「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

自分の聴いたCDを載っけるだけの記録
ゆるがるれ

  • 音圧の掲示板
  • 音圧の伝言板
  • 音圧の投稿画像
音圧の掲示板に
音圧の掲示板に新規書き込み

音圧

タグ:
androp 『androp』

音圧測定と簡易リマスタ14です。
前スレまでの最高音圧記録ディスクは─

【アーティスト】androp
【 アルバム 】androp
【 リリース 】2015/08/05
【ディスク番号】WPCL-12178

トラックMの「You Make Me」にrmsピーク
実効値 -4.2db

─となっております。

【ルール】
CDから最も音圧の高い8秒以上のバースを抽出、測定します。
8秒以上取るのは、SE的なピーク値が参考にならない事、そして事故・ノイズを回避するためです。
人の呼吸が大体8秒ぐらいって感じのユルい基準です。

画像は上部左がCDジャケット、右がレベルメーター。
下段は参照したトラック全体の波形です。
波形のカラーはrms(実効値)に沿ってまして、緑→オレンジに行く毎に危険な音圧です(ぇ
所謂海苔波形でもレベルメーターの黄色・オレンジが少なければ、録音/マスタリングは良い場合があります。

最近は割と新しいディスクを聴く事が多く、簡易リマスタの必要がありませんw

【音楽】は、個人的に内容が面白かったか、意味のある作品か、等の評価。
【録音】は、生演奏・打ち込み問わずに、そのCDにどれだけ情報量が入っているか、単純ミスは無いか、の評価。

不満が無いだけなら★3、そこからの増減方式です。

2018/7/23 10:15  [1634-5701]   

Sol Gabetta 『ライヴ!〜エルガー&マルティヌー:チェロ協奏曲』

【アーティスト】Sol Gabetta
【 アルバム 】ソル・ガベッタ&ベルリン・フィル・ライヴ!〜エルガー&マルティヌー:チェロ協奏曲
【 リリース 】2017/01/25
【ディスク番号】SICC 30421

トラックE「チェロ協奏曲 第1番 ニ長調 H.196/ II. アンダンテ・モデラート」にrmsピーク
実効値 -12.6db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

ソル・ガベッタ(vc)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル(指揮 @〜C)
クシシュトフ・ウルバンスキ(指揮D〜F)
録音:@〜C 2014年4月20日 ドイツ“バーデン=バーデン祝祭劇場”
   D〜F 2014年5月23日・24日 ベルリン“フィルハーモニー”

ソル・ガベッタ&BPO、'14年の録音(ライブ収録)
エルガーとマルティヌーのチェロ協奏曲のカップリング。

ソル・ガベッタもオケも何か抑えた様な演奏で、譜面の持つ華やかさと相反する感じかな。
時々、それが覗くから聴き手のテンションが難しい。
じっくり傾聴するべきなんだろうけど暑くて集中出来ない←勝手

録音は良いです。
時たまffは割れてます、基礎的な音圧はそれほど高くないんですけど勿体ないです。
チェロの躍動感とか上手く録れてるんですけどね。

Elgar: Cello Concerto
https://youtu.be/O35wl2xEvoo

2018/7/24 10:02  [1634-5702]   

シエナ・ウインド・オーケストラ 『SUPER SOUND COLLECTION アニメ吹奏楽』

【アーティスト】シエナ・ウインド・オーケストラ
【 アルバム 】SUPER SOUND COLLECTION アニメ吹奏楽
【 リリース 】2017/11/29
【ディスク番号】AVCL-25948

トラックS「キャンディ・キャンディ -Alto Saxophone Solo Feature-」にrmsピーク
実効値 -10.5db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

指揮:オリタ ノボッタ
シエナ・ウインド・オーケストラ
ピアノ:美野春樹 (01-03)
ギター:古川 望 (01-03)
エレキベース&ウッドベース:一本茂樹
ドラムス:伊藤史朗

ウインズスコア「SUPER SOUND COLLECTION アニメ吹奏楽」のデモ盤。
昭和のアニソンばかりでおっさん向け。

アレンジはドラム、ベースを使わないとどうしようもない仕上がりだし、中にはピアノにメロを弾かす所もあり、毎回ウインズスコアの譜面は吹奏楽のポップスというより軽音楽の範疇に入るんじゃないかと思う。

録音は普通ですが音圧が高くてうるさい。


アルバムPV
https://youtu.be/ViuhWeTi8lg

2018/7/25 10:00  [1634-5703]   

Geyster 『With All Due Respect』

【アーティスト】Geyster
【 アルバム 】With All Due Respect
【 リリース 】2017/03/15
【ディスク番号】PCD-24605

トラックF「Higher Lands」にrmsピーク
実効値 -9.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

Geyster、'17年のアルバム。
Geysterの詳細はよく分からないんですが、フランスで色々やってるうちのAORのアルバム←ライナー読めよ

聴いてる時は旧作の再発だろうと思ってましたがどうやら最新作?
楽曲も音作りも'70〜'80年代の雰囲気でAORとR&Bとファンクを混ぜた感じ。
これを今作ってるなら凄い。

録音は普通ですが、選択する音色には強い拘りがあるのが伺えます。

Easy
https://youtu.be/3ckHBrmIhVQ

2018/7/26 10:02  [1634-5704]   

RAC 『Ego』

【アーティスト】RAC
【 アルバム 】Ego
【 リリース 】2017/07/14
【ディスク番号】BRC-550

トラックB「Nobody」にrmsピーク
実効値 -6.6db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

ポルトガルのDJ、RACの'17年のアルバム。
数々のアーティストのリミックスを手掛け、注目のDJらしいんですけど、普通かなー(コラ
幅広い音楽の素養は感じますけど、パイオニアではなくフォロワータイプだと思う。

録音は普通。
結構乱暴なミックスが多いんですけど最終的に聴ける形にまとめるのはそこそこ出来る感じです。

This Song ft. Rostam
https://youtu.be/LcA0RmXnWhU

2018/7/27 09:53  [1634-5705]   

ONIGAWARA 『ヒットチャートをねらえ!』

【アーティスト】ONIGAWARA
【 アルバム 】ヒットチャートをねらえ!
【 リリース 】2017/03/22
【ディスク番号】LACD-0281

トラックE「シャッターチャンス'93」にrmsピーク
実効値 -7.7db

【音楽】★☆☆☆☆1
【録音】★★☆☆☆2

元・竹内電気の二人によるユニット、ONIGAWARA、'17年の1stアルバム。
'90年代J-POPへの憧憬が強く、好きでやってるんでしょうけどセンスが。。。

録音はJ-POP標準。
ゴチャゴチャして、整理されない音の固まり。

ヒットチャートをねらえ!
https://youtu.be/CuUG4j9nJp4

youtubeで聴くと音が安定してるな。

2018/7/28 10:20  [1634-5706]   

チャラン・ポ・ランタン 『トリトメナシ』

【アーティスト】チャラン・ポ・ランタン
【 アルバム 】トリトメナシ
【 リリース 】2017/01/18
【ディスク番号】AVCD-93592

トラックD「月」にrmsピーク
実効値 -8.4db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

チャラン・ポ・ランタン、'17年の多分3rdアルバム。←ナンバリングされてない
ボーカルとアコーディオンの姉妹デュオ。
下地に大道芸があり、幅広くも狭い音楽性と表情豊かなボーカルの面白いグループです。

録音は普通。
生楽器でやってる事や無駄な音を鳴らさない事でスッキリしてます。
ただ、ハイ上がりな仕上げはJ-POPらしいですけどね。

進め、たまに逃げても
https://youtu.be/XaeuaKdtBUg

ああ、これ、あれだったのかw

2018/7/29 10:12  [1634-5707]   

チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィルハーモニー 『マーラー: 亡き児をしのぶ歌』

【アーティスト】セルジュ・チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
【 アルバム 】マーラー: 亡き児をしのぶ歌、R.シュトラウス: 交響詩「死と変容」
【 リリース 】2017/12/27
【ディスク番号】WPCS-28125

トラックF「R.シュトラウス: 交響詩「死と変容」op.24」にrmsピーク
実効値 -11.0db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

セルジュ・チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
ブリギッテ・ファスベンダー(Ms)
録音:1983年6月30日、1979年2月17日 ミュンヘン レジデンツ・ヘルクレスザール(ライブ)

ミュンヘン・フィルの自主レーベル“Munchner Philharmoniker”からの正規盤。
じっくりとオケを響かす演奏/指揮ぶりで荘厳な雰囲気。
変人が跋扈していた時代の空気感を感じさせます。

録音は予想していたよりは良かったんですがマスタリングがダメです、音圧上げ過ぎ。
R.シュトラウスの方で位相ズレが起きてますし、当然音も潰れてる。

Kindertotenliede
https://youtu.be/AxKt-8Gdx-4

2018/7/30 10:12  [1634-5708]   

牛田智大 『愛の喜び』

【アーティスト】牛田智大
【 アルバム 】愛の喜び
【 リリース 】2015/06/24
【ディスク番号】UCCY-1056

トラックI「ピアノ・ソナタ第7番変ロ長調op.83「戦争ソナタ」 第3楽章」にrmsピーク
実効値 -12.5db

【音楽】★★☆☆☆2
【録音】★★★★☆4

牛田智大(ピアノ)
録音:2015年4月

牛田智大、'15年の5thアルバム。
バイオリン曲の編曲とラフマニノフ、プロコフィエフの作品。

装飾音を付けながら弾く「愛の挨拶」に何じゃこりゃ?と思いました。
アルバム全体としては、若い演奏家に多い乱暴なタイプで、体力無いのかな、とにかく雑です。

録音は良いです。
良いだけに演奏の粗が目立ちます。

2018/7/31 10:04  [1634-5709]   

栃尾克樹 『Voice Of Baritone Saxophone』

【アーティスト】栃尾克樹
【 アルバム 】Voice Of Baritone Saxophone
【 リリース 】2017/08/25
【ディスク番号】MM-4016

トラックK「詩人の恋op.48〜聖なるラインの流れに」にrmsピーク
実効値 -11.0db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

栃尾克樹(バリトンサックス)
高橋悠治(ピアノ)A、B、D〜F、M、O
山田武彦(ピアノ)C、N
野平一郎(ピアノ)G〜L

栃尾克樹、'17年のアルバム。
編曲物で、イメージ的にはチェロに近い、優しい演奏。
選曲にも全く攻撃性が無く、ヒーリング系?

録音は良いんですが、音圧高いですね。
音圧の高さで残響成分を多めに拾って、演奏以外の余計な効果が出ちゃってる気がします。

2018/8/1 10:04  [1634-5710]   

Gino Cunico 『Gino Cunico』

【アーティスト】Gino Cunico
【 アルバム 】Gino Cunico
【 リリース 】2017/08/02 (オリジナル 1976年発表)
【ディスク番号】SICP 5453

トラックE「Can`t Smile Without You」にrmsピーク
実効値 -12.8db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

Gino Cunico、'76年の2ndアルバム。
こちらも「AOR CITY 2017」シリーズの一枚。
AORって言うかソフトロックになりますかね。
イイ感じにインチキ臭いジャケットと裏腹に爽やかです(コラ

録音は良いです。
音源は2001年のリマスターという事ですが余計な音圧ブーストもなく丁寧なリマスター。
取り立ててどの楽器がキレイって事はありませんがバランスが良いです。

Daydreamer
https://youtu.be/Ev0xLYhdspM

2018/8/2 10:03  [1634-5711]   

Arto Lindsay 『Cuidado Madame』

【アーティスト】Arto Lindsay
【 アルバム 】Cuidado Madame
【 リリース 】2017/01/06
【ディスク番号】PCD-25212

トラックI「Unpair」にrmsピーク
実効値 -10.2db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

Arto Lindsay、'17年の7thアルバム。
無ジャンル、無国籍の色合いの強い実験音楽風ですが凄くポップ。
Arto Lindsayはほとんど聴きませんでしたが、これは追っかけると面白いかも。

録音は良いです。
演奏やエンジニアはジャズ系の人達なのかな、そんな音。

UNCROSSED
https://youtu.be/4zOU6XEEm7A

2018/8/3 10:00  [1634-5713]   

ジェロ 『カバーズベスト』

【アーティスト】ジェロ
【 アルバム 】カバーズベスト
【 リリース 】2017/09/20
【ディスク番号】VICL-64852~3

ディスク@トラックG「契り」にrmsピーク
実効値 -9.4db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★☆☆3

ジェロ、'17年のベストアルバム。
デビュー10周年記念、6枚出ていたカバーアルバムからの選曲。

ジェロ自体の歌唱はあっさりした物で平熱。
しかし、選曲が良過ぎて昭和〜平成初期の歌謡カタログ的に楽しめる。
で、そうなってくるとジェロの歌ってのは原曲のイメージに干渉しないので、好ましい音楽体験を提供してくれる。

録音は普通〜やや悪いです。
ベスト盤ですけど、録った時期が集中してる感じで品質としての統一感はあります。

与作
https://youtu.be/_LUGae8f63k

この曲だけ新録なのかな?

2018/8/4 10:20  [1634-5715]   

Avi Avital 『ヴィヴァルディ:マンドリン協奏曲』

【アーティスト】Avi Avital
【 アルバム 】ヴィヴァルディ:マンドリン協奏曲
【 リリース 】2017/03/22
【ディスク番号】UCCG-1763

トラックM「「四季」〜協奏曲ト短調RV.315「夏」」にrmsピーク
実効値 -13.9db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

アヴィ・アヴィタル(マンドリン)
ヴェニス・バロック・オーケストラ
マハン・エスファハニ(チェンバロ)
オフィラ・ザカイ(リュート)
パトリック・セペク(チェロ)
フアン・ディエゴ・フローレス(テノール)
録音:2014年9月〜10月、12月

イスラエル出身のマンドリン奏者・アヴィ・アヴィタルのDG3枚目のアルバム。
マンドリン協奏曲とそれ以外の曲に書かれた各協奏曲の編曲版です。
馴染みのある旋律をマンドリンで聴くと意外にオシャレでヴィヴァルディの時代と現代イタリアとが普通に繋がる不思議な体験。

録音は良いんですけどDGにしてはあっさりしてますね。
スタジオ録りなのかな、各楽器は明瞭なんですけど位置関係がわざとらしい。

Mandolin Concerto In C Major
https://youtu.be/aXBWrNN64z8

2018/8/6 10:04  [1634-5721]   

『ヴァン・デル・ロースト&シエナ・ウインド・オーケストラ』

【アーティスト】シエナ・ウインド・オーケストラ
【 アルバム 】ヴァン・デル・ロースト&シエナ・ウインド・オーケストラ
【 リリース 】2017/06/14
【ディスク番号】AVCL-25932-3

ディスクAトラック@「グロリオーゾ〜グランド・オーヴァチュア〜」にrmsピーク
実効値 -14.0db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

指揮:ヤン・ヴァン・デル・ロースト
シエナ・ウインド・オーケストラ
[ライヴ録音]2017年2月11日 文京シビックホール 大ホール

作曲者自身の指揮による自作集2枚組(でも演奏時間は79分で1枚相当)
吹奏楽と言えば吹奏楽なんですがスクリーンミュージックの影響の強い作品が多いかな。
演奏してみたいとは思いませんでした(コラ

録音は普通かな。
金管、木管、パーカッションともアタックの鮮烈さは録れてますが、レガートになるとモヤモヤします。
金管の響きがビックリする程安っぽい事があるんですけど、演奏の所為かな?

