縁側 > 暮らし・生活 > 暮らし > 暮らし総合 > 雑学のすゝめ 無駄な知識を楽しもう!
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

学校で学ぶ様なことでもなく、生活の知恵という程でもない、知っていても何の得にも役にも立たない知識。

でも、それらにはそこはかとないおもしろみがあったり、思わず唸ってしまう様な新鮮な驚きがあるかもしれない。
そんな「知識」求めてます。

具体的には、何も考えていませんが、どうぞ、皆さんのご存じのちょっとした知恵や蘊蓄を教えて下さい。
ジャンルや内容は問いません。どうぞ、よろしくお願いします。

  • 雑学のすゝめ 無駄な知識を楽しもう!の掲示板
  • 雑学のすゝめ 無駄な知識を楽しもう!の伝言板
  • 雑学のすゝめ 無駄な知識を楽しもう!の投稿画像
雑学のすゝめ 無駄な知識を楽しもう!の掲示板に
雑学のすゝめ 無駄な知識を楽しもう!の掲示板に新規書き込み

大体からして、中部電力から西は 60Hzで 東京電力から北は 50Hzであるという現実が 
今回の震災及び津波&原発の問題を より 大きくしているよね〜  

なんで今まで 野放しにしてたんやろね〜  これでは、関西から電気を送りたくても送られへんやん !  

明治時代の負の遺産なんだと思うけど、もっと早く どちらかに、統一すべきだったと思います。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E
3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Power_Grid_of_
Japan.PNG
  


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%95%86%E
7%94%A8%E9%9B%BB%E6%BA%90%E5%91%A8%E6%B3
%A2%E6%95%B0



今回の 東日本地域の電力不足に対して、
西日本が ほとんど援助が出来ないことに対しての キーワードを写します。

>第二次世界大戦直後、復興にあわせて日本の商用電源周波数を統一するという構想があったが、
復興が急速に進んだことで実現が ほぼ不可能になってしまったとされる。

日本国内での交流電源の周波数で東日本の50ヘルツ(以下、Hzと表記)と西日本の60Hzの周波数の相違がある。


これは明治時代に、海外の議論に触発されて起こった、東京電燈・大阪電燈間の直流・交流論争がきっかけであった。

関東では、当初1887年から直流による送電を行っていた東京電燈が、
交流の優位性の高まりに対して直流から交流への転換を決め、50Hz仕様のドイツ・AEG製発電機 (AC 3kV 265kVA) を導入し、1893年に浅草火力発電所を稼動させた。

しかし関西では、1888年に設立された大阪電燈が東京電燈と対立して当初から交流による送電を選択し、
60Hz仕様のアメリカ・GE製発電機 (AC 2.3kV 150kW) を採用していた。
これらを中心として次第に東日本・西日本の周波数が集約されていった結果、東日本と西日本の周波数の違いが形成された。 

国内に50Hz地域と60Hz地域が混在する例は極めて珍しく、地方によって厳然と周波数が違うのは日本くらいと言ってよい

50Hzと60Hzの境界線 [編集]一般に境界は糸魚川静岡構造線にほぼ沿うとされ、東側が50Hz、西側が60Hzである。

標準周波数50Hz
北海道電力 東北電力 東京電力

標準周波数60Hz
中部電力 北陸電力 関西電力 中国電力 四国電力 九州電力 沖縄電力  

東西間での周波数変換による相互融通について

各電力会社間では電気の相互融通を行っているが、
異なる周波数の電力会社間での相互融通のために、50Hzと60Hzの周波数変換を行う周波数変換所が設けられている。
電力会社間の相互融通のための周波数変換所としては電源開発の佐久間周波数変換所、東京電力の新信濃変電所、
中部電力の東清水変電所の3箇所がある。
融通可能な電力は佐久間変電所は最高30万kW、新信濃変電所60万kW、東清水変電所10万kW(現在仮運用中、設計30万kW)。
東側が154kV、西側が275kVで連系される。
現在の日本において周波数変換が出来る変電所は上記3変電所のため、
両周波数間で融通できる最大電力は現状100万kWである。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の折には東京電力を始め、東日本で大規模な電力不足が発生、
首都圏では1000万kWの不足が見込まれたものの融通できる電力では全く足りず、
東京電力では複数の地域で計画的な停電を故意に順番に実施する輪番停電を実施、電力不足を補わざるを得ず、
首都圏の交通網に混乱を来した。
群馬県では停電した信号機の交差点で死亡事故も発生し通勤通学や経済活動などに大きな影響を与えた。
この東西で融通可能な電力量の少なさは前述の周波数統一の頓挫が遺した弊害でもあるが、
これ自体はかねてより電力業界では認識されていたものの、
発電所を建設するに比べ多額の投資を要することを口実に、事前に認知していたにも拘らず問題を先送りしてきた経緯がある
(費用が無かったと言うよりは寧ろ、周波数を統一するという『意識』が電力業界の間で全般的に希薄であった)。

だがこの大災害によって現実のものとなってしまった。

後述のようにかつて国内の周波数が皆ばらばらだったアメリカやイギリスにおいても、周波数を1つに統一していった歴史がある。
そのため、数十年以上前から専門家の間で指摘されていた日本の電力業界全般における根本的な問題が
今回の東日本大地震によって広く一般の日本国民にも知れ渡る結果となった。

2011/3/27 13:28  [168-1106]   


この掲示板の新着スレッド

ページの先頭へ