「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

自分の聴いたCDを載っけるだけの記録
ゆるがるれ

  • 音圧の掲示板
  • 音圧の伝言板
  • 音圧の投稿画像
音圧の掲示板に
音圧の掲示板に新規書き込み

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


音圧

タグ:
カワラノギク

雑談板45です♪

iMacからログイン出来ず、スマホor iPodからの書き込みはペースが落ちます。
まぁ、ネタも無いんだけどねー

書き込んでいただける皆様に感謝です

2018/11/3 23:35  [1634-5833]   

えうなきものさん、こんばんは!

某所でHD580が11000円と安かったので買ってしまいました(;^ω^)
状態もそれなりですが。
楽しみです。

D9200、DAPで聴いてきましたが、駆動力が足りず高域がとっ散らかって刺さり気味でした。
なので、評価不能orz...
ただ、アンプ奢ればそれなりにいい音を奏でてくれそう。。
それにしても高すぎですが。
個人的にはD5200で十分な気がしました。
あれはコスパ高いですね。

HD600は良かったですね。
K701以上に究極の無難ですw
HD580も基本的に同一みたいなんで楽しみです。
HD800はゼンハイザーの純正アンプで聴きましたが、結構音色が癖っぽくないですか?
純正アンプで聴いた印象だと、HD600>HD650>HD800の順で好きでした。
あれ?下剋上?

自分もアニソン自体はよく聴きますが、チェック程度で調整には使わないですね〜
メーカーの人がそれやったらあかんです。

質よりも音色の方へ走ってしまうと、マズイですね。
音色は音楽に宿るもので、再生装置ではなるべく変えないのがベターですから。
もちろん、メーカーごとの癖はあると思いますが、それとまた別な話なわけで。。

A900Tiまた聴いていますが、1週間ほど使っているとだんだんこの子の性格が分かってきました。
音色は癖ないですし、奥行き感もあるヘッドホンなんですけど、高域の精細感と音抜けは今一歩ですね〜
A2000Xと比べると顕著ですね〜
なこさんが手放すのはわかります。。

AKG、禅、テクニカってまさにそんな感じですね!
ベイヤーも面白いですが。
ベイヤーは影薄いですね〜

W5000とAD2000の比較わかりやすいですね〜
だからこそW5000は扱うのが難しいのですが。


2018/11/9 19:20  [1634-5838]   

サイさん、こんばんは。

HD580おめです!
凄い!サイさんの引きの強さですね!

D9200聴かれましたか、吉祥寺にも来てたんですがHD820を聴いてしまいましたw
基本性能は、そりゃ高いんですがボーカルの味付けがおかしかったです。
最近の機種の値段見てるとマヒしますが14万だの33万だの普通に買えませんw

HD600はゼンハイザーだけじゃなくヘッドホン界の良心ですねー
HD800の音色は創られた美音ですからね、800Sも820も一緒です。
ゼンハイザーは品番が上がる程にクセが強くなりますね、600-500を境に品番低い方にも同じ様に出ます←意味深

生楽器でバランスを整えれば、それを模した電気&電子楽器も整いますからねー
よっぽどアホな録音じゃない限りw

今はもうメーカーの方にも質と音色の区別がついてない感じです。
各社のフラッグシップ聴くと能力は高いのに味付けが俺様チューンばっかりで泣きそうです。

アートモニターの9番は「たまにオケも聴くけど」ぐらいがターゲットになりますかね。
オケメインには壁が^^;

ベイヤーは私もDT880使ってまして、相当の音源聴いてますけど未だに何が得意なのか分からないw
どのジャンルもそつなくこなし、つまらないとは全く思わないんですが何か俯瞰的で冷静。
ベイヤーは世代とか機種で結構違うんでポジションが難しいですよね、高感度モニターっていう下地は共通なのかな?

家じゃ絶対持て余すんですけどW5000使ってみたいですね〜
あとはHD600ぐらいかな、真面目に欲しいのは。

2018/11/9 21:58  [1634-5839]   

えうなきものさん、おはようございます!

AD2000でB'zを聴いていますが、めっちゃキレキレで気持ちいいですね。
特にドラムスの表現が素晴らしい。。
やっぱ、AD2000ロックホンや。。
スピーカーでここまでドラムスの質感を再現するのにいくらかかるのかと思うと最高にコスパ良いですね。
なこさんが音楽やってた人に合うとおっしゃっていましたが、わかる気がします。

おめありです!
ネットを徘徊していたらたまたま見つけましたw
早ければ明日には到着予定です。

D9200はレンタルして家で聴いてみたいですw
多分激変すると思います。
HD820はボーカル変でしたか〜
HD800も個人的にボーカルに違和感あるんですよね。
やっぱ、HD600か。。
最近のヘッドホンは値段と音質がかみ合ってないですね。
どう考えても10万越えは高い。。

ゼンハイザーはミドル機の出来が良いですよね。
ハイエンドとローエンドは癖強いです。なんででしょう?w

生楽器安定ですね〜
あとはボーカルとか。
とにかく自然で違和感なければよいのですが、今のは録音でおかしくなってるの多いですからね。。

俺様チューンつらいですね。。
ダイナの上でスピーカーを試聴した時もそんな感じでした。

A900系は雑食系ですね。
なんでもそつなくこなす印象があります。

DT880は良いですね〜
DT880 E/600鳴らしてみたいw
T1にもきちんと引き継がれていますね〜
DT990はやんちゃでした。
嫌いな音ではありませんが。

W5000は友人に譲ったので手元にはありませんが、素晴らしいヘッドホンでした。
密閉式であれ以上のヘッドホンにはいまだに出会っておりません。
今の環境で鳴らしてみたいw


2018/11/10 07:36  [1634-5840]   

サイさん、こんにちは。

ADシリーズのキレの良さは魅力でしたね←過去形
低音は情報量と解像感で出してくれれば盛る必要など無いんですよね〜
あと、残響成分の程度の良さが無印ADの良かった所です。

HD580は明日到着ですか、楽しみですね!

店頭での試聴ってDAPでも備え付けの機器でもロクな音しませんからね〜
私の場合はiPodでこれぐらいなら家ではこうかな?と予測変換して聴いてます←
HD820のボーカルの違和感はきっちり受け継いでますね(オイ
ピークとディップでジグザグでした。

ローエンドとハイエンドは「購買層のオーディオ経験値が一緒」という事でしょうなw
高追随よりも分かり易い「イイ音」をw

安い機器と高い機器で圧倒的に違うのは生楽器を再生した時ですからね〜
打ち込み電子音とかはエフェクトの深度に多少の幅が得られますけど、音そのものは高い機器をつかう程の情報量は持ってませんからねw
音源作ってる方もリスナーの再生環境は考慮してまして大体篭る機器を想定してるのでハイ上がりです。

オーテクは元々10番をプレミアムな位置付けにして9番には普遍性を残しておいた感じですね。
今は大分崩れてますが^^;

DT880の冷静さに歌心を加えたのがT1でしたね♪
990はメーカー的にはマスタリング用のノイズ発見機なんですよね、抑えるという事を放棄w
後継の1990は普通に音楽を聴ける様になりましたが、高い!

密閉型は結局、10年以上前の10万以下のW5000を越えられてませんね。
環境もそうですけど、しばらくその機器から離れていると色々と再発見があって面白いと思います。
家の900STってもう14年ぐらい居るんですけど、たまに使うといつでも新鮮ですw

2018/11/10 10:25  [1634-5841]   

HD580

えうなきものさん、こんにちは〜

AD2000キレッキレでしたw
開放型で打ち込み強いのはゾネとテクニカくらいなので、貴重でしたね。
現行機はとろいですが(-_-;)

なこさんの縁側にも書きましたが、HD580到着致しました!ケーブルはHD650のですが。
HD600と音はほとんど変わらないと言われていましたが、本当ですね。
メンテがてら分解してみましたが、内部構造はHD600と全く変わらないですね。
本当にガワだけの違いみたいです。
音のほうは若干低音よりでしょうか。音の滑らかさは所持するヘッドホンで一番かも。
AD2000ほどキレはないですし、鮮やかさもK701に劣りますが、かと言ってぬるい感じはしないですね。絶妙なバランスですね。
ドライバー性能は相当高いですね。情報量が多く弱音もきちんと再生してくれます。
にしても、HD580ボーカルの表現いいですね〜
手嶌葵聴いていると眠くなります(笑)
装着感も手持ちのヘッドホンでは一番良いですね。

HD820は自分も聴いてきました!
んー、禅は密閉式微妙なんですかね。
うまく密閉式の利点を活かせていない気がします。

生楽器と声の再現は難しいですね。
まあ、録音はもっと難しいですが(;^_^A
這い上がりは(誤植)はつらいですね(;^ω^)

DT990はきついですね〜いろいろな意味でw
さすがに導入には勇気がいりますw
まあ、ベイヤーは以前T5p使ってましたのでいいかなあと。
手放した理由が若干聴き疲れするからだったり。
DT880は違うのでしょうが。

900STそういえば全然聴いてないですw
今度試聴してこようっと。

2018/11/14 15:04  [1634-5844]   

サイさん、こんばんは。

開放型は「低音弱い」とか言う連中の意見にメーカー側が媚びてしまいましたねー
量感増やすだけに留めておけばまだマシなんですが余計な余韻で低音の残滓をいつまでも鳴らしますw

HD580、シンプルで良いデザインですね♪
お写真拝見したら欲しくなりました、580再販して欲しい!
手島葵、想像できますw
家にHD650があった頃、一番良かったのは沢田研二です(オイ

HD820聴かれましたか〜
禅の密閉型はミドルクラスだとまぁまぁ良くなってきましたが、800シリーズは元が(コラ

マイクとオーディオの歴史は生楽器と声の再生のためだったんですけど、いつからかオーディオ独特の音を創る方がメインになっちゃってますね。
這い上がり(誤変換)は、かつての再生装置(AMラジオとか有線放送)対応の緊急措置だと思ってたんですが、今でも這い上がりだらけってのは困りますね〜
音源作ってる方に難聴が多いからw

DT990は使い様によっては有効なんですけど、鑑賞用には出来てませんw
ベイヤーは過渡期っぽくてモデル毎に出来が不安定ですね、最近は。

900STは長く使ってるんで私の思い入れが強いだけです(^^;;
何か私は人にオススメ出来ない機種ばかり使ってますねw

2018/11/14 18:15  [1634-5845]   

えうなきものさん、こんばんは。

確かに量感だけならまだしも変な残響入れられて完全にスピード感が削がれてましたね。
完全に音響設計をミスってました。AD2000X。

HD580ドイツらしい質実剛健なデザインでした。
おかげで使い倒せますw
再販したらHD600売れなくなっちゃいますね←
沢田研二は草ですw
何というか、ホッとするサウンドですね。
疲れたときに聴くとスーッと耳に入ってきます。
HD650だと低音多いって人にも良いですね。

HD800系は中域に難ありですね。
HD580、600系が中域に定評あるので完全に逆行ってます。
最近のテクニカもそうですが(ぁ

録音(マイク)と再生(ヘッドホン)って正にそうですね。
優れたマイクを作るメーカーは優れたヘッドホンを作って来ましたし。
いつの間にかエフェクターオーディオになってしまったようです(´・ω・`)

這い上がりはハイ落ちのための緊急措置でしたか。
音源作ってる方の質は大分落ちましたね。。

ベイヤーはティアックの意見を聴いて作ったヘッドホンは総じて微妙でした。T1 2ndとか。
DT880って調べたら1980年に発売されたみたいですね。
めっちゃ古くて驚きました。
ベイヤーは個人的にセミオープンの方が出来が良いと思ってます。
開放型も密閉型も極端w

900STで音楽鑑賞はしたくないですねー個人的に。
Dさんも全然オススメしてないですね。

2018/11/14 20:57  [1634-5846]   

サイさん

音の厚みを勘違いのX世代でしたね。
日本人って後引くの好きだからw
でもX世代って無印の頃よりキャパは広がったのにセールスも微妙だし踏んだり蹴ったりですね。

HD580はデザインに装飾性が無くて良いですね。
HD600の御影石っぽいのはちょっとうるさく感じて購入意欲を削がれます(コラ
家の650は沢田研二を最も沢田研二らしく再生してくれました←
歌謡曲との謎の親和性w

最近の機種の中音域はボーカルの基音を削って倍音を盛る傾向で、これ実は音源もその方向で作ってるんで歪むんですよねー
基音が削られてるんで文字通り根無し草でフラフラした音。

エフェクトチックな方が聴こえ映えはしますからねー
メーカー側も作るの楽だろうしw
ちょっと前のポタアンブームが元凶かな?

アルバイトエンジニアと言うか腰掛けが多いんですよね。
ディレクターやプロデューサーになりたい人が下積みでやってるだけですからw
もうお前らは何も弄らなくていいからPro Toolsのオートで出せ!って感じです。

ベイヤーのセミオープンはチューニング追い込みの結果なんでしょうね〜
密閉型と開放型はバリエーションとして作ってみたけどほとんど追い込んでないのがバレバレでしたw
私のDT880は2005バージョンでオリジナルよりはリスニング調に寄ってるんだったかな、オリジナルは聴いてないんで分かりませんが。

900STはレコーディングモニターですからね、マイクが音漏れを拾わないのが強みです。
試しに他のモニターで録音すると同じ聴感音量でも音漏れ拾っちゃうんですよ。
900STで聴くのは鑑賞じゃなくてテストになりますかね〜

2018/11/14 22:26  [1634-5847]   

えうなきものさん、こんにちは!

HD580、せっかくリケーブル出来るので、山水でバランス駆動しちゃうか検討中です。
音がバシッと締まれば究極の万能ホンになりそう。

X世代の頃はキャパが広がりましたが、同時にメーカーも増えて競争が激化した感じですよね。
音作りにテクニカらしさがなくなったのもこの世代。。

HD580は無骨なのが良いですね!
限定版モデルはデザインも素敵でした。
何故HD600はああなった!?

HD580の声の再現性はなかなか良いです!
これぞフルレンジ!という感じで素敵です。
上も下も伸び切らないので典型的なカマボコ特性ですね。
HD800は上も下も欲張ってああなりました←

多少機材の改造をした身からすると音を作るのって結構簡単なんですよね。
一個コンデンサーパラるだけで激変しちゃう世界ですから。
逆に色付け少なく作るのが難しい。。
この辺は感性の問題にもなってきますが。
ポタアンはまあ、性能低いですからね。
色付け少なく高性能は変化に乏しく感じて売れにくいでしょうし。

今のエンジニア(笑)は相当酷いみたいですね。
それこそよっぽど同人CDの方が頑張ってるという。。

ベイヤーはセミオープンですね!
T1しかり、DT880しかり。
にしても、ドイツメーカーらしく質実剛健ですね。
デザインに色気などない(笑)

なるほどー
そんなこともありますか。
スタンダードなのもわかりますね。
音が良いから使われる、と言うわけではないのがプロ用なのがわかってない人多いですよね。


2018/11/16 17:13  [1634-5848]   

私もD9200聴いてきました。
散りますねー、フォスから貰ったドライバーそのまま使ってるんじゃないかなTH610そっくり。
音調はD7200よりもD5200に近くてスタジオ録音向き、もっと言うとアニソン専かなぁ。
持って行った音源でラブライブと春奈るなだけ凄く良く鳴りました←


サイさん、こんばんは。

降圧ですか、ドライバーの素性はかなり良さそうなので究極っぽいですね!

X世代はそうでしたね、余所の選択肢が増えました。
そういう時こそメーカー色を出して欲しかったですけど日和りましたね〜
結果、K701とHD650の二択時代になっちゃっいましたね。

HD600のアレは何でしょうね、ドイツ人がデザイン頑張ろうとすると裏目に出ます(コラ
しかもヨドバシみたいなチカチカ照明の元だとかなり残念に見えちゃいます。
無骨に行って欲しかったな〜

HD800の欲張り感は音源に敬意がないですねw
800の性能で600の音調だったら最強だと思うんですが何でわざわざ気持ち悪い音にするんでしょうね。

オーディオ界もファストフード化ですねぇ。。
パーツ入手の難しさ、バブル以降皆苦労してたわけですが、もう開き直っちゃったのね。
どんどんゲテモノ嗜好に走るのは国民性なんでしょうね。
(江戸時代の園芸や金魚の最終形態を見るとよく分かるw)

同人の方々は好きでやってますからねー
好きこそ物の上手なれ、です!
職業エンジニアはルーチンワークすらちゃんと出来ないw

ベイヤーのセミオープンは本当に良いです。
セミオープンって呼び方の故、中途半端なイメージが付き纏いますけど音を聴けば(聴く耳があれば)ハウジング内の空気制御の重要さがその構造を必要としたのがよく分かります。
ベイヤーもデザインはねぇ。。
1770以降カッコ良くなったんですけどAMIRON HOMEでまたむむむw

900STはメディア露出も多かったし、何より日本人は「プロ」という能書きに弱いw
まぁ、今だとあの値段でそんな変な音させない所は価値がありますかね。
900STで聴こえるのは標本だから聴き手が想像力豊かだと良いですよ(オイ

2018/11/16 21:34  [1634-5849]   

降圧回路Ver.2(π型ATT採用)

えうなきものさん、こんにちは。

>散りますねー

D9200は確か銀メッキ線でしたよね。
個人的に銀メッキ線は音のまとまり感がなくなるのと高域が下品になるので好きくないんですよね。
ケーブルは個人的にOFCが一番です。
アニソン向きなのもわかりますね。
完全に音色作って、売り込む作戦ですね。
D7200でいいかもしれませんね。

HD580で降圧試してみました。
ちょっと音に勢いがありすぎる&濃すぎるので、降圧回路を改造しました。
音色が変わってしまうのは、インピーダンス特性が変化してしまったからみたいなので、下記ページを参考にパイ型アッテネータを試してみました。出力インピは9.8Ω程なので、市販のHPAと変わらないですね。アンプの素の音が聴けます。
http://e4ua.blog.fc2.com/blog-entry-258.
html


結果、音がすっきりして見通しが良くなりいい感じです。
ゼンハイザーの癖、いわゆる音の遅さもバランス化によってほぼ払しょくしました。
個々の楽器の位置が手に取るようにわかります。音像が明確です。
これぞHD580を鳴らし切ったという感じですね。
しかも面白いのはきちんと山水の音がするんですよね。
音にガッツがあるといえばいいのかな。今のアンプにはない音がします。
ジャズは合いそうですね。ほとんど聴かないですが(;^_^A

X世代は能率重視しちゃいましたからねぇ。
X以前のオーテクのヘッドホンを分解するとわかるのですが、インピが低いのにボイスコイルが太いので電力が必要なのでアンプ食いなんですよ。
W5000なんかさしたる例です。
A2000X、AD2000も同じですね〜
A2000XはXついてますが、実質無印世代の音作りなので。
ただ、鳴らし切った時にいい音がするのがこの世代ですね。

HD600は大理石調がお下品ですからね=
HD580 Jubileeはいいと思いますが。
あれは欲しいです(プレミアです

HD800は音作りですべて台無しにしてますね〜
初心者の時はすごいと思いましたが、よくよく聴くと違和感だらけw

大衆に根付くとああなりますね。
お茶なんか今ペットボトルですから(爆
あれはお茶ではなく清涼飲料水です!

セミオープン地味に名機多いですね〜
K701もフルオープンといいつつ設計自体は明らかにセミオープンですね。
まあ、この辺は曖昧なんですが。


2018/11/22 13:24  [1634-5851]   

オーテクの14万のポタホン、AP2000Tiを聴いて来たんですけど、不人気なのか箱出し直後としか思えない鼻詰り音しか出ませんでした。
それともこれが正体?w


サイさん、こんばんは。

D9200は銀メッキ線でしたか、市場の需要ですなw
あのクラスで出す音じゃないですね、D7200より狭くてD5200のストイックさも無く。。

降圧回路の改良ですか〜
気になる所をすぐ直すのはさすがです!
HD580の素性はやはり良い様ですね、力のあるアンプにしっかり応える様で♪

能率重視の方向性は今後も続く感じですね。
これがまぁオーテクとかヘッドホンメーカーだけじゃなくてスピーカーもそんな感じで、更に言うと音源もそうですからね^^;
陰影とか明暗とかコントラストの全く抜け落ちた塗りつぶしオーディオw

HD580 Jubileeはカッコいいですね、カーボン調か〜
ドイツ人はJubileeってネーミング好きですね、ベイヤーのモデルにもあった様な。

HD800は、まさにそこが狙いなのかと思いますw
初心者に「いい音」と感じさせるには、あれぐらいやらないと(オイ

セミオープンはセミオープン作ろうと思ってああなったんじゃなくてチューニングの故でしょうね。
呼び方とか型式は後から付く物ですねー

2018/11/22 17:37  [1634-5852]   

えうなきものさん、こんばんは!

AP2000Ti聴かれましたか!
まだまだエージング不足なんですかね?
自分も今度聴いてみます〜

ですねw
銀メッキ線はアニソンに向きますょw

降圧回路改良は効果てき面でした!
表にスレ建てするかもです。
HD580、素性良いですね〜
バランス駆動で音の明瞭さが出てきて、素性の良さが際立ってます。
ほんと何聴いてもそこそこ聴けるので重宝してます。
そういう意味ではAD2000とタイプは似てますが、AD2000は硬めですから。装着感も音もw
その点、HD580は装着感良し、音良しで素晴らしいです。

元と出口がああだと、聴く方の感性もダメになってしまいますね〜
その末路が今orz...

HD580 Jubileeカッコいいですね。
仕方ないので、HD600のメタルグリルをHD580につけてゴマかします(笑)
Jubileeって記念モデルということみたいですね。

HD800で聴くと全部HD800の音になってしまいますからね。
それが狙いなのかもですが(笑)

2018/11/24 22:13  [1634-5856]   

サイさん、こんばんは。

AP2000Tiはちょっと状態がよろしくなかったですね〜
吉祥寺のヨドバシは配置換えがあって高級な有線ヘッドホンは奥地に追いやられてしまいましたw
bluetooth全盛時代に売り場も突入。
試聴機置いてくれるだけまだマシなのかな。

HD600は聴いた事あるんでHD580も同じと考えるとオールラウンダーですね♪
AD2000とは好対照ですけど、どちらも良い音鳴らしますね〜
こういうのがメーカーの色であって、意図的な色付けとは違いますよね。

昔から酷い録音も酷い機材もあったんですけど、線引きみたいな境界はありましたよね。
ある程度のグレードになると酷い録音なんか聴けない機材が普通でしたが、今はマトモな録音でも酷い音で鳴らす機材が蔓延していて怖いw

Jubileeは記念モデルでしたか、ありがとうございます。
あらーHD580ノーマルのグリルはプラでしたか、HD600のパンチングメタルは安定ですね〜
でもHD580のパターンも何か良さげですw

HD800みたいなプレミアムなグレードはそこが狙いですね。
HD650もある意味お任せヘッドホンですし。
個性的なのは、海外製品使う意味そのものなんで悪くは無いんですけどあれが普遍と捉えられると皆おかしな事になっちゃいますね、っていうかなってるw

2018/11/24 23:46  [1634-5857]   

えうなきものさん、おはようございます!

試聴機状態イマイチでしたかー
世の中、無線時代ですね。
ゲームやる自分には遅延が気になるので、縁がなさそうですが(^_^;)

当時の上位機種はある程度オールラウンダーながら会社それぞれの味がありましたね。
メーカー独自の原音解釈があって、それが製品になっていたように思います。
今は売れる音ありきですからねー

HD600の降圧駆動、よく考えたら音質良くて当たり前なんですよね。
山水のアンプは入力部にカップリングコンデンサのないいわゆるDCアンプなので、原理上再生帯域は直流域から100kHzまでいけますし、バランスアンプでグランドからのノイズから解放されてて、その上物量おばけと来てます。
良い回路に豊富な物量。
音の悪いはずがないです。それでヘッドホン駆動は勿体無い気もしますが。

酷い録音、確かにホームでは聴かないですね。
ポタでもあまり聴きませんが(汗)
まあ、今はアニソンオーディオが流行ってますからね。
アニソンオーディオ自体全否定しませんが、あれを基準にするとバランス崩しますね。

HD580とHD600の違いで音が変わりそうな要素はグリルなんですよねー
交換してどうなるか、ですね。
おそらくさほど差は出ないと思いますが。

海外では癖のあるモノが多いので、逆に日本製品の素っ気なさに需要があるみたいですねー
海外の人は日本人よりも中身を見て、音を聞いて買ってますからw
アンプやスピーカーなんかは、海外のサイトを見ると、有志によって回路図や図面が完全に丸裸にされてますw


2018/11/28 09:37  [1634-5858]   

追記です。
以前どらチャンでさんに頂いたEX1000用の7Nケーブルを2ピン用にしたものを、2.5mmバランスコネクタに交換してKZ ES10用にしてみました。
いやー、これはいいですね。
音場の安定感が市販のケーブルとは段違いです。
全く聴き疲れしません。
高域から低域まで大変スムーズで大変聴きやすいです。
気に入りました。
これと比べるとアマゾンなどで売ってる銀メッキ線は派手で大味で聴き疲れしますねー

2018/11/28 09:56  [1634-5859]   

サイさん、こんにちは。

高級ヘッドホン試聴コーナーって据え置きのHPAとか置いてあって自由に聴けるんですけど、AP2000Tiはケーブル短くて届かないから鳴らし込み進まないですねw
無線は、電車利用とか多ければ有用なんですけどね、消耗品だから(コラ

そうですね、当時は各メーカーが目指す原音解釈が確りしてましたよね〜
今は何だろ、ホント子供騙しの解像感と位相無視した聴こえ易さとシャープネスてんこ盛りの気持ち悪い音が流行りますね。

ヘッドホンやってると、どうしてもアンプがネックになりますね、勿体無いけど良いヘッドホンにはそれだけのポテンシャルがあるって事で!

アニソンも普通のJ-POPよりは気の利いた録音が多くなって来ましたが、やっぱりボーカルの録りと仕上げにまだまだ課題がありますね。
問題なのは、日本の録音スタジオの機材のクセとそれを補完しようとする再生装置のクセのシンクロが目立つ様になった事です。
相乗効果で変な音になってるw

グリルはプラと金属でちょっとした差は出るかも知れませんね、まぁそれを見越してパターン変えてあるんだと思いますが。

日本人は肩書と能書きで買いますからねw
実際聴いて買ってるつもりでも、しっかり「予習」してるからバイアス凄いし。

KZ、まだ聴けてませんw
市販のリケーブルもエフェクターですからね(コラ

2018/11/28 15:29  [1634-5860]   

えうなきものさん、こんにちは!

AP2000Tiそういえばポタでしたね。
高すぎて自分はてっきりホーム機かと(;^_^A
ホームで使うならA2000Xのほうがコスパ良さそうですね〜
ちなみに、オーテクのポタ機とホーム機ってドライバー設計が全然違うみたいですね。
ポタ機は駆動に電力がさほど要らない限り繊細さに劣ります。
対して、ホーム機は駆動に電力が要る代わりに繊細なんですよね。
ドライバー設計から違うので、性能に大きな差がありますねー
ベイヤーのT5pとT1の関係なんかもそうですよね。

位相難しいですね〜
ヘッドホンって、スピーカーよりも位相の違いが分かりやすいはずなんですが、今の価格でキチンと聴き分けできてる人がどれだけいるか疑問です。

ヘッドホン鳴らし切るのって難しいですね〜
特に最近は複合機が多いですから、電源的にもあまりよろしくないので、特に酷さが目立ちます。

録音と再生は表裏一体ですもんねー

予習、価格コムでやるんですよねw
あー、自分も罪深いw

KZは装着感が難点ですねー
ケーブルも立派なフィルターですからねー
電子回路的にも説明できるみたいです。

2018/11/29 13:57  [1634-5861]   

サイさん、こんにちは。

AP2000Tiの値段はネタですかね(コラ
オーテクは53mmドライバーとその他でちょっと差があると思ってましたがそういう事でしたか〜
T5pも世代変わってから全然話題に出なくなりましたねw

位相は音源の方で弄ってる事も多いんで特にポップス系メインの人には捉えにくいでしょうね。
そういう私も苦手分野ですが^^;

各メーカーのHPAとか複合機って「ヘッドホンはこんなもん」って見立てで作られてる感じが凄くします。
と、思ってたんですが今時のプリメインアンプも借りてきた猫みたいなの多いですね。
両方とも電源の事もあるんでしょうけど意識が変ですよね。

価格で書いてる人達はガジェット系のニュースサイトで見て、そのニュースサイトのライターはメーカーのインフォとか能書きを元に書いてますからね、最初から仕組まれてるw
サイさんには自身の基準も言葉もありますから大丈夫でしょう(^^)

今年は暑かったんでイヤホン使う機会も多かったんですが、もうシンプルな円筒型じゃないと装着でイラっとします^^;
ケーブルもパーツの一つですもんね、回路的な事は分かりませんけど、何かを変えれば変わるのがオーディオですね〜

2018/11/29 15:31  [1634-5862]   

えうなきものさん、こんばんは!

値段は完全に市場に合わせた観はありますねー
まあ、時期に値段も落ち着くでしょう〜
T5p全然聞きませんね〜
今は何がおすすめなんでしょ?

位相といえば、レコード時代は逆位相のものもあったみたいですね〜
XLR端子2番、3番Hotが国によってばらばらだからのようです。

まあ、ミニコンポも複合機であるので、ヘッドホンアンプとは変わらないのですが、ONKYOなんかは頑張ってますね〜
ヘッドホンはガレージメーカーが多いので、どうしても開発力が劣るように思います。
今はオーディオ売れていないですからね〜
特にアナログアンプは技術的にも枯れているので、訴求力がないですよね。

ライターは基本的に新製品をほめる傾向にありますね〜
HD660の上げ方で分かりましたw
自分の基準はオーディオを真面目にやってれいれば誰でも持てると思うのでよね〜
まあ、それもさせないのが今の業界ですが。

ケーブルに関しては静電容量などで音質変化が測定できるようです。
メーカーも分かってやっていますね。まともなところは。

そういえば、AKG K240 MKIIとK271 MKIIって聴いたことがあります〜?
K701持ってればいらない気もするのですが、AKG機でまともにこの辺の機種を聴いたことないのですよね。


2018/12/1 20:51  [1634-5864]   

今日もAP2000Ti聴いてきましたけど、鼻詰り感は取れず、これがデフォかも。。


サイさん、こんばんは。

オーテクやソニーは値下げ込みの初期価格ですからねw
ちょっと前まで高いポタならT5pかE8が流行ってましたけどね、今はbluetoothに流れちゃったのかな?
1AM2とかMSR7bのバランス接続にも人気はあるみたいです(どっちも苦手な音出すけど)

位相は古いCD聴いてると明らかに間違ってる物もありますねw
ヘッドホンだと気持ち悪くて聴いてられませんが、スピーカーでもこれは分かるだろう!と言いたいのはありますね。

ONKYOは良いですね、全部入りで。
ミニコンポ界隈はなんとなく賑わってる感じがします。
アナログアンプは本当に訴求力無いですね、物量かけられないから仕方ないのかな。
下手なエントリークラスってミニコンポに負けてますもんね。。

ライターは誉めないと仕事来なくなりますからねw
HD660sのsは初心者のs(コラ
今は本当に装飾的な音作りに邁進してますからね、高いのも安いのも刺激的な音で感覚をマヒさせます。

測定値と音の良さに相関が見出せると良いなといつも思ってます。
例えばf特なんかは計測上同じにしても実際出てくる音は随分違います、音って時間も重なりもあるから難しいですよね。

K240mk2とK271mk2ですか、どちらも聴いてますw
ここは意外にも密閉型のK271mk2の方が良さげ。
国産のモニターみたいな鮮烈さは無くナチュラルな出音で柔らかく優しい感じ。
多分、密閉にした事で色々抑えられてるんですが完成度の高さを感じます。

一方のK240mk2は、やや乱暴w
快活で開放的、f特は多分K271mk2とそんなに変わらないと思いますがソースが荒れた場合に過敏に反応する感じです。
(K240mk2自体もやや歪気味、DT990程ではないけど)

AKGっぽいなと感じるのはK271mk2の方で、K240mk2は何かアメリカンな感じで鳴らしやすいQ701って感じです。

2018/12/1 22:18  [1634-5865]   

えうなきものさん、こんにちは!

AP2000Ti鼻づまってましたかw
ポタは鳴らしやすくないと、要件満たせずですね。
素直に密閉式ハイエンドHPとして出せばよかったのにやらかしちゃいましたね〜

なるほど、今はその辺の機種が人気なんですね。
今度聞いてみます。
国内メーカーは祝儀価格が終わった後が定価ですからねw

ミニコンポはなんやかんやで需要があるみたいですね〜
エントリークラスはミニコンポに負けちゃいますね〜
需要考えるとコストかけられないので、中身は悲惨なことになってます。

なるほど、初心者のSでしたかw
HD660S、自分には味付け程度の違いしか感じられませんでしたw

>測定値と音の良さに相関が見出せると良いなといつも思ってます。

アンプに関しては70年代に測定値に関して、ほぼ現在のアンプに匹敵する性能を有しているみたいです。
ただ、受動部品が当時は微妙だったので、さほどいい音が出なかったとか。
80年代以降に、ものすごい勢いで音響用のコンデンサや抵抗が開発されて今に至ります。
実際音響用のコンデンサなんかは特性もいいみたいですね。
ただ、癖も強いので結局使いこなしが必要だったり。
結局最後は人間の耳になっちゃいますね〜
音って騙せるようでなかなか騙せないですからね〜
難しいです。

おっ、さすがです!
K271 MKIIはよく低音少ないといわれているので、心配でしたが、えうなきものさんの言うことを聞いていると大丈夫そうですね。
K240 MKIIは乱暴ですかー
うちに暴れん坊いないんで楽しみです(コラ
とても参考になりました。
今度試聴してみます。

2018/12/4 13:33  [1634-5866]   

サイさん、こんにちは。

AP2000Tiはどうもダメな方のオーテクの特徴がよく出ちゃってる感じですね〜
これ聴いた後だとA2000Zがマトモに聴こえるw

ポタはヘッドホンよりイヤホンとかIEMの方が高い機種が多いんでそっちが本流みたいになってますかね、高い=音が良い、ですから(爆
1AM2もMSR7bもグレード的にはミドル級でT5pとは勝負になりませんw
最近の相場は尼次第で、一日で値段がコロコロ変わりまね。

単体のエントリークラスはあのサイズ辞めたら良いのにと思います。
本当に中身何にもなくて剛性的にも問題多過ぎですね。
柔いシャーシに軽いパーツ乗っけて、筐体叩くとよく響いていい音するんですよ←

HD660sはHD650のライトなチューニングって所ですかね〜
インピーダンス300が150に変更されてるんですが、どういう環境を想定してるのか謎w

音は絶対的な評価が難しいですからね、結局、相対的な聴き比べになりますね。
特性とか測定値だと現代の機材の方が良い数字を出すんですけど、’70年代のコンソールで録音された音源の方がよっぽど良い音出すんですよね。
純水が美味しくない様に、何かの適当な混ざり具合が人間に丁度良いのかも知れません。

K271mk2の低音の量は気になりませんでした、低音増やした後継機K272HDを自ら駆逐した名機です(オイ
あら、暴れん坊を所望でしたか?(違
K240mk2は事前のイメージより随分元気に感じました、これセミオープンって書いてあるけど鳴り方は開放型そのものです。

2018/12/4 16:27  [1634-5867]   

えうなきものさん、こんにちは。

AP2000Ti、A2000Zのほうがまともですかw
聴きたくなってきましたw

eイヤホンなんかに行くと本流はIEMみたいですね。
ヘッドホンは明らかに試聴機が少ないです。。
イヤホンは音場の再現性でヘッドホンに明らかに負けるのに、価格が高いからいいって言っている人がいて驚きましたw

エントリークラスは中でカブトムシかえる機種が多いですからね〜
どうせICで作ってるんだから、ちっちゃい筐体で良いんですよ。
まあ、オーディオらしくはなくなりますが。

HD660Sはポタで鳴らしきれないですし、ホームでガツンと鳴らすと限界が低めで、誰得なヘッドホンですね〜
HD650が名機だと再認識しましたw

70年代の録音好きなモノ多いです。
まあ、録音と再生はまた別なのであれですが。
少なくとも再生機は70年代のものはナローレンジで聴けたものではないですね〜
雑味がうまさにつながるのはわかる気がします。
純水は脱色サウンドですから(爆

K240 MKIIとK271 MKII聴いてきました!
K240 MKIIはセミオープンとありますが、あれ完全に開放型の鳴り方ですね〜
低音が多くて、雑にしたK701という印象でしょうか。
嫌いな音じゃないですけど、K701あると要らない子になりそうでした。

K271 MKIIは抑制の効いた音ですね。
K240の後に聴くと明らかにおとなしいです。
巷に聞く低音の少なさは自分も感じませんでした(皆ズンドコ好きすぎw)。
1万円ちょっとという値段考えるとかなりお買い得な機種かもですね。
多分買うと思いますv

にしても、K240とK271の音は完全に開放と密閉の差でしたね〜
好みでどぞー、という感じでした。
まあ、どちらも変な機種買うより全然買いですね。
個人的には鳴らしきれないK701買うより、K240買ったほうが良いと思いました。


2018/12/6 13:34  [1634-5868]   

サイさん、こんにちは。

AP2000TiはポタなのにA2000Zより大人しくて、色々良い点もあるんですけど鼻詰りだけは勘弁です。
オーテクは長い間ポタのトップはES10でしたけど、あれの低音ボワボワを何とかするだけで良いのにw

ヘッドホンの試聴機はどこでも減ってるんですね。
イヤホン好きな人達って、空間の狭さとか近さに音の充実感を感じてるんでしょうね。
私も時々惑わされます(オイ

カブトムシですかw
保温もバッチリですね(違
デジカメと違うんだから「フルサイズ」コンポなんて呼び方は止めた方が良いですねw

HD660sは本当そうですよね〜
限界低く見積ってます。
故にs?

70年代、再生機がああなのに録音は良いですね、民生機がそうだってだけかな?
打ち込みで曲作ってると純音に近いぐらいの音が出てしまう事があって、わざわざ質を落として仕上げる事もありますw

AKG2機種聴かれましたか〜
サイさんと感想が似ていて良かったです。

巷では240mk2、あるいは240studioの方が271mk2より評価高いんですよねw
私も買うならK271mk2が良いです。
このシリーズは基礎が本当にしっかりしてますね。

2018/12/6 16:44  [1634-5869]   

【試聴】ゼンハイザー IE40 PRO

shure掛けのモニターですけど装着は自然で良好。
ケーブルもプラグもなかなかの質感。
こういう所はちゃんとしてる。

【ドラム】
シャープさは無いものの音の出来上がりが速く、キック&スネアの充実感が良い。
ハイハットに変なピークがあり、クラッシュシンバルの潰れ方は3000円ぐらいのイヤホン並のお粗末さ。

【ベース】
量感程々、芯のしっかりした音で結構深い音域まで出る。
情報量はあまり多くなく、音階は曖昧。

【ボーカル】
基本的にやや軽め、存在感は出る方。
s音は刺さらないけど、この辺の調音には無理があるみたいで不自然。

感度が低く、付帯音が抑えられ、本来歪んでいる音を拾わない事もある。
この辺はステージモニターなので基音が聞こえれば良いって考え方かな。

【ピアノ】
ボーカルに対して随分引っ込んで聴こえる。
引っ込んでって言っても空間ではなく単純に音量が下がる感じ。
左手の分離は曖昧だがリズムは追える。


これ品番はIEだけど中身CXなんじゃないの?
装着感やリズムセクション(低音部)の正確性とか充実感は良いんですけど、何でこんなに高音潰れるかな〜
とても1万クラスに期待される音じゃないです。

IEシリーズは80、60、と来て50でなく40ってのはドライバー能力の故か。

2018/12/15 01:37  [1634-5872]   

【試聴】audio-technica ATH-M60x

M50xのオンイヤーバージョンという位置付けだと思いますが、M50x自体が耳覆いと言うよりはデカい耳当てタイプなので使用感はあまり変わらない。
確かにM50xよりは軽いんだけど、見た目よりは重いです。
側圧は並、パッドは柔らか、当たる面積は小さい耳の人なら覆えるぐらいあるんじゃないかな?

【ドラム】
キックとスネアに圧の強いドンシャリ。
金物も強めに出ますがやや鈍い。
抜ける様なクリアさは無いが潰れる事も無い。

【ベース】
100〜200Hz辺りの量感が多いよくある低音ホン。
弦の音はマスクされ聴き取りにくい。
キレは悪いが、もたつく事は無くて反応は良い。

【ボーカル】
やや鼻詰まりの感じのあるハスキーボイス。
(この辺は昨日店頭に並んだばかりなんで鳴らし込みが進めば詰まり感は抜けそう)
基音がしっかりしてるんで倍音が盛られても踏み止まる感じ。
全体的にやや暗めの表現に感じる。

【ピアノ】
不思議な事にこんなに量感がある割に低音弦の分離が良く、ベースとの描き分けが顕著。
(と言うかベースの表現が量感一辺倒)
中高音弦にはキッチリした硬さを感じる、金属的。

【総評】
予想通りのヘッドホンw
オンイヤーだと低音の押し出し感が特徴になりますがそこは極端にならない程度に調整されてるかな、もっとも、M50x自体が押し出しの強い機種でしたが。

モニター用途としてはPRO7xの方が音の解析力が高いと感じます。
その代わりPRO7xには階調感がないけど。

今の値段から凄く下がると思うんでそしたら欲しいかも。
最近、M50使ってると首が凝るんで←おっさん

2019/1/26 13:13  [1634-5885]   

Q701

販売終了寂しいね

という事で買ってきました。
わざわざQ701を選ぶならグリーンですな。

2019/2/9 15:23  [1634-5889]   

今時のスマホってのはCKB50の想定以上にS/Nが悪いのかね〜

2019/2/14 12:11  [1634-5890]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

ずいぶんと御無沙汰してました。
Q701購入おめです。
最近ヘッドホンは使ってなくて、耳も以前とは変わってしまって、試聴しても良く分からなくなりましたw

イヤホンはCKR100に戻りました。
CK2000Tiも買う気で試聴したんですが、チタンの音色なんですかね、違和感があってパスでしたw

SONYの90万円のDAPは買う気無く試聴しましたが、凄かった。
最初何処に音が定位するのか捉えきれず、こんな所まで拡がるのか!
と驚いた位です。

音楽の方は昨年出たSteven Wilsonのライブ版を良く聴いてます。
http://amass.jp/110401/


Peter Gabrielなんかのプログレポップ系でこんな感じです
https://youtu.be/dei8qobPcrA

Steven Wilsonは声が今一馴染めず、余り聴かなかったのですが、このYoutubeで共演している女性ボーカリストと組んでから違和感が無くなって、今では格好いいと思えるようになりました。

この人、YESやKing CrimsonのRemix等も手掛けている位なので録音には拘りがある?かどうか私には分かりませんが機会があったら聴いてみて下さい。

2019/2/16 20:30  [1634-5891]   

セイウチさん、こんばんは。

おめありです!
Q701は昔から知ってる音でしたけど今聴いても良いですね〜
情感がよく出ます、平原綾香で泣けます(オイ

まぁ買ったのは良いんですけど、私も最近はヘッドホン使ってなかったりします。
スピーカーで聴けるとね、なかなか出番無いです。

CK2000Tiはダメでしたか〜
吉祥寺ぐらいだと試聴機出てないので聴けてません。
今の20番台は、やり過ぎ感がありますね。

90万は拡がりが特徴でしたか。
誰か買った人居るんですかね?w

Steven Wilson、ご紹介ありがとうございます!
確かに女性ボーカル入ると雰囲気がイイっすね!
聴いてみます♪

こちらは聴いてる枚数は以前と変わらないんですけど紹介する程面白い物に当たらないですね。
借り物で聴いてるんで半端に古いってのもあるかな?w

2019/2/16 22:28  [1634-5892]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

>CK2000Tiはダメでしたか〜

ダメでしたw
オーテクのチタンには縁が無いようです。
それよりCKR100用のリケーブルの上位版が欲しいです。
ケーブル次第でもっと良くなりそうな気がするんですが独自規格なので選択肢が無いんですよね。

>90万は拡がりが特徴でしたか。
誰か買った人居るんですかね?w

拡がり、と言うか振動とか電源回りとか地味なところを気合い入れてノイズ除去した音、という感じです。
結果的に私には拡がって聴こえた、と言うことかと思います。

買う人ですか、90万円ってポンと出せる金額では無いですからねぇ。

>借り物で聴いてるんで半端に古いってのもあるかな?w

最近のアルバムであっても、新しいと言うか、斬新ってのは中々無いんじゃ無いかと思うんですよね。
ついていけてないだけかも知れませんがw

2019/2/17 22:06  [1634-5893]   

セイウチさん、こんばんは。

A2000Z以降のチタンモデルはオーテクのデフォルメ感がわざとらしいんですよねー
ケーブルは自作か製作依頼ですかね〜
CKRも10からすぐ100になった後、止まっちゃってますね、まぁあんまりセコいマイナーチェンジを繰り出す所よりマシですがw

90万の静寂さはどっかのレビューで読んだ気がします。
体感的なS/Nが上がると空間描写も良くなりますね。
ソニーもデジアン使わなきゃ出来るんだろうけどサイズと価格かw
知らない人だけどカカクにもレビューありますね、読む気しないけどw

音源の方はある程度のトレンドと細分化され過ぎた専門性の葛藤って感じで、途中参加を許さない感じ?一見さんお断りみたいなw
で、追っかけるには作品が多すぎたり、年次によっては国内盤の音が悪過ぎて萎えますw

Yesの『Close To The Edge』、最初に借りた’03年盤は音は良かったんですけど音飛びがあって、次に借りたのが'96年盤で、こっちはダビングしたテープからCDにしたのか?って音質でした←買えよ

2019/2/17 23:05  [1634-5894]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

>知らない人だけどカカクにもレビューありますね、読む気しないけどw

読んでみました。
お金持ち初心者さんの購入レポートが1つと、試用レビューが1つですね。
試用レビューの方は的確と言えば的確なのかも知れませんね。
ボーカルが引っ込むとか、Rockには大人しいとか。
多分、音楽を録音される方もここまでのオーディオ機器で再生される事は想定外でしょうし。

>Yesの『Close To The Edge』、最初に借りた’03年盤は音は良かったんですけど音飛びがあって、次に借りたのが'96年盤で、こっちはダビングしたテープからCDにしたのか?って音質でした←買えよ

80年代後半から90年代前半の旧版初CD化の中で明らかにレコードに針が乗る時のプツッという音が聞こえてたヤツも有りましたw
Led ZeppelinだったかPoliceだったか…
音楽業界のいいかげんな部分ですよねww

2019/2/18 22:14  [1634-5895]   

セイウチさん、こんばんは。

>ボーカルが引っ込むとか、Rockには大人しいとか。

高級機には定型句ですねw
低〜中価格帯が荒っぽい、歪みっぽいって所で慣れてますので。

>多分、音楽を録音される方もここまでのオーディオ機器で再生される事は想定外でしょうし。

うーん、それだとDMP-Z1はどうやってチューニングしたんだって話になっちゃいますんで、音源はジャンルでなくて録音を選ぶと言う至極マトモな再生装置の様ですね。

>音楽業界のいいかげんな部分ですよねww

ちゃんとしたマスター送ってもらえなかったり、モニターやコンソールやエンジニアが酷くて音変わっちゃたりw
今でも海外盤の方が音の鮮度が高いのは何なんだろ?
盤面は国内盤の方が良いんですけど盤質は海外盤の方が強靭で安定感あります。
まぁ、リッピングして聴いてるんですけどね(オイ

2019/2/19 00:36  [1634-5896]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

>高級機には定型句ですねw

そうなんですよね。書いてる方も他の人のレビューの影響を受けているのかも知れないです。
只、定型になっている分、読む方も裏が分かりやすくて、ある意味良いレビューかなと思いましたw


>うーん、それだとDMP-Z1はどうやってチューニングしたんだって話になっちゃいますんで

いやぁ、何となくスマホとかで再生されるつもりで録るとエフェクトとか大袈裟になったりとかありそうかなと思った次第です。

>今でも海外盤の方が音の鮮度が高いのは何なんだろ?
盤面は国内盤の方が良いんですけど盤質は海外盤の方が強靭で安定感あります。
まぁ、リッピングして聴いてるんですけどね(オイ

私はKing CrimsonとかDavid Sylvianとかのリマスター版など買うんですけど、それすら、音量が違うね程度の認識ですw
はい、お布施です(キッパリ

そういえば、昨年お布施でSteven Wilson Remixesの「YES」をダウンロード購入しました。

『The Yes Album』(1971年)
『Fragile』 (1971年)
『Close To The Edge』(1972年)
『Tales From Topographic Oceans』(2枚組/1973年)
『Relayer』(1974年)

一纏めで、なんと4166円(mora)でした。
旧版のハイレゾ化なんて全部このくらいの価格で良いと思いませんか?

2019/2/19 21:48  [1634-5897]   

セイウチさん、こんばんは。

>書いてる方も他の人のレビューの影響を受けているのかも知れないです。

発売前にどんな音かは「公表」されますからねw
情報に曝される、あるいは近似の機種からのイメージで実は聴く前からもう「知ってる」音になってたりしますね。

>スマホとかで再生されるつもりで録るとエフェクトとか大袈裟になったりとかありそうかなと思った次第です。

所謂デチューンですな、ヒットチャートに載る様な曲は洋邦問わずキラキラEQ仕様ですw
3000円ぐらいのイヤホンがターゲットかな?
BT全盛になると更に高域盛らないとねw

>私はKing CrimsonとかDavid Sylvianとかのリマスター版など買うんですけど、それすら、音量が違うね程度の認識ですw

リマスターは元が良ければ音量(音圧)の最適化だけって場合も多いです。
あとはノイズリダクションとバランス取りぐらいかな?
鮮度はマスターの段階が2次3次と進むにつれ落ちますが、今でも日本のプレス屋に送られて来るマスターは予備の予備なんすかね、デジタルデータなのにw

>旧版のハイレゾ化なんて全部このくらいの価格で良いと思いませんか?

ですねぇ(しみじみ
まぁでも’70年代の音って本当に良いですよね。
今週は全然ジャンルは異なりますけど、ELP『Pictures〜』とSteely Dan『Showbiz Kids』をプレイリストに入れてます、蕩けそうですw

あとStephen Stills & Judy Collinsも入れてて、やたらと音が良いです、これは2017年と最近ですけど。

Stephen Stills & Judy Collins - Ever
ybody Knows
https://youtu.be/T6orNVPNexs

2019/2/19 23:04  [1634-5898]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

ELP『Pictures〜』は私のレンタルした版だと音色は綺麗で細かくて良いのですが、冒頭のパイプオルガンとボーカルを除くと、演奏の音はは前に前にで、もう少し奥に広い方が好みでした。

ところで、Dream Theaterの新譜が発売されまして、中身は兎も角ですが、

最近の録音って音圧が下がっている気がするんですよ。

先日のSteaven Wilsonも音圧は90年代並の気がしますし、トレンドが変わりつつあるかも?

検体数をもっと増やさないとなりませんが、個人的には歓迎です。
オーディオ機器のボリュームは大きく開いた方が音は良いのが普通ですから。

2019/2/23 23:35  [1634-5899]   

セイウチさん、こんばんは。

>ELP『Pictures〜』

当時のライブ盤にしては音が近い感じでPA出しなのかな?
なーんか、演奏の熱気がイイですね♪


>最近の録音って音圧が下がっている気がするんですよ。

2014年辺りから下がって来てる傾向ありますね〜
DAWソフトもAI装備?で節度がついたんですかね?w

>検体数をもっと増やさないとなりませんが、個人的には歓迎です。

そうですね、私も新しめの物を借りる事もありますが音圧が抑えられた録音は増えている気がしてます。
特に洋楽の方は顕著ですね。

2019/2/24 02:25  [1634-5900]   

teven Wilson 『Hand. Cannot. Erase.』

Steven Wilson、2015年の『Hand. Cannot. Erase.』を借りてみました。

良いですね、音圧は一番賑やかな所で-11db、余裕のあるレンジ感です。
(トラックF 「Regret #9」)

レベルメーターの真ん中にRMSピークがあるとやっぱり安定するんですよね。
'90年代のCDは大体この辺の-12dbから-15dbで仕上げてました。
音圧戦争の頃は-6dbとかになってて、適正値(大体-12dbから-9dbが理想)より3dbから6dbも高い訳だからそりゃ歪むわな。

このアルバムは音圧が適正なだけじゃなく音自体も良かったです。
Dレンジ広いです、プログレはクラシックに親近性ありますね〜

2019/3/4 23:40  [1634-5901]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

Hand Cannot Eraseに行かれましたか。図書館ですか?
日本ではマイナーのはずのSteaven Wilsonが有るとは恐るべしですねw

これ、実は余り聴き込んでなかったりします。
この機会にDAPに入れて聴き込んでみますね。

現時点では私としては2017年のTo the Boneの方が好みです。
曲はこちらの方がPopだと思うのですが、リズムセクションはHand Cannot Eraseがメタル系でやや苦手なのに対して馴染み易く、多分えうさんにもこちらの方が好みでは無いかと思います。
借りれるようなら是非To the Boneも!

