縁側 > 家電 > AV・情報家電 > その他オーディオ機器 > オーディオなんでも談話室
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

オーディオねたならデジタルからアナログまで何でもOK。
好きなネタをふってください。
喧嘩も上等ですが、決着が見えなくなったら諦めてください(笑)。
一見、不毛な喧嘩からも気付かされる事はある物です。

今まで縁側の新規作成ボタンが見つからなかったので初立ち上げです(笑)

  • オーディオなんでも談話室の掲示板
  • オーディオなんでも談話室の伝言板
  • オーディオなんでも談話室の投稿画像
オーディオなんでも談話室の掲示板に
オーディオなんでも談話室の掲示板に新規書き込み

1スレッド1台を最低ノルマに頑張って作る作る☆
DIY系オーディオ掲示板。笑

古典ビーム管に陥り、直熱5極管に手を出そうという今日この頃、ハイパワーアンプは忘れたかと思った5台目6台目でありましたが、大型レギュレーター管なんかを手に入れたためさらなる迷走。

7台目は300BPPです。その後直熱5極管になるのか傍熱巨大三極管になるのか、おとなしく古典ビーム管にするのか。。。

2014/7/5 23:19  [1364-840]   

五台目開設ありがとうございます。

こうなったら845行っちゃいますか?
でかいよ〜。
高いよ〜。

2014/7/6 00:23  [1364-841]   

ふうせんかずらさん、黄金さん今晩は。

7241はプレート抵抗67Ωで凄いですね。
構造的に3個の球が並列になったような形なのでその為かも知れません。

以前ふうせんかずらさんが見つけた雨森氏でしたっけ?のOTL用のオートトランスを使えばトランスの悪影響を限りなく押さえた究極アンプが出来そうですがどうでしょう?

2014/7/6 01:41  [1364-843]   

tehesu-suさんこんにちは。

>自分ではヘッドホンアンプをプリに使う想定は出来なかったと思いますが、ヘッドホンアンプ増設>したら試して見ます。
私の方は真空管アンプで聴くときは真空管プリよりパッシブアッテが良くて石アンプで聴くときはパッシブより真空管プリが良いです。
球プリに球アンプだと歪みが大きくなるので枯れた味はでますがパッシブの方が丁度良いです。
パッシブに石アンプだと薄味になってしまうんですよね。
私のスピーカーより大型で低音の迫力がある物を使うのであればパッシブでも行けるような気もします。

>…ただ場所がこれ以上になるとかさばるのがキツいです。
うちももう限界ですよ(笑)

2014/7/6 16:35  [1364-845]   

黄金さん色々教えていただいてありがとうございます。
ふうせんかずらさんにもこれからの作品の参考になると思いますよ。

以下のリンクにわかりやすい説明がありました。
OTLに使われるSRPPのPP結合は1対の球のカソードとプレートを直接結合しますが、CSPPはトランスを介してプレート、グリッド、カソードを全て結合してしまう物のようです。
http://www.ne.jp/asahi/evo/amp/tech/CSPP
/index.htm


私の個人的な問題はトランスを使わないSRPP+オートトランスとCSPPのどちらが優秀かということです。

トランスの特性自体は1次側抵抗が64Ωか128Ωで使えるオートトランス式が有利と思いますが、
もしかしたら真空管を直接繋げてPPさせるよりもCSPPでトランスを使って球の出力端子(プレート、グリッド、カソード)を並列化=一体化した方が確実、つまりは球が均一な特性が無くても大丈夫だったり正確にPP動作がなされていたりといった利点がありそうです。

あとはオートトランス式だと電源が沢山要るというのが弱点でしょうか。

理屈倒れに終わる可能性があるけれども究極の性能を目指したいならSRPP+オートトランス(OTL+オートトランス)で確実に高性能を目指したいならCSPPかと思います。
モダン管でマッチングしたものならSRPP+オートトランスでも行けるでしょうが古い球を使うならCSPPの方が良いかも知れませんね。

結局は好みの問題かもしれませんが。

2014/7/6 18:32  [1364-846]   

SEEPで使う場合のマッチングトランスは、非常に特性の良いものが出来ます。しかし、OTLアンプに良くある直列SEEPでは上側の出力管と下側の出力管が完全に対称的なプッシュプル動作をしません。上側はカソードフォロワになり下側はプレートフォロワですから、増幅率が上側が小さく下側が大きくなります。そのためにドライバー段で打消し回路と呼ばれるものが必要になり、上下対称動作していません。だから、両方制作してみないとマッキントッシュ型CSPPと比べどちらが良いのかはわかりませんが、レギュレータ三極管を使うならマッチングトランス付きSEEP、ビーム管ではCSPPがその利点を引き出せるように思います。

尚、雨森氏のマッチングトランスは許容出力がそれほど多くないので、大出力用のマッチングトランスを制作して貰えるかどうかがカギになりますね。私が実際に聴いた氏の制作されたアンプはとても素晴らしいものばかりでしたが、マッチングトランス付きSEEPアンプでも大型で大出力のものはなかったです。

2014/7/7 18:00  [1364-847]   

やはりそうですか。
大出力用のオートトランス搭載機はマッキントッシュくらいしか聞いたことないです。
特殊すぎるのかな。

2014/7/7 19:20  [1364-848]   

ふうせんかずらのハートさん、300Bプッシュプルを制作されているそうですが、どのような回路でしょうか。

私の300B300Bプッシュプルアンプは、グーグルでもヤフーでも300BPPと入れて検索かけると1ページ目の上の方に出てきます。モノラルで11本、ステレオで22本の真空管を使った定電圧電源付きのものです。何台も自作アンプはありますが、このアンプが一番稼働する時間が長いです。

2014/7/9 22:47  [1364-849]   

 tehesu-suさん  

皆さんこんばんは

現在はValveXですが、バランスの良さそうで、高出力な真空管ヘッドホンアンプは春日無線のヘッドホンアンプ以外見当たらないですね。やはり自作も兼ねて購入かなと。
偏人さんのおっしゃるプリとして使えるなら充分に価値がありますね。もちろん単体でノスタルジックなサウンドも楽しめますし。
偏人さんも実践されているプリ、アンプは石と官で常に組み合わせるというのはやはり理にかなっているのかなと少し安堵しました。オーディオでは両極のものを組み合わせるとバランスがとれるという体験は機材のみならず、ケーブルにも当てはまるように思いますが、石と官もまさにそういう感じですね。石の機材はゴロゴロしているので、ここは偏人さんのお墨付きアンプ、春日無線のアンプ突入すべきかなと。そうすればスゴい多様なパターンを楽しめそうです。
自分は殆ど聞くジャンルは音場がないと駄目なんで(もちろん音場がなくて、クリア命サウンドが合うジャンルも聴きますが)とくに音の広がりが豊かで、立体的な音場表現ができる官が必要のような気がしてます。

2014/7/10 23:05  [1364-850]   

tehesu-suさん今晩は。

春日行きますか!
遠回りしたようですが球アンプ作りの練習にもなるし、これも勉強かも知れませんね。
春日アンプは高性能な6DJ8/6922を採用した時点で音場とか性能は約束されたような物なので
良いかも知れません。
球をJJにすれば無改造でもかなりの音質が見込めると思います。
私は散々改造した後でJJを投入しましたが、古典管(といっても70年代)の中では高性能すぎてつまらないとも評される
Philipsの6922より遥かに高性能でした。

>オーディオでは両極のものを組み合わせるとバランスがとれるという体験は機材のみならず、
>ケーブルにも当てはまるように思いますが、石と官もまさにそういう感じですね。
この点は最近思うところがいくつか有りました。
私はRCAケーブルのインターコネクト(中継用)にThermaxの2芯を使っているのですが、これを最終段にも使うと低音が出すぎかつ立体感や繊細さにやや欠ける音になるので最終段のみBeldenの81553を使ってバランスを取っています。

記事によるとヤマハの新機種2100シリーズもプレイヤーがトロイダルトランスでアンプがEIトランスなためか濃い音のようです。3000シリーズは両方ともトロイダルトランスなので繊細な音のようです。

私のパワーアンプのRotel RB-1582はトロイダルでプレイヤーのDCD-1650SEがEIなのでパッシブプリだと薄目ですが、プレイヤーがトロイダルでアンプがEIだったら真空管プリが要らなかったかも知れないとか想像しています。
両方トロイダルだと結局間に真空管プリを挟みたくなるので実はあまりよくないかもとか思う今日このごろです。
DCD-1650REのDAC版が出たら買ってしまいそうな気も(汗)

2014/7/12 02:19  [1364-851]   

 tehesu-suさん  

偏人さん

またもご教授ありがとうございます。JJはいい官なんですね。ペア物のゴールドもそんなに高くありませんし、心強いです。
今のところ緻密なトランジットと包み込むような真空管の組合せは理想に近いような気がしてます。
そもそもバンドしてるときにこういう体験があったら、ギターアンプとかのセッティングにも流用できたのかなと思いますが、今後もバンドはしたい野望有りですので、オーディオを通して色々と勉強していきたいと思います。
真空管は音場表現や独特の美音、トランジットには無い張りのある高音もさることながら、余韻を残し深みが有りながらも意外とスピード感が損なわれない特性が有るようで、ここも大変有用性のある素晴らしい真空管マジックがあるように思いました。
偏人さんは真空管のスピード感ってやはり意外と優秀だと思いますか?ValveXの特性で、他の真空管アンプはそうでもないのでしょうか。

また色々とご教授下さい。とりあえず春日無線のアンプは気長に制作していきたいと思います(笑)

2014/7/12 04:10  [1364-852]   

 tehesu-suさん  

皆さんこんばんは

偏人さん、なぜプリメインのプリアウトからヘッドホンアンプというのが世間では主流では無いのに、気持ちよく聴けたのか分かりました!
オススメ頂いたJJのゴールドですが、エージングが進み音も解れてきたんですが、性能が良すぎるせいでプリメインのプリアウトの粗雑さが非常に気になるレベルになってきたため、元の真空管に変えたところ、確かに音場が狭まりレトロな感じに戻ったんですが、なんと全体的なまとまりはこちらの方が良い結果となりました。面白いことに真空管の性能とプリメインのプリアウトのレベルが同じ位で、丁度良いフォーカス具合となり、これは食でいうと奇跡のB級グルメの組合せだったようです(笑)
たこ焼きにマヨネーズが合うような感じでしょうか。コスパからしたら大いに楽しめるサウンドですが、常に上の音質を目指す皆さんにとっては何じゃそりゃというシステムでしょうね。
なんかレベルとしてはまだまだなサウンドでしょうが、相性が良いと意外とイケるということが今回分かりました。一応ご報告させて頂きます(^^ゞ

2014/7/14 20:41  [1364-853]   

tehesu-suさん報告ありがとうございます。

確かに高性能すぎる機器を入れると全体のバランスを取らないといけなくなって
泥沼化する可能性あります。
味のある古い管の方が良いこともあると思います。

今時のDACはどうかとネットを眺めていたらパイオニアがかなり尖ったのを出していました。
以下です。
http://pioneer.jp/av_pc/components/usb_d
ac/u-05/spec/


TEACのDACより性能は上みたいです。
これで高周波補完機能があったら完璧なのですが。
うちのKenwoodアンプにも初期の高周波補完機能が付いていますが、僅かに高音のキラメキ感が増すというか音量が大きくなるような効果があります。
最新の技術ならもっと効果がありそうです。
実際のところ、精神的な満足感が一番のポイントなのですが(笑)

2014/7/15 01:25  [1364-854]   

 tehesu-suさん  

偏人さん

パイオニアですか!情報ありがとうございます。ただTEACも結構気に入っていて、どちらかというと本命はアナログ何でDACはTEAC止まりになりそうです。カーステはパイオニアのcarotteria愛用中です。カーステは車内の高熱に耐えないといかんので耐久性が求められるのですが、カロとパナソニックはデイーラーの兄ちゃんの話によると壊れにくいそうです。(←関係ない?)

