常に無人のタクシーが沢山沢山走っていて、カードとかスマホとかで目的地まで乗せてってくれる、という感じ。
それも良いのではないかという気もします。
個人で所有するのは電動アシスト自転車とか電動キックボード程度で良いのではないかと。

もともと700Cというのは西洋人規格で、日本人には大きすぎるのではないかと感じます。
たいていの人には24インチとか20インチくらいのロードがちょうど良いのではないかと。
サイズが小さくなれば電車にも乗せやすく、自宅にも置きやすくなるのですが、
現状、24インチくらいの魅力的なロードってないです。
20インチは折り畳みしかない、て感じ。

どこかのメーカーが20インチくらいでホイールからフレームまでしっかり企画して、
重量6sくらいにおさまるロードを作ってくれませんでしょうか?

2021/4/3 22:59  [1740-4855]   

700Cは競技用の規格ですよね。街乗りだったら、24インチくらいが乗りやすいのかもしれません。でもロードバイクの趣味って、あえて競技用のバイクに乗るという優越感みたいなものをあると思います。それとロングライドの場合は、やっぱり700Cの方が乗りやすいと思います。

自動車が全部自動運転になってしまったら、あまり出かけたくなるかも。自動運転は、たぶん他の自動車、歩行者、自転車等の動きを予測してプログラミングされているはずですが、自転車の動きは予測できないんじゃないかな。まあ歩行者の動きも予測が難しいですが。

今日は久しぶりの日曜休み。岩淵水門まで行ってきました。往きは追い風で40q/hペースで走れる区間もありました。帰りは25q/hが精一杯でした。

2021/4/4 22:12  [1740-4856]   

 guru-dbさん  

コロナのおかげで働き方もテレワークにシフトした会社も多いと思います。通勤が必要な業態も特別な業態を除き決められた時間に出社し退社するというスタイルも考え直すいい機会ではないでしょうか。

僕はかつては不良サラリーマンだったのでフレックスタイム導入後毎日10時出勤でした。電車はガラガラで座っていけました。遠出で始発電車をりようしたとき空席だらけです。

時間帯をと区間を考慮すれば他人に迷惑をかけずに自転車専用車両を導入し便利にしていけます。誰か一人が決断すればいいことですが責任を恐れてだれもしないので現状です。大した責任でもないのに。。。

2021/4/5 07:18  [1740-4857]   

輪行は人間の料金だけですが、自転車と一緒に乗る場合の料金を別に取ってもいいと思います。

通勤とかで、途中の区間だけ電車を使うという人も出てくると思います。そうなるとけっこうトラフィックが増えるかもしれません。それを抑制する意味でも、多少の割り増し料金はあってもいいのではないでしょうか。

2021/4/5 07:39  [1740-4859]   

 guru-dbさん  

以前買ったクランクブラザースペダルのCANDY-1は京都で使うことにし、東京のCAAD10はMKS(三ヶ島)US-L Ezy Superiorに変えました。

Ezyの旧タイプは不用意に外れるのでそれ防止用のリングをはめないといけないという欠点がありましたが、Ezy Superiorになってそれが改善されています。マウントだけ買えば1つのペダルが共用できます。しかし、マウンド自体の値段でペダルが買えるのでメリットといえるかどうかはわかりませんが輪行には便利だと思います。

2021/4/8 07:31  [1740-4860]   

 α→EOSさん  

>それとロングライドの場合は、やっぱり700Cの方が乗りやすいと思います。

やはりそうですか。
ロングライドの経験があまり無いので、そのあたりは分かりませんでした。

20とか24インチのロードがあったとしても、ホイールやタイヤの種類はそう簡単には充実しないので、
実際には普及は難しですよね。

2021/4/8 12:40  [1740-4861]   

輪行するとき、最初のころはペダルをはずしていましたが、最近は付けたまま袋詰めしています。出っ張るし、上手くバイクを詰めないとファスナーが閉まらないという問題はありますが、ペダルの脱着の手間と比較すると、外さない方のメリットが少しだけ上回る感じです。