>プログレはクラシックに親近性ありますね〜

それ、逆かもですw
クラシック、ジャズ、民族音楽のような他のジャンルの要素を取り込んだRockがプログレの定義だったと思います。

2019/3/5 21:42  [1634-5902]   

セイウチさん、こんばんは。

>日本ではマイナーのはずのSteaven Wilsonが有るとは恐るべしですねw

これ一枚きりでしたけど、ありましたw
誰かがリクエストしたのかも?
応える図書館も図書館ですがw


>借りれるようなら是非To the Boneも!

ですね〜、紹介してもらった動画のイメージよりヘビーでした。
例の女性ボーカルもそんなにフューチャーされてないんで楽曲的には『To the Bone』の方が面白いかもですね。


>クラシック、ジャズ、民族音楽のような他のジャンルの要素を取り込んだRockがプログレの定義だったと思います。

普通のロックとかポピュラーだと、音量差を作るのを楽器や音符を減らす事で表現するんですが、このCDはちゃんと強弱で表現する所があって、そんな所がクラシックに近いかなと思いました〜
アンプのボリュームもクラシック的に設定できますし。
聴くスタイルに親近性がw

こういう音ヲタなアーティストは面白いですよね。

2019/3/5 23:34  [1634-5903]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

>こういう音ヲタなアーティストは面白いですよね。

もう私には分からない領域ですけど、楽しんでいただけたのなら書き込んで良かったですw

ところで、「音が良い」と言えば
私としてはDavid SylvianのSecrets of the Beehiveですけど、これって既に書いてました?

2019/3/5 23:54  [1634-5904]   

セイウチさん

>もう私には分からない領域ですけど、楽しんでいただけたのなら書き込んで良かったですw

丁寧な音作りだなって事ですw
こういうの見つけて実際に楽しまれてるセイウチさんのセンスは素晴らしいと思います♪
これからも色々教えて下さい!


>David Sylvian

David SylvianはLife in Tokyoの動画を紹介してもらいましたw
あとはJapanのTin Drumでしたかね〜

Secret of the Beehive、ご紹介ありがとうございます。
今検索したら図書館にあるみたいなので聴きます!

2019/3/6 01:35  [1634-5905]   

ご無沙汰しています!

Secrets of the BeehiveはForbidden Colours入ってるのもあって、最高です!最高です!最高です!(書き足りない

2019/3/6 17:57  [1634-5906]   

ナコさん、こんばんは。

昨日、ナコさん縁側も更新ありましたね、お久しぶりです!

おー、Forbidden Colours収録でしたか、凄い物聴いてないな私←

2019/3/6 18:27  [1634-5907]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

ナコさん、お久しぶりです!

BLUE GIANT SUPREMEの7巻出てますよ
久々にゾクッときましたw

Forbidden Coloursは初回限定の(?)ボーナストラックでして、私の持っているCDには入って無いのです。

えうさん、図書館にあるのがForbidden Colours収録かは余り期待しない方が良いかもしれません。
でも、収録されて無くても間違いなく名盤ですよ。
もっと色々と語りたいですけど、先ずはえうさんが聴いてからですねw

2019/3/6 21:15  [1634-5908]   

セイウチさん、こんばんは。

ボーナストラックでしたか〜
今調べたら2011年盤で入ってないみたいですね。
Forbidden Colours自体はサントラ盤で持ってるんで大丈夫です!

お二人が熱く推すなら間違いない音源ですね、楽しみです♪

2019/3/6 22:23  [1634-5909]   

『Secrets of the Beehive』ようやく聴けました。

「September」のピアノから始まって「Orpheus」のシンセ、「Mother and Child」のベースと琴線に触れまくり、「Waterfront」のストリングスで感極まりますね〜
楽曲と楽器、音色の選択の関係性が素晴らしいと思いました。

私が聴いた2011年盤は2003年リマスター音源と同じ中身だそうです。
音圧は一番賑やかな所(トラックC 「Orpheus」)で-13dbという数字でした。
うるさくはないけどDavid Sylvianのボーカルに合わせるなら-16dbが適正かな、結構レンジ感がギリギリのリマスターに感じました。
楽器の音、凄く綺麗ですね〜

2019/3/15 13:18  [1634-5910]   

 僕はセイウチさん  

今日は

Secrets of the Beehiveお気に召された様で良かったです。

David Sylvianはアンビエントアルバムも何枚か出していますが、その要素が強いボーカルアルバムだと思います。
一つ一つの楽器の音も良いですが、それらの音の配置にもセンスを感じます。
When Poets Dreamed Of Angelsなんかは音像だけでビジュアルアートとして成立するんんじゃ無いかと思う位です。

彼の他のアルバムにも良いのは沢山ありますので、独特の声やメロディラインにハマれる様でしたら聴いてみて下さい。

それにしても、Life In Tokyoの頃からは信じられない変貌ぶりですよねw

2019/3/16 15:48  [1634-5911]   

セイウチさん、こんにちは。

Secrets of the Beehiveはほとんどドラムレスな構成ですけど構造的には打ち込みチックで、パートのon/offや配置でリズムと空間性を作り出してますよね〜

David Sylvianも坂本龍一も同じ方向向いて洗練して来てますよね。
当時の二人の作品をそれぞれ聞き直してみたいと思いました、ありがとうございました!

2019/3/16 16:37  [1634-5912]   

ノイマンがヘッドホン出すみたいだけど、中身はHD630VBかな。。。

2019/3/29 02:11  [1634-5913]   

タンノイだけど、この値段じゃ中身どこ?w

2019/4/23 01:29  [1634-5914]   

QC35Aって、形とか素材感でカラバリ出ても厳しいわな

2019/5/23 01:47  [1634-5915]   

何か旧作が続々復帰。
K701まで三年保証出て来たよ。

二月に慌ててQ701を買った私が可哀想だろ!(ぇ
…まぁ、最近はPortaProしか使ってないけどw

2019/9/29 01:36  [1634-5916]   

【試聴】ソニー MDR-M1ST【iPod touch】

●ソニー MDR-M1ST \34,020

変換プラグ持参で漸く聴けました。
ケーブル着脱出来るとは言えデフォが標準プラグとは。。。

コンシューマ機に比べ一応作りはしっかりしていてプラップラの本体ですが軋み音も無くバンドの伸縮も滑らか。
900STよりパッドが厚め、でもZ1000より遮音性は弱く側圧も緩め、ホールド感は悪くない。
アラウンドイヤーと言うよりはデカいオンイヤー的な装着感。
それにしても本体の軽さは素晴らしい。

【ドラム】
キックの100Hzぐらいにアクセントのある分かりやすい低音盛りバランス。
最近のソニー機に見られる金物のチリチリ感は無く安定した高域。
全休的に輪郭はしっかりしてますがシャープ過ぎない所は900STから進化、各音の配置も的確。

【ベース】
量感が多めですが解像度が高く、滲みや膨らみをギリギリ感じさせないバランス。
900STみたいなキッチリ感は弱くて前へ前へってアグレッシブさは出ないけど、もたつきやもっさり感も無くて安定。
音量上げなくても深い音程までモニター出来る。

【ボーカル】
女声の倍音に少し強調感のある聴こえ方。
ただしソニーのコンシューマー機みたいなチリッチリの壊滅音ではなく昔ながらのハイファイ調。
密閉型の限界を感じつつも他のパートとのバランス感覚に優れ好印象。
ソニーのヘッドホンは器楽的と言うかボーカルより楽器が得意な印象ですがM1STはボーカルがしっかり主役になってます。

【ピアノ】
硬軟の表現が上手く音楽的。
粒立ちがくっきりし過ぎず、残響成分も適切。
M1STはボーカルやメロディ楽器に艶が乗る感じかな、ギターも心地好く響きます。

【総評】
値段はちょっと高めに感じますが普通に良いヘッドホンだと思います。
900STより音のレイヤーの見通しがかなり良くなってます。
それと特徴的なのは音の柔らかさかな、情報量は多いんだけど全て滑らかに繋げて欠損が起こらない。
(止まる所はきっちり止まります)

レコーディングと単音モニターにしか使えなかった900STの音からミックス&マスタリングに使える音になりました。
ただ、その用途ならもう少し出せばZ1000が買えて、あちらの方が基礎能力は相変わらず断然高い。
ついでに言うとオーテクのM70xはM1STより安く買え、ミックス&マスタリングに限って言えばM1STより見通しが良い。
(音楽鑑賞と演奏のプレイバックと言う面ではM1STの柔らかさって有用だと思う)

両機に比べるとM1STの軽さや側圧ストレスの小ささは長時間作業にかなり優位って予想は出来ますけど。

でもこの値段じゃ買えないw
同グレードの1AM2が高くても\25,000ぐらいでしょ、1AM2よりはるかにマトモな音だけど。
個人的には900STと1Aシリーズって同グレードで、M1STは使用用途は広くなったけど上位機って感じじゃなくバリエーションだなぁ。
って事は\17,000じゃなきゃ買えない(オイ

2019/10/6 22:26  [1634-5917]   



音圧

タグ:
CD  

自分のライブラリに残す事にした音源。
何かに目覚める音源たちです(ぇ

2018/10/3 02:01  [1634-5791]   

【アーティスト】Fairport Convention
【アルバム】Liege And Lief

Matty Groves
https://youtu.be/1it7BP5PckI

こういうのを楽しむ最良のメディアってAMラジオじゃないだろか?
んな訳でAFN(旧FEN)聴いてみたらK-POPとオルタナR&Bばかりで泣きそう。

2018/10/3 02:11  [1634-5792]   

【アーティスト】Maurizio Pollini
【 アルバム 】Chopin: Etudes

ショパン:練習曲(エチュード)op10:ポリーニ(p)
https://youtu.be/TV7_SPMaII4

'72年の録音。
確かに名盤なんですがショパンの名盤ではなくてポリーニの名盤。

2018/10/5 01:44  [1634-5793]   

【アーティスト】The Rolling Stones
【 アルバム 】Let It Bleed

Gimme Shelter
https://youtu.be/RbmS3tQJ7Os

後発のベスト盤に収録されてる曲が多いんですが、やっぱりオリジナルに当たってみるのは良いですね。

2018/10/6 01:43  [1634-5794]   

【アーティスト】川野洋子&中川徹哉
【 アルバム 】やすらぎのピアノ時間

ドビュッシー 小組曲
https://youtu.be/oIZLrZDxUKw

BGMにはBGMの作法と言う物のある事が、この演奏と録音を聴くとよく分かります。

2018/10/12 09:24  [1634-5802]   

【アーティスト】Yes
【 アルバム 】Close To The Edge

Siberian Khatru
https://youtu.be/r0HnIr6jYWU

シンセの音色たまらんです!w
それとベースね、何でそんなねじ込むかなぁという16分弾き♪

2018/10/13 09:18  [1634-5803]   

【アーティスト】Teodor Currentzis
【 アルバム 】Tchaikovsky: Violin Concerto; Stravinsk
y: Les Noces

Teodor Currentzis:Tchaikovsky & Stra
vinsky
https://youtu.be/M_3gH5E6nZk

噂のクルレンツィスの録音。

恐ろしくオーディオ的な録音で超高S/N、広大なDレンジ。
鮮度もびっくりする高さですが、ポピュラーのマルチ録りに近い感じかな。
クラシック録音とは何かを考えさせられる一枚。

調整卓でモニターしてる音は、こんな感じなんだろな。

2018/10/14 09:33  [1634-5804]   

【アーティスト】L'Arc〜en〜Ciel
【 アルバム 】Tierra

hydeが岩崎宏美みたいな格好で歌ってた頃のアルバム。
大ブレイク後のポップ感覚とは違ったパンク/ニューウェーブ感がありますかね。
何気に録音も良い。

2018/10/16 09:31  [1634-5810]   

【アーティスト】Ben Sidran
【 アルバム 】Life's a Lesson

Oseh Shalom
https://youtu.be/X1bw5FwyWVg

イスラエルの民謡をフューチャー、独特の郷愁を誘います。

2018/10/19 09:29  [1634-5811]   

【アーティスト】Linkin Park
【 アルバム 】One More Light

One More Ligit
https://youtu.be/Tm8LGxTLtQk

ボーカルのChester Benningtonが亡くなったんですが、そういうアウトラインを省いても、ミクスチャーロックの行き着いた先がオルタナR&Bだったという正しいUSA感が興味深いアルバム。

2018/10/20 09:39  [1634-5812]   

【アーティスト】LOVE PSYCHEDELCO
【 アルバム 】LOVE YOUR LOVE

Might Fall In Love
https://youtu.be/bOKcOfxxFeg

LOVE PSYCHEDELICOというフォーマットに期待される楽曲を隙の無い完成度で仕上げた良作♪
KUMIの自由奔放なボーカルに物凄い自信と確信を感じます。

2018/10/22 09:29  [1634-5813]   

【アーティスト】Huey Lewis & The News
【 アルバム 】Sports

The Heart Of Rock & Roll
https://youtu.be/M7JVlpm0eRs

今時、Huey Lewis & The Newsを聴いてみるw

2018/10/24 09:33  [1634-5815]   

【アーティスト】Craig David
【 アルバム 】The Time Is Now

Magic
https://youtu.be/jgQm-7Bmx0c

R&B界隈は'90年代リスペクトが続いてますが、こちらは'90年代R&Bにプラスしてハウスミュージックも取り込んでる。
これがよくあるEDM風になってない所でセンスある良質なポップに仕上がってます。

2018/10/25 09:34  [1634-5818]   

【アーティスト】Kraja
【 アルバム 】Isen Sjvnger

Dagen ar kommen
https://youtu.be/tggUhQIptl0

スウェーデンのトラッドアカペラグループ。
クリスマスアルバムって事もあって「北欧」のイメージそのままの透き通った歌声。
東欧の民俗曲の様なエスニック感は無くて聖歌以降の伝承曲なのかな?←ライナー読めよ
リンクした動画はイングランドの讃美歌だけど。

2018/10/28 09:39  [1634-5821]   

【アーティスト】Steve Reich
【 アルバム 】Music for 18 Musicians

Music for 18 Musicians
https://youtu.be/3ou9J844io0

思った以上にプログレだったw

2018/10/29 09:23  [1634-5824]   

【アーティスト】工藤静香
【 アルバム 】凛

かすみ草
https://youtu.be/-bYggJqaZLo

活動30周年のアルバムで完全な新作集。
驚くのはアイドル時代と寸分違わない歌唱スタイル&アレンジ。
未発表曲集かと思った。

2018/11/1 09:26  [1634-5829]   

【アーティスト】Dixie Chicks
【 アルバム 】Taking The Long Way

Not Ready To Make Nice
https://youtu.be/pojL_35QlSI

かの事件で様々な嫌がらせを受けている渦中に制作されたアルバム。
Rick Rubinのプロデュースによりポップロック色の強いカントリーミュージックに仕上がっていて、サウンド面ではそう言った騒動から達観した感じを受けました。

2018/11/2 09:33  [1634-5830]   

【アーティスト】DIR EN GREY
【 アルバム 】VESTIGE OF SCRATCHES

詩踏み
https://youtu.be/GUbKFrPkxRI

結成20年+αの3枚組ベストアルバム。
ヴィジュアル系がメインストリームに残っていた90年代終盤からアンダーグラウンドになった2000年代以降のJ-ROCKのスタイルのカタログでもある。

2018/11/9 09:37  [1634-5837]   

【アーティスト】ドゥダメル&シモン・ボリバル交響楽団
【 アルバム 】交響曲第三番『英雄』

'12年の録音。
何か小洒落た華やかを漂わす良い演奏。
ドゥダメルは2017年にニューイヤーコンサートに登場しましたが、このシモン・ボリバル交響楽団での華やかさはウィーンにそのまま通づる所がありますね。
と言うかフランスのオケっぽい。

2018/11/12 09:43  [1634-5842]   

【アーティスト】中村紘子&飯森範親指揮東京交響楽団
【 アルバム 】中村紘子 フォーエバー

2016年7月に亡くなった中村紘子の最後のコンサート収録。
同年4月30日と5月4日のモーツァルトのピアノ協奏曲第24番という同じプログラム。
特に4月30日の演奏はベテランらしい落ち着いたタッチでありながら自在な躍動感を醸し出す素敵な演奏。

2018/11/13 09:42  [1634-5843]   

【アーティスト】Don Sebesky
【 アルバム 】Joyful Noise

'99年のアルバムで、Duke Ellingtonへのトリビュート作品集。
John Pizzarelliのギターの音が印象に残る盤でした、録音良いです。

2018/11/21 09:49  [1634-5850]   

えうなきもの さん  

2018/11/23 09:35  [1634-5853]  削除

【アーティスト】越路吹雪
【 アルバム 】若き日の歌声 〜愛の賛歌〜

シャンソン以外の越路吹雪が聴ける珍しいアルバム。
セレソ ローサや花祭りなどのラテンナンバーも素晴らしい。
全曲モノラル。

2018/11/23 09:36  [1634-5854]   

【アーティスト】春奈るな
【 アルバム 】LUNARIUM

MONSTER
https://youtu.be/92w5ljOcLxw

2017年の3rdアルバム。
割とモヤモヤした楽曲の多かった春奈るなとしてはテンションの高いアニソンアルバム。

2010年代後半辺りからアニソンの録音は気の利いた物が多いんですがこれもそんな一枚。
素材や機材、録音自体は凡庸なんですがマスタリングはかなり丁寧で聴きやすい。

2018/11/24 09:42  [1634-5855]   

【アーティスト】八代亜紀
【 アルバム 】夜のつづき

全曲試聴トレイラー
https://youtu.be/l8t0kucH86Q

自由過ぎて凄いw

2018/12/1 09:30  [1634-5863]   

【アーティスト】坂本冬美
【 アルバム 】LOVE SONGS BEST

片想いでいい
https://youtu.be/z4bJcZ53wrI

6枚?出てるカバーシリーズ「Love Songs」のベスト盤。
「片想いでいい」はゴールデンボンバーのカバーで比較的最近の曲ですけど、坂本冬美が歌うとなかなか良いw

最近、歌謡曲ばかり紹介してるな。。

2018/12/7 09:29  [1634-5870]   

【アーティスト】Narciso Yepes
【 アルバム 】スペインギター作品集

1994年発売の2枚組、'70〜'79年の録音からの選集。
ロドリーゴの協奏曲をはじめクラシックギターのメジャーな作品を楽しめる好ディスク。

2018/12/10 09:40  [1634-5871]   

【アーティスト】Sheryl Crow
【 アルバム 】Be Myself

Strangers Again
https://youtu.be/ZZtd8fdZ980

2017年の10thアルバム。
特に印象深い曲は「Strangers Again」ぐらいしかないんですけど、全体の雰囲気の良さを感じました。
もうなんか、北米の人の血と肉なんだろな。

2018/12/19 09:44  [1634-5873]   

【アーティスト】上原ひろみ & Edmar Castaneda
【 アルバム 】Live In Montreal

Hiromi & Edmar Castaneda - Fire (Liv
e in Montreal)
https://youtu.be/JiBeeM0gg9g

2017年のライブ盤。
Edmar Castanedaは、コロンビアのハープ奏者。
ハープのジャズって初めて聴きましたけど面白いです。
録音も良くて、上原ひろみのCDは安定してますね。

2018/12/28 09:27  [1634-5874]   

【アーティスト】Philippe Jaroussky
【 アルバム 】The Handel Album

Handel's aria Stille Amare (Tolomeo)
https://youtu.be/8rklT3sobwo

フランスのカウンターテナー、Philippe Jaroussky、2017年の録音。
ヘンデルのオペラ選集、超絶技巧的な歌唱が凄い。
録音も良かったですが何故か日本のメーカーの機材に合ってる感じ。

2019/1/1 10:38  [1634-5875]   

【アーティスト】Kraftwerk
【 アルバム 】Tour de France Soundtracks

Tour De France Prologue + Etape 1+2+3
https://youtu.be/ZC_anEzaBVs

2003年の10thアルバム。
EDMが理解出来ない私にはこの辺までが電子音楽のトレンド(オイ
もう15年も前なのかw

2019/1/2 10:04  [1634-5876]   

【アーティスト】The Cranberries
【 アルバム 】Everybody Else Is Doing It, So Why Can't
We?

Dreams
https://youtu.be/Yam5uK6e-bQ

1993年の1stアルバム。
昨年1月にDolores O'Riordanが亡くなって早くも一年経とうとしています。
1stは代表作である「Dreams」と「Linger」が入ってます。

2019/1/3 09:56  [1634-5877]   

【アーティスト】劇団四季
【 アルバム 】ノートルダムの鐘

プロモーションVTR
https://youtu.be/ya7XZhxDNI8

2017年のサウンドトラック盤。
ディズニーアニメを下敷きに新しい訳詞による楽曲で構成。
日本語のミュージカルは小っ恥ずかしい物が多いんですが、これはディズニーって事もあって童心に返って楽しめる、そのための劇団四季のスキルも凄い。

2019/1/4 09:58  [1634-5878]   

【アーティスト】Lang Lang
【 アルバム 】New York Rhapsody

Making of New York Rhapsody
https://youtu.be/eZLZ4_xJKWc

2016年のアルバム。
ニューヨークをテーマにしたクロスオーバー物、というかほぼポップスアルバム。

ゲストで知ってるのは、Herbie Hancockぐらい(オイ
Lang Langはゲストを立てる感じで曲のバランスを取る演奏、悪くないですが聴きたいのとは違うかな。

Lang LangのCDは音の良い物が多い印象でしたが、このアルバムは音圧が高くて煩い。
意図的に歪ませてる所は構わないんですが、そうでない所も歪んでる。

2019/1/14 09:38  [1634-5879]   

【アーティスト】マウリツィオ・ポリーニ
【 アルバム 】シェーンベルク:ピアノ作品集

Drei Klavierstucke, Op. 11
https://youtu.be/VeTFxbsVGrI

1974年の録音。
シェーンベルクはほとんど聴きませんがイメージしてたよりは音楽的なのかな?
まぁさっぱり分かりませんけど←

録音は良い、良いと言うかDレンジを聴きやすい範囲で仕上げてある感じで音量に気を遣わなくてよい。
ffは割れるけど割れ方が良い(ぇ

2019/1/15 09:17  [1634-5880]   

【アーティスト】Kendrick Lamar
【 アルバム 】DAMN.

HUMBLE.
https://youtu.be/tvTRZJ-4EyI

2017年の4thアルバム。
ジャケ写に表れている様な「気分」が支配的なのかな、と感じました。
サウンド的には前作『To Pimp a Butterfly』の方が高揚感があって分かりやすい。

2019/1/17 09:16  [1634-5881]   

【アーティスト】Red Hot Chili Peppers
【 アルバム 】The Getaway

Dark Necessities
https://youtu.be/Q0oIoR9mLwc

2016年の11thアルバム。
プロデューサーがRick RubinからDanger Mouseに変わって少しリフレッシュした感じ。
とは言え、年相応の落ち着いたテンション。

私は’99年の『Californication』が好きなんですがそこをピークに漂ってる感じるかな〜
ほとんど印象に残ってない前作よりは良かったです。

2019/1/18 09:36  [1634-5882]   

【アーティスト】サニーデイ・サービス
【 アルバム 】Popcorn Ballads

青い戦車
https://youtu.be/tx6o9vhbpMY

2017年、配信リリースされていたアルバムの完全版、2枚組。
安定のフォーク〜シティポップの数々。
しかし、2枚組って事でアレンジが長く、要らないパートが多いかな。
配信版は聴いてないけどそっちの方が良いのかも?

2019/1/19 09:16  [1634-5883]   

【アーティスト】谷山浩子
【 アルバム 】月に聞いた11の物語

『月に聞いた11の物語』トレーラー[公式]
https://youtu.be/BllK6GoZZA0

2017年のアルバム。
こんな優しい声で恐ろしい事を歌っている幻想童話的作品集。
この幻想的な雰囲気は編曲の`島邦明による所もありますが谷山浩子自身の世界観とよく合っていて良いコラボですね。

`島邦明、クーロンズゲートのインチキ臭さは大好きでした。

2019/1/25 09:14  [1634-5884]   

【アーティスト】Nathalie Stutzmann
【 アルバム 】Quella Fiamma

Handel aria "Ah, mio cor, schernito
sen"
https://youtu.be/hSAuHrg8XnM

2016年の録音。
歌唱と指揮をNathalie Stutzmann、演奏はOrfeo 55。
イタリア古典歌曲集なんですがアリアの抜粋だけでなく、器楽も収録。
その演奏が素晴らしく、古楽演奏と思えないテンションの高さ。

録音も良いです。
先日紹介したPhilippe Jarousskyなど最近のEratoレーベルは何故か充実してますね。

2019/1/29 09:22  [1634-5886]   

【アーティスト】Francesco Tristano
【 アルバム 】Bachcage

bachCage Video
https://youtu.be/AFVMg4_1Eg4

2010年の録音。
アリス=紗良・オットと『ショパンプロジェクト』で共演してた人←何だその紹介

共演作はほとんど印象に残ってませんがソロは面白かったです。
何だか可愛らしいバッハとエフェクトたっぷりエレクトロニカなケージ。

2019/2/5 09:28  [1634-5887]   

【アーティスト】Laurel Halo
【 アルバム 】Dust

Jelly
https://youtu.be/IrjeMN_U1hw

ベルリンで活動するアメリカ人アーティスト、2017年の3rdアルバム。
ジャンルはもう何と呼ぶのか分からない打ち込み←
何となく冗長な所がありますが、やたらと音が良い(と言うか私の好きな音)作品でした。

2019/2/8 09:13  [1634-5888]   



音圧

タグ:
androp 『androp』

音圧測定と簡易リマスタ14です。
前スレまでの最高音圧記録ディスクは─

【アーティスト】androp
【 アルバム 】androp
【 リリース 】2015/08/05
【ディスク番号】WPCL-12178

トラックMの「You Make Me」にrmsピーク
実効値 -4.2db

─となっております。

【ルール】
CDから最も音圧の高い8秒以上のバースを抽出、測定します。
8秒以上取るのは、SE的なピーク値が参考にならない事、そして事故・ノイズを回避するためです。
人の呼吸が大体8秒ぐらいって感じのユルい基準です。

画像は上部左がCDジャケット、右がレベルメーター。
下段は参照したトラック全体の波形です。
波形のカラーはrms(実効値)に沿ってまして、緑→オレンジに行く毎に危険な音圧です(ぇ
所謂海苔波形でもレベルメーターの黄色・オレンジが少なければ、録音/マスタリングは良い場合があります。

最近は割と新しいディスクを聴く事が多く、簡易リマスタの必要がありませんw

【音楽】は、個人的に内容が面白かったか、意味のある作品か、等の評価。
【録音】は、生演奏・打ち込み問わずに、そのCDにどれだけ情報量が入っているか、単純ミスは無いか、の評価。

不満が無いだけなら★3、そこからの増減方式です。

2018/7/23 10:15  [1634-5701]   

Sol Gabetta 『ライヴ!〜エルガー&マルティヌー:チェロ協奏曲』

【アーティスト】Sol Gabetta
【 アルバム 】ソル・ガベッタ&ベルリン・フィル・ライヴ!〜エルガー&マルティヌー:チェロ協奏曲
【 リリース 】2017/01/25
【ディスク番号】SICC 30421

トラックE「チェロ協奏曲 第1番 ニ長調 H.196/ II. アンダンテ・モデラート」にrmsピーク
実効値 -12.6db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

ソル・ガベッタ(vc)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル(指揮 @〜C)
クシシュトフ・ウルバンスキ(指揮D〜F)
録音:@〜C 2014年4月20日 ドイツ“バーデン=バーデン祝祭劇場”
   D〜F 2014年5月23日・24日 ベルリン“フィルハーモニー”

ソル・ガベッタ&BPO、'14年の録音(ライブ収録)
エルガーとマルティヌーのチェロ協奏曲のカップリング。

ソル・ガベッタもオケも何か抑えた様な演奏で、譜面の持つ華やかさと相反する感じかな。
時々、それが覗くから聴き手のテンションが難しい。
じっくり傾聴するべきなんだろうけど暑くて集中出来ない←勝手

録音は良いです。
時たまffは割れてます、基礎的な音圧はそれほど高くないんですけど勿体ないです。
チェロの躍動感とか上手く録れてるんですけどね。

Elgar: Cello Concerto
https://youtu.be/O35wl2xEvoo

2018/7/24 10:02  [1634-5702]   

シエナ・ウインド・オーケストラ 『SUPER SOUND COLLECTION アニメ吹奏楽』

【アーティスト】シエナ・ウインド・オーケストラ
【 アルバム 】SUPER SOUND COLLECTION アニメ吹奏楽
【 リリース 】2017/11/29
【ディスク番号】AVCL-25948

トラックS「キャンディ・キャンディ -Alto Saxophone Solo Feature-」にrmsピーク
実効値 -10.5db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

指揮:オリタ ノボッタ
シエナ・ウインド・オーケストラ
ピアノ:美野春樹 (01-03)
ギター:古川 望 (01-03)
エレキベース&ウッドベース:一本茂樹
ドラムス:伊藤史朗

ウインズスコア「SUPER SOUND COLLECTION アニメ吹奏楽」のデモ盤。
昭和のアニソンばかりでおっさん向け。

アレンジはドラム、ベースを使わないとどうしようもない仕上がりだし、中にはピアノにメロを弾かす所もあり、毎回ウインズスコアの譜面は吹奏楽のポップスというより軽音楽の範疇に入るんじゃないかと思う。

録音は普通ですが音圧が高くてうるさい。


アルバムPV
https://youtu.be/ViuhWeTi8lg

2018/7/25 10:00  [1634-5703]   

Geyster 『With All Due Respect』

【アーティスト】Geyster
【 アルバム 】With All Due Respect
【 リリース 】2017/03/15
【ディスク番号】PCD-24605

トラックF「Higher Lands」にrmsピーク
実効値 -9.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

Geyster、'17年のアルバム。
Geysterの詳細はよく分からないんですが、フランスで色々やってるうちのAORのアルバム←ライナー読めよ

聴いてる時は旧作の再発だろうと思ってましたがどうやら最新作?
楽曲も音作りも'70〜'80年代の雰囲気でAORとR&Bとファンクを混ぜた感じ。
これを今作ってるなら凄い。

録音は普通ですが、選択する音色には強い拘りがあるのが伺えます。

Easy
https://youtu.be/3ckHBrmIhVQ

2018/7/26 10:02  [1634-5704]   

RAC 『Ego』

【アーティスト】RAC
【 アルバム 】Ego
【 リリース 】2017/07/14
【ディスク番号】BRC-550

トラックB「Nobody」にrmsピーク
実効値 -6.6db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

ポルトガルのDJ、RACの'17年のアルバム。
数々のアーティストのリミックスを手掛け、注目のDJらしいんですけど、普通かなー(コラ
幅広い音楽の素養は感じますけど、パイオニアではなくフォロワータイプだと思う。

録音は普通。
結構乱暴なミックスが多いんですけど最終的に聴ける形にまとめるのはそこそこ出来る感じです。

This Song ft. Rostam
https://youtu.be/LcA0RmXnWhU

2018/7/27 09:53  [1634-5705]   

ONIGAWARA 『ヒットチャートをねらえ!』

【アーティスト】ONIGAWARA
【 アルバム 】ヒットチャートをねらえ!
【 リリース 】2017/03/22
【ディスク番号】LACD-0281

トラックE「シャッターチャンス'93」にrmsピーク
実効値 -7.7db

【音楽】★☆☆☆☆1
【録音】★★☆☆☆2

元・竹内電気の二人によるユニット、ONIGAWARA、'17年の1stアルバム。
'90年代J-POPへの憧憬が強く、好きでやってるんでしょうけどセンスが。。。

録音はJ-POP標準。
ゴチャゴチャして、整理されない音の固まり。

ヒットチャートをねらえ!
https://youtu.be/CuUG4j9nJp4

youtubeで聴くと音が安定してるな。

2018/7/28 10:20  [1634-5706]   

チャラン・ポ・ランタン 『トリトメナシ』

【アーティスト】チャラン・ポ・ランタン
【 アルバム 】トリトメナシ
【 リリース 】2017/01/18
【ディスク番号】AVCD-93592

トラックD「月」にrmsピーク
実効値 -8.4db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

チャラン・ポ・ランタン、'17年の多分3rdアルバム。←ナンバリングされてない
ボーカルとアコーディオンの姉妹デュオ。
下地に大道芸があり、幅広くも狭い音楽性と表情豊かなボーカルの面白いグループです。

録音は普通。
生楽器でやってる事や無駄な音を鳴らさない事でスッキリしてます。
ただ、ハイ上がりな仕上げはJ-POPらしいですけどね。

進め、たまに逃げても
https://youtu.be/XaeuaKdtBUg

ああ、これ、あれだったのかw

2018/7/29 10:12  [1634-5707]   

チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィルハーモニー 『マーラー: 亡き児をしのぶ歌』

【アーティスト】セルジュ・チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
【 アルバム 】マーラー: 亡き児をしのぶ歌、R.シュトラウス: 交響詩「死と変容」
【 リリース 】2017/12/27
【ディスク番号】WPCS-28125

トラックF「R.シュトラウス: 交響詩「死と変容」op.24」にrmsピーク
実効値 -11.0db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

セルジュ・チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
ブリギッテ・ファスベンダー(Ms)
録音:1983年6月30日、1979年2月17日 ミュンヘン レジデンツ・ヘルクレスザール(ライブ)

ミュンヘン・フィルの自主レーベル“Munchner Philharmoniker”からの正規盤。
じっくりとオケを響かす演奏/指揮ぶりで荘厳な雰囲気。
変人が跋扈していた時代の空気感を感じさせます。

録音は予想していたよりは良かったんですがマスタリングがダメです、音圧上げ過ぎ。
R.シュトラウスの方で位相ズレが起きてますし、当然音も潰れてる。

Kindertotenliede
https://youtu.be/AxKt-8Gdx-4

2018/7/30 10:12  [1634-5708]   

牛田智大 『愛の喜び』

【アーティスト】牛田智大
【 アルバム 】愛の喜び
【 リリース 】2015/06/24
【ディスク番号】UCCY-1056

トラックI「ピアノ・ソナタ第7番変ロ長調op.83「戦争ソナタ」 第3楽章」にrmsピーク
実効値 -12.5db

【音楽】★★☆☆☆2
【録音】★★★★☆4

牛田智大(ピアノ)
録音:2015年4月

牛田智大、'15年の5thアルバム。
バイオリン曲の編曲とラフマニノフ、プロコフィエフの作品。

装飾音を付けながら弾く「愛の挨拶」に何じゃこりゃ?と思いました。
アルバム全体としては、若い演奏家に多い乱暴なタイプで、体力無いのかな、とにかく雑です。

録音は良いです。
良いだけに演奏の粗が目立ちます。

2018/7/31 10:04  [1634-5709]   

栃尾克樹 『Voice Of Baritone Saxophone』

【アーティスト】栃尾克樹
【 アルバム 】Voice Of Baritone Saxophone
【 リリース 】2017/08/25
【ディスク番号】MM-4016

トラックK「詩人の恋op.48〜聖なるラインの流れに」にrmsピーク
実効値 -11.0db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

栃尾克樹(バリトンサックス)
高橋悠治(ピアノ)A、B、D〜F、M、O
山田武彦(ピアノ)C、N
野平一郎(ピアノ)G〜L

栃尾克樹、'17年のアルバム。
編曲物で、イメージ的にはチェロに近い、優しい演奏。
選曲にも全く攻撃性が無く、ヒーリング系?

録音は良いんですが、音圧高いですね。
音圧の高さで残響成分を多めに拾って、演奏以外の余計な効果が出ちゃってる気がします。

2018/8/1 10:04  [1634-5710]   

Gino Cunico 『Gino Cunico』

【アーティスト】Gino Cunico
【 アルバム 】Gino Cunico
【 リリース 】2017/08/02 (オリジナル 1976年発表)
【ディスク番号】SICP 5453

トラックE「Can`t Smile Without You」にrmsピーク
実効値 -12.8db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

Gino Cunico、'76年の2ndアルバム。
こちらも「AOR CITY 2017」シリーズの一枚。
AORって言うかソフトロックになりますかね。
イイ感じにインチキ臭いジャケットと裏腹に爽やかです(コラ

録音は良いです。
音源は2001年のリマスターという事ですが余計な音圧ブーストもなく丁寧なリマスター。
取り立ててどの楽器がキレイって事はありませんがバランスが良いです。

Daydreamer
https://youtu.be/Ev0xLYhdspM

2018/8/2 10:03  [1634-5711]   

Arto Lindsay 『Cuidado Madame』

【アーティスト】Arto Lindsay
【 アルバム 】Cuidado Madame
【 リリース 】2017/01/06
【ディスク番号】PCD-25212

トラックI「Unpair」にrmsピーク
実効値 -10.2db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

Arto Lindsay、'17年の7thアルバム。
無ジャンル、無国籍の色合いの強い実験音楽風ですが凄くポップ。
Arto Lindsayはほとんど聴きませんでしたが、これは追っかけると面白いかも。

録音は良いです。
演奏やエンジニアはジャズ系の人達なのかな、そんな音。

UNCROSSED
https://youtu.be/4zOU6XEEm7A

2018/8/3 10:00  [1634-5713]   

ジェロ 『カバーズベスト』

【アーティスト】ジェロ
【 アルバム 】カバーズベスト
【 リリース 】2017/09/20
【ディスク番号】VICL-64852~3

ディスク@トラックG「契り」にrmsピーク
実効値 -9.4db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★☆☆3

ジェロ、'17年のベストアルバム。
デビュー10周年記念、6枚出ていたカバーアルバムからの選曲。

ジェロ自体の歌唱はあっさりした物で平熱。
しかし、選曲が良過ぎて昭和〜平成初期の歌謡カタログ的に楽しめる。
で、そうなってくるとジェロの歌ってのは原曲のイメージに干渉しないので、好ましい音楽体験を提供してくれる。

録音は普通〜やや悪いです。
ベスト盤ですけど、録った時期が集中してる感じで品質としての統一感はあります。

与作
https://youtu.be/_LUGae8f63k

この曲だけ新録なのかな?

2018/8/4 10:20  [1634-5715]   

Avi Avital 『ヴィヴァルディ:マンドリン協奏曲』

【アーティスト】Avi Avital
【 アルバム 】ヴィヴァルディ:マンドリン協奏曲
【 リリース 】2017/03/22
【ディスク番号】UCCG-1763

トラックM「「四季」〜協奏曲ト短調RV.315「夏」」にrmsピーク
実効値 -13.9db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

アヴィ・アヴィタル(マンドリン)
ヴェニス・バロック・オーケストラ
マハン・エスファハニ(チェンバロ)
オフィラ・ザカイ(リュート)
パトリック・セペク(チェロ)
フアン・ディエゴ・フローレス(テノール)
録音:2014年9月〜10月、12月

イスラエル出身のマンドリン奏者・アヴィ・アヴィタルのDG3枚目のアルバム。
マンドリン協奏曲とそれ以外の曲に書かれた各協奏曲の編曲版です。
馴染みのある旋律をマンドリンで聴くと意外にオシャレでヴィヴァルディの時代と現代イタリアとが普通に繋がる不思議な体験。

録音は良いんですけどDGにしてはあっさりしてますね。
スタジオ録りなのかな、各楽器は明瞭なんですけど位置関係がわざとらしい。

Mandolin Concerto In C Major
https://youtu.be/aXBWrNN64z8

2018/8/6 10:04  [1634-5721]   

『ヴァン・デル・ロースト&シエナ・ウインド・オーケストラ』

【アーティスト】シエナ・ウインド・オーケストラ
【 アルバム 】ヴァン・デル・ロースト&シエナ・ウインド・オーケストラ
【 リリース 】2017/06/14
【ディスク番号】AVCL-25932-3

ディスクAトラック@「グロリオーゾ〜グランド・オーヴァチュア〜」にrmsピーク
実効値 -14.0db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

指揮:ヤン・ヴァン・デル・ロースト
シエナ・ウインド・オーケストラ
[ライヴ録音]2017年2月11日 文京シビックホール 大ホール

作曲者自身の指揮による自作集2枚組(でも演奏時間は79分で1枚相当)
吹奏楽と言えば吹奏楽なんですがスクリーンミュージックの影響の強い作品が多いかな。
演奏してみたいとは思いませんでした(コラ

録音は普通かな。
金管、木管、パーカッションともアタックの鮮烈さは録れてますが、レガートになるとモヤモヤします。
金管の響きがビックリする程安っぽい事があるんですけど、演奏の所為かな?

2018/8/7 10:11  [1634-5724]   

Libera 『Hope』

【アーティスト】Libera
【 アルバム 】Hope
【 リリース 】2017/05/10
【ディスク番号】LIBE-8

トラックN「Wayfaring Stranger」にrmsピーク
実効値 -9.5db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Libera、'17年のアルバム。
wikiの日本語版によると、26枚目のアルバム、随分出てますね。。。

何枚か聴いてますが、'99年の『Libera』が一番良いです。
以降の物は選曲、アレンジともマンネリ化してます。

録音は普通です。
発足以来、スタジオエンジニアリングで創る音で、今回は歪みも少なくまぁまぁ。

Angel
https://youtu.be/_j13d5eFgQk

2018/8/8 10:13  [1634-5725]   

『The Passion Of Charlie Parker』

【アーティスト】V.A.
【 アルバム 】The Passion Of Charlie Parker
【 リリース 】2017/06/16
【ディスク番号】UCCI-1040

トラックA「The Epitaph Of Charlie Parker (The Funer
al) (Vocal Version Of "Visa")」にrmsピーク
実効値 -9.7db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

ダニー・マッキャスリン(TS)
ベン・モンダー(G)
マーク・ジュリアナ,エリック・ハーランド(DS)
スコット・コリー,ラリー・グレナディア(B)
クレイグ・テイボーン(P,EL-P,OG)

2015年に没後60年を迎えたCharlie Parkerのトリビュート盤。
ラリー・クラインのプロデュース、カート・エリング、グレゴリー・ポーター、キャンディス・スプリングス、メロディ・ガルドーのボーカルをフューチャー。
歌詞は今回付けたそうです。

アルバム通してダニー・マッキャスリンのテナーサックスが入るのでボーカリストが変わっても統一感はあります。
アレンジが'80〜'90年代チックで何か懐かしい感じがします、原曲は知りませんが(オイ

録音は良いです。
各楽器やボーカルの情報量が多く、確りとした存在感。
ただ、エフェクトが深めで、少し古めに聴こえるのはその所為かな。

Meet Charlie Parker
https://youtu.be/_oXliwu3J9I

2018/8/9 10:12  [1634-5726]   

Neneh Cherry 『Man』 Neneh Cherry 『Man』調整後

【アーティスト】Neneh Cherry
【 アルバム 】Man
【 リリース 】1996/09/26
【ディスク番号】VJCP-25259

トラックJ「Everything」にrmsピーク
実効値 -12.7db
調整後 -10.5db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Neneh Cherry、'96年の3rdアルバム。
ラジオから流れた「7 Seconds」が懐かしく、アルバムを聴いてみました。
アルバム全体がワールドビート風味のポップアルバムになっていて、当時の流行りをあっさり取り入れるNeneh Cherryらしいのかなと思いました。

録音は普通ですがミックスが上手くて、今でも古さを感じませんね。
まぁ、私がこの時代の音が好きなのと、現在は'90年代リスペクトがトレンドだからですが。

7 Seconds
https://youtu.be/wqCpjFMvz-k

2018/8/10 09:58  [1634-5727]   

Ayasa 『BEST I』

【アーティスト】Ayasa
【 アルバム 】BEST I
【 リリース 】2017/01/25
【ディスク番号】MUCD-1376

トラックL「戦いの果てに」にrmsピーク
実効値 -8.8db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Ayasa、'17年の1stベストアルバム。
アニソンとかゲームBGMみたいなインスト物で、厨二をかなりこじらせた楽曲集。

録音は普通〜少し悪いです。
大袈裟なアレンジが多いんですが音数に見合う情報量は持ってません。

VOICES (Strings ver.)
https://youtu.be/r-Bu-tNV0-w

2018/8/11 10:31  [1634-5728]   

ぼくのりりっくのぼうよみ 『Noah's Ark』

【アーティスト】ぼくのりりっくのぼうよみ
【 アルバム 】Noah's Ark
【 リリース 】2017/01/25
【ディスク番号】VICL-64690

トラックH「Noah's Ark」にrmsピーク
実効値 -7.0db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

ぼくのりりっくのぼうよみ、'17年の2ndアルバム。
アルバムには起承転結があり、確りとしたコンセプトで構成されている所に好感持てます。
内容的には自己啓発物で、手広くテーマを扱いますがそれがきちんと一つの解決に収束します。
その解には若さが感じられます、瑞々しいのぉ。

録音は普通です。
波形もレベルメーターも酷いんですが、打ち込みのトラックは許容出来る歪み感。
内容的にもこのぐらいの歪みが合っていると感じました。

Be Noble
https://youtu.be/dlMN-_8dxos

2018/8/12 10:03  [1634-5729]   

パーヴォ・ヤルヴィ 『R.シュトラウス:ツァラトゥストラはかく語りき』

【アーティスト】パーヴォ・ヤルヴィ
【 アルバム 】R.シュトラウス:ツァラトゥストラはかく語りき&メタモルフォーゼン
【 リリース 】2017/08/23
【ディスク番号】SICC 10219

トラックF「交響詩 「ツァラトゥストラはかく語りき」 作品30  病より癒えゆく者」にrmsピーク
実効値 -9.1db

【音楽】★★☆☆☆2
【録音】★★★★☆4

パーヴォ・ヤルヴィ指揮NHK交響楽団
2016年2月17日&18日、サントリーホールでの定期公演 Bプログラムでのライヴ・レコーディング

「ツァラトゥストラ」はどうしてもトランペットの入りで「ゥパー パー パー」と最初の音の音程を当てられてないんでもうダメです。
日本人の演奏には音の立ち上がりを注視せず、音が出来上がった時の音程を合わせりゃ良いみたいなクセがあり、聴く方もそういうクセがあるんでなかなか治らないですね。

録音は良いですが、音量の両端で少し問題が。
Dレンジの広さは優秀なんですが弱音部の明瞭さが足りてません(家のアンプの所為かも
強奏時には音が歪んでしまっています(許容出来る時と出来ない時がある

2018/8/13 10:17  [1634-5730]   

『武蔵野音楽大学ウィンドアンサンブル Vol.20』

【アーティスト】武蔵野音楽大学ウインドアンサンブル
【 アルバム 】武蔵野音楽大学ウィンドアンサンブル Vol.20
【 リリース 】2017/05/12
【ディスク番号】BOCD-7619/20

ディスク@トラックF「バレエ組曲《アパラチアの春》より 〈シェイカー教徒の賛美歌による変奏曲〉」にrmsピーク
実効値 -14.5db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

ケマル・ゲキチ(ピアノ)Disc1 5

指揮/録音
●レイ・E.クレーマー
 Disc1 1-5(2015年 7月 武蔵野音楽大学バッハザール)
 Disc2 6-11(2016年12月 武蔵野音楽大学バッハザール)
●リチャード・K.ハンセン
 Disc1 6-9 (2015年12月 武蔵野音楽大学バッハザール)
●リチャード・メイン
 Disc2 1-5 (2016年 7月 武蔵野音楽大学バッハザール)

武蔵野音楽大学ウインドアンサンブルの20作目。
K.M.ヴァルチック、J.A.ジルー、V.クォン、M.コナウェイ、P.ドゥーリィという新進の作品集。
私は20年ぐらい吹奏楽から遠ざかってますので聞いた事のない曲ばかりでした。
中高生向けの模範演奏になるのかな?
何曲か編曲物も入っていますが、J.S.バッハとガーシュウィンは譜面が良くないな。。。

録音は良いです。
金管、木管、パーカッションのバランスが良く、距離感とか響きの具合も聴き易いです。
でも全体的にこざっぱりまとまり過ぎてるかな。

ラプソディ イン ブルー
https://youtu.be/Ddvv0WrKxMg

2018/8/14 10:11  [1634-5731]   

Diana Krall 『Turn Up The Quiet』

【アーティスト】Diana Krall
【 アルバム 】Turn Up The Quiet
【 リリース 】2017/05/03
【ディスク番号】UCCV-1162

トラックC「Night And Day」にrmsピーク
実効値 -14.2db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★★★5

Diana Krall、'17年の13thアルバム。
物凄い既視感に覆われますがそれだけ安定してるって事かな。
プロデューサーがトミー・リピューマに戻って良かったと思います。

録音は良いです。
整音しないと言うのかな、剥き出しの音で、情報量の多さが生々しくオーディオ的です。

Night And Day
https://youtu.be/OaZdj1ZgiP4

2018/8/15 09:59  [1634-5732]   

Nickelback 『Feed the Machine』

【アーティスト】Nickelback
【 アルバム 】Feed the Machine
【 リリース 】2017/06/16
【ディスク番号】WPCR-17723

トラックB「Song On Fire」にrmsピーク
実効値 -7.6db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★☆☆☆2

Nickelback、'17年の9thアルバム。
こちらも安定したデジタルチックなキッチリ感のHR。
こういうのが聴きたい、って時にそれに応えるサービス精神というか、これしか出来ないというか(コラ

録音は悪いです。
HRでも必要以上に音圧が高いと、意図しない歪みになるだけです。
ボーカルがJ-POPチックにキラキラなんですけど、それで日本でも人気あるのかな?

