縁側 > スポーツ > 自転車 > 自転車総合 > 暗峠&六甲山チャレンジ
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

暗峠チャレンジと六甲山チャレンジの連絡用に始めたこの掲示板ですが、運営者の東京移住に伴って、暗峠チャレンジと六甲山チャレンジの主催はできなくなりました。

それに代わるものとして東京近郊でのチャレンジを企画していきたいと思います。誰でも参加できるイベントです。原則現地集合、現地解散。どんな自転車でもOK。タイムトライアルでもサイクリングでも、どんな走り方でもOKです。

自転車に関する情報交換などもしていきましょう。誰でも書き込みできます。誰でもスレ立て可能です。情報発信の場としても使ってください。

掲示板の名称は、「暗峠&六甲山チャレンジ」のまま残しておきます。

  • 暗峠&六甲山チャレンジの掲示板
  • 暗峠&六甲山チャレンジの伝言板
  • 暗峠&六甲山チャレンジの投稿画像
暗峠&六甲山チャレンジの掲示板に
暗峠&六甲山チャレンジの掲示板に新規書き込み

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


実用的な自転車のスレです。ただし使い方が実用的かどうかは問いません。改造したママチャリでロードと勝負する、という話もOKです。

サイクルベースあさひのネットで注文した自転車を、最寄りのあさひの実店舗で引き取ってきました。500円で防犯登録してきました。

サドルの高さだけ合わせて、そのまま荒川サイクリングロードへ。岩淵水門まで行きました。追い風基調というのもありますが、走りはそこそこ軽快です。ハンドリングも、もちろんロードやクロスとは違いますが、悪くはないです。ひと漕ぎしただけで乗る気が失せるような自転車って、たまにありますが、このアプレミディ-I(以下アプレミディ)については、それはなかったです。ごく普通な感じです。

でも以前乗っていたマイパラス702なんかと比べると、やっぱりそこまでのオーラはないです。何が違うかというと、重心の位置だと思います。アプレミディは、重心がものすごく後ろにあります。ハンドルも後ろ寄りになります。前輪荷重が少ないので、それが一見軽快さに感じられますが、登り坂ではハンドルが軽くなりすぎます。BBよりかなり下がった位置にサドルが来るので、体重を真下にかけるようなペダリングはできず、前に蹴りだすような形になります。しかもハンドルが体に近いので、背筋を伸ばしたポジションになります。前傾姿勢は取りようがありません。

ギア比が低いせいもあって、平坦路で回すペダリングをしているときはいいのですが、坂や向かい風で負荷が増えると、ペダルに力がかけにくくなります。ダンシングはやりにくいです。ハンドルがほとんど体の位置まできます。ハンドルを引く動作は無理です。

ハンドルを前に出して、重心を前に持ってこない限り、性能の向上は見込めません。カスタマイズは、まずそこからです。箸にも棒にもかからない自転車だったら、ノーマルのまま乗ろうかと思っていましたが、ポジションさえ改善すれば、もっと走る気がします。駆動系のフリクションは少ないです。ブレーキは、リアのバンド式ブレーキが効くので、前後ブレーキを同時に使えば、制動力は許容範囲です。でもフロント単独では効きません。鉄板をプレスしたキャリパーブレーキですが、アームがたわみますし、シューもだめです。これは速攻でテクトロのロングアーチのものを注文しました。

ギアはフロント36T、リア14Tです。ギア比は2.57。でもホイールサイズが406なので、406/622をかけて700Cのホイールに換算すると、1.68になります。低すぎです。せめて2.0は欲しいところです。これも検討課題です。でもハンドルとブレーキの方が優先です。

重量は、実測で16.5kgでした。重すぎです。泥除けやチェーンカバーはいずれ外す予定です。あとタイヤとクランクとハンドルの交換でどこまで軽量化できるかです。13sくらいには持っていきたいです。

2020/5/30 19:15  [1740-4512]   

アプレミディのカスタマイズ、今日やったのはホイールのバルブの交換です。

もともと英式のバルブが付いていますが、仏式の空気入れしか持っていないので、そのままでは空気を入れることができません。そこでバルブだけを仏式にしました。写真の左が仏式、右が英式(いわゆる虫ゴム)です。空気圧は4barいれておきました。これはあさひで入れてくれた空気圧と同じくらいです。

仏式のバルブは、以前マイパラス702で使っていたものです。702をいじっていたことで、ノウハウは蓄積されています。

シートポストはシートピンで留めるタイプですが、いつでもサドルが上げ下げできるような写真のようなものが付いています。でも走るときは邪魔なので、普通のナットに交換しようと思ったのですが、ホームセンターにM8の細目(ピッチ1.0)のナットが売っていなかったので、結局amazonで注文しました。

あとサドルは、コイルバネ付きのふわふわサドルです。交換したのですが、ポジションが決まるまでは無理です。というのは、今ハンドルが近いせいで、全体重をサドルで支えています。これくらいふわふわでないとたぶんに尻が持ちません。

2020/5/30 20:13  [1740-4513]   

アプレミディの実測です。

フロントエンドは100o、リアエンドはブレーキドラムが邪魔して計りにくいのですが、たぶん120oです。フロントのハブはノーブランド、リアはシマノです。ホイールは、リムはアルミで、ノーブランド。20×1.75という刻印がありました。ということはタイヤの幅は1.75が標準ですが、1.5から1.95までの範囲で使えるはずです。タイヤはチェンシンの20×1.95(406)です。

フォークコラムは、1インチのスレッド式。通常はハンドルポストとステムが一体になったクイルステムを使いますが、コラムコンバーターというパーツを使って、アヘッド式のコラムを使うこともできます。ただアプレミディの場合は、ハンドルポストに相当する部分がかなり長いので、そういう長いサイズのコラムコンバーターがありません(たぶん)。となるとかなり上向きの角度のステムを使う必要が出てきます。

シートポストは25.4o(1インチ)です。今ついているのは、薄いサドルにした場合には長さが足りなくなるので、サドルを交換するならシートポストも交換が必要になります。

2020/5/31 07:43  [1740-4514]   

アプレミディの続きです。

シェル幅は73o。カップ&コーンのBBが付いています。クランクは鉄製の165o、スクエアテーパー。36Tです。

700C換算のギア比
フロント36T 1.68(デフォルト)
     38T 1.77
     40T 1.87
     42T 1.96
     44T 2.05
     46T 2.15
     48T 2.24
     50T 2.33
     52T 2.43

このギア比を見ると、48Tがいいかなと思います。50Tでも問題なし。下限は44T。44Tから50Tの間で選べば問題ないでしょう。駆動系に手を付けるのはもっと後になります。とりあえず優先するのはブレーキとハンドル。

2020/5/31 09:10  [1740-4515]   

アプレミディのライトは、ダイナモライトですが、これをもし取り外した場合、フォークに付いているダイナモの台座を有効利用できないかと調べてみました。パナソニックからこんなのが出ています。

ハイパワーLEDかしこいランプV3
https://www.amazon.co.jp/dp/B006GKPD78/

台座にボルトで固定するだけです。ただし重量が電池込みで215gとかなりあります。あまり軽量化にはならないかもしれません。ちなみにロードで使っているジェントスは100g。マウントはプラスチックなので20gくらいのものでしょう。

ダイナモライトで軽量タイプのものだと219gというのがありました。通常のものでも250gくらいです。
https://www.amazon.co.jp//dp/B01AY1FTNW/


結局、軽量化のためにパナソニックのライトにするのはメリットがないということになります。ジェントスを使いまわすのが一番いいのですが、ダイナモの台座がフォークから出っ張っているのが気になります。これを他に有効利用できればいいのですが。

2020/5/31 10:47  [1740-4516]   

主要なパーツは注文済みです。もうすでに届いているものもあります。ママチャリタイプのミニベロなので、パーツをひとつずつ交換していくというのが面倒なのです。たとえばリアのタイヤを交換するためには、バンドブレーキのワイヤーを緩め、バンドブレーキをチェーンステイに止めている金具を外す必要があります。ワイヤーを緩めるんだったら、ブレーキレバーの交換もついでにしてしまうのが合理的です。そしていずれハンドルを交換するなら、ハンドルも一緒に交換するのが効率がいい、ということになって、結局全部まとめて交換するのが一番手間がかからないのです。泥除けも外す予定ですが、フロントの泥除けはキャリパーブレーキと共締めになっています。だったらブレーキを交換するときに、泥除けも外そうとなるわけです。他に影響を与えないで、整備したり、カスタマイズしたりが難しい。ママチャリタイプの自転車は、ロードとは全然違う発想でつくられています。

2020/6/1 22:24  [1740-4517]   

注文したパーツが続々と届いています。海外通販と取り寄せ品以外は、明日ですべてそろう予定。

ますシートピンですが、名前はわからないのですが、工具なしで回せるパーツが付いていました。これをM8細目(ピット1.0o)のナットと交換します。ステンレス製4個で517円。

■シートピンのナット交換 48gの軽量化(53gから5g)

減量目標が3.5s(3500g)なので、その1.4%に過ぎません。道は険しい。でも以外なところで軽量化できたので、損はしていません。それにこちらのほうがシートポストからの出っ張りが少なくて安全です。

ブレーキは、TEKTRO 900A。1650円です。重量は207g。シューはシマノのR55C3に交換してあります。989円。もともと付いているTEKTROのシューが見た目にもあまりに効かなそうなので。

取り換え作業は、木曜日に一気にやってしまおうかと思っています。

2020/6/2 21:12  [1740-4518]   

泥除け取り外しとフロントのブレーキ交換をやってしまいました。

■泥除けの取外し 725gの軽量化(フロント320g、リア405g)

持った感じはそんなに重くないのですが、実測するとそれなりの重量はあります。外した方が自転車らしい格好になります。すっきりしていいです。それとハブに固定されていたので、整備性にも影響します。雨の日に乗らないのであれば、外すのが正解です。タイヤの太さが目立つようになりました。タイヤもまもなく交換します。リング錠をそのまま使うか取り外すかは考えどころです。見た目的には不要です。重量も300gは軽量化できるはずなので。

■フロントキャリパーブレーキの交換 56gの軽量化(263gから207g)

もともと付いていたのは鉄板ブレーキ。通常「鉄板」というのは、これを選んでおけば安心という意味で使われますが、これは文字通りの鉄板をプレスして曲げて作っているという意味。ブレーキをかけると鉄板がしなります。シューを替えれば効くようにはなりますが、コントロール性がなくなります。

ママチャリは後ろブレーキで止まるものだと思っている人は多いと思います。ぼくもそうでした。リアのバンドブレーキは効きますし、後ろ荷重なので、リアブレーキ主体で使っても、ママチャリの場合は問題ありません。でも乗り物というのは通常はフロントブレーキの方が効かなければいけません。なので、フロントブレーキ交換は必須です。

ここまでで800g程度の軽量化。全体で16sは切りました。持ち上げた感じではあまり軽くなった実感はありませんが。リアよりもフロントが重い気がします。たぶんハンドルが重たいのでしょう。これも数日中に結論が出ます。

2020/6/3 08:04  [1740-4519]   

■タイヤ交換(前後) 230gの軽量化(1本115gの軽量化) 675gから560g(1本)

旧タイヤ:チェンシン 20×1.95 両側がブロックパターン
新タイヤ:シンコー  HE SR076 20×1.5 センターに溝が入った排水性の良さそうなパターン 1389円(1本)
チューブはそのまま使用。195g(1本)。フロントホイール(リムテープ込)は、720gでした。

1本で200gは軽量化できると思っていましたが、シンコーのタイヤが思いのほか重く、チェンシンのタイヤがブロックパターンの割には軽く、1本当たりの軽量化は115gにとどまりました。さらに軽量化を図るなら、パナレーサーのパセラコンパクトになります。1本当たり450g。チューブは重たかったです。これはパナレーサーのものでも160gあります。ホイールは小径のためか、軽いです。

■ブレーキレバーでの軽量化はなし。83gから85g(片側)

これは差がないと判断しました。新しいレバーは、シマノのBL-R2000。クラリスグレードです。左右ペアで2400円。フロントのキャリパーを交換したので、当然レバーも交換すべきでしょう。見た目の問題もあります。クラリスグレードはつくりがいいので安心して使えます。

タイヤでもう少し重量を稼ぎたかったのですが、残念な結果でした。シンコーは、ゴムの厚みがあるからでしょう。チューブはもとのチューブが1.75とか1.9用なので太いですが、そのまま使えます。それとタイヤを嵌めるときに、チューブをあらかじめタイヤの中にセットしてからタイヤを嵌めていかないと、うまく入りません。タイヤはしばらくこれを使います。チューブは替えてもいいかも。

2020/6/3 20:59  [1740-4520]   

リアタイヤの交換をしました。手順は、ブレーキワイヤーを外す。バンドブレーキをチェーンステイに留めている部分を外す。ハブナットを緩める。チェーン引きを緩めて、チェーンを外す。ハブナットを外してホイールを外す。

タイヤ交換だけでなく、パンク修理時にも同じプロセスが必要です(ただしパンク穴の位置があらかじめわかっている幸運な場合を除く)。 チェーンの張り調整の際にも必要です。

この整備性の悪さが、バンドブレーキが敬遠される理由でしょう。フェードしやすいとか、スキール音が出るとかは、分かっていて使えば問題ないです。通常の仕様での効きは、他のブレーキと比べてもむしろ優れているくらいです。

リアホイール(ギア、バンドブレーキ、リムテープ共)の重量は1430gでした。

■チェーンカバーの取り外し 255gの軽量化

クランクは48Tのものを注文してあるので、チェーンカバーは外す必要があります。前部はBBにロックリング(逆ネジ)で留めてあります。なのでクランクを外す必要があります。久しぶりにスクエアテーパーのクランクを外す作業をしました。クランクの締め込みネジには14oのソケットレンチが必要です。これは前輪のハブナットと同じサイズなので、工具は持っていました。締め込みネジはかなりきつく締めこんでありました。グリスはなしで、ロックタイトが塗ってありました。スクエアテーパーへの嵌合もまあまあきつかったです。こちらはグリスがちゃんと塗ってありました。

BBはカップ&コーン。軸長は125くらい。軸を手で回すとゴリゴリです。カートリッジ式に交換すればベストですが、工具が手元にないので難しい。グリスアップで良くなればいいのですが。

取り外したクランクは、右617g、左431gで、計1048g。新しいクランクは、48Tでチェーンガード付きなので、交換しても軽量化は見込めないでしょう。重くなる可能性もあります。

2020/6/4 12:33  [1740-4521]   

■ハンドルとステムの交換 373gの軽量化(1095gから722g)

ステムは、コラムコンバーターを使う方法もありますが、長さが足りず、さらにコラムエクステンダーが必要になるので、アヘッド式は諦めて、スレッド式に。長さで選ぶとほぼこれ一択です。GIZA PRODUCTS GP HA-C80-2 スレッドステム 25.4x80x300mm 1624円。実測555g。
ハンドルは、GRUNGE B-WITCH クランプ径25.4o 長さ460o。1980円。実測167g。長さが短いので軽いです。

■クランクの交換 36gの軽量化(1048gから1012g)

これはほぼ変わらずです。メーカーはどちらも同じでした。どちらも「TOP YBT+クランク長」の刻印があります。メーカーはリンエイ。新しいクランクは、SXB-48 Wガードギヤクランクセット 48T 2450円でした。左443g、右569g。チェーンガードは両側ともプラスチックです。48Tと径が大きくなっても、アームの肉抜きがある分軽いのでしょう。

これで海外通販に注文したパーツ以外は揃いました。

2020/6/4 15:03  [1740-4522]   

クランクも届いているので、クランク交換まで一気にしてしまおうと思っていたのですが、ちょっと時間が足りなくて、明日以降に持ち越しです。残る作業は、クランクの取り付け、チェーンの交換、前後ブレーキのワイヤー調整です。ブレーキのアウターワイヤーは長さの調整が必要です(ハンドル位置が下がったため)。チェーンと取り付けた後でないと、リアブレーキの調整ができません。これがやっぱりバンド式ブレーキの致命的な弱点です。

チェーンの長さは、このサイトで調べます。
https://jitensha-tanken.geo.jp/chain_lin
k.html#keisan


チェーンステイは実測で410oです。ロード並みの数値です。クロスバイクよりは明らかに短いです。

計算結果は97リンク。ということは98リンクを使うことになります。ホイールを5oほど後ろに引っ張った位置で固定する形です。

ここで問題発見。見た目がごつくないので、薄歯だと思っていたチェーンですが、図ってみるとインナープレート間が3o以上あります。ということは厚歯。厚歯チェーンはもう使うことがないと思って、実家の方で保管しています。これはもう東京の方で買うしかないですね。

2020/6/4 22:37  [1740-4523]   

KMCの厚歯チェーンを注文しました。

日曜日には乗りたいので、とりあえず元のクランクを戻しました。BBもしばらくこのままで様子を見ます。

クランクを交換しても重量は変わらないので(チェーンの重量増で相殺)、とりあえずここまでの軽量化の実績をまとめます。

■シートピンのナット交換 48gの軽量化(53gから5g)
■泥除けの取外し 725gの軽量化(フロント320g、リア405g)
■フロントキャリパーブレーキの交換 56gの軽量化(263gから207g)
■タイヤ交換(前後) 230gの軽量化(1本115gの軽量化) 675gから560g(1本)
■チェーンカバーの取り外し 255gの軽量化
■ハンドルとステムの交換 373gの軽量化(1095gから722g)

ここまでで1687gの軽量化。1.7sとして、16.5−1.7。自転車全体は14.8sまで軽くなりました。まだまだ軽量化は不十分ですが、とりあえずこれで日曜日に乗ってみます。

2020/6/5 21:47  [1740-4524]   

価格面での中間報告です。

■本体:17,980円(税込)

■交換済みパーツ(クランクも含める)
□シマノ ブレーキレバーBL-R2000 ¥2,400
□TEKTRO(テクトロ) 900A FRONT ¥1,650
□シンコー スリックタイヤ HE SR076 ¥1,380×2=¥2,760
□GRUNGE B-WITCH フラットバーハンドル ¥1,980
□GIZA PRODUCTS GP HA-C80-2 スレッドステム ¥1,624
□シマノ ブレーキシューセット R55C3 ¥989
□リンエイ SXB-48 Wガードギヤクランクセット 48T CP 170mm 2,450 円
□計:13.853円

■これから交換するパーツ(注文済)
□グランジ 350×25.4 GRG シートポスト SL 2,160 円
□Prologo Kappa Evo STN Road Saddle 4,053円
□計:6,213円

ということで、現時点で31,743円。シートポストとサドルを交換すると、37,956円。(いずれも税込価格)

Cymaのミモザが35,200円(税込)なので、まあまあいい勝負です。変速があるかないかは、ぼくの評価基準ではないので、変速が付いている割に安いという評価はしません。素直に負けていると言えるのは、ブレーキです。制動力においても、整備性においても、Vブレーキの方が優れています。TEKTROのフロントキャリパーがどれくらい仕事をしてくれるか。明日試走してみます。

重量的には、リング錠とダイナモライトを外して700gの軽量化、サドル交換で300gの軽量化は可能だと思います。となると13.8s。でもそれ以上の軽量化は無理っぽいです。サドル交換くらいにとどめておいた方がいいような気もします。



2020/6/6 17:53  [1740-4525]   

注文していたチェーンが届いたので、クランク交換に取り掛かります。KMCのチェーンが好きなので、シングルスピードのチェーンもKMCにしました。あとべダルも買いました。定番のプラペダル、MKSのG-6000です。もともとはVPのペダルが付いていますが、回転が固いので、速攻で交換します。

昨日横浜まで走って思ったのですが、BBのゴリゴリ感は走っているときには全く気になりません。むしろ回転を上げていくほどにスムーズになっていく感じです。これは、実際走るときにはクランクの慣性質量がBBの固さより卓越するのかもしれませんし、回していくと温度が上がって、グリスが柔らかくなるせいかもしれません。

ハブの回転もいいです。30q/hまで加速して、そのままだとケイデンスが高すぎるので足を止めるわけですが、それでも慣性で進んできます。スピードの落ちが少ないです。

チューブは、IRCのものをスペアで購入しました。仏式バルブです。

2020/6/8 21:17  [1740-4528]   

明日やればいいものを、クランクだけでも交換しようとして泥沼にはまりました。

チェーンガードがチェーンステーに干渉します。写真だとクリアランスがあるように見えますが、これはまだボルトを締める前の状態です。締めていくと干渉します。しかたなくチェーンガードを外しました。タッピングビスで両側を同時に固定しているので、外側だけ残すということができません。

その後ついでにチェーンまで交換しようと思って作業し始めたら、こんな時間になってしまいました。なんとか交換は終わっています。

2020/6/8 23:40  [1740-4529]   

作業としては昨日の夜に行ったのですが、チェーンの長さを決めるのが難問でした。チェーンの長さを計算するサイトで、チェーンステー410、フロント48T、リア14Tを入れると、チェーンのリンク数が出ます。97リンク。奇数ということは、半コマを足さないとぴったり合いません。こういう場合通常は98リンクにします。トラックエンドなので、ホイールを後ろに引けばチェーンのたるみは取れます。しかし98リンクで実際にホイールをはめてみると、ハブの位置をトラックエンドのかなり後ろまで引かないとたるみが取れません。逆にハブを前に持って行って、チェーンを1コマ(2リンク)減らせないか考えました。チェーン引きを限界まで緩めると、なんとかこれで収まりました。チェーンは使うにしたがって伸びてくるので、それに連れてチェーン引きを締めていけばいいわけです。1度設定すれば、あとはそんなに手間はかからないはずです。もちろんこの作業をするときには、バンドブレーキをチェーンステーに固定しているボルトを緩める必要があります。ブレーキワイヤーを緩める必要はないです。

BBからリアハブの距離を改めて計ってみると、406oでした。これは先述の計算式に入れると、96リングという結果が出ます。なのでこれで正解です。410という数字は、もともとの36Tの場合の時の数字です。36Tではチェーンリンク数は90でした。

ブレーキレバーはBL-R2000(クラリスグレード)ですが、これはキャリパーブレーキとVブレーキの両対応です。レバーのカムの位置を変えることで引き量を変えることができます。隙間を埋めているプラスチック部品(裏からネジ留めされている)を外すと、カムの位置を変更できます。右ブレーキがキャリパーブレーキ用のカムの位置。フロントはキャリパーブレーキなので、引き量は問題ありません。問題はリアブレーキ。キャリパー用だと、レバーを奥まで引かないと効き始めません。かといってVブレーキ用だと、握ってすぐに効き始めてしまいます(写真はVブレーキのカムの位置)。その中間くらいがちょうどいいです。どちらかに決めないといけないのですが、結局キャリパー用にしました。キャリパー用のカム位置で、ワイヤーをきつめに張って、なんとか許容範囲です。

2020/6/9 07:35  [1740-4530]   

サドルとシートポストの交換で、あと何グラム軽量化できるか試算しました。

今付いているシートポストとサドルが合わせて1040gです(実測)。取り付ける予定のグランジのシートポストが311g(実測)。まだ届いていませんが、プロロゴのサドルがたぶん300gくらいでしょう。ということで400g以上は軽量化できます。

この400gの軽量化はかなり走りに影響するはずです。重心が下がるので安定しますし、ダンシングもやりやすくなるはずです。

明日は休みなので荒川サイクリングロードで試走しようかと思っていましたが、予報は雨のようです。

2020/6/10 07:13  [1740-4531]   

パーツ交換はひと段落付きました。でも実はその後が大変なのです。

ロードバイクだったら、不要なパーツはサイクリー等で売ればいいのですが、実用自転車の場合は売れるパーツなどそもそも付いていません。ゴミとして捨てるにしても、ハンドルや泥除け等の1辺が30pを超えるものは、粗大ごみ扱いになります。有料なのは仕方ないにしても、粗大ごみ受付センターに予約を入れたりとか面倒くさそうです。

そこで、購入店であるサイクルベースあさひに電話で相談。あっさり引き取ってくれるとのこと。しかも無料。午前中はまだ雨は大丈夫そうだったので、地下鉄で最寄り店舗に持っていきました。自転車のかごには収まりきらない分量なので、電車にしました。

持って行ったのは、前後タイヤ、ハンドル(ステム一体型)、前後泥除け、チェーンカバー、フロントブレーキ、前後ブレーキレバー、ペダル。クランクも不要ですが、これはもしかしたら将来使えるかもしれないので、手元に残しました。

2020/6/11 15:47  [1740-4534]   

 guru-dbさん  

カゴをこれに変えると結構軽くできます。

スーパーの買い物程度なら十分入るしフックとベルクロで取り付けるだけなので不要な時は外せます。残念ながらamazonでは売り切れで楽天に1つありました。


DOPPELGANGER フロントバッグ 400g

https://item.rakuten.co.jp/auc-pleasure0
905/db3f/


2020/6/13 16:01  [1740-4536]   

マイパラス702は12sまで持っていけました。今回アプレミディは、サドルを交換する前の重量で、14.8sです。サドルを交換して、ダイナモライトとリング錠を外すと、推定で13.7s。アプレミディはバンドブレーキでカゴとスタンドが付いています。一方702は変速装置(スプロケとRDとシフター)が付いています。バンドブレーキと変速装置が相殺されるとして、重量差は、カゴとスタンドの重量と、フレーム本体の重量ということになります。たぶんフレームの重量はそんなに違わないと思います。なのでカゴの重量がかなり効いて来るのかもしれません。

カゴは、入れるものによって適不適があります。飛び跳ねるようなものとか、柔らかくて崩れそうなものには適しません。ハンドルに掛けるバッグの方が便利な場合もありますね。

2020/6/13 19:07  [1740-4537]   

 guru-dbさん  

金属製のカゴは1kgくらいあるので取り換え効果は高いでしょう。
後はシートポストと鍵とダイナモライト。

カゴはDOPPELGANGER フロントバッグ:400g
付属シートポストは鉄製だからUPANBIKE 35cmシートポストφ25.4:約250g
鍵はBianchiミニロック:約80g
ダイナモライトはソーラ自転車ライト:80g

これで5〜600g軽くできそうです。

右フォークに付けるライトはタイヤにけられて左側が陰になるのでお勧めしません。
ライトはハンドルか籠の下がベストです。




2020/6/14 23:18  [1740-4540]   

路面は一部濡れていますが、雨は止んでいるいたので近所を5qほど走ってきました。天気はやっと回復に向かうようです。

5qくらいの距離なら、サドルはこれで十分です。Prologo Kappaはコンフォート寄りのサドルなので、クッションの量は多めです。でもロードに取り付ける場合と比べたら、体重がそのままサドルに掛かってくるので、長距離は難しいかもしれません。

路面が濡れているところで強めにブレーキをかけたら、後輪がロックしました。シンコーのタイヤのウェットグリップが良くないというのもありますが、バンド式ブレーキの効きの良さというのは実感できました。急に効くのでコントロール性は悪いのですが、これは気を付けて使えば問題ないと思います。

クランクを48Tにしたことで、25q/h巡行は十分可能です。30q/hは、ギア比的には問題ないのですが、ポジションがアップライトで空気抵抗が大きいので、長時間は無理でしょう。最高速度は、瞬間的には40q/hまでいけると思います。

カゴとダイナモライトとリング錠はそのままで、しばらく乗ってみようと思います。

2020/6/15 06:55  [1740-4542]   

 guru-dbさん  

ずいぶんスリムになりましたね。
ブラックベースにシルバーのステム、シートポスト、ドライブ系がなかなか合っていますね。
普段使い用には十分すぎだと思います。

チェーンガード外して強度は問題ないですか?

2020/6/15 15:59  [1740-4543]   

注文するときに色はブラックで注文しました。遠目には黒に見えますが、実際は濃紺です。艶消しっぽい塗装なので、黒と錯覚するのだと思います。実は色は、イエローが良かったのですが、イエローは在庫切れでした。なので次善の選択ですが、なかなかいい色です。

チェーンガードは、チェーンホイールの構造とは何の関係もないです。両側ともプラスチック製で、チェーンリングを両側から挟んでビスで留めているだけ。そもそもチェーンリングとクランクは、カシメと溶接で一体化されていて、チェーンリングの交換ができるような構造ではありません。チェーンリングがすり減ったら、クランクごと交換です。ある意味潔いですね。

夕暮れ時にちょっと走ってきましたが、ダイナモライトもそんなに悪いものでもないです。スピードを出さないときでもそこそこ明るいです。負荷も昔のダイナモと比べて少ないです。

2020/6/15 19:59  [1740-4544]   

アプレミディ、注文受付停止中です。
https://ec.cb-asahi.co.jp/catalog/produc
ts/0038ad2da4724574ae38a3fc6eeb3ac5


在庫がなくなったということでしょう。生産中止になるのなら、そのまま生産中止と書けばいいので、ある程度の数を生産した時点で注文を再開するのかもしれません。あるいはモデルチェンジで、現行型は在庫終了、新型がある程度確保できた時点で注文再開かもしれません。

こういう自転車って「寄せ集め」ですから、フレームは在庫があっても、組み合わせるパーツのうちの一つが生産が追い付かないとか、廃番になった場合でも、完成品の供給はストップします。なのでパーツがある程度確保できてないと、注文を受け付けられないということになるのでしょう。

いずれにしても、こういうシンプルなミニベロは、今後も作り続けてほしいものです。

2020/6/17 20:59  [1740-4547]   

デフォルトのサドルの重量を図ってみました。659g。Prologo Kappaの倍以上です。でもこの乗り心地よさは別格です。レール幅はロードの普通のサドルと同じなので、汎用のシートポストに取り付け可能です。

実はサドルをこちらに戻そうかなと考えています。買い物ならば長距離は乗らないので、乗り心地の優先順位は高くないのですが、裏を返せば、短距離ならば自転車の重量による走りの差は、実害のないレベルということです。スプリング付きサドル、たしかに楽です。サドルに全体重を預けても、2時間くらいは全然平気です。

2020/6/18 22:53  [1740-4550]   

Brooks England Flyer
https://www.bikeinn.com/自転車/brooks-england-flyer/135899226/p

ブルックスのバネ付きの革サドルなんかは、ちょっとおしゃれです。問題は重量。860gあります。アプレミディのもともとついていたサドルより、さらに200gの増。

でもこの見た目の代償として、重量増はしかたないのかも。ここまでくると道楽の領域です。

2020/6/20 07:52  [1740-4551]   

 α→EOSさん  

いつも質問ばかりで申し訳ないのですが、良かったら教えてください。

小径車の特徴として、漕ぎ出しが軽い>ストップ&ゴーに強い>都会の移動手段として便利
という長所がある一方で
ホイールが小さい故速度を上げると安定しない
長距離を走るには疲れる
のような短所もあると言われます。
なので、小径車を長距離に使う人は少ないとも言われます。

この短所の部分に関しては本当なのでしょうか?
やはり700Cのホイールのほうがある程度の距離、ある程度の時間を乗った時の
体の疲れは少ないものなのでしょうか?

過去に小径車を持っていたことはあるのですが、
近所の買い物にしか使っていませんでした。
体への疲れに関しては、タイヤの幅、空気圧によってはそれほど影響ないかもしれないと感じるものの
ギア比がどうしても低くなりがちなこと、ホイールベースが短いことや
ライディング姿勢が窮屈になりがちなこと、
小径ホイールのほうが路面の振動を広いやすい(と思う)ことなど
確かに長距離には向かないのかな、とも思います。

実際に長距離を走ってみた感想はいかがですか?