Ezyペダルは、最近種類が増えているみたいですね。SYLVAN STREAMのEzyペダルもラインナップされています。SYLVAN STREAMは昔使っていました。いいペダルでした。でも金属製の滑り止めがスニーカーの靴底に食い込んで、すぐにスニーカーが痛みました。今はフラットペダルはプラスチック製にしています。

2021/4/8 23:39  [1740-4862]   

 guru-dbさん  

自転車の輪行は特殊貨物として有料でもいいと思います。その分電鉄の売上が上がります。空車状態で走るよりましではないでしょうか。

α→EOSさん お久しぶりです。
小径ロードはちょっと僕には無理です。今回ブロンプトンを買って走りましたが16インチで高速走行は怖いです。20インチならまだ安心感はありますが30km/h以上で巡行するとなると700cくらいは欲しいです。

僕の場合は身長185cmの白人体型なので700cでも特大サイズ。今のCAAD10もRTSもサイズ58です。スローピングのフレームだとこのサイズ以上はヘッドチューブが長くなりクラッシック自転車のようで不格好になります。昔CAAD10を購入するとき近所の自転車屋にウィリエールを勧められたのですが54くらいまでは格好いいのに58となる無残な恰好になるのでホリゾンタルなCAAD10にしました。ツールにでるトップレーサーは気にしないでしょうが一般サイクリストは見てくれも大事なので。。。

またどうしても重心が高くなるので欲を言えばレーシーさが落ちてもホイールベースを長くしたいというのが本音です。Mサイズくらいの自転車を見ているとハンドルもサドルも低く車輪の近くにあり安定して見えます。

2021/4/9 15:58  [1740-4863]   

 α→EOSさん  

guru-dbさん

ご無沙汰しております。
身長高い人羨ましいです。結局体格によって変わるんですよね。

16インチは(乗ったことはありませんが)不安定そうな気がします。
最低でも20インチくらいは必要だと思います。
で、僕くらい(身長164p)だと24インチくらいがのりやすそうだな、と、想像ですけど。
輪行もやりやすそうだと思うのですが、これは分解しないで電車に載せられるようになれば
ホイールのサイズには依存しなくなると思います。

イタリアのタマちゃんさんおっしゃるように30q/hで巡行するなら700Cというのは納得できます。
僕が言っているのはロードではないですね、たぶん。
せいぜい25q/hくらいの巡行で考えていますので。

まあ、でも絵に描いた餅です。
それよりも、近い将来、扱いやすい電動アシストロードが普及するほうが現実的ではないかと思います。

2021/4/13 10:42  [1740-4864]   

久しぶりの書き込みになります。雨だったり、忙しかったりでなかなか自転車に乗れません。買い物自転車すらここ一週間乗っていません。

今日は半日時間があったので、岩淵水門までのいつものコースを走りました。風は南から。気温はちょっと低めですが、風向きは完全に春です。

運動した後は、体の疲れが心地よい感じです。やっぱり1週間に2回は乗りたいところです。

2021/4/15 20:57  [1740-4865]   

 guru-dbさん  

京都に来ています。
暖かくなってきたので自転車ソロキャンプでもしようかと20インチ自転車で宝ヶ池のアウトドアショップに行ってきました。最短コースで行こうと宝ヶ池通りを進んだら幹線道路が通れず狐坂を上るコースになりました。大した坂ではないのですが久しぶりの坂なのでちょっと疲れました。往復距離にして20kmくらいのショッピングライドになりました。

最近のキャンプ用品はすごく改善されていて使いやすくなっていますね。ファミリーキャンプ用品は昔持っていましたが車で行くキャンプと選別基準が違って最少軽量にしないといけないので何を揃えるか要検討です。今回はアルコールストーブ用の燃料携帯ボトルを買ってきました。アルコールストーブとチタンカップと燃料があれば出先で湯を沸かしてコーヒーくらいは飲めます。

2021/4/16 20:20  [1740-4866]   