Song On Fire
https://youtu.be/qFzTdmZywK8

2018/8/16 09:55  [1634-5733]   

AI 『和と洋』

【アーティスト】AI
【 アルバム 】和と洋
【 リリース 】2017/06/07
【ディスク番号】UPCH-20451/2

ディスク@トラックI「Music Is My Life」にrmsピーク
実効値 -9.1db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

AI、'17年の11thアルバム。
日本語歌唱のディスク@と英語詞のディスクAによる2枚組。

タイトル通りに「和」の方には無理矢理日本を意識させる鼓童や姫神の参加、「洋」の方はChris Brownを1曲だけフューチャー。
どちらも、AIのパフォーマンスを活かしてるとは言い難く、作詞作曲は外注してAIはシンガーに徹した方が良さそうです、AIの作品聴くといつもそう思う。

録音は普通。
「和」と「洋」で音作りの違いは楽曲には見られるものの、音質という点では同じです。
なので、J-POPにしては良いけど、洋楽としては少し悪い部類に入ります。

最後は必ず正義が勝つ
https://youtu.be/dmxWigOi3X8

2018/8/17 10:07  [1634-5734]   

ザ・クロマニヨンズ 『ラッキー & ヘブン』

【アーティスト】ザ・クロマニヨンズ
【 アルバム 】ラッキー & ヘブン
【 リリース 】2017/10/11
【ディスク番号】BVCL 837

トラックB「どん底」にrmsピーク
実効値 -12.1db

【音楽】★★☆☆☆2
【録音】★★★☆☆3

ザ・クロマニヨンズ、'17年の11thアルバム。
内容的には相変わらずですが、ちょっとした言葉遣いに彼らの目線はもう昔とは違う事が分かる。
と、同時にたまたまこのアルバムのプロモーションのラジオ出演を聞いたんですが、若いMCを小馬鹿にした態度で、何かヒロトも偉くなっちまったな、と。
それで「どん底」とか歌ってんだから共感得られない。

録音はモノラル。
アナログ盤をメインに活動したい様な事も言ってたかな、録音に関しては古風な考えを持っていて、音圧のうるささには気を遣ってる。
でも本人達の与り知らない所で多分想定してるよりは音がデカくされてると思う、可哀想。

どん底
https://youtu.be/YsI9OJXNEEY

2018/8/18 10:41  [1634-5735]   

The Age Of Passions 『Telemann: Pariser Quartette』

【アーティスト】The Age Of Passions
【 アルバム 】Telemann: Pariser Quartette
【 リリース 】2017/08/23
【ディスク番号】SICC 30453~4

ディスクAトラックQ「Quartet No. 6 in E minor, TWV 43-e4 - VI
. Modere」にrmsピーク
実効値 -17.7db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

ジ・エイジ・オブ・パッションズ
カール・カイザー(ft)
ペトラ・ミュレヤンス(vn)
ヒレ・パール(vg)
リー・サンタナ(lute)
ユリス・タイヒマニス(vc / 01, 04, 06)
ミヒャエル・ベーリンガー(hc / 02, 03, 05)
録音:2010年11月7日〜9日/2011年5月2日〜5日/独ハイルスブロン レフェクトリウム

The Age Of Passions、'17年の国内デビューアルバム、テレマンのパリ四重奏曲集の全曲。
演奏家の要請で作曲された作品集だそうで、室内楽と言ってもテクニカルな面が強調され、何だか捉え所の難しい作品。
BGM的に聞き流すには音の動きや強弱が激しく、では楽器の面白さや技術を傾聴するには冗長。
これは演奏者の所為ではなく、譜面の所為だと思いますけど。

録音は普通。
ピリオド楽器による録音なんですが、どうにもバランスが悪く感じました。
…と言うか、フルートがうるさ過ぎるだけでこうも全体の印象が悪くなる物なんですね。

2018/8/20 09:41  [1634-5736]   

上野信一&フォニックス・レフレクション 『フォニックス・マリンバオーケストラ II』

【アーティスト】上野信一&フォニックス・レフレクション
【 アルバム 】フォニックス・マリンバオーケストラ II
【 リリース 】2018/02/07
【ディスク番号】ALCD-7218

トラックD「4つのロシアの歌」にrmsピーク
実効値 -14.8db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★★5

録音:2017年4月11-15日 キラリふじみ

上野信一&フォニックス・レフレクション、'17年のマリンバオーケストラ2作目。
ほとんどが委嘱作品のオリジナルで、和太鼓作品やガムランの様なリズムの陰影に音階が乗る不思議な作品集。
そうかと思うと「4つのロシアの歌」の様なほぼメロディーのみの曲もあって、マリンバ属の面白さは感じます。

録音は良いです。
何か典型的な「録音を楽しむCD」かな、Dレンジの広さに打楽器の弱音部の明瞭感の凄みを感じまます。
…と言うか、打楽器の作品は良い音に感じやすいのですよね。


https://youtu.be/VtwJSewhtHo

2018/8/21 10:08  [1634-5737]   

Mike Oldfield 『Tubular Bells」 Mike Oldfield 『Tubular Bells』調整後

【アーティスト】Mike Oldfield
【 アルバム 】Tubular Bells
【 リリース 】1995/05/31 (オリジナル 1973/05/25)
【ディスク番号】VJCP-3057

トラック@「Tubular Bells, Part One」にrmsピーク
実効値 -18.9db
調整後 -10.3db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★★★5

Mike Oldfield、'73年の1stアルバム。
早速聴いてみました、面白かったです♪

ミニマル+バリエーションと言った感じで展開のアイデアですよね〜
気付かないうちに曲調が変わるんですが、そこはバッサリ行ったりオーバーダブ的だったり色々。

録音は良いです。
私が聴いた'95年盤はただCDにしただけのノーマライズもされてない盤でしたが、中身詰まってます。
各楽器の音色の良さに'70年代を感じます、良いコンソールですね。

Tubular Bells, Part 1
https://youtu.be/YYmRA45BZmc

2018/8/22 09:36  [1634-5738]   

Nirvana 『In Utero』

【アーティスト】Nirvana
【 アルバム 】In Utero
【 リリース 】1993/09/22
【ディスク番号】MVCG-126

トラックC「Rape Me」にrmsピーク
実効値 -11.7db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

Nirvana、'93年の3rdアルバム。
Nirvanaの3枚しかないスタジオアルバムの最後で、当時の反応(今も?)はあまり良くなかった気がします。
2ndの分かり易さに比べると渋い作りかな、何となく芸風を広げようとしてやっぱり止めた的な曲が多いです。
トラックA「Scentless Apprentice」の重々しさとか好きなんですけどね。

録音は普通。
Nirvanaって轟音をヒットチャートに載せた懐古的なバンドってイメージがあって、それは1stから一貫してる気がします。
HR/HMがどんどん軽い音になっていった'80〜'90年代にインパクトありました。

Heart-Shaped Box
https://youtu.be/n6P0SitRwy8

2018/8/23 10:13  [1634-5739]   

長渕剛 『BLACK TRAIN』

【アーティスト】長渕剛
【 アルバム 】BLACK TRAIN
【 リリース 】2017/08/16
【ディスク番号】POCS-1621

トラックB「Loser」にrmsピーク
実効値 -11.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

長渕剛、'17年の24thアルバム。
相変わらずの強めのメッセージでスタートしますが、どんどん叙情的になる感じ。
作風に感じる説教臭さに自省的な歌を挟むなどしてバランスをとってるのかな。

録音は普通です。
J-POPのベテランの人は概して音が悪い昨今ですが、このアルバムは悪くなかったです。
リズムとボーカルのバランスが意外と丁寧です。

2018/8/24 10:07  [1634-5742]   

May J. 『Best of Duets』

【アーティスト】May J.
【 アルバム 】Best of Duets
【 リリース 】2017/03/29
【ディスク番号】RZCD-86319

トラックK「北極星 〜Polestar〜」にrmsピーク
実効値 -8.0db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

May J.、'17年のデュエットベスト盤。
May J.のアルバムなのにMay J.の存在感の無さが凄い。
アーティストとしてのエゴが弱いのかな、色々な相手に合わせられるのはそれはそれで才能だけど。

録音はJ-POP標準。
絶対的な音圧は抑えられてるんですけど、ボーカルがずっとチリチリしてるのは一旦最大に上げてから後で音量下げるから。
閾値の向こうに行っちゃった情報は戻りません。

Yeah! Yeah! Yeah!
https://youtu.be/Eaqxipt_kZ0

2018/8/25 10:12  [1634-5745]   

チョン・キョンファ 『J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』

【アーティスト】チョン・キョンファ
【 アルバム 】J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ
【 リリース 】2016/09/30
【ディスク番号】WPCS-13549/50

ディスクAトラックF「Bach: Sonata #3 In C For Solo Violin, BW
V 1005 - 2. Fuga」にrmsピーク
実効値 -18.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

チョン・キョンファ、'16年のバッハアルバム、無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲、2枚組。
15年振りのスタジオ録りだそうで、そういえば名前を聞く機会が減っていた様な。
無伴奏って時々神がかる瞬間みたいのがあるんですけど、このディスクは至って波の少ない演奏に感じました。

録音は良いです。
ややエンタメ調に装飾を感じるキレイな方向の音づくり。
何と言うか、音が明瞭な所で俗っぽく聴こえちゃうかな。

アルバムPV
https://youtu.be/nx6MrhUyPes

2018/8/27 09:56  [1634-5746]   

マグダレナ・コジェナー 『愛と憧れ』

【アーティスト】マグダレナ・コジェナー
【 アルバム 】愛と憧れ
【 リリース 】2018/01/24 (オリジナル 2012年発売?)
【ディスク番号】UCCG-52125

トラックJ「Sheherazade, M.41 - 1. Asie」にrmsピーク
実効値 -15.0db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

マグダレナ・コジェナー(MS)
サイモン・ラトル指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:2012年1月

●聖書の歌op.99 (独唱と管弦楽のための) (ドヴォルザーク)
●シェエラザード (トリスタン・クラングゾールの詩による3つの管弦楽伴奏付歌曲) (ラヴェル)
●フリードリヒ・リュッケルトの詩による5つの歌曲 (マーラー)

マグダレナ・コジェナー、'12年の録音の再販盤。
3曲とも初めて聴きました、シンフォニックな大作風小品。
夫婦共演で演奏面のクオリティは高いのですが後述する録音面での聴き難さがあるかな。

録音は良いのですが声楽にフォーカスを当て過ぎてオケが何か変。
まるで別録りしたような感じでオケの方は音が割れてるのに音量が小さいというミックスのミスに感じました。
ずっと聴いてると慣れちゃうんですけど、1曲目のオケの入りは何度聴いてもおかしい。

アルバムトレーラー
https://youtu.be/09YL0Cf8ZvM

2018/8/28 10:07  [1634-5749]   

The Stone Roses 『The Complete Stone Roses』 The Stone Roses 『The Complete Stone Roses』調整後

【アーティスト】The Stone Roses
【 アルバム 】The Complete Stone Roses
【 リリース 】1995/06/21
【ディスク番号】BVCQ-640

トラック@「So Young」にrmsピーク
実効値 -12.8db
調整後 -9.7db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

The Stone Roses、'95年のベスト盤。
シングル曲+B面のコンピ盤で、ベストというよりレアコレクションに近い感じかな。

私の中でThe Stone Rosesは聴く度に印象が違ってよく分からないバンドの一つです。
このアルバムを聴くとマンチェスタームーブメントとブリットポップの変遷が何となく繋がる感じはしました。

録音は普通かな。
良い意味でチープ、インディ臭強いです。
コンピ盤なんでトラック毎に音量が合ってなかったりする、'90年代はリマスターされてない代わりにそういう事がある。

The Hardest Thing In The World
https://youtu.be/zNW-mAsPOZk

2018/8/29 09:57  [1634-5750]   

Marilyn Manson 『Heaven Upside Down』

【アーティスト】Marilyn Manson
【 アルバム 】Heaven Upside Down
【 リリース 】2017/10/06
【ディスク番号】LVR00229

トラックB「We Know Where You Fucking Live」にrmsピーク
実効値 -7.0db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Marilyn Manson、'17年の10thアルバム。
意外と定期的にリリースしてきますね。
今作は先祖帰りというか、'90年代インダストリアルの様な音作りに感じました。
んな訳でいつもより取っ付き難さが上がったかな?(いつも通りでもあるw

録音は普通〜少し悪いです。
どこまでをコントロールされた歪みと捉えるかで微妙なライン。
コントロールが効かない偶然性も作家性の一部だし。

We Know Where You Fucking Live
https://youtu.be/bmblT8_9-7U

2018/8/30 10:05  [1634-5751]   

鍵盤男子 『The future of piano』

【アーティスト】鍵盤男子
【 アルバム 】The future of piano
【 リリース 】2017/11/29
【ディスク番号】WPCS-13739

トラックB「bolero」にrmsピーク
実効値 -9.6db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

大井健と中村匡宏の連弾ユニット・鍵盤男子、'17年の1stアルバム。
連弾+打ち込みで、演奏するのはクラシックのアレンジやUKロックのカバーなど様々。

元々、ライトクラシックで活躍してる大井健の旧作見たら作曲は中村匡宏が多いので名前変えただけ?
鍵盤男子名義としてはやたら打ち込み多用って事かな。

録音は普通です。
リバーブやパン振りを多用するDAWで作った音。

The future of piano
https://youtu.be/FLgBtQZHIPM

2018/8/31 10:04  [1634-5752]   

メロディー・チューバック 『Melody』

【アーティスト】メロディー・チューバック
【 アルバム 】Melody
【 リリース 】2017/01/25
【ディスク番号】CRCP-40487

トラックA「Love You ベイビー」にrmsピーク
実効値 -10.3db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

メロディー・チューバック、'17年のメジャー1stミニアルバム。
少しノスタルジックな王道アイドルって感じで、アメリカンポップス調の楽曲に意外と声量あるボーカル。
歌は、譜面を追う事とボイトレ完了済みって意味でしっかりしてると思いました。

録音は普通。
J-POPなのでキラキラチューンなんですけどギリギリ許容量に収まる。
時々歪みますけど、まぁいいかって感じです。

Love You ベイビー
https://youtu.be/YdDmeksHr10

2018/9/1 09:58  [1634-5753]   

ジャン・マルティノン&フランス国立放送管弦楽団 『ドビュッシー:管弦楽曲集』

【アーティスト】ジャン・マルティノン&フランス国立放送管弦楽団
【 アルバム 】ドビュッシー:管弦楽曲集
【 リリース 】2017/05/17 (オリジナル 1973年?)
【ディスク番号】WPCS-28046/7

ディスク@トラックD「夜想曲 U.祭」にrmsピーク
実効値 -10.2db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★★★5

アラン・マリオン(フルート・ソロ:牧神)
フランス国立放送合唱団(夜想曲)
フランス国立放送管弦楽団
ジャン・マルティノン(指揮)
録音:1973年 パリ、サル・ワグラム


【「プレミアム・クラシックス(UHQCD)」シリーズ】の一枚。
ドビュッシーの管弦楽曲はほとんど聴いてませんでしたが色彩が豊かで思っていたよりも聴き易いですね。
演奏が素晴らしくて、何だろこのテンション。
技巧とか正確さとかはどっかに置いといて良い物を聴かせる、というか「こう演奏したい」ってのをやり通す力のある演奏。

この盤は2012年のリマスター盤を使用しているそうです。
'73年と古い録音、S/Nが不利でノイズが残って(イヤホンでようやく気付く程度)ますが出て来る音は活き活きしていて、最近の無菌室で能面な演奏よりよっぽど良いです。

2018/9/3 10:11  [1634-5754]   

『海“ドビュッシー没後100年”』

【アーティスト】V.A.
【 アルバム 】海“ドビュッシー没後100年”
【 リリース 】2017/10/18
【ディスク番号】WPCS-13736

トラックA「交響詩「海」〜第1曲 海の夜明けから真昼まで」にrmsピーク
実効値 -15.1db

【音楽】★★☆☆☆2
【録音】★★★★☆4

2017年10月に開催された展覧会「北斎とジャポニズム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」と連動したコンピ盤。
ドビュッシーだけでなくラヴェルやストラヴィンスキーの管弦楽曲抜粋とピアノ曲、歌劇を収録した所で散漫な印象。

録音はそれぞれの元音源がしっかりしてる様で悪くないです。
ジャンルが違っても聴感上の音量が揃えてあるのも良いです。

2018/9/4 09:20  [1634-5755]   

Iron Maiden 『Iron Maiden』 iron Maiden 『Iron Maiden』調整後

【アーティスト】Iron Maiden
【 アルバム 】Iron Maiden
【 リリース 】1991/08/23 (オリジナル 1980/04/14)
【ディスク番号】TOCP-6337

トラックD「Transylvania」にrmsピーク
実効値 -12.1db
調整後 -10.4db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★☆☆3

Iron Maiden、'80年の1stアルバム。
実はIron Maidenのアルバムをちゃんと聴くのは初めてかも。
一見シンプル&ストレートなんだけど展開には結構変わった事やってる感じでテクニカルですね。

録音は普通ですが音色が良いです。
HR/HMでベースがこれぐらい効いてると良いですね。
ギターガサガサしてるけどライブ感(ぇ

Prowler
https://youtu.be/nCViwXz7zAM

2018/9/5 09:52  [1634-5756]   

Dreem Theater 『A Change of Seasons』

【アーティスト】Dreem Theater
【 アルバム 】A Change of Seasons
【 リリース 】1995/09/10
【ディスク番号】AMCY-885

トラック@「A Change of Seasons」にrmsピーク
実効値 -9.9db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Dreem Theater、'95年のEP。
23分の大作シングル「A Change of Seasons」とカバーライブの詰め合わせ。

私としては「A Change of Seasons」は後で調べて組曲と分かったぐらいで1曲のテーマとしてどうなんだろ?と思いました←自分の聞き込みが甘いんだけども。。。
カバーナンバーばかりのライブ音源はそれなりに面白いんですけど、あくまでオマケ。

録音は普通です。
割と派手な音に仕上げられていて分かり易いんですけど、細かい部分で雑な気がします。

A Change of Seasons
https://youtu.be/mZKrwJzGg0k

2018/9/6 10:10  [1634-5757]   

五木ひろし 『船村徹 トリビュートアルバム〜永遠の船村メロディー〜』

【アーティスト】五木ひろし
【 アルバム 】船村徹 トリビュートアルバム〜永遠の船村メロディー〜
【 リリース 】2017/05/24
【ディスク番号】FKCX 5088

トラックQ「花ひばり」にrmsピーク
実効値 -9.9db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

五木ひろし、'17年のカバーアルバム、2017年2月に亡くなった船村徹の作品集。
船村作品は五木ひろしの品行方正な歌唱とは合わない感じ。
「王将」がフリースタイル過ぎて、両者のリズム感、スタイルの違いがよく現れてると思う。

録音は普通。
演歌・歌謡曲と言うよりムード歌謡色が強いかな。

2018/9/7 09:56  [1634-5758]   

The Birthday 『NOMAD』

【アーティスト】The Birthday
【 アルバム 】NOMAD
【 リリース 】2017/05/10
【ディスク番号】UMCK-1566

トラックJ「月の上のイライザ」にrmsピーク
実効値 -9.6db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

The Birthday、'17年の9thアルバム。
元THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、チバユウスケのバンド。

THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの時は感じなかったんですが、日本のロックに対するリスペクトを至る所に多く感じる作品でした。
こういうスタイル自体がもう懐古的ではあるんだけど、時代は巡って新しいモチベーションを見出した様なテンションの高さが良いですね。

録音はまぁ海苔なんですけど、必要悪かな(オイ
実は結構丁寧な気がして、クリーントーンの音色はキレイだし、ブレイクやブリッジではかなりマトモな音が鳴ってたりします。
THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの時は本当に酷かったのでこれも進歩(コラ

夢とバッハとカフェインと
https://youtu.be/qGSPLcfmWCI

2018/9/8 09:46  [1634-5759]   

イルジー・ビエロフラーヴェク 『ドヴォルザーク: スラヴ舞曲集』

【アーティスト】イルジー・ビエロフラーヴェク指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
【 アルバム 】ドヴォルザーク: スラヴ舞曲集
【 リリース 】2017/08/23
【ディスク番号】UCCD-1450

トラックN「スラヴ舞曲集 作品72 第7番 ハ長調」にrmsピーク
実効値 -11.1db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

イルジー・ビエロフラーヴェク指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
録音:2014年12月17-21日・2015年10月1-2日 プラハ ルドルフィヌム ドヴォルザーク・ホール

'17年5月に亡くなったイルジー・ビエロフラーヴェクの'14年の録音。
悪くは無いんですけど感情の動かし方に私個人の嗜好と開きがある感じです。
同じチェコフィルでもノイマンの物と随分音が違いますね、ノイマンの方が好みです。

録音は普通です。
音圧やや高めで曲の調子には合ってるかな、Dレンジが平坦なので聴き易いのは聴き易い。
何だかオケの音色ものっぺりしてるかな、そこが微妙。

2018/9/10 10:08  [1634-5764]   

モイツァ・エルトマン 『モーツァルト・ガーデン』

【アーティスト】モイツァ・エルトマン
【 アルバム 】モーツァルト・ガーデン
【 リリース 】2018/01/24
【ディスク番号】UCCG-52126

トラック@「歌劇「ツァイーデ」〜虎よ!その爪を研げ」にrmsピーク
実効値 -14.5db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★★5

モイツァ・エルトマン(S)
アンドレーア・マルコン指揮 ラ・チェトラ・バロックオーケストラ・バーゼル
録音:2010年6月 リーエン

モイツァ・エルトマン、2010年の録音、モーツァルトとその時代のアリア集。
意外と太い声質でそこに高音のビビッドさが加わる個性的な歌唱。
個性的って言ってもイロモノじゃなくて極めて真っ当ですけどね。
エルトマンの歌唱を鑑賞・堪能するには良いんですが、選曲は微妙。

録音は良いです。
この時代の楽曲にこれほどDレンジの広さが必要なのかは謎ですがシンフォニー調に抑揚があり、それをよく録れています。
ソプラノとオケのバランスも良好。

Ach ich fuhl's
https://youtu.be/UzQnW7DXCHk

2018/9/11 10:06  [1634-5765]   

小曽根真 『BEYOND BORDERS』

【アーティスト】小曽根真
【 アルバム 】BEYOND BORDERS
【 リリース 】2018/03/14
【ディスク番号】UCCU-1568

トラック@「ラプソディ・イン・ブルー」にrmsピーク
実効値 -17.5db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

小曽根 真(ピアノ)
アラン・ギルバート指揮ニューヨーク・フィルハーモニック
録音:2017年11月2-4日 ニューヨーク、デヴィッド・ゲフィン・ホール

小曽根真、'18年のアルバム、ガーシュウィンとバーンスタインを収録。
クラシックの人がガーシュウィンを演奏すると時々リズム感が迷子になる事があるんですが、さすがに小曽根真はそういう事がなく自然なノリ。
ニューヨーク・フィルハーモニックも良い演奏です。

録音は普通っぽい、というか小曽根のピアノがヤマハなのかな?何か学校の教室っぽいんですよね(コラ
それと全体的に音圧低いです、高いよりは良いんですがもっと追い込める余地がある。

2018/9/12 10:06  [1634-5766]   

Aphex Twin 『Drukqs』

【アーティスト】Aphex Twin
【 アルバム 】Drukqs
【 リリース 】2001/10/11
【ディスク番号】WPCR-11093/4

ディスクAトラック@「54 Cymru Beats」にrmsピーク
実効値 -10.1db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★★☆4

Aphex Twin、'01年の5thアルバム。
発売当時も聴いてたんですけど、今でもこんな狂ったリズムにはお目にかかれないw
ドラムンベースなんですが、どうしたらこういう発想になるのか。

録音は良いです。
打ち込み、DJ、ミックスのお手本。

Vordhosbn
https://youtu.be/-iEl7OKrLGI

2018/9/13 10:07  [1634-5768]   

UNICORN 『半世紀 No. 5』

【アーティスト】UNICORN
【 アルバム 】半世紀 No. 5
【 リリース 】2017/03/08
【ディスク番号】KSCL 2863

トラックF「TAIRYO」にrmsピーク
実効値 -9.1db

【音楽】★☆☆☆☆1
【録音】★★☆☆☆2

UNICORN、'17年の14thアルバム。
前々作辺りから内輪の宴会芸になってますが、その度合いが更に酷くなった。
自分もおっさんだからこうなるのは理解出来ますけどね。

録音は悪いです。
J-POP標準の情報量の低さに加えて、無駄音圧でチリチリ。

私はオジさんになった
https://youtu.be/I7NoD83Vk8U

2018/9/14 10:01  [1634-5771]   

和田アキ子 『THE LEGEND OF SOUL』

【アーティスト】和田アキ子
【 アルバム 】THE LEGEND OF SOUL
【 リリース 】2017/10/25
【ディスク番号】TECI-4010

トラック@「あの鐘を鳴らすのはあなた」にrmsピーク
実効値 -8.0db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

和田アキ子、'17年の50周年記念ベストアルバム。
ファン投票10曲と自選8曲を収録。
大体聴きたいのは入ってますが曲順はもう少し考えて欲しいな、人気順より時代順にするべき。

録音は普通〜少し悪いです。
やっぱり昭和の録音の方が音色は良く、平成の物は質は良いけど味気ない。
リマスターの精度が全体的に中途半端な気がする。

あの鐘を鳴らすのはあなた
https://youtu.be/ohF1v5DErNU

2018/9/15 09:49  [1634-5772]   

反田恭平 『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調 op.18』

【アーティスト】反田恭平
【 アルバム 】ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調 op.18
【 リリース 】2016/11/23
【ディスク番号】COGQ-97

トラック@「ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18 第1楽章 : Moderato」にrmsピーク
実効値 -13.2db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★★5

●ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調 op.18
反田恭平(ピアノ)
イタリア国立放送交響楽団
アンドレア・バッティストーニ(指揮)
録音:2016年7月7日 トリノ、RAIオーディトリアム

●ラフマニノフ:ピアノとオーケストラのための『パガニーニの主題による狂詩曲』
反田恭平(ピアノ)
東京フィルハーモニー交響楽団
アンドレア・バッティストーニ(指揮)
録音:2015年9月11日 東京オペラシティ・コンサートホール

反田恭平、'16年のアルバム。
協奏曲となると反田の持ち味はどうなのかと思いましたが、指揮者に従順な感じにやってますね。
時々ある独奏パートでもあまり無茶はしない(ぇ
やっぱりピアノソロでこそ意味のある演奏家かな、このCD自体はバッティストーニの物。

録音は良いです。
ピアノとオケの情報量の多さ、ここに尽きると思います。

ラフマニノフ:ピアノとオーケストラのための『パガニーニの主題による狂詩曲』
https://youtu.be/Apto4em_6BE

2018/9/17 10:09  [1634-5773]   

五嶋龍 『ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」』

【アーティスト】五嶋龍
【 アルバム 】ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」
【 リリース 】2015/04/29
【ディスク番号】UCCG-1698/9

ディスクAトラックA「ピアノとヴァイオリンのためのソナタ イ長調 第2楽章:Allegro」にrmsピーク
実効値 -16.8db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

五嶋龍(VN)
マイケル・ドゥセク(P)
録音:2014年9月 ニューヨーク、アメリカ文芸アカデミー

五嶋龍、'15年のアルバム。
無骨なんだけど線の細い五嶋の演奏と、やたら太い音を出すマイケル・ドゥセクの不思議なアンサンブル。
ピアノがリードしてる感じですね。

録音は良いです。
おおらかに響かせてモヤモヤっとレトロ調。
ピアノの間接音成分が多過ぎる気がしました。

2018/9/18 09:24  [1634-5774]   

Napalm Death 『Diatribes』

【アーティスト】Napalm Death
【 アルバム 】Diatribes
【 リリース 】1996/02/01
【ディスク番号】TFCK-88775

トラック@「Dogma」にrmsピーク
実効値 -10.4db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

Napalm Death、'96年の6thアルバム。
名前は知ってたんですが初めて聴きました。
グラインドコア?こっち系のジャンルは細か過ぎてよく分からん。
デス声以外は爽やかな高速パンク、難しい事はほとんどやらない潔い感じ。

録音は普通(このジャンルとして、ですが)
爽やかに聴こえるのはギターもベースも音符以上に重さを感じないからかな。
'90年代だと音圧戦争に入る前でマスタリングは結構節度がある。

Greed Killing
https://youtu.be/GOU1d8gX8xo

2018/9/19 09:59  [1634-5775]   

Mary J. Blige 『Strength of a Woman』

【アーティスト】Mary J. Blige
【 アルバム 】Strength of a Woman
【 リリース 】2017/04/28
【ディスク番号】UICC-10029

トラックG「Thank You」にrmsピーク
実効値 -9.0db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

Mary J. Blige、'17年の13thアルバム。
相変わらずのオールドスクールと最新トレンドの融合。
Mary J. Bligeが作り込めば作り込む程日本人には取っ付きにくくなるw

録音はトラックによって普通〜悪いです。
何て言うかな、音作りのセンスは文句ないんですけど、一つ一つの素材は盛り過ぎな所がある。
必要以上にキラキラ。

Thick of It
https://youtu.be/8KcdZZnBfRA

2018/9/20 09:38  [1634-5776]   

藤原道山 『季(TOKI)-冬-』

【アーティスト】藤原道山
【 アルバム 】季(TOKI)-冬-
【 リリース 】2018/01/24
【ディスク番号】COCQ-85412

トラックC「松竹梅」にrmsピーク
実効値 -15.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

藤原道山、'18年のアルバム、「季(TOKI)」シリーズ4枚目。
色々とボーダーレスな活動をしている藤原道山の純邦楽作品。

こういった作品は「民族音楽」としてリアルな音を提供するか、間口を広げる為に聴き易く仕上げるか分かれると思うんですけど、このCDは後者。
かなり整音されて聴き易い音ではあるけど、和楽器の特徴である倍音成分がトリミングされちゃってるんじゃないかな。
つまり西洋音楽的な録音。

2018/9/21 09:55  [1634-5777]   

Bentham 『Re: Wonder』

【アーティスト】Bentham
【 アルバム 】Re: Wonder
【 リリース 】2017/07/26
【ディスク番号】PCCA-04550

トラックI「survive」にrmsピーク
実効値 -7.1db

【音楽】★☆☆☆☆1
【録音】★★☆☆☆2

Bentham、'17年の1stアルバム。
UNISON SQUARE GARDENとかポルノグラフィティっぽいバンドなんですけど何をどう歌いたいのか全く聞こえて来ない空っぽの中身。
フルアルバム聴いて、一つも刺さる言葉が無いってのは今時のJ-POPらしくて良いんじゃないですか。

録音は悪いです。
録音の方はバシバシ刺さりますね、イタい音で。

Chicago
https://youtu.be/MWserASk0Jg

2018/9/22 10:05  [1634-5778]   

Rafal Blechacz 『Johann Sebastian Bach』

【アーティスト】Rafal Blechacz
【 アルバム 】Johann Sebastian Bach
【 リリース 】2017/02/22
【ディスク番号】UCCG-1762

トラックI「幻想曲とフーガ イ短調BWV944 - Fantasia」にrmsピーク
実効値 -16.6db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★★5

ラファウ・ブレハッチ(P)
録音:2012年1月/2015年2月

Rafal Blechacz、'17年のアルバム。
物凄く甘〜い音を出すポーランド人ピアニスト。
バッハよりモーツァルトが似合う感じ。

録音は良いです。
程よい間接音成分に包まれながら情報量も多く、DGらしいキレイな音。
キレイってのはエンタメ要素の事。

Italian Concerto In F Major, BWV 971, 1.
(Allegro)
https://youtu.be/OF_UlPrZ8Lo

2018/9/24 09:12  [1634-5779]   

『ピアソラに捧ぐ』

【アーティスト】V.A.
【 アルバム 】ピアソラに捧ぐ
【 リリース 】2017/07/05
【ディスク番号】WPCS-13712/3

ディスクAトラックA「天使の協奏曲 Milonga」にrmsピーク
実効値 -12.5db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

ピアソラ没後25周年のコンピ盤、2枚組。
バレンボイム、ロストロポーヴィチ、アルゲリッチ、クレーメルなど錚々たる面子ですがワーナーの音源に限定されるんで微妙。
アリソン・バルサムのトランペットのアレンジがかなり異質、タンゴにブラスは合わんな〜

録音はコンピ盤なので様々。
全体的な音量は揃えてあるんですけど、中には相当Dレンジの広いトラックもあったりして、聴きにくいアルバムでもある。

Le Grand Tango
https://youtu.be/IDzEXIB3rMI

2018/9/25 09:41  [1634-5780]   

Louis Armstrong 『THE BEST OF LOUIS ARMSTRONG』

【アーティスト】Louis Armstrong
【 アルバム 】THE BEST OF LOUIS ARMSTRONG
【 リリース 】2017/09/20
【ディスク番号】UCCV-4134

トラックC「Mahogany Hall Stomp」にrmsピーク
実効値 -12.3db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Louis Armstrong、'17年のベスト盤。
お手軽入門盤というか廉価ベストシリーズになるのかな。
音源は悪くないんだけど、旧来のベスト盤やオリジナルをあさった方が幸せだと思う。

録音は普通です。
リマスターされてるんでしょうけど思っていたよりクリアな音質。
でも「What a wonderful world」のミックスが変なんだけどいつからこうなった?

What A Wonderful World
https://youtu.be/A3yCcXgbKrE

聞き馴染みのあるのはこのミックスなんですが、アルバム収録の物はボーカルがスプリットされてセンターに居ない。

2018/9/26 09:39  [1634-5781]   

渡辺貞夫 『ENCORE!』

【アーティスト】渡辺貞夫
【 アルバム 】ENCORE!
【 リリース 】2017/05/24
【ディスク番号】VICJ-61758

トラックJ「My Dear Life」にrmsピーク
実効値 -10.2db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

渡辺貞夫、'17年のライブアルバム。
'80年のライブアルバム『HOW'S EVERYTHING』のビッグバンドアレンジによる再現。
オリジナルの方は聴いてませんが物凄く良い雰囲気で渡辺貞夫らしい心地好さを充分堪能出来ます。

録音は良いです。
PA出しでしょうけど、お行儀の良い聴衆にほのかにライブ感を感じます。

2018/9/27 09:43  [1634-5782]   

Lana Del Rey 『Lust For Life』

【アーティスト】Lana Del Rey
【 アルバム 】Lust For Life
【 リリース 】2017/07/21
【ディスク番号】UICS-1324

トラックF「Groupie Love」にrmsピーク
実効値 -7.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Lana Del Rey、'17年の5thアルバム。
ほぼ一年置きにリリースを重ねてもう5枚目。
全部聴いてる訳じゃないけど頑にスタイルを変えない所は凄いと思う。

録音は普通。
色々と作為的にノイジーにするスタイルも相変わらず。
旧い物への憧憬は、旧い物にならないという発見?w

Love
https://youtu.be/3-NTv0CdFCk

2018/9/28 09:31  [1634-5784]   



音圧

タグ:
暑いのにスノーフレーク

雑談板44です♪

暑いですねー
去年までは暑いとイヤホンでしたが、今季はスピーカーで聴ける幸せ♪
夏、このアンプは大丈夫なんだろうか?という不安を感じつつw

書き込んでいただける皆様に感謝です!

2018/4/22 22:47  [1634-5572]   

セイウチさん、こんばんは。

Apocalyptica、フィンランドのメタリカカバーバンドですw
チェロは気合い入れて弾くと、ディストーション掛かりますからね(違
そりゃ〜首も振りますでしょうw


Sting&Shaggyですか、ジャマイカ関わるのはSHINEHEAD以来?(ぇ
Shaggyは1stだけ聴きましたけど、おっさん声って以外の魅力は無かったかなー
https://youtu.be/BtLqmWt2h2g


傳田文夫は「日本人の耳をひらく」って本で、言語感覚の違いが聴覚の認識の違いにも表れるんじゃないかって話です。
発生した音、発話された声のどの部分に意識が行ってるのか、そこが印欧語と日本語では真逆だと。
まぁ、あのトレーニングセットはいかにも怪しいですけどね(^^;)


MONOEYESはTears for Fearsみたいなポップな感覚は無い感じで、青春パンクとかエモ系っぽいですね。
ELLEGARDENとかthe HIATUSをやってた人の新バンドです。

2018/4/22 22:48  [1634-5573]   

DENON AH-D5200

【試聴】DENON AH-D5200【iPod】

●DENON AH-D5200 \65,750

ようやくD5200聴けました。

重量は何となくD7200より軽い感じ。
ゼブラウッドはソリッドでカッコ良いですね。
見た目がタイトな印象で装着感もやや硬めになるのかな、余裕はあります。

【ドラム】
若干ドンシャリでリスニング系、変な偏りは無いです。
響きが後引かない感じで締まり気味。

【ベース】
量感は普通〜やや多い程度。
音色や音程の変化に対する追随性が高く、写実的。
輪郭カッチリって訳では無いんですがシャープな印象。
深い音域は出ていますが、強調感は無い。
DENONっぽくいつまでも響く低音とちょっと違う。

【ボーカル】
D7100以降のモデルに感じたスタジオ録りボーカルの違和感が遂に無くなった。
(と言うか、やっと元に戻った)
フォーカスは男声の低音部と女声の高音部にそれぞれ感じる。
音像は近く、生々しさを感じます。

【ピアノ】
左手は軽快によく分離して、右手は硬めにキラキラ響きます。
高音部にやや強調感があって、低音部からの持ち上げより目立つ感じでとにかく硬めに聴こえる。

【総評】
ホール録りに余裕のある響きを持つD7200とはかなり違うキャラクター。
スタジオ録りの音源を写実的に聴くのに向いてる感じ。

D5000の後継ってよりは、D2000に近い感じなんじゃないかな?
情報量の捌き方はD2000よりかなり細かく出来ますが。

割と貧弱な環境で使う分にはD7200より明らかに明瞭で分かり易さを感じられる機種だと思います。
…まぁ、つまり私向き←
DENONはPMA-60の事があるからあまり良い気はしないんだけど、これは欲しい(オイ

2018/4/30 14:08  [1634-5582]   

audio-technica ATH-PRO7X

【試聴】ATH-PRO7X【iPod】

●audio-technica ATH-PRO7X \23,630

オンイヤータイプのDJホン。
ATH-PRO-のラインとしてはかなり軽量。
パッドは柔らかく、側圧もユルいが、カップの可動域が狭くてフィッティングはあまり良くない。
遮音性も大して高くない。

【ドラム】
キックとハットにピークがある分かり易いドンシャリ。
騒音下で効いて来るのはスネアの明瞭感って所かな、モニタには無難。

【ベース】
力感タイプで、タイトな響きの中に量感が加わる感じ。
楽器の響きよりは弦の擦音の方を拾っちゃう感じもある。
深い音は出てるし、粒立ちも良いのでベースに関してはクオリティ高いです。

【ボーカル】
刺さりっぽい強調感があります。
解像度、解像感共に高く、異常に明瞭で試聴映えする音。
ちょっと感度が高くて、陰影の表現が平坦過ぎるかも。

【ピアノ】
シャープさは感じないんですけど、硬い音。
と言うか、エレピに聴こえる。
低音弦の分離感は優秀。

【総評】
これ、オンイヤーじゃなかったらWS1100もMSR7も食ってたかも知れない(ぉ
ハイレゾ対応云々以後の超絶に分かり易い明瞭でベッタリした音で、単純に「よい音」って押し付けが凄い。
(「よい音」が平仮名なのは察して下さい)

個人的には全然要らない音ですけどね。

2018/5/4 13:35  [1634-5587]   

なるほど、ヨドでも215だけ2012年ぐらいの底値まで落ちてる。
315や425も落ちる可能性あるな。

…でも要るか?w

2018/5/7 19:23  [1634-5591]   

ももクロ質問者はちゃんと注文したんだな…
第2回の受け付けは全然集まっていない様だが←ファンです
http://www.momoclo.net/pub/pc/informatio
n/?id=4224

2018/5/14 02:17  [1634-5599]   

DENON AHD1200

【試聴】DENON AHD1200【iPod】

●DENON AHD1200 \18,770

AHGC20にそっくりな外観で耳を完全に覆える深いカップ。
1100より何となく遮音性能が上がってる気がする。

【ドラム】
キックのアタックとスネアに強いピークがあって、他のパートも充分ドンシャリなんだけどそれが霞む勢い。
金物系は上を抑えられた感じで金属臭が強い。

【ベース】
量感多めですけど弦のアタックを拾う事で、ユルい中にキッチリ感が出る変な感じ。
1100の様に男声ボーカルに被る事はないみたい。

【ボーカル】
基本的に音源よりハスキーに聴こえる。
解像感や抜け具合はあまり良くなく淡々とこなす感じ。
女声の高い所にはJ-POP的お約束のピークがあり、刺さる程ではないが歪む。

【ピアノ】
ベースに似ていてユルい中にアタックの明瞭さだけはあって、総合的には硬い音なのかな。
低音弦の分離は意外と上手く出来ます。

【総評】
う〜ん、悪くはないんだけど、心ときめかない音だな〜
1100の短所でもあり長所でもあった低音のクセが均されてしまった事で何だか凡庸な音。
凡庸って言ってもジャンル対応は狭そうでミーハーなポップスぐらいしか上手く鳴らせなさそう。

1100の併売続けるの、何となく分かる気がする。

2018/5/14 13:14  [1634-5601]   

えうなきものさん、こんにちは。

最近、すっかり暑くなってSRH440の出番がなくなりましたw
代わりといえばなんですが、擬物で有名なKZ ZS6とZS10を買いました。

ZS6は完全にドンシャリですね。
基本的性能は悪くないですが、生楽器系は聴けないですw
打ち込み系は楽しいかもw

ZS10は典型的なマルチBAの音がします。
ZS6は大味な音でしたが、ZS10は凄く緻密な音がします。
ブランド名張り替えて5万くらいで売ってても通用しそうw

いやぁ、KZもレベル上がりましたね。
日本メーカーやばいな。。

2018/5/14 16:59  [1634-5602]   

サイさん、こんにちは。

今日は特に暑いですねー
さっきデンオンのヘッドホン試聴してたらパッドが汗まみれになったので拭いておきました←几帳面

KZおめです!
ナコさんもZS10買われてましたね〜
1D+4BAで6000円ちょっとですか、凄まじいプライスですね。

これって売ってるの尼だけなんですかね、見た事ないですw

日本メーカーのイヤホンはもう何か余りやる気が無い様な感じですね。
元気なのはfinalの廉価帯ぐらい?
色々作っても結局売れるのって1000円ぐらいのソニーとパナだけですからねw
開発者も心が折れるのでしょう(オイ

2018/5/14 17:24  [1634-5603]   

ZS10はオリジナルデザインみたいです。 KZ ZS6。 C社のAndrome○aじゃないよw

えうなきものさん、こんにちは。

いやぁ、ここ最近は特に暑いですね。
ヘッドフォンはしばらくお預けですね。

おめありです。
自分の周りでKZ流行ってます。
ZS10はいい意味で普通の音がします。
KZらしくないので、一部の人にはツマラナイみたいですが。

一応アリババでも買えるみたいです。
届くの遅いですが、40ドルほどで買えるとか。
凄まじいコスパですね。

一応大手はやってるみたいですが、真新しさはないですね。
オーテクもイマイチですし。
FADは悪くないのですけど、イヤホンマニアしか知らないのが残念です。



2018/5/15 09:03  [1634-5604]   

サイさん、こんにちは。

今日も朝から日差しが暑いです(^^;)

KZは、なとりうむいおんさんも買われていたんですね。
皆さん相変わらず目利きですね♪

新興メーカーは最初はインパクト勝負みたいな感じですけど、段々音が落ち着いて来る事が多いですね。
ZS6はKZらしい感じですね、ルックスもw

少し前にヨドバシでKZのZSTを扱いだしたんで、他の機種も来るんだと思ったらZSTだけで、何か販売ラインが違うみたいですね。
私はイヤホンの場合は試着しないと装着出来るかどうか分からないんでツラいですw

オーテクは昔からイヤホン苦手ですね〜
CKR100は中々良いと思いますけど、高いw
JVCもソニーも現行機種はイロモノですし。
そうですね、finalは割とどこでも買えるけど知名度上がらないですね、何だろ?

2018/5/15 10:00  [1634-5605]   

浄蓮の滝。手持ちだとこれが限界。 萬城の滝。三脚借りたので、キチンと糸になってます!

えうなきものさん、こんにちは。
GWは友人を誘って伊豆の祖父の家に旅行に行ってました。

定番の浄蓮の滝と地元民のみ知る萬城の滝へ行ってまいりました。
萬城の滝は雨の次の日だったので、水量が凄かったです。

キヤノンで撮ったのは後日アップしますねー

いやー、今日も暑いです。
冷やし中華食べたい。。

いおんくんのレビュー見て買いましたw
ZS10はスピーカー派こそ聴いて欲しいです。
ZS6は典型的なハイブリッドの音ですからね。
と、思ったらネットワーク組んでなかったみたいです。
帯域が被ってて粗が大分ありますね。

ZS10はデカイので、試着は必須かもですね。
自分も結局イヤーピース換えましたし。

テクニカはヘッドフォンと比べるとイヤホンはどうしても劣りますね。
イヤホンは、真面目にやってる時のSONYのがずっと良い印象があります。

JVCのハイブリッド?は聴きましたが、悪くないのですけど、音聴く限りKZで良いかな、と。
他メーカーも同じようなモノですが。


2018/5/15 12:51  [1634-5607]   

サイさん

おおっ、涼し気なお写真ありがとうございます!
滝って意外と暗いんですよね、手持ちだと辛いです。

まだ5月なのに冷やし中華が恋しい気候ですね〜

いおんさんが大元でしたか〜
ZS6はネットワークレスですか、2D+2BAが好き放題鳴るなら面白いかも(オイ

私はイヤモニタイプだとノズルの長さが足りなくて密閉しきれない事が多いんですよね。
円筒型のイヤホンだとMサイズで済むんですけどイヤモニ型はLとかXLになりますw

オーテクはカナル型の歴史が浅かったりしますよね。
初期のCK5なんかイヤーピースで耳がかぶれる程祖末でしたし。。。

ソニーも普通にD型か1BA作ってれば良いと思うんですけどね、需要なのかな?
JVCは上位機種ほど難聴ヘルプな周波数カーブで痛い音出しますね。
今の所、どこの国内メーカーも相変わらずギミック頼みな感じで出音は二の次ですね〜

2018/5/15 14:02  [1634-5608]   

浄蓮の滝。やっぱ手持ちはきつい。 萬城の滝。三脚使うと違いますね。 凄まじい水量です。 富士は日本一の山。@土肥

えうなきものさん、こんばんはー

滝の撮影は難しいですね。
2枚目はシャッター速度0.3秒なので、晴れ過ぎると白トビします。
実際スマホで撮影したのは白トビしまくりました。。

暑くてさっぱりしたものが恋しいですねー

ZS6の鳴り方はある意味高級機っぽいですw
派手なのが好きな人も多いですから。

イヤモニタイプは耳にふたをするように装着することが多いですね・
逆にER-4Sはツッコミすぎですね(^^ゞ

出たー、CK5。
今も手元にありますw
装着感微妙ですね。

国産機は宣伝文句が必要なのでしょうねー
普通に音のいいイヤホン作ればいいと思いますが。

2018/5/15 20:16  [1634-5609]   

サイさん

滝は露光時間とか凝り出すと際限ないですからねー
私は天城峠で豪雨に遭った事がありますが死ぬかと思いました(^^;)
伊豆の雨は凄いですね!

冷やし中華恋しいと言いながら今晩は素麺をいただきました(オイ

ZS6の方はデザイン元からして高級機リスペクト?
派手な分かり易い音は需要ありますからね〜

イヤモニタイプは最初全然上手く着けられなかった←SE535
3段フランジは今でもダメです、何か咳き込んじゃいます(謎

あら、CK5お持ちでしたかw
初めてカナル型買ったのがCK5で、耳がかぶれて、しばらくカナル恐怖症になりました(^^;)

イヤホンの宣伝文句って男の子のオモチャのノリですからね〜
マトモな音の良さって、伝えるのが難しいですね。

2018/5/16 02:06  [1634-5610]   

あのモノノ(ryは何度言ってもわからんやつだな

2018/5/19 22:09  [1634-5615]   

ベスト盤って、買った日ぐらいしか聴かないんだよな←ファンです

しかも、1stに入ってた曲の音が悪くなってる。
レベルメーターと波形は、「D'の純情」の1st(上段)とベスト盤(下段)の比較。
元々、音圧ギリギリで入ってんだからちょっとでも上げたらダメなのに。。。

2018/5/23 02:13  [1634-5618]   

audio-technica ATH-PRO5X

【試聴】audio-technica ATH-PRO5X【iPod】

数日前にも聴いたんですが、あまりにも変な音だったんで聴き直してきたんですけど、やっぱり変な音だった。。。


●audio-technica ATH-PRO5X \9,590

見た目よりは軽い。
ヘッドバンドのスライダーが無段階なのは良いんだけど硬過ぎるし、こういう硬いタイプはダメになると固定出来ないんじゃないかな?

パッドはゴワゴワして厚いけど、耳の収まりは良いアラウンドイヤータイプ。
何となくM50xっぽい感じかな、proシリーズってよりは。

【全パート共通】
このヘッドホンは250Hz~500Hzのディップが広範囲で、10kHzの盛り盛り感も凄い。

【ドラム】
前述の音調により、キックは「ドン」の「ン」だけ、スネアは「タン」の「タ」だけがよく聴こえる変な音。
金物系のやかましさも気になる。

【ベース】
深い音も聴こえますが、胴鳴りが主成分で弦の音はほぼ端折られてる感じ。

【ボーカル】
フィッティングの合ってないイヤホンみたいな、ラジカセ調ボーカル。
高音域のブーストで刺さりも酷いし、唯一、もやもやしたJ-POPに効果的なぐらいの音調。

【ピアノ】
低音からの被りが無いんで分離良く聴こえるんですが、どうしようもなく音が軽い。

【総評】
オーテクの安いスポーツイヤホンみたいな音調ですね。
pro5ってもう少し篭りながらも平坦なf特を目指していた様な記憶がありますが、これは何か違う。

前回のPRO7X、そして今回のPRO5Xを聴いた後に他のヘッドホン聴くと「篭って」聴こえる様に耳を麻痺させる効果がある。
売り場で取り敢えず試聴映えする。

2018/5/28 13:39  [1634-5624]   

ハイレゾ音源配信に関しまして
http://www.momoclo.net/pub/pc/informatio
n/?id=4365


早速トラブってる様でなによりです
誤った音源、それを言うなら全部だろ←ファンです

2018/5/31 21:09  [1634-5628]   

表にも貼ったけど

プリメインアンプ「PMA-60」に関する重要なお知らせ
https://www.denon.jp/jp/news/regulations
/pma60


6月4日付けで発表されていた様です。

シリアルナンバー、ちゃんと該当してるな、面倒臭いw
交換じゃなくて修理ってのが酷い対応だと思う。

2018/6/8 21:23  [1634-5636]   

PANASONIC RP-HD600N

【試聴】PANASONIC RP-HD600N【iPod】

●PANASONIC RP-HD600N \27,250

変な色とphilewebが2回も特集組んだのに全く話題にならない所が私の琴線に触れる機種。

手に持った感じは重くもなく軽くもなく。。。
一応アラウンドイヤータイプですが、ちと狭い。
側圧が意外と強い印象でした、試聴機は。

NCのコントロールはヘッドホン本体のみで出来るので、旧世代のiPod使いの私には楽。
NCの効きは多分一番効いてるAタイプでも暗騒音を薄ら消すのがやっとという感じ。
BとCに至っては物理的にパッドで消音してるだけでは?と思う。
まぁでもAタイプならそれなりに実用に困らないんじゃないかな、試聴時の音量は普通の密閉型よりかなり低く済みました。(音量上げると歪むってのもあるけど)

【ドラム】
キックのアタックが凄く前に出る感じでBTらしい。
スネアとハイハット、シンバルは特に不満の無い鳴り方、伸びないですけど。

【ベース】
ドラムのキックに比べるとアタックはユルめに出る。
量感は多いんですけど、後ろには引っ張らない。
この個体の所為か電波状態の所為か分かりませんが、元ソースのベースが強いと歪む傾向。

【ボーカル】
やや刺さりっぽい強調感を微妙に感じる。
元ソースが埋もれ気味のボーカルだと効果的に響いて、エンタメ調。
Bruno Marsの「24K Magic」って割と埋もれるボーカルなんだけどHD600Nは聴き易く出して来ます。
手持ちだとオーテクM50とbeats mixrぐらいしかこう鳴らなかったんでUSA志向な音?