2020/7/2 23:07  [1740-4559]   

加速は、くるくるとホイールが回る感じで楽です。ただしこれはギア比が2.2と低めなのも関係していますが、ホイール径が小さくて慣性質量が小さいのも関係あるかもしれません。逆に巡行は苦手です。これもギア比が低いのもありますが、やはりホイールの慣性質量が影響しているかも。

乗り心地は、サドルをロード用に変えたので、純粋にフレームやホイール、タイヤによる乗り心地をロードと比較できるのですが、タイヤの空気圧が低い割には、乗り心地は良くないです。荒れた路面での突き上げという点では、やはり荷重がサドルにかかりすぎているからでしょう。それとホイールベースが短いので前後の揺れが発生します。危険を感じるようなレベルではありませんが、荒れた路面でのコントロール性は落ちます。これも重心が後ろ寄りというのも関係していると思います。逆に手への振動の伝わりは少ないです。

写真は、昨日の荒川サイクリングロードでのアプレミディ。

長距離を乗るんだったら、バネ付きのふわふわサドルにして、スピードをあまり上げないようにするのが快適でしょう。でもそういう乗り方って、まさに買い物自転車の乗り方なので、ストレスが溜まるだけかもしれません。

長距離用にするんだったら、まずポジションの改善だと思います。ドロップハンドルまでは必要ありませんが、ハンドルを前に出して、重心が前後輪の間に来るようにするのが、まず第一。ギア比は、シングルスピードの場合は2.2が限度でしょう。それより高くすると、坂が登れなくなります。変速付きの場合でも、トップ2.5のギア比は高すぎると思います。以前マイパラス702に乗っていたときは、トップのギア比は700C換算で2.3くらいでした。マイパラスは軽量化したのもあって、まあまあ長距離も走れました。でも長距離を走るなら、ロードの方がはるかに楽です。

2020/7/3 07:39  [1740-4560]   

 α→EOSさん  

イタリアのタマちゃんさん

ありがとうございます。やはり自分で使っている人の意見は説得力があります。
今のところ小径車を買う予定はないのですが、
時々輪行用として欲しくなるんですよね。

2020/7/3 08:56  [1740-4561]   

輪行するんだったら、アルミフレームのミニベロの方がいいですね。スチールの実用車タイプのミニベロだと、軽量化カスタマイズしても、12sはあります。12sは電車で持ち運ぶにはかなり重いです。それと、前後輪をはずした場合、ミニベロはそんなにコンパクトにならないです。ぼくはミニベロで輪行したことはないですが、前輪だけ外して車載したことはあります。後席全部を占有するという点では、ロードと変わらないです。

ミニベロのタイヤサイズは、たぶん20インチが限界です。それ以下(14インチとか18インチ)だと、乗った時に安定性に問題が出てくると思います。コンパクトさと走りの両立という点で、理想的には24インチかな。24インチって、子供車しか選べませんが。

2020/7/3 22:09  [1740-4562]   

 guru-dbさん  

ルミにしてもフレームの重量はロードとあまり変わらないのではないでしょうか。
ホイールも軽い物にすると効果ありだと思います。

2020/7/3 22:36  [1740-4564]   

これはスチール(クロモリではない)ですが、10.2sとまあまあ軽いです。

GIOS MIGNON
http://www.job-cycles.com/gios/collectio
n/detail/miniveloseries/mignon/


ホイール径は小さいですが、フレームに使っている金属の量は、700Cのロードと変わらないです。

カゴとスタンドを付ければ、日常用途にも使えそうです。キャリパーブレーキでクイックリリースなので、整備性はいいです。

ただ走りではロードにかなわないので、使い分けがむつかしいかな。遠距離の買い物用とかだったらこのタイプは無敵です。

2020/7/4 06:30  [1740-4565]   

 guru-dbさん  

MIGNONは中途半端感が強いのでロードを持っていて町乗りや買い物用にと考えているならPULMINOの方がいいと思います。
泥除け、チェーンガード、チェーンカバー、カゴ台座がついて12kgは軽いし、Vブレーキ、クイックリリース化ができ、改造の可能性は高いです。値段もMIGNONより安いです。

http://www.job-cycles.com/gios/collectio
n/detail/citycrossseries/pulmino/index.h
tml

2020/7/4 11:24  [1740-4566]   

PULMINOを選んでおけば間違いはないんですけどね。実売4万6千円くらい。ミモザが同等仕様で3万5千円。アプレミディは、1万8千円+パーツ交換等で、合わせて3万5千円くらい。PULMINOにカゴを付けたとして5万円弱。1万5千円くらいの差です。

出せない金額ではないですが、5万円にもう少し足したらディスククロスが買えるかなとか考えると、PULMINOは価格帯的にかすんでしまいます。あと遊び心がもうひとつ欲しいというのがあります。安い本体を買って、足りない分はカスタマイズするという方法。バンド式ブレーキの自転車の整備を興味があったし、フロントブレーキは交換すれば何とかなると思っていましたし、できれば変速無が欲しかったし、ということでアプレミディに落ち着きました。

たしかにバンド式ブレーキのリアホイールは、取り外すのも大変です。ネジはスパナで外さなくてはならないので、それも面倒です。パンクのことを考えると、アプレミディで遠出はやっぱり無謀な気もします。

2020/7/5 08:09  [1740-4567]   

 guru-dbさん  

ロード乗りとしてはPULMINOに5万出すのはちょっと考えますね。
買い物などの街乗りには3万円ぐらいが限界かなと思います。

My Pallas709も軽量化と軽量化と体格に合わせるために、泥除けと前かご外し、シートポストをアルミ450mmに変え、SMPサドルを付け、ブレーキシューをシマノに変えたたぐらい。
前かごはバッグにパンツの裾泣き込み防止用に小型のチェーンカバーを付けただけです。


バンドブレーキのリアパンク修理は、ホイールを嵌めたままチューブだけを出してパッチして元に戻すのが一般的(?)なやり方です。

2020/7/5 15:09  [1740-4568]   

午前中は天気は大丈夫だろうということで、ディズニーランドまで行って来ました。もちろんディズニーランドの中には入っていません。一周しただけです。事前に予約が必要ということで、駐車場の入り口もそんなに混んでなかったです。

出かけるときに、後輪の空気がほとんどないのに気づきました。何かが刺さっているわけでもなく、バルブが緩んでいるわけでもありません。スローパンクというやつです、たぶん。釘とかが刺さってのパンクだと、チューブに穴が開いている位置がわかるので、ホイールを外さずにパンク修理できますが、ガラス片の小さいものとかが刺さった場合だと、穴の特定が難しいです。まして時間をかけて空気が抜けるような小さい穴だと、バケツに水を張って調べないと、わからないと思います。ちょっとやっかいです。空気を入れると普通に入りますし、抜けている形跡はありません。とりあえず今日はそのまま30qちょっと走りましたが、空気の抜けはありませんでした。

午後3時頃から雨の予報でしたが、実際には11時頃から降り始めました。雨の中を走って帰りました。フロントのブレーキはシマノのシューですが、雨の中では効きがかなり落ちます。まったく効かないわけではありません。リアのバンドブレーキは、濡れると盛大なスキール音がします。でも効きは落ちません。なのでリアブレーキメインの使い方になります。

シンコーのタイヤは、やっぱりウェットグリップは弱いです。橋を渡る際の登りでリアが滑りますし、平地のコーナーでもフロントタイヤの接地感がつかめず不安があります。まあこの自転車は雨の日は乗らない方がいいでしょう。

フロント48T、リア14Tで、ケイデンスとスピードを計算すると、ケイデンス90で25q/h、105で29q/h、120で33q/h、150で41q/hです。25q/hでの巡行は問題ないです。30q/h巡行は、ケイデンス110くらいですが、ケイデンス的にというよりは、空気抵抗や走行抵抗的に、あまり楽ではないです。最高速度は42q/hなので、脚は150までは回せているということになります。

隅田川を渡る橋で、車道が通行禁止のところは歩道を通りますが、700C換算で2.2のギア比だと、写真のスロープがぎりぎり登れます。ただし手前から助走をつけてです。助走なしでは無理です。ギア比2.0にすれば助走なしでいけるかもしれません。2.0にした方が全般に動きがクイックになっていいかもしれません。

アプレミディの大体の落ち着きどころが見えてきたかなという感じです。いざというときはそこそこ走れる買い物自転車。

2020/7/5 16:59  [1740-4569]   

アプレミディのリアタイヤですが、昨日出かける前に空気を入れて、夕方はまだ空気が減っているという感じはありませんでした。タイヤを押してみても適度な弾力はあるものの、それはもともとの空気圧でもそれくらいだったので、減ってないなと思いました。24時間以上たった今日、まだ乗れるくらいの空気は残っていますが、明らかに空気は減っています。やはりスローパンクのようです。

もともと付いてきたチューブで、サイズも太目なので、思い切ってチューブ交換します。ただそうすると後輪を外さなければいけないので、面倒だなという思いはあります。ついでにハブのメンテナンスをしようにも、今度はブレーキドラムを外す作業が出てくるのでますます面倒です。

ちょっと思いついたのは、フリーギアを固定ギアに交換すること。固定ギアを経験してみるのもいいかなと。ただ今ついているボスフリーを外すのにどんな工具がいるか、まだ調べていません。まずはそこからのスタートです。

2020/7/6 21:04  [1740-4570]   

アプレミディのリアタイヤ、スローパンク確定です。木曜日にチューブを交換します。

工具4種セット
https://item.rakuten.co.jp/ohstore/2b8gq
2ivup/


たまたま見つけたのですが、この値段なら安い。チェーンカッターが壊れたので新しいのを買おうかなと思っていたのですが、こんなのでもいいのかな。チェーンをつなぐときはコネクティングリンクを使うので、チェーンカッターはチェーンを切れればそれで十分です。あと、ボスフリーの工具は持っていたはずですが、どこにしまったのかわかりません。探してみますが、なかったらこんなのを買ってもいいかも。アプレミディも普通のボスフリーの工具でいけるはずですが、これもホイールを外したときに見てみます。

2020/7/7 20:32  [1740-4571]   

ボスフリー外し、探したらそれらしきものが出てきました。カセットスプロケを外すのと同様のスプラインが付いたもの、2つ爪のもの、4つ爪のもの。

どのタイプが適合するか、今日の間に調べることにしました。ボスフリーにはプラスチックのカバーがついていて、そのままではどのタイプかわかりません。

プラスチックのカバーをマイナスドライバーでこじ開けると、4つ爪でした。ただし4つ爪の工具は径も爪のサイズも適合しません。たぶんこの4つ爪の工具はBB用です。ボスフリーに適合するのは2つ爪タイプでした。ボスフリーの4つの穴のうち対角の2つを使ってはずす形です。

今日の作業はここまで。アプレミディは仮復旧して駐輪場へ。ブレーキは外したままです。チェーン引きも外したままです。チェーン引きはなくてもいいのかも。以前シングルスピードに乗っていたときは付けていませんでした。チェーン引きのナットをゆるめて外さないとチェーンが外せず、したがってホイールが外せません。チェーンの張り調整がしやすいというメリットはありますが、パンク修理とかを考えたら邪魔なだけかも。

2020/7/7 22:54  [1740-4572]   

amazonとモノタロウから、それぞれ注文しておいたパーツが届いたので、作業にかかります。

まずはチューブ交換。これはすんなりできました。スローパンクの原因ですが、チューブの外周側(タイヤ側)に小さな亀裂がありました。水に漬けてはじめてわかるくらいの小さな亀裂です。タイヤの対応する部分には何かが刺さった形跡がありません。謎です。もしかしたら見落としているのかも。原因がわからないと不安になります。

本題のリアのギア交換ですが、結局ボスフリーが外せずに諦めました。全体重をかけても無理でした。

リアブレーキのワイヤーを外して、後輪を外したのに、結局パンクの修理のみでした。

2020/7/9 18:12  [1740-4575]   

モノタロウは、注文した翌日に届きました。送料500円がかかるので、ある程度まとめて注文しないと割高ですが、それでももともとの値段が安いので、トータルでコストパフォーマンスはいいと思います。

外せなかったアプレミディのボスフリーですが、このまま引き下がるわけにはいかないので、24oのメガネレンチをモノタロウで注文しました。長さは425oあります。実は24oのレンチは実家に置いてあるのですが、取りに行ったり、送ってもらったりする手間を考えれば、こちらで通販で買った方がいいかなと思いました。

2020/7/10 23:08  [1740-4577]   

天気予報で、日中は雨マークがなかったので、荒川サイクリングロードに走りに行きました。でも四つ木を越えたあたりから雨が降り出したので引き返しました。家に着くころには雨は止んでいました。梅雨の天気なので仕方ないです。

チューブを交換したリアタイアは、まったく問題なしです。新しいチューブは仏式バルブで、前のは英式に仏式バルブコンバーターを付けて、仏式用のポンプで空気を入れていました。この仏式バルブコンバーターだと、空気圧がポンプの空気圧計に正しく表示されないというのに気づきました。仏式バルブコンバーターでの4barが、仏式バルブでの3bar相当です。タイヤを指で押したときの感触です。これは前輪(仏式バルブコンバーターのまま)と比較しているので、同じ空気圧ならば、4:3の割合で誤差があると言えます。

体がだんだんアプレミディに慣れてきた感じです。ダンシングもそんなに違和感がなくなってきました。

2020/7/11 21:48  [1740-4578]   

モノタロウから、長さ425oのメガネレンチが届いたので、アプレミディのボスフリー外しに再チャレンジ。モノタロウは、注文してから届くまで早いです。amazon(マーケットプレイスではなくてamazon本体の方)と同じくらい。

結果は外せませんでした。工具の爪が噛み合う部分がえぐれています。工具の方も同様に爪が欠けたような状態になっています。これはこういうものだと諦めるしかありません。

2020/7/15 07:24  [1740-4580]   

 guru-dbさん  

工具がずれない様に外側をナットで押さえてレンチの柄をパイプで延長してじっくりと力を加えていけば外れるのではないでしょうか。こういうときにシートポスト捨てなければよかったと思います。

2020/7/15 10:17  [1740-4581]   

もちろんアタッチメント(2つ爪のボスフリー抜き)をはめた後、アタッチメントが外れないようにナットで締めてから回しています。でもボスフリーとアタッチメント共、金属がえぐれています。トルクに対して、金属の強度のほうが負けています。4つ爪のぴったりとはまるアタッチメントがあればいいんですが、ネットで探して見つかりません。

あとは自分でやるとすれば、タガネとハンマーで外すしかないようです。ちなみに、ハブの左側のブレーキドラムも、取り付け方はボスフリーと同じです。ブレーキドラムを外すときは、専用工具を使うか、タガネとハンマーで外します。

2020/7/15 12:50  [1740-4582]   

ボスフリーを外す最終手段としては、タガネ+ハンマー以外に、パイプレンチを使う方法もあります。以前マイパラス702のBB右ワンを外すのに使いました。対象部分への食いつきでは、パイプレンチにかなうものはありません。

しかし工具にお金を費やすなら、ちょっとお金を追加したらホイールが買えそうです。
https://www.yodobashi.com/product/100000
001002758336/


モノタロウでも扱っています。送料を含めたら同じくらいの値段です。バンドブレーキは付け替える必要がありますが、バンドブレーキ自体は1500円くらいのものなので、バンドブレーキも新しいものを付けるという手もあります。あるいは少しグレードアップして、メタルリンクブレーキにするのも有りです。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00AQK7E1C

リアホイールが2セットできることになります。タイヤの脱着は楽にできるので、1セットをフリーギア、もう1セットを固定ギアという使い分けも可能です。

2020/7/15 20:10  [1740-4583]   

実用自転車のブレーキ(特に後輪)のまとめ

リムブレーキ・・・キャリパーブレーキ/Vブレーキ・カンチブレーキ
ハブブレーキ・・・バンドブレーキ・サーボブレーキ・メタルリンクブレーキ/ローラーブレーキ/ディスクブレーキ

「/」で区切られているブレーキには互換性がありません。「バンドブレーキ・サーボブレーキ・メタルリンクブレーキ」は、ドラムブレーキに分類されます。ドラムをハブにねじ込みますが、ネジの規格は共通なので互換性があります。ドラムを外側からバンド状のシューで締め付けるのがバンドブレーキ、ドラムを内側からシューで押さえつけるのがサーボブレーキです。サーボブレーキは、自動車のドラムブレーキと同じ構造です。メタルリンクブレーキは、ドラムを外から締め付けるという点ではバンドブレーキと同じ構造ですが、シューに金属製の材料を使って制動力を高めたものです。スキール音を発生させないように、オイルで潤滑しています。ダイヤコンペの製品です。ドラムの熱を放熱フィンに逃がす工夫がされています。

ローラーブレーキはシマノの製品で、内装変速の自転車によく使われる方式です。専用のハブが必要になります。

バンドブレーキが1500円、サーボブレーキが2000円、メタルリンクブレーキが2500円、ローラーブレーキが3500円といった相場です。

2020/7/15 20:58  [1740-4584]   

ヨドバシ.comで、20×1.5 H/Eのリアホイール(ボス/バンドブレーキ)とリアブレーキを注文しました。モノタロウで扱っているGRK(リンエイ)のホイールと、ヨドバシで扱っている大阪ギア製作所のホイールは同じものです(品番がまったく同じ)。ブレーキは、メタルリンクブレーキではなく、地味にサーボブレーキにしました。

ネットで調べた範囲ですが、メタルリンクブレーキとローラーブレーキは仕組みが同じ。なのでフィーリングも似ている。効きはローラーブレーキの方が若干上。ドラムを金属製のシューで外側から締め付ける方式ですが、そこに封入されているグリスが摩擦材を含んでいて、それで摩擦係数を確保しているということのようです。カーボンのシートポストを留めるのに使うグリス(カーボンプレップ)みたいなものですね。

バンドブレーキ用のハブにメタルリンクブレーキの取り付けが可能なのに、なぜメタルリンクブレーキを選択しなかったのか。故障したときが面倒っぽいからです。値段は安いので全交換でもいいんですが、何となく敬遠したくなりました。

メタルリンクブレーキやローラーブレーキのグリスは、当然専用グリスですが、どちらもシマノ製が指定されています。でもこのグリスを、バンドブレーキに使えば、スキール音は消えるんじゃないかなとふと思いました。普通のグリスやオイルは、当然バンドブレーキに使うのはだめですが、摩擦材が入っていれば問題ないのでは。まあ実験はしませんが。

2020/7/16 11:28  [1740-4585]   

一難去ってまた一難。ホイールが届いたのですが、問題点が2点。

1.ニップルの頭がリム内に出ている。700Cのホイールはたいていダブルウォールで、ニップルの頭が隠れる構造ですが、これはシングルウォールなのでニップルの頭が飛び出します。リムテープでカバーする必要がありますが、こんなに飛び出しているのを、チューブに傷がつかないところまでリムテープで覆いきれるかどうか。

こんなのを使うことになると思います。
https://www.monotaro.com/p/3768/6747/

2.ハブが左右非対称。ギアを取り付けるネジと、ブレーキドラムを取り付けるネジは同じ規格です。違いは、エンドからの位置。これは変速用のボスフリーを付けるハブなので、ドライブ側がオフセットしています。固定ギアやシングルフリーを付けると、チェーンラインが内側に行ってしまいます。となるとBBの軸長でチェーンラインを調整する必要が出てきます。さてどうしたものか。

2020/7/18 07:38  [1740-4587]   

 guru-dbさん  

シングル用の20インチホイールってないんですよね。僕も結構探したんですが諦めました。
僕なら諦めて変速用フリーをシングルで使うかな。チェーンテンション調整もできるので問題ないから。
バンドブレーキはディスクブレーキに変えます。その方がメンテナンスやホイール交換もやりやすい。

2020/7/18 16:30  [1740-4588]   

 guru-dbさん  

最近、Bromptonという折りたたみ自転車が気になって仕方がないです。


http://www.mizutanibike.co.jp/brand/brom
pton/



三つ折り自転車で非常にコンパクトになり気軽に輪行できるところがいい。それでもイギリス人が乗るだけあって身長190cmくらいまで使える設計だそうです。ただ値段が本格カーボンロードが買えるくらい高いのが問題。

2020/7/18 17:06  [1740-4589]   

20インチのシングル用ホイールは、これしか見つかりませんでした。20×1.5 HE(=406)です。
https://www.monotaro.com/g/01600081/

14Tのシングルフリーが既に付いているので、他の歯数に交換するときは、固着しないうちに14Tのギアを外します。

ただし今モノタロウで売っているのはローラーブレーキ仕様です。バンドブレーキ仕様があっても良さそうですが、モノタロウのサイトには載っていません。

Bromptonは、サドル下がりが少ないので、前後の荷重配分は良さそうです。ただホイールが16インチで、ハンドルの位置がかなり前に来るので、下り坂とかは怖そうです。

2020/7/18 22:57  [1740-4590]   

今付いている14tシングルフリーのホイールで、ギアの歯先からエンドまでの距離は約16oです。新しく購入したボスフリーのホイールに14T固定ギアを付けて、ギアの歯先からエンドまでの距離を測ると、32oです。いずれも数字はそれほど正確ではありませんが、とにかくかなりの差があることは確かです。この数字が正しいと仮定して、ボスフリーのホイールをシングルで使おうとすると、チェーンラインを内側に16o移動させる必要があります。でもそれはチェーンリングがチェーンステイに当たってしまうので不可能です。なので、ボスフリーのホイールは多段(通常6段)のボスフリーで使うしかありません。14-28Tのボスフリーだと、14Tか16Tでチェーンラインが出るはずです。

ボスフリーシングルで、バンドブレーキ対応のホイールがありました。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00HH2E1CM/

↑で紹介しているホイールのバンドブレーキ版です。最初から付いてくる14Tのフリーギアを、固着する前に外せば、他の歯数のシングルギアや固定ギアを入れることが可能です。

ボスフリーは、ペダルに掛けた力でネジが締まっていくので、ぼくのような坂道でダンシングする使い方だと、全体重をかけてネジを締めこんでいるようなものです。おそらくグリスも塗ってないでしょうから、外すのだったら、使う前でないと無理でしょう。ちなみにホームセンターでタガネとハンマーを買ってきて、ボスフリーを外そうとしましたが、無理でした。

2020/7/19 20:47  [1740-4591]   

 guru-dbさん  

新宿Y's Roadのミニベロ専門館でBromptonが試乗できるというので行ってきました。
試乗したのはM6Lという6段変速(内装3段+外装2段の組み合わせ)でハンドルはストレートバーではなく湾曲したタイプです。
感想)
1)16インチホイールは非常に小さく最初は不安を感じます。
  なれの問題でしょうが、ロードから20インチはそれほど違和感がなかったのすが、
  16インチホイールはつんのめりそうな感じでした。
2)ポジションがかなり前乗りになります。
  試乗車はサドルは最前、ハンドルは前倒し気味の標準設定のままだったので仕方がない
  ですが、サドルを後ろに下げてハンドルを手前にセットすればかなり印象は変わると  思います。
  ストレートバーハンドルも試乗したかったのですが試乗車無いそうなので別の店を探してみます。
3)6速のトップではロードトップ並みのスピードが出ます。(40km/h)
  きれいな道でないと怖いです。
  ローはロードの34x28波です。
  ただ、内装と外装変速はペダリングの仕方が違うので慣れが必要です。
4)前輪が16インチだとキツイ下りは怖いかもしれません。
5)後輪は完全ロックではなくダンパーで衝撃を吸収するかタイプなのでガタつきます。
  構造上激しい乗り方はできないと思いました。
6)ユルポタ街乗り用携帯自転車と割り切って外装2段モデルがいいと思いました。
  イタリアのタマちゃんさんならシングルかな。
7)収納コンパクトで携帯性もよく車に積んで旅先で乗る。出張先にもっていって乗る。
  など気軽な輪行には向いています。

これで20万払うかどうかは感性と価値観の問題ですね。

2020/7/20 12:53  [1740-4592]   

16インチの自転車で40km/hは、ぼくはちょっと怖くて無理ですね。坂道の下りも無理。

12インチ(くらいだったと思う)の折り畳み自転車は乗ったことがありますが、シートポストもハンドルポストもほぼ垂直で、段差があるたびに神経を集中させないとバランスが取れないような緊張感がありました。歩道の点字ブロックくらいの凹凸でも気を抜くとヒヤッとします。荷重が前のめりになるんですね。かといって後ろ荷重にすると、今度は前輪が軽くなりすぎてふらふらするし、前後の重心のスイートスポットが極端に狭い感じです。

16インチだと、12インチほどシビアではないでしょうが、挙動はだいたい想像がつきます。写真を見ただけで、重心が高いなと思いました。20インチだと、見た目的にもかろうじて安心できるというか、安定して見えます。

簡単に持ち運びできる自転車という誘惑はぼくもありますが、スピードを10km/hから15km/h程度しか出さない、というか出せないというなら、キックボードという選択肢もあるのかなと思います。

蹴らずに体の上下動を推進力にするタイプもあります。
https://www.yodobashi.com/product/100000
001004158346/


キックボードを抱えて電車に乗っている人はときどき見かけます。折り畳み自転車と比べても、はるかにコンパクトです。

2020/7/20 20:27  [1740-4593]   

 α→EOSさん  

小径車の折りたたみよりはいっそのことキックボード
これ、僕もいつも思います。
簡単に輪行できるので14インチくらいで6〜8kg程度の折りたたみを買おうかな、
と考えていると、
どうせ坂は上れないし下ることも出来ないだろうから
そんなことならキックボードのほうがいいなあ、と。
でも、
それならスケボのほうがもっと手軽で、乗っている姿もかっこいいですよね。

スケボに乗れないのですけど。

www.amazon.co.jp/dp/B07KB4LY7S
この折りたたみ、
アプレミディと同じくらいのポジションになりますでしょうか?
もっと乗りにくいような感じに見えるのですけど。

2020/7/21 02:50  [1740-4594]   

ぼくもスケボーは無理です。キックボードなら乗れそう、というか子供の頃、まだキックボードと呼ばれてなかった時代に、似たようなのに乗ったことがあります。重心が低くてサドルがない分、小径の折り畳み自転車よりはバランスが取りやすいんでしょう。

ルノーの折り畳みですが、前後の荷重バランスはアプレミディよりいいと思います。ちゃんと前後輪の間に重心が来ています。アプレミディはシートポストが寝すぎているので、かなり後ろ荷重です。ただハンドルが途中で屈折しているのは、ハンドリング的に不自然にならないかなと思います。見た目も不安定ですし。輪行で使うなら、やっぱり9s以下くらいに重量は抑えたいところですね。

2020/7/21 07:39  [1740-4595]   

↑の方で紹介しているホイール
https://www.amazon.co.jp/dp/B00HH2E1CM/
は、まだ注文していません。躊躇している理由は、ギアを取り付けたときの、エンドからギアまでの位置が同じにならない気がするからです。このホイール、おそらくアプレミディのデフォルトのホイールと同じ製品です。付属している14Tのシングルフリーギアの形状も見た限りでは同じです。

左の写真はアプレミディの14Tフリーギア。ギアより左の部分が長いのが特徴です。ギアより左の部分にネジが切ってあると思われます。右の写真は、14Tの固定ギアです。ギアの左側にはこの程度の長さしかありません。ということは、フリーギアを外して固定ギアをねじ込むと、フリーギアのギアの位置よりも左に、固定ギアのギアが移動するということになります。

良く見ると、アプレミディのリアホイールは左右対称ではありません。やっぱりこれは、付属しているギアのまま使うしかないでしょう。

2020/7/21 21:29  [1740-4596]   

アプレミディのデフォルトのホイールで使われているハブは、おそらくこれです。
https://www.monotaro.com/p/5062/1008/

ギア付きで売っているということは、ギアだけを交換することを想定してないのかもしれません。

あと20インチの完組ホイールでこんなのを見つけました。
https://www.amazon.co.jp/dp/B082TZD7DD/

説明が少なすぎ、レビューもないので、どんなものがよくわかりません。スーパーバリューという会社は、自転車屋やバイク屋にパーツや販促品を卸している会社のようです。

2020/7/22 07:43  [1740-4597]   

 guru-dbさん  

最後のホイールはシマノのシングルフリーが使えるので良さそうに思います。
チェーンライン調整もスペーサー使えます。僕ならこれにします。

2020/7/22 12:03  [1740-4598]   

 guru-dbさん  

ブロンプトンの試乗で補足します。
16インチだから下り不安という表現は適切ではなかったと思います。
あの特殊な形状のハンドルが前倒しに付いていたのとサドルだ最前にセットされていたので僕の体格ではかなりの前乗りになるのでつんのめる印象になったようでハンドルとサドルを僕のポジションにセットすれば解決すると思います。むしろ径の小ささからくる段差の処理が不安と言った方がいいと思っています。
ブロンプトンはクロモリ製であり後輪の連結部がダンパーになっていてホイールベースも1045mmと長く路面の衝撃をかなり吸収してくれるので乗り心地は悪くはありません。チョッパー好きの僕からすればこのホイールベースの長さは安心できます。逆にしなり過ぎが不安に感じるかもしれません。
重さはフル装備で12kgくらいですが非常に軽く感じます。最軽量モデルなら10kg切れるでしょう。

ルノーのアルミモデルの8.9kgは魅力的です。ホイールベースは1000mmくらいですが20インチなら許容できますが折り畳んだサイズが大きすぎますね。
値段はブロンプトンの1/3くらいで安いですが、3倍の金額出してもブロンプトンの方がオシャレで好きですね。

ローラーボードは寝れないので論外です。

どこかで2速フラットハンドルの試乗をしてきます。

2020/7/22 19:42  [1740-4599]   

そのホイール、最後の1個を注文しました。さてどんなものが届くか。もしダメだったとしても、この値段なので損害は少ないです。

ダメな例としては、エンド幅が広すぎて使えないとか。ママチャリ用と書いてあるので、エンドは120oで間違いないとは思いますが。あとハブの回転が悪すぎるとか。これは自分で調整してみて、どうしてもダメだったら諦めるしかありません。

ママチャリ道楽は、パーツが安いのが取り得ですから、品質はある程度割り切って楽しむのが正解だと思います。

2020/7/22 19:52  [1740-4600]   

ホイールと一緒に注文したサーボブレーキ。結局ホイールがシングル用としては使えないということが分かって、ブレーキも取り付けずにそのままの状態です。

サーボブレーキは、製造しているのは唐沢製作所1社だけだと思います。通販サイトでは数社から出ていますが、どれも形状が一緒なので、OEMでしょう。以前ブリジストンが、ダイネックスブレーキという名前でサーボブレーキを出していましたが、これも生産中止のようです。ブレーキは、機構がシンプルな方がいいので、サーボブレーキは応援したいです。

以前guru-dbさんのコメントにあったディスクブレーキ化ですが、ローターの取り付けはバンドブレーキ用のハブに取り付けるアダプターが販売されているので問題ありません。問題はブレーキ本体の方です。フレームにディスクブレーキキャリパー用の台座がないわけですから、まず台座を作る必要があります。ねじ止めで取り付ける台座は出ていますが、レビューを見るとなんか頼りないようです。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00Y6VXWL8

今日はディズニーランドを冷やかしに行って来ました。入場待ちの車の列が出来ていましたが、列は短いです。

2020/7/24 17:09  [1740-4601]   

スーパーバリューのホイール、夕方に届きました。

一見左右対称のようですが、ロックナットの厚みが違います。右(ドライブ側):3o、左:8oです。固定ギアを付けると、ギアの歯先からエンドまでの寸法は14oでした。アプレミディのデフォルトが16oなので、2oのスペーサーを入れれば解決します。それくらいならホイールのセンターにも影響はないでしょう。

念のためにエンド寸法を測ったら、112oでした。120oありません。スチールフレームなので、締めこめばなんとかなりますが、でも8o差は大きいかなと思います。アプレミディのエンドは、公称120oのはずですが、実際ホイールを外して計測すると、125mm以上あります。なのでエンド寸法はあまり気にしても仕方ないのですが、120oからさらに締めこむのはちょっと問題がありそうです。右に2oのスペーサー、左に6oのスペーサーを入れれば、エンド幅の問題はクリアします。ただ、ホイールのセンターがずれてきます。ホイールのニップルを回して調整するしかないのかも。

エンドにはさむスペーサーは、明日天気が良ければ、ホームセンターで買ってきます。

2020/7/24 22:53  [1740-4602]   

 guru-dbさん  

固定ギアを付けるハブは正ネジと逆ネジの2段になっているのですが、このホイールはどちらも1段しかないように見えます。これだと固定ギア止めるロックナットが付けられない思います。

エンド幅調整は左右4mmスペーサー入れて、チェーンライン調整はギヤを付けるときに2mmのスペーサーを入れるといいです。ただ、固定ギアはロックナットが付ける関係で1mmが限界のようです。機種によって違うかもしれませんが僕のピストがそうでした。

2020/7/25 03:16  [1740-4603]   

 guru-dbさん  

訂正
ロックナットはロックリングの間違いです。

2020/7/25 03:30  [1740-4604]   

ロックリングの代わりに、正ネジのBBの左側ロックリングを使います。ギアとロックリングはどちらも正ネジということになりますが、ダブルナットの要領で緩み止めとして機能するはずです。

スペーサーの厚みと枚数は試行錯誤が必要だと思います。でもそれに先立ってまずハブの玉当たり調整をしないといけません。ゴリゴリよりももっとひどくて、手で回すの難しいくらいの固さになっています。最初は固めの方がいいのですが、ちょっとこれでは固すぎですので、調整します。

2020/7/25 09:09  [1740-4605]   

guru-db さん  

2020/7/25 23:36  [1740-4606]  削除

 guru-dbさん  

正ネジ同士のダブルナットだとペダルを止めたりバックを踏んだ瞬間に緩むと思います。
急激にペダル止めなければ問題ないですが逆ペダルで実験した方がいいです

2020/7/25 23:38  [1740-4607]   

ネット情報では、スキッドとかのバックを踏むような乗り方をしなければ、正ネジのダブルナット方式で問題ないとありました。それでこの方式にしようと思ったのですが、実はねじ山部分の寸法が足りなくて、ロックリングを取り付けるネジ山が残りません。

固定ギアにしようと思ったのは、固定ギアがどんなものか経験しておこうというものでした。なのでこのままちょっと乗ってみて、その後シングルフリーに交換する予定です。バックを踏まない限りはギアが外れることはないので、ペダリングがきちんとできていれば問題ないはずです。

金曜日から3連休でしたが、ずっと雨。まとまって乗れる時間が取れたのは金曜日の午前くらいです。今日も夕方まで雨予報です。

ハブのグリスアップをしました。グリスの量が少なかったので、はみ出るくらい詰めておきました。もとはデュラグリスに近い色のグリスですが、デュラグリスほど粘りはありません。混ぜるの良くないのですが、ウレアグリスを入れておきました。玉押調整で、まあまあ回るようになりました。フロントハブもグリスアップ。こちらはもともとアプレミディについてきたホイールです。透明っぽいグリスで量はまあまあ入っていました。ここもウレアグリスを少し追加して、玉押し調整しました。

リアホイールのエンド幅の問題ですが、ブレーキドラムとドラム固定用のナットの寸法を足すのを忘れていました。これらが約4o。それとチェーン引きを今回付けました(もともとは付いていたので、元に戻した)。それらをトータルして、スペーサーなしでほぼ120o。チェーンラインも問題なしです。

2020/7/26 07:54  [1740-4608]   

ブレーキワイヤーを取り付けて完成。バンドブレーキとサーボブレーキでは、ブレーキを引くアームの位置が異なるので、ワイヤーの長さも異なります。サーボブレーキの方が長いワイヤーが必要。ということでワイヤーは新しいものにしました。

サーボブレーキは、緑色に見える部分の近くにねじがあって、調整ができるようになっていますが、いまいち仕組みがよくわかりません。デフォルトのまま使っています。レバーの引き量をVブレーキ用に変更する必要があります。キャリパーブレーキの引き量ではレバーを最後まで握っても、ブレーキが効きません。

午前の晴れ間を縫って、東京ディズニーランドまで往復しました。帰りにちょっと降られましたが。こけることもなく無事に生還しました。

加速は普通にできます。固定とかフリーとかを意識する必要はありません。巡行も、足を止めさえしなければ普通にできます。体が自然に足を止めないように適応するので、これも特に問題なしです。ダンシングもできます。平地の加速時も登坂時も、ごく普通にダンシングに移行できますし、まったく問題ありません。これらから言えることは、ぼくのペダリングは、バックを踏むようなペダリングではなかったということです。バックを踏んでいたら、固定ギアではぎくしゃくするはずですから。これが一番確認したかったことです。

減速時は難しいです。足を回しながらブレーキをかけるという相反することをしているからです。理屈の上ではバックを踏めばスピードは落ちますが、加減が難しいです。それと今回ロックリング無しなので、十分に試すところまではしていません。

スピードはフリーも固定も変わりません。エンジンが同じだから当然です。ただ巡行時はクランクの慣性質量がフライホイールとして働くので、固定の方が効率はいいのかもしれません。フリーでスピードが乗ってくると足を止めたりしますが、これはクランクの慣性エネルギーをリセットしているということなので、それが繰り返されればロスになります。

ヒヤッとする場面もありました。道路から歩道に入るときの縁石の段差でリアがスリップしたのですが、思わず足を止めてしまいました。これがさらにスリップさせる方向に作用します。徐行程度のスピードだったので、態勢は建て直しましたが、フリーの時の癖がとっさに出てしまいます。それと、歩道から車道に飛び出してきた自転車を見て軽くブレーキをかけたのですが、この時もフリーの時の癖で足を止めてしまいました。フラットペダルなので、足を止めると、ペダルに足をはじかれるような状態になります。この時も一瞬焦りましたが、ブレーキをかけつつ、足をペダルに戻してリカバリーしました。

固定ギアは公道には適さないというか、公道で使う意味はないと思います。公道では不要な緊張を強いるだけです。ペダリングの練習として固定ギアを使う意味があるかどうかですが、特に選手を目指すのでなければ意味はないと思います。フリーギアでも十分です。

2020/7/26 17:16  [1740-4609]   

ロードバイクの世界では、キャリパーブレーキかディスクブレーキかという選択になります。MTBを加えるとVブレーキという選択肢が加わります。でも自転車全体で考えると、これらでは語り切れない世界がそこには広がっています。

バンドブレーキを開発したのは唐沢製作所です。そしてサーボブレーキを開発したのも唐沢製作所。自転車のブレーキについて語るうえでは外せない存在です。サーボブレーキに対抗してシマノが出してきたのがローラーブレーキ。ローラーブレーキに対抗してダイアコンペが出してきたのがメタルリンクブレーキです(仕組みはローラーブレーキと同等)。では唐沢製作所からローターブレーキに対抗する新製品が出ているかといえば、今のところ出ていません。サーボブレーキに自信を持っているからでしょう。コスト面でローラーブレーキより安いというだけではないと思います。

サーボブレーキですが、よく効きます。最終的な制動力ではバンドブレーキと変わらないのですが、フィーリングがいいです。良質なキャリパーブレーキのような感じで、握る力に応じて制動力が立ち上がります。バンドブレーキのようなスキール音もありません。ドラムブレーキなので、長い下り坂ではフェードしますが、そういう状況で乗らないなら、性能は十分です。

ローラーブレーキの制動力は、結局グリスに含まれる摩擦材によるものです。なので、バンドブレーキにシマノ製のグリスを使えば、音鳴りもなくなり、制動力も確保できるはずです。メンテナンスはちょっと手間ですが。

バンドブレーキの音鳴りを止めるために、クレの556をドラムとバンドの間に吹きかけたというブログがありました。音鳴りは止まりますが、制動力ももちろん低下します。でも制動力は確かに低下するものの、ゼロになるわけではなくて、実用的には使える程度の制動力に落ち着くそうです。なので、摩擦材を含んだグリスならば、音鳴りの解消とともに、制動力の確保も可能ではないでしょうか。

2020/7/26 20:39  [1740-4610]   

 guru-dbさん  

固定ギアで行動を走る上で一番の注意点はコーナリングです。ペダルが止められないので傾けすぎると内側ペダルが地面を蹴って車体が浮くのでバランスを崩します。特に下りのカーブは怖いです。フラッペで乗っていて下りの悪路でペダルから足が外れたらもどせません。降り切るまで両脚上げて我慢しました。足はペダルに固定した方が安全です。固定ギアはやはりバンク用です。

ペダリングができていれば足を止める癖だけ注意しておけばすぐになれて乗り回せます。イタリアのタマちゃんさんならすぐに体が順応すると思います。

公道で使うメリットは乗り逃げされにくいことです。www 普通の人は乗れないでしょう。

2020/7/27 00:25  [1740-4611]   

コーナーは足を回し続けることを意識していれば問題なしでした。そもそもタイヤのグリップ性能が低いので車体を倒すような乗り方はできません。

足は回すというより自然に回っていく感じです。でもやっぱり前向きに動かすという意識は働いています。気が緩んで足を止めたときには、意識が一瞬飛んだような状態になり、次にペダルが足を突き上げる感触で目を覚ますような感じです。今まで自然に制御できていたものが、物理的な力として、生の姿を見せる感じです。

固定ギアの特性はわかったので、発注しているシングルボスフリーが届いたら、それに交換する予定です。いままでフリーで身に着けてきたペダリングが間違っていないというのが、今回固定ギアに乗ってわかったので、目的は達成です。

ダンシング時に足を思い切り踏み込むとロスになるという主張を聞くことがあります。ぼくはそれは違うと思っていました。人間の体は左右のバランスを取るようにできているので、右足を踏み込めば、左足は次に踏み込むための準備を自動的にしているはずです。ダンシングでは右足の踏み込みを反力にして左足が自然に上がってくるので、ロスはないはずです。これは固定ギアでダンシングをしてみて実証できました。踏み込む足にも、踏み込んでいない足にも、ペダルの側からの突き上げはありません。つまりバックを踏んでいないわけです。ペダリングの足の動きは、とくにダンシング時はそうですが、上下動です。それをクランクの回転運動とどう折り合いをつけるかですが、これは全然問題ないです。動きがぎこちなくなる(円周のどこかでバックを踏んでいる)ということはありません。

