「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

有線ヘッドホンの黄昏を見届ける縁側

  • 音圧の掲示板
  • 音圧の伝言板
  • 音圧の投稿画像
音圧の掲示板に
音圧の掲示板に新規書き込み

音圧

タグ:
カワラノギク

雑談板45です♪

iMacからログイン出来ず、スマホor iPodからの書き込みはペースが落ちます。
まぁ、ネタも無いんだけどねー

書き込んでいただける皆様に感謝です

2018/11/3 23:35  [1634-5833]   

えうなきものさん、こんばんは!

某所でHD580が11000円と安かったので買ってしまいました(;^ω^)
状態もそれなりですが。
楽しみです。

D9200、DAPで聴いてきましたが、駆動力が足りず高域がとっ散らかって刺さり気味でした。
なので、評価不能orz...
ただ、アンプ奢ればそれなりにいい音を奏でてくれそう。。
それにしても高すぎですが。
個人的にはD5200で十分な気がしました。
あれはコスパ高いですね。

HD600は良かったですね。
K701以上に究極の無難ですw
HD580も基本的に同一みたいなんで楽しみです。
HD800はゼンハイザーの純正アンプで聴きましたが、結構音色が癖っぽくないですか?
純正アンプで聴いた印象だと、HD600>HD650>HD800の順で好きでした。
あれ?下剋上?

自分もアニソン自体はよく聴きますが、チェック程度で調整には使わないですね〜
メーカーの人がそれやったらあかんです。

質よりも音色の方へ走ってしまうと、マズイですね。
音色は音楽に宿るもので、再生装置ではなるべく変えないのがベターですから。
もちろん、メーカーごとの癖はあると思いますが、それとまた別な話なわけで。。

A900Tiまた聴いていますが、1週間ほど使っているとだんだんこの子の性格が分かってきました。
音色は癖ないですし、奥行き感もあるヘッドホンなんですけど、高域の精細感と音抜けは今一歩ですね〜
A2000Xと比べると顕著ですね〜
なこさんが手放すのはわかります。。

AKG、禅、テクニカってまさにそんな感じですね!
ベイヤーも面白いですが。
ベイヤーは影薄いですね〜

W5000とAD2000の比較わかりやすいですね〜
だからこそW5000は扱うのが難しいのですが。


2018/11/9 19:20  [1634-5838]   

サイさん、こんばんは。

HD580おめです!
凄い!サイさんの引きの強さですね!

D9200聴かれましたか、吉祥寺にも来てたんですがHD820を聴いてしまいましたw
基本性能は、そりゃ高いんですがボーカルの味付けがおかしかったです。
最近の機種の値段見てるとマヒしますが14万だの33万だの普通に買えませんw

HD600はゼンハイザーだけじゃなくヘッドホン界の良心ですねー
HD800の音色は創られた美音ですからね、800Sも820も一緒です。
ゼンハイザーは品番が上がる程にクセが強くなりますね、600-500を境に品番低い方にも同じ様に出ます←意味深

生楽器でバランスを整えれば、それを模した電気&電子楽器も整いますからねー
よっぽどアホな録音じゃない限りw

今はもうメーカーの方にも質と音色の区別がついてない感じです。
各社のフラッグシップ聴くと能力は高いのに味付けが俺様チューンばっかりで泣きそうです。

アートモニターの9番は「たまにオケも聴くけど」ぐらいがターゲットになりますかね。
オケメインには壁が^^;

ベイヤーは私もDT880使ってまして、相当の音源聴いてますけど未だに何が得意なのか分からないw
どのジャンルもそつなくこなし、つまらないとは全く思わないんですが何か俯瞰的で冷静。
ベイヤーは世代とか機種で結構違うんでポジションが難しいですよね、高感度モニターっていう下地は共通なのかな?

家じゃ絶対持て余すんですけどW5000使ってみたいですね〜
あとはHD600ぐらいかな、真面目に欲しいのは。

2018/11/9 21:58  [1634-5839]   

えうなきものさん、おはようございます!

AD2000でB'zを聴いていますが、めっちゃキレキレで気持ちいいですね。
特にドラムスの表現が素晴らしい。。
やっぱ、AD2000ロックホンや。。
スピーカーでここまでドラムスの質感を再現するのにいくらかかるのかと思うと最高にコスパ良いですね。
なこさんが音楽やってた人に合うとおっしゃっていましたが、わかる気がします。

おめありです!
ネットを徘徊していたらたまたま見つけましたw
早ければ明日には到着予定です。

D9200はレンタルして家で聴いてみたいですw
多分激変すると思います。
HD820はボーカル変でしたか〜
HD800も個人的にボーカルに違和感あるんですよね。
やっぱ、HD600か。。
最近のヘッドホンは値段と音質がかみ合ってないですね。
どう考えても10万越えは高い。。

ゼンハイザーはミドル機の出来が良いですよね。
ハイエンドとローエンドは癖強いです。なんででしょう?w

生楽器安定ですね〜
あとはボーカルとか。
とにかく自然で違和感なければよいのですが、今のは録音でおかしくなってるの多いですからね。。

俺様チューンつらいですね。。
ダイナの上でスピーカーを試聴した時もそんな感じでした。

A900系は雑食系ですね。
なんでもそつなくこなす印象があります。

DT880は良いですね〜
DT880 E/600鳴らしてみたいw
T1にもきちんと引き継がれていますね〜
DT990はやんちゃでした。
嫌いな音ではありませんが。

W5000は友人に譲ったので手元にはありませんが、素晴らしいヘッドホンでした。
密閉式であれ以上のヘッドホンにはいまだに出会っておりません。
今の環境で鳴らしてみたいw


2018/11/10 07:36  [1634-5840]   

サイさん、こんにちは。

ADシリーズのキレの良さは魅力でしたね←過去形
低音は情報量と解像感で出してくれれば盛る必要など無いんですよね〜
あと、残響成分の程度の良さが無印ADの良かった所です。

HD580は明日到着ですか、楽しみですね!

店頭での試聴ってDAPでも備え付けの機器でもロクな音しませんからね〜
私の場合はiPodでこれぐらいなら家ではこうかな?と予測変換して聴いてます←
HD820のボーカルの違和感はきっちり受け継いでますね(オイ
ピークとディップでジグザグでした。

ローエンドとハイエンドは「購買層のオーディオ経験値が一緒」という事でしょうなw
高追随よりも分かり易い「イイ音」をw

安い機器と高い機器で圧倒的に違うのは生楽器を再生した時ですからね〜
打ち込み電子音とかはエフェクトの深度に多少の幅が得られますけど、音そのものは高い機器をつかう程の情報量は持ってませんからねw
音源作ってる方もリスナーの再生環境は考慮してまして大体篭る機器を想定してるのでハイ上がりです。

オーテクは元々10番をプレミアムな位置付けにして9番には普遍性を残しておいた感じですね。
今は大分崩れてますが^^;

DT880の冷静さに歌心を加えたのがT1でしたね♪
990はメーカー的にはマスタリング用のノイズ発見機なんですよね、抑えるという事を放棄w
後継の1990は普通に音楽を聴ける様になりましたが、高い!

密閉型は結局、10年以上前の10万以下のW5000を越えられてませんね。
環境もそうですけど、しばらくその機器から離れていると色々と再発見があって面白いと思います。
家の900STってもう14年ぐらい居るんですけど、たまに使うといつでも新鮮ですw

2018/11/10 10:25  [1634-5841]   

HD580

えうなきものさん、こんにちは〜

AD2000キレッキレでしたw
開放型で打ち込み強いのはゾネとテクニカくらいなので、貴重でしたね。
現行機はとろいですが(-_-;)

なこさんの縁側にも書きましたが、HD580到着致しました!ケーブルはHD650のですが。
HD600と音はほとんど変わらないと言われていましたが、本当ですね。
メンテがてら分解してみましたが、内部構造はHD600と全く変わらないですね。
本当にガワだけの違いみたいです。
音のほうは若干低音よりでしょうか。音の滑らかさは所持するヘッドホンで一番かも。
AD2000ほどキレはないですし、鮮やかさもK701に劣りますが、かと言ってぬるい感じはしないですね。絶妙なバランスですね。
ドライバー性能は相当高いですね。情報量が多く弱音もきちんと再生してくれます。
にしても、HD580ボーカルの表現いいですね〜
手嶌葵聴いていると眠くなります(笑)
装着感も手持ちのヘッドホンでは一番良いですね。

HD820は自分も聴いてきました!
んー、禅は密閉式微妙なんですかね。
うまく密閉式の利点を活かせていない気がします。

生楽器と声の再現は難しいですね。
まあ、録音はもっと難しいですが(;^_^A
這い上がりは(誤植)はつらいですね(;^ω^)

DT990はきついですね〜いろいろな意味でw
さすがに導入には勇気がいりますw
まあ、ベイヤーは以前T5p使ってましたのでいいかなあと。
手放した理由が若干聴き疲れするからだったり。
DT880は違うのでしょうが。

900STそういえば全然聴いてないですw
今度試聴してこようっと。

2018/11/14 15:04  [1634-5844]   

サイさん、こんばんは。

開放型は「低音弱い」とか言う連中の意見にメーカー側が媚びてしまいましたねー
量感増やすだけに留めておけばまだマシなんですが余計な余韻で低音の残滓をいつまでも鳴らしますw

HD580、シンプルで良いデザインですね♪
お写真拝見したら欲しくなりました、580再販して欲しい!
手島葵、想像できますw
家にHD650があった頃、一番良かったのは沢田研二です(オイ

HD820聴かれましたか〜
禅の密閉型はミドルクラスだとまぁまぁ良くなってきましたが、800シリーズは元が(コラ

マイクとオーディオの歴史は生楽器と声の再生のためだったんですけど、いつからかオーディオ独特の音を創る方がメインになっちゃってますね。
這い上がり(誤変換)は、かつての再生装置(AMラジオとか有線放送)対応の緊急措置だと思ってたんですが、今でも這い上がりだらけってのは困りますね〜
音源作ってる方に難聴が多いからw

DT990は使い様によっては有効なんですけど、鑑賞用には出来てませんw
ベイヤーは過渡期っぽくてモデル毎に出来が不安定ですね、最近は。

900STは長く使ってるんで私の思い入れが強いだけです(^^;;
何か私は人にオススメ出来ない機種ばかり使ってますねw

2018/11/14 18:15  [1634-5845]   

えうなきものさん、こんばんは。

確かに量感だけならまだしも変な残響入れられて完全にスピード感が削がれてましたね。
完全に音響設計をミスってました。AD2000X。

HD580ドイツらしい質実剛健なデザインでした。
おかげで使い倒せますw
再販したらHD600売れなくなっちゃいますね←
沢田研二は草ですw
何というか、ホッとするサウンドですね。
疲れたときに聴くとスーッと耳に入ってきます。
HD650だと低音多いって人にも良いですね。

HD800系は中域に難ありですね。
HD580、600系が中域に定評あるので完全に逆行ってます。
最近のテクニカもそうですが(ぁ

録音(マイク)と再生(ヘッドホン)って正にそうですね。
優れたマイクを作るメーカーは優れたヘッドホンを作って来ましたし。
いつの間にかエフェクターオーディオになってしまったようです(´・ω・`)

這い上がりはハイ落ちのための緊急措置でしたか。
音源作ってる方の質は大分落ちましたね。。

ベイヤーはティアックの意見を聴いて作ったヘッドホンは総じて微妙でした。T1 2ndとか。
DT880って調べたら1980年に発売されたみたいですね。
めっちゃ古くて驚きました。
ベイヤーは個人的にセミオープンの方が出来が良いと思ってます。
開放型も密閉型も極端w

900STで音楽鑑賞はしたくないですねー個人的に。
Dさんも全然オススメしてないですね。

2018/11/14 20:57  [1634-5846]   

サイさん

音の厚みを勘違いのX世代でしたね。
日本人って後引くの好きだからw
でもX世代って無印の頃よりキャパは広がったのにセールスも微妙だし踏んだり蹴ったりですね。

HD580はデザインに装飾性が無くて良いですね。
HD600の御影石っぽいのはちょっとうるさく感じて購入意欲を削がれます(コラ
家の650は沢田研二を最も沢田研二らしく再生してくれました←
歌謡曲との謎の親和性w

最近の機種の中音域はボーカルの基音を削って倍音を盛る傾向で、これ実は音源もその方向で作ってるんで歪むんですよねー
基音が削られてるんで文字通り根無し草でフラフラした音。

エフェクトチックな方が聴こえ映えはしますからねー
メーカー側も作るの楽だろうしw
ちょっと前のポタアンブームが元凶かな?

