縁側 > 家電 > オーディオ日記
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

特に問題が生じない限りは無記載とします。

  • オーディオ日記の掲示板
  • オーディオ日記の伝言板
  • オーディオ日記の投稿画像
オーディオ日記の掲示板に
オーディオ日記の掲示板に新規書き込み

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


いつまで続くかわかりませんが「Wake Up, Girls!」がお気に入りになってしまったのでいろいろ書いていきたいと思います。ちなみにアニメはまったく観ておらず、主にアニメロサマーライブ2017に置ける優れたパフォーマンスを観て興味を持ちました。

2018/6/21 03:14  [1422-3680]   

センターに入ることがもっとも多い吉岡茉祐(まゆしぃ) 7人いることによってボリューム感を出しつつ、造形美のある演出をすることができる。 横並びでの7人の配置。 円形での7人の配置。いずれもバランスがいい。

「Wake Up, Girls!」のようにメンバーが7人で構成されていると、1人をセンターに配置して左右に3人ずつ展開できる。これは非常にバランスが良く、造形美にあふれた演出が可能であり、この特性を活かしてセンターを何度も組み替える手法は見所が多い。ここがほかの女性グループと比較しても完成度が高く、よく練り込まれていると感心する点である。

2018/6/21 05:33  [1422-3681]   

青山吉能(よっぴー)をセンターへ。 山下七海(ななみん)をセンターへ。 田中美海(みにゃみ)をセンターへ。 高木美佑(みゅー)をセンターへ。

「Wake Up, Girls!」はごく短い5分程度の楽曲の中でも頻繁にセンターを入れ替えてくる。その動きは複雑でスピード感がありながら、細かな体使いやポーズで魅せるような絵を作ることも忘れない。そして何よりメンバー全員から「楽しい」感じが伝わってくるというのが最大の魅力だろう。

2018/6/22 05:30  [1422-3683]   

独特の世界観を描く楽曲の冒頭部分。 洗練されたポーズの取り方にも注目。 楽曲のスピードに合わせた緩急のついた動き。 回転しての歌い出しはあまりにもかっこよすぎる。

【参考動画】Beyond the Bottom@

https://twitter.com/ELAC29516135/status/
1009960041074475008


「Wake Up, Girls!」以降は「WUG(ワグ)」の何が具体的にいいのか、そんなに評価できるのかという点については、誰でも分かるものではないと思うし、感じるものではないかも知れない。実際に私も最初に観たときはそれほどとは思わなかった。ただ、良いのでは? と気づきはじめて何度も観ていると、アニサマに参加しているほかの多くのアーティストには見られない「彼女たちだけの」という魅力が伝わってくる。

動画では「Beyond the Bottom」の冒頭部分を紹介するが、注目して欲しいのは曲調(テンポの急な変化)に合わせた全員の動きと、センターで曲線的なバレエの動作から回転して歌い出す吉岡茉祐(まゆしぃ)である。何気なく観ているとどうということのないようにも思えるが、じゃあほかのアーティストでここまでやっているグループがあるかといったら見当たらない。動きの速いダンスとか、ノリに合わせたそれなりの動きとか、そういうのはいくらでもある。だが、楽曲が持っている独特の世界観を芸術的に描き出せているのはWUGだけである。

WUGのステージはアニサマ2014年の「タチアガレ!」などを中心として発売されている2枚のBlu-rayなどを確認したが、勢いがあって元気がいいものの、動きそのものは洗練されていると感じられるようなものではなく、まゆしぃの動きにもバレエの要素はほとんどなかった。それが「Beyond the Bottom」になるともう完全にベクトルの違う異次元の「作品」になってしまっている。

2018/6/22 22:38  [1422-3684]   

赤味を帯びた暗い照明が不穏な空気を演出する。 WUGのリーダーをつとめるよっぴー。 楽曲の展開に伴ってななみんがセンターに入る。 曲調の盛り上がりに合わせて照明が明るくなっていく。

まだ3枚目のBlu-rayの到着が遅れているので「Beyond the Bottom」の中身がどうなっているのか確認できていないが、アニサマ2017では観客8万人も入っている埼玉スーパーアリーナが会場であり、設備、機材、サポートスタッフ、映像や音声の編集技術、それらが完成度の高さに大きな役割を果たしているという事実は否めない。残念ながらWUG単独のコンサートでこの好条件を整えるのは不可能だろう。

【参考映像】】Beyond the BottomA

https://twitter.com/ELAC29516135/status/
1009960516117094400


動画は「Beyond the Bottom」が後半に入ってすぐからの映像である。この楽曲は後半の冒頭からの曲の流れがやや暗く、陰鬱な雰囲気から始まり、歌詞にもネガティブなワードが並ぶが、曲の進行に伴って明るく希望に満ち溢れた前向きな曲調へと展開していく。

後半の冒頭では青山 吉能(よっぴー)がセンターに入り、後方の巨大ディスプレイに歌詞が表示されるのだが、カメラアングル、照明などが楽曲の雰囲気に合わせて選択されていることがわかる。後半の展開部分でセンターが山下七海(ななみん)に変わると、次第に曲調が明るく盛り上がっていくのに合わせてライトの光量も上がっていく。こういった緻密な演出には費用も技術も必要となるので、1年に一度の巨大イベントであるアニサマならではといえるだろう。

2018/6/23 01:06  [1422-3685]   



スレ主 FOCAL GRACEさん  

訪問日程を詰めるためのスレッドを切り分けました。
こちらでは主に訪問時の具体的な内容の対話をするということでよろしくお願いいたします。

2018/4/27 06:46  [1422-3605]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

まずは■27-家電邸訪問■に関しての内容すり合せをお願いいたします。
現時点での大まかな内容は
@オシロスコープによる電源品質測定
ALG OLEDによる動画観賞
Bオシロスコープによる計測中当時間が許せばヘッドホン/HPA第三者比較

@とAは必ず実施でお願いいたします。
現時点では13時開始です。GRACEの前のりなどに関しては家電さんとゲストの話のすり合せがある程度進んでからと考えています。

ちなみに前のりする場合はラズパイの設定と暖機運転が目的です。
+メインシステムで乃木坂BD再生を考えています。(純粋にOLEDを堪能させていただければ
13時からの視聴ではゲストメインになりますのでそういった形を考えています。

では、以下話し合いをお願いいたします。

2018/4/27 06:53  [1422-3606]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

ちなみにですが、お互いのシステム紹介に関してなどはほかのどこどそこを参照してなどではなくできれば写真なども添えて、基本的にこのスレッド内で完結するようにお願いいたします。

2018/4/27 06:59  [1422-3607]   

GRACEさん、お疲れ様です。写真のアップが入ると時間がかかるかも知れませんが、当日に楽しく過ごせるように努力したいと思います。

2018/4/27 07:46  [1422-3608]   

今回の試聴会で使用するAVオーディオのシステムです。

【有機ELテレビ】OLED55C7P[55インチ]http://www.lg.com/jp/tv/lg-OLED55C7P

【Blu-rayプレイヤー】
SONY BDZ−EX3000(プレイヤー)
https://www.sony.jp/bd/products/BDZ-EX30
00/


パイオニア BDP−LX88
http://jp.pioneer-audiovisual.com/bdp/hg
_blu-ray/bdp-lx88/


【AVオーディオシステム】

ELAC−310IB(フロント及びセンタースピーカー)パッシブ
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news
/404087.html


ADAM−A5X(サラウンド)パワード
http://www.cfe.co.jp/adam_audio/a5x.html


ADAM−A3X(フロント及びリアプ・レゼンススピーカー)パワード
http://www.cfe.co.jp/adam_audio/a3x.html


ELAC−SUB2060D 2台(サブ・ウーファー)パワード
https://www.amazon.co.jp/ELAC-%E3%82%A8%
E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%82%B9%E3%
83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%83%B
C%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%8F%E3
%82%A4%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%
BB%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%96%E
3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%80%901%E6%9
C%AC%E3%80%91-SUB2060D-HB/dp/B0032E3D8C


PMA−SA11(フロント及びセンターパワーアンプ)
https://www.denon.jp/jp/product/hificomp
onents/amplifiers/pmasa11


CX−A5000(AVプリアンプ)
https://jp.yamaha.com/products/audio_vis
ual/av_receivers_amps/cx-a5000__j/index.
html


2018/4/28 03:52  [1422-3609]   

とりあえずこういう機器の構成になっているということで、メーカーの製品情報ページなどを添付させていただきましたが、写真などの具体的な情報は新たに書き込んでいきます。あくまでとりあえずなのでご了承ください。

2018/4/28 03:55  [1422-3610]   

AVシステムとは別にピュア・オーディオシステムを所有していて、同じ部屋に設置しています。以下は構成になります。

【スピーカー】B&W 805D

【アンプ】デノン PMA−SX 【CDプレイヤー】デノン DCD−SX

こちらのシステムはオーケストラの再生をメインとしているため、今回の試聴会では出番はないと思われます。ただ、一応は同じ部屋に置いてますので、ちょっと聴いてみたいなどありましたら気軽にお申し付けください。

上記のほかにフォステクス NF−01Aとイクリプス TD−M1というモニタースピーカーを所有しています。写真などは後ほどアップさせていただきます。

2018/4/28 04:31  [1422-3611]   

 VVWWXXYYZZさん  

家電大好きの大阪さん
認定ありがとうございます
Graceさんより紹介を受けまして訪問させて頂く者です
突然ではございますが、宜しくお願い致します
円滑に進むようこちらとしても努めさせて頂く所存です

まずは自己紹介がてらシステムの紹介をさせて頂きます

TV:50Z20X 東芝
AMP:アキュフェーズ E-360(2月に売却しました)
SP:KEF LS50(2月に売却しました)
DAC:RME ADI2 Pro
電源:CSE RG-100
その他自作電源等・・・
適当に仕事の合間を使って気が向いたら画像のようなことをやっております
(とは言え普段は家でPCを触ることは滅多になく疲れて寝るだけですが・・)
当日はオシロを持参しますが、HOT側にマイナスドライバーを差し込んでプローブを当てることになりますが、その辺りは大丈夫でしょうか?
不可であれば遠慮なくお申し付け下さい
ちなみに波形の画像は自宅のものです
かなり品質が悪くなっておりますが、クリーン電源+自作電源で結構マシになります
ご参考頂ければと思います

2018/4/30 00:33  [1422-3612]   

VVWWXXYYZZさんへ

初めまして家電です。今回はよろしくお願いします。かなり忙しい生活を過ごされているようなので、予定の変更などはまったくOKです。当方で柔軟に対応しますので、遠慮なく言ってください。

>当日はオシロを持参しますが、HOT側にマイナスドライバーを差し込んで
>プローブを当てることになりますが、その辺りは大丈夫でしょうか?

私は電気の関係のことはまったくわかりませんので、何がどうとか判断できません。ただ、機器が壊れたりするようなことがなければお任せします。ドライバーを差し込むということは、機器は広い場所に引っ張り出す必要があるでしょうか? 具体的にどの機器のどこに差し込むのか教えていただけると助かります。



2018/4/30 10:32  [1422-3613]   

この時計で視聴中でも常に時間を確認することが出来ます。 座席となるストレスレス・チェアです。フットレストもあります。 使用する機器のリモコンです。多すぎるので操作は当方担当します。

Wさんへ(省略させていただくことをご容赦ください)

返信等は負担にならない範囲でけっこうです。どうしてもわからないことについては重ねて質問させていただきます。当日までに一定の情報が得られればよいので返信のペースなどにもこだわりはありません。今からこのように連絡を取っているのは、早く準備しなければならないようなことがあった場合に間に合わないケースを考えてのことですが、出来なかったら出来なかっで場の成り行きで対応するということでも構いません。

まず、時間についてですが、当方は日曜日は午後6時くらいまでは平気です。暗室でのテレビ鑑賞中でも常に時間が把握できるように発光式の時計を設置してあります。もう帰宅したいという時間になりましたら遠慮なく申し出てください。

当方はマンションに住んでおりますが、オーディオルームに使用している居間は結構狭いです。動かれるときは十分に注意お願いします。音声はワンポイント測定をしているのでベスト・ポジションが1箇所しかありません。座席は1人掛けのストレスレス・チェアになります。テレビからも1.5メートルと近く、暗室なので目に負担がかかるかも知れません。辛くなることなどありましたら申し出てください。

当方の機器はプレイヤーからHDMIをセパレートで出力しており、連動機能なども使用していないため、テレビやAVアンプの入力切り替え操作などがやや複雑になっています。事故を避けるために基本的な操作は私が担当させていただきますが、特定の機器とソースを絞り込んで視聴する段階になったところでは、リモコンなどの操作をお任せすることもあるかも知れません。誤ってプレイヤーの電源を切ってしまった場合は、部屋が真っ暗になりますので、OLED55C7Pが自動で画像を出して明るくなるまでの数秒間は、大変危険なので動かないようにお願いします。

2018/4/30 11:07  [1422-3614]   

Wさんへ

当方への訪問でもっとも関心がある部分はどこになるでしょうか? 重点的に時間を配分したく思います。

私の方で関心が高いのはテレビの画質、地上波やBlu-ray、将来的には4K放送なども考えてどんな機器を買っていくのが良いかについての意見などです。特に東芝のテレビやOPPOのBlu-rayプレイヤーを所有されているということなので、地上波の画質にどういった感想を持たれるのか興味があります。ただ、当方の機器では4Kまでしか再生することが出来ませんので、その点はご容赦ください。HDRのソフトなどを観賞されたい場合は準備を検討しますので、あくまで希望ということで関心がある場合は遠慮なく言ってください。

電源関係については関心はあるのですが、特に知識や技術もないので壁コンセントを交換したり、電源ケーブルを交換したり、大きなタップを買ったりするくらいです。ノイズについて有効な対策があれば知りたいと常々思っておりますから、いろいろ教えていただけると嬉しく思います。

2018/4/30 11:23  [1422-3615]   

Vさんでしたね。失礼しました。

2018/4/30 16:02  [1422-3618]   

 VVWWXXYYZZさん  

家電さん(省略すみません)

ご説明ありがとうございます
こちらは訪問させて頂く身ですので当日は勿論そちらのやり易いようにして頂ければと思います

電源波形の確認については一つ空きのコンセントをご用意頂いての測定となります
HOT側にマイナスドライバーを差し込みプローブを引っ掛けます(当然ですがオシロ用のコンセントも必要ですが別系統が好ましいです)
一般的な壁コンセントは殆どが2個口だと思いますが、例えば上を確認用、下がオシロ用の電源というように同一ではなく別コンセントから電源を供給したいということです
問題あるようでしたら実施はしませんので遠慮なくお申し付け下さい

ちなみに記載を忘れていましたが、UDP-203、PS4 Pro、PC用に東芝40M500Xを所持しております
UHD BDについては「チャッピー」を持参しようと思っております(HDR対応)
如何でしょか?
地デジの画質比較等もしたいと思っておりますが当日の流れに任せようと思いますが、オーディオの音質についても体感をしたいです

電源については学生の専攻が電気だったこともあり、たまに自作をしております
UDP-203についてもトランス式のリニア電源の自作予定ですが開始時期については目途が立っておりません・・・。
頭で思うアイデア等は限りなくありますが、中々上手く行動に移れないものですね

2018/4/30 19:36  [1422-3619]   

Vさんへ

コンセントはたくさんありますがコードの長さがどうかですね。別電源というのは、ブレーカーから分かれている電源があっちこっちを這っているので大丈夫かとは思います。当日に具体的な機器の配置を確認しながら、作業スペースの確保など行いたいと思います。電源については素人なのでどうしようもないところですが、詳しい人が知り合いになってくれると心強いです。話しについて行けなくなることもあるかと思いますがご容赦ください。

HDRについてはソフトを持参されるということなので、なるべく再生できるように努力したいと思います。ただ、最悪ただの4K再生になるかも知れませんので、そこのところはご容赦くださいませ。AVシステムについては多チャンネルの強みが発揮されやすいライブもので音質など確認していただきたく思います。その他のシステムについては今回の訪問でお聴きになるでしょうか? これは当日に時間がなくなって聴かなかったとしても構いませんので、音源の用意の問題で確認したく思います。

2018/4/30 20:49  [1422-3620]   

現在の予定では午後1時から開始。私が試聴用に考えているソースを30ほど流して軽く感想、次にGRACEさんが用意したソースを30分ほど流して軽く感想。それからVさんが持参したソースを残り時間を見ながら再生。それらが終わってから別システムを聴くか電源の測定に移ります。ざっくりとこんな感じですが、別システム視聴の際は電源を入れてすぐに実力を発揮しないと思われる機器が多いですから、視聴は電源の測定前が望ましいです。

予定は立てますが場の雰囲気と勢いでどうなるかわかりませんので、各システムで最低限度のソースだけはあらかじめ準備しておきたいです。また、マンション住まいなので音量なども事前に見当をつけておきたいですかね。よろしくお願いします。

2018/4/30 21:01  [1422-3621]   

Vさんへ

ソニーのX800を再び借りるということになりましたので、HDRの再生は可能になる予定です。

あと、電源関係でちょっと問題に感じている部分があり、意見を伺うことになるかも知れません。当日はよろしくお願いします。

2018/5/1 18:31  [1422-3622]   

Vさんへ

一応、X800は購入することになり、画質の比較などするならLX88のBlu-rayとX800のHDRの比較などですかね。機器の価格差が大きいのですが、もとのソースの情報量(色空間情報)が多いことによって、どれくらい差が縮まるのか? あるいは逆転するのか? いずかれにしてもソースがまだ少ないですから、これからの参考くらいですね。同じ映画で比較などできればいいのですが、まだそこの手配はできていないです。

BS放送の映像も再生すると書きましたが、まったく同じ内容のBlu-rayを購入すると差がやっぱりありましたから、こういう違いがあるというのを確認するだけになりますね。「チャッピー」の再生以外に何かありましたらお願いしますね。

2018/5/11 04:32  [1422-3631]   

 VVWWXXYYZZさん  

家電さん
お世話になります
中々お返事出来ず申し訳ありません
X800の購入おめでとうございます
画質の違いについてはBSとUHD BDはビットレートの差が圧倒的ですから一目瞭然です
最近、フルHDだったBSが4K放送の帯域確保等で地デジ同等の1440×1080になったのが残念ですが・・・。

2018/5/13 19:40  [1422-3632]   

Vさんへ

返信については時間のあるときでけっこうです。仕事が忙しいと当日どうなっているのかわからない部分もありますし、不都合などありましたら遠慮無く言ってくださいね。

今日は京都に訪問しましたので、そこで電気関係を先にやろうかという話にもなりました。オシロをどうするかなども自由に決めていただいて構いません。

2018/5/13 21:23  [1422-3633]   

とりあえずこういうものを買いました。

Ultra HD Blu-ray 4K 宮古島【4K・HDR】 〜癒しのビーチ〜 Ultra HD ブルーレイ&ブルーレイセット

https://www.amazon.co.jp/Ultra-Blu-ray-%
E5%AE%AE%E5%8F%A4%E5%B3%B6%E3%80%904K%E3
%83%BBHDR%E3%80%91-%E3%80%9C%E7%99%92%E3
%81%97%E3%81%AE%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%
81%E3%80%9C-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%
E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%BB%E3%83%83%E3%8
3%88/dp/B01DZ1YZI8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&am
p;qid=1526633254&sr=8-1&keywords
=4k+%E5%AE%AE%E5%8F%A4%E5%B3%B6


時間があればちょっと見るくらいですかね。

55インチテレビを近距離で見ると、画面で視界はいっぱいになるけど少しでも画像に粗い部分があると気になったりします。Blu-rayでも見えすぎることによって女性の肌(産毛、血管、化粧の厚さなど)とか気になることがあります。しかし、風景なら自然なものである上にありのまま見えることについて美醜を問いません。そういうことで用意してみました。

2018/5/18 17:58  [1422-3638]   

 VVWWXXYYZZさん  

家電さん

中々書き込みできてなくすみません
明日はどうぞ宜しくお願い致します

2018/5/26 21:30  [1422-3639]   

 VVWWXXYYZZさん  

家電さん

本日はありがとうございました
非常に参考となりましたし色々と工夫して設置しておりましたので感心致しました
特に有機ELは明るい店頭で見ることしかできないので暗室での検証は有益です
やはり言うまでもなく黒の表現が違いますね
また805Dは好きなSPの一つなので好印象です
解像感も出ておりました

電源の質については問題ないと判断します
ピークに歪が出てますが、一般的な家庭だとこんなものだと思います
少なくとも我が家よりは良いです(笑

ただ、測定上は出なくても聴感上に影響を与えることはよくある話ですのでその辺は一概には言えず難しいところです
実際にクリーン電源を導入して「躍動感」が消えたという感想はよく聞きますし私自身その経験があります
ケースバイケースでしょう
それにしても人様のお宅の電源波形を観測する等、普通ないことだと思いますので貴重な経験となれば幸いです

本日の体験は今後の構築に役立ちます
(・・・私は全く整備が行き届いてないので)
また次回企画しましょう

帰宅後、簡易的にブレッドボードで試作した電源でADI2を駆動しましたが、出力のダーリントントランジスタが触れないくらい発熱しておりました(笑
通常のヘッドホン駆動で常時1A超えますので中々の電気食いです
更に改善・研究してCADで設計して基板化する予定です
仕事をしながらなのでいつになるか不明ですが・・。

2018/5/27 20:44  [1422-3640]   

本日は忙しい中、どうもありがとうございました。

電源について、当方はまったくの素人であるわけですが、計測できる範囲内でも致命的に悪いといったようなことはなかったようで、安心できるようになりました。ありがとうございます。ただ、おっしゃるようにクリーン電源関係の機器を導入したときどうなるかはやってみないとわからないものなので、今すぐではなくても先々については採用するようなこともあるかも知れません。これはタイミング的なものもあるのでそういう縁があればということで・・・

部屋のコーディネイト(環境整備)などについては、当方から訪問させていただく機会があれば、壁の状態や間取り、周辺環境などを考慮して何かお役に立つようなアイデアを出せたらいいなと思います。いずれにしてもすぐにいろいろやっていくのは大変な面も多々ありますから、仕事との兼ね合いを見てじっくり行かれるのがよいかなと思います。

あと、地震についてなんですが、大阪では危ないという揺れを感じたのは阪神淡路大震災のときだけです。ほかにも地震はありましたが、大きく揺れるということはなかったです。ただ、上本町あたりに大きな活断層があるし、南海トラフの大地震もいつ来てもおかしくないといわれています。来ればとんでもなく揺れるでしょう。そこは考えすぎると出来ないことが多すぎるので、腹をくくって行くしかない部分もあるかと思います。そうはいってもいざ来たらどうして対策を徹底しなかったのかと後悔することにはなるんだと思いますが・・・

長々と書いてしまいましたが、本日は楽しい時間をどうもありがとうございました。機会がありましたら、またどちらがどちらにというでもなくお願いします。

2018/5/27 22:42  [1422-3641]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

こんばんは、昨日はどうもありがとうございました。
Vさんもご一緒いただけてよかったです。ありがとうございました。
交流のきっかけになればいいですね。

OLEDはソニーストアで見る以来ですがやはり適切にセッティングされた環境で見ると格別の画質ですね。
深みのある漆黒はもちろんOLEDからイメージするようなこってり感ではなくニュートラルな画調で抜けと立体感がさすがだなと。
4Kアプコンに関してはチャッピーのLX88による画質のよさがもはやUHD BDクラスでこれまた驚きました。
ネイティブ4Kコンテンツに関してはBDであっても機器が優秀であればアプコンで肉薄するレベルまで持ち込めるんだなと。

電源品質に関しても集合住宅だからと悪いわけでもなくて安心できてよかったですね。
もちろんVさんもおっしゃられたようにグラフに現れない項目もあるのでそれがすべてではないでしょうけれど、あと出来るのはアース電位やコールド電位の計測ですね。テスターがあれば計測できると思うのでやってみるのもいいかもしれません。
仮想アースとしてうちにあるForcebar EPなんてのもありますしわりとリーズナブルなところから対策を進めていかれるのもいいかもしれませんね。

うちは環境構築は終わっていて今はコンテンツを楽しむという段階に入ってますので機器的などうこうはあんまり目が行っていないかもしれませんがその点はご容赦いただけますと幸いです。

2018/5/28 00:10  [1422-3642]   

GRACEさんへ

今回はX800とLX88というまったくグレードの違うBlu-rayプレイヤーを比較したわけですが、結果としてはX800のコストパフォーマンスの高さが光ったようにも思いました。

@通常のBlu-rayを4Kアップコンバートしての再生比較。「山本彩2017−アイデンティティー」

LX88が細かな描写や立体感で勝るものの、X800も十分な高画質であり大きな差はない。

ALX88の4KアップコンバートとX800のHDRの比較。「チャッピー」

ほとんど差が分からない。何回も見れば分かるかも知れないが普通に見ていて大きな差を感じない。

BLX88の4KアップコンバートとX800のHDRの比較。「宮古島」

純粋な品質でX800の圧勝。ただし、明暗の大きな映像、カメラや被写体に激しい動きのある映像での品質は検討の余地あり。これは砂浜はひと目ですが、空撮や波などではどうだったのか微妙な部分があると思います。


いずれにしてもHDRがもともと情報量を多く持っている以上、アップコンバートしてもHDRをストレートに出しているプレイヤーには値段差があっても対抗することは難しい。よって、HDRのコンテンツが充実した場合、高級Blu-rayプレイヤー自体がなくなるかも知れないと感じました。ただし、これは音質面を考えない場合の話です。ただ、個人的にはBlu-rayプレイヤーの役割はデジタルデータの扱いに特化して、音に関してはAVアンプなどに役割分担するのが自然かなとは感じました。

いずれにしてもまだBlu-rayのコンテンツの方が圧倒的に多いわけですから、しばらくは様子を見ることになると思います。品質については3人の意見がほぼ一致して良かったです。

2018/5/28 15:07  [1422-3643]   

音量についてですが、ソースによって極端なバラツキがあるということは、再生していて感じることができたと思います。Blu-rayを再生しても編集するときのゲインによって最大で15デシベルくらいの違いが生じます。

ライブものでは音量を大きく感じることがあったかも知れませんが、騒音計で計測するとだいたいこれぐらいがちょうどいいというところで75デシベルほどであり、今回の試聴会でも特に音を大きくはしていません。音量をそれほど上げてなくても、AVシステムでは音が大きく聞こえることについても比較検証したいとも思っていましたが、今回はやることが多かったですから機会があったときにと思っています。実はステレオとDSPの切り替えはボタン1つでできるので、サラウンドがなくなるとどう聞こえるかは一瞬で体験していただくことができました。でも、ほかのことに気を取られて忘れてました。すみません。

ピュアオーディオで2曲だけ聴いていただきましたが、純粋な音の濁りの少なさ、時間軸情報の精度が向上する(個人的な勝手な推測です)ことによる奥行き感など、体験していただけたかも知れません。ただ、ライブものでは観客の歓声などストレートに奥へ引っ込んでしまうと臨場感がなくなるため、いろいろ考えたんですが再生するソースによってすっぱりと分けることにしました。

マンションなどの集合住宅では中高音より低音が問題で「チャッピー」や「エヴァンゲリオン」では一部にかなり低い周波数が含まれていて、おそらくは40Hz付近だと思いますが、そういう音はコンクリート壁を通り抜けてしまうので、音楽ソースに含まれていた場合は再生困難になります。ただ、これまでのところライブものでそこまで低い周波数が入っていると感じたことはないです。ピュアオーディオのオーケストラでも入っていることは希ですかね。

2018/5/28 16:59  [1422-3644]   

http://kotonohanoana.com/archives/14549

ここに「チャッピー」についてはBlu-rayでの品質がすでに良く、HDRの恩恵があまり感じられないとあります。ほかにも同じような感想を持った人がいたようですね。

HDRについては「宮古島」などは差があることを示すことを意図して収録されているので、それが最大値なのかBlu-rayの品質に手加減しているのか、もうちょっと判然としないというか、釈然としない部分もあります。ただ、オーディオのSACDなどと違って新しいコンテンツが次々とリリースされ、市場規模も大きく、取り扱うデータ量も大きいHDRでは、制作技術が洗練されればやはり大きな差がつくと見るべきでしょうね。

2018/5/28 17:36  [1422-3645]   

 VVWWXXYYZZさん  

お疲れ様です
USBコンディショナーを自作してみました
空きのUSBポートへ差し込むだけで構成はディップマイカ3300pF,33Ωの抵抗だけです
効果の程は、
・・・でした
曲によってはベースが僅かに前へ出るくらいでしょうか
このテの製品はモノによっては某メーカーで数万円します
確かにディップマイカは高いですが500円も出せば買えます
しかしブラインドされたらまず分からないと思います・・・。
以上、レポートでした

2018/6/9 23:31  [1422-3646]   

おはようございます。

PCオーディオではいろいろ遊べそうですね。音質の確認では時間軸情報の変化を定位なんかで聴いてみることもできるかも知れないので、実力不足ながらTD−M1を是非とも活用してやってください。

TD−M1の梱包に伴ってNF-01Aを活用することになったのですが、普通にPCオーディオとして使おうとするとかなりノイズが酷いです。再生していないときでもずっとツィーターから「サー」と鳴ってますね。今はZOOMのu-44で鳴らしてますが、いつかはもうちょっとちゃんとしたオーディオインターフェースが欲しいです。

2018/6/10 05:59  [1422-3647]   

GRACEさんが6月はずっと忙しいそうなのですが、機会があったらまた集まって音質の検証など面白いかも知れませんね。聴く人によって感じ方が変わるので、3人いたら2人が変わったといったらまあ変わっているかも知れないくらいで面白いかも知れません。

ヘッドホンは確かに細かい音を聴くのには優秀なのですが、スピーカーですと音の感じ方も変わります。ヘッドホンに対してのスピーカーは、空間表現、定位などが魅力なのですが、TD−M1もF01Aもモニターなのでそのあたりはばっちり出してくれます。周波数レンジは狭いですけどね。

2018/6/10 13:19  [1422-3648]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

iFi audio、電源ノイズを低減するという「iPurifier DC2」、USB用「iPurifier 3」

 トップウイングサイバーサウンドグループは、iFi audioのiPurifier 2機種を6月11日に発売する。オーディオ機器とDCアダプタの間に接続して電源ノイズを低減するという「iPurifier DC2」と、USB信号の改善を謳う「iPurifier 3」で、価格は各16,000円。

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news
/1126265.html

2018/6/10 21:54  [1422-3649]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

PC系のアクティブノイズフィルターといえばiFIのiPurifireシリーズ。
簡単に言えばバランス伝送やヘッドホンのノイズキャンセリングと近い原理のものです。

お勧めはラズパイオーディオです。手軽に簡単高音質。GRACEもVさんにお借りしてその手軽さに感動いたしました。

PCのお勧めはIntel NUC NUC7PJYH
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/doc
s/news/news/1120960.html


そちらの環境ではさほどパワーは不要だと思われますので(要るような作業をしてる風には聞いていない)、省電力=ローノイズにされるのが一番だと思います。
性能的にはCPUスコアは3000程度でうちのi3のスコア差600程度で大きな差はなく軽作業には全く問題ありません。
ノートPC用の最大2TB HDDも使用可能です。SDカードスロットも搭載でそれなりの拡張性があります。
加えてACアダプタ電源なのでiPurifire DCが使えますし、ノートPC用のモバイルバッテリでバッテリ駆動も可能です。
http://www.jtt.ne.jp/products/original/m
obilepowerbank/

2018/6/10 22:26  [1422-3650]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  
FOSTEX NF04R ELACのパワード AM200 NEUMANN KH 80 DSP STEINBERG UR-RT2

DACやオーディオI/Oに関してはGRACE手持ちのm900やVさん所有のADI-2 Proなどで手持ちのパワードのポテンシャルは測れるでしょう。
あとはMytekのLiberty DACなどいかがですか。http://kakaku.com/item/K0001055126/

オーディオI/OならSTEINBERG UR-RT2http://www.ikebe-digital
.com/?p=8401


http://www.yukimu.com/product/elac/activ
e/am200/am200.html


https://av.watch.impress.co.jp/docs/news
/1095329.html


やはりデスクトップ環境かつ低域があまり出せないような環境ならうちみたいに10cmウーファークラスが的確でしょう。

※これら上記すべてはあくまで提案です。

2018/6/10 22:43  [1422-3651]   

 VVWWXXYYZZさん  

USBアイソレーターを自作しました
添付の画像の通りですが、試作なので配線は下書き無しの無茶苦茶です(笑)
配線の横断もありまくりで途中セロテープで絶縁する有り様ですのでインピーダンス等の特性も悪いです
組立を終え、早速ADI2に接続し44.1KHzを認識
しかし音が出ません・・・
正常に認識はしてるので回路ミスではありません
やっぱり2.0ハイスピードに対応してないからでしょうか
それともPCがハイスピードで送信しようとしているからでしょうか
悩んでも仕方ありません
そこで暫く考えた後、外付けHDDの間に噛ませば良いのだと思い付きました
するとアイソレートしてるので転送レートは遅いものの正常に認識します
そして再生してみると・・・
これは恐れ入りました・・・
明らかに違うのです
音が近くなり、ハッキリします
ADUM4160の絶縁効果もありますが、バスパワー駆動の電源を別系統で供給(今回は三端子レギュレーター)して5Vを生成してます
それにしてもHDDの間に噛ますという発想はありませんでした
これをきちんと基板化して電源も今回は三端子と実験なので安定化電源から電圧を供給しましたが、ディスクリートで組めば尚実力が発揮されるのは間違いないでしょう
早速、少しずつkicadでアートワークを進めて発注したく思います
以上、レポートでした!

http://www.analog.com/jp/products/interf
ace-isolation/isolation/usb-isolators/ad
um4160.html#product-overview

2018/6/10 22:51  [1422-3652]   

GRACEさんへ

PCについてはマウスコンピューターの完成品を買ってしまうというのが今の考えの本線です。これは私にPCについての知識があまりないため、できあがっているものを導入して以後は手を加えない方が楽かなぁ的な思考です。もう少し勉強したり体験したりしないと、GRACEさんのように合理性の高みへと至るのは難しいかと思います。いずれにしてもまだ先の話ですね。部屋を空けるところからはじめますから1年くらいはかかるでしょう。

それまでに応急的な対策をやるかどうかですよね・・・

2018/6/11 16:59  [1422-3653]   

Vさんへ

これはいろいろ玩具を持って押しかけないといけない流れですね。NF01Aなども運搬が可能な状態にはあります。もともと中古で安く買ったスピーカーなどで、壊れても痛くもかゆくもないので持って行けたら持って行きたいです。でも、まずはTD−M1ですよね。果たしてTD−M1でもおっしゃるような効果が確認できるか。楽しみです。

ちなみに当方のPCオーディオはノイズがけっこうあって音質以前の問題です。NF01AにはCX−A5000からXLRでも入力しているのですが、そちらはノイズがあんまりないです。TD−M1もあんまりないです。ですからU44の問題ですかね。。。

いずれにしてもPCを起動した状態ではかなり露骨にAV環境にノイズが行ってしまいます。この対策は何かしないと不便ですね。

2018/6/11 17:14  [1422-3654]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

パイオニア、「OTOTEN2018」にUltra HD ブルーレイプレーヤーの試作機を参考展示。会場はガラス棟G504
http://www.stereosound.co.jp/news/articl
e/2018/06/13/68388.html


ついに外観がでましたね。

JOLED製有機ELパネルを使ったASUSのディスプレイ「PQ22UC」をチェック。
http://www.4gamer.net/games/999/G999902/
20180608166/


日本製印刷方式RGB自発光有機ELパネル採用ディスプレイです。

「Raspberry Pi 3 Model B+」のボード単体モデルが店頭入荷、価格は5,250円
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/doc
s/news/news/1127454.html


ラズパイ高性能版がでましたね。ラズパイオーディオはいかがですか?
TinkerBord Sならさらに高性能でちょっとしたPC代わりにもなります。
4K動画再生にも対応してYoutube再生などもお手の物。
バッテリ駆動も可能でノイズも撒き散らしません。

PCノイズはiFIオーディオの製品群を使えば抑えられますよ。
あとうちの機材は基本貸出対応可能です。

2018/6/14 11:11  [1422-3657]   

GRACEさんへ

パイオニアのプレイヤーは期待できますね。外観からだと20万円くらいの実売価格になりそうです。40万とか50万とかする高価格の製品は失敗が目に見えているので、LX88で課題となった部分を修正し、新機能を搭載して欲しいです。いずれにしても評判が確定してくるまで様子を見ると思います。

PCのディスプレイについてはまだまだ先ですね。ノイズの問題についてはiFIオーディオの製品をお借りすることも考えいますし、Vさんのやりとりで自作品の貸し出しなども上がっています。ただ、そうする前に当方でできることはやっておきたいというのはあります。今はもの凄いたこ足配線になってますからね。

ラズパイについてはまだどうしたいというイメージが全くないです。何も考えることができない状態ですね。なんにしても段階的にやっていく過程で、興味を持つことは十分に考えられます。ただ、前にも言いましたように手間や時間をかけることには抵抗があり、できあがったものをすんなり使いたいというのがあります。いろいろ自分でやっていくのを楽しむゆとりがあまりないですので、やるとしたらすでにできあがった構成を真似するくらいですかね。

2018/6/14 11:38  [1422-3658]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

ラズパイに関してはVさんからお借りしてOS入れ直しましたが、プラットフォームとしては熟成の活に入りつつあると思います。
自作PCと違いパーツは全て実装済なので、初心者でも30分から1時間あれば音が出せるでしょう。
やることはラズパイにLANケーブル接続、PCからmicroSDにOS入れてラズパイで起動、PCやスマホから操作の3ステップです。

2018/6/14 14:42  [1422-3659]   

graceさんへ

現在のノートパソコンは一定時間使用していると、加熱して冷却ファンが回り出すのですが、そうすると左右のチャンネルの音が狂います。ファンのある方のヴォーカルの音圧が低下し、反対側へ定位が寄ってしまいます。程度としては聴くに耐えないレベルなので、この解決は必須です。そうなったとき、ラズパイだと有利ですかね?