ところでエレクトロハーモニクスのような硬質にまとめあげてくれる球は他にないでしょうか?
やっぱりプリメインではこの音質が必須のようです。JJを試してみたがゆえに分かったことですが、プリアウトからの音が破綻しそうになるとエレハモの硬質でまとまりの良い性質が救い上げてくれているのが聴いていて分かります(笑)
これしか聴いてないとなるほどプリメインも有りだと思うわなと。エレハモの球はヘッドホンでいうと半開放型のような音場で無理に広げず、力強くまとまりのいい働きをしてくれます。ドイツ製品に通ずるような印象です。

2014/7/15 20:58  [1364-855]   

tehesu-suさん今晩は。

パイオニアは無くてはならないメーカーです。
私の音楽用PCもドライブが同社のBrulay用です。
同社アンプはDクラス(フルデジタルアンプではなくて最終段のFETがビット列の信号で制御されているタイプ)ですがDACやCDプレイヤーの出力はアナログがメインですよ。

>ところでエレクトロハーモニクスのような硬質にまとめあげてくれる球は他にないでしょうか?
私もエレハモは数種類使用していますが、基本的に柔らかい温かみのある音です。
システムを徹底的に締まった音に仕上げたらエレハモでも締まった硬めの音になりました。
もしかしたらValbeXだとその辺りの音の差が聴き取れない可能性あります。
ギタリストには豪快に歪ませることが出来るので好む人がいるそうです。
オーディオでは歪みっぽいとは感じず温かみを感じるわけです。

同じエレハモの金足モデルを買うと良いかも知れません。
あとは古典管です。
まずは春日も採用しているTronal(主に古いロシア球を選別して販売している英国ブランド)やPhilipsの6922(軍用で高性能。米国で高評価)を試すとよいかも知れません。
Tronalは熟成されてまったりした音なのでValbeXの尖った特性を打ち消して聴きやすくしてくれそうです。こいつを試して気に入ったら有名な古典管に行くと良いかも知れません。

2014/7/15 22:25  [1364-856]   

 tehesu-suさん  

偏人さんこんばんは

球情報ありがとうございます!
エレハモは硬質というのは何処かのブログで見たんですが、柔らかい印象をも上流によっては与えるということは凄い名官かもしれませんね♪
あとJJとの違いで言えば、購入したJJの軍用官は確か長さが長いんですよね。そうすると音場も広がるんですが、よほど上流が広範囲において緻密な音を送り出さないと間延びしてしまうのでは…という疑念があったんですが、この辺りどうなのでしょうか。
プリメイン上流なら短い普通のエレハモのような官だと、結構いい相性で聴けるのかな?と。短い管の方が、コンパクトでしっかりとした濃厚な音の出方をするのではないかという推測ができましたが、これは勘違いでしょうか?

2014/7/15 22:53  [1364-857]   

tehesu-suさん今晩は。

>エレハモは硬質
こういう評価は初めて聞きましたが何と比較するかにもよるかも知れませんね。
すごくフカフカな音の球と比べたのかな。

>購入したJJの軍用官は確か長さが長いんですよね。
ロングプレートってやつですね。
低域と高域が伸びるので反面、中域が目立たなくなることもあります。
要するにHiFi指向(高忠実)なので上流からの信号をそのまま増幅的な音になります。
その方向でシステムを構築していくと上流から下流のスピーカーまで完璧に仕上げないとつまらない音になる可能性があります。
ただし、完璧に仕上げた時は「これがソースに込められた音楽だったんだ!」と感動物の音が出てくると思います。
ただ、そうなると機器の個性は殆ど無くなるので真空管の雰囲気を楽しむとかいうような状況では無くなります。

全ての機械は高性能になることで味が失われます。
今の車と昔の車を比べればすぐに解ります。
私が以前乗っていた空冷直4エンジンのバイクなんかは生き物みたいでした(笑)

>短い管の方が、コンパクトでしっかりとした濃厚な音の出方をするのではないかという推測がで
>きましたが、これは勘違いでしょうか?
濃厚かどうかはシステム次第でしょうが、中音域中心の音作りができるのは確かだと思います。

2014/7/16 00:31  [1364-858]   

 tehesu-suさん  

偏人さん

なるほど!ロングプレートはドンシャリで音場も広げるので、かなり上流のグレードを上げないと駄目なんですね。真空管の域を超えるくらいの音作りになってくるんだと。
一方通常の官は中音中心でなるほどそれで半開放型のような音場で、濃い印象があるのは納得しました!
元々ValveXはドンシャリ傾向なので、メーカーも通常の官を使うことによりバランス取っていたというところでしょうか。
すごくスッキリしました(笑)
また真空管アンプ増設しましたら、ご意見を頂きに参りたいと思います。今のところ現状のValveXで結構気に入っていて要るので、予算、場所もかさ張りますし当分の間は通常の官で聴き比べしていきたいと思っています。
現在はValveX入手できないので、春日無線のアンプは貴重な存在ですね。バランスのいい低音の効いたモデルですので、ValveXがなければ即購入でした(笑)
偏人さんに色々聴けて本当に為になりました。ありがとうございました。また時々覗かせて頂きます(^^)/

2014/7/16 05:24  [1364-859]   

tehesu-suさん今晩は。

>ロングプレートはドンシャリで・・・
確かにヘッドフォンだとそうなり易いかも知れません。
スピーカーだと中音域が目立たなくなる感覚になりやすいかも。

ValbeXは確かにドンシャリなので古典管でその傾向を緩和できそうです。

こちらでは高級抵抗で作ったパッシブより春日改(プリとして使用)の方が明らかに高音質になってきました。
慣らしが進んだせいかな?

先日tehesu-suさんに勧めたパイオニアのDACが欲しくなって着ました。
今のプレイヤーより1段上の音が聴けそうな気がします。
高周波補完機能が付くのを待とうとも思っています。
ただ、あれを買うとフルバランスアンプやヘッドフォンが欲しくなるので怖い(笑)

2014/7/16 23:45  [1364-860]   

 tehesu-suさん  

偏人さんおはよーございます

偏人さんはピュアメインなんでヘッドホンとかは余り揃えていらっしゃらないのでしょうか。
ヘッドホンでも自分でしたらコスパの高いものばかり集めておりますので(笑)、予算を低く抑えたいなら少しばかりはお力になれるかもしれません。
やはりAKGのK701.K702辺りは鉄板で、とくにAKGは高音の美音とマイルドさのある真空管との相性が良いですね♪低音が効いている方のがいいならK712PROとかの方がいいですが、少し高いです。
K612PROも半開放型のような小気味良いサウンドを聴かせてくれます。コスパも良いです。

あとはbeyerdynamicのDT990Edition2005は低音も聴いていて、上流がいいと全域で充実したサウンドを聴かせてくれます。今ならほぼ新品のような中古がeイヤホンで17,800円位で出ているようです。

2014/7/17 08:13  [1364-861]   

tehesu-suさん今晩は。

確かにヘッドフォンはおまけ程度でそんなに力を入れていないです。
いつ買ったかも忘れてしまいましたが、6年くらい前に買ったBOSEのヘッドフォンが一つデッドストックになっていて(スピーカーの測定時に耳栓代わりに使用)、こいつは装着感は最高ですが音質はショボイです。

現用はDenonのAHD-2000でfoqというメーカーの制震シートを張って使っています。
秋葉のヨドバシで片っ端から試聴して一番自然な音のを選びました。

K612/712PROが興味深いです。
もしパイオニアのDACを買ったらこういったXLR端子のが欲しいです。
低音が強く切れがあって高音も綺麗にどこまでも伸びる感じで癖が無いやつが欲しいです。
その方向性だとこのモデルは良いでしょうか?
他にも良いのが有りますか?
一番最近(2年前?)に試聴したのがStaxの高いのとFostexのTH-900です。
国産はXLR対応少ないのかな。
国産のウッドボディーのはだいたい良いと感じましたが。

2014/7/17 23:26  [1364-862]   

 tehesu-suさん  

偏人さんこんばんは

パイオニアといってもどこかで真空管をかますんでしょうか?パイオニア直なら確かに国産ウッド良さそうですね。
XLR端子ですと公式にはAKGはなく、K701が4芯ケーブルなので、改造してバランス化してるようです。
ただこれは賛否両論で、明確で低音が増すんですがそれを良い!と捉える方と音がつぶれて音場感が無いと捉える方に別れていて、自分は大抵メーカー推奨の方に落ち着く場合が多いのでAKGも音場バランスはアンバランスの方が良いと捉えています。なんかBeyerdynamicのT1もバランス化で化ける機種だそうですが、長期的に飽きない無難な選択ですと改造しない方がいいんではないかと推測しています。
XLR端子のヘッドホンは所有していませんが、上流が真空管アンプで高音が綺麗に伸び、全域のバランスが素晴らしいヘッドホンなら間違いなくAKGだと思います。あと高音の伸びならK612PROより音場の広いK712PROがいいかなと。
大してお力になれず申し訳ありません(^_^;)

2014/7/17 23:45  [1364-863]   

tehesu-suさんどうもです。

>大してお力になれず申し訳ありません(^_^;)
いや、なんかすごいヒントもらった気がします。
要するにバランスにこだわらなくてもメーカーの推奨通りの方が音のバランスが良い訳でしょ?
パイオニア買った場合は直と球両方を楽しめます。
確かに直だと国産のローインピーダンスのが活きるだろうし、
球だとAKGのハイインピーダンスが活かせます。
春日のハイインピーダンス側が120Ω以上なので。
あと、ヤマハのフルバランスアンプを買って自作2Wayを鳴らしたいです。
ただ、あれは高域が伸びるのでやはり20,000Hz以上を補完してくれるDACが欲しいです。
それによって音質が犠牲になったらダメですけど。

でも冷静に考えると補完機能はおまけで、実際に体感する音質は基本性能で決まりますわな。
TEACやESOTERICみたいにバッファアンプを出力段に入れるのも良いけど、パイオニアが採用しているESSのDACチップみたいに8chの出力をパラッてバッファを不要とした方がリアルサウンドを求める人には良さそうです。
エソテリックのDACとパイオニアのを比較したいけど価格差3倍を克服してESS社のDACを搭載したパイオニアが勝ちそうな気がするんですよね。
音の濃さとか言ったら古いDACチップが良かったりするわけですが、高性能を追求したら新しいほど良いですからね。

2014/7/18 00:37  [1364-864]   

 tehesu-suさん  

偏人さんこんばんは

確かにメーカー推奨が無難な方向なんですが、プリメインアンプからスピーカー出力に抵抗を噛ましてK701どころかHD800をバランス化して、しかも山水のアンプで…というような記述を見たら確かに凄そうです。
これはもう見ないことにします(笑)やり過ぎ?さんも極めてるようですが、偏人さんは真空管でかなり突き詰めていらっしゃるので、別の道で極上のサウンドを手に入れて頂きたいです。
やはりバランス化してもプリメインの音場を取り入れることで、更なる高みにイケるようですが、私は現状で満足してみます。

2014/7/18 01:01  [1364-865]   

tehesu-suさん今晩は。

山水のプリメインに抵抗かまして・・・
その話笑いました。
私も球アンプに抵抗かましてヘッドフォン鳴らしてたことあるので。
確かにスケール感は大きいです。
でも情報量とか切れはヘッドフォンアンプには絶対敵わないと思いますよ。
あくまで邪道で、ヘッドフォンもお気に入りのプリメインで聴きたいという人にのみ
意味がある手法だと思います。

パイオニアのDAC欲しいけど私もレコードでも聴きながら時間稼ぎしようかなと思います。
私のDCD-1650SEはまだ1世代か1.5世代前といった感じなので2世代進んだら買おうかとも思います。

またヘッドフォン等何かのネタがあったら教えてください。

2014/7/18 01:41  [1364-866]   

 tehesu-suさん  

偏人さん

おお!スピーカー出力試されたんですね。あれは抵抗ですので、熱をかなり持つらしく少し怖くなりやめたんですよ。
山水のアンプとかやはりお気に入りのプリメイン見つけると幸せになれそうですね。
偏人さんはそういう試聴とかできる行きつけのオーディオショップなんか在るんでしょうか?