キャンプが流行っているみたいですね。ぼくの京都の知り合いも、音羽川砂防ダムでひとりキャンプをしているみたいです。

ぼくはキャンプは苦手なのでしませんが。何が苦手かというと、動物ですね。爬虫類とかは全然だめです。昆虫は大丈夫ですが。

2021/4/16 20:56  [1740-4867]   

シュアラスターからチェーンルブ発売
https://www.cyclowired.jp/news/node/3440
79


昔車を持っていたとき、しかもその初めの頃ですが、ワックスはシュアラスターを使っていました。なのでシュアラスターの名前はちょっと懐かしいです。厚みのある艶が魅力的でした。でも車も長く乗っていると、だんだん手入れが面倒になっていき、手放すころにはあまりワックス掛けはしなくなりました。2台目の車までは、それでも一応ワックスを掛けていましたが、それ以降はしなくなりました。車はずっと好きでしたが、関心が見た目とは別のところに行ったのだと思います。

チェーンオイルはAZの機械油ですが、たまには別のを使ってみるのもいいかなと、ふと思いました。

2021/4/17 07:34  [1740-4868]   

この日を待っていた。

Merlincyclesのサイトで、トラックホイール(リア)が在庫有になっていたので注文しました。数日前までは在庫無でした。

MachはRaleighのブランドなんでそうか。Merlincyclesのページだとそんな表記になっています。

2021/4/18 22:37  [1740-4869]   

緊急事態宣言で、ディズニーランドも休園するんでしょうか。昨日ぐるりと周囲を回ってきましたが、人は少なかったです。

2021/4/23 22:25  [1740-4871]   

JRの駅にB.B.BACEのチラシが置いてあったので、持ち帰って見てみると、GW中も運行しているようです。このチラシ自体は緊急事態宣言以前のものです。ホームページを開いてみると、緊急事態宣言下でも予約できそうな感じだったので、外房コースを予約しました。すんなり予約可能でした。通勤電車が普通通り動いているくらいですから、人の密集度の低いB.B.BASEは大丈夫ということなんでしょう。

5月1日から5日まで休みなので、もう1本ロングライドができたらと思います。

2021/4/28 20:15  [1740-4872]   

Merlincyclesに注文した、シングルスピード用のリアホイールが届きました。ブランドはやはりラレーでした。固定ギアもちゃんと付属しています。まあ使う予定はないですが。ハブは両切りです。重量は結構軽そうです。

今日のところはここまで。GWにセッティングをします。GWの楽しみがひとつ増えました。

2021/4/29 10:41  [1740-4873]   

ニューホイールですが、ブランドがラレーなのでリムはアラヤかと思いきや、Mach1というフランスのメーカー製でした。Mach1のOmegaというリムです。32H。このリムにノーブランドのハブを組み合わせて、ラレーとして売り出しているのでしょう。

シクロワイアードにMach1 Omegaの情報が載っていました。
https://www.cyclowired.jp/lifenews/node/
17342


ホール数等が違いますが、グレード的には同じものでしょう。リム単体でこの値段だとすると、ハブとスポークは合わせて2000円くらいになります。リムがいいものであれば、将来的にはハブをグレードアップして組み替えるという手もありそうです。

2021/4/30 06:57  [1740-4874]   

今日から連休です。明後日BBBASEで出かける以外は予定なし。ということで先延ばしにしていた、Vintage Pistaのリア20T化、フロント48T化を実行しました。ネジが緩まないとかのトラブルもなく、すんなりインストール完了です。

写真左:ハブはなぜか中空シャフトです。手で持った感じではホイールの重量は変わらない感じです。
写真中:左がTokenの48T、右がデフォルトの44Tです。チェーンリングが大きくなっても重くはなっていません。面倒なので重量は計ってないです。軽くなったといってもわずかでしょう。
写真右:48Tのチェーンリングだと、サイドビューが引き締まって見えます。

2021/5/1 13:32  [1740-4875]   