秋くらいにはいろいろできるようにする予定です。とりあえずはかつて寝室に使っていた部屋の2段ベッドを撤去し、書斎化を進めようと思います。一室で作業的なすべてをできるようにするとして、PC環境をどうするか。ラズパイについてもいろいろ聞いてご迷惑をおかけするかもしれません。

2018/6/14 15:01  [1422-3660]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

ラズパイオーディオは完全ファンレス運用可能です。
導入も比較的低コストです。
個人的にはTinkerBoard Sが性能的におすすめです。
まずはこちらからのほうが問題解決は早いでしょうね。

2018/6/14 18:54  [1422-3662]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

GRACEはラズパイはVさんからお借りしました。お借りできるか聞いてみては?

本日06/15に限りe☆イヤホンYAHOO!店\1万以上で1000円引きです。
iFiAudioなど何か欲しいものがあればご連絡を。

青色LEDを4000個以上使った超高画質液晶PCディスプレイをCOMPUTEXのASUSブースでチェック。
http://www.4gamer.net/games/047/G004755/
20180613097/

2018/6/15 04:02  [1422-3663]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

“FS”表記が明示する、最強マイナーチェンジ〜『RME / ADI-2 Pro FS』

http://www.ikebe-digital.com/?p=8920

2018/6/15 04:05  [1422-3664]   

GRACEさんへ

当方の基本的な考えとしては、最終的な運用の骨格のようなものが見えてくるまで具体的な製品の導入はしにくい状態です。

いろいろあってPCを起動したままAVシステムを運用することが多くなり、ノイズなどの問題がこれまでよりも表面化してきました。また、パソコンで動画を見る機会が増えていくことが予想され、クオリティーや使い勝手も同時に上げていきたいです。使う頻度が増えていく流れで、何か作業をさせたまま寝ることも必要になってきており、寝室に置いたままでは都合が悪いのです。それでかつて寝室に使っていた洋室を書斎にしようと思うのですが、かなりの時間と資金を必要とします。流れとしては、

・使っていない洋室の2段ベッド撤去する。
・廊下に面している窓周辺の防音。
・壊れているエアコンの買い換え。
・部屋の家具配置などレイアウトの見直し。

第一段階でここまでやってから、どういう機能を書斎に移し、そのためにどういう機器を必要とするかという話になっていきます。部屋を移すと冷暖房の問題が発生しますし、いろいろと準備をしなくてはいけません。和室でないとできない作業は基本的には録音だけなので、ほとんどの機能は書斎に持っていきたいのですが、快適性を維持するのは和室より難しいです。

そんなこんなで秋までかかるだろうというのが今の見通しです。

2018/6/16 16:23  [1422-3666]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

詳細なご意向ありがとうございます。既にご存じかと思いますが、Graceは新鮮な情報や提案をその日のうちに提供させて頂いているだけで、当人の実際の導入可否にまでは踏み込みません。どういうご判断をされるかは当人次第だからです。

因みにラズパイはVさんも写真を送られてましたし、初期コストも低くコンパクトでどこでも使えて導入のハードルも低いので、次までの繋ぎとしても手っ取り早いノイズ対策にどうかと提案させて頂きました。

パイオニア初のUHD BDプレーヤー「UHP-LX500」登場。
av.watch.impress.co.jp/docs/news/1127930

2018/6/16 19:38  [1422-3669]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

パイオニア初のUHD BDプレーヤー「UHP-LX500」登場。

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news
/1127930.html


本日は半頭秘事での勤務でした。
人生2回目の秘事でしたが、同じ関西とは思えないようなカラッと晴れやかな雰囲気で、陽の気を感じました。
店員も客も美人が多く、明るさや透明感は一般で見た限りではピカ一です。
特に本日ご案内頂いた女性社員の方の目の輝きと勤務中色々お伺いさせていただいた、アルバイトの女性の透明感は素晴らしく、アルバイトの方はまるで若い頃の丸眼鏡をかけた桐谷美玲さんそっくりで、内心「ぉっ」と思いました。
人が放つ空気感やオーラというのは写真ごしだとスポイルされやすくレタッチされていればそれは尚更なのですが、
坂道の握手会はそういったものを直に感じ取れるから通い積めていたんです。
まさかリアルでもそれに似たような感覚が得られるとは思いませんでした。

音響に関しても同様で、なかなかその空気感や音楽の熱気、躍動感といったものは再現しにくいように思います。
昔に比べ鮮烈さよりも品の良さ(雰囲気の質の高さ)を求めさらにその価値を分かりつつありますが、近年は手軽さや気軽さと合わせてそういった意味での質の高さを求めているように思います。

目に見えない物こそが、物事の本質である。
音質と画質と女性の好みには相関性がある。

2018/6/16 20:00  [1422-3670]   

GRACEさんへ

パイオニアのBlu-rayプレイヤーの紹介ありがとうございます。まずは58の後継機を出して様子見ということですかね。500と付けているところを見るとこれが売れたら1000と付けて売ろうということかも知れません。500だと落ち着いたところの価格で10万円くらい。好評で上位機種を出せたらパイオニアは20万円くらいで売りたいでしょうね。

LX−88はSACDプレイヤーとしても宣伝されていましたが、かなり無理があるのでアナログはあきらめてデジタルに特化させて機能を充実させたり安くして欲しい。そういう風に考えていたので悪くはないです。上位機種が出てもXLRとか半端なものは付けないで欲しいものです。

2018/6/17 17:03  [1422-3671]   

坂道については映像を見て行っているところですが、あまりにも人数が多すぎて個人へのフォーカスが難しく、今のところインスピレーションを感じるところはないです。ただ、こういったグループの活動はファンによって支えられているので、積極的に行動して資金を落としているのは立派なことだと思います。熱心に追いかけるような対象があるというのはよいことだと思いますよ。

2018/6/17 17:09  [1422-3672]   

第1段階の二段ベッドの解体は終わりました。これは粗大ゴミとして捨てるだけなので簡単です。ただ、次にはもう新しいエアコンを買って付けなくてはいけないので、片付けを進めるものの具体的に何かやるのはまだまだ先ですね。

そうはいってもPCに作業させて放置するというのはできる環境になりましたら、簡易的にならとも思いますが、後でやり直すと投じた資金が無駄になりますからね。まだ難しいです。

2018/6/17 17:16  [1422-3673]   

Vさんへ

すぐにやるかどうかわかりませんが、当面の課題としてあるのは和室のコンセントの引き回しです。和室にはコンセントが2箇所あるのですが、1箇所の2口のうち1つはAVプリアンプに直接使用しています。もう一つに6口の電源タップを繋ぎ、パワーアンプやパワードスピーカーに使用しています。このコンセントはパソコンデスクのすぐ横にあるのですが、パソコン関係には使用していません。

ではどこからパソコンの電源を取っているかというと、台所から引き回しています。台所からでも同じ経路で使用しているA5Xからノイズは全くないので、それ自体は問題ないのですが、配線の引き回しがAVのプリとパワーアンプを繋ぐラインケーブルと近接しているためか、干渉して「チッ、チチッ」という感じで継続して不規則にノイズを発生させます。このノイズはノートパソコンを起動したまま電源アダプターを抜いてバッテリー駆動にするとなくなります。ですからパソコンからのノイズが入っているのは間違いないです。

前置きが長くなりましたが、この問題に対応するために電源コードの経路を変えたく、和室にあるもう一つのコンセントから配線を引き回し、パソコンの電源として使用することを考えています。このとき、コンセントは極性を間違わないようにするために3口に変えるつもりですが、引き回しに使う電源ケーブルを普通にある延長コードを使用するか、それとも単線で自作するか迷っています。

簡単なのは既製品の延長コードやタップなのですが、長さを自由にできないという問題もあります。それで単線で作るにしても、あえて単線を使用する必要はないとか、単線を導入するならどの程度の品質のものが良いとか、何かありますでしょうか? 美観については経路をすべてモールで覆うので問題ありません。何か考えのきっかけのようなものでも得られれば十分なので、時間のあるときにお願いします。

2018/6/17 21:24  [1422-3674]   

試しに延長コードを使って和室の別コンセントからPCだけ電源の経路を変えてみましたが、見事にノイズがなくなりました。「チッ、チチッ」意外にも「ブー」という感じのノイズもあったのですが、きれいさっぱりなくなって、耳をくっつけるくらい近づかないとノイズがわからないという正常な状態に復帰しました。

たこ足でいろんな電源を取っているのですが、それらはほとんど影響がなく、PCだけが原因でした。PCがノイズの塊とかいうのはよく聞きますが、ここまであからさまとは思いませんでした。

2018/6/19 08:10  [1422-3676]   



スレ主 FOCAL GRACEさん  

お宅訪問やお互いの環境について相互報告や話し合うスレッドです。

2018/3/26 23:11  [1422-3549]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

家電さん、承認ありがとうございます。そして、先日の訪問ご足労おかけいたしました。
最近物事に対するモチベーションもわかず、自分の気質上新たな交流に踏ん切りがつかなかった期間もありましたが、
いろいろ身辺整理を進めて再びお呼びさせていただける状況ができてよかったと思います。
場の共有と客観性の確保、そして何よりも人との交流という場を再びもてたことへの有り難味を思い出しました。

システムに関しても機材自体は大きな変更はないのですが、
個々/トータルどちらの面でもよいご感想をいただけましてありがとうございます。
デスクトップ簡潔-完結というライトでシンプル&カジュアルなシステムでも
昨今のデジタル技術の洗練という進歩によりそこそこのコストでノリよく
どのジャンルにおいても不満が出にくいオールラウンドかつストレスフリーな
システムが組めるという実例をご体感いただけたのではないかと思います。

当方の環境ですが、
・ヘッドホンはMSR7SE
・DACはGRACE m900
・パワードはFOCAL SHAPE40@200V
・PCモニタはEW277HDR@200V
・ユニバーサルPはUBP-X800
でカジュアルリスニングを標榜しています。

アクセサリはiFI Audioのノイズフィルター群で
iPowe5V/iPurifireDC/iPurifireAC/iSilense
r3.0です。
ケーブルはSideraAi Sd-9003DJ/Belden1506Aです。

機材遍歴
DAC:RME/MYTEK/Grace design
ヘッドホン:AKG Beyer OPPO オーディオテクニカ
パワード:ADAM EVE FOCAL

2018/3/26 23:35  [1422-3550]   

当方も楽しい時間を過ごすことができました。時間も経つのが早かったです。最近は仕事が忙しい上にテレビの入れ替えなどもあって、なかなかまとまった時間が取れませんが、今後ともよろしくお願いします。

2018/3/27 00:08  [1422-3552]   

カーテンなどで部屋の雰囲気が大きく変わったのも良かったですね。前回よりも落ち着いた感じがして、音楽にしても映像にしても没入感が増したと思います。スピーカーの配置も最初のままで良かったかも知れません。

最初に音を聴いたところで問題があると指摘してしまったのは、かつてデノンの1500SEシリーズでエラック310IBを鳴らしていたときと同じ傾向の音に聞こえたからです。

・ヴォーカルの定位感が本来あるべき位置より下から聞こえてくる。
・女性ヴォーカルの声が伸びてこない。
・低音にアタック感がない。

これらの問題は機器を上位に入れ替えると解決しましたし、その後もバランスの取れている機器からは出てきたことのない音でした。エラック310IBをスタンドに乗せると80pくらい高さなのですが、高さ50pくらいのAVラックのすぐ上からヴォーカルが聞こえてきて、立って歌っているのではなく寝そべって歌っているような感じになっていました。今はテレビラックの上に角度をつけて置いてますが、それでも明らかに下から聞こえてくるということはないです。ですから、確信を持って悪い音だと指摘したわけですが、それが本当にソースが原因なのか、同じ曲を別のシステムで聴いていた方がいいかもしれません。そうしないと今回の訪問でやったような判断ミスにつながります。

いずれにしても前回の訪問でのシステムの音は記憶していましたから、単なるセッティングの問題であり、機器に問題はないと確信していたから指摘できたというのはお伝えしたとおりです。それがなかったらさすがに遠慮していたかも知れません。

2018/3/27 05:01  [1422-3553]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

正直なご感想ありがとうございます。
自閉症リスペクトラム(以下ASD)の気がある人間は裏の意図(不確定要素)を読むのが苦手ですので、簡単な経緯含めた判断の結果を正直(正確)にお伝え頂けるのは混乱せずに済み助かります。
読めない、理解できない物にたいしての憶測はどんどん可能性の考慮が深刻化し、想定しうる最悪な物を頭のなかで廻らせてしまうんですよね。

前回のご訪問で、機材の性能を出しきれた状態でお聞きいただけてたのは幸いでした。
お聞きいただいたCDはたまたますぐ再生できるものでしたが、あまりよくなかったみたいですね。
後日データ送ります。

ライヴBDも再生出来たら教えて下さい。
出来れば、今秋あたり大阪で開催されそうなライヴもご一緒できるといいですね。

2018/3/27 10:58  [1422-3554]   

何回かの相互訪問でありましたが、機器の出音については思っていることがあれば隠すのではなく、言って欲しかったということで実行しました。ただ、そうはいってもいろいろ条件が整ってないと普通は言わないものだと思います。自分が自信を持って組んでいるシステムに対して意見されて、何かよろしくないように指摘されて気分がいい人はまあ居ません。大抵は不機嫌になります。それはこれまでの訪問でも経験されてきたことだと思います。

訪問したお宅のシステムに対してネガティブな意見を述べることは、基本的な礼儀作法として絶対に禁止。つまり、お宅訪問というのは相手のシステムを知るために行くのではなく褒めるために行くわけです。確かにそういうのもいいとは思いますが、訪問したお宅のシステムがすべて例外なく素晴らしいとかない話ですし、疲れる面もあります。そういう意味では今回のお宅訪問は非常に楽でした。ウソつかなくていいですからね。

ライブについては問題なく再生されましたが、まだじっくり見る時間が取れておりません。ちょっと時間がかかるかも知れませんが、お待ちいただけると幸いです。あと、アニサマ2017ですが、2時間で18GBでした。50GBのディスクに入れると2枚に分かれますが、@ABをどういう風にダビングして欲しいとかありますか? 25GBのディスクもありますから、1枚ずつに分けることもできますよ。

2018/3/27 22:29  [1422-3555]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

人間関係については半ば諦めてるんで、お付き合いいただいてこうしてご指摘いただけるのはうれしい限りです。
感想については不確定要素を排除していただいたほうが境界性ASDには理解しやすいというのが他と異なる点かと思います。
まぁ、耳が遠い人間と喋ってるとでも思っていただければ。はっきりと簡潔に言わないと聞こえないんですよ。

BDに関しては再生確認できたのならそれでOKです。今日からコツコツ焼いていきますんでよろしくお願いします。
そちらの録画に関してですが、共通度の高いものを1枚の50GBにまとめていただいて、
残りの1つを別の25GBに入れていただいてもよろしいでしょうか?よろしくお願いいたします。

2018/3/27 22:53  [1422-3556]   

ID変わっているんですが呼称はどうしましょうか? なれている和京さんでもいいでしょうか?

普通のライブは行ったことがないんですが、あのいろいろな色に変化する光る棒はなんと呼ばれるものでしょうか?

2018/3/27 23:30  [1422-3557]   

当方も過度の睡眠不足で文章がおかしくなることもあるかと思いますが、そこはなにとぞご容赦くださいませ。

2018/3/27 23:31  [1422-3558]   

4Kのコンテンツってまだ少ないですね。とりあえずはテレビのBS放送とBlu-rayで画質の比較。一応、BDZ−EX3000とBDP−LX88は4Kアップサンプリングができるとなってますから、その画質とUBP−X800の比較ですね。他にもアマゾンのプライムビデオを直接テレビで見た場合とUBP−X800で見た場合の比較などが可能です。以前にお借りしたときはテレビの性能が低すぎましたからね。検証も何もなかったです。

これにオシロスコープでのノイズチェック、アクセサリー効果の検証などの入れると、泊まりだとしてもやることが多すぎますよね。事前に打ち合わせなどできると良いですね。時間がたっぷりあるように見えて日曜日くらいしかテスト的なことはできませんから、準備も遅れがです。

2018/3/28 04:43  [1422-3559]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

呼称はGraceでお呼び頂けると助かります。光るのはペンライトですね。
お渡ししたライヴBDはZEPPなんばだった気がします。RAINBOWは見に行きました。
誤字脱字は自分もよくあるので、気にしないで下さい。アプコンの比較はお宅訪問自には考えておりません。
LG導入されたばかりで細かい調整も必要でしょうし、複数比較は時間もかかりますから、
電源品質の測定と、iPurifireACの効果確認優先で考えております。

2018/3/28 11:28  [1422-3560]   

Graceさんですね、場合によってはグレイスと書くかも知れませんがご了承ください。

ペンライトでしたか。ペンというより棒なので検索ワードを間違ってしまったようです。今回の訪問ではモニターが新調されていましたが、ライブにおけるペンライトの発色などは良くなった点として印象的でした。

テレビについては単純に有機ELの特性を確認するためにいくつかのソースを流しで見るといった感じでいいかもしれませんね。ライブの映像と音は品質的にどうなのか感想を伺いたいです。ちょっと傾向の違うシステムなので物足りない部分もあるかと思いますが、自分としては違う魅力があるのではと思ってはいます。

2018/3/28 21:26  [1422-3561]   

山本彩のライブについては、2枚目の方がNHK大阪ホールで販売もNHKエンターテイメントとなっており、品質的にはかなり高いです。これだったらBlu-rayの値打ちが十分にあると感じられます。やっぱり機材が互角だとBSプレミアムでも画質でBlu-rayには及びませんね。音声も圧縮ですからね。やはり、何枚かはBlu-rayを買っていくことになると思うので、大きな出費が避けられませんね。それだけボトルネックになっていたテレビを買い換えたことが大きかったわけですが・・・

2018/3/28 21:38  [1422-3562]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

サイリウムという呼称もありますが狭義ではケミカルライトの商標ですので、電池式のものを差してペンライトと呼びます。
液体ケミカルは乱雑な扱いにより会場内で割られる事故が発生しており基本持ち込み禁止です。

元々使用していたのは今はなき三菱RDT-233WX-Sというモデルで6年半以上使用していたかと思います。
最近はグレア液晶が少なかったのと変える必要性を感じない画質だったので長期間そのままでした。
あとPS2をつなげるD端子があったのも理由ですね。今はもうゲーム機はうちにはないのでモニタ新調の妨げにはなりませんでした。

新しいモニタはBenQのEW277HDRでFHD解像度ながらHDR対応という珍しいモニタです。
PCモニタであること、手持ちコンテンツの大半がBD/DVDであることなどからWQHD解像度がちょうど欲しかったのですが、先にこれを買いました。

6年半の技術の進歩はやはりBenQブランドといえども感じられるもので結果的には良かったと思います。
ちなみに本命はDELLのS2719DMです。http://accessories.apj.dell.com/sna/prod
uctdetail.aspx?c=jp&l=ja&s=dhs&a
mp;cs=jpdhs1&sku=210-AOHE


WQHD解像度ながらHDR600相当の高輝度に対応しておりEW277HDRよりも若干寸法も切り詰められているので理想的なモニタです。

OLEDですが、画質確認ができればOKですかね。まぁ、今は純粋にコンテンツを楽しむことの割合が大きいというか大きくしたいと思ってるので、自システム含めあまり弄繰り回すことは考えていません。

音的にはうちはハイトランジェントによる瞬発力とそれの持続力、音の明瞭度と押し出し、パンチ力、ストレスフリーさといった感じですね。
同時にオールラウンダーかつフレキシビリティとポータビリティの両立。加えてカジュアルさ家電的な使い勝手のよさ。

低域ですが、こちらも4インチの小口径なので深い音は出ませんが、そちらはそれ以上に低域のインパクトを控えざるを得ない環境なので、それが気になるくらいでしょうか。
バーチャルサラウンドによる優等生タイプなので面白みを目指したサウンドというよりは実直なタイプでしょうね。
うちのような高浸透力ストレスフリーサウンドとはまた違った方向性ですし。

イヤホンだともう売却しましたがCA POLALIS、ヘッドホンだと先日お聞きいただきましたオーテクのATH-MSR7SEのサウンドバランスがうちの理想系ですね。
ただリッチさやエレガントさはそこまで求めておらず適度な深みがあればあとは刺さるか刺さらないかくらいの快活なサウンドが望ましいです。なんというかパーソナルスペースにガツガツ踏み込んでくるというか、作業BGMとして流していても時々ハッとしてつい機材のほうを振り返ってしまうというか。普段無音無味無臭で気分が乗ったときしか火入れしないので短期間での満足度が高いシステムがいいんですよね。
そちらではELACのサウンドがADAMと姉妹関係だけあって理想に近いサウンドですね。

ライブ BDですがidentityが昨年秋開催された2回目のソロライブで不参加でしたがやはり評判は良かったみたいですね。
Rainbowもそうですがまだ全く見てないので、そちらでじっくり見させていただきたいですね。
BDはレンタルという手法もあるので手っ取り早く探すのなら宅配レンタルを利用されてみてはいかがですか?
うちでも乃木坂BDライブなど準備中ですのでよろしくお願いいたします。

2018/3/28 23:14  [1422-3563]   

ライブに関しては快適に見ていただけると思います。まだいろいろとやることが残っていますが、さすがに1か月以上あれば形になってくると思います。蝉が鳴き出す前くらいがいいですかね。AVシステムでは蝉の鳴き声などはまったく気にならないと思いますが、ピュアで気になるのでなんやかやとやってしまいます。電源アクセサリーは効果があるなら導入したいといった感じなので、確認だけさせていただくと助かります。

暖かくなってきたので録音の方も再開したいのですが、なかなか暇ができませんね。テレビを買い換えたことに伴って、部屋全体のレイアウトを変更中です。今度お見えになったときはいろいろ変わってますので、楽しみにして置いてくださいね。

2018/3/29 00:51  [1422-3564]   

WBSで出てきたのではじめて知った。これを知っていたらいろいろやること変わったかも知れませんね。面白いです。

「ラブリコ」
http://www.heianshindo.co.jp/labrico/

他にもあれば便利なのに知らないものはけっこうあるかも知れませんね。

2018/3/29 05:12  [1422-3565]   

オーディオテクニカのヘッドホンはデザインが良かったですね。今までポータブルでヘッドホンは考えてなかったのですが、将来的には準備するのも面白いかなと思いました。宅配レンタルはDMMでやっていたこがあるのですが、忙しくて見られない状態が続くと、返却が遅れて延滞料金が発生することがありやめてしまいました。借りているのを忘れていて放置していて、どんどん延滞料金が溜まっていく悪夢を見たりしましたからね。

2018/3/29 05:18  [1422-3566]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

BTワイヤレスイヤホントライアル中です。RHAはネックバンド型で買う予定はなかったのですが評判がいいので家族へのプレゼントとして購入してみました。防滴&12時間駆動なんでね。音質は発売日に買ったので一番高かっただけはある
ゼンハイザーCX 6.00BTがさすが各の違いを見せてくれたといった感じで、より上位のMOMENTUM Freeが気になってしまうクオリティでした。Fender PURESONICはまだ長期充電によるバッテリ最適化をはじめたばかりで評価できません。
今のところ、@CX 6.00BT AMA650 Wireless BSPARK Wirelssといったところで、やはり手放しで勧められるのはゼンハイザーですね。RHAは防滴と長時間駆動が魅力ですので価格の割には高機能です。

2018/3/29 14:26  [1422-3567]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

ヘッドホンは個人的には限定生産終了したMSR7SEの変わりに薦められるのはFOCAL Listen WirelessとListen Professionalですね。まぁうちはカジュアル化を押し進めてるんで参考にってことですね。

レンタルは光学ドライブがあれば吸い出してPCに保管・・・。吸い出してあとはさっさと返却というのもひとつの手です。私的録音補償金はレンタル代に込みのはずですし、就寝中もしくは作業中に吸い出せるので時間がなくても問題ないですね。

2018/3/29 14:39  [1422-3568]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

■気になるものリスト■
@USBスピーカー: OVO
Aラズパイ: ラズパイ3+/Tinker Board S
Bケーブル: SD-9003 RCA
CPCモニタ: S2719DM
Dイヤホン: MOMENTUM Free
Eマイテック:Liberty DAC/Clef
Fヘッドホン:Listen Professional
GパワードSP:NF-04R/ALESIS M1Active MK3

2018/3/29 14:41  [1422-3569]   

昨日は少し時間がありましたから、山本彩のBlu-rayをBDP-LX88で観てみました。この機種は機能面でいろいろ不満もあって稼働率がきわめて低く、どこに良さがあるかわかりにくかったのですが、実写における繊細感などは優れているかも知れませんね。これも観てもらって意見を伺うかも知れません。

ライブの会場をNHK大阪ホールと書きましたが、観てみたら東京でした。

2018/3/30 05:36  [1422-3570]   

FOCAL GRACE さん  

2018/3/31 19:36  [1422-3572]  削除

お、完璧な設置ですね。その手がありましたか。スタンドは紐などで緩く机につないでおけば転倒も防げますね。家で花見ができるのは羨ましいですね。私の部屋からは建物の壁しか見えません。広場とか樹はあるけど、蝉やカラスがうるさいだけで特にいいことはないです。

2018/3/30 19:52  [1422-3573]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

あくまで一時的なものですが・・・。お越し頂いた25日の夜早速卓上マイクスタンド注文したのですが、
一番安いのを買ったのですがショボくて傷はあるわ、スピーカーがくるくる回るわ使えないので
前回SC203でやっていた構成を元に展開しました。まだケーブルすらつないでませんけどね。
ロフトベッド下部スペースに押しこむ場合はこの展開方法は使えません。あと個人的にはスピーカー間が開きすぎかなとも。

2018/3/30 20:29  [1422-3574]   

将来的に環境が変わると確定していると高いものを買えないというのが難点ですね。スピーカーの間隔はそのくらいなら許容範囲とは思いますが、パソコンのディスプレイに接近しなければならないことを考えると正三角形の内側へ入っていきますし、確かに近いですね。ロフトベッドを導入してからでないといろいろ買いにくいですね。

山本彩のBlu-rayですが、映像的にはもっともいいのが2017年のNHKホール収録で、これが飛び抜けています。2016のライブはノイズがかなり目立ち、BSプレミアムのアニサマ2017よりも悪いです。これはたぶん機材設備の差だと思われます。ライブ収録では照明の暗い部分が多いのですが、カメラの性能でノイズの入り具合にも差が付きます。この辺はたっぷり機材に資金をかけているNHKの実力が飛び抜けていますね。オーケストラだけでも毎週のように収録していますからノウハウの蓄積も相当なものでしょう。

2018/3/30 21:51  [1422-3575]   

LX−88について実写のBlu-rayを再生すると高いパフォーマンスを発揮してくれるのですが、アニメなどだともう一つです。全体的に色が薄かったり、ぼやけていたりします。BDZ−EX3000の方が立体的な絵作りがしやすく、そうなるとLX−88の勝っている点はノイズ処理だけになってしまいます。そもそもは編集やダビングを終えてディスクに保存している映像を見るとき、ハードディスクの消耗を避ける意図もあったのですが、目的を果たせないで居ます。

そういうわけでUBP−X800に対する期待値は高いです。録画機に関しては4K放送の問題がありますから、当分はソニーも高額機を投入してこないと思います。録画できないなら再生できるうまみも半減しますからね。高額機を作ったところで短命に終わるのは目に見えています。そういうことで4Kの放送がどうなるのか見極めるまで、中継ぎ投手的な製品の必要性は高いです。録画した番組の再生でBDZ−EX3000を少しでも上回るなら不満は全くないです。

2018/3/30 22:34  [1422-3576]   

有機ELテレビの導入に伴って部屋の模様替えを進めています。これまでより気安く見られる状態ではなくなってきたので、洋室にあった使っていない液晶テレビとAVラックをリビングに移動。本来はリビング・ダイニングの空間がリビング・リビングになりました。ニュースやバラエティーを見るならこちらの環境でも十分です。しばらくの間は使い分けて様子を見ます。

2018/4/4 10:26  [1422-3578]   

TRUE

夜の11時くらいに観ても十分にライブ感が得られるというのがAVシステムの強みということで、最近は寝る前に再生してしまうことが多いです。しかし、暗室で強い刺激を目に受けるため、睡眠が遅れてしまいます。どうやってつきあっていくか今後の課題でしょう。ただ、少しくらいしんどくても得られる幸福感はかなり大きなものです。

アニサマは毎年やっているんですが、これまでの録画はすべて消していました。観てもいいとまでは思えなかったんですよね。カメラが凄いとか、演出が凄いとか、パフォーマンスが凄いとか、前のテレビでは分からなかったです。

2018/4/4 10:49  [1422-3579]   

LiSA

これは3日目のコンサート。

2018/4/4 10:52  [1422-3580]   

乃木坂を再生してみました。そうはいってもオートでただ撮ってるだけなので、どこまで再現できているのか分かりません。このコンサートは野外で日中に行われているので、有機ELの利点は活きにくいかも知れません。

2018/4/7 16:23  [1422-3582]   

暗室をより完全なものとするためにマスキングテープを使用しました。画面が暗転したときに目立つA3XのLEDランプを黒テープで隠し、前回の訪問のときに「眩しい、寝にくい」と苦情のあったエアコンのランプも白テープで隠しました。

2018/4/7 16:29  [1422-3583]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

環境については解体と構築の繰り返しであり常に流動的である可能性があります。
その時々のニーズに合わせたものへと変化していく。そのために身軽であることが求められます。
うちのシステムもすべて10万以下ですしm900/X800/MSR7SEで24.5万くらいですね。

3rd BDと4th BDは準備できましたが5thBDL BD準備中です。しばしお待ちを。

わざわざエアコンLEDへの配慮すみません。リモコンで消灯できないんですかね。

2018/4/8 00:01  [1422-3584]   

X800の設置が完了しました。ここからセットアップに入ります。エアコンのランプなどは見えやすくすることが機能として必要なので、消すのはちょっと考えないと思います。ただ、色としては緑やオレンジは目に優しく、ブルーの日立製ステンレス白くまなどは眩しい、気になるなどと指摘されることはあったようです。富士通ゼネラルは普通ではないかと思います。