アルバイトエンジニアと言うか腰掛けが多いんですよね。
ディレクターやプロデューサーになりたい人が下積みでやってるだけですからw
もうお前らは何も弄らなくていいからPro Toolsのオートで出せ!って感じです。

ベイヤーのセミオープンはチューニング追い込みの結果なんでしょうね〜
密閉型と開放型はバリエーションとして作ってみたけどほとんど追い込んでないのがバレバレでしたw
私のDT880は2005バージョンでオリジナルよりはリスニング調に寄ってるんだったかな、オリジナルは聴いてないんで分かりませんが。

900STはレコーディングモニターですからね、マイクが音漏れを拾わないのが強みです。
試しに他のモニターで録音すると同じ聴感音量でも音漏れ拾っちゃうんですよ。
900STで聴くのは鑑賞じゃなくてテストになりますかね〜

2018/11/14 22:26  [1634-5847]   

えうなきものさん、こんにちは!

HD580、せっかくリケーブル出来るので、山水でバランス駆動しちゃうか検討中です。
音がバシッと締まれば究極の万能ホンになりそう。

X世代の頃はキャパが広がりましたが、同時にメーカーも増えて競争が激化した感じですよね。
音作りにテクニカらしさがなくなったのもこの世代。。

HD580は無骨なのが良いですね!
限定版モデルはデザインも素敵でした。
何故HD600はああなった!?

HD580の声の再現性はなかなか良いです!
これぞフルレンジ!という感じで素敵です。
上も下も伸び切らないので典型的なカマボコ特性ですね。
HD800は上も下も欲張ってああなりました←

多少機材の改造をした身からすると音を作るのって結構簡単なんですよね。
一個コンデンサーパラるだけで激変しちゃう世界ですから。
逆に色付け少なく作るのが難しい。。
この辺は感性の問題にもなってきますが。
ポタアンはまあ、性能低いですからね。
色付け少なく高性能は変化に乏しく感じて売れにくいでしょうし。

今のエンジニア(笑)は相当酷いみたいですね。
それこそよっぽど同人CDの方が頑張ってるという。。

ベイヤーはセミオープンですね!
T1しかり、DT880しかり。
にしても、ドイツメーカーらしく質実剛健ですね。
デザインに色気などない(笑)

なるほどー
そんなこともありますか。
スタンダードなのもわかりますね。
音が良いから使われる、と言うわけではないのがプロ用なのがわかってない人多いですよね。


2018/11/16 17:13  [1634-5848]   

私もD9200聴いてきました。
散りますねー、フォスから貰ったドライバーそのまま使ってるんじゃないかなTH610そっくり。
音調はD7200よりもD5200に近くてスタジオ録音向き、もっと言うとアニソン専かなぁ。
持って行った音源でラブライブと春奈るなだけ凄く良く鳴りました←


サイさん、こんばんは。

降圧ですか、ドライバーの素性はかなり良さそうなので究極っぽいですね!

X世代はそうでしたね、余所の選択肢が増えました。
そういう時こそメーカー色を出して欲しかったですけど日和りましたね〜
結果、K701とHD650の二択時代になっちゃっいましたね。

HD600のアレは何でしょうね、ドイツ人がデザイン頑張ろうとすると裏目に出ます(コラ
しかもヨドバシみたいなチカチカ照明の元だとかなり残念に見えちゃいます。
無骨に行って欲しかったな〜

HD800の欲張り感は音源に敬意がないですねw
800の性能で600の音調だったら最強だと思うんですが何でわざわざ気持ち悪い音にするんでしょうね。

オーディオ界もファストフード化ですねぇ。。
パーツ入手の難しさ、バブル以降皆苦労してたわけですが、もう開き直っちゃったのね。
どんどんゲテモノ嗜好に走るのは国民性なんでしょうね。
(江戸時代の園芸や金魚の最終形態を見るとよく分かるw)

同人の方々は好きでやってますからねー
好きこそ物の上手なれ、です!
職業エンジニアはルーチンワークすらちゃんと出来ないw

ベイヤーのセミオープンは本当に良いです。
セミオープンって呼び方の故、中途半端なイメージが付き纏いますけど音を聴けば(聴く耳があれば)ハウジング内の空気制御の重要さがその構造を必要としたのがよく分かります。
ベイヤーもデザインはねぇ。。
1770以降カッコ良くなったんですけどAMIRON HOMEでまたむむむw

900STはメディア露出も多かったし、何より日本人は「プロ」という能書きに弱いw
まぁ、今だとあの値段でそんな変な音させない所は価値がありますかね。
900STで聴こえるのは標本だから聴き手が想像力豊かだと良いですよ(オイ

2018/11/16 21:34  [1634-5849]   

降圧回路Ver.2(π型ATT採用)

えうなきものさん、こんにちは。

>散りますねー

D9200は確か銀メッキ線でしたよね。
個人的に銀メッキ線は音のまとまり感がなくなるのと高域が下品になるので好きくないんですよね。
ケーブルは個人的にOFCが一番です。
アニソン向きなのもわかりますね。
完全に音色作って、売り込む作戦ですね。
D7200でいいかもしれませんね。

HD580で降圧試してみました。
ちょっと音に勢いがありすぎる&濃すぎるので、降圧回路を改造しました。
音色が変わってしまうのは、インピーダンス特性が変化してしまったからみたいなので、下記ページを参考にパイ型アッテネータを試してみました。出力インピは9.8Ω程なので、市販のHPAと変わらないですね。アンプの素の音が聴けます。
http://e4ua.blog.fc2.com/blog-entry-258.
html


結果、音がすっきりして見通しが良くなりいい感じです。
ゼンハイザーの癖、いわゆる音の遅さもバランス化によってほぼ払しょくしました。
個々の楽器の位置が手に取るようにわかります。音像が明確です。
これぞHD580を鳴らし切ったという感じですね。
しかも面白いのはきちんと山水の音がするんですよね。
音にガッツがあるといえばいいのかな。今のアンプにはない音がします。
ジャズは合いそうですね。ほとんど聴かないですが(;^_^A

X世代は能率重視しちゃいましたからねぇ。
X以前のオーテクのヘッドホンを分解するとわかるのですが、インピが低いのにボイスコイルが太いので電力が必要なのでアンプ食いなんですよ。
W5000なんかさしたる例です。
A2000X、AD2000も同じですね〜
A2000XはXついてますが、実質無印世代の音作りなので。
ただ、鳴らし切った時にいい音がするのがこの世代ですね。

HD600は大理石調がお下品ですからね=
HD580 Jubileeはいいと思いますが。
あれは欲しいです(プレミアです

HD800は音作りですべて台無しにしてますね〜
初心者の時はすごいと思いましたが、よくよく聴くと違和感だらけw

大衆に根付くとああなりますね。
お茶なんか今ペットボトルですから(爆
あれはお茶ではなく清涼飲料水です!

セミオープン地味に名機多いですね〜
K701もフルオープンといいつつ設計自体は明らかにセミオープンですね。
まあ、この辺は曖昧なんですが。


2018/11/22 13:24  [1634-5851]   

オーテクの14万のポタホン、AP2000Tiを聴いて来たんですけど、不人気なのか箱出し直後としか思えない鼻詰り音しか出ませんでした。
それともこれが正体?w


サイさん、こんばんは。

D9200は銀メッキ線でしたか、市場の需要ですなw
あのクラスで出す音じゃないですね、D7200より狭くてD5200のストイックさも無く。。

降圧回路の改良ですか〜
気になる所をすぐ直すのはさすがです!
HD580の素性はやはり良い様ですね、力のあるアンプにしっかり応える様で♪

能率重視の方向性は今後も続く感じですね。
これがまぁオーテクとかヘッドホンメーカーだけじゃなくてスピーカーもそんな感じで、更に言うと音源もそうですからね^^;
陰影とか明暗とかコントラストの全く抜け落ちた塗りつぶしオーディオw

HD580 Jubileeはカッコいいですね、カーボン調か〜
ドイツ人はJubileeってネーミング好きですね、ベイヤーのモデルにもあった様な。

HD800は、まさにそこが狙いなのかと思いますw
初心者に「いい音」と感じさせるには、あれぐらいやらないと(オイ

セミオープンはセミオープン作ろうと思ってああなったんじゃなくてチューニングの故でしょうね。
呼び方とか型式は後から付く物ですねー

2018/11/22 17:37  [1634-5852]   

えうなきものさん、こんばんは!

AP2000Ti聴かれましたか!
まだまだエージング不足なんですかね?
自分も今度聴いてみます〜

ですねw
銀メッキ線はアニソンに向きますょw

降圧回路改良は効果てき面でした!
表にスレ建てするかもです。
HD580、素性良いですね〜
バランス駆動で音の明瞭さが出てきて、素性の良さが際立ってます。
ほんと何聴いてもそこそこ聴けるので重宝してます。
そういう意味ではAD2000とタイプは似てますが、AD2000は硬めですから。装着感も音もw
その点、HD580は装着感良し、音良しで素晴らしいです。

元と出口がああだと、聴く方の感性もダメになってしまいますね〜
その末路が今orz...

HD580 Jubileeカッコいいですね。
仕方ないので、HD600のメタルグリルをHD580につけてゴマかします(笑)
Jubileeって記念モデルということみたいですね。

HD800で聴くと全部HD800の音になってしまいますからね。
それが狙いなのかもですが(笑)

2018/11/24 22:13  [1634-5856]   

サイさん、こんばんは。

AP2000Tiはちょっと状態がよろしくなかったですね〜
吉祥寺のヨドバシは配置換えがあって高級な有線ヘッドホンは奥地に追いやられてしまいましたw
bluetooth全盛時代に売り場も突入。
試聴機置いてくれるだけまだマシなのかな。

HD600は聴いた事あるんでHD580も同じと考えるとオールラウンダーですね♪
AD2000とは好対照ですけど、どちらも良い音鳴らしますね〜
こういうのがメーカーの色であって、意図的な色付けとは違いますよね。

昔から酷い録音も酷い機材もあったんですけど、線引きみたいな境界はありましたよね。
ある程度のグレードになると酷い録音なんか聴けない機材が普通でしたが、今はマトモな録音でも酷い音で鳴らす機材が蔓延していて怖いw

Jubileeは記念モデルでしたか、ありがとうございます。
あらーHD580ノーマルのグリルはプラでしたか、HD600のパンチングメタルは安定ですね〜
でもHD580のパターンも何か良さげですw

HD800みたいなプレミアムなグレードはそこが狙いですね。
HD650もある意味お任せヘッドホンですし。
個性的なのは、海外製品使う意味そのものなんで悪くは無いんですけどあれが普遍と捉えられると皆おかしな事になっちゃいますね、っていうかなってるw

2018/11/24 23:46  [1634-5857]   

えうなきものさん、おはようございます!

試聴機状態イマイチでしたかー
世の中、無線時代ですね。
ゲームやる自分には遅延が気になるので、縁がなさそうですが(^_^;)

当時の上位機種はある程度オールラウンダーながら会社それぞれの味がありましたね。
メーカー独自の原音解釈があって、それが製品になっていたように思います。
今は売れる音ありきですからねー

HD600の降圧駆動、よく考えたら音質良くて当たり前なんですよね。
山水のアンプは入力部にカップリングコンデンサのないいわゆるDCアンプなので、原理上再生帯域は直流域から100kHzまでいけますし、バランスアンプでグランドからのノイズから解放されてて、その上物量おばけと来てます。
良い回路に豊富な物量。
音の悪いはずがないです。それでヘッドホン駆動は勿体無い気もしますが。

酷い録音、確かにホームでは聴かないですね。
ポタでもあまり聴きませんが(汗)
まあ、今はアニソンオーディオが流行ってますからね。
アニソンオーディオ自体全否定しませんが、あれを基準にするとバランス崩しますね。

HD580とHD600の違いで音が変わりそうな要素はグリルなんですよねー
交換してどうなるか、ですね。
おそらくさほど差は出ないと思いますが。

海外では癖のあるモノが多いので、逆に日本製品の素っ気なさに需要があるみたいですねー
海外の人は日本人よりも中身を見て、音を聞いて買ってますからw
アンプやスピーカーなんかは、海外のサイトを見ると、有志によって回路図や図面が完全に丸裸にされてますw


2018/11/28 09:37  [1634-5858]   

追記です。
以前どらチャンでさんに頂いたEX1000用の7Nケーブルを2ピン用にしたものを、2.5mmバランスコネクタに交換してKZ ES10用にしてみました。
いやー、これはいいですね。
音場の安定感が市販のケーブルとは段違いです。
全く聴き疲れしません。
高域から低域まで大変スムーズで大変聴きやすいです。
気に入りました。
これと比べるとアマゾンなどで売ってる銀メッキ線は派手で大味で聴き疲れしますねー

2018/11/28 09:56  [1634-5859]   

サイさん、こんにちは。

高級ヘッドホン試聴コーナーって据え置きのHPAとか置いてあって自由に聴けるんですけど、AP2000Tiはケーブル短くて届かないから鳴らし込み進まないですねw
無線は、電車利用とか多ければ有用なんですけどね、消耗品だから(コラ

そうですね、当時は各メーカーが目指す原音解釈が確りしてましたよね〜
今は何だろ、ホント子供騙しの解像感と位相無視した聴こえ易さとシャープネスてんこ盛りの気持ち悪い音が流行りますね。

ヘッドホンやってると、どうしてもアンプがネックになりますね、勿体無いけど良いヘッドホンにはそれだけのポテンシャルがあるって事で!