【ピアノ】
割とシャープに出るボーカルに対してピアノは柔らかめに響きました。
低音弦の分離はかなりマズいですが、主旋律はキレイに聴かせる方向。

【総評】
iPodはAACで繋がってると思いますけど、この機種はaptxやLDACも積んでるんでしたっけ?
有線で試せなかったんで、全体的に漂う鮮度の薄さ以外はまぁこんなもんかなって感じです。

パナの有線モデル、HD10、HD7、HD5、は過去に聴いてボーカルの浮く違和感に耐えられませんでしたが、今回はそういう違和感が出ませんでした。
変な色だし、初期設定が高過ぎたけど、2万前半ぐらいなら買っても良いかな。

2018/6/12 14:52  [1634-5640]   

これさ、中身は酷いんだけどCDの「盤」は良い、無駄w

2018/6/15 19:18  [1634-5644]   

>sudioの完全ワイヤレスイヤホン「Niva」に新色のカモフラージュ

https://www.phileweb.com/news/d-av/20180
6/19/44289.html


北欧とカモフラが結び付かなくて野暮ったい

2018/6/19 18:14  [1634-5648]   

safariが古くて映らんw

2018/6/19 21:22  [1634-5649]   

粗忽長屋のマクラだな

2018/6/20 13:08  [1634-5651]   

すげぇ見づらくなってる

VGP2018 summer カテゴリー別受賞結果
http://vgp.phileweb.com/vgp2018_summer/c
ategory.php


珍しくSENNHEISERがIE800SとHD660Sしか金賞獲れなかったんですね。
セミオープン型10万円以上っていうT1 2ndしかない謎のカテが出来た。

PMA-60のデスクトップオーディオ・プリメインアンプってカテも謎。

2018/6/20 13:29  [1634-5652]   

2万6000円台まで落ちてたのに戻っちゃった

2018/6/21 16:17  [1634-5654]   

少しiMac周りを片付けて、PCオデオ運用をテスト中。
今までのiPod→DCD755SE→PMA60より鮮度は上がる。
755出しより3db程ゲインが高かったので音量下げてるけどそれでも。

755のCD再生より良くなってる感じ♪
現状はこれが一番かな。
やっぱり光はモヤモヤする、っていうかiPodだろうな。。。

2018/6/22 14:33  [1634-5656]   

作業しながらだけど─

・iTunes再生中にネット見ても音質劣化は無い
・Photoshopを弄ると音飛びする(大して高負荷じゃないはずだけどOSのモードが切り替わるので)
・Wi-FiのOn/Offで音質は変わらない
・モニタの画面消しても輝度を最大にしても音質は変わらない
・同じコンセントタップに他のMacが繋がってるが、これを起動しようがコンセントを抜こうが音質は変わらない
・そもそもPMA60の感度が低く、ノイズを拾わない?
・以前試した時は高音域に付帯ノイズだか歪みが混じっていたが現状は確認出来ない

─そんな感じで755から出すより、何にもしてない素のiMacの方が良いんだけど?w
あと、さっき3db高いとか書いたけど、記憶違い、メモ見たら同じ音量だった。。。

今日一日だけだけど、目に見えて改善が必要な部分って見当たらないな。
まぁ、今日は新鮮さで麻痺してるんだろうけど。

2018/6/23 02:11  [1634-5657]   

元ネタ 回転すると1 回転すると2

えうなきものさん、こんにちは。お久しぶりです

最近、暑いですねー
うちの機材は熱いものが多いので、部屋が暑いです(-_-;)

滝はこの前あげてたのが撮って出しだったので、完全に色温度調整不足でした(;^_^A
上げてから家で見たら水が黄色い(3枚目)し(汗

まあ、それは置いておいて、少し趣向を凝らして、ブラシの画像アップです。
1枚目回転せず、2枚目、3枚目はシャッタースピードを変えての撮影です。
実はこれ、キヤノンのカメラ教室に行った友人からの直伝でした。
あまりやっている人いないですねー
写真の表現としては面白いと思いますが^^

ZS6はZS10を聴いていらない子になったので、知り合いのもとに旅立ちました^^
KZはまた新作が出たようで、ES4という機種が気になっております。
1BA+1DDでネットワーク搭載だとか。
ZS10よりも音がすっきりしているようなので、来月当たり突撃してみます。

ところで、最近オーテクのAD900が気になっております。(ゲーム&ちょい聴き用で)
Dさんもおすすめしてますし、イヤーパッドが合皮、皮だと暑いので。
AD900Xは今風のチューニングされてそうで怖いですし。


PS.AKG K701(オーストリア製)のボーカルの表現本当に好きだなあ。

2018/6/26 18:24  [1634-5661]   

サイさん、こんにちは。

暑いですねー
サイさんの所は発熱量もヘビー級ですね〜

日陰だと青くなるか黄色くなるかが多いですね。
撮影時にWBなんか弄ると黄色くなるし。。。

おー、画像は撮影時の回転ですか〜
流し撮りみたいのはやった事ありますが、どうもカメラ持つと「動かしちゃいかん!」と構えてしまいますね(^^;)

ZS6は旅立ちましたか、飛び道具っぽいのはたまに聴くと面白いんですけどね。
1BA1DDでネットワークですか、この構成だとマスク利用の音作りが普通ですけど色々やりますね、KZは。

AD900Xは絶賛使用中ですけど確かに人には薦めにくいですね(オイ
完全な今風では無くて、基礎性能は高いんですけど色々クドいんで(^^;)
チェロがコントラバスに聴こえるのを「音の厚み」と言う売り文句ですからね〜

そう言えば、DさんはXの世代になってからのADシリーズはおすすめしてないですねw
定位は良いんですけど。←凄く良い訳ではない
ちょい聴きにはGRADOのSR60辺りをすすめる事が多いですかね、最近は(しばらくお見かけしませんけど

2018/6/26 19:30  [1634-5662]   

こんばんは!

えうなきものさん

もう梅雨が終わりそうな勢いですねー
あちー、あちーw

WBはRAWで撮って後でPSで補正がベターですかねー

ブラシ撮影、今見たらシャッタースピード変わりませんでしたw
基本的に1/8くらいに固定して回転する速さを変えるとよさげ見たいです。

>どうもカメラ持つと「動かしちゃいかん!」と構えてしまいますね(^^;)

ブラシ撮影はブレずに撮影出来るスキルがないと難しいみたいです。
基礎ではなく、応用技術みたいなので。

KZ ES4はES10のダウンスケール版みたいですね。
音のほうも期待できそうです。

AD900X軽く聴いてきました。
yodoshiのうるさい店内なので、当てになりませんが、若干低音が盛ってありますかね?
AD900は大分昔に聞いた限りですが音作りが異なるように思います。

GRADO、Dさんは好きですねー
自分も好きですが。
ただ、ゲーム用には装着感が。。

あとは開放型では何が良いですかねー
ASUSのXONAR STXで鳴らすので、〜1万円台くらいで買えるのがベストですけど。


2018/6/27 20:54  [1634-5664]   

最近撮ったまっ黄色w

サイさん、こんばんは。

今日は予報よりかなり暑くなりましたねー
風があるのにちっとも涼しくないw

WBは撮る時のモニターが信用出来ないのが痛いですね〜
後で確認してまっ黄色って事よくあります。
元のWBが酷いと補正もままならずw

ぶらしはそうですね、SS同じだなと思いました(^^;)
効果は回転速度で色々出来そうですね!

流し撮りはやった事がある、とか書きましたが、成功した事はありません!(オイ
私の場合は1/30ぐらいのSSだとちゃんと持ってても普通にぶれますw

KZ ES4は普通に\3,000台なんですねw
耳かけタイプじゃなかったらなー

AD900Xは上も下も盛ってますw
AD900はあまり覚えてませんが、ここまで下がクドくなかったと思います。

ですね〜GRADOの装着感。。。
最近値上がっちゃいましたけどAD700Xは900Xほど盛って無くて軽めのリスニングラウドネス調。
AD500Xはどうだったかな、階調感ゼロだった気が(^^;)

オーテクとかヤマハの楽器用があるんですけど耳乗せなんですよね〜
K240studioとかサウンドハウスで安いんですけどパッドが合皮だし。
意外と無いんですよね、この価格帯の開放って。

そんな感じでAD900が手に入るのなら、現行機種のどれよりも良いのかな〜とは思います。

2018/6/27 22:13  [1634-5665]   

おはよーございます。

えうなきものさん

風がジメッとしてて全然涼しくないですね。。
日本の夏ツラヒ。。

撮った時とPCで見たときの差があることは多々ありますね(汗)
写真もきちんとやろうとするとお金かかりますしね。。

撮影技法は凝り始めると、良い機材が欲しくなっちゃいますね。
コンデジで流し撮りって出来るのでしょうか?

es4は買いましたら報告致します!

ad900は過去の書き込みを見るとどらチャンでさんがかなり推してますね。
対してXは勧めてないw
xは上森下森さんですかー
スピーカーセッティングのモニタリング用にも使いたいので、あまり誇張があると辛いです(^_^;)

開放型でこの価格帯って少ないですよね。
K701系でも良いのですが、鳴らしにくいのと、久しぶりにオーテクもありかなとad900に傾いております。

2018/6/28 09:33  [1634-5666]   

900X

サイさん、こんにちは。

蒸しますね〜
朝飯食べただけで汗だくです(^^;)

撮影時、カメラのモニターに見えている物と記録された物が随分違いますw
補正にも限界あるんで、やっぱり元がちゃんとしてないとダメですね〜
コンデジも4万以上出さないと、スマホにも劣りますw

以前使ってたリコーのコンデジの取説に流し撮りは書いてあったんで、試してみましたが全然無理でした〜
最近のはカメラ側の機能でアシストモードがあるみたいですけど、どっちにしても絞りがねぇ。。。

ES4レポお待ちしておりま〜す♪

そうなんですよ、900XユーザーとしてはDさんが全く触れてないのが寂しいですw
使い始めは高域ピークが酷く、落ち着くのに3年。
高域が落ち着くと低域がぐんぐん前に出て来るw

900Xは、録音の良い音源ならエンタメ調に楽しめるギリギリの盛り盛りバランスです。
国内メーカーなのにJ-POPが聴けないw

この価格帯はソニーがMA900のラインナップを止めちゃってから後継機出してないのが残念です。
AKGはこの価格帯、K612proになりますかね、鳴らしにくいw

オーテクも世代を重ねるごとに感度が上がっちゃってベッタリした音になってますからね〜
今思い返すとAD900の世代は各機種上手く行ってたと思います←ノスタルジー

2018/6/28 10:19  [1634-5667]   

えうなきものさん、こんにちは。

今日は秋葉で1万円台で買える開放型ヘッドホンを中心に試聴してまいりました。
昨日よりは涼しいものの梅雨明け直後は暑いですねー

スマホの方がアプリとの連携も含めて潰しが効きますね。
最近のスマホカメラの性能向上は素晴らしいです。

es 4はアリババで早速注文しました!
いつ届くかなー

adシリーズ、900から2000まで試聴して参りました!
先ずは900X、バランスは悪くないですが、若干低音がウザいかも。解像度ちょいと足らないかなー
ボーカルが曇り気味なのが気になります。典型的なオーテク900番の音ですね。アニソン系とは相性悪そう。

続いて1000Xです。
900Xから比べると一皮剥けました!
音の曇りがなくなり晴れやかサウンド。流石1000番。解像度、奥行き感も出てきて好印象。
音がストレートで割と好みです。
先代と比べても低音がしっかり出てますし、地味に良い機種かも。
と、思ったらAIRさんがレビューしてたw

そして2000Xです。W5000等と同じパーメンジュール磁気回路採用だとか。
なるほど。奥行き感も出てきますし、1000Xと比べるとボーカルの下の方も出ますし、音の余韻も出てきます。
ただ、その余韻が脚色に感じて若干ウザいんですよね。
先代の2000の方が音の脚色は少なかったと思います。

というわけで結局AD1000X買いました!
AD900にしようと思いましたが、中古価格が1000Xが15000円とお手頃でしたので。

家に到着しましたら、早速サウンドカードに挿して聴いてみます。

では、ご報告まで。

2018/7/4 13:17  [1634-5676]   

ビヨウヤナギ

サイさん、こんにちは。

今日はいくらか過ごしやすいですね〜

廉価帯のコンデジって、まぁ需要がないのは分かりますが、メーカーがいじけちゃってる感じですね。
何世代も前のスマホカメラと同等ですからーw
花しか撮らない私としては、コンパクトズーム必須なんですけどw

試聴お疲れさまです!
900Xは少し先代より質自体が落ちちゃってる感がありますかね〜
昔は10番台以上は贅沢品だったんですけどヘッドホンインフレで10番がスタンダードみたいな位置付けになってます。
Aシリーズは更に進んじゃって10番でもAD900Xみたいな音ですw

1000Xおめです!
1000Xは私も迷ったんですけどね、当時ちょっと高かったんで(^^;)
2000Xは本当そうですね、脚色があざといw

2018/7/4 14:34  [1634-5677]   

えうなきものさん、こんばんは。

今日はいくらか過ごしやすいですが、むしむしは変わらないですねー

花撮影にマクロ、ズームは欲しいですね。スマホだとマクロ弱いですし。
コンデジはスン間との差別化が厳しいですから、メーカー的にはミラーレス買わせて、レンズを買ってもらいたいのでしょうねー

900Xはラインナップにはないですが、AD800クラスですかねー
ケーブル類も下位と同じになりましたし、AD1000Xとの差はかなりありました。中古だとさほど値段変わらないのですけどねー(AD2000Xは高い)

AD1000XはAD1000と違って4芯で左右両出しですし、確実に良くなってますね。
家に持ち帰って聴いていますが、うちの環境で鳴らすと音にうるささはないですね。低音も必要量は出ます。(これ以上はいらない)
低域から高域にかけてスムーズでストレス感はないですね。和製ヘッドホンらしく、丁寧に描写するので、人によってはおとなしく感じるかも。
スピーカー派は好きそうな音ですが、ヘッドホンマニアには物足りないかもしれません。
ボーカルは真ん中に定位しますし、音場の広がり方も左右はさほど広くないですが、奥行き感があって、オーテクらしいです。
総じてバランスの取れたいい機種ですね。

ちなみにK701と比較してみましたが、K701は色付けがかなりあると再認識しました。
性能に関してはAD1000Xのほうが上ですね。比べるとK701は低音が出てませんし。

そいえば、ヨドバシにDT880Proが置いてあったので、手持ちのDAPで鳴らしてみましたが、ポータブルでは鳴らしきれず音場が崩壊したので試聴を途中で断念しました(;^_^A


2018/7/4 23:47  [1634-5678]   

イヤーパッドは新調

画像上げ忘れてました汗

2018/7/4 23:55  [1634-5679]   

サイさん

蒸しますね、熱風も強かった、暑い。。。

スマホ用の虫眼鏡でマクロ撮影遊んでる人は結構居ますね〜
高級コンデジのセンサー大きい機種ってマクロ弱いし、なかなか導入踏み切れないw
レンズ交換式は、何かのついでに撮るという私の行動パターンだと使いづらい(^^;)

900XはAD700クラスでOKだと思いますよ(オイ
DAPで気軽に〜って感じにまとまってる方向は7番台の役割かな、と。

1000Xはそうですね、丁寧で大人しめに感じました←マニアかw
私の場合はポップスがメインですし、900X購入動機が「機種に寄っかかる演出」だったので〜

AKGはAKGの音ってのが確りしてますし、それは他に代えがきかない物ですからね。
880は私、iPodで聴いて音色とf特だけで買いましたw
今はデンオンで聴いてますけど、定位はふらつきます。

1000Xのグリルはフラットなんですね。
900Xは何か段が付いてます、中のディフューザーも1000Xの方がカッコ良いんですよね〜

2018/7/5 00:34  [1634-5680]   

えうなきものさん、こんにちは。

今日は雨ですね。梅雨に逆戻りですかね?

マクロ撮影は楽しいですねー
高級コンデジは確かにマクロのイメージないですw
エントリー機使うか素直に一眼行ったほうが楽ですね。

オーテクはミドルまではカジュアルな音作りに徹してますね!
個人的に9番以降は真面目な音作りな印象でしたが、最近はそうとも言えない???

AD1000Xですが、少しこなれてきました。イヤーパッドがしっくり来たのもあるかな?
痛い音は出さないですねー
高域に関してはK701よりも繊細で痛くないです。
低音も量感はないですが、不思議と不満はないですね。開放型にしては下まで出てるかと思います。
オーテクの高級機は鮮烈な音にも柔らかさが出てきますから、このへんは10番足る音でしょうか。
側圧は若干キツイですが、軽くて装着感は良好です。
これでFPSやってますが、銃声音の位置がわかるわかるw
定位感は流石です。

K701の音好きですけどねー
本来の音を聴いてる人少ないでしょうねー
なにせ一番最初に買った高級機ですし。
かれこれ十年近くw
そろそろパッド換えないと。
アンプ食いで強力なアンプがないと力強さが出ないのが玉に瑕です。

900と1000は流石にランク差が出てくるとこでしょうか。

そう言えば、久しぶりに過去スレを読んでますが、昔の自分はad1000Xすすめてましたw
結局何年経っても自分の好みは変わらないのですね。。
ついでにどらチャンでさんの書き込みも見てますか、彼の書き込みを見てad2000が欲しくなりました。
良くも悪くも彼の書き込みは一貫性がありますし、真面目にオーディオに取り組んでますから、共感するとこ多いのですよねー

このスレは良スレでした。
http://s.kakaku.com/bbs/20461510570/Sort
ID=5847565/


2018/7/6 13:04  [1634-5683]   

ハエドクソウ こんな花

サイさん、こんにちは。

雨は嫌ですが涼しくて良いですね♪
明日からはまた蒸し暑くなりそうです。。

山野草とか雑草が好きなのでマクロを使わざるを得ないw
エントリーも選択肢少なくて、キヤノンのSXぐらいしか無くなっちゃいました〜

オーテクは仰る通りだと思います、9番の汎用性の高さは過去の物になりましたね。
って言うか、最近のオーテク機は品番もシリーズもメチャクチャな設定かな〜と思います。
20番盛り過ぎ、10番が良くて9番がダメ、7番は少しマシ、5番はまたダメとかグチャグチャしてますw

パッドの馴染みは結構影響ありますね、家の900Xも買った当初は試聴機よりかなり酷い音でした。
ADシリーズのX世代は低音の下の方までよく出るのが共通みたいですね、900Xは出過ぎですがw
定位が良いのもオーテク機の特徴ですね〜

K701の鳴らしにくさってのは今のヘッドホンの対極にありますからね〜
感度は階調と反比例するのかなと、最近の高感度の機種達を聴いていると思います。
残念ながらAKGもゼンもベイヤーも高感度化に邁進してますがw

9番と10番は明確に線引きがありましたね、昔は←
今は何か最初から20番(無ければ10番)売るのが目的みたいなグレード差として存在してるだけの感があります。

AD2000のスレは10年以上も前ですか〜
大分丁寧に書き込まれてますね、分かり易い。
この3機種って本当につい最近まで比較される事が多くて、AD2000Xになった事で脱落した感じですかねオーテクは(コラ

2018/7/6 14:36  [1634-5684]   

今見たら、文章の順番におかしいところがありました。
修正いたします(汗

誤;K701の音好きですけどねー
本来の音を聴いてる人少ないでしょうねー
なにせ一番最初に買った高級機ですし。
かれこれ十年近くw
そろそろパッド換えないと。
アンプ食いで強力なアンプがないと力強さが出ないのが玉に瑕です。


正;K701の音好きですけどねー
なにせ一番最初に買った高級機ですし。
かれこれ十年近くw
そろそろパッド換えないと。
アンプ食いで強力なアンプがないと力強さが出ないのが玉に瑕です。
本来の音を聴いてる人少ないでしょうねー

2018/7/6 14:37  [1634-5685]   

あら、レスが一分差で前後しましたが、理解は出来てますw

2018/7/6 15:13  [1634-5686]   

何やら不穏な動きが←

<2019年5月17日ALBUM発売!>5ヶ月連続新曲配信のTEASER映像公開!
http://www.momoclo.net/pub/pc/informatio
n/?id=4531


配信なら買わなくて良いか←

2018/8/2 21:16  [1634-5712]   

パナソニックのHD600Nが2万5千円切ったどころか2万切りそう。
下位機種のHD500と1200円しか違わない。

あのNC機能って1200円相当なのか(コラ

2018/8/4 02:04  [1634-5714]   

凄いな、また下がってNC機能は300円だよ(違

2018/8/4 21:14  [1634-5716]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

ずいぶん、ご無沙汰しちゃってました

それにしても暑い 暑い、今年の夏はヤバイです。

新しいスピーカーを入手しましたよ、クリプトン KX-1です。
MENUETに不満が有った訳では無いのですが、粗探しをすると
低音の音量が大きい(購入当初は少なかった位なのですが1年経って出過ぎる位に成りました)。
必要性は兎も角、50Hzを鳴らしてみたい
という事でこれ等を解決出来そうなランクアップになるスピーカーということで選びました。

まだ出音が落ち着かないんですが、ボリュームが更に落とせるようになったので成功みたいです。

(ボリュームですけど、MENUETの頃からROTEL 1520Sでは極微しか回せなくなっいたのでパッシブプリアンプをDACとの間に挟んでました。(この辺り色々悶々あったのですが長くなるので…))


最近はヘッドホン、イヤホンは試聴することもなくFalcon-Cで落ち着いています。
これ、普通な音でかつ高性能だと思うのですが、ディープさん的に言うと需要がない音だったみたいですね。全く流行りませんでしたねぇ。

巷では、HD820が発売になったようですが、価格comの常連さん達の盛り上がりは今一つみたいですね。高いからあたりまえかw
えうさんも未だ試聴していませんか?


ソフトの方は今更ながらMike Oldfieldの収集を始めました。発売されてるアルバムの枚数が多過ぎて把握が出来ないのが難点ですが、この人、深いです。面白いです。
夢の中みたいな、唐突でありながら自然な曲調の切り替わりにはまってます。
何かオススメしたいのですが、これが難しい。
Elementsというベスト盤の選曲が良いのですが、物切れで肝心な曲の切り替わりが無いんですよね。

とりあえずIncantationsというアルバム、その一部ですが
https://youtu.be/3OhRJf4VFgU

2018/8/4 21:47  [1634-5717]   

セイウチさん、こんばんは。

いや〜私も雑談スレ放置してましたからね、ネタが無くてw

今年は本当に暑いですね、スピーカー鳴らせる様にしておいて良かったです。
ヘッドホンどころかイヤホンでも暑いw

KX-1おめです!
辿り着くのはやはり密閉型ですかね〜
私はバスレフが好きで使ってますがw
家はアンプがPMA-60になってから低音(って言っても100〜200Hz)の量が随分減ったんで助かってます。

Falcon-Cは流行りませんでしたね、私も聴けてないんですが。
ちょっと世間的に有線のイヤホン自体に注目が集まらない状況ですね。

HD820が盛り上がらないのは在庫が少ないのと、暑いから?w
私はまだ聴いてないです、暑くて試聴に行く気が起きないです(^^;)
表はカキコミ自体が減りましたよね。

Mike Oldfieldですか、知りませんでした〜
スタジオアルバム26枚、コンピ盤21枚とは凄い枚数ですね!
ご紹介の曲は仰る様にドリーミーな感じですね、セイウチさん好きそう♪

2018/8/4 22:57  [1634-5718]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

Mike Oldfieldですけど、一応プログレに分類されている人でして、一番有名なアルバムはTubular Bells、オープニングの部分がオーメンのテーマ曲として使われました。

私がyoutubeで挙げたIncantations、これも抜粋された部分だけで曲の切り替わりは無いんですよね。
機会があったらアルバムを通して聴いてみて下さい。Tubular Bells-オーメンもそうなんですが、全体を通して聴くと印象が変わるんですよね。

有線イヤホンは本当に書き込みが減りましたねぇ。
売上も減っているんでしょうね。
あまり衰退してしまうと新製品に期待できなくなりそうなので、それなりに盛り上がっていて欲しいのですけど…

2018/8/5 21:07  [1634-5719]   

セイウチさん、こんばんは。

Mike Oldfield omenで探すとエクソシストが出ますね、これはさすがに聴いた事ありました♪
『Tubular Bells』始め、いくつか図書館にある様なので聴いてみます。
ご紹介ありがとうございます!

カカク自体、利用者が減ってるんじゃないですかね?w
一部カテは閉鎖される様ですし。

イヤホンの売上は下がってるんでしょうけど、ちょっと前が良過ぎただけですからね〜
もう淘汰される時期でしょうな。
極端に言えばオーテクは5番と10番だけ作ってりゃ良いみたいな感じ?w
実際、今の7番と9番ってもう要らないし。

2018/8/5 22:20  [1634-5720]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

あちゃー、オーメンでなくエクソシストでしたか。どちらも学生時代にレンタルVideoで見たはずなんですが、全く覚えていません。すみませんでした。
でも、グーグルで引っかかるということは私のように勘違いしている人も多いんですかねw


オーテクの7と9は確かに要らないかも知れませんね。
今後、リケーブル対応機種がメインになるでしょうから、10の付属ケーブルが9相当ってイメージですかね。
あ、私イヤホンよりも高いケーブル使う人間だったりします。
数あるオーディオのアナログケーブルの中でも長さの割りに細い方だけに音が劣化しやすいと思うんですよね。

2018/8/6 20:50  [1634-5722]   

セイウチさん、こんばんは。

オーメンはJerry Goldsmithのスコア物でしたね、私も再生するまで忘れてましたけどw
https://youtu.be/JY8jWXH-L7A

映画と音楽が良好な関係の頃でしたねー(トオイメ

オーテクのグレード感って昔は確りした物だったんですけどね〜
今は10番を良く見せるための員数合わせみたいになってます。

ですです、今の素の10番って昔の9番相当ですねw
メーカーもわざわざ劣化するケーブル選んでるとは思いませんが、まぁ最大公約数なんでしょうな、まさに9番。

私は5番相当の5000円以下の物しか買わなくなりました(オイ

2018/8/6 21:42  [1634-5723]   

あ〜あ、在庫戻る前に値段が戻っちゃった

2018/8/23 14:19  [1634-5740]   

DCD-755SE、2ヶ月動かさなかったらCDを認識しなくなった
何回か出し入れすると読むけど、途中で止まるw

2011年頃の購入だから実働6年ちょい、3年目ぐらいでCDの回転音がうるさくて使い物にならなかったし
iPodの充電器として余生を送るか

2018/8/24 02:00  [1634-5741]   

えうなきものさん、こんばんは。
お久しぶりです。

最近はなこさんの縁側でFpplish Heartさんに教えを請ってヘッドホンアンプ自作計画を実施中です。

レーマンのブラックキューブのコピーアンプのキットなのですが、こいつをいじってしまおうかと考えております。
https://ja.aliexpress.com/item/hd650-diy
/32879827641.html?spm=a2g11.10010108.100
0016.1.2d246bf7w97MgJ&isOrigTitle=tr
ue


ごくごく普通な構成のヘッドホンアンプなので、改造素材にはよいかな、と思いまして。
こいつをこてこてにチューンして、打倒!高級HPA(笑)

DCD-755SEのドライブ残念ですね。うちのXE800も一度ドライブが故障しているのですが、ソニーにドライブ注文して直しちゃいました。
なんせうちのプレーヤー改造品でメーカー修理不可なので。。

ちなみにXE800のドライブはアキュのDP400と同じだとかΣ(・□・;)
https://www.accuphase.co.jp/model/dp-400
.html

アキュのエントリー機とはいえ、20万のプレーヤーがXE800(3万円)と同じとは恐ろしい。。
逆にソニーのプレーヤーのコスパの高さがわかるわけですが。。



2018/8/24 23:01  [1634-5743]   

サイさん、こんばんは。

ナコさんの縁側はこっそり拝見してますw
パーツや中身の話はさっぱり分かりませんが皆さんの熱意と行動力は凄いですね!
市販のHPAは高過ぎますね〜

755SEは回転音うるさくて使ってなかったんですが、たまたま使ったらそのザマでしたw
これでMacオーディオ一本化ですかね。
ここで突然ONKYOのCDレシーバーが良いかも?と思ったりしてますw

あら、アキュもゴールドムンド的でしたか(違
ソニーも現行はXA5400ESだけですね、もちっと選択肢があると良いんですがプレイヤーは厳しいですね。。。
デンオン・マランツはちょっと避けたいんで、パイかヤマハかONKYOかw

2018/8/25 01:32  [1634-5744]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

Tubular Bells良かったですかw
Mike Oldfieldって私にとってBGMに最適(誉めてます!)みたいなんですよね。
で、アルバムと中身が殆んど一致しないままに、適当に聴いてます、オイ

スピーカー部のナコさんスレがカオスになってます。
元々難しい電源の話に
恥をかき捨てるつもりで垢を変えて恥を曝しまくってる人が複数(?)集まって、書き込んでは消され…

今年の夏は暑すぎるから、カフカみたいな突然変異でも起きたんですかねぇ

2018/8/27 22:12  [1634-5747]   

セイウチさん、こんばんは。

『Tubular Bells』良かったです♪
ご紹介ありがとうございました!
BGM的にも聴けますね、逆に拍とか数え出すと疲れちゃうけどw

ナコさんのスレは何となく読んでました〜
あの場合、施行前のクオリティが問題な訳で、良好な電源事情だったらナコさんも手を入れなかったのかな?とは思います。

クチコミってのは実際試した事の集積に意味があるんですけどね〜
どっかで読んだ記事とかは誰でも知ってる事なんで。

2018/8/27 22:54  [1634-5748]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

toeのミニアルバムが発売されていたので入手しました。
意外とメジャーなのですね、試聴器に入っていてちょっと意外でした。
やっていることは相変わらずですけど、良いです。
また、BLACK SABBATHのカバー曲が入っていて、そんなにtoeっぽく無いのですが、これも良かったです。
BLACK SABBATHって聴いたことが無かったのですが、これを機会に掘ってみようかと思っています。


Iron Maidenの1st、名盤ですよねえ
1980年ほぼリアルタイムで聴いていましたが、40年も愛聴する事になるとはイヤハヤ

Dreem Theater「A Change of Seasons」1、2回は聴いていますが全く覚えていないですw

Iron Maiden、Dreem Theaterと来たら次は、もし聴いたことがなければですが、Yesは如何ですか?

定番「Close To The Edge」
さくらさん絶賛のLive Album「Yessongs」
Trevore Horn参加の異色作「Drama」
この辺りが好きです。


ところで、SONYが出す80万円?のDAPが気になっています。
私の据え置きシステムがアクセサリー込みで大体そんな値段になってるんですよね。
気合いを入れて試聴しようかと思っています。
買えませんけどねw

後、オーテクのMSR7bは出来が良ければ防寒具として買おうかと思っていますが、どうなることやら。

2018/9/8 22:05  [1634-5760]   

セイウチさん、こんばんは。

BLACK SABBATHですかw
ベタですが「Paranoid」が好き♪
https://youtu.be/hkXHsK4AQPs

あとはOZZY OSBOURNE名義になるのかな「I Don't Know」(爆
https://youtu.be/mSfNvTVEALw

私もそんなに詳しくはないんですが、よく聴かされましたw

Iron Maidenは随分前にセイウチさんにオススメして貰ってたのをやっと聴けました♪
以前何だかよく分からない2枚組ベスト盤を聴いてピンと来なかったんですが、オリジナルアルバムは良いですね〜

Dreem Theaterの方は『Awake』直後のEPでキーボーディストが変わってるんでしたかね、先週聴いたばかりなのにもう覚えてませんw
ライブラリからも消しました(オイ

Yesも行かないといけませんねw
おー、オススメありがとうございます!
『こわれもの』を随分前に聴いてやっぱりピンと来なかったんですが再聴します♪

SONYはやたら秋の新作多いですね、情報量で他メーカーを埋もれさす作戦?
2.5Kgって携帯するモノなんですかねー

MSR7bはどうでしょうね、MDR-1AM2とやっぱり競合するんですかね。
私は防寒用にはBT機でも買おうかと思ってます←やる気無し

2018/9/8 22:54  [1634-5761]   

 僕はセイウチさん  


BLACK SABBATH「Paranoid」、ご紹介有難うございます。

早速聴いています。
toeがカバーした曲は一曲目のWAR PIGSでした。
後、IRON MANは聴いたことがありました。ロードウォーリアーズというプロレスラーのテーマ曲でしたw

この年代の出来の良いROCKって、何か新しいものが生まれてくるPOWERを感じたりしますが、そういった一枚ですね。

聴けて良かったです。


SONYの2.5kgはメインターゲットは中国人なんでしょうかねw
もう、見せびらかして下さい的な企画なんだと思いますが、音質的には、デジタル部のノイズさえ押さえ込めるのなら理に叶っていると思うんですよ。
私のシステムはセパレートにしてノイズを抑える方向なんですが、ケーブルが拾うノイズが馬鹿にできないという欠点があります。
それに対して一体型はケーブルが拾うノイズを最少に抑えられるという利点があり、実際にはどうなんだろうと興味があります。

あ、日本人でも、是非料理人さんには持ち歩いてみてもらいたいかなw

2018/9/9 21:58  [1634-5762]   

セイウチさん、こんばんは。

「Iron Man」は有名ですね、もちろんプロレスで(違
'70年代ってがっちりアナログ、人力ですからね〜
暖かみとかじゃなくて生々しいw

2.5Kgはチラッとしか読んでないんですけど出力段がアナログでしたっけ?
何となくなんですがソニーの昨今の音作りってもうシステムにソニー組み込んじゃったらどう鳴らしてもソニーの音しか出て来ない気がします。
このソニーの音ってのは古き良きではなくて、つい最近ガクンと変わった感じのあの音です。

料理人さんは既にもっと重いポタですからねーw

2018/9/9 23:01  [1634-5763]   

ATH-AP2000Ti
ATH-CM2000Ti

オーテクも品番がインフレ化だなー
んな事してないで9番と10番をちゃんとしてよ

2018/9/12 16:16  [1634-5767]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

14万のポータブルヘッドホン
8万のカナルD型イヤホン
5万のオープン型イヤホン
一気に出してきましたね。
AD5000Xから始まって一気にフラッグシップを2倍の価格帯に移行させようとしてますよね。
ブランド戦略だと思います。SONYとかゼンハイザーとかに追従するつもりなんでしょう、きっと。

私の興味はカナル型イヤホンです、オーテク好きなんで購入前提なんですけど、2000番ってのが引っ掛かります。
こうポンポン出されると、すぐに5000番を出してくるんじゃないか?と勘繰ってしまいます。

また、以前にも書きましたがCKR100でボトルネックはケーブルだと思うんですよ。
なので、ケーブル部を含めて色々と慎重に試聴しようと思っています。

2018/9/13 21:54  [1634-5769]   

セイウチさん、こんばんは。

オーテク、秋はコンシューマーラインですね。
モニター系で新製品出たら買い替えようかと思ってたんですが春かな〜?

何かオーテクが高級ぶっても仕方ないと思うんですけどね←ファンです
まぁでも高いから買う人達も居るしなw

価格と品番はどんどん上がってますけど、言ってみれば今までの10番が20番にスライドしただけですからね〜
チタン使えば何でも20番かよ!って思います。
ATH-ES10なら3万で買えるのにAP2000Tiは14万ですかw

50番は「木」だから、カナルだとCKW1000ANV以来出てないですかね。
これの後継機が出るとするとCW5000になるのかな。

CK2000TiはCKR100よりドライバー小さくなってるんですね、しかも前後でサイズ違い、大丈夫なんだろうか?w

2018/9/13 22:24  [1634-5770]   

Y500 WIRELESS
https://www.harman-japan.co.jp/info/news
/release/20180927_1/


黄色が無い(´・ω・`)

2018/9/27 14:14  [1634-5783]   

iMacのsafariからログイン出来なくなったので、しばらく休みます。

この書き込みはiPodから書いてるけど、重過ぎてとても常用出来んわw

2018/9/28 21:31  [1634-5785]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

重いと書き込むのが大変ですよね。

イヤホン、ヘッドホンの新作ラッシュが始まる所ですが、試聴するモチベーションも下がりそうですね。

私はヘッドホン祭りでまとめて聴いてみようと思っていますが、やっぱりモチベーションが今一つ上がらずでどうなることやらです。


それでは、復活を楽しみにしています。

2018/9/30 19:43  [1634-5786]   

セイウチさん、こんばんは。

ブラウザに直接書くとかなり重かったんですが、テキストアプリで書けば何とかなるかな?w
音圧のスレの方は、画像とテンプが面倒なのでiPodからは無理ですね〜

ヘッドホンの新作は、どうにも魅力に欠けるモノばかりですね。
値段ばかり高くてw

2018/9/30 20:25  [1634-5787]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

高いですよね。
オーテクの50万のヘッドホンとかSONYの80万のプレーヤーとか、当然買う気はないんですが、まぁ試聴だけでもしとこうかな、と。

ところで、仮面ライダーアマゾンズというシリーズをDVDで視ました。
映像ものは殆ど視ないので批評等はおこがましいのですが、面白かったです。実は名作なんじゃ?
小学生に見せてはいけないようなヤングジャンプ世代向けのグロな仮面ライダーでした。
興味があったらどうぞ。

2018/10/1 20:50  [1634-5788]   

セイウチさん、こんばんは。

オーテク50万の方は予約で捌けちゃったみたいで試聴機出ますかね〜?

アマゾンズはamazonプライムで放送してたんですね、知りませんでした。
旧アマゾンは好きでしたよ、主人公ヤバい格好でw
https://youtu.be/YdNBrikCdn0

2018/10/1 21:29  [1634-5789]   

久しぶりにヨドバシに行ったけどHD820もAH-D9200も置いてなかったな〜
売場はBT機重視だね。

2018/10/2 12:47  [1634-5790]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

オーテクの50万は捌けましたか、試聴だけでもしたかったけどeイヤホンの中古を待つとしましょうか。


私もHD820、AH-D9200は聴いてなく、存在すら忘れてました。

が、量販店でSONYが目立ってたのでMDR-Z7M2だけ試聴してみました。
全然エージングされていないとのことで低音は少し滲み、全体的に浮き気味な状態でしたがそこは多目にみて好印象でした。

最近、ヘッドホンを使用していないのでCKR100との比較ですけど(oi!)
低い音が無理なく出て高音まで破綻なく繋がっています。この低音は多分、私の他の機器では出ない音だと思いました。
背景が静かで黒く、解像度も高いから楽器の音色の微妙なニュアンスが良く分かります。
この辺り丁寧に作り込んだのかなと

あと、独特な昔のSONYっぽい響きがあるような気がしました。最近のポータブル器じゃなくて、思い出せませんが昔のラジカセか据え置きで聴いたような?

買う気は無いんで適当ですが(ん?)
エージングが終わった頃に、もう一度真面目に試聴するかも知れません。
オーテクの10万越えのポタホンとの比較はしてみたいです。

2018/10/6 21:48  [1634-5795]   

セイウチさん、こんばんは。

オーテク50万は、いつもの手ですよね〜限定500台w

820と9200はタイミングが悪いのと、やっぱり高いですからね〜

Z7M2のレポありがとうございます!
先代も丁寧な感じは好印象で価格も4万ぐらいまで落ちて隠れ名機でしたね。
ただ、ポタか据置か立ち位置が半端でしたね、室内ポタ?w

1AM2や1000XM2(M3はまだ聴いてないんで)みたいな音じゃなければ、ソニーの音決めはまだ昔からの人が残ってるのかも知れませんね。
ちょっと安心。

オーテク14万は多分ES10から少し低音スッキリさせて中高音キラキラかな?
BAイヤホンみたいな音にして来ると思います。

2018/10/6 22:45  [1634-5796]   

【試聴】WH-1000XM3

店頭の試聴機はデモ仕様、iPodだけどコーデックは不明。
M2より軽量化と言われても気付かない程度。
パッドは柔らかくなった気もするけど個体差かも?
パッド内径は変わらないんじゃないかな。

NCは強烈に効く、持続的な暗騒音はほぼ消える。
M2もNC能力には不満が無いし、ここまで静寂だとかえってノイズ源を探してしまう感じ。
アンビエントモードは気持ち悪い、普通にヘッドホンを耳から外した方がよい。

【ドラム】
キックと金物にピークのある分かりやすいドンシャリ。
金物のピークはハイハットに多く、クラッシュシンバルなどは少ない。
1AM2程ではないがタンバリンが異常に目立つ(これが今時のソニーの気持ち悪い所

【ベース】
深さは無いが量感は多い。
低音楽器の反応は良いんだけどピアノやギターなどの低音弦の描写は曖昧、これはBTのコーデックに左右されるかな。

【ボーカル】
ソニーらしく無表情。
刺さるより上の周波数にピークがあり若干の違和感。

【ピアノ】
棒弾きに聴こえるが主声部はよく出して来ます。
左手の混濁感が凄くて、この辺はかなり安っぽい。

【総評】
M2を基準に考えると音のバランスは良くなってます。
低音だけが多かったM2に対してM3は高音も盛った。
でも、やり過ぎない範囲で抑えて外使いのバランスとしては良いんじゃないですか。

NC能力だけならともかく、これが良くてBOSEとかbeatsの音がダメってのはさっぱり理解出来ないけどね。

2018/10/8 13:45  [1634-5797]   

UTSJデカくなってる??? KZとシルミックでギチギチw AD2000、奥にAD1000Xがいますがクリソツですねw

どうも〜
プチお久でございます!

えうなきものさん

HPA兼プリアンプ完成しました!
組み立て自体はすぐに出来たのですが、そこからチューニングをしていたら1月ほどかかってしまいました(;^_^A
中身についてはなこさんの縁側と自分の縁側に載せているので控えますが、なかなか上質な音に仕上がったと思います。
濃厚だけど繊細な音で市販品にはないと思います。といっても、最近の市販品は聴いておりませんが。

そして完成アンプにAD1000Xを繋いで聴いてましたが、上位機の音を聴きたくなり、某所でAD2000無印を購入しました。
一聴して格の違いを見せつけられました(;^ω^)
音の密度が全く違いますね!AD2000と比べると、AD1000Xは音がスカスカに感じます。
ボーカルはバシッと前方に定位しますし、実在感が素晴らしいですね。
帯域バランスも過不足なくほぼフラットですし、究極の万能機ですね。
後継機のAD2000Xは低域が若干うざくて、付帯音もありましたが、AD2000は癖もなく飽きのないサウンドに思います。
ただ、上流をストレートに出すのと響きが少ないので、上流でうまく調整しないと無響室で聴いているような音になりそうで辛いですね。
初心者向けではないかなあ。


2018/10/9 14:28  [1634-5798]   

サイさん、こんにちは。

完成おめです!
うぉっ!物量凄い♪

製作過程はナコさん縁側で拝見してました〜
スキルのあるサイさんが羨ましいです。

AD2000の購入もナコさんの所で知りました、おめです!
ADシリーズのX世代は、貧相な環境に対するお節介なアシストでしたねw

これから涼しくなりますし、ヘッドホン日和ですね〜
無印AD2000、ご堪能下さい♪

2018/10/9 16:17  [1634-5799]   

えうなきものさん

おめありです!

ヘッドホンアンプにしては物量が凄まじいですねw
まあ、プリアンプとしても利用すると、HPA以上に物量投資しないと音が薄くなるので、仕方ないのですが。。汗

いえ、大したことしてないですよー
半田ごてが使えるのと、電子回路が多少わかるだけです(;^_^A

AD2000はむかーしなこさんにお借りしたことがありましたが、今の環境で聴いたほうが断然いい音ですね。
当時聴いた時はもっと乾いた音でシャリついてた気がします。

AD2000やW5000はインピが低くて感度が高いですが、電力を食うので物量投資しないと鳴らしきれません。。
今のオーテクは鳴らしやすいですが、音の繊細さは失われましたねぇ。
AD2000Xはオーテクならではの音の繊細さが失われて普通のヘッドホンになってしまったのが残念ですね。

AD2000はしばらく鳴らされていなさそうなので、しばらく鳴らしこんだらもっと良くなりそうです。
あと、この機種はリコール対象品なので、ケーブルもオーテクに交換してもらわないとです。
https://www.audio-technica.co.jp/info/no
tice/ath-ad2000.html


これからヘッドホンの季節なのでゆっくり楽しみます!


2018/10/9 16:41  [1634-5800]   

サイさん

いや〜、パーツの選定とか製作の過程を今回は見させてもらって凄いな〜と素直に思いました♪

ナコさんもAD2000お気に入りでしたね。
仰る通りでAD2000とW5000は潜在能力がとても高いですね。
2000Xは鳴らしやすい反面、環境上げても応えてくれないんですよね。

リコール対象ですか!?
は〜、こんな事あったんですねぇ。
しっかし対象機種が垂涎物ですw

2018/10/9 18:17  [1634-5801]   

こんばんはー

えうなきものさん

なこさんのスレに書きましたが、P-750UとADX5000聴いてきました。
ヘッドホンはまあ高いですが、実力は確かですね。
ただ、あの音なら10万でいいかなー
ぶっちゃけ解像度に関してはW5000と変わらないですし。
おそらくマーケティング的にあの値段になったのかと思いますが、最近のヘッドホンの値段は異常過ぎる。。
悪い意味でピュアオーディオと変わらない。

アンプですが、相変わらずヌルいですねー
DACかDA150なので、おそらくそれの傾向も入ってます。
よくラックスは桶に向くと言われてますが、スピード感が足りんので、ムリです!
ADX5000の良さを潰してて個人的にはNGのサウンドでした。

バランスアンプなら山水のαシリーズ買えば良いんですよ(笑)
あっちはモノホンのバランスアンプですし、何せ値段が安い!

てな感じに試聴で絶望してしまいましたが、なんやかんやオーテクの音は好きです。
ADX5000、10万切ったら欲しいです。
確実に性能では同価格帯のヘッドホン蹴散らしてましたし。

A2000Xはドンシャリ気味ですねー
上も下も欲張り過ぎなので、アンプ奢ると破綻しちゃいます。

リコールは月曜日にでもきいてみます!
A900Ti欲しいです。
あとは個人的にはA1000が気になってます。
レア過ぎて手に入りにくいですが。

あとはA2000Xです、Zの方はどうなんでしょう?

2018/10/15 00:55  [1634-5805]   

訂正です。

誤:A2000Xはドンシャリ気味ですねー
上も下も欲張り過ぎなので、アンプ奢ると破綻しちゃいます。


正:AD2000Xはドンシャリ気味ですねー
上も下も欲張り過ぎなので、アンプ奢ると破綻しちゃいます。

2018/10/15 01:40  [1634-5806]   

サイさん、こんばんは。

ADX5000聴かれましたか〜
ご祝儀価格ですねw
しばらくすれば落ち着いた価格になるのかな?

ラックスマンはイメージのバイアスで幸せになる()タイプですからね〜
市販品のHPAだとサイさん達の望むスピードは無理でしょうw

アートモニターも無印時代が良かったですね(しみじみ
A1000はテクニカ恒例の限定品でしたねw

A2000Zも今時の音になってますね。
ドンでシャリな色付けで分かり易く、感度高くてのっぺりした印象。
ポピュラー向きかな〜

訂正あざっす。
そう言えばAD○○Xの「X」はエックスじゃなくて「×(バツ)」だとかw

2018/10/15 02:03  [1634-5807]   

どもー

ADX5000スピーカーメインの自分には高いですね〜
いいヘッドホンには間違いないですが。
安くなるの気長に待ちますw

イメージバイアスですかw
価格の多くの人が騙されている奴ですね。悲しみ(>_<)
ただ、ラックス残念ながら中国資本なんですよね。
純国産ですらない。。
今のオーディオ業界の悲しきサガ。。
スピード感はああいう音作りだから無理でしょうね〜
技術進歩してるはずが、退化してる現在。。

A1000はたまーに奥に出ていますね。
ただ入手性考えるとA2000Xですかね〜
Dさんも割と褒めてましたし。
高音よりサウンドは物量で抑え込めば何とかなりそうですし。
昔聞いた記憶では、低音も割と下のほうまで出ている印象でした。

A2000Z、えうなきものさんの話を聞いているとポタホンの典型的な味付けじゃないですかw
ホームユースにそれはないですねぇ。
スルー確定です!

Xはバツですかw
AD1000Xはゲーム用になりましたw

2018/10/15 02:34  [1634-5808]   

サイさん、こんにちは。

ADX5000は良いヘッドホンですね、値段以外はw
W5000の状況見ると初値から2/3ぐらいまでは下がるかな、それでも高いけど。

価格の人達ってのはブランドとかグレードで凝り固まった思考があるんで、騙されるというよりはむしろ率先して騙す側に加担してますね〜
今のオーディオって初期の液晶テレビみたいな感じですよね、取り敢えず良く見える(聴こえる)けど階調が無いw

A2000Xの高音バランスは上流次第で大丈夫ですね。
Zの方は、やっぱり鳴らし易さに傾いてしまって丁度AD2000→AD2000Xの変化を更に大袈裟にした感じかな〜
品番グレードは10番ですが、W1000Zの方が頑張って良い音出してます。

2018/10/15 09:48  [1634-5809]   

発売5日で値下げとは。。。
でもこれ、本来の値段は$79.99だからな〜
8,000円に下がるまで買わない←

2018/10/24 01:32  [1634-5814]   

こんちはー

えうなきものさん

AD2000テクニカからケーブル交換されて返ってきましたが、激変でしたw
リコール対象になった理由がわかりました。
あまりにも変わってたので、つい表にスレ立てちゃいました(笑)
いやぁ、Dさんの勧めどおり交換に出して良かったです(笑)

ADX5000値段ヤバイですね(汗)
ヘッドホンメインでもなかなか手の出せない値段なのに、20万超えは。。

液晶テレビ平面ですからねー意味深
うちはプラズマメインなので、液晶見ると余計につらタン(´・ω・`)

A2000XはW5000と同じで調教しがいがありそうですね(コラ
低音に不満が上がってるみたいですが、最悪山水でゴリゴリ駆動すれば何とかなるでしょう(笑)
A2000Zというか、最近のテクニカの機種は鳴らしやすくなった代わりに音の繊細さを失っちゃいましたねー

あと、最近のテクニカ機は音場の表現の仕方が嘘っぽくて好きくないです。
なんか演出過剰なんですよね。
悪い意味で今のスピーカーみたい。

2018/10/24 10:45  [1634-5816]   

サイさん、こんにちは。

AD2000、激変でしたか〜
売り文句の左右独立でしたからね、繋がってたら混濁するんでしょうね。

ヘッドホン業界のバブリーっぷりは止まりませんねw
まぁ、値段の高さは「よくわからない人」には重要ですけど(

そのせいで適正価格の物は評価されなくなっちゃいますね。

視覚も聴覚も分かり易さを求める時代で、キャパが広がるのは良いんですがA2000Zの様なグレードまでそれで通されちゃうと困りますね〜
何で鳴らしても一定のクオリティは出してきますけど限界低っw

AD2000Xのモヤモヤした音場は上流でどうにも出来ないヘッドホンのクセですね。
密閉型の方はWS1100ぐらいからかな、インチキ臭く浮き上がるボーカルが評価されちゃって、その路線ですね。
A2000Zはさすがに浮きはしないんですが低音の感度が高すぎて、やっぱり変な音場、ベッタリw

最近の売れ筋のスピーカーは、やっぱりTVと一緒で売り場でどれだけ目立つか?しか考えてない音ですね、とても部屋で聴こうと思えません。

2018/10/24 13:28  [1634-5817]   

パッドボロボロ〜 なので、パッド交換しました! 旧世代の2000番台の名機たち

こんばんは〜

結局A2000Xも買っちゃいました(爆
AD2000よりも安いし、お手頃だったのでサクッと某店でw


えうなきものさん

ケーブルの3芯と4芯でここまで差があるとは思いませんでしたw
ケーブル大切ですね〜
おかげで今まで感じていた曇りが取れて大満足です。
こりゃ手放せませんね!
まさしく名機です。

ヘッドホンに限らずオーディオ全般高すぎますね〜
ADX5000の値段設定は明らかに海外ハイエンド機を意識した価格設定ですね。
おそらく海外だともっと高いと思いますが。
まあ、アッパーミドル機のK701とかHD650辺りは比較的安いので、それで満足すればよいと思いますが。

A2000X、Zと比較試聴して購入しました。
DAPでの試聴だったので、実はZの方がバランスよく鳴っていて好印象だったのですが、Xは鳴らした感じスカキンで明らかにアンプ食いな印象で伸びしろがありそうな感じ、逆にZは伸びしろがなくてアンプ入れたらバランス崩しそうなので、Xのほうを購入致しました。
あと、Xがスカキンだったのはイヤーパッドがボロボロのせいもあったかも。
家に持ち帰ったら速攻交換しましたが。

で、家で鳴らした印象ですが、A2000Xは確かにAD2000と比べると高域にチタンらしき癖は感じられますが、全然嫌味がないですね。
むしろこの解像感で刺さらず出し切る高域はなかなかないです。
良質なツイーターから出ている音のようでした。
低音もキチンとドライブすればある程度量感は出ますし、不足感はないですね。
恐らく高域をしっかりコントロールできていればさほど不足感は感じないと思います。
このヘッドホンでキツさが出るのは環境、ソースのせいですね。
レンジ、定位、解像度など性能に関しては完全にAD2000よりも上だと思います。

もしこの機種を使い分けるとしたら、女性ボーカル系はA2000Xで、ロックや打ち込み系はAD2000ですかね〜
AD2000の切れはなかなか良いです。
A2000Xでロックだと若干キレが足りないのですよね〜
この辺は巷の評価通りだと思います。

なんか結局巷と同じような感想になってしまいました(^^;


2018/10/26 19:56  [1634-5819]   

サイさん、こんばんは。

2000番コンプおめです!
ナコさんもA2000X買われてましたね♪

始めから3芯仕様で作ってたらまた違うんでしょうけどミスでしたからね(^^;)
しかしオーテクの対応良いですね、相当時間が経っているにも関わらず。

オーディオ高いですねー
中身と釣り合ってないのにw
K701とHD600、これ以上は装飾品(オイ

A2000Zの伸びしろの無さは、やはり感じられましたか〜
普通に市販品でコンポ組むにはあの辺が落し所なんですかね、大体一定の鳴り方は確保してますが。

AD2000の切れ、X世代で失ってしまった物ですね。
家のAD900Xも最初はキレッキレだったんですが鳴らし込む内にどんよりしてきました。
メーカー的にはこれがX世代で狙った音なんですな。

A2000Xの頃までは巷も聴く耳ありましたからね〜

2018/10/26 21:38  [1634-5820]   

えうなきものさん、こんにちは。

おめありです!つい、表にスレ立てしちゃいましたw

なこさんにA2000Xおすすめしちゃいました。
決め手はDさん絶賛だからかな?
Dさん、耳は確かですからね〜
いい意味で基準があって全くブレないですし。

K701、HD600は性能的に見ると今が適正価格かもですね。K701は中国製になって若干品質が下がったっぽいですが。
両者とも音色的には好きなのですけど、若干解像度とレンジ感が足りないです。。
これより上の機種はボッタですし。
K701に関しては、Dさん風に言うとボーカルイメージが薄いといえばいいのでしょうか?若干ボーカルが散る印象にあります。一度気になってしまうと辛いですね〜
オーテクだとAD1000クラスがそうなんですよね。。
2000クラスになると安定したボーカルが楽しめるのでなおさら。
スピーカーも上位機はオーテクでいう2000系や5000系の音がしますから〜

A2000Z今度機会があれば据え置きにつないで聴いてみますが、伸びしろはなさそうですね〜
今のオーテクは高域は刺さらないように丸めて解像感殺してて、低音は量感増やして、音場は混濁傾向で、昔とは真逆の傾向に走っています。。
DAP直で高音質に感じやすいですがw
唯一違うのはADX5000だけでした。あれは別格ですね。値段も別格でしたが。。

AD2000のキレはロックやオケ聴くと楽しいですw
自分はロックとオケに求めるものが一緒で珍しい人種なのでw
あまりロックホンで推す人はいないですね。
AD2000で聴くライブ盤とか最高に楽しいのですが。

A2000Xは比べると大人しいというか上品ですね。
音を俯瞰するのがA2000X、AD2000は対峙している感じですかね。
設計者による音傾向の違いは同じ2000番台でも楽しいです。

A2000X、地味に価格の常連さんから絶賛でしたね。
Dさん、airさん、ヘッドホン廃人さん、物欲が止まらないさんetc...


