縁側 > ホビー > おもちゃ > 電子玩具 > 電子小物道場
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

手始めにUncompatino(ATmega328P Arduino UNO 準互換)を勉強していきたいと思います。

  • 電子小物道場の掲示板
  • 電子小物道場の伝言板
  • 電子小物道場の投稿画像
電子小物道場の掲示板に
電子小物道場の掲示板に新規書き込み

写真1 Uncompatinoに書き込んだところ 写真2 TeraTermを立ち上げるとUncompatinoが動き出す

Uncompatino上で小さなプログラムを実行してその結果をPCに送るスケッチ(プログラム)を書けばよいです。

UncompatinoにはFUSEビットもブートローダーも書き込まれているという前提です。
(もし書き込まれていないのであれば、[1681-6]avrdudeの環境構築を参考にしてください)


Arduino IDE上で下記のスケッチを書きます。

void setup() {
Serial.begin(115200); // 115200bp
sでシリアルポートを開く
}

int x;

void loop() {
Serial.println(x); // 定義しただけで値の代入をしないと、何が入るのかを確認

x = 10; // 10を代入
Serial.println(x);

Serial.println("");
// 改行
Serial.println("");
// 改行

for(;;){}
}

上記をUncompatinoに書きます。


TeraTermを用意します。私が使っているのは、teraterm-4.84.zipを解凍したものです。

TeraTermのCOMポートとUncompatinoのCOMポートの番号を一致させることと、TeraTermとUncompatinoのシリアル通信速度を一致させてください。

Uncompatinoにスケッチを書きこんだ後に、TeraTermを起動します。つまりスケッチを書き込むときにはエラーになりますので、TeraTermが動作していてはいけません。

2015/1/7 00:20  [1681-21]   

写真3 コンパイル結果 写真4 実行結果

繰り返しさせてみたらこうなりました。

写真3:ソースコード

写真4:実行結果

loop()で定義されているものは、loop()内だけで有効であるということ。

2015/1/8 00:12  [1681-22]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
電子小物道場
電子小物道場をお気に入り登録
運営者:
オーションさん
設立日:
2014年12月27日
  • 注目度:

    457(お気に入り登録数:2件)

  1. 1ドラマスキー

該当掲示板はありません

ページの先頭へ