岩淵水門まで試走して来ました。途中雨が降り始めましたが、予報ではすぐ止みそうだったので、コンビニの庇の下で20分ほど雨宿りしてから帰りました。

ギア比が2.75から2.4に変わった効果は、走ればすぐわかります。加速がいいし、向かい風でも楽です。ロードのギア1枚分軽くなったわけですが、発進加速時が楽です。ぼくはロードでも発信時に変速は使いませんが、使えば有効かもしれません。インナーを使わなくても、ギアを1段落とすだけでだいぶ違うというのがわかりました。

加速が良くなった分、巡行が苦手です。30km/h巡行なら問題ないですが、追い風基調の時には35q/hくらいの巡行になります。できなくはないですが、ケイデンスが上がって足がかなりせわしない感じです。無風や追い風のときに荒川サイクリングロードを走るのはあまり向いていません。ストップアンドゴーの多い市街地は得意です。信号が多ければ、巡行になることもないので、加速時のメリットだけが生きることになります。

2021/5/1 20:58  [1740-4876]   

 guru-dbさん  

フロントが大きいと締まりますね。リアがもっと小さいとさらに締まるんでしょうけど実用的ではないのでこれくらいが一番いいと思います。

2021/5/2 08:25  [1740-4877]   

リア18Tという手はありますね。ギア比2.67。ぼくはギア比を下げたかったので採用しませんでしたが、見た目重視かつギア比デフォルト同等なら、18Tがいいと思います。

今BBBaseで外房に来ています。シングルスピードですが、追い風区間はギア比2.4はやはり低く感じます。その分登りや向かい風区間は楽をしているのですが、全体的にはもう少し高くてもいいかなと思います。2.5くらい。

2021/5/3 16:34  [1740-4878]   

昨日、BBBASEで外房に行ってきました。車内も行った先も、人はけっこう多かったです。BBBASEは予約制なので必ず座れるのですが、昨日は相席で座わるくらい多かったです。乗車率は8割くらいあったのではないでしょうか。乗っている人は、ガチで走りに行こうという感じの人もいましたし、クロスバイクのグループもいました。

勝浦を越えたあたりで海が見えるのですが、海が青いのが印象的です。終着駅の安房鴨川で降りました。今回着いてからの行先は特に決めていなかったので、海岸線を流して走りました。まずは南へ。クジラの街和田まで行って、クジラカツを食べ、それから北上。勝浦まで行って、帰りは勝浦駅からBBBASEに乗ることにしました。風はほぼ南風なので、北に向かうときは楽でした。ギアを交換したばかりのVintage Pistaでしたが、追い風でギア比2.4は軽すぎます。鴨川から勝山へ抜けるには、国道128号線を走りますが、アップダウンとトンネルが多いです。そんなにきついきつい登りはありません。ギア比2.7とかでもたぶん大丈夫です。

勝山では朝市が開かれるあたりをぶらぶらしました。午後の遅い時間なので、朝市の面影はありません。灯台へ登る道はちょっときつかったです。ここはギア比2.4でぎりぎり登れるくらいです。

BBBASEは、バイクの解体と袋詰めの手間がないだけ楽です。ただひとつ難点は、1日1便なので、乗り遅れるとどうしようもないことです。輪行袋を持っていればいいですが、持ってないと他の電車に乗れません。なので帰りの時間に余裕を見たスケジュールが必要になります。昨日は余裕がありすぎて、1時間半くらい勝浦駅前で時間をつぶしましたが。


2021/5/4 11:15  [1740-4879]   

ラピエールで出かけようと思ったら、リアがスローパンクしていました。チューブを外して水に漬けてみると、チューブを押したときにわずかに気泡がでます。チューブを押さなければ気泡は出ずにパンクだとわかりません。気泡の出ている部分を観察すると、かすかに表面に亀裂があります。これもチューブを押さないと現れないような亀裂です。

念のためにタイヤを裏返して裏に何か刺さってないか確認し、新しいチューブを取り付けました。タイヤは問題なしです。今回のパンクの原因は謎です。パンクしたチューブはrace28という文字があったので、コンチネンタルです。そういえば以前このチューブでバルブコアが緩んだことがありました。