2018/8/7 10:11  [1634-5724]   

Libera 『Hope』

【アーティスト】Libera
【 アルバム 】Hope
【 リリース 】2017/05/10
【ディスク番号】LIBE-8

トラックN「Wayfaring Stranger」にrmsピーク
実効値 -9.5db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Libera、'17年のアルバム。
wikiの日本語版によると、26枚目のアルバム、随分出てますね。。。

何枚か聴いてますが、'99年の『Libera』が一番良いです。
以降の物は選曲、アレンジともマンネリ化してます。

録音は普通です。
発足以来、スタジオエンジニアリングで創る音で、今回は歪みも少なくまぁまぁ。

Angel
https://youtu.be/_j13d5eFgQk

2018/8/8 10:13  [1634-5725]   

『The Passion Of Charlie Parker』

【アーティスト】V.A.
【 アルバム 】The Passion Of Charlie Parker
【 リリース 】2017/06/16
【ディスク番号】UCCI-1040

トラックA「The Epitaph Of Charlie Parker (The Funer
al) (Vocal Version Of "Visa")」にrmsピーク
実効値 -9.7db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

ダニー・マッキャスリン(TS)
ベン・モンダー(G)
マーク・ジュリアナ,エリック・ハーランド(DS)
スコット・コリー,ラリー・グレナディア(B)
クレイグ・テイボーン(P,EL-P,OG)

2015年に没後60年を迎えたCharlie Parkerのトリビュート盤。
ラリー・クラインのプロデュース、カート・エリング、グレゴリー・ポーター、キャンディス・スプリングス、メロディ・ガルドーのボーカルをフューチャー。
歌詞は今回付けたそうです。

アルバム通してダニー・マッキャスリンのテナーサックスが入るのでボーカリストが変わっても統一感はあります。
アレンジが'80〜'90年代チックで何か懐かしい感じがします、原曲は知りませんが(オイ

録音は良いです。
各楽器やボーカルの情報量が多く、確りとした存在感。
ただ、エフェクトが深めで、少し古めに聴こえるのはその所為かな。

Meet Charlie Parker
https://youtu.be/_oXliwu3J9I

2018/8/9 10:12  [1634-5726]   

Neneh Cherry 『Man』 Neneh Cherry 『Man』調整後

【アーティスト】Neneh Cherry
【 アルバム 】Man
【 リリース 】1996/09/26
【ディスク番号】VJCP-25259

トラックJ「Everything」にrmsピーク
実効値 -12.7db
調整後 -10.5db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Neneh Cherry、'96年の3rdアルバム。
ラジオから流れた「7 Seconds」が懐かしく、アルバムを聴いてみました。
アルバム全体がワールドビート風味のポップアルバムになっていて、当時の流行りをあっさり取り入れるNeneh Cherryらしいのかなと思いました。

録音は普通ですがミックスが上手くて、今でも古さを感じませんね。
まぁ、私がこの時代の音が好きなのと、現在は'90年代リスペクトがトレンドだからですが。

7 Seconds
https://youtu.be/wqCpjFMvz-k

2018/8/10 09:58  [1634-5727]   

Ayasa 『BEST I』

【アーティスト】Ayasa
【 アルバム 】BEST I
【 リリース 】2017/01/25
【ディスク番号】MUCD-1376

トラックL「戦いの果てに」にrmsピーク
実効値 -8.8db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Ayasa、'17年の1stベストアルバム。
アニソンとかゲームBGMみたいなインスト物で、厨二をかなりこじらせた楽曲集。

録音は普通〜少し悪いです。
大袈裟なアレンジが多いんですが音数に見合う情報量は持ってません。

VOICES (Strings ver.)
https://youtu.be/r-Bu-tNV0-w

2018/8/11 10:31  [1634-5728]   

ぼくのりりっくのぼうよみ 『Noah's Ark』

【アーティスト】ぼくのりりっくのぼうよみ
【 アルバム 】Noah's Ark
【 リリース 】2017/01/25
【ディスク番号】VICL-64690

トラックH「Noah's Ark」にrmsピーク
実効値 -7.0db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

ぼくのりりっくのぼうよみ、'17年の2ndアルバム。
アルバムには起承転結があり、確りとしたコンセプトで構成されている所に好感持てます。
内容的には自己啓発物で、手広くテーマを扱いますがそれがきちんと一つの解決に収束します。
その解には若さが感じられます、瑞々しいのぉ。

録音は普通です。
波形もレベルメーターも酷いんですが、打ち込みのトラックは許容出来る歪み感。
内容的にもこのぐらいの歪みが合っていると感じました。

Be Noble
https://youtu.be/dlMN-_8dxos

2018/8/12 10:03  [1634-5729]   

パーヴォ・ヤルヴィ 『R.シュトラウス:ツァラトゥストラはかく語りき』

【アーティスト】パーヴォ・ヤルヴィ
【 アルバム 】R.シュトラウス:ツァラトゥストラはかく語りき&メタモルフォーゼン
【 リリース 】2017/08/23
【ディスク番号】SICC 10219

トラックF「交響詩 「ツァラトゥストラはかく語りき」 作品30  病より癒えゆく者」にrmsピーク
実効値 -9.1db

【音楽】★★☆☆☆2
【録音】★★★★☆4

パーヴォ・ヤルヴィ指揮NHK交響楽団
2016年2月17日&18日、サントリーホールでの定期公演 Bプログラムでのライヴ・レコーディング

「ツァラトゥストラ」はどうしてもトランペットの入りで「ゥパー パー パー」と最初の音の音程を当てられてないんでもうダメです。
日本人の演奏には音の立ち上がりを注視せず、音が出来上がった時の音程を合わせりゃ良いみたいなクセがあり、聴く方もそういうクセがあるんでなかなか治らないですね。

録音は良いですが、音量の両端で少し問題が。
Dレンジの広さは優秀なんですが弱音部の明瞭さが足りてません(家のアンプの所為かも
強奏時には音が歪んでしまっています(許容出来る時と出来ない時がある

2018/8/13 10:17  [1634-5730]   

『武蔵野音楽大学ウィンドアンサンブル Vol.20』

【アーティスト】武蔵野音楽大学ウインドアンサンブル
【 アルバム 】武蔵野音楽大学ウィンドアンサンブル Vol.20
【 リリース 】2017/05/12
【ディスク番号】BOCD-7619/20

ディスク@トラックF「バレエ組曲《アパラチアの春》より 〈シェイカー教徒の賛美歌による変奏曲〉」にrmsピーク
実効値 -14.5db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

ケマル・ゲキチ(ピアノ)Disc1 5

指揮/録音
●レイ・E.クレーマー
 Disc1 1-5(2015年 7月 武蔵野音楽大学バッハザール)
 Disc2 6-11(2016年12月 武蔵野音楽大学バッハザール)
●リチャード・K.ハンセン
 Disc1 6-9 (2015年12月 武蔵野音楽大学バッハザール)
●リチャード・メイン
 Disc2 1-5 (2016年 7月 武蔵野音楽大学バッハザール)