自転車のクランクって、自然にペダリングが出来るような仕組みにもともとなっているのです。固定であろうとフリーであろうと変わりません。以前「ペダリング」のスレで考察したことが実証できたと思っています。

2020/7/27 07:43  [1740-4612]   

34.6o 28.0o 33.4o

14Tのボスフリーが届いたので早速交換。と思ったらとんでもない間違いをしていました。おそまつとしか言いようがありません。

届いたボスフリーはDICTA。台湾製です。じつはこれはFlite100にデフォルトで付いていたメーカーです。Flite100のは16Tでした。

固定ギアを外し、14Tのボスフリーを嵌めようとしましたが、嵌りません。明らかにネジの径が違います。ノギスで計ると、ハブに切ってあるネジ(ボス)径は34.6oでした。DICTAのボスフリーの内径は28.0o。まったく規格が違います。念のため取外した14T固定ギアの内径を計ると、33.4oでした。ネジ山の高さ分があるので、寸法はこれで合っていると思います。

だんだん謎が解けてきました。14Tのボスフリーは、ボス径が別規格です。なので他の歯数と互換性がありません。これはボス径を小さく(細く)しないと、フリーギアの機構が組み込めないからでしょう。アプレミディにデフォルトで付いてきたホイール、通販で売っている14Tのギア付きのホイールは、ボス径が小さいはずです。そうでないと辻褄が合いません。シマノが14Tの交換用ボスフリーを販売していないのは、規格違いによる混乱を防ぐためでしょう。

なので16Tのボスフリーを買いなおします。16Tならシマノから出ています。チェーンも新しくする必要があります。

2020/7/28 06:53  [1740-4613]   

amazon早い。朝注文したパーツが夕方には届いていました。amazonは在庫があれば早いです。流通拠点が東京近郊にあるのでしょう。東京に住んでいることのメリットが感じられます。

今回注文したのは、シマノの16TのシングルボスフリーとKMCの厚歯チェーンです。厚歯チェーンは、軽快車用の普及品です。シマノのシングルボスフリーには厚歯のSF-1200と薄歯のTSF-MX30の2種類がありますが、ここは厚歯で統一したいのでSF-1200です。

早速取り付けました。ボスフリーはサイズが合っているのですんなりとねじ込めます。チェーンは、これまでのチェーンに1コマ足せばいいのですが、いったんピンを抜いてしまうと、再びピンを差し込んでつなぐのはほぼ無理です。なので新しいチェーンを購入しました。暗いので写真は後日。サドルはデフォルトのふわふわサドルに戻しました。これで完成形です。これからは普通の買い物自転車として使います。手を入れてないのは、BBくらいです。ここはいずれグリスアップします。

2020/7/28 22:42  [1740-4614]   

20インチ買い物用自転車、アプレミディ完成形。

フロント48T、リア16T。700C換算のギア比は、1.95です。街乗りだったらこれくらいのギア比の方がいいかもしれません。チェーンの長さは98リンク(49コマ)です。接続には付属のコネクティングリンクを使っています。

サドルはやっぱりこの大きさの方がデザイン的にバランスがいいみたいです。タイヤは、KENDAの20×1.75です。これはリアホイールにセットで付いてきたものです。しばらくこのタイヤで様子見です。フロントタイヤはシンコーの20×1.5ですが、ドライグリップはまずまずですが、ウェットグリップがまったくだめです。いずれすり減ってきたら前後とも交換します。次の候補はパナレーサーのパセラコンパクトあたり。

2020/7/29 07:45  [1740-4615]   

アプレミディの完成形でディズニーランド往復。ディズニーランドはさすが人は少ないです。

ギア比を変更したので、川にかかる橋に登るのは楽です。その分高速巡行が辛くなります。最高速度も38q/hくらいで頭打ちです。それ以上ケイデンスが上がりません。

やっぱりフリーギアは楽です。

2020/7/30 21:05  [1740-4616]   

アプレミディ整備がひと段落したので、不要なパーツは捨てることにします。これまで使っていたチェーンも長さが合わなくなったので、これも捨てます。問題はリアホイールが2つ余ってしまったこと。それもそのままスペアで使えるわけではなく、もともと付いていたものは14Tのギアでしか使えないのでチェーンの交換が必要になるのと、ブレーキをサーボブレーキで使う場合はドラムの交換が必要になります。交換用として最初に買ったホイールは、多段ボスフリー用なので、多段ボスフリーを用意する必要があります。ディレーラーを付ければ変速付きにできますが、あまり興味がないので、これも中途半端です。

リムだけ再利用して手組にするという手はあります。両切りハブならばドラムブレーキが使えます。こんなやつ。
https://www.amazon.co.jp/dp/B002ODUTWU

2020/7/31 08:02  [1740-4617]   

10oナット用のソケットドライバーを、近所のホームセンターで購入しました。用途は、アプレミディのチェーン引きの調整です。もちろんスパナでもできるのですが、回すごとにいちいちスパナを持ち替えるのが面倒です。ソケットドライバーならばそうした手間がありません。ママチャリはアーレンキーではなく普通のボルトナットが使われているので、ソケットドライバーは用意しておくと便利です。ただし締め付けトルクが指定されているような箇所では、トルクの調整が難しいのでスパナやメガネレンチを使った方がいいです。

チェーンの張り調整ですが、クランクを回していくと、張りがきつくなるところと緩くなるところがあります。チェーンリングの精度が低いため(真円でないこと、歯の寸法が均一でないこと等)だと思います。一番きつくなるところできつめに合わせますが、一番緩くなるところではベストの張りより緩い感じです。一番きついところでベストの張りに合わせると、緩いところでは緩くなりすぎで、チェーンが外れる心配があります。

2020/8/27 19:59  [1740-4648]   



最近はコロナウィルスの話題ばかりですが、これは仕方ないでしょう。どんな夢を語ったところで、今の状況を乗り切らないことには何の意味もありません。

何かマトリックスの世界に似てきました。リアルワールドは、マスクなしでは歩けない世界。でもイマジネーションの世界では、経済はこれまで通り成長し、オリンピックも開催されることになっています。

2020/4/16 20:13  [1740-4466]   

オーストリッチがマスクを生産
https://funq.jp/bicycle-club/article/582
152/?


なかなかスタイリッシュ。価格も1200円で、洗って再利用できるからむしろ安いかも。

でも生産数が少ないから手に入りにくいでしょうね。

2020/4/21 06:41  [1740-4467]   

平日休みだったので、荒川サイクリングロードを岩淵水門まで。

荒川河川敷はけっこう人がいます。サイクリングロードも、スケートボードをしている子供が多くて、彼らは、後ろから誰かが来ているとは思っていないような動きをするので、徐行とか注意して走る必要があります。

体力維持も必要だし、それ以上にストレス解消が必要なので、やっぱり河川敷とに出てくるんでしょうね。東京の場合は公園はまだ出入り禁止になっていないので、散歩する人とかはいます。

2020/4/23 20:22  [1740-4468]   

 α→EOSさん  

おつかれさまです。
僕は自宅で筋トレしています。
みなさんも体力を落とされませんように、頑張って乗り切りましょう!

GIANTのローラー、買っておいてよかった。

2020/4/25 00:12  [1740-4469]   

やっぱり最後にものをいうのは基礎体力だと思います。免疫力も結局は基礎体力じゃないかな。

ということで閉園しているディズニーランドに行ってきました。一周が約5qです。今は車が少ないので、走りやすいです。今日は風が強かったですが。

道中は、そこそこ車が走っていました。スーパーやマクドナルドの前とかは入場待ちの車が並んでいたり。電車に乗る人は少なくなりましたが、家族で車で移動とかは、まだ安全だと思われているのか、かなり多いです。まあ息抜きも必要だとは思いますが、行列を作ってまで行く必要があるのかな。

趣味や息抜きが、他の人と重ならないというのは、こういう時にはメリットですね。それがひとりでできることだったらベストです。自転車は、単独走行なら、その条件に合っています。

2020/4/25 19:09  [1740-4470]   

荒川サイクリングロードで岩淵水門までを往復しました。

人がかなり増えています。屋外とはいえ、人数的にそろそろ限界じゃないかなと思います。河川敷の野球場やサッカー場は、家族や少人数のたぶん親しい人のグループが使っていました。芝生の広場は、家族で思い思いのことを楽しんでいました。サイクリングロード(実際にはジョギング道でもあるわけですが)は、ジョギング、スケートボード、ベビーカーでの散歩、犬を連れての散歩等、いろいろなアクティビティが混在していました。自転車もかなり多いです。単独走や家族走が多いのですが、チームで集団走行している人たちもいました。

そろそろ飽和状態です。バイクの集団走行はやっぱりよくないと思います。

2020/4/26 21:58  [1740-4471]   

 α→EOSさん  

西宮から大阪箕面市まで171を走りました。
普通に車は沢山走っているし、二人乗りカップルのモーターサイクルが走っているし、
店も開いているし、犬の散歩している人もいるし、子供が自転車で走っているし、
あまり自粛しているようには見えないですね。
ほぼ普段と変わりない日常です。

とは言え、心斎橋やなんばは人は少ないのだろう(推測)と思います。

まあ、保証金を出さない自粛お願いでは、この程度のものでしょうね。

2020/4/28 23:22  [1740-4472]   

なし崩し的にGWに入ってしまった感じです。仕事はそんなに忙しくもないので。

仕事に関しても、忙しい人とそうでない人の両極端に分かれています。この落差が分断を生んでいるようにも思えます。忙しい人から見れば、こんな時にパチンコなんかしやがってとかなるし、暇を持て余している人も、好きでそうしているわけではなく、生活の不安を抱えています。

本当に非常時だととらえるなら、経済原則にまかせるのではなくて、1か月の家賃や光熱費、食費を全部補償したうえで、外出禁止にまで踏み込まないと効果はないでしょう。電車に乗る人は少なくなっていますが、自動車で出かける人はそんなに減っていないように見えます。

非常事態宣言は延長されると思いますが、今のような「ぬるい」非常事態を続けても効果はないと思います。むしろ厳格に外出禁止を2週間やった方が、目に見えて効果は上がります。そして結局その方が、経済的な被害も少なくてすむはずです。

2020/4/29 10:19  [1740-4473]   

 guru-dbさん  
振動マシン

今回のコロナ騒動が出たときに飛沫感染や接触感染などという専門家の発言なんか信用していません。飛び散ったものは床、壁、ドア、備品、地面、ほこりなどに付着するはずなのでそれらを介して感染しないわけがない。風でほこりが舞えば空気感染する。追い風、向かい風、横風、ビル風などが入り混じっているので全方向に拡散していると考えた方がいいに決まっている。なので、外出時は3密なんかより「吸わない、触れない、持ち込まない」、つまり、マスクとメガネは直用、触ったら消毒、帰宅時は服も靴底も消毒を徹底しています。過剰かもしれませんが、僕には過去に入院歴があるのでなるべく外堀で防ぐことを心がけています。

個人の自粛補償は収入減分支払ってやり源泉か確定申告で調整すればいい。店や企業への補償には反対です。好景気時は懐に入れ不景気時は税金くれは無視が良すぎる。無利子元本2年据え置きの貸し付けぐらいが適当と思います。

感染状況については適切なデータが公表されないので何とも言えませんが、僕は韓国の数値が使えるのではと思っています。ドライブスルーなどで50万人検査し1万人(2%)が陽性というデータは、無作為の検査の形を成しているように思えるからです。東京でも2%(約30万人)は陽性だと思われます。日本は症状のある人が対象の検査なので感染割合の推定に使えない。無作為検査をして拡散割合を出すべきだったと思います。ただ、東京の検査法が変わっていないなら日々の感染者数が一定なら拡大はしていない。下がっていれば収束方向と考えることはできそうです。

感染しても重症化しないためには基礎体力と栄養バランスだと思います。メカニズムが立派でもその材料が粗悪だとダメだと思っています。食事とサプリも重要だと思います。

みんなで気軽に自宅トレーニングできるように振動マシンなるものを購入しました。立っているだけで全身が揺れ15分ぐらいで汗が出てきます。3セットやると筋肉痛にもなります。この上で前屈していると脚の裏筋が伸びて立位体前屈の成績が上がります。ローラは準備が面倒なのでお蔵入り。最近は振動マシンで室内トレーニングしています。

今京都行は自粛中です。

2020/4/29 17:47  [1740-4474]   

だいぶ早い段階から市中感染のフェーズだったんでしょう。ダイヤモンドプリンセス号がトピックになっている時点で既に、ヨーロッパへの旅行者とかのルートで感染が広がっていたんだと思います。市中感染のフェーズだと、感染するかしないかは確率の問題です。確率は減らせますが、ゼロにはできません。確率を減らしていって、新規の感染者を現在の医療体制の許容範囲内に抑えられるかどうかですね。

経済への打撃ということでは、2週間なり1か月、厳格なロックダウンを行った方が、被害は少ないと思います。例の布マスクの件でも結局利権がからんでいましたが、この機会を利用して金儲けをするようなメンタリティーが、結局はコロナ危機を長引かせています。期間を区切って、誰も儲けないし損もしないような政策を取ればいいわけです。レース中に事故があった場合のニュートラルみたいな措置です。事故の処理が終わるまでは、走行は継続するけど、前の人を抜かしてはいけないみたいなルール。企業活動も、必需品の生産や配送以外は止める。でも止める前の状態から、1か月後に再開できることを保証すればいいわけです。

昨日は荒川サイクリングロードで岩淵水門へ。人はかなり多いです。土曜日からはもっと増えるんでしょう。

2020/4/30 08:49  [1740-4475]   

映画『栄光のマイヨジョーヌ』がネット配信
https://cyclist.sanspo.com/521885

家にいる時間は、以前よりは長くなっていますが、でも動画はあまり見てないです。でもこれは見てみたいですね。

2020/4/30 21:52  [1740-4476]   

昨日からGW。彩湖まで行ってきました。気温は暑いくらい。もう夏ですね。水分補給が大事になる季節です。半袖で走ったのですが、腕がかなり日焼けしました。

荒川サイクリングロードは、散歩やジョギング、スケートボード等に交じってローディーがかなり多いです。集団走行もかなりいます。がちで走っている人も見かけました。混雑していて走りにくい区間もあります。そろそろ交通量的にも危険水域かもしれません。

2020/5/3 08:29  [1740-4477]   

東京ディズニーランド一周。GPSだと距離は5.48qでした。信号は5か所くらいあります。反時計回りで、前半は向かい風、後半は追い風でした。けっこういいトレーニングになります。

買い物用自転車を買おうかなと思っています。買い物用自転車の定義は、かごとスタンドが付いていること。店の駐輪場に駐車できて、買ったものをかごに入れて持ち帰ることができる自転車という意味です。地下鉄は最近空いているとはいえ、できることなら使わないに越したことはありません。1qの買い物圏内なら歩きますが、2qだと微妙。3qだとやはり地下鉄とかになります。自転車だったら5qくらいまでは全然気になりません。ということで、買い物用自転車プロジェクトのスタートです。

2020/5/3 21:08  [1740-4478]   

 guru-dbさん  

電動ではないアシスト自転車なっかいかがでしょう。
フリーパワーといってクランクに加えた力をシリコンゴムに蓄えて置き下死点付近でリリースするといった原理だそうです。

http://free-power.jp/
https://www.olympic-corp.co.jp/cycle/cit
em/freepowercycle

2020/5/3 22:29  [1740-4479]   

フリーパワーってクランク単品でも売っているんですね。36Tだと1万円。話のタネに面白そうです。でも自転車本体を別で用意することを考えると、完成車の方がいいかもしれません。変速なしの場合で32,800円。(いずれも税別)

今シティーサイクルでも2万円くらいはしますから、値段的には妥当だと思います。

2020/5/4 07:54  [1740-4480]   

 α→EOSさん  

フリーパワー、おもしろいですね。
データが示されているので間違いないのだと思いますが、
シリコンを圧縮するのも脚の力なのですから、結局プラスマイナス・ゼロになるのではないか、
という疑問が出てきます。
原理的には、踏み込みの90度の付近で余分に力が必要で、
下死点を通過するあたりでアシストとして働く、というものだと思います。
これでどうして軽くなるのか?不思議です。まあ、乗ってみないと分からないです。

2020/5/4 08:47  [1740-4481]   

上死点から下死点の間できちんと踏み込めていて、下死点から上死点の間でちゃんと力を抜けるペダリングをしている人には、フリーパワーは有効かなと思います。エネルギー保存の法則以上のことはできませんが、ペダリングが楽になったように感じると思います。気分の問題なんですが、けっこうこれがモチベーションにつながっていて、自分が思っている以上の力を出せるのではないでしょうか。

まあ実際体験してみないとわからないのですが、完成車で3万円ちょっとなら買ってもいいのかなとも思います。

買物自転車ということでは、GIOS LIEBEを以前から考えていました。4万円くらいです。これのクランクをフリーパワーに交換すると、総額5万円くらいです。

買物自転車なので、こだわる必要がないと割り切ればいいのですが、そこはなんかこだわってしまいます。別にロードと勝負をするわけでもないのですが。

2020/5/4 22:29  [1740-4482]   

 α→EOSさん  

カゴ付きというとママチャリを連想しますが、
ハンドルの近い自転車は、普段ロードに乗っていると、乗りにくく感じます。
まあ、すぐに慣れるんですけどね。

ハンドルが高いだけならポジションが楽になるのですが、
向かい風が強いともっと下を持ちたくなります。

クロスにカゴを付けるのが一番良いような気がするのですが、
たぶん、近所のスーパーに買い物にゆくなら、ママチャリポジションのほうが楽です。
荷物をたくさん積んだ場合もママチャリのほうが安定感が高いのではないでしょうか。
GIOS LIEBE は、いろいろな意味でお買い物自転車に向いているような気がします。

ただ、お買い物用専用として考えるなら、電動アシスト付きママチャリが最強でしょう。
坂を上っていて、後ろから電動ママチャリに抜かれるたびに、強くそう思います。

今のところ欲しいと思うタイプはないのですが、
いずれアシスト付きに乗ってみたいと思う気持ちはあります。
ロードやクロスより、MTB系のほうが路面を気にせず走れるような気がして
実用性が高いのではないかと思います。

2020/5/4 22:55  [1740-4483]   

あまり楽はしなくてもいいです。(笑) 距離は片道5q程度なので。なので中古のママチャリでもいいくらいですが、やっぱり何かを買おうとなると、付加価値的なものを求めてしまうんですね。

今日柴又のあたりをうろうろしましたが、途中で篠崎駅の近くで、サイクルオリンピックの実店舗を偶然発見しました。家から15q圏内で、都営新宿線が通っているので、引き取りに行くのは簡単です。最寄りは墨田区の店舗ですが、アクセス的にはそんなに変わりません。

オリンピックって、ディスカウントの店とかを経営してる会社のようです。近所に店舗がないので知りませんでした。その自転車部門がサイクルオリンピック。イオンバイクみたいな形態ですね。

2020/5/5 19:33  [1740-4484]   

 twwxさん  

フリーパワー。話題になって数年経った気がしますが、関西にも取り扱い店が出来て結構広がったようです。
きれいにまとまっていたので参考にでもとペタリ。
https://b4c.jp/free-power/

PIPPAが東京、京都、宮崎で展開中らしいです。東京はドコモの赤いシェアサイクルしか知りませんでした(笑) フロントはこれディスクブレーキではなさそうなんですが、リムでもないですよね。
サイクルオリンピックの一部店舗では、試乗コース用意している店舗があったと思います。膝にいいとか開発元が言ってた気がするので、膝が悪いけど移動したいって言われたら検討しようかなくらいです。


買い物用自転車、
自宅の外駐輪場確保できれば、あれば便利ですね。
重いものを前かごに荷物を載せるなら、ダウンチューブとブレーキ穴でハンドルが倒れるのを防ぐ装置を最近どこかのサイトで見ました。残念ながら名前覚えていません。子供載せるとかの自転車だったかな…。両立スタンドならそんなに心配ないですね。センタースタンドはちょっとおっ珍しいと思います。


>ハンドルの近い自転車は、普段ロードに乗っていると、乗りにくく感じます。
以前に使用していたときは、変速無し27インチ片足スタンド、トンボって呼んでいたフラットハンドルを見た目で選んでました。立ち漕ぎはしやすかった気はします。今は手前に来るのでもどっちでもいいかな。
キャリアは固定紐とか用意しなかったり、いまいち使い方が分からないままほとんど使いませんでした。かごがすぐ凹む物だったため、倒されたり凹んでいって撤去してからの方が長かったです。荷物は背負う方に偏ってます。かごの中で転がるのも嫌いだったので、トートバッグでも使うべきだったのかもしれません。乗って行ったの忘れていたり、乗り捨てしたのを、クロモリで後から回収に行って、片手でバランス取るにはフラットハンドルで楽だったというのはあったかもしれません。慣れで関係ないかも。

私はクロスとかスポーツタイプで街乗りならブルホーンはずっと気になっています。…最終的にシングルスピードになりそうで、もう買い物用ではなくなりそうですね。
クロモリ普段乗りにしてるので、最悪片手のろのろ運転でなんとかしています。電動アシストは後付けキットなら使いたいとは思ってます。鍵忘れると寄り道駐輪諦めて帰宅してしまうので、帰りに買い物も済ませたかったというのは何度もあります。

2020/5/8 03:45  [1740-4486]   

赤い電動自転車のレンタルサイクルなら近くにありますが、PIPPAはまだ見たことがないです。

一見ハブダイナモのようですが、ダイナモはリムに付いているので、このハブはドラムブレーキでしょう。効きがいいので街乗りにはいいですが、下り坂ではフェードが怖いです。

フリーパワーって、昔の漫画(カーツゥーン)で出てきたようなコイルバネが付いた靴のイメージではないでしょうか。あとトランポリンもそうですね。人間が加える力の周期と合えば、力が倍増するように見える。だとすると、思い切りペダルを踏み下ろすようなペダリングの方が相性がいいような気がします。右足が上死点から下死点まで動く間に蓄えたエネルギーを、今度は左足が上死点から下死点に動く間に放出するわけですが、力は反作用点がないと働きませんから、ペダルを踏みこもうとする左足を反作用点としているということでしょうか。これが左右で繰り返される。

右足で踏み終わった後で左足で踏み込むタイミングとバネの戻りが同期すれば、力が増幅されるように感じられるのではないでしょうか。もっと複雑な機構が入っているのかどうかはわかりません。でも、片足ペダリングをしてみたらたぶん仕組みはわかると思います。それとブレーキをかけたままペダルを踏みこんで、バネの反力でペダルがどちらに返ってくるかでも判断できそうです。

ネタとしてはけっこう面白そうです。でも自転車店でしか取り付けられないというのがちょっと気になりました。スクエアテーパーのはずなので、コッタレスクランク抜きがあれば交換可能だと思うのですが、実はもっと複雑な機構が入っているのかどうか。

この時期、ママチャリで遊んでみるのも面白いかなと思っています。ベース車両をどうするか、考え中です。以前のマイパラス702みたいのがあればベストなんですが。

2020/5/8 07:56  [1740-4487]   

チャリカフェというサイトで、フリーパワーのレビューがありました。
https://ccc-cc.cc/?p=32945

「ママチャリ派だったら、ありかも…。
スポーツサイクル派だったら、全然無し!」

という言葉に要約されるのかもしれません。シリコンが変形する際に発生する熱の分だけエネルギーはロスしているわけですから、エネルギー全体で効率がいいとは言えません。アシストされていると錯覚させてしまう何かがあるということでしょう。今となっては、その錯覚させるメカニズムが知りたいという知的な興味です。右足で踏み込んでいくときを考えると、下死点近くで力を緩めた時(というか下方に踏み込む限り、下死点では接線方向の力はゼロになります)、シリコンゴムに蓄えられた力は放出されます。問題は、その放出される力が作用する向きです。作用と反作用の関係から、タイヤが路面と接地している抵抗が大きければ、力はペダルを逆回転させる方向に働きます。逆に、ペダルを逆回転させないように足で踏ん張れば、力はホイールを進む方向に回転させる力になります。右足は既に下死点に達していますから、ペダルを止めるように踏ん張る力にはなり得ません。ということは、ペダルを逆回転させないように止める力は、左足の踏み込みに求めるしかありません。

つまり左足で踏み込み始めた時、左足の力はロスしています。そのロスした分の力が、右足を下死点から上死点へ引っ張り上げるように働き、右足はあたかもアシストされたかのように感じるというわけです。

トランポリンとの比較でいうと、トランポリン上で飛び跳ねる人は、だんだん飛び跳ねる高さが高くなっていきます。位置エネルギーとして蓄えられるエネルギーが大きくなっていくわけですが、バネを使うということで、同じようにして自転車に蓄えられるエネルギーがだんだん大きくなっていくことが可能か、という問いは当然出てきます。

硬い床の上で飛び跳ねるのとトランポリンの上で飛び跳ねるのとの違い、ソリッドなクランクを回すのとシリコンバネを仕込んだクランクを回すのとの違い。一見すると問題の立て方は相似のように見えます。なので、バネを仕込めばエネルギーの有効利用ができるのではという錯覚に陥るわけです。実際には、硬い床の上で飛び跳ねるときには、着地する際に、位置エネルギーは回生されません。それは膝の負担ということに無駄に消費されます。自転車の場合、ソリッドなクランクだと硬い床を直接踏んでいるように感じる人は、そこにバネを仕込むことにメリットを感じるでしょう。でもそこまで極端な人はいないと思います。ということで、自転車の場合、バネを仕込むことにメリットはないというのが、理論上の結論です。

2020/5/8 23:01  [1740-4488]   

 α→EOSさん  

床とトランポリンの比較は分かりやすいですね。
床は動かない、トランポリンは動く(凹む)。
クランクは動くほうですからどちらかというと元々トランポリン的のような。
ロスの少ないペダリングというのは、クランクの性質を上手に引き出すことだと思います。

バネを使って有効な場合というのは、ペダリングに大きなロスがあることが前提、
ではないでしょうか。
ムダに踏んでいる部分(ここで溜める)と踏むべきなのに踏めていない部分(ここがロス)。
ロスのタイミングでバネに溜めたエネルギーを放出できるなら、
ムダに加えたペダリングエネルギーの一部を回収できます。つまりママチャリ的ペダリングというわけです。

だとすると、このアイデアはパワーアシストではなくペダリングテクニックアシストということです。
技術のあるロード乗りほど不要になります。
あ、
これ、もしかしたら、真の目的はペダリングテクニック診断機かも!?

2020/5/9 10:18  [1740-4489]   

>これ、もしかしたら、真の目的はペダリングテクニック診断機かも!?

まさにその通りだと思います。ぼくは以前の書き込みで、きちんとペダリングが出来ている人にはフリーパワーは有効かも、と書きましたが、逆ですね。きちんとペダリングが出来ていれば、もともと力のロスがないので、フリーパワーは癖というか違和感を感じるだけで、アシストされる感じはないでしょう。逆にペダリングでロスがある人は、シリコンバネの力でペダルが下死点を通過してくれるので、ロスがなくなったように感じるのでしょう。

下死点をうまく通過させられないペダリングというのは、無駄に下方向に力を入れて踏んでいるペダリングだと思いますが、そこまで極端なペダリングをしている人って、本当にいるのかなとちょっと疑問もあります。以前「ペダリング」のスレで書いたことがありますが、人間の足はけっこう左右でバランスを取れるようにできていて、右足で踏み込みすぎる前に左足が動き始めて、自然に右足の力は抜けるはずなんですが。ママチャリのポジションによるのかもしれません。

トランポリンも自転車も、どちらもエネルギーが蓄えられていく系として考えることができます。トランポリンは位置エネルギー、自転車は運動エネルギー。運動エネルギーが蓄えられていくことイコール加速です。摩擦や空気抵抗等がなければ、どんどんエネルギーは蓄えれていきます。実際には抵抗と力が拮抗したところで蓄積は止まります。

なのでフリーパワーを例えるとすれば、やっぱり地面の上で飛び跳ねている人とトランポリンの上で飛び跳ねている人の差というのことになるのでしょう。


話は変わりますが、5月17日の佐渡ロングライドの中止に伴って、予約してあった旅館をキャンセルしました。でも翌日予約サイトを見てみたら、その旅館は16日はまだ満室です。ということは、イベントは中止になっても、まだ走りに行く人が多いということでしょうか。それともイベントと関係なく、佐渡に観光に行こうという人が多いということでしょうか。人それぞれに考え方があるので、遊びに行くなら感染(するのもさせるのも)に気をつけて行きましょうということでしょう。

2020/5/9 17:52  [1740-4490]   

昨日は、一番近場のトレーニングコースである明神坂で、スプリント4本でした。

フリーパワーは一度試乗はしてみたいですが、まあ結局買わないので、候補からは外します。そうすると、安いシティサイクルかGIOS Liebeかという選択になってきます。

サイクルスポットのこういうのがシンプルでいいのかな。サイクルスポットは徒歩圏内に店舗があります。
https://cyclespot.jp/store/ProductDetail
.aspx?pcd=0499140302028


あさひのCreamという廉価ブランドがあって、そこのミニベロがシンプルでいいのですが、現在品切れ中でした。

ショップのプライベートブランドでは、イオンバイクは値段が高めです。

2020/5/10 06:30  [1740-4491]   

 guru-dbさん  

僕ならミニベロにするかな。
ママチャリはでかいし思いので買い物程度だと邪魔です。
今は、My PallasミニベロM-709に乗っています。残念ながらもう販売いません。

今、手ごろなミニベロはこれかな。

Cyma mimosa(ミモザ) 32,000円+送料(980円)

https://cyclemarket.jp/product/detail/33
4

2020/5/11 16:23  [1740-4492]   

ミモザ、良さそうですね。形がすっきりしています。こういう力学的に合理的なフレームが、今となっては貴重です。最近のママチャリやミニベロは、なぜか無意味にフレームに曲線が使われています。

マイパラスのサイトも見ましたが、最近のマイパラスは全然ダメですね。フレームの形を成していない感じです。昔はすっきりしたフレームだったんですが。

ミモザもいいんですが、変速は必要ないので、こんなのでもいいのかな。

キュリオス・ミニ
https://cyclemarket.jp/product/detail/84
0


今は在庫切れのようです。ミモザがVブレーキなのに対して、こちらはフロント:キャリパー、リア:バンド式で、かなり見劣りします。リアはいいとして、フロントブレーキだけでもロングアーチのロード用に交換できればいいのですが。

もうちょっと悩んでみます。

2020/5/11 20:43  [1740-4493]   

久しぶりに輪屋BUNのサイトを覗いたら、変貌ぶりに驚きました。
https://www.rinyabun.com/blank-6

扱っているメーカーはGIOSとBASSOが中心です。ViperのSORAモデルは安いです。Lesmoも5万円台なので、一時期(7万円台)よりは安くなっています。でもGIOS Liebeは46,000円と、他の通販サイトよりも高い。全般に、スペックも書いてないし、なんか商売っ気があるのかないのか、よくわかりません。

でも一番驚いたのは、シティサイクルのカスタム販売。変速とかフェンダーとかサドルとかペダルとかが不要ならば、ほとんどベース車両の値段で買えます。ただフレームのシートポストが寝すぎているのがちょっと気になります。

2020/5/11 21:39  [1740-4494]   

 guru-dbさん  

20インチのシングルで良さそうなものはロード並みの値段しますね。
ちょい乗りにはもったいない。手ごろなもの見つけるのは難しそうです。
ブリジストンにもありましたがダウンチューブが曲がっています。
形が似ているので実メーカーは同じかも。

2020/5/12 14:45  [1740-4495]   

シングルスピードのミニベロは少ないですね。シングルスピードの方がシンプルな分安くなるかというと、単純にそうでもない。それとミニベロでも、というよりミニベロだからこそ変速は必要だという先入観が売る側にもあるのかもしれません。

フランスでは外出禁止令が解除されて、路上でのバイクの練習も再開されました。
https://www.cyclowired.jp/news/node/3239
06


屋外で練習する際の基準が載っていました。停止した時の距離は1.5m、走行中の距離は10mとなっています。それと他でも見かけましたが、走行後の機材の清掃が有効なようです。ぼくは室内保管なので、帰った後は、フレームとタイヤを雑巾で拭くくらいのことはこれまでもしていました。

2020/5/13 07:05  [1740-4496]   

昨日は休みだったので、岩淵水門まで走りました。最近は週2回は休みが取れるので、まあまあコンスタントに走っています。

ディスクブレーキのクロスバイクという選択肢もあるのかなと、考えています。税込でこの値段なので、ミニベロのミモザと1万7千円くらいの違いしかありません。
https://ec.cb-asahi.co.jp/catalog/produc
ts/844F4A3020BC4223AE6DB3C92055BF8E


前かごはハンドルとフォークコラムで固定するタイプが使えそうです。

2020/5/15 08:54  [1740-4497]   

wiggleとchainreactioncyclesで、完成車とフレームの在庫がなくなっています。なぜなんでしょう。生産や仕入れが止まっているということでしょうか。パーツはあります。

買物自転車プロジェクトですが、ママチャリを安く買うというのがひとつの選択肢。せっかくなので、買物用に使うと同時に他の楽しみのあるものにするというのがもうひとつの選択肢。「他の楽しみ」としては、ディスクブレーキとシングルスピードが今のところの候補です。

2020/5/16 21:37  [1740-4498]   

サイクルスポットの実店舗の冷やかし(見学)に行ってきました。GIANT EscapeやFuji Featherなんかも置いてありました。ママチャリは16,980円から、ミニベロは17,980円からありました。どれも実物はけっこう質感はいい感じです。ミニベルには心を動かされかけましたが、ひっかかるのはフレームが1本フレームだということ。ヘッドチューブとの溶接部の強度が気になります。やっぱりトップチューブとダウンチューブに分かれていてほしいところです。それとやっぱり安いモデルは、ブレーキが前キャリパー、後ろバンド式なので、あとからパーツ交換して性能を上げるというのが難しいです。

サイクルスポット、お客さんは多かったです。店舗はそんなに広くはなくて、整備を待っている人が歩道で数人立っていました。

2020/5/17 21:01  [1740-4499]   

 guru-dbさん  

バンド式は弄れないですね。ミモザはVブレーキなので何とかなりそう。フレームの形も悪くないし。ただライトライトは付かなさそうです。

2020/5/18 12:16  [1740-4500]   

コストも考慮したバランスでは、やっぱりミモザでしょうね。もう少しお金を追加すれば、ディスクブレーキが手に入るとか、この際余計なことは考えない方がいいかもしれません。もともとは買い物の足として考えていたわけですから。

TANTANロングライドで予約していた宿を昨日キャンセルしました。6月には緊急事態宣言は解除されているでしょうが、感染の確率が下がったというエビデンスなしに解除しても意味はありません。発表では新規の感染者は減っていますが、検査数が発表されないことには、にわかに信じていいのかわからない数値です。

2020/5/19 07:07  [1740-4501]   

買物用自転車プロジェクト、結局初心に帰って、これを注文しました。

あさひ アプレミディ-I
https://ec.cb-asahi.co.jp/catalog/produc
ts/0038AD2DA4724574AE38A3FC6EEB3AC5


17,980円(税込)。店舗受け取りにしたので、送料はかかりません。送料等を含めた総額では、ミモザの半額です。

シートステーが湾曲しているので、剛性にはちょっと不安はありますが、ミモザにしてもわずかに湾曲はあるので、これは両車でそんな差はないでしょう。一番の差はやっぱり前後のブレーキです。リアのバンド式は、普段の効きはいいのですが、長い下り坂ではフェードしてまったく効かなくなります。でも長い下り坂を走る機会はたぶんないでしょう。フロントのキャリパーは、プレスした鉄板製だと思います。鉄板がしなってしまい、効きは期待できません。でもテクトロやダイヤコンペからロングアーチのキャリパーが出ているので、交換は可能なようです。

交換が必要なのはフロントブレーキくらいで、あとは当面そのまま乗るつもりです。これまで電車で行っていた用事(買物とか)を、密集を避けるために自転車でこなそうというのが目的なので、オリジナルのままで十分なはずです。でも、意外と走るなと感じたら、カスタマイズしたくなるかもしれません。

2020/5/19 23:05  [1740-4502]   

ネットであさひ アプレミディ-Iのチェック。といってもほとんど情報がありません。実物を見るしかないですね。

タイヤは1.95インチ。ということは約50o。リムは20インチですが、406なのか451なのかわかりません。タイヤは太すぎるので交換するかもしれません。リムはそのままで1.5インチ(38o)までは対応できるはずです。1.5インチのタイヤはそこそこ選択肢はあります。

ホイールは、ハブの調整だけでいけると思います。将来的にはクランクを変えたくなるでしょう。手元に105のクランクが余っていますが、シャル幅が違うはずなので使えません。実家にたぶんMTB用のクランクが余っていたはず。この時期は取りに行くことができないので、だいぶ後の話です。

