縁側 > 趣味・エンタメ > 趣味 > 音楽鑑賞 > Clockwork Angels
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

今日は良い曲と巡り会えたので、縁側をたち上げました。
主にカメラ板を見てますが、そんなにカメラに詳しいわけじゃないんで、
好きな70's 洋楽(英国・米国、その他)を中心に語らおうと思います。
そのうちカメラなど音楽以外のことも書いていきます。
アーティストや曲などに反応された方は気軽に書き込んで下さい。

  • Clockwork Angelsの掲示板
  • Clockwork Angelsの伝言板
  • Clockwork Angelsの投稿画像
Clockwork Angelsの掲示板に
Clockwork Angelsの掲示板に新規書き込み

長瀬川沿いの道しるべ 大今里の道しるべ

鶴見緑地に行く途中に「暗越奈良海道」の道しるべがありました。
次回のサイクリングはそこを辿ってみようかと思います。

詳細は大阪府のサイトにあります。
http://www.pref.osaka.lg.jp/doroseibi/ka
kusyusesaku/rekishikaidou.html


でもそれほど詳しく書いてるわけではないので、ググッた方がいいかも知れない。

それと街道だけでなく「猫間川」にも興味持ちました。(愛眼本店の道)
「暗越奈良海道」の拠点が玉造にあった「猫間川」の「黒門橋」だったようです。
※ 街道の拠点が高麗橋になったのは明治以降
寺田町の「源ヶ橋」は「猫間川」にかかってた橋だったようですね。

2015/6/26 22:15  [1379-359]   

神路商店街 横道へそれた 警察署の先を左折 ここを真っすぐ

6月27日(土)「暗越奈良街道」その一

先週の土曜日、自転車で「暗越奈良海道」を巡ってきました。
出発点は「玉造稲荷神社」
その前に真田山にある「三光神社」にお参りすることにしました。

まずは布施からいつもの神路商店街。でもこの日は人通りが多かったので、今里商店街に入る前に左(南)へ曲がりました。
どこら辺を走ってるのかサッパリわからないけど、「OLYMPUS Image Share」で位置情報を記録してるので、あとから確認することが出来る。自転車なので写真の位置はズレてるけど。

東成警察の前を通って左折すると、あとは真田山公園まで一直線。

2015/7/1 22:21  [1379-360]   

平野川 環状線 環状線を抜けて、路地を真っすぐ 三光神社

6月27日(土)「暗越奈良街道」その二

平野川が曲がっていて良い感じ。
それにしてもこの道、車も人も少ない。特に車が走ってない。
土曜日とはいえビジネス街というわけでもないのに。でも自転車には嬉しい。
東成税務署まで来ると、環状線が見えてくる。
線路を潜って路地を行くと、玉造の商店街を横断し、玉造筋に出る。
真田山公園を右折(北)へ行くと三光神社。北側の入り口から入りました。

2015/7/1 22:22  [1379-361]   

六文銭 大阪城はこちらです 紫陽花 玉造神社の一の鳥居?

6月27日(土)「暗越奈良街道」その三

三光神社は真田幸村を祀ってるようです。
六文銭の旗がかっこいい。
テレビで見たけど、桜の季節は良さそうです。
今は綺麗なアジサイが咲いてました。

三光神社を出て北へ行くと道の真ん中に大きな木がある。
仕事中に何度か車で通ったことがある。
たしかこの周辺にはもう一本、道路の真ん中に大きな木があったはず。
この木をそのまま真っすぐ行くと、玉造稲荷神社の正面に。

2015/7/1 22:25  [1379-362]   

玉造稲荷神社 お伊勢参りの出発点 ここを潜ると良いことがあるかも? おしゃれ犬

6月27日(土)「暗越奈良街道」その四

玉造稲荷神社はさすが「暗越奈良海道」の出発点らしく、その手の案内図や小冊子なども売ってました。
といっても「暗越奈良海道」というより「お伊勢参り」の道ですね。
ここの「狛犬」はしめ縄をしておめかししてました。
さていよいよ「暗越奈良海道」を巡る旅に出発。