このマスキングについては指摘されたことによってなんとなく何で隠すのがいいか製品を探すようになった。結果としてA3Xのランプ処理もあっさりと完璧にこなすことができた。そういうことで指摘は役立っています。ピアノブラック塗装への映り込みについても、対応した結果、805Dではホコリやキズ防止にも役立っていますし、すぐにはできないがやった結果よくなることが多いです。暗室環境の構築に自信を持って行くに従って、有機ELテレビの購入への意欲も高まっていきました。凝り性なので完全とか完璧とかできそうにない部分が多いとブレーキがかかってしまいます。今は大丈夫だか映り込みが負担になりそうだからやめとこうとか。

指摘されたときはすぐにできないことも、時間をかければ対応できますし、環境をもっと良くしようという動機付けにもなります。こういった結果が得られると、相互の訪問というのは有意義な点が多いのだとつくづく実感させられます。

2018/4/8 10:27  [1422-3585]   

X800の視聴ですが、EX3000との比較を中心に行っています。これはそもそもの用途が録画した動画をダビングしてディスクに焼いた後、EX3000に負担をかけないように視聴するための代替機が必要であり、それがもっとも大きなプレイヤー購入の動機だからです。LX88に期待したのですが、思うような画質になりませんでした。

LX88でもっとも不満なのが、実写やアニメに関わりなく映像が平坦になって立体感が損なわれる点です。感覚的な話をすると観ていて面白い絵ではなくなるのです。Blu-rayを再生すれば画質の繊細感が圧倒するので立体感も感じられて細かな絵作りは問題とならないのですが、放送を録画してもそこまでの品質には到達しないので絵を作る必要があります。

【X800の感想】良いと思う点

・コンパクトですっきりとしたデザイン。持ったときの筐体の剛性感。

・動作がきわめて速く、再生しているときに音が静かである。EX3000は再生していると加熱してファンが回り始めるとうるさくなります。

・EX3000と画質的に同等水準であり、立体感も得られる。

・YouTubeなどの閲覧が便利であり、AVアンプからも高音質で再生できる。

【X800の感想】不満な部分

・トレイの動きは速いが動作音などが安っぽい。ここはコストの問題があるので致し方ないと思います。

・YouTubeなどの再生では画質をカスタムできない。そうはいってもEX3000ではそもそも観られないので微妙ですが、OLED55C7Pで再生できるのでそれと同程度の画質になってしまいます。実はアマゾンプライムビデオの画質に不満があったとき手を加えられればと思っていましたができませんでした。

・30秒スキップや15秒バックなどの機能がない。これは現状では非常に痛いです。カバーするためにはチャプターを編集する必要が生じます。また、特定のシーンを一時停止して撮影などしたいとき、探したり任意の場面で停止させるのが難しくなります。

・カスタムでいじることのできる範囲がEX3000よりも少ない。これはテレビとのバランスなのでカバーできるかも知れません。

贅沢を言えばきりがないですが、現状では他に代替機がなさそうなので、総合的な品質も高く使い勝手が良いので採用するメリットが大きいように思います。まだ使いこなしていないので間違っている部分や認識の違いがあるかも知れませんがご了承ください。

2018/4/9 03:34  [1422-3586]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

今のPC配置になってから内蔵BTが使い物にならないため、apt-X LL対応のCX 6.00BTを活かすためにもBT-W2を購入しました。
デバイス側からは普通のUSBオーディオに見えるという代物で面倒で不安定なBTドライバを入れる必要はありません。
USB Audio Class1に対応したあらゆる端末(Win/Mac/Android/iOS/PS4/Switch)でapt-X及びapt-X LLが使えるようになる優れものです。少々高価ですが、再びロードランに訪れ太陽賛美をするためにも売却したPS4を買いなおそうとおもっているので使いまわしも効きます。
https://www.makkyon.com/2016/07/17/creat
ive_bt-w2/

ちなみにこれがPS4でも使えるということはUSB Audio Class1に対応したUSB DACも使える可能性があるということでもあります。
http://lin.blog.so-net.ne.jp/2015-01-26
うちのm900はClass1と2の切り替えができるので期待が持てます。現行のPS4は光出力を持つのはProだけになってしまい、4K出力可能など画質も向上はするのですが、1.5万の差はでかいのでできればスリムで済ませたいところです。Soulシリーズくらいしかプレイしませんから。
年度が替わってDS リマスターや舞台が続々発表されたりがんばりき写真集発売が確定したり・・・、出費を抑えようと思っているところに立て続けに支出増のうれしい悲鳴状態です。

2018/4/11 17:09  [1422-3587]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングルを見てきました。
幼少期にロードショーで何度も見ており、精神的続編のザスーラに関しては映画館でも見ています。

オリジナルは最後に見たのはだいぶ前なので印象くらいしか残っていませんが、それをベースに比較してみたいと思います。
原作に比べ結構パロディ寄り/見た目は果敢な冒険者でも中身は今時の高校生 
原作はある種の絶望感というかカオスが存在していたが今作ではゲームを通じて成長していくヒューマンドラマ仕立てになっている
ジュマンジの進化点はボードゲームじゃなくなってるとこ
大事なのはラストだが、終わり方は良かったちゃんと達成感のようなものは演出されていたし、劇中の疾走感をうまく維持しつつラストまで続けられていたと思う
勿論現に戻ったあともちゃんと描かれていて、一つの作品の完結としては満足のいくものだった
奇想天外感やすべてを描写しきらず想像力を働かせるスケール感、得体の知れないものに対する恐怖感というのは本作ではあまりない
たとえば原作にある姿の見えない巨人どもなどは一切休まるひと時を与えない過酷なゲームの象徴として子供心に強い印象を残していたのでそういうのはあってもよかったと思う
シリーズ共通のゲーム中に長らくとらわれてしまっている人物がいるが、本作では現実との時間の経過に大きな認識のずれがあるためあまり悲壮感がない

別世界(ゲーム)へ飛ばされてというのは似たようなものだとプレデターズ/ハンガーゲーム/HxHのグリードアイランドなどがあります。
雰囲気は別ですが.hackシリーズもゲーム内での話が繰り広げられていますね。

個人的にはゲームの過酷さといえばソールシリーズですが、あれは絶妙な難易度で心老いれそうになりつつも幾度となく挑み攻略し突破したときの達成感のようなものを得ていくゲームなので、ゲームなりの理不尽さはありつつも再度プレイしたくなるシリーズでしたし実際長く遊びました。
ジュマンジは最終的には破壊されてしまいますが、その点はややもどかしい気持ちになりましたね。
ゲームを通じてこそ成長できた部分もあるはずなので理不尽に巻き込まれたとはいえそれを壊してしまうのはどうなのかと・・・。
まぁ、自分がソウルシリーズに飲み込まれたら絶望に心折れ人間性を奪われ深淵へと闇落ちしそうですけど。
・・・UHD BDが出たら買いたい作品のひとつでした。

2018/4/12 00:17  [1422-3588]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

次回訪問時ですが、PS4 SlimかProかはわかりませんが、PS4を持ち込む予定です。
有線でネット回線へつながせていただきたいのと、OLED TV側のFHD-4Kアプコン機能を見させてもらえればなと思っています。

UBP-X800は4万クラスですからね。決定キーの周囲にある矢印キーでコマ送りできませんか?
・・・まぁ、もう少し痛いところに手を・・・となれば倍の価格帯のUDP-203あたりを検討されてみてはいかがかと。

2018/4/12 01:17  [1422-3589]   

ゲームの画面のクオリティーが高いとはよく聞くのですが、ゲーム機が1つもないので楽しみです。最後に遊んだテレビゲームはパラサイト・イヴ2でした。

X800についてはちゃんと値段を織り込んでいます。プレイヤーの使用頻度はまだ高くありませんから、このくらいの価格の機器で様子を見た方がいいかもしれません。将来的にはソニーが何か出してくるものと期待しています。それでも10万円以下でないと買わないと思いますけどね。

2018/4/12 06:37  [1422-3590]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

おお、懐かしい!!パラサイトイブ1と2はそれぞれ確か13回くらいクリアしたように思います。あれはActionアドベンチャーの名作!!

いろいろ出費がかさむのでProではなくたぶんSlimの持込になるかと思いますが…。
そういう意味ではたいした画質じゃないかも。TV側のアプコンに頼ることになります。

UBP-X700もそろそろ出そうなので高音質筐体やBluetooth機能が不要ならS6700に近いサイズなのでこちらのほうがいいかもしれませんね。

2018/4/12 13:21  [1422-3591]   

>UBP-X700もそろそろ出そうなので高音質筐体やBluetooth機能が不要ならS6700に近い
>サイズなのでこちらのほうがいいかもしれませんね。

自分としてはラックに無駄なく収まっている800の方がいいんですが、やっぱり何に対応するのかというがころころ変わってしまうので、高級機の投入は難しそうですね。。。

もっとも注目していた絵作りについてはおよその範囲で分かりましたから、土曜日には返送することになると思います。月曜日から仕事が始まったらもう発送する時間がなくなりますから、早めにお返ししますね。細かいところまで性能を知るためには所有する必要があります。ただ、絵に対するフィーリングなどは自宅でないと確認できないので、これは大変助かりました。ありがとうございました。

2018/4/14 05:31  [1422-3592]   

とりあえず5月上旬の訪問と5月下旬の訪問に分けますが、書き込みの負担を減らすために単に「上旬」「下旬」とします。

まず「上旬」ですが、

@テレビ放送の録画をステレオ再生したときの音質の確認。マルチチャンネル再生での音質劣化の程度を確認します。これは私が個人的にどちらにどういうメリットとデメリットが存在するのか、総合的に判断したいというのがあります。

A地上波の録画とBlu-rayでの音質の差のチェック。これにはソースとして「アニサマ2017」と「山本彩−2017−アイデンティティー」を使用します。この2つの音源は録音のゲインがまったく違い、特徴的なのでステレオに特化したシステムで音質を確認したく思います。また、下旬の試聴会でも使用を予定しているソースになります。

Bケーブルによる音質比較。この音質比較にはオーディオケーブルを考えていて、バンデンハルの「ザ・ロック」とオーディオテクニカの「レグザット」を予定しています。安くていいなら他にもカナレなどあります。バンデンハルは長さが1メートル。レグザットは長さが5メートルになります。AVシステムで本採用になっているモンスターケーブルの3メートルなんかもありますが、基本は遊びになるかと思います。音質比較に適したソースを用意いただけると助かります。バンデンハルはXLRとRCAと両方同じ製品を所有しています。RCAはまったく使ってないので貸し出し可能です。

C下旬で使用するソースのチェックと受け取り。持ち帰って画質や音質などの確認と調整もするのでここで受け取りたいです。

Dごく普通のオーディオ鑑賞。時間にゆとりがあれば手持ちのソースを再生したく思います。

今考えているのは上記のようなものになります。

2018/4/23 22:12  [1422-3594]   

下旬の試聴会の準備など。

まず、オシロスコープで電源環境のチェックをするということですが、当方はピュアーとAVを同じ部屋でやっていて、しかもパワードを使用しているのでコンセントに挿している機器がやたらと多いです。ピュアーとAVだけで16本くらい挿しているのですが、これらをどうやってチェックするのか聞いておきたいです。準備することがあるなら先にやっておかないと時間が足らなくなるかもしれません。

2018/4/23 23:12  [1422-3595]   

下旬の予定については、ドタキャン含めて直前の変更などには対応可能なので、ざっくりとした予定を決めておきたく思います。全体で何時間くらい取れるかによって、何をやるのか割り振りたいです。また、当方は複数のスピーカーを所有していますが、それらの情報を先方へ伝えて、どれを聴いてどれを聴かないというようなことも決めていただけると助かります。こちらの情報は良識の範囲内で開示していただいてけっこうです。もともとシステムは縁側などに写真をアップしているため、なんの痛痒も覚える部分はありません。

あくまで希望なのでどれを聴きたいかお伝えいただければ、要望のあるソースを鳴らせるように準備します。特に希望がなければAVシステムがメインとなります。

2018/4/24 07:41  [1422-3596]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

■13-来訪■
@ステレオとの比較ですが違うシステムですがいいんでしょうか。
ご自宅でステレオとマルチの比較はされてないんですか?
Aソースが違うけど比較になるんでしょうか?音声フォーマット(圧縮/非圧縮)も違うでしょうし。
B個人的推奨品はMOGAMI2549です。

■27-訪問■
@オシロでの測定は静的なものになります。つまり機材を動かしていない状態です。
そうじゃないと環境そのものの元々の電源品質がわかりません。
そして見るのは波形のゆがみ具合です。ただ個人的には波形の歪み具合よりも瞬時供給能力と周波数外のノイズ除去のほうが重要だと思っていますけどね。
スイッチング電源は結局は平滑化して直流に変えますから。

A基本はメインシステム(AVマルチ)オンリーで考えています。
1.自分が先に乗り込んで準備&BD観賞でシステム暖気運転
2.昼ごろから試聴会開始
3.その間家電さんにヘッドホンとHPAの第三者比較を行ってもらう
4.電源品質の測定とiPurifireACの効果がオシロで見れるかどうか検証

●持込品●
PurifireACx3
iPurifireDCx1
iPower12Vx1
iPower05Vx2
iSirencer3.0x5
FORCE BAR
USBケーブル
モバイルバッテリ
ラズパイ
m900
MSR7SE
ADI-2 Pro
iPurifireDCx1
MDR-Z1000
オシロ

●ヘッドホンとHPA第三者試聴●
ヘッドホンはATH-MSR7SEとMDR-Z1000/HPAはGRACE m900とRME ADI2-Pro
それの比較を出力はラズパイVolumioを用いて、僕らがメインシステム占領してる間に比較試聴してもらえばなと。
m900もADIもヘッドホンアウトが2つついてるのでヘッドホン同士の比較は容易です。
ただし、ヘッドホンのステレオプラグはお手数ですが差し替えのたびにティッシュで拭いていただければと思います。

◆近況報告◆
・GRACE m900-LGV33 Android7.0 USBOTGにて再生確認/ラズパイ3B+ Volumio2.3にて再生確認
前者はUSB CLASS AUDIO 1、後者はUSB CLASS AUDIO にて認識。ただしPS4のUSB出力からは認識せず。
ちなみにラズパイは先日借りたものです。

m900はDSDやDXDはUSB経由でしか受け付けないので手持ちの音源がないとはいえ、
ラズパイオーディオもといTinkerBordに対しての可能性を感じました。
高価なDAPなどなくてもフルバッテリミニマム環境で高品位再生できる環境を構築できることに可能性を感じます。

・BD準備中です。2層-2倍速⇒ベリファイは時間がかかります。4倍速6倍速も対応していますが、最大速度=限界速度でありスリムドライブへの負担は大きいので品質面でもそのようなことはしません。
午前11時くらいの訪問を予定しております。3rd BDのDisc1を再生したいと思っています。

2018/4/24 21:52  [1422-3597]   

あくまでどう聞こえるのか参考にしたいというだけなので、システムや音源の違いは問題ありません。違うシステムで聴くことによって何か気づくかも知れない。何か感じられるかも知れない。そのようなことをなんとなく期待するものです。明確に答えを求めるものではなく、刺激を受けたいだけなので気楽に考えてください。

ケーブルについてもこれがベストだという答えを探すようなものではなく、単なる遊びです。聴いてみてどう聞こえたか感想なりいただけたら嬉しく思います。再生システムや音楽ジャンルの違いなどありますから、合わないケースなども織り込み済みです。定価10万円のケーブルなので絶対にいいはずだとかはこれっぽっちも考えてないのでご安心ください。

それで、下旬の件なのですが、先方に一応はどんな音なのか聴けるなら聴いてみたいシステムがないか確認して置いてください。聴くといってもAirPlayなどでちょこっと再生する程度ですが、聴きたいソースがあるなら準備が必要です。当日にいきなりとなると混乱するので、準備はしておきたいです。また、まったく必要ないと確定すれば、それはそれでこちらの備えも変わります。

次にAVシステムの鑑賞ですが、当方のシステムは一人用なので、ベストのポジションで聴けるのは一人だけになります。よって、二人で聴くなら席の入れ替えが必要ですし、ほぼ完全な暗室なので安全面に問題があり、基本的には視聴時には私がサポートにつきます。とにかく真っ暗闇の中で操作する機器が多いですから、安全に運用するとなると普段から操作に慣れている私が付く必要があります。また、試聴会の趣旨として気になる点、感想などもこまめに聞いていきたいので、1つのソースを長時間聴くのではなく、10分程度で細かく区切っていきたいと考えています。以前のように1つの作品を30分、あるいは1時間も観るようなやり方は、他の二人の待ち時間が長すぎるのでNGです。ストレスレスチェアの後ろに席を用意するので、基本は3人で鑑賞して、意見交換していくというスタイルを希望します。

2018/4/25 00:09  [1422-3598]   

ヘッドホンはATH-MSR7SEとMDR-Z1000/HPAはGRACE m900とRME ADI2-Pro

このヘッドホンの視聴についてですが、けっこうなシステムになるのでじっくり聞きたいかも知れません。おそらくは途中で休憩することもあるかと思いますので、視聴するソースを絞って聞きたく思います。どういう配分で行くかはまた訪問したときにでも打ち合わせしましょう。

2018/4/25 00:42  [1422-3599]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

わかりました。なんとなく厳密な比較ではないだろうなと思ってましたが、そういうことならOKです。

メインシステムは先に乗り込んで、再生させて頂いてあとは、メインゲストに堪能いただくつもりです。
メインの後ろにTVありましたよね?
空き時間はPS4+BTイヤホン持ち込ませて頂きますので、そちらで時間は潰せます。

細かく時間を区切って感想を聞くのは相手に忙しない印象を与えるので自由にさせてあげてください。

あと、相手が試聴してる間に、ヘッドホン/HPA 比較頂ければと思いますので並列に別スレッドを流す感じで想定しています。

今回のメインはOLED動画観賞 オシロで電源品質測定 第三者視点でヘッドホン/HPA比較頂く
この3点です。
それ以外のサラウンドDSPとかパワードはお互い同じ市内ですし連絡先交換されてから個別にやっていただければなと。
初めての方が居られるので、初日に色々詰め込まずでお願いいたします。
操作方法に関しては、照明操作、プレイヤーの操作、音量調整、輝度調整をお伝え頂ければ大概のことは問題無いかと。
先方はUDP-203とかAV環境持ってますからね。
使いこなしに不安は無いかと。

2018/4/25 11:35  [1422-3600]   

先方が有機ELを視聴しているときにテレビを見ることについては、暗室の効果が半減しますし、映り込みなども発生します。また、はじめて訪問した家で放って置かれるというのも、どうしていいか戸惑う部分が生じるというのが一般的だと思います。場になじむとか、慣れるまでは家主が主導して取り仕切る必要があります。これを見ていてくださいねとやって置いて、残りの二人がおのおの違うことをする。これでは3人でやっている試聴会の意味が曖昧になります。置いて置かれた方もどこまでずっと観ていればいいのか打ち切りどころが分からず、大量に時間が消費されます。

また、他のシステムについて興味があるのか、ちょっとは聞きたいと思っているかどうかは、先方がどう考えるかによります。今回は遠慮します。それではお言葉に甘えて少しだけ聞いていきます。などといったことは先方に聞かなければわかりません。準備はしたが使わないということでも構いませんから、自己判断されず先方の意向を尋ねて置いていただけると助かります。

機器の操作についてですが、非常に複雑なので私がサポートにつきます。AVシステムではテレビはLG、レコーダーはソニー、プレイヤーはパイオニア、AVプリアンプはヤマハといった具合で、リモコンの使い勝手、ボタンの配置などがバラバラになっています。特殊な操作も多いため、すぐに全部覚えるというのは困難です。操作に気を取られてコンテンツに集中できなくなる恐れがあるので、様子を見ながら私が操作します。

2018/4/25 21:56  [1422-3601]   

一応ですが、私の方は場所を提供する立場にあるわけですが、相手の情報を持っていません。よって、フォーカルさんには仲介者の役割を果たしていただく必要があります。直接の交流があれば必要なことはこちらからお伺いすればよいのですが、できないので仲介していただく必要があるのです。

基本的なこととして、今回の試聴会では私が家主なので、全体を取り仕切って主導する立場にあります。これは私が住んでいる家でオーディオを鳴らしますから、環境的にどこまで許容できるのか把握していますし、機器も私が所有しているものなので当然のことです。相互に何度も訪問している間柄とはじめての訪問では、緊張や遠慮などいろいろと違うところがありますから、一般常識として織り込んでいただきたく思います。

知らない人の家にはじめて訪問するとなると、大抵の人は緊張します。さらに今回は当人同士に交流がなく、お互いがどんな人物であるのか知らないのですから、仲介者が取り持つ必要があります。当方は迎える側なので余裕がありますが、相手の方はそうでもないと思います。主賓の映像鑑賞中にゲームをされるというようなことを書かれているように見受けられますが、ゲームは自宅でもできるものですから、ご遠慮いただければ嬉しく思います。はじめて訪問する主賓を放置してゲームというのは、いかがなものかなと思うのが率直な感想です。

暗室での鑑賞は疲労も伴いますから、適度に間を取りながらの進行で問題ないかと思います。いずれにしても映像鑑賞で30分や1時間の放置というのは、はじめての訪問であることを考えると常識的にはないです。店舗などではあるかも知れませんが、一般家庭ではないのではと考えます。

2018/4/25 23:53  [1422-3602]   

確認しておきますが、段取りというのは当日の負担を軽減するために行います。やることを増やすのではなく、やらなくてもよいことを選別したり、全体の運行をスムーズに執り行えるように準備することを意図しています。そういった主旨を踏まえてご協力いただければ助かります。

当方からいくつか質問していますが、先方がどのように考えているか、あるいは要望なり希望なりがある、またはすべてお任せするといった意向を汲み取れるような書き込みがまったくありません。すべてはフォーカルさんの推測で主観的に決定されており、これでは相談とは呼べません。先方に何の要求もなく、こちらの進行にすべてお任せするということでしたら、その旨をお伝えください。また、当日に変更があっても構いませんから、どれくらいの時間を取れそうかもご確認ください。

動画の鑑賞がメインではありますが、それは有機ELで観たときの画質や印象がどうなのか体験するということが目的であって、コンテンツ自体の鑑賞は副次的なものです。通常は画質が際立つような場面などをいくつか抜き出して短時間再生するのがよく、冒頭から30分流し続けるといった手法は時間の消費が大きく、目的も曖昧になるので回避したく考えています。これまで何度か用意された映像を長時間鑑賞するというのがありましたが、作品自体を観るのはソースをお借りするなどしてあとでできることなので、テンポよくやって行きたいと考えています。映像を見過ぎた結果、時間がなくなってほかのことができなくなったり、帰宅時間が遅れるといったことがありましたので、留意していただけると幸いです。

また、当方の根底にある考えとして、成果を上げるというのは主たる目的ではなく、訪問を通じて交流し、この人物はこういう環境でこういう機器を所持し、こういう考えでオーディオしているというようなことを知っていただくというのが何よりも大切であると考えています。そこで共感する部分があれば交流が続くこともあるでしょう。こういった考えについてはこれまでも何度か説明しているので、ご協力いただければ幸いです。

2018/4/26 02:46  [1422-3603]   

上旬の訪問では、アニサマのテレビ放送を編集したディスクを3枚用意しておりますので、これを渡すとともに下旬に再生しようと考えている曲を一緒に観ていただきたいと考えています。各楽曲は5分程度なので、アニサマから2曲、山本彩から2曲、これをプレイヤーを切り替えて10分+10分といった感じで再生したいと考えています。準備など含めるとこれだけで30分くらい使うでしょう。フォーカルさんが同じようにやったとして、そこですでに1時間になります。たった4曲の再生でもそれくらいの時間は過ぎてしまうので、1つのコンテンツで30分、1時間といった再生は現実的ではありません。

これまでにも映画を冒頭から長時間観る、坂道などのプロモーションビデオを長時間観るということがありましたが、主旨の説明もないまま漠然と見せられても、どうしていいのか分からないというのが率直な感想です。どこまで再生するのか知らされないままずっと見続けるというのは、あまり居心地の良い物ではありません。ですから、そちらが用意されるコンテンツについても、見所をピックアップしたいと考えています。そういうこともあって事前に打ち合わせや相談をしようということです。

あと、有機ELテレビを完成度の高い暗室で観るという体験自体、そうそうあるものではないですから、この機会に観ておきたいというコンテンツが先方の所有するものの中にあれば、それをじっくり鑑賞していただきたいと考えています。普段から見ている作品であれば、どこがどう違うとか、気になるなどの意見も得やすく、当方としても得るものが大きいと思われます。

当方は準備はできますが接触はできませんので、調整にご協力いただければ幸いです。


2018/4/26 05:11  [1422-3604]   

立川ブラインドのロールスクリーン。 2本配置したが、3本目を中央にかける予定。 現状はこんな感じです。

暗室の工事中です。窓からの光はまったく入りませんが、テレビの発光が強くなったときにヤマハの白い調音パネルが気になるので、立川プラインドのロールスクレーンを設置する工事を進行中です。これまでは工事中で配線が散らばっていたりすることもありましたが、今回は訪問までに期間があるので間に合うかと思います。

2018/4/30 11:34  [1422-3616]   

X800について

前回は1週間ほどお借りしましたが、平日しか運用する時間が取れず、結局は地上波の再生でBDZ−EX3000と同等くらいの画質はあり、傾向が似ているということしか確認できませんでした。Blu-rayも再生はしましたが、ちょっと観た程度です。このときはまだテレビの設定が追い込めておらず、観ては設定を繰り返すという状態でした。

そもそもBlu-rayについては前のテレビの性能が低かったこともあり、早くから投げてしまってリファレンスに使っているソースもまったくといっていいほどなかったです。ですが今は落ち着いていて、同じソースを何十回と繰り返し観る状態になっているので、以前よりはいろいろ確認できるのではないかと思っています。まあ、買ってしまうという手もありますけどね。ここではOPPOを所有されている方も観られるということなので、なるべく情報を得てからの方が納得して購入できるかなと思ったりしています。

2018/5/1 18:47  [1422-3623]   

パイオニアのBlu-rayプレイヤーLX88の画質について、絵作りや立体感でソニーのレコーダーEX3000に及ばないと感じられる部分があったことについては、色空間であるRGBとYUVについての認識が折り込まれていなかったことが影響しているようです。この設定は画質調整ではなく基本設定になっているので、前のテレビでいじっても効果なしということで忘れ去っていました。

「フルレンジとリミテッドレンジの違い【RGB・YUV】

http://aviutl.info/full-range-limited/

ところが今回、Blu-rayで徹底して画質を追い込んだところ、非常に大きな影響があるということが発覚しました。まだどれがどうとか相性の違いを把握できていないのですが、映像についてはYUVの方がよい場合も考えられるようです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/YUV

4:4:4
Y, Cb(Pb), Cr(Pr)の各成分を水平画素に関して各成分4:4:4の割合で記録する。つまり以下で説明する4:2:2や4:1:1等と違い、信号を間引かず全て記録するので最も高画質のフォーマットである。

4:2:2
一般的な業務用ビデオに採用されている方式で、Y, Cb(Pb), Cr(Pr)の各成分を、水平に4:2:2の画素割合で記録する。すなわち、水平に並んだ画素に1,2,3,4,5,6,7,…の番号を振った場合、Y信号は1,2,3,4,5,6,7,…の各画素について情報を記録するが、Cb(Pb)とCr(Pr)については1,3,5,7,…の画素のみの情報を記録し、再生時には画素1の色差情報を画素1,2に適用し、画素3の色差情報を画素3,4に適用し……という具合に補完する。

とあるのですが、4:4:4で設定すると立体感が出てきます。ただ、いろいろソースを替えて比較しないとなんともいえない部分もあります。

コントラストについても最大がいいかというと微妙な部分があり、ディティールもノイズとの相性があります。こういったこともテレビの性能が向上することによってはっきりと見えるようになってきた部分ですね。なんとか訪問日までには機器の性能の把握を間に合わせたいです。ゲームの画質については、当方に所有している機器がまったくありませんので、どのような設定で受けるのが良いのか調べて置いていただけると助かります。

いずれにしてもLX88については評価を見直すことになりそうです。結果的には売却を思いとどまって良かったかも知れません。。。





2018/5/8 07:54  [1422-3626]   

このサイトにBlu-rayなどで映像を再生するとき、RGBでは明るさについての情報が損なわれると書いてありますね。これで発色が悪い、立体感がないなどの原因がはっきりとしました。一方でゲームなどのCGではRGBが良く、ソースがどのコーデックを使用しているかによって使い分ける必要があるようです。

https://freesoft.tvbok.com/tips/encode_t
ips/rgbyuv.html


やっぱりちゃんと調べないとダメですね。LX88をゴミにしてしまうところでした。

2018/5/8 09:12  [1422-3627]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

昨日は雨天の中お越しいただきましてありがとうございました。
BDに関しては気を使わせてしまいましてすみませんでした。
頂いたBS録画で十分です。ありがとうございます。
ご帰宅後といっても23時半からですが途中再生した卒コンLV TSファイルを通しで見てみました。

午前3時ごろまで見ていましたがやはりエアコンを使わない時季の雨天後日曜夜間は音質画質とも高品位になります。
音声はAAC384Kbpsですがこのビットレートでライブものだと全く音質は気になりませんでした。
この点はアニサマ/異世界食堂共通ですね。
まぁ、たま〜にようつべ直での再生でも品位の高さにぉっと思うことはあったので、システム依存の部分が高いんでしょうけれど。

就寝前20thシングルシンクロニシティを軽く再生してみましたが、19時半再生したものよりもまだ印象が良くなっていました。
音の浸透圧が上がるというか、寝起きのシステムと温まってきたシステムの差異の延長線上の変化です。
カメラで言うと絞りを絞ることで各種諸収差改善と被写界深度が深くなるといった感じでしょうか。

システム自体は非常にニュートラルです。
ずっとうちは無色系ですが、熱気や押し出しは以前のADAM S2X+Mytek Stereo192-DSD DAC+TASCAM
DA-3000時が一番でした。
メーカー別に見ると@Mytek ARME BGRACE Desginでしょうか。
もちろん世代も価格帯も違うので一概には言えませんが。

ただ明瞭ストレスフリーサウンド/無色系ニュートラル/浸透力の高さは共通する項目です。
今のシステムは他人行儀にならない範疇で適度な押し出しを持っています。
押し出し強くシャープすぎて耳が痛くなるサウンドでもありません。
Al-Mg MシェイプドームツィーターなのでADAM X-ARTツィーターのほどヌケのよさはありませんが(あれは次元がまたひとつ違う)メタルドームらしい適度なキラキラ感は心地よいです。
アルミニウム/マグネシウム合金なのでアルミ単体よりは耳に痛くならないですし。

DACのm900もm90xシリーズの前評判から自分からして少しでもぬるいサウンドだったらどうしようと思っていましたが、実際はよりニュートラルになりつつも輪郭がハッキリしつつ明瞭かつ浸透力もあり、適切な実在感(押し出し、音が前に出る感じ)があるサウンドでした。
そういう意味で荒々しさ、じゃじゃ馬感、熱気というのは以前よりも半歩後退していますが、満足度は決して大きく下がっていません。
扱いやすさやシステム規模、1点10万以下というシステムとしてはむしろコストあたりの満足度は高いです。

EVE Audio(2011)あたりからミドルエントリークラスのパワードの設計もより熟成してきて、高級スタジオモニターほど設置に対してシビアではなくなってきており、SHAPE40はさらにその点の扱いやすさが熟成された感があります。
多少ラフな扱い(設置)でもあらかた製品がもつ性能を発揮してくれます。
小口径ならではの反応の速さ、バスレフのデメリットを解消したダブルパッシブラジエーター
Al-Mg合金メタルドームながら35KHz±3dbまで伸びたツィーター。
そして正確にソースの空間情報も再現してくれる特性からサイズ以上サイズ比1.2倍くらいのサウンドを奏でてくれます。

ちなみに空間表現ですが、PCデスク天板とPCモニタ画面の影響を受けるデスクトップサイドのニアフィールド設置ではありますが、奥行き感はそれなりながら上下左右の空間は比較的広いように感じます。
以前、スタジオモニターは中望遠Macroレンズのようなものとあらわしたことがありますが、まさにそのような感じで5倍双眼鏡で覗いてるような距離感に思います。

m900の機能でクロスフィード回路機能がありますが、これはDSP回路ではなくアナログ回路でヘッドホンだけではなくRCA出力でも有効です。
有効にすると左右音場が狭まり、センターに定位が集中し密度が上がる印象です。
ライブ映像だと効果がわかりやすく面白いです。

デジタルフィルターですが
F1=シャープロールオフ/リニアフェイズ
F2スローロールオフ/リニアフェイズ
F3=シャープロールオフ/ミニマムフェイズ
F4=スローロールオフ/ミニマムフェイズ
のうちスローロールオフなF2/F4が好みのようです。

デスクトップ配置ではなく並行起きにしていた前回はF2が好みでしたが、デスクトップリスニングな今はF4が好みです。
聴感上はF2がややスピーカー軸内(内側)での音場展開になり微妙に密度が上がったように感じます。(センター定位がやや強くなる)

-コンプレッション感が少なく、人工的に強調された高音を伴わない、アコースティックな
音楽/音源に最適です。トランジェント前後のリンギングレベルは非常に低くなります。

F4になるとスピーカー軸上〜やや軸外(スピーカー外側)にまで音場が広がります。
スピーカーに近づいた状態でより聞く場合はF2が好ましくなりますが、通常の距離感(キーボードタイピングする距離)ですとF4のほうが好みです。

-コンプレッション感が少なく、人工的に強調された高音を伴わない、アコースティック
な音楽/音源に最適です。トランジェントによって引き起こされる極めて低いレベルのリンギングを含みますが、リン
ギングはトランジェントの後にシフトされます。


リニアフェイズは周波数ドメイン、位相ずれがおきない代わりに演算コストが高いためトランジェントに悪影響
ミニマムフェイズはタイムドメイン、逆に位相ずれがおきやすいので音色に多少悪影響がある。

ロールオフ
スピーカーネットワーククロスオーバーと同様な概念の捉え方でいいのか?
短形波応答に対するリンキング発生量と時間に影響する。過渡応答特性の観点においては、フィルタ設計方式によるインパルス応答に対するプリエコー/ポストエコー(単一パルス信号に対する応答性で、フィルタ設計方式により単一パルスの前後に発生する過渡波形のこと)の発生量と時間にも影響する。