2014/7/18 05:20  [1364-867]   

tehesu-suさん今日は。

>あれは抵抗ですので、熱をかなり持つらしく少し怖くなりやめたんですよ。
抵抗の容量が適切なら怖がる必要ないですよ(笑)
私はスピーカーネットワークには慣習的に10Wの抵抗を使っていますが5Wでも良いと思います。

>偏人さんはそういう試聴とかできる行きつけのオーディオショップなんか在るんでしょうか?
いつも秋葉周辺で聴いていますが山水を聴けるところは知らないので教えて欲しいくらいです。
ラジオ会館の本館が改装する前にヒノオーディオ(だったと思う)の在庫置き場が上の階にあって、山水やらKenwoodやらVictorが本気でピュアオーディオ作ってたころのアンプがゴロゴロ置いてあって一つ欲しいと思っていたのですが今はどうなったんでしょうね?
みんな安かったです。

性能を求めれば昔の山水より今のヤマハでしょうが、昔のアンプはトランジスタでも真空管みたいな味があったりするので面白いですよね。
古くなって劣化した分、味が出てきた面もあるかも知れません。

私が以前持っていたオンキョーのトランジスタアンプ(人に譲りました)も今聴くと何とも言えない歪み感を持っていて昔のロックなんか聴くには良いですよ。

70年代〜80年代のロックを聴く人なんかにはちょっと古いトランジスタアンプがマッチするかも知れません。
白黒までは行かないけど、古いカラー映像みたいな枯れた感じで(笑)

2014/7/18 12:52  [1364-868]   

 tehesu-suさん  

偏人さんはこんばんは

そうですね、プリメインYAMAHAとかケンブリッジオーデイオとかDENONとの抱き合わせにいいのかなーとは思っていました。とはいえ当分先ですが(^^;
音楽も現代のものまで結構聴きますのであれなんですが、取り敢えずJBLのスピーカー欲しいですね。
そうすると真空管アンプもいずれは…。ということになるのかもしれません。
基本アンプは柔らか目、スピーカーは固めのものが欲しくなると思います。ピュアでは逆もありのような気もしますが…。
またそのときはご教授願いたいです。偏人さんのシステム等も覗き見させていただくことと思います。

偏人さんの愛聴はJAZZメインなんでしょうか?これぞ必聴というオススメ名盤が有りましたら、差し支えなければ教えて頂きたいです。

2014/7/18 20:32  [1364-869]   

tehesu-suさん今晩は。

>プリメインYAMAHAとかケンブリッジオーデイオとかDENONとの抱き合わせにいいのかなーとは思っていました。

山水の現代版がYAMAHAですよね。同じフルバランス回路で。
ケンブリッジも好きです。
私は結局RotelのRB-1582という超ハイパワーのパワーアンプを買いました。
当初、200W/8Ω、ダンピングファクター1000などという異常なパワーは必要無いと思っていましたが
、使い込むとライブの熱気を再現するには必要だと解りました。
瞬発力が段違いです。
私みたいに20Hzまで再生可能なスピーカーを使う人には特にこの性能が必要です。
しょぼいアンプだと重低音が緩くなってしまうので。

JBLはジャズやロックには最高ですよね。
私はS4700みたいなのが欲しかったのですが、でか過ぎ高額過ぎで手がでないのでLS80サイズでもっと完成度の高い物が欲しいと思って3Wayを自作しました。
4年ほどかかってようやく完成しましたが(製作期間は2ヶ月だがネットワーク等の変更が終わったのが4年)LS80よりホーンの音が広がって各ユニットの統一感がより優れていて重低音が20Hzまで伸びる物が出来ました。
ただし音圧は低いのでRB-1582みいたいな強力なアンプが必要です。

>偏人さんの愛聴はJAZZメインなんでしょうか?これぞ必聴というオススメ名盤が有りましたら、差>し支えなければ教えて頂きたいです。
Classic、Jazz、Rockから水樹奈々まで聴きますが、魂はJazzにあると思います。
特にArt Brakey(Jazz Messengers)が原点になっています。
まだロックが無かった時代に人々が熱狂していた音楽だと思います。
今のジャズにああいう熱さは無いです。
熱い魂を秘めた人にしかお勧めできません(笑)
ちなみに彼らが今もライブでBrakeyの熱き魂を聴かせてくれます。
http://www2.odn.ne.jp/cav00070/

クラシックならベートーベンです。

2014/7/19 22:19  [1364-870]   

 tehesu-suさん  

偏人さんこんばんは

なるほどROTELの壮絶パワーアンプをお持ちで流石熱いJAZZ好きの偏人さんが選択されるアンプですね!
自分もロック、JAZZ辺りに焦点を当てて、できれば多様なジャンルに対応できるシステム構築が理想ですので、大変参考になります。偏人さんがお持ちのROTELパワーアンプは現在の価格.comには載っていないですね。
現在、価格に載っているROTELのアンプはレビュー等見ると癖の無い素直そうな音作りのようですが、どうなんでしょうか。またプリアウトの回路も性能いいのでしょうか…?

アートブレーキーは1枚持ってますが、今一度聞き直して見ます。そうですか、なるほどロックの先輩ということですね。昔の音楽は本当の意味で迫力と心に迫るメロディーが有るように思いますが、ジャンルを越えた何かがありそうです。
60年代のROCKの魅力はそりゃもう半端ないですもんね。本気で世界が変わるくらいのパワーとインパクトがありました。

あと山水がYAMAHAとは全然知らなかったです…。


2014/7/20 01:52  [1364-871]   

tehesu-suさん今日は。

>ROTELのアンプはレビュー等見ると癖の無い素直そうな音作りのようですが、どうなんでしょ
>うか。またプリアウトの回路も性能いいのでしょうか…?
パワーアンプというジャンルはシンプルそのものでボリュームすら無いのでプリアウトもありませんが、プリメインのRA-1570にはプリアウトあるようです。マニアックなメーカーだからその辺ぬかりは無いとは思います。
Rotelのパワーアンプはマニア向けなせいか、とにかく高性能で音もキッチリ・カッチリですが、プリメインだと普通の人向けなせいかパワーを少し落として音も若干柔らかくしているようです。

極めればパワーアンプが欲しいですね。
一聴すると薄い音に聴こえるかも知れませんがそれはあまりにも性能が良すぎるからで、低音や高音の瞬発力に注目すると「これは真空管アンプだと無理だな」と青くなってしまうものがあります。
またトーンコントロールで低音を盛れば濃い音になります。
やはり20cm以上の多連装ウーファーか単発なら25cm以上でないとトーンコントロールは必須だと思います。
ちなみに私はPC側のプレイヤー(Fobar2000)で低音だけトーンコントロールしています。

>偏人さんがお持ちのROTELパワーアンプは現在の価格.comには載っていないですね。
資源価格の高騰で価格改定が必要になり、XLR端子を増設してMK2になりました。
ただし、プルバランスアンプでは無いのでXLR端子対応なだけです。
他社のアンプもそうですが、フルバランス(+側と−側対称にアンプ素子や回路が作られている)のアンプでなければXLR端子が付いていてもあまり意味はありません。
YAMAHAは山水と同じでフルバランスを追求しているので山水が淘汰された原因の一つかも知れません。「フルバランスならYAMAHAでもいいや」みたいな。

>アートブレーキーは1枚持ってますが、今一度聞き直して見ます。そうですか、なるほどロック
>の先輩ということですね。
ロックができたから激しい部分はそっちにもっていかれてしまったという事でしょう。
現代のジャズは完全に癒し系になっています。
それはそれで良いとは思います。

古いロックはジャズの影響があって(当然ブルースも影響してるでしょうけど)楽器やボーカルがソロに近い常態で演奏されるパートがあり、スピードも遅いので多彩な表現が可能だし、ボーカルと楽器が対等に扱われているので楽器の存在感が半端ないです。
そのため、今のロックには無い魅力があると思います。

追伸:どうもパッシブプリの音がショボクなったと思ったら最近使ってなかったのが原因で、暫く真空管アンプで使った後にRotelで使ったらやはり音の鮮度は球プリより上でした。
初歩的な勘違いでした。

2014/7/20 09:57  [1364-872]   

 tehesu-suさん  

偏人さんこんにちは

スピーカーでそもそも自作され、音の追求もかなりのもの、加えて低圧タイプなので強烈なパワーアンプが不可欠になられたんですね。

自分はスピーカーも取り合えず10万程度のJBL、プリメインはフルバランス設計のものから考えてみます。
しかし偏人さんやここのスレの方々のように自作できるのはカッコいいですね。高価なスピーカーをポンと買うのもいいですが、それに匹敵する自分だけのオリジナルオーデイオが完成したら達成感有りそうです。

2014/7/20 17:02  [1364-873]   

tehesu-suさん今晩は。

スピーカーでもアンプでもメーカーが絶対採用できないような材料を使うことがアドバンテージになると思います。
例えば私のスピーカーはアコースティックギターやバイオリンを参考に全面のバッフルをスプルース、側面と天面にはマホガニー、その他はMDFとメーカーの技術者がため息をつくしか無い材料を使っています。メーカーの開発力には適わなくてもこの時点で大きなリードを稼げるわけです。

JBLならホーン無しのモニターシリーズよりはホーンのあるスタンダードシリーズのトールボーイが良いと思いますよ。
あれはホーンが深いですし。
SL80はホーンが浅すぎで力が無いんですよ。
ホーンの威力は最高ですよ。
3Dプリンターの普及で良いホーンが増えれば良いと願っています。

>プリメインはフルバランス設計のものから考えてみます。
私もヤマハ狙ってます。
繊細な表現力がフルバランスの魅力だそうで。
ロック中心ならRotelがハイパワーで良いと思いますよ。

味を求めれば真空管アンプも良いです。
手ごろなところではCAVのT88はパワフル、T5はシャープでギターアンプみたいで良いです。
KT120のプッシュプルアンプが欲しいとは今も思います。

2014/7/21 00:32  [1364-874]   

 tehesu-suさん  

偏人さんおはよーございます

なるほど、スピーカーの素材もこだわりが。そうなると本当にオリジナルなサウンドで聴けますね。
田舎では森林組合でも働いていましたので木も本当はこだわりたいんですが、規制品では相当お金出さないと無いですよね。
そうかー3Dプリンターもスピーカー制作ではかなり使えますね!武器作ってる奴もいましたが(笑)
JBLもホーンタイプからチョイスしたいと思います。見た目も良いですしね♪

真空管はいい味出ますよね。全体的にふくよかで心地よい厚みが出ますし、高音がシャキッとした美音が出ますので気に入っています。石との組み合わせでピュアでも併用していきたいです。
ピュアはヘッドホンほどノイズは気にならないと思いますし、真空管の意義も大きいんでしょうね。
先ほどDENONのCDPのレビュー挙げましたが、PURA DIRECTモードでノイズを軽減、微細な表現も伸ばしているので、プリメインプリアウト〜真空管ヘッドホンアンプでも聴けているんです。DENON恐るべしですね。