2015/7/1 22:28  [1379-363]   

二軒茶屋跡 次の道標 レトロポリス 街道

6月27日(土)「暗越奈良街道」その五

最初の道標はJR玉造駅東にある「二軒茶屋跡」
そういえば神社からここまでの道は適当だった。石碑も何もないからいいでしょう。

「二軒茶屋」ですが、ここに二件の大きなお茶屋さんがあったそうです。
そして猫間川が流れていて橋がかかっていた。
街道を行き来する人々で大変賑わってたそうです。

大通りから少し南に外れると街道です。大通りと違ってなかなか風情のある道。
途中にレトロな交番がありました。まるで明治か大正。
稲荷神社からの道があんまり街道っぽくなかったけど、ここからは街道っぽいので実に良いです。

2015/7/1 22:30  [1379-364]   

ラーメン屋 中華そば 今里ロータリー北 広いスペースの案内

6月27日(土)「暗越奈良街道」その六

街道を抜けるとラーメン屋があったので腹ごしらえ。
かなり甘いのが特徴の出汁でした。ちょっと癖になりそうな味です。

今里ロータリー付近の商工会のビルには、広いスペースで「街道」の説明が書いてました。
いつもいく商店街の場所とは目と鼻の先の距離なんですけどね。まったく気付かなかった。

2015/7/1 22:34  [1379-365]   

行きに通った道 風情ある街道 二又

6月27日(土)「暗越奈良街道」その七

その道を進むと、行きに通った公園付近。タイルの道を跨いだけど、これが街道だったのか。
ここから人通りが減り街道っぽい道になりました。

2015/7/1 22:36  [1379-366]   

熊野大神宮へ トリミング 神路小学校 いつもの商店街

6月27日(土)「暗越奈良街道」その八

途中二手に道が別れており、左へ行くと熊野大神宮。
街道巡りをする場合は当然寄るべきの神社ですが、最初の二件の神社で時間を食ってしまったので、外から撮影だけ。
あとで写真を見て分かったけど、ここの狛犬は赤い前掛けをしてもらってました。カワイイ〜

また二股の所に戻ります。ここから街道は右ですが、真っすぐ行くと大通りに出るので、途中で路地を左に入りました。
グネグネ行くと「神路小学校」に出てきました。
その正門(?)を通りいつもの商店街を通ります。

2015/7/1 22:38  [1379-367]   

お菓子のような喫茶店? 深江稲荷神社 グレープフルーツ召し上がれ 高市黒人の歌

6月27日(土)「暗越奈良街道」その九

ようやく深江稲荷神社まで戻ってきました。
ラーメン屋から25分。玉造神社からは食事の時間を除いて35分。
ここには「暗越奈良街道」について書いた石碑や道標は無かった。
けどあとから写真を拡大して見たら、色々興味深いものが書いてあった。

笠縫邑(かさぬいむら)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%A0%
E7%B8%AB%E9%82%91


笠縫邑といえば三輪山の方(正確な位置は不明)ですが、こことも関係してるようですね。
深江は笠で有名なところですが「笠縫」は「笠」から付いた地名ではなく、奈良の笠縫邑の人々が移り住んだからこの地名が付いたようです。

wikiには大和神社のことも載っているので、とても興味深いです。
以下は深江稲荷神社の石碑にあった歌とその説明。
ここら辺は島だったようです。
----------------------------------------
--------------------------
『四極山(しはつやま)打ち越え見れば笠縫の島漕ぎ隠る棚無小舟』