スローロールオフは定位のよさが特徴だがF特が平坦にならないらしい

2018/5/15 00:19  [1422-3634]   

おはようございます。

こちらもどうもでした。かなり長時間夜遅くまでみていたんですね。寝起きは耳の疲れや聴感もリセットされるのでいい音に聞こえることが多いです。また遊びましょう。

2018/5/15 07:49  [1422-3635]   

スレ主 FOCAL GRACEさん  

X800画質設定ですが、カスタム2のまま放置されてました。
カスタム1ですと黒がより締まるようになりました。

2018/5/15 23:18  [1422-3636]   

GRACEさんへ

例の案件もあり時間がなく、X800をじっくり見ることができていません。2KのBlu-rayでは、パイオニアの方が画質は上であると思われます。ただ、これはメインとなっている被写体にフォーカスして見るのか、全体を見るのかという違いもあります。

パイオニアの場合は全体の解像度を満遍なく上げることによって空間表現や立体感を作り出しています。一方のX800は被写体とバックを対比させることによって立体感を生み出しています。オーディオで言えばパイオニアはワイドレンジのフラット、ソニーの場合はミッドレンジの充実によって全体のクオリティーを補う。音質については聴いてすぐに分かるような大きな差は感じませんでした。

2018/5/16 17:47  [1422-3637]   



個人的に考えや経緯をまとめるだけのスレッドなので、途中でやめたり、あとで消す可能性が高いです。

2018/3/15 22:25  [1422-3527]   

液晶テレビと有機ELテレビでは、よく「黒」の表現力が違うといわれる。しかし、普通に液晶テレビを見ていても、スタインウェイが出てきたらピアノブラックを艶やかで深みのある黒として認識することができるし、実物と比較しても不満を感じないくらいの表現は可能である。頻繁に出てくる人物の黒髪も十分な黒さで表現することができる。しかし、それは黒く見えるというだけであって、黒の表現力というのはまた別のところにある。

夜のシーンや洞窟の中、あるいは宇宙空間などが舞台になると、コントラスト比を十分に活用することが困難になる。液晶テレビは最大輝度をあげることによってコントラスト比を稼いでいるわけだが、全体的に暗いシーンになると明るさの対比による表現が困難となり、ただ暗くなっただけで画質が大幅に低下する。深みのある黒を強調した調整をすると段階調表現が損なわれてしまい、暗闇の中で起こるアクションシーンなどでは、いったい何が起こっているのかすら認識が困難になったりする。もちろん、明るくすれば見えるようにはなるのだが、暗闇の中でという臨場感は損なわれる。これとは逆に全体的に明るく偏っているシーンにおいても、液晶テレビは有機ELに対して細部の段階調表現で不利だと考えるのだが、これは実際に作品を見ないとなんともいえない。

2018/3/15 23:10  [1422-3528]   

「黒」の表現には別のものもある。作品の中で登場人物が気絶したり、あるいは建物などが倒れてきて下敷きになったり、そういうブラックアウトのような場面では真っ黒になることが望ましい。しかし、液晶ではどうしてもぼんやりと光が見えてしまい、完全に真っ黒にすることは難しい。最新の機器を所有していないので断言はできないが、このあたりの表現でも有機ELが勝るのではないかと期待するのである。こういった部分については店頭での確認は困難である。実際に自宅の暗所で再生してみて期待通りになるか確認する必要がある。そうはならない可能性ももちろんあるので、この目で見るまでは期待は期待のままである。

2018/3/15 23:25  [1422-3529]   

・テレビ画面の大きさの選定について

部屋の大きさの制限から55インチにするか、65インチにするかの2択だった。ただ、どのメーカーでも55インチから65インチにすると価格が2倍近くになってしまう。そうなると価格に見合うだけの満足感が画面の大きさによって得られるかということになるのだが、このイメージを得るために65インチテレビの画面の幅を調べ、視聴位置から同じくらいの大きさに見えるように壁掛け金具のアームを伸ばして現在使用している55インチテレビを近づけて観てみた。すると、そのまま普通に見られる状態だったので、65インチの大画面を得たいなら55インチテレビを近づけてみればいいということになった。もちろん、65インチテレビを近づければさらに大迫力の画面サイズにはなるが、視界からはみ出す部分も出てくる。

このほかにも扱いやすさ、強度に対する不安、録画したテレビ放送を見たときの画質に対する懸念などもあり、高価格な65インチテレビの導入は見送ることになった。

2018/3/16 22:15  [1422-3530]   

・LGの有機EL導入で懸念される部分

これは録画したアニメをメインのレコーダーであるソニーのBDZ−EX3000で再生したときの画質がどうなるのかにつきる。テレビ放送をリアルタイムで観ることはほとんどないので、地上デジタルの画質についてはそれほど気にしていない。クラシック音楽館などは地上デジタルであるが、NHKの放送はビットレートの高い物が多いので、そういったソースの情報量とEX3000の補正で、とりあえず観られる画質になればしのげる。

アニメの場合は絵作りで対応することが多く、テレビやレコーダーの設定も大きく着色する方向へいじることが多い。ただ、いじってもテレビのパネル性能の悪さによって追い込めない部分が存在し、有機ELでパネルのポテンシャルが向上した部分で、補正の幅が縮小する部分が埋められるかどうかである。いずれにしてもレコーダーやプレイヤーを用いて再生する視聴スタイルなので、デジタルノイズの処理やクリエーションは上流でなんとかなるだろうと見込んではいる。ただ、相性や好みの問題があるので、実際にやってみないことには満足な画質になるかどうかは分からない。これは店舗の視聴では確認しきれない部分なので、結局は買って試してみるしかなかったのだが、その結果がどう転ぶかである。

2018/3/17 00:34  [1422-3531]   

最初に設置した状態。 LGの有機ELテレビは背面の質感がとにかく高い。 背面の金具がはみ出しているが、思ったほど見た目は悪くならなかった。 テレビを外したこともあり、ついでにデッドニングも丁寧に行った。

取りあえずは設置が完了し、ほぼすべてのシステムが落ち着いた状態になった。設定で追い込めていない部分がまだ多いが、テレビを生活の中で活用していける状態にはなった。設置については必ずしもベストではなかったが、なんとかして不便なく運用できる状態にまでは持って行くことができた。製品の性能などについての感想はおいおい書いていきたい。

2018/3/18 18:23  [1422-3532]   

センタースピーカーに当たるギリギリまで前に出した状態。壁からは40pほどになる。 画面を奥へ押し込んで壁から10pくらいの位置にした状態。 前に出した状態。実際の視聴ではかなり大きさが変わる。 消灯した状態。暗闇に画面が浮かび上がる。

設置では高さでやはり計算違いがあって、不満足な状態での設置をしてられた。ただ、結果的にはギリギリの高さに設置できたと考えられなくもない。あと5p前に出せるようにするために1p上に上げるかどうか。手間もリスクも生じるので、このあたりで収まるならおさめたい。すでにやや見上げなければならない高さなので、運用しながら考えていきたい。

2018/3/18 18:34  [1422-3533]   

テレビでは放送を録画したアニメを観ている時間がもっとも長いのだが、真っ先に主力の録画・再生機器であるソニーのBDZ−EX3000で画質調整を行った。品質に関しては全体的に上がっており、多少気になる部分もあるにはあるが、ほぼ不満のない状態であるといえる。こういったテレビの買い換えでは前機種より1つでも悪いところがあれば失敗したと感じてしまうこともあるが、今のところ悪くなったとはっきり言える部分は画質面ではないといえる。ただ、細かな色や発色では自分の好みに追い込めていない部分もあり、視聴しながら調整を進めていきたい。

前機種が古いこと、録画をほとんどBSデジタルで行っていること、レコーダーを使用しているなど条件の違いはあるが、単純にモニターとして有機ELはアニメ放送でも高いクオリティーで映し出すことが可能であると考えても良いと思われる。明るい場面では液晶が良いと感じることもあるかと思っていたが、互角以上の品質は十分にあり、そうなると色ムラの解消による画質の向上が大きい。

2018/3/19 10:33  [1422-3534]   

「黒」表現と「白」表現の比較。黒は画面の端がどこにあるのか分からないほど真っ黒になる。一方で白の方は何かしらの色味が乗ってくることが多いように思う。有機ELの弱点として純白の表現などがひょっとしたらあるのかも知れないが、現状では気になるほどのレベルではなかった。参考画像はカメラの設定で色味が乗っているが実際の画面は違っていて、スキルの問題で正確な撮影は難しい。

2018/3/19 10:58  [1422-3535]   

有機ELで具体的に画質が向上した部分。

明るい部分と暗い部分を鮮明に対比させることができる。液晶では黒の沈み込みが浅いため、メリハリのない画面になってしまう。ほかにも雲の表現であったり、水の表現といった部分において、細部の写実性が増すことによって奥行きや立体感が出て現実に近い質感になる。最近のアニメではコンピューターグラフィックを多用していることもあり、テレビ放送でも風景などでかなりのリアリティーが得られる。ただ、写真では動きがないため、立体感を伝えることは難しい。

2018/3/19 11:32  [1422-3536]   

画質については設定を追い込んでもできない部分を把握しなければなんともいえないが、残像についてもノイズにしても、そのまま観て特に問題を感じないレベルにあるといえる。BDZ−EX3000で気になっていたノイズ(赤色の色ムラやブロックノイズ)があったのだが、前機種であるブラビアKDL−55HX850では顕在化していたのに、OLED55C7Pでは軽減されている。ただ、そういったノイズ処理にBDZ−EX3000より強いパイオニアのBDP−LX88で再生するとどうなるかは、まだ満足のいく画質にできていないので確認していない。Blu−rayの画質確認にもBDP−LX88の絵の出来が悪く、BDZ−EX3000を使わなければならない有様である。相性の問題だと思うが、BDP−LX88は絵を追い込むのに時間がかかると感じた。

この他には操作性もきわめて良好であり、サクサクと動くのが良い。ソニーで感じていたような遅さに対する苛立ちは全くない。ARC機能についても使い勝手が改善された。BDZ−EX3000とBDP−LX88はどちらもHDMIをセパレートして出力することができる。機能性が損なわれる部分はあるものの、画質についてはAVアンプを経由させるより、直接テレビに接続した方が高画質になると思われる。ただ、そういった接続ではAVアンプとテレビの連動機能が勝手にリンクしてしまって、強制的に入力が切り替わるというトラブルがKDL−55HX850ではあった。ARC機能を使用した状態ではテレビの入力が常にAVアンプに切り替わってしまうため、設定を変更しないとレコーダーやプレイヤーの映像を見ることができないのだ。OLED55C7Pはそういう余計なお節介をしてこないので快適に使用することができる。

2018/3/19 15:48  [1422-3537]   

ここまで良い面ばかり書いてきたが、実際に品質・機能・性能などのあらゆる面で隙のない商品である。何より20万円という安さで高品質であるというのが良い。30万円以上なら不満を感じる部分も出てくるかも知れない。

それでもあえて問題を挙げるとするなら、やはり焼き付きと消費電力だろう。これはメーカーの説明を読んだり設定などをみても、あきらかに意識されている問題である。だからといって使えないというわけではないが、そういった部分に気を遣わなければならない商品であるとはいえる。液晶では焼き付きなどはそもそも考慮する必要がない。有機ELのパネルはかなりの熱量を放射していて、近寄ると熱気がくる。それが55インチという大画面の全体から放射されているため、部屋の温度もちょっと上がってしまう。プラズマテレビを所有したことがないのでなんともいえないが、軽減されていても問題そのものがなくなったわけではないということは意識して置いた方が良いと思われる。

2018/3/19 16:08  [1422-3538]   

帰宅してから1時間ほどしかできないが、BDP−LX88の調整も含めていろいろやってみた。暗部の段階調表現は黒が入って締まった絵は出しやすいが、暗くなり過ぎる部分もあって調整が難しい。最新の直下型LEDと比較すると及ばない部分もあるかも知れない。ただ、エッジ型バックライトを搭載してVAパネルのHX850と比較すると、暗い画面においてもディティールは出ている。黒補正、コントラスト、明るさなどを駆使して落としどころを探しているが、Blu−rayでもやはり映画館の解像度や立体感は得られなさそうだった。どの映画館と比較するかにもよるが・・・

調整していて気づいた点としては、メーカーはとにかく焼き付きを非常に意識していて、パネルに負担をかけるような設定をデフォルトにするのは嫌なようである。よって標準ではきわめて発色が悪く暗い画像になってしまう。

2018/3/20 17:47  [1422-3539]   

家電大好きの大阪 さん  

2018/3/21 12:37  [1422-3540]  削除

テレビの買い換えでは、機能的な条件として映像設定のカスタムが2つ以上あることが望ましかった。これはアニメと実写では絵作りが違ってくるからで、プラビアHX850でも使い分けていた。ただ、HX850ではカスタムが1つしかなく、ほかのスタンダードやダイナミックでは設定に制限を受けたりして自由にできない部分が生じる。その点、OLED55C7Pは実質3つのカスタム設定ができるので、機能的には満足な製品だったといえる。ここは重要なのに購入前にチェックしきれていない部分だった。3つあれば1つの設定はお試し用として自由に使うことができる。BDZ−EX3000はカスタムが2つ、BDP−LX88はカスタムが3つあるので、幅広いコンテンツに対応することが可能である。機器はいずれ買い換えていくかも知れないが、当面は不満のない絵作りができるといえる。

他にも便利な機能があって、眼精疲労の対応したモードがある。画質としては劣化するので何に使うのかと思われるが、この設定は録画編集の時に力を発揮してくれる。CMカットなどの編集をするときはとりあえず映像が確認できればいいので、パネルにも目にも優しい眼精疲労モードで十分である。録画したい番組を探すだけのようなときも便利である。

OLED55C7Pはパネルの3分の1くらいにまでしか基板がなく、有機ELパネルが曲がってしまう不安は少しあるが、オーディオの音もあきらかに改善された。これはどう転ぶか分からない部分があったのだが、HX850が一枚物のガラスパネルを採用していて、前面では反射によるフラッターエコー、背面では石膏ボード反射を拾って定在波などの要因にもなっていた。それらを解消するためにカーテンをかけたり、壁掛けによって背面空間を埋めたりしていたわけであるが、ペラペラの有機ELパネルは音の反射が少ないため、前に出してもなんともない。

2018/3/21 13:00  [1422-3541]   

 プローヴァさん  

縁側承認ありがとうございます。
大きな問題が出なかったようでまずは一安心ですね。
書かれている内容は、私も同じユーザーとして納得のいく点ばかりです。

ところで、LGのOLEDといえば、地デジの画質ばかり話題になりますが、正直いかがですか?
私はもともと地デジ程度の解像度の画質に多くを求める気がないのと、化粧の上手い下手にはそれほど興味がないモニター画質派なので、今では全然気にならなくなりました。LGで見えないディテールがソニーや東芝で見えるようなことは絶対にありませんので(笑)。

オーディオの方は拙宅ではいろいろ検討した結果、パネルの前にスピーカーを出しています。その方がフロント2chの音場感がきれいに出ますね。

2018/3/22 13:33  [1422-3542]   

プローヴァさんへ

まだまとまってない部分もあるので、LGの有機ELテレビの地デジ画質について簡単に書きますね。

・LGは最初に有機ELテレビを日本で発売したときは、地デジの画質について軽視していたため、品質的にも技術的にも問題があり、そのときにユーザーから受けた悪いイメージをまだ払拭できないでいる。よって、ネットでみられる地デジ画質の評価はイメージだけで厳しい評価を受けている部分がある。ただ、現在は日本の技術者が入って技術的には一定の水準をクリアーしているらしい。

・有機ELパネルの弱点をカバーするため、標準モードの画質がきわめて悪くなっている。調整しないで観た場合は厳しい評価を受けやすい。

・細分の表現力が向上したことにより、もともとの映像の品質差がより鮮明に見えるようになったため、映像にお金をかけていないバラエティーなどの番組では厳しい評価を受けやすい。お金をかけて作っているCMなどはきれいに映し出すことができる。これは同じ番組の中でもきれいな写真など出てくればバラエティーでも高画質です。バラエティーの映像はカメラアングルでも品質にバラツキがあるし、編集のために品質を落としている可能性もあるので、バラエティーではそもそも画質を判断できないというのが個人的な見解です。あと、結局は大画面で見れば民法の地デジが厳しいというのはどのメーカーでも同じです。

総括としては、地デジは番組によってバラツキがあるため、具体的にどの放送のどの場面であるかまで言及しないと、明確に画質を評価できない。これに設定の追い込みなども加わるため、なんとなくのイメージで評価している可能性が高く、情報として信頼できない。事実確認としては自分で買って見てみるしかないが、NHKのBSプレミアムでライブなど見ると驚愕するような高画質。地デジのバラエティーではまあこんなモノかといった感じで、別に見られないというほど酷くはない。といった感想になってしまいます。

まとまりがなく、感想のようになってしまって済みません。

2018/3/22 14:40  [1422-3543]   

プローヴァさんへ

地デジの画質調整を書かれていたと思いますが、どこだったでしょうか? シネマでカスタムできるとかプローヴァさんの書き込みで知りました。読んでなかったらたぶんエキスパートがカスタムで一つしかないと誤認したと思います。調整ではまだなんのことか理解できない項目があるのですが、視聴しながら少しずつ追い込んでいきたいです。

2018/3/22 20:59  [1422-3544]   

 プローヴァさん  

画質パラメータのカスタマイズは多くの画質モードで可能ですが、画質モードによって弄れるパラメータに差があります。isfシネマ1,2やエキスパートなんちゃらは全パラメータが弄れたかと。
画質設定に関しては下記あたりでしょうか?

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000952477/Pa
ge=23/SortRule=2/ResView=all/#21144923


LGはソニーのモニターに倣ったモニター画質に近いと思います。東芝みたく絵をいじくりまわして別物に作り替えるのとは真逆の方向かと。あれは化粧じゃなくもはや整形手術ですね。東芝応援隊がディスりたくなるのは理解できますが、ソニーやパナソニックも基本的にはLGと同じ方向と感じます。
くどく味付けされた絵から移行するとモニター画質に慣れるまでは多少の時間を要すると思いますね。

2018/3/23 07:22  [1422-3545]   

プローヴァさんへ

確認できました。ありがとうございます。操作についてはまだ基本的な部分でわかっていないところもありますので、もう少し使いこなして行き詰まったとき、いろいろと質問させていただくことがあるかもしれません。

東芝の絵作りについては、レグザがタイムシフトを搭載してテレビで録画した映像を見ることが普通となったため、必然的に地上波の放送でもきれいに見えるように作らなくてはならない状況です。一方のパナソニックやソニーは、レコーダーで一定のシェアがあるため、テクノロジーを分散できます。レグザについては、内部にレコーダー的なものが最初から積んである。この認識でもいいと思います。

2018/3/23 21:20  [1422-3546]   

 プローヴァさん  

東芝が地デジをアピールするのは、素人受け狙いのマーケティングでしょう。他社だって地デジみたいな低画質コンテンツさえも評価対象にしてテレビを開発していると思いますよ。
私は東芝の地デジ画質が業界一番とは全く考えていませんし、東芝、パナソニック、ソニーは好みの差の範疇と思います。ただ、東芝の組織的応援隊は正直キモいと感じているので、そこがバイアスとして働いている部分はありますね。信者化する人も多いので功を奏していると思います。

2018/3/24 00:44  [1422-3547]   

家電大好きの大阪 さん  

2018/4/21 23:04  [1422-3548]  削除

マジックリモコンを学習型リモコンに記憶させてみた。電源ボタンだけを読み込ませると、方向キーや決定ボタンといった主要な設定が勝手にコピーされ、まったく問題なく使えるようになった。他の機器は学習型リモコンで運用しているので、ついついテレビも学習型リモコンを使って操作する習慣が染みついていたが、これまでと同じようにストレスなく電源のオンオフができるようになった。

今のところ、OLED55C7Pについては買い換えて悪くなったところが何一つない。私も長くいろいろと家電製品を買ってきたが、ここまであたりといえるような買い物はそんなになかった。

2018/3/30 06:06  [1422-3571]   

最近は帰宅してからBSプレミアムやBlu-rayのライブものを見ることが多くなっているが、かなり満足感が高い。オーディオなどだと50万もするプレイヤーとか、自分ではいいと思っても他人に勧められるようなものではない。特定のジャンルのわずかな満足感を高めるために行う莫大な投資は、費用対効果の面ではあまりよろしくない。6万円のプレイヤーから15万円のプレイヤーにランクアップするというなら是非にといえても、それ以上となると疑問符も付く。

そういった難しいオーディオの世界と比較して、有機ELテレビの画質向上はかなり明確である。しかもそれがたった20万円ほどで買えるのだから、何はともあれまずは有機ELを買ってからだといえてしまう。買えばソースに対する考え方まで変わってしまう。これまでテレビ放送のライブとかまともに見たことはなかった。それが映像の美しさに驚き、カメラワークに感心し、歌手のパフォーマンスに熱くなれる。有機ELテレビは今の価格と品質を考えると、もう待つ必要は全くなく、買わなければ時間を損すると言えてしまう。宝石を石ころと勘違いしたままテレビを見続けるのか? そう言ってしまうほどのインパクトはあるテレビだった。

2018/4/3 15:02  [1422-3577]   

家電大好きの大阪 さん  

2018/4/21 23:04  [1422-3581]  削除



オーディオや生活のことについて書いていきます。

2017/11/1 15:28  [1422-3435]   

オーディオ製品はメーカーのものであれば、基本的に高い製品の方が高音質になる。これは当然のことで、コストをかけた方が部品の選択肢も広がるし、仕方なく我慢してとか、そういう部分を少なくすることができるからだ。しかし、ただ高い製品を買ったからといって、必ずしも満足する結果が得られるとは限らない。失敗することもある。

でも、そこで失敗するのは運が悪かったとか、センスがなかったとか、そういったやらかしてしまった本人の問題であって、高い製品の品質が悪いとか、お金をかけることが悪いといった風に考えるのはおかしなものである。資金がないことも、予算が足らなくなって中途半端なバランスのシステムになってしまうのも、間違った買い物をして資金的な損失を被るのも、失敗する人間の問題である。

マジメにコツコツやって成功している人間は、安い製品の方がいいとかは考えたりしない。後ろに下がるのは前に進む力がなかった。やりきることができなかった。ただそれだけのことである。

2017/11/1 15:41  [1422-3436]   

家電大好きの大阪 さん  

2017/11/2 10:31  [1422-3437]  削除

ヤマハのDSPについてだが、ステレオでもけっこう高い音響効果が得られるようである。マルチチャンネルはオーケストラの密度感を再現する1つの手法として考えていたのだが、アニメなどを再生したときでもそれなりに演出を加えてくる。どうもプログラムで音声データを分析しているらしく、普通に何もしないモノラル同相の音声データはセンターから、洞窟に声が響くといったシーンでは音声がプレゼンスなどに大きく割り振られ、映画館ので聴くような広がりのある音になる。ここまで行くとデメリットもありそうなものだが、音の鮮烈さについてはYouTubeにアップしているピアノの音を聞けば十分に理解していただけるだろう。これはさほど高価でないシステムでも確認できると思う。ただ、アニメの音声をアップできないのは実に残念なことである。

2017/11/2 10:32  [1422-3438]   

録音については一定の情報量を備蓄する目的があるので、最低限度これくらいはというものはせっせと進めていきたい。YouTubeでは音質の劣化もあるかも知れないが、まったくなんの情報も伝えられないというほど酷くはない。欲を言えばカメラではなくビデオカメラで撮影したいが、そうはいってもお遊びなので今の低いクオリティーでも十分だと思う。

2017/11/2 13:53  [1422-3439]   

電源ケーブルは安価なものを中心にけっこう買ったが、それでも音質の比較については熱心ではない。具体的に音質の比較をやろうとするとどうなるかというと、ちょっと聴いてはケーブルを替え、またちょっと聴いてはケーブルを替え、何度も立って座ってを繰り返すことになる。そういうことが好きな人はいいが、私からしたら苦痛の時間だ。

平日の夜勤に早起きして私はオーケストラを聴いているわけだが、そのときは体も耳もコンディションが良い。まわりもかなり静かであり、かつ大音量を出すことができる。そういったさあ音楽を聴くぞというときに、ケーブルでごちゃごちゃとかない。

交換はする。でもやはり、音楽を聴くのが最優先である。生活の中で何度も聴いていく日々の営みの中で、ちょっとずついろいろなことが変わっていく。そんな感じで十分である。

2017/11/2 14:17  [1422-3440]   

最近、中村製作所のアイソレーション・トランスの中古良品を見かけ、欲しくなったことがあった。何しろ必要とするコンセントの数が多く、タップもいいものなら5万円以上はするので、だったら15万くらい出してアイソレーション・トランスを買ってしまいうのはどうだろうと思ったわけである。ただ、アイソレーション・トランスの何がいいのか具体的に分かってないし、製品の重量も30sくらいあるので、こりゃダメだとなったときのダメージを考えると手を出すことができなかった。そうするうちに売れてしまったわけであるが、もし買っていたらどうなっていたのか・・・

現状ではノイズが出て困るという環境ではないのだが、良い状態を聴いたことがないから気づかないだけで、ひょっとしたら何かあるかも知れない。ただ、そうはいってもどんな出目になるか分からない博打であることには変わりない。いずれにしても電源についてはタップなりクリーン電源なりは必要なので、しばらくは悩むことになりそうだ。

2017/11/2 17:26  [1422-3442]   

TD−M1をはじめとしたパワードの音を聞いて思うことは、オーディオ製品はマッチングが難しいということだ。特にスピーカーに対しては顕著ではないかと思う。自分がエラック310IBを鳴らそうといろいろやっている過程では失敗しまくりだったが、TD−M1はさすがにメーカーの完成品で、最初から高度にバランスが取れている。悩むことが少ない。

オーディオ製品で困るのは、1つだけ優秀な機器があっても音としては完成せず、かえって中途半端にバランスを欠いてしまうということがあるということだ。一度にすべてを揃えられる人はいいが、そうできない人はシステムが完成せず、高いからといって良いとは限らないというような勘違いをして終わってしまうこともあるだろう。いずれにしても中途半端は良くなく、すべて揃えられないなら妥協してクオリティーに制限を受けても、安価なメーカーの完成品を買うのはありだろう。

2017/11/2 18:33  [1422-3443]   

オーディオの音質については、文字で書いてもまったく伝わらない。それどころか、過剰な文章表現によって間違って伝えられることが多いように見受けられる。文章だとどこまでが本当でどこからが妄想の世界なのかわかりにくい。もし、他人の妄想を信じてオーディオをやっているとしたら、とんだ骨折り損といえるだろう。

例えば、目の前でピアノが鳴っているとしか思えない。などと書いていた人がいたところで、実際に会って話を聞いたら想像で話をしていて、生演奏を実は聴いたことがないとか、ほかの人が聴いてもそうは感じないとか、あり得るのがネットの情報というものである。それと比較すれば、劣化しているとはいえYouTubeにアップした音声はまだしも説得力があるといえる。

2017/11/2 21:52  [1422-3444]   

ネットでオーディオについていろいろやっていることや製品の情報などについて書くと、必死に自分のオーディオの良さをアピールしているとか、愉快な解釈をする人間がたまにいる。まあ、確かにそういう人もいると思うが、A氏の家でやっていることはB氏の家ではなんの役にも立たなかったり、A氏の好みの音はB氏にはお気に召さないとか、そういうことは普通にある世界である。

そもそもどのように思考すればそんな愉快な考えに至るのかまったく理解不能なのだが、メーカーが製品を売り込むためにやるならともかく、個人がやっているオーディオという物は自分が聴いて気持ちよくなるためのものなので、他人に「凄いぞー」とか言ったところでそれ自体が何か役に立つということは全くない。そんなに簡単な方法で音が良くなるなら、金も工夫も知識も必要ないといえるだろう。

2017/11/2 22:02  [1422-3445]   

休日に改めて電源ケーブルの比較をしてみた。そうはいってもどちらか片方の環境を固定できる本数を所有していないため、組み合わせの違いの比較になる。

アコースティックリバイブのPOWER MAX2とクリプトンのPC−HR1000をプレイヤーとアンプでつけ替えてみた。POWER MAX2をアンプに使用して、PC−HR1000をプレイヤーに使用するというのは、より電力使用量の大きいアンプに太いケーブルを使うということで、ごく自然に思える。音質的にも前回見られたような低音が膨れるような感じもなく、特に悪いところもなく気持ちよく聞ける音になった。

ただ、悪くはないけど音としては凡庸。具体的にどこがという指摘は難しいが、聴いていて楽しい音ではなかった。この視聴には2時間くらい使ったが、結局は元に戻してプレイヤーにPOWER MAX2、アンプにPC−HR1000という組み合わせに落ち着いた。

2017/11/7 00:16  [1422-3448]   

ここしばらく聴いていなかったドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」とシューベルトの交響曲第8番「未完成」を聴いてみたが、文句のつけようのない音質だった。この2つは古いアナログ音源なので、特に「新世界より」の第2楽章などでヒスノイズが目立つものの、空間表現や音色、音の広がりなどは実にバランスが良い。「新世界より」は生演奏を2回ほど聴きに行ったが、好きなホールでかなり良い席に座らなければ自宅で聴くような満足感を味わうことは難しい。それくらい素晴らしい出来である。ラフマニノフのピアノ協奏曲も第2番はかなりの満足度である。第3番はまだ生演奏を聴いたことがなく、なんともいえない。

オーディオをはじめた当初、カラヤンの全集にあるような古い音源はどうしようもない音だった。それをしつこく聞いてどうにか満足できる音に持ってきたわけであるが、結局のところ高音質を考えたとき、古い音源と新しい音源とではどんな違いがあるものだろうか? YouTubeにアップしたプロコフィエフのピアノ協奏曲第3番も、最初は聴くに堪えない音であったことを考えると、古くても新しくても音を良くしていく道筋は近いものがあるのではないかと思う。

2017/11/7 03:30  [1422-3449]   

オーケストラでは例え生演奏であっても音の合う合わないがあり、生演奏でそう聞こえたとしても、自宅で再現しようとも思わないし、ホールで聴きたいとも思わない音がある。フェスティバル・ホールの中央からやや後方の席で聴いたホルンやトロンボーンの音がそうで、これはいくら生楽器の音といってもお金を払ってまで聴きたくなるような音ではなかった。

同じ生演奏であっても、ホールの設計や座る位置によって音が違う。ホールでの音を理解するためには、ただ1回聴きに行きましたではなく、いくつかのホールを回ってみて、いろんな席に座ってみなくてはならない。そうしてはじめて見えくるものもある。別に見えなくてもオーディオを聴く上ではまったく支障はないが、知れば納得できる部分が生じるのは事実である。

クラシックのレーベルでいえば、フェスティバル・ホールで聴いた不快な金管楽器の音はデッカによく見られるものである。つまり、ある意味においてはデッカの方が生っぽい音であるとはいえる。ただ、何回聴いてもビリビリとひび割れるような音は不快きわまりなく、オーディオシステムのどこかに致命的な欠陥があるのではないかと疑わせる音で、驚きはしても音楽に没頭できる音ではあり得なかった。

ここで選択肢がないならあきらめるところだが、デッカがダメならグラモフォンがあるし、フェスティバル・ホールがダメならザ・シンフォニーホールがある。いずれにしても答えは複数あるようで、選択肢も同じように複数用意されている。システムそのものについてもそうであるが、何も忠実だからといって好きでもない音を聞く必要は全くない。他人のシステムを評価するようなときは、まずオーナーが何を求めてどんな思想で音楽を聴いているのか、ここを知らなければ何も理解できない。

2017/11/7 04:24  [1422-3450]   

フェスティバル・ホールの音にどうして問題があるのか?