アニソンも普通のJ-POPよりは気の利いた録音が多くなって来ましたが、やっぱりボーカルの録りと仕上げにまだまだ課題がありますね。
問題なのは、日本の録音スタジオの機材のクセとそれを補完しようとする再生装置のクセのシンクロが目立つ様になった事です。
相乗効果で変な音になってるw

グリルはプラと金属でちょっとした差は出るかも知れませんね、まぁそれを見越してパターン変えてあるんだと思いますが。

日本人は肩書と能書きで買いますからねw
実際聴いて買ってるつもりでも、しっかり「予習」してるからバイアス凄いし。

KZ、まだ聴けてませんw
市販のリケーブルもエフェクターですからね(コラ

2018/11/28 15:29  [1634-5860]   

えうなきものさん、こんにちは!

AP2000Tiそういえばポタでしたね。
高すぎて自分はてっきりホーム機かと(;^_^A
ホームで使うならA2000Xのほうがコスパ良さそうですね〜
ちなみに、オーテクのポタ機とホーム機ってドライバー設計が全然違うみたいですね。
ポタ機は駆動に電力がさほど要らない限り繊細さに劣ります。
対して、ホーム機は駆動に電力が要る代わりに繊細なんですよね。
ドライバー設計から違うので、性能に大きな差がありますねー
ベイヤーのT5pとT1の関係なんかもそうですよね。

位相難しいですね〜
ヘッドホンって、スピーカーよりも位相の違いが分かりやすいはずなんですが、今の価格でキチンと聴き分けできてる人がどれだけいるか疑問です。

ヘッドホン鳴らし切るのって難しいですね〜
特に最近は複合機が多いですから、電源的にもあまりよろしくないので、特に酷さが目立ちます。

録音と再生は表裏一体ですもんねー

予習、価格コムでやるんですよねw
あー、自分も罪深いw

KZは装着感が難点ですねー
ケーブルも立派なフィルターですからねー
電子回路的にも説明できるみたいです。

2018/11/29 13:57  [1634-5861]   

サイさん、こんにちは。

AP2000Tiの値段はネタですかね(コラ
オーテクは53mmドライバーとその他でちょっと差があると思ってましたがそういう事でしたか〜
T5pも世代変わってから全然話題に出なくなりましたねw

位相は音源の方で弄ってる事も多いんで特にポップス系メインの人には捉えにくいでしょうね。
そういう私も苦手分野ですが^^;

各メーカーのHPAとか複合機って「ヘッドホンはこんなもん」って見立てで作られてる感じが凄くします。
と、思ってたんですが今時のプリメインアンプも借りてきた猫みたいなの多いですね。
両方とも電源の事もあるんでしょうけど意識が変ですよね。

価格で書いてる人達はガジェット系のニュースサイトで見て、そのニュースサイトのライターはメーカーのインフォとか能書きを元に書いてますからね、最初から仕組まれてるw
サイさんには自身の基準も言葉もありますから大丈夫でしょう(^^)

今年は暑かったんでイヤホン使う機会も多かったんですが、もうシンプルな円筒型じゃないと装着でイラっとします^^;
ケーブルもパーツの一つですもんね、回路的な事は分かりませんけど、何かを変えれば変わるのがオーディオですね〜

2018/11/29 15:31  [1634-5862]   

えうなきものさん、こんばんは!

値段は完全に市場に合わせた観はありますねー
まあ、時期に値段も落ち着くでしょう〜
T5p全然聞きませんね〜
今は何がおすすめなんでしょ?

位相といえば、レコード時代は逆位相のものもあったみたいですね〜
XLR端子2番、3番Hotが国によってばらばらだからのようです。

まあ、ミニコンポも複合機であるので、ヘッドホンアンプとは変わらないのですが、ONKYOなんかは頑張ってますね〜
ヘッドホンはガレージメーカーが多いので、どうしても開発力が劣るように思います。
今はオーディオ売れていないですからね〜
特にアナログアンプは技術的にも枯れているので、訴求力がないですよね。

ライターは基本的に新製品をほめる傾向にありますね〜
HD660の上げ方で分かりましたw
自分の基準はオーディオを真面目にやってれいれば誰でも持てると思うのでよね〜
まあ、それもさせないのが今の業界ですが。

ケーブルに関しては静電容量などで音質変化が測定できるようです。
メーカーも分かってやっていますね。まともなところは。

そういえば、AKG K240 MKIIとK271 MKIIって聴いたことがあります〜?
K701持ってればいらない気もするのですが、AKG機でまともにこの辺の機種を聴いたことないのですよね。


2018/12/1 20:51  [1634-5864]   

今日もAP2000Ti聴いてきましたけど、鼻詰り感は取れず、これがデフォかも。。


サイさん、こんばんは。

オーテクやソニーは値下げ込みの初期価格ですからねw
ちょっと前まで高いポタならT5pかE8が流行ってましたけどね、今はbluetoothに流れちゃったのかな?
1AM2とかMSR7bのバランス接続にも人気はあるみたいです(どっちも苦手な音出すけど)

位相は古いCD聴いてると明らかに間違ってる物もありますねw
ヘッドホンだと気持ち悪くて聴いてられませんが、スピーカーでもこれは分かるだろう!と言いたいのはありますね。

ONKYOは良いですね、全部入りで。
ミニコンポ界隈はなんとなく賑わってる感じがします。
アナログアンプは本当に訴求力無いですね、物量かけられないから仕方ないのかな。
下手なエントリークラスってミニコンポに負けてますもんね。。

ライターは誉めないと仕事来なくなりますからねw
HD660sのsは初心者のs(コラ
今は本当に装飾的な音作りに邁進してますからね、高いのも安いのも刺激的な音で感覚をマヒさせます。

測定値と音の良さに相関が見出せると良いなといつも思ってます。
例えばf特なんかは計測上同じにしても実際出てくる音は随分違います、音って時間も重なりもあるから難しいですよね。

K240mk2とK271mk2ですか、どちらも聴いてますw
ここは意外にも密閉型のK271mk2の方が良さげ。
国産のモニターみたいな鮮烈さは無くナチュラルな出音で柔らかく優しい感じ。
多分、密閉にした事で色々抑えられてるんですが完成度の高さを感じます。

一方のK240mk2は、やや乱暴w
快活で開放的、f特は多分K271mk2とそんなに変わらないと思いますがソースが荒れた場合に過敏に反応する感じです。
(K240mk2自体もやや歪気味、DT990程ではないけど)

AKGっぽいなと感じるのはK271mk2の方で、K240mk2は何かアメリカンな感じで鳴らしやすいQ701って感じです。

2018/12/1 22:18  [1634-5865]   

えうなきものさん、こんにちは!

AP2000Ti鼻づまってましたかw
ポタは鳴らしやすくないと、要件満たせずですね。
素直に密閉式ハイエンドHPとして出せばよかったのにやらかしちゃいましたね〜

なるほど、今はその辺の機種が人気なんですね。
今度聞いてみます。
国内メーカーは祝儀価格が終わった後が定価ですからねw

ミニコンポはなんやかんやで需要があるみたいですね〜
エントリークラスはミニコンポに負けちゃいますね〜
需要考えるとコストかけられないので、中身は悲惨なことになってます。

なるほど、初心者のSでしたかw
HD660S、自分には味付け程度の違いしか感じられませんでしたw

>測定値と音の良さに相関が見出せると良いなといつも思ってます。

アンプに関しては70年代に測定値に関して、ほぼ現在のアンプに匹敵する性能を有しているみたいです。
ただ、受動部品が当時は微妙だったので、さほどいい音が出なかったとか。
80年代以降に、ものすごい勢いで音響用のコンデンサや抵抗が開発されて今に至ります。
実際音響用のコンデンサなんかは特性もいいみたいですね。
ただ、癖も強いので結局使いこなしが必要だったり。
結局最後は人間の耳になっちゃいますね〜
音って騙せるようでなかなか騙せないですからね〜
難しいです。

おっ、さすがです!
K271 MKIIはよく低音少ないといわれているので、心配でしたが、えうなきものさんの言うことを聞いていると大丈夫そうですね。
K240 MKIIは乱暴ですかー
うちに暴れん坊いないんで楽しみです(コラ
とても参考になりました。
今度試聴してみます。

2018/12/4 13:33  [1634-5866]   

サイさん、こんにちは。

AP2000Tiはどうもダメな方のオーテクの特徴がよく出ちゃってる感じですね〜
これ聴いた後だとA2000Zがマトモに聴こえるw

ポタはヘッドホンよりイヤホンとかIEMの方が高い機種が多いんでそっちが本流みたいになってますかね、高い=音が良い、ですから(爆
1AM2もMSR7bもグレード的にはミドル級でT5pとは勝負になりませんw
最近の相場は尼次第で、一日で値段がコロコロ変わりまね。

単体のエントリークラスはあのサイズ辞めたら良いのにと思います。
本当に中身何にもなくて剛性的にも問題多過ぎですね。
柔いシャーシに軽いパーツ乗っけて、筐体叩くとよく響いていい音するんですよ←

HD660sはHD650のライトなチューニングって所ですかね〜
インピーダンス300が150に変更されてるんですが、どういう環境を想定してるのか謎w

音は絶対的な評価が難しいですからね、結局、相対的な聴き比べになりますね。
特性とか測定値だと現代の機材の方が良い数字を出すんですけど、’70年代のコンソールで録音された音源の方がよっぽど良い音出すんですよね。
純水が美味しくない様に、何かの適当な混ざり具合が人間に丁度良いのかも知れません。

K271mk2の低音の量は気になりませんでした、低音増やした後継機K272HDを自ら駆逐した名機です(オイ
あら、暴れん坊を所望でしたか?(違
K240mk2は事前のイメージより随分元気に感じました、これセミオープンって書いてあるけど鳴り方は開放型そのものです。

2018/12/4 16:27  [1634-5867]   

えうなきものさん、こんにちは。

AP2000Ti、A2000Zのほうがまともですかw
聴きたくなってきましたw

eイヤホンなんかに行くと本流はIEMみたいですね。
ヘッドホンは明らかに試聴機が少ないです。。
イヤホンは音場の再現性でヘッドホンに明らかに負けるのに、価格が高いからいいって言っている人がいて驚きましたw

エントリークラスは中でカブトムシかえる機種が多いですからね〜
どうせICで作ってるんだから、ちっちゃい筐体で良いんですよ。
まあ、オーディオらしくはなくなりますが。

HD660Sはポタで鳴らしきれないですし、ホームでガツンと鳴らすと限界が低めで、誰得なヘッドホンですね〜
HD650が名機だと再認識しましたw

70年代の録音好きなモノ多いです。
まあ、録音と再生はまた別なのであれですが。
少なくとも再生機は70年代のものはナローレンジで聴けたものではないですね〜
雑味がうまさにつながるのはわかる気がします。
純水は脱色サウンドですから(爆

K240 MKIIとK271 MKII聴いてきました!
K240 MKIIはセミオープンとありますが、あれ完全に開放型の鳴り方ですね〜
低音が多くて、雑にしたK701という印象でしょうか。
嫌いな音じゃないですけど、K701あると要らない子になりそうでした。

K271 MKIIは抑制の効いた音ですね。
K240の後に聴くと明らかにおとなしいです。
巷に聞く低音の少なさは自分も感じませんでした(皆ズンドコ好きすぎw)。
1万円ちょっとという値段考えるとかなりお買い得な機種かもですね。
多分買うと思いますv

にしても、K240とK271の音は完全に開放と密閉の差でしたね〜
好みでどぞー、という感じでした。
まあ、どちらも変な機種買うより全然買いですね。
個人的には鳴らしきれないK701買うより、K240買ったほうが良いと思いました。


2018/12/6 13:34  [1634-5868]   

サイさん、こんにちは。

AP2000TiはポタなのにA2000Zより大人しくて、色々良い点もあるんですけど鼻詰りだけは勘弁です。
オーテクは長い間ポタのトップはES10でしたけど、あれの低音ボワボワを何とかするだけで良いのにw

ヘッドホンの試聴機はどこでも減ってるんですね。
イヤホン好きな人達って、空間の狭さとか近さに音の充実感を感じてるんでしょうね。
私も時々惑わされます(オイ

カブトムシですかw
保温もバッチリですね(違
デジカメと違うんだから「フルサイズ」コンポなんて呼び方は止めた方が良いですねw

HD660sは本当そうですよね〜
限界低く見積ってます。
故にs?