「住吉の浜の磯(石ころ)の果てるところ(四極)から小高い丘を上り切ると、難波潟に昔から笠縫の人々が住んでいる島が見え、その面影に棚板のない小舟が隠れていくよ」

碑の作者は万葉歌人、高市の黒人(たかいちのくろひと)
生没年月は不詳。大和国高市郡(たかいちのこおり)の出身。

「四極山」
国学者賀茂真淵は、摂津国西生群(にしなりぐん)にあると述べられ、又国学者本居宣長(もとおりのりなが)も住吉の山坂神社辺りが四極山と書いている。住吉津から大和の竜田に通ずる磯歯津(しはつ)路があり、その途中住吉より喜連(きれ)に行く間の小高い丘が四極山と言われ、ここから河内湖(かわちこ)の笠縫島を眺めて詠んだと推測されます。

「笠縫の島」
本居宣長は、古事記伝の中で「摂津国の笠縫の島という所は東生群の深江村である」と述べている。この深江村に<宮浦・水鶏田(くいなだ)・菅島(すげじま)・島ノ岸>という字名(あざな)があり、これが島であった事を彷彿させます。

2015/7/1 22:40  [1379-368]   

布施へはこちら 柳通りから街道へ さくら 近鉄駅?

6月27日(土)「暗越奈良街道」その十


布施のリソナのところから柳通りまでは大通りを走った。
柳通りから斜めに街道が続いてます。
途中に二つの可愛い公園が。。。
残るはあと二ヶ所。

2015/7/1 22:42  [1379-369]   

あとひといき 長瀬川の道標 東大阪遺産、小坂城 万代百貨店の寿司

6月27日(土)「暗越奈良街道」その11

一つ目は道標がない。祠の中にお地蔵さん。
そこから直ぐ近くが今日の終着点。長瀬川沿いの道標。
今日通ったところの石碑や道標では、ここのが一番歴史があるのかも。

行きは向かい風のせいもあり気が重かったけど、行って良かった。
神社も良かったけど、帰り道が街道らしさもあって楽しかった。
さまざまな歴史が一本の街道によって繋がってるのが面白い。
距離にすると街道の4分の1か5分の1程度なのに、充実した時間を過ごせた。

返りは小坂の万代に寄って安い寿司の弁当(298円)を買って帰った。
万代を出ると世界遺産の小坂城。(うそ)
それにしても万代の安い寿司はメチャクチャ不味い。
見た目はいいのに。女も弁当もいつも見た目に騙される。

「暗越奈良街道」続きが楽しみ〜

2015/7/1 22:48  [1379-370]   

暗峠 暗峠 暗峠 玉造稲荷神社

昨年撮影した暗峠の写真
「おいせまいり」の白いお札は玉造稲荷神社にあったのとまったく同じ物。
「暗越奈良海道」の説明も書いてましたが、道標ははっきり読めない。
「大阪 伏見屋」?

年寄りの親戚が2年ほど前に自分の母親のことを話してくれました。
その母親というのは、私から見て祖父の母ということになります。
その方がなんと暗峠のお茶屋の娘だったそうです。
今あるお店かどうかもわからないし、本当に暗峠なのかも、もはや確かめられません。
ちゃんと確認したいけど、その母親は亡くなってるし、直接の身内はその親戚一人だけ。
11人も兄弟がいたのに、何も一人になってから言うなんて。
しかもかなり忘れっぽくなっていて、2日ほど前に会ったことすら覚えてません。

大阪で奈良に行く街道は十三峠の道と、竜田越街道がある。
竜田越街道は国道25号線沿い。斑鳩(法隆寺)経由ですね。
十三峠は茶店など無いっぽいし、やっぱり暗峠なのかも。
旧姓を聞いて調べてみようかな。

明日は「ぬかた園地」の「あじさい園」に行きたいけど天気は大丈夫かな?
天気よりも足が心配。この調子だと難しい。
なんでこんな足になってしまったんやろ。。。

2015/7/3 15:45  [1379-371]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
Clockwork Angels
Clockwork Angelsをお気に入り登録
運営者:
ファイヴGさん
設立日:
2013年8月30日
  • 注目度:

    171(お気に入り登録数:4件)

  1. 1にゃ〜ご mark2
  2. 2雑踏
  3. 3ザ・グレート・オカ

ページの先頭へ