今回取り付けたのもコンチネンタルのチューブです。在庫を全部使いきってしまいたいので。

話は変わって、エイトから六角レンチのセットが発売されるようです。セットで7,370円。高すぎです。ぼくが今使っているのは、KTCのセットで2,000円はしなかったと思います。品質はこれで十分だと思っていますが、その3倍の値段のレンチっていうのは、ちょっと想像がつきません。プロ用なんでしょう。
https://www.cyclowired.jp/news/node/3453
78

2021/5/8 10:15  [1740-4881]   

ラピエールで横浜まで行ってきました。

しばらく乗ってなくて、調整は全くしてないのですが、変速の調子はいいです。Racing Zeroはやっぱりいいです。加速は軽いし、ディープリムではないですが、巡行もこなせます。京浜国道でちょっかいを出してくるローディーもいますが、十分対応できます。

港の見える丘公園ではバラ園のバラが見ごろでした。そこそこ人はいました。

2021/5/8 21:43  [1740-4882]   

Vintage Pistaで使っていた44Tのクランクをどうしようかと思案中。

アプレミディは今48Tが入っているので、44Tにするとギア比が下がります。といっても8%下がるくらいです。リアは16Tですが、44Tを使うとわかっていたらリアは元の14Tのままで良かったかもしれません。

クランクのデザインは、やっぱりVintage Pistaに付いていたものの方が、立体感があります。今度暇を見つけて交換します。

2021/5/11 21:48  [1740-4885]   

Merlincyclesのトラックホイール、人気のようです。今現在、フロント、リア共在庫なしです。

ぼくはリアホイールだけこちらを使っていますが、性能的にはまったく問題ないです。というかデフォルトで付いていたAlexrimsのホイールと、乗った感じでは区別がつきません。どちらもいいホイールです。

2021/5/12 21:37  [1740-4887]   

Merlincyclesのトラックホイール、値上がりしています。特にリアホイール。

というか、以前が安すぎでした。しかもフロントよりリアの方が安いという、たぶん値段の付け間違いだったのでしょう。ぼくはリアだけ買いましたが、たぶん前後セットでも送料は変わらないので、セットの方が得かもしれません。

2021/5/27 16:02  [1740-4898]   

休日と晴れた日が重なったのは久しぶりです。荒川サイクリングロードで、岩淵水門まで往復しました。風は南東です。帰りが向かい風になりますが、けっこう風がきつくて、25km/hキープが難しいくらいでした。ギア比を変えたありがたみがわかりました。

2021/6/3 21:26  [1740-4903]   

朝練を復活させようと思い、久しぶりにBコースへ。このコースに出てくる坂だと2.4のギア比は適正です。平坦だとトップスピードが出ませんが、メインは登りのトレーニングなので、これでいいかなと思います。

2021/6/12 11:16  [1740-4906]   

午前は雨がパラついていましたが、午後になって雨の心配がなくなったので、Bコースを走りました。距離が短くても、継続して走ることが必要だと思います。できれば週に2回以上。

2021/6/17 18:38  [1740-4907]   

午後晴れたので、Bコースです。梅雨時は、ちょっとの晴れ間に走っておかないと、次の休みの時に走れるとは限りません。こういうときに単距離のコースがあるのはありがたい。

2021/6/20 16:26  [1740-4908]   

 guru-dbさん  

久しぶりに京都にいます。

Bromptonで嵐山に行ってきました。ほとんど人がいませんでした。自転車が珍しいのか近所のおばさんが寄ってきて長々と自転車談義をしました。

2021/7/2 09:37  [1740-4914]   

 α→EOSさん  

guru-dbさん
ご無沙汰しております。
折り畳み自転車について質問なんですが、
B4Cというyoutuberの方が折り畳み自転車で長距離サイクリングをされています。
大坂から天橋立までを往復したり、とか。
驚くばかりの体力だと、僕なんかは思うのですが、
折り畳み自転車と言うか、小径車で200q超のサイクリングが出来る人は
やはり特別体力のある人、なのでしょうか?
それとも、700Cで走れる人なら折り畳み自転車でも走れるものなのでしょうか?