2014/7/21 08:17  [1364-875]   

 tehesu-suさん  

偏人さん一つ質問が…。

真空管のベストな状態って使用から2、3分して暖まった状態から大体1時間位なんでしょうか?
なんかそれ以上2、3時間ぶっとおして聴くとメリハリがなくなって来るような感じがするのですが、気のせいでしょうか?いわゆる「へたってくる」ような状態で人間で言うとスタミナが切れてくるみたいな(笑)

前、偏人さんが1時間位聴いたら、電源を落として休ませてあげてくださいというようなアドバイス頂いてましたし、真相が気になっております。
以上ご面倒かもしれませんが、アドバイスよろしくお願いいたします。

2014/7/21 21:29  [1364-876]   

tehesu-suさんおはようございます。

奇遇ですね!
DENONのPurdirectモードは効果がいまいち解らなかったのですが、数日前にパッシブプリ→Rotelアンプの組み合わせで試したら高域が鮮やかになる印象でした。
システム自体がPurdirectじゃないと違いが判りにくいと思います(笑)

>真空管のベストな状態って使用から2、3分して暖まった状態から大体1時間位なんでしょうか?
>なんかそれ以上2、3時間ぶっとおして聴くとメリハリがなくなって来るような感じがするので
>すが、気のせいでしょうか?いわゆる「へたってくる」ような状態で人間で言うとスタミナが切
>れてくるみたいな(笑)
機器周辺の風通しや気温にもよりますが、10分くらい経つといい感じになってきて1時間経つと深みが出てくる感じがします。
確かに3時間も経つと熱ダレでダメになってくると思います。
熱はコンデンサや抵抗にも悪いので2、3時間で休ませてやると良いかもしれませんね。
音量によっては人間も休息した方が良いと思います。
連日オーディオいじりと試聴に熱中していたらスレレオ感が狂ってきたことが有ります。
聴力障害発生の前段階だったかも知れません。
最近は熱中していないのでそういったことも無くなりました。

>前、偏人さんが1時間位聴いたら、電源を落として休ませてあげてくださいというようなアドバ
>イス頂いてましたし、真相が気になっております。
あれはエイジングのことです。
球の調子が出てきた所で一度冷ますと1段音が良くなるのでだいたい1時間にしています。
2時間でも良いでしょうがエイジングとしては無駄な時間なので1時間で止めるということです。

何の機械でも長時間使うと熱で膨張して摩擦が増えて寿命が縮んだり、熱そのもので痛んだりということは当たり前なので真空管も適度な使用時間があると思います。
考えてみるとトランジスタアンプだって同じだと思います。

2014/7/22 07:49  [1364-877]   

 tehesu-suさん  

偏人さん

お聞きしていると真空管は生き物みたいだと書き込みを見ましたが、なるほどその通りですね。今度から2時間位目安に休ませて見ます。ヘッドホンですので、長時間使用は耳にも良くないですし。
熱くなりすぎない丁度いいところが締まりも伸びもあって、特別な音を醸し出すという…。なんか神秘的ですら在りますね。

PURE DIRECTは特に繊細な音が解ってしまうヘッドホンでは効果が有ります。
意図してなく、購入したんですが、ヘッドホンユーザーとしては良かったですよ(^^)d

2014/7/22 12:33  [1364-878]   

長時間使い続けて音質が劣化するというのは、実際にはあまり良い事ではありません。普通は、10分から30分程度で良い音質になり、その後は使い続けても安定しているというのが、本当は良いのです。

真空管やその他の部品には、動作上の最適温度というのがあるのですが、長時間使い続けて音質が劣化する感じがわかるようなら、自作アンプなら真空管の動作を軽くして発熱を少なくするとか、余裕を持たせた大ききなシャーシーに、熱的に余裕のあるような部品配置にするという事をします。

メーカー製のアンプでもこのような事は考えて製造している物はあるはずですが、真空管にチューブクーラーを付けるとか、風通しの良い場所に設置するとか、ファンなどを付けて風を送って空冷するなどをすれば、それなりに防げると思います。

2014/7/22 13:21  [1364-879]   

ご無沙汰です。
300BPP完成しました。
初段の発振対策してたので遅くなりました。
しかし、夏場に使うアンプじゃないですね。暑いのなんの。
私の部屋は2階の西なので昨日は38度になってました。
もう、いかなるアンプもお呼びで無い状況。
冷房つければ良いのでしょうけれど。冷房ガンガンかけてハイパワーアンプガンガン鳴らすって、電力会社しか喜ばないような。。。

おっしゃる通り、アンプに火入れしてから音が落ち着くまでの2-3日の変化が最も劇的ですね。ほとんどコンデンサーの修復にかかる時間だと思ってます。あと、寝ぼけた球を起こすのにヒーターエージングは大切です。

2014/7/22 15:17  [1364-880]   

 tehesu-suさん  

黄金のアンコールさん

そうですね、扇風機買ってみます(笑)
とはいえ、まあ3時間くらいが妥当では無いかなと考えています。
皆さんのようにゴツい真空管ですと熱を持ってから長時間いけそうですが、自分のような真空管ですと見た目からも少しひ弱そうですから、大事に扱います。
特に夏はご指摘通り、扇風機を当てて聴いてみます。たぶん締まった音で聴けそうです。ご忠告ありがとうございます。

ふうせんかずらのハートさん
早完成ですか?素晴らしい情熱ですね。しかも西日の部屋でよほど火に縁があるのでしょうか(笑)
自分は2階で東南ですが、スゴく快適ですよ。蚊も少なく、防犯もいいし、冬暖かいし、夏もさほど暑くないし、まあ河川沿いですから特にいい風が来やすいです。…次回はどうぞ東南で(笑)

2014/7/22 17:29  [1364-881]   

皆さん今日は。

黄金さんのおっしゃる通りかと思います。

ふうせんかずらさん300B出来ましたか!
回路の構成や音質等のレビュー待ってます。

tehesu-suさん
いいこと思いつきました!
ValbeXは化粧カバー付きなので取り外してしまえば春日状態になって増しになると思います。

そういえば私のDCD-1650SEより2世代後のDACが無いかなと探していたらソニーからHAP-Z1ESが出て
いましたね。
これなら高域補完もあるし高密度なDSDに変換してくれるしで最高なのですが、ソニーお得意の融通が利かない設計でHDD搭載なので私はパスします。
一般ユーザーには良いと思いますよ。
マニアにはHDDは外付けにしてその分中身のアナログ回路を充実させるような設計にして欲しいです。私の場合はHDD→SSD→DDC→DCD-1650SEという経路なので今より劣る機構にはできないですから。

2014/7/22 18:03  [1364-882]   

ふうせんかずらのハートさん、300BPPアンプの完成おめでとうございます。パワフルな創作意欲に感服しています。

初段に使った真空管はGmの大きなものですか?

私は今のところ、回路を考えるなど脳内制作はしていますが、リアルな制作は暑いので半田ごてを持つのが嫌になります。


2014/7/22 18:36  [1364-883]   

 tehesu-suさん  

偏人さん、皆さんこんばんは

偏人さん!早速、春日無線つるりん仕様にしてみました。その上でPC用の扇風機を!
10分の暖気を経て聴いてみると…抜群ですわ!…泣
やっぱりトランジットの助けもあるかもしれませんが、高音を中心とした伸び、歪み、かといって輪郭もあるので、究極ロックにはやはり真空管ですね、これは。気持ち良すぎる…。
皆さんのおかげで冷却に成功したのか、締まりも良すぎです。

と感動しておったんですが、春日仕様にしたところ、真空管が丸見えでなんと!一方の真空管の方が熱を持つらしく凄い真っ赤に熱せられており、一方の真空管はほのかに赤いだけなんですよ…。
これは機器の異常でしょうか?それともペア官でないからでしょうか?
不思議と音のバランスは左右対称に過不足なく出ているので、少し解りかねております。
またお手数ですが、回答頂けたらと思います。

2014/7/22 19:51  [1364-884]   

あかん、プレート赤熱してる!
回路図とか中の写真とかある?

2014/7/22 20:02  [1364-885]   

 tehesu-suさん  

一応GOLD官に替えて見ましたが、プレートというかプレートの中の鉄線が赤くなっているだけなんですが、JJGOLDは両方まんべんなく真っ赤です。
エレハモの片方だけ真っ赤なのは変ですよね?ひょっとしてJJGOLDも異常なんでしょうか?
内部写真は前の 真空管アンプ4台目 の偏人さん回答、1364ー785に掲載されてます。
写真も送れたら送ります!

2014/7/22 20:33  [1364-886]   

 tehesu-suさん  

やっぱり写真送れませんね。申し分ありません。
たぶんプレートまではいってないと思います。

ご心配をおかけしました。ただエレハモの鉄線の真っ赤度が左右でちがうのはスゴく疑問なんですが、
音はほぼ対称に聴こえてます…。これはどうしたものなのでしょうか。

2014/7/22 21:01  [1364-887]   

ヒーターの出っ張り方が違うことはありますよ。
あと、ヒーター電圧が左右で違ったりとか。
春日のヘッドホンアンプですよね?
あれはトランスの6.3V使ってたかな。
プレートが赤熱してたら焼けたような臭いがして来たりするし、何より真空管がめちゃめちゃ熱くなるし。
どうでしょう。

2014/7/22 21:09  [1364-888]   

 tehesu-suさん  

エレハモの真空管は真っ赤の方さわりましたけど、火傷しそうな位、熱かったですね。
これは異常なのでしょうか?
JJGOLDも両方同じくらいの真っ赤でしたので、触ると熱かったんだと思われます。


異常じゃなければ、エレハモは最高に合うので、ペア注文してみます。
ちなみにアンプはValveXです。

2014/7/22 21:37  [1364-889]   

完成した300BPPです。
SRPP→ムラード位相反転→300BPPで。真空管整流。
GZ34復刻ムラード
ECC84フィリップス
E180CCオリジナルムラード
300Bプスバン
パスコン スプラグアトムとスプラグビタQ
カップリングコン グリーンカクタス

偏人さんがおっしゃっていたゆるふわな感じがよく分かりました。
無茶発熱するのでゆるふわなアンプじゃ無いですが、透明感ありながら綺麗なふんわりした感じは分かりました。残留ハムはごく少にできました。負帰還無しで3mVで負帰還後はデジタルテスターでは測れず。こういうのは現行管のクアッドに分があります。

で、この音の中低音を分厚くすると英国水平出力管UL接続PPになるというオチ。笑
私はやっぱりビーム管大好き。英国古典ビーム管LOVEです。なんだよ、って言わないで。笑

300BPPも良いのですが、もう、好みの問題。私がエジソンスワンマツダの球が好きなだけ。

2014/7/22 23:50  [1364-890]   

tehesu-suさん今晩は。

球の焼け具合ですが、色んな角度から見たら左右同じじゃないですか?
異常があればノイズが出るでしょうからプレイヤーを使わずにアンプのボリュームをフルに近づけていって片方のノイズだけ増えないか確認すると良いと思います。

エレハモのゴールドも良いし(私も2A3アンプで使用中)Sovtechもギターアンプみたいで面白いと思います。
あとそれらの先祖にあたるTronalも買って聴き比べるとなお面白いかと。
私の勘では多分Tronalが一番ValbXのドンシャリ感を和らげていい音にしてくれると思いますよ。
Sovtechも良さそうだけど。