70年代、再生機がああなのに録音は良いですね、民生機がそうだってだけかな?
打ち込みで曲作ってると純音に近いぐらいの音が出てしまう事があって、わざわざ質を落として仕上げる事もありますw

AKG2機種聴かれましたか〜
サイさんと感想が似ていて良かったです。

巷では240mk2、あるいは240studioの方が271mk2より評価高いんですよねw
私も買うならK271mk2が良いです。
このシリーズは基礎が本当にしっかりしてますね。

2018/12/6 16:44  [1634-5869]   

【試聴】ゼンハイザー IE40 PRO

shure掛けのモニターですけど装着は自然で良好。
ケーブルもプラグもなかなかの質感。
こういう所はちゃんとしてる。

【ドラム】
シャープさは無いものの音の出来上がりが速く、キック&スネアの充実感が良い。
ハイハットに変なピークがあり、クラッシュシンバルの潰れ方は3000円ぐらいのイヤホン並のお粗末さ。

【ベース】
量感程々、芯のしっかりした音で結構深い音域まで出る。
情報量はあまり多くなく、音階は曖昧。

【ボーカル】
基本的にやや軽め、存在感は出る方。
s音は刺さらないけど、この辺の調音には無理があるみたいで不自然。

感度が低く、付帯音が抑えられ、本来歪んでいる音を拾わない事もある。
この辺はステージモニターなので基音が聞こえれば良いって考え方かな。

【ピアノ】
ボーカルに対して随分引っ込んで聴こえる。
引っ込んでって言っても空間ではなく単純に音量が下がる感じ。
左手の分離は曖昧だがリズムは追える。


これ品番はIEだけど中身CXなんじゃないの?
装着感やリズムセクション(低音部)の正確性とか充実感は良いんですけど、何でこんなに高音潰れるかな〜
とても1万クラスに期待される音じゃないです。

IEシリーズは80、60、と来て50でなく40ってのはドライバー能力の故か。

2018/12/15 01:37  [1634-5872]   

【試聴】audio-technica ATH-M60x

M50xのオンイヤーバージョンという位置付けだと思いますが、M50x自体が耳覆いと言うよりはデカい耳当てタイプなので使用感はあまり変わらない。
確かにM50xよりは軽いんだけど、見た目よりは重いです。
側圧は並、パッドは柔らか、当たる面積は小さい耳の人なら覆えるぐらいあるんじゃないかな?

【ドラム】
キックとスネアに圧の強いドンシャリ。
金物も強めに出ますがやや鈍い。
抜ける様なクリアさは無いが潰れる事も無い。

【ベース】
100〜200Hz辺りの量感が多いよくある低音ホン。
弦の音はマスクされ聴き取りにくい。
キレは悪いが、もたつく事は無くて反応は良い。

【ボーカル】
やや鼻詰まりの感じのあるハスキーボイス。
(この辺は昨日店頭に並んだばかりなんで鳴らし込みが進めば詰まり感は抜けそう)
基音がしっかりしてるんで倍音が盛られても踏み止まる感じ。
全体的にやや暗めの表現に感じる。

【ピアノ】
不思議な事にこんなに量感がある割に低音弦の分離が良く、ベースとの描き分けが顕著。
(と言うかベースの表現が量感一辺倒)
中高音弦にはキッチリした硬さを感じる、金属的。

【総評】
予想通りのヘッドホンw
オンイヤーだと低音の押し出し感が特徴になりますがそこは極端にならない程度に調整されてるかな、もっとも、M50x自体が押し出しの強い機種でしたが。

モニター用途としてはPRO7xの方が音の解析力が高いと感じます。
その代わりPRO7xには階調感がないけど。

今の値段から凄く下がると思うんでそしたら欲しいかも。
最近、M50使ってると首が凝るんで←おっさん

2019/1/26 13:13  [1634-5885]   

Q701

販売終了寂しいね

という事で買ってきました。
わざわざQ701を選ぶならグリーンですな。

2019/2/9 15:23  [1634-5889]   

今時のスマホってのはCKB50の想定以上にS/Nが悪いのかね〜

2019/2/14 12:11  [1634-5890]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

ずいぶんと御無沙汰してました。
Q701購入おめです。
最近ヘッドホンは使ってなくて、耳も以前とは変わってしまって、試聴しても良く分からなくなりましたw

イヤホンはCKR100に戻りました。
CK2000Tiも買う気で試聴したんですが、チタンの音色なんですかね、違和感があってパスでしたw

SONYの90万円のDAPは買う気無く試聴しましたが、凄かった。
最初何処に音が定位するのか捉えきれず、こんな所まで拡がるのか!
と驚いた位です。

音楽の方は昨年出たSteven Wilsonのライブ版を良く聴いてます。
http://amass.jp/110401/


Peter Gabrielなんかのプログレポップ系でこんな感じです
https://youtu.be/dei8qobPcrA

Steven Wilsonは声が今一馴染めず、余り聴かなかったのですが、このYoutubeで共演している女性ボーカリストと組んでから違和感が無くなって、今では格好いいと思えるようになりました。

この人、YESやKing CrimsonのRemix等も手掛けている位なので録音には拘りがある?かどうか私には分かりませんが機会があったら聴いてみて下さい。

2019/2/16 20:30  [1634-5891]   

セイウチさん、こんばんは。

おめありです!
Q701は昔から知ってる音でしたけど今聴いても良いですね〜
情感がよく出ます、平原綾香で泣けます(オイ

まぁ買ったのは良いんですけど、私も最近はヘッドホン使ってなかったりします。
スピーカーで聴けるとね、なかなか出番無いです。

CK2000Tiはダメでしたか〜
吉祥寺ぐらいだと試聴機出てないので聴けてません。
今の20番台は、やり過ぎ感がありますね。

90万は拡がりが特徴でしたか。
誰か買った人居るんですかね?w

Steven Wilson、ご紹介ありがとうございます!
確かに女性ボーカル入ると雰囲気がイイっすね!
聴いてみます♪

こちらは聴いてる枚数は以前と変わらないんですけど紹介する程面白い物に当たらないですね。
借り物で聴いてるんで半端に古いってのもあるかな?w

2019/2/16 22:28  [1634-5892]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

>CK2000Tiはダメでしたか〜

ダメでしたw
オーテクのチタンには縁が無いようです。
それよりCKR100用のリケーブルの上位版が欲しいです。
ケーブル次第でもっと良くなりそうな気がするんですが独自規格なので選択肢が無いんですよね。

>90万は拡がりが特徴でしたか。
誰か買った人居るんですかね?w

拡がり、と言うか振動とか電源回りとか地味なところを気合い入れてノイズ除去した音、という感じです。
結果的に私には拡がって聴こえた、と言うことかと思います。

買う人ですか、90万円ってポンと出せる金額では無いですからねぇ。

>借り物で聴いてるんで半端に古いってのもあるかな?w

最近のアルバムであっても、新しいと言うか、斬新ってのは中々無いんじゃ無いかと思うんですよね。
ついていけてないだけかも知れませんがw

2019/2/17 22:06  [1634-5893]   

セイウチさん、こんばんは。

A2000Z以降のチタンモデルはオーテクのデフォルメ感がわざとらしいんですよねー
ケーブルは自作か製作依頼ですかね〜
CKRも10からすぐ100になった後、止まっちゃってますね、まぁあんまりセコいマイナーチェンジを繰り出す所よりマシですがw

90万の静寂さはどっかのレビューで読んだ気がします。
体感的なS/Nが上がると空間描写も良くなりますね。
ソニーもデジアン使わなきゃ出来るんだろうけどサイズと価格かw
知らない人だけどカカクにもレビューありますね、読む気しないけどw

音源の方はある程度のトレンドと細分化され過ぎた専門性の葛藤って感じで、途中参加を許さない感じ?一見さんお断りみたいなw
で、追っかけるには作品が多すぎたり、年次によっては国内盤の音が悪過ぎて萎えますw

Yesの『Close To The Edge』、最初に借りた’03年盤は音は良かったんですけど音飛びがあって、次に借りたのが'96年盤で、こっちはダビングしたテープからCDにしたのか?って音質でした←買えよ

2019/2/17 23:05  [1634-5894]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

>知らない人だけどカカクにもレビューありますね、読む気しないけどw

読んでみました。
お金持ち初心者さんの購入レポートが1つと、試用レビューが1つですね。
試用レビューの方は的確と言えば的確なのかも知れませんね。
ボーカルが引っ込むとか、Rockには大人しいとか。
多分、音楽を録音される方もここまでのオーディオ機器で再生される事は想定外でしょうし。

>Yesの『Close To The Edge』、最初に借りた’03年盤は音は良かったんですけど音飛びがあって、次に借りたのが'96年盤で、こっちはダビングしたテープからCDにしたのか?って音質でした←買えよ

80年代後半から90年代前半の旧版初CD化の中で明らかにレコードに針が乗る時のプツッという音が聞こえてたヤツも有りましたw
Led ZeppelinだったかPoliceだったか…
音楽業界のいいかげんな部分ですよねww

2019/2/18 22:14  [1634-5895]   

セイウチさん、こんばんは。

>ボーカルが引っ込むとか、Rockには大人しいとか。

高級機には定型句ですねw
低〜中価格帯が荒っぽい、歪みっぽいって所で慣れてますので。

>多分、音楽を録音される方もここまでのオーディオ機器で再生される事は想定外でしょうし。

うーん、それだとDMP-Z1はどうやってチューニングしたんだって話になっちゃいますんで、音源はジャンルでなくて録音を選ぶと言う至極マトモな再生装置の様ですね。

>音楽業界のいいかげんな部分ですよねww

ちゃんとしたマスター送ってもらえなかったり、モニターやコンソールやエンジニアが酷くて音変わっちゃたりw
今でも海外盤の方が音の鮮度が高いのは何なんだろ?
盤面は国内盤の方が良いんですけど盤質は海外盤の方が強靭で安定感あります。
まぁ、リッピングして聴いてるんですけどね(オイ

2019/2/19 00:36  [1634-5896]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

>高級機には定型句ですねw

そうなんですよね。書いてる方も他の人のレビューの影響を受けているのかも知れないです。
只、定型になっている分、読む方も裏が分かりやすくて、ある意味良いレビューかなと思いましたw


>うーん、それだとDMP-Z1はどうやってチューニングしたんだって話になっちゃいますんで

いやぁ、何となくスマホとかで再生されるつもりで録るとエフェクトとか大袈裟になったりとかありそうかなと思った次第です。

>今でも海外盤の方が音の鮮度が高いのは何なんだろ?
盤面は国内盤の方が良いんですけど盤質は海外盤の方が強靭で安定感あります。
まぁ、リッピングして聴いてるんですけどね(オイ

私はKing CrimsonとかDavid Sylvianとかのリマスター版など買うんですけど、それすら、音量が違うね程度の認識ですw
はい、お布施です(キッパリ

そういえば、昨年お布施でSteven Wilson Remixesの「YES」をダウンロード購入しました。

『The Yes Album』(1971年)
『Fragile』 (1971年)
『Close To The Edge』(1972年)
『Tales From Topographic Oceans』(2枚組/1973年)
『Relayer』(1974年)

一纏めで、なんと4166円(mora)でした。
旧版のハイレゾ化なんて全部このくらいの価格で良いと思いませんか?