これについて考えてみたが、やはり多目的ホールであるというところに無理があるだろう。オーケストラであればそうでもないが、演劇などになると背面に席があるアリーナ形式にはメリットがない。客を入れることができないからだ。それなのにザ・シンフォニーホールの約1700席に対して、フェスティバル・ホールは2500席ほどある。もちろん、満席にできれば1回の公演での収益も上げることができるが、客席は縦に長くなるので、効率的に後ろの座席にまで音が届くように設計しなくてはならない。それも楽器の音だけではなく、演劇などに対応して人の声が明瞭でなくてはならない。

そういう設計思想のもとに作られているため、オーケストラを聴くと弦楽器の音の減衰に比較して、ホルンやトロンボーンの音が不必要に抜けが良くなりすぎ、バランスを欠いた音に聞こえるのではないかと思う。いずれにしてもザ・シンフォニーホールでも前の方で聴くことが多いので、後ろでどう聞こえるかの比較はしなければならない。

2017/11/7 05:15  [1422-3451]   

ピュアオーディオとAVオーディオの組み合わせについての質問について、何度か価格コムのスレッドで応対しているが、いざ書こうとするとけっこうな労力を必要とする。書きたいことは自分の経験に基づいてのものであり、今もいろいろやっていたりするので、あれやこれやとあるのだが、自分でやるのとやっていることを書き出すのとではずいぶん違う。縁側にまとめて書いて置いて、それを見てくださいとかやった方が楽な気がするが、今までそういうことを書いていって続いたためしがない。でも、今回はさすがに書いておくべきかなとは思った。

2017/11/18 19:05  [1422-3460]   

今日は5時間ほど機器の暖機を行って用意したのだが、結局は1秒も音楽を聴かないまま夜になってしまった。やはり疲れが溜まっていたらしく、まともに動き出せるようになったのは夕方の6時くらいだった。そうなるといろいろ用事もあるので帰宅は夜の8時を過ぎてしまい、もうオーケストラを聴くには苦しい時間である。

平日は5分、10分の時間であっても、何かしら有効に使おうとしてちょっとした片付けなどもしているのだが、日曜日に何時間もぐったりして過ごしてしまうと、時間の浪費が実に痛い。ただ、ここで活動しなければと思っても、そうする気力がそもそもわかないというのが疲労のやっかいなところである。何か強制的な用事があればともかく、主体的に趣味をやろうとするとき、気力の充実は不可欠である。

2017/11/19 21:35  [1422-3461]   

最近、いろいろ不満の多い出来事があった。当初から私が主張しているように、それほど特に大きな問題ともならない物事について、個人的な感情で横槍を入れてくる人物がいる。そうすると小さな間違いや勘違いでしかないものが、実に大きな物事に発展してしまう。何度も繰り返されたら無視するのは当たり前ではないかと思う。当方はもう相手のことをどうでもいい存在にしか思っていないので、これは純粋に負担にしかならない。

私は私なりに経験したことがあり、そこで知ったことをアドバイスした結果、役に立つこともたまにはある。個人がすべての質問に対して完璧な回答をできるわけではないのだから、他人のアドバイスを邪魔するというなら相応の理由が必要だろう。

難しいのは今後である。運営が削除することなくとことん相手をすれば、こちらに「理」のあることはいくらでも示すことができる。要は書いていることが正しいか間違っているか、正確性をどこまで追求しているか、そんなことはさして重要ではない。そうはいっても相手が勘違いしたままなら、同じことが何度でも起こるだろう。うんざりする。

2017/11/20 00:12  [1422-3463]   

最近は年末で仕事が忙しくなってきたことと、寒さのためかいろいろと体調というか身体の部分的なパーツに問題が生じることが多くなり、夜勤に早起きして音楽を聴くという生活スタイルがやや苦しくなっていた。十分な休息と睡眠も確保できず、仕事中に苦痛を感じることが多くなり、睡眠時間を削ってまでオーディオを聴くのはどうかとか、そもそもそこまでするほどのものなのかなどなど、いろいろ余計なことも考えるようになっていた。そうはいってもまったく聴かないという生活も考えられず、そういう欲求と体調が噛み合わないときは、どうせならといつもはかけないCDを聴いてみる。

今回、そういった経緯で再生したのはカラヤンのボックスから1960年代に録音されたベートーベンの交響曲第5番「運命」だった。これは説明するまでもなく誰もが普通に知っている有名曲であり、長さとしても適度でこれを聴かない理由はなんだとなってしまうのだが、要はいい音に聞こえなかったから鳴らしていなかったのだ。どうしていい音に聞こえないのは不明なのだが、聴いていいと思わないのだからどうしようもない。それで、長らく外し続けてきたのだが、環境も大きく変わっているので再生してみた。

それでどうなったかというと、まあ素晴らしい音だった。ただ、そうだろうなと納得して終わってしまい、感動が薄いというのが問題といえば問題かも知れない。いずれにしても低音の厚みの不足が致命的であったとあっさり気づくことができた。この「運命」は生演奏も聴いているし、音的には衝撃的に感動してもおかしくはなかったのだが、このあたりはやっぱり不調なときに音楽を聴いても感動は軽減されてしまう。ただ、いつも安定した満足感を求めて同じ曲ばかり聴いてしまうので、そこから外れたのはよかったかも知れない。いいかどうか解らないCDを聴くとせっかくの時間が台無しになってしまうのでいつもはやれないのだが、何もそこまで満足感に固執することもないかも知れない。

2017/11/25 05:20  [1422-3468]   

売っても値段が知れているので活用してみた。 これで一通り揃ったことになる。 すべて目分量なのでまあこんなもの。多少の誤差は出る。 音圧レベルはどうもフロントを基準とするようで、パワードの方を微調整してある。

忙しい中でも時間を見つけてAVシステムに手を加えた。遊んでいたNF−01Aをサラウンドバックに使用して11.2チャンネルの環境を完成させる。縦長の空間を使用しているので多少いびつになっているが、急いでやった割にはまあまあの出来かなと思う。

AVではプリアンプを使用してシステムを組むならパワードモニターはおすすめである。何しろ10メートルのXLRも業務用のマイクケーブルなら2600円くらいで買える。ヤマハではそもそもプロ仕様なので極性の心配もないし、アンプを置くスペースやマッチングを考える必要がないというのも大きい。また、フォーマットが古くなったらプリアンプだけ買い換えればいいし、故障や品質についても個別に対応することができる。

2017/11/30 21:38  [1422-3471]   

パイオニアのBDP−LX88の設定を追い込んでみたが、高額機器というものは使い込んでみないとわからない。意外なところに使いこなしのポイントがあったりする。

そもそもLX88を導入したのは、Blu−rayに録画した映像を高画質・高音質化して観ることにあった。録画ではなくBlu−rayを買って観れば高画質・高音質になるのはわかっていたが、あまりにもコストがかかりすぎる。BDZ−EX3000より少しだけでも高品質になればいいわけで、LX88ならあっさりクリアできるだろうと考えていた。だが、実際に使ってみると問題が多発した。

もっとも問題だったのは立体感の乏しさである。EX3000と比較しても、明確に奥行き感で劣っている。また、金色に輝いて見えるはずの画像が真鍮のような鈍く曇った色に見えたりするなど、がっかりとしか言い様のない画質のオンパレードであり、使い勝手も悪く、ほとんど使用することがなくなり置物になっていた。パイオニアに技術力がまったくないとかまでは考えられなかったので、おそらくは2Kの時代遅れのテレビを使っているためか、あるいはKUROなど自発光のテレビを所有するユーザーを狙った絵作りになっており、いずれにしても古い液晶テレビとのマッチングが致命的に悪いのだろうと考えていた。

ところがである。意外な設定の工夫によって問題が解決された。今はソニーのブラビアを使用しているのだが、これに搭載されている4倍速モードのモーションフローを「標準」に設定するのである。モーションフローは動きを滑らかにする目的で搭載されていて、インパルス、クリアプラス、クリア、標準という設定になっており、インパルスがもっとも滑らかな映像になる。ただし、暗くなってしまうので実用できるのはクリアプラスまでであり、十分な明るさを確保できるなら上げることはあっても下げることは考えないものである。だが、プレイヤーがLX88の場合は、モーションフローを標準にしてバックライトを3くらいまで暗くして、明るさも50程度にした方が映像に光沢感が出て、奥行きも得られるのである。

こうなって使えてくると音質面では優位性も高く、ノイズを補正する性能もEX3000より遙かに高いため、録画した番組はBlu−rayに焼いて観た方が満足感が高くなる。こういうのは使いこなしとしてレビューを書いた方がいいような気もするが、そもそも古い液晶テレビで放送番組を観るという人が多いとも思えず、まあ役には立たないだろう。最近は特に面倒な気持ちの方が強くなり、自分だけで使いこなしていったら目的は達成できるのでどうでもいいような気もしてきた。よっぽど余裕があったらここに書くくらいがせいぜいだと思う。

2017/12/10 20:46  [1422-3475]   

いや、最初からこれを買っておけばよかったですね。私はネット(パソコン)のゲームをほとんどしないので、こういうものがあるということすら知らなかった。光るキーボードを導入しようとしたきっかけは「ネト充のススメ」というテレビアニメで、主人公が使っているを見て、こういうものがあるのだと知ったのだった。ちょっと考えればありそうだと思いつきそうなものなのだが、発想できなかった。

和室にPC環境を構築したのはいいが、照明をどうするのかが悩ましかった。前に持ってくるとまぶしいし、部屋の照明では自分の影になってキーボードが見えずらい。それでLED照明で手元だけ照らしたりしたのだが、見え方や配線などいろいろとパッとしなかった。

今回購入したキーボードは光の色や強さの調整など自在であり、低価格なのにコードなどにもコストがかけてあって大満足である。短期間で壊れなければ良い買い物だと思う。

2017/12/11 20:44  [1422-3477]   

最初はこんな状態。 見た目がもの凄く悪い。 シールで装飾する。 照明を暗くして離れてみると安い棚板だとは解らない。

エラック310IBを苦肉の策としてAVラックの上に配置したわけてあるが、高さがベストではないという問題が発生していた。ストレスレスチェアは着座位置がやや高めなこともあり、角度をつけても十分にスピーカーの正面が自分の方へ向かなかった。

この対策としてAVラックの下にボードを入れることも考えたが、合板を使っても御影石を使っても問題が多く、セッティングのなども考えて直接スピーカーを持ち上げた方が良いということになった。ただ、それに使う御影石などをオーダーして作ってもらうにしても、大きさや高さ、設置したときの見た目がどうなるのか想像できないと、寸法の指定が難しい。

そこでやってみたのが、廃棄した本棚の棚板を利用する方法である。本箱自体は粗大ゴミに出したが、棚板は何かに使えることがあるのではないかと思って取って置いたのだ。設置してみると形も出音も悪くない。ただ、木くずが落ちるし、見た目が非常に悪い。テストなので別にいいのだが、来客もあるので外観を整えることにした。使用したのは例の100円のシートで、これは引っ張っても伸びないし、折り目もつかない上に、強度が高いので非常に重宝した。貼り直しても丸まらないし、こういった用途にはもってこいである。

2017/12/16 11:18  [1422-3478]   

質感は値段なりといったところ。 角を斜めにカットしているため、上面が狭くなっていて製品とのバランスが悪い。 光が反射して白いラインが見えるのもよくない。

クリプトンのオーディオボードを導入した。この動機となったのはAVラックの底板の薄さで、配線作業で頭を乗せたとき、ミシミシと音が鳴っていた。そんなに厚みのない合板で下は空洞になっているだろう。四隅はそこそこ強度があるとは思うが、CX−A5000が5本目の足などいって中央にもフットがついているので、これはボートが必要ではなかろうかといった次第である。

ただ、ラックの中に入れることを前提としたボードでは種類が限られるため、これがベストという選択もなかなか難しい。今回はおよそ4p厚のクリプトンを購入し、簡単に設置できるLX−88の下に敷いてみた。問題点がいろいろあるが、製品のというより用途に合わないといったところだろう。年末までに本命のボードを決めて導入したい。

2017/12/18 23:11  [1422-3479]   

エラックのサブ・ウーファーであるSUB−2060Dにスパイクを取り付けてみた。アマゾンで8個4000円くらいで売っているもので、どこの製品かもよくわからないような品物である。ただ、あまり高さの出ない円錐形の製品となると非常に限られており、しっかりグリップさえすればなんの問題もないので本製品を導入してみた。

スパイクの品質はそれほど高くなく、真鍮と思われる先端部分は尖らせたときのバリが残っており、ヤスリで削るなどの作業を必要とした。それ以外はごくごく普通。取り付けは厚さ1ミリ程度の両面テープがあったので使った。これまでどうしていたかというと、最初に買った製品は何もしないでそのまま置いていた。次に中古で買った製品は前の持ち主が丸いゴム足をつけていたが、何もしないでこちらもそのまま使用した。もちろん、左右で揃えた方がいいには違いないが、取りあえずは導入してみてということでそのままになっていた。

サブ・ウーファーについてはいい加減にやっていて、RCAのケーブルも左右で違うし、かなりの安物。プリメインアンプに繋いでいるケーブルもモンスターのXPを流用している。まったくやる気のない状態である。でも、だからといって具体的にどこが悪いとか、わかるような音でもないというのはYouTubeにアップしている音を聞けばわかると思う。音楽を再生しているときに左右のサブ・ウーファーの音が違うとか、わかる人間とかいないだろう。

そうはいってもAVの計測では常に左右で音圧も広がりも違う音が出ており、気になったので左右のサブ・ウーファーを入れ替えてみた。こういう左右の音が違うので配置を入れ替えるというのはこれまで何度となくやってきたが、結局は部屋の影響で違った音になるという結論がお決まりになっていた。今回もそうで、左右を入れ替えても音の違いは同じだった。AVアンプの補正でも左右で2デジベルの違いがあるのだが、実際に聴いても音量に差がある状態で、それは部屋環境に起因するものとはっきりした。

スパイクは音質向上の目的もあるが、電源ケーブルを付け替えるなどしただけでも動いてしまうのが大問題で、実用の面からやらなければならない状態だった。

2017/12/26 21:23  [1422-3480]   

縦長で重さもさほどないので横へ倒れてしまう。 そこでGOURD(ゴード)のGAMT−600を導入。 安定感があり、見た目にも落ち着いた雰囲気である。

電源タップにGOURD(ゴード)のGAMT−600を導入した。これはゾノトーンZPS−6000とほとんど同じような製品で、そもそもひさご電材という会社がゾノトーンにOEM供給しているものらしい。違いはあるらしいのだが、見た目の落ち着きを考えるとそもそもゾノトーンは導入しづらい。今の部屋には基本的に寒色系の家具や製品は一切なく、白、黒、赤、オレンジ、黄色といった配色が中心となっている。そもそもオーケストラのイメージに「青」はなく、強烈な違和感があるのでどうしてもとならない限りは採用しないだろう。

電源タップに音質的な何かを期待することは全くなく、単純に壁コンセントから直接取れればベストだが口が足らない。それでどうしても分岐せざるを得ないとなったとき、なるべく信頼のできるしっかりとした製品にしたかった。そういう動機からの導入である。ベルデンのPS1650MK2でも不満はなかったのだが、電源ケーブルをいろいろ交換しているうちに安定性がなくなってしまった。差し口も6個欲しかったのでちょうど良かったというわけである。

2018/1/4 01:10  [1422-3487]   

AVシステムを一度解体して組み直す。 AVでは何度もやる作業なのであらかじめLEDライトを配置してある。 すべて外すとこうなってしまう。うんざりする光景である。 機器周りだけでなく部屋全体の配線を整理する。

オーディオボードなどを導入したこともあって、AVシステムの配線をバラして繋ぎ直すことにした。AVシステムはピュアオーディオと違って後から後から継ぎ足しでシステムを拡張していったため、複数のケーブルが無秩序に絡み合ってしまってどうしようもない状態だった。電源ケーブル、HDMIケーブル、XLRケーブル、RCAケーブル、スピーカーケーブルなどなど、何十本ものケーブルを整理しなくてはならない。これは大変な手間になるので連休中でないと実行できない。

2018/1/4 01:31  [1422-3488]   

裸のまま設置してみて問題がないか確認する。 100円のシールで装飾加工。長いので蓋は切断して分割で開くようにした。 仕上がりはこんな感じである。 ここまで整理できれば十分である。後に配線の組み替えが楽になるし安全でもある。

もっとも混雑しているケーブルの整理を行った。これは去年の暮れから資材を調達しておいて、少しずつ手をかけて配線ダクトの寸法などを詰めていき、年末年始でまとめて取りかかったものである。ダクトは最初に6p×4pのものを調達したのだが、カーテンの裾が乗り上げてしまう(見た目が非常に悪くなる)ことが問題となり、4p×4pになった。正方形より長方形の方がフォルムが良く、ケーブルを詰め込むスペースにもゆとりができるのだが、カーテンを買い換えるとほかの部分も入れ替えとなって費用がかかるためダクトの方を妥協した。もともとは4p×3pを使用していたが、それだとモンスターケーブルNMCを6本入れるとカツカツになってしまう。

こうやってケーブルをダクトへ詰めると音質への影響が懸念されるのだが、作業前の無理やり詰めた状態にしたときに音質の劣化は感じられなかった。そりよりはダクトが大きくなって空間のゆとりができるわけだから、まあやる前より悪くなることはないだろうという算段だった。

ところがである。やってみると問題が発生した。まず、センターから出て来る通常の音声が刺さるようになった。これはそもそもテレビ放送の圧縮音源を再生しているので仕方ないようにも思えたが、それまでは気になるほどでもなかったものが気になるようになったというのが問題だった。刺さりの問題は難しくて、どういう方向へ解決するのが正しいのか見えにくく、方法も明確ではない。ただ、気になる状態を放置すると番組の内容に集中することができなくなり、感動したり没入したりすることが難しくなる。

どうしたものかと思ってどこかバナナプラグに緩みなどがないか確認などしているうちに、フロントスピーカーから異音が聞こえてきた。「ブー」という感じの明らかに電気的な問題の発生しているノイズである。これは10pくらいにまで近づかないと聞こえないものだが、センターからはまったくノイズが聞こえないので正常な状態ではない。それで原因はなんだとなり、絞り込みのためにアンプとスピーカーの配線をつなぎ替えた。こういうとき、センターとフロントに同じパワーアンプを使っているというのは便利である。いろいろ調べた結果、どうもセンタースピーカーに繋いでいるスピーカーケーブルがフロントのRCAケーブルに乗っていたことが問題だということがわかり、引き離すとノイズが大幅に改善された。このことから、やはりシールドの厳重なケーブルには意味があるということを当たり前のことだが理解した。逆に言えばほかのケーブルに干渉されることの少ないピュアオーディオでは同様の問題はヒョロヒョロのケーブルでも発生しないので、過剰なシールドは必要ないのかも知れない。

もともと配線が多く、繋がっている電化製品もたくさんあるのでいつかは電気的なトラブルが起こるだろうとは思っていたが、解決できるもので今回は助かった。ただ、動揺などは全くなく、淡々と問題を処理できたのはそれなりに情報収集したり、経験したりして想定できていたからだろう。いずれにしてもシールドにそこそこコストをかけたRCAケーブルは必要なので、オーディオテクニカかオヤイデの製品を導入することにはなると思う。あと、刺さりの問題はノイズに対処すると緩和され、問題のあるレベルではなくなった。やれやれである。

2018/1/5 03:45  [1422-3490]   

サブ・ウーファーでは左右の音量に対する補正差が改善された。 プレゼンスの距離は前後ともピタリと揃う。これは自分でつけたので自画自賛したい。

AVシステムの配線を整理したことに伴い、測定もやり直した。大きな配線作業をやろうとするとフロントとセンターに使っているエラック310IBを移動させなくてはならず、置き直したら微妙に位置が変わっている可能性があるので再計測することにしている。たとえほとんど同じ位置だったとしてもトータルでどこか変わっていることが多いので、やり直した方がすっきりするというのもある。

今回はピュアオーディオもスピーカーの位置をいろいろと動かしてみたが、結局は最初の位置に戻ってしまった。もしかしたらと思っていろいろやるのだが、部屋の形や広さの制限があるので、もっともしっくりくるポイントというのは限られるようである。普段は聴く時間を優先していろいろ試すというのはしないのだが、連休なのでこれもやってみた。バランスとアンバランスを比較したり、オーディオケーブルをヴァンデンハルからベルデンや純正(おまけ程度についているものなのでこの書き方はどうかと思うが・・・)に替えてみるといった具合である。ただ、これも結局は元に戻るだけでなんの成果もなかった。音は微妙に変わるのだが、良くはならない。

電源ケーブルはちょっと違っていて、変化が比較的に大きいのでどうするか考えるところはある。今回はスパイクをつけたサブ・ウーファーの位置を変更したこともあり、電源ケーブルもクリプトンとアコリバを入れ替えてみた。ただ、今の季節は機器が冷えてしまってなかなか暖まらないという問題の方が大きく、特にCDプレイヤーの音質を比較するには適さない。聴いているうちにどんどん音が変わっていくし、長引くと疲れてくる。結局は長い暖機時間を取って起きてすぐ聴いたらどうかなど、普段の生活に組み込んで判断するしかない。

それでもっとも大きく触ったのは結果的にサブ・ウーファーということになり、計測してどうなったのか見てみた。以前は左右で2デシベルのでズレがあったのだが、設置変更によってこれが揃った。響きも前よりはバラツキが改善されたように思う。この他は試しに設置したNF−01A(サラウンドバック)は遠すぎて不適切であり、大小の判定以前に100ヘルツくらいまでしか低音が出ませんと測定されてしまう。エラック310IBは「大」判定である。サラウンドバックは聴いていても効果がほとんど感じられないので、7.1チャンネルのソースを聴くことがないなら疑似サラウンドでは不要だと思われる。

2018/1/5 07:20  [1422-3491]   

ザ・シンフォニーホールへオーケストラを聴きに行ってきた。今回は普通のオーケストラと違っていて、4人のダンサーが曲に合わせて踊り、ソプラノ歌手が歌うというものである。感じとしてはウィーンフィルのニューイヤーコンサートに近く、曲が終わるごとに拍手あり、笑いを誘うような演出ありと、年始を賑やかに祝うお祭りのようなコンサートだった。

http://www.koransha.com/orch_chamber/vie
nna_walzer_orch2018/


「音楽の都、ウィーン伝統のワルツで華やかに迎える新年」
「ドレスコードも知識もいらない、手拍子をしながら楽しめるコンサート」
「2018年の幕開けは『ウィンナー・ワルツ・オーケストラ』にお任せ!」

PVではソプラノ歌手はかなり豊満だが、今回のコンサートに出てきた女性はごく普通にグラマーといった体型だった。ソプラノ歌手では細身の部類だろう。狙っているとのか若い美人の女性奏者が多く、ダンサーはもちろん鍛え抜かれた体なので見た目にもかなり華やかだった。出だしのダンサーの衣装は最初は白で、そこからオレンジっぽい暖色に変わり、第1部の終わりには民族衣装。第2部になると女性奏者の服装が黒を基調とした礼服から鮮やかな赤や青といったドレスに変わり、ダンサーの衣装も赤と黒の非常にはっきりとしたものになるなど、視覚的にも観客を楽しませる様々な趣向があった。

プログラムはヨハン・シュトラウス二世の「美しく青きドナウ」で終わっているが、アンコールでお約束とぱかりに「ラデツキー行進曲」が演奏され、聴衆も一緒になって手拍子。盛大に盛り上がって終わるのかと思えば、そこからダンスを伴ったワルツが一曲、ポルカが一曲演奏され、これでさすがに終わりだろうと思っていたらヴァイオリンとチェロの奏者が前に(ダンスのスペースを確保するためにオケは後ろに下がっている)出てきて、高音の超絶技巧を披露したあと、宇宙人がテレパシーで会話するときの音響効果に使われるような「ミミミミ、ミューン、ミュ」という感じの音でやりとりするコント。そこからさらに「ウィルリアム・テル序曲」で盛大に盛り上がって終わるという盛りだくさんの内容だった。この途中にはハトや小鳥の鳴き声をまねした楽器でイタズラを繰り返す奏者に指揮者がイエローカードやレッドカードが出されたり、もう終わりですよと指揮者が指揮台を掃除したり、アヒルのオモチャで演奏に合わせて「クェー、クェー」と音を出すなどいろいろな演出があった。

2018/1/7 23:12  [1422-3492]   

これまでのコンサート巡りでは、

2015年に浪切ホールでラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」、チャイコフスキーの「交響曲第5番」

2016年の4月にザ・シンフォニーホールでリヒャルト・シュトラウスの「ツァラトゥストラはかく語りき」、サン=サンサーンスの「交響曲第3番−オルガン付き」、7月に「美しく青きドナウ」「モルダウ」「タイスの瞑想曲」「ツィゴイネルワイゼン」「ボレロ」(作曲者は長くなるので省略)などを聴き、8月にフェスティバルホールでベートーベンの「交響曲第5番『運命』」、シューベルト「交響曲第7番『未完成』」、ドヴォルザークの「交響曲第9番『新世界より』」を聴き、11月に同じくフェスティバルホールでマーラーの「交響曲第1番『巨人』」、ショパンの「ピアノ協奏曲第2番」を聴き、さらに12月にザ・シンフォニーホールでマーラーの「交響曲第5番」とドヴォルザークの「チェロ協奏曲」を聴くという感じでけっこう聴きまくっていた。

ところが2017年はアリス=紗良・オット目当てで行ったコンサートでベートーベンの「ピアノ協奏曲第5番『皇帝』」とドヴォルザークの「交響曲第9番『新世界より』」を聴いただけで終わっている。これはフェスティバルホールで聴くのをやめたり、チケットを取り損ねたり、選り好みしすぎた結果である。それを反省して今年は新年からちょっとでも良さそうなものは聴きに行くといった感じで、すでに2月と4月にもチケットを取ってある。

こういったコンサート通いにはもう一つの目的があって、それはザ・シンフォニーホールでもっとも心地よく聴くことのできる座席を探すというものである。シンフォニア会員になって先行予約は取れるようになったものの、10分も経つといい席はあらかた取られてしまう。交響曲ならこのあたり、ピアノ協奏曲ならこのあたりいったように、候補を瞬時に判断できるようにならなければ損をする。同じS席でも真ん中と端は大違いだし、何列目のどこに座るかで満足度はまったく違ってくる。

今回は7列目でオケ全体を見渡すことが出来、遠すぎず近すぎず、中央の席だったので体をまっすぐにして聴くことができ、疲れにくいし、座席の位置としては非常に良かった。ソプラノ歌手が歌いながら移動したり振り向いたりするごとに変わっていく声の響きも非常に良く聞こえた。余程の美人がソリストになれば別だが、もうあまり前へ行くことはなくなるだろう。

2018/1/7 23:50  [1422-3493]   

ザ・シンフォニーホールとフェスティバル・ホールの比較だが、以下のようなものになる。

@チケットはザ・シンフォニーホールの方が取りやすい。これはスマホを使った購入システムの問題なのだが、フェスティバル・ホールはパソコンからでないと予約ができなかった。ただ、今はどうも改善されているようである。

Aフェスティバル・ホールはオーケストラのコンサートが少ない。フェスティバル・ホールは多目的ホールなので、オーケストラとは別のイベントに使われることも多い。ただ、他のホールの公演がどれだけ充足しているかみると、客を呼べる公演を継続して維持するのもけっこう難しいようである。神戸などにも立派なホールがあるのだが、稼働率はきわめて低い。それらと比較するとザ・シンフォニーホールは安定している。

Bフェスティバル・ホールの公演は高額になる傾向がある。プレミアム席を設けるなど、あきらかにお金を取りに行っている。何か特別なイベントで1回行くだけならいいが、通うとなると向かない。ザ・シンフォニーホールの方が庶民的な感じがある。

Cオーケストラを聞くならザ・シンフォニーホールの方が音がいい。

このCが本当なのか確認するために、いろいろと座る位置を変えて音を確認しているところである。特に問題であると感じるのがトロンボーンの音で、フェスティバル・ホールの音は単体の楽器の音として聴いてもまったくいい音に聞こえない。そのいい音に聞こえない汚い音というのは、CDではデッカのものに入っていることが多い。生演奏を聴きに行って同じ音がするならそれがそのままだというとらえ方もあるが、一方でN響の放送やグラモフォンのCDを聴いていてもそういう音は出てこない。それで、これはホールの音の違いではと思うわけである。

ウィンナー・ワルツ・オーケストラの演奏では金管楽器の全員が立ち上がって演奏する場面があり、そこではトランペットやトロンボーンのホーンがまっすぐこちらを向いていた。それでも、フェスティバル・ホールで聴いたような耳障りな音は聞こえてこない。確実にそうだと確信するためにはまた何度かフェスティバル・ホールにも聴きに行かなければならないので、はっきりしたことが解るのはまだ先になると思うが、同じ演奏が同じ料金でやっていて、自由に席が選べるのだとしたら、自分から好き好んでフェスティバル・ホールに聴きに行くような感じではない。この耳障りな音というのは、ちょっとそんな気がするとか、そう思えばそう聞こえるとか、そんな生やさしい違いではないからだ。ただ、ザ・シンフォニーホールのどこで聴いても聞こえない音であるとはまだ言い切れない。

2018/1/9 19:35  [1422-3494]   

今年はチケットをどんどん取ってホール通いをしようということで、すでに4枚が手元に届いて1枚は郵送待ちである。これまでは2万円を超えるような高額チケットにも手を出していたが、演奏的には値段差ほどの満足感が得られるわけではないので、国内の楽団を中心として購入する方針にシフトした。今期でいえばズービン・メータ指揮でイスラエル・フィルの公演などあるが、S席で2万5000円くらいする。そういった公演を選ぶより、6000円くらいの公演に4回通う方がいいだろうということで、予算的にはさほど増えるわけではない。これも昼食を自宅で済ませて徒歩と電車で1時間弱という近さの利点である。ただ、聴きたい曲があってもなかなかやってくれないという現実もある。ブラームスのヴァイオリン協奏曲やラフマニノフのピアノ協奏曲第3番が聴けるのはいつのことになるだろうか・・・

2018/2/7 11:29  [1422-3498]   

フェルトをカットする道具 本当に超強力なマグネット

活動はしているが忙しすぎてどうにも・・・

今現在メインで取り組んでいるのは、部屋の照明を落として暗室でテレビを観たときに生じる映り込みの解消である。エラック310IBに台を置いて4pほど嵩上げしたが、それよりスパイクにボルトを2本入れて角度をつけた方が有効であるなど、いろいろ試している段階である。

805Dの側面にも映り込みがあり、どう対処するのか難しいところであったが、100円ショップで買ったフェルトとマグネットで上手く解決できた。自分で縫って作ったので非常に時間はかかったが、費用は2枚作って1000円くらいである。サウンドアンカーのスタンドが鉄でマグネットのつきが良いので、比較的きれいに仕上げることができた。

2018/2/14 00:39  [1422-3499]   

エラック310IBについては、センターの上面の映り込みをなくすために何p上げればいいか検証した結果、6p以上ということになった。そこまで上げるとなると御影石だと重くなりすぎるし、オーダーメイドなのでどうやっても値段が高くなってしまう。それをボルトなどで角度変更して対応することができれば、コストは500円以内で済む。テレビにしても、今の高さで画面の中心に視線がくるので、できれば上げたくないという事情もある。

2018/2/14 01:50  [1422-3500]   

チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番。誰でも知っている有名な曲である。 座席から壇上を見るとこんな感じ。ピアノの底面が見えていてやや近すぎる。 これは中央通路のすぐ後ろの席。音的にはこの辺も良さそう。

予定通りコンサートに行ってきた。

チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番

https://www.youtube.com/watch?v=HsIM-0yb
JTs&t=26s


楽団が違うだけで指揮者とピアニストは同じ組み合わせである。超有名楽曲を事前に聞き込んでの視聴であり、これまでとはちょっと趣が違った。感想としてはいろいろあるが、長々と書くのはちょっとしんどいのでそこは省いて簡単にまとめてみる。

まず、今回の座席は4列目の中央だったが、これはやっぱり近すぎた。ピアニストがよく見えて演奏も全体的に満遍なく聴ける座席として選んでみたが、ピアノが中央に置かれていて指揮者や後ろの奏者が見えない。ピアニストの手元も見えず、座席の高さが低すぎる。音圧も少し高いように感じたが、それでも音のバランスは悪くなかった。

チケットを取ったときは前に行かないとピアニストが見えにくいという考えだったが、あとになって遠くを見るために専用のメガネを用意することを思いつき、それを折り込めばもっと下がるべきだった。ただ、こういった座席の選択は実際に座って演奏を聴かないとわからない部分もあるので難しい。仮にチェロであったなら、このくらいの席がちょうど良いと思われる。5月にショスタコーヴィチのチェロ協奏曲を聞く予定なので、またどこに座るのがいいか探っていきたい。ピアニストの顔は非常によく見えたので今回の席も別に悪くはない。

3月に市民楽団でラフマニノフの交響曲第2番を聴き、奏者がプロからアマチュアになったら聴いてわかるほど演奏が悪くなるのか確認してみる予定である。座席はかなりいい席を取ってある。今回の大阪フィルハーモニーなどだと、まったく不満のない演奏である。海外の楽団は高すぎることが多いので、圧倒的に音がいいと感じられないのなら聴きに行くのは避けたい。市民楽団だと2000円くらいで聴けるが、差があるとしてどんなものか?

4月にはベートーベンのヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」を聴く予定。ザ・シンフォニーホールでヴァイオリンとピアノだけの演奏がどう聞こえるか確認する。いずれは小ホールにも行ってみたいが、まずは手近なところで聴いてみるといったところ。5月にショスタコーヴィチのチェロ協奏曲とブラームスの交響曲第2番。特に好きな曲ではないが、チェロをどこで聴くのがいいか確認したい。7月にベルリン交響楽団でラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を聴く。以前にも聴いたことのある曲目だが、ホールも座席も良くしてもう一度聴いてみる。何度も聴いている曲であり、いろいろ感じるものがあるだろう。




2018/2/25 23:23  [1422-3501]   

 トムpoohさん  
藤枝(静岡) 2列目 実際はもっと近い感じがしました 演奏後のサイン会です CDにサインしてくれました

こんにちは 
大変ご無沙汰しております

自分もこのコンサート行きました
9列のやや 下手側で手元がよく見えました

初めての会場でしたので分かりませんが
ややデッドな感じがしましたが こんなものでしょうか。。
冬場なので客が厚着で吸収が多かったのかも。。

ダイナミックレンジは感じましたが
最高音量的には想定内の音量で
驚くほど上がる感じでもなかったと思います

チャイコ1番 冒頭
ピアノソロになってオケが入ってくるところ
やはり?オケにピアノが埋もれてしまって聴き取れなかったです
2列目だと聴き取れましたか?

松田華音さん
去年 藤枝(静岡)のリサイタルも行きました
ロメオとジュリエット
展覧会の絵 です

この時は2列目のちょっと下手側で
めちゃくちゃ臨場感がありました
やはりやや見上げる感じでしたが手元もばっちり見えました
スタインウェイの音 すごかったです
これが正解なのか分かりませんが
例えばギターの弦を張り替えたばかりの感じで
すごくエッジの効いた 
聴き様によっては硬すぎる感じにも思えましたが
これが〜本来の音〜なんだと思います
ピアノは弾くというより弦を叩く〜打楽器〜のように感じました

ではでは

2018/2/28 11:13  [1422-3502]   

家電大好きの大阪 さん  

2018/2/28 21:33  [1422-3503]  削除

トムさんへ

お久しぶりです。今回はザ・シンフォニーホールで聴かれたんでしょうか?

2018/2/28 21:34  [1422-3504]   

トムさんへ

ザ・シンフォニーホールの9列目で聴いたのだとすると、デッドに聞こえるというのはどうかなと思います。残響音がかなりありますから、どちらかというとホールの中ではライブな方です。でも、こんなものといえばこんなものです。音の鮮度でいえば、9列目だとけっこう距離がありますから、ピアノの構造体から直接出るような音は聞こえにくいです。私は4列目で聴いていましたが、そこまで近いといろいろリアルな音も聞こえます。冒頭は打鍵が強いのではっきりと聞き取れましたが、全体の演奏の中ではピアノの音がオケに埋もれることは何度もありました。これもまあこんなものといったところではないでしょうか?

オーディオ再生でもピアノ協奏曲の全体の密度よりも、ピアノ単独であるピアノソナタの方がライブな音が出たりします。たぶん距離の問題が大きいと思われますが、離れて聴けば聴くほど、オーケストラの音は真ん中に集まって小さくなっていきます。でも、そうやって半月形に展開する音は、トムさんも自宅のオーディオで聴かれているのではないでしょうか?