2014/7/23 01:33  [1364-891]   

 tehesu-suさん  

偏人さん

情報ありがとうございます!Tronalですか。いまチェックしてたんですが、低ゲイン、中ゲイン、高ゲインとタイプがあるようですが、どのタイプが適性なのでしょうか。

エレハモとGOLDEN DRAGONの双極マッチが値打ちでありましたので、購入しようと思っていたんですが、GOLDEN Dragonはどうでしょうか?さらにドンシャリ具合を加速する?ようなら止めようかなと。
比較的評判もよく、繊細かつ勢いが出るようなので、太い音のValveXには繊細さがあるなら良さそうなんですが、ドンシャリ具合のみ気がかりです。
ロング官では無いのでさほどhifi的ではなく、中音に音が集まると良いんですが、エレハモは中音域に集まる性質が有るとの情報を昨日ネットで見てやっぱりそうなんだと納得しました。
色々と試してみるのもいいかと思いますが…。

2014/7/23 07:06  [1364-892]   

こいつのプッシュプルか、パラシングルか、シングルか サクッとプッシュプル70Wアンプにするか

さて、作ったアンプの鳴らし込みしながら、次のアンプについて考えるってことで。
直熱管の方はまだ回路決まってないのですが、レギュレーター管は大方の材料、シャーシ設計、回路は出来上がったます。10Aヒューズとか要るかも。出力段と前段の電源は別々に真空管整流するつもり。

2014/7/23 08:54  [1364-893]   

2本の真空管の光り方が異なるという問題ですが、動作が正常かどうかというのが一番重要です。動作が正常なら、ヒーターの構造の違いで光り方が違う事はあるので問題にはなりません。

聴いた感じで音が正常に出ているとか、焦げたようなにおいがしないだけでは正常かどうかはわかりません。

テスターを持っていますか?1台1000円程度の安いやつで良いんです。無いなら買いましょう。そして、真空管のプレートとアース間、カソードとアース間の電圧を測ってみましょう。これだけわかれば、その真空管がどのような動作をしているかわかります。プレート損失の何パーセント位の動作なのか、あるいはプレート損失をオーバーしているのかというのも、カソード抵抗値さえわかっておれば全部求められます。

まずはそれからです。

2014/7/23 10:30  [1364-894]   

 tehesu-suさん  

黄金のアンコールさん

テスターですね。安価なもので試してみます。
ValveXは外蓋、中蓋と結構頑丈で丁寧な作りですので、ちょっと大変ですが、時間有ればさせていただきます。

真空管の魅力はROCK.JAZZに特に合いますし、クラシックもむしろ良いのではないでしょうか。
こう真空管に響くいい意味での不規則な響きがなんともいえない味で、癒されたり、複雑な衝動を代弁してくれたりするのかなと。ロックミュージシャンも愛用した理由が何となく掴めたような。今まで愛聴してきた音楽の中でFREEDOM!と真空管も共鳴してくれてたんでしょうか。

できれば2台目も手に入れて末長く愛用していけたらと思います。
またValveXでも色々と試して行きたいと思います。

2014/7/23 16:56  [1364-895]   

tehesu-suさん今晩は。

>Tronalですか。いまチェックしてたんですが、低ゲイン、中ゲイン、高ゲインとタイプがあるよ
>うですが、どのタイプが適性なのでしょうか。
それは球を選別した分かなりのプレミアが付く店でしょうかね。

キョードーだと普通の価格ですよ。
http://www.kydsem.co.jp/tronal/tronal.ht
ml


ただ、あそこは通販をしているのか解りません。
問い合わせてみると良いと思います。

GoldenDragonはKT88を聴いた感じではHiFiに高級感ある艶を乗せたような音だと感じました。
ドンシャリ緩和にはならないと思います。

2014/7/24 01:40  [1364-896]   

ふうせんかずらさん今晩は。

やはり300Bは柔らかい印象を受けましたか。
JJの300Bだと結構勢いもあるそうですが、一般的にはそんな感じですよね。

やはりビーム管のパワフルな音がお好みでしょうか。
7241は見た目もメタルの部分と刻印がカッコいいし、性能的にも究極クラスなのでPPで私好みの音が出来そうです。
出力インピーダンスが低いからトランスの影響を最小限にできそうです。
どんなトランスを持ってくるかが最大の問題ではないですか?
理想を言えばSEPPでオートトランスを特注したいところですがパワーも凄いしコストがヤバイでしょうか?
前のみたいに1次側を低抵抗端子、2次側を高抵抗端子にするしかないですかね。

2014/7/24 01:51  [1364-897]   

 ゆうiさん  
写真のコンデンサの半分は不良でした

初めまして。
ジャンクでマッキンのA-116Aを入手し修理のためCSPPで検索していた所ここにたどり着きました。
ログを見ていると、とてもマニアックなお話をされているようで大変興味深いです。


自分は欧州古典管大好きなので(PENやEL一桁あたり)NT62Aなどという型番が価格.comで見れるとは思ってもいませんでした。
ふうせんかずらのハートさんの製作ペースの速さにはびっくりです。シャーシとトランスはラックスで統一しているのでしょうか?ラックスの管球アンプデザインはやはり現代でも十分通用するカッコよさですね。
うちにもOY15型のシングル用トランスがころがっていますが前述のマッキンアンプの修理があるので製作は当分先になりそうです。


さてそのマッキンアンプですが、シャーシさびまくり、コンデンサ半滅と散々な状態でした。
特にバンブルビーと呼ばれるコンデンサのほとんどが絶縁抵抗1MΩ程度で使い物になりません。
まぁ部品は集めればどうにかなるにしても、修理する人間が回路図を見ても動作が理解できていないのでまずはCSPPの勉強からでしょう…

出力トランスは導通確認も兼ねてオシロで見てみましたが流石年代物と言うべきか高域特性は超ワイドレンジのOY15とは比較にならないほど悪いです。正直染谷のCSPPトランスに詰め替えてやりたいくらいです。
残念ながらハーメチックシールされていたので中は見れませんでした。

特に何の落ちも無い話ですいません笑
とても興味深い掲示板(?)なのでたまにお邪魔させて下さい。


2014/7/24 02:29  [1364-898]   

偏人さんおはようございます。
まあ、ボーカルなんかはとても綺麗ですけれど、ビーム管接続アンプにあるような地を這うパワフルさ、ダイナミックさはちょっと難しいですね。三極管でもそういうのはレギュレーター管の得意とするところですね。
音の立ち上がり、音像、セパレーション、過渡特性、残留ハムなんかはかなりうまく作れたかなって思うのです。だからゆるふわはやっぱり球のキャラクターだと思います。低音がちょっとふくよかですね。フルオケも楽器の定位は正確でも、6GB8と300Bでは音楽の世界観が全く別のものです。どちらが正しいとも言えません。
じゃあ気に入る音が出る替玉を探すのかって言われたら、まあ、バブルな世界ですし、そんなところでウロウロせずに直熱多極管に行く方が賢いかと。

欧州古典管は大変魅力的です。直熱管もビーム管も米国球や日本の球には無い魅力的な球が沢山ありますし、掘り出し物もあります。6V6クラスのパワーでも欧州管にしか出せない音があります。

2014/7/24 07:12  [1364-899]   

 tehesu-suさん  

偏人さん

ありがとうございます。へーえ、通販してないとこもあるんですね。官の宝探しなら消費者からしたら通販してない方がありがたいかもしれません。

GOLDENは辞めておきます。Tronal気になりますので教えていただいた店で問い合わせて見ます!

2014/7/24 10:19  [1364-900]   

ゆうiさん初めまして。

私の縁側は基本自由なので好きな話題をふってください。
このスレのシリーズも私が立ち上げたものよりふうせんかずらさんが立ち上げたものの方が多いと
思います。

写真のマッキントッシュは古いラックスとパーツが似ていますね。
パーツを板に縦向きに並べるところは今も共通だと思います。
型番は何でしょうか?
マッキントッシュは最近話題にしているCSPPやオートトランスを極めているようで興味深いです。

2014/7/25 17:20  [1364-901]   

ふうせんかずらさん今日は。

欧州は米国と同じで長い真空管の歴史を持ちますが、多様性という点においては地政学的な要因から欧州の方が上のようですね。

7241みたいな超高性能管が復活してくれれば面白いのですが。
高性能だけれどもトランジスタとは違った味わいがありそうです。

2014/7/25 17:26  [1364-902]   

tehesu-suさん今日は。

私がTronalを勧めたのは春日に使うとミドル中心でトロッとしたオルゴールのようなロマンチックな音がしたのでValbeXのキツさを一番緩和してくれそうだと思ったからです。
HiFi系の球を嫌う人がSovtechを気に入っていたのでSovも良さそうと思います。

2014/7/25 17:30  [1364-903]   

 tehesu-suさん  

偏人さんこんばんは

先ほどちょっと閃きまして、JJGOLDをクラシックで聴いたところレンジの広さ、垢抜けたさらりとした音色がオーケと合って良かったです。ただバイオリンが一体となって責めてくるところはエレハモが良かったです。全体的にはオケはJJGOLDに歩があると思いました。



とりあえず、片方だけ赤いのは真空管の個体差のようでお気に入りの昨日発注したエレハモのペア(amazon早すぎ)が手元にあるので試してみます。
それでも異常なら使用中止、テスターで調べたいと思います。

2014/7/25 18:40  [1364-904]   

tehesu-suさん今晩は。

やはりクラシックは周波数レンジもダイナミックレンジも広い方が良い場合が多いですね。
>バイオリンが一体となって責めてくるところはエレハモが良かったです。
ミドルが目立つからかも知れませんね。
同じJJでも802ではなくECC82という12AU7同等品(普通にプレートが短いやつ)があります。
それの方が好みに合ったかも知れませんが、高性能を突き詰めるとどうなるかの勉強には802は良かったかもしれません。

ちなみに私は802と803を使いすぎて飽きたので今はエレハモの2A3と12AU7/12AX7ゴールドを使っていて、JJの2A3用には同社製ECC82/ECC83ゴールドを買いました。
2A3もJJのは恐ろしく周波数レンジが広くてパワフルでした。
凄い高額で二度と買う気はしませんが(笑)

そういえばプリアウトとValbeXを繋ぐRCAケーブルでも音質調整は可能と思います。

2014/7/25 19:05  [1364-905]   

300BPPですが、暑さに耐えて鳴らすこと数日。今日になってやたらしっかりした低音が出てくるようになりました。ビーム管とは違いますが、かなり重心下がりました。透明な高音とかどこ行ったというくらい。

やはり元業務用。6GB8がそうであるように、広大な音場を持ち、曖昧さの無い定位、音離れ。
定位がぶれないので、6-10人でやっているポリフォニーのアンサンブルでも、どのパート人がどんなメロディを奏でているか多重放送の如く手に取るように分かるのです。聴き慣れた曲でも、自分で演奏したことのある曲ならいざ知らず、楽譜すら持っていない曲でも、どのパートがどんな動きをするのかハッキリ演奏者のいる場所とともに分かるのです。声楽も男性だろうが女性であろうが喉まで見えるかの勢いです。これはすごいですね。
曖昧さがない定位は6GB8もそうですが、あちらは演出家で、疾風怒濤の説得力で押し切ってくるのですが、300Bにはそういう饒舌さはありませんね。

2014/7/25 23:51  [1364-906]   

 tehesu-suさん  

偏人さん

エレハモのペア試しました。ほぼ同じくらいの赤みですが、若干違いますね…。
流石ゴールド官は品質が良いらしく、ペアでもないのに赤みはほぼ均一でしたので、気に入った官は完成度の高いGOLD持つべきかもと思いました。
ところで同じエレハモでも前の真空管はエージングが進んでいるせいか、生々しくも迫力のある音に感じたのですが、新しいエレハモ、ペア官はバランスこそ良いものの、さらっとした淡白な音に感じました。
エージングが進んでいないと、深みや迫力、鳴らしきっていない感じになるのでしょうか?
ヘッドホンは明らかにエージング効果が有りましたが…。