2019/2/19 21:48  [1634-5897]   

セイウチさん、こんばんは。

>書いてる方も他の人のレビューの影響を受けているのかも知れないです。

発売前にどんな音かは「公表」されますからねw
情報に曝される、あるいは近似の機種からのイメージで実は聴く前からもう「知ってる」音になってたりしますね。

>スマホとかで再生されるつもりで録るとエフェクトとか大袈裟になったりとかありそうかなと思った次第です。

所謂デチューンですな、ヒットチャートに載る様な曲は洋邦問わずキラキラEQ仕様ですw
3000円ぐらいのイヤホンがターゲットかな?
BT全盛になると更に高域盛らないとねw

>私はKing CrimsonとかDavid Sylvianとかのリマスター版など買うんですけど、それすら、音量が違うね程度の認識ですw

リマスターは元が良ければ音量(音圧)の最適化だけって場合も多いです。
あとはノイズリダクションとバランス取りぐらいかな?
鮮度はマスターの段階が2次3次と進むにつれ落ちますが、今でも日本のプレス屋に送られて来るマスターは予備の予備なんすかね、デジタルデータなのにw

>旧版のハイレゾ化なんて全部このくらいの価格で良いと思いませんか?

ですねぇ(しみじみ
まぁでも’70年代の音って本当に良いですよね。
今週は全然ジャンルは異なりますけど、ELP『Pictures〜』とSteely Dan『Showbiz Kids』をプレイリストに入れてます、蕩けそうですw

あとStephen Stills & Judy Collinsも入れてて、やたらと音が良いです、これは2017年と最近ですけど。

Stephen Stills & Judy Collins - Ever
ybody Knows
https://youtu.be/T6orNVPNexs

2019/2/19 23:04  [1634-5898]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

ELP『Pictures〜』は私のレンタルした版だと音色は綺麗で細かくて良いのですが、冒頭のパイプオルガンとボーカルを除くと、演奏の音はは前に前にで、もう少し奥に広い方が好みでした。

ところで、Dream Theaterの新譜が発売されまして、中身は兎も角ですが、

最近の録音って音圧が下がっている気がするんですよ。

先日のSteaven Wilsonも音圧は90年代並の気がしますし、トレンドが変わりつつあるかも?

検体数をもっと増やさないとなりませんが、個人的には歓迎です。
オーディオ機器のボリュームは大きく開いた方が音は良いのが普通ですから。

2019/2/23 23:35  [1634-5899]   

セイウチさん、こんばんは。

>ELP『Pictures〜』

当時のライブ盤にしては音が近い感じでPA出しなのかな?
なーんか、演奏の熱気がイイですね♪


>最近の録音って音圧が下がっている気がするんですよ。

2014年辺りから下がって来てる傾向ありますね〜
DAWソフトもAI装備?で節度がついたんですかね?w

>検体数をもっと増やさないとなりませんが、個人的には歓迎です。

そうですね、私も新しめの物を借りる事もありますが音圧が抑えられた録音は増えている気がしてます。
特に洋楽の方は顕著ですね。

2019/2/24 02:25  [1634-5900]   

teven Wilson 『Hand. Cannot. Erase.』

Steven Wilson、2015年の『Hand. Cannot. Erase.』を借りてみました。

良いですね、音圧は一番賑やかな所で-11db、余裕のあるレンジ感です。
(トラックF 「Regret #9」)

レベルメーターの真ん中にRMSピークがあるとやっぱり安定するんですよね。
'90年代のCDは大体この辺の-12dbから-15dbで仕上げてました。
音圧戦争の頃は-6dbとかになってて、適正値(大体-12dbから-9dbが理想)より3dbから6dbも高い訳だからそりゃ歪むわな。

このアルバムは音圧が適正なだけじゃなく音自体も良かったです。
Dレンジ広いです、プログレはクラシックに親近性ありますね〜

2019/3/4 23:40  [1634-5901]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

Hand Cannot Eraseに行かれましたか。図書館ですか?
日本ではマイナーのはずのSteaven Wilsonが有るとは恐るべしですねw

これ、実は余り聴き込んでなかったりします。
この機会にDAPに入れて聴き込んでみますね。

現時点では私としては2017年のTo the Boneの方が好みです。
曲はこちらの方がPopだと思うのですが、リズムセクションはHand Cannot Eraseがメタル系でやや苦手なのに対して馴染み易く、多分えうさんにもこちらの方が好みでは無いかと思います。
借りれるようなら是非To the Boneも!

>プログレはクラシックに親近性ありますね〜

それ、逆かもですw
クラシック、ジャズ、民族音楽のような他のジャンルの要素を取り込んだRockがプログレの定義だったと思います。

2019/3/5 21:42  [1634-5902]   

セイウチさん、こんばんは。

>日本ではマイナーのはずのSteaven Wilsonが有るとは恐るべしですねw

これ一枚きりでしたけど、ありましたw
誰かがリクエストしたのかも?
応える図書館も図書館ですがw


>借りれるようなら是非To the Boneも!

ですね〜、紹介してもらった動画のイメージよりヘビーでした。
例の女性ボーカルもそんなにフューチャーされてないんで楽曲的には『To the Bone』の方が面白いかもですね。


>クラシック、ジャズ、民族音楽のような他のジャンルの要素を取り込んだRockがプログレの定義だったと思います。

普通のロックとかポピュラーだと、音量差を作るのを楽器や音符を減らす事で表現するんですが、このCDはちゃんと強弱で表現する所があって、そんな所がクラシックに近いかなと思いました〜
アンプのボリュームもクラシック的に設定できますし。
聴くスタイルに親近性がw

こういう音ヲタなアーティストは面白いですよね。

2019/3/5 23:34  [1634-5903]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

>こういう音ヲタなアーティストは面白いですよね。

もう私には分からない領域ですけど、楽しんでいただけたのなら書き込んで良かったですw

ところで、「音が良い」と言えば
私としてはDavid SylvianのSecrets of the Beehiveですけど、これって既に書いてました?

2019/3/5 23:54  [1634-5904]   

セイウチさん

>もう私には分からない領域ですけど、楽しんでいただけたのなら書き込んで良かったですw

丁寧な音作りだなって事ですw
こういうの見つけて実際に楽しまれてるセイウチさんのセンスは素晴らしいと思います♪
これからも色々教えて下さい!


>David Sylvian

David SylvianはLife in Tokyoの動画を紹介してもらいましたw
あとはJapanのTin Drumでしたかね〜

Secret of the Beehive、ご紹介ありがとうございます。
今検索したら図書館にあるみたいなので聴きます!

2019/3/6 01:35  [1634-5905]   

ご無沙汰しています!

Secrets of the BeehiveはForbidden Colours入ってるのもあって、最高です!最高です!最高です!(書き足りない

2019/3/6 17:57  [1634-5906]   

ナコさん、こんばんは。

昨日、ナコさん縁側も更新ありましたね、お久しぶりです!

おー、Forbidden Colours収録でしたか、凄い物聴いてないな私←

2019/3/6 18:27  [1634-5907]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

ナコさん、お久しぶりです!

BLUE GIANT SUPREMEの7巻出てますよ
久々にゾクッときましたw

Forbidden Coloursは初回限定の(?)ボーナストラックでして、私の持っているCDには入って無いのです。

えうさん、図書館にあるのがForbidden Colours収録かは余り期待しない方が良いかもしれません。
でも、収録されて無くても間違いなく名盤ですよ。
もっと色々と語りたいですけど、先ずはえうさんが聴いてからですねw

2019/3/6 21:15  [1634-5908]   

セイウチさん、こんばんは。

ボーナストラックでしたか〜
今調べたら2011年盤で入ってないみたいですね。
Forbidden Colours自体はサントラ盤で持ってるんで大丈夫です!

お二人が熱く推すなら間違いない音源ですね、楽しみです♪

2019/3/6 22:23  [1634-5909]   

『Secrets of the Beehive』ようやく聴けました。

「September」のピアノから始まって「Orpheus」のシンセ、「Mother and Child」のベースと琴線に触れまくり、「Waterfront」のストリングスで感極まりますね〜
楽曲と楽器、音色の選択の関係性が素晴らしいと思いました。

私が聴いた2011年盤は2003年リマスター音源と同じ中身だそうです。
音圧は一番賑やかな所(トラックC 「Orpheus」)で-13dbという数字でした。
うるさくはないけどDavid Sylvianのボーカルに合わせるなら-16dbが適正かな、結構レンジ感がギリギリのリマスターに感じました。
楽器の音、凄く綺麗ですね〜

2019/3/15 13:18  [1634-5910]   

 僕はセイウチさん  

今日は

Secrets of the Beehiveお気に召された様で良かったです。

David Sylvianはアンビエントアルバムも何枚か出していますが、その要素が強いボーカルアルバムだと思います。
一つ一つの楽器の音も良いですが、それらの音の配置にもセンスを感じます。
When Poets Dreamed Of Angelsなんかは音像だけでビジュアルアートとして成立するんんじゃ無いかと思う位です。

彼の他のアルバムにも良いのは沢山ありますので、独特の声やメロディラインにハマれる様でしたら聴いてみて下さい。

それにしても、Life In Tokyoの頃からは信じられない変貌ぶりですよねw

2019/3/16 15:48  [1634-5911]   

セイウチさん、こんにちは。

Secrets of the Beehiveはほとんどドラムレスな構成ですけど構造的には打ち込みチックで、パートのon/offや配置でリズムと空間性を作り出してますよね〜

David Sylvianも坂本龍一も同じ方向向いて洗練して来てますよね。
当時の二人の作品をそれぞれ聞き直してみたいと思いました、ありがとうございました!

2019/3/16 16:37  [1634-5912]   

ノイマンがヘッドホン出すみたいだけど、中身はHD630VBかな。。。

2019/3/29 02:11  [1634-5913]   

タンノイだけど、この値段じゃ中身どこ?w

2019/4/23 01:29  [1634-5914]   

QC35Aって、形とか素材感でカラバリ出ても厳しいわな

2019/5/23 01:47  [1634-5915]   

何か旧作が続々復帰。
K701まで三年保証出て来たよ。

二月に慌ててQ701を買った私が可哀想だろ!(ぇ
…まぁ、最近はPortaProしか使ってないけどw

2019/9/29 01:36  [1634-5916]   

【試聴】ソニー MDR-M1ST【iPod touch】

●ソニー MDR-M1ST \34,020

変換プラグ持参で漸く聴けました。
ケーブル着脱出来るとは言えデフォが標準プラグとは。。。

コンシューマ機に比べ一応作りはしっかりしていてプラップラの本体ですが軋み音も無くバンドの伸縮も滑らか。
900STよりパッドが厚め、でもZ1000より遮音性は弱く側圧も緩め、ホールド感は悪くない。
アラウンドイヤーと言うよりはデカいオンイヤー的な装着感。
それにしても本体の軽さは素晴らしい。

【ドラム】
キックの100Hzぐらいにアクセントのある分かりやすい低音盛りバランス。
最近のソニー機に見られる金物のチリチリ感は無く安定した高域。
全休的に輪郭はしっかりしてますがシャープ過ぎない所は900STから進化、各音の配置も的確。

【ベース】
量感が多めですが解像度が高く、滲みや膨らみをギリギリ感じさせないバランス。
900STみたいなキッチリ感は弱くて前へ前へってアグレッシブさは出ないけど、もたつきやもっさり感も無くて安定。
音量上げなくても深い音程までモニター出来る。

【ボーカル】
女声の倍音に少し強調感のある聴こえ方。
ただしソニーのコンシューマー機みたいなチリッチリの壊滅音ではなく昔ながらのハイファイ調。
密閉型の限界を感じつつも他のパートとのバランス感覚に優れ好印象。
ソニーのヘッドホンは器楽的と言うかボーカルより楽器が得意な印象ですがM1STはボーカルがしっかり主役になってます。

【ピアノ】
硬軟の表現が上手く音楽的。
粒立ちがくっきりし過ぎず、残響成分も適切。
M1STはボーカルやメロディ楽器に艶が乗る感じかな、ギターも心地好く響きます。

【総評】
値段はちょっと高めに感じますが普通に良いヘッドホンだと思います。
900STより音のレイヤーの見通しがかなり良くなってます。
それと特徴的なのは音の柔らかさかな、情報量は多いんだけど全て滑らかに繋げて欠損が起こらない。
(止まる所はきっちり止まります)

レコーディングと単音モニターにしか使えなかった900STの音からミックス&マスタリングに使える音になりました。
ただ、その用途ならもう少し出せばZ1000が買えて、あちらの方が基礎能力は相変わらず断然高い。
ついでに言うとオーテクのM70xはM1STより安く買え、ミックス&マスタリングに限って言えばM1STより見通しが良い。
(音楽鑑賞と演奏のプレイバックと言う面ではM1STの柔らかさって有用だと思う)

両機に比べるとM1STの軽さや側圧ストレスの小ささは長時間作業にかなり優位って予想は出来ますけど。

でもこの値段じゃ買えないw
同グレードの1AM2が高くても\25,000ぐらいでしょ、1AM2よりはるかにマトモな音だけど。
個人的には900STと1Aシリーズって同グレードで、M1STは使用用途は広くなったけど上位機って感じじゃなくバリエーションだなぁ。
って事は\17,000じゃなきゃ買えない(オイ

2019/10/6 22:26  [1634-5917]   

HD600、あの模様が無くなったのは良いなー
でも今買うと在庫の旧モデルになるのかな?