サドルやペダルはいつでも交換可能。ハンドルはクイルステムごと交換が必要になります。そのときにはブレーキレバーやフロントブレーキも交換になるでしょう。

道楽を始めると、けっこうお金はかかります。

2020/5/20 07:25  [1740-4503]   

ママチャリをいじるなら、このサイトが参考になりそうです。
https://oritatami.coiio.com/?p=329

ブレーキ、クランク、ハブ等、一通り網羅されているようです。まだ全部は読んでいません。

2020/5/20 22:19  [1740-4504]   

5月20日から新幹線の新しい荷物ルールが施行されています。地下鉄の車内でも広告で流れてきます。三辺の合計が160p以上の荷物は「特大荷物」という区分になり、事前に予約が必要。予約なしで乗車した場合には、荷物の分の1000円を支払う必要があるというものです。輪行袋に詰めたバイクは当然三辺の合計160p以上になります。

シクロワイアードに解説が載っていました。
https://www.cyclowired.jp/lifenews/node/
324197



特大荷物は予約が必要ですが、「"自転車を含むスポーツ用品、楽器、娯楽用品、車いす、ベビーカー"は例外とされ、3辺合計160cm超のものでも予約不要で車内に持ち込むことが出来る」とあり、その場合追加で1000円を払う必要はないとのことです。

ということは、以前と変わらないというです。ただ最後部座席の後ろのスペースは、特大荷物の予約をした人が優先となるので、最悪自転車を抱えてデッキに立つしかないという状態になるのかもしれません。

2020/5/23 15:20  [1740-4505]   

 guru-dbさん  

あさひのCream Miniシングル買えそうですよ。
でも、カゴやダイナモライトなどを入れると高くなりそうです。

国や都道府県のコロナ情報の数値が指針にならないので自分で計算してみました。

■東京のコロナ状況予想
           計算 潜在
報告日 陰陽計 陽性数 陽性率 陽性率 陽性数/千人
4/11  503   159   31.6%  2.0%  20人
4/20  296   59   19.9%  1.3%  13人
5/ 1  308   18    5.8%  0.4%   4人
5/ 5  144    9   6.3%  0.4%   4人
5/10  609   18   3.0%  0.2%   2人
5/15 1,170   17   1.5%  0.09%  0.9人
5/16  673    7   1.0%  0.06%  0.6人
5/17  328    4   1.2%  0.08%  0.8人

■大阪のコロナ状況予想
           計算 潜在
報告日 陰陽計 陽性数 陽性率 陽性率 陽性数/千人
4/ 9  417   92   22.1%  2.00%  20.0人
4/20  465   84   18.1%  1.64%  16.4人
5/ 1  521   29    2.2%  0.24%  2.4人
5/ 5  344    7    2.0%  0.18%  1.8人
5/10  602   11    1.8%  0.17%  1.7人
5/16  625    3    0.5%  0.04%  0.4人
5/19  502    3    0.6%  0.05%  0.5人
5/20  583    3    0.5%  0.05%  0.5人

■神奈川のコロナ状況予想
           計算 潜在
報告日 陰陽計 陽性数 陽性率 陽性率 陽性数/千人
4/11  286   61   21.3%  2.00%  20.0人
4/20  138   10   7.3%  0.68%  6.8人
5/ 1  270   29   10.7%  1.01%  10.1人
5/ 5  117    8   6.8%  0.64%  6.4人
5/10  148    9   6.1%  0.57%  5.7人
5/16  131    5   3.8%  0.36%  3.6人
5/19  166   10   6.0%  0.57%  5.7人
5/20  198    8   4.0%  0.38%  3.8人

東京、大阪はよさそうですが、神奈川は落ち切らないようです。

2020/5/24 08:32  [1740-4506]   

ほんとだ、あさひのサイトでCream miniの注文が可能になっていますね。フレームの形はCream miniの方がシンプルでいいです。でもアプレミディ-Iを既に注文してしまったので、これは見なかったことにします。(笑)

ロックダウンではなかったのですが、これだけ「自粛要請」を続ければ、感染者は当然減ります。問題は緊急事態宣言を解除する際の基準ですよね。神奈川の感染者数の減り方が少ないというのは、気になります。東京や大阪と比べて特殊な事情があるとは思えないので、本来は東京や大阪と同程度の比率で減っていかなければいけないはずです。

それと緊急事態宣言中も補償は不十分だったわけですが、解除になると休業補償は原則としてなくなるわけですよね。でも実際には飲食店やライブハウスには暗黙の自粛圧力がかかると思います。感染者がまた増えてきた場合には、自己責任と言われかねません。

ワクチンが開発されるまで、長期戦になると思います。安全と経済のどちらを取るかではなくて、経済はある程度縮小するというのを前提に、安全を考えていく必要があると思いますね。平等に貧乏になるとか、お金の余裕がある人が生活水準を落とすとかだったら、別にGDPが20%落ちたとしてもなんとかなるはずです。

2020/5/24 09:10  [1740-4507]   

昨日は、荒川サイクリングロードを岩淵水門まで走って来ました。荒川の河川敷は、コロナ以前の賑わいに戻っています。サッカーや野球のグランドもほとんど使われていました。まあ若い人たちだからいいのかなと思います。サイクリングロードも、かなり混んでいます。

買い物に行ったスーパーも人が多かったです。家族連れが多いです。これもレジャーのひとつなんでしょう。

昨日は久しぶりにラピエールで出かけました。いつもは25Cのタイヤなので、ラピエールの23Cタイヤは見た目も細いし、乗り心地も明らかに硬いのがわかります。ホイールがレーシングゼロというのもありますが。その分反応はクイックです。

2020/5/25 07:18  [1740-4508]   

 α→EOSさん  

17C、19Cのリムや25C、28Cのタイヤがすっかり主流になってきた感があります。
タイヤは太いほど走行抵抗が少ないと言われます。
メーカーの実験でも裏付ける結果がいくつか出ています。

僕は未だに25Cも28Cも使ったことありません。
唯一、アサヒのクロスバイク、プレスポを買ったとき標準でついていた28Cタイヤは使ったことがあります。
メチャメチャ頑丈で重たく、深い溝のトレッドのある、どちらかと言うとオフロード用ではないかと思えるくらいのタイヤでした。
5万キロ乗っても減らないしパンクしないとか、ネットに書かれていました。

このタイヤを、パナレーサーのクローザー23Cに変えた時の衝撃は今もはっきりと覚えています。
フロントギア、アウター48Tで走りながら(ちょっとした登りも込み)降りて気づくまでミドル38Tで走っていると思っておりました。
それくらい、軽量化の効果は劇的なものでした。
※すぐに慣れて感じなくなってしまいましたが

その時のトラウマが未だ残っていて、太いタイヤが軽く走れるとはどうしても思えません。
まあ、プレスポの標準タイヤと較べるのが間違いなのですけど。

25Cって、本当に走りが軽くなるんですか?

2020/5/30 11:30  [1740-4510]   

タイヤよりもホイールの違いの方が走りには影響するので、比較するなら同じホイールの銘柄で、23Cを15Cのリムに、25Cを17Cのリムに付けて試乗しないと、本当のところはわからないですよね。

そうした厳密な比較はしたことがないのですが、一応23Cの25Cの両方使っている立場から言うと、走行抵抗に関しては変わらないと思います。ただし普段の空気圧は、23Cは7bar、25Cは6.5barで乗っています。25Cは7barにして乗っても走りが軽くなるという感じはなかったです。空気圧の許容幅が広い感じです。タイヤも銘柄によっても、違いがあるのかもしれません。

7bar同士で比較すれば、乗り心地は同じです。普段25Cは6.5barで乗っているので、その空気圧では乗り心地は明らかにいいです。

23Cは空気圧の設定がシビアですが、25Cは割とアバウトでいけます。そのあたりが一番のメリットなのかなと思います。

2020/5/30 14:07  [1740-4511]   

セッティングの終わった(ただしクランクは36Tのまま)アプレミディで、横浜に行ってきました。中華街は日曜の昼なのに、人出は少なめです。休業している店もあります。店内飲食よりもテイクアウトをする人が多いように見えました。

アプレミディですが、重量は15sをやっと切ったくらいですが、走りは軽快です。ギア比が低いので加速はいいです。ただすぐに頭打ちになります。30q/hでの巡行は無理。20km/hくらいの巡行に適したギア比です。回していけば35km/hまではもっていけますが、ケイデンスが150rpmくらいになるので、長続きはしません。今日の最高速度は、平地で37q/hでした。

タイヤが太い(1.5インチ)ので、第一京浜の荒れた路面は苦になりません。グリップも十分。このシンコーのタイヤ、回転方向の指定があります。パターンは排水性を重視した感じです。TEKTROのフロントブレーキは、105やVeloceのようなガツンという効きは望めませんが、まあまあ効きます。コントロール性も悪くないです。港の見える丘公園からの下りでも、フロントブレーキだけで十分でした。

ポジションは改善されました。ハンドルをもう少し遠くにして、1〜2p下げたくらいがベストではないでしょうか。ダンシングは一応できます。ただ少しハンドルを下げた方がやりやすいと思います。普段使いならこのままでいいのかな。ハンドル位置が前にいったことで、重心が前に移動します。これがペダリングのしやすさにつながります。ちゃんとペダルに上から体重をかけられるようになりました。

今日は70q乗りましたが、今後はこんな距離を乗ることはないでしょう。近場で乗るなら、ハンドル位置はこのままでいいかもしれません。クランクもこのままでいけそうですが、48Tがすでに届いているので、交換してみます。ダイナモライトとリング錠はしばらくこのまま残します。

2020/6/7 22:08  [1740-4527]   

 α→EOSさん  

興味深く読ませてもらっています。
ロードと比較して上体が起きたポジションだと思いますが、
70km乗って、向かい風でかなり辛くならないか、サドルに体重がかかるのでお尻が痛くならないかとか、どうですか?

最近自転車に乗れていなくて、たまに2時間くらい走るとあちこち疲れます。
むしろ上体を起こしたポジションのほうが楽なのではないか、などと思ってしまいます。

2020/6/10 12:08  [1740-4532]   

購入したときのオリジナルなハンドル位置だと、ポジションは完全にアップライトです。背筋が伸びるというよりむしろ後ろにふんぞり返る感じ。ハンドルには荷重を掛けられません。ハンドリングは、自転車の前輪廻りの自重まかせです。ライダーの体重は全部サドルに掛かるので、バネ付きのふわふわサドルでないと、たぶん尻が死ぬでしょう。

ステムをハンドルを交換して、ステムが長くなったのとハンドルのスイープが少なくなった分で5pくらいハンドルが前に行きました。あとハンドル位置も少し下がりました。これで、まだまだアップライトポジションですが、多少は前傾になり、ハンドルにも荷重が掛けられるようになりました。サドルに掛かる体重が少なくなったので、短距離ならロード用のサドルでも大丈夫だと思います。

これ以上前傾ポジションにしようとすると、簡単なのはハンドルのブルホーン化ですが、そこまでは考えていません。アップライトポジションは、首は圧倒的に楽です。腰や背筋も楽です。これは上体の筋肉が使えていないということなので、出力的には不利です。横浜往復した時には、上体が使えない分、大腿四頭筋に負担が来るような感じでした。向かい風には不利ですね。ギア比が低いので、風が強い区間とかは低速でじっと我慢する感じでした。

2020/6/11 07:29  [1740-4533]   

 α→EOSさん  

なるほど、そんな感じですか。
最近ちょっと体重が増えまして、
トレーニングの結果なので脂肪ばかりが増えたわけではないのですが、
体重増加の影響は、体重を支えるお尻と腕にかかってきて、今までのポジションではしんどいなあ、と思っています。

体重が増えて感じたことは、踏む力が増えて平地は少し楽になった気がします。
速くなったとは感じないのですが、平地での速度維持はちょっと楽になりました。
これは嬉しい結果です。
でも、登りはもうぜんぜんダメダメになりました。
5〜10秒くらいは以前より勢い良く登るのですが、すぐに脚が動かなくなります。
思わぬ効果がありまして、向かい風に少し強くなったことです。
速くはなってないのですが、風にあおられること、押し返されることが少なくなったのを感じます。
心理的に、向かい風が嫌という気持ちが少し薄れました。

2020/6/13 09:32  [1740-4535]   

緊急事態宣言中は、けっこう荒川サイクリングロードで走っていたのですが、なぜか体重は増えていました。(汗) 運動する以上に食べる量(と飲む量)が増えていたのでしょう。

平地で走る分には、体重やバイクの重量はあまり関係ないですね。向かい風の時なんかは、フレームの重量があるほうが突風の影響を受けにくくて、むしろ乗りやすかったりします。

重量も大事ですが、やっぱり重心が大事だと思います。バイクが重くても重心にきちんを力を加えることができれば、ちゃんと進みます。ママチャリが進まないのは、重心に力を入れられないようなポジションを強制されるからではないでしょうか。たとえママチャリでも、ふんぞり返ったポジションはだめです。ちょっと前傾にするだけで、駆動効率はだいぶ違ってきます。

2020/6/13 19:26  [1740-4538]   

Merlincyclesに注文したパーツが届きました。

サドルはPrologo Kappa Evo。実測で302gでした。これはアプレミディ用です。

他は、TIMEのペダル Xpresso2。これはスペア用で買いました。Micheのスプロケ。カンパ10速。これもスペアですが、すごいのは14-25Tというクロスレシオ。14、15、16、17、18、19、20、21、23、25です。常用ギアである19Tの前後に18Tと20Tがあります。ケイデンスを一定に保つような走りをするときには役立ちそうです。

もうひとつは、Merlincyclesブランドのサドルバッグ。これは中身のタイヤレバー、パンク修理パッチ、携帯工具がセットになっています。でも携帯工具が重すぎです。サドルバッグと携帯工具をアプレミディ用にしようかなと思います。アプレミディは遠出はしないので、パンク修理キットは不要です。携帯工具もあまり必要性はありません。お守り代わりに付けておこうかなくらいの感じです。

2020/6/14 18:32  [1740-4539]   

 guru-dbさん  

アプレミディにPrologo Kappa Evoだとだんだん町乗りじゃなくなっていきますね。こっそり持っていかれないように注意してください。www

僕はMy PallasミニベロM-709に、UPANBIKE 45cmシートポスト、Selle SMP、Cannondaleのサドルバッグ付けてるので人のことは言えません。ただそれ以外はノーマルでズボンのすそが汚れないようい簡易チェーンカバーを付けました。

2020/6/14 23:37  [1740-4541]   

上野公園はアジサイの名所でもあります。

アプレミディで軽く走って来ました。GPSサイコンでログを取りました。13q程走って、平均W数は78W。ロードで同じコースを走ると105〜110Wくらいになります。平均速度が低いのでこうなります。車体の重さがロードより大きいので、実際のW数はもう少し大きいはずです。

最高速度は思い切り回して41.4q/hでした。これは足への負荷というよりはケインデンスで決まってくるので、ケイデンスを上げていけばもう少し伸びる余地があります。

タイヤは1週間放置しても空気が抜けません。4BARくらいだと抜けにくいのでしょう。

2020/6/17 07:47  [1740-4546]   

PCD110の、4本アームと5本アーム用のフロントシングル・チェーンリングです。
https://www.cyclowired.jp/news/node/3249
91


ナローワイドの歯先の配置で、チェーンが外れにくくなっています。

フロントシングル化したNCR700では、アルフィーネのクランクを使いましたが、これは普通のチェーンリングの歯先でした。でもそれでもチェーンが外れるというのはありませんが。

フロントでチェーンが外れる原因は、ほとんどがFDの調整ミスです。あるいはFDが適合できないようなクランクを使った場合。フロントをシングルにした場合、フロントの変速がなくなるわけですから、普通の使用では外れることはないと思います。外れるとしたら、やっぱりグラベルとかの用途で使った場合でしょうか。

2020/6/17 21:10  [1740-4548]   

アプレミディで岩淵水門まで行ってきました。荒川サイクリングロードは人は少な目。

購入直後に同じルートを走っています。その時と比べると、今日の方が疲れました。でも平均スピードが高いので、当たり前と言えば当たり前ですが。ギア比の違いによるのだと思います。ノーマルはギア比が低すぎで、加速はいいのですが、一定以上のスピードで巡行する気になりません。なので平均速度は低くなります。でもときどきは高回転で回す楽しみもあって、きまぐれ走りはそれなりに面白くはあります。クランク交換後は、まあ普通の自転車に近づいたということです。なので評価基準が、ロードなども含めた、普通の自転車ということになります。

サドルはこの距離なら大丈夫でした。あと向かい風はやっぱり走りにくいです。クランクを替えて、風の影響はより強く感じます。アップライトなポジションなので、スピードが上がるほど空気抵抗や風の影響を受けやすくなります。ハンドルのグリップ部分に肘を置き、手首を前に伸ばして手を組むポジションにしたら、30q/h巡行可能でした。つまり主要な抵抗は空気抵抗です。ただしこのポジション、中学生や高校生がママチャリでやっているポジション(ただし彼らはハンドルの位置がもっと高い)ですが、安定性に問題ありです。DHバーを付ければ解決しそうです。まあそこまでするつもりはないですが。

2020/6/18 14:11  [1740-4549]   

久しぶりにロードバイクに乗りました。夕方までは雨は降らないだろうと出かけたのですが、5qもいかないうちに小雨が降りだし、すぐ止みそうな感じもしたのですが、大事をとって引き返しました。なので乗ったといっても、10qも乗っていません。

またがった時から、アプレミディとは全然印象が違います。タイヤが路面にしっかりとくっついている感じ。特に前輪。前後の重量配分から来るのだと思います。ロードは、重心が前輪と後輪の間の適切な位置にあって、しかもライダーの重心に近い位置にあるといえるでしょう。前後のタイヤへの荷重を感じられるし、荷重をコントロールできます。それに対してアプレミディは、購入時と比べれば改善したしたとはいえ、重心の位置とライダーの重心がずれている感じです。前輪は、自重だけで接地していて、コントロールできる余地があまりありません。車でいうとトラックを運転している感じでしょうか。ハンドルを回せば曲がりますし、ブレーキをかければ止まりますが、ダイレクト感は希薄です。やっぱりロードとアプレミディの間には、乗用車とトラックくらいの差があります。本来の用途からしても、それは仕方ないことですが、改めてそれを感じさせられました。

2020/6/21 22:15  [1740-4552]   

FUSION5のインプレ記事が載っていました。
https://www.cyclowired.jp/news/node/3236
38


FUSION5最上級グレード、GARACTIK 11STORMです。ぼくはFUSION5のPERFORMANCEというグレードのものを使っていますが、走りの軽さ、グリップ、ウェット性能、耐パンク性等、どれも高得点のいいタイヤです。それの上級グレードということで、PERFORMANCEに軽さを加えた感じかなとインプレから想像できました。クリンチャーモデルは25Cで190gと軽いです。その分耐久性は落ちるでしょうから、普段使いには、PERFORMANCEグレードで十分かなと思います。

コンチネンタルのグランプリ4000とハッチンソンのFUSION5、この2つが今使っているタイヤで、かつおすすめタイヤです。シュワルベ ワンも試したいのですが、最近距離をあまり乗らないので、今ついているタイヤが減りません。ロードバイクに乗る機会を増やさないと。

2020/6/24 12:19  [1740-4553]   

トレック直営店にルックのバイクを持ち込んでみた
https://cyclist.sanspo.com/527364

売っているのはTREK(とボントレガー)だけでも、修理は他メーカーもOKなようです。もちろんパーツだけの購入も可能。

以前、TOREKの店で工具を借りたことがあります。快く貸してくれました。

2020/6/27 07:52  [1740-4554]   

アプレミディで、荒川サイクリングロードを四つ木橋まで往復しました。買い物のついでです。こんな風に、構えずに出かけられるというのが実用自転車のメリット。

最近はポケットにマスクを入れて出かけます。自転車に乗っている間は付けていませんが、店に入る時には必要です。

ギア比はやっぱりもう少し低くてもいいかなと感じました。ギア比が低い方が、向かい風とか坂の場面では楽です。今の2.2が2.1とか2.0になっても、ケイデンスを上げれば巡行速度は変わらないと思います。さすがにデフォルトの1.68は低すぎて、25q巡行が精いっぱいという感じでした。2.0あれば、25qキープは問題ないでしょう。

2020/6/27 19:07  [1740-4555]   

アルミフレームは今後どのように進化していくのでしょうか?
https://cyclist.sanspo.com/527820

サイクルスポーツで記事を書いている安井行生さんが回答しています。この人のインプレ記事は好きです。

カーボンフレームが安く作れるようになってくると、エントリーグレードもカーボンがアルミに取って代わる。でも良質のアルミフレームの乗り味を好む人もいるので、絶滅することはない。というのが結論です。

カーボンが普及してきて、エントリーグレードにも採用されるというのは、確かにそうでしょう。アルミフレームのモデルは最近少なくなってきている気がします。ただ、上級フレームと同等な剛性でエントリーグレードのフレームを作ってくれればいいのですが、実際にはそうはならないでしょう。「エントリー向け」という変にバイアスがかかった乗り味になるのは勘弁してほしいものです。なので、安いのに本格派というバイクの選択肢は狭まる気がします。

今日はディズニーランドまでアプレミディで行って来ました。閉園時間を過ぎていたので人は少なかったです。

2020/6/28 20:22  [1740-4556]   

↑ディズニーランドは、6月いっぱいは休みで、再開は7月でした。でもスタッフはいました。準備をしているのかもしれません。


この本、注文しました。

栗村修のいちばん身につく 最強ロードバイクトレーニング
https://www.amazon.co.jp/dp/4299006747

2020/6/29 06:07  [1740-4557]   

『栗村修のいちばん身につくロードバイクトレーニング』が届きました。

字が大きい。これが第1印象です。もちろん字が大きいことは読みやすいということなのですが、200ページあっても内容が薄いんじゃないかなという不安もあります。

まあとりあえず読んでみます。

2020/6/30 22:21  [1740-4558]   

『栗村修のいちばん身につくロードバイクトレーニング』を3分の2ほど読みました。

キーワードは、「ベーストレーニング」と「モティベーション」だと思います。というかほぼこれに尽きます。

トレーニングには、ベーストレーニングとコンディショントレーニングがあります。インターバルとかはコンディショントレーニングになります。レースに向けたトレーニングがコンディショントレーニングです。なのでレースを走るにはコンディショントレーニングが大事だと多くの人が思いがちですが、栗村さんはあえてベーストレーニングが大事だと説きます。ベーストレーニングは、基礎体力をつけるためのものです。バイクに乗らないでもトレーニングできます。でもこのバイクに乗らないでもできるトレーニングが、後々効いてきて、レースで速く走るためための必須条件になるというわけです。

ベーストレーニングとしては、筋トレもいいですし、日常生活で、階段を1段飛ばしで登ったりするだけでもトレーニングになります。神社の階段を登るのもいいそうです。

こうして体の基礎をつくることがまず最初にくるわけです。

2020/7/3 22:27  [1740-4563]   

モノタロウを初めて使いました。注文したのは、カップ&コーンのBBロックリングと多段変速用のチェーンカッターです。チェーンカッターはついでに買ったという感じで、メインはBBロックリングです。ただしBBで使うのではなく、リアハブのギア固定用のダブルナットとして使います。14Tの固定ギアはamazonですでに注文しています。

数ある通販の中で、モノタロウは初めて利用しました。まだ注文した品物が届いてないので、サービスについてはなんとも言えませんが、実用自転車向きパーツの品揃えはすごいです。通販界の業務スーパーみたいな感じです。

2020/7/8 22:08  [1740-4573]   

『栗村修のいちばん身につくロードバイクトレーニング』から。

自転車は体の使える部分が限られます。なぜなら、ハンドル、サドル、ペダルでフォームが固定されてしまうから。なので自転車に乗ってのトレーニングでは特定の筋肉しか鍛えられないし、体のバランスを取る能力も鍛えられません。なので栗村さんは、自転車に乗る以前の、体全体のベーストレーニングを重視するわけです。それと他競技からロードに参入した人の方が、上達が早いとも書いています。ロードレーサーである以前に、アスリートであることが条件です。基礎体力があった上に、自転車競技特有の部分が乗り、ロードレーサーとして完成するわけです。

ベーストレーニングは、別に自転車に乗らなくてもできます。自転車に乗ってのトレーニングだけがトレーニングだと勘違いすると、伸びしろが少なくなるということです。

ダンシングは、シッティングほど体がバイクに固定されないので、自分でバランスを取らなくてはいけません。ダンシングができることは、ロードレーサーとしての条件だというようなことも書いています。

2020/7/9 13:21  [1740-4574]   

「考えるな、感じろ!」というのはブルース・リーの言葉で、以前ペダリングのスレで話題にしたことがあります。最近読んだ武道に関する本で似たような表現が出てきました。

脳が命令して体を動かし、結果が出る、というのが、通常の体のシステムの理解です。このシステムを合理化すれば、良い結果が出るというのが「考える」ということです。でも武道の場合は脳と体を分けていません。むしろ脳は体の潜在力を抑制する方向に働いています。脳がブレーキをかける作用をなくしたときに、体の最大限のパフォーマンスが発揮されるという考え方です。

自動車のエンジンとかのリミッターみたいなものです。180q/h以上出ないようにするとか、レッドゾーンまで回らないようにするとかのリミッターです。実際には280PS以上の潜在出力があるのに、エンジンを制御するコンピュータによって、280PSしか出ないようにしてある場合もそうです。リミッターさえはずせば、本来の能力が発揮されるわけです。

武道的思考では、脳と体という分け方をしないし、自分と外界という分け方もしません。『栗村修のいちばん身につくロードバイクトレーニング』に戻ると、栗村さんは言うベーストレーニングというのは、武道的な部分を含んでいるのかなと感じました。コンディショントレーニングは、最大の効率を出すためのトレーニングです。科学的なトレーニング方法が確立されています。でもそれ以前の、体のバランスのとり方とかの自転車に乗る以前の部分というのは、いろいろな環境に身を置いてみてはじめて身に付くものではないでしょうか。

2020/7/12 10:32  [1740-4579]   

今日は久しぶりに雨が降らない日でした。といっても晴れているわけではなくて、空全体が曇っていて、厳密にはパラパラくらいの雨はありました。濡れるほどではなかったですが。

アプレミディで岩淵水門まで。一番最後にロードに乗ったのはいつだったか忘れるくらい、ロードに乗っていません。最後に乗ったときは、出発してすぐに雨が降り出して引き返したときかな。ベーストレーニングなら、アプレミディでも十分練習になります。特に体のバランスを取る練習になります。ロードと比べると変なポジションだと思っていたのですが、けっこう慣れるものです。

弱い南風が吹いていて、行きは追い風基調でした。でも30q/h巡行はちょっと難しい感じ。今日の荒川サイクリングロードは人が少なくて、走りやすかったです。

2020/7/16 20:23  [1740-4586]   

フェリー ジェットフォイル

仕事で新潟に行ったついでに、佐渡汽船のフェリーターミナルを見てきました。コロナがなければ、5月にここに来ていました。

新潟駅から歩ける範囲内です。切符売り場と待合室も見てきました。乗船前に体温測定をしているようです。

2020/8/1 20:07  [1740-4618]   

久々にロードで荒川サイクリングロードを走りました。岩淵水門まで。

最近ずっとアプレミディに乗っていたので、そのポジションに慣れてしまっていて、逆にロードのポジション(前傾姿勢と荷重が前に来ること)に違和感を感じるほどでした。頭が前タイヤの方に引き寄せられる感じで、ちょっとした恐怖感もありましたが、すぐに慣れました。慣れるとやっぱりロードの方が走りやすいです。

車重も走りも、圧倒的に軽いです。ロードが8.5sに対して、アプレミディが15s。倍近く違います。加速ではこの軽さが効いてきます。

タイヤの細さ(25C)は、走っている間はそんなに気にならないです。もちろん路面状態が悪いところは走らないようにしているというのもありますが。

2020/8/2 21:21  [1740-4620]   

もう4年前になるんですね。『ペダリングーその3』のスレを読んでみました。
https://engawa.kakaku.com/userbbs/1740/T
hreadID=1740-1642/


膝関節の死点(上死点または下死点)は、股関節の死点よりも早く来る、というのが核心です。ペダリングって、クランクに任せておけば、自然と円運動になります。無理に円運動を意識する必要はない。ダンシングでも、自然と円運動に集約されます。

アプレミディを固定ギアにして1日だけ乗りましたが、前に進もうという意識(というかむしろ無意識なのかも)がある間は、安全に乗ることができます。シッティングでもダンシングでも同じです。円周に沿って力を入れようとか、まったく考えていません。シッティングなら3時当たりで力を入れる感じ、ダンシングはほとんど力が入れれる区間は全部力を入れるという感じです。いずれにしても、前に進む方向で回している限り、ペダリングのロスは出る余地はありません。

ペダリングは、難しく考えすぎない方がいいです。

2020/8/3 22:54  [1740-4621]   

ウーバーイーツについてはぼくも書こうかなと思っていたので、この記事はタイムリーでした。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/v
iew/money/276802


ウーバーイーツの配達員が社員ではなく偽装請負みたいなものだというのは、知っていましたし、まずは配達員の権利が守られるようにすべきだと思います。その上で言うと、彼らの交通マナーは悪すぎです。全員がそうとは言いませんが、街で出会うかなりの割合でマナーが悪い。というより明らかな交通違反です。信号無視、歩道通行、車道の右側通行、横断歩道で歩行者の間を縫うように走る。こういうことをしているやつらには、自転車乗りとしての自覚が全然ありません。彼らも搾取される立場ですが、それにしても、はっきり言って全然仲間だとは思えません。格差社会の新しい形なのかもしれません。

2020/8/4 07:03  [1740-4622]   

ペダリングのスレの5月18日のぼくの書き込みはこうなっています。

「膝関節的下死点は5時、股関節的下死点は6時です。膝関節的上死点は11時、股関節的上死点は1時です。上死点で考えると、膝は11時で曲がり切った状態になり、そこから先は伸ばす動きになります。しかし1時までは股関節はまだ曲がる方向に動いています。つまり膝が上がりつつ足首(ペダル)は膝関節が伸びるに従って前にでますから、いわゆる上死点の通過はなにごともなかったかのように行われてしまうのです。下死点についても同様です。5時で膝が伸びきった状態になりますが、その後6時までは股関節は伸び続けます。つまり膝がさらに下がる間に膝が曲がってペダルは後方に動きますから、下死点も無事通過できるわけです。」

上死点、下死点というのは、それぞれ1点ではなく、膝関節の上死点と下死点、股関節の上死点と下死点があります。死点というのは、動きが伸長から屈曲へ、あるいは屈曲から伸長へと変わる変曲点のことです。死点が膝関節と股関節とで、30度から60度くらいずれていることで、一般で言う上死点と下死点、つまりペダルの真上と真下をぎくしゃくすることなく通過できるわけです。

この時は右足と左足を別々に考察しましたが、今度は一緒に考えてみます。まず右足から踏み込むとして、1時の位置から股関節の伸長動作によってペダルに力が加わり、推進力になります。5時で膝関節が伸び切り、膝関節は屈曲へ移行します。5時の180度反対側は11時ですが、この時左足は屈曲から伸長へと向きを変えます。しかし左足の股関節はまだ屈曲動作のままです。右足の5時から6時は、股関節が伸びつつ、膝関節が屈曲する状態です。股関節の伸長動作でペダルに力が加わることで、膝関節が自然に屈曲して下死点を通過するわけです。推進力の面からみると、5時から6時は、股関節の伸長によって踏み込む力は、推進力としてそれほど有効ではありませんが、でもロスにはなっていません。ともかく6時まで踏み込むことで、右足の下死点、左足の上死点を通過させる力にはなっています。次に左足に焦点を当てると、11時までは股関節、膝関節とも屈曲動作ですが、この屈曲動作がペダルに与える推進力はわずかでしょう。重力に逆らった動きですし、数値的には無視していいでしょう。11時から12時は、右足の5時から6時ですが、ここは右足の股関節の伸長動作によるわずかな推進力が働くだけです。でもこれは12時と6時の死点を超えられればそれでいいのです。問題は12時から1時の間です。1時を過ぎれば、左足の股関節の伸長でペダルに力がかかります。でも12時から1時の間には、ペダルに推進力を与える動作がないのです。12時から1時の間に伸長しているのは、左足の膝関節です。ですから左足の膝関節に頑張ってもらえばいいと一見思いますが、これが結構難しい動作です。股関節を屈曲しつつ、膝関節を伸長するというのは、かなり無理があると思います。大腿四頭筋の負荷が大きすぎます。なので、12時から1時というのは、推進力は諦めて、上死点を無事通過することだけに専念したほうが、結局は効率的ではないでしょうか。12時から1時の間に、左足の股関節をさらに屈曲させるように意識すること。ためを作る感じです。1時まで来れば股関節の伸長(ハムストリングスの働き)でペダルに直に力を加えられますから、その前の30度をいかに我慢するかがポイントです。

ペダリングにおいて、特に固定ギアの場合、360度に渡って常にペダルに力がかかっているのが理想のように言われますが、実際はそうではないはずです。

2020/8/4 23:32  [1740-4623]   

 α→EOSさん  

今回改めて上死点、下死点を通過する時のことを考えてみました。
力の入れようがない瞬間ですね。
激坂で時速4kmとかになってしまう場合、上死点から踏み込む時が辛い。

そう考えると楕円ギアって効果あるかもしれない、という気がしてきました。

飯倉さんの動画で、脚を空中でクルクル回すみたいなトレーニングをした時、
効き脚の左脚はスムーズに回るのに右脚はギクシャクする。
そういう器用さもペダリング効率に影響するのかもしれない、という話がありました。
ペダリングにも器用さが必要なのでしょうね。
https://www.youtube.com/watch?v=4UjAQrHj
C4Q

2020/8/6 12:01  [1740-4624]   

固定ギアで乗ることで、ペダリングについては一区切り付けたつもりだったんですが、本格的にやるならペダリングモニターで自分のペダリングを記録してみるのも必要ですね。

膝関節が伸長する区間は11時から5時、股関節が伸長する区間は1時から6時です。重なっているのは1時から5時。円周の3分の1です。この区間でパワーが出るのは当然です。ただ細かく見ていくと、この区間で一番効率のよいパワーの出し方というのもあるはずです。1時でいきなり踏み込むのがいいのか、3時で最大の力が加わるようにするのか、とか。そのあたりの工夫の余地はあります。

これに対して、5時から6時(反対側の足だと11時から12時)については、上下の死点を超えるための動作ということでまとめていいと思います。5時から6時へ股関節が伸長することで膝関節が屈曲し足が後方へ動きます。11時から12時で股関節を屈曲させることで膝関節が伸長し足が前に動きます。これらの上下の死点を超えるとき、膝の関節はフリーです。つまり単なるヒンジになっていて、モーメントの伝達をしません。

問題は12時から1時です。ペダリングの問題は、実はここに集約されるのではないかなと思います。上死点は超えているので、踏み込もうと思えば踏み込めます。ただしこの場合の踏み込みは膝関節の伸長によるもので、大腿四頭筋がメインになります。12時から1時で踏み込まないという選択もあります。この場合股関節を動かす筋肉が腸腰筋から殿筋に切り替わる1時まで、膝関節はフリーに保つことになります。ぼくはこちらでいいと思っています。大腿四頭筋への負荷がないので、ロングライドにはこちらが向いています。

2020/8/7 08:05  [1740-4626]   

 guru-dbさん  

昔、新城選手のペダリングをパイオニアのペダリングモニタで測った動画を見たことがありますが、必死でもがいたとき左右ともに8時くらいまで回転方向に力がかかっている結果が出ていました。5時~8時くらいまで引き足を使っている証拠です。

本人もそれを意識する(癖になっている)と言っていました。しかし、パワーの本の一部で1割〜2割くらいだそうです。

2020/8/7 11:26  [1740-4627]   

新城選手の動画、これかな。
https://www.youtube.com/watch?v=HsMFCUYE
3Xw


確かに下死点を超えた後も足を後ろに動かしていますね。股関節の動きに引っ張られても足は後ろに動きますが、引っ張られるだけでは推進力にはなりません。後ろ向きにベクトルが出ているということは、膝関節を使って後ろに足を動かしています。どういう筋肉の使い方なのか、ぼくはよくわかりません。

あとペダリング効率って、どういう算定式なのか気になります。

2020/8/7 19:05  [1740-4628]   

昨日は東京湾一周をしてきました。2回目です。千葉県内を走る区間で風向きが追い風基調だったので、前回よりは楽でした。東京湾観音を見てきたので、ちょっと大回りになって、トータルの距離は193qでした。とにかく暑さとの戦いです。ペットボトルは10本以上飲みました。昼食時やフェリーの中でも水分は取っています。千葉県内の工業地帯ではロードサイドの店が少ないので、ボトル2本分は常に確保して走りました。

