縁側 > 暮らし・生活 > 暮らし > 暮らし総合 > 雑学のすゝめ 無駄な知識を楽しもう!
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

学校で学ぶ様なことでもなく、生活の知恵という程でもない、知っていても何の得にも役にも立たない知識。

でも、それらにはそこはかとないおもしろみがあったり、思わず唸ってしまう様な新鮮な驚きがあるかもしれない。
そんな「知識」求めてます。

具体的には、何も考えていませんが、どうぞ、皆さんのご存じのちょっとした知恵や蘊蓄を教えて下さい。
ジャンルや内容は問いません。どうぞ、よろしくお願いします。

  • 雑学のすゝめ 無駄な知識を楽しもう!の掲示板
  • 雑学のすゝめ 無駄な知識を楽しもう!の伝言板
  • 雑学のすゝめ 無駄な知識を楽しもう!の投稿画像
雑学のすゝめ 無駄な知識を楽しもう!の掲示板に
雑学のすゝめ 無駄な知識を楽しもう!の掲示板に新規書き込み

12月限定の大河ドラマ 「 坂の上の雲 」。  

三年連続で 放映される このドラマ。 
明治維新から、日清戦争をへて 日露戦争に 日本が勝つまで.......が 描かれます。

欧米と比較し、つい この前までは、刀に チョンマゲ姿という 実に 時代遅れで 野蛮人だった日本人が、
いかにして、欧米に 比肩出来るような軍事大国になって行ったかを 描いているドラマです。  

私は 明治の日本人が いかに立派であったかを知ることの出来る とても意義あるドラマだと思っています。

ひと昔前であれば、右翼的だと批判を受けかねないと思われるような題材を、
天下のNHKが、日曜日のゴールデンタイムに 堂々と放映している実情について、


……………………… 私は 実に あっぱれだと思います。…………………..


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E
6%B8%85%E6%88%A6%E4%BA%89
       


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E
9%9C%B2%E6%88%A6%E4%BA%89
     


http://www9.nhk.or.jp/sakanoue/   


http://www.nhk.or.jp/matsuyama/sakanoue/
        


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E
3%81%AE%E4%B8%8A%E3%81%AE%E9%9B%B2
  


http://ja.wikipedia.org/wiki/203%E9%AB%9
8%E5%9C%B0
   

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E
7%AC%A0_(%E6%88%A6%E8%89%A6)
   

2011/1/11 04:15  [168-1067]   

太平洋戦争( 大東亜戦争 )に敗戦するまで、日本は 紛れも無く アジアの盟主でした。 


日本ほど、素早く 欧米式の文化や思想を いち早く取り入れた国は 少なくとも アジアの中では 存在致しません。  

朝鮮の人は別としても、それ以外の 全アジア人の 憧れの国だったのです。 

それが 証拠に 孫文は、日本の知識人のちからも借りて 辛亥革命を成功させて 中華民国という国を建てましたし、


その後 中華民国を率いた 蒋介石は 日本の陸軍士官学校の出身者です。 

魯迅 それに チャンドラボーズも また、しかり ......... なのです。  



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%AB%E
6%96%87
    


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%92%8B%E
4%BB%8B%E7%9F%B3
 


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%AF%E
8%BF%85
  


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E
3%83%90%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83
%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BB%
E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%B9
   

2011/1/11 04:18  [168-1069]   

軍国主義があたり前の時代、 アジアのほとんどは、欧米列強の植民地でした。 

清帝国( 中国 )の欧米の割譲は もちろん、インドシナは フランス領でしたし、
フィリピンは、アメリカ領  インド オーストラリアは イギリス領でした。


それに ロシアは 不凍港を目指し いつも南下を 目論んでいました。 


だから、日本は、国家の独立と 安全に維持するために、朝鮮 中国に兵を進めたのです。

『 まぁ〜 朝鮮 中国の人達に とっては、自分の土地で他人( つまり 日本 と ロシア )
 が 陣取り合戦をするようなものですから、 とても いい迷惑だったと思いますが  ……………. 』 