2019/12/23 20:21  [1634-5918]   

【試聴】オーディオテクニカ ATH-AWKT【iPod touch】

●オーディオテクニカ ATH-AWKT \217,800

黒檀のハウジングはW5000よりダークな仕上げでちょっとカッコいい。
分厚い天然皮のパッドも合わせて結構な重量。
WSを無くしたバンドは格好悪いデザインになり、アーム調整も硬め、装着しながらの調整が難しい。

装着してみると重量のバランスはかなり良くて側圧はそこそこ。
手に持った感じより重さは感じない(重いのには変わらないんだけど
パッドの密着率が高くて遮音性はW5000を遥かに上回り、他の密閉型と比べてもかなり遮音性能が高いんじゃない?


【ドラム】
キックの高い所とスネアの低い所にアクセントのある低音寄りのバランス。
金物系は煩く出ないが変な存在感があり主張する。
残響がいつまでも聴こえる所があったりして音源に厳しい。

【ベース】
かなり明瞭で弦の震えが見える様。
胴鳴りの方は量感は多いかも知れないんだけど60Hz以下は圧を感じない薄い出方(これはiPodの所為かも

【ボーカル】
鳴らし込みが足りてないみたいで硬めに出ました。
本来減衰するべき残響成分が主音にミックスされちゃってる感じで鼻詰まり感がある。
音色的には明るい方向、硬くて明るくてテクニカってなると金切り声を想像させるかもしれないけど落ち着いた声(音量には気を遣う

【ピアノ】
こちらも硬めの音色。
低音弦の分離は素晴らしく明瞭。
↑この感想の様にあっさりした印象しか残らなかった。。。

あとはストリングス、特にチェロのパートの充実感がありました、ウチのAD900Xと一緒、テクニカらしいかな。
テクニカらしい、と言えば試聴映えしない真面目な音と環境依存度が相変わらず凄い。

【総評】
11月発売で試聴機はまだまだ鳴らし込みが足りてないですな。
それと私の環境がiPod touchですので低音の深い所やボーカルのプレゼンスは鳴らす環境次第。

「明瞭」って良い意味で使う言葉だけどこの機種(というかESW950以降のテクニカ機全般)の明瞭さって映像で言う所の強シャープネスなんですよね。
全ての音にフォーカスが合ってしまう、遠近や陰影や濃淡の表現が出ずに平坦。
んで、音源には当然遠近感があり背景にまで機器側でシャープネスをかけるとどういう事になるか、その辺が昨今のヘッドホンの課題ですな。
(感度が上がるのは良い事だけではない)


横にあったW5000を聴けば音色は似てるけど表現の幅広さが凄い。
W5000は望遠、AWKTは広角って感じで対象物によるかもですけどね。


アサダ桜の方は年明けに聴く予定。
って事で放置しまくりのこの縁側でございますがまた来年。

2019/12/31 15:26  [1634-5919]   

【試聴】ATH-AWAS【iPod touch】

●オーディオテクニカ ATH-AWAS \162,800

商品画像を見た時はビックリする安っぽさを感じたが実物は落ち着いたマット仕上げでかなりこの商品画像は損をしているw
W3000ANVみたいな艶々でも良かったと思うけど。

手に持った感じはAWKTと同じ感じ。
ただこちらは側圧がユルかったり調整スライダーもユルかった。
機構は共通だと思うけど、21万や16万もするヘッドホンにこんな個体差あって良いのか?
パッドは人工皮革にコストダウンされてる、16万もするヘッドホンに(ry

【ドラム】
スネアがよく目立つが基本的にはオーディオチックなウェルバランス。
KT程残響成分を拾わないのでキレが良く軽快に感じる。

【ベース】
解像度が高いのはKTと共通。
KTでは解像度が高過ぎて弦と胴が別々に鳴ってる様に聴こえる程分離が良かったが、ASは一体感の高い鳴り方。
こちらも深い音域は鳴り難い(iPodの(ry

【ボーカル】
明るく高域もよく伸びるが腰高かな(ボーカルに腰高って表現を使うか知らんけど
刺激的な部分を上手く抑えて鳴らす感じがしました。

【ピアノ】
ASはピアノに個性的と言うか特徴のある鳴らし方をする。
輪郭は丸いんだけど立ち上がりが速くキラキラした音の粒が響き渡る。
エンタメチックなデフォルメ感が心地好い。

【総評】
まぁ出先の試聴だと鳴らし易い方が印象良いんでKTと比べてポジティブな評価。
KTの方が総じて性能は高いがASは音作りの面で旧来のアートモニターシリーズの良かった頃の面影がある。

とは言え、昔のアートモニターはこんなに高くなかった。
この値段出して漸く2010年以前の面影を追うってのも何だかなー

2020/1/11 14:31  [1634-5920]   

【試聴】THERMOS VECLOS HPT700【iPod touch】

●THERMOS VECLOS HPT700 \27,000

半額セールで話題の機種。
真空エンクロージャーで発売当初も話題には上がったけど、どっちかと言うとスピーカーの方が評論家筋にウケてた印象。
ヘッドホンもVGPとか獲ってたかw

当初、試聴機がすぐに来なくて、すっかり忘れた頃にポツンと置いてあったのは見てたけど聴くのは今回初めて。

手に取るとずっしり重い。
重いんだけど装着バランスは悪くない。
アラウンドイヤーのパッドは大きさ側圧ともキッチリしたフィット感で遮音性高い。

【ドラム】
スネアの野太さが目立つ低音寄りのバランス。
高音部は控え目なんだけど強弱差や細かい動きの再現性がかなり高い。
他のパートもそうなんだけどヘッドホン由来の歪みやビビりが無いのでとてもキッチリしてる、音源に残響成分があればそれはちゃんと拾うし。

【ベース】
たっぷりとした量感を出しつつも滲む事の無いキッチリ感←そればっか
動く、止まるの制動がiPod touchでもよく効く。
深い音域もよく拾うが邪魔にならない。

【ボーカル】
洋楽だと少し上ずる感じもあるけど特に着色なく淡々とこなす感じ。
伸びとか抜けの良さは感じないけど周波数的な不足感とか篭りも無い。
やっぱり剛性の高さが効くのかテノールが最高音圧で歌い上げてもまったくビビらないのが凄い。

【ピアノ】
ピアノは金属的な硬い響きを聞かせる。
音の分離は良いんだけどいまいち実在感に乏しい、惜しい。
ちょっとキレイに聴かせようとする方向かも。

【総評】
高い剛性による歪みの無さと滲まない音の粒が特徴的。
ヒステリックな音がまったく出ないので好感持てる。

現在の値段なら値段相応の感もあるけどこれケーブル長1.5mのポタホンなんだな、使い所が無いなー

2020/1/25 14:02  [1634-5921]   

【試聴】水月雨 Starfield【iPod touch】

●水月雨 Starfield \16,000

ヨドバシにも水月雨とかTFZの試聴機が並ぶ様になったんだな。

筐体は大きめ、アルミ?かな?軽いけど質感デザインとも良い、ケーブルはショボく感じるけど。
ノズルは短め、装着は大きめのイヤーピースで軽く塞ぐ感じ。
筐体はやや耳からはみ出るがイヤーピース次第で収まるかも。
ケーブルはしなやかではないが変な張力もなく耳掛けが自然。

【ドラム】
キックがドスドス決まる低音重視のバランス。
スネアも重めに鳴り、音源の残響は拾わないがイヤホン由来の響きが伸びる感じ。
金物系はかなり音量を上げても潰れず強調感もなく淡々とした印象。

【ベース】
量感が多く、解像度は低い。
と言うか音源を忠実に再現する意図は始めから無く、足りない解像度の隙間を補間する様な動きがみえる。
その補間は音符にスラーが掛かる様に自然に滑らかで説得力があり、まぁこれでいいか、と思える。

(バーチャル拡散音場技術とか言うらしい)

【ボーカル】
通常のイヤホンに比べ、倍音より基音の聴こえる量が多く野太いボーカル。
結構な音圧をかけてもビビらず剛性の高さとエア抜きの上手さを感じる。
録音の良い音源では余り感じないが、ももクロやベビメタの様な歪みきった音源を矯正する音調でとても聴きやすくなるw

録音の良い音源でこの矯正された時のsu-metalぐらいのボーカルが聴けると良かったんだが。

【ピアノ】
ピアノは音の厚みと響きの良さを感じるがその分細かい動きは埋もれる。
ルームリバーブがホールリバーブにすげ替えられる感じかな、そんな大袈裟ではないけど。

(響き自体が増える訳では無く距離感が出るって感じかな、本来的な距離感ではないけど)

【総評】
ボーカルの所で触れたけど、録音の良い音源に対しては淡々と振る舞い、歪みきった音源に対しては強力な矯正力で魅力的に聴かせるイヤホンかな。

え?だったらfinal E2000とかintime 碧でいいじゃん、持ってるし。
(この2機種より秀でた所は多分にあるけど)

と言う事で買えそうな値段だしちょっと欲しいかなと思って試聴したけど買いませんでした。

2020/2/1 14:29  [1634-5922]   

家に帰ってきて、final E2000とかintime 碧でベビメタを聴くと「結果的にそうなってる」のと「意図的にそう作ってある」のとではやはり違うなー

悩ましいのは今現在のアイドルやアニソンの音源が2010年代前半のそれと比べて歪みも音圧も酷くない事。
Starfieldは、ももクロやベビメタをこれ以上無い程上手く鳴らすが、みもりんとかJUNNAの音源は下手だった。

悩ましいのー

2020/2/1 18:30  [1634-5923]   

【試聴】JLAB AUDIO REWIND RETRO【iPod touch】

●JLAB AUDIO REWIND RETRO \3,680

実物は商品画像から受けるイメージより小さく、PortaProを一回り以上小さくした感じ。
ヘッドバンドは長めで帽子の上からでも余裕がある。
ヘッドホンの角度は動かないのでフィットしにくいかも。
てかパッド小さいな、冬の耳当て代わりには使えない。

操作系はシンプルなワンボタン物理式。
再生停止、曲送りなどは出来るけどヘッドホン側での音量調整は出来ないみたい。
停止中に三回早押しするとヘッドホン側の低音調整が出来る、強さは三段階。

【音質】
パッと聴いて細かく聴く気がなくなったのでテキトーに(コラ

バランス的には何と高音寄り、低音調整の一番低音が多いモードにしても高音が煩い。
んで、この高音は電車内で聞こえる他人のイヤホンの音漏れぐらいのクオリティ、あるいは散歩中のおっさんのAMラジオ、または音量デカ過ぎるスマホ本体の通話相手の声。


何だか売れてるみたいだし、USAのメーカーは時々安くても面白いモノを作るのでひょっとしたらと思ったけどひょっとしなかった。

2020/2/8 13:41  [1634-5924]   

MDR-7

ばんわぁ

「REWIND RETRO」ってちょっと気になってたのですが未試聴で、でもやっぱり手を出さない方が良いとのことですね。

>何だか売れてるみたいだし

多分なのですが私のようにWALKMANの黎明期(カセットテープですよ)のユーザーにとっては、当時付属されていたヘッドホンがこんな感じだったので懐古心からです。
実際問題として今となっては音質も悪いし開放型だから外で使いにくいし、、、ではあるのですが。

ちなみに当時私が持っていたヘッドホンが「MDR-7」という奴で、こんなのでも付属ヘッドホンとは違うハイエンドw(確か9000円位?)だったのです。

2020/2/25 21:28  [1634-5925]   

とりあえず…さん、こんばんは。

お久しぶり〜
表はもう見てないんですが縁側は見てますw

REWIND RETROはヘッドホンだと思わないで、オープンエアーのイヤホンをデカくした思うと良いかも(ぇ
ちっとも売れなかったテクニカのスポーツイヤホン、あの辺の音がするw