出かける前に、タイヤがかなりすり減っているというのは認識していました。トレッドはかなり薄くなっています。それにサイドでゴムに亀裂があります。中の繊維はまだ大丈夫ですが。そろそろ交換時期かなとは思っていました。北久里浜の駅のあたりを走っているときに、後輪がパンクしました。一瞬で空気が抜けたのでかなり大きな穴が開いているはず。その場でチューブを交換しました。ガラスか何かが刺さったような痕です。実際何が刺さったのか、実物が残っていなかったのでわかりませんが、普通だったらパンクしないような状況だったと思います。やはりトレッドのゴムがすり減ってきているのと、ゴムの弾力性が失われてきているからでしょう。これでタイヤ交換の踏ん切りがついた感じです。Fusion5は、これまでよく頑張ってくれたと思います。何キロ乗っているのかは、わかりません。以前だったら各バイクにサイクルコンピュータを付けていましたが、今はGPSサイコンなので、積算距離が分かりません。たぶん3000qはいっていると思います。

次のタイヤは、在庫している25cのタイヤから選びます。Fusion5がもう1セットあったはず。グランプリもあったかな。探してみます。

2020/8/11 07:29  [1740-4630]   

イタリアでは、ロックダウンは解除されたものの、まだまだいろいろな制約の中で生活していかなければいけません。そんな中で注目されているのが自転車。フランスで、自転車道の整備が進んでいるというニュースがありましたが、イタリアでは自転車の販売が前年比60%増とのことです。
https://cyclist.sanspo.com/525662

補助金が6割出る(最大で6万円)ということは、10万円の自転車が4万円で買えるということ。アルミやスチールのロードバイクだったら、これで十分でしょう。

2020/8/11 20:38  [1740-4631]   

手持ちのタイヤを確認しました。

Fusion5 23C 1セット
Fusion5 25C 1セット
グランプリ 23C 1セット(4000S2ではなくて普通のグランプリ)

ということで、Ridleyで使っているDT Swissのホイールで使えるのは、今までと同じFusion5でした。いいタイヤだし、これでいいかな。それよりも23Cのタイヤを付けているバイクにあまり乗らないので、23Cのタイヤが減りません。23Cはしばらく新しいのを買わなくて良さそうです。25Cのスペアは必要なので、次は25Cで何を買おうか思案中。

2020/8/11 21:18  [1740-4632]   

25Cのスペアタイヤは、シュワルベ ワンで決まりです。2371円。

しかし7500円以上買わないと、Wiggleの送料が無料にならないので、厚歯のチェーンとMTB用のブレーキワイヤーも一緒に買います。それでもまだ7500円に届きません。あと1100円くらい。

昨日は、東京大仏というのを見てきました。板橋区です。彩湖の近くです。白山通り(中山道、国道17号)で行くと20qちょっとくらいの距離です。荒川サイクリングロードで彩湖までが30qほどあるので、やっぱり直線的なルートの方が早いです。大仏自体はそんなに大きくはなく、むしろ小ささに驚きました。

2020/8/14 13:08  [1740-4633]   

シュワルベ マラソンの20インチ(406)というのがあるんですね。幅は1.75インチなので、アプレミディで使えます。価格的にはパナレーサーのパセラコンパクトと同じくらい。パンクのしにくさではやはりマラソンでしょう。それが売りですから。重量的にはパセラコンパクトの方が軽いはずです。

今アプレミディに付けているタイヤのウェットグリップが全然あてにならないので、やっぱり換えた方がいいかも。

2020/8/15 07:59  [1740-4634]   

↑シュワルベ マラソンですが、レビューとか見ているとウェットグリップはあまり良くないみたいです。でも今ついているタイヤよりは良いと思いますが。やっぱり20インチのタイヤはパナレーサー一択かな。

Ridleyのタイヤを交換しました。後ろタイヤはトレッド面が薄くなっているので、交換時期です。前タイヤはまだ使えないことはないですが、前後同時に交換するのがセオリーなので交換します。新しいタイヤは、前と同じ銘柄です。HutchinsonのFusion 5。ただし今度のはチューブレスレディとなっています。ビードがやや厚くなっています。といってもタイヤは嵌めやすいです。タイヤレバーなしで行けます。

これまで使っていたタイヤは、サイド部分のゴムに亀裂があります。しかし裏返してみると繊維はまったく問題ありません。

Hutchinson Fusion 5は、信頼できるタイヤに分類できます。最後1回パンクはありましたが、耐久性も問題ありません。グリップ性能も問題なし。乗り心地もマイルドで、ロングライドにも向きます。Merlincyclesでは、値段は高くなったものの、まだ取り扱いはしているようです。

ぼくのタイヤ評価では、一番信頼を置いているのはコンチネンタル。グランプリとグランプリ4000S2。硬質な走りの感覚も好きです。ミシュランは、言われているほど耐久性がないわけではありませんが、走りの性質がコンチネンタルとは違います。このあたりは好みの問題でしょう。上位グレードは気を使いますが、リチオンなんかは普段使いで使いやすいです。シュワルベも傾向としてはコンチネンタルのタイプです。パナレーサーは、ミシュランに近い感じです。耐久性は悪くないです。

ぼくの中で評価しづらいのはヴィットリアです。ルビノプロは、最初の頃は信頼していましたが、パンクが多くなったりスリップが多くなったり、生産時期によってムラが大きい気がします。なので最近は積極的に使う意味がなくなっています。ザフィーロも、以前より性能が上がったとも聞きますが、レビューによってまったく評価が分かれます。怖いもの見たさで試しに使ってみようかと思いましたが、やっぱりやめておいたほうが無難でしょう。

次期タイヤとしては、シュワルベ ワンを検討中。そんなに急がないのですが、問題は海外通販で在庫がいつまであるか。

2020/8/15 20:31  [1740-4635]   

連休最後の日、風張峠(都民の森)に行って来ました。武蔵五日市までは輪行です。ぼくの住んでいるところからだと、JR中央線快速の駅から乗ってもいいし、地下鉄東西線で中野まで出て、そこで中央線快速に乗り換えても行けます。時間的には2時間かかりません。運が良ければ、武蔵五日市まで直行の電車があります。

輪行でホイールをフレームに固定するのに、今回初めてマジックテープを使いました。これが実にいい。金具にベルトを通すこれまでのものと比較すると、作業が速いというのがひとつ。それから隙間ができないというのがふたつ目。つまり簡単にホイールとフレームをガタがない状態に固定できるわけです。マジックテープの固定力も十分です。固定は3か所で十分です。最近はペダルを外さないで輪行しています。それでかなり輪行のパッケージングが速くなりました。さらにこのマジックテープの使用により、輪行が苦にならなくなりました。

武蔵五日市の駅を降り、バイクを組み立て、すぐに出発します。西に向かって走ります。たまに下りが入るものの、ずっと登り基調です。ただし最初は緩やかでだんだん勾配がきつくなっていきます。檜原村役場を過ぎ、T字路を左に。しばらく行って都民の森への道が分岐するY字路を右です。ここから都民の森まで12qちょっと。さらに3q程先が風張峠です。ここから勾配が急になりますが、それでもせいぜい5%くらいです。それに緩急があるので、足を休めることもできます。登るに従って勾配がきつくなります。といっても10%はないので、インナー×24Tでシッティングが可能です。後半できついのは、緩急の幅が少なくなって、ずっと同じ負荷がかかってくることです。ダンシングをしてみたり、ロー(28T)にしてみたり、変化を付けようとしますが、基本的にはずっと耐えるしかありません。

暑いし、タイムは最初から諦めています。パワーでいうと150Wくらいです。苦しんだ割にはあまり出てないなというのと、終盤余力があまりなくなっていたのを考えると、そんなものかなというのと、でもやっぱりもう少し頑張らないといけないと思います。

風張峠の右側に風張林道への入り口があります。今はゲートが閉まっています。道路の崩落で通行禁止とのことです。

今日は新しくしたタイヤ、Fusion5での初めての走行でしたが、いいタイヤだというのを再認識しました。下りは踏まなくても50q/h出ます。でも全然不安がありません。全般に路面状態は良くて、極端に悪い路面はありませんが、それでも多少荒れた部分でも何事もなくこなしてしまう感じです。路面がいいときには硬質な感じで、路面に凹凸があるときには軟かくやり過ごします。でもダンピングが効いているので、柔らかさが力のロスになっている感じはありません。

それとカンパのコーラスのブレーキ性能のすごさも再認識しました。下りのトップスピードは50q/h以上になりますが、コントロール性はまったく問題ありません。どれだけ握ればどれだけ減速できるというのが、下っている勾配ごとにはっきりと伝わってきます。

今回ブレーキはいい仕事をしてくれましたが、ギアの方はいまいちでした。というのも部品が悪いのではなくて、整備が出来ていませんでした。インナーの時にローギアに入れるのがスムーズに行かないときがありました。普段インナーは使わないのでチェックできていませんでした。ディレーラーの調整はまた時間を見つけて行います。



2020/8/16 19:44  [1740-4636]   

カンパのリムブレーキですが、コーラスは1万円を切る値段でまだ手に入ります。いっそのことレコードにするのもありかも。今現在在庫なしですが、生産中止したわけではないと思います。手元にPotenzaをスペアとして持っていますが、これがコーラス並みの性能ならば、これを次期ブレーキとして使うのもいいと思います。本当はVeloceでも性能的に十分ですが、昨日の風張峠からのダウンヒルで、コーラスのフィーリングに感動したので、単純にこれは欲しいなと思いました。

2020/8/17 07:25  [1740-4637]   

Wiggleでの買い物の合計を7500円以上にするために、何かいっしょに買っておくべきものがないか探しているのですが、特に欲しいものってないですね。持ち物は十分足りている感じです。今回注文しようとしているパーツにしても、すぐ必要というわけではなくて、あくまでスペアです。シュワルベ・ワン、シングルスピードのチェーン、MTB用のブレーキワイヤー、ボトル。
ワイヤ以外は、高いものでもないので、他の通販で注文することもできます。

自転車バッグでこんなのを見つけました。スマートだし値段も安いしいいなと思ったのですが、ハンドルを外さないと収納できないタイプでした。なので輪行で使うのは難しいでしょう。ハンドルを外すだけならステムのネジを緩めればいいのですが、ブレーキやシフトのワイヤーがつながったままでは収納は無理だと思います。到着地でブレーキやシフトをじっくり調整できる余裕があるなら、こういうバッグを選ぶのはありです。

ちなみにバックの外形は、1250×800×220mmなので、三辺の合計は、2270o。輪行可能なサイズです。

2020/8/20 09:02  [1740-4639]   

今日は平日休み。久しぶりにラピエールに乗ろうと、タイヤの空気を入れて走り出しましたが、1qほど行ったところで後輪の空気が減っているのに気づきました。タイヤには何も刺さった痕跡はありません。携帯ポンプで空気を入れようとしました。初めは空気が入る手ごたえがあったのが、しばらくすると手ごたえがなくなって、空気が全部抜けました。

原因は、バルブがチューブから千切れてしまったこと。バルブとチューブとの継ぎ目がこんなにもろいとは。ありえない話です。チューブはコンチネンタル製です。自分の中でのコンチネンタルへの信頼が、ちょっと揺るぎました。チューブとバルブをつなぐ部分はけっこうデリケートで、これまでもこの周辺からの空気漏れというのはありました。でもバルブがそのまま取れてしまうというのは初めてです。

今後コンチネンタルのチューブを使うのは躊躇しますが、でも手持ちの在庫はコンチネンタルが多いというジレンマ。チューブはやっぱりミシュランかな。

いったん家に帰ってチューブを交換し、岩淵水門まで行ってきました。

2020/8/20 21:30  [1740-4640]   

↑パンクについてです。

空気が減っているのに気づいたときには、急激に空気が抜けるような状況ではありませんでした。タイヤに何か刺さっているか見てみましたが、異常はありません。空気を入れて様子を見ようと、携帯ポンプで空気を入れ始めたのです。その時にバルブをリムに固定するネジが緩んでいたので、手で回して締めました。それから空気を入れ始めたのですが、最初は空気が入っていく手ごたえがあったのが、途中から手ごたえがなくなりました。チューブから空気が抜けてタイヤはフラットになっています。バルブのネジがまた緩んでいます。何かおかしいと、このとき気づきました。それでバルブ部分のタイヤのビードを片方に寄せてみると、バルブがチューブからちぎれていました。

バルブをリムに留めるネジをそんなに強くしめたことはありません。緩まない程度に手で回してしめただけです。なのでこれはやっぱりチューブ自体の問題だと思います。

今後使うチューブですが、やっぱりミシュランにしようかと思います。パンクが少ないという点で一番信頼していますし、バルブにネジがそもそもないので、余計な心配をする必要もありません。


今日本屋で「バイシクルクラブ」の最新号を思わず買ってしまいました。奥多摩周遊道路の特集に惹かれて。先日行った都民の森は、奥多摩周遊道路の入り口にあたります。

2020/8/21 22:24  [1740-4641]   

久しぶりにWiggleで購入。シュワルベ ワン 25C 2本、KMCのシングルスピードのチェーン(厚歯)、ミシュランのチューブ3本、MTB用のブレーキケーブル2本、ボトル。以上で8265円です。送料は無料。

これらが全部在庫ありになっているタイミングで注文しました。そういえば、バーテープも消耗品なので注文しておいても良かったかなと、後で気づきました。

2020/8/22 22:31  [1740-4643]   

バイシクルクラブ10月号の奥多摩特集ですが、浅間坂は出てきますが、風張林道は出てきません。あえて避けているような感じ。普通風張峠の裏道として紹介するなら、浅間坂ではなくて風張林道でしょう。

風張林道は、必ず挑戦しますが、今はがけ崩れで通行止めらしいので、復旧待ちです。季節は11月がベストだと思います。たぶん。12月になると路面の凍結とかがありそうなので。

武蔵五日市は、輪行で行きやすいのがわかったので、武蔵五日市を起点にしてルートを組めば、あのあたりは全部制覇できそうです。

2020/8/25 21:59  [1740-4645]   

ラピエールのリアブレーキを、VeloceからPotenzaに交換しました。ワイヤーはまだつないでいません。Potenzaは、Chorusと同様のスケルトンタイプです。

以前のVeloceは、アームの長さが微妙に短くて、ブレーキシューを一番下にしても、リムと接触する部分がタイヤ寄りになっていました。タイヤに干渉することはないものの、ちょっと気持ち悪い感じでした。Potenzaではブレーキシューとタイヤとのクリアランスは余裕があります。

あとは効きがどれくらいかです。Potenzaの方が上位グレードなので、悪くなるということはないでしょう。いずれフロントも交換する予定です。

2020/8/26 07:34  [1740-4646]   

空気が乾いていてすごしやすそうなのに、気温が高くて汗をかくので、結局蒸し暑いのと同じ。ラピエールで岩淵水門まで行ってきました。交換したリアブレーキのフィーリングを見たかったのですが、まだシューの当たりがついていなくて、効きはいまいちです。それでも帰りにはだいぶ効くようにはなりましたが。リアブレーキは長い下り坂以外であまり使う機会がないので、慣らしにも時間がかかります。

今日はツール第2ステージ。昨日の落車の影響が出ていないといいのですが。ジルベールもリタイアしたみたいです。

2020/8/30 20:36  [1740-4650]   

Vittoriaからシティサイクル向けタイヤが発売。Vittoria タウニー。見た目は、なかなか精悍です。レビューによれば、重量が大きい以外が良いタイヤのようです。値段も手ごろなので、選択肢に入れてもいいかもしれません。

2020/8/31 22:21  [1740-4652]   

Wiggleに注文しておいたパーツが今日届きました。

シュワルベ・ワンは、かなり凝ったパッケージングです。今回は全部消耗品です。タイヤ、チューブ、ワイヤー、ボトル、チェーン。

2020/9/4 22:27  [1740-4657]   

平日休みだったので、久しぶりにランド坂に登りました。2回登りましたが、タイムは全然だめです。暑さのせいだけではないでしょう。やっぱり登坂能力が落ちている感じです。ホイールがレーシングゼロだからまだましだったのかもしれません。他のホイールだともっと踏み込みが重たかったはずです。

2020/9/9 21:39  [1740-4662]   

 α→EOSさん  

いいですね〜
レーゼロと聞くだけでなんだか速くなるような気分になります。

イタリアのタマちゃんさんはカーボンフレームには乗らないのですか?
中華なら安いのがありますよね、たとえばこれ
www.amazon.co.jp/dp/B07516HHNR
とか、ねじ切りBBで整備性も良さそうで、前から欲しいと思っているのですが、
今乗っている自転車がぜんぜん綺麗で元気に動いているのに買い換えるのも気が引けるという性格なので、買えていません。

単純に軽くなれば登りは(ちょっとだけ)有利です。
カーボンフレーム欲しいなあ。

2020/9/10 20:00  [1740-4663]   

今現在、アルミフレーム2台、スチールフレーム1台(ただし実家保管)を持っていて、これで十分かなと思っています。カーボンフレームを買うとしたら、FDJのピノがツールで総合優勝したときですが、可能性は少なそう。今年はピノがツールを取るチャンスだったのですが、第1ステージでの落車で受けたダメージにより、総合から脱落です。

レーシングゼロは、もちろん体力があるときに踏んだら、圧倒的な加速力を発揮しますが、今回気が付いたのは、足が終わった状態でも、その踏み込みの軽さにより、なんとか登れるということです。でも路面の細かい振動を拾うので、荒れた路面での乗り心地は悪いです。最近25Cの快適さに慣れてしまっているので、乗り心地には敏感になります。

2020/9/11 00:03  [1740-4664]   

この前ランド坂に登った時に、下りでPotenzaのリアブレーキの感触を確かめました。効きはいいです。ただコントロール性はVeloceの方が良かったかも。キャリパーの剛性はもしかしたらVeloceの方が高いのかもしれません。グレードとしてはPotenzaの方がVeloceより上ですが、実勢価格はあまり変わりません。やはり価格が性能を評価する指標として機能しているということでしょうか。Chorusはまた別格です。都民の森からの下りでそれは実感しました。

Merlincyclesでレコードがこの値段で出ています。買うべきかどうか。

2020/9/15 23:12  [1740-4669]   

今日は平日休み。でも雑用で時間を取られてしまったので、軽く岩淵水門まで走りました。

ツールは今日が山岳最後のステージ。ログリッチェがそのまま行きそうですが、昨日の疲れが出ないかどうかがちょっと心配です。

2020/9/17 21:02  [1740-4671]   

返信数が100件を超えると、このスレッドには返信できなくなります



ツール・ド・ラ・プロヴァンスで、アルケア・サムシックに移籍したキンタナが総合優勝。
https://www.cyclowired.jp/news/node/3196
04


キンタナ、調子がいいみたいです。今年はツールを狙ってくるでしょう。もう一花咲かせられるかどうか。楽しみです。

2020/2/17 21:07  [1740-4400]   

今年の主なレース

2020/03/07 ストラーデビアンケ
2020/03/08〜2020/03/15 パリ〜ニース
2020/03/11〜2020/03/17 ティレーノ〜アドリアティコ
2020/03/21 ミラノ〜サンレモ
2020/03/29 ヘント〜ウェヴェルヘム
2020/04/01 ドワーズ・ドール・フラーンデレン
2020/04/05 ロンド・ファン・フラーンデレン
2020/04/06〜2020/04/11 イツリア・バスクカントリー
2020/04/12 パリ〜ルーベ
2020/04/19 アムステルゴールドレース
2020/04/22 フレーシュ・ワロンヌ
2020/04/26 リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ
2020/04/28〜2020/05/03 ツール・ド・ロマンディ
2020/05/09〜2020/05/31 ジロ・デ・イタリア
2020/05/31〜2020/06/07 クリテリウム・デュ・ドーフィネ
2020/06/07〜2020/06/14 ツール・ド・スイス
2020/06/27〜2020/07/19 ツール・ド・フランス
2020/08/14〜2020/09/06 ブエルタ・ア・エスパーニャ
2020/10/10 イル・ロンバルディア

2020/2/19 00:20  [1740-4401]   

コロナウィルス、自転車界にも波及してきました。
https://www.cyclowired.jp/news/node/3206
20


3月からヨーロッパのレースシーズンに入るわけですが、開催中止になるレースも出てくるかもしれません。

2020/3/4 20:29  [1740-4415]   

ストラーデビアンケも中止
https://www.cyclowired.jp/news/node/3207
62


選手と観客との濃厚接触はなさそうだし、あるとすれば観客同士の濃厚接触? あるいは選手とチームスタッフとの濃厚接触はあるかも。

2020/3/5 21:58  [1740-4416]   

ティレーノ〜アドリアティコとミラノ〜サンレモ、ジロ・ディ・シチリアの開催が延期。
https://www.cyclowired.jp/news/node/3208
25


イタリアは今、感染の拡大防止に必死になっているので、開催延期は仕方ないでしょう。

2020/3/6 22:06  [1740-4417]   

パリ〜ニース第1ステージは、アラフィリップとベノートを抜いたボーラ・ハンスグローエのマキシミリアン・シャフマンが勝利。アラフィリップは3秒差の4位ですが、出足としてはいいと思います。クラシックレースで上げていき、ツールをベストコンディションで迎えてほしい。

2020/3/9 20:38  [1740-4419]   

パリ〜ニース第2ステージは、NTTプロサイクリングのジャコモ・ニッツォーロ。

アラフィリップはパンクで遅れてしまい残念。ピノも出てたんですね。ピノにも頑張ってほしいところ。

2020/3/10 19:31  [1740-4420]   

パリ〜ニース第3ステージは、ペテル・サガンとイバン・ガルシアのスプリント勝負。勝ったのはガルシア。

フランスにも踏切での停車があるんですね。

2020/3/11 07:41  [1740-4421]   

パリ〜ニース第6ステージは、終盤にアタックしたサンウェブのティシュ・ベノートが逃げ切りで勝利。パリ〜ニースは第8ステージがコロナウィルスの影響で中止になったため、第7ステージが最終日です。現在総合1位は、シャフマン。36秒差でベノート。1分1秒差でイギータとグロスチャートナー。以下、マシューズ、ニバリ、モラール、ピノの順。ピノが1分30秒差です。チャンスはまだありそうです。

ジロ・デ・イタリアも延期が発表されました。残念ですが、イタリアは今それどころではない状況です。

2020/3/15 08:23  [1740-4424]   

第8ステージが中止になったため、第7ステージが最終ステージとなったパリ〜ニース。最終ステージで圧倒的な力を見せたのはキンタナでした。総合はシャフマンがかろうじてリードを守り抜きました。

ベルギーで開催されるクラシックレースは4月初めまで中止になったようです。

2020/3/16 07:41  [1740-4426]   

ロンド・ファン・フラーンデレン、パリ〜ルーベ、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュなどの4月のレースも延期が決定。クラシックレースはほぼ全滅です。ジロはすでに延期が発表されているので、次に焦点となるのは、やっぱりツール・ド・フランスです。

2020/3/18 09:48  [1740-4430]   

過去のレースの動画配信が始まるようです。
https://www.cyclowired.jp/news/node/3224
46

2020/4/12 16:15  [1740-4460]   

ツール・デ・フランドル2010
https://www.youtube.com/watch?v=QuZjdPZS
RuQ


ボーネンvsカンチェラーラ。伝説と呼ぶにふさわしいレースです。カペルミュールを登り始めるまでは、ボーネン有利と見られていました。それがカペルミュールの登り終盤でカンチェラーラがアタックし、一気にボーネンを引き離します。頂上を超えた後の下りと平坦は、単独走なのでカンチェラーラの圧倒的な有利。ここでさらに差をつけてゴールにフィニッシュ。

坂は、登りきる手前が勝負どころで、ボーネンももちろんそれは意識してるはずですが、アタックしたカンチェラーラの後ろに付けなかった時点で、勝負が決まってしまった感じです。

カンチェラーラの電動アシスト疑惑が噂されたレースですが、それくらいあのアタックはすごかったということです。

2020/4/13 20:57  [1740-4462]   

UCIがレーススケジュールを組み替えて発表しました。
https://www.cyclowired.jp/news/node/3235
43


8月1日のストラーデビアンケからレース解禁です。主なクラシックレースは10月に配置されています。ツールが8月29日から、ジロが10月3日から、ブエルタが10月20日からです。過密なスケジュールです。ジロとブエルタは重なるので両方に出場はできません。ツール終了後2週間も置かずにジロがスタートですが、これも両方出場は難しいと思います。その間にクラシックレースが入ってくるので、選手は、出場するレースを絞ってくるでしょう。誰がどのレースを狙ってくるかも興味深いところです。

2020/5/6 13:10  [1740-4485]   

「チームを3グループに分ける」
https://www.cyclowired.jp/news/node/3243
94


ロット・スーダルのコロナウィルス対策です。ジロ班、ツール班、ブエルタ班の3つでしょうか。3つのグループが常に別行動を取っていれば、仮に選手やスタッフの感染が判明しても、チーム全体が活動を一時休止することは避けられるかもしれません。

2020/5/25 23:15  [1740-4509]   

マスとバルベルデはツール&ブエルタ、ソレルはジロ
https://www.cyclowired.jp/news/node/3249
39


モビスターのグランツールエースが発表されました。ツールとブエルタは、マスとバルベルデのダブルエース体制。楽しみです。

2020/6/7 07:40  [1740-4526]   

アダムとサイモンのイェーツ兄弟が所属するミチェルトン・スコットが、スポンサー変更により「チーム マヌエラ フンダシオン」に改名。ミチェルトン・スコットで慣れ親しんできたので、この変更はちょっと残念。「フンダシオン」の語呂も良くない。どうしたって「ふんどし」を連想します。

2020/6/15 22:12  [1740-4545]   

フルーム、今季限りでチームエネオスを離れる。
https://www.cyclowired.jp/news/node/3263
93


フルームとチームの両者の思惑が一致したということでしょう。チームとしては、ベルナルを初めてする若手に引き継ぎたいところでしょうし、フルームはグランツールでさらに勝利を重ねるために単独エースを当然希望しているでしょう。だとすれば、単独エースとして迎え入れてくれる別のチームに移籍した方が、両者ともすっきりします。あとフルームに昨年の怪我の影響がどれだけあるかです。年齢的にもそろそろというところですが、もう一花咲かせて欲しいものです。

2020/7/9 19:31  [1740-4576]   

ストラーデ・ビアンケは、ユンボ・ヴィスマのワウト・ファンアールトが圧勝。
https://www.cyclowired.jp/news/node/3278
09


アラフィリップの2連覇はならず。コロナでだいぶ遅れましたが、いよいよ本格的にシーズン入りです。月末にはツール・ド・フランスが始まります。

ストラーデ・ビアンケの女子では、ミチェルトン・スコットのアネミエク・ファンフルーテンが2連覇達成。
https://www.cyclowired.jp/news/node/3277
99


こちらもすごかったです。

2020/8/2 20:49  [1740-4619]   

ツール・ド・ポローニュ第1ステージ、ゴールスプリントでの集団落車。
https://video.repubblica.it/sport/ciclis
mo-terribile-caduta-al-giro-di-polonia-g
rave-l-olandese-jakobsen/365217/365770


ディラン・フルーネウェーヘンがファビオ・ヤコブセンを押し出したとか走路をふさいだとか書いている記事もありますが、実際のところはよくわかりません。たしかに走路はふだいでいるように見えますが、フルーネウェーヘンが意図的にそうしているようには思えません。

ともかくヤコブセンの回復を祈りたいと思います。

2020/8/6 22:01  [1740-4625]   

ミラノ−サンレモも、ファンアールト。
https://www.cyclowired.jp/news/node/3283
68


アラフィリップ、今回は調子が良かったのに、ファンアールトがさらにその上を行った感じです。先週のストラーデ・ビアンケの続いての2連勝。この強さは本物です。ツール・ド・フランスの台風の目になるかも。

2020/8/9 13:13  [1740-4629]   

ツールでのイネオスのエースはベルナル
https://www.cyclowired.jp/news/node/3289
91


フルームとトーマスの調子がいまいちというのもありますが、チームとしては若手を使っていきたいということでしょう。フルームはブエルタに出場予定。これがイネオスでのフルームの花道ということなんでしょう。

今年はコロナのためにレースの日程も変則的ですが、各チームにとっては思い切った布陣を試すチャンスかもしれません。グルパマFDJは、ツールではピノをエースに総合だけを狙うようです。なのでメンバーにはスプリンターが入っていません。ピノにはぜひがんばって欲しい。

2020/8/19 22:31  [1740-4638]   

アダム・イェーツがイネオスに移籍
https://www.cyclowired.jp/news/node/3291
07


他のチームに移籍すること自体は驚きませんが、よりによってイネオスに。というのは、ベルナルとキャラが被るから。イネオスとしては、来期はフルームがいなくなり、トーマスの契約期間があと1年なので、再来年以降も見越して、チームの戦力強化と若返りを図るという意味では、アダム・イェーツの獲得はプラスだと考えているのでしょう。チームに、グランツールのエース級を複数持つというのは、メリットは大きいけど、デメリットも伴います。結果は来期にならないとわかりませんが。

2020/8/22 13:26  [1740-4642]   

ツールの開幕を前に、ツールの歴史のおさらい。まずは80年代から90年代。
https://cyclist.sanspo.com/535887

このあたりはぼくは自転車に全然興味がなかったので、リアルタイムでは選手の名前はほとんど知りません。知ってたのはパンターニくらいかな。今振り返ってみると、レースの歴史では面白い時代だったんだとわかります。イノ―対レモンのように、ライバルがいることでレースシーンは盛り上がります。インドゥラインの5連覇、アームストロングの7連覇(後に抹消)と、一強の時代もそれはそれでいいのですが、やっぱり二強とか三強の時代の方が見ごたえはあります。

2020/8/25 20:23  [1740-4644]   

ツールの歴史の後編です。
https://cyclist.sanspo.com/535938

2000年代はドーピングの全盛期。2010年はコンタドールとアンディ・シュレクの一騎打ちでコンタドールが勝ちましたが、後にドーピングを理由に失格になっています。ツールがなんとかクリーンなイメージを取り戻したのは2010年代。そしてスカイ勢の総合優勝独占が続いて現在に至ります。

話は変わりますが、アラフィリップも出るんですね。今年はクラシックをメインにすると思っていました。マスを放出してしまったので、今年のクイックステップは、総合を狙えるチームではないような気がします。となるとアラフィリップもステージを狙ってくるのでしょうか。

2020/8/27 06:55  [1740-4647]   

待ちに待った2020年ツール・ド・フランス開幕。第1ステージは集団スプリントでUAEエミレーツのクリストフ。

それにしても雨で路面が濡れていて、スリップによる落車続出でした。落車とタイムアウトで、2人がレースを去っています。動画を見ていると、カーブを曲がり切れずに道路端の壁に激突するシーンがありますが、タイヤがロックしてしまいブレーキが効かない状態なのだと思います。

第2ステージから少しずつ山が増えていきます。総合順位争いはこれからです。

2020/8/30 07:25  [1740-4649]   

ツール第2ステージ、アラフィリップが優勝。2位ヒルシ、3位アダム・イェーツ。

残り13qでアラフィリップがアタック。最後は3人でのスプリント。アラフィリップにとっては今季待望の勝利。総合ではなくてステージに照準を合わせているようなので、今後も山岳は狙ってくるでしょう。

アダム・イェーツも今期はステージ優勝狙い。レースを面白くしてくれそうです。総合勢は2週目あたりからレースに絡んできそうです。

2020/8/31 07:34  [1740-4651]   

ツール第3ステージ。前半は山岳賞争い。ゴールは集団スプリントでロット・スーダルのユアン。向かい風スプリントには強い。ベネットを後ろからマークして最後にかわしてゴール。

2020/9/1 07:13  [1740-4653]   

ツール第4ステージ、1級山岳の頂上フィニッシュ。ステージ優勝はログリッチェ、2位ポガチャル、3位マルタン。アラフィリップは5位で、総合首位を守る。

ユンボ・ヴィスマが早くを仕掛けてきました。デュムランで来るかと思いましたが、ログリッチェでした。ログリッチェの方が調子がいいんでしょう。ファンアールトが強力なアシスト。

UAEのポガチャルもこれから目を離せなくなりそうです。

2020/9/2 13:14  [1740-4654]   

ツール第5ステージは、サンウェブが理想的なゴールスプリントの体制に持って行ったかに見えましたが、ユンボ・ヴィスマのファンアールトがボルをゴール直前でかわして勝利。ユンボ・ヴィスマ、勢いに乗っています。

レース自体は動きがなく、総合順位の変動はないはずが、アラフィリップが補給の規定違反のペナルティーを課せられてマイヨジョーヌ陥落。繰り上げでアダム・イェーツが現在総合首位。

2020/9/3 06:37  [1740-4655]   

ツール第6ステージは、スタートから全体の3/4までは平坦。終盤が山岳で、山頂フィニッシュ。

高速ペースで始まり、そこから8人が逃げる。逃げグループから山岳でアスタナのルツェンコが抜け出し、独走優勝。55秒差の2位がエラダ。3位ファンアーヴェルマート、4位ポーレスと続きます。この4人が逃げ切り。その後アラフィリップを先頭にメイン集団がゴール。

総合順位は動きません。山岳でもう少し展開があるかと思いましたが、総合勢は無理はしなかったようです。

2020/9/4 07:48  [1740-4656]   

ツール第7ステージは、翌日に第1週の一番大事な山岳の戦いを控えているので、もっとおとなしくなると予想していましたが、ボーラ・ハンスグローエががスタートからハイペースで引っ張ります。サガンのマイヨヴェールのために、他のスプリンターを振るい落とす目的です。総合勢にとっては迷惑な話ですが、他チームもこれには反応せざるをえません。

目論み通り、ベネットやユアンは脱落。ゴールスプリントでもサガンに勝たせるはずでしたが、スプリント直前のチェーン落ちという結末でした。

ゴールスプリントで勝ったのはファンアールト。2勝目です。

総合勢には動きがありました。上位は変わらずですが、横風による分断で、ポガチャル、ランダ、モレマ、ポート、カラパスたちが1分以上の遅れ。去年は、この横風による分断でグルパマFDJが後方に取り残されてしまいましたが、今年は無事切り抜けています。

2020/9/5 07:30  [1740-4658]   

ツール第8ステージ、ピノが終わりました。第1ステージでの落車のダメージが、見た目以上に大きかったのでしょう。2年連続でこんな形になってしまった(今年はまだリタイアはしていませんが)のは残念です。

ザカリンがいいところまでいきました。登りは良かったです。下りがもう少し上手かったからステージ優勝していたでしょう。ステージ優勝は、ピーターズ。

あと昨日遅れたポガチャルが、遅れを40秒取り戻しました。若いので回復も早いのでしょう。まだまだ中盤と終盤に期待できます。

2020/9/6 19:27  [1740-4659]   

休養日前のツール第9ステージ、早速ポガチャルがやってくれました。驚異的な回復力です。ゴールスプリントを制してステージ優勝。2位はログリッチェ、3位は、逃げていたヒルシ。ヒルシは第2ステージでも逃げていて、2位に入っています。長い坂もいけるみたいなので、今後が楽しみです。

総合勢の調子がはっきりしました。ログリッチェとベルナルが好調。アダム・イェーツが調子を落としてきています。まあ最初から総合狙いではなかったので、もともとのステージ狙いに戻るでしょう。バルデもいい位置につけています。ポガチャルは首位と44秒差までタイムを取り戻しました。

2020/9/7 07:04  [1740-4660]   

休養日明けのツール第10ステージ、完全平坦コース。サム・ベネットがユアンの追撃をかわしてやっと勝利。総合は変化なし。

今日の第11ステージも集団スプリントになるでしょう。

2020/9/9 08:08  [1740-4661]   

ツール第11ステージはゴールスプリントでユアン。

サガンは明らかに反則でしょう。3年前のカヴェンディッシュを落車させた際には、カヴェンディッシュが無理筋で突っ込んできたのもあって、サガンだけの問題ではなかったのですが、今回はファンアールトに横から当たりに行っているので、故意なのは明らかです。これでサガンに対する興味はなくなりました。


ツール第12ステージは、ヒルシがやっとステージ勝利を掴みました。2位に47秒差をつけて逃げ切り。これまでのステージでも逃げを敢行しています。新しい時代の「逃げ屋」の称号にふさわしいかも。

2020/9/11 06:32  [1740-4665]   

第13ステージ、頂上ゴールは、マルティネスが逃げ切り勝利。上位は逃げグループ。終盤でメイン集団もだいぶばらけました。ログリッチェとポガチャルは同時ゴールなのでタイム差は変わらず。他の総合勢が遅れた形です。ポガチャルが総合2位に浮上。遅れたベルナルは3位でした。

今日の第14ステージは、山を越えた後の下りと平坦が長いので、普通にいけば集団スプリントですが、仕掛けてくるチームがあるかどうか。

2020/9/12 12:54  [1740-4666]   