アジアの中で 唯一 日本が 欧米に牙をむいたから、
太平洋戦争のあと、欧米列強のアジアの植民地の人々は、それほど 多い血を流さずに 
欧米からの国家の独立を 勝ち取ることが出来たのです。


( つまり、欧米の国々の人達も 第2次世界大戦で 大きな 物質的 かつ 人的な損害を蒙ったので、
アジア各地の国々の独立を 黙認したのだ …………..ということ )


だから その当時、軍国主義だった日本が、
今日のアジアの経済的な発展のきっかけを作ったといっても、全く過言ではありません。


ただし それでも、その当時の 日本と欧米の国力を 比較すると、欧米 1国が 10だとすると 
日本は 6ぐらいの国力しかなかった  

………………. ということなのです。

2011/1/11 04:20  [168-1070]   

清帝国の時代、  中国は「 眠れる獅子 」だと言われていました。  

でも、アヘン戦争 日清戦争をへて 獅子ではなく 猫だとわかったので、
清は、列強の食い物とされてしまったのです。  

現在 日本は、製造業において 完全に 中国に 食われようとしています。  

経済戦争に おいて、中国が 「 本当の獅子 」となって、日本に 逆襲をかけてきているのです。  


「 坂の上の雲 」を見て 

………………  もう一度 元気を出して、立ち上がるんだ、日本人 ! ……………….

2011/1/11 04:21  [168-1071]   

太平洋戦争開戦当時の 中国 朝鮮 及び 関東軍について もう少し 勉強になることを 貼ります。 

何故なら ここに貼り付けた 人々が その当時の日本 中国 朝鮮の

……………………….. 歴史に深く 関わる人物だと 思うからです。…………………..



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E
5%8E%9F%E8%8E%9E%E7%88%BE
     


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BF%E
5%9E%A3%E5%BE%81%E5%9B%9B%E9%83%8E
          


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E
5%8F%A3%E6%B7%91%E5%AD%90
    


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E
5%B3%B6%E8%8A%B3%E5%AD%90
         


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E
6%B4%B2%E6%98%A0%E7%94%BB%E5%8D%94%E4%BC
%9A
    


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%98%E
7%B2%95%E6%AD%A3%E5%BD%A6
    


http://www9.wind.ne.jp/fujin/rekisi/chin
a/karyu/shin.htm
    


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85    


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E
6%96%B0%E8%A6%9A%E7%BE%85%E6%BA%A5%E5%84
%80
   


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E
6%B0%8F%E6%9C%9D%E9%AE%AE
  


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E
5%9E%A0
       

2011/1/11 04:22  [168-1072]   

昭和初期の中国の状態を 例え話で書きます。  


ある家に 一組の夫婦が 引っ越してきました。 

夫は、欧米のマネをしたがるタイプの性格でした( 夫の名は 国民党軍 中華民国  )
彼の妻は ソ連のマネをしたがる 共産主義者でした。( 妻の名は 八路軍  後の中華人民共和国  )


この夫婦は、物の考え方が あまりにも違いすぎるために いつも喧嘩が絶えませんでした。  

そして今日も いつものように この夫婦は 派手な喧嘩をしていたのです。
( この2人の夫婦の体力は、  2人とも 5〜6才の子供程度 )


そこへ 日本という アカの他人が、この夫婦喧嘩の ドサクサに紛れて、
以前 この家に住んでいた主人 ( つまり清国 最後の皇帝にして、満州国皇帝になった  溥儀のこと )を操りながら 

………………..この家の物を 片っ端から 盗み始めたのです。 ……………..