黎明WALKMANのヘッドホンに似せたのはオレンジ色のパッドがそうですねw
私は当時はイヤホンだったな。
既に当時から変な色のイヤホン選んでたけどw←ミントグリーンのNUDE

MDR-7、当時で\9,000なんて超高級機じゃないですか〜
SONYには開放ヘッドホン新しいの作って欲しいな、復刻でも良いんだけど。

あ、ついでみたいで申し訳ないですがHD820おめです。
お好きなメーカーのトップモデルを所有するのは至福ですな〜

2020/2/26 00:11  [1634-5926]   

えうなきものさん

おひさです。
まだ私の縁側見て頂いてるのですね、ありがとうございます。
一方で私はこちらを見るのは1ヶ月に1回程度まとめてだと白状しておきます、申し訳ありませんm(_ _)m
こちらとかひろまさんの縁側は(察して戴けると思いますが)事情があって書き込みにくいのです。

それと「HD820」の件、おめありです。
随分以前えうなきものさんもこちらに書かれていましたが「HD820」って発売当時からあまり話題が盛り上がらない機種なんですよね。
密閉型でありながらポタには全く向いてないし音場は「HD800(S)」に全く及ばないしだからだと思います。

ところで縁側の運営って疲れません?
私の縁側、開設当初とは全く雰囲気が変わってしまいました。
あの頃は皆で和気あいあい、疑問は理屈考えるよりまず試してみてから、新製品もそれ程多くなくて高くても5万円ぐらい迄だから誰か試してくれ、というようなゆるーいご時世でしたので書き込んでくださる方も気軽だったのか参加者が多かったです。

でも今はハイエンドは上限が果てしなく、製品数も多過ぎて全フォローは不可、そしてBTがメインの世間。
なんかほのぼのと語り合える状況ではなく、そして新規に書き込み参入しようかな?という方にはある意味敷居が高い縁側になってしまったと思います。
ま、時代の変化ですから今更どうしようも無いことですが、潮時は近いかもと感じています。

2020/2/27 20:24  [1634-5927]   

とりあえず…さん、こんばんは。

こっちはもう更新もテキトーですからお気になさらずw
M1STの試聴からテクニカのウッドホンまで二ヶ月ぐらい書き込まなかったしw


>「HD820」って発売当時からあまり話題が盛り上がらない機種なんですよね。

発売のタイミングを失した感じでしたな〜
HD630VBのタイミングで出せば良かったのに(オイ
それと初期価格が800Sより高かったでしょ、それで800Sユーザー達から反感買ったんでしょうな。
(FX850の後にFX1100出されて"フラッグシップ"を奪われたー的な)

私のHD820の印象って、あのガラスって思った以上に軽いなーってのが一番の驚きでした。
環境整えてじっくり聴いてみたいと思いましたが、出先の試聴じゃそれも叶わず、ましてやあのお値段では買えませんw


>縁側の運営

とりあえず…さんの所の事は察してますよ(これ以上書けない


今は表もスマホ版からがほとんどでしょ?
縁側はスマホからだと入りにくいっていうシステム的な問題もありますわな〜

長く続けてると色々ありますね。
こっちも歳を取る訳だしw


私の所はコロナ騒ぎが収まるまで試聴も怖くて出来ないから、またしばらく放置かなーw

2020/2/27 22:43  [1634-5928]   

Y600 Y400

Yシリーズも野暮ったくなってきたなー
黄色が無い←しつこい

2020/2/29 02:02  [1634-5929]   

RHA MA750 ディスコンか
どうしようかな…

2020/3/21 01:44  [1634-5930]   

M-50xのカラバリなんだけど、有線とbtモデルの価格差見ると、btチップって\2000なの?

2020/7/17 01:30  [1634-5931]   

【試聴】WH-1000XM4【iPod touch】

外観はM3からほぼ変わらず、ヘッドバンド上のM4の文字を確認してから試聴(オイ
心もちパッドの当たりが柔らかく、カップ内の容積も広くなった様な気がする。
1AM2程では無いが装着感は良いと思う、若干本体が重い気もしますが。

デバイスのiPod touchは4世代と古いのでBluetoothバージョンが低くアプリも入らないのでデフォルトのNC以外の機能は全く使えてない上での試聴。

NC能力は中高音に対して効果が上がったという事になってますが、ヨドバシ内の喧しいアナウンスは普通に聞こえる。
(大分遠くで聞こえる感じにはなりますが)
と言うか暗騒音が完全に消えてしまう事でかえって人の声が浮き出て聞こえる感じかな。

あと、M3では起きなかった音源内のホワイトノイズを消してしまう事例が確認出来ました。
これが起きるという事は少なからず音源に収録されている筈の微小な空気感を削ってる事になりますな。


【ドラム】
体育館の床を叩く様な量感多過ぎキックドラム。
スネアや金物系はM3で感じた歪みも無く丁寧な描写。

【ベース】
大きな木の引戸に頭をぶつけた様なベース。
他のパートと比べて20dbはデカい音が常に鳴ってる感じ。

【ボーカル】
ボーカルはM3の時より音源の再現度が上がり好ましい。
変にピークを作らなくなった事で音源に秘められた豊かな感情表現を引き出せてる感じがしました。
このパートは今までの1000xのシリーズで一番良い。

【ピアノ】
ピアノの低音部100Hz以下は酷い量感だがすぐ上の200Hz辺りはディップがあり全体的には音が細く聴こえる。
主音域の500Hz-2000Hz辺りの表現力はボーカルと共に上手く音源を引き出しこれも好感。

【総評】
中高音の表現力はかなり良く出来たヘッドホンになったと思いますがそれを台無しにする低音の量感。

M3はhi+10db mid0db low+10dbという感じでドンシャリだがその上でバランスの取れたモデルだった。
M4はhi+3db mid0db low+20dbという感じでかなりの低音偏重モデルになってる。
M2も低音偏重モデルだったが、M4は他の音域が良いだけに勿体無く感じる。

うーん、これだけ突出して低音が多いのはヘッドホン本体のEQのプリセットが前回聞いた人の設定を引き継いでるのかな?とも思ってしまう。
Bluetooth機器はこの辺がよく分からんから試聴がアテにならんw

2020/9/4 14:02  [1634-5932]   

M4、まだ未試聴なんですがM3ユーザーの私としては買い換える程ではないって感じですかね?
電車内でしか使わないからM3の低音強めのバランスは問題なしですが、NCが大幅に強化されてれば考えなくも、、、って思ってます。

2020/9/4 16:33  [1634-5933]   

とりあえず…さん、こんばんは。

M4のNC能力はM3を常用してるユーザーが比べてようやく分かる強化なんじゃないでしょうかね〜

ヨドバシ店内の空調や喧騒の消え方は多分M3と同等。
人の声に関しては肉声はM3より消えてると感じました(平日午前中の吉祥寺ヨドなんで閑散としてますが)
アナウンスの様な大音量への効果はM3と変わりませんね、という事で子供の叫び声とかも多分一緒でしょう。

私としてはM2世代のNCで十分効果的というか恐怖すら感じておりますがw


それと音に関しては今日店頭に並んだばかりなのでこういうバランスで聴こえたのかも知れませんな。
低音以外はかなり精緻でBluetoothもここまで来たかという感じです(iPodだから良くてもAACだけどw

2020/9/4 20:08  [1634-5934]   

まーた限定か

2020/9/10 01:24  [1634-5935]   

boseの新作、スポーツモデルの方は小さくなったのだろうか?
TWSイヤホンは試聴面倒だし、実物見ないと大きさ分からんし

2020/9/13 14:58  [1634-5936]   

【試聴】JVC HA-MX100V【iPod touch】

前々機種のMX10Bが相当値崩れし、前機種MX100Zは量販店では売らない謎の機種。
SONYがM1STを出したのに対抗したのかどうか知りませんがJVCの新モニター登場です←数ヶ月前

パッと見、ニッパーくんの意匠が気になる外観ですが10Bから大きく変わった所はそこだけかな?
装着すると側圧がほとんど無い緩やかな耳当たり、遮音性は低い。
10Bからカップの深さも変わらず耳を覆うけどオンイヤー的な装着感。

【ドラム】
測定値的なフラットを目指した様で聴感的には若干ハイ上がり。
小さい音を拾う能力はあまり高く無くて、スネアやシンバルの消え方が速いんだけど何故か残響感は強調される傾向でリスニング機寄り。

【ベース】
力感量感どちらも控えめだが鳴り方は量感タイプ。
ちょっとモニター機としては低域の解像度が弱くてモヤモヤする。←ここはいつものiPod由来かも
レスポンスは悪くないけど何か穏やか。

【ボーカル】
ボーカルは全くクセが無く刺激成分も無く凄く普通。
音量を上げて行くと密閉型の限界で詰まる所も感じますがまぁ好印象。

【ピアノ】
ピアノにはハイ上がりな特徴がしっかり出てしまって軽く響く。
左手の分離には低域の解像不足が顔を出しやはりモヤモヤする。

【総評】
基本的にはMX10Bからの若干のブラッシュアップ版かな。
10Bはモニター機でありながらピュアオーディオ好きからの支持の高かったリスニング機でもある。

今回もその路線で、ややハイ上がりの傾向が強まったかな?という印象。
ただこのハイ上がりは某S社の様なメチャクチャなモノでは無くオーディオ的な許容範囲内の物。
製品としてのインパクトはほぼ無いが安定的なクオリティの機種。

2020/9/21 15:00  [1634-5937]   

何故か660sを買ってきた

…あれおま660sディすってたよな?
寝る前にイヤホンで藍井エイルとか上坂すみれとか聴くんだがイヤーピースが痛くてヘッドホンに変えようと、そういうので試聴してたらこうなった

2020/9/30 15:38  [1634-5938]   

【試聴】Skullcandy CRUSHER EVO WIRELESS【iPod】

値段が安くなったなと思ったらANC無しの新バージョンだった。

手に持った重量は重くもなく軽くもなく…
操作系は物理ボタンとスライダー、誤動作の心配がなくて良い。

カップ内は狭いが耳当たりの良いパッド、側圧はやや強め。
ヘッドバンド含めてがっちり固める装着感。
この機種はANC無しだが遮音性は結構高い。

最初はスライダーOFFで試聴。

【ドラム】
ハイハットやシンバル等、金物系に強調感のあるバランス。
キック、スネアも高域ブーストにつられて軽めに響くが大きくバランスを崩す感じは無い。

【ベース】
意外と階調感がよく出る。
スライダーOFFでも超低域まで聴こえる音調で量感よりは力感が出るタイプ。

【ボーカル】
とても分かり易い10KHz辺りの強調感が特徴。
音源よりかなり明るい雰囲気に鳴る。
ドライバーの素性は良くて、この強調感の中でも歪みは最低限に留めている。

【ピアノ】
ピアノでも10KHz辺りの強調感が効いてやたらと明るく響く。
しかしピアノ低音部の描写が結構上手くて歯切れも良いし滲まず階調感がよく出る。

【スライダーON】
初期のcrusherってスライダー最大にするとリズムが遅延するという致命的な機構だったけど、有線の2世代目(リモコンが抵抗ボリュームになったやつ)で解消され、先代のBT版でもそういうミスは起こらなくなった。
今作でも大きな遅延は起こらず安定した技術になっている。

…が、今まで気にしなかったが振動に対して低音の音階がかなりマスクされてる事に気付いた。
これは逆に“普通に“音楽が聴ける様になった事の代償かも。

それとスライダーは無段階だが結局最小か最大の二択になりがち。
以前の物は調整しないと遅延が出るので弄る意味があったがこれだけリズムとシンクロしてるとその必要も無い。

んで、この振動が活きるのは当たり前だが音源に由来する。
基本的にキックドラムの深い音域に反応するがディープなシンセベースが鳴ってるとそっち優先でリズム感が消失する。

では、そこでスライダー調整が役に立つのか?と思うんだけど面倒臭い。
振動は体感的な物だから小さくすると音楽自体が物足りなく感じてしまう、一旦大きな振動を受けると既に感覚はマヒしているのだw

今作の新しい売りとしてはアプリ連携等があるんだけどそっちは試せなかった。
しかしSkullcandyもガチっぽくなって来て地味なカラーの展開ばかりでつまらんなw

2020/10/12 13:57  [1634-5939]   

GRADOのロゴ、これは反射なのか発光なのか、それが問題だ(ぇ

2020/10/16 01:22  [1634-5940]   

ん?何も変わってない?
1440はラインナップから消えるのかな

2020/11/2 01:24  [1634-5941]   

32Ωって・・・

2020/11/18 15:18  [1634-5942]   

今日の日中、一瞬、販売終了と表示されたが、後継を出すのか撤退なのか?