2018/10/28 16:55  [1634-5822]   

サイさん、こんばんは。

表のスレ拝見しました〜
先日のAD2000もそうですがヘッドホン熱の高さが伝わります、良いヘッドホンに良いクチコミ♪

サイさんもナコさんも当時から環境が随分変わりましたからね〜
A2000Xの印象が当時よりも良いのは環境がやはり良くなってるんでしょうね♪

K701とHD600はHP単体なら適正ですね。
ただ、マトモな音出すのにお金が掛かるw
ゲルマン系のメーカーはボーカルの倍音の方にフォーカスがある感じですね、基音が安定しないっぽい。

今のオーテクは明らかに感度高過ぎですね。
特にあんまり得意じゃない低音を取り敢えず聴かす方向でマスキングは多いし距離感メチャクチャ。
ただでさえ近いって言われてるのに近い場所に詰め込み過ぎw

ロックもちゃんとした録音なら充分なf特を備えてますからね〜
これを素直に出してくれれば良いんですけど、盛ってある音に慣れちゃうとロックやジャズは低音!とかになっちゃいますね←自分

上位機の密閉型は大人しいの多いですね。
空気のコントロールは各社苦労してる様で。
一方で乱暴な開放型も多かったりしますがw
AD2000、A2000X、両者は理想的な特性を実現していたんですね!

廃人さんと物欲さんは本当にお見かけしなくなりましたね。。
今時の機種には興味ないのかな?←分かります

2018/10/28 18:17  [1634-5823]   

どもー

K701のイヤーパッドがボロボロだったので、新品に交換しました。
にしても、K701のイヤーパッド5000円もするのですよね。
正直高いです。


えうなきものさん

いやー、つい書き込んでしまいました(;^_^A
レビューも気が向いたらしますが、価格の仕組み上レビューより口コミの方が埋もれにくいのですよね。
A2000Xレビュー数の割には口コミ数少ないですし。

A2000X当時は高音よりと書き込みましたが、考えを改めなくてはw
W5000と同じく環境を映す鏡ですね。
W5000よりは優しいと思いますが。

K701、イヤーパッドを新調したので自作アンプで聴いてますが、打ち込みを多用した曲は苦手ですね〜
K701で聴くと、Zガンダムの主題歌「水の星へ愛をこめて」のボーカルはいいのですが、打ち込み音の処理が甘くて刺さり気味です。不思議と生楽器だと刺さらないのですけどね。
この辺の表現はテクニカ機が得意な印象なので、邦楽聞くならテクニカ機ですかね〜
A2000Xは特にその辺の処理がうまいですね。高解像度なのに刺さらない。

K701はパワー必須ですね〜
市販のアンプだとふにゃふにゃな音ですw
HD600は実は気になってましたが、DさんがHD580を絶賛していたのでそちらが気になっておりますw
AKG、テクニカ、禅の3〜4万円帯は名機が多いですから使い分けもできそうですし。
アンプがクローンですが、ドイツ製なのもありますw

今のオーテクはピュア路線ではないですね〜
おっしゃる通りとりあえず初心者にウケるバランスで作っているように思います。
A2000Z全然フラットじゃないですよw
おかげでDさんも全然話題にしなくなりましたw

ロック、Zeppあたりは結構まともな録音ですね。
ライブ盤をうちのスピーカーで聴くと発狂しそうですが、HPでもある程度再現したい自分(;^ω^)
低音ガーならソリッドベースシリーズだけありゃいいんですよ(暴論

密閉の上位機はおとなしいですね。
サタ行の表現がうまいですね。
精細感あっても刺さらないのは上位機の特権ですね。
下位機でだそうとすると散っちゃいますから。
乱暴な開放型w
あっ、DT990かな?
AD2000はA2000Xとも音は全然違うのですが、不思議と違和感ないのですよね。
同じテクニカの横綱だからでしょうけど。

今の機種ひどいですからね〜
なので、昔のヘッドホンに行く自分w


2018/10/31 01:22  [1634-5825]   

サイさん、こんにちは。

最近はパッドはじめ消耗品も高いですねー
\2,300か、と思ったら1個の値段とかw

A2000Xの頃って密閉型だとデンオンが人気だったですかね、あまりクチコミ見なかったですね。

W5000はバケモノです(オイ
比べちゃうと限界がちょっとだけ見えるって所で優しいですね。

K701はニューパッドが馴染むまではーってのもあるかもですがAKGは邦楽の盛ってる周波数と被る所がありますね。
テクニカとソニーはさすがに邦楽巧いですよね〜
海外メーカーのほんのちょっとした響きが国内メーカーの聴かせ所と違う感じです。

HD580ですかー、実は聴いた事がありません(^^;)
現行の5シリーズではなく、600とドライバー共通なんですか。
復刻版のHD600のDさんのスレ見ると580とは製造時期の違いぐらいみたいですね〜
根本的な音質以外にメーカーのカラー、お国柄ってありますからね、面白いと思います。

今はオーテクだけじゃなくて最早「イヤホン&#8226;ヘッドホンオーディオ」という別のカテゴリーを邁進してる感じで「オーディオ」とは断絶がありますね。
BAイヤホンからの流れか、モニターヘッドホンからか、とにかく「鳴ってる情報」は平面でもベッタリでもリスナーに届けるって感じ。
更にいきなり高額な機種を買う層に分かりやすく「いい音()」を感じさせるにはドンシャンw
メーカーとしては楽ですよね、細かい調整なんかしなくて済みますからw

ツェッペリンのリマスターシリーズは良い音ですね、CDの底力を感じました。
ソリッドベース、イヤホンは良いんですけどね、ヘッドホンはw

密閉型の高音域は本当にグレード差がハッキリ出る所ですね。
あればっかりはしっかりお金を掛けないと精細な表現が出ませんね、量で誤魔化されちゃう人も多いけどw

DT990の乱暴さは有名ですが、AKGのプロシリーズやフォスのRPなども相当乱暴でした。
巷では滑らかとか言われてますけど(^^;)

2018/10/31 09:36  [1634-5826]   

こんちは!
デノンのリケーブルスレ、言い方はあれですが、言ってることわかるのですよねー
散々リケーブルしましたが、純正超えるの地味に難しかったりします。
あと例のケーブル、構造が三芯なので、クロストークの問題があったりで、純正超えはなさそうです。

えうなきものさん

パッド高いですねー
特に舶来品のは。
その点テクニカは安いですね。
なので、劣化したらすぐ替えちゃってます(笑)

W5000は地味に今もフラグシップ保ってるからすごいですよね。
値段的にはADX5000の方があれですけど、クオリティ的にはまだまだ現役です。

K701イヤーパッド硬いですもんねー
も少し馴染んだら変わるかもですね。
今は若干音も硬いです。
AKGのヘッドホンの癖って邦楽聴くと妙に強調されるのですよね。それも嫌いではないのですが。
ただ、K712は低音盛り過ぎでこれまた酷いですね。
市場に媚びちゃってました。

HD580は今は中古しかなさそうですね。古い機種ですし。
HD600は先程ヨドバシでサクッと聴いてきましたが、いいヘッドホンですね。
若干ウェルバランスですが、ボーカルに厚みがあって滑らかで気に入りました。
隣にあったHD650よりも気に入りました。
ヘッドホン始めたときはゼンハイザーに魅力は感じませんでしたが、今頃良さに気づきました(笑)
これで藤田恵美とか聴くとボーカルかエロくて発狂しそうです。
因みにうちのDAC1はHD600を鳴らすために作られたとか。
まあ、改造されちゃってますが。

ヘッドホン、イヤホンも酷いですが、スピーカーも酷いですね。
今のスピーカーは音場が狭くて悪い意味でヘッドホンみたいで音場表現がグチャグチャですw
今のスピーカー使ってる人がうちにくると、音場の広さにビックリします。まあ、スピーカーかそういうスピーカーなのもありますが。
BAイヤホンはべったりが多いですからねー
あれに慣れちゃうと、正しい音場感覚が失われそうです。
コワヒ。。

ツェッペリンはいいですね。
昔のライブ盤は音が死んでましたが(笑)
今のリマスター盤はめっちゃ良くなってました。

ヘッドホンのソリッドベースは縁なかったですねー
イヤホンは割と好きでした。

量でごまかす、あ今のA2000Zとかですねw
今日も聴いてきましたが、やっぱり低音潰れてる。。
高域も伸びてませんし。

巷の評価当てになりませんねー
そういえば最近He&Beさんのサイトを覗くのが日課になってます。
昔はよく彼のサイト見てヘッドホンを選んだものでした。
一貫した基準で評価してくれているので、音色系の評価は結構信頼してます。
音空間はDさんが評価してるのでw


2018/10/31 11:31  [1634-5827]   

サイさん

リケーブルは取り敢えず変わったって点で良い悪い構わず満足感を得てしまう人多いですねー
Dさんの言う様に左右広げる(広がったと思うだけ)のは簡単なんですよね、質が落ちてるって事なんだけどw
D5200はセンターの充実度が魅力なのに。

AKGのパッドはハーマンとヒビノ(最近また取扱復帰です)がクソ高く設定してるんですかねーw
テクニカはパッド側面が弱いですね。。

W5000のクオリティで開放型を今作ろうとすると、あんな値段になっちゃうんですかね、ロストテクノロジー?(ぇ

AKGのクセは国内のマイクと合わないんでしょうな。
K712は、まさかのHD650リスペクトか?って音でしたねw
今の実売価格、K702より安いんですよね〜

HD600は今ラインナップされてる禅の600シリーズ3機種の中で一番取り組み甲斐がありそうです。
650は全部650に委ねられる人だけ使えば有効w
そう言えば、ナコさんが昔600お使いでしたね。

実は今のアンプも酷い(ぁ
ヘッドホン/イヤホンから来た世代がピュアの方にも「同じ音」を求めちゃってる感じで、メーカー側もその風があります。
平面バーッ!は楽ですからねw

昔のCDはデジタルのルールがよく分かってなくて、とにかくピークを怖れたマスターが多いんですよね。
今のDAWソフトは色々弊害もありますけど取り敢えずピークの問題は気にしなくて良くなりました、中身をちゃんとするのには新しい練度が必要ですけどね。
そういうエンジニアが仕上げた音源は本当に丁寧で素晴らしい♪

ソリッドベースだけはオーテクらしからずイヤホンの方が良いですねw

A2000Zぐらいのドライバー能力ならあんなに盛らなくても良いのに、と思います。
今時の上位機は他のメーカーもホント蛇足。
そんなにユーザーは耳悪いのか、難聴支援システムw

He&Beさんのサイト懐かしいです!
この方も練度高いというか、基準が安定してますね。

2018/10/31 15:13  [1634-5828]   

こんばんは〜
なこさんからATH-A900Tiをお借りして聴いていますが、いい機種ですね。
音色的な癖も少ないですし、音場も立体的です。
ただ、A2000Xあれば音質的にはいらないかもです。

えうなきものさん

よくUEのTF10Proも左右が広いと言われてましたが、単にケーブルの質が悪いだけでしたね〜
リケーブルすると音像が定まって左右は狭く感じますが、立体感が出てきて聴きやすい方向に行くだったり。
D5200は聴いたことがありませんが、センターの充実は上位機の特権ですね!
オーテクも1000番台と2000番台の違いはセンターの安定さだと思ってます。

K701はキングオブ無難と言われていたようですが、邦楽なら別の選択肢もありますよね。
それこそ現行ならAD900Xとかでいいかも。
K712はAKGファンにも不評みたいですね。
最近のオーテクも似たような味付けしてますが。。
K702はアダプタ部が柔いんですよね。よく試聴機が音切れしてます(-_-;)

HD600(HD580)いいですね〜
AKGほど痛い音は出しませんし、音場表現は流石でした。
HD800まで行くと若干ワザとらいいので、ちょうどよいのですよね。これくらいが。
うちの環境で聴くとどうなるのかな???
なこさんも使ってたみたいですね!何故手放しちゃったのかなあ。

アンプも酷いですね。てか、スピーカーもアンプもDACも皆ひどいですorz...
音場表現がグチャグチャな機種ばっか。。
平面平板ですょw

なるほど。
確かに昔のCDはそのようなマスターが多かったりします。
アナログ音源なんか今キチンとリマスターすると格段に良くなったりしますよね。

今の世代はズンドコに慣れてますから、逆にハイが伸びてる機種はいらないのでしょうね〜
あと音源が色々残念なので。。。
A2000Zポタホンとしてならいいですが、ホーム用であの味付けはないですね。

なこさんからA900Tiお借りしてますが、いい機種ですね。
本当いい意味で普通のヘッドホンですw
A2000Xと比べると解像感が足りなかったりレンジが狭いですが、普通に聴くには十分です。
てか、A2000XってA900Tiと同じ傾向なんですよね。
A900Tiの足りないところを補ったのがA2000Xでした。
巷の評価、あてにならないですねw

He&Biさんのサイト、今もキチンと更新しているのですよね。
HD650べた褒めでしたw


2018/11/3 20:36  [1634-5831]   

サイさん、こんばんは。

10pro懐かしい〜
リケーブルを一般に認知させた機種でしたね♪
D5200はD7200でちょっと怪しいスタジオ録りのボーカル定位を漸く落ち着かせた良い機種です。
やっとDENONヘッドホンのリハビリ終わったのかな〜とw

鳴らし込んだAD900XはJ-POP対応良いですよw
新品からだと3年ぐらい掛かりますけど←
あら、702のアダプタ柔いんですか業務用なのに。

HD600、痛さは無いですね、輪郭は丸めなんですけど音の出来上がりが速いというのか、ちゃんとしてますね、基礎能力高いです。
HD800は重さでダメですw
ナコさんの600はパッチさんの所に行ったんだったかな?

オーディオ現行品は皆ベッタリスマホ写真サウンドですね(謎
音決めするのに生楽器よりポピュラー優先にしてるのがはっきり分かりますね、だからオケ聴けないオーディオばっかりw
ですですょ←

リマスターは最早サルベージに近いですね、ちゃんとしたエンジニアがやれば♪
世の中のリマスターはただ音圧上げただけのも多いですけどね〜

ちゃんとしたハイが鳴らせる機種はやっぱり値段がお高くなってしまいますからねー
そうなると一般向けには音源の方が先に仕込んでおくw
そんな音源をまたシャリシャリキンキンした味付けで聴くもんだから困っちゃいますね。

アートモニターの9番は大体良機種ですね!
現行のA900Zも、Z世代での中で唯一マトモなんじゃないかな?
昔のオーテクはグレードの性能差を残酷なぐらいハッキリ差別化してましたね、今は音色で性格づけてる感じで(トホホ

He & Biさんのサイト更新されてるんですか、しばらく見てませんでした(^^;)
HD650、これ書かれた時はHD600の国内販売が無かったんですけど比較あると面白い、追記されないかな〜
AD2000との比較、大方の意見と同様ですね、日本人は弦楽器に厚み(f特で)求めちゃうからX世代ががg…

2018/11/3 23:31  [1634-5832]   

えうなきものさん、こんばんは!

10Proで自分はリケーブルに目覚めましたw
いやぁ、懐かしいw
D5200はそういう機種でしたか〜
なこさんがD9200聴いてみたようですが、こっちはどうなんでしょうか???
個人的に高すぎますが(;^_^A

AD900Xエージングめっちゃかかりますねw
K702はmini XLR端子が柔いみたいです。残念。

HD600は今でもモニター用に使っている方が多いみたいですね。なこさん曰くゼンハイザーの良心だとかw
丸くてもきちんと解像してくれてれば問題ないですね。寝ホンに良さそう←

ベッタリサウンドは辛いですね(;^_^A
オケ聞ける装置って結構貴重ですよね。
ヘッドホンだと特に。
崩れたバランスの音源で調整されると装置もおかしいチューニングになっちゃいますね。

ハイの表現は難しいですね。上流にも左右されますし。
特にオーテクのヘッドホンは痛いところは痛く出して来ますから猶更です。
AD2000はオーテク機にしてはおとなしいですが。

A900Zはサクッと聴いた程度でしたが、バランスは悪くなかったと思います。
実力はあると思うのですけどね〜
昔のオーテクのグレード差はホントすさまじいですね。
下剋上はないですねw
下位と上位では情報量が全く違うw
音色で差をつけるとかまさにブランドオーディオじゃないですか!酷い。。

He&Biさんには是非HD650とHD600の違いをレビューしていただきたいですね。
上のサイトでの比較を読んで、自分もAD2000をK701やA2000Xと比べるましたが、AD2000は中低域の力感を重視したダイナミックな音ですね。
キレも結構ありますし、まさにエアーダイナミックです。
K701は弦楽器の繊細な表現が本当に巧いですね。久しぶりにビバルディの四季を聴きましたが、繊細な表現で耳がとろけそうでした。
AD2000もダイナミックで悪くないのですけど、繊細さを楽しみたいなら、やはり室内楽はK701が推しですかね〜

あと以前上げたと思いますが、AD2000のスレ、Dさんが初心者の方にアドバイスしてます。
http://bbs.kakaku.com/bbs/20461510570/So
rtID=5847565/#tab

ほんと、この三機種はずっと比較されてましたね〜

2018/11/4 02:58  [1634-5834]   

サイさん、こんにちは。

10proとかER4の頃はBAも面白かったですしね〜
どっちも代変わりしてしまいました。。
D9200はまだ聴けてないんですよね。
竹のハウジングって匂うのかな(ぇ

AD900Xの巷の評価見てると鳴らして数週間の物がほとんどで、それだとX世代の暑苦しさが発現される前ですね(^_^;)
702はそうなんですか、接続安定のためのミニXLRなのにお粗末w
ケーブル着脱のデメリットそのものではないですかw

HD600は確かにゼンハイザーの良心ですね!
後の650や800と言った機種は使い途がある程度決まってしまい、そこでは力を発揮出来ますが苦手な物は徹底的にダメですからね〜
オーテクやAKGの真円のハウジングは寝ホンに向かないですね、ゼンハイザーの楕円は良さそうです(ぇ

今時のオーディオメーカーのサウンドマネージャーは平気でアニソンやポピュラーでも調整した、とか発言するんですが、調整はマズいですね、確認なら良いんですが。

ハイの表現の下手さ加減、音色で性格づけ、この辺りが今時の装置のダメな所ですね〜
まぁそういう需要を育んでしまったユーザー側に問題大有りですが。
まさに「ブランド」に平伏しちゃう安っぽい満足感です。

自分としてはAD2000を始めとしたオーテクの機種は「多目的ホール」
AKGはバロック期の宮廷や劇場。
ゼンハイザーはロマン派以降の大規模なコンサートホール、って感じです。
この辺は木の国と石の国ですからどっちが優れているとかではなく。

HD600はモーツァルトからベートーヴェンの橋渡しが出来る所で650より対応が広く感じ、しかも器用貧乏ではなくより根源的なモノに触れられる感じを受けます。

Dさんのこのスレ素晴らしいですね♪
ちらっとW5000とAD2000のハイの表現に触れてます。

2018/11/4 10:31  [1634-5835]   

AKG Y500BT

Y500BTを聴いてきました。
黄色が無いという時点で興味をすっかり失いましたが装着してみて改めて要らないな、と(コラ

ドライバー径は変わらないんですがパッド径は一回り小さく、凹のないタイプ。
凹が無いのは構わない、むしろ好きなんですが耳への当たり具合がY45BTっぽく痛硬い。
これですっかりモチベーションが無くなっていつにも増してテキトー試聴。

音は先代のY50BTが低音バカだったの対して初代の有線Y50のバランスに戻りました。
そんな感じで音は悪くないんですけどね。

あと、アンビエントモードが酷いw
気に障る信号音と共に音楽が小さくされるだけで外音が聞きやすいって事にはならない、何これ?
むしろ遮音性の高さが優秀w

2018/11/9 01:27  [1634-5836]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ



音圧

タグ:
androp 『androp』

音圧測定と簡易リマスタ13です。
前スレまでの最高音圧記録ディスクは─

【アーティスト】androp
【 アルバム 】androp
【 リリース 】2015/08/05
【ディスク番号】WPCL-12178

トラックMの「You Make Me」にrmsピーク
実効値 -4.2db

─となっております。

【ルール】
CDから最も音圧の高い8秒以上のバースを抽出、測定します。
8秒以上取るのは、SE的なピーク値が参考にならない事、そして事故・ノイズを回避するためです。
人の呼吸が大体8秒ぐらいって感じのユルい基準です。

画像は上部左がCDジャケット、右がレベルメーター。
下段は参照したトラック全体の波形です。
波形のカラーはrms(実効値)に沿ってまして、緑→オレンジに行く毎に危険な音圧です(ぇ
所謂海苔波形でもレベルメーターの黄色・オレンジが少なければ、録音/マスタリングは良い場合があります。

【音楽】は、個人的に内容が面白かったか、意味のある作品か、等の評価。
【録音】は、生演奏・打ち込み問わずに、そのCDにどれだけ情報量が入っているか、単純ミスは無いか、の評価。

不満が無いだけなら★3、そこからの増減方式です。

2018/4/7 10:20  [1634-5535]   

Frankie Cosmos 『Next Thing + Fit Me In』

【アーティスト】Frankie Cosmos
【 アルバム 】Next Thing + Fit Me In
【 リリース 】2016/04/06
【ディスク番号】PCD-24500

トラックCの「Embody」にrmsピーク
実効値 -9.9db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Frankie Cosmos、'16年の2ndアルバム+1stEPのコンピ盤。
Kevin KlineとPhoebe Catesの娘、Greta Klineが中心人物。

インディポップにジャンルされる宅録音楽で、活動拠点はニューヨーク。
先日紹介したMitskiもニューヨークですが両者とも雰囲気がそっくり。
Mitskiは気怠気でしたが、Frankie Cosmosは物憂げ(オイ
何かそういう流れなんでしょうね。

録音は普通。
シンプルな素材をシンプルにミックス、手作り感がいいですね。

Outside with the Cuties
https://youtu.be/6IJB0aD8gSA

CDの方はバンドアレンジされてます。

2018/4/8 10:11  [1634-5536]   

『ウィーン・フィル・サマーナイト・コンサート2016』

【アーティスト】セミヨン・ビシュコフ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
【 アルバム 】ウィーン・フィル・サマーナイト・コンサート2016
【 リリース 】2016/07/27
【ディスク番号】SICC 30281

トラックFの「ラヴェル: バレエ音楽『ダフニスとクロエ』第2組曲」にrmsピーク
実効値 -14.9db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★★★5

セミヨン・ビシュコフ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
カティア・ラベック&マリエル・ラベック(ピアノ)
録音:2016年5月26日 オーストリア ウィーン シェーンブルン宮殿

ウィーン・フィル・サマーナイト・コンサート2016のライブ盤。
野外の会場でフランス物を演奏するリラックスした内容。
「天国と地獄」はウィーン・フィル初録音だとか。
そんな感じでポピュラーな作品を単純に楽しめる一枚でした。
そう、ニューイヤーは2枚組だけど、サマーは1枚ってのも気軽。

録音も良いです。
野外とは思えない響きの感じは何でしょうウィーン・フィルの地力の強さでしょうか。
ラベック姉妹のピアノはエフェクトが掛かってる感じはしますが。
そのラベック姉妹の演奏中には小鳥のさえずりが聴こえ、屋外であるのがよく分かる。

アルバムトレーラー
https://youtu.be/bopI_2TZM10

ああ、屋根がついてるのかそれで響くのね(オイ
花火の音は入ってなかったか、気付かなかった←

2018/4/9 10:11  [1634-5537]   

モルゴーア・クァルテット 『原子心母の危機』

【アーティスト】モルゴーア・クァルテット
【 アルバム 】原子心母の危機
【 リリース 】2014/05/21
【ディスク番号】COCQ-85066

トラックBの「平和〜堕落天使(キング・クリムゾン)」にrmsピーク
実効値 -10.8db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

荒井英治(第1ヴォイオリン、東京フィルハーモニー交響楽団ソロ・コンサートマスター)
戸澤哲夫(第2ヴォイオリン、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団コンサートマスター)
小野富士(ヴィオラ、NHK 交響楽団次席奏者)
藤森亮一(チェロ、NHK 交響楽団首席奏者)

録音:2013年9月30日、2014年1月27日、2月7日、クレッセント・スタジオ

モルゴーア・クァルテット、'14年のカバーアルバム。
まぁ、ジャケ見りゃ分かると思いますがプログレを題材にした弦楽四重奏曲。
プログレ愛は感じますが、特に変わった事はしていない予想範囲内のアレンジカバーでした。
って言うか、原子心母丸ごとカバーの方が良かったかも、KC、イエス、ジェネシス、ELPと節操ない。

録音は音圧高めで音像が近過ぎます。
その近さが生々しさってよりは、単純に音が大きいだけに聴こえます。
少し歪んでた方がそれらしく聴こえるってデザインかな。

原子心母
https://youtu.be/26PKrtKcdu0

2018/4/10 10:00  [1634-5538]   

Anna Netrebko 『Verismo』

【アーティスト】Anna Netrebko
【 アルバム 】Verismo
【 リリース 】2016/10/26
【ディスク番号】UCCG-1752

トラックIの「プッチーニ:歌劇《トゥーランドット》第2幕:「この宮殿に」(トゥーランドット、合唱、カラフ)」にrmsピーク
実効値 -13.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)
アントニオ・パッパーノ指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団
サンタ・チェチーリア国立アカデミー合唱団
録音:2015年7月、10月、2016年6月 ローマ

Anna Netrebko、'16年のアルバム、ヴェリズモオペラのアリア集。
選曲は良いし、ネトレプコ&パッパーノの演奏にミスは無く変な解釈も無い。
でも「熱」が無いです、救い難く熱が無い、冗長に感じちゃいました。
オペラは客入れて録った方が良いかも。

録音は良いんですが、何かギリギリだなぁ、音圧。
Dレンジ広く採ってるんですけど、強奏時の安定感に欠ける所があります。

La Wally / Act 1, “Ebben? Ne andro lontana” - Catalani
https://youtu.be/9unXavaZwMU

2018/4/11 10:16  [1634-5542]   

小曽根真 THE TRIO 『Dimensions』

【アーティスト】小曽根真 THE TRIO
【 アルバム 】Dimensions
【 リリース 】2017/08/02
【ディスク番号】UCCJ-2144

トラックEの「M.C.J.」にrmsピーク
実効値 -11.8db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

小曽根真(p)
ジェームス・ジーナス(b)
クラレンス・ペン(ds)

小曽根真 THE TRIO、'17年のアルバム、TRIO名義は12年振りだとか。
全曲書き下ろしの新曲で、多ジャンルを渡り歩く小曽根真らしいジャズとポピュラーのハイブリッド。
びっくりする程精密って訳ではありませんがスリリングなアンサンブルで面白いです。

録音も良いです。
演奏も録音も丁寧な一枚でした。

Mirror Circle
https://youtu.be/gGlidUsr-_Y

2018/4/12 10:08  [1634-5545]   

Lea Michele 『Places』

【アーティスト】Lea Michele
【 アルバム 】Places
【 リリース 】2017/05/03
【ディスク番号】SICP 5324

トラック@の「Love Is Alive」にrmsピーク
実効値 -8.1db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Lea Michele、'17年の2ndアルバム。
TVドラマ『glee/グリー』で知られるミュージカル出身のシンガー。
『glee/グリー』は見てませんでしたが、イメージよりは真面目に王道的なポップアルバムって感じでした。
…特にどこが良いとか悪いとか無いですね←よく分からん

録音は普通かな。
Lea Micheleは声量があって音程のコントロールもしっかりしてまして、収録もコンプ臭は強いですが上手くまとまってます。
全体的な音圧はやや高く、少し歪みっぽく聴かせる感じ。

Love Is Alive
https://youtu.be/slff3_3-ioQ

…まぁよくある感じでyoutube向けのミックスバランスをCDに適用してますね、youtubeの方がバランスが良い。

2018/4/13 10:53  [1634-5546]   

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 『PLANET SEVEN』

【アーティスト】三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
【 アルバム 】PLANET SEVEN
【 リリース 】2015/01/28
【ディスク番号】RZCD-59831

トラックKの「O.R.I.O.N. -Maozon @ASYtokyo remix-」にrmsピーク
実効値 -8.1db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、'15年の5thアルバム。
ここ最近はすっかりEXILE本隊よりクオリティの高い楽曲を与えられてるJSB。
'15年のちょっと古いアルバムですけど、'14年のシングル4部作を収録していて、この辺りから私も聴き出したかな。

EXILEとどこが違うのかと言うと、JSBは甘さが持ち味でR&Bのトレンドに乗っていたりする。
EXILEにも甘さはあったんですが、JSBはより徹底してる。

録音は音圧高過ぎ、ボーカルキラキラ過ぎ。
時々ビックリする程ギターの音が良かったりするんですけど、バックの録りは打ち込みパート以外は良いのかも知れない。

S.A.K.U.R.A.
https://youtu.be/2wkXoD__Mqg

…この曲はちょっとダサっぽさが残ってる。

2018/4/14 10:02  [1634-5551]   

NEWS 『White』

【アーティスト】NEWS
【 アルバム 】White
【 リリース 】2015/02/25
【ディスク番号】JECN-0399

トラックAの「KAGUYA」にrmsピーク
実効値 -8.9db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

NEWS、'15年の6thアルバム。
4人になってから2枚目、どこからモチベーション持って来るのか分かりませんが充実してます。
山下智久のソロにも感じるんですけど、良い意味で対象年齢の低いソフトなファンタジー感がNEWSに関わった人達の共通の持ち味。
…NEWSのファンは歳をとらないのだろうか(コラ

録音はマズいですね、音圧が高過ぎます。
他のJ-POPアーティストの録音が酷い中、ジャニーズ系は2012年ぐらいまでは頑張っていたんですが、関ジャニとかキスマイぐらいから酷くなってきました。

動画・試聴無し。製品ページ
http://www.johnnys-net.jp/page?id=discoD
etail&dataId=2410

2018/4/15 10:07  [1634-5555]   

ダニエル・バレンボイム 『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番・第5番「皇帝』 ダニエル・バレンボイム 『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番・第5番「皇帝』』調整後

【アーティスト】ダニエル・バレンボイム
【 アルバム 】ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番・第5番「皇帝」
【 リリース 】1990/03/07
【ディスク番号】TOCE-7054

トラックEの「ピアノ協奏曲第5番「皇帝」第3楽章:ロンド」にrmsピーク
実効値 -17.6db
調整後 -14.7db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

ダニエル・バレンボイム(p,指揮)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1985/02/24&1985/06/13、16 Berliner Philharmonie

バレンボイム、'85年の録音、現行盤は廃盤中の様です。
ほとんど情報がありませんが、そんなに大した盤じゃないのかな、良かったですけど。

バレンボイム自体の演奏は明瞭で、オーケストラは少し重厚。
録音もオーケストラの音作り優先な感じでピアノは少し浮いたり前に出過ぎたりします。
昔っぽい録音で、fレンジの高域部分の減衰が早いかな。

さすがに、'85年の動画は無いw
シュターツカペレ・ベルリンとの5番がありました。
https://youtu.be/pEYajsa8NeM

2018/4/16 10:13  [1634-5556]   

Gil Shaham 『悪魔のダンス』

【アーティスト】Gil Shaham
【 アルバム 】悪魔のダンス
【 リリース 】2000/9/23
【ディスク番号】UCCG-1012

トラックCの「Danse Macabre Op.40」にrmsピーク
実効値 -16.1db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

ギル・シャハム(ヴァイオリン)
ジョナサン・フェルドマン(ピアノ・編曲)

ギル・シャハム、'98年の録音。
「悪魔」をテーマにした楽曲を集めたアルバム。
悪魔的と言うよりはファンタジーな演奏、キラキラしてます。
荒っぽいんですけど弾きまくりで退屈しません。

録音もキラキラ風味で残響成分多めのエンタメ調。
家のシステムだとこれぐらいが丁度良いんですけどね。

Devil's Dance
https://youtu.be/lsmddKj3GyU

2018/4/17 10:11  [1634-5557]   

Concerto Koln 『Dream of the Orient』

【アーティスト】Concerto Koln
【 アルバム 】Dream of the Orient
【 リリース 】2003/05/21
【ディスク番号】UCCA-1031

トラック23の「Sinfonia turchesca in C major: Allegro」にrmsピーク
実効値 -10.0db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

ヴェルナー・エールハルト(指揮) コンチェルト・ケルン
ヴラディーミル・イヴァノフ(指揮) アンサンブル・サルバンド
録音:2002年11月ケルン

18世紀ヨーロッパで流行したトルコ風音楽と、トルコの伝承曲の組み合わせプログラム。
コンチェルト・ケルンの方は取り敢えずパーカッション入れておけばトルコ軍楽に聴こえる的な?
曲数は少ないものの、アンサンブル・サルバンドの演奏はトルコ民族音楽を良い条件で聴ける珍しさがある。
(ホールとかスタジオで演奏するのは伝承曲らしくない、というのはありますが)

録音はパーカッションがほぼ割れているんで波形、レベルメーターともダメダメですが、パーカッションが入ってない時の管弦の音は結構良いんですよね。
アンサンブル・サルバンドの民族楽器や声楽は音圧低めで、こういう所は民族音楽のCDより丁寧。

Dream of the Orient - Teaser
https://youtu.be/fEoPwK6yf1E

2018/4/18 10:21  [1634-5559]   

Weather Report 『Weather Report』 weather Report 『Weather Report』調整後

【アーティスト】Weather Report
【 アルバム 】Weather Report
【 リリース 】1991/09/21 (オリジナル 1971/05/12)
【ディスク番号】SRCS 7001

トラックBの「Seventh Arrow」にrmsピーク
実効値 -17.3db
調整後 -12.0db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Joe Zawinul - Electric and acoustic pian
o
Wayne Shorter - Soprano saxophone
Miroslav Vitous - Electric and acoustic
bass
Alphonse Mouzon - Drums, voice
Airto Moreira - Percussion

Weather Report、'71年の1stアルバム。
音楽に対して分かり易さだけを追求する私には、さっぱり分からない内容でした(^^;)

録音も何かパッとしないです、国内旧盤だからかな、モヤモヤした音。
簡易リマスタ後もミックスバランスが国内っぽくハイ上がりでおかしい。

Weather Report - 1971 (Full Album)
https://youtu.be/4b743pjOGUA

2018/4/19 10:11  [1634-5561]   

Good Charlotte 『Youth Authority』

【アーティスト】Good Charlotte
【 アルバム 】Youth Authority
【 リリース 】2016/09/07
【ディスク番号】SICX 60

トラックEの「Reason To Stay」にrmsピーク
実効値 -7.0db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

Good Charlotte、'16年の6thアルバム。
バンドが休養してたのを知りませんでしたが、中身は相変わらず、お好きな人はどうぞ、って感じです。

録音は悪いです、音圧が高く、ミックスも高域のブーストが酷過ぎます。
J-POP並み。
何か日本で人気あるっぽいバンドって最近皆こんな音ですね。

Makeshift Love
https://youtu.be/oV5JxCbz-UI

2018/4/20 09:50  [1634-5565]   

MONOEYES 『Dim The Lights』

【アーティスト】MONOEYES
【 アルバム 】Dim The Lights
【 リリース 】2017/07/05
【ディスク番号】UPCH-20454

トラックAの「Free Throw」にrmsピーク
実効値 -8.6db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

MONOEYES、'17年の2ndアルバム。
内容は前作と同じ感じですが「これしか出来ない」って所から「これが好きでやってる」って潔さに変化した様に感じました。
印象は良かったです、これが続けられれば。
まぁ、でもやっぱり日本語でやって欲しいな。

録音は悪いです。
音圧はそれ程でもないんですが、EQがハイ上がり過ぎます。
ドラムの金物、ボーカル、ギターのアタック、全部シャリシャリしてます。

Free Throw
https://youtu.be/dQVl8urlE2o

2018/4/21 10:09  [1634-5566]   

PERSONZ 『PERSONZ』 PERSONZ 『PERSONZ』調整後

【アーティスト】PERSONZ
【 アルバム 】PERSONZ
【 リリース 】1987/09/21
【ディスク番号】30CH-259

トラック@の「Midnight Teenage Shuffle」にrmsピーク
実効値 -15.2db
調整後 -11.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

PERSONZ、'87年の1stアルバム。
PERSONZのブレイクは3rdでしたかね、当時1stは聴いてなかったと思う。
JILLさんのフェイクというか被せの強引さが時代感満載で面白かったです。

録音はCD初期の薄っぺらい音質。
この時代はフォーマットの所為なのか、日本のバンドの嗜好なのか、低音がほとんど拾えてない。
そんな感じでミックスはマズいんですけど、今みたいに歪んでないんで聴けない事はない。

Midnight Teenage Shuffle
https://youtu.be/pUnQzRNxfiA

ショートバージョンだけど公式があるって凄いなw

2018/4/22 10:19  [1634-5568]   

Murray Perahia 『ショパン:練習曲作品10&作品25』

【アーティスト】Murray Perahia
【 アルバム 】ショパン:練習曲作品10&作品25
【 リリース 】2016/12/07 (オリジナル 2002/04/10)
【ディスク番号】SICC 30378

トラック22の「12の練習曲作品25第10番ロ 短調」にrmsピーク
実効値 -16.6db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

Murray Perahia、'02年のショパンアルバム。
「エチュード」全曲録音です。
確りとしたイメージを持って望んでいるのが感じられる演奏ですが、ややせっかちな印象も受けました。

録音は良いんですが、ちょっとホールトーンが多く感じました。
アタックの鮮烈さが凄くて、カッチリした音でもあります。

12の練習曲作品10第4番嬰ハ短調
https://youtu.be/oy0IgI_qewg

CDとは違う音源ですが、よく似ています。

2018/4/23 10:11  [1634-5574]   

若林暢 『ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集』

【アーティスト】若林暢
【 アルバム 】ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集
【 リリース 】2017/06/21
【ディスク番号】MHCC 30004

トラックHの「ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ニ短調 作品108 第3楽章:Un poco presto e con sentimento」にrmsピーク
実効値 -18.6db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

若林暢(ヴァイオリン)
キャスロン・スタロック(ピアノ)
録音:1991年

若林暢、'91年録音のブラームスアルバム。
以前紹介した『ヴァイオリン愛奏曲集』は全てライブ音源でした。
若林暢はほとんどレコーディングを行なわなかったので貴重なレコーディング音源だそうです。

愛奏曲集での普段着的な演奏から、こちらは正装をまとった感じの演奏になります。
しかし、何でしょうね、クラシックでも時代の音ってのがあって、'90年代の録音ではありますがアナログ時代の官能的な音に感じました。
技術よりも情感で聴かせる演奏はライブ音源に近い感じです。

録音は前述した様に少し時代がかった音に感じますが、その時代の空気感をよく表せていると思います。

動画・試聴無し。公式ページ
http://wakabayashi-nobu.com/

2018/4/24 10:09  [1634-5575]   

村治佳織 『スペイン』

【アーティスト】村治佳織
【 アルバム 】スペイン
【 リリース 】2005/10/21
【ディスク番号】VICC-60460

トラックGの「三つのスペイン風小品 (ロドリーゴ)− パッサカリア」にrmsピーク
実効値 -12.6db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

村治佳織、'05年のベスト盤、『コントラステス』、『エスプレッシーヴォ』『パストラル』『レスプランドール』から選曲。
'03年にビクターからデッカに移籍していて、ビクター時代の音源。

5分前後の小品が中心で、オムニバスではありますがアルバムとしての統一感はあります。
村治佳織を全部聴いてる訳ではありませんが、最近の物と比べると荒削りな感もありますね、余裕がない感じ。

録音は普通です。
フレーズ弾いてる時は良いんですけど、アクセント付けると漏れなく音が割れてます。
村治佳織の録音はそういうの多いです。

動画無し。製品ページ
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/
A007038/VICC-60460.html


ビクター時代は動画無いんですね。

2018/4/25 10:15  [1634-5576]   

Lou Reed 『Ecstasy』

【アーティスト】Lou Reed
【 アルバム 】Ecstasy
【 リリース 】2000/04/19
【ディスク番号】WPCR-10685

トラックMの「Big Sky」にrmsピーク
実効値 -11.9db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

Lou Reed、'00年の18thアルバム。
Lou Reedにしては分かり易くシンプルなロックアルバムと感じました。
普通にカッコ良かったです。

録音も良いですね。
左右のギターが煽情的に大きくミックスされてますが、ベースの動きもよく分かる丁寧なミックス。
Lou Reedのアルバムでベースに耳が惹き寄せられたのは初めてかな。

Ecstasy
https://youtu.be/tgaQXc0Qfy0

2018/4/26 10:03  [1634-5577]   

シンリズム 『Have Fun』

【アーティスト】シンリズム
【 アルバム 】Have Fun
【 リリース 】2017/05/10
【ディスク番号】XQFQ-1502

トラックDの「ATTACK! ATTACK! ATTACK!」にrmsピーク
実効値 -8.8db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

シンリズム、'17年の2ndアルバム。
まだ20歳ですけど、徹底した小沢健二フォロワー。
小沢健二が流行ったのって20年ぐらい前でしたっけ、ぶり返しかな〜

録音は普通かな。
J-POPらしくハイ上がりですけど特にケチつける程じゃないですね。

彼女のカメラ
https://youtu.be/A69ur-OuanA

2018/4/27 10:03  [1634-5578]   

加藤ミリヤ 『Utopia』

【アーティスト】加藤ミリヤ
【 アルバム 】Utopia
【 リリース 】2017/04/12
【ディスク番号】SRCL 9361

トラックCの「最高なしあわせ」にrmsピーク
実効値 -9.1db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

加藤ミリヤ、'17年の9thアルバム。
トラックB「Let Me In」は加藤ミリヤのスタイルの完成系だと思うんですが、他の収録曲にそこまでのクオリティが無いってのが勿体ない感じ。
トラックD「少女時代」みたいに旧世代のJラップみたいのもあるし。。。

録音はJ-POP標準。
バック、ボーカルとも無駄なキラキラ仕上げで、痛い音。

最高なしあわせ
https://youtu.be/B4daenJkHuo

2018/4/28 10:09  [1634-5579]   

私立恵比寿中学 『金八』

【アーティスト】私立恵比寿中学
【 アルバム 】金八
【 リリース 】2015/01/28
【ディスク番号】DFCL 2117

トラックIの「フユコイ」にrmsピーク
実効値 -8.6db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★☆☆☆☆1

私立恵比寿中学、'15年の2ndアルバム。
私立恵比寿中学はももクロの妹分みたいな物ですが、より素人っぽさと下手さ加減を放っておく感じで結構違います。
萌え声のメンバーがいるし、制作陣もサブカル色が強いです。

ボイストレーナーは多分ももクロと一緒なんで、歌い方は似てるんですけど、上手く歌わせない様に訓練されてると思う。
Berryz工房は活動休止するまで徹底的に下手でしたが、その路線かも。

松野莉奈の事があった後にこれを聴くと、何かしんみりしますね。。。
アルバム中盤の「フユコイ」〜「幸せの貼り紙はいつも背中に」の流れは松野莉奈の事ではないんですが別れや思い出の事を歌っていて、勝手に連想して泣けます(オイ

録音は酷いです。
ボーカルのコンプ臭が極端に強くて、失った情報量をEQと音圧で麻痺させる音。

ハイタテキ!
https://youtu.be/HYqDLm0sNDA

2018/4/29 10:22  [1634-5580]   

ニコラウス・アーノンクール 『メンデルスゾーン:夏の夜の夢』

【アーティスト】ニコラウス・アーノンクール
【 アルバム 】メンデルスゾーン:夏の夜の夢、最初のワルプルギスの夜
【 リリース 】2016/08/24
【ディスク番号】WPCS-13524

トラックRの「カンタータ「最初のワルプルギスの夜」作品60 炎は煙によって純化され」にrmsピーク
実効値 -15.8db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

ニコラウス・アーノンクール指揮・ヨーロッパ室内管弦楽団
アルノルト・シェーンベルク合唱団
録音:1992年

アーノンクール・エターナル・コレクションの一枚、'92年の録音。
「夏の夜の夢」のイメージの難しさってのは、妖精の話である所にロマン派のカッチリした形式とギミック的な写実の「え?」って所かな。
アーノンクールは格調高く演奏する感じ。
「最初のワルプルギスの夜」は初めて聴きましたが、こちらの方が意図がはっきりした演奏に感じました、声楽がキレイです。

声楽にフォーカスが合っている様で、オーケストラは少し奥に感じる。
そんな感じで声楽の情報量や解像度はかなり生々しいんですがオーケストラの再生は難しいんじゃないでしょうか。
このシリーズいつもそうですが、Teldecの録音は音圧が低く、アンプのパワーが要求されます。

夏の夜の夢
https://youtu.be/5uI30X_kwW4

2018/4/30 10:23  [1634-5581]   

Thibaut Garcia 『Leyendas』

【アーティスト】Thibaut Garcia
【 アルバム 】Leyendas
【 リリース 】2016/12/21
【ディスク番号】WPCS-13572

トラックIの「 ファリャ:7つのスペイン民謡 7楽章:ポーロ」にrmsピーク
実効値 -17.1db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

ティボー・ガルシア(g)
エドガー・モロー(vc)
[録音]2016年4月8日, 9日, 10日, 14日 フランス ボーベ“Maladrerie St Lazare”

Thibaut Garcia、'16年のアルバム。
1994年フランス生まれのギタリスト。
若いんですけど、演奏が柔らかく丁寧、それでいて強弱の表現やテンポ感の自在さなど熱も帯びます。

最近、クラシックギターは日本人の物ばかり聴いていてそれはそれで満足してましたが、タッチから佇まいから全然ラテンの人には敵わないのにあっさり気付かされます。

録音は良いです。
ギターの表情を少し俯瞰的に捉えてる感じがします。
アクセント付けても当然割れないし、上手く収めてます。
リッピングに失敗したのかも知れませんけど、録音音量と関係ない所でプチプチノイズが入るのが謎です。

アルバムPV
https://youtu.be/E-Hg70PJu5g

2018/5/1 10:09  [1634-5583]   

大宮臨太郎、藤村俊介 『コダーイ:二重奏曲 他』

【アーティスト】大宮臨太郎、藤村俊介
【 アルバム 】コダーイ:二重奏曲 他
【 リリース 】2017/01/25
【ディスク番号】MM-3099

トラックAの「ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲 作品7 II.Adagio」にrmsピーク
実効値 -15.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

大宮 臨太郎(ヴァイオリン)
藤村 俊介(チェロ)

コダーイ、ベートーヴェン、バッハの二重奏曲(編曲)アルバム。
コダーイの何やらエキゾチックな楽曲は東洋風の奏法と親和性が高いですね。
ベートーヴェンとバッハについては、それが裏目に出ます。

録音は良いです。
ゲインが高く、フロアノイズ拾いまくってるんですけど、出て来るバイオリンの音はかなり生々しく実在感が凄い。
音がデカい=音が良いになっちゃってますけど、このCDは上手く行ってる(オイ


マイスターミュージックのディスコグラフィーはカテゴリトップまでしかリンク出来ません。
http://www.meister-music.com/strings.htm
l

2018/5/2 10:01  [1634-5584]   

Nancy Sinatra 『Like I Do レモンのキッス』

【アーティスト】Nancy Sinatra
【 アルバム 】Like I Do レモンのキッス
【 リリース 】2016/06/10
【ディスク番号】ODR-6221

トラックAの「お友だちじゃイヤ(Not Just Your Friend)」にrmsピーク
実効値 -13.5db

【音楽】★★☆☆☆2
【録音】★★☆☆☆2

Nancy Sinatra、'16年の編集ベスト盤。
'60年代前半、Nancy Sinatraアイドル時代の選曲。
私としてはほとんどの曲を聴いた事が無く、初めて聴いても興味をそそられない感じでした(コラ

録音はほぼモノラル音源。
何だかモヤモヤした音で、オリジナルマスターを使っているのかどうかも謎。

Cuff Links And A Tie Clip
https://youtu.be/RUiZMcHbTaQ

2018/5/3 10:13  [1634-5585]   

Bruno Mars 『24K Magic』

【アーティスト】Bruno Mars
【 アルバム 】24K Magic
【 リリース 】2016/11/18
【ディスク番号】7567866273 (ヨーロッパ盤)

トラックHの「Too Good To Say Goodbye」にrmsピーク
実効値 -10.1db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

Bruno Mars、'16年の3rdアルバム。
グラミー総なめのモンスターアルバムですが、Bruno Marsは何がそんなに凄いのか?って言われると答え難い。
キレイな声って訳でもないし、上手い訳でも無い。
ただ、センスとか嗅覚が優れていて、時代が要求する音を創り出す事、演じる事に飛び抜けた才能がある。

このアルバム聴いてると、今現在の何となく'90年代リバイバルのただ中にあって、マイケル・ジャクソンやジャネットのやっていた楽曲のアップデート感を凄く感じました。
トータルで王道ポップス。

録音は普通かな。
グラミーのエンジニアアワードも獲ってるんですけど、分かり易く良い音ではなく、音量上げても歪みにくいって言う地味に丁寧なミックスって所かな。

Finesse
https://youtu.be/MRSaiAREnwI

これなんかMJまんまですよね。

2018/5/4 10:09  [1634-5586]   

Thurston Moore 『Rock N Roll Consciousness』

【アーティスト】Thurston Moore
【 アルバム 】Rock N Roll Consciousness
【 リリース 】2017/04/28
【ディスク番号】HSU-10122

トラックEの「Cease Fire」にrmsピーク
実効値 -6.7db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

Sonic YouthのThurston Moore、'17年の5thアルバム。
Sonic Youthが活躍したのも'90年代、現在のリバイバルに乗ってリアルに'90年代の人達が新作出すのは面白いです。
オルタナってやっぱり頭が少しおかしい人(誉め言葉)の音楽だなー

録音は悪いんですがジャンル的には問題無い音。
音の聴かせどころの上手いミックス。
Sonic Youthも音作りは面白かったんで、伝統ですね(ぇ

Smoke Of Dreams
https://youtu.be/8c0pR02pv9k

2018/5/5 10:05  [1634-5588]   

GARNiDELiA 『G.R.N.D』

【アーティスト】GARNiDELiA
【 アルバム 】G.R.N.D
【 リリース 】2018/03/28
【ディスク番号】VVCL 1201

トラックD「Poppin' Trip -GARNiDELiA vs HEAVYGRINDER
-」にrmsピーク
実効値 -7.0db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★☆☆☆2

GARNiDELiA、'18年の3rdアルバム。
「踊っちゃってみた」とかMMDの課題曲、アニソンも手掛けるMARiAとtokuのユニット。

アルバム聴いたのは初めてですがtokuの作るトラックは意外と幅広く、音楽の素養が高いですね。
アニソンとEDM(というよりはハウス)、和風とか民族風、コーラスワークも結構凝っていて、なるほど耳コピしにくい訳だ(言い訳

録音はまぁ音圧高過ぎで酷いです。
音圧の高さに加えて高域EQの強烈さがJ-POP丸出しで痛い音。
マスキングが凄くて、せっかく凝ったトラック作ってるのにどうやっても聞き出せないのは勿体ないと思うんですけど。

紅葉愛唄
https://youtu.be/cat8ItnQxbA

今、この曲を耳コピしてるんですが、youtubeの音源とCDの音源に大差がなく、音が取れませんw

2018/5/6 10:14  [1634-5589]   

鈴木雅明 / バッハ・コレギウム・ジャパン 『J.S.バッハ:ルター派のミサ曲1』

【アーティスト】鈴木雅明 / バッハ・コレギウム・ジャパン
【 アルバム 】J.S.バッハ:ルター派のミサ曲1
【 リリース 】2017/03/08
【ディスク番号】KKC5665

トラックM「サンクトゥス ホ長調 BWV.241」にrmsピーク
実効値 -17.8db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★★5

