縁側 > 趣味・エンタメ > 趣味 > 趣味総合 > KILLIA WONDERLAND2
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

不思議な世界へようこそ!!

  • KILLIA WONDERLAND2の掲示板
  • KILLIA WONDERLAND2の投稿画像
この掲示板は閲覧専用です(運営者のみが投稿できます)。

KILLIA WONDERLAND2

タグ:

CUBASEとともに、Logic Proも使うことになったので、こんな、タイトルにしてみました。

2016/3/17 16:38  [1697-1987]   

マイク録音って、こんなに難しいものだと思いませんでした。

微細な音程をばっちり、拾ってくれるので、カラオケのように、「ごまかし」がききません。

2016/3/17 16:49  [1697-1988]   

Logic Proにしたので、MiC 96Kが、使えるようになりました!

こっちのマイクの方が、自分の声質には、あっている気がします。

2016/3/17 17:21  [1697-1989]   

昨晩、「メロディー」と「明日への手紙」なんども、歌入れしてみましたが、満足できるレベルではありません。
声がこんなに不安定になるとは。。。
歳のせいでしょうか。

気分を変えるために。アル・ジャロウの「スペイン」のキーボードの伴奏のアレンジが途中で止まっていたので、これに取りかかろうと思います。
あと、アントニオス・カルロス・ジョビンの「ワンノートサンバ」の2コーラス目以降もあわせて、打ち込みしたいと思います。

2016/3/18 08:30  [1697-1990]   

「スペイン」アル・ジャロウ版のキーボードパート入力完了。

今回のアレンジをラテンぽくしたいので、メロディーはアコーディオンにしました。

スペイン→ラテン→タンゴ→アコーディオン、という非常に安易な発想ですが、アレンジを何風味にするかは、最初にきめた方が良いので、これでいきます。

と、なると、パーカーション、いろいろ入れたいですね。

2016/3/19 12:39  [1697-1991]   

ドラムパート、16ビートに挑戦したみました。
単純に、「メロディー」の8ビートのハイハットの刻みを16にしてみました。
う〜ん、これだと、なんか、違う。

2016/3/19 19:32  [1697-1992]   

ツータッタ、ツータッタ、って感じですかね。

アル・ジャロウの「スペイン」では、スティーブ・ガットがドラムを叩いています。
手数が非常に多く、耳コピできませんが、なんとなく、こんな感じに近い、という音を加えてみました。
前より、「らしく」聴こえるようになりました。

2016/3/19 21:05  [1697-1993]   

「Spain」、ハイハットと太鼓のトラックを分けて、ベロシティーをより細かくしたら、だんだん、それらしく聴こえるようになりました。

しかし、これからが大変です。
CDを聴きながら、ピアノ、ドラム、ベースを耳コピしていきます。
しかし、今回は完コピは至難の技なので、聴いた感じで打ち込んでいきます。
さて、どこまで、できるでしょうか。

2016/3/20 08:29  [1697-1994]   

ストラビンスキーの「<ペトルーシュカ>からの3楽章」が大好きで、またまた、無謀には、こいつを打ち込んでみたい!!

で、楽譜を探したら、なんと、無料でDlできるではありませんが!!
これが、正式のスコアかどうかわかりませんが、やってみようと思います。

怖いもの知らず、とは、こういうことを言うんですね。

2016/3/20 08:38  [1697-1995]   

mobi0163 さん  

2016/3/20 12:46  [1697-1996]  削除

「スペイン」のドラムのリズムが、いまひとつ納得がいかないので、CDを聴きながら、くちづさむと、
「ズータター、ズータター」と感じたので、バスドラとスネアで組み直してみました。
まだ、納得できないけど、前よりはいいかな。

2016/3/20 16:34  [1697-1999]   

「<ペトルーシュカ>からの第3楽章」、やっと、20小節、打ち込み終わりました。

フォルテ、フォルテシモ、メゾフォルテの指示の対して、どれくらいの強さがいいのか、スタッカート、テヌート、各指の強さなど、どうしたらいいのか、実際の演奏さながら、どう演奏したらいいのか、迷います。