武蔵野音楽大学ウインドアンサンブルの20作目。
K.M.ヴァルチック、J.A.ジルー、V.クォン、M.コナウェイ、P.ドゥーリィという新進の作品集。
私は20年ぐらい吹奏楽から遠ざかってますので聞いた事のない曲ばかりでした。
中高生向けの模範演奏になるのかな?
何曲か編曲物も入っていますが、J.S.バッハとガーシュウィンは譜面が良くないな。。。

録音は良いです。
金管、木管、パーカッションのバランスが良く、距離感とか響きの具合も聴き易いです。
でも全体的にこざっぱりまとまり過ぎてるかな。

ラプソディ イン ブルー
https://youtu.be/Ddvv0WrKxMg

2018/8/14 10:11  [1634-5731]   

Diana Krall 『Turn Up The Quiet』

【アーティスト】Diana Krall
【 アルバム 】Turn Up The Quiet
【 リリース 】2017/05/03
【ディスク番号】UCCV-1162

トラックC「Night And Day」にrmsピーク
実効値 -14.2db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★★★5

Diana Krall、'17年の13thアルバム。
物凄い既視感に覆われますがそれだけ安定してるって事かな。
プロデューサーがトミー・リピューマに戻って良かったと思います。

録音は良いです。
整音しないと言うのかな、剥き出しの音で、情報量の多さが生々しくオーディオ的です。

Night And Day
https://youtu.be/OaZdj1ZgiP4

2018/8/15 09:59  [1634-5732]   

Nickelback 『Feed the Machine』

【アーティスト】Nickelback
【 アルバム 】Feed the Machine
【 リリース 】2017/06/16
【ディスク番号】WPCR-17723

トラックB「Song On Fire」にrmsピーク
実効値 -7.6db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★☆☆☆2

Nickelback、'17年の9thアルバム。
こちらも安定したデジタルチックなキッチリ感のHR。
こういうのが聴きたい、って時にそれに応えるサービス精神というか、これしか出来ないというか(コラ

録音は悪いです。
HRでも必要以上に音圧が高いと、意図しない歪みになるだけです。
ボーカルがJ-POPチックにキラキラなんですけど、それで日本でも人気あるのかな?

Song On Fire
https://youtu.be/qFzTdmZywK8

2018/8/16 09:55  [1634-5733]   

AI 『和と洋』

【アーティスト】AI
【 アルバム 】和と洋
【 リリース 】2017/06/07
【ディスク番号】UPCH-20451/2

ディスク@トラックI「Music Is My Life」にrmsピーク
実効値 -9.1db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

AI、'17年の11thアルバム。
日本語歌唱のディスク@と英語詞のディスクAによる2枚組。

タイトル通りに「和」の方には無理矢理日本を意識させる鼓童や姫神の参加、「洋」の方はChris Brownを1曲だけフューチャー。
どちらも、AIのパフォーマンスを活かしてるとは言い難く、作詞作曲は外注してAIはシンガーに徹した方が良さそうです、AIの作品聴くといつもそう思う。

録音は普通。
「和」と「洋」で音作りの違いは楽曲には見られるものの、音質という点では同じです。
なので、J-POPにしては良いけど、洋楽としては少し悪い部類に入ります。

最後は必ず正義が勝つ
https://youtu.be/dmxWigOi3X8

2018/8/17 10:07  [1634-5734]   

ザ・クロマニヨンズ 『ラッキー & ヘブン』

【アーティスト】ザ・クロマニヨンズ
【 アルバム 】ラッキー & ヘブン
【 リリース 】2017/10/11
【ディスク番号】BVCL 837

トラックB「どん底」にrmsピーク
実効値 -12.1db

【音楽】★★☆☆☆2
【録音】★★★☆☆3

ザ・クロマニヨンズ、'17年の11thアルバム。
内容的には相変わらずですが、ちょっとした言葉遣いに彼らの目線はもう昔とは違う事が分かる。
と、同時にたまたまこのアルバムのプロモーションのラジオ出演を聞いたんですが、若いMCを小馬鹿にした態度で、何かヒロトも偉くなっちまったな、と。
それで「どん底」とか歌ってんだから共感得られない。

録音はモノラル。
アナログ盤をメインに活動したい様な事も言ってたかな、録音に関しては古風な考えを持っていて、音圧のうるささには気を遣ってる。
でも本人達の与り知らない所で多分想定してるよりは音がデカくされてると思う、可哀想。

どん底
https://youtu.be/YsI9OJXNEEY

2018/8/18 10:41  [1634-5735]   

The Age Of Passions 『Telemann: Pariser Quartette』

【アーティスト】The Age Of Passions
【 アルバム 】Telemann: Pariser Quartette
【 リリース 】2017/08/23
【ディスク番号】SICC 30453~4

ディスクAトラックQ「Quartet No. 6 in E minor, TWV 43-e4 - VI
. Modere」にrmsピーク
実効値 -17.7db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

ジ・エイジ・オブ・パッションズ
カール・カイザー(ft)
ペトラ・ミュレヤンス(vn)
ヒレ・パール(vg)
リー・サンタナ(lute)
ユリス・タイヒマニス(vc / 01, 04, 06)
ミヒャエル・ベーリンガー(hc / 02, 03, 05)
録音:2010年11月7日〜9日/2011年5月2日〜5日/独ハイルスブロン レフェクトリウム

The Age Of Passions、'17年の国内デビューアルバム、テレマンのパリ四重奏曲集の全曲。
演奏家の要請で作曲された作品集だそうで、室内楽と言ってもテクニカルな面が強調され、何だか捉え所の難しい作品。
BGM的に聞き流すには音の動きや強弱が激しく、では楽器の面白さや技術を傾聴するには冗長。
これは演奏者の所為ではなく、譜面の所為だと思いますけど。

録音は普通。
ピリオド楽器による録音なんですが、どうにもバランスが悪く感じました。
…と言うか、フルートがうるさ過ぎるだけでこうも全体の印象が悪くなる物なんですね。

2018/8/20 09:41  [1634-5736]   

上野信一&フォニックス・レフレクション 『フォニックス・マリンバオーケストラ II』

【アーティスト】上野信一&フォニックス・レフレクション
【 アルバム 】フォニックス・マリンバオーケストラ II
【 リリース 】2018/02/07
【ディスク番号】ALCD-7218

トラックD「4つのロシアの歌」にrmsピーク
実効値 -14.8db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★★5

録音:2017年4月11-15日 キラリふじみ

上野信一&フォニックス・レフレクション、'17年のマリンバオーケストラ2作目。
ほとんどが委嘱作品のオリジナルで、和太鼓作品やガムランの様なリズムの陰影に音階が乗る不思議な作品集。
そうかと思うと「4つのロシアの歌」の様なほぼメロディーのみの曲もあって、マリンバ属の面白さは感じます。

録音は良いです。
何か典型的な「録音を楽しむCD」かな、Dレンジの広さに打楽器の弱音部の明瞭感の凄みを感じまます。
…と言うか、打楽器の作品は良い音に感じやすいのですよね。


https://youtu.be/VtwJSewhtHo

2018/8/21 10:08  [1634-5737]   

Mike Oldfield 『Tubular Bells」 Mike Oldfield 『Tubular Bells』調整後

【アーティスト】Mike Oldfield
【 アルバム 】Tubular Bells
【 リリース 】1995/05/31 (オリジナル 1973/05/25)
【ディスク番号】VJCP-3057

トラック@「Tubular Bells, Part One」にrmsピーク
実効値 -18.9db
調整後 -10.3db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★★★5