一定レベルを超えたオーディオシステムの音は、密度や押し出し感など生演奏と同等の音を出してきますから、ホールに聴きに行っても出音に驚くとか、そういうのは難しいと思います。私も生演奏だからといって驚きのようなものを感じることは少ないです。そういう体験をするためには最前列に行くとか、あるいはオケの後ろの席に座ってみるとか、そういう変わったことをしてみるくらいです。生演奏を聴きに行って面白いのは、今回でいえばコバケンのトークとか、第1楽章が終わったときのフライング拍手とか、その場にいないと知ることのできない「体験」ですかね。

演奏的にはチャイコフスキーのピアノ協奏曲の再生音が同じ楽団、同じピアニストでどれくらい近く感じられるか。これが興味深かったのですが、これもこんなものといえばこんなものでした。それをもの凄く高いレベルの再生であるといえないのは、生演奏の音が圧倒的に凄いと感じられないのと同じような意味で、痛し痒しといったところです。これはトムさんも同じような感想を持たれたと思います。ベートーベンの交響曲第7番についてですが、私はカルロス・クライバーがやっているやたらとセパレーションの良い第4楽章の演奏表現が、実際にあり得るものなのか、小林研一郎の指揮ならどう聞こえるのか、そういうところに着目していました。聴いた感想としては、クライバーの第7番は演奏だとしても編集だとしても演出過剰でしたね。あれを実現するためにはヴァイオリンやヴィオラの常に片方がほとんど鳴らしていないくらい控えた音を出す必要があり、演奏のもっとも盛り上がる部分ではやらないものだろうという感想を持ちました。

長々と書いてしまいましたが、もしホールが違っていたら済みません。書き込みどうもありがとうございました。

2018/3/1 03:09  [1422-3505]   

 トムpoohさん  

家電さん

書き方が紛らわしくすみません
2月25日のザ・シンフォニーホール 9列目で聴きました
デッドは言い過ぎでしたね 思ったよりライブではなかった。。
という感じでライブであったと思います
(ヤマハのAVアンプの各ホール音響効果ぐらいあるのかなと思っていました)

普段のオーディオとは出てくる音の面積?体積?が違いますから
スケール感プラス視覚効果なんだなと思いました
配置上 当たり前とは思いますがバイオリン ビオラなどは
まだ直接的ですが(比較すれば) 木管金管などは奥行きがあって
何だか録音の音を聴いているようでした(いい意味です)

第一楽章のフライング拍手
自分のとなりの男性がしてましたね

「ベト7」
自分はクライバー盤が好きで聴くことが一番多いのですが
あの異常な?テンポに慣れてても
今回の演奏は違和感なく普通に聴くことができました
(細かいことは分かりません。。)

コバケンさんの解説付き
あれはいいですよね
「題名のない音楽会」みたいで
ユーモレスクがより身体に入ってきました


さかのぼったお話として 去年に松田さんのピアノリサイタルに行ってきました
ということです
その時の写真が最初に貼ってあるから混同しますよね
失礼しました

2018/3/1 11:10  [1422-3506]   

トムさんへ

大阪まで聴きに来られたんですね。どちらかというと東京の方へ行かれるのが自然かなと思いましたので、違うコンサートの話ではとちょっと思ってしまいました。

実際のコンサートで聴くオーケストラの音は、ご指摘の通りB&Wなどが再生する忠実嗜好の音に近いです。ヴァイオリンとヴィオラはまとまった一団として左右に配置され、オーボエやクラリネットの中音は奥にポツンと定位し、ホルンやトロボーンはやや厚みを持って後方や左右に展開されます。ティンパニーの打撃音も自宅と似たような印象を受けたかと思います。ただ、これもCDのレーベルによって違いがあって、ザ・シンフォニーホールの9列目の音はDG(ドイツ・グラモフォン)のバランスです。ちょっと遠い感じですよね? ですから観客視点の録音や編集などと言われたりします。

私はいろいろCDは聴くんですが、特にレーベルやアーティストにこだわりがあるわけではありません。しかし、違和感のあるレーベルをよけて聴いていくと、結局はいつも最後にDGが残ります。それでも、ピアノとオーケストラのバランスとか、楽器の音色であるとか、いろいろ疑問があって、本当にこれでいいのかと確認するためにコンサートへ通い始めたわけです。それで今回のコンサートでトムさんが感じたように、なんだ自宅の音と同じじゃないかと納得できれば、よりいっそう雑念を排除してソースを聞き込めると思うのです。

オーディオにはソースから機器に至るまで装飾されている出音がたくさんあり、そういう過剰に濃密な音が本当の音なんだと誤解してしまいがちですが、実際には響きが豊かとされるザ・シンフォニーホールでさえ、あんな感じの音です。空間が広大であり、距離も大きく離れているわけですから、音圧がそれほど得られないクラリネットやオーボエは豊かとまではいえない音色になりがちです。ただ、これと聴いて気持ちがいい音というのはまた別にありますけどね。

ヤマハのシネマDSPでホールを選択すると、かなり過剰な盛り付けとなってしまうこともあります。私は部屋が狭いし残響音もある程度は得られますから、基本はスタンダード以外は使いません。効果がかかりすぎて音がボケてしまうからです。でも、ピュアオーディオと違ってDSPの音はライブ感があるし、映像があることを考えるとあれはあれで良いものだと思います。画面があると楽器の視覚的な距離感が頻繁に変わりますから、かえって忠実にして奥行きを出すと違和感も生じてしまいうと思います。

トムさんは私とはグレードがかなり違いますが、傾向の近いシステムを所有されているので、話が通じて嬉しく思います。マンションでピュアとAVを両立させているなど、いろいろ共通点もあったりしますからね。音楽的なことは私も素人なので分からないことだらけなのですが、出音は聴いたままなので、これからもいろいろ勉強していきたいと思います。ホールに通えば通うほど、自宅のオーディオもよりいっそういい音で鳴ってくれます。こういう取り組みや体験というのは、同じことをしたことがある人とでないと、書いても認識を共有できないし、誤解も生じたりしますよね。そんなこともあってなかなか意欲的に書く気になれなかったりするのですが、ここでこうしてお話しする機会を得て嬉しく思います。ピアノの音の鮮度についてとか、チェロの音色の豊かさについてとか、本当にいろいろな意味での発見というかなんというか、ああなーんだというがありましたよね・・・

2018/3/2 05:01  [1422-3507]   

トムさんへ

ベートーベンの交響曲第7番についてですが、カルロス・クライバーで左右のセパレーションが異様に高いのは第4楽章の最後の3分くらいのところです。だんだんと演奏が盛り上がっていくタメの部分で、ヴァイオリンとヴィオラが掛け合うように鳴るところがありますよね? 左、左、右、左といった感じで聞こえるところです。そこまではヴィオラは存在感が希薄だったのに、そこだけやたらと際だった集団として聞こえます。そこの部分が印象に残っていたので、実際の演奏でどのように聞こえるのか注意して聴いていたんですよね。コバケンの指揮ではそういう演出的な部分はなかったです。

7月にベルリン交響楽団でまたベートーベンの交響曲第7番を聴く予定です。メインはラフマニノフのピアノ協奏曲第2番なのですが、こういうノリノリの曲は人気が高いのでくっついていることも多いのですよね。またどんな印象の違いがあるか聴いてきます。

2018/3/2 05:38  [1422-3508]   

 トムpoohさん  

家電さん

クラシックだけではありませんが
自分が好きなジャンルのライブであれば
東名阪の範囲で結構行ってます
それより遠くなるとキリがなくなるので自制してます

今回も松田華音さんきっかけで
さらにチャイコ1番もベト7も好きだったので。
去年12月松田さんの香川・高松市凱旋(ラフマニノフ2番)も
行きたかったのですが、予定が合わず諦めました
次回の横浜みなとみらい大ホールも平日だったので
考えている間に席が埋まってしまってて後方席しかないので
多分行かないと思います

オーディオでも聴き方を知らない人は
高級機?とエントリー機の違いが分かりずらいように
今回の自分も生演奏の聴きどころを知らなくて
自宅のオーディオとあんまり変わらないなぁ〜
なんて気軽に思いましたが
生演奏はもっと違った観点を持てば全くの別物なんだと想像します

チャイコフスキー1番が始まるとき〜
オーディオ的に100回単位で聴いている楽曲でも
目の前でぱっと演奏がはじまると
思わずウルっと一瞬なってしまいました

2018/3/2 11:21  [1422-3509]   

 トムpoohさん  

家電さんへ

オーディオシステムをちょっと入れ替えました
メインは変わってないのですが
805D HTM2D(センター) ローテルのステレオとモノパワーアンプを手放しました
しばらくメインだけに集中していたのですが
やはりうずうずして
結局 サブでJBLとPMA−SX1 を導入しました

AV系はTVを75インチのブラビアにして
その前に100インチスクリーンで観られるようにしました
ファントムの10.1CH です

相変わらず ごちゃごちゃやってます。。

2018/3/2 11:37  [1422-3510]   

トムさんへ

なかなかちよっとではない入れ替えですね。100インチスクリーンなどは、普通にニュースやバラエティーを見るには使い勝手が悪いです。かといってテレビとの併用では大きさが違いすぎて不満も生じやすいです。そこで75インチのテレビとは・・・

私は有機ELテレビに買い換えようかと考えていますが、大きさはたぶん55インチになると思います。頑張っても65インチが限界でしょうね。

2018/3/2 21:45  [1422-3511]   

トムさんへ

ちなみにJBLってどの製品ですか? あと、SX1はもし今のSXに問題が生じたときに代替えとして考える製品ですが、品質的はどんなものでしょうか?

2018/3/3 02:59  [1422-3512]   

 トムpoohさん  

家電さん

JBLは4312SE っていうやつで
何だか70周年モデルらしいです
4312伝統の30センチウーファーがフルレンジではなく
見た目通りの3wayです

SX1
品質、質感はすごく良いと思います
自分的にはリモコンとパワーインが最低条件でした
部屋の温度が低い16度くらいですが
1日つけててもほんのり温かいくらいです
夏場は分かりません
入力切り替え時に
ガチャっていうのは同じだと思います
パワー? 駆動力はすごくありますね
音源によっては8時過ぎで十分な時もあります
音痩せは感じません

スピーカー プリメイン共にまだ最近ですから
音の評価はできません
低音はかなり良いと思いますが
中〜高はまだまだキツいです
まだ半年以上かかるかもしれません
SXは聴いたことも実物も見たことないので
比較はできないです

2018/3/3 09:16  [1422-3513]   

トムさんへ

お答えいただきありがとうございます。けっこうオーソドックスな感じのJBLですね。私も資金と空間があればいろいろ試したいのですが、ないので今のシステムをちょこちょこいじるくらいですね。

SX1については、見た目の質感はお金をかけている分だけSXの方がはっきりと上なんですが、機能的にはリモコンやプリインがあるのは大きいですよね。音については同等以上に思いますから、そっちの方が便利だったのではと思うこともあります。中高音の硬さについては個性であるともいえるのですが、室温が17度ということであれば暖かくなってくればもう少し柔らかい音になるかと思います。電源ケーブルなどもその頃に吟味すればいい感じですかね。パワーについても50Wとは思えないくらい駆動力がありますよね。数字的にはコンポくらいしかないんですけどね。私の部屋の空間ではこれがもういっぱいいっぱいだと思います。発熱については必要最小限のパワーでバランス駆動を実現するということであんまりないです。下位のSA11の方が発熱は大きいです。機会があればフルバランスでも聴いてあげてくださいね。

2018/3/4 13:30  [1422-3514]   

トムさんへ

平昌オリンピックでフィギュアスケートを見たのですが、もう昔と全然変わってました。映像が圧倒的に良くなっているので、めちゃくちゃ演技がきれいに見えます。スピンのときに氷が削れて舞い上がっていくところとかスローで見ると非常に美しいです。フィギュアは転倒がよくあり、そういうのを見るのが苦痛なのでずっと見てなかったのですが、今回のオリンピックではネイサン・チェン選手のショートプログラムからフリー、ドラマがあってとても印象に残りました。

2018/3/4 14:00  [1422-3515]   

 トムpoohさん  

家電さん

JBLについてはクラス的には4312より上級が2つくらいありますが
メインSPが解像度・広がり感など十分なので違った方向で選びました
ウーファーは期待通りです
ミッド・ツィーターは。。。それなりです。。
エージング?がまだまだなので化けてくれるといいのですが。。

SX1
多分は中〜高の硬さはスピーカーのせいだと思います
800Dに繋いでみたいのですが、がっちり締めたYラグを外すのが面倒なので
やってません
電源ケーブルは最初から付属は使ってなく
余ってるラックスのJPA-15000でとりあえずやってます

今更ですが前に話題なった?電源系のRGPC400PROっていうのも導入したんですが
とにかく音が変わります
メインのタップに繋いだらびっくりしました
変化加減は好みですが
元気 パワー 躍動感が明らかに感じられます

そのRGPC400PROにSX1はまだ繋いでいないので
SX1がほぐれてきてから繋ごうと思っています
その出音がかなり楽しみですね

2018/3/5 11:00  [1422-3516]   

 トムpoohさん  

家電さん

フィギュアスケートは仕事で観てたので
今となってはもうあまり観てないですね。。
スローはスーパースローと言って
すごくフレーム数が多いので
対象がかなり速くても映像が流れずクリアに観られますね
スチールカメラのシャッタースピードのようなものですね

ネイサン・チェン 
ショートで最高難度に挑んだのはすごいと思いました
挑戦しない方が悔いが残りますからね


※RGPC400PRO
音は好みですが
テレビやBDプレーヤーにもつないでいます
これは誰が観ても「良くなった」と感じると思います
発色 キレがかなり違います
本体の設定で変えられるレベルではないと思います

2018/3/5 11:25  [1422-3517]   

トムさんへ

RGPC400PROですか? なかなか面白そうですね。こういうタップのような感じで上に挿せるタイプなら、なんとか置けるかも知れません。でも、けっこういい値段しますね。クリーン電源系の製品はこのあたりの価格が最低ラインのようですね。一応、一通りは試してみるという方針なので、いずれは考えてみたいですね。どういう製品か情報を集めてみますが、使っていて何か気づくことなどありましたらお願いします。

フィギュアスケートですが、今回のオリンピックではじめてまともに見ました。カメラワーク、スロー再生などが素晴らしく、もはや見て楽しむ芸術鑑賞の域に突入していますね。使われている曲も印象に残るものが多いです。

2018/3/5 15:57  [1422-3518]   

トムさんへ

時間的にゆとりがあるときで構いませんから、JBLの写真などお願いしますね。

2018/3/5 16:46  [1422-3519]   

 トムpoohさん  

家電さん

RGPC400pro
もう何年も前に話題になった物なので ほんと今更ということで。。
旧型と現行があります まぁ今は中古以外旧型はないと思います
並行品と正規品があります 価格は倍ぐらい違います
並行品はインレットが20Aです 
正規品は15Aです

自分は正規品が良かったですが なかなか20万近くは考えていて
かといって半額の並行品も不安だったので ずっと見送っていました

でちょっと前 正規品の中古が9万円で出ていたので即買しました
中古だったので繋いだ瞬間 変化は分かりました
新品だと多少エージング?も必要だとか?

繋ぎ方はいろいろでコイツを壁コンに挿せば
屋内配線に影響します(らしいです・分離してなければ)
メインに使っているタップに挿してもいいし
コイツ自体にも4口ありますからから直接とっても変化します
パターンがありすぎてすべて試していませんが
今はメインタップの6口ある一つにコイツを挿しています
こいつ自体からもBDレコやテレビに供給しています

ありきたりな表現ですがノイズ感がとれて
とにかくパワフルに鳴ります
(今までもノイズ感を感じていませんでしたが。。)
音量を上げても音圧は上がりますが
ウルサくありません
(まぁ それまでもウルサいとは感じてはいなかったのですが。。)
押し出しや止まり具合も気のせいではなく
感じ取れます

でも繰り返しますが この方向性が「良い」というのは
好みです 過剰と感じる方もいらっしゃるかもしれません

2018/3/5 17:37  [1422-3520]   

トムさんへ

調べてみると高周波ノイズに有効なようですね。この製品自体は電力を消費しないというようなことを書いていますから、もの凄く豪華なフィルターつきタップみたいなものでしょうか。クリーン電源にはいろいろあるのですが、トランスを使用するものは唸りが発生したりとか、大きな部屋では問題なかったとしても、小さな部屋には問題のあるものもあります。どれを導入するか難しいのですが、RGPC400proは面白いかも知れませんね。ただ、確かに正規品の値段はちょっと手が出ませんよね。。。

2018/3/5 19:33  [1422-3521]   

 トムpoohさん  

家電さん

この製品自体 電力を使わないのは
安心感?があります
たまにオーディオ店で正規品中古8〜9万で出るので
チェックしてみてください

狭い空間に押し込んでいるので ツッコまないでくださいね
SX1 オレンジのLED が好きです
足元はサンシャインのボードの上にTAOCのスタンドとTAOCのインシュレーターです

テレビ画面からウーファー面までは110センチぐらい前に出しています

2018/3/5 21:14  [1422-3522]   

トムさんへ

写真ありがとうございます。もうお店のショールームのようになってますね。ぱっと見に一般家庭のマンションで一室であるようには見えません。JBLは足回りなどどうしているのかと思いましたががっしりと組んでますね。置き買ったもバランスが取れていて良いように思います。

2018/3/6 14:11  [1422-3523]   

上記、誤字多くてすみません…

2018/3/6 14:24  [1422-3524]   

予定通り「大阪市民管弦楽団」のコンサートに行ってきました。公演日が東日本大震災の発生日と重なっていたため、演奏前に黙祷などがありましたが、感想を簡潔に書いて行きたいと思います。

座席は中央の8列目で、これは1月に聴いた「ウィンナーワルツオーケストラ」のときと同じ席です。やはり、このあたりが非常に聴きやすい座席で、今回は眼鏡もコンサート用に用意したので視覚的にも聴覚的にも充実したコンサートでした。

このコンサートを聴きに行った主な動機は、曲目にラフマニノフの交響曲第2番が入っていたからです。ラフマニノフはピアノ協奏曲第2番が非常に有名なのですが、ザ・シンフォニーホールだけでもこの3月の時点で5つもの公演(年間を通しての予定も含む)があります。土日しか確認していないのでほかにもあるかも知れません。それと比較して交響曲第2番は公演がなく、いつ聴けるか知れないのでチケットを取ったというわけです。価格も2000円と安く、大規模な交響曲どこに座って聴いたら心地よく聴けるかの参考にもなります。

問題は市民楽団の演奏がプロの楽団と比較してどうなのかということですが、これははっきりいっては差はあります。ただ、楽曲のエッセンスを台無しにしてしまうというほどのものではないので、全体としては満足感の高いコンサートでした。価格が抑えられているので、交通費などの雑費がそれほどかからないならおすすめです。プロと比較して気になった点は以下のようなものになります。

@演奏者のスキルにバラツキがある。今回の演奏では特にホルンのミスが目立っていました。ただ、ホルンは非常に難しい楽器(特に弱音で安定して音を出すのが難しい)として有名で、しかも音を外すと際だって聞こえてしまうのでアマには厳しい部分があるかも知れません。第3楽章でここがホルンの聴かせどころというパートがあるのですが、そこでもミスが出てしまい、奏者も渋い顔をしていました。

A統一性の欠如。これはヴァイオリンで目立っていたもので、1つのまとまった集団として融合された音色になっていませんでした。ただ、これはプロが凄いのだと気づかされた部分でした。今回の演奏ではヴァイオリン奏者は自分の手元と楽譜を見るので手一杯で、コンマスや指揮者をほとんど見ていない状態でした。チェロは非常に上手いと感じました。ヴィオラは前列の5人の音圧にバラツキがあり、最初は男女で音量に差があるのかと思いましたが、楽器の向きが揃っていないと音圧にムラが出てしまうようです。ヴァイオリンはそのまま構えて楽器の上面が客席に向きますが、ヴィオラは椅子の向きを調整したり、半身になったり、構えを工夫しないといけないようです。

このほかにも細かいところで気になる部分はあったのですが、全体としては十分に聴いて良かったと思える内容でした。全席指定で2000円なので、聴きに行って損はないと思います。もう何度も同じ楽曲の演奏を聴いていて、よりクオリティーの高い演奏を聴きたいという人以外は、不満を感じることも少ないと思います。

2018/3/11 21:09  [1422-3525]   

S席となっているので全席指定ではなかったようです。訂正します。

2018/3/12 00:09  [1422-3526]   

スタインウェイのピアノには黒い光沢塗装がなかった。木目が見える。

ザ・シンフォニーホールでヴァイオリン・ソナタを聴いてきました。このコンサートを選択した動機は以下の通りです。

・単独の室内楽は今まで一度も聴いたことがなかった。とにかく室内楽(小編成の楽曲)を聴いてみたかった
・ベートーベンのヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」に興味があった。
・デッカレーベルの「クロイツェル」の音と生演奏を比較したかった。
・ベートーベンの「クロイツェル」はもとより、クライスラー「愛の悲しみ」、サン=サーンス「序奏とロンド・カプリッチョーソ」など、「四月は君の嘘」で使われている曲が多かった。

オーディオ的には、はじめた当初からずっと引っかかっていたヴァイオリンの音。ブラームスのヴァイオリン協奏曲で荒く感じる音が、生演奏でもそうなのか? それともCDの情報量の限界なのか? ここをどうしても確認したかったのだが、肝心のブラームスのヴァイオリン協奏曲の公演を見つけられないでいた。ただ、同じように荒く感じる音は「クロイツェル」でも頻繁に登場するので、ガッツリ確認することができた。はっきりいって荒い方が正しい。オーディオ的に色づけされた美音はたくさんあるだろうが、正しい音ではない。これでモヤモヤしていたものがまた1つ解消された。

生演奏で実際の曲を一度も聴くことなく、荒いとかいっていてもどうしようもない。まずは本物の音を聴くことである。ヴァイオリンの音については映像などでも確認した結果、演奏方法によっては荒く聞こえるものだとかなりの確信があったものの、やっぱり実際に聴かないことには自分を納得させることは難しい。オーディオの色づけについては個人の好みというものだが、現実にないものを追いかけるとなると迷走する可能性がある。ブラームスのヴァイオリン協奏曲の音に疑問を感じてからもう4年近く経ってしまったが、ようやくすっきりとすることができた。

今回はヴァイオリンの音だけではなく、ピアノの音の疑問も解消することができた。ヴァイオリン・ソナタなどで伴奏しているピアノの音は、単独のピアノソナタなどの音と明確に違う。これがデッカだけなら特定レーベルの特徴で済む話なのだが、クラシック音楽館でも同じように聞こえるものが大半を占めていた。それで、これはひょっとしたら生演奏でもそう聞こえるのではなかろうかと思い始めていた。実際に聴いてどうだったかというと、デッカの音とまったく同じだった。これにはピアノの位置が関係しているということも、ホールで聴いて確認することができた。ピアノ協奏曲では壇上手前からから1メートルくらい位置に置かれているピアノが、伴奏ではずっと奥、5メートルくらい後ろへ下がる。そうするとホールの響きがたくさん混じるようになり、デッカの編集のように聞こえるのである。

今回は演奏自体も楽しめたし、非常に収穫の多い音楽鑑賞だった。

2018/4/22 22:30  [1422-3593]   

あまりにも見苦しいので放置できなくなってしまった。 モダン調?のドアに変身。フェルトはシールやテープよりは雰囲気が良い。

いろいろあって廊下と居間を隔てるドアが傷んでしまった。もともとへたくそに修復された部分が見苦しいので余った吸音材を貼り付けていただのだが、形状が複雑なために上手くいかない。新しいドアを買うとけっこうな出費になるので、どうせダメならムチャクチャやってしまえてとフェルトで装飾することにした。これには玄関から薄明かりが入ってくるのをシャットアウトする効果もある。

やってみるとやっぱり手がかかり、日曜日の午前中から夜の11時までやっても終わらないという事態に。やはり連休でないと手のかかると予想されることはやりにくい。道具をいっぱい出しているのと性格の問題で目処が立つまで途中で打ち切ることがなかなかできないので、明日仕事という日はなかなか出来ない。

仕上げとしては近くで見ると問題だらけだが、離れて見る分には問題ない。費用は2000円程度なので十分な成果だと思う。

2018/4/30 11:51  [1422-3617]   

モガミ3103。2芯だが形状維持のダミーが入ってかなり太い。 モガミ 2497。 両方ともモガミだと見た目が同じなので落ち着きがある。

ゴールデンウィークの前半に時間が取れたので、オーディオ関係でこれまでやろうと考えてはいたが時間がかかるのできなかったことをまとめて行った。個々の作業自体はたいしたものではなかったのだが、配線をきっちりと行って部屋の環境の元に戻すまでとなると大変なので、確実に終えることのできる時間が確保できていないとなかなか手が出せない。途中で放り出して道具を出しっ放しにするとか、配線がむき出しになって美観を損なったままというのはどうにも我慢ならない。

これまでPMA−SXからサブ・ウーファーであるSUB−2060Dへの配線は、モンスターケーブルのXPというひょろひょろのケーブルを使っていた。これはXPがいいスピーカーケーブルという理由ではなく、新しいケーブルに更新したとき、それまで使っていたケーブルをとりあえずの用途に使い回していった結果、最終的にサブ・ウーファーのケーブルとして残ってしまったのである。長い方は7メートルくらい引き回しているので、さすがに問題があるだろうとは思っていた。

それで今回は太いケーブルが良いということになり、取り回しも考えてモガミの3013を採用することになった。メインのスピーカーケーブルがモガミの4芯3014なので、2芯の3013でもういいやという安易な発想もある。10メートルくらい購入するので、一般メーカーのケーブルでは高いものが多いし、モンスターケーブルのNMCはピンクが派手で目立つし、かといってベルデンなどは硬くて好みではなかった。モガミなら色も黒で落ち着きがあるし、太い割には癖がなくて素直に曲がってくれて収まりがいい。

ついでに同軸デジタルのケーブルもモガミにしてみた。してみたというのは使用頻度として高くないので、とりあえずは鳴らせる状態にして少しは聴いていき、気が向いたらベルデンなどの別のケーブルに替えていこうといった感じである。DCD−SXに同軸で受ける使い方は、まだ本格的には考えてない。いつでも鳴らせるようにしておくことによって、使いますかと自分に尋ねてみる感じである。

2018/5/8 03:43  [1422-3624]   

もともとの状態。なんか違う感が漂う。。。 アイボルトが気になるがかなりよくなった。 酷いなりになんとか見た目を改善。いろいろ問題があるが・・・

配線の整理など、主に見た目が見苦しくないようにいろいろと変更した。ヤマハの調音パネルはワイヤーで吊っていたが、リビングに合わないのでチェーンに変更。パソコンデスクの配線もできる範囲でまとめた。このとき別の用途で買ったマスキングテープが大活躍。余ってどうしようかと思っていたが、電線を束ねるのには実に重宝し、新たに太巻きのものを買いますことになった。すぐに剥がせる割に適度な粘着力があり、糊も残らないのでいろいろな用途に使うことができる。

2018/5/8 04:05  [1422-3625]   

リア・プレゼンススピーカーについては、何度計測してもミリ単位でぴったりと距離が合っていると測定されるため、もう動かす必要はなくなりそうだった。位置が合ったのは偶然的な要素もかなり含まれるので、もう一度やれば失敗する可能性が高く、よっぽどの理由がない限りつけ替えを考えることもない。そういうわけで木材を使った基礎部分を白いフェルトで装飾し、ネジやボルトをできるだけ隠した。

費用は200円くらいなのだが、時間はかかる。それでもリビングに木材がむき出しているのは違和感も大きいので、隠せるものは隠したい。そういう細かいところにこだわって部屋を整えた方が、音楽も気分良く聴けるからだ。

2018/5/10 00:58  [1422-3628]   

パネルをすべて使うピュアオーディオのシフト。 テレビ視聴では一次反射に使う左右のパネルはカーテンで隠す。 AVでは暗室にするので背面のパネルやメインスピーカーも隠す。

同じ部屋で個性の違う2つのオーディオシステムを運用するとき、そのままでは上手くいかない部分が出てくる。ピュア・オーディオが奥行き方向への空間表現もしっかりと出すのに対して、AVのマルチチャンネル・オーディオでは全体の密度感が高まることによって得られるライブ感が魅力である。個性が違うので部屋の環境がまったく同じだと上手く鳴ってくれない。

ピュア・オーディオでは部屋はライブである方が相性が良く、5枚の調音パネルはすべて使用する。一方でAVオーディオでは部屋がデッドの方が好ましい部分もあり、左右の2枚のパネルはカーテンで隠す。視聴距離もピュアでは2メートルくらいで席を後ろへ下げるが、AVでは音響効果のもっとも得られる中央の空間に入るため、1.5メートルくらいの視聴距離になる。

このように工夫して部屋の音響特性を変化させれば、同じ部屋でピュアとAVの両立というのはできないこともない。ただ、ここまで徹底してやれる人は限られるとは思うが・・・

2018/5/10 01:14  [1422-3629]   

3回目なので15分ほどで問題なく設置することができた。

3枚目のロールスクリーンが届いたので設置した。最初はどうやって天井への設置をしたものかといろいろ悩ましかったが、普通に石膏ボード用のビスを使うことにした。石膏ボード用のビスは引き抜き方向への強度はそれほど高くないため、天井への使用はできませんと言った注意書きがある。ただ、今回はローカーテン自体が軽量でキログラム単位の強度を必要とはしないと見立てたため、通常のビスを使った。普通なら最低でも挟み込み式のビスを使用しなければならないが、長さなどの仕様がパッと見て分からなかったため、強度は低いが簡単で確実で失敗の少ないビスを使用した。そういうわけで失敗はしないがベストではない。

ロールスクリーンは設置バーの長さよりスクリーン部分が短いので、どうしても隙間ができてしまう。遮光するなら問題となるところだが、テレビの光が反射によって回り込んで背面にある白い壁やパネルが照らし出されてしまうのを防ぐためのものなので、面積を大幅に減らせば目的は達成できる。

2018/5/10 23:02  [1422-3630]   

youtubeにアップしたオーストラの宅録にコメントがあり、画質と音質が良いと褒めていただいた。なんでも私のアップした物が良くて助かっているという。そうなると嬉しく思う部分もあり、またやろうかともちょっと思いはするが、オーストラは長いので容易ではない。チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番などは、第1楽章だけで20分もある。

スタジオではなく普通のマンションで録音などすると、途中で大きな物音がすることがある。それが20分の録音で15分くらいのところで起こったら、やり直して1時間近くかかってしまう。しかも映像と音声を別々に録って編集しているので、ひとつの楽曲を完成させるのに膨大な時間がかかる。そういう事情なのでもう長いことアップロードしていない。5分くらいの楽曲が多いアニソンが規制にひっかからなければいくらでもできるのだが…

2018/6/11 18:52  [1422-3655]   

最近は「Wake Up, Girls!」に嵌まっている。

https://twitter.com/ELAC29516135/status/
1002543161858592769


https://twitter.com/ELAC29516135/status/
1002719817982283776


2014年にアニメと連動して誕生したグループらしいのだが、アニメの品質があまり良くなく、話題性にも乏しかったためはっきりいって知らなかった。アイドルマスターやラブライブなどから出たグループが人気でそちらの名前は知っていたが関心はそもそも薄く、メンバーの誰一人として名前を挙げることができない。ただ、アニサマ2017を見てから考え方が変わり、アニメのライブにも強い興味を持つようになった。そんな中で特に関心が高く、いつまでも印象に残るのが「Wake Up, Girls!」である。

きっかけはテレビを有機ELにしたことであり、これによってテレビ放送のライブの印象や評価がまったく変わった。まあこんなものか程度で流し見してそれきりだったものが、クラシックを何度も聴くのと同じように何度も見るようになった。さらなる高品質を求めてBlu-rayを買い、それとともにパイオニアのフラッグシップBlu-rayプレイヤーであるLX88の使用頻度も増え、ソニーのユニバーサルプレイヤーであるX800もYouTubeを見るためにどんどん稼働率が高くなっている。要するに見たいコンテンツの出現によって生活が変わってきたのだ。

2018/6/14 10:48  [1422-3656]   

人気がそれほどでもないことが幸いしてか、大阪の地方にある浪切ホールで「Wake Up, Girls!」のライブをやるようである。浪切ホールで大丈夫か? とはちょっと思う。

この岸和田にある「浪切ホール」は、そもそもは日本の伝統芸能などを公演するために設計されている。見た目はオーケストラのホールのようになっていて木材などもふんだんに使われているが、響きはザ・シンフォニーホールのようではない。演劇に向くホールはライブにも向いているとは思うが、全体的な意匠がノリノリとはほど遠いというのがネック。

個人的にはホール通いをはじめた最初のホールで、ラフマニノフのピアノ協奏曲をはじめて生演奏で聴いた記念すべき場所ではある。ただ、普段からやっている公演はそれほど多くなく、いかにも地方にあって集客がままならず、赤字を出し続けている箱物といった感じで、最近はなんの公演しているのかチェックすることすらなくなっていた。

そういうところでやるからこそ、むしろ「Wake Up, Girls!」は得がたい存在であるのかも知れない。日曜日の公演でもあるし、なんとかいい席のチケットを取りたいところである。

2018/6/14 16:04  [1422-3661]   

最近、アニサマで見た「Wake Up, Girls!」がよかったのでファンになろうかなと思っていたら、いきなり解散の告知が出てしまった。まあ、アニサマ2017が放送されてからかなり経っているし、アニソン界では超有名なMay'nとコラボして、手は尽くした感はある。それでもダメというなら仕方がないだろう。アニメが足を引っ張ったとしても実力が評価されればというのはあるが、より多くの支持となるとネガティブな要素も多かったようである。

私自身がそうだったように、良いと感じるためにはそもそも見る機会が必要であり、そういう点では売り込みがどうだったかとも思うが、アニソンはやっぱりアニメがそこそこヒットしないと厳しい。今のようにアニソンが盛り上がる流れの中では「マクロスフロンティア」のヒットは大きかった。そこでまったくの無名からスターといってよい存在にまでかけ上がったMay'nと組んで終わるというのは、なんとも皮肉な結果といえる。