ふうせんかずらのハートさん

ボーカルの位置まで明確に把握できるアンプも凄いですね。こうなったらボーカル専用の真空管アンプとスピーカー、管楽器の真空管アンプとスピーカー…というパート毎に分けたら本物の演奏と変わらないのかもしれませんね!
そういうシステムもあるのでしょうか?あったら一度聴いてみたいです(笑)

2014/7/26 07:16  [1364-907]   

回路にもよりますが300Bという真空管をプッシュプルでちゃんと作るとそんなふうになります。
ECC84SRPP-E180CC-300BPPムラード型というと、オーディオ専科のキットProfessor4がそういう回路になっています。

http://www.audiopro.co.jp/pro4.html

ドライバー管のE180CCは、私の300BPPアンプに使っている6414と特性が類似していて差し替え可能です。でも、6414は解像度は高いですが音質的にE180CCのようなヨーロッパ的なテイストはありません。

300Bは、プッシュプルで使うと本当にモニター的な音が出せます。モニター的というとドイツの一部のビーム管もそういう感じがあります。EL156やF2a11などは、イギリス球よりももっと厳格で解像度が高いです。LPレコードのカッティングマシンの出力管だったり、ノイマンのモニター用アンプの出力管だったわけですから、当たり前といえば当たり前ですが。

2014/7/26 09:27  [1364-908]   

ふうせんかずらさん今晩は。

エージングが終わるには最低でも24時間は稼動させないとダメですよね。
深みはそこから増しますし。
3極管はDF高いのでそういう音になりますよね。
300Bは真空管の王様と言われますし。
きっと球の種類によっては力強さも出ると思います。
まあ、パワーはビーム管には敵わないですが。
でも7241は3極管なのにハイパワーだから完璧なのが出来るでしょうか?

2014/7/28 01:06  [1364-909]   

tehesu-suさん今晩は。

球は最初の数時間のエージングで一番変わりますが、24時間くらいまでかなり変化しますよ。
そこから先も100時間くらい使うとふと、「気のせいか深みが出たな」と音楽に感動する瞬間があると思います。
もしかしたら性能良すぎてスッキリした音に聴こえる可能性はあります。
高性能化するとスッキリ綺麗な音になって誤魔化しが効かなくなります。
例のHiFi系サウンドになる訳です。
純粋にソースを楽しみたいならそうなるかも知れませんが茨の道に踏み込むことになりますよ(笑)

ちなみに女性歌手などシングルアンプ+フルレンジスピーカーが良かったりしますが、バスがダメなので結局は好みで決まると思います。
サブウーファーを追加という手もあるか。
でも私はそれが嫌で20Hzまで再生できるスピーカーを作ったんですよね。

あとフルレンジやリボンツイーターみたいに指向性が狭いスピーカーは音場がクッキリとして目の前で歌われる感じになりやすく、ホーンみたいに指向性が広いスピーカーはホールの音になったりという事もあります。

どっちが良いともいえないので両方欲しいと思います。
じっさい両方作りましたが(笑)

2014/7/28 01:17  [1364-910]   

黄金さん今晩は。

オーディオ専科のキットはコダワリを感じますね。
6C33Cまであるし。
わたしはThermaxというRCAケーブルしか買ったことありませんが。
あと半田のKR-19 RMAかな。

2014/7/28 01:26  [1364-911]   

 tehesu-suさん  

偏人さんこんばんは

色々と回答頂きましてありがとうございます。
真空管はやはり艶、味がありますね。エージング効果もだんだん出てきたようです。
切れとかまとまりも良くなる傾向のようで、真空管ならではの生き生きとしたサウンドを今後も楽しんでいこうと思います。
偏人さんのおかげで、良い状態を保てそうで、相談して本当に良かったですww

スピーカーは当分先になりそうです。無理のないように楽しんでいこうかなと…。
購入はJBLのホーンで決まりですが、リスニング環境は充分に楽しんだので、後は音源のクリエイティブに励みたいです。
とはいえ、まだまだ精進足らずですので、時々お邪魔させて頂きます!

2014/7/29 22:48  [1364-912]   

tehesu-suさん今晩は。

なんとなくtehesu-suさんはフルバランスみたいなHiFiの極地より味のある音の方が良さそうですね。

>後は音源のクリエイティブに励みたいです。
真空管ギターアンプでギュギュ〜ンって感じですかね(笑)

また何かネタがあったら教えてください。

私は久々に改造したい物が出てきたところです。
少し前に自作3Wayのホーンドライバーに使っていたFostexの可変抵抗が不要と判断したので取り去ってDaleのNS-2Bという神抵抗のみにしたところ素晴らしく生々しい音になったので、今度は2Wayも可変抵抗を止めてDaleにしようと思って注文しました。
きっと高級感ある生々しい音になると思います。
市販のスピーカーもDaleの無誘導抵抗に取り替えたらすごいことになると思いますよ。
下取りできなくなるかも知れませんけどね。

2014/7/29 23:05  [1364-913]   

 tehesu-suさん  

偏人さんご無沙汰です

偏人さんのおっしゃる通りで、特に真空管のアンプには生々しさが最高なアナログ部門を担当していただいているので、球もそのような選択になるんだと思います。
やはりヘッドホンなので、中音を中心にバランスの良い上流がヘッドホンらしさを助長する環境なんだと思います。音場が広すぎて、HIFIですとなんか音全体がスカスカになる印象ですし、(デジタルものには良さそう?)真空管アンプはロック、JAZZ、クラシック等生楽器もので専属使用ですので、濃厚な感じが一番ビンビンきます(笑)

スピーカーの抵抗も変えるだけでそんなに違ってくるんですね。その神抵抗、チェケラッチョです。
特にROCK.JAZZ、クラシック用のシステムスピーカーでは是非とも使用したいと思います。
保証なんてくそ喰らえーって感じでしょうか…(`へ´*)ノ

2014/8/3 06:21  [1364-914]   

 tehesu-suさん  

偏人さん

ラックスマンのP-1u、偏人さん以前から絶賛されてましたが、ROCK、JAZZの相性はどうなんでしょう。
音場と丁寧な響きは凄いようですが、力強さ、生々しさはいけますか?
またプリアンプとしても優秀なのでしょうか?

2014/8/3 09:05  [1364-915]   

tehesu-suさん今日は。

P-1uはDACも搭載していない純粋なアナログアンプですが、2W/8Ωでパワーも強力です。
クラシックで低音がブワッと押し寄せてくる力強さというのはジャズやロックでも活かされると
思います。
あとはヘッドフォンがそのパワーについてこれるかが大事かも知れません。
ボディの振動吸収性が足りないと低音が曖昧になってしまうと思います。
私はヘッドフォンにfoqの制震シートを張っているのでそういった心配はなく、
ウッドモデル並みに明瞭な音になっているのであのシートはお勧めです。
[1364-1]を参照ください。

>またプリアンプとしても優秀なのでしょうか?
プリアウトは付いていないですね。
スルーアウトはあるので間違えやすいかも。
フォンジャックを2分岐させてプリとするなら良いと思います。

例の神抵抗は既に生産中止でスピーカー用に使いやすい10W(デカイので)は海神無選でも8Ωが売り切れてしまったようです。
コイルが逆方向に2重に巻かれている無誘導タイプ(抵抗のコイルに流れる電流が磁界を発生させて自らの電流が影響されるのを防ぐ構造)なのがミソです。
JantzenにもあるのですがDaleより線材が安っぽいので少し劣ります。
Datonにも有るのですが試したことありません。
線材が銅で良いらしいのでもしかしたら行けるかも。
値段はすごく安いです。

抵抗で音が激変するのはアンプマニアには常識ですがスピーカーでもアンプほどではありませんが
かなり変わります。
あとはコンデンサもかなり変わります。
ツイーターに使われるローカットのコンデンサが安いと生々しいシンバルの音が出ませんが高級な銅箔コンデンサを使うと凄い生々しさになります。

2014/8/3 18:25  [1364-916]   

 tehesu-suさん  

偏人さんこんばんは

本日は目の保養もかねて海に行って参りました。夏も本番なんで、今度は岐阜の郡上踊りでも行こうかなと。
歴史ある祭りなんで、風情があっていいです。鳴り物のレベルも高く、本物は良いなあと毎年感動してます。

P-1uは一度試聴してみたいです。意外と万能にいけるのかも知れませんね。

抵抗もまた購入時に相談させて頂けたらと思います。
当分はとりあえず音源いじりですね(笑)

回答頂きましてありがとうございました!


2014/8/3 20:38  [1364-917]   

tehesu-suさん今晩は。

価格コムで知り合った方にも岐阜の人がいました。
最近連絡とっていませんが。
あと、何年か前に岐阜の田舎に帰ってしばらくして突然音信普通になってしまった友人が居て心配しています。

>P-1uは一度試聴してみたいです。意外と万能にいけるのかも知れませんね。
高性能、好バランスであれば基本オールジャンル行けるはずなんですよね。
ただし、低音が出すぎる時はスピーカーやヘッドフォンの制震対策が無いと
低音ブカブカ現象が出て宝の持ち腐れになる可能性はあります。
開放型ヘッドフォンは大丈夫かも知れませんが。

>抵抗もまた購入時に相談させて頂けたらと思います。
シンプルですが初めてだと解りにくいですからね。
お気軽にどうぞ。

Daleの写真をアップしたのでよかったら見てください。
http://engawa.kakaku.com/userbbs/1364/#1
364-918


ちなみにスピーカーのユニットを外す時は工具がユニットの磁石に引きつけられてユニットに突き刺さったりしないように気をつけてください。

2014/8/5 02:38  [1364-921]   

 tehesu-suさん  

偏人さん

スピーカー画像見ました。なるほどきれいな木目で丈夫そうなスピーカーですね。
年月が経つにつれて、音も見映えも味が出て、良くなるスピーカーのように見えます。
実家の家も100年経ちますが、木が良いらしくあと100年はいけるようです。
やはり本物を末永くが王道でしょうか。

羨ましい逸品です。

2014/8/6 04:47  [1364-922]   

tehesu-suさん今晩は。

種類にもよるでしょうが、木は伐採後数百年は強度が徐々に上がっていくそうで。
おそらくストラティバリのバイオリンも今が全盛期でしょう。
これからは徐々に衰えていくと思います。
ご実家のように良い木材を使った家ならばリフォームで見違えるようにリフレッシュすると
思います。
そのように古民家や土蔵を改修して喫茶店にしているのをテレビで見たことがあるのですが、
行ってみたいですね。

例のマホガニーは一枚板ではなく数枚の板をつなぎ合わせて圧着した継板なのですが、
ワシントン条約で規制される前に輸入された物なのですでに30年以上経っているそうです。
継板だから楽器には使えないでしょうが、スピーカーにはちょうど良いかも知れません。
違う木目の板を繋いでいるから性質の違いにより共振しにくいので。
ギターやバイオリンもバッフルは左右2枚のスプルースを繋いで使います。
私のスピーカーのバッフルは楽器と違って分厚いので繋ぐ自信がなくて一枚板です。