鈴木雅明指揮 バッハ・コレギウム・ジャパン
録音:2013年9月神戸松蔭女子学院大学チャペル
   2014年9月,10月彩の国さいたま芸術劇場コンサートホール

バッハ・コレギウム・ジャパン、'17年のアルバム、宗教改革500年記念だとか。
ルター派ミサ曲は既存のカンタータにラテン語を当てはめて再編集した作品集。
…とは言え、私自身がバッハのカンタータに精通してる訳では無いのでどれも新鮮でした。

久々にBISの録音を聴きました。
相変わらず声楽の透明感は健在で作為的な物は一切感じないのに驚く程澄み渡った音。


ルター500プロジェクト
https://youtu.be/a43VPD9H8DM

2018/5/7 10:21  [1634-5590]   

高橋悠治 『めぐる季節と散らし書き 子どもの音楽』

【アーティスト】高橋悠治
【 アルバム 】めぐる季節と散らし書き 子どもの音楽
【 リリース 】2017/05/25
【ディスク番号】MM-4010

トラック34「ソナチネ第3番 「子供のために」III. Vivace alla marcia」にrmsピーク
実効値 -21.1db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★★5

高橋悠治(ピアノ)
録音:2017年2月 浜離宮朝日ホール

高橋悠治、'17年の録音。
ウェーベルン、クープラン、ジョン・ケージ、サティ、ストラヴィンスキー、高橋悠治、ヘンリー・パーセル、バルトーク、ブゾーニの小品45曲で綴る作品集。
「めぐる季節」というのは時代の事も内苞してると思う、各時代のピアノ曲の作風を楽しむ「散らし書き」

録音は良いです。
静かな曲が多いってのも幸いしてますが、マイスターミュージックの録音にありがちな強音圧が一切無くて、安心して聴けました。
全体的に自然な響きを目指している感じで、優しい音でした。

動画無し、Amasonで試聴可
http://amzn.asia/fh5rNki

2018/5/8 10:10  [1634-5592]   

↑何かおかしいなと思ったら、Amasonって何だよw

2018/5/8 19:22  [1634-5593]   

本島阿佐子 / 山下洋輔 『メロディーズ・オブ・メモリーズ』

【アーティスト】本島阿佐子 / 山下洋輔
【 アルバム 】メロディーズ・オブ・メモリーズ
【 リリース 】2017/08/23
【ディスク番号】GFRC-90103

トラックB「月の沙漠」にrmsピーク
実効値 -11.7db

【音楽】★★☆☆☆2
【録音】★★☆☆☆2

本島阿佐子(ソプラノ)
山下洋輔(ピアノ)

本島阿佐子、'17年の3rdアルバム。
ソプラノ歌手+ジャズピアノによる童謡集ですが、お互いの主張が交わる事無くどちらも得しないコラボかな。
童謡を歌曲として歌いたい本島、それを崩したい山下って所。
童謡を壊すって意味では成功してますけど。

録音は作り物っぽさが凄いです。
この作品は例のtagostudioの録音。
エンジニア的にはこれだけの音圧で声もピアノも歪ませないのは上手いんですけど、これだけ着色が強いと気持ち悪いです。

動画をリンクしようと思ったら限定公開なので直リンクは避けます。
公式ページからyoutubeに行けます。
https://asakomotojima.com/cd/melodies_of
_memories/

2018/5/9 10:17  [1634-5594]   

Sarah Vaughan 『Dreamy』

【アーティスト】Sarah Vaughan
【 アルバム 】Dreamy
【 リリース 】2016/06/29 (オリジナル 1960/04/19)
【ディスク番号】WPCR-29049

トラックE「You've Changed」にrmsピーク
実効値 -12.7db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Sarah Vaughan、'60年のアルバム。
ジャズ・マスターズ・コレクション1200の一枚、国内初CD化だとか。
私としては知ってる曲が無いので取っ付き難い印象でした。
更に物凄く個人的な事情ですが、昼間に音楽聴く事が多いので合わない、夜に聴く音楽(オイ

録音は、音源の状態があまり良くない様ですね。
ヒスノイズもたっぷり残してあります。
'98年リマスターって書いてあるんですけど、ノーマライズだけかな、実際は。

Hands Across the Table
https://youtu.be/d0j6M1Y0vtc

2018/5/10 10:17  [1634-5595]   

Aimee Mann 『Mental Illness』

【アーティスト】Aimee Mann
【 アルバム 】Mental Illness
【 リリース 】2017/04/05
【ディスク番号】SICX 77

トラック@「Goose Snow Cone」にrmsピーク
実効値 -10.2db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

Aimee Mann、'17年の9thアルバム。
タイトルは病的なんですけど、健康的なアコースティックサウンドでした。
フォーク、シンガーソングライターとしての佇まいが素敵です。

録音は普通かな。
ボーカルの音圧が少し大きくて歪む箇所が多いです、勿体ない。
ひょっとすると意図的にやってるのかも知れませんけど。

Goose Snow Cone
https://youtu.be/fhThS-PJOFE

2018/5/11 09:56  [1634-5596]   

Kero Kero Bonito 『Bonito Generation』

【アーティスト】Kero Kero Bonito
【 アルバム 】Bonito Generation
【 リリース 】2017/07/12
【ディスク番号】SRCP 438

トラックM「Picture This (Felicita Remix)」にrmsピーク
実効値 -5.7db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

Kero Kero Bonito、'17年の1stアルバム。
南ロンドンを拠点に活動する3人組打ち込みユニットで、ボーカルのSarah Midori Perryは日英ハーフ。
日本語と英語の混成ポップは何だか'90年代初頭の「ポンキッキーズ」の雰囲気。
スチャダラパーミーツきゃりーぱみゅぱみゅって感じ(ぇ

録音は普通です。
サンプルに採ったトラックMはリミックスバージョンで、強烈なトリミングによりこんな波形とレベルメーターでも歪まないテクニカルな(恐らく偶然だけど)トラック。

Picture This
https://youtu.be/VaVWvcuy3Cg

2018/5/12 09:58  [1634-5597]   

Flipper's Guitar 『カメラ・トーク』

【アーティスト】Flipper's Guitar
【 アルバム 】カメラ・トーク
【 リリース 】2006/08/25 (オリジナル 1990/09/01)
【ディスク番号】MTCD-1070

トラックB「クールなスパイでぶっとばせ」にrmsピーク
実効値 -10.4db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

Flipper's Guitar、'90年の2ndアルバム。
今聴くと、結構GSっぽい感じがしました。
後年、小沢健二が歌謡曲っぽくなっていくのは既にここに出ていたんだな、と。

'06年盤はリマスター盤です。
原盤憶えてないんですけど、多分意図通りに初期CDより聴感上のバランスは良くなってると思う。
Flipper's Guitarと言うか小山田圭吾はミックスのアイデアが面白かった。

恋とマシンガン
https://youtu.be/bJxajh5XOgE

2018/5/13 10:04  [1634-5598]   

小山実稚恵 『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』

【アーティスト】小山実稚恵
【 アルバム 】バッハ:ゴルトベルク変奏曲
【 リリース 】2017/05/03
【ディスク番号】SICC 19032

トラック30「ゴルトベルク変奏曲 第29変奏」にrmsピーク
実効値 -17.7db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★★5

小山実稚恵、デビュー30周年記念アルバム。
自身30枚目のアルバムにしてゴルトベルク変奏曲は30変奏と、30尽くし。
時々流麗さに欠ける所はありますけど手堅い演奏になるのかな。

録音は良いです。
基本的にあまり解像感を強調した作りではありませんが、再生装置によってかなり音色の変化を感じる生っぽい音で録れてると思いました。
PMA-60→LS300Gでは柔らかくバロックぽい響きを聴かせますが、iMac→CD900STだと金属的なキラキラ仕上げに聴こえます。

動画・試聴なし。製品ページ
http://www.sonymusic.co.jp/artist/Michie
Koyama/discography/SICC-19032

2018/5/14 09:58  [1634-5600]   

小原孝 『ピアノ名曲フォーユー』

【アーティスト】小原孝
【 アルバム 】ピアノ名曲フォーユー
【 リリース 】2017/06/14
【ディスク番号】KICC 1369/70

ディスク@トラックN「ラ・カンパネラ」にrmsピーク
実効値 -15.1db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★★5

小原孝、'17年のアルバム。
NHK-FMで「弾き語りフォーユー」という番組を長くやっている小原孝ですが、そのCD版と言って良い内容、CDでは歌ってませんが。
演奏家と指導者の間を行き来する様な演奏で、分かり易さとBGM的な聴き流しも可能なテンション。

録音は良いです、良いというか、FMで聴いてるそのままの音がします。
少しナローなfレンジでメインの音域の充実、そしてユルやかなDレンジでBGM的。
オーディオ的には物足りない感じですが、明らかな意図が感じられ、それを達成してるのが評価出来ます。

動画・試聴なし。amazonで試聴可。
http://amzn.asia/iXmoB3D

2018/5/15 10:23  [1634-5606]   

Ella Fitzgerald 『Mack The Knife』

【アーティスト】Ella Fitzgerald
【 アルバム 】Mack The Knife [Live]
【 リリース 】2016/06/29 (オリジナル 1960年発表)
【ディスク番号】UCCU-5565

トラックH「How High The Moon」にrmsピーク
実効値 -16.8db

【音楽】★☆☆☆☆1
【録音】★☆☆☆☆1

Ella Fitzgerald、'60年のライブアルバム。
ジャズボーカル屈指の名盤ですけど、この盤は疑似ステレオ化されていて、全く聴いてられない酷い音。
元のモノラル音源から左chは高音、右chは低音のEQ変えてミックスしただけのお粗末なステレオ化。
何でこんな事してるんだろ、モノラル盤を是非探したい。

Gone With The Wind
https://youtu.be/pf9ccNlOTn8
↑これはモノラル音源。
ステレオ版はHMVやタワレコで試聴できます
http://www.hmv.co.jp/en/product/detail/7
009062

2018/5/16 10:03  [1634-5611]   

東儀秀樹 『Hichiriki Cafe』

【アーティスト】東儀秀樹
【 アルバム 】Hichiriki Cafe
【 リリース 】2017/08/02
【ディスク番号】UCCY-1081

トラックB「Little Bicycle」にrmsピーク
実効値 -8.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

東儀秀樹、'17年のアルバム。
カバー曲とオリジナル曲による構成でケニー・G風(ぇ
篳篥がソプラノサックスに聴こえる(良い意味で

録音は良いんだと思いますがマスタリングが煩くて勿体ないです。
東儀秀樹のCDは何枚か聴いてますが、いつも音圧が無駄に高い。

動画無し、製品ページ
https://www.universal-music.co.jp/hideki
-togi/products/uccy-1081/

2018/5/17 10:01  [1634-5612]   

Lorde 『Melodrama』

【アーティスト】Lorde
【 アルバム 】Melodrama
【 リリース 】2017/06/16
【ディスク番号】UICO-1292

トラック@「Green Light」にrmsピーク
実効値 -8.4db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

Lorde、'17年の2ndアルバム。
1stよりこなれた感じで、奇を衒うパフォーマンスは抑えられ、ポップに流せる聴かせ方を体得した様です。
サウンド的にはちょっと古っぽいエレクトロなんで自分が聴き慣れてるってのもありますけど。

録音は普通〜少し悪い程度。
全体の音圧はそんなに高くないんですけど、ボーカルは歪みと刺さりっぽい仕上げ。

Green Light
https://youtu.be/dMK_npDG12Q

2018/5/18 09:56  [1634-5613]   

竹達彩奈 『Lyrical Concerto』

【アーティスト】竹達彩奈
【 アルバム 】Lyrical Concerto
【 リリース 】2016/11/02
【ディスク番号】PCCG-01555

トラックD「Starline」にrmsピーク
実効値 -8.9db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★☆☆☆2

「けいおん!」の中野梓や「俺妹」の高坂桐乃などで知られる声優・竹達彩奈、'16年の3rdアルバム。
作家陣をアニソン界のトレンド連中で固めて、素の声とキャラ声を織り交ぜて異常にテンションの高いアルバムになってます。

録音はよくないです。
シングル曲とアルバム曲で仕上げがバラバラなのは仕方ないんですけど、共通してボーカルの圧縮された様な情報量の薄さ、それを補完したつもりのキンキン仕上げで旧態依然とした日本的録音。
作家陣は楽曲的にはトレンドなんですが、録音に気が利かない、安イヤホン向きの音。

Hey!カロリーQueen
https://youtu.be/gULHU3_t4VM

2018/5/19 10:51  [1634-5614]   

グスターボ・ドゥダメル 『ムソルグスキー:組曲《展覧会の絵》』

【アーティスト】グスターボ・ドゥダメル
【 アルバム 】ムソルグスキー:組曲《展覧会の絵》
【 リリース 】2016/12/07
【ディスク番号】UCCG-1756

トラックP「チャイコフスキー:ワルツ ― バレエ《白鳥の湖》から」にrmsピーク
実効値 -12.3db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★★5

グスターボ・ドゥダメル指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:2016年4月 ウィーン・ムジークフェライン

ドゥダメルとウィーン・フィルの初スタジオ録音盤。
ムソルグスキーの2曲は何かこぢんまりした演奏で淡々とした印象、ちょっと聴きたい物と違うかも。
オマケの様に収録されてるチャイコフスキーはウィーンフィルらしい優雅な演奏でこちらがメインか(違
ドゥダメルはワルツだと良いのかも?

録音は良いです。
いつものDGと違って極力、演出性を加えない素の音に近い感じがします。
…という事で、家ではこぢんまり聴こえるんでしょうな。。。

製品ページ
https://www.universal-music.co.jp/gustav
o-dudamel/products/uccg-1756/

2018/5/21 10:09  [1634-5616]   

Nana 『Nana 15』

【アーティスト】Nana
【 アルバム 】Nana 15
【 リリース 】2016/04/06
【ディスク番号】UCCS-1200

トラックI「カサド:愛の言葉」にrmsピーク
実効値 -16.2db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

台湾出身のチェリストNana(欧陽娜娜)、'16年の1stアルバム。
欧陽菲菲の姪にあたるそうです、「ラヴ・イズ・オーヴァー」のカバーが入ってますw
ジャケ写は無愛想に写ってますが、他のアー写見るとアイドル視されてるようですね。

演奏については結構な経歴を持っているみたいですが、取り敢えず譜面を追っているに留まる感じ。
技術的には巧いんですけど、何か線が細いですね。
あと、伴奏者がうるさいw

録音は良いんですが、もう一歩解像感が足りてない気がします。
音が近いんですけど生々しさが無いというか、何か音調弄ってるのかな、倍音削ってる感じ。

ポッパー:コンチェルト・ポロネーズ 作品14
https://youtu.be/JHPzisPvHAw

2018/5/22 10:10  [1634-5617]   

五嶋みどり 『カンタービレ〜ベスト・オブ・五嶋みどり』

【アーティスト】五嶋みどり
【 アルバム 】カンタービレ〜ベスト・オブ・五嶋みどり
【 リリース 】2017/09/06
【ディスク番号】SICC 30452

トラックA「ツィガーヌ」にrmsピーク
実効値 -15.5db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★★5

五嶋みどり、'17年のベスト盤。
無伴奏、ソナタ、協奏曲と、スタイルもコンディションも様々ですが不思議と統一感を感じる。
抜粋のベスト盤は鑑賞の対象としてあまり好ましくないんですが、まぁカタログ的に上手く行ってるのかな。

録音もコンディションがトラック毎に違って、音色に違いが出てしまいますが、SN比の高さが際立って音楽のダイナミズムを強く感じる事が出来ます。

動画・試聴無し。製品ページ
http://www.sonymusic.co.jp/artist/Midori
Goto/discography/SICC-30452

2018/5/23 09:56  [1634-5619]   

New York Trio 『Thou Swell』

【アーティスト】New York Trio
【 アルバム 】Thou Swell
【 リリース 】2007/01/24
【ディスク番号】TKCV-35384

トラックB「I Didn't Know What Time It Was」にrmsピーク
実効値 -10.7db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

New Yotk Trio ; Bill Charlap (p) Jay Leo
nhart (b) Bill Stewart (ds)
Recorded at Clinton Studio in NYC, on Se
ptember 31 & Oct 1 , 2006

New York Trio、'07年の6thアルバム。
初めて聴きました。
スタンダードの現代流解釈ですが、官能的な面では古き良き時代への憧憬を、リズムは現代的にテクニカルな正確性を導入したハイブリッドな作風。

録音は良いんですが、所々音が割れてます。
ピアノのミックスが大き過ぎるってのもある。

Thou Swell
https://youtu.be/JIV1In1NkDg

2018/5/24 10:05  [1634-5620]   

小松亮太 『天空のバンドネオン〜タンゴでスタジオジブリ〜』

【アーティスト】小松亮太
【 アルバム 】天空のバンドネオン〜タンゴでスタジオジブリ〜
【 リリース 】2017/09/27
【ディスク番号】SICC 9004

トラックI「さよならの夏 featuring クミコ」にrmsピーク
実効値 -9.1db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

小松亮太、'17年のカバーアルバム。
スタジオジブリ作品のタンゴアレンジですが、いまいちバンドネオンで演る必要を感じず、むしろアコーディオンの方が聴きたくなる感じでした。
何曲かボーカルが入っていて、クミコ、坂本美雨、宮沢和史をフューチャーしてますが、それも何か中途半端。

録音は良くないです。
バンドネオンのミックスが大き過ぎてかなり痛い音を出します。
全体的に音圧高い、と言うか安っぽい高域の盛り具合がJ-POP的。

アルバムトレーラー
https://youtu.be/l2wB8FeWYY4

2018/5/25 09:54  [1634-5621]   

井上由美子 『ベストセレクション2017』

【アーティスト】井上由美子
【 アルバム 】ベストセレクション2017
【 リリース 】2017/04/05
【ディスク番号】KICX 4714/5

ディスク@トラックD「夾竹桃の咲く岬」にrmsピーク
実効値 -9.5db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

井上由美子、'17年の2枚組ベスト盤。
演歌・歌謡曲の人達は毎年ベスト盤を出しますが、春に『ベストセレクション』、秋に『全曲集』と2回出しているのに初めて気付きました、商魂逞しいですね。

井上由美子は大阪藤井寺出身、2004年デビュー。
不勉強で申し訳ありませんがこのCD聴くまで知りませんでした。
オリジナル・ご当地ソング・カバーと色々入ってますけど、声色からするとド演歌より歌謡曲向き、「中野坂上」みたいな2時間ドラマのエンディングっぽい曲が似合ってる感じ。

録音は曲によってまちまちで、全体的に普通〜悪い。
サンプルに採ったD「夾竹桃の咲く岬」は音圧が高過ぎて音が潰れてます。
それを他の曲に合わせて1db下げてあるのは、ベスト盤構成したエンジニアは少し気が利きますけど。

ひとり北夜行
https://youtu.be/7PwqS5UCNus

2018/5/26 10:10  [1634-5622]   

ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ 『シューベルト・ライヴ・イン東京』

【アーティスト】ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ
【 アルバム 】シューベルト・ライヴ・イン東京
【 リリース 】2017/04/01
【ディスク番号】TBRCD0052/0053

ディスク@トラック@「拍手」にrmsピーク
実効値 -13.7db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★★☆4

ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
ヴォルフガング・サヴァリッシュ(ピアノ)
録音:1992年11月16日・11月24日 東京芸術劇場ライヴ

'92年、バイエルン国立歌劇場の来日公演に伴い、サヴァリッシュの伴奏でフィッシャー=ディースカウのリサイタルが二夜だけ行なわれたその記録。
CDは演奏前の拍手から収録されてますが、サヴァリッシュの伴奏が始まった途端、空気が変わるのがハッキリ分かる素晴らしい演奏。
シューベルトの歌曲は私はあまり好きではないのですが、このCDは最後までテンション高く聴けました。

録音は良いです。
良いですが、ちょっとプチプチと微小なノイズが入る事が多いです。
聴衆の拍手や曲間の咳払い、座り直しなども結構気になりますね、日本の客は。

波形はすみませんがルール上、拍手が8秒以上続いてますんでそこがこのCDで一番音圧の高い所。
まぁ、アナログ時代はフォノノイズや拍手で音量合わせて聴くと丁度良い事もありましたし。。。
(このCDはデジタル録りだと思うけど)

動画・試聴無し。製品ページ
http://www.tobu-trading.com/classic_cd/?
p=12223

2018/5/28 10:25  [1634-5623]   

Gidon Kremer 『デ・プロフンディス 深き淵より』

【アーティスト】Gidon Kremer
【 アルバム 】デ・プロフンディス 深き淵より
【 リリース 】2010/10/13
【ディスク番号】WPCS-12406

トラックC「バッハの名によるフーガ(シューマン)」にrmsピーク
実効値 -13.8db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

ギドン・クレーメル(ヴァイオリン、音楽監督)
クレメラータ・バルティカ
録音:2001年10月23日・2008年12月8-11日 リガ、ラトヴィア放送局、レコーディング・スタジオ

ギドン・クレーメルとクレメラータ・バルティカによる作品集。
既存の曲を組み合わせて一枚のアルバムとして意味を持たせる実験?なのかな。

タイトルの「深き淵より」からイメージされるのは深層心理に働きかけるネガティブな雰囲気。
この曲自体は聴いた事がありませんでしたが、色々と過去の嫌な事を思い出すミニマルミュージック。
しかしアルバムが進行して行くとラスト付近のピアソラ以降から某か救いを見出せる構成に感じました。
まぁこういうのは聴き手によってネガティブ、ポジティブ交錯するんでしょうけど。

録音は良いです。
ロマン派から現代の作曲家で構成されてますが音色的な統一感が良く、全て同じテンションで演奏・収録出来てます。
Dレンジが広くて、音量差だけでドラマ性って出るんだな、と感心します。

Flowering Jasmine
https://youtu.be/dkhukhITcm8

2018/5/29 10:15  [1634-5625]   

Stan Getz 『The Best Of Stan Getz』

【アーティスト】Stan Getz
【 アルバム 】The Best Of Stan Getz
【 リリース 】2017/02/08
【ディスク番号】UCCU-1535

トラック@「Early Autumn」にrmsピーク
実効値 -14.2db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★★☆4

Stan Getz、'17年のベスト盤、生誕90周年+ジャズレコード100周年記念だとか。
'48年から'91年までの様々なスタイルの楽曲を強引に一枚にまとめた構成。

私は、Stan Getzはボサ・ノヴァ物ばかり聴いていた気がしましたが、J.J. Johnsonとの「My Funny Valentine」やDizzy Gillespieとの「It Don't Mean A Thing (If It Ain't Got T
hat Swing)」など、案外聴いた事のある音源が多くて懐かしく楽しめました。

この盤から更に掘り下げて行ける良い入門盤だと思います。

録音は特に余計な事をされず、音量を揃えた聴き易い編集盤。
収録曲の半分ぐらいがモノラルですが、モノ音源も集中的に聴くと良いですね♪

Early Autumn
https://youtu.be/HrHGpzbLKec

2018/5/30 10:05  [1634-5626]   

TLC 『TLC』

【アーティスト】TLC
【 アルバム 】TLC
【 リリース 】2017/06/30
【ディスク番号】WPCR-17804

トラックL「Joy Ride (Tjo Remix)」にrmsピーク
実効値 -8.2db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

TLC、'17年の5thアルバム。
2002年、Left Eyeが事故死して実質的には表舞台から去っていたTLC。
2013年に活動20周年、昨今の'90年代ブームも後押ししたのか新作を出してTLCを終わらせるという約束を果たした感じ。

グループやアルバムのアウトラインはそんな感じできっちりしてるんですが、TLCが流行ってる頃、丁度私は洋楽聴いてなかったんでいまいちピンと来なかったり。

録音は普通です。
サンプルに採ったL「Joy Ride」はリミックスなので打ち込みベースがディープに効いて音圧高めに出てますが、全体的にはそんなにうるさいアルバムではないです。
何だろ?新しくも古くもない安定したミックスではある。

Way Back
https://youtu.be/ibR0rYNMJpI

2018/5/31 10:16  [1634-5627]   

Mayday 『自伝 History of Tomorrow』

【アーティスト】Mayday
【 アルバム 】自伝 History of Tomorrow
【 リリース 】2017/02/01
【ディスク番号】AZCS-1061

トラックO「Song for you」にrmsピーク
実効値 -7.5db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

台湾のバンド、Mayday(五月天)、'17年のアルバム。
9thアルバム『自傳』の日本盤。

初めて聴きましたが、'99年デビューとなかなかのキャリア。
アジア圏でバンドスタイルは珍しく、お手本はUKみたいですね、SuedeとかMuse。
台湾語と北京語の別が私には分かりませんけど、語感以外の要素はほぼUK物です。
更に日本語歌唱も入っていて、そっちはミスチルとかポルノに聴こえる(コラボしてるし

録音は少し悪いです。
音圧高いのと、ボーカルの仕上げがJ-POPっぽい中高音盛り盛り。
日本語歌唱のトラックはそれが顕著に出てまして、これは何だろ、言語的な問題なのかな?

YOUR LEGEND 〜燃ゆる命〜
https://youtu.be/5OA0A21zyLY

後來的我們
https://youtu.be/pd3eV-SG23E

2018/6/1 10:09  [1634-5629]   

福田こうへい 『魂 昭和の歌人たちを追いかけて…』

【アーティスト】福田こうへい
【 アルバム 】魂 昭和の歌人たちを追いかけて…
【 リリース 】2017/08/23
【ディスク番号】KICX 1036

トラックE「夫婦春秋」にrmsピーク
実効値 -9.5db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★☆☆☆2

福田こうへい、'17年のカバーアルバム。
三波春夫、村田英雄、三橋美智也、春日八郎の楽曲。
このご時世に浪曲を聴く事になるとは。

福田こうへいは'76年生まれの41歳、岩手県盛岡出身。
民謡が下地にありますが、それにしてもかなり古風なスタイルで驚きます。
こういう「正調」な昭和歌謡は良いですね。

録音は恐らく狙ってこういうAMラジオみたいな音にしてあるんだと思います。
本格的な民謡歌手の声って西洋由来のマイクの許容量を越えてる所もある。

2018/6/2 10:29  [1634-5630]   

サー・ゲオルグ・ショルティ 『ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱》』

【アーティスト】サー・ゲオルグ・ショルティ
【 アルバム 】ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱》
【 リリース 】2012/09/19
【ディスク番号】UCCD-4658

トラックG「第4楽章:Prestissimo」にrmsピーク
実効値 -16.7db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★★★5

サー・ゲオルグ・ショルティ(指揮)
ジェシー・ノーマン(ソプラノ)
ラインヒルト・ルンケル(アルト)
ロベルト・シュンク(テノール)
ハンス・ゾーティン(バス)
シカゴ交響合唱団(合唱指揮:マーガレット・ヒリス)
シカゴ交響楽団

録音:1986年9、10月 シカゴ、メディナ・テンプル

2017年、【ショルティ没後20年・生誕105年記念アンコールプレス】の一枚(中身は'12年発売の物)
'86年の2度目の全集の中の一枚でもある。

ショルティの第9番は多分初めてCDを聴きました。
軽やかな演奏で、勿体付けた凄さや野暮ったい演出性を感じさせないけど、淡々としてる訳では無く普通にやってる普通の凄みを感じました(イミフ

録音も良いです。
メディナ・テンプルの響きなのかDECCAの音なのか、あっさりしてるんだけど過不足なく、再生装置の実力がそのまま出る感じ。
…家だとパワー不足が露呈します。

2018/6/4 10:09  [1634-5631]   

飯森範親(指揮)東京交響楽団 『ポポーフ:交響曲 第1番』

【アーティスト】飯森範親(指揮)東京交響楽団
【 アルバム 】ポポーフ:交響曲 第1番
【 リリース 】2017/08/23
【ディスク番号】OVCL00626

トラックB「交響曲第1番op.7 第3楽章 Prestissimo」にrmsピーク
実効値 -12.6db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★★5

録音:2016年8月4日、東京・サントリーホール(ライヴ収録)

ガブリール・ポポフはショスタコーヴィチと同世代のソ連の作曲家。
交響曲第1番を聴いた限りでは作風が近いというか、よりロシアっぽさをデフォルメされた騒々しさ(コラ
金管倍管16本という編成や、常にティンパニーとBDが鳴ってる様な譜面は映画音楽的。

録音は良いんですけど、少し音圧が大きいかな。
大編成を上手く録り込んで、fffぐらいの譜面でも歪まないんですけど何か変。
音色がケバいのかな(ぇ

2018/6/5 10:01  [1634-5632]   

ヨウコ・ハルヤンネ 『MY JAPANESE FRIENDS』

【アーティスト】ヨウコ・ハルヤンネ
【 アルバム 】MY JAPANESE FRIENDS
【 リリース 】2014/09/26
【ディスク番号】OVCC-00110

トラックF「プッチーニ:誰も寝てはならぬ(歌劇「トゥーランドット」より)」にrmsピーク
実効値 -17.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

ヨウコ・ハルヤンネ(トランペット)
高田 匡隆(ピアノ)
佛坂咲千生(トランペット)トラックG
録音:2014年6月16-18日 東京・稲城iプラザ

フィンランドのトランペット奏者・ヨウコ・ハルヤンネ(男性です)のアルバム、編曲物と委嘱作。
「サン=サーンス:死の舞踏」の編曲はかなりカッコ良いんだけど聴き所はそこぐらいかな。
「ロッシーニ:猫の二重唱」は選曲しない方が良かったと思う。

録音は良いんですが、トランペットと伴奏のバランスが悪いです。
全体的に音圧が低くて、トランペットはかなりの音量でも歪みませんが、ピアノがほぼ消え入りそうな鳴り方。

2018/6/6 10:14  [1634-5633]   

Metallica 『Hardwired... to Self-Destruct』

【アーティスト】Metallica
【 アルバム 】Hardwired... to Self-Destruct
【 リリース 】2016/11/18
【ディスク番号】UICR-1126/7/8

ディスク@トラックE「Halo On Fire」にrmsピーク
実効値 -7.0db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★☆☆3

Metallica、'16年の10thアルバム。2枚+ボーナスディスク1枚の3枚組。
やっと聴けました、圧巻のボリューム。
従来の頭の悪い(誉め言葉)リフ満載、聴き手の欲する物を素直に出せて来る所が素晴らしい。

録音は、普通〜少し悪い程度に留まりました。
前作『Death Magnetic』は意図しないノイズまみれで酷かったんですが、今回はクリーントーンがちゃんと歪まないで入ってますし(当たり前なんだけど…)

Hardwired
https://youtu.be/uhBHL3v4d3I

長い曲が多くなって来てるMetallicaの中で、3分ぐらいのシングルって良い方向性かも。

2018/6/7 10:00  [1634-5634]   

INABA / SALAS 『CHUBBY GROOVE』

【アーティスト】INABA / SALAS
【 アルバム 】CHUBBY GROOVE
【 リリース 】2017/01/18
【ディスク番号】BMCV-8051

トラックF「NISHI-HIGASHI」にrmsピーク
実効値 -7.7db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

スティーヴィー・サラスと稲葉浩志のコラボアルバム。
今までも共演はありましたがフルアルバムは初との事。

作詞は全部稲葉なのでB'zとやってる事は同じ。
ギターの音色がドライで、そこはB'zとは違う物に仕上がってますけど←当たり前

録音は悪いです。
昨日のメタリカのレベルメーターとそっくりなんですが、こちらは中身が歪みまくってます。
ミックス後の音圧調整が大き過ぎて、鳴ってるトラックが多くなるほど無様に潰れています。

SAYONARA RIVER
https://youtu.be/F3dPobR0JPc

2018/6/8 09:56  [1634-5635]   

kokua 『Progress』

【アーティスト】kokua
【 アルバム 】Progress
【 リリース 】2016/06/01
【ディスク番号】VICL-64578

トラックJ「私たちの望むものは」にrmsピーク
実効値 -8.6db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

kokua、'16年の1stアルバム。
NHKの番組の企画で集まった武部聡志、スガシカオ、屋敷豪太、他のバンド。
企画自体は2006年で、10年後に再び集まって制作?したらしい←テキトーに調べた

カバー曲の日本語訳を含めて、全てスガシカオの作詞なので、ほぼスガシカオのアルバムと言って良い感じ。
ロマンティックな少年・スガシカオとリアル(現実的)なスガシカオの二面性ってスタイルは相変わらず。
リアルの部分の切れ味がちょっと鈍ったかも。

録音は悪くはないんですけど、何かザラザラしてます。
スガシカオの録音っていつもこんな感じでボーカルに強いコンプ、更に今回はオーバードライブも使ってるかな。
一旦、音圧を最大にしておきながら後でピークを下げるのは失った情報量も多いだろうに。

夢のゴール
https://youtu.be/hdS4rHf_m8w

2018/6/9 10:34  [1634-5637]   

井上道義 『伊福部昭「協奏四題」熱狂ライヴ』

【アーティスト】井上道義
【 アルバム 】伊福部昭「協奏四題」熱狂ライヴ
【 リリース 】2016/10/26
【ディスク番号】KICC 1342/3

ディスクAトラックA「ピアノとオーケストラのためのリトミカ・オスティナータ」にrmsピーク
実効値 -15.1db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

マリンバ:高田みどり / ヴァイオリン:山根一仁
二十五絃箏:野坂操壽 /ピアノ:山田令子
井上道義 指揮 東京交響楽団
録音:2016年7月10日(日) ミューザ川崎シンフォニーホールにおけるライヴ録音

伊福部昭没後10周年記念のオール伊福部プログラムのライブ盤、2枚組。
どことなく和の響きを感じさせる旋律やハーモニー、そこに固執する事の無いニュートラルな作風。
どちらかと言うと、時代感覚の方が強く出ている感じかな。

録音は普通です。
音圧の設定が低くて、聴き手が音量を上げる必要がありますし、入っている情報量が弱いです。
マリンバや二十五絃などメインの楽器にフォーカスがきちんとされているのは良いんですけど。

2018/6/11 09:55  [1634-5638]   

幸田浩子 『マイ・ベスト・セレクション』

【アーティスト】幸田浩子
【 アルバム 】マイ・ベスト・セレクション
【 リリース 】2017/05/24
【ディスク番号】COCQ-85361

トラックL「ユー・レイズ・ミー・アップ」にrmsピーク
実効値 -11.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

幸田浩子、2007〜2014年に発売された7枚のアルバムからのセレクト。
クラシックの収録だけじゃなくポピュラーも入るのが何とも微妙なセレクション、まぁ仕方ないのかな。。。

録音はベスト盤の為、品質様々。
トラック@はビックリするぐらい声が割れてて、こりゃダメアルバムだと思った。
他のトラックは悪くないんですけど、こういうの入れてちゃ、他がたまたま良かった様に聴こえてしまう。

歌劇「ジャンニ・スキッキ」〜わたしの愛しいお父さま
https://youtu.be/0d1mZaIH1cA

2018/6/12 10:01  [1634-5639]   

Smashing Pumpkins 『Adore』

【アーティスト】Smashing Pumpkins
【 アルバム 】Adore
【 リリース 】1998/05/30
【ディスク番号】VJCP-25396

トラックA「Ava Adore」にrmsピーク
実効値 -9.2db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Smashing Pumpkins、'98年の4thアルバム。
ドラムのJimmy Chamberlinが抜けてSmashing Pumpkinsがおかしくなりだした最初の作品。

当時もよく聴いたアルバムですが、シングル曲「Ava Adore」以外、何も覚えてないw
Jimmy Chamberlinのドラムが必ずしも必要なバンドだとは思いませんでしたが、このアルバムの半端な打ち込み聴くと深刻なダメージだった様ですね。

録音は普通かな。
'98年ぐらいだと音圧戦争に入った頃かな、このアルバムの音圧は正常ですけど。

Ava Adore
https://youtu.be/9uWwvQKGjLI

2018/6/13 10:13  [1634-5641]   

Steel Panther 『Lower the Bar』

【アーティスト】Steel Panther
【 アルバム 】Lower the Bar
【 リリース 】2017/04/05
【ディスク番号】UICN-1090

トラックC「That's When You Came In」にrmsピーク
実効値 -8.5db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Steel Panther、'17年の4thアルバム。
元L.A. GunsのMichael Starr(Ralph Saenz)が中心の'80年代HR/HMコピー・カバー・コミックバンド(ぇ

私が聴くとBon Joviにしか聴こえないんですけど、ネタ元はMotley Crue、Guns N' Rosesなど当時の多くのバンドから拝借してるらしい。

録音は意外と少し悪い程度の普通。
そんな所もBon Joviっぽい(コラ
音的にも'80年代風を目指してるのかな、'90年代以降の音に聴こえますけどね。

She's Tight
https://youtu.be/H9uXm0-tZ1g

これはCheap Trickのカバーですけどね。

2018/6/14 10:04  [1634-5642]   

パスピエ 『&DNA』

【アーティスト】パスピエ
【 アルバム 】&DNA
【 リリース 】2017/01/25
【ディスク番号】WPCL-12501

トラックG「スーパーカー」にrmsピーク
実効値 -8.5db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★☆☆☆2

パスピエ、'17年の4thアルバム。
初めて聴いたバンドですが、萌え声のJ-POP。
J-POPとアニソン、更にはボーカロイド楽曲的な世界観のボーダーレスな融合が凄く上手く行ってる。

録音はあまり良くないんですが、音作りには拘りを感じられます。
ボーカルの仕上げにはピークオーバーによる歪みを積極的に避けてる感じです。
…エフェクトとEQで歪んでるのは無視してる様ですが。
★2.4って所かな…

ヨアケマエ
https://youtu.be/kIqn6QGnxdU

2018/6/15 10:00  [1634-5643]   

小沢健二 『犬は吠えるがキャラバンは進む』 小沢健二 『犬は吠えるがキャラバンは進む』調整後

【アーティスト】小沢健二
【 アルバム 】犬は吠えるがキャラバンは進む
【 リリース 】1993/09/29
【ディスク番号】TOCT-8183

トラックB「暗闇から手を伸ばせ」にrmsピーク
実効値 -14.0db
調整後 -10.7db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

小沢健二、'93年の1stアルバム。
小沢健二は2ndの『LIFE』がそのイメージの大半を占めていて、1stの方は何か色々試行錯誤な感じで固い。
シンプルなトラックで延々と歌う感じはちょっとクール、この方向性も売れはしないだろうけど面白かったかも。

録音は普通。
J-POPとしては低音が効いている方で、ともするとLo-Fi気味、'90年代初頭はこういう音がJ-POPでも散見される('70年代リスペクトなんだけど)

天気読み
https://youtu.be/Kl2EeLH3VHE

2018/6/16 10:00  [1634-5645]   

サイモン・ラトル 『ホルスト:惑星(冥王星付き)』

【アーティスト】サイモン・ラトル 、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
【 アルバム 】ホルスト:惑星(冥王星付き)
【 リリース 】2016/02/24 (オリジナル 2006/09/12)
【ディスク番号】WPCS-13356/7

ディスク@トラック@「組曲「惑星」作品32 I.火星〜戦争をもたらす者」にrmsピーク
実効値 -16.6db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

ベルリン放送合唱団(女声合唱:海王星、冥王星)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル(指揮)
録音:2006年3月15-18日 ベルリン、フィルハーモニー


ホルストの「惑星」に、コリン・マシューズの「冥王星」を加えた演奏、ディスクAにも宇宙をテーマにした作品を収録。
金管をテヌートやスラー気味に使う演奏なんですが、譜面どうだったっけ?覚えてない(^^;)
私の中で「惑星」のスタンダードが、ガーディナー&フィルハーモニア管弦楽団になっちゃってるんで(オイ

それと「冥王星」とディスクAの作品達はスペイシーですがテーマがよく分からん。

録音は良いんですが、Dレンジが広過ぎて家では無理でした。
「火星」が大丈夫な音量で再生していると「金星」「天王星」などは埋もれてしまいます。
ヘッドホンで確認すると、微小音はほとんど測定範囲以下の音量で、これは相当S/Nが高い。
(ピーク値を0dbとして、家では-60db以下は聴こえはしますがレベルメーターが触れなくなる)

アルバムPV(2006年)
https://youtu.be/Tv6Yd1uanbM

2018/6/18 10:13  [1634-5646]   

ヨナス・カウフマン 『花の歌〜フランス・オペラ・アリア集』

【アーティスト】ヨナス・カウフマン
【 アルバム 】花の歌〜フランス・オペラ・アリア集
【 リリース 】2017/11/22
【ディスク番号】SICC 30461

トラックI「歌劇「マノン」より「君なのか!あなたでしたか!〜この手を握りしめているのは」」にrmsピーク
実効値 -9.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

ベルトラン・ド・ビリー指揮バイエルン国立管弦楽団
リュドヴィク・テジエ (バリトン)
ソーニャ・ヨンチェヴァ (ソプラノ)

ヨナス・カウフマン、'17年のフランスオペラアリア集。
上手いんだけど、フィジカル的な要素が前面に出過ぎて、感情・心情面の表現に気が利かない感じでした。
凄く頑丈な喉なんだろうな。。。

録音は良くて、結構な圧のヨナス・カウフマンの声を歪ませず録れてます。
オケの音量が少し小さいかな。

アルバムPV
https://youtu.be/YnRdKdqfcSY

2018/6/19 10:09  [1634-5647]   

Kasabian 『For Crying Out Loud』

【アーティスト】Kasabian
【 アルバム 】For Crying Out Loud
【 リリース 】2017/05/10
【ディスク番号】SICP 5318

トラックK「Put Your Life On It」にrmsピーク
実効値 -10.6db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

Kasabian、'17年の6thアルバム。
凄く良いな〜って言い切れない所がKasabianの魅力(コラ
1st以来のインチキ臭さ(誉め言葉)が程よく感じられる一枚でした。

録音も普通です。

You're In Love With A Psycho
https://youtu.be/kimPUWSwxIs

2018/6/20 10:32  [1634-5650]   

布川俊樹UJQ 『ウルトラマンジャズ〜ヴォーカル&ピアノ〜』

【アーティスト】布川俊樹UJQ
【 アルバム 】ウルトラマンジャズ〜ヴォーカル&ピアノ〜
【 リリース 】2017/05/10
【ディスク番号】TKCA-74508

トラック@「ウルトラマンの歌〈Vocal ver.1〉」にrmsピーク
実効値 -10.8db

【音楽】★★☆☆☆2
【録音】★★★☆☆3

布川俊樹:プロデュース&アレンジ、ギター @AE
福田重男:ピアノ
大塚義将:ベース
柴田 亮:ドラムス
須田晶子:ヴォーカル @E
和田 明:ヴォーカル AF

ウルトラマンシリーズのジャズアレンジなんですけど、ボーカル曲4つの存在がどうにもずっこける内容。
メロ、歌詞、アレンジがイメージから逸脱する。
インスト物だとこの違和感は無いんですけど。

録音は普通。
全体的にエフェクトがかった感じで無理矢理リラックス系に仕上げた様な。

2018/6/21 10:00  [1634-5653]   

香西かおり 『民謡全曲集〜口伝え〜』

【アーティスト】香西かおり
【 アルバム 】民謡全曲集〜口伝え〜
【 リリース 】2017/02/22
【ディスク番号】UPCY-7251

トラックM「南部俵積み唄」にrmsピーク
実効値 -9.1db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

香西かおり、デビュー30周年記念の民謡選集。
民謡の歌謡曲アレンジかと思ってましたが、ガチの民謡だった。(香西香名義)
香西かおり名義の方はアレンジされてまして、音源もライブ中心ですが面白い。
「南部俵積み唄」が頭の中をループして困る(オイ

録音は音源ごとにまちまちですが、基本的にあまり良くないです。
声が割れてますが、マスタリングよりはレコーディング時の割れですね。
民謡の歌唱はある程度仕方ない部分がある。

南部俵積み歌
https://youtu.be/qSle_2ivrM0

2018/6/22 09:52  [1634-5655]   

ギターウルフ 『チラノザウルス四畳半』

【アーティスト】ギターウルフ
【 アルバム 】チラノザウルス四畳半
【 リリース 】2016/05/11
【ディスク番号】KSCL 2719

トラックB「アメーバーラブソング」にrmsピーク
実効値 -4.4db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★☆☆☆2

ギターウルフ、'16年の12thアルバム。
取り敢えず叫びたいワードを思い付いたらそれを歌にするっていうスタイルなのかな?w
四畳半、「ソ連のヒロシ」とか、思い付くワードが昭和臭たっぷりでノスタルジック。
期待通りのギターウルフだと思う。

録音は惜しかったですね、-4.4db。
銀杏BOYZがこういう音でやってるとむかつきますが、ギターウルフだと許せるのはキャリア?w
それと、ギターウルフの場合は単にピーク割れしてる所は一緒なんですが、デジタルではなくアナログで割ってるんで、耳障りの種類が違う(ぇ
グライコを全部最大にして録音時有効にしたダビングテープみたいな(謎

ジェットリーズン
https://youtu.be/XEQylfWJgAQ

2018/6/23 10:29  [1634-5658]   

Arcadi Volodos 『Volodos Plays Brahms』

【アーティスト】Arcadi Volodos
【 アルバム 】Volodos Plays Brahms
【 リリース 】2017/06/21
【ディスク番号】SICC 30432

トラック@「8つの小品op.76より 第1曲 カプリッチョ(奇想曲)嬰ヘ短調op.76-1 ウン・ポコ・アジタート」にrmsピーク
実効値 -15.0db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

アルカディ・ヴォロドス(p)
録音:2015年6月(08〜13), 2016年9月(05〜07), 2017年1月(01〜04) ベルリン テルデックス・スタジオ

アルカディ・ヴォロドス、'17年のブラームスアルバム。
“ホロヴィッツの再来”とは言い過ぎだと思いますが、硬軟自在のタッチで雰囲気は感じさせる演奏でした。

録音はDレンジ広く、最弱音〜最大音の階調がしっかりしてます。
…が、最大音の時に感じる音の圧は少し盛ってるのかも知れない。

2018/6/25 10:22  [1634-5659]   

ヘルベルト・フォン・カラヤン 『ヴェルディ:レクィエム』

【アーティスト】ヘルベルト・フォン・カラヤン
【 アルバム 】ヴェルディ:レクィエム
【 リリース 】2017/11/22
【ディスク番号】UCCG-52008/9

ディスクAトラックD「7.libera Me」にrmsピーク
実効値 -8.5db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★★★5

アンナ・トモワ=シントウ(ソプラノ)、アグネス・バルツァ(メッゾ・ソプラノ)、
ホセ・カレーラス(テノール)、ジョゼ・ヴァン・ダム(バス)
ウィーン国立歌劇場合唱連盟 、
ソフィア国立歌劇場合唱団(合唱指揮:ヴァルター・ハーゲン=グロル)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
録音:1984年6月 ウィーン、ムジークフェラインザール

カラヤン&ウィーン・フィル、'84年の録音。
何と言うか、標本的に正確な譜面の解釈なのにソリストや合唱の熱狂のテンションが凄まじく、演奏ももちろんそれに貢献してます。

録音も良いです。
レベルメーターは終盤のとんでもない盛り上がりの部分で割れてますし、波形も潰れてるんですけど、それが有効に感じる(許せる)テンションの演奏でした。
ムジークフェラインザールの録音ですが、DGのエンタメ感の方が強く出てる音でした。

2018/6/26 09:57  [1634-5660]   

タウノ・サトマー指揮 カンドミノ合唱団 『フィンランドの賛美歌集』

【アーティスト】タウノ・サトマー指揮 カンドミノ合唱団
【 アルバム 】フィンランドの賛美歌集
【 リリース 】1996/11/30
【ディスク番号】WPCS-5628

トラックC「みもとに、とどまらせ給え」にrmsピーク
実効値 -16.4db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★★★5

タウノ・サトマー指揮 カンドミノ合唱団
ロッタ・ソルヴァリ(S)ピア・リトゥモ(A)
録音:1993/04/10

私は未だにFM放送をよく聴くんですが、そこでかかったタウノ・サトマー指揮カンドミノ合唱団のフィンランド民謡に興味を感じました。
このディスクは賛美歌集で民謡とは違いますが、カンドミノ合唱団の涼し気な合唱は部屋の温度を5℃ぐらい下げてくれます(オイ
トラックK「わが主よ、あなたに向かって」は、武満徹の「小さな空」の元ネタ(或いは逆?)なのだろうか、そっくり。

録音は良いんですけど、何かキレイ過ぎるな(困惑

2018/6/27 10:13  [1634-5663]   

Niall Horan 『Flicker』

【アーティスト】Niall Horan
【 アルバム 】Flicker
【 リリース 】2017/10/20
【ディスク番号】UICC-10033

トラックJ「On My Own」にrmsピーク
実効値 -9.1db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

Niall Horan、'17年の1stアルバム。
1DのNiall Horanです、離脱はしないでソロデビューという形かな?
ボーカルは完全に今風なんですが、楽曲が古き良きシンガーソングライター全盛時代の様な雰囲気で面白かったです。

録音は普通〜少し悪い程度です。
Niall Horanの声は元々オーバードライブかかったみたいな声で、それを上手く活かした音作り。
もう少し古っぽい音にすると'60〜'70年代っぽいディスクになってたかも?

This Town
https://youtu.be/hNBlfyYHu80

2018/6/28 10:39  [1634-5668]   

Youssou N'Dour 『Africa Rekk』

【アーティスト】Youssou N'Dour
【 アルバム 】Africa Rekk
【 リリース 】2017/04/26
【ディスク番号】SICP 5312

トラックD「Conquer The World」にrmsピーク
実効値 -7.8db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Youssou N'Dour、'16年のアルバム。
ワールドミュージックにジャンルされますが、レゲエなんかも入ってるし総合ポップス的な内容。

Youssou N'Dourは何と言うか、土着的な雰囲気を期待して聴くと、かなり洗練されていて声もキレイだし「あれ?」って事の多いアーティストかな〜
普通にカッコ良いんですけど。

録音は、楽器の音は良いんですけど、ボーカル盛り過ぎですね。
こんなにしなくても、とてもキレイな声なんですけどね。

Be Careful
https://youtu.be/BGt1htuyhiU

2018/6/29 09:41  [1634-5669]   

忘れらんねえよ 『僕にできることはないかな』

【アーティスト】忘れらんねえよ
【 アルバム 】僕にできることはないかな
【 リリース 】2017/09/20
【ディスク番号】UMCA-10053

トラックE「いいひとどまり」にrmsピーク
実効値 -7.6db

【音楽】★☆☆☆☆1
【録音】★★☆☆☆2

忘れらんねえよ、'17年の4thアルバム。
ネット掲示板によく居る様な劣等感の塊で、それを肯定する事であざとい歌詞も書けるけど、意識高い系に陥ってると思う。

録音はJ-POP標準、音圧高く、情報量少なく、痛い音。

いいひとどまり
https://youtu.be/WD7AahqdCEQ

2018/6/30 09:54  [1634-5670]   

小沢健二 『球体の奏でる音楽』 小沢健二 『球体の奏でる音楽』調整後

【アーティスト】小沢健二
【 アルバム 】球体の奏でる音楽
【 リリース 】1996/10/16
【ディスク番号】TOCT-9500

トラックC「ホテルと嵐」にrmsピーク
実効値 -14.3db
調整後 -12.0db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

小沢健二、'96年の3rdアルバム。
曲もボーカルも凄くこなれた感じで良いんですけど、実質6曲のミニアルバムで物足りなさの方が強いかな。
この後、しばらく休業みたいな感じに入って一線から退きますが、そんな予感たっぷりの内容。

録音は良いです。
何と言うか、アルバム自体は力の抜ける仕上がりなんですけど、ちゃんとしてる曲の仕上げについてはかなり丁寧に行なってる感じがします。

大人になれば
https://youtu.be/cFY4iSmonzI

2018/7/1 10:06  [1634-5671]   

『シューベルト名歌曲集』

【アーティスト】V.A.
【 アルバム 】シューベルト名歌曲集
【 リリース 】2017/01/25
【ディスク番号】UCCG-6339

トラックH「ズライカ 第1 D720」にrmsピーク
実効値 -16.2db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★★★5

アンネ・フソィー・フォン・オッター (メッゾ・ソプラノ) (1-7) 1996年6月
キャスリーン・バトル (ソプラノ) (8-10) 1985年8月
ブリン・ターフェル (バリトン) (11-19) 1994年2月
ハンス・ペーター・ブロホヴィツ (テノール) (20) 1988年
アンドレアス・シュミット (バリトン) (21) 1990年11月

5人の歌手による'85〜'96の録音のコンピ盤。
シューベルト入門に適材適所というかそんな感じ。

録音も良いです。
時代に随分開きがありますが全体通して自然な感じで良いです。

2018/7/2 10:02  [1634-5672]   

トーマス・カプテン指揮 エストニア放送合唱団 『トルミス:歌の架け橋 他』

【アーティスト】トーマス・カプテン指揮 エストニア放送合唱団
【 アルバム 】トルミス:歌の架け橋 他
【 リリース 】1996/07/25
【ディスク番号】WPCS-4930

トラック27「3つのエストニアの遊び歌 Boat Game」にrmsピーク
実効値 -15.9db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★★5

エストニア放送合唱団、'94年の録音。
先週聴いたフィンランド絡みで聴いてみました。

エストニアはバルト3国に位置しますが文化的にはフィンランドと関係が深かったりします。
やはり同じ様に涼し気な合唱ですが、こちらは賛美歌ではなくガチの民謡なので地声の旋律にドローンや不思議な和声が付く変拍子。
繰り返しが多くてミニマル調でもある。

録音は良いです。
合唱のみで楽器は使わない。

Estonian Lullaby : I Sing for My Child
https://youtu.be/W8Fad72QOiM

2018/7/3 10:01  [1634-5673]   

【アーティスト】エストニア国立男声合唱団
【 アルバム 】エストニアン・ヴォイス2 カレワラの人々
【 リリース 】1996/08/25
【ディスク番号】WPCS-4944

トラック@「神よ、戦いから我らを守りたまえ」にrmsピーク
実効値 -14.0db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★★5

エストニア国立男声合唱団、'95年の録音。
フィンランドの民族叙事詩「カレワラ」を題材にヴェリヨ・トルミスが手掛けた合唱作品。
パーカッションや撥弦楽器、ピアノなども入って何だかチベットの声明の様にも聴こえるし、アフリカやラテンの要素もふんだんに取り入れてる感じ。
新しめの民族音楽にあたると思う。

録音はこちらのディスクも良かったです。
広いDレンジで強奏時も安定した録音。

2018/7/4 10:04  [1634-5674]   

エストニア国立男声合唱団 『カレワラの人々』

あれ?画像が

2018/7/4 10:08  [1634-5675]   

Jeff Mills 『Planets』

【アーティスト】Jeff Mills
【 アルバム 】Planets
【 リリース 】2017/02/22
【ディスク番号】UMA-1090/1

ディスク@トラックI「Jupiter」にrmsピーク
実効値 -7.6db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

Jeff Mills、'17年のアルバム。
惑星をテーマにしているものの、ホルストの「惑星」とは全く無関係のオリジナル。
ポルトガルのオーケストラ、ポルト カサダムジカ交響楽団と共演するディスク@とDJプレイのみのディスクAで構成される2枚組。

作曲は各惑星の質量や素材を科学データに基づいて参考にしたとかで、木星の音圧高いw
しかしまぁ、ホルストの惑星を全くスルーした創作は苦労したのでは?と思う。
Jeff MillsってフェスやDJプレイでは凄く良いんですけど、CDに関しては物足りない物が多いです。

録音は微妙です。
ディスク@のオーケストラは意図的に歪んでる部分とそうでないミスの境界が難しい。。。
単純に音圧盛っただけかも知れないし、弱音部の音を聴くとミスなのかなぁ。

Saturn
https://youtu.be/l8yQgQZIvrE

2018/7/5 09:46  [1634-5681]   

岩崎宏美 『Hello! Hello!』

【アーティスト】岩崎宏美
【 アルバム 】Hello! Hello!
【 リリース 】2017/08/16
【ディスク番号】TECI-1554

トラックF「歌になりたい」にrmsピーク
実効値 -11.7db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

岩崎宏美、'17年のアルバム。
2014年以降のシングルを収録したベスト盤扱い?