Mike Oldfield、'73年の1stアルバム。
早速聴いてみました、面白かったです♪

ミニマル+バリエーションと言った感じで展開のアイデアですよね〜
気付かないうちに曲調が変わるんですが、そこはバッサリ行ったりオーバーダブ的だったり色々。

録音は良いです。
私が聴いた'95年盤はただCDにしただけのノーマライズもされてない盤でしたが、中身詰まってます。
各楽器の音色の良さに'70年代を感じます、良いコンソールですね。

Tubular Bells, Part 1
https://youtu.be/YYmRA45BZmc

2018/8/22 09:36  [1634-5738]   

Nirvana 『In Utero』

【アーティスト】Nirvana
【 アルバム 】In Utero
【 リリース 】1993/09/22
【ディスク番号】MVCG-126

トラックC「Rape Me」にrmsピーク
実効値 -11.7db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

Nirvana、'93年の3rdアルバム。
Nirvanaの3枚しかないスタジオアルバムの最後で、当時の反応(今も?)はあまり良くなかった気がします。
2ndの分かり易さに比べると渋い作りかな、何となく芸風を広げようとしてやっぱり止めた的な曲が多いです。
トラックA「Scentless Apprentice」の重々しさとか好きなんですけどね。

録音は普通。
Nirvanaって轟音をヒットチャートに載せた懐古的なバンドってイメージがあって、それは1stから一貫してる気がします。
HR/HMがどんどん軽い音になっていった'80〜'90年代にインパクトありました。

Heart-Shaped Box
https://youtu.be/n6P0SitRwy8

2018/8/23 10:13  [1634-5739]   

長渕剛 『BLACK TRAIN』

【アーティスト】長渕剛
【 アルバム 】BLACK TRAIN
【 リリース 】2017/08/16
【ディスク番号】POCS-1621

トラックB「Loser」にrmsピーク
実効値 -11.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

長渕剛、'17年の24thアルバム。
相変わらずの強めのメッセージでスタートしますが、どんどん叙情的になる感じ。
作風に感じる説教臭さに自省的な歌を挟むなどしてバランスをとってるのかな。

録音は普通です。
J-POPのベテランの人は概して音が悪い昨今ですが、このアルバムは悪くなかったです。
リズムとボーカルのバランスが意外と丁寧です。

2018/8/24 10:07  [1634-5742]   

May J. 『Best of Duets』

【アーティスト】May J.
【 アルバム 】Best of Duets
【 リリース 】2017/03/29
【ディスク番号】RZCD-86319

トラックK「北極星 〜Polestar〜」にrmsピーク
実効値 -8.0db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

May J.、'17年のデュエットベスト盤。
May J.のアルバムなのにMay J.の存在感の無さが凄い。
アーティストとしてのエゴが弱いのかな、色々な相手に合わせられるのはそれはそれで才能だけど。

録音はJ-POP標準。
絶対的な音圧は抑えられてるんですけど、ボーカルがずっとチリチリしてるのは一旦最大に上げてから後で音量下げるから。
閾値の向こうに行っちゃった情報は戻りません。

Yeah! Yeah! Yeah!
https://youtu.be/Eaqxipt_kZ0

2018/8/25 10:12  [1634-5745]   

チョン・キョンファ 『J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』

【アーティスト】チョン・キョンファ
【 アルバム 】J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ
【 リリース 】2016/09/30
【ディスク番号】WPCS-13549/50

ディスクAトラックF「Bach: Sonata #3 In C For Solo Violin, BW
V 1005 - 2. Fuga」にrmsピーク
実効値 -18.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

チョン・キョンファ、'16年のバッハアルバム、無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲、2枚組。
15年振りのスタジオ録りだそうで、そういえば名前を聞く機会が減っていた様な。
無伴奏って時々神がかる瞬間みたいのがあるんですけど、このディスクは至って波の少ない演奏に感じました。

録音は良いです。
ややエンタメ調に装飾を感じるキレイな方向の音づくり。
何と言うか、音が明瞭な所で俗っぽく聴こえちゃうかな。

アルバムPV
https://youtu.be/nx6MrhUyPes

2018/8/27 09:56  [1634-5746]   

マグダレナ・コジェナー 『愛と憧れ』

【アーティスト】マグダレナ・コジェナー
【 アルバム 】愛と憧れ
【 リリース 】2018/01/24 (オリジナル 2012年発売?)
【ディスク番号】UCCG-52125

トラックJ「Sheherazade, M.41 - 1. Asie」にrmsピーク
実効値 -15.0db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

マグダレナ・コジェナー(MS)
サイモン・ラトル指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:2012年1月

●聖書の歌op.99 (独唱と管弦楽のための) (ドヴォルザーク)
●シェエラザード (トリスタン・クラングゾールの詩による3つの管弦楽伴奏付歌曲) (ラヴェル)
●フリードリヒ・リュッケルトの詩による5つの歌曲 (マーラー)

マグダレナ・コジェナー、'12年の録音の再販盤。
3曲とも初めて聴きました、シンフォニックな大作風小品。
夫婦共演で演奏面のクオリティは高いのですが後述する録音面での聴き難さがあるかな。

録音は良いのですが声楽にフォーカスを当て過ぎてオケが何か変。
まるで別録りしたような感じでオケの方は音が割れてるのに音量が小さいというミックスのミスに感じました。
ずっと聴いてると慣れちゃうんですけど、1曲目のオケの入りは何度聴いてもおかしい。

アルバムトレーラー
https://youtu.be/09YL0Cf8ZvM

2018/8/28 10:07  [1634-5749]   

The Stone Roses 『The Complete Stone Roses』 The Stone Roses 『The Complete Stone Roses』調整後

【アーティスト】The Stone Roses
【 アルバム 】The Complete Stone Roses
【 リリース 】1995/06/21
【ディスク番号】BVCQ-640

トラック@「So Young」にrmsピーク
実効値 -12.8db
調整後 -9.7db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

The Stone Roses、'95年のベスト盤。
シングル曲+B面のコンピ盤で、ベストというよりレアコレクションに近い感じかな。

私の中でThe Stone Rosesは聴く度に印象が違ってよく分からないバンドの一つです。
このアルバムを聴くとマンチェスタームーブメントとブリットポップの変遷が何となく繋がる感じはしました。

録音は普通かな。
良い意味でチープ、インディ臭強いです。
コンピ盤なんでトラック毎に音量が合ってなかったりする、'90年代はリマスターされてない代わりにそういう事がある。

The Hardest Thing In The World
https://youtu.be/zNW-mAsPOZk

2018/8/29 09:57  [1634-5750]   

Marilyn Manson 『Heaven Upside Down』

【アーティスト】Marilyn Manson
【 アルバム 】Heaven Upside Down
【 リリース 】2017/10/06
【ディスク番号】LVR00229

トラックB「We Know Where You Fucking Live」にrmsピーク
実効値 -7.0db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Marilyn Manson、'17年の10thアルバム。
意外と定期的にリリースしてきますね。
今作は先祖帰りというか、'90年代インダストリアルの様な音作りに感じました。
んな訳でいつもより取っ付き難さが上がったかな?(いつも通りでもあるw

録音は普通〜少し悪いです。
どこまでをコントロールされた歪みと捉えるかで微妙なライン。
コントロールが効かない偶然性も作家性の一部だし。

We Know Where You Fucking Live
https://youtu.be/bmblT8_9-7U

2018/8/30 10:05  [1634-5751]   

鍵盤男子 『The future of piano』

【アーティスト】鍵盤男子
【 アルバム 】The future of piano
【 リリース 】2017/11/29
【ディスク番号】WPCS-13739

トラックB「bolero」にrmsピーク
実効値 -9.6db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