足には百均のコルクシールとfoqの制震シートを両面テープで張り合わせたものを使い、
オーディオボードにはマホガニーの板に上記の足と同じ物を取り付けた物を使って不要振動を
徹底排除しています。
HiFi系チューニングですが、中高音は澄み切って低音はトーンコントロールで増強してもブカブカな音になりません。
以前はトーンコントロールのせいで信号が歪むからブカブカになると思っていたのですが、
単に強力な低周波の振動によってユニットが影響されてしまうだけだったようです。
普通の尖ったインシュレーターではこういった効果は期待できないでしょう。

2014/8/7 01:09  [1364-923]   

 tehesu-suさん  

偏人さんこんばんは

合板でもマホガニーですから価値ありますよ。以前木造住宅の仕事してましたが、合板は狂いにくいということでしたが、正しくは無垢材でも芯持ちなら下手な合板よりも狂いにくいかもしれません。
しかし偏人さんがお持ちの30年物は多分狂わないでしょうね。もう安定してると思います。
また音の経過等、お聞かせください。

2014/8/8 17:32  [1364-924]   

tehesu-suさん今晩は。

木材関係の仕事をされていたんですね。
私は電子機器やプログラム等の仕事をしていました。

例のマホガニーはベニヤではなく、幅数センチから20cmくらいの板を接合したものなので質的にはかなり良いと思います。

2WayをDaleの抵抗に換えてしばらくはRotelで真空管では不可能な瞬発力の音を楽しんでいましたが、今は2A3プッシュプルアンプに換えて抵抗値も小さくしてツイーターの音量を増して聴いています。石のほうが高域は伸びるので。
エレハモの2A3がそろそろ劣化し始めたので今度は保存していたJJの2A3に換えてプリ管や整流管もJJにしようと思っています。
真空管の音ばかり聴いているとJJは高性能すぎてつまらないようですが、石にも慣れると十分真空管の音と感じます。

今度3Wayのほうも軽く紹介しておこうかと思います。

2014/8/9 01:30  [1364-925]   

 tehesu-suさん  

偏人さん

そうですか、基本石の方が高音伸びるんですね!ということはValveXはハイブリッドゆえに延びるということでしょうか。
幸運にもロック、JAZZに最適なアンプを手にいれることができたということかな。大事にしないといけんです(笑)DENONのプリメイン通すとオールジャンルですんで、自分にはもってこいのようです。

春日無線の真空管アンプは高音延びないのでしょうか。基本、中音域が充実していて、低音、高音ともバランス良く伸びる感じが一番好みですね。勿論、beyerやAKGのようなヘッドホンだからこそ、質のいい音になるのですが…。

スピーカーとヘッドホンではその辺りバランスの取り方が変わるのかも知れませんね。自分はHD800のような広大な音場よりもある意味ヘッドホンらしい聞き方の方が好きです。かといって音場がないとダメなんですよ。
スピーカーはよりHifiな音が自然になるのかも知れませんね。音場が広大なだけにそれに見合うセッティングが必要なのかもしれません。実際DENONのプリメインですと音場を生かせる開放型ヘッドホンでないとしっくりきませんでした。

2014/8/9 08:50  [1364-926]   

お久しぶりです。
毎日暑すぎて真空管アンプどころじゃ無いくらいですが、かなり今さらアナログプレーヤーを手に入れた私です。
え?ターンテーブル無かったの?て言われそうですけれど。レコードばかり集めて、再生装置無かったのです。
SACDP/USB-DACがYAMAHAなので、タンテもYAMAHAで。で、GT-2000を中古で。まあ、とにかくでかいプレーヤーで笑っちゃいました。古き良き物量投入。
カートリッジは本当はオルトフォンにしたいのですが、取り敢えずDENONのMC型、シェルは山本音響工芸のアフリカンブラックウッドにしました。取り敢えずアルヒーフレーベルとか聴きまくるにはこれで十分。フルオケとか聴いたらオルトフォン欲しくなるかも。

で、今は間に合わせのフォノイコライザ使ってますので、真空管フォノイコライザを早急に作らねばならなくなりました。

2014/8/9 17:59  [1364-927]   

GT-2000は一番オーディオに活気があった時代のアナログプレーヤーでC/Pが良かったです。
GTの意味は、Gigantic & Tremendous 巨大な、そして、すさまじい という意味ですよね。
このプレーヤーを今復刻したら、Tremendousな価格になってしまうでしょう。大切に使って
ください。

DENONのカートリッジは、DL-103、DL-103LC2、DL-102を使っています。中でもDL-103はかなり
稼働率が高く、ジャンルを選ばず古い1960年代プレスのLPレコードも無難に鳴らします。

Archivレーベルで私の一番好きなLPは、ピエール・フルニエのバッハ無伴奏チェロ組曲で、オ
リジナルに近い1960年代のドイツ盤と1980年代の後発盤を持っています。CDでもOIBP盤を持っ
ていますが、LPを聴いた後だとがっかりするような音でしか鳴りません。

2014/8/10 08:50  [1364-928]   

tehesu-suさん今日は。

石はトランスが無いのとDFがすごく高いのでスピーカーからの戻り電圧に乱されにくいため低域も高域も伸びます。
聴感上は高域が解りやすく、低域はDFが低くて量感のある球アンプの方が感じやすいです。

ちなみにValbeXはハイブリッドでは無いと思いますよ。
どこかに書いてあるでしょうか?
ハイブリッドの場合、前段か後段のどちらかにトランジスタ等が入るはずです。

春日無線のアンプはValbeXみたいにドンシャリ鳴らす感じではなく素直に鳴らす感じで周波数特性も綺麗に出てると思います。
高域は自然に伸びる感じなのでドンシャリが好きな人には物足りなく感じる場合もあるかも知れません。低域はトランスの味で粘りがあります。
良いヘッドフォンをお持ちの方ならそういった自然な音のアンプの方がソースの良さが刺身みたいに引き出されて良いと思います。

>スピーカーはよりHifiな音が自然になるのかも知れませんね。音場が広大なだけにそれに見合
>うセッティングが必要なのかもしれません。
確かにスピーカーは距離や角度も調整可能ですし、インシュレーターやオーディオボードにケーブル等もろもろあるので極めるのは大変ですよ。

>自分はHD800のような広大な音場よりもある意味ヘッドホンらしい聞き方の方が好きです。
密閉型の方が音場が広くなり易いでしょうかね。
開放型はユニットが自由に動けるから音に力がある反面、いかにもヘッドフォンらしい音場になると。

ちなみに今日は2A3アンプの球をオールJJにして自作2Wayで鳴らしています。
JJの803と802の低域と広域の伸びを気に入って使っていましたが、ECC82と83の方がメリハリがあって良いかも知れません。
とくにエレキギター等中音域の表現力があります。
システム全体が強化されていて低域も高域も伸びるようにされている条件ならば前者より後者の方が良いかもしれません。

こないだまで使っていたエレハモの2A3は電流多めで使っていたことも影響してかゲッターは沢山残っていましたが音の歪みがひどくなってきたのでRotelには敵いませんでしたが、オールJJはRotelと対等に渡り合えますね。
パーンという瞬発力や引き締まった躍動感はRotelなのですが、JJも高音はすごく綺麗に伸びるし低音もタイトで躍動感あります。
音場も広い。
何より真空管ならではの透明感と優しさがあります。
JJの2A3はフィラメントにタングステンを使った高級で究極の真空管なのでここまで来ると
石アンプと対等に渡り合えます。
力では負けても技で勝負みたいに。
感動音質でした。

まあ、Rotelのパワーアンプは高級機にも引けをとらないと評判なので球アンプが苦戦するのも無理は無いと思います。
普通の石アンプではあんなパンチは無いですから。

2014/8/10 18:27  [1364-929]   

ふうせんかずらさん、黄金さん今日は。

ついにレコードプレイヤー買いましたか!
ヤマハは楽器屋だけあって余計な味付け無しにソースを活かす姿勢なので玄人好みですよね。
それにしてもバブル期の機器は各社これでもかとゴージャス仕様で良いですね。
私のDenon DP-900Mk2はバブル後ですが、ボディが細い棒状の木材を集成したものなので天然木材の力を借りた自然な音で良いと思います。
天然木材ボディのプレイヤーにこだわっていたんですよ。
品薄なので手に入ってラッキーでした。

レコードプレイヤーは高品質な日本製が大量に出回っているのでわざわざ新品の外国製を買う必要性を感じません。

私はコスト重視でMM使いですが、オルトフォンはクラシックには最適ですね。

フォノイコはやはりマランツ型回路でしょうかね?
新しくていいのとかあるのでしょうか?

2014/8/10 18:45  [1364-930]   

みなさんこんばんは。

いやあ、レコード良いですよね。CDに戻れない何かがあります。
GT-2000はどっしりした音が出るようで、なるほど、ハイ上がりだと揶揄されるカートリッジを使っていても低音楽器はしっかり出るし。
カートリッジはMC型だけれどMMに接続できるやつを使っています。

GT-2000はターンテーブルが重いやつに交換されていて、
DENON DL110にアフリカ黒檀シェル
フォノイコライザが暫定的にオーディオテクニカ(ECC83復刻ムラードで自作予定)
ラインアンプは低音重視のレイセオン6111と高解像ヨーロピアントーンのトムソン6111
メインアンプは300BPP
今はこんな感じです。NHKのカートリッジDENON DL103は中古で手配中、ボックスウッドシェルを予定してます。

真空管アンプとっかえひっかえ、球とっかえひっかえも楽しいですが、とにかく沢山のレコードを聴きたい気分。

2014/8/10 19:02  [1364-931]   

ちなみに、アナログ再生で、
オーディオショーのオルトフォンブースで鳴らしているような
広大な音場と超ダイナミックな音で再生するにはどうすればいいのでしょう?

2014/8/10 19:11  [1364-933]   

 tehesu-suさん  

偏人さん

いつも詳しい回答ありがとうございます。ValveX-SEはハイブリッドっていう方多いんですが、偏人さんから見ると厳密には違うのでしょうね。あんまり大っぴらにValveXはハイブリッドだーと言わないようにします(笑)
うーん回路画像もネットに出てますが、トランジスターは無いかも知れませんね。ただ電子回路は多いですよね。トランジスターがないとハイブリッドとは言わないんでしょうか?
まあ気に入ってますし、消費電力も22Wと少なく、豆に消してると管は5年くらい持つそうです。プッシュプル方式?だそうです。玄人はシングル方式なのでしょう。(←ネットで読みました)

2014/8/10 19:28  [1364-934]   

 tehesu-suさん  

ふうせんかずらのハートさん

レコードに行かれましたか。というかもう持ってそうでしたが、さすがにコレクションはされていたようですね。
自分も理想を追及するとアナログレコードも有りなタイプだと思います。昨日購入したジャック・ホワイトという方のソロ作品買いましたが、久しぶりに聴き惚れました…。この人はアナログにすごくこだわりがある方でロックミュージシャンですが、本作品もLPでも出してます。本当はそちらも聴いてみたいです。ホワイト・ストライプス時代はZEPPERINみたいでしたが、ソロはいい意味で聴き込めます。アナログ愛、音楽愛に満ち溢れた方です。

そもそもオーディオは音楽聴くためですし、かずらのハートさんは更に渋いの聴いてそうですが、今後は更に真空管アンプ大活躍ですね(笑)

2014/8/10 19:41  [1364-935]   

ふうせんかずらさん今晩は。

レコードの良さはいろいろありますが、バイオリンの瑞々しさなどはCDだとなかなか出せないと思います。

ウッドシェルとは羨ましい。
すごく自然な音がしそうです。
DenonのNHKモデル、私も欲しかったです。
結局、マイルドなMMの音にレコードらしさを感じたこともあってStantonの520v3というカートリッジを使っています。
すごくカッチリした音で周波数レンジが狭くて蓄音機みたいな音です。
シェルがStanton純正だと音が歪みすぎるのでシェルとリード線はピカールというメーカーのを使っています。
ピカールはクラシック用に良いです。
リードだけでも試してみると良いかも知れません。
繊細な音です。