2015年にデビュー40周年を迎えましたが、過去の作品に頼らず新作でアルバム出す心意気は良いなと思いました。
…でも、わざとらしく狙い過ぎな歌詞が多くて辟易しちゃいます。

録音は普通。
ボーカルが盛ってあって、s音の耳障りな鳴り方が気になります。


https://youtu.be/-qjtuat0_ak

2018/7/6 09:43  [1634-5682]   

KEYTALK 『PARADISE』

【アーティスト】KEYTALK
【 アルバム 】PARADISE
【 リリース 】2017/03/15
【ディスク番号】VICL-64718

トラックH「HOROBIRO」にrmsピーク
実効値 -6.6db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★☆☆☆2

KEYTALK、'17年の4thアルバム。
青春パンク系バンドのフォーマットなんですが、勢いとかテンションの高さが強くて面白い。
アイドルや声優っぽい歌唱スタイルに、なかなか不思議な精度の高さを感じます。

これ書くのに今調べて初めて知ったんですけど、NARASAKIプロデュースだったw

録音はJ-POP標準、100Hz、1KHz、10KHzにテキトーなピークを設けた簡易ラウドネス。
トラックによっては本当に酷く歪んだ物もありますが、このてのバンドにしては聴き易い方かな。

ASTRO
https://youtu.be/4TBP_rhDRmY

2018/7/7 09:58  [1634-5687]   

Karl-Andreas Kolly 『J.S. バッハ:ブランデンブルク協奏曲(ピアノ編曲版)』

【アーティスト】Karl-Andreas Kolly
【 アルバム 】J.S. バッハ:ブランデンブルク協奏曲(ピアノ編曲版)
【 リリース 】2016/07/25
【ディスク番号】MM-3083-84

ディスク@トラック@「Brandenburg Concerto No. 1 F-Dur BWV 104
6: I. (Allegro)」にrmsピーク
実効値 -16.0db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

カール=アンドレアス・コリー(ピアノ)
録音:2015年7月27-30日 ヨコスカ・ベイサイド・ポケット

Karl-Andreas Kolly、'16年のアルバム、ブランデンブルク協奏曲の全曲ピアノ演奏版、2枚組。
音が溢れてるという感じで、編曲自体に無理は無いものの演奏や録音でもう少しスッキリ出来たんじゃないかな?と思いました。
全編通してそれで安定してはいるんですが。

楽器が響き過ぎる感じに加えてホールトーンも多めで、一聴するとキレイな音に聴こえるんですけどね。。。
飽和こそしないものの、少しやり過ぎな感じがします。

2018/7/9 10:08  [1634-5688]   

Olivier Latry 『Voyages』

【アーティスト】Olivier Latry
【 アルバム 】Voyages
【 リリース 】2017/05/10
【ディスク番号】WPCS-13668

トラックE「Wagner: Tristan Und Isolde - Act 3: Vors
piel Und Isoldes Liebestod」にrmsピーク
実効値 -12.6db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

オリヴィエ・ラトリー(オルガン)
録音:2016年9月

Olivier Latry、'17年のアルバム、有名曲の編曲版。
パリの新ホール「フィルハーモニー」に敷設されたオルガンのお披露目演奏になるのかな?
選曲は有名曲ばかりなのでオルガンアレンジの妙味を感じられ面白い。

録音は良いですが、オルガン自体の低音のレスポンスに限界があるのかな?
まぁ、家のアンプ遅いんで、スピーカーでもヘッドホンでも遅れて聴こえるだけかも←

Khatchatourian - Sabre dance
https://youtu.be/m4MkmDAxttA

?ちょっと同じ音源がどうか怪しいんだけど(リハかも

2018/7/10 10:14  [1634-5689]   

The Orb 『Orblivion』

【アーティスト】The Orb
【 アルバム 】Orblivion
【 リリース 】1997/03/26
【ディスク番号】PHCR-1845

トラックF「S.A.L.T.」にrmsピーク
実効値 -10.9db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

The Orb、'97年の4thアルバム。
アンビエントテクノになるのかな?当時も独特の音作りをするユニットでした。

よくある事なんですが、リードトラックは凄く良くてそれに惹かれてアルバム聴くと捨て曲ばかりとw
The Orbは特にその傾向が強い(コラ
それにしても14枚もアルバムが出ていて、最新作は2016年、ほぼ毎年リリースしていたとは知らなかった。

録音は良いです。
'97年ぐらいだとまだそんなに音圧も高くないですし。
dub的にディレイを駆使して、音の空間(と言うか時間的)に奥行き効果を出す試み。
打ち込みやってるとディレイの出来次第ってとこもある。

Toxygene
https://youtu.be/BF0IxaTXNpU

2018/7/11 09:51  [1634-5690]   

八代亜紀 『八代亜紀 全曲集 2017』

【アーティスト】八代亜紀
【 アルバム 】八代亜紀 全曲集 2017
【 リリース 】2017/11/22
【ディスク番号】COCP-40141

トラック@「MU-JO」にrmsピーク
実効値 -9.6db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

八代亜紀、'17年のベスト盤。
2013年の「MU-JO」から1973年の「なみだ恋」まで遡る曲順の並び。
大体聴きたい曲は入ってますけど、近年の物と昭和の物と分けた方が良いかも。

録音は、数年前のベスト盤(年次は失念)に比べて品質が落ちている感じがしました、何だろう?
音がケバケバしく、滑らかさが消えた様な。

舟唄
https://youtu.be/yGI0QZ4Gk34

2018/7/12 10:13  [1634-5691]   

ウルフルズ 『人生』

【アーティスト】ウルフルズ
【 アルバム 】人生
【 リリース 】2017/05/24
【ディスク番号】WPCL-12626

トラックG「迷ったら Do It」にrmsピーク
実効値 -9.6db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

ウルフルズ、'17年の14thアルバム。
ウルフルズは随分久しぶりに聴きましたが、USルーツ色がかなり強く出ていてカッコ良くなってますね。
ローリング・ストーンズ→RCサクセション的な雰囲気(謎

ウルフルズは活動を休養や再開しながら25周年を迎えましたが、また休養に入るみたいです。

録音は普通です。
普通なんですが、今までが酷かった印象しかないので良くなったと感じるw

バカヤロー
https://youtu.be/5ifHE-GNkKY

2018/7/13 09:30  [1634-5692]   

『初音ミク Sings "手塚治虫と冨田勲の音楽を生演奏で"』

【アーティスト】初音ミク
【 アルバム 】初音ミク Sings "手塚治虫と冨田勲の音楽を生演奏で"
【 リリース 】2017/09/06
【ディスク番号】COCQ-85372

トラックL「全ての手塚作品へ敬意を。初音ミクより、ラップに乗せて」にrmsピーク
実効値 -11.5db

【音楽】★★☆☆☆2
【録音】★★★★☆4

初音ミク(TALK、ヴォーカル)
重音テト(ヴォーカル)
前田玲奈(コーラス、ヴォーカル)
佐藤允彦(サウンドプロデュース、編曲、ピアノ、キーボード)
加藤真一(ベース)
村上寛(ドラム)
岡部洋一(パーカッション)
辻真先(ストーリー構成、TALKゲスト)
手塚るみ子(TALKゲスト)

録音:2017年6月12日 サウンドバレイ(TALK)/2017年6月22日 音響ハウス

初音ミクに手塚アニメの歌を歌わせる企画なんですが、曲は13曲中7曲であとは喋り。
この喋りのパートはライナーにでも載せておけば済む内容で、CDとしては曲をもっと入れて欲しいと思いました。

初音ミクの調声はボカリスでも使っているのか前田玲奈の歌唱とそっくりで、これは上手いと思う。
手塚アニメの曲はそんな感じで良い雰囲気なんですが、ライブラリ変えて収録してある最後のクソ恥ずかしいJ-RAPが全て台無しにしてます。

録音は良いです。
佐藤允彦カルテットによる生楽器の演奏は丁寧で、ボーカロイドとのミックスも違和感が無いです。

アルバムPV
https://youtu.be/DlAytmc1IhA

2018/7/14 09:51  [1634-5693]   

ニーナ・コトワ 『J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)』

【アーティスト】ニーナ・コトワ
【 アルバム 】J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)
【 リリース 】2017/01/25
【ディスク番号】WPCS-13579/80

ディスク@トラックF「無伴奏チェロ組曲第2番ニ短調BWV1008 1.プレリュード」にrmsピーク
実効値 -9.6db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

ニーナ・コトワ(チェロ)
録音:ニューヨーク“Purchase College Performing Arts Recital
Hall”

ロシアの元トップモデル、ニーナ・コトワのワーナー移籍2枚目。
何と言うか雑ではないんですが、せっかちな演奏で早く最後の音符に辿り着きたいって意識が強いのかな?

録音は少し悪い〜悪いです。
ホールの響きに頼り過ぎな演奏、っていうかマイク近い上にホールトーンのミックスが多いんでやたらと弦も胴も響き過ぎる感じ。
んで、ゲインも高いので強奏時は割れてます。

無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007
https://youtu.be/2x_1NEnsMfU

2018/7/16 10:01  [1634-5694]   

アンドレアス・オッテンザマー 『New Era〜18世紀のクラリネット作品集』

【アーティスト】アンドレアス・オッテンザマー
【 アルバム 】New Era〜18世紀のクラリネット作品集
【 リリース 】2017/08/23
【ディスク番号】UCCD-1451

トラックC「クラリネットとファゴット、管弦楽のためのコンチェルティーノ変ロ長調op.47 1. Allegro」にrmsピーク
実効値 -14.2db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

アンドレアス・オッテンザマー(クラリネット/バセットクラリネット/バセットホルン)
カンマーアカデミー・ポツダム
アルブレヒト・マイヤー(イングリッシュホルン)
エマニュエル・パユ(フルート)
録音:2016.9〜10

オーストリア出身、ベルリンフィル首席クラリネット奏者、アンドレアス・オッテンザマーのアルバム。
モーツァルトを含めた18世紀マンハイムでの流行クラリネット曲集?
演奏はそりゃ上手いんですけど、興味無い人間を惹きつける程の聴き所は無いかも(コラ

録音は良いです。
良いんですけど、クラリネット持ち替えの楽器の音色描写よりも全体的に画一化された「キレイな音」でまとめた感じ。

サンプラー動画
https://youtu.be/M3SYmbT2y5M

2018/7/17 10:07  [1634-5695]   

Nigel Olsson 『Nigel」

【アーティスト】Nigel Olsson
【 アルバム 】Nigel
【 リリース 】2017/08/02 (オリジナル 1979/02/15)
【ディスク番号】SICP 5434

トラックG「Living In A Fantasy」にrmsピーク
実効値 -11.6db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Nigel Olsson、'79年の4thアルバム。
ソニーの「AOR CITY 2017」という再発プロジェクトの一枚。
AORって括りが広過ぎるとは思いますが良質なポップアルバムですね♪

録音は普通。
2002年のリマスターと同じ音源だそうですが、ノーマライズ+αといった感じ。
少し盛られた音調にリマスターが原因と思われる歪みが散見されます。

Little Bit Of Soap
https://youtu.be/DjIJZhF-Bu0

2018/7/18 10:02  [1634-5696]   

Michelle Branch 『Hopeless Romantic』

【アーティスト】Michelle Branch
【 アルバム 】Hopeless Romantic
【 リリース 】2017/04/07
【ディスク番号】UCCV-1161

トラックF「Knock Yourself Out」にrmsピーク
実効値 -8.9db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Michelle Branch、'17年の3rdアルバム。
結婚→出産→離婚という事でアルバムとしては14年振りの作品。
Michelle Branchには何となく漠然としたイメージしか持ってませんが、今作もそんな感じでモヤモヤした雰囲気。

録音は普通〜少し悪いです。
ボーカルが年齢相応に太く柔らかくなりましたが、ミックスによる装飾が多くキンキンする。
楽器数が増えると割れてる部分が多いです。

Hopeless Romantic
https://youtu.be/GYcOSA4K2s8

アルバム自体はもう少しポップ。

2018/7/19 10:13  [1634-5697]   

coldrain 『FATELESS』

【アーティスト】coldrain
【 アルバム 】FATELESS
【 リリース 】2017/10/11
【ディスク番号】WPCL-12764

トラックF「STAY」にrmsピーク
実効値 -7.6db

【音楽】★★☆☆☆2
【録音】★☆☆☆☆1

coldrain、'17年の5thアルバム。
初めて聴きましたが、オリジナリティの欠片もないデジタルラウドロック。
そうかと言って分かり易い爽快感もないし。

録音は酷いです。
各パートの音の鮮度が極端に低く、それを補ってるつもりのEQハイ上げ盛りまくり。
ミックスも音割れを回避しようって考えがゼロですね、ラウドの意味が違うw

ENVY
https://youtu.be/2teepAfDrXI

2018/7/20 09:56  [1634-5698]   

けもの 『めたもるシティ』

【アーティスト】けもの
【 アルバム 】めたもるシティ
【 リリース 】2017/07/19
【ディスク番号】VRCL 10134

トラックE「めたもるセブン」にrmsピーク
実効値 -10.3db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

シンガーの青羊によるプロジェクト”けもの”、'17年の2ndアルバム。
菊地成孔プロデュースですが、渋谷系リスペクト?w
何となく内輪ネタっぽい雰囲気が強いですけど、面白いアルバムです。

録音は良いです。
何故かSACDハイブリッド、家ではCD層しか聴けませんが。
各パートの情報量の多さとミックスの上手さが心地好いです。

めたもるセブン
https://youtu.be/2u7mvFf_5UE

2018/7/21 10:13  [1634-5699]   

山田和樹/日本フィルハーモニー交響楽団 『武満徹:管弦楽曲集』

【アーティスト】山田和樹/日本フィルハーモニー交響楽団
【 アルバム 】武満徹:管弦楽曲集
【 リリース 】2017/09/20
【ディスク番号】OVCL-00644

ディスク@トラックA「武満: オリオンとプレアデス 2. and」にrmsピーク
実効値 -12.1db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★★5

山田和樹(指揮)
日本フィルハーモニー交響楽団
菊地知也(ソロ・チェロ)
上白石萌歌(ナレーター)
大田智美(アコーディオン)
赤坂智子(ソロ・ヴィオラ)
扇谷泰朋(ソロ・ヴァイオリン)

録音:2015年1月24日、2016年1月30日、2月27日、3月26日、2017年5月14日、6月4日、6月25日
東京・Bunkamuraオーチャードホール(ライブ収録)

武満徹の管弦楽作品集2枚組。
難しい方の武満徹(ぇ
純邦楽的な間がイメージされますが、実は絶えず音が鳴っていてその強弱(と言うか静と動かな)で描き出す独自の世界観。

録音は良いです。
ソロ楽器の存在感がオーケストラから浮かび上がるのは譜面のお蔭だと思いますが、演奏と録音でもこのイメージが表現出来ていると思いました。

2018/7/23 10:10  [1634-5700]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ



音圧

タグ:
ロウバイ

雑談板43です♪

PMA-60の板やレビューで頻発してる不具合は私の個体にも出ます!w
電源プラグの緩みや突然作動する保護回路!
操作を慎重に行なうと防げるんで不良なのか過保護なのか?www

書き込んでいただける皆様に感謝です!

2018/1/8 00:10  [1634-5361]   

PMA-60の保護回路が作動するのは─

●曲途中で一時停止を繰り返す。
●曲スキップを音が鳴ってる時に繰り返す。
●ハイハットがたくさん鳴ってる曲でやると起こりやすい(謎

─って感じだったんですが、今日は普通の再生中に落ちたw

付属の電源ケーブルを外して、昔使ってたヤマハのDVDライターのケーブルに変えたら、上記動作で止まる事はなくなった。。。
もう少し様子見ないと分からんけど、付属の電源ケーブル怪しいな。

付属は10A、ヤマハのは12A、こんなの関係あんのかな?

2018/1/10 02:09  [1634-5367]   

所用で中野に行ったんで、フジヤに寄ったけど、T3-01はカウンターの中にあって聴けなかった(>_<)
それにしてもフジヤの試聴機イヤホンばっかりだな。。。

2018/1/10 14:08  [1634-5369]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

PMA-60の調子は如何ですか?
DENONの管理体制ってどうなっているんでしょうね。

Abbey Roadはメドレー部が勿体無いと感じています。
曲を完成させられなくて無理矢理繋げたんでしょうかね。

私、Beatlesの'09年リマスターシリーズはSTEREO版のBOXセットを買ったんですが、初期の4枚?が酷くて良いイメージが無いです。
リッピングをやり直そうかとも思っていますが、そろそろハイレゾ版も出そうだし、って感じで放置中です。

私のイヤホンはFalcon-Cに落ち着きました。
しかし、良く考えるとここ数年間、半年同じイヤホンを使い続ける事って無かったです。
必ず直ぐにもっと気に入る物が出て来ます。ある意味困ったものです。

2018/1/14 18:50  [1634-5374]   

セイウチさん、こんばんは。

PMA-60は電源ケーブル変えて以来、不具合無いです!
着脱はコストカットが狙いなんでしょうけど、動作確認は徹底して欲しいですね。


『Abbey Road』はレコードで聴くのとCDで聴くのと意味が変わっちゃう感じですかね〜
裏返す事がインタールードなんでしょうね。

'09年リマスターシリーズは『Please Please Me』だけ買いましたw
宅録してた(過去形w)人間からすると、あんな素材であの音圧は出せないのと、ノイズシェイピングの丁寧さが非常に参考になりました。
それと、もう出来上がっちゃてるマスター(トラック別が残ってない)の再構築に可能性を見出せました。

ハイレゾ配信はそれ専用に弄るとしたら面白いかもです。
'15年盤『1』と'17年盤『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』は'09年シリーズと比べると普通の音圧盛り盛りリマスターでちょっと残念でした。←好きだけど


私はイヤホンは夏以外はほとんど使わないですね〜
安いのを取っ替え引っ替えしてます。
CARBO TENOREかfinal E2000に落ち着いてますw

2018/1/14 21:38  [1634-5375]   

うわー PMA-60また落ちたw

今回は確実に落ちる要因がハッキリしてて、CDの最後にシークレットトラックがある場合にその空白時間で落ちる。
3回試して3回とも同じ所で落ちたw

ヘッドホン使用時だけなんですけどね〜
スピーカーは落ちない。

2018/1/15 21:38  [1634-5377]   

 僕はセイウチさん  

えうさん、こんばんは

それは、完全にバグですねぇ。
オーディオ製品って初期製造品はそれがあるから面倒ですよね。

私もTEAC UD503で当たりましたし、ネットワークプレーヤーなんかはボロボロみたいです。

DENONが確りと対応してくれるといいんですけど…

2018/1/15 22:05  [1634-5378]   

セイウチさん、こんばんは。

初期ロットはありがちですね〜
しかしまぁ無音部分で保護回路ってw

ヘッドホンの時だけなので別に構わないっちゃあ構わないんですけどね。
今度は15Aのケーブルにしてみようかな←懲りない

RCAだとヘッドホンでも落ちないんで、光かDCD755の所為かも?
USBはまだ試してませんけど。

2018/1/15 22:33  [1634-5379]   

えうなきものさん!

奥さんから聞きました!
事実みたいでびっくりです!

有安さん、脱退…


(そろそろオワコンなのかなぁ…)

2018/1/15 23:38  [1634-5380]   

ナコさん、こんばんは。

ですねぇ。。。
ソロ作品一番出してたの有安さんだから、そのままソロやるのかと思ったら休養みたいですね。

https://ameblo.jp/ariyasu-sd/entry-12344
628257.html


取り敢えず4人で続けるみたいですけどね、どうなる事やら。
http://news.livedoor.com/article/detail/
14161205/

2018/1/15 23:58  [1634-5381]   

えうなきものさん。

僕と奥さんの意見は一致していて…男絡みでないかとw


4人で頑張って欲しいですねぇ…

個人的には赤と黄二人でも、赤のピンでも大丈夫です!ファンです! ←

2018/1/16 00:27  [1634-5382]   

ナコさん

一番無さそうな人だと思ってた(コラ
メンタルかな〜


4人の方が譜割りが作りやすい(ぇ

早見さんのパートを高城さんが歌う様に有安さんのパートは百田さんかな。
元々歌う所多いのに大変w

2018/1/16 00:46  [1634-5383]   

【PMA-60】

付属の電源ケーブル(10A)に戻したら、無音部分で落ちなくなった。。。
これはひょっとしたら、7Aにしたら全解決なんじゃないのか?w

古いMacのケーブルが7Aだったかな、試してみるか。

2018/1/17 01:53  [1634-5385]   

Macのケーブル(7A)は今まで落ちた操作を何回繰り返しても落ちないな。
ただ、前回の12Aもそうだったんだけど、ある程度の通電時間も発動原因なのかも?

2018/1/17 16:17  [1634-5387]   

アー写が4人になり─
ブログのリンクが切られ─
http://www.momoclo.net/

ブログも閉鎖予定─
https://ameblo.jp/ariyasu-sd/entry-12346
278403.html


ここに来てベスト盤発表─
http://evilline.com/momoclo/mcz_best/

2018/1/22 01:41  [1634-5392]   

カラバリて。。。
https://www.phileweb.com/news/d-av/20180
1/24/43134.html

2018/1/24 16:12  [1634-5396]   

また動画作ってもらいましたw
よろしかったらどうぞ♪

【デヴィーちゃん】DEEP BLUE SONG【UTAUカバー+MMD】
https://youtu.be/7lInQf7ptXc

今回もインスト音源にUTAUの音声を乗っけただけです。
デヴィーちゃん、キーが合ってないんで音量が確保出来ず、UTAU音声を一旦マスタリングしてミックスしてます。


オリジナルはこちら。
アイマリンプロジェクト「DEEP BLUE SONG」MMD MUSIC VIDEO
https://youtu.be/gel0zvhyrNI

2018/1/25 01:28  [1634-5397]   

更に動画作ってもらいました♪

【デヴィーちゃん】桃源恋歌【UTAUカバー+MMD】
https://youtu.be/67wqVLClDa0

こちらは12月に出来てたんですが、UTAU音声が諸事情で使えなくなり今日突貫リミックス。
オケはGarage BandとSC-88proの混成、テキトーな耳コピです。


これは随分前に作った「極楽浄土」の姉妹曲、しつこく貼りますw
【デヴィーちゃん】極楽浄土【UTAUカバー+MMD】UST オケ MIDI配布
https://youtu.be/edFtFyzFHIc


オリジナルはこちらです。

【みうめ・メイリア・217】桃源恋歌[Tougen Renka] OFFiCiAL
https://youtu.be/QtuWTHHzfXE

【みうめ・メイリア・217】極楽浄土[Gokuraku Jodo] OFFiCiAL
https://youtu.be/BEULybZnLO8

2018/1/28 01:11  [1634-5401]   

久々にバカっぽいのキターと思ったけど、Pill+とBeatsXか。。。
studio3は無いのか?

Beats、ストリートブランド“UNDEFEATED”とコラボしたBTスピーカー「Beats Pill+」とBTイヤホン「BeatsX」
https://www.phileweb.com/news/d-av/20180
2/01/43201.html

2018/2/1 12:26  [1634-5407]   

在庫無いけど、何この安さ?

PORTAPRO PREMIUM RHYTHM BEIGE
http://www.yodobashi.com/product/1000000
01003294817/

2018/2/2 01:36  [1634-5408]   

毎度情報が遅い私ですが、The CranberriesのDolores O'Riordanが亡くなっていたのを今日知った。。。

The Cranberries - Dreams
https://youtu.be/Yam5uK6e-bQ

2018/2/3 01:54  [1634-5410]   

【PMA-60】

さて、7Aのケーブル着けてから一回も落ちないから書く事が無い(ぇ

そしてその後、デフォの10Aに戻しても全く落ちなくなった。
以前確実に落ちてた操作をしても落ちない(謎

電源部には本当の意味での慣らし運転が必要だったのかな?

2018/2/9 01:58  [1634-5417]   

 僕はセイウチさん  

えうさん

こんにちは

PMA-60の電源トラブル、落ち着いたみたいですね。

わたしも、去年 ifiのiGalvanic で似たような経験がありました。
時々USBの接続が切れてたのが、しばらく使っていたら症状が出なくなりました。

ところで、先日、UD-505を買いました。まだ慣らし運転中ですけど、やっぱりAK4497は良いです。
さらに小さな音が拾えるようになって、いよいよクラシックの小音量再生が様になってきました。

2018/2/12 16:35  [1634-5422]   

セイウチさん、こんばんは。

頻繁に落ちてた時期を過ぎて落ち着いたみたいです。
使用開始時は余り落ちなくて、1ヶ月2ヶ月目がよく落ちてましたね〜

どうにもテクニカルなデジタル成分があると動作が不安なのかもですね。

UD-505、もう売ってるんですか、オメです!
クラシックの弱音部に強いですか、良さげですね♪

PMA-60は弱音を小音量で聴くのは良いんですが、そこからDレンジの幅とかレスポンスに物足りなさがありますね。
ここから出力してパワーアンプってのが解決っぽいんですが、プリアウトがないw

2018/2/12 17:44  [1634-5423]   

 僕はセイウチさん  

えうさん こんばんは

>ここから出力してパワーアンプってのが解決っぽいんですが、プリアウトがないw

UD505はプリアンプ機能はあるんですが、欲を言えばもっと確りした物が欲しいです。
UD505でボリュームを落としてからプリメインアンプに繋がないとギャングエラーギリギリになるような音量になってしまうので、やむを得ずプリアンプ機能を使うのですが此処で劣化している気がするんですよね。

ところで、downyのギタリストのソロアルバムの御紹介有難うございます。
全く知りませんでした。
でも、買わなくて良さそうですね(涙)

downyの中二病っぽいところは好きなんですが、ちょっと行き過ぎみたいですね。

2018/2/13 20:57  [1634-5425]   

セイウチさん、こんばんは。

UD505だけじゃないですけど、全体的にオーディオ出力って大きいですよね〜
RA-1520Sってパワーアンプダイレクト無かったですね、2重にボリューム通りますね。

家も前のアンプの時はCDPとプリメインの間に抵抗入れてましたけど(^^;)


downyお好きでしたか〜
中ニっぽい、ゴスっぽい感じはあるんですけど、何か小手先感が強くて。
DEAD ENDのMORRIEってまだ活動してたんですねw

SPIDER IN THE BRAIN
https://youtu.be/iOfMAsxXzfA

2018/2/13 21:58  [1634-5426]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

>downyお好きでしたか〜

大好きですよw
現役のJpopアーティストで聴いているのが、toeとdowny位なんで、愛着もあります。

早く次のアルバム出さないかなぁ

2018/2/14 21:20  [1634-5428]   

セイウチさん、こんばんは。

downyについてどこかで見たなと思ったら、セイウチさんがやまざきさくらさんの所で挙げてましたね、思い出しましたw
ソロアルバムは無調というかリズムも無いんで、私は苦手な感じでした。

で、その青木裕さんが体調不良なんですね、downy自体の活動は続いている様ですが。

2018/2/14 21:43  [1634-5429]   

 僕はセイウチさん  

こんにちは

えうさんもdowny好きなんですか?
私は4、5、6枚目のアルバムが好きです。
だんだん良くなって来ている気がします。
今後も楽しみなバンドです。

青木裕さん体調不良なんですか、早く治して元気に活動して欲しいものです。

さて、Alfa MistというUK JazzアーティストのAntiphonというCDを買いました。
気に入ったので、紹介させていただきますね。

Keep on
https://youtu.be/4ptw9ogMJQg

まぁ、GoGo Penguin等にも通ずる雰囲気なんですが、こういうの流行りなんですかね。

2018/2/18 11:23  [1634-5434]   

セイウチさん、こんにちは。

downyのアルバムは聴いてないんですけど、その話題が出た時youtubeで見ました。
変拍子とか面白くて、センスあるバンドですね。


Alfa Mist、ご紹介ありがとうございます♪
これは知りませんでした〜

UK勢はリズムから曲を組み立てる感じですね。
UKクラブシーンがちょっと迷走状態にある感じなのでジャズやブラックミュージックからの再構築に流行があるのかも知れませんね。
ドラムの気持ち良さが凄いです!


Miles Davis - Mystery
https://youtu.be/bH8GeQZTdHk

リズムトラックはかなり単純ですが、マインド的にはこんな感じのジャズとヒップホップのコラボって流れに戻りつつあるのかも。
それを人力でやる所が今っぽい。

2018/2/18 14:39  [1634-5435]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

Alfa Mistですけど、アルバムの完成度もかなりのものです、youtubeにフルアルバムバージョンもありましたので、よろしければ。

https://youtu.be/BVO_R8uvMhE


Miles Davis はどれから聴いて良いのか分からず、とりあえずBitches Brewというアルバムだけありますが、確り聴いていませんでした。
購入当時とはオーディオシステムが違うので、改めて聴いてみたいと思います。
ありがとうございます。

でも、単なる印象ですが、ジミヘンと重なるんですよね。
当時は革新的で凄かったのかも知れないけど、多くのアーティストに影響を与えすぎたのか、今聴くと普通?

2018/2/18 22:05  [1634-5436]   

セイウチさん

海外ってフルアルバム上がってても消されないんですよね、ありがとうございます♪

私もMiles Davisは全然詳しくないです。
今持ってるのもさっきの『Doo-Bop』だけですw

『Doo-Bop』は革新というよりはMiles Davisの単純な興味でしょうね。
継ぎ接ぎで作って行く作業への。
無関係な音源同士が関連を持つ、合わさるって事は生身の演奏とは違う興奮があったかも知れません。

GoGo PenguinやAlfa Mistというバンドはそういった作業をまた生身の方に戻す、そのスキルもあるって所が面白いです♪

2018/2/18 22:37  [1634-5437]   

ももクロ×final、杏果さんチューニングのイヤホンを期間限定で発売開始
http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kaden/
ctcd=2046/id=72530/


E3000なら要らんわー ←ファンです!

2018/3/8 17:15  [1634-5456]   

えうなきものさん

どもです。

これほどしょうもないコラボも珍しい気がしています(ファンです)

E3000はそんなに悪い印象ないんですけど、ももクロ聴く層になんでこれなんすかねw
E2000でよくね?(ってかアダージョでも良いんじゃないか疑惑が ←

2018/3/8 17:50  [1634-5457]   

ナコさん、こんばんは。

有安さんチューニングってのも今更ですねー
アダージョUなら買ってました(オイ

何かもうイヤホンはE2000より高い物買う気が起きませんw

2018/3/8 18:17  [1634-5458]   

>キンキンする部分を抑えてほしい

一応気にしてんのかw

2018/3/8 19:21  [1634-5459]   

えうなきものさん


やっぱりチューニングするよりアダージョ(略

2018/3/8 19:35  [1634-5460]   

ナコさん

アダージョUは早見さんカラー(違

2018/3/8 21:25  [1634-5461]   

夕方見た時は5月下旬から選べたけど、今見たら6月下旬になってるw
売れてんのか?w
…用意した数が少ないんだな ←ファンです!

2018/3/9 02:45  [1634-5462]   

ああいうのを本当のファンと言うのかな。。。
5000円で買えるもんに倍額払って(コラ

2018/3/9 11:54  [1634-5464]   

HD599って人気ないのかな?

2018/3/10 02:28  [1634-5465]   

久々にポチりが付いたからPMA-60のレビュー見たら、不具合レビュー増えてるなw
http://review.kakaku.com/review/K0000992
262/#tab


レビューによるとDENON側はどうやら不具合を把握してる様子w
私の個体は全く落ちなくなったからどうでもいいけど。

2018/3/11 00:03  [1634-5467]   

SONY MDR-1AM2

【試聴】MDR-1AM2【iPod】

●SONY MDR-1AM2 \32,270

試聴機は多分先週備え付けられた感じ。
音楽流しっ放しにされてないんで鳴らし込みは出来てない。

手に取ると既報通り軽くなってる。
ヘッドバンド長は帽子被ってたけど余裕。
パッドが狭くなってMOMENTUMぐらいの感じ、窮屈な耳乗せ感。
側圧はユルくてこの辺は1Aとか10Rの感じ。

【ドラム】
キックに重心があるけど、スネアも乾いた感じでよく鳴る。
ハイハット辺りまではドンシャリで許せるバランスですがその上は酷く主張する。
タンバリンが大好きみたいでこの音域が異常に前に出る、Monster時代のbeatsみたい。

【ベース】
一聴して量の多さが目立ちますが、割と分離や解像度は良く、レスポンスも良い。
基本的な能力の高さを持ってるんだけど、どうにも量が多いですね。
1Aからはリバーブ感を削った感じで、本来の1Rの特性みたいのが出易くなったのかな。

【ボーカル】
女声の高音部に主張があり、これは刺さるとかじゃなくて単純に量が多い。
こちらの音域もリバーブ感が減った事でスッキリしましたがこれだけ中高音多いのに明るさよりもむしろ暗さを感じる、ソニーの音ですね。
200Hz辺りにピンポイントのディップがあって、これでベースとボーカルの分離は上手く行ってる。
ジョン・健・ヌッツォの歌い上げの歪みは回避してるので、エア抜きも上手く行ってる。

【ピアノ】
主音域の暗さはボーカルと一緒ですが、歯切れ良く軽めに鳴ります。
低音弦の分離がかなり良くて、躍動感を伴って前に前に進む感じでテンポ感がソニーっぽい。

【総評】
軽くなったのは良いんですがパッドの縮小は残念ですね。
このシリーズって装着感のお蔭で我慢して使う気になるのに(コラ

チューニングは1Aから随分変わって、1AはJ-POPしか聴けなかったけど、1AM2はJ-POPが聴けなくなりました。
J-POPが聴けなくなるのはオーディオ機器として良い変化なんですが、極端です。

私は1R持ってた頃、これはソニーがHD650をリスペクトして作った音調と感じてました。
1Rmk2、1Aと理想はゼンハイザーっぽさだった気がします。
今回の1AM2はベイヤーのT1を目指してDT990(1990proでは絶対無い)を作ってしまった感じですね(ぇ

まぁ、鳴らし込み進んでない試聴機ですし1R系は時間掛かるんですけど、欲しい音は出て来なさそうです。

2018/3/12 14:24  [1634-5470]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

&#160;MDR-1AM2、やはり注目度は高いみたいですね。
それにしても、JPOPが駄目だとはSONYもアイデンティティーを見失いましたかねぇ。
MDR-1シリーズには駄目な音源をいかに楽しく聴かせるかという路線を突き進んで欲しかったです。(完全に他人事ですけどw)

ところで、BLUE GIANT SUPREMEの4巻が出てました。
一区切りついた感じで読み頃かも知れませんよ。

2018/3/13 22:23  [1634-5472]   

セイウチさん、こんばんは。

今の時期、新作ヘッドホンがほとんど無いですからね〜

アイデンティティはmk2の時に既に失ってますw
1Rが「暗い」「篭る」とかユーザーに言われて、mk2で高音盛って派手にした。
(1Rの中高音も相当盛ってあったんだけど)
mk2から1Aの時はドライバーの素材が入手出来なくなった、とかだったかな、見通し悪過ぎ。

1Aも散々低音ディすられて、またユーザーに媚びた結果ですよね。
1Aの低音って酷いけど、J-POPにテキトーなライブ感加えるのに長けてたんですけどね。
問題はJ-POPの中にはそれ以上に音がメチャクチャな物が多いって事でw

こんな短期間にこんなにモデルチェンジするヘッドホンは信用出来ませんわな〜
1Aずっと売る様だったらそのうち諦めて買おうかと思ってましたが←定番好き


BLUE GIANT SUPREMEの情報ありがとうございます!
すっかり遠ざかってますが、読み頃と言われると気になりますね(^^)

2018/3/14 00:37  [1634-5473]   

ははは、PMA-60の不具合がまた始まったw

最近、落ちてなかったから調子に乗ってヘッドホンアンプのゲインをmidにしたらすぐ落ちた。
しょうがないからhighゲインに戻して、昨日はそれきり落ちなかったけど、今日はhighでも落ちたw
highで落ちたのは今まで無かったんじゃないかな?

一日一回落ちると気が済むみたいですけどね〜

2018/3/15 02:24  [1634-5476]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

PMA-60は大変ですね、メーカーは確り対応して欲しいです。
そう言えば、DENONのネットワークプレーヤーもトラブルの書き込みが多いし実はDENON、デジタル関連は弱いのでしょうか。

ところで、私もMDR-1AM2を試聴してみました。
ところが、まだ全く鳴らされて無いようで久しぶりに定位の悪い音を聴いてしまいました。
オーテクのMSR-7SEと近い価格帯なので、そのクラスを期待してますが、エージングが済んでどうにかなるのか?
他には低域の解像度が不満で、ベースの弦をイメージ出来ずでした。
唯、1Aの変な響きが無くなったのは好印象。
また、装着感は凄く良かったので、音が良ければ防寒具として持っていたいと思いまして、見切らずに来冬にでもまた聴いてみます。

2018/3/15 20:56  [1634-5478]   

セイウチさん、こんばんは。

DDFAか、デジタル入力に問題があるそうですね。
メーカーは他のDACを用意してRCAから入力するのが解決とか凄い事言ってますw

私の場合は落ちても、1分ほどで回復しますし、その後は大体落ちないんでどうでもいいんですけど。
落ちるのは、ヘッドホンの時だけだし。


1AM2聴かれましたか〜
私が聴いた物も暴れが酷くて定位どころじゃなかったですね。
低域の解像度は私が聴いた物は良かったですよ、上の暴れが少し軽減すれば見通し出てくるかもですね。

私は耳がデカくて、1AM2だと耳乗せになっちゃいますw
冬ぐらいには値段も下がって良くなるかもですね〜

2018/3/15 21:23  [1634-5479]   

@薬用植物園

もうカタクリ咲いてる、早い♪

2018/3/17 14:59  [1634-5482]   

Q701ならグリーンだろうな、だってケーブルが←

2018/3/19 12:25  [1634-5485]   

AD900Xぐらい背面グリルの開放部がスカスカだと、ブロアーで吹っ飛ばせば済む。
そんなのだって、よっぽど気になった時しかやらないけど。
しかし、ホコリで性能低下するのかね、ヘッドホンって。

2018/3/21 17:25  [1634-5488]   

EarPodsだろうなー

2018/3/21 23:48  [1634-5489]   

>ボーズ、肩乗せウェアラブルスピーカー「SoundWear Companion Speaker」国内発売。32,000円
https://www.phileweb.com/news/d-av/20180
3/22/43569.html


ソニーが販売停止の間隙を縫って?w

2018/3/22 11:38  [1634-5491]   

いつも過疎過疎のジョギングコースにやたら人出があると思ったら咲いてた♪
…今週末は近寄らない方が良さそうだ。。。

2018/3/23 14:09  [1634-5493]   

>ももクロ特別仕様のウォークマン限定発売。ハイレゾ音源20曲以上内蔵
https://www.phileweb.com/news/d-av/20180
3/23/43589.html


一応紹介してみた←ファンです
黄色だったら買うんだけど残念だなー(棒

ハイレゾ音源とか冗談だろ←ファンです

2018/3/23 17:17  [1634-5494]   

えうなきものさん

さすがですw
反応が早いw


ハイレゾはほんと悪い冗談にしか思えません(ファンです

2018/3/24 13:22  [1634-5496]   

ナコさん、こんにちは。

ソニーは自分の所のアーティストのコラボはたまに出しますけど、ああいうの売れてるんですかね?
初回分は捌けたみたいですけど、何台用意していたのやら?←ファンです

ハイレゾは今まで無かったんですね、まぁ、AAC128で済む音源ですけどね←ファンです

2018/3/24 15:14  [1634-5497]   

皆さま、お久しぶりでございます!
ここ半年忙しくてネットには全く顔を出せませんでしたが、少し落ち着いたので、久しぶりに登場致しました。

えうなきものさん

最近、ヘッドフォン板は全く見ていませんが、どのような感じでしょうか?
相変わらずなのかな?
デンオンのアンプ、不運ですねぇ。
恐らく設計に不良があると思われますが、大丈夫か、デンオン!

あっ、ちょっと質問なんですけど、最近PCでFPSゲームやってるのですけど、オススメのヘッドフォンあります?
希望は1万円以下で密閉型、サウンドカードからの出力なので駆動しやすいことなのですが、表見ても音像定位わかる方が少なくて。。
K701は文句ないのですけど、FPSのためにオーディオ立ち上げるのが面倒なのですよね。。


ナコさん

オーディオ環境着々と進んでるみたいですねー
うちは1年間全くオーディオ出来ませんでした(^_^;)
おかげで今は707で鳴らしているという、、

自分ごとですが、板橋区に引っ越すことになりました。
オーディオ的には重量鉄骨で一戸建てなので、昼は音出し放題なのが、ありがたいです。
ただ、二階までスピーカ運ぶのツラヒ。。

2018/3/25 13:57  [1634-5499]   

サイさん、こんにちは。

お久しぶりです、お元気でしたか?

最近のヘッドホン板はBTイヤホンが繋がらないとかそんな質問ばっかりです。
お歴々の皆さんも静観してる感じで過疎ってますねー


デンオンですね〜
どうにもデジタル部は不得手なんでしょうね、音以外の詰めが甘いです。
曲間の無信号状態の時に何らかの誤作動がある様です。
最初は音量と連動してるのかと思ってましたが、小音量でも誤作動が起こる位置はいつも一緒なので、デジタルデータに何か誘因する要素があるみたいです。
ヘッドホン使用時だけなんですよね、スピーカーの時は落ちないんでヘッドホンアンプ部にも問題あるのかも。


密閉型ですか〜
代わり映えしませんけど、Shure SRH440、JVC MX10辺りですかね、モニター機ですけど。
ゼンの500番台の密閉、HD559がアマで\11,781、598CSが\14,900って所ですね。
AKGはK271mk2良いなと思ってるんですけど、\17,000ぐらいですね、ちと高いw

2018/3/25 14:38  [1634-5500]   

どもー


えうなきものさん。


なんかそれなりに売れるんですかね?(^_^;)
でもファンは音源持ってるだろうし(僕もファンなので当然持ってますよ、ええ ←

ハイレゾで聴かせる何かがあるのだろうか…



サイさん


おひさー

お引越し大変ですね(^_^;)
あぁ…そういう時期で、そういう場所ですね…
お疲れでございました(おめでとうございます)


うちは着々と…
あとはもう少し天井いじりたいですね。

機材的にはプリ壊れて修理してるんで…
あとはパワーアンプが壊れるのを待つだけです(ぇ


尼でRX900が激安ですわ。
重いかな…?

フジヤでHD569がB級品1万くらいで売ってますな…(最近ヘッドホン買おうと思ってたんで、ちょいちょい見ていた…

2018/3/25 15:04  [1634-5501]   

ナコさん、こんにちは。

前のfinalの時は結構先まで申し込み埋まってたんで、今回はユルいかも。
ハイレゾもテキトーにアップサンプリングしただけじゃないですか?←凄くファンです


サイさん

HD559は開放型でした、すみません!

ナコさんのカキコミで気付きました、ありがとうございます!
569でしたね、耄碌しました〜

2018/3/25 16:11  [1634-5502]   

第2回の申し込みは4月からだったか、そりゃ埋まらんわな←HPいつも見てるファンです

2018/3/25 21:09  [1634-5503]   

こんばんはー
今日は帝国ホテルで謝恩会でした。
謝恩会前に時間が空いたので、喫茶店でミルクティフロートを頼みましたが、美味し過ぎてビビリました(ボキャ貧
今まで飲んでる紅茶はなんだったという。。
初めは1500円、たけーと思いましたが、飲んだあとは納得してしまいました。(それでも高いですが
氷もなんか美味しそうだしw
勿論、その後のご飯も美味でございました。
いやぁ、プロですわ(感嘆

えうなきものさん

お久しぶりです。
元気ですー
忙し過ぎて10キロ太りました。
これからはジム通いですね(^_^;)

ヘッドフォン板過疎化してますか。。
ぐぐるとかかるのは数年前の記事ばかりですねぇ。

デンオンはデジタル強いイメージありましたが、エントリー機はマチマチみたいですね。
DCD-SXはいい音でしたが(高い

オススメありがとうございます!
SRH440良さげですねー
FPSヘッドフォンとしてもネットの情報見る限り良さそうです。音像定位も正確みたいですし。
ただ、装着感も考えると禅も捨て難いですよね。

で、今日ネットで推されてるarctis5というヘッドセット聴いてきたのですが、明らかにハイに寄ってますね。
FPS要はどうやらハイ上がりが良いようです。
装着感は良いのですが、肝心な音質が残念だったので、SRH440は要検討ですね!