ツール第14ステージ、ボーラが第7ステージと同じ作戦に出ました。ゴールスプリント以前に、ライバルのスプリンターを脱落させるため、登りでペースアップ。ユアンやベネットは脱落。サガンのポイントは増やしましたが、ステージ優勝はボーラの思惑通りにはならず、サンウェブのクラーウアナスンが取りました。最終盤に関してはサンウェブの作戦勝ちです。残り3qからアタックしたクラーウアナスンが2位以下に15秒差をつけて独走。ヒルシといい、クラーウアナスンといい、サンウェブはいい選手を育てています。

総合勢は部分的なアタックはあったものの、最終的にはタイム差の変動はなしでした。

2020/9/13 09:51  [1740-4667]   

休息日前のツール第15ステージ、超級山頂フィニッシュは、ポガチャル、ログリッチェのワンツーフィニッシュ。登りで遅れて、総合圏外に落ちてしまったベルナルやキンタナと明暗がはっきり分かれました。ロペスとポートは調子を上げてきています。

逃げ切れませんでしたが、ロランの走りも良かったです。

ベルナルとキンタナが遅れたのは、たまたま「バッドデー」だったのかもしれませんが、今年のツールのコース設定が原因のような気もします。本来なら第15ステージのような山頂フィニッシュは彼らの得意とするところですから。今年は例年になく山岳ステージが多いのですが、それがクライマーに有利に働いていません。山岳ステージが増えた分、スプリンターの狙えるステージは減ります。活躍の場が減ったスプリンターが、数少ない平坦の場面でポイントを狙ってペースを上げます。そうした平坦でのスピードアップに、ピュア・クライマーが苦しめられていると言えるのではないでしょうか。得意とする登りにたどり着く前に、既に平坦での平均スピードの高さに疲れ切ってしまっているということでしょう。山岳ステージを増やしたことが裏目にでています。

2020/9/14 22:02  [1740-4668]   

ツール第16ステージは、逃げグループからケムナがアタックして、最後は独走勝利。

そして注目の最難関ステージ、第17ステージ。アラフィリップ、カラパス、イサギレは、最後の超級山岳まで逃げたものの、結局吸収。超級の登りで集団がばらけはじめると、ロペスがアタックして、そのまま逃げ切りました。15秒差でログリッチェが2位、ログリッチェと15秒差の3位がポガチャル。

ロペスが見せ場をつくりました。やはり急勾配の長い登りはロペスの独壇場です。ログリッチェがここまで登れるというのは意外でした。ここはやっぱりポガチャルを抑えておきたかったのでしょう。

2020/9/17 08:35  [1740-4670]   

山岳最後となるツール第18ステージ。クフィアトコフスキとカラパスのイネオス勢がワンツーフィニッシュ。総合上位は、途中でアタック合戦があったものの、最後は集団でゴール。ログリッチェとポガチャルのタイム差はそのまま。

逃げグループにはヒルシがいたのですが、下りで落車して遅れました。この落車がなかったら、最後までイネオスの2人と渡りあっていい勝負に持ち込めたはずなので、残念です。

2020/9/18 07:31  [1740-4672]   

ツール第19ステージは、第14ステージに続いて、独走でクラーウアナスン。

インタービューだと、サンウェブはボルのスプリントを想定していたようですが、クラーウアナスンの逃げグループからのアタックに切り替えたようです。

序盤はドゥクーニンクのカヴァニャが逃げますが、メイン集団は落ち着いたペース。集団スプリントのゴールを想定した動きです。流れが変わったのは、中間ポイントを過ぎてから。残り30qでサガンらが飛び出し、12名の先行グループをつくります。総合勢がいるメイン集団は、もう先行グループを追いかけません。サガンは、集団スプリントではベネットに勝ち目がないので、30qを残してアタックし、ベネットを振るい落とそうという魂胆でしょう。しかし、ベネットは全然遅れる気配なし。アシストの付かない白兵戦に持ち込めば勝てると踏んだサガンにとっては誤算でした。そしてもうひとつの誤算は、アシストなしの状態では、他のチームの選手にも平等に勝利のチャンスが生まれることをサガンが忘れていたことです。残り16qでサンウェブのクラーウアナスンがアタックすると誰も追えません。クラーウアナスンは2位のメズゲッツに53秒差をつけてゴール。ベネットは8位、サガンは9位でした。サガンが仕掛けた戦いですが、最後に笑ったのはベネットでした。マイヨヴェールは確定でしょう。

2020/9/19 19:36  [1740-4673]   



明けましておめでとうございます。

昨年はちょっと自分のなかでの自転車の優先度が低くなっていたのかなと反省しています。ずっと参加してきたTANTANロングライドに出られなかったということも影響しているかもしれません。モチベーションを維持するためにも目標設定は必要だと思います。

今年は佐渡ロングライドとTANTANロングライドに参加します。佐渡は申込済みです。あとは宿を確保するだけ。

機材については、大きな変化(フレームとか)はないでしょう。たぶん。昨年末に輪行をいくつか試してみて、輪行もそんなに面倒ではないなという感触が得られたので、埼玉、茨城、千葉あたりにテリトリーを広げていこうと考えています。

2020/1/1 07:57  [1740-4352]   

Look - AC 364 Heritage フレームセット
このフレーム、欲しい。(笑)

以前13万円くらいでネットで出ていましたが、そのときはメッキフォークでラグフレームでした。同じ形状でディテールのつくりを変えて出してきたということでしょうか。

それと、去年の最後の書き込みで、フルクラムのRacing Sportが2:1ではないと書きましたが、Racing Sportは3×8=24本の2:1です。2:1でないのはリムブレーキ仕様のRacing5とRacing6です。

2020/1/1 08:19  [1740-4353]   

今日の午後、Ridleyのリアブレーキのインナーワイヤーを交換しました。交換したら、それまでの引きの重さが嘘のように、以前の軽い引きが復活しました。

古いワイヤーが錆びていたわけでもなく、ワイヤーをキャリパーから外して、レバーを引きながら抵抗を感じてみても、違いはほとんどわからないくらいです。でもキャリパーをつないで、実際にレバーを引いてキャリパーを動かしてみると、違いは歴然です。アウターワイヤーは変更していません。なので、アウターワイヤーに起因するわけではないですし、ワイヤリングに起因するわけでもありません。不思議ですが、実際そうでした。ワイヤーにはケーブルグリスを塗りましたが、これは前回もそうしているので条件は同じです。

ホイールの振れですが、やっぱり気になります。時間があるときに、ダメ元で振れ取りをしてみようと思います。スポークレンチのサイズは合うのを持っています。振れ取り台は、実家から持ってきたとしても固定する場所がありません。なので、リアホイールをバイクに付けたままの状態で、ブレーキシューを基準にしてやってみようと思います。今より改善されればそれで十分です。

2020/1/1 19:30  [1740-4354]   

Ridleyのリアホイールの振れ取りをしました。スポークテンションはそんなに高くないのか、ニップルはすんなり回ります。一番が振れが出ている箇所を中心に、振れが収まる方向のスポークのニップルを締めていきました。完璧とは言えませんが、まあ気にならないところまで振れは解消しました。リアブレーキのかかりもスムーズです。しばらくこれで様子を見ます。

2020/1/4 14:58  [1740-4355]   

連休最終日。岩淵水門から帰る本郷通りを、不忍通りで西にまがってBコースへ。

荒川サイクリングロードは北風でした。ずっと向かい風の中を走りました。LSDトレーニングにはいいかもしれません。白鷺坂は信号停止でタイムは伸びませんが、なかなかいい感触で走れました。目白新坂は350W出ました。東富坂も悪くない感じです。コンディションは戻ってきた感じです。

2020/1/5 20:45  [1740-4356]   

 monozuki5995さん  

昨日は神戸伊勢200kmに参加してきました。伊勢内宮はにぎわっていました。
最近購入した"CHROME TRUK" シューズで不安もあったのですが大丈夫でした。
シューズ底が厚いのでサドルは5mmほど上げてちょうどです。
早朝スタートと曇りで奈良三重の山間部は寒かったです。

2020/1/5 20:52  [1740-4357]   

monozuki5995さん

新年早々いきなり200qですか。すごいですね。
昨年末に霞ケ浦に行った時も、日中は日差しがあって暖かいのですが、帰りの電車をホームで待っているときが寒かったです。温度差があるのがきついです。

厚底シューズって、マラソンでも流行っているみたいですが。ロングライドの場合、衝撃吸収性はある程度あったほうがいいんでしょうね。あとバイクの場合は、厚底の方がソールの反りが少なくて、足が疲れにくいというのもあるかもしれません。

2020/1/6 07:21  [1740-4358]   

Primeのホイールのレビューがありました。
https://www.youtube.com/watch?v=mnFXSbyz
wbE


前半ではコスパの良さを持ち上げています。後半のインプレでは、結局「可もなく不可もなく」という結論。個性という点では物足りないのかもしれません。

DTのホイールも似たような感じです。個性で選ぶなら、やっぱりカンパとかフルクラムになるのかなと思います。

2020/1/8 22:55  [1740-4359]   

平日休みで、まあまあ暖かいので、Recing3のフリーボディの交換をしました。

写真左は、交換前のフリーです。カンパ用です。溝が深いのが特徴。
写真中は、フリーボディの外し方です。17oのスパナと5oのアーレンキーで外します。ネジは逆ネジです。
写真右は、フリーボディを外したところ。グリスが汚れていました。

フリーボディをシマノ用に交換しました。これでRacing3(リアホイルのみ)をRidleyのスペアホイールとして使うことができます。

2020/1/9 13:20  [1740-4360]   

午後は荒川サイクリングロードへ。岩淵水門往復コースです。距離は52qちょっとなので、京都に住んでいた頃の琵琶湖大橋を回ってくるコースとほぼ同じです。ただ琵琶湖の場合は、京都と滋賀の間の逢坂峠越えがありますが、荒川へ行くまでには峠的なものはないです。

北風なので、行きは向かい風を受けて走ります。20q/hまでスピードが落ちることもあります。足を止めると失速するので、とにかく足を動かしていなければなりません。足を動かし続けるトレーニングにはなります。逆に帰りはほとんど踏まなくても30q/h、ちょっと踏めば40q/h出るくらいの追い風です。ギアは15Tくらいが楽ですが、19Tのままであえて足を止めずに回し続ける練習をしました。

2020/1/9 21:03  [1740-4361]   

B.B.BASEが2月末まで割引料金。
https://www.cyclesports.jp/topics/14079/


とはいってもまだまだ高い。一度は体験したいので、この機会に乗るというのもありかもしれませんが。「えきねっと」から予約するみたいです。ぼくはまだ加入してないですが、先日上越新幹線の自由席が満席で1時間20分くらい立っていました。スキーシーズンなのでしかたないです。ネットであらかじめ指定席を予約できるのだったら、加入しておいたほうがいいかもしれません。東海道・山陽新幹線の「スマートEX」はすでに使っていますが、なかなか便利です。自由席を利用するときもネットで支払いができ、ICカードで改札を通れるので使い勝手はいいです。

今日は午後時間が空いたので、Bコースを走りました。中央通りの秋葉原のあたりが歩行者天国で規制がかかっていたので、弥生坂はスルーしました。

白鷺坂:335W 1分4秒
目白新坂:364W 56秒
東富坂:388W 32秒

まあまあいい感じですが、東富坂はわずか30秒なので、400W以上出ないとだめでしょう。

2020/1/12 19:08  [1740-4362]   

仕事で新潟に行って来ました。自由時間があまりなかったのですが、とりあえず万代橋には行きました。佐渡に渡るフェリーは、高層ビル(ホテル日航新潟)のすぐ先の港から出ます。(写真左)

佐渡での宿はまだ取れてません。予約開始は通常3カ月前なので、2月17日が勝負になりそうです。ユースホステルはありますが、離れているので無理そう。ゲストハウスとかはないみたいです。ネットで見ると1泊5000円くらいの宿もありますが、まあ1万円以内なら良しとすべきでしょう。

2020/1/13 21:51  [1740-4363]   

B.B.BASEには4つの路線があります。

内房(館山):片道3900円 往復6200円
外房(勝浦):片道3900円 往復6000円
佐原:片道3700円 往復4900円
銚子:片道3700円 往復5000円

往復料金が片道料金の2倍ではないというのが面白いです。それと距離に応じた料金というわけでもなさそうです。銚子と館山は、東京からの距離はどちらも120q台で、そんなに違いがあるわけではありません。なのに銚子の方が断然安くなっています。

行くのなら銚子かなと思います。目指すは屛風ヶ浦。

2020/1/14 21:33  [1740-4364]   

↑屏風ヶ浦の「屏」は、旧字体だと環境依存で表示できないようです。

B.B.BASEですが、2月1日の銚子コースを予約しました。一番寒い時期ですが、行き帰りが電車なのでそんなに心配はないでしょう。料金は往復で5000円。2月末までの特別料金です。普通の往復料金は4000円くらいなので、リーズナブルです。

今日は午後時間があったので、Bコースに行って来ました。通常のBコースよりちょっと変則ですが、弥生坂、白鷺坂、目白新坂、東富坂の4つの坂は網羅しています。信号停止があったり、工事中でスピードを落としたりで、stravaの出力の数値は良くないのですが、感触としてはまあまあ走れている感じです。

2020/1/16 20:00  [1740-4365]   

カンパ11速のグループセットが安い。ここからさらに1万円引きで、6万円ちょっと。チェーンやボトムブラケットも含まれているので、ばらばらに買うよりかなりお得です。

2020/1/17 19:30  [1740-4366]   

B.B.BASEですが、書き忘れていました。1000円分のクーポンが付いてきます。地元の店で使えます。なので、この時期はむしろ割安と言えるでしょう。なかなか良心的な価格設定です。スマートEXだと切符なしで乗れますが、B.B.BASEは指定席で切符を受け取る必要があります。

2020/1/18 23:09  [1740-4367]   

↑「指定席」は「指定席券売機」の間違いです。

今日受け取ってきました。指定席券売機で、予約番号と暗証番号(電話番号ですが)を入れると券が出てきます。券は5枚。B.B.BASEの便を指定する券は、往復で1枚です。出発時刻と到着時刻が書いてあります。乗車券は往きと帰り別々なので2枚。500円のクーポン券が2枚。クーポンは銚子市観光協会となっているので、銚子でしか使えません。クーポンは、昼食代で使う予定です。切符を受け取ると、ツアーの現実味が出てきます。

2020/1/19 19:34  [1740-4368]   

「弱虫ペダル」が実写映画化
https://cyclist.sanspo.com/509071

8月公開だそうです。見に行くかどうか、まだよくわかりません。話のネタとしては面白いかもしれません。実写映画ということでは、「頭文字D」は見ました。それとはちょっとニュアンスが違うのかな。

2020/1/19 21:48  [1740-4369]   

ベアリング論争に終止符を セラミックとスチールの摩擦抵抗の実験結果
https://rbs.ta36.com/?p=41487

セラミックベアリングの方がスチールベアリングより摩擦抵抗が小さいとは限らない。むしろ良くできたスチールベアリングは、普通のセラミックベアリングよりも摩擦抵抗が少ないということ。

まあレースで使うようなハイエンドの製品での話なので、あまり関係ないといえば関係ないのですが。

2020/1/20 20:33  [1740-4370]   

選手名やチーム名のカタカナ表記は、メディアによって違いがあったり、同じメディアでもたまに変更があったりして、統一が取れていません。表記を統一しようという試みがこれです。

https://cyclist.sanspo.com/507615

できるだけ現地(選手なら生まれた国や地域)の発音に近づけようということでしょうか。今年は「ログリッチェ」ではなく「ログリッチ」という表記を採用するメディアが増えそうです。表記が変わることのデメリットとしては、過去の記事等の検索が困難になるということでしょうか。Googleの曖昧検索で、新旧の表記が一緒に検索できるようになるのでしょうか。

2020/1/20 21:25  [1740-4371]   

サイクルスポーツ3月号の特集は、「ニッポンの道50」。風景のいい場所を選んだ感じです。面白いのは、ロングライド用の自転車が、ランドナー、ロードレーサー、MTB、ロードバイク、エンデュランスロードと変遷するのを追ったコラムが途中に挟んであること。

第2特集は、最新ロードタイヤのインプレッション。コンチネンタルのグランプリ5000チューブレスの評価がダントツで高いです。5000クリンチャーの評価もいいです。シュワルベ・ワンのチューブレスもいい評価です。

2020/1/21 20:57  [1740-4372]   

箱根を登ってきました。小田原まで小田急で輪行。国道1号線で芦ノ湖まで。大学駅伝の5区のコースです。上の方で雪が残っていましたが、それ以外は雪はなく、路面はそんなに気を遣う必要はありませんでした。勾配は、10%を超えるようなところはほとんどないのですが、じわっと効いてくるような手強さがあります。登り切って、斜度が緩むと思っても、実際にはそれほど緩まないとか、平衡感覚を失わせるようなところがあります。帰りは1号線の旧道を通りました。

2020/1/23 00:30  [1740-4373]   

 α→EOSさん  

ごぶさたしています。今年もよろしくお願いします。
箱根駅伝5区って映像で見ていたらかなり急勾配に見えましたが
それほど激坂というわけでもないのですね。
雪が残っていて、雰囲気いっぱいです。

2020/1/23 02:29  [1740-4374]   

ウェアは裏起毛の冬用のジャージでしたが、登ってるときは暑いくらいでした。でも下りになると急に寒くなるので、その上にもう一枚裏地のあるトレーニングウェアを着ました。

勾配は不思議で、きつく見えるところがそれほどでもなかったり、水平にしか見えないのに実際はかなり登っていたりとかでした。ギアはフロントインナーで、リアはほとんどの区間で24Tと28Tを使いました。失速するような勾配はないのですが、全体を通してみるとなかなか走りごたえはあります。

最近輪行の回数が増えたのは、慣れてきたというのもあります。パッキングですが、写真のようにフロントホイールを3か所で留めるだけで十分だというのがわかりました。ペダルは外さずに、左のペダルがフロントホイールを固定する際のストッパーになるようにしています。こうするとクランクが動かなくなるので、クランクをベルクロで固定する手間が省けます。フロントホイールとリアブレーキが接触するので、ホイールにタオルを巻いて養生をしています。

2020/1/23 15:51  [1740-4375]   

佐渡ロングライドの際の宿を予約しました。16日と17日連泊です。17日当日に東京に帰るのは、ジェットフォイル(高速船)を使えば可能ですが、ジェットフォイルの料金が高いし、あわただしいだけなので、佐渡でもう1泊することにしました。1泊目が7500円、2泊目が6000円です(税別)。ただスタート地点から遠いのが難です。16qくらいです。朝は4時起きになりそうです。

スタート地点に近い宿(市役所あたり)を狙っていたのですが、このまま待っていると最悪宿を取れない可能性があると思い、急遽予約しました。その旅館の最後の1室でした。なぜそう閃いたかというと、5月15日とか17日で検索をかけるとヒットするホテルや旅館が、16日だけヒットしないと気付いたからです。つまり3カ月前からとかではなく、すでに予約が可能にもかかわらず、5月16日だけ満室になっているということです。ネットで見ると、けっこう旅行代理店が押さえているらしいです。となるとツアー客優先なので、高い部屋しか残っていないとか、最悪宿泊する場所がないという事態になりそうです。

キャンセル料が発生するのは宿泊の4日前からなので、もっと条件のいいところが出れば、乗り換えるという手もあります。でもいったん予約した以上、このままでもいいのかなと思います。

あと心配しなければならないのは、新幹線とフェリーです。新幹線はキャパが大きいので大丈夫でしょう。むしろ問題はフェリーがどれだけ混むかです。これも16日の受付に合わせて佐渡に渡る人が多いと思うので、往きが混みそうです。

2020/1/25 20:48  [1740-4376]   

科学技術館で開催された2020ハンドメイドバイシクル展に行って来ました。

オーダーフレームのメーカーや工房が出展していました。アマンダや松田自転車工場のブースもありました。

写真左:中野浩一が乗っていたピスト。
写真中:ブライアン・イーノが乗っていたロードバイク。
写真右:ラバネロのピスト。今日見た中で一番かっこ良かった。

中野のピストとイーノのロードを比べると、やっぱりピストの方がサドルの後退距離が小さいというのがわかります。

2020/1/26 22:29  [1740-4377]   

コンチネンタルの廉価グレードUltra Sportがモデルチェンジ
https://www.cyclowired.jp/news/node/3182
11


コンチネンタルだけに、性能は期待できそうです。練習用なら十分でしょう。25Cで270gはちょっと重たいかな。Ultra Sportは、前のモデルでちらっと乗った程度で、限界性能とかはわかりませんが、乗った感じはちょっと硬めのコンチネンタル特有の乗り味で素直な感じでした。

実勢価格は2千円を切るくらいかな。もうひとつ上のグレードが3千円くらいで買えるので、あえて廉価タイヤを選ぶ理由もないといえばないです。そんなに頻繁に交換するものでもないので。

でもレースとかに出ずに、普通にツーリングで使うのなら、このくらいのグレードが相応なのかもしれません。ただ廉価グレードといっても、ウェットグリップが不足しているタイヤは使いたくないですが。VittoriaのZaffiroとか。まあ最近のモデルでは改善しているのかもしれません。

2020/1/29 19:55  [1740-4378]   

ラピエールの2020年モデルのラインナップから、Audacioが消えています。
http://www.eastwood.co.jp/lineup/lapierr
e/


フランスではまだ作っているはずですが、日本には輸入しないということでしょうか。アルミモデルはあまり売れないのかもしれません。

今日は平日休みで、天気も良かったので、横浜まで行って来ました。バイクは、たまにはこっちにも乗らないと、というわけでAudacioを引っ張りだしました。ホイールはレーシング・ゼロ。タイヤはコンチネンタルのグランプリ4000S2です。ビンディングペダルはTIMEです。TIMEのペダルも久しぶりに使います。

この組み合わせ、といっても一番効いてるのはホイールですが、とにかく加速がいいです。シッティングでもダンシングでも、どんな場面でも加速していきます。たとえ向かい風でも。こちらに慣れてしまうと、DTのホイールには戻れないかも。

大田区や川崎市は路面がかなり荒れています。かなり振動は来ますが、グリップを失うほどではありません。グランプリ4000S2がいい仕事をしています。今日の走行距離は70qでしたが、この距離ならレーシング・ゼロでも乗り心地がそんなに硬いと感じることはなかったです。

港の見える丘公園へ登る谷戸坂では、400W出ているので調子は良かったです。

2020/1/30 20:00  [1740-4379]   

子の権現は昨年末に登ったのですが、どうやら本来の子の権現はは別ルートだったようです。
https://jitensha-hoken.jp/blog/2017/12/n
enogongen-hill-climb/


ぼくが登ったのは北側からのルート。終盤300mが激坂になる本来のルートは南側からアプローチします。でもゴールの寺の山門のあたりに他に道路はなかったような気がします。もしかしたらハイキング道のことなのかもしれません。いずれにしても、もう一度チャレンジする必要があります。

2020/1/30 22:01  [1740-4380]   

Zaffiro〜Ultra Sport〜Rubino Proと乗り継いだ人のブログ
https://yurupota.com/vittoria-rubino-pro


Ultra SportはZaffiroよりもダンシングがしにくいと書いてありました。ぼくはそんな感じはしないのですが、人によって捉え方は違うのでしょう。グリップはUltra Sportの方が上ですね。これはぼくも共通認識です。

佐渡ロングライドの際の宿ですが、今日検索してみたら前日(5月16日)は2軒しか該当しませんでした。1件は棟貸しのヴィラ、もう1件はユースホステルです。このユースホステルはスタート地点から離れています。ということで、実質的にはすべて満室ということです。2月に入ると、予約受付を開始するホテルや旅館も多少はあると思いますが、これも早い者勝ちになりそうです。

2020/1/31 07:14  [1740-4381]   

 twwxさん  

今年もまれにお邪魔させていただきます。よろしくお願いいたしますm(_ _)m

シュワルベプロワンTLEは、モデルチェンジしてコンパンウンドをMTBで使っていた物にしたそうです。カーカス構造も刷新。CRCで旧バージョンが安くなってるんですが、正直雨でのグリップは良くないのでどうせなら新しい方が良かったですが・・・情弱で安さで旧型をもう買ってしまったので履き潰すまでお預けです。1年か2年か…まぁタイヤ1本4000円以下を目安にしているので、どっちにしてもすぐには買えないんでしょうけど。
プロワンって名前は変わらないので、分かりにくいですが、CRCでも2種類ページあります。CRCはどっちのページもコンパウンドが古い方のOneStarで、誤記っぽいです。デザインが変更されていて写真は違うので、一応わかります。最軽量チューブレスらしいプロワンTT TLEの方はちゃんと新コンパウンドのaddixって書いてます。

ちなみにCRCでPro One EVOって書いてるevoはevolutionで、シュワルベのレース向けラインの名前です。通販サイトでEVOが付いていたり無かったり。
ワンTLEって何故か海外通販ではセールどころかそのものを見ないです。

予備が手元に欲しいので1本だけIRCのRBCC買ったら、300gで5000TLと変わらないっていう・・・。まだしばらく代り映えなくプロワン生活です。

参考サイトというかこれがメインかも。
世界最軽量のチューブレスタイヤ、新しいSCHWALBE PRO ONEはどんなタイヤなのか?
https://105hillclimb.com/post-1678/
最新の Schwalbe Pro One TLE Addix (シュワルベプロワンチューブレスイージーアディックス)の転がり抵抗について
https://105hillclimb.com/post-3750/
Schwalbe(シュワルベ)Pro One TT TLE Addix 世界最軽量チューブレスタイヤの転がり抵抗テスト(2020年度版チューブレスタイヤの比較)
https://105hillclimb.com/post-5793/

2020/1/31 22:49  [1740-4382]   

時代はやっぱりチューブレスの方向に行くのでしょうか。一時期興味があったけど、結局クリンチャーのままでずっと来ています。今持っているホイールがクリンチャーだけなので、チューブレスにするなら、ホイールを買い替えるタイミングかな。

シュワルベ ProOne、良さそうですね。以前Duranoは使っていましたが、コンチネンタル グランプリと遜色がないくらいいいタイヤでした。シュワルベは、メーカー的に好印象です。ProOneのクリンチャー、安くなったら買ってみようかな。

2020/2/1 06:27  [1740-4383]   

 α→EOSさん  

チューブレス
一度使うとクリンチャーには戻れないという人は沢山いますので、メリットがあることは間違いないのだと思います。
一方、
シーラント、タイヤのはめにくさ、タイヤの重量、ビード上げ問題、外出先でパンクしたときの対応など
クリンチャーしか使ったことがないと不安(又は面倒)に思えることがあるのも事実です。

僕の感覚では、MTBはチューブレスの恩恵が大きく、むしろチューブレス一択という感じですが、ロードの場合、まだ100%チューブレスのほうが良いという状況とは言えないのではないか、と思っています。

2020/2/1 20:37  [1740-4384]   

自動車は何十年も前からほとんどチューブレスになっています。性能的なアドバンテージははっきりしているので、自転車(バイク)もチューブレスがもっと普及してもいいはずですが、普及のスピードがそれほどでもないのは、やはり自分でパンク修理するかどうかというのが、タイヤを選ぶ際の要因として大きいのだと思います。ビードを上げたりとか、シーラントの管理とか、ライダー自身がやるのはやっぱり面倒です。でも必要な設備を持ったメカニックが行うなら、多少は手がかかるとしても、そんなに苦にはならないでしょう。なので、レースのほうが先に普及する気がします。そしてレースシーンに触発されて、アマチュアが一斉に使い始めるという道をたどるのではないでしょうか。

チューブレスに押される形で、チューブラーがなくなるかもしれません。ミシュランが最近チューブレスを出してきました。ミシュランの乗り味としては、チューブレスの方が向いているはずです。コンチネンタルも、グランプリ5000はクリンチャーとチューブレスの両方をラインナップし、乗り味もグランプリ4000よりしなやかになっているようですし、タイヤ業界の流れとしてチューブレスに向かっていると捉えることも可能でしょう。

2020/2/1 22:00  [1740-4385]   

B.B.BASEで銚子と佐原に行って来ました。

帰りも銚子から乗る予定だったのですが、銚子は港と犬吠埼と屛風ヶ浦を回って25qくらいにしかならなかったので、佐原まで自走して、帰りは佐原駅から乗りました。このように経路上で停車する駅ならば、乗り降りが可能です。

行きは両国駅から乗りました。一般の改札は通らず、「裏口」からホームに入ります。チケットをスタッフに見せれば乗車手続き完了です。停車駅は、一般の客と動線が交錯しないような駅を選んでいるみたいです。両国駅は席はそういう意味で出発地点としてぴったりです。席は指定ではありません。事前予約制なので、座れないということはありません。もっとも今の時期はガラガラですが。

縦型のラックにバイクを固定します。一応バンドで固定しますが、バンドなしでもラックからバイクが外れることは、まずありえないと思います。シートは、2人掛けと4人掛けがあります。どちらもセンターテーブルを挟んで向かい合う配置です。シートの幅や、足元はゆったりしています。車内はもちろんトイレ完備です。なにしろ2時間以上乗ることになるので。飲み物や軽食の車内販売もあります。4号車で売っています。

途中のいくつかの駅で乗降があります。バイクをラックに固定したり外したりする必要があるので、数分停車します。銚子の手前の駅で降りて、走り出すグループもいました。

2時間半弱で銚子に到着しました。

2020/2/1 23:13  [1740-4386]   

銚子駅で電車を降りると、改札は通らずにホームの管理用の出入口のようなところから駅の外に出ます。その際にスタッフに往きのチケットを渡します。(帰りはチケットの回収はなしでした。)

B.B.BASEにはスタッフ2名(車掌兼ガイド)が乗っていました。往きと帰りで同じ人です。親切です。B.B.BASEは団体旅行扱いで、一般の客とホームでいっしょになっても、一般の客は乗らないようにアナウンスがされていました。輪行袋に入れないでバイクを運べるというのがB.B.BASEの売りですが、それだけでなく一般の客がいなくて、原則バイクといっしょというのが特徴です。一般の客に気を使う必要がないというのは、普通の輪行とは気分的にだいぶ違います。

銚子駅から海沿いに犬吠埼を目指します。漁港を左手に見ながら走ります。途中銚子ポートタワーの横にうおっせ21という海産物の市場がありますが、そこのシーフードレストランで昼食。カキフライ定食に千葉が本場のなめろうを付けて2,035円。クーポンが千円分あったので、ここで使いました。

海岸線の道は、交通量は多くないし、路面も悪くはないです。ただ横風になるときは注意が必要です。犬吠埼の灯台を外から見て、次は屛風ヶ浦を目指します。多少アップダウンがあります。千葉科学大学の敷地内から撮ったのが3枚目の写真です。次に屏風ヶ浦の崖の上の道を走りましたが、切り立った崖がすぐ左手にあるというのは、そんなに意識しません。普通に千葉の丘陵地帯を走っている感じです。その後銚子駅に戻ります。距離にして25qほど、時間は1時を少し回ったくらい。銚子駅から帰りのB.B.BASEは16時32分発です。銚子で3時間待つというのも退屈なので、佐原まで走ることにしました。B.B.BASEは佐原駅を17時32分発です。銚子駅の観光案内で、佐原までの距離は42qだと聞きました。2時間ちょっとで走れます。ちなみにB.B.BASEは、行きは総武線で、帰りは成田線を走ります。

佐原までは、コンビニでのトイレ休憩1回をはさんで走り続けました。ずっと向かい風です。25km/hくらいのペースです。片側1車線の国道ですが、ところどころ歩道との境のブロックがかなり車道側にはみ出てくるようなところがあって、前をよく見ていないと危ないです。

佐原は江戸時代の街並みが残っている町です。川沿いを歩いて時間をつぶしました。佐原駅では一般の改札からホームに入ります。1時間に1本程度しか一般の電車が通らないので、一般客と交錯することはありません。佐原駅でB.B.BASEに乗る頃に、ちょうど周囲が暗くなりかけてきました。冬場はこれくらいの時間設定がいいです。両国に帰ってきたのは19時32分。銚子からだとちょうど3時間です。往きよりも時間がかかるのは、成田線が単線で、対抗する電車との時間調整があるからです。

B.B.BASE、冬の時期は料金が安くておすすめです。

2020/2/2 07:54  [1740-4387]   

 α→EOSさん  

いいですね、便利ですね。こんなのがもっと普及してほしい。
自転車文化を浸透させたら確実に雇用が増えると思います。
社会が大きく変わるはずです。今のところ、いろいろと既得権益が邪魔をして進んでいませんが。
既得権益を破壊すれば、日本の未来にも光が見えてくるはずだと感じました。

レースシーンではチューブラーがチューブレスにリプレイスされてゆくのは確実だと思います。
でも、ホビーユーザーがチューブレスにどれほどリプレイスするかには、まだ課題が残っていると思います。
油圧ディスクブレーキも同様だと思います。僕も使いたいです、特にダウンヒル。

でも、理想的には、チューブレスで油圧ディスクというのがいずれ将来の有り様かと。
何らかの方法でメンテナンスの課題が解消されれば、ですが。

2020/2/2 18:22  [1740-4388]   

B.B.BASEは、房総・バイシクル・ベースの略で、千葉のローカルな企画です。他の地域でやるとしたら他のネーミングになりますが、ぜひ全国展開していって欲しいですね。

B.B.BASEが実現したのは、いろいろな条件が重なったからだと思います。まずサイクリングに適した道路があること。自転車で観光できるようなスポットがあればベター。それと大きな要因として、駅や線路の設備に余裕があること。というか、千葉県は西側は都会化していますが、それ以外ははっきり言って田舎です。北海道程ではないですが、大自然の中を電車が走っているという場所が多くあります。駅の作りもゆったりしているし、ダイヤも余裕があります。なので自転車のまま電車に乗るというのが、一般の乗客との軋轢なしに可能になるのだと思います。これが5分刻みのダイヤだったら、まず不可能でしょう。スタートの駅は両国駅ですが、これがたまたま余った番線(ホーム)があって、その有効利用になっています。

TANTANロングライドの申込みをしました。今年からAコースは200qになります。宿は一昨年とその前の年に泊まったゲストハウスを予約しました。去年参加できなかったので、連続出場は途絶えましたが、今年からまた頑張ろうと思います。

今年の参加イベントは、5月の佐渡ロングライド、6月のTANTANロングライドの2つです。それとプライベートですが、10月にしまなみ海道を走ります。宿泊を伴う遠征はこの3つです。

2020/2/2 21:36  [1740-4389]   

通販で、TIMEのペダルの在庫がなくなってきています。Xpresso2はしばらく前から在庫なし。Xpresso4も最近在庫なしに変わりました。スペアのペダルを1セット買っておこうかと思っているのですが、在庫の復活を待たなければなりません。

2020/2/4 06:57  [1740-4390]   

シュワルベのスパイクタイヤ、この値段なら手が届きます。30Cなので、クロスバイクやグラベルロードならクリアランスは問題ないでしょう。

京都にいたことには、年に数回とはいえ、まだ使いみちがありました。でも東京ではちょっと使いみちを思いつきません。わざわざ輪行して雪のある地域に行くというのも、何か大げさすぎます。

2020/2/4 21:13  [1740-4391]   

twwxさんがシュワルベのProOneの参考サイトとして紹介している105hillclimb.comですが、メインはヒルクライムのようです。なかなか読み応えがあります。

筑波山の有名な激坂 十三塚とつくば道を走る!
https://105hillclimb.com/post-2588/

つくば山は、メインのルートだけでなくて、いろいろな脇道があって、走りごたえのある激坂もあるとのこと。輪行で行く場合には、霞ケ浦一周と同じ土浦駅が起点になります。でも東京からだと自走でも行って帰って来れそうです。

2020/2/4 22:58  [1740-4392]   

平日休みだったので、寅さんに会いに柴又へ。北風の強い1日でした。行きは、東進している間は横風、北へ向きを変えると、真正面からの向かい風です。一定の強さでなく、ときどき突風になるので、特に横風の時はバイクがふらつきます。かなり緊張します。これ以上風が強かったら、バイクで出かけることを諦めていたでしょう。

向かい風は、シッティングでペダルをきれいに回す練習にはなります。力をペダルに加えていないとすぐに失速するので、脚は休められません。

帰りは、横風には気を付けましたが、基本追い風なので楽でした。

2020/2/6 18:56  [1740-4393]   

Amazonで買い物をしたついでに、こんなのを注文しました。

LEOBRO マジックバンド マジック結束テープ 6mx30mm 超ロング ブラック 自由にカット結束バンド 面ファスナー ケーブル コード等収納用 繰り返し利用可能
https://www.amazon.co.jp/dp/B07W59YJBQ/

輪行時の、ホイールをフレームに固定するためのバンドとして使えないかなと思って。輪行のパッキングもだいぶコツはわかってきたのですが、やっぱりマジックテープで留めるのが一番早いと思います。あとは固定力がどれだけあるかです。