大井健と中村匡宏の連弾ユニット・鍵盤男子、'17年の1stアルバム。
連弾+打ち込みで、演奏するのはクラシックのアレンジやUKロックのカバーなど様々。

元々、ライトクラシックで活躍してる大井健の旧作見たら作曲は中村匡宏が多いので名前変えただけ?
鍵盤男子名義としてはやたら打ち込み多用って事かな。

録音は普通です。
リバーブやパン振りを多用するDAWで作った音。

The future of piano
https://youtu.be/FLgBtQZHIPM

2018/8/31 10:04  [1634-5752]   

メロディー・チューバック 『Melody』

【アーティスト】メロディー・チューバック
【 アルバム 】Melody
【 リリース 】2017/01/25
【ディスク番号】CRCP-40487

トラックA「Love You ベイビー」にrmsピーク
実効値 -10.3db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

メロディー・チューバック、'17年のメジャー1stミニアルバム。
少しノスタルジックな王道アイドルって感じで、アメリカンポップス調の楽曲に意外と声量あるボーカル。
歌は、譜面を追う事とボイトレ完了済みって意味でしっかりしてると思いました。

録音は普通。
J-POPなのでキラキラチューンなんですけどギリギリ許容量に収まる。
時々歪みますけど、まぁいいかって感じです。

Love You ベイビー
https://youtu.be/YdDmeksHr10

2018/9/1 09:58  [1634-5753]   

ジャン・マルティノン&フランス国立放送管弦楽団 『ドビュッシー:管弦楽曲集』

【アーティスト】ジャン・マルティノン&フランス国立放送管弦楽団
【 アルバム 】ドビュッシー:管弦楽曲集
【 リリース 】2017/05/17 (オリジナル 1973年?)
【ディスク番号】WPCS-28046/7

ディスク@トラックD「夜想曲 U.祭」にrmsピーク
実効値 -10.2db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★★★5

アラン・マリオン(フルート・ソロ:牧神)
フランス国立放送合唱団(夜想曲)
フランス国立放送管弦楽団
ジャン・マルティノン(指揮)
録音:1973年 パリ、サル・ワグラム


【「プレミアム・クラシックス(UHQCD)」シリーズ】の一枚。
ドビュッシーの管弦楽曲はほとんど聴いてませんでしたが色彩が豊かで思っていたよりも聴き易いですね。
演奏が素晴らしくて、何だろこのテンション。
技巧とか正確さとかはどっかに置いといて良い物を聴かせる、というか「こう演奏したい」ってのをやり通す力のある演奏。

この盤は2012年のリマスター盤を使用しているそうです。
'73年と古い録音、S/Nが不利でノイズが残って(イヤホンでようやく気付く程度)ますが出て来る音は活き活きしていて、最近の無菌室で能面な演奏よりよっぽど良いです。

2018/9/3 10:11  [1634-5754]   

『海“ドビュッシー没後100年”』

【アーティスト】V.A.
【 アルバム 】海“ドビュッシー没後100年”
【 リリース 】2017/10/18
【ディスク番号】WPCS-13736

トラックA「交響詩「海」〜第1曲 海の夜明けから真昼まで」にrmsピーク
実効値 -15.1db

【音楽】★★☆☆☆2
【録音】★★★★☆4

2017年10月に開催された展覧会「北斎とジャポニズム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」と連動したコンピ盤。
ドビュッシーだけでなくラヴェルやストラヴィンスキーの管弦楽曲抜粋とピアノ曲、歌劇を収録した所で散漫な印象。

録音はそれぞれの元音源がしっかりしてる様で悪くないです。
ジャンルが違っても聴感上の音量が揃えてあるのも良いです。

2018/9/4 09:20  [1634-5755]   

Iron Maiden 『Iron Maiden』 iron Maiden 『Iron Maiden』調整後

【アーティスト】Iron Maiden
【 アルバム 】Iron Maiden
【 リリース 】1991/08/23 (オリジナル 1980/04/14)
【ディスク番号】TOCP-6337

トラックD「Transylvania」にrmsピーク
実効値 -12.1db
調整後 -10.4db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★☆☆3

Iron Maiden、'80年の1stアルバム。
実はIron Maidenのアルバムをちゃんと聴くのは初めてかも。
一見シンプル&ストレートなんだけど展開には結構変わった事やってる感じでテクニカルですね。

録音は普通ですが音色が良いです。
HR/HMでベースがこれぐらい効いてると良いですね。
ギターガサガサしてるけどライブ感(ぇ

Prowler
https://youtu.be/nCViwXz7zAM

2018/9/5 09:52  [1634-5756]   

Dreem Theater 『A Change of Seasons』

【アーティスト】Dreem Theater
【 アルバム 】A Change of Seasons
【 リリース 】1995/09/10
【ディスク番号】AMCY-885

トラック@「A Change of Seasons」にrmsピーク
実効値 -9.9db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Dreem Theater、'95年のEP。
23分の大作シングル「A Change of Seasons」とカバーライブの詰め合わせ。

私としては「A Change of Seasons」は後で調べて組曲と分かったぐらいで1曲のテーマとしてどうなんだろ?と思いました←自分の聞き込みが甘いんだけども。。。
カバーナンバーばかりのライブ音源はそれなりに面白いんですけど、あくまでオマケ。

録音は普通です。
割と派手な音に仕上げられていて分かり易いんですけど、細かい部分で雑な気がします。

A Change of Seasons
https://youtu.be/mZKrwJzGg0k

2018/9/6 10:10  [1634-5757]   

五木ひろし 『船村徹 トリビュートアルバム〜永遠の船村メロディー〜』

【アーティスト】五木ひろし
【 アルバム 】船村徹 トリビュートアルバム〜永遠の船村メロディー〜
【 リリース 】2017/05/24
【ディスク番号】FKCX 5088

トラックQ「花ひばり」にrmsピーク
実効値 -9.9db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

五木ひろし、'17年のカバーアルバム、2017年2月に亡くなった船村徹の作品集。
船村作品は五木ひろしの品行方正な歌唱とは合わない感じ。
「王将」がフリースタイル過ぎて、両者のリズム感、スタイルの違いがよく現れてると思う。

録音は普通。
演歌・歌謡曲と言うよりムード歌謡色が強いかな。

2018/9/7 09:56  [1634-5758]   

The Birthday 『NOMAD』

【アーティスト】The Birthday
【 アルバム 】NOMAD
【 リリース 】2017/05/10
【ディスク番号】UMCK-1566

トラックJ「月の上のイライザ」にrmsピーク
実効値 -9.6db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

The Birthday、'17年の9thアルバム。
元THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、チバユウスケのバンド。

THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの時は感じなかったんですが、日本のロックに対するリスペクトを至る所に多く感じる作品でした。
こういうスタイル自体がもう懐古的ではあるんだけど、時代は巡って新しいモチベーションを見出した様なテンションの高さが良いですね。

録音はまぁ海苔なんですけど、必要悪かな(オイ
実は結構丁寧な気がして、クリーントーンの音色はキレイだし、ブレイクやブリッジではかなりマトモな音が鳴ってたりします。
THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの時は本当に酷かったのでこれも進歩(コラ

夢とバッハとカフェインと
https://youtu.be/qGSPLcfmWCI

2018/9/8 09:46  [1634-5759]   

イルジー・ビエロフラーヴェク 『ドヴォルザーク: スラヴ舞曲集』

【アーティスト】イルジー・ビエロフラーヴェク指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
【 アルバム 】ドヴォルザーク: スラヴ舞曲集
【 リリース 】2017/08/23
【ディスク番号】UCCD-1450

トラックN「スラヴ舞曲集 作品72 第7番 ハ長調」にrmsピーク
実効値 -11.1db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