人それぞれだとは思いますが、
guru-dbさんのお考えはいかがでしょうか?

2021/7/2 23:02  [1740-4915]   

京都は天気がいいんですね。東京は本格的に梅雨です。昨日は休みだったのですが、雨でまったく自転車に乗れませんでした。週間予報はほとんど雨マーク。あと1週間は乗るのを諦めます。

2021/7/2 23:44  [1740-4916]   

 guru-dbさん  

α→EOSさん

お久しぶりです。
折り畳み自転車Bromptonを買ってから緊急事態宣言などで京都に来れずほとんど長距離を乗っていませんが現時点の感想をまとめます。

1)16インチという小径

最初20インチを乗ったときは700cと交互に乗り換えてもそれほど違和感はありませんでした。しかし、16インチはちょっと不安定さを感じます。しかしそれは最初だけで何回か乗っていると感覚を切り替えることができました。

2)折り畳み自転車

折り畳み自転車には2点の問題がありました。1つは展開時の小ささ、もう一つはヒンジ部分の不安です。しかしこの自転車はホイールベースがロードとほとんど変わりません。ヒンジの強度ですが僕と似た体格のイギリス人が乗れるように設計されているのと20年の特許期間中にこの基本設計を変えずに1車種しか製造していないので問題はないと判断しました。DAHONなども選択肢にありましたがサイズが小さいので外しました。ヒンジ関係は実績のある機種なら今の技術では問題ないと思います。

3)長距離ライド

この機種は2速から6速まで選べますが、僕は2速を購入し軽量化のため泥除けなどを外し1速化した結果9kgになりました。これで嵐山往復したところ特別に疲れることもなくロードで行ったときと変わりません。途中ロードに抜かれ追いつけませんでしたがそれはギヤ比の問題です。

これでも平地では20km/h台で巡行はできるのでこの自転車に合わせた乗り方をすればロードで200km走れる人なら200kmは行けるでしょう。ただスピードは出さない方がいいので時間はかかると思います。

オリンピックが始まったらまた京都に戻るので今度は100kmくらい乗ってみます。

2021/7/3 06:28  [1740-4917]   

 α→EOSさん  

詳しい説明をありがとうございます。
16インチでもそれだけ乗れるものなんですね。
とても参考になりました。
Bromptonはホイールベースが長いのですね。初めて知りました。

2速ではさすがに登りはきつくなるような気がしますが、
京都の街中はそれほどアップダウンはないですが、
周辺は山に囲まれているので、どうなんでしょう。
そもそもそういう使い方をする自転車ではないと思うので
見当外れな質問ですよね。

でも重量が9sなら輪行も楽そうです。
山は列車に載せて越えればいいかも。

ずっと前にホームセンターで折り畳み自転車を9800円で買ったことがありまして、
ギア比が低いので一番重くしてもママチャリよりも遅かったのですが、
そのかわり登りは得意でした(笑)
たしか、5段変速だったような記憶があるのですが、
今考えても、
あの自転車で100キロ走るのは勘弁して欲しいと思います。

2021/7/3 20:44  [1740-4918]   

天気予報を見ると、今日からずっと晴れマークです。ということは梅雨は開けているということでしょう。体感的にも、もう真夏の天気です。

Bコースを廻ってきました。午後3時くらいですが、とにかく暑かったです。

2021/7/15 21:50  [1740-4923]   

17日、18日は連休です。昨日17日は都内をぶらぶらと計50qほど走りました。梅雨があけたとたんに真夏がやってきました。水分補給が大事です。

写真は、ドラマの舞台になった代官山です。

2021/7/18 08:13  [1740-4925]   

今日明日は連休です。ディズニーランドの周辺を走ってきました。人は少ないです。

東京の街は、普段とそんなに変わらない様子です。神宮外苑のあたりはまた別なんでしょうけど。空にはヘリコプターがいつもより多く飛んでいる感じです。

2021/7/22 15:19  [1740-4927]   