TIMEのXPRESSOペダルが、通販のサイトから消えて行っています。ロード用のハイグレードモデルはXPROに置き換わりましたが、もしかしたらエントリーグレードもXPROに移行するのかも。そのためにXPRESSOは在庫限りということかもしれません。

2020/2/9 18:35  [1740-4394]   

Amasonで注文したマジックバンドが届きました。

片面がパイル地のような、いわゆるマジックテープです。もう片面はパイル地ではなくて、プラスチックの表面にザラザラしたテクスチャーが付いています。接着力はかなり強いと思います。接着面に垂直に剥がそうとすれば普通に剥がれますが、接着面に水平に引っ張る(せん断方向)と、剥がすにはかなりの力が必要です。これは使えそうです。基材はプラスチック(ポリエチレン?)なので、ハサミで切れますし、切り口がほつれてくることもありません。30pの長さに切れば十分かなと思います。これは実際に試してみないとわからないので、次回の輪行で試してみます。

2020/2/10 22:53  [1740-4395]   

Merlincyclesで、TIMEのペダルの在庫が復活しています。値段もまあまあ安い、ということでどうしようか思案中。Merlincyclesは、今は1万円以上買わないと送料が無料になりません。以前は6千円以上とか、7千円以上だったはずですが。他に特に欲しいものもないので、何を抱き合わせにするかが問題です。

今日は午前中休みだったので、Bコースを走って来ました。風にかなり左右されます。それと道路工事が多くて、思った通りには走れません。坂やスプリントを含む、こうした短距離のコースの方がトレーニングの効率はいいかもしれません。走り終えると、体にどっと疲れが来る感じです。

2020/2/11 20:19  [1740-4396]   

Merlincyclesで売っているMicheのカンパ10速スプロケット。14-23という超クロスレシオ。しかも安い。

14-23T:14、15、16、17、18、19、20、21、22、23

14から始まっているおかげで、常用ギアの19Tがほぼ真ん中にきます。これは使いやすいと思います。

2020/2/13 21:48  [1740-4397]   

暗峠や筑波道を超えた!と言われると、チャレンジしないわけにはいきません。
https://105hillclimb.com/post-823/

勾配がきついといっても、距離は150mなので、一気に登れると思います。

いすみ市って、良く知らなかったのですが、千葉県の太平洋岸沿いです。行くとしたら輪行になるでしょう。B.B.BASEの外房コースで勝浦まで行って、そこから自走というのもありかもしれません。

それにしても休みが欲しいです。できれば連休で。

2020/2/15 19:37  [1740-4398]   

佐渡ロングライドの宿ですが、宿泊3カ月前なのに予約サイトには空室が出てきません。やっぱり事前に旅行代理店が押さえているのでしょう。ちょっと遠いけど(スタート地点から15qくらい)、早めに予約して正解でした。

佐渡島(佐渡市)は観光地なので、それなりに宿泊施設は多いはずですが、それでもイベントがある日にはキャパシティーが足りないのでしょう。TANTANロングライドの宮津市も同様です。

2020/2/16 22:33  [1740-4399]   

出先で携帯ポンプを使う機会は、ないに越したことはありません。実際、そんなに使う機会はないのですが、それでも機能的に優れたものを備え付けている方が安心です。携帯ポンプでは、なかなか通常の空気圧まで入れるのが難しいという問題があります。6気圧まで入れるのも結構大変です。応急用と割り切って、4気圧くらいまで入れたところで走り出し、ちゃんと空気を入れることができる場所(自宅、自転車店等)まで自走するというのがこれまでの使い方でした。

でも、こんな携帯ポンプなら、規定空気圧(7気圧入れば十分)まで入れて、パンクする前と同じように走り出せます。
https://www.cyclesports.jp/news/new-prod
uct/17803/?all#start


これは発売されたら、買いたいです。

2020/2/19 00:54  [1740-4402]   

午後ちょっとだけ時間があったので、神田明神の前の明神坂を3本登りました。短時間でのトレーニングには、こういうインターバル・トレーニングがいいです。代謝を高めるので、走ってしばらく後でも、体が中から温まる感じです。

2020/2/19 23:50  [1740-4403]   

新型肺炎、収束の見通しがたたないようです。3月1日の東京マラソンは、一般参加部門が中止になりました。東京オリンピックも開催は難しいでしょう。

となると、自転車のイベントも雲行きは怪しいです。申し込んでいるのは佐渡ロングライドとTANTANロングライドですが、まず5月の佐渡の方がどうなるか。

2020/2/22 07:58  [1740-4404]   

 guru-dbさん  

コロナウィルス問題は半年はかかりそうですね。
完治した人も再発したみたいです。免疫を攻撃するという話もあり治っても免疫はかなりこちるのかもしれません。そんな状況なのでオリンピック開催まで収束するか難しいですね。

今は、あまり人の集まるところに行かないようにするのが最善策だと思っています。
僕の日常の対策は、
・マスクをする。いつも100個入りを買っていたので慌てることがありませんでした。
・うがいをする。僕はプロポリス入りのプロポリンスといううがい薬(?)を使っています。
・頻繁にお茶を飲む。10分ごとに口に含んでいます。
・鼻腔の洗浄をする。
とこんなことを何年も続けています。
特にくしゃみが出たときの鼻腔の洗浄は効果てきめんです。

自転車は一人乗り中心なのであまり心配はしていません。

昨日、スマートウォッチを購入しました。林檎時計はバッテリが1日ぐらいしか持たないので対象から外し、時計と兼用のAmazfit GTRにしました。24日もつそうです。

メインの利用はスマホを取り出す前に要点確認することですが、スポーツ用途では脈拍計が使えるかと思います。GARMINがメインですがチェストバンドを付けるのをよく忘れるのでその代わりにハなりそうです。

2020/2/22 19:50  [1740-4405]   

完治した人が再発するケースがあるとすると、収束はもっとやっかいですね。ともかく新規の感染者を少なくしていくことしかないのですが、世界中でこれだけ人の動きがあると、どこかで感染者と触れ合う確率はゼロにはなりません。まあ身の回りで出来る対策はした上で、辛抱強く収束を待つしかありませんね。

例年3月開催の琵琶湖一周ロングライドですが、今年は中止のようです。ただし理由は新型肺炎ではなくて、コース設定をめぐって警察等との調整がうまくいかなかったからということです。昨年の11月時点で中止が決まっていました。

2020/2/23 08:29  [1740-4406]   

昨日は、横浜の大黒ふ頭まで走って来ました。ベイブリッジの橋脚の下は、釣りをする人や、ジョギングをする人たちがいました。対岸は横浜市街です。夜だったら夜景がきれいでしょう。客船が泊まっています。客船の写真を撮っている人もいます。この客船が今話題になっているダイヤモンドプリンセス号だと知らなかったら、これらはごく普通の風景です。

あまりにも当たり前の風景。客船も外から見る限り変わったところはありません。停泊している港湾施設も、入り口にゲートを管理している人が立っているだけで、他は閑散としています。

客船は、内部の構造上検疫には適さないというのがはっきりしました。せっかく港湾施設の倉庫や事務所があるのに、どうしてこれらを活用しないのか、ちょっと疑問を感じました。

2020/2/24 08:57  [1740-4407]   

 α→EOSさん  

オリンピックを中止なんてことになったら、
既得権益を持っている政治家、官僚、発注を受けている業者の大反発必至でしょう。
観客ゼロにしてでもオリンピック開催を強行すると思います。
それでも危険性はゼロにはならないし、そもそも誰のためにやっているのか、と思いますが、
何しろ、今や完全に経済的、政治的イベントになってしまってますからね。

2020/2/24 09:01  [1740-4408]   

主に外国からの圧力で直前に中止になるより、今の段階で主体的にオリンピックを返上するほうが、経済的な被害も少ないでしょうし、何よりも、内外の信頼を獲得できると思うんですが。でも利権とか契約とかで縛られていて、企業からは言い出しにくいんでしょうね。あと、不要不急の外出を控えるようにと言われますが、オリンピック観戦は不要不急の外出には当たらないという、閣議決定がないと、一般市民も外出しにくいですよね。

2020/2/24 12:54  [1740-4409]   

 monozuki5995さん  

22日の土曜日 今年3回目の200kmブルべに参加してきました。 
枚方〜木津川〜信楽〜名張〜五條〜奈良〜枚方
三重から奈良の間は雨、冬の雨はつらいです。
雨予報の時はDNSも考えないといけませんね。

70歳を過ぎて運転免許更新講習に行ってきました。
技能は問題ないのですが、夜間視力 動体視力の衰えはどうしようもないです。
後 心肺能力は鍛えようがないので 坂の上りは無理をせず歩くのもありですが、
先日の神戸は西六甲ドライブウェイ(再度山)がスタートにあるので、
歩いていれば時間が足らず、ダンシングを使うと後半が大変でした。

2020/2/25 16:32  [1740-4410]   

 guru-dbさん  

念のためにしばらくゴールドジムは休会にしてきました。トレーニング機器シェアなのでしばらく様子見です。

消毒用に買っていたドーバー パストリーゼ77 5Lがいつもは3千円台で買えたのが今は2万円以上に値上がり。皆が困っているときに値上げするとはね。。。昔トイレットペーパが欠乏したとき近所の店が10倍で販売していたが、正常の戻ってしばらくしたら閉店してた。

Amazfit GTRにはGPSがついているので走ったコースが地図にプロットできます。GPSをフルに使っても1週間はバッテリーが持ちそうなのでGARMINよりいいかもしれない。

クランクブラザーズのCANDY 1を買いました。
まだ試していません。

2020/2/26 01:07  [1740-4411]   

新型肺炎、新しい局面に入ってきましたね。医療関係と最小限のインフラ関係以外は、1週間自宅待機とかにしないと、感染経路の確認ができません。本気でやるなら、それくらいは必要だと思います。

動体視力はぼくもかなり落ちてるなと実感します。夜間はあまり乗りたくないです。

2020/2/26 08:30  [1740-4412]   

佐渡ロングライドのサイトの最新情報(2月26日)。
「新型コロナウイルスによる感染症につきましては、情報収集に努めながら、今後の事態の推移に応じ、対策を検討してまいります。」

開催か中止かの検討に入っているということでしょう。

2020/2/26 22:54  [1740-4413]   

平日休みだったので、荒川サイクリングロードを岩淵水門まで走ってきました。河川敷の復旧が進んでいます。この間まではグラウンドに堆積した泥の片づけをしていましたが、今日はそこに新しい土を敷く作業をしていました。岩淵水門のあたりでは、川の底に泥を浚渫する作業が行われていました。台風の後、まだ岩淵水門より向こうには行ってないのですが(台風直後はサイクリングロードに泥が堆積していた)、今はたぶん泥は片付けられて、通行可能だと思います。今度彩湖まで行ってみようと思います。彩湖の復旧はもっと時間がかかると思いますが。

2020/2/28 20:34  [1740-4414]   

昨日は休日でしたが、今にも雨が降りそうだったので、出かけるのは断念。今日の午後は時間があったのですが、雨が降り続いていたので断念。ストレスがたまります。

コロナウィルスのせいで明るい話題もあまりないですが、とにかく乗り切るしかないですね。店頭からマスクやトイレットペーパーが消えましたが、タオルペーパーも見かけなくなりました。チェーンの掃除をするのに使います。マスクはともかくとして、トイレットペーパーやタオルペーパーは便乗買い占めとしか言いようがありません。

2020/3/8 19:23  [1740-4418]   

平日休みだったので、彩湖まで行ってきました。彩湖までの荒川サイクリングロードは、河川敷の公園やグラウンドでまだ少し工事をしていますが、ほぼ以前の姿に戻りつつあります。

彩湖も一部工事をしていましたが、湖の外周道路は普通に通ることができます。ロードで集団走行の練習をしている集団もいました。散歩している人、キャンプしている人、ラジコンの船で遊んでいる人等がいました。ほとんど復旧しているとは言えますが、全体にまだ泥が薄く残っていて、昨年の台風の被害の痕跡は消えていません。

春の気温で暖かいのですが、風は北風でした。なので往きは向かい風でした。

2020/3/12 22:25  [1740-4422]   

 α→EOSさん  

整備用のペーパータオル
紙ではなく不織布ということですが、触った感触は紙に近い。
チェーンやスプロケを拭いてもケバ立たず、水に濡らして絞っても破れない、布そのもの。
自転車整備にはうってつけです。
と、なんだかステマになってしまいましたが、整備用ペーパータオルとして最強で価格も安いと思います。

https://www.amazon.co.jp/dp/B001EHK01M

コロナウイルス、本当に迷惑なものを持ち込んでくれたものです。
にしても、騒ぎすぎ、怖がりすぎ。
もっと冷静に怖がってほしいものです。
中止しなくても良いようなイベントもあると思います。

ただ、オリンピックはもはや政治ショーにしか見えず、強行開催しようとしている政治家の姿が醜くうつりますが。

2020/3/14 02:36  [1740-4423]   

チェーンとか拭くのに、布の方がけば立たないので、最後の仕上げ拭きはTシャツの古くなったやつとかを切って使っています。ペーパータオルは、最初に黒い汚れを拭くのと、オイルを注して、おおざっぱに油分をふき取るときに使っています。不織布だったら、1枚で全部まかなえますね。

オリンピックは無理やり開催しても、選手が集まらないでしょう。特に外国からは来ないと思います。ロードレースでも、バーレーン・マクラーレンなんかは開催中のレースから途中で撤退していますし、そのあたりの判断は速いです。

2020/3/15 08:46  [1740-4425]   

 guru-dbさん  

久しぶりです。
新型コロナウィルスに関してバラエティでいろんな発言されていますが、正体が不明なので怖いのかどうかは判断できません。ただインフルエンザに比べてはるかに感染率が少ないのに世界的な大騒ぎはなぜ?こんなときは、感染しない行動をとる。感染している可能性も考慮して発症、悪化させない環境維持をする。それで薬の開発を待つことです。君子危うきに近寄らず。

イタリアのタマちゃんさんやα→EOSさんよりは年齢的に危険度が高いので、なるべく人ごみを避ける。部屋の温度と湿度を高めにする。体温を下げない。に気を付けています。ゴールドジムは3月からしばらく休会にしました。運動は一人自転車でしょう。

自転車掃除には、コーナンの業務用タオル(10枚500円くらい)を愛用しています。タオルだと端から使っていけば全体が汚れるまで結構使えます。ペーパはCSの間を掃除するとき破れるし紙屑が落ちるしとにかく使いにくいのですぐやめました。

2020/3/17 19:22  [1740-4427]   

日曜日の荒川サイクリングロードは、けっこうたくさん人がいました。ジョギングの人も、野球やサッカーの人も。もちろん自転車の人も。これまでとそんなに変わらない感じでした。

コロナウィルスが恐れられているのは、やっぱり特効薬がまだないからだと思います。特効薬があれば、検査数を増やして感染者数が多くなっても、薬を処方して自宅待機ということが可能になり、病床が足りなくなるという事態は回避できます。重症になってくれば、コロナウィルスもインフルエンザも同様な高度医療が必要になりますが、軽症のあいだに処置できれば、どちらも危険度は同じくらいでしょう。

時差通勤とやらで、ちょっとだけ電車での混雑は緩和されています。といってもほんのちょっとだけですね。まだまだ電車の中にも、街にも、人が多いです。

2020/3/18 07:14  [1740-4428]   

それにしても、日本のコロナウィルスのPCR検査の数は少なすぎですね。無症状の人にまでする必要はないですが、症状のある人には軽症の間に適切な処置(といっても特効薬はまだないのですが)を受けられるように、早期に診断が必要です。検査が必要かどうかは専門家(医師)が判断すべきですが、現在は医師が必要と判断しても、厚労省の判断で検査が受けられないケースもあるようです。クルーズ船の問題もそうですが、専門家の意見が無視されて、政治主導で進んできたツケが回ってきているということです。

日本政府やIOCはまだオリンピックを開催するとか言っていますが、優先順位がまったく転倒していますね。

2020/3/18 09:04  [1740-4429]   

昨日は荒川サイクリングロードを、岩淵水門まで往復。風は南風です。行きは楽で、帰りが苦しいパターン。荒川に下りる小松川公園の桜が、木によってはかなり咲いていました。

2020/3/20 07:35  [1740-4431]   

横浜行ってきました。中華街はけっこう賑わっていました。

帰りにみなとみらいのあたりで、クロスバイクにエンジンを付けた、文字通りの「原付自転車」を見かけました。クランクとスプロケットはそのままなので、自分で漕いで走ることもできます。エンジンの駆動系統はフレームの左側です。ブレーキはVブレーキをそのまま使っています。

後ろから見ていると、フレームが不自然に振動していて、バランスは良くなさそうです。スピードも35q/hほどしか出ていませんでした。信号停車の時に、乗っている人に、エンジンを後から付けたのですかと聞いたら、そうだという返事でした。

遠心クラッチを使っているのだと思いますが、人力の駆動力とエンジンの駆動力とをどうやって合成するのかとか、技術的にはテーマがいろいろありそうです。そういえば電動アシストの場合も、同じような問題はあります。

2020/3/20 21:36  [1740-4432]   

ディズニーランドのあたりに行ってきました。ディズニーランドとディズニーシーは休園ですが、ホテルはやっています。家から15qくらいで行けます。葛西の水族館は何回か来てますが、ディズニーランドははじめて。江戸川を越えるのがちょっとややこしいです(歩道を通る必要があります)。

海岸沿いの外周道路、見通しがいいのでトレーニングコースとして使えそうです。今日は車は少なかったのですが、普段は混むのかもしれません。

2020/3/22 20:19  [1740-4433]   

日向涼子さんが紹介するつくば道。
https://funq.jp/bicycle-club/article/572
419/


これもチャレンジしたいです。霞ケ浦一周のリベンジと兼ねるのは、距離的には可能ですが、霞ケ浦を走った後に山に登る気力が残っているかどうか。

2020/3/23 22:57  [1740-4434]   

 guru-dbさん  

PCR検査は陰性を陽性と誤認する率が問題らしく、闇雲にやると冤罪患者で病院が占有され医療崩壊を起こすようです。例えば、10,000人に10人の感染者がいるとして誤認率が5%だとすると500人の陰性者を陽性と判定するので実際の50倍になります。ですから症状の明確な人に絞らないと意味がないのだそうです。なるほどと納得します。
このウイルスは感染者全員が感染能力がある訳ではなくその一部の人だけが感染させるので、発生場所からキャリアを特定していくと言う方法で追跡している。これをクラスターと言うそうです。
とにかく、人の集まるところ、換気の悪いところ、大声で喋るところは避けるが基本ですので、自転車乗りは比較的安全ですね。

2020/3/25 06:21  [1740-4435]   

PCR検査の精度については、たしかに数パーセントの誤認はあるみたいです。問題は、誤認はあるという前提のもとに医療体制を整えていくことだと思います。陰性なのに陽性という結果が出た人、陽性なのに陰性という結果が出た人、それらがある確率で混ざっているという前提で、入院、隔離、自宅待機等のスクリーニングが必要です。それと症状が出ているかどうかとか、陽性者との接触歴があるかどうかという条件も加わってきます。

重症者用の医療施設が不足しているのはたしかなんでしょうが、隔離用の施設の不足の方が大きな問題じゃないかなと思います。陽性だけど症状が出てない人を一時的に収容する施設です。そうした施設があれば、検査数は増やしていっても、ただちに病院がパンクするという事態にはならないんじゃないでしょうか。

先週は街に人が少なかったのですが、今週は急に増えています。自粛ムードが一転して弛緩モードに入った感じです。オリンピックはどうせ延期されるんだから、もう取り繕っても仕方ないというようなムードになってきているのかな。

2020/3/25 08:34  [1740-4436]   

 guru-dbさん  

その辺りは誤認数を考慮してシミュレーション済みだと思います。検査数を増やすこと自体は難しくないでしょうけど、隔離施設、スタッフ、医療設備などを増やすのは簡単ではなく間に合わないでしょう。今とれる一番の対策は、人が接触しないように政策で規制することだと思います。

水際でシャットアウトできなかったのですから、できることは感染経路をトレースし、感染の可能性を断ち、重傷者優先の治療をし、薬の開発を待つことしかないのではないですか。

イタリアのタマちゃんさんたちは、まだ若くて病院に行くことはほとんどないでしょうが、病院の現状はほとんど老人相手のルーチン治療行為をするだけの医者がほとんどですから、今回の未知のウィルス感染症の対応できる病院はかなり限定されます。更に重症患者の治療ができる高度な設備も限られた数でしょうから更に少なくなります。どう考えても検査して解決する問題とは思えません。

陰性か陽性かわかったところで為すすべがないなら知る必要はなく、感染しない、させない行動に徹して拡大の可能性を減らすことが重要だと僕は思います。

2020/3/25 12:09  [1740-4437]   

無症状の人にPCR検査をする意味はあまりないですね。検査したとしても、数パーセントの誤差はあります。なので検査するまでもなく、感染者との接触歴がない人は自主的に外出を控える、接触歴のある人は隔離する、という方針でいいはずです。隔離して2週間症状が出なければ、検査なしで、陰性が証明されるわけですから。

今は改善されているのかもしれませんが、検査数で問題になったのは、発熱等の症状があるにもかかわらず、感染者との接触歴がない等の理由で検査を受けられなかった人がいることです。これが感染者数を減らすために、わざと検査数を抑えるように厚労省が指示したのではないかという疑念につながります。ワクチンも特効薬もないとはいえ、自宅に放っておかれるのと、入院してケアを受けるのでは全然結果は違ってきます。それと、解熱剤に含まれる成分がコロナウィルスを活性化するという見解もあって、それが正しいとすれば、自宅で解熱剤を飲んで待機しているあいだに重症化する可能性もあるわけです。

結局は感染者が増えた時の受け皿を確実に作っていくということですね。中国のように10日間で新しい病院を建設するのは無理にしても、既存の施設を流用したら、病院や隔離施設はつくれるはずです。外国では人工呼吸器の増産も行われています。やる気があればできるはずです。

学校の一斉休校、学校再開、そしてまた東京都での週末の外出自粛と、政府や行政のやっていることに一貫性がありません。政府の反知性主義が最大のネックですね。

2020/3/25 23:27  [1740-4438]   

昨日の、スーパーのレジ前の行列の長さは異様でした。売り場の長手方向の長さが、そのまま行列の長さでした。棚からなくなっているのは、ラーメンやパスタ。米や冷凍食品はまだ半分くらいはありました。野菜や総菜は通常通り。肉や魚も、時間帯が遅かったので、通常の減り方のペースです。やっぱり主食系を備蓄用に購入しているのでしょう。それはレジに並ぶ人たちの会話からもわかりましたが。

でも食糧の備蓄が問題になるような事態になったら、むしろ水道や電気、ガスといったインフラが心配になります。インフラも、裏で人が働いて動かしていることに変わりはありません。

今はまだ外出自粛要請というレベルですが、これが外出禁止ということになったら、食料の供給とインフラの維持を政府や行政の責任で行う必要があります。それができるだけの覚悟があるかどうか。

2020/3/26 09:12  [1740-4439]   

 α→EOSさん  

橋下徹氏 発熱で自宅療養中「概ね36度8分」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200
326-00000150-spnannex-ent

だそうです。
で、
>明日も喉がよくならなければ相談センターに連絡し紹介された指定病院で診察を受けてみます。
ということですが、これってルール違反にならないんでしょうかね?
37.5以上が4日続くまでは病院に行くな、と言われていたような。

何が言いたいのかと言いますと、橋下氏を批判するというより、ルールを決めている人達が
率先してルールを守っていない、と見なされるようなことが多い、ということです。

五輪が延期と決まったとたんに外出自粛とか封鎖とか、
マスクを転売する県会議員とか、
権力者達が国民の健康を守ろうとしているように見えず、
でも、自分の健康や利益だけは守ろうとする、
ということが露骨に見えている、そういう問題を感じます。

なので、検査の問題も、
どう決められたとしてもそれはどうせ国民の健康を重視した決定ではないだろう、
という疑念しかなく、不満しか出ないのではないでしょうか。

2020/3/26 15:51  [1740-4440]   

 guru-dbさん  

今回の発表は何かおかしいですね。一般的に知らせると困ることが潜んでいるように感じます。たぶん、政治家や医者の中央の人たちは知っているのでしょう。

だから、あまりマスコミや政治家に踊らされるのではなく冷静に論理的に考えた方がいいと思います。

インフルエンザは毎年何万にも完成しているのでせいぜい自宅待機程度の処置ですが、今回のウィルスは数百人程度でバイオハザード相当の慌てようですから。。。

十戒でモーゼが玄関に血を塗ってXXXが通り過ぎるまで外に出るなといったように、感染リスクが通り過ぎるまでじっとしているのが正解ですよ。

僕はネット通販とUber-eatをメインに生活していますが、受け取ったものはすべて消毒してから使います。

年寄りが感染すると動けなくなって周りに害を及ぼしませんが、若者が感染しても元気に感染させまくる恐れがあるので自粛してほしいものです。WW

2020/3/26 19:35  [1740-4441]   

東京で急に感染者数が増えたのは、発表する数を以前からコントロールしてきたのがついに誤魔化しきれなくなったからのように見えます。それでもまだ情報は小出しにしているでしょう。

週末の外出自粛要請は、効果がゼロではないですが、あまり意味はないです。やるなら最低2週間外出禁止にしないと。

それと日本の場合、あくまで外出「自粛」というところに、政府のやる気のなさが表れています。自粛ならば国民が自発的にやったことだから、その間の生活費の保障や営業補償の責任を政府が負わなくてすみますから。

それとやっぱり社会的な格差が現に存在するということを政府はわかっていないというか、隠ぺいしようとしています。テレワークができる人なんか、限られたパーセンテージしかいません。現場で働かざるを得ない人たち、働かなければ即収入が断たれる人たちがいるということに全然目が届いていません。

芸能人とか有名人の発症者で出てきたということは、実際の一般での感染の広がりはかなり大きいということでしょう。

2020/3/27 07:43  [1740-4442]   

佐渡ロングライドの前日の宿泊で、「たびのホテル佐渡」が予約可になっていました。ただし1人17,000円しますが。

佐渡ロングライドもおそらく中止になるでしょう。発表のタイミングを見計らっているのだと思います。でも宿は予約しているし、中止になったとしてもひとりで走りに行こうかなと思っています。ただし、外出禁止令が出ていなかったらですが。

参加料はすでにクレジットカードで引き落とし済みです。別に返金は期待していません。主催者もここまででそれなりに経費は使っているでしょうし、お金が返ってこなくても納得はできます。

2020/3/27 21:58  [1740-4443]   

 guru-dbさん  

外出禁止令が一番いいのでしょうが日本の現行法下ではできないのでしょう。お願いするしかないようです。それでも自粛という表現で済ますのではなく、「法的拘束力はないが実質上外出禁止令と思ってください。」くらいの強い口調で言えばいい。日本人は暴動をおこさないから天皇即位のときのように警察や自衛隊をだして交通規制や入出規制をすることは難しくないと思うけどね。

小池都知事なんかは東京五輪の様子をうかがっていてないも行動しなかった。五輪が延期になってやっとぬるい発言。自分ファーストの人ですからね。野党は足引っ張りしかしないし、高齢知事や市長も何もしないし、やっているのは若者知事や市町だけ。何もしない人を選ぶ有権者の責任ですけど、民主主義は平均値の政治ですから仕方がない。独裁制の方がいい政治ができるのですが、独裁者にいい人が出にくい点が問題。今はブータンぐらいか?

自転車の集団走行は飛沫感染しやすいので佐渡だけでなくすべてのイベントはたぶん中止でしょう。残念です。

50歳のころに風邪をこじらせ40度くらいの高熱を出したことがありますが、歩いてトイレに行けませんでした。翌日病院に行ったら肺炎と診断されそのまま入院となりましたが、その頃は一晩でほぼ回復していて熱も下がり元気でした。体に自信があると肺炎でも不安はなかったですね。

でも今は若かりし頃の無理が祟っているので不要な危険は外堀で避けたいですね。

2020/3/28 02:09  [1740-4444]   

 α→EOSさん  

オリンピック延期が決まったとたん、感染者数40人とか100人とか、
そんなわけないじゃないですか。
よくもまあ、これだけ露骨な嘘が言えるもんだと思います。

おそらく、1ヶ月以上前から、実数はこの10倍はあると思います。
政府関係者があからさまに不自然に東京の感染者数に触れないことを見ると、もしかすると実数はもっと多いかも。
いくらなんでもイタリアやアメリカとの差が大きすぎです。
日本の政治家や官僚に感染者がいないというのも不自然です。北並みに不自然です。

ただ、若年者の重傷者が少ないというのは海外の情報からも確かなことでしょう。
これは、年齢の問題というよりやはり免疫力の問題だと思います。
年長者が必ず重症化しているわけではないと思います。
てゆうか、当たり前の話です。
普通の風邪でもインフルエンザでも、その他多くの疾患でも
免疫力が高いほうが軽症ですむに決まっています。
また、
最近、喫煙者の患者が重症化する可能性があるという報告があるそうです。
肺炎を誘発する病気なので、納得できる話だと思います。

これってもしかして、
人類はこぞって健康的な生活をせよ、と言う強力なプロパガンダだったりして。

2020/3/28 17:56  [1740-4445]   

東京の週末は、たしかにこれまでの週末よりは人が少ないです。でもそれは観光客が減ったというだけで、もともと住んでる人や働いている人は、今までと同じくらい街に出ているように感じます。昨日地下鉄に乗りましたが、座席が8割がた埋まるくらいの人はいました。(席が空いていても、あえて立っているひともいます。)

外出禁止と生活費の保障はセットですが、それを実行しないのが日本政府です。感染が増えている他の国ではとっくに実行しています。

でも自宅待機になったら、時間つぶしに困る人も出てくるのかな。テレビはロケの収録が出来なくなって、再放送ばかりになったりして。映画とか自宅でも見れますが、映画ばかり見るのもけっこう疲れるんじゃないでしょうか。ローラー台がある人はトレーニングの時間はたっぷり取れますが、ローラーばかり乗っているというのも飽きそうです。

2020/3/29 08:29  [1740-4446]   

 monozuki5995さん  

昨日は川西から兵庫京都中部200kmに参加してきました。感染の影響から集合はなくブルべカードを受けとって時間になればスタート、ゴールしてブルべカード提出と簡略されていました。
天気予報より早く綾部から園部の途中で雨になり気温も下がってきたので道中駅案内があればリタイアも考えていたのですがJR線と国道27が離れていたので駅案内はなく川西に戻ってきました。雨具も一部省略していたので低体温の症状が出て、いつもは自走で帰るところ輪行で帰宅しました。
 ロングライドは若狭を考えていたのですが1月に締め切られていました。
ロングライド、ブルべ共人気コースは締め切りは一瞬です。

2020/3/29 21:15  [1740-4447]   

お疲れさまでした。

暖かくなったかと思ったら、寒の戻りがやってくるという、気候も例年とはちょっと違いますね。ブルベなんかは、基本的に単独走行で、スタートも同じ時間に集まる必要がないので、当分開催はできそうですね。

昨日は仕事で新潟に行っていました。普通に市街を通る分には、普段の生活と変わらないように見えました。新幹線は、往きが乗車率3割くらい、帰りは5割かもう少し多いくらいでした。

2020/3/31 07:45  [1740-4448]   

佐渡ロングライドの開催の可否は4月15日を目途に発表するとのことです。もうこれは中止決定ということですね。あと2週間で状況が劇的に良くなるというのは考えられませんから。

子供は感染しても症状が出ないとか言われていましたが、どうやらそうではないようです。集団免疫を獲得するとか、そんな悠長なことを言っている場合ではありません。これは中国やイタリア、フランス、スペイン、そしてアメリカがやっているように、何としてでも抑え込むしかないでしょう。

2020/4/1 22:02  [1740-4449]   

海外通販も、しばらく使えなくなるかも。
https://bicycle.kaigai-tuhan.com/parts/w
igglecrct-t2020040101.php


リソースを本当に必要な部門に振り替えるために、趣味や娯楽でのリソースの使用を制限するのは当然だと思います。この場合は、運輸関係のリソースですが。でもそうなると、販売業者は、配送ができないということで、商品が売れなくなってしまいます。結局そうした損失を、当事者だけでなく、社会全体で被るという決意がないと、このコロナウィルスの危機は乗り切れないと思います。

2020/4/1 23:39  [1740-4450]   

 guru-dbさん  

ウィルスが年齢を識別する訳ないので若者が感染しないなんてあり得ないです。抵抗力があるかないかの違いでしょう。
専門委員会も気が緩んだとか根拠のない感想なんか言ってないで次のアクションを明確に出すべきですよ。この理事長とIPSの山中教授との対談をyoutubeで見ましたが、山中教授の質問を全く理解しないで的外れな回答ばかりしていました。ちょっと認識力に問題ありそうです。
患者7万人の分析報告を見ましたが、このウイルスはMars,Sarsに比べ致死率が低いのでみくびられていましたが、感染力が非常に高いので死亡者数はMars,Sarsより多くなると分析されています。
このウイルスをゾンビだと思って噛まれないようにするのが1番です。

イベントは中止。外食も中止。政府は消費税減税やマスク支給なんて悠長なことやってないで、休業補償などの劇薬処方をすべきでしょう。ただ、かつての民×党でなくてよかった。

海外通販もしばらく無理でしょう。買ってもいつ届くか分からない。Amazon定期便2月予定のスコッティトイレットペーパーがいまだに来ない。業務用を念のために買っておいて正解でした。政府が言っていることと矛盾している。

自転車も仕舞い込んだローラーを復活させるしかないかな。

2020/4/2 16:47  [1740-4451]   

 guru-dbさん  

世の中全てがバランスよく繋がらないと健全に回らないことを再認識する良い機会でもありますね。

2020/4/2 16:55  [1740-4452]   

イタリアは新たな感染者が減ってきています。といっても絶対数はまだ多いのですが、ロックダウンの効果は確実に出ています。日本もロックダウンは不可避ですが、決断するなら早い方がいいです。アメリカだと、カリフォルニア州はすでにピークを超えていますが、ニューヨーク州はまだまだ予測がつきません。ロックダウンの判断が早いか遅いかで大きな差が出ています。

ロックダウン(外出禁止)と生活保障はセットです。すべての人に一律に現金を給付するのが一番早いと思います。それか食料を現物支給するか。一律に現金を給付した上で、ロックダウンの期間中に収入が減らなかった人には、所得税という形で返してもらえばいいだけです。こんな簡単な理屈が、日本では(日本でだけ)通じないというのが最大の不幸です。

昨日は平日休みだったので、雑用を済ませた後で、荒川サイクリングロードを単独走行してきました。ルート上に桜が咲いているところがいろいろありますが、満開を過ぎて、散り始めています。

2020/4/5 00:35  [1740-4453]   

グランプリ5000がついに4千円切りです。

午前中は雨が降りそうな空模様で、午後になって降り始めました。ぱらぱらという程度でしたが。でも今日は結局は出かけませんでした。

2020/4/5 20:59  [1740-4454]   

 α→EOSさん  

amazonでいつも買っている商品(プロテインです)が3日経っても発送されません。
早ければ翌日に到着していたのに。。。
自転車用品とかも同じような状況なのでしょうか?
3月はまだ正常だったのですが、一気に業務や運送が停滞しているのでしょうね。
困る。

確かに感染者は増えてはいますが、絶対数的には多くはないと思います。
例年の交通事故や季節性インフルエンザの死者のほうが多い。
警戒も自粛も必要だと思うのですが、何かやり方が違うような。
給付金も二転三転するばかりでいつまでも決まらないし、
どうしてこの国の意思決定はこんなにも遅いのでしょうかね?
民主主義だから、とかの理由ではないですね。

2020/4/9 08:34  [1740-4455]   

amazonは、4月2日までは普通に届いていました。それ以降は注文してないのでわかりませんが。やっぱり緊急事態宣言の影響なのでしょうか。宣言以後の東京は、街を歩く人が少し減ったかなという程度。人々は普通に通勤しています。店は、ショッピングモールとかは休業していますが、小さい店は営業時間を短縮してやっています。飲食店は、ランチのみの営業としているところがけっこう多いです。

宣言の「趣旨」からすれば、外出禁止、生活必需品以外の店舗の営業禁止なのですが、補償が伴わなければ従うのは事実上無理です。こんな論理的に破綻したことをしているのは、日本くらいでしょう。

宣言の効果が出て感染者数が減ればいいのですが、論理的に考えれば無理としか言いようがありません。感染者の感染ルートがたどれなくなった時点で、ロックダウンへの移行は不可避です。

2020/4/9 09:15  [1740-4456]   