2020/11/26 22:19  [1634-5943]   

たけぇ

2020/12/8 23:31  [1634-5944]   

ヨドバシがHiFiMANの取り扱いを再開

https://www.yodobashi.com/maker/00000095
28/


フジヤまで行かなくて済むからDEVA聴きたいんだけど試聴機来ないのかな?

2021/2/1 01:30  [1634-5945]   

ほう、国内販売開始ですか

2021/4/16 01:44  [1634-5946]   

今更、finalのE5000を買って来ました。

寝ホン使用を想定したんですが、何だこのケーブルのゴツさはw
分岐部から下はイヤホン本体より重いんじゃないか?
寝転がると張力というか硬さというか、とにかくケーブルが気になる。

finalの試聴機は分岐部から上しか外に出てない什器で気付かんかった。


音の方は育て中。
今のところ、人の声以外の楽器はとてもよく鳴る。
熟れるのに時間掛かりそうな鳴り方をしてる。

2021/5/17 01:42  [1634-5947]   

モノとして良さげだが無理に押し込んでる使用感が不安なシリコンケース。

final E5000、50時間ぐらい使ったかな。
以前みたいに頻繁にイヤホン使う事がなくなったので中々鳴らし込みが進まない。

それでも大分特徴出て来ました。
正確なレスポンス、正確な音量差。

f特はメーカー説明通りフラット気味でどこか特定の音域に山も谷も作ってない。
リズムを正確に出すがアタックにアクセントは付けない。
メロ、ハーモニー、リズム、各パートの距離感、前後の位置関係が良く出る。

んな感じで基礎能力を文字で書くとモニター風になってしまうが、E5000から出て来る音は筐体とチャンバーのお蔭で響きのタイトなホール風仕上げ。
ステンレス筐体はfinal機独特というか他では中々聴けない落ち着いた音。
ここ微妙で、落ち着いた音と柔らかい音とは違って、E5000には柔らかさや丸みは感じない。

チャンバーは主に低音域の精度に寄与してるという説明だが高音部の刺激の抑制にも効果があるかな。
筐体の剛性だけで歪を抑えてる鳴り方とは少し違う鳴り方をするので。
極力イヤホン側での演出を抑えた音作りを目指しているが、むしろ抑えた演出をしてる感もある。

感度が低いのでつい音量上げ気味で使いそうになるが、小音量でも既に解像度と分解能の高さを発揮。
最初文句言ったケーブルは使ってるうちに取り回しが良くなった(タッチノイズは凄いけど)

2021/6/7 01:46  [1634-5948]   

Prestigeシリーズ更新か。
いつの間にかeの世代が消えていて、もう作らないのなら在庫の残る225eを買ってしまおうかと思ったが買わなくて良かった(オイ

2021/6/11 01:44  [1634-5949]   

powerbeatsもこのぐらいコンパクトにして欲しいんだが

2021/6/15 09:51  [1634-5950]   

うーん、GRADO、やっぱりAKIBAと梅田にしか来ないか。。。

2021/6/18 01:51  [1634-5951]   

どういうセンスでこのカラバリになるのかw
R側は赤だかオレンジ色になっている。
grado買おうと思ってたのに迷うではないか(オイ

kph30iは一瞬だけ試聴した事がある。
portaproより高域が強調してあって何となく現代風ぶったチューニングだった。
素性はlo-fiで変わらないんだけど。

2021/7/2 01:45  [1634-5952]   

カラバリ出すならsportの方にして欲しいな

2021/9/3 10:14  [1634-5953]   

GRADO SR60xを買って来ました。
ヨドバシ吉祥寺、何と60x、80x、125x、225xと試聴機が揃ってます、素晴らしい。
(325xは無かったけど)

それにしても凄い音。
他のメーカーとは一線を画す音作り。

ライブ感?音圧感?ダイレクト感?何と表現するのか分からない剥き出しの音。

2021/9/18 01:21  [1634-5954]   

今日は暑かったのでイヤホンfinal E5000を久々に使った
装着感とケーブルに問題があって使ってなかったんだが

・通常装着 ケーブルの重みに引っ張られてベストな位置からすぐズレる
・shure掛け 筐体の収まりが悪くてやはりズレる

shure掛けしてもかなり分岐部から長さに余裕があるので懐かしの「の」の字掛けを試してみると全て解決したw
E5000は「の」の字掛けで使うのが正解なんだろうか?←カコワルイ

2021/9/23 02:02  [1634-5955]   

【試聴】水月雨 MoonDrop Quarks【iPod touch4】

水月雨はSSRより更に安い機種を出して来ました。
まぁ、SSR聴いて無いんで比較出来ませんけど。

筐体はシンプルな円筒形、謎のシンボルマークで左右判別。
ケーブルは画像の印象通り、細過ぎたりやわだったりはしてないけどクセが付きやすそうかも。
分岐部が大袈裟だがあんまり気にならなかった。
最近は金属筐体の物が多い気がするのでQuarksの様なプラ筐体は軽くて装着感は良い。

【ドラム】
キックの量感は強め、スネアは軽め、ハイハットは地味目。
シンバルは単発だと抜けが良いんだけど、重なったりするとすぐ散る。
ドラムは聴き所を上手くデフォルメしていてQuarksの音のまとめ方の根本になってます。

【ベース】
意外にもベースの解像度は頑張っていてボディよりは弦の動きにフォーカスがある。
結構深い音域も鳴っていてレンジの広さを感じます。

【ボーカル】
Quarksの特徴として250Hz辺りのディップを上手く使ってる。
この音域は男声のベース被りを削ってすっきり聴きやすくする効果がある。
それと2KHz-4KHzの強調感でエネルギーを感じさせつつ上に抜ける感じを出していて所謂キレイっぽい声に聴こえる。

【ピアノ】
ピアノは金属的にキラキラと軽快に鳴る。
上述の音調で左手の厚みは削られちゃってますので。

【総評】
各パート毎に評価するとかなり良さげなんですけどそこは廉価機、沢山の楽器が鳴るとかなり破綻します。
シンセとギターが鳴ってる所にクラッシュシンバルなんか鳴ると音を見失う。つか実際音が鳴ってないかも知れない。

プラ筐体、軽くて良いんですが、テノールの強めの音圧が掛かるとビビっちゃって剛性不足が如実に出ます。
剛性には気を遣っている水月雨ですけどやはりプラではここまでか。

まぁでも2,000円台ですからね。
…と、かつては安いイヤホンの評価のまとめはこの一言で済んでいましたが、ワイヤレスの時代に廉価有線イヤホンを選ぶ人って居るのかな?
そういう面で見るとQuarksの特徴的な音作りってのは存在価値はあるんですけどね、あるんだけど自分も買わなかったし(オイ

2021/10/11 02:49  [1634-5956]   

QC45を聴いて来たんですけど、ディすりコメントばかりになってしまったので試聴レビューは控えます(オイ

BOSEの時計は2016年で止まったんだな。。。

2021/10/31 01:51  [1634-5957]   

せっかく面白そうな開放BTオーバーヘッドなのに、止めてよ御影石風仕上げ

2021/11/4 15:43  [1634-5958]   

440と840がリニューアル

公称275gって本当かな?
ヘッドバンドやアームは丈夫になったんだろうか?

それとミシミシ、ギシギシ音は改善されてるのか気になる

2022/1/13 01:36  [1634-5959]   

SRH440A SRH840A

【試聴】SHURE SRH440A & SRH840A【iPod touch】

同じシリーズが同時に発売された場合は下位機種から聴きます。

という事で先ずSRH440Aから。

見た感じ軽そうなプラップラな外観。
ヘッドバンドは金属っぽいがハンガーとアームはプラっぽい、また折れそう。
そして今回はヘッドバンドかなり短いです、最大から1クリック戻した辺りでフィット。

パッドは耳覆いだが押し当てて使う感じで、ATH-M50タイプ。
遮音性と側圧は普通、ただ440Aは少しズレやすく低音抜けが起こりやすい装着感。
各部ジョイントは今回はギシギシ、ミシミシ言わなくて良い。

【ドラム】
基本的な音調はフラット気味、まさに王道のモニタータイプ。

【ベース】
胴の鳴りはそこそこで、弦の動きにフォーカスがある感じ。

【ボーカル】
やや高域寄りで鼻詰まり感を感じる。

【ピアノ】
元の音源よりは軽めに響く。

【総評】
先代の音は忘れましたが、こんなに解像度低かったかな?
全体的には過不足無く、レコーディングモニターとしての性能は確保してますが、ミックス作業などには各楽器の距離感が見えない部分が多いですね。


続いてSRH840A

こちらはヘッドバンドのステッチやハウジングに金色のワンポイントが装飾されていて上位機らしさを醸し出してます、まぁSHUREにデザインのセンスを求めるのは無茶ですが。

で、840Aのヘッドバンドは440Aより更に短く最大に伸ばしてフィット。
装着するのにちょっと広げたらヘッドバンドのスチールがバキバキ言った、また折れるのか?
装着してしまえばガッチリ固める装着で440Aよりズレにくい、と言うか動かない。

先代で最大の問題点の重量ですがこちらは解消、凄く軽いという事はありませんがストレスは少ないです。

パッドは440Aと一緒、ちょっと素材は良いのかも知れない。
840Aも各部ジョイントが静か、遮音性、側圧とも440Aより少し高いかな程度。

【ドラム】
440Aから840Aに換えて先ず気付くのは空間の広さと音量差のコントラスト。
音調はややドンシャリ気味になりますが下も上も歪まず高剛性(440Aも剛性は高い)

【ベース】
440Aとは対照的に胴の鳴りがズシリと響き、弦の動きは強調されなくなる。
(440Aはこう言った単独音の細部を明確にする方向、900STタイプである)
低域のレンジも広く結構深い音域も圧を掛けずに普通に聴こえる。

【ボーカル】
440Aとは情報量がまるで違う、声の表情豊かに聴かせる。
何となく440Aの方が高域寄りなのでキレイ風に聴こえるが元音源の情報を正確に出せばその方が全然良いのは当たり前。

【ピアノ】
ピアノも倍音成分多めに情報量豊かに再現出来ます。
440Aはとにかく鳴ってる音は聞かせようという方向ですが840Aは小さい音は小さく大きい音は大きくと正確。

【総評】
840も先代の音は忘れましたが今回は重さも無くなったし音と値段のバランスはかなり良い物と感じる。
2万ちょっとという値付け、国産の900STやM50xと比較される価格帯で、まぁ目新しい部分は何も無いけど良さげです。

ストレートケーブルがデフォルトになった点は評価出来るけど、どうせなら短めのケーブルも同梱して欲しいな、先代より安くなってるから自分で追加しろって事なんだろうけど。


【独り言】
メーカーによると440Aはホームレコーディング、840Aはプロ仕様という事になってますが、グレード以前に使用目的の狙いに違いのあるモデル。
ざっくり言うと440Aは粗探し、840Aは全体の確認やリスニング。
確か先代もそんな役割だったかな。

で、触った感じでも分からなかったのがハンガーアームに金属を使っているのかどうか?
SHUREのヘッドホンが選ばれ難い理由ってヘッドバンドやアームが容易に折れる事なんだけど今回の試聴試着では判断出来ませんでした。
あと、ヘッドバンド短過ぎ、SHUREの昔のDJホンを思い出した。

2022/1/22 13:57  [1634-5960]   

昨日、440Aと840Aを同時に聴いた事で1540に対する長年のモヤモヤが晴れた。

940の上位機、という視点で1540を見てしまうとそりゃダメダメな評価になる。
が、840の上位機として見ると至極真っ当な出来だったんだな。

940は440の上位機であり、840は440の上位ではなく別系統の音。

440→940は粗探しモニター、840→1540はミキシングモニター。
940ぐらいだとミックスもマスタリングも出来るんだけど、1540に粗探しは出来ない(出来ない事は無いけど向いてない

んで、粗探しだったら実は440で充分、そんな訳で今回940のリニューアルは実施されなかったのかな?

開放の1440と1840は4・8の品番に関わらず下位上位の関係だった様に思う。

2022/1/24 01:50  [1634-5961]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
音圧
音圧をお気に入り登録
運営者:
えうなきものさん
設立日:
2014年10月1日
  • 注目度:

    49(お気に入り登録数:14件)

ページの先頭へ