ナコさん

お久しぶりです。
ありがとうございます。
いつの間にか26歳に。年取りました(^_^;)
ナコさんとはじめてお会いしたときは20歳でしたから。

天井ですか。
結局最後は部屋、家になりますよね。
ルージュ邸が羨ましい。

ありゃ、アキュちゃん故障ですか。
発熱凄まじいですからね。
だから音が良いのですけど。

お互い古い機器を使ってますから、何かと修理が必要になりますねー

うちのD907Gも調整に出しておりますー
トランス足されてX11化されるかもw

RX900懐かしいw
あれ、結構重いですよね。あと蒸れるw
SRH440は良さげですね。
禅も捨て難いです。
開放型ですが、個人的にはHD598が気になっておりますー
高いので、買えないかもですが。

2018/3/25 23:18  [1634-5504]   

サイさん

\1500のミルクティーですか、凄いな(^^;)
あらら、10Kgいっちゃいましたか、私も20代後半が一番体重あったかな。
外食多くて運動しなかったら瞬く間に70Kg台になってましたw

ヘッドホン板は何て言うか、調べりゃ分かる事を訊いて、調べた人が回答するって流れでw
あと、他人の事言えませんが、おっさんが異常に増えて気持ち悪くなりましたね。

デンオンのこれはD級でプリ部がダメみたいですね〜 ←クアルコム
チップが2世代目に入った所でテストが充分だったのか怪しいです。
…もっとも、スピーカー使用時は落ちないんで、ヘッドホンでのテストってそんなにやってないんでしょうけど。

SRH440はshureの真面目さがよく出てる機種ですね、色々バランス良いです。
1840を除くとshureって結局440が一番マトモなんじゃないかと思いますw

arctis5ですか、ヘッドセット系はほとんど聴いてません(^^;)
ハイ上がり、最近またこの傾向が凄くてソニーもJVCもキンキンですねー
たまにゲーム実況見ますけど、元々シャリシャリしたSE多くて音量下げます。

2018/3/26 01:34  [1634-5505]   

ATH-PRO7X

上位機がオンイヤーってどういう事?w

>オーディオテクニカ、高耐久性のオンイヤー型DJ用ヘッドホン「ATH-PRO7X」。DJカートリッジも
https://www.phileweb.com/news/d-av/20180
3/29/43615.html

2018/3/29 14:28  [1634-5510]   

ATH-M50xBB
https://www.audio-technica.co.jp/mi/show
_model.php?modelId=3010


これまた凄い色出して来たなー

赤いやつもまだ売ってるのか。
https://www.yodobashi.com/product/100000
001003721781/

2018/3/29 21:24  [1634-5511]   

サクラ大戦ではなく、桜

こんばんは。

えうなきものさん

1500円は驚きでした(^^ゞ
一生に数回飲めるかですねー
ネットで調べてみると、茶葉も特注らしく100年以上歴史があるようです。

お菓子食べすぎ、運動不足が原因ですねー
おそらく今年は実家に戻るので自然に痩せると思いますv

昔からその気がありましたが、近ごろも同じみたいですねー
とりあえず、SRH440の装着感」は良くないことはわかりました(笑)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
クアルコム!
自分はスマホでお世話になってますね。
オーディオのイメージはないですが、PCだと蟹さん(Realtek)が有名ですね。
デン音も今は開発が適当なのでしょうねー
ミニコンポ系はONKYOがコスパ最強ですね。

おすすめありがとうございます。
新品は必要ないので、某所で中古をぽちりました。
試聴なしの購入は久しぶりです。

ヘッドセットは一通り聴きましたが、ドンシャリ系、スカキン系が多いですね。
FPS用途だとちょうどよいのかもしれませんが、糞音質に金払う趣味はないので、皆スルーいたしました。
ソニーは10年ほど前の音作りが好きでした。
今の音作りはハイレゾブームのせいですかねー

最後にチャイナホン(OnePlus 3T)で撮影したサクラの写真です。Dレンジが狭いので、白トビしないようにするにはこれが限界でした(^^ゞ
意外と精彩感があって、普段使いには十分実用に耐えると思いました。

2018/4/2 01:22  [1634-5515]   

サイさん、こんばんは。

茶葉とか豆とかカスタムなんですね〜(ぇ
紅茶もコーヒーもまったく量産品しか利用してないですね〜裏山w

お菓子は肥えますね(^^;)
あとは飲み物によるカロリー摂取が現代人は多くなっちゃいますね。

オーディオ的なスキルの低さは昔からですけど、最近のカキコミはコミュニケーションスキルの低さの方が目立ちますねw

bluetoothのapt-xもクアルコムでしたっけ?何となくオーディオ進出。
基礎体力低いんだろうな〜とは思います。
デンオンはエントリー価格帯のCDとかMDのプレイヤーを何台か使いましたけど、ビックリするぐらいすぐ壊れるw
アンプは可動部無いから大丈夫だろうと思ったら中身がw
ONKYOは丁度モデルチェンジと重なっちゃって在庫薄でした(^^;)

試聴なしで行かれましたか!
実はSRH440、ちょっと欲しかったりします(^^)

そうですね、ヘッドセット系は少し値段も高いですねー
デザイン的にも仰々しいとか禍々しいモノが多いですね。
ソニーどうしちゃったんですかね、店頭で騒音下で聴くには試聴映えしますけどね(コラ
ハイレゾって言っても盛ってるの10KHz辺りですからね、難聴製造機w

サクラ大戦イイですね(違
ボートの角度がサクラの流れと揃ってますね♪
サクラって結構飛びますよね、真っ白な写真を数多く撮りました(^^;)

2018/4/2 02:39  [1634-5516]   

【PMA-60】

さあ、まったくトラブル無く使えてる人は出て来るか?w

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000992262/So
rtID=21721538/#tab

2018/4/2 20:14  [1634-5518]   

えうなきものさん、こんにちは。

SRH440到着しました。
音質の方は思ったより悪くないですね!
若干ドンシャリのような気もしますが、気になるほどの癖もないですし、ゲーム用途では十分な音質です。
少なくとも同価格帯のイヤホンやヘッドセットよりずっと音質は良いです。
ただ、ポタで使うならポタアンは欲しいですね。試しにDP1に繋いでみましたが、高域は散るし、低音の力感もなくなります。
まあ、ポタ用途は想定してないでしょうけど。

普段飲みは自分も量産型○クですよw
帝国ホテルの紅茶はザ○とは違うのだよ、という感じでしたw
カスタム、イヤホンは音悪いの多いですからねー
許せたのはカナルワークスのイヤホンくらいでしょうか?
ただ、スピーカ鳴らせる環境あるとそこまで、食指が。

Bluetoothもクアルコムでしたか!
自分のイメージだとスマホのSOCとマザーボードのネットワークチップ関係ですね。
オーディオのイメージはありませんでした。

コンポに対する考え方でしょうねー
デンオンとオンキヨーのやる気の差でしょうか。
デンオンもピュアの上位機だとまともなのですが。
N765は残念でした。
周りは皆使ってますw

ハイレゾは周波数よりもビット深度の方が恩恵高いのですけどねー
ただ、肝心のヘッドフォンとイヤホンの音の階調性が足りないのが多いので、宝の持ち腐れですね。
ハイレゾはキチンとしたものはスピーカの方が恩恵がありますから。


サクラ大戦は音楽が素晴らしかったです。
田中公平がやりたい放題やったらああなったみたいですw

桜撮影はなかなか難しいですね。
それこそフルサイズのカメラが欲しくなります。
白飛びしちゃうのはDレンジの狭さorz

2018/4/3 13:11  [1634-5520]   

マッシロケ

サイさん、こんにちは。

SRH440到着おめです!
中古とは言え、多少鳴らし込むと限界はありますがもう少し音がまとまってくるかもですね〜

ははは、サイさんがザ○ならこっちはボールですね←ジムでもない
いかに食費をかけないか?だけが最近のテーマです(オイ
イヤホンは使用時間考えるとあまり高い物は手が出ませんね。

クアルコムのイメージは多分その感じの方が合ってると思います。
オーディオに関しては分かり易さとインパクト、話題作り的な印象ですね。

デンオンもミニコンポのRCD-M41は良いんですよ。
単品の初級機〜中級機がどうにも(^^;)
ちゃんと動いてる内は良いんですけど、壊れるの早過ぎで。
N765はすぐ後継機種が出たんですよね、少し待ってれば良かったかも。

ハイレゾシール付く条件が周波数だけでしたっけ、そんな感じですよね〜
仰る通りで、現行のハイレゾ対応品って周波数伸ばしても階調はそのままなんでほぼ体感出来ないですよね。
これを「お前は耳が悪い!」って売りつけるんだから困ったもんですw

サクラ大戦のサントラ持ってましたよ♪
セガサターンって日が当たらなかったから割と好き放題やってる作家さん多かったですね〜

私の真っ白なサクラを貼っときます(爆
これはリコーのCaprioR7、2008年、デジカメ持ってから初めての桜撮影。
…この後もほとんど腕前は進歩してないんですけどね〜

2018/4/3 15:32  [1634-5521]   

この前サクラ大戦歌いました ←

えうなきものさん。

DENONはSX1になってダメになりますた(ぁ

各社ミニコンポって言うんですかね(なんか最近色々機能増えててw
はどれも(どこも)良いんですけどねぇ…




サイさん


440おめ!
高い遠い(コラ


僕は840ちょっと欲しいんだけど…使わない気がしてきて結局買わないんじゃないかっていう、最近のパターンです…


表だとハイレゾハイレゾうるさいけど(コラコラ
…ビット深度のことはあんまり聞かないかなぁ…


わたしは開き直ってSACD漁るつもりです(ぇ

2018/4/3 17:36  [1634-5522]   

ナコさん、こんばんは。

劇帝は定番ですね(ぇ

DENONは中級機も品番変わってから何か魅力を感じなくなりましたね。
まぁ、聴いては無いんですけど(オイ

そうそう、ナコさんのM-CR603のカキコミ見てまったく同感でした♪
単品になるとガクっと落ちますね。
むか〜し、長岡鉄男がミニコンポは筐体サイズの分、剛性を確保出来るから、スカスカのエントリーフルサイズより安心とか言ってましたw

2018/4/3 18:30  [1634-5523]   

えうなきものさん


ももクロは世間的には定番にならず終焉を迎えそうです…(ファンです


おお、さすが長岡先生w

長岡鉄男は結構好きです。

長岡駅は長岡城址だし(河井継之助…好き…
神林長平も長岡工業高校だし(確かそう

長岡と付くものは好きです。 ←

2018/4/3 19:08  [1634-5524]   

ナコさん

「怪盗少女」と「走れ」は必ず歌います←ファンみたいな事してる
ベビメタは布教成功したんですが(オイ

長岡鉄男の発言、当時はまだバブルでしたんで、今の初級機なんかもっと悲惨ですw
20年後、自分が755SEの軽さにビックリする事に。

長岡ってワードで河井継之助、神林長平と出て来るとはさすがの手広さです!
私はあっさりグーグル先生頼り。
幕末は本格的に勉強しないといかんですね〜

2018/4/3 20:21  [1634-5525]   

えうなきものさん

怪盗少女は歌わないのですが(ファンです
走れは歌います、キーちょっと下げますが(ファンぽい


DENONの390も初代は音がいいっぽいんですが(小耳に挟んだ程度 ←
今の390は、まぁ、あんなもんかな(コラ


オーディオも歴史もSFも、全部中途半端ですw

2018/4/3 21:30  [1634-5526]   

ナコさん

ももクロ歌う頃には大分出来上がってるのでキー不問です←ファンです

390はPMA60がダメっぽかったら聴いてみようと思ってましたが、ボリューム触った時点でアウトでした←
390ダメだと1600で10万とか選択肢厳しいですね。
他に考えてたのはパイかヤマハでした、ボリュームが良さげ←また言ってる

ナコさんの引き出しは相当深く、よく整理されてると思います♪
すぐ取り出せるのが凄いです!

2018/4/3 22:12  [1634-5527]   

こんばんはー

SRH440カールコードが使いづらいので、ストレートケーブルに交換しました。

えうなきものさん

SRH440、どうやら出品者が数回しか使ってなかったようで、新品ほやほやでした。
一日鳴らしこんでみたところ、音の暴れはだいぶん少なくなりました。
出力機器がPCのサウンドカード(ASUS STX)なのですが、癖も少なく聴きやすいですね。
といっても、用途がゲームなのですが(;^_^A

N765の後継は自分も欲しい!
実家にちょい聴き用にあると便利なのですよねー

写真で解像度しか見ない人と似ていますねー
写真で階調性の低いのは見たくありません。
オーディオも同じです。

セガサターン、ドリキャスはやりたい放題でした。
PSは日和ってましたんw

桜の撮影は難しいですからねー
うちのスマホも今市orz


ナコさん

あざーす!
Dさん懐かしいw
SRH440は音楽に使わないので大丈夫です。
音楽はピースカ、プースカで聴きたいですねー

SRH840ってどんな音だったか忘れました(;^ω^)
お互い、欲しくてもヘッドホンに食指が伸びない。。

ビット深度、アナログを聴くと大切さがわかりますねー
まあ、アナログに近いのはDSD一択なのですが。

SACD、プレーヤーがなくなりそうですね。
OPPOも撤退しますし。


2018/4/4 19:16  [1634-5529]   

ケイオウザクラ ケイオウザクラ

サイさん、こんばんは。

カールコードは多分気になる所だと思いましたが、サイさんなら自分で何とかしちゃうだろうと思って言いませんでしたw

N775ですね、今出たばかりなので少し高いですね〜
N765、終売の頃は3万でお釣り来ましたから超絶お買い得でした。

階調言っちゃうとヘッドホン・イヤホンは逆のベクトルですからね。
情報量を平均化して「聞こえる」様にするのが取り柄みたいな。
画像やってるとその辺のレンジ感とか色付けとか連動してイメージしやすいですね。

PSは作品も日和ってましたが、スペック低くて遊んでてイライラする事が多かったですw
だからギャルゲーしかやらなかった(オイ

私が今使ってるCOOLPIX A300って数世代前のスマホ写真レベルのコンデジですw

2018/4/4 21:30  [1634-5530]   

ヨドバシ行ったんで、またMDR-1AM2聴いて来ましたが、最初の印象と変わりませんねー
前回は3月12日、3週間経っても相変わらずです。
吉祥寺は過疎過疎だけど、5分聴く客が1日10人来たとして20時間か、そんなもんかな?w

990に謝らないとな。。。

2018/4/5 13:07  [1634-5532]   

何だよなぁ、このジャケ←ファンです

特典は百田さんでした、すみません!

2018/4/10 14:09  [1634-5539]   

えうなきものさん。


ぼ、僕なんて買ってもいません! ← ファンで…す!

2018/4/10 17:33  [1634-5540]   

ナコさん、こんばんは。

4人だと譜割りのバランスが良いですね、譜割りのバランスは(大事な事なので(ry

録音はいつも通りです、特に2曲目が酷いw
有安さん居なくなってもバランス変わらんなー

2018/4/10 20:30  [1634-5541]   

えうなきものさん。


うわ、ひっでぇw

ノリノリですね(違

ダイヤ使わなくなってから、ある程度ひどい録音の曲も聴けるようにはなりましたが…
ちょっとこれは買う気が…(^^;;

2018/4/11 21:26  [1634-5543]   

ナコさん、こんばんは。

いやぁー、2曲目が酷いと言ってしまいましたが、正しくは全部でした ←ファンです
有安さんの分、玉井さんのEQ跳ね上げたみたいでキンキンですw

内容はしんちゃんコラボだからか、キッズ向けな感じっす。

2018/4/11 22:24  [1634-5544]   

>KENWOODのハイコンポ「K's」モチーフのユニクロ「UT」が発売
https://www.phileweb.com/news/hobby/2018
04/13/1873.html


自分のは単品版のLS-300Gだけど。
…しかも現役w

2018/4/13 19:18  [1634-5547]   

えうなきものさん。


これはユーザー的には買うしか!!!

2018/4/13 19:25  [1634-5548]   

ナコさん、こんばんは。

ブラウザが古くてユニクロの店頭在庫が調べられないw
郊外の店舗に置いてあるのか分かりませんが、突撃して来ます!

2018/4/13 21:15  [1634-5549]   

そう言えば808も出てたな、世代感w

>ローランド「TR-808」デザインのユニクロTシャツ。ケンウッドK'sスピーカーも
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news
/1115973.html

2018/4/14 02:08  [1634-5550]   

下の方に裏表小さくプリント

買ってきたけど、告知通り白は一部店舗の取り扱いって事で黒だけ。
Tシャツの写真って初めて撮ったけどシワシワだなw

LS300Gも撮ったけど、上が窓だから酷い写真w

2018/4/14 14:45  [1634-5552]   

えうなきものさん。


おお!

売ってましたか!

自分の機材がコラボっていいですね^^


808もですか…ターゲットが完全に私達の年代ですね…w

2018/4/14 15:06  [1634-5553]   

ナコさん、こんにちは。

昨年末からスピーカー復帰したタイミングでTシャツコラボとはw
発売から25年(!)
K's、プレイヤーもアンプも壊れちゃったけどスピーカーは元気です(^^)
(あ、チューナーも元気だ)


世代狙い撃ちな感じのラインナップですねw
http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/u
q/ut/thebrands/


日本と海外とテキトーな選び方がイイ感じ♪

店頭では同年代っぽい方が808のTシャツを手に取ってましたw

2018/4/14 16:54  [1634-5554]   

Z7とZ1000の値段がほぼ同じ

2018/4/18 02:31  [1634-5558]   

これの隙間も塞いだ方が良いのか?w

2018/4/18 13:22  [1634-5560]   

PMA-60の不具合はファームが原因らしい。
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000992262/So
rtID=21721538/#21763901


これって、ネットワークプレイヤーと違うから自分でファームの更新は出来ないのかね、まったく。
しかも酷いサポートだな。

家のはこの前「落ちた!」って書いて以来、落ちてないんだけど、何なん?

2018/4/19 20:21  [1634-5562]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

ちょっとご無沙汰してました。
最近はケーブル関係で散財してます。
相変わらずのプチオーディオマニアの私です。

DENON、対応が下手ですよね。
何とかならんもんですかねぇ。


「ピアノの森」がアニメ化されてたんですね。

で、パイオニアとコラボイヤホン発売ですと。
http://s.kakaku.com/prdnews/cd=kaden/ctc
d=2046/id=73563/


YAMAHAなら買うかもw


モルゴーア・クァルテットですけど、1stは持っていまして、オープニングのフニャれた「21世紀の精神異常者」で聴く気が起きなくなって放置していたのですが、今、改めて聴くと結構楽しめました。

https://youtu.be/onlIMB9Pdt0

ところで、「原子心母」って邦題には、なんか「突き抜けたもの」を感じますわ。

2018/4/19 22:31  [1634-5563]   

セイウチさん、こんばんは。

ケーブル散財ですか〜
機材が固まったら、セッティングとアクセですね〜

DENONは明らかに不具合を認めてるのに公式にアナウンスせず、文句言われたら交換してやる、って姿勢ですね。
頭悪いです。

ピアノの森のコラボですよね、パイオニア→オンキョー→カワイって線ですかね(違
3番ってグレードに力の抜け具合を感じます(コラ


>フニャれた「21世紀の精神異常者」

これは確かにずっこけますねw
原子心母も同じ感じで、聴き慣れるか少し放置すると、まぁこんなもんかな?とは思えるんですが。

Apocalypticaの方が面白かったなー(オイ

'Enter Sandman' (Official Video)
https://youtu.be/VwR-_gu77uU

心母ってクラゲの事かと思ってたらクラゲは水母だったw
イカした邦題って良いですよね。

ダムドの『地獄に堕ちた野郎ども』とかw
The Damned - New Rose
https://youtu.be/KPowvspa4BI

2018/4/20 00:19  [1634-5564]   

あれのM2も立派な「低音重視の製品」だわな
要らない倍音拾ってるんだろうな
あと、立ち上がりの精度

2018/4/21 11:08  [1634-5567]   

傳田文夫でも読んでみると良いかも

2018/4/22 10:40  [1634-5569]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

Apocalyptica、面白そうですね。
紹介していただいた曲の入ったCDを探してみます。
有難う御座います。
彼らライヴでも首は振るんですかねぇ、振るんでしょうねぇ。


ところで、Sting&Shaggyの44/876というアルバムを買いました。
https://youtu.be/L0xKz5TsYb0

レゲエです。ボーナストラックにMessage in a Bottleのライヴ音源が入ってたりしますが、それもレゲエです。

良いのか悪いのか、POLICEは好きでもレゲエは好きじゃ無い私には解りません。(オイ!

とりあえず、Sting絡みなんで買ってみました。
いつかはSynchronicityの続編に挑戦して欲しいんですよね。
それまでのお布施という事でw

「傳田文夫」?、ググってみましたが、どことなくオカルトっぽい雰囲気が…?

2018/4/22 21:35  [1634-5570]   

 僕はセイウチさん  

MONOEYESってTears for Fearsに似てますかね?
https://youtu.be/rOPyGWtL1C4

https://youtu.be/sRee8hyk_P4

ちょっと聴いてみようかな。

2018/4/22 21:58  [1634-5571]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ



音圧

タグ:
androp 『androp』

音圧測定と簡易リマスタ12です。
前スレまでの最高音圧記録ディスクは─

【アーティスト】androp
【 アルバム 】androp
【 リリース 】2015/08/05
【ディスク番号】WPCL-12178

トラックMの「You Make Me」にrmsピーク
実効値 -4.2db

─となっております。

【ルール】
CDから最も音圧の高い8秒以上のバースを抽出、測定します。
8秒以上取るのは、SE的なピーク値が参考にならない事、そして事故・ノイズを回避するためです。
人の呼吸が大体8秒ぐらいって感じのユルい基準です。

画像は上部左がCDジャケット、右がレベルメーター。
下段は参照したトラック全体の波形です。
波形のカラーはrms(実効値)に沿ってまして、緑→オレンジに行く毎に危険な音圧です(ぇ
所謂海苔波形でもレベルメーターの黄色・オレンジが少なければ、録音/マスタリングは良い場合があります。

実聴して音圧が不足してる音源は自己リマスタを施します。
リマスターしようがしまいが良い物は良いし、ダメな物はダメですけどね。

【音楽】は、個人的に内容が面白かったか、意味のある作品か、等の評価。
【録音】は、生演奏・打ち込み問わずに、そのCDにどれだけ情報量が入っているか、単純ミスは無いか、の評価。

不満が無いだけなら★3、そこからの増減方式です。

2017/12/30 10:21  [1634-5323]   

Gustavo Dudamel 『New Year's Concert 2017』

【アーティスト】Gustavo Dudamel
【 アルバム 】New Year's Concert 2017
【 リリース 】2017/01/25
【ディスク番号】SICC 2141~2

ディスクAトラックJの「ラデツキー行進曲作品228」にrmsピーク
実効値 -13.1db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

ウィーン楽友協会合唱団
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:グスターボ・ドゥダメル
[録音]2017年1月1日、ウィーン、ムジークフェラインザールでのライヴ・レコーディング

グスターボ・ドゥダメル指揮のウィーン・フィル・ニューイヤー・コンサート2017。
ドゥダメルの指揮はテンポに動きがあり、良い意味躍動的。
ラテンのノリと一言で片付けられない現代的なセンスも感じました。

録音はムジークフェラインザールの特性をそのまま出す、つまりCDで、オーディオで、聴き易い様には調整されてない感じ。
このCDを心地好く聴けるなら、それはオーディオとして完成されているんじゃないでしょうか。
…という訳で家の環境では★4です(^^;)

アルバムトレーラー
https://youtu.be/5XxX00Bjjzk


2018は5度目のムーティですか、楽しみですね(^^)

2017/12/31 10:36  [1634-5333]   

Neil Young 『Harvest』 Neil Young 『Harvest』調整後

【アーティスト】Neil Young
【 アルバム 】Harvest
【 リリース 】1997/11/25 (オリジナル 1972/02/01)
【ディスク番号】WPCR-2530

トラックGの「Alabama」にrmsピーク
実効値 -15.8db
調整後 -11.7db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

Neil Young、'72年の4thアルバム。
…すみませんが、私にはNeil Youngの良さがまだまだ分からない様です(オイ
リリース順に聴いていった方が良いのかな?

録音は普通です。。。が、国内盤仕様の悪戯か、入ってる情報量や予想される「鳴っているであろう音」は良いんですよね。
Neil Youngは圧縮音源を嘆いていましたが、均等に圧縮されるなら、レンジを削ってでも主音域の情報量を確保した音が好みなのかな。

'97年盤はリマスターされていない様です。


「Out On The Weekend」
https://youtu.be/wyruylD0BWQ

2018/1/1 11:05  [1634-5338]   

『吉松隆:交響曲第6番≪鳥と天使たち≫ マリンバ協奏曲≪バード・リズミクス≫』

【アーティスト】飯森範親
【 アルバム 】吉松隆:交響曲第6番≪鳥と天使たち≫ マリンバ協奏曲≪バード・リズミクス≫
【 リリース 】2014/04/23
【ディスク番号】COCQ-85061

トラックBの「左方の鳥〈交響曲第6番《鳥と天使たち》作品13〉」にrmsピーク
実効値 -12.0db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★★5

●交響曲 第6番≪鳥と天使たち≫ 作品113
 飯森範親 指揮 いずみシンフォニエッタ大阪
 2013年7月13日、いずみホール ライブ録音

●マリンバ協奏曲≪バード・リズミクス≫ 作品109
 三村奈々恵(マリンバ)
 飯森範親 指揮 山形交響楽団
 2011年1月23日、山形テルサホール ライブ録音

飯森範親指揮による吉松隆作品集。
交響曲第6番は初演、打楽器を積極的に取り入れた映画音楽風の交響曲。
三枝成彰っぽいかも。←Zガンダム

マリンバ協奏曲は民族調にも聴こえますが、この辺りの民族+西洋のさじ加減が日本人っぽい佳作。

録音は装飾的で派手なんですが、聴き心地好く仕上がってます。
打楽器が隙間無く鳴ってる感じは吹奏楽的な録音とも言えるのかな。

「右方の鳥〈交響曲第6番《鳥と天使たち》作品13〉」
https://youtu.be/ImpwYx_28oo

2018/1/2 10:44  [1634-5343]   

Sergio & Odair Assad 『Alma Brasileira』

【アーティスト】Sergio & Odair Assad
【 アルバム 】Alma Brasileira
【 リリース 】2017/03/22 (オリジナル 1988年発表)
【ディスク番号】WPCS-13636

トラックHの「Heitor Villa-Lobos」にrmsピーク
実効値 -15.7db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

Sergio & Odair Assad、'88年のアルバム、ブラジルの作曲家・題材を集めた作品集。
ジャンル的にはクラシックに分類されるみたいですが、ラテン音楽でのモダンで都会的な雰囲気があります。
調べるまで'88年の作品とは思わなかった、超時代的な装い。

録音も良いですが、生々しさよりはキレイな録音を目指した感じです。

「Baiao Malandro」
https://youtu.be/Dpx6CntHBjg

2018/1/3 10:34  [1634-5346]   

Slawek Jaskulke 『Senne』

【アーティスト】Slawek Jaskulke
【 アルバム 】Senne
【 リリース 】2017/01/18
【ディスク番号】RPOZ-10029

トラックCの「S.IV」にrmsピーク
実効値 -11.3db

【音楽】★★★★★5
【録音】★★★☆☆3

ポーランドのピアニスト、Slawek Jaskulkeのピアノソロアルバム。
自身の娘に向けた「眠るときの音楽」が発想だそうです。
432Hzチューニングを採用した楽器による音数少ないミニマルミュージックは確かに夢心地。

録音は意図的にナローレンジにされていて、刺激成分をかなり削っていると思う。
その割には演奏時のピアノ打弦やペダルの動く音も入っちゃってますけど。
432Hzチューニングはピアノでありながら何か別の民族楽器の様な優しく根源的な音に聴こえます。

「S I」
https://youtu.be/A2B8USCstG0

2018/1/4 10:10  [1634-5347]   

コブクロ 『TIMELESS WORLD』

【アーティスト】コブクロ
【 アルバム 】TIMELESS WORLD
【 リリース 】2016/06/15
【ディスク番号】WPCL-12389

トラックMの「NO PAIN, NO GAIN」にrmsピーク
実効値 -8.9db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

コブクロ、'16年の9thアルバム。
安定してるっちゃ、安定してるんですけど、今回のアルバムにはフックになるような楽曲が無いんじゃないかな〜

コブクロは確かどちらかがオーディオ好きだったと思いますけど、よくこの音でOKしたな、と(コラ
音圧高く、音潰れや歪みが結構目立ちました。
まぁ、J-POPじゃ普通なんですが(オイ

「陽だまりの道」
https://youtu.be/QMJUr9ga1fU

2018/1/5 09:58  [1634-5348]   

『決定版 相撲甚句集-名力士編-』

【アーティスト】V.A.
【 アルバム 】決定版 相撲甚句集-名力士編-
【 リリース 】2017/07/19
【ディスク番号】COCJ-40010

トラック@の「72代横綱 稀勢の里寛 / 桂国」にrmsピーク
実効値 -13.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

相撲甚句は力士が土俵上で戯れで都々逸を歌ったのが始まりとか。
七五調でほぼ語句は決まっていて変化が乏しく定型化している。

このCDに収録されているのは、呼び出しの謡う力士紹介。
識字率の低かった頃のプロフィール紹介みたいな物ですね。

録音は普通。
どこで録ったんでしょうかね、カラオケ風エコーが深いです。

製品ページ
http://columbia.jp/prod-info/COCJ-40010/

2018/1/6 10:16  [1634-5349]   

Andris Nelsons 『ショスタコーヴィチ:交響曲第5番、第8番&第9番、他』

【アーティスト】Andris Nelsons
【 アルバム 】ショスタコーヴィチ:交響曲第5番、第8番&第9番、他
【 リリース 】2016/06/08
【ディスク番号】UCCG-1741/2

ディスク@トラックHの「交響曲 第5番 ニ短調 作品47 第4楽章: Allegro non troppo - Allegro - Piu moss
o」にrmsピーク
実効値 -14.6db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★★5

アンドリス・ネルソンス指揮ボストン交響楽団
録音:ボストン、シンフォニー・ホール ライブレコーディング

「スターリンの影の下のショスタコーヴィチ」シリーズ第二弾。
グラミー賞「ベスト・オーケストラル・パフォーマンス部門」を前作に引き続き受賞。
交響曲第5番、第8番、第9番と劇付随音楽《ハムレット》組曲 作品32a(抜粋)というボリューム溢れる2枚組。
演奏は文句の付けようがありませんが、長大なCDでまとまった時間が無いと聴きにくいw

録音も良いです、安定のDG。
Dレンジの広さ、強奏時の歪みの無さ、音の分離の良さと響きの案配の上手さ、素晴らしい。

アルバムトレーラー
https://youtu.be/Z_0EC6AsRsA

2018/1/7 10:09  [1634-5352]   

福田進一 『マズルカ・アパシオナータ〜ベスト・オブ・バリオス〜』

【アーティスト】福田進一
【 アルバム 】マズルカ・アパシオナータ〜ベスト・オブ・バリオス〜
【 リリース 】2017/04/25
【ディスク番号】MM-4007

トラックEの「ワルツ第3番op.8-3」にrmsピーク
実効値 -16.9db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

福田進一、'17年のバリオスアルバム。
Agustin Barriosはパラグアイのギター奏者・作曲家。
民族風の作風に装飾音が多く、技巧的・詩情的に福田進一はややスムーズさに欠けるかも。

録音は歪んではいないものの音圧が高く、マイク近過ぎ、ゲイン高過ぎに聴こえてしまう。
マイスターミュージックの録音は「音がデカい=音が良い」って所があるのかも。
効率も大事ですが、楽器との距離感の方が大事だと思うんですけどね。。。


製品ページ(マイスターミュージックのページはカテゴリートップまでしかリンク出来ません)
http://www.meister-music.com/guitar.html

2018/1/8 10:37  [1634-5362]   

ジョシュア・ベル 『ブラームス:二重協奏曲&ピアノ三重奏曲第1番』

【アーティスト】ジョシュア・ベル
【 アルバム 】ブラームス:二重協奏曲&ピアノ三重奏曲第1番
【 リリース 】2016/10/19
【ディスク番号】SICC 30283

トラックGの「Brahms: Piano Trio #1 In B, Op. 8 - 4. A
llegro」にrmsピーク
実効値 -10.5db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★☆☆☆☆1

ジョシュア・ベル(Vn)
スティーヴン・イッサーリス(Vc)
管弦楽:アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ
ジェレミー・デンク(P)
録音 2016年

ジョシュア・ベル、'16年のアルバム。
ブラームスとシューマンのカップリングで二重協奏曲以外の2曲はレアだとか。

演奏は良いんですけど、録音がマズくて、レコーディング時のゲインが高過ぎます。
レベルメーター見ると、こういう割れ方するのはアナログ時の問題で、デジタル編集時の物ではないです。
そんな訳でヒストリカルな音に聴こえます、古い録音かと思ってたら2016年録音でビックリした。。。

まぁでもブラームスってSP盤復刻みたいな雰囲気が合うかも知れない←

「Double Concerto in A Minor, Op. 102 for
Violin, Cello and Orchestra/I. Allegro」
https://youtu.be/mukxqfP4eZA

youtubeでもしっかり割れてますね。

2018/1/9 10:12  [1634-5365]   

↑あ、でもコンプのリリースタイムを凄く長く採ってたらこういう割れ方するな。。。

2018/1/9 10:25  [1634-5366]   

Traffic 『Mr. Fantasy』 Traffic 『Mr. Fantasy』調整後

【アーティスト】Traffic
【 アルバム 】Mr. Fantasy
【 リリース 】1991/09/25 (オリジナル 1967/12/08)
【ディスク番号】PSCD-1133

トラックGの「Coloured Rain」にrmsピーク
実効値 -15.9db
調整後 -12.4db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

Traffic、'67年の1stアルバム。
サイケやプログレ、様々なジャンルの要素を取り込んだロックで、一言で言うとインチキ臭さが最高です(誉め言葉
面白かったです。

録音は「良い音」ではないんですが、方向性がしっかりとしていてデザインの統一感が凄いと思います。
コンソールが良かったんだろうな。。。
オルガン、メロトロン、サックス、シタールなどの自由な絡み方が面白いです。

「Heaven Is in Your Mind」
https://youtu.be/UqqN0_WCS28

2018/1/10 10:24  [1634-5368]   

The Beatles 『Abbey Road』

【アーティスト】The Beatles
【 アルバム 】Abbey Road
【 リリース 】2009/09/09 (オリジナル 1969/09/26)
【ディスク番号】TOCP-71013

トラックEの「I Want You (She's So Heavy)」にrmsピーク
実効値 -11.5db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★★5

The Beatles、'69年の11thアルバム、その2009年リマスター盤。
私には『Abbey Road』は高尚すぎてよく分からんのです。
シングル曲は後発のベスト盤で聴ける様にバラ売り出来ますし、後半の構成も『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』の方が好きです。

今更『Abbey Road』を扱うのはshureのブログ読んでたら「Sun King」が耳の訓練に良いとか書いてあったので。

http://www.shureblog.jp/shure-notes/クリティカルリスニング-耳の訓練方法/

(直リンク出来ません)

で、実際「Sun King」を聴くと、これはパン振り遊びなので耳の訓練にはならない感じでした。
それよりも、'09年リマスターシリーズは素材のポテンシャルを最大限に活かす事で、測定数値以上の音の強さや良さを感じます。
どうやったら、この素材で、この数値で、こんな良い音出すマスターが作れるか、そちらの方に思いを馳せた方が余程有益です。

「Something」
https://youtu.be/UelDrZ1aFeY

2018/1/11 10:28  [1634-5370]   

MAN WITH A MISSION 『5 Years 5 Wolves 5 Souls』

【アーティスト】MAN WITH A MISSION
【 アルバム 】5 Years 5 Wolves 5 Souls
【 リリース 】2016/01/01
【ディスク番号】CRCP-40389

トラックCの「database」にrmsピーク
実効値 -7.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

MAN WITH A MISSION、'15年のベストアルバム。
活動5周年でベスト盤ですけど、彼らのアルバムは大体同じ内容なので、一枚だけ聴くならこれで充分という仕上がり。

録音はベスト盤なのでオリジナルと同じはずなんですが、何でしょうね、オリジナル盤で聴く場合よりも少しマトモに聴こえました。
音圧・波形とも一緒なんですが、再生品質はベスト盤の方が良くなってます(謎

「FROM YOUTH TO DEATH」
https://youtu.be/mjef-vaqRTs

2018/1/12 10:03  [1634-5371]   

佐渡裕 『シベリウス:交響曲第2番/《フィンランディア》』

【アーティスト】佐渡裕 指揮 トーンキュンストラ―管弦楽団
【 アルバム 】シベリウス:交響曲第2番/《フィンランディア》
【 リリース 】2017/04/12
【ディスク番号】AVCL-25929

トラックDの「交響詩《フィンランディア》作品26」にrmsピーク
実効値 -14.9db

【音楽】★★☆☆☆2
【録音】★★★★☆4

佐渡裕 指揮 トーンキュンストラー管弦楽団
録音:@〜C2016年10月15日-17日、ウィーン、ムジークフェラインザール(ライヴ収録)
   D2016年10月4日、オーストリア、ニーダーエスターライヒ州グラフェネック

佐渡裕、'17年のシベリウスアルバム。
どこまでも淡々としていて、譜面を置いているだけの演奏。
クセが無いとも言えるが、鑑賞に堪えられるエンタメ性ゼロ。

録音は良いです。
良いだけにつまらない演奏がよく分かる。。。

動画・試聴なし。製品ページ
http://avex.jp/classics/catalogue/detail
.php?cd=CSADO&id=1014853

2018/1/13 09:51  [1634-5372]   

矢沢永吉 『LIVE HISTORY 2000〜2015』

【アーティスト】矢沢永吉
【 アルバム 】LIVE HISTORY 2000〜2015
【 リリース 】2016/07/27
【ディスク番号】GRRC-49~50

ディスク@トラックKの「JAMMIN' ALL NIGHT [Live]」にrmsピーク
実効値 -9.0db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★☆☆3

矢沢永吉、'16年の編集ライブアルバム。
タイトル通り2000-2015年のライブ音源からセレクト、今回のアルバム用に再ミックスしたとか。

矢沢永吉の音楽は年相応にAORっぽい感じに聴こえます。
それと矢沢永吉の歌ってのは、他のアーティストがカバーした物を聴くとよく分かるんですが、誰にも真似出来ない境地に到達しちゃってます。

私は有名曲しか知らず、このアルバムに知ってる曲は入ってませんでしたが、楽しめるアルバムでした。

録音は様々な会場からセレクトされていますが再構成のお蔭か、統一感を持った音源でした。

アルバムスポットCM
https://youtu.be/kjqyndkzVGE

2018/1/14 10:26  [1634-5373]   

三浦文彰 『ツィゴイネルワイゼン〜名曲コレクション』

【アーティスト】三浦文彰
【 アルバム 】ツィゴイネルワイゼン〜名曲コレクション
【 リリース 】2016/07/20
【ディスク番号】AVCL-25902

トラックGの「ブロッホ: ニーグン」にrmsピーク
実効値 -16.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★★☆4

三浦文彰(ヴァイオリン)
田村 響(ピアノ)
録音:2016年5月30日、31日、紀尾井ホール(東京) ライブ収録

三浦文彰、'16年のアルバム。
'93年東京生まれ、「2009年世界最難関とも言われるハノーファー国際コンクールにおいて、 史上最年少の16歳で優勝」だそうです。

このアルバムはとても優勝歴のあるような演奏には思えませんでした。
能面、クセ無し、アカデミック…ちょっとどういうバイオリニストに育つか未知数です。

録音は演出性のあるキレイな音。
バイオリンの線が細く感じます、この辺で三浦文彰の込めた感情が上手く収録されてない感じもします。

「タルティーニ:悪魔のトリル」
https://youtu.be/3A_i2eFOxrM

CD収録と日付は一緒ですが、CD版は編集されてる感じですね。

2018/1/15 10:14  [1634-5376]   

小澤征爾 『ベートーヴェン:交響曲第5番《運命》 他』

【アーティスト】小澤征爾
【 アルバム 】ベートーヴェン:交響曲第5番《運命》 他
【 リリース 】2016/08/03
【ディスク番号】UCCD-1433

トラックCの「ベートーヴェン:交響曲第5番《運命》 第4楽章: Allegro」にrmsピーク
実効値 -20.6db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

指揮:小澤征爾 (@ーC)
管弦楽:水戸室内管弦楽団
クラリネット:リカルド・モラレス(DーF)
録音:2016年3月25、27日水戸芸術館 ライブ収録

小澤征爾&水戸室内管弦楽団によるベートーヴェンシリーズの一枚ですが、カップリングはモーツァルト。
ファミリーコンサート的な内容ですかね、モーツァルトのクラリネット協奏曲は指揮者不在の演奏。←リアルに

この録音は音圧が低くて、それは再生装置側で音量上げりゃ良いんですけど、ピークで4dbも低いとなるとアンプ側のノイズが気になってくるレベル。
運命交響曲なのに平坦に聴こえるのはDレンジの確保が上手く行ってないからかも。

動画なし。製品ページ
http://www.universal-music.co.jp/seiji-o
zawa/products/uccd-1433/

2018/1/16 10:11  [1634-5384]   

さだまさし 『御乱心 〜オールタイム・ワースト〜』

【アーティスト】さだまさし
【 アルバム 】御乱心 〜オールタイム・ワースト〜
【 リリース 】2016/09/14
【ディスク番号】FRCA-1272

トラックDの「シラミ騒動組曲 第三楽章「シラミー・ナイト・フィーバー」」にrmsピーク
実効値 -9.7db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

さだまさし、'16年のコンピ盤。
'13年の『天晴〜オールタイム・ベスト〜』と対になるワースト盤で、ネタ曲を収録。

「シラミ騒動組曲」は半分以上がMCで、よく言われるさだまさしのコンサートの状況を表してます。
その他収録曲は多少の風刺を含むので時代感覚的に対象が限定される感じ。

録音は普通、無駄にミックスは上手い(コラ

「シラミ騒動組曲」
https://youtu.be/12c9fZq3vsI

2018/1/17 10:13  [1634-5386]   

『2355 / 0655 ソングBest!』

【アーティスト】V.A.
【 アルバム 】2355 / 0655 ソングBest!
【 リリース 】2013/08/21
【ディスク番号】COCX-38178

トラックCの「忘れもの撲滅委員会」にrmsピーク
実効値 -12.5db

【音楽】★☆☆☆☆1
【録音】★☆☆☆☆1

NHK Eテレのミニ番組「0655」「2355」のコンピ盤。
それぞれの放送時間、6:55と23:55が番組名。
ピタゴラスイッチのスタッフによる蘊蓄&あるある。

ピタゴラスイッチはキッズ向けで良い番組だったと思いますが、それを大人向けに同じ手法でやってるとバカにされてるとしか思えないんですが?
「視聴者はバカだ」が前提です。
かなり著名な人達が参加してますが断れなかったのかなー

録音も頭悪いですね、一旦マキシマイザー掛けた物を後でレベル調整。
潰れ、歪み、放ったらかし。

「おれねこ」
https://youtu.be/VI6Zc9ux-_k

2018/1/18 10:13  [1634-5388]   

Fifth Harmony 『Reflection』

【アーティスト】Fifth Harmony
【 アルバム 】Reflection
【 リリース 】2016/01/27 (オリジナル 2015/01/30)
【ディスク番号】SICP 4748

トラック22の「Miss Movin' On (Papercha$er Remix)」にrmsピーク
実効値 -7.8db

【音楽】★★☆☆☆2
【録音】★★★☆☆3

Fifth Harmony、'15年の1stアルバム。
USAのオーディション番組出身という事で、まぁ、そんな感じ←
リード曲のダサさにビックリしますが、アルバム全体としては出来る事はやってる感じ(出来る事が少ない

サンプルに採ったトラック22はリミックスなので酷い音質ですが、他は普通かな。
向こうでもアイドル系の録音はどんどん質が悪くなってきてますけどね。
Harmonyと名乗る割りにはわざとらしいミックスはせずにメイン+コーラスって作りです。

「BO$$」
https://youtu.be/Y4JfPlry-iQ

スパイスガールズと比較されるのがよく分かるな。。。

2018/1/19 10:06  [1634-5389]   

『丘灯至夫ベスト〜永遠の青春〜』

【アーティスト】V.A.
【 アルバム 】丘灯至夫ベスト〜永遠の青春〜
【 リリース 】2017/01/25
【ディスク番号】COCP-39847

トラックNの「愛しあうには早すぎて」にrmsピーク
実効値 -11.5db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

作詞家(作詩家)・丘灯至夫の生誕100年アルバム。
歌手毎のベスト盤では漏れてしまう楽曲も作家のコンピなら収録されるので、良い企画だと思う。

私の父親世代の楽曲がほとんど。
「高原列車は行く」みたいに明るい未来を信じて疑わず、何でも楽しもうという姿勢は、良い時代だったのを凄く感じる。
それと歌の寿命が長くて、発表年以降もしばらく歌い継がれていたのが伺える。

録音はステレオ・モノラル混在。
それぞれ節度あるリマスターで、軽くノイズを消し、音圧を揃えて、コンピとして統一感のある仕上げ。

「東京のバスガール」
https://youtu.be/fGW0cjzMBGw

2018/1/20 10:28  [1634-5390]   

『EXIT TUNES PRESENTS Entrance Dream Music』

【アーティスト】V.A.
【 アルバム 】EXIT TUNES PRESENTS Entrance Dream Music

【 リリース 】2015/04/15
【ディスク番号】QWCE-00462

トラックHの「parade on grass」にrmsピーク
実効値 -7.3db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

EXIT TUNES、'15年のボーカロイドEDMコンピアルバム。
書き下ろし曲が多くて初めて聴く物が多かったです。

ボーカロイドとEDMの相性は良いと思うんですが、先進性と洗練性に物足りなさを感じました。
収録曲は単にEDMをボカロでやりました、で留まってる感じがしちゃいます。
参加してるボカロPを見てると、もっと面白いの書ける人が多いんで。

EXIT TUNESの録音は、いつも音圧が高過ぎます。
提供された音源が大き過ぎるのかも知れませんけど、各ボカロPのオリジナルCDを聴くともう少し小さい事が多いです。
それと根本的に日本人がミックスするEDMは、低音が足りてないんじゃなくて入ってないのが問題。

「KiLLER LADY」
https://youtu.be/2bgBEocBUFY

2018/1/21 10:24  [1634-5391]   

ヒラリー・ハーン 『モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番』

【アーティスト】ヒラリー・ハーン
【 アルバム 】モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番、ヴュータン:ヴァイオリン協奏曲第4番
【 リリース 】2015/02/25
【ディスク番号】UCCG-1694

トラックFの「ヴュータン:ヴァイオリン協奏曲 第4番 ニ短調 作品31 第4楽章」にrmsピーク
実効値 -16.7db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★★5

ヒラリー・ハーン(Vn)
パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン
録音:2012年12月(ブレーメン)、2013年8月(シュトゥーア)

ヒラリー・ハーン、'15年のコンチェルトアルバム。
個人的に勝手にヒラリー・ハーンは現代曲のイメージだったんですけど、モーツァルトもいけますね。
ややエキセントリックな演奏だとは思いますけど、聴かせ所にしっとり感を伴った表情豊かな演奏に感じました。
CDジャケはいつもの無表情ですけど(コラ
パーヴォ・ヤルヴィのドイツ・カンマーフィルもモーツァルトとヴュータンの描き分けがよく出来てます。
ヴュータンって初めて聴きましたけどね(ぁ

録音も良いです。
バイオリンとオケのバランスの上手さ、両者の情報量の多さ、素晴らしいです。
DGの演出がかった音色は単純に心地好い。

アルバムトレーラー
https://youtu.be/OG6pmjClBz0

2018/1/22 10:18  [1634-5393]   

佐渡裕&トーンキュンストラー管弦楽団 『交響曲第4番『ロマンティック』』

【アーティスト】佐渡裕&トーンキュンストラー管弦楽団
【 アルバム 】交響曲第4番『ロマンティック』
【 リリース 】2016/11/23
【ディスク番号】AVCL-25912

トラックCの「IV. Finale. Bewegt, Doch Nicht Zu Schnel
l」にrmsピーク
実効値 -16.0db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

佐渡裕指揮トーンキュンストラー管弦楽団
録音:2016年1月、2月 ウィーン、ムジークフェラインザール ライブ収録

佐渡裕&トーンキュンストラー管弦楽団、'16年のブルックナーアルバム。
順番が逆になりますが先日紹介したシベリウスよりかなり良い演奏。
トーンキュンストラー管弦楽団の得意なレパートリーだそうです。
まぁでもシンフォニーの雄大さや深淵さは感じられず、譜面を追うだけの感覚は変わらず、そうなるとブルックナーは譜面が良いんだな(コラ

録音も素っ気ない感じがします。
一番の原因はこのオーケストラの音色の能面ぶりなんですが、それをそのまま出すにしても情報量が薄いです。

動画・試聴なし製品ページ
http://avex.jp/classics/artists/catalogu
e_detail.php?cd=CSADO&id=1014432

2018/1/23 10:15  [1634-5394]   

Christopher Cross 『Another Page』

【アーティスト】Christopher Cross
【 アルバム 】Another Page
【 リリース 】2016/10/19 (オリジナル 1983/01/31)
【ディスク番号】WPCR-17465

トラックIの「Words Of Wisdom」にrmsピーク
実効値 -13.1db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★☆4

Christopher Cross、'83年の2ndアルバム。
久しぶりに聴きましたけど、何なんでしょうこの美しさは!
'70年代の耳で'80年代の音を創造したという感じで、丁寧なケバさ(謎
良かったです♪

この盤は軽めのリマスターですかね、丁寧です←そればっか
シンセとかドラムとかエフェクト系はしっかり'80年代の音なんですけど、ギターとベースは'70年代の豊潤さが感じられるハイブリッドなサウンド。

「All Right」
https://youtu.be/9I-cxF7jZH8

2018/1/24 10:26  [1634-5395]   

春畑セロリ 『ポポリラ・ポポトリンカの約束』

【アーティスト】春畑セロリ
【 アルバム 】ポポリラ・ポポトリンカの約束
【 リリース 】2016/12/21
【ディスク番号】COCE-39795

トラック26の「リックラックパック〜夜の砂漠はカーニバルだ〜」にrmsピーク
実効値 -15.0db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

ピアノ:内藤晃、菅谷詩織(26)
録音:HAKUJU HALL(2016/8/23〜25)

春畑セロリ作曲のピアノ曲集第二弾。
演奏は内藤晃と最終トラックの連弾で菅谷詩織。
練習曲の体裁で、フランス風、現代風、ショパン風など様々、共通してるのは児童向けの優しいメロディ。

録音はホールトーン多めで、この辺が優しい雰囲気の楽曲と相乗効果があるかもですね。


アルバムダイジェスト
https://youtu.be/JVe8Q3cZUfA

2018/1/25 10:16  [1634-5398]   

Larsen-Feiten Band 『Full Moon』

【アーティスト】Larsen-Feiten Band
【 アルバム 】Full Moon
【 リリース 】2016/10/19 (オリジナル 1982年発表)
【ディスク番号】WPCR-17482

トラックFの「Standing In Line」にrmsピーク
実効値 -13.1db

【音楽】★★★★☆4
【録音】★★★★★5

Larsen-Feiten Band、'82年の2ndアルバム。
初めて聴きました、インストとボーカル物半々ぐらいのバランスで、フュージョン+AOR的な?
音は良いし、カッコ良いし、面白い、ちゃんとした大人っぽい音楽。

軽く調べると'08年にリマスターされてる様です。
音圧設定が丁度良くて聴き易い音。
今時だとリズムセクションをブリブリにしたくなるミックスだと思いますけど、よく踏み止まってバランスが良いです。

「Phantom Of The Footlights」
https://youtu.be/PMhM16QbY_k

2018/1/26 10:12  [1634-5399]   

中村ピアノ 『ピアノショック!』

【アーティスト】中村ピアノ
【 アルバム 】ピアノショック!
【 リリース 】2016/06/08
【ディスク番号】TH-103

トラックAの「キャンディキャンディ」にrmsピーク
実効値 -8.8db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

中村ピアノ、'16年の1stアルバム。
ジャケ写の雰囲気と亀田誠治プロデュースって事で椎名林檎を簡単にイメージしてしまいますが、そんな感じ。
椎名林檎よりは声が太くて表現に可能性は感じますが、その分方向性が定まっていない感じですね。

録音はJ-POP標準、椎名林檎は「レコーディングはとにかく予算が無い!」ってのをよく言ってましたが同じかな。
宅録的な手作り感、ラフというか出たとこ勝負で、まぁ楽曲的には相応しいんですけどね。

「キャンディ キャンディ」
https://youtu.be/ND9oRNCCKlk

2018/1/27 10:51  [1634-5400]   

Bob Dylan 『The Real Royal Albert Hall 1966 Concert』

【アーティスト】Bob Dylan
【 アルバム 】The Real Royal Albert Hall 1966 Concert
【 リリース 】2016/11/23
【ディスク番号】SICP 5099-5100

ディスクAトラックAの「I Don't Believe You (She Acts Like We Ne
ver Have Met)」にrmsピーク
実効値 -13.3db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★☆☆☆2

Bob Dylan、'66年のロイヤル・アルバート・ホールでのライブ盤、2枚組。
1枚目はアコースティック、2枚目はエレクトリックセットです。
確かに1枚目の音楽聴きに来た人に2枚目の音楽演奏したら怒るわな。

かつて発売されていた『ロイヤル・アルバート・ホール』はフリー・トレード・センターでのライブ音源で、こちらが本物だそうです。
『ロイヤル・アルバート・ホール』の方は聴いてないんで知らないですが。

エレクトリックセッションへのブーイングは確かに聞こえますが、そんなに凄くない。
ぼそぼそ歌う印象のBob Dylanが絶唱に感じるぐらい熱く歌ってるのに驚いた。

録音は元の音源がよろしくないんでしょうな、歪んでます。

「Tell Me, Momma」
https://youtu.be/3wOfVNYD_4s

2018/1/28 10:08  [1634-5402]   

The Knights 『Golijov:Azul』

【アーティスト】The Knights
【 アルバム 】Golijov:Azul
【 リリース 】2017/06/21
【ディスク番号】WPCS-13682

トラックEの「Golijov: Azul - 4. Yrushalem」にrmsピーク
実効値 -13.3db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★☆☆☆☆1

ヨーヨー・マ(チェロ)@ーE
マイケル・ヴァルド=ヴェルゲマン(ハイパー・アコーディオン)BーE
ジェイミー・ハダッド、シロ・バプティスタ(パーカッション)BーE
ザ・ナイツ(室内オーケストラ)
録音:2015年9月26, 28日、10月18日、ブルックリン、BRIC

The Knights、'16年のアルバム。
The Knightsはニューヨーク拠点の室内オーケストラだそうですが、クラシッククロスオーバー的な演奏団体でしょうか?
民族楽器や電子楽器、エフェクター類の音が聴こえて来ます。

Golijovはアルゼンチン生まれの作曲家。
標題のチェロ協奏曲はSFチックな原始と宇宙の旅の様相、面白いけど演奏(というより録音)が雑。
Dレンジ確保そっちのけでひたすら五月蝿いマスタリング、強奏時なんか全部閾値の向こうに行ってしまって解像度を失ってます。

「Ascending Bird」
https://youtu.be/9UM0E9Dyaog

こちらは収録トラック@、Siamak Aghaei and Colin Jacobsenによる作品。

2018/1/29 10:18  [1634-5403]   

岡本知高 『春なのに〜想歌』

【アーティスト】岡本知高
【 アルバム 】春なのに〜想歌
【 リリース 】2016/10/12
【ディスク番号】UCCY-1071

トラックAの「木蘭の涙」にrmsピーク
実効値 -11.4db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

岡本知高(ソプラニスタ)
清塚信也(ピアノ、編曲)

岡本知高、'16年のカバーアルバム。
裏声を使わない男声ソプラノで、声の太さでアルトっぽく聴こえますが、予想していたよりちゃんとしてました。
選曲がありがちな物ですが、独自の世界観を表現出来てますね、クラシックというよりはシャンソンっぽいですが。

録音は純粋なクラシックではなくポップス寄りです。
清塚信也のピアノがイージーリスニング系なので、それに合わせた感じのリバーブ感。

「春なのに」
https://youtu.be/Q_TFCTCAjkA

柏原芳恵のとは違うんですね←オッサン

2018/1/30 10:00  [1634-5404]   

近藤嘉宏 『SATIESFACTION』

【アーティスト】近藤嘉宏
【 アルバム 】SATIESFACTION
【 リリース 】2016/12/21
【ディスク番号】BZCS 3091

トラックKの「金の粉」にrmsピーク
実効値 -16.1db

【音楽】★★★☆☆3
【録音】★★★☆☆3

近藤嘉宏(ピアノ)
三上亮(ヴァイオリン)

近藤嘉宏、'16年のサティアルバム。
サティには珍しい、バイオリンとピアノの為の楽曲が4曲収録されています。
それが何か期待した物と違うというか異質に感じてしまいますね。

近藤嘉宏の演奏は、ジムノペディのテンポ感に、ややわざとらしい所がありますが、それ以外は凡庸。
何と言うか、キッチリしていて感情や緩急の起伏が平坦でした、悪くはないんですが。

録音は良い方なんですが、間接音のミックスに違和感があるかな?
マイク近いのに、たっぷり残響がある感じで。
あと、音色のバ