休日だったので、岩淵水門まで軽く走ってきました。気温34度なので、本気で走る気分にはなれません。帰りは赤羽から京浜東北線の線路沿いをちょっと走ってみました。写真は、東十条駅のちょっと西にある地蔵坂です。このあたり地形的に、線路が低地にあって、すぐ隣が台地上に盛り上がっているので、こうした坂がたくさんあります。文京区の弥生坂や団子坂もこうした地形にある坂です。地蔵坂ですが、コンクリート舗装ですが、勾配は10%はないと思います。シングルスピードで登れます。

2021/8/3 20:20  [1740-4934]   

昨日は最高気温36度。でも湿度が少な目なので、そんなに不快でもなかったです。水分を取っていれば汗で冷却できるので、危険を感じる暑さとは感じませんでした。

むしろ怖いのは夜。エアコン入れておいたほうがいいです。

2021/8/6 07:42  [1740-4936]   

3連休の最終日にやっと晴れたので、アプレミディで岩淵水門まで行ってきました。アプレミディにしたのは、晴れているとはいえ、天気予報では一時的に雨が降るとのことだったので、雨で濡れることを想定してです。案の定、堀切のあたりで雨が降り出しました。荒川を渡る鉄道の高架下で一時退避。10分くらいで雨は止みました。なのでそんなに濡れることはなかったです。ただ部分的に雨が強く降った所があって、サイクリングロードに水たまりができているところがありました。

風はけっこう強かったです。往きは追い風。帰りは向かい風でした。

2021/8/9 21:41  [1740-4937]   

お盆休みは、東京はずっと雨予報です。でもずっと降り続くような雨でもなくて、降ったりやんだりという感じです。

昨日の朝は、雨マークが消えていたので、軽く羽田まで走りました。写真は京浜島からです。行き帰りは大井ふ頭を通りました。大井ふ頭への行き方ですが、第1京浜からだと青物横丁で曲がるのが一番わかりやすいです。

2021/8/13 09:07  [1740-4938]   

Anchorのクロモリフレームが今年いっぱいで販売終了になるようです。
https://bikenewsmag.com/2021/08/16/ancho
r-neo-cot-crmo-frame-will-be-discontinue
d-at-the-end-of-this-year/


手頃な価格で買えるレディメイドのフレームの選択肢がまた少なくなります。これより上の価格帯だとオーダーフレームと競合しますが、Anchorのクロモリの価格帯なら十分競争力があるのではないかと思います。むしろライバルは、低価格化し、普及が進んだカーボンフレームかもしれません。金属素材に特別な思い入れがなければ、カーボンの方がいいかという話になりそうです。

2021/8/17 12:27  [1740-4941]   

東洋フレームとグラファイトデザインが共同で作った、クロモリとカーボンのハイブリット
https://rbs.ta36.com/?p=24978

シートステーとチェーンステーがクロモリ、他がカーボン。ただしヘッドチューブとBB周りはクロモリ。BBはねじ切りです。

これまで前三角がクロモリで、後ろをカーボンにしてリアの衝撃吸収性を上げるというフレームはありましたが、これは逆です。

この記事にあるように、やっぱり重心が後ろに移動するというのがポイントかなと思いました。

2021/8/27 21:56  [1740-4945]   

 guru-dbさん  

丁寧できれいな仕上げですね。僕のような大きいサイズでもホリゾンタルをキープしているよう出気に入りました。フレームはいくらぐらいするんでしょうね。

2021/8/31 23:23  [1740-4947]   

フレームセットで37万円とのことです。
https://blog-movement.blogspot.com/2014/
06/toyo-carbon-crmo-road.html


注文生産なので、やっぱりこれくらいはするでしょうね。レース機材として買う人と、趣味で乗る人、どっちが多いんでしょうか。たぶん後者だと思います。希少価値を買う人にとっては、これはむしろ安いのかもしれません。前三角はカーボンをラグでつないだ構造なので、無理な力はかからず長持ちしそうです。

2021/9/1 06:28  [1740-4948]   

 α→EOSさん  

シートチューブ、シートステイ、チェーンステイがクロモリなんですね。
以前(2011年頃だったと思います)カーボンチューブをクロモリのラグで繋いだフレームのバイクが発売されていて(メーカー名とか忘れてしまいました)
ホイールにRS-80が使われていたりして、とても欲しかったのですが当時は買えなかったのを思い出しました。