イルジー・ビエロフラーヴェク指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
録音:2014年12月17-21日・2015年10月1-2日 プラハ ルドルフィヌム ドヴォルザーク・ホール

'17年5月に亡くなったイルジー・ビエロフラーヴェクの'14年の録音。
悪くは無いんですけど感情の動かし方に私個人の嗜好と開きがある感じです。
同じチェコフィルでもノイマンの物と随分音が違いますね、ノイマンの方が好みです。

録音は普通です。
音圧やや高めで曲の調子には合ってるかな、Dレンジが平坦なので聴き易いのは聴き易い。
何だかオケの音色ものっぺりしてるかな、そこが微妙。

2018/9/10 10:08  [1634-5764]   

モイツァ・エルトマン 『モーツァルト・ガーデン』

【アーティスト】モイツァ・エルトマン
【 アルバム 】モーツァルト・ガーデン
【 リリース 】2018/01/24
【ディスク番号】UCCG-52126

トラック@「歌劇「ツァイーデ」〜虎よ!その爪を研げ」にrmsピーク
実効値 -14.5db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★★5

モイツァ・エルトマン(S)
アンドレーア・マルコン指揮 ラ・チェトラ・バロックオーケストラ・バーゼル
録音:2010年6月 リーエン

モイツァ・エルトマン、2010年の録音、モーツァルトとその時代のアリア集。
意外と太い声質でそこに高音のビビッドさが加わる個性的な歌唱。
個性的って言ってもイロモノじゃなくて極めて真っ当ですけどね。
エルトマンの歌唱を鑑賞・堪能するには良いんですが、選曲は微妙。

録音は良いです。
この時代の楽曲にこれほどDレンジの広さが必要なのかは謎ですがシンフォニー調に抑揚があり、それをよく録れています。
ソプラノとオケのバランスも良好。

Ach ich fuhl's
https://youtu.be/UzQnW7DXCHk

2018/9/11 10:06  [1634-5765]   

小曽根真 『BEYOND BORDERS』

【アーティスト】小曽根真
【 アルバム 】BEYOND BORDERS
【 リリース 】2018/03/14
【ディスク番号】UCCU-1568

トラック@「ラプソディ・イン・ブルー」にrmsピーク
実効値 -17.5db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

小曽根 真(ピアノ)
アラン・ギルバート指揮ニューヨーク・フィルハーモニック
録音:2017年11月2-4日 ニューヨーク、デヴィッド・ゲフィン・ホール

小曽根真、'18年のアルバム、ガーシュウィンとバーンスタインを収録。
クラシックの人がガーシュウィンを演奏すると時々リズム感が迷子になる事があるんですが、さすがに小曽根真はそういう事がなく自然なノリ。
ニューヨーク・フィルハーモニックも良い演奏です。

録音は普通っぽい、というか小曽根のピアノがヤマハなのかな?何か学校の教室っぽいんですよね(コラ
それと全体的に音圧低いです、高いよりは良いんですがもっと追い込める余地がある。

2018/9/12 10:06  [1634-5766]   

Aphex Twin 『Drukqs』

【アーティスト】Aphex Twin
【 アルバム 】Drukqs
【 リリース 】2001/10/11
【ディスク番号】WPCR-11093/4

ディスクAトラック@「54 Cymru Beats」にrmsピーク
実効値 -10.1db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★★☆4

Aphex Twin、'01年の5thアルバム。
発売当時も聴いてたんですけど、今でもこんな狂ったリズムにはお目にかかれないw
ドラムンベースなんですが、どうしたらこういう発想になるのか。

録音は良いです。
打ち込み、DJ、ミックスのお手本。

Vordhosbn
https://youtu.be/-iEl7OKrLGI

2018/9/13 10:07  [1634-5768]   

UNICORN 『半世紀 No. 5』

【アーティスト】UNICORN
【 アルバム 】半世紀 No. 5
【 リリース 】2017/03/08
【ディスク番号】KSCL 2863

トラックF「TAIRYO」にrmsピーク
実効値 -9.1db

【音楽】★☆☆☆☆1
【録音】★★☆☆☆2

UNICORN、'17年の14thアルバム。
前々作辺りから内輪の宴会芸になってますが、その度合いが更に酷くなった。
自分もおっさんだからこうなるのは理解出来ますけどね。

録音は悪いです。
J-POP標準の情報量の低さに加えて、無駄音圧でチリチリ。

私はオジさんになった
https://youtu.be/I7NoD83Vk8U

2018/9/14 10:01  [1634-5771]   

和田アキ子 『THE LEGEND OF SOUL』

【アーティスト】和田アキ子
【 アルバム 】THE LEGEND OF SOUL
【 リリース 】2017/10/25
【ディスク番号】TECI-4010

トラック@「あの鐘を鳴らすのはあなた」にrmsピーク
実効値 -8.0db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

和田アキ子、'17年の50周年記念ベストアルバム。
ファン投票10曲と自選8曲を収録。
大体聴きたいのは入ってますが曲順はもう少し考えて欲しいな、人気順より時代順にするべき。

録音は普通〜少し悪いです。
やっぱり昭和の録音の方が音色は良く、平成の物は質は良いけど味気ない。
リマスターの精度が全体的に中途半端な気がする。

あの鐘を鳴らすのはあなた
https://youtu.be/ohF1v5DErNU

2018/9/15 09:49  [1634-5772]   

反田恭平 『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調 op.18』

【アーティスト】反田恭平
【 アルバム 】ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調 op.18
【 リリース 】2016/11/23
【ディスク番号】COGQ-97

トラック@「ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18 第1楽章 : Moderato」にrmsピーク
実効値 -13.2db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★★5

●ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調 op.18
反田恭平(ピアノ)
イタリア国立放送交響楽団
アンドレア・バッティストーニ(指揮)
録音:2016年7月7日 トリノ、RAIオーディトリアム

●ラフマニノフ:ピアノとオーケストラのための『パガニーニの主題による狂詩曲』
反田恭平(ピアノ)
東京フィルハーモニー交響楽団
アンドレア・バッティストーニ(指揮)
録音:2015年9月11日 東京オペラシティ・コンサートホール

反田恭平、'16年のアルバム。
協奏曲となると反田の持ち味はどうなのかと思いましたが、指揮者に従順な感じにやってますね。
時々ある独奏パートでもあまり無茶はしない(ぇ
やっぱりピアノソロでこそ意味のある演奏家かな、このCD自体はバッティストーニの物。

録音は良いです。
ピアノとオケの情報量の多さ、ここに尽きると思います。

ラフマニノフ:ピアノとオーケストラのための『パガニーニの主題による狂詩曲』
https://youtu.be/Apto4em_6BE

2018/9/17 10:09  [1634-5773]   

五嶋龍 『ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」』

【アーティスト】五嶋龍
【 アルバム 】ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」
【 リリース 】2015/04/29
【ディスク番号】UCCG-1698/9

ディスクAトラックA「ピアノとヴァイオリンのためのソナタ イ長調 第2楽章:Allegro」にrmsピーク
実効値 -16.8db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

五嶋龍(VN)
マイケル・ドゥセク(P)
録音:2014年9月 ニューヨーク、アメリカ文芸アカデミー

五嶋龍、'15年のアルバム。
無骨なんだけど線の細い五嶋の演奏と、やたら太い音を出すマイケル・ドゥセクの不思議なアンサンブル。
ピアノがリードしてる感じですね。

録音は良いです。
おおらかに響かせてモヤモヤっとレトロ調。
ピアノの間接音成分が多過ぎる気がしました。

2018/9/18 09:24  [1634-5774]   