>オーディオショーのオルトフォンブースで鳴らしているような
>広大な音場と超ダイナミックな音で再生するにはどうすればいいのでしょう?
オルトフォン買うしかないのでは?
すごい高いですけど(笑)

2014/8/10 20:05  [1364-936]   

tehesu-suさん今晩は。

>トランジスターがないとハイブリッドとは言わないんでしょうか?
増幅素子に真空管以外の物がないとハイブリッド(折衷型)とは言えないですよ(笑)
自動車だってモーターとエンジン両方だからハイブリッドと言われるわけです。
ValbeXがハイブリッドと言われるのは単なる勘違いなのか不思議です。
回路図に球意外の増幅素子が無ければ勘違いでしょう。

>プッシュプル方式?だそうです。玄人はシングル方式なのでしょう。(←ネットで読みました)
シングルの方が少数派だと思います。
パワーがあって歪みが少なくて周波数レンジが広いのがプッシュプルです。
シングルはその逆の特性で、一見すると全てにおいて負けているようですが、一つの素子で増幅するのでソースの生々しさが失われない感じがします。
難しい話ですが2次歪みはプッシュプルが少ないけれども3次歪みはシングルが少ないと言われ、それが生々しさに通じるといわれます。
しかし、シングルはローパワーなのでスピーカーが高能率かつ磁気回路が強くない物(ようするに昔のスピーカーみたいな設計です)を使わないと活かせないので上級者でないと辛いものがあります。
パワーのあるシングルは別です。

ちなみにZeppelinもレコードで聴くと凄い迫力ですよ(笑)
生々しさが違います。
ギターの歪み感とかが凄い伝わってきます。
ギュギュ〜ン、ガラガラガラみたいな。

2014/8/10 20:24  [1364-937]   

広大な音場と超ダイナミックな音で再生するには、新しい設計のMCカートリッジを使い、フォノイコライザーアンプも解像度の高いものが必要だと思います。

でも、こちらの方向だと比較的新しめで音質の良いLPレコードしか楽しめない様になりがちです。
私は、こちらの方向では、DENON DP100+SAEC WE-8000ST改 カートリッジはIKEDA9EMPL、光悦 瑪瑙を使い、フォノイコライザーはCello RMC-Phono です。

対して、比較的古い1960年代のLPレコードや音楽的には良くても上記システムでは上手く鳴らないものは、MICRO SX-777L+SME-3012R改 カートリッジはオルトフォンSPU-G、SPU-ClassicGE、DENON DL-103、DL-103LC2、モノラル盤はDL-102を使い分け、フォノイコライザーはソフトンMODEL4改を使っています。

私には最低でも2系統のプレーヤーがないと、手持ちの新旧ジャンルも様々な3000枚を超えるLPレコードを楽しめないのです。Archivのフルニエのバッハ無伴奏チェロ組曲のLPは、80年代のプレスのLPレコードはDP-100で、1960年代の初期盤はMICRO SX-777Lで聴くようにしています。

アナログLPはかなり満足できる音質で鳴っており、同じ音源のCDは、大抵、尻尾を巻いて逃げます。リマスターされたものが出ると買ってみるものの、LPを処分しても良いと思うほど音質の良いものは少ないです。CDプレーヤーは、Esoteric P-0(一応s-VUKまでアップデートしました)、DACはStellavoxSt-2 96/24と、一応コストだけはかけてCDだけ聴いておればそれなりに楽しめる音質ではあるのですが、将来的には、アナログLPかハイレゾになっていく予感がします。

2014/8/10 20:29  [1364-938]   

 tehesu-suさん  

偏人さん

さすがZEPPELINは鉄板ですね。特に曲やライブ凄いですが、ジョン・ボーナムはうーん最高です。
今も激しいの聴いておりまして、最近は8弦ギターで低音バリバリ、変則リズムのメシュガー「Obzen」が近年のプログレメタルの最高傑作でしょうか。あとAnimal as Leadersは偏人さんにもオススメ超絶インストロメタルですが、品や曲のクオリティも高くオススメです。さっきYOU TUBEでテントライブ(笑)見ましたが、久々にカッコいいMAXです。こんなん聴いてるんで、低音ビンビンのValveXが手放せません…。

2014/8/10 21:21  [1364-939]   

黄金さん こんにちは。
光悦のメノウのカートリッジですか。巷じゃ63万円とか。。。
ちなみにうちは楽器用の木材は手に入りやすいので、DL103の外装を撤去して
縞黒檀やローズウッドやグラナディラやバルカンメイプルやジャーマンスプルースやヨーロッパツゲの外装に変えることは可能だと思います。
内部のコイルを純銀にするとかは無理ですけれど。
シェルリードはせめてオルトフォンにしてみようかなとか。

2014/8/11 11:16  [1364-940]   

光悦 瑪瑙は、私の持っている1980年代終わり頃の先代作のものは25万円だったです。といっても、知人からタダで頂戴したものです。コイルに銀線を使い空芯であること、ハウジングがメノウで出来ていることが特徴で繊細で美しい音がするのが特徴ですが、今買うならもっとリーズナブルな価格で気に入るものが必ずあると思っています。

DL-103の特徴は、丸針に由来する安定感のある音質で、古い盤から最新盤までジャンルを問わず幅広くこなせるカートリッジで、1本は持っていて損は無いです。ネットで検索するとDL-103をハウジングを上手に除いてスケルトン状態で使っている方もいらっしゃいます。でも、まずは純正の状態で気に入った音を目指すべきだと思います。銀線が合うかどうかはわかりませんがリード線を変更してもかなり音質は変わりますし。

もっと細かい音が欲しいなら、タイプの異なるラインコンタクト針を使用したようなハイテクカートリッジを買った方が早いかも知れません。GT-2000というプレーヤーはそういった様々な要求にも充分応えてくれる素晴らしいアナログプレーヤーです。

2014/8/11 11:55  [1364-941]   

tehesu-suさん、偏人さん

今のところアナログはクラシックばっかりですね。
ですが、1930年代のジャズとか、知り合いの家で聴きましたけど、もう、古き良きアメリカで良かったです。古いアメリカの大きな民生用スピーカーで。
古いビッグバンドジャズ盤は集めたいです。
もちろんアンプはビーム管でスイングですよ。ダンスホールみたいに鳴らしたいです。
時代考証までするなら、6F6/6V6/6L6のプッシュプルしか認めない。笑
アナログを聴くと大きなスピーカーが羨ましくなりますね。

2014/8/11 11:59  [1364-942]   

 tehesu-suさん  

アナログプレーヤーで嗜んでいる皆さん羨ましいです。
自分はまだまだ欲しいCDありますんで、それで予算はいっぱいです。
何かに成功したら、葉巻吸いながらレコードでも聴きたいですね☆

…まだまだ先の予感が。

2014/8/11 13:19  [1364-943]   

黄金さん今晩は。

メノウは凄いですね神アイテムといったたたずまいで想像不能な物があります。
DP-100も凄いし、IKEDA9EMPLは興味深いです。
写真で見たところ伝統的なカンチレバーと決別して独特なニップル型ダンパーを採用しているようです。カンチレバーはバイクや車のスイングアームと似たような動作で追従性に優れる反面細長いので剛性や振動の問題はあると思います。
ニップル型ダンパーは高性能なアームを使う前提条件ならば理想的かも知れません。

黄金さんの神システムで聴いてみたい物です。
多分私には高級過ぎて毎日食べたいとは思えない料理みたいなレベルではないでしょうか。

CelloとStellavoxは値段の割りにごく普通のパーツで構成されているので色んな意味で興味深いです。

Archiveは私も最近復刻版を買いました。
ルービンシュタインの1940年代に録音された物、というか40年代以前に製作されたピアノによる演奏のレコードが欲しいです。
CDは持っているのですが、40年代以前のピアノは音がフワフワ広がらないのでなんとも言えない味があります。
そもそも鍵盤一つに使われる部品点数が現代は256個もあるのに古いものは数個だとか。
より弦楽器的な音がするわけです。

2014/8/11 23:41  [1364-944]   

ふうせんかずらさん今晩は。

ビッグバンドというとグレンミラーですかね。

>時代考証までするなら、6F6/6V6/6L6のプッシュプルしか認めない。笑
時代考証は大事かと。
2A3とか300Bも昔からあるからいいのでは?
ビームの方がパワー感あるからでしょうか。

>アナログを聴くと大きなスピーカーが羨ましくなりますね。
16cmのフルレンジだと不足を感じます。
18cmで低音が強力なウーファーだと不足無しです。
20cmあれば良いという感じでしょうか。
私の18cmウーファー、結局真空管で鳴らすのを諦めたので、どうせならFostexの20cmにした方が高能率で迫力あって良かったかなと思う今日この頃です。

そういえばDL-103の外装を木にするという話は凄いですね。
相当細かい作業になるでしょ?
102は外装の金属の響きも味だから変えない方が良いでしょうね。
若干金属質な音が混じった方が昔っぽくて良いとか。

2014/8/12 01:17  [1364-945]   

tehesu-suさん今晩は。

というかお早うございます(笑)
今日は休みなもんで。

Meshuggah聴いてみました!
ObZenは新しさとパンチが有りますね。
ちょっとゲームミュージックっぽさあります。
ファイナルファンタジーあたりに使ったらカッコいいと思いますが、万人受けを狙わない
デスメタルなストーリーにしないとゲームが負けそうです。
ということはFFには合わないってことか(笑)

Meshuggahを聴いて真っ先に思い出したのがSlipknotです。
ギターがメインなのが前者でドラムがメインなのが後者で。
絶対影響受けてますよ。
Slipknotのドコドコは最高ですが、ドラマチックなのはMeshuggahですね。
ギターがメインだから自然な成り行きでしょう。
MeshuggahにSlipknotのドラムを足したら?とか考えたのですが、
そうすると必然的に単調になってしまいます。
Meshuggahを3曲聴いたらSlipknotを2曲聴くと良いかも知れません(笑)
こいつはかなり気に入りました!

Animals as Leadersもやはりゲームっぽくて今風のりですね。
こいつを聴くと引き合いに出したくなるのはJoe Satrianiです。
ジョーサトの影響を受けたのがAnimal as Leadersでしょうか?
今風ならAnimal as Leadersでドラマチックさと個性ならジョーサトと見ました。
ジョーサトのアルバムは全部持ってるのでAnimalよりMeshuggahが気に入りました!

メタルにはValbeX合いそうです。
私も影響でAT-HA21のRCAケーブルを音場が広いけどややパンチ不足な同社製AT-DV64Aからよりパンチの効いたBelden81553(自作)に換えました。
パンチが効いたと言っても普通に評価すると繊細で高域が滑らかに良く伸びるタイプで低域不足のシステムで聴くと高域が目立ちすぎる感じです。

私のヘッドフォンDenon AH-D2000はDenonにしてはドンシャリでウッドモデルより高域のパンチが強くてロックやジャズファンは上位機よりこちらを選ぶかも知れません。
きっと上位機は周波数特性(F特)が綺麗に平坦化されていて、こいつは高域が出っ張っているのではないかと思います。

ふと思い出したのですが、tehesu-suさんの趣味からしたら以前勧めたTornalの球よりもギターアンプで世界標準になっているSovtechの方が良いかも知れませんね。
とするとGTあたりも?
東京サウンドはギターアンプを意識してアンプを作っていたようです。

2014/8/12 04:11  [1364-946]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ


この掲示板の新着スレッド

ページの先頭へ