( つまり 満州地域 を含む 中国の土地や物のこと )  


その話を聞いた まったく他人である プロボクサー の チャンピオンは、( つまり アメリカ )  烈火のごとく怒り 
中学生程度の体力しかない 日本を コテンパンに 打ちのめしました。  


結局 日本という泥棒は、この家から スゴスゴと 退散をしましたが、 

泥棒がいなくなった後 この夫婦の喧嘩は ますます 激しさを増して、

最終的には、妻が勝ち残り この広い家に ひとりで住むことになりました。
( つまり これが 中華人民共和国  )

そして、夫は この家を追い出されて 台湾という とても狭い 近所の家に 命からがら逃げました。
( つまり これが 中華民国 → 台湾 )  



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E
8%8F%AF%E6%B0%91%E5%9B%BD%E3%81%AE%E6%AD
%B4%E5%8F%B2
   


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E
8%8F%AF%E6%B0%91%E5%9B%BD
   


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E
5%85%B1%E5%86%85%E6%88%A6
  


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E
5%9B%BD%E5%9B%BD%E6%B0%91%E5%85%9A
 


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E
8%8F%AF%E4%BA%BA%E6%B0%91%E5%85%B1%E5%92
%8C%E5%9B%BD
 


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E
8%B7%AF%E8%BB%8D

2011/1/11 04:28  [168-1073]   

私が 太平洋戦争(大東亜戦争)に対して 正しい評価をなさっていると思う アジアの方々の お言葉を載せていきます。


バ・モウ(ビルマ首相) 

我々を白人支配から救い出してくれたのは、日本だった。
我々は大戦終盤に日本を見限ったが、その恩は忘れない 
日本ほどアジアに貢献した国はない 
そして、日本ほど誤解を受けている国もない。


G・シャフエー(マレーシア首相)  

なぜ日本が謝るのでしょうか  
あの大戦でマレーシア人と同じ小さな体の日本人が、大きな体のイギリス人を 追い払ってくれたではないですか !  
日本なくして東南アジアの独立はありませんでした。 
この日本が払った尊い犠牲を否定することは、バックミラーばかり見ているようなものです。


プラモード(タイ国首相)  

日本のおかげでアジアは独立することができました。 
日本というお母さんは母体を壊してまでも、アジア諸国という子供を生んでくれました。 
今日 アジア諸国が 欧米と話が出来るのは 誰のお陰か !  
それは自らを殺してまで生んでくれた 日本というお母さんがあったからだ。 

我々は12月8日を忘れてはならない。  


ゴー・チョクトン(シンガポール首相)  

日本の統治は過酷なものだった 
しかし日本軍により欧米のアジア支配は粉砕された。 
これはアジアに自信を与えた。
大戦後、15年以内に アジアの植民地はすべて解放された。  


ブン・トモ(インドネシア元首相) 

あの戦争は我々の戦争であり 我々がやらなばならなかった。 
それなのに すべて日本に背負わせて 日本を滅亡寸前にまで追い込んでしまった。 

…………………………. 申し訳ない ………………………………….



知覧特効平和会館での慰霊式でのフィリピンの方のスピーチ  


当時白人は有色人種を見下していました。  
これに対して日本は世界のあらゆる人種が平等であるべきだとして 戦争に突入していったのです。  
神風特別攻撃隊は そうした白人の横暴に対する最後の抵抗だったと言えましょう。
そして アジア内で唯一、白人に対して抵抗してくれたのです。

かつて日本の統治を受けた台湾や韓国を見て下さい。立派に経済的な繁栄を遂げているでしょう。  
これは日本が統治下で施した教育の成果です。  

ですが、アメリカの統治を受けたフィリピンは、自分達でモノを作ることを学ばせてもらえなかった。  
フィリピンの人々は鉛筆すら作ることが出来なかったのです。
それは、アメリカ人が自分達で作ったものを一方的に売りつけてきたからでした。

フィリピンでは、日本で伝えられているような「反日」などではなくむしろ「親日的」です。

フィリピンの人々は、日本人よりも「リアリスト」です。

戦争があれば多少なりとも悲劇はあると、現実的な考え方をしています。
ですからフィリピンの人々は、日本を責めようなどとは思っていません。

誉れ高い英雄たちの生まれた国(日本)を崇めよ という一節があるくらいです。
欧米人のアジア観に多大な影響を与えた神風特別攻撃隊はフィリピンの人々にし敬われ、
そして その勇気が称賛をされています。