重量はどれくらいなんでしょうね?
フォーク込みで1.5kg程度でしょうか。

2021/9/1 23:26  [1740-4950]   

カーボンパイプをラグで繋いだフレームって、ラレーじゃなかったでしょうか。当時は、カーボンはまだ高価でした。そんな中で、割とリーズナブルな価格設定で出してきたモデルでした。しかもレース寄りではなくて、乗り心地を重視した設定ということで人気があったと思います。その後すぐにモノコックのカーボンフレームが安くなってきて、エントリーモデルでもカーボンが主流になっていきました。なので、ラグで繋いだカーボンフレームは、表舞台から消えていった感じです。オーダーフレームの世界では細々と生き延びていたみたいですが。

それが新しい解釈でまた表に出てきたということですね。カーボンとクロモリを使う部位を、これまでとは逆転させるという発想。リアをクロモリにすることで重心は後ろにいきますから、バランスを取るためには、前乗りのポジションの方が合いそうな気がします。

2021/9/3 20:08  [1740-4951]   

IT技術者ロードバイク日記で、こんな記事がありました。

イネオスがリムブレーキを使う理由
https://rbs.ta36.com/?p=45612

理由は、リムブレーキがディスクブレーキより重量が軽いということのようですが、ディスクブレーキモデルも軽量化が進み、今ではディスクブレーキで組んだとしても、UCI既定の6.8sをクリアできるようです。そうなると来期からディスクブレーキ化もあるかもしれません。

もうひとつ理由として挙げられているのは、ホイール交換のしやすさ。これは逆に、ディスクブレーキに移行している他チームは、ホイール交換の不利をそんなに気にしていないということでもあります。ホイール交換のデメリットよりも、ディスクブレーキのメリットの方が大きいと判断しているのでしょう。

2021/9/9 13:11  [1740-4956]   

 α→EOSさん  

そうそう!ラレーです!
ラレーCRM!
当時はインパクトを感じました。
今の時代ではもうこの方向は無いと思っていましたが、
まさか後ろをクロモリにするとは。。。
こういうのを発想の転換というのでしょうか。

ディスクブレーキとチューブレスタイヤの恩恵を最も多く受けるのは
ダウンヒルバイクだと思います。
・低圧で乗れる
・悪条件下でのブレーキ信頼性
高圧の細いタイヤとリムブレーキで悪路の山道のダウンヒルはあり得ないと思います。

一方、ロードでもディスクブレーキの信頼感はリムブレーキより上と思います。が、
僕程度のレベルのホビーサイクリストにとっては、
メンテナンス性の低さは、今のところはまだ、ハードルの高さを感じます。。。

チューブレスタイヤにもメンテナンス性の問題を感じます。
このあたり、
早く技術的に解決してくれないかなあ、と熱望するところです。

2021/9/11 00:58  [1740-4957]   

 α→EOSさん  

電動アシストロードに未来はあるか?問題

アシストママチャリは実用的です。
坂の多い場所に住んでいる主婦、通学の子供の強い味方です。
でも、アシストロードに実用性は感じません。
航続距離が短すぎです。
最大100q程度しか走れないロードって意味ないと思います。
仮に、予備バッテリーを持って行ったとしても200q。
一日で帰って来なければ、次の日は走れません。
※大きな充電アダプターまで持って行って、宿泊先で充電というのも実用的とは思えない

ということで、今のところアシストロードに未来を感じないのですが、
いかがでしょうか?

2021/9/12 00:12  [1740-4958]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ


暗峠&六甲山チャレンジの掲示板に
暗峠&六甲山チャレンジの掲示板に新規書き込み
全員投稿可
暗峠&六甲山チャレンジ
暗峠&六甲山チャレンジをお気に入り登録
運営者:
イタリアのタマちゃんさん
設立日:
2015年4月1日
  • 注目度:

    65(お気に入り登録数:17件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