Napalm Death 『Diatribes』

【アーティスト】Napalm Death
【 アルバム 】Diatribes
【 リリース 】1996/02/01
【ディスク番号】TFCK-88775

トラック@「Dogma」にrmsピーク
実効値 -10.4db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

Napalm Death、'96年の6thアルバム。
名前は知ってたんですが初めて聴きました。
グラインドコア?こっち系のジャンルは細か過ぎてよく分からん。
デス声以外は爽やかな高速パンク、難しい事はほとんどやらない潔い感じ。

録音は普通(このジャンルとして、ですが)
爽やかに聴こえるのはギターもベースも音符以上に重さを感じないからかな。
'90年代だと音圧戦争に入る前でマスタリングは結構節度がある。

Greed Killing
https://youtu.be/GOU1d8gX8xo

2018/9/19 09:59  [1634-5775]   

Mary J. Blige 『Strength of a Woman』

【アーティスト】Mary J. Blige
【 アルバム 】Strength of a Woman
【 リリース 】2017/04/28
【ディスク番号】UICC-10029

トラックG「Thank You」にrmsピーク
実効値 -9.0db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

Mary J. Blige、'17年の13thアルバム。
相変わらずのオールドスクールと最新トレンドの融合。
Mary J. Bligeが作り込めば作り込む程日本人には取っ付きにくくなるw

録音はトラックによって普通〜悪いです。
何て言うかな、音作りのセンスは文句ないんですけど、一つ一つの素材は盛り過ぎな所がある。
必要以上にキラキラ。

Thick of It
https://youtu.be/8KcdZZnBfRA

2018/9/20 09:38  [1634-5776]   

藤原道山 『季(TOKI)-冬-』

【アーティスト】藤原道山
【 アルバム 】季(TOKI)-冬-
【 リリース 】2018/01/24
【ディスク番号】COCQ-85412

トラックC「松竹梅」にrmsピーク
実効値 -15.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

藤原道山、'18年のアルバム、「季(TOKI)」シリーズ4枚目。
色々とボーダーレスな活動をしている藤原道山の純邦楽作品。

こういった作品は「民族音楽」としてリアルな音を提供するか、間口を広げる為に聴き易く仕上げるか分かれると思うんですけど、このCDは後者。
かなり整音されて聴き易い音ではあるけど、和楽器の特徴である倍音成分がトリミングされちゃってるんじゃないかな。
つまり西洋音楽的な録音。

2018/9/21 09:55  [1634-5777]   

Bentham 『Re: Wonder』

【アーティスト】Bentham
【 アルバム 】Re: Wonder
【 リリース 】2017/07/26
【ディスク番号】PCCA-04550

トラックI「survive」にrmsピーク
実効値 -7.1db

【音楽】★☆☆☆☆1
【録音】★★☆☆☆2

Bentham、'17年の1stアルバム。
UNISON SQUARE GARDENとかポルノグラフィティっぽいバンドなんですけど何をどう歌いたいのか全く聞こえて来ない空っぽの中身。
フルアルバム聴いて、一つも刺さる言葉が無いってのは今時のJ-POPらしくて良いんじゃないですか。

録音は悪いです。
録音の方はバシバシ刺さりますね、イタい音で。

Chicago
https://youtu.be/MWserASk0Jg

2018/9/22 10:05  [1634-5778]   

Rafal Blechacz 『Johann Sebastian Bach』

【アーティスト】Rafal Blechacz
【 アルバム 】Johann Sebastian Bach
【 リリース 】2017/02/22
【ディスク番号】UCCG-1762

トラックI「幻想曲とフーガ イ短調BWV944 - Fantasia」にrmsピーク
実効値 -16.6db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★★5

ラファウ・ブレハッチ(P)
録音:2012年1月/2015年2月

Rafal Blechacz、'17年のアルバム。
物凄く甘〜い音を出すポーランド人ピアニスト。
バッハよりモーツァルトが似合う感じ。

録音は良いです。
程よい間接音成分に包まれながら情報量も多く、DGらしいキレイな音。
キレイってのはエンタメ要素の事。

Italian Concerto In F Major, BWV 971, 1.
(Allegro)
https://youtu.be/OF_UlPrZ8Lo

2018/9/24 09:12  [1634-5779]   

『ピアソラに捧ぐ』

【アーティスト】V.A.
【 アルバム 】ピアソラに捧ぐ
【 リリース 】2017/07/05
【ディスク番号】WPCS-13712/3

ディスクAトラックA「天使の協奏曲 Milonga」にrmsピーク
実効値 -12.5db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

ピアソラ没後25周年のコンピ盤、2枚組。
バレンボイム、ロストロポーヴィチ、アルゲリッチ、クレーメルなど錚々たる面子ですがワーナーの音源に限定されるんで微妙。
アリソン・バルサムのトランペットのアレンジがかなり異質、タンゴにブラスは合わんな〜

録音はコンピ盤なので様々。
全体的な音量は揃えてあるんですけど、中には相当Dレンジの広いトラックもあったりして、聴きにくいアルバムでもある。

Le Grand Tango
https://youtu.be/IDzEXIB3rMI

2018/9/25 09:41  [1634-5780]   

Louis Armstrong 『THE BEST OF LOUIS ARMSTRONG』

【アーティスト】Louis Armstrong
【 アルバム 】THE BEST OF LOUIS ARMSTRONG
【 リリース 】2017/09/20
【ディスク番号】UCCV-4134

トラックC「Mahogany Hall Stomp」にrmsピーク
実効値 -12.3db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Louis Armstrong、'17年のベスト盤。
お手軽入門盤というか廉価ベストシリーズになるのかな。
音源は悪くないんだけど、旧来のベスト盤やオリジナルをあさった方が幸せだと思う。

録音は普通です。
リマスターされてるんでしょうけど思っていたよりクリアな音質。
でも「What a wonderful world」のミックスが変なんだけどいつからこうなった?

What A Wonderful World
https://youtu.be/A3yCcXgbKrE

聞き馴染みのあるのはこのミックスなんですが、アルバム収録の物はボーカルがスプリットされてセンターに居ない。

2018/9/26 09:39  [1634-5781]   

渡辺貞夫 『ENCORE!』

【アーティスト】渡辺貞夫
【 アルバム 】ENCORE!
【 リリース 】2017/05/24
【ディスク番号】VICJ-61758

トラックJ「My Dear Life」にrmsピーク
実効値 -10.2db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

渡辺貞夫、'17年のライブアルバム。
'80年のライブアルバム『HOW'S EVERYTHING』のビッグバンドアレンジによる再現。
オリジナルの方は聴いてませんが物凄く良い雰囲気で渡辺貞夫らしい心地好さを充分堪能出来ます。

録音は良いです。
PA出しでしょうけど、お行儀の良い聴衆にほのかにライブ感を感じます。

2018/9/27 09:43  [1634-5782]   

Lana Del Rey 『Lust For Life』

【アーティスト】Lana Del Rey
【 アルバム 】Lust For Life
【 リリース 】2017/07/21
【ディスク番号】UICS-1324

トラックF「Groupie Love」にrmsピーク
実効値 -7.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Lana Del Rey、'17年の5thアルバム。
ほぼ一年置きにリリースを重ねてもう5枚目。
全部聴いてる訳じゃないけど頑にスタイルを変えない所は凄いと思う。

録音は普通。
色々と作為的にノイジーにするスタイルも相変わらず。
旧い物への憧憬は、旧い物にならないという発見?w

Love
https://youtu.be/3-NTv0CdFCk

2018/9/28 09:31  [1634-5784]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
音圧
音圧をお気に入り登録
運営者:
えうなきものさん
設立日:
2014年10月1日
  • 注目度:

    29(お気に入り登録数:14件)

ページの先頭へ