日本人はこうした現実も認識する必要があります。 

………………… 今、自由に発言できること ご飯を食べられることに感謝を致しましょう。

………………  そして日本人が、日本を好きになってほしい。…………………….


http://www.youtube.com/watch?v=7me5wyrpC
cc



2011/3/31 01:39  [168-1108]   

ラダ・ビノード・パールさんが 極東国際軍事裁判(きょくとうこくさいぐんじさいばん  別名 東京裁判 )において 
A級戦犯の被告全員に無罪を主張したのは、当然だと思います。 

何故なら その当時のインドは イギリスの植民地だったではないですか !  

だから、チャンドラボーズも日本に来て、当時の日本の知識人に助けを仰いだのですよ !

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E
3%83%80%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%8E%E3%83
%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%
E3%83%AB


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E
3%83%90%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83
%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BB%
E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%B9



当時の日本は 欧米のマネをして、中国 朝鮮 それに沖縄の人達に 迷惑をかけたけれども、
その当時は 欧米 それにソ連(ロシア)も アジアに対して 生かさず殺さずのひどいことをしていたのですよ !  

太平洋戦争に勝ったからといって、日本に すべての責任を押し付けるのは、考え方が偏りすぎだと思います。  


日本は アジア全体の人々から見れば、まさに救世主だったのですよ。

日本がアジアに兵を進めなければ、今だに東南アジアは 欧米の植民地のままであった可能性が充分にあると思いますね。

2011/4/2 19:08  [168-1109]   

TE71 クロのスプリンタートレノ さん  

2011/4/10 14:47  [168-1110]  削除

TE71 クロのスプリンタートレノ さん  

2011/4/5 00:26  [168-1111]  削除

TE71 クロのスプリンタートレノ さん  

2011/4/10 14:47  [168-1112]  削除

TE71 クロのスプリンタートレノ さん  

2011/5/14 00:00  [168-1115]  削除

TE71 クロのスプリンタートレノ さん  

2011/5/14 00:00  [168-1116]  削除

TE71 クロのスプリンタートレノ さん  

2011/5/14 00:00  [168-1117]  削除


......................東京裁判で 著名な 東條 英機 と アーティストの 西城 秀樹は まったくの他人です。.................  


http://www.youtube.com/watch?v=t5-MHmFY8
Nk&feature=related
    

http://www.youtube.com/watch?v=X5BG8FaSs
ws&feature=related
  

http://www.youtube.com/watch?v=cybIOronB
0E&feature=related
  

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E
5%9F%8E%E7%A7%80%E6%A8%B9
  

2011/5/13 23:59  [168-1127]   

台湾は、大東亜戦争(太平洋戦争)開戦当時、日本の守りの要の位置にありました。 
それは、フィリピンというアメリカの植民地が、この台湾のすぐ南にあったからです。

開戦の後に ラバウルに拠点を置いた 台南航空隊は、台湾の台南市の航空隊です。 
だから 坂井三郎などの優秀な航空搭乗員が、この台湾を守っていたわけです。

その当時の日本は、当時 田舎だった台湾の近代化に、大きな尽力をつくしました。 
だから 台湾の人々は、日本に対して とても感謝をしている方々が とても多いのです。  

それが、今回の東日本大震災に対する 台湾の方々の義援金の多さにも表れているのです。


http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2
011&d=0324&f=national_0324_131.s
html
  

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=201104
09-00000016-scn-cn
   

http://www.youtube.com/watch?v=hf-SPEhWD
pE&feature=fvst

2011/5/14 00:02  [168-1128]   


だから ........... 世界のパソコンのマザーボード(電気基盤)の最先端は、台湾なのですよ。..........