GIANT TCRがモデルチェンジ
https://www.cyclowired.jp/microsite/node
/321764


1997年のデビューから、さらに進化し続けるTCR。コスパ的には、GIANTのTCRかMERIDAのSculturaでしょう。大手メーカーということで、マニアックな人は敬遠するのかもしれませんが。今でこそスローピングフレームが主流ですが、TCRは、スローピングフレームを最初に取り入れたロードバイクです。志は初めから高かったのです。

ぼくが最初に買ったのは、GIANTのFCRでした。TTバイクのフレームということで、乗り味は癖があります。でもフレームの精度とかつくりは良かったです。GIANTは信頼できるなと思っていました。TCRも一度は自分のバイクとして乗っておくのもいいのかもしれません。でもRIDLEYとかラピエールとかに行ってしまったわけですが、結局ぼく自身が、大手メーカーのバイクに今更乗りたくないということかもしれません。

2020/4/9 21:15  [1740-4457]   

 twwxさん  

trek(ボントレガー)とかスペシャ(ルーべのメカニカルなサスペンション、roval)とか、フレームでもパーツでも独自の開発をしてチャレンジしているのはそれだけで評価する部分です。
ボントレガーのステムの拡張システム、Blendr。ショップで見かけたデイライトの推進。リアライトは明るすぎて価格も高すぎました(笑) フィジークだったかのサドルに内装できるのもすっきり。

CADEXホイールのダイナミックバランス(スポークテンションをそろえずに剛性バランスを取る設計??)とか、どうやってのちのちのメンテするのか難しそうな感じもします(笑)
チューブレスですと、タイヤの外貼りパッチを出しているのはジャイアントくらいしか知りません。オリジナルタイヤのgaviaもあるので、低グレードでも、完成車はかなりチューブレスが多くなっていそうです(知りません)。
油圧でも、ステムに外付けでワイヤーから油圧ホースへ変換する物があります。STIをそのまま、油圧ディスク車に使えます。形状を変えて、コラム内蔵とか左右別にハンドルに搭載可能な方式だったらもっと普及しそうな気がします。GRX?でシマノが油圧ラインの割り込み補助ブレーキを出していますが、補助ブレーキ部分でワイヤーと油圧切り替えとかも出来たら面白いかもと思ったり。左右のブラケットを小さい機械式で揃えつつ、フロントフォークだけ交換してスルーアクスル油圧ディスクが可能になります。

ビッグメーカーが伝統、王道に座せず革新していく。マイナーシステムでも、大手が参入すると工具もパーツもノウハウも普及するのは助かる部分があります。大手故に?スタンダードになって目立たなくなることもありますね。あまり互換しなくなるのも困りますが(笑)

リドレーのNOAH FASTのフォーク先端の翼はかっこよくて好きです。ピナレロのドグマにも同様の物が見え、やぱりエアロ的にはあった方がいいんでしょうね。
カラーのマジョーラ、カメレオン、オイルスリック、レインボー、いろいろ呼び方ありますが流行ってますね。これも好きなので、バーテープくらいはいつか使いたいです。

2020/4/11 01:12  [1740-4458]   

最近の機材の動向には疎いんですが、流れとしては、チューブレス化、ディスクブレーキ化、タイヤのワイド化、フレームの快適化重視という感じでしょうか。

以前持っていたディスクロードは手放してしまいましたが、ディスクブレーキには今でも興味があります。機械式で十分かなと思っています。機械式だとブレーキレバーはそのまま使えます。輪行するとき、油圧だと面倒ですが、機械式はリムブレーキと変わるところはありません。でもディスクブレーキ=油圧というのがデフォルトになると、機械式は生産されなくなるかもしれません。

ディスクブレーキは、ホイールの振れの影響を受けにくいというメリットがあります。でも、リムブレーキのときにはフロントホイールはラジアル組で良かったのが、ディスクブレーキだとリアと同等の組み方が必要になります。その際のホイールの左右のバランスが問題で、コーナリング性能に影響するんじゃないかと思います。G3組は、リアホイールだったら理想的な組み方ですが、フロントホイールとしてはどうかなと、ちょっと疑問があります。

2020/4/11 21:11  [1740-4459]   

荒川サイクリングロードを岩淵水門まで。今日は北風でかなり寒かったです。冬用のウェアでも走り始めは冷える感じ。荒川サイクリングロードは、人はそこそこいます。自転車の人もジョギングの人も。グランドでは野球をしている人もいました。あと多いのは家族単位での散歩やバトミントンやサッカー等。野球も、いつもはユニフォームを着た「チーム」みたいな人たちがやっていますが、今日は服装はバラバラです。

スーパーではペーパータオルが品切れのことが多いのですが、先日面白いペーパータオルがあったので買いました。通常のペーパータオルだと4ロールで300円とかですが、これは1ロールで約300円。ただし幅が少し広くて、巻いてあるメーター数も長めです。一番の特徴は、パルプだけでなくて、ポリエステルが入っていること。見た目は普通のパルプのペーパータオルと変わりません。でも水に濡らしても破れないので、濡らしてから絞って、布巾のように使えます。チェーンに油を指すときに使ってみましたが、なかなか破れないので、布製のウェスのように使えます。

以前guru-dbさんが紹介されていた不織布のウェスよりも安いし、いいんじゃないかなと思います。銘柄とかは、パッケージを捨ててしまったのでわかりません。今回たまたまスーパーで出回っていただけかもしれませんが、また今度スーパーでチェックしておきます。

2020/4/12 19:59  [1740-4461]   

今日、佐渡ロングライド、TANTANロングライドの中止が発表されました。当然予想されたことなので、仕方ないです。佐渡ロングライドは、参加料の一部、TANTANロングライドは参加料全額を返金とのことです。これは準備で既にお金を使っているわけですから、全額返金でなくても全然かまいません。

佐渡の方は、緊急事態宣言が解除になれば、行くことに問題はないのですが、やっぱり宿もキャンセルした方が良さそうですね。感染数が圧倒的に多い東京から、比較的少ない佐渡に行くのは、道義的に問題がありそうなので。自分が感染する可能性と同時に、自分が他人を感染させてしまう可能性というのも考慮せざるを得ません。大都市では市中感染の段階になってきていますから、感染するかどうかは確率の問題になってきます。クラスターと接触があれば感染する確率は当然高いわけですが、クラスターを避けていても、感染する確率はもはやゼロにはなり得ません。

TANTANロングライドをどうするかは、もう少し考えますが、5月半ば(佐渡ロングライド)で無理なものは6月初めでも無理でしょう。

2020/4/15 18:08  [1740-4463]   

GIANTの新型TCR、インプレッションはべた褒めです。加速感がいいらしいです。
https://www.cyclowired.jp/microsite/node
/321996


今のところ発表されているのはカーボンモデル。ADVANCED SL、ADVANCED Pro、ADVANCEDの3グレードで、それぞれにリムブレーキとディスクブレーキの選択肢があります。

アルミモデルが出るとすれば、TCR SLになるはずですが、果たして出るのかな。そんなにすごいなら乗ってみたい気がします。

2020/4/15 20:10  [1740-4464]   

荒川サイクリングロードで、岩淵水門まで往復。平日ですが、そこそこ人はいます。家族で散歩とかボール遊びとかが多いような気がします。

風向きはよくわからないです。基本は北東の風だと思いますが、場所によって南の方から吹いているところもありました。

2020/4/16 20:07  [1740-4465]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ



佐渡汽船の時刻表
新潟港−両津港
6:00−8:30
9:20−11:50
12:35−15:05
16:00−18:30

佐渡ロングライドの受付はたぶん前日でしょうから、東京を出発する時間は、受付の締切時間で決まります。新潟港9:20発のフェリーに間に合うようにするには、上越新幹線は6時台の始発に乗る必要があります。たぶん次の12:35発で間に合うとは思うのですが。

2019/11/30 21:08  [1740-4331]   

昨日は、東京湾一周してきました。距離は185qでした。観音崎を通らずにショートカットしているので多少は短くなっていますが、それでもあるHPに載っていた210qという距離は長すぎです。フェリーで渡った金谷から千葉市までは一本道。千葉市から東京は、千葉街道−蔵前通りというルートです。

185qのうち13qがフェリーの区間です。フェリーは車両運賃が600円、旅客運賃が800円で、計1400円です。10時頃久里浜のフェリーターミナルに着き、切符を買ったらすぐに乗船開始のアナウンスがありました。20分前に行ったほうがいいです。フェリーは、進行方向からいうと、前から乗って後ろから降りる形です。船体の前部が接岸しています。なのでいったん向きを変えてから出発です。

フェリー内での自転車の固定方法は写真の通り。これは他のHPでも載っていました。今回自転車はぼくの1台だけ、オートバイは2台でした。

金谷に着くと、船体の向きを変えて、後部から接岸します。降りるときは5分ほど待たされるだけで、スムーズに降りられました。

そこから千葉の東京湾沿いをひたすら走ります。単調です。木更津までは小雨が降っていたこともあり、海岸の風景を気にしている余裕もなかったです。木更津から千葉市までは工業地帯を結ぶ産業道路です。信号が少ないのはいいのですが、それにしても気が滅入るような単調さです。この区間は路面状態も悪いです。荒れた道を長時間走ると、25Cタイヤの恩恵がわかります。

実走距離で172qなので、琵琶湖一周よりは短いです。終わってみれば、琵琶湖よりは楽です。やっぱり琵琶湖は風があるので、その分がきついです。

2019/12/2 07:51  [1740-4332]   

佐渡ロングライド2020は今日からエントリー受付開始です。

前日の受付は18時までということで、12:35新潟港発のフェリーで十分間に合います。ということで、佐渡ロングライド、エントリーしました。もちろんSコースです。180qのヒルクライムコースです。

獲得標高が2558mということですが、TANTANロングの190qコースは2300mなので、それより少し多い程度。ヒルクライム区間(タイム計測有)の標高差が837mとのことですが、これは六甲山逆瀬川ルートの828mとほぼ同じです。なので、そんなに恐れるに足らないと思っています。平地でペースを上げすぎなければ、全然問題ないです。

あとは宿泊をどうするかという問題と、イベント当日に帰るか、もう1泊するかという問題があります。フェリーの時刻表を見ると、当日帰るのは難しそうです。ならばもう1泊して、ゆったりした方が良さそうです。

2019/12/2 20:56  [1740-4333]   

 monozuki5995さん  

佐渡のアクセス 結構大変ですね。
コース 他人事ですが楽勝と思いますよ。私は無理ですけど。
1月イベント2本 2月イベント1本 申し込んでます。正月明けの神戸伊勢は国道43号線の早朝2輪専用レーン(神戸尼崎最左レーン)を走るコースです。
年齢的に体温調整能力が落ちてるので奈良三重の山間部対策で暖かいジャケットとタイツを準備しました。

2019/12/3 16:26  [1740-4334]   

佐渡に渡るフェリーの本数が少なすぎです。この前乗った東京湾フェリーは、ほぼ1時間に1本です。これに対して佐渡汽船のフェリーは、3時間に1本です。ジェットフォイルを含めると本数は増えますが、値段が高すぎです。しかもジェットフォイルは輪行袋に入れないとバイクを載せることができません。帰りは、もう1泊しないと無理みたいですね。

6月のTANTANロングが佐渡の2週間後ですが、昨年出れなかったので今年は出たいと思っています。2週間で体力が回復するかどうかですが、がんばろうと思います。

朝の練習も、最近は億劫になっていたのですが、復活しようと思います。そのためには前の日に早く寝ないと。

2019/12/4 12:42  [1740-4335]   

佐渡ロングライド−宿泊編

一泊一人6000円くらいで泊まれそうですが、問題はタイミングよく予約できるかどうか。ユースホステルはありますが、ちょっと遠いかな。ゲストハウスみたいなのがあれば一番いいんですが。

帰りは、ジェットフォイルに輪行で乗れば、その日のうちに東京まで帰れます。もう一泊するよりは安いけど、ちょっとあわただしい感じです。いずれにしても月曜日は休みを取るので、もう一泊してゆっくりするほうがいいかもしれません。

2019/12/5 21:53  [1740-4336]   

久しぶりにバイク乗りました。

荒川サイクリングロードで岩淵水門まで行き、そこから普通の道で帰るコース。北本通り、明治通り、白山通りというルートでした。行きは向かい風(北西の風)だったので、まあまあトレーニングになりました。

2019/12/13 07:23  [1740-4337]   

今日は、午後に時間が取れたので、岩淵水門まで行くコースを走りました。北行するルートだと冬は向かい風基調になるので、荒川サイクリングロードはいいトレーニングになります。

2019/12/15 20:40  [1740-4338]   

子の権現(天龍寺)に行って来ました。

西武池袋線飯能まで輪行。有楽町線と西武池袋線が乗り入れているので、飯能まで直通の電車があります。電車に揺られること1時間半で飯能駅に着きます。

改札を出て、タクシー乗り場のあたりでバイクを組み立てます。そこで気づいたのですが、輪行袋を預けておくコインロッカーが近くにありません。改札まで戻って構内表示を見ると、コインロッカーは改札内にありました。つまり入場券を買って改札内に入らないと、コインロッカーが使えません。帰りは逆で、入場券で改札内に入り、コインロッカーに預けた輪行袋を取り出してから、改札外で袋詰めを行いました。

行きは入間川を遡るルートで行きました。緩やかな登り基調です。途中行き過ぎましたが、GoogleMapで確認して引き返しました。このルートは、天目指峠を通ります。峠を過ぎて下ってから東に行き、根の権現の参道の標識が出ているところからまた登ります。天目指峠から子の権現へはハイキング道はあるようです。ちょっと大回りしてしまい、余分な体力を使ってしまいましたが、とりあえず子の権現に向けて登り始めます。最初は緩やかで、だんだん勾配がきつくなります。最後の50mが一番きついです。といっても別に足を着くような勾配ではないです。といいながら、タイヤがスリップして1回足つきしていますが。(汗) 路面は、水溜まりはないですが、朝方の雨で濡れた状態でした。タイヤはHutchinsonのFusionですが、むしろ濡れた路面で1回しかスリップしなかったことは、ウェットグリップ性能の高さを証明していると思います。

子の権現の門前の店は、開いてはいますが、シーズンを外れているので閑散とした感じ。近くでハイキングの人が3人、休憩していました。本堂の手前のあたりにバイクラックがありました。クライマーのメッカだからでしょう。

帰りは国道299号線。下り基調なので楽なのですが、交通量がまあまああるのと、片側1車線なので、走りにくいです。

スタート&ゴールが飯能駅で、走行距離は55qでした。一番近いルートを取れば、子の権現の参道登り口まで20qくらいです。

2019/12/18 20:05  [1740-4339]   

サイクルスポーツの最新号をまた買ってしまいました。正月に読むことにします。

付録でカレンダーがついてきます。主なレースの開催日と主な選手の誕生日が載っています。でもそれ目当てではなくて、第1特集の「2020年、最上のレーシングモデルを決める ロードバイク スーパーテスト」を読みたかったからです。

2019/12/20 20:19  [1740-4340]   

サイクルスポーツの第2特集が最適なサドルポジションの決め方なんですが、説明してくれるのは、何とロット・スーダルのアダム・ハンセン!

高さ、前後、角度の順に決めていきます。高さについては、最適高さより高いのは故障の原因になりやすいとのこと。サドルの前後は、最適位置より前にする(前乗り)はありだが、後ろにする(後ろ乗り)はメリットがないとのこと。サドルの角度は水平が基本で、場合によって前下がりはあり。前上がりはあり得ない。

説得力があります。

2019/12/21 16:29  [1740-4341]   

サイクルスポーツの第1特集「ロードバイク スーパーテスト」にエントリーしているのは、キャノンデール、コルナゴ、ルック、スコット、ウィリエール、BH、キャニオン、デローザ、ピナレロ、スペシャライズドの10のメーカーです。UCIワールドチームに機材を供給しているか、あるいはしていたメーカーです。それぞれのトップグレードで性能の比較が行われています。でもUCIワールドチームに機材を供給してるメーカーは、他にも、ラピエール、リドレー、ジャイアント、ビアンキ等があります。なので、この10社での比較がどこまで意味があるのか、というのはあります。

ミッチェルトン・スコットの活躍で、スコットの世間的な評価は上がってきています。この特集でもスコット・アディクトの評価は高かったです。スペシャライズドのヴェンジとか、ピナレロのドグマとかと互角の評価になっています。

2019/12/22 20:11  [1740-4343]   

「ハイエンドロードバイク試乗会in京都向日町競輪場」
https://www.cyclowired.jp/news/node/3167
96


参加料500円で試乗できるなんて、良さそうなイベントですね。ラピエールも出店しています。ぼくは日程的に無理ですが。

今日は赤羽岩淵の水門まで軽くライド。のつもりだったのですが、北西風が強くて、荒川サイクリングロードはずっと向かい風でした。突風で10q/hまでスピードが落ちることも。さすがに走っている人は少なかったです。

2019/12/27 18:10  [1740-4344]   

今日はバイクのプチ掃除。(大掃除ではない。)

台風の後で荒川の泥の中を走ったときの汚れがまだ取れません。ちゃんとパーツを脱着すればいいのですが、そこまでする必要も感じないので、とりあえず脱着せずにできるところだけきれいにしました。

リアブレーキの引きが重かったので、ワイヤーを外してみました。キャリパーはそんなに重い感じではなかったのですが、一応テフロンオイルをピボットの軸の部分に差しておきました。ワイヤーをつないでも相変わらず重たいままです。ということは、シフターかワイヤーが原因のようです。

あと気づいたのは、リアホイールに振れが出ていること。今のところ走る分には影響はないです。使えるだけ使って、振れが気になるようになったら交換(廃棄)です。DTのホイール、耐久性はそんなに良くないのかな。まだ2年くらいしか使ってないはずですが。

タイヤのサイドでゴムが割れているところがありました。表面的な問題で、下のカーカスは問題ありません。

2019/12/28 11:06  [1740-4345]   

Bコースを走って来ました。

弥生坂、白鷺坂、目白新坂、東富坂、どれも最後の20%くらいを残したところで息切れします。高負荷の走りを最近してなかったので、これは仕方ないです。距離は短くても、高負荷のインターバルの方がトレーニングの効果はあがりそうです。

2019/12/28 18:28  [1740-4346]   

昨日は霞ケ浦一周に行って来ました。土浦まで輪行です。行きは乗り継ぎが良くなくて、土浦まで2時間かかりました。帰りは1時間40分くらい。

東口を出るとサイクルステーションがありました。無人です。バイクラック、シャワー、コインロッカー、空気入れがありました。バイクを組み立てて、輪行袋をコインロッカーに入れました。

10時過ぎにスタート。反時計回りです。標識や道路標示での案内はありますが、あまりわかりやすくはないです。霞ケ浦サイクリングロードは、湖岸の管理道路、農業用道路、漁業用道路をサイクリングロードとしても使っているという感じです。普通の自動車が通る道はさらに外側にあるので、自動車が入ってくることはあまりありません。通っているのは農業、漁業関係の車、釣りをしに来ている人の車くらいです。釣り人はけっこう見かけました。ジョギングの人もちらほら。サイクリングの人は、いましたが、思っていたよりは少ないです。まあ季節も季節ですし。

琵琶湖のサイクリングロードは自動車道なので、成り立ちが違います。むしろ荒川や多摩川のサイクリングロードに近い感じです。外周に自動車道があるということは、自動車道でも一周できます。何か所かは自動車道を通る区間もあります。自動車道沿いにはコンビニもあります。なので、休憩したいときには、外周の自動車道にいったん出ればOKです。

霞ケ浦サイクリングロードは、成り立ちがそういう道路なので、川や水路が合流する部分で迂回させられたり、港のところで迂回させられたりします。農家の集落を横切る部分もあります。はじめてだとちょっとわかりにくいかも。ぼくも何か所か、行き過ぎたり、行き止まりに迷い込んだりしました。でもこれははじめて琵琶湖を走る人が、琵琶湖がわかりにくいと感じるのと同じかもしれません。

路面状態は全体的にはいいです。ただ荒れているところがないわけではありません。なので油断すると怖いです。走りはじめて20qくらい、漁港の近くを走っていると、前輪が段差に乗り上げてバランスを崩し、そのまま落車してしまいました。スピードは20q/hくらいして出ていなかったのですが、油断していました。膝と肘が擦り剝け、バイクはエルゴレバーのカバーのゴムが破れていました。戦意を喪失しかけたのですが、なんとか気を取り直して再スタート。

風はそんなに強くはないのですが、向かい風基調です。30q/hまでスピードに載せるのがなかなかできません。全周の内の4分の3くらいが向かい風基調だったと思います。はっきりと追い風と感じられたのは最後の20qくらいだけです。

一周は124qでした。5時間半かかっているので、平均22.5q/h。休憩や停止時間を除くと24.8q/hでした。120qくらいなら距離はたいしたことはないと思っていたのですが、思っていたような走りはできませんでした。風が結構効いてると思います。ずっとペダルを回し続けなければいけません。サイクリングロードには信号がないので、足を休ませることができません。そういう意味ではずっと回し続ける練習にはなります。ギアはほとんど19Tに入れっぱなしでした。一部向かい風が強い区間で21Tを使ったくらいです。大腿四頭筋が痛くなることもなかったし、ハムストリングスもそんなに疲れた感じではないです。なので後半でもごく短時間ならダンシングも可能でしたし、30km/h以上出せましたが、それが持続できません。これが琵琶湖を走った時とは感覚が違います。体全体が疲れている感じです。もしかしたら、足を上げる腸腰筋を使い過ぎたということなのかもしれません。

信号停車なしでずっと回し続けるというのも結構きつなと感じました。また気が向いたら走るかもしれませんが、とりあえず霞ケ浦は制覇したということで、次はつくば山(写真の奥に写っている山)を狙いたいと思います。

2019/12/30 08:46  [1740-4349]   

昨日霞ケ浦一周を走ったRidleyの整備をしました。エルゴのゴムカバーが破れた以外は、落車の影響はなさそうです。フロント変速は問題なし。リア変速ですが、これも問題なしです。心なしかディレーラーハンガーが内側に曲がっているような気がしないでもないですが、ちゃんと変速するので大丈夫でしょう。リアブレーキはキャリパーとタイヤのクリアランスを調整しました。やっぱりDTのリアホイールは振れています。そのためにクリアランスも広めに取る必要があります。

リアホイールですが、振れ取り台は実家に置いてあるので、正月に持って帰って振れ取りを試してみるのも一つの手です。ただ完組なので、自分で振れ取りするのもリスキーです。やっぱりそのまま乗るという選択になるのかな。振れの原因ですが、今回の落車の前から振れていたので、落車は関係ないです。このホイールで昨日以前落車したことはないので、本当のところはわかりません。

Ridleyは練習用バイクとして位置づけしたので、ホイールは安いものを消耗品として使っていくのがいいのかもしれません。あるいは、手組で余っているホイールがあるので、それを使うのが先かもしれません。

2019/12/30 18:43  [1740-4350]   

大晦日の上野公園と松葉公園(写真)に行って来ました。上野公園では、朝6時半にラジオ体操をしていました。その後Aコースを走っでから松葉公園に行きましたが、着いたときはもう終わっていました。参加者らしき人が残って談笑していました。松葉公園がラジオ体操発祥の地とのことです。

Aコースですが、弥生坂と東富坂、どちらもやっぱり残り20%のところで息切れして失速します。練習するしかないです。

カンパの最廉価グレードのCalimaが前後別々で売っています。こんなのでも(というと失礼ですが)性能的には十分かもしれません。G3組なので左右のスポークテンションはそろっているはずです。なので、駆動力の変換効率はいいはずです。フルクラムの廉価グレードで、Racing6とかRacing Sportというのが出ていますが、これは20本スポークなので2:1ではありません。でもWiggleの説明では2:1となっています。多段化が進む中でリアホイールは、2:1組(G3も含む)か非対称リムが必須だと思います。前後セットで買うなら、シロッコあたりが一番リーズナブルでしょう。3万円くらいです。

手元にRaicng3のリアホイールがあるので、これを使う手もあります。ただしカンパフリーなので、正月に実家に帰った時にシマノフリーを持ち帰って交換する予定です。

2019/12/31 16:30  [1740-4351]   



ブエルタ第4ステージ、集団スプリントを制したのはクイックステップのヤコブセン。総合順位は変動なし。

第5ステージから山岳に入ります。ここからが本当のブエルタです。

2019/8/28 06:18  [1740-4239]   

ブエルタ第5ステージ。3人の逃げが決まる。優勝は、ブルゴス・BHのマドラソ。2位には同じくブルゴス・BHのボル、3位はコフィディスのエラダ。

総合ではロペスが首位を奪還。ログリッチェは2位に浮上。いつの間にかバルベルデが4位に来ています。

2019/8/29 07:29  [1740-4240]   

ブエルタ第6ステージは11人の逃げが決まり、ステージ優勝はエラダ、2位がトゥーンス。トゥーンスは一気に総合首位へ。集団は、エラダから5分44秒遅れなので、集団にいた昨日までの上位陣はそのまま順位を下げることになりました。総合2位はデラクルスで、3位が昨日のマイヨロホのロペス。

デラクルスが逃げグループにいたのに集団がそれを見逃したのが、第7ステージからの戦いで吉と出るか凶と出るか。面白い展開になってきました。

ロッシュは落車でリタイア。

2019/8/30 06:52  [1740-4241]   

ブエルタ第7ステージ。ジルベールとエネオは結局逃げ切れず。集団から抜け出した4人でのステージ争いとなり、バルベルデが優勝。2位ログリッチェ、3位ロペス、5位キンタナ。

ロペスは総合首位返り咲き。前日首位のデラクルスは大きく遅れて脱落。ベルベルデ自らが語っているように、ステージ上位4人が総合争いをすることになるでしょう。

2019/8/31 06:18  [1740-4242]   

ブエルタ第8ステージは、21人の逃げが決まり、スプリントでニキアス・アルント(サンウェブ)が優勝。

メイン集団とは9分半の差がつきました。メイン集団は逃げを追いかける意志なし。逃げに入っていたツゥーンスが総合2位に浮上。総合1位は、コフィディスのニコラ・エデ。3位のロペス以下はそのまま順位を下げました。

2019/9/1 08:08  [1740-4244]   

ブエルタ第9ステージ、未舗装路を含む山岳コース。優勝はUAEチームエミレーツのタディ・ポガチャル。初めて聞く名前です。おめでとう。

2位に入ったキンタナが総合首位を奪取。キンタナ、調子いいのかな。バルベルデもステージ4位でゴールしているので、モヴィスターのエースの行方もまだわかりません。ログリッチェちロペスは途中落車がありましたが、ログリッチェは挽回して3位に入り、ロペスは9位でした。ロペスはマイヨロホは明け渡しましたが、まだ総合3位に付けています。

2019/9/2 07:03  [1740-4246]   

休息日明けのブエルタ第10ステージ、個人TTでログリッチェが総合のライバルたちに圧勝。総合首位をついてに手に入れました。バルベルデが総合2位。1分52秒差あります。3位がロペス。2分11秒差。TTで遅れたキンタナは4位。3分差。

総合順位は入れ替わりましたが、4強がそのままトップ4にいるのは変わりません。それにしても最近のジロやブエルタは、TTに強い選手が総合優勝するケースが多いような気がします。

そういえばキンタナは今季いっぱいでモヴィスターを離れるようです。やっぱりダブルエースとかトリプルエースよりも単独エース扱いの方がいいのでしょうか。モヴィスターにはエンリク・マスが移籍します。バルベルデとマスで、グランツールは交互に出る形になるのかな。

2019/9/4 06:14  [1740-4247]   

ブエルタ第11ステージは、14人の逃げグループの中からエウスカディ・ムリアスのミケル・イトゥリアが優勝。

メイン集団は17分遅れ。総合順位は変動なし。

2019/9/5 06:32  [1740-4248]   

ブエルタ第12ステージは、逃げグループからカウンターアタックで独走に持ち込んだクイックステップのジルベールが優勝。メイン集団は、3分遅れでゴール。総合順位は変動なし。

2019/9/6 07:01  [1740-4250]   

ブエルタ第13ステージは、難関山岳コース。第9ステージに続いてタディ・ポガチャルが2勝目。同タイム2位にログリッチェ。バルベルデ、キンタナ、ロペスが遅れたので、総合でログリッチェはアドバンテージを広げました。

ボガチャルは総合3位に浮上。けっこうすごい選手かも。今後に注目です。

2019/9/7 07:29  [1740-4254]   

ブエルタ第14ステージは、ベネットが2勝目。

残り1qで集団落車が発生し、それより前にいた選手はスプリントに参加できましたが、落車に巻き込まれた選手やそれより後ろの選手はスプリントに参加できませんでした。ログリッチェは後ろにいて足止め状態。ただしルールでタイム差は付かないので、総合順位は変動なし。

2019/9/8 06:14  [1740-4256]   

ブエルタ第15ステージは。逃げグループの中から飛び出したユンボ・ヴィズマのセップ・クスが優勝。メイン集団の争いでは、ログリッチェとバルベルデが、総合3位以下からタイムを奪う。総合はログリッチェとベルベルデに絞られてきた感があります。

2019/9/9 06:40  [1740-4259]   

ブエルタ第16ステージ、超級山頂フィニッシュ。逃げグループからフルサングが抜け出し独走優勝。これまでもいい走りをしていましたが、これで念願のステージ優勝。おめでとう。

フルサングをフグルサンと書いているニュースもあります。「g」を発音するかどうかの問題ですが、デンマーク語では実際どうなんでしょう。

メイン集団は5分遅れ。ログリッチェはバルベルデとの差を23秒広げました。今日は休養日で、実質的にはあと4ステージで総合優勝が決まります。

2019/9/10 05:53  [1740-4260]   

ブエルタ第17ステージ。逃げ集団と5分以上遅れたメイン集団。ステージ優勝はジルベールで2勝目。

でも総合争い的に注目は、キンタナが逃げ集団に入っていたこと。ジルベールから10秒遅れでゴールしたキンタナは、総合で2位に浮上。ログリッチェに2分24秒差まで迫りました。逃げ集団の5分以上の先行を許容したのは、作戦の範囲内なのかどうか。

2019/9/12 08:47  [1740-4261]   

ブエルタ第18ステージ。エデュケーションファーストのセルジオ・イギータが逃げ切り勝利。15秒差の2位にログリッチェ、3位にバルベルデ、4位にマイカ。17秒差の5位がロペス。ロペスは総合4位に浮上しました。

総合争いは実質2日。ログリッチェが逃げ切れるか。

2019/9/13 07:41  [1740-4262]   

ブエルタ第19ステージは、クイックステップのレミ・カヴァニャが逃げグループからアタックして独走し、メイン集団の追走を振り切って優勝。クイックステップは今大会4勝目。チームとしての層の厚さを見せつけています。

ログリッチェは落車に巻き込まれましたが、集団に復帰し、結果的には総合上位のタイム差は変わっていません。これでいよいよ総合争いは第20ステージのみとなりました。ログリッチェには逃げ切って欲しい。

2019/9/14 06:42  [1740-4263]   

ブエルタ第12ステージは、タディ・ボガチャルが飛び出してそのまま独走勝利。今回ブエルタ3勝目。総合も3位に。そして1分41秒遅れの5位でフィニッシュしたログリッチェが、総合優勝を確定です。どちらもおめでとう。

ログリッチェに今年のジロで大活躍しましたが、終盤失速してマリアローザはかないませんでした。今回ブエルタでその雪辱を果たしました。このパターンは、ディムランやサイモン・イェーツも経験しています。ログリッチェもこれで一流のグランツールレーサーの仲間入りです。

2019/9/15 07:36  [1740-4264]   

ブエルタ・ア・エスパーニャ最終21ステージ、集団スプリントはクイックステップのヤコブセンが、サム・ベネットを抑えて勝利。今大会2勝目でした。ログリッチェは総合優勝を確定。

終わってみれば予想通りの結果でしたが、途中はかなりはらはらさせられることもありました。ボガチャルら若手も台頭もあり、楽しめたブエルタでした。総合2位にバルベルデが入っているので、世代交代とまでは言えませんが、ちょっとずつ表舞台に出る選手が変わってきていると感じます。キンタナは完全復活まではいきませんでしたが、それでもステージ優勝をするなどこれまでとは違う積極的な走りでした。来季はチームが変わってまた違う走りを見せてくれるかもしれません。アスタナのロペスも安定感が出てきたので、まだまだ伸びるでしょう。

2019/9/16 09:31  [1740-4265]   

プロコンチームのアルケア・サムクラシックとコフィディスが来季のワールドチームへの登録を申請しています。アルケア・サムシックといえば、グライペルがいます。そしてキンタナが移籍すると言われています。コフィディスにはナセル・プアニがいます。これはワールドチームに昇格させた方がいいんじゃないかな、と思います。

2019/10/7 20:41  [1740-4291]   

昨年はピノが優勝したイル・ロンバルディア、今年はバウケ・モレマ(トレック・セガフレード)が独走勝利。おめでとう。

https://cyclist.sanspo.com/494839

2019/10/13 13:33  [1740-4296]   

来期、コフィディスはUCIワールドチームに昇格。その一方でアルケア・サムシックは昇格が認められませんでした。アルケア・サムシックはがツール等に出るには、主催者からの招待が必要になります。キンタナはアルケア・サムシックに移籍予定ですが、まあグランツールには、やっぱり招待せざるを得ないでしょう。

2019/10/27 07:11  [1740-4310]   

来シーズン(2020年)は、ツアー・オブ・カリフォルニアは開催されないそうです。通常は5月開催なので、ジロの裏レースです。なので別にどっちでもいいという感じです。

2020年の主なレースです。

1月21〜26日 サントス・ツアー・ダウンアンダー(オーストラリア)
3月7日 ストラーデ・ビアンケ(イタリア)
3月8〜15日 パリ〜ニース(フランス)
3月11〜17日 ティレーノ〜アドリアーティコ(イタリア)
3月21日 ミラノ〜サンレモ(イタリア)
3月29日 ヘント〜ウェヴゥルヘム・イン・フランダース・フィールズ(ベルギー)
4月5日 ロンド・バン・ブラーンデレン/ツール・デ・フランドル(ベルギー)
4月12日 パリ〜ルーベ(フランス)
4月22日 フレッシュ・ワロンヌ(ベルギー)
4月26日 リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ(ベルギー)
5月9〜31日 ジロ・デ・イタリア(イタリア)
6月6〜14日 ツール・ド・スイス(スイス)
6月27日〜7月19日 ツール・ド・フランス(フランス)
8月14日〜9月6日 ブエルタ・ア・エスパーニャ(スペイン)
10月10日 イル・ロンバルディア(イタリア)

2019/10/31 19:39  [1740-4313]   

来年のジロに、早くもサガンが参戦を表明。
https://cyclist.sanspo.com/497402

他は誰が出るのか興味があります。

2019/11/20 20:06  [1740-4320]   

このページで、現時点での選手の移籍情報がまとめられています。
https://cyclist.sanspo.com/500346

けっこう大物が動きます。トム・デュムランは、サンウェブからユンボ・ヴィスマへ。

クイックステップは、マス、ヴィヴィアーニ、ジルベールと3人も出て行ってしまいます。チームとしてどういう体制になるのか、注目です。

2019/11/22 23:35  [1740-4323]   

ユンボ・ヴィズマ最強
https://www.cyclowired.jp/news/node/3163
61


来年のツール・ド・フランスにトリプル・エース投入。ログリッチ、クライスヴァイク、デュムラン。デュムランはサンウェブから移籍。エース同士の協調体制が取れるかどうかが鍵です。モヴィスターも一時期3人エースでした。まあまあうまくいっていたとは思いますが、でもキンタナは結局モヴィスターを離れました。ユンボ・ヴィズマのツールのメンバーでは、スプリンターが入っていなくて、山岳ステージにシフトした布陣です。本気が感じられます。

2019/12/21 23:30  [1740-4342]   

https://www.cyclowired.jp/news/node/3167
03


もうだいぶ昔のことのように感じます。今年のジロの優勝は、リチャル・カラパスでした。第13ステージではザカリンが優勝しています。どれもいいレースでした。

2019/12/28 18:39  [1740-4347]   

https://www.cyclowired.jp/news/node/3167
19


今年のツールは見ごたえがありました。アラフィリップがあと一歩で総合優勝というところまでいきました。そして残念だったのがピノの負傷によるリタイア。だんだん調子を上げていった、アラフィリップ失速の後の総合を狙う位置にいたにもかかわらず、アクシデントが起きました。来年はがんばってほしい。

2019/12/29 20:10  [1740-4348]   


暗峠&六甲山チャレンジの掲示板に
暗峠&六甲山チャレンジの掲示板に新規書き込み
全員投稿可
暗峠&六甲山チャレンジ
暗峠&六甲山チャレンジをお気に入り登録
運営者:
イタリアのタマちゃんさん
設立日:
2015年4月1日
  • 注目度:

    44(お気に入り登録数:16件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