2016/3/20 19:08  [1697-2000]   

しかし、実際、ピアノをいまから習ったとしても、絶対、この曲の最初の20小節さへ、弾けるようにはならないのに、わずか、数時間で、弾いた気分になれる、コンピュータミュージックって、すごい、と思います。
(いやいや、君が弾いているわけではないですよ、君はデータを打ち込んだだけですよ)

2016/3/20 19:16  [1697-2001]   

「スペイン」のピアノとベースを、アル・ジャロウのCDから、少し、耳コピしてみましたが、チック・コリアの「リターン・トゥー・フォーエバー」に収録されている本家版の方のピアノとベース音がかっこいいので、こちらを耳コピしてみたいと思います。

2016/3/22 17:13  [1697-2003]   

リターン・トゥー・フォーエバーの「スペイン」

耳コピを始めたとたん、こりゃ、おいらには無理、と思いましたが、コードをたよりに、丸1日、悪戦苦闘し、なんとか、それっぽくなりました。

https://youtu.be/TAzdQ6FT_f0

2016/3/23 22:15  [1697-2005]   

明日からは、「<ペトルーシュカ>からの3楽章」の打ち込みをしたいと思います。

あと、わすれたわけではないのですが「ムーン・リバー」のアカペラもやりたいのですが、歌がへたれ、なので、大変そう。
まずは、4声を作らなくては。

2016/3/23 22:28  [1697-2006]   

Logic Proについて

全トラックを選択してあげると、ピアノロールに全トラック分が表示、編集ができるのを、偶然発見しました。
今回は、ピアノの右手と左手を分けましたが、各指ごとにトラックを分けたら、微妙な音の変化やずれなどを調整しやすいので、今回は、11トラック(指10本とグリッサンド用)を使って、打ち込んでみたいと思います。
これは、便利!!

2016/3/24 06:38  [1697-2007]   

「明日への手紙」では、感じなかったのですが、「Spain」をYouTubeにアップロードしたものを聴くと、音質が変化していました。
CUBASEから、WAVに書き出したものをiTunesで聴いたものに比べて、音色が変わっているし、全体的に粗い感じがします。
意図した音のイメージとは違うので、ちょっとショック。

2016/3/24 07:25  [1697-2008]   

11トラックを作って、打ち込んである40小節分をトラックわけしようとやってみたら、運指まで考えないといけないので、これはやめます。
ほとんどの音が右手3音、左手3音なので、6トラックプラス装飾音用に変更します。

2016/3/24 08:49  [1697-2010]   

譜面からの打ち込みは、スコアからやった方が、断然早い、ということがわかりました。

譜面の打ち込みは、Logic Pro、コードの打ち込みはCUBASE、という使いわけができるので、両方使うメリットは、十分あります。

2016/3/24 09:17  [1697-2011]   

「ペトリューシュカ」について

ハーモニー的には、基本は4声なので、右手2声、左手2声、装飾音の5つのトラックで打ち込んでみました。
でも、これからが本番です。
各パートの音の強弱やハネやスラーの詳細な調整が必要です。

2016/4/4 07:04  [1697-2012]   

「ペトルーシュカ」について

Logic Proだと、4声までなら、一覧でスコア表示が可能なので、これを見ながら、各パートの音を聴き分けられるように、耳に叩き込んでます。
それができたら、いよいよ、詳細の調整に入ります。

それにしても、10本の指で、どうやってこの曲、弾くんでしょうか。
ポリーニの演奏は、まさに神業です。

2016/4/5 07:39  [1697-2013]   

「メロディー」歌入れについて

CUBASEで「メロディー」の歌入れして、ミックスダウン、マスタリング作業を開始します。
やはり、マイクスタンドと、ポップスクリーンは必要だろうということで、マイクスタンドはハードオフでカメラスタンドを1,080円で購入。
MiC96Kは、カメラネジなので、そのまま固定できますが、ダイナミックマイクは、ヨドバシで5/8インチの変換ネジを250円で購入。
ポップスクリーンは、Amazonで998円のものを購入。
宅録用なので、これで十分です。

2016/4/8 15:02  [1697-2017]   