2011/5/14 00:03  [168-1129]   


でも 今は、日本にとっては、アメリカに優る お友達は  ........................ どこにもいない .................. と思います。  


それはすべて、................................. 時の流れですよね〜 ! ..................................

2011/5/14 00:04  [168-1130]   

いちおう、この縁側の親分に仁義を通しておきました。

http://engawa.kakaku.com/userbbs/168/boa
rd/#D52

2011/5/15 06:39  [168-1131]   

皆さんは 日本は ............ 戦争に負けた ........... と思っているでしょう !

確かに 日本は 大東亜戦争において 米国に負けました。  



でも 同時期に進行していた 日中戦争に おいて 日本は、中国に 勝っていたんですよ !

つまり 大陸打通作戦である 一号作戦は 成功したのです。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E
9%99%B8%E6%89%93%E9%80%9A%E4%BD%9C%E6%88
%A6




しかし 中国以外の アメリカも敵に回していたから 結果的には 大敗したのですよ。  


その認識を .................. 間違えてはならない ........... と 思います。


2011/10/15 01:31  [168-1164]   

マレーシア国定中学校歴史教科書

................. 「マレーシアの歴史は、日本陸軍のコタバル上陸から 始まる。」...............


平成21年4月現在

マレーシア国史の第1ページ目には、このように書かれている。
マレーシアは 52年の歴史しかないのだ。(H21年現在)

マレーシアには 日本軍が英国軍を蹴散らし、マレーシアを植民地から開放するまでの、
それ以前の、数百年数千年の歴史はない。

ブリッティッシュの老獪 そして 狡猾な植民地政策。
略奪を正当化するための愚民政策、人種を多層支配する分割統治。

宗教は消され、歴史は消され、言葉は消され、文字を消される。
教育はない、自由もない、生きている意味さえ見出すことがむずかしかった。 この地で生まれたプライドさえ・・・。

日本人として マレーシアの この国定教科書に ぜひ、感謝したい。事実を伝えることがどんなに大変なことか。

ペナン中学3年生お嬢様アイーシャさんに尋ねた。
「日本がコタバル上陸しなければどうでしたか」
「マレーシアという国はなかったでしょう。今もブリティッシュの植民地のままでしょう」

日本は イギリスから、私たちマレー人を助けて下さったのです。


................. コタバル上陸の日本陸軍と進撃ルート 他 ..............


http://www5f.biglobe.ne.jp/~thai/page048
.html
   

http://blog.livedoor.jp/tomatoma415/arch
ives/2011-06.html?p=2
  

2011/10/15 20:25  [168-1165]   

ラジャ・ダド・ノンチック(マレーシア上院議員)


我々は 日本軍を 歓迎で迎えた。

日本は 将来の我々のために 多くのものを もたらしてくれた。
我々が 日本から学んだことは 「国を守る術」だった。


「日本人よ 本当に ありがとう! 」

........... かつて、日本人は清らかで美しかった ........

............ かつて、日本人は 親切で こころ豊かだった ............

アジアの国の 誰にでも 自分のことのように一生懸命尽くしてくれた

何千万もの人の中には、少し変な人もいたし 怒りんぼや、わがままな人もいた
自分の考えを おしつけて 威張ってばかりいる人だって いなかったわけじゃない

でも、その頃の日本人は そんな少しの、いやなことや
不愉快さを越えて おおらかで まじめで 希望に満ちて明るかった


戦後の日本人は 自分たち日本人のことを 悪者だと 思い込まされた。

学校でも、ジャーナリズムも そうだとしか 教えなかったから
まじめに 自分たちの父祖や先輩は 悪い事ばかりした 残酷無情な ひどい人たちばかりだと思っているようだ


........... 本当に どうなっちまったんだろう 日本人は .......... そんなはずじゃなかったのに.........


本当の 日本人を知っている わたしたちは ........... 今は いつも 歯がゆくて、悔しい思いをする 。.............

2011/10/15 21:07  [168-1166]   


この掲示板の新着スレッド

ページの先頭へ