「Wake Up, Girls!」にはほかのグループにはない魅力があっただけに残念で仕方がない。

2018/6/16 14:22  [1422-3665]   

「Wake Up, Girls!」についてはアニサマの中でも特に注目していたということはなく、そもそも知らなかったのでまともに見ていなかった。流れとしては、

・「異世界食堂」をテレビで見てオープニングテーマ「One In A Billion」を知る。

・いろいろあって徐々に聴く機会が増えるがなんとなくクレジットでの「May'n」が目に入るものの踏み込んで興味を持つまでに至らず。

・アニサマ2017のテレビ放送で「Wake Up,May’n!」という文字がディスプレイに大きく出て、そういうユニットが組まれていることを知る。しかし、依然として注目は「May'n」にあり、「Wake Up, Girls!」は個性があるがイロモノ集団といった印象しかなかった。

・アニサマ2017のBlu-rayを購入。ここで主に聴いていたのは1日目のディスク1に収録されている「TRUE(トゥルー)」や3日目のディスク2に収録されている「LiSA」だった。

・テレビのアニサマ2017では「異世界食堂」と「恋愛暴君」が放送されており、それが「LiSA」と同じくBlu-rayで3日目のディスク2に収録されていたので、システムの調子をつける段階で連続して再生する頻度が増えていく。ただ、あくまでメインは「LiSA」であり、「Wake Up, Girls!」のメンバー紹介などは飛ばしていた。

・だんだんと「恋愛暴君」の振り付け、ダンス、個性的なメンバーの動きとライティング、プロジェクションマッピングとのコンビネーションに魅了されてくる。バレエを特技としているメンバーもいるため、随所に見所のある動きがある。ただ単に激しいとか、ノリがいいとかだけではなく、すべての動きが統一性を持って洗練されていることに気づきはじめる。

2018/6/16 17:03  [1422-3667]   

・だんだんと「Wake Up, Girls!」への興味が高まっていき、時間的にゆとりがあったときに「Beyond the Bottom」をじっくりと観てみた。

そこでようやく、彼女たちの存在をはっきりと認識したのである。

このアニサマ2017のステージで3曲目となる「Beyond the Bottom」は、テレビ放送にはなくて、Blu-rayを買わないと観ることができない。しかし、彼女たちだけのという魅力が非常に強く凝縮されており、完成度がとんでもなく高い内容になっている。ただ単にノリのいい楽曲に激しい振れ付けをして踊っているとか、そういう普通の次元ではなく、1つの楽曲を芸術作品として高めようとする努力が見て取れるのだ。

あとになってアニサマ2014のステージも確認したが、そこで披露されていた「タチアガレ!」などはまだ普通の平凡な内容となっており、取り立てて強く興味を引くというほどではなかった。比較的ノリの良い曲に動きの多い振り付けがあるが、動きがどれほど激しくても平面的で、どこまで行っても普通は普通に過ぎなかった。それが「Beyond the Bottom」になると動きが立体的になり、メンバーがフォーメーションを次々と組み替え、ときにセンターとなり、ときにセンターを飾る脇役になる。きれい「魅せる」細かいポーズの取り方、手を取りあったり、交錯したり、メンバー練習を積み重ねなければできない動きの数々は見所が多い。

それだけにここまで積み上げて置いて今更・・・

というのをどうしても考えてしまう。それでもメンバーが納得しているというなら仕方がないだろう。なんの貢献もしないで昨日今日見ただけの人間が何か言えるものでもない。

2018/6/16 17:29  [1422-3668]   

「Wake Up, Girls!」がかなり気に入ってしまったので、もう解散はするが、すでに販売されているBlu-rayを集めて内容を確認してみた。いつまでも気になるようなら詳しく書くこともあるかも知れないが、取りあえずはざっくりと感想など書いてみたい。

本格的に活動している期間は4年くらいであり、ここまでライブを収録したBlu-rayが3つ発売されいる。最初のBlu-rayである「素人臭くてごめんね!」は、タイトルにあるままの内容で、動きなどは洗練されていないのだが、それはそれで元気もあって初々しさというか、まあ最初はこんなものかという感じの出来だった。単純なライブだけではなく、裁判ごっこやあっち向いてホイ、動物の着ぐるみを着て歌うなど、全体の構成や演出なども悪くはなかった。ディスク1には大阪(場所は調べてないがどこかのホール)でのライブを収録、ディスク2は幕張でのライブが収録されており、幕張の方は規模も大きく、MCも上手い人がついていて、最後に劇場版の新作情報をメンバーにも伏せてサプライズで発表するなど、素の表情を引き出すことには成功しており、出だしとしては悪くないものだった。

ところが次に発売された2つ目のBlu-ray「行ったり来たりしてごめんね!」では、幕張に比べて会場の規模や演出なども大きく縮小されており、そこに輪をかけて楽曲の重複の多さ、振り付けなどの進歩の少なさといったネガティブな要素が目立った。1年くらいではそんなに大きく変わりはしないと思うのだが、撮影機材などの差もあり、幕張に比べてクオリティーは下がっていたし、それを補うグループとしてのパフォーマンスの進展性も特になく、ピュアな感じが減退した分、不満を感じてしまうような内容だった。

ライブの収録となると会場がどこなのか、規模はどれくらいなのか、どれくらい優秀なスタッフがサポートしてくれているのか、こういったあたりが最終的な出来映えに大きく影響する。だからこそ人気が出てお客を大勢呼び、資金をかけることができるというのが品質に直結するし、成功が成功を呼ぶようなことも起こりえるのだが、この段階では楽曲の提供、メンバーの練度も含め、アニメの不人気だけではなく、プロジェクトとしての実力不足は如実に感じられた。素質や素養がないということではなく、まだ早熟で実力を発揮できる段階にはなかったといった感じだ。よって、この時点での不人気は致し方ない部分もあったとは思う。

すでに3つめのBlu-ray「あっちこっち行くけどごめんね!」を注文しており、そこには問題の「Beyond the Bottom」が冒頭から収録されている。「タチアガレ!」と「Beyond the Bottom」ではもう別のグループになっていると言っていいくらいの進歩が感じられるので、それがどのあたりから顕著になったのか、アニサマのような莫大な費用を投じて行われる祭典の設備やスタッフの差がどこまで影響しているのか、こういったことを確認していきたい。6月末に発売される4つめのBlu-rayも予約済みである。

現状は「Wake Up, Girls!」のせいで他のライブがまったく見られない状態に陥っているので、ある程度は掘り下げて収まりを付けないと、普通にどれというでもなくライブの映像を見て楽しむという生活が帰ってこない。いずれにしても解散するグループにいつまでもこだわることは出来ないので、どこかで区切りはつけることになるだろう。だが、今はまだどうなればあきらめられるのか見える段階ではない。

2018/6/18 00:34  [1422-3675]   

いろいろあってこれまでにないことをPCでやっているが、正しい方法にたどり着くまでもの凄く時間がかかる。出来てしまった後から振り返ると非常に簡単で、単純なことなのだが、それがわからないうちには何時間もかかる。

どっからどう考えても知っている人に教えてもらった方が圧倒的に早い。自分が様々な物事について習得したあかつきには、機会があれば教えることを惜しまないでいたいものである。録音、動画編集、出来るまでは何時間もかかったが、出来てしまえば小学生でも出来るようなことばかりである。それを知るが故に出来ずにままならないうちは実に歯がゆいものである。ああ、どうせ簡単なことに気づかないで時間を浪費しているんだろうなと思いつつも、時間をかけてちょっとずつやるしかない。

2018/6/21 10:00  [1422-3682]   



最近あまり顔を出せなくてすみません。
スレ建てはさせていただきますね。

退院できたら、まずは仙台の実家に帰省したいです。

2017/7/31 06:59  [1422-3221]   

ちちさすさんへ

スレ建てありがとうございます。書き込みについては体調を優先なさって、落ち着いてからでもいいですよ。

2017/7/31 23:48  [1422-3222]   

家電さん、こんにちは。
次の退院予定が立ちましたが、今度はどうだろう〜?(^^;)
直前に不調になり1週間から10日の観察が2回続いたので。
三度目の正直となるか、二度あることは三度ある、になるか(^▽^;)

eイヤホンという、ヘッドフォンイヤホンの最大手のお店の週末中古フェアを見ていたら、iriverのAK100Uが3万円以下で売られていました。そこまで相場が下がったのかぁ〜^^;
かなりの台数があったので、家電さんの通勤用DAPとしていいんじゃないでしょうか?

2017/8/5 13:18  [1422-3230]   

ちちさすさんへ

書き込みありがとうございます。返信遅れてしまって申し訳ありません。

AK100Uは個体の状態がどうなのかですよね。AK300がモデルチェンジしたらしいのですが、そっちも気になります。ただ、3万円と8万円の比較となったら、8万は無理となるでしょうね。まだちょっと悩ましいですね。

2017/8/6 06:49  [1422-3231]   

ソニーのUBP-X800が郵送されてきた。 夜の11時に視聴会。。。

ちちさすさんへ

現在、和京さんが泊まりで訪問されていて、リビングを明け渡している状態です。乃木坂や欅坂、山本彩が炸裂しています。

という感じでバタバタしていました。

2017/8/6 08:49  [1422-3232]   

ちちさすさんへ

無事に退院できるとよいですね。でも、安心感は病院の方がある。ここは悩ましいですから、なんて書いてよいのかわからない部分ですね。

2017/8/6 09:58  [1422-3233]   

家電さん、和京さん、おはようございます。
家電さん宅で夜通し視聴だったのでしょうか?
楽しい時間だったことでしょう(^^)

明日、子供の誕生日なので一時帰宅させてもらう予定でしたが、多分そのまま退院になりそうです。
あと、私の縁側を先ほど、全員投稿可に変更しました。
カメラの作例スレッドのスレ主ペースもつかめてきたので、縁側を開けても大丈夫かな?と思いまして。閉めた期間が長かったから、多分しばらくは誰もこないと思いますし(笑)。

2017/8/7 06:34  [1422-3239]   

ちちさすさんへ

夜は12時就寝、6時から7時起床でした。深夜の小音量という趣旨とはちょっと違いましたが、機器がいろいろあったので楽しめました。

退院される可能性が高いということですが、お盆はゆっくりできるとよいですね。

2017/8/7 11:47  [1422-3240]   

ちちさすさんへ

おはようございますm(_ _)m

無事に帰宅されて落ち着いたらまた教えてくださいね。しばらくはバタバタしそうですね(^^;)

2017/8/8 04:56  [1422-3244]   

家電さん、こんにちは。
落ち着いて来たわけではありませんが、退院できましたのでご挨拶です。

MAP-S1が壊れてしまったので、CDプレーヤーからP-1uにつないでます。
音はCDプレーヤーからの方が断然良いのですが、不便です(^^;)
ディスクもパパに交換してもらってます。

2017/8/11 12:39  [1422-3249]   

やっている内容は小学生でもできることです。

ちちさすさんへ

退院おめでとうございます。しばらくはゆっくりなさってくださいね。

MAP-S1の中古美品を見かけましたがいい値段しますね。評価の高い製品だったようですね。でも、ちちさすさんとしては同じ製品ではなく、もっとも良いものを考えているのでしょうね。満足できるような製品が見つかるとよいですね。

私は暑いのが苦手なので部屋にこもってます。お出かけは最小限しようと思っています。和京さんは温泉へ行っているそうです。私は一人で黙々と夏休みの工作的なことをしてますね。

あとは音楽ファイルの整理を急ピッチで進めています。整理されていないと新しい音源を頂いたり、紹介されたときに身動きが取れなかったりしますからね。もっとも身軽に動けるように頑張ります。

2017/8/11 13:47  [1422-3250]   

ちちさすさんへ

お加減はいかがでしょうか? 大阪は一時的とはいえ涼しくなってきまして、蝉は台風が通り過ぎてから急激に勢いを失い、静かになりました。

ちちさすさんに紹介して頂いた電源タップですが、改めて置いているたたずまいなど見ますと好みですし、部屋と完全に調和しています。SXでかなり聞き込みましたが、アンプでの使用では音質の劣化はまったくありません。アンプとプレイヤーの電源を分けることができたことにより、音質にプラスの要素があったのではないかと思うくらいです。

フィルターですが、モニタースピーカーであるA5Xで試しますと、無音時のノイズに違いが出ます。一定の効果はあるようですね。ヘッドホンもイヤホンも本音はどんどん行きたいのですが、先立つものがないですからね。悩ましいです。

それではごきげんよう。

2017/8/17 10:35  [1422-3265]   

お盆の期間中、お墓参りに連れ出されたり、お客さんに顔を出したりで、けっこう疲れました。
次男のお墓参りができたのは、今回が初めてなんです。
改めて込み上げるものがありました。

お客さんは、私を初めて会う人も多く、私の麻痺で誰かの支えがないと体を起こせないのに驚かれました。
でも、パパが「こんな美人のお嫁さんをもらっていたのか」と何人かの人にいわれていて、私はすごく気を良くしてます(笑)。

2017/8/17 15:38  [1422-3266]   

ちちさすさんへ

お盆は忙しかったようですが充実していたようでなによりです。活発に動かれていたようで、体調もすまずまずといったところでしょうか? まだ暑いですし、しっかり休養はなさってくださいね。

2017/8/17 20:13  [1422-3267]   

家電さん、こんにちは。
仙台の実家に帰省中です。
この時間は両親が長男を連れて出かけたので、パパと2人でまったり過ごしています。
新幹線の自由席で座席二つを占領して寝転がってきたのですが、それでも背中が痛くなって…。

お父さんが昔使っていたサンスイのプリメインアンプをもらうことにしました。1970年代前半のもので、さてどんな音かなぁ。

BOWSさんの縁側でずいぶん書き込んだようですが、お話が横に広がるので全体像が把握できません(^▽^;)
でももうあとは書き込まない方がいいと思います。お話があちこち飛んで収拾がつきません。もっと論点を絞って、ひとつの論点が収束した後に次の論点を出すようにしないとね。
今回は言い合うには誰にとっても条件が良くないです。
あと、Foolish-Heartさん書き込むのが契約だみたいなことを書いていますが、それはおかしいので。
掲示板において書き込むかどうかは、いかなる場合も書き込む人の自由裁量です。あちらのみなさん、ちと狭視野になってますね(^▽^;)

2017/8/21 13:23  [1422-3282]   

ちちさすさんへ

読んでしまわれましたか(^^;) 私は一つ一つの物事に誠実に対応しているのですが、あちらの都合でどんどんと話を転じていくのです。これは? じゃあ次これは? これはどうなの? などと続いて、私が何か間違ったことを書いたりして批難される構図になり、彼の欲求が満たされるまで意味のないやりとりが続きます。

それはまだいいです。でも、こちらが膨大な忍耐と労力を使い、苦労してこれ以上は思いつかないというくらい丁寧に説明しても、彼は理解しようとしてくれませんし、最終的には個人を「玩具」などといって侮辱してくるのです。それが彼の「遊び」なのでしょうけど、私とは価値観があまりにも違いすぎます。こちらは誠実に対応しているので、できればあたらにも誠実に対応して欲しいものです。

いずれにしてもそういうことがありますから、根本的な部分で私とは合わないのは仕方のないことだと思います。

2017/8/21 13:52  [1422-3283]   

ちちさすさんへ

BOWSさんの縁側については中立性がほとんど期待できませんから、もう書き込まないと思います。私がいくらダイナミックレンジと音量を結びつけた情報を出しても、数字の話ばかりされて音楽聴いてくれませんから意味ないです。

落ち着きましたら、短いYouTubeの動画など見ていただければ嬉しく思います。腰をお大事に・・・

2017/8/21 14:38  [1422-3284]   

 和京 神壱さん  
そもそも階層の違う人たちとは争いにもなりません。

人は自分の範疇の中でしか物事を語れない。結果、長い文章を書かれると自分が反応できる一部の文言のみをピックアップしてそれについて追求する。だってそれしか自分には出来ないから。結果木を見て森を見ずになる。人は自分の経験の中でしか語れないのだから知識経験理解力の差というものは
文章だけの掲示板では特に露呈しやすい項目です。そして自分のキャパオーバーした相手にいくら訴求を続けても超えた部分に関しては思考停止し、全てを中身のないこちらが求める内容ではない方法で打ち返してきます。ある種の自己防衛なのかもしくはただ単に自分では処理できないからか同じ土俵に立ち続けられる(勝手にと思っている)ためにひたすらそうするしかないのか。・・・まぁこれは案外良くあることだと思います。親や友人なんかも一部そういう傾向が見られることがあったので個人的な実感ではありますが。
先方は某T氏のような言い草ですね。まぁ遥かにマイルドで諭すような言い草ですが。そこにスパイスとして適度な皮肉を少々。これで先方が無知の知を得られたらなと少々の期待と愛情という名の責任を持って行動されてるように見えます。

「フリン効果」
http://blog.tinect.jp/?p=41430

和京が最後にやっていたSoulシリーズは氏んで覚える氏にゲーです。レベルや装備が満たない間でも強敵に出くわしたりそういうエリアに意図せず踏み込んでしまうこともある。
しかしやられ続けて学び攻略しその先の達成感を味わう作品です。
しかし掲示板では言語のみで視覚情報はほぼない。出向いてこてんぱんにされてもまた出向いて倒されてでもそれがなぜなのかわからないしあきらめることも体制を整えなおすための勇気の撤退も出来ない。
一度エンディングまでクリアして一から初期LV縛りで進めてあえてそういうエリアに挑むならいいんです。ある程度のパターンはわかってることでしょうし、自身の経験値やスキルを磨くための研鑽にもなるでしょう。でも自身がそのレベルまで行っていないのに踏み込んでいいエリアではありません。こっそり隠密に様子見するだけならまだしも殴りかかるだなんて、結果は目に見えています。
相手方(適)にも生活があり平穏があります。そこへいきなり現れて殴りかかり(主張を)繰り返されても勝てるわけ(理解され)ないでしょう。人は群れる習性があります。その集団へ入り込むなら相応の礼節をわきまえるか全て倒しきれるレベルの兵装が必要でしょう。そうでない場合はやり返されるだけです。

限られた余暇(時間)のなかでやりあっても結果得られることがないのならそれは時間の無駄です。
その時間を自己の精進(自システム構築等)に当てたほうがよほど有意義です。
文章を練るのも書くのも読解するのも非常に労力を使います。文面にかかれてない部分まで推察せねばなりませんし相手が自分の書いた文章をどのように理解するのかまで気を遣わなければなりません。
和京が唯一見書きするのはこの縁側くらいですが、(リンクをたどって他の縁側を除くというのも札はほとんどしない)それは確かにある程度経験してレシピが完成し自己完結で済む段階に達したからというのもありますが、やはり自分の範疇を超えたことは語れないわけで自己主張に終始し、自身の範疇から超えた事柄はレベル差により吸収できない以上得るものは少ないからです。
家電さんも研鑽のため以外に他人とかかわることよりも早く自分だけの涅槃の域に達せられることを念頭に置いたほうが結果的に幸せになますよ。そのほうがしがらみがなくて疲れませんから。

2017/8/21 15:04  [1422-3285]   

BOWSさんは私がスレ主代行をしている写真作例スレッドのメンバーですので、そろそろこっちにも来てというお誘いで縁側に行ってみたのですが、見て驚いてしまいました(^^;)

ちょっと私の主観的な意見ではありますが、オーディオで理論(プレーヤーやアンプやスピーカーの仕組みや構造などハード面)と体験(聴感)を結びつけるには2通りの方法があるんですよね。
@理論をまずお勉強して、再生音を聴いた体験での感じ方で裏打ちするやり方
Aまず音楽を聴いて再生音を覚え、その音に聴こえる理由を理論から導き裏付けるやり方

自作する人は@でないとまず作れませんね。
メーカー製品を購入してオーディオをする人はまずAでしょう。
家電さんもAですよね?私もAですし。

どっちが正しいかなんてことはありません。
ただ、負の部分を示しますと、
@の人たちは頭でっかちになりやすいですね。Aからオーディオをスタートさせて@に移行しても、理屈というのは知れば知るほど、大事なことを忘れやすいものです。
大事なことというのは、理屈を知らなくてもオーディオはやれる、ということ(自作は無理ですが)。音楽の何を聴くかがエモーショナルでなくメカニカルな視点からに陥るってこと、でしょうかね…。
Aの人たちは、理屈の部分でその時必要なことしか得ないので、知識が断片で理屈全体の把握ができないか、断片をつなぎ合わせた推測で全体を考えるので部分的には正しくても全体でみると間違っていたりすることが多いです。で、その全体というのが理屈的に基本的なことだったりすることも多く、私も結構恥をかきました(笑)。

@の人はAの人を理解するのはけっこう難しいんですよね。
でもAの人が@の人を理解するのはそう難しいことじゃない、というのも真実(^▽^;)

2017/8/21 15:33  [1422-3286]   

ちちさすさんへ

こっちにも来てというのは私の縁側でしょうか? だとしたら凄いことを考えますね・・・

BOWSさんが良い方だというのは直感的に理解できますが、そうしていただくほどのものが私の方にないです。ただ相手の方に申し訳のないことになってしまう可能性の方が高いです。写真とオーディオということですね。他にも優秀な縁側主が何人かいらっしゃると思いますし、いずれにしてもご期待に添うことができず申し訳ありませんでした。

2017/8/21 15:48  [1422-3287]   

あ、失礼しました。どう考えてもちちさすさんの縁側ですよね(^^;) 写真とオーディオの交流ですよね? 応援しています。

@とAの分類についてですが、@であるこちらが難しい機械の仕組みなどを理解することに比べれば、Aがただ音楽を聴いて話をするのは容易なことだと思いますけどね。本来であれば問題になっているソースが再生したらどんな音なのか。これを聴いてからでも話はできると思うのですが聴いてくれない。ここがよくわかりません。

2017/8/21 16:05  [1422-3288]   

和京さんへ

確かにおっしゃる通りです。自分のことに注力しますね。すでにA3Xを追加購入し、6チャンネルADAM を訪問されるまでに実現したいと思います。

2017/8/21 16:12  [1422-3289]   

 和京 神壱さん  

S/N≧DRです。あと自分の土俵から出られない(そもそも境界が認識できない)場合はむやみにそこから出るべきではないですね。そういうのは闇雲になりますから気をつけたほうがいいです。

2017/8/21 16:51  [1422-3290]   

ちちさすさんへ

@とAを間違いました。失礼しました。

2017/8/21 18:16  [1422-3291]   

こっちというのは、クチコミの写真作例スレッドのことです。
BOWSさんにしかわかりませんね。すみませんでした。

ちょっとFoolish-Heartさんと話せれば話してみようと思います。
いつもの彼ではないみたいです。

2017/8/21 18:45  [1422-3292]   

ちちさすさんへ

ちちさすさんらしいですね。ご武運をお祈りしています。

私もいろいろフォローしたい気持ちも少しはあるのですが、オーディオや生活に不満を抱え、ストレスいっぱいでおかしくなっているのはこっち(私)であるというのが既定路線ですからね。おかしい方が正常な方をフォローするとかあべこべなことです。

では行ってらっしゃいませ。

2017/8/21 19:06  [1422-3293]   

家電さん。
今回はあちらさんたちにも問題がありますが、家電さんもかなりやりすぎてますし、どっち側にも悪いことをかくでしょう。
今回は、仲裁のつもりでは書きません。
家電さんにも、気をつけて欲しいことを伝えておかないとと思います。

あと、家電さんを分析したみたいな書き方になってる部分があるんですが、正誤とかでなくそういうことを書いたこと自体、すごく失礼なことだとは分かってるんですが、書く必要があると思ってのことです。ごめんなさいね。

2017/8/21 20:21  [1422-3294]   

 和京 神壱さん  

自分が納得するまで徹底的に相手を追及するのは現実世界でも似たようなことがありましたね〜。
楽器屋の店員にオーディオ的なことを聞いても仕方がないのに追求が長いというのはままありました。家電邸OFFで同席者が執拗に自己主張されて困り果てたことに対して自閉症スペクトラムの気がある自分はなんとなく理解できるといいましたがそのことに対して理解できるの!?という反応されてましたよね。共通するのは相手に対する自己主張(同調の要求や自己納得含む)の加減ができないことなんですよね。和京はリアルタイムで相手の意図や背景を察するのが不得手でまずは出力優先になってしまうので自分への落としこみに時間がかかりそれを壊れた蛇口と称していますが、そういうことですよね。和京も同様に自分の範疇でしか語れないわけですがその範疇は一般よりも狭い。一般社会で人と接する上で人よりは多少は時間がかかろうとも理解する努力をしてその差分を埋め合わせなきゃならない。これは自ら望まずとも人と接する以上そういう場面が高い確率で出てくるのが前提条件です。同席者や同伴者に自閉症スペクトラムではないといわれたのは真性の人は自分がそうであると理解していないからという理由によるものです。(和京にとって真性に近い仮性、いわゆるボーダーは最もめんどくさいものですが)真性の人との違いは無知の知ということなのでしょうか。知ってることで自制心が芽生えそれが抑止力になる。つまり知らぬが仏なのは当人だけ。かつての自分がそうでしたからね。なにがどう自分が相手に迷惑なのか子供時代はさっぱりでしたから。

2017/8/21 23:03  [1422-3297]   

 和京 神壱さん  

是か非かはともかく完全に向こう方にイニシアティブ握られてますよね。
自分の範疇に引き込もうとしても相手方はその範疇外から遠距離攻撃してきます。(相手の意図を理解できていない時点で範疇外なのです)その攻撃全てを受け(理解し)きれないのでたまたまかろうじて受け(理解し)た部分を自分なりの手法(疑問形にして)相手に投げ返すというのをやっています。

相手の縁側へは出向かなくなりましたが、自身の縁側には書き込みをやめていません。
かつて某派閥で相手の縁側に出向かなくなっても自身の縁側への書き込みで半ば刺激を続けるというようなことがありましたが似たような状況に見えます。そして、クローズドな縁側のあり方にも疑問をもたれてたことがありますが、今なら和京の縁側の活用法を理解いただけるでしょうか。なぜIDを変え縁側も作り直し続けたのか。
自身の縁側ですから現場からは退いてもそのことに対する思考整理を書き綴ることは理解できます。しかし、相手から見れる状況である以上はまだ自分の縁側でぐちぐちやってるという風に捕らえられるわけです。
しかし自分と一応切り離したクローズドな環境があれば・・・。そこは一応はしがらみのない自由空間となるわけですよね。

思考整理の一環としても和京の主観を述べて見ましたが、和京が前々から思っていた家電さんがなぜたびたび人と衝突するのか。全てを見てるわけではありませんし一個人の主観でしかありませんが、家電さんがそれをひとつの客観性と捕らえて自己への落とし込みが出来れば何かの足しになるんではないのかなとそう淡く思っています。

2017/8/21 23:36  [1422-3299]   

ちちさすさんへ

とりあえずメール送りましたから、読んでいただけると幸いです。

2017/8/24 16:47  [1422-3302]   

和京さんへ

先方は次々とIDや履歴を変えているので、把握するのは無理だと思います。指摘は理解しました。こちらも書きたいことはそれなりに書けましたから、特に不満はありません。アドバイスありがとうございました。

2017/8/24 16:52  [1422-3303]   

和京さんへ

あちらへはもう書き込まないので、ここで明確に謝罪させて頂きます。せっかくアドバイス頂いたのに申し訳ありませんでした。ご指摘の通り前回とほとんど同じような出来事です。ただ、当方も前回で懲りているので、ダラダラと深入りするつもりはなく、いろいろ確認したいことがあっただけなんです。単なる誤解なのか、本当にどうしようもないのか。このあたりを知りたかったんですよね。

自分なりに回答は出たので、特にもうこだわりはないです。



2017/8/24 21:55  [1422-3304]   

ちちさすさんへ

取りあえず買ってみました。以前から申し上げているようにマーラーは苦手としているのですが、このCDはかなり安かったので買ってみてもいいかなと。PCオーディオの環境も整備できて、デジタルデータを吸い出す作業も一段落してきました。これまでは買ってもほとんど聴かないで置きっ放しというのもけっこうありましたからね。

それで、当方はちちさすさんの体調を見ている状態なのですが、たくさん書き込めたりするのでしょうか? 聞きたいこととかけっこうあったりします・・・

2017/8/24 22:22  [1422-3305]   

家電さん、こんにちは。
メールを送りましたので、そちらもお読みくださると嬉しいです。

私の体調のことですが、退院しまして今のところは特に不調は現れてません。
入院が長引いたのは、退院間際に心拍がおかしくなったことが2回続いたのと、意識喪失や麻痺の原因の一つかもしれないと思われる欠陥が入院中に新たに見つかったのでその治療のためです。
私の場合は、次に心不全を起こしたらおそらくだめでしょう、でも心不全が起きなければ普通に暮らせるし体のリハビリも進めてください、という状況ですから、まあ想像するに、70歳代80歳代の人が、今は元気だけど明日のことは分かりません、という状況になっているのと同じみたいなものだと思います。
それとは別に、肺の手術(生命には関わりなし)を勧められている状況です。

心臓の方は生来の欠陥だそうですが、2年半ほど前に軽い心不全を起こすまで、まったく発見されませんでした。それまで欠陥に気づかずまったく元気に過ごしてきて、心臓の検査なんてしたこともなかったので。
でも、私の三男は、私と同じ心臓の病気も持って生まれ、生まれたその日に亡くなりました。結果的に私からの遺伝だったことになります。これが私の鬱病の引き金になったと思われます。
昨年亡くなった次男は心臓が直接の原因ではないですが、遺伝はあったと思います。
子ども2人を死なせたバカ母親ですので、今の体は天罰と思ってます。


今の私の環境というか状況ですが、山形を離れて、群馬のパパの実家でパパの両親と同居を始めましたことはお伝えしていますよね。これはパパの両親がかなりの高齢になってきたためです。パパは長男ですので。
高齢といってもけっこう元気で、義父母どっちもかなり頑固で口うるさいです(笑)。
山形にいた時は、体調が許す限りいくらでもネットができてましたが、やはり同居となるとそうもいきません。こんな体ですので家のことなど何もできませんが、家事ができないからといってネットばかりしている嫁ではやはりまずいです。
義父母はインターネットには偏見があり、光回線すら許可してくれませんから、私も義父母の手前、ネットを見ることをかなり減らしています。以前はちょっとした合間にサッと価格コムを開いたりもしてましたが、今はちょっとの合間をつかうこともやめています。
なので、1日に2,3回iPadを開いて、サッと見て1つか2つの書き込み、長文になる時は何回かに分けて書いて最終的に編集、というやり方です。
写真作例スレッドを引き受けてますので、最優先はそれです。
自分の縁側も含めて、縁側参加頻度はガクッと少なくなりますが、参加をやめることは考えてませんので、まったりとよろしくお願いしますね。
テザリングでネットなので、群馬の家ではPCも使えはしますが、光回線のような速度には程遠く、データ通信量も多く契約はしてもらってますが、PCと接続したらあっというまに通信量切れです。なので、ここぞという時以外はPCでネットはしませんので、家電さんにはあんまり気軽ではなく「これはぜひ」というものをPC使用で見聞きする方向で私のことを考えてくださいませ(^^;)

近況としては、今週は実家の仙台に来ていますので、ネットは自由ではありますが、今度いつ来られるかもわからないので、家族みんな一緒の時間を大切にしたく、やっぱりあんまりネットを見てません。
昨日も午前中に1回見て、Foolish-Heartさんのところに2レス書き込んだだけです。
長いこと掲示板やSNSと一緒に歩んで来たみたいな私でしたが、そろそろネットとの付き合い方の転換期にきたように感じます。


お話変わって、マーラーの復活、インバル/フランクフルト放送交響楽団を買われましたね。
私の今までのシステムでは、他のCDを再生するのと同じ音量のとり方ではダイナミックレンジの点ではうまく再生しにくいし、この音圧のなさは何?単に録音レベルが低いってことじゃなく、でもソースとしてのダイナミックレンジは広く感じます(実際広いんだと思います)。制作のヘッセン放送はどういうモニタリングしてたのか謎です(笑)。
ちなみにDENONの他のCDはこういう感じではありませんので、インバル/フランクフルト放送交響楽団の一連のシリーズがこんな感じなのです。
復活よりもロメオとジュリエットの方がわかりやすいかもしれません。

2017/8/25 09:24  [1422-3307]   

ちちさすさんへ

了解です。ペース配分を考えて行くことにします。マーラーは日曜日に聴こうと思いましたが、来客があるため、月曜日からの夜勤中に聴くことにします。

2017/8/25 13:26  [1422-3308]   

家電さん。
夜勤中に聴くって、お仕事中に聴けるんですか?(^◇^;)

和京さんには謝罪だけでなくお礼も言ってね。

2017/8/25 13:54  [1422-3309]   

ちちさすさんへ

ありがとうございます。和京さんには近日中に会う予定があるので直接伝えることにします。

夜勤中というのは、帰宅が朝からになるため、ボリュームが上げやすいということで平日も聴けるという意味です。通常勤務では帰宅すると夜ですが、夜勤だと帰ったらお昼の9時とか10時なので、割と気軽に大音量が出せます。今回は再生がマーラーなので、小音量では評価が難しいかと思います。デッカと比較してどうでしょうね。。。

2017/8/25 14:32  [1422-3310]   

でもやっぱりここでお礼を言うのが筋ですよね。

ちちさすさん、和京さん、助けてくれてありがとうございました。またこれからもよろしくお願いしますね。

2017/8/25 15:41  [1422-3311]   

マーラーの交響曲第2番「復活」をメインシステムで聴いてみました。レーベルがデノンで、インバルし指揮のものですね。

このソースは全体的にゲインが低いです。ダイナミックレンジも広いのですが、それよりも全体的なゲインが過剰なまでに低いため、ボリュームを上げる必要があります。SXで通常は10時で十分な音量なのですが、こちらのソースでは聴いたまま満足な音量を取ろうとすると11時になり、私が持っているCDでこのボリューム位置を必要とするものは1枚もないです。同じデノンレーベルでノイマン指揮の「新世界より」(100周年記念ワンポイントマイク)がありましたが、あれもゲインが低いのでひょっとすれば同じくらいあげなければならないかも知れません。