「メロディー」について

ワンコーラスずつ、3テイク歌入れしてみました。
花粉症なので、鼻声、声割れで、実際は、各パート、6テイク以上、休み休み録りました。

ポップスクリーンのおかげで、オンマイクでも、ボフ音は一切入りませんでした。

2016/4/12 00:01  [1697-2020]   

コンピュータ・ミュージックしかかり状況確認

「メロディー」:歌入れ作業中
「明日への手紙」:歌入れ作業中
「マスカレード」:歌入れ作業中
「サザンウインド」カラオケ作成中
「Spain」:フラメンコの手拍子トラック作成中
「<ペトルーシュカ>からの3楽章」:打ち込み終了。
「ワンノート・サンバ」:ワンコーラス目のみ完成。

2016/4/12 11:37  [1697-2021]   

花粉症で、のどガラガラですが、キリがないので、「歌ってみた」第一弾として、

「明日への手紙」歌入りバージョン、YouTubeにアップしました。

https://youtu.be/3w9bPd47tVI

2016/4/14 00:05  [1697-2024]   

「Moon River」について

アカペラで歌うつもりでしたが、準備に時間がかかりそうなので、とりあえず、簡単な伴奏で、歌入れしました。
音程が不安定ですが、腹筋が衰えているので、これを解消するには、時間がかかります。

今日は、この他に、高橋真理子の「桃色吐息」のカラオケも作りましたが、歌入れは明日にします。

2016/4/14 23:06  [1697-2026]   

「桃色吐息」について

半日がかりで、やっと、歌入れが終わり。YouTubeにアップしました。
この歌は、言葉をメロディーに乗せるのが、難しかった。

2016/4/16 00:03  [1697-2027]   

ただいま、「nana」に夢中です。

音楽投稿サイト、「nana」に、カラオケ用音源を登録するのに、マイク入力からではなく、ラインから直接、音を録音できるように、スマホ用オーディオインターフェース「iRig Pro Duo」を購入しました。
26,000円と、ちょ〜と高かったのですが、せっかくDAWで作った音源を、良い音で登録したかったので、思い切って買っちゃいました。
YouTubeより、反響があるので、やる気がでます。
尺も最大1分30秒と決まっていて、ほぼワンコーラス分制作すれば良いので、いろいろな曲を投稿できるので、楽しいです。

2016/4/22 18:37  [1697-2031]   

「iRIg Pro Duo」について

「2IN2OUT」が「売り」なのに、チャネル2からの入力信号がアウトされません。
これだと、カラオケとマイクの音をミックスして、iPadに録音できません。
ヨドバシに電話したら、もう在庫がないので、返品、ということに。
仕方ないので、島村楽器に注文しました。
値引きがないのと、ライン入力用のケーブル2セットで、3万もかかってしまいました。
ぷんぷん。

2016/4/25 15:04  [1697-2032]   

「お芋の歌」について

Lgic Proのヴォイス音源をいじっていたら、こんな作品ができました。

https://youtu.be/5heX7UVrgFI

2016/4/26 14:11  [1697-2033]   

「iRIg Pro Duo」について

島村楽器から、届きましたが、やはり、チャネル2からの音声が、iPadで認識されません。
島村楽器の担当の人とやりとりをしているうちに、ソフトに依存することが判明。
CUBASEだと、ちゃんと、チャネル2からの音もトラックに取り込めました。
ヨドバシさん、ごめんなさい。

2016/4/26 16:06  [1697-2034]   

ただいま、「nana」での歌入れ、DAWによる音源制作で大忙しです。

http://nana-music.com/users/1936470/

2016/5/3 00:09  [1697-2035]   

「nana」にこんなの、上げました。

http://nana-music.com/sounds/01612ff2/

2016/5/7 17:56  [1697-2037]   


この掲示板の新着スレッド

運営者のみ投稿可
KILLIA WONDERLAND2
KILLIA WONDERLAND2をお気に入り登録
運営者:
mobi0163さん
設立日:
2015年1月15日
  • 注目度:

    222(お気に入り登録数:3件)

タグの登録はありません

該当掲示板はありません

ページの先頭へ