音量のチェックなども行いましたが、ボリューム11時では最大音量が軽く100デシベルを超えてもおかしくはないのですが、第5楽章の9分くらいからの演奏でシンバルの音が瞬間的に90デシベルを超える程度であり、過剰に音量が高まる部分はありませんでした。ホルンやトロンボーンの音も耳障りにならないように抑えられているため、ボリュームをあげてもうるさくなってしまう部分がないです。よって、普段からの常識を捨てて、ボリューム位置を過剰にあげて聴いてみる。そこではじめて評価できるといった感じのソースです。

P1uでゼンハイザーHD650だと、たぶん12時くらいになってしまいますね・・・

2017/8/28 10:53  [1422-3319]   

家電さん、こんにちは。
昨日群馬に帰ってきました。
行きの新幹線で背中を痛くしたので、帰りは丸まってきましたよ(^◇^;)

今朝Foolish-Heartさんの縁側を見たら、かなりのレス削除がされてました。
削除されたレス絡みで書き込んでも削除されるだけなので、あとで挨拶レスを書いて終わりにします。

家電さんからのメールも先ほど読みましたが、あえてメール返信でなくてこちらに書きますけど、ご自分がどうのとかだけでなくて、自分が相手に何をしたのかも考えてみてください。こういう時は、相手が自分に何をしたかは度外視して考えるものですよ。
そもそも、今回は家電さんにもFoolish-Heartさん側の人たちにも「何やってんの、あんたたち。おかしいよ、やり過ぎよ」という感じで、仲裁というより、頭を冷やさせたいと思って書き込みました。
どっちの言うこともわかるんですが、双方とも相手の立場(と考え方)の推察なしで、自分の型の中に相手を当てはめたり、常識や社会に当てはめたりで、これではね。
双方とも「推察はちゃんとしてる」とおっしゃるかもしれませんが、私に言わせれば「した内に入らん」です。
なのでFoolish-Heartさんのところで、確認してみたくて書込みもしたのですが、削除になったので、あちらはあちらで置いておくことにして(運営判断で削除されたレスへの返信は書いても削除されるし、嫌がらせと同じですので)、今回は家電さんに私からのお小言も聞いていただきます。

お小言を読んでいただいてから、インバル指揮の復活のこととか、いつもの会話に戻らせていただきます。

2017/8/28 18:42  [1422-3320]   

ちちさすさんへ

この縁側に書く目的はなんでしょうか? 注意や忠告ということであれば個人のメールで十分です。ここへの書き込みは単に終わった問題を蒸し返すリスクが高まるだけなので、遠慮していただきたいというのが本音です。

しかし、どうしてもお書きになるというなら、致し方ないです。当方は意見を差し控えさせていただきます。深慮あってのことなので、あらかじめご了承くださいm(_ _)m

2017/8/28 19:44  [1422-3321]   

 和京 神壱さん  

和京もフィルターレスでストレートに物言いするので気持ちはわからなくもないですが、その書き始めだとちちさすさんへの配慮至らずに見えます。真っ先に先方へ話しに行かれてしかも毎回そういう風に動いてくださってるんですから。一応まだ面識のない上に女性相手なわけですから。今ではこの縁側に参加いただいてるのもほんの数人、その中でもこの中では一番付き合いも長いんじゃないですか?理由としては小言とされてますが、平等に喧嘩両成敗(出向いたのはこちら側ですが)、先方にも折り合いをつけに行かれたりなだめに行かれたりすればこちらにも同様に書き込まれるのはありえることだと思います。同時に見えない裏のやり取りではなく先方にも見えるところに書き込むことでそちらだけでなくちゃんとこちらも注意してますよと形を残せるわけです。

和京もプライベートなメールやLINEではなく縁側という現場で完結して欲しかったと書きましたが、横やりを入れるという側面持ったので裏のやり取りでは意味がなかったんですよ。書き込むからには理由がある。
いったん受け止めてワンクッションおいてから自分の意見を述べたほうが印象は和らぎますよ。

2017/8/28 22:50  [1422-3322]   

和京さんへ

了解しました。和京さん、ちちさすさんの配慮に思い至らず、大変申し訳なく思っています。そういうことで前言は撤回しまして、自由にお書きくださいませm(_ _)m 余計なことを申しまして、、重ね重ね申し訳なく思っております。

2017/8/28 23:00  [1422-3323]   

 和京 神壱さん  

家電さん、攻めたり追い立てたりするつもりは全くないですが、SC203のパッシブラジエーターになれた耳にはSC205のリアバスレフのクセは違和感を感じると説明した際にそういうクセとかいう言い方だとあまり聞こえのいいものではないから言い方を考え(配慮し)た方がいいとおっしゃられてましたが、そちら(特定の部分)にはこだわるけど、全体的な印象は気にしてないんじゃないでしょうか。

和京語録から該当するものを当てはめると木を見て森を見ず/人に言えることは自分にも当てはまる です。

蛇足ですが、和京は性質上相手の感情や場の空気や背景を察するのが不得手なので、学習とマニュアル化でカバーしています。しかし三角食べが出来ない(並列処理が苦手で物事を順繰りにしか対処できない/リアルタイム処理が苦手)、加減がよく分からないなどの元来の性質というものは根本的に解決しませんのでそれを表に出ないようにというのは難しいです。
時間をかけて修正していけば多少はましになるかもしれませんが、校正に時間をかければリアルタイム性が失われて時間と手間もかかります。

和京はすでに交流というものを全盛期ほど必要としていませんのでしがらみや煩わしさを感じない範疇でさほど気を使わなくて済む範囲内で活動しています。
段階の違いとしてはまだ一次システムが完成していない段階の家電さんは、すでに1次システムを解
体し2次システムも完成目前の和京と違い交流による情報収集も必要なことでしょう。

交流する上でどこまで気を使えばいいのか気を使うべきなのかは難しいところではあります。
そしてリアルタイム性が必要なことなのかどうか。掲示板は簡単に書き込める上、文章だけですからいろいろ察するのに必要な情報やフィルターも少なくストレートに伝わりやすいです。
対人の場では書き込む前に一度見直す意識をもう少し持つのもいいんじゃないでしょうか。

2017/8/28 23:22  [1422-3325]   

 和京 神壱さん  

あと、お会いしたときにお話しましたが、「スルー力も大事」です。交流するのにも利点があるからなにかしらかかわりあうわけで、その対価として時間や手間をコストとして払っています。
追求する姿勢に関しては一定の評価を先方はされてましたが、「その場で無ければならない理由」は何ですか?必要か否かを考えると本当に「その場でなければだめだったのか」疑問に思うような場面はありませんか?聞いたり追求するにしてもその場その時間その相手でなくともいい場面のほうが多いんじゃないでしょうか?相手は人間である限り何かしら有限であり行動するには何かしらのコストがかかっているはずです。スマホのエージェント/アシスタントシステムのように聞けば何でもインスタントにほぼゼロコストで応えてくれてるわけでないんです。そう考えると相手への追求の仕方の加減というものの意味を理解しやすいんじゃないでしょうか。

2017/8/28 23:30  [1422-3326]   

和京さんへ

これ以上はさすがに怒りますかね。そこまで踏み込んだ意見を書く場合は、少なくとも全体の経緯を把握してください。一連の話については、もっと早い段階で終わっているものです。相手の縁側に出向いてとおっしゃいますが、これもわざわざ個人についての意見というスレッド立てれば、それ自体がどうなのかという話にもなります。

それで、こうやってアドバイスをいただいても、ここに書かれれば当方も意見を述べざるを得なくなります。それを相手が見れば相手の考えもありますから、どうなるかわかりません。

これは「負担」になりますので、お控えいただけると嬉しく思います。

2017/8/28 23:38  [1422-3327]   

 和京 神壱さん  

すみません、わかりました、失礼いたしました。

2017/8/28 23:48  [1422-3329]   

和京さんへ

私も意見はいろいろあるんですけどね。仮にそれを書くとすれば目的が必要なります。最終的にどうなりたいみたいな。そういったことは基本的に放棄することにしましたから、もう終わっている話です。スルーが大切というなら、ここでこそスルーですかね。

私は今、お宅訪問での感想なり意見なりを書く時間を削って、この話に応じているわけなんですが、これって面白いことですか? 私はすでにこの縁側に注力する状態で、かなりの書き込みをしています。それより大切な話でしょうか? みたいなのが個人的な感想です。

2017/8/29 00:35  [1422-3330]   

家電さん、こんにちは。
お小言2つを長々と書きますが、お返事は不要です。読んでさえいただければ。
なので、これは私が書いて、家電さんが読んで、それで終わりにしてください。
他の誰かがどこかの場所で、私の書いたお小言に言及しても、家電さんはスルーしてくださいね。
和京さんも、どうか触れないようお願い致します。
そして和京さんには、この件に関してお心を砕いてくださったこと、私からもお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

個人メールでなく縁側に書く理由は、和京さんの推察の通りのことと、以前に///Twilightさんの時のことやワーフェデールの名称の件で、メールを使ったのは私の判断ミスの側面もあったという反省からです。


ということで。
お小言その1。
日本語が通じない、会話ができない、と言われる理由の一つとして、言葉(説明)が足りない、採る言葉が適切でない、ということは自覚してください。
直近の例ですと、
>月曜日からの夜勤中に聴くことにします。
これ、普通なら夜勤の仕事中に聴く、と受け取られます。
私の問いを経て後から「夜勤のシフトの期間に、帰宅後の日中に聴く」と解説がありました。
お話の重要度の低さ、相手が私である、からして「なんだ、そういうことでしたか」で済む例ではありますが、こういう例は、言葉そのものの意味と、その言葉が与える影響力というのを普段から軽視している表れではないですか?
家電さんは、こういう些細で、誤ったからといってたいして影響のない場合もあれば、大事な局面で言葉に対しての気持ちの軽さが現れることもあります。
一般に、言葉通りに受け取られれば誤解され、解説をしなければ真意が伝わらないのでは、会話になりません。文脈としてでなく、言葉そのものでそうなら尚更です。
自分の意見や考え方、物の見方を伝えるという大事な局面で、言葉が足りなかったり、使う言葉が違ったりしたら、相手に誤解させるのはもちろん、言葉通りの意味が良くない時は誹謗されるのは当たり前だと思って欲しいです。
言葉に対していちいち注意していないといけないのは疲れるとおっしゃるなら、書き込むからには疲れないといけません(普段から言葉に注意している人は、そんなに大きく疲れません)。どんな人だっていちいち注意してても、間違える時は間違えます。言葉が足りないことも起きます。私だってそういうことありますから。
でも、注意をもっとすれば頻度は減りますし、同じ言葉の間違いや不足でも、普段は注意している人と、普段から注意せず散見される(頻発ではなくても)人では、相手に与える印象の悪さも違ってきますよ。ここ、すごく大事なとこだと思いますよ。

お小言ではないけれど。
お小言その1とつながっていることではありますが、言葉の不足や使い間違い以外の部分で、「日本語が通じない」と言われてしまっていること。
家電さんはそうは言ってませんが、私から見れば、Foolish-Heartさん側の人たちの日本語が家電さんに通じず、家電さんの日本語がFoolish-Heartさん側の人たちに通じてません。
家電さんには「あちらの人たちはそういう意味で言ってるんじゃないでしょ」と言いたい時があり、あちらの人たちには「家電さんはそういう意味で言ってるんじゃないでしょ」と言いたい時がある、つまり「なんでそう解釈するの、どっちもどっちでお互い様」に見えてしまいます。
これはもっと根深い問題で、単純に「国語力」「理解力」というものでは片付かないかと思います。
私にも、学生の時に、「日本語が通じない」「国語が通じない」女の子が同じ学部にいましたよ。その子と話すだけですごく疲れてしまうんですが、その子は私以外の人とはちゃんと通じるんですよ。私もその子以外の人とはちゃんと通じる。そういう経験が、家電さんとあちらさんたちとの関係に重なっちゃうんですよね。

クチコミの質問スレッドで、家電さんのスレ主さん(あちらさんたちでない)の質問文の読解の仕方ついては、私にも私なりの考察がありますが、個人に対しての考察の域を出ないことはここに書くのをよしておきます。

お小言その2。
ブラックバードさんも指摘しておりましたけど、「調べない」ということ。
ブラックバードさんは書き込む前に調べろという意味で言われた感はありますが、それができるに越したことはないんですが、その前に、「それ間違ってるぞ」と指摘されたことについては、調べてから返信する習慣をつける、過去に一度調べていたことでも、指摘の根拠を理解するために再度異なる角度から調べ直す、ということは必要ですよ。それをやっても間違っちゃったら、それはしょうがないです。
すべてのことにまったく調べてないのではないのは分かってますが、調べないで書いていることが多いということです。
思い込みや、理解間違えは誰でもありますから、それは指摘されてから調べるのでいいでしょうし、私もそうしてます。

家電さんは、手間暇がかかるかからないに関わらず、調べるということにハードルがあるように感じます。それか、調べるほどのことではない、という家電さん独自の判断基準があるのかしら、とも思います。
特に、調べるのに手間暇かかるほどのことでない事柄について、調べないで書き込むというのは、書き込んだ事柄が間違いだった場合、本当に不誠実な行為となってしまいます。
記憶に頼って書く、記憶の範囲に推測をプラスして書く、というのがどんなに危ないことか、わかっていただきたく思います(この一文が私が一番伝えたかったことですよ)。

2017/8/29 09:06  [1422-3336]   

ちちちちさすさんへ

意見するなといわれてもね。会話というものは相互の認識の違いというものがあるので、確認を取ることなく一回で確実に伝達するというのはきわめて難しいです。よって、ある程度の幅を見て、日常的な会話というものは展開されます。

仮に「夜勤中に聴く」と書いたことについてですが、夜勤中は帰宅が昼になるというのは、これまで何度となく書いてきたことです。よって、これが通じないというのは当方としてはやや理解し難いのですよ。ちちさすさんはこれまでの会話で、私が夜勤のときは昼に帰宅する。この生活リズムを知っているという前提のもとで書いています。ですが、どうも通じなくて再度質問されたので、より丁寧に説明したというわけです。でも、これってどっちがどっちということもないでしょう? 「夜勤中に聴く」と「夜勤勤務中のシフトに帰宅してから聴く」と、そんなに大きな違いがありますかね。

会話の中で疑問(誤解)が生じた。わからないから質問した。これに対して補足の説明を行った。結果に的に理解されてコミュニケーションが取れる。普通のことです。ですが、まるで勝負のように揚げ足を取られないように言葉を選ぶと、会話は萎縮し、結局は面倒になって書かなくなっていく。これを私は指摘しているわけです。以前は当方からすればどうでもいい部品の話で論争になり、会話がそれていったわけですが、あれはちちさすさんの会話のやり方に問題があったということでしょうか? 当方はそれくらいの些細な解釈は許容されるべきという立場で弁護したわけですが、意味がなかったのですね。あれも私のことではないので、不要の論争です。

前にT氏と揉めたときも、そもそもは自分以外の人物を擁護したのがきっかけです。あのままでは一方がはじき出されてしまうと私は抗議したのですが、その名を不用意に出すということは、経緯そのものを忘れてしまったようですね。確かちちさすさんの考えでは、出て行く人間は仕方ないということでしたね。そこに留まりたいという執着心のある人間は残るし、そこまでの執着心のない人間は抗議することなく消えていくのが常識だと。だから私は出たのですよ。得られる幸福感より苦痛の方が大きいので、天秤にかければ出るのは当然の選択です。

当方は楽しい会話を希望していたのですが、どうも難しいようですね。かなり面倒です。ネットで会話するのにそこまで頑張りたくないですね。

2017/8/29 10:28  [1422-3338]   

ちちさすさんへ

例えばそうですね。しっかり調べてからクチコミでアドバイスする。今、SX1についていろいろアドバイスされているスレッドがあるのですが、SX1にはゲインを固定してプリアンプから入力を受ける設定があるのはあります。しかし、それがバランスで受けるようになっているのか、アンバランスで受けるようになっているのか、それとも両方で受けるようになっているのか。これによって書き込み内容が変わります。

メーカーのホームページでは明確な記載がないので、説明書を読むなどして調べなくてはなりません。そして、明確な答えが出ているなら、質問者の「ボリュームはどこに合わすべきか?」この質問に回答が出ていなければなりません。でも、調べてないので書く人はいません。これはいいのか? みたいな話です。私がメーカーに電話して、仮に「ゲイン固定のパワーアンプ状態ではXLR」は受けられません」といった回答を後から調べ、とんでもなく見当違いの回答をしています。みたいに書き込んだら、メーカーに確認するまで書き込めない。みたいなことになりますよね。

まあ、いずれにしても面倒な話です。当方は夜勤のときはメーカーにいくらでも電話できるのですが、逆にそこまでしてアドバイスしたいかといわれれば「NO」です。でも、言った人も明らかに調べないでアドバイスしてますよね。些細な間違いを書き直しているのも、負担になっていると当方は考えるのですけどね。

いずれにしても考えが合わない。もうこれでいいでしょう。

2017/8/29 10:42  [1422-3339]   

メーカーに電話したら「バランスでもアンバランスでも受けられる」が回答です。どうもこの情報が抜け落ちているようなので、善意を苦痛が上回れば補足のアドバイスしますかね。もうどうでもいいですけど。これも担当者が勘違いとかしていたら、何言われるかわかりませんからね。


2017/8/29 11:07  [1422-3340]   

ちちさすさんへ

マーラーについてですが、大変忙しいようですし感想などは不要です。話もかなりそれましたし、私も書いている内容に間違いがあるかも知れません。それを今から確認するのも大変ですからね。ヘッドホンでの音量も推測ですし、確認できるのに確認していません。不完全な会話を持ち出してしまい、大変申し訳ありませんでしたm(_ _)m

時間があるときに詳細に調べ、それから書き込むことにします。これには時間がかかりますから、今回はスルーでよろしくお願いしますm(_ _)m

2017/8/29 11:25  [1422-3341]   

家電さん、挨拶抜きですみません。
例のSX1にプリアンプ追加のスレッドですが、ブラックバードさんが下記のように書かれたように、プリアンプからSX1にXLRバランス接続すると、プリアンプのアッテネーターを通ってからSX1のプリ部のアッテネーターを通ることになります。
以下ブラックバードさんのレスの引用です。
>・バランス接続
>DACアナログ出力→XLR→プリアンプ→XLR→プリ部→パワーアンプ部
>・アンバランス接続
>DACアナログ出力→XLR→プリアンプ→RCA→パワーアンプ部

なので、家電さんがDENONに問い合わせた結果の、「エクストラプリアンプ入力端子からバランスでもアンバランスでも受けられる」はおかしいです。
そもそもエクストラプリアンプ入力端子自体、アンバランスの端子なんですから、この端子を通る信号になった時点でバランスではなくなってます。
DENONが家電さんからの問いの内容を勘違いしたか、家電さんの問い方がエクストラプリアンプ入力でなく一般的な入力と思わせるようなものだったのか、どっちなのかはわかりませんが、いずれにしろDENONの回答はおかしいです。
よって家電さんの、
>アンバランスではボリュームを考慮する必要はなく、バランスではボリュームを通るのではないでしょうか?
が正解です。正解なんですが、ブラックバードさんが先に書いているんで、「読んでるのか?」と言われちゃいますよ〜(^^;)

ちなみにブラックバードさんは、SX1のXLR入力端子接続でプリ部を通したフルバランス伝送と、エクストラプリアンプ入力端子接続でプリ部をバイパスしたアンバランス接続のどっちがいいかは実際に聴き比べてのこと、と断った上で、
プリ部(もっと限定すればアッテネーター)を2つ通るデメリットを差し引いても、フルバランス伝送が維持できるメリットの方が高いかもしれない可能性について言及されています。メリットの根拠は、コモンモードノイズが打ち消されてなくなる(理想的に動作すればですが)ことと、スレ主さんが既にSX1単体によるフルバランス伝送での音を気に入っていて、エクストラプリアンプ入力端子にプリアンプをつなげることによってフルバランス伝送でなくなり、スレ主さんの気に入ってた要素がなくなっちゃうかも?の2点と解釈しました。
この質問は試してみないとわからないので、アドバイスがすごく難しいですね。

あとですね、
>基本的にプリとパワーはメーカーが設計時から組み合わせて使うことを想定しているものですから、片方だけ買うというのはおすすめできません。
これはツッコミどころ満載発言です(^▽^;)
もしツッコまれたら、一応援護の用意はしておきます(^^;)

2017/8/30 14:27  [1422-3346]   

ところで、うちの子は9月1日から学校が始まります。
この夏休み、うちの子は 入学以来初めて宿題を半分以上終わらせました。せっかくここまでやったので、残りを手伝ってあげることにして、ママは奮闘中なのであります。
といっても、代わりに宿題をやってあげるわけでなく、見てあげるだけなので時間がかかることったら(^^;)
全部はできないでしょうが、今日と明日、頑張ります。
ちょっと一休みの時間を使って、ここに書き込んでます。

2017/8/30 14:45  [1422-3347]   

ちちさすさんへ

お気持ちは嬉しく思いますが、当方は個人的に対応したく思います。ちちさすさんはお時間を大切になさってください。

2017/8/30 19:39  [1422-3348]   

ちちさすさんへ

当方はすでに情報を修正しており、問題のない書き込みとなっております。この点を読まれたでしょうか? いずれにしてもかえって混乱が増しますから、表のクチコミについては書き込みをご遠慮ください。お願い申し上げます。

2017/8/30 20:08  [1422-3349]   

 和京 神壱さん  

■空気録音の活用法とスピーカの改善事例■
http://innocent-key.com/wordpress/?page_
id=9390


空気録音とはスピーカから出る音をマイクで録音したものです。一度空気を通した音を録音するので空気録音というのだと思います。国内オーディオではYoutubeやTwitterで盛んにアップされています。海外ハイエンドの動画がYoutube以外にVimeoなどにもあったりします。

■オーディオと音楽性の関係■音楽性が高い=どんな音楽なのか良く伝わる
http://innocent-key.com/wordpress/?page_
id=8277

2017/9/21 23:51  [1422-3379]   

和京さんへ

なかなかタイムリーな情報ありがどうございます。読みましたがいろいろ考え方として納得できる部分が多かったです。

2017/9/22 11:01  [1422-3380]   

 和京 神壱さん  

inocent keyは深い考察が多いながらも読みやすくまとめられておりお勧めです。和京は以前から読んでおります。

音楽性に関してですが、やはり音源のもつ音楽性をストレートかつストレスフリーに再現できる性能が必要だと思います。インとアウトをイコールにする。シンプルな構成に徹し不確定要素を極力排しボトルネックの介在をなくす。これがうちのスタイルですね。ミニマム&シンプル=高質密度カジュアル。うちは機材力に頼ったハンドリング重視のシステムですね。
それは機材自体のストレスフリーサウンド浸透力が高いからこそできることです。同時に入れ替えはヘッドホン買い替え間隔で機材単位で行っているため合わなければ入れ替える。入れ替える勇気を持つ必要性も出てきます。もちろんニーズというのはその時々で微妙に変化し続けますしある程度ストライクゾーンに余裕があるのでその過程での試行錯誤やブレと言うものは存在します。


限られた余暇の中で人のキャパシティはたかが知れています。使いこなしを求められる時点でそれは家電的ではない。
それなりの短期間で初期導入費用も抑え、使いこなしも要求されにくい=時間×労力×コストの節約にもなります。
そういった制約の中での最大値を達成するには自己ニーズの的確な分析と機材選びのセンス、適切な落しどころを見つける最適化のための思考整理が必要となります。

店頭試聴でなんとも思わないまったく心に響かないただ鳴っているだけのサウンドを以前から、
店で陳列されてるスピーカーは大体音が仕事しないひきこもり=サウンドニートスピーカーと称して
語録に登録していますが、ではなぜ心に響かないのかいったいどうすれば心に響くようになるのか
それを理解する必要がありそしてそれを実現する必要があります。
一切のフィルターリングなく明瞭かつ鮮度感力感にあふれたサウンドを出すためにはどうすればいいのか。
それが自己ニーズの分析とシステム構築における使いこなしというものだと思います。

うちの場合は坂道楽曲メインでシステムも機材先システムですので、ホールオケメインで音源先のシステムに関しては対極にあり理解が至らない部分も多いと思いますが、家電さんがなににどう感動し心を揺さぶられるのか。それを実現するためにはどうすればいいのか。自己ニーズの分析とシステム構築の方向性をブレずにまい進できたら到達も早いのかなと。

2017/9/24 11:50  [1422-3382]   

和京さんへ

参考資料「いかにもオーディオぽい音源」(再生システムは805DとSX)

https://www.youtube.com/watch?v=C2X5DUEg
-yI


私も前はこういうソースを再生して、音がいいとかなんとかやってましたね。確かにこちらに行けば現実問題として「いい音」であるとは思うんですよね。ただ、ずっと聴くかというとあんまり聴きません。これを再生して楽しかったのは機器をどんどん買い換えて行っているときでしたね。1500SEから1650REにすると、びっくりするくらい音が良くなったり。オーケストラではそこまで一気に音は良くなりません。どこかに問題が残っています。

比較的ハードルの低い高音質ソースの再生は楽しかったときもあるんですが、やっぱりいちばん聴きたいのは大編成のオーケストラであるということになり、今は違う方向へ行ってます。そうやって行くと、こういった女性ヴォーカルの音質は軽視するようになりますから、だんだんパッとしないと音になりますね。なんでも鳴らせるのが本当にいいシステムだといわれても、なかなか難しい物です。

私も方向性をもっと明確にしてやっていこうと思います。

2017/9/24 12:51  [1422-3383]   

 和京 神壱さん  

うちは目指すものが明確に決まってるんで初期からブレない(そもそも今は環境構築2周目)ですが、
家電さんはまだ1週目なので対処点をどう捉えてるかですよね。

音源に刻まれてるのはスタジオで編集された音でホールサウンドそのままではありません。
ホールでどのように聞こえるか、これもホールや位置によりさまざまです。
そしてどのホールのどの位置のサウンドを再現するのか。それも自宅で、です。
原理的に場所も広さも音響特性も発音方式もまったく異なる中でどこまで求めるのか、どこで見切りをつけるのかということになります。同時にその閾値というのは自分が聞く音源に対してどういった要素で心に響くのかを理解していないといけません。
それを明確にすること。オーナーに迷いがあればシステムからも迷いのあるサウンドしか出ないというのはそういうことです。
まぁ、システム規模と、音源に含まれてないであろうエッセンスを創造(リプロダクション)する道を選んだ時点で要素が複雑すぎてそう簡単なものじゃないのは明白なんですが。あとはシステムに解を求める(完成を目指す)のかいじる(増改築)を続けるのか、ですね。個人的にはまずは前者を目指すことをお勧めしますけどね。

2017/9/24 16:29  [1422-3384]   

 和京 神壱さん  
写真は収納時のイメージ

本日は遅くまでありがとうございました。
うちのサウンドは曖昧さやボトルネックを排したドストレートサウンドです。
シンプルカジュアルシステム規模もコストも小さい使いこなしをさほど求められない。
それであのサウンドを実現できているんですから手前味噌ながらも機材力は相当高いです。

ちなみにあの鮮烈さが出る季節曜日時間帯は限られています。冷暖房を使用しない時季の金土日祝の20時以降です。あとPCで再生したほうがもっと押し出しは強いです。抑圧感のないストレスフリーかつエネルギッシュで鮮度感高く浸透力の高さで自然と音楽に「のれる」サウンドです。ヘッドホンそのまんまなサウンド傾向ですね。これはかつて言われたことがあります。
同じ方に和京は刺激的だが深みはないとも評されました。

Inocentkeyにアップされているハイエンドシステムのような雄大さやリッチさ、エレガントさは内にはありません。(あの録音は格が違う)そういう意味では押し出しが強い意外はニュートラルサウンドです。ねいろも無色系。ただし真の無彩色こそが極彩色であるとも思っています。(先人の言葉です)聴き疲れするのもゆるさや抑圧なく鮮烈であるがゆえ。壊れた蛇口はそりゃ長時間は疲れますよ。
まぁ以前よりはマイルド(というかよりニュートラル)なほうですが。

ボトルネックをなくしドストレートに出すというのはシンプルですが難しいです。しかし緩めるのは簡単です。ゆるいケーブルは世の中にたくさんありますからそれを使えばゆるくなります。うちを参考にされる場合はケーブルを変えればマイルドにできます。
しかしうちの場合は音源をあますことなく鮮烈に再生することで時間単位あたりの満足度=質密度を上げる方向性です。限られた余暇の中で音楽に浸る時間というのは希少な時間ですからね。常日頃音楽に浸るという文化を持たないまま成人しましたから、それなりの動機があるときにだけ音楽を聴きます。BGMであろうが小音量であろうが、浸透力を持ったサウンドで意識を向けなくとも一回で音楽が染み込んでくるという感じでしょうか。対面で聞こうが流しで聞こうが大音量で聞こうが小音量で聞こうが浸透力が変わらないサウンドです。まぁのれるサウンドという意味では多少ライブのような押し出し感(熱気)というのもはっきり意識せずとも出音に現れてるんでしょうけれども。

2017/9/25 01:21  [1422-3385]   

和京さんへ

お招きいただきありがとうございました。

鮮烈さについては当方が疲れてしまっていたので、もっと元気なときに聴いていれば印象が変わったでしょう。疲労がすぎると聴覚過敏のようになってしまって、バランス良く音楽を聴くことが難しくなるというのは、ホール通いでも経験しています。

レンジが出ることによって空間の描写力が向上していると感じました。次回はどういったソースで何を聴くかなど、万全の準備をして臨みたいと思います。

2017/9/25 08:18  [1422-3386]   

 和京 神壱さん  

感想頂きく前にごちゃごちゃ書き込んですみません。現場で、話した事のまとめですね。
聞いてもらうこと優先してたので、説明の補完でもあります。
あの簡素で質素な見た目のシステムからはあのサウンドが出ることは想像しにくいと思います。
機材の性能を余すことなく活かしきる方向性なので、あれが本来の機材が持つポテンシャルだと思います。

疲労に関してはせっかく、仕事に左右されない週の日曜日をご指定頂いてるのですから、次回は前日から疲れを持ち越さないようお願いいたします。
正直に対面で感想頂きありがとうございました。また次回も同様にお願いいたします。

2017/9/25 10:57  [1422-3387]   

和京さんへ

>音源に刻まれてるのはスタジオで編集された音でホールサウンドそのままではありません。
>ホールでどのように聞こえるか、これもホールや位置によりさまざまです。
>そしてどのホールのどの位置のサウンドを再現するのか。それも自宅で、です。

このあたりのことを探る意味も含めて、積極的にホールに通って行こうと考えています。10月はピアニスト目当てなので別ですが、1月と2月のコンサートは主にホールの音を確認するために中央のいい席を取ってあります。2月の公演については、同じ指揮者とピアニストでまったく同じ楽曲の放送を録画しているので、比較すれば参考になる部分もあるかと思います。

ただ、現在のピュアオーディオで鳴らしている音についてはもう不満がほとんどないので、何か刺激的な体験をしない限りはいじることはないと思います。むしろ今の満足感を維持したいとか、守りに入っていますね。

2017/9/25 23:31  [1422-3388]   

最前列だが左へ寄っているのが不満。 次のピアノ協奏曲。今度は中央やや後方の席なので期待したい。

とりあえず報告です。予定通りに行ってきました。座席についてはベストではなかったですが、中央後方の席だと顔が分かるほどの距離ではなかったので、結果的に前を選んで正解でした。

曲目はベートーベンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」、アンコールが「エリーゼのために」でした。どちらかというとおとなしい目の曲なのでやや不満がありますが、それなりには堪能できました。

アリス=紗良・オットについての印象は、思ったより小柄で、腕もかなり細かったです。打鍵が強い印象だったのですが、実際の演奏を観ると腕の力というより体全体で弾いている印象でした。ピアノを弾かずに待っている場面では体を揺らしたり、ホールを見回したり、コンマスの方を振り返ったりして、不思議というか落ち着きのない子供のようにも見えます。

今年はこれでもうホール通いは終わりなので、聴きに行って良かったです。

2017/10/10 22:34  [1422-3401]   

ワ・ダルチェ さん  

2018/1/6 17:14  [1422-3481]  削除

新年、あけましておめでとうございます。

年末年始はそれなりに用事もあったのですが、あれやこれやとオーディオをいじくりまわしている時間が長かったです。

ワ・ダルチェさんへ

配置が大きく換わり、スピーカーも入れ替わってますね。どんな音の空間が形成されているのか興味深いです。対局とも思えるスピーカーの配置しているようですが、定位や音像はどうなっているんでしょうかね。聴きに行けないのが残念です。

2018/1/2 17:13  [1422-3482]   

ワ・ダルチェ さん  

2018/1/6 17:14  [1422-3483]  削除

こんばんは

今やっと帰ってきました。部屋のスペースにゆとりがあれば、私もいろんな個性のスピーカーを試したいんですけどね。現状ではオーディオに使えるベストの空間は居間しかなく、そこでテレビも観てますから、何かやっても復元する必要があります。ですから、大型連休などにちょこちょこ置いてあるスピーカーをいじるくらいしかもうできませんね。

面白いスピーカーはいろいろありますから、本格的に導入するかどうかは別にしても、部屋に置いて聴いてみたいというのはありますよね。

2018/1/3 00:14  [1422-3484]   

ワ・ダルチェ さん  

2018/2/10 00:38  [1422-3485]  削除

お気遣いありがとうございます。昨晩は私用の外出で帰宅が遅れました。正月は割と普通に休みがあります。

ですが、いろいろ雑用のようなものが溜まっていて、書類を整理したり、片付け、掃除とやることは山のようにありますね。そうはいってもすぐに疲れるのでダラダラしている時間もけっこうあります。けっこうオーディオ関係をいじり続けてますから、疲れを残さないように休養もしっかり取るようにします。

2018/1/3 16:15  [1422-3486]   


オーディオ日記の掲示板に
オーディオ日記の掲示板に新規書き込み
認定メンバーのみ投稿可

縁側モバイル

携帯からも「縁側」の閲覧と投稿を行うことができます。
以下URLまたはバーコードよりご利用下さいませ。 http://m.kakaku.com/engawa/ 縁側モバイルQRコード

